5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_113

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 21:26:21.28
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。
次スレは>>980辺りで重複確認・宣言の上で立てること
必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_112
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1381658322/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 21:32:59.74
>>1


3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 21:39:59.34
>>1
乙!
以後、ヴェスターラントで迎撃の任務にあたれ。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 21:41:20.50
ユリアンはヤンのアイデアを剽窃してヤンの功績を不当に独占した

って批判があったと作中にあるけど、帝国に議会と憲法を作らせるってアイデアは
ヤンの発案だったっけ?

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 21:43:31.26
ヨブ・トリューニヒトさんも同じことを考えておられました

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 21:47:48.79
銀河帝国でもいたよ。カールブラッケ、オイゲンリヒターも。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 21:48:07.86
ヤン艦隊のメンバーでガチで白兵戦やったら誰が強いかな
もちろん、ローゼンリッター以外で

ユリアン、ポプランは強いし、アッテンボローやフレデリカもそれなりにやれそう
ヤンとキャゼルヌはどっちが強いかな

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 21:51:35.65
>>6
その辺りは議会作るアイデア出してたかな?
まぁ、丸め込めれば簡単に協力してくれそうだがさ

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 21:52:44.75
ヒューベリオンは新造説と旧式説があったけど、アニメでは新造っぽいよね
始めにオペレーターが座った時にピカピカの新品感があった

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 21:53:02.62
>>1

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 21:57:42.39
>9
旗艦にするに当たって、電子装備などある程度の更新はしたってことじゃない?
うちの近所のファミレスもこの前改装したから机はぴかぴかだぞ・・・・・・ウェイトレスは老朽化が著しいが。

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 21:58:33.90
ルビンスキーが病気になってラッキーだった帝国。あとトリューヒト殺害も

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 21:59:37.32
>>12
つか、9巻10巻の悪役在庫一掃セール感がたまらんw

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 22:02:07.58
>>11
あー、その考えも出来るね。
艦橋の構造は新型のトリグラフとも、昔の730年マフィアの艦とも違うから没になった試作艦の1つとも考えられるかな

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 22:09:52.45
戦艦金剛新造時
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/81/Japanese_battleship_Kongo.jpg
金剛最終時
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d0/Kongo_after_reconstruction.jpg

こんな感じで実際の軍艦も艦橋をまるっと作り変えるのは良くあるんだよな
もちろん金剛みたいな老朽艦でも艦橋のシートは新品になっただろう

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 22:17:13.18
>>1
貴官をグランドカルナの艦長に任ずる!

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 23:11:16.65
艦長職って大佐が務めるってのが原則なの?

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 23:25:34.94
艦の規模による。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 23:25:59.59
>>17
駆逐艦は少佐
巡航艦は中佐
戦艦、空母は中佐ないし大佐
ブリュンヒルト艦長は例外的に准将

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 23:31:56.98
ラインハルトがブリュンヒルトを贈られた時、キルヒに中佐だから艦長の
資格があるといってたけど、ジョークだったんだろうが経験も無しに
いきなり艦長が務まるのかと疑問に思ったなぁ・・・・・・・

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 23:36:16.98
>>19
前々から疑問なんだけど、大型艦の艦長が大佐ってのは
主力艦の数が大国でも数十隻単位で収まる現実の海軍の話だよな
海自だと6隻しかないイージス艦と4隻しかないヘリ空母の艦長が一佐で
30隻くらいのフリゲートクラスが二佐とか三佐が艦長やってる
これが何万隻もある世界観でも戦艦・空母だからって大佐がやるもんだろうか
戦艦なんて尉官でも艦長やらせていいだろと思わないでない

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 23:37:23.18
ゴールデンバウム王朝時代のミュッケンベルガー達、三長官が意外と嫌いになれない。
特に何かしたわけではないけど、悪い印象もないよね
潔く辞表出したし

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 23:41:30.38
>>21
階級が少なすぎる感はあるよな

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 23:44:04.16
経験があることが必須なら、誰も艦長職につけないぞ?
どんな規模の船だろうと経験がないと長になれないなら、長の経験を積む事が
できんじゃないか。
キルヒアイスはラインハルトと同じ配属で常に副官をやってたんだから、ライン
ハルトが艦長職をどうこなしてきたか見てきているし、実務的には副長的な
事もやったはず、十分現実的な会話だったと思うぞ。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 23:48:01.77
>>24
読んだ順番の問題 外伝1を読んだ後 黄金の翼を読んだんだ

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 23:51:39.65
>>1すみません
10日前に前スレを立てたんだけんだけど、
すぐに同じIPなりホストで立てられないもんなんかな?
とにかくありがとうございました

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 23:52:22.08
1個艦隊で百何十万って軍勢だけど、現代なら大国の陸軍総兵力に近い数なんだよな

だから陸軍式に考えて中隊(100〜200人規模)の長(大尉あたり)を
1艦の艦長にすれば十分だと思う。
1艦の艦長の1つ2つ上の階級(准将や少将)がいきなり
数千隻単位の分艦隊率いてるのはいささかいびつだわな

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 23:53:40.60
>>24
駆逐艦や巡航艦なんかの艦長職を経験してから戦艦の艦長とかやりそうなもんだけどな
あくまで階級的には資格があっても情報部の中佐がいきなり戦艦長とかないだろうし

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/23(水) 23:58:41.42
>>28
だが、そんなことに拘ってたらミリタリー物で終わってしまう。
銀河英雄伝説にならん。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:01:00.61
ウェストパーレ男爵夫人が美人過ぎてヤバイ
ヤリマン臭がするけど

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:01:09.84
士官学校の規模も謎だ
毎年数千〜数万単位で艦艇が失われているんだから、その補充考えると凄い数になるんだろうけど
作中に具体的な数字って出ていたっけ?

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:01:33.16
>995
>金持ちの家に嫁がざる得なかったから
働けば済むだろアンネローゼは金持ちになりたかったのか?

>聡いし、長く繋ぎ止める為に、政治などには口も挟まずにいたから宮廷闘争にウンザリな皇帝にも好かれた
だから、なんで敢えて好かれるようにし続けたのか
飽きられるように出来たのにしなかったのかと聞いてるんだが

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:04:55.53
アメリカ海軍とか海上自衛隊だと経験を積んで資格が必要だったはず
帝国軍だと資格も経験もない貴族の士官がいそうだから抜け道がありそうだな

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:06:40.72
>>30
臭いんじゃなくて実際ヤリマンなんだけど
愛人を何人も囲ってるって設定だぞ

>>31
その辺が、帝国が将官クラスに平民を抜擢せざるを得なくなった背景でもあるんだよね
実はローエングラム軍閥が門閥貴族に対抗可能になった大きな歴史的背景なんだけど
その辺あまり触れられてないんだよな

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:09:50.35
>>32
宮廷に連れて来られるときに聞いていただろう
弟の将来を保証されるかと 
宮内省の職員からお前の奉仕しだいと言われたからだろう

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:10:13.72
若い男子の死亡率が高くて
いわゆる「オッサン」が希少種っていう恐ろしい世界なんだよな
ポプランやシェーンコップが調子に乗ってるが
要するに買い手市場なだけだ

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:14:11.67
皇帝に保証される以外に弟の将来がないとか
何じゃその理屈
だれがそんなこと決めた?
寵姫の座から外れたらいいだけの話だろうが

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:17:05.76
>>37
あっさりアンネローゼが宮廷からはじき出されたら
ストーリーが成立しなくなるからだろ

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:18:10.79
将官になるのがメチャクチャ狭き門だって前にどっかで話になったな

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:19:54.25
皇帝や上級貴族の不興を買ったら一族諸共始末されるような世の中、ってこと忘れてないか
自分だけで済むならともかく、故意に嫌われるような真似できんだろう

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:20:25.82
>>37
そんなものは話の枠の外の作者の都合だろ
作中では実際アンネローゼが飽きられないようにし続けたという描写があるんだから
その理由を聞いてる

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:21:42.79
嫌われるほど不興を買わなくても
山程いた飽きられた女の一人になればいいだろ

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:22:40.10
>>41
なら自分で考えろ
人に聞かずに

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:22:56.54
アンネローゼが飽きられて寵姫の座から外れたら、間違いなくラインハルトは抹殺されたよ
無実の罪をきせられて刑務所いきか戦場で見殺しか、はたまた暗殺か
弟を守るためじゃ理由にならない?

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:24:30.69
>>44
その意見は前のスレでも出てたけど
なんか気に入らないらしい

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:25:43.20
>>21
むらさめ型、たかなみ型の5000tクラスも一佐だよ
イージス1万、日向以降2万tがでかすぎる
同じ大佐でも序列あるしね
余談すると、戦闘艦1万t制限ルールがあっさりなし崩し
日向も計画では13500tで議会通して、しかも全通甲板の空母じゃないイラストみせてさ
就航したらなぜか空母になってた
野党、隣国対策で国民も知ったのにしらじらしいやり方だな

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:32:06.28
寵姫になれば下賜やら付け届けやらがわんさか
ミューゼル家の生活も楽になるしラインハルトの将来の積み立てにも…みたいな事情があったんじゃないか
あの飲んだくれ親父はあてにならんからアンネが頑張らねば。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:34:01.04
>>21
一般的には大佐から上が高級将校だからな
中佐との間には高い壁がある
銀英電はも一個上の准将からがそうなのだろうかね?

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:35:21.78
金貨一袋で売り飛ばしたのはアニメ設定?
その後、ミューゼル親父は恩恵受けたの?

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:39:40.95
恩恵かわからんが酒と女に困らん生活を送ったみたいだな
肝硬変で急死したが

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:40:55.83
>>44
なんで理由になるんだよ
抹殺云々という話になるまでに何年もかかってる
そもそも一夜妻位の夜伽でしか要望された一人でしかなかった

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:43:34.87
>>51
皇帝の不興を買えば
一族もろとも死刑の世界だぜ
何でそんな危険犯さないかんの?

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:48:13.35
アンネ後宮入りで50万マルクの支度金受取った、とは記されてるけど
それ以後もお金が渡されてたのかは不明

父親へ男爵号与える話があったけど父親が固辞した
自分から男爵号希望していたが却下された、という噂があって
ラインハルトは後者の噂を信じてた

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:49:35.09
死なずに皇帝に飽きられ顧みられなかった性の相手の方が多かったろ

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:51:56.03
アンネローゼのような街で見かけて金で拉致するときは
宮内省は身辺調査するもの?
既往症や処女かどうかとか知的障害や体に傷がないとか
性格はどうでもいいんだろうけど、そういうのはラングがやるんかな

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:56:37.43
身辺調査は宮内省でしょう ただ官僚は横のつながりもあるから
内務省から情報の提供があったかもね

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:58:58.19
ヒルダHIV隠してたらどうすんだろうな。本人が知らないってこともある
あ!、謎の皇帝病はまさか・・・

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 00:59:34.03
エイズは過去の病気になってそうだが

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 01:01:14.54
ロボスの劣化は悪い病気を移されたから、と噂されるくらいだから性病の類は残っているのでないだろうか

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 01:01:19.07
>>52
51は前から人の考察に難癖つけるだけの荒らしだから構うな

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 01:02:52.35
>>57
発症までに何年かかると思ってるんだ?

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 01:05:19.03
うつを見抜けない国がどこかにあるとは信じたくないし、
「今はいいクスリがある」俺だけのクスリだぜ〜〜とドヤ顔で自慢する総裁なんて世の中に絶対存在しない

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 01:11:48.82
>>57
売春婦でもやってたアバズレだったらともかく
全然男っ気なしの貴族令嬢のヒルダにそれはないわ

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 01:14:09.43
ヒルダは付き合ってもいない
愛してもいない男に股開くユルイ女だ

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 01:21:34.04
信念の股開きに何を言う
あと出産の時だけだぞご開帳は

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 01:29:30.53
えっ もしかして生涯に1回だけなのか 

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 01:29:42.61
>>47
頑張るなら売春以外でやればいいだろ
ヒモが目的なら皇帝の相手でなくとも市井の金持ちでもいいわけで

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 02:01:13.36
>>67
んなこと言っても実際後宮に入っちゃったし

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 02:04:02.36
皇帝が豊満美女好みのままだったら、アンネも対象外だったけど
皇帝が清楚な美少女好みになって、15歳で後宮に納められたんだから、仕方ない
アンネは殊更寵愛を独占してやろ、っていうわけじゃないとは思うけど
体にあの控えめな性格が、年取ってきた皇帝のお気に召したんだろ

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 02:07:17.04
金髪小僧童貞、ヒルダ処女設定は何巻で確認できるのかねぇ
ローエングラム配下ではオーベルや赤毛あたりか
同盟側はムライととシャルロットくらいかな
エミールはかなり経験してそうだが

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 02:09:16.15
「大佐さんのお名前は?」
「アズナブル。シャア・アズナブル」
「じゃ、あの、ロリコン総帥閣下でいらっしゃいますか!?」

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 02:23:08.83
ミッターマイヤー元帥も17歳の時に12歳の女の子に一目惚れしていますがセーフでしょうか

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 02:40:58.14
「一目惚れ」なら例え30、40、50でも10歳以下の幼女少女に興味を持つのは
社会通念上ゆるされるだろうて
帝国女性が認められてる婚姻年齢はいくつなんだろうか
同盟、フェザーンも知りたいが

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 03:17:45.44
>>29
ん?なんで?
段階踏んでいくなんて至極当たり前な話でミリタリー物なんて拘りはまるでないんだがw

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 03:22:05.97
寵姫の弟の友人なんだから「門閥貴族の縁者同様に横車を押して」
キルヒアイスを艦長にすることも出来たろうね

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 06:23:14.60
ヒルダ「ケスラー憲兵総監、お願いがあります。私だけではなく国家にとっても非常に重要なことです」

ケスラー「なんでしょう?」

ヒルダ「この12人の男を始末してください。理由はですね、えーと…」

ケスラー「いえ、仰らなくとも結構です。可及的速やかに実行しましょう(やれやれ、陛下は13人目か…)」

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 07:05:51.61
>>21
陸軍編成と比較すると分かるが、要は戦略単位としての問題。
戦力規模として独立完結している戦艦、空母は陸の連隊クラス(指揮官は大佐以上)と戦略単位
として同等ってこと。
部隊編成の規模はあまり変わってないから、尉官では連隊規模は経験能力的にも無理だろう。
(通常少尉は30名ほどの小隊を指揮するが、連隊となると1000から10000になる)。集団、組織
運営の経験、知識を身につけになければ、この規模の指揮は不可能。新卒に中小企業ひとつ
任せるようなものだ。

銀英伝の艦隊は艦=兵一人の感覚だが、だからと言って艦レベルの操作、統率がそのレベル
まで容易になっているわけでもない。実際、戦艦クラスと千単位で乗り組んでいるという説明もあ
るしな。

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 07:09:38.55
>>24
下位の艦で実務経験積んで、資格研修・試験を受ける制度にするだけだろ。
今の各種免許と同じだ。

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 07:15:39.58
>77
いや、銀英伝の戦艦は戦略単位になってないだろ
物語中での戦闘は分艦隊が最小単位になっているので、大佐に相応しいのはこのレベル。
指揮下人数にしても千人なら大隊レベルだから中佐か少佐でいい。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 07:21:52.35
そうすると、ラインハルトもキルヒアイスも日々資格取得に勤しんでいたんだろうな。寵姫の弟だけど士官学校出身じゃないし、昇進の時に難癖つけられないように。どんなもの取得していたんだろうなあと考えると面白いね。

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 07:57:10.57
「キルヒアイス、初生雛鑑別師(ひよこ鑑定士)の資格を取ったぞ」
「雌鶏を手にお入れください、ラインハルト様」

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 08:20:04.48
ラインハルト・フォン・ローエングラム(臭気判定士)
ジークフリード・キルヒアイス(ふぐ調理師)

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 09:41:05.86
>>78
金髪も駆逐艦からスタートだったよな

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 09:52:29.14
そういえばヤンは艦長経験無かったっけ

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 10:05:38.74
>>51
なんで理由にならないんだよ。

皇帝の寵愛を得るべく必死に努力したが力及ばず寵愛を失ったなら
ベーネミュンデ侯爵夫人のように放置されるだけで済むだろうが、
能動的に寵愛を失うよう行動したりしたらフリードリヒIV世でも
さすがに激怒するかも知れないぞ。平民が皇帝のマジ怒りを買って
無事に済むわけないだろうが。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 10:34:57.78
>>84
言われて気がついた
ずっと司令部付きだよな、エコニア行ったりとかあったけど。
居眠りのせいで第二艦隊飛ばされてそのまま艦隊司令官だな

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 11:02:24.39
ハイネセンって首都以外はどのくらい賑わっていたのかな
オーディンはたくさん都市ありそうだけど

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 11:14:58.13
同じ恒星系に2つ以上有人惑星のあるのってバーラト以外出てこないよね?

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 11:17:50.41
ヴァンフリートはどうなんだろ

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 12:01:41.32
>>79
戦艦や空母の戦略価値が違いすぎて現実とは比較できなくね?
何にしても軍の規模が現実世界に比べて大きすぎるんでその辺あんまりあてにならん気がするな
同盟だって今の地球人口の倍以上いるわけだし

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 12:16:55.48
>>90
軍艦の価値が現代の戦闘車両くらいな感じなんじゃないかな

戦艦=戦車
空母=歩兵戦闘車
巡洋艦=機動戦闘車
駆逐艦=対戦車ミサイル付きのハンヴィー

くらいな感じで

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 13:02:14.43
戦車の車長クラスも大佐?

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 13:23:01.13
銀英伝にも戦車あるからその考えはアホでしょ
戦艦の価値や役割は現代と同じ
規模が違うだけ

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 13:36:35.79
戦車長って1両のリーダーだよね?軍曹くらいでないか
指揮班車なら尉官、戦車大隊なら佐官だろうけど

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 14:01:20.42
銀英伝では、軍艦艇1隻あたり平均150人くらいだよな。
だったら、駆逐艦の乗員数は2桁だろうから指揮官は少佐、
巡洋艦は3桁だから中佐、戦艦だと1000人超えて大佐、
で何の問題も無いんじゃないか?

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 14:03:25.92
>>93
いやその規模で価値や役割が変わってくるって話なんだが
数隻が戦略単位な世界と万単位が戦略単位の世界を同じような比較できるわけがない

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 14:17:38.05
スパルタニアンが戦闘機ならば現代なら士官であるべきところがユリアンは軍曹から、カリンは伍長
WWIIを見習ってるなら理にかなうだろうけど銀英は現代軍隊と比較しちゃあかんのかな

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 14:25:25.16
>>97
比較ってか参考程度ならいいんだけどね

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 14:25:35.86
ロ朝は元帥多すぎ
死後昇格は除いてもごく短期間で9人元帥になっている

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 14:51:17.85
>>97
現代の戦闘機パイロットが士官なのは、歩兵に比べて戦闘機が圧倒的に強いからでは?
戦闘機1機で歩兵数十人分の働きをする。

一方、艦艇による戦いが主である銀英伝世界では、戦闘艇は、数十人の一般兵士が操る
駆逐艦にも劣る存在だから、相応の階級しか得られないと。

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 15:05:26.16
>>95
陸軍だと150人くらいの指揮官は大尉あたりなんだから
艦長も巡洋艦・駆逐艦で大尉、戦艦空母で少佐でよさそうなもんだ
100隻単位の小集団って言葉が原作でよく出てくるけど
それの指揮官を大佐クラスにやらせて、准将・少将あたりで分艦隊司令
って形でいいと思うがな

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 15:10:54.59
一艦あたりの人数は今と大差ないけど、艦隊の規模が全然違うんだから比較してもしょうがない気がする
佐官はいっぱい居て、将軍になるのが狭き門ってくらいでよくね?

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 15:13:35.12
大佐で1隻だけ指揮から准将になっていきなり2000〜3000隻指揮だからな。ここは
ちょっと飛躍しすぎではある。

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 15:14:40.05
>>99
心配するな この後数十年くらいは新規の元帥は任命されんよ
平和が続け限り元帥は任命されんかもね

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 15:20:30.89
>>104
誰かが心配してたように昇進の機会がなくなりますねえ。まあその方が平和でいいけど。
これが将官にとっては最後の昇進の機会だったのかな。バイエルラインなど大将は上級
大将に、中将が大将に昇進したと思われるが、それでおしまいだね。上がいすわる限り。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 15:20:35.20
ロ朝は大将クラスが分艦隊司令やるケースも珍しくないんだよな
すごい階級のインフレw

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 15:26:11.01
>>106
中将で艦隊指揮官だったミュラーやワーレンが上級大将になってもそのまま
艦隊指揮官だからな。下の連中も階級はあがれど役職はいっしょだ。w
大将になっても1艦隊の参謀長とか。
バーゲンなんとか大将もユリアンと戦ったときは大将なのに1万隻程度の艦隊
だったね。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 15:28:07.20
7元帥のポストは

ミッターマイヤー=予備役(国務尚書)
ケスラー=軍務尚書
メックリンガー=統帥本部総長
ミュラー=宇宙艦隊司令
アイゼナッハ=幕僚総監
ビッテンフェルト=帝都防衛司令官
(陰の城・3元帥の城とその駐留艦隊を総括する新しい司令官職)
ワーレン=ノイエラント方面軍(ウルバシー駐屯軍)

みたいな感じかなと思ってる
上級大将のポストとしては、イゼルローン方面軍とオーディーン駐屯軍
の司令官くらいか

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 15:34:28.54
黒色槍騎兵艦隊は宇宙最強とよく書かれてるが、いつから言われてるんだろう?
ビッテンは外伝3時点では一艦長に過ぎないから、そこからアムリッツァまでの間に艦隊司令になって
異名を得るほどの武勲を挙げたのだろうか?

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 15:35:10.95
>>107
上級大将のバーゲンセールだな

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 15:37:52.80
ていうか貴族でもないビッテンフェルトがどうして自分の艦隊丸々黒一色にする許し得たかのほうが不思議

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 15:46:56.28
>>108
メックリンガーは、退役して念願の芸術三昧な生活を送りそうな気がするけどw

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 16:05:42.27
ちょっと疑問は、本来帝国軍は18個正規艦隊があったんだけど
いつのまにか分割されたのか統合されたのか
リップ戦役の後、訳わからんようになってしまったなwww

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 16:05:51.27
メックリンガーが務めていた「後方総司令官」はどうなったんだ?

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 16:15:00.80
>>111
一隻塗装するコストは幾らくらいなんだろう?
おそらく1000万2000万じゃ利かないと思うけどそれを万単位だからかなりの金額だよね

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 16:19:20.90
>アイゼナッハ=幕僚総監
どの役職についても、あの有能な副官とセットでないと業務が滞りそうではある

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 16:26:46.10
>>111
ラインハルトの元帥府に招かれてから、ビッテンの部隊は黒色に塗装したんだろな
他も俺の部隊は○色にしたい!って希望したら、おkだったんかな
猪突猛進ビッテン部隊だけ特別にしたら、まぁ目立って便利って感じかなw

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 16:34:23.82
>>117
ラインハルトが目を付けた時は既に乗艦が黒かったぞ

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 16:37:18.35
>>118
外伝3巻だけど、黒色っては書いてなくない?

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 16:41:34.40
目立って言うけど宇宙で色の識別はできるんだろうか

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 16:54:46.22
>>31
士官とかおかざりだろう
帝国軍の大量の貴族のぐうたら息子が軍に所属しているのに
それでも組織がまわっているということは
システム化が相当進んでいるのだろう

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:08:26.62
ビュッテンフェルト家が実は帝国有数の大商人で、
ビュッテンフェルトはその次男とか三男って可能性は?
ビュッテンフェルト家はローエングラム軍閥の有力なスポンサー
よって、連年失敗続きにもかかわらずその都度階級が上昇する奇跡の人が誕生したと

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:10:55.13
>>122
ビッテンが自弁しているとして塗装費用が物凄く安いという可能性も。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:15:17.86
>>121
絶対数からいったら貴族のぐうたら息子の方が圧倒的に少ない気がするんだが
帝国18個艦隊で仮に1股間隊15000だと270000の戦闘艦艇があり艦長全員が佐官以上なんだぜ
他に参謀だの諸々で言ったらとんでもない数になるし

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:19:37.90
>>122
流石に描写0だから可能性を論じる意味すらないw

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:23:36.90
普通に塗るのと費用に大差ないんだろ
と脳内補完するしかない

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:24:48.37
士官の数については、螺旋回廊の帝国の定期人事異動のくだりで人数については少し触れられていたような
それとも一般兵も含めた数だったかな

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:27:19.49
>>124
仮に、帝国軍将兵が5千万人だとしたら、佐官だけで100万人説は
成り立つかな 軍務省人事局が破綻しそうだけど

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:29:10.15
>>128
同盟軍の倍以上はいるだろうから1億越えてそうw

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:35:12.58
ラグナロック作戦の直前には
市民の間で「1億人100万隻体制」を目標にすべきとなったらしい。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:37:52.20
>>126
生産時に塗るなら何色だろうと構わないけど既存の艦を黒に染めるのは大変だぞ
物語終盤のビッテンなら最初から黒い艦艇作らせる事も可能だろうけど
最初は既存の艦隊を引き継いでる訳だから当然黒く染めなおしてるはず

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:39:25.30
ロイ・ミッターが動員は可能でも運用は難しいと言っていたな
3000万も凄いが1億人というのは想像できんな

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:41:00.53
無知つうか記憶がないのか本篇最後の帝国兵力わからない
知っていれば、もうわけないけど教えてくれれば
なんにしても再就職の斡旋はべらぼーな作業だね

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:43:08.84
>>130
それは艦隊戦力だけでそこまでもっていくって話じゃね?
現実には後方勤務等実戦部隊以外の軍人が大量にいるんだし

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:46:26.75
>>133
だから獅子の泉とか大要塞×2とか作るんでしょ
公共事業やって雇用を底支えしないと
軍関係者から膨大な失業者が出てしまう
民需がそれを吸収するまで官需で支えないと

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:49:19.89
ローマなら軍団ごと新規惑星開拓民にしちゃうのに。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:53:56.79
フェザーン回廊要塞は失業対策だったか?

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:55:07.35
>>130
それは同盟遠征のための動員兵力だと思うぞ。<1億人100万隻体制

治安維持部隊などを考えると、やはり帝国軍の兵数は1億はいてもおかしくない。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:56:53.03
ウルヴァシーなんか帝国から大規模な移民団が来そうだな

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 17:59:40.15
>>133
新無憂宮殿の侍従、女官の大量解雇も同様だな。
軍隊は技術者集団だから、戦後の高度経済成長で引っ張りダコだ。

旧同盟軍人の再就職先の方が心配だけどw

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 18:13:45.74
ゴ王朝は権威を見せ付ける為に、わざわざ人を使ってたわけだけど
ロ王朝じゃ機械でやれるのはやって、そこは極力なくすのかな

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 18:21:38.23
どうかな  マンパワーは貴重だし 失業対策に
あえてゴ王朝のやり方を踏襲するかも
実際失業というのが一番社会不安の元だからな
ゴ王朝の見栄だとしても結果として手作りの絨毯なんか
伝統文化の継続に繋がっただろうし

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 18:30:45.84
>>140
同盟軍人は再就職に困るほど生き延びていないだろう
問題は退役している兵士達の年金とかじゃない
ハイネセンに退役軍人が多かったら自治政府は苦労しそうだな

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 19:26:35.90
失業対策すんなら優等遺伝子優遇法を作って福祉切り捨てれば淘汰される

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 19:32:26.90
>>144
いやあんたローエングラム王朝全否定だなそれw

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 19:57:11.69
>>74
至極当たり前な話が必要だって思い込むからミリオタだってバレバレなんだよ
お前は銀河昇進伝説でも読んで喜んでろ

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:00:57.91
何言ってんだこいつw
実務経験が必要なんて馬鹿じゃなきゃまず普通に考えることだろ

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:03:14.23
慢性的に人材不足だから四半世紀はあぶれることはないとおもう。広範囲で裕福になるはず。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:04:20.34
銀英自体がラインハルトの昇進伝説みたいなもんだよな。
いやなりあがりか。
ヤンのほうは嫌々昇進伝説か。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:10:25.40
こんなことやりたくないんだよ〜って言いながら
1000万人位殺したのかなヤンは

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:17:13.27
実はヤンが一番の大量虐殺者。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:20:30.03
>>147
ミリオタは馬鹿だよ
現実の世界には必要かも知らんがフィクションの世界では、そうとは限らない。
銀河英雄伝説について語るべきなのに現実の軍務に拘るんだから明らかに
馬鹿

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:21:10.27
ヤン・ザ・ジェノサイダーw

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:24:54.24
自治政府の母体は自由惑星同盟じゃなくエル・ファシル革命政府?

