5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_108

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 00:39:17.68
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。
次スレは>>980辺りで重複確認・宣言の上で立てること
必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう。

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_107
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1369999602/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 02:52:13.30
2get

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 14:38:14.83
タンクベッドではあまりの気持ちよさに、疲労回復のついでに糞尿を垂れ流す者も居る。
なぜかというと、体中の張り詰めた神経や筋肉が弛緩されるため、気が緩むからだ。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 20:45:58.78
フローティング・タンクは使うと上下感覚がなくなるらしいぞ

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 22:01:37.26
銀河の歴史がまた1ページ

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 00:04:14.77
>>4
岡山や沖縄で体験できるらしいぞww
本当にクソまみれになるか試してきてよ

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 03:29:29.03
>>3
全麻オペみたいなのね
浣腸してから出しきって、カテーテル入れてから
寝ればいいのに
タンクに入るとほぼ昏睡みたいなものなのかな
とすると覚醒まで20〜30分かかるし
その後も肝機能や血圧の関係で眠気が1時間くらい続くかな多分
だって1時間で身体疲労回復ってさ、相当身体に負担がかかるという矛盾が・・

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 05:05:01.67
「笑ゥせぇるすまん」で、フローティング・タンクで寝ている間に町が壊滅してるという話があったな。
寝ていた本人は音にも振動にもまったく気付かなかったという。

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 10:38:53.57
帝国領侵攻作戦の時に焦土作戦された占領地のために10万トン級輸送艦100隻が使用されました。
10万トンって何の数字ですか?

載貨重量55万トン級のタンカーがあるんで載貨重量が10万トン(笑)じゃないですよね?

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 13:24:50.89
>>9
水上船のトン数には詳しそうだから説明はいらなさうだね
宇宙船と考えたら不可思議だけど10万は水換算の容積なんだろうね

でも55万トンだとタンカーと想像しても小さいよね

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 14:01:24.43
おまえらは歩く小言だな

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 14:07:58.93
>>11
SF、宇宙関係のアニメ、小説作品スレを掻き回すのは
もうやめなよヤマト板に引き籠っててほしい
できる?できない?我慢できない?
返答を待ってるね

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 17:19:31.70
>>12
いきなりどうした?
てゆーか、ヤマト板ってどこよ?

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 19:19:53.67
>>9
実は、原作小説の初版と最新版では、帝国侵攻作戦の時の輸送物資の数値が
大幅に変更されている、このスレの検証によれば

銀河英雄伝説 素朴な疑問Vol_46
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1229112542/

165 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2008/12/17(水) 23:16:12
そういや、キャゼルヌは優秀な軍官僚らしいが、帝国遠征のときの食料の見積もりに
ものすごい計算してなかったっけ?
「5000万人の3か月分の食料と言うと、穀物だけでもxx億トンは必要だな」みたいな。
5000万人が1日1kgの穀物を100日間消費したとしても、500万トンにしかならないわけで、
桁が幾つか違うと思った記憶がある。

167 名前:(゜∀゜)[sage] 投稿日:2008/12/17(水) 23:59:22
>>165
小説の描写をみると、
5000万人の180日分の食料といえば、穀物だけでも1000万トンに達する。
だね。

1日あたり1.1キロの計算で確かに多めだけど、
桁違いってことはないんじゃないかな?
多分、三ヶ月と180日を勘違いしているのではないかと思うが。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 19:20:38.79
168 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2008/12/18(木) 00:10:59
>>167
あれ、そんなもんだっけ?
「億トン」のイメージが頭にこびりついているが、思い違いだったかも。

169 名前:67[sage] 投稿日:2008/12/18(木) 00:29:27
>>167
記述が変更されているようだ

再び1991年の50刷
1巻第八章 死闘

五〇〇〇万人の九〇日分の食料といえば、穀物だけでも五〇億トンに達するであろう。
一〇〇〇万トン級の輸送船が五〇〇隻必要である。第一、それはイゼルローンの
食料生産・貯蔵能力を大きく凌駕していた。
「イゼルローンの倉庫全部を空にしても、穀物は七億トンしかありません。人造蛋白と
水耕のプラントをフル回転しても……」

170 名前:67[sage] 投稿日:2008/12/18(木) 00:31:31
1巻八章は死闘じゃなかった、死線だった
ゴメン

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 21:24:50.99
>>12
「歩く小言」という言葉から銀英伝の本文(あるいはそう表現された登場人物)を想像できないのであれば、
お前こそ銀英伝スレに出てくるべきではない。
前後の脈絡もなく突然ヤマト板とか意味の分からないことを言い出して、何なんだ。
場の雰囲気を乱すのが目的か?

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 22:12:10.64
そんで論点は?
もし>>12が荒らしなら消えろでいいと思うが
前スレのレベロが煮詰まらず突如タンクベッドになったから
みんな熱中症になってしまったぞ
ヨシキ・タナカと
ヨシ・タカダと
吉木りさはどれが好きなんだよ
結論出してくれ

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 22:53:50.88
ここは素朴な疑問スレなので
素朴じゃない粘着やりとりはご遠慮頂きたいです

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 22:59:16.08
>>15
イゼルローンの備蓄量が7億トンのままなら「あれ?楽勝じゃね?」という印象になってしまいそう

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 22:59:26.04
んが、違います。本スレです
ずるずると素朴な疑問がスレタイについてるだけ
かえって素朴な質問すると
ちゃんと読めよ!とニワカ認定しちゃう有り様
素朴な疑問を主体に戻すならルールを徹底するのも
やぶさかではいが どうする?

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 23:04:12.63
酔っ払ってんのか?
さっきから変だぞ?

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 23:05:43.62
>>21
もしや、サイオキシン中毒・・・

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/25(火) 23:32:46.63
その安価だと
どっちがロド麻薬中毒なのかわからんぞ

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 06:18:55.71
              , -v'´三 丶  ̄`ヽ、
             / r _ヒニテトゝ、`ー、-、ヽ
               l  /´_   _ -`ヽ、ヘ ヽ`、
              ノ i〈 _ ̄  _二 )ハ ! l | }!
            l. /ンー- 、_ ,ニ-_‐ニ=、 | l||l| あまり怒るな
             ヽ〉_=冖ヲ! ヽF"¨^ニヽ !|ミソ_リ    彼は病人なのだ
            {| ヽ ´/ 丶 ` ´  l |ミ「i l′  精神面のな
              ヽ  _`.ニこ.′   / |ソ 'ノ!     その病気を育てたのは70年にも及ぶ
                |  -=‐-ミi i  l lY´丿  戦後民主主義教育の伝統そのものだ
              l   _`二´_ ! ,  l |l|  
                 ヽ、      /// クイ
               _l.` ‐---‐='´_∠-┴i
              l‐-`T"r‐_'"´_ ' "´ ̄]
               ,ムlヘ'l | l/.r、)⊂=-‐ ニコ、_,、_ , 、
          ,-、 _r‐'(`ー-_ィ!| |、`ー-‐_ニ-'" ̄_ノ,へ.//`7^=ァ,‐- 、、_
  ,、..-,'7-/7ー/ / ヽヽ l 「 ノ_!_'、 //´_. -== ' ´_ 」 L..⊥!--┴==テ⌒i

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 07:37:06.88
病気というのは貴族しかかかりませんよ
庶民が病気に罹ると医者ではなくキチガイとされます

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 08:30:35.02
「ママ、なぜもっと早くおやつをくれないのだ!」

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 09:14:11.84
            ,イ´_              \
            レ彡            ヽミ、八
            }/ r'´`ヽ、       ,. ー i   |、
              !'  |. .    `'' ー--ー '''´   |ヽ、 !   なるほど確かに彼は不運な病人かもしれない。
            l゙.  |: .             |ミ  l
            {  |: .'' '==-、、 ,_-_-_-=、. !ゞ i    だが、その病人のレスを読まねばならぬ我々は、
              Vゞ!: . .'''ヱZゾ}  :、<TZ7ヽ  L、ソ
            {  |: . .    .:.|        /. }'   もっと不運ではないのか。
            ヽ |: .     .:.!        ,' ./
             ゞJ: .     ,、     ノ /
               `、:  _...,,, _,,_    ,イ'´
                  |`、  ー― `   /.i,
                  |:.:ヽ       , '.,.'.|
                ,((:.: ヽ、   ./ / .ト、
              /、``丶、 _  ̄ ̄ _,'_..-''_ l、
      _..... - 、./  'く,ィ   `大¨´  ヽV/ !、_
.. -― '' ¨       `丶、 \  /.|| `、 )//  ノ    ̄ ¨` '―'ー-、

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 12:02:45.15
ラインハルトが元帥府開いて集めた連中は元の階級が佐官ばかりだと思われるが
ちょっと前まで艦長や数十規模の艦艇の指揮官だった連中が突然一個艦隊の司令官になって
上手く行くものなのかね

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 12:39:57.38
ヤンなんてパエッタ倒れる時まで
艦隊指揮なんてしたことないもんな

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 12:43:37.98
ビッテンは失敗したじゃん。
佐官から抜擢されたのかはっきりしないけど。

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 12:50:38.22
>>28
佐官級って何?
双璧の二人はラインハルトと知り合う時既に少将だったし、
ビッテンフェルトは第6次イゼルローン攻防戦の時に大佐でその後昇進しただろうに。

他のやつはシラネ。

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 12:59:00.58
>>28
そういう時のために士官学校があるんだろうが

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 13:29:52.99
>>32
士官学校は士官になるための学校だろ。
卒業したら、自動的に少尉になるヤツ。

将官になるための学校機関なら、海軍大学校だろ。
こっちは、自動的に少将になったりしないし、
銀英伝なら、宇宙軍大学校だろうけど。

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 13:50:15.45
士官学校閥とでもいうのかな
知識と経験と戦術を共有する仲間がいるのだろう
やたら大勢いる副官や配下の参謀は、新任提督たちの士官学校の同級生たちかもしれないよ
だってみんな若そうだったじゃないか

まるで同盟の730年マフィアみたい

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 14:55:27.73
>>34
>やたら大勢いる副官や配下の参謀

少なくとも参謀は、「やたらに少ない」と思ってみてたけどな。
銀英伝で、人事担当・情報担当・補給担当・法務担当の参謀がいた司令部はないだろ。
本当の軍隊なら、これ以外に、施設担当や通信担当の参謀がいて、
監査官や医務官・広報官なんかも居てもおかしくない。

「小説だから、登場人物削ったんだろうな」とあきらめてたが。

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 17:09:44.06
そのうちでは情報参謀と後方参謀(補給)はおるでよ
せいぜい名前が出る程度だけど

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 19:18:09.11
銀英伝版『大砲とスタンプ』が読みたいなw
同盟側の主役はキャゼルヌで、補給部隊版英雄伝(ドタバタあり)。

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 19:21:04.09
>>35
医務官って出てこなかったか
ぶっ倒れたフォークの病状を説明する場面で。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 21:37:17.59
キルヒアイスってどうせ国家元帥みたいなもんになるんだから軍服自分でデザインしてもいい働きっぷりだよね

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 21:41:46.22
>>31
1巻に「少壮の士官たちが新たに提督の称号を帯びてラインハルトの元帥府に参集された」みたいな記述があるんで、
佐官から昇進した者たちもいたんだと思う。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 21:52:17.58
ビッテンフェルトはどう贔屓目に読んでも無能なのに何故元帥まで昇進したのだろうか
弱い奴にしか勝てない雑魚専で、すぐファビョって周囲に当たり散らすメンタリティの低さ
小学生のガキでももう少し自分の感情を制御出来るぞ

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 22:07:22.84
ミスターレンネンと同じで中将止まりっぽい

それともシヴァでの戦いからして、ミスターとは決定的な何かが違うのかねぇ

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 22:11:50.60
ヤンとラインハルトとあとわずか以外は全部雑魚
ウランフもアップルトンもカールセンもロイエンタールもメルカッツも全部雑魚

そうだ、ビッテンフェルトは雑魚専だよ

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 22:18:24.79
豪快な性格に見えるけど後続のミッターマイヤーと差を広げるためにセコい真似したり
誰彼構わず当たり散らす場面が多くて小物臭がプンプンするんだよ、ビッテンは

シヴァ星域会戦でやった虐殺行為なんて何の意味があったんだ?
一人も生かして返すなは指揮ではなく扇動だと地の分でも書かれてたが
八つ当たりで万単位で人殺すのは門閥貴族以外だとこいつくらいだろ

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 22:19:58.66
フィッシャー中将を失うことでヤン艦隊は致命傷を受けたが、
同様にオイゲン少将を失うとビッテンフェルト艦隊は崩壊しかねん気がするわ

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 22:24:13.13
昔原作読んだ時にモートン提督は士官学校出てないと書かれていて、それを覚えていたんだが
アニメではモートンじゃなくて代わりにカールセン提督が士官学校出てない設定になっていた

で、ついさっき調べてたらカールセンも士官学校出てない設定が小説でもいつの間にか公式になっていた
いつのまに…

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 22:26:15.18
>>44
顎が尖っていて背が高く痩せている感じがするので
活気があるけど神経質にも見えるよね、豪快とは正反対のキャラだろう

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 22:26:46.82
>>46
「士官学校を出ていない」にも2種類あって、一般大卒のパターンと兵からの叩き上げのパターンがあるんだよな。
銀英伝の場合、一般大卒という設定の士官は登場しなかったけど。

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 22:28:04.51
>>45
あのユリアンミンツ司令官とマリノ准将でも、メルカッツが居たとはいえ
ラインハルトと一時でも渡り合えたんだから、フィッシャーの価値が下がってしまった

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 22:28:34.71
ウランフ・アップルトン・カールセンは半包囲状態で圧倒的有利な状況だろ
にも関わらずウランフにはかなり手痛い反撃を受け、その後ヤンには逃げられた
しかもヤンの時は個人の名誉回復に奔走して周囲を全く見ない視野の狭さも晒した
ビッテン以外の提督なら味方の動きを察してヤンを包囲殲滅出来ただろ
これは地の文でも書かれていることだ

ビュコックやメルカッツはほとんど壊滅した艦隊にトドメを刺しただけ
あれでビュコックやメルカッツに勝ったと言うのはあまりにも情けない

ロイエンタール?いつロイエンタールに勝ったんだ?
思ったよりは手強いなと言われただけじゃん
挙句に無茶苦茶な命令出しちゃって、アルスラーン戦記でボロクソに書かれた
督戦隊とやってる事一緒じゃないかw

回廊の戦いでは安い挑発に乗って(しかも自分から喧嘩売ったのに)
皇帝の命令を無視して戦争おっぱじめた挙句ファーレンハイトを死なせる大敗
ラインハルトが許しても自害するだろ、まともな提督なら

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 22:34:26.55
ビッテンフェルトは自宅では和服着てそう

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 22:41:57.59
ビッテンは早めにラインハルトの知遇を得ておいてよかったねって感じ
オープンスタッフみたいなもんだから大目に見てもらえただけで
もしグリルパルツァーやトゥルナイゼンと同じポジションにいたら
「何だあの猪武者は!」ってラインハルト激怒→左遷コースだったろうな

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/26(水) 22:43:35.21
ミュラーを粛清しなかったことがバーミリオンでの命拾いに繋がったけど
ビッテンはそういうの一切ないからな
いなくてもラインハルトの覇権に何の影響もない

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 00:39:24.24
最初読んだときには、
ビッテンフェルトは最後の最後でラインハルトかばって死ぬと思ってた

ひとつ擁護するなら、どんな状況でも萎縮せず突進できるってのは
結構な才能だと思うよ(大目に見ても艦隊司令官レベルまで限定の資質だけど)

メタ解釈をすれば
作者にとってはキャラ立ってるし使いやすいんでしょう

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 00:45:01.80
>>53
覇道に最後までちゃんと付いていけただけで十分有能なんだけどな

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 00:50:16.12
オーベルシュタインの嘲弄に暴力で応えてたけど
大声で悪口言いまくって他人の悪口を言う時は大きな声でと嘯いてた奴が何を言うのかと
自分は好き放題言うけど他人に言われたら我慢出来ないってどこのガキだよ
おまけにラインハルトの前でこいつ陛下の事も悪く言ってましたよと告げ口してるし

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 00:52:26.80
>53
>ミュラーを粛清しなかったことが
ミュラーってなんかやらかしたっけ?
まさかケンプの巻き添えの事を指してるの?

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 00:54:28.26
>>56
ビッテンフェルト「俺は悪口を言われたら相手を殴る。よって、俺が悪口を言うときには、当然、相手が殴りかかってくることが前提だ。
           それゆえ、俺は提督でありながら格闘技を学び、身体を鍛えているのだ。思うままに嫌いな奴の悪口を言うためにな」

このくらいのことはいいそうだ。

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 00:57:28.69
>>45
オイゲンはビッテンフェルトの副官的立場でほぼ常に一緒の艦にいるから、
オイゲン戦死≒ビッテンフェルト戦死となり、黒色騎兵艦隊の崩壊は確実w

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 00:58:40.43
ビッテンフェルトは作者をして「殺し損ねた」だそうだからしゃーない
初期構想なら、わりと早い段階でヤン相手に戦死していたんじゃね?


ところで、些細なことなんだが、ラングは内乱終結後何故オーベルシュタインを頼ったんだっけか?
ノコノコ出向いたら、旧政権の汚点ということで粛清されてもおかしくなかったのに
それこそ飛んで火にいる夏の虫みたいに

結果的には内務省の局長としての地位を回復し、内務次官にまで出世し、
当のオーベルシュタイン”には”粛清されなかったけど


最大の疑問は当時軍務尚書ですらなかったオーベルシュタインが、
内務省の組織と人事に(それも局長レベルで)介入できたことだけれども……

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 01:05:30.27
作中の描写ではとても有能に見えない、を言い出すと
ケンプ、ワーレン、シュタインメッツ、ルッツあたりもなかなか酷いぞ
この辺は負ける役回りばかり
ワーレンに至っては情状酌量の余地ありとは言えユリアンにすら負けている

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 01:05:42.94
>>35
いや、4種かもっと参謀いたぞ。もう眠いから読み返さないけど。どっかで出てきた。

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 01:07:10.08
>>61
ルッツは、状況が圧倒的に優位とはいえ、
ウランフと並び称されたボロディンの第12艦隊を8隻にまでうち減らしたから、
優秀と言っても差し支えないと思う

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 01:10:22.88
>>60
3巻と4巻読んだら分かるけど、最初頼ってなんかないよ
ラングがオーベルの監視下に置かれたんだから
ラングがまぁああいう方面では有能で
オーベルが調査しても私腹を肥やしたなんて事はなかったから、処分されなかった
その後売り込みして成功したけどさ

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 01:51:24.53
>>40
提督の称号と階級は直接リンクしなくね?
それに、左官から中将って3階級特進かよww

66 :35:2013/06/27(木) 02:42:13.64
>>36 >>38 >>62
すまん。
書いた後で、誤解を招く書き方でマズイなぁ、とは思ったんだが。

×銀英伝で、人事担当・情報担当・補給担当・法務担当の参謀がいた司令部はないだろ。
○銀英伝で、人事担当・情報担当・補給担当・法務担当の参謀が 揃っていた 司令部はないだろ。

普通の軍隊で、軍全体で20もないレベルの高級司令部だったら、
各司令部ごとに各担当の参謀が各々1名以上揃っていて、
時代や地域によっては、医務官や広報官が必須になっている軍隊もある、
なのに、銀英伝の中には、揃っている司令部が一つもない。
って言いたかったんだ。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 02:56:17.16
自分でも納得してるように省いてるだけだろ?
不必要なものを書かないのも小説家の技量に一つだろうに。

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 06:33:27.94
>>44
戦乱期にはどの陣営にもひとりやふたり、ウォーモンガーじみたのが出るもんだよ。豪傑という
ヤツだ。
織田家の森一族とかな。大抵、こういうのは性格はまっすぐ悪くない小親分肌で、表裏がなく、
忠義にも厚いから上の受けもいい。さらに、意外に内政でも大きな失敗もしない。向き不向き
を自分でわかっていて、不向き仕事には口出ししないとかなんだろうな―で、その分大好きな
戦にはスパークする、と。比較的小集団のボスが似合う。
言いすぎ、やりすぎが多いが、隠そうとしないし、本質感性の人で見たまんまで裏がないのは、
みんな(敵も含めて)わかっているから反感は買わない得なタイプ。
殺すつもりだったけど生き延びたってのは、意外な愛されタイプだったのとオーベルシュタイン
と真逆のタイプなので、無意識にバランスとろうとしたんじゃないかな。

>八つ当たりで万単位で人殺すのは門閥貴族以外だとこいつくらいだろ
八つ当たりでも、それを平時に領民にやるか、あくまで戦闘行為として戦場で敵にやるかは
全然意味が違う。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 06:44:56.37
>>60
「同類」と見込んだか、言っていたように職務の内容はともかく、その仕事の必要性とちゃんと
やっていた自負があったんだろう。表向きなんてと言ってようと、汚れ仕事役は必要で、自分
以上の適任者はいないと。『攻殻』の荒巻みたいなもんだ。
ただ、ロ体制下での地位が分を越えたものだったのか、若い権力者を舐めたのか、ああなっ
たけどな。

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 07:39:01.07
ラングが若い権力者と、その周りの軍人集団を舐めてたのは確かだろうな。
軍服を着たでくの坊くらいにしか思ってなかったみたいだし。

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 08:14:28.45
>>65
オーベルシュタイン「べ、べつに3階級特進したっていいじゃない!」

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 08:55:19.40
ヤンと戦う時だけアホになりますと揶揄されるくらいで
全編通して勝った方が凄いと言うより負けた方がアホに見える場面が多い作品だけど
ネタにするくらいならともかく本気で揚げ足取る奴は何がしたいのやら
ビッテンは攻撃力なら宇宙最強、ミッターの用兵は神速、守勢に回ったミュラーは鉄壁
他の提督たちも若くして軍最高幹部になるだけの才能と人格の持ち主
作中で再三そう書かれてるんだからその通りなんだよ

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 09:03:57.25
ゲッターロボか!

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 09:39:59.04
ミュラーは鉄壁、これがよくわからん。
同盟側に居たとして、ビッテン、ミッター、ロイエンの攻撃に耐えれるんか?
鉄壁の由来って移った艦が撃沈されまくっただけだよね?いつどうやって艦隊の指揮したんだよwww

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 09:51:12.96
どんだけぼこぼこにされても最後まで潰走状態にならないという事じゃないの?
1万隻が500隻程度にまでなってもまだ指揮系統を維持できている

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 09:58:05.12
じゃあボロディンは8隻になるまで指揮系統を維持しつつ戦いつづけたから超鉄壁?

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 10:22:16.57
襤褸ディン

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 10:22:33.65
あそこまで撃沈されずに耐え切ったという時点で
田中芳樹の中では超有能の扱いのはず

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 14:02:23.33
ミュラーが割り込む前はラインハルトの強制脱出も検討されるほどの危機にあったのに
ヤン艦隊がブリュンヒルトを撃沈することを防ぎ切っただろ
不利な状況下で介入して戦術(この場合は戦略も)目標を達成したんだから
これで有能じゃないってのはおかしいぞ

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 14:28:25.61
>鉄壁の由来って移った艦が撃沈されまくっただけ

この前提が間違ってるからね
釣りじゃなければ本当に読んだのか疑わしいレベル

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 15:06:42.10
>>54
作者にとっては便利なキャラだよね
時にはヤンの引き立て役に、時には名前有りの名将の介錯役に
どちらも宇宙最強の攻撃力の肩書があるからこそ出来ること

ビッテンの代わりをゾンバルトやトゥルナイゼンが勤めたらどうなるか
こいつらをいくら倒してもヤンの強さが引き立つとは思えないし
ビュコックやメルカッツにトドメ刺す役をするには役者不足と言うしかない

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 15:29:49.01
便利なキャラだったから死なせられなかったのだろう
同盟側にもアンドリュー・フォークという超便利キャラが居たが
こっちは嫌われ者だったのでさんざんこき使われた挙句、用済み処分にされたが

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 16:55:31.39
猪突猛進型の帝国司令官は生き残る
ちょっとずつしか猛進しない同盟司令官は戦死する

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 17:37:20.66
ロイエンタールがグエンバンヒューの突撃見て圧迫感感じて舌打ちしたらなんか情けないもんなw

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 17:37:55.96
>>83
ファーレンハイト・・・・・・

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 18:45:27.61
>>78
でも逆に言えば8隻になるまで逃げるタイミングを掴めず、逃がすことも出来ず、いたずらに兵
を減らした愚将とも言える。
少なくともヤンと連絡とって撤退の準備していたビュコックとウランのレベルではない。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 19:44:59.96
>>76
それ、指揮系統を維持したって言えるのか?
指揮系統を旗艦含めた8隻しか維持できなくて、指揮系統から外れた味方艦
(要するに味方の大半)は全て撃沈されるか投降するかしたんじゃないのか?

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 20:14:21.64
逃げたんでしょうよ。ある程度の数の艦が

襲われて大混乱からの一部は逃亡に成功
ボロディンはそれを支援しての+「降伏したくない」と意地を張って決死の抵抗、みたいな?

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 22:03:09.39
おまえらのような青二才にレスの何たるかを教えてやる!

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/27(木) 22:40:09.43
お願いします
押すなー・おい!・ロリエンタール閣下!

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/28(金) 00:28:15.03
>>85
ファーレンハイトって、最初、アスターテでラインハルトに
つけられた部下の一人として出てきたときは、
スピードに定評がある司令官だったはず。
その後でも、猪突猛進した実績はないのに、
いつの間にか猪突猛進型みたいな扱いうけてるよな

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/28(金) 12:06:46.73
戦闘中は通信障害になるという設定なのにバーミリオンで死闘している
ヤンの元へ同盟政府からの戦闘中止命令はすんなり受信出来てしまう
作者の御都合主義も大概だろ

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/28(金) 12:40:38.02
>>92
戦闘中止命令だけは別に帝国軍側が通信妨害する必要がないだろ
むしろ出力を増幅してヒューベリオンに送り込んだはず

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/28(金) 13:12:10.81
好意的に解釈して…

ファーレンハイト本人は、元々猪突猛進型だった。
しかし旧帝国時代は、大貴族が多い総司令官の意思が優先されて、あまり本領を発揮できず
せいぜい「スピード型」程度しか持ち味を披露できなかった。
具体的に言うと、前進命令に従い敵艦隊に高速接近して猛攻撃を仕掛けたら、すぐさま総司令官から
「攻撃命令は出していない、前進しろと言っただけなのに何をやっている」と怒声が飛んでくるので
攻撃は控えるようになってしまった。

ラインハルト麾下になって、やっと自分の思うような艦隊指揮ができるようになり、そこでようやく
本来の積極攻勢型の艦隊機動をするようになった、とか。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/28(金) 13:12:51.61
>>93
内容を選別して通信妨害って、ずいぶん器用なことできるな

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/28(金) 13:18:19.37
>93
一方、ヤンの詭計に引っかかってしまった
ルッツは・・

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/28(金) 14:15:52.17
通信妨害、通信障害っていっても、
100パーセント通信ができなくなるわけない。

バーミリオンでいえば停戦命令は秘匿する必要ないし、
同盟政府は平文で持てる全チャンネル使って伝達すればいいだけ。
同盟政府から重要な訓令があるって事さえ伝われば、同盟側は受信を最優先するだろうし、
妨害してる帝国側も、内容知れば通信妨害を解除することすら検討するでしょ。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/28(金) 15:32:57.93
>>92

>>97さんの意見に加えてもう一つ、ヤン艦隊が優勢だったから
かえって帝国軍の通信妨害能力が低下したのかな と思っていた。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/28(金) 23:50:39.75
細かいところの粗探しは嫌いではないが
通信にも電波、レーザー色々あろうが
同盟側も帝国側も本星(本部)からの通信回線は妨害しないという
暗黙の了解の紳士協定があると推測すべきだろうね
完全封鎖も可能だろうが、仮に勝敗が決した時に
どちらかの電波妨害が解除されないままだと
たとえ負けた側が少数になっていようとも妨害を続けていれば連絡通信できない

気になるのは双方、あらゆる暗号伝文が解読させてしまう設定のはずだが
ブリュンヒルト側にも傍受されていたと見るべきで・・
ここらへんはまぁ演出つうことで
ヤンが撃て!言うか言わないかゾクゾクしたよね

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 00:11:05.52
あのときヤンが撃ってたらどうなったんだろ
マヴァール年代記の後日談が銀河で始まるんだろうか?

