5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_111

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 10:41:50.36
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。
次スレは>>980辺りで重複確認・宣言の上で立てること
必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_110
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1378877635/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 10:54:47.21
>>1 乙です  
自由戦士一等勲章 共和国栄誉賞 
ハイネセン記念特別勲功大章を推薦します

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 12:06:39.89
>>1乙リッター

接舷は何度か見られますが艦艇内の白兵戦と爆破物を置き土産にしないのは
永遠の謎ですね

あと知っている人がいたら教えてください
士官学校で当然、白兵戦の訓練、授業があり白兵戦が得意な提督、司令官が
輩出されるのはおかしくないとおもいますが
日本の防大から第一空挺師団に行く人はいるのでしょうか?
在学中にバラシュート降下訓練はあるのでしょうか

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 13:56:31.61
>>1乙 今年のシンドバッド賞は君のものだ。
>>3
あわよくば人質にでもしようと捕縛を狙ってたんじゃないの?で、脱出するときは
置き土産する間がもうなかったと。

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 14:13:35.68
>>3
間抜けすぎるよなw
何故そうしないんだよとか何でそうなるの?ってシーンが結構ある

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 14:29:15.81
接舷突撃より旗艦識別できるなら艦砲で集中砲火とか、スパルタニアンで機関部撃ち抜いて航行不能にしてフルボッコor拿捕とか(脱出シャトルならもっと簡単に拿捕か撃沈できる)しないんだ?

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 14:32:10.14
奪ったばかりのイゼルローン要塞を完璧に操りきって
トールハンマーで旗艦攻撃し撤退させるとかもやってるしなぁ

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 14:45:27.28
ブリュンヒルトに突貫食らったのもなあ
ユリアン達にその気があったら自爆による撃沈も可能だったと思うと帝国側の間抜けっぷりが
俺としたことが読み違えたか、じゃねーよミッターマイヤー

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 14:48:03.89
それに「旗艦内で重火器の使用なぞ許さん」とゼッフル粒子散布を命じるのもおかしいよね
相手がその気になれば一瞬で艦ごと火だるまだろ、そんなことしたらw

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 14:58:58.05
>>8
旗艦、しかも皇帝陛下の座上艦が少数の敵が突っ込んでこられる位置にいること自体微妙過ぎる話ですよね。
オーベルシュタインも普段は何言われても持論進言するのにそんな当たり前のことは言わないですし。

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 15:23:40.58
イゼルローンに篭る戦法が一番強そう
回廊の戦いでも機雷源をイゼルローン付近にしとけばヌルゲーじゃない?
ヤン艦隊をトールハンマーの邪魔にならないところに置いて

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 15:28:16.21
要塞戦で無理にイゼルローンを堕とそうとしなくても、ガイエスブルグをあそこに置いとくままってのはダメだったのかな
対イゼルローン&同盟領の橋頭堡になるじゃん

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 15:32:32.19
>>12
ラグナロック見越してなら充分ありだと思う
3巻の時点で本気でイゼルローン潰しにいくなら同盟領侵攻計画とセットにするべきだし
何にしても方針が中途半端すぎだよあそこ

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 16:37:43.02
>>3
敵艦の破壊が目的じゃないからじゃない?
ロイエンタール戦で言えば、ヤンとしてはロイエンタールに死んで欲しくは無いでしょ。視野の狭い奴が後をついで、イゼルローン退却時に無駄な追撃戦やられても困るし

>>6
旗艦選別できてもそうされないように陣形を組んでいるんで集中砲火なんて無理。というかどうやって、そのような体勢にするかが戦闘でしょう。それを効果的に何度もやったからヤンは魔術師の異名がつけられたので普通の人は無理。
アレク爺さんがスパルタニアンで機関部打ち抜かせたが、あれは隠れ所に美味く誘い込んだから。こっちもちゃんと一工夫している

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 16:42:39.63
>>10
オーベルシュタインは艦隊戦の戦術には強くないんじゃないの。
戦略的な意見は出しても、実際の戦闘には口出ししないでしょ。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 16:50:53.82
>>14
ロイエンタールを討ち取るために敵旗艦に侵入し白兵戦攻撃しかけたのにかい?w
結果的にロイエンタールを討ち取れるならそれが白兵戦だろうと敵艦の爆破だろうと構わないのが普通

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 16:57:25.29
>>12-13
ラグナロックあるなしに関わらず、牽制としてガイエをイゼルローン回廊に
置くのは価値がある。
ガイエが邪魔で、ヤン艦隊は動きがとりづらくなるからな。

ただし個人の武勲という面から見ると、ガイエを回廊に設置するなんて
サルでもできるから(以下略

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 17:00:46.43
>>16が書いてるが、>>14
強襲揚陸艦が敵陣突入突破、旗艦強行接舷かましてるのに、揚陸艦より機動性に富むであろうスパルタニアンが近づけない道理はなかろう?
艦砲集中にしても旗艦を直接狙撃できないなら、旗艦のいる陣に砲火を集中して供回りを薄くしていけば短時間でケリが付くはず。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 17:04:54.83
>>14
ヤンとシェーンコップは後々になって、ロイエンタールを仕留め損なったのを
本気で後悔した、と述懐している。

白兵切り込みの目的は、混戦状態になった味方を救うべく、ロイエンタール艦隊を
引かせる切っ掛けを得ることだが、ロイエンタール本人を殺害すれば
よりベターに目的が達成される。

ただしロイエンタール殺害は、シェーンコップの命と引き換えとまでの価値は無いと思う。

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 17:10:08.84
>>17
アムリッツァ前ならともかく牽制としての意味なんて無いよ
同盟の軍事力が払底して帝国側に来ることなんてあの時点じゃありえないのはラインハルトが分かってるだろう

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 17:12:06.88
スパルタニアンの飛行隊が何機編成なのかは知らないが、
機関部撃ち抜き後に反復攻撃でも戦艦は沈められないの?
POWとか大和とかマラートみたいにさ。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 17:18:26.54
>21
正直火力が無さ過ぎてあいつらが何の為にいるのかが良く分からないレベル
物凄く幸運に恵まれると敵の攻撃にタイミング合わせて砲塔に攻撃打ち込み撃破とかはできるみたい

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 17:19:33.45
ヤンの計画ではあの時は殺すか捕虜にするつもりだったな 確か
シェーコップとの戦いは捕虜にする余裕はなかったけど

総司令官を失って一時撤退してくれたらヤンにとって一番都合が
いいけど、司令部が混乱するだけでも悪くはなかっただろうな
単純に殺せばいいと思うけど、捕虜にしようとした理由は指揮系統かな
死んでしまったら、次の階位が後を継げばいいけど人質になったら困るんだ
この時ロイより上位者は宇宙に一人しかいないし

だけど、普通艦隊戦でこんなバカなこと考えんだろうな

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 17:27:42.96
ミスターレンネン「年齢的におれが作戦の司令官だな、ルッツ」

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 17:31:20.01
あそこでロイエンタールが死んでレンネンカンプが速攻で撃破戦死とかなったらもうギャグだろw
ルッツ頭抱えちゃう

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 17:58:06.96
>>19
そもそもシェーンコップ自ら乗り込む意味がなかった
誰が行ったにせよ、さすがに自爆してこいとは言えないけどさw

にしても万単位の艦艇で艦隊組んでるのに旗艦に突っ込まれるって
どれだけ突出してたんだろうな
それに突入した部隊が普通に帰れるのも変
普通は旗艦内でやりあってる間に取り巻いて逃げられなくするだろうに

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 20:18:00.29
>>21
そもそも艦艇が万単位なのに、そこに百数十機程度の艦載機で何をするのかという疑問が?
戦艦10隻で1機のスパルタニアンを追い回すの?
しょっちゅう出てる疑問だが、結局作者があまり考えてなかった、以外の名答はないのかな?

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 20:37:48.16
>>12
何度も議論になっているが、「ぶつければいい」の本質はそこなのよ。
「まともに戦う必要性は必ずしもない。イゼルローンと同等の存在がいれば、戦略的存在としては
±0」てこと。分かりやすく物理的に0にしちゃえってが「ぶつければいい」。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 21:05:14.60
>>27 ないな 本当に想像でよかったら
艦隊に属する艦載機数も本来不明だが百数十機とは言わず一千二千機ほど
あるとすればかなりの戦力になる
ちなみに第13艦隊には数千人の搭乗要員がいるそうだ(一巻より)

ビッテンが第13艦隊に艦載機で攻撃しようとしたように、接近戦において
効力を発揮するんだから防御力の高い戦艦・巡洋艦には通用しなくとも
駆逐艦には通用しただろう(←想像だよ)

一個艦隊において駆逐艦の占める割合もわからんが仮に半数だとしても
一人で数十人乗っている駆逐艦を撃破できるんだったら費用対効果で
十分元はとれる。( >>27 想像だからな突っ込まないでくれ)

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 21:06:34.99
通信ポートやシャトルで艦隊の秩序を維持しているような描写もところどころにあるから、その阻害とかも任務かもね

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 21:33:50.88
艦載艇について確認しようと思って「初陣」を読み返していて気づいたんだが
50分後に敵に接触するとしても転進してそれを避けることは出来ないんだな

アムリッツァのウランフは6分後とかだったから、敵地だとかなり索敵も不利なんだね

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 21:49:27.38
>>11
要するに第一第二第三ってイゼルローン要塞を作ればいいのさ
第一が抜かれたら第二があるいは第三が何らかの機動装置で
第一の援護に向かうとか

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 21:55:31.24
>>32
それはあまり現実的じゃなくない?
イゼルローン級の要塞を建造する費用と時間を考えたらその分艦船を用意した方が良さそう
アルテミスの首飾りですら新たに作られなかったし

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 22:17:46.82
「フフフ...この要塞はイゼルローン四大要塞最弱の存在...」

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 00:08:04.87
俺とした事が読み損ねたか
遊兵を作ってしまうとはな
おっと、これでは攻撃できんな、速度を落とせ
味方がついてこられない作戦を立ててしまうとはな

ミッターマイヤーってやらかしが多くない?

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 00:19:06.63
脳筋だもの

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 00:24:55.19
ミッターマイヤーって優秀な部下が多いけど、単純な能力でいうとロイエンタールが上だよね

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 00:27:10.21
メインの提督の能力って
ヤン>>ラインハルト=キルヒアイス>メルカッツ>ロイエンタール>ビュコック>ミッターマイヤー=ウランフ=ボロディン>
ミュラー=ビッテンフェルト>>ワーレン=ルッツ=アイゼナッハ=メックリンガー=ファーレンハイト=ケンプ=パエッタ=アッテンボロー>>ケスラー
なイメージ

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 00:28:43.68
カールセン、モートン、アップルトン、アルサレム、ルグランジュもワーレンやケンプくらいの能力はありそう

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 00:59:58.23
>>35
本質は守成の人らしいから。
ひょっとしたら帝国宰相としてアレクを守る役はロイエンにこそ相応しかったのか。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 01:20:17.35
シヴァ会戦ではビッテンを露骨に蔑んだ発言した直後に采配ミスしてブリュンヒルト侵入を許してるからなあ
なんかいろいろ救いが無い

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 02:01:45.66
>>40
アレクに忠誠を誓うだけの器量があれば、ね

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 02:18:41.26
ロイエンて過大評価じゃね
皇帝を迎える基地が地球教に乗っ取られても気づかないのに
行政能力あるとは思えん

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 03:18:03.42
星系単位は難しいのでは、広いし。強引にサイオキシン麻薬に汚染されたらもうどうしょうもないしね。人選とかいろいろ運が悪かった。ワーレン艦隊とか上級大将を駐留させときゃ良かった。

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 04:27:26.67
>>38
状況にもよるけど総合的にみたらラインハルトよりキルヒの方が上なんじゃないかと思うわ
こいつは敵を絶対に舐めてかからないし
>>43
ロイエンよりオーベルの方が酷いような
サイコパスみたいな思考で献策してくるんだもの

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 04:45:04.47
>>28
いやあの時点でのぶつければいいの意味はそうじゃないよw
同盟領侵攻の為にイゼルローン要塞って蓋をどう排除するかって話なんだから

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 05:58:02.90
>>38
強さ比べとか意味無いと思うがやるならもう少し公平に頼む

ロイエンタール>ビュコック>ミッターマイヤー
ウランフ=ボロディン> ビッテンフェルト>ルッツ

さすがにこれはヒドイ

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 07:02:04.57
ヴェスターラントを中止して、同盟国を分裂させないで内戦していたら、ラインハルトにとって幸せだったような気がする。戦いは続くし。

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 07:17:51.32
>>46
イゼルローン要塞はフェザーン突破で戦略的に無力化されているから、
イゼルローン回廊突破の重要性は大きくないぞ。

もっとも、イゼルローン回廊の蓋を開けようが開けまいが、
ガイエを回廊に置くのは損ではないな。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 07:48:09.39
>>48
だらだら戦いを続けてどーする。

ラインハルトの望みはゴールデンバウム皇帝と門閥貴族をぶっ潰し、
自ら宇宙の覇者になることだ。

強敵と戦うことはラインハルトにとっての喜びかもしれんが、
退屈な安寧と無能との戦い、どちらかを選べと問われれば
退屈な安寧を選ぶぞ。

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 08:06:21.12
安寧の日記

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 08:20:11.21
安寧ローゼ様、弟御の戦好きをなんとかしてくだされ

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 09:00:56.21
どっちにしろキルヒアイスとアンネローゼには、ラインハルトがいたせいで幸せになれない。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 09:05:37.01
>>45
キルヒアイスは何やらせても超一流だし性格人格面も文句なしで人望もあった
こんなキャラは早死にするしかなかっただろうね

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 09:15:57.31
早死にか裏切りしか使いどころのないキャラクターだよな
作者は早く殺しすぎたって言ってるけどあのタイミングでよかったと思う

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 09:17:51.24
ビッテンフェルトのランクはもう少し高いと思う

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 09:19:24.61
セクロスだけは下手そうだけどね

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 09:40:23.47
>>38
アイゼナッハはもっと強いだろ
ミュラーと同格なイメージまあ副官達がすごいのかも知れんがww

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 10:53:00.29
何を持って最強とするのか
戦場での武勇だけで語るならビッテンミュラーは他の上級大将より頭一つ抜けてるんじゃない?
軍官僚の能力ならワーレンやケスラー、メックリンガーが高そう
アイゼナッハはスーパーサブ
ビッテンとアイゼナッハを戦場で正面対決させたらビッテンが圧勝しそうだけど
アイゼナッハの担う地味な任務をビッテンがガッチリこなせるとも思えない(出来ないとは言わないが)

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 10:57:41.88
アイゼナッハって後方攪乱や後詰めが強いけど、単体だとそうでもなさそう
でも手堅い戦法だからアッテンボローとかを相手にすると強そう

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 11:06:06.23
ヤンが部下に欲しがりそうな帝国側の提督ってやっぱミュラーだよね
次点でキルヒアイス、ミッターマイヤーあたり

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 11:09:00.71
回廊の戦いで役割が被ってるビッテンフェルトとファーレンハイトを組ませた意図はなんだろう
ファーレンハイトじゃなくてミュラーやワーレンだったら勝手に戦火を開くのを静止出来たよね
にしてもあの戦いの下準備としてメックリンガー艦隊を後退させたのは流石ヤン

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 11:16:26.69
組み合わせは疑問だね
ただ誰が行っても戦闘に引きずり込まれてたとは思う

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 11:25:55.31
>>49
ガイエ使ったのラグナロック前の3巻だぞw
いつフェザーンが占領されてたんだ?

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 11:33:26.60
やっぱアンネローゼは召しかかえられてエロいことされちゃったの?

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 12:12:42.37
キルヒアイスは超人にし過ぎたなー…とは思う
超人過ぎて人間味があっさりしているというか無難になってしまったというか
だからこそ早めに退場するか裏切るか、の選択肢が妥当になるのかな
長生きすればするほどキャラがブレそうだし

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 12:54:38.64
志向性ゼッフル粒子はもう少し上手く使えそうだよね
例えば回廊入口付近にばら蒔いといて、敵艦隊が通過しようとした瞬間に点火したりとか

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 13:10:56.06
指向性いらないじゃん

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 13:57:53.58
>>67
キルヒアイスの大艦隊がまともに進軍できるだけの穴を機雷源にあけられるんだから結構使い勝手よさそうだね
宇宙の広さ考えたら回廊内で使うのが一番現実的かもしれんねけど

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 16:10:20.62
>>67
上手く使えばイゼルローンとかも落とせそうだなw

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 16:43:42.00
ヤンVSキルヒアイスがあったことは意外と忘れられてる

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 16:48:34.76
忘れないだろ
アムリッツァ前哨

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 17:17:09.40
あすた0てのラインハルトからはじまって
シュトックハウゼンz ゼークロ キルヒ ミッター ビッテン ケンプ
流具藍綬 ケンプミュラー ロイエンレンネンルッツ ゾンバルト シュタインメッツ
レンネン ラインハルト ミュラー
バーミリオンまでにこれぐらいの敵と戦って負けなし
異常な勝率だよな

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 17:36:23.65
航海長はともかく宇宙での戦いなのに水雷長とかいるんだな。
やられた時は「撃沈」だし。

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 17:39:10.03
>>74
それはまあ慣習的なものだろうな

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 18:19:11.27
その慣習に突っ込むと西暦20世紀の我々が叩かれることになる
スペースシャトルや国際宇宙ステーションのリーダーは船長
英語だと多分、キャプテンだとは思うが
せめて機長や駅長にすべきだった
日本語を造語すればよかっただけなんだがな

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 19:33:00.94
某SFアニメでは船務長、砲術長、気象長がいるんだよな。

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 19:53:58.33
>>77
その組織は軍隊なの?軍隊でないと比較できませんし、
引き合いに出す人はキチガイかと・・・

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 20:07:47.16
>>78
だから相手にするなって
いつの間にか住み着いちゃったんだから

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 20:19:45.25
>>77は有名なアノニマスネーム「句読点」
ガンダムから出てきてほしくないな
出張して来てはSF関連でイミフ発言を繰り返すが元はガンダム荒らし
句読点を隠さないようになって露骨になったな
立体機動装置も句読点

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 21:30:30.45
銀河英雄伝説は楽しいだろ
銀河英雄伝説は面白いだろ
銀河英雄伝説は嬉しいだろ
銀河英雄伝説は喜ぶだろ
銀河英雄伝説は絶好調だろ
銀河英雄伝説は魅力的だろ
銀河英雄伝説は物凄く素晴らしいだろ

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 21:38:10.58
ザッツオール!

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 22:16:17.90
ネタスレじゃないんだからいい加減にしろ

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 22:50:51.85
ファーレンハイト氏が白髪なのは食事バランスが悪いからなんでしょうか?

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 23:09:50.35
>>84
ファーレンハイトの毛髪の色に関する記述があったかな?
もしかして:アニメ

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 23:12:03.59
白に近い灰色の髪とかいう記述はあったはず

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 23:14:37.77
髪の色話題は10スレくらい前にやったばかりのような(アニメ含めて)
その時、赤はいい人、銀はくせ者、金と黒は様々と

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 05:57:08.36
>>49
イゼルローン回廊における戦術的脅威を極大にできるからな。それは=駐留艦隊を回廊に
釘づけにできるっとてことで、当時の同盟の戦力の実質半分を封じるのに等しい。
どんな時期、前提だろうと、意義は大きい。

ガイエそのものは帝國軍には必須の物ではないし、1,2個の艦隊を振り向けても余裕。
攻略、排除は労力・損失が大きすぎるから、封じられれば、あえてやる必要はない(虎の子
第一艦隊を葬ってしまえば、組織的抵抗はほぼなくなるから、遠征軍の大半をイゼルローン
に向けてもいい……ま、その時点ではイゼルローン要塞には抵抗する意味も理由もなくなっ
ているが)。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 07:47:27.51
>>87
その議論は覚えてないけど世界的に赤はアイルランド・スコットランド系で
貧民層の激情型単純馬鹿という伝統がある。ホームズの赤毛クラブとか赤毛のアンとか、
コンプレックスにもなりえる。
黒は神秘的、白はノーブル、茶は地味で知的、金は派手で軽いというイメージみたい。
しかし、欧米の髪色は日本の血液型に通じるものがあるんじゃないのか?

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 09:09:23.12
某SFアニメでは日本人が金髪で異星人と瓜二つという設定だぞ。

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 09:10:33.70
ファーレンハイトは若いときは黒々とした髪じゃったんじゃよ

士官学校の休暇中、ヒッチハイクで貧乏旅行をしていたファーレンだったが
その日はヒッチハイクに失敗、暗い夜道をトボトボと歩いて野宿の場所を探しておったんじゃ
そこを、近くに住むという初老の男に声をかけられ、古い館の中に招き入れられた

館はチャールズ・ブロンソン似の主人とその娘、そして執事の3人暮らし
娘はたいそうな美人じゃったらしいが、どうやら頭がおかしかったようでのう
そのせいか主人の表情には暗い翳がさしておった
ラーナベルトとかいう執事も薄気味悪く、ファーレンもあまり居心地は良くなかったようじゃな

夕食の後、一室に案内され、疲れていたせいもあり、すぐに眠りについたファーレンだったが
深夜に若い女の悲鳴で叩き起こされた

(中略)

こうして恐怖の一夜から生還したファーレンじゃったが、
その髪は一夜のうちに白く変わってしまっていたのじゃ

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 10:08:25.29
ファーレンハイトはメルカッツと違って自主的に門閥貴族連合についたし
判断力が高いとは言えないよね

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 10:21:12.64
>>92
たとえば、メルカッツが優れた判断力を有する設定であることは疑いの余地はないが、
そのメルカッツが「必ずどちらかに参加しなければならない」(中立禁止)という条件で自主的に選んだ場合でも
ラインハルト陣営にはいかない気がする
…印象論なんで根拠はないが

ファーレンハイトも「必ずどちらかに参加しなければならないのなら…」とブラウンシュヴァイクについたのかもしれん

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 10:31:26.15
>>90
かろうじて国籍が日本ってだけで、混血率は高くなってると思うから
特に変とは思わないけどな。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 11:49:42.28
やべ 自演し始めてる

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 18:37:05.01
>>92-93
ファーレンハイトはアスターテ後、ガイエスブルク要塞駐留艦隊の
分艦隊司令の任についていて、貴族連合から逃げるに逃げられなかった
という好意的な説もあったりする。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 18:39:55.53
>>93
その場合のメルカッツは敗北を覚悟した上でゴ朝に殉ずるという状況だけど、
ファーレンハイトがそんな思考するかね?

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 20:08:02.72
貴族連合軍っていうけど、
よくもあれだけの軍を握ってるもんだよな。
大貴族の私兵みたいな感じの奴もいたし。
「帝国軍」といっても実態は軍閥の集まりみたいなものだったのかな?
まるで共和政末期の古代ローマみたい。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 20:18:01.15
>>90
単なる設定ミスじゃないのか?

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 20:19:17.46
「ローエングラム陣営には既に俊英が揃っている。そこに俺が加わったところでありがたみはなかろう」
「それに比べ、貴族連合陣営でまともなのはメルカッツ提督と俺くらいのものだ」
「だから当然、俺の将才がより光り輝くこととなる………あの時はそう考えたのさ、ビッテンフェルト」

「なるほどな、わかる気もするな。で、その俊英とやらは誰のことだ」

「キルヒアイス、ミッターマイヤー、ロイエンタール、オーベルシュタイン、ワーレン、ケスラー、メックリンガー、ケンプ…」

「おいおい、大事な誰か忘れちゃいませんか」

「すまん、すまん、一番の俊英を忘れてたよ」

「うん、うん」

「フロイライン・マリーンドルフ!」

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 21:04:08.21
攻撃力だけを評価したら
ビッテンフェルトとファーレンハイトがトップになるかな

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 22:03:58.36
ケンプも相当上位に来そうだな

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 22:12:33.30
艦隊指揮官の攻撃力ってなんだよ?腕力か? 確かにビッテンはオーベルを押し倒すことは出来たね。

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 22:19:58.75
>>98
「私兵みたいな」どころかまさに私兵
一応帝国正規軍と貴族の私兵は区別されてる、極めて曖昧だが。
リップシュタットで正義派諸侯連合軍(笑)を構成したのが
その貴族の私兵と正規軍の反ラインハルト派

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 22:29:44.86
>>97
ファーレンハイトは「食うために軍人になった」と公言してるくらいだから
基本的には食い扶持を得られれば、社会体制がゴールデンバウム王朝だろうがそれ以外だろうが
体制そのものに向かって特に異議申し立てをするほどの次元まで思考が固まってないわけだ
だからあの時点だと「現王朝の軍人」として行動した結果、まあなんとなく貴族連合軍に与してしまった
というところではないかな

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 23:07:35.64
なんかロックウェルの最後が情けない感じにになってるが
僕が感じたのはラインハルトがファーレンハイトに処分しろって
言ったのが「お前も同じような立場だったのだから恥を知って俺に尽くせ」
って言ってるようにしか見えなかったな
かわいそうなロックウェル。帝國軍の中将待遇で迎えられたかも知れないのに
ファーレンハイトのせいで・・・

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 23:27:47.98
>>106
ビッテン風にあえて釣りの中に飛び込んでみよう、
ファーレンは最後まで自軍に忠誠尽くして最善と思われる行動取ってた。
ロックさんは自分の上官にして自軍陣営の最高責任者を暗殺(本人は正当防衛
だと主張してるが)。
これで一緒にしちゃあ可哀そうでしょ。
可哀そうなのはファーレンと同じような理由で賊軍に属して最後まで努力して戦死
しっちゃった連中だな。確かに彼らならファーレンの枕に夜な夜な立ってもいいかも。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 23:51:25.58
ロックウェル大将は後方作戦本部長だったんだよな
ドーソンさんの代わりに統合作戦本部長になったんだけど

ヤンは帝国への抵抗を一人で考えていて良かったよ 
同盟軍の高官と立案していたらすぐに情報が漏れたかもしれない。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 23:56:11.06
>>107
賊軍に属して最後まで努力して戦死 会津藩の白虎隊を思い浮かべてしまった

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 00:36:16.45
>>88
3巻以降ラグナロック開始まではそんなことする意義なんてないな。
同盟はそもそも軍事力が低下しすぎで帝国に攻めてこれない。
帝国の侵攻に備えてイゼルローンから絶対に兵力を動かせない。
この前提があるのに同盟を牽制するためだけに大金使ってガイエ動かす必要は皆無であろう。

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 00:49:42.00
であろう

とか作者かよwwそれとも銀英かぶれかww

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 00:59:48.96
>100
ロイエンタールとキルヒアイスを除くと途中退場した提督は格が一段下な気がする

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 01:31:06.56
>>112
死んだら格なんて比較できない負けて死んだら尚更比較できない
雰囲気やヒイキだよ。最期まで汚いことしてでも生き残ったのが勝ち組で退場したのが負け組
(潔い勇退は勝ち組でいいとおもうけど)
格や能力値なんてゲームでリアルイクサにはない。現実でもそう
勝利国のダメ将軍は宣伝で優秀になるし
敗戦国のヨシ将軍は宣伝でクズ扱いになる

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 08:22:48.63
>>113
現実で言うなら、勝利国だって個々の会戦では負けることもある。それが
自軍の将の無能が原因なら、それを隠すために敗戦国のその戦いの将を必
要以上に優秀だったと宣伝することはあるですよ。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 08:28:00.35
一概には言えんのでは
特に日本の場合は判官びいきってのがあるから
島左近や真田幸村の勇猛は江戸時代に既に語られてる

アメリカの南北戦争なんかもそうでしょ
負けた南軍の方が名将と呼ばれた人が多いんじゃね

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 08:30:10.55
これはすまんのう
年をとるとせっかちになっていかん
>>115>>113宛じゃ

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 09:48:45.69
某SFアニメでは艦隊全滅して司令官だけが生き残ったほどの惨敗なのに名将扱いされているぞ。

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 10:15:05.16
そりゃ 無能な将軍に勝ったと言われるよりも有能な将軍に勝ったと
言われる方が戦勝国の将軍はうれいよ。

戦う時は無能な指揮官と戦いたいけど、勝った後は本音は隠して
敵も優秀だったと言いたいものさ

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 11:28:30.00
>>118
まして負けたらね。敵はあまりに名将だったと宣伝するものさ。

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 11:32:49.13
>>119
徳川がやたら真田を讃えてたのもソレ

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 11:34:33.89
というわけでヤンやラインハルトは名将扱いなわけだ。どっちかってと負けた側が無能すぎるのが多いよね。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 11:45:45.80
レビル「ジオンに兵なし!」
ギレン「連邦に将なし!」

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 11:59:32.94
芳樹「登場女性人物に貧乳なし!」

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 13:09:26.68
アムリッアやアスターテの同盟軍の提督達も名将だったと褒め称えるかもな
そして、彼らを討ち破ったラインハルトは天才だと 引き立て役も大変だな
貴族連合軍はどうなるかな 悪役としての引き立て役だから悪徳ぶりが宣伝されるかもね 

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 13:19:47.69
ブラウンシュヴァイク公は暴虐の限りを尽くし、オーディーンの富豪を襲って金品を奪ったり、
自領の村祭りに参加していた農民を皆殺しにしたり、
公の私兵が毎夜のごとく平民女性を凌辱したり悪道非道を重ねた

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 13:45:47.31
ぬるいな それくらいでは後世の民衆は驚かないよ
マヴァール年代記のドラゴシュくらいの悪行はしないと

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 13:49:35.65
>>125
董卓かよw

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 14:02:23.84
俺もいつかは濺民共に熱核兵器で正義の鉄槌食わせたい。
俺以外にも憧れる人多いはず

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 14:21:27.62
じゃあ俺はそんな奴を正義の名のもとに倒す役な

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 14:21:29.69
>>126
ドラゴシュもたいしたことしてないだろ。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 14:52:29.35
ブラウンシュヴァイク公は、自身の経営するコンビニエンスストアのアイスケースの中に入り込んで横たわり
その写真をTwitterで公開するなど悪逆非道な行為を繰返した

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 15:33:16.55
ブラウンシュヴァイク公は領民からは慕われる主君だったのかもしれないよ
徳川幕府の大名みたいに何百年と領主を務めていたらね

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 15:33:54.71
>>131
悪逆非道過ぎるw

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 15:37:02.21
>>132
領民からぶっころばされるようなバカ甥に領地を任せてもそう思うのか?

