5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問 vol_119

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 16:12:10.04
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。
次スレは>>980辺りで重複確認・宣言の上で立てること
必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_118
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1388161114/l50

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 16:49:51.40
>>1もつ

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 16:56:39.35
>>1乙!

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 17:56:44.49
>>1
スレ立て大儀であった
その功績を祝して君にはワーレン提督暗殺を任せたい
地球の為に励めよ

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 18:41:25.66
他の艦隊と隊列組んだヤンはさして怖くないんだよ。倍の戦力ぐらいで抑えられる。
ヤンがやばいのはフリーに艦隊を運用できるときだ。連絡線をズタズタにしろ!とかそういう任務させたら一番怖い

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 20:36:38.40
第5次イゼルローン要塞攻防戦なんだけど、
ガイエをぶつける発想までしなくても
もう少しケンプはやり様があったんじゃないの?
ぶっちゃけ
牽制目的でトールハンマーの射程外ギリギリの所で置いとく
だけにして後は攻撃せずそのままで済ますだけでも
十分な功績だと思うんだけど。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 20:44:24.51
>>6
イゼルローン落として来いって命令で出撃してるんだからw

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 20:53:16.89
作戦たててんのはケンプだし

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 21:14:54.71
双璧を越える華々しい武勲を立ててNo.2に、その為には派手でかつ変わった手法でヤンの奇策に打ち勝ちたかったんだろうけどねえ…

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 21:15:20.02
戦略目標はイゼルローン回廊の通行権確保なんだからw
勝手にイゼルローン要塞の付近に牽制用ガイエ置いてきて功績誇るとかないでしょ
まだ主砲撃ち合って共倒れした方がマシ
攻め落とせませんて泣きつくならラインハルトも作戦に修正加えたかもしれないけどね

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 21:17:06.50
いや、ケンプ・ミュラー回廊かな?
とかしたり顔で言ってたケンプさん大好き

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 21:42:26.52
>>11
ヤンが来る前に要塞ぶつけてればケンプミュラー回廊になってたかもなw
良くも悪くもインパクト半端ないし

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 22:16:17.90
シャフトの提案は、イゼルローン要塞の前面に拠点を構築してイゼルローンに対抗させること

そっから先はオーベルシュタインがケンプ唆しただけ。
短期決戦しようが、持久戦しようがケンプと統帥本部、参謀達の勝手

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 22:51:55.24
アニメの描写だけかも知れんが、
最後にガイエをぶつける時
要塞の中に居る兵士が出てる最中、
しかも味方の艦隊殆んど要塞表面にへばり付いた状態で
動き出してたんだが、
全員が出て艦隊も十分に離れてから開始しても良かったのでは?
結果的にそうしなかったから暴走したガイエに巻き込まれて
被害が大きくなった訳だし...

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 23:02:34.87
舛添要一=ラインハルト+安倍晋三=リヒテンラーデVS小泉純一郎=ブラウンシュバイク+細川護熙=リッテンハイム

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 23:04:50.42
論点がずれてるなw
ケンプが要塞を輸送しただけで十分な功績になるかって話だろ?
ならんよw誰にでもできることなんだから。

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 23:09:47.98
誰にでもは無理だな
大事業の工事なんて予算や予定期日オーバーで粛清なんてありふれた話だ

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 23:11:39.65
>>15
頭おかしいのか?

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 23:12:24.84
>>15
小泉進次郎=フレーゲル

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 23:18:30.83
予定通り工期守って、情報統制に成功して強襲できるかどうかっていわれたら、そりゃ誰にでもはできんね

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 23:18:50.04
>>15
田母神さんは誰に相当するの?

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 23:22:36.50
>>21
エベンス大佐・・・と言いたいところだけど、同盟になってまうな。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 23:30:56.99
>>20
ある意味未知の技術を数ヶ月で実戦投入できるレベルにまで仕上げたんだからむしろ異常に優秀なんじゃねw
情報統制はケンプの仕事じゃないと思うけど

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 23:33:53.11
>>15
舛添は地球教徒だろw

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 23:38:04.46
>>23
一回ワープ実験やって実戦行きだから凄いよね。

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 23:52:16.18
>>13
シャフトは要塞をワープさせて、
要塞同士の決戦を強いるって提案してるね。
てか、義眼がケンプ唆したってなんかいってたっけ?

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/16(木) 23:56:31.12
>>24
いや、あいつはガイエスブルグだw

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 00:01:13.69
別に田中の認識のせいではなく、
歴史書やその他諸々の書物でもそうだが、
国家や社会の腐敗と言うのはあまりにもしれっと書いてて、
具体的にどう言う物で
何が原因で発生、そして何故自浄能力が無くなるのか
はっきり書かれてないよね。

作中では社会の活力の低下云々と書いてるけど、
実際の歴史は平和な時代によって経済が発展して
新しい階層や勢力の台頭や、
別世界から流入した異民族等が
既得権益層とその既得権益層を想定して作られてた旧社会ルールが
圧迫され、階級闘争と言う形で両者で押し問答する為に混乱すると言う
活力の低下とは真逆の現象によるんだけどね。
責任負担と責任免除はともかく、
現実の民衆の本質とは
劇中の歴史家が言うのとは正反対の
「命令と服従」より「自主的思考」を好む代物で、
それ故に争いや社会の腐敗が起こるのではないのだろうか?

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 00:02:49.81
>>26
最初はロイエンタールミッターマイヤーに任を与えようとしたけど、
功績を立てた場合、元帥に昇進することになり、ラインハルトと階級で
同格になるからまずい。
ケンプの部下が先の戦いで退却したという汚名を漱ぐため、
ケンプにその任を与えるべし。
昇進しても上級大将で、双璧と同格になるだけだし無問題。



とフェルナーが言ってた。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 00:22:15.05
人選は大将から選ぶことを進言しただけで決めたのはラインハルトじゃなかったっけか?

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 00:47:10.74
確認してみたけど、
フェルナーは別にケンプとは言ってないね。
上級大将が功績あげたら元帥になり、
ラインハルトと同格になるからまずいという意見だね。

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 00:51:56.46
ケンプじゃなくてメックリンガーにすればよったのに。補佐役はミュラーで。ケンプの能力は双璧の次くらい強いの?ロイエンタール達ですらあんまり評価してないような役立たずに大任ってどうかと思うけど。

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 00:53:46.37
>>29
それは義眼がケンプ唆したって場面とは関係ないべ

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 01:07:17.92
>>32
それを言い始めたらあそこで出兵する意味自体微妙すぎて。。。

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 03:07:29.83
>>6
以前なら十分な功績とみなされたのだろうけど、あいにくと
ラインハルトの部下は皆優秀なので、その程度はできて当然。
双璧ならもっと上手くやってのけるかも知れない。

双璧を差し置いて任された以上、更なる成果が必要だろう。

>>14
敵艦隊が健在なので、あまり離れるとガイエスブルク要塞が
陥とされるリスクがあると判断したのかも。

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 08:07:02.71
>>14
ガイエスブルク要塞内には、まだ何万人(10万人以上?)もの工兵が残留しており、
彼らの脱出の受け入れもしくは支援のために全艦隊を要塞に接近させていたものと
思われます。

脱出シャトルだけでも何千機にもなりそうですから。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 08:20:04.07
>>36
工兵って。。そうかまだ未完成で工事中だったのに功にあせるケンプが工事完了と
偽って出撃したのか。それで最後はあっけなく爆発したんだな。いかんねえ未完成
状態の要塞で出撃するとか。

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 08:31:54.43
>>37
完成品でも工兵は必要ですぜい。

故障した部品は交換しなければならないし、トールハンマーなどで破壊された
ブロックは修理しなければならない。

ましてや、ガイエは推進器をポン付けした急造品だから、調整のため工兵が
つきっきりになるだろうし、イゼルローンにぶつけるための最終調整も行わなければ
ならない。

もしかすると、ガイエの推進器を一つ破壊されただけでスピンしてしまったのは、
工兵が脱出中のため不足していたのかも?

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 08:45:38.93
表現の問題だな。そりゃ応急処置のための工兵もいるだろがそれだけがいるわけじゃないだろ。その他の要員や兵の方が多いだろ。
>>36の表現だとあたかも要塞には工兵しかいないように思える。まだまだ他の兵も脱出中だろ。

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 12:26:45.59
空母の兵士数が5000人とか膨大な数になるのは艦載機の整備や、海上拠点としての基地機能を維持するための要員だから戦闘要員以外も相当数いるんじゃないかな

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 12:47:31.73
アメリカの空母のは3000人勤務しているんだっけ?
宇宙船は自動化が進んでいて搭乗員が少ない設定なのかな?

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 14:23:50.46
>>37
そんなわけ無いだろw
功を焦るあまり未完成なのを黙って出撃とか妄想も過ぎるわw

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 15:10:26.17
リップシュタットのときにぶっ壊れたところ修理終わってないとか

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 15:54:13.93
>>43
戦闘に支障のない箇所は基本的に放置ですな。

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 16:41:31.42
リッテン侯がいたガルミッシュは一部爆破された後放置状態なのかねぇ

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 18:16:22.51
ロイエンタールが統帥本部総長になった時、国内要塞の視察してたな

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 19:12:15.00
>>42 36
改造時だけでなく敵地への侵攻にも工兵が10万人以上とか乗りこんでるなら単なる
保守要員としてではなく、未成個所の工事要員として乗りこんでるんでしょう。
昔の米空母も工員載せて修理しながら出撃して日本空母を撃沈したというし。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 19:14:27.96
戦略的に大した意味もない攻撃をシャフトごときの口車に乗って
ゴー出したラインハルトも責任重いよな。
ケンプの戦死に何も感じてないし重症負って帰還したミュラーには当初怒り爆発だったとか酷薄すぎだろ。

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 19:18:09.95
>>48
ちょっと面白そうだから試しにやらせてみよう だもんねえ。

実際にはそのころからフェザーン回廊を突破する構想はすでに持ってたようだから
まさに戦略的に無意味なお遊びですな。実際に指揮できるケンプはまだしも付きあ
わされる兵士が一番悲惨だな。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 19:40:30.56
>>49
要塞まで持ち出して、よもや全兵力の9割も失うとは想定の範囲外ですからねぇ、、、

要塞対要塞はフェザーン回廊突破戦略の隠れ蓑に使われた、ということでw
その戦略をケンプに黙っていたのは、同盟にバレたらアウトだから

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 20:17:50.26
シャフトもオリベイラ見習って
「んんwwwww私は確かに作戦を提案しましたが採用しろと強制した覚えはありませんぞwwwww」
とか最後に開き直ってやればよかったのに。

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 21:18:56.34
そう考えるとシャフトって別に悪くない気がしてきた
まあ本人の思惑はあれだったけど、計画を採用したのはラインハルトだもんな
ラインハルトを処断する存在はいない、ケンプ死んでる
シャフトの責任にするしかないわな

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 21:35:21.39
>>52
あの、シャフトの責任というか罪は、横領や国家機密の漏洩等々なんですけど・・・

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 21:45:36.10
>>50
陽動にすらなってないぞw
同盟はフェザーン回廊から来るなんてヤン以外誰も考えてないし
陽動としてならラグナロック時にこそやるべきだったと思うわ
>>53
ケンプの大敗北の八つ当たりに近い処刑のされ方だったけどねw

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 21:52:02.51
年末のgyao所見で皆さんのように高尚なことはわかんないんだけど
素朴な疑問としては顔ビリビリの変装が通用するのかとちょっと笑った
それでもなんとなく納得できてしまうのはルパンの偉大さか

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 21:58:09.08
高尚な作品じゃないし誰も高尚なこと言ってないっすよw

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 21:58:10.69
>>54
処刑されたっけか?

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 22:02:53.76
>>57
すまん記憶曖昧だから処刑されてないかも
単に捕まっただけだけっててならそっちが正しいと思う

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 22:14:51.34
収監されたってだけだな
横領・脱税・特別背任・軍事機密漏洩って罪状からすると死刑でもおかしくはないが

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 22:50:11.78
で、ドライグロスアドミラルスブルグはその後お役に立ちましたか

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/17(金) 23:43:58.58
シャフトの変わりやオフレッサーの変わりがでてこない。艦隊の方が偉いからか寂しい。同盟は薔薇の騎士や諜報部員がでてくるのに。

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 00:00:08.07
ラインハルト陣営の幹部提督は大概白兵や射撃の名手だからな。小オフレッサーにもなれるだろ。
シャフトの代わりは確かにいなさそう。シルヴァーベルヒは軍人じゃないし技術官僚ではあっても科学者ではないっぽいし。

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 00:03:26.66
銀英世界の思考で「戦争に負け、勝戦国の軍隊が領土内に駐留」
これに反対する意見や行動をとるのは保守右翼?革新左翼?

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 00:26:43.24
帝国で爵位やエリートになる=軍人になる。だからか優秀な人が集まるから優秀な官僚があんまりいなのか。逆に同盟は一芸の人が多い。同盟代表輝ける一芸はトリューニヒト様

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 07:26:43.22
>>61
作中に名前が出てこないだけで当然後任は誰かがなってるだろうけどな。さすがにあれ
以上登場人物増やすのも無理っしょ。
>>64
同盟は優秀や気骨のある人物が中級以下の地位にとどまってたから滅んだそうだね。
(主に文官の方だが)

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 08:26:24.84
>>63
帝国軍駐留反対の行動をとるには、文字通り命をかけなければならないからな・・・

戦前の共産主義者がそれに該当するのでは?

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 10:44:36.22
シャフトは冤罪かと思ったけど・・・記憶違いだったかな?

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 10:53:44.65
違う
フェザーンに機密情報流してたらしいが要求する見返りがどんどん増えてきて
おまけにガイエ作戦失敗でフェザーン側に切られて犯罪の証拠をラインハルト側にリークされた。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 11:03:01.64
>>65
単にラインハルトの感想なだけで同盟が滅んだこととは関係ないけどねw
優秀であるかではなく侵略者に屈しない精神が好みだっただけだし

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 11:17:05.45
アルテミスの首飾りとか危険なものを作ったり、売ったりしてよく帝国に睨まれたりしなかったよな。一応フェザーンは帝国領の中の自治体でしょ?

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 11:30:41.51
>70
そのあたりは賄賂と適当な口実でどうにでもなる。

本編終盤で明らかなように、首都星が戦場になるような状況では既に大勢は決している。
帝国から見れば首飾りの予算で艦隊整備をされた方がやっかいだったはずで、
「叛徒どもに無駄な浪費をさせた」と解釈するなら、首飾り売却は「功績」とみなしうる。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 11:32:09.21
フェザーンの設定はどうしようもない

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 11:35:03.15
ラグナロック作戦みたいなことをラインハルト以前に誰もしなかったのが不思議すぎる。いくらフェザーンが経済的な勢力を持ってるって言っても非武装なのになあ。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 11:53:44.10
>>71
アニメ設定で熱く語るなよww

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 11:55:54.05
イゼルローン回廊経由でいくらでも同盟領に侵入できるんだからわざわざフェザーン経由する必要もないでしょ
ゴ王朝時代は

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 11:55:57.52
イゼルローン回廊通れるなら問題ないし

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 12:00:02.45
イゼルローン回廊の出口には軍事基地だらけ迎撃しやすいし、ずっと失敗繰り返してきた航路に固執する理由には薄いかな

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 12:04:58.61
仮に交渉してフェザーン回廊の航行権得たとしてもどうせフェザーンが同盟に情報流すよ
結局いつもと同じ戦争ごっこ

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 12:10:49.86
国力差があるから戦線増えればその分同盟が不利になる

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 13:54:45.23
イゼ回廊の帝国側出口がアムリッツァでいいのかな?
帝国中枢部からイゼルローンへの連絡線の太さによるけど帝国艦隊が別個別航路通ってイゼルローンに向かう場合ここらで待ち合わせするってことあるんじゃないのか
それだとここらで集合すると思うんだよね。とするとここって帝国軍にとっちゃ庭みたいなもんだからこんなところで戦争やっちゃまずいだろ同盟軍

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 14:08:02.62
>>77
かってな設定つくらないでね。失敗って帝国が負けた戦いはそう多くないよ。

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 14:09:22.52
ダゴン、第2次ティアマト、アルレスハイム、が惨敗といっていい敗北か。

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 14:16:50.96
何度侵攻しても結局押し戻されてるから、要するに失敗なんじゃない

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 14:26:37.43
毎年攻めてるのに、橋頭堡確保できずに撤退繰り返しても失敗ではない、と
皇帝陛下にはうまく報告しないといかんからな

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 14:27:25.97
元帥量産帝以外は本気で同盟征服なんて考えてなく、なんかの景気づけに攻め込んでるだけで大抵は目的達成してるから成功だろ。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 14:29:18.32
>>84
いつ帝国軍が橋頭堡確保のために攻め込んだんだ?すでに要塞というものもあるのに。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 14:31:46.13
最初は間違いなく叛徒全員制圧だったけど そのうち皇帝の誕生祝いだとかの理由になっちゃってたね。

いつごろくらいまで本気で完全制圧目指してたんかな?

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 14:52:38.71
ロイエンタールが言ってたけど「猟犬は野に〜狩り尽くすのを避ける」
軍の存在価値を鼓舞するためもあったんじゃないかね。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 14:58:55.30
帝国軍の作戦に失敗はない、いいね

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 15:36:33.44
>>89
?? >>82だけでもいっぱい負けてますが。

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 16:02:14.66
>>89
アッハイ
(ニンジャより怖い社会秩序維持局登場か)

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 16:05:17.20
>89,すべて兵学理論通り動かぬ反乱軍が悪いのじゃ

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 16:45:32.04
シュターデン?

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 16:56:30.36
シュターデン対フォーク

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 17:05:47.96
>>93
外伝2巻に出てた昔の帝国軍人だな(名前忘れたw)
すべて準備万端で戦闘開始しても連戦連敗で
「叛乱軍の奴らは兵学理論通り動かん、けしからん奴らだ」って怒ってたとか

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 17:45:03.62
>>95
リューディッツ伯爵ですな。

イゼルローン要塞建設の責任者として有名。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 17:55:48.83
回廊は細長いワームホールのようなものと脳内変換してた。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 18:08:42.65
>>96
俺たちも帝国の馬鹿貴族が非常識な戦術とるから負けたんだぜ。

ワイドボーン、パストーレ。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 19:24:21.87
俺は谷のイメージだな・・・だからおニューの回廊発見!・・・で奥まで行くと行き止まりOrzとかありそうだと思ってる

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 20:32:39.48
虎牢関
函谷関
イゼルローン関

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 20:47:23.47
敵対する2大国、その領土の間には通行不能な大山脈が連なりわずかに2つの隘路が
あるのみ、ってのはここでもよく言われた設定だね。

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 21:15:55.05
第三の回廊って見つかるのかな、銀河統一されて人的な妨害なくなったから本腰入れて捜索すれば

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 21:21:06.74
ロ王朝銀河帝国にとって、第三の回廊があった方が得だろうか損だろうか?

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 21:22:54.40
広い宇宙でどうして2つしか穴(回廊)がないのか謎

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 21:54:14.02
>>104
それを言ったら広い宇宙で回廊なんてあるほうが謎だよw
そこはもういかに滅茶苦茶でも作品の前提として納得するしかないんじゃね

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 22:00:03.69
>>103
経済活動の点から見ても航路は多い方がいいのは当然だな。あくまで平和が前提だが。
ただ、(完全な宇宙図?がないしなんともいえないが)場所によってはあまり意味が
ないバイパス路になるかもしれない。むろん無いよりはいい。
海賊対策から見れば余計な負担になるとは思うが、それでも経済活動から見れば黒字だ
ろうしね。
ロ朝転覆とかたくらむ勢力が現実的な勢力持つような時代になればまた別の問題になる
やもだけど、まあもう無いんじゃない。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 22:38:20.78
>>101
ロシアとアメリカのアラスカの間にある海峡の名前どこ捜しても書いてないんだ

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/18(土) 22:48:42.49
>>107
すまない主旨がつかめない
ただ同然で土地売り飛ばしたらあとになって後悔しちゃったよwww
的なこと?

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 00:53:58.87
軍人崩れの宇宙海賊がすごくたくさん出てきて破棄された要塞を根城にして地球教みたいなことしそうだよ。

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 04:18:36.72
>>107
普通にアラスカのウィキペディアに書いてあるがな

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 10:18:25.79
海賊てしっかりしたリーダーがいないと内部抗争で自滅していくもんだよ
新領土の場合 帝国に恨みのある軍人達が海賊になりそうだが
旧領土の場合 門閥貴族連合軍の残党かな

帝国軍の若手士官たちの練習相手には丁度いいかもしれんが

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 15:22:44.70
海賊はサイオキシン麻薬を軍人に嗅がせて生けるゾンビにして手足にして増やして国家転覆するかもしれない。フェザーンの地球教から鞍替えした企業や支援者もいるかもしれないし。あんまり通路を作ると要塞だらけになって管理が難しそう。

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 16:13:28.61
交易の利益を独占するなら第三の回廊なんて無い方がいいな

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 16:16:24.07
>>113
そう考えて在りし日のフェザーンはその手の探索を妨害しつづけてたわけだね。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 16:35:45.05
そんなもの発見されちゃイゼルローン作った意味無くなる帝国も一緒にな

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 17:00:52.11
今でさえイゼルローン方面からの帝国の侵入阻止するのに手いっぱいの同盟も一緒にな。
あれ?

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 19:10:49.64
結局、帝国同盟フェザーンそれぞれの思惑により、第三の回廊が無い方が
都合がいいということになるのかwww

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 19:17:26.87
しかし空気を読まないマゼラン、コロンブス気取りの民間人によって偶然発見
とかされたら笑った

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 19:48:34.77
なんか装着中に血糖異常を感知すると光るコンタクトレンズが開発されたらしいぞ。
「失礼、血糖の様子がおかしいようだ驚かせたようで申し訳ない」
「コンタクトをされていたのですか。糖尿(二型)を患われたのですか?」
「いえ、生来のもの(一型)です」

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 21:46:21.41
意外とアーレハイネセンのロンゲストマーチから発達してないよね。帝国も指向性ゼッフルとワープで要塞ドン!くらいだし。

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 22:55:58.54
平和な時代なら停滞してても不思議は無いが
ダゴン以来、兵器や戦術がろくに進歩していない方が謎

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 22:57:06.42
>>119
私がそれを装着したら茶色の瞳が藤色に変わるって

看護婦のあいつが心配するんだ

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/19(日) 23:35:41.24
>>95
そんな話あったんだ。
逆のパターンでのリンパオの「ようやく分かった、奴らは阿呆だ!」も面白かったけどね。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 00:06:09.10
>>119
ムスカさんがそれを装着した状態で、血糖値を急上昇させたみたいです

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 00:27:02.11
>>124
ムスカ「目が、目が〜」

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 09:46:08.22
>>120-121
序章を読み直せ。
連邦末期の時点でピークを過ぎていていろいろな技術発展が停滞し、人類文明そのものが緩
やかな後退期にあった。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 10:21:41.05
>126
それは結果論
ゴールデンバウム帝国の設立や、ダゴン以降の戦時体制といった社会変化・経済変化にもかかわらず
停滞・後退のままなのが謎なんだよ。

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 11:20:56.15
原作読んでて素で吹き出したのが
憂国騎士団のヤン宅襲撃時の


「お前ね、早合点するんじゃないよ。第一どうして私に奴らと話し合いする気がないと決め付けるんだ?」
「だって、ないんでしょう」
「……」

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 11:46:57.49
憂国騎士団が地球教に鞍替えした背景が良くわからなかったな。
現実の世界でも政治団体と宗教ってそんなに接点があるのかな。

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 11:53:56.94
>>129
まじに答えると、同盟の地球教徒の主張は帝国領にある聖地の地球を奪回するために
帝国を打倒せよ。だから帝国打倒の主張が一緒なんで、って誰かが言ってたな。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 12:11:43.42
>>127
ゴールデンバウム王朝のような貴族封建制度では民間資本が成立しないのだから
衰退するのも当然だろ。同盟についてもアムリッツァ前の閣議でホワンが言ったように
戦争優先が社会を疲弊させたと言っている。

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 12:17:20.18
>>129
逆だと思うよ
憂国騎士団は最初から地球教徒中心で構成されていたんだろう

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 12:25:41.11
>>127
>ゴールデンバウム帝国の設立や、ダゴン以降の戦時体制といった社会変化・経済変化にもかかわらず
それらでは停滞にカツを入れるほどのショックにはならなかったということだろ。
ゴ王朝成立は転機になり得たが、ルドルフの自己神聖化による階級制の定着や劣悪遺伝子
排除法による大幅な人口減というマイナスが大きすぎた。
同盟との戦争も所詮は帝國の影というか連邦を母体とした兄弟の争いであって、どっちもブレイ
クスルーは成しえず(連邦までの技術の範囲内ですべてが済んでいたか、「車輪の再発明」程度
を繰り返していたんだろう)、帝國では平民の立身の道を開いた以上の成果はなかった。
>停滞・後退のままなのが謎なんだよ。
歴史的に見て、文明の停滞を打破するのは外部からの異文化流入だが、帝國も同盟も基本
同質な人類文明で「異文化」ではないから、相互に何の影響も与えないんだから戦争は何の
カンフル剤にならなかった、と。
何の不思議も謎もない。君の理解がおかしいだけ。

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 12:42:11.14
>>129
>現実の世界でも政治団体と宗教ってそんなに接点があるのかな。
近代以前、宗教は=政治であって、接点があるのかなってもんじゃないが? キリストは政治犯
として処刑されたんだよ?
中世以後も何とか騎士団とか何とか結社ってのは宗教面と政治面を持った集団なのが当たり
前。
そのまま近代化したのがイスラム。
近代以後でも、宗教は↑のように出自から政治志向を含んでいるから、組織は政治志向が強
くなる―団体として大きくなると活動、財政の面で行政と関わるor衝突するから、組織防衛のた
めに政治的影響の強化に走らざる得ないしね。その極端な例がオウム
宗教の性質上、人権団体とも親和性が高く、提携したり、取り込んだりしている。そうやって
拡大した宗教組織の末端に政治専門の団体や司法関係者がいるのは珍しくない。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 12:47:56.86
>>129
つ「統一教会と勝共連合」

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 12:53:57.40
>>127
作者ではないが、まさに歴史を学べとしか言いようがないな。
国家が永遠に継続するというのが厳格であるのと同じ事。
今現在、科学技術が急速に進歩しているからといって、
過去にも同様に進歩していたとは限らない(むしろ、進歩してる
時代の方が少数)し、今後も進歩し続けるとは限らないわけで。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 12:58:05.02
>>129
創価学会ってわかりやすい例が日本にもある

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 12:59:41.75
停滞はともかく後退してたの?
なんか全盛期より人口が減って新規惑星の開拓とかしなくなったみたいなことは
書いてあったし、人口が減った分、寂れて人がいなくなった惑星もあるみたいだけど
それって、拡大はする気力がなくなったことにはなるけど後退になるの?

帝国の代わりに同盟が拡大したみたいだし、人は帝国から同盟にかなり流れて
たんだよね?