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 00:37:45.46
>>100
ヤンは性格的に打たないと思うんだ。
どちらかというと、ビュコックがトリューニヒトを止める方がありえそう。

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 00:56:23.34
まあ何度か通信妨害かいくぐって届いてるから、ありとあらゆるってわけじゃないでいいだろ

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 01:15:38.65
>>100
ラインハルトはほぼ確実に死亡
ヤンは戦場離脱が遅れると帝国の他提督に捕捉されて降伏が許されずに死亡
ハイネセンポリスは巨大なクレーター状態
ミッターマイヤーとロイエンタールとヒルダはハイネセン行きが無意味な行為になったため、
それを咎められて政治的影響力を著しく縮小。あるいは粛清。

帝国は後継者不在

同盟は首都が焦土になり政治中心が消滅

どちらも、ここから国家を再建するとなると、かなり大変そう。

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 01:22:02.04
>>103
まだ帝国のほうがマシのような気がするな。
アンネローゼをお飾りとして中心において、諸提督の連合政権みたいな感じで。
オーベルシュタインもラインハルトと同時に死んでるだろうから、
深刻な分裂は起こらんだろ。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 01:35:06.14
皇帝は維持されており
行政の執政はゴ朝にもどすのが手取り早い
問題は軍部。ミッタマ、ロイエはお構いなしに即オーディン帰還
軍部内の抗争を抑え込むのに躍起
ヤンの狙いは軍閥抗争を引き起こすのが目的だったのだから
まんまと踊らされない提督達であることを願うだけ
ただ帝国が大混乱してしまったことになれば
同盟はフェザーンと地球教で帝国の目を盗んで秘密会談
生き残り策が結論出ないまま先延ばし

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 03:07:50.37
次世代の帝国の軍権を握るのはミッターマイヤー麾下の若い提督たちなのかねえ
バイエルライン、ドロイゼン、ジンツァーで帝国三長官を占めたりして
軍務尚書はフェルナー?

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 07:44:34.60
ロイエンタールもオーベルシュタインもいないからミッターマイヤーが実質上のNo2だろうしな
時間が経ってミッターが老害化しても掣肘する者がいなさそうだ

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 09:04:58.92
>>104
ペクニッツ子爵の娘カザリンケートヘンがゴールデンバウム王朝の跡継ぎになるんだろ
形式上まだゴールデンバウム王朝は残っているから

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 12:08:22.49
帝国の内部分裂は不可避だろう
ローエングラム王朝成立以降は王朝への忠誠心で団結出来ただろうけど
バーミリオン時点では皆ラインハルト個人の部下でしかないのだから
ラインハルト以外に忠誠の対象となる個人や体制は存在しない
これでは諸提督が一枚岩にはなれないだろう
ゴ朝の存続か新体制の確立か、これだけでも意見真っ二つに割れそう

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 12:28:22.16
>103
ラインハルト亡きあとはヒルダ+双璧が最大勢力だよ
本人が政治的軍事的にトップクラスの人材な上、双璧は艦隊を掌握していて
ヒルダは唯一残っている強大な門閥貴族だ
影響力縮小や粛清どころか誰も掣肘できないだろう

諸提督が彼らが実権握るのを唯々諾々と受け入れるのならいいけど
中にはラインハルトを見殺しにしたのではないかと疑念を抱くものもいるだろうな
命令無視のスタンドプレーだったのは事実だし
その辺の感情がくすぶった状態では一枚岩にはなりえないよ
いずれ分裂する事になる

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 13:01:41.02
【IF】 君がヤンなら停戦命令に従って攻撃をやめるか否か

【IF】 君がライなら敵の停戦受諾して攻撃をやめるか否か

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 13:21:19.57
>111
下のIFは無意味だよな
撃ったら、ぶっ殺されるだけだし
翌日以降の話なら知らん

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 13:45:14.61
いやーミッタマが覇権を握るだろかまで発展したもので
時間軸を元に戻したらどうかなぁと思ったが
翌日や未来のことなど興味ないねごめんごめん

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 16:51:43.35
ユリアンはヤンの遺体を目の当たりにして、地球教徒達を惨殺したシーンがあったが、
あの短時間の間はシェーンコップを凌ぐ強さがあったのだろうか?
狂乱状態に陥って、肉体のリミッターが外れていたような気がしてさ

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 20:01:20.94
>>114
ジャンプマンガの読みすぎ

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 21:34:15.95
>>114
そこまでスーパーユリアン壮絶パワーZな描写は書いてないが
まぁ、多分アニメ描写かなそれくらい構わないか
確かに例えるならナウシカの父(王)が倒されたときの
発狂したナウシカみたいなイメージは感じたよ
ワシはパトリチェフのおっさんの必死なパワーに感銘した

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 22:36:25.16
考えてみたらラインハルトって敵は一つなんだから外交能力必要ないし
メックリンガー曰く国庫には十分な余裕があるらしいし内政は圧倒的な
カリスマで帝國民は跪くって
なんて羨ましいんだと北の若き将軍豚が嘆息したとか

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 22:43:09.74
でも戦争では勝ち続けないと破綻する
すべては戦争の天才だからこそ、成し得た

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 22:49:14.48
ラインハルトがエミールにお前が他の銀河を征服しろって言ってたけど
ラインハルトとヤンの関係って北鮮と南鮮みたいなもんなんだな
他の銀河に行ったら日本とかアメリカロシア中国ドイツみたいに
とんでもない敵がいっぱいいるってことなんだよな

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 22:49:41.83
ナポレオンみたいだな

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 23:49:06.86
>103、110
仮にヤンがミッタマらの復讐戦をなんとかしのいでハイネセンに戻ったとしても、
今度は政治的に厳しい展開になったろうな。

無条件降伏はなかったことになり、ヤンは一応救国の英雄ということになるが、
トリューニヒトは本腰を入れてヤンの排除に乗り出すだろう。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/29(土) 23:58:52.67
>>121
その状況だと、トリューニヒトもビュコックも、というか、ハイネセンポリスにいた全員がもはやこの世にいないんじゃね?

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 00:13:28.42
スズキ スピードスター
ヤマハ 中低速に評価あり
ホンダ 何でも出来る万能選手 
カワサキ 誰も手がつけられないキチガイ

カワサキが不足している

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 00:15:42.21
ハイネセンの状況次第ではヤンはイゼルローンに直行でしょ
仮にヤンが殺られても残存艦隊にユリアン、シェーンコップ、キャゼルヌの一人でも生き残っていれば、やはりイゼルローン直行

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 00:54:49.35
>ユリアン、シェーンコップ、キャゼルヌの一人でも生き残っていれば、やはりイゼルローン直行
イゼルローンはルッツ?が守ってるはず、トールハンマは無効化できるけど落とせるの?

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 01:12:30.94
>>125
一人って孤独のひとりと誤解してたらごめん
それと全防御システム停止だよね?
ヤンがいなくてもまだ攻略する戦力と指揮官は生残っているかと
ただし、対ルッツのみと仮定してるから
ガヤ(同盟方面)から帝国へ覇権争いに急ぐ他の艦隊と
偶然に遭遇挟撃受けたらおしまいだけどね

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 01:25:12.63
バーミリオン後ってヤン艦隊も戦力激減してたやん。死傷率73%超えてるし・・・・・・

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 01:55:57.75
ラインハルトが死亡し、帝国側の艦隊、軍部、本国がカオスなら
攻略が可能か無理かは不明としても
どうせならイゼルローンに行こうぜの方針は
わからんでもない。行くところもないことだし
エルファシルくらいかな?

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 02:38:57.67
バーラトの和約後ハイネセンは弁務官置いて進駐占領してたけど
テルヌーゼンはどの程度の勢力で進駐してたんだろうか

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 07:32:39.14
>>119
それは可能性の話でしかない。
広大なようでも、結局はひとつ大陸で完結していた三国志をもっと簡略化したような世界観が
根底だからな。
外の世界は関係なく存在するが、関係ないから出てこないし、情報もない。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 10:15:26.87
>128
政府・軍の命令なしでイゼルローン攻略?ヤンは民主主義のルールにのっとってイゼルローン放棄の許可を貰っていたけど・・・、やっぱりヤン死亡後の13艦隊は基地外集団だわwww

あとなんでエルファシル?あの時点で独立を予想できるなんて神様ですかwww

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 10:50:34.56
>>131禿同です
そうですよね〜〜www
政府・軍の命令で軍事行動することが民主主義のルール
やっぱりヤン死亡前の13艦隊はコンプライアンスのある常識集団だわwww

あとエルファシルの独立をあの時点で予想できるなんて神様だけですよね〜〜www
その考え方に感動しました。感銘を受けました。
これからは131様の意見は無条件、全面的に支持します
一生涯、教祖様とお呼びさせていただくことを堅く決断しました
次回の自己啓発セミナーに誘ってください

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 13:44:17.75
ラインハルトを殺した時点で政府の命令に逆らった反逆者集団だよ
事そこに至ってしまえばヤン自身が暫定的にでも同盟のトップに立つしかない
旧同盟の法に則れば重大な命令違反で処断されるしかないからな

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 13:53:25.85
ヤンが同盟政府の命令を無視してラインハルトを殺しても市民の支持はまず得られない
双璧やヒルダは無駄な虐殺をしないだろうが、市民からすればハイネセンを見殺しにしてでも
自らの勝利を優先する行為は決して許せないだろう
そして、一度でも政府の意向を無視してしまえばヤンとその艦隊はシビリアンコントロールの利かない
危険な集団と認識されてしまう
それこそ、イゼルローンを強奪して(出来ればの話だが)独立政府作るくらいしか生き残る術がない

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 14:06:52.62
第13艦隊ってアムリッツアまでの名称では?その後はイゼルローン駐留艦隊?
ヤンイレギュラーズになるまで13艦隊のまま?

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 16:49:06.30
イゼルローン駐留艦隊は
公式にヤン艦隊の呼称が認められてただろ
よってヤン艦隊

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 17:09:04.20
でもヤン死亡後は基地外集団www
ですよね?教祖様は2199なんて見ませんよね?www

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 17:56:11.26
>>136
やっぱりアムリッツァまでなんだ。ありがとう。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 18:02:43.72
もし同盟が要求を呑まずにラインハルトを殺したら双璧とヒルダは市民もろともハイネセンを廃墟にすると思うけどね
そりゃ彼らも民間人虐殺などしたくないだろうが要求を無視したらどうなるのか示さない訳にはいかない
やらなければ何を言っても口だけと侮られる事になるからな

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 18:03:56.21
アムリッツァ以降は、制式艦隊が第一艦隊以外は存在してないように見える
カールセンとモートンの艦隊にも数字通しがついてなかったし

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 18:09:37.71
>>139
侮られたくないからと非武装の市民を派手に殺戮するって
門閥貴族ども以下のクズに成り下がるな、双璧とヒルダは
つまりラインハルトがいなくなった時点でこいつらの命運は完全に尽きている

ラインハルトは自らの手で常勝神話を作ったからな、侮られることがもはやない
ラインハルトの一見苛烈な性格は、実はなるべく自らの手を汚さないためのポーズなのかもしれない

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 18:25:53.78
侮られるのは双璧やヒルダといった個人ではなく帝国及び帝国軍なのだから
門閥貴族以上のクズと罵られようとやらない訳にいかない
自分が悪役になりたくないから何もしないなんて事は許されない

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 18:34:21.04
ヒルダ「市民にはできるだけ被害をおよぼしたくないとお考えなのですね」
ミッタ「まあ私も平民の出身ですから」

出来るだけ被害を及ぼしたくない、言い方を変えれば必要ならやるって事だよ
無差別攻撃を行うと警告したのだから、警告を無視された場合無差別攻撃するしかない

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 18:41:36.16
もしラインハルトの喉元に刃を突き付けてるのがヤンでなくもっと血の気の多い提督だったら
実際に何万人か殺して見せて、止めないともっと殺すと脅さないと無意味だったな

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 18:45:15.72
ラインハルトと対峙してるのがヤンだからこそのヒルダの策だから
そうでないなら前提条件から変わってしまう

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 19:37:39.24
>>142
それをクズと呼ぶのだ

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 19:43:41.25
ヤン当人のみならともかくヒルダは同盟自体を買いかぶり過ぎの気がする

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 19:45:06.66
>>145
ヒルダがバーミリオンの戦況をのぞき見して
あ!やべっ!と感じて
ミッタマに抱かれるか、ナニをしてもらうために懇願に行ったわけで
敵将がヤンという理由は関係なく、ラインハルトに処女を捧げる目的達成の為に
死なれては困る一心でミッタマ艦隊に快速急行したんだよ
そうしたらミッタマがオムロン低周波治療器を統合作戦本部ビルの
食堂や売店で働いている民間人にプレゼント
社会科見学の小学生にもプレゼント
とにかくヒルダは疼いて疼いてどうにも我慢できない肉体だったと推察するべき

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 20:31:49.58
>>148
楽しいか?
主旨は理解してやる

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 20:42:59.02
>>140
第14、15艦隊とナンバーフリートになってる。それにともなって両少将は中将に昇進している。

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 20:48:22.54
原作に第14、15艦隊は存在しないはず

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 21:14:29.22
おろ?かき集めた2万隻を二分して第14、15の両艦隊を編成、司令官にカールセン、モートン両少将を中将にして任命という下りがなかったっけか?
アニメナレーションの記憶かいな?

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 21:33:40.14
第14艦隊モートン、第15艦隊カールセン
俺が持っているのは徳間文庫版だけど27ページにちゃんと記載されている。

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 22:07:35.68
15艦隊もあるんだったら一つにまとめて
魁男塾の直進行軍みたいに帝國の首都星に
殺到すればよかったのさ
さぞ20万隻の突撃は壮観だったろうね

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 22:21:09.39
総司令官ホーランド、総参謀長フォークの夢の大進軍か

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 22:36:04.55
大規模、長距離すぎて国家としての限界を超えて
補給計画立案運用でキャゼルヌが死ぬな

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 22:37:09.41
>146
そうなってもクズと言われるのは降伏勧告を受け入れない側だよ
まあ、実際は同盟もヤンも受け入れたから、誰もクズ呼ばわりされずに済んだけどw

降伏勧告を受け入れるか否か論じる場面
民主主義の精神を守ろうとするビュコックとそれを汚すトリューニヒトみたいな構図で
描かれてるけど正しいのはトリューニヒトだよなあ
ビュコック個人が戦争の勝利の為に死ぬ覚悟を決めるのは本人の自由だけど
それに市民を巻き込む権利なんてない

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 22:38:39.69
目に見える形で雌雄を決する、そうしないと負けた方は納得できないだろう

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 22:42:29.89
>154
MAX時でも12艦隊しかなかっただろ?

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 22:49:14.36
アムリッツアで崩壊した艦隊は除籍されてないのか?
第12艦隊など全滅でしょ

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 23:44:10.52
全滅した艦隊は縁起が悪いから欠番なんだよ。
あと旧日本軍の翔鶴の除籍は1945年8月20日だし、除籍していない可能性も

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/30(日) 23:45:07.98
艦隊(フリート)だから分かりにくいかもしれないけど
陸軍の軍団、師団を思い起こしてみて
たとえば壊滅、全滅しても、その師団がすぐに廃止されることはない
師団本部を解体して再編成、再編入するまでは形と名は
残しておかないといけない。兵が1名もおらずともね
艦隊も同じこと

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
同盟も帝国も組織図は知らないけど
後方には提督府や鎮守府があって、その下には艦隊司令部や参謀部があるはず
その辺りの部署は事務仕事ばかりなんだろうけど
再構築にしろ他艦隊への再編入にしろ整理、後始末が必要だし、
確かに縁起かつぎで欠番もあるんだろうね

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
>>163
帝国は全艦隊の本拠地がオーディンにあるんじゃなかったっけ?
ラインハルトはそれを軍管区にしようとしてたけど。

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
同盟軍の艦隊番号って、壊滅した艦隊も、
艦隊再編で消えた時も、艦隊番号を空きにしておくルールで運用してるんだよな。

例えば、アスターテで壊滅した4・6艦隊は消えたし、
そのあと、13に合流した2も消えた。
10と13がイゼルローン駐留機動艦隊になった後も、10と13が消えた。

でもそのルールだと、アスターテの前の時点で
第1から第12まで綺麗に揃ってたのが不思議。

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
それまでは艦隊が消滅or統合再編成するほどの深刻なダメージを受けなかった、というだけなんじゃないか...
と思ったけど、過去にかなり侵攻を受けてるはずなんだよね。

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
『第11艦隊は再建の苦労が思いやられる』
外伝1でこう描かれているし空番にはしてないと思う
実際ルグランジュのもとで再建されている

13〜15の艦隊はどれも1個艦隊未満の単なる臨時編制では?
13は戦果を挙げ続けたから増強されたけど
14と15は初陣で砕け散った。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
第11艦隊はアスターテの時点でまだ再編中だったのでは。アムリッツァの生き残りを吸収してどうにか形になったところでクーデターが起きたんだろう。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
その場のノリ。ロックウェルが、ダーツやカラオケの点数などで艦隊番号を存続するかしないか決めている。

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
アムリッツァ以前は十三艦隊あったのに終わったら第一、第十一、ヤン艦隊のみ
国防の不安はあるが国自体の再建をまずしなければならないと同盟の国民は思わなかったのだろうか
トリューニヒトだって軍事産業色に染まっている政治家なんだから国民から厳しい目で見られて当然だろうに
彼が我が世の春になったのが解せない
同盟の国民がそこまでバカばっかりなのか

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
政治家というのは、競争相手さえ潰れてくれれば
国民の意向や支持なんてどうでもいいんだよ

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
バカばっかりなんだろう

帝国領侵攻を決定した閣僚会議からしてバカの極みじゃないか
投機的冒険に大成功しても、支持率の上昇がせいぜい15%程度しか見込めないなら、
議長を引きずり降ろしてしまえば、同程度の効果を得られるっていうのに

発言したことそのものを驚かれる程、存在感の希薄な議長に言葉にホイホイ乗る時点で……
そしてそんなバカを選んだのは選挙民である同盟市民




もっとも日本だって人のことを笑えまいが

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
帝国軍も、同盟の指導部の同じ程度の馬鹿だからこそ
均衡がとれた戦争ごっこをつづけることが出来ていたんだよ

その前提をラインハルトとヤンが壊してしまった

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
なかっち 動画
http://www.youtube.com/watch?v=z2qK2lhk9O0s



みんなで選ぶニコ生重大事件 2012
http://vote1.fc2.com/browse/16615334/2/
2012年 ニコ生MVP
http://blog.with2.net/vote/?m=va&id=103374&bm=
2012年ニコ生事件簿ベスト10
http://niconama.doorblog.jp/archives/21097592.html


生放送の配信者がFME切り忘れプライベートを晒す羽目に 放送後に取った行動とは?
http://getnews.jp/archives/227112
FME切り忘れた生主が放送終了後、驚愕の行動
http://niconama.doorblog.jp/archives/9369466.html
台湾誌
http://www.ettoday.net/news/20120625/64810.htm

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
>170
ヤンは市民が支配に慣れて臣民になるのが耐えられないなんて
露骨に見下した発言してるからなw
要するにヤンは同盟の市民をそこまで馬鹿で救われない存在と考えているわけだ

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
新造戦艦ブリュンヒルトなんだが従来の艦より小型らしいが
特別速い訳でもなくステルス機能があるわけでもなく
強力な火力がある訳でもなく同盟に装甲破られて乗り込まれる始末
それが帝國軍総旗艦なのであった

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
憂国騎士団の元ネタはKKKなんですか?

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
ラインハルトもロイエンタールも簡単に旗艦への侵入を許し過ぎだよね

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
>>176
火力というか艦載機とその連携が強力だったはず。パーツィバルをミュラーに
あげちゃうほど入れあげられてる不思議な船だが。

これのアニメの他のどの戦艦とも毛色の違うヒューベリオンが好きだったんだが
巡航艦レダUで指揮とったり、普通の戦艦のユリシーズに旗艦を変えちゃったり
旗艦に大きな戦艦は必要ないんじゃないだろうか?
三国志の豪傑がみな名の通った名馬に乗ってたようなもの?

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
新理論特殊装甲で通常の7倍のコストって設定なかったか?

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
>>178
あれ、同盟側が特攻覚悟だったらあっさり死んでたよな。

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
>>177
どう見ても
憂国騎士団=街宣右翼
地球教=創価+統一だな

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
旗艦へ簡単に肉薄出来るのは物語の都合だから
テロリストが簡単に皇帝や軍幹部相手に肉薄出来るのと一緒

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
マトモに考えたら相当数の船が互いに鹵獲される。となると奪われる前に自爆すべきだが

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
そういや、同盟は戦力的には劣勢なことが多いけど、帝国の情報通信をほぼ完全に解読可能という超アドバンテージがあるんだよな。
正規の帝国軍通信文を生成できて、帝国側もプロトコルから機械的に判別できずに内容の整合性から真偽を確認しようとしたくらいの。

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
>>178
キャプテンハーロックの影響

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
「宇宙海賊キャプテンハーロック」だと人間が乗り込まなきゃならない時は宇宙遊泳してたが
「無限軌道SSX」では乗り込み用アンカー使ってたな。あれは格好良かった。
その後、999にも(海賊じゃないが)同じようなので乗り込まれてた。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
イゼルローン表面でロイエンタールvsシェーンコップがあっても良かったんじゃないかな
それなら比較的自然な流れにならない?

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
>>188
さすがにねーよ

ロイエンタールが最前線に立つ必然性がまるでないわ

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
将官同士が肉弾戦やってる時点で不自然極まりないからなあ
陣頭に立つのが偉いという騎馬民族みたいな価値観が平然とまかり通る話だから仕方ないけど

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
オフレッサー…

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>191
あいつに関しては最前線に立つ必然性があったというか、無理やり作ったからなあ…

俺なら降伏勧告したのちに中央通路にビーム一発撃ちこんで要塞ごと吹っ飛ばす選択をしそうだが。

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
腐っても要塞だから要塞ごと吹き飛ばせるほど脆くはないはず
うっかり吹き飛ばして通路が埋まってしまったら、動力炉に突入する手段が失われて攻防が停滞しそう

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
ゼッフル粒子を満たした空間で律儀にチャンバラやるのが可愛い所
遠隔操作のラジコンで起爆したらそれだけで敵全滅なのに

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
基本的に銀英伝はあらゆる種類の遠隔操作が機能しない前提で戦争が行われている
地対地ミサイルすら有線なのが銀英伝

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>195
同盟伝統無人艦「………」

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>195
ユリアン虎の子の千隻の予備兵力「・・・」

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>175
かといって、その逆だと市民レベルまで動員したレジスタンス騒ぎになって、いくらラインハルト
でもルドルフの真似することをためらわない事態にまでエスカレートする―元同盟市民の一定
の安全を前提にすれば、それは絶対期待できないでしょ。となれば、飼い慣らされる未来しか
ない。
敵に甘えるお花畑でも「理念のために国、民族が滅んでもかまわない」と言うほど狂信的でも
なければね。

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>179
旗艦に求められる機能が、現在と同じなら旗艦は必然的に大きくなる。
本来の機能のためのクルー以外に、艦隊指揮のための司令部スタッフ(各分野参謀&参謀
部スタッフ)、艦隊規模に応じた通信施設(オペレーションスタッフ込み)……etcを載せる必要が
あるからな。まずハードに余裕がないとお話にならないので、旗艦は一定規模以上の艦に
ならざる得ない。逆に言えば、それを満たせばそれなりサイズの艦でいいのだが。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>193-194
立てこもっていた通路の背後に、その動力炉があったから迂闊に大火力が使えない=白兵戦
で突破せざる得なくなったというオフレッサー無双の前提だったのだが?
放置して背後を荒らされない&後方支援基地にしたいという前提があっての要塞攻略なのに、
面倒だからふっ飛ばしましたではお話にならない。双璧をそこまで無能にしたいか?
ホント血に飢えたスレだな。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
・・・生け捕りにしようとしたからあんなめんどくさい事になったんだよな?

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
通路に無力化ガスでも流せば済んだのにな。

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
プロレスの世界だから
相手の技は正面から受け止めるのが礼儀

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>201
それはラインハルト個人の追加オーダー。
オーベルシュタインの策によって、結果的に戦略的に活きたけど、本来は意味がない。
追加オーダーがあろうとなかろうと、重火器を封じられ、オフレッサーにとって有利な状況を作ら
れてる以上、面倒くささは変わらない。

>>202
気密されてない場所の上に、装甲服着ているのに通用する「無力化ガス」ってすごい(棒

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
プロレスを楽しめるのは純真な人間と
相手の仕掛けに乗っかって遊ぶ面白さを理解出来る人だけ
「なぜ相手の技を無抵抗で受けるんだ?」と嘲笑する人間にプロレスは楽しめない
小説も一緒だと思うよ

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
ラインハルトに向かってラッシャー木村ばりのマイクパフォーマンスを
披露するロイエンタール

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
そんなあなたに、このシリーズを送る

http://www.nicovideo.jp/watch/sm17204721

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
>>205
あんな子供だましと一緒にするな

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
>>204
通路を水ででも満たしちゃえば良いんじゃない?

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
>>209
注水している間、オフレッサーさんはおとなしくしていてくれるのか?

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
そういや、装甲服着た白兵戦でクロスボウ使ってるんだよな。
しかも、ユリアンのヘルメットに命中してるけど弾かれてるんだよな。

有効なダメージ与えられる確率低すぎね?

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
>>210
あの人に、その意味が理解できないんじゃない?

