5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_107

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 20:26:42.95
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。
次スレは>>980辺りで重複確認・宣言の上で立てること
必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう。

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_106
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1367483556/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 20:44:33.85
2get

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 23:05:25.03
第五次イゼルローン戦が詳しく載ってるのって
どの辺りでしょうか?
外伝読んだら第六次で、あれ?ってなったので

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 23:06:47.54
>>http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1367483556/999

原作に書いてあるって。あの書き方だと少なくとも計画上は光速の99.999%加速で間違いないと思う。
書いてないのはラムジェットの仕様とアルテミスの首飾りの仕様。
アルテミスの首飾りは衝突した氷塊が砕け散ってることから、加速された氷塊に匹敵する大きさと質量が
あったんじゃないかな? アニメの絵作りは知らない。

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 23:29:26.62
加速器の中以上のことが巨大質量で起きたわけで、氷塊もアルテミスの首飾りもほとんど素粒子t@放射線になっちゃったんじゃないですかね?

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 23:32:55.15
>>5
普通ハイネセンが消し飛ぶと思うんだけど、慎重な軌道計算でそれを回避したヤン艦隊すごいよね。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 23:41:57.84
クォークグルーオンプラズマの光が夜空に瞬く

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 23:55:35.24
>>4
アルテミスは凄いよ
彼女の首飾りがヤンの悪逆非道な氷塊攻撃からハイネセンを守ったんだぜ
救国軍事会議マンセイw

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 00:54:20.12
ハイネセンには膨大な星間旅客船や商用船あるいは同盟軍艦船が行き来してたよね
首飾りが反応しない暗号コードみたいのがあったのかな
破壊じゃなくて無力化する手立てもあったのじゃないかな

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 01:13:13.53
どうなんだろ 宇宙防衛管制司令部で制御されているそうだが・・・・・・

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 02:15:06.58
>>前スレ990
>衝撃の伝播は全方位に放射されるガンマ線とかがになうよ。
そのガンマ線すらも大半が進行方向に集中的に放射され、
周辺にはあまり影響を及ぼさない。それが、光速の99.999%という速さ。

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 02:27:45.41
>>9
単純に普段からアルテミスのシステムを起動しっぱなしにしてないだけじゃないのかな。
敵が攻めてきたら防御モードONにして、その間はハイネセン周辺航路は閉鎖されて
民間船は航行不能。
まぁアルテミスの首飾りを使わなきゃならないくらい帝国軍がハイネセンを包囲してたら
民間船は出入りしようとは思わないだろうけど。

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 04:37:51.91
いや流石に識別コードくらいあるんじゃね?

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 04:44:17.12
>>11
一次ガンマ線は前方に強度が集中するけど、結局カスケードシャワーで散乱しまくるぜ。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 04:56:06.48
>>13
同盟の識別コード送信するだけで攻撃されないなら、ヤン艦隊は首飾り無視してハイネセンに
降下するだけだよ。
識別コードは当然あるだろうけど、それは司令部かどっかで無効にできるっぽいから、壊すしか
なかったわけで。
それを解除するには制御コンピュータをハッキングでもしなければならないだろうけど、さすがに
その手段も時間もなかったと思われ。
まぁ氷の塊をぶつけるのとどっちが手間かって話だけど。
作中には触れられなかったけど、氷作戦の準備と平行して首飾りが同盟コードを認識するような
ハッキング作業も同時進行で行われてただろう、って想像しとけばいいんじゃないかな。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 05:06:00.22
>>15
いや13は9に言っただけで俺も全面的にそう思うよw

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 05:48:55.69
>>15
ヤンはたやすくに派手にぶっ壊したかっただろうから、他の手はあまり検討しなかったんじゃないかな?

全長1kmを超える艦艇が数万単位で運用される世界で、たった12で万全の守りというのだから、
単体でも千単位の艦艇に対抗できるような、とにかくとんでもないシロモノだったのだと思う。

氷塊とアルテミスの首飾りの破片が一緒になってキラキラ輝いたとあるけれど、これは文学的修辞という
やつで実際は共に素粒子に分解し、高エネルギー宇宙線となってハイネセンにも降り注ぎ、空全体が
チェレンコフ光で真っ青に輝いたんじゃないかな?

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 06:04:08.78
しかしまぁ惑星防衛兵器なんだし対質量兵器の検討くらいしておけよwと思うよね
戦艦にしか効果ないだろこれ

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 08:01:59.84
何年か前にフランスだかスイスだかの加速器でブラックホールが生成されるかも
という話があったよね。亜光速で氷塊みたいな大きなものの衝突が起これば
確実にブラックホールが生成されるんじゃないの?

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 08:22:46.31
>>http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1367483556/990

天文単位で集めてもそれだったら星間物質というのは現実的ではないよね。
どうだろう、もっと小型のラムジェットでガス型巨大惑星に突っ込むというのは。
重力のコントロールはできているようだし、水素の量は十分であろう。
これだったらラムジェットで短時間で亜光速まで加速も不可能ではない。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 10:55:20.68
>>18
イゼルローン要塞にしても、対艦戦闘しか考慮してないフシがあるし、双方長年のマンネリ戦争
で、視野狭窄に陥っていたのだろうか? 通常手順を外れた大掛かりな奇策は金がかかるとか
で忌避され、「いつもどおり」の戦争が好まれた、と。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 11:01:24.60
>>21
ガイエスブルグにしてもラインハルトは最初からぶつけろよと思っていたみたいだけど、
ちゃんとした要塞を体当たりに使用するのはコストパフォーマンスが悪いわな。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 11:25:29.01
>21>22
ぶつけてしまえといいつつ、
トールハンマーで要塞破壊できているんだよなあ
ワープエンジン壊さなかったらまっすぐ来たかもしれないけどさ

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 11:46:24.52
小説の面白さをとるか、科学検証をとるか
書いててむなしくなってきた…

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 11:52:59.54
>24
それは言わない約束だw
SFなんだから光速になったり、超えたりしないといけないだろ?