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 13:10:18.07
>>138
停滞はしてても後退や衰退はしてないよな
変な人が自説を力説してるだけなんで気にしないのが吉w

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 13:48:07.69
ただし人口は銀河連邦時代から比べると3000億から400億だから激減だな。
当然開拓途中で遺棄された星も多いんだろうね。

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 15:07:03.35
>>138
文明全体の傾向として、拡大の意志がなくなるのは後退だろう。
なんだかんだ言って、文明・国家って自転車操業だから。

ラインハルト直前期のまま推移していたら、帝國は分裂して群雄割拠の時代に……と推測され
ているのだから、少なくとも帝國は中央集権体制を維持できないくらい衰退しつつあったと数字
に出ていたのだろう。
同盟に関しては、それに乗じる余力があるか次第だろうけど、反帝国を国是にしてまとまってい
たから、その対象がなくなるとこちらも分裂しかねない(帝國より国力ない分限界は早いだろう
しね)。実際、エル・ファイルが分離したしね。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 15:26:46.09
1/10に減るとか星間大戦レベルの戦乱かルドルフも真っ青のジェノサイドがないと有り得ない

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 16:44:03.89
>>142
でも、出生率が1.8弱ぐらいならば、500年で3000億→400億になる。

ちなみに、日本の出生率は1.37(2009年)・・・

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 16:57:35.36
>>142
星間レベルの大戦を思いっきりやってましたがな。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 17:05:15.61
>>143
そもそも結婚できない、出来ても子供なんか作る余裕もない
(定職にも就けない、就けたところでいつリストラに遭うかもしれない、着実に上がるのは税金に健康保険に貰えもしない年金だけ)

日本の未来は暗黒だな…

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 17:23:31.12
>>141
それは帝国って国家の後退や衰退であって人類文明の後退や衰退とは言わないでしょ。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 18:01:25.61
年金や健康の保険料は所得に対して定率なら、まず枯渇することはない
(納付が20〜60歳だとしても)
しかし保険料制度のままだと高額者は未加入、無年金で逃亡
ならば税式にすべきとの答えになるのですが
所管省庁が抵抗するんですよ

ではロ帝国の社会保障、医療、保険制度の整備はどうしたらいいかな

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 18:02:36.86
>>146
人類唯一の政体の後継で、同盟成立以後も半分以上を支配していた勢力だから、人類全体の
趨勢に無関係とは言えん。
帝國の事情としても、停滞、衰退しつつある帝国といい勝負するのが精一杯でジリ貧だった同盟
が、帝國に比して勢いがあったとは言えないだろ。つまり、人類全体下げ状態ってこと。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 18:18:03.00
>>147
没収した貴族財産うまく運用すれば半永久的に問題ない気がする

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 19:07:44.26
要塞建設費に廻しました

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 19:16:36.08
>>143
2を下回るだけで減ってくんだな
あれだけ一気に膨張した同盟って一体

>>144
ボトムズみたいに相手の惑星破壊しまくってれば話は別だけど、戦乱での死者数なんて全体から見ればたかが知れてる

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 19:49:48.66
人口1億3000万のこの日本でも年間約100万人がさまざまな理由で死んでる
大体年2回の大戦闘で一方的な勝敗つかずで10万死んだとしても20万
小競り合いまとめて10万としても30万
アスターテ並みの大敗があったとしても合計200万程度
人口250億や150億の帝国や同盟からすれば大した割合じゃないな。

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 20:01:02.24
>>129>>132
勇国騎士団は最初は地球教とは別だったと思うけど。クーデター辺りから手を組んだみたいだけどあの御馬鹿なトリューニヒトがどうやって作ったのかは謎。

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 20:13:37.47
ロ朝が夜警国家に進むのか、福祉国家に進むのか
ロ朝の次の政権がどのような対立軸で生まれるのか考えたことないな

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 21:16:48.09
>>131
民間資本は成立してるんじゃね
ロイエンタールの父親は商売で財を成したってあるし
裕福な商人が騎士号を買うとかって話もあった

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 21:31:57.01
アニメのOPだったかなあ。
砂に埋もれた既に滅んだ文明の遺跡が少しだけ出て、あれが後世の歴史家から見たローエングラム王朝の姿かと思ってた。
銀英伝の世界は規模を大きくしたモヘンジョダロみたいなもんだと。

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 21:41:03.49
>>126
停滞してたとは書いてても後退したなんて書いてないぞw序章

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 21:42:15.08
ヴェータとかバーラタみたいなもん?

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 22:20:36.57
>>142
過去スレでも書いたけど、生存可能な環境を維持するためのシステムが壊れたり、惑星単位でモノカルチャー化していたところに食料供給が途絶えたりして惑星住民全滅見たいな事態が結構あったんじゃないかと思ってる。

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 22:29:43.45
>>147
きっちり年金払って、もらえるのが7万弱。
一切払わず、もらえるナマポが15万。
これじゃ社会保障財政は悪化するよな。
そこにはメスを入れず消費税だけ増税、しかも使い道は公務員と政治家のボーナス年金の財源。

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 22:33:54.88
>152
そもそもアスターテ並みの大会戦がアスターテ以前はそれほどおきていない。
社会に影響を与えるほどの多数が連続して戦死するようになるのは
ラインハルトが出世してから。


元ネタの一つである三国志になぞらえるなら
後漢末の人口減少は戦乱が直接の原因ではなく、中央政府の権力低下による統制漏れ。
魏、晋による統一が進むと把握漏れが減り行政上の人口は急速に増大した。

銀英伝世界も実人口は二千億くらいいたんじゃね?

162 :「ガスライティング 集団ストーカー カルト」で検索を!:2014/01/20(月) 22:44:34.28
★マインドコントロールの手法★

・沢山の人が偏った意見を一貫して支持する
 偏った意見でも、集団の中でその意見が信じられていれば、自分の考え方は間違っているのか、等と思わせる手法

・不利な質問をさせなくしたり、不利な質問には答えない、スルーする
 誰にも質問や反論をさせないことにより、誰もが皆、疑いなど無いんだと信じ込ませる手法


↑マスコミや、カルトのネット工作員がやっていること

TVなどが、偏った思想や考え方に染まっているフリや常識が通じないフリをする人間をよく出演させるのは、
カルトよりキチガイに見える人たちを作ることで批判の矛先をカルトから逸らすことが目的。

リアルでもネットでも、偽装左翼は自分たちの主張に理がないことをわかっているのでまともに議論をしようとしないのが特徴。
,.,,

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 22:49:33.78
経済的に余裕のある農奴階級なら一夫多妻も一妻多夫も縛りはないの?
なにか禁止勅令あったっけ?

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 22:51:52.28
>>145
同意。

おそらく多くの日本人は少子化の真の問題点に気付いていない。
人数に応じて経済規模が等倍で小さくなるだけと思っていそう。

しかし、現実はそうは行かない。なぜなら、インフラ維持にしろ、
経済行為にしろ、活動を支えるために最低限必要な習熟者の
人数というものがあるわけだ。その人数を割ってしまうと、
例えばインフラ自体を維持できなくなってしまう。
そうなれば、社会自体が詰んでしまう。

帝国が停滞したのも当然と言える。
アニメ版で、農作業に鍬を使っていたのも、あるいは…w

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 23:07:18.92
>>163
別に作品に詳細は書かれてないから絶対にないとは言えないが、経済的に裕福な奴隷階級とはいかなるものかいな?

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 23:11:44.92
奴隷の一夫多妻とは繁殖牡馬ではないのか?
奴隷主「アイツは体格も良いし病気もしないから、子供をたくさん作らせよう」とか

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/20(月) 23:17:19.29
貧乏な貴族もいたみたいだから、あり得ないとは思うけど、もしかしたら
いたかもしれないよね>経済的な余裕のある農奴

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 02:15:16.21
オーディンに住むのがステータスになってたからというのもあるのでは?東京みたいにオーディンに行けば職種選択も多く給料も良くて成り上がれるというのもあったのかもね

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 04:07:33.12
奴隷 - 人権がなく、家畜や物として扱われる。結婚はできない。
農奴 - 一応人間扱いされ、結婚も私有財産も認められるが、引っ越しや転職は許されない。

「裕福な農奴」というと村長クラスかね?

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 07:02:57.45
一概に奴隷と言っても、
ローマ帝国時代と1アメリカの黒人奴隷とじゃ違うからな。
この場合はやっぱり、黒人奴隷をイメージしてみんな語ってるのかな?

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 07:18:23.64
>>169
こらこら農業に従事させる奴隷を農奴って言ううんだろうが。
>>170
主に共和主義等の犯罪者などを落とす階級ってんだから人権もない奴隷の方だろうね。
ハイネセンも何歳のときかは不明だが、共和主義者の眷族として奴隷階級にとあるしな。
(この場合は鉱業労働だから、鉱奴とでも言うのであろうか)

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 07:24:22.05
>>170
ハイネセンは給料もらって、それためて宇宙船の部品購入したんじゃなかったっけ?
いわゆる契約奴隷ってやつだな。契約期間終われば普通民に戻るみたいな。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 07:33:44.36
>>172
アーレ・ハイネセンは思想犯により奴隷階級に落とされたんだろ。
でなきゃ、帝国脱出なんて無謀な行為に走らないはず。

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 07:40:36.15
>>173
しかしただの奴隷にしてはヨット遊びや、宇宙船建造とか自由に過ごしてるよ。
まあ島流しの刑みたいで、現地では自由だったのだろう。

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 07:46:19.25
>>172
給料もらってたなんて描写はないし、「強制労働に従事させられていた」って書いてたから、多分給料なんか無いはず。

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 08:54:31.98
惑星一個まるまる流刑地にしたらそりゃあ逃げ出すっつーのw

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 09:13:53.44
>>171
「農業に従事させる奴隷」と「農奴」は別物だぞ。まぁ誤って前者の意味で後者が使われることも多いけど。ハイネセンみたいな政治犯は奴隷そのものだし、ヴェスターラントの住民は農奴だろうな。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 10:27:52.35
>>177
え?そうなの?ハイネセンは奴隷であって農奴ではないってのはわかるけど。
農業に従事してる奴隷と農奴は何が違うの?

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 10:29:28.77
>>177
>ヴェスターラントの住民は農奴だろうな。

あれは自分の土地を持たない、いわゆる小作農だろ。奴隷じゃないってw
いくらなんでも小作人さんを奴隷扱いはひどいよ。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 10:54:19.49
小作農の待遇は言うほど悪くないよ

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 13:35:46.25
藩主や領主に搾取されるだけの奴隷だろ

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 13:40:58.30
教会も搾取するぞ!

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 14:07:51.22
奴隷と領民の区別さえつかないとは。。。。

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 14:32:51.78
>>172
なんだよ契約奴隷ってww
勝手に謎の単語つくるなw

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 14:41:07.74
農奴は農業に従事する奴隷
古典的には私有財産を持つ権利がないから奴隷

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 14:44:30.08
>>185
>>177は違うって言ってるぞ。早くどう違うのか見解を聞きたい。

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 14:45:52.08
>>184
いや1年契約とかで借金まみれの女の子を奴隷にするとかよくその手の筋で聞くので、それと同じかと。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 14:47:15.34
時代によって少し変わるけど
制限はあるが要するに農民だし俺らが想像する奴隷とは違う

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 14:50:00.82
>>187
いや少なくとも読んでから話しようやw

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 14:51:54.83
>>185
奴隷と違って多少の権利があるんだよ農奴は
今の俺らから見たら奴隷と大差ないようにみえるかもしれないけど違うものだよ

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 14:53:01.13
>>190
この作品の話だよな? >>189の言うとうりと思うが。

そんな区別あったっけ?

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 14:55:18.84
わかってるのは貴族の荘園には農奴と呼ばれる人がいて、後にラインハルトが解放した。

ハイネセンは共和主義者の一味として奴隷階級に落とされ鉱山で強制労働させられた、

くらいだろ。

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 15:15:39.59
>>191
あくまで農奴は奴隷とは違うよって定義?の話だよ
銀英世界で農奴=奴隷って書いてない限り農奴は奴隷じゃないと思う
あくまで権利を制限されただけの中世的な小作農

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 15:53:54.99
俺は銀英世界での農奴ってのは農奴は奴隷とは別のものですって書いてない以上
農業に従事させられる奴隷のことだと思うな。

もっともヴェスターラントの住民はそうではなくただの領民だと思うぞ。そもそも
農業に従事してるのかも不明なんだから。鉱業惑星の可能性もあるだろ。

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 16:07:01.14
植民地惑星ってことだから、植民地と考えればいいんだろ。
イギリス支配時代のインドとか考えればヴェスターラントがどういうものか分かりやすい。

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 16:55:14.35
>>195
素直に読めよ。水の少ない惑星でオアシスを中心に集約農耕と希土類元素の採取を行ってると書いてあるだろうに。

税の比率がどの程度かは知らないが、今までより重税にしようとして反乱がおきたってわけだ。つまり完全な奴隷
の惑星ではないぞよ。普通の平民だろ。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 17:04:03.31
>>195
また勝手な自分設定をひけらかすwww。ブラ公の領地のひとつだろ。そういうのは植民地とは言わないぞ。

みんなちゃんと読んで小説の内容に沿った発言しようよ。

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 21:38:12.63
ただ、あのブラ公の領土ってだけで、イギリス支配時代のインドより酷いイメージが。
容赦なく虐殺しようとしてたし、普段何やってんだよとは思うな。

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 21:44:01.47
イギリス支配時代のインドより極悪なんてまず無いと思うよ
数千万人の餓死者出しておいて、総督は本国にどこもかしこも白骨が転がっているが、どうせならインド人を死滅させて入植させればいいとか報告してるし。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 22:04:30.39
>>198
今は表現変わったが「賤民」だからな
人間として見ちゃいないんだろう

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 22:15:33.17
>>200
賤民って言葉狩りになったの?

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 22:21:25.89
>>201
文庫版でブラ公の発言が「平民どもが…よくも甥を殺したな」となっているが
新刊時は「賤民どもが…」だった

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 22:26:51.74
サンクス、言葉狩りと言うより、賤民じゃ意味分からない人いるから変えたって感じだね。

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 22:59:06.86
朝鮮人は?

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 22:59:58.82
朝鮮人参

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 23:37:28.69
ずいぶん上等になってるじゃねえか!

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/21(火) 23:54:41.49
銀英伝の世界では「地球人」がNGワードになってそうだな。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 08:21:48.42
自粛するどころか「ママのゆりかごから出られないまま数世代も重ねてる赤ちゃんオヤジ」とか公に嘲笑されてると思う。

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 08:34:08.39
だが実際は大半が地球教の司祭や司教として崇められてると言う。地球人の商人は
帝国上層部とも相当のコネ(賄賂主体だろうけど)があったというしね。

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 13:39:40.00
しかし1千万か・・・すっげー快適そうだな

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 14:39:16.06
帝国内でも宗教関係は非課税なのだろうか?

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 14:48:45.80
宗教の廃れた世界に宗教法人という概念が残っているとは思えん。

財政が火の車の同盟が極一部の国民にしか関係の無い団体に税制優遇をするはずもない、
まして帝国の場合、ルドルフ大抵の絶対不可侵性に抵触しかねない罠。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 16:38:32.15
>>169
奴隷は財産だから命令により結婚繁殖が常識なんだが

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 17:44:41.64
下手に農奴にするより中等教育充実させたほうが得だけどな。領域内の生産力は高いほうがいい品

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 19:01:39.25
>>214
土地込み・土地付属奴隷=農奴 が農奴制
ロシアなんか農奴を解放しちゃったら格安で払いさげられた土地の料金を
払わなければならない為に農奴は更に貧乏になり暴動がおき生産力が落ち
国家ガタガタになるきっかけになった

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 20:00:23.04
帝国の農奴はルドルフによる政治犯 中世近代に生まれた農奴とは別
懲罰として存在させられているんだから財産でもなんでもないのでは

むしろ財産とか思った方がヴェスターラントの虐殺は無かったかも

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 21:08:20.63
社会人さんもバイト学生さんにも聞きたいんだけど
今の賃金、報酬に満足してる?
現実の労働対価を素直に考えて今の何%増が理想?

バカなことを言ってしまえば2倍でも3倍でも貰えるなら支払ってもらいたいけどさ
所得って不満のままのほうが意欲が高まるじゃないのかなぁと
たまに夜な夜な哲学にひたる時があるんだよね
考える余裕と暇があるってことは家計と気持ちに余裕があるんかな?と逆説を思いおこすこともあるんだが・・・

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 21:13:34.21
>>217
ヤン・ウェンリーの年金が10倍になるなら神を信じるというのと似たような心理ですかなw



フレデリカは年金10倍=インフレ1000%と解釈しているみたいだが。

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 21:23:54.77
元帥と左官の年金で生活できないって・・・同盟政府の財政ってそんなに危機レベルなのか?

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 21:33:11.36
>>219
生活できないなんて一言も言ってないぞ。
元帥の年金22.5%、少佐の年金15%カットでも、貯金を取り崩さなくても生活できると書いてある。

もっとも、ヤンにとっては(そして一般人にとっても)働かずにもらえる年金の額は
多ければ多いほうがいいということだな。
ヤンは歴史関連の書籍にお金をつぎ込みたいだろうし、もし万が一wユリアンが
レストランを開きたいと言い出したら開店資金に使いたいだろうし。

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 21:35:45.67
>>219
身の丈にあった生活レベルに下げればいい
庶民から見れば充分すぎるほど受けてるはずで普通の人はそうする
将官級の人間は将来設計も貯蓄もせずに金遣いが荒いのかもしれん

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 21:37:14.37
問題となるのは、その元帥としての在任期間の短さだよ
日本の例でいえば、短い在籍期間で多額の年金貰えるのは国会議員くらいだよ
ビュコックの爺さんほど長い年月軍人やってれば、遊んで暮らせる年金になるだろうけどな

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 21:47:49.41
興味本位で調べてみた
日本の文化勲章受賞者は年額350万円の終身年金が受給できるそうだ
受けた連中からみれば、はした金なんだろうが

同盟にしろ帝国にしろ国が健在中の制度で国家に貢献した者を餓死させるようことはさせないだろう

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 21:59:55.15
お前らは女を攻める時アソコを一点集中攻撃かそれとも
唇、乳首、背中、アソコ、アナルの5ヵ所同時攻撃かって聞いてるんだよ!

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 22:04:24.47
そりゃクリトリスだろ

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 22:39:16.29
アメリカ軍の大将が年間20万ドルぐらい受け取れるから同盟の元帥もそれぐらいでいいだろう

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 23:02:08.96
敗戦国は凄いインフレで苦しむもんだけど 同盟は大丈夫だったのかな

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 23:02:47.02
年金で悠々自適生活ってのは今となっては??なんだが
まぁ執筆当時の80年代なら仕方ないと思うべきか
医療費だって共済、社保は0割だの1割だのだったもんな
国民皆年金制度開始された当初の基礎年金保険料は100円だったが物価は150倍になってないんだよな
むちゃくちゃだ

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 23:05:51.85
俺は性行為に対しての感覚は今の女の子のほうが好きだ

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/22(水) 23:32:09.93
高校時代は渋谷の歩道橋でウホホしてたものだ
見せパン履いてない時代だったよ

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 00:03:12.51
そういや、キルヒアイスは未経験なんだな

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 00:07:02.38
>>227
ドイツは賠償金が原因であり、日本は空襲による生産力の激減が原因で戦時中の国債
が紙くずになったのに対し、同盟は帝国に上納金をしなければならないが軍備削減による
財政の持ち直しと生産力の回復が見込めるからインフレにはならんよ。

皮肉な話だがトリューニヒトにせよレベロを裏切ったロックウェルにせよ同盟末期の
指導者は抗戦意欲が乏しいせいで同盟領内の荒廃による生産力の低減を招かなか
った。

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 00:21:42.94
>>231
ラインハルトのために社交界で色々情報を集めたりしていただろ。
「ハンサムな赤毛ののっぽさん」として女性から人気だった、なんてことも書いてあったし、
何か重要な情報などを得るために、貴族令嬢や帝国軍高官の娘に取り入っていた可能性も
まったく無いわけではないぞ。

…まあ、キルヒアイスの性格やアンネローゼのことを考えると、想像しにくいが。
ベッドインまではしていなくても、デートごっこくらいはやっていたかも試練。

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 00:49:44.73
若い男だし、ラインハルトに比べて大人だから好奇心と性欲あるからこっそり遊んで経験してたと思う。帝国男性は性欲と恋愛割りきれる生き物だよ。

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 00:52:51.28
「ラインハルト様よりも先を越しては・・」
「ラインハルト様はお喜びになるだろうか」
と考えているだろうが
仮に情事初体験したらラインハルトに報告するような気がする
報告した形跡がなく男に走った描写もないので童貞という結論

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 06:33:48.89
真面目に考察してんのか、ふざけてるのかイマイチわからんが
嫌いじゃないぞ

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 08:13:25.20
「ふふふ…赤毛さんの童貞はわたしが頂きましたわい」

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 10:33:59.35
>>232
ハイネセンは、ルビンスキーの火祭りとかでガタガタになったけどあそこはオフィス街とか住居地か
復興費用とかどうするのかな ユリアン達も再建には苦労しそうだ。 

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 10:45:53.75
ハイネセンに住みたいと思う人がどれくらいいるのか
相次ぐテロでボロボロ
消費型星系らしいから生活費はかなり高くつく
もし帝国の気が変わったら火の海待ったなし
社会制度を一から構築するような不安定な状況

帝国領なら安心安定した生活が保障されている
将来はともかくヒルダや七元帥が現役の間はラインハルトの開明的な政策が継続されるだろう
ごく普通の一般市民なら自治権より生活を選ぶよ

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 11:32:22.32
元同盟市民だから差別や迫害受ける可能性もあるけどね。
昨日まで殺し合いしてた相手と仲良く手を取り合うとか、歴史的にも稀。

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 11:36:10.11
>>240
旧同盟領・現帝国領ならその手の問題は起こりにくい
それに良い子ちゃんの帝国首脳部は差別や迫害を徹底的に取り締まろうとするだろう

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 12:51:39.48
旧同盟領・現帝国領も惑星単位だからその手の差別は起こらんだろ
可能性としては、フェザーンかな 蒋介石が国民党をつれて台湾に来た感じかな
本省人外省人としてけっこうもめていたな 

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 13:38:13.34
帝国が同盟を占拠した時はレンネンの宿泊代やら艦隊駐留の燃料代とか同盟政府が全額払ったのかな?
だとしたら同盟政府の経済はガタガタになっているかもしれないな。

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 14:35:33.04
>>243
同盟の経済を悪化させる目的で安全保障費などの名目で金巻き上げるってオーベルが
言ってたね。(そうしないと和約の条件で軍事は削減するけどその分、軍事費の出費
が激減してかえって同盟の経済が好転してしまうとかで)
もっともその和約からいくらもたたないうちに今度は完全併吞しちゃったからあまり
意味のある処置にはならなかったようだが。(実際には一回も払ってない可能性も?)

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 14:42:11.87
>>243
レンネンの宿泊代ではさすがに同盟財政も傾かないぞよw。むろん駐留部隊全ての
費用を負担だろうから大変だろうけどね。自分らを監視する相手のホテル代払わな
あかんとは戦争に負けるってのは悲しいね。
もっともホテル経営者は継続的に客がいるわけで喜んだ?

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 14:53:17.33
赤毛は金髪より人気はあるとおもうぞ。というか金髪はオベ吉並に人気がない可能性が

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 16:03:42.49
>>245
フェザーンのホテル・シャングリラもそうだけど、ホテルを「接収」だからなあ。

民間ホテルをタダで召し上げられるのはあまりにもあんまりなので、宿代は払われている
と思うけど、まとめて借り上げだから相当値引きさせられているかもw

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 16:41:02.31
敗戦国だからホテルの一つ「接収」されてもしかたないが、
ホテル側にも悪い話ではない 歴史的な月cる。
日本の第一生命館がいい例 ラインハルトがフェザーンで利用した
ホテルなんかは後で凄い付加価値がつくだろうな

これはいい例だが悪い例の方が圧倒的。現実には占領地や植民地にある
ホテルが只で取り上げられてボロボロにされる もちろん補償もなし
それが戦争だけど

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 16:44:02.73
ageて申し訳ない

歴史的な月cる→ 歴史に名が残る

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 17:06:59.38
>>247
どうせ払うのは和約の条件で同盟政府になってるよ。ホテルとしてはいいんじゃない。

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 17:31:00.30
ミッターマイヤーとかは普通の家とか借りてたな。芸術家とかはきれいに使ってくれそうだけど・・・やばそうなのはビッテンだな。部下とか沢山来て宴会とかしそうだし・・・オイゲンさんの胃に穴開かないだろうか?

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 17:43:22.71
>>251
ビッテンは官舎暮らしじゃなかったか
あまりにもしょぼいんでロイエンタールと同僚とは思えないけど
金持ちになっても成り上がり貴族みたいな生活しないのは美点ではあると書かれてたような

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 19:53:58.64
オーベルシュタインやアイゼナッハあたりは名家の貴族っぽいのにそれ以上に金持のロイエンタールって…
帝国騎士でも凄い金持はいるんだね

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 21:00:36.74
>>253
父親が事業に成功して財をなし、それをそのまま相続したとありますな。帝国騎士と
いえども貴族だから相続税も優遇されてたんだろ。(母親はその財産目当てで嫁いで
きたどっかの伯爵家の若い令嬢だったとか。悲劇の始まりってやつだね。結婚したと
きは父親はもうかなりいい年で、年齢の差は埋めれなかったと)

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 21:02:00.64
>>253
ロイエンタールは、父親がフェザーン商人ビックリの才華あふれる実業家だったからなあ。

もし平民だったら、税金でがっぽり持ってかれてたかもしれんけどw

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 21:07:55.61
>>254
ロイエン父はせっかく財産きづいて若い娘もらってウハウハだったのに、気づけば
愛人作ってその男との子供産んでそれがばれて自殺。残ったのは血の繋がらぬ息子
(詳細は不明だが母親の実家との関係とかで自分の子として育てなしゃーなくなっ
たんかね。)
そりゃ酒に走って、その息子の顔見るたびに生まれてこなけりゃよかったんだ、と
か言いたくもなるか。
まあ息子本人には責任はないけど、そんな父親の呪祖聞きながら育ったオスカーくんか。

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 21:20:16.94
>>251
> 芸術家とかはきれいに使ってくれそうだけど・・・
芸術家に普通の日常生活を要求するとは…

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 22:02:16.58
>>256
本当は、身分相応の嫁さんをもらうつもりだったんだけどね・・・

女に溺れて身を滅ぼしてしまったというのが正解だろう。
ウハウハとは言い難い。

なお、オスカーが実の子ではないという描写はない。
金銀妖瞳が遺伝的に偶然現れたという書き方から、十中八九実の子であると思われる。
道原コミック版では実の子であると断言している。

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 22:10:30.91
>>258
男親から見た場合、実子であるという確証・確信が持てることなく、「実子の可能性が高い」どまり
なんだな。医学的に
まして、母親が浮気していたという事実があれば……

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 22:29:28.76
>>259
一方で、ロイエンタールの母レオノラとしては、浮気相手の子を身篭って
しまったら身の破滅を意味するからな。
それも、実家のマールバッハ伯爵家もろとも。
# 爵位を持つ貴族の方が力関係で上位だと思えるけど、名誉が絡んでくるからね。

それゆえに、浮気相手との火遊びは慎重なはず。(火遊びには違いないけどw)
実際、息子の片目が浮気相手の目の色と同じだと知って、発狂しているわけだし。

ちなみに、>>256 の生まれてこなければよかった、ロイエン父が言ってたのは、
オスカー少年が他所の息子だからではなく、オスカーの誕生自体がレオノラの自殺の
原因になったから。

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/23(木) 22:39:41.12
息子より浮気して死んだ妻を愛し続けた訳か・・・・・・・・・・・・・・

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/24(金) 08:56:19.95
妻を愛していたからというより何もかもが滅茶苦茶になるきっかけだったからだろう

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/24(金) 09:22:39.97
ロイエンタールが巨額の遺産を受け継いだそうだから、対外的には順風だったんだろう
浮気した妻なんて忘れて若い嫁さんでも貰ったらというのは凡人の考えか

マールバッハ伯爵家は内乱で滅びたのかな レオノラのおかげで汚名だけが印象に残りそうだ

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/24(金) 09:54:25.77
ヤンといいビッテンフェルトといい、偉い身分になっても官舎暮らしは褒められた話なのだろうか

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/24(金) 10:25:38.22
>>260
よくもまあそんな環境で育って女性不信の冷笑家程度で済んだもんだな。
アウグスト2世みたいなシリアルキラーになってもおかしくない

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/24(金) 11:54:37.66
殺人鬼並にロイエンタールは軍人になって人殺ししまくってたなあ
父親は、富豪だから若くて未婚の後妻すぐ来ると思うが、寝盗られた上、自殺されて高いプライドズタズタにされたから逆恨みしたんじゃないか?

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/24(金) 21:30:28.23
ロイエン父の体験したら普通の男でもプライドずたボロだろう…
レオノラの二の舞が怖くなって再婚も無理そうだしさ。

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/24(金) 22:13:23.74
「嫁はよく考えて選びましょう」ってことだな
某野球選手といい外見だけで選ぶとろくな事にならないってことを教えてくれる

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/24(金) 22:30:36.66
>>264
閣下が官舎暮らしだからオイゲンなんて四畳半のアパートだろうな
グレーブナーはちょっと小洒落た2LDKのマンションだろ

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/24(金) 22:36:51.34
いや、官舎の広さは階級によって決まるからそこまで酷くはないだろ。

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/24(金) 22:49:24.59
昇進するたびに引っ越しはキツいなぁ
転居費用も手当が出て税金なんだよな
無駄だじゃね?

