5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

関数型プログラミング言語Haskell Part22

965 :デフォルトの名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN
>>963
どこが面白かったのかよく分からんが、要するにWIZIWIGなGUI開発ツールだ。
(WIZIWIG ももう死語かもしれんが)

ここでいうウィジェットというのは、Win32APIでいうところのウィンドウクラスが定義されたパーツだ。
wxやGTKなどではほぼ同じものをウィジェットと呼んでいる。
それらをWIZIWIGなGUI開発ツール上で仮想的なウィンドウにペタペタ貼っていくことで、
各ウィジェットのウィンドウ上の位置やサイズ、挙動などを直感的に定義していく。
これがよくあるIDEの機能の一つだ。

コードと連動したというのは、WIZIWIGなGUI開発ツール上でウィジェットを貼った際に、
実行時にそのウィジェットが表示されるようにプログラムコードも自動的に変更される機能だ。
逆、つまりコードを改変することでGUI開発ツール上のウィジェットが変更される機能もある。
VisualStudioのC#用にはそんな機能もあったはず(他の言語はしらん、あるかもしれん)。
ウィジェットの主だった定義をプログラムコードではなくXMLなどのファイルに分離させる場合は、
もちろんそのXMLファイルも連動する。

そのような機能を持ったGUI開発ツールがHaskell用のIDEに統合されているといいな、という話だ。


既に分からんということは、その先も分からんのか?
だったら面倒だが説明してやるぞ。

225 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)