5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之36[優しい煉獄]

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
■作品リスト
ttp://frybarec.lacmhacarh.gr.jp/list.html
■森岡浩之 - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%B2%A1%E6%B5%A9%E4%B9%8B
■アニメーション『星界シリーズ』公式サイト 「星界Web」
ttp://www.sunrise-inc.co.jp/seikai/

■前スレ
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之35[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1372591356/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
■過去スレ(1/3)
〜さあ、書くがよい!〜星界の紋章スレッド
http://natto.2ch.net/sf/kako/965/965669162.html
夢の樹が接げたなら 森岡浩之 星界の紋章/戦旗
http://book.2ch.net/sf/kako/988/988317731.html
全10巻の(あくまで)予定 森岡浩之 星界の紋章/戦旗
http://book.2ch.net/sf/kako/1028/10285/1028502667.html
全10巻の(あくまで)予定 森岡浩之 星界の紋章/戦旗
http://book.2ch.net/sf/kako/1028/10285/1028502667.html
我らの望み、それは――森岡浩之 星界の紋章/戦旗
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1051800815/
狩人たちの弓を置くとき 森岡浩之 星界の紋章/戦旗
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1070538473/
星界の紋章戦旗IVもまもなくか?森岡浩之優しい煉獄
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1077893420/
星界の紋章戦旗IV年内か?森岡浩之優しい煉獄
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1099332044/
星界の紋章戦旗IV 発売中 森岡浩之優しい煉獄
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1104462722/
星界の紋章戦旗IV 絶賛?発売中 森岡浩之優しい煉獄
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1106618550/
星界の紋章
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1115722567/

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
■過去スレ(2/3)
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之12 [優しい煉獄]
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1122602457/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之13 [優しい煉獄]
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1130172615/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之14 [優しい煉獄]
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1135729321/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之15 [優しい煉獄]
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1143054487/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之16 [優しい煉獄]
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1150516186/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之17 [優しい煉獄]
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1157207331/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之18 [優しい煉獄]
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/sf/1165744084/
[星界の紋章・戦旗・断章]森岡浩之19[優しい煉獄]
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1175322416/
[星界の紋章・戦旗・断章]森岡浩之20[優しい煉獄]
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1189225744/
[星界の紋章・戦旗・断章]森岡浩之21[優しい煉獄]
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1200987519/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之22 [優しい煉獄]
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1211967241/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之23 [優しい煉獄]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/sf/1234970181/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之24 [優しい煉獄]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/sf/1285162352/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之25 [優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1319194685/

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
■過去スレ(3/3)
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之26 [優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1336730987/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之27[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1349710648/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之28[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1360464142/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之29[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1363837272/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之30[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1364132479/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之31[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1364716192/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之32[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1366427350/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之34[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1370064528/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之35[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1372591356/

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之33[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1369181354/

前スレ抜け補完

■関連スレ
[SF] 【星界】ワローシュ人を語るスレ その6【断章】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/sf/1295534888/
星界の新刊をモットマターリと待つスレ その5
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1363955103/
[ライトノベル] 森岡浩之スレッドPart29(DAT落ち)
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1221721338/
[懐かしアニメ平成] 星界の紋章・戦旗★二十三章
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1292401643/

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
おつ

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>1


前スレ>>1000
そこは強気に断定しようよww

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>1
そなたに百万の乙を

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
前スレ>>1000、なんとなくジントっぽかったw

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
「そなたはいつもしまりのない顔をしているであろうからな」

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>1


前スレの旗艦の話、ラフィール専用巡察艦がでたらいいなぁと言うのもあって
提督個々で旗艦をもってるんじゃないかって思ってました。

でも旗艦とはいえ戦闘艦だし、誰かが艦長になるんですよね。
…まさかエクリュア?

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
旗艦艦長エクリュア、ありえると思う

ジントは旗艦の書記になるとして
監督はサムソンさんか グリンシアさんはどこへ行くか

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
ソバーシュさんはアトスリュア姉貴の参謀ポジ安定か

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
旗艦艦長ってそれなりのベテランのポストじゃないの?

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
むしろ司令官とのコンビネーションが重要じゃないか

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
ラフィールとエクリュアのコンビって微妙だよな
決して親しい間柄じゃないけどラフィールは部下として確かな信頼をエクリュアに置いている

エクリュアの掴みどころのない性格からして職場の同僚以上の関係になるのが難しいが

戦旗2の「できるの? 殿下」の台詞はジントを置いていく判断に対しての彼女なりの抗議だったのかな

戦旗5のラストからするとラフィールの出世は彼女にとっても喜びみたいだね

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
サンソンさんやエクリュアが軍務以外の時に呼称に迷うのって私的の場で軍の役職で呼んでいいものかって迷いだよね

自分は経験ないんだけど仕事上役職で呼んでいる人と私上で接するときって呼称に迷うもんかな

軍階と帝宮序列で立場が逆転する時は大変そうだよね

ラフィールが元部下だけど現在階級が上のソバーシュに謙って接しているのはなんか妙だったな
再びラフィールがソバーシュの下になることはないだろうしこれからはアトスリュアさんにも上司として接するんだよね
ラフィールは皇族としてそういうの慣れているみたいだけど気が小さい人間には難儀だよな

ソバーシュさんはラフィールが下位の時でも謙ってラフィールに接していたが

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
非難って取る人もいるんだね
あれはエクリュアがラフィールに対してはじめて上司と部下という垣根を越えて
同性の友人として発言した決定的なシーンだとおもってた。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>17
一瞬、ナディアスレかと思ったサンソンw

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
友人としてというか
成功率の低くて危険な救助作戦を実行しないのは理性的で正しい判断で
部下として上申できないから思わず言っちゃったんじゃないかな
「私情を捨てる」と断言したラフィールに対して
「私にはできない」と言っているような

あの場でラフィールが救助隊を出すことを望んでいるのはもしエクリュアが副官だったらアウトなんだよね
指揮官が私情で判断しそうになったらそれ以上に冷静にそれを止めないといけない立場だから

今後、2人か司令と参謀のコンビになったらどうなることやら

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
参謀ってふつうは軍大学出身者がなるもんじゃないのかな。
また提督の参謀長なら階級としては千翔長だろうし、ヒラ参謀にしてもそれぞれの専門知識が必要だろう。
特に艦隊指揮経験皆無の司令長官にはベテランの参謀長や参謀をあてないとダメだろう。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>21
普通そうおもうよね
ソバーシュが第一蹂躪戦隊先任参謀?に補されたのは、なのでかなり大抜擢なんだろうな。
企業家としてマネジメント能力にたけてるのをみこまれたかね。

まあラフィールをいきなり司令長官にはあてないとおもうよ、階級ともつりあわないし。
提督は分艦隊司令官相当かな。それだって経験不足もいいとこだけど。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
とわいえ戦時にはエクリュアみたいな軍大行かないで昇進させられる軍師が多いんじゃないの

エクリュアには参謀と艦長のどちらが向いているかと言えば艦長のほうが向いてそう

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
砲術担当が向いてる

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
エクリュアがあのスピード狂を軍務で発揮したらすぐに左遷される

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>22
星界軍は上官が部下を選べるってことで、司令官希望の人たちは軍務で知り合った人の中から自分の側近を発掘していくようになってるんじゃないかな。
アトスリュアさんはバースロイルやフリーコヴの勤務実績見てるから大抜擢というほどではないんじゃないかなぁ。
本人も副官枠って思ってるようだから、戦時特例としても順当な昇進じゃない?

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>22
経験値から言ったらそうなんだろうけど
分艦隊司令は准提督相当でしたね。
ラフィールさん自体が特例だし、これから丁寧に経験値を積ませるだろうから
その周りに配置する人が特例だったり新人であっても一緒に育つんじゃないかと期待できると思う
ベテランの参謀ズは必須だろうけどね! 逆に通常の型にハマらない提督になるかもしれない

スポールさんや戦記1で1個分艦隊での戦いはだいぶ描写してたし
今度は数個分艦隊を指揮することを魅せてくれるんだと思うなぁ
戦場全体については新皇帝閣下が見せてくれるしね。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
こんどの一斉昇進で分艦隊司令官は提督に昇進していることを考えると、
仮皇太女とはいえ最後任の提督で同階級の分艦隊司令官を指揮するのは
苦労が多いだろうね。
そうすると自分の幕僚は選べるといっても人選大変だろう。
ベテランの参謀はみんな手放したがらないだろうし。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>27
そうでしたね、紋章3の准提督分艦隊司令官―百翔長千人参謀が分艦隊の標準的構成なのかな。
>>26
大抜擢って、標準的な昇進コースと比較してって意味ね。
その前の、突撃艦先任翔士→襲撃艦艦長もソバーシュさん自身が抜擢といってるし。

んまあ、帝都陥落という未曾有の混乱期とはいえ、司令長官殿下戦死ということも過去にはあったようだし、
星界軍としてはそういう非常時の昇進・訓練についてもそれなりにノウハウは蓄積されている、と説明されるんじゃないかな。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
戦死した皇帝の数と帝都に敵が侵入した数っておなじだっけ?

皇帝戦死=近衛艦隊全滅かな

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
ラフィールが軍令本部付とか帝国艦隊司令部付の参謀になる可能性も、ないではないよね。
戦時昇進の後ですらクファディス参謀長は准提督だったから、
そのへんの司令部で幕僚をやるには、提督じゃもう階級があがりすぎてる。

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>30
違う
紋章1によれば戦死したのは皇帝2、皇太子7
戦旗5によれば帝都が戦場となったのは今回のが4回目

別に近衛艦隊全滅でなくても御座艦爆沈はありえるんじゃね?

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
これ以上負けると参謀選んでられなくなるし
役職も実態を反映しないものになりそうだけどな
アーヴ滅亡エンドもありえるんだっけ

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>32
旗艦落とすのは常套手段だからありえるか

帝都に侵入を許したけど近衛艦隊は出なかったパターンもあるみたいだね

皇太子の死亡は遠征の失敗かね

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
分艦隊の数だけ提督(艦隊司令官)が生まれた…
小規模艦隊が増えそうだなぁ

っていうか、全体的に1段階上がったと考えると、どう考えても艦も従士もたらんね。
上級翔士がもっさり増えてそう。

でも帝国分断で3分の1くらいの翔士がそもそも連絡を断たれたから
意外と生産艦艇数の帳尻は合うのかも。

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>33
銀河の半分を領地とした帝国は、人類史に比類なき帝国…だろうけど
今後完全支配する国家が現れる可能性もあるので比類なきって表現変だよね。

アーヴ滅亡エンドか。
連合の艦艇生産や移動方法に画期的な変化が起きてれば有り得る、かも
帝都攻撃に連合から掻き集めて200個ちょっとしか繰り出せなかった所を見ても
正直各国家の国力はだだ下がりしてる。(戦記1の統合体オンリーより少ない)

そして民主国家を標榜してるから、支配した星系を自国の経済に組み込むにはしばらく掛かるし
次の展開で今後、対等な戦争になるか、一矢報いただけの一方的なものになるか決まりそうだぁね

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>36
なんで変だとおもうのかわからん
比類なき、って普通既往の事象と比べるもので、未来の可能的事象まで比較検討にいれるもんじゃない。

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>32
艦隊が壊滅しなくても旗艦が落とされることはよくあっても
近衛艦隊が壊滅しないで帝都が侵入されることは少ないだろうから
過去の皇帝の戦死は近衛が全滅させられて帝都に攻め込まれた可能性が高くないか

皇帝が死なずに帝都に侵入を許したのはどういう戦況だったんだろう

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
オーディオコメンタリーで監督がネタバレしてた内容はピー音被せられていたけど
滅亡エンドを示唆するようなものだったな

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>37
それもそうか。

ただデーブさんはネタバレしたものをそのまま続行するかどうか。
某ゲームで展開されてた(仮)戦記3巻の話ぜんぜん違ったし

アーヴがこの戦争に勝利したとして、帝国はその後どうなるんだろうね。
分裂も起こさず、延々と怠惰な日々が続くのか
それともSFにありがちな外宇宙からの敵が現れたりするのか。

帝国や邦国が若いにしても数百年以上維持されてるわりに
案外地上世界が大人しいんだよね。
もっと激しい独立運動とか、あっても良さそうなものなのに。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
今回の帝都陥落はアーヴの傲慢な性による外交ベタが招いた悲劇だと思う

ハニア連邦とは1000年近く戦争しないで平面宇宙を分け合っていたのだから上手く外交してれば連邦が連合に組みいることはなかっただろうに

クリューヴ王国が全方ハニア連邦に囲まれてる立地の危険性を考えたら
同盟は組まないにしても
ハニアが敵に回らないように外交するべきだったろうに
中立になられるよりいっそ敵にまわってくれたほうがいいなんて言っているから
中立と欺いて敵に強襲された

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>41
あと諜報活動しなさすぎだよな
判断するための情報が不十分
猫の餌係に期待しても無駄なんだろうが

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>40
あるけど語られていないだけじゃね
物語が完全にアーヴ視点だから
戦旗3でも、「門が地上世界の近くにある以上、その安定は重要」とか
「地上世界が自分で独りにしておいてほしいといってるなら後回しだけど、
他国の軍に強要されてるとなると、ほうっておけない」とか、これを裏返すと
・門が地上世界の近くにはなく
・地上世界の叛乱に外部勢力の介入がないなら
「ほうっておく」のがアーヴにとって不自然な対応じゃないということになる
レトパーニュ大公国みたいに、叛乱軍まるごと領民として引き受けても平気なところがあるくらいだし、
空間にさえ出てこなければ地上世界の動向など帝国にとってはほんとうにどうでもいいんだろう。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>40
デーヴの筆が早かったらとっくにアーヴが平面宇宙統一して
まだ人気があったら新たな敵の登場となったかもしれないが……

クラスビュールのマルカたちみたいな反帝国主義者はどこの地上にも少なからずいるだろうけど
本格的な反帝国運動は手の込んだ自殺行為だろ
マーティン政府のような反帝国主義は無知ゆえの愚行だよ

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
反物質を燃料にしないと帝国軍艦には勝てないからなぁ

1個分艦隊が巡察艦なら36隻、戦列艦なら12隻
空から見られて無ければ、地上(地下基地)で作って作れない数じゃないんだが
反物質燃料が多分手に入らないってか地上世界じゃ充填も危険だ。

まぁたかだか3個分艦隊に大邦と言われて連絡艦隊が居たスファグノームが落とされてるし
今回の連合による連絡遮断のようにキーとなる星系で一斉蜂起すればもしかしたら。
無理かぁ…地上世界の民視点で帝国に反旗をーって考えるととんでもなく大変だなw

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>41
連合首魁の統合体がハニアの中を進軍してるのに帝国領に侵入されるまで中立だと思っていたのはお粗末すぎるよな
ハニアが中立から連合に入る可能性は警戒してたのに
中立と欺いたまま連合主力を誘致する可能性を考えていなかったのは
完全にハニア連邦をみくびっていた

>>43
地上世界と星界を別世界としてるのが星界の特徴だよ
他の星間国家を描いた作品では地上世界の延長で星間国家を描いているけど
それに無理があると作者が考えて設定されたのがアーヴ帝国だから

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>44
たしかに基本的に愚行だと思うし、アーヴの考え方を思えば地上で幸せになるほうが良いんだが

どっかにも有ったが、その気になればいつでも地上を滅ぼせる未知の異種生命体に
宇宙と経済、通行、軍事を任せたまま、そこにはほぼタッチすることができない。
ってかなり不安だと思うんだけどな、まぁそれこそ地上世界の民らしい思考だけど

クラスビュールだって、アーヴが作った世界なのにアーヴの情報がかなり錯綜してた。
読者視点だとアーヴがんな面倒くさいことするわけがないと分かってるけども
地上世界視点だとけっこー威圧感ありそう。外に飛び出そう!と思ってもそこはアーヴの世界しか無いわけで

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>45
つーか帝国が制宙権を完全に牛耳っている時点で詰んでる
反物質があったって宇宙船が一隻もないんだからどうにもならないじゃないか
帝国に隠れて星界軍に対抗できるような宇宙船作るのも無理だし

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>46
見くびっていたのもそうだけど、色んな意味でアーヴは純粋潔白すぎる。
相手国家と様々な条約を取り決めていれば、それは守られる。
と、純粋に信じてしまってる所とか…国家の思考はもっとドロっと重たくないと

これから失われる軍士たちの命を天秤に載せてる。
ってすごく優しい言葉だけど、皇帝かつ軍事の最高責任者としてどうよと感じる
良くも悪くも星界軍の軍士は志願兵ばかりなのだしその生死と国家の大事じゃ
天秤に掛けるまでも無いと思うんだがなぁ
自分が死ぬのはもちろん嫌だろうが、国家…というか自分の世界や家族を守るために志願して戦ってるのに
その国家(世界)と自分たちを、勝手に天秤に掛けられたらそれこそ本末転倒だろう

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
地上世界と星界は魚と鳥くらいに住む世界が違うからな

>>47
地上からしたらアーヴは天界の神のように思うしかないんじゃない
神は人間を簡単に滅ぼせるけどそんな事はしやしないと
比喩じゃなく雲の上の存在なんだよ

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>49
そのへんはハニアの大使だっけかが
ラマージュに謁見してアーヴが種として若いという感想を持ってたからな
今度の戦争で勝てば大人の階段を登るかもな

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>48
某ジムリュアさんがやったように、今度は星界軍内部に多数の同志たちを育てて反乱準備するしかないか。
地上世界からの志願は、ある程度技術があれば受け付けられてるし。

すごい変な話なのだけど、アーヴが支配してるのは平面宇宙とその門近くの地上世界と空間だけなんだよな。
帝都から近い星系ですら、帝国の支配は行われていない

門から離れた星系で軍を起こすことは可能なんじゃないかな。
ただし、アーヴ領域に行くまでに20年掛かったりするがw

進軍中に司令官老衰、輸送艦は子どもたちで溢れるとかメルヘンちっく

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
皇帝も宰相も最終戦争を終わらせるという名声に目が眩んだのもある

とはいえハニアの吸収案を突っぱねていても急襲されて帝都が堕ちるのは変らなかったっぽいが

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>53
突っぱねた場合、帝都には予備艦隊が、クリューヴ王国には守備隊が
ごっそり残ってるので普通に防衛可能と思われます。

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>51
若いと言っても人類史上1000年も国家を続けている種族は稀有なずだけどね
よくこんなに純真でいままで戦禍をくぐり抜けてきたと思うが
平面宇宙航行確立の時点で地上人より技術のアドバンテージが大きかったから今まで姑息な手を取る必要がなかったんだろう
地上人が数千年の人類の戦争の歴史の含蓄があるのに比べるとアーヴは腕白のガキ大将みたいなもんか

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>54
帝都に予備艦隊は雪晶作戦発令しなくてもなかっただろう
クリューヴ王国だって雪晶作戦のために守備艦隊を薄くしたわけじゃない

ハニアが中立だという隙を突かれたのは雪晶作戦が発令されていなくても変わらない
もし雪晶作戦がクリューヴ王国から進行する作戦だったら強襲は防げたろうけど

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>56
そうだっけ…?
予備隊、名前の通り双棘艦隊予備艦隊なんだけど、それを使う予定があったかな
クリューヴ王国警備艦隊(守備艦隊)をハニア連邦制圧に転用したのが第3案
速度は早いが守備が難しくなる危険な案って言われてたね

第1,第2案ではハニアが同盟を思い出しても対抗出来るって話がありましたよ

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>57
敵対を宣言されてから防衛力を用意するのと
中立の相手からいきなり連合主力が攻め込んでくるのでは訳が違うだろう

ハニア連邦がいつ敵対してもハニアだけの戦力なら帝国は対応できたんだろうけど
表向き中立を装ったまま連合主力を誘致するような騙し討をされるとは思ってなかった

中立国は飽く迄中立国でこんな騙し討ををされるという警戒がなかったのが帝国の外交の拙さ

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
予備艦隊って、例えば幻炎作戦の時で70個分艦隊あるんだぜい
双棘みたいなどちらが主戦場になっても対応出来るようにするなら更に多くても変じゃない

それが残ってて防衛に徹し、さらにクリューヴも鎮守府にそれなりの戦力があって
200個分艦隊を止められない、と言うのはどうなのかな。

外交の甘さはありますね
相互不可侵も結ばず、4カ国連合から脱退もしてない国家を中立扱いはちょっと温かった
これは外交というか軍事方面ですが、騙し打ちの警戒なんかは十分にしてましたよ
その上で危険を犯すだけの価値がある、と判断しちゃったのがミスだっただけで

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
クリューブの兵力だけで200分艦隊もの敵を撃退できたとは思えないが、
もっと時間を稼げて帝都陥落もなかったんじゃないのかな。

外交能力、情報収集能力の低さは弧状列島譲り?
といっても弧状列島もいつの時代も外交や情報収集能力が低かったわけじゃ
ないんだが。

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
同盟してたわけじゃないけど中立国として信頼してたのを裏切られたんだよね

人間の歴史に詳しければ権力争奪や国の興亡は権謀術数張りめぐって裏切り騙し討は日常茶飯事で
権力者は周りは敵ばっかで信頼できる人間は皆無だったりするけど
アーヴは完全な実力主義で正々堂々としてそういうの無縁だもの

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>59
アーヴが継いでるのは、そこら辺にもつながる「人の良さ」だと思う
よくこんなんで天の川銀河の半分を支配したもんですよ。
アーヴの技術力と戦闘力の高さが伺えます。

隣の人や仲間を割りと無条件に信じられる社会と軍とか
超強いのは分かるんですが(仲間に対する防衛や警戒がいらない)
その辺も含めて、正しく人間じゃないですね、アーヴ

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
弧状列島も幕末から明治にかけて後進国ながら欧米列強と渡り合ったのは最強だったろ

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
だからハニアが敵国となっても対応できると軍令長官が言ったのは
ハニアだけの戦力で帝都に侵攻した場合だろう
今回みたいな中立国からの連合主力の侵攻を少しでも警戒してたら
そうなっても対応できるように艦隊を配置していただろう
すべての可能性を考慮しているはずの軍令本部が
今回の事態を想定したいなかったのが無能に見えるのは
地上の人間の歴史を知っている地上人である俺らの視点だからで
戦争を正々堂々と力押しだけで勝ってきたアーヴの弱点

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
情報なんて取り扱う者次第でどうとでもなるわけですもんね
同じ情報見ても、役に立たないカス情報と思うか、自分たちの運命を左右する重大な情報と見るか

あと、現代戦でも言えることですけど、高度な情報収集技術が発達したおかげで、
現地での直接情報を入手する手段が格段に弱くなり、その情報が本物かどうかを確認するのが大変になっている

アーヴはその容貌(人類との違い)と種族的特性(地上に降りない)で
現地での直接確認を行うことが著しく困難だから、おおよそスパイ行動ができないし、
現地人買収したりして取り込もうという行為自体も苦手だと思う

もっとも相手側もアーヴ社会にスパイを送り込むのはまず無理だろうから、
そういった面の情報戦は描写も難しいような気がする


まぁ一番の問題は入手した情報を本国に送る手段の困難さだよなぁw

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
弧状列島は和を以て貴しとなす国民性が外交でも通用すると思っているからな
戦前は独立を維持するために必死だったんだけど

まあ弧状列島の外交の話はスレ違いだよねw

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>もっとも相手側もアーヴ社会にスパイを送り込むのはまず無理だろうから
となると駐在外交官が本国とやり取りしている情報は唯一といっていい貴重な情報源だったと思うんだけど
人の手紙を覗くような行為は卑しいとしなそうなのがアーヴなんだよな
まあ覗こうと思えば覗けるようなセキュリティじゃないと思うけど

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>62
戦争をスポーツのように正々堂々とやるもんだと思っていて騙し討されるのは
人が良いのとは違うような
商業種族としては商談でふっかけるのは当たり前と思っているようだけど
なんか勝負事に対しては高潔みたいなんだよな

>>66
果たしてアーヴはその「和」の心は受け継いでいるのか
その一字が弧状列島の文化そのものを指すようなものだけど

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
「○○すべし」ってのは○○がなされてないから与えられる命令、ということを考えると
和を以て貴しとなす、というのは布令の対象の間に和がなかったと考えるのが自然な解釈。

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>69
どこにすべし、が付いてるの?
なすべし、となす、じゃ意味が違うんだが…
国語の時間ではないのでまぁそれはともかく

スポーツどころか、戦争を遊び、趣味として楽しんでいるからなぁ、アーヴ
だから余計に皇帝の将兵の為に早く戦争を終わらせたい、という願いが
自分自身がこれ以上部下の死でつらい思いをしたくない、という自分勝手にもなっちゃうんだよな

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>69
「人々がお互いに仲良く、調和していくことが最も大事なことである」
って観念が飛鳥時代の民になかったってこと?

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
三宝を厚く敬いなんて欠片もないわけだが

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
アーヴが外交ベタなのは帝国史上に帝国と対等以上の強国が存在しなかったからだろう
平面宇宙の開拓が始まってから常に帝国は圧倒的な大国で
戦争ふっかけてくるのはマーティンみたいな無知な国ばかりだったんじゃないか
だから弱い国が強い国に攻め込まれないために組む同盟なんてなんの価値も感じないし
攻めこまれないために同盟を組むという知略も浮かばなかったんだろう

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>71
在位の天皇が氏族間抗争のあおりで暗殺なんて飛鳥時代くらいにしか起きてない
十八条憲法の実在性は現在疑われている、てのはおいといても、実在説を採る学者でも
あれは官吏の服務規定のようなものだというのが主流説
現代法学でいう憲法(基本法)とは意味が違うので民に与えられたものではないよ
星界で帝国法が領民に与えられたものでないのとある意味で似てる

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
詔を承けては必ず謹むのは絶対だがw

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>73
戦旗Tの付録で、帝国の八門が第一環になかったのは彼らにとって幸運といえる
そうでなければ先進星系との接触により帝国が萌芽のうちに滅び去った可能性は大いにあるって書かれているが

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>73
大国は有ったんじゃないっけ。
ただアーヴは仕掛けなければ反撃もしないので
わざわざ対話の通じない戦闘民族にちょっかいだす国家が居なかったか
その計算もできない国家は連合組んでアーヴ殲滅しようとしたりしなかったんでない?

敵対国をアーヴにけしかけて挟撃するとか美味しそうだけどw

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>76
大放浪時代にまともな宙間戦力を持ってたのはアーヴだけで
平面宇宙開拓初期の地上世界がアーヴを倒せるだけの戦力持てたと思えないけど

それより断章・介入読むとスーメイ人に平面宇宙航法を教えてもらった地上世界から
よくハニア連邦に取り込まれずに星間国家が生まれたと思う

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
介入は、アレで教えられたのが後発だったので、対価とすべき植民星を用意出来なかったわけだしね。
早めに買取れた所は対価を払った後、星間国家として成長してったんでしょうね

ハニアがほんとに取り込んでいこうと思えば、もっと大きな連邦を築いていたに違いない。
てか、併合も侵略もなしで第3位の大きさって時点でもうでかすぎる。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>77
大国があったとしてもアーヴを倒せるほどの大国があったら
その時点で帝国は滅亡してるはずだろう

平面宇宙をまたいで諜報戦が難しいのはアーヴには幸いだったかもな
それをアーヴの敵国がしてたら今回みたいな奇襲をとっくにされていただろう
今回だってハニアが他国と平面宇宙で接してたから可能な謀略だし

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>79
むしろ周りの居住化可能星に通じる門獲り尽くしてハニア連邦領で囲ってから
中心の星系に現れて、移民を送り込んで乗っ取ることを常套としてるよううに見えたがw
だってスーメイ人からしたら連邦の領土を広げられるのに
何も知らない星系に平面宇宙航法を教えてその星系に周りの領土を獲られることに利点ないし

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
双棘で切り離されてたけどね>ハニアと連合

ただ状況からして切り離される前に艦隊をハニア内部に移動させたんだよな
自国を守ることより、帝国に痛打なり致命傷を与える一矢に掛けた統合体はほんとギャンブラーの鏡だ

練りに練った謀略、というより糸を伝って偶然たどり着いた望外の奇跡

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>81
手元に介入がない…対価が用意できない状態じゃなくて、間に合わなかったんじゃなかったっけ
着手しかけた植民星があったような。
ほんとに囲い込んで手に入れる気マンマンならそんな美味しいもの残しておかないさね

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>79
ハニアからしたら、文化的に同化する気のない植民星に連邦加入してもらいたくもないんじゃない?