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:50:15.75
>>23
至近距離でタコ殴りって通常ない条件下だから、それは前提に出来ないだろ。
適度な距離での撃ち合いは致命傷にならずだったんけど、それより近づく段階でこっちが先に
めげる可能性もあるから、そんなクロスカウンター作戦やるくらいなら全力で突っ込んだ方が
マシ、つーか、本質が特攻上等なら簡単って話なのでどちらでもよい。

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:13:21.25
首飾りと言ってるが、惑星周囲を円陣組んでたわけじゃないよな?

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 18:10:41.43
惑星と衛星の事が判らないから、首飾りの事も考察しようがないかな

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 19:42:40.62
今日は命日だね。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 19:54:00.65
そっかぁ
ルイ・マシュンゴのために線香をあげようかな

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 20:07:42.58
ブリュームハルト大尉とパトリチェフ少将に敬礼!

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 20:30:05.64
>22、行くときに「ぶつけてやってもかまへんで!」とかいわんと普通はぶつけないだろうけどなw

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 20:54:45.19
>>32
ぶつけるのが一番簡単な策というだけで、同等の戦力を持ってすれば要塞とヤンを封じる
方法は他にやりようはある。
それを期待してたのに、よりによって一番の悪手―バカ正直に正面から攻略にいったから「使
えんわ、コイツ」と早々に見限ったんよ。

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 21:15:20.15
>>32
目的はイゼルローン要塞と正面から戦うことじゃなくてイゼルローン回廊の確保なんだよね
専制国家だし要塞使い潰してでもイゼルローン要塞排除してこいって指令出すべきではあったとは思うけどね
撃ち合いだけで終る簡単な内容です
で同盟詰んでた可能性が大なんだから

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 21:31:54.05
陛下、今日から衣替えですので早く夏服のデザインを考えてください

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 21:43:37.46
あの軍服はファン内蔵なので結構涼しいんだよ

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 21:56:00.13
ラインハルトの暑苦しそうな長髪を刈り上げたい

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 22:02:23.72
美形だから大抵の髪型は似合っちゃうんだよな。ラインハルト
坊主でも「ネオナチかぶれ?」風なりに似合いそうだし。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 22:16:30.56
>>37
同意。絵にはなるがもう少しサッパリして欲しい

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 22:32:19.86
坊主だったら敵から禿頭の坊主とか言われてしまらないぜ
味方からはびぼうずとか言われるのかね

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 22:35:47.92
そういや金髪ってなんで伸ばしているんだろうな

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 22:37:21.69
>>22
コストなんて度外視でいいのよあの局面じゃ
要塞一個つぶすことで自由惑星同盟が手に入るのとほぼ同義なんだから
帝国と同盟の軍事力の差が10倍以上あるんだし

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 22:38:54.47
ラインハルトが存在しない帝国がイゼルローン要塞を奪取されたら
イゼルローン要塞の近くにまた同じ規模の要塞を建設しようとしたのではないかな

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 22:58:02.53
>>41
貴族としてのアイコンみたいなもんかな。
門閥貴族が、現代人から見たらキテレツな髪型してることで貴族なんだよという記号的表現に
なってるのと同じ、みたいな。
あるいはもう一人の主人公であるヤンとの対比として。

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 23:12:38.53
>>41
メタだとあれが作者の考える理想の容姿って気がするな
逆にヤンは作者自身の投影っぽい
見る人によってはどうにかイケメンとか自身を美化することに照れがあるようなw
考え方も多分作者を代弁してる節があるし

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 23:37:56.14
ラインハルトは完璧超人だからあんな感じかなー?とか思ってた
対するヤンはオンオフはっきりしているから十人並み

あとは、洋の東西を表しているかもしれない(武士道騎士道。負けて勝つとか)

47 :37:2013/06/01(土) 23:50:27.70
>>41
気がついた。「獅子」だから伸ばしてるのか。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 23:50:58.41
37じゃなくて39だった失礼。

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 23:51:50.84
見た目に無頓着だったから、に一票。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 00:48:20.41
>>41
散髪する金も無いから

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 01:04:17.96
>>41
本人があれを気に入ってたとしか考えられないよ
自分の意思であの長さにしてたんだろうし

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 06:27:58.70
子供の時にお姉ちゃんが調髪してくれてた髪型のまんま説

53 :(゜∀゜):2013/06/02(日) 08:52:52.79
>>41
外見や自分の美貌にまったくといっていいほど関心が無かった、
それを売りとしたことがない、
みたいな記述があったから、
気にいっていたにしても、人の目を意識した、自分の美貌をひきたてようとした、
なんていう理由では無いと思われ。

なにせ何気ない動作、無意識にやった仕草まで、
完璧に計算されたかのような・・・みたいに決まる。

多分、本人は何も意識しないで伸ばして、
それが獅子のたてがみ、とかラインハルトを神聖視する帝国の人たち、または主役っていうことで特別な目でみる読者に、
なにか理由がある、と思わせてしまうのかもしれん。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 11:00:06.56
>>41
遠くから見て他人と違う服装と容姿をしてないと、従僕や兵卒に間違われるからだよ
王冠というのはそういうものだし、メイド帽やエプロンも使用人の身分を表すもの

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 12:36:16.44
アニメや漫画設定を大きく採り入れてしまうと
帝国は髪型、服装自由、服艦船デザインも自由
規律を重んじたいなら模範となる提督、元帥連中があれではいかんよね
軍規、軍法はあるだろうが規律はなんちゃってなんだと思うよ
普段はホンダラケ。いざというときはキリっとしていれば
問題はないだろうけど、
その点は同盟の方が軍隊らしい厳しさがありそう

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 14:01:01.63
>>55
帝国の場合、もともと士官はほとんど貴族だったから、士官に対する軍規が甘いのかもね
時代が流れてもそのままだったので、アニメ版ビッテンフェルトやメックリンガーみたいに平民もその恩恵を受けることができる。

ここでふと思ったんだが、ハンリッヒってメックリンガーを尊敬してたよね。
病気で性根が捻じ曲がったけど、もともと貴族とか平民とかって偏見はないタイプだったんだな。

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 14:05:51.54
ヤンなら坊主でもいいやと思うかもしれないな。髪型考えるの面倒とか思ってそうだし
・・・ファーレンハイト氏ならあんま伸ばすとシャンプー代かかるから伸ばさないとかありそうだ

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 14:35:55.10
オイゲンは10円ハゲ

59 :(゜∀゜):2013/06/02(日) 14:55:40.73
>>55
帝国軍の場合は厳しい規範があるけれども、
将官や貴族などは特権として認められているし、歴史も長いから不自然じゃないんだろう。

同盟軍の場合は将官だろうと兵士だろうと同じ平民、平等だから、
将官といえども特権などは許されない。

お国柄のちがいで、それだけでどっちが厳しい、厳しくないという話ではないと思うぞ。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 16:36:06.12
服艦船デザイン?