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 18:39:57.31
>>128
判るわ〜俺も一か所落としたいところがある
100万人都市らしいが長期的に救われる命は
100万じゃきかないだろうから問題ないよな
遠慮なしにツァーリ・ボンバをくれてやりたい

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:31:47.70
某SFアニメでは国家元首が自国民に対して砲撃していたぞ。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 20:01:19.17
>>123
シャルロット・フィリス「…」
妹「…」

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 21:44:51.04
>>136
ちがうよ国家元首が敵将軍と共にコロニレザーでセガレに殺されるんだよ
尊属殺人だから昭和48年までだったら無期or死刑(理由は一切斟酌しない)
視覚障害なの?めくら?

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 21:48:00.61
>>136
砲撃はしていない。未遂。

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 21:59:01.43
そういえば文庫版だと「賤民どもが…よくも甥を殺したな」が
「平民どもが…よくも甥を殺したな」になってたな。
賤民って差別用語か?いやまあ「賤しい民」なんて差別以外の何でもねえけど。

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 22:13:49.71
Q てんかんはなぜ差別か
(筒井より)

A 先に騒いだものが勝つ

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 22:17:47.85
>>140
賤民、賤しい民は存在しないのだから差別用語ではない
対象になる存在がなければ差別になるはずもない
不適切表現の可能性はある

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 22:19:28.98
>>140
差別用語とかではなく
ブラ公が「平民」という言葉を侮蔑のように使う場面にしたかったんじゃないか

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 22:29:58.10
昼間にBSでドイツサッカーブンデスリーガ見てたら
ブラウンシュバイクってチームがあった

今日からみんなで応援しような

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 22:53:52.58
有料BSかな いくら?

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 00:22:04.05
茶色い豚なのに・・・
地名か?

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 01:31:07.93
>>146
「braunschweig」で合ってるなら
ネット辞書調べで「豚」の意味はなかったよ?
旧西ドイツ地域のザクセン州地方都市
軍艦名にも使われてるとのこと
「schweig」は「静かにしろ」
「Schwein」が豚だったけど・・・?

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 03:20:27.43
>>121
手を抜いたかわざとやってんのかお前ら?みたいなw

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 03:23:19.95
>>143
賤民の方がより雰囲気でてていいな
平民なんてゴミとしか思っていない選民である貴族様意識がモロにでてて

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 04:45:10.76
プッ>>146茶豚乙

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 05:04:25.36
賤民だと、意味が分からない人が。。。

ちなみに百姓も差別用語らしい。落語とかでは結構カットされてる。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 08:01:01.60
>>148
中世の戦争みたいにお互い空気読んでテキトーに戦って退却したりしてたのを
国運を傾けるようなガチ勝負を始めたアフォがヤンとラインハルトだって説がW

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 08:44:16.80
>>151
> ちなみに百姓も差別用語らしい。落語とかでは結構カットされてる。

なわけないのにね。
けっこう自称で使うヒト多いよ。
ハガレンの荒川弘も経験を漫画化した百姓貴族描いてるしね。
農業高校のとこだけ切り出してフィクション化したのが銀の匙Silver Spoon。
公の場で避けてるのは単なる自主規制。

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 09:15:55.06
>>153
差別用語じゃなくて「放送禁止用語」じゃないか?
「放送禁止用語」は等級があって「時代劇ならOK」とかあるが、業界人でもそれ知らずに全部
NGと思っていて、保身で何でも禁止するから、実質差別用語化しているのが多いが。

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 10:31:44.89
精神分裂病→統合失調症
痴呆、呆け→認知
日射病、熱射病→熱中症
登校拒否→不登校
看護婦・婦警→看護師・女性警官
男優・女優→男優・女優

事情はあるだろうが、いろいろ言葉を変えるものあり、変えないものあり
よくわからんが

あとカタカナ英語を減らして出来るだけ日本語にしようという動きはないね
トリチウム→三重水素
しっかり日本語あるのにメディアは使わない。なぜ?
そういえば水平社や解放同盟なんてしばらく見かけないね

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 10:40:57.67
放送禁止用語などというものはない

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 11:04:43.08
放送問題用語でも放送不適当用語でも何でも、通称「放送禁止用語」で通じるから
             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 11:12:14.06
放送禁止用語を言いまくるヤン提督

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 11:22:25.52
>>155
言い換えじゃなく呼称が変更になったモノまでごちゃまぜだな。
なにもわかってなさそうw

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 11:32:49.13
まあ、呼称を変更するに至った理由が問題なんですけどね。

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 11:45:00.90
言い換えと呼称変更の違いが解らない

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 11:53:20.60
呼称変更を言いかえると、言い換えになるんだよ。同じでごわす。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 12:49:52.78
某SFアニメでは旧作での除去装置の名前が変更されたよね・・・何故だ?

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 12:55:16.20
>>157
まぁアレは単にいちゃもん付けられないための保身マニュアルの一つみたいなもんだからなw

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 13:18:36.21
なぜビッテンフェルトは赤毛さんをフルネームで呼ぶんでしょうか

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 13:52:08.06
>>158
そういうのは↓
【ユリアン】こんな銀英伝は嫌だ!パート27【以外】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1380430258/

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 14:09:26.01
>>163
そのアニメの本スレのFAQに書いてある。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 14:28:34.56
>>161
言い換え=元の言葉は残っているが、公的なものでは別の言葉が使われる

例:「百姓」という言葉は存在するが、テレビ等では使わない。

呼称変更=元の言葉を新しい言葉で完全に置き換える

例:「痴呆症」という症状は既に存在しない。同じものを今は「認知症」と呼ぶ。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 14:44:42.71
>>160
理由なんかさまざまだけどね。
看護婦→看護師なんかは男のナースも含めた総称にしただけのこと。
ポリティカルコレクトな理由があるわけじゃない。

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 15:41:22.08
>>167
君は好いやつだな。博愛精神に満ちているな。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 18:57:00.52
あれ?銀河英雄伝説で航路図が実際に銀河にどう配置されてるかって結論出たっけ?
俺達のいる銀河は棒渦巻銀河(中心から腕が二本だけ)だからアニメ版で銀河全体カバーできるような話があったと思ったが

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 19:02:43.86
>>169
> 看護婦→看護師なんかは男のナースも含めた総称にしただけのこと。
あなた、かなりお目出たい人ですね。
あなたならポリティカルコレクトな理由なしで「とにかく総称にすればよい」とかのたまって
慰安婦問題はよくない!ポリティカルコレクトな理由なしで慰安師問題と呼ぼう!
とか言っちゃいそうです。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 19:17:50.92
ラインハルトの「乞食に恵んでもらった」も充分差別擁護だなw

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 19:57:49.30
>>171ぶっちゃけこの作者がそんあことまで考えて設定しているとは思えないw

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 20:46:55.77
>>155
スチュワーデス→キャビンアテンダント



・・・(;´Д`)

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 21:28:26.08
ジェンダーフリーだっけか?国内で問題ないなら欧米に追随する
必要が感じられないんだが、どうなんかな
職や立場に就いている本人たちからの申し立てならいいが
言い出しっぺが人権団体や人権派弁護士、学者からだったら考えもの
看護婦やスチュワーデスって本人たちが嫌な思いをしてないような気がする
気のせいかな、勘違いかな

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 21:47:30.21
そろそろ作品の内容とは離れてきたようだし、この話題続けるなら該当スレに行ったほうがいいんじゃない?

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 22:12:11.70
ブラ公の台詞が文庫ですり替えられたに戻ればいいのかな
他に改変された文章・言葉ありますか?
徳間の新書ノベルズ版しか持ってないのでわかりませんが

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 00:11:57.72
ラインハルトの「勝利をを恵んでもらったわけか、まるで乞食のように」 は小説ではどうなってるの?

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 00:50:57.18
>>179
デュアル文庫版はそのまま

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 08:42:22.40
亀だが
茶色い豚って・・・あ然

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 10:28:07.80
銀英世界設定がではなく
田中がガチの男尊女卑主義者なので
翻って銀英は女性蔑視観的
田中の女性への理解のなさは異常

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 10:29:10.93
>>182
意味の分からない単語なら使わなければいいのに

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 10:34:13.19
女性の社会進出という面では同盟の方が進んでいそうだ。
ロ朝による統一で後退ということになるのか。

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 10:34:27.45
薬師寺涼子の事件簿では一転して、女王様だがなw

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 10:38:12.65
>>185
涼子は萌えアニメのノリを大人のキャラでやるといかに寒くなるかがよくわかる作品だ

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 10:39:50.58
>>184
考えてみると、女性将官って物語中に登場しなかったな

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 10:55:42.05
査問委員が全員女で乗り越し駅の刑罰みたいにされるヤン

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 11:41:58.86
>>187
ヒルダが最終的に中将待遇だったっけ?

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 12:19:47.04
>>189
あくまで待遇だけどね。同盟の登場人物では佐官がやはり最高位なのかな。女性の准将が
一人くらい統合本部にはいてもよさそうだけどね。

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 12:26:05.50
一応政治家にはウィンザー夫人がいらっしゃるぞ

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 12:33:17.36
アンネローゼの唯一の友、男爵夫人ってどうなったっけ?

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 12:36:04.42
ヤンがロボス褒めたのってどういう流れで?
外伝だっけ?

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 12:45:29.98
>>193
外伝の第4次ティアマトで、拮抗する前線から帝国軍にそれと悟らせずに部隊を引き抜いて
要塞攻撃に見せかける陽動部隊を編成したときです。(その戦術手腕に対して)
何故かアニメではヤンがたった3人で陽動部隊とか、無茶苦茶な改変されてたけど。
(お見事ってセリフは言わせせんきゃだめと思ってか別シーンで言わせてたけど)

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 12:46:18.57
オルタンスはキャゼルヌ准将より上だという事は知ってる

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 12:51:46.14
>>194
あー、あそこのシーンはアニメと小説で違ってたのか
小説も読んだけど忘れてた
ありがとうございます
ちなみに、小説でもその作戦自体を提案したのはグリーンヒル?

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 12:53:36.22
そこのシーンを考えると、ヤンとアッテンボローとユリシーズ艦長はもっと表彰されたり、出世すべきだよね

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 12:55:49.05
レグニッツァと第四次ティアマトでヤンに世話になったのに、アスターテで冷遇するパエッタは一体…

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 12:58:30.40
>>171
アニメでは、自由惑星同盟は射手腕にあるとされていた。
従って、銀河帝国は、地球のあるオリオン腕にあると思われ。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 13:03:53.03
>>198
だって作品内時系列はそうでも執筆時期はアスターテが一番先だもん。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 13:27:20.21
>>200
いや、それはわかるんだけど
例えばヤンを第二艦隊以外に配属させて、パエッタとの関わりがなかったことにすることって出来なかったのかなと

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 13:28:34.97
ロボスさん 最後まで死んでいないよな 宇宙艦隊司令長官として上り詰めたから
満足した余生送るかな

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 14:02:34.20
歴史では、王朝成立後に創業の功臣の粛清があるのが常

ミッターマイヤー・・・謀反人の息子を養子にしたけとを蒸し返され失脚
アイゼナッハ・・・喋らないことが不敬とされ失脚
ワーレン・・・義手の不具合でヒルダの乳を揉んでしまい失脚
メックリンガー・・・権力を濫用して美術品を収集していたとの疑いをうけて失脚
ビッテンフェルト・・・何かとなると「先帝のおわします頃なら…」と不平不満を洩らして煙たがれ流刑


ミュラー・・・政治にはノータッチを貫き生き残る

ケスラー・・・嫁とヒルダのつながりのお陰で安泰、秘密警察を使い、反ヒルダ派を弾圧 後に娘が后妃に

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 14:12:57.81
>>202
健在だったらオーベルの草刈りで間違いなく収監されてたろうから、パエッタさんみたいに暴動に巻き込まれて不慮の死と想像。

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 14:16:01.26
>>201
何で後に書いたのにおかしくなってんだよwて話だもんな
パエッタにしなきゃ良かっただけの話で
>>202
フォークが20代で将官だしロボス程度のおっさんが軍の最高幹部だし自由惑星同盟の人事ってどうなってんだろうな

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 14:21:20.93
>>201
まあどうせあの辺は改変だらけなんだから、ヤンとアッテンボローを第4艦隊所属にして
まっさきにやられるのを第2艦隊にしても不都合はないけど、そこまで気にする人はいな
いでしょうからね。小説ではレグニッツァでも第四次ティアマトでもヤンは無駄飯食いだっ
たんだからおかしくないし、いいじゃない。

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 14:23:43.36
>>203
ミッタービッテンケスラーあたりはありそうだなw
ケスラーなんて物凄い影響力持ちそう
ミッターはフェリックスがアレクに疎まれたりすると危ない
ビッテンフェルトは戦争がなくなると単なる邪魔者な感じ

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 14:24:23.41
>>205
フォークはわからんけど、ロボスは若いときは有能で元帥になるべくしてなった(とまでは言われてないけど)
んだろ。例の病気になるまでは。
小説の表現は正確には、無能な人物が元帥になれるわけは無い、だったか。

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 14:30:12.06
>>202
仕えた国が滅ぶのを目の当たりにして満足した余生ではあるまいよ。

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 14:32:06.74
>>208
フォークに関しちゃ謎もいいところだよね
あいつ間違いなく実戦指揮で手柄挙げてないのに10年も経たずに将官だもんな
ヤンはスタート直後にいきなり二階級特進とかなってるけどそういうのもないし
つーかヤンですら異常なのに彼より早い昇進速度の連中は一体何をやったんだろうか

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 14:48:16.26
ロボス「う〜ん、最近の若い士官はあのヤンといい、欲のない奴ばかりだ。これじゃ優れた人材を見いだすのも難しいぞ」

フォーク「閣下、“隗より始めよ”という言葉があります。私のような者でも出世させれば、俄然ヤル気を見せる者も出てくるのでは?」

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 14:51:16.04
>>210
ロボスに贔屓されてたね。ロボス派閥の人事権持ってるやつが、ロボスの意向
くんで、シトレ本部長の目の届かないとこで無理にでも理由つけて昇進させた
とかかな。まあ派閥によって昇進とかが決まるとかは確かに健全な組織ではな
いわね。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 14:54:11.49
>>201
「奴は嫌いだが能力は認める。しかし、代替案があるかぎり奴の作戦は採用したくない」
という心理状態なら、アスターテのあの対応も説明つきそう

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 14:56:07.45
肝心の(というほどでもないけど)ロボスが何故フォークを気に行ってたか?
ってのも謎だな。もしかして親類縁者だったとか?
(これは外伝の帝国幼年学校の話だったか)

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 14:56:44.49
>>204
そういや、あの草刈りってどんな範囲で実施したんだろ?
シトレって故郷の惑星アッシナで果樹園だか養蜂業だか経営してたはずだよな?

他星系まで手を広げて捜査と収監を行ったとしたら、政治犯の確保完了まで相当な期間がかかりそうだが

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:05:17.15
>>213
1番納得がいくわ

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:07:55.58
レグニッツァと第四次ティアマト時のヤンの所属のみを変えるとしたらどこがいいかな

ビュコック、ウランフ、ボロディンはヤンの提案を受け入れそうだからダメとして、
アップルトン、アルサレムもギリギリ受け入れる気がしなくもない
ルフェーブル、パストーレ、ムーア、ホーウッドなら同じ展開になってくれそう

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:11:01.58
>>216
アスターテ開始前だと、パエッタにはそれほどの能力あるとは思われてないよ。
エル・ファシルはまぐれとの噂が根強いし大佐時代の功績はあまり知られてない
だろうからね。
>>215
シトレはすでにグエンなんたら広場のときにハイネセンに来てたし、そのとき収監
されたままだったんじゃないかな。あのときの軍務尚書の目的からすると時間かけて
ってことじゃないからハイネセンにいる人物だけじゃないかな。かって政府軍部の要職
って理由だけで拘禁だからいくらでもいるだろう。(5000人だっけ?それくらいは軍部
の将官、政府の課長?級以上とかで)

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:11:48.22
シトレがもっと野心家で積極的なタイプだったら流れも大きく変わりそう
アムリッツァの総司令を自ら立候補してくれれば、そもそもフォークの意見を聞くこともなくなるし、
万が一、ロボスがシトレに総司令官の座を譲る条件をフォークの作戦案にしたとしても、アムリッツァに再集結させたりもしないだろうしね
シトレ、グリーンヒル体制を見たかった…

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:12:46.75
>>217
それ以上はアニメのスレの方がよくない?
小説では別に矛盾ないんだから。

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:13:22.83
>>218
第四次ティアマトの後にヤンを飲みに誘ったりしてたじゃん
少なくともある程度の評価はしてるはず
ランテマリオのことも考えるとパエッタは無能というわけでもないし

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:17:42.36
>>219
統合作戦本部長が実戦の指揮取るってのは有なのかな?国防委員長が前線に立つって
よりはまあ現実みはあるのかもしれないけど。
可能性としては、自分の息のかかった大将クラスを総指揮官にするってあたりですか?
あの時点での大将って誰いたっけ?本部の方には次席の大将が3名(一人はドーソンか)
とか言ってたようなきするけど、実戦部隊の方には誰いたんだろね?(グリーンヒル以外
だと?)

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:18:15.08
>>218
とはいえ、アスターテで別の艦にいる副司令官に指揮権を引き継がずに、旗艦の最先任(しかも参謀職なのでラインに属してない)であるヤンに引き継いだのは、
軍の指揮系統からするとかなりイレギュラーなはず。

その程度の掟破りをしてでもヤンに任せたいという程には、ヤンの能力を見込んでたんじゃないか?

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:21:44.28
>>221
パエッタは外伝では有能に描かれてますね。もう一息でラインハルト以下3名を
まとめて戦死させれたかもってとこだったか。(メックリンガーやシュタインメッツも
入れれば人的資源的には大戦果ですな)
でもヤンはそのパエッタに出しゃばるなって言われてただけのような?飲みになんか誘って
たっけ?

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:25:23.80
>>222
帝国と同盟の対比だと、
軍務尚書:国防委員長
軍令本部総長:統合作戦本部長
宇宙艦隊司令長官:宇宙艦隊司令長官
という感じでいいのかな
同盟の場合、統合作戦本部長と宇宙艦隊司令長官が国防委員長の部下なのに対して、
帝国の三長官はそれぞれが皇帝直属という違いはあるけど

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:26:57.65
>>223
それは確かにね。でもラオが信頼されてますねって、言った時の地の文の感じではそうは思えなかったけどね。
まあ作者が副司令官なんて全く考えてなかったてのが真相だとは思うけど。

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:30:04.75
>>203
和を乱す元になりそうなロイエンタールとオーベルシュタインが終盤死んでしまったんで
ヒルダと七元帥が中心でやってる間は割合平和そうだけどね

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:30:59.30
>>225
帝国も長官と本部長は組織上は尚書の下だよ。皇帝にのみ責任負うのは各尚書と後半に出てくる新領土総督だけ。
ただロ朝では軍務尚書と他の尚書が同格にはとても思えないのも事実だね。軍事独裁国家ゆえか。
ゴ朝ではどっちかってと国務尚書が筆頭(宰相と兼任ゆえかもしれんけど)な感じだったのにね。

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:35:37.15
>>198
それアニメの話じゃないの?
原作じゃ最後まで提案却下されっぱなしでヤンは何も貢献できなかった。
逆に言えば責任も負わされずに済んだ。

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:36:42.50
>>228
リヒテンラーデ侯爵が正式に宰相になったのはフリードリヒ崩御後だったはずだが、それ以前から三長官の辞表はリヒテンラーデ侯に提出されたりしてたから、
ゴ朝ではかなり明示的に国務尚書が筆頭と定められていたのかもね

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:40:10.06
>>223
怪我して気弱になってただけじゃないのあそこ
副司令官がいるならまずそっちの安否を確認させないと指揮系統が無茶苦茶になる
司令官が怪我したから作戦参謀が全軍の指揮を引き継ぎますなんて意味不明だし

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:43:57.88
>>230
おっと宰相になったのはそうだったか、失礼。ロ朝は完全に軍事国家だけど
ゴ朝では、元帥量産帝みたいな軍籍(持ってたよね?)にある皇帝とフリー
ドリヒみたいな文人?皇帝みたいなのが半々なイメージなんかね?軍人皇帝
のときは軍務尚書がやはり幅きかすのかな?
でも初代のルドルフは軍人やめて政治家になってから皇帝になったんだよね、
銅像なんかはいつも軍服のイメージだがまた軍部に復帰したんだっけ?(こ
れもアニメ設定かな)

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:47:25.26
>>231
つまり通常の指揮系統など無視してでも是非ともヤンに指揮してほしいという司令官(と作者の)の意思の表れですね。

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:49:36.08
>>222
統合作戦本部長はある意味事務方のトップだろうから実戦指揮なんて無いでしょ
実戦指揮のトップが宇宙歓待司令長官だけどこれも普通に考えれば前線にでてくるとかは無い
同盟は国防委員会の下部に軍組織があるから国防委員長>統合>司令長官て具合だと思う
帝国は軍務省が軍組織でその中に色々な役職があるだけなんじゃね

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:51:40.45
>>231
パエッタはヤンの輝かしい戦歴を知ってると書かれてるし、委譲するときも
「君の用兵家としての手腕を。。。。」って言ってるからやはり評価して
たのでしょう。ついでに言えば第2艦隊首脳部は全滅に等しいって書いて
るから副司令官もすでに戦死か最初から不在だったのでしょう。

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 15:56:50.96
>>233
錯乱してただけかとw
それか副指令はいなかったかヤン以上の階級の実戦指揮官は全員戦死したかのどちらかじゃない?

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 16:00:04.69
>>234
222だけど俺もそう思うよ。一応219さんの意見にそって書き込んだだけだよ。

帝国の方は軍務省と統帥本部の関係はややわからんね。軍務省の中に統帥本部
があるでいいのかな?軍務省とは独立してるようにも思えるが。(トップの序
列は間違いなく尚書>総長だけどね)

帝国の方でも軍務尚書が艦隊司令官率いて前線(と言ってもいいだろ)に行くのは
なんか変だよね。行政的な手腕も必要ってことだったんだろうけど、司令長官なり
副司令長官を置いて、それに行政官つけて派遣ってとこが妥当に思える。

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 16:02:29.12
>>235
司令官がポンポン戦死するあの世界で副司令以下がいないってのも考えにくいよなぁ
指揮権の委譲をなるべくスムーズにしなきゃならないはずだし

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 16:11:54.70
>>238
物語の冒頭ですからね、そこまでの設定はまだ考えてなかったんでしょ。敵襲受けて
ヤン以上の階級のものは指揮をとれる状態ではなくなったと素直に考えていいんじゃない。
他でも現実的に言えば全ての艦隊には参謀長や参謀チーム、副司令官とその参謀チーム、
将官には全て高級副官がついてるはずだけど、そこまでいちいち描いてるわけにもいかない
もんね。(艦長にも副官はついてるよね)

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 16:34:36.73
>>239
それだと、
パエッタがヤンを評価して掟破りの全軍指揮を任せた、
とはならないんじゃない?

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 17:08:29.86
>>240
239だけど私は掟破りで任せたではなく、単に上位者が全滅派です。
実際にそう書いてあるんだし。

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 17:45:27.32
>>242
失礼
意見の否定ではなくて話の発端が
アスターテ時における
パエッタのヤンに対する評価
という話題で評価の証としての掟破り
ってのがあったものですから

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 18:11:31.58
>>236
副司令官はたまたま旗艦に呼ばれてて、パエッタと一緒に負傷と脳内補完。

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 18:47:52.00
最初の一撃で副司令官は既に負傷or戦死。
他の分艦隊司令もたまたま通信が繋がらず、
艦隊指揮に空白時間を作るわけにもいかず、というところかな?

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 18:50:34.46
副司令官がいないという話には、思い当たる節もある。

戦闘が続いている限り、24時間以上だろうと、同じ司令官がずっと指揮し続けているよな。
現代の潜水艦は、8時間ずつ3交代で勤務していると聞いたことがあるが、銀英伝世界では
いつも同じメンバーばかりが出てくる。

つまり、司令官が寝ていたり、あるいは負傷・死亡した場合に、正式に交代する相手が
いないんじゃなかろうか。
アスターテでのヤンをはじめ、副官や参謀が指揮権を委譲されたり勝手に引き継いだり
している場面はあるが、それは元々交代要員というわけではなく、本来なら副官はずっと
司令官の横にいるべき立場だし。

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 18:54:33.23
実はパエッタ艦隊には副司令官はいなかった、とかはどうか?
パエッタ麾下の提督はみな分艦隊司令官で、パエッタ直属の司令部内で指揮権が委譲されていく。
司令部が壊滅した時に、席次の高い分艦隊司令に指揮権が委譲されるシステム。

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 19:02:54.88
>>237
たぶんモデルになっていると思われる日本の旧海軍の場合、海軍大臣には軍令部総長に対する指揮権がない
海軍大臣と軍令部総長は共に天皇に直属し、席次としては海軍大臣のほうが格上という立場

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 19:18:34.56
>>232
そういや、ルドルフは31歳のときに軍を辞めて政治家に転出したんだよな。

政治家時代のルドルフの背広姿を想像して、思わず吹(不敬罪により銃殺☆

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 19:39:48.10
そういや、ラインハルト艦隊にも副司令官ていなかったよな 

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 19:45:31.48
外伝1巻でホーランド褒めて撤退しようとかほざいて
ラインハルトの怒り爆発させたやつは参謀長だったっけ

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 19:46:18.74
「何のために中級指揮官がいるのか!なにもかも私がしなければならないのか!?」−バーミリオン会戦にて−
ラインハルト直率艦隊下にはラインハルト司令部→各分艦隊司令がいる構図みたいだね。アスターテでもそうだったか(席次からいくとメルカッツがアスターテ遠征艦隊の副司令ととれなくもないが)。

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 19:51:29.76
組織にbQは不要でございます
有能なら有能なりに無能なら無能なりに害を与えます
閣下は基本的なことをお忘れのようで・・なんか違うな

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 19:55:05.59
>>252
イゼルローンにNo.2が居ないことをもってオーベルシュタインがそれを称えるだろうって推測が地の文に書かれてたけど、
それはちょっとちがうよな?

オーベルは「国家のトップに次ぐ実力者は後継者以外は不要」と言っているが、それをあらゆる組織に適用しようとしたらやたらと脆弱になってしまう

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 19:55:40.04
>>251
中級指揮官(っても中将だから本来なら1個艦隊の指揮官だが)はいっぱいいるけど
NO2にあたる次席指揮官みたいなのはいないね。やはりオーベルの差し金??
(あの時点でラインハルト戦死ならそれでお終いだから次席指揮官など不要ってとこかな
勝手にみんな逃げかえればいいってことで)
アスターテのときはラインハルト戦死なら間違いなくメルカッツが次席指揮官でしょうね。
このときは参謀長や参謀チームがいないまた変則な司令部構成でしたね。

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 19:59:47.76
>>253
ですよね。NO2がいないので要塞対要塞時は少将ばっかの集団指導体制?みたいな変なことに。
だから要塞そのものの防御指揮官が勝手に白兵戦に出かけるのを誰も止められない。
階級的にはメルカッツが中将待遇だったけど、彼をNO2って言う訳にもいかないしねえ。

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 20:05:34.88
あんときヤンが少将なら良かったんだが
准将だったからなあ

各分艦隊司令には全体を指揮する能力を持つ艦が無い
旗艦は特別通信機能強化型なのだってこじつけます

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 20:12:16.36
>>254
それならそれで極力ラインハルトを前線に出しちゃダメなんだけどね
後方にいることを命懸けで進言するくらいやるべき
あの白髪って実力者をことごとく潰していったら最終的に自分がNO2になること理解してんだろうか
本人にその意識が無くても周囲はそうはみない
ラングが殊勝に従ってたら秘密警察まで手中に収めてたし
仮に死んでなければケスラーあたりと陰惨な勢力争いでもやってたんだろうね

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 20:20:34.79
>>256
旗艦が沈んだり通信設備が損害受けるとと艦隊は100パー壊滅しちゃうぞw
旗艦を何度も変えて奮戦しつつ惨敗したミュラー提督に謝罪と賠償をry

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 20:27:22.35
ユリアンは戦艦ユリシーズを旗艦にしてたからな
アニメ設定とは違って、小説では特に「旗艦級戦艦」という艦種は設定されてないし

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 20:43:01.13
だいたい提督が戦艦に乗ってるのが変なんだよ
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B8_(%E6%8F%9A%E9%99%B8%E6%8C%87%E6%8F%AE%E8%89%A6)
こんなやつ(イメージです)に乗るべきだろ

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 21:03:07.13
ヒューベリオンって旧型と新造試作艦のどっちだろうな
旧型だと、アッシュビー達が乗ってた艦にもっと似てるはずだし
新型だと、同タイプの艦があっていいはず
まぁ試作ならそのまま没になったとも考えられるか

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 21:37:50.43
このスレは誰かの日記なのか?