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>82
ハニア連邦って平面宇宙で帝国と唯一並ぶ歴史を持つ国家だから
国家存亡のためには帝国だけは敵に回しちゃいけないことを一番良くわかっている国家のはず
そのハニア連邦を介入するのに並ならぬ外交努力があっただろう

統合体もアーヴを敵に回しちゃいけないのわかっている上に
こちらから喧嘩を売らない限り敵にならないことを良い事に
着々と帝国を倒せるだけの勢力になるまで自分より弱い国を統合していったんだろう
汚いさすが統合体きたない

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>85
本編に書かれてること無視して妄想ぶちあげられても困るんだが
外国軍隊との交流はそりゃ外交にはのうちだろうが、
ハニア連邦首脳部は下手すると今回の帝都襲撃には気づいてない、ということになっている。
軍部の暴走てやつて、政府としてなにか決定があったわけではないだろう。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>84
介入から見えるスーメイ人のやり方は
・平面宇宙航法を教える代わりに平面宇宙を開拓して居住可能化星を見つけたらそのうちひとつの地上世界をもらうという取引 猶予は確か100年
・100年もあれば居住可能化可能星はいくつか見つかるだろうと踏んで取引に応じる
・平面宇宙開拓をしてみたら周りはスーメイ人に採りつくされて対価として出せる星がない あっという間に100年
・せっかく平面宇宙航法教えたのに対価が払えないってどういうことなの? しかたないから君の星の領土の半分で勘弁してやる
・強引に大量の移民を送り込む
断章ではここでアーヴが介入しスーメイ人はすたこら逃げたけど
移民を送り込まれた地上世界はネイティブ・アメリカンのような末路をたどったことだろう
原住民の意思なんて知ったことかと

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>87
ちょっと訂正
期限は50年で、一応1つは可住化可能惑星を見つけて着手済みでした
が、当然ですが50年程度じゃそうそうテラフォーミング終わらないので期限がきて…
って話でしたね。

周りもスーメイ人で埋められたってことはなく、ハニア連邦を始め、いろんな国家がすでに植民しまくってた模様
だからこそアーヴも接触してきた。

っていうかアーヴが接触してきてるってことは、第2環以降にハニア連邦も移動できるほど技術が高まった後か。
(ハニアは第一環から、アーヴはそれ以外8箇所スタート、周りを制圧したが最初は環を超えられなかった)
すごく後になって売りつけた挙句、その対価でものすごく揉めたんですね。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>86
連邦政府筋の大使が知らなかったんだし
連邦の艦隊がわずか三隻しか参戦してないのも連邦政府にバレないためだろう
連邦政府の知らないうちに統合体が連邦宇宙軍を乗っ取ったのが
今回の帝都襲撃の真実なんじゃないかと思うんだ

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>88
訂正どうも

平面宇宙航法を教える代わりに居住可星をひとつもらう取引も
開拓初期はヤクザの地上げみたいなやりかたじゃなかったのかな

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
>>89
つまり、今でも連邦の政府筋は未来の伯爵様になれると思ってるのがなんぼか居るのか。

そも、民自体が連邦が解体されて帝国になることを知ってたかどうか。
併合派が支持を失いつつ有る、と言うからには一応知らせてたのでしょうか?
それとも軍部などの宇宙に興味がある人たちからだけの支持?
併合されつつ有ったエリアの地上世界民は当然知ったでしょうけどね。

連邦の政府筋はそもそも、まだ参戦自体を知らない可能性が高いな…
知らせるつもりが無いのか、やらかした後しらせれば追認されると思ってるのか

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
地上世界1つって実際かなり高額ですしね。
今後どんだけの財を生み出すかって星を、バラ撒いている情報だけでゲットできるんだから
ハニアにしてみれば濡れ手に粟ですよ。

ハイド制圧時のアーヴですら有人星系は1500しか持ってない。
国力や人口比率で言えば、ハニアは400-500有るか無いか
その数だと、この方法で対価として受け取ったのが半分位ありそうw

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
>>91
連邦の政府がどんなものかわかんないんだけど
連邦は単一民族国家で人口過多で仕方なくでしか移民しない国民性だから
星間国家として取りまとめる政体が必要ないくらい各星系は独立してるんじゃないか
大使が連邦は家族のような国家体制って言ってなかったっけ
人口が増えすぎた星が新たに植民星を増やす親子のような関係で
連邦政府は大元の本家であって連邦全体から民主的に代議士を集めたような政体じゃないと思う
だから連邦政府といってもスーメイ人の発祥星系に由来するだけで
連邦全体を統治するような能力はなかったと思う

一方で連邦宇宙軍に所属する人のメンタルは地上人とは全然ちがったんだろう
スーメイ人の慣用句で宇宙に従事するする人を「青い髪をしている」と言うように
宇宙軍人は地上よりも宇宙に帰属意識をもつアーヴ的な感性なのかも
連邦を敵国の侵攻から守るためにあるはずの宇宙軍なのに
戦争もしないで降伏されたら存在意義がなくなるから
そんなことされるくらいなら統合体と手を組んだほうがよかったんだろう

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
外交上手くやっていたらハニアと人民主権星系連合体はノヴァシチリア条約を統合体と結んでなかっただろうな
統合体に統合されて価値観を押し付けられるより帝国の支配を受け入れるほうが
地上世界からしたら今までの生活を壊さないですむし

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
あれ、4カ国連合所属国家って一応民主制なんじゃないっけ
戦記1の246Pがそう読めたけど

どちらにしろ連邦を総統治してるのは本星だろうね

スーメイ的文化に馴染まない宇宙軍の方々は、ある意味ですでにスーメイ人じゃないんだね
まぁ、スーメイ人の総意たる政府にクーデーター起こしてるんだからどっちにしろもう軍人じゃないが

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
軍国主義の帝国が主役側だから
連邦軍が連邦政府の以降を無視している状況がわかりにくいんだよね

>>93の考察だと併合派はスーメイ人の宗家というだけで連邦を代表している連中なのかな
連邦軍人は地上のスーメイ人とはまた別人の用心棒のように見える

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
一応民主制といってもどんなんかね
国民性からして星間政治にも無関心そうだけど
連邦政府の議員やらなんやらは選挙で選ばれているかもしれないけど
その選挙はスーメイ星系だけで行われているかもしれない
東京都議会が日本国政府を兼任しているような

統合体は星系市民と統合体の政治に関与できる統合体市民に分けてるけど
想像しやすいのは星系単位を選挙区として議員を選出して統合体政府に送り出す形だな
一つの島国で全国区の立候補でも酷なのに星を超えた選挙活動なんて無理がある

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
空間をまたいだ政治に興味がないのと、空間に興味がないのじゃ
多少違うと思うけどね。政治になると自分たちに直結することだから
俄然やる気になるのかもしれんし。星系ごとの代議士だとは思うけどね

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
国政選挙より市議会議員戦況のほうが誰に入れていいかわからん

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
帝国や星系連合は星系単位で完全独立自治しているから星間統治はなくても星間国家は成り立つようだけど
星をまたいだ税収や法治ってめんどくさいだけじゃないかね

でも星系単位で独裁国家とか悪政化するのは防げるか
帝国はそういうの放置だろうし

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
帝国の個性的な地上世界は短編SFのネタの宝庫っぽいんだが

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
連邦の宇宙派も思い切ったことしたな。
もしこのまま帝国を打倒しても後々に人類統合体が人類統一に乗り出す気がするんだが。
人類普遍の倫理を広めるよう努める統合体が弱小国を放って置くとは思えん。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
だから宇宙軍は統合体に乗っ取られたんだよ

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
仮に帝都襲撃がなかったとしてもハニアの軍人は大人しく武装解除に応じたのか

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
乗っ取られたというか、空間制圧される対象をアーヴ(異種生命体)から
統合体(ぎり人類)に変えただけで本質的な意識はどっちも変わらん。

地上の自治権でも得られれば良し、得られなくば統合体の宇宙軍にでも加入してもらうつもりなんじゃない?
もともとハニアではやや変わり者扱いの宇宙に興味を持った人なんだし

まぁ思考は分からなくもないが、統合体は間違いなく地上に手を出してくるから
その時に多少後悔もするかもしれないけどね。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
>>104
雪晶作戦は一応ある程度進んでからあの事件なわけですし
それまでに居た警備艦隊とかは普通に武装解除されたのではないですかね

正直、作戦遂行な量のまとまった艦隊は真っ先に武装解除されてるとは思うけど

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
宇宙暮らしの多い連邦職員を揶揄して「青い髪を被ってる」なんていうお国柄だからなぁ>ハニア
宇宙軍の人間にしてみれば「揺り篭から墓場まで同じ地面の上を歩いている」一般市民を同胞だと思ってなかったのかもしれないし、それもやむをえんと言うか。
ハニアも国体にずいぶん亀裂が入った状態だったのかもね。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
国体といえば、最大の兵器生産星系を捨てて遠征した人民主権や
開戦時領域のほぼ6割近くを本星から切り離された人類統合体とか
よく民主?体制で政治が持ってるなと思うよ。
統合体市民への洗脳は相当に根深そうだ…

109 :消費税増税反対:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN
本国が占領されなければそんなに騒がないんでないの。
長い防衛線を守るのは不可能だとわかっているだろうし。
統合体の国民が虐殺されてるわけでないんだし。

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN
しかし、一時期は凄い星界シリーズが読みたくて読みたくて堪らない、ある種の飢餓状態だったのに今はそうでもない。
書き下ろし断章を読むために馬鹿高いドラマCDを買ったくらいだった。
ただ星界がつまらなくなったわけじゃなくて飢餓感が収まっただけだけど。
星界に限らず「これしか見えない」みたいな状態に陥ることがたまにある。
文庫はすぐには出ないからその飢餓感は満たされずに時間と共に薄れていくしかないんだけど。

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN
>>109
アップティック星系のタラス首相の反応が一般的ってことかな
統合体の軍が開放なり救出してくれるまで耐え忍びましょうって

アーヴは地上に興味が無いのもあるからこその反応だけど
潔いというか、あんまし統合体への恨みや失望ぽい物は感じませんでしたね

割と生活部分を他星系に依存する工業惑星ですらあの意識
アプティックで作られる工業製品って買い手が居るんだろうか?
統合体仕様ですよね

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN
>>111
>統合体仕様ですよね
そこは開戦前には一応国交もあったわけだし、ある程度の共通規格みたいなものがあったんでないかな
製品そのものは統合体仕様でも細かいパーツ単位でみれば互換性はあるとか
しかし・・・問題は星系外へ売り込んでくれる人が当面いなさそうだってあたりかな(戦旗Wの時点では)
領主代行が来るのもあの調子では遅くなりそうだが、Xの時点ではどうなっているんだろうか

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN
>>112
どっかの国じゃないけど、帝国憎しからネジ穴まで逆回し、センチグラム法じゃなくヤードポンド法に決めてました。
とかやってそうで怖い統合体の意識w

代官が着任したから、殿下が領主代行から開放されたんじゃないっけか
またすぐ別の星系で領主代行にされてたが

食料やら必需品の代金は、まぁ反物質燃料と気体惑星の資源で払えるだろうけど
実際の所、生資源なんてそんなに高くないよね
ロブナスでもその辺を担保にお金が降りてたけど、予算は割とカツカツだったし
工業製品売れないと大変だねぇ

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN
交易が盛んなら規格は統一されていくだろうけど植民で増えたんじゃない世界は規格の統一もされにくいだろうな
自給自足率が高ければ他から輸入して規格を揃える必要もないし
工業製品は地球時代の世界規格が連綿と続いていても不思議じゃないが

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN
>>112
一応国交があっても相当細い線だったんじゃないか
広大な帝国領内の流通で賄えないものなんてないだろう
嗜好性の高い特産品とか文芸著作くらいなんじゃないかと

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN
帝国と統合体で工業規格が違ってもアプティックの周りは帝国に征服された元統合体領ばっかだから輸出できんじゃね

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
>>113
反物質燃料や気体惑星の資源は貴族の領分だから地上世界が担保にできないだろ

つかロブナスは無政府状態だが囚人に支給した食料や領民の惑星脱出にかかった費用は誰の払いになるんだ

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
>>116
おお、それは確かに。
統合体規格の部品を帝国が作らないのだから、元統合体エリアでブロック作るしかないしね。
メンテやらなんやら色々置き換わるまではそれでいけそう。
〜の部品や製品がほしいから、早く帝国に占領されないかな、とか思っちゃったりするんだろうかw

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
>>117
一度、何らかで綺麗にしちゃえば、
もしくは1〜2年ほっとけば殆ど住人いなくなるんじゃないか
すでに星外との通信方法すら失ってそうだし
可哀想なら希望者を捕虜収容所惑星に送れば多少人道的か

それからざっと地ならしして新規に住人を集めれば、普通の邦国としてやってけそう
請求は本来、領民政府だけど、燃料工場を設置したのは領民扱いになるんじゃないかな
もしくは星界軍のモノかわからんけど、貴族のものではないよね。

捕虜収容所に送るどころか、ぶっちゃけロブナス2に多少資金投入して
新しい捕虜収容所惑星にしたほうが手っ取り早い気もするがw

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
>>119
自然は豊かそうだから少数なら食料を自給自足できそうだけど
繁殖能力のある女性がいないから世代交代はないしな
でも死体だらけの元流刑の星なんて移民する人いるのかw

地上世界のものは地上の大気圏内の資源で宇宙空間のものはすべて貴族のものだよ

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
地上の領民が恒星付近に反物質燃料工場建設できるわけないじゃん

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
星を越えて流通するものは関税や輸送費がかさむから内需で済むものは輸入しないだろう
工業の輸出に突出した星があるって事は一般的な工業製品も生産できない星も多いのかな

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
星系内船は購入する事が可能っぽいし
領主から設置権を買えばいけるんでない?

というか、現在アプティックに設置されてるのは統合体が作ったやつを
星界軍が接収したものだから、これをだれの持ち物とするかは今後次第じゃないかな
領主だって部品調達の面倒な統合体型の燃料工場もらっても実は困るだろうし

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
>>123
貴族の主要な収入源である反物質の生産を地上の民に関わらせるわけないだろ
アーヴは空間のものはアーヴのものって認識だから星界軍が接収した工場を地上世界に譲るなんて考えないだろう
だいたい地上の民が反物質燃料作ってどうすんだ

燃料工場は使えるうちはそのまま使って修理するくらいなら帝国製のを導入すればいい

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
その辺の物を譲り受けると、ドタバタについての債務までついてきそうなのが怖いんだけどな
領主なのだからその程度なんてこと無いのかな。

壊すのはもったいないが、譲り受けると借金ついてくる。
なので領民政府にまとめて投げるってのは有りそうに思えたんだ。
まぁ確かに反物質や空間資源は領主の基本的な収入源だからあまり領民政府に任せることは無いか

と、すると購入、所有が認められる星系内船ってどういう用途のモノなんだろうね
てっきり採掘権を売ったアステロイドや気体惑星への往復用とかだと思ってたんだが
(代価に地上世界の荘園とか受け取れば美味しい、かもしれない)

星界の世界だと星系内の移動なんてちゃらっと出来るんだろうなぁ
今の技術力じゃ一番近い火星に行くのに1年掛かるのにw

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
空間の資源は地上人が採掘場を運営するより貴族から買った方が安上がりなんじゃないか
というか貴族から採掘権を飼うのは資源を買うよりバカ高くふっかけられるだろう

宇宙航行船は衛星や軌道上にコロニーがあれば必要なんじゃないのかな

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
>星界の世界だと星系内の移動なんてちゃらっと出来るんだろうなぁ
>今の技術力じゃ一番近い火星に行くのに1年掛かるのにw
無限に加速できるユアノンはあるけど星系内の航行に使っているかなぁ
地上人はあんまり高加速に耐えられないし

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
ユアノン航行用にはもう使ってないと思うなぁ
星系内なら反物質燃料で良いだろうし、なにより偶然中からこじ開けられる事故の可能性を認識してるから

っていうか門として開くほうが普通だしね!w
2門星系ってだけでいいハブ星系になれる可能性が生まれる

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
戦旗3p272によると、「たいていの帝国諸邦国では、領民政府の統治権は
大気圏のむこうには届かないのが普通」で、
「地上世界以外の資源の優先権が領主にある」そうなので
まぁ全く例外が無いわけじゃないんだろうけど、相当特殊な事例だろうな

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
採掘を1から10まで自分所で国民雇って教育して資源基地作って、ってやるのと(資源枯渇が怖い)
どこか星間会社雇ってそれなりの金額を払ってやらせるの(出る資源と雇用費がペイするのか?)
そしてそもそも採掘を領民にまかせてそっから上前跳ねたり対価を貰うのなら

最後のも恩を着せたり、資源の流通代行なんかで関係築けるのもあって利点が多い気もするんだよな
誰かも言ってたが貯めこんで余りがちな反物質燃料とか自家?消費増やせるし

ちらっと言ったが、資源ってそれなりにレア資源出ない限り、未加工じゃ二束三文な気がするんだよな
長距離運ぶ価値も怪しいから、どうせ領民政府か近くの星系に売るしかない。自分で加工するのもありだが…
自分の領地領民が技術力を上げたり、彼らが使いやすいように資源を開発するってのは意味があると思うのだけどね
(地上世界の発展幇助や、後で自分の国民として雇ったりする意味も含めて)

ちょっと思考がアーヴ的じゃないかな、地上世界に構い過ぎか

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
戦艦の装甲の素材とかなら帝国に売れるし
一般的な金属でも地上で採掘するより安上がりかもしれん

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
アプティックのように工業に非常に特化してて食糧輸入しないといけないような状態にしちゃったところはともかく
地上政府にしても、
『絶対にそれでないと用が足らない』っていう特殊な物質(そんなものがあるかどうか知らないけど)以外は
地上世界がある惑星内で代用可能な物質を見つけて、
自給できる方向に惑星経済の舵を切って行くんじゃないのかなぁ。
外から買うものに星系住民の生存を委ねる方向の運営は、自発的にはしないと思う。

売り買いするのは、(学術や芸術・娯楽など)情報がメインで
物質的な交易品はよほど高級な嗜好品の類なんでは?

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
調査士のイェステーシュが困惑するほど完全に星間交易から完全に独立している星系は珍しいみたいだけどね

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
あそこは情報すら遮断したがったものな
珍しかろうよ

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
断章君臨でそこまで特別な嗜好品とも思えない天然肉を
主要輸出品にしている邦国もあったし、
戦旗4ではハニア連邦の構成諸星系の殆どが
自給自足可能であることが特徴として語られてたし、
大抵の邦国は基本的には貿易前提の経済になってるんだろう
そうじゃないと貴族(諸侯)の生活も成り立たないし

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
これだけ大きな星間国家ばかりになると、もう星系ごとの経済
という意識がそもそも薄いんでないかな。
昔は割りと藩ごとの意識が合ったかもだけど、いまは県ごとに経済独立とかしてるわけじゃないし。

いろんな物資がしっかり流通に乗って流れが途絶えないのなら、特化はすごく特徴を活かせるし
そもそも流通が途絶えるかもしれない、という発想がハニア以外では薄いのかもしれない。

…逆説、ハニアは平面宇宙を介した流通が途絶える可能性が常にあることを意識してるのだろうか。
何しろスーメイ人は独自に平面宇宙を発見してるから、アーヴが知らないそんな事実を知ってるのかもしれない。
そう思うと独立気味経済、空間…というか星間国家にそこまで重点を置かない運営なんかもちょっと意味が出てくるけど

その場合、ハニア連邦は通常空間を介した交易なり開拓に力というか比重を注いでる可能性があるな

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
>>135
新興のティセーヌ伯国の星系経済とその領主らの生活を支えられるほどに
天然肉は高級で特別な嗜好品って意味だと思っていました。

紋章1のクラスビュールでは小麦のようなものは広大な農地で生産して、
本文中でも惑星上で惑星の環境を利用して生産するのが安価な方法と明記されていますけど
肉については町の中で培養してるようですし。(ビルの勤め先が培養肉工場)
断章1で出てくる大公爵領でもスィリルスは、どういう理由か不明ながら、培養肉しか用いないとのこと。
肉を輸入してたセグノーも、帝国屈指の人口も経済も豊かな工業惑星だからこそ天然肉を輸入してはいましたが、
無くてもよいもの(セグノーの領民政府が『天然肉禁止』と止められる程度のもの)なのだろうなぁ、と。

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
ガンダム見てて思ったんだけど、星界軍にもカスタム仕様の艦艇ってあれのかしら?
艦艇はみんな皇帝のものようだから無理か?

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
どのガンダムなんだか

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
艦艇そのものの改造はダメなんじゃないか。
内装なんかだっとたら貸しビルみたいに大貴族の借りている艦艇は改造されているかもしれないが。

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
ジントが城館に選んだ3艦がそれぞれ微妙にちがいがあったのは
同型艦でもマイナーチェンジがあるからなのかな

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
赤い突撃艦が通常の3倍のスピードで接近したりするのか…

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
天然肉は動物を育てる以上、すごくロスが生まれる代わりに
培養肉には無い味わいなり、食感を作り出せるんでないかな。
まぁ高級品だろうね、和牛的な。

培養肉なら品質一定、ロスも少なく、栄養価も安定して病気等もあり得ない
安全性だけなら、多分こっちのがいいんだと思う。
どうやっても生き物で合った時期がないから愛護的な意味でも好まれる地上世界が多そう

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
>>138
艦隊を組んで行動する軍艦を1隻カスタム化しちゃうと行動が乱れるんでない?
船匠科の施設には、そういう試作艦や実験艦がゴロゴロしてそうだけど。

もっと言ってしまうなら、巡察艦自体が特別仕様の万能艦でもある。
コストも高いみたいだし司令官とかは好んでこれに乗ってるフシが…
個人的に旗艦は戦列艦サイズのを改造したほうが絶対使い勝手がいいと思うのだけどね
どうせ打撃戦隊と一緒に動くんだし。

皇帝や皇太子の死亡率とかからみても、指揮官陣頭の伝統でもありそうだよね。
ドゥサーニュはあんましそういう意識は無さそうだけど

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
軍艦だと
物の積載可能空間量とかに影響が出ない程度の自腹での改装は
許可されててもよさそうではある

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
平面宇宙を経由した交易がどのくらい高く付くのか(安価なのか)はけっこう謎やね
特に食料
食料生産に適さない惑星でも
地表や宇宙空間の食料生産工場で作るよりも安価じゃないと成り立たない
でも旅客に関してはかなりお高いようだし…

アプティックに関しては人類統合体の政策によるものとか説明付けできるけど
これはさすがに妄想

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
>>145
改装や改造が大好きでそれを乗り回すことに楽しみをもった艦長が
突然船匠科への転属を命令されそうですね…w

セース級強襲輸送艦とクテール級小型輸送艦2隻(表記によっては大型)3隻でロブナス120万人分の
食料等生活物資2ヶ月分を運べるって言うし、輸送質量は存外多いのかもしれない。

一般に使う鈍重な輸送艦ならこの3-6倍近い質量の艦だし、輸送量も膨大だろう

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
ところが「鈍足の輸送船」の推定質量は4235tでしかないんだな

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
なん…だと
こっちの計算だと180万トン(戦列級)〜360万トン(質量限界ギリ級)
なんだが、ちなみにどんな計算?

俺は簡単に4個分艦隊=100ゼザボ(90ゼサボ)から割ってったんだが
(1個分艦隊25ゼサボ、42隻で割ったのが巡察艦の質量でその3倍〜6倍が戦列と限界ギリ)

ちなみに1ゼサボー=10000セボー=100万トンね

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
なんかの間違いであってほしいが…

「6000天浬といえば、快速の連絡艇ならほんの五時間とかからないし、鈍足の輸送船でも七十時間で翔破できる」
「天浬(1セボーの質量で、完全移動状態をとる時空泡が1秒間に進む距離)」
「天節(時空泡内時間で1時間に1天浬進める速度)」


「快速の連絡艇」は1200天節で300t
「鈍足の輸送船」は85天節で4235t

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
1セボー(100t)の物体が1時間に進む距離は3600天浬

ということは5時間でそれを踏破できる連絡挺は900t
70時間なら18万tじゃないかな?速度は質量の累乗に反比例するから

質量と艦艇数での試算の方だと180万トンだから
10分の1になってるな。どっかで4乗と3乗取り違えたんじゃないかね

速度による試算に合わせると1個分艦隊に巡察艦360隻居ないと合わないし、
質量計算だと6000天浬走るのに大型輸送船は223時間かかる。連絡挺が23時間で合わない

これは設定が破綻しとる。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
速度は「質量に反比例」じゃなかったか?
まあ、君がやってるように「質量の平方根に反比例」とすれば一応破綻しない程度にはなるな
艦隊の総質量は色々と紛れる余地があるだろうさ

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
巡察艦の速度が戦列艦の1.73倍だから、確か…
記載ページもあったはず。紋章の3巻50P

てかもっと明確に書いてあるページもどっかに合った気がするんだけどね

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
この世界で一番の主力輸出品は、実はコンテンツなんじゃないか
今のサッカーW杯や五輪の放映権みたいなもの
ハリウッドの大作映画みたいなソフト
キラーコンテンツなら、かさばらなくて利益が見込める

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
夜想でソバーシュが手にいれたのも新曲の専売特許だったね

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
芸術家を集めた地上世界とか裕福そうだよね。

工業や農業に特化した場合、その製品がダブついた時大損害だしねぇ
とにかく製品がモノとして倉庫に余ると洒落にならん

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
根源氏族のどこかの邦国が
工業に特化しすぎてあっという間に廃れたという話ではなかったか

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
アーヴが初期に交易時代にもっとも有益視したのが情報なんだから、
データの形で取り扱えるものが主要交易品になるのは極自然のことだと思うよ
その次がそのデータを取り扱うもの(媒体・通信など)かな
衣食住とどちらが上かはその時々によるんだろ

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
断章の誕生で、ラフィール父とレクシュが運んだのは教科書だったよね
中身をレクシュが勝手に読んでいたけど

工業製品は、一時期はいいけど、やがて人件費が高騰して
より人件費の安い所に雇用が逃げていく
と今の地球上で起きているようなことになりそう
それくらいなら現地に特許権売ってライセンス生産させた方がいい
ってことになりそう

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
>>158
というか情報に比べて物質は地上から運ぶの大変だし
次の星系行くまでに経年劣化するから商品にならないんじゃないか

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
クリプトカリオン処理じゃないけど、半永久的な保存方法は確立されてて欲しかったなぁ

空間に設置してシールしっかりした艦(無機物)ですらあちこち痛むって…
恒星が近いのとか、帝都だから空間デブリが多いとか原因がありそうですが。

恒星が近くにない使い道がないと思われた門についてだけど
その手の長期保存施設を作ったり設置するには美味しいかもしれない。
近くに恒星が無ければ保存物を壊したりする放射線やら宇宙塵もすごく少なそう

でも、戦争技術が進歩してないとか言いつつ、艦の更新がめちゃくちゃ早いんだよな
星界の世界ってシャシャイン戦役から進歩してないと言いつつ、その200年前のアイクシュ型は完全に旧型だし
進歩がなかったはずの200年で少なくとも、ディッシュ、ビルジュ、ロース、カウの4世代進んでる

過剰生産して保存することに意味があるのは機雷くらいですかね。

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
平時でも半世紀くらいで艦級一新してんのな

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
あの場面で戦争技術と言っているのは文脈的に艦隊の編成とか戦術戦法のことじゃないかな
巡察艦なり突撃艦なりの性能が殆ど変わっていないというわけではないと思う

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
いや電磁投射砲や機動時空爆雷の技術革新がないってことでは

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
電磁投射砲はこれ以上威力上げてもオーバーキルなだけだろうしなぁ
精々、命中精度をあげるか回避性能をあげるかしかなさそう
どちらかと言うと、砲じゃなくて弾体の改良かな

機動時空爆雷も似たような理由かな

何より質量制限がもたらす制約が大きすぎるんだよな
ある程度まで技術的に達してしまうと、あとは小手先の小細工程度しか余地がない
余程のブレイクスルーがない限りはね

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
新兵器といったらやっぱアーヴにしか効かない生物化学兵器の話になるだろう

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
地上世界から帝都に侵入してBC兵器ばら撒くことは容易いけど
潜伏期間中に全部のアーヴに感染するようにしないとな

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
>>165
そう思うんだが、割と頻繁に艦種は進化してるんだよな…
逆に言えば新設計やら新機軸やら、意外とまだまだ科学は伸びしろを残してるんだろうか

設定を見る限り、いろんな兵器とかの小型化、省スペース化を推し進めて
いかに同質量ながら大量の兵器を積み込めるかを進めてる気がする。

機雷数は1,5倍以上みたいだし、多分電磁投射砲も同じくらい増えたりしてるんじゃないかな

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
>>163
なるほど、兵器の革新は進みつつも戦争の流れとか編成、戦い方は変わってなかったってことか
それが一緒なら兵器が新しくて多いほうが勝つものね。

ていうか、国力は4分の1で、それすら兵力に転換するのに致命的な欠陥が有ったらしい
シャシャイン連邦は、何を思って帝国に喧嘩ふっかけたんだ…
帝国から仕掛けることがないってことは彼らからだよな。勝てるはずがないのに

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
艦艇の設計とは言っても基本は殆ど変わらなくて、細部を多少手直しするだけで
襲撃艦のように一から新設計の艦を造るのは帝国では久しぶりのこと
みたいな記述がどこかにあった記憶がある

前にも話題になってたけど、平時は個艦の戦闘力優先、開戦したら生産性優先みたいなことなんだろうか
ロース級なんて3年未満でカウ級に代わっちゃってるし

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
ロイルが似我蜂だから艦級名は空飛ぶ生き物の名前 突撃艦は蜂の種類なのかも知れん

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
電磁投射砲が1本2本増えたり、小型化したり機雷の装弾数が8発から12発に増えたりしてるけど
基本的な装備や役割は対して変わらんからなぁ。
てか突撃艦はこのまま反陽子砲主体で頑張るのかね
唯一相手が防御策を強化できる小型艦とか大変だ…

>>名前
クテール(くじら級)が輸送艦じゃなかったかな

突撃艦が蜂…虫の名前かも
巡察艦は幻想生物じゃないかなと思う
ってことはコーヴの名前をもった襲撃艦の命名規則は巡察艦基準なんですかね

カウ、ソーフあたりが何の生物なのか知りたいな

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
級名が艦名の尻に付くからロイル級はみんな何とかジガバチのはずだけど
アニメではバースロイルがジガバチって事になってたな

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
キドロイルが何故かりんごだったりな。

バースってなんだろう、とは思うが色か果実の名前かね。

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
有毒竜がアトスリュアさんの船だったっけ

ビボース兄弟の船の門所がなんだかよくわからなかったな

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
有毒竜は第一蹂躙戦隊の戦隊旗じゃなかったかな
なので有毒竜=コーヴ、だと思ってた。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
と、考えると戦隊は同一艦で組まれてる可能性が高いのか
数が揃ってくりゃ分艦隊はある程度同一艦で組むだろうけど。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
巡察艦は蛇か竜のはず
ロースが辰でビルシュが蛟とか

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
艦名と紋章考えるだけでも大仕事だよなぁ
人間が考えるのは旗艦クラスだけで
あとは思考結晶が素敵に小粋に考えてくれるのかもしれないけど

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
つか有毒竜ってなんだ海外の幻想生物でも毒を持った竜なんて聞いたことない

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
何万隻って艦が被らないほど多様なのが信じられない

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
コーヴは音の遷移的にはハブがちょうどよさそうなんだけど竜じゃないんだよね

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
命名規則的にはやっぱり巡察艦だぁね。コーヴ級
毒竜…で瞬間的に思い浮かんだのはバジリクスかな
竜ではないくトカゲの種類だけどね。
竜だと仏教のヴィシャナーガ、飛竜ワイバーンとかも尻尾に毒がなかったかな

有毒竜の絵に1で戦隊旗…だからやっぱり有毒竜=コーヴってルビがあったね。

>>181
冠詞は案外いくらでもあるんじゃないか、色だけだって数百種は軽い

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
>>180
聖ジョージの伝説に出てくる竜は毒を吐く竜
ハンガリーだかどこかにも体から毒を振りまく竜の話があったはず

日本や中国の伝説伝承にそういうのが出てくるかは知らないけど、
アーヴに伝わっているのはどっちみちいろんな話がごっちゃになったやつだろうし

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
ヒュドラも毒吐きだし西洋の竜は毒持ちが多い

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
日本神話だと竜ってもガフトノーシュになった八俣の大蛇だけど
毒を持ってるような怪物とか少ないんだよな。
ネズミを食べてくれる益獣だったから良い神様としてのが多い

荒々しくても川の化身くらいで毒持ちってイメージじゃないし

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
スポールさんが最初に仕切っていたフトゥーネはアメノウズメだが
分艦隊はみんな神様の名前なのか

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
神様の名前は日本神話だけでも矢八百万あるから分艦隊の命名には困らないな

作戦実行部隊が200個分艦隊ぐらいだが
星界軍全体だと500個分艦隊くらいかな

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
国境警備って1星系にどんくらい艦隊が駐留するんだかね

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
星系単位じゃなくて、敵国との前線ライン一遍に対して10〜20個分艦隊に
後方鎮守府に同数程度じゃないかなと思ってる。合わせた物が警備艦隊かと

ただ5巻の様子から見ると、各鎮守府の手持ちは10個分艦隊も無さそうなんだよな。
まぁ前線で相手の攻勢があれば、即応(撤退援護)部隊を送り出しちゃうのは仕方ないけど

敵の突然の攻勢(クリューヴ以外の前線でも)→その情報が帝都(鎮守府)に伝わる
このタイミングで他の王国の鎮守府にも自分が担当する前線への攻撃が伝わってるから
戦力は枯渇しちゃったのかな。快速の連絡艇で呼び戻せそうな気はしなくもないが

ただ各王国の兵力がこんなに少ないとなると、それはそれで
クリューヴの比較的少ない警備艦隊でもハニア連邦解体が早まると言う話との整合性が取れないけどね

雪晶艦隊は200個分艦隊を超えてたところに10個以下の艦隊が手伝った所でそんなに早くはならんし。

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
クリューヴにいる艦隊はハニアの万が一の侵攻に備えて配置したと軍令長官が言っていたから
相応の増強はしてたんじゃないか

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
ハニアの主力に対抗できるだけの備えはクリューヴにあったのかね

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
>>191
双棘作戦に際してで、その可能性は結構あるけど、その場合双棘の予備隊で強化する第1案だったかな
それが刺激が強すぎて却下された理由がよくわからなくなる
一応中立国に対する警戒艦隊Lvだからねぇ

実際これをまるで増強せず、他の王国より少ない艦隊なのに、雪晶艦隊と呼応することで
第一案バリに早く接収できる。という理論が個人的によくわからん。

出来るというなら出来るんだろうが…正直第2案と差がでるほど早く接収出来るってことは
もともとクリューヴに配置されてた警備艦隊がかなり多いことになってしまうので
クリューヴに警備艦隊増強して平気だったことが立証済みになってしまうのですよね。

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
ハニアがトチ狂った際には十分対抗できる状態ではあったんじゃない?
でないと警備艦隊として意味が無いし。

てことは、ハニア連邦軍に対抗出来る同数〜ちょい少ない程度の警備艦隊は
クリューヴに元々あって、でもその数は他王国に比して少なかったと。

ハニア軍へっぽこすぎるだろ…統合体が落ちて銀河2位の国家になってそうだというのにw

まぁ第2案で進めたとしても連合総力で突っ込んでくることは想定してないみたいだから
かなり奥まで抜かれた可能性は否めないけどね。
それでもクリューヴの鎮守府がああもあっさり破壊されることはなかっただろうとは思う

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
ハニアが侵攻してきてもそれを支えられるだけの戦力が既にクリューヴに配置してあるのは
中立を宣言したとはいってもノヴァシチリア条約から脱退したわけでは無く、
ハニア内に今からでも連合側での参戦を主張する意見が少数派とはいえある以上当然の備えだから
侵攻に耐えられる戦力をクリューヴに集めた段階でハニアを必要以上に刺激することはないんじゃないか
少なくとも帝国首脳部はそう判断したんだろう

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
帝国首脳部って変じゃね
皇帝の一存だし

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
ハニアの帝国吸収派と参戦派って
参戦派が少数だとかいう数の問題じゃなかったんじゃないか
参戦派=宇宙軍全体だったから
地上派の連邦首脳の知らないうちに参加国連合に平面宇宙を牛耳られていたんだから

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
>>195
いまいち言っていることがよくわからない

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
ハニアって、いろんな派閥ありそうだな。

軍事派閥: 軍部穏健派:参戦派が粛清した
      軍部参戦派:軍部要所を掌握し、独自判断可能な状態に生ってた

政治派閥: 帝国吸収派:今回の帝国への吸収を画策したメンバー、政治的に多数ではないが急所を掴んでた
       中立維持:三ヶ国同盟に復活もせず、このまままだ様子を見たい人。多分増加中
        参戦派:三ヶ国同盟に復帰し、戦争への参加すべきと主張する人。戦況的に増えるのはちょっと怪しい、宇宙軍とつながりあり?