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/24(金) 23:18:20.85
>>269
オイゲンが四畳半のアパートだったら、その下はどうなるんだよ
下士官以下なんて潜水艦並みのカイコ棚ベッドを共有しかできなくなるだろ

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/24(金) 23:24:23.08
それが黒色槍騎兵艦隊の強さの秘密

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/24(金) 23:26:40.16
高級士官用の官舎は庭付きで 書斎・寝室・バスルーム・居間・食堂
キッチン・従卒用の個室で全てだそうだ

多分独身用だと思うが 四畳半ではないな

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 00:45:51.71
参考までに
旧横須賀鎮守府司令長官官舎
ttp://www.geocities.jp/tcdnh830/sub/kai/chokan.html
ちょっとした旅館だ
ちなみに国の重鎮やら軍人やらが官舎住まいなのは、警備面での省力化が理由の一つ
分散して住まれると、警備にあちこち人を割かなければいけないので無駄

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 01:49:09.52
>>275
警護、警備、費用考えたら重要な公人はその任の間は
私邸から通勤するだの、公邸には入居しねぇだの
身勝手わがままはやめてもらい気がしてきた
通い妻がいるなら隠さず堂々と公邸に呼べばいいし

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 01:59:04.22
>>275
鎮守府ってw
雷とか居るんだろうなww
てか、リアル軍隊が艦これかよww

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 02:03:45.39
信じてはいるが鎮守府の語源は知ってるんでしょ?

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 07:41:55.09
鎮守の涙を浮かーべたあら オ・ト・コ・ノ・コなぁんてぇイ・チ・コ・ロ・よ〜♪

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 07:42:49.06
あれ「オトコたち」だっけ?w

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 09:09:25.31
>>275
ある程度分散しないと爆弾一発で。。

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 12:53:07.23
>>281
要人が住む家のそばに爆弾持ち込まれた時点ですでに負けだと思うぞ
同時多発的にやられたらどんなに離れていても機能マヒ確定
だからそのエリア一帯の不審者を排除するしかないんだ

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 13:38:15.51
ロイエンの父親は結局のところ血のつながりが無かったって事?

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 13:52:33.23
>>277
艦これってww
本物の馬鹿かよwww

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 14:28:52.64
>>283
流れを読み返せよ。バカ


歴史資料を元にした遠い過去の話だから、分かる例が少ないだろう個人のプライバシー関連
は話振るだけ振って、曖昧なまま誤魔化す傾向が強いな。まあ、それでキャラや物語に深みが
出ているんだが、下世話と言えば下世話だ。

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 20:02:34.06
なんで後世の歴史研究家がユリアンの初体験を知ってたのかな
我々は安倍晋三の童貞喪失エピソードすら知らないのに

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 20:27:33.76
そらおめーユリアンが克明に記録してたからだろ

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 20:41:49.41
安倍晋三には克明に演説してもらいたい

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 22:27:04.54
>>286-287
アッテンボローの回想録もお忘れなきようw

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 22:53:27.05
同盟側は、養蜂おじさんと事務屋のキャゼルヌが回想録を書いたら面白そう。冷静かつ客観的に書かれていそう。帝国だったらケスラーかな。

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/25(土) 23:17:48.25
>>287
ヤンとフレデリカの営みをこと細かく記録していたらヤダなw

なぜか、地球に行っている間も記録しているという・・・

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 00:28:11.13
>>291
それは帝国の方に資料があるだろ

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 00:28:14.73
やっぱり反乱とか起きたら交差点とか封鎖して睨み利かせるって
タイの政情不安のニュースでやってたな
なんかワーレンって不思議な魅力あるよね
それに比べて似非詩人って呼ばれてた人なんか
あいつの部下にはなりたくないね

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 01:09:59.97
>>293
疾風とか猪とか鉄壁とかだと艦隊のカラーも分かりやすくていいけど、沈黙とかエセ詩人(芸術家)だとな…
部下も苦労しただろうな…

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 03:31:02.26
禿の提督が居ないのは何故ですか?

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 03:33:48.00
禿は遺伝要素が強いから、劣悪遺伝子排除法で淘汰されたんだろう

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 03:37:46.17
          _ -?ァ                  __
       <三ニニL.                   _j‐-.三>
       {:::rj  !                   `ト、::::::j
      _ノ==-く                     ,>ーヘ、
     / {    _,.>                    r=, ̄ ̄ヽ、
.     L-!     | (|                     | |    ハ
    丁 |    Lニ|                /、_j  i   L.|
     | ,ハ____l l                /`7′ !  |「 |
     | | {:::::::::::::::ト, l                ノ ハ???{l !
     | 〉|::::::i::::ヽ| |_j             rヘ/ |::ノ:::::::::::ハ |
     ` !:::::i:::::::i|                  〉′l:::::::::i::::::| L!
.        |:::::i:::::::::!         彡⌒ ミ       |  |:::::::::!:::::|
      l::::::〉:::::/       (´・ω・)     |   !::::::::!:::::!
      |:::/:::::/         /    ` ヌ.___ノ    !:::::::i:::::|
      |/:::::/        |i   「`´          |:::::::i:::::|
.       /:::::〈_        ヽヽ ♭           |:::::::l:::::|
      `ー一′        | l 〈_            |:::::::ト-'
                  `’ー'          └‐┘

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 06:00:29.11
>>296
ラング「(´;ω;`)」

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 06:09:44.73
ルビンスキーは天然? それとも剃ってた?

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 08:12:16.36
則頭部は剃ってた
他は天然

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 09:23:33.67
>>298
「黙れ禿!じゃなかった下衆!」

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 09:58:57.06
ユル・ブリンナーはかっこよかったな ルビンスキーも彼をモデルにしていたら人気がでたかも

>>292 ヤンが監視されていた時、夫婦生活も盗聴されていたかもということ?

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 10:00:15.70
例のアレ貼っておきますね
http://i.imgur.com/tTQ1p35l.jpg

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 12:30:07.15
>>302
夫婦生活が目的じゃないけど、やはり寝室は重要な会話がなされる可能性高いから
盗聴してたんじゃないかね。

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 16:03:32.25
ヤン「い、入れるよ、フレデリカ!」

フレデリカ「ええ、あなた…」

ヤン「あっ、あああ…(ドピュ)」

フレデリカ「…………」


盗聴班「奥さん…(涙)」

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 18:23:55.10
うっかりミッターマイヤー元帥の家に仕掛けていたみたいだ

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 20:23:47.73
ヤン「宇宙艦隊の司令官は×××の挿入方向さえ誤らねばよいのだ」

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 20:25:43.65
ヤン「い、入れるよ、フレデリカ!」

フレデリカ「あ、あなた、そこは違…」

ヤン「あっ、あああ…(ドピュ)」

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 20:56:03.68
レンネンや同盟政府は小細工せずにヤン宅を盗聴・盗撮すべきだったな

「ヤン・ウェンリーのあまりにお粗末な性生活!疾風ウォルフ顔負けの早撃ち!欲求不満の夫人」

とかマスコミにばらまけば完璧

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 21:01:40.37
「いいかい、ユリアン。子供なんて生物は自分の愛する女性を奪ってゆく…
「そんな存在に過ぎないと言うことも出来るんじゃないかな」

「提督、それは挿入する場所を間違えた言い訳にはならないと思いますよ」

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 22:32:01.79
ビッテンフェルトは直線的、直情的なセクールしか出来ないんだろうな

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 22:32:53.97
「閣下 これでは他の者どもが腰の速さに付いてこれません!」

「だから私はイク瞬間を逃してしまうのだ そうだろロイエンタール」

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 22:55:28.31
肛門専門のない病院は形成に相談でいいのかな?
消化器かな

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 22:56:19.53
盗聴か トリューニヒトさんも宇宙艦隊司令長官室を盗聴していたな
何か役にたったんだろうか?

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 23:07:52.65
盗聴って犯罪じゃないのか?

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 23:11:35.32
戦争も犯罪なんでしょ?

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 23:12:46.27
犯罪だよ ただ政府がやると許されるんだよな

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 23:12:51.07
>>315
帝国軍のヤン夫妻に対する盗聴は、バーラトの和約に伴い反帝国勢力取締りのために
合法になっているかもしれん。

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/26(日) 23:30:37.31
>>315
私兵使って反戦派を半殺しにするような奴だし盗聴くらい屁でもないだろうな。

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 00:04:21.97
>315
アメリカだと裁判所で許可を得ればおk。

犯罪ってのは「それを規定した法律がある」ってのが前提だから、
その法律に例外規定があるなら合法的に行える。
同盟は戦時下なんだし、盗聴の合法手続きが定められていても不思議はない。

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 00:23:56.92
共産主義と平和主義も犯罪です

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 07:10:20.09
>>315
同盟には通信の秘密の権利がないんだろ

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 08:47:21.30
>>322
同盟憲章によって盗聴とかは禁止されてるから、裁判の証拠にはならないとは言ってたな。
むろん建前で実際はやってるそうだが。

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 09:14:30.71
回廊の戦いでメックリンガーが後退した理由が理解出来ない
ヤン艦隊に同盟側から来る帝国軍本体を相手しながら帝国へ遠征するだけの戦力があると
本気で思ってたのなら救いようのない馬鹿としか思えないんだが

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 09:23:10.11
彼の後ろには纏まった機動戦力が存在しない、ということだったから慎重になるのも無理はない。
それよりいったん後退した後なんも情報収集してないっぽいのが解せない。

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 09:55:20.28
仮に2万隻が丸々無傷で帝国本土に侵入出来ても何が出来ると言うのか
その程度の数で帝国本土を占拠して長期的な戦略拠点化するのは不可能だろう
せいぜい出来るとしたら帝国領内で破壊と殺戮して回るか、オーディンまで行ってアンネローゼを人質にするくらいか
それにしたって戦略的には大した意味がない

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 10:33:10.20
>>325
ビッテン、ファーレン艦隊の敗北、機雷封鎖、その突破、回廊内での激戦、シュタインメッツの戦死、
ヤン側もいったん要塞に帰還補給再出撃、帝国側戦術変更、フィッシャー戦死、皇帝発病、帝国軍回廊外
へ撤退、ヤン側機雷再敷設、要塞に帰還。
の間中ずっと帝国側出口にただ布陣してたんですかね?

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 10:44:15.72
>>326
戦略的に意味なくても、されたらたまったもんじゃないだろ。だからそれは疑問にすらならない

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 11:08:03.06
>>325
相手の数が多いし仕方ないけどその後は何もしてないもんな
もっと言えばラインハルトが何故か同盟側に戦力集中させて帝国側から攻め込まなかったのかも不思議だよね

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 11:21:08.44
>>328
戦略的に無意味と言うより明らかに有害でしかないな
無意味な破壊活動を行ったら彼らなりの大義を失うし和平の道が完全に閉ざされてしまう
メックリンガーだってわかってるだろ。そうでなきゃイゼルローン通過の際にヤンが生きていたら
全幅の信頼を相手に与えられたのにと述懐しない

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 11:22:17.62
作品上の都合、という便利な言葉で片が付く話だけどなw

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 11:22:52.09
両方から攻め込んだら詰みだからなんじゃね。
トールハンマー逆方向に連射できないだろうし。
出撃するにしてもヤンはどちらか一方にしか出られずだし。

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 11:56:36.71
メックリンガーは一提督でなく留守役だから無理のない行動だろ。
地球教のテロが繰り返される中で帝国側の最大戦力が敗退したら
治安も不安定化するだろ。所詮回廊の戦いはカイザーのわがままなんだから
メックリンガーの自重は帝国全体を考えれば合理的だろ。

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 12:24:10.95
>>333
交戦せずに出口固める行動は妥当だよ。みんなが言ってるのはその後だな。延々と待機してるだけだったの?ってやつ。
偵察艦も送りまなかったのかな? あるいは要塞の同盟側で戦闘状態になってるのを確認した上で、なお待機だったのか
もしれんけどね。ヤンの総兵力が5万隻以上と誤解してたわけだから。

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 12:49:11.18
「ヤンは実際の戦力を帝国軍に悟られないよう腐心した」って書かれてるな。
だからメックリンガーもこっちに2万来るなら5万はいるなんて誤判断した。

旧同盟領側で遊兵出しまくるくらいなら帝国側にももう2個艦隊くらい送っとくべきだったな、結果論だけど。

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 12:54:29.55
双璧も義眼も「もういいかげんにせえよ」と思っている戦いで戦術上の
有利に拘泥するのもバカバカしいからだろ。
帝国軍首脳全員ががイゼルローン落とすのに躍起になったら本当に
昨今のライトノベルと変わらんレベルの作品になってしまうよ。
アスターテ後の戦死者追悼集会でヤンの「不謹慎発言」を見ればいいように
メックリンガーが空気読んでラインハルトに同調して攻撃仕掛けたら
この作品では異常だろ。

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 13:02:09.30
>>326
確かに破壊と殺戮は戦略的に意味が無い(そもそもヤンはそんなことしない)だろうが、
アンネローゼを人質にするのは極めて意味があるだろ。それだけで帝国は詰む。
なにしろ、アンネローゼを人質にすればラインハルトを絶対服従させられるからね。

メックリンガーもその事態だけは避けなければならない。全てに優先してでも。

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 13:06:08.56
>>334
偵察艦を送り込まなかったとも書いてないと思う。
ただ、前の情報を塗り替えられるような新たな情報が得られない限り、
前の情報をたとえ誤解の可能性はあっても信じ続けるしかないわけで。

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 13:07:28.30
メックリンガーは本当にヤンが帝国本土を直撃する戦略を採用すると思っていたのかな?
帝国本土内にも防衛組織があるから十分に対応できると思うのだが。

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 13:19:03.88
>>339
「各星系の警備隊等を合わせれば十万を超す戦力はいるがそれらを統一指揮するものはおらず
各個に阻止行動に出て殲滅されるだけ」

って書かれてる

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 13:44:12.86
カイザーがなにも文句つけてないんだからいいの
やられたらメックリンガーには期待していなかったのだって
言われて涙目になるだけ

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 13:52:42.68
>>335
結果論ていうか回廊が狭く大兵力が展開できないって前提があるし
片側からのみ攻める必要自体が無いと思うけどね

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 14:28:57.63
>>337
姉を人質にするのはさすがに無理だよ
オーディン攻略するだけの戦力や補給線を用意出来ない
仮にオーディンへ肉薄したとしてもアンネローゼが黙って人質になるわけもない
弟の足手まといになる位なら死を選ぶよ

そして復讐に燃えたラインハルトがヤン艦隊が文字通り一人残らず死ぬまで徹底的に潰すだろう
和平の道なんて100%消える
当然、ヤンはそんな事十分理解してるから実行するわけないがw

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 14:35:54.51
>>330
分かってるだろうというのはキミの勝手な思い込みで
例えば、ソ連の戦闘機一機、領空の侵入許したところで
何事が出来るだろうと言って見逃す軍隊はいない。
ましてや、この場合は万が一メックリンガー艦隊が壊滅した場合は
短期とは言えやりたい放題される状況を作り出されるんだから
最悪のケースを考えるのは当然。
どうせオーディンが落とされるわけは無いんだからまあいいか、と考えたら
それこそ救いようのない馬鹿としか言いようが無い。
ヤン艦隊の危険さは、核搭載のソ連領空侵犯機の非じゃ無いんだから。

ヤン艦隊はそんなことしないと一方的に信頼するのも、最も軍事からは遠い思考。
無防備都市宣言をすれば平和が保たれるとか、仮に敵が日本に上陸しても
素直に降伏すれば国際世論もあって悪い様にはしないだろう(実際にこう言った政治家がいる)
というお花畑左翼並みの戯言

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 14:41:03.54
>>329
実際、どれだけ情報収集してるかどうかは分からないが
ヤン艦隊を取り逃がしたり見失ったり、挑発に乗って阻止戦力を失うという最悪な事態が
考えられるんで(相手も相手だし)
慎重になりすぎると言う事は無いだろう。
下手に動くより、相手の出方をうかがって時間を稼ぐのが一番リスクが低い
孔明を相手にした司馬懿の様な物

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 14:42:19.52
>>344
つまり帝国にとってヤン艦隊は北朝鮮のような「何をするかわからない狂人の集団」なのか
だったら徹底的に殲滅しないと安心出来ないわな
ラインハルトの自己満足ではなく国家の安全の為に全滅させるしかない

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 14:46:43.16
>>334
仮に偵察機を送り込んで、ヤン艦隊の状況を正確に掴み
さあ追撃するぞとなって攻撃したら、やっぱりヤンの術中に嵌まるんじゃ無いかな。
その場合は最悪な事態に陥る可能性が高い。
これは小説だから間違い無くそうなるだろうが、そうなったらなったで
「帝国の元帥はヤン相手に何度赤子の手を捻る様にやられるんだ! 少しは学習しろ!」
って文句を言うヤツが出るはず。
つまり、メックリンガーがそう考えて動かなかったというのは十分に理解出来る。
なんせこれまでに散々痛い目に遭っているわけだし、偵察を十分出していたとしても
それをそのまま信じることは出来無いはず。メックリンガーが有能なら尚更。

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 15:03:32.43
>>341
他の元帥が悉くヤンの策や挑発に乗ってやられてるんだから
待機して慎重策取ってもまあしょうがないわな
その為にビッテンフェルトやファーレンハイトが危機に陥ったが
結局、コイツらは本体が来までの繋ぎでしかないし、ヤンを帝国側に逃がさなければ
役割は果たしたと言える。
損害は小さくなかっただろうが、結局は本体到着後に大苦戦して、もうなりふり構わず
ヤン艦隊の戦力を磨り潰す戦術に出たんだから、元よりキルレシオは度外視の戦いだったんだろう。

むしろ疑問なのは、双璧やヒルダに無意味な戦い、と諫められたにも係わらず
予はヤンと決着を付けたい、と無理矢理出兵した戦いで
メルカッツやビッテンに先鋒を任せ、苦戦とみるや策もへったくれも無い単純な物量作戦で
ヤンを仕留めようとしたところ。これで勝ってホントに満足だったのかと。
しかも、決着を付ける前に停戦しようとするしやってる事が支離滅裂。

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 15:27:38.14
同盟滅亡前までは戦争だけど、そこからはゲームだからね
対策なぞイゼルローン回廊の両端を封鎖するだけで済むのは作中でも語られている通り

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 16:10:57.16
同じぐらいの戦力だったら冒険はできんわな。2倍いれば普通に戦闘するだろうけど

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 16:26:03.15
>>346
それは単なる感情論。
軍事は感情論を廃して、相手にその能力が物理的にあるか無いかでのみ判断するのが当たり前。
敵は良い人だからそんな酷いことはしないだろう、なんてのは軍事でも何でもない。
これ外交でも国防でも勘違いしてる人が多いけどね。

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 16:28:00.13
>>348
陛下が火遊びしたかっただけだからなw
で損害大きくなりすぎて理性の部分が赤毛を召喚し停戦
最初からヤンと交渉して決裂してから戦闘とかでもいい気がしたよね正直

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 16:31:43.68
>>349
ゲームならゲームでいいんだけど
ゲームしたいとダダを捏ねた挙げ句、させてみたら他人に美味しいところをプレーをさせて
ようやく自分がジョイスティックを握ったかと思いきや、イージーモードでチートコード使用みたいな。
まあ、ネット将棋でソフト使って勝って喜んでる理解に苦しむ厨房もいるので
おかしいとまでは言わないけど。

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 16:54:18.96
>>351
この場合ヤンが善人かどうかではなく
回廊を抜けて帝国領に何の支援も補給のあてもなく略奪を繰り返しながらオーディンまで来るか?
ってことなんだけどね
そもそもそれを懸念するなら上にもあるけど回廊帝国側に何故もっと戦力配置しなかったかのかが謎だね
ヤンの目的も戦略もよくわからない状況だしこの辺は軍事じゃなく政治の範疇なんで
メックリンガーの立場では余計なことしないのがベターなんだけどね

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 17:01:25.08
それじゃあ帝国領侵攻時も農奴を核で虐殺しながら前進すべきだったということですね

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 17:04:56.23
ヤンがメック倒して帝国領侵攻しても一時的な勝利にしかならんからな
その程度で満足する馬鹿なら苦労しない

ラインハルトはヤンを高く評価しているから意味のない帝国侵攻に出る可能性は無いと見切ってメック艦隊だけ置いて済ませている
メックは主君ほど楽観的に考えてないから慎重に立ち回った
判断としては妥当だけど官僚的・事無かれ主義にも思えてしまうな

むしろヤンがメックの性格を把握していたのが恐ろしい

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 17:17:19.58
>>351
「意図ではなく、能力に備えよ」というヤツだな。
こちらにとって最悪の事態を引き起こす能力があるなら、その最悪を想定して備えなければならない。
そうやってハードルを高くすれば、「最悪」の手段に出る意図を挫ける(可能性が高くなる)。

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 18:10:39.87
>>354
だから来るかどうか?が問題なのでは無く、そう言う事を出来る能力があるかどうかが問題なんだって。
来るかどうかと言うのは物理的実行力を相手に委ねている
物理的実行力はこちらでコントロールするのが安全保障。
後半はまあ半分同意だけど、どういう状況になってもメックリンガーを置いておけば
時間稼ぎぐらいは出来るし、それすらを打ち破る策はまず無いだろうと言う判断なら、それはそうなんだろう。
(帝国側にビッテンでは無くメックリンガーを於いたのも分かる気がする)
実際、メックリンガーは期待通り、戦力温存を図ってヤンの挑発に乗らなかった。
ビッテンやファーレンハイトがどれだけ苦戦しようと所詮は戦術レベルの損害。

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 18:17:47.06
>>343
アンネローゼが害されるような事態になったら、メックリンガーは
痛覚を持って生まれたことを後悔するようなおぞましい死を賜ることになるよ。

ならば、メックリンガーが帝国側出口でじっとしているのは理にかなって(?)いる。
自らの身の安全のためにねw

無論、メックリンガーのみならず、帝国領警備部隊計10万隻の指揮官の命にも関わるから、
我が身可愛さだけではないけどwww

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 18:19:51.49
姉が絡んだ時のラインハルトはアウグスト二世並の暴君だからね

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 18:23:01.94
>>355
この場合は、核で虐殺しながら進めばかえって同盟は自分のクビを締める事になるので、オーベルなどはかえって
喜んだかも知れ無いな。あくまでも純軍事戦略的に考えれば。
帝国にとって一番嫌なのが、同盟が地道に占領して橋頭堡を築き、善政を敷いて占領地を安定させ
それを大宣伝して専政からの解放者として振る舞うことなんだから。

逆にラインハルト王朝でそんな事を許すわけが無いわな。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 18:26:06.69
考えると、ビッテン・ファーレンのときじゃなくてもいいから、回廊の戦いのとき
メックリンガーが回廊に侵入してイゼルローン要塞を後背から攻撃していたら、
要塞自体はともかく要塞を出入りしている補給船や破損して修理に向かう艦艇を
狙撃できるな。

イゼルローン要塞からの補給を絶たれ、修復も受けられないなら、如何に
ヤン艦隊といえども早期に降伏に追い込まれるだろうに、残念だw

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 18:28:43.45
>>361
純軍事的に考えれば農奴に食糧を与えたり占領地を維持する必要がないから虐殺した方がいいだろ
橋頭堡なんてそこら辺の惑星くり抜いて要塞作ればいいんだし

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 18:33:19.15
同盟軍は民度を読み誤ったな
餌やっても恩も感じない犬にも劣る連中に噛み付かれた

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 18:35:23.92
シュトックハウゼンの中の人がお亡くなりになりました・・・(-人-)ナムナム

ケーフェンヒラー老人のごとく、突然お亡くなりになられた模様。

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 18:36:10.15
>>363
単なる軍事では無く、軍事戦略な
無論、補給も何もかもほったらかして、帝国の主力がどこにいるかも分からない状況で
ひたすらオーディンに突き進んで占領出来るだけの戦力が同盟にあれば別だけど、ちょっとそれは考えづらい。
じゃあフォークやロボスは最終的に何がしたかったんだ?と言われると俺も分からないけど。
(侵攻すれば帝国艦隊が100%出てくるので、そこで決戦して勝つぐらいしか考えて無さそうだが)

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 18:39:52.86
>>362
ヤンなら、そんな事はお見通しで、メックリンガーが背後を付けるとノコノコ侵入してきたら
ヤン「かかったなwヒゲ野郎www」ジャーンジャーン
メック「げぇ!ヤンウェンリー!!」

となるだろう。少なくともこの小説の世界なら100%そうなる。
メックは有能という設定なので、その作者の意図を読んで自重した。

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 18:57:51.28
もしかして、メックリンガー艦隊に所属していた兵が一番死亡率が低かったかな?

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 19:38:44.73
ケスラーじゃろう

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 19:50:38.38
メックリンガーは戦術・戦略ともバランスとれた将帥って設定なんだっけ?
ヤンの奸計に簡単に引っ掛かるのはどうかと・・・。

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 20:01:13.09
メックリンガーは戦術も優れているけど、広い視野で全体を見渡す戦略家という設定
ヤンと同じでいやいや軍人になったそうだけど

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 20:09:33.73
大体芸術家ってキチガイが多いんだけどな
有能かつ人格者でバランスの取れた戦術ってチート過ぎる

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 21:08:34.31
>>372
まあ新帝国のほとんどの提督該当だけどな

ビッテンが攻撃偏重だけどただの猪じゃないし
レンネンが人格面で劣るくらいか

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 21:53:30.64
>>361
一番嫌なのはそうかもしれないけど、一番困るのは
全く有人惑星に拘らずに帝国側出入り口から少し出たところに居座られ、惑星が飢えていくのに支援もできない事態になる状態では?
貴族は困らないだろうけど、キルヒアイス辺りはどう出るか見もの

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 21:54:32.52
>>372
高いレベルでの器用貧乏とも言える

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 22:12:05.97
ヤンが帝国領に侵攻してアンネローゼを人質にする可能性ある って言ってる奴は、本当にこの小説読んだことあるのかな?

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 22:18:14.41
>>372
バランスとれて有能な分、作品がいまいちなんやで

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 22:19:10.88
>>374
それは同盟政府が許さないよ 同盟軍は政治に縛られていて帝国の民衆を解放するための戦いなんだから 

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 22:20:27.08
>>366
>じゃあフォークやロボスは最終的に何がしたかったんだ?
そんなの決まってるじゃないか。戦果を挙げて、フォークは階級でヤンを抜き去り、
ロボスはシトレを追い出して統合作戦本部長になることだ。他に目的など無いw

一方で、帝国領侵攻を命じた最高評議会の目的は、支持率を上げて次の選挙を
乗り切ること。それには、帝国軍と一戦して勝てばいい。他に目的など無いw
その目的さえ達成すれば、後はどうでもいい。おそらく、帝国領から撤退だろ。

無理にオーディンに突き進んで、途中で同盟軍が負けたりしたらどうするんだ。
そんなリスクを犯すはずがないだろう。

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 22:20:28.30
オーディンが攻略されたらラインハルトも交渉の席に着かざるを得ないんじゃないの
本人が戦うつもりでも兵士たちの士気が下がるだろうし
メックリンガーは責任を負うことになる

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 22:26:41.10
要塞を空っぽにして全艦で帝国方面に侵攻、主人公補正でメックリンガーには勝てるとして
長駆オーディンまで到達して占領。当然アンネローゼ始めとする政府要人は全員退避済み。
殺到する帝国軍相手に、人質もいなけりゃ要塞もない、回廊の地形も無い。

この状況でラインハルトが何で交渉するのかさっぱり分からない。

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 22:29:40.87
要塞は空っぽではない
メックリンガーも敵の数を誤認している
全員退避という都合のいい解釈も意味不明
同盟首脳も退避していない
人質というのは帝国市民そのものだ

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 22:34:09.90
ヤンがオーディンが攻略した後どうするの? そのまま居座る訳?
ヤンが来るまでアンネローゼに限らず政府の要人たちは帝都から脱出できるし
市民を人質にしても無視されたらヤン艦隊が袋のネズミで皆殺しだよ

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 22:38:05.28
少なくとも帝都を占領されたらラインハルトの名誉に傷がつくよ
メックリンガーは後詰だから無理をする必要がない
帝国軍本体に任せればいいだけのこと

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 22:38:31.22
>>381
ヤンは実際にオーディンに行く必要はないんだよ。

アンネローゼ案件におけるラインハルトの幼児性を甘く見てはいけない。
「ヤン艦隊がが姉上のおわすオーディンへと向かっている!」と聞くだけで、
忽ちラインハルトは発狂し、直ちに作戦中止・全軍オーディンへ向かえ、だw
でもって、後で、ヤン艦隊の行動を阻止できなかったメックリンガーには、
きつーいお仕置きだ。

要するに、メックリンガーは、作戦が崩壊し全軍が瓦解するのを防いだのだ。
だから、後になってラインハルトから責められることはなかった。
ヤンがアンネローゼの所へ行かないようちゃんと見張っていたわけで、
まさにラインハルトの期待通りの仕事をしたわけだから。

>>354
>そもそもそれを懸念するなら上にもあるけど回廊帝国側に何故もっと戦力配置しなかったかのかが謎だね
メックリンガーなら、手持ちの艦隊だけで、その任を果たせると考えたのだろう。
ヤンの挑発に乗らなければいい。実質的にはヤンを見張っているだけだしね。

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 22:43:50.00
まぁIF話で議論してもしょうがないけど、あくまでお遊びでね。
>要塞は空っぽではない
艦隊いないんだから空っぽだよね。守備兵力がちょこっといるんだぞ、とか言われても無意味
>メックリンガーも敵の数を誤認している
これは関係ないね
>全員退避という都合のいい解釈も意味不明
メックリンガーがヤン艦隊と交戦→敗北、その間オーディンに一切連絡しない事のほうが意味不明
>同盟首脳も退避していない
あの時 疾風艦隊と渡り合う戦力無かったからね、つまり危険を知ることも時間を稼ぐこともできなかった。
>人質というのは帝国市民そのものだ
あぁ、なるほど。確かに人質にはなるかもね。
ただ、ヤンが「交渉に応じないとオーディンの民を皆殺しにするぞ!」とか言うのは想像できないし、
それを言われたラインハルトの行動は容易に想像できるね

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 22:52:58.77
>>386
あんまり反論にもなっていないと思うんだけどメックリンガーはヤン艦隊が5万隻以上いると
判断している→出てきたのは2万隻、じゃあ残りは?