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:28:15.33
>>152
他人にレッテル貼って馬鹿にしてるアホのお前が一番救いようがない
銀河荒唐無稽伝説でも読んで喜んでろ馬鹿w
やったこともないことをいきなりできる超人が闊歩する世界じゃねーんだよw

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:29:07.65
オーベルシュタインって女の1人もいなかったのかな
木石じゃあるまいし、犬飼ってるだけで終わりってことはあるまい

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:30:48.46
>>154 エル・ファシル革命政府は遁走したろ 8月政府が母体になるかな
実際には軍人ばっかりだから、ハイネセンの首都政庁とか同盟の役人とかが
運営するかもね

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:35:21.32
>>157
っていうか、8月政府って呼称自体がバーラト移転後の呼び名っぽい
それまではイゼルローン軍とかイゼルローン政府で通じてたみたいだし
イゼルローン捨てて以降、必要にかられて8月政府の通称が一般に普及したのではあるまいか

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:39:43.58
>>155
> やったこともないことをいきなりできる超人が闊歩する世界じゃねーんだよw
なるほどヤンはエル・ファシル以前に少なくとも数十万人規模の敵前民間人
脱出作戦を「やったことがある」からエル・ファシルでも三百万人の民間人を
救えたとでも言いたいのか?馬鹿ミリオタさんよ。

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:43:42.47
ずっといる人たちなら、よーく理解してるんだが
書き込み内容批判あれど書き込み者への叩き、煽りは珍品中の珍品

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 20:57:30.48
>>158 なるほど フランスの7月王政とか第一共和政とかそういう呼び名か
縁起良くないけど

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 21:11:53.83
>>90
階級他に所属する人間本位でみると実際の物を踏まえているのに、艦隊本位でみると……
基準が一致してなくて、ズレるんだよ。その辺の調整を考えると、階級がやたら増えるなりに
なって、出世もさらに長い話になる。
ヤンはともかく、ラインハルトは若くして皇帝にまで昇りつめるところがいいのだから、相応の
歳になってしまいそうなくらい途中の段階があってはねぇ。
だから、雰囲気用語と割り切って、整合性はスルーしたんだと思う。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 21:23:17.69
年齢でふと疑問が・・・
フリードリヒ4世の余命を考えたらラインハルトがアンネローゼを救い出すぞ!
と幼少の頃から発狂してたのが矛盾してねぇ?と感じた
結果的にラインハルト本人はなんもせずに姉上解放されちゃったし

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 21:26:21.38
>>142
ミッターマイヤーとかパパに文句言われてるかもな
ミッターマイヤーパパは貴族相手に造園業やってる人なんだが
貴族が没落したうえ質実剛健を好むローエングラム軍事政権の成立で
失業した造園業者とか大量に出てるはずなんだよな

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 21:29:32.86
>>163
70歳ぐらいまでは生きると考えるだろ普通。
フリードリヒ4世が70まで生きてたら20年近くもあるんだぞ!

それと、10歳の頃に思い浮かべる10年間って、何でもできる&何にでもなれる
と思えるほど充実してるんだよねぇ。
途中で現実とのギャップに打ちのめされるんだけどw

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 21:32:08.76
29歳で即位、456年即位、487年没だから崩御時60歳。
平均的な余命からするとラインハルトが発狂するのは結構正しかったのでわ?

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 21:32:32.85
>>165
今の子供のなりたい職業1位がサッカー選手なんだが
10歳くらいの子供は自分も日本代表になったり世界的ビッグクラブで活躍できると
思うもんだよな

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:11:54.70
幼年学校でも、それ以前の学校でもいいがラインハルトは
「将来の夢」「なりたい職業」なんて書いたんだろうな
ビッテンやオーベルも興味ある

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:16:22.06
華氏は手に職をつけて堅実に・・・とか書いてそうだ

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:18:51.16
>>164
心配無用 没落貴族の財産をちょろまかした成金がどんどん発注してくれるよ
明治維新の時も華族制度が廃止された時もこの手の職業は平気だった
口うるさい貴族よりもよっぽど楽かもしれん

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:23:51.11
>>85
>皇帝の寵愛を得るべく必死に努力したが力及ばず寵愛を失ったなら
>放置されるだけで済む

のなら同じようにして寵を失ったらいいだけ

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:25:55.14
オーベルシュタインなんて10才くらいで人生絶望して達観し始めた頃だろうなあ。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:26:09.89
>>170
フェザーンの金持ちの成金趣味にはウンザリだ!

とか言いつつ松の枝を切り揃えるのかw

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:30:45.88
>>172
劣悪遺伝子排除法が既に死文化してるとはいえ
差別やそれ基づくイジメなんかは酷かったろうな

そういえば原作に、オーベルシュタインは
自分自身をあまり評価してなかったともあるな

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:31:59.80
フェザーンに金持ち軍人移住者が増えるからいいんじゃない?ノイエサンスーシーを本格調査して隠し迷宮ミステリーツアー営業できそう。100箇所くらいありそう

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:34:03.87
迷宮ミステリーツアーは行ってみたいな で地下から男の子の鳴き声が・・・・・

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:39:12.10
ハイネセンが辺境の1惑星に転落しつつあるってあったが
オーディンもそうなんだろうな
有力者や財界人なんかもみんなフェザーンにうつってしまって
それ相手に商売してた造園業者などの人々も引っ越して、さみしい星になるんだろう

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:48:12.36
それを言うなら銀河連邦の首都だったテオリアはどうなったかな だな

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:48:30.05
>>177
オーディンは、芸術の都として残るのでは?

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:51:15.12
>>179
江戸時代の京都みたいな感じかな
江戸期の工芸品で一流とされるものはほぼメイドイン京であった

みたいなのを何かで読んだ覚えがある

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:55:29.73
フェザーンも独立商人たちにはやりにくい町になりそうだ

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 22:57:51.96
ドイツ村かいな

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 23:09:11.04
>>181
でもフェザーン商人でも落ちぶれたの、昔を懐かしむような人じゃないのは
ラインハルトらがフェザーン移ってきて、積極的に商売しようとしてたからね
まぁ帝国が商人の活動を不当に統制しようとしなきゃ、まぁ大丈夫じゃない

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 23:18:45.34
皇帝が商売ビジネスしてたか?
ベンチャー企業かなにかやりはじめてたんだっけ?

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 23:28:41.26
>>179
芸術でも前衛芸術はハイネセンの方がやり易そう。

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 23:30:42.61
>>184
ちがう、ちがう。フェザーンが帝国に占領されてもフェザーン商人は商売をする(続けてる)ってことだろう
ただ、フェザーン本星自体にはビジネスに魅力ある土地ではないんだな
単に今までは制度上、経済特区だっただけであって、別の星に金儲けできる特区制度があれば移転しちゃうよな
香港みたいな感じだな

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/24(木) 23:36:06.54
その特区制度を指定できるのは皇帝ただ一人だよ
政治と経済と軍事と流通と情報がフェザーンに集中したんだ
とんでもない富が集中するかもしれないな

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 00:05:58.98
あくまで個人意見だけど、なんでもかんでも一極集中より
政治、経済、工業、学問科学技術、娯楽歓楽等々は星を分散してほしいなぁと
どこかのアメリカのように

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 00:15:04.93
銀河英雄伝説って話自体が
ほぼハイネセン・イゼルローン・オーディン・フェザーンの
4つの惑星で完結してるからな
それ以外の惑星は本当にチョイ役でしか出てこない

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 00:40:30.68
エル・ファシル「…」

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 00:41:54.65
第三の回廊が発見されるor回廊素っ飛ばせるくらいの長距離ワープ技術の開発がされるまでは貿易の中継地点としても繁栄は続けるんじゃないかな
イゼルローンもあるけど、あっちは裏道扱いになりそうだしね

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 00:51:15.00
>>190
エル・ファシルもチョイ役だろ。
ヤンの過去のエピソードと、ヤン脱出〜暗殺のお膳立て的な役割でしかストーリーに絡まない。

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 01:19:52.34
他の航路はフェザーン同盟の妨害があって出来なかったと記述があったから統一したら道が出来そう。同盟一時衰退するけど共和制自治区だからまた亡命?があったりして暫くしたら盛り返すのでは?

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 06:32:04.11
>>189
地球「・・・」

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 07:56:33.90
>>176 191
イゼルローン要塞をテーマパークにしよう。迷宮なんていっぱいあるぞ。数年後に
倒産して甘すぎた見通しとか叩かれそうだが。
>>194
テオ?なんとかよりは目だってたからいいじゃん。

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 08:03:53.77
>>189
個人的にはカプチェランカの地上戦は好きでした

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 08:41:16.46
後半はフェザーンでギスギスして
ハイネセンでテロ起きて
イゼルローンで雑談してる

をローテ組んでやってる感じ
なおオーディンは遷都以後空気

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 10:26:01.31
>>171
ほほう、寵愛を得る方法は確立できないのに(怒りを買わずに)それを失う方法は
確立してるのか、他人の心を操れるとか思い込むなんて度し難い馬鹿だな。

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 10:32:40.48
荒らしは相手すんなって

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 10:46:09.48
>>198
ですよねー
リアルな例えで言うと、北の将軍様相手に一旦一身に寵愛を受けるように
なった状況で、不興を買うことなく故意に寵愛から逃れることができるなら
>>171 にぜひ実践してもらいたいものですな。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 10:51:50.06
>>171はもう黙った方がいい。
恋愛経験のない脳みそ厨二な独身中年なのがバレバレだ。
これ以上、自分で自分の傷口を広げるな。

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 10:53:30.53
>>189
エコニア「…」

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 10:57:16.17
世界で唯一現存する皇帝国家の陛下や殿下で例えてくれるとわかりやすいのですが
お願いできますかね?

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 11:02:32.86
帝国の治安機構がよくわからんのだが・・・
刑事事件対応はケスラー憲兵隊でその他の事件はラング指揮下の内務省?

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 11:18:23.23
>>204
刑事事件は警察で存在する(麻薬密売を追ったりしている
憲兵は地球教のようなテロ組織が担当のようだ。

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 11:32:16.38
>>204
内務省のトップはラングじゃないけどな。内務省の下に警察と、ラング指揮下の
保障局があるわけやね。憲兵は当然軍務省の管轄ですね。役割分担はさあ?
テロ組織は筋から言えば保障局だろうけど、憲兵も捜査してたね。

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 11:44:22.61
憲兵隊、親衛隊、内国安全保障局以外、文民警察組織や法執行機関が存在していたのか思い出せない
存在するとしても担当所管尚書が国務、内務、司法のどれなのかすらわからない頭が頭痛だわ

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 11:47:02.00
飽きられる方法は確立してるのだから同じように行動すればいいだけ

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 11:56:02.86
>>208
好きな娘にツンと冷たくされたら、男はショックを受ける。

その男が皇帝だと不興を買うことになる。
絶対権力者の不興≠死とは断言できようか?!

権力者じゃなくても、ストーカーされて殺されるケースが
多々あるというのに。

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 12:08:46.94
>>207
憲兵隊はアメリカで言うFBIで、地方は県警の代わりに
領主貴族の私兵が管轄してたんじゃね?
リップシュタット後に領主貴族が改易されてからどうなったかはわかんないが

つか、地方の行政機構がどう再編されたかも不明だな
キルヒアイス軍が辺境平定の際に住民の自治に委ねたとあるが
中央政府に先行して地方議会が開設されてたりするのかな?

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 12:27:21.55
>>208
普通に育った高々15歳程度の底辺家庭の小娘にそんなことできるわけないだろw
状況や立場なんかを何も考えずこうすればいいなんて空論自信満々に言われても困る

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 12:35:00.84
>>210
門閥貴族の代官を排除して
住民の中の有力者から後釜を選ぶとかじゃね

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 13:11:45.21
飽きられれば本人が遠ざけられるで済むけど、手当たり次第に敵を作りまくる弟君は誰が護るのよ、っと
キルヒアイスが八面六臂の活躍しても追いつかねぇよ…

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 13:20:12.63
フリードリヒはアンネ気に入った後、歳で性欲の減退もあって、落ち着いちゃったんだろ
アンネ一人でもういいやー、ってなってったんだと思う

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 13:31:32.84
子ども作っても、高確率で殺されちゃうしな・・・
そう考えると気の毒な一面はある

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 13:43:32.25
フリードリヒにとってアンネローゼは薔薇と同じよ
ただ美しく咲いていてくれればよい
エゴむき出しの権力闘争にウンザリするほど付き合わされた
皇帝にとっては物言わずただ美しくある花や女の方がよかったのさ
キャベツおばさんはそれがわからなかったんだ

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 13:44:22.04
大体何をすればフリードリヒや周囲に一切の悪感情持たれず後腐れなく解放してくれるんだろうな

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 13:55:51.67
>>217
漁色に励んでた頃は飽きたらポイで、飽きたのは後宮にいられるのも・・・だし、解放してくれたんじゃ

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 14:08:14.80
「姉上、相手の方からうまく別れ話を切り出させる方法を聞いてまいりました
「ベッドの上で寝糞…いや、あの…大きな方をすると流石に相手の情愛も冷めるとのことだそうです」

「………そうですか…あまり気乗りはしませんが、やってみましょう」

翌朝
「陛下、申し訳ございませぬ…とんだ粗相をしてしまいました…」
「おおっ! これぞ朕が待ち望んでいたものじゃ!」

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 16:20:41.37
>>215
ルードヴィヒ皇太子もひょっとしたら暗殺かもな

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 16:28:50.50
>>216
それだとアンネローゼは
皇帝が美しい人形を自分に求めてることを知ってて
それに応じて人形を演じて寵を得ようとしたという話になるが

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 16:29:15.15
なんでだよ

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 16:40:33.94
>>216
なんの議論かよくわからんが、キャベツじゃなかくチシャ(レタス)おばさんな。

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 17:47:22.16
皇帝の不興を買えば父や弟がひどい目にあうと思っていたなら、そりゃ必死だったろうさ。
といっても男相手に媚びを売るような演技ができる訳もなく、ただ皇帝に言われた通りにしていたらそれが気に入られてしまった。底辺育ちだから贅沢も知らず、望むのは肉親の身の安全だけという謙虚な態度がそれに拍車をかけた。
確かにそれと逆のことをしていれば嫌われたかもしれないが、何のメリットもない。

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 18:01:52.75
人形を演じてる時点で媚売ってるだろ

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 18:14:09.47
>>221
皇帝の嗜好に合わせたんじゃなくてまじめにしてたらそれが皇帝の嗜好に合っていた
って話だろw
アンネローゼは偶然すら完璧に計算して皇帝に取り入ったのかよww

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 18:23:19.54
>>225
少なくとも最初の頃は、媚びないと一族の命の保障はないぞw

嫌なら、後宮に入れられる前に同盟に亡命すべきですなwww

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 18:33:33.81
またやっているのか
皇帝が絶対権力握っていること無視して屁理屈捏ねているだけなんだからスルーしときゃいいのに

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 19:50:28.76
だから荒らしに構うなと

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 20:48:50.65
>>228
このスレは屁理屈捏ねる奴に絡む事で成り立ってるんだから、これでいいんだよ。

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 20:59:25.60
>>230
初めて読んだのは何歳の時なの?

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 21:13:33.96
1巻のラストでヤンが、貴族連合と組んでラインハルトを挟撃するとか、
策を貴族連合に教えてラインハルトと互角に戦わせるとか、考えてた件で質問。
貴族連合と組んでヤンがラインハルトを叩き潰すってのは、
能力的には不可能ではないだろうけど、気になったのはもうひとつの方。

策を教えてもらうだけで、貴族連合がラインハルトと互角に戦える、なんて、
どんな作戦案だと思う?

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 21:34:19.12
>>232
あれは机上の空論だと思った
メルカッツいるのににっちもさっちもいかなかった
貴族のバカボンどもが共和主義者から作成吹き込まれてうまくいくと思えん
それとも有力貴族の誰かを丸め込んで腹話術の人形に仕立てる
アイデアでもあったかな

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 21:38:11.84
>>231
つい最近だよ、初めて読んだのがソーゲン版だからね。

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 21:40:25.42
>>232
実際にラインハルトを挟撃するのが前者で、
後者はラインハルトを挟撃すると見せかけて
その戦力を割かせること、と妄想した。

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 21:44:05.10
>>233
>それとも有力貴族の誰かを丸め込んで腹話術の人形に仕立てる
>アイデアでもあったかな

そんなのは無いだろう。
あったとしたら、イゼルローン奪取の直後にその人形使って、
帝国と同盟の和平交渉始めさせてただろう。
あの時点で和平交渉→軍縮になったら、
ヤンが夢みてた、退役→年金生活が待ってたんだ。
そんなことが出来るなら、間違いなくやってたと思う

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 21:48:06.90
>>236
和平の可能性はことごとく同盟側の事情でぶち壊されてるのがなぁ
帝国と和平を進めたくてもバカな政治屋に足引っ張られるのがオチさ

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 21:55:24.35
>>235
少なくともキルヒアイス艦隊あたりを
イゼルローン回廊封鎖にさかないといかんだろうしね
もしくは帝国領侵攻をちらつかせた上で不可侵の協定を提案
ラインハルトの帝国掌握後の和平交渉を有利に進める材料にするか
いずれにせよ、ヤンが軍事と外交の全権を握らない限り
実行は不可能だわな

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 21:56:50.17
>>227
まさに最初に寵を得た後もずっと何年も同じように媚びているだろ

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 21:57:06.54
>>221
人形劇銀河英雄伝説やったら面白いな

進行は紳々竜々

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 22:15:26.96
>>240
ビッテンフェルトが曹仁みたいな扱いになるのか・・・
あとオーベルシュタインが凄い極悪人にされそうだな

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 22:16:13.55
ヤン云々は関係なく、
リップシュタット戦役でリップシュタット側が勝つ方法を考えたことはある。
そもそも、職業軍人として元帥まで上り詰めたラインハルトに
軍事作戦で勝とうとしたことが間違ってる。

リッテンハイム侯爵が「裏切って」
エルウィン・ヨーゼフと自分の娘を結婚させることを条件に、
宰相リヒテンラーデ公爵と手を組めばいい。
リヒテンラーデにしてみたら、新皇帝の後ろ盾が増えるし、
もともと危険視していたラインハルト以外に軍事力を持つ味方が出てくるのは利益になるから、
「結婚じゃなく婚約な」くらいの条件はつけるだろうが、手を組むのに反対はしないだろう。
そして、宮中に後ろ盾を持たなくなったローエングラム陣営を政治的に追い詰め、
破滅させればいい。
で、改めて、ブラウンシュヴァイクとリッテンハイムが同盟を組んで、
軍事的な後ろ盾を持たないリヒテンラーデを追い落とせばいい。

まあ、実際には、ローエングラム陣営が潰れた時点で、
娘である皇妃を手中に収めたリッテンハイムと、
女帝の婿になることを夢見る有力貴族を大量に味方にしたブラウンシュヴァイクの
政争になるんだろうけど、
どっちの陣営にしても、ラインハルトに軍事的に勝つよりは楽だろ。

ヤンは、考えそうにない手だけどね

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 22:17:39.92
むしろ媚びたりしないところが気に入られたんだろうに

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 22:17:46.05
内通密告が通用しないほどの戦力をフェルナーに与えてラインハルトを暗殺
これでしょう

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 22:36:15.37
>>241
ビッテンは許猪だろうな
他の奴はどれに当てはまるか知らんが

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 22:37:03.38
せやラインハルトは職業軍人やったんや!

皇帝から碌を食みながら簒奪した裏切り者め!
 
(アンスバッハ談)

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 22:44:07.70
ヤン・ウェンリー(CV森本レオ〕

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:00:55.18
>237
ヤンが退役したかったら、和平条約まで持って行かなきゃいけなかったんだよね。

攻略後に根回しをしないまま「給料分は働いた」として後始末を放棄しちゃったのが失敗の元。
あそこで「政治家に転身するので退役します」と言えば、シトレも認めざるを得なかったはず。
せめて、攻略作戦実施前に和平派の政治家と打ち合わせをするくらいのことはすればいいのに
根回しも何もしないとか、中途半端としか言いようがない。

ヤンはシビリアンコントロールの意味も議会制民主主義も理解出来なかった悲劇の人

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:08:10.77
>>248
ヤンは本質的に怠け根性で部外者、観察者ぶりたがっているから、しょうがないw

それ以前に、イゼルローン要塞攻略後になぜ退役できなかったのかな?
要塞攻略でひと段落ついたし、特段に軍事機密に関わっているわけではないから、
退役自体は可能だと思うんだけど。

なのに、シトレが認めなかったから退役できないって・・・
自由惑星同盟には職業選択の自由はないのか?w

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:12:29.51
>>248
> ヤンはシビリアンコントロールの意味も議会制民主主義も理解出来なかった悲劇の人
逆だと思うな。ヤンは自分が政治家の一人になったからって「自分が政治を思い通りに
できる」または「思い通りにしたい」とは思ってなかっただけだと思うし、実際のところ
ただ単純に面倒臭いからやらなかっただけだと思う。

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:13:01.73
>>248
ヤンは政治を毛嫌いして徹底的に避けてたからなぁ
高級軍人も官僚の一種なんだから専門知識を持つ官僚の1人として
政治家への働きかけや根回しを当然しなきゃいけなかったんだよな

そういう意味では、同時期のラノベで無責任艦長タイラーのが
有能かつ勤勉だったとも言えるw
少なくとも根回しゴマすり腹芸の類を躊躇しないからな

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:15:35.89
「君の艦隊だ」とまで言われて「いえ、それでも退役します」と言い切れるほどには利己的にはなれなかったんだろう
文句も愚痴も言うけど、仕事を放りだせなかったと

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:22:42.01
>>249
ヤンが退役できなかった理由って、シトレの
「第13艦隊はどうする? 出来たばかりの「君の」艦隊だ。君が辞めたら、彼らはどうなる?」
って説得されたからだろ。
あれって、極端に言うとこんな感じの嫌がらせだよね。
「おいおい、お前の作戦が上手くいかなかったら、第13艦隊の将兵は命を落としてたんだぜ。
つまり、連中は命がけでお前の作戦を信じてくれたわけだな。
お前はその命がけの信頼に応える義務があるんじゃネーノ?
それなのに、辞める?
それって、連中の「命がけの信頼」なんか大した意味がない、って思ってるってコトだよね。
連中の司令官であるお前の認識がそんなのなら、
連中の命、って使い捨てにしてもかまわない程度の代物ってコトだよね。
うん、安心して退役していいよ。
ココ軍隊だもの。命を使い捨てにしてもかまわない将兵に与える任務くらい
スグに見つけてあげるからね(ニヤリ)」

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:27:00.12
>>249
戦時下の国では勝手に軍を抜けたりはできないよ
交戦状態に入る、またはその可能性が高まった段階で
一身上の都合による退役は無理なのさ
これは民主国家だろうとなんだろうと同じ

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:32:20.38
>252
ヤンの心理はそうだけど、>249が疑問としているのはシトレの心理

自分の派閥の有名人を手放したくないのは判るが、政治能力皆無のヤンに拘らなくても良かったのでは?
統合作戦本部長になってるくらいだから派閥の人間が足りないって事もないだろうに。

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:33:37.52
>>253
ちょいと事情が違う

ヤン「校長、やめてーんだけど」

シトレ「つか基礎年金の納付月数足りてねーぞ
無年金のまま脱退一時金で損するつもりか?」

ヤン「・・・続けます」

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:38:03.68
>>255
政治能力はなくとも戦術家としては超一級品なんだから
手元に置いておきたい人材ではあったろう
政治家との駆け引きは本来シトレの担当のはずだ

ホアン・ルイとのパイプを生かして何とかしようとはしてたんだろうがね・・・

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:45:13.29
ヤンが政治家に働きかけや根回しをしろということだけどフォークと同じ事をしろということ

ヤンがフォークと同じ人間になるのは嫌だな

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:46:40.18
イゼルローンを奪ったから一段落ついて和平交渉も出来ると考えるのが間違い
冷静に考えたらそんな訳ないのにね
帝国と同盟の戦争は形は違えど宗教戦争に近いんだから妥協点は存在しない
和平があるとしたら帝国側の体制が大きく変わった時しかないよ

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:49:19.60
>258
働きかけや根回しは何をするにも重要だぞ
だいたい悪い事でもない
査問会の時にフレデリカやビュコックもやってただろ

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:49:57.44
>>258
政治家は軍事の専門家じゃないんだから
専門家である軍人が助言するのは当然の事だよ
他の分野でも当然、それぞれの官僚が口を挟んでくる
官僚主導の脱却と政治主導を言って潰れかけてる政党があるだろ

政治が登る山を決め、戦略がルートを定め装備を調達し
戦術が実際に山に登る、なんて例えられるが
短パンにワイシャツしかないのにエベレスト上れと言われたらかなわんわけで
政治家さんにそのあたりの事情を説明する責任が官僚(の1種である高級軍人)
にはあるんだよ

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:51:43.21
そんなヤンじゃ銀河英雄伝説は面白くならん!
ヘボイ名人様は引っ込んでろ!

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/25(金) 23:59:24.44
>>262
ヤンもラインハルトもカンペキな人間じゃなかった。
だからこそ、銀英伝は面白いんじゃネーカ。
そのことが分からんのなら、お前こそ引っ込んでろ

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:02:02.46
そういう点ではラインハルトの方が少し大人と言うか達観してた所はある
あいつは必要とあれば賄賂を贈る事も辞さなかったからな
キルヒアイスの忠告会っての事だけど

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:07:27.90
>>264
そこは民主共和制という制度を護持しようとしたヤンと
手段を選ばず独裁権力を手にしようとしたラインハルトの差でしょ
ヤンは同盟の制度を逸脱して超法規的に行動する事を
レベロによって抹殺されかけた時まで自制し続けたけど
ラインハルトは目的の為なら焦土作戦も核攻撃の黙殺も辞さない
そこにあの2人の決定的な差がある

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:08:03.33
ラインハルトはキルヒアイスの傀儡

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:09:08.74
>>264
見方を変えると、キルヒアイスは「賄賂くらい良いじゃん」って思ってたことになるな。
まあ、アイツは軍に入った後、常に自分とラインハルトが同じ部署に配属になってることを、
「アンネローゼが皇帝を通して手を回してくれてるお陰」って分かってたから、
(ラインハルトは分かってなかったようだが)
「権力者が人事権をオモチャにしても、しかたない」って黙認してたんだろうな。

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:12:27.49
>>267
「ラインハルトはジークの言う事を良く聞きなさい」
「ジークの言葉に耳を貸さなくなれば、弟も終わり」

だからなアンネ姉ちゃん。
ラインハルトはまったく信用してないのに
キルヒは信仰に近いレベルで信頼しているっていうw

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:14:36.96
>267
賄賂を肯定してたんじゃなく、一々否定してもキリがないと考えてた
一男爵に小さな筋を通すよりする事があるとラインハルトを説得してたよね

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:19:08.80
ヤンも、誰かが小さな筋を通すよりする事があると説得してたら
よかったかも

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:27:30.86
>>270
ヤンは「筋が通らないから政治家に根回ししない」んじゃなく、
単に「感情的に政治家が嫌いだから根回しするために会いたくない」んでしょ。
感情的に嫌いじゃなかったラインハルトに対しては、
ビュコックを殺さないでくれ、って根回ししてる。
敵国の宰相に、軍の一部隊の司令官が、裁判結果をこうしてくれ、
なんて、筋が全く通ってないのに。

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:27:33.05
>>270
それはもうシェーンコップの不良中年がイヤってほどやったでしょう

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:28:26.28
周囲が総立ちの中、一人座ってるような奴だからなあ

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:29:14.61
>271
ラインハルトに好意を抱かなかったとしてもビュコックの助命嘆願はするだろw

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:35:10.98
職人フィッシャー、お目付け役ムライ、宴会部長パトリチェフ

っていう幕僚人事は内向きなんだよな
営業職というわけじゃないが、政治家や実力者に
宴会の席で酌して回って、愛想笑い浮かべながら
ヤンの意思を上手く刷り込ませるような
そういうタイプの人材が幕僚に1人必要だった

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:38:36.41
>>274
いや、ブラ公とかだったら絶対助命嘆願なんかしないと思うぞ
もちろん、自分に処刑命令だされても屈服しないだろうな

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:40:48.85
>>275
それは幕僚の任務じゃないだろ。
軍隊内のヤン派閥に必要な人材ではあるけど。

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:43:01.32
社会人になった奴らが銀河英雄伝説を語ると
生々しくていかんな。宴会で酌だの腹芸だのwww

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 00:45:08.78
国防委員会の官僚の仕事かな 政治家と軍人の繋ぎ役
誰もでてこなかったけど

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 01:15:11.35
>278
それこそがヤンの、そして同盟の敗因だからね
作中のヤンは戦術的な勝利は上げても、戦略的には負け続けた(エルファシルのみが例外
それをどうにかならないかと考えたら、軍と政治家の連携をしていたらと思わざるを得ない。

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 01:20:29.55
>>280
戦略的な勝利っていう事になると
イゼルローンの帝国軍による軍事占領を阻止して
バーラトに自治政府を認めさせたとこだけだからな
で、アレは弱小とはいえ軍事と外交の全権をほぼ掌握した状況で成し遂げられた
ヤンが最後まで拒んだラインハルト的な手法の縮小版でしかなかったわけだ

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 01:25:02.24
同盟で軍と政治家の連携てフォークの悪例しかないと思うよ
同盟は守ることが大原則だったのに 
そこから外れなければ、軍人だって防御だけを考えるだけでよかった。

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 02:02:53.41
>>281
最終的にヤンて完全に私兵集団の親玉になってたなw
艦船横領してメルカッツだの逃がしたり廃艦予定の艦船強奪させるとか無茶苦茶やってるし
どの口で民主主義下の軍人の義務とか説いてるのかと

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 02:04:23.11
むちゃくちゃする奴は民主主義軍人として失格とは言ってないしな

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 02:04:38.04
イゼルローン共和政府も選挙無しでヤン夫人がトップに立ってたからな
選挙したってヤン夫人が首長になっただろう、というのは帝国で選挙やったら
ラインハルトが首長になると言ってるのと一緒だw

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 02:39:09.64
イゼルローン軍事独裁政治だよ。投票させないで軍部上層部で決めていたし。しかもヤン婦人元軍人だし。

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 03:28:44.01
構成員の殆どが元同盟軍人・軍属とその家族だからな

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 05:03:24.75
民主政治は常に銃口から生まれる、暴力革命でしか成し遂げれない。
一方独裁政治は民主政治から民主的に成立するってやつですな。
皮肉なのか、それが歴史の必然なのか?ヤンの好きそうなテーマだね。

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 05:04:29.51
>>243
自分の意を偽って相手の意に沿った態度を取り続けるのを媚びてないとか

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 05:34:28.57
自分の意を偽って寵を得る為に相手の意に沿った態度を取り続けるのを媚びてないとか

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 06:56:16.78
>>242
>で、改めて、ブラウンシュヴァイクとリッテンハイムが同盟を組んで、
>軍事的な後ろ盾を持たないリヒテンラーデを追い落とせばいい。
そこまでを読めないほどボンクラでもないだろ。
武と政、財の揃っているブラ、リッテンはいつでも裏切れるんだ。そんな相手がいきなり擦り寄って
きてホイホイ信用するようなアホだったら。とっくに潰されてるよ。ブとリッテンは互いに後で
裏切り合うのを織り込み済みで「ガチンコやっても自分が勝てる」前提の同盟だろ。
武しかないラインハルトの方が政のあるリヒテンラーデには御しやすいかつ当面有益と思える
相手だったわけで。

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 08:50:16.15
>>291
で、ヤンの策は?