並べてみると、吸収併合派も焦ってたみたいだけど、参戦派も多数になれずに焦ってたっぽい感じがでるね。
さすがハニア…宇宙に興味が無い!w

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
星間国家の政府ならそりゃ複雑な派閥抗争がありそうだけど
単一民族国家だからそうでもないんじゃないかと

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
中立維持という名の日和見、どうでも良いよ派が絶対多数
街のおじいちゃんとかが寄り合いがてら選出されて運営してる中

小数の併合派とか、さらに少数の血気盛んな若手が集まって勝手に運営の方向を決めようとしてる

そんなイメージが浮かんでしまった

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
帝国と並んで1000年も星間国家を維持して、その間侵略は一度もしたことのない国だから
自国が侵犯されているわけでもないのに連合軍に参加する必要がないってのはハニアの国柄からしたら当然だろう
参戦派は統合体にそそのかされたんだと思うよ
もちろん軍人なら無血降伏されるなんてまっぴらだと思ったんだろうけど

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
>小数の併合派とか、さらに少数の血気盛んな若手が集まって勝手に運営の方向を決めようとしてる
なんか違う
併合派というか連邦政府は帝国の一地上政府と変わらずに平面宇宙になんの影響力も持ってないんだと思う
領内に連合軍主力が通ってるのに全く気付かなかったのは帝国の地上世界の政府が平面宇宙の戦況を知る術が無いのと同じだと思う

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
大使は連邦政府の主流が併合派から参戦派になりそうでヤバイと焦っていたけど
実際には宇宙軍が政府の意思を無視して連合軍と内通しているっていう大使が認識して入りよりも数弾やばくて手遅れな状況だった

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
>>197
実際はそういうことだったわけだけれど戦旗5のその箇所は完全に神の視点からの記述で
帝国側がどこまで把握していたのかはっきりしないのと
私の意見の趣旨からはハニアに参戦派がいるということで十分なので
戦旗4に即した言い方にしました

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
もしも米国が中国に攻め込む気で
海自が政府に内緒で米国の艦隊を日本の領海通していたらどうよ

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
>>206
海自GJ

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
今週やったアニメで「宿命の遺伝子」とか出て星界?!と反応したのは儂だけではないはずだ

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
>>204
ふと気になってその記述を読み直したら、連邦政府が参戦派主流になりそう、ではなくて
統合反対派に権力を取り戻されそう、という感じなんですよね。

で、その統合反対派の中に中立派と参戦派がいて、参戦派は少数
なので強引に統合しようとすると中立派が参戦派に回って、連合参加が決まっちゃいそう。らしい

よくこんな内情を説明された怪しげな話に乗ったなぁ
たとえ上手く併合出来ても絶対あとで余計面倒くさくなるのが目に見えるのに。

しかも帝国や家族を守る為に戦う覚悟をしてる兵士の命を守る為に
帝国とその領域を危険に晒す掛けをしてみるとか、まぁこれが帝政の弱点っちゃそうなのかもね。
皇帝一人の判断に寄る結果が大きすぎる。戦争に際しては君主帝性は悪くはないんだけど
この場合の決断って皇帝としてじゃなくて、ラマージュ閣下の感情の為が大きすぎるんだ

あれか、4巻冒頭でシドリュアを死なせたのは、この判断をさせる理由もあったのかな
シドリュアさんの死がなんか唐突な気がしてたんですよ、ジントの目標たる人物になると思ってたのに

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
>>178
ロースが辰でビルシュが蛟
ってどこかに記述ありましたっけ。カウ級もどっかにないかな

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
変化法則からするとハ行だろうな
あとタツ、ミズチ、ハブときてるから多分爬虫類系

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
カウだと初めに牛を思い出しちゃうな。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
アイクシュはなんだろう?
てかそのメンツ、なんとなく十二支を思い出すんだが…
カウがウシではないと思うけれどw

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
>>209
帝国としては、ハニアの艦隊が無力化できればそのあと地上でどんな騒ぎになっても基本的に無関心だからだろう。
大使がどうやって艦隊無力化を進めると説明したのか知らないけど、軍令長官も地上世界の維持にこだわらなければ賛成した以上方法論的には間違ってなかったんだろうな。

しかし失敗したときの想定まで組んでなかったのは明らかに手落ちだよなー。
幻炎作戦のときはどの段階で敵艦隊が出てくるかで対応をしっかり考えていたみたいなのに、今回それをした気配がない。
軍令本部も大忙しだったんだろうが、ハニア吸収に関してはかなり無理があるよね。

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
牛といえばロース級の次はカルビ級が来ると信じてた人もいたっけな…

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
アイクシュはアヤカシかイクチかなあ
妖怪だけれども

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
カウ級がカルビの変形でないとは言い切れない

アイクシュがミノだったり、ビルジュがハラミでも構わんぞ

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
アイクシュと近そうな名前だとレクシュ辺り?
黄金の瞳が由来なら、クシュが瞳の意味ですかね。

ちょっと短絡的か…アーヴ語ー和訳単語帳のミニ版でも巻末にのせてほしいな

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
28宿以外の姓は語源ほとんどわかってないよな
まあ、なんかヤマトコトバっぽい音の連なりなんだろうけど
「レ」は9種類の可能性がある一番厄介な音だし
「シュ」も「カ行」「チ」「シ」の可能性があるな

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
ここだけの話
ローフ氏族(金目、軍士として優秀)が宗家以外は別の姓を名乗るのは
有名人(軍人)の名前を元ネタに使うためではないかと睨んでいる
山本五十六とか高須四郎とか

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
言語のほうは正直専門でなくてよーわからんな。

例の質量比からみた速度と、速度から見た質量比が10倍違うのって他に誰か計算した人居ませんかね
私が計算違いしてる可能性も高いし

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
例のってどれ?
番号で教えて

質量の「平方根」に反比例するのを
累乗とか平方根取らなかったりとかひどすぎるので読み飛ばしてた

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
>>151
の計算ね。 累乗に反比例は普通に書き間違えました。

速度=3600/(√質量)
天浬の設定からだとこの計算だと思うのだけど
これで計算すると戦列艦級の質量が1800セボー(18万トン)くらいになる。

1個分艦隊22.5〜25ゼサボー(250000セボー)らしいので、120隻くらい1個分艦隊に居ることに。

巡察艦は質量が戦列艦の3分の1程度なので1個分艦隊360隻になってしまう。
戦記1巻で36隻って言っていたので、合わない気がするのです

逆に36隻で計算すると1セボーの物体が1秒間に3天浬ちょっと進んでしまう。
ので変だなーって

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
なるほど。
とりあえず148と150は平方根取ってないから間違いだな
「6000天浬〜」の記述からは連絡艇900t輸送艦17.6万tになるのはあってるはず
いま原作確認できないので分艦隊の総質量とかは知らんけど
戦列艦は*鈍足の*輸送艦より小さいのでは?

まあどっちにしろ計算あわなさそう

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
ありー。こっちの計算が間違ってるんじゃなさそうで安心した。

艦艇数10倍ならトライフ艦隊の数合うかなーと確かめたけど、
それはそれで多すぎて合わない。2000隻かぁ

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
電子書籍にならないかなあ
原作の記述確認しようと思ったのに本が見つからない
買うのもアホらしいし…

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
検索できたら楽だよなあ

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
俺は自炊しちゃった
OCRかけれるから一応検索は出来る
ただ元の本自体が古いからか精度は良くないね
出張いった時とかにたまに開きたくなる

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
普通に2セット目だ…
表紙カバーが擦り切れたのとページが抜け落ち始めたあたりで諦めた

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
コミックメテオの漫画が更新されてたんだね。
あの漫画凄く楽しみにしてるから凄く嬉しい。

アーヴと人類統合体のキルレシオってやっぱ圧倒的にアーヴ側に偏ってるのかな。
技術力でカバーできないんだろうか。

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
艦隊決戦ではアーヴが(特に我らがスポールが)一枚は上手だけど、日頃の損害比はアーヴがそこまで有利なんだろうか?

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
格闘戦では圧倒的にアーヴなんだろね

1対1:負けるはずがないわ
1対2:ちょっと手間取るかもね
1対3:ちょっと本気を出そうかしら
1対4:あーん、あたしの艦に傷がついちゃうわ
1対5:ちょ、おま、やめ(ry

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
格闘戦だとまともに戦ったら四対五が限度、三対五だとまず勝ち目はないそうだけどね
結局、戦旗1のあの戦闘は決着はついたんだろうか

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
そもそも艦隊戦で格闘戦になること事態戦術的失敗じゃね?
劣勢側があえて持ち込むなら兎も角、個人技能に頼った作戦は駄目だろ。

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
S―Fマガジン2013年10月号
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/721310.html

【読切】
「海嘯 星界の断章」 森岡浩之

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
断章がつぎいつ単行本になるかわからないから買っとくかあ

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
最近6年で7本だから、このペースならあと4年ちょっとしかかからない

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
今回のトラブルで今週中に2ちゃんを一時閉鎖するらしい
先行きも不透明だし、どこかに避難所ない?

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>234
格闘戦は艦隊戦の1形態ですよ。遠距離攻撃の術が機雷以外ないんだから

ちなみにあの交差の後撤退すると言ってたから、バースロイルは沈んだけど
一応第一戦隊も撤退し始めたんじゃない?

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>217
なんかラフィールとジントが焼肉をつついている様を妄想した

>>235
また読めない字が

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>240
かいしょう
ポロロッカみたいな現象だけど古くは津波や高潮も海嘯と呼んでる

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
ジントはかいしょうなし

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
ナウシカの漫画で覚えたなぁ海嘯
SFマガジン売ってる店自体が探すLvなのが問題だ

かなりレアいネタが入ってるからぜひ読みたいんだけど

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>243
読むだけなら公共図書館で購読してるところを探すほうが確実

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
デパート内の本屋にあった

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
読んだ
注目キーワード「第二部の開始は未定」、「一昨年、心筋梗塞で倒れて以来」

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
もう生きててくれればそれでいい
って感じになってきたな

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
書かないヴタは…

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
これで今年は仕事納めかな?
良く働いた1年だったなww

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
そういや煉獄はどうなってるんだろうと思ったら、2年以上前に雑誌がなくなってたのか
じやああれで完結なの?

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
雑誌がなくなったからって完結したわけではない
次を出すあてがないだけ

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
amazonからSFマガジンきたー
>>235 ありがとう

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
FF5だか6だかのリヴァイアサンの技名?が大海嘯だったなぁ

第二部の開始が未定ってやるかどうか未定ってことなの…?
時期が未定ってことだよね?ね?

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>253
戦旗5のあとがきを自分でみて解釈してくれ

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
コミックメテオのやつ買ってきたけどこれいいな
こんな表情豊かなアーヴは初めてだわ

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
海嘯は何かイマイチだった。
未来の超テクノロジーなんだろうけど、菌の設定が都合よすぎる気がする。
飢えて干からびない限り死なない、てことじゃないと話が成り立たないんじゃないか?
あと、ゆっくり溶岩に飲み込まれたら蒸発せず大気中に有害物質が拡散しないというのも都合が良すぎじゃないか。

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
作者さんは文系で言語構成とか文化とかすごいんだけど
生命科学の知識とか計算はちょっと苦手なのかもしれない。

設定確認したり相互チェックかけるとああ、ここ1桁計算機間違えたんだな
みたいなネタがちらほらある

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
話なんていい加減な方がおもしろいんだよ

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
マイクロマシンの方が説得力があったかも
でもそれだと星界っぽくないか

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
ナノマシンじゃなくて

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
マイクロマシンは現代の技術か
最近攻殻機動隊を読んでたからマイクロマシンを思い浮かべたw

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
ttp://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_130828204353_1.htm
トークイベントに出演だって

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
ラフィールの叔母さんが伯爵なのはひとつの謎だったけど
惑星改造はかなり短時間でできるみたいだね

と言っても公務から開放されてすぐに惑星改造を始めてから17年かかっていて
ラフィールが産まれたのがドゥビュースが王になったのと同時期だと
紋章の時点でラムローニュが伯爵なのが計算合わないような

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
子爵の数か少ないっていうのは叙されている貴族の数で
皇帝持ちの貴族の封されていない領はいっぱいあるはずだよね

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
入植は軌道塔が出来てから行われるみたいだがその建設も短時間みたいだね
時間がかかるなら惑星改造と並行して建設してもいいし

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
軌道塔を地上から建設するとか非効率にも程があるしね。
基本的に空間で製造して地上世界に作ったプラットフォームにつなげるんじゃない?

惑星改造か。地上世界を作れそうな星に水を含んだ衛星を色々叩き込んでから
むしろ海と大地の形成、その後冷却(超時間が掛かる)、
惑星自体の栄養増加なんかは微生物→地衣類→樹木(ここも時間がかかる)と
いうのがクラスビュールで説明された惑星改造でしたっけ。

ほとんどの生命体が地球由来でそれを植えるって言ってましたし、
ラフィールの叔母さんが栄養増加から始めたとしても…ちょっと17年は短いですねぇ。
砂漠惑星とか、海洋惑星でも貰ったのかな。生活環境コロニーを建設、安定させて人を集めるだけなら行けそうな期間かも

よく考えるとドゥサーニュが皇太子になった時、ドゥビュースは軍位階は提督でしたっけ。
妹姫だと、良くて百翼長か千翼長かな?後に生まれた候補さんたちはちょっと大変だ

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
ていうか、どこでも使える軌道塔自体は割と既成品な気がしてきた。
ハイドは接続プラットホームの建設に手間取ったんじゃないかな

子爵は任命されて50年もあれば伯爵になれちゃうんだろうし
総合的な数は常に少なそう…それでも諸侯はたった1500くらいって有りますし
可重惑星が有る星系がすくなきゃ、そこに門が開くことも少ないんだろうな

アーヴがもしこの戦争に勝利したら、ラクファカール式の可住惑星製造術が流行るかもしれないw

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
>>267
生態系の保護でいろいろ規制が厳しそうだから、
建設予定地のアセスとかそこでの生物種の保護・移転とか、
なにやら準備段階が大変そう。

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
おおそれは確かに。ただでさえ反アーヴ感情の塊見たいな地上世界なのに
普通の軌道塔のプラットフォームの為に現行の街に近いくらいの土地を切り開くとか
あの現住生物を大事にする性格からしても物凄い反対がでそうですね。

低軌道の軌道塔とかでスカイフック方式…いや、でも特注になるだろうし
そもそもそこまで上がるのが面倒くさいから微妙か。惑星ハイドめんどくさー

星系全体で10日以内の制限が無ければ第二の地上世界を開拓したほうが楽しめそうだ
可住化可能惑星があればだけど

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
惑星ハイドの一番の問題は軌道塔の利用率が少ないことじゃないかな
人の交流が多いようには見えないし、元々孤独の星だから交易の必要性も無い
ハイド泊と現地政府との関係も良くないし、どちらかと言うと鎖国したがっているように見える
他の星との定期便がどれぐらいあるのか(無いのか)
統合体の方が軌道塔を設置しそうな気がする

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
しかし、アーヴは地上世界には興味ないくせに、
なぜ爵位を地上世界の人の有無や人口の大小で決めるんだろう…

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
人には興味ありますし

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
他星系との交易は領主の権利だから
人口が多いってことは経済規模が大きいってことだろ「良い市場」だ
物だけでなく人材で帝国を潤すことも出来るからだろう

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
帝国の総人口が9000億、有人星系が1600、諸侯が1500家で侯爵は領民1億以上だっけ
かなり人口偏ってそうだな

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
諸侯の数より有人星系の数が多いのは皇帝持ちの領土の分か

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
諸侯に王族は入るんだっけ?
あと複数星系持ちはありえるんだっけありえないんだっけ?

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
あれ、紋章1確認したら有人星系が1500ほど、諸侯が1600家ってなってるな
諸侯の方が有人星系より多いってどういうことなんだ?
有人惑星がある星系が有人星系すなわち諸侯の邦国、
半有人星系というのは男爵子爵領あるいは星界軍等の空間施設のみあるような星系
だと思っていたんだけど違うのかな

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
1500ほどの有人惑星、1600家ばかりって情報がハイドニュースとクラスビュールのだいぶ不正確な学校情報だから、
多少誤差もあるかと。それにこの7年くらいで多少増えたのかも、何しろここしばらくは平時だったし。

スファグノームなんかは侯国になっても3億人ちょっと…公爵領の人口爆発はヤバそうだ。
と、ここに惑星改造の期間の表記があった。1から初めて入植まで50年くらいらしい。
さすがの技術ですごい早いけど、ラフィールの叔母さんの17年はちょっと早すぎるw

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
1500ほどの有人星系と20000以上の半有人星系を支配しているというのは
皇太子率いる流砂艦隊から直接下りてきた情報だからなぁ

アーヴの構成に関する記述はジントの知識というよりは普通に神の視点からの地の文じゃないか
仮にジントの知識の内容だとしても皇帝の名前を調べるのは地上世界からでも簡単だそうだから
さすがにこの程度の情報は公式に発表されたものに接することは可能だろう

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
2万は多いな

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
男爵〜子爵が2万って多いかな?銀河の半分という広大な範囲で
補給可能なポイントが2万と1500しか無いと思うと正直少ないくらいだと思う

円均等に散らしたとしても12環とかの外周部の航続距離は相当にギリギリじゃないかなと

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
広さは通常宇宙じゃなくて平面宇宙の方が問題だからな
で、平面宇宙の距離感覚というのがいまいちよくわからんのだが
あの地図の中に2万も点を打つことを考えたら、まあ十分すぎるほどじゃないか

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
時速1200天節でかっとばせる連絡挺でフェブダーシュからスファグノームが数日掛かってるからなぁ

艦隊(戦隊)規模での移動だと戦列艦に合わせて85天節
3日と仮定すると同距離を走るのに艦隊は42日掛かるんだよな


んん?、紋章の時、フェブダーシュ到着時点で敵艦隊に27時間ほどしか先行してなかったよね。
艦隊の14倍、巡察艦の10倍の速度で先行してるのにたった27時間しか先んじてない?
ていうか、ゴースロス→フェブダーシュが2日(原文)掛かってるから
少なくとも57600天浬走ってるわけですよね。

ゴースロスと敵艦隊の距離は1540天浬、大して離れてなかったから
敵艦隊(戦列艦)がフェブダーシュ領に届くのにも28日掛かるような…

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
ざっと計算、27時間の時間差で追いつくなら、艦隊の移動速度は525天節くらい。
重さにして47セボーに分割されて移動できる謎の超速艦隊が誕生してる

なんだ、どっか計算ミスッたかな

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
戦列艦を帝都の施設みたいに分割可能にして、それぞれに機雷(時空泡発生装置)と発射ユニット、燃料タンクが付いてれば
短距離ならダッシュできるかな 自動操縦にしないといけない上、コストにも見合わないけど

平面宇宙の距離感覚を考えようとしたら余計よく分からなくなったな

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
数発機雷を詰め込んだ打ちっぱなし型の多弾頭大型機雷

相手の機雷が時空融合した時点で子(通常機雷)をばら撒いて散開攻撃するようにすれば
迎撃されにくい長距離機雷ができる。親には燃料庫くらいの役割しかないから簡単

遠距離武器の最大の利益は射程だからなぁ、実は長距離大型機雷好きなんだけど
これなら1発の通常機雷で潰されちゃう弱点を解消できるかも

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
時空泡の必要エネルギーがどう算定されるかはわからないけど、何基かの時空泡発生装置の稼働を節約できるなら、複数基が同一時空泡に包まれることで、射程を伸ばせるかもしれないね

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
>>283-284
連絡艇の速度が時速1200天節とかいうのは、通常宇宙での移動速度だっけ?
巡察艦の10倍とかいうのは平面宇宙での移動速度?

単純に通常宇宙と平面宇宙では速度が違うのでは。

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
「天節」は平面宇宙の速度の単位です

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
計算が全然合わないって結論には影響しないけど
戦列艦の速度が85ってのは間違い
何度か指摘してるんだけどなあ

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
>>290
そうなんですか?
6000天浬を5時間と70時間でだと時速は単純に1200天節と85.7天節
重さは連絡挺900t、輸送艦(戦列艦)18万t…と、思うのだけど

度々になってしまう用でで申し訳ないですが、どういうことだか教えて頂けないでしょうか

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
>>287
必要エネルギーは多分やや悪くなるんじゃないかな、多数稼働させても
質量と同等分のエネルギーを空間に放出し続けないといけないわけだから(そのための機械だし)
2基目を稼働させて分ける分のエネルギーが損失になるだけかも

>>288
巡察艦147天節くらいと見た場合ね。
巡察艦は戦列艦の1.73倍の速度だから
290さんが言うには違うらしいけど

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
前から考えていたんだが、
質量が大きい物は速度が遅い
しかし表面積は質量が二倍になっても二倍にはならない(表面積でエネルギーが消費されるから)
結果的に重い船は速度が遅くなるがエネルギーは節約できる(距離当たりのエネルギー量)
平面宇宙を艦隊が進む時は単艦で移動するより時空融合している方が効率が良い

なにか勘違いあるかな?

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
このへん記憶に無いんだけどどこに書いてあった?

> 質量と同等分のエネルギーを空間に放出し続けないといけない

> 表面積でエネルギーが消費される

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
ごめん表面積とは書いてはいない

⒈時空泡は時空粒子と相互作用する
⒉質量波を放出する

紋章1 137-138

⒈が質量ではなく時空泡の表面積によって消費されるエネルギーが決まるのではないかと思うところ

質量のみに消費されるエネルギーが決まるとすると、質量の大きな船は速度が遅くなるので移動距離あたりの消費エネルギーが増える
そうすると輸送船は小型の方がお得となってしまう
機雷も直接運ぶのではなく本船の後をついてくるようにして輸送した方が有利になる

⒈⒉を合わせて、「大きい方が効率が良いけど速度が遅くなるし、時空泡限界がありデメリットもある」が俺のイメージ

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
少し疑問なのは、平面宇宙ではすべての時空泡は粒子の1個として観測されるのでは
そこに表面積という概念が生まれうるかどうかという疑問。(by紋章1P110)

内部空間を広げたりは出来たはずですが、移動状態だろうが停止状態だろうが質量に応じた一定のエネルギーを平面空間に時空粒子として放出する。
この時空泡から発生する時空粒子が質量波として観測されるわけで、内部空間を広げたら消費量が増えたり減ったりしたら
一定であるはずの質量波が変わってしまうことになるのではないかと思います。

ちなみに速度については完全に質量にのみ依存するはず(紋章1P147)

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
>>295
輸送船は大きければ大きいほど有利ですし効率もいいですよ。
ただ、艦隊に追従しないといけないので軍事用は戦列艦クラスでしょうが

小型の輸送船はたしかに早いですがそれを複数用意して大型船と同質量の物体を運ぼうとすると
船体自体と時空泡発生機関、人員とその生活空間の分の質量が果てしなく増えてくので
輸送に掛かるエネルギー量が圧倒的に増大しちゃいます。大型船でも小型船でも人員は一緒ですしね

まぁ差額を無視して強行するなら小型輸送船でいいんでしょう。

ちなみに戦列艦が巡察艦の3倍程度の質量に抑えられてるのは、この質量なら2隻が同一時空泡に存在できるからだと思う。
輸送船-戦列艦が1隻づつ時空泡内に合流できれば緊急補給が可能ですしね。

巡察艦半個艦隊で突撃する縦列に戦列艦が1隻混ざってても気づかなかったりするのかな。ふと思った

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
そもそも質量が大きいほうが移動に時間が掛かるとはあるけど
質量が大きいほうが時空泡の維持にエネルギーが必要って記述はないんじゃないか
通常宇宙の物理法則で考えたら質量が大きいほうが運ぶのにエネルギーが必要だが

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
そういやそうだね、質量波が質量によって変化するっていう記述から
消費エネルギー量も増えてるんだと思ったけど、質量波と放出される時空粒子は別らしい
これは軽質量でも重質量でも、時空泡自体の維持に掛かるエネルギー量は変わらんのかも。

単に移動が遅くなるから、その分消費量が増えると見たほうが合ってそうですね

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
時空泡発生機関の負担を軽減するために時空融合した
みたいな記述がどこかにあった記憶があるんだけどどこだったかな…

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
戦記1のアニメじゃない?
しかもオリジナルストーリーのところ

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
よく惑星の質量やブラックホールについての解説で、宇宙空間に見立てた薄い膜の上に
星に見立てた重さの違うボールを置いて、そのボールによる沈み込みが重力を示している
図があったりするよね?

質量波もこれと同じで、平面宇宙に時空泡を置いた時に起きる「たわみ」のようなもので
発生するんじゃないだろうか?だから時空泡が多少伸び縮みしようとも、沈み込む深さは
さほど変化しない(=質量波の大きさは質量によって決まる)ということで。

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
というか、質量波ってなんだろう?
平面宇宙上に存在するのって時空粒子と門、火山だけだと思ってたんだが
質量波は時空粒子ではないという。もちろん電波でもない
ていうか泡間通信に言われるように時空粒子はそもそもそんなに遠くまで早く移動しないしそれを観測もできない。
出来るなら泡間通信は近距離じゃないと役に立たないとは言われないよね

たわみ説はなるほど、と思うと同時に大艦隊が居たらそれぞれの時空泡の質量を観測できるほど
はっきりしたものなんだろうか、とも疑問に思う。

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
重力波をいいかえてると理解してた

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
>>303
んーと、文章がわかりにくかったと思うので補足すると、質量波は「たわみそれ自体」じゃなくて
「たわむ事で発生する何か」なんだろうと思ったんだ。言葉足らずでスマンカッタ。

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
平面宇宙に重力ないでしょ?

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
重力ないって断言されてた?
重力波は時空のゆがみの時間変動が伝播するものなので、305的理解ともそうとおくないとおもうんだけどどうだろ。

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
平面宇宙は時空じゃないしあるって断言されてないならないのだと思うけど

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
理論上は無限に到達し長距離でも観測可能、
質量に依存に合ってるし、他に思いつかないですよね。

門は貫通出来ないみたいですが…まぁ門は性質に吸収がありそうだし仕方ないか。

って、こんな記述があったのか。門がまばらそうな第12環なのに1500天浬の間に3つも門があるとな

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
3次元空間じゃないから重力そのものではないんだろうけど
時空泡に時空粒子が吸い込まれてるし、火山から門に向かっての流れも存在するからなぁ

平面宇宙に重力に類するものが無いかどうかはちょっと微妙。

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
>>310
そうなんだよね
三次元でなくて重力場が発生するの?等のつっこみを回避するために質量波という概念をだしてきたんじゃないかなと想像。

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
前にどっかのブログ(ブログが流行る前の日記サイトだったかな)で「平面なのに波があるのはおかしい」って言ってる奴いたな
粒子の濃い薄いの波なのに

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
「糸電話の糸は一次元だから音波が伝わるのはおかしい」キリッ
aa略)

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
質量波は時空粒子現象じゃないらしいので、それ以外の粒子が実は平面宇宙に存在することになる…

平面なのに螺旋状のほうがよほど変だとおもふ

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
螺線なら無問題なのかしら?

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
渦巻を螺旋って言うの、そんなに変だろうか。

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
前スレであったけど
渦巻だと渦巻の内側で転移したら外側の線に触れて通常宇宙に戻っちゃうんじゃないかと
そういうことが起きないということは門はマキグs‥‥巻き貝みたいな形しているんじゃないか
ってことになるけど平面ならそれはないし
結局 門が平面宇宙でどういう形なのかよくわからない

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
>>317
二枚貝の殻だって断面切れば曲率の大きい渦巻の一部だぜ。
360度回りきっていない、弧状の曲線だと思ってたなぁ。何でそれを螺旋というのかはさっぱりだけど。

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
三次元で球状の物の二次元への投射なら真円がいちばんしっくりするんだがな

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
ただ紋章1p109の記述だと実際平面宇宙側の門には内側があるようだし
一応渦巻のような形ではあるんじゃないかな
渦の間隔がそれなりに大きければ門に入ったと思ったら出ちゃったみたいなことも無いのかなと
あと門突入時点の時空泡って停止状態っぽい気が

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
停止状態…でふと思ったんだが、時空泡ってどうやって動いてるんだろう
物のたとえとして回転する球体を上げてた気がするが実際の時空泡は回転する球体粒子じゃあるまいし

実際の動きの記述をみても、明らかに操艦とは別系統の時空泡移動操作があるんだよな

思いつくのは時空粒子を前方から吸収して後方に多めに放出する、とか?

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
時空粒子(時空胞)そのものに、質量に応じた速度を持つ運動形態と、速度0の運動形態の2種類の状態があると考えるしかないんじゃないかな。
質量波もそうだけど、3次元時空の考え方で平面宇宙を理解しようとしても仕方ない気がする……

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
平面宇宙の物理法則は通常宇宙とは違うと明言されてるからね

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
平面宇宙が平面なのは星間国家の勢力図を単純化するためだよな
厳密に考えると三次元の銀河を二次元に投影するのって無理があるし

平べったい円盤上の銀河ならまだしも
広大な三次元に散らばってる銀河群がどう平面宇宙に投影してるのかを考えると

325 :sage:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>298 299
戦記Xのp26に

  連絡艇のつくりだす時空泡に救命來や短艇くるみこむことはできる。
  過剰な質量を支えることになるので、エネルギーが短時間しか持たない

とあるので質量が大きくなるほど必要エネルギーは大きくなるのでは?

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>322
縦回転と横回転で説明されてたけど。
いずれにしろ回転してるから停止状態であれ移動状態であれエネルギーは消費すると。

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>326
あれは例えじゃないのかな
時空泡が消費するエネルギーは移動や回転のためじゃなくて
時空泡が時空粒子を吸収し、そして放出する際には内部質量に寄って変わる
エネルギーを追加して時空粒子として放出するというプロセスに使われてるはず。

時空泡が回転してないとは言わないけど、回転がそのまま移動速度になるのは違うと思う
その場合、質量によってそこまで速度差が生まれないんじゃないかな
回転によって前進するなら、速度を出すのに加速というシステムを使ってることになるし
何を噛んで加速してるのかもよく分からんことになる。
0から即、最高速度にすることができて、それ以上には速度が上がらんわけですよね

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>327
加減速してるシーンてあったけ?
もちろん例えだけど、速度はONとOFFのみでON時は完全に質量依存。
細かい速度の調整はONとOFFを煩雑に切り替えて調整とか勝手に妄想してたんだけど。

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
PWM制御だね

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
いや、加減速のシーンは無いですよ
最高速度の移動状態と停止状態だけ
速度の調整法は妄想でなく、それ記述であったような…>On,OFFによる速度調節
戦記1巻でガムロイルが隊を待つときそれやってませんでしたかね

だからこそ、速度調整ができる回転性の移動方法ではないんだろうなーという話ですね。

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
移動状態と停止状態を切り換えて速度を調節するというのは
紋章1p110に書いてあるね

ただ時空粒子の放出を調節して移動するっていうのはどうだろうなぁ

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
梶はどうとってんだろ時空泡のなかで艦首が向いている方が常に前なのか

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
泡の外の前と中の前は全く関係ない
時空融合したときの出現方向はランダムだったでしょ

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
出現方向がランダムなのは、門に突入した時ですね。

時空泡同士の接触の場合は虹色?の融合現象→融合面が開くって流れみたいですよ
だから火力集中できるし、飽和攻撃でも無ければ機雷は迎撃されやすいんだと思いますが

舵という以前に、どうも平面航行中はそもそも主機関を点火してない模様。
戦闘開始前に点火する様子が何度か有りましたし

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
融合もランダムだよ

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>335
戦記4,31P
融合面は泡立ち、虹色に輝く波紋を見せた後接触して一つになるようですが

それとも、その融合面が発生する場所がランダムってことですかね
たしかに多少バラけないなら戦記1みたいに縦列で突入したりはしないかも。
モグラたたき見たいなことになりかねない

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
それとも…って他にどういう解釈があるんだ
融合面と別の場所に出現するとかそういうあほなこと言ってるの?

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
融合面がランダムに発生するなんていう記述は見あたらなかったので
ある程度進行方向なり、相手時空泡との接触方向側に融合面が発生すると思ってるのですが

なんかランダムに発生します、みたいな記述や考えの元があるのです?

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>338
時空泡は素粒子だというから幾何学的点だろうという理解があり、
よって個々の時空泡の前とか後ろとかという概念に意味はなく、
しかし時空泡の中には三次元空間が包摂されるので、時空泡の融合面はランダムに決定される、という理解じゃないの?

戦闘描写からいってもランダムでないという発想がどこからでてくるのかわからないんだけど

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
ゴースロスの戦闘シーンを読んでもランダムだと思えないならもう会話が通じる自信がないのでランダムじゃないってことでいいです

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>339
なるほど、でも紋章2のP96、後ろから迫ってくる機雷は普通に後方に時空面が現れてますが
アレは偶然なのかな。接触面に対して逃げられるように主機関を向けたとかですかね

ゴースロスの戦闘シーンはランダムじゃない方の証明記述かと。
時空融合箇所がランダムなら囲い込んで同時接触のが操典通りというのは危険じゃないですか?
門が通過時間を厳密に決めてるのは、接触事故防止の為が大きいでしょう
ランダムに合流するのであれば、同時接触を理想とするのって普通に接触事故を起こすと思うんですが

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>341
突入面がランダムだろうがそうでなかろうが、突撃艦級が個艦で巡察艦に挑んでも勝ち目がないから、ほぼ時差をつけずに複数の艦で時空融合して数の利を得ようとしてるんだろう。
逆にゴースロスにしてみれば敵艦の同時融合は避けたい=いずれかの時空胞に優先的に融合するという戦略をとることになる。
ゴースロスがターゲットに選んだ時空胞は、ゴースロス時空胞より軽いから逃げて他の時空胞が取り付くまで時間を稼ぐだろうし、それ以外の時空胞はそれに応じてゴースロスの包囲を崩さず距離をつめるというのが定石じゃないか?