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 17:56:40.34
バルトリン戦役?

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 18:01:26.11
>>56
ハンリッヒって誰かと思ったらキュンメル男爵か。彼の場合は、むしろ病気になったせいで身分にとらわれずに人の本質を評価できるようになった気もする。
「貴族だろうと平民だろうと死ぬ時は死ぬ。大事なのは生きている間に何をやったかだ」的な感じ。

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 18:39:25.57
>>55
>その点は同盟の方が軍隊らしい厳しさがありそう
ヤンを筆頭にイゼルローンの問題児たちが以前からあれだったのを見る限り、そうは思えんなぁw

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 18:42:49.77
そいつらを代表みたいにして話すのはどうかと…
っていうかそいつらが同盟軍の中でも異常だったからこそ問題児と呼ばれてたわけで…

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 19:08:17.51
>>64
いや、魔術師ヤンの名前の下にかたまっていればともかく、それ以前は階級も低かったし、軍の
厳しさに矯正されているだろ(薔薇連隊て特殊環境にいたシェーンコップはともかく)。士官学校
が身だしなみとか叩き込まれるんだぞ……それでヤンの生活能力があれな時点で士官学校か
らまともに機能してないと伺える。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 19:13:34.94
数人の勤務態度がアレだから軍も学校も機能してないなんて暴論はちょっと…

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 19:13:40.76
ヤンは私生活はアレだが公の場面ではそれなりにしていた気がする。

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 19:36:49.78
>>66
その数人は、軍を代表する上級将校になってしまったのでな。
そういうのを出さないための初期教育の失敗例がアレだけいれば―別の意味での失敗作も
多いし、同盟の士官教育自体がダメダメだったと言われても仕方がない。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 19:44:15.74
>>65-67
同盟じゃなくて帝国のほうでスマンが、アイゼナッハは一体どうやって士官時代を過ごしていたのだろう?(’’;)

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 19:44:48.29
素行の良さで昇格するわけじゃないんで…

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 20:16:13.40
アイゼナッハはフォンが付いているので、フレーゲルのような士官学校出身ではない
貴族あがりだろうかな

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 21:21:09.50
まぁなんだなぁ、ホステスやキャバ嬢に機密漏らすような
特別公務員を育成する軍隊の無いはずの国があってさ
そこの国の某A大や視姦学校が実在する夢を見たが
そんなことは信じてないし、そんな民族は人類に存在するはずもない
夢、夢、夢

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 21:34:30.61
ゼー・アドラーに、ホステスさんはいたのかな
ところで、高級士官のクラブてどこにあるんだろう?

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 21:38:48.17
>>71
ロイエンタールやファーレンハイトみたいに下級貴族だろ

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 21:55:20.99
>>73
2丁目

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 21:57:50.51
銀座だろ。銀座英雄伝説

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/02(日) 22:13:40.30
アイゼナッハは多分どこかの時点まではものすごくおしゃべりだった。
それを偉い誰かに注意されて努めて無口になったんじゃないかと。(東郷平八郎のように)
但し時々地金が出るので、思わずしゃべってしまう言葉はしょうもないものばかり。

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 00:47:12.94
>>56
病気でネジ曲がったと言うより、病気だからメックリンガーを尊敬してた わけで。
もちろん、病気じゃなかったら偏見があったとは言い切れないけど。
ちなみにハインリッヒな。

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 00:52:46.58
>>14
カスケードシャワーが発生する頃には、発生源は光速の99.995%で飛び去っている。

>>19
CERNのLHCでは陽子を光速の99.9999991%まで加速して正面衝突させている
(9が3個多い)が、今のところブラックホールは生成されていない。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 08:12:54.43
高速加速器でなにを実験したいのか、なにを実証したいのか
なにに役立つのか、現実世界の謎が解明できるのか
無知なんで知らないけど
陽子や素粒子や荷電粒子なんて宇宙空間では極めて光速に近い速度で
しょっちゅう衝突してるんでしょ?
加速器で作れるなら、宇宙のどこかしこでブラックホールが
発生してしまうんでないのかな

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 09:11:26.23
ブラックホールは蒸発する
小さなブラックホールは極めて速く蒸発する
ってホーキング博士が言ってなかったっけ?

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 09:38:25.14
>>79
ハイネセン衛星軌道内に無数のマイクロブラックホールが発生・蒸発。
そのガンマ線によるハイネセン住民の健康被害でヤンが訴えられる図を
想像してたんだけど、そうはならなそうですね。
それと、アルテミスの首飾りと氷塊の衝突断面積の形に二次元的に
生成されるマイクロブラックホールの膜が裸の縮退炉の状態で亜光速で
飛び去るなんて、絵的に綺麗だなと…。もそっと加速してくれればある
程度寿命のあるマイクロブラックホールで形成されて、実現できたかも。

>>80
マイクロブラックホールがどれほどの頻度で発生するものか知らないけど、
α線+α程度の質量ののマイクロブラックホールなんて発生した瞬間に
ガンマ線放出して蒸発するでしょうから、誰も気付いてないだけかも。

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 09:43:09.39
>>81
たしか質量が100万トンなら十数年、10万トンなら数日、1万トンなら数秒で蒸発する計算かと。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 09:54:01.29
縮退炉って楽しいよね。

ちょっと燃料を入れすぎるとこの世のどんな物質よりも安定したブラックホールが形成されて
炉としては完全に死んでしまうし、ちょっと燃料注入が途絶えると瞬間的に全質量がエネルギー
に変わって惑星くらい簡単に吹き飛ばす。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 11:21:16.15
宇宙線と地球の大気が衝突して微小のブラックホールが出来ているという話があるな。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 11:53:50.13
もはや素朴な疑問ではない・・・・・な

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 12:38:46.03
「銀河」英雄伝説なのに
恒星系1個での話である
リングワールドの方が壮大な感じがするのは何故だろう?