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 09:37:23.13
>>292
イゼルローンからけん制で艦隊を出すだけでラインハルトは備えを出さなければならない。
別に貴族連合を勝たせる必要はない。アムリッツァ後の同盟がすべきことは開きすぎた
軍事バランスを均衡に近づけるためにできるだけ内戦を長引かせることができればよい。

同盟のそういう類の策動を防ぐためにラインハルトはリンチを使って逆に同盟に騒乱を
起こさせたんだろ。

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 09:42:59.69
>>293
>>232
>策を教えてもらうだけで、貴族連合がラインハルトと互角に戦える、なんて、
>どんな作戦案だと思う?

同盟軍は動かないこと前提で頼む

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 09:45:03.82
アムリッツァの迎撃指揮をミュッケンベルガーの元帥府にやらせてたらかなり結果も違ってたんだろうな
たぶんグダグダの痛み分け
ヤン、ビュコック、ウランフ、ボロディン、アップルトン、アルサレムは局地戦で勝てそうだけど…あれ?同盟いけるやん

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 09:45:50.38
>>294
ガイエスブルグでひたすら籠城戦

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 09:49:00.23
>>295
その場合、焦土作戦しない可能性があるよね。
回廊の出口付近で、同盟8艦隊と帝国9艦隊の正面切った殴り合い。

同盟はロボスが出てこないから、8人の同格の艦隊司令官、
帝国はミュッケンベルガーが出てくるだろ。
8対9の上、指揮系統にも差があるから、帝国が普通に勝ちそう

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 09:52:06.53
引退後のミュッケンベルガーは何やってたんだろう
シトレは養蜂してたけど、ランテマリオやマルアデッタで駆けつけて欲しかった

貴族連合は数だけは十分あるのだからメルカッツを元帥にして全権限を与えて、完全に守勢に徹すればどうとでもなりそう

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 09:54:33.73
>>296
ガイエスブルグってイゼルローンより小さかったはずだが、
20万隻からいた貴族連合の全艦隊を収容できたっけ?

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 09:55:02.58
>>297
でもミュッケンベルガーにはロクな手駒いなくない?
シュターデンやエルラッハレベルでしょ

どうでもいいけど、アニメのエルラッハはミュラーにちょっと似てる

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 09:57:08.21
>>299
全部収容しなくても要塞付近に待機させて動かさなければ、ガイエスハーケンの抑止力で長期戦になる

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 09:59:16.43
ロボスじゃなくてシトレが指揮していればそれだけで状況が大きく変わりそう

303 :297:2013/10/26(土) 10:01:01.10
>>300
ラインハルト台頭以前は、帝国と同盟で互角に戦えてたんだから、
ストーリーに名前が挙がってなかっただけで、それなりには人材いるでしょ。

登場人物に限っても、
メルカッツ・ファーレンハイト・レンネンカンプ・シュタインメッツ・アイゼナッハは、
あの当時なら、ミュッケンベルガーの方にいるんじゃない?

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 10:01:13.11
ただの爺さんになったんじゃね?
帝国軍元帥の年金はヤンには死ぬほど羨ましがる額だし
趣味に没頭しつつ世の中が変わって行くのを眺めていたか
回顧録の一つも書いたか
引退後を考えて門閥貴族ともコネ作ろうとしてたが
リップシュタット戦役勃発(おそらくラインハルトが勝つ)で
そういうのにも関心を失った感じだったし

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 10:13:37.50
>>296>>301
ひたすら引き籠って、フリードリヒが崩御したとしてその後どーすんのよ
皇帝崩御を期に仲良く握手?
ヤンが考える俺作戦という条件があんのに籠城策はないと思うぞ
せめてラインハルト陣営を逆・賊軍に仕立てあげる情報工作方法とかないもんかな
どうすればラインハルトを極悪人にすることができるだろうか

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 10:15:14.28
>>303
互角といってもイゼルローン戦以外では基本的に同盟が勝ってたんでしょ?
帝国の侵攻を毎回食い止めてたわけだし
ポテンシャルは同盟の方が高そう
730年マフィアの頃もシュタイエルマルクくらいしか有能な提督いないし

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 10:19:45.29
>>305
フリードリヒ崩御は、ヤンの前提に入ってるよ。
皇帝崩御ののち、リヒテンラーデが宰相に、ラインハルトが3長官兼務に、それぞれなったことまで、
ヤンは知っていて、
おそらくブラウンシュヴァイクとリッテンハイムが組むだろう、
と予測したうえで、
「策さえ与えれば、貴族連合がラインハルトと互角で戦える」
と自分の用兵家としての能力を評価してる。

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 10:26:21.67
>>307
その場合、現場でヤンの代理がいらないほどの策が必要になる。
かなり非現実的だと思うがね>貴族連合に策「だけ」与えるってのは。

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 10:36:58.82
>>306
第2次ティアマト会戦の惨敗を契機として帝国軍は大規模な軍政改革があったっぽい
ハードウェアの面ではイゼルローン要塞建設だがソフトウエアでも
平民の抜擢がこの時期から始まったらしい
それによって帝国軍は大幅に強化されたが
軍部の門閥貴族による支配が緩む諸刃の刃だったらしい

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 10:49:31.38
>>306
帝国は同盟領を占領して領土化する気ないから勝ち負けに関わらず帰ってるよ
>>307
貴族連合さんがそんな策与えても言う通り動くわけないw
結局各自好き勝手やって自滅しちゃうんじゃね
あいつら一応皇帝って言う重石があったからこそそれなりにまとまってたんだkら

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 10:56:33.27
>>309
軍務省涙の40分だっけ?

>>310
えっ、じゃあ何の為に侵攻するの?
地方叛乱討伐っていう名目じゃないの?

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 10:57:10.06
>307
同盟の政治家の思惑さえ把握できないヤンが、帝国の政争を予測できるとは思えない。
リヒテン+ラインハルトvs貴族連合は偶然当たっただけじゃないのか

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 10:57:59.90
アッシュビー自身の能力ってビュコックくらいあったのかな
もしスパイ網が残っていれば同盟は…と思ったけどラインハルトならその存在に気付くか

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 10:58:30.80
>>308
すでに必勝の策ならシュターデン先生が提案してるではないですか。あれを実行できて
いれさえすれば。。。。 もっとも実行出来そうならラインハルト側も対応策を講じる
とは思うが。

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 11:01:57.67
>>311
帝国軍の侵攻は、警察活動の一種だよ。反乱軍を撃滅、もしくは逮捕して連行
してくれば別に領土などどうでもいい。(一部の資源豊富惑星は争奪戦みたい
になってたけどね)
エルファシルも占領したけど、肝心のひっとらえる叛徒住人に逃げられたから
しばらくして撤退したんだろ。

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 11:07:56.59
>311
反乱軍の討伐はタテマエ

仮に、臣下の宇宙艦隊司令長官が同盟を征服したとして、皇帝は何を持って報いればいい?
圧倒的な戦果を上げた司令長官は皇帝の権威を危うくしてしまうので、適当なところで退役に
追い込まれていたはず。

本当に同盟を征服するつもりならば、帝国内での帝権を確固とした上で皇帝親征で行わなけれ
ばならない。
その前提が整わない段階での攻撃は同盟の戦力削減のためのもの。

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 11:18:46.71
>>314
帝都侵攻策が実現したら
赤毛の艦隊が防衛の為に帝都に張り付けになったかもな。
んで辺境攻略が出来ず、戦役の長期化とか

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 11:22:40.67
早々に別動部隊が殲滅されれば却って早く終わりそうだな

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 11:31:25.07
帝国と同盟の戦争を宗教戦争として捉える視点は面白いと思った
だからユリアンは軍事的に帝国に対抗するよりも
ヤン語録という経典を手に共和主義という宗教の布教に方針を切り替えた
とも考える事ができるんだよな
地球教が愚かだったのは、帝国に対抗する宗教が共和主義ではいかんと称して
ヤンという共和主義の神・偶像を作り出してしまったこと

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 11:40:24.47
>>313
>ラインハルトならその存在に気付くか

シャフト技術大将の件や皇帝誘拐の時も、
フェザーンが「知らせたい」と考えたタイミングで知らされてるし、
ラングの暗躍も放置してたから、
諜報の才能はあんまりないんじゃない

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 11:49:46.20
>>320
気付くとしたらオーベルシュタインかケスラーになるのかな

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 11:51:49.51
ふと思ったけど、キルヒアイスがいればラインハルトが判断を誤ることマジでなかったよね

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 11:57:14.79
>>322
同盟に派遣される高等弁務官はレンネンでなく
ミュラーあたりになってたろうな
回廊の戦いはなく、ロイエンタール謀反もなかったろう
ただ、ラインハルトは子を残さず死に、キルヒアイスが
ラインハルトの指名で後継者の座についたか
アンネローゼを形式的に皇帝に擁立してキルヒアイスが
その配偶者として摂政として全権を掌握したか

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 12:04:44.29
>>322
キルヒアイスに問題があるとすれば、ラインハルトへの忠誠心が高すぎることだろうな。
「ラインハルト様なら、きっと分かってくださる」
と間違って信じてラインハルトを反省させようとしたから、
武器所持の特権を奪われて、死んだわけだし。

最初にオーベルシュタインを参謀において、
キルヒアイスには別働隊の司令官にしよう、
と決めた時のラインハルトの傍にはキルヒアイスがいたはずだが、
ラインハルトを止めようとは、思ってもなかっただろう。
「ラインハルト様なら、きっと自分と同じように行動してくれる。
民間人虐殺を容認するようにオーベルシュタインが進言しても、
却下して、民間人虐殺を止めてくれるはずだ」と信じて、
別働隊司令官になって、あの有り様だyo。

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 12:08:06.56
キルヒアイスはラインハルトを正確に理解してなかった描写に他ならない

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 12:11:13.78
ラインハルトがアンスバッハにやられてたら、キルヒアイス元帥府が誕生したかな
それともロイエンタール元帥府?

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 12:12:00.95
クロプシュトック事件でクロプシュトック侯って皇帝来ないって分かった時点で爆弾置いたまま退席してるよね。
皇帝いないならせめてブラ公あたりでも殺したるって考えたんだろうが大逆罪のリスク負うくらいなら次の機会待てばよかったんじゃないかとふと思った。

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 12:14:02.19
>>327
いや、皇帝来ないことは知らないよ
爆破した後に知った

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 12:18:42.87
>>326
ラインハルトが落ち込んでる間、ロイエンタールも他の提督と同じように動けなかったからなあ。
キルヒアイスは「すぐに動かないと、アンネローゼの身が危険だ」ってことで、
すぐにでも動くんじゃ。
宰相をぶっ殺して、とりあえずは、キルヒアイス元帥府になって、
オーベルシュタインが、何かというと
「これこれのことをしないと、アンネローゼの身が危険」
と言いなりにしちゃう。

で、それに反発した提督たちの中心になるのがロイエンタール、と。

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 12:20:27.13
いや、ケスラーが「皇帝が来ないと知った時点で退席した人物が容疑者」って言ってる。
その中でも「忘れ物」をしていった侯爵が一番容疑濃厚だって。

331 :480:2013/10/26(土) 12:21:16.35
たとえアンスバッハの凶刃を避け得たとしても、どーせラインハルトの意地悪指令で殺されるのがキルヒアイスの宿命だよ…

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 12:31:13.28
そりゃ他人を正確無比に理解できるやつなんて存在しないものw

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 12:32:17.54
キルヒアイスが生きてて、ラグナロックの総指揮を取ってたらヤンは打つ手がなかったよね
ラインハルトと違って誘いに乗らない手堅い戦略・戦術をするだろうから
アムリッツァ前哨戦でもヤンは苦戦してたし

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 12:36:50.54
>>327
言いたいことはよくわかるから、何か理由をでっち上げようとして、思いついた。

「爆弾の解除方法を知らんかった OR なかった」

あの爆弾の威力って、控えの間に移されて、壁越しの爆発でさえ、
メイン会場の貴族が何人も死ぬほどだから、
持ち帰る途中でどこかに放置しても、一軒家くらいなら吹っ飛ぶレベル。
どう考えても、自分に捜査の手が及ぶわけだから、
皇帝に手が届かないまでも、貴族皆殺しして、
帝国政府がマヒしてる隙に、自分の領土から攻め込んで……

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 12:41:58.81
>>333
・配下の提督を倒し続ければ、ラインハルトが前線に出てくる。
・後継者のいないラインハルトを殺せば、帝国は分裂し、撤退する。
という、ヤンの戦略の前提条件が不可能になってるから、
別の戦略を立てるだろ。

同盟政府を辺境の方に疎開させる、くらいしか思いつかないけど。

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 12:47:02.87
クロプシュトックやカストロプが健在ならリップシュタットの時どうしたんだろ
カストロプはリヒテンラーデ中心の現帝国首脳との不和で謀反起こしてるから
貴族連合に同調しそうだが、
クロプシュトックからはどっちの陣営も所詮フリードリヒ体制で権勢を誇った奴ら
としか見えないだろうからわかりにくい

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 12:51:20.97
>>334
ふと、渋滞で間に合わず、車ごと爆死するクロプシュトック侯の姿が脳裏に浮かんだw

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:09:51.27
>>324
しかしなぜ別働隊指揮官にキルヒアイスをあてたのかな
別働隊指揮官なぞ、ミッターマイヤーでもロイエンタールでも問題無くこなせたろうに

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:12:54.02
宇宙艦隊副司令はだれ?

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:13:24.53
ロイエンタールとミッタマイヤーも最初はキルヒアイスを低評価もしくは眼中に無い立場だっけ?
評価が高くなりだしたのは、死んでから?

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:15:21.23
>>338
辺境を制圧する途中で、政治レベルの判断をする必要がある可能性があったからでは。

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:17:23.59
>>340
カストロプから評価

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:18:13.12
>>341
それこそロイエンタールでもいいやんって話

ラインハルトはキルヒアイスを自軍のNo.2として周知させたかったから
戦果の目立たない参謀より前線指揮官に登用したに過ぎない
そんなとこかな

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:21:32.97
>>338
キルヒアイスはbQとして全軍を統率させる予定だから
ミッターやロイエンが功績立てて赤毛と同格になると困る

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:21:54.48
>>343
すでにNO2として確立してたからこその辺境制圧部隊指揮官じゃあないですか。
それほど重要な任務だったんでしょ。

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:27:03.71
軍でも元首でも首相でも序列ナンバー2のいない国ってどこかにあるかな

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:27:07.24
>>343
政治レベルの判断をロイエンタールにやらせる? 無理だろ。
能力的な問題じゃなく、権限的な意味で。

例えば、リップシュタット側についていた辺境の貴族が、
「ローエングラムさまは平民の味方だ」って信じた暴徒に殺された時、
暴徒を殺人犯として処罰するのか、
正当な抵抗運動とみなして免罪するのか。
「腹心の部下」ならそういう決断してもいいけど、
「1艦隊の司令官」にそんな決断させたらマズイだろ。

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:32:03.84
>>347
そこはラインハルトが「軍の運用と制圧した辺境惑星の統治については
さしあたって卿を全権とする」
と発言すればよかろう

それにシュタインメッツも「手土産がわりに」辺境惑星のいくつかを平らげてる

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:34:51.19
>>346
戦国時代、嫡男と当主が対立するケースはものすごく多いから
オーベルシュタインが懸念する気持ちもわからんではないけどな
本能寺の時、信長が真っ先に嫡男信忠を疑ったと言われてるし

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:38:44.12
>>285
立候補者が一人もいなかったのかも知れない。
そこで、アッテンボロー達がフレデリカを推薦し、フレデリカも受諾した。
他に被推薦者がいなければ、選挙無しで就任しても充分に民主的だ。

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:50:03.18
>>348
そんなことでは済まないんだよ。
>>347 の例で、
暴徒を殺人犯として処罰したら、
「ローエングラム元帥は、平民の味方じゃなかった」
って平民たちに言われて、帝国全土に問題が波及するかもしれないし、
暴徒を免罪すれば、
「貴族を殺した平民を理由もなく免罪するなんて、
貴族を皆殺しにする気か」って貴族たちに言われて、
中立だった貴族が全部的に回るかもしれないし。

政治レベルの問題は、帝国全土レベルの問題になりかねないから、
「腹心の部下」以外は無理だと言っている。

あと、シュタインメッツが政治レベルで判断したことは、
シュタインメッツがやったことでしかなく、
必ずしもローエングラム陣営がそれを認める必要はない。
原作では、「腹心の部下」が事後的にそれを容認している。
つまり、最終的には「腹心の部下」が決断したことだから、それでいい。
例えば、「シュタインメッツのやったことは間違っている」として、
シュタインメッツを敵に回しても、「腹心の部下」の決断なら、別に問題はない。

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 13:57:30.47
>>351
シュタインメッツの行動をキルヒアイスが事後承諾していいなら
ロイエンタールの行動をラインハルトが事後承諾してもかまわんだろ

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:03:48.55
>>352
シュタインメッツは、ローエングラム陣営に属する前に惑星を制圧して、
それを手土産にローエングラム陣営についたんだから、
ローエングラム陣営つく前のシュタインメッツが政治的判断をしたわけ。
だから、、「シュタインメッツのやったことは間違っている」として、
シュタインメッツを敵に回したら、ローエングラム陣営に傷はつかない。

ローエングラム陣営の別働隊として、辺境制圧に乗り出すロイエンタール
は明らかにローエングラム陣営だろ。
事後に「ロイエンタールのやったことは間違っている」として、
ロイエンタールを敵に回したって、手遅れだよ。

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:09:10.04
>>353
ロイエンタールのやる事を間違いだと称さなければいい
それが君臣の信頼関係ってもんだろ。
部下に全権を与え、それに部下も答える
誤りがあれば上司が責を追う
どんな組織でも基本となることだ

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:12:27.08
>>354
部下に必ず全権を与える主君の方がオカシイ。
腹心の部下でもない限り、部下に与えるのは権限の一部に決まってる。

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:19:13.61
>>355
No.2ならよくてNo.3〜4はダメってのは何か法律でもあるならアレだが
そうでないなら君が勝手に考えた俺ルールでしかないな
語るに足らん

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:20:45.45
徳川家康影武者説や明治天皇すり替え説があるのだからローエングラム公すり替え説があっても不思議ではない。

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:22:50.03
>>356
俺ルールなのは、お前だと思うが。
・上司は、部下に必ず全権を与え、
・部下のやったことは、全面的に受け入れる
っていうのが、お前の言う「組織の基本」なんだな?

そんなルールで動いてる組織なんか、この世に一つでもあるのか?

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:28:00.16
>>358
キルヒアイスに与えてる権限を
ロイエンタールやミッターマイヤーに与えるだけでいい
その後ロイエンタールはノイエラント総督になってるし
ラインハルトがロイエンタールに大きな権限を与えるのを制約する理由は
作中になんら示されていない
これは原作に根拠を得て言っている

君のは原作になんら根拠たりえる描写が存在しない妄想の産物に過ぎん
同じだと言われるのは甚だ侵害だなw

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:37:19.26
>>359
ローエングラム公の前で銃器を常に携帯できたはキルヒアイスだけだった、
というのは原作に描写されているぞ。
ロイエンタールたちは、当然その特権がなかったはずだな。

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:39:14.97
ラインハルトは特定の臣下に功績を立てさせるため任務を与える傾向が強い
第一次ラグナロク後にレンネンやワーレンなどヤンにやられた奴らに
任務を与えたり、かなり恣意的な人事をしてる
カストロプ鎮圧にキルヒアイス派遣して提督の地位を与えたのもそうだし
ラインハルトの人事はどうも適材適所より論功行賞を重視しがちなのは確か

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:40:30.41
>>360
そう、で、政治的に問題ありとして鉄砲取り上げられてるな

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:42:34.26
とりあえずさ。
・上司は、部下に必ず全権を与える
・部下のやったことは、全面的に受け入れる
このルールで動いてる組織、何でもいいから、一つでいいから、上げてみてくれ。

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:44:39.80
>>363
ローエングラン朝新銀河帝国のノイエラント総督府

で、本論で勝てないからと枝葉にこだわるのは知的幼稚さの表出に過ぎないよ

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:47:53.66
>>361
まあ装見えるね。キルヒアイスの場合はもろにNO2としての地位を確立させるための
派遣(根回しかもやって)だしね。
ワーレンなどの例は誰かが言ってたように、もう大きな戦いは起きなさそうだし、
ヤンにやられた彼らに名誉回復の機会を与えたってことだね。

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 14:57:21.51
>>360 362
キルアイスは単なる部下でなく自分の分身として扱ってたのは周知の事実じゃん。
何を議論してるんだ?

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 15:20:53.49
事実はラインハルトが勝手に思い込んでただけで
お互いを理解もしていない関係だったと本編で片が付いてる

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 15:32:03.95
能力的には別にロイエンタールとかでもいいんだろうけど
あの時点じゃラインハルトの考えや目的を理解しかつ100l裏切らないキルヒアイス以外辺境平定は任せられんでしょ
というかキルヒが死ぬまでラインハルトってキルヒ以外を全面的に信用してないと思うんだよね
だから彼自身が考える重要な作戦は常にキルヒにやらせてる

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 15:36:09.96
>>367
つーかそれ以前にお互いを理解している関係なんてありえんからな
相手の心が覗けない以上どうしたって主観による想像しかないし

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 15:47:31.97
アンネローゼが(彼女自身は自分の心に反したと思ってる)
嘘で塗り固めた周りにはモロバレの媚は客観的な関係だが

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 16:10:58.01
この流れ見てるとキルヒアイスは早めに退場して正解だったなー…と感じる
キルヒアイス存命だったら銀河帝国無敵艦隊過ぎて物語もうんこつまらなくなった可能性高そうだ

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 17:51:36.89
>>371
お前のせいで
みんなの発言が止まってしまった
みんなが唖然呆然となってる様子が目に浮かぶ

373 :480:2013/10/26(土) 17:58:09.70
>>372
卿は何をカッカしておるのかね。

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 18:11:06.21
ガイエって学習院大卒だよな
学習院ってガイエ在学中に
他人を卿とか呼ぶ奴らがいたのかな・・・

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 19:19:31.27
同級生ではないが乃木学長なら言ってたやもしれんな

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 19:44:51.64
銀英伝には携帯が出てこなかったりパソコンが殆ど見当たらなかったり
ディスクがMDっぽかったりと色々おかしなとこ多いけど
80〜90年代だとあんな感じだよな
エヴァでもMDっぽいのにビデオ撮ってたし

同じように2030年ごろ、2010年代に作られたSFアニメを見ると
「? なんで○○が無いんだ?」って思ったりするんだろうか
とりあえずその頃までに普及してそうなアイテムの筆頭が自動操縦車なんだが
これはSFでは定番のアイテムだよな。銀英伝にも出てるし

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 19:46:25.17
ラインハルト陣営は階級が同じせいか皆タメ口だったな。
同じ階級とはいえ年上の同僚に対して敬語を使う習慣はなかったのかな?

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 19:47:12.62
辺境を取り戻すという事で、結果として門閥貴族連合軍は分裂したけど
これってラインハルトの戦略なのかな?

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 19:50:15.39
>>377
ヤンのとこは仲のいい先輩後輩の集まりって感じだったな

キャゼルヌ>ヤン>シェーンコップ>アッテンボロー>ポプラン>ユリアン

っていう上下関係で

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 20:17:28.27
>>816 817
現代では速度は潜航中でもかなりだけどね。やはり問題は探知しても通常空間からでは
攻撃できない設定だろね。これは現代ではありえない。
その宇宙駆潜艇とやらは何か有効な攻撃法を開発して搭載したって設定なわけね。

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 20:18:36.00
>>380
なんだ、ヤマトスレあたりからの誤爆か?

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 20:20:03.77
>>377
礼儀正しいミュラーは大将時代、同格の大将の先輩たちにちゃんと敬語使ってたぞ。
バーミリオンの功績で上級大将中の首席ってときも同じく上級大将になった先輩たち
にもね。たしかにビッテンは階級上の双璧にややなめた口調でしゃべってたけど。

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 20:26:59.39
>>377
ミュラーが最年少ってのは出てたけど後はどういう年齢関係なんだろね。ケンプが一番
上のようだが、他は同じくらいに思えますね。ついでにいえば中将へはともかく大将に
は、沈黙、レンネン以外は同時期に昇進したようで再先任ってのもいないのかな。(
その後の上級大将へも全員同じか)

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 20:55:37.41
>>286
上層部で選挙してたじゃん

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 21:08:34.79
そういえば戦艦の艦長が大佐なのってどう? って話題が出てたが
中佐なのにデカイ顔して最高幹部の作戦会議に顔並べてるポプランってなんなんだろう
弱小とはいえイゼルローン軍にも大佐クラスが少なくとも数千人はいたろうに

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 21:08:35.29
レンネンはロイエンタールにライバル意識していたのは何故?