そういう定石をちゃんと実行してるから教科書に載るような堅実な動きだと評したんだと思う。

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>341
>>340

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>339
幾何学的点だと接触するのってすごく難しそうだよな

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
結末は既に分かってるとはいえ、ゴースロスが撃墜されるのは辛いな・・・・

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
ゲーム版をやるんだ

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 05:31:18.14
アーブ側の艦船が撃破されるって事は、美形ナイスバディちゃんたちが
その都度塵と化していくって事なんだよな
やれやれ、勿体無いったらありゃしない



公式にアーブを人間扱いしなくていい人類統合体の捕虜収容所では、
カイト大尉よりキチガイでどうしようもない連中が揃ってて、エロゲーな展開してそうだな
あ、俺的には花と蛇みたいな展開キゴンヌ

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 05:51:14.31
>>347
それはそれで胸が熱くなるけど、捕虜としてすら扱ってなさそうな気がしなくない
普通に人体実験なり廃棄なりしそうで嫌だなぁ

スファグノームまでの連絡基地なり領地に居た人くらいですかね捕虜というか虜囚になってそうなのは

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 08:11:39.97
>>348
ヴォーラーシュ伯一家も、行方不明

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 08:22:25.67
スファグノーフ

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 09:51:56.88
>>348
喋って動けるダッチワイフ扱いだろうな。
数は少ないだろうから、政治士官と高級官僚といった特権階級が独占してそうだ

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 10:21:33.05
薄い本マダー?

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 10:27:16.40
>>351
それをマジにやって滅んだ星間政府あるんだろうな

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 11:11:41.37
統合体以外の三カ国はアーヴに対してはどういうスタンスなんかね

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 11:11:56.87
>>353
そういう政府には弧状列島の祖先と違って、容赦なさそうだよな

地上人が、角煮的なエロビデオ作っているのは見逃しているみたいだが

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 11:23:00.74
自発性のある無しでは?
ある意味、自発性=狂気として通じるか

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 11:37:59.07
本物のアーヴに手を出さなきゃほっとくんでしょう。

ぶっちゃけ遺伝子改造して擬似アーヴを作ってる邦国すらあるっぽい。
ただし、国民とか従士にはなれないらしいけどね

どうでもいいが、この世界のそれな人形の技術は色んな意味でぶっとんでそうだ
サイバーパンクに行かない為にアンドロイドがでないんだろうけど・・・w

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 14:41:48.43
>>357
>遺伝子改造して擬似アーヴを作ってる邦国
ジムリュアの出身地だっけ

サイバーパンクの邦国は実際にあったよね
思考結晶に記憶を写して永遠の命を手に入れたつもりになってると
皇帝に評されてたけど

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 15:15:04.85
なんせ地球の弧状列島にすらVRNWSとかいうのがあったぐらいだからな

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 16:17:20.75
あれ、勘違いかな。
フローシュが無いと飛翔科の翔士になれないだけで、アーヴの世界には入っていけるんだっけ?

どっかで擬似的なアーヴは受け入れてもらう事もできない、みたいな言及も…
あった、断章の2,P233か

思考結晶を脳に埋め込んだ民は国民になったり、アーヴになったりできるんでしょうかね?
電脳化が我らが家風、とか言い出されても困りそうだ。

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 16:42:50.94
電脳化という単語みるたびに嫌悪感がある

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 17:17:28.00
じゃあ思考結晶に知性を封じた国民とかあり得るのかね。と言い換えとこう。

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 19:11:07.01
>>361
なんでw

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 21:19:51.09
紋章3巻目、上皇会議で知識を思考結晶に封じて永遠の生命を獲得したつもりの邦国があると語られているから
思考結晶化はそれなりに出来るんでない?

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 21:22:33.37
かなり前の話の蒸し返しになってスマソ
どこまでが貴族でどこからが士族か、姓称号や爵位の変遷とか
その時には、帝国建国時に貴族だった者の子孫はどこまで世代下っても貴族って結論だったけど
前に、(おそらく読本で)読んだ内容を思い出した↓

>姓称号サペーヌ

>アーヴの名前につく、出自を表す部分。皇族が名乗るネイ、
>皇族から分かれた家を示すボース(アロンより格上とされる)、
>帝国創建以来の貴族が名乗るアロン、帝国創建後に創氏された貴族が名乗るスューヌ、
>帝国創建以前からある士族のウェフ、帝国創建後に創氏された士族のボルジュの6種類。
> したがって、ネイ、ボース、アロン、ウェフの姓称号を持つ者は例外なく根源氏族の出身である。
>一方、ボルジュは地上人からアーヴになった者とその子孫が名乗る。
>複雑なのはスューヌの場合で、その先祖の姓称号としては、ウェフ、ボルジュ両方が考えられ、
>またアロンからウェフ、そしてスューヌになった家もある
>(例:スファグノーフ侯爵家)。
>極めて例外的に、ウェフ、ボルジュいずれも経ることなくスューヌになった家もある
>(例:ハイド伯爵家)。

ttp://www.yukkun20.com/seikai/dic03.html

↑とほぼ同内容の記述を読んだ記憶があるんだが
多分、紋章読本だったような、引っ越し二回やって原典をどこかにしまいこんでて確認できないが

ビボース兄弟の子孫も何代が下れば、称号なしのウェフになるんじゃないかと

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 21:24:52.61
>>365
領地なし称号のみの公子であっても継承には義務の軍役が必要だから、
それをいやがって返上して士族に下る場合があるんじゃね?って話かと

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 22:01:38.17
スファグノーフ侯爵家がアロンからウェフになったって記述は
少なくとも原作には無かったような

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 22:12:53.70
>>367
読本にもないね。ファンサイト独自の考察ってやつでは。
スファグノーフ侯爵家は根源氏族であるソスィエ氏族の出で初代は叙爵前はウェフだっていうのは原作にあるので、
そこから推量したんじゃないかな。

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 22:14:17.72
おっと途中で流してしまった
ただ、根源氏族の出だからといって、帝国創建後に宗家から分かれたということにはならないので、
帝国創設時にすでにウェフだったこともありえる。そこは原作には触れられていないはずなので、
そのサイトの人の勇み足じゃないのかね。

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 23:19:07.17
貴族から氏族になってまた貴族になった例がある、というところから
公子公女位が何世代かで自動的に剥奪される、になぜダイレクトに繋がるんだ?
間にもう一個ぐらいなにか必要じゃないか?

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 23:36:41.61
そういえば
幾つか分家を作った後に本家が途絶えた場合は、本家が用意した専用?の受精卵に……となるのかな

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 23:52:14.71
仮に戦争で若い世代が死に絶えても退役世代が2〜3人はいるだろうから
また子供つくるんじゃない?

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/01(日) 23:52:41.07
>>366
d
そういえば、ソシエ氏は交易に秀でている一方、
軍事で貴族に叙せられた者が少ないらしいってあるが
軍役十年クリアする前に退役して、交易に従事する傾向にあるから?

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/02(月) 00:05:23.89
>>373
本編のなかでは詳細は語られていない
しかしなにかいろいろ勘違いしてないか?
軍役十年は爵位の義務だし、叙せられるてのは(それまで貴族でなかったものが)勲功によって叙せられるという意味だから
仮定に意味がないようにみえる

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/02(月) 07:00:52.09
交易馬鹿
・鉄砲を撃つ時、弾の値段を計算しながら撃つ
・偵察にいくと敵兵よりも小惑星に目が行く
・船内で上官に物を売りつける
・賭けの胴元をして部下から金を巻き上げる
・敵兵に降伏でなく貿易を呼びかける

軍予算が少ない時に兵站部門に回された時が出世のチャンス

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/02(月) 07:42:54.50
兵站系はふつうに主計科はりつけるだろJK

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/02(月) 14:10:58.80
>>375
忍たまのきり丸みたいやな
交易というより小遣い稼ぎっぽい

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/02(月) 17:43:41.29
>>364
その記述を踏まえた上で、そういう領民が国民になれるのか?
または、国民がそういう処置を受けても変わらず人間扱いして貰えるのか?

と尋ねてるんじゃないかな

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/02(月) 18:12:00.35
>>378

据え付け結晶、との記述は確か無いはずだから義体型の移動式。
ただ、本体に記憶を戻せなくなる可能性と、空識覚を擬似再現出来る可能性もあるから星界軍参加は不可。

なら、説明出来ると思う。

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/02(月) 21:43:15.90
道具…というより、物や部品とみなされた歴史を持つアーヴが
それに近しい物にそんな忌避を持つかな、という疑問はある。

宇宙での戦闘では起こりにくいけれど、空挺隊があるわけで
多少の義体化はしてると思うなぁ。性能が違いすぎるもん。
そうすると頭以外は機械なサイボーグや全部機械のアンドロイド
頭以外は生身のサイバネなんかの人権は?というネタに発展しちゃう

可能ではあるし、そういうのもあるけれど常識的に極少数でまずやらない
とかそういうものなんでしょうね。

むしろ、考えてて思ったのは遺伝子の方で、家徵で猫耳(本物)とか良識がなければやれるという
動物との混合アーヴも居るんじゃないかという恐怖w

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/02(月) 21:45:18.20
動物の遺伝子交ぜるのは法で禁止されてるよ
紋章1であるだろ

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/02(月) 22:42:48.01
あ、ほんとだ。
良識ではやらない、のは猫を艦に載せる方か。勘違いしてた。

それっぽい(トライフの犬歯とか)家徵あったからもしや、と。

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 00:13:33.56
>>380
>そうすると頭以外は機械なサイボーグや全部機械のアンドロイド
麗しくない、の一言で切って捨てられるかとw
>家徴で猫耳(本物)とか
ヌイ・アブリアルサルに喧嘩売っているのか、君は?

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 00:31:17.60
思考結晶ってどういう技術なの?

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 00:40:15.54
未来の超技術

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 01:29:08.86
ターミネーターのCPUの発展系みたいな奴じゃね?

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 11:39:33.34
単に、物凄い技術で出来たSoCなんじゃないかな

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 13:59:19.18
光子コンピューターの端末が鉱物になってるみたいだが

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 20:04:33.23
>>380

銀英伝(アニメ最初期)は義手の兵士が居たし、スタートレックでは脳の一部をコンピュータに置き換える種族(バイナー人)もいるらしい。

認めるしか無いな…航行中の事故って結果を無視出来ない以上は。

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 20:29:32.96
人類統合体では遺伝子異状による障害は機械的に補助が可能ってことだから四肢の置き換えくらいの技術はあるんじゃないかな。
まぁ想像だけど。

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 21:01:17.78
ジントが怪我した時に軍医がなんか言ってた気がするが忘れた

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 21:20:34.19
戦旗5を買って読み始めたが、なんか変で、記憶とつながらなかったので、
棚の戦旗4を少し読み返そうと引っ張りだしたら、戦旗4が未読だったことが判明した。
出てすぐ買ったから9年間積ん読してたのか。
そんなことも把握できてないくらい、星界に関する記憶が混濁したまま、生きていたんだ。俺は。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 21:25:16.52
あ、間違えた。
戦旗4→5
戦旗5→6
もうあかんw

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 21:43:13.37
なんか最近時空の歪みが多いな

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 21:43:34.03
戦旗6がでた、だと……?

396 :393:2013/09/03(火) 21:57:30.05
えっ


なんか、さっきからおれの頭のなかだけ歪みが出ているようだ。。。
スマソ

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 21:57:44.47
まじ?戦旗6がでたの?

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 22:40:33.99
戦旗6は9年後かぁ…
はぁ…

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 23:34:42.41
それは平面宇宙を通過したときのはなしだ
通常宇宙のみを航行した場合の出版予定は・・・

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 23:36:51.34
みんなもう気がついているんだろう、第一部完の意味くらい

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 23:43:32.54
オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/03(火) 23:53:25.56
あとがきで「完結を諦めた事はない」って言うのは心強いが
残りの寿命で書き上げる目処たってるのか

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 00:01:47.28
劇場化決定と聞いて

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 00:04:49.54
グインサーガは完結させてもらえなかったのとちゃうますやろか

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 02:44:09.90
今月のSFMの短編とかみると、
真面目に仕事する気概を取り戻したんじゃないかと
思うんだが

これなら断章3は数年以内に出そうだ

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 06:54:56.32
グインのように、だらだら巻数を重ねればいいってもんでもないがな

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 07:16:41.40
>>402
逆に考えるんだ、完結するまでは死なないと
大病から生還して天命を知った
んだといいなぁ

アーヴにも芸術家はいるみたいだし
文筆業で速筆のアーヴのシリーズ物とかすごい巻数いきそうだな

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 13:57:17.34
>>407
やる気うんぬんじゃなくて健康問題抱えてたら執筆に集中とか難しかったんじゃない?
あと戦旗2みたいに「やばい、何度書いても帝国ほろんじゃう……」で話つづかなかったとか。

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 15:36:17.52
かなり頑張っても帝国が滅ぼせない…のほうじゃないかなぁ
連合にとって戦記1巻の敗戦が致命傷すぎる。

ただこのまま統合体主体で帝国を滅ぼした場合、他3国を属国に従えて銀河統一って流れになりそうだから
人類史上比類なき国家〜っていう一文に合わなくもなるし

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 16:28:52.11
>>409
エピグラフの「人類史上比類なき」うんぬんは、書かれた時点で比類なければ問題ないだろ。

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 19:07:44.43
この話題、何度か出てて微妙なのは分かってるのですが気になってしまって…申し訳ない

まぁそうなんだけど、帝国が銀河の半分を占めてる時点で書くならば
「ある帝国」なんていう書き方しないだろうし(言い方からしても他にも帝国が幾つもあるように取れる)
比類なき強大な国家だったから。という過去形の書き方をしてるから
物語の舞台よりも、かなり未来の時代からの俯瞰に見えるんだよねぇ

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 19:18:49.14
>>411
仮に君の主張を全部肯定したとしても
「統合体が銀河統一」てのが読者の予測にすぎないのだから、
それを元に作中の文言を指弾するのは天に唾するのとかわりない

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 19:54:36.69
確かに遥未来からかつて存在した帝国のことを述べているような体裁だけど
スターウォーズの「遠い昔、はるか彼方の銀河系で…」と同じで深く考える意味なんてないだろう

というか物語の舞台よりも、かなり未来の時代からの俯瞰に見えるのが普通で
何時の時代に書かれたのかとか勘ぐらない

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 19:58:18.28
アーヴ滅亡エンドも作者の構想の中にあるんだっけ

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 20:04:29.84
遥未来に書かれたものとして、その遥未来に帝国がどうなってるのか勘ぐるのは話の種になるが

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 20:18:02.78
アーヴが平面宇宙統一した後に滅亡するとしたら要因はなんだ
軍国主義なのが意味失って緩やかに衰退するか

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 20:30:04.26
戦う相手がいなくなっても今までの平時と変わらず軍政を意地しそうだが

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 20:58:50.15
門か平面空間を使用不能にすれば帝国は即崩壊するんじゃないかな。
物が技術だから焚書したからって消え切らないし、いつか再発見されるかもだけど
時空泡発生装置を作るのに必須物資とかがあれば、それを独占してしまえば開くことが出来ても
平面空間は利用できなくなる。

後はまた昔見たいに放浪商業種族としてのアーヴが残るだけに…と
ちょっと荒っぽすぎる上に仮定が多すぎる

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 21:03:53.75
平面宇宙航行ができなくなったらむしろ自給率の低い地上世界の方がやばいだろう
アーヴはそもそも建国以前に一つの都市船で自給自足してたんだからその頃に先祖返りするだけ

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/04(水) 22:44:52.02
>>413
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
                 , ─ヽ
________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __((´∀`\ )< というお話だったのサ
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \´-`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~〜ヽ::::::::::::|/        = 完 =

そもそも論で言ったら、神の視点だもんね
ゴースロス爆散した時の艦内の様子なんて生きてる人間誰も知らないんだし

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 00:03:06.35
>>419
食料自給率が低いといっても、食料生産に従事している住人の比率が低いだけで
惑星の人口が多すぎて食糧が足りない、ってことは無い気がする
数字忘れたけどどこの惑星も今現在の地球と比べて人口がえらく少ないって記憶がある
だから、一時的には悲惨な状況になっても結構やっていけるんじゃないかなあ
人工培養肉とかもありきたりな普通の技術っぽいし

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 00:06:06.01
アップティックの首相が「餓死者が出る」って言っていたのはブラフだったのか

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 00:15:56.83
作れるけど工場を設置して生産品が必要十分に行き渡るようになるまで、
現有の食料が持たないんでしょうね。

とは言え最前線の惑星にしてはお粗末としかw

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 00:48:38.34
幾つかの惑星を意図的に潰し、汚染物質を星から出さない、ってタイプの政策かもしれん

事実、囚人惑星作った位だし

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 01:22:33.45
>>424
意味はわからん

しかし放射能汚染で人が住めなくなった星はアルカポネ

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 01:32:37.79
直前に中国の環境汚染記事を見てたんで

イメージとしては

その手の汚染物質をデコイにして、地上人を中間宿主にするウィルス類を仕込むタイプの罠は有り得るかな、と

言葉足らずすまん

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 01:43:51.59
アーヴへのウィルス汚染は、相手のほとんどが気密で隔てられた
無数の空間施設で生活してるのが問題なんだよな

潜伏期間十年単位ですら全員に行き渡るか怪しい所があるし
その期間、気付かれないというのはよほどの奇跡に近い

例えば地上の荷物を運ぶ際、荷物はもちろん乗組員への検疫をしないってのも変だしね

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 02:17:43.98
そうなんだよなぁ

後有り得そうな罠、としては飢餓状態寸前まで一度行った後に降伏
食糧等を引っ張り出して物資不足へ、かと思ったが

そこまで飢える状態にしたそっちが悪いで終わりそうだし

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 11:02:21.84
基本は商売なので、対価のない貿易はしません(キリッ
だろうな

食料品の輸送に関しても、できる範囲での輸送はするが、
地上世界の食糧事情を満足することに関しては義務を負わないだろうし

そこまで食料逼迫していると、高く売りつけることも可能なのかな

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 17:09:49.06
いまにみていろハニワ連邦、全滅だ。

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 17:20:10.89
>>429
多少は値をつりあげるだろうが、あんまりあこぎするのは優雅じゃないんじゃない
適正価格で、延滞利子で稼ぐくらいが許容限度なんじゃないだろか

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 17:57:28.24
>>430
司馬 宙さん乙です

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 18:25:36.09
シネェー!

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 22:17:40.58
つい、即位式でアーヴがその古代の歌を歌ってるのを想像してしまった

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/05(木) 23:17:39.06
例えば星界が完結したとしてもラフィールを超えるキャラクターを生み出せないのは否定しないのな森岡

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 03:26:39.45
謙虚なんだろ。まだ星界が続いてるのに次回作ではラフィール超えの素晴らしいキャラを生み出します
とか言っちゃうよりよほどマシだと思うが

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 14:31:26.86
パール(パリューニュ) ばら
ウェムダイス お(を)みなえし

ということで、若い皇族の子爵領に花の名前がついている流れと、
スピュートがつぶてだがスピュネージュがすめらみことである変換例からして、

ドゥヒールが見とれていたスピュール子爵のスピュールは「すみれ」かな!

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 15:20:16.91
mからpになるかね
スピュネージュは「すべらぎ」からだと法則どおりだが

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 16:43:09.99
437が法則を理解してないことはわかった

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 17:30:12.60
パリューニュもウェムダイスもクリューヴ王領だから敵に落ちてるがな

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 20:53:31.11
>>440
クリューヴ王国内だってどこに書いてあるの?

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 21:05:14.48
少なくともパリューニュ子爵領はクリューヴ王国とあったはず
クリューヴ王族に充てられる領地なんだからクリューヴ王国の領土だろう

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 21:07:26.24
パリューニュ子爵領は5のP281に書いてあるな。クリューヴ王国内にあるので帝国の支配は離れている。

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 21:59:26.71
既に有人の星や男爵領ならまだしも敵に居住可能化されちゃったら涙目だな
居住可能化したばっかの伯母さんの星とかどうなんだろ

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 22:50:45.36
>>444
しかも優雅じゃない仕方でな

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 22:58:35.69
優雅じゃない仕方?

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 23:14:02.09
一面に薔薇を咲かせてみたかったのに重工業惑星にされて汚染物質満載だったりとかさ

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 23:21:15.97
紋章で出てきたイリーシュの各星系もみな連合に吸収されるのか
排土星系も帝国→連合→帝国→連合と支配者入れ替り杉

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/06(金) 23:28:12.93
ちょっと前まで帝国の領土だった星を重工業化するとか、
軍需星系が最前線にある(あった)人民主権星系連合体じゃあるまいしww

まさかね…

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 00:41:39.77
ある意味差別じゃね?

一度でも国民になった家系はアーヴの血が混じった可能性を否定出来ないとか
シレジアも結局、子孫は関係無しと誰も思って無いフシがあったしな

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 10:04:40.81
>>444
パリューニュ子爵領は、可住化に二十年くらいかかるでしょ
アーヴと違って向こう側の寿命考えると長いよ
戦いに勝てば可住化前に取り戻せるでしょ

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 10:41:21.27
海嘯で惑星居住可にそんなに時間掛からないと

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 13:59:22.10
荒らされた領土を見てラフィールがどんな顔するのかは見てみたい

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 16:49:05.33
ほぼ間違いなくなんとも思わんと思うけど

十数年後でも可住化が終わってるかどうかすら怪しいし
全て終わってなんぼか人が住んでるとか、軍事基地乱立、とかじゃないとなにか思いようがないw

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 17:47:39.53
再占領といえば、ハイド領やクラスビュールなんかも再占領されちゃうのかな
位置的にはバスコットン門の方に近いから星界軍が保持しそうではあるのだけど

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 17:57:40.72
可住化しなくても薔薇が生育できればそれでいい
といいたいところだが、明らかに人間のほうが適応範囲広いんだよなぁ…

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 18:24:25.86
>>455
バスコットン星系はケイシュ193門とバスコットン門の二つを抱えてるから、問題は複雑だね
ミニチュア版楽ファカールということもできるから、ここを抑えるのは軍事的に重要性が高い

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 19:20:11.03
バスコットン星系はイリーシュ王国から脱出をはかる難民で大渋滞になるんじゃないか

一度統合体に占領され時のプロパガンダに辟易してる領民多いだろ

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 19:20:33.50
前にハイドが連合側に占領されたときに地上にいたのは
人民主権星系連合体の地上軍だったけど
どの星系は占領後どの国に所属させるかとかって話は
連合内ではつつがなく終わってるんかね

分配の方法や内容如何では下手したら連合が瓦解しかねないと思うんだけど

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 19:25:19.47
というか各星系で独立している民星連の軍がなんでマーティンにいたんだろ

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 19:31:46.70
日本軍ていうか自衛隊っていうかがゴラン高原やらイラクやらで警備してたりするようなもんだろ

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 19:56:54.72
なんかティルの言い方だと戦争嫌すぎてハイドに派遣されたのをこれ幸いと
帰化したみたいだから殆ど亡命みたいなもんじゃないかね

なんで人民主権星系連合体の地上軍が派遣されたかといえば
ハイドが連合体の取り分だったんだろう
各星系で独立して軍を持ってても連合体としてどこかが行っとかないと

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 20:17:03.80
>>462
紋章3だとハイド星系は人類共同体の一員としてうんぬんとある
星間国家としては共同体の取り分だが駐屯は連合体担当ってことだろ
とくに誰の取り分ということじゃないがWW2後のドイツに四カ国が分担きめて駐屯したみたいな

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 20:36:39.25
ほんとだ、統合体の取り分っぽいこと言ってるね
統合体の占領部隊は、もっと民主主義教育が必要な所に降下させてるんじゃないかな
地上兵は割と少なそうな描写もあるし

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 21:24:34.80
連合体の宇宙軍は弱体で対アーヴに使えないが、政治的に連合体軍を使わないわけには行かないので
数だけあればどうにかなる地上軍を辺境=ハイドに回してるんでない?

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 21:35:29.77
現在の平面宇宙勢力図つけてくれないと分かんなくなったきたべや
双棘作戦では結局どの程度の戦果に終わったんだ
クリューヴとイリーシュ王国はもう捨てたわ〜みたいなことだったが、
いまは幻炎&狩人作戦で分捕った統合体の領域(バスコットン含む)で
ラスィース&スュルグゼーデ王国が互いに連続してるんだよな
ウェスコーとバルケー王国は元からくっついてて、あとはスキールとバルグゼーデ王国が
単独で孤立してんのか。建艦廠の一つをスキールに渡して、琴ポニー艦隊はここなんだな
バルグゼーデ王国もそのうちやられそうかな。拡大アルコントの領域を打通できれば繋がるが
そっちのかたまりには主要登場人物もおらんし状況がさっぱりわからん。

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/07(土) 22:26:46.63
統合体は空挺部隊が少なくて連合体は各地上世界に展開する地上部隊ばかりだから
空挺能力のある連合体の軍をマーティンに下ろしたんじゃないか

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/08(日) 09:01:59.67
なんとかして風呂敷畳みきってほしいが、もう難しいのかな?
遅筆作家が長編小説をきちんと完結させた例だと銀英伝があるけど、あれは執筆後に遅筆になった例で、執筆中の時期は別に遅筆じゃなかったからなあ

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/08(日) 11:29:06.68
>>468
火浦功みたいにやりかけ連載を総集編+書き下ろし掌編で
終わらせるのもどうかと
せめてカレーは完成させて欲しかった

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/08(日) 15:57:11.21
某作家さんみたいにあらかじめ年表で全部ネタバレしてるのもなぁw
年表にないことを埋めてく作業してる暇があったら、さっさと本編全部やってからにしてくだちい><

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/08(日) 16:36:59.13
完結しないままデーヴの訃報を聞く覚悟は出来ている

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/08(日) 17:44:03.32
第一部が5冊ということから第二部も5冊、6年間隔で出ると楽観的に推測して
完結まであと30年・・・デーヴが平均寿命以上生きる可能性は・・・

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/08(日) 18:04:48.78
先に年表だけ発表して話うめるとかいきなり落ちから書いてコナンシリーズみたいに散発的に発表するとか

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/08(日) 18:24:09.13
>>473
落ちはある意味紋章3のあとがきに書いてあるってのはどう

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/08(日) 22:47:00.73
戦記IVの内容をだいぶ忘れてるから読み直そうと思って、
当時まだ学生だったから実家だわと気づいた社会人8年目の俺。

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/08(日) 23:01:55.23
>>472
正直、こっちの寿命も怪しいモノが出てくる><

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/08(日) 23:35:37.77
うちは戦旗4がでる前に配偶者がもう死んじゃいました・
でたときにはまじめにお焚き上げしようか悩んだよ

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/08(日) 23:37:49.50
縁起でもないとはいえ、うちのと森岡さんも歳近いし、病没する知人友人も毎年ぽつぽつ増えてくので、
まおまえらちょっと覚悟はしておけ

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/08(日) 23:52:39.67
アルスラーン星界タリオン龍狼伝王家・・・・
俺が読み出したシリーズは皆完結してない
ムカついたから、グインサーガは作者が亡くなってから読みだした
後半に入って、内容に比べて巻数だけやたら多い感があってやめたけど
ああやってダラダラでも書き続ける事は、遅筆回避の一つの方法かもしれんとオモた
デーブも少々ダラダラでいいから、書き続けるべきじゃないかね
アルスラーン見てると、一旦筆が止まると大変なんだなと思うね

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/08(日) 23:59:45.22
>>479
しかし、アルスラーンはいちおう刊行再開したし、タイタニア4巻も脱稿済みと聞くと、
あっちは多少持ち直してきてるかも

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/09(月) 00:58:12.16
紋章のペースみると筆の勢いってやっぱでかいんだと思う

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/09(月) 01:00:02.42
>>481
確か、紋章は3巻分を書き溜めてから順次発行だったはず

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/09(月) 16:23:19.46
そんな熱意のある人間が、ここまで筆が遅くなるもんなんだなあ…
若いうちに星界だけじゃなく、もっともっとSFも書いて欲しかったな

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/09(月) 16:27:00.38
>>483
「生活ががっつり安定してからも刊行ペースの落ちない若年向けSF作家」ってかなり少ない気がする。
例外は小川一水あたりか。

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/09(月) 20:06:54.18
>>482
紋章と戦旗は物語のスケールが全然違うからな

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/09(月) 20:41:59.83
>>484
生活が安定してるからこそ
自分の書きたい事を好きな様に書けるってのは素人の発想か
(SF界での)名誉もカネもある程度得てしまうと、そらハングリーにはならんよなあ

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/09(月) 21:00:13.41
>>486
素人の妄想
紋章は持ち込み原稿だから好きな枚数で好きなこと書いてだせたが
売れてから注文で書くものは枚数とか縛りが出てくる
森岡さんじゃない知人の作家で未完で2chで叩かれてる人いるけど、
出版社の方針がかわったのでシリーズ続けされてもらえないんだって嘆いてたよ

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/09(月) 21:05:35.97
そら打ち切り食らうような木端作家ならそうだろうが、デーヴくらいになりゃ、○○枚で書下ろし出させろって言えば断られんだろ
出版業界だと部数さえ間違えなけりゃ必ず黒字になるわけで、信者買いがあるデーヴなら部数も読みやすい
まぁ今のデーヴにそんな書きたいものはないだろうけど

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/09(月) 21:10:21.42
レーベルが安定してないとこのペースは存続が許されるレベルじゃないけどな

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/09(月) 21:16:28.13
ミステリー作家とかは恐るべき刊行ペースを維持してたりするのにな
赤川次郎とか西村京太郎とか、とんでもない刊行冊数だし

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/09(月) 21:53:09.76
その辺はミステリの範疇には入れて欲しくないなあ……正直。

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/09(月) 22:05:19.33
ただのネタ切れだろ

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/09(月) 23:56:40.71
ハヤカワは安定してると言えるんだろうか

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/10(火) 09:17:03.85
次がいつ出るかは最大のミステリーだろ…

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/10(火) 13:48:31.76
だれうま…でもないか

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/10(火) 22:21:55.41
作者が生きてるかどうかが、ミステリーにならんよう注意して欲しいもんだ

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/10(火) 23:23:48.70
>>488
>デーヴくらい
っていうけど、星界のほかなんか実績ある?
ハヤカワJAから一冊出てたと思うけど、俺買ってないし、そんなに話題になった記憶がないし
(読まずに死ねるかレベルだってなら、捜してみるけど)
某WEBのはぶっちゃけ駄作だと思う…結末があれじゃね…

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/10(火) 23:24:50.69
>>497
短編集は素晴らしいってほどじゃないけど、センスオブワンダーを感じるしちゃんとSF作家としてプロの仕事してた

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 00:12:04.00
「スパイス」は良作だったな

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 09:12:09.37
煉獄は?
SFとしては面白いよ。
ヒロインがいないけど...