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 21:40:15.35
?

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 22:15:14.29
某SFアニメの話を聞きたいのか?

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 22:33:31.49
>>264
またオマエはその話かw

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 22:34:47.19
穴だらけの設定、陳腐なストーリー展開
なのになぜ我々は銀河英雄伝説に惹かれてしまうのだろうか

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 22:35:28.36
某SFアニメでは大便を食べていたな

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 23:09:39.20
某SF小説では茶色い豚公爵ってのがいるんだぞ
さらに某SF小説はSFではないと言うファンもいるようだ
ホントのところ某SF小説はSFではないのか、SFなのかどちらなのか
よく使われるスペースオペラってなんじゃろか

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 00:29:12.59
なんでわざわざ某とか言うの?
作品名を出しちゃいけない理由でもあんのか?

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 00:31:13.46
>>261
その設定はそもそもアニメ版じゃね?
小説だと「戦艦ヒューベリオン」以外の情報はなかったような。

あ、トリグラフの説明で「その機能美はヤンの旗艦ヒューベリオンをも凌ぐものがある」と書いてあったから、
ヒューベリオン自体もそれなりに美しい戦艦とみなされていたのかも。

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 00:40:32.71
船の設定は加藤がやって
それを田中が採用して以後そういうことになったんだっけ

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 01:36:52.22
>>260
会戦の展開が戦列艦並べて砲撃→騎兵か装甲師団よろしく敵陣突破、がセオリーみたいな世界だから
重装甲かつ大火力の大型艦に指揮官がいるのは別段おかしくはないと思う。
大型艦なら通信機能や司令部指揮機能を追加、強化するスペースも確保しやすいだろうから

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 05:48:16.02
>>262
俺のネタ練習帳だ

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 06:25:21.51
>>273
練習でホットしたわ
一時はどうなるかと
昨日は休日だったのかな?

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 07:17:28.05
某SFアニメでは練習艦が共闘していたな

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 07:41:33.52
>>270
わかるのは、ヒューベリオンとトリグラフは違う型の戦艦で、トリグラフは最新鋭
ってことだけですよね。おそらくはトリグラフは新型戦艦の1,2番艦あたりって
ことくらいですね。ヤンが旗艦を変更しなかったのは指揮座を移すのが面倒だった
のでは?って推測があるんで旗艦には指揮座ってものがあるってのもわかるか。具
体的に何かは不明だけど。

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 07:55:25.89
格好いい戦艦のはずなのに、アニメ版のデザインはなんであんなに不細工なんだろうな>トリグラフ
ブリュンヒルトに関しては、原作の文章から感じる流麗な印象が遺憾なく表現されているのに

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 08:04:56.17
>>276
旗艦になった艦は通信設備を増設し、指揮能力の向上を図る事が ある。
指揮座とはそういった設備が調った司令室のことかも。

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 09:19:16.04
>>277
全くで。3をなんとか表現しようとしてのデザインかもしれないけど、あんな構造では実務的に考えても不便この上ないような。

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 09:49:20.14
>>279
あの艦形って「トリグラフ」の名にはぴったりだが
同型艦にはなんとつけるのだろうな

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 10:10:51.90
>280
三にちなむものならいいんだろ
ケルベロス
バイブカハ
ゴルゴーン
ノルン
ケーニヒス・ギドラー
etc
結構あるよ

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 11:20:03.43
ケーニヒス・ギドラw

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 12:13:10.80
トリグラフはいかにも最新って感じがして好きだけどなぁ…
一隻で三隻分の火力だし

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 13:05:50.39
>>283
そんな具体的に書いてあったっけ?

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 13:49:50.49
>>284
ないないw。小説では機能美とか風格があるとしか。

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 13:52:39.04
>>284
まあアニメでは頭が3つあるからそれぞれが通常の戦艦と同じ門数なら3倍って言いたいんだろうけど。
それを言うなら、シヴァとか他の旗艦用戦艦なんか門数やたら多く設定されてて10倍くらいあるんじゃないの?

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 14:28:04.69
ムライは「なんで旗艦移さなかったの?」と聞いたわけだが、あれアニメ版のデザインだと、ヤンが煙に巻くまでもなく
「…いや、見りゃわかるだろ」で視聴者納得しちゃうよな

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 15:25:30.85
サボテンダーみたいだよね

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 16:06:46.43
(あの見た目美しいとは思わないが結構好きだったんだが…ここは沈黙の一手だ)

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 16:10:07.47
トリグラフってアッテンボローの乗艦になったんだっけ?

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 16:22:08.82
>>280
勿論、トリグラフIIだろう。
レダIIがあるんだから。

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 16:24:42.99
>>290それで合ってンボロー

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 16:34:13.42
>>292
バーラトの和約後はどうなったんでしょうね。破棄されちゃったかな?メルカッツらと離脱
したユリシーズらの中には含まれてなかったと思われるが。(少将の乗艦だったんなら本人が無
傷なのに撃沈されたとは言いづらいでしょうからねえ)

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 17:10:25.99
「乗艦を撃沈されるも、他の艦に移って指揮を執り続ける…ミュラーに出来たことが俺に出来ないはずがない!」

「少々無理がありますな」

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 17:27:00.18
いっそ、アッテンも戦死ってことで離脱させてもよかったかな。将官が大量に消えたら
疑惑を招くってたけど、中将が一人戦死しただけだから(その参謀らにも将官はいたと
は思うが)、もう一人くらい中将が戦死しましたでもとおるんじゃないかな。

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 17:46:17.50
>>293
ヒューベリオンも残っていたから、廃艦処分から漏れていたのでは?
バーラトの和約締結からの期間が短すぎたし。

ちなみにヒューベリオンは譲渡契約書と一緒にムライ達の手でヤンのものへ送られた。

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 18:24:12.15
アッテンボローはマサソイトなる艦に乗り換えてる
トリグラフは最新鋭艦だから破棄されたのではないだろうか

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 18:53:04.70
>>295 ブラッドジョー大佐のことも忘れないでください

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 19:36:28.41
ヒューベリオンは名前がかっちょいいよなあ
それで大抵のことは許せる

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 19:55:34.74
>>298
佐官までは帝国軍も気にしないだろうから忘れた。誰だっけ?

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 20:02:08.67
まあ、実際にはボイン中佐とかスケベニンゲン号とか、
我々から見ると珍名の人や戦艦もいたはずだよな

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 20:34:25.24
>>300
ヤン艦隊の参謀
描写も台詞もないのでどんな人物かは不明

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 20:45:02.75
>>283
戦艦級の後半分(機関部他)に巡洋艦級の兵装ブロックみっつ束ねてつけてみた……て感じ
だよな。

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 20:53:28.54
>>295
個人レベルならともかく、艦隊レベルで損失がデッチ上げられるくらい戦闘記録が杜撰な体制と
いうのはなぁ。
普段、どうやって戦闘評価や被害、損失報告書を作成しているのやら……帝國、同盟双方が
オソマツなのは、ちゃんとした記録残してなくて、戦訓が組織として蓄積、フィードバックされて
いないからじゃないか?

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 21:51:48.54
帝國軍同盟軍ともに旗艦には将旗が掲げられていたのでしょうか?

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 22:23:31.81
>>305
正解です

次の質問どうぞ

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 22:52:07.45
>>305
銅鑼の音と共に突撃、敵艦にラム戦を仕掛けて、真空の甲板上で、気密装備なしで白兵戦闘を繰り広げるのです。

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 23:29:05.40
>>299
ユリシーズも「オデュッセウス」という名前だったら、もうちょっと別の描かれ方をしていたかも知れない。

…ふと思ったけど、これって同盟語が英語であると推測できる一つの証拠だな。

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/01(火) 23:53:37.35
そんなのフリー・プラネッツの時点で

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 00:19:39.63
「イエスですわ、閣下、ええ、喜んで」とか「ミス・グリーンヒル」とか「撃て(ファイヤー)!」とか「マダムヤン」とか言うてますやん

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 00:20:36.96
>>307
\ジャーンジャーンジャーン/
「げぇっ!薔薇騎士連隊!」

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 00:48:24.30
>310
それなんて戸田奈津子?

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 00:55:01.73
>>308
だが、ちょっと待って欲しい
それだとヒューベリオンはハイペリオンと呼ばれているのではなかろうか?

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 01:05:56.57
>>312
天使のなっちゃんは今頃どこでどうなさっているのやら

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 01:07:14.95
オフレッサーvs天使のなっちゃん、か・・・

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 01:07:33.78
始、続、終、余にみかん...巻末後書き通りになったなあ

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 02:39:29.27
戸田奈津子の翻訳はアカデミー賞のオリジナル脚本賞部門にノミネートされたことがあるからな

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 04:15:33.65
茶色い豚さんおはよう

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 09:11:48.38
>>309
考えてみると、Free Planetsってどう考えても「自由惑星同盟」ってニュアンスじゃないよな?

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 09:30:31.11
>>319
略称とか愛称の類い>フリー・プラネッツ

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 09:37:36.05
ふりー・ゆないてっど・りーぐ・・・と訳したほうがスッキリすると思う。

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 09:45:35.66
そういう直訳的な訳語じゃなくて、自由なる星々とかそんな象徴的な意味合いの略称なんちゃう?

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 09:50:58.84
銀河共和国でいいんちゃうんか

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 09:53:41.00
無料惑星同盟

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 09:59:31.50
正式名称:Free Planets
意味を忖度した日本誤訳:自由惑星同盟
こう言うことだろうか。

メルカッツが亡命を決心して同盟のことを「フリープラネッツか…」と呼んだときに、
初めて正式名称で呼んだとか地の文に書いてあるので、フリー・プラネッツがあの世界での正式名称なのは確定じゃね?
略称とか通称として、単にThe Allianceと呼ばれてるのかもしれん。

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 10:06:29.64
自治領や自治政府はなんて表記されてますか?

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 10:10:39.47
>>323
銀河云々は帝国を連想させるのではないか。
同盟の天文学界では「銀河系」は政治的に不適切な表現とされ、「島宇宙」が正しいされているかもしれない。

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 10:10:59.56
Planetsは複数形だから、それだけで惑星同盟と訳してもおかしくないよ

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 11:17:51.20
「銀河」は連邦から帝国に引き継いだ名称なわけで
宇宙歴を復活させた同盟は本来、銀河共和国でいいはず
まぁ名称に固執しても建設的ではないが
明らかに対帝国反対勢力の印象を強くするために自由をつけたんだろうが
ならば国体として明確に「自由惑星共和国」と「国」をつけてもらいたい気持ちはある
同盟や連合では寄合集合体に見えてしまうよ

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 11:22:53.06
>>329
実際集合体というか連邦制に近い体制じゃなかったか

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 11:23:06.17
>>329
帝国侵攻のときは「圧力を受けた星系の同盟からの離脱」を本気で心配してたから、
形態が連邦国家なのはほぼ確実だろう

成り立ちを考えると、もっと中央集権の国家として帝国に立ち向かうほうが良さそうな気がするが、
銀河連邦の後継国家という意識があるから連邦制度も引き継いだんじゃないか?

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 12:22:21.19
中央集権化のための内戦なんてやってる余裕ないけどなw

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 12:29:11.01
ルビンスキーが批評していたな 同盟を立て直すにはカリスマ的な指導者が
集権的な体制を構築しないといけない と

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 12:36:49.03
帝国と交戦する前なら可能だったはず
宇宙歴527年自由惑星同盟樹立、640年ダゴン会戦
初期段階で国家体制がまとめられれば中央集権にできたと思う
植民、開拓でそんなことやってる余裕ねーよなら政治家にその気がなかったか、
自治州連邦制の方がやり易いと政治家が判断したんだろうな
都市計画も家計設計も設計図は最初が肝心

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 12:49:47.19
ルドルフに銀河連邦を乗っ取られた反省で、中央集権をできるだけ控え目にしたのでは

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 12:55:49.35
>>334
アメリカみたいに自由に植民させて、後から追認する方式で広かがったのかね

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 12:57:20.21
つか、同盟の成立過程考えたら中央集権になるのが順当だろ。

当初はハイネセンだけだったのが順次他星系に植民していった、この時点では中央集権だったはず。
そこから、潜在的に帝国の脅威がある中で植民星系の自治権拡大・連邦制に向かうダイナミズムは謎。

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 13:08:43.11
話は変わるが、帝国語っていつ出来たんだろう?
銀河帝国樹立の時に公用語も変えちゃったのかな?
だとしたらスゲー迷惑な皇帝だなw

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 13:17:19.47
通貨も変えたし度量衡も変えようとしたし、言葉も変えられたんだろうね。超迷惑な奴だなルド

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 13:25:12.13
小さなカフェにて。
メニューに「ロシアンティー(ジャム付)」を見つけた。頼んだ。ジャムでもなくママレードでもなく蜂蜜で、
と口の中でつぶやいたら聞こえてたのかジャムと蜂蜜が出てきた。

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 13:45:58.31
おおっと少し感動したら妻の頼んだパンケーキ用だった...orz

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 13:46:46.50
通貨は新体制だから理解できる
言語・風習も自身の民族(ゲルマン?アーリア?)のネイティブにしたいとの
身勝手もまぁ支配者ならやるだろう
度量衡も変えようとしてたんだっけ?
明治維新後の尺貫と違って欧米に合わせるとか、
そういう意味合いが一切ないからルドルフも押しきらなかった?

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 13:52:32.41
財務担当に
「度量衡変更でこれだけかかりますよ」って天文学的な金額見せられてさすがのルドルフもあきらめた
明らかに過大な金額でルドルフの際限のない自己神聖化へのせめてもの抵抗と言われている。

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 13:55:30.21
しかしまあ作者よく10巻も書いたよな
1巻で既に逆侵攻までやって
同盟軍ズタボロ状態だったのに

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 13:59:47.80
ルドってなんか可愛い響きだなw

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 14:07:01.01
>>342
単に何もかも俺様色に染め上げたかっただけじゃね
>>344
1巻のペースだと4〜5巻で完結してただろうな

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 14:11:08.00
早く実写化してほしいな。

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 14:22:29.47
絶対反対だな

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 14:27:04.16
小説だとノイエサースーシより高い建物は禁止、中世欧米風建築程度で
オーディン都市部がどこまで帝国歴から2000〜3000年くらい前の街並みなのかわかりにくいが
なんでそんなものにルドルフは憧れ(?)をもってたんかな?
平安京に戻したい人いる?大正ロマンに憧れてる人は多いみたいだけど
どこかにハイテク産業の塊、工業惑星が存在しているだろうな

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 15:00:09.76
我欲とか自販機使うなとか言い出す元首都知事が

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 15:06:11.55
節電ですかね?
地方人としてはコンビニの隣に自販機、
5mおきに自販機は摩訶不思議に見えます

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 15:07:17.73
>>349
まずルドルフの理想は平民が政治に関わらない世界なわけで
そういう意味ではあのバロックな時代がルドルフにとっては憧れだったんだろう。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 15:14:22.86
ルドルフは同性愛を否定していたけど、その子孫が同性愛に走った話は元ネタがあるの?

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 15:18:07.20
>>347
実写化すると剛力はアンネローゼになるかヒルダになるのかフレデリカになるのか・・・
>>349
貴族領っていうある意味外国を国内に多数抱えるあの帝国が
何百年と致命的な内部分裂もせずにやってこれたのが奇跡のレベルだからなw

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 15:19:35.29
>>350
劣悪遺伝子排除法とか諸手で賛成しそうだなあのデブw

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 15:24:33.19
神聖ローマには正妻がいても男色皇帝いたよね
1200〜1700あたりのヨーロッパは虚栄と背徳のそればっかのイメージが強すぎる
具体的なモデルがあるのかな
中国の王朝はどうなんだろう

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 15:37:20.33
実写銀英伝見たいなら宝塚でやってるよ

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 15:42:19.54
踊るヤン・ウェンリーにはさすがに吹いたわ

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 15:46:58.39
実写化厨に乗っかっちゃ
らめー
某SFアニメ厨よりもタチわるい

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 15:51:35.80
>>349
既にある都市を昔風に作り替えるのは非常に大変だけど
一から作るならやれない事もない気がする
土地は余りまくってると言っても過言じゃないだろうし
キリンヤガのように惑星丸ごと一つのコンセプトで統一するような真似も可能な時代だろう

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 15:58:23.78
どの街も100年ぐらいで作られた北海道も、
どこの裏路地入っても車二台が楽々すれ違える幅よね。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 16:31:48.00
根雪を配慮してるからね
夏は広く見えるはずだよ

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 17:43:07.23
帝国語と同盟語の元の言語って何だろうな?

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 18:23:04.92
ラテン文字がベースの今から約800年後の言語としか
少なくともヘブライ、イスラム、漢語ではないもよう

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 18:27:11.58
帝国は英語→ドイツ語
同盟はドイツ語→英語
なニュアンスなんじゃね

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 18:32:27.71
同盟は日本語
帝国は日本人が使うカタカナ独語

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 18:40:51.77
帝国語は日本語と漢字とカタカナを使っている

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 19:13:40.02
>>366-367
それは後生の歴史家の著書の日本版読本の活字がそうなだけでしょ
英語版読本もカタカナ、日本語なんか?

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 19:24:03.88
>>349,360
そういえば、銀河連邦の首都星はアルテバラン星系テオリアだったから、
遷都する以前のオーディンがどの程度開発されていた不明だけど、
オーディン遷都を機にルドルフの憧れ(?)を表現するのに充分な
首都建設が出来たのだと思われ

江戸幕府のお江戸みたいな感じ?w

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 21:56:07.75
ミッターマイヤー元帥はバイエルライン大将に
「卿の考えはそれでいいが・・・」って言ったけど
カイザーに対しても言うべきだったろうな
カイザー「・・・・そうかも知れん・・・」

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 21:59:38.91
某スレで京都の人達を批評したのがあったんだけど
自分たちが最も高貴な特別な人間 だと思い込んでいる人が驚くほど多い。
京都の人の選民意識 って凄いと思う そうだ。

遷都をしても旧都の人達は誇り高いんだろうか


一年間だけオーディンに住んだことがある。それで分かったけどオーディンの人の
選民意識 って凄いと思う。
ハイネセンが今でも民主思想=正義が世界の中心で、他の惑星は服従する
する

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 22:01:31.06
ごめん 下半分は改変しようとして失敗したヤツ

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 22:22:47.15
>>370は誰に声をかけてるんかわかりまへん
>>371
島を除けば余所者が住みにくいとは話でよく聞くよね
古都なんだけど学生も多い都市なんだよね
大学生から住みはじめれば気にならないようだよ
多分、友人ができるからじゃないかな
被差別の方々が多いのは関係ないと思いたい
と東京もんの戯言だけど

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 22:35:15.31
これは俺もそう感じたな
なんというか本音と建前の意識が全国一なんじゃないかな
大学は京都だったんで6年あっちに住んでたけど行きつけの店でもなんか雰囲気がよろしくない
地元はどこかって言われてロンドンって答えたらハァ?みたいな顔してたし
観光客には愛想いいんだけどそれ以外には中々打ち解けてくれないんだよね

俺は京都に行ったこともないから妄想なんだけどさ

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/02(水) 23:44:24.19
東京人の地方差別のほうが酷いだろ
元々は自分らも地方民だったやつも多いくせによ

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 00:00:43.68
板橋生まれ板橋育ちですが
近所付き合いに差別はなかったけど
どういう差別?

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 00:55:28.65
このところ脱線傾向が多いから元に戻そうよ
フェーザンの芳醇な黒ビール飲みながら出直し

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 00:58:23.12
帝都の黒ビールに比べればフェザーン産などw

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 00:58:53.87
>>369
アルデバラン星系って、仮に住める星があったとしても地球人の感覚では相当違和感ありそうだな

赤色巨星だから、惑星が「太陽系の太陽と同じ程度の光量」になるところにあるとしたら、
見かけ上のサイズは太陽よりはるかに巨大になるだろうし

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 01:03:23.98
金色の牛モチーフ装甲服が特産

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 01:11:37.26
>>376
いじめでもなんでもそうだけど、差別やらあったとかなかったとか、今もあるとかないとかなんて
された側しかわからんと思うよ。軽々しく断定して良いもんじゃない。

382 :376:2013/10/03(木) 01:21:42.54
>>381
つうことは>>375は2箇所以上の地域で差別を受けたのか
経験談を語ってもらわんと曖昧すぎてわからんよ

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 01:27:55.01
さてなあ。転勤族とかならあったのかもな。スレ違いだからここではどうでもいいが

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 09:37:25.54
>>344
あれはヤンが無双するためのズタボロだから
むしろ書き続けるために殺したのがキルヒアイス
あとは大体計画通りだろう
1巻ごとにテーマを決めて書いてるんだから

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 09:55:53.94
某SFアニメでは遷都を謀った国家元首は悲惨な最期をとげたぞ。

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 10:12:13.60
実写化見たいならスターウォーズで代用…無茶だな

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 10:28:56.04
部外者にフレンドリーかどうかなんてのは部外者が益をもたらすか害をもたらすかの違いでしかない。
田舎ってのは稀人に親切だけど、搾取された経験があると途端に拒絶する。純朴で騙されやすいから身を守るために当然の行為。
京都は昔から権力欲にギラギラしたお上りさんが多く、揃いも揃って碌なことをしない。当然よそ者に心を開くはずがない。
ただし明治以降地盤沈下が激しく、観光が重要産業になってきたので、今は基本観光客には愛想がいい。
それでも住むなら京都をリスペクトし京都風に合わせることが要求される。
それはどこでも同じ。新参者がこれだからダメ、俺に合わせろと言って歓迎されるはずがない。

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 11:17:34.70
わかったからよそでやれ

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 11:27:27.89
>>384
SFアドベンチャーの尺や単行本になるときの尺は、うまく収まるように編集者と決めてるの?

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 15:07:41.81
>>381
そんなもんどこにでもあるわw
京都より東京の方が酷いとかって話の例にはならない
>>384
売れないと打ち切りだから序盤じゃハイペースだっただけじゃね
1巻なんてアスターテイゼルローンアムリッツァやってるから後半のペースだと次の内戦合わせて4巻分くらいいけそう
キルヒアイスも殺すの早すぎたって言ってるし全10巻なら6巻位で死なせたかったんだろうなキルヒ

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 15:16:22.37
同盟軍壊滅しなくても物語開始時からヤン無双だもんな。
アスターテ→全軍壊滅の一歩手前で謎の指揮権委譲により挽回
イゼルローン→難攻不落の要塞を無傷で奪取し敵将を捕縛&討ち取り
アムリッツァ→全軍壊滅に近い状態ながら唯一ヤン指揮下の艦隊だけが優勢
救国軍事会議→クーデターを見抜き同数の艦隊に完勝、首都を守る軍事衛星に質量兵器
あまりに強くしすぎたから政治的に無欲なキャラにしないとバランスが取れなかったんだろうね。

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 15:18:14.58
逆にヤンは退場が遅れたキャラだと徳間新書版のあとがきで書いていたね
それでユリアンの物語が駆け足になってしまったとかなんとか

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 15:24:12.07
個人的にヤンあっての話だと思うからユリアンうんぬんは要らん

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 15:44:05.97
ヤンを魅力的に書きすぎたからなw
代役となるユリアンが比較対象としては弱すぎる印象があるのは仕方が無い
艦隊指揮がメインといってもいいこの漫画で白兵戦や戦闘機搭乗なんて地味なことしかやってこなかったわけだし

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 17:01:13.96
作者も解っているからケンプ襲撃の時やバーミリオンの時、帝国の作戦を
見抜いたという話を入れたと思うよ
バランスの悪さはしかたがない。

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 17:22:01.34
バーミリオン直後くらいにヤン退場だと
ユリアンが圧倒的不利な状況の中ラインハルトや旗下の提督たち相手に立ち回る事になる
そっちの方が萎えるよ
ワーレンがユリアンの噛ませ犬にされただけでがっかりなのに

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 17:31:34.44
>>390  内戦のところをもう少し巻を費やしてほしかったな
徳間じゃなくてカドカワだったらガンダム みたいに色々な外伝を
作ったかもww

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 20:22:31.58
ユリアンの物語を書きたかったら
ヤンは50歳ぐらいまで生きて同盟の崩壊も後二十年ぐらい遅らせないと
十代の子供が中尉で革命軍指揮官で総指揮官なのに前線に出て自らラスボスの敵艦に突入って無茶にも程があるw

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 20:31:20.86
>>398
でもラインハルトなんて18歳のときには中将でしたし

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 20:53:08.34
それを言うならアレクは0歳で大元帥・・・・・・・・・
ところで大元帥は皇帝に付属する称号かな 違ったかな

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 21:12:44.45
国軍の総司令官に与えられる称号だとさ。>大元帥
国家元首に与えられる場合と軍人の最高位階級である場合があるとのこと

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 21:24:39.87
銀英伝だとラインハルトに付いていたから皇帝の付属称号かな
しかし、カロリンを女帝にした時、赤子の泣き声を勅語にすることを
皮肉っていたのになぁ 因果は巡るか

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 21:41:10.80
俺の時代はケロリンの桶は白い奴だったな

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 21:55:47.19
>>390
そうかねえ
キルヒアイスが生きてたら5巻くらいで
帝国の完全勝利で完結してるだろ

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 22:14:14.35
>>404
敵が居なくなったら
内乱がおきるだけさ〜
しかもロイエンより遥かに強力な赤毛さん
妻は皇帝の姉

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 23:02:04.30
キルヒアイスが生きてたら帝国が銀河統一した後に旧同盟領を任されるだろうな
フェザーンが首都になるから、ロイエンタールにはオーディンを任せることになる

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 23:02:07.81
>>403
なんか黄色のかったクリーム色みたいな色だったな

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/03(木) 23:49:35.33
キルヒが2巻で死ななかった場合、バーミリオンでミュラーの代わりに駆けつけて
ブリュンヒルトかばって戦死してたのかね

その場合ヤンと和解する事は永遠に不可能になりそうだが
アンスバッハに不思議と憎しみを抱かなかったと言うが既に死んでたからだろうしね
狩りにあの場を生き延びてたとしてもシュトライトのように旗下に加えたとは思えん

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 00:00:12.98
キルヒアイスが生き延びていた場合だと、ガイエ的には統一の時点でラインハルトとキルヒアイスの生死が逆だった世界ってのもあったらしいよね
それこそIFで別作品になってしまうだろうけど

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 01:26:49.10
>>398
もし話がそれぐらい続いていたら
最後の戦いはカイザー ・アレクの親征だろうか

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 02:00:12.72
ワーレンの一番の見せ場はどこだろう
「ワーレンほどの戦巧者」と言われる割に勝った場面なくて
地球への攻撃も結果的には成功と言えず
ヤン暗殺後地球の事は俺がケジメつけると誓ったのに実際ケジメつけたのはケスラー
扱い悪くない?

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 04:07:07.31
>>404
作者が言ってるんだもん
キルヒシスはタインハルトが絶頂の時に死なせるべきだったって

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 05:39:49.79
>>412
その前に、キルヒシス、タインハルトなる人物の説明をしてくれ

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 05:54:11.44
キルヒシス に一致する情報は見つかりませんでした。

タインハルト
いのちのための14か条―病気とけがのすべてがわかる本
ねむりのための6章 睡眠のすべてがわかる本

みんなでキルヒシスを検索しまくれば来週あたりにはヒットするやも

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 08:01:24.21
キルヒシス の検索結果が見つかりませんでした。
キルヒアイス の検索結果を表示しています。

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 08:10:35.50
キルヒアイスが生きてたら姉と結婚して、義弟に様つけるのかなw

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 08:58:03.12
>>414,415
すでにこのスレが検索でヒットする。
グーグル先生侮り難し。

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 09:14:40.08
某SFアニメでも、○○○侮りがたしって敵を褒めて結局戦いに負けた将軍がいたね。

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 09:39:52.22
>>418
オマエそれしか持ちネタないんだなw
もっと見識広げろよw

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 16:15:34.41
「義兄上、今後も宜しくお願いします」
「やめてください、ラインハルト様。義兄上だなんて…今まで通りにキルヒアイスとお呼びください」

「そうか、しかしもう身内なんだから様はつけなくて良いぞ。俺のことも昔のように呼んでくれ」
「はい、わかりました、金髪の孺子」
「……………」

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 17:16:19.64
「金髪の 孺子、焼そばパンとDAKARA買うて来いや 」

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 18:48:31.91
>>411
ミュラーを除けばワーレンに限らずアムリッツアが一番の勝ち戦でしょう。多少なりとも描写があったのはビッテンだけだけど。
(ラインハルト達と双璧は無論除く)
まあ、キフォイザーで多少なりとも活躍したってことでいいんじゃない?

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 19:39:18.59
>>422
除くが多いけどワーレンは一体何番目に武勲を立てた提督なの?

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 21:40:55.16
卿の論法を用いるとまるで私が何もしていないような言い方であるが

                               (メックリンガー談)

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 22:06:19.64
絵を描いたり病気の子供の訪問してるよな

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 22:51:28.94
平民のメックリンガーを尊敬してたってことは、ハインリッヒは門閥貴族的な選民思考からは自由だったんだな

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 22:57:09.48
リヒテンラーデはなすりつけられた上に一家もろとも処刑
キュンメルの親戚の処遇はどうなったの?