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 21:20:31.09
>>385
実は、ポプランはヤン艦隊に所属する宙戦隊の総隊長だったんだよ(棒読みー
階級? 気にすんな

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 21:21:37.32
>>385
不正規軍になってからはまだしも正規軍のときからだからね、確かに変な描写。
同格の空戦指揮官(中隊長だっけ)なんかも数十人はいるだろうにね。
>>386
ライバルってよりは敵意だろ。要塞を前にしての作戦会議で侮蔑されたからね。

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 21:30:42.23
>>385
イゼルローン軍になってからは上層部とのコネでしょ。階級もあまり意味なくなってたしね、最終的には中尉が総司令官になるんだし。
バーミリオンの停戦後の会議に顔出してたのは、旗艦に乗ってたからかな。それでも本来はおかしいけど(同じく佐官のリンツも出てたね)
勝利目前の停戦って異常事態でムライも注意する気なくなってたんでしょうね。本来であればメルカッツらを脱出させるのも立場から言えば
ムライは止めようとする気がするがそれもしなかったしね。

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 21:36:49.21
ロイエンタールは、ラインハルトみたいに、年配者や先輩に対しても鼻のつくいいかたしかしない。要はリップサービスしない、能力の無い部下のフォローしない。レンネンはオーベルシュタインタイプの上司の元で軍務省で人事とかデスクワークやってればよかったんだよ

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 21:42:40.08
人格的にはミュラーが最強
上司にも部下にも同僚にも好かれる

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 21:53:12.50
でも、いい人って長生きできないってばっちゃが言ってた。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 21:55:28.76
>>391
ついでに敵方からもねw

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 22:04:30.30
>>299
同クラスといえる程度に近いサイズ。でなきゃ後の「要塞対要塞」が成立しない。
ガルミッシュも同程度の要塞だし、後に造られたのふたつの要塞もイゼルローン級と言われて
いた。とかくイゼルローンが特別な位置づけになっているから、それらも凄そうに感じるが、
実際のところ、少なくともサイズはイゼルローンは標準的なものかもな。あの場所に、恒久陣地
として造ったから、金も手間も掛かっただけで。
>20万隻からいた貴族連合の全艦隊を収容できたっけ?
全部ひとまとめに収容する必要はないし、レンテンベルグとかに分散したんだろ。

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 22:05:41.54
>>392
お前が長生きしてるって事はばあちゃん嘘つきだな\(^o^)/

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 22:10:01.93
>>307
それは単に戦力面だけで考えているような気がする。
ブラとリッテンの反目とか、素直に言うこと聞くタマじゃないってことまで織り込み済みで、そう
思ったんなら、ぜひとも腹案を聞きたかったな。

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 22:13:56.83
>>299,394
収容艦艇数で見ると、
イゼルローン要塞は2万隻、
ガイエスブルク要塞は1万5千隻
だったはず。

>>394
メルカッツの案により、おおむね艦隊はガイエに集中することになっている。
リップシュタット連合艦隊約17万隻(推定)のうち、先鋒としてレンテンベルグ要塞に
送られた1万5千隻+α以外はガイエに集中しているはず。

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 22:22:26.21
回廊の戦いの時のヤン艦隊の戦力が3万弱
稼動する戦闘艦だと2万強なのでやはり定員オーバー
収容艦艇以外は要塞砲の射程内に露天係留されてるだけなんだろうな
もしドッグの数だけで2万とか1.5万だとしたら物凄いが

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 22:59:10.62
2万隻3万隻って言ってるけどこの時代にもなると
1隻20人ぐらいで動かせるんじゃないのかね

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:04:17.36
同盟の巡航艦が50名前後の乗員では運用に支障をきたす模様

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:04:25.82
柔軟性に欠けるのに目を瞑れば無人運用だってできるってどこかに書いてあったろ
それこそゲームのように、司令部要員だけで一個艦隊動かすことも出来るんじゃないの?

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:06:00.25
>>399
っていうか、完全な無人艦隊も実現できると思う
別に1000年以上先の未来でなく、50年後くらいには
複雑で様々な異分子が混在する地上を走行する自動車ですら
全自動運転が実用秒読みなのに、真空の宇宙をシンプルな隊列組んで
単調な砲撃を繰り返すなんて現代の技術でも余裕で可能ですよ

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:06:01.82
柔軟性が必要だから乗員がいるんじゃないか。バカか貴様は

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:08:00.96
>>402
全自動運転に夢を見てはいけない。あれは、道路にセンサーを設置するなどインフラが整うこと前提だ。
宇宙空間の戦場にセンサーが設置されてるか?

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:08:27.40
回廊の戦いの時のヤン艦隊の戦力が3万というのは多すぎだなと思うけどね
俺の脳内では、民間船を改造した仮装巡航艦みたいのかな想像している。
でも、それだと貧弱な武装船で帝国軍と互角に戦ったのと、また矛盾するし・・・・・・・・。

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:10:59.89
>>404
道路にセンサーなんて要らないよあの技術
そのプランは昔はあったけど、インフラ整備が難しくて却下された
今話題になっているのは自動的に信号機や標識、走行レーンを認識して
これに高度の地図・GPS情報を組み合わせて走るっていう代物

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:11:29.55
いやいや、今だって50万トンのタンカーを、その気になれば一人で動かせます。
でもね銀英伝で主に語られているのは軍艦です。
軍艦にはダメージコントロール必須なんですよ。従って自律行動ができて故障に
対応して単なる交換をするだけじゃなく破壊に対する柔軟な修復作業ができる
存在と言ったら、やはり人手しかない(という設定)なんで乗員は結構多いです。

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:15:36.59
>>407
そういや、親不孝号はわずか6人で運行しているな。(のちにポプランが合流)
元は同盟軍の輸送艦だけど。

・・・待てよ?ユリアンたちがイゼルローンに行ってからは、3人で運行しているぞw

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:15:52.93
商船なんかは人員削減が進んでいそうだ。

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:20:01.25
>>409
ベリョースカ号は20名で運行していたりするw

オンボロ商船より最新輸送艦の方が省力化しているんだな。

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:28:09.37
>407
それは理想だろ
回廊の戦いの頃の同盟は数が必要。
乗員充足した艦と少人数運用艦を組み合わせて目先の戦力を水増しするのはアリ

そんなことしたら後で困るとか言うなよ?そんなことしなけりゃ「後」がないんだから。

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:30:27.63
今のミサイルって、対空ミサイルならカメラで敵戦闘機を認識
戦闘機の形をしているものを見分けて命中するっていうのだし

機雷だったら狙う軍艦、空母なら空母の音紋を聞き分けて
民間船はスルーしつつ空母だけ狙い撃ちにできる
なんてのだからな

この種のメカっていうかアルゴリズムの進化は怖くなるくらいだよ
100年とたたず、大国の軍隊は完全に無人のロボット化されると思う
でもそれだと、未来の戦争を通じて人間ドラマを描くなんてできなくなるけどねw

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:32:41.23
>>408
単に他の乗員の描写がないだけだろ。ベリョースカ号のもとの乗員でそのまま運用してるんだろ。

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:35:39.85
>>412
その手の兵器は、必ずカウンター兵器や妨害兵器などが出て
無力化されるんだよな。(ということになっている)

というわけで、銀英伝世界ではどうしても人手が必要。


・・・そういう無力化兵器が出るなら、人間の脳波などをコントロールして
人間そのものを無力化もしくは操り人形にする兵器ができそうだよなwww

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:40:57.94
銀英世界はレーダーとか電波関連はかなり無力化されてるんだよね。地上じゃあ伝書鳩をいまだに使ってるとか。

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:41:58.91
人類は紙を超える情報媒体をついに発明できなかった

って記述があるけど、タブレットが進化していけばあっさり覆されそう

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:50:52.95
>>416
満員電車で新聞を広げたりめくったりすると殴られそうなので、
ぜひタブレットに全面対応してもらいたい。>新聞社殿

ただ、ページをめくって一度に複数のページを行ったり来たり
できるあたりが、紙が優位ですな。
電子ペーパーが実用化されれば、その優位は消えるけどw

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:51:36.33
>>416
超えるのは難しいような気もするが、どうなんでしょうねえ。紙の最大の利点は
電源や特別な機器を必要としない点かな。これをどう超えるかだな。

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:54:46.35
>>417
俺は車の中で新聞読みながら通勤したい

まぁ、携帯弄ってる確率のが高いけどさ

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:56:46.02
でもタブレットってそのうち下敷きくらいの厚みになると思うんだよな
夏暑いとき、団扇代わりに使える大きさになってからがタブレットは本物だと思うw

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:59:14.78
「13日間戦争」の時、EMP爆弾で電子情報媒体の記録が消滅した
にがい経験があったんじゃない

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/26(土) 23:59:29.31
機械に頼る電気や磁気記録はだめなんだってばさ
視覚で情報を認識する人間であるかぎりパピルスより優れた物質、方法は
現代人の叡智を越えてて創造も想像もできない
テレパシーなんてな能力が持てれば大革命がおきるけど

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 00:00:57.65
>>421
東北の津波もそうだけど
人間は何十年に1度の惨禍よりも今日明日の利便性を優先して
海辺に家建てちゃう生き物なんだよ・・・

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 00:12:36.87
例えにでてるタブレットは単に記録を投影するインターフェースじゃん
そりゃ便利なら利用するけど、記録そのものは文字と絵に変わりはない
それって紙と同じだよ。だから電子ペーパーとも呼ばれてる

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 00:22:30.17
>>417
満員だろうがお構いなしで日経広げてるリーマンばっかだなあ…
そんなに株の値段が気になるなら会社に早出して好きなだけ読めや、邪魔なんだよボケ

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 00:32:32.67
電子媒体の問題点は電源が無いと意味がない事とハードの寿命
紙は千年単位で持つけど電子媒体は50年も持たないだろ
記録媒体は保存状況次第で多少は寿命伸びるけどそれでも100年持つかどうか
常にレガシーデバイスを切り捨てながら進化するものだから記録媒体を読む方法は
もっと早く消滅するしな

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 00:32:48.95
>>406
うん、だから、信号機や標識、走行レーンに加えて地図・GPS情報を指して
インフラと呼んでいる。インフラが無くてはITSは実現し得ない。
宇宙空間に信号機などのインフラは無いぞ。

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 00:38:37.81
>427
パルサーなどの特殊天体を観測すれば定位できる
通常航行中の移動距離は大したことはないので、ワープアウト後に観測して基準天体を定めればおk

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 00:40:28.53
>>425
iPodの音を漏しまくりDバックを背負いつつ
その非常識なリーマン糞豚野郎を注意すればええ
車内は皆、君の味方だから勇気だして社会モラルを良くしよう

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 00:47:34.39
【サッカー/ブンデス】岡崎慎司がドイツで初の2ゴール! 開幕戦以来の結果を残し、マインツにリーグ7戦ぶりの勝利をもたらす[10/27]
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1382801026/l200

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 00:48:49.95
銀河外縁部を迂回するとどれだけ時間がかかるの?
大雑把に1ヶ月のところが1年になってしまうとか
そんな程度でいいんだけど

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 00:57:53.04
>>428
精度が全然足りないわw

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 00:59:44.12
>>412
>この種のメカっていうかアルゴリズムの進化は怖くなるくらいだよ
正確には、アルゴリズムの進化は確かにあるが、意外と大したこと無い。
計算機の進歩により、昔は非現実的だったアルゴリズムが実行できるように
なったことが最も大きい。

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 01:01:42.53
恒星や他銀河で位置測定つうのは全くわからないが
銀英の船舶航行にはどういった精度が必要なの?

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 01:13:30.58
>>427
まともなAIがあればその辺全部解決できるんだけど
この世界って何故かAIは無いからなw
航法計算すら手動でやってるぽいし

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 01:20:41.90
恒星の重力磁場だっけか、コンピューター使用不可で筆算で済ませられんだから
位置測定やら航路なんざザックリでええんでないのか

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 02:20:29.32
>>435
1600年かかっても、ついにフレーム問題が解決しなかったんだろうなあ。

>>436
逆じゃね?
位置測定が正確だから、筆算で済ませられたんだよ。

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 04:17:36.73
>>429
いやいいから満員電車で新聞読むなよw
てかDバックってww
>>433
それら全部をひっくるめて進化というんじゃないだろうかw

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 06:43:33.52
>>406
>自動的に信号機や標識、走行レーンを認識して
画像認識で自動運転てのは今、データとりやってるね。カメラと認識システム積んだ車を全国で走らせる
仕事があった。
イレギュラーな動体を正確に認識するかが肝だそうだ。

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 06:47:48.99
>>416
手軽さ、保存性……etcで言えば、ハードに依存するデジタルはダメだよ。

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 07:42:34.13
紙は糞した後に尻も拭けるしな

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 08:10:42.68
ラグナロックやマルアデッタの同盟領で戦争なんてしてた時、敵と戦うより移動時間がかかってたからお金と時間の無駄だな。

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 08:14:34.30
>>442
戦争というのは、ボタン戦争と呼ばれる時代を除いて、戦い自体より移動の方が
時間がかかるものだ。

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 08:22:19.34
>>429
荷物でパンパンのリュック背負って音漏れしまくりのイヤホンしながら
豚リーマンに注意したら逆ギレされてボコボコにされました
謝罪と賠償を要求する

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 08:45:38.19
ラッシュでねーからフルボッコされる
つか弱わッ!!

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 09:25:52.66
>>442
細かい制約なしで距離5万光年くらいのワープ技術を早く開発しないとだめですね。

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 09:26:46.00
フェザーン占領時や遷都の時に在フェザーン同盟人は退去させられたんだっけ?

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 09:41:43.81
アイゼナッハは奥さんにどうやってプロポーズしたんだろうか
デート中に教会へ親指向けて二回ほど指し示す仕草をしたとか?

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 09:47:34.91
>>441
「ケツを拭く紙にもなりゃしねってのによぉ!」という名台詞があるぞ。

ところで銀英伝世界の地球では核戦争の後、モヒカンや世紀末覇者が出てきたりしなかったんだろうか。

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 09:49:58.44
そんなことより、ネグロポンティ君の娘はどこ行ったんだ?

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 10:06:25.40
>>449
> モヒカンや世紀末覇者

似たようなものだけど、「神の軍隊」を称した宗教団体が多数出現していた。

おかげで、全人類に総スカンされて宗教は衰退しました。

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 10:13:13.42
ゴッドアーミーが出現しそうだな

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 10:20:15.03
艦内での重力はどうやって発生保守していたのかな?

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 11:13:37.45
縮退炉があれば制御できるんだろうが銀英にはないから
何かしらの「エネルギー」が「質量」に対して負荷(重さ)をかけてるとしか言えない

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 11:21:09.25
>>454
重力制御、慣性制御が確立されてる世界なんだからそれでやってるとしか言いようがない。
それ以上の原理などは誰にもわからない。

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 11:22:55.89
>>453
重力もそうだけど慣性制御やワープ、この辺は考えるだけ無駄だよ
まともな描写がないし作者は設定自体考えてない

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 11:28:03.62
>>456
別にハードな考証優先のSFじゃないんだからそれでいいけどね。重力制御の原理など
延々説明されてもしゃーないしね。(現時点では誰にも説明できないだろうし。)

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 11:28:39.69
>>456
大質量の近傍ではワープできないって設定はあったな
(できないというか、どの次元に飛ばされるか判らないか)

じゃ、なぜ一々通常空間を航行しないといけないかってのは謎なんだけどな
核融合動力なので、ガス惑星や恒星の上層大気から水素を補充しながら行動してるのかな
これならあの正体不明のエアインテイクについても説明が付く

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 11:32:54.37
ただ光速の50倍で恒星系から離れられるパルスワープがあるのに、なぜアスターテ会戦
ではそれを使用しないのか??ってのような、作中での整合性は取ってほしいけどね。

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 11:36:18.70
>>458
バサード・ラムジェットが登場してるんで航行しながら補充できるものと思うが
核燃料の補充が必要なのかは知らんよ

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 11:53:44.12
>>460
通常の商船や艦船では宇宙空間の微かな水素を利用する事は無理だけど
比較的密度の高いガス惑星や恒星の大気なら利用できるのでは
バサードラムジェットの縮小版というかね
これならレグニッツアやアムリッツアといったガス惑星や恒星の近傍で
交戦が起こった理由も説明ができるし
一々恒星系を通常航行で移動しないといけない理由付けにもなる
(燃料はほぼ1度のワープ分しか積載できず、一々恒星系の
重力の井戸の底まで降りて水素を汲みにいかないといけない)

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 12:23:29.32
>>461
その設定となると単艦行動は冷や冷やもんだね

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 12:41:01.89
>>457
そうじゃなくて作中でのみ通用する謎理論による謎技術とかで少しでも触れられていれば想像する余地があるんだけど
実際は描写0なんで疑問に妄想以外での答えようは無いよってだけw
理論や技術体系はともかく整合性もないから作者の中でも特に細かく設定していたわけじゃないっぽいし

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 12:41:30.22
戦闘でトイレが故障して水が溢れていた逸話があるから普通に重力が働いていた?

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 13:24:53.59
>>448
作中でも不思議がられていたな
これを四コマ漫画にしたら、まず確実に副官が通訳してるんだろうけど

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 13:35:31.78
>>448
奥さんの前では止めどなく饒舌なアイゼナッハ

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 13:39:09.38
>>448,466
いや、テレパシーだろw

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 13:45:31.11
アイゼナハと一秒見つめあーえばーわかっるー今日までこーれから心のーなーかーまでー♪

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 14:10:11.90
順当に考えれば、「口説いた」んじゃなくて、貴族なんだから決められた結婚なんだろ。

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 14:14:54.26
元々は普通に喋ることが出来たのだが、とある願掛けで無口に…

…「チェックメイト」の台詞が説明出来んかw

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 14:33:59.98
>>470
例の しまった はついうっかり願掛け破ったで説明つくけど、そっちはね。
よほど難しい詰めチェスでも解いてたのかな。

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 16:19:43.93
帝国軍の給料は週払い?月払い?

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 16:40:31.80
「ドイツ 給料日」 でぐぐってみたが毎月の末日が多いようだ
だから帝国は月給制、月末払いなんじゃね
軍隊、公務員、民間企業や締日とか細かいことはわかんね
日本の公務員に合わせるなら15日だな

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 16:41:31.26
アイゼナッハは奥さんが副官並みの翻訳力持ってるんだろ

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 17:03:33.71
銀英伝の創元SF版と古い徳間書店版は中身は同一でしょうか?
同一であれば巻ごとに安い方の古本を集めて全話読もうと思っています

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 17:04:43.48
>>474
運命の出会いをしたわけね。
>>473
あんた、いい人だな。

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 17:12:26.45
>>475
自己レスです。徳間書店版は徳間ノベルズ版のことです

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 17:35:10.65
女口説くときとセックスの時だけは異常に饒舌なんじゃね
アイゼナッハにとっては軍務は余技で部下も同僚も皇帝も会話するに値しない程度の存在なんだよ

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 17:41:15.03
そもそもアイゼナッハは何のために作戦会議に顔を並べてるんだろ

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 17:47:25.19
トクマ・ノベルズ版って、もう20年以上前のやつだけど
古本流通してるのか
紙が茶色くなってたりしない?

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 17:48:59.07
>>475
誤字脱字や矛盾した数値以外は同じはず。(創元SF版は読んだことないけど)
挿絵が違う。

徳間ノベルズ版は・・・道原かつみ版じゃない古い挿絵
創元SF版は・・・wikiによると挿絵がなくなってる?!

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 17:50:43.14
創元版は挿絵はないよ
デュアル文庫は「ラノベ」のレーベルだったから挿絵も追加しただけかと

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 17:50:51.97
銀英伝の帝国語と同盟語の元になった言語は何でしょうか?

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 17:53:03.19
>>479
先後天的傷害でしゃべれないんじゃなくて
自分の意思で喋らないだけだからなぁ
こんなにふざけた奴が将官てことは
実は実家が門閥の有力貴族で内乱時も
実家がラインハルトについたとか政治的事情でもあるんだろうか

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 17:54:50.50
>>480
(;∀;)歳ヲトルハズダ…

>>483
物語から3000年以上前のラテン語w

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 18:20:50.84
>>481
徳間ノベルズ版も外伝は道原絵で統一されてなかったか?

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 18:25:06.10
実は副官こそが本物のアイゼナッハだったとか
アイゼナッハだと思っていた人物の方はただの傀儡

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 19:16:05.36
>>459
進路上に障害物があると即死だから、と脳内補完。

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 19:18:44.91
>>480
>>481
ありがとうございます!!
あくまでも古本屋の105円コーナーで探し当てて
銀英伝を読んでみようと計画しているだけなので
ノベルズが茶色に変色していようが本文が基本的に同一なら
どちらでもいいかなと思っていました。これで1巻から気軽に読めそうです

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 19:38:17.53
ガチガチの貴族階級社会だから口は災いの元だと知ってたから軍隊では必要最小限しか喋らなかったとか。

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 19:55:29.21
銀河英雄伝説はワープの設定とアイゼナッハの設定は考えるだけ無駄w

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 20:08:27.90
では地球教が銀河征服支配するにはどうすればよかったのか考えよう

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 20:13:56.50
>492
キュンメル事件の時キュンメルに渡したのとは別に起爆スイッチを用意して
皇帝が席に着いた瞬間に起爆

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 20:18:10.70
アイゼナッハを通訳する副官は多少の脚色して伝えているのではないか?

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 20:29:22.46
>>492
皇帝ラインハルトを地球教に改宗させる。

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 20:30:34.55
>>492
サイオキシンを大量生産して、どんどん無料でばらまく。
中毒になったら奴らを薬でコントロールする。

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 20:33:36.05
>>492
地道な布教活動 貧民や農奴への宗教的な活動はもとより、医療、教育、
相互扶助などの社会奉仕活動などを行い一定の支持を得ること。

そのうえで権力者を洗脳する。

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 20:40:03.93
あのフェザーン作るまでは凄く良かったのに。どうしてカルトに走った。信心深い門閥貴族を洗脳すればよかったのに。リヒテンラーデとかブラウンシュバイクや三長官とか。あと同盟もさトリューヒトだけじゃなくてさ。

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 20:43:07.92
帝国の支配層はルドルフ教に洗脳されていたし、同じく同盟はハイネセン教に
盲信していたから

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 20:59:56.32
>>497
そりゃなんてイスラム過激派だ

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 21:25:27.21
>>461
>これならレグニッツアやアムリッツアといったガス惑星や恒星の近傍で
>交戦が起こった理由も説明ができるし
レグニッツアはティアマトでの戦いの前に威力偵察に出て、遭遇戦になった……みたいなもの
で、別にレグニッツァに用があったわけではないが……
アムリッツアも集結した味方が陣を張れるところでたまたまと言うだけの話で……
レグニッツアに燃料調達の目的行っていたとすると、あんな策くらうパエッタは何しに行って、
何処で火遊びしているかも理解できない重度のアホタレだな。

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 21:58:43.37
>>461
ワープの設定はもっと詰めないと「なぜ戦場が限定されるのか」わからないよね。
敵を通り越してしまえばよいわけで。

たった1回のワープで燃料を使いきってしまうから行動が極端に制約される
ワープが終わったら必ず燃料を補給しないといけない
惑星のない星系にワープアウトしたらマジで遭難する
というのは、TRPG「トラベラー」の設定がそうだね

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:07:55.16
>>500
イスラム教だけじゃないよ 初期キリスト教も同じ
まず、社会の底辺で広がってから支配者を洗脳して国教となる
注意するのはタイミングよくしないとダメ 片方だけだと潰されてしまう。
ラマ教はモンゴル帝国の皇帝を洗脳したけど民衆の支持を得ず中国から消滅した。

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:10:03.88
戦場が限定される、のじゃなくて、戦場を設定してる、のだと思うのですが?
相手を通り越しての背後に出る事と、相手の方向に自分が都合の良い向きに
なることが同時にできるとは思えません。

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:13:09.35
この世界、敵の艦隊を待ち受けて迎撃するのが基本だね

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:13:24.19
>>504
敵の艦隊を飛び越えて背後に出たら、敵の補給路を
押さえられるから、それはそれでよいことになる・・・かな?

自艦隊の補給路も敵艦隊に押さえられることになるけどねw

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:20:19.41
>>430
大日本帝国臣民にブラウンシュバイクいや茶色の豚が屠られたってことだよね

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:21:14.82
>>504
相手の方向に自分が都合のいい向きって意味がわからない
つまり、艦がおしりを向けた状態だから、敵の攻撃を受けた時に応戦できないってこと?
同時にできなくても、艦隊の軌道を変更せず、その場で回頭するだけなら一瞬でできるでしょう
慣性制御装置だってあるんだし。
そもそも応戦する必要なんて無いんだよ
ワープの制約が「大質量の近くでは出来ない」だけなら
敵の艦隊も要塞も全部通り越してしまえばいい
敵が追いかけてきたら逃げて、逃げて、新しい敵が立ちふさがってきたらそれも通り越して
そのままオーディンやハイネセンまで行っちゃえばいい
補給の問題があるというが、補給部隊だって同様に敵をワープで通り越せばいい
つまり、ワープはもっともっと制限を設定しないと。
星界シリーズみたいに、門から門にしかいけない、というのが一番スマートだろう

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:21:35.00
>>503
インドにおける仏教もその類型だな
日本における仏教は上からだが
行基や後の一向宗の活動を通じて民衆に浸透して行った歴史があるな

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:25:21.81
>>506
そもそも、ワープが無制限に行えるなら、
「補給路を押さえる」ということ自体が不可能なんじゃないかなあ
押さえられそうになったらワープで逃げればいいってだけ
輸送船はどうしてもワープ性能が劣るから逃げ切れない、という設定にしない限りは。

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:26:01.65
>>508
> そのままオーディンやハイネセンまで行っちゃえばいい
単純に決戦場所が「そこ」になるだけで、銀英伝で描写された「ある戦場」で決戦する
のと、それはどう変わるんですか?

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:30:22.68
>>505
敵軍を撃滅するのが良いか
敵軍をスルーして本拠地を叩くべきか、
というのは難しい問題で、技術レベルによっても変わってくる
一般論として、本拠地を叩きたいが、そのためには敵軍をある程度は潰さないといけない
そこをあえて潰さずに通り抜けるのが浸透戦術だ
ドイツ電撃戦をはじめとする浸透戦術は、銀英伝世界では一般的じゃないんだろうね

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:32:58.28
俺は強襲揚陸艦の艦長だが出番がなくて暇だ

みんなワープでいいじゃんって言うんだもん(´・ω・`)ショボーン

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:36:57.73
>>511
「それ以外の決戦場」がすべて無意味になるじゃん?
要塞も駐留艦隊も役に立たない
作中でも
「もし一万光年以上の長距離ワープが開発されれば、直接首都に艦隊を送り込めるので
戦争が全く変わってくる」ってヤンが言ってる
あれだよ
「もし一万光年以上のワープが開発されれば」という条件はいらない
100光年のワープでも、制限が「大質量の近くでは出来ない」だけなら同じことになる

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:48:40.39
>>514
そういうことではありません。
戦場を設定する場所が変わるだけで、「対峙した後の戦闘の描写」になにか
変化があるんですか?という意味です。
もしも、それにたいして違いがないなら、銀英伝で描写されるような宙域から
宙域へ、そして戦場にある自然現象によるゆらぎなど、オリジナルの戦闘描
写の方が面白いですよね?ワープについて捏ねくり回すより。

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 22:49:24.41
艦隊で一斉にワープを行うと、ワープアウト時に艦首の向きがてんでばらばらになってしまい、格好の的になってしまうでいいんじゃね?

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 23:01:52.82
SF的な整合性では最近の作品のが遥かに完成度高い
例えば星界とかよく考えられている
でもだから面白いかっていうと別問題だけど

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 23:03:20.66
>>515
いろいろな宙域で戦ったほうがおもしろいのは分かる
面白さを追求した結果、一気にワープしていけないことにしたのだろう
だからこそ、「それでは面白く無いから」というご都合主義な理由ではなく
「なぜワープして首都まで行かないのか」という「作中の合理的な理由」
を設定して欲しかったのです
だからワープには制限が必要だった

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 23:13:31.24
だとすると不思議ですね>>518
銀英伝では、そういった「作中の合理的な理由」は、艦船や艦隊の動きとして
表現されていたと思いますし、物語として「作中の合理的な理由を説明する事」
は特に必要ないと思いますが?

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 23:24:48.62
>517
ネット普及以降どのジャンルも面白さの前にいかに叩かれないか批判されないか気にし過ぎなんだよ
100点と30点の要素が入り混じった作品より全部70点な作品は明らかに増えた

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 23:40:31.40
双方の拠点以外での遭遇戦は銀英伝に限らず多数のスペースオペラにおけるお約束

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 23:47:55.40
>>519
ワープ理論とかはともかく戦場設定の合理的な理由は必要だと思うけどね
作中の描写だけみたなら帝国なんてある程度大軍ワープで飛ばしてハイネセン占拠しちゃえば終っちゃうもの

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/27(日) 23:52:34.20
>>522
それは乱暴な解釈ですね。それにフェザーン回廊経由で帝国軍が進行する時に
同盟宙域の航路情報に拘っていましたから、あなたはそもそも作中の描写を読み
切れていないんじゃないでしょうか?