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 09:46:22.04
朝日ソノラマだっけ? からでていた神代の日本が舞台のファンタジーも自分は結構好き
現代編のほうは自分の趣味ではないが駄作というわけではない

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 09:51:42.47
月と炎の戦記なら角川スニーカー
確かに、岩戸隠れの裏でこんなエピソードが……みたいな作り方は上手いと思った

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 10:14:29.29
それです
角川スニーカーか

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 13:35:23.13
それはそうと、俺先日宮崎の高千穂の天岩戸神社行ってきたんすよ。
神社裏の沢の対岸に、実際に天岩戸があるのね。大昔から秘中の秘になってて、誰も行かない、寄せ付けない神聖そのものな場所。
神職さんにお願いすると特別にそれがちらっと見える遥拝所に案内してくれて、撮影も不可で遠くから洞穴を拝み見る感じなんだけど。
俺も見てなんか沸き起こる歓喜みたいなのを味わったんだけど、よく考えたら岩戸はラクファカールにあるんであって、アブリアル大神の孫の代がようやく地上に降臨したんだから、岩戸が地上にあるのはおかしいんだよね。
神々が集まって相談したっていう天安河原も近くにあるんだけど、ここじゃ矛盾してるだろうと。
なんかがっくりきちゃったよ。

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 18:18:46.46
なるほど、わからん。

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 18:58:54.52
代名詞のない子供は傑作だったけど
代官は言葉が難しくてストーリーが理解できなかった

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 19:07:56.52
代名詞というより普通名詞のない子ども
自分もあれが一番好きだ
代官って思い出せなくて久々に本を開いてみた
アーヴが室町時代に降りてきたら、ってテイストだな。ただしこちらは地上世界に代官が相当介入するけれど。

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 20:57:21.89
代官は「トセール」てルビが振ってあっても違和感がないくらいだからね。

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 22:13:53.47
>>506
507だけど表題作のことか
確かにあれも力作だよね
言語ものの短編はもう書かないのかなあ
星界書いてくれるのは嬉しいんだけど、言語系のをもっとよみたい

510 :497:2013/09/11(水) 22:37:06.78
みんな、ありがとん。探してみます

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 00:32:14.49
人工的に可住化した惑星って、どの程度生物種を制限できるんだろうね。

我が惑星には目に見える昆虫、小型生物は存在しません!
とか言う宣伝文句の惑星もあるんだろうか

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 08:22:32.56
そこそこに筆の早い作家(初期の田中芳樹とか)だと新書を年2冊くらい出すから、文庫なら1.5倍くらいのペースか

星界シリーズ全20巻とかを6,7年で完結させられるな

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 10:55:29.05
>>511
バイオスフィアみたいな半閉鎖状態で、見かけ上動植物を配置する(死んだら交換とか)
という事なら容易いが、惑星全体をいじるテラフォーミング的なものだと大変だろう。

食物連鎖を成立させるようにしないとすぐ生態系が狂うから、その連鎖から昆虫を弾くのなら
昆虫のかわりに植物の花粉を媒介したりとか、大型動物の餌になるとか、ものによっては
大型動物の死骸を分解したりとか、そういう役目を担う別の生物を用意しないといけなくなる。

もちろん、そういう役目を果たす「代用生物」を含めた新しい食物連鎖、とりわけ代用生物同士の
食物連鎖も全部考慮しないといけなくなるので、かなり面倒なんではないかと。

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 11:31:33.83
星界シリーズ全20巻という文言を見て
一瞬マジで気が遠くなった

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 11:33:58.67
害虫やキモい蟲の居ない世界に移住したかったのになぁ
ナノマシンで分解は代用できそうだけど、虫媒花と大型生物(小型)の餌が無いか

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 12:10:10.70
虫媒花もナノマシンなりマイクロロボットなりで代用は可能かも知れないが、
他の動物の餌となって食物連鎖を支えるという役割だけはなぁ・・・

ハエや蚊、Gなどを全て蝶やカブト・クワガタといった人気昆虫に変えたとしても
今度はそういった人気昆虫たちがもしゃもしゃと捕食される世界になるわけで・・・w

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 13:24:16.38
もういっそ人間以外の目に見える生物カットとか。
ペットくらいなら餌の問題は別に発生しないし

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 14:36:47.49
白菜はどうやって生み出されたんだ

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 15:29:34.07
虫害、獣害を物ともしない野菜を研究してたんじゃないのかね

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 21:03:03.36
T-ウイルスでもバイオハザードしたんじゃね

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 09:14:53.15
何かと思えばミッドグラッドの白菜かw

大昔のミッドグラッドのマッドサイエンティストが完全生物の創造を試みて
動物と植物のファイナルフュージョンを承認しちゃったのかも知れない

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 11:24:28.61
ゲッター線ならやってくれる

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 13:49:01.07
>>511みたいのが
「昆虫、肉食動物の無い惑星を作ろう」
何てやった結果

植物に授粉をさせるために移動能力を持たせて
食物連鎖を作るために草食植物を作って
バランスを保つために被草食植物にもある程度の防御力を持たせて

そして白菜が...

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 14:30:14.26
そして、種の代わりに手榴弾を撒き散らすホウセンカとかが生まれるわけですね><

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 17:23:26.97
ミッドグラッドは私の理想郷だったのか…
小麦とかも巨大種にできるみたいだし、限界突破で巨大化した植物、生物ばかりの地上世界とか
お・と・ななサービスたっぷりの地上世界、フェアリーやドラゴンみたいなファンタジー生物をリアルに作った地上世界、
などといった観光を主産業にしてる惑星とか有るんですかね。

観光を名物にしてて、それを楽しむために移民までする領民が居るところがありませんでしたっけ?
低重力下なら空を舞う妖精とかトカゲ改造の竜とか、案外売り物になりそうなのに。
…いや、金色烏とか趣味がよろしくないと評されたりしてましたっけ

526 :497:2013/09/14(土) 20:33:38.40
>>511,515
無理に惑星に住もうとしないで、帝都なりどっかその辺の鎮守府とか
アーブの「都市」に住めばいいんでないかい

まあ、清掃動物として変異させたゴキブリを飼っている宇宙船とか
人間しかいない代わりに、病原菌やカビの繁殖を防ぐために、
しょっちゅう消毒しなきゃいけないステーションとかが
でてくるSFもかつてあったが…

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 22:51:14.69
>526

清掃動物て、ゴミから猫遺体まで捕食するん?
モソモソ食うシーンは想像したくないな。

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 00:15:13.80
>>527
猫を喰っているシーンは無かったと思うが、人間の死体は食ってたな。
(殺人がばれないように死体を梱包してエアロックから投棄しようとしたら、減圧の際に梱包の隙間から
何匹ものゴキブリが口から血を吐き出しながら飛び出してくるという、けっこうアレなシーン)
スターリングの<工作者>のシリーズのどれかだったかな

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 08:46:32.00
>>525
戦旗2に出てくる豪華キャンピングカーか。
キュルサーヴ?

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 12:19:09.05
>>529
だったかな。移民については基本領民政府任せって描写があるから
観光専門で受け入れの領民政府と、あの領地へなら観光目的の移民ね
みたいな暗黙の移民旅行が割りとありそうですよね。

ふと思ったんだが、アーヴは観光旅行とかするんですかね?
そもそも地上に降りることも少なそうですし、領地ごとに空間施設が違ったり
刺激的だったりするのでしょうか・・・?

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 13:05:33.62
アーブは、実は、日本のヲタクと行動パターンが一緒?


艦内生活者である→艦=家だから、家に引きこもっているようなもの
地上に降りないで画像や画面越しで光景を眺めるだけ=PC画面でインターネット見るようなもの
人口の要塞とか空間施設に何かイベントがあったら行くだけ
=年に二回、東京の施設に集まるだけ

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 14:02:49.98
つ『饗宴』

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 14:59:46.90
本質的に宇宙空間住みだから、移動したいと思ったら船(移動手段)で飛ばにゃいかん。
超高速回線使ったってラクファカール内での即時通話すらできないからなぁ

意外と不便かもしれない。

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 15:29:25.55
>>533
アメリカの田舎とかそんな感じじゃん。
船が快適な分、車より良くね?

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 16:22:10.62
近いかもしれない。
でも広さが段違い、移動中景色が変わるわけでもないのはちょい苦痛かな

短挺とか交通艇も反物質燃料機関なのかな?、過剰出力な気もするが
わざわざ核融合炉とその燃料積むよりはマシか。

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 17:05:29.60
>>535
>>移動中景色が変わるわけでもないのはちょい苦痛かな

アメリカの田舎とかそんな感じじゃん。
船が快適な分、車より良くね?

と同じレスが付きそうw

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 19:08:21.19
あまりに綺麗に同レスで返答出来ててちょっと悔しい…w

でも機能と性能的には超でっかいキャンピングカーみたいなもんなんですね。
アーヴの邸宅って。まぁ車部分ははずさないと所有できないけど

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 19:51:49.36
厳密には時空泡機関は無理、通常機関はOKがルールだし、衝突防止の為に一部機関はそのまま。
高速に乗れないスクーターな感じかな。

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:24:08.64
スクーターじゃさすがい大きさというか居住性であわんだろう
普通に車でいいんじゃね、時空泡機関積んでる航宙艦は豪華ビジネスジェットぐらいの感覚。

>>530
>アーヴは観光旅行とかするんですかね?
断章の「誕生」がちょっとそんな雰囲気かと思う
結末はちょっと鬱だが

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:34:22.48
なるほど、個人ビジネスであちこち回るのは、ある意味観光にもなってるのか。

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 22:35:54.22
海やプールに遊びに行って、泳いだりサーフィンなどしない
山に出かけて登山やロッククライミングしない
サッカー野球サイクリングマラソンなどもしない

アーブって現代生活を捨てているな

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 22:46:27.11
>>541
それ殆ど地上限定のレクレーションやスポーツなんで捨てていると言うより
眼中にない、だと思います。

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 23:05:34.44
その代わりアーヴには馬上試合とかあるし
あとなんかハリポタに出てきたようなヤツとか無かったっけ

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 23:25:46.63
エクリュアの短編でプール施設はなかった?

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 00:52:05.16
>>541
>海やプールに遊びに行って、泳いだりサーフィンなどしない
プールはともかく海だと?
惑星上の海に入るなんてアーブ社会じゃ偏執者扱いだろうに

546 :消費税増税反対:2013/09/16(月) 01:03:24.61
ベルポウコスとかアーヴにはアーヴのスポーツなりレジャーがあるのだろう。

宇宙空間で過ごすわけだから室内スポーツ、室内遊技だろうけど。

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 01:06:21.73
宇宙空間でのアーヴ式騎馬戦
相手の与圧兜をとったら勝ち

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 01:19:01.78
>>546
食堂に花壇があっても違和感がないのがアーブ文化だからな…
室外、室内を区別しているのかな?
まあ真空中が室外で、与圧空間は室内ってのは大いにありそうだし、
あなたの書き方だとやっぱりベルポウコスも室内スポーツでいいんだよなw

549 :消費税増税反対:2013/09/16(月) 01:35:53.17
>>548
うんまあ。宇宙空間以外は「室内」という感覚で。

ベルポウコスはラクロスのイメージ、かな。
ラクロスは室外スポーツだけど。

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 10:51:18.07
ベルポウコス=ハリポタのクィディッチ-ほうき+翼
ってとこか

ところで、お互いに遺伝子提供者になるケースってのはあるのかな?
クリューヴ王はさすがに王族だからプラキアに提供するのは無理だろうし、
貴族も(いくら文書化とかしても)継承問題とか絡まないとはいえないから同様に無理か
平民(という言い方でいいのかな?)でさえ、財産絡むとめんどくさそうだな

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 11:22:11.56
アヴリアルが護られるのは嫌と言い切った王子も居るし、「生まれた時点」で持っていたものは運扱いの王女もいる。

耳の遺伝子以外はそのまま与えていいのではないかな。

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 15:13:02.41
>>550
アーヴ社会においてそういうことは全く重視されないだろう
重要なのは家風なんだから。極普通にあるだろうさ<相互提供

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 16:11:59.08
そっか
遺伝子弄っちゃえば、そういったものを表に出さずに済む(というか出しちゃダメ)から、
もらうのも十分可能なんだな

あとは親がちゃんとその辺り(「キミの遺伝子提供者は○○王だけど、キミは王族じゃないんだよ」みたいな)を
教育しとかないといけないんだろうけどね
教育するまでもなく、アーヴの中では常識(それこそ遺伝子レベルで書き込まれてる?)なのかな?

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 16:37:31.75
遺伝子提供者は親ではないから
継承うんぬんという考えかたがおかしい

まあ、第一世代のアーヴがアブリアルから遺伝子を貰ったらちょっとは混乱する事があるかも

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 18:42:52.38
>>553
アーヴの親は一人っていう基本的なところを忘れてる気がする

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 18:52:30.52
どっちもお互いの子供をほしいと思ったカップルがいて、どちらも子供をつくり、子育ての期間と恋愛期間がかなり重なっていた場合、
それはもう地上人の考える結婚に近いものになりそうー

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 18:57:28.39
アーヴの会話にも遺伝子提供者の話題は出ないし、プライベートなことで他人の関心の対象ではないようだ
>>553のようなアーヴ世界に不慣れな辺境地上世界出身者にはしつこく興味を示されて、辟易することもありそうだw

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 19:00:16.50
家風が違うんだから恋愛は恋愛子育ては子育てできっぱり分けると思う
強いて言えばママ友パパ友みたいになるんじゃない?

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 19:14:46.56
ラフィールと子供を作ったはいいが、家風とか家徴をどう決めたものかと困惑しまくるジントの姿が目に浮かぶな
特に家徴は身体的に未来永劫残っちゃうから適当には決められんし

ラフィールの恋愛スタンス次第では、
「あ、考えてみると僕は父親になろうとしてるのに童貞なんだ」
とか余計なことに気がついて悶々としそう

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 19:43:27.14
ジントは草食系ですから大丈夫

童貞卒業は、地上人とだろうね

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 19:53:28.05
とはいえ、ラフィールの方から
「だいじなだいじなわが子の半身を選ぶのだ。
 相手の全てを見て、全てに触れて、全てを味わうことなしにできるはずがなかろ」
と言われてベッドに誘われることはあるかもしれん。

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 20:08:29.10
ジントもうこれからは階級が違いすぎてラフィールのそばにいられないぞどうすんだ
エクエクのターンかな

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 20:11:17.79
ラフィールはあれで独占欲が強そうな描写があるけどな。
お腹で受胎することすら稀だと、皇族方のそういうのを比喩するのが問題になるかどうかすら怪しい。
むしろ儀式的なエッチだけしか残ってなかったらどうしよう…

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 20:15:00.59
ラフィールの性格からして、そんなラブラブ王道展開になるであろうか
紋章1巻や戦旗5巻を見るに、美しい存在が儚く散りゆくのを描くのがデーブの嗜好と見た。
そんな変態的なデーブの事、きっと生半可なシチュでそうはならんだろう。
例えば、人類統合体兵士らの目の前で、ジントとの一戦をわざと見せつけるとか。

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 20:16:23.20
>>563
それに対して
「エクリュアは風変わりなことを好む家。
 あなたが望むなら、あなたの子供を私のおなかで作って、育てて、産んでもいい。
 一時的に人工子宮で調整する必要はあるけど、9割は私のおなかで育ててあげる。」

とか言われたら、地上人的な脳髄にクリーンヒットする殺し文句になるかもしれんな。

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 20:30:37.29
>>556
永遠の愛という感じではなく
一気に燃えて、そして遺伝子を提供してもらったら
今度は親モードになる
基本的に恋愛期間と子育て期間は重ならないんではないかな

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 21:43:55.73
>>550
広い空間を飛び回るって言う点は似てるけど
クィディッチはサッカーとかバスケとかゴールに投げ込む系だけど
ベルポコウスはバレーとかテニスとか敵陣に落とす系だろう
ラクロスは見たこと無いけどゴールに投げ込む系か、ホッケーに似てそう
ベルポコウスはバトミントンっぽいけど1チーム三人以上でやるから
バレーの方が近いのかな

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 21:46:13.76
アーヴの男性でも性欲はあるんだろ 別に去勢されているわけではなくて
黎明の乗り手時代のことを考えると去勢されていてもフシギじゃないんだけど

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 22:38:08.46
王女監禁男爵なんか、地上人の女でハーレム作ってたもんな

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 22:42:15.29
アーヴは例外なく巨根。

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 22:43:07.06
あのぴっちりした気密服で例外なくもっこりしてるのか

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 22:49:07.94
黎明期第一代は普通に去勢されてると思うけどな
人口子宮でふえることを前提にしてるのに必要が無いもん。

2代目からはわざわざ去勢する手間とか、人口子宮異常の可能性を考えて去勢しなくなったとかじゃない?

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 23:22:13.84
>>572
2代目から人工子宮異常の可能性を考えて、なぜ1代目ではその可能性を考えないの?
万が一を考えたら、そう簡単に去勢なんてできないよ

取るは一瞬、後悔は一生

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 23:31:44.52
ソバーシュさんが限られた船内の空間で恋愛沙汰は面倒だと
船員雇う条件に男性の異性愛主義者に限るくらいなんだから
アーヴの世界でも恋愛がこじれて殺傷事件ってことは珍しくないんだろうな

575 :消費税増税反対:2013/09/17(火) 00:19:17.44
「そなたの遺伝子が欲しい」
は最も真剣な愛の告白とラフィールはどこかうっとりして言った。
ラフィールは乙女だねえ。

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 06:20:27.43
三日前に5巻が出てることを知り昨日読んだんだが、感想の前にジントって童貞か?

3巻の時点で童貞か?

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 08:29:11.81
戦旗2巻の時点では判らんが、3巻の時点では間違いなく非だろ

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 10:55:15.04
ラフィールと同室になることに何ら動揺してなかったからな…

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 11:01:11.29
4巻待たせてる間にしれっと長期休暇を二人で地上世界で過ごしてるし…

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 11:08:20.84
だとすると子供も作らずに淡々と恋愛期間が続いてるのか
非常事態で子供を作る場合じゃないから続いてるのかも知れんけど

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 11:33:18.03
>>578
3巻読んだ筈なのに、遠い記憶過ぎてシチュエーションが思い出せない…

はあ!?今さら殺す気は無かったってそれは都合が良すぎませんか!?
怒りに任せて断罪した後でジントパパが本当にマーティンのことを考えていたことを知って号泣して悔やむ……とかの方がよっぽど納得しやすいわ!

とティルに突っ込みたくなった印象なら残ってるんだが

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 17:40:33.38
国家反逆罪扱いだろうし、
ティル一人じゃ止められないだろ。

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 21:05:37.27
スォッシュ氏が顔を整形したジントパパって説をどっかで見たな。

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 01:13:14.51
>>582
「これがハイド首相…ティルじゃない!?」みたいな伏線を張っておいてもよかったかもな
あるいは、人類統合体の強固な一員になることを宣言しつつ、何故か沈痛そうな表情だったとか

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 05:11:22.45
>>583
ねーだろW

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 06:32:24.92
アニメは最初の接触も改変してたんだよな。なんか衛星から攻撃して反撃食らって即やられ
ジントパパの決断の一つの理由として圧倒的な技術力差を彼だけが理解してたと

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 08:05:20.69
>583
それはない
代官を務めるほどの人が全くの無名のはずはなく、併呑以前から要職にあったはず。

整形などですり替わったとするなら、本物のスォッシュ氏は・・・

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 16:38:04.88
不思議なのは代官がほぼ星系首相と同等の権限をもつハズなのに
ティルが代官にならずいきなり新キャラクターがでたこと。

ティルは引退しちゃったのかな?領民政府代表のほうに収まったのかな

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 16:44:24.68
いくらなんでも今まで反帝国のリーダーだった人間が帝国側の代弁者にはならないしなれないでしょ。

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 16:46:09.50
星系首相(領民代表)と代官(領主代行)を一身に兼ねるのはまずいだろ
帝国としても禁じているというか認めてないというような文がどこかにあったような?

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:28:26.22
代官は城館が仕事場だから兼業できないだろ
代官って職務的には貿易大臣みたいなものだろうし

つかせっかく立て直したのに再び侵略されてどうなるんだ
パーヴァリュアやセールナイにはバスコットンから逃げて欲しいね

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:09:07.79
アーヴのAVを横流しすれば、反アーヴもコロッと逝くだろ。

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:39:42.24
>>592
地上人の理解力の斜め上を行くものであるような気がする

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 21:07:34.64
そもそもAVあるのか

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 21:11:55.85
弧状列島の国民性を受け継いでるならそっち方面は大いに発展してるはずだが

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 21:22:43.61
>>590
代官は立場的に国民になるんじゃない?
領主は帝国法の元に行動しないといけないから、その代理人が帝国法の制約を受けない領民ではありえないと思う。
でもって、領民代表は当然領民でないといかんのでないかな。
だから兼任は無理だと思う。

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 21:37:42.97
アーヴのAVならクー・ドゥリンがてくさんジントに見せてたぞー

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 21:45:59.12
それ、地上人制作のだから

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 22:16:50.72
>>588
>不思議なのは代官がほぼ星系首相と同等の権限をもつハズなのに
代官は領主と(領民から見れば、たぶん)ほぼ同等の権力を持つだろうが
領主と星系首相とは立場も権限も全く違う
ついでにいうと領民代表が首相もしくは大統領などに相当する役職ではなく
ただの官僚であっても、いや役人でなくても職務さえ努められれば問題ない

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 22:18:49.02
弓状列島の血を正しく継いでるなら、そっち方面もものすごい斜め上にいってそうだけどな。
アーヴって美形で長命な俺らだからな…

睡眠薬とかは有るみたいだけど、酒も効かないんじゃ麻薬とかも効果が薄そうだな
電子ドラックとか流行ってるかもしれないけれど

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 22:30:24.73
血管に酒精を直接注射で眠れるらしいが
健全化も知らんが面倒な種族だな

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 03:12:41.24
>>594
断章に読んでないのか

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 03:38:11.34
なんかフロウクラシュの描写が減ったというかさっぱりないからフェブ男爵がなんで館船で戦ったのか謎なんですよね

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 14:33:07.89
なんか急に日本語のおかしな書き込みが増えたがなにかあったのか

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 17:00:41.73
デフォルトシティから来た旅行者だろう

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 17:49:21.98
ときどきこのスレは時空融合を起こしてる。俺は知っている

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 22:22:23.68
代官になるなら、国民身分じゃなくて、アーヴでないとダメだと思う
種族的でないにしろ、それなりに実績積んでなければ…

608 :消費税増税反対:2013/09/20(金) 03:28:47.35
アーヴ身分を獲得するには基本的に帝国に貢献しなくてはならない。
ジントの父は例外。あの過激派の五人も。
だから軍人か官僚でひとかどの地位を得ないと国民がアーヴにはなれない。
でも代官は帝国諸機関に勤めないで、民間(領主の下も「民間扱い」)で経験を積んで代官になることもあるんじゃないか。
だから代官にはアーヴ身分は必須ではないと思う。多いかもしれないが。

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 08:19:54.15
制度上では可能
実際上は、代官を任せられるほど領主に近い人間はアーヴ身分を得ているって事ですね

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 10:11:59.30
制度上は可能っていうかいままでかっちり決まった制度なんてそんなに出てきてないからな
帝国法は例外ありすぎる

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 16:45:44.46
>>596
代官は国民でないといけない制限はありそうだが、領民政府のボスに国民を許容するかどうかは領民次第じゃないか?

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 19:45:23.34
>>611
>領民政府のボスに国民を許容するかどうかは領民次第じゃないか?
領民政府のボスって領民代表のことか?それとも星系首相みたいな国家の代表者なのか?
根拠はないが、前者はありそうでも、後者は領民は許してもアーブが許さんと思うが

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 19:53:56.50
星系ごとに例外はあるだろうと思うけど、たぶん国民になった時点で星系の選挙権被選挙権とか失効していると思う

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 21:16:42.04
ジント留学中はどういう扱いだったのかな

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 21:33:46.24
両親が軌道塔勤務とか、兵工房勤務とかで生まれも育ちも宇宙なんていう国民も多いと思うよ
四半世紀国民でいたなんて帝国に貢献したとしてアーヴになる資格もらえるんじゃないかな?
25で大学卒業して何処かの領主か代官に使える
惑星一個規模の取引をするわけだから大商社に使えるのと一緒
伊藤忠や丸紅だね
そこで頭角を出せば、領主が代替わりした時に代官になれるかもしれない
他にヘッドハンティングされるかもしれない
こんな感じで代官ができると思う

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 22:29:58.64
>>615
その流れは理解できるが、最後に至るまでの何処かの段階でアーヴ身分取得しちゃうんじゃないかな
親か自分か分からないけど、権利も立場も段違いだし、数十年工房勤務したら叩き上げアーヴになっちゃいそう

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 22:46:15.56
>>616
法律では単に「皇族、貴族、士族の総称をアーヴとする」というものらしいから、
軍役を徹底的に避けて文官として昇進していけばアーヴ身分にならずに重要ポストまでいけるかも。

あと、法的アーヴの子供は生物的アーヴになることが義務付けられるから、地上出身者の国民はそれを嫌って
「超優秀なのにアーヴになりたがらない人」が一定層いそうな気がする。

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 23:01:56.97
士族ってのが曲者だよな、下級でも国政に関わる文官は士族なんじゃないか?
シドリュアさんとかは宰相になった時点で青髪の子供がすでに成長済みっぽいこと言ってた

後はアーヴ身分は割と自由に離脱できるっぽい。
サムソンさんは軍役明けたら離脱して故郷で糞でも発酵させるつもりだったみたいだし
取得するには条件(修技館(高校)や大学卒業等)を満たせば行けそうだし
わざわざ忌避する必要もあまりない気もする

619 :消費税増税反対:2013/09/20(金) 23:58:55.69
軍士だと従士は国民身分で、翔士に昇格するとアーヴ身分を貰える。
官僚、文官も同じじゃないか。
ある程度まで出世しないとアーヴ身分は貰えないだろう。
命懸けでない分、また帝国が星界軍を重視している分官僚でアーヴ身分を得る方が難しそうだ(軍士より出世が必要)。

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 00:22:34.69
宰相まで勤め上げても目覚ましい功績を挙げない限り貰えるのは
男爵領が精々らしいからな

と思ったけど軍士でも技術元帥に上り詰めて男爵領のフェブダーシュ、
ヤクティア戦役(だっけ?)で大功を樹てて子爵領のスファグノーフを考えると
意外にそこまで変わらないのかも?

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 00:59:13.37
現代の天文学知識から敷衍するに、子爵領=地球型惑星を含む恒星系の数は限られる。

褒賞が同じだからといって、宰相と元帥が同格とは限らない。
星系以外に年金や一時金で差が付く可能性もある

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 01:18:44.80
男爵が殆どらしいからな、貴族
子爵はヘタすると30以下前後らしい。まぁ20年も掛からず伯爵になっちゃうしね。

文官であっても文官になるための上級学校を卒業したらその時点でアーヴじゃないかなぁと思う
命をかけてる翔士のが多少有利にしても、たかだか新米少尉になればアーヴ身分になれるってのに
文官はもっと上…軍大学相当を卒業しないとダメ―とか言うまいよ。

ていうか、文官も翔士修技館、主計とか出身が多いんじゃないかね。
文官になるための修技館が別にあるのでしょうかね

>>621
後1万年やそこらは平気だろうけど
その内男爵領に可住惑星を作るなり、都市船が主流になるなりしてくるんですかね。

その前に次の銀河への道を歩み始めそうではありますが。

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 01:27:51.76
修技館の入学がアーヴ身分への条件とほぼ等しいのならば
18歳までに受からねばマトモな社会生活は諦めたほうが良いと言われる程度の知能と
アーヴ語の読み書き日常会話、その基本常識、初歩的(あの世界の)科学知識

たったこれだけをクリアーすれば、アーヴになれるのか。
翔士になった時点でアーヴになり、直ぐにやめてもアーヴ身分が剥奪されるわけでもなし
なんか国民でとどまる人はかなり半パな気がしますね。

あくまでお客様程度の帝国との付き合いなのが国民
それ以上に星の世界へ入るならアーヴになってもらう、って感じなんですかね
それが領民9000億、国民10億、アーヴ2500万って比率かぁ
意外と星の世界への意識障壁は高そうだなぁ

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 01:36:43.94
いくらなんでも第一世代アーヴ少なすぎないか・・・?
修技館試験がさほど難しく無いなら(実際ジントが受かってるし)
星の世界への興味があり、アーヴ語がある程度出来るハズの国民の半分くらいは
そっちに回って第一世代アーヴ郡を形成してても良さそうなんだが

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:01:48.31
>>608
一応、マルカたちも王女の命を救ったことが帝国への貢献として士族に叙されたのがわかるが
ジントの父はなんで貴族になれたのかよくわからん
結果としては無血でハイド伯国を帝国に編入させたけどそれがロックの手柄なのか
領民には売国奴と罵られたけど
帝国の支配を免れたいロックとできれば戦火を起こしたくないドゥサーニュの思惑が
咬み合って奇跡的に戦争回避されたんだよね

神の視点の読者からしたら売国奴と罵られようと
領民にとってマーティンが無駄な抵抗して焼き払われるのを防いだのは大功績なんだけど
それが帝国から見て貴族にするほどの功績なのか

ロックが貴族にならなくても結局は無条件降伏になってたんじゃないかと思う

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:10:29.04
>>615
国民の数10億人もいるんだから
帝都にだって圧倒的にアーヴより地上人のほうが多いだろう
軍士や国民で帝都で働いて結婚して子供作る人は大勢いるはずで
帝都で生まれた人はそのまま帝都で生きていくだろう
フェブダーシュ前男爵もその1人だけど親がアーヴになるのは稀な例だろうし
前男爵は親がアーヴになってなくてもやっぱり軍とか帝都で働き口を見つけて
一生帝都ですごしただろう

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:21:20.31
>>624
何が言いたいのか分からん。
星の世界への興味がある程度なら、領民→国民になっただけで十分だろ。
国民から士族になろうして、修技館に入る動機は何だ?
修技館に入る=士官学校に入る=軍人になる=いつ死ぬか分からない立場になる。だろ?
「せっかくアーヴ語が出来るんだから、死ににいこうか」
って言うのが国民の半分居る、って?