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 12:56:05.91
銀河系の広さがワープのせいで狭く感じられる
惑星上の気候もあまり幅がない

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 14:34:52.27
広さの方はともかく各惑星の気候とか細かいことは無視することに作者が決めたん
だから当然だろ。とにかく人間ドラマを描きたかったんだからな。

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 15:53:17.39
現状で今どのくらいの速度を人間は出したのかな?
秒速二桁キロくらい?

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 16:05:07.12
ビームって光速と同速度なんだから、あっさり旗艦とか狙えそうなんだけどなあ
がっちり防御していないと旗艦確認できた時点で攻撃できそうなんだけど
ランダム回避運動をガンガン行っているのだろうか

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 16:30:05.46
射程が20光秒くらいだからなー
よっぽど接近しないとピンポイント射撃は難しいんじゃないか?
慣性制御もできてるから偏差射撃も効果薄そう

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 16:36:20.24
ケスラーって士官学校卒だっけ?なんか一般大学の法学部から軍に就職してそのまま憲兵さんになったイメージがあるんだが

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 16:38:02.91
艦隊約12000隻(くらい)で半分は非戦闘用艦艇としても
一隻あたり数門から数十門あるんだから万単位での
飽和攻撃ができそうといわれれば、そうかもしれない

ちなみにビーム、レーザーは必ずしも光速(またはそれに類するもの)ではないから
直撃を推察させることはできるかも(超光速通信があるんだから、レーダーもあるかもしれない)

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 17:16:41.56
>>92
ウソつけ。だいたい数光秒で戦闘開始してるぞ。まあそれでも光速の数パーセントで
動いてる相手ねらうから最初は誘導できるミサイルからだな。ビーム系が有効になる
のは1光秒切ったあたりからかな。

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 17:42:42.04
>>95
ルッツさんに謝罪しろ。
彼は600万キロの距離で砲門を開いてるぞ。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 17:49:01.12
>>96
ごめんさない。他の光秒表記(ドーリアとかランテマリオ)に気をとられて見落としてましたです。
例外的に長いような気もするけど、相手があの方だから漫然と艦隊配置して細かい機動なんかして
なかったからそれでも当たるんでしょうねえ。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 17:51:50.31
>>96
しかし600万キロで攻撃できるならばルッツさんイゼルローン要塞を攻略に来た同盟艦隊を
そくざに攻撃しなかったんでしょねえ。あのとき要塞からそんなに離れてなかったような。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 20:39:31.08
>90
無人機ならボイジャーのどっちか
有人ならアポロ13だったはず

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 21:00:59.51
>>87
どっかの大陸の話にしとけばよかったのになw
イゼルローン回廊の無茶な設定といい銀河の広大さやはるか未来の超技術を使った壮大な世界観をまるで感じられないぜ

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 21:03:11.12
>>100
つ[七都市物語]

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 21:12:13.88
>>101
7都市おもしろかったから続いてほしかったなw
好きな人には悪いが薬師寺だの創竜伝だのはおいておいて

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 21:16:00.28
>>102
でも、書くほうの面白さでは薬師寺とか創竜伝の方が上なんじゃね?

銀英伝、タイタニア、七都市なんかは明確な敵味方が無く、登場する陣営それぞれに正義があるから
書き手も感情を抑制して、できるだけそれぞれの陣営が魅力的になるようにすることが求められるけど、
薬師寺とか創竜伝は明確な善悪の存在する話なので、感情のままに書きなぐれる。

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 21:16:04.66
>>94
そりゃ足止めて撃ち合いやってるならともかくあの距離で動いてたら予測位置で撃たないと当たらない
飽和攻撃なんて無理じゃね?

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 21:27:39.25
>>91
旗艦の前には、何千という艦がいて、重なっているものいるだろう。
砲撃や噴射で正確な識別は、艦隊がよほど近づかないと難しいだろう。
敵の砲撃の中で識別、照準、狙撃はリスキーと言う意味で難易度高いと思うが。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 21:46:05.60
>>87
気のせいだろ。
数万隻の艦隊、そして将兵は一個艦隊でも大都市の人口に匹敵して、
勝ったほうの艦隊でも一回の会戦で数十万の兵士が死ぬ世界だぞw

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 22:03:30.97
>>90 >>99
史上最速は2006年に打ち上げられたニューホライズンズ。
ボイジャー2号は海王星まで12年かかったけど、ニューホライズンズは冥王星まで9年半で到達する予定。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 22:24:10.33
>99>107
それくらいの速度で突っ込んだらまだ話もフツーだったんだがなあ
光速に近いスピードのほうが話題性あるけどさ

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 22:25:11.12
>105
アニメ見るとピンポイントにすると
エネルギーが大規模になる描写があるから、できそうだと思ったんじゃね?

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 22:25:33.40
>>93
ケスラーは獨協だよ
憲兵ってのは隊じゃないの?普通憲兵隊長ってのは聞くけど総監ってのは
どうなのかな
辞書調べたら帝國は親衛隊より近衛のほうが合うんじゃないのかな

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 22:27:07.10
>>106
それ単にアナログな動員人数が増ええただけだしなぁ
AI制御の無人艦隊が1000万隻とかだと数の上でも意味の分からないスケールを感じるんだけど

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 22:35:50.63
>>93
士官学校だろ?
本人的には意に沿わぬ人事で憲兵やってるだけで、もともとは艦隊司令官なんだし

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 22:52:46.24
艦隊司令なんかやったことねーべw

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 22:53:33.13
>>112
士官学校出じゃなきゃ普通はあんんあ地位には上れないよな
条旧貴族でもなくラインハルトみたいな特例でもないんだし

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 23:04:56.04
>90
99は間違ってるな
11.082 km/s  39,895 km/h  アポロ10号の速度。有人の乗り物の最高速度記録
70.22 km/s   252,792 km/h ヘリオスB(最も速い人工物)
299,792,458 m/s 1,079,252,849 km/h 真空中の光速度(定義値)