>あの時 疾風艦隊と渡り合う戦力無かったからね、つまり危険を知ることも時間を稼ぐこともできなかった
これが都合のいい解釈だと言ってるんだけど

>ただ、ヤンが「交渉に応じないとオーディンの民を皆殺しにするぞ!」とか言うのは想像できないし
一応、ヤンも軍人ですから

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 22:57:45.86
ヤンは軍人から強盗殺人鬼に職種替えしたの?

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 23:04:55.92
ヤンは軍人だから、同盟政府が「帝国の一般人を人質にしろ」と命じたら従うしかない。

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 23:05:55.49
>>387
そっか、まぁしょせんIFの話しだし、どうせ平行線だろうから これぐらいにしとこうか。

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 23:08:56.77
人質というのは俺が言い出したことではないけど、それを材料に交渉はすると思うよ
ラインハルトの再親征ということになるかもしれないけど、それだけでもメックリンガーの
責になる

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 23:18:06.30
ヤンが帝国民を人質とかありえんって。
ラインハルトが焦土作戦した時に「自分にはできない、例え有利になると分かっていても」とか言う奴がするわけない。
また、それをしたところでラインハルトが怒り狂うだけで何のメリットもない。
ヤンはラインハルトが自分と直接対決したがってる、という常勝の挟持につけ込んで直接対決に持ち込もうとしたのに、
尊敬する好敵手→人質取るゲス野郎 になってどうする。
まぁ、オーディンを襲うと見せかけて、急遽帰還してきた帝国軍を各個撃破 とかなら可能性はあるけど。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 23:40:46.98
>>392
「自分にはできない」とは、ラインハルトは自らの手で焦土作戦を実施したけど
ヤンが同じ立場ならできない、ということ。

同盟政府(or エル・ファシル自治政府)に命じられれば話は別だ。

もっとも、そんな非人道的な命令を下されたりしたら、速攻で辞表を出すだろうけどねw

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 23:46:46.92
ヤンは帝国に逆亡命しようとは思わなかったんだろうか
同盟に給料もらってたからその辺りは義理を立てるか

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/27(月) 23:47:22.46
>393
戦時下の軍人、それも将官に退役の自由はない。
人質にしても、「交渉材料とするだけで、実際にどうこうるわけではない」といわれれば
良心的命令拒否も認められない。

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 01:28:52.43
昔からランテマリオで同盟軍が用意できた艦艇数が少なすぎることが疑問だったんだが、
(アムリッツァの敗残部隊、地方の小艦隊、新造艦隊を加えると3万席くらいは出てきそう)
アニメ版だとランテマリオから逆算してるのか、もっと計画的?に艦艇減らしてるんだな。

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 06:48:22.32
>>394
まったくなかったとはいえない
ハイネセンの政治家に嫌気がさしたとき、冗談でもなくユリアンにいったらローエングラム侯も倒して提督が皇帝になるならお供しますよと切り返されたことがある

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 07:31:45.85
ラインハルト個人は尊敬してたけど、専制国家自体は否定してたから逆亡命は無いでしょ。

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 08:34:57.44
ヤンは共和主義者の守護神みたいになってたけどいつぐらいからだったんかね?
最初はただで歴史学びたくて士官学校入学で、それから次第に戦術や戦略にも興
味持つようになっていったとあるけど、政治形態への興味や、最後の方の人類が
同一政治形態になってしまうのは避けるべきだとかの主張はいつごろから?

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 08:57:46.60
>>399
子供の時の「ルドルフが皆が言うような極悪人なら何故民衆から選ばれた権力者になれたのか?」という疑問
父親の「それは民衆が楽をしたがったから」という回答
ここが出発点なのは間違いないと思うが
というか他にあるのか?

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 08:58:36.65
歴史を学びたいと思ったのもこの時からだろう

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 09:02:35.53
そのあと「民主主義が最善」に到るまでの過程がよくわからん。
強烈な実体験があったようにも思えないのに、何故にあれほど民主主義に忠実になったのか?

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 09:09:16.23
だって、民主主義よりも最善な政治体系って無いじゃん。
あるとすれば、善良な君主による専制主義だけど、これは後継者が悪人だったら何の意味もない と本文で何度も言われてる。

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 09:09:33.44
民主主義を信奉してたのはヤンだけで
家族も部下もそこまでじゃなかったのは切ないな
フレデリカやユリアンはヤンが民主主義者だから民主主義を信奉してるだけだし
アッテンボローは人は制度ではなく制度を体現した人を支持すると身も蓋もない事を言っている

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 09:31:42.78
>>402
そうそこなんだよね。途中からはさも当然のようになってたけど、最初はただの歴史好き
の青年だからねえ。
>>403
最善なのと人が信奉するのは別だろ。げんにラインハルトもルドルフも民主主義など信奉
していない。では何故ヤンは?って疑問だ。

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 09:36:05.80
>>402
内戦でハイネセン鎮圧のときに、帝国の専制を打倒する大義のために立ちあがったって言う連中に
専制とは市民に選ばれないものが武力で実権握ることだ、それはお前らだ、って
なかなかの見識持った発言してるからね、アムリッツアあたりから民主主義信奉か?
(どっちかってとだめな民主主義の見本のような同盟政府見てるから反対の方向に行きそうだが)

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 09:39:19.82
ヤンも別に民主制を最良というよりは長い人類の歴史で
ベターなもの(特に専制や軍事政権に対しては)と捉えている。
軍事的天才でないユリアンが自他ともに認める後継者なのは
本人はアッテンボローあたりの十波ひとからげのヤン支持者でありながら
ロイエンタールの反乱に同調しないなど上のヤンの思想を理解して行動しているからだろ。

アッテンボローの発言はジャーナリズムらしい現場主義的な見方だろ。

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 09:39:33.06
>>405
民主主義の信奉者というイメージは無かったな。
ヤンが言ってた「ラインハルトは最高だけど、全人類が専制主義に統一されるのは危険極まりない」 というのが
ヤンの戦い続ける理由だったんだと思う。それこそ、歴史を学んでルドルフの圧政を知っていたから。

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 09:46:16.41
>>407 408
一応、民主主義がベストとは考えてたようだよ。専制主義は>>403のように否定してたしね。
同時に民主主義も政治の1形態であって全人類がこれにならないといけないとまで言っては
なかったが。(専制の場合は明確にこれのみになってはいけないと言ってたな)

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 09:50:05.34
>>406
リップシュタットと同盟の内乱後の帝国と同盟のパワーバランスが崩れてからだろ。
ルビンスキーが帝国による銀河統一を予想し、帝国に協力し、経済支配を目論んだのに対し、
ヤンはラインハルトがルドルフになる可能性を危惧したから帝国というより、ラインハルト
を敵にすることに躊躇しなかったのだろう。(ヴァーミリオン後の会談が象徴的になっている。)

ルビンスキーの行為が先見的であり、歴史においては必然的であるのに対し、
ヤンの行為が空想的に見えるがこの辺は銀河帝国の元ネタのアシモフのファウンデーションの歴史心理学
を下敷きにすればSF的と言えるだろう。

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 11:56:15.20
考えてみれば同盟の最末期ってほぼトリューニヒトの独裁だから
「最悪の専制」って言ってもいいよな
ゴ朝と違うのは貴族が汚職政治家や官僚になってるだけ

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 12:21:17.80
>>402
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶとしか言え無いなぁ
ヤンは正に歴史を学んで、人類が現状手に入れうる最良(と言っても最大公約数に過ぎないが)の
政治体制が民主主義(共和制)だと思っていただけでしょ。
強烈な個人的などは必要ないし、ヤンは狂信者では無く現実主義者なので、単に消去法で
共和制を信奉していただけ。無論、良いところも悪いところも分かった上で。

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 12:52:13.15
ヤンのどこが現実主義者?
ガッチガチの左巻の武力主義者じゃん

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 14:10:00.40
武力主義者は同意だが、どこらが左巻?

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 14:18:45.66
>>411
トリューニヒトは一応民主主義政治家だぞ。
どこぞの民主主義人民共和国よりはるかにマシw

政治運用は独裁的だが、彼の地位は一度の選挙で崩れ落ちる。
リコールの制度もあるみたいだから、任期中でも放逐可能のようだ。

専制政治と違い、政権を打倒する手段は法で保障されている。

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 14:25:05.74
>>414
民主主義政体は銃口から生まれると称して、たくさん人を殺すところ。

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 14:28:11.78
考えたらトリューニヒトとロイエンタールとルビンスキーと地球教が手を組んだら宇宙を手にいれていたね。

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 14:29:51.53
>>417
相性は最悪っぽいけどなw

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 14:30:24.74
>>417
ぜんぶ水と油の関係じゃねぇかよ!

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 14:31:42.25
>>415
反対するデモ隊を配下の暴力団使って暴力で潰して、その後警察に連行させてか?
で、その件はマスゴミがだんまり。
警察とジャーナリズムが一個人の支配下になってて、逆らう奴は白昼堂々とこれまた配下の暴力団が襲う。
これが民主主義国家って言うなら、民主主義の定義も幅が広いな。

まぁ、俺は民主主義=選挙がある ぐらいにしか思ってないけどね。

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 14:44:31.36
今の日本で言えば東○ポや日刊ゲ○ダイ程度の所まで完全にコントロール下においたんだから凄いよな。

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 14:46:50.04
>>421
その辺は支配下に置く必要ないだろ

東ス○に「○部首相、暴力団を使ってデモを弾圧」と記事が載っても誰がまともに信じるんだ?

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 14:48:57.01
デモもパレードも右翼の恫喝も情報統制も「民主主義」という国体とは一切関係ない
その分別がつかない者が政治体制を語る資格はないと思え

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 14:54:29.95
ほとんどのジャーナリズムがとりあげなかった、って言ってるから
取り上げたジャーナリズムが東スポや日刊ゲンダイなんだろう。

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 14:56:35.00
デモクラシーは民主主義の根幹だろw
「テロだモン」とか脅えてるボクちゃんが与党の要職に居る国に住んでてなんだが

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 15:01:12.68
>>423
トリューヒトの飼い犬の誰かがこれと似たようなこと言ってたよね

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 15:03:03.06
>>423
じゃあ、お前の言う民主主義って何よ?

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 15:19:38.13
>>427
全てにおいて選択した民が責任負う政体だな。ヤンも言っていたようにだ。

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 15:31:01.76
つまるところ、民主主義というのは貴族に向かう反感や敵意を「自分たちが選んだ」という事実によって押し殺させるレトリックを持ってるわけか。
支配するのに、これほど効率のよい政治体系もないな。

まぁ、俺も20代の頃は政治家が国を動かしてるとか、だから選挙は大事だとか本気で思ってたけどねw

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 15:32:08.30
何スレか前にも同じこと言ってた奴がいたな

「選ばなかった連中の立場はどうなるんだよ」とか
「選ばれた奴がどれだけ私服を肥やそうが民衆を蔑ろにしようが全部選んだ側の責任なのか」とか言われてたが
「それが民主主義だ」って聞く耳も持たなかった。

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 15:35:16.87
「選ばれた者は選ぶ者を騙してもいい、耳を貸さないままに好き放題していい」ってわけじゃねーぞw

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 15:43:45.52
基本的に俺は「選挙なんて無駄」とか「誰選んでも同じ」とか言う人間を軽蔑してたが、
増税は絶対しません、話題にすらしません→自民と組んで大増税しまーす。ぷげら
PPTは反対です→政権とったからPPT参加しま〜す 
見てると、まぁそういう意見も正しいなとは思う。
少なくも他人様に「選挙行け」とはもう言えんな。

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 15:44:20.81
このスレで言ってる人の意見はどうかはわからないけど
ヤンが言ってるのはそういう政治家を選んだ民衆"も"責任を感じろってことだよね
ヤンの言ってることは民主主義の理想形だしイイとは思うけど理想は理想だからね
実際作中でもみんなに突っ込まれてたし

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 15:48:13.64
全部選んだ側が悪いって言ってる「選ばれた側」の代弁者としか思えない奴がいるな

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 15:55:51.43
 ビュコックの言う「民主政治が崩壊するのは全ての市民の責任です」も一理あるんだけど、実際市民が政治に参加するって
どうすりゃいいんだよ?って思うんだが。
 選挙行っても無駄、政権変わっても無駄、
 それこそテロ以外無いと思うが。
 それはそうと、ビュコックの中の人もいつまで元気でいてくれるものか。

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 15:59:47.68
別にテロまで飛躍せんでも。過激派かw
デモクラシーが民主主義の根幹というのはだからそういうこと。

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 16:04:52.74
民主主義とは何かを語りたいならさすがに他でやってくれよ

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 16:11:10.79
じゃあ民主主義を総括すると、パパが政治家の家に生まれれば一生安泰。
ボクちゃんの肥大した自意識と欲望最優先で国政に大失敗しようが戦争に負けようが、
責任は自分とおともだちじゃなくて投票した間抜けどもとそれを防げなかった負け犬どものせいに出来るシステムということで。

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 16:13:27.61
(なんだこいつ)

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 16:22:22.36
キイテルキイテル

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 17:08:11.13
作者の政治家VS主人公の構造って極端すぎな気がする。銀英伝はホアンとかレベロがいるからまだいいけど創竜伝とかになると政治家=悪って決まってるような・・・
左寄りなのはいいけどもう少し現実的にやってほしいな

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 17:09:29.63
>>394
最大のチャンスは、同盟離脱時だが本人は秘密反抗計画進行中だし、一党はレンネン死なせ
ちゃった……その気があっても、向こうから誘ってくれなきゃとても亡命する気にはなれんだろう。
亡命しても、オーベルシュタインが言ってたように対同盟で踏み絵やらされるのは目に見えて
るし。名声に未練はないだろうが、悪役に耐えられる性格ではないから、やっぱり帝國に行こう
とは決断できんやろね。

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 17:22:45.86
>>435
選挙ぐらいしかないわな。投票するだけでなく、被選挙権もあるのだから立候補すればいい。
当選するかしないかは別の問題。そのための努力もせずに「政治を変える」とかタワケとしか……
>それこそテロ以外無いと思うが。
まずは、そんな早漏思考を治すことだな。民主主義とはカタツムリだと理解することだ。手っ取
り早い解決を望む性急さ、楽したがりが独裁・専制を産むとは作中でも述べられているだろう。
何も理解してないんだな。

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 17:29:21.38
>>443
そういうことだよね。民主って民が主だよ。

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 17:36:47.60
>>435
選挙に行っても無駄。。。。こうやってみんな洗脳されていくのか、悲しいね。

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 17:38:39.08
その民に最低限の見識と努力=投票するだけで、政治に関われるようにした制度だからな。
関わりが最低限だから、民個人にとって望む方向かの結果も最低限と理解しなきゃ。

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 17:54:44.04
元々は帝国が「あれ?なんか敵っぽいのいるぞ」と
同盟にちょっかい出し始めたから開戦したんでしょ?
そこに共和民主制VS専制君主制の対立理念はホントにあったんか?
それなら専制VS専制(民主VS民主)だったら戦争はなかったことになる
関係ないよね?
同盟の「圧政解放」とか帝国の「賊の討伐」や「銀河で唯一無二の存在」って
自分達の後付けでねーのかな?

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 18:03:39.58
>>420
それはアニメ版だけの描写じゃなかったっけ?

正直小説版は、ヤンが何故トリューニヒトを忌み嫌って
トリューニヒトが最悪の政治家とされているのかよく分からなかった。
保身が上手い小物だとは思ったけど、具体的に何をやったかもよく分からず
帝国をすらも食い物にする怪物、みたいに文章で書かれてもピンと来ない。

バーミリオン会戦でも、冷静に考えれば神の視点を持たない同盟市民が
ハイネセン市民さえ黙って焼き尽くされてくれれば、同盟が皆救われた
と一様に認識を同じくしているのも意味不明だし、その同期が単にトリューニヒトの我が身可愛さと
決め付けているのも良く分からない。

仮に冷戦時代にソ連が本土上陸して、三国峠当たりで自衛隊が築城して頑張っている中
電撃的に首都圏に空挺降下して東京を抑えられる何て事があったら、第一師団は東京を灰にして抗戦するより
降伏を選ぶってのは当たり前にありそうなんだけど。(そう言う事が可能かどうかは別として)

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 18:04:19.83
>>447
政治体制の対立というのは正確ではないな。

帝国にしてみれば、ゴ朝銀河帝国こそ宇宙唯一の正統なる国家なの
だから、同盟と誇称する叛徒共が共和主義者だろうが専制君主だろうが
駆逐すべき敵になる。

建前であろうと本音であろうとね。

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 18:23:35.39
>>448
原作もう一度読み直して
ジェシカ・エドワーズ委員会の連中が反戦デモやってたら警官隊に規制されて
裏通りに回ったら憂国騎士団が待ち受けていてみんな半殺しの憂き目に
警官隊は傍観し憂国騎士団が去った後に重症負ったデモ隊を逮捕
翌日のマスゴミはほぼ総スルー

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 18:38:30.74
>>449
帝国側から見れば逃亡した犯罪者の一派なんだからそれを捕縛する警察行動でも
あるわけだよね。エルファシルでも星系は制圧したけど住人(犯罪者)には逃げ
られたんで悔しがったと。また無人の星系を占拠しつづける意味もない(犯人の
アジトのひとつを占拠してつづけてもしゃーない)ってんで引き揚げたようだか
らね。(だからといってそんな帝国に近く場所も完全に判明してるとこにまた戻
って住む同盟住人の気持ちも理解不能ではあるが)

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 18:41:02.29
>>450
いや、それではなく
トリューニヒトに文句言ったら襲われそうになったとか
そんな直接的にトリューニヒトに係わってる様な描写がアニメ版のみあった気がするんだけど
ちょっと思い出せない。
無論、ナレーションやヤンのセリフとかで、トリューニヒトが憂国騎士団も警察もマスコミも何もかも操っていて
諸悪の根元、みたいな事は匂わせてるんだけど、特に小説だと具体的な描写が少なくホンマかいなとしか思わない。

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 18:42:29.64
>>447
同盟は最初は完全な防衛戦争だったはずが余裕出てくると本来の銀河連邦の復活ってことを目指すようになったわけやね。
(その簒奪者であるゴ朝を打倒する崇高な使命が云々は国防委員長の十八番かな)

帝国にとっては犯罪者の討伐だろ。

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 18:44:36.06
>>452
小説でも警察はともかく、騎士団やマスコミを操ってるのは書いてあるじゃあありませんか。

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 19:06:00.66
何でトリューニヒトがそこまでマスコミを操れたんだろう?
幼帝亡命の時も、ラグナロック作戦で行方不明になった時もマスコミは
好意的だったんだろ?

サンフォード前議長はそうでもなかったようだし・・・・・・・・。

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 19:18:25.72
>>455
コイズミをふた周り上回るほどのカリスマオーラを纏っているからな。
マスコミにしてみれば持ち上げたくなる人物だ。
売り上げや視聴率のためにもね。

中身は空っぽなところまで同じだけどwww

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 19:22:01.08
朝の夢夜の歌で、憲兵隊に幼年学校の校長がしょっぴかれてる前後、
モーリッツ・ハーゼを擁護して、色盲のハーゼで誰も成績かなわなかったろ
とかブチかましてたけれど、あれで、ラインハルトが不敬罪とか反逆扇動罪とかに
問われなかったのはなんで?

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 19:33:02.62
>>454
そう。ただ具体的にどう操ってどう言うことをさせてるのかが良く分からない。
警察も憂国騎士団をスルーしてることから、警察も操ってるっぽいし
そこまでの権力を持っていたら、もう一議員なんかやる必要無いとすら思える。
で、その強大な権力を使ってやってることが、左翼のリンチとか
演説で悪口言ったヤツのリンチとかいかにも稚拙というか。

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 19:41:29.63
>>458
それはビュコックが盗聴の件でも言ってたようにあくまで民主国家としての建前が
あるからだそうな。今のところはまだなんとか建前が本音を防いでいるがいつまで
持つやらってことだな。持たなくなった時が銀河連邦がルドルフに乗っ取られたの
と同じようなことになるんでしょうな。

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 19:41:30.64
>>457
スカートの中の暴言は外に聞こえないことになっているのであります!

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 19:41:45.58
>>452
自分達が必死で戦ってるのに、安全な後方で出来もしない命令を出してきて、ぬくぬくしてる奴ら の親玉だからだろ。

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 19:44:19.39
>>458
騎士団の方は軍需産業と結託することによって得てる膨大な資金で操ってんでしょう。
マスコミもそうかな。警察も賄賂に応じるやつはいくらでもいるんだろ、つまり全ては
金ではないかと。

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 19:44:31.21
>>458
稚拙って言うけど、そのせいで関係者がみんな怯えたように口を閉ざしてるわけだから、
反対派を弾圧粛清する恐怖政治を地でやってるわけなんだよ。

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 20:10:31.26
トリューニヒトのモデルは小泉純一郎?

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 20:11:55.58
だな
トリューニヒトを批判すれば社会的生命はおろか正真正銘の生命すら危うい
そう思わせるための憂国騎士団だしな

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 20:49:16.78
柿沢未途
愛知治郎

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 21:51:18.30
>>433
さればよ
ヤンも作戦立案実行する時多数決で決めたのかって話よ
詰まるところそれも民主主義と言うなら随一の将帥から
唯一の将帥になったのが分かるような気がする

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 22:02:40.24
>>455
同盟の上層部と利害が同じだったってのが一番大きいんだろうね
戦争が常態化してる以上既得権益を持つ連中も当然その構造の中で利益を得ているわけだし
軍需産業っていう巨大な影響力を持つ連中が彼の背後にいた
トリューニヒト政権で利益を得る連中がマスコミから警察まで幅広く存在し
そういった連中が同盟社会の上層部に沢山いたってことだよ多分
見た目もいいししゃべりも上手いから人気も出やすいし

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 22:07:30.72
そうか、軍需産業がバックにいたな
表からも裏からも莫大な献金もらって資金には不自由しなかっただろうな

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 22:23:44.87
軍需産業がバックにいるのはいいんだけど、戦争を継続した結果同盟自体が滅びたな
軍需産業の業者もロイエンタールに粛清されたみたいだし、因果応報か 

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 22:41:10.83
表面的な軍需産業を逮捕しただけだから無意味だと思う。本当の意味の大企業は駆逐できない、なによりフェザーン系のシリウス・地球時代からの大企業が裏から支配してる。アルテミスの首飾りとか作成してるとことか。

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 22:49:49.89
>>423
まあ、朝鮮民主主義人民共和国も一応選挙も議会もあるらしいがな

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 23:02:50.15
>>471
また勝手な自分設定をひけらかすww。

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 23:06:24.95
ロイエンのやったのは、ただの人気取りだからな。
別に同名の元軍需産業を潰したかったわけじゃない。

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/28(火) 23:58:55.16
>>471
ロッキードやボーイングが潰れても
ロックフェラーやロスチャイルドが戦闘機を作ってくれる
と主張したいのだと思う

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 00:09:37.89
成田闘争で過激派が土地収用委員の家に放火したり鉄パイプで滅多打ちにして自殺に追い込んだりして
機能停止に追い込んだように
テロによる支配に必ずしも強力な権力を握る必要はない

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 00:17:29.99
>テロによる支配に必ずしも強力な権力を握る必要はない

後半のこの意味がわからない
大規模な破壊活動は必要ないってこと?

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 01:09:07.10
>>470
因果応報というか戦争ででかくなり戦争なしだと立ち行かない
ある意味勝っても負けても困ったことになるから戦争を延々と継続していくしかない
もう構造的な問題なんで誰が悪いとかの次元じゃないんだよね

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:00:02.41
>>443
全面的に同意。まさに俺が言いたかったことを言ってくれた。

「選挙なんて無駄」とか「誰選んでも同じ」とか言う人はさあ、
本気でそう思うならなぜ自ら立候補しないんだろう。
選挙に行くことは民主主義の最低限であって、それだけで
民主主義国家の一員の責務を果たしたと思うのは大間違い。

なんか、無駄とか言う輩は、選挙に行ったことを免罪符にして、
政治家に責任を押し付けて(選挙に行った以外に何もしてない)
自分は悪くないみたく思い込みたがっているんじゃないか?
まさに唾棄すべき卑怯者だわ。

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:03:43.99
選挙に立候補するにも金がいるんですよ…
一番今の政治を変えたい人が立候補出来ないって状態になってるのはおかしくね?

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:09:55.74
>>476
あんなもの政府が本気出せばすぐ駆逐されるよ
当時は政府は航空産業にあまり乗り気じゃなかったからあんなに揉めてても問題なかった

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:11:51.49
航空産業?

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:13:24.12
>>480
小学生みたいなこと言ってる奴相手にするなよw

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:15:30.65
>>480
必要なのは供託金300万円くらいで、ある程度得票すれば戻ってくるのだから問題ないだろ。
まさか最初から当選するわけないと思って立候補するとか、ふざけたことは言わないよね?

本気で今の政治に問題があると考えているなら、300万円くらい借金してでも立候補するよね。

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:21:54.01
おれらは本気で今の政治に問題があると考えていないから、300万円くらい借金してでも立候補はしない。

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:30:16.59
たかが数百万も貯めれない奴が国家を動かそうなど嗤える話だ
あほうなプロレスラーにでもコメディアンにでも、弁護士でも著名なライターにでもなんにでもなってから立候補でもすれば。

偉人達が挫折を味わうこともなく、努力もなく、遠回りもせずに気持ちだけで政治を変えれたとでも思ってんのかね。
与えられた選挙権も被選挙権もろくに行使しない奴より、
立候補するだけでもばかげた発言繰り返す世襲政治家の方がよっぽどマシだわ。

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:30:36.42
なんか俺ジャスティス君が暴れてるねw

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:32:25.32
というより1万円だしてくれる300人の支持者のいないやつが出馬してなにをしようというのか?

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:32:51.57
オウム真理党はおれらよりマシだったと言う結論

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:35:02.34
いいかげん鬱陶しい
その手のスレ探して他所でやれ馬鹿ども

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:40:06.22
>>487
きっと本人は様々な政治活動してるんだろw
じゃなきゃこんな所で他人にいちゃもんつけることに酔ってるわけがないしねぇ。

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:45:09.54
もしくは世の中全てに何の不満もない稀有な人材だね

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:45:14.24
>>486
政治に不平不満を言えるのは、投票した政党が野党な人か投票した候補者が落選した人だけだよ
よう評した政党や候補者が与党になっていたり、投票しなかった人には文句を言う資格はないよ

でもこれはまともな民主主義の場合ね

投票用紙に書いた内容によっては鉛玉が飛んで来たり(北朝鮮)
開票前に投票箱が開けられたり(ロシア)
対立候補がテロで爆殺されたり(銀英伝)

こういう場合は民主主義政体と言っていいのかかなり疑問だよね

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 02:59:02.61
>>455>>458
マスコミも警察も、彼らが好む利権をちらつかせて手懐けたのだろう。

まあ、現実の日本のマスコミと警察は、多少の利権をちらつかされた
くらいでは、己の良心を裏切ったりはしないだろうけど、当時の同盟の
マスコミと警察の上層部は良心をあったり捨てる程に腐ってたんだな。

おそらく、トリューニヒトが議長になる前から既に腐ってた。
ヤンも「ここ2,3世代の政治家が同盟を悪化させてる」みたいなことを
言ってたし。

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 03:04:09.67
>まあ、現実の日本のマスコミと警察は、多少の利権をちらつかされた
>くらいでは、己の良心を裏切ったりはしないだろうけど

その無邪気さがまぶしいなw

496 :494:2014/01/29(水) 03:08:58.38
>>495
だから、「多少の利権」と言ったんだよ。「多少の」とね。

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 03:15:03.89
同盟のマスコミと警察の上層部が「多少の利権」で転んだなんて書いてないよw
大体何を基準にして「多少の」とか言ってるの?