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
日本もそろそろ、次の参院選の後、憲法改正、そしてその後、議会を永久解散、
自民党議員、官僚、資本家、軍部、の貴族政治になりそうですね。

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
>>209
水とはいわず、充填剤的なもので通路を埋めることを考えたが・・・・・
 
今 気づいたけど装甲服は粘着剤を吹き付ければ使用不可能になるのでは
ゴキブリホイホイの粘着剤みたいなやつ

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
そうか、その手があったんや!
カイザーがいる部屋までゴキブリホイホイ敷き詰めればいいんや!
ってロイエンタールが真面目に意見具申すればいいのにな

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
誰が猫に鈴をつけるのか
それが大問題

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
>>216
機械

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
>>215  ちょっと違う 消火弾みたいに密封容器に、消火剤の代わりに
接着剤を入れて装甲服に当てて飛び散らせ、固めて動けなくさせたら 
という想像なんだ

これだとトマホークで殺しあうよりも楽かな思っただけ・・・・・。

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
ビッテンフェルトと黒色槍騎兵艦隊の攻撃能力が、他の艦隊と違う要因て何なんだろ?
生身での戦闘なら、筋力や技量や体格に優れた人間集めた部隊や将軍がそう呼ばれるのは分かる。
しかし乗艦してる状態で、攻撃能力の高い提督、艦隊という特色が出るのは何でだ。
スパロボやミニ四駆じゃないんだから本人の気合いや闘志でどうこうって話でもないわけで。
回廊での戦闘で敵軍の中枢を見分ける能力云々という描写はあったけど、
それって破壊力とかそう言うのとはイメージが違うし、そういうのは他の提督も遜色ないだろう。

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
>>218
粘着弾って発想はどこかで見たような?
攻殻機動隊だっけかな?

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
いろいろあるみたいだね 接着剤で関節部が固まったり
手が胴体や壁に、足と足がくっ着くけば装甲兵は無力化できると思う

肉弾戦で殺しあうのが銀英伝の世界観だからしかたないけど。

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
パトレイバーでレイバーの関節部に撃ち込む粘着弾頭の話があった

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
>>219
守りの陣形とか戦術とか味方の損害とか一切考えないで
他の艦隊がお膳立てした所に攻めれば良い時だけ出て行くからだろ

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
>219
第二次ランテマリオ会戦ではビッテンフェルトの威圧感でレーザーやミサイルが旗艦を避けて通ってたぞw

真面目な話、ごく短時間に全弾撃ち尽くすくらいの勢いで攻め立ててるんじゃなかろうか
普通は応戦用の弾薬やエネルギーを残すものだがそれをしない
攻撃を凌がれると次の攻撃準備が終わるまで一方的に殴られる=守勢に弱いとか
ただ、その最初の一撃で相手艦隊を瓦解させるポイントを見極めて戦力叩きつける戦術眼が
非凡なのでそうそう防ぎきれるものじゃない
イメージとしてはこんなもんじゃなかろうか

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
>>219
艦隊の編成や訓練、搭載する弾薬とかで味付けが変わるんだと思うよ。

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
帝国軍がヤンの顔を知らなかったなんて事があるのかなあ
画像ぐらい持っていそうだが

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
ねーよ。どんだけニュースになってたと

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
通常のザクの三倍のスピードみたいなもんだろ
カスタム機な事やパイロットの技量差考慮しても三倍はねーよと言ってもしゃーないw

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
>>226
公表された映像を見るのと、実際に会うのとでは、印象が違うんだよ、きっと。

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
>>226
ヤンの顔は目立たないから
帝国の高官は威厳だけはあるから

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
>>228
時速100kmで逃げるホワイトベース
時速110kmで追う通常のザク
時速130kmで追うシャア専用ザク

という解釈が一番納得した。

ビッテンも、例えばビームの出力を、精度や射程距離を犠牲にしてでも
威力を高めるように調整しているとかあるかも知れん。

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
艦長の時から攻撃に移るべきタイミングを見逃さないとか何とか書いてあったと思ったが

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
その割にアムリッツァで間合い間違えたな

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
本当に書いてあったかどうかはあまり自信が無かったけど大佐=艦長の時に頭角を現してた
って記述がどこかに…

>>233
相手が悪いよ。この条件で同じくらい耐える武将はミュラーと赤毛くらいじゃ?

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>234
ヤンでなくてもビッテンフェルトの意図は見抜けただろう、と書かれてるから
よほどの無能でもない限り誰が相手でも失敗したと思われる

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
違わない ヤンだから素早く見抜いて対処できたのであって、
他の提督ならビッテンが優勢なまま同盟軍を蹂躙したんじゃない

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>235 236
そういうことだよね。ヤンを神格化してる人多いけど戦術対応はそんなにずばぬけてた
わけじゃなし、大抵の提督なら対応してビッテンはやられてたろうね。

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>234
外伝だな。戦艦艦長として活躍。猪突に見えて実にいいポイントを突く。
(これはアニメのオリジナルセリフかもしれんが。)

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>225
艦隊の編成てのは興味あるけど謎ですよねえ。1個艦隊で隻数と標準的な
構成があるのか?? 作品中で唯一明らかなのはユリアン初陣の相手の
小艦隊だけど、あれが一般的な構成なのか?(あれは約2000隻だけど1万隻
なら単純に構成比同じで5倍?)
例の空母もいるのに艦載機が異常に少ない説でいけば、あのときのアイゼン?
艦隊は例外的に空母集中した空母機動部隊?ってことにもなるけど。(艦隊の
5%くらいが空母だったような)

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
銀英伝の世界での空母の定義が解らんなぁ
ヤンの乗艦 戦艦ヒューベリオンもスパルタニアンの宙戦隊
が載っていはず。

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
宇宙戦艦ヤマトが元ネタなので戦艦にも艦載機が配備されています

というか空母のみで艦載機の集中運用すると、緊急時の発進に手間取りそうなので
発進のみ全艦船が一斉に行なって、修理と補給は主に空母が順次こなしていくという感じなのかもよ

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>224
搭載されてる弾薬ってそんなに少ないの?
ヤン艦隊は自分の三倍近い艦隊と戦っている事もあるのに弾薬切れってないよね?
キャゼルンが超優秀なの?弾薬が出てくる魔法のつぼでも持っているの?

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>242
作品中に弾薬なんか使ってる記述あったっけ?
艦艇も艦載機も基本ビーム兵器じゃないのか。

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
道原版だとレールガンの拡大版のレールキャノンで実体弾撃ってる記述あるが。

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
スパルタニアンはレーザーじゃなく実弾じゃなかったか?
あと、トリスタンが食らったのもレールガンだったような。

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
まさかアニメの話じゃあるまいな

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>245
小説だとスパルタニアンはウラン238弾を発射している。
それ以外の武装の描写は無いと思う。

対軍艦を考えると、記述が無いだけで雷装も可能じゃないと難しそうだが。

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
すごく素朴な疑問なんですが実弾が艦に命中して爆発すると思うんですが
宇宙空間には空気というか酸素が無いから火が出ないと聞いたことがあるんです
そうなると命中した実弾は艦の内部から噴き出す空気で燃え上がるんでしょうか?

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
空気(酸素)との結合だけが燃焼ってわけでもあるまい?

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
艦隊戦で核兵器も多用してたと思うけど、あれも燃焼のような炎が上がるな

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>240
あの世界の空母は防御不足でかなり使いづらいだろ
スパルタニアンにしろ空母にしろ
同盟の戦艦不足を補う苦肉の策

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>251
何度も言われていることだが、単座式戦闘艇がどうやって軍艦にダメージを与えてるのかがそもそも謎だからな

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
F-2戦闘機なら駆逐艦でも2機もあれば充分。フリゲート以下なら1機

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
ビュコックが二等兵当時銃手でウラン238弾を撃ってたと述懐してた気が

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
作者の兵器や宇宙の知識は皆さんご存知のように・・??レベル
他作品でもエアゾール爆弾とか誤解、御認識してるし
当時は熱核融合最強のお考えでしたし
登場する兵器に関しては21世紀の知識で語ってもよいのかどうか・・
劣化ウランでも238でもいいけど弾頭用にわざわざ 鉱山から採掘してるとしか思えない
1000年、1600年後のウランの使用目的ってあるんかな
未だにダイヤモンドが最も硬度が高いと
誤解している人はもはやいないけど
まぁ当時は仕方ないよね

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>253
残念ながら、この世界ではそんな対艦兵器はないんだよ。
可能性があるのは、ユリアンの場合のような超肉薄、ピンポイントのラッキーパンチくらい。
できるのは、短距離砲のジャマしたり、センサー類を狙っての嫌がらせ程度。

一般論として、パワー絶対の宇宙戦は大艦巨砲主義で(運動性の差も戦場スケールから絶対
的アドバンテージとはなりにくい)では小型機は主役にはなり得ない。いろいろ根底からひッ繰
りかえる技術革新が必要で、少なくともこの作品にはない。実際、艦載機が空戦でしか活躍し
てない&職人的パイロットによる攻撃が軸にされた戦術が存在しない点にもそれは伺える。
それで「大艦巨砲主義pgr」する辺り、作者の考えの浅さも読み取れる(航空攻撃は飛行機と
艦船の絶対的足の差、小型大威力の攻撃手段あってこそ成立するもの。そのどちらもない
世界では、やはり大艦巨砲主義が優勢なのである)。

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>255
どうも誤解があるようだが当時と今で科学知識はさほど変わりない。
末端技術が少々洗練されているに過ぎない。

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
ガンダムのように小型機動兵器(MS)の攻撃一発で戦艦が沈む世界だと
逆に戦艦作る意味をほとんど感じられなくなる
この小説の主役はあくまで戦艦であり艦隊戦だから小型艇の存在意義が薄いのは仕方ないのかね

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>248
第5類の危険物でぐぐってみ。
ロケットの燃料になるヒドラジンの様に、自分の分子構造の中に燃料と酸素両方持ってる物質がある。

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
ビッテンフェルトはオーベルシュタインと不仲だったけど
他の連中とはどうだったのかね
ワーレンとはあまり仲が良く無かった風な記述もあったけど
あとメックリンガーとはどう考えても不仲だよね

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
なんでさ

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
メックリンガーからしたら回廊の戦いで暗に「お前のせいで負けた」と難癖つけてきたり
えせ芸術家呼ばわりしてくる面倒かつ無礼な奴でしかないだろ
おまけに芸術品を保護する気持ちがゼロと来ては最後猪呼ばわりするのも無理ない

ワーレンはオーベルシュタインに掴みかかった時
温和なミュラーはともかく質実剛健なワーレンはビッテンと仲良くはなかったと書かれてる

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
年齢的に士官学校同期(と思われる)なのにね
ワーレンは溜め込むタイプだから、ビッテンフェルトみたいのが騒いでるたびにウンザリしてたんだろうか?

アニメにいたっては、ホフマイスターもファーレンハイト生存してた頃からビッテンフェルト嫌ってたし、
ビッテンフェルトのことを「ウゼェ」と思ってる帝国軍人も案外多かったんだろうか

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
ビッテンフェルトは人に言うと恥ずかしい所が出身地なんだろうな
粗野な連中ばっかりの福岡県みたいな

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
あ、福岡県が恥ずかしいってことではないので誤解無きようするや節である

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
鳩山みたいな奴だな。
きっぱりと言ってるくせに、後から「その様な意味で申し上げたのではない」みたいな。

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
友人にするなら手帳や日記に同僚への皮肉や嫌味を書き溜めてたメックリンガーよりは
正面からはっきり言ってくるビッテンフェルトの方がいいな俺は。

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
良き友だちならそうだろう

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
同僚や上司にはしたくないタイプだろうな

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
悪口はより大きな声でなんて友人を持ったらウザい事この上なし

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
悪口言われることは一切しないつもりなんだろ
この猪の友達は

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
ビッテンの下にいたら命がいくつあっても足りないし
同僚にいたらうざいことこの上ないし
部下にしたら片時も目が離せない危険物

普通にいらねーよこいつ

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
帝国軍の一般兵の半分は大貴族艦隊の兵士だったんだよ。
そいつらからみたらビッテンの部下のほうが生存確率高いだろ

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>257
素人の科学の知識のことだよ
最先端科学の話じゃないよ
例えばあんな昔の時代の時は
コルトガバメントもワルサーP38もコンバットマグナムも
発射音はあーいうもんなんだと思い込んでいたし
戦争映画やドラマのマシンガンも
有り得ねーなんて微塵も感じなかったよ
ダイヤモンドが一番硬い。だから値段が高くて価値があると思い込んでた
違うと知ったのはネットが普及してからだよ
当時からこんな科学考証や効果音有り得ねーと読んでいたり、映像見ていたら
257は神仏様か科学関係者だと思うけど
当時と現代ではやはり素人の科学知識は少し洗練UPされた程度かな

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
貴族提督VS同盟無能提督の
ルネサンス期イタリアの八百長戦争のようなだらだらした長い戦いと
ビッテンフェルトの肉を切らせて骨も削られる即決ガチンコ戦争では
どちらの将兵がマシだろうか・・・

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
独立した艦隊を指揮させるから危ない。打撃戦隊みたいな敵陣を揺るがす事を目的にした
中間部隊なら上手く使えるだろう

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>275
二択なら前者
貴族提督VS同盟無能提督
理由はビッテン本人が肉を切らせて骨も削られる
わけでなく犠牲になるのは兵士だから

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>274
> 素人の科学の知識のことだよ
> 最先端科学の話じゃないよ

ならそう書け。後出しジャンケンを今頃されても萎える。

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
どうもビッテンフェルトを評価しない奴がいるけど
メックリンガーかオーベルシュタインの一派だな
僕はワーレン提督が好きだな
冗談も通じそうだし豪胆なところもあるし
ただ副官の名前が咄嗟に出てこないあたり・・・
副官誰だっけ?

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>278
後出しってあんたw
熊本商大文学部ドイツ文学科の芳樹くんにどんな最先端科学の知識を期待してんのよ
ウォーズマンやロビンマスクのゆで理論と同じで、作品内では究極的には「そういうもの」なんだよ?

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
学習院の国文科じゃないのか?
どこ情報だ?

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>256
銀英伝世界には慣性制御技術があるから、それを絡めて説明すればできたかもしれんね。
「単座式戦闘艇は活動時間を犠牲にして、その装備質量に比して極めて巨大な慣性制御機関を搭載している。
 その機動力は、駆逐艦の20倍に達する!」
みたいな。

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>281
Wikipediaによると
熊本商科大学付属高等学校卒
学習院大学文学部国文学科卒
280は高校と大学を混同してるみたいだね
278の後だしジャンケンはよく読んでなかっただけの誤読だよね?

あくまで私見だけど作家やクリエーターの学歴に
興味はないんだけどガチガチの理工系は好きではないな
そういう人は科学考証・指導的な役割が合ってるはず
だからアシスタントに科学好きや軍事マニアがいてもいいけど
そこら辺の事情は知らない
緻密な物理法則や化学、兵器や宇宙論を描かれると
かえって本編つまらなくなるよスペオペなんだからさ
戦闘や運動にツッコミいれてはイカンと言うわけではないし
だからこそ兵器や戦闘や宇宙をよく知っているファンが
イロイロ書き込めてスレが盛り上がるってもんさね

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>275
どう見ても前者だろw

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
ネットで他人の書いたプロフで確かめてみた
現役で早稲田文学部希望だったが
結果は一年越しで学習院
入学。どちらも国文学科
本人の都合や親族の体裁もあろうけど
国文学を勉強したくて、勉強のために進学したかったなら
国学院に行けばよかったのにね・・・
中国漢文学や西洋文学にももかじりたかったんだろうか
他文学、異性にも色気とノロケの願望かあったのかも(笑)
でも、はなから国語(文)学者や教職を目指してなかったようなので
作家や物書き志望ならどこだっていいはずなんだが
まぁ彼の自由だし、おかげで我々は楽しませてもらった
だから敬意を表しよう

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>283
クラーク(キングスカレッジ卒) 「……」
ハインライン(元海軍技術士官)「……」
アシモフ(化学のPh.D)      「……」

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
ラインハルトの旗下で自分の手柄第一な行動言動したのは
ビッテンフェルト、ケンプ、レンネンカンプの三人だけなんだよな
後ろ二人は器量に見合った非業の死を遂げたがビッテンだけは生き延びた
七元帥の評にある「たまたま生き延びただけで栄誉を得た」とはビッテンに対してのものなのか

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>283
自演乙

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
銀英伝読本で幸田露伴が研究テーマだったって言ってなかったか?

高校と大学名を間違えるのは転写ミスなどまだ理解可能だが
学科を国文科をドイツ語科に間違うのは理解不能

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>287
グリルさんも忘れないであげてください。ゾンバルトさんとか皇帝と同期の
声の大きい人も。

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>282
そもそも数からして違う。1万隻以上の艦隊どうしが戦闘やってるとこに
百数機程度の艦載機が出てきて何をしたいのかと。
艦隊の1%が空母としても100隻以上いるのに、各艦の搭載機数は1機程度か。
4機以上搭載してたヒューベリオンは新開発の航空戦艦(戦闘空母)なんだな
きっと。

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
イゼルローン駐留艦隊(通称ヤン艦隊)は敗残兵(第2、4、6、10艦隊)のよせあつめなのに
なんであんなに強いの?

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>243
バーミリオンのときは最後の方でミサイルやビーム(の素?)がそろそろ
無くなりそうってのが出てくる。「出来るだけ正確に狙え」だったかな、
セリフとしては。あの戦いは異常に長いけど、あれくらいが1個艦隊の継
戦能力らしい。

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>292
一頭の獅子に率いられる百頭の羊云々

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>292
逆逆、大負けした戦いで
生き残る能力を持った連中の集まり

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>295
なるほど。確かに第4艦隊の負けっぷりなんか見てると生き残るのはかなり至難ですよねえ。
フィッシャーはさすがと言うべきか。アッテンは第10の生き残りか。第6艦隊には名のある
生き残りはいなかったのかな?(ヤン自身は第2艦隊の生き残りってわけか)

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
最精鋭を揃えているはずの第一艦隊はたいした事なかったし

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>297
首都防衛(実質的には何もなし)や弱小海賊退治ばっかで腕がなまってたんでしょ。

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
第一艦隊が最精鋭って描写あったっけ

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
ビッテンばかり言われるけどワーレンも負け続きだよね。
相手が悪かったと言えばそうかも知れないが、例えばミッターマイヤーが圧勝した
シュターデンやグエンバンヒュー相手ならこの二人でも無双出来るのかね?

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>299
特にないけど、なんとなくそんな気はするな。司令官なんかも士官学校の成績優秀者が
任命されるような気もする(大抵の場合、士官学校の成績と実質の指揮能力は反比例する
けど)

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>300
やはりここは無口さんが一番。ヤンにさえ負けたことがない。

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
近衛艦隊みたいのがあれば選抜して優秀な人員、兵器を配属するだろうが、
リアルだと第一師団が必ずしも最精鋭ってわけじゃないなぁ。

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
本気でこの質問をしてるなら読むの止めた方がいいと思うw
どいつもこいつも無能に見えるんじゃつまんないでしょ?

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
アスターテの時点で同盟軍には16名の「20代の将官」がいたらしいが、
やっぱり典型的なエリートだと本部以外では第一艦隊に配属されてるのが多かったのかな?

結局、16名の中で判明しているのはヤン准将とフォーク准将だけだっけ?
アスターテ時点だとアッテンボローはまだ大佐だよね。
ひょっとするとあの時点だとフォークも大佐かもしれんので、その場合はヤン以外不明だが。

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
単に最初に編成した艦隊ってだけかな。それでも出来た当初は唯一の正規艦隊
ってことでエリート扱いだったとか。一度に4個艦隊くらい編成してたらそれ
もないか。
帝国侵攻に投入されなかったのは何か理由あるのかな?(まさか一度も実戦投
入されたこと無かったなんてことは。。)

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>305
確かにその後一人くらい登場してほしかったね、若くして提督と呼ばれた同盟の方々。
帝国の方は20代で大将、中将ってのがなんか当たり前のようになってたけど。

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
アスターテのタイミングだと、アッテンボローはもう准将に昇進しているかも。
後のユリアンのセリフに「あの人は27歳で閣下でしたよ。ヤン提督より早かったんですよ」があるし。
アッテンボローはヤンと2学年違いで、アスターテの時にヤン29歳だから、可能性はある。

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
アッテンボローの階級がシェーンコップより上だった頃の描写を見てみたい。
クーデター鎮圧までは、アッテンボロー少将とシェーンコップ准将だったよね。

アッテンボローに敬語を使うシェーンコップというだけで妙にシュールな光景に見える。

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>309
はて?小説ではアッテンもクーデター時は准将だったような。副指令官のフィッシャー
のみが少将でグエンとかはみんな准将だったんじゃあ。

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>308
ヤンとアッテンボローが同じ階級ってのは想像しにくいけど、ユリアンのセリフからは
そうなるんだな。ヤンがアッテンに敬語使う可能性もあったわけか。軍隊ってのは(外
伝でヤンにも述懐させてるけど)昇進降格とかでいきなり敬語使う両者が逆転するんだよなあ。

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
20代の将官を期待するのは自由だけどさ
功績、実力、能力、人望で昇進するならいいよ
でも裏返すと人材不足?になってるんでないの
これは人材デフレとでもいうんだろうか
帝国はあの金髪も配下がなんちゃってだし、
戦争が終わると昇進の見込みがなくなっちゃうよーとカツカツ
上級大将あたりの主要キャラ以下の連中は影薄いし
門閥貴族時代は御坊っちゃんすら中将待遇程度になれる

軍隊とはちと違うが
身近で言えばなんかITバブル社長みたい
国家T種官僚が20歳代で局長以上なり事務次官、幕僚長
25〜30歳代ばかりの衆議院30歳代ばかりの参議院・知事
30歳未満の脳神経外科医師で医学部長とか
架空物語としては構わんが現実となると・・??
150年前感覚の老害かなワシは

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>312
おっしゃるとうり能力があればいいじゃあないですか。それだけのこと。

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
10巻でミッターマイヤーが上級大将以上とそれ以下の能力差が激しいと嘆いていたな
でもアッテンボローと指揮能力が互角と書かれたバイエルラインあたりなら
ミッター以外の七元帥と同等かそれ以上の能力ありそうにも思える

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
ブラウなんとかさんなんかなかなか優秀に思えるけどね。回廊への一番乗りした人。

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>301
近衛師団のように、優秀者選抜して編成というのはありそうやね。

>(大抵の場合、士官学校の成績と実質の指揮能力は反比例するけど)
「この作品では」と入れとけな。
現実には、士官候補生は当然指揮官としての素養は調べられ、厳しく選抜されるし、実地経験
も積まされるから、ちゃんと統率できるよう教育される。

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>316
成績上位者にひどいのがいるとそれが喧伝されるだけで、
一般には成績と能力にはそれなりに相関はありそうだよな。

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>311
軍隊に限らんぞ。
階級社会は警察もそうだし、一般企業だって肩書き、立場逆転すれば同じこと。

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>313
普通は能力があって実戦経験が豊富な人間が将官を占めると思うんだけど、16名の「20代の将官」は多すぎないかって話じゃないの?

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
アッテンボローとバイエルラインが互角と書かれた後も
物語が続いているからな。

ミッターマイヤーの指揮下で一翼のみを担当していたバイエルと
数少ないヤン艦隊の司令官として帝国軍と直接対峙したアッテンでは
最終的には結構な差があってもおかしくない。

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
潜在能力が互角というニュアンスで受け取ってた
経験その他考えると、アッテンボローに軍配が上がりそう

仮にバイエルラインとアッテンボローが直接戦った場合
最初は逃げるふりを見て「見え透いた手を!」と自信たっぷりにいったバイエルが
結局アッテンの罠に翻弄されそうなイメージがある

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>320
同盟と帝国の戦力的不公平を考えると、アッテンボローはミュラーと互角くらいでもいい気がする。

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
ヤン艦隊の分艦隊指揮官が少なかったと思うな バーミリオン会戦の時
ラインハルト艦隊は5人ほど分艦隊指揮官がいたんだが

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
実は元帥級の指揮能力を持つ連中が複数隠れている
アイゼナッハの副官達だ

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
正面からの戦いで互角なら、逃げ戦や嵌め手が上手い分アッテンのが上じゃん
少なくともそのスキルがないバイエルが同盟側にいても大して役に立たん

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
ミッターマイヤーの腰巾着でしかないバイエルラインとアッテンボローとは比較にならんよ。
帝国軍でもアッテンボローより上なのラインハルトと双璧くらいだと思う。

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
アッテンボローはヤンに次いでラインハルトに勝る程トリッキーな用兵家にも見える
喧嘩屋みたいな軍人

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
そんなやつだったらグエン程度にいくらでも居る

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
もちろん、正面から戦って奇襲でなければアッテンボローではラインハルトには勝てないだろうけど
ひょっとしたら負けない戦いくらいはやってのけるかもしれない

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
将来を期待され、大敗のアムリッツァでも立派に指揮したアッテンボロークラスの指揮官なんて同盟軍から引く手数多だろ

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
銀英伝ってアッテンボローの著書も参考に書かれているって設定だよね?