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 00:34:47.57
>>522
乱暴も何もワープを阻止する方法がないんだもの
長距離移動はワープだけなんだから飛ぶばれたらおしまいでしょ
航路ってのはそもそもワープ用航路以外ありえない訳で
迎撃地点も回廊出てすぐか拠点防衛か航路に沿ったワープポイント以外ありえないはず

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 01:42:15.96
同盟々言ってるけど反乱軍だから。テロリストだから!冬バラあたりまで。ハイネセンに、ヤンの氷の攻撃なり核放りこまれても帝国には痛くも痒くもない。矯正または粛正した。でいいくらい。犠牲でないし。

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 03:19:43.52
帝国領侵攻についての疑問
ラインハルトは焦土作戦に出たわけだけど、そもそも同盟が当初から長期戦を見越していたらどうなったかな
一気にいくつもの星系を占拠するのではなくて、補給が間に合うペースで何年もかけて少しずつ侵攻すればいけたんじゃない?

あと、輸送艦隊襲撃の危険についてキャゼルヌがロボスに言ってたけど、フォークはキャゼルヌよりも戦略眼ないよな
専門外だけどキャゼルヌが作戦立案した方が遥かにマシだと思う

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 03:25:57.24
そうなってたらラインハルトはフェザーンから同盟が長期戦を見越しているという情報を入手して別の方法で戦ってただけだろ

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 03:31:07.88
ロボスの気まぐれで途中から侵攻のペースを落として長期戦にしたら?

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 03:59:33.01
>528
長期戦にしたら政権支持率が低迷するのでロボスは解任される

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 04:07:49.38
>>529
解任されてシトレが赴くことになったら結果良くなるんじゃね?

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 04:13:25.59
>530
誰でも同じ、後任の司令官は早急に目に見える戦果をサンフォード最高司令官より厳命されるので
補給線の確保=占領地の拡大をしながらオーディンへ侵攻するしかない。

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 04:17:36.80
やっぱ同盟政府がクズ過ぎたのか
レベロやルイみたいな良識が少なすぎる

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 08:44:17.58
>>524
「ワープで敵艦隊を飛び越せる」という想定が間違いなのかも
目的地点まで空間がクリアでないと、空間を曲げることができなくてワープできない
ワープというのは単に速いだけで、艦隊などの障害物を飛び越える機能はない、みたいな。
ワープできるのは相当に限定された、宇宙の中では髪の毛のように細い範囲内である
(イゼルローン回廊以外も、できないところがたくさんある)

タイタニアだと「宇宙船をタキオンに変換することで超光速移動」という原理なので
たぶん、途中に障害物があったらダメですよね。(具体的にそういうシーンはないけど)

飛び越せると想定すると、つじつまの合わないのは俺も同感です

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 09:19:18.83
>>533
流石に途中に障害物があればワープ不可だとワープ自体が無理なんじゃね
何百光年て距離が完全にクリアとかよくわからんけどありえないと思うし

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 09:27:04.12
>>526
あの時点では元々選挙のために2ヶ月以内に勝って来いって話だから長期戦自体が論外
選挙関係無しで本格的な帝国侵攻してた場合はどうなったかはわからない
例えば帝国の内乱時期に介入した場合うまくやれば漁夫の利をえられるかもしれない
でも国力や軍事力が圧倒的に帝国の方が上なんでただ地道に攻めるだけじゃ絶対勝てないと思う

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 09:46:06.74
>>535
あの遠征に限って言えば、政府の支持率を上げるために限定的でもいいから帝国軍と戦って
勝利を挙げるってはっきりした戦略目標があったのにねえ。誰かの高度に柔軟性を持ったい
きあたりばったり戦略のせいで無茶苦茶になってしまいました。

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 09:48:36.57
>>535
あの遠征に限って言えば、政府の支持率を上げるために限定的でもいいから帝国軍と戦って
勝利を挙げるってはっきりした戦略目標があったのにねえ。誰かの高度に柔軟性を持ったい
きあたりばったり戦略のせいで無茶苦茶になってしまいました。

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 10:13:24.81
戦争することで政権の支持率ってアップするものなのか?
反対派の意見って無視されるのか・・・

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 10:17:35.00
ハァ?

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 10:19:11.40
>>538
アメリカだと戦時には大統領支持率上がるね
それに、戦果を上げればなおいいだろう

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 10:23:59.16
>>536
アスターテやエルファシルの時の帝国軍が参考になるな
2〜3個艦隊で帝国領の一部を占拠
局地的な勝利を得て帝国軍の全面反撃の前にイゼルローンに撤収すればよかった

逆を言えば、政治的理由からささやかな戦果を期待する
限定的侵攻作戦は帝国軍に一日の長があったと言える

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 10:27:34.74
アムリッツァは一番同盟よりの星系を占領後それ以上は侵攻せず
橋頭保作って今後に備えるのがベストな選択だったような
帝国の一部を「解放」したことになるし、イゼルローンを後方基地とした同盟の最前線拠点の確保は
戦略的には大きな価値のある戦果になるだろう

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 10:49:10.30
高度の柔軟性を維持しつつ、臨機応変に対処する。
それが大攻勢なのです。

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 10:56:04.26
つまり、行き当たりばったりですな。
これって作戦と呼べるものなのか?

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 11:00:20.18
同盟は圧政からの人民解放
帝国は敵対する叛乱者討伐
の大前提の旗を降ろしちゃあかんのよ
だから200もの辺境ド田舎惑星に進駐して食い物も配給した
戦いに勝つだけに専念すんならスルーして帝国艦隊や要塞に直接向かって挑むさね

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 11:27:28.42
駐在しかいないような星を占領するには最低何隻必要なんだろ?いや、少数で攻略に行って帝国軍の反撃で気づいたら
      ノノノノ   ノノノノ   ノノノノ    ノノノノ   ノノノノ   ノノノノ  ノノノノ
     ( ゚∋゚)   ( ゚∋゚)   ( ゚∋゚)   ( ゚∈゚ )   (゚∈゚ )   (゚∈゚ )  (゚∈゚ )
ノノノノ /⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ ⌒ノノノノ
(_゚∋ヽミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿∈゚_)
(ノノノノ\   /   ヽ  /  ヽ  / . ヽ  /  ヽ  / . ヽ  / /⌒ノノノノ
ヽ(_゚∋彡/ ヽ   /∨ ヽ  /∨ ヽ   /∨ ヽ  /∨ ヽ   /∨ ヽミイ ∈゚_)
 (ノノノノ\|  丿  | |  丿 | |  丿  | |  丿 | |  丿  | |  丿. | /⌒ノノノノ
 ヽ(_゚∋| / .  | | /  | | / .  | | / . | | /   | | /  ミイ ∈゚_)
  .( ノノノノ\   . | | .ノ .  | | .ノ    | | .ノ .   | | .ノ    | | .ノ.   | /⌒ノノノノ
  ヽ(_゚∋彡 . 彡彡   彡彡   彡∧∧  彡彡   彡彡..   ミイ ∈゚_)
   .( ノノノノ\                (;゚Д゚)               | /⌒ノノノノ
   ヽ(_゚∋   .              /  | ←>>          ミイ ∈゚_)
    ( ノノノノ\  ノノノノ    ノノノノ〜(,, UU)ノノノノ   ノノノノ    ノノノノ/⌒ノノノノ
    ヽ(_゚∋彡 (_゚∋   (_゚∋     ∈゚_)   ∈゚_)   ∈゚_)イ∈゚_)
     (  ⌒\ (  ⌒\ (  ⌒\  /⌒  )  /⌒  )  /⌒  )|/⌒  )
     ヽヽ个彡 .ヽヽ个彡 ヽヽ个彡  ミイ  //  ミイ  //   ミイ  // ミイ  //
      )). |    )). |     .)). |    | ( (    | ( (    | ( (  .| ( (
     ((  |  ((  |    ((  |    |  ) )   |  ) )   |  ) ) |  ) )
こんなんなってる艦隊とかありそうだから。200とか制圧してたら全部合わせると一個艦隊分とかになったりして

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 11:38:21.16
>>534
いっぺんに何百光年も跳んでたっけ?
短距離ワープを高頻度でやるという可能性は?
たしか、ハイネセンからイゼルローンまで5000光年で、2週間程度かかるんだよね?
1光年程度のワープを4分に1回やれば一日で350光年、2週間で5000光年いけるぞ
もう原作読んだのが20年以上前だからワープの頻度覚えてない。

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 11:44:23.46
>>546
結局各個撃破されたし、本当にそんな状況になった分艦隊もありそう。
治安維持の為に占領地に駐屯していた地上部隊や水上部隊が取り残れたとか。

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 11:46:40.14
フォークやロボスはマジで勝てると思ってたのかな?
士官学校の評価ってアテにならんな
でもアッシュビーや次席のフレデリカみたいな有能なのもいるし…

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 12:09:59.43
>>547
第13艦隊の初陣のときは長短22回のワープでイゼルローン回廊に入ったとありますな。

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 12:15:34.09
>>549
病人とボケ老人に期待してはいかんな

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 12:17:35.92
>>550
じゃあ一回で200光年くらいは飛んでるのか。
「障害物があるとワープできない説」はあり得ないな。
「ワープすると補給や点検が必要になって足が止まる説」でいくか。

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 12:22:36.65
>>552
所要時間のほとんどはバーラト星系内と回廊内の通常航行に費やされてると思うのだが

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 12:23:11.10
>>549
ロボスは少なくとも第六次イゼルローン攻略のあたりまでは有能だった
第三次ティアマトのあたりからどうも耄碌が始まってたっぽい、後方からの指揮失敗とかグランドカナル事件とか

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 12:27:47.60
>>554
イゼルローン戦でもあまり有能と感じなかった
兵力の出し惜しみをしてラインハルト逃したり、トールハンマーをモロに喰らったり…
でもラインハルトがいなければもっと戦果を挙げられていたような気もしてきた
d線の作戦も成功したかもしれないしね

ところで、あの時の同盟側の提督って誰がいたっけ?

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 12:41:14.36
>>553
ヤンの独白、数千(4000光年だっけ?)を20日あまり(だったと思う)は悪くない。
ってとこから考えてそれはないでしょ。まあ最初の3日は光速の50倍のパルスワープと
やらで反対側に偽装航路とってるけど、それは0.5光年にもならないしね。回廊内では
ルッツの速度から見てかなり遅くなるようだけど、通常の星系内は光速の1.2%までは出
せるんだからすぐでしょ。

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 12:43:24.33
>>555
我らがホーランド提督、未来の帝国領侵攻作戦の総司令官の予定(本人談)

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 12:57:13.10
アッシュビー達は生まれる時代を間違えた
ヤンと共闘するところを観たかった
でもスパイ網さえあれば誰と共闘してもうまく立ち回れるのか
ヤン、ビュコック、ウランフ、ボロディン、パエッタ、ルグランジュ以外の提督の席は730年マフィアで埋まったかな

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 12:59:06.05
>>556
星系内で光速の1.2%しか出せないんだったら
海王星軌道までに2週間くらいかかってしまうんだが

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 12:59:06.63
>>547
8回の長距離と11回の短距離で4000年光年を24日
ちなみに演習名目だから最初の3日は逆方向にパルスワープしてる
パルスワープは光速の50倍って描いてあるから長距離ワープはそれとは比較にならんと思う

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 13:01:55.07
アーレ・ハイネセン達のワープ機関は優秀だったって事だね!

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 13:07:55.38
>>561
なんで優秀なの?そもそもアルタイルって一体どこにあるんだろか

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 13:11:37.16
外伝かなんかで、航路管理のねーちゃんが自殺騒ぎ起こした時に
もうちょっとで恒星に突入するところだったとかなんとか言ってなかっ
たっけ?

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 13:23:18.91
恒星系内ってワープ不可なんだっけ?

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 13:58:44.69
オスカープロモーション

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 14:19:02.38
>>563
ユリアンの日記によるとあの後自殺した女性士官の死に顔にフレデリカが化粧したそうだが
レンネンが死んだとき死人に化粧するのは最初で最後でしょうねみたいな事言ってるよね
あれはどっちが正しいんだろ

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 14:23:14.32
>>560
光速の50倍って、なんか一瞬凄いような気がするけど
我に返ると50光年進むのに1年掛かるんだよね。

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 14:36:57.36
普通のワープは4000光年を20日だから
最低でも7万倍くらいは出してるんだよね。
ワープしてない時間もあるだろうし

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 14:48:41.42
>>559
ワープ使やいいじゃん。
ワープ使えない恒星の近傍空間って恒星系内のことじゃないだろ。

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 14:49:16.04
>>559
重力制御、慣性制御できる世界なんだから、惑星軌道に対して垂直に進めば星系外などすぐに出れるよ。

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 15:20:31.55
>>570
そのまま動かなくても恒星系自体どっかいっちゃうもんなw

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 15:40:52.63
舞台こそ宇宙だけど、描写的には海のイメージに近いと思っている
飛んだ先が台風で荒れ狂う海域のど真ん中だったりとするとアウトみたいな感じで

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 15:55:39.66
>>572
ワープはともかく他はどうみても陸上ですな。敵対する2大勢力、その間には通行不能な
大山脈が横たわり、2箇所の隘路のみが通じており片方には難攻不落のイゼルローン関、も
う一方には自由都市フェザーンが存在するって構図だね。

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 16:43:22.13
双璧とヒルダがハイネセンを強襲したんだからワープで相手の本拠地直撃はやろうと思えば可能だろう

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 16:59:50.41
>>574
そりゃ絶対戦力の不足からハイネセン防衛を諦めるしかなかったからだよ
ハイネセンへの侵攻を防ぐならランテマリオなりアルマデッタなりで
正面決戦に及ぶしかないが、ヤンはそれを諦めて
ゲリラ戦に徹したわけで

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 17:01:57.85
>>555
アップルトンとかアルサレム

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 17:04:15.30
>>574
なんか、こういう「時と場合」を無視して「いついかなる時でもできる」って思い込んじゃう
人って、いったいどういう思考形態をしてるんだろうね?

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 17:17:55.37
>>575
迎撃がハイネセンになるだけで攻撃自体は可能なんじゃね?
相手がワープした時点でもう止める術がないし
ランテマリオなんて単に帝国がつきあってくれただけであれも別働の一個艦隊でもハイネセンに向かわせれば
同盟は降伏せざるを得なかった

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 17:22:11.14
>>578
ハイネセン上空戦なんて、流れ弾とか・・・

・・・燃える戦いになりそうでイイ!(・∀・)

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 17:23:14.34
アニメのメルカッツはリップシュタットの頃が一番男前だよね
亡命きてからは目が細すぎる気がする
年かな

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 17:25:12.71
>>577
逆に聞くけど時と場合によっては不可能な理由は?

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 17:32:13.54
>>577
いつもの屁理屈こねるだけのバカだろう

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 17:42:33.33
プロレス見てて
ロープに振られたら何故戻ってくるの?
当たりそうもない大ぶりの技ばかり繰り出すのは何故なの?
なんでそれを普通に食らってるの?
と聞いてくる奴はアホ

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 17:46:06.64
おいおい

>ロープに振られたら何故戻ってくるの?
>当たりそうもない大ぶりの技ばかり繰り出すのは何故なの?
>なんでそれを普通に食らってるの?

これに無理やり理屈つけるのがこのスレだろ

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 17:46:37.77
なにがどうなってのかしらんが噛みつくのも噛みつき返すの同じだぞ

まぁいいか、本題だが
時空震に惑星を巻き込んでいいなら近接ワープアウトは可能なんじゃね?
艦隊はしらんがガイエスブルグ要塞は300光秒の距離で危険だったよな

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 17:47:28.51
>>581
そりゃ「ワープで相手の本拠地直撃」が可能だと一般的に認識されていたら、
それを行うだけでなく、「それを迎え撃つ準備」も当然なされるわけで、そうなると
小規模な別働隊でやるとか無理だし、備えがある所に突っ込んでかなきゃなら
ないなら質量共に「勝てる算段」をしなきゃならない。

いつになったら「イケイケ」になるか、俺には見当もつかんね。

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 17:51:45.74
実際、ラグナロックの時くらい戦力差が出来てると帝国側が何やっても止める術はないよね

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 17:54:28.52
>>583
銀英はプロレスだったのかよw
作中の描写からあたりまえに思い浮かぶ疑問がワープや通信関連だろ
登場人物は読者を楽しませるためにあえて出来ることやらなかったり騙されたりしたフリでもしてのか?

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 18:10:39.21
>>586
でも実際侵攻側がワープしたらそれを止める術もなけりゃどこに移動するかもわからんからなぁ
攻める方が好きに蹂躪できるのはかわらんと思うよ
同盟の場合国家分裂を避けるために相当の戦力を無駄な追いかけっこに割かなきゃならんし
それにハイネセン近郊まで帝国軍が来たらもう詰みだと思う
ハイネセン自体を攻撃すりゃいいんだから
ラインハルト以前の帝国ならそれでいいしラインハルト以後の帝国なら同盟の戦力なんてそもそも無視でいい

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 18:17:37.76
ワープ繰り返して進むにしても1日で進める距離は限られてるみたいだね。
ラインハルトの援護にバーミリオンいくよりハイネセンに行く方が日数が
少ないって言ってたし。

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 18:23:08.62
1万光年を超えるワープ技術は戦略的発明になるってことだし、13艦隊の行動から考えて
今のところ1回のワープでは200〜300光年くらいが限度で、かつ1日に1回程度しかワープ
できないようだね。艦隊の航続距離や補給の必要の有無は不明だな。ユリアン日記の描写
ではイゼルローン要塞、ハイネセン間は無補給で行けるように思えるが。(どっかて補給して
るのを単に日記に書いてない可能性はあるけどね)

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 18:33:22.97
艦、艦隊の航続距離や継戦能力も不明だからなあ。艦隊戦で一番長い戦闘はバーミリオン
だと思うが、あれも両軍とも再編成はむろんやってたが補給部隊を後方に待機させて何度
か補給してたのか否か?ってのも不明だしね。個人的には戦闘模様やヤンが最後でそろそ
ろ物資が心配で正確に狙えって言ってたとこから無補給で戦える限度があれだとは思うが
むろん確証は無いしな。

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 18:39:57.30
>>592
燃料を気にする描写はないからそっちは大したことはないんだろうが
食料物資についてはかなり補給問題がある感じに見えるな
核融合燃料は宇宙のどこにでも無尽蔵にあるから
特に気にしなくていいけど、食料や物資などの
工業的・人為的に作り出す必要のあるものについては問題が大きいように見える

艦隊戦だとビーム砲はなんとかなるが、ミサイルやレールガン用の砲弾なんかは
補給の問題が大きいのではあるまいか

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 18:54:25.14
「物資が足りない?そりゃ使えばなくなるだろうよ」
とキャゼルヌがキレていたシーンが何回かあったな

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 19:12:12.13
>>593
食料なんかは1ヶ月分くらいは積んでそうだがやはりミサイルですなあ。戦艦は何本
搭載で一回に何本発射するのか?いずれも不明だし、そもそも使い方で変わるしねえ。
小さいとき、賞品ビール1年分とか何本だろうってよく悩んだが。ミサイル1日分っ
て何本なんだろね?w

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 19:17:29.73
とはいえ補給担当者はその消費量を計算して(物資や輸送力には限りがあるのだから)
計画組まないといけないんで大変だな。キャゼルヌの苦労がわかる。まして苦労して
調達、輸送を実施しようとして上層部の無理解で護衛少なく途中でやられようもんなら
キレますね。(他に無計画、無配慮に撃ちまくる奴とかもかな。こっちは戦術上の関係で
やむ無いときはあろうが。補給担当からしたらもっと大事に使えって言いたくなるよな)

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 19:30:49.09
ビッテン艦隊のミサイルの消費量は他の艦隊の3倍に見積もれとか、各艦隊(司令官)
の個性見越した、裏マニュアルみたいなのがあるんかいな?
(こういう場合でも同盟の前半の提督は個性乏しくて例に出せないのは悲しいなあ)

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 19:44:49.22
ビッテンフェルトの艦隊に配属された兵士の生存率は一番低いかもしれない?

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 20:13:02.66
何万という同名将兵の中で10数名しかなれない艦隊司令官にムーアが何故選ばれたんだ
もっと他にいいやつがいただろうに

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 20:15:07.86
柔軟に対応せずにすむ局面、あるいは分艦隊レベルの指揮官としてはそこそこ有能だったのかもしれない
あとはトリューニヒト派としてのコネとか

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 20:33:40.45
>>599
攻勢に定評があって、最高司令官の下で戦えば有能な将官なのでは?

グエン・バン・ヒューみたいなタイプ

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 20:38:51.12
>>589
お前はオモロいな。
> ワープしたらそれを止める術もなけりゃどこに移動するかもわからん
のがデフォだと決め込んでるが、銀英伝のワープがそゆもんだと決めつけてるのは
お前さんだけのような気がするぞ。

自由自在に駆使できて、相手の根拠地に相手の索敵や反撃が間に合わないような
位置でワープアウトできる、と決め込んでるようだが、そんなワープが前提なら、まあ
さっさと根拠地攻撃して30ページで終わっちまう。

お前さん、設定オタクかもしらんが創作の才能は皆無だな。

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 20:47:02.30
メルカッツとビュコック&チュンがガチバトルしたらどっちが勝つかな
個人的にはメルカッツ

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 20:52:29.77
>>509
背後からの奇襲に耐えられないって即座に判断できたり、犠牲覚悟で反転しようとしたり
してるところからすると正面からぶつかって相手を粉砕するって戦法で、のし上がってきたのかもね

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:10:09.90
惑星直近ワープアウト電撃強襲作戦は採用してもらえないの?

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:12:37.52
それは時空震を利用した攻撃なのか?

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:17:17.63
>>605
惑星重力の影響によるワープ誤差のせいで、艦隊の半数が
大気圏突入して戦わずして喪失しそうだw

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:17:22.70
>>605
まあ、大質量の近傍でワープインすると、どこへ行くかワカランということは
オリジナルで明瞭にされてるから、惑星程度の質量の至近距離に正確に
ワープアウトできると考えるのはやや短慮じゃないかな?

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:24:40.16
>588
ラインハルトのやってる事はかなりプロレスに近い
受ける必要もないヤンの戦略を正面から受けきる事を美学にしてるからなw
普通ならビッテンが進言したり双璧ヒルダが実行したようにヤンを無視して首都を突く
戦略上の目的はヤンの撃破ではなく自由惑星同盟征服なのだから

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:27:16.49
金髪は負けず嫌いの中でも、最後は自分が勝って終わらないと気が済まないタイプだからなぁ

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:29:55.46
ロイに向かって言った「私は誰の挑戦でも受ける!」って発言は確かにプロレスだ

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:33:30.34
同盟なら獣神サンダーライガーみたいな仮面提督がいてもいいよな

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:36:44.89
銀英伝とプロレスがこんなに相性が良いとは新発見だなwww

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:38:25.39
ラインハルト「イッチバーーーン!」

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:38:36.73
>>602
決め付けるも何もある程度航路に沿うんだろうがそれ以外ありえんだろ
ワープにその種の制限がある描写がないんだからw
書いてあることだけから推測してるだけなのに何で俺に創作の才能が必要なのか理解に苦しむわ

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:42:34.35
アイゼナッハの無口もギミックだと思えば説明がつくなw

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:44:00.86
>>615
あまり言いたくないが反応すればするほど自演にみえてくるからスルーしてほしい

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 21:55:45.66
ワープに関しては細かい設定はないけど
作中で一度も実行されていない事から敵の防衛線をワープですり抜けたりは出来ないっぽい
また戦術にワープを組み込む事(相手の後方へワープするなど)も出来ないようだ
これらは状況証拠なので絶対そうだとは言い切れないけど、可能なら誰もやらないのは
おかしいから前提として受け入れるしかないんじゃないかね

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 22:08:34.88
>>609
プロレスはそもそも脚本ありきなんで
アレをやらせと笑う方がどうかしてるけどねw
銀英の場合一応生死がかかったガチ勝負が前提なのに
脚本も合意も無いプロレスごっこはじめたら
それはもうただのアホなんじゃないだろうか?

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/28(月) 22:12:18.65
>>618
だな。

1. 書いてないんだから、俺が思った通りの事ができるに決まってんじゃん!
2. 書いてないんだから、できないって前提があるかもしれない事を受け入れなきゃね。

だったら、2の方が真っ当な考え方だ。

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 00:34:08.73
ワープを戦術的局面で使えるなら
瞬間物質移送機でスパルタ二アンを敵艦隊のど真ん中に
ぶち込むガミラス戦法みたいなのは当然考えられるだろうね

現代の陸軍におけるヘリボーンや空挺戦術に類似した戦術も
当然考案されるはずだしな

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 01:08:31.44
原作者の下手ルールのご都合主義な戦争もどきごっこを
真剣に考察すれば破綻するのが当然だからね

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 01:28:36.28
古墳時代の日本人にmicroSD見せて何に使うか理解できたらすごいよな

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 01:59:55.13
>>621
ガミラス戦法ができるなら、敵旗艦の目の前にスパルタニアンなり
レーザー水爆なりを転送して旗艦を撃破すれば、敵は混乱して敗北し
戦闘は終了する。

そういう戦いがないもしくはできないということは、ワープにそれだけの
精度がないなど理由があると考えるべきだろう。


>>623
某SFアニメで悪いけど、現代人に波動テクノロジーを見せられるのと
同じことになりますなwww

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 06:50:02.16
真田さんなら...真田さんなら大丈夫!

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 09:24:11.85
>>623
80年代の人間でも理解できねえよ!
90年代前半に憧れの1GB SCSI HDDが10万円してたんだぜ。

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 09:35:43.69
>>626
microSDカードってEEPROMの延長だから、60年代の人間でも理解できる。
本当に実現できるかどうかは自信はなかったけどw

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 09:45:50.57
>>621
帝國の宙雷艇ならともかく、スパルニアンとかワルキューレでは対艦には火力が足らない感じ。
奇襲の先陣にして引っ掻き回した混乱に乗じる程度で、定番戦術になるほどのものではないと思
う。それなら、駆逐艦飛ばした方がナンボかマシ、てゆーか艦隊マルごと突っ込めて話になる。
手軽ワープ前提で戦術を考えるとそういう流れになって、まるで次元の違う戦いになってしまう。
それは作者の考えた(資質の限界でもある)陸戦引き写しの戦いにならない。

>当然考案されるはずだしな
忘れがちだが、本編世界ってのは戦争がハード、ソフトでイタチゴッコやりつくした果ての一回り
して、一種先祖がえりしたとされている。つまり、本編に出てこない「ぼくのかんがえたさいきょう
せんじゅつ」の類はとうの昔にやられ、対応されて陳腐化し、廃れたとまず考えるべき。

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 10:08:34.71
>>627
原理がじゃなく容量がだよ。
ムーアの法則もそろそろ限界だよなあって言われてた。

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 10:10:35.11
>>628
陸戦の引き写しなら歩砲騎の書き分けくらいはして欲しかったかな
戦艦を砲兵、駆逐艦を戦列歩兵、戦闘艇をサーベル突撃かます騎兵隊みたいに
書き分ければもう少し戦術に
幅持たされたんじゃないかなと

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 10:21:10.08
ローエングラム朝銀河帝国とアムリッツァ時の自由惑星同盟が連合してガミラスやスターウォーズの銀河帝国と戦ったらどっちが勝つかな

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 10:22:24.47
用途に応じて艦艇を使い分ける描写がほとんどないからな
メルカッツが双璧戦相手に戦艦より空戦部隊中心の軽快な構成で撃退した時くらいか

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 11:45:44.37
>>632
作中年代よりもっと昔は使い分けるのが普通だったのかもしれない。
技術の進歩でなんでも戦艦で事足りるようになり始めたのが作中年代
なのであまり役に立たない戦闘挺が現役

今後はその辺りは縮小されていくとか

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 12:08:48.41
>>633
戦闘艇は混戦になった時に小回り効くので大型艦を圧倒できるって
描写が原作にあるし、アニメ版でも戦艦を撃沈するシーンが描かれてるのでまだいい
よくわからないのは駆逐艦で、もっとわからないのは巡航艦
高速戦艦を量産できるのになぜ巡航艦が必要なのかさっぱりわからん
宇宙海賊退治には役に立つだろうが正規軍の戦いで意味があるのか

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 12:42:58.41
>>634
そりゃコスト(建造、運用)がかかるからだろう。ユリアン初陣の相手の艦隊構成
見ても戦艦は2割程度で巡航艦が3割くらいだったか。全てを戦艦にするのは無理
なんだろ。

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 13:04:38.94
戦艦はあまり小回り利かなくて、コストも高いってことでしょ
駆逐艦は火力低い代わりに小回り利いてコスト低い
巡航艦はその中間じゃない?