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 23:08:08.30
なんかよくわからない話題なんだけど
人類としては地球が最高速だよね?
秒速30kmくらい時速10.8万kmくらいだったかな

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 23:14:36.09
>>110
一般に、憲兵は軍内の秩序維持任務にあたる「軍内の警察」で、師団ごとに兵科として置かれ、
中隊規模の人員で構成される。だから、憲兵隊
帝國の憲兵は、フランスとか国家憲兵に近く、軍警察と言うべきもの(旧軍の「憲兵隊」はあまり
適切でないという意見もある)。内務省辺りの下にある警察とは別の治安維持組織なので、
規模はそれぞれ。旧軍だと総監職に少将―中将を充てていたので、旅団長、局長、戦隊司令
クラスなので艦隊司令よりだいぶ格下と言う感じw ま、一応自分の艦隊持つ身なので、帝國の
憲兵隊はその要員を回しただいぶ大きな組織かも。

>辞書調べたら帝國は親衛隊より近衛のほうが合うんじゃないのかな
ロ王朝成立時、ラインハルトは独身であり、自分の後継者が実子とは限らない旨発言している。
ゴ王朝のような世襲制の体制じゃないぞというアンチテーゼ意志の現われだったのでは?

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 23:31:48.90
性質としては軍警察というべきものだよね
というか日本のような警察ってでてきたっけ?
社会秩序維持局はシュタージみたいなもんだろうし

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 23:40:57.73
>>118
外伝でサイオキシン麻薬を追っていたホフマン警視が所属する警察が。

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 23:41:16.85
>>103
タイタニアといえば、22年ぶりに新刊が出るらしいぞ。

https://twitter.com/adachi_hiro/status/341378408661524480

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/03(月) 23:44:07.23
一般社会を含めての公安機関なのか
軍隊内のみの軍警察なのか
皇帝、宮中(首都市、要人を含む?)を主に守護する皇宮警察なのか
ということかな

もし皇帝や家族を警護する管轄があるならローエングラム艦隊そのものが
近衛艦隊として機能しないとね

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 00:13:54.81
>116
地球から脱出した物体は
地球の速度+脱出速度になるからそれは間違いです
それいうなら、銀河系の自転速度とかアンドロメダ銀河との相対速度とか
反則な理屈だけど懐中電灯で照らせば人類が造った光が光速で発射される
つまり人類は光速を作り出したともいえるww

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 00:15:23.94
>>102
シェアードワールドの出来にはがっかりだったなー

>>103
創竜伝は当初10巻+外伝2巻程度の予定だったのに間延びしまくってるな。
八大龍王を出して天変地異を起こさせる予定だったかもしれんが、
あの震災の後でそれを編集者が許すかね?

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 00:18:05.55
あまり深く考えて憲兵を描写していない感じがするな。

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 01:32:48.77
ケスラーは憲兵総監に加えて「新帝都フェザーンの防衛司令官」なんてものまで兼ねてるからな。
主に描写されてるのがケスラー個人の動きで、その行動が憲兵としてのものなのか、帝都防衛隊のものなのか
分かりにくい。

出産直前のヒルダが狙われた場面では、帝都防衛に関する情報が、帝都防衛司令部ではなく
憲兵隊総本部に寄せられたり、柊館の警備に憲兵隊を出したり、ごちゃ混ぜだな。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 04:10:06.71
>>115
アポロは「地球との相対速度」。ヘリオスBは「太陽との相対速度」で、その大半は地球の公転速度と太陽の引力による加速で得られたもの (ヘリオスは太陽観測機で、水星より内側に達する軌道を飛ぶ)。地球との相対速度の最速は打ち上げ直後のニューホライズンズで、16km/s強。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 07:30:01.69
>>125
テロへの対応は捜査も含めて憲兵隊の管轄のようだから
柊館炎上時の匿名の電話が憲兵隊に来たのはおかしくないんじゃね。

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 08:54:19.84
薬師寺は最近も新刊出たが創竜伝の放置期間も相当長かったような
最後に出たの10年以上前じゃない?

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 10:04:02.96
作戦の必要上亜光速度で艦隊機動してて、
久しぶりに帰ったらミッタマの娘がオバサンになってたとかないの

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 10:14:00.12
ミッターマイヤーに実子はいません
妻のことだろう、若くてそうはみえないが

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 10:35:34.35
ああ彼女の名前
ヱヴァンゼリヲン処号器だっけか?

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 10:56:26.49
エヴァ「あなたベッドの中でも疾風なのね」

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 11:23:02.45
>>129
帰還後に問題になるほどの、亜光速巡航はしませんから。
恒星系内ですら光速でも支障が出るくらいノロいのに、亜光速では戦場内以外話にならん(戦場
内の機動なんぞ、外宇宙での移動に比べれば止まってるのに等しい)。
だから、無理無意味に意図的にやらなきゃ、そういうことは起こらない。

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 11:27:32.81
>>132
アニメネタはNG

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 11:43:20.82
>>129
ワープは相対性理論の範囲外だろうから、大丈夫だろ

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 15:49:59.64
>>129
ワープ以外で一番早い描写はアスターテのときの光速の3%だから大丈夫です。
どういう推進機関なのかは不明だね。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 16:07:14.01
秒速9千キロであってる?

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 16:28:35.98
今手元にないから細かい数字忘れたけど、1巻のアスターテ直前にキルヒの説明に
出てくるな。たがいに向かいあって進撃してる第4艦隊とラインハルトたちの距離と
接触時間。そこから計算できるよ、両艦隊が等速とおおざっぱな計算だけどね。
実際には帝国は急進、第4艦隊はのんびりとって感じだから帝国の方が早いんだろう
けどね。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 16:37:59.73
光速の3%というけれど、
作戦する為の部隊や艦ごとの時間合わせが、
面倒なんじゃないかという気がする。

アニメだけだったかも知れないが、
ブラックホールを使って作戦したのがあったが、
あまり設定を考えていない感じだった…。

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 16:39:06.30
ついでに言えば星系内では限界速度なるものが存在するんだよな。確か光速の1.2%。
そしてイゼルローン回廊内では極端に遅くなる。いろんな障害があるんだろうね。
(ルッツ艦隊の要塞への帰還時間から計算できるな)

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 16:42:27.84
>>139
まず小説をちゃんと読むんだ。そして自分が何をいいたいかをはっきりさせて
書いて投稿する前に推敲もすることをお勧めする。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 16:45:42.49
>>139
作戦する為の部隊や艦ごとの時間合わせが得意なのが
作中でもよく評価されているミッターマイヤーやフィッシャーだろう

だからこそ名人とか疾風とか呼ばれているわけで

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 16:46:46.49
このスレで、舞台版を見に行った人いるの?