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 03:19:44.73
10万くらいなんじゃねww

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 03:26:43.31
>>497
トリューニヒトの場合、ちらつかせた利権は多少ではなかっただろうな。

そして、トリューニヒトにはそれを実行するだけの金があったわけだ。
バックの軍需産業は勿論のこと、フェザーンや地球教とも協力関係に
あったわけで、金には困らなかったことだろう。

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 08:35:19.91
なんで選挙近いと選挙ステマが出現すんだろか
ホントウザウザっすね

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 08:38:02.25
選挙近いの都民だけでないの

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 08:46:56.55
パパの財産、パパの地盤、政党中枢は全員子供の頃からの顔見知りという輩が
持たざる者に「機会は俺と同じ! 平等! 均等!」と叫んでいる同じ口が
「ハトヤマとジャスコはお金持ちの甘やかされた子供だからダメナンデース」と喚いている醜さねw

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 08:59:17.96
トリュは同盟はまだしも帝国すら支配下に置きかけてたらしいからな
ロイエンタールが殺さなかったらどうなっていたことかと言われてんだから
この話で一番の天才はトリューニヒトだったのかも知れん

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 09:05:06.87
>>494
パチ利権は多少だと思うがな。

>>499
大した利権なんかないよ。憂国騎士団、あれのモデルがナチ突撃隊
なのは誰だってわかる。疲弊した社会では当然出てくる勢力だよ。

軍事的英雄がマスコミの餌食になるのはアッシュビーのころから変わらない。
同盟において戦争報道が扇情的なのは同盟が帝国のアンチテーゼとして
の存在がダゴン会戦で確定したのだから当然だろ。

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 09:17:30.03
トリューニヒトは惜しかった。邪魔な地球教はユリアン達に消してもらえたし、いずれは政敵になるであろうルビンスキーとシルバーベルヒ、ラングも死亡。ロイエンタール反乱の時も雲隠れしていたら無双の勝ち組だったはず。

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 09:29:11.19
たぶんあの反乱生き延びたところで地球教との繋がりはバレてるんだからオーベルシュタインあたりが
生かしてはおかないと思う

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 10:46:48.98
ヒルダさんのスリーサイズ教えてください

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 10:54:40.53
B/129.3p
W/129.3p
H/129.3p
頭のサイズ129.3p 身長129.3p 体重129.3kg

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 11:20:23.42
のぶ代さんのスリーサイズ教えてください

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 12:31:47.83
政治談義を読みつつ思ったが政治に関心がある奴ってニートだろ
平日の朝やら夕方しか国会中継しないのに、何故か人がいて偉そうに政治を語ってるし、社会人は政治がどうとか考える暇もない
政治に関して語る暇があるなら、まずはやるべき事があるだろ
一体誰のお陰で生きていられると思ってんだ?

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 12:33:08.55
え、あっハイ

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 14:23:20.10
>>511
楽をしたい愚民は首を吊るだけということが510は身を持って示しているようだな。

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 16:15:13.28
>>510
不定期休なので今日は朝から一日中寝てますサーセンwww

ちなみに明日と明後日は14時〜22時半の仕事だ。
その次は10時半〜19時、そのまた次の日は夜勤。

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 16:25:04.83
不労所得ではあかんのん?

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 16:52:23.75
消費税上がることに憤る奴はニートなのか?w

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 17:40:12.73
>>480
だったら、まず金を稼ぐか、支援者をみつけろ。
それぐらいできないヤツが「おかしくね?」てのは、「お前の頭がおかしい」としか。

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 17:53:14.57
いちいち話蒸し返して煽るお前も大概頭おかしいよ
いいかげんにしろやこの話

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 17:57:27.45
選挙行くのは行く奴の勝手だが、「行け」とか言うのがうっとおしい。
行こうが行くまいが人の自由だろ。 
宗教の勧誘、アニオタのアニメ談義と同じで時間の無駄なんだよ。

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 18:13:35.35
>>518
選挙権の放棄もかまわないが、その場合政治だけでなく公務員が行う全ての行動に文句もなく従う必要があるんだけどね

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 18:17:23.60
参政の義務は憲法何条なんだろ

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 18:28:52.99
せめて 銀英伝のネタと絡めてスレしてくれ
ヤンだって酔いつぶれて選挙に行かなかったことがあるとかね

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 18:34:32.57
救国軍事会議に従えば良い

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 18:39:33.67
そういえばあのクーデターのとき憂国騎士団って何してたんだろうな
トリューニヒトの狗ってことで真っ先に弾圧されそうなものをうまく生き延びてるが

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 19:01:35.18
地球教に衣替えしてたんだろ?

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 19:13:57.41
マスク脱いで、普通の生活してればいいだけだもんな

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 19:41:56.73
>>513
ハイハイ夜勤宣言乙です
朝から国会中継を実況している奴等は偶然不定期の休みか夜勤なんですね

>>514
駄目に決まってるだろ
お金とは汗水垂らして稼ぐもの
働かずに得た金を所得というのは労働者に対する侮辱
泡銭は労働者に返還して働きなさい

>>515
消費税は生活に直結するから問題ない
私が問題にしているのは靖国参拝の様などうでもいいこと語る奴等
社会生活を営む上でどうでもいいことだし、どうしてもと言うなら世界から孤立する事になったのだから悪いことだ
にも関わらずあいつらは安倍を擁護する
ヘイトスピーチをする時以外は外にも出たことがない引きこもりだと自供しているようなものだ

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 19:47:18.43
┐(゚〜゚)┌

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 20:06:13.01
>>510
確かにそうだな
自分一人で何万票でも投票が出来れば別だけど万や千単位の票数で勝敗が決する選挙なんて行ったって何も変わらない
こんなどうでもいい茶番に必死になる余裕は社会人には無いわな
必死になれる余裕があるのは有閑階級だけだ

という事で投票がどうだのと偉そうに言っていたヒキニートにはお引取り願おう
ここは小説の方のスレッドでもあるしね
ヒキニートにはアニメがお似合いだよ

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 21:46:08.34
>>528
政治は、それを軽んじるものに必ず復讐するんだよ

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 22:00:18.30
        _,,-''"               ミ、 ,:r`ー-:、
      ,r'"    f"  ,;i'    ,;r''     `'V'"_  ヽ、
 .    ,rリ     /  ,;i'  ,,  / ,i l,r,r'ニ二ヽ''f"_    ヽ.
    ,iリ'     /  ,r'',; ,;i' ,/ソノク、 f | ,| `゙'<ミi    ヽ、
   ,r'    `ー<二ノ'ノ,,r'ノ/∠;;ニム<リ ! ,!     | ;i ハ   ト、,,_
  ,/  /     二-'';彡'" ̄ー--、,_`ヽ、     ゙い,i | ゙i l  `:r"
  / 〃   _,,   ""|´      、,_ヽ、>、_      |゙ソリ | | i l,i
 i' //   _,-'二ニ、-;イ        ( ・)ヾ'-ミ;ッ   _,{ ,ノ,ノ リ
 | 〃,i'  ,r'",ヘ、゙!-ヲ        `''ー ''ヾ'  ,rくご三-'゙ッ''-"
 ゙V ,i' 〃| ( _,) l'"|                 ヽ(・)ヽ,r"
  i' .| //ヘ. ヽヽ、゙''"               ;;   ゙ヾ" i'
  | y ;' ゙ヽ、                 、 r-~''ーソ ,|
  ゙Y  ,,   /''-r:ヘ                _ -''"   |
  |  ,i' ;i ,/  i, :i,          /二二_`ー、    l
  ゙i | | ,|,il!   i, ゙i,           ̄`''ー--、フ'   /
   `!、i |ヾ    'l,  ゝ,          =ー-    /
    ,べ     'l   `''-、             ,r'
  ,r┴--::、、,,,_  |     `'-、_         ,/
  }二'''''ー--::、 ̄``'''ー-:、,,,_   `''-:、,,_    /
  f---:、ヽ、    ̄,、~`フ=ー-ニ`'''-、_  ``i''''''"   カイザーの御前である
 ,i' /   ヽヽ、   ゙i,`(´,r─-:、 `i '|゙`ニー'、    無様な姿を見せるな!
-'─'─-ニ,__ヽヽ、__,ノ ノ"     ゙'i ゙i | | ,ニ;;}
``ミ、 ̄`''ー-ニ,,_''ー<,,_  _,,ノ ,;| ! | |  |
   `ー-ニ二,,_三ニ-,,__  ̄,,::-''" | | | ゙ヽ_|、
 `''ー--ニ,,_       ̄`ヽ、ヽ、,r'"r''''゙'ー:、_ノー:、

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 22:10:11.70
早漏という事実の方がよっぽど無様

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 22:14:16.03
疾風「そ、そそそそ早漏ちゃうわ!」

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 22:19:37.74
ニヤリとするアイゼナッハ

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 22:21:59.75
>>519
その話、よく聞くけどさ。
選挙に行かない奴は文句言っちゃダメ!ってのも理解できんね。
日本に住んでて税金払ってる以上、文句言う権利は普通にあるんだけど。
「選挙行け」教の信者っって、何でこう傲慢なんだろ。

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 22:32:53.38
勤労の義務を果たしてない奴が権利を主張したらダメ

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 22:44:50.03
>>534
文句を言うなら選挙で投票して意思表示せよ、ってことだ。
匿名になるけど

投票を棄権した場合、白紙委任と同義だから文句言う以前に
政府の政策全てを無条件で従うということになる。





なお、棄権したかどうかは選挙人名簿に残っているから、政府の方は簡単に判別できる。

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 22:48:27.19
>>536
>文句を言うなら選挙で投票して意思表示せよ、ってことだ。
だな。

てゆーか、言いたい文句があって、選挙という意思表示の
機会があるのに、なんで行かないの?おかしくね?
って話だよね。

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 22:59:12.69
大学生の春休みは長いぞー

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 23:08:42.24
ここの奴らはエロに興味を示さんからな
まあ、どういう奴らかは想像がつく

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 23:16:27.42
板チ、スレチで悪いがガンダム荒らし「句読点」の嫌がらせとしか思えない
たとえ、なりすましとして奴に便乗した同族

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 23:17:53.87
いつまでやってんのこのゴミみたいな話
スレ違いだからどっか他のところでやれよ

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 23:33:50.88
で、ヒルダのスリーサイズは国家機密にあたるんでしょうか?

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/29(水) 23:45:28.18
>>537
つまり、選挙というのは投票することによって政治を変える・動かすのではなく
文句をいう権利(あくまでお前の妄想上の産物)を貰うためのものというわけか。

まぁ、お前自身が「選挙では何も変わらない」って自覚してるところが笑えるけどw

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 00:03:25.21
>>543
君は本当に政治に興味が無いんだね
国民の意思を伝えるための選挙だよ?
選挙で大負けしたらどんな巨大政党でも一部修正をせざるを得ないんだよ
そして日本の場合無党派層が選挙のカギを握っていると言われる
一応民意は無視できないんだよ
政治家は当選できなければニートだから、必死に当選を勝ち取ろうとするんだ
ちなみに今まで高齢者偏重・地方偏重の政策があったのは、年寄りの方がしっかり選挙に来るからと言われている
政治家がお得意さんを優遇しているだけなんだよ
例えば年代における投票数が逆転してみな、高齢者福祉からたちまち子育てや若年者の就労支援に大舵を切るから

文句を言う権利を持つのは
投票した候補が落選したり野党にいる場合だけだよ
そこを間違っちゃいけない
与党に投票した場合は、自分の不明に後悔することが許されるだけ

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 00:03:26.68
>>542
ヒルダのスリーサイズだけじゃなくて、皇族のプライバシーは国家機密だろ
帝国なら 同盟はどうかな? 女性のスリーサイズは別だろうが 
トリューニヒト以前は、結構マスコミに政治家のプライバシー暴かれたみたいだけど

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 00:07:48.04
>>545
どうだろう?
国によっては全て公開するのが基本というのもあったような
例えばマリー・アントワネットは公開出産をしてたよ
もっともルドルフがそんな趣味があったとは…
あるかもしれない…

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 00:10:56.62
機密ってほどの情報ではないな。健康診断ではないからさ
服、衣装の全てが宮廷内で縫製ってことはあるまいし
噂したり週刊誌の記事にしたら不敬だ!と意図的な風潮にさせてるだけかと

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 00:21:43.13
銀河帝国の場合 不敬罪は死刑もあるみたいだから記事にしたら命にかかわるしな
国家機密ではないが誰も言わないという事か

旧ソ連の小話思い出したな 自分達の元首がバカだと言うのが国家機密というやつ

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 00:28:30.15
ルドルフの時代、皇族の遺伝的な優位性を示すために、
スリーサイズの黄金比とそれを満たした皇族の女性たちのスリーサイズとが公開されていたのですが、
やがて一族の中から、
その基準に合致しない先天的なペチャ寸胴の女性も現れたと伝えられ、
実際のスリーサイズの話はしだいに禁忌となっていったのです。

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 00:28:49.49
名誉毀損で1年、国家機密漏洩罪で99年、合せて懲役100年てやつだね

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 00:40:19.72
アネクドートでクグるとね 面白いよ ついにやにやしてしまう
自由に発言できなことの裏返しでもあるけどね 皮肉だな人間の世界は 

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 02:23:11.89
>>543
いやいや、そうではなくて。
意思表示を心底したがっている人が、意思表示をする機会を与えられたのに
その機会を利用しなかったとしたら、おかしいだろうってこと。

言わば、食べ物が無くて飢え死にしそうな人が、食べ物を与えられたのに、
なぜかそれを食べずに捨ててしまうようなもの。おかしいと思わないか?

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 03:37:01.87
選挙なんか行く暇あったらバイトした方がいいよ。生きるのにはお金がいるんだ。
政治なんかに関わってる暇なんてないよ。

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 04:06:08.49
>553
ヤンに言えよ

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 07:41:08.30
>>554
ヤンも政治になんか関わりたくない、って言ってるじゃないか。どうしようもなくなったらクーデターでも起こせばいいと。
真の民主政体は銃口から生まれると。

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 07:44:16.92
その政治がgdったらバイト先やお金どころか生存に必要な物資さえ手に入らなくなるんだけどw

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 07:53:43.34
お金も、額面でなく重さで取引するハメにもなりかねないからなww

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 08:10:16.48
>>556
やりたい奴にやらせとけばいいって作中でもヤンが言ってたよ。どうせ俺らの声なんか届かないんだからどうでもいい。

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 08:11:27.73
>>555
政治に係わらないのと、政治を野放しにするのは違うけどな

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 09:28:40.90
ヒルダもフレデリカもアンネローゼも美人と書かれてはいてもスタイルに言及された事がないな

アンネローゼは姉という立場のせいか大人な包容力のある女性像が思い浮かぶけど(アニメもそうだった)
フリードリヒ四世が少女趣味だったのを鑑みると実はロリ系だったのかも知れん

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 09:32:12.54
創元文庫からだけど、アンネローゼの容姿はコードギアスのナナリーが
もう少しお姉さんぽくなったぐらいのを想像して読んでたな。

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 10:03:13.70
政治を軽ずるなてユリアンは言ったけど、銀河連邦の市民は政治に積極的に
関わったからこそルドルフが選挙で皇帝になったんだろ。
政治に熱心に関わるほど政治の進路を見定めるのは難しと思う
渦中にいる人間は

ヤンが独裁者の道を選んだらユリアンは止められたかな?

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 10:14:51.21
>>562
ユリアンの主義はヤン崇拝だろ。別に民主制にかけてるわけじゃない。だからヤンの
方針に従うよ。これは帝国の諸将も同じだな、カイザーに従ってるだけで専制政治に
命かけてるわけじゃあない。まあどっちかってと民主制の迂遠さを馬鹿にしてるよう
なところは多かれ少なかれあるようだが。(もともと専制国家で育ったからかな)

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 10:17:03.14
>>560
フリードリヒは歳とって嗜好が豊満な美女から清楚な少女に変わったってことだから少なくとも細身のイメージはあるな。

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 10:25:09.45
ヤン崇拝主義のユリアンが、ルドルフを崇拝した銀河連邦時代の民衆を
批判すると矛盾を感じるな

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 10:29:10.95
>>560
ヒルダも少年のような印象だそうだからスレンダーなイメージがあるな

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 10:49:45.43
銀河連邦の民衆は停滞し腐敗した現状をルドルフという即効性の劇薬で治療しようとした
そして症状は快全されたがはるかに前より重い副作用に襲われた

父ヤンの言ってた「独裁者が権力を握るのは民衆が楽をしたがったから」が至高の名言だと思う。

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 10:53:10.47
>>565
ヤン崇拝者というのはヤン死亡後にイゼルローンから脱落したエルファシル組
のことだよ。崇拝というのは当人の人格や見識などそっちのけでイメージだけで
支持することでまさにルドルフのケースがそれに当たるわけだ、ガタイの良さ、まずまずのルックス
軍功、レトロ思想だがそれゆえに過去の栄光を忘れられない市民は支持に走る、
実際の行動への想像はできない、それなのに信頼する、崇拝とはそういうことだろ。

軍属になったユリアンはまさにそうだったが。エルファシル組やその他大勢の市民と違うのは
ヤンから受けた影響とは戦争における優劣ではなく歴史における人間のあり方だから
作品において本当に後継者になれたのだろう。ただの崇拝者なら帝国に降伏するか
ずっとイゼルローンを固守していればいいのだから。

いささか教養主義的に過ぎるが作品におけるユリアンの役割は物語の結末が天才による
勝利、支配ではないことにするためでこの辺は作品初期でヤンに対して自分の家族が
戦場で死んだことを批難する手紙が来た頃から一貫していると言える。

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 11:09:48.97
ユリアンがヤンを崇拝してるのは間違いないだろ
ヤンが死んでそれが確定した感じ

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 11:15:17.94
フレデリカは挟むのが得意らしいから巨乳なんだろう

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 11:26:49.70
パンで挟み胸で挟み太ももで挟み脇で挟み・・・

監視してた帝国軍の連中は大変だなw

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 11:29:15.69
百合アンて書くと猥褻ですねぇ。

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 11:48:28.39
内国安全保障局の一斉摘発の時間です

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 12:02:20.16
>>544
>例えば年代における投票数が逆転してみな、高齢者福祉からたちまち子育てや若年者の就労支援に大舵を切るから

純真無垢でいいね()

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 12:04:09.39
>>574

ネットDE仕入れた社会の裏知識☆

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 12:10:25.12
世代間投票率は背景にあるけどそれと同じレベルでロビー活動や色んな影響力行使してる連中がいるからなぁ
そんな極端に舵なんて切れないし切らないだろうね

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 12:17:30.71
まあ若者の投票率が低い割にネットのバカウヨに媚びるようなことばっかりやってるのはふしぎ

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 12:24:27.53
俺としては年寄りいじめるよりも、公務員・政治家・大企業の特権優遇を縮小廃止して欲しいんだけどな。
544みたいに世代間闘争に目をそらさせようとしてる奴は、何なのかな。
やっぱりテレビが言ってる「社会保障のせいで増税なんだ!年寄りが悪いんだ!若者が選挙に行かないからだ!」ってのを
信じちゃう人なのかね。 
銀英の世界ではマスゴミが全然でてこないけど、戦意高揚以外にも何かやってたのかね。

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 12:36:50.42
トリューニヒトの太鼓持ちしてたのは容易に想像できるな。
今の同盟を救えるのは議長だけ!カッコイーとかそんなの。

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 12:43:56.17
若者が年寄りを粛正すればいいってことだな

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 13:08:39.92
今更だけど
>>448
ホントに冷戦中に出た小説そのままの設定だなおい。
>>464
銀英伝が書かれたのは中曽根時代だ。
>>493
反戦派の候補が暗殺された (んでジェシカがその遺志を継いだ) エピソードはアニオリだぞ。

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 13:16:02.06
つうか、三国峠で踏ん張ってもブレジネフの首は獲れんでごわす

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 13:48:36.83
トリューニヒト = プーチン

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 14:17:27.92
>>580
その若者も年取ったら若者に粛清されちゃうんだなw

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 14:35:14.63
>>577
バカウヨとやらに媚びる政策とってる政権なんてあったか?

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 14:38:36.47
自分と違う考え方の奴はみなバカウヨとやらになるんだよ。彼の中では。

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 14:38:52.82
キイテルキイテル

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 14:47:00.11
>>586
何故か余計な文句言う奴がいるんだよなこのスレw
このスレ流にいえばフォークの亜種なのかな

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 15:33:49.62
全将兵に次ぐ
救国軍事革命の成否、祖国の興廃はかかってこの一戦にある
各員は全身全霊を挙げて自己の責任を全うし、以て祖国への献身を果たせ
この世で尊ぶべきは献身と犠牲であり、憎むべきは臆病と利己心である
全員の祖国愛と勇気に期待するや切である
奮励し努力せよ

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 16:34:33.05
>>588
病人認定する人とかいたな前に
〜であろう。とか作者みたいな言い回しする人とかもいる
面白いスレといわざるを得ないであろうw

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 18:35:33.07
で、あるか

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 18:50:58.32
昔、軍板に某研究者ってコテがいたな

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 19:01:49.02
いたねw
レールガンと書き込むと超速で反応するヤツw

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 22:57:52.20
>592
本業は株屋さんだったらしいけど、株が暴落したあと見かけなくなったよね

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 23:03:07.63
オウム心理教の奴ら頭がいいのに厨二的な地球教となんらかわんなかったけど銀英伝読んでそうだな。ルビンスキーは池田大作かな

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 23:13:36.35
世の中には頭が悪くて学歴も最低な連中がほとんどなのに、
その片方だけでも傑出してるなんて、大したものです。

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 23:19:20.48
>>596
しかし、アンドリュー・フォークを見ているとそうも思えなくなる不思議w

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/30(木) 23:45:14.56
軍隊で協調性がない人間は査定に引っ掛かるはずなのにあれで上にいけるほどの人員不足ってすごい。友人無しでも利害関係で派閥組めるキャラでもなさそうだけし、かといってミュラーやラングみたいな太鼓持ちには見えない。よほど大会社子息での縁故採用としかみえないキャラ

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 00:23:54.79
議長に私的なルートで作戦案を持ち込んだから政治家の方の縁故じゃないかな

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 00:46:07.98
>>595
銀英は知らんがヤマトなんかにはかなりはまってるのがいた模様。
コスモクリーナーとかなw

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 00:58:35.06
オウムがアニメの下請けやっていたのは有名なんだが

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 01:12:52.90
秋葉原に行くと「どっすいやっすいちょーちょーげっきゃす」ってビラ配ってたりな。

俺ももらった(というか無理矢理渡された)が、ノートパソコンの機種名が「オリハルコン」なのは良いが
スペルが「ORIHARUKON」とまるっきりローマ字で笑った記憶がある。

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 01:21:37.68
オリハルコンはもともとギリシャ語らしいからな
綴りを辞書から探すのは難しいだろうよ

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 10:28:16.02
>>595
頭がいい(というか勉強が出来る)人間ほど、何故俺はこんなに優れているのに
他の(無知蒙昧な)人間とそれほど変わらない評価しか受けられず
他の(無知蒙昧な)人間とそれほど変わらない選択肢しか選べないのか?
と自分の勝手なプライドで自縄自縛になって
世間を変えるとか(カルト、革命左翼)
世間の一般的な考えと俺の考えは違うとか(カルト、ネトウヨ連呼厨)
俺はこんな素晴らしい人間だから素晴らしい高尚な思想を持つべきだとか(エゴロジー、売国左翼、人権厨)
の方向に行きやすい。
答えのある問題や、文章、数字に強い一方で、自信満々な人間のアナログ的、抽象的な言論にころっと洗脳されやすい。

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 10:31:23.30
>>602
マハーポーシャかw
うまかろう安かろう亭っていう定食屋も経営してたが、割と安くてボリュームがあってドリンクも付いてて中々良心的だったw
そのドリンクがアストラルドリンクとか言う、なんだか形容のし難い味(ポカリに安っぽいフルーツフレーバーを付けた様な)だったのは気になっていたがw

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 11:08:51.53
オウムについては
“富士山麓(上九一色村)でオウム鳴く”
と予言されていたからな

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 13:38:09.79
みんなオウムについて詳しいなw
話のネタについていけない自分がいる orz

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 14:19:31.42
>>604
頭の良し悪しってのはあんまり関係が無いと思うよ
現状に不満のあるやつとか目的や精神的な支柱がない人がそういう方向にいきやすい
純粋な人とかも該当するね
利用されてるだけなんだけど本人達は疑いもしないのが凄いよね
まぁ世の中は利用し合いだからそれが極端なだけではあるんだが

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 15:11:21.16
「頭が良くて優秀だからオウムに転ばなければ活躍していた」という声を聞くたびに、
自然科学の厳密な原因と結果の因果関係を自分の思想で捻じ曲げるような心の弱い奴が
まともな研究成果を出せていたとは思えないの。

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 16:19:18.65
地球教って純粋な信者にじわじわサイオキシン盛って動く凶器に仕立ててたんだよな
もしポプランが拒絶反応に気が付かなかったらユリアン他も麻薬漬けにされてたんだろうか

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 16:25:52.73
>>610
そりゃ気づかんかったら水道水に入ってたんだからどんどん飲んで漬けになっちゃうでしょう。
それで地球教のいいなりになるかどうかは知らないが。

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 17:20:30.71
ポプランは若い頃に大分オイタしてたから、一発でサイオキシン麻薬に気付いた
って記述あったっけ?

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 17:21:39.77
>>612
その手の記述は無かった気がする

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 17:23:04.34
これが悪ぶってるけど実は童貞のアッテンボローだったら
あっさりと麻薬浸けにされてただろうな

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 17:43:23.23
>>612
>>613
本人が「俺も若い頃はいろいろやった」みたいなこと言ってる

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 17:53:08.80
>>611
エロマンガにおける調教済みの女みたいなユリアンやポプランが見れたかもな

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 18:01:19.78
ポプラン、悪ぶってるけどサイオキシンに手を出すほどアホとは思えないから、
サイオキシンで廃人になった友達でもいたんじゃないかと脳内補足してる。

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 18:11:50.57
そもそもポプランの経歴からして16歳くらいからもう軍属で、
流石に麻薬に手を出す年齢でもないしなあ

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 18:19:30.46
親や親族がヤク中だったのかもしれん。

もしくは、悪い友達のチンピラの親分がヤク中で、酷い目にあったとか。

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 18:34:17.19
>>617
味や自分の体調じゃなく、禁断症状で暴れてる奴見てあれはサイオキシンの禁断症状だって
判断してたからそうなんでしょうね。
しかし飲料やいたるところで飲ませてるような環境で禁断症状って出るのかね?禁断じゃなく
初期症状とかだったっけ?

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 18:36:24.85
>>620
禁断症状じゃ無くて、副作用みたいなもんだったような希ガス

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 19:04:07.45
しかし、サイオキシンってあんなに質の悪い禁断症状や副作用が出るのに、よく出回るものだな。

知らずに摂取していたユリアン達は、特段気分がよくなったり恍惚になったり
興奮しているわけではないみたいだから、効果の方は甚だ疑問。

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 19:04:37.82
拒絶反応でしょ
異物を排除しようとする

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 19:06:26.17
禁断症状は気がついて摂取断ったユリアンたちが襲われた症状だな

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 20:04:28.97
ダイオキシン麻薬だったら一発で死んでただろうな

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 20:29:26.90
>>622
確かに。なんかええ気持にでもならないとそんなに売れないと思うけどねえ。
少量づつだと効果?は出ずに中毒にだけなるという本人にはなんもええことない
麻薬なんであろうか。であればまさに他人を縛るための麻薬だな。

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 21:33:08.82
>>611
薬漬けになったあと、禁断症状がでてから「元気になる薬」として処方し、完全に足抜けできない状態で初めて正体をバラすんじゃないかな
もしくは最後まで薬の正体はバラさないか
どこで買えるかさえわかってさえいたら正体は必要ないしね

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 22:08:39.92
おまえら破防法適用されてーか

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 22:21:56.50
まあ、サイオキシンなんて麻薬が現実にあるなら適応される可能性もあるだろうな
でもあれほど便利なデザイナーズドラッグはないんだよな
地球教徒のやってることだって本来のアサシン育成と変わらないし

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 22:32:11.09
体質とかもあるんだろ、あと分量を間違えたとか。
老若男女全てが同じ処方箋ってわけじゃないんだから。

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 22:41:35.32
後遺症とか子供にすんごい悪影響とかあるのに(しかも高価なんだろね)蔓延するってことはとてつもない快感が味わえるんだろね。

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 22:49:05.54
二千億いた人口が1/10になっちゃったくらいだからな

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 22:57:44.28
麻薬のせいで減ったの?