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 13:09:12.80
だが、ちょっと待って欲しい。
宇宙空間で「小回り」て、どういう対比で言ってるの?
宇宙空間だから、その場で逆向くとか別にサイズと関係ないような気がするんだが?

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 13:13:54.44
俺はコスト一押しだ、小回りとか関係ない。コスト関係ないんだったら1万5千隻
全部戦艦の艦隊があってよいと思うが無いだろ、それが全てだよ。

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 13:15:07.27
反転するときなんかに隙が小さかったり、小惑星帯でも難なく進めたりとかそういうことでしょ

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 13:19:30.67
装甲の厚い大型艦を並べて盾とし、小型艦が隙間から撃つ、って戦法はあったな。

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 13:20:11.80
>>635
歴史上の巡洋艦は戦艦のいる主力艦隊と
ガチの殴り合いできるようには出来てないんだよな
潜水艦・航空機が主力になる前は戦艦を撃沈できるのは同規模以上の戦艦か
奇襲や夜襲で戦艦に肉薄して魚雷を放つ奇襲兵器・駆逐艦水雷艇だけだった
巡洋艦は広大な海外領土のあるイギリスなんかが
反乱防止に目を光らせる為に作ったものだし
なお重巡なるものは列強の海軍軍縮条約が生んだ奇形児にすぎん

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 13:35:25.92
>>640
アニメではな

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 13:42:31.44
>>642
小説でもあるっちゅうに。

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 13:50:05.15
某SFアニメでは航空機のミサイル一発で空母が沈んだよ!

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 13:54:56.28
空母は誘爆もあるから(ry

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 14:00:08.58
>>637
慣性制御がある世界だが、乗ってる人間が感じるG以外にはあまり活用されているような描写
がないので、『レンズマン』のごとく艦が事実上質量0状態でクルクル機動できるかが、作品内
から読み取れないんだよな。
まあ、そんなわけで現代人の、1G下の感覚で機動している感じに変換するための言い訳ギミッ
クと割り切っている。
深いSF考察はまったくされていない作品なので考えてはいけないことだ。そういうことを考えな
い人が、同じような人向けに書いた作品であるのを忘れてはいけない。
その上で……
>宇宙空間だから、その場で逆向くとか別にサイズと関係ないような気がするんだが?
慣性の法則って知ってるか? 艦の方向だけ変えれゃいいってもんじゃない。向き変えても、速度
は残っているからそのまますっ飛んでいくぞ。それが宇宙空間だ。ちゃんと減速して、向いた方
向に再加速しないといけない。
慣性制御云々抜いても、サイズが違えば向きを変える際の末端の移動距離は変わる=方向
転換の時間差が生じる。関係ないなんてとんでもない。

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 15:12:10.83
>>646
本当に慣性制御が完璧なら、
宇宙船は軌道変更用の小型スラスタだけでいいはずなんだよな
アニメ版の大きなメインノズルは無用の長物なはず

それか慣性制御と言ってもほぼ質量ゼロにして
亜光速で飛行できるほどの性能は無いか、かな

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 15:36:22.59
>>640
イメージとしては、遠距離では

戦・駆・空

で並べておいて、装甲の厚い戦艦が縦になりながら前進

ミサイルが届く中間距離で

駆・戦・空

に配置転換、もしくは戦艦の影から駆逐艦が顔を出してしてミサイル発射
(全弾発射終了と同時に後方へ退避)

敵艦隊とゼロ距離(混戦)になると

艇・戦・空・駆

戦闘艇・雷撃艇が前線に飛び出す

みたいな戦法なのかな。巡洋艦と高速戦艦は陸戦における騎兵みたいに
側面攻撃担当とかさ

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 15:37:08.62
>>647
何度も出てるが星系内では光速の1.2%、星系外では5%程度でしか戦闘時にでも
出してないから亜光速は無理のようですね。ちなみに回廊内ではもっと遅くなる
みたいだね。ルッツ艦隊が要塞に取って返すときやたら遅かったような。
アニメは知らないけどそんなにノズルでかいの?

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 15:47:27.33
>>647
重力制御と慣性制御は艦内のみ。
# 慣性制御がないと、急加速したとき艦内の兵士が吹っ飛ばされるw
艦の外側には影響しないので、艦の推進には寄与しない。

原作によると、イゼルローン要塞でも重力制御は要塞の外側10kmまでのようだ。

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 15:55:10.27
某SFアニメでは亜空間ゲートなるものが存在してだな。

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 15:58:28.75
要塞ごとワープってのは無理があるんじゃない?

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 16:16:03.66
>>650
小説の記述は三美神が確立されたってだけで具体的にどう使用してるかなんて
書いてなかったと思うが。要塞のも要塞の重量でわずかながら重力があるって
記述だったと思うけどねえ。小説とはまた別に原作があるのかも知れないか。

654 :650:2013/10/29(火) 16:27:46.01
>>653
どっかに書いてあったような気がするのだが、私の思い込みかな?

ちなみに、挿絵ではOVAほどではないけど、それなりに大きな推進ノズルが書いてある。
全体的にブリュンヒルトっぽい。

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 17:07:32.23
そこらへんは作者の知識不足だから
考察してもしょうがない

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 17:58:43.14
>>646
>深いSF考察はまったくされていない作品なので考えてはいけないことだ。そういうことを考えな
い人が、同じような人向けに書いた作品であるのを忘れてはいけない。

この部分は完全同意なんだけどなんか切ないなw

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 18:02:44.17
>>654
>それなりに大きな推進ノズルが書いてある。
はっきり言えば、それは「宇宙船」の記号だから。
本編で明確にノズルがないとか、他の技術で不要になったなど示されてないなど普通の理解力
で「ない」と読み取れる位じゃないと、描かないと不自然に取られる。噴射の描写があるので論
外。

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 18:05:50.22
>>654
ノズルの主目的は冷却材の放出口で、
それだけだともったいないので副次的に推進力も発生する仕掛けとかでは?
慣性制御装置も質量をゼロにできるほど高性能でなく
一定の推進装置も必要とかならどうだ
アニメ版の描写では帝国軍艦艇が特に大規模な噴射もせず
垂直に惑星から離陸するシーンあるのである程度船の移動にも慣性制御が使われてると見ていいと思うけどな

ガンダムの世界観だとやたら排熱問題が細かく設定されてて
ビグザムが排熱問題で稼働時間短いとか、MSの稼働時間が排熱問題に拘束されるとか
逆襲のシャアに登場した戦艦に巨大な放熱板があったりとか
色々あったもんだけど

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 18:08:32.68
アニメの宇宙戦艦からノズルを排除したのは
トップをねらえのエルトリウムくらいしか記憶にないな
で、トップはSF設定に偏執的なほど凝ってる珍しいアニメなのは言うまでもない

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 18:31:34.17
>>658
スペスペのような宇宙船・宇宙航行を実現するには、一定程度の慣性制御……無慣性化は
不可欠だと思うよ。質量を0近くにできないと、噴射で進むのは効率悪すぎるし、宇宙船は燃料
ばかり積むことになる。
だから、フィクションの宇宙船のデザイン、描写は設定のあるなしに関係なく、その前提になら
ざる得ない。

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 18:57:58.58
子供の時読んだSF小説で球形の宇宙船があったな 
宇宙では球体が一番合理的では?

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 19:25:04.66
>>661
作品内では合理的な球形のガイエが簡単に推進重心狂わされて自滅しちゃいましたね。
まあ質量巨大すぎて慣性、重力制御が追いつかなかったってとこかな。

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 19:49:36.58
>>661
要塞はそれでいいが戦闘艦は全方向にまんべんなく火力や防御を
配置するのではなく、同じ技術力で指向性を持たせたほうが有利。
相手の攻撃に対しても断面積は小さいほうがよい。

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 20:55:45.02
流石に慣性制御の技術ができて何百年て経ってるのに
船内のG軽減にしか使えませんなんて間抜けもいいところだしなぁ

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 21:03:06.27
んなこと言ってたらJAXAや科学者しか小説がかけなくなるだろ。ローテクだったころの想像小説なんだからそこはそう考えていたんだと感心しながら読もうぜ!

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 21:12:00.41
>>664
基本技術は地球統一政府の時代から1000年以上ほとんど進んでいない。

新技術はゼッフル粒子ぐらいじゃないか?www

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 21:20:55.89
>>663
実は宇宙で一番有効なのは(柔軟なロール機動が可能なのが前提だが)
意外にヤマト型の旋回砲塔なんだよね

仮に真下に敵艦が現れても船体を横倒しにして主砲を向ければ
何も問題なく対処できる
しかも銀英伝型の砲配置に勝るポイントとして
攻撃可能な方向が船の進路に拘束されないんだ
で、最悪なのがガンダムのマゼランみたいに全方位に満遍なく砲を配置するやり方
これでは1方向への火力密度が下がり、戦闘時に確実に遊兵が出る

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 21:45:58.46
銀英伝の戦艦のデザインって、ヤマトとかの時
稼働部が多いと作画担当が苦労した反省でああなったとか聞いたな
今だと、3Dでモデルを一旦作ってしまえば動かすこと自体は簡単なんで
(アマチュアが30分アニメクラスのをぽんぽん作ってるからビックリするが)
もし銀英伝リメイクしたら戦艦のデザインが全然変わったりするかな?

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 21:52:03.07
>>668
OVA版銀英伝も外伝の後半には3Dモデルが出始めているぞ。
ゲームのモデルを流用したのだっけ?
もっとも、3Dモデルを使っていたのはオープニングだけで
本編は使ってないと思うけどw

挿絵を見る限り可動砲ではなさそうだから、デザインはあまり
変わらないと思う。

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 22:00:12.61
銀英伝みたいな量産兵器が大量に出る作品とは3Dは相性いいんだよな
一つ手の込んだモデル作れば後はいくらでも使いまわせる
逆に今週のビックリドッキリメカとかやると大変
毎週違うモデルつくってしかも使い捨てにするしかない
ザクには優しいがザクレロには厳しいのが3Dw

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 22:03:45.39
ユリアンに撃破された巡航艦の砲塔は可動式だったな
ミサイルは格納されていたかな

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 22:34:36.64
>>669
徳間ノベル10巻の挿し絵には旋回砲塔戦艦の挿し絵がある

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 22:50:46.67
銀英伝の従卒って美少年ばっかだけど
不運にも同性愛者の提督のとこに回されて
悲劇的運命を辿るのもいるんだろうか

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 23:01:41.40
>>667
それ以前に宇宙で足止めての遠距離砲撃戦なんてありえるんだろうか
近接戦闘ってことなら敵が一方向からくるとは限らないしある程度は満遍なく配置しといたほうがいいように思う

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 23:04:37.06
>667
銀英伝型の主砲配置は大型大出力の主砲ユニットで遠距離砲戦をするためのもので、
それを可能にする索敵システムの存在が前提。
ヤマトのように近距離砲戦主体の世界とは根本的に異なり得失比較は意味がない。

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/29(火) 23:10:34.49
星系内は光速の1.2%で移動なら、すれ違うのはあっという間じゃないのか
遠距離から速度を落として打ち合い、徐々に接近して最後はど突きあいが基本では

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 00:34:54.60
>>676
ルッツがリッテンハイム艦隊と戦った時600万キロ(20光秒)で
砲撃を開始してるんだけど
光速の1.2パーセントなら別に減速しなくても
砲撃開始から接触まで30分くらいかかる計算だな
別にあっという間にすれ違うって事はないな

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 01:26:40.89
>>667
> 仮に真下に敵艦が現れても船体を横倒しにして主砲を向ければ

「敵艦」が現れたときならそれで良いんだが、銀英伝では「敵艦隊」が現れるから困る。
基本的に艦隊同士だから、それやると間下にいる味方艦に当たる。

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 01:48:27.59
>>678
後方の艦船「えっ」

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 02:20:39.22
だから砲を前面集中させて、密集隊形下の艦隊でもできるだけ多くの艦が砲撃できるようにしてるんだろ。

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 06:10:55.10
>>668
万の艦隊が隊列組んで撃ちあう―を、往年の「マスケット持った兵隊が隊列組んで撃ちあう」の
イメージ以上に分かりやすく、簡便に表現できる方法をみつけたら変わるかもね。
大元が変わらないんだから、そうたいして変わらないだろ。

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 06:23:37.26
>>674
>敵が一方向からくるとは限らないし
その類の意見のたびに思うが、自分は鈍重で方向転換もせず、また自然に周辺索敵もせず、
戦場にいるのかと……。
現実の軍艦が針ねずみになったのは砲の性能からたくさん積む必要があったのと、索敵能力
艦の運動能力の限界……で、その辺りの縛りがない宇宙では、四方に向いている&柔軟に動
くは近接防御兵器だけで十分。似たような条件の潜水艦は魚雷しかないだろ?
また銀英伝ごとく数そろえて隊列組むのか、基本単艦・少数で散開して行動するのか―その
辺りの前提がない。コレだけでも「考察」として失格だよ。

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 06:28:47.75
>>678
そこだよな。
銀英伝の艦隊が側面、背後突かれると弱いってのに対する「旋回砲塔つければイイじゃん」
とか「クルッと向きかえるだけ」というツッコミのバカさ加減は。
「艦隊」レベルの話なのに、個艦ごとそんなことしたら隊列組んでる意味がないし、同士討ち
になるだろってのが分からないアホタレ。

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 08:32:39.30
アニメ設定でそんなに盛り上がるなよw

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 09:23:40.36
ところで銀英伝みたいな艦船が「隊列」を組む時って、見栄え優先のアニメはともかく
実際、どんな感じなんだろうね?やっぱり実際はすぐ隣の艦が視認できない位は
離れることになるのかな?

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 09:31:21.55
艦艇同士ぶつかる場面もあるから見えない程離れてる事は無さそう

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 10:20:02.96
>>682
当たり前のように囲まれてる銀英世界の艦隊戦の話をしようよw

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 11:39:36.55
>>685 686
艦隊の散開がどの程度ってのは記述ないね。まあ密集隊形で中央突破とかよく出て
くるしかなり接近してるみたいですね。

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 11:41:51.15
>>687
そりゃ4点押さえられたら3次元でも囲まれてることになるじゃん。後は密度の問題だろ。
包囲を突破とかよく出てくるし、そんなに壁みたいに囲まれてるわけじゃあないだろ。

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 11:50:18.37
そもそも銀英伝の戦艦主砲はデカ過ぎて砲塔に出来ないだろ

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 11:59:05.84
>>690
ファーレンハイトの本懐砲ならそうだろうなw

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 12:03:09.37
もうアニメ設定の話はいいから。小説には艦船の武器の配置状況など一切書かれてないですよ。
(大きさや配備数とかもね)
艦船に関する記述は、巨大な塔を横倒しにした戦艦とか、流線型の駆逐艦とかくらいじゃなかった
かな。(ブリュンヒルトは特別に色々あったかな)
ヤンの旗艦ですら正確な緒元は不明だろ。

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 12:03:21.46
>>689
挟み撃ちされてて旋回砲塔に何の意味があるんだw

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 12:07:02.00
>>693
アンカ間違うなよw 誰に言いたいんだ?

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 12:16:18.70
>>692
スパルタニアンをXウイングの戦闘機と書いてあったし
基本的にスターウォーズのイメージだったと思うんだよな
もちろんイゼルローンはデススター
同盟軍艦船はモンカラマリクルーザー、帝国軍艦船はスターデストロイヤーをイメージしてたと思う

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 12:28:46.37
>692
艦船のイラストはカバー絵に描いてあっただろ

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 13:57:47.61
艦種も所属も諸元も不明なのは変わらんな

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 15:58:06.47
>>696
あれって作者公認の公式?設定なん?まあどのみち697だけど。

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 16:17:25.45
帝国軍の侵攻ルートというか会戦の場となる星系は事前に解っているんだから
同盟軍は待ち受けることも「距離の防壁」の優位性の一つ それが軍艦の
主砲に特徴がついたのかも

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 16:28:11.40
集団で前を向いてる時は前向いて撃っても味方に当たらないで
後ろを向く時には同士討ちになるの?

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 16:43:21.75
そろそろアニメ板でやれば?小説には艦船の主砲は前方へのみ発射できるとか書いてないんだしさあ。

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 16:48:56.28
>>700
前向いてるときは時間かけて慎重に射線がかぶらないように配置してるんだよ。
それを急いで各個に回頭するとぐちゃぐちゃになって当たってしまうんだ。

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 17:08:37.51
目で見て配置してる訳じゃなし
めくら撃ちとかないだろ

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 17:34:55.97
何しろ背後に敵艦隊出現であわててるからな。理論的には各艦が正確に180度回頭
すれば射線は確保できるわけだが、急いでるからけっこうずれが生じるんだよ。
数度のずれでも前後にも多数布陣してるからね、どっかで当たってしまう。むろん
慎重に確認してから撃てばいいのだが、先に述べたように背後を奇襲されたんだから
そんな余裕なく闇雲に発砲するわけさ。

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 17:35:59.37
アニメ限定の話題はいい加減にしろというに。

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 17:44:29.94
こういうときはアニメ板でアニメ禁止、原作限定のネタが認められる

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 19:43:45.70
原作に「空母の速度で十分加速されているのでカタパルトは必要ない」
って記述あるんだが、アニメの同盟軍空母の発艦方式は
それをうまく視覚化してるなと感心した

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 19:52:46.94
>闇雲に発砲する
コンピューターが射線配置をせずに?

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 20:09:12.58
艦隊の後方には
非戦闘艦(病院、輸送、工作)が配置されてるとは思いませんか?

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 20:20:07.11
>>708
銀英世界のコンピューターはそんな高性能なことはできないんじゃねーの?
銃座に直接人が座って撃つ世界だぞ

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 20:27:22.65
狙いはどうやってつけているんだろう? レーダーは使えないよな
暗視装置(ノクトビジョン)みたいに敵艦の光を増幅でもしているのかな

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 20:29:19.69
目視で敵機を確認して狙って撃つの?光の速さで数分の距離の敵を?

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 20:43:40.13
>>712 当たらんな  的中率が低いとすれば
ミサイルで牽制して、敵のいそうなところにレールガンの集中砲火
接近して止めに再度ミサイル それが一番当たりそうだ。

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:00:26.32
>>712
交戦距離は最初は数光秒だから、追尾機能のあるミサイル中心だろ。やがて接近戦に
なれば>>710のような砲座の出番だよ。むろん主砲とかは高度に制御されてるだろう
から人力制御の砲座は副砲、小型砲の話だが。ユリアンを補足できなかった砲なんかは
まさにそれだろ。

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:03:23.66
>>712
最大でも20光秒だって。最初はミサイルだから目視で撃つのは超接近戦(中央突破
とか)の場合だよ。

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:06:02.82
>>710
アニメ板に行ったら?

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:19:36.49
>>716
何で?銃座に射手とか小説にでてくるよ
読んだの?

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:24:20.08
みんなアニメが好きなんだな。私は初めて劇場版見たときにレグニッツアの改変に腰
抜かしたけど、確かにあの方がかっこいいのは認める。あの設定だと同盟第2艦隊は
6万隻程度で構成されてて、ラインハルトの大技で1.2万隻になったけど、また
アスターテの時には1.5万隻まで増強されたってことになるよなあ。

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:26:47.26
わりと真面目に普通の望遠鏡でいけるんじゃないかな
真空の宇宙だと大気の揺らぎもないからすごく鮮明に観測できるしさ

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:28:18.74
声優ネタでもやってくれ

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:31:29.42
>>718
あれはアニメ版の冒頭だからな
宇宙戦争やってるっていう世界観と
主人公ラインハルトの強さを明確に視聴者に示さないといけない
だからグダグダの痛み分けで終わらしてはいかんのだ
原作だと同じ役回りがアスターテなんだけどね

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:33:19.17
>>719
お約束だが、数秒、数分前の敵を観測してどうすんの?

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:35:37.09
ファイブスターはその数秒でも必要だ

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:37:27.47
>>721
>だからグダグダの痛み分けで終わらしてはいかんのだ

 痛み分けで終わってますやん。まあご意見には賛同だな。あれ見て
原作読んだ奴も多いんじゃないのかね。で外伝1巻読んでびっくりす
るってのがお約束。

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:52:25.45
>>722
太平洋戦争以前の無誘導魚雷時代の話だが
時速80キロくらいの魚雷が敵艦に命中まで数十秒〜数分の時間を要した。
なんでどうしても未来予想位置に向けて魚雷を発射する必要があった
もちろん未来予想位置なんてのはブレが出るから
多数の魚雷を同時に扇状に発射することで、命中弾を得るように工夫してた
帝国海軍の島風型駆逐艦なんかは5連装魚雷発射管が3基もあったし

宇宙戦闘でも理屈は同じじゃないかな
敵艦の未来予想位置に向けて大量のビームをばら撒いて
どれか1発2発あたればよし、くらいのアバウトな方法でw
速度が光速の数パーセントといっても、観測→着弾までのタイムラグ
数秒〜数十秒の間に加速して動ける範囲はそう広くないだろうから
(慣性飛行してるだけなら実質動いてないのも同じだし)
戦艦の全砲門を敵の未来予想位置にばら撒く(それでも難しい場合は
僚艦と連携して多数の戦艦が連動して1つの目標を撃つ)
って戦法が取られたんじゃないかね

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:53:23.21
>>724
アニメ版のレグニッツアはラインハルトの完勝じゃなかった?

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:58:00.91
アニメ版のレグニッツアはローエングラムの完勝だったはずだぞ

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:58:33.96
>>709
この伝説って兵站とかまるで軽視してるんだよね
だから伝説に重みがないって言うか
兵站の維持と撤退の難しさをこの伝説は無視している

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 21:59:27.65
>>726
むろん、ティアマトの方のことだろ。ってだからアニメの話はもういいって。

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 22:06:09.12
>>725
太平洋戦争時は、目視した位置がそのまま現在位置だからな。魚雷の話はその
とうりだが、この世界で数分前の位置からさらに数分あとの位置って違いすぎ
るだろ。だから追尾機能のあるミサイルが遠距離戦では重宝されるわけで。
ちなみに島風は高速を利して敵に接近、一気に大量の魚雷をぶち込むってのが
目的だからちょと違うよ。貴殿の例はご存知 重雷装艦、大井 なんかの発想
だね。

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 22:06:20.91
>>728
デュフフ、釣れますか?

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 22:07:10.77
>>728
批判はまずはちゃんと読んでからね、坊や。

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 22:18:50.23
>>730
太平洋戦争もアニメもいいって、小説の話をしようではありませんか。

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 22:28:00.75
>>725
予測位置にばら撒くんじゃなくて普通に敵艦を狙ってるよ
足止めて打ち合いやってるとしか思えないんだが

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 22:29:15.46
アニメの方が面白いから、そっちの話しよう。
フェザーンの軌道エレベーターは大量の商船の荷物まで請け負ってたのかな?
つまり商船も軍艦と同じくフェザーン本星には着陸せず、軌道上に駐留のみ?

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 22:30:55.78
>>734
うむ。アニメ描写、バンザイ。

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 22:33:15.85
一応、中和磁場とかあるみたいだし、そもそもレーザー系の光線兵器なら
命中するまでわからないから、避ける事とか考えてなくね?

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 22:33:56.39
>>725
アバウトな方法なら前に撃っても味方に当たるんじゃないの?

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 22:34:00.59
交戦距離が20光秒ってなんかの間違いだろ、ルッツが撃てっていった次の瞬間には
貴族軍の艦船爆発してたぞ、まさか火炎直撃砲?w

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 22:34:26.25
>>730
どのみち主砲にタキオンビームを使ってるわけじゃない

20光秒彼方の敵を攻撃する場合
仮に現在の位置が特定できるとしても
20秒後の未来予想位置を狙う他ない

20秒後の未来予想位置を狙うのと40秒後の未来予想位置を狙うのの間に
どれほどの差があるのかな?

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 23:04:27.88
>>740
予測位置なんて狙ってないってw
敵の位置予測砲撃したのってヤンのイゼルローン攻略の時くらいでしょ。
あれも敵味方大分驚いてたし。

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 23:10:30.71
>>741
いや、超光速レーダーとかタキオンビームとか火炎直撃砲とかが
存在しない限りは予想位置狙って撃つしかないんだよ、物理的に

数秒とか数十秒単位の予想位置攻撃は日常的だが
分単位以上は驚愕するってことでいいんでないの?

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/30(水) 23:32:54.50
アニメスレないなら立ててくるけどが、どこにたてればいいの?
女性専用車両に勘違いのふりして毎日、乗り込む常習犯のようで気持ち悪い

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 00:05:21.67
銀英伝も再度漫画化しねーのかな
アルスラーンやってるんだし
ある程度仕事量こなせる実績のある人使ってだね

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 00:24:21.03
>>743
初出が1988年だから「懐かしアニメ昭和板」でいいんじゃないか?

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 00:28:30.42
>>744
再開した奴はもう終わったの?

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 00:31:26.14
>>746
アレはやってるのかやってないのかすらサッパリや・・・

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 01:11:07.16
白々しい自演だ
意地でもアニメネタを維持することにする

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 01:30:28.83
>>743
アニメスレならある

銀河英雄伝説 第110話 「夢、見果てたり」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1382232878/

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 11:24:58.21
やはりここは某SFアニメネタの登場しかないな。

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 13:57:53.16
>>750
パワーパフガールズですな

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 15:28:43.17
>>750
宇宙戦艦ヤマモトヨーコですか?

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 16:45:22.45
>>750
前々スレくらいでガルフォースの話を出したらレスが一つしか付かなかった。

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 18:56:55.15
ガルフォースじゃなくてガルディーンを書いた
火浦功ってまだ生きてるのかな、何やってるんだろ

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 20:16:19.19
ラインハルトだったら手紙は読むかな?

【直訴】 山本太郎参院議員、天皇陛下に手紙を手渡しする★9
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1383217240/

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 20:28:10.26
敵対勢力ではなく自国の議員、まあ帝国に議会はないから官吏くらいか?からの直訴状なら読むくらいすんだろ。
対応するかは別にして

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 20:55:28.19
キスリング以下の親衛隊が阻止すると思うが・・・このケースははケスラー憲兵隊の仕事範囲か?

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 21:01:53.78
>>755
手紙を受け取る前にはたき落とす

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 21:10:23.24
>>755
これが同盟なら終わっていたな・・・
「なんのためのSPか!役たたずが」

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 21:39:53.58
この身を挺してカイザーを守り参らすと豪語したが
一撃でユリアンにやられる疾風

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 22:12:47.97
つかユリアンはチート過ぎる。ラインハルトより汎用性のある天才
ポプラン中隊とローゼンリッターで同時にスタメンはれるレベルとか
野球のワールドチャンピオンとサッカーのCL王者クラブで
同時にスタメンとるようなもんじゃん
ついでに東大も主席ですみたいなありえなさかげん

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 22:25:17.65
>761
この作品にはユリアン以上のチートキャラキルヒアイスがいるからな
空戦やる機会はなかったけど
陸戦ではシェーンコップと互角(外伝3)
指揮能力はラインハルトの分身(ヤン評)
射撃も作中トップクラス
これで性格よしルックスよし人望も高い

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 22:35:05.37
あの時キルヒアイスじゃなくラインハルトが死んでたら面白いことになったのにな

翻ってヤンじゃなくユリアンのほうが死んでもどうだろうか

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 22:40:53.91
>>763
ヤンが民主主義に絶望…しないかな。
ユリアンがテロリズムに倒れたら、何かたがが外れそうではあるけどw

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 22:53:34.88
>>761
むしろユリアンは、高いレベルでの汎用性があるけどそれぞれの第一人者にはなれない存在になりそう

感覚的には歪んでいない微劣化ロイエンタールとか
十分チートだけどな

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 22:56:55.69
>>765
香川真司兼ダルビッシュだが、リオネル・メッシは無理でござる

みたいなふざけんなかげんw

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 23:02:33.89
>764
ユリアンが死んでおかしくなるならジェシカが虐殺された時におかしくなってるよ

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 23:03:14.98
情けないのはキスリング
親衛隊でラインハルトの護衛一筋なのに
空戦の片手間で白兵戦やってるポプランと互角とはな

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 23:10:49.81
というかポプランも中々のチートキャラだから

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/31(木) 23:37:01.47
ポプランの青春時代で一本シリーズかけそう
今のガイエだと全3巻くらいでも完結せずに終わりそうだけどw

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 00:10:47.97
親衛隊といっても白兵戦のみに長けてるわけじゃないんじゃない?
あるいは、ポプランの白兵戦のセンスがやばいとか
ブルームハルトくらい

でも銀英伝の白兵戦の強さってよくわからんよね
ロイエンタールと互角なシェーンコップってなんか嫌
あのときはロイエンタールにたどり着くまでに疲労が溜まっていたと思いたい

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 00:14:42.52
>>771
そこは突っ込んじゃ駄目なとこ
何で時限爆弾を置きみや・・・・

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 00:16:36.08
強襲揚陸艦にもビーム砲付いてるよね?
取り付いたけど殺すのに失敗したら逃げるときに撃てば良いのに

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 00:20:09.43
離れるときに撃ったら巻き込まれる
かと言って巻き込まれない距離で撃とうとしてる暇あったらとっとと逃げないと堕とされるんじゃね?