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 16:49:34.87
>>142
あの艦隊運用の手腕って時計合わせだったのかよw。敵の妨害なければ超光速
通信できるのに時間なんて関係ないだろ。大抵の戦闘開始や陣形変更は通信で
やってるじゃないかね。
たまに通信状態がよくないときは旗艦先頭って第一次大戦みたいなこともやっ
てるが。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 16:56:24.07
時計合わせは重要だと思うなあ。
味方同士なら通信でも時間合わせが出来るかもしれないが、
敵との駆け引きや戦闘開始の基準も必要だし

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 16:59:43.59
>>139
 マイクロブラックホールは道原のコミック版じゃね? どちらにしてもスレ違いだけどね。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 17:10:54.87
>>146
うん、道原のコミック版でキルヒアイスが機雷原啓開に小説の指向性ゼッフル粒子を
改変してた。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 17:16:36.08
>>146
ファーレンハイト?か誰かとヤン?の戦いだったが記憶が曖昧。
コミック版は読んだ事ないので違う。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 17:28:22.38
じゃあ、あれか? ヤンがブラックホールで背水の陣をやったシュタインメッツ戦とか。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 17:40:10.55
亜光速で星系内で加速できるエンジンが存在するのはいいのか

151 :148:2013/06/04(火) 17:47:16.81
>>149
ありがとう。多分それかな。

他の作品で時間経過の違いが作中の道具になっている事があるが、
銀英はあまりないなあ…。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 20:22:09.66
>>150
重力慣性制御がある世界なので、亜光速まで加速できるエンジンがあってもいいかな、と。

慣性制御で慣性質量を疑似的にほぼ0にすれば、通常エンジンでも大きな加速を得られる、
とか妄想してみた。

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 20:45:29.36
デブリとか外的要因のせいでスピード出せないんじゃね?

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 21:30:24.95
>142
ミッターの疾風は敵を追い越したり味方がついてこれなかったり
本当に有能なのか疑いたくなる描写も多い

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 21:52:21.04
>>145
今は電波時計あるから大丈夫だよ
でも光も電波も同じ速さだったら遥か遠方にいる味方と
作戦行動とる時には多少の誤差がでるだろうね

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 22:15:58.40
電波時計とか戦時に速攻で役立たずになりそうなw

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/04(火) 23:00:27.97
>>147
あれはしびれたなw
ブラックホールも武器にできるのか

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 01:22:41.23
俺は道原漫画から入ったから、小説を読んで「あれ?地味」と思ってしまった。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 01:46:15.25
電波時計ってなに?

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 01:49:42.77
味方がついてこれない疾風って、意味ないと思う。
単に艦隊の足並みがそろってない部隊ってことじゃん

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 01:51:04.28
こらっ、触っちゃいかん。
ああいうのはスルーするに限る。

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 01:59:18.80
『117』は音波時計。
+回線が銅線なら銅伝導時計
だから金属線伝導音波時計
でいいのかな

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 02:20:28.14
>>156
だな。妨害電波で真っ先に無力化されるだろう。

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 02:25:49.22
>>157
今時は、宇宙戦艦ヤマトの波動砲ですら、マイクロブラックホールのホーキング輻射ですよ。

ヤマトと言えば、道原版のカストロプは反射衛星砲を使ってたなw

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 06:34:32.64
>>157
トップをねらえ!とか

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 06:37:20.99
>>164
だんだん派手に鳴ってくカストロプ防衛網
次有るとしたら何になるのか

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 07:53:38.13
最寄のブラックホールはどれくらいの距離なんだろう

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 08:37:50.00
だんだん小説無視の流れだな。w

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 08:52:42.91
離れた味方と時間決めて攻撃開始ってどの場面のこと言ってるんだ?

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 09:39:58.23
>>166
銀英伝作中レベルで考えれば、カストロプ領の恒星の周りを巨大な人工天体の要塞が周回してます、要塞砲もあります、とか。

もっと想像の翼を広げて良いなら、人類発祥以前の古代超文明の遺跡から赤い巨大人型ロボットが発掘されました、とか。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 09:51:34.35
帝国よりバッフクランの方が強そう

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 09:58:35.27
白くてヒゲの生えた人型ロボットも派手で良さそうだな。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 11:22:51.05
道原版のカストロプ公爵は、ロリSMを楽しみ、ホモもいける鬼畜だったな。


コミツク版も全巻揃えている俺が言うのもなんだが、道原版は少女マンガ的な
表現とか描写が苦手だわ。
アニメ版は人物描写が小説に忠実だからゆるせるけど。

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 11:56:28.95
>>152
結局星系内で亜光速出せるの?出せないのどっち
出せないなら氷塊作戦はどういうこと

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 12:33:31.34
戦艦と氷塊を同列に扱っていいのかと・・・
そもそも何故スピードを出せない(出さない)のかの理由が語られてない以上、
議論しても無駄じゃね?

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 12:35:43.22
>>174
バカか?

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 12:36:09.16
>>174
有人艦の惑星への着陸・周回軌道投入が目的なら亜光速は早杉で駄目、
氷の塊を衛星にぶつけて彼方へ飛び去らせるだけなら気にせず亜光速出せる、
ということでは?

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 12:38:56.56
>>177
デブリとの衝突回避とかが理由だったら、氷塊はそんなの気にしなくていいしね。

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 13:25:05.39
氷をぶつけるのは悪くないけれど、
エンジンの設定が変というか…
もう少し違うものだったら

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 14:00:59.51
>>177
むしろ、氷の塊が低速だと、ハイネセン周辺にデブリが撒き散らされて、
その一部はハイネセンに落下し大きな被害を生じる恐れがある。

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 16:28:32.70
星系内に光速に程遠い限界速度があるのになぜヤンは
亜光速で氷塊をぶつけられることになってんの?