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
同盟滅亡後のヤン艦隊でまともな指揮官と呼べるのがヤンアッテンメルカッツの3人だから
ヤンは勿論他の2人も双璧級に強く描かないとバランスが保てなくなってたよね
初登場が他の提督とラインハルトいびりに来てたメルカッツや3巻くらいまでロクに出番のない
アッテンボローがここまで持ち上げられるのは仕方ないけどちょっとおかしくもあるw

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
俺はダスティンはラインハルトと同等か少し上に感じる
そもそもラインハルト自身が真正面のガチ戦闘をしないタイプではないか
ならばタイマン真正面対決は無理ってもんだ
騙し合い対決はやってみないとわからん

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
ラインハルトは劣勢を耐え抜くってのはやった事は無かったと思う。

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
アッテンとバイエルは強力な後ろ盾ありきだから個人として評価しにくい
似た者同士で同等と言われても納得出来てしまう

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
外伝だと劣勢というか無茶な事ばかりさせられてた気もするが

アッテンボローがラインハルトより上はいくらなんでも盛り過ぎだろう
負けない戦いと言うのは言い換えれば負ける瞬間を可能な限り先送りするだけだから
どこかで戦況が変わるとか、勝利以外の条件で戦闘を終了出来る
(例えばアムリッツァで言えば戦場からの離脱)状況じゃないと
いずれは負けてしまう事になる

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>336
ウランフの後を継いだ時とか、第11艦隊を釘付けにしたり、遭遇戦でヤン艦隊到着まで
もたしたりとそういう戦いで活躍してる

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>第11艦隊を釘付けにしたり
第11艦隊の一部だった。それで兵力を分散させた

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>334
耐え抜くような戦いではないが、アスターテはメルカッツが状況一目見て帰りたがる程度には劣勢だろ

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>337
言いたいのは作戦の成功条件を勝利に設定した場合どうなるか未知数だって事

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>339
メルカッツは多分、ラインハルトの能力を信頼していなかったんだろう。メルカッツ本人が
指揮を執ってそれでも戦うとなれば、やりようはあったと思うが

ラインハルトは「戦場では常に戦力的に優っている」状態を保って戦っている。ナポレオンと
同じやり方だな。

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>340
そういう作戦は同盟軍ではやれないからなあ

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>314
今の原巨人と同じだよ
昔の名前で出ていますみたいな高橋とか谷とか小笠原を
スタメンで使っちゃうんだもの
そりゃ若手も腐るよな

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>340
ミッターマイヤーやファーレンハイトのように攻勢を活かせるかどうかは指揮官の裁量では
あるが、もしそれが不得手な指揮官ならばそういう戦いをしないで得意な戦闘で戦略的勝利を
得る方針を取るのも司令官の仕事

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>342
まあねw
それに戦場全体の責任者になる事はついに一度も無かったしね
ヤンがいる間はずっとヤンの作戦指揮化だったし
ヤン亡き後もメルカッツという後見人の存在が大きかった

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>343
そいつらが一軍上がってきたのは最近の話だし
スタメン出場した試合は3人足しても20にも届かないような
若い奴らがしっかりしてれば全員二軍幽閉出来たのにねw

まあ確かに帝国と似ているかw
ヴァーゲンザイルやグリルバルツァーやトゥルナイゼンがしっかりしてたら
上級大将組が現場に出て行く必要なくなってたかも知れない

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>336
アッテンがラインハルトより上とは思わないが、その書き方だと
負けない戦いをすれば良いはずだったバーミリオンを見る限り
アッテンの方が負けない戦いは上手いことになっちゃうんじゃね?
ヤンが相手だからしょうがないとか異論はあるだろうけど

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>332
メルカッツは2巻時点でロイエンタールと互角的な描写があるから、
けっこう早い時点で名将フラグ立ってたような。

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
最初は一巻出して様子見だったんだから後付要素があるのは仕方ないよ
全体の構想が最初からあったならアムリッツァでアッテンボローの撤退戦をちゃんと書いただろう
帝国側でも一巻では名前すら出てない奴がちらほら。後の七元帥すら全員は出てなかったしね

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
最初から七元帥が出揃っていたら
後世の歴史家から身内王朝の謗りを免れなかった

裏切り者が山ほど出世してこそ新興勢力

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
みんな大好きブラッドジョー大佐みたいなのもいるしな

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
なんかラインハルトって不幸な生い立ちから皇帝になって
輝かしい武勲を残しながらもヴェスターラントで無辜の市民を
焼き殺したけどその美貌でその罪が減じられるって
そいで童貞だったのが一回やったら子供できちゃってって

くたばれカイザー!
やっぱり就職するなら同盟だな

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
>>353
フェザーンの選択肢は無いの?

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
>352
皇帝も議長も自治領主も関係ない、ドラッグのパラダイスに興味はないかい?

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
ヤンはラインハルトの数十倍、ミッターに至っては数百倍は回数こなしてるだろうに
一度も当たらなかったのを見ると種無しだったのかね

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
ヤンはともかく、ミッターは後日どっちかしらないが不妊治療で子供が
生まれる可能性はあるだろう。

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
種なし=ドーピング

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
>>355
ミッターマイヤーの場合、突撃前に三連斉射してしまうので…

エヴァンゼリン 「あなた、ベッドの中でも(ry

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
定例リピートしてるが、まぁいいや
殿方因子は調べればわかる
排卵期が重要
ヒルダの計算が的中しただけのこと
あとは特定の心の薬を常用していると奇形が・・
だから避妊とも推察できる

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
【主要登場人物中、既婚または女性と関係があり子有】
(貴族)ラインハルト(一撃必中)
(貴族)ロイエンタール(この子のために頑張っちゃうぞ)
(貴族)アイゼナッハ(家では賑やか)
(貴族)メルカッツ(箱入り娘が心配)
(貴族)シェーンコップ(養育費?)
ワーレン(父ちゃん今度早めに帰るからな)
ケンプ(そうかあの手があった)
ビュコック(年寄りばかり生き残ってしまった…)
キャゼルヌ(嫁に行く日が〜)

【主要登場人物中、既婚または女性と関係があり子無】
ミッターマイヤー(疾いぞ)
シュタインメッツ(陛下まだかな・・・)
ヤン(ごめんフレデリカ)
ポプラン(夜は撃っても当たらない)
チェン(パンこぼした)


仮説:貴族は遺伝子的に選別された集団であり、繁殖力が強い

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>>360
チェンは子供いるんじゃね?
ビュコックから「妻子はどうする」とか聞かれてた気がするが。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>361
書くとこ間違えた。失礼。

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
ビュコックは乃木希典よろしく息子全員兵役で戦死してるがな

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>>352
恵まれていたとは言いがたいが、「不幸な生い立ち」ってほどでもないだろ。
全般にわたって、事実認識がおかしいな。

>やっぱり就職するなら同盟だな
人はこうしてブラック企業に就職する。

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
ヤンは素股でイカされてたのだろう
なんたって夫人が挟むの上手だから

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>>365
パ○で挟むのが得意なんだぞ、フレデリカは

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
やがて若夫婦は栄養不良ならぬ欲求不満に

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
3日もすれば私人のヤンに幻滅するだろう
しかも同じ家には若くてイケメンで成績優秀スポーツ万能
18歳で中尉なんていうチートがいるし

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>>368
仮に90分コースとしたら
どんなメニューサービスの流れになるかな?

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>360
ケスラーが居ないやり直し

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>370
ケスラーは本伝中では手を出していないと希望的観測をしたので外したです。
ルッツも手を出していなかったんじゃないかな・・・

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>>370-371
たしかに、ケスラーを含めたらユリアンも入れねばならんw

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
シェーンコップやポプランは一夜の契りで相手は女性軍人が多いから
ピルを服用してるはず
人妻相手や街ナンは知らんが
未来にどんな性感染症があるのか想像もつかないが
細菌兵器では開発されてんだろうなぁ

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
カリンの母親は…

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>>374
母親はエリザベートだっけか
軍人だったっけ?記憶が健忘してたかな

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>>375
カリンは「うちの母ちゃんの名前はエリザベートだッ」と念押ししていたにも関わらず、
シェーンコップがいまわの際に思い出したのはローザラインという女性だった。

カリンママ哀れすぎる。

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
wikiには、エリザベート・ローザライン・フォン・クロイツェルなる意味不明な名前が載っているが
本当のところどうなの?

田中が間違えたの?わざとなの?エリザベートじゃ誰かさんと名前がかぶるから途中で設定変えたの?

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
作者と言うよりはらいとすたっふの頑張りの結果だろうが、
ザイドリッツがブリュンヒルトの2代目艦長と言う設定のために、名前がやけに長くなってた時代もあった。
「ジークベルト・ロイシュナー・ニーメラー・ザイドリッツ」だったかな。

さすがに無理があると思ったのか、今はロイシュナー中佐とニーメラー中佐とザイドリッツ准将は別人と言う解釈になってる。

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
そのらいとすたっふの頑張りを
シャルロット・フィリス・キャゼルヌの妹にもだな

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
トリューニヒトも家族はいるとのことだが
奴ほどのエゴイストなら自分の子でも軍に放り込んでおかしくないと思うんだがな

作者の「卑怯な軍国主義者」像って家族には優しい設定なのか

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
>>381
え?政治家で権力者なのに、せがれを軍に放り込む?国民への体裁で考えられるが
後方の主計局あたりで給料計算でもしてんじゃね

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
他人の息子を戦場に行かせて自分の息子は何かしら理由付けて戦場に出さないのが
エゴイズムってもんだろう

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
星系警備隊にでも入れとけばイイだろ

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
現業に任官させる必要はないでしょ
船乗りはやはり危険
陸上基地勤務で行政職や補給、通信、レーダー隊とかだと思うが
本人(こども)の意向次第だろうけどさ
年齢は知らんがもし不良非行少年だったら
ひた隠しして、入隊すらさせられないな
自宅の地下室とか買って貰ったマンションで
サイオキシンパーティでもやってるかもしれんし
考えすぎか藁

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
トリューニヒトは知らんけど、高級官僚の子弟は徴兵率が13%(うろ覚え)、
# つまり、87%(うろ覚え)は権力に物を言わせて徴兵忌避させている。

さらに最前線勤務はわずか1%であると、エドワーズ委員会がぶちまけてたけど、
マスゴミはスルーしてた。

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
>>385
いわれてみればジェシカが追及してたね
スゴイね。細かいとこまでありがと
銀英の電子文庫ですか?
本編は全巻発売されてるの?
電子書籍って文章検索とか読みたいところへ
即ジャンプできるのでしょうか?
スマホもタブも持っておらず、全くの情報薄弱者なもんで
質問攻めで申し訳ないけど教えてください

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
ごめんなさいジェシカが亡くなった後だね
やばい記憶がマジやばいです(鬱)

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
現実でもアメリカ大統領が息子をベトナムに行かせなかったとか
この手の話は枚挙に暇がない

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
有力者の子息が兵役の義務果す果たさないは問題だが
肥満体に無理に基礎訓練させてトイレで教官射殺、
自分も自殺つうのもね
現実的には徴兵時代の米では肥満者どうしてたのかね?
映画のように訓練は平等かな?

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
国民が戦争したがってるから
意に反した戦争やってる
そんなもんに身内に行かせないのは理にかなってる

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
七元帥も未婚は三人か
芸術マニアとDV待ったなしの奴はともかくミュラー振った奴は後悔してそうだ

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
>>389
徴兵なら身長は何センチ以上と制限があったと思うが
体重はどうだったかな

同盟の人口130億で、徴兵で前線に行く兵士より後方にいる
兵士の方が多かったのでは思っている。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
>389、赤バットに折檻される大霊界さんじゃないがあんま役に立たないマダオだととりあえず目立たぬようなとこに押し込まれる可能性が

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
>>392
体重の制限はないだろうが、あまり肥満がひどいと健康じゃないとはねられるだろう。

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
>>392
あまりに外れたヤツは事前の徴兵検査ではねられるから、集まるのは基本的に平等に扱っ
ても問題ない人間ばかり。

近年は、個人の事情に合わせて訓練メニューを少し配慮するくらいのことはやってる。兵隊として
使えるようにするのが目的なので皆にやらせることはやらせるが。

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
>385
そのまんま同じこと
近くに国でやってた記憶
スレ違い?すいません消えます

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
米軍の場合、体脂肪が、17〜20歳で男性24% 21〜27歳で男性26%だそうだ
同盟軍に太った軍人さんいなかったかな

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
>360
ラングが居ない・・・家庭では良い夫・父で妻子からは愛されてる人なのにw

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
恰幅がいいだったらパトリチェフがいますな

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
よせよ、痛いじゃないかね(意味深)

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
デブセンという惑星があるらしいぜ

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
>>397
パトリチェフさんか

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
フェザーンでのユリアンの上司はいちおう軍籍あるんだっけか、それとも単なる役人か。

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
>>403
ユリアンの上司が駐在武官のトップの空飛ぶ風船のことなら、同盟軍士官で階級は大佐。
高等弁務官のことなら、お役人だす。

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
確か 大企業の二代目オーナーのボンボンだったな
駐英大使をしたケネディパパみたいなもんかな

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
随分長い間レスが無いみたいだな
そろそろ強行偵察艦でも使って出方を見るか

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
この世界だと提督によって艦隊の速度が変わるそうですが、アスターテの戦いでシュターデン、フォーゲル、エルラッハの三人がラインハルトの艦隊に追従できたのはなんでですか?

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
ラインハルトが追従してたんだが、何いってんの君?

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
ただ追従するだけなら簡単だが
隊列や陣形を乱さないまま追従するのは難しいだろうな

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
あの世界コンピュータ弱いから。スペースシャトルにも旧式のコンピュータに誤り訂正技術を
てんこ盛りした上で5台使って多数決で決めるほどだから、恒星間飛行をして恒星の側でも
戦闘するから弱くなる、って言い訳もできそうだが

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>407
途中から長距離でもワープ使わなくなったような感すらあるからなぁ
帝国の侵攻なんて本当ならイゼルローン回廊抜けたら後はもうハイネセンまでワープ繰り返していくだけなんだし
戦力差考えたらもう両回廊抜けてワープできる位置まで布陣されたら詰みだよな

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
そんで補給断たれて現地調達か
帝国はビュッコックとヤンとどこで戦うんかな?

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
定期的に現れる血に飢えた奴が作中すでに描写された失敗の轍を踏みたがるのは何故なのか

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>412
補給も含めて長距離移動がワープ以外ないんだぜ?
徐々に進軍してきて戦うとかなんて銀英世界じゃありえないはずなんだよ
航路が決まってるみたいだから迎撃側はワープポイント周辺で待ち構えることになる
戦力に差がありすぎるからカバーできず詰みだろ
同盟軍を壊滅させることが勝利条件ってわけじゃないんだし

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
じゃぁ帝国艦隊と会わないようスレ違いに
超超距離ワープでオーディンに行って、
熱核融合弾4000万発落としてくるわ
そっちは詰みしてていいよ
こっちは投了もさせないで焦土にしておくよ
帝国がそこまで急進撃するなら
オーディン焦土は1個艦隊で充分かな
首飾りないから余裕っす
これを菊水0号作戦と命名しました

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
なにってんだこいつw

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>416のこと?
多分、日本語に訳すと
「なにってんだこいつw」という意味だろう
日常的にキモいよなぁどこのスレの>>416

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>416-417
銀英伝や禿のネタでなにかしら、やりあうならマダしも
無関連なことで火種のポイ捨ては控えるようお願いします

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>415
物凄い無茶ぶり
以前々々々々くらいのアムリツッアネタで
行くだけなら可能だろうという話題は出たから
誰が行くのかは知らんが鉄砲玉、特攻覚悟の信念があれば・・もしや
ラグナロック時で
イゼルローンが同盟下なら要塞から出撃
帝国奪還後のルッツ防衛時なら「美容と健康」のキーワードを
ヤンから教えてもらってイゼをスルーシカトしてオーディンまっしぐら
アムリツッア時と帝都防衛能力が高いか低いかわからんが
ラインハルト不在だからケスラー君も気の緩みはあるだろう
マジ特攻ならありかもな
ただ、なんのため?と聞かれて理由があるとしたら
同盟殲滅を意識してのやけっぱちしかないわな
特攻要員はサイオキシン漬けにして発狂させるべき
搭載できるだけ大量破壊兵器を積んで
大型艦、小型艦、内火挺、戦闘挺お構いなしに突入させればなんとか
姉上失うからラインハルトは1週間は自室に引き籠りそうだな
こんな感じ?真面目に付き合わない方がよかったかな

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>419
いや真面目に考証して付き合ったあんたは偉い。皮肉じゃなくて素直に。

数十スレ前に俺が似たような案(燃料弾薬たっぷり積んでオーディンに特攻)を出したら
1つのレスでフォーク扱いされて、それっきりで終わってしまった。

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
もう食事をしなくて済む!? アメリカで生まれた完全食『ソイレント』が物議を醸す | Pouch[ポーチ]
ttp://youpouch.com/2013/07/11/127539/

これにラインハートさんという人の名前が出て来るが、これをドイツ語読みすればラインハルト?
…と思ったが、ラインハートさんは苗字か。金髪の苗字はミューゼル/ローエングラムだな。

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
マリーンドルフ家は誰が継ぐんですか?

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>422
アレクサンデル・ジークフリード・フォン・ローエングラムの子孫だろ。
普通に考えると大公、もしかすると皇太子の称号。

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
ローエングラムの先代、祖先は誰?
と考えれば血統を無理に繋げる必要性はないよ

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>419
何しにいくんだってレベルだもんなw
帝国内乱後だと仮にオーディン潰したとしてもラインハルトが軍とともに健在であれば問題ないだろうし
ラグナロック時とは状況がまるで違いすぎる

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
現実でいえばたとえばイギリス王は
(一般的には下位の)ノルマンディー公やランカスター公の称号も持ってる
ローエングラム朝の皇帝がマリーンドルフ伯を兼ねても問題ない
フランツが存命中に継承者を指名して(アレクが継承権を放棄して)後を継がせるって方法もある

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>411
いやいやそれだったらイゼルローン奪取の前段階で既に積んでいるわけで。
MAPがなくたって捕虜からいくらでも情報収集はできたろうし…。

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>427
ラグナロック前は本気で侵攻する気がなかったとしか
通常航行じゃ4000光年を侵攻していくのは描写からいってまず無理だし
変な言い方だけどワープポイントの宙域を奪い合う戦いになるはずなんだよね
航路があるってことはそこがワープに一番適している部分ってことだし
後は拠点制圧戦とかが主になるような

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>427
捕虜だけじゃなく鹵獲した戦艦やもぐりこませたスパイ等工作員が収集した情報
なんかもあれば航路って入手できてそうなんだけどなw
フェザーン航路局の奴を買収とかでも成功すれば手にはいるし
フェザーンに関しちゃ工作員の質が帝国より上なんだろうから無理かもだけど
何にしても国家機密ってレベルではないよな航路データ

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
航路のワープアウト・インのピンポイントの奪い合いや
攻めぎあいはいいが
航路を捕虜から聞くのは少し乱暴かなぁと俺も思うよ
例えば宇宙を海と仮定して海峡の幅は何キロだ!?
水深は何メートルだ!?吐け!と
尋問、拷問されても答えようにも答えられんだろうし
東京から大阪まで最短ルートはどこだ!60t戦車は走行できるか?
と聞かれても答えらないよ
東名・名阪高速か国道1号で行けとしか俺は言えない
回廊からハイネセンまで国道や高速はないよね
フェザーン商船一隻なら行けても艦隊数万隻が通過できる
航路は違うでしょ
一、二列行軍しても構わないなら話しは別だが

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>430
捕虜はともかく鹵獲した艦船からでも航路データくらい取得できそうじゃね?
というかそんなに重要な国家機密とは思えないから普通に貿易でいって取得できそうだし
軍事用の航路が機密だとしたら別に管理するでもなくフェザーン航路局に普通にデータあるのはおかしい訳で

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>431
となるとなぜミッタマがフェザーン侵攻時に最優先に
押さえたのか理由がどうにもこうにも・・??
となってしまう
低能な提督ならともかく

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
フライングゲットかね

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
航路局のデーターが重要なんだから、こじ付けで申し訳ないが
フェザーンの商船の航路コンピューターは、一度の航海ごとに
データーが自動的に消去される設定というのはダメかな

独立商人達が、自治政府を無視して勝手に商売するのが自治政府が
一番困ることだから、自治領政府が独立商人達を支配下に治めるために
商船の航路コンピューターは政府が認定したもの以外認めないとか

これだと航海の度にデーターと引き換えにお金も請求できるから
自治政府の財源になるし、データー消失事件の時 商船からの
問い合わせがあった理由にもならないかな

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
この話前も見た気がする〜ヾ(o゚ω゚o)ノ゙
ヘビーローテーションだよね〜\(^o^)/
モイキ〜(^ε^)-☆Chu!!

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
そんなもん長期間維持できるわけないだろう。。。

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
そうなると大海賊とか出てきてどうせラインハルトはそんな奴と手を組むのは
拒否するだろうから、アウトサイダー気取ってるヤン艦隊と組んでやればよかったのさ

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>432
艦隊用の航路図が同盟の軍事機密なら
フェザーンも通常航路とはわけて管理すると思うんだよね
入手経路自体も非合法なものになってしまうだろうし
>>434
さすがにそりゃ無理だと思う
問い合わせは最新の運行状況なんかがメインだったんじゃないかと
何よりこの世界航路計算はオートじゃなく手動っぽいから各艦艇に必ず航路図はあったんじゃね

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
でもポプランが梅毒だったらどうするの?

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
オルタンス「あら、まあ!」

カリン「じ、冗談でしょ…」

フレデリカ「挟んだだけじゃ移らないわよね」

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
地球教にフェザーンの航路図が消された時大騒ぎになってたじゃん
船に航路図が備えられてるのならフィッシャーの価値半減するし・・・

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
各艦に航路図があるのなら航路局を制圧する理由がない
商船を拿捕して航路情報を入手するか、商人から買えばいいのでは

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
というか普通交易ルートと進撃ルートはほとんど同じだぞ

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
今、全巻見終わったけれど
一番の疑問は科学の進歩に比べ
医学の進歩がっ弱いってとこ。

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
平均寿命120歳、視力矯正のため眼鏡を掛けた人物が一人もおらず、ガンを克服した世界なのに?

腕や脚を失っても神経接続で不自由なく過ごせる義手や、先天的に盲目でも目が見えるようになる
義眼がある世界なのに?

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
科学技術の進歩は全然たいしたことない。
銀河英雄伝説は、サイエンスという意味ではレンズマンより劣った表現力しかない。

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>445
戦争やってて、平均寿命120とか。
戦死するか200歳超えるかですね。

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>447
原作の地の文に、30過ぎのヤンに対して「医学上の平均寿命の1/3以下」とか、
75歳のビュコックに対して「医学上の平均寿命まで30年以上あった」という表現があった覚えがある。

だいたい平均寿命は100歳前後を想定してるんじゃないか?
あと、いちいち「医学上の」という形容詞が入るから、戦死を想定してない気がする。

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>448
なるほどー。

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>448
遺伝子上の限界寿命が120の現代から考えると、たしかに驚くべき進歩だな
意味がない上に不幸しか呼ばなそうだけど

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>445
これだけの事が可能なら
瞬時に止血できる機器や
クローンに記憶を移植する
なんて容易く思える。
ただ内容は古さを感じさせなかった。

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
今の基準で考えたら120じゃただ生きてるだけ状態になりそうだけど
アルツハイマーも克服されてるのかね

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>451
実際、原作の文章には「軍医の手にかかれば9割以上が救命される」という記述があるんで、
失血死なんかはよほど運が悪くない限り遭遇しない気がする。

とはいえ、ヤンとキルヒアイスという主要メンバーが、その「よほど運が悪い」状況にぶち当たってしまったけどな。

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>453
シルバーベルヒの場合は救急隊員がダメだったってことかね

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
戦争やっててといっても総人口から見れば交通事故死より死者少ないだろう

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
イゼルローン回廊や
フェザーン回廊をワープで
抜ける策は無理なのかな?
ワープは当たり前の技術に
描かれていた様だが?

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>454
シルヴァーベリヒは脳に損傷があったからあの世界でもきついんじゃないか?

状況的に一番助かってもおかしくないのはキルヒアイスで、
絶対に呼べばすぐ来るところに医者がいるだろうし、血流が停止してから脳死するまで5分程度の余裕がある。
倒れたキルヒアイスがラインハルトとしゃべっている間に自走式低温ベッドとかを伴って医者が到着すれば、
その時点で一命を取りとめたんじゃないかと。

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>441
いや航路図がないならどうやって航行してたんだ?って話になると思うんだが…

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>456
不安定な箇所が多いから原作内での技術ではワープだけですり抜けるのは不可能

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>457
植物人間になったキルヒアイスを見るたびに・・・
そうなるとラインハルトは破滅的な最後を迎えそうで面白いですよ

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>459
そういや、小説にも大質量の近くでワープするのは危険って描写があるな

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
それはそれとして
ヒルダの提案でミッターマイヤー
とロイエンタールがハイネセン
に降伏を求める行程なども
ワープした方が早く到着しそうな
ものだが?

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
航路の話は、、、帝国や同盟の中央政府は当然主要航路のデータは抑えている。
マルアデッタの要な難所で主要航路から外れている場合、そもそも無理に通る必要が無いのでデータは少ない。が戦争となれば話は別。

東海道筋のどっかでも関が原でもいいけど、要所からは少し離れた山城に立て篭もられて厄介な状況で
地元人しか知らない山道や裏道、迂回路、気象条件、降水量、水源その他諸々のデータまで網羅してたのがフェザーン航路局とかそんな感じのイメージ。

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>463
なぜに帝国フェザーン自治領の航路局が
航海に必要のないデータを持っているのか……
同盟がなぜ、そこまで詳細な地図を提供してるんかな

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
帝国領ではあるけど実質帝国領ではないからだろ
じゃなきゃそもそも同盟と帝国の施設が置かれてる事自体おかしいという事になるじゃん

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
フェザーン航路、恒星系内の精密地図と思ったほうがいいかな

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
航行してる船は、フェザーン航路局のメインコンピューターから逐一航路図をDLして(しかも保存できない)
航行してるんじゃね?
あと、詳しい星系図はフェザーン航路局のみに保存され、一般の船に送られる星系図は、要所が「no find」
とかなってたり、かなりの縮小地図だったり。
それなら、フェザーンの武器として利用できるよね。帝國同盟、双方の詳細な航路図を持ってるのはフェザーンだけって。

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
租借地とかー直轄地とかー
植民地とかー自治領とかーうんたら領グアムとかー
実効支配とかー属国とかー
勝戦国支配下地域とかー
いままさに、よく知っておいた方が・・

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
この世界の医療科学技術、治療方針、医師の倫理観
人の怪我や疾病への考え方
そんな考察ネタならOKだが、キルヒ、ロイエは助けられたはずだぞー
とかはだめよーん

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
これは何度も言われてることだが、物語を改変してもいいが制限がひとつ。
原作より「売れる」ように改変しろよ、名人様共。

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
その為の最も効率的な努力は宣伝…

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
売れるというのは額か?部数か?どっちだ?
制限、制約と言うべきかルールはもうひとつ
厳格に申告して消費税納めることだ
免除されるだろうが申告はせんと違反行為
しっかりな

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>469
ロイエンは本人が積極的な治療を拒否してたからな。
むしろ本人が、ミッターと戦って満足したところで死にたがっていた。

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
寿命の話だが、ビュコックに対しての記述は平均寿命まで「30年以上」じゃなくて「15年以上」じゃなかったか?
それなんで、あの世界の平均寿命は90年程度で、俺はあんまり伸びてないんだなという印象を受けてたんだが

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>467
だいぶ前のスレでも提起した話だが。
帝国でも同盟でもいいが、政府がフェザーンで個人商人を買収するなり、幽霊会社をいくつも立ち上げるなりする。
それぞれの商船に、不自然にならないように、敵国の主要惑星への通商を行わせる。
新興の商人でも、大商圏であるフェザーン−オーディン間とかハイネセン間の交易なら、疑われることはないだろう。

そして、得られた航路データをこっそり保存しておく。
コンピューター内のデータは消えるとしても、人間が「○○恒星系−××恒星系間は障害物無し、直進可能」とか
書いた紙を隠しておくくらいは可能だろう。

そうやって少しずつ敵国の星系内の航路データを蓄積していけば、5年もあれば膨大な航路データを手に入れることが
できるだろうと思うんだが。

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
ヤンが好んだ紅茶にブランデー
たっぷり。冷めてしまいそうだが。

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>475
他に、第3次ティアマト会戦のとき、同盟軍がミスして輸送船が不足したので
民間に委託したことがあったけど、これと似たようなケースを利用してこっそり
航路データを集めていたとか。

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
湾岸戦争の時、米がGPSの精度を悪くしたことは有名だよね
WW2あたりまではどの国も詳細な地図、海図は軍が規制してたと思った
銀英世界の航路図がいかほど重要なのか
ラインハルトがフェザーンで同盟航路図を入手したこと
に大喜びしたが、どんだけーと疑問も感じるし
少なくとも同盟は帝国内を丸裸で把握してるわけで
ミッタマが航路局制圧したこと、
ラインハルトがこれが欲しかったんだー!
は演出なんかなぁ

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
なんでみんな航路の状態が不変だと思うんだろう
航路付近の恒星の活動、惑星の動き、アステロイドの衝突、デブリの多少で安全な航路が変わるから、その集計と安全な航路の算出に航路局なんて組織が必要になるんだろ
そういったことを考えないで良いなら、真っ直ぐ進むのが一番効率が良いんだから

とでも考えなけりゃ、航路局なんて無駄な組織だとしか考えられない

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
なるほど
マルアデッタで同盟軍が太陽風だか利用して帝國軍をやっつけるってのあったけど
同盟軍は大きい岩にアンカー打ち込んでたけど岩ごと太陽風に吹き飛ばされたら
面白かったのにな

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
ガス惑星の嵐には双方の戦艦は耐えるのに、恒星風や銀河衝撃波みたいな薄い粒子の流れ
では簡単に壊れるのな

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>481
スペオペ的な宇宙なんだからそれはいいっこなし。
普通に考えたら恒星間空間なんかスカスカでなんちゃら回廊なんてのもあり得ねぇwww

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>482
スタートレックでも似たようなのがあるから、SFでは定番の設定じゃないのかな?