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:26:20.97
>>625
ロックが貴族になれたのは、ドゥサーニュの気まぐれによるものだよ。
慣例を思いっきり無視したので、上皇達もお怒りでした。
皇太子の権限ってでかいんだなぁ…

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:28:24.18
>>616
国民や軍士になった地上人がみんな死ぬまでにボルジュ姓のアーヴが増え過ぎるだろ
だいたいアーヴになる道が軍士として翔士になるか文官で高官になるかでそれも狭き門だし
軍士や役人の職に付いている国民だって全体のごく一部だろ

パーヴァリュアやセールナイとかだってもう地上に戻る気はないだろうけどアーヴになる見込みもないだろう
サムソンさんみたいに出稼ぎのつもりで将来故郷に戻る気の人もいるだろうけど
セールナイみたいに故郷の女性の地位の低さに失望したり
グレータみたいに離婚して親権取られたりして
故郷での暮らしが嫌になって星界で働くことを決めた地上人も多いだろう
そんな人達でも結婚して子供は作るわけで
そういう子はアーヴと同様に帝都を故郷として一生帝都で暮らすだろう

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:37:24.19
>>628
気まぐれとも言えるけど
勅令を受ける時に皇帝からこの作戦で戦火が起きないことを望むと言われていたから
皇帝のご意向も大きいだろう
遠征地では皇太子の権限は皇帝ど同等だし
だからこそ皇太子は皇帝の意を汲んで 皇帝がするであろう判断を下したんだよ

あれだけ戦力を見せつけて、武力行使するまで追い詰められたら外交的敗北ってのも実際だし

631 :消費税増税反対:2013/09/21(土) 02:57:39.27
修技館(主計なども含む)の入学試験は難しくないが、国民は入学試験を受ける資格がないぞ。
アーヴ身分じゃないとサムソンみたいに従士から叩き上げで最先任従士長まで出世して、
さらに修技館への入学命令を受けなくてはならない。
ジントは伯爵公子だから主計修技館の入学試験を受けられた。
そして受かって、入学して、卒業して、主計翔士になった。

632 :消費税増税反対:2013/09/21(土) 03:04:47.51
>>625
地上世界を焼き払うことを回避出来るならロックを領主にするくらい安いもの、と判断したんじゃないかな。
ラマージュ皇帝もドゥサーニュ皇太子も負ける可能性はほぼゼロだが、戦闘を回避したいと考えていたわけだから。

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:10:23.57
身分アーヴであることに特権がないとは思わんけどなぁ
少なくとも士族以上でなければ星間交易に携われないわけですし
次の世代からとはいえ真のアーヴを子供に持てますよね。
間接的にとはいえ領民たちの世界を支配してるのは帝国なわけで、帝国士族様になりたいって人は多そうだと思ったんですよ。

629さんは軍人になることが狭き門と言うけど、修技館に入ることも卒業することも別に狭き門でも何でもないんですよね。
文官はどうかしらんけど、あんな規模の帝国の役人が少ないわけもないし。
例の一つならパーヴェリアは後はもう監督への昇進が認められれば自然にアーヴ身分になってただろうとサムソンさんも言及してました

後軍人になること=帝国の為に死ぬこと、として認識してるのは戦争後世代だけだと思いますよ。
実際戦争が起こるとは思わなかった連中もかなり居たみたいだし
大体サムソンさんは戦時中なのに普通に退役が認められてるんですよね。
離脱はほぼ自由、戦局によっては予備役に復帰願いが来るくらいかと

大体アーヴになってるくらい帝国に近しくなってりゃ帝国が消滅する危機に
技能を役立ててやろうと思いそうなもんですが…フェブダーシュ元男爵トカそんな感じ

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:12:54.48
>>631
なぬ、修技館は受験資格の方に条件付きでしたか。
これは読み落としておりました。
なるほど、それは確かに狭き門になっちゃうな。

帝国はアーヴ人口を増やしたくはないのですかねぇ

635 :消費税増税反対:2013/09/21(土) 03:29:13.42
そもそも帝国の役人になるにはどうすれば良いんだろうね?
軍士(従士)になるみたいに星界軍募集事務所に駆け込んで身元調査と簡単な試験でなれるのかな。
帝国の役人は日本のそれみたいにキャリアとノンキャリに分かれているとも思わないが、一律同じとも思えないんだよな。

636 :消費税増税反対:2013/09/21(土) 03:47:12.91
>>634
なんだかんだ言ってもアーヴは支配者だからね。国民よりアーヴが多いなんてことには出来ないだろう。
それに星界軍には下士官に当たる「従士」が必要で、それは国民から選出するしかない。
まあ従士から始まっても翔士にまで昇進すれば子々孫々までアーヴ身分になれる。サムソンはその気はないみたいだけど。
ごくまれな例だけど、従士から元帥にまで登り詰めて男爵になった例もある。初代フェブダーシュ男爵ね。
それに従士でも給与はそれなりに貰えるみたいだよ。帝国通貨を稼ぐために大々的に従士を送り込んでいる地上世界もあるくらいだそうだから。
勿論領主とは比べるべくもないけどね。

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:55:03.93
>>633
特権がないなんて誰が入ってるの
アーヴと国民じゃまるで住む世界が違うだろ
就く職業だってアーヴと国民じゃ全然違うだろう
空職覚の問題でアーヴになった初代はアーヴ特有の職には就けないけど
子供をアーヴにできるってのが最大の特権だろう
あとなりたいと思う人が多いだろうけどなれる人は限られるだろ
下で気づいみたいだけど翔士になる資格もアーヴの特権
文官のほうは詳細不明だけど軍人か役人でそれなりの功績を立てないとアーヴにはなれない

人口増やしたくないというかアーヴの誇りとして安売りするつもりはないんだろ

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:58:42.98
国民に比べるとアーヴは仕事の職種が限らていそうだよね
地上と変わりない職業はアーヴがやってそうな気がしない
やっぱり星界軍に入るのでなければ空職覚を活かした
船に乗る仕事に付くのが一般的なんだろう

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:59:40.26
役人は明らかに国民身分からのルートが存在する感じなんですよね。
むしろこっちが国民→アーヴの2大ルートの一つというか。
星界軍募集事務所の丁稚見習いから始めるのか、従士の技能学校的な役人学校があるのかな

でも2大ルート(従士からの叩き上げと役人)で生まれる新アーヴ一家は
どう考えても技能系と経理運営系の家風を持ったアーヴですよねぇ
もっとも数が多いであろう飛翔科系才能で成り上がる第一世代アーヴは存在しないのかな
地上人向けポットレーサー出身のアーヴとか、元敵国の航宙士だったアーヴとか

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:03:18.25
>>638
逆に言うと帝都や酒舗とか星界でも地上世界と変わらずあるような仕事に付いているのはみんな地上人で
その中には代々星界生まれの地上人がいてもおかしくない

星界って地上世界に対しての空間世界のことね

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:05:46.69
能力があっても帝国にある程度奉仕し、貢献が認められなければアーヴにしない
理にかなってるけど、正直やっすい誇りだなぁと感じるけどね
まぁ本質的に種族自体が違うから、そのくらいして選別するのは支配者的には当然か
何しろ選ぶ権利はアーヴにあるのだしね

第一世代のアーヴは家風を決め、遺伝子を象嵌するわけかぁ
その時点で親が持っていた才能は一度途切れてしまうのですかね。
ちょっともったいないw フェブダーシュ初代(造船)とアストリュアの才能(指揮?)違うような

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:07:54.45
子供が遺伝的アーヴになった後、士族身分を返上して領民に戻ったりできるのかな?
どっかの短編で、アーヴ形質を持った人類を領民政府は領民として受け入れない、て話もあったような

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:20:10.53
>>641
能力があってもって
その能力があさっての方向向いていたらどうしようもないだろ
帝国に貢献して叙されるだけの人物を除するの渋ってたらそりゃやすい誇りだが

才能がどれだけ遺伝子に由来するかわからんけど
親の遺伝子をもとにするならアーヴにしても遺伝するものはするだろ
そうでなくても才能の遺伝性なんてわからんし
あの変態ひねくれ引きこもり兄も優秀な指揮官の妹も兄妹なんだぜ

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:31:25.88
あの兄の犯ったことは改易されてもおかしくないアーヴ貴族にあるまじき愚行だったが
アーヴは貴族社会とはいえ個人のやったことの積が家族に及ぶような司法じゃなくて
アトスリュア家としてはよかったね
あの兄が生きていたらどう裁かれていたんだろう 一応 ラフィールを足止めしたところまでは筋が通ってたけど

あと家族にあんなのがいたら口にだすのも汚らわしい事になりそうだけど
そんな兄を別段悪く思うわけでもなく
殺すか殺されるかの末結果殺したラフィールと兄の弔いの晩餐を開いたりする
ロイさんの神経は地上人間隔では考えられないが アーヴってみんなあんなもんなのか

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:37:04.62
あの兄は変態だったけど妹も十分変態なんじゃないか

646 :消費税増税反対:2013/09/21(土) 05:25:25.57
>>638
飛翔修技館に入って、平面宇宙航法を学んでそのまま軍人を続けるか交易船に乗るのが「普通」なんだそうだ。
でも回り道をするアーヴも結構いるそうで、帝都には平面宇宙と無縁の職業はいくらでもあるからそっちで働くアーヴも少なくないらしい。


>>639
役人は学校はないかもよ。知らんけど。
高等教育を受けたアーヴ及び国民が試験を受けて役人になり、そのまま仕事かも。
そんで能力と実績で出世すると。宰相まで登り詰めるのはほんの僅かだが地上人が目指せる最高位の職でもある。

647 :消費税増税反対:2013/09/21(土) 05:32:15.91
>>642
遺伝的アーヴは領民になることは出来ない。帝国の法でそう決まっているそうです。
領民政府も受け入れないだろう、とのことです。

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:34:18.79
>>642
>>647
そんな話が載ってる断章読んだことないけど
単行本未収録分か

649 :消費税増税反対:2013/09/21(土) 05:45:54.82
星界の断章オーディオドラマCDブックに付いている「出奔」だね。
弟殿下があと一歩で永遠(160年ほどかな)に会えなくなるところだった。

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:50:27.39
おれはアーヴをやめるぞ!ジョジョーーーーッ!!

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:02:43.16
民主主義じゃなくて王制主義の帝国の政治の仕組みがよくわからないけど
王制でも大臣はいるイメージだし 大臣の指示で役人が働くって仕組みは変わらないのかな(帝国で大臣という役職があるかわからんが)

宰相って総理大臣の別名でもあるんだよね
総理大臣は閣僚を任命してそれに指示するのが主な仕事だと思うが
帝政なら閣僚のような重要な役職の任命は当然皇帝の仕事だろうし
宰相ってどんな役職なんだろ

星界関係ないけど大統領と首相が別にいる政治体制もよくわからん

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:04:17.95
>>649
あの王子様は家出して領民にでもなろうとしたのか

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:15:32.82
大体合ってる
家出したら、出奔して領民(地上世界人)になりたいアーヴの船に紛れ込んだ。
でも途中から諦めて地上世界で生きるのもいいかーと思いかけてた

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:18:47.65
アーヴにも地上に住みたいと思う変わり者もいるけど法律上領民になるのは無理なのか

655 :消費税増税反対:2013/09/21(土) 06:29:48.53
>>652
とくに領民になりたいわけではないけど、
姉への劣等感から家出を目論んで、勢いで実行して、
あと一歩で取り返しのつかないことになるところだった。

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 07:08:07.50
アーヴになりたい国民が少ないのは
アーヴの下の方は特権がないしメリットが少ない
その割りに義務はある
デメリットは他にも結婚が出来なくなるなどもあるんじゃないかな?

そして国民だけどアーヴとしては帝国を支えるためにたくさんに国民が必要
強制できないわけだからそれなりの条件を付けてると思われる
年金とか保険とか衣食住も
サムソンさんみたいに律儀な人は兎も角、打算する人は監督になれるだけの技量が付いたら貿易船に就職先を変えるんじゃないかな?

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 09:53:38.64
関係ないけどサムソンと聞くとゲイ雑誌を思い出す。

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 10:16:04.29
アーヴになるための難易度を、リアルでの「少尉または少尉相当官以上の官職につくこと」と解釈してしまうと、
けっこう簡単にアーヴになれてしまうんだよな。
中堅以上の大学の卒業者なら、本気で望めばだいたいみんな達成できてしまう。

ひょっとすると、生来の国民からするとアーヴ身分になる難易度はその程度のものなのかもしれんね。
領民の場合は、まず国民にならないといけないからそのハードルが追加されるけど。

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 10:56:10.88
領民からアーヴになる場合には特定の星系に限られそうだね

星系間航行をする機会が一生に一度程度だからね
アーヴに対する偏見も高そうだし、知識なんてアダルトビデオで見たことがあるくらいかもしれない
アーヴになりたいなんて言ったら黄色い救急車が来るかもしれない

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 11:03:47.05
領民から直接アーヴになったのはスファグノーム解放戦線の面々だったね
しかも上皇会議クラスの特例…まずありえないんじゃない?

募集事務所を遊園地内とか秋葉原的オタク街に設置させられたらもう
アーヴの実在自体を疑う領民が居そう

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 11:12:24.27
>>658
修技館の入門条件を忘れていたけれど、条件としてのそのハードルが低すぎるんだよな
国民の側で何年か見たり、一緒に仕事してると、アーヴになることやアーヴであることが魅力的ではなくなるのかもしれないですねぇ

10億(国民人口):2500万(アーヴ人口)の比率と、その中でも第一世代の地上人アーヴって…
アーヴ身分を取得する第一世代の数がハードルに対して少なすぎるのは絶対なんか理由がありそう

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 11:16:53.73
たとえば「アーヴの恋愛はセックスレスが普通」だったりすると、
大抵の地上人は「ならなくていいです」という意識になると思う

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 11:22:14.31
叩き上げアーヴの多そうな軍匠科には第一世代アーヴの集い、みたいなサークルがありそうだな

宇宙での生活で生の体同士での性交なぞ、あまり推奨されないだろうしねぇ
帝国の空間で生活する人間の40人に1人がアーヴ身分か…
多いんだか少ないんだかよく分からんな。

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 11:23:48.68
>>656
アーヴになりたい国民が少ないって何処かに明記されていたかな?
士族身分のアーヴに義務はないよ。宿命遺伝子を持つ遺伝的アーヴは種族のために喜んで死ねるようになるけどね。
あと多分国民にも「結婚」はない。制度としてないんだ。アーヴが結婚しないからね。
事実婚はあるだろうけど、国民には税金が掛からないから税が優遇されることもない。

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 11:27:30.46
>>664
戦旗5巻での次元泡発生機関工場がラクファカールを脱出するときの描写を見ると、
非アーヴ国民は実質的に一夫一妻なんじゃないかね

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 11:32:17.91
>>658
現代日本で少尉、ないし少尉相当の国の役職に就くのはそう難しくないけど、あの世界では従士からの叩き上げで「少尉」まで登り詰めないといけないからね。
簡単ではないだろう。軍士なら戦争がなければ20年弱程度は星界軍に人生を捧げないといけない。

>>659
いや何処の星系出身でもなれる。セールナイの故郷みたいに女性が高等教育を受けられないと国民になるのは難しいわけだけど。

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 11:41:34.25
>>665
そりゃ一夫多妻(その逆も)じゃないだろうさ。
それに事実婚ならあると書いたはず。
それに国民の「家族」も配偶者(遺伝子提供者)がおらず、親と子供だけかもしれないよ。

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 11:59:48.43
>>664
アーヴになれる国民が少ないのをなんか勘違いしてるんじゃないか
税金がないのは地上世界ではよほど裕福な世界じゃないとなさそうだから
領民と国民を平均したら国民のほうが経済的に裕福かな
領民がピンきり過ぎるけど

>>665
なんであれで一夫多妻ってことになるの?

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 12:17:00.70
>>668
税金がないってのはつまり所得の再配分をしないってことでもある。
アーヴ社会は極端な格差社会だからねえ。
上は皇族やスポールみたいに文字通り王侯貴族の生活。
貧しい士族であるエクリュア一族でも生活には困らないみたいだけどね。生活するには軍士にならないといけないみたいだが。
まあその反面皇族や貴族には義務があるからそれなりに釣り合いは取れていると思う。

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 12:22:47.46
>>668
まあ詰まらん返しだったことは認める。

アーヴの国民社会はフランスみたいな事実婚重視をさらに突き詰めた社会と想像する。
フランスを上手く想像出来ないけど。

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 13:13:25.04
>>662
あのラフィールを足止めしてジントを閉じ込めた男爵は愛人を抱えていて、性交してたみたいだけどね。

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 13:15:11.92
>>669
貴族には税があるぞ

あと国民に税がないってのはたぶん直接税のことで
船の賃貸とか燃料費とか港湾使用費とかそいういう
間接税の形での徴税はあるだろ

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 13:29:25.71
>>672
領地持ちの貴族には税があるね。所得再配分機能がないんじゃなくて極めて弱いと言うべきかな。

貸船料なんかは税金の括りに入るのかな。

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 13:42:14.40
よくも悪くも私有財産というか所有権の保護が強い社会なのかね
そのかわり下に対しては無税とかそいういう方法で保護しているとも言えるか?

どちらにせよ「金が欲しければ自分の才覚でなんとかしろ」という
競争の激しい社会であることも事実だが
まあ功績次第で領民から貴族になるのも可能な社会だからな

あと「貴族は貴族として金使え(バラまけ)」って文化でもあるんだと思う

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 14:03:34.37
>>673
所得格差が桁4つくらい違うから
士族や国民にはとても払えないような税でも貴族にはぜんぜん重税じゃない
それで帝国の財政はめちゃくちゃ好調だから無税の士族や国民でも医療や公共料金も無料でもおかしくない気がする
所得再配分が極めて弱いどころか貴族の膨大な富で庶民の生活も保証されて

676 :消費税増税反対:2013/09/21(土) 14:06:17.51
「家」としてみると、莫大な収益を挙げてもそのほとんどをまた自分の領地に再投資するしね。
当主の取り分も相当なものらしいけど、ジントは奢らされているし、富裕な貴族は宴を開くのが半ば義務的なところはあるそうだし。

遺伝的アーヴは軍人になれば食うには困らないし、国民は地上世界に帰るって手もあるしね。
経済が破綻して大変な地上世界もあるみたいだけど。

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 14:09:05.15
>>676
個人としては使い切れない収益を税として公共福祉で再分配してる感じ

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 14:15:49.45
たまゆらで、死者の誕生日を祝っていた

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 14:20:22.89
>>675
アーヴや国民の医療が無料だとしたら凄いな。

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 14:23:50.80
>>679
いやそれが可能なくらい貴族からの税収で帝国は潤っているはず

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 14:27:53.71
はずってのは本文にそういう記述があるっていう意味?

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 14:30:50.05
捕虜収容所の学校や病院が帝国の金で運営されていてタダとかあったなたしか
たぶん、貴族領主に仕えている国民の教育や医療はその家が担当するんでしょう
それ以外の国民は帝国が保護すると

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 14:40:12.89
>>681
いや、貴族が領土から得る富の規模から察するにその税収も膨大で
公共福祉をタダにするくらいなんでもないくらい帝国は裕福なんじゃないかと

684 :消費税増税反対:2013/09/21(土) 14:54:37.00
領民9000億人で国民10億人、アーヴ2500万人を養うと考えると不可能でもないのかなあ。
その国民10億人、アーヴ2500万人にしても遊んでいるわけでもないし。
でも星界軍の軍備を整えるのに莫大な金が掛かりそうだけど。

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 14:56:51.63
人口比率に反比例するくらい収入はあるだろ

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 15:03:19.56
そこは資源と流通だろうね
地球型じゃなくても資源衛星あれば全然かわってくるし

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 15:07:54.02
つちわらしの討伐後回しにしてたら一撃で倒してしまって分裂しナス

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 15:11:12.88
誤爆島下

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 18:24:38.33
通貨としてのスカールに興味が出てきたな
30スカール前後で一ヶ月暮らせるんだったか

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 18:35:10.04
大雑把に1スカール1万円くらいじゃないかな。
ジントはデルクトゥーで一ヶ月20スカール相当で暮らしていた。
列翼翔士の俸給約3ヶ月分が100スカール。
いや2万円かな。

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 18:35:58.90
100万が劣欲笑止の月報3ヶ月分ていうから1スカール1万円くらいの価値かな

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 20:31:05.02
列翼翔士って士官ではあるけど最下級だからな
1スカール1万がいい所かと。

ってことはスカール以下の小銭もやっぱり存在するんですかね。
それとももう電子データだから0.1スカールのお支払いが出来たるするんだろうか

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 20:37:21.11
読本か何かに記述があったはず>スカール以下の貨幣

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 20:58:15.62
連合軍は帝都を獲ったといってもその防衛は大変じゃないかな
8つの門のうち6つが敵性で、平面宇宙側は安全領域を十分に確保してるわけじゃない
ないとは思うが一斉に攻めこまれたらアウトだろうし星界軍の艦隊に大打撃を与えてるわけでもない
一大軍事拠点にしようにも反物質燃料工場はないしもろもろ整備には時間がかかる
自分らの軍需拠点からは遠く離れ、十分な防衛力を確立するために途方も無いリソースを必要とするだろう
帝国の急所を抑えたからといって今後攻勢に転じるのは意外と至難の業なんじゃないか

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 21:03:43.62
連合軍は帝都落とせば勝ちだと思ってたってことないか
俺もこんなに鮮やかに遷都されると思ってな方から
帝都の陥落は帝国の敗北とイコールだと思ってた

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 21:12:29.61
宇宙空間の戦闘だからかもしれないけどここまで全体の十数%もの被害(死傷者)が実際の戦闘で起こるものなのだろうか
アーヴがよほど敵状偵察を怠っていたというか強襲偵察機とかないのかね

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 23:54:31.51
八つもある平面宇宙側を全部自分らのものにしているからこそアーヴにとって帝都は守りやすかったのであって
そうでなければあんなに守備苦行な所ってないわな

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 00:31:31.49
>>696
旧日本軍のガダルカナルとかブーゲンビル島とか10数パーセントの死傷者なんて
生易しい物じゃなかったと思うが…まあ餓死者も多かったんだろうけど

海軍でもミッドウェーとか坊ノ岬沖海戦(大和が沈んだやつね)は
相当いっていると思うけど、どうかな

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 02:43:21.03
防衛は大変、補給路は同盟国(ハニア)経由、現状満足な燃料の生産工場すらない
これで守るどころかいろんな王国を制圧して回るとか、ちょっと無理がある。

>>696
海戦を考えれば、10隻中3隻も沈めば死傷者はその程度行きますよ

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 03:00:53.51
連合による孤立王国の制圧についてだけど、ほぼ敵の抵抗を排除できた珍しい例の一つ
アップティック門沖海戦の後の3方向から制圧可能な狩人作戦の進行速度を見ても
ほぼ最大戦力をその制圧だけに挙げて、防衛にも敵残存戦力にもあまり気を使わなくて良い状況ですら
2王国に挟まれたあの程度の領域の制圧に2〜3年軽く掛かってる。

今回の帝都戦では星界軍主力こそ分断できて、前線を削れたけど、連邦側の最大戦力と同等クラスが2個艦隊
2つの王国にまるまる残ってる状況になってるし、補給路の問題もあるから狩人作戦ほどの制圧速度は望むべくもない。

ラマージュ閣下は2〜3の王国の陥落を規定事項にしてたけど
次の策線までに1つの王国を半分でも制圧できたら奇跡的な速度だと思えるな

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 05:33:45.42
帝都の門がいくつあっても防衛のがかなり有利ではないのか。
門から出るとバラバラに出現するから陣形を組むまで時間が掛かる。それまでに各個撃破出来る。
帝国が燃料工場とか破壊するか、移動させたから守るものもないし。

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 05:40:02.43
1スカール1万円だとすると、列翼翔士が30万円強。
従士の俸給はさらに少ないだろうから、そうなると地上世界に「仕送り」が出来るのか疑問符が付く。
まあ貧乏な地上世界の物価、貨幣価値が現代の途上国と似たり寄ったりだとすると俸給が月20万円でも十分故郷に仕送り出来るかもしれないが。

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 05:47:13.25
帝都防衛だけど八個も門が集中しているのだから防衛用のホクサスが足りないという状況がいまいちわかりにくい
燃料はアーヴの乳房から調達できるのに、ホクサスに反物質入れる作業の時間すら捻出できない
最重要防衛地点なのにホクサスが足りませんどうしましょうはさすがにないだろう
皇帝が近衛艦隊率いて戦ったほうがかっこいいからそうしました的な印象を受ける(それがアーヴだから、という反論はあるだろうが)
それに防衛は大変とおっしゃられるが、辺境のなにもない場所でもあるまいし
攻者三倍の法則と通常空間側と平面宇宙側とでは通常空間で待ち構えたほうが質量を気にせず運用できるというメリットがある
ランチェスターの法則は前哨戦のホクサスの応酬でかなり帝國側が有利なはず(敵は質量を限定されてしまう平面宇宙経由のため弾切れを起こす)
巡察艦を使って艦隊決戦を挑む理由が見当たらない、それこそ最後のダメ押しに温存しておくべきだった

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 06:02:05.59
訂正
防衛が不利なのは連合側という意味だったのに対して、見識違いの発言をしてしまいました

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 08:17:36.06
>>702
基本的に食と住は俸給とは別に保障されてる筈だからまぁなんとかなるんじゃない?
ただ列翼翔士の俸給約三ヶ月分である100スカールを貯めようとすると
本気になっても半年は掛かるということは
半分(15〜18スカール)は何かに使わざるを得ないということなのかもしれないが

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 08:35:38.55
>>700
狩人作戦では主戦力は封鎖路維持に向けてただろ
作戦としては封鎖路維持が絶対に守る線で、戦力をそこに集中したまま残存戦力の反撃待ち
(残存的戦力の主力の位置を見極めた上で、封鎖部に集中させている戦力の一部で残存戦力主力を撃滅)

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 11:46:26.57
>>701
その理屈だと、これまで門が1個の星系でも平面宇宙側からの攻撃で陥落するパターン
が多く描かれてるのが説明できないな
侵入直後の混乱状態があっても結局は攻撃してくる方が有利に帰結してると思えるが

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 12:19:20.63
>>702
アジア系パブの斡旋で、女の子には手取り10くらいしか渡してなかったけど、
一部屋に何人か詰め込んでたから金かかんなくて、みんな半年で結構貯めこんでたぞ。
帰ったらお大尽だって感謝された。まぁ客からむしり取ってるのもあるんだろうけど。

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 12:24:09.33
>>707
アプティック防衛艦隊が平面宇宙で戦ったなら鎧袖一触で殲滅されたと思うよ。
巡察艦で統一された近衛より弱いだろうし。より手前で迎撃することも出来ないし。
五巻の本文中にも記述があったと思うし、足並みの乱れを突けるから守備側有利なのは間違いないと思うよ

それとは別に、帝都が他の星系と地の利で変わらないという議論はおかしいと思うけどね。
複数の門から侵入できるなら、事前に厳密な計画を立てて同時侵入しようとするだろうし。
そのうちの幾つかは阻止できるかもしれないけど、例えば3つの門から侵入されたら、3つの門それぞれに十分な防衛戦力を貼り付けられない可能性も出てくる。

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 12:31:53.54
通常宇宙戦特化(実質的に防衛戦専用)の艦船とかあってもいいかもな。
時空泡発生機関を持たずに、通常宇宙での機動力と攻防力に全てをつぎ込んだ艦種なら、
通常宇宙では同じコストで建造された平面航行可能な艦を圧倒できそうな気がする。
要塞なんかは移動できないけどこのコンセプトだし。

戦略機動の時には平面宇宙を航行できる他の船に牽引してもらう必要があるので、配備が大変かもしれんけど。

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 13:23:38.84
>>710
配備するところが帝都くらいしかないんじゃないか
前線にはわざわざ持っていけないだろ

712 :消費税増税反対:2013/09/22(日) 15:43:24.09
>>710
防衛艦ってやつだね。電磁投射砲を搭載したそれは重防衛艦。
星界軍にはほとんど配備されていないが、人民主権星系連合体は多く配備している(4巻)。
帝都を死守する近衛艦隊は重防衛艦でかためるのも良いと思うが、
5巻では平面宇宙に打って出て時間稼ぎをしたから、巡察艦でなければそれは出来なかった。

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 16:01:26.23
>>712
人民主権星系連合体は各星系が独立してるからそういう艦首が多いのはわかる

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 19:55:16.22
ちょっと思ったんだが、根源氏族の当主ってアブリアル以外は普通に世襲なのかね?
他は他で「ビボース御三家」とか「コトポニー元老会議」とかあったりするんだろうか

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 19:58:38.98
>>714
スポールは当主のまるまるコピー

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 20:27:44.82
アブリアルだけが8つの宗家を持つっていうんだから、それ以外は1つの宗家があってそこで生まれた子が宗家を継ぐんじゃないかね。
アブリアルにしても宗家=八王家に生まれたものから選ばれて先代から氏族の長を譲られると解釈すれば、他の氏族では自動的に世襲になると思う。

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 20:29:57.34
>>714
根源氏族でもバラバラだったり結束の固い氏族もあったりするらしいから
後者だったらあったりもするんじゃないか?

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 20:45:23.57
>>710
それこそ弾薬として量産してる機雷(時空泡発生機関)と、例えば装甲材や電磁投射砲だと後者残すとのが高いんじゃないかな
専門艦種を作るより、既存の巡察艦を量産したほうが結局は数が揃う、のかもしれない。

ただ生産拠点でもあり、その最大蓄積地でもあり、防衛専門の飛翔弾やら何やら多数が溜め込まれてた帝都に
質量制限のある敵艦隊よりも少ない機雷しかなかったのは解せないのは同意
そこに機雷の在庫が無い状態で戦争継続なんて出来ないし。
輸送が発展しすぎてて作るそばから在庫もできないほど前線集積所に送り出してるとでも言うのかな

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 20:50:44.96
>>706
星界世界の戦争における前提条件、敵も味方も最大戦力をぶつけ合うというのをお忘れかも。
アップティック沖でそれを殲滅した以上、相手にあるのは領域維持の艦隊だけだし、それに対して主力にて防衛を行っていたのなら
領域維持艦隊はかなりの規模を持っていることになる。

それに領域占領の速度を問題にしてるのですよねぇ
後顧の憂い無くガンガン進んだ狩人艦隊と、いつ7門から襲撃を受けるか分からない帝都占領艦隊で
占領速度が同じとはとても思えないのですが…艦隊を分派して占領しようとするなら占領地への戦力逐次投入を犯すし
艦隊を多数各王国へ分派→占領  でも帝都は奪い返されちゃいました。とか切なすぎる

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 20:50:45.65
スポールには宗家以外にも貴族が多いらしいけどアブリアルみたいに分家を貴族にできるわけじゃないよね
分家したら士族になってそっから功績上げて貴族になるのか

貴族出身で家督つがなかった後継の身分ってよくわからないよね
双子とか傍流もいいとこと言われているから分家の分家のまた分家とかなんだろうけど
一応宗家と連なって宗家が途絶えたら家督の相続権とか持ってるのかな

アーヴは少子主義で家の線が細い上に戦争しょっちゅうやってるから後継が戦死して断絶の危機なんてしょっちゅうなはずなのに1000年も家が続いているのは分家が多いからなら納得できる

後根源氏族の姓なのに士族なのはなんで貴族から降下したんだろ

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 20:53:14.32
アヴリアル以外の士族は分家であっても根源氏族の姓を名乗ることに規制はないんじゃない?
スポール辺りは規制してそうだけどw

クラスビュールの貴族様は元々分家だったのが子爵領を貰って侯爵まで育て上げたんじゃないっけ

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 20:56:06.98
>>718
機雷ではなく機雷用の時空泡発生機関がメインで完成品は少なかったのかもしれない

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:10:16.83
>>722
それがあれば多分余ってる燃料槽小惑星にくっつけるだけでも簡易機雷になると思う…
帝国の乳房から出てくる大量の反物質燃料使い切れてるわけもなし。

防衛用に自翔弾なんて微妙な物を溜め込めるくらいだから
機雷ガワの生産数>時空泡発生装置の生産数、なのだと思うけどね

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:11:01.73
氏族、分家というのは
童友のエクリュアとコリュア家みたいなもんかもしれない
学校とかは無いけど、一族で集まって子供はまとめて面倒を見ている
ちょうど田舎の村の子供達が一緒に遊ぶように
そうすると氏族の長は村長みたいなもんじゃないかな?
地面に住んでいるわけではないのでやはり宇宙に館がいる
一家族で維持できるものでもないから氏族と言うのが重要なのかもしれない

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:14:14.67
いくら分家してもアロン姓を名乗れるならウェフ姓に降りるメリットがわかんない
領地ないのに貴族名乗るメリットもなさそうだけど

領地なしの貴族って士族同様に貴族の特権ないよね?
あるのは家督の相続権だけかな

あとボルシュは建国後に士族になったアーヴの姓だけどアロンから降りた場合はウェフだよね?
それとも根源氏族の姓でウェフなのは建国時に宗家じゃなかったけど宗家に近かった家なのかな

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:20:18.18
>>723
エンジンだけあれば車がすぐ作れるということはないだろ
そんな改造するより普通に機雷を作る方が早いだろう
そしてその時間さえ工房をバラして逃がすのに割いたんでしょ
せいぜい燃料槽には自爆装置をつける程度

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:26:04.88
反物質工場の帝国の乳房というワードと最近流行りのクッキークリッカーが脳内で関連付されて
反物質を乳から出すババアをイメージしてしたまった

どうでもいいけど帝国の乳房って皇族が巨乳だったら絶対影であれこそ帝国の乳房だとか
殿下の反陽子砲を喰らいたいとか言われてそう

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:30:03.10
>>724
子育てと言えばよく子供の公共教育期間なしに社会が成り立つよな
政界で生まれた地上人も小中学なしに子が読み書き教えてんのかな

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:35:08.04
アブリアルの乳房と言えばアニメで構成を籠のように囲ってたけど
少なくとも人間は熱や重力であんな構成近くに近づけないよな
機械だって機能させられるものなのか 反物質作るには構成近くにじゃないとだめだろうけど

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:37:36.63
アーヴは、ある種の特権階級、昔の貴族階層なんかも子弟の教育は
家庭教師がやってたりした。
社会の中で、どんな付き合いをするかによるが、公共の教育機関が
必須であるとは言えない。

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:40:57.61
>>728
レーフはアーヴの慣習を守る必要も無いから
自分達のための学校があるんじゃないかな
国民学校

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:44:32.06
まあ機体サイズが緻密に表現されたスパロボは見てみたいけど
OPムービーでやってくれたらいいや

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:48:21.74
館で曾曾曾祖父さんあたりが面倒を見ているんじゃないかな
後は上の子が下の子の面倒を見る
親は出稼ぎに出て年に二回ぐらい帰ってくる

貧乏氏族の場合...

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:50:38.11
>>732
それは俺も見てみたいがスレ違ってるぞ

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:52:03.87
>>720
爵位もちの貴族の場合、家督を継がない子にも公子女の称号は与えられそう
問題は公子女の子で、この場合は家督を継がない子は士族になるんじゃないかなあ

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:53:03.06
つか隠居組が4世代もいたらその彼らの生活費も現役世代が稼ぐのか
だとしたら、公的年金がなかったら年金が出る仕事に就くしかなくね

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:54:52.41
>>735
双子が傍流もいいとこって言われるくらいだから相当分家の末端だろう
分家の子が士族になるんだったら双子でもアロン姓だから親は宗家ってことになる

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:58:55.21
大公爵でも本拠地の星系規模が巨大なだけで、複数星系を保有している貴族はいないのかな?
そのパターンなら、家督を継がない子に爵位を与えて分家させることができる

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:01:01.33
隠居組ったって隠居する直前までは完全な現役並に働けるしね

それにアーヴのほぼ全員が入隊する星界軍にはそれなりの額の年金制度がありますよ。
サムソンさんはそれを農場資金として当て込んでいたはず。

領地のない士族や貴族なら税金が無いから、装甲材やら電磁投射砲弾の工場でも
共同出資会社でも作って立てとけば、食いっぱぐれることはまず無いんじゃないでしょうか

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:04:23.88
>>738
領地はあくまでも皇帝から与えられてるものだから、自分で新しい子爵領なり伯爵領を見つけたって
その権利を得られるわけじゃないですよ。それが得られるならもっと探検屋が多そう。

逆に一族の領地を束ねると開発途中のイリーシュ王国より多いです、って大氏族はありそうですが

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:11:05.70
思ったんだけど、分家の逆で合家ってのはありなんだろうか?
家風の近い貧乏士族同士の想人が一発逆転に出て、子を共有することで両家の資産とノウハウを統合して事業をやり易くする
現象だけを見るなら、地上世界における「結婚」に非常に近い状況だが

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:35:39.25
>>741
本家の構成員全員が一度に死ぬとか行方不明になるとかで空いた貴族の家を分家の誰かが継ぐ
なんて場合は実質的な「合家」になるんじゃないかね?