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 16:34:32.71
>>181
>>153>>177-178

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 16:41:11.33
倫理的にじゃなく
技術的に出来ない星系内亜光速が
なんでヤンには出来るのって聞いてるんだけど

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 17:25:23.48
ヤンだから
ヤンはなんでもできるねん

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 18:21:23.35
ヤンにできないことと言えば、嫁に美味い料理作らせることくらいなものだ

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 18:23:28.07
そもそも戦艦が亜光速出せるのか?
ワープがあるならそんな大出力エンジン持つ必要ないだろ?
スタートレック等にも見られる演出だが、加速していってワープって感じじゃなく、
突然ワープ状態に遷移するのが普通だし。

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 18:33:15.65
氷を加速させたエンジン、ヤンはどこから持ってきたの?

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 18:37:46.42
ワープポイントまで移動するために亜光速エンジン持ってないと行けないだろ

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 18:38:05.96
艦隊に付随している
工作艦で作ったんじゃね?

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 18:40:20.50
ワープポイントって何?
そんなもの作中出てたっけ?

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 18:56:51.55
ぶっこわれた艦のエンジンくくりつけもいいんじゃないか?

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 19:16:39.45
>>183
>>152

せめて30レスくらいは読み返してから、書き込めよ。
1度ならともかく2度も繰り返すとなると、自分は低能ですと自己紹介するようなものだぞ。

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 20:13:05.27
>>189
原理的には、あの世界では枯れきった簡単な技術だろうし、一番複雑な反応室、噴射系は艦の
物を流用すればポン付けに等しい。
むしろ、軍の技術屋、工作屋が「そんな学生の課題レベルの物くらいできなくてどうすんだ?」 て
レベルだろうな。

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 20:18:16.63
>>190
頭悪いというか、固いというか。
そういう言葉そのものは出てないと思うが、逆にワープ不可条件などは書かれ、そのために恒星
系内では不可(というか、安全のため禁止)ルールは示されていたろ。
これは逆に言えば、「ワープ可能圏」やより安全、効率的な宙域、ポイントが算出、設定が可能と
いうことになる。

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 20:35:50.71
>>194
その説明と亜光速エンジンの必要性はリンクしないなあ。

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 20:46:51.59
話をぶった切って悪いけど
イゼルローン要塞に匹敵するほどの巨大要塞ガイエスブルクを何故帝国内に作ったのだろう
それほど巨大な要塞なんて帝国内には必要が無い様に思うのだけど
帝国の統治が不安定な地域でもあったのだろうか

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 20:49:14.75
>>195
恒星系内でワープ不可ルールがある→系外までどうやっていくねん?て話からしないとダメなのか?

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 20:56:05.36
>>196
潜在的な「敵」がいっぱいいるやん。
帝国軍自体が叛乱鎮圧のための軍隊で、時代が下れば、仮想敵はある程度以上の大貴族
となる。
リップシュタットをはじめ、過去にはけっこう叛乱は起きている。叛乱鎮圧時の後方基地、睨み
を効かせる拠点として整備されたんだろう。
アレだけの装甲、巨砲を装備したということは、過去にそれくらい必要になる要塞戦があったの
だろうな。

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:01:06.02
>>197
それを言うなら亜光速エンジンじゃないと星系外に出れないの?って話になるんだが?
ドーリア星域会戦の記述では0.012Cが恒星系内での最大速度に近いんだろ?
亜光速エンジンじゃなきゃその速度は出ないのか?
つか、亜光速エンジンって一体何を指してるからんけどw

まぁ、技術周りが全く語られてない小説でこんなこと話してても無駄なんだけどさ。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:07:33.34
みんな忘れているかもしれないが、銀英伝世界には「パルスワープ」という技術があるんだぞ。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:09:05.17
>>199
>0.012Cが恒星系内での最大速度に近いんだろ?
それだけ出せるエンジンを亜光速エンジンと言わず、何と言うんだ?

技術回り以前の話だろ。無駄と言うなら君のレスがすべて無駄

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:10:08.97
茄子に要塞戦があったならイゼルに要塞戦を挑もうと考える同盟の人間が居てもよさそう

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:22:22.34
>>202
何を勘違いしているか知らんが、同盟は嫌というほど要塞戦を挑んでいるが?

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:23:58.99
0.012Cを亜光速と呼ぶのは、小走りを亜音速と呼ぶくらい無理があるぞ。

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:24:27.90
同盟に要塞作る余裕なんて無いだろ

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:28:43.48
帝国の場合は辺境の叛乱鎮圧という名目があるけど
同盟の場合は要塞作る名目が立たないと思う

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:33:31.95
もうわけわかめ

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:34:17.53
>>196
話の都合としかw
要塞なんて迂回すりゃいいだけだしほとんど何の意味も無い気がする

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:36:09.53
>>201
それしか出ないのにどこが亜光速なんだよww

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:37:14.21
記憶が曖昧なのであれだが、
氷塊にくっつけたのハザードラムだったと思うけれど、
原理的に急な加速は出来ないんじゃなかったかな?。

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:45:59.57
まあ首輪壊しの氷塊作戦は物理考証に耐えないんだから、話題にするのは無粋。

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:58:36.14
>>209
じゃあ亜光速の定義持って来いよ。オレ定義じゃなくて、学術的なヤツをな。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 21:59:18.23
>>211
勝利宣言はいいから

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 22:12:52.64
で、どうしろと?