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
過去の戦争でデブリだらけとか、自律兵器が残存してて危険過ぎるとか

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>470
誰が改変しろとか言ってんだ?
この辺どうなってんだろう?とかこの部分おかしいよなwって話して遊んでるだけなんだし
売り上げとか意味不明すぎんだろ
ここは銀河英雄伝説の不可解な点を改変してリメイクとして売り出そうスレとかじゃないんだよ

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>479
それ言い出すと常に航路監視船とか無人観測衛星とか
無数に飛ばして情報入手して管理しないときりがない
そこまでフェザーン航路局が双方の宙域を
監視、把握、管理してるちゅうことかいな
そこまで権限があるんかいな

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>484
それを言い出すと狭い空間で百年以上戦闘が行われてる回廊こそ一番の危険地帯になる

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>486
帝国のフェザーン侵攻以後はその種のシステムが機能しなくなるからなぁ
同盟側はもうそんなこと許さないしフェザーンも国家崩壊でそういう諜報関係は滅茶苦茶になる
結果ラインハルトは更新もされない旧版の航路図手に入れてドヤ顔してた間抜けになってしまうw
単純に同盟の非公開部分をフェザーン侵攻で手に入れたと強引に納得するしかないような気がする
これも色々穴だらけなんだけどねw

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
もうそれでいいよ 正解のない疑問だから
フェザーンの航路局を制圧した事で、帝国軍は同盟領の
精密な地図と各惑星の正確な情報を手に入れたで

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
航路図なんかなくたって手当たり次第敵軍と惑星を火の海にすれば勝てるから問題ないよ

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
ヘルベルト大公・・・・・・・・・・・・・

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
あの世界の宇宙船脆いから手当たり次第やってたら思わぬ自然災害で兵力ボロボロになる

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
全くの無学者ですんませんが宇宙空間の中でも重い物は動くの遅くて
なかなか止まらないんですか?
そうなると艦の装甲厚くして防御力高めるより急降下爆撃機みたいな
一撃必殺の攻撃が有利になりますか?

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>493
急降下爆撃は命中精度を高めるための手段であって、運動エネルギーを使って威力を高めてるわけじゃないです。
緩降下爆撃の方が投下高度が高いので、命中速度はむしろ速くなります。

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>493
艦は多分慣性制御なんかを利用したエネルギー中和磁場さんが頑張っているので装甲って意味じゃ厚いも薄いもないような気がします

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>493
前半:大まかにはその通り。
後半:銀英伝でもそういう場合もある。でも多用すると世界観崩れるだろうな。

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>479
銀河系って渦の中で航行するんだから、真っ直ぐより弧を描いた
感じになるんじゃないかな。

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>497
2つの銀河系が衝突すると
ほぼ無傷でお互いをすりぬけます
銀河の密度なんてそんなものましてや宇宙船サイズでは

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>489
まぁそうなるとなんでフェザーンはそんな同盟の機密を丸々握ってたのかって話になるんだけどねw
>>490
航路は要するに安全?なワープポイントマップでしかないと思うよ
後は各星系や拠点近辺なんかのの狭い範囲での詳細な航路くらい
通常航行での移動なんて不可能なレベルなんだからぶっちゃけこれ以外意味が無い
宇宙の広さを考えるとおかしな話だけど

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>2つの銀河系が衝突するとほぼ無傷でお互いをすりぬけます
銀河の中心同士もすり抜け可能と、こどもに教えちゃおう
えー?それは衝突ちゃうわーと言われそうですが
それでも衝突の言葉を使っちゃいますか?

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>500
中心はそれほどでかくないし、中心同士が衝突するほど宇宙は狭くない。
銀河内の分子雲同士が衝突して物凄い勢いで星が誕生する。それでも中心が無事だからと
衝突してないと言えるか?

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
銀河の衝突は割と普通にある。アンドロメダ銀河NGC224はいくつかの銀河が衝突・合体した
痕跡がある。

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
銀河中心部がブラックホールだとすると、銀河の衝突の際には本当の意味で衝突する可能性でかいよな。
ブラックホール同士の衝突となると、最終的には合体して倍の質量になるんだろうけど、
過渡現象ではエネルギーの放出もありそうだし、どんなことになるのか興味深い。

銀英伝というよりはハードSFの範疇になってくるけど。

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
ブラックホールもよほど接近しない限り普通の天体と同じだぞ

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>498が神の目視点からの表現で
ほぼ無傷なんて言うから
自動車が車体を擦る程度の事故でも
これは衝突事故です。と警察や保険会社に言われても
文句一つ言わない性格なんだろうね

ついでに月も地球から遠くに離れてますよー
とコドモに教えてあげりゃええ

まぁ銀河英雄伝説には無縁だが
戦闘から逃げたければ艦隊同士の衝突も
回避できるんだ!と主張したいのだろう

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
ぐぐれよ

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
何を?

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>505
車と銀河の衝突を同列に考える君の思考こそが銀河の謎だよw

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
その謎の思考をググればよいのか?
ググれ命令すんなら
検索キーワードぐらい書けよ

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
ぐぐれ、とは?

古代の用法 … googleという検索サイトを使用しろ
中世〜近世 … 検索サイトを使用しろ(googleでなくともよい)
現代 … 二度と来るな

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>510
ぐぐれよ

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>510
勉強になりますね。でも書き忘れたましたが今日から

『ググれ』『ぐぐれ』

1、生きるのをやめることを自分で決めるよう
措置命令すること

2、生命維持は認めるが人生や生活の向上は
諦めるよう勧告すること

3、毎日休日の生活から脱却し処方箋薬に依存した
睡眠をやめるよう指示すること

平成25年7月16日5時30分より施行されたそうです
今後は使い方に注意してください

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
お世辞もいいけど、カレーもね
ハウスググレカレー♪

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
恒星同士が衝突する可能性はまずないけど、双方の銀河は腕が引き伸ばされるように大きく変形し、銀河から放り出される星も出てくる。既に書かれているように爆発的星形成も起きる。
そして一度はすり抜けても衝突前より減速しているから、互いの重力で引かれあって衝突を繰り返し、最後は合体してしまう。
合体した銀河の中心では二つの巨大ブラックホール同士が互いに回転しながら徐々に接近し、これも最後には衝突する。

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>498
天体はほとんど干渉しないが、星間物質の衝突による衝撃波で激しく電磁波が
発生したり密度勾配を生じて新たな恒星が生成したりする。
大まかに言って放射線は著しく増加する。大気や惑星磁場で全部防げるとは限らない。

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>512
誰かに構って欲しいのはわかったから他でやってくれ

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>500
既に指摘されているが、中心同士もすり抜け可能だし、それを衝突と言って何の問題も無い。

お前といい>>505といい、何をそんなにムキになっているのか謎。
もしかして>>497なのか?自分の間違いを指摘されたのがそんなに悔しかったのか?

>>502
そのアンドロメダ銀河そのものも40億年以内に我らが天の川銀河に衝突すると言われてるね。

>>515
そう。星間物質の衝突による衝撃波で新たな恒星が生成される。

余談だが、実は、銀河系の渦も、衝撃波で新たな恒星が生成されている場所がそう見えている。
>>497の勘違いのように、星が渦状に分布しているのでも渦を描いて運動しているのでもない。
衝撃波が銀河円盤を伝搬しているのが渦の形に見えるだけ。まして、宇宙船に影響など無い。

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>499
ワープポイント間の移動や有人惑星・施設への立ち寄りは通常航行だろうから
その類の情報も必要そう。あとは軍に立ち入りを禁止されてる領域の情報とか。
軍にとって重要な何かがあるってだけでも貴重な情報だからな。
実際にそこに何があるかまではさすがにフェザーンに教えてないだろうけど。

上でも議論されている航路情報の漏洩を防ぐ方法は、一種のシンクライアント
みたいなものではないだろうか?航路の算出までもフェザーンのサーバでやり、
各船舶には結果のみ超光速通信で送られてくるとか。

量子暗号を使ってて、複製ができないようにしておけば、なおよい。

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
密度っつーかベクトルの話。
ハヤブサだって、イトカワに直線で向かってないっしょ。

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
おまえらが俺のことそんなにイジメなら他スレに亡命するぞ!


いいのか?本当に亡命するぞ?

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>512
そうか、濁点が取れて「くくれ」になったのか

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
銀英伝世界では、イゼルローン要塞が途中から恒星の周囲を公転するのを止めたように、
惑星や銀河系も動きを止めているのかも知れない。

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
ラング『え?同盟の航路図?ありすよ』
オーベル『何故に隠したのだ』
ラング『閣下が聞かないからです。問わないことに
答える口と舌を持ちあわせておりません』
オーベル『・・・。宇宙艦隊には知らせぬでないぞ』ラング『おおせのままに』

というオチ。CIAと国防総省の情報の隠し合いみ・た・いな〜

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>523
一応聞いとくけどさ
「知らせぬで〜」 ぬで合ってるんだよな?

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
一応言っておくが、このスレで揚げ足取りが増えるのは
定期的な法則があるんだがググれ

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
航路図の件について
・宇宙は広い
・銀河と銀河が衝突したところで何ら問題ないほどスカスカ
・だから宇宙船ごときに航路図など不要
・目をふさいでても直進すれば目的地にたどり着く
・航路局、航路図なんざアホくさ
・禿、銀英伝、ラインハルトはバカなんですね

これで議論は終了でいいのかな
次の疑問をどうぞでいいっすかね

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>519
はやぶさはスイングバイで加速するためにイトカワに向かわなかっただけだが、
銀英伝世界の宇宙船はスイングバイをせずにワープするので全然関係ないな。

ちなみに、太陽系の公転速度は220km/s程度。数千光年を数十日で移動する
銀英伝世界の宇宙船にとっては微々たるものだな。

>>526
>・目をふさいでても直進すれば目的地にたどり着く
その通りだが、ワープも無しで何万年かかるんだよ?w

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>518
長距離ワープポイント間を短距離ワープで移動するんじゃね
この二つを区別する意味があるのかよくわかんけど

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>528
そうだと思う。短距離ワープとしてパルスワープという設定が一応あるし。

長距離ワープでは天体の重力やワープアウト位置の誤差によるリスクが、
パルスワープでは経路上の障害物によるリスクが問題になると、脳内妄想。
航路情報とは、それらのリスクを解消するために必須なのかも知れない。

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
航路は重要なんじゃないの?
宇宙にGPSがあるわけでもあるまいし、どうやって自分の位置と目的地を把握するんだよ?

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
三角測量みたいな全天測量とかできないんかな?
せめて12点測量とか
宇宙にひとつくらい目印になる星とか星雲あるでしょ
いて座を基準にするとかダメ?
あとは目的地から発する電磁波や放射線を判別するとか

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
そんな面倒なことをしないために航路ってのがあるんじゃねーのか?

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>532
ごめんよ航路図でなく、どうやって位置図るの?の
>>530についての疑問に対してアイデアを提案したつもりだったんだが
そりゃぁ航路図があればあるにこしたこたないよ

でも自分の位置は航路図には掲載されないから
やはりアナログでもデジタルでも位置測定技術は必要と
今まさにふと思ってしまった今日15時13分現在

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
どの星がどれかわからんとどこにいるのかわからなくなるぞ。 celestiaやってみればわかるが太陽系でも迷子になるw

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
本来は星図とでも呼ぶべきものなんだろうな
単に目的地までどういったルートでワープすればいいかが航路図なわけで
単純にワープの仕様が意味不明すぎるんでこういう答えの出ない話になってるんだろうね

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
イトカワみたいなのをランダムワープさせてったら
いつの間にやら海図ができて、殴り込みかけれると思うんだけど

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>536
その「いつの間にやら」が現実的な期間だったらいいな。あと、故障や遭難とかないといいな。
ランダムだとどこのデータ送ってくるかわからず、繋げても肝心のところが分からない虫食い
穴だらけのマップが出来ては効率的でないな(数投入すればカバーできるが、発見され対処
される可能性も高くなる)。

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
要するに、突き詰めればスタートレックになる、ということだな。w

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>531
既知領域内にある、クェーサーとか遠距離からも目立つ星を「灯台」にしてというのは古典的な
アイディアだな。整備が進めば宇宙GPSなナビゲーションシステムもできるだろう。

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>539
野暮なツッコミですまんが、既知領域が3国の版図のことなら、その中にクェーサーは無いかと。

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
面倒なのは、星を光学観測するとなると場所によって見かけ上の座標が違うってことだな。
となると、星の速度と座標は既知として、いくつ見えれば自分の座標取れるんだろ?

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
銀河中心、アンドロメダ銀河、大小マゼラン星雲、デネブとかが目印になる。
かに星雲(かにパルサー)もいいが、帝国から見て同盟と反対側

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
同盟では航路管理センターとかがあって、航路から逸脱すると警告してくれるそうだ。
艦隊の位置や航路に関するデータは航法士官が集中管理しているとあるよ。

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
いまさら何をw

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>544
ナンシー関は
可哀想だけど完全に忘れられた存在だね

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>541
理論的には位置が既知の天体が3つ分かれば自分の位置が分かるが、
実際には誤差もあるので、同定できる天体は多ければ多い程よい。

ちなみに、パイオニア探査機の金属板には、銀河系中心と14個の
パルサーに対する太陽の相対位置が描かれている。パルサーなのは、
その周期を使ってどのパルサーであるか同定できるため。

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
天の川銀河の現在地を解析する方法ってありますか?
わかれば今、宇宙のどの辺りにいるのでしょうか
あと500億光年先が見れる光学望遠鏡があるとしたら何が写りますか?

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>547
位置とは相対的なもの。どこに対する位置かという基準を示してくれないと、答えようがない。

500億光年先は、宇宙の地平面(宇宙の膨張で天の川銀河から遠ざかる速さが光速を超える面)
よりも先なので、見えない。

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
基準点ですか・・
東京駅や日本橋のようなの起点ということですよね
現代物理の宇宙を少し自分で勉強してみます
スレ違いでしたしすみません
ありがとうございました

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>526
>>526
ところで、宇宙って本当に目をつぶっても何も衝突しないくらい
スカスカなんですかね?

確かに太陽系に限って言えば、小惑星が多数あるとはいえ、宇宙船を目をつぶって
飛ばしてみてもどこかの小惑星に衝突する可能性はほとんどないです。
ですが、太陽系外はどうでしょうか?
太陽系外の観測は光学的(電波〜ガンマ線)に限られており、それ以外では
何も観測しておりません。
太陽系外には誰も直接行って見て確かめていないのです。(OVA版のマクシミリアン・カストロプ風w)
# ボイジャー1号でせいぜい200億km=0.002光年

ヘリオポーズの衝撃波面の外側では、恒星間物質が(惑星サイズなら影響が無い)謎の物質
(ダークマター)等で突然『壁』になっているかもしれないことは否定できないのです。
# 誰も直接行って見て触っていないから。
もしそうなっていたら、銀英伝世界の宇宙船が航行可能な領域が限定的であるという
設定は十分成り立ちえることになります。


・・・現実には宇宙ってスカスカだと思いますけどね。(;^ω^)

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
銀河と銀河がすれ違って星同士が衝突しないとなったら
何万隻の大軍たってどこに何がいるか分からなくね?

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>551
正直宇宙の広さ考えたら何万隻いようと大軍じゃないよなw

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
(何を言ってるんだろうこいつは…)

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
いや、百隻千隻単位で小隊中隊組んで突撃〜して相手出てきたら
どこまでも広い宇宙空間を逃げる
一体どこに雌雄を決するべき戦場を設ければいいのでしょうかマインカイザーよ

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
拠点となる惑星や基地に集約するだけだろ

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
そうなると前線も糞もなくなるよなw
なんせ回廊から20日くらいでハイネセンまでいけちゃうんだし

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
拠点だって迂回されちゃったら意味なし
ハイネセンのような政治的に意味のあるところ以外は無視して素通り

結果オーディンとハイネセンのフラッグ戦にw

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
むむむ

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>546
数千光年離れている場合、光学的な情報は天体の現在位置を示していないので、
3点だと自己位置取れないんじゃないか?
天体との距離がわからないと、見かけの位置がどのくらいずれているのか分からないけど、
自己位置がわからないと天体との距離がわからない。
なんか、変数の数がけっこう多そう。

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>550
現在の宇宙論では、光学的に観測できないダークマターは通常物質の5-6倍くらい存在すると推定されている。通常物質の平均密度が1立法メートルに陽子1個だから、その数倍程度じゃスカスカであることに変わりはない。
もちろん局所的に密度が高い場所がある可能性は否定できないけど、太陽系の近くにそんな場所があれば見えなくてもその質量によって背後の星の光が屈折するから観測できるはず。

>>557
銀英伝宇宙では無補給で何回ワープできるかわからんけど、その値が少なければ迂回できない拠点というのが必ずどこかにあるんじゃないか。

>>559
数千光年が誤差にしかならないような銀河系外の天体を指標にすればいい。

561 :550:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>560
私が言っていることのミソは、”誰も直接行って見て触って確かめたことがない”ということです。
本気で『壁』になっているとは思っていません。(;^ω^)

例えば、ダークマターの性質が電磁気力に反応せず、重力に加えて強い力に相互作用が
あるとすると、光学的には観測できず、地球付近では太陽風で吹き払われ存在しないため
観測されないけど、恒星間宇宙ではダークマターが存在して強い力(核力)により宇宙船等は
妨害を受けることになります。(つまり銀英伝の宇宙設定が成り立つ)

宇宙論なんて観測等による新たな発見で簡単に覆ります。
(例:宇宙の加速膨張)

562 :550:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>560-561
追記:^^;
「宇宙なんてスカスカだから回廊とか宇宙船が通行不能な領域なんて
あるわけねぇだろ、禿げのボケぇ!」
に対する反論(アンチテーゼw)です。

# 要するにこじつけ(;^ω^)

563 :560:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
連投スマソ

>>562
×禿げ → ○ガイエ

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>561
要するに確かめられてないんだから何でもアリってことか。
アホか。

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
銀英伝の中の宇宙はそういう宇宙なんだ、でいいのに
可能性が云々実際に確認した訳じゃ云々とか頓珍漢な事言うから馬鹿に見える

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>565
実際馬鹿なんじゃね?
反論になってないし
そういう前提である以上そういうもんだで納得するしかない部分だよな
作中内で矛盾するような描写ってのとは根本が違う

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
宇宙がスカスカを突き詰めると戦争するより開発に力注いだ方が領土拡大が簡単って事になるなw
実際、銀河全体まで人類の生存権が拡大したら領土問題は発生しようがない
限られた土地だから取り合いになる訳で

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>567
同盟と帝国の戦争に限って言えば互いの見栄だろ

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
領土拡大が目的の戦争じゃないしな

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
ビッテンの双璧に対する言葉遣いにひどく違和感
同階級ならまだしも…

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
ビッテンフェルトは悪口に関する家言をもっているから

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
ビッテン→双璧は、まだ階級の差が小さい方だ。
むしろポプラン→ヤン艦隊幹部の面々の方が。

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
キャゼルヌのヤンに対する言葉遣いは軍法会議レベル

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
宇宙は広い。銀河が衝突したところで…
だから意見の衝突や階級差を妬み、悪口なんざ…
大したことではない

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>571
双璧に対してはタメ口利いても悪口は言わんだろ

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
通常宇宙でめんどくさい設定しなくても、宇宙のほとんどをワープ不可領域とするだけで
銀英伝世界は成り立つんだよね。

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>576
恒星の近くではワープできないという設定があるんだから、逆に恒星から数十天文単位以上
離れるとワープイン、ワープアウトできず、ワープできる最長距離を制限するだけで確実に行けない
領域が存在するだろうしね。

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>576
 確かにその方が考証をする必要がない分、楽だよね。ぶっちゃけ銀英伝は演義モノだし
>>577
 実際的だけど、そうすると設定の矛盾がどうのこうの言い出す人間が絶対いて、その半数がこのスレで楽しく口論していると思う。残り半分は楽しくない口論をしている連中だ。

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
宇宙は広い。銀河が衝突したところで……
ならば天の川銀河と同じ形をした銀河がもうひとつあり、
そこに太陽系・地球と近くにシリウスという名の星域があり、
地球核戦争まで全く同じ歴史をたどった銀河があっても
不可思議ではなかろう
しかもそれが1000億分の1以上の確率ならば

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
そして、その銀河系はワープ航法不可能宙域だらけで
回廊が2つしかないのだ

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
通常航行ならどこでも移動できるだろ、時間が破滅的に掛かるが

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>581
それは行けないのとほとんど同義だと思うがw

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
ガイエスブルグ要塞には12基のワープ機関が
装着され同期も成功しました
1基ならば同期に不安なくワープできますよね
12分の1の容積、形状、質量の物質を安易に
動かすことが可能かわかりませんが
艦隊随行できない速度だとしても、後から追っかけて
合流していいでしょうし、
後方補給輸送艦などへの転用はできませんかね
あわよくば要塞級主砲専用艦とかワルキューレ数万機搭載空母とか
護衛用の巡航、駆逐艦群を前線艦隊とは別に
随行させればよいわけで
せっかく開発した巨大ワープエンジンを運用しないのは
もったいないわけで、戦術や戦略の発想次第では
革新的な戦闘や戦域防御が可能かと思います
既存の艦船よりも巨大な移動手段の小型基地にもなるはずです
実際、どの程度の大きさの物体にできるのかわかりかねますが
採用可能でしょうか不可能でしょうか

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>581
イゼルローン回廊だと通常航行でも移動できない領域がある。

例えば、3巻の要塞対要塞戦の終盤戦を例に挙げると、
ケンプ率いる帝国艦隊に対して、ヤン率いる同盟軍増援部隊は
円柱状に陣形を敷いて周囲から攻撃している。
それに対してケンプは同盟軍増援部隊の円柱陣の更に外側に
回り込んで逆包囲しようとしたが、回廊に阻まれて回りこめず
なすすべが無かった、と書いてある。

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>583
アイディアとしては悪くない。可能性を言うなら可能だろう。しかし、それと実用性、必要性は
別問題だからね。
随伴も出来ないような鈍足では、戦場での戦闘機動にも支障が出るような。
そもそもひとつの要塞砲が効果的なのは、敵が寄ってくるという前提の状況のみだ。艦隊戦で
使うなら、相応の数……いっそ大半をそれで編成するくらいじゃないと意味がない。
しかし、それは機動力よりに成立している既存のドクトリンの否定だし、コストパフォーマンスや
使い勝手の悪そうな新兵器を、長年かけて確立、熟成させたドクトリンを破棄する理由にする
のは愚かしいと思う。

それはそれとして……何か必要性が生じて造る事になったら、そんな半端なサイズシロモノを
作るより、移動ガイエで得られたノウハウを元に、既存要塞のいくつかを移動型に改造した方
が、移動型の後方支援基地として充実したものなるだろう。いくつか作っていれば、改良によっ
て移動要塞も洗練されていくだろう。そういう意味でも、半端サイズ半端機能のシロモノを新規
開発すよりパフォーマンスいいと思う。ダウンサイジングはそれからでいい。


>せっかく開発した巨大ワープエンジンを運用しないのは
移動ガイエの際、開発されたのは「同期システム」であって、エンジンそのものは既存の最大級エンジンを
流用しただけだったような。おそらく輸送艦・工作艦用だろう。

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>530
補給拠点への転用はそれこそ同盟領全土を軍事侵攻で征服しようとしているラインハルトにこそ有用なはずなんだけどな

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>561
ダークマターが太陽風に吹き払われるとすれば、ダークマターが存在しない場合とは太陽風の動きが違ってくるし、宇宙船が妨害されるほどの密度で存在するなら大きな固有速度を持つ恒星なんかはもっと影響を受けるはず。
つかそんな謎物質を想定するまでもなく、通常の宇宙空間より物質密度の濃い星雲や放射線が強すぎて接近できない天体は現在でも普通に観測されてる。確か本編の航行不能宙域にもそんな天体があるって記述がなかったか。

>>577
それは星界の平面宇宙みたいなもんだな。

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>570
ビッテンフェルト「おれ、あいつらとはタメだから」
ルッツ+アイゼナッハ「そしてわれらは年上・・・」

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
ビッテン「すまん。”ら”じゃなくてロイエンタールとだ」

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>570
キルヒアイスのカストロプ鎮圧の時に、勅令を受けたことで
「階級を同じくする他の提督たちに差をつけた」という地の文があったから、
あの時点だと全員中将なんじゃないか?

その後、階級に差がついたが、直属の上下関係が無かったので口調はそのまま…と。
ルッツがロイエンタールの部下になったときは敬語で話してるし、それなりにメリハリつけてる感じ。

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>559
事前に固有運動が分かっているだろうから、逆算して位置を補正すればいい。
式が非線形になって計算が面倒になるが、現代の計算機でもすぐ解ける程度。

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>591
「非線形?」と思ったが、恒星の軌道を真面目に考えるとそうなるのか。
直線近似しちゃえば解析的に解けそうな気がするし、実質的にそれで精度は十分だと思う。

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
この問題解決できたらノーベル賞取れるんじゃないの

おまえら頑張れ!

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>573
でも、僕だったらヤン提督にそういう口を利く人がいるほうが
やりやすい気がする
ヤン提督だったら敬語なんていいから自分の思ったことを
そのまま言いなさいって誰にでも言いそうだし

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>594
>ヤン提督にそういう口を利く人がいるほうがやりやすい気がする

そんな相手としては、キャゼンヌは最悪の選択だろ。
ヤンより年上で、数年前まではヤンよりも階級が上だったのに、
今では直属の情感と部下の関係。

そんな「部下」が部下としての態度を取らず、
年上ぶった言動をするなんて、人事秩序を崩壊させる元だ。

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
そうなるとラインハルトとキルヒアイスってキルヒアイスが死んで
よかったのかも
現代風に言うと二人で企んで笑いあってるようなサークル乗りで
その他の人の意見を聞かない感じになったかも知れないから
オーベルシュタインってウゼええええなって感じで
ミュッケンベルガー埋めちゃいます?みたいな広島で起きた
若者の事件みたいな「ノリ」でさ

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
ヤンはある意味神格化されてる程の軍人だから
例えば孔明に頼りきっていた蜀では誰がどんな態度とっても秩序が乱れる事はない。
存命中に限るが

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
ヤンには何といっても「文句のつけようのない実績」があるからな
誰が何と言おうと権威はゆるぎないさ

中尉の時から英雄だからね

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
中尉のときから英雄で29で閣下と呼ばれたよ

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>595
原作を読むと、キャゼルヌがヤンの部下になった後、公式の場でヤンにタメ口で話しかけたことはない。
それなんで、公式な場所では普通に敬語だった可能性はあるんじゃね?