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 23:37:17.87
高価な麻薬を水道水に流すのはあり? 

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 23:54:44.38
高価になるのは末端価格だよ
化学工場での製造コストはたいしたこないんだ

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/01/31(金) 23:56:51.50
宇宙船や地球の居住地だと閉鎖系になっているだろうから、水道水に混ぜても回収は容易かと。
あと、麻薬や覚醒剤の原価はかなり安い、高価になるのは流通コストが嵩むから。
サイオキシンも製造元直売ならビタミン剤レベルなんじゃない?

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:03:19.10
もちろん高価ってのは末端の買う側の話だよ。つまりそんな悪影響があって高価なものが
蔓延するってことは、えもいわれぬ快感が味わえるからなんでしょうねってことだ。

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:10:14.47
ヒロポンが合法だった時代は受験生や肉体労働者がフツーに使ってたそうでそのぐらいの値段
一瓶が週刊誌一冊とかアンプルが焼酎一杯分ぐらいだったそうだ

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:12:15.04
>>636
密売組織が重犯罪と知りつつやるんだから莫大な利益が得られるんだろうから
そんなに安いはずは無いと思うが。まあ麻薬の製造元直売ってのは知らないが
知り合いや一部のお得意さんには安く分けてるのかな?

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:13:31.06
>>638
サイオキシンも大流行するからには密売組織も薄利多売の方針なのかもしれない。

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:15:21.44
麻薬が高いのは、非合法で生産と分配がしづらいからであって、原材料が高かったりする訳じゃないからね

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:20:56.61
薄利多売というか限定発売だと思う
地球教が出素なんだから、信者に別名目で安く提供してるんじゃないかな
あまりあちこちに撒くと、足が付きやすいから

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:21:37.57
安価で高品質の麻薬を提供する良心的な組織は無いのか?

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:25:27.09
30日間無料でお試し頂けます

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:25:41.03
>>642
地球教も使ってたが出元というのは書いてないぞよ。その摘発には帝国と同盟の
警察機構が密かに協力したってことだから、あちこちに出回って大問題だったの
だろう。扱う組織もひとつやふたつではなかったんでしょうな。外伝にはそのひ
とつが出てくるが。(帝国の高級士官が元締めだったか)

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:28:02.64
>>644
上にもあるがどんな快感が得られるんでしょうねえ。誰かもっと研究して快感だけ
得られて害がないの開発すりゃいいのに。

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:30:16.39
>>643
JTは世界レベルからするとかなり良心的だよ by 嫌煙

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:35:19.32
>>607
中高生の頃に銀英伝を読んでた年代は、オウム事件の頃にはそれなりの年齢になってたからな。

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:43:05.90
タンクベット睡眠も長期的にみると実は体に悪いと思っている。
そんなに便利なわけがない。

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 00:52:13.84
タンクベットも一時期流行って、あちこちに施設が出来たけどみんな潰れちゃったね。

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 01:33:22.71
>>646
肉体依存は無くせても
精神依存は無くならないから
無害にはできない

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 01:42:32.18
薬物の効果の仕組み知らないが
脳神経に作用してるんでしょ?
なら、気持ちいい薬の効果が切れたら
欲しい思いをつかさどる神経を抑える薬を使えばいいんじゃないの?
今あるのかわからんけど、きっと開発されるでしょ
断薬治療として使えるしさ

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 02:31:18.01
ロイエンタール反乱の元になったウルバシーの中将も薬漬けになったけど
惑星全体で反乱して本人は、あとかたもなく消えたあれもまたそういうテロが出そうで地味に恐いね。あれも食事かなにかに混ぜてどうにかされたのかな?

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 03:00:09.53
>>652
ほとんどのドラッグってのは、脳内物質とよく似た物質を取り込むことによって脳の誤認識や誤作動を起こすことによる作用なんだよ
だからドラッグによる特別な感覚と言うよりも、強弱を除けば脳そのものが持つ感覚に過ぎないんだ
もちろん身体的に副作用も出るが、それは副次的なものだ

そしてもちろん欲しい気持ちを抑える薬もある
一般的に言う向精神薬の中でも強力な精神安定剤がそれだ
もっとも覚せい剤の逆作用で、行動すべてに抑制がかかってしまうけどな
感覚・感情の起伏をなくして、思考力を奪って体の自由をも奪うような薬だから、それ自体も副作用があるしな
また、薬物依存は脳だけでなく体に来る場合も多くある
悪寒や痛みなどがあるが、一般人でもイメージしやすいのがアルコール中毒の手の震えだ
そして何よりも「欲しい気持ち」ってのは生物の根源に根差す感覚ってことを忘れちゃいけない
食欲や性欲などの欲の前に、快・不快の感覚があるのだからね
これは美味しい(快)ので食べても大丈夫、これは苦い(不快)ので毒、というようにね
根源故にそれを完全に消すのは非常にリスクが高いよ
そのレベルの薬だと、下手をすると呼吸停止とかありえるしね

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 09:31:22.31
記憶操作やバーチャルトリップが自由にできるようになる時代には
応用で特定の欲望をピンポイントで抑制することもできるような気がする
薬なり電気刺激なり埋め込みチップなりetc
マトリックス、トータルリコールみたく
倫理上の問題はわからん

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 09:45:00.91
全く同じことが出来る世界の攻殻機動隊では
「法を執行する側が使える技術は犯罪者やテロリストも使える」と言うことなので、
衝動や欲望の抑制も解除とイタチごっこになるから、結局「死」で既知宇宙から排除しないといけない。

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 09:45:55.03
>>653
謎はウルヴァシー基地司令官のヴィンクラー中将だな 
軍医のカルテに、近来麻薬中毒の症状がみられたということは
ウルヴァシーに赴任してから軍内部の誰かに麻薬漬けにされたのかな?
最後は行方不明になったそうだけど

ヤン暗殺の時もだけど、結構帝国軍内部に地球教団は入り込んでいたみたい

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 10:48:51.73
麻薬中毒の症状がみられるのに解任されないのか
中将になるとそんなに人材不足なのかね?

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 10:54:10.11
わかった 犯人はbQの副司令官だ 司令官に異常があったら副司令官に軍医から
報告が行くだろう それが揉み消されたということは・・・・・・・・・・・・。

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 11:35:19.44
軽度と判断されたのか、軽度として報告したのかわからんけど、軍人なら戦傷に対して麻薬投与するのも仕方ないでしょ

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 11:51:04.40
司令官は激務だから、一時的に薬物に頼ることが珍しくなかったんじゃないの?
だからカルテの「症状が見られる」も薬物依存と言うよりも「通常の用量を越えかけている」
程度の注意書きだったのではないか。

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 12:25:06.53
>>怪我程度にサイオキシン使ったとしたら絶対常習になってるな
モルヒネ的な効果があるとしたら末期癌患者とかに使えるけど、たしか癌は撲滅されてるんだっけ。

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 12:39:42.04
>>662
全身転移するまでほっといても救えるような治療法って「注射一本で全ての
がん細胞が正常に」クラスの神治療薬でもない限り無理だろうけど、そこまで
行ってるようには感じられないねえ。

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 12:56:08.97
そう言えば最近鳥取大学で癌細胞を簡単に正常細胞に変換する技術を発見したというのがあったな

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 15:17:06.24
>661
大統領は激務だから薬物摂取しても許される、と思うかい?

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 16:06:30.33
>>661
無茶苦茶な理屈だなw
帝国軍でそういう習慣があるとでもどっかに書いてない限り
忙しいから麻薬使用も適量なら可なんてとても思えないぞw

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 16:24:35.84
>>666
ラインハルトは無趣味だし何が楽しみかわからん奴だったが、夜には密かに
薬物を楽しんでいたのかもしれない。何しろ皇帝になる前も最高司令官と宰相
兼任の激務だからなあ。

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 16:26:37.85
>>667
カイザー病の原因はそれだな。医師たちもうすうす気づいてたんだろうが、まさか
カイザーが薬物を、とは言えず後手後手に回ってるうちに最悪の事態に。。
メックリンガーらの詰問にもどうも歯切れが悪い答えしか出来なかったのそれだな。

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 16:29:27.78
ラインハルトは15〜25歳までの活躍で王朝を築き上げた
これくらいの若い奴なら何も遊ばずにのめり込むことができる
このスレでもちょっと何かの才能ある奴ならわかりやすいことだと思うけどな

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 16:50:14.29
FAAを世界政府か何かだと思ってるその勘違いをまず改めろよ

671 :670:2014/02/01(土) 16:50:45.35
誤爆すまん

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 16:55:57.91
>>669
別に麻薬に頼らなくても、脳内麻薬バリバリだもんなwww




脳内麻薬ドーピングの度が過ぎて皇帝病に罹ったのかもしれんけど。

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 16:58:49.36
>>667 668
自演してまで頭悪いこと主張しなくていいからww

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 17:23:22.07
ここまでわかりやすいのも珍しい。。。

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 19:42:16.98
麻薬と戦争といえばヴェトナム戦争思い出すけど
限られた空間で緊張しながら生活しなきゃいけないんだから
サイオキシンより弱めの薬がある程度黙認されて兵士の間で流行っててもおかしくなさそう
軍内の地球教台等もいつ死ぬかわからない追い詰められた精神状態の人間が
宗教に縋るのって普通のことのように思えるんだけどなあ

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 19:54:00.23
タンクベッド設備用意できない部隊が「薬物」使用して疲労回復するとかは書いてあったな
あとレンテンベルグのオフレッサーの部隊が使ってる

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 20:21:40.89
>>676
その描写の薬物は健全そうにみえるね、未来のすごいユンケルって感じ
ドーピングも度が過ぎなければ軍事利用しても良いだろうし
そういう軍が公式に配給してた薬に地球教が手を回してサイオキシン混ぜて
軍医もだきこんで弱った兵士を洗脳してたとかどうだろうか
アニメ版だとキュンメルが医者に薬、メイドに経典読み聞かせされてる描写があったし

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 21:58:16.66
ウルヴァシーの反乱も、中身がよくわからないんだよね。
基地司令官が中毒患者だったのは良いとして、基地ぐるみ反乱とか難しいし。
明確に懸賞金目当ての奴らもいたけど、ルッツ・ミュラーだけを狙った奴らもいたし。

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 22:18:10.46
中途半端なんだよな おかげで混乱が深まったかもしれんが
首謀者が明確に指示を出さなかったことが理由だと思うけど
基地司令官が行方不明と関係あるかも

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 22:33:39.12
>>678
>ルッツ・ミュラーだけを狙った奴らもいたし

またそんな勝手な自分設定を持ちだすww

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 22:34:00.33
>>679
そもそも本気でラインハルトの首獲ろうとかではなく、ラインハルトとロイエンタールの間に不和
の種を撒くのが目的だったろうから、第一には、とにかく混乱させようという意図だったのだろう。
それ以上できてしまえばラッキー、と。

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 22:37:00.41
>>679
地球教に心酔してる連中なら金がどうのと関係なく動くだろうし、信者と金目当て
らが混在して指揮系統も何もない状態だったようですな。ちゃんと統率されてりゃ
最初から宿舎で襲えばいいはずだしね。途中で皇帝側に寝返ったなんとかさんは信
者でなく金目当てだったみたいか。

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 22:37:56.53
「ルッツ、ミュラーが洗脳されてカイザーを〜」という証言はあった。混乱ぶりを示すものとして

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 22:40:35.10
>>683
ルッツらを狙うなんて表現じゃなくカイザーを救うために立ち上がった連中と表現すべきだな。
ただ実際に読んだ限りではそんな連中は出てこなかったが。(そう証言してる兵士がいたのは
出てるけどね)

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 22:44:12.71
ルッツを殺害して皇帝とロイエンタールの関係を修復不可能にしたのは大金星だったな、地球教としては
事後処理任されたグリルパルツァーの愚劣な判断にも助けられた

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 22:48:45.75
>>682
確かに、襲撃するんだったら本能寺みたいに居場所が確定している
宿舎を襲撃するのが一番確実だったろうに
それとも罠だったのかな ラインハルトを警護隊と引き離すための?

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 22:57:49.04
シュティッヒパルムシュロス炎上もケスラーが仕組んだんだろ

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 22:59:30.58
いや、元々カイザーが危険な目に遭う程度で済ます予定ってルビンスキーが言ってたじゃん。
ラングも「大丈夫だろうな?万が一カイザーが死んだら大変だぞ、おい」って言ってたし。

とはいえ、そこまでコントロールできるはずも無いんだけどね、事実何度も死にかけてたし。

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 23:10:31.65
殺る気満々の地球教徒を刺客に選び、賞金まで付けてどうコントロールするつもりだったのか
ルビンスキーを問い詰めたいww

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 23:17:28.31
ルビンスキーは最初から「皇帝殺すことができればそれでよし」くらいに考えてたと思う
ラングに言ったことはデタラメで

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/01(土) 23:35:40.22
>>689
あの時点じゃあもうルビンスキーと地球教には確執が生じてたからそこまでコントロールするのは無理でしょ。
地球教との共同作戦ではあったのは確かだけど。ルビンスキー本人としては>>690のようなかんじだったんじゃ
ないかな。もっとももうあのあたりから何をしたいのかよくわからなくなってはいたがw

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 03:10:47.65
ルビンスキーと地球教って最後まで別に確執らしいものなかった気がするんだけど
仲が良い訳でもないけど利用し合う関係に見えた

ルビンスキーもド・ヴィリエも復権する隙を得るために帝国を混乱させたかったんだろう
そういう意味では成功してるよね、そこまで大きい嵐は起こせなかったけど

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 08:49:48.12
>>692
殊更縁切りはしてなくても、互いに「もうコイツら、使えねぇな」状況になれば、利で繋がっただけ
の利用し合う仲なんて自然消滅ですわ(むしろ、用なしと思っても保険として明確な縁切りしないもの)。
まあ、その辺が見えにくいからアニメでは最初から互いに「いざとなったら裏切る気満々」な
ところをみせていたが。

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 08:57:21.70
>>692
ド・ヴィリエはルビンスキーに酸素さえやってはならんとか嫌ってたような。近親憎悪かな?

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 08:57:38.48
原作でもルビンスキーが「私は地球教などというものとは縁を切るつもりだ」って名言してるな
帝国に回廊通行権与える交渉持ちかけたのも帝国に銀河統一させてその武力を利用して地球教を一掃させるつもりだった。

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 09:11:32.24
>>685
地球教って結局カイザーの力が強大になりすぎた
おまけにどうも操れそうな人物では無い

と言う事でカイザーの力を削ぐためにいろいろとやらかしたんだと思うけど
どうせならフェーザーン侵攻前の同盟が健在な時期にそれをやれよと
同盟滅んだら全て手遅れだろうに
あれだけの組織と情報力を持っていながら、フェザーン侵攻が寝耳に水みたいに言ってるのもマヌケだし
そもそもなんでフェザーンが攻められないと思っていたのかもよく分からない
フェザーンを攻めるデメリットはいろいろ言われていたが、実際そのデメリットどの程度被ったのかもよく分からない
(せいぜいテロぐらいか?。メリットは嫌というほどあったが)

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 10:31:38.71
>>696
>そもそもなんでフェザーンが攻められないと思っていたのかもよく分からない

事前にそういう情報つかんだから敵対陣営を先に回廊内に引き入れてそっちにつくぞって
態度だったからだろうねえ。前提条件としてそういう情報をちゃんと収集する能力、両陣
営の力が拮抗してるっての必要だが。

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 10:53:46.52
>>696
>どうせならフェーザーン侵攻前の同盟が健在な時期にそれをやれよと
ヤンのイゼルローン攻略から、あれよあれよと弱体化したから……同盟 以後は健在と言って
も形だけみたいなもの。
反面、その時期はまだラインハルトは台頭中で、どう転ぶがわからん状況だったし。アムリッツ
ア後に帝國全振りはまあ妥当ではあったが、バランス戦略捨てたからリップシュタットで何もして
ないからなぁ。それで結果的にラインハルト体制が確立しちゃって、ラグナロク前ではつけ込む
隙がなくなった→回廊通行権売りつけるつもりが、足元見られた挙句に腹心に裏切られ侵攻の
援護になっただけ……なんて見事な自業自得w
一巻のスピード展開がすべての元凶なんや。

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 10:54:03.11
フェザーンを攻めるデメリットってのも大半はフェザーンを敵対陣営の側につかせてしまう(武力はないけど資本や情報力)って点なんでしょうね。
ラグナロック時のように電撃的に完全制圧しちゃえばあんまりデメリットは無いような。民間船で回廊封鎖や独立回復派の蜂起ってもやはり固有の
武力無しじゃあねえ。ですでに同盟は戦力枯渇だし。

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 11:08:15.53
あと、フェザーン資本の引き揚げにより経済破綻に追い込まれるとか。

国の内部に複数の有力派閥があれば、この件だけでも内部抗争の末、崩壊への道へと突っ走ることになる。

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 11:10:11.61
フェザーンのような体制が成立するには大国の暴挙を掣肘する国際世論がないと無理でしょ
ぶっちゃけ帝国がその気になれば物語開始前の時点でもフェザーンを制圧するの簡単だろ
同盟が救援に行けるとは思えないし、帝国のやり方を同盟がいくら批判した所で痛くも痒くもない
彼我の差が埋められない程大きくなってしまえば資本や情報が同盟側に流れたから何だっていう話だ

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 11:14:38.10
>>700
資本引き揚げっても自国内の有形資産は強制的に接収しちゃえばいいからねえ。おまけにフェザーン本国占領でフェザーン政府も無くなってるわけだし。

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 11:16:15.34
>>696
金の力って結構凄いと思うぞ
ゼネコンとかパチ利権を潰そうとするようなものだろ
国家権力が全力で潰そうと思えば可能だろうけど、国家権力側も無傷とはいかない

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 11:19:21.66
パチ利権は凄いよな
北朝鮮っていう仮想敵国の資金源って明確なのに警察や政治家抱き込んでるお陰で
忌々しいことにのうのうと集金マシーンとして機能してる

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 11:20:06.31
有力貴族+議員に金ばら撒けば全て解決しそうな気がするんだが。

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 11:25:40.83
>704
マスコミもな
今やパチ広告はTV雑誌その他あらゆるメディアに浸透しているから
パチ批判出来る大手マスコミは存在しない

707 :700:2014/02/02(日) 11:25:42.04
>>702
フェザーン資本引き揚げが有効なのは、ラインハルト独裁体制が確立する前の話ね。

帝国同盟とも国内が混乱したら、フェザーン占領どころではなくなる。

あと、有形資産を接収してもフェザーン資金が引き払われたら、お金の流れがなくなって
資金がショートし不良資産と化すよ。
たとえば、当面の給料が出なくなるとかね。
フェザーン資本が取るに足らないものならともかく、帝国同盟の過半とまでいわなくても
何割かを占めているなら致命傷だ。

ラインハルトのような豪腕政治が出来るなら別だけど。

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 11:28:13.47
問題は引き払った所で行く先が同盟しか無い事だが

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 11:36:45.50
>>708
両天秤戦略なら、帝国が弱体化し敵対する同盟が強化されることになる。
よって、フェザーン対しに野心を持った方の国が歯医者・・・もとい、敗者となる。

もっとも、フェザーンが露骨にうざいと、帝国同盟が手を取り合ってフェザーンを
潰しにかかる危険が出るので、そのへんのバランス感覚が難しいけどね。

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 12:35:00.80
>>709
ラインハルト台頭までは天才的外交で乗りきってきたんだけどね。

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 12:39:22.87
同盟がボロ負けしたせいで勢力の均衡が崩れ、フェザーンの存在価値も激減したしな
同盟が滅びるなら半独立させておく理由がない

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 12:46:56.77
もう、つまるところ全て帝国領侵攻が原因だな。
フォークってマジで歴史動かしてるじゃん、凄すぎるわ。

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 12:57:22.75
ヤン暗殺にも関与してるしね。確かに歴史に名は残るね。同盟軍人史の6人に入るんじゃあ。
昔の3人とヤン、ビュコック。

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 13:04:40.23
歴史なんて下らない一言や小人の短絡的な行動で大きく動いちゃうからな

クレオパトラの鼻がもう少し低ければ歴史は大きく変わっていたなんて警句もある

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 13:06:23.84
ラングさんの悪口はよせ

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 13:06:46.98
ヤン・ウェンリーがホントに500年後、1000年後の教科書に記載されのるか未知数なのに
その暗殺に加担したセコイ人間が残るはずもない
歴史研究家や学者にとって有名だろうと宇宙歴800年から遠い未来の大河ドラマに
ヤンが登場するかな?

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 13:08:47.72
ユリアン存命中にドラマ化ぐらいするんじゃね?
現在だってそう遠くない過去である第二次世界大戦がドラマ化してるんだし

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 13:11:08.84
>>702
継続して投入されるはずだった資金や無形資産がもっと大きな利益を生むんだが?
資本引き上げってのは、そういう後続もなくなるから困るわけで。
自国内に接収した有形資産を活かせる企業がいたとしても、初期投資をいくらか浮かせられる
だけで大して益はない。

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 13:15:53.59
潰しにかかるって経済的に?それとも物理的に?
物語の中じゃ同盟政治家も帝国貴族もフェザーンを便利な打出の小槌扱いだったし
潰しにかかることはどちらにしてもなさそうだったけど

資本の引き上げしたからって再投資する必要もないと思うけどね
日常インフラが首都でさえ止まる不安定な国に投資したくないわ

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 13:23:46.12
日本が異常なだけで、外国いきゃ首都だってインフラしばしば止まるよ

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 13:34:52.44
>>719
>資本の引き上げしたからって再投資する必要もないと思うけどね
小さくない投資を引き上げたら、それだけでも大きな減益になるから、取り戻す意味でも再投
資は必要。金は回さなきゃ金を産まないんだぜ。
フェザーンのやり口だと、実際引き上げまでいったら、もう一方と組んで他方を叩き潰さない
といけない。
当然、そうなったら組んだ相手に飴が必要で、国の利益になる投資などは避けられない(帝國
にも同盟にももうそれなりに投資しているから、増資ということになるか)。用心棒代も渋るケチ
には誰も味方しない。それでさらに金玉握れるのだから、悪いことでもない。
まあ、ほっといても一方に投資できなったら投資家は、退避の意味でもう一方に投資するわな。
フェザーンで抱え込んでいても、フェザーン自体にその防衛能力がない「鍵のない金庫」状態
なんだからな。そのためには、もう一方はそれなりに実力を維持しているのは必須だが。

>日常インフラが首都でさえ止まる不安定な国に投資したくないわ
それをビジネスチャンスと見るかが、小市民と企業・投資家の差だわな。
不安定なりに、喰い込む隙があるってことだろ?

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 13:35:56.06
>>718
札束もって高跳びじゃないんだから、資本引き上げにだってそれなりに時間はかかるよ
門閥貴族解体で資金的に潤っているから、引上げ資本を買い叩いて国営で再投資すれば済んじゃう
ヒトもモノも持って行けず、カネだけであれば国が乗り出せば大して痛くない
人や技術ではなく利権だけならだれが持っていても同じだし

痛いのは資本の引き上げじゃなく破壊に動かれた場合
ただ、フェザーンの場合はそれだけは無さそうだしな

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 13:56:54.84
>>722
(´▽`*)アハハ
そもそも、そんな危機のあるところにそうクリティカルな人や技術は送らんわな。
安さだけが採り得のような産業くらいだろうから、いざとなれば人もモノも切り捨てられるよ。損
切り思考がないんだな。
外からの資金流入で勝手に育ってくれる、税金だけはがっぽり頂くって旨味がなくなるから、引
き上げられるのは不味いんだよ。国内企業への投資も切れらるってことだし、経済が揺らぐぞ。
それだけの依存率と足元みてるから引き上げが脅しの材料になるんだよ。
そうなったら、利権もゴミクズだ。

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 13:58:39.55
首都の定義は国際的な決まりあるの?
必要充分条件はなんなのだ?

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 14:29:44.85
政府がある場所が首都だろう
ビデオ会議とSOHOを更に発展させた様なシステムで、全ての人間が完全に家に籠もった状態で
ほぼ全ての仕事を出来る、と言う事にならない限りは、物理的中心地が必要。
仮にそうなったとしても精神的な首都(最終的に意思決定者が集まる様な)は必要だろう。
人間が意思決定に係わり、物理的な肉体を持っている限りは。

人間に変わって全ての意思決定と行政処理を分散型マザーコンピュータが行う様な
社会になれば首都と言う概念は消失するかも知れ無いが。

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 14:34:01.81
>716
ヤンが歴史の教科書に載るとは思えないけどね
載るならバーラト自治区成立を成し遂げたユリアンやフレデリカだろう

ヤンは客観的に見ると
能力はあっても主体性が無く状況に流されて右往左往した末暗殺されて死にました
これだけの人だからなぁ。悲劇性とか英雄性には乏しいよ
ユリアンやアッテンボローはヤンの為人について本を書くだろうけど
養子や部下の著書とあっては客観的な内容とは受け取られないだろうな

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 14:36:13.11
>>724
後、現在の地球の話なら、全世界共通の文章化された明確な定義は無いだろうが
やはり政府(例えば国会議事堂)がある場所が首都と認識される。
例えばスリランカはコロンボからスリジャワワルダナプラコッテに遷都して、後者が首都を名乗ったが
長らくスリジャワワルダナプラコッテには国会議事堂しか無く、殆どの行政府も最高裁判所もコロンボに
ある状態が続いた。

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 14:39:12.13
別のSFで政治国家運営を外注してる国家というのが出てきたな

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 14:47:38.40
ナウル共和国か

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 14:53:25.26
ごく単純に
国家元首の住所地=首都
だと思うのだが

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 14:57:08.31
フォークはしょせん帝国領侵攻の作戦立案をした1参謀に過ぎないんだし、
実戦部隊の連中が深入りして、兵力分散して呑気にしてたところを帝国軍の奇襲でやられたわけだし、
まっすぐ帰れば3個艦隊ぐらいはまだ無事だったのに、アムリッツアの戦いをさせたのはシトレだし。

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 15:00:02.98
>>724のようなバカにはググレカスですむ話に付き合ってやるお前ら親切だな。

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 15:04:16.40
>>728
下請けの裁判官や警察官がいるのか

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 15:05:54.83
>>731
また読まずに嘘を書くww

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 15:06:35.86
他人をバカ呼ばわりして自分を偉く見せる人間にはなりたくありませんからなぁ。

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 15:13:01.37
>>726
ヤンは教科書に載るだろ。

織田信長なんて幕府を樹立したわけでもないのに、日本史の教科書にデカデカと載っているぞw
明智光秀や石田光成もしかり。

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 15:16:47.69
そこらは宣伝の力だからなー。
三国志みたいで面白いってなったら、いくらでも人気でるだろうし、
坂本龍馬も司馬遼太郎が小説書くまでは無名だったし。

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 15:18:03.05
>>724
「予のあるところ、すなわち銀河帝国の首都だ。
 当分は戦艦ブリュンヒルトが帝国の首都となろう」

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 15:36:12.71
>736
ヤンは歴史の動きにほとんど関与してない
生死によって何かが変わった訳でもない
読者視点で見てるからヤンに歴史への大きな影響力があるように思えるだけ

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 15:39:02.30
教科書に載る基準が悲劇性とか英雄性とか言ってる時点でお察しですわ

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 15:49:12.71
>>739
ヤンは歴史に関与しまくっているぞ。
結果的に、関与してもしなくても変わらないような状態に収束したのかもしれんけど。

だが、ヤン・ウェンリーがいなければ、ゴ朝銀河帝国末期からロ朝銀河帝国勃興の間の
歴史の内容のうち半分近くは消滅する。
その分、年表を覚えなくてもいいけどwww

>>740
教科書に載るのは、結果だけではなくて過程も重要だからな。
室町→江戸時代の流れからみれば、明智光秀なんていてもいなくても関係ないだろうし、
石田光成もやはり関係ない。落ち着くところに落ち着いたはず。

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 15:51:50.36
教科書に載る基準の一つには違いないよ
人気次第だってのは他の人も指摘してる通り

フランス百年戦争の記述でジャンヌダルクが真っ先に出てきちゃうような代物だぞ

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 15:55:21.60
イゼルローンを獲った獲られたなんてせいぜい「のぼうの城」ぐらいだろ。
アレも歴史的な扱いは「皇帝自らを囮に腹心の部下をハイネセンへ強襲させ……」ってことになってるよw

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 16:01:03.47
>ゴ朝銀河帝国末期からロ朝銀河帝国勃興の間の年表
教科書にそこまで細かい物は載らない
この時代のトピックはフェザーン、同盟消滅とロ朝勃興とバーラト自治区成立くらい
もっと細かな詳細を載せるのは専門書の範疇だろう

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 16:03:21.29
>>743
イゼルローンって地理的にも歴史的にも極めて重要な場所だぞ。

オーディンとフェザーンとハイネセン、そしてイゼルローンの4つをとりあえず覚えていれば
赤点はとりあえず回避できるぐらいはw

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 16:10:28.47
>>744
それだと、皇帝ラインハルトも教科書に載るか微妙だな。
ローエングラム王朝の時代ならともかく。

もし、ローエングラム王朝の時代の教科書なら、ロ王朝建国は
最重要内容だ。
当然、ラインハルトやロ王朝の設立に大いに関わっているヤン・ウェンリーが
教科書に載らないはずがない。(主に妨害する方だけどねw)


もっとも、どこぞの独裁者の国なら、容赦なく教科書から抹消するだろうけど。

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 16:13:54.47
>746
ラインハルトはロ朝の初代皇帝だから確実に載る
よほど圧縮した年表を作ったとしてもルドルフとハイネセンとラインハルトは載るだろう

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 16:14:46.47
ゴールデンバウム王朝も○○年、当時宰相だったラインハルト・フォン・ローエングラムによって、滅亡した。
翌年、自由惑星同盟も滅亡した。

どう考えてもこれぐらいしか無いと思う。

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 16:16:02.23
ヒトラー、せいぜいゲーリングとゲッベルスぐらいは教科書に載っても
グデーリアンやロンメルは載らんでしょw

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 16:18:59.08
ヤンは李牧ぐらいの扱いかね
始皇帝に比べると李牧の知名度は低いと言わざるを得ないが
それでも王翦以外の秦将や幽繆王よりは知名度あると思うけど。

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 16:25:19.69
>>749
グデーリアンやロンメルは単なる一軍人だけど
ヤンは単なる一軍人とは言え無いからな
エル・ファシル共和政府の実質的な支柱であり
後の民主主義陣営指導者ユリアンの師であり
彼の民主主義思想に大きく影響を与えた。

民主主義思想が潰れずに残ったのは、実質的にはヤン1人の手柄
ぐらいの影響力があった。

明治維新で言えば、勝海舟+榎本武揚(with開陽)+近藤勇+土方+沖田
ぐらいの人物か

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 16:29:59.84
お前グデーリアンやロンメルの事をどんだけ知ってるの?
ヤンだって大して知らん奴からしたら同盟の一軍人でしかないよ

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 16:34:07.58
>>751
民主主義思想が後の歴史でどんな扱いを受けているかによるな。
満州国の実質的な支柱であり
世界最終戦争論を残した石原莞爾は教科書的にどんな感じなん?