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 22:21:31.62
>>212
いやいや、お前がもってこいよw

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 22:34:49.60
>>212
何言ってんだアホかw
光速に近い速度を亜光速っていうんじゃないのかよ
そうじゃないならその定義とやらをまずお前がだしてみろ
0.012Cを亜光速って言ってるんだからさ

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 23:03:29.80
>>216
>光速に近い速度を亜光速っていうんじゃないのかよ
「亜光速」だけじゃ、「どれだけ光速に近い」か定義されてないんだよ。比較する尺度として光速度
の方が近い場合全般を「亜光速」というだけ。
0.012%だろうが、人類は未だそのずーーーーーっと手前までの速度(加速路の中とかは除く)まで
しか達してないから、この数字でも光速と比較するしかないレベルになる。

さっさと「亜光速」の正しい定義出てみな。

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 23:44:04.90
>>213
一〇億トン×二二二のエネルギーを星間塵の核融合から得るには、
効率100%、スクープ面積10^8km^2、星間塵H密度5粒子/cm^3=5g/アボガドロ数/1cm^3として、
10億トン*222/(5*1g/アボガドロ数/1cm^3)/(10^8km^2)/光速
=2.7 × 10^22メートル=2.8×10^4光年 の距離を走らなきゃいけないぞ?

考証(笑)じゃん。

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 23:45:09.66
アスターテの場合だと、第4艦隊との距離が2200光秒で接敵まで6時間と
予想しており、この場合0.102光速で移動できることになる。
しかもじりじりと包囲網を形成しつつ前進している同盟軍側が0.1光速で
移動していることになるから、急進した帝国軍はもっと高速に移動している
と思われる。

0.1光速で進軍している同盟軍が反応できないぐらいの速度だから、
急進している帝国軍の移動速度は0.2光速ぐらいか?

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 23:49:24.07
ローレンツ因子γが顕著な値をとる速度だろ>亜光速

↓のように、0.1c以下は亜光速なんて言わない。
http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/27227/1/tenmon_92_2_102-109.pdf

0.012Cを亜光速と呼ぶのは正気を疑うレベル。

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/05(水) 23:51:14.87
>>218
以前てきとーに計算したことがあるけど、
氷塊の移動距離が40天文単位とすると、ラムスクープの直径が
2億kmになるというギャグになったw(星間物質の量は太陽系内で算出)

ヤン艦隊が2億kmのラムスクープを12基分延々と建設するという
ギャグSSを書いたことがあるw

222 :219:2013/06/05(水) 23:58:55.49
>>220
小説から最低0.1光速で移動できると読めると言っただけで、
別に艦隊が亜光速で移動できると言ったつもりはないけど・・・
ただ、

0.2光速で進軍(2時間?) →
→ ほぼ停止して第4艦隊と戦闘 (4時間) →
→ 4時方向に転進して0.2光速で第6艦隊に向かう(4時間弱) →
→ 進路を変更しつつ後背から第6艦隊に襲い掛かる。

と、10時間あまりでざっとトータル0.6光速ぐらいの加減速を行っている。。。(’’)

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 00:14:54.66
>218
それじゃあ氷が首飾りに当たるまでに2.8×10^4年かかるんですがwww

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 00:18:02.36
亜音速は何%、マッハ0.☆までが正気の沙汰なの?
過音速の正気の沙汰の範囲も知りたいです
お願いします

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 00:21:15.18
>>223
2.8×10^4年wwwwww

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 00:51:21.34
>224
横だが
亜音速といわれたらジェット旅客機の速度って思うな

227 :219:2013/06/06(木) 01:01:29.47
>>224(←日本語でおk)

まず、非常に乱暴な仮定と妄想が多分に含まれていることを容赦願います・・・

アスターテにおける帝国軍の艦隊行動は、戦闘と行軍を繰り返すという悪条件
にも関わらず、大雑把に2時間程度で0.2光速に加速→停止している。
つまり、2時間で0.4光速の速度変動を行っている(艦隊運動で)
# 第6艦隊への急襲のケースでは4時間で0.6光速程度の速度変動

つまり、艦隊運動を単純に加速前進するだけなら、1時間あたり0.2光速だから
相対論は無視すると5時間で光速に達する。
ということで、アスターテ領域なら5時間程度の加速前進で相対論的な速度、
つまり亜光速を出すことが計算上可能ということになる。

もっとも、デブリや重力場などの影響でそこまで加速できるか疑問だし、
亜光速で移動するならワープを選択するだろうけどw

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 01:11:32.47
>>217
そりゃ単に人類が出せる最高速度ってだけだw
現状との比較じゃなくて絶対値としての光速に準じる速度のことだろ
明確な定義は知らんが0.012Cなんて亜光速なんていうわけ無いだろうに
時速1`を時速100`に近い速度とは言わないw

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 01:14:42.31
>>224
詳しくは無いがwikiだとこんなかんじらしい

亜音速
サブソニック (subsonic speed)
マッハ数0.75以下。
遷音速
トランソニック (transonic speed)
マッハ数0.75〜1.25。ジェット旅客機の巡航速度(950〜1100 km/h)
超音速
スーパーソニック (supersonic speed)
マッハ数1.2〜5.0。多くのジェット戦闘機の最高速度
極超音速
ハイパーソニック (hypersonic speed)
マッハ数5.0以上。スペースシャトルの再突入時

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 02:49:05.39
まんこの臭さ


アンネローゼ>キャゼルヌ夫人>ドミニク>エヴァ>フレデリカ>ジェシカ>ヒルダ>カリン>シャルロット

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 02:58:44.54
>>196
レンテンベルク要塞も100万単位の将兵が駐屯、駐留可能数も1万隻ほどで予め弱点がわかってなかったらもっと苦戦してた。
このようにガイエスブルクだけじゃなく巨大要塞は他にも存在し、ロイエンタールは最低7箇所の要塞の視察をしてる。
必要だから建設されたのだろうし、原作内でも整備、管制、通信(超光速通信の中継?)、医療拠点として利用されてる点も強調されてたよ。

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 04:04:38.04
>>227
「おk」を国語辞書で引いてみたが、どうやら大和言葉ではないもよう
何語なの?

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 04:11:32.84
>>232
お前、つまんない奴って言われない?
それとも、指摘してくれる友達すらいない?

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 05:20:12.32
>>232
>何語なの?

ネットスラング、あるいは2ちゃん語。
ネットでコミュニケーションしてる以上、それは日本語じゃないとかいって意味を理解できない方が
問題だし恥ずかしいぞ。
インターネット黎明期からスラングは発生してるわけだからね。RTFMとか。
それを受け入れられないなら、2ちゃんねるをはじめとしたインターネットコミュニティには参加しない
方がいい。
とマジレス

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 06:09:09.19
>>200
パルスワープもワープだよ