というか、実はそもそも公式の場でのヤンとキャゼルヌの会話の描写が無いんだよな。

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
キャゼルヌはヤマトの真田さんみたいなキャラだから
先輩風ふかしているのもしょうがない

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
真田さんの沖田や土方に対しての態度ならな
古代=ヤンじゃないべ
なんか勘違いかな?

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>602
いや>>601が真田が誰に先輩風を吹かしているのか
書いてないから古代進とは限らない
テレサかもしれない
ここはまずテレザート星からの通信内容を
知っておくべきだ

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
キャゼルヌとヤンの公式な席でのやりとりとして数少ない例は、
捕虜交換のときのイゼルローン幹部会議だね。
誰かが「なんで捕虜交換?」と疑問を呈して、それに対してキャゼルヌが「食わせるのが大変だからな」と応じて、
そこでヤンが「そうかもしれない。だとしたら私にも責任の一端があるな」と述べた。

この時、ヤンは「責任の一端がありますね」とは言わずに「あるな」という語尾を使ってる。
少なくとも公的なところではヤンはキャゼルヌに対してタメ口。
となると、同じような場でキャゼルヌがヤンに話しかけるときは敬語になってる可能性は普通にありそう。

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
シェーンコップみたいな慇懃無礼な敬語かもしれんね

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>604
それぞれ、限りなく誰に向けてと特定してない独り言に近いセリフやん。

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
読者からすると、キャゼルヌが敬語でヤンに話しかけるシーンには違和感があるが、
作者も同様に違和感を感じて作中に登場しなかったのかもな。

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
キャゼルヌは、軍を辞めても引く手あまただからな…

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
ヤンと正反対だな

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
ヤンの名声だけ利用したい企業はいくらでもあるだろう
米国の元大統領みたいに講演だけでも一財産築ける
やる気がないからどうしようもないがwww

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
作中でも言われてたな
紅茶のCMに出演させられるとか

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
いつの時期のヤンや取り巻きのネタなの?
敗戦の将だが和約後も英雄扱いされてたっけ?

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
和約前の時点で国家の英雄じゃなかった
和約後は、英雄の前に悲劇の二文字が付くだろうし
人気は上がるんじゃないの 

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
国家政府には嫌われてたが国民には何気に英雄だったはず
小説にあったか記憶がないけどアニメ版だと
レストランとかでサイン求めたられたし、
ヤンに向かって客が国歌を唄い出してた

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>610
キャゼルヌは実務能力を買われての事だが
ヤンは有名人であるという理由だからな

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
レベロがヤンを殺そうとしたのは、政府の支持率よりヤンの人気が
圧倒的に上だったからだろ 
おそらく低支持率の政権なのに、在野に高支持率の英雄がいたならば恐れるよ

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>614
小説版でも同じ
なんで帝国領侵攻作戦前にクーデターを起こさなかったのか本気で悔やまれるな

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
もしヤンが帝国にいたら軍内の評価はどうなるだろう?
特にビッテンはとことん心酔するか、逆に義眼並の嫌悪するか両極端っぽい
まずは帝国の軍服が似合わないかw

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>617
いくらなんんでも、国領侵攻作戦前にクーデターやったら
他の提督たちに掣肘されただろ

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>619
クーは論外としても、ヤンは予想、願望を口にするくせに、その阻止、実現に関して動くことを積
極的にしない政治的怠け者だからなぁ。
「この先何十年かの平和のため」と言いつつ、イゼルローン要塞落としても、後は政治家に丸投
げとかな。予測がまるで外れたのだから仕方ない面もあるが、その点に関してその後も反省した
様子もなし。
現役軍人が政治活動はNGだが、非公式に接触するなり、一市民の範疇で支持、支援するなり
やりようはあったろう。

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
ヤンには目的がなかったんだから仕方ない。
一応、自由惑星同盟という環境はヤンにとって「変化させる必要を感じない」環境。
自由惑星同盟以外に帝国があったが、あっちからちょっかいを出して来ない限り
ヤンには関係ない事。
そしてヤンは殊更「自己判断による環境の良化」には興味がなかった。

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
シトレ「やっぱり才能相応の苦労をしてもらわないと不公平ですよね」

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
ヤンは公務員として職務専念義務を十二分に果たしているし
怠けないわ、サボタージュしないわ
公僕の鏡ではないか
軍隊は特殊な実力行為を国に与えかねない組織であり、
その構成員が軍人・兵士なわけだが
特別公務員としてヤンの仕事ぶりは立派だよな
国家公務員であることを忘れてはいかん

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
失敗するって判ってる帝国領侵攻作戦にまで文句言わずに付き合って
予想通りボロ負けw
まさに事なかれ主義の優秀な公務員

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
そうは思えないだろうが、ヤンは軍人の鏡みたいなものだろ
軍人として最高の実績をたて、政治には一切口を出さず国家の命令に従った。
私生活でも質素で慎ましい生活を送っていた。
不平不満を身内には述べていたが、それがなかったら国家にとって理想の軍人と言っていい。 

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>618
ヤンとビッテンは馬が合いそうだけどな
タイプが違うようでいて共通点も多い
金や権力を手にしても生活レベルを変えない無頓着さとか
上司に正面から喧嘩売ったりとか

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>622
そこよ。
「大いなる力には、大いなる責任が伴う」というスパイダーマンメソッド(アメコミヒーローの基本)を
思えば、一市民としてのヤンは才能に応じた努力をしたのか疑問だという話。
同盟の政治家のダメさを認識しつつも、よりマシなダメを選ぶことも探すことすらしてない―そん
なのはいなかったというわけでもないだろう。最悪存在を理由に遠ざかっただけ。
公的立場に愚直なだけの戦争屋のいう「民主主義」は「民主主義()」だ。

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
ヤンは同盟における民主主義の体現者だから

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
酒飲んで二日酔いで寝てたせいで選挙行き損ねた奴に
市民が支配に慣れて臣民になるのは耐えられない、なんて批判されたくないよなw

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
民主主義ってことは政党があって選挙で議員が選ばれてるってこと?
それを差し置いて軍に所属してるヤンが民主主義の体現者なら
軍を辞めて議員になればいいんでしょうか?
実質、軍の指導者がヤンなら軍政でもいいんでしょうか?

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>630
ヤンがクーデターで軍事政権樹立しても多分全てが上手く行く
本人のやる気の問題

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
イゼルローン共和政府って、ヤン艦隊幹部が取り仕切っているわけだが、
あれは軍事政権になるんだろうか。

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>>625
「近代以前の」軍人の鏡だな。
現代の軍人としては失格だよ。

例えば、中央銀行の幹部を考えてみろ。
何十年も経済を職務として見続けてきた連中だ。
いわゆる政治家のなかで、中央銀行の幹部と同等以上に経済の
実態を知ってる人間はいない。
だから、政治家が経済政策を誤りそうなときは、中央銀行の幹部は
積極的に口をださなければならない。

近代の政治家は一流の軍事専門家であり、一流の経済専門家でもあった。
少なくともそう期待されていた。
現代社会は複雑になりすぎて、政治家は一流の専門家たちが積極的に
助言することを前提として行動している。
そして、現代の中央銀行の幹部は一流の経済専門家として積極的な
助言を出来なければ、失格だ。

現代の軍人も、軍事に関して、積極的な助言を出来なければ、失格だ。
ヤンの場合、能力的に可能であったのに、意図的にサボタージュ
したんだから、さらに悪い。

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>>633
本来その役は軍のトップである統合作戦本部長の役目で、ただの司令官であるヤンの役目じゃないよ
無論、政治屋から請われたなら話しは別だが

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
ですな
>>633は制服と背広を知らないらしい
でも知っておくといいよ
せっかくの夏なんだから

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
救国軍事会議に参加しそうな奴だな

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>>632
フレデリカがわざわざ文民になってたでしょ。

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
やはり日本人は軍事政権ちゅうのがなんなのか
古墳、大和、飛鳥時代以降経験したことないし
あまり馴染みないから理解しにくいのも仕方ない
これを機会に勉強しよう
夏なんだしさ

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
何を言ってるのか分からんぞ
俺の理解力が低いのか?

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>>639
そうだね。今のところは理解力が低いかな
というか勉強不足な感じかな
何年生?

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>>631
ヤンがクーデターで軍事政権樹立したらジェシカと敵対することに
なるから無理じゃない

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>>640
あんた638か?
馬鹿な俺にも分かるように、詳しく説明してもらえないか?

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>>641
どのみちジェシカは死ぬ運命にあるんだから大した問題じゃない

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>>642
君は639かい?
君は馬鹿じゃないよ
学力というか勉強不足な感じがするだけ
決して馬鹿ではい。自虐と内向は気持ちを落ち込ませる始まり
もっと上向きに、お気楽な心を持とうよ
説明は簡単だけどスレ住人はあまり興味ないから
一言、二言ね
・まず、日本の歴史を教科書か資料参考書でいいから読むこと
・そうすれば、これまでの日本の統治者が誰だったのか
多分、ページの冒頭に書いてあるはず。
その人が軍人や軍属だったか、防衛省に所属していたか、どうか
・それだけは判断と理解だけはできると思うけど、どうかな?

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
エルファシルの脱出が無かったらヤンはどうなってたの?
辺境のドサ廻りで終わっていたの??

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>>634
その統合作戦本部長に具申するというのは上級将校としての義務の内に入ると思うがな。
軍人として一部制限されているが市民としての参政権はあるんだから、その範囲内ならシビ
リアンコントロールの原則にも触れないよ?
>無論、政治屋から請われたなら話しは別だが
せっかくトリューニヒトの方から擦り寄ってきていた時期もあったのに、それを利用せず、蹴っ
たのは感心しないな。

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
そこらへんはどうなんだろう アメリカだと軍事作戦の前に
統合参謀本部で参謀達が戦果とか被害を推定して、大統領や
国防長官に報告するけど海軍の艦隊司令官が意見することはない。

なにより、帝国領侵略作戦は政治判断ありきでヤンやシトレは口を
まったく出せなかったから、この事でヤンを批判できないだろう

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>630
帝国領侵攻作戦は議長サンフォードが「わが評議会に対する支持率を上げる作戦」といっている
で国防委員長のトリは侵攻作戦に反対票を投じて次の議長になってる。

これから考えると政党はないんじゃないか?
ジェシカも政党から立候補したわけじゃなかったよね?

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
実を言うと俺もそう思っていた。反戦派とか主戦派とか政敵とかいう言葉はあるんだが
野党と言う言葉はなかったような・・・・・・・・・・・・・・・

もしかして同盟は一党独裁国家だったりして

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
なるほどな、おまいら皆頭いいな。俺なんか単純に日本と同じような
政体だと思っていたわ。目は近くの物しかしか見えない忌避すべき輩のようだわ。

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
10巻でユリアンが「アッテンボローは野党席にいるイメージ」とか言ってたから政党制なのは間違いないだろう

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>>651 ありましたか 失礼 気づかなかった

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
ジェシカは帝国領侵攻作戦の前に代議士になってるけど作戦の投票に参加してない。
同盟には評議会と議会のふたつがあるのかもしれんな。
ラインハルトが見学希望したのは議会だっけ?

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
>>634
対パエッタにしろ対ビュコックにしろ、ヤンって直属の上司に対してはちゃんと意見具申してるんだよな。
義務の範囲を1mmでも逸脱すると徹底的にサボろうとするけど、最低限の義務はきちんとこなしている。

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>653 最高評議会の議場のようだね 書記局の二等書記官が記している

656 :633:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
日本語の「助言」って言葉の意味を分かってないのが何人かいるな。
中高生がいるって言うコトなんだろうけど、いちいち説明しない。
言葉の意味くらいは自分で調べろ。

中高生にも分かるように、具体例を挙げよう。
アムリッツァの前に、フォーク准将は作戦案を
「個人的なコネを使って、評議会議長に直接持ち込み」
大規模な遠征をすることが、「選挙に勝つことに繋がると煽った」
さあ、『問題』だ。中高生は考えてみろ。
このことを知ったシトレ元帥は、何をしたか?

念のために言っておくと、シトレ元帥は当時統帥作戦本部長で、
フォーク准将の行為が法に反しているのなら、憲兵を動員することも出来る立場だった。



『正解』は、『何もしなかった』だ。

それどころか、シトレ元帥はヤンに、
フォーク准将に代表される者たちに「対抗できるようになれ」と言った。
強調しておく。「禁止できるようになれ」といったのではなく、
「対抗できるようになれ」と言ったのだ。
言い換えておこう。「同じコトをやれ」と言ったのだ。

フォーク准将のやったことは、結果はともかく、手段は間違っていなかった。
そればかりか、推奨される方法だったわけだ。

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>647
クーデターで侵攻作戦を叩き潰すことはできた

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
帝国侵攻作戦の会議でヤンがでかいミスをしてるのは、
せっかく目的をどうしようかって流れになったときに議論の流れを変えちゃったことだよな。

「目的が曖昧なまま軍事作戦を実施するのはよくない。まず目的を明確化しようではないか」
と言えば、提督たちも「うむ、まずはそれを定めよう」という思考になるだろうし、
その流れならグリーンヒルも同意して乗ってきただろうし、そもそもフォークにとってさえ成功条件を明確にして
自分の軍功を主張しやすくなるわけで、その後の展開が全然違ったかもしれないのに。

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>648
そもそも評議会が明確な目標もなく、ただ単に出兵することを決定するというのも妙な話なんだけどな
「帝国領の何割を、この時期までに解放する」みたいな戦略的目標を閣議決定するならまだしも

社会経済が限界に達してるのに、資源をすり減らして、リスクの極めて高いの出兵を行い、
戦略的意義の無い軍事上の勝利で得られる成果は、せいぜい支持率15%程度の上昇

これではハイリスクな割にリターンが少なすぎる
軍事の素人でも「あっ(察し)」になるレベルだと思うんだが
ほいほい賛成しちゃう閣僚の見識の無さには呆れる

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>656
一准将が作成しただけで、軍の背広組トップのトリューニヒト、ならびに制服組トップのシトレの認可がない「帝国領侵攻作戦案」が、
評議会で議決の案件になっちゃう時点で、同盟の制度と体制は破綻してるとしか思えん

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>657
クーデターて無理 あの時 同盟の市民もマスコミも帝国への侵攻を
熱狂的に支持したんだから
クーデターを起こしても誰も従わんだろう。

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>660 そこの指揮系統が謎だ
統合作戦本部が立案→国防委員会が了承→統合作戦本部が発令→宇宙艦隊司令部が出動命令
が指揮系統だと思うんだが、帝国領侵攻作戦に関しては、最高評議会が発令しているんだよな
最高評議会に戦時下の非常大権でもあったんだろうか

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>662
何がすごいかと言うと、モロ軍事の議案に国防委員長が明確に反対しているのに作戦が開始されることだな。
国防委員長が命令書にサインしてないということは、サンフォードが命令を出したと言うことなんだろうか。

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
郵政解散の小泉首相みたいに、解散に反対した閣僚を罷免して自分が兼務したとか
代理を任命したのなら解るんだが、その後もトリューニヒトは委員長を務めていたし    
謎だ

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
ヨブの国防委員長留任→議長は腑に落ちないが
背広や制服の指令・命令・指揮系統の矛盾を感じるなら
戦前の大本営と参謀本部を参考にしてみるといいよ

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
150年にも及ぶ慢性的な戦時体制のため、政府の指揮系統がグダグダになっているのでは?

第1〜6次イゼルローン要塞攻略戦なんて、選挙が目的のようなもんだし、
フォークのような似たような事例があったのでは?

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>656
シトレが「何もしなかった」のは、第7次イゼルローン要塞攻略で
自身の地位のためにゴリ押ししたという弱みがあったからだと思う。
ここで、シトレが反対したとしても「おまいが言うな!」と言われてただろうw

あと、シトレが「対抗できるようになれ」と言ったのは、軍のトップになって
という意味でしょ。(原作でもそう書いてたはず)
それなら、大手を振って政府に意見具申できるようになる。

>>658
それ、ウランフが言ったけど、見事にスルーされてしまった。。。
ヤンがもう一度主張してもスルーされるのでは?
弱腰だとか、利敵行為とか、政府は既に決定しているとか

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>667
ウランフが「もうちょっと具体的に言ってくれ」と言ったときにビュコックが「つまり行き当たりばったりと言うことだな」と
口を挟んだせいで、そこでおわっちゃったんだよな。
あそこでビュコックが沈黙してれば、フォークが説明せざるを得なかったはずなのに。

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
侵攻作戦とか面倒なのでまとめ総称して
「アムリッツア」とよばせてもらうよ
確かに作戦は大失敗、まるでミッドウェー海戦の時のよう
あれは五十六が失脚してもおかしくない作戦だった

同盟も政治的な人気取りで選挙、国民高揚対策だったのは
間違いなく、作戦は大失敗したよ
ならばifとして、どんな対帝国作戦ならば成功したのか
案があれば意見議論を
・なにもしない
・和平
はなしだよ
成功したであろう、なにかしら帝国へ軍事行動を教えてほしい
作戦立案、指揮系統がどうなっていたかは読めばわかるし
推察はもう要らないはずだよ

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>669
核兵器を用意する

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>669
「回廊出口周辺の数個の有人星系を解放し、恒久拠点を築く」
目的をこう設定すれば良いんじゃね?

民間人が数百万人なら補給計画も破綻しないし、戦線をコンパクトに抑えて防衛体制を敷けば
完全コンディションのヤン、ビュコック、ウランフ、ボロディンが連携できる。
こうなるとラインハルトも簡単には攻略できないだろう。

戦果という点では、最初の一つの有人星系を「解放」して同盟に編入すればその時点で十分すぎるほどだろ。
これだけでも建国以来の快挙なんだから。

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>670
知らなかった同盟は核兵器用意してないのか
開発技術がないんかな
ならフェザーンから売却、提供してもらえないかな

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>656
言っちゃ悪いが、君の方が厨房並みの日本語能力だぞ。
既に指摘されているが、「対抗できるようになれ」とは「同じコトをやれ」という意味では全然なくて
対抗できるくらい軍の高い地位になれって意味だろ。この勘違いのせいで主張全体が頓珍漢になってる。

フォークの採った私的なルートで議長に直接持ち込む方法は、どう言い繕っても非正規な方法でしかない。
非正規な方法に対抗するには、地位と実績の両方を兼ね備えた人物が正規な方法をもってするしかないが、
残念ながら当時のシトレはそれができる状況にはなかったということだ。

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
シトレじゃ出来ないことが、ヤンが同じ地位についたら出来るようになるの?

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>674
少なくともシトレはそう確信している。

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>671
ラインハルトの戦略は結果的に大当たりだったけど
もし同盟が一気に帝国領深くまで侵攻するのではなく地道に勢力圏拡大に勤しもうとしたら
一転戦わずして敵に最前線の拠点を与える愚策に成り下がった危険もあるわけだ
勝つ側が凄いのではなく負ける側がアホな描写の多い銀英伝らしいなw

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>672
間違えた
帝国の有人惑星に片っ端から核攻撃をする
そうすれば同盟が兵站に苦労することがなくなる

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
相手のアホな侵攻作戦に合わせた戦略を、結果的に大当たりとか言われてもw

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>673
触らないほうがよい
だからこそ、みんなスルーしてる
相手にしないこと
文章力や語彙の持ち数は各々仕方がない
誤解のない範囲で読解できれば、構わない
読解力は活字好きな住人達にはあるからさ
レス内容も反応する気にもなれない

おわり

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>677
ブラ公のやった暴挙以上の事をやる気か?
相手に大義名分の白紙委任状を渡すことになるぞ

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>674
国民への訴求力がただの軍人であるシトレとはまるで違うからな
政治家も無視できない

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>680
人類に対する償いきれないほどの罪を持つ帝国人を抹殺するという大義名分があるだろ

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>682
意図的に視点と思考を替えてみて意見を言うのはいいけど
押し付けがましいから自分の個人意見、発想だよ〜ん
と補足しておきなさい

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>682
そういえばさ、原チャリ飲酒運転した
フィギュアスケーターが比叡山へ謝罪に行ったことあるんだっけ?

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>682
ねーわ
帝国の悪政から帝国人を解放するのが大義名分

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
そういえばさ、ダルビッシュの沖縄キャンプで
パチンコ喫煙のミソギはすんだんだっけ?

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>682
君、ヒトラーユーゲント?

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>681
もし、ヤンが政治的影響力を振うとしたら皇帝亡命の時だったと思う。
国民に向かって亡命受け入れの不利益を説き、皇帝と誘拐犯を帝国に
帰していたらラインハルトが恐れていた通り帝国は手が出せなかったのでは。

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>688
ヤンが皇帝亡命を知ったのは、トリューニヒトが亡命受け入れを大々的に発表した後だし、
そもそも発表したその日のうちにラインハルトが同盟懲罰を宣言したから、
ヤンがたとえその気があっても政治力を行使する余地はないぞ。

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
無理か 発表が8月20日 帝国軍のイゼルローン侵攻が11月20日
この間に国民に危険を訴え政府に政策変更求めても無駄な労力か

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
思い立ったら即行動すればいいんだよ

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>690
ラインハルトが皇帝亡命=誘拐を根拠に同盟の討伐を宣言しているのに、
その後になって皇帝を返すといっても間抜けな話だ。

ラインハルトの侵攻怖さに皇帝を差し出すと捉えられるし、また返したとしても
トリューニヒトが大々的に発表した以上、亡命=誘拐の事実は変えられんので、
事態は一向に変わらん。
同盟が我が身可愛さに皇帝を差し出すこと、それ自体を卑怯者のやることだとして
討伐されることにもなりかねない。

トリューニヒトが皇帝亡命受け入れを公表した時点で、完全に手遅れ。

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
ラインハルトが幼児皇帝が誘拐された
あるいは皇帝の身に何らかの危機が生じたことを
臣民発表しなかったことをネタに情報工作はできる
同盟はそれを大々的に宣伝し、
ラインハルトの討伐宣言後でも正統政府なりを
無理にでもフェザーン辺りに一時預かっしてもらう措置をとれば
即時大侵攻は回避できた可能性は高い

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
796年初頭 アムリッツアの闘い
同年 アスターテの闘い
では、794年は?

配点 10点

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>694
(794ウグイス)平安京エイリアンと検非違使の戦い。\(^o^)/

・・・こんな銀英伝は嫌だ!スレ行きだなw

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>695
ユリアンがまだ提督でないはずの提督の所に来た年

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
ユリアンが精通した年

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>686
暗にカイザーを批判した罪で捕まえるぞコノヤロー

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>696
「(後の)ヤン提督」と補完して読めば無問題。

世の中には、自分が22歳のときに連載開始された漫画を「子供の頃好きだった」と言う奴もいる。

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
>>676
あの焦土戦略は、
ラインハルト「最初からわかっていた。奴らはあほうだ」
キルヒアイス「同感」
という状況じゃないと使えないよな。

同盟が回廊出口で恒久陣地の建設を始めたりしたら、決戦を挑まざるを得ないわけだし。

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
フォークがラインハルトのスパイってんなら説明がつく

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
>>676
戦争とは、阿呆な人間を少し周りが見えている人間がボコる作業だということを
作者は繰り返し繰り返し書いているからな

それが戦争の本質だというテーマなんだろう

どっちも好敵手なんて戦争はありえないんだよ、軍記物じゃない限り

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
>>676
どうせフェザーンからの情報だろ?
イゼルローン要塞取ったんだから、更なる勝ちはダメよってね

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
×それが戦争の本質だというテーマ
○それが銀英の戦争の本質というテーマ

が妥当

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
でも名将同士の戦いってあまりないよね
あったとしても大抵決着が付かずに終わる

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
ハンニバル・スキピオの時代からわりとありそうな気がするが
名将の捉え方というか定義にもよるけど

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
歴史だと名将同士の戦いが必ず名勝負になるわけじゃないしな
桶狭間みたいに

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
>>705
作者の戦争観はアスターテの推移で全部出ている気がする

前半は、すこし気の利いた戦争巧者の若造が阿呆な敵提督をボコりまくる
後半は、その若造が敵のすこし先の見えている参謀とがっぷり四つになって双方が消耗して撤退していく

お互い好敵手だったら勝負がつかない分だけエネルギーの無駄なので最初から戦争にならない

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
>>708
主旨はなんとなくわかりました。できれば

・ボコリ若造とボコられアホ敵提督の名
・がぶり四つ膠着状態
・消耗戦
・結果、双方、見た目上は引き分け

この戦況を満たした戦いの具体例を
○○会戦、××会戦などで教えてもらえるとわかりやすいのですが

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
>709
銀英伝読めば?

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
そういや、リップシュタット戦役でも
メルカッツが陣頭に立った途端にロイエンタールはさっさと撤退したんだっけ
相手が名将の場合は、戦わなければいけない確たる理由がないかぎりサッサと撤退するのが銀英伝の本流だな

無能×無能 だらだらと戦争を続行し続け、エネルギーと人命の無駄使いそのもの
有能×無能 一方的に有能が無能をボコり続ける展開
有能×有能 戦う理由がないかぎりなるべく戦闘になるのを避ける、戦う場合は双方とも結構な損害を受けるパターンが大半

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
銀英世界限定の特殊フィルター通して語られた視点でしか有能に思えないんだがな
ヤン

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
そりゃ無能をボコるのが戦争に楽して勝つ最も有効な手段だという思想の権化だもの

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
>>708
709だけど708のレスを翻訳するのに少し時間がかかっちゃった
俺だったもんで、そんな低レベルな俺にも分かりやすく、
いじわるしないでいくつかバトルの具体例を
おせーてくださいよ

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
本当に有能な人材は後方に回して効率よく大量の輸送を保証する兵站を作る。
補給の差で勝敗は決まる。それに一番抵抗したのがヤンのバーミリオン会戦だったが。

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
キャゼルンが百人居ても帝国領侵攻作戦はたぶん失敗しましたが・・・
兵站だけで戦争が勝てるのならフェザーン大勝利じゃん

717 :間違いだらけの少年H:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
少年H
同世代で児童文学作家の山中恒は、作中に夥しい数の事実誤認や歴史的齟齬がみられることや、
主人公やその家族の視点が当時の一般的な日本人の感覚から大きく乖離しており、
戦後になるまで誰も知らなかったはずの事実をまるで未来からでも来たかのように予言していること、
さらに自身が編纂に関わった書物の記述がその誤りの部分も含めてまるごと引用されている点などを自著「間違いだらけの少年H」で指摘し、
「少年H」は妹尾の自伝でもなんでもなく、戦後的な価値観や思想に基づいて初めから結論ありきで描かれた作品であると看破し、
「年表と新聞の縮刷版をふくらませて作り上げたような作品」「戦争体験者の酒の席での与太話を小説風にまとめただけのもの」と酷評した。

妹尾はあくまでも「自らの記憶と体験を元に書いた作品である」との主張を撤回してはいないが、
山中の挙げた具体的な誤りや欺瞞の指摘に対しては口を閉ざし、一切の反論を行っていない。
ただし「少年H」の文庫化に際しては、山中に指摘された部分を中心に何箇所もの訂正や変更、削除などが行われている。

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
大艦隊展開するなら燃料やら弾薬やら食糧やら輸送しないといけないはずだから
むしろビッテンフェルトが言う何万隻の大軍の前に何十万隻の輸送船が必要だよな
まあ全長50キロメートルもある輸送艦がくるってなら別だが

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
>>716
作戦そのものが無謀もいい所で専門用語を出すだけ馬鹿らしい物を例にしないでくれ。
しかも補給部隊を全滅させられるなんて兵站軽視の証拠。

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
>>718
ふと思ったんだがイゼルローンもガイエスハーケンもあの直径でよく何個艦隊も収容できるよな
四次元ポケットか何か?