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 16:41:48.87
まぁ教科書と考えるとさ、どーしても胡散臭い思考のベクトルが働くから
未来の国の政治の在り方次第なんだろうが
大学だったら講座、ゼミでヤンが登場する余地はあるだろうか
人文学部のことわからないけど社会科学、政治学科系では無理があるかな
未来の士官学校、防大は抜きですよ

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 16:43:49.25
歴史って後世の人ほどいっぱい覚えないといけないから大変だなあ。この作中の時代では
地球時代の歴史って教えてるんんだろうかねえ?
地球シリスス戦役、その後の連邦成立までの過程だけでも大変そう。ゴ朝とかはさらにその
後だからねえ。

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 16:45:19.84
>>745
試験内容は上にある地球シリウス戦役や地球連邦の首都はどこ?ってな問題ばっかだったりして。

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:03:06.09
>>752
いや教科書に載るかどうかの話だろ?

教科書に載せるかどうか判断する人は、少なくなくともたいして知らない人では無いと思うが?

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:10:57.69
ヤン・ウェンリーが載らないような歴史の教科書・・・

   :
(西暦2703年: 地球統一政府滅亡)
宇宙暦1年: 銀河連邦が成立
旧帝国暦1年: ルドルフ大帝が銀河帝国を建国
旧帝国暦218年: アーレ・ハイネセン(の後継者)が自由惑星同盟を建国
新帝国暦1年: ラインハルト獅子帝がローエングラム朝銀河帝国を建国
   :

・・・ゆとりかよっ!(900年でたったの5件)

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:17:21.58
>>758
お前なー、俺らが使ってる時代よりも3000年ぐらい歴史がある時代の教科書だぞ。
今の倍厚みが無いと書ききれんわ。

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:19:29.60
>>748
どれくらい後の年代の教科書にもよるよね
ロ朝なら初代皇帝の偉業の部分はそれなりに分量ありそうだから
ランテマリオやバーミリオンなんかの戦闘とその指揮官くらいは載るかも
もっと後だったら
ラインハルトが同盟やフェザーンを落として統一帝国を樹立
ユリアンミンツらの主導でバーラト自治区ができる
初代ロ朝皇帝死去
この程度で何かしらの事情が無い限りヤンウェンリーって名前は載らないと思う

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:24:11.12
>>726
なぜユリアンやフレデリカが自治を成し遂げられたかの部分で間違いなく載るだろうな
ヤンを抜いて説明しようとすると色々と不都合が出る
もちろん早々に自治領が無くなったりロ王朝が終焉したら載らない可能性もあるけどさ

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:25:59.63
>>758
ルドルフ死後の反乱とかハルベルト大公の同盟初侵攻とかフェザーン成立とかは流石に載るだろ。

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:26:00.32
普通に同盟崩壊後にエル・ファシル独立の経歴で載るだろ
そのあとイゼルローン共和国の説明するのにも必要だし

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:26:29.27
>>760
おい、>>758よりひどいじゃねえかw

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:30:18.59
おれら、日清戦争の時の中国や韓国の王様の名前すら知らんのよ
これってたかが120年前の近代史だぜ
けど必要ないということでしょ?
覚える必要はないという流れなわけだよね?
ヤンを教科書に掲載する必要があるのか、ないのかどっち?
と聞かれたら必要ないつうことになる希ガス

766 :758:2014/02/02(日) 17:32:28.93
>>758
旧帝国暦373年:フェザーン自治領設立、を忘れてたZE!(;゚∀゚)
あとは、西暦2360年:ワープを実用化、ぐらいかな?

>>759
地球時代は今の感覚では古代だからスキップだろwww
少なくとも地球上の国家については覚えることはない。
地球統一政府と北方連合国家と三大陸合州国ぐらいか?
本格的に必要なのは、銀河連邦以降かな? それとも、地球統一政府滅亡あたりからか?

>>760
バーラト自治区は歴史的には自由惑星同盟の延長だから、設立については載らないだろ。
載るならヤン・ウェンリーについても教科書に載る。
中国の宋→南宋をスルーするのと同じ。

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:39:53.73
>>763
「バーラト自治区」
自由惑星同盟滅亡時の混乱に乗じて同盟軍残党と手を組んだ地方自治体が反乱
偉大なる初代皇帝陛下に討伐されるも寛大な心で慈悲を賜った
反乱勢力の頭目ユリアン・ミンツはバーラト星系に自治区の設立を許された

ロ朝だとこんな感じになりそうw

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:49:41.82
>>759
東ローマ帝国とか宗教改革とかどうでもいい事柄が省略されるので

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:52:50.36
>>765
100数十ヶ国ある国の中の一ヶ国の王の記述より
2ヶ国(国としては認めてないが、ロ王朝で認めたかも)しかないうちの一ヶ国の記述では
全然違うのが当たり前でしょう

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:57:00.82
>>766
> バーラト自治区は歴史的には自由惑星同盟の延長だから、設立については載らないだろ。

ベルサイユ条約からワイマール体制のドイツが乗るんだから、当然バーラトも乗るんじゃ無いか?

あの世界では、対同盟戦争はWW1+WW2よりも扱いが大きくて当たり前だろうし
同盟の役割と世界に占める比重は、WW1+WW2のドイツの役割と比重よりも更に大きい

中国の例は、多数ある外国の中のたかが一ヶ国の国内の王朝交代だから、ちょっとというか全然違う。

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:57:33.22
・教科書に記述されているかどうかと記憶に残っているかどうかは無関係
・何千年も後の世界なのに教科書に事細かく記述されるわけがない
・実質三つしか国が無いんだから世界史をやるにしても帝国史?をやるにしても同盟は深く関わってくる

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 17:59:19.47
そんな時代より人類発祥の地、地球の歴史勉強しなさい。

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:01:10.88
>>766
> 地球時代は今の感覚では古代だからスキップだろwww

今の感覚で古代がスキップされるのは、単に資料や情報が無いからであって
人類社会に大きな影響を与える事件があって、資料も揃っていれば普通に教科書に載るのでは?
無論、それだと教科書がドンドン分厚くなるので、その時代の社会にあまり影響の継続性が無く
社会のルーツからも外れた様な出来事はどんどん記述が薄くなるだろうが。

例えば、あの世界だとキリスト教は影も形も無いので、世界史で大きなウェイトを占める
キリスト教関連はバッサリ削られるだろうな。これだけで教科書が半分以下になるかもしれんw

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:05:49.72
そもそも、教科書に載ってることの9割は社会に出ても役に立たない。
3000年後の未来人が、同じように役に立たないことの暗記に必死になってるとしたら
こいつは、喜劇ですな。

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:06:10.68
>>765
どの時代どの勢力のどの立場のやつらが作るかで全然変わってくるからな
例えばバーラト自治区の教科書はおそらく自由惑星時代のものから
反帝国思想を抜いたものになる
設立の経緯もあるし当然ヤンの名前は教科書に載るレベル
方や帝国ロ朝はゴ朝時代のものを下敷きにするだろうしヤンの名前が無くても全然不思議じゃない
もっとロ朝が滅びた遥か後代だと量そのものが異常に多くなるから出てこないと思う
帝国が分裂し何10ヶ国もの国家が乱立してる時代になるかもしれないしね
例えばヤンが映画やら本やらでベストセラーになり人気知名度抜群になれば載ることも多くなりそう
まぁそんなもんだと思う

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:06:59.64
旧帝国で流血帝がどんな教えられ方してたのかが気になる
帝国としてはまさに消し去りたい汚点だろうが止血帝の功績も讃えなきゃならん
加減が難しいな

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:07:29.87
>>773
>>771 の言うように、記憶に残っているかどうかとは無関係なので断言は出来ないけど、
リュッケのように、地球って人類の発祥の地だろ?程度の知識しかないのが普通のようだ。

てことは、地球統一政府以前はバッサリとカットされているかもしれんなwww
西暦27世紀以前は数ページしか割り当てられてないかもw

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:12:04.62
メソポタミアを知っているか?
文明発祥の地でしょう?
みたいなもんだよねあの会話は

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:16:27.42
常識的に考えれば地球の歴史なんて大まかな歴史の流れ以外は地球史とでも呼ぶような物でやるべきだからな
何で自分たちの住んでいる国どころか星も違う一辺境惑星の歴史を
現在の歴史の教科書と同じくらい詳細にあの時代の教科書に載せる必要があるのか

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:22:18.67
>>777
確かにそういう記述はあったな。

世界史というか人類史という観点で見ると、非常に不自然だとは思ったが。

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:24:03.87
キリスト教が影も形もない割りに戦艦の名前は古代神話に基づいたりしてるんだよな

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:25:52.75
ライトノベルが文芸作品として生き残ってるんでねの。

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:30:40.66
>>779
世界史というのは人類史だから

人類社会に大きな影響のある事件は取り上げるべきだし
地域の大小とかは関係が無い

いくら地域が大きくても、帝国に支配された一惑星の歴史など
人類史からは取るに足らない出来事だろうし。
逆に狭い地域でも、連続する人類社会(政治、文化)に大きな影響を与える出来事は人類史として記載されるのが普通。

現在の世界史でもヨーロッパのごく狭い地域の話に相当数を割いてるしな。
ボルジア関連とか殆どがフィレンツェやローマというごく限られた地域だし
アテナイやスパルタもそう

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:32:39.31
銀英伝よりさらに未来の歴史の教科書を今の感覚で表すと、

13日間戦争以前・・・先史時代
銀河連邦以前・・・古代
銀河連邦・・・中世
銀河帝国、同盟・・・近世
新銀河帝国・・・近代

てな感じかな?

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:33:48.08
>>781
ラノベでグングニルやメデューサとかいう単語が頻発するからと言って
北欧神話が流行ってるかというとそんな事も無いしな

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:34:43.68
地中海沿岸沿岸や大陸でみっちりと戦争や政治劇のエピソードが紡がれている中
「縄文時代」の一語で済まされてる島国もありますしね。

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:37:00.16
>>785
孫引きの可能性が高い

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 18:42:59.98
>785
メデューサは北欧神話じゃないぞw

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 19:02:43.03
>>745
他に多数回廊・ルートが発見・開拓されるまでは、イゼルローン回廊が二大回廊のひとつであ
り続け、新帝国の軍事・流通に多大な影響を与えるだろうからな。
そこの支配権の要だった要塞の取り合いに同盟が命数すり減らし、新帝国成立後も戦乱の
元になっていた流れはロ王朝成立前後の歴史を語る上でざっとでも触れる意味はあるし、そ
うなれば、当時一大事件だったヤンの要塞攻略に触れないわけにはいかない。名前が出るの
は教科書レベルでは難しいだろうが……となると、当時の同盟軍トップ・シトレか同盟トップ・サ
ンフォード?の功績になるのか(教科書の上では)。

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 19:05:48.07
>>746
秦の始皇帝か後漢の光武帝程度には乗るだろ。ラインハルト
それぐらい昔になってる時代から振り返るって形になってんだし。

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 19:12:01.48
>>753
石原莞爾の載ってる教科書は珍しいんじゃないかw
満州国の成立は当然としても、愛新覚羅溥儀や張作霖ぐらいだと思ったが

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 19:16:53.59
>>789
そういえば、後世ではヤンのことを統合作戦本部長と宇宙艦隊司令長官を兼任して
最高司令官に就任したとドヤ顔で言っている香具師がいるから、
後世の人にとってヤン・ウェンリーって結構有名なんじゃね?
教科書に載っている可能性も十分にある。

歴史的には同盟の最高司令官にしか見えないから、勘違いするのも無理ないけどw
当然、シトレはハブられることになる。もしくは欄外記載w
あと、同盟政府トップはトリューニヒトで他は欄外だな。

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 19:22:46.38
必ず日曜日の午後から月曜の朝にかけて異常にスレ伸びるのな

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 19:24:36.46
週末休みの仕事人が多いんでないの?自分もそうだが。

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 19:47:21.12
>>792
どの時代のどこの教科書かで変わる話だよそれw

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 19:52:51.23
ロ朝だとヤンの反乱とか名づけられて載ってるのかもな

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 20:15:34.34
なんで、ほとんどの人が世界史教科書の認識なんだ?
ユリアン朝からの継承国からみても、
ローエングラム朝からの継承国からみても、
国内歴史でしょうよ。日本史でしょうよ。

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 20:19:04.97
銀英伝の歴史は合従連衡が極めて少ないから、リアルの日本史や世界史と
比べると非常に淡々としている気がする。
同時に1〜3カ国しか存在していないし、首都以外の存在感は薄い。

反対に、ゴ王朝末からラインハルト崩御までが非常に濃いから、必然的に
これらの内容が厚くなりそうに思えるけど、如何に?

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 20:26:52.86
戦国時代の末期と明治維新の前後が歴史が一番おもしろい
平穏な時代が退屈なのはしかたない 後世の人達もたぶんそうでしょう

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 20:30:24.43
ゴ朝末期〜ロ朝黎明期は人類史で見てもかなり濃い時代になるんじゃないのかね
たった2年で当時銀河にあった3国家全てが滅びてる
現代に置き換えたら2年でアメリカ中国EUが滅びるようなものだ

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 20:33:34.91
オーベルと相談して次代をカザリン・ケートヘンに決めた後にさ、ラインハルトが執務室で唾吐いたじゃん。
あれ、掃除の人に別のものと勘違いされてないかちょっと心配w

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 20:35:36.23
別の物って具体的に何よ?

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 20:42:34.26
>>797
誰もいつの時代か指定してないけどね
多分みんなゴ朝よりも遥か後の時代を想定して話してるんじゃね
だから人類史になっちゃうんだと思う

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 21:53:32.16
じゃ アレクの時代教科書はどうなる? ヤンは自分で危惧していたとおり悪者かな

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 22:12:37.57
そもそもなんで地球教の言うことを権力者が聞くようになったのか。

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 22:12:42.24
>>804
後世の歴史家にはその反抗により、カイザーによる統一を遅らせたという見解を述べる者もいる

みたいな色んな意見があるってモノローグが無かったか

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 22:34:41.82
>>783
だからおおまかなことを載せる以外は無いって言ってるじゃんw
そしていくら地域が大きくても〜って、当時の人類の生活圏の約2分の1の領土を占めている唯一の敵国との戦いを
人類史からは取るに足らないとかお前は同盟を反乱軍としか見なせない門閥貴族かw

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 23:00:05.60
>>800
覇権はプーチン行きかよ

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 23:30:05.87
>>806
一番の酷評が「この男の存在は人類に何らの幸福ももたらさなかった」だったな
よほどヤン嫌いの歴史家だったんだろうw

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 23:32:52.05
軍人が人類に何らかの幸福をもたらす可能性があると思い込むなんて
なんという過激なミリヲタなんだ。

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 23:35:26.78
歴史家志望のヤンが、歴史家からそんな酷評されたら落ち込むだろうな

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 23:39:10.59
肩をすくめて終わりだろう
自分がいなければ犠牲は少なかったかもと自覚はしてたし

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 23:39:30.88
別に本人は歴史家になりたかっただけで
歴史家という人間を神聖視してるわけでもないしそうでもないんじゃなかろうかw

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 23:39:43.65
>>809
その歴史家は、フォークの子孫だな w

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 23:47:42.92
>>804
次世代くらいじゃ、まだ関係者も残っていていろいろ差し障りもあるし、公開されてない資料と
かもあるだろうから、まだ教科書で扱うほどの定説が定まってないだろう―「歴史」になってな
いから、どう書かれる以前にそこまで含まれない。

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/02(日) 23:54:47.68
>>809
間違ってはいないな。控えめに言っても、功罪±0ってところだ。
ま、そもそも何も目的もないってラインハルトの対極なクセに、互角以上の軍事的才能と実績を
持つって厄介極まりなかった男だからな。

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 00:01:15.36
>>815
日本への進駐軍だって真っ先に教科書を墨で塗りつぶした
統一帝国もまず教科書の改訂をするだろう ロ王朝の正統性を否定するような
教科書は許さないよ

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 00:05:28.31
実際、なんの幸福も残してないし。
「民主主義は素晴らしいんだ!それを残すために多くの血を流したんだ!民主主義に逆らうか!」とか言われても困るっしょ

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 00:13:11.15
ヤンも自分の矛盾を十分理解していたとはいえ、人類からみたら迷惑極まりない

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 00:17:09.83
>>817
>ロ王朝の正統性を否定するような教科書は許さないよ
許すも許さないも、まだロ王朝の成立まで入っている教科書がないだろう。
大体、ラインハルト以前で終わってるだろうゴ王朝時代の教科書のどこにロ王朝の正統性に関
わる部分があるというのだ?

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 00:32:45.46
>>819
ヤンがいなければラインハルトの銀河統一後のヒルダの摂政後
はゴ朝同様専制体制で人類は衰亡してまたハイネセンの登場
を待つだけだろうがな。

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 00:48:09.86
ヤンの歴史的評価は、ロ朝におけるバーラト自治区の役割次第で変わるだろ。
専制の暴走を抑えるアンチテーゼとして自治区が存在し続けたなら
その精神的バックボーンとしてヤンの歴史的意味が出てくる。

逆に早々に自治区が瓦解、あるいは存続しても帝国の政治に影響力を及ぼせなければ
ヤンと共に自由惑星同盟の残滓としての評価に留まる。

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 01:29:18.00
銀河のチェスゲームの時代ではヤンもライも歴史上の重要人物じゃなかったっけ。

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 02:09:14.50
そうなん?
確か「銀河のチェスゲームの舞台になる時代世界の遙か昔、本文では数行からせいぜい十数行程度で著すはずの時代を切り取って膨らませた話」だと聞いたことがあるんだけど

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 02:41:49.57
設定上の大昔の大戦を軽く説明するだけならまだしも、意味もなくわざわざ細かく書く馬鹿がどこにいるんだって話だろ度し難いな

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 08:58:43.89
>>816
そんな事はラインハルトとその後継者が人格面でも政治手腕でも人道面でも申し分なく
(後世で統一の妨害とか言ってるから、統一してそれなりに良い世界になったという認識なんだろう)
安定した王朝を築いたから言えることであって、誰もそんな保証は出来無いし
ラインハルトが潰した旧同盟の政治体制とフェザーンが存続していた方が人類にとって
良い世界を築けていた可能性だってある。
まあ、原作を読んでいる人はそんな感想は持たないだろうが、同盟の政治体制やフェザーンが酷く書かれているのは
いくらなんでも後世の歴史家のパイアスがかかっていると判断出来ない事も無いし、ヤンの主張する専政独裁体制の
危険さというのは否定出来無い正論な訳だし。

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 09:11:03.11
後、実際ヤンがいなければどうなってたかな?

アスターテ会戦は帝国の完勝、イゼルローン攻略作戦は発起されず
むしろダラダラと戦ってかえって戦争が長引いていた可能性もあるが?
アムリッツァの様な巨大な武功を上げるほどの戦いは生起しないので
ラインハルトの昇進も遅れ、皇帝の崩御に間に合わず、無謀なクーデータを起こすも失敗とか
あるいはブラウンシュバイク公が皇帝(実質)になってラインハルトを徹底的に干すとか
あるいは上手く立ち回って、原作通り問閥戦争の片方の総司令になるも
同盟はそれほど弱体化してないし、アムリッツァの大敗北も無いので、この状態で
同盟内にクーデターを起こすのは無理というか、無理矢理起こしてもより強大になった
クーデター派があっさり政権執ってかえって同盟が挙国一致体制で強化されるとか藪蛇な結果に・・・

あれ、こう考えると、同盟にとってもヤンがいない方が良かったと言う事になるな?
ヤンはまあ命令でイゼルローン落としただけだから仕方ないとして、半個艦隊でイゼルローン落とせとか
命じたヤツが一番の大戦犯という事になるな。

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 09:19:23.29
ヤンがいなければの考察は、査問会の時ヤン自身がやっているよ
結論はラインハルトが銀河の覇者になるというのだったけど

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 09:22:11.22
>>827
アスターテで完勝したらその時点でラインハルトは元帥で宇宙艦隊副司令長官で
元帥府開設で有能な提督たちを配下にしてるよ。
その他はそうかもしれんけどね

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 09:22:16.03
>>824
名前くらいしか知られていない二人の英雄の時代ってのがあった……て部分を編集が「これ面白
そう」ってんで長編化したんだよね。

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 09:30:55.11
>>826
>(後世で統一の妨害とか言ってるから、統一してそれなりに良い世界になったという認識なんだろう)
ラインハルトの出現がなければ、帝國は門閥貴族ごとに分裂し、群雄割拠の時代になって、人類自体
がそのまま衰退していたかも……と言う歴史家もいたようだから、少なくともあのタイミングでの統一、
中央集権化が人類文明の中興になったのは間違いなさそう……ラインハルトの教科書的評価
はこんなところだろう。
後の人類史は、集権化された体制を受け継ぎ、時代時代でアップデートしたモノなんだろな(その結果、
共和制になったようだが)

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 09:33:52.50
>>817
あれだけラインハルト(と、その友人のキルヒアイス)が美化して描かれていることから想像するに
ローエン王朝の独裁体制は続いていると見るべきだろうな。圧政の可能性もある
ヒルダもとてつもない有能かつマザーテレサの様な慈愛に満ちあふれた人格者で
おまけにあり得ない様な純愛カップルで、童貞処女の中学生カップルの様な初夜
(しかも大量虐殺に悩むカイザーを慰めてあげましたみたいな)みたいな描写とか
後世でどれほどの神格化が行われているかお察しというか。

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 09:36:00.63
>>827
禍福は糾える縄の如しというし、その集大成とも言える歴史にいい悪いを言っても意味ないよ。
いいことも悪いことも、それが後にどう影響してくるかなんて誰にもわかんないだし。

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 09:36:20.67
>>831
> ラインハルトの出現がなければ、帝國は門閥貴族ごとに分裂し、群雄割拠の時代になって、人類自体

門閥貴族は徹底的に悪く書かれてそうだな。なんせそこを悪者にしないと王朝の正当性が無いもんな

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 09:37:41.44
>>829
どうかな。
アスターテ勝利+アムリッツァの史上空前の大勝利で得た物と同じ物を
アスターテ完勝だけで得られるかな?

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 09:40:22.64
>>832
>美化して描かれていることから想像するに
とっくに滅んだ過去の人物、集団が美化される例など、腐るほどありますが?
ラインハルトらの美化と王朝の存続は長期になるほど何にも関係ない。(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 09:49:59.08
>>836
他人を煽る前に何が言いたいのか分からない自分の文章推敲しろや、低能

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:10:46.81
>>831
アスターテ完勝されたら選挙対策として
ますます大規模な攻勢に出る必要があるから
闘う場所が違うだけで同盟の侵攻による大会戦は行われると思う

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:12:31.78
>>835
829で書かれてることって、アスターテの勝利だけで得たものじゃなかったっけ?
アムリッツアの大勝利の褒美は 宇宙艦隊副司令官→司令長官 だったと思うが。

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:13:09.28
>>836
アムリッツアの勝利で何を得たんだ? 直後に皇帝死んで別に何ももらってませんが。

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:16:37.93
>>839
それも勝利の報酬じゃねえよ。リヒテン侯と手を組むことによって得たもんだ。伯爵から侯爵への昇格もな。
それで前長官のあの人はどうなったん?ってのが大いなる疑問ではある。アニメではかっこよく引退って補完
されてたけどね。(小説版じゃあ長官でなくなってからは一切不明だな。)

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:20:45.52
>>834
門閥貴族体制は銀河連邦以来の人類の衰退の結果だからリップシュタット
の敗戦にかかわらず厳しい評価になるのは仕方がない。また同盟から見ても
専制を支える階級支配は非難の対象でしかない(劣悪遺伝子排除法のようにルドルフの
したことから非難が一定の正当性を得るのも当然)から歴史的に見てゴ朝の体制が
歴史において厳しい評価を下されるのは妥当だろ。

>>836
>>837
新撰組が一番わかりやすいだろうな。他に甲陽軍艦で有名な武田信玄などもそうだ。
美化というよりは資料の多さ(一次資料にかかわらず)やその文章の良さが後世のクローズアップの原因
になるのだろう。ラインハルト陣営はメックリンガー、同盟はユリアン、アッテンボローがいるからな。
キャラ立ちや戦歴ならヤンよりアッシュビーの方が華やかだが730年マフィアが崩壊したこととローザスが
アッシュビーを英雄視していないから持ち上げられる機会を逃したといえる。

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:21:36.52
ミュッケン先生は絶妙なタイミングで引退できたな。
後は領地に引きこもって年金で悠々自適だろ。

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:25:28.70
ミュッケンベルガーって領地持ちだったっけ?
まぁ、そうでなくとも長年の功績に報いて拝領してるかもしらんけど。

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:28:09.99
門閥貴族で、軍のトップまで行ってるんだから領地は普通にもってそうだけど。

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:30:41.31
>>842
ゴ王朝と支えた門閥貴族が、厳しい評価されるのは当然だと思う
同盟に対する評価はどうなるんだろうな?
彼らが150年間戦い続けたおかげで、ラインハルトの頭角があったわけだし

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:30:46.04
伯爵家の次男坊
ミュッケンベルガー家がラインハルトに敵対したかどうかも不明だけど
まあ宇宙艦隊司令長官努めて「孺子」の才能も理解してたグレゴールが説得したんじゃないかな

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:31:08.07
>>840
帝国の軍事面の総責任者という地位を得たんじゃなかったっけ?
実質、軍務尚書+宇宙艦隊総司令+対賊軍戦争総責任者という軍事面でのフリーハンド
無論、アムリッツァが無くても貰っていたかも知れ無いけど、貰ってなかったかも知れ無い
貰っていたとしてもラインハルトの名声は限定的で、あれほど短期間に戦争を終わらせることは出来無かったはず。

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:35:02.34
>>839
イゼルローンの失陥でミュッケンの勇退はほぼ確定した感じだな。

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:36:05.23
>>846
ラインハルトは「ゴ朝の圧政に行動を起こした」者同士でアーレ・ハイネセンに尊敬に近い感情持ってたみたいだから
同盟建国の経緯は好意的に書かれるんじゃなかろうか。
後のハイネセンの成果を食いつぶしていった連中は知らんw

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:42:01.31
ウルヴァシーで同盟建国史で読んでいたな
同盟建国時の人々は称賛するけど、その後は堕落していったと
こんな感じかな

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:43:09.33
>>848
アムリッツアの勝利ではなく皇帝の死亡という事態で後継者争いの中でリヒテンラーデと
組むことにより、艦隊長官と侯爵の地位をえたのだよ。帝国軍最高司令官となるのはその
クーデターの勃発によりどさくさにまぎれて尚書と統帥本部総長も逮捕して地位を奪って
からだな。いまだになぜあれは逮捕しなきゃいかんのかよくわからん。宰相となってるリ
ヒテンラーデに長官職と同じように貰えばいいだけのような気がするが。

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:48:56.46
>>852
勘違いするな、私は与えられたいのではない、奪いたいのだ(キリッ)

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 10:58:10.57
>>853
なるほど。一理ある。盗むのもいやだったそうだね。ちなみに公爵となったリヒテンが
就いたのは宰相じゃなく摂政だな。ラインハルトも武官の代表と書いてある。

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 11:03:23.35
>852
帝国を簒奪する予定だったんだから、軍高官は潰せるときに潰しておくってことでないかな?