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 22:59:01.46
>>424
確かにあなたも記憶に残る戦いはないですねえ。やはりアムリッツア緒戦では同盟の誰かと戦ってたはずだけど、
ルッツやビッテンみたいに相手を壊滅、潰走させたわけでもないようだし。
どうしても出てくるのはファーレンハイトがやられてる間中、回廊側出口固めて、敵来ませんね、
こないね。偵察部隊出します?いややぶ蛇になってもまずいからこのままじっとしてようってことで
味方を見殺しにした印象しか。

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 23:03:02.10
>>427
一家じゃなく一族だからもっと厳しい処遇だったね。
キュンメルの場合はもう親戚も親族もいない天蓋孤独の身だったんでしょう。
ロ朝正史にはそう書いてあるよ。

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 23:14:03.36
>>427
伯父であるマリーンドルフ伯と、いとこであるヒルダがお咎めなし
一番近い親戚が彼らだろうから、オールお咎めなしと考えていいだろう

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 23:27:43.02
地球教討伐したしさー、身近な慰安婦を失うのはやだよー
まぁいいっか的な感じか

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 23:30:20.07
オーベルさんは処分の甘さにお冠でしたね。もし自分の親族があんなことやったら
いさぎよく自分は自決するのかな?(しそうな気もするが)

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 23:35:46.69
「弁解はしませぬが、わたしを失うことがどういうことか、よくお考えを」
とか弁解しそう
即決の処刑か自決命令ならわからんけど

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 23:40:14.44
自分には甘いかな?他者には、結婚のさいも后の一族を先に皆殺しにして将来の
禍根を断つってな過去の例を持ち出したりしてたけどねえ。

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 23:46:21.64
オーベルシュタインは基本的に自分の命より減速を大事にしそうだからなあ

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/04(金) 23:47:21.19
オーベルは意義ある(大義のあるかな?)死なら、へい喜んでだな
無駄死、犬死は嫌いなんだろう
多分、死ぬこと自体にためらいはないよな

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 00:35:20.64
>>408
> キルヒが2巻で死ななかった場合、
5巻で
キルヒアイスが外征、ラインハルトは内政を担当する
ウルヴァシーでヤンに補給を絶たれることはまず無い
あれはラインハルトの決戦願望がまねいた弛みだから
補給が絶てないならヤンに打つ手はあまり無い
キルヒアイスに決戦を挑んでも帝国にラインハルトが残ってるから意味が無い
タイマンを望むほどキルヒアイスはガキではないからなによりも双璧と戦う羽目になる
ヤンとしてはハイネセン目前で講和狙いの防衛線を築く以外の手が残ってない

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 00:58:28.89
オーベルシュタインの極論は牽制してるだけじゃないかな
ヒルダが嫁でマリーンドルフ伯が舅になるのをほぼ規定路線だと考えてた節があるし

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 02:00:48.67
実はヒルダに惚れていたオーベルシュタイン

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 02:00:53.96
>>422
一番敵をフルボッコにしたのルッツじゃね?

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 02:18:31.55
>>434
充分甘いよあの白髪
勝手にラング助けてそのせいで大反乱起きちゃってるし
本人の論法を自分にも適用するなら軍務大臣辞職くらいはしてないとおかしい

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 02:37:30.34
>>441
3長官揃って丸坊主にして手打ちだな

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 02:41:14.07
「私達のことは嫌いになっても、ローエングラム候のことは嫌いにならないでください!」

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 02:49:32.12
 
反逆の汚名に酔いしれていたロイエンタールは
超銀河通信のスクリーンが映し出した
にっくき義眼野郎と愛すべき親友の
眩く輝くツルッパゲを見た途端思わず吹きだしたのであった
はじめは皮肉屋っぽい笑いでおさえていたのだが
ついに腹筋に到達し身体を折り曲げて激しく笑い転げるのであった
ミッターマイヤーが親友にまともに話しかけるには
39分という長い時間が必要であった

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 04:25:46.07
 
銀髪もといツルッパゲの義眼尚書は口を開いた
「笑いはおさまったかね、ロイエンタール提督」
「卿にも頭を丸めてもらうのだから笑い事ではない
これから我ら三人揃って丸めた頭で陛下に拝謁して天下の笑いものとなりはてるのだから」
「なにをたわけたことを言っている」
「聞け、ロイエンタール、陛下のお怒りを解き一笑に付していただくためにはこれしかない
さすればおまえも陛下の元に戻れるし兵を損なうこともないのだ」
「だからといってそんなぶざまなまねができるか!」
「無様で結構!おまえが帰るためなら俺は何だってする!」
「ロイエンタール提督、この会話は録画させてもらっている
卿がここで断ればこの録画を全宇宙に向かって公開することになる」
「なに?」
「卿がおのが不幸に酔って数多の将兵の命を奪おうとしていると見せ付けるのだ
たかが宴会芸ひとつできぬ卿のために命を捨てるなど馬鹿げた事だと卿の部下たちも気づくだろう
興ざめした兵たちは白けきって戦う気など失せ卿のもとを自ら去っていくだろう
卿のこれまでの武勲の数々も卿自身の狭量さによって戦わずして崩れ去るのだ」
「ひ、卑劣な!人間の皮を被った悪魔め!武人の誇りをそこまで踏みにじるか!」
「卿一人のちっぽけな誇りよりも数百万の将兵の命を思えばこそだ、で、どうするのかね、提督」
「・・・・・クソ、お前の生まれた日は永遠に呪われるがいい!・・・俺の負けだ、卿らに従おう」
「おお、ロイエンタール、よくぞ決断してくれたロイエンタール、有難うロイエンタール・・・」

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 06:13:25.49
>>440
さらっと書いてるけどそうだよね。推定1万隻以上の艦隊を10隻以下にまでしたんだから。
ビッテンのは長く書いてるけど、半数は逃がしたしそれなりの損害も受けたはずだからねえ。
>>443
w。実際にオーベルがやってたのはそれだよね。ハイネセンの草刈もそのようだったし。

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 07:17:42.77
意識して自分の悪評立てたかったんじゃなくて単にそれしか出来ない奴だったんだろオーベル

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 07:27:40.91
>>440
戦犯ボロディン

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 08:37:36.19
>>427
双方殺る気満々の政争と大逆とは言え、犯罪を一緒にするのはどうか?

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 08:47:56.38
>>448
無能と言われてるパストーレやムーアでも数千隻単位で生き残ってるのに
(状況は違うとはいえ)どういう戦いしたんでしょうね?しかもルッツの
方に損害あまり出てないような感じだし。全員で昼寝中を急襲された?

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 08:56:50.64
>>450
アスターテのときはラインハルトが早々に標的を変えていたからだろ
やろうと思えば全滅も容易い

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 09:37:25.46
>>451
アムリッツアでも帝国は最初は同盟の7割の兵力だったからそれほど時間かけられないはず
なんですけどねえ、急襲され旗艦以下数隻にまでってあんまりでしょ。

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 10:12:47.19
ってか、投降や逃亡したって考えればいいじゃん
ボロディンは最後まで踏みとどまったからあそこまで消耗したと

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 10:21:30.06
>441
ラング助けたのは甘さからじゃないだろ
結果的にロイエンタールを抹殺出来て、ついでにラングも処分出来たから
失策どころか大成功だ(オーベル的には)

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 11:00:44.75
>>453
艦隊指揮官の指示や許可なしに投降や逃亡ってどんだけ統率能力ないんだよ。まさに愚将だな。

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 11:04:13.99
投降はともかく逃亡は指示や許可はいらんね。

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 11:10:35.45
>>455
いや、指示あったのかもしれないじゃん
ウランフみたいに味方の退却を援護していたものの、タイミングを失って消耗戦に突入して、そのままあの数まで減っていったんだろ
あれだけ少数になっても組織的な抵抗をしていたのは統率力のある証拠
愚将なわけがないだろ

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 11:15:07.41
>>455
逃亡は論外だが、本隊と分断されて孤立し
このままでは全滅必至の部隊が投降するのはアリじゃね?

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 11:25:17.53
ビュコックが高く評価してるボロディンが愚将なわけない
ビュコックの人物観が外れていたことってないし

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 11:27:08.97
どうせ死ぬならウランフやボロディンじゃなくてルグランジュが出征して欲しかった
ウランフがクーデターに参加するとは思えないし

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 11:36:10.77
ウランフって姓がなくてただのウランフなんだよな?
日常生活であの一家は不便ではなかったのだろうか
子供(時代)はいじめられそうww

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 11:47:29.58
>>461
社会保証番号とかそんな感じの個人認証の為の制度があったんじゃないだろうか。

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 11:47:37.87
>>460
わかりやすい戦場で互角の相手と戦うなら、ルグランジュは相当強力な戦力になりそうだな

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 11:54:55.94
ルグランジュは奇策士相手はキツそうだけど、ワーレン、ルッツ、ケンプには強そう

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 12:10:26.01
>>461
遊牧民は先祖の名前を8代先まで言えるから
それが苗字みたいなものだろう

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 12:14:14.25
それが通じるならスール少佐の姓の長さくらい許容されそうだが

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 12:16:38.92
長過ぎて書類作るのも面倒だったんだろう

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 12:20:29.42
>>449
いいがかりと大逆実行を一緒にしたらリヒテンラーデがかわいそうだよなw
>>452
あそこは二段階あって最初は各占領地での戦闘
次がアムリッツァまで全軍後退しての仕切りなおし
前半は普通に帝国は全軍ぶつけてきててルッツボロディン戦は前半部分
まぁ何にしても異常にやられすぎ
ウランフボロディンはヤンの中でも双璧クラスの評価ぽいけどとてもそんなレベルじゃないね
むしろ信じられない無能な感じw

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 12:26:24.41
補給もままならず移動もできず分散するなんてアスターテの比ではない
悪い状態だからな。戦略の失敗で死地におかれたら名将でも戦死するわな。

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 12:36:10.50
アムリッツァも何か色々おかしいんだけどな
前半部分で同盟軍より多い数で攻めてきてウランフボロディン艦隊をほぼ壊滅
他の連中も敗走を重ねってあるからかなり被害与えてるはず
にも関わらず後半でキルヒアイスの別働隊が迂回してくるまで本隊と同盟軍の数がほぼ同じだった
彼我の戦力差というか被害状況がよくわかんないんだよね

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 12:44:16.52
>>469
それにしても弱すぎんだろw
他でこれだけやられた奴いないし
補給に関しても武器弾薬は完全な状態であるし食料だって尽きてない

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 12:50:19.39
>>468
仕切りなおしっていっても
あそこで何をどうするつもりだったんだろうね。
回廊に近いアムリッツァ星系まで撤退できたんだから
そのまま帰ればよかったのに。
被害甚大で艦隊司令2人もやられて
数が圧倒的に多い敵ともう一戦てw
ギャンブルの負けをギャンブルで取り返すみたいな
アホな思考でも働いたんだろうか?

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 13:04:43.70
同盟の1個艦隊が大体12000
8個艦隊が参加してるから96000
内2個艦隊がほぼ壊滅してて-21000
ヤン艦隊以外全部敗走しまくりなんで各艦隊-4000として-20000
アムリッツァ時点で大体半分くらいになってるのはないだろうか

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 13:11:07.22
帝国の1個艦隊が大体15000(だっけ?)
で同盟軍に同時攻撃仕掛けてきてるから120000
ケンプが少しヤンにやられてて-3000
ビッテンはウランフに同数の被害を受けたとか書いてあるから大体-5000
他の艦隊もそれなりに被害受けたとして平均で-1000でー6000
帝国軍はアムリッツァ時点で100000残ってた可能性が高い

うーん・・・あくまで仮定だけどアムリッツァも無理ゲーじゃね?

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 13:26:52.85
同盟政府から「どんな形でもいいから一回勝って体裁整えろ」とか督促されていたのかもしれない

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 13:36:43.64
>>475
言われなくても、現地責任者としてはそうしないと立場ない。

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 13:37:25.17
もしアムリッツァで一戦もしなかったら、同盟軍は潰走状態でイゼルローンに
なだれ込み、帝国軍にその隙を突かれて平行追撃状態で一緒に回廊に突入されて、
要塞主砲使用不能→イゼルローン要塞を奪還されてたかもしれんw

アムリッツァで一戦して敗北→潰走状態でも同じことになるけどwww

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 13:38:53.95
アニメ設定台けどアップルトンとビュコックは被害三割だった

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 13:42:17.86
実戦部隊は大体2万隻が帰還。
20万隻動員てあるから他は輸送船だの病院船だの色々なんだろうけど
これらも何故か8万隻が沈んでるんだよね。
未帰還率8割から考えると。
大敗北どころじゃあないぞこれw

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 13:45:42.19
>>477
仰るとおりアムリッツァで一戦して敗北→潰走状態にならなかった時点でw
アムリで補給再編成機雷ばら撒きとかやってるから時間的余裕は充分にあったと思う
そうでなきゃ再編成中に攻撃され終わってたんじゃね

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 13:46:30.93
>>479
たぶん後世では実質的な同盟滅亡の瞬間と言われたろうな。

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 13:48:08.66
>>479
他に、モートン少将率いる第9艦隊残存部隊みたいに、アムリッツァ会戦に
参加できずにほうほうの体で脱出した艦隊もいるぞ。
全部合わせたら3万隻はいたと思う。

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 13:51:14.80
>>475
同盟政府からの指示が無くても
負けてなし崩し的に逃げ帰ってるしなぁ。
大体4万隻以上失ってて帝国領侵攻の目的果たせず
だから何やっても政権倒れると思うのだけれど。
これで微妙に勝っても被害大きすぎてごまかしきれないし
そんなことが出来るなら帝国侵攻で何もしないで帰ってきても
大勝利!!って宣伝で選挙に勝てちゃうんじゃない?

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 13:57:04.71
>>473
同盟の戦力はすでに半減って書いてあるよ。1個艦隊の数はアスターテの同盟のようにさまざまでなんとも。
書いてあるのは帝国は最初は同盟の7割だった。同盟が半減して帝国は3万以上を別働隊にして(それが3割
ってんだから)総数10万。ってことは同盟8個艦隊で14万隻くらいだね。
序盤戦では帝国はほとんど損害なしの模様。(ウランフ、ビッテンのも包囲が
完成するまで双方同じく100隻程度の損害で、包囲後は一方的だったんでしょ。ルッツも損害100隻程度で1万数千
隻撃破ですね。

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:03:52.55
>>484
そうなると帝国が14万以上になるんじゃね?
最初同盟各艦隊より多い数で仕掛けてるっぽいし
んで前半戦で被害が少なければ後半戦でより差が広がるし

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:06:18.08
>>483
前にも話題になったが同盟の政治体制はよくわからんね。あれだけの失敗やっても
その近々あるはずの選挙で、政権そのものは失わなかったようだからね与党は。
遠征に賛成した最高議会員は辞職だが残りはそのままだからなあ。
政党政治では無いってことなのかな?小規模派閥の大連合制なんだろうか?
(最高議会委員はそれぞれが各派閥の代表)
他のとこで政府とかの汚職がばれるのは対立政党だか派閥抗争のときだけっての
もあったけど。

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:10:48.32
>>485
作者は帝国は同盟の7割しかいなかったと言ってる。序盤戦で同盟14万対帝国10万。
アムリッツアで同盟7万、帝国本体7万、別働隊3万であってると思うが。
数が明確に多いと書かれてるのはビッテン対ウランフで、おそらく帝国で一番弱い
と思われたビッテンには大目に兵力配分したのでしょう。他は少ない戦力で腹減って
動けない同盟艦隊を叩きのめしたと思われ。ますますルッツは偉大だな。

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:14:16.79
>>486
個人的にはイゼルローン無血奪取でも支持率あがらないから
何をやっても無駄だったのではないかと思います。

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:20:49.21
>>487
帝国全軍の3割3万が別働隊とは書いてあっても
同盟軍の7割の戦力で仕掛けたとは書いてなくね?

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:22:06.61
帝国が同盟の7割ってのは同盟の総兵力3000万(上にも出てる病院船やレンジャー、謎の水上部隊など含む)
に対して2100万程度ってことで戦闘用艦艇はもともと帝国の方が多かったんでしょうね。自国内で戦うのだ
からそれほど支援要員はいらないはずだから、2100万のほとんどが戦闘用艦艇乗員だったのでしょう。
同盟の方は支援要員除くと2000万くらいが戦闘用艦艇乗員だったのでは?で戦闘用艦艇要員で1600万、支援
要員で400万で合計2000万が未帰還(戦死でなく捕虜も含むだろう)と。
ってのが10年くらい前のここでの結論だったような。

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:22:33.15
ラインハルトに抜擢されて一艦隊を任されたら
艦艇全て黒に染めて「黒色槍騎兵艦隊」と命名し
ついでに宇宙最強の呼び声高いって設定まで付け加えた
ビッテンフェルトは結構痛い奴

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:26:54.50
アムリッツァって1巻だからアスターテあたりで書かれた設定とほぼ同じでみるべきなんじゃない?

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:28:07.11
>>489
5巻あたりのランテマリオの前に帝国軍が集結して大兵力になったときにいきなり
アムリッツアの時は帝国軍は同盟の7割だったと出て来るんだよ。で、ここで大激
論になって、>>490のような説も出てきたのさ。
しかも版によっては6割って書いてあるのもあったそうでややこしいんだ。

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:29:42.02
自分は、同盟軍の6割と記憶しているのだけど?

アムリッツァ時動員兵力

同盟軍:8個艦隊12万隻+支援部隊8万隻=計20万隻
帝国軍:12万隻

アムリッツァ緒戦

同盟軍:20万→7万隻
帝国軍:12万→11万隻(損失+治安維持のための減)

アムリッツァ会戦

同盟軍:4万隻 (+脱出中の孤立部隊3万隻)
帝国軍:本隊8万隻+別働隊3万隻

アムリッツァ会戦後の追撃戦

同盟軍:2万隻 (+脱出中の孤立部隊3万隻)
帝国軍:10万隻(1万隻の損失は黒色槍騎兵艦隊のもの)

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:31:45.22
>>492
艦艇数のことだと思うけど、同盟の3個艦隊は12千、13千、15千で統一されてないし
帝国の方は上級大将さんが率いる特別編成ぽい2万だしあまり参考にならないような。
艦艇の速度や戦闘時は宇宙服着て磁力靴履いてる設定のことだったら失礼。

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:38:43.06
>>494
そんなとこだと思うけど、脱出中の3万って無理な設定しないで普通にアムリッツア開始時で
同盟7から8万くらいでいいんじゃない?モートン少将の部隊などがアムリッツアに参加しな
かったとは明記されてないのだから。アムリッツアでの序盤も兵力比2対1までは開いてない
と思われるし。

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:40:16.06
>>493
なるほどwさんくす
しかし考えれば考えるほど同盟軍は信じられない無様な負け方をしたんだなぁ

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:41:11.87
謎の水上部隊ってのも話題になったね?水中戦用ならわかるけど艦艇が大気圏内でも
戦闘可能なような(少なくとも航行は可能だなレダUを見ても)のになんで海の上に
浮かぶ部隊がいるんだろうって?

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:49:20.27
>>494
自分のも6割って書いてますなw
同盟領侵攻の兵力が戦闘艦12万支援艦4万で人員1660万
同盟軍の帝国領侵攻は艦艇20万で3000万
何か帝国より1000万くらい余分に動員してる気がw

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 14:58:08.58
>>499
たぶん、同盟軍はアムリッツァで帝国辺境領域を占領するために
地上部隊を1000万人ほど水増ししたんだと思う。

一方、帝国軍はラグナロックのとき同盟辺境は放っておくつもりだった。

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 15:21:38.00
>>499
改訂して6割になったのかな。でも6割でも1800万だから、1660万を初めて指揮する
大兵力ってのも矛盾するなあ。そのうち5割に改訂されるかもだね。
ま、同盟の3000万が多すぎるとは思うが。>>500さんのいうように地上部隊が1000万
つまり800個師団ほど動員したのかな?薔薇連隊みたいなのが2000個連隊分いるのかね。

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 15:26:53.56
>>497
どうも俺の版の方が誤植かなんかで6割が正解の模様、そこは訂正します、すんません。
ま、その大兵力をあんなずさんな運用するのは無茶苦茶ですね。2000万全員が戦死では
なく捕虜も(特に支援要員は)多かったとは思うが、同盟滅亡後に故郷に帰れたんかね?

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 15:28:51.22
捕虜は交換式で返されなかったっけ?

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 15:32:43.07
>>497,502
ところで、一度の会戦で国家の全兵力の4割を損失するような
無様な戦いって過去あったのだろうか?
# 同盟軍は兵数5000万人のうち3000万人を動員して2000万人損失。


・・・全面核戦争ぐらいしか思いつかん。\(^o^)/

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 15:37:41.61
>>503
キルヒアイスとヤンが行った捕虜交換は両軍双方で約200万ずつだった。

アムリッツァ敗戦から捕虜交換まで時間があまりなかったので、
アムリッツァで投降した同盟軍将兵を把握しきれていなかった可能性もあるけど
差し引き1800万人もMIAというのはやりきれんなぁ。

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 15:54:38.14
>>503
全ての捕虜じゃあないとは思うけど、それですぐ帰れた運のいい人もいるんでしょうね。
>>504
バルバロッサ(作戦の方ね)でのソ連の損害はそれに近かったようにも思うけど全軍の
4割にはさすがにいかないよねえ。(すぐに補充できたしね) 古代ローマあたりには
あったかな?
ま、艦艇数でいえば日本海軍のレイテ戦は残念ながらそれに近いけどね。
同盟は保有する10個艦隊のうち8個投入、6個喪失ってとこかな。艦艇に比べれば人員の
損害比率はまだましな方なんだね。全軍の6割残ってるならまだがんばれると言いたい
が後方の事務屋さんなんかも含んだ数字だろうから無理か。

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 16:30:11.61
>>505
アムリッツアでの捕虜だけを交換したわけじゃないだろ。

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 16:47:55.38
>>504の過去は帝国対同盟のことなんでしょ?現実でなの?

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 16:57:05.86
ごめん書き忘れた
ダゴン会戦は帝国側が全兵力の5割を出撃させて、約9割が撃破されたと思ったけど

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 16:58:00.14
トクマノベルズ
同盟軍2000万以上に対して6割ていど

デュアル文庫
同盟軍3000万以上の半数以下

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 17:14:04.85
>>509
ダゴン会戦の帝国は艦艇が5万くらいだったけどあれで半分なのか?ってことは
その後に大増強してラインハルトの時代には18個艦隊にまでしたのか。まあそれ
までは特に外敵はいなかったからそれで良かったのかもしれないけど。途中で第
2次ティアマトでまた4万隻くらいやられてたか。

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 17:21:12.59
>>510
すでに5割もあったのかww。俺は3000万の6割ってのを見た記憶があるが、はて何版だったかな?
ラインハルトは敵より少ない兵力で大勝利しましたって言いたいためにややこしいことになっちゃっ
たね。すでに少数で多数に勝つはアスターテでやったし、そこは補給線の延びきった同盟を大兵力で
いっきに叩きのめしたでよかったのにね。なんで5巻でいきなりへんなこと書くかいな。

513 :509:2013/10/05(土) 17:22:22.70
ものすごく記憶が曖昧なんで本を探し出して調べてみます
ついでに現実でも一回の作戦で全兵力の5割、6割損失した戦いも調べてみます

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 17:25:20.47
>>513
ご丁寧にどうも。ダゴンは読本だよね。私も手元にないのでよろしくです。

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 17:38:31.63
カンネーの戦いのローマ軍はどうかんねえ

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 17:40:14.06
帝国艦隊の各艦隊の練度の差ってどんぐらいだろ?グリンメルス艦隊とかやるおみたいのばっかな気がするんだが

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 19:23:20.71
「3000万動員して帰還したのが1000万に満たなかった」
じゃなかったっけ、アムリッツァ。

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 19:38:10.09
短期間で1000万単位で動員できるって、どれだけ人材が豊富なんだ・・・

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 19:43:44.35
>>518
ちゃんと読もうよ。

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 20:09:51.78
帝国も同盟も首都星に全人口が住んでるわけじゃあないだろうけど、軍は(特に帝国か)
首都星に艦隊なんかは全部いるようだし、首都星は軍人だらけなんかね?まさに軍靴の
音だらけなわけね。特に首都はすごそうだな。

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 20:16:47.52
>>488
イゼルローン占領て大戦果だからなw
これが2,3ヶ月前にあったばかりなのにもう不支持率が上回ってる
投票日の数日前に都合よく帝国さんと戦って大勝でもしない限りどうにもならなそう
同盟市民は忘れっぽいみたいだし
この作戦の準備も凄いよね
数週間で完了して出撃してるし

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 20:23:36.54
>>521
同盟も帝国も出師準備は恐ろしく早い。
アスターテの時だってハイネセンからの移動時間を考えれば、帝国侵攻を知ってから3個艦隊4万隻をほとんど即座に出撃させているはず

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 20:26:11.66
>>520
ハイネセンの人口が10億だから仮に2千万いたとして2l
家族や軍属に関連産業に勤める人間なんかも含めると軍関係者は物凄い数いそうだね

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 20:27:12.75
その為にキャゼルヌのような後方担当が忙しい訳だな

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 20:27:49.72
>>522
そりゃ戦争中ですからねえ。つねに動員状態の臨戦態勢でしょう。おかげで社会機構
がだいぶ脆弱にって話だったですね。まあ同盟の方は第3次ティアマトのように予算
の承認遅れで予定数の艦隊が出せなかったってのもあったけど、帝国はその心配はな
いでしょ。

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 20:31:47.19
>>523
首都の密度はもっと高いね。だから帝国だと平時の皇帝誕生日で兵士に一時金と休暇なんか
与えたら街は兵士であふれるわけだね。アニメ描写でもレストランなんかで客の半分近くが
軍人だったけど、けっこう正確に描写してるわけなのね。

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 20:54:25.94
>>521
半個艦隊による要塞奪取は政府主導の作戦じゃなく軍部(シトレの)のスタンドプレーだからそれほど
政府の支持率は上がらなかったんでしょ。で今度は政府直々の命による帝国領侵攻という一大快挙をと。
ってわけで墓穴掘る。でもその議決に反対したって理由で留任、やがて国のトップになれるってほんと
甘い体制だねえ。総入れ替え(政権交代?)ってことにはならないのかな。野党が存在してるのはたま
に出てくるセリフや表現で確実ながずだが。

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 21:54:11.44
>>527
民主国家では与野党交代は選挙以外にないんじゃないか。
だからまず議長交代。

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 22:32:46.66
>>527-528
一党寡占状態かもしれんな。
少数野党は存在するが、政権交代が期待できないほど弱小。
与党の中に派閥があって、その派閥を選挙で選ぶことが可能かもしれんが。

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 22:35:09.88
>>524
キャゼルヌの部下も優秀だったってことでしょうね
じゃなきゃお金横領したり資材横流しとか帝國に情報売る奴とか
いてもおかしくないもんね

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 22:54:03.95
>>509,511
ダゴンの戦いでの帝国軍の動員数が全軍の5割って原作に書かれてたっけ?
# 同盟軍の艦艇数が帝国の5割と勘違い?

もしそうなら、帝国軍のお偉いさんが「これは征伐ではなく狩りである(だっけ?)」
と豪語されるぐらい弱小な辺境の叛徒どもを討伐するために、全軍の半数を
動員したということになり、帝国軍の鼎の軽重を問われると思うぞwww

もっとも、ダゴン星域会戦当時の帝国軍の編成が、大半が地方の治安維持軍
に占められ、中央の正規艦隊がわずか10万隻前後(150年後の半数)だった
というなら矛盾?はないけど。

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 23:03:42.18
>>529
選挙を気にするぐらいだからそれなりに有力だと思う>野党

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 23:07:40.03
>>532
小選挙区で同じ党でも違う派閥の2人が争うなら、重要なのは敵対する派閥の相手。
野党は有力な候補者ではない限り軽視できる。

・・・55年体勢の自民なら、派閥ごとに立候補選挙区を割り当てるだろうけど。

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 23:11:10.00
ザップ将軍訃報age

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 23:13:28.83
銀英伝では誰がザップ将軍みたいな評価されてるか知りたいな

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 23:14:45.71
同盟軍が動員した兵力は三千万人をこえたが、イゼルローンをへて故国に生還しえたものは一千万人にみたず、未帰還率は七割に達しようという惨状であった。

原文ママ、Androidアプリ版銀河英雄伝説1、「アムリッツァ」より

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 23:16:03.65
失礼、「新たなる序章」より

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 23:33:38.57
>>536
どうせなら、話題にたまになる5巻での あのときのラインハルトの指揮した兵力は
同盟?千万の?割だったての紹介してよ。

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 23:37:40.50
>>531
509さんが今、読本探してるとこだね。俺も読んだけど手元になく記憶にあるのは
動員兵力約5万隻で同盟はその半分ってだけだ。5万が帝国全軍の何割かは覚えて
ない。書いてなかった可能性が高いとは思うのだが、無いから確認出来ない。

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/05(土) 23:58:35.48
戦闘用艦艇一一万二千七〇〇隻、補給、輸送、病院等の支援用艦艇四万一九〇〇隻、将兵一六六〇万という膨大な数字に達した。
ラインハルト自身も、これほど膨大な兵力を指揮統率して実戦にのぞむのははじめてのことであった。
アムリッツァ会戦において三〇〇〇万をこす同盟軍と対決したときでも、彼の兵力は敵の半数以下であったのだ。

原文ママ、Androidアプリ版銀河英雄伝説5「双頭の蛇」より

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 00:02:26.11
>>540
この時点で「ラインハルトがこれほどの大軍を率いるのは初めて」と書きたいがためにいろいろな所に無理が来てる感じだな

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 00:04:25.18
>>540
こりゃご親切にどうも。ってことは最新のは3000万強の5割以下ってなことになったのか。
初版からずいぶん減っちゃったなあ。ま、2000万の6割よりはましだが。

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 00:11:58.56
>>541
だね。でもアムリッツア時はラインハルト直属艦隊入れると9個艦隊(18個のうち
半数を副指令長官となって率いたとも一致)で同盟と戦ったことになるけど
9個艦隊でも総数は戦闘艦艇は10万〜11万程度で人員は1500万程度なのか。よほど
ビッテンは多く配分してもらってたんだな。

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 00:27:23.72
ってことは侵攻する同盟側は8個艦隊で3000万人以上って。。。戦闘艦艇の運用人数に
それほど両国で差があるとはおもえず数は同盟の方が少ないくらいだから、同盟のその
他の要員ってのは1500万人以上いるわけか。ほんとに陸戦部隊1000個師団くらい動員し
たのかと疑うねえ。それでいて占領地の住民の食料供給は考えていなかったってあまり
にずさんだねえ。

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 00:36:15.37
>>544
そりゃ予め食料含む物資を全部引き上げる
焦土作戦を自国でやるとは思わんだろ
それを見たらとっとと引き上げるのが良いのだが
それが出来ないと踏んだラインハルト
判ってるのに何も出来ないヤンってのがこのシリーズの流れでしょ

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 00:48:54.56
>>540
ラインハルトが言った「10万隻の追撃戦」って誇張だったってことかな?