今回の戦争でかなりありそうだが

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:41:22.83
やっぱり子がみんな戦死しちゃったら新しく子を作るのかね 寿命はありあまってるだろうし

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:44:03.15
情報的に、戦場に出てる子たちはアーヴの中でも割と若年層ばかりなんだよね。
100歳超の現役アーヴ軍人ってすっごい少なそう

つまり戦争をすれば子らが先に逝くのか

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:44:47.39
>>741
アーブの恋は熱しやすく冷めやすいとかなんとか
冷めちまった後をどうするかが問題になるな

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:46:08.47
5巻の冒頭に親が戦死したんで祖父と遺伝上の母と忘れじの間に行った子供の話があったから
やっぱり一般士族は10数年も育児休業する余裕なんてないから親に任せて働くのか

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:51:06.07
>>744
年齢は地上人の倍だけど少なくとも軍人の昇進速度定は地上人と変わらなそうだから
定年も60くらいでないと上位の人材が嵩張るだろう
といってもピラミッド構造で上に行くほど昇進が難しいから
昇進に限界を感じたら退官するのが普通でそれが十翔長くらいなんじゃないの
戦争になると戦死しない限りは戦場にでるって気概のアーヴが増えるのか

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:53:15.54
>>746
断章のハイド発見の話に、子供を作る前に十分な蓄えを作るのが常識
という話があったよ。それをしなかった男を非常識だと言ってたし

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:58:17.21
爵位も領地も継げるのは一人だけで、継がない子女は公子・公女の最下級爵位だけを有する。
その公子・公女の子女は全員公子・公女になる。

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:59:20.55
>>747
パパ王(おそらく100歳未満)が現役復帰してたし、200歳未満の予備役も大量に現役復帰してるのかな
艦内平均年令150歳超の突撃艦とか。
そんなネタの噂になったら従士が、翔士の方々が平均年齢上げすぎだ…とか愚痴りそうw

でも、戦場なので恋の花は否応無く燃え上がり、斯くて150歳年下の弟妹とかが生まれるんですね

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:00:56.80
>>748
てことは翔士なら十翔長くらいまで上れば働かなくても十分子育てに専念できるってことか
まあ最下級の列翼翔士の報酬額やサムソンさんが年金で農場買おうとしてるくらいだからそれくらいか
途方も無い人件費がかかるけど貴族から税収はそれだけ潤沢なんだろうな
税収は反物質とか資源の物納っぽいけどそれがどうやって金銭になるのかしら

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:03:02.27
>>750
年齢差100歳のカップルとか普通にありそうだな
ジュムリュアもアーヴじゃないけど擬似アーヴで長寿だから
恋人との年齢差はそれくらいありそうだったし

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:07:05.50
>>749
もっと単純に、貴族の子供は生まれた時に公子公女の位を必ず貰えて
継いだ時に公子公女から、親の爵位を受け継ぐだけじゃ?
他の子は継がないので生涯公子公女のまま、継いだ兄弟が子も無く亡くなったら
今度は彼らがその爵位を受け継ぐと。

アストリュアのフェブダーシュ爵位はそんな感じだよね。

公子公女と言っても貴族の位で士族よりは位が一応高いっぽいですよね
だからその子供も貴族の子なので公子公女を受け継げるのか…と思われます。

紋章1巻でジントが伯爵公子だった時点で、レクシュ一等勲爵士より上らしいし。
…あ、でも伯爵公子は「閣下」なんだっけ。
ただ、公子公女と言っても親の身分で上下があるですかね

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:09:14.33
おっとりしたおばあちゃん系の見た目20代くらいの恋人…有りだなw

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:12:23.08
三つ子の魂百までというくらいで精神は老けない人は老けないよ
まして肉体が不老のアーヴなら

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:17:06.33
いや、精神は老いると言ってなかったっけ。ドゥビュースが
本当に若い時は短く貴重という話をしてたような

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:17:40.47
修技館に入ればアーヴになれるのに地上人の率が低いみたいなレスがあったがジントはすでにアーヴだったから許可が簡単に降りただけだよな?

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:29:14.08
>>756
老いたと思ったら老いるけど
全然元気な爺さん婆さんも珍しくないし

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:33:06.73
>>757
許可が下りたというより
入るのが義務だからなー

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:39:19.21
>>759
義務なのは貴族を継ぐなら必要なだけで、入学自体は許可が降りたで正しそう。
軍務が義務なのは皇族でしたっけ。飛翔科に入ることが義務だったような

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:39:35.63
>>757
そもそもアーヴじゃないと翔士になれないので翔士になる修技館に入れないと
従士から翔士になるにも修技館に入るんだっけ?

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:40:12.43
>>757
修技館に入ればアーヴになれるじゃなくて士族以上の身分に属する人には修技館に入る権利がある
もちろん試験はあるけど18歳までに受からないようだとまともな社会生活は諦めた方がいいらしい
星間国家だから人並みに稼ぎたいなら必須の条件なんだろう

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:45:41.50
修技館に入ればアーヴになれる ×
アーヴじゃなければ修技館に入れる ○

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:47:19.92
間違ったw
アーヴじゃなければ修技館に入れない

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:52:09.58
>>763
>アーヴじゃなければ修技館に入れる ○
???

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:52:40.19
ごめ、タイミングがわるかった

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:53:46.99
>>766
いやこちらこそ

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 00:49:14.92
>>762
……そういや、ペネーシュさんが修技館に入学したのは17歳の時だったような

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 01:01:23.37
まともな学力なら18歳くらいなら入れるってだけで入らないと恥ずかしいってわけじゃないと思う
アーヴは軍役義務のない士族でも生涯のうちに一度は軍士になるのが一般的みたいだから
二十歳前後で修技館に入るのが一般的なんだろう
アーヴ特有の船に乗る仕事に就くのに飛翔科になるのが必須だし

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 01:18:19.08
ラフィールは普通に優秀なんだろうけど、ジントの仕事上の能力ってどんなもんなんだろうな。
無能と言う描写はないけど有能と言う描写もない。
主計科翔士としては偏差値50って感じなんだろうか。

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 01:37:28.85
戦時補正かかっているけど順調に昇進出来る程度には優秀だろう

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 02:18:31.90
混乱の極みにある帝都で、400人分の生活物資を集めたのみならず
問題だらけの旧式巡察艦を航行可能な状態にするための機材や
芳名碑保護のための発泡充填剤といったマニュアル外の資材の調達を
滞りなく済ませているのはかなり優秀。

主計科ってのは裏方で「問題を起こさない」のが仕事だから
有能か否かは判りにくいよね。

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 04:57:04.03
全翔士の昇進は帝都陥落で下がる指揮を上げる鼓舞だったのかな

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 10:42:03.87
>>736
アーブだったら死ぬまで現役だろう。稼働時間こそ短いが経験による質がそれを補うだろう。

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 10:51:02.09
お年寄りの俺はすかいらーく号とかキャプテンフューチャーとかレンズマンとか銀河乞食団とかクラッシャージョウがガキの頃から植え付けられたSF・スペースオペラなんだが、そういった物語の主人公を想定してアーブとの共存を考えてみた。

結論
アーブを滅ぼさねば明るい未来は来ない。

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 10:55:20.22
パラレルワールドにしとけば全部有りで、おk

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 11:04:08.12
>>775
アメリカスペースオペラの主人公とは共存できなさそうだな

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 11:10:46.35
自由と正義ですからね

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 11:29:03.65
>>775
葬儀屋さんお久しぶりです

780 :消費税増税反対:2013/09/23(月) 14:29:08.23
>>773
戦死者が大勢出たからそれを補うための一斉昇進だろう。
退役したアーヴが多く戦死したが、現役の若いアーヴも結構戦死しただろう。

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 14:39:35.73
>>780
戦死者は多かったけど
帝都は戦力手薄だったからこそ陥落したわけで
星界軍全体からみたら喪失は少ないほうなんじゃないかな

782 :消費税増税反対:2013/09/23(月) 15:23:37.29
>>781
スポールが星界軍が侮られるほど弱体化していると言っていたから戦死者はそれなりに出たと思う。
ラフィールがラフィール世代の皇族では最先任の翔士になってしまったわけだしね。
分断されて生きている軍士も多いだろうけど。

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 16:24:09.83
>>782
帝都が陥落する戦闘だったんだから被害が甚大なのはもちろん
でも一番の痛手が帝都が陥落したことによって帝国が分断されたことだろう

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 18:25:40.96
実務的な意味より戦意高揚の意味が強かったと思うんよ>一斉昇進
帝都は落とされたけど戦死者は意外と少ないんじゃないか
近衛艦隊はたしか8個分艦隊だっけ
あとは帝都防衛団と不死鳥第6だけでしょ
防衛団は退役軍士だし
第6艦隊は序盤で敵襲までに招集可能と言われた20個分艦隊かな

仮に防衛戦で失われたのが全体の一割くらいだとして残りの九割を一律昇進ていうのは
失われた上級士官の補充としては過剰に思う

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 18:27:44.62
>>782
スポールの言う星界軍は、仮帝都に集合した皇帝が指揮してる軍勢だと思われ
総数として4分の1以下になってるから、そりゃ弱体化してるさ

各地の前線警備艦隊や2つの勅任艦隊を痛打しうる艦隊が他国に存在しないハズなんですよね
特にクリューヴ王国内に散っていた雪晶艦隊は総数として敵の帝都襲撃艦隊と数が変わらないかそれ以上の数だし
双棘の20番代に関しては手を出せる艦隊は用意できないしする必要もない(帝都を落とすのに全力を上げるべきだから)
各前線こそ多少押されてダメージ受けてたとしても防衛してる艦隊への攻撃は相手のがダメージ受けやすいしね。

崩れた前線ってクリューヴ以外は無さそうだな
他の国境前線が崩れるような艦隊を派遣する意味がないし
雪晶艦隊の内ダメージを受けた艦隊(弟殿下とか)って敵の帝都襲撃艦隊にかち合っちゃった所だけでは
雪晶艦隊と帝都襲撃艦隊が戦ってたら普通に艦隊決戦になるだけだし

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 18:34:37.15
帝都を襲撃した200個分艦隊超の艦隊
雪晶とクリューヴ前線を崩した後も帝都襲撃に加わらず、痛打して追い払った艦隊
帝都各地で前線を押し、更には突破し連絡分断した遊撃艦隊

描写はされてないけど双棘艦隊にも多少圧力が掛けられたとすると

敵の艦隊数がちょっと限界突破してるような
アップティック門沖戦のあと帝国が艦隊製造サボったか、敵が桁外れに作りまくったか
幻炎作戦と狩人作戦で殲滅された300個分艦隊の差を国力差からみても埋めらるハズがないのに
(戦力を最大に供給してた統合体は4分の1の領域を完全に失ってるし)
むしろ4-5巻時点は互角近くまで追いついてるのが謎すぎる。

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 18:37:44.64
>>784
残った4王国から従士の採用条件を大幅に軽減して大量徴募するつもりなんじゃない?
その為には下級、上級の翔士が必要だし

艦こそ足りるかどうか分からない位軍人が増えそうだけど

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 19:29:31.33
翔士修技生を全員列翼翔士に上げただけでも翔士は足りると思うが

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 23:07:34.76
従士を増やすならハードルを下げるより報酬をあげたほうがよくないか
もともと採用条件そんなに厳しくないだろうし 質が低下した本末転倒だろ

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 23:12:21.28
平時はパーヴァリュアみたいに戦争になると思ってなかった人も軍士になるが
帝国が苦境に立たれている戦況じゃ命が惜しくない人じゃないと志願しないだろうな
でも戦時は昇進も早いからアーヴになる絶好の機会でもある
今回の一律昇進が従士にも当てられたなら新興ボルシュ姓が大量に生まれたはず

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 00:08:53.49
質の低下は大問題だな、確かに…
アーヴになる道が大きく開かれてる、は若い地上人には結構デカイ報酬だよね
報酬を大きくして地上の優秀な民を誘うのは良い手だ。

帝国自体が負けてしまっては支払われる帝国通貨の価値もなくなるしw

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 08:15:06.50
うーん、国境の防衛部隊も含めて予備戦力を抽出(戦記4)
全線にわたって総攻撃をくらう(戦記5冒頭)
仮帝都に集結した艦隊はボロボロ(戦記5終わり)
この表現で帝国側の損害が少ないってのはないと思うんだけど

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 08:44:20.01
その抽出した戦力を集めたはずの雪晶艦隊まで敗走するほどにボロボロに叩かれてるんだよな
帝都襲撃部隊以外にもわざわざこの艦隊を追ってる部隊がハニア連邦の総数より多く確認されてるby戦記5P244
帝都への奇襲が最優先目標なら、この追尾艦隊は完全な蛇足というか無駄だけどね

バラバラだったから各個撃破された?にしてもそのためには全体各個で圧倒できるほど戦力が無いといけないような
雪晶(元双棘の10番代100〜200個分艦隊)艦隊とクリューヴ警備艦隊を超える程の艦隊が帝都を襲撃した艦隊以外にも存在することになるのかな

星界軍が叩かれてるのはそうだと思うのだけど、その攻撃を可能にした部隊はどっから湧いたんだって話だね

帝都にいた予備艦隊(ハニア=ラスィース国境沿いに新配備)と
バルケー王国から出てスュルグゼーゼ王国までを打通した双棘20番代艦隊(まともな抵抗に当たって無い)
これらはかなりまとまった数が居たしダメージは少なそう。
この辺は動けそうですが…それとも動かさずこれらの艦隊で防衛に当たるのかな

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 09:29:37.21
アーヴの遺伝子改造効果って戦場ではどれくらい有効なんだろ?
通常宇宙戦闘では通常人類による操艦(あるいはコンピューターによるフルオート操艦)に対して優位性があるんだろうか

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 09:40:40.12
少なくとも人類統合体は通常操艦をほぼ放棄してるらしい
ただ、コンピューターによる操艦は考えうる100の事態では人を上回る代わりに
それ以外の事態が発生すると物凄い失敗をやらかす、と考えられてる。
コンピューターの性能が上がれば100を1000にできるらしいけど絶対大丈夫には出来ないし、
宇宙ましてや戦争は想定外の繰り返しだからね

自分から攻撃することで事態の推移をコントロールできれば安定した性能を示すのでしょうが
例えばスポールによるアプティックでの中央突破なんかを行われた時、
アーヴや人なら壁にしてた巡察艦を下げて第1艦隊をどうにかするとかできる所が出来たのではとか。

ただ単艦や少数艦隊の戦闘では、かなり想定外の動きや戦術でなければ、予定調和を崩せなそうでもある
(例、ラフィールのいた第一突撃隊と、敵突撃隊との戦いの経過など)

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 09:49:47.49
艦隊やその一部の機動の選択まで無人化しているとは考えにくい。
操艦が自動化していることと、艦隊機動での対応能力(の自動化)は別の問題では?
例えるなら、自律運転の自動車があっても、目的地は人間が入力するし、修正できるイメージ。

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 10:20:40.12
そうなんだけど、この世界は情報伝達に致命的な弱点があるんですよね
大艦隊戦になればなるほど末端まで指示を行うのが難しい。

艦長が緊急的な操艦の自由を持っていない対処が出来ないとなると
一旦崩れた戦線が立て直せないことが多そうだなと

その例えで言うと、目的地を入力するし、通行止めなんかにも対応できるけど、
突然まっすぐ突っ込んでくる車には対応出来なそう、という話

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 10:39:35.89
うーん……

確かにアーヴの方が緊急時により柔軟に対応できるように見受けられるわけですが、それは操艦していることから起因する柔軟性ではない気がするんですよね
つまり、単に、連合の軍事組織としての硬直性が原因かもしれない

現代の陸軍において、士官は直接戦車を操縦するわけじゃないですけど、ちゃんと柔軟に対応させられますよね
アーヴは運転士付き、連合は無人って感じですが、要は意思決定主体としての艦長(や提督)がいるのは変わらないと思うんです

スポールさんだって、彼女自身が操艦しているわけじゃないし。
もちろん操艦経験が生かされているのかもしれない(そして連合の士官にはそれがない)のかもしれませんが。
機械の問題よりも、組織や経験の差があんな形で結実したんじゃないかと思います

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 10:42:05.76
>795
何か勘違いしてるようだが、アーヴの操船は通常空間や時空泡内での戦闘機動でのことだぞ?

平面宇宙での戦術機動=時空泡の移動は双方ともオペレーターがコンピューターを操作して行う。
アプティックで統合体軍が突破された巡察艦を下げなかったのは、艦隊指揮官の判断によるもので
個艦艦長の操船方法の違いではない。

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 10:49:25.71
言いたいことは分かるなぁ…指示する人は乗っては居るものね
事例として、フリーコヴが人民主権連合のケマル門で、門から付かず離れず
ギリギリの距離を飛び続けたことがありますよね

あれが例えば統合体とかの艦長の指示だとしてコンピューターはこなせるかどうか。
危険行為ということで一定以下の高度…というか距離を維持することはキャンセルされるんじゃないかなと
もちろんそれで事故的に失われる艦の数のほうが多い可能性はもちろんありますが
人が操舵してる故に出来る無茶、を選択肢に入れられることは以外なアドバンテージなのではと思います

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 11:20:57.07
ケマル門で無事だったのは優秀なコンピューター<アルボフ>のおかげだね。

アーブの艦船は搭載コンピューターがカスタムメイドで生産とプログラミング・データ蓄積に
非常に時間が掛かる。
充分にデータを蓄積した良品のコンピューターは艦の性能を十二分に引き出すが、
逆に、良品のコンピューターが手に入らない場合、アーブ艦船の戦闘力は大きく低下する。

四カ国連合艦船の場合は、規格品のコンピューターを使うため大量生産でき
戦訓の反映による能力向上も容易な反面、イレギュラーな場面での対応能力は劣る。

こんなところか

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 17:04:14.98
>>798
んな難しい理由じゃなくて、物語的に主人公側が柔軟な対応しないと詰まらないだけだろ。
統合側が主人公なら、アーヴの圧倒的格闘戦に柔軟に対応する艦長が描かれるだけ。

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 17:23:31.76
無粋なヤツめ

殿下の大立ち回りを見るに、陸戦におけるアーヴも(むしろ艦隊戦よりも)滅茶苦茶強そうに思えるけど、どうなんだろうね

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 18:35:45.36
地上を嫌うって点を無視すれば暗視ゴーグル無し、視界ゼロでも銃撃戦できるからな
市街地戦じゃ勝ち目なさそう

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 19:23:40.79
むちゃくちゃ強いだろうけど、数が致命的に少なすぎるよ
士官職として艦艇に載せるだけで若い世代の限界ギリギリっぽいのに
陸戦要員に何万人も取られたら輸送等の社会が崩壊しかねない。

イメージ的にはジェダイの騎士っぽい戦闘力かも。

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 21:08:43.76
機械と人間の差異って、

ジント「でも、機械が間違えていることだって……」
ラフィール「人間だって間違える」  紋章I

程度なんじゃないかなぁ。
アーヴが直接操舵するのは趣味の領域が大きいと思う。

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 21:47:30.03
限界域が違うんだと思うけどね
細かい簡単な操作を何百万回させても困らない機械とそれはまず無理な人間
予定外の行動や明らかに危険のほうが大きい行動を行える人間と回避してしまう機械

マン・マシーン合同はそれらの利点を合わせて行動の限界域を広げるわけですから。

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 23:37:38.09
>>793
1巻か2巻で統合体の戦力はもっとあるんじゃねみたいなことを今上陛下がいってなかったか?

809 :消費税増税反対:2013/09/24(火) 23:46:54.37
>>805
空挺部隊は地上人任せだろう。
遺伝的アーヴで空挺修技館の門をくぐるのは飛び抜けた変わり者、しかも奇人変人の扱いだろう。

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 00:11:23.30
逆に地上人からしたら艦隊勤務なんかしてる地上人は変わり者なんかね

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 00:21:51.15
>>810
宇宙船に乗って宇宙行くのはまだわかる、
平面宇宙?! なにそれこわい。

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 01:41:37.64
>>808
有る可能性を考えてましたね。
敵総兵力がこちらの予想を遥かに上回るのかも、とか。
ただそうすると、この時期(4年前)からすでにハニア連邦への戦力隠蔽が始まってたことになる
それこそ、狩人作戦で本国の4分の1が切り取られたりしながらも、この隠蔽戦力は動かなかったと。
本国無くなりかねない大規模な計画ってことになりますが、それにしちゃ杜撰すぎる。

装備の旧式化は無さそうにしても、能力維持の演習を含めて軍が消費する資材は膨大になるので、その話が4巻のP212
マイラル星系の物資の流れで説明されてないと変な気がするんですがよね

っていうか生産艦艇数やら用意できる軍の数は多少多いか同程度だという判断は
常識的なものだと思いますけれどね。国力はほぼ同等、連合側は政治体制も4ヶ国に分かれてるんですから

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 01:58:04.58
とはいえ、戦費調達能力の差はすなわち勝敗の差に結びつく。
国力が同じでも、交易の上前をはねる帝国の財政と、租税の上に戦時公債を発行する四カ国連合の財政能力では、後者が上回るかもしれない。
史実では、第二次世界大戦のアメリカは国内総生産の三割以上を軍需に動員できたからなぁ。
熱心さ次第では、艦隊が五割増しでもおかしくないんじゃないかと思う

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 11:00:43.51
この戦争の準備にかけてる期間は連合側の方が長いだろうしなぁ

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 14:28:12.77
軍人は余ってそうな連合側ですから、旧式艦を国境警備とか、辺境防衛とかに回してるのかもしれませんね。

アーヴはなんかその辺の部隊もできるだけ最新、ないし1世代落ちくらいまでにとどめてそう。
それ以下は空間施設として売り払ってるか解体してるイメージ。

たとえ旧式、弱小艦であろうと数が揃えば十分脅威だし、防衛や警備、連絡の任には就けるしね

ただ連合側も最新鋭の数は同等かおそらくやや少ないんでしょうね
防衛に回す分を旧式にしてやっと同等数を保ってる気がします。
何しろ1国の経済計画と造船計画に銀河の半分の資源と国力を注ぎ込める帝国に
4カ国に分かれたまま別個に造船したりしてる連合が追いすがらないと行けないわけですから

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 14:37:28.39
>>814
そうだとすると、紋章3で来た敵の数がもっと多くないと変ですよ、乾坤一擲の作戦だもん

同数程度の数から始まって、同数程度の建造速度だと
星界世界の戦争形態で傾いた天秤をひっくり返すことは常識的に不可能になる。
初回の決戦は痛み分けにしても、幻炎は圧勝しちゃったのでもう連合側は次の決戦では自軍の2倍近い帝国艦艇と、
当然負ければ、その次は4倍近い帝国と戦う事になってた。戦力比は4:1,その次は16:1
勝負に成るわけがない。この戦争は本来アップティック門沖海戦で終わってた。

実際、帝国6年目には2個勅任艦隊を運用できるようになっていました。これが帝都襲撃艦隊などと戦ってたら相打ちになったとしても
もう1個残った勅任艦隊が好きに暴れまわれる。合流して戦ってれば相打ちどころか圧倒でしょうし。

その既定路線から外れる為に、自国の4分の3を捨ててまで全戦力で帝都襲撃とか
物凄いギャンブラーが居るなぁ、人類統合体…

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 15:05:17.56
>>815
戦旗1で人類統合体は巡察艦が多い編成の艦隊で会戦に挑んだから、皇太子殿下は戦訓を取り入れてきたと予測した。
だから軍艦は旧式ではなく最新鋭が多いと思われる。

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 15:11:47.77
4巻?で襲撃艦襲名でエリート争いが熾烈になるみたいに書いておいて
一気にキルーギアに選ばれたラフィールだけど、まさかそのまま襲撃艦使うわけじゃないでしょ
指揮参謀とか入れるわけだし巡察艦使うんだよね?

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 15:12:59.97
決戦に出してくるのは作りたて、戦訓入れたばかりの新鋭艦さね。

じゃなくてそれに寄って旧式化した船の使い方ね。
輸送艦でもあまり古いのを決戦に連れてきたりはしないだろうし

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 15:13:50.45
一斉昇進ってすごいな
昇進辞退し続けてきたアルボフすら拒否できないんだもんな

現実世界で、残業手当が出るギリギリのやつが一斉昇進とかなった場合、絶対拒否するよな?w

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 15:15:08.98
>>818
そうでしょうね。
艦隊、分艦隊の旗艦は通常は巡察艦が充てられますから。
不死鳥艦隊のような撤退のための寄せ集めになるとそんな贅沢は言ってられないみたいだけど。

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 17:35:21.88
>>816
そうだとするとって、連合側の計画は最低でも10年前から始まっていたことが
レクシュ(叔母)の台詞で示唆されてませんでした?紋章1のその周辺の記述からすると倍は掛かってそうですよ

イリーシュ門沖会戦のときの連合側の戦力がそれほどでもなかったのは
あまり大幅に艦隊を増強すると帝国に察知されて奇襲が成立しなくなる
危険性を考慮したものではないでしょうか

実際に開戦後は連合側は国力第2のハニアを欠き、人民主権星系連合体の軍は
かなり非合理な形態の組織であるにも関わらず
帝国に対抗できるだけの艦隊を帝国と同期間で繰り出してくるわけですから
艦艇建造能力の増強や物資の集積、軍人の増員、それらに必要な財政基盤等の
総力戦体制の構築なんかは結構な期間を費やしてると思いますよ

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 18:26:50.38
SFマガジン1月号(11月25日発売号)で森岡浩之《星界の断章》最新作掲載予定 だそうです

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 18:28:58.59
断章の2巻でも出す気なのか?

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 18:30:33.82
断章の2巻は6年半くらい前にもう出てます

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 18:34:42.09
あれ、そうだったっけ
ともかく断章の新刊出すためにページ数埋めてるのかなってこと

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 19:31:52.14
一月号分+書き下ろしで断章3巻出せるくらいはいった?

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 20:12:13.81
さすがのバンダイビジュアルさんも食いつかなくなったからアニメ化とかもうないっぽいね

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 20:20:48.01
>>819
帝国は旧式の軍艦を貴族、士族に払い下げて住居にしたり、商船団所属にさせて交易船として貸し出したりしているからね。
資源を有効に活用している感じだ。
連合でも似たようなのはあるんじゃないの?連合でも交易船は必要だし、旧式軍艦の払い下げをすれば資源の活用になる。

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 20:27:06.62
個人的にはハイド星系を守るためならあの条件を飲むべきではなかったと思う
なんか戦旗になってから暖簾に腕押しなお話が多くてさすがにその場しのぎ臭い感じがする

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 21:20:30.87
>>815
某中将だったら「戦いはは数だよ、アーブ」と説教してくれるに違いない。

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 21:30:12.80
>822
紋章での開戦は連合側にとっても不本意だったことをお忘れなく。

予定より早く開戦してしまったため
・開戦予定に合わせて整備改装中の艦船が多かった
・開戦に合わせて艦船数増強のため新兵割合の大きな艦が多く、訓練不十分で実戦に出せなかった
・連合軍故に大規模作戦の調整に手間取った
などの可能性があります

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 21:51:43.43
そんな描写あったっけ?

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 22:05:22.02
>>832
予定より早い開戦だったのは意外かも
どこに書いてありましたっけ

ふと思ったのですが、集積された資材を基本使わず、後方から反物質燃料まで運んで進軍してるとすると
時空泡限界以外にも、作戦における最大艦隊数にも限界点がありそうですね
それが2〜300個分艦隊くらいなのでしょうか?

というのも、アーヴの作戦目的統合体本国の切り離しを企図するなら、バルケースュルグゼーデの回廊が確保できれば
それで目的は達せられるわけで、わざわざ10番、20番代に分ける必要がない気が…

あれ?
統合体本星ってバルケー王国の東側の領域にあるもんだと思い込んでいたのですが
もしやそっちではなく切り離された中央領域付近…なのかな

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 22:35:15.49
>834
本が行方不明なんでページ数が判らないけど、皇帝と外交官の会談シーン
統合体の外交官が、今回は様子見のハズだったのに・・・・と述懐している

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 22:41:05.72
あれは外交官側が皇帝との交渉をもっと長引かせるつもりで「様子見の要求」を
したはずなのに、皇帝が即決しちゃったってことだったのでわ?>>835

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 22:48:29.35
いや、その読み方はあり得ると思うよ。
挑発(小競り合い)→外交交渉→戦争
外交交渉が長く続く間に、スファグノームの戦力を増強、増派して帝国の軍量をだんだん増やす
囮としての機能を増やせば別の門で待機してる帝都襲撃隊の成功率が高まるわけです。

まぁ軍事的には準備不足であるなら最初のスタートを切らないとは思いますが

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 22:59:15.43
>>818
とりあえずは戦力統合のための御飾り艦隊になるだろうし最新鋭の襲撃艦は祖の意味でもなさそう。

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 23:01:11.61
「実は連合側が先に手を出してました」と言うことが判明してハニアは連合を脱却したわけだが、
その事実って連合内では報道統制かかってるのかね?

各国とも民主主義体制だから野党だっているわけだし、戦争の正義が疑われるような事実というのは士気へのダメージもかなり大きそうだが。

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 23:06:44.56
国家国土の半分以上を切り捨ててでも対異生物の国家を打倒しようとするのは
どう考えても民主主義じゃないぞ…
反対するやつは真の民主主義を理解してないので学校で再教育だろうしw

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 23:06:58.97
>836
本国との連絡に数週間かかる世界である事をお忘れなく

あれが予定通りの開戦なら、大使は最後通牒の類を準備していたはずだし
会談直後に侵攻開始するだろうから、連絡が間に合わずハニアの土壇場での日和見が成り立たない。
数時間ではなく数ヶ月単位で長引かせる予定だったと思うよ。

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 23:07:02.77
>>835
紋章1p184だね
「〜これはまだ小手調べ、帝国の出方を知るための揺さぶりにすぎないのに!」
ってサンガリーニが心のうちで悲鳴をあげてる

う〜ん、その前の記述からサンガリーニが今回の戦争の計画について
殆ど知らされていないのはほぼ確実なので
「これ」というのはその場の交渉のことを言っているんではないかな?
言葉としても連合軍先遣隊のスファグノーフ占領のことなら「あれ」だろう

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 23:14:21.89
>>838
そうかな、むしろ襲撃艦、蹂躙戦隊混合の分艦隊編成を実験する艦隊になると思うが
艦長として襲撃艦を指揮した経験も利用できるし、最新鋭最強の艦隊を皇太女殿下が前線で指揮とか
いやおうにもなんか燃えてくるじゃないか

旗艦こそ巡察艦にしても(司令部を置く機雷庫スペースがない)
襲撃艦を混ぜた、もしくは主体にした突撃(蹂躙)分艦隊や
誰かが前に言ってた人数やコストが安く、衝撃効果は3倍近い混合偵察分艦隊
なんかの強力と目されるがまだ試されていない実験艦隊とかどうだろう

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 23:19:49.52
>>842
すごくアレだけど、帝国に喧嘩うるのにたった3個分艦隊+空挺1個分艦隊
どう考えても捨て駒のハズなのに上級の観戦武官が乗ってたのが気になる。

アーヴに蹴散らされることを前提にした艦隊なら政治家や作戦情報にアクセス出来る人がそうそう乗ってるのは可笑しいし
万が一乗ってたとしてもスファグノームを落とした時点で撤退してるはず。

それがわざわざ残っていたってことは、後方から補充、増派兵が予定されていて、スファグノームこそが根拠地(壁)にされる予定だったのでは
と思うのですよ。惑星をわざわざ占領するための空挺を連れて行ってることもその示唆になりますし
トライフ艦隊はスファグノームやフェブダーシュは開放できても、その奥、ヴォーラーシュとかは開放できなかった。
わりとタッチの差で派兵が間に合わなかったんじゃないかな

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 23:23:53.69
>>841
それはむしろ計画通りだったことの根拠になるんじゃない?
外交官たちが開戦の通告を持って帰ってから120個分艦隊を編成して
帝都を急襲して会戦をして侵入点付近の防備も固めて
って時間的にちょっと厳しくないか?

統合体の外交官でさえ作戦内容について知らされてないなら
他の外交官たちにも作戦について知らされてない可能性は高い

なによりゴースロスを撃沈させただけならともかく
スファグノーフを占領しておいて即時開戦はないと想定するのは
さすがにちょっと甘すぎないかね?

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 23:30:57.02
>844
あれはトライプの艦隊規模がイレギュラーだったからでしょ。
偵察には過剰だが、撃退には心許ないレベル。
トライプ艦隊が中途半端だったから、統合軍の対応も中途半端になったとおもわれ

トライプ艦隊編成した鎮守府司令官は何考えてたんだろうね、ビボースだったのかな?

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 23:36:36.64
トライプ艦隊弱そうだな…

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 23:45:17.49
オメガトライプ

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 23:48:37.10
そこはシズマトライブで

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 00:32:56.59
鎮守府で動けそうなの全部束ねて渡しちゃったんじゃない?