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 00:21:27.32
>>773
仮にブリュンヒルトに肉薄したのが揚陸艦でなく駆逐艦だったら
ブリュンヒルトは木っ端微塵に吹き飛んでいる
単に相手を沈めたいだけならその方が遥かに確率が高い
敵艦に乗り込んで敵将と無理矢理にでも話し合いに持ち込むのを目的とするから
あんな難易度の高い作戦をとるわけでな

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 00:30:29.69
ロイエンの時も出来れば人質にしたかったんだろうしね
まあ実際に対面した瞬間に「投降はありえないな」ということで殺しにかかったけど

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 00:34:07.68
何万という大艦隊組んでても旗艦に肉薄されるのが笑える
どんだけスカスカな艦列組んでるんだろう。編成した奴は間違いなく無能

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 00:43:54.99
おっと、今川冶部大輔義元の悪口はそこまでだ!

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 00:45:10.82
>>763
まぁ、ユリアン死んでもそのうちフレデリカとの間に実子ができるだろうから、そんなにダメージなさそう。
ラップが死んでも、能面だったし。
感情出したのって、ビュコックの時ぐらいか。

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 00:53:03.11
>>779
親しい人が死んで数日は落ち込むけど
数日後には普通の顔して仕事してる

なんか男のリアルだなとは思うね
女だと一生引きずったりするんだが
そういう意味ではラインハルトは女っぽい

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 00:53:51.16
ビュコックのときは自分への怒りもあったんだろうね
ラップやジェシカはどうしようもないけど、ビュコックはなんとかして助けられたっていう感じで

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 01:09:10.02
違うだろう
本来ハイネセン脱出後、帝国に追跡されてヤンファミリーは壊滅させられるはずだったのに
ビュコックとパン屋が、金髪に最後の戦いを挑むことによって陽動の役目を果たし、
ヤンはエル・ファシル及びイゼルローンを拠点にする時間的余裕をもらえたんだ

構図として見ると、ヤンはビュコックを捨て石として使ったことになる
その悲惨な構図に作者は後ろめたさがあるからこそ、ヤンが珍しく感情的になった場面を書いてごまかした

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 01:13:58.44
ビュコック「いいかい、滅びの美学というのはこういうことだよ」
フレーゲル「・・・」

って感じもしたけどなぁw

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 01:24:27.83
パン屋ってどのくらいの能力なのだろうか
ワーレンやシュタインメッツくらいなら手玉に取れるかな

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 01:30:50.87
手玉にとるまではいかないまでも瞬殺された第四、第六の提督よりは遥かに上だろう
どっちかといえば指揮官としてよりは参謀として本領発揮するタイプにも見えるけど

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 01:34:05.86
パン屋 = (ヤン+キャゼルヌ)/2
こんなイメージ

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 02:41:53.22
>>783
あの老人は自らの命を犠牲にすることにより共和主義者を鼓舞しようとしている。

あの男爵は自らの命を捨てることで門閥貴族の滅びの美を完結しようとしている。
か、まあどっちも付き合わされる一般兵士はたまらんな。同盟の方は賛同して付き
合ってるからまだしもこっちはね。(シューマッハ談)

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 07:37:51.23
フレデリカが死んでも二日へこんで三日後には普通に戻ってそうだよねヤン
あの二人の間に情があっても愛があったとは思えない
(フレデリカが一方的につきまとっていただけ)
原作者が恋愛描けない人間だし描けてないって事は恋愛はなかったんだろう

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 08:45:37.26
>>762
彼奴を「ハンサムな赤毛のノッポさん」と評した以外、帝国軍に女性兵がいる記述がない…

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 08:48:34.99
>>789
人質交換に来たときフレデリカですら好男子とコメントしてる

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 10:11:47.49
>>788
まあ、求婚したのはヤンなんだけどね。

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 10:16:32.16
ヤンが求婚したのはフレデリカの気持ちに応える為だよ、本文でもそう書かれてる
自分が好きだから結婚したのとは少し違う

つーか結婚に関してはヤンもラインハルトも似たり寄ったりだよ
自分の気持ちより責任とかけじめが優先されている

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 10:28:56.08
ジェシカの事が少し前にあったからじゃない?どうせ死ぬかもしれないし、とそういうベクトルがかかったんだろうな。

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 10:47:45.13
>>787
どっちも自己満足の類ではあるんだけど門閥さんの方はわがままみたいなもんだしなぁ
同盟のほうでも行きたくなかった人はいただろうなw

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 13:03:24.26
美しい死は充実した生の帰結。決して両者が独立することはない

とか本文にあったっけな

つまるところ滅びの美学なんてのはビュコックや
ロイエンタールクラスの大人物の特権であって
フレーゲルクラスではどう逆立ちしても無理なんだべさ

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 13:35:44.60
ビュコックもロイエンタールも
個人の意地遂行の為に他人を巻き添えを省みない
(言葉で反省を言っても、本当にそう思っていたらそういう行動に出ない)
エゴイストの屑にしか思えなかったけど

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 13:42:39.40
>言葉で反省を言っても、本当にそう思っていたらそういう行動に出ない
何というか…うん…

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 14:09:51.63
主にラインハルトやヤンの側に立って書かれた小説だからしょうがないよ
彼らに近い立場の人間は善、遠い立場の人間は悪として描かれるのは

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 14:39:36.64
>>798
銀河英雄伝説が後世の創作物として、いわば三国志演義的な作品と仮定したら
種本はユリアンやアッテンボローやメックリンガーの回顧録
あるいはローエングラム朝の正史なんだろうなw

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 15:01:09.29
大量殺人も華麗なカイザーの手にかかると華麗に見えてしまう、だからなw
実際死ぬ羽目になった一般兵からすりゃたまったものじゃない

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 15:17:19.54
美男子で、同盟軍の後方の女軍人にも、人気のカイザーだったからな
あそこまで崇拝されたのは、あの容姿もあってこそだろ
まぁロ王朝の皇子皇女は美男美女ばっかだろうし、得してるな

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 15:51:02.94
そしてブサイクなのが生まれた日には…案外希少価値が出たりして(ソンナアホナ)

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 16:35:08.62
ヒルダが能力はそのままで
容姿がマリーンドルフ伯も諦めるレベルの醜女だったらどうなっていたか。

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 16:47:02.69
>>803
ラインハルトは人間を美醜で判断しないから
あんまり変わらなかったんじゃないかなあ
さすがに男性なので、例の一夜で立たない可能性も有るがw

あとヒルダがブスだったら後世の美人の基準が変わるねw

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 17:03:39.03
>>795
「みごとな死は、みごとな生の結実」だった気がする
「美しい」「充実した」では微妙にニュアンスが変わってくる

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 17:47:29.82
素朴な疑問

なぜガンはとっくに克服されたと一巻にあるのに
ルビンスキーは悪性脳腫瘍で死んだのか

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 18:08:23.43
ちゃんと医者にかかって適切な治療を受けたらの話でしょ
現代医療で克服されたとされる病気も治療しなきゃ死に至る

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 18:17:31.93
>>807
医療機関の記録たどって逮捕したんだから治療してたんだろ。適切かどうかまでは
不明だけど。

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 18:20:04.55
300年近くの抗争てのもすごいな。日本史で言えば、関が原で決着つかず東海道と中山道
はさんで東西両軍が1900年ごろまで戦ってる状況か。
あるいは南北朝が吉野京都間の山道はさんで。。。。。以下略。

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 18:24:38.32
CSのTAKARAZUKA SKY STAGEで「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」放映か……
加入してないから見れないけどw

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 18:28:46.49
>>806-807
ラインハルト父なんて、死亡原因がアルコール性肝硬変だもんね。

>>807-808
その割には、脳に自爆装置をインプラントやってたりするw

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 18:42:26.69
銀河帝国の歴史の描写見る限り
90代半ばまで生きる例が稀みたいな感じなんだよな
戦死・事故死・老衰以外の死因がないとなると
すごく話を作りづらかったので
途中からガイエは設定変更して、医学のレベルを義手や義眼以外は
20世紀レベルにしてるように見える

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 18:55:45.54
爺さんが90過ぎても女侍らすほどに元気なことに恐怖して毒殺した皇太孫とかもいたよな

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:05:16.89
>>812
医学が極端に発達しちゃうとサイバーパンクっぽい感じになって
懐古的な世界観と合わなくなるんだよね
例外的にサイバーなヤツはいてもいいが、
サイバーが当たり前の世界だと銀英伝にはならない

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:05:43.10
ルビンスキーの火祭り、ハイネセンにどうやって市内を火の海にするほどの爆薬を仕込んだのだろうか
フェザーンならわかるけど

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:08:08.52
地球教が元気だったころに仕込んでいたのを利用したあたりが落としどころじゃない
さすがに併呑された後に急遽仕込んだにしては規模が大きすぎるし

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:09:23.38
爆薬の性能がすごいから少量でも火の海という可能性は

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:17:25.43
>>814
攻殻機動隊みたいになったら銀英伝の世界観メチャクチャになるわなw

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:18:41.63
>>817
ほとんど地下核実験を都市のど真ん中でやらかしたような騒ぎだったな

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:24:19.61
あの時皇帝を助けに行ったのがメックリンガーなら美術品と皇帝のどちらを守るべきか右往左往して焼け死んだんだろうか

日記に美術品の価値がわからないビッテンフェルトと皮肉書いてたのは少々性格が悪い気もする

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:28:21.98
もちろん皇帝救出を再優先にしただろうけど
それと同時に美術品の搬出もしようとしただろうから
そのための人数を集めるのに時間がかかりそう

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:28:54.06
メックリンガーはリップシュタットの時も
ガイエで貴族の持ち込んだ美術品をせっせと押収してたな

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:30:57.23
>>820
「似非詩人」「猪」と罵り合うくらいには仲がいいから

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:31:18.92
>>820
あの事件の直前にシヴァでビッテンとやりあったからな
エセ詩人野郎呼ばわりされなの、かなり根にもってたんだろ

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:37:19.46
>>818
攻勢防御が乱発されすぎて、スタンドアロン・コンプレックスになってまうwww

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:52:41.42
そもそも何で美術館に宿泊したんだろうか?

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:55:10.34
>>826
旧同盟国立美術館を接収して帝国の仮大本営にしてたから
フェザーンでもホテルとか迎賓館を間借りしてるな、ラインハルト
さっさと獅子の泉作れよ・・・

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 19:56:58.07
正確には美術館に併設された迎賓館だったはず
バラ園がラインハルトのお気に入りだった

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 20:01:42.24
>>815
ガス管に酸素とゼッフル粒子も流れるようにしたに一票

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 20:15:10.97
>>829
ゼッフル粒子は酸素を必要とせず、真空宇宙でも炸裂するからこそヤバいんすよ

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 20:38:35.66
いや、ガス管に酸素だけだと爆発力弱いと思って、ガスに着火後に爆発で広がった後、何かの拍子で粒子の引火点超えて爆発的に燃えるようにゼッフル混ぜてみた

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 20:55:20.06
最初に燃えたのは工業用ゼッフルによる失火だったけど、火祭りの方は市内各所に
設置した超低周波爆弾じゃなかったっけ?816の疑問のように一箇所で大爆発じゃな
くあっちこっちに設置だから手間がかかってるね。ハイネセン市民は大変ね、しょっちゅう
燃えるんだから。(ラインハルトの宿泊先想定してそこの地下だけに埋めとけよ
と言いたいな。上にあるように何度も同じとこに泊まってるんだから)

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 21:11:29.82
超低周波爆弾って何だろう
なんで低周波で火が出るんだろう
低周波というのは「周波数の低い音」のことだろうか
それとも電波のことだろうか
もしかしてワープ航法や超光速通信と関係のある
「空間振動の低周波」を発生させる超兵器かもしれん

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 21:22:19.53
>>808
初診の記録と処方箋だけでも「医療機関の記録」だわな。カルテ残るし。
「治療」と呼べる内容があったかは知らんが。

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 21:24:47.21
超低周波で地殻を割り、辺り一面をマグマだらけにする爆弾

うん、俺の中に残ってる中二ではこの程度が限界だ

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 21:25:02.48
>>833
詳しくは作者に聞いてくれとしかいいようが無いが、火は爆発が起きれば2次的
要素で出火するんじゃないかね?ミッタマが作戦本部に撃ちこんだのもそんな名
前だったかな。(核じゃない、破壊力の大きい兵器ってイメージかな)

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 21:26:15.38
>>816
手段はとりあえずいいんだ
それに意味があまりないことが問題だ。何がしたくてハイネセンに……
自分の死=帝國、同盟の死にしたくて準備していたが、間に合ったのはハイネセンだけっての
は、まぁあるだろうが、普通はまずフェザーンからだろうと。

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 21:26:51.46
>>833
どういう理論で爆発するのかはワカランが、とにかく爆発するんだから
そこらにあるものを破壊するんだろう。従って破壊される物の中には
引火性のものがあるだろうし、爆発的に吹き飛ばされた物の中には
ぶつかり合う事で火花がでるような物体もあるに違いない。

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 21:28:00.06
>>834
脳内にその発信機を埋め込む手術の記録やもしれないですね。

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 21:29:14.77
>>808
「とりあえずお薬を出しておきますが」までは通院していても
「近く入院して手術が必要ですね」の時点から先の治療ができなかったんじゃね?
頭開けた時点で憲兵団が来たらどうやっても逃げ出せないし

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 21:31:45.38
>>837
フェザーンにも準備はしてあったけど本人がハイネセンにいたから信号が届かなかったんだよ。
さすがに脳内に超光速信号送信機を埋めるのは無理だったんだ。だから通常の電波が飛んでる
んで出力さえ十分なら4000年(だっけ?距離)後にフェザーンでも爆発するよ。

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 21:38:33.15
>>833
いいスピーカーで重低音を聞くと、腹にズンズン来るだろ。
あれの一兆億万倍すごいヤツだ。

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 21:40:03.84
>>841
お前のせいで、頭に超光速信号送信機を埋め込んでエイリアンみたいな後頭部になったルビンスキー想像した

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 21:43:03.81
>>837
ついでに言えば、自分の死後滅茶苦茶にしたいんならそれこそ核爆弾の方が放射能も
出て後々までやっかいだからそっちの方がいいのにね。爆発の規模も大きそうだし、
美術品がどうのこうの以前にまとめて吹き飛ばせれるような気が。

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 22:06:42.35
>>822
卿の論法を用いるとまるで私が美術品を盗んだが
それが元々我々の物だったのだから盗んだ物は
返すどころか言いがかりは止めろと言ってくる民族みたいだ
と言いたいようだが
                     (メックリンガー談)

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 22:20:21.76
>>845
じゃあ貴族のみなさんがちゃんと代金はらって購入してた美術品を略奪してまわってた。

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 22:21:42.38
>>833
なんとなく地震兵器っぽいものだと妄想している。

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 23:16:36.36
>>847
発火はガス管とかを破壊した結果だろうか。

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/01(金) 23:42:30.58
>>782
白々しかったよねヤンが激昂するシーン
今まで気にもかけなかったのにいきなり何言ってんだって
これをヤンの後悔シーンでキャラのイメージを悪くしないようにとか
下手な工作が人間描写を却って台無しにしてるのに

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 00:02:18.84
ヤンが気にかけなかった理由は、ビュコックはすでに引退してたからだとちゃんと書いてあったよ
ヤン自身も軍人引退の身にずっと憧れていたがゆえに、そこで判断が狂ったという感じなのだろう

でも、帝国とまた同盟が戦争になったらビュコックは引退してられないのは、普通に考えれば当たり前なんだが

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 00:14:59.43
だから後悔して見せるシーンこそがすごく言い訳めいてるんだよ
印象的には自分を責めてるより言い訳してるように見える

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 01:19:00.53
本当にまるっと忘れてたならビュコックをないがしろ、もしくは軽く見ていた事になって、
軍で唯一敬愛する上官という設定そのものがおかしくなってしまう。

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 04:24:02.93
ヤンは精神の大事な部分が死んでしまってるようなところがあるよ
超然としていると言えば聞こえはいいけど、彼が本当に愛したものとか
気にかけていたものなんて実は何一つ無いんじゃなかろうか

自分の死は自分だけじゃなくユリアンやフレデリカをはじめとした仲間の破滅と同義だし
ビュコックやパン屋の遺志を無に帰す行為だとわかっていたはずなのに
保身を面倒くさがった挙句に暗殺されてんだからヤン自身は自分にも他人にも
大して興味も愛情も無かったとしか思えない

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 04:48:28.49
後世の歴史家乙

大切なものが何もなかったとは思わんけど、当たり前のように万単位の人間がアッサリと消えていくような戦場に身を長年身を置いているうちに擦り切れて行ったのもあるだろうさ
1巻のアスターテの時点でも情に流された判断をしているパエッタに冷然と「無理です」と言い放っていたし

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 05:01:28.85
戦術家・戦略家としては結構非情だからなヤンはw
でもその分ちゃんと自分の手の届く範囲に出来るだけのことはしているし
手の届かないところは何をやっても駄目っていうのを徹底していた感じ

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 05:44:39.21
自分含め、人間は歴史上の駒に過ぎないみたいな
諸行無常的な、非人間的な視点を心の何処かに持ってるよね
それがヤンの全てではないにしても

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 06:58:49.85
>>854
天才にありがちな、人間的なものの一部欠落―アスペみたいなものだ。
環境を言うなら、他にも似たようなキャラがいてもよさそうなものだが、特に見当たらない(シニ
カルさではヤン一党の多くがあてはまるが)ところをみると、あれはヤン個人の生来の資質だろ
う。

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 07:06:10.99
>>853
他人に無関心だよね根本的に
ユリアン、フレデリカにしたって
ヤンの同志化しないと傍にいられないような存在なのに
無理に家族みたいな扱いをするから
作者の家族描写には常に違和感を感じ続ける

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 07:51:53.91
ビュコックの件に関してはヤンは既に同盟に
組織的な抵抗を行う力は無いと判断してたってある

でも、ビュコックの人望と能力の高さを考えれば
残された同盟の残存戦力を再編成して最後の戦いを挑む程度は
出来ると判りそうな気もするがな

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 08:06:51.00
>858
普通は家族が出来たら家族の為に死ねないって気持ちが生まれるものだからね
ヤンはそういうのが全然感じられない
死んだときもあーあ殺されちゃったかーみたいなあっけらかんとした調子だったし
周囲の悲嘆や喪失感と比較すると落差が大きすぎる

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 09:27:08.36
わかるよ、緻密な設定で人間の内面まで踏み込んで書き上げたモノを応募したのに
全く賞に入らず、挙句の果てが「人間描写が稚拙」だの「ハードSFは気取るだけじゃ
ダメ」などと言われたんじゃ、売れまくった作品を貶して溜飲を下げるくらいしか精神
を平静に保つ術がないよね!

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 09:53:45.67
ハードSFねぇ・・・。

技術的特異点ってのを知識として知って以来
真面目に数世紀単位の未来を予想するのがバカバカしくなったな

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E7%9A%84%E7%89%B9%E7%95%B0%E7%82%B9

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 12:34:08.58
退役したのにビュコックの復帰を予想しろだと
お前らヤンを神と勘違いしてんな

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 12:38:56.68
ビュコックがやらないのならシトレがやった可能性だってあるわな

シトレは「なんで俺がやらんかった」と相当後悔してたみたいだし

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 13:01:31.17
シトレは大人過ぎて英雄になれなかったクチかな
伊達と酔狂で殺し合いやれるほど若くも純粋でもなかった

幕末にも結構いたんだよね、優れた見識と大きな権限があるのに
大きな行動に出られず歴史を大きく動かせなかった人
吉田松陰とその門弟たちみたいなバカな奴らの方が
大きなことをやらかす可能性があるw

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 13:47:03.94
>>851
それはお前の読解力が無いからだw

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 14:33:42.36
>>858
戦死した部下の遺族に手紙で責められて、
へこんでるヤンの描写を忘れている馬鹿にはそう見えるかもな。

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 16:14:11.04
シトレやパエッタとか序盤に出てくるキャラの活躍をもっと見たかった

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 16:19:33.70
シトレは士官学校校長と統合作戦本部長の間にはどんな職についてたんだっけ?
本部長の前には司令長官やるのが普通(過去に飛ばして本部長になった人もいた
ようだけど)なんで司令長官時代もあったのかな?平行追撃でちょっとだけイゼ
ルローンを傷つけたってときが司令長官?

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 16:29:00.90
宇宙艦隊司令長官でイゼルローン要塞を攻略したかな
ヤンはその時の副官 漫画版だけど原作はガイエだから
問題なしかと

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 16:47:03.44
ラインハルトは通貨の統一とかしたのかな
それとか紙切れ同然だった同盟国債を新帝国で引き受けると発表して
その情報を事前にインサイダーから入手して
巨万の富を得た岩崎弥太郎みたいな奴もいたんだろうか

俺自身は物流屋なんで、帝国と同盟で海上コンテナ的なもの
(宇宙コンテナ?)の規格が違ったら大変だろうけど
規格を統一するのはもっと大変だろうなとか考えてしまう

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 17:18:40.24
外伝2で帝国と同盟だと各種規格が違うと示唆されてたよね
イゼルローンの備品を入手するのにフェザーン介した三角貿易を行うとか何とか
具体的にどこまでどう違うのかはわからんけど

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 17:25:29.29
新通貨は予定はしているけユーロをみれば解るけどど大変だろうな
普通敗戦国はハイパーインフレになっていてもおかしくないけど

国債で稼いだのはロスチャイルドもいるけど、債権市場が
どうなのかわからんしな
ルビンスキーが、両国の軍事国債を半分ほど購入しているとか
言ったが、自治政府が購入か、銀行がシンジケートを組んで
購入か個人で購入できたかで影響も違うしね

製品の規格違いは、外伝でも言われたけど帝国の規格に
統一されるだろう 戦勝国だし消費人口も多いし

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 17:30:28.90
>>871
本編の開始時点では、貿易はフェザーンを全て介してるしいったんはフェザーンに
荷降ろしするから大丈夫なんじゃないの?上に出てるように三角貿易だからフェザ
ーンを素通りして同盟帝国間で物資運ぶのはなかったんでしょ。(確かに物流の効
率は悪くなるけど、両国は戦争中で、互いに相手を認めない関係なんだから仕方な
いってことで)

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 17:39:40.44
フェザーンでの三角貿易の積荷は資源か農産物かな?
工業製品は、規格違いで輸入しても改造に手間ひまが掛かりそうだ

移民希望者もありうるかな  奴隷貿易みたいだけどwww

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 17:45:17.07
>>875
奴隷支配から逃れるために同盟に亡命したのに、
経済的理由から帝国に戻るなんて、嫌過ぎるwww

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 17:55:57.54
現在だと海上コンテナっていう
おおよそ大型トレーラー1台に1個乗る鉄箱が
国際貿易の基準になってるんだけど
この規格を統一するのは一苦労だろうな

例えば帝国側のコンテナが同盟のより一回り大きかった場合
小さなコンテナを基準にトンネルとか橋の高さとか決めてた同盟では
帝国規格のコンテナを地上でトラックや貨物列車に載せられない例が多発して
流通が混乱する可能性が非情に高いんだよな

つかこれ、日本で何度も(現在進行形含め)おこった事例なんだけどね

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 19:43:28.77
宇宙からピンポイントで集積所に降ろして、そこで仕分けすればいいやん

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 19:46:09.30
>>875  前から疑問に思っていた 三角貿易だけでそんなに儲かるのかと
フェザーンの富の源泉は亡命者貿易だったんだ
現代でも北朝鮮や韓国からブローカーに多額の金や借金をしてアメリカや日本に
行くように、帝国から同盟へ亡命する時、巨額の費用を巻き上げられていたら
仮に、100年間で100億人くらいの亡命希望者から金をむしり取っていたら、
フェザーンの巨額の資産も理解できる フェザーン商人が嫌われる理由もね

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:00:10.69
>>878
例えば九州の片田舎からアメリカ中部の片田舎に貨物を送ると仮定する

九州の工場でトラックに荷積み

博多港でトラックから内航船に積み替え

釜山港で北太平洋航路の船に積み替え

ロスで貨物列車に乗せ変え

アメリカ中部の貨物駅でトラックに載せかえ


っていう経路をたどらないといけないので、貨物の仕分けや積み替えに
物凄い手間と労力が必要だったんだよ
これを簡略化する為に生まれたアイデアがコンテナなんだけど

銀河英雄伝説の世界にこれを当てはめると

オーディン近くの田舎星の工場でトラックに荷積み

田舎星宇宙港で内航船に積み替え

オーディンで長距離輸送船に積み替え

ハイネセンで内航船に積み替え

ノイエラントの田舎星の港でトラックに積み替え


ってこうなるわけ。事情は現代とそんなに変わらん

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:08:38.76
オーディン近くの田舎星からノイエラントの田舎星まで何をおくるんだ?
身の回りの日常品とかなら近場で手に入るだろう

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:17:44.32
フェザーンは巨大な私鉄じゃないかな
同盟と帝国とを結びつける航路を独占する一方
その航路上にある惑星を開発し、企業に投資する事で
運輸ビジネスとで2重に利益を上げる業態がメインなのでは

例えるなら、同盟側に日本人の末裔が住む惑星(ムライの地元)があり
食用蛸の需要が多い一方、帝国側にタコが大繁殖しているが
住民はイスラムの末裔なのでタコ食べない惑星があった場合
帝国側の惑星の漁民に投資して漁船やらタコを取る技術を伝授したうえで
タコを同盟側の惑星に輸出すればぼろ儲けできる・・・みたいなね

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:20:10.82
>>881
九州の片田舎でアメリカの片田舎向けに
肥料を詰める袋を毎晩残業して作ってる俺に謝れ!w

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:23:29.36
九州の片田舎からアメリカの片田舎向けならわかるんだけど
さすがに1万光年先に肥料を詰める袋を送っても採算割れかと

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:27:21.91
>>884
海の面積を変えるレベルの大量の水を輸送したりしてるし
運送費はたいした金額じゃないんじゃない?

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:35:12.08
>>872
イゼルローン要塞で、双方の技術の塊である軍艦を特筆されるほどの改装なしで支障なく
運用できるくらい規格が違っていたと。

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:41:25.96
時折、金髪の言動が理解出来ない
バーミリオン戦後のヤンとトリューニヒトへの態度は普通に考えて、逆だと思う
停戦命令を出したトリューニヒトは金髪にとって命の恩人そのもの
方やヤンには殺される直前までへと追い詰められたのに拘らず、だ
脱出ポッドからの戦線離脱を拒否したように潔い(?)死、或いは破滅願望でも持ってるのか
だとしたらある意味、フレーゲルと変わらない

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:41:31.25
>>885
実際 物流の流れは>>880さんの言う通りだし、運送費も大量輸送が
できればペイできる。 コンテナの問題点もその通り

ただ、同盟で自給自足体制が確立している以上1万光年先から何を送るんだろうか
思っただけ

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:42:45.25
>>877
連邦時代で発展はピークに達し、後は受け継いでいるだけだから、帝國になっていろいろ
変わったとは考えにくい。
帝國は連邦の規格を基本受け継いでいるだろうし、連邦の後継者を称する同盟は可能な限り
連邦規格を復活させるだろう。つーか、初期同盟にあった機材は帝國のものをそのまま使って
いたろうから、否応なしに同じ規格になるし、変える余裕はないだろう。

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:51:34.78
普通ならそうだけど、キャゼルヌが規格が違うから困ると言っていたから
てっきり同盟は帝国の占領に抵抗するためにでも、わざと工業規格を変えたのかなと
思っていた

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:56:12.41
物流に関してはフェザーンの既得権とモロに関連するトコだから
最優先で規格の統一を働きかけてる気もするけどね
キャゼルヌの言う規格が違うってのは西日本と東日本で
いまだに電気供給の規格が違うとかそういうのではw

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:58:02.92
>>887
ヴェスターラント攻撃を見逃したことにより結果的に敵味方の犠牲を
減らした、ということについて嫌悪感をいだくのと同じ理由ですな。

勝つも負けるも正々堂々が美学なのに、トリューニヒトの降伏により
横槍が入ったようなもので。

良くも悪くも、自己陶酔?