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 00:55:36.54
>>545
焦土戦術って普通は自国でやるもんじゃないの?侵攻してくる敵に物資を渡すなって
ナポレオンの頃からの定石でしょうに、予測しない同盟の方が(なんせ帝国の住人は
歓呼の声で迎えてくれるとか作戦参謀さんが言ってたような)甘いと思うな。
後半は同意だね。

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 01:00:59.82
>>546
9個艦隊もいたんだしビッテンフェルト艦隊の損害考慮してもそのくらいはいたんじゃないかな。
アムリッツアのときの兵員はほぼ全てが戦闘艦艇の乗員と考えられるしね。

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 01:21:20.29
「一〇万隻の追撃戦」の台詞だけど、
「一〇万隻で追撃」なのか「一〇万隻を追撃」なのかは結論が出てるの?

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 01:25:06.35
「(敵味方合計)10万隻(台)の追撃戦ははじめて見るな」なのかとも思ったり

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 01:25:38.25
>>549
そりゃ疑問以前でしょ。同盟が10万隻なら逃げる必要ないじゃんw

8個艦隊だから目一杯いるとして最初が12万隻、でアムリッツアに
集結した時点ですでに兵力は半減してるって書いてありますからね。

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 01:29:28.21
>>550
同盟は2万程度にまで減ってたようだから、帝国軍の損害ももう少し多くて
その可能性はありますな。とはいえあまりそういう言い方はしないと思われ。

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 02:46:07.33
ユリアンのイゼルローン日記OVA出ないのかなあ。監督さん亡くなったけど是非とも出してほしい。

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 02:47:36.14
外伝の中じゃイゼルローン日記が一番好きだったな…
OVA化されていないのが残念だ

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 05:47:14.48
もとが「日記」だから映像化するのが面倒だったのもあるんだろう
いくつか引っこ抜いてもいいんだろうけど、それだとあんまり意味がない気もする

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 08:06:38.87
>>553
漏れはダゴン会戦記を見たい。。。

ヤンもラインハルトも登場しないけどw

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 08:33:40.93
しょっぱなのウランフ対ビッテンフェルトで帝国側が数で勝ってるってのがそもそもおかしい。
このへんで>>540との矛盾が出てるよね。

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 08:37:44.98
ホー・チ・ミンの片腕として仏米を撃退した「赤いナポレオン」ことヴェトナム戦争の英雄、ヴォー・グェン・ザップ(武元甲)が4日亡くなった。
元歴史教師にして、天才と称された指揮官。
解放後のカンボジア侵攻への反対や周囲からの嫉妬により失脚した。
なんにせよ100歳を越えて、最近まで生きてた。

ヤンのモデルのひとりとか言われるけど、やっぱりそうなの?

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 08:44:36.36
日本風に言えば、齢百を越えて畳の上での大往生というところかのう
失脚したとはいえ、悪くないサイゴンじゃな

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 09:13:05.62
>>557
焦土作戦のせいで戦闘開始前に半数くらいの兵員が飢え死にしてて、操るもののいなくなった艦艇はすでに
リューゲンの大気圏内に落下してで燃え尽きてたんだよ。

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 09:58:59.71
>>557
ウランフ率いる第10艦隊は帝国領侵攻の先鋒を務めた強兵だから、
それを考慮して黒色槍騎兵艦隊の陣容を厚くした。
と解釈すればよくね?

まあ他にも突っ込みどころ満載の会戦だけどねw

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 10:03:46.14
第10艦隊が集結していなかった可能性は?
食糧配給などの都合で多数の星系に分遺隊を派遣していたのかもしれない。

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 10:20:24.72
ヤンの提案に早い段階で応じて撤退準備してたからそれは無いと思うなあ。

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 10:23:40.89
>>562
200の星系を占領したってから、8個艦隊だから各艦隊が25分割されてたって説もあったね。
ボロディンがあっというまに旗艦以下数隻ってのはこのせいってのが理由とされてた。
でヤンが言ってた撤退の準備ってのはそのちらばった艦隊を集結させることだとも。
ウランフもまだ集結途中で交戦することになったんだろうってことだな。
帝国軍はあっちこっちで1個艦隊で、約25分の一の同盟艦隊を撃破してまわってたのだろうって説だ。

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 10:34:11.20
>>527
シトレのスタンドプレーって勝手に軍動かしたのかあれ?

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 10:40:22.50
>>565
本部長の立案で政府に申請して裁可されたんじゃなかったっけ?政府も半個艦隊で
成功するはずないし失敗の責任は立案者の本部長が取るんだから、いいやって許可
した。艦隊司令長官も同じだな、本部長主導の作戦で失敗するに決まってるし自分
に責任まわってこないってんで了解してた。
ヤンも述懐してたように本部長の政治的パフォーマンスに利用されたわけだ。

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 10:45:54.40
>>566
で成功して本部長の地位は強化され、その主導によって帝国との無意味な戦争をもう少し
ましな方向に持っていこうとシトレは考えてたようだが、じゃあ今度は俺達がって思って
たロボスや政府に例の出世欲の塊の准将が作戦案出して飛びついたことで愚行が始まった
って流れじゃなかったっけ?シトレも私も甘かった、イゼルローン要塞を攻略すれば当分
戦いはなくなると思ってたと(ヤンも同様だな)愚痴ってたような。

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 10:54:17.55
>>565
政府が正式に出撃命令だしてるなら作戦が誰の発案だろうと同盟の作戦じゃね
シトレ発案だからイゼルローンで同盟軍が大勝しても支持率が上がらないとか意味不明じゃね?
一般人にそんなこと関係ないし

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 11:11:59.56
>>568
現実にはそうでもないんじゃない?軍への支持率は上がっても政府への支持率は
下がって軍部主導でクデーターなんてことも起きるんだから。
小説内でも作戦実行者のヤンが絶賛され、主導したシトレの地位は強化されたって
ことだけど、政府の支持率もまた上昇したとは書かれてないし(まあ落ちることも
ないだろうけど微増ってとこくらいなんでしょ)
一般人にはまさに誰がやったか(主導したかが)が関係あるわけでしょ。

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 11:13:46.48
>>568
イゼルローンが軍事上の要衝とはいえ戦争はまだまだ続くからな。
下世話な話をすれば今までの大規模戦闘とそれに伴う損害はなんだったのか
ということにもなるかもな。203高地やイラク戦争時のフセインの銅像を引き倒すような
劇的な「絵」が存在しないからな。

ただ実際にロボスとシトレはライバル関係であり(ロボスが意識しすぎのような描写ではあるが)、
またトリューニヒトのような軍内部に自分の手下を作ろうとする政治家やフォークのように
政治家に接近する軍人を嫌う典型的な事務方官僚のシトレの株を上げたことが軍部内
での対立を先鋭化させたことを描写したかったのだろう。

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 11:30:09.71
ヤンによるイゼルローン攻略のシーケンスで面白くないのはロボスだろうな
「統合作戦本部は戦略目標を決めるのが役目であり、その方法は宇宙艦隊に委ねられるのが本来の姿だ」
「であるのにも関わらず、第13艦隊をその任務に当てることまでもシトレ本部長が決めてしまった」
「これは宇宙艦隊司令部に対する越権行為ではないか」
という意識になってもおかしくない

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 11:36:15.57
シトレとは長年にわたるライバル関係
ヤンはどちらかといえばシトレ寄りでロボスはヤンに対し積極的な悪意は持っていないとはいえ好意も持っていない
不満持ってもおかしくはないな。

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 11:48:11.53
>>572
その結果がフォークの重用なのかも。
ロボス閥にもヒーローを作ろうと。

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 11:51:55.13
>>569
その理屈だと作戦を持ち込んだフォークとロボスの評価が上がるだけで
政府の支持率は上がらない気が。
どんな作戦も軍部発案で政府が許可してやってるわけで
大勝利しても微増というか不支持率のほうが高いなら
帝国に対し画期的な勝利を収めると支持率が上がる
って前提が無茶苦茶になる。

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 12:10:40.06
>>573
ありそうだねえ…
派閥の有力な一員だったホーランド死んじゃってるしね。

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 12:14:45.98
>>569
政軍の主導争いと対帝国戦の結果は関係なくね?
普通に考えれば過去の同盟の全作戦が軍部内の誰かが主導した作戦なんだし
勝っても支持率上がらないならサンフォード議長が提示したデータがおかしくなっちゃう
この時期って同盟政府と軍部ってそんな深刻な対立してないし
英雄を祭り上げるのは政治的にも有効だからシトレヤンを持ち上げたからといって政府に不都合はないでしょ

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 12:20:44.21
普通に考えると、それ以前の作戦も支持率には影響したけど元がやばすぎたってことかなあ

「議長閣下!朗報です!イゼルローン攻略で支持率が倍増しました!」
「おお!そうか!」
「なんと3年ぶりの支持率40%に達しました!」
「おお…う、2倍でもその程度か。で、でも、まあ一息つけたか」
「議長閣下!大変です、閣僚の汚職が判明しました!支持率がいきなり10%ダウンです!」
「…もういやこの政府」

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 12:30:25.03
>>577
それが一番最もな説な気がするw
帝国に勝って支持率急上昇の事例なんて
何とかマフィア以降じゃヤンの要塞攻略くらいじゃないかな。
攻める度に大敗して帰ってきてるのもあわせると。

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 12:39:51.32
アスターテの大敗で落とした分を取り戻したくらいで終わったんじゃね?

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 12:50:41.15
支持率は野党の影響が大きく関与するよね?与党の下で大敗続きの軍があっても
野党がダメダメなら支持率はどうなるかってことでしょ

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 12:51:32.24
近年まれに見る大敗とかいってたもんね>アスターテ。

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 12:54:09.09
>>580
野党なんて無いんじゃね?
でてきてないし
主戦反戦派で分かれてるだけなんじゃないかと

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 13:10:56.38
この時代の同盟政府なら消費税は30%くらい実施してそうだな。

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 13:23:01.84
選挙を気にかける台詞があるから、てっきり野党があるものと勝手に解釈してかも
主戦派と反戦派で議会選挙してるのかね。てか選挙自体が何の選挙なのかすら不明だっけ?
最高評議会の中で出征に反対した3人を留任させたのはどこからの意向なんだろか

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 13:29:31.03
>>557
別におかしくもなんともないでしょ?
同盟と帝国が一個艦隊あたりの規模を揃えましょうってやってるわけでもないし。

数字も同盟が非戦闘要員と支援艦艇がべらぼうに多かったってことにすればいいだけ。

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 13:48:36.39
>>584
主戦反戦も明確な区分はあんまりなさそうなんだけどね
選挙直近で亡国級の敗北喫してるのにトリューニヒト国防委員長は辞任どころか最高評議会議長だし
賛成不賛成に関わらず全員辞職が当たり前の話なんだけどな
実態は選挙のための戦争以下で軍部の勢力争いとそれに乗せられた愚者が踊っただけの救いようのない馬鹿な話っぽいなこれ

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 13:49:12.24
低支持率でよく大博打打てるなw、支持率どん底で大敗すると革命フラグだぜ

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 13:52:47.42
実際クーデターおきてるからなw

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 14:05:02.97
>>585
ちょっと上の方読んだなら、同盟は陸戦部隊1000個師団ほど動員したから、その兵員が1000万くらいとか色々書いてるのにね。
まあ小説中の表現も、ほぼ戦闘艦艇要員の帝国軍とそういう色んな要員含んだ総兵力3000万の同盟軍を比較するってミスリー
ドではあるけどね。
ちなみにあれから計算すると帝国軍は戦闘用艦艇約12万隻を約1500万人で運用してることになるから支援用艦艇約4万隻を約200万人
で運用してる計算になるな。1隻あたり平均50人か。そんなもんなんかね。

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 14:15:57.42
>>586
一応全員辞任はしている。
採決で反対した三人は再任

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 14:18:17.92
>>589
1000個師団云々は作中に無いしあくまでこのスレの予想だけどなw
ウランフ以外は数に劣る帝国軍に完膚無きまでに叩きのめされてるって哀れなお話
ルッツに8隻まで減らされたボロディンなんて低脳中の低脳w
敵が戦力分散の愚をとか言ってるけど戦力分散してるのはお前らも同じだろう、とw

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 14:27:26.11
>>590
辞任も再任もしてなくね?
辞表だしただけで3人は慰留され留任したと見るべきかと
選挙直前の暫定議会ぽいしおそらく他の委員も選ばれてないのでは

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 14:36:48.28
ヤンはウランフとビュコック以外にも撤退準備勧めてたらもっと変わってたかな
いや、むしろビュコックがやるべきか
少なくとも個人的に繋がりのあるボロディンに
アップルトンやアルサレムも聞いてくれそう
ホーウッドとルフェーブルは知らん

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 14:38:55.63
国防委員長がもっと強硬に反対してればこの間抜けな出兵自体取りやめになってたと思うしなぁ
勝つこと前提の皮算用に負ける公算が高いことを専門家から説明させればいいだけだから
第一国防委員会を通さず全然関係無い議員に出兵案持ち込むこと自体国防委員長はぶち切れていいw
反対票入れただけで阻止できなかったんだから暫定政権首班→選挙で勝利し最高評議会議長てのもなんだかなーと思うわ

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 14:38:58.77
>>591
あんまりボロディンが可哀想なんで、>>564の説を推すぞww。

作中で書かれてるのは、陸戦要員にレンジャー、水上部隊などなどでしたね。
いったい何をするつもりだったんでしょうね?フォークさん。
>>592
誰が慰留したんだっけ?最高評議会の各委員長を慰留できるのは最高でない議会議員の
みなさん?

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 14:49:17.83
>>595
慰留は主戦派の有力者とかなんじゃね
主戦派議員や軍需産業の大物に主戦派体液軍人会やマスコミとか色々
決定したのは議会だと思うけど
わざわざ選挙管理内閣として国防委員長に再任させる必要があるとは思えないし
それなら暫定の最高評議会議長にしといたほうがスムーズじゃない?

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 14:50:01.16
>>564
占領した星に等分した艦隊を配備するなんてどんな間抜けだ?
普通は最低限の力を割り振るもんじゃないの?

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 15:05:25.85
>>597
それこそより救いようが無い馬鹿になっちゃうよなw
敵地でいつ攻めこまれるか分からない上に占領地に敵の宇宙軍はいないんだから
宇宙戦闘艦艇は最低限でいいわけだし
おまけに今回は多数の陸軍?もつれてきてるからそいつらにまかせればいい

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 15:06:21.59
>>597
お言葉ですが、その間抜けゆえの惨敗ではないかと。            てへ。

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 15:12:43.89
>>596
慰留され留任したことは否定してないよ、そう書いてあるしね。ただ最高評議会の
委員を留任って、誰がどのような権限で出来るのかなと?同盟の政治体制はわかり
にくいね。
トリューニヒトは3人が留任した時点で自分には軍需産業などのバックがあるから
勝ったも同然って祝杯あげてたね。
>>598
200の星系は大半が無人だったけどね。有人惑星がそのうちいくらだったかな。
ボロディンは部下に大半の戦力与えて、自分はその最低限の戦力でどっかに駐留
してたと脳内弁護しといてあげよう。

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 15:14:40.43
ヤンが軍人から政界への転身を危険視していた件があったが、現実の世界で
軍人から国家元首になって成功した例って少ないと思うが・・・。

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 15:25:19.70
>>600
議会の投票で最高評議会議長を決めて議長が各委員を選任するのか
各委員長を議会で選任し委員長の多数決で議長を選任するのか
各委員を議会で選びその委員会で委員長を選任するのか
全ては謎w

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 15:26:03.46
>>594
その国防委員長が、少ない損害で無様な撤退、を予想したからこそ
本気で出兵案を潰さなかったのでしょう。

もし予想通り、同盟軍の無様な撤退で終われば、損害の大小関係なく
反対票を出したトリューニヒトは留任されて自動的に同盟のトップになれる。
それを分かっているから、トリューニヒトは出兵案を本気で潰さなかった。
内心はしめしめと思っていたはずw

全軍の7割近い損害というのは想定の範囲外だけどw
20万隻3000万人も投入して大損害が出るとは、ほとんどの人間が予想できなかったはず。

# 帝国軍も同程度の犠牲が出るほどの大艦隊戦が起これば別だがw

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 15:30:06.47
>>601
銀英伝ではルドルフ・フォン・ゴールデンバウムという、
トラウマ級の前例がありますからねぇ。(軍人→政治家トップ)

現実世界で例を挙げると、アイゼンハワーとかシャルル・ド・ゴールとか
もっと古いとナポレオンとか結構挙げられる。
成功した例は多いかどうかはともかくだけどw

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 15:30:59.19
>>602
ですね、謎w
>>601
とりあえず思いつくのはアイゼンアワー、ヒトラー、ドゴールか。成功ってのはまあ捉え方
なんでなんともだけど。

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 15:36:30.58
>>601
ワシントン「………」
ド・ゴール「………」
アイゼンハワー「………」

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 15:39:12.37
>>564,597-598,600
ボロディンは、予想される帝国軍の反撃に対していち早く対応する目的で、
占領星系のみならず間の航路にも哨戒部隊を配置するために艦隊を割いた、
と脳内補完してみる。


・・・分散しすぎて殲滅されるってのも、やはり間抜けな話だけどw
物資不足で哨戒や連絡も困難になったと脳内補完するとかww

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 15:48:01.87
みんなボロディンにやさしいな。ビュコックが信頼してるとのことだったが
本編では謎?の壊滅。外伝でもそんなに優秀って感じでもなかったのにね。
(ヤンにもウランフとボロディンが生きていればって言われてたか)

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 15:51:25.82
ウランフボロディンネタはこのスレでも何度も話題に上がっているけど
やっぱりどう見ても作中での活躍度が違うからな

まあ、ヤンもビュコックも同格っぽい扱いをしてるから、あの世界での評価はそうなんだろう

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 15:54:31.61
>>603
それも本人の皮算用でしかないからなぁ
帝国に勝利し選挙で大勝利な皆さんと本質的にかわりがない
そもそも同盟の総力を結集したような作戦に勝てないって反対してるわけだから
この人主戦派としての面目もないんじゃないかと思う
作戦の内容がまずくて勝てないっていうなら専門家総動員させてでも修正させるべきだし

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 16:03:35.51
イゼルローンを押さえたんだし、火遊びする余裕はあると踏んでるのかも

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 18:07:34.25
>>610
まあ確かに皮算用だけど、トリューニヒトの勝利条件(期待範囲)は
「投入した戦力と物資と戦費に見合った勝利」を大幅に下回れば
よいわけで、分はそんなに悪くないんですけどね。

トリューニヒトにとって、同盟軍がどれほど無様に失敗しても、
戦力さえ保持していればいくらでも挽回のチャンスはある。
政略優先。

トリューニヒトを含む国家クラスの戦略的な視野を持つ人間から見れば、
イゼルローン要塞を失ったとはいえ帝国は広大だから、一戦で
国民を納得できるほどの大勝利を収められるはずがないことは
一目瞭然。
トリューニヒトは主戦論者だけどその辺はわかっており、アムリッツァ会戦で
不利になりつつある状況のときは、戦後、最高評議会議長になった暁には
「帝国を打倒した、同盟史上最高の元首」にいずれなるとほくそ笑んでいた。
彼には主戦論として別の戦略・・・ってあるのかな?


専門家総動員・・・フォークがアレなのに、いるのかなぁ?(あ然

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 18:18:10.56
なかっち 動画
http://www.youtube.com/watch?v=z2qK2lhk9O0s



みんなで選ぶニコ生重大事件 2012
http://vote1.fc2.com/browse/16615334/2/
2012年 ニコ生MVP
http://blog.with2.net/vote/?m=va&id=103374&bm=
2012年ニコ生事件簿ベスト10
http://niconama.doorblog.jp/archives/21097592.html


生放送の配信者がFME切り忘れプライベートを晒す羽目に 放送後に取った行動とは?
http://getnews.jp/archives/227112
FME切り忘れた生主が放送終了後、驚愕の行動
http://niconama.doorblog.jp/archives/9369466.html
台湾誌
http://www.ettoday.net/news/20120625/64810.htm

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 18:56:02.71
ボロディンについては
「旗艦の身辺わずか8隻」って書き方だからルッツの急襲で艦隊がズタズタに寸断されたんだと考えてる
1万隻が8隻とかありえねえだろうしな。
アニメはもう8隻しか残ってないって描き方だが。

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 19:02:45.12
>>612
トリューニヒト氏に国家的な戦略眼なんてあるか?ww
無いから同盟はあんな無様に滅んだんでしょ
あのおっさんは単に他人を利用していかに自分が得するかだけしか考えてないよ
それが上手いだけだったけど何故か最期に保身ソナーが機能せず軽口叩いて殺されたある意味不思議な人だったわ

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 19:11:30.75
あそこはトリューニヒトが何言おうがロイエンタールは殺すつもりだったと思う。
危険な人物とは見抜いてたし完全に理論武装してるこいつを殺せるのは「失敗した叛逆者」の
自分だけだと思って。

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 19:18:02.52
同盟に戻った時 テロにあって殺されなかった方が不思議だわ
同盟の市民からすれば恨み骨髄だろうに

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 19:20:15.15
>>614
旗艦の身辺わずか8隻のみまで戦い、
自殺後指揮権受け継いだ少将が降伏。
だから要するに艦隊も降伏してるし同じことじゃねーの?
何でボロディンだけ壊滅させてヤンに後で高評価与えさせたのか、
がイマイチわかんねーけど。

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 19:23:06.80
>>614
ありえないと言い切れるのか?
第11艦隊も最後まで戦ってたじゃん。

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 19:35:08.48
>>616
ペラペラ皇帝陛下の悪口言ったから殺されたって書いてあるよ。
最初から殺す気ならあんな回りくどいことしないんじゃない?
8割方殺る気で呼びつけたとは思うけどw

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 19:38:29.87
もし、1万隻の艦隊が8隻まで撃ち減らされたんなら凄いよな
最後まで崩壊することなく戦い抜いたボロディンも統率も凄いし
ルッツにしても艦隊戦では最大級の戦果じゃないのかな

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 19:38:55.62
>>619
そういやドーリア星域会戦では、第11艦隊が戦略戦術で4分の1(原作)で
戦わされたとはいえ、旗艦以下数隻になるまで抵抗していたな。

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 19:43:53.84
ルッツは能力的にかなり下のイメージなんだけとなぁ…
ミッターマイヤー、ロイエンタール、………アイゼナッハ、ケンプ、ワーレン、ルッツ、ケスラー
みたいな

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 19:45:41.25
シュタインメッツと同じくらいかと思ってた

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 19:50:26.09
イメージは下だけど、1個艦隊かどうかわからんが敵艦隊を全滅したというのは
いないだろ 他に 

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 19:59:06.77
「おお神よ、どうかこの戦いにおきまして、完膚なきまでに敵を撃破する戦史上に残るような勝利が得られますように」
「この願いが聞き届けられれば、このルッツ、四年後辺りに反逆者たちの手によって立往生させられようとも構いませぬ」

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 20:43:34.21
そういや話全然かわるけど今やってるゲームでナイトハルト少佐とミュラー少佐ってのがいて笑ったw
帝国の軍人だしコレ作った人銀英好きなんだろうな

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 21:19:34.25
インスタントの袋麺に「マダムヤン」ってのがあったな
あれの製品開発責任者も銀英伝好きにちがいない

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 21:29:14.85
>>628
懐かしすぎるぞ!
志村けんの持ちネタか!?

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 22:00:56.14
志村ケーンは確かに確かに才能あるし芸達者だ。そして大好きだ
しかし、しかしだぞ。いまだに すわしんじ に同情してるのは俺だけだろうか

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 22:19:14.65
おれはハウス王風麺が好きだった

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 23:03:35.77
王風 ケーニヒスヴィンド

なんかかっこいいな

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 23:27:58.71
ミッターマイヤーの旗艦は「人狼」だったかな 
風にちなんだ艦名にすればよかったのに

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 23:32:12.64
>>633
疾風ウォルフだからでしょ

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 23:35:04.25
>>633
なんでベーオウルフが人狼なのかはよくわからんがな

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 23:39:12.88
>>633
ミッターマイヤーの旗艦
ヤマニンゼファー

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/06(日) 23:39:36.61
ベイオ ウルフ=人 狼?
騎士ベーオウルフ?

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 00:08:07.98
>>621
1万どころじゃなくね?
上のほうにある同盟軍14万説をとるなら約1万8千が8www
しかも帝国軍は10万だから1万2千程度の相手にフルボッコ

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 01:06:42.94
>617
そうでもないでしょ
つーかトリューニヒトが降伏しなかったらハイネセンは火の海だった
あそこに関してのみ言えば正しいのはハイネセンが焦土になろうとも徹底抗戦を叫ぶビュコックより
トリューニヒトだったよ。例え本心が自身の保身しか考えてなかったとしてもね

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 01:11:48.55
>>639
むしろ、あの場面のビュコックはどう考えて抗戦を主張したんだろ
「ラインハルト幕下の提督たちはゴ王朝の門閥貴族のように非道では無いから無差別攻撃を恫喝しても実際にはやらないだろう」
という不確実な推測を立ててそれに賭けるつもりだったのか?

それとも、本当にラインハルトの首とハイネセン市民10億を交換するつもりだったのか?

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 01:16:19.14
>640
あの時の問答を読む限り例えハイネセンが滅んでも構わないと考えていそう
こうなったのは民衆も悪いと言い切ってたからな

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 01:25:40.70
だけど、後世の歴史家はビュコックは正義の人 トリューニヒトは売国奴とレッテルを
張るだろうな 

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 01:29:52.20
>>642
「たとえ国を滅ぼしてでも筋を通すべきだ」という主張は意外に民衆の共感を呼ぶからな
古くは岳飛なんかがその例だろう

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 01:44:20.41
ハイネセン上空を帝国の艦艇に覆い尽くされ低周波ミサイルを撃ち込まれたんだ
生で見た市民は肝冷やしてガクブルものだろう
降伏と聞いて怒り狂うより胸をなでおろした人の方が多かったと思うよ

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 02:43:44.53
>>639
正しいかどうかは誰にもわからんけどなw
少なくとも即降伏のおかげで死者がごく少数になったことは間違いないね。
それと並行して自由惑星同盟って国家は完全に死んだ。
てかそんな状況にしたのがトリュなんで恨み骨髄の人はそれなりにいるんじゃないかね。

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 02:51:50.28
>>641
あんなバカ殿持ち上げてたんだから自業自得っちゃ自得なんだけどね。
ただ民主主義で政治の堕落は民衆の責任みたいな書き方されてるけど
実際にはそう単純な話じゃ無いんだけどな。
人口100人の村とかじゃないんだから。

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 08:06:30.97
数は少ないだろうがヤンみたいにトリューニヒトが上っ面だけって気がついてて
絶対に票なんか入れなかったって人もいるだろうしな。
「弾圧受けるの覚悟で引きずり下ろすべきだった」とまで言うんなら酷すぎる。

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 08:14:06.24
ヤン風に言えば政治家の堕落でなく、政治の堕落は民衆の責任でしょう。少なくとも
過半数がトリューニヒトを支持してたのだから。それが民主主義じゃん。

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 09:18:16.91
確かに 何百光年先でのヤン艦隊がラインハルトを追い詰めているなんて
市民達は知る由もないだろうし
ハイネセン上空に帝国軍が現れた時は終わった と思ったんじゃないかな
それとも政府上層部はリアルタイムでバーミリオンの状況を把握していたのか?

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 09:43:26.37
この場合は首都防衛機能のアルテミスの首輪を全て破壊したヤンにも責任がありそう。
無防備状態でビュコックが徹底抗戦主張というのは市民を巻き込んだ市街戦を想定していたのかな?