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
作者の想定していた戦艦や巡洋艦の大きさは
アニメ版よりずっと小さかったという感じがする

600m級の戦艦にたった数百名前後の兵士しか乗っていないアニメ版はちょっと異常だな

スターウォーズでは、戦艦と同レベルのスターデストロイヤーには1万人から
同じく巡航艦と同レベルのキャラック級には1000人からの乗員が乗っているのに

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
>>721
しかし、オーベルシュタインが戦艦の艦底へ向かうときの描写が「60階建てのビルに匹敵する」だからなあ。
サイズ感で言えば、長さ方向で1000mあってもおかしくない気がする。

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
護衛艦ひゅうが(どうみてもヘリ空母)は基準排水量が約14000トンで軽巡並みだけど
乗員は駆逐艦並み。アルカディア号も400メートルくらいだけど乗員は41人
宇宙船とか飛行機なら省力化するでしょう

724 :723:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
大間違い。最上でさえ基準排水量11200トン。ひゅうがは重巡以上の大きさだった

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
>>720
ガイエスハーケンなんか小説には出てこないが、( ´Д`)なにか?

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
>>720
そのネタ既出過ぎて飽きた。

例えばガイエスブルク要塞は直径45kmなので、表面積は約6400平方kmにある。
仮に、表面の1層だけに駐留艦隊15000隻を配置しても、1隻あたり1000m×400m
のスペースが確保できる。実際には1層だけなんてことないだろうから、もっと余裕。

>>722
時期的に、60階建てのビルとしてサンシャイン60が念頭にあったのかもしれない。
だとすれば、高さは226m。

ちなみに、アニメ設定では、パトロクロスが最も大きくて全長2000mある。

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
>>721-722
あと原作挿絵から戦艦は前後に長いことが分かるから、高さ250mぐらいなら
旗艦クラスの長さ1000mぐらいは妥当ということになる。

道原版の絵だともっと極端に縦長だから、長さがとんでもないことに・・・(;^ω^)

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
ラインハルトがもし
一般クラスのトップ成績
特待クラスの最下位成績
だったら
どちらのクラスを選ぶ性格かな
ついでにルビンスキーとオリベイラ教授の性格も

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
>>725
スレ違いでアニメ版の話だとしても、ガイエスハーケンには艦隊は収容できないよな。w

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
7月26日か。黙祷。

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
オーベルシュタインの命日か。

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
>>720
またその話か?
いい加減、一次元で考えるの止めてもらえる?

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
ここにはアニメを脳内にイメージしながら、小説にない
箇所、用語に注意しながら小説ネタを語る人はいないんだぞー!
という思考が一次元

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
イゼルローンと並べるならガイエスブルク。
また、ガイエスハーケンはアニメ固有の呼称で二重に錯誤。
ってことだよ言わせんな恥ずかしい。

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
ド・ヴィリエ大主教の薨去なされた日でもある。

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
>>734
電車内の座席で前にお年寄りが立ってた時に
寝たフリするのと
どっちが恥ずかしい?

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
ラインハルトの命日かな

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
ジークカイザー!

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
>>736
あーオマエクズなの?w

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
736だが
>>739
俺は>>734に尋ねてるもんでね
わるいが首出さんでおいてくれるか?
俺がクズとかお前がチンカスとか関係あらへん
2択なんだから1行ですむ

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
寝たフリなんかしないからクズ呼ばわりしてんだよ。
中国人すらわきまえてる常識だろ。

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
>>741
だからさぁ、あんた関係ないからぁぁぁ

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
中国人はわざわざ寝たフリなんてせず、普通の顔して無視すると思います

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
                    _ ___
                  ,  '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                /     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
               /      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             /    __       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
            /      \ \\三三ミヽ 彡三ヽ///!
              /       \ \\´ ̄`゙゙゙´ ̄. ///.:.:.:ヽ
          ,′ ー ‐'´  彡 \ \\V/⌒) ̄//.:.:.:.:.:.:.:l
           i      , イ彡  \ 二 少ソ二/ `ヽ.:.:.:.:.:.:l
           |     //イ-===ッ、、,,  ,,、==''''  .!.:.:.:.:.:.l
           |  __// / -t〒式テ´  斤テテッソ /.:.:.:.:.:/
           |    ,.イく      ̄   〈      l.:.:.:.:.:/
          \ イ彡'いミ、         ヽ     l.:.:.:./   何故我々のもとに
            \彡彡ノ:い        、 _」    /.:/     >>734は来て下さらぬのか。
               |\.:.:.:.:.:.:l              /´     全てはあの女、あの女が悪いのじゃ。
               |  \.:.:.:.|\      -‐    /
               |   .:.:.:.!  \        ,.イ
               |  .:.:.:.:.:l    \ _ __/.::l
            / .:.:.:.:.:.:.:.!         /i.:.::l
          /   .:.:.:.:.:.ノ          / l:ノ
      __ /_ _ / ̄/        /  ト、
     .: .: .:. :. :. :. /  /l           ,.イ.:.:\
     .: .: .: .:. :. /   / \      _ _//.:.:.:.:.::.:\
    .:.:.:.:.:.:.:./    /   / ̄/   ̄ ̄ ̄`7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
734だが、今帰宅
すまん。すまん。なんか俺のくだらん戯言で騒がしてしまったな
昭和マクロスに帰るわ
じゃぁな

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
>>845
了解、宇宙は広いからな仕方ない
出戻りはかまわんが出戻り宣言はしてくれな、頼む

次の素朴な疑問どうぞ

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
        _,,-''"               ミ、 ,:r`ー-:、
      ,r'"    f"  ,;i'    ,;r''     `'V'"_  ヽ、
 .    ,rリ     /  ,;i'  ,,  / ,i l,r,r'ニ二ヽ''f"_    ヽ.
    ,iリ'     /  ,r'',; ,;i' ,/ソノク、 f | ,| `゙'<ミi    ヽ、
   ,r'    `ー<二ノ'ノ,,r'ノ/∠;;ニム<リ ! ,!     | ;i ハ   ト、,,_
  ,/  /     二-'';彡'" ̄ー--、,_`ヽ、     ゙い,i | ゙i l  `:r"
  / 〃   _,,   ""|´      、,_ヽ、>、_      |゙ソリ | | i l,i
 i' //   _,-'二ニ、-;イ        ( ・)ヾ'-ミ;ッ   _,{ ,ノ,ノ リ
 | 〃,i'  ,r'",ヘ、゙!-ヲ        `''ー ''ヾ'  ,rくご三-'゙ッ''-"
 ゙V ,i' 〃| ( _,) l'"|                 ヽ(・)ヽ,r"
  i' .| //ヘ. ヽヽ、゙''"               ;;   ゙ヾ" i'
  | y ;' ゙ヽ、                 、 r-~''ーソ ,|
  ゙Y  ,,   /''-r:ヘ                _ -''"   |
  |  ,i' ;i ,/  i, :i,          /二二_`ー、    l
  ゙i | | ,|,il!   i, ゙i,           ̄`''ー--、フ'   /
   `!、i |ヾ    'l,  ゝ,          =ー-    /
    ,べ     'l   `''-、             ,r'
  ,r┴--::、、,,,_  |     `'-、_         ,/
  }二'''''ー--::、 ̄``'''ー-:、,,,_   `''-:、,,_    /
  f---:、ヽ、    ̄,、~`フ=ー-ニ`'''-、_  ``i''''''"   カイザーの御前である
 ,i' /   ヽヽ、   ゙i,`(´,r─-:、 `i '|゙`ニー'、    無様な姿を晒すな!
-'─'─-ニ,__ヽヽ、__,ノ ノ"     ゙'i ゙i | | ,ニ;;}
``ミ、 ̄`''ー-ニ,,_''ー<,,_  _,,ノ ,;| ! | |  |
   `ー-ニ二,,_三ニ-,,__  ̄,,::-''" | | | ゙ヽ_|、
 `''ー--ニ,,_       ̄`ヽ、ヽ、,r'"r''''゙'ー:、_ノー:、

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
英国のジョージ・アレクサンダー・ルイ王子誕生にちなんで
帝国のアレクサンデル・ジークフリード大公誕生はフェザーン市民から歓迎されたんだろうか

ちなみにイギリス王室も外国からの征服王朝なんだよな

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
フランスの属国ですか?

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
しかしトントン拍子に出世されるとパーティーやら御祝儀やらでお金かかって大変

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
ウィリアム1世は1066年戴冠だから1000年くらい続いているな
途中王朝変わっているけど
それだけ続けばイギリス国民も愛着あるだろうけど、アレクの場合どうかな
特に同盟市民なんかイスラム教過激派が向ける視線と変わらん気がするな

 

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
同盟市民は幼児というだけで仇敵の親玉すら保護する
寛容な人々だろ

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
帝国が旧同盟に対して圧政を敷いたらそうなるかもな
現実は旧同盟の指導者が敗北感を覚えるほど寛容かつ公正に扱われたから
積極的に支配を受け入れる人が大半だったんじゃなかろうか

ロ朝は貴族制度もないし軍人が(たとえ占領地でも)平民害したら即決裁判で処刑だからな
むしろ市民レベルでは不満や不安を抱く要素が何もない

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
圧制は敷いていなくとも150年も戦い続けてきた帝国の
後継者なんだから良い感情は持てんだろう
おまけに同盟を滅ぼした張本人の息子だし 
ハイネセンでも暴動とか混乱が続いていたから
市民から批判的な声が上がってもおかしくないんじゃない

英王室にタリバンから祝いのメッセージは届いてないよな

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
これは『イギリス王室』を『ゴ朝・ロ朝帝政』と
比較、被せるネタなの?
かなり無理難題だよ

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
アレクも凄い美形で、子供時分は天使で
成長したらしたらで、旧同盟領の女もアレクファンになるってww

エルウィン・ヨーゼフが同盟亡命してきた時
これが17・8歳の美少女だったら、もっと熱狂してたって事だしさw

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
ロングタイムアゴー
本編終了後のifや考察したら
ものすごく、ぐっ!がーっ!っと怒鳴られて、
怒られたことあるから、やめといた方がいい
マジで殺意を感じた

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
ロ朝はヒルダが育てたと言われる位だから
アレクの出来はあまり良くなかったんだろうな

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
祖国を追われた17・8歳の美少女の王女が来たら熱狂するという
心理がわからん  アイドルでもあるまいし
子供とはいえ、500年も民衆を虐殺し弾圧した一族の当主がきて
半数以上が歓迎する同盟市民の心理   これが最大の疑問かな

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
>759
古い話だが大韓航空機爆破事件みたいな事が現実にある
金賢姫が若い美女じゃなければ間違いなく死刑執行されてただろう
若い美女だったから「彼女も被害者なのだ」という風潮になって許されてしまったw
当時彼女と結婚して更正の手助けをしたいと申し出た男が何人もいたらしいしな

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
韓国なら金正●が亡命してきても喜んで迎えそうだな
朝鮮戦争の当事者でもないしね 同盟もそんな感じだったのかもしれないな

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
惑星ハイネセンも北半球同盟領南半球帝國領で揉めろ

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
>>759
長征1万光年の子孫なら
帝国は単なる邪魔な遠い敵対隣国な感情だろう
皇帝殺せ!怨み、憎しみがあるのは最近、数十年内の亡命者
しかも、その子達は親や祖父の教育次第で感情が違うだろう
さらにフリードリヒは平民を弾圧したなんて記述ないから
その世継ぎを恨む理由があまりないだろう
軍同士は戦争してたから戦死遺族が若干憎しみあろうが
矛先は同盟軍や同盟政府に対してのほうが大きいだれうな
まぁ同盟が国策教育で皇帝は悪魔、帝国は地獄という授業をしているなら
イロイロあるかもしれないが

3000億から250億に減らした鬼畜の所業なんて、すぐ忘れる
生き残った者にとってはね
現実世界ですらそんなもんだ

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
もしかしたら、民主主義のグタグタぶりに呆れて帝政や貴族に幻想を抱く
市民が多勢いたのかもしれないな

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
選挙やっても自分の一票がなんの役にも立たないと思うと
よっぽど有能な皇帝陛下がいるほうがいいのかもと思うことがある

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
130億も人口があったら一票の価値がすげぇ低いんだろうな
そしたら>>765の気持ちもわかるよ

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
>>765-766
国民の代表者を増やせとの裏返しであり
地方議会・首長選に無関心との裏返しであり
国政にしか興味がないとの裏返しであり
国の運営に関わりたくないとの裏返しであり
統帥権を持つ君主制国家化への要望ですね?

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
疾風ウォルフの疾風たる所以は、艦隊に最高速度が速い船を揃えたから……だけじゃないよね?
ウォルフさんの個人能力があってこそ疾風だと思うのだけど、具体的にはどうゆうこと?

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
兵士の手を遊ばせず
常に先を読んでテキパキ艦隊を動かすことだろ

学校の生徒を遠足とかに引率した経験のある人間なら
疾風ウォルフの偉大さがなんとなくわかると思う

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
キータッチ入力について

早くても間違いだらけの人早くてかなり正確な人
遅くて誤字、脱字、抜けだらけの人
遅くて誤植のない完璧校正な人
タイプライターの機械は全員同じ

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
ミッターが指揮したら戦艦の速度が上がる訳じゃないし
ビッテンが指揮した時だけ主砲の威力が上がる訳でもない
疾風も最強の一撃も運用手腕ありきの話だわな

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
早漏なだけ

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
疾風の名付け親は同盟軍じゃないのか?
個人の能力ってベッド上でのことか?

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
『はい中尉さん』
『なにかな、挿し入れかい?』
『どうぞ、食べてね。うふ』
『ありがとう。こっちにおいで、こっち、こっち』
『どうするの?中尉さん』『心配しないでいいからね。声だしたらダメだよ』
『どーしてキスするの?お胸も揉まれてるけど』

『これから何が起こるかわからないからね。
今のうちなんだよ』
『服も脱ぐの?下着も?』『そうだよ、素直でいい子だね』
『そこ、きれいじゃないよ。舐めないほうがいいよ』
『大丈夫だよ、それより変な気持ちにならないかい』『うん、なんかぞわぞわする感じ』
『次は驚かないでね、これをくわえてみて』
『これを?』
『舌を使ったり、アイスキャンディみたいに舐めてみるんだ』
『こお?』
『そうそう上手だよ。しっかり者さんだね。とても気持ちいいよ』
『では、いいかな。君のソコと僕のコレを一緒にするんだ』
『う、うん、いいですよ』
『じゃいくよ、身をまかせて力を抜くんだ』
『いっ!いたい』
『最初だけだから、少しずつ慣れようね』
『うぅぅぅぅ、いぃぁ』
『動かしてみるよ、ああいいぃ、この感触』
『わたしもだんだんよくなってきたよ』
『うっ!うっビクん』
『どーしたの?中尉さん』
『ふぅー、検査はおわりだ。あっちいけ。
とっとと消えろクソガキ』

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
実子がいない所から考えると、入れる前に果ててるだろ

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
それだとカミさんが処女ということになってしまう

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
ビームの雨嵐よりも、ヤン・ウェンリーよりもかみさんへのプロポーズが怖い男

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
帝国の疾風・鉄壁とか同盟の魔術師にしろ名づけ親は
帝国同盟双方のマスコミだろ 星条旗新聞みたいな
兵士達の噂を取材して記事にしたら広まったとか

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
スポーツ新聞みたいなのが好き勝手に煽ってるんじゃないの?

ウォルフ速い!殺人疾風戦法に同盟将仰天、みたいなの

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
カミさんが処女でないとは、どこにも一言も書かれていない件

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
カミさんが処女だったら家庭に問題があるよ

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
無口は誰が名づけたんですか?

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
他に呼びようがないじゃん

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
ケンプ、レンレンカンプとかあだなないし

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
>>784
空戦バカ、スターリン

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
>>781
処女膜強靭症で性交不能ってのが実際にあったかと
ルイ16世は逆パターンで性交不能だったがアントワネットの
お兄ちゃんの説得で手術して子供が産まれた。

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN
>>784
「ミスター・レンネン」は駄目?

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN
>>787
ヤン一人だけが勝手に、しかも一度だけ呼んだものだから「あだ名」ではなさそうだな。

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN
脳無し突進ゴリラと陰湿髭熊

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN
ケンプは撃墜王じゃないのか?
提督で撃墜王っていうのもアレだけど。

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN
ケンプ=撃墜王
レンネンカンプ=金髪の元上司

792 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN
プロジェクト・アーク(箱舟計画)箱舟作戦繋がりの対決で銀河英雄伝説のヤン・ウェンリー提督とデジモンXエボリューションのイグドラシルが勝負して欲しい
銀河英雄伝説のヤン・ウェンリー提督VSデジモンXエボリューションのイグドラシル

793 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN
デジタルモンスターの小説はそんなに面白いの?
旧シャアでやればいいのにね

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN
帝国元帥は給与?報酬?

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN
元帥って元帥府開けるんでしょ?
だったら食客三千人とかありそうだから給料じゃ無理っぽいな

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN
もともと帝国門閥貴族であることが元帥の第一条件みたいなものだからなあ

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN
経費は元帥府の経理課が処理するから元帥も固定給だろ

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN
年額250万帝国マルクの終身年金って退役後の話しなのかな?

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN
年金ってくらいだから退役後じゃないか

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN
貴族出元帥は非課税
平民出元帥は源泉課税
と解釈してよろしい?

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
大逆罪以外不逮捕特権があるから貴族平民出身問わず非課税だろう
しかし 不逮捕特権て何気に凄いよな
現代だったらセクハラや不倫のひとつで即解任だもんな 
アメリカ軍の例だけど

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
申告課税つまり確定申告して納税してるんでないかな?
貴族も申告した上で非課税とか
妻のエヴァンゼリヲンが必死に領収書溜め込んでる
記述が何巻にもなかったけどさ

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
>>800
ロ朝でなら貴族も平民も課税対象だと思う。。
ゴ朝では平民元帥はいたっけ?

>>801
解任と逮捕はまた別じゃないか。
不逮捕特権を行使しなきゃならないような状況になったらさすがに解任だろう。

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
ミッタマイヤーがラングを射殺していたら逮捕はされんが解任ということか
ロ王朝で元帥に不逮捕特権があったかどうかは不明だが

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
>>804
たぶん一番重要なのは「皇帝がどう考えるか

806 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
当然銀河英雄伝説は魅力的だろ
確かに銀河英雄伝説はワクワクドキドキするだろ

807 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
当然銀河英雄伝説は官能的だろ
確かに銀河英雄伝説はムラムラメラメラするだろ

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
>>800
平民出の元帥はいても、平民の元帥はいないと思うぞ。(ゴ王朝では)

平民出身の軍人は上級大将ぐらいに昇進したら、その功績により帝国貴族に叙されると思う。
よって、帝国元帥は全員貴族。。。だと思う。

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
帝国、同盟、フェザーンの成人年齢って何歳からだっけ?

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
>>809
帝国男子の成人は18歳
外伝で下宿のおばあちゃんに、未成年だから酒類出されなかったのが
18歳なってワイン出してもらった

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
下宿の婆さん達は元気なのかね
迂闊に人前であの金髪さんがねえとつぶやいて不敬罪で射殺されたりしてないか心配だ

812 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】(1+0:8) :2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
おばさんの茶化したような言もラインハルトの耳まで入れば大丈夫だろう
苦笑いで終わりそうだ

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
婆さん「皇帝はワシが育てた」

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN
あの下宿先はごく普通の家だけど、栄誉ある館になったから
記念館にして拝観料を取ったりして
あのばあさん姉妹はしたたかに老後を生きてそうだ

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN
ラインハルトとキルヒアイスの私物が残っていたら、それを売って
一財産作れるぞ。
ラインハルトが幼年学校で描いた絵なんか、崇拝者達は喉から手が
出るほど欲しがるだろうな

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN
>>813
セバスティアン・フォン・ミューゼル 「皇帝はワシが育てた」
幼年学校教官 「皇帝はワシが育てた」
ベーネミュンデ公爵夫人 「皇帝は私が育てた」
ヘルダー大佐 「皇帝はワシが育てた」
ヘルムート・レンネンカンプ 「皇帝はワシが育てた」

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN
下宿はともかく、キルヒアイス家の隣の借家は微妙だろうな。
ラインハルトにとって姉上・キルヒアイスと3人で過ごした思い出と
姉上を連れ去られた記憶の両方がある。

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN
カザリン・ケートヘン
「皇帝はワシが譲った」

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN
ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ
「童貞はワシが奪った」

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN
>>817
ベックマン家の賃貸契約終了後、宮内省でも買い取って取り壊したかもな

それにしてもラインハルトにキルヒアイスが偉大な人になってたから
あの二軒には見物人がやってきて
キルヒアイスの両親にベックマン家の人は、うんざりしてたかもな

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN
ラインハルトが街中歩いてる時に売春婦に声掛けられるけど
皇帝になったらそのような類はすべて潰したのでしょうか?

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
>>821
風俗産業の存在が我慢ならないなら、ロイエンタールを許容できなくなるw

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
金髪はその辺は必要悪と認めるんじゃないだろうか
それを金蔓にするような奴らは取り締まるだろうが。

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
ラインハルトは硬軟取り混ぜる感じで、
他人の趣味を潰すような潔癖性は無さそうに思えるけど。
ルドルフは風俗産業を潰したんだっけ?
それとも同性愛を取り締まっただけかな?

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
>それを金蔓にするような奴らは取り締まるだろうが

締め付けが厳しくなったしわ寄せで売春婦側が更に搾取される訳ですねわかります

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
>>824
取り締まるわけがない

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
ネタでなく元貴族が売春婦として代々搾取され続けるんだろうな
貴族の社会復帰プログラムなんて由来を考慮しない個人実力主義のロ王朝にはないだろうし

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
>>827
その辺はヒルダがバランス取るだろうし、立憲君主制になれば、十分考慮されると思う。

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
売春しなきゃならなくなったら、高慢な貴族の娘は自殺するんじゃない
あの世界自殺するの楽そうだし
それか餓死するか

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
>>827
元貴族令嬢ならレディとしてそれなりの教養を身につけているはずだから、
売春なんてやらなくても豊かになった平民の子女相手に家庭教師とかやれるのでは?

平民相手に頭を下げるなんて貴族としてのプライドが許さないかもしれんが
売春婦になるよりマシだろう。

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
>>824
ラインハルトは頑固者だから、硬軟取り混ぜる性格じゃないよ
興味が無いことに関しては、あまり余計な指示を出さずに適任者に任せるだけだ

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
ラインハルトが部下の個性について真逆だとらしくないと語る場面で
双璧より先にビッテンを挙げるあたり本当にお気に入りだったんだろうなw
そして話題に上らないオーベルワーレンケスラー
この3人を真逆に表現するとどうなるんだろう
感情的なオーベル、軽薄なワーレン、年増好みのケスラーとか?

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
>>831
とするとローエングラムが風俗に興味持ち出したら
すげーテーマパークのような歓楽街を作るってことか
警察も保健所も関係なく勅令で

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
ここは夜の遊園地ノイエサンスーシー

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
ラインハルトは邸宅で居るより、執務室やブリュンヒルトの中で居る方が長そうだ
それに麾下の提督達はロイエンタール以外、皆質素な生活なんだろうな

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
>>832
年増好みは置いといて、密告好きなケスラーとかは?

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
こんな銀英伝はやだスレみたいだ
賄賂貰いまくりのケスラー

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
【こんな銀英伝やだ】

1発4000帝国マルクのパチンコにはまるキルヒアイス

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
>>835
ラインハルトは趣味という趣味がなく生来貧乏性だったとかってことで
カイザーがそれだってことで密かにワーレンは義手にお金遣ってそうだし
ケスラーやルッツは俺らの夢を叶えてるしメックリンガーは語るだけだし
実は質素でもなさそうな提督たちではないのかな

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
>>839
メックリンガーはそれなりにいい暮らししてるんじゃないか?
ロイエンタールの豪奢な生活を説明する文章で、「芸術的な洗練度ではメックリンガーに一歩譲るかもしれないが」
みたいな記述があった。

とはいえ、平民出身なのに「芸術的に洗練された暮らし」のできるメックリンガーってすごいな。
そういうのってけっこう育ちが表れるのに。
アニメ版だと貧乏な家の出身と言うことになってたけど、原作の描写からすると富裕な平民家庭だったんじゃないかという気がする。

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
メックリンガーってなんであそこまで出世したのか一番理解できない人だな
戦略面戦術面においてそれほど重要でもなさそうだし
幕僚総監より教育総監のほうが似合ってそう

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
ヤンと対峙して負けなかったのはメックリンガーくらいのものだが

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
カイザーもアホだったんだよ
ロイエンタールが叛逆した時もミッターマイヤーに説得させるなんて
そういう仲なんだから意地張るってのもあるのに
もう階級なんか関係なくメックリンガーを新領土総督様の副官にすればよかったのに

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
>836
ケスラーは密告を推奨してたぞw

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
>835
官舎暮らしの青年士官にしか見えないビッテンフェルトと同僚とは思えないと書かれてたなw

つってもいくらなんでも官舎暮らしではないだろうビッテン

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
>>845
ヤンなんかは元帥になっても官舎暮らしだったけどな。

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
裕福 ロイエンタール
↑ ヒルダ
メックリンガー
ミッターマイヤー
その他提督達
↓ ラインハルト
貧困 ファーレンハイト

あくまで出身環境な

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
>>834
金髪が裏社会に生きていたらそれくらいやってのけたかも

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
そういや、キルヒアイスの父親って帝国の下級官吏らしいけど、ローエングラム王朝成立後も
下級官吏やってたんだろうか?