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 11:17:52.94
どんなIFにせよ、ラインハルトは余命がネックだよな
信長の野望みたいなゲームだととても扱いにくいキャラだな

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 11:33:07.01
>>852
イゼルローン失陥もアムリッツアも無ければ、リヒテンラーデはミュッケンベルガー当たりと
組もうと考えたのでは無いかと言う事

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 11:42:21.81
>>856
皇帝病がどんな物かは知らないが、やるべき事を全てやってライバルもいなくなった喪失感による
精神面が原因とすれば、歴史上の役割がある間は死なないと考える事も出来るが。
後、問閥戦争の主役になる展開じゃ無ければ、キルヒアイス死亡も無かっただろうし。とそこまで言ったらなんでもありになるけど。

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 11:49:36.21
作者都合によりメイン級キャラクターの排除を行いました。あしからずご了承下さい。

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 11:56:47.47
銀英立志伝赤毛プレイで病死イベントが起こらずに
最期の一城になるまで美味しく取っておかれながら
外交で支配に下る要請の嫌がらせをされ続けるカイザー

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 12:32:21.32
>>846
ラインハルト栄達の美味しいエサになりました程度以上には持ち上げようはないだろう。同盟
長年、戦争やった挙句に民主主義を腐らせ、ほぼ自壊で終わったんだからな。バーラト自治
領がキチンと機能し、後の社会が健全な共和制、民主主義政体を確立させていれば、「こい
つらバカだろ」と言われるのがオチ。
「存在自体には意義はあったが、ヤン・ウェンリーとバーラト自治領を成立させたヤンの弟子
ユリアン・ミンツとイゼルローン一党を生み出したことしか価値がない」……くらいバッサリ切ら
れるかもな。

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 12:33:38.25
>>824
まあ、現実で話すと項羽と劉邦程度の扱いかな?
三国志ほど一般的でないけど、知ってる人は知ってるって程度

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 12:46:38.76
>>832
ラインハルトとヒルダのどこが純愛カップル?
同人でも読んでるのか
公式で二人の結婚は愛がなかったと書いてあるだろ

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 12:52:49.84
純愛カップルというより、使命に従ったカップルといった感じ

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 12:56:56.90
まーたお前か

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 13:01:00.84
つまり、体だけの関係、いわゆるセフレだったんですね?

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 13:05:52.90
>>863
純愛カップルはちょっと違ったな
童貞の中学生が妄想する理想のカップルといった方が良かったか

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 13:22:08.59
>867
そういう精神的なものじゃないだろ
「帝国にとって必要だから結婚した」役割、義務的な関係。

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 13:22:54.89
あの二人どうしてセックスできたんだろう?
二人とも性知識皆無だろうに

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 13:24:17.48
やり方ぐらいは分かるだろ

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 13:30:36.19
それはポルノみてる現代人の感想
人間がこれだけ増えたのは画に残して性教育してきたからなんだぞ
動物は間違えてケツの穴にチンコさして失敗というのが沢山ある

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 13:33:42.00
マリーンドルフ伯があの二人ちゃんとできたのかな?と心配してるとこみると娘に最低限の妊娠の知識と生理の処理ぐらいしか教えてなかったと思われる
まーあの二人あたまいいからケツの穴は出すところ入れるのはこっちの穴と論理的にたどり着いたとは思うが

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 13:40:49.54
>>863
いわゆる男女の愛ではないけど、信頼感は充分以上にあった。

夫婦というよりむしろ、人生のパートナーだな。

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 13:51:59.62
>>871
昔は小学校で性教育したけど、今はやってないのか?

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 14:09:50.17
もう四十見えてきたおっさんだけどそんなもの受けた記憶もないぞ
中学の保健体育からだ

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 14:22:36.03
>>874 875
どっちにしたって、やり方そのものを小中学校で教えるわけねーだろ。

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 14:49:25.82
女子向けのにはオチンロンはオパンポンとンパンパまで描いてるみたいよ。

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 15:00:45.40
>>876
女子は習ってたみたいだが。
ここがマ○コで、男のチンポが入るんですよ って

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 15:15:22.31
「その年で出来たら小さ穴に赤ちゃん詰まって母子共に地獄の苦しみの中で死ぬよ」
まで教えれば知らない男についていく子も減るんじゃないですかねー

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 15:37:40.57
しかし法律上は女16歳、男18歳で結婚できる矛盾

どう考えても男と女が逆だろこれ
昔の連中は何考えてたんだか

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 15:52:46.79
アンネローゼとかは細すぎて逆に気持ちよくなさそうなんだけどな
皇帝のロリ好き(というか世のロリコンの殆どは)処女太りの体型が好きなはずなのに

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 15:57:30.42
こういうよくわからない俺根拠を持っている人見ると目をそらしたくなるな

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 16:19:58.32
>>872
流石にセックスくらいはわかるだろw
皇帝に姉がされてること想像して煩悶してたことがありそう
伯爵はセックスわかるかな?じゃなくて
初体験同士童貞処女の性行為を心配しただけかと
知識として知ってても実践するのは難しいってのは大抵の人が通る道w

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 16:23:15.06
童貞の俺にはついてけねえ話だなあ…

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 16:29:52.89
>>880
>女性のほうが成熟が早く統計的に平均初婚年齢が女性のほうが若い点などを考慮したもの
>とされるが、これが現代においても合理的と評価できるかは疑問とされる
女は早熟だからってことらしいな。

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 16:49:43.74
>>873
人生のパートナーって・・・
ただの仕事のパートナーじゃん
ラインハルトは公務を中心に生きてはいたけど
ヒルダに最期まで心を許してないし
公的な部分も私的な部分を含めて人生だろ
そんなの人生のパートナーなんて言わない

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 16:58:35.70
>>886
まぁ最期までヒルダは姉やキルヒと同格にはならなかった印象だなぁ
落ち込んだときに慰めてもらい後は義務感が勝ってたような
それでもラインハルトの中では大事な人間ではあったんじゃね
普通の夫婦愛と違うけどこの人色々極端だからわかりにくいだけで

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 17:37:30.73
アニメのラインハルトってキルヒアイスに話しかける時と他の人に話しかけるときの声が全然違ってて面白い
死んだ後はペンダントだしw
ヒルダにはずっと敬語だったな

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 18:10:38.57
>>887
たしかにいつまでも姉やキルヒのことを思ってグジグジしてる金髪は
ヒルダのことを軽く見てるんだろうけど
仮にヒルダがテロかなんかで死ぬ様なことがあったら、その時はその時で
失って初めて分かった!みたいな事を言い出しそうな気もするな。
死んで初めてキルヒとかろうじて比較できるぐらいのレベルになるというか。

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 18:12:09.29
>>880
十五で姉やは嫁に行かなきゃ、下手すりゃ子孫絶える頃の名残りだよ

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 18:16:04.92
>>889
姉しかり赤毛しかり、金髪は基本的に失うまで大切さに気付かないから

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 18:29:20.14
なんだ、この滝のようなスレの流れ・・・(;゚∀゚)

>>838
イゼルローン要塞を落とさない限り、同盟が大侵攻を行うのは不可能。
代わりに、イゼルローン回廊をさらなるに死屍で塗装することになるだろうけど。

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 18:31:41.65
普通に心許してただろ
じゃなきゃあたり散らしたりしないし食事も一緒に取らないだろうし
何より帰らないでなんて引きとめないと思うわ帰れって言うと思うわあいつ
なんかラインハルトは精神的にヒルダに少し甘えてる様に感じたけどな

ヒルダは教科書に乗らなくても大河か朝ドラにはなりそうフレデリカも
カリンはないなジェシカは教科書のコラム欄に載ってそう

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 18:48:14.79
そりゃある程度はね
ただ、お友達レベル、言ってみればミッタマと同列
家族になれたのは姉と赤毛だけ

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 18:49:58.52
ブラウンシュヴァイク公がブラ公と略されるなら、ワングリブ公という貴族がいたら・・・

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 18:54:18.37
>>895
ここは、ウングリブ公という貴族で(゚∀゚)

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 18:57:51.74
どちらにせよリブ公かな?

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 19:00:56.74
本文で結婚後も言葉遣いが変わる事は無く姉キルヒとは明らかに扱いが違かったと書かれてる
それが全てだよ
姉キルヒの次に信頼してる人は?と聞かれたらヒルダと答える程度の信頼や愛情は得ていたにせよ
上二人とは光年レベルの差がある

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 19:06:54.02
意地悪な見方をされる後世の歴史家多いなw

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 19:21:16.67
何もかも持ってる皇帝が、予にはもう何も残されていない
予ほど不幸で孤独な人間はいないとか死ねという感想しか無い
挙げ句がゲーム感覚でイゼルローン侵攻

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 20:03:23.99
どこら辺のこと言ってるの
ガイエスブルクぶつけたあれの事か?
ラインハルトのこと言ってるのか

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 20:49:34.85
「あねうえときるひあいすさえいればいいんだ!」って自分の態度が招いたことだよな
それほど面識もなく同じ平民で特権意識の偏見なかったキルヒアイスの友人にすら悪口言われてるし

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 21:32:38.98
>>895
ハチノマイヤー公とかチンベルト公とかダテキミ公とか
帝国の面白貴族大集合だ

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 21:35:42.54
>>902
基本思い込みの激しい奴だからなw
てか親父が姉を売った卑劣な男とか蛇蝎のように忌み嫌ってたけど
別に親父が売りに行った訳じゃなく言ってみりゃ攫われたようなもんだよなあれ
どうにもならない問題だったけどどうすれば彼は満足したんだろうか

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 21:48:18.25
この前どうしても我慢出来なくなって夜の公園で
彼女の股広げてクンニしようとしたら
もう興奮してたのか湯気がモワァ〜とマムコから出てたよね

906 :マンヌベルク公爵:2014/02/03(月) 22:00:12.64
>>903
平民の分際で貴族をネタにするとは、余の名において成敗してくれる!

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 22:00:40.36
>>904
姉上を守ろうとして撃ち殺されるとか
勅命には従うが金の受け取りは拒否するとか

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 22:10:25.86
>>893
大河の題材って面白いね
カリンは設定がいいんだけどな。女性パイロットで亡命貴族の娘とか
人生がドラマチックなのはフレデリカのほうか
ヒルダもそうだが配偶者死んでもそこで終わらず政権握って自立してるからすごいわ

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 23:33:36.76
>>904
自分と姉を連れて同盟に亡命 

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 23:36:04.33
ヒルダもフレデリカも美人で良かったね
新島八重なんて本人ブサイクなのに演じたのが美人という皮肉
それでいて設定上はブサイクって事になってるのがまた笑える

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 23:43:40.15
ミッターマイヤー元帥伝とケスラー元帥伝の存在は本編で触れられていたけど
アイゼナッハ元帥伝とかワーレン元帥伝も出たんだろうか

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 23:49:57.69
>>890
その歌の「姉や」は姉のことじゃないぞ。

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/03(月) 23:55:33.86
>>911
アイゼナッハ語録全1ページ

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 00:05:38.17
>>911
出るだろう だけど、ラインハルト崩御後は凄い退屈な人生だろうな

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 00:16:03.81
飼い殺し状態だろうね

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 02:02:26.68
>>912
知ってる、子守りだろ?
重要なのはそこじゃなく、世間一般の結婚可能年齢の認識だから

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 02:05:11.18
>>913
開くと1行「チェックメイト」のみで

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 02:17:20.22
しまった

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 09:03:34.19
てs

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 09:35:15.94
「副官の異常な愛情」
〜私は如何にして心配するのを止めて提督の意を戸田奈津子するようになったか

パントマイム・グリース著

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 10:06:07.98
>>917
裏のページには、指パッチンのパターン全種と対応する命令の一覧表

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 10:08:46.06
>>888
小説でも、一人称がキルヒアイスに対してだけ「おれ」だった、と書いてあるぞ。

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 10:47:40.44
夫人とのなれそめとか子供のことか
アイゼナッハ1行で終わるかと思ったら結構書く事あるじゃないか

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 13:10:11.06
ビッテン自伝は同僚の悪口のオンパレードになりそう?

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 13:15:53.65
>>924
本気で嫌ってたのはオーベルシュタインだけでしょ
確かにみんなとケンカしちゃいるが

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 13:22:22.69
若い頃は人並み以上におしゃべりだったのが、軍に入り口先だけの無能な貴族士官の下で苦労するうちに不言実行の男になっていった……とかだと格好いいかもしれないw

映画版のエンダーが空中投影された映像をタッチスクリーンのように操作しながら艦隊を指揮していたけど、あの技術があれば沈黙提督でもやっていけるんじゃなかろうか。

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 13:32:29.77
ビッテンの名が出ると何故かメックリンガーが脳裏によぎる

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 14:14:05.94
「このえせ詩人野郎!」だな

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 14:29:37.21
>>893
当り散らしはヒルダに限った話じゃないし
帰らないで云々はヒルダである必要は無く誰でも良かったと本文にあっただろ

>>866
ぶっちゃけたところ実際あの時ラインハルトが求めたのは
別にヒルダじゃなくて「身体で慰めてくれる女」だから
そのときの関係はそれ以外のものではない
何度もやってないからセフレとは違うけど

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 14:56:37.87
>>923
問題は、それら全てが「本人の発言ではなく周りの証言」なところ

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 15:00:44.89
>>899
誰も穿ったり意地悪な見方なんてしてなくて
小説の描写に忠実に捉えてるだけだよ

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 17:45:11.70
ビッテンに大きな声で褒めてもらえたのはキルヒだけw

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 18:09:53.26
他人を褒める時は大きな声で
他人を貶す時はより大きな声で

ビッテンフェルト家家訓

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 18:25:24.25
ヘマしたらこっぴどく怒られそうだけど尻きっちり吹いてくれて
「おう、飲みに行くぞ」とか言ってくれそう、ビッテンフェルト。

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 18:37:11.52
でも、待って欲しい
もしヒルタが山田花子みたいな容姿だったら、
果してラインハルトは一夜の相手として求めただろか?

クレオパトラの鼻がもう少し低かったら云々という言葉があるが、
この場合、ヒルダの鼻の穴がもう少し大きかったら歴史が変わっていたとは言えるのではないか

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 18:56:29.06
>>935
ヒルダがその地位を得たのは容姿故ではなく、才覚と人格故だから、そこが変わってなけれ
ば歴史は変わらない。

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 19:02:18.59
>>927
アニメの話になるがアムリッツァでビッテンがやらかして叱責された後
真っ先に慰めに行ったのはメックリンガーだったなw

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 19:30:48.66
>>904
攫われたっつーか、普通の貴族の最大目標は皇帝の血縁になることだと思うんだが。
少しでも皇帝の目に止まる様、競って娘を女官に送り込んだりもする。

まあ、あの世界の常識がどうなってるかは分からないし、金で売ったってしつこく恨み言言ってるから
実際、金貰うだけでお家的にはたいした特典がないのかも知れんが、少なくともラインハルト自信は
多大なる恩恵受けてるわけだしな。
姉にしたっていつまでも家に籠もって弟の遊び相手になってるはずもあるまい。


余はもう何も持っていない、世界一不幸だ=なわきゃーない
姉を奪われた余は不幸=どの家でもいつかは嫁に行くだろうに
キルヒアイスを失った余は半身をもがれた様な物=数百万の兵士を死地に追いやる立場で何を言ってんだコイツ

自分だけが悲劇のヒロインっつーか殆ど境界性人格障害じゃないかとすら思う。

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 19:37:47.10
>>908
戦争が長引くと未亡人が大量発生するからね
女性の社会進出が進み、当然女性の権利や意識も高まる。
これは世界中で繰り返されたこと。

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 19:44:36.25
父親に、素直に謝罪してほしかったのでは?
実際、ラインハルトの父親は大した人物だと思う。
子供を養っていたし、酒に逃げてもロイエン父のように罵倒や暴力の虐待をしなかったから。

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 19:46:46.05
そらラインハルト様はよくも悪くも気違いですから。
物語の後半になるにつれ「こいつなんで戦争やってんだ?」とわからなくなっていったわ。

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 19:48:52.63
>>936
あの夜以前の地位の話だわね。確かに935なら一夜の相手まで務められたかどうかは疑問ではあるな。
あのときラインハルトが求めたのは純粋な慰めとしての女だからねえ。

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 19:49:02.02
趣味です

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 19:52:22.12
>>935
山田花子の顔面にパンチ浴びせて崩したような彼女と7年付き合って結婚寸前まで行った俺を呼んだか。

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 20:09:41.55
人生のパートナーとしてならあるんじゃないの。ただ純粋に慰めとしての女がほしい
ときは容姿も問題になるような気もするが、それさえ気にならなくなるくらい追いつ
められてやってしまうってこともあるのかな。人生経験浅いからまだわかりません。

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 20:18:16.12
>>937
あれ、慰めに行ったの?
「お前ほんと使えねーな。あーあ、もう少しで完勝だったのに、どっかの誰かのおかげでよー」
って言いに行ったんだと思ってた。

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 20:49:39.30
人を死なせてしまった級に落ち込んだなら
チンコ固くして腰振るんじゃなくて
出家して座禅組んでなさいと言ってやりたい。

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 21:06:10.97
>>947
男ってそういう弱い生き物なのさ。

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 21:30:30.69
あんなに泥酔していて尚且気分落ちてて出来るなら、元気の時はトールハンマー級の主砲無駄に撃てそうだが。

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 21:38:01.61
>>949
元気なときは理性という強力な封印装置(女を知らずに死んだであろう友人への罪悪感等)があるからね。
その封印を解くのはラインハルトの場合は、なんとかランドの惨劇だったわけか。

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 22:42:17.78
余計やる気がおきねーなあと感じるが

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 23:19:31.69
>>951
間違いなくキルハイスが死んだ原因の一つだからなぁ
あそこで受けたショックもキルヒアイスを死なせたこととリンクしてるだろうし
てか今まで散々殺しておいてあの罵倒だけでセックスに逃げるとか豆腐メンタルだよなw

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 23:32:57.26
皇帝になってからメンタルが急激に弱くなったよな

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 23:47:37.51
帝位についた後もイベントは多発したが、ひとつひとつの規模は屁みたいなものだったからね
もぐら叩きはつまんねぇなぁとバーンアウトしたんだろうな

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/04(火) 23:59:00.47
姉上に会えないし、キルヒアイス殺しちゃったし、ストレス解消と癒しがエミールとヒルダとの会話のみ。戦いがあればそれに没頭できたけれどことごとく自滅してくれたからなくなっちゃった。

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 00:05:30.06
まあ、性欲の対象がエミールに向かなかっただけいいんじゃね?

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 00:53:35.10
>>956
同性愛を否定したルドルフを否定したラインハルトが男に走るとか面白いな
キルヒアイスも生きていたら友情をこじらせて愛欲にかわったかもしれない
姉上にとられるならいっそ俺が・・・とかいいはじめて
まぁキルヒアイスが生きてたら姉とキルヒの結婚でも見届けて自分も普通に家庭持ちそうだけど

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 00:57:37.48
>>957
皇帝として跡継ぎをつくるための結婚になりそう。
赤毛と姉さまの子の方をかわいがりそうだしw
どっちにしても早死にするから関係ないかな。

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 01:10:00.40
>>956
では私が頂いておきますね

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 01:13:29.63
男の娘エミールのやおい穴妊娠Ende

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 01:13:55.32
まぁ、ラインハルトは別に同性愛を否定してたわけじゃないからな。
エミールみたいな可愛い子がそばにいたらムラムラしても変じゃない。
それだけ女っ気が無い人ですから。

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 01:23:19.48
四六時中ヒルダといたのになんであれでぐらつかないのかね。
世継ぎ喚起をマリーンドルフ伯爵とオベがした時、ヒルダは無自覚に恋愛感情あったみたいな記述があったけど。
ヒルダがロイエンタールに靡いて食べられなくてよかったね!

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 01:34:19.15
ラインハルトを性格診断すると
カレーを作ってから皿を買いに行くタイプだ

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 02:11:50.89
>>961
若い上にあの容姿あの立場で女の影がないんだから
不能か男色を疑われても仕方ないよなw
>>963
というより準備から調理盛り付けまで完璧にやった時点で飽きて食べない奴な気がするw

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 07:46:40.22


966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 09:10:05.29
>>962
後世の歴史家で、ロイエンタールがヒルダに手を出した結果、皇帝が激怒して粛正されそうになったので
反乱を起こしたというトンデモ説を唱えるヤツが・・・

それはそうと、不自然なほど皇帝夫妻の肉欲はおろか愛情すら無かったと言うふうに描かれているのは
やはり、地球教が滅びた後キリスト教的価値観が帝国で復活して、肉欲=悪、みたいな風潮で
建国の慈母ヒルダは聖母マリアの様に神格化されたからじゃないかと見ているが。
決して、タナカという後世の歴史家が処女厨みたいなお花畑男女観を持った人物で
非現実的な男女描写しか書けなかったからではなく・・・

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 09:37:05.14
実際のヒルダはドブスだったんだろ
あれだけ先見の明があり、才色兼備の美女なんて存在するわけがない
しかし、皇妃にするには他に適当な人物がいなかった

皇統が絶えることを憂いた義眼が、ラインハルトを説得して皇妃につけ、
世嗣ぎの種は、“その夜”近侍していて不思議ない人物を選んだ
そう、エミール

産まれたアレクは彼と瓜二つだったので、後にエミールは鉄の仮面をつけて幽閉された

さて、元ネタは何(誰)でしょう?

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 09:39:58.80
どうでもいい

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 09:42:12.76
後世の歴史家なら状況的に見て、自分に子供が生まれることを知った
ラインハルト(もちろん知っていなかった)が、銀河で二番目の武力を
持つロイエンタールを粛清したと邪推するヤツがいると思うな 

確かに、人類はこのまま宗教と縁を切っていけるんだろうか?
キリスト教とは限らんが、過去の宗教が復活するか新興宗教がはびこるかもしれないな

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 10:22:06.34
>>936
たとえマリーンドルフ花子がラインハルトの側近になったとしてもラインハルトが体を求めることはない

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 10:32:52.89
花子さんはともかく、宮内省はラインハルトの寝室まで何人も美姫を
送っていたはず。この時なら誰かが寝室に入れたかもしれない。

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 12:03:34.68
>>969
流石に深刻な確執があったとかじゃない限りそれはなくね?
後継者のために重臣粛清したとかならミッターマイヤーやオーベルもやられるだろうし
重臣間の確執の方がありそうな気がする

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 12:29:56.25
後から邪推するなら幾らでも言い様はある
ミッターマイヤーが軍部での権限独占を狙ってロイエンタールを蹴り落としたと主張する奴もいるだろう
歴史上の人物の友情だ愛情だなんてのは後年本当にそうだったのか疑問視されるのが常

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 13:15:13.21
後世の歴史家のふりをした薄い本作家がいっぱいだ

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 13:32:25.37
「世界一受けたい授業」ホントはこんな人物だった銀英伝編
みたいになってるけどやぶさかでもない

オーディン帝国大学文科三類歴史学科の学生と
私立ユリアン学院文学部史学科の学生とに
別れて、各々なりすまして本格議論したら面白そうだ

フェザーン帝大は経済ってとこか(笑)
ときおり政経の学生が割り込んでもいい

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 14:01:30.75
側室を持てるのは皇帝陛下のみなんだっけ?
門閥貴族もたくさんいたようきがするけど・・・

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 14:10:08.48
多妻制は禁止されてないとかちょっと前になかったっけ?

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 14:21:36.74
>>973
邪推にしたってそんな素振りすらないじゃんw
ロイエンは独自武力もった貴族とかじゃないんだし。
本国召喚とか地位剥奪とかいくらでも武力討伐以外の方法で潰せる。
そういったことやらずに武力討伐じゃむしろラインハルトは狂ってたとか言う人がいそう。

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 14:22:52.12
>>976 977
側室や愛人の定義をもう一回考えてみましょうや。

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 15:09:15.56
>>976
金さえあれば(中には金なくても持てるうらやましい人もいるが)誰でも持てるだろ。
>>977
帝国、同盟とも重婚は認められてなさそうではある。むろん側室や愛人はそれとは違う
からいくらでも持てるが。

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 16:02:56.08
>>950
女は知らなくても男は知っているかもしれんぞ

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 16:55:36.44
http://i.imgur.com/PLDadQc.jpg

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 18:43:56.94
世話好きなおばちゃんとかいたらキルヒアイスに勝手に縁談とかもってきそう。帝国騎士あたりなら娘の婿にして家門の拡大!とかもくろむ親父とかいそうだしな

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 18:48:28.05
>>972
全て粛正するか粛正しないかの二択では無く、やはり普段の行動で温度差はあるのが人間だからな。

例えば漢王朝の成立後
功績があって従順だが(斉王も自ら名乗らなかったぐらい)能力的に危険極まる韓信=冷遇
同じく危険な存在でかつ野心ありありの訪越=流罪にしたがそれでも心配で拷問の上死罪
外様の上危険極まる人物の張良=役職を全て辞退して引きこもって難を逃れる
古くからの友人の夏侯嬰と樊カイ、曹参=普通に出世

と普段の行動や言動でこれほど処遇に差が出る

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 18:54:30.53
>>956
作中のどこにも「エミールに対して性欲を抱かなかった」とは書かれていない件。w

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 18:59:59.17
>>967
そういえば一説によると、秋篠宮殿下は美智子皇后とk

うわなにをするやm

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 20:00:49.81
>>985
?......!?

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 20:03:48.49
>>967
> あれだけ先見の明があり、才色兼備の美女なんて存在するわけがない

本文のどこかに、ラインハルトが美貌と才能の両方を持っていると認めたくない貴族連中が云々という
文章があった希ガス。
卿はあやつらと同類だな。

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 22:42:15.56
>>983
「私には愛する人がいるのです。それを知ってるはずですよね?」

と言って斬り捨てご免にしたババアの数ったらもう・・・

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 23:53:35.79


991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 23:54:26.74


992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 23:55:01.76


993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/05(水) 23:59:57.94


994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/06(木) 00:03:15.52
七元帥が

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/06(木) 00:12:33.08
ヒルダとフレデリカの

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/06(木) 00:17:25.88
アイコラで

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/06(木) 00:25:31.50
カップ論争を

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/06(木) 08:40:08.54
ペヤング

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2014/02/06(木) 08:52:03.88
>>988
実際ラインハルトが嫌われていたのは、彼の行動や言動、性格に起因する物が殆どだったが
(後は姉の七光りで出世したという嫉妬)
ロ王朝の歴史では美貌と才能への嫉妬という風に書き換えられているだけと見た

1000 :ヨブ・トリューニヒト:2014/02/06(木) 09:40:58.55
リア充爆発しろは銀河帝国でも健在だな

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

268 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)