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 09:45:30.56
>>650
こけおどしで
無差別爆撃なんてしないと踏んでたんじゃね?
政府機関はともかく

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 09:53:17.31
こけおどし てそれこそ根拠なき楽観論だろ 
これまで散々帝国の悪政悪行を煽ってきたのに 
今回だけは侵略に来た帝国軍が善人だと思ったのかなwww

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 09:57:29.62
アルテミス再配備するだけの余力も同盟にはなかったのか

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 10:16:43.74
>>652
市民に対しては、帝国の悪政悪行を煽ってきたが、
政府機関はこけおどしだと見抜いていただろうな。

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 10:20:53.71
>>652
攻撃に備えて市民の避難とか指示していなかったか。

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 10:23:59.27
>>653 アムリッア・アスターテ・内乱と続けばさすがに財政が
破綻状態だったのでは

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 10:26:50.92
>>652
というか、あそこでラインハルトを殺されると、好むと好まざるにかかわらずハイネセンを焼き払わざるを得なくならんか?
帝国軍として条件をつけた上での無慈悲な無差別攻撃を宣言しちゃってるわけで、その条件を拒絶されたときに甘い対応をするわけにはいかなくなってる
(今後数百年にわたって「帝国はああ言っても口だけだから」と判断されてしまう)

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 10:33:42.95
そう思えば、市民が山間部に避難していたら好都合だな、
ミッターは遠慮なく都市を破壊していっただろうな
耐えられるかな 目の前で自分たちの住んでいた都市が破壊される情景に
特に政府高官達は、自分達の住居や勤め先の施設が破壊されることにww

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 10:36:19.99
ラインハルトが死んだら帝国はどう割れたかな
何だかんだでミッターマイヤーがまとめるかな
ロイエンタールとは戦うハメになりそうだが

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 10:43:45.16
>>652
読者視点だと双璧やヒルダが無差別攻撃なんかしないと思ってしまうけど
政府はそんな楽観論にすがる訳にいかない
それに条件付き降伏勧告だから従わなければ攻撃あるのみ
>>657のいうように、口だけで実行しないのなら帝国軍のいう事なぞ誰も聞かなくなる

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 10:52:25.70
でもあれ開戦前ならビュコックとトリューニヒト達の言葉は正反対だっただろうなw
打倒帝国のためなら命を惜しむべきではないとしておいて
民衆の大半もそれを支持していながらいざ状況に巻き込まれたら態度が一変

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 10:53:05.37
>>650
徹底抗戦というよりヤンがラインハルト打倒する為の捨石になるつもりだったんでしょ
帝国側がハイネセンで何しようとラインハルトの敗北を止める事は出来ないんだから
ただ降伏勧告を蹴るだけでいい

ただビュコック達だけでなく多数の市民も巻き添えだからな
勝手に捨石になるのを決められたら市民はたまったもんじゃない

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 11:32:32.61
>653,656
再建してもヤンと同じ手段で破壊されるだけ。
以前にも話題になったが、首飾りの有効運用には連携する機動戦力が必須。
ある程度の艦隊再建を先にやらねば意味がない。

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 12:19:54.42
それこそ 城下の盟(じょうかのちかい)だろう 
首都で戦争を命令したり賛美した奴ほど真っ先に降伏するのはいつの時代でもいっしょ
ただ、民主国家だったら政権を選択した責任を市民がどう捉えるか悩んでしまう
自業自得とは言い切れない・・・・・・・・・

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 12:59:07.60
>>648
政治家の不始末は選んだ奴の責任ってはその通りだけど
そいつがなにやるかなんて誰にもわからんからなぁ
建前はともかく不可能ごとを前提にして悪いのはみんなってのは乱暴すぎる

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 13:05:09.87
まさかトリューニヒトがいきなり大虐殺を行うなんて…っていうならその通りだけど
一人に権力を与えまくって独裁者に仕立てあげたルドルフや
最初から一貫してるトリューニヒトに関しては民衆の責任と言っても良いと思うがな

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 13:15:28.57
>>666
利益や恐怖といったある種共通の価値以外で集団が理想的にまとまるならその通りだけどな
そんなこと不可能なんだよ
社会システムが高度になりより複雑化すると分業が進むわけで政治に特化した集団や
利益団体に一般人が立ち向かうのは無理だし

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 13:48:51.82
なんか改行のしかたとか文章読んでると同じ人が同じ人にレス
してるように感じるのは俺だけでいいや

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 14:04:21.80
>>661
命よりも祖国を守るために戦う方が大事って堂々と演説してるもんねw
これに反対する卑劣な奴は同盟市民の資格なしとか言いたい放題w

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 14:04:21.90
>>667
その一般人とやらが有権者であり、主役の民だろ。無能や有害なものを選んだ
責任は民衆にあるんだよ。個々人の問題でなく民衆全体の問題であり責任であ
る、それが民主主義だろ。

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 14:05:04.30
ここまで俺の自演

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 14:09:31.74
今の日本で
「自衛隊を軍にします!竹島と北方領土を奪還します!核も持ちます!政治家官僚の腐敗を一掃します!」
なんてルドルフみたいなのが現れたら支持率8割超える気がする

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 14:12:48.66
それはないと思うよ

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 14:56:37.44
>読者視点だと双璧やヒルダが無差別攻撃なんかしないと思ってしまうけど

ねえよ

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 15:32:19.62
>>674
ま、指揮官の人格や人間性とは関係無しに、あそこまで明言しちゃったら拒否された場合
攻撃しないわけにはいかなくなりますな。
降伏勧告拒否した場合、帝国軍がいかなる行動とろうと責は全て同盟政府にあるって程度
にしといたらともかくね。(それじゃあ脅しにならんけどな)

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 16:10:27.36
トリューニヒトに敵対する政治家に投票した有権者も巻き添えくらって
死ぬんだよな 無差別攻撃されたら

ヒルダの頭の良い所は、最高責任者の免罪を宣言した事
あれがなければ自暴自爆でトリューニヒトは降伏を拒否したかも
俺が殺されるなら民衆は巻き添えだ!! と思って

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 16:12:41.52
しないだろ、人道的見地とか騎士道精神とかじゃなくて反帝国感情が高まりすぎてあとの占領に差し障りが出る。
今の米軍みたいに軍事・政府施設にピンポイント攻撃だろう。

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 16:15:47.80
>>670
制度の建前としてはその通りなんだけどね
個々人の努力や政治への関心の高さで政治の腐敗とやらを防ぐのは
実質的に不可能だって話
不可能を前提に政治の腐敗は民衆の腐敗って言われても困るわw

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 16:24:24.95
>>676
自由の祖国のため、帝国打倒のために個人の命を惜しむべきではない
が一応信条の方でそれを支持する人間が一応多数派である以上
あそこでの降伏受け入れは本来ありえんよねw

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 16:24:43.38
>>678
無能や有害な政治家が次の選挙で必ず落選するくらい民衆の意識が高ければ
政治の腐敗とやらも防げるさ。政治の腐敗は民衆の腐敗、腐敗って言葉が適
切かどうかは別だが、まさにそのとうりでそれが民主主義だよ。民衆、有権
者がしっかりしてなければ政治もおかしくなるさ。

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 16:31:55.64
>>680
そんな意識の高さを求めるのがまず夢想って話
無能や有害なんて立場によって全然変わってくるし

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 16:38:24.00
>>681
と言われても民主主義、民が主、主役、主人である以上全ての義務、責任は負わねば
ならんし、意識の高さも求められるさ。そういうのがいやで人まかせにしたいってん
なら作品中でも言われてるように専制政治を選べばいいのさ。専制政治そのものが悪
ってわけじゃあないんだし。

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 16:40:09.95
ヒルダ、なかなかの策士だな
ひょっとしてあの一夜についても…
うん、外で池田秀一の声がしてるぞ

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 16:50:28.63
>>682
別に民主主義を否定なんてしてないぞw
どんな制度でも政治に干渉する利益集団はそれ以外の大多数を凌駕しちゃうってだけで
それが民主主義であろうと帝政だろうとかわらんよってお話

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 16:57:05.53
>>684
>政治に干渉する利益集団はそれ以外の大多数を凌駕しちゃう
そういう状態になった場合、民主主義では政治の腐敗と呼び、そうなった責任は民にあるわけだ。

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 17:04:24.18
>>685
そこはもう完全に錯覚だね
人間は必ず何かしらの利益追求する生き物なんで
国家や権力っていう巨大な蜜には必ずそれを得ようと色んなものが群がってくる
それは必然でそれを腐敗というならどんなものも必ず腐敗する
止められない化け物そのもので個人の見識云々レベルじゃどうしようもない
個々人の見識でそれがなせる状況ってのはもう人間がそういった欲やらなにやらを捨て去った
ある意味進化でもしない限り不可能で権利や義務の次元のじゃなくなるぜ

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 17:05:20.69
おかしくない 政治に干渉する利益集団があったとしても、それを受け入れた
政治家の責任は問われても何で民衆に責任があるの? 投票した責任?

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 17:35:00.56
>>687
政治家のバックボーンや思想なんかを正確に知る術はないからなぁ
公約なんてまともに守られないしその状況で投票した責任とか言われてもちょっと困るよね
建前としちゃそういうのを選んだ責任はあるのは仕方がないのだけれど
というか利益集団て別に犯罪集団のことじゃないけどね
企業や労使に組合宗教果てはヤーサン外国の諜報機関等色んな連中が群がってくるけど
そういう連中がいなkれば政治が動かないのもまた事実w

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 17:35:04.67
>>639-645
ただ、降伏によって帝国軍の無差別攻撃を回避し、命だけは助かっても
帝国にとって自由惑星同盟の市民とは共和主義に洗脳された叛徒どもだから、
帝国軍の占領によって同盟全土が思想矯正収容所と化すだろう。

と、同盟の教科書に大々的に載っているはずww

収容所での奴隷暮らしを考えると、死んだほうがマシと考える市民も少なくないのでは?

>>663
ただし、アルテミスの首飾りを破壊するにはある程度時間を要するから、
本件に限っては有効だけどねw

>>676
投票がアムリッツァ前にあって、反戦派議員が主流になっていたら、
帝国侵攻作戦がキャンセルになる→帝国軍のハイネセン侵攻自体起こらず
となって無問題w
ビュコックが言っているように、帝国軍がハイネセン上空に殺到している状態で
完全に敗北しており、その責は市民にある。

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 17:43:33.93
帝国侵攻がなければどうなってたんだろうな
同盟でクーデターは起きず無傷の15万隻がフェザーン同盟側出口で派手にラグナック軍と戦ってたんだろうか
でもロボスとかボロディンとかだしやっぱ勝てないのかねw

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 17:51:17.98
ヤン的には利益などが絡むとしても民衆はそれを知ることは出来るしそれを弾劾することも出来る
それは民主主義だから可能だけどなのに今日まで利益集団による政治の関与を黙認していたという考えなんだろう
国家が主体的な意志を持った個が集まってできるものという思想的にも

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 17:59:35.11
>>689
帝国侵攻作戦がキャンセルになる→帝国内乱でラインハルト勝利
ラグナロック作戦でフェザーン同盟側出口で帝国軍大勝利となって
ハイネセンに帝国軍が来たらどうなるの?
やっぱ民衆の責任

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 18:02:22.62
>>690
イゼルローンの担当とか13艦隊の扱いとか、根本的なところで変わってきそう
シトレが本部長しているうちなら、そこまで酷いことにはならんと思うが

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 18:04:14.02
>>690
その前に金髪よるイゼルローン奪還作戦とか
リップシュタット戦役への介入論が同盟で沸騰とかありそう。

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 18:05:11.60
>>692
それは誰の責任でもなく仕様のないことだろw
同盟が軍備の縮小化を図っていたというならともかくw

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 18:14:22.81
>>692
反戦派主導の政府だと、幼帝を人道上むしろ積極的に受け入れそうだから、
結局のところラインハルトに同盟侵攻の口実を与えることになるでしょうな。

でも帝国領侵攻作戦がなければ、アスターテの損失を入れても10〜11個艦隊もの
正規艦隊が残っているから、イゼルローン方面に3個艦隊張り付いても
まだ7〜8個艦隊、10〜12万隻も残っている。
ラグナロックでのフェザーン方面軍16万隻と互角に近い戦いができるだろう。

それ以前に、フェザーンの対外戦略が従来と変わらなくなるだろうから、帝国軍の
フェザーン進駐は極めて困難になるだろうし。

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 18:20:15.96
そうして膠着しているうちにテロと洗脳のプロ集団が天下とっちゃったりしてなw

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 18:20:44.24
>>693
そういや、ヤンのイゼルローン奪取から帝国侵攻までの間の暫定司令官って誰だったんだろうな
帝国による即奪還を防ぐためにはそれなりの駐留艦隊も必要だし、少なくとも中将級が配置されてそうだが

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 18:22:44.67
帝国と同盟ってどちらが住みやすいんだろうか?

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 18:24:27.04
貴族階級以外は中世かおのれらは、な帝国と同盟だったら…ねえ?

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 18:28:52.20
>>698
要塞司令官はロボス元帥が兼任かな?それともシトレ元帥?
駐留艦隊については、第13艦隊はパフォーマンスの必要上凱旋帰国して
いるはずだから、エル・ファシル等の駐留艦隊から引っこ抜いていたのかな?

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 19:11:02.56
ゲームじゃグリーンヒルが出てくるな。落すと4次ティアマトに飛ばされる→ガメオベア?

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 19:19:46.95
>>692
民が主である以上、何がどうなろうと最終的な責任は民にあるってのがヤンの考えだね。
>>701
シトレは実戦部隊の直接指揮はしないでしょうね。ロボスが名目上の指揮官として、(ハ
イネセンから動いてなかったみたいだし)代理的な名も無き中将が分艦隊規模の艦隊と赴
任してたんでしょうね。(正規艦隊は動いてなかったし)

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 19:31:51.18
>>686
横から口を挟むが……

>それは必然でそれを腐敗というならどんなものも必ず腐敗する
それ(腐敗を必然)言ったら、まさに民主主義の否定と同義だろ。

そうではない(民主主義を否定しない)と主張する以上は、
腐敗は必然ではないことを認めなければならない。
ならば、腐敗したら、その責任はその時の民衆にあることになる。

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 19:44:54.21
>>698
帝国も騒ぐばかりですぐに奪還作戦しなかったね。帝都にある艦隊は無傷なんだし
すぐに動いてもよさそうではあるが。自分らが作ったからそう簡単には奪還は無理
って思ってたのかな。それこそいやがらせの意味もこめてラインハルトに奪還の勅
命出せばよかったのに。

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 19:55:58.21
>>705
同時期にカストロプ動乱もあったからな。
内憂外患もいいところで、イゼルローンばかりかまけている余裕はなかったはず。

第7次イゼルローン要塞攻略のとき、ヤンが既に攻略の構想を持っていたことと
半個艦隊という小所帯だったにも関わらず、準備と移動に2ヶ月以上かかっている。
イゼルローン失陥から同盟軍の帝国領侵攻までのたった3ヶ月の間じゃ、
要塞攻略作戦を実行するには短すぎる。


・・・同盟って、わずか3ヶ月で20万隻3000万人も集結させたの!?(@@;)

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 19:56:37.67
責任問題だろ 兵を動かす前に誰が責任をとるかで揉めていたんだろう
結局 3長官が共同責任を取ることになったけどね

そのラインハルトに武勲をたてさせたくない昇進させたくないという思いもあったんだろう。

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 20:06:10.40
責任問題はわりと潔く3長官は辞表出してたけどね。時間の方かな。
同盟も帝国も正規艦隊は首都星系駐留してるようだけど、確かに同盟は
それ以外のなんたら部隊(推定1000万以上)をよく整えたものではあるね。

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 20:06:45.10
>>706
スイスの国民皆兵みたいに、緊急時には「いざ鎌倉へ」と準備ができていたのでは
国家の存亡がかかっているんだから総動員するための準備はしてあってもおかしくはない
現実に実行した同盟の組織力も凄いけどね

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 20:09:31.89
同盟は基本的に守る側だから
普段から動員体制が整えられていたのかもしれない。

それがさらに社会にとって負担になっていたとか。

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 20:14:42.49
>>709
ずっと戦争中なわけで、常備兵力が5000万人だっけ?だから動員じゃなく移動、
させればいいだけだから集結は容易かな。やはりそれだけの兵力を一度に敵地
に送りこむ兵站でしょうねえ、焦土作戦されずに自軍だけの補給ならOKだった
ってことだから補給関係者はキャゼルヌみたいな優秀なのがそろってたんでしょ
うね。実際の前線への輸送実行にあたっては総司令部は無能だったけど。

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 20:16:57.11
>>710
ずっと動員しっぱなしの戦時体制ですからね。このままじゃ社会機構がもたないから
動員解除して民間にもどせって評議会で要求してたね。

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 20:25:15.19
キャゼルヌって司令官としてもわりと頑張ってたよね
能力というか性格で。
ムライ、メルカッツ、シェーンコップの意見を客観的に判断してて

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 20:29:18.26
>>704
ん?何で?
どんな体制だって様々な利益集団が政治に絡んでくるのなんて当たり前じゃん

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 20:34:55.79
>>714
特定の少数に利益誘導する集団が幅きかせるようになったら、それは異常なことであり
腐敗と言ってもいいと思う。民主主義の理念は多数意見による多数の利益を生み出すこ
とだろうから。(少数意見もたまには尊重されないとは思うが)

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 21:29:18.79
>>707-708
三長官が辞表を出したのは、オーベルシュタインが帰還して
更にしばらくたってからだから、案外時間がかかったのでは?(1月強?
あと、黒狐がレムシャイド伯に耳打ちしているから、同盟軍の侵攻
のかなり前、おそらく侵攻作戦決定からしばらくのうちに
帝国は情報を得ている。

三長官の辞表提出から同盟軍の帝国侵攻に関する情報入手まで
実質1月ぐらいしかなかったと思われる。
イゼルローン要塞奪還どころではなく、よく迎撃準備が間に合ったものだと思う。

あと3ヶ月遅ければ、ラインハルトに総司令官としてイゼルローン要塞
奪還の任を押し付けられていたと思うが・・・
・・・フリードリヒ4世崩御でそれどころじゃないか(^^;

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 21:37:10.22
銀英伝のタイムスケジュールはギリギリ ほんのタイミングが一つずれた
だけでも歴史は変わったなwwww

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 21:51:51.89
>>713
まあヤンが死んだ時ポプランが酒買い占めて部屋で飲んだくれてたのを
注文表を見て予見できなかったのは唯一の汚点だな

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 22:07:40.40
>>715
権力がある程度集中する以上それは防ぎようが無い話じゃない?
個々人の見識を高めることでそれを回避できる方法があるなら教えて欲しい
現実に企業や宗教等なんでもいいけど大勢力が政治に関与してきたら
一般人はそれを知るなんて不可能だし阻止するのも無理だよ
そういった利害関係の膨大な連なりを腐敗と呼び
民主主義である以上その腐敗は民衆の責任ってのは刷り込みによる錯覚に近いと思う
理念や建前ではその通りでそこを否定はしないけどね

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 22:22:37.96
以前からビュコック提督の「民衆政治が倒れるのは全市民の責任・・・」に
違和感を感じていた。その理由を>>719さんが説明しくれたのかな

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 22:27:38.94
民衆を愚弄して私腹を肥やす政治屋どもとそんな連中を選んだ民衆とフィフティ・フィフティだろ責任は
なんで民衆だけが悪いってことになるんだろうな。

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 22:30:45.74
そりゃ 選ばれた人より選んだ人が悪いという錯覚だろう

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 22:48:41.06
>721
主権者だからだよ。
権利者であるということは責任者であるということ。

そして「共同責任は無責任」というように、多数の責任者がいることで責任が空文化し
誰も責任を取らなくなる。
これが民主主義の欠陥だが、現在のところ他の制度よりマシということになっている。

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 22:59:22.26
バスチーユ牢獄から聞こえる喚き声から1000年近く経ってるのに
未だ民主主義とは何かを問うてる人間って進歩してないね

やっぱり絶対君主制のほうが楽なんだよ

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 23:08:13.84
>>724
結果、9割方が不幸になるわけですな。

絶対君主制の場合、結局のところ君主とその取り巻きが最大の利益団体になって
臣民は搾取の対象となる。
そして、臣民の手では合法的にそれを是正する手段がない。

結果、革命に走るわけだが

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 23:20:05.08
君主の圧政に苦しめば自由をと革命が起き英雄が独裁者に変貌する
自由放任主義にしたらしたで貧富差が起き、国は国民を守れ!金よこせ!食い物よこせ!

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 23:21:39.42
そこで人類史上いまだ実現していない「共産主義の民主国家」ですよ!

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 23:32:46.39
>>727
それは昭和の日本の事か?

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 23:33:37.65
共産主義と民主主義て水と油だろう どうやったら両立するの

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/07(月) 23:38:18.17
農協があるかぎり平成日本でもまだ・・・いやいい

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 05:05:10.01
>>719
個々人の見識を高める、つまり民衆、有権者全体の意識が高ければ少数に利益誘導
するような輩は次の選挙で落とせるさ。任期が数十年あるとかの欠陥民主主義でな
ければね。その大勢力とやらが有権者の過半数の支持を得ていなければ。
理念や建前どうりに機能していない現状はすなわちもう腐敗してるわけだ。少なく
とも投票率が半分も無いってんじゃあまともに機能してないよねえ。
>>722
錯覚じゃないよ、それが民主主義だよ。
>>724
そりゃ作中でも言われてるように民主主義ってのは迂遠で有権者全てに高いものを
求める制度だから楽じゃあないよねえ。有能そうなやつに権力あたえてそいつに全
てまかせる方がどんなに楽か。

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 05:08:27.02
>>728
日本のは比較的成功した社会主義的民主主義って言われてなかったっけ?

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 05:24:04.91
>>719
現実に企業や宗教等なんでもいいけど大勢力が政治に関与してきたら
一般人はそれを知るなんて不可能だし阻止するのも無理だよ

 それこそ刷り込まれた誤りだよ そういう風に思い込ませて是正の
努力を放棄させようとするのは不当に利益を得ようとする勢力の常套
手段だわね。作中では軍需産業が幾人かの政治家取り込んで帝国打倒
のスローガンで民衆煽って武器で商売して儲けてたね。


734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 06:28:55.37
共産主義と民主主義は対立概念じゃないよ

共産主義と対立するのは資本主義。
これは経済とそれが生み出す富の分配を国家が管理するか市場に任せるかの違い。
民主制と対立するのは君主制と貴族制。
これは主権=国の意思決定権を誰が持つかの違い。

共産主義は労働者=民衆が主権者であるのが前提の体制であり間接民主制の一形態。
大半の共産主義国は正式国名に「民主」や「人民」と入っていただろ?
まあ実体は国民主権を強制的に党や個人に預託させた貴族制・専制国家だったわけだが。

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 06:44:23.96
>>719 722
責任は有権者にあるって錯覚したり、刷り込まれてる人っているのか?一般人もそう思ってないだろ。
上に出てくる小数に利益誘導しようとする集団も、「一般の人には選んだ責任なんかないんですよ。
だから次もあまり考えずに投票しましょうね、面倒くさいならいっそ投票しなくていいんですよ」
と囁いてるはずだが。 作中の同盟市民も刷り込みでも錯覚でもいいから責任は俺達にあるって思っ
てたら亡国にはならなかったような。(責任ってよりそのことで生じる不利益をこうむるの方がわか
りやすいかな。)ちゃんと考えて選ばないと、ツケは自分達に回ってくるってか。

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 09:00:49.30
ラインハルトが目指したのは・・・・・・・・脱貴族官僚の立憲君主制
ヤンが志向したのは・・・・・・・・・・・・・・・平和的博愛主義の民主主義
トリューニヒトが野望を抱いたのは・・・・新自由主義にも続く資本社会体制

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 09:37:24.37
>>736
ラインハルトはそんなもの目指してないだろうが。それ目指したのはユリアンらと
トリューニヒトだろ。目的は違うけど目指すものは一緒ってことでユリアンがガク
ブルしてたじゃん。
ヤンはいつのまにか共和制の守護神みたいにされてたけど、本人はもう少し消極的
に人類がひとつの政治形態になってしまうのは避けたいってことだろ。最初はトリ
ューニヒトと同じく自己の福祉の追求(年金もらえればいいや)だったけど。
トリさんの自己の福祉はなんだったんだろうねえ、物欲ではないし名誉欲ってのと
も違うようだし。

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 09:41:37.13
>>737
歴史的な意味での評価とか?>トリ

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 09:48:59.93
トリューニヒトが生き残ってたらどうなってたろうって興味はあるな
既に皇帝もオーベルシュタインも亡く政治力で太刀打ちできるのはヒルダくらいか?
既に帝国政府に菌糸を張り巡らせはじめてたようだし。

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 10:01:10.05
>>736
ラインハルトが目指したのは、脱貴族支配の古代ローマ式(?)非世襲制の帝政では?
残念ながらそれを実現する前に崩御したので、息子のアレク大公が跡を継いでしまったが。

ヤン・ウェンリーは、博愛主義というよりアーレ・ハイネセン語録「自由、自主、自尊、自立」
を目指す、責任ある自由民主主義でしょ。
もっとも、自身は政治家になりたくないから、他人任せなんだけど。

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 10:10:09.45
>>719
はっきり言おう。それ、詭弁だよ。
民主主義の構造的な問題と、国民の責任の有無とで、論点がすり替わってる。

自動車は、ブレーキと間違えてアクセルを踏んだりすると止まるべき所で加速して
人を轢き殺してしまうかも知れないもともと危険な道具であるが、だからと言って、
実際にそういう事故を起こした運転手が免責されるか? 全然そんなことないよね。

民主主義も然り。
むしろ民主主義は腐敗しやすい構造だからこそ、国民に大きな責任感が求められる。

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 10:48:02.10
>>739 740
作中で言われてのは帝国を立憲制にしてその宰相になるってやつだったか。なって何するのかは
よくわからんが。何がしたいのかよくわからん集団、個人は他にもいるけどトリさんが一番謎だ
な。ロイエンタールは国家や寄生したものを滅ぼすやどり木とか評してたが。ほんとにトリが生
き延びて帝国宰相にでもなってたらロイエンが化けてでるのは確実だな。

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 11:05:24.59
>>741
一般人って言い方してるのは民主主義を理解してない証拠。民主主義に傍観者などいないって訳だね。

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 11:41:57.11
元からアクセルもブレーキも欠陥の自動車を運転してたら、ドライバーにはどの程度の過失があるの?

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 11:50:38.22
>>744
訳のわからん論争だが、整備不良車を運転した罰はかなり重いですよ。まああきらめて民主主義は民衆が主人公って認めなさい。
作中でもそう言われてるんだから、少なくともこの作品のスレでは。

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 12:03:27.74
>>744
整備不良 制動装置等 加点2点 反則金9000円
ドライバーに責任が問われる。この状態で事故を起こした場合、重過失を問われる可能性もあるし、
任意保険に加入していたとしても保険支払いを拒否される可能性すらある

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 12:52:08.52
アクセルもブレーキも欠陥だったと気がつかなかった責任だな

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 13:00:17.44
>>741
車の例えだと
運転手や車を選ぶのが国民なんじゃね?
でその運転手が薬やってるようやつとか車が欠陥車だとかなんて
関係者が隠してれば知りようが無い
それで起こした事故は選んだ奴が全面的に悪いってのは無理がある
選んだ責任は勿論あるが
株主と経営者の関係の方がちかいんじゃねーのこれって

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 13:28:40.80
>>739
トリュが帝国政府に影響力を持っていた理由がわからんね
同盟時代はともかく帝国内で勢力拡大は弁舌だけでどうにかなる話じゃない
彼に好感抱いてたり力量を認めている帝国人なんているのか?
後は買収だけど政府高官を片っ端から買収しまくれるほど金持ってたとも思えないが

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 13:30:40.99
>>748
詭弁も甚だしいわ。

民主主義では国民が主権者であり、国が右行くか左行くか真ん中行くか決めるのは国民だ。
国を車で喩えるなら、車が右行くか左行くか真ん中行くか決めるのは運転手以外に居ない。
故に、国民=運転手、だ。それ以外の喩えは成立しない。

>でその運転手が薬やってるようやつとか車が欠陥車だとかなんて
運転手の健康管理と車のメンテナンスも雇用主(選んだ者)の責任。
運転手が薬やってることに気付かなかった、車が欠陥車だと気付かなかった、その時点で罪。

高速バスの運転手が寝不足で事故起こして客が死んだら、そいつを雇った会社も賠償する。

>関係者が隠してれば知りようが無い
関係者が都合の悪いことを隠しているであろうことを前提にきちんと調査することを怠り、
関係者の言い分を鵜呑みにした、その時点で罪。

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 13:41:40.25
>>749
ロ朝は政治方面がまだまだ人材不足気味(ミッタマがそっちへの転身を検討するくらい)
それを考えると、トリお得意の組織遊泳の腕を生かす場面も
あったんじゃないだろうか

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 13:51:12.57
>>750
そんな権限あるかよw
代議制なんだから誰に舵取りをやらせるかくらいしか関与できんよ
高速バスならどの会社のどのツアー等を選ぶかまでが国民のやることで
運転手は基本バス会社の社員なんなだからバス会社が賠償するのは当たり前だし
調査を怠り云々とあるけど現実に調べることは無理だ
あんたは現在日本の政治家全員がどういった連中と付き合い誰と懇意にしどういう影響を受けてるかを常に調べてでもいるのかい?
空論そのものだよそれは

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 13:57:33.39
>>749
やっぱり金だろう。
同盟時代に合法非合法の献金やら賄賂やらでしこたま貯め込んでると思うよ。

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:01:54.04
こういう論法って要は
「俺達は民主的な手続きで選ばれた、だからどれだけ悪政しようが私腹肥やそうが選んだお前らが悪い」ってことだよね。
釈然とせんわ。

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:03:31.94
>>752
ますます妙なたとえ話でもめてるな。自分が選んだ議員がどういう活動してるか常に
知ろうとするのは選んだものの義務でしょう。有権者全てがそういう意識持ってれば
汚職や無能なものは次の選挙で除外できるさ。
そういうのを空論とか言って行わないところから民主主義政治の腐敗が始まる。

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:06:51.43
>調査を怠り云々とあるけど現実に調べることは無理だ
>あんたは現在日本の政治家全員がどういった連中と付き合い誰と懇意にしどういう影響を受けてるかを常に調べてでもいるのかい?