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 20:58:23.00
>>887
北欧神話文化を受け継いでいる帝國の価値観は、少なからずラインハルトの価値観に影響を
与えているだろう。
つまり、強敵と戦って死ぬことは勝敗とは別の次元で名誉であり、誇らしいことである。ヴァルハ
ラに召されるにはそうでなくてはならない。
ヤンは、それに相応しい強敵で、敬意を向けるに値する存在である。
しかし、トリューニヒトは戦士でもなく、ただふたりの戦いに水を差しただけの「部外者」。命の恩人?
トンでもない。自分のみならずヤンの名誉に泥塗ったクズである。ハイネセン到着と同時に
ぶっ殺して当然―まあ、そんなオフレッサーじみた考えwが、根底にあるだろう。
戦争浪漫主義者だしw

要するに、小市民の君には理解できなくて当然。心配するな。君がラインハルトの立場になるとは
絶対ないんだから、無粋、名誉を知らぬ、器の小ささをさらしても恥じることはないよ。

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 21:04:33.20
ヴァルハラって勇敢な戦士だけが迎えられ
ワルキューレによって歓待される死後の世界だったか
そして戦士たちはラグナロクにおける神々の最終戦争に備え
技を磨き続けるっていう・・・

ヴァルハラに迎えられるような高潔で勇敢な戦士たれってのは
多分帝国人の深層心理に強く焼きついてる価値観・宗教観なんだろうな

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 21:18:41.10
>>890
同盟が分離して数百年経ってるし、イオン・ファゼカスで持ち出したテクノロジーや
その後に建造した恒星間宇宙船が帝国の機材で作られてたとしても、かなり違っ
た形式や形状になっていった可能性が高いね>いろんな工業規格品

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 22:19:30.58
>>894
ヴァルハラに行ったらお前の席ねえーからってレンネンカンプに言われた\(^o^)/

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 22:33:38.42
カルナップ提督が言っていたけど、ヴァルハラに行ったら先に死んだ者が優位に立つの?

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 22:34:22.49
規格統一したらライバル多くなるだろ。軍需産業大企業が許さないよ。貴族の既得権ウマーを臍を噛んで見ていた人達がその旨味を手放す訳無いだろ。

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 22:38:45.37
>>898
そういうのを武断的に叩き潰すのが
ローエングラム王朝の拠って立つとこやろ

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 22:40:33.22
>>887
ラインハルトが美学に酔ってるというのは事実
能力が超優秀なだけで、フレーゲル的な厨二キャラだよ

帝国と同盟は規格違うと言っても
イゼルローンが運用出来ちゃってるからなあ
これが日本とアメリカだとネジ(日本はミリ、アメリカはインチ)
も電圧も違うから超面倒くさい
日本とアメリカほどの差はないんだろう

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 22:59:13.19
>>898
ライバルが多くなるて、帝国系の大企業にとって帝国への工業規格統一は
同盟系のライバル企業を潰して同盟130億の市場を乗っ取る好機だろ
敗戦直後の混乱期おそらく帝国の通貨高 同盟系企業の政治力の弱い今なら
企業を潰すも乗っ取るも好き放題    

新旧両領土の経済バランスをみる帝国政府の判断しだいだけど

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 23:02:25.78
>>894
帝国人じゃなく、新帝国人の上層部だけだよ
貴族のバカ息子は口だけで勇敢と考えなしを混同してたし
新帝国の大将以下には上官を裏切って功を誇ろうとして晩節を汚したバカもいる

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 23:19:49.95
帝国の誇る大企業も実はフェザーン資本で(ry

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 23:24:37.04
ルビンスキーが構想したとうり、ローエングラム統一帝国は
フェザーン系の大企業が大いに繁栄する国家になってくんだろうな
そのうち旧帝国との差別化を図る表現として「フェザーン帝国」が定着したりしてな

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/02(土) 23:45:32.57
表面はモンゴル帝国で裏面はウイグル帝国の銀河版か 十分ありうるね
唯一の不安はフェザーンの大企業のオーナー達とフェザーンに根を張っていた地球教団との関係かな
無関係ならいいけど地球教団と繋がりがあったら徹底的に弾圧されるかもね

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 00:12:14.46
ロイエン父は鉱山への投資で成功したそうだが
貴族の財産は非課税な事を考えると、微妙な気分になるよな。
ゲームをイージーモードでクリアしたような。

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 00:46:34.52
人口の何割くらいが貴族かわかりますか?

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 00:55:09.65
帝国でもフェザーン勢力が強いしね。ボリスですら裏ネットワーク気軽に使ってたし。帝国企業はコネ貴族社会だから成立していたし実力主義になれば吸収合併か潰れるな。

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 02:18:46.79
>>906
帝国騎士身分は非課税じゃないよ
外伝2巻の男爵家から分家して帝国騎士なったシェーンコップの祖父の話で
この身分は殊更特権なし、優先的に軍務省の官吏になれた位しかない、って書いてあるし

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 04:14:39.60
>897
カルナップは現世でもラインハルトの先達だったが部下に甘んじていた
ヴァルハラでも変わらんだろw

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 07:03:50.64
一代は到底無理だろうけど徐々にフェザーン商人に帝国もノイエランドも乗っ取られるか
アメリカの様な感じになるのかな
ユダヤ財閥がアメリカの政治を左右しているみたいに

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 07:55:50.20
それを見越してかフェザーンの一部有力者の既得権廃止をしていた。多分徐々に経済が連動し始めたらもっと色々てをつけるつもりでいたんだよね。同盟なんて裏はフェザーンになってたみたいだし。

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 08:07:22.21
旧大日本帝国時代に軍事に技術者を取られてたのが
戦後になって彼らが民間部門に出てきた結果として
盛田昭夫や本田宗一郎みたいな伝説的技術者が世に出てきたんだが
旧同盟の軍事技術者が一念発起して起業し、後に全銀河を席巻する
大企業の創業者となる可能性もあるだろうな

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 08:17:06.48
ラインハルトや政務官なりは、ラグナロック後、蓋をあけたら同盟の余りのぼろぼろ具合にゲーこの国要らねえ。ババ引いた!ってなってただろうな。

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 09:07:22.86
>>914
同盟がやばかったのは戦争優先による人手不足と経済破綻だからその意味じゃ平気じゃね?
軍需関連産業が潰れて一時的に失業者がでまくるけど元々他の部分が異常な人手不足だからそこに吸収されていきそう
教育もきちんとされていて思想的なモノ以外足を引っ張る要素がないしね
まぁラインハルトは経済的にみて旨みがあるとかjyなくて宇宙統一ってある意味趣味で同盟滅ぼしたみたいなもんだし
それでババ引いたってのもS過ぎる気がするw

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 09:36:04.92
同盟と帝国どちらが先に手を出したの?

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 09:50:40.74
>>916
とりあえず1巻と5巻あたり読んでこい。

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 12:14:07.00
>>916-917
帝国は、同盟と称する叛徒共の犯罪行為に対して警察権を行使した
と主張するかもしれんな。

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 12:14:24.10
>>915
ぶっちゃけ帝国人と同盟市民の教育水準は同盟市民の方が高いよね、
あの国家体制では。

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 12:19:40.94
奴隷がいたしなあ…
今後捕虜どうするのかな。

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 12:28:41.87
冬バラ園の勅令で同盟を国家と追認してるから
犯罪行為への警察権行使とかいう理屈は使えないはずだ
トリューニヒトが無罪放免されてる位だから事実上戦犯を裁くような事すらしてないし

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 13:19:09.17
同盟はもともと帝国の半分の人口で8割の国力があったんだから
戦争という重しがとれれば経済復興は急だろうよ
教育水準の問題から「同盟人に顎で使われる帝国人」って事例が多発して
「征服されたのはどっちなんだ!」と不平を言う帝国人
って構図が多発するかもしれん

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 14:36:00.57
>>918
ゴ朝ではそのとうりだったけどね。帝国の法を犯した犯罪者とその子孫たちだからな。
ダゴン以降はいろんなのが亡命したけど、宮廷闘争に敗れた貴族とか除けば帝国の法
に反してるのはみんな共通だろう。

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 15:10:03.50
同盟は女性も社会に広く登用していた
もちろん同盟軍も
帝国は女性は家に居ろって言う思想だったんじゃね
だから国力が人口の割にあったんだろな
逆に見れば帝国の潜在力はとっても大きい

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 17:13:03.36
幼帝亡命の後、ラインハルトの宣言で帝国の民衆が反門閥貴族反同盟で
一致団結したからな あれで帝国の潜在力が爆発したと思う
民衆が怒るとホントに怖いなwww

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 17:17:43.23
レンネンカンプじゃなくてミュラーが同盟に赴任してくれればなぁ
もしくは最初からロイエンタールがいたらどうなったかな
ロイエンタールの反乱軍とヤン艦隊が連合を組むことってあるかな

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 17:27:17.06
ないと思う ヤンという強敵の前では一致団結するだろう
敵がいなくなったから共食いしただけ

ミュラーが赴任ならどうなったかな メルカッツ艦隊強奪事件が
あるからな ヤン自身は無関係装えないだろう

というか、あの時期艦隊強奪なんかしたら帝国の注目を引くだろう
ヤンは、自分の予測通り5年間は大人しくしていればよかったんじゃない?

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 17:43:29.76
そもそも首相がレベロじゃなくてルイだったらもう少し柔軟に対応出来たはず

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 17:56:59.25
上級大将の面々では最悪な人選だったかも
レンネンの高等弁務官就任
次点で軍人気質の度合いが強いケンプも良くなさそう。既に故人だが

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 18:04:34.50
結果論など、どうでもいい。なりゆきはオリジナルで語られてる。
それより、なぜレンネンだったのか?
誰か説明できる奴はいないのか?

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 18:06:40.68
最適な人選順に並べると
ミッターマイヤー、ミュラー、メックリンガー、ケスラー、ロイエンタール、ワーレン、シュタインメッツ、アイゼナッハ、ルッツ、ファーレンハイト、ビッテンフェルト、レンネンカンプ
って感じかな

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 18:07:34.92
キルヒアイスが生きていれば…と改めて感じる

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 18:14:03.04
キルヒアイスもヤバイ。オーベルシュタインに暫くいさせたらよかった。部下にレンネンカンプを置いて。オーベルシュタインは、自分が行きますと言わなかったのは、このシナリオがわかってたから。

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 18:19:56.61
続きだけと、ロイエンタールをイゼルローンに配置。オーベルシュタインに元帥与えたのはやり過ぎだと思う。上級大将か大将で良かったのに。

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 18:21:24.47
オーベルシュタインはもとよりラインハルトも失敗したら切り捨てるだけとか言っていたから、最初からミスターレンネンを同盟完全併呑するための捨て駒にするつもりだったんだろう

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 18:22:50.11
>同盟は女性も社会に広く登用していた

その割に結婚退職多い

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 18:23:46.42
>>931
アイゼナッハは人選以前に仕事になるか?w

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 18:27:13.41
副官とセットなら無難にこなすことだろう
もっともその副官の風邪でダウンしたら「お役所仕事」と叩かれる状態に陥るかも

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 18:33:51.04
高等弁務官適性

堅実かつ柔軟に対応可能
ミッターマイヤー、ミュラー、メックリンガー
多少圧力を掛けるものの無難に対応
ケスラー、ロイエンタール
及第点
ワーレン、シュタインメッツ、アイゼナッハ
やる気が空回り、やや柔軟性に欠ける
ルッツ、ファーレンハイト、ビッテンフェルト
最悪
レンネンカンプ

たぶんこんな感じ

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 18:35:12.80
ついでに
完璧、不満なし
キルヒアイス

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 18:40:59.88
どうも、あれだな。高等弁務官に任ずるに帝国にとってレンネンは最悪だった
最悪の結果だったという感想しかないな。

そうではない、銀河英雄伝説という物語にとってレンネンという選択肢は、どう
だったのか?ということだ。

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 19:30:00.28
ミッターマイヤーはとりあえず手元に置いておきたいし
ロイエンタールはちょっとアブナイし
メックリンガーは帝国本土担当だし
ケスラーは憲兵総監のお仕事があるし
ミュラーは年齢的にちょっとだしだから
ワーレンかシュタインメッツにさせたらよかったのではないかと

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 19:37:57.29
アイゼナッハ「...」

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 19:49:27.39
ヤンを準備不足、時期尚早な段階で決起させたんだから
レンネンカンプの起用は正解だろw
妙に仏心を出して準備する時間を与えたほうがよっぽど危ない
ヤン暗殺をれベロにやらせて同盟の良識派を共倒れさせることに成功したしw

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 19:50:50.55
>>941
ヤンとの因縁、それともなうキャラの立ち具合、オーベル、双璧のようにあの段階でヘマして死んで
しまう役振るには有能にしすぎた&人気者……ではない、それなりにできるだろうと思われつつ、
死んでも(読者的に)惜しまれない人etcからすれば、レンネンはまさに適任だった。

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 20:07:33.19
ミッターはともかく、レンネンが7元帥の一人として生き残っていても
別に問題ないのでは
つまりミッター以外なら誰でもよかったと

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 20:09:54.31
生き長らえても「元上司」のレッテルを貼られた状態だし、どっかで始末されていたと思われ…

ビッテンみたいに作者の魔の手を逃れ、生き残るルートはあったのかねぇ…

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 20:14:57.58
生き残るルートは自殺しなければよかっただけだろ
左遷されても降格処分まではいかなかっただろうし、ミュラーみたいに
後で武勲をたてて信頼を取り戻せたかもしれんし

失敗なら、後日イゼルローンを落とされたルッツの方がよほど大きいだろ

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 20:21:34.12
ビッテンフェルトが同盟の高等弁務官なら一週間以内に紛争が起きそうだな。

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 20:31:38.15
ロイエンタールが総督だった時、ハイネセンに愛人がいたみたいだけど
同盟の女性かな? 敵国の総督の愛人になるのもなんだけど、敵国の女性を
愛人にするのもまずくない? 

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 20:32:24.00
ルッツの代わりに、ロイエンタールがイゼルローン駐留しててヤンに攻略されてたら良かったのに。どんな感じで弁明したのかな。

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 20:34:37.38
疾風はバリバリの軍人気質ながらも、柔軟かつ公平な物の見方が出来そうだわな
レンネンは軍人気質としてのネガティブ要素ばっかりが強調されたような感じ

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 20:53:17.93
>>950
まずいかと言えば、推奨されるわけではない程度にまずいが、本国からつれて来る/ついて来る
女性がいなければ(総督になるような地位にいる人物が未婚てのもどうかと思うが)、現地調達す
るしかあるまい(そのような例は歴史上いくらでもある)。
無論、「身体検査」は厳重にやった上での話だろうな。まずい連中との繋がりがなく、ロイエンター
ルがまずいことを漏らしたり、寝首をかかれるような事がなれけばよいだけ。

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 20:57:30.80
ロイエンは女を信用しないから大丈夫そうだな

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 20:57:37.68
>>951
「何かあった時の責任者が自分でなければ、どうでもいい」と、作戦中を理由に要塞の大掃除を
ブッチした男だ。
「責任者」になったら、「何か起こる」可能性を徹底的に洗い出すだろう。そうなれば、ヤンの仕込
みは外されるも知れないな。そうなれば弁明も何もない。

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 20:57:45.68
>>953
破滅型のロイエンタールがそんな慎重な事するかよ
エルフリーデと付き合ってるような奴だぞ

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 21:03:36.00
>>950
ロイエンタールって、新領土総督に赴任してからは女絶ちしていなかったっけ?

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 21:27:41.38
そもそも弁務官なんだから文官を派遣すべきだったと思うけどねえ。軍務担当は当然その
指揮下で。まあ軍事独裁国家にゃあ無理な相談か。
やっぱ文民統制は大事だねえ。

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 21:35:00.45
>>941
同盟政府によるヤン暗殺は失敗し、レンネンカンプは逆に殺されたが、
結果的に同盟とヤンを仲たがいさせ、
同盟の軍勢を同盟軍とヤン一党に分裂させたのだから帝国軍としては結果オーライ。

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 21:38:35.37
>>958
文官なんて帝国本土で手一杯なのに、同盟に派遣する余裕なんてあるんですかねぇ?
軍人は実力主義が強いけど、官僚のお偉方はコネ、つまり貴族の子弟で占めていて
それをリップシュタットで多くを追放してしまっていると思うから、文官は人員不足
なのでは?

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 21:40:48.17
ロ朝ではどう見ても尚書では軍務尚書が一番偉そうだからなあ。ラインハルトの死後
少しは(戦争もなくなるわけだし)文官の地位は向上するかな。ミッターマイヤーが
国務尚書になれば多少変わるかもしれないけど、もと元帥っての方での影響力がある
のは自明だしなあ。シルバーなんとかさんが生きていればって文官はみんな嘆いてる
な。

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 21:42:54.86
>>955
消された戦術コンピューターの情報をインプットしなおしてるくらいだから何も気づいてないだろう
ただ、ルッツと違って一度ヤンに痛い目にあってるからヤンを罠に嵌めるより自分が騙される危険の方を
心配するだろうから要塞を動かない可能性が高い。
結老としてヤンの奪還作戦は失敗するだろうから弁明の必要はないだろうって点には同意

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 21:45:23.46
>>960
キルヒアイスの死後人材収集にいっそう熱が入ったとはあるが、しょせん軍人ばかりか。
先を見越して少しはいわゆるテクノクラートも集めときゃよかったのにね。そりゃ自分
は軍人の頂点だったし元帥府に文官いれるとかは意味不明で無理だろうけど、非公式に
ねえ、すでにそれくらいの権力、財力あったろうに。

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 21:46:26.99
そもそも軍人小説なんだから民間人はおまけだよ。

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 22:04:01.51
なまじ本人の内政能力が高かったから文官に求める基本水準も跳ね上がったところはありそうだ
同盟攻略まであと数年あれば平民階級出身の有能な文官がより多く採用されて余裕が出来ていたかもね

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 22:11:11.08
なんとかこの歳で再就職したら若者が結構いる職場で
当然俺より先輩だから年下の奴に呼び捨てで名前呼ばれる
こともあるんだ
そしたらこの前いつも通り一人でスーパーで買い物してたら
彼女連れた軍の先輩の年下君が俺のこと見つけて呼び捨てで
俺のこと呼んでたから
「おい、軍じゃ俺が後輩だから呼び捨てでもいいけどよ、
ここは軍じゃねえんだから年上にはさん付けで呼べよガキがこら」
って言ったらそいつビビッちゃってすいませんって逃げて行っちゃった
そしたらそいつの連れの女が「ねえあの人軍じゃバック専門なの?」
って後輩と後背位聞き違えてやがった
まあそれでもいいと俺はふと思ったんだけどね

(ファーレンハイトの日記より抜粋)

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 22:17:29.24
>疾風はバリバリの軍人気質ながらも、柔軟かつ公平な物の見方が出来そうだわな
どこからそんな感想が出てくるんだろう
疾風ってガチガチの身内贔屓の偏った思考の持ち主なのに

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 22:31:03.27
>>966
だよな
ラインハルトも君とかさん付けぐらいしろっての

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 22:34:03.67
>>967
オーベルシュタイン
「ミッターマイヤー元帥があえて自分の手で親友を討った意味がわかるか?」
「もし皇帝がご自分の手でロイエンタールをお討ちになれば、
ミッターマイヤーはどうしても皇帝に対する反感を禁じえないだろう。
君臣の間に亀裂が生じ、ひいてはそれが拡大して取り返しのつかない事態になるやもしれぬ」
「だが、自分が指揮官としてロイエンタールを討てば、
友の仇は自分自身、皇帝をお恨みする筋はないと考えたのだ。彼はそういう男だ」

オーベルシュタインでさえ、このような評価をしているのに、
おまえときたらwww

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 22:43:21.87
>>968
ラインハルトが「君」づけすると、某すごくふあんアニメの総統閣下みたく
イヤミに聞こえるwww

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/03(日) 22:44:15.17
>>958
戦後すぐは軍人が現地の統制を行うことが普通だよ
敗戦国の旧軍人が蜂起する可能性だってあるから、しばしば武断的に判断しなきゃいけないしね
マッカーサー元帥だって6年居たよ

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 00:48:38.37
≫969
オーベルシュタイン皆の予想外過ぎる行動が働いてびっくり&相当嬉かったんだろうな。あんなにぺらぺらフェルナーに喋ってさ。

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 00:53:56.44
>941
むしろ物語上の都合で選ばれたんだろレンネンは
戦場で負けたことを恨み、権力で意趣返しする事を恥と思わず、密告を信じて軽々しく
ヤンの処断に走りそうなのはロ朝では彼しかいない。他の誰にも出来ない役回りだろう

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 01:04:20.69
レンネンもな
出世を望む身としては不本意極まりないだろうが、士官学校担当とかなら融通の利かない堅物ながら周囲の評判は良いまま終わったろうにな

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 02:19:39.55
>>960
文官も軍人と一緒で能力はあるが門閥と関わりが無い為に地位の低い人達はけっこう居たと思う
しかしラインハルトも軍隊には細かく把握していたと思うけど文官までは詳しくないと思う
リップシュタットで追放された文官では能力的にも倫理面でも使い物にならん

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 08:04:17.32
>>971
それは同盟を完全に征服した場合、作中でいえば新領土になった場合で確かにその
ときはロイエンが総督として統制をおこなったけど、レンネンの場合はたんなる停
戦中の相手国に駐在する弁務官だよ。作中でも出てくるけど同盟の内政に干渉する
権限なんかない役職ですよ。普通は文官置くでしょ。もちろんラインハルト執政下
のゴ朝は軍事独裁政権で普通じゃないからなんでも軍人にやらせてるわけだけどね。

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 08:55:21.52
>>976
誰にするか以前のプランとして、橋渡しとして弁務官職を併合後の総督職に持ち上げる予定だっ
たんじゃないかな?
併合後は旧同盟の人間も登用するわけだし、多くは当面、今の行政関係者、政治家になるわけだ
から、互いに分かってる人間の方がスムーズに行く。
その前提で、総督職を上級武官を充てるなら、弁務官も武官と……なる。

まあ、根本は武人が成り上がりで、領主=行政の長になれた武官と文官の境界が曖昧な時代の話
が物語全体の下敷きになってるせいではないかと。

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 09:53:42.23
>>977
単純にラインハルトの信用がある人間を派遣しただけだろう。
上納金を納めなければいけないが同盟はここまでの弊政の原因
のトリューニヒト一派は一掃されヤン謀殺を図った時はロックウェル
が仕切っていたがその後非主流のビュコックとチュンが全軍の指揮
を取れていたように同盟没落の原因の人士は無力化しており、
レベロの帝国への過度の恐れがなければつけ込まれることもなく
無理に併合すればまたゲリラ戦に苦しめられることになるだろう。

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 10:41:33.14
        ,r'" .:. :.: .: .: .:. :. :.い  l 1l , ;  l l;:;:;:;;l;!
          /. - ‐‐ ヲ;:;:;;;;;;;;;;:;;:.: .j  i i レ' ノ ノノ;:ィW
       /.:.:.: .:.:./       ̄ ``"""""゙´   `ヾミ{
       ,′.:.:;;;:;;j!      .:. :. :. :.: .: .:. :.      ミj!
      j!.:;:;:;;;;;;;;;j!  :     .: .:. :. :. :. :.: .:     ミj!
      j!;:;:;;;;;;;;;;;1 ,:  ,、、、、,, `ヽ. :. :.: , :'     N
      l;:;:;;;;;;;;;;;;1   ィイ彡-‐-ミ;ヽイ ', , ,. -‐ ニミヽリ
      l:;:;;;;;;;;;;;;/   -  二・_ン'`¨:; .ぐに・ニ   ハ
        V/⌒ヾ!i  "´.:.:.""~ '´ ,'  `ト、ニ´.:.:.   リ
        リ ハ リ ',              i      ,!   
       l い〉  '          ,.ィ  !     ,′
       ヽヽ(          ,r'´≧;;_,;;人     ,′
        ト、 ヽ        ,r' ィイ彡亥ミミヽ  !
        ヾ1 !       ィイ彡彡ノ ヾミミ;;、   |
           l ぃ       (( _ _ _ _ソ    !
            | ',ヽ                ,′
          ,r|    \',     ` ニニニ ´   .,イ
         ト、ヽ    ゝ、      .:.   ,r'.:L_
        ∧ ヽ`ニ ''ー- 、_` ー -;:;;;;;;;:;:;:.イ_ノ  )
       ∧ ヽ   `¨ー `` ー-、 ,rr == ィ´i1
       / ヽ \  .: .:. :. :. : ̄``Y"´ .: .:. :.l l 1

(ナレーション)
ここにきてレンネンカンプは自分がヤン一党に敗北しただけでなく
自分が2チャンネラーにも全く評価されていない存在でしかないことを悟った。

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 10:43:29.61
ルイ首相誕生を希望

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 10:44:00.79
女性不審だったロイエンタールはよく男性愛に走らなっかたな。

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 11:14:03.93
>>973
言っちゃ悪いが諸提督で一番器が小さかったからね。
イゼルローン陽動攻撃で大局を理解できずロイエンタールに反抗するあたりでその辺が伺える。

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 11:44:40.74
ワーレンって白兵戦強い設定なのにあまり活かされてないよね
キルヒアイスといい勝負できるのに

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 13:10:29.25
>>969
自分こそが公平無私絶対正義のオーベルさんの評価だからなぁ・・・

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 13:15:39.60
>>981
母性とか母親の愛を求める気持ちの裏返しだろうからな。女性不信
普通はそれを恋人や妻に求めるのだが、そうなるべき周辺女性が、向こうから粉かけてくる
ビッチばかりでは求める気持ちと幻滅の間で揺れ動くしかなかった、と。

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 13:28:51.48
>>985
数が多い分まともな女だって沢山いたとおもうけどね
単にロイエンが最初から女性を一人の人間としてまともに評価出来なかっただけで

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 13:32:22.74
>>986
そういう具体例は描かれていないから、物語的には存在しない。
ロイエンタールが自分から手を出した例はエルフリーデのみ。

そのような人物の最初が気になるな。

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 13:42:57.44
>>983
鋭い眼光で暴れる兵士に睨み利かせるってあったな

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 14:26:48.72
>>987
真情をこめてロイエンタールを愛した女性のうち一個小隊ほどは
妻あるいは母として合格点に達していたことになっている。
そのあたりまでビッチ呼ばわりするようだと壊れているというしかない

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 14:27:36.74
>>987
ビッチだけしか近づいてこなかったなんて書かれてるわけじゃないべw
女から言い寄ってきたらみんなビッチっての凄い価値観だし
ロイエンタールがどんな女も糞って最初から偏見でみてるから
本当に良い女がきたとしても評価なんかしないしょ
エルフリーデだって自分の理想だから手を出したんじゃなくて気まぐれだし

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 16:31:29.24
>982
レンネンを高等弁務官に据えたのはラインハルトの人事の数少ない失敗と言われるが
一番の失敗はレンネン程度の奴を上級大将にしてしまった事だよな
ロイエンタール曰く単なる戦闘屋で
ミッターマイヤー曰く中将程度で留まっていれば幸せになれた男で
オーベルシュタイン曰く生きていても元帥にはなれん男
三長官全員から駄目出しされてる惨めさ

なんでこんな奴が上級大将、更には高等弁務官の要職につけたかは
物語上の都合ですとしか言いようが無い

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 16:58:17.86
>>991
ミスターレンネンはなぜ上級大将の階級に就けたかというと、大将級より有能だから。

新帝国建国当時、大将の地位に就けそうな面々を思い浮かべると、レンネンカンプの方が
かなり優秀に思えるw

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 17:01:03.09
レンネンカンプとその元部下グリルパルツァーのラインは悲惨だなw
ロ朝の重臣クラスで糞なのをあげろと言われたら確実にツートップが張れる

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 17:34:27.62
>>989
ロイエンタールにとって(゚听)イラネ女たち―他と同じだったという事実がある以上、一般基準で
評しても意味がない。

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 17:41:09.57
そこまでレンネンさんひどくないだろ 貴族に嫌われていたラインハルトを
公正に扱っただけでも、ゴ王朝時代なら異例の事だったのかもしれない
大将で留まっていたなら人生を平穏に終えたかも

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 18:10:26.27
>>994
ロイエンタールの方が基準からずれていたって事をわかってくれたんならそれでいい

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 18:56:14.30
>>984
女が全て糞ビッチって時点で完全に頭のおかしい人だもんなロイエンタールw

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 19:00:54.44
>>997
幾分は自覚があるから救い難い。

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 19:31:35.97
世界三大厄介タール

ロイエンタール
タタール人
ニコチンタール

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/11/04(月) 19:59:24.04
1000ならアニメ化決定

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

272 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)