「故キルヒアイス大公のお父上」って、上司にしてみればすごい使いにくいよな。

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
遺族年金が元帥待遇で出るだろうから一生金には困らんだろ
働いてるとは思えないな

ま、その代わり息子を殺されたうえ、墓にはラインハルト視点で勝手な墓碑銘彫られた
事実上息子を奪われたようなもんだ
キルヒアイス的には望んでやったことだろうが、両親からしたら
アンネローゼ奪われたラインハルトと似たような気分だったんじゃなかろうか

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
>>844
密告を軽視はしていないが、奨励はしていないと思う。
密告者の利益や恨み妬みというバイアスがかかっているので、
密告を鵜呑みにはできない。

>>847
メックリンガーは食うために軍人になったと言っているので、それほど裕福ではない。
ただし、芸術では食って行けないという意味だと思うから、ラインハルトよりは
随分マシだと思うが、その他提督たちより下かもしれない。
# 他の提督は自分の才華を生かしたいとか、徴兵されてアホ上官の下で
# 戦死したくないという、経済的理由以外も多いと思う。

>>849
ミッターマイヤーの父親は植木屋なんだけど、
宇宙艦隊司令長官の親となっても植木屋続けられたのだろうか?(^^;

>>850
幼年学校に行くと言ったときのように、ラインハルトに連れて行かれた
という諦めの気分はあるけど、奪われたという怒りの感覚まではないと思いたい。

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
ラインハルトを恨んでいるか判らないけど自慢の息子だったので
死後飲んだくれた人生を送ったかもしれない

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
一念発起して士官学校に入って息子の威光でどんどん出世して
キルヒアイスを慕う連中を巻き込んでカイザーを亡き者にしようとする親父

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
シュタインメッツは「艦長は俺だ」と言って気に入られて提督になりました

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
「はい、艦長解任。副長をよべ!」にならないかね?

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
キルヒ親父「ラインハルトにできたことが、俺にはできないと思うか?」

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
>>832
兄貴肌だがナルシストなオーベル

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
>>830
新体制だとそれほど作法には厳しくなさそうだし、ほとんどは太宰の斜陽みたくひっそりと消えていったんじゃないかな?

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
確かにひっそりだな 多くが餓死寸前だったそうだから

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
>>858
新体制でも旧同盟よりは煩雑な儀礼がありそうだから
新領土の富裕層辺りでは礼儀の先生の需要がありそう。

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
ワーレンの地球教本部殲滅作戦にて、旗艦のサラマンドルが尾根に着陸する必要性が感じられない
直前にワーレン自身が生死を彷徨う重症を負ったし、地上と接触していると第二の刺客が来る可能性だってある
制宙権を確保してある(と思われる)安全な軌道衛星上で指揮を執るべき

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
×軌道衛星上
◯大気圏外

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
>>861
アニメ版でお願いね

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
                   ,r'彡;;;;;;;ミ彡圭;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミヌツゝ、
                  /ツ彡;;;;;;;ミ彡E;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ三ゞ;;;八
                   ,'シ彡;;;ヒ,、韭ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ三ミ;;;;;;゙i
                 /彡;;;;;;;;;;;ノ:::::: `'弋N;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ≒;;;;;;;;;;}
                 {ソソ;;;;;;ノ::::::::    ゞ`'-、,;;;;;;;ミベ;;;;;;;;;;j
                 レイノイイ::::::::::::        `'ー、;ミャ;;;;;;リ
                ノ;;;;;;;;;ノ'ー- 、,::::          `''iミ;;;;l
                イシ∧ソ:::::tェr- ミ、; 、 ,=@_,,,,,、、.、|;;;;;ノ
                乂 リ:::::::::::`゙''''゙ノ:::> <rtテニ,;ィ' ,レi゛
                 〉{ルト::.......   .:::.;;   ....     レイj
                 ハ j:゙、::   :::::::;;        ノノj' __________
                 ヒ;;;リ:::::::   :::、:ゞ:r:       レ' /俺もそう思う。
                 ゞシハ::::     ;;;       /イ | スレ違いだということはと分かるまでは、俺もまともだ。
                  `Y´:゙、::  ¨、ニ二ニ;`'   イジ  | その後がどうも歪んでいる。
                  ノ :::ヽ   ゙゙^^゙    ,. ','リ  ノ 
                 斤'ー、,_::\       /  |   ̄| 歪んでいる。分かっているのだ…
                /_;__;;;;;;;;;;`-;;;ヽ,,,,_,/;;.../ ト>   | 
                ,f…::;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー;;、_ / r'〈| |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
 いいかミッターマイヤーよく聞け。   /0  :::\
 お前は結婚なんかしたがな       | .°  ::::;;| ))
 女という生き物は男を裏切る為に   \_.,, ,,._/
 この世に生を受けたんだぞ・・・       ||
                     /´ ̄ ̄|| ̄ ̄ ヽ
                    /      ´`     \
                       /:::::             \ 
 _______ +      /:::::::::                 ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。<ー一>:::::::::::<ー一>。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
流体金属
ガイエスハーケン
軌道エレベーター
同盟往還シャトル
ハイネセンにテルヌーゼン市
さすが小説版は素晴らしい
ヨシキすげー

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
原作専用のガジェットだと、ルビンスキーの思念通話装置があるな。
1回しか登場しなかったけど。

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
>>865
    (⌒⌒)
モチツケヨ l|l l|l  どどど童貞の何がいけないんだっ!
  ∧∧∧_∧
  (;゜Д(`・ω・´)") }}}
  ヽ 、と'^)  l^)´
  〜〉  ) )、 \
   (_ノ(__) ヽ_)))

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
>>868
ブルームハルト「別に童貞で悪いことなんて何も無いぞ」

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
>>865
裏切り者は裏切り者に厳しい

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
>>867
盗聴されないためのガジェットなんだろう
銀英伝ではあらゆる通信の暗号がやぶられる前提の世界観なんだから

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
思念通話装置は使い道があるよな あれを帝国が接収して皇帝専用の
通信システムとして利用すればいいのに 

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
>>868
ミッターマイヤーもDTの可能性はあるぞ。(注:EDにあらずw)

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
>>851
食うために軍人になったのはファーレンハイトじゃね?

メックリンガーは
「嫌々軍人になったのはヤンと同じだけど、ヤンよりも履歴書に書くこといっぱいあるよ!」
みたいな事が書かれてたような記憶が…(キュンメル男爵を見舞いに行ったあたり?)

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
>>873
子供を「作らなかった」じゃなくて、「出来なかった」だから、やる事はやってたんじゃないかなー?w

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
「あの人、いつになったらちゃんとした所に入れてくれるのかしら」

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
芳樹作品に多い童貞カップルの悲劇

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
>>875
妻ヱヴァゼリヲンの遺伝を懸念して子供を諦めたの!

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
カイザーは一発で決めたけど

あいつらも一応エロ本やエロビやハウツー本見た経験くらいはあるのかね

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
何度も何度も書いたけど、ある程度の貴族の子息は若いうちに
両親にあてがわれて性交の練習するの
メイドや娼婦に金払ってセックスをしておくんだよ
だから婚前にはもう経験してある人は多い
もたもた、もじもじ、おじけないように
初夜のためのマナー、エチケットなの
いまなら中学生くらいの年齢かな
これは中世ヨーロッパの慣習で
反対に新婦は初夜まで絶対に処女の貞操を
守りきらなくてはならない
平民は知らない

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
>>880
だから変な性癖に目覚めやすいんだな貴族は

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
で、銀河帝国の貴族にもその風習があるわけ?

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
>>882
君はその風習があると思う?
ありえないと思う?
考察だから自由だよ

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
その制度があったとしても
貧乏没落貴族のラインハルトが恩恵に預かれたとは思えないが

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
何であれほど重度のシスコンになったと思います?

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
母親代わりに育てた だからだろう おまけに父親は育児放棄みたいだったし

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
ボケたのか素なのか判断に苦しむところだな

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
三次元チェスがあるんだから3Dエロビデオがあるはずなんだ

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
貴族には軒並み繁殖力を高めるような遺伝子改変が行われていた、とか・・・

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
銀英伝世界はサイバーやバイオの技術はろくにないからなー
あるのは有角犬だけw
人間の遺伝子操作技術はないんじゃない?
あるんなら、劣悪遺伝子保持者を断種するんじゃなくて
生まれる前に優良遺伝子に変えてしまえばいい。
ジギスムント晴眼帝だっけ?
盲目の皇帝なんてものもあり得ない。
(晴眼帝が盲目になったのは後天的?? 忘れた)

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
>>890
あれは後天的だよ
どうせならルドルフとかウッド提督とか量産すれば良かったのに
金髪赤毛ヤンも同じ

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
>>889
ローエングラム伯爵家も断絶したし、まぁそれはないな

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
晴眼帝はマクシミリアン・ヨーゼフ二世だよ
毒を盛られて失明した

オーベルシュタインのように義眼にするのは嫌だったのかね

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
眼球や視神経をやられたら程度なら治療や義眼でなんとかなりそうだけど、
脳の視覚野に重大なダメージをくらったら
治癒は難しいんじゃないかな

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
当時オーベルが着けているような義眼の技術はなかったとか
あるいは義眼(というか機械)で見えるようになるよりは、そのまま盲目の方がよいという意識があったとか

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
当時は身障者は自分の力で生きることができない社会の厄介者、税金を食いつぶす害虫として
排除されていたんだよ、それがルドルフの定めた劣悪遺伝子排除法

身障者は理由のいかんを問わずに殺処分せよ、が銀河帝国の基本

それが緩んだのは晴眼帝以降

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
>880
晴眼帝はジークリンデに筆おろしして貰ったんだろうか
んで糞真面目な晴眼帝は責任取ると言い出して后にしたとか

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
カール晴眼帝「そちは悪霊がさまよう闇の世界を照らすろうそくの光のようだ」

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
>>888
立体TVがあるんだからそりゃあるだろね。

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
食事シーンは度々あるが、洋食系ばっかりなのな
あと喫煙者も居ないようだ
ブラウンシュヴァイクやリッテンハイム辺りは指揮シートにどっかと座り、優雅にパイプでもふかしそうなもんだが

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
かわりにワインを嗜んでいる

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
食後にタバコを一服したなんて、いちいち書くものかな
なにか考え事してる描写ならわかるが
とにかく、ことあるたびにキャラの紹介文が多い小説
特に名を出すだびに修飾、形容詞のごとくダラダラ書くのに

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
門閥貴族=無能=嫌煙厨って事だろ

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
嫌煙厨=門閥貴族=無能

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
愛煙厨=独身貴族=素人童貞=ローション厨

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
ゼッフル粒子さえなければ・・

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
煙草は500〜800度くらいだっけ?
ゼッフルはやっぱ発火するか

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
>>907
煙草ってそんなに熱いの?知らんかった。一応、アニメではエンジン噴射程度では
発火せずレーザーくらいの高温が必要って補完してたね。
ハイネセンが燃えちゃったときは民間工事用の失火って言ってたけど、誰か地下で
レーザーでも撃ったのかな。

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
>>908
同盟兵くずれのサイオキシン中毒者が、ラリってブラスターをぶっぱなしたのかもしれんw

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
同盟はアメリカみたいに自由に武器が所持できるみたいだな
帝国は貴族以外は厳しく禁止されているみたいだけど

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
カナダのほうが圧倒的に銃所持規制が緩いのに
なぜアメリカを例に出すの?
事件が多いから銃自由のイメージが強く感じるのかな
もっといえばアフガニスタンのほうが自由

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
ルドルフが不健全な習慣だって一掃したんだろう。

てことは同盟には反帝国の象徴としてタバコをふかす一団が・・・?

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
帝国領侵攻作戦の輸送艦隊のスコット提督は三次元チェスやっていたけどw、船の中で兵隊さんは何やって時間潰してるんだろ?

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1375689758/
これはアンネローゼとフォークが結婚しようとするようなもんか

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
漁色家ロイエンタールがアンネローゼを無理矢理レイプ同然に手を出した
フォークとアンネローゼが純愛の果てに駆け落ち
ラインハルトはどっちの方がより怒るかな

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
ニコチンタバコはだめで酒はOK。カフェインもOK
サイオキシンはNG
アンフェタミン・メタンフェタミン
アヘン・コデイン・モルヒネ・ヘロインは
規制されてんのかな

>>913
娯楽?まぁ賭けトランプ、ダーツとか
TV、PCゲームはあると思うよ。3次元ときメモとか
あまりにも暇なら任務時間以外ずっと
タンクベッド暮らしという手も・・

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
>>902
道原漫画版でシルヴァーベルヒがパイプをくわえながら図面を見ている場面があったような気がする。

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
宇宙空間において酸素はある意味ダイヤモンドより貴重だろう
喫煙などもってのほかじゃないか

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
>>912
いやいや、タバコは13日間戦争のとき、核の炎で畑共々焼き払われて絶滅したのですよw

というわけで、銀英伝時代ではタバコは存在しない。あっても模造品w

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
>>918
現実・現在ではね
でも銀英世界の宇宙船、宇宙施設が核融合炉、恒星発電など
電力が無尽蔵ならば「酸」のつく物質は酸素にいくらでも還元できるだろう
炭酸ガスでも過酸化水素でもさ
そういう装置は現実にも存在するんだけどコストが高い
温暖化、環境破壊の原因とも言われている炭酸ガスも
酸素と炭素に分解できるんだけど、その装置を製造するときと
稼働させるときに使う電力で発生する二酸化炭素排出量が
装置の能力を越えちゃうから実用、商用には使えない
特殊環境(宇宙ステーションやスペースシャトルや深海施設)
には使用されているよ
だからといって今のISSが喫煙可能なわけではないけどさ
電力と高性能の装置があれば酸素問題(キレイな空気?)は
解決されているはず

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
>>919
悪い習慣はルドルフに全部根絶やしにされたのですよ
特に喫煙習慣は医療費を高騰させる原因だとされていてね

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
1000年後も医療費はボッタクリなのけ?
そもそもゴ朝に社会保障の公費医療負担制度があるんか

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
社会保障制度がなければ国は成り立たないよ
障害者はともかく経験と能力のある働き盛りが事故や病気になるたび社会から消えてたら
社会が回らなくなる

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
ルドルフ「だが、ちょっと待って欲しい。自力復帰できない事故や病気に遭遇する時点で、
      その者は惰弱だといえるのではないだろうか?」

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
社会保障はあるにはあるけど、身分によって違いがありそう。

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
ゴ朝のことは知らんが民間保険会社のビジネスが成立していれば
社会保障はいらないよね?
まあ、それはそれとして1000〜1600年後も
医療やハンディキャップにかかるコストは高いの?

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>926
怪我とか物理的な欠損についてはサイバネティクスが進んでいるからどうにかなりそうだが、
病気系はまだ課題が残りまくってる様子だな。

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>922
病弱で公共のリソースを食いつぶす輩は社会の寄生虫だから
直ちに殺処分すべしが、ルドルフの思想の根本

病院もなにもかも公的補助というものが、弱者や障害者には一銭たりとも使用されない
それがゴールデンバウム王朝の正しいあり方

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
それが500年続いちゃっててさ
ロ朝がもし臣民に最低生活保障やら医療やら福祉やら
公費投入したらホントに堕落するのは即座だろうね
貴族だろうと平民だろうと農奴だろうと
これまでは苦しくても、辛くても
なんとか自立、自活していたのだから
多分、他力で楽して甘える性分になるのは速いでしょ
アメ政策を与える一方でムチ政策は何がベターかなぁ

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>928
つまり生きていれば弱者や障害者にも社会保障はあったってことかいな。だから
死んでもらわねばってことだよね。
行き過ぎた社会保障制度の是正とか言ってたから、社会保障制度自体はゴ朝でも
あったようだね。

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>929
鞭はやはり過去の歴史に習って
治安強化と主義者の弾圧、言論統制、検閲
軽微な犯罪への容赦ない摘発と重罰
そして皇帝と公権力への絶対服従

但し、ゴ帝から簒奪したロ帝がアメとムチ政策を
するならばの仮定ifでありんす

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>829
公正で平等な自由競争そのものがアメでムチなんじゃね。

>>930
上級貴族辺りは働かなくても大丈夫なレベルの福祉がありそう。

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>927
ガンは克服して久しいが、風邪や肝硬変やある種の膠原病はダメという
アンバランスな医療技術…

>>930
そりゃ風邪や虫歯程度で治療費払えなくて働き盛りが破産するのは
社会にとっても損失だから、社会保障制度自体はあるだろう。
・・・ところで、肺炎や虫歯の治療費で破産する国が身近にあったような?(’’;)

>>932
爵位を持つ貴族となれば、お抱え医師がいるから無問題。

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
応急処置が必須のはずの前線ですらキルヒアイスの失血死を招く医療レベルwww

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>933
爵位があっても超(かどうかは不明だが)貧乏貴族はいるじゃん。ロイエンの父に
娘(財産目当てで)嫁がせたとことか。
>>934
あれは医療レベルじゃなく医療体制の問題だろ。武器持ち込みを例外なく徹底したつもり
だから安心して医療部門には休暇でも出してたのかな??

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>934
戦いは終わって前線ではなくなっていたからな。
それに、キルヒアイスの傷は、少なくとも現代医学では
手の施しようがないレベル。未来でもそうなんだろう。

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
キルヒアイスのは事実上の即死だからな
演出上二言三言喋る余裕があったけど傷受けてから死ぬまで一分もかからんだろ

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>935
医者は医務室にはいたんだろ、医者呼んでるし
普通軍医ってなんかあったら呼ぶんじゃないのか
そんなSPみたくついてないだろ

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
No.2不要主義者のオベ氏がぬかりなく、
ヘルメットに赤色回転ランプがついてて口でピーポーピーポー言いながら
担架を持ってくるコントの救急隊員を配していたのです。

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
キルヒですか
リピートが早すぎるよ
リピートネタを出すときは
新しい調味料が思い付いてからにしてほしいし
せめて10か20くらい過去スレを流し読みしてから
出してくださいよ

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>929
鞭は「生活保護受給者セクロス禁止令」だよ
働かざる者、セクロスするべからず
これで最低限度の生活は保証されても、労働意欲はなくならないだろう

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
冗談で言ってるのを承知で代案をだすが
その禁止令を出すくらいなら
男女ともに性交不可の施術を施さないとナマポ却下の
給付条件制度にすればいい

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>941
人、それを「民族浄化」という……まあ、ルドルフの思想的にはそれぐらいありだろうな。
もっと手軽な殺処分をやったわけだし。

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
なまぽ族なんて民族がもしいるなら何もしなくても勝手に滅びるだろ

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
ナマポ族を熱烈に応援しているサポーターが
先に滅びてしまうぞ
納税という名の寄付をしている民族と寄付団体が先に

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
日本ではナマポ族の方が繁殖能力高いだろ

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
福祉予算は金食い虫 ルドルフは弱者排除という名目で福祉予算を
ギリギリまで削って帝国の財政を安定化したのかもな
500年間で食いつぶされたわけだが

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
バカウヨが銀英伝なんか読んでんのかよw

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
銀英伝はクズサヨが読むとは思えんが
宮城選挙区や東京第15区は革新左翼派なのか?

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>925
そうだね
ルッツ上級大将が入院した時も最高にかわいい看護師付けたんだろ
あれがその辺の二等兵だったら・・・僕はそっちのほうに興味あるけど

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
病院と社会保障になんの関係があんの?

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>929
>なんとか自立、自活していたのだから

ここは疑問だ。
門閥貴族の領地にある本来大赤字な鉱山や農園にわんさか補助金をつけて黒字にし
結果的に貴族も平民も農奴も帝国が支えていた…というような状況とかありそう。

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
>>952
作中、財政赤字で貴族へ課税しようってはあるけど、補助やめようとはないからな
課税しないでいる事が、貴族を豊かにしてた

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
課税、納税とかいわれても
帝国に何税があるのかわかんないよ
知ってる人いますか?

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
降伏者との謁見に際し金属探知を行なわなかったのは重大ミスだけど
キルヒアイスも普段からアンスバッハが付けていた指輪レーザーを付けていればよかったのに

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
キルヒに死なないでほしかった派ですよね?
単純にラインハルトを守らなければよかっただけのネタですよ

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
>>954
2巻読んだら、遺産相続税、固定資産税、累進所得税、を貴族にも適用しようって出てくるが

958 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】(2+0:8) :2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
当然贅沢資金補給用税とか豪遊費用回収用税も採用しましょう

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
>>958
もう少しわかりやすくお願い
誰用の豪遊、贅沢で
課税対象は一体なに対してのもの?

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
物品税を導入して、高級酒や別荘や高い衣服はアホみたいな高税をかけると
昔の日本みたいに、葉巻の値段の大半は税金、みたいな

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
>>956
違います
金髪と赤毛は齟齬が生じ始めていたから二人が相打つ展開が見たかった
貴族連合との戦いとは比べようもない質の高い戦闘と悲劇性が見られただろうに

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
フェザ−ンのルビンスキ-が
3国の力関係を A:B:Cがいい的なこと言ったことがあったと思いますが
割合どうでしたでしょうか?

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
>>962
彼が比、そのものの数値を言ったことはない。彼が言ってるのは一定に比が保たれてきたのは
偶然ではなくフェザーンの努力(工作)によるものだと。

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
>>962
小説板なんだからルビンスカヤと言ってほしかったっす

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
48対40対12のことかなぁ

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
銀英世界の国力の計算方法を知りたいものだ。

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
フェザーンの戦略にとっての戦力比だからあまり詳しく考える気にはならない

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
細かいが戦力じゃなく国力比な。戦力的には実質0、人口も比べるべくもない
フェザーンが帝国の25%ってことはかなり経済力のウェイートが高いんだろうな。
それだけフェザーンの経済力がすごいってことでもあるが。

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
>>961
同感
と最初読んだ頃は思ってた
けど冷静に考えて
この原作者にそんな丁寧な対人関係を求めるのが無理な話とすぐたどり着いた

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
>>964
ルビンスカヤは漫画版な?
小説とアニメがルビンスキー

>>968
仮に国力というのがGDPのことだとすると、
フェザーンと帝国って人口は100倍くらい違いそうなのにGDPが四倍って
「フェザーンどんだけ一人あたりGDP高いねん!」ってことになって筋が通らない

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
国力が
単なるGDP、GNP指標か
金融・経済・財政
農業・工業生産力・天然資源
人口・科学技術・軍事力
ってところかね
フェザーンが1惑星ですごいんでなく
帝国の政策が極端に非効率か実質的に発展途上・後発国なんだな
強みは人口250億だけってことになるか

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
むしろ帝国がとっても生産性低い国で、教育もインフラもダメダメで、
国民一人あたりのGDPが低いのかも。
インドとスウェーデンを比べると人口は150倍も(12億人と900万人)
GDPはインドが4倍程度上回ってるだけ。(1兆2000億ドルと3000億ドル)

帝国とフェザーンもこんな感じだとすれば筋は通る

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
ここでいう国力ってのはそういうのの総合国力だろ。だからどう計算する(各分野の比重)に興味あるわけだな。

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
ぶっちゃけ可労人口で他の細かい要素も決まる

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
帝国の田舎には耕うん機もトラックもなく農民がクワを振るって牛が荷車を引いている
というのが公式設定なら、そりゃあ一人あたりGDPは低いだろう
人口だけでは決まらん

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
人口1億で1点、戦闘艦艇1万で1点、資源なんたらにつき1点とかやって合計するんだな

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
ボーステックのSLGなどは
どうなってんの?プレイしたことないけど、
ステータス値とかあれば参考にしてみたいね

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
星系数では帝国>同盟>>>>>>フェザーン(1星系)
フェザーンの経済力(=税収)がオーディン、ハイネセンより高く設定されてる
戦略級のV、Wともそんな感じ

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
フェザーンとオーディンとハイネセンは首都機能により国力が同じぐらいとしたら、

帝国: オーディン(12)+その他(36) = 総合48
同盟: ハイネセン(12)+その他(28) = 総合40
フェザーン: フェザーン(12) = 総合12

と、それっぽくなりそう。

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
割り込みごめんなさい

ニュース聞いてて、ふと疑問になったんだけど
帝国と同盟の首脳会談があ場合
帝国宰相と評議会議長の対談でいいの?

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
もう国家元首同士の一騎打ちで決めろよ

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
つまり明仁天皇・金正恩会談でないと首脳会談が
成立しないということで
晋三くんはいいクスリ服用してなさいと
主張したいのは理解しました

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>980
そういうのは行政レベルの話だから、行政トップ……宰相と議長が妥当だろうな。
同盟には皇帝相当の地位もないし。実務者トップまでだ。

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
一方、ローエングラム朝銀河帝国における首脳会談とは、
皇帝 と イゼルローン要塞司令兼駐留機動艦隊司令官
だったりするw

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
あれは戦闘状態にあって休戦した両艦隊の司令官の私的な会見だけどな。あそこで
ヤンが勝手に戦争そのものの休戦条件とか持ち出したらまずいわけだしね。
(ヤンは敗戦人事に要望出して、皇帝もそれを了承してたけどあくまで非公式だわね)

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>983
バーラトの和約の調印は議長と艦隊参謀長の間でやってたな。よく考えるとおかしいよね。
ラインハルトは宰相なんだから自分でやらなきゃ。

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
エルファシルなんたら政府と皇帝の会談が実現してたら、ロムスキー医師可哀そうだなあ。
政府代表はもちろん彼だけど、一緒に行ったはいいが会見の場に呼んでももらえないんだろか。
ヤンはヤンで自分は軍の最高指揮官で政府はあっちですよって立場貫くのかな。
皇帝にまた民主政体は迂遠だと皮肉られそうだな。

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>986
あれは艦隊参謀長に委任されたとかそんなじゃないか。
日本の降伏文書調印に首相や大統領がいないように。

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>988
ハイネセンに一緒にいるからなあ。まあラインハルトも(ヤンとは微妙に違うが)ああいう
形式ばったの面倒くさがりなのかもしれんな。オーベルに任せたですませたと。

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
リップシュタット戦役でリッテンハイム侯の別働隊は
無事にガイエスブルク要塞から出撃出来たの?
ラインハルト側にとって各個撃破の良い標的になりそうだけど

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
そろそろ立てるか

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_109
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1375934604/

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>992


994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>993


>>986
実質、同盟の負けだから。
終戦直後の有名な写真で、天皇とマッカーサーが並んで立っているやつみたいなものかとw

>>990
ラインハルト軍はガイエスブルク要塞までまだ到達していなかったのでは?

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>994
その例えはレンネンカンプとレベロがオペラ見る約束してたようなもんだな。

米大統領とかは調印時に日本にいなかったけど、ラインハルトはハイネセンに
いたんだから自分でやればいいのにね。

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
バーラトの和約調印署名などは形式的に委任された者ができる
(受任者は誰でもいい)
けど帝国側の委任者は赤ちゃん皇帝なんだよね?
宰相としてのラインハルトが決めていいものではないはず

現実に戻してしまうがミズーリでの降伏調印での重光は
天皇陛下を含めた大本営からの全権委任で行ったんだよ
参考に日本軍の無条件降伏(停戦)と武装解除であって
大日本帝国国民の敗戦ではないらしい
政治は複雑だね
やっぱり季節が季節だから
毎年こんなネタはどこかしらで話題になるね

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>992サンキューです

次スレ
【銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_109】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1375934604/

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>996
あの幼帝が何かを決められるわけがないから
幼帝の父が摂政として委任したという形に形式上はなっているかも。

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>992


1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
埋め

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

271 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)