別に調べないで投票してもいいけど
それで不利益を被るのは国民自身
いくら知らなかったと言っても
それで起きた不利益を元に戻すことは出来ない

戦争で負けたら、うそつき政治家どもに騙されていたんです
戦争はなかったことにしてください
と言っても死人は生き返らない(w

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:07:31.80
>>754
選んだ方が悪い。一義的にはそうだよ。だからこそ常に活動に注目しだめなやつと
思えば次の選挙で落とせばいいし、それ以上の問題なやつなら(個々の制度による
が)リコールや議員辞職を要求すればいい。

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:11:39.32
>>752
>高速バスならどの会社のどのツアー等を選ぶかまでが国民のやることで
バカ言うな。高速バスの客は、バスのツアー内容(行先や進路)を決定できないだろ。
バス会社が決めたツアーから選ぶことしかできず、好みのツアーが無ければ諦める。

民主主義では、国民が国の行先や進路を決められる、いや、決めなければならない。
信頼できる候補者が存在しなければ、自分が立候補することもできるだろうが。

明らかに「客」ではない。「会社」の立場だろ。バス会社が賠償するのは当たり前だ。

>調査を怠り云々とあるけど現実に調べることは無理だ
バカか? 国民1人1人が自分でやる必要はないだろ。国民の中で、そういった調査を
する能力に長けた者達が代表して調査すればいい。それが例えばマスコミだ。

それでも調べきれない場合はどうするか? 簡単だ。自分が選挙に立候補すればいい。

>>754
何を釈然とする必要がある。そう感じるなら、自分が選挙に立候補すればいいだろ。
ジェシカ・エドワーズはやったぞ。

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:11:56.31
もうこの話やめない?
押し付けがましい理想論延々と聞かされて気分悪いわそろそろ…

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:13:11.98
>>753
個人資産としては膨大だと思うけど金だけじゃ無理なんじゃね?
人脈築くには時間的な余裕もそうなかった気がするし
地球教か帝国高官の弱みでも聞いていてそこからくいこんだとか、は無理があるかw

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:13:54.93
マスコミが事実をすべて教えてくれるとでも思ってるのか?
報道の中立性なんて寝言本気で信じてるのか?

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:14:12.96
作中でヤンがそう言ってるな。専制政治に対し民主政治がすぐれてる点、ルドルフや
トリューニヒトを選んだ、出現させた責任が選んだものに明確に帰することが出来る。
誰のせいにも出来ない、ゆえに有権者一人一人が見識を高めなければならない。か。
確かにとても厳しい制度だな、民主主義。俺はそんな面倒なことはいやだ、好きに生
きたい、政治になんか関わりたくない と思うな。

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:16:19.94
>>760
いや、地球教のラインも十分ありじゃない?
帝国の基地司令すら薬漬けにしたり駆逐艦調達できるくらいの連中なんだし。

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:21:39.44
>>759
出来るだけ作品にからめての話にしようとは思ってるんだけどな。なんかバス会社で
盛り上がってる方々もいるけど。でも作品のテーマのひとつ、最良の専制政治と最悪
の民主政治ならどっち選ぶとか。の話に関するだからいいじゃん。

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:25:11.14
>>761
もしかして、マスコミを怪獣か何かと勘違いしてないか?w 彼らも立派な国民の一員だよ。
国民の一員であるマスコミがマスゴミと化して、事実を報道するという責任を果たすのを怠り、
かつ他の国民がマスゴミの怠惰を見逃してしまったら、確かに政治家は腐敗し放題だろう。

ほら、国民(マスコミも含まれる)が責任を果たさなかったツケが国民自身に回ってきた。
まさに、民主主義そのものだな。

なんか、根本的に勘違いしている人がいないか?
マスコミも政治家に賄賂を贈る悪党も政治家自身さえも皆、民主主義の一翼を担う国民だぞ。

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:27:52.23
>>765
貴殿の意見に全面的に賛成だけどスレ違いにならないように、少しでも作品と絡めて語ってほしい。出来ればお願いします。

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:32:36.78
>>761
ウソをいうマスコミにだまされないことも見識を高めるのひとつだな。それに例のひとつに
出てるだけでマスコミに全面的に頼れと言ってるわけではないだろう。

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:36:37.36
>>765は別に今のスレの流れの趣旨に外れた話では無いと思うけど…

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:37:50.96
>>763
トリさん?の武器はその弁舌と容姿だったか。何年かおいて帝国に立憲制がしかれ
たとき立候補してくれば、同盟での過去の悪行?とか直接知らない帝国民は信じて
投票するやつも出てきそう。
また同盟でのバックは軍需産業だったけど、同盟と帝国の軍需産業がそもそも実は
フェザーン経由とかでつながってた、ってのはどう?引き続き帝国の軍需産業をバ
ックとして活動する。

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:40:47.05
>>766
正直スマンかった。

作品と絡めると、末期の自由惑星同盟は、
国民の一部であるマスコミがトリューニヒトに迎合してマスゴミと化し、
さらに国民の大半がマスゴミに迎合してしまって彼らを監視するのを怠り、
それではいかんと思って自ら政治活動を始めたエドワーズ何とかという
団体の人々がマスゴミに代わってちゃんと政治家の不正を調査したのに
国民の大半は彼らをスルーした。挙句の果てに、憂国騎士団とかいう
連中(連中はトリューニヒトを支持する有志、つまり国民の一部だ)が
彼らに暴力を振るっても、触らぬ神に祟りなしで見て見ぬふりをする有様。

どう見ても、こいつら(国民の大半)には、責任を逃れる余地は皆無だわな。

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:45:36.58
ここのスレは生真面目な奴が大井川の船渡しだからなあ
童貞で死んだように見えるキルヒアイスだが、
下宿のばあさんに手ほどきを受けていた可能性はないのか?(素朴な疑問)

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:47:04.47
>>770
偉そうに意見してこちらこそ失礼。

同盟の最後にしても、救われないのは誰かが言ってた「俺はトリュー二ヒトなんかに
投票してないってやつ」だな。投票した奴だけが責任負えよって考えだな。こればか
りは多数意見に従うってやつでどうしようもないことだよな。有権者全体で意識高め
ないとどうしようもないか。

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:51:30.38
>>771
そんなことしたら、ミッターマイヤーに射殺されてまうwwww
同意の上ならそんなことないけど(違

もっとも、キルヒアイスは亡くなる数年前でも、女性にはそうとう人気が
あったから、その気があれば恋人の一人や二人は簡単に持てたと思うぞ。

おそらく、ラインハルトよりもモテると思う。ラインハルトは美形だけど気性が激しすぎる。

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 14:57:59.31
>>772
その辺は民主主義の難しいところだな。

A(アー)の公約を持つ政党とB(ベー)の公約を持つ政党があり、(あべじゃないよw)
双方がそこそこ拮抗していると、民主主義は必ずしも多数決で
政策を決定しているわけではないから、双方の政党の公約を
すり合わせた結果、AとBのどちらでもない中途半端な政策と
なり、得てしてAとBより悪い政策に陥ることが多い。

独裁者ならA、Bどちらかをズバっと決められるけどね。

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 15:30:04.27
トリューニヒトがいかに暗躍してもいざとなれば粛正されて終わりな気がする
ラングの一件があるからこの手の策謀家に対する警戒心は強いだろう

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 15:30:05.31
>>773
何故にミッター?と思ったがそういう意味か。

キルヒアイスに近づこうとする女の子は陰で例の男爵夫人に消されてるに違いない。

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 15:32:20.08
>>772
ただ一人の専制者が間違うと国民全部が不利益こうむる政治よりは、国民の過半数が間違って不利益こうむる政治の方がましってやつかな。

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 16:08:51.88
政治の専門家と選挙の専門家ってまた違うもんな気もするけどな
複数家で回り持ち+国民リコール可の専制君主あたりが安定してそうだけど、どんな体制でも結局腐敗してしまうのは何故だろう?

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 16:21:46.27
>>778
選挙の専門家 突如4巻が出るっていうタイタニアにそんな人いたね。ファラー?だっけ。
ヤン的史観では国家も寿命があって衰亡していくからじゃねえの、必ず腐敗。
完璧な専制君主が永遠に行き続ければいいんだけど、それはまた別の作品だな。

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 17:29:39.30
腐敗しない国家はないだろうけど、ロ王朝銀河帝国はゴールデンバウム王朝と
自由惑星同盟を反面教師にしばらくは栄えて欲しい
人口が10分の一まで減ったのは人類という種にとって不安だしな

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 17:43:06.30
この先何十年後に作者が亡くなって遺稿整理で前身となった「銀河のチェスゲーム」の原稿が公開される機会でもあれば、その後の歴史の一端は読者も知ることが出来るかもしれない

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 17:46:20.96
ロ朝も100年もすれば七元帥の馬鹿な末裔が政治を振り回したりしてそう

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 17:46:50.35
>>749
トリューニヒトが帝国政府に影響力を持っていた理由は謎だな
財産だって敗戦で貨幣価値が下がっているだろうし、専制君主に嫌われているのに
近付きたいとは宮廷人なら思わないだろうしね
オーディンの地球教の支部から官僚や宮廷政治家(?)の弱みを握った説に賛成かな
で口封じにラインハルト暗殺計画を告って地球教支部を殲滅 情報を独占とかね

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 17:53:39.18
>>783
一方でトリューニヒトも、国事犯ルビンスキーとつながりがあるという弱みがある。
それをオーベルシュタインが既に把握しているかもしれんし、把握してなくても
ルビンスキー関連の捜査からいずれ証拠をつかむと思う。
現にトリューニヒトの死後、ルビンスキーとのつながりが発覚されている。

失脚どころか処刑も免れんかもな。

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 17:57:48.53
>>784
処刑にできる理由があるなら、オーベル以外の帝国主要メンバーは全会一致で死刑支持だろうしな
オーベルも特に理由がなければかばおうとはしないだろうし

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 18:03:14.59
トリューニヒトが、ハイネセンに参事官として戻ったのはラインハルトの気まぐれだよな 
結果としては処分できたんだけど   それにしては歴史が動いたな 

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 18:10:13.83
\そのとき、歴史が動いた/

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 18:20:40.10
>>776
下世話であるが、キルヒアイスがエヴァに手出したのかと思ったよ。そういやミッタマ
の結婚式で両親がロイエンに対して不安、及び否定してたけど不幸にして父親の予想が
あたってロイエンとエヴァが出来ちゃったらさすがに双璧の友情も終わりか。
民主主義対専制主義の優劣は不明だが、愛情対友情は間違いなく愛情の勝ちだろうからなあ。

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 18:26:27.17
>>786
もう一歩待ってヒルダの言うように辺境惑星に従事、(ついでに任期30年とかで)
やっとけば、歴史は変わった?少なくともロイエン元帥の最後の不名誉は回避できたか。
トリニューヒトだからそこからでもなんやかんやで首都に舞い戻ってくるかな?
ヤンすら恐れた謎の政治的生命力だからなあ、自分だけは決して傷つかない男だっけ?
(ジェシカもグリーンヒルもレベロもヤンもビュコックもみんな死んでも彼だけは健康
そのものってやつ。)

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 20:00:16.46
あの自己保身の天才が何でロイエンタールのラインハルトへの想いを見抜けなかったんだろうな。

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 20:03:25.45
所詮は獅子の友ではない輩にはわかるまいよ

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 20:35:07.97
何と言うか 露骨にしゃべっていると言うか 本心をだしているというか
神父に懺悔してるみたいだ 自己顕示欲に負けたか

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/08(火) 22:15:53.56
ロイエンタールを悪代官かなんかと勘違いしてたんじゃね?
「お代官様にはかないません」みたいな

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 03:35:56.09
>>790
確かにね。相当複雑な思いではあるがトリューニヒトには見抜けそうだが。やはりここで
死んでもらうための演出かな。
あるいはどうせ殺されると思ってやけくそになってしゃべった?かな。あの失言なければ
ロイエンタールは撃たずに見逃したのかな?どのみち撃つつもりのようにも思えるけど。

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 08:52:05.33
トリューニヒト的にはあれでロイエンタールにおもねったつもりなんだろう
普通は不平不満があるから反乱を起こすのだからな

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 09:11:36.05
そもそもトリューニヒトはロイエンタールの反乱が成功するなんて心の底から思っていたか疑問。
反乱不成功の後にはロイエンタールが失脚後の後釜を狙っていたはず。
当面のライバルはルッツの義弟の文官官僚か?

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 11:05:38.99
同盟宇宙艦隊の中で、アスターテで壊滅した第2,4,6艦隊の残余は13艦隊に再編されたけど、
アムリッツァで壊滅した(が脱出はできたと思われる)8,9,10艦隊の残余部隊はどうなったんだろう
14,15艦隊の一部になった?それともイゼルローン艦隊に編入?

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 11:48:11.71
>>797
両方
アッテンボローみたいにイゼルローン行きもいる

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 12:13:02.76
>>797
第10の残余は駐留艦隊に編入と明記されてるな。他の第5艦隊とかの残余は適当に分艦隊
程度に再編されてたんでしょうね。で要塞対要塞の応援とかにいったのや、後に14、15を
編成したときの一部になったのもあるんでしょうね。

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 12:26:34.49
ユリシーズは元第八だっけ?

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 12:35:54.39
第10でしょ。だから要塞駐留艦隊に来た。

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 12:36:36.33
ユリシーズって
名前だけは旗艦級だよな

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 12:37:34.80
モートンは第九艦隊の副司令で、要塞対要塞の時にヤンの援軍に加わってる(援軍艦隊5500隻のうち2040隻がモートンの指揮下)。

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 12:44:37.06
半年ほど前まで、ユリシーズは同盟軍第八艦隊に所属していた。(中略)艦隊そのものも消滅した。わずかな生き残りは、他の艦隊や基地に再配置された。

Androidアプリ版銀河英雄伝説2「嵐の前」より

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 13:37:00.72
>>794
俺が想像するに、トリューニヒトは自分と似たタイプの人間の思考
(名誉・地位・権力・利権を何より欲しがる)は手に取る如く読めて
意のままに操ることはできても、そうでないタイプの人間の思考は
全く読めないのではないだろうか?現に、ヤンの思考を読めてない。
ヤンの思考が読めていれば彼が政治家になるわけがないと分かって
放置しておけば済むのに、必死に(不必要な)警戒をしていた。

トリューニヒトはロイエンタールの思考もまた読むことができないが、
彼の不幸はロイエンタールは自分と同タイプの人間で思考が読めてる
と錯覚してしまったことではないだろうか?
この錯覚で、ロイエンタールは権力を欲してラインハルトに取って
代わるつもりだったと誤解してしまい、その結果があの見当外れな
阿りだったのではないだろうか?

トリューニヒトの台詞、権力を欲する人間に対しては適切な阿りだが、
実際にはロイエンタールの逆鱗にナイフを突き立てるがごとくだったw

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 15:27:30.29
>>805
ヤン自身に政治的野心がなくとも放置は出来ない
現に同盟崩壊後はヤンという神輿を担いで革命していたと言っても過言ではない
ヤンという存在そのものが危険だ

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 15:50:49.85
トリューニヒトの取り巻きがそんなこと言ってたな
「うまい汁吸いたいだけの連中が持ちあげる可能性がある」
とか自分らのこと棚に上げてw

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 18:03:14.90
>>796
トリューニヒトが、ロイエンタール失脚後の後釜になったら
同盟の民衆はどう反応するんだろう?
笑うのか 怒るのか 喜ぶのか 

トリューニヒトの取り巻きもまた集まるかもなwww

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 19:27:41.91
トリューニヒトなら敗戦責任を軍部に転嫁して政界で生き延びるんじゃないか?
民衆に対しては、憂国騎士団を使って統制はかる手段を取ると思われる。

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 20:09:48.59
地球教徒...

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 20:30:00.65
裏切られた憂国騎士団こそトリューニヒトにテロをする一番手じゃないのかなぁ

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 20:33:40.67
馬鹿だから裏切られたと感じる脳ミソもないよw

安倍ぴょん応援してヘイトスピーチに違憲判決出されてる負け犬ミジメちゃんたちと同じ。

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 20:54:34.88
三権分立も知らんのか

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 20:58:10.35
憂国騎士団のことか 冤罪で帝国軍に弾圧されたにもかかわらず5000人以上が
抵抗して射殺され、1000名以上が逃亡した根性のある集団だぞ  

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 21:12:30.14
>>805
考えが読める/読めない以前に、そういうタイプの人間がいるってことが理解の外なんだと思うよ。

ヤンに対する大方のイメージは「エル・ファシルの英雄」から始って、それに囚われているから、
素顔ってのは実際のところ、私的に親しい人間しか知らないレベルなんだろう。軍内でもっとも
理解し、評価していたシトレですら、ヤンにあんな期待をかけてしまう程度にしか知らない訳で
(あえてかけざる得なかったのかもしれないが)。
まあ、一部に低く評価されつつも、コンスタントに手柄立てて、尋常ならざるペースの出世をし
ているんだ。その正体が無生活能力者の歴史オタクとは普通は誰も思わないわなw

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 22:03:11.72
>>815
ヤンの身内や親しい友人以外で、ヤンのことを最も正確に分析しているのは
フロイライン・ヒルダなんだよなw

ミスター・レンネンの考えが一般的ということを考えれば、いかにヒルダが非凡なのかがわかる。

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 22:30:07.75
>>814
弱い者をいびるだけで強者にはへつらうのかと思いきや、武闘派ということでは一貫してる集団だったんだな
「ハイネセン万歳!民主主義に栄光あれ!」とか叫びながらバタバタ倒れていったんだろうか

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 22:46:18.55
アメリカ独立戦争で活躍した民間義勇兵ミニットマンかな
最初読んだ時、KKKかと思っていたけど どっちにしろトリューニヒトと地球教団と
手を組んだことで悪名しか残らんだろうが

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 23:10:23.08
憂国騎士団が新撰組みたいに創作物の中で持ち上げられて人気者になる日は来るのだろうか

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/09(水) 23:47:19.14
>>819
新撰組は無理。
奇跡的に高く評価されたとして、彰義隊が上限。

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 00:08:44.09
彰義隊か 新政府への敵対姿勢が改まらなかったり
上野戦争で一日で崩壊となったり、逃亡する者が多かったとこが似ているかな

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 00:25:06.60
>>818
戦場には行かないから義勇兵とは比べられないと思うわ。
あくまでも安全な場所で吼える人たち。

まあ軍内部にあんな人たちが入って来ちゃったら
それはそれで問題になりそうだが。

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 00:33:24.81
>>822
そう考えると、帝国軍の鎮圧に対する抵抗は最初で最後の実戦だったわけか

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 01:31:00.91
>819
あの時代で新選組ポジになれそうなのはローゼンリッターだな
憂国騎士団に人気の核となれそうなイケメン幹部がいたとは思えないw

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 02:24:09.56
イゼルローンの無血攻略とヤン・ウェンリー救出劇あたりがクローズアップされて作劇されそう
ヤンもイケメンで勤勉な軍人になっているバージョンとかも出てきそうだけどw

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 07:48:40.28
>>816
この物語で、自分の力だけで一番のし上がったのはヒルダだよな
金髪は姉の七光りがあったことは否めないし、何よりもヒルダは結構長生きしてそうだし…

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 08:31:00.92
ヒルダも家柄という七光りがあってこそじゃん
平民の小娘だったらああはなってない

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 08:33:06.68
>>823
本来は徒党を組んで弱者を脅迫するような集団だからな。そう考えると最後はよく戦ったと。

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 09:36:25.71
>>828
帝国側の損害が不明だから「よく戦った」とまで言えるかはわからない気がする。

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 09:54:23.18
>>827
家柄加味で考えるならキルヒアイスとミッターマイヤーか

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 09:59:47.32
ミッターはロ朝で元帥になった事よりゴ朝で少将まで登り詰めてたのが驚異的

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 10:03:41.02
>>831
まあ、ゴールデンバウム王朝でも平民から大将まで昇進して上級大将まではレール敷設済みだった人もいたし

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 10:19:52.89
>>830
キルヒアイスは、金髪の姉上の七光りで、金髪のついでに衛星(家来)として
引き上げられている面があるけどね。

>>832
平民将官が珍しくないとはいえ、27歳で少将というのは驚異的だぞ。

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 11:43:44.32
ビッテンフェルトも長生きしそうだ。陰謀とかに巻き込まれそうもないし。オイゲンの胃に大穴が何回開くかはわからんがw

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 11:53:39.69
ビッテンはストレスなさそうだからなあ

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 11:57:50.17
平和な時代になったらビッテンはストレス溜まりそうだけど
ミスターレンネンのように弱い物いびって楽しめる性格じゃなさそうだし

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 12:08:52.28
>>835
>>834の言うように可哀想なオイゲンさんが一手に引き受けてます。

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 12:18:48.04
ビッテンは「最近の若者はなっとらん
!」とか喚く頑固じじいになるだろうな
んで高血圧で死ぬ(風呂で転倒でもいいけど)

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 12:19:52.47
ビッテンさんは異文明監視コンピューター搭載の
土偶型宇宙船に乗せてビアル星とか滅ぼしてもらおう。

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 12:20:03.82
>>834
口うるさい爺さんになって
「今日も若い者に説教でもしてやるか」と風呂から上がったところで
石鹸を踏んで転び、頭を打って死亡というのが
作者が考えるビッテンの最期なんだっけ。

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 12:21:12.76
>>831
同感だね。第2次ティアマトの影響のせいだろうけど、なんか佐官のときくらいで正論
言い過ぎて上司に嫌われるタイプと思うだけによけいにね。

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 15:29:57.95
戦死率も半端じゃないから生き残るだけでも出世のチャンスがある
平民じゃなかったら上級大将くらいになってただろう。
ブラウンシュヴァイクやフレーゲルが元帥やら中将やらになれる理不尽な国家だが戦功に対する評価はまともにしてるみたいだ。

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 15:38:02.80
>>840
つまり公式にビッテンフェルトの最期は風呂でこけて死亡なのかw

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 15:39:24.31
同盟の730年マフィアが勇名を馳せていた頃に、帝国は軍制改革して平民でも出世できるようになったんだっけか

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 15:50:15.99
>>844
軍務省にとっての涙すべき40分が原因だから、第二次ティアマトの後からだね
だからあのときのコーゼルはまだ超希少種の扱い
それでも大将になってたことを考えると、実力的には双璧とかメルカッツ級だったのかもな

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 19:37:35.18
>>844
改革とかたいそうなことでなく、まともな将官が大量にいなくなってしまったせいかと。
出来るやつなら平民でもいいから昇進させろと。ってことはそれまでは前線に出るような
将官は貴族であってもまともなやつだったんでしょうね。上にあるブラ公とかのは名誉職
みたいなもんだからなあ。

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 19:39:16.33
>>844
同盟は軍需産業とかのバックがないと出世できないから帝国の方がまともになったわけだ。

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 19:46:39.65
>>845
内部監査みたいなこともやろうとしてたし戦闘指揮だけでなく多彩な才能があったんでしょうね。
ロイエンタールから毒気を抜いたみたいな感じの人だったな。

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 19:50:46.34
>>847
国防委員とか政治家とのコネだろ。

スポーツならともかく、軍人が軍需産業と直接コネするなんて嫌過ぎるわwww

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 19:54:15.86
某SFアニメでは財閥の息子が軍艦に配属、しかも20歳で士官だったぞ。

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 20:19:07.30
またオマエか

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 21:24:55.97
財閥なんだけど商人が皇帝より権力を持ったって歴史は帝國にはないのですか?

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 21:31:33.95
外伝1巻で
「パエッタは国防委員長のトリューニヒトと個人的にも親密な関係になりたいようだが」
とか書かれてたな。
やっぱり同盟軍もコネがまかり通ってたんだろうな。

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 22:19:19.96
>>853
艦隊司令から統合参謀本部に移りたかったのだろう。そら20台の准将とかを艦隊参謀につけられたら
異動させて欲しくなるわな。

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 23:15:27.82
>>852
ジギスムント二世の治世の時、国家の徴税権を買った大商人がいたみたい
次の皇帝に全財産没収されたみたいだけどね

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 23:23:44.82
外伝1巻で、同盟軍は艦隊司令官同士が主導権をめぐって争う欠点があり
高級指揮官の人事が政治家とのコネで左右され、軍事活動自体が政治家の
人気取りを目的で行われる事も珍しくないそうだ。

帝国領侵攻の時、各艦隊がバラバラで行動していた理由かなあ

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/10(木) 23:51:00.52
また戦争だとよ
何で同盟は攻めてくるんだ?
選挙があるらしいぜ
選挙ってなんだ?
シラネ っての銀英電だっけ?

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 01:39:53.03
でも選挙にあれだけ怯えてるわりには、
同盟内の具体的な政党なり政治勢力の存在が一切見えないんだよな。
戦時体制下ってことで大連立とか挙国一致内閣を組んでる可能性もあるけど、
それならあそこまで政権維持に神経質になる理由がないし。
というか党利党略に溺れようが(むしろ党利党略に溺れるからこそ)
支持基盤ごとに政党の色なり政策の差ってのは出てくるものなのに、
そこら辺も全く描写がない。

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 02:12:54.08
>>853
パエッタを第一艦隊の司令官にしたのはやっぱりトリューニヒトか

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 02:38:57.61
>>858
銀英伝に限らず田中作品に登場する政治家って大体そんなステレオタイ……ゲフンゲフン。

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 03:49:35.94
「大佐さんのお名前は?」
「ルーデル。ハンス・ウルリッヒ・ルーデル」

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 04:30:16.76
ウルリッヒ違い...だがロリ繋がり?

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 07:41:07.24
ルーデルだろうがケスラーだろうが大差はない、ということじゃな

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 08:50:40.38
ドジっ子メイドと「優しい大佐さん」の心和む恋愛物語なのか
落ちぶれた貴族が這い上がるため若さで現体制の権力者を籠絡したのか
歴史は黙して語らない

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 09:24:23.35
某SFアニメでは看護師がメイド服のコスプレしていたな。

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 09:24:39.88
>>864
なにげに名文だなw
言ってることは下世話だがw

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 11:33:03.80
20も年下の少女に食事に誘われて少年のように赤面するアラフォー一歩手前って
ぶっちゃけかなり痛いよね

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 11:50:51.62
逆に、鼻の下を伸ばして下心全開でいそいそ食事に出かけるケスラーなんて見たくないが。

あと、フォイエルバッハから直接誘われたのではなく、ヒルダを通して言われたというのも
原因の一つじゃないのか。
アラフォー独身のお前らだって、上司の奥さんから電話で他者とのデートを持ちかけられたら
平静じゃいられないだろう。

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 11:52:00.11
>>857
銀英伝で合ってる。
選挙が何かは知らないが、それが近付くと同盟は好戦的になる、と帝国兵の間で言われている。

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 11:54:23.75
>>859
アスターテ会戦の3艦隊の司令官は全員トリューニヒト派という噂を聞いた。

それが本当なら、3人とも艦隊司令官としては全然大したことが無いのだが、
トリューニヒトのコネで司令官にしてもらって、敵の2倍の兵力で一方的に叩く
という(本来なら)安全牌な作戦に参加させてもらったという可能性もある。

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 12:56:20.52
それアニメオリジナル

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 13:55:52.99
>>864
皇后ヒルダを間に入れて、食事誘うマリーカはやり手だな
おまけにそのヒルダが、マリーカは大切な友達、明日の夕食の予定は?なんて
退路を断つみたいな言い方してるし、ケスラー断る事なんか出来ないだろ
二人があの後顔合わせる機会があって、あの時は〜、食事でも?だったなら、微笑ましいね

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 16:08:58.40
でも、ヒルダが亡くなった後、ケスラー一族は粛清されるかもな

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 18:32:04.14
誰に?