つまり、次の本攻撃ではイリーシュの鎮守府はまともな抵抗ができないまま素通りされてる可能性が高い
てか一応王国に手を出すわけで、4個艦隊(戦力3個)じゃどうにもならないことは分かってたと思うけど

851 :消費税増税反対:2013/09/26(木) 01:18:54.83
アーヴの行動原理を深く分析している人類統合体中枢ならゴースロス撃沈からスファグノーフ占領までしておいて帝国が悠長に外交交渉などしないことはわかっていただろう。
皇帝が戦争に訴えるのではなく、外交交渉を行うと判断すれば人類統合体他にとって最善ではあっただろうけど、あまり期待していなかったと思う。

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 01:21:21.78
>>839
人類統合体とかでは「悪逆非道なアーヴの支配から人類を解放せよ」みたいな
素朴な発想の国民が多いのかもしれんぞ。

その場合、だまし討ちだろうがなんだろうがエイリアン撃退のためには手段を選ばないというスタンスで
支持率は下がらないかもしれない。

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 01:44:56.39
分析してるかなぁ、アーヴの行動原理
上の理解は自然と下まで降りてくるもんだけど、もっと感情的に見えるよ

外交交渉が決裂することを覚悟でなら有能?な外交官を送り込むハズもない。
子どもの使い程度に名前の知れた人でも送るだろうさ。

行動原理を理解してない、と感じるのは、アーヴに対してわざわざ同盟を組んだことが一番の理由
アーヴは手を出さなければ反撃もしないのが分かってるのだから、まずの圧倒的に戦力でまさる統合体が
人類を束ねた後、アーヴを攻撃したほうが良いと考えると思うのだけどね。

統合体が人民主権を攻撃した時、フォローできるのはアーヴかハニア連邦だけ
アーヴは手を出さない、ハニアは弱体、つまり攻撃、占領しない理由がない。
アルコントへの前線だけ維持したまま、ハニアを、最後にアルコントを占領すれば、帝国を超える国家が生まれる。
その後のほうが絶対にやりやすいんだけどね

854 :845:2013/09/26(木) 01:46:46.93
あれ、でもあの会談の時点(スファグノーフ陥落の確定情報が帝宮に到達する18時間前)で
サンガリーニが本国からの説明を受け取っているんだよな…
ゴースロスの件を織り込んだ内容だから先遣艦隊→統合体中央→帝宮
という経路で連絡されてるはずだけどいくらなんでも早過ぎないか?

帝国領内で統合体が特別送達を利用できるとも思えないし

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 02:25:28.19
>>853
統合体が帝国を除く他の三カ国を併合すべく行動を開始した場合
その時点でハニア(もしかすると人民主権星系連合体も?)が帝国に降伏して吸収される可能性が

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 02:37:41.66
>>854
情報や艦隊の速度の異常は時々あるのが指摘されてる
たった数日でハイドに現れた流砂艦隊とかね。
艦隊速度とかはほぼ計算できるので、その辺の矛盾はいつか完全版が出ることを祈ってる

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 02:38:04.23
大使は着任の以前からイオラオス作戦の進行とその後のヘラクラス作戦の詳細も知ってただろうj

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 03:00:57.23
>>857
作戦内容を知っていたとすると紋章2の会談の場面でサンガリーニが
中央からの説明をそのまま話したけど実際は少しも信用してなかった
という描写がちょっとおかしい

作戦内容を知っていればスファグノーフ侵攻が現地司令官の独断などでは
ないことは当たり前のことで信用しないもなにもない

859 :消費税増税反対:2013/09/26(木) 03:03:52.52
>>852
人類統合体の中枢は反アーヴで凝り固まっているんだろう。
末端の国民は、そもそも選挙権がない「二級市民」だったりするし。

人類統合体の中央議会の選挙制度は多分比例で、主要政党はすべからく反アーヴなのだと想像している。
高級官僚や高級軍人も。行政長官閣下はそんなに反アーヴとも思えなかったが。

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 03:17:08.38
>>858
ここを読む限りサンガリーニは作戦計画自体を知らないまま外交に参加してるんだね
もっとも経験を積んだ外交官だけど情報あつめも情報網も持ってないのか…

861 :消費税増税反対:2013/09/26(木) 03:20:41.55
>>853
星界軍情報局の分析によれば人民主権星系連合体が人類統合体と同盟を結んだのは帝国よりも人類統合体に脅威を覚えたから、とある。
帝国はこちらから手を出さなければなにもしないし、帝国に敗北し征服されたとしても星系単位での政府及び文化は残る。
しかし人類統合体に征服された場合はそうはいかない。文化の均質化を強要されてしまう。
そうであれば人類統合体と同盟し帝国と敵対した方が良いと考えた、と星界軍情報局は分析している。
ハニア連邦の帝国への無条件服属派の考えもこれに近い。中央政府が消滅しても星系単位で政府が残ればハニア市民は幸福になれると。

862 :消費税増税反対:2013/09/26(木) 03:32:32.45
>>853
人類統合体が人民主権星系連合体を侵略しても帝国は傍観するだろう。
しかしハニアとアルコントがどう動くかはわからない。
今回のハニアの帝国への無条件服属派のように帝国への併合を望む可能性もある。
その危険性を考えれば侵略して単一の中央政府で国力を増して帝国に挑むより非効率でも同盟による連合で手を打った、と考えられる。
あるいは人類統合体は帝国との戦争では国論は一致しても、民主主義国家への侵略は二の足を踏んだのかもしれない。

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 04:36:57.21
帝国が他の4カ国を相手にして戦えるように
統合体も残り3カ国(帝国を除く)を相手に戦えそうな気がするんだよなぁ
統合体6,アルコント4〜3,ハニア3〜2,人民主権1くらいの戦力比と推察してる

帝国が触らなければ反応しない国家と理解できてれば、普通はソッチの統合を先にしそうだなぁとオモタのだけどね
兵器、戦術、兵站まで含めて、4カ国の同盟連合と、統一人類統合体じゃ国力も戦力も比較にならないハズだし。

864 :朝日新聞不買:2013/09/26(木) 05:40:05.21
連合の国力は、人口で合計で1兆1000億人ほど。
最大の人類統合体が6000億人。順にハニア、アルコント、人民主権星系連合体と続く。(3カ国の人口は不明)
人類統合体と残り3カ国の連合が戦争するとどっちが勝つかわからないかもよ。
軍隊は人類統合体平和維持軍が強大だと思うけど。
追い詰められれば帝国に助けを求めるかもしれないし。同盟などではなくハニアの無条件服属のように。

865 :朝日新聞不買:2013/09/26(木) 05:47:17.04
まあ帝国の方でも人類統合体に残りの3カ国は併合される可能性はあると分析しているが。

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 05:57:27.32
相当の対価が無ければ助けるために同盟を結ぶ、統合体を攻撃する
という選択肢は帝国には無さそうだよね。

統合体が他3国を併合?いいじゃないか、強大な敵大歓迎
くらいに思いそうで怖い。

武力併合しようとすれば他国は帝国に降伏、というより帝国になる可能性のが高かったのかな

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 06:19:10.36
作中の描写からすると少なくともハニア連邦は統合体の一部となるか帝国の一部となるか
どちらかしか選べない状況になったら後者を選ぶ可能性の方がかなり高いと思う
人民主権星系連合体もおそらくそうだろう
そんなことになったら統合体の勝ち目は無くなるんだから
帝国との戦争が始まるまでは四カ国対帝国の枠組みを維持する必要がある


あと、そもそも帝国から戦争を仕掛けることはないというのは
アルハミドとの開戦事由を考えると帝国側の主観にすぎない面もありそうだしなぁ
帝国は人類社会のアーヴによる統一を標榜しているんだし
四カ国側がどうなろうと帝国の介入は考慮しなくて大丈夫とは必ずしも言い切れないだろう
万が一統合体が他の三カ国を征服中に帝国が介入したら
ハニアと連合体がすんなり介入を受け入れそうな点も含めて万事休す

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 06:38:29.92
ハニアと主権連合は、4カ国連合でも帝国でも正直結末は殆ど変わらない
むしろ民の生活としてなら後者のが良い、くらいなわけですね。

統合体はここでも綱渡りをしてたのか。
逆説、ここから帝都襲撃までのすべての綱渡りを渡りきったのがとてつもない幸運ではなく
誰かの策謀だとしたら、そいつは星界のラスボスになりそうですね。

シドリュア宰相の暗殺とか、皇帝の意識誘導までやってのけてることになるw

869 :朝日新聞不買:2013/09/26(木) 08:14:44.87
>>867
そうだと思う。
だから人類統合体は侵略ではなく同盟を選んだ。

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 15:03:15.34
情報局の連中は猫の餌係にうってつけである。

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 15:43:01.33
帝国の諜報部は、その性質上第一代アーヴの地上人形質者でスパイ網を作ってるからなぁ
そこが真っ黒に汚染されてる可能性もある

どれだけ排除したり、人物選定してもその可能性が残るからこそ、
帝国は長期情報戦を重視できない、のかもしれない。
カルナンシュが本物なら、例え裏切り者が居ようともその逆スパイからの情報すら利用するんだけどな

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 16:54:44.96
5巻はなんんかこう、消化不良だったな。

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 17:26:50.17
平面宇宙超えてスパイ回したりとか無類だろ

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 17:43:11.15
情報伝達が極めて困難だからなあ

即時性のある情報を活かすのはまず無理でしょ

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 17:58:53.25
即時情報なんてそれこそ偵察なりで得たもんしか信用できないよ

むしろ生産性や国民性、産業情報や組織の脆弱性
遅くても、多数の断片情報から組み上げる相手国家の情報は千金の価値があるよ

はっきりしたそれが無いからこそ、新皇帝も皇帝も確定情報が出せなくて迷ったんじゃないか

876 :消費税増税反対:2013/09/26(木) 19:44:33.71
外交と貿易をやっているくらいで結構情報は入手できるのかな。
帝国は外交官以外の外国人の入国を許さないらしいし。また出国も。
国力、軍事力、経済力、文化、政治体制、その国の政府、国民の考え方その他諸々の情報が。
正直現代の諜報機関がどうやって情報を得ているのかいまいちわからない。
日本の諜報機関は戦後民主主義の制約もあってかあんまり質が良くない、あるいは活発に活動していないし。

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/26(木) 20:07:14.92
普通にNSAについてでも調べてみたら?
意味不明なボヤきとか書く前に。

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 01:23:56.53
意味不明、ね。

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 02:33:18.74
工業製品から相手の技術力の程度が計れるし
外交官として誰が来るかによっても相手国家内の勢力図も読み取れる

外交よりも、民間貿易から知れる相手国家の情報は多分とんでもなく多い
交易を行っていたなら、帝国は十分に情報大国なのですよ。
それを正確に分類、分析する事ができるかどうかの問題。
ただ、情報はそれを知っていることが相手に知られるのが問題になることもあって
情報部同士の読み合いは疑心暗鬼もいいところになってることも多いんですけどね

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 02:36:36.14
ただ、帝国はそういった間接情報はともかく、直接情報には乏しいのは実情だとは思う

逆に4カ国連合は何年前からでも帝国に枝を張る機会があったから
2代目、3代目の生粋のアーヴですら正直信用するのは危険

情報戦で、というか誘導されてしまう可能性が有ったのはその辺ですね

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 14:53:32.25
数十年から100年に及ぶ草(スリーパー)か…

アーヴの寿命なら自分の代のうちで管理できるけど、
地球人型人類の寿命でそのスパンでモノを考えられる人って
一体何を考えてやってるんだろう…
自分が死んだあとも同じようにシステムが回ると思ってるのかなぁ?

いずれにしても、問題は情報の入手手段じゃなくて、伝達手段なんだよなぁ
超空間通信はよ

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 15:44:00.96
10年ぐらいのスパンで良ければ死ぬほど遅い時空間泡通信でも…

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 16:07:59.48
帝国に諜報員を送り込むなり内通者を作るなりって
そんな簡単に出来るもんか?

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 16:52:13.55
>>880
なんか潜伏期のシスの暗黒卿みたいだな

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 17:20:31.63
先祖が地上人のアーヴを生粋とは言わなそう

だいたい親が統合体のスパイでも宿命遺伝子はアーヴ種族には働くだろう

仮にスパイの親の意思を継いでいてもどんな利敵行為ができる

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 17:26:22.79
>>885
スパイAが星界軍なり役所なりに入って昇進し、スパイBが交易商人になってその情報を統合体に流すとかかなあ
宿命遺伝子がうまく統合体の方を向いてくれればいいけど、そうならなければ崩壊するな

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 17:43:10.29
戦記1で連合側がドンピシャのタイミングで迎撃に出てきたことに対して
皇太子殿下(当時)が作戦の情報が漏れてる可能性を全く考えなかったことと
戦記5帝都市街戦の描写からして連合軍は帝都防衛の段取りも
通信中枢がどこなのかも掴めていないことからすると
スパイ的な情報収集はしていない、少なくとも出来てないんじゃないかなぁ

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 17:46:23.67
>>886
どうやってスパイが帝国領に入るの?

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 17:59:12.05
>>888
帝国に占領されるんだろ

交易商人だって外国と交易できないから無理だろうが

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 18:01:42.42
帝国にスパイを送ることは元敵国領経由でできても
帝国から敵国に情報送る手段がないっての

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 18:10:40.76
>>889
帝国は戦端を開いたら相手を星間国家として滅ぼすまで戦争を続けるから
仮に占領したら直ちにその地上世界の人を国民として受け入れるような
制度だったとしても時間的に相当キツくないか?
それに恐らく少なくとも星界軍は従士をその地上世界から受け入れるのは
最速でも当該星間国家を滅ぼしてからだと思うぞ

892 :889:2013/09/27(金) 18:17:01.81
俺もそう思うが帝国に潜入する方法が他に思いつかん

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 18:23:00.82
帝国には亡命の受け入れって発想はあるだろうか?

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 18:38:53.34
フェブダーシュ男爵領みたいに、辺境で連絡は月2回の連絡便のみで人口は二桁程度
特に防衛機構もなく兵器と呼べるようなものも殆どない
ってところなら突撃艦一隻に小規模な陸戦隊乗せとけば制圧できるから
なんとか見つからずに門に入れれば家臣をスパイにするなり戸籍を利用するなりできる…かも?

895 :889:2013/09/27(金) 20:01:51.60
>>893
亡命という発想があるかどうか

「レッドオクトーバーを追え」みたいな方法しか思いつかん
ちなみに↑はソ連の潜水艦が米国に亡命する話ね

896 :889:2013/09/27(金) 20:04:31.46
男爵領でもメイドの他食糧生産や空調管理や反物質製造やらで三桁は家臣いるだろう

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 20:04:34.74
>>887
帝都防衛や遷都の段取りはさすがに無理だったみたいだけど
通信はかなりの精度で遮断されてませんでしたっけ、帝国領内の連絡艦隊の中枢が
各所で分断されてたような。(どっから来た艦隊だかわかりませんが)

>>891
例えば何だが、ミッドグラッドなんてどうだろう
統合体側から運動家が入り込みまくっていたのに今は帝国で
サムソンさんみたいな従士を排出してる。あとスパンについては例の思考結晶への知性閉じ込めかなぁ
子供がアーヴになっても結晶を埋め込んで洗脳しちゃえば知性も高くなるし、上にも生きやすいかも

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 20:10:46.69
男爵領の脆弱性はおもしろいな
かなり多数存在するし、その全てが守れるわけもない

制圧してしまえば税金とかさえ支払ってれば監視の目はまずない
危険ですねぃ

899 :889:2013/09/27(金) 20:13:41.38
帝国に気づかれずに国境越えて侵犯するのが無理だろう

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 20:16:14.90
平面空間の国境沿いなら、警備艦隊がしっかり見張ってるだろうけど
通常空間経由に関してはザル以下ですよ。
単発だけの潜入なら使用されてない門を通ったっていい

ただまぁすべての計画に恐ろしい程の時間が掛かるのは間違いないですが

901 :889:2013/09/27(金) 20:20:50.50
国境の門は中の邦国の規模に関わらず一定の戦力が哨戒してんのか
本格的な侵攻を防ぐだけの戦力を長い国境全体に貼るのは無理だから国境警備隊の任務は侵犯があったらその侵入者に警告して最寄りの鎮守府に連絡飛ばす事だよね

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 20:26:58.65
通常空間経由での侵入がまずあり得ないけど
あったとしてもかなりの距離で観測されるし
空間掌握が第一意義の帝国がそんなものが地上世界のある星に接近するのをほっておくわけない

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 20:30:52.20
ビボースがありえない発想を明暗のようにドヤ顔で提示してますがご了承ください

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 20:31:15.51
>>896
男爵領の人口は50名って確か男爵自身が言ってた気がする

やっぱり見つからずにというのが最難関だよなぁ

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 20:39:55.34
統合体の元敵国を、帝国が接収してしまって
そこに居た草を纏めて飲んでしまった可能性はどうだろう

ミッドグラッドの例以外だとそれくらいか…捕虜収容所惑星からの登用くらいですかね

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 20:59:14.59
その統合体のもと敵国にスパイを送り込むのはどうやってということに…

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 22:09:39.85
各星系の物理的距離が分からんから、通常空間経由がどれくらい無茶なのかも判断できん。
10光年とかその程度なら、冷凍睡眠併用で工作員を乗せたカプセルを発射するという手が使えるかもしれないけど。

でも、スパイ網って一人や二人で築けるわけじゃないからなあ

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 22:20:59.82
冷凍睡眠で他星系からやってきたような人間がスパイとして帝国の機密掴めるポストに就けるか
就けるかとしてその情報をどうやって本国に返すんだ

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 22:24:38.17
通常空間移動するにはやっぱユアノン推進が妥当だろ
スパイ要因を眠らせといてもちゃんと目的地に向かわせるには起きてる船員だって要るし

なんか荒唐無稽な話ばかりで辟易しないか

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 22:28:18.16
結論としてはスパイ困難でよさげ

アーヴの統治形態と平面宇宙の存在のおかげで「ひそかな侵入」とか「ひそかな通信」がものすごく難しくなってる。

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 22:43:22.30
無理か、やっぱ間接的な情報戦しかないのかね。

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 22:54:47.50
占領した元敵施設に重要情報が残されたりしてもそれを罠と疑わなかったら
情報局は猫の餌が係りでもやらせておいたほうがいい

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 23:14:55.12
スパイ議論しているが、スパイが存在するって情報が作中に出てきたの?

たしか、帝国は帝国内で交易が閉じているので、外国との接点については
非戦闘国との間での公館だけだったと記憶しているが

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 23:30:23.84
星界世界でスパイは可能かという話

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 23:34:49.76
アーヴの地獄を作るくらいだ
空識覚を持った遺伝子改造スパイ一族がいてもおかしくない

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/27(金) 23:42:58.39
星界の忍者

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 00:04:08.82
光帆船がそれなりにあるんだから、光通信では不可なんだろうか
門がユアノン船として移動していた時代がある以上、光年としては数光年、でも通行輪としては別のはOKでは?

ゴースロスにおけるバスコットン関係ネタを思い出して、ふと

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 00:33:24.58
>>917
まぁ、最も可能な通信手段は通常空間経由で十年以上かけて光通信することだろうな

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 00:51:29.02
>>918
十光年先に届く光通信てどんだけの出力が必要やねん
当然レーザー通信って事になるだろうけど、最終段のレンズの大きさも半端ないだろう

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 00:57:53.32
別に可視光線とは書いてないじゃんよ

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 01:03:05.80
あとは、帝国の星系から一光年ぐらいのところまで門を移動して、星系地上と門付近の連絡艦船の間で気の長い通信をやりとりするとか。

まぁ、これは少なくとも、一光年先の開いた門(並びに艦船)を観測できない、という前提条件が必要ですがね
そもそも、ここまでやるとは考えにくい。

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 01:04:31.81
だとすると、今回の帝都失陥までの絵図をどうやって書いたんだろう

行き当たりばったりだったのかなぁ

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 01:09:51.68
紫外線、いやいっそX線レーザーでも使ってみる?
収束率つーか最終的なビームの半径は波長の二乗に反比例でよかったんだっけ?
近紫外線でも1/4ぐらいにしかならんと思うぞ、たしか。
違ってたらごめん

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 01:31:42.11
でも百年前はスマホの高速通信なんて発想もされて無かったんだぜ?
宇宙行く様になったらどんだけ発展してんだろうな

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 01:35:27.39
むしろアーヴの遺伝子改造うんぬんとか言う以前に
人類がバンアレン帯の外で恒久的に活動できるかどうかの問題

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 01:36:50.92
他のノベルとかだと精神感応(テレパス)とかの応用で即時通信したりしてるけどな
片方が変われば同じようにもう片方も変わる、みたいなのってなんてったっけか

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 01:39:22.22
なんか記憶が曖昧な人が紛れ込んでいるようだね

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 01:44:18.92
>>926
EPR遠隔相互作用のこと?

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 01:45:45.14
>>926
量子もつれとか量子テレポーテーションとか
詳しくは「シンギュラリティ・スカイ」でもよんでくれ

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 02:39:58.52
アーヴって高重力に耐えうるように、骨格や内蔵を改造されてるんだっけ
骨をCa以外で構成すんのは無理なんだろうし、もしかして抱いてみると超骨太なんでしょうか

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 02:41:17.09
超骨太なのに美麗な顔や体を構成するのってかなり難しそう
そりゃフェブダーシュ男爵の頭も大きくなるわ…

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 03:11:15.51
耐Gスーツ機能がデフォルトで内臓されているのかもしれないな
だけど力場を形成する技術があるのに(実用運用している)地上出身者を船に入れる
とか骨格が違う(人間とマウンテンゴリラの腕)とか
いまいち合理的な運用はしていないような
艦隊司令の船にまで打撃がいくような状況下ですら力場を形成して湯船だし

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 04:46:49.93
もっと単純に、身体が超高血圧対応なんじゃね?
Gがかかっても圧送できる心臓と、それでブチ切れない血管を持ってる。

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 04:50:35.85
いっそのこと人類やめますかねその設定

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 07:07:53.87
いや、アーヴは種Lvで人類じゃないし。

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 09:30:49.41
アーヴの認識では人類だよ
科学的にどっちが正しいかまでは知らんけど

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 11:57:58.60
ホモサピエンスを人類とするならアーヴは違うな

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 12:19:32.70
帝国は外国とは交易はしているから、その交易に紛れ込ませれば情報を伝えることは可能だろう。
スパイを潜り込ませるのは困難を極めるだろうが。

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 12:28:45.02
勿論交易が停止される戦争中は無理だけど。

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 12:49:27.07
断章でのレトパーニュ大公国の輸出肉みたく、大規模にやらなければばれないんじゃね

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 13:29:36.75
外交といっても港を指定しての鎖国時の出島みたいな貿易だろう

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 13:31:27.22
>>940はなにか勘違いしている

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 14:04:29.06
スパイにしろ交易にしろ誰にも気づかれずにこっそり渡航なんてむりだっつの
いい加減にホワイト

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 14:11:25.80
いい加減にホワイトって面白い言い回しだね
ホワイトと白をかけてるんでしょ?
凄いわ、天才的だわ

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 14:18:58.23
いい加減にキャッスル

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 14:51:17.79
鮮度が必要な情報と、蓄積が必要な情報がごっちゃになってるなぁ

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 15:01:45.15
でも実際あの密航はどうやったんだろうな

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 15:34:05.86
書いてあるまんまだろ脳髄を食肉と偽ってたんだ
それと誰にも気づかれずに航行するのじゃ全然話が違うだろ

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 16:29:00.02
出稼ぎにしてもあんな危険でイリーガルな職よりまともな稼ぎ口が帝国中探せばいくらでもありそうだが

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 16:32:48.65
アーヴの容姿の入れ物まで作るんだったら中に入る人を密入国までさせて外から雇うより
性奴隷として調教したほうがコスト掛からないし法的にもセーフそうなんだが

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 16:40:03.40
少し前のネタだが
帝国の通過単位
1スカールは10000シェスカール
帝国内の交易通貨はスカール限定
為替決定権は帝国の一方的なもの
(列翼)翔士の給与は18スカールから
独身のラクファカール生活は30スカールで「十分」

出典は紋章読本p174

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 16:57:24.47
>>950
人ひとり成人に育てるのにコストバカ掛かるだろ

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 17:03:36.99
>>949
帝国じゃ基本的に他の星系への出稼ぎを認めてないんでないの?
移民以外、領民が星系をわたるの認めてないとかなかったっけ。

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 17:09:25.99
星界の戦旗がアニメ化する夢をみた
川澄綾子をお姫様だっこしたり
ペアのグッズ選んだり
森岡先生に遭遇して体調大丈夫ですかとマジで心配してる夢の中の俺がいた

末期だな、だが久々にいい夢だった

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 17:29:57.67
>>953
移民以外の領民の渡航を認めてないけど
何度も移民する事ができないわけじゃないから実質は出稼ぎはできるだろ

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 17:45:24.33
領民から他の星系へ仕送りって大変そう

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 17:53:11.23
ペネージュさんの外伝で、移民を繰り返して実質的な出稼ぎやってる人たちの話がなかった?

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 17:56:02.57
帝国は渡航に制限かけてたかな?
渡航先が移民以外の入国を認めてないとかはあった気がするけど

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 17:57:52.56
>>948
いやいや…あの話は脳髄を食肉と偽っただけでは全く成立しないでしょ
どちらから持ち掛けたのか分からないけど、どうやって相手に話を持ってって抱き込んだのかということね
領民政府の一部署だけならともかく商館の人間も抱き込まないとダメなんだよ?

敵国のスパイは私も限りなく不可能に近いと思うけど、
帝国内で帝国(領主)にも領民政府にもバレずに情報と品物のやり取り
が出来ていたのは事実だからどうやったのかなと

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 18:26:09.05
>958
帝国は移民以外の渡航を認めていない、ただ観光旅行も建前上は移民として産業化されており
ザル法となっている気配が濃厚。

ただ、相手先星系政府が移民受け入れを認めるかはまた別の問題

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 18:45:12.60
>>959
領民政府の一部所はともかく商館は完全に騙されていたんじゃないか

もともとは人として出稼ぎにきてたんだろうけどどうせ必要なのは脳髄だけなら肉として輸送したほうが安いってことで
密入国ってことになったんだろうね

メタ的に言うとあの短編はアイデアが先行で合理性は低いかも

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:08:43.02
>>961
ペネージュさんがちょっと詳細を確認しただけで怪しいと分かるようなものを
担当の人たちが見逃すというのは考えにくい

もしかしたら本当に無能だったのかもしれないけど
密輸する側からしたら不審に思われて検査されたら即詰みなんだから
商館が無能であることを願うよりは抱き込みにかかるだろう

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:10:21.06
どうもアーヴは運ぶ品の精査や衛生検査も行ってない感じがするな
領主や領民政府任せというか、ほんとに品を運んでるだけなんだな…

いつぞやのウィルスの話じゃないが、そりゃ宇宙船にネズミも入り込むわ

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:15:20.02
>>961
ペネージュさんがちょっと詳細を確認しただけで怪しいと分かるようなものを
担当の人たちが見逃すというのは考えにくい

もしかしたら本当に無能だったのかもしれないけど
密輸する側からしたら不審に思われて検査されたら即詰みなんだから
商館が無能であることを願うよりは抱き込みにかかるだろう

あとセグノーは基本的に移民を受け入れていないようだぞ

セグノーから関係者がサデーに移民してネットワークを構築したのかな…

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:17:17.15
>>962
たまたま肉の輸入禁止があって廃棄願いが出されて異常な値段に気づいたけど
難なく税関(税関とは呼ばないかな)通ってたら膨大な輸入品目に紛れていたんじゃないだろうか

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:17:45.49
あれ、ごめん
途中で送信しちゃってた

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:22:43.64
>>965
購入するときも売却するときも価格すら確認しなかったというのはさすがにちょっと

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:30:34.61
>>963
アーヴが創られた経緯を考えれば、商人になるなんて想定されていなかっただろうから
その手の能力はわざわざ付与していないだろうしな。
というか、地球から独立した後、商人になろうなんて誰が思いついたんだ。

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:32:33.94
あれ、でも廃棄願いがペネージュさんまで上がってきたってことは
やっぱり少なくともレトパーニュ大公国側の商館関係者は抱き込まれてないのか?
連投すまん

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:34:26.16
放浪時代のアーヴは、その行動から偶然商人っぽくなってただけかと

地上世界で情報を得る→放浪して次の地上世界へ、ほしい情報を仕入れる対価に持ってる情報を渡す
って流れが商売っぽかっただけで、品物はより情報商人だったわけですし

一歩間違えば天翔る郵便局員としての誇りに目覚めてたかもしれないw

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:41:32.35
その時代の地上人がもし、情報(知識)の対価として情報(知識)を渡すんじゃなく
情報を別の所に行った時に無料でいいから渡してくれたら、私達から今お礼をする
という形にしてたら、多分、違う民族になってたんじゃないかなーと夢想

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:47:36.44
アーヴによる人類郵便
敵は人類連絡体か

結局シェア争いが戦争に発展するんだな

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:55:49.57
アーヴのCIキャラクターは黒いアーヴ猫なんだな

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:57:57.23
そろそろ次スレを
>>980

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 19:58:24.50
じゃあ敵はTOUGOUとかをロゴマークにしてたりするのか
結局争う運命なんだな…w

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/28(土) 23:21:13.00
走る飛脚やペリカンや黒猫のマークの付いた貨物船が

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 02:46:00.32
出稼ぎは相手先の邦国でそれぞれ制限があるんだろ。
技術者や芸術家はOKだけど、
肉体労働、性的サービスはNGとか

スパイが商館とかに紛れ込んだ時にばれないように情報を送るには
特定の商品を特定の仕様で決められた数を注文するなどの手段はどうかな?
例えば手作業で作られる織物は貿易や特注に向いている。
模様や色で戦艦の種類や生産数を伝えたり出来る。

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 02:47:55.77
5巻発刊からコンスタントに断章が発表されているけど本編も順調に執筆されてんのかな

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 04:39:53.32
G13型トラクター売りたし

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 09:40:15.69
帝国内の領地間だったらそこまでしなくても普通に連絡できるだろ
問題は帝国内外の連絡なわけで

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 10:18:33.37
>>980
次スレよろ

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 18:14:12.86
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1380445934/
このスレの住人ってほんとにスレ建てないよな
俺だけで10本くらい建てた気がする

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 18:19:25.55

しかしそれはそなたが常駐しているからであろw

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 18:23:38.50
まさに星界のスレ立て係にうってつけであるっっ

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 21:24:38.27
2本くらいしか立ててないけど、指定が来るとスレの勢いが明らかに止まるよね
乙です

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 22:16:46.42
>>936
一般論でいうと、同種と言うためには自然交配で子供が生まれて、かつその子供に生殖能力が無いといけない

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 22:30:45.43
アーヴをその正当な地位に戻しましょう
生体機械として

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 22:32:37.22
美貌の生体機械の運命ってぇのは・・・

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 22:54:42.22
人類といたしても癌化して出産しないからもうやりたい放題です

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 23:05:49.76
統合体に連れ去られた少数のアーヴの安否は絶望的だな…

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 23:15:36.44
同人誌だったかな
艦船の航法思考結晶の代わりにアーヴと同種(捕虜子孫?)の改造人類をのせてますた、ゴースロス戦直後の話です、な物語が

実際、利用してないのかね

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 23:21:20.11
Lガイムのヘビーメタルに有翼人が仕込まれてたのと同じようなものかな

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 23:23:35.65
ファティマ(人造で美貌の運転サポートシステム)
エトランムル(上記から人型の制約外したもの)
という存在が出てくるSFあったし、発想としてはあっておかしくないけど…

アーブと敵対しつつ、アーブもどき(同種)に操艦委ねるのは心理的抵抗あるかもね

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 23:26:46.48
クローン培養した生体機械アーヴが敵として出てきたのはゲームだったかな。

実際アーヴを機械として使って兵器艦艇だけ量産すれば軍人の消耗が無いってのは
厭戦に苦しみガチな民主主義国家としては有効なのかも。
…まぁ国家領域の7割を捨ててもいいと思うやつらがそんなもん気にするかとは思うが

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 23:29:32.84
「歌う船」みたいに人間を使ってる設定もあるから生体機械ぐらい

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 23:31:12.58
メーテルのように生身のまま入れ替えれば

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 23:54:23.83
星界の読者がアーヴでどんな妄想してるかがよくわかった

不敬罪よ! あるんでしょ・・・不敬罪

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/29(日) 23:57:54.05
ワローシュだったかで、その手の作品が大量に売りさばかれてたりするのだろか。

短編集、どこまで本編と同じ扱いして良いのやら・・・

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 00:07:12.30
饗宴まで

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/30(月) 00:07:39.39
>>998
ソビークでもかなりの数が出ていそうなw
不敬罪?お祭りなのにそんなことを言うのは麗しくないです

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

294 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)