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 19:03:57.73
>>870
パストーレとムーアは知らんが、パエッタは艦隊司令官としてはかなり優秀だろう
金髪+赤毛双璧とかいう帝国オールスター率いる艦隊を相手にして優位に戦いを進めるほどだぞw

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 19:14:06.38
>>875
遠征の途からそのまま迎撃に向かったといういろいろハンデ付だけどな。

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 19:44:02.52
パエッタはシュターデンとは楽しく戦闘出来そうなタイプ

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 20:17:17.13
>>876
それは例によってアニメ設定では。いったん要塞着任後に出撃してたような。嘘みたいな
ミサイル衝突がなければそのままラインハルト戦死で終わってたね。パエッタは相当優秀
でしょう。外伝の方が執筆は後だからアスターテだけじゃ可哀そう(後の第一艦隊司令官
就任もおかしなことに)と思って補正したのかな。

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 20:22:28.63
>>878
でも、着任間もなくの遠征先では地の利も薄い、ハンデがないというわけでもない。

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 20:37:37.05
パエッタはワーレンやルッツ、シュタインメッツ、レンネンカンプともいい勝負できるでしょ
ランテマリオでもワーレンに善戦してたし

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 20:39:44.03
レグニッツァはアニメでもラインハルトが要塞に入る前の戦闘だよ

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 20:59:45.85
>>880
そんな記述ありました?全体としては善戦はしてたであろうけど。ちなみに小説では
ワーレンの猛攻を防いでたのはモートン提督だよ。
>>881
それがアニメオリジナル。
>>879
ラインハルトはイゼルローンにはしょっちゅう少将時代から行ってますがな。
レグニッツアはまあそうかもしれんけど、それはパエッタも同じ。

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 21:05:43.44
ランテマリオでは指揮下の第一艦隊もなんか実質的にはビュコック直卒みたいな感じだったし
全然目立ってなかったね、パエッタ提督。後にあんな悲惨な最期遂げるんならここでビュコッ
クの盾になってとかの戦死ならかっこもついたのにねえ。

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 21:22:55.07
>>873
ケスラー憲兵総監殿ならヒルダの弱みぐらい一手に握ってまっしゃろ

もうケスラーはマフィアも真っ青でっせ

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 21:53:33.93
>>881
劇場版アニメのレグニッツァの戦いはイゼルローン入港前。
原作ではレグニッツァの遭遇戦のときラインハルトはすでにイゼルローンに着任している。

作戦会議の場でフレーゲルと衝突したラインハルトの頭を冷やさせるために、
ミュッケンベルガーがレグニッツァの探査を命令した。(ミュッケンベルガー視点だけど)

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 22:13:33.70
そこでパエッタの第2艦隊とばったり出くわして遭遇戦に突入
当初から優勢に戦いを進めて恒星風の風向きも味方してラインハルトを押しまくったが
恒星に核融合ミサイル撃ちこむ奇策で戦況逆転されて退却。
手痛い損害は受けたようだがアニメみたいな恒星の爆発に巻き込まれて艦隊壊滅みたいな酷いことにはなってない。
パエッタは戦術家としては有能な部類に入ると思う。

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 22:46:24.36
質問なんですが、同盟の総人口130億、帝国の方が250億と人口比が1:2なのに
総合的な国力がほぼ互角ってことは、同盟の生産性や社会資本の蓄積が
帝国の約2倍あるってことですよね。
そういう要素って同盟の民主主義体制が長年育ててきたアドバンテージなんだから、
指導者がマシになった程度で急速に是正されることはありえないのに、
作中ではラインハルトが改革を始めたらたちまち同盟と帝国の社会的活力が
逆転した、みたいな描写になってるのは何故なんでしょうか。
あと、ヤンが独裁是か非か、腐敗良くないみたいな部分にばかりこだわって、
同盟のそういう長所に全然目を向けてないのも気になるんですが。

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 23:04:14.33
総合的な国力はほぼ互角(ただし帝国は国力である資本を貴族がほぼ独占)
だからね
その貴族が独占していたものを一般人達に供与するような指導者に変われば急速に是正されることはあるんじゃない?

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 23:18:49.95
>887
貴族階級が足をひっぱてるんだよ
同盟が基本的に全人口に対し課税できるのに対し、帝国は貴族と貴族支配下の領民に対する課税が出来ない。
生活保護の不正受給者が大量にいるようなもので、人口比二倍のリソースを有効に運用できていないのがゴ朝。

同盟の方がマシに見えるのは、国家としての歴史が浅いため非効率なシステムの累積が少ないためで
民主制の長所というわけではない。

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 23:44:14.19
ラインハルトが同盟に生まれていたらなぁ…
帝国側でまともな司令官はミュッケンベルガーとメルカッツくらいしかいないだろうに

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/11(金) 23:48:57.52
>>890
ラインハルトが同盟で生を受けたら、キ○ガイ認定されるぞ。

姉上をドナドナされる前から、ケンカのとき相手の頭を石で殴りつけているから
中学ぐらいでチンピラの道一直線になりそうだww

892 :887:2013/10/11(金) 23:49:23.98
>>889
中央集権化したから国力が上がったというのは分かるんですけど、
それが大きく効果を挙げるからには、各貴族領がそれなりに発展していた
(≒貴族が徴収した税をそれなりに封土や一般経済に還元していた)ことになるのでは。
そうすると作中で散々描写されている門閥貴族の苛政&無能っぷりは
何だったのか、という話になるような……。

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 00:13:29.30
>>891
そんなことない
ラインハルトは馬鹿じゃないんだから

キルヒアイスもセットで同盟に生まれていたらヌルゲーになりそう
ラインハルトはビュコック、ウランフ、ボロディン、シェーンコップ辺りとも上手くやれそうだし、アッテンボローやフィッシャー、モートンもちゃんと発掘しそう

ふと思ったんだけど、シュタインメッツとマリノって似た境遇だけどどっちが優秀なのかな

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 00:57:51.55
>892
そこまで突っ込むには定性・定量データともに不足、GDPすら判らないんだぞ?
仮定に仮定を重ねて経済モデルをでっち上げても、小説とまったくリンクしない無意味な物にしかならん。

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 01:09:28.91
まあ銀英伝が「後世に書かれた歴史物語」だとすれば、
門閥貴族の粛清は、地方分権から中央集権への転換が真の理由で、
なんて話が作中に出てくるわけはないわな。

アメリカ南北戦争を扱った小説で、奴隷制の是非は単なる火種であって
根本には南部と北部の経済対立が……的な話がまず出てこないのと同じだ。

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 01:43:00.11
>>890
それこそルドルフ2世
銀河帝国Uが誕生するんじゃね?
貴族制度は創らないとしてもね

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 02:24:39.13
>>896
ラインハルトが民主主義派っていうことを前提にしたらどうなるかな

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 04:55:22.05
腐敗した民主主義を奉るかのぉ…
それこそアンネローゼが理不尽な死に方(或いはそれに近い何か)でも遭った日にゃ、やっぱり黄金樹Uルートでしょ…

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 05:39:47.65
いや、だから腐敗した政治をぶっ潰して正常な民主政治を目指すラインハルトで

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 07:49:42.30
>>898 899
姉がどうなるかで全て決まるか。姉が平穏無事なら血の気の多い優等生で普通だな。
どの道に入ってもそれなりに出世か。
姉が理不尽な目の場合は当然それをもたらした方面への破壊衝動に突き動かされるねえ。
マスゴミ相手に戦ってほしいものだ。目指すはマスコミ王だね。

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 08:17:45.59
原作でも言及された亡命ならローゼンリッターにでも入るのだろうが
シェーンコップ以上に上官に反抗的になるだろうな。

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 08:47:24.31
あの「家臣は持てても対等な友人は持てない」性格が生来のものなのか、
ゴ朝的な価値観に染まったせいなのかが問題だよな。

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 08:59:58.37
寿命がそのままだと
学生運動のリーダーくらいで死んでしまうのでは。

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 09:00:57.35
なんやかんやで本来と同じスピードで出世したと前提して、
同盟の提督や自身で新たに発掘した連中を従えるようになればゴールデンバウム王朝の帝国軍なんて余裕っぽい
ヤンよりも多くの人材を発掘するだろうし
ヤンは必要な人材のみを発掘するタイプで、ラインハルトは優秀ならどんどん部下に欲しがるタイプだよね

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 09:11:55.01
ラインハルトがヤンの上官になるのと
ヤンがラインハルトの上官になるのと
どちらが先なのだろうか
ヤンは有能な上官を蹴落として自分が上に立とうとは思わないだろうけど
ラインハルトがヤンに心酔してNo2に甘んじる事があるのだろうか

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 09:37:49.39
金髪「童貞師匠、やっぱり女なんぞ男の人生には必要ありませんね(但し、姉上は除く)」

ヤン「いいかい、ラインハルト君。人を見かけで判断するのは良くないよ。私だって過去には恋人の1人や2人…」

金髪「いたんですか!?」

ヤン「おっと、敵がおいでなったぞ。ラインハルト君、持ち場に戻りたまえ」

金髪「絶妙のタイミングで敵の来襲…さすがミラクルヤン!」

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 09:47:01.67
>>905
出世の早さにこだわるとなると
金髪がフォークのたち位置になりそうだ。

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 09:47:37.06
>>905
出世の早さにこだわるとなると
金髪がフォークのたち位置になりそうだ。

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 09:48:48.35
>>905
出世の早さにこだわるとなると
金髪がフォークのたち位置になりそうだ。

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 10:21:01.41
>>899
ルドルフへの道へ一直線だな。
自己神格化するかはともかくだけど。

>>900
そういえば、姉上を奪った香具師が大商人だとしたら、ラインハルトは
そいつをぶち倒すぐらいの商人への道を目指すだろう。
とガイエが言ってたな。(うろ覚え)

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 11:07:04.14
「キノクニヤブンザエモンにできたことが、俺にはできないと思うか?」
「ラインハルト様、独占禁止法に抵触しない程度に巨万の富を手にお入れください」

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 11:18:00.25
法律を作る側になれば適用除外にしてどんな独占も問題なくなる
つまり皇帝になれば問題なしw

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 12:10:52.60
>>910
姉を不当に奪ったのが人気NO1の芸能人なら、そっち方面へ一直線か。コメディアン王
ラインハルト。
姉を不当に奪ったのが学術関係者なら、そっち方面へ一直線か。なんとか学長なんか簡単に
蹴散らして学問王、ラインハルト教授。

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 12:25:42.45
そして専制国家の帝国と独裁国家の同盟が宇宙の覇権をかけて戦うというのかね
救いようがないとは思わんか?

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 12:26:12.33
>>902
キルヒアイスとの初対面時に
「ジークフリードが、俗な名だ」
たぶんあの性格は生まれついてのもの
外伝でキルヒアイスの友人にも悪口言われてた。

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 12:49:28.44
あの父親がやっぱ飲んだくれだったら、いつかは貯金も底尽きて借金して
アンネは借金返済に水商売させられてるだろ

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 12:50:52.28
そもそも妻が貴族に殺されて無いから飲んだくれにはならんだろ

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 12:53:48.46
「ハギモト・キンイチに出来たことが、俺には出来ないと思うか?」
「ラインハルト様、私はサカガミ・ジロウにはなれません」

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 12:56:37.68
>>917
母親死なないってするなら、そもそもあそこまでラインハルトもシスコンにはならないな
アンネが母親代わりだったから、異常なシスコンなったわけだし

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 13:00:31.48
普通の家庭環境だったら、ロイエン顔負けの漁色家になって
キルヒと共に夜毎ガールハントに明け暮れるつまらぬ若者になっていたかもしれんな

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 13:04:44.89
父親もちゃんと働いて平均以上の収入あり、母親もちゃんといて愛情注いでたら
あんな攻撃的でもなく、普通の坊ちゃんになってたかもしれない

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 13:07:31.25
シスコンはどうなんだろうな
母親が死ななかったらシスコンプラスマザコンになっていたという可能性も…

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 13:10:32.68
いや、母親が死んだから、ある意味母代わりだった姉に対し、
いわゆるシスターコンプレックスを持つようになったんだろ

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 13:35:38.49
権力で強奪されたのと自由恋愛の末の結婚じゃ別の話だと思うけど
作中でも言ってたけどアンネローゼが普通に恋愛結婚してたらあの二人はどうしたんだろうなw
あれだけの美人、皇帝が目をつけなくても遠からず誰かがゲットしてたと思うけど

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 14:41:41.42
キルヒアイス以上のイケメンがいたらそうなってたかもな
もしくは同盟にいるという設定ならヤンと……

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 14:45:24.20
ヤンならラインハルトもしぶしぶ認めるかも知れんが、シェーンコップにヤリ捨てとかされたら事故か戦死に見せかけて殺害しそうだな

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 14:55:53.52
>>920
うーん、ラインハルトは性欲乏しいって設定だからな・・・・
まぁでも普通の家庭環境だったら、シスコンにはならないし
あそこまで姉以外の女に眼中なしとは、まぁならないね

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 15:06:34.17
>>927
その辺はヤンとも通ずるものがあるな
「彼女がいたらいいなあ」と思いつつ、「でも本を読んでる方が好きだしなあ」と考えてしまうタイプ

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 15:49:01.26
>>917
さらりと嘘書くのよくない。
>>926
その場合はラインハルトも夜の帝王を目指すのだろうか?漁色王ラインハルト。

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 15:50:28.00
>>929
え?同盟に生まれていれば貴族の事故で妻失わないから自暴自棄になって酒に逃げることはないだろうと思ったけど
元々悪質な酒飲みだったって設定あったっけ?

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 16:03:11.91
>>930
貴族の事故って何?

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 16:17:21.48
ラインハルトらの母親の死因はなんだったか?
父親は母親の死とともに精神的に死んだも同然と書いてあるから、妻の死がなげやりになった理由だとは推察されるが。

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 16:18:38.19
>>931
ラインハルトの母のクラリベルは貴族の車にはねられて死亡。

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 16:22:24.24
なるほど。そうだったのか。作者もちゃんと10巻に書いておいてくれればいいのに。
ようは交通事故ね。なんとなく病死だと思ってた。相手が貴族ってのは何か関係ある
の?帝国では貴族しか車乗ってないんだっけ?

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 16:23:03.27
ちなみに禿原作で道原が描いた「黄金の翼」を後で禿がノベライズしている。
創元文庫版外伝5に収録。

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 16:41:40.14
>>935
あの異色の話は最初が漫画でそれがアニメになって最後に正式に外伝のひとつになったわけか。
どうせなら奪還者なんかをノベライズしてほしかったな。アニメ時空の話だけどうまくゼッフル
粒子の話とキルヒアイスを結び付けてたな。(本編と矛盾?するから無理か。)

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 17:37:46.20
>>936
いや、指向性ゼッフル粒子の初出タイミングが小説とアニメじゃ違うだけで
キルヒアイスが実戦で最初に使ったというのは共通だからいいんじゃね?

道原コミック版じゃ指向性ゼッフル粒子は使わずじまいだっけ。
・カストロプ動乱→アニメのような首飾りじゃなく反射衛星砲
・アムリッツァの機雷源啓開→マイクロブラックホールでドカン

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 17:42:49.99
ラインハルトがボヤいていたようにキルヒアイスが生きてて、ラグナロックの指揮を采っていたらどうなったかな
おそらく勝負にこだわらないだろうからヤンを無視してハイネセンに直行してヒルダが言った通りのことをしただろうな
ラインハルトよりもキルヒアイスの方が部下も伸び伸びと働けそうな気がする

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 17:57:13.10
無傷でヤン艦隊が残るのはまずくない?

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 18:03:02.07
>>934
さすがに車がないと産業まわんないだろw
いくら文明が退行してても宇宙船使ってるのに惑星上の運搬が馬車や牛車だのみ
ってこたない。まさか貴族様にトラックの運ちゃんやらすはずもない。
各種産業用、運搬用、公共のバス他、経済的に成功した平民は車使ってるだろ。

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 18:09:53.21
ヤンを帝国大学歴史学客員教授に招聘
シェーンコップを帝国の喪男自己開発セミナーの講師として高額の年俸にて招聘
まあ、女性の落とし方、女体の攻め方のレクチャーだな

帝国資本でミネラルウォーター「ビュコックの清水」を販売、社長には勿論ビュコック夫人を

これならヤン艦隊無傷でも大丈夫

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 18:09:55.51
辺境の農民は鍬持って畑耕してたぞ
あとフェザーンに逃れたシューマッハたちも
全部アニメ表現だけどな
今の農業より退化してた

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 18:19:14.32
>>939
停戦させさえすれば、ヤン艦隊は同盟政府の命で解体できる。

この場合、ヤン艦隊は戦っていないのでシャーウッドの森用の
行方不明の艦をでっち上げることができない。

箱舟作戦のときに行方不明になった艦があると言い訳できるけど、
それでもシャーウッドの森と同程度が精々だろう。


>>934,940
車による死亡事故は民事刑事的にはよくある話だけど、ミューゼル家の場合
相手がおそらく爵位を持つ身分の高い貴族だったため、事故は事実上揉み消され
門前払いされたんだよね。

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 18:25:18.82
ヤンがヤン艦隊を率いて、同盟全土でゲリラ戦の可能性はないかな?

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 18:31:19.36
ない

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 18:35:50.05
>>944
同盟が停戦命令を出せば、ゲリラ戦を含む戦い自体ができなくなる。

命令無視をする可能性はなくもないけど、その場合、ヤン艦隊は事実上
宇宙海賊に身をやつすことになる。
同盟領内の補給基地が合法的には使えなくなるから、ヤン艦隊は補給基地を
襲撃するなり民間船を襲うなりしなければいずれ日干しになる。

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 19:20:26.55
レンネンカンプなんかに統治を任せるから失敗したけど、
もしキルヒアイスだったら完璧だったろうに

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 19:27:00.54
>>936
いや小説になったのは20年近く前だよ
愛蔵版の購入特典として貰えた
だからアニメ化されたのが最後かな

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 19:30:46.30
ランテマリオの後、ヤンが戦おうとしたのはラインハルトを引きずり出す目算が
あったからで、キルヒアイスが総指揮官である以上どうしようもないから
そこで終戦となったかも

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 20:02:36.59
>>942
ゴ朝では「機械にやらせればすぐさな事をあえて人間にやらせる」事が贅沢だった。
農民たちは貴族の道楽に付き合わされたのだろう。

シューマッハは機械を買う資金がなかったんじゃないか。
結局潰れたし。

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 20:31:39.61
戦艦一隻売り払って土地買ったのに、農機を買う金はなかったってのか?

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 20:35:16.11
JAが必要だなw

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 20:44:52.46
>>951
「売りにくい」とか足元見られて、事実上農地+αと交換だったりして。

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 20:50:05.00
護衛艦だって1200億だろ  いくらなんでも戦艦1隻と農地+αはないだろう

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 20:54:48.47
>>942,950
現代の先進国に比べて帝国の農業人口比率が大幅に高そうだから、
農業の生産性は現代より大幅に低いと思う。
# 食料の消費量+フードロスを上回る食糧生産はムダ、豊作ビンボー
流石にくわはやり過ぎだけどw

農業機械に必要な燃料などを宇宙船を使って輸入するのは
採算が合わない、とすれば説明がつくと思うよ。




それを言ったら、農産物の輸出入も同じじゃね?になるけどねw

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 20:59:59.50
>>954
帝国軍は、軍艦を年1〜2万隻も量産しているから、量産効果でもっと安くなるはず。
たぶん巡航艦で100億円ぐらい。
旗艦級戦艦だとその数倍はするだろうけど。

いずれにせよ、フェザーン商人に足元見られて買い叩かれて、
売値は元値の100分の1に満たないのでは?ww

シューマッハに戦艦の売買でフェザーン商人とやり合えるぐらいの
才能と自信があれば、迷わず商人になるはずwww

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 21:04:03.69
>947
あれはレンネン以外なら誰でもよかった、多分

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 21:05:18.25
買った戦艦をフェザーンの商人はどうしたんだろう 同盟に売ったとも思えんし
自分達で持っているわけにもいかんし、帝国に買い取ってもらったか

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 21:11:20.97
いや、売り値が高くても低くてもいいんだよ。例えば100ヘクタール分の土地を買える金があったとして、それを90ヘクタールと農機にしなかったのはなぜか。まさか鍬で耕した方が安上がりになるくらい狭い土地しか買えなかった訳じゃあるまいに。

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 21:15:02.82
>>958
帝国内にあるフェザーン資本の造船所で部品取りにでも使ったんじゃないかと。

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 21:16:34.86
>>958
あんな曰くつきシロモノは、バラして売るに限る。
パーツレベルなら独立商人の船にだって売れるだろうし。
兵装類は海賊に売るくらいしか処分のしようがない。
ハードウェアの差はほとんどないから、同盟に売り込んでも価値なしだろうなぁ。鹵獲艦が腐る
ほどあるだろうし、フレーゲル乗艦だからと言って、特別な機密情報を持っていたとも考えにくい。
やっぱ、バラすしかないな。

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 21:18:35.44
シューマッハ達が戦艦の代金で買ったのは、広大な土地と移動式住居と種子と苗木
鍬で耕したかどうかは不明

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 21:24:28.45
>>959
売る方からすれば、半端に買われても困るから、そう都合よい話はなかったんだろう……というか
そこまで含んで「足元見られた」んだと思うが。
周囲が組んでハメようとしていれば、農場がどうなろうと知ったことじゃないし、むしろ失敗して
離散してくれた方がお得。なら、失敗するよう仕向けるだろう。農機を買っても、すぐ壊れる
オンボロしか手に入らないとかな。

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 21:41:06.57
なるほど さすがは悪辣なフェザーン商人安い物を高く売りつけるか
後ろ盾のない移住者を食い物にするのはいつの時代もいっしょか

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 22:15:29.50
フェザーンって水に乏しい惑星だから、農業用水を引くのに
土地代以外の資金の大半をつぎ込んでしまってたりしてw

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/12(土) 22:24:23.62
>>962
アニメ設定で熱く議論してて面白いね。

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 00:04:28.32
素人だから農業機械の購入を忘れたって可能性も(w

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 00:25:22.62
移動式住居には、もちろん移動用のエンジンが付いているんだろう。
ガソリンエンジンじゃなく、未来のテクノロジーで作られたすごいエンジンかも知れない。

そしてきっと住居には、パワーテイクオフがあって、耕耘機としても使えるんだろう。
移動式住居兼トラクターだ。

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 01:20:54.54
>>968
しかしなんで住居を移動式にせねばならんかったんかね?広大な土地たって
住むとこは1か所でいいんじゃないのかね?

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 01:38:01.45
舟乗りというものはだな、、一つの所に腰が落ち着かないものでな
と磯野波平氏が言っておられた

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 01:54:43.68
ビッテンがオーベルを一晩中呪ってやったって、一体どうやったんだろう。

牢屋の中で、一人きりで、眠りもせずに、ただただ延々「オーベル死ねオーベル死ね」とでも
つぶやき続けていたんだろうか。
豪放磊落というビッテンのイメージとは正反対だが。

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 02:25:26.22
人を誉めるときは大きな声で。人をけなすときはもっと大きな声で。
の人だから、大きな声で堂々と呪詛を吐いたのではあるまいか

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 03:26:31.90
ビッテン「オーベルの母ちゃん、出べそ! オーベルの母ちゃん、出べそ! オーベルの母ちゃん、出べそ!……………」

オーベル「どこからそんな情報を…」

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 07:32:38.71
>>969
トレーラーハウスのような
比較的安価な簡易式住居なんじゃないか。

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 08:46:17.82
そんなとこだろうね、移動式と言うより可搬ってイメージ。
輸送船が簡単に大気圏離脱できるような技術があるんだから、
現地で建築するより完成品を輸送した方が安上がりなんだろう。

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 08:54:30.94
トレーラーハウスみたいなむさ苦しい所で、いかつい男たちが集団生活・・・
泣かせるなアッー!

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 09:09:58.65
>>957
ビッテンフェルトが意外と上手くやったんじゃないかと最近思う
内政については優秀な官僚つけてやればいいんだしオーベルシュタインの謀略なんぞに耳を貸すはずもない
同盟の密告者なんか逆に片っ端から刑務所に放り込むだろうw

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 09:51:40.37
レンネン悪く言われるけど、どうするのがよかったのかね
本当に何も無いのに反逆者のレッテル貼ったと言うのなら批判されて然るべきだが
ヤンの陰謀の存在やメルカッツ逃亡幇助は事実なのがな
風聞での逮捕や戦場で敗れた報復といった要素ばかりクローズアップされるけど
この場合、ヤンが被害者面出来るほど清廉潔白だったとはとても言えない
逆に戦場での意趣返しや個人的な感情での処断と思われるのを忌避して放置してたら
数年後やはり無能の烙印を押されていたのではなかろうか

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 10:01:14.19
>>978
偏見に基づいて真実を探り当てたってやつだな。
ただ陰謀は考えてるだけなら罪にはならないしメルカッツらの件も何の犯罪に
なるんだろうね。作中でも言われてたけど、あの時点ではバーラトの和約以前
だから反帝国活動の禁止は遡及適用出来ないし。レベロが言ってたのはその後
の破棄予定艦の強奪がヤンの指示によるものなら和約に抵触するってことか。
レンネンもそっちで同盟政府にヤンの拘禁を要求したんだっけ?

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 10:04:05.42
ビッテン「今日ここへお伺いしたのは、私自ら直々にヤン提督にお尋ねしたいことがあるからだ(ギラリ)」

ヤン「な、何でしょう?(まずい、動くシャーウッドの森がバレたか…)

ビッテン「帝国の将帥の中で誰を一番手強いと感じたか、正直なところをお尋ねしたい」

ヤン「うーん、皆さん甲乙つけ難いですが、やはり閣下の率いる黒色槍騎兵艦隊とはまともに渡り合いたくなったですね(ふぅ…)」

ビッテン「そうでしょう、そうでしょう。しかし、このサンドイッチは絶品ですな! 奥様はたいへん料理上手でいらっしゃる」

フレデリカ「いやですわ、そんな…ビッテンフェルト提督こそ、お口がお上手で」

ビッテン「フリッツと呼んでください。おーい、お前ら! ヤン提督の監視など必要ないからな、わかったな!」

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 10:14:20.52
キャゼルヌ「家でパイでもいかがですか?」

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 10:49:08.27
>979
法律上はそうだろうけど、少なからぬテロリスト予備軍の編成していた事実を
遡及適用は出来ないからとお咎めなしが正しいと言えるのかどうか

トリューニヒトを殺したロイエンタールと似たような状況かもな
罪はあれど法的な処罰理由がないなら超法規的措置に訴えるしかない

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 10:58:32.49
少なくともロイエンタール、ミッターマイヤー、ミュラー、ワーレン、メックリンガー、ケスラーなら安定して統治出来そう

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 11:18:12.19
ヤンはテロリスト予備軍の首魁になるのかな

しかし、ハイネセンの検察官も不人気な政権に唯唯諾諾としたがったな
国民から圧倒的な支持があったヤンを、証拠も無しに逮捕しようなんて
後から猛批判されるの解りきっていただろうに

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 11:39:00.14
違う可能性として、ヤンの生殺与奪より廃棄艦強奪事件の犯人究明に帝国軍が
全力を注いだとしたらどうなっていたんだろう
その場合おそらくシャーウッドの森は遠からず壊滅させられてたと思うけど
数千隻の艦艇とそれを運用できる基地なんて隠し切れるものじゃないからね
一度見つかってしまえば一回二回は凌げても本土から大艦隊が派遣されたら詰む

宇宙の平和の為にはそれが一番だったのかも知れないがw
ヤンや同盟に残った幕僚連中も本人が図太さを発揮出来れば平和に暮らせるしな
シャーウッドの生き残りに暗殺される可能性もあるけど

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 13:17:03.30
>>970
あまりに大きい戦艦だと街がそのまま動いてるみたいな感じで
狭苦しく感じないのではないかと推測したんだけど

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 15:29:06.02
>>894
>>895

経済背景が絡まない歴史事実記録って何よ
銀英が歴史を下地にしたフィクションとしての「物語」
ならそういう話運びもありえるけど
影響してない話題に触れないってのは
銀英は歴史として語るには無意味な代物って事じゃないの

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 15:53:55.72
>>980はまた踏み逃げか

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 16:38:45.11
後世の歴史家が書いた物語なので脚色も入ってそうだ

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 17:25:56.33
最近、半沢直樹のお蔭で土下座が話題になってるが
確かネグロポンティがヤンに土下座してたよね。
土下座は1600年後の世界でも残るんだね…。

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 17:31:33.71
してねえよ
査問会の後でヤンに「この査問会のことを外部に喋ったりしないだろうね」
とか捨て台詞残しただけ、謝罪すらしてない。

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 17:44:20.71
土下座はアニメオリジナル
見た目に分かりやすい行動ということで脚色したんだろう

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 17:54:39.61
素朴な疑問なんだけど、原作からの人はアニメ嫌いなの?

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 18:04:16.41
好きだけどアムリッツァの同盟軍を北斗の拳のモヒカン並に貶めたのだけは許せん
ウィキペディアにまで勘違いしたやつがそのまま書いてやがるし

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 18:17:15.67
>>978
その辺証拠があってやったならともかくあの時点のレンネン側からみたら完全に言いがかりだしなぁ
レンネンの部下ですら何いってんのこの人?みたいな感じだし
>>987
そうなるな
物語の作者に都合の良い部分だけを抜粋しただけの中途半端な内容ってことになる

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 18:25:59.13
>>993
序盤に外伝の内容やオリジナル展開を絡めたせいで時系列がおかしかったり
人によっては改悪としか思えないエピソードの存在で賛否両論あるね
俺はラップ死亡後のヤンとジェシカの絡みに抵抗あるなー
アニメ版の二人の関係は恐ろしく安っぽくて下世話に見える

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 18:49:49.87
>>993
好き嫌いというより>>1の主旨を尊重している 

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 18:53:54.77
>>987
銀河英雄で、ん、せ、つ
なの。
銀河史
じゃないの。

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 18:55:39.04
要塞戦は完全にアニメの方が面白いよね
流体金属設定のお陰で

あとは、アッテンボローとキャゼルヌの出番が多いのも良し

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/10/13(日) 18:58:39.86
「うしろかッ!?」だけが難点

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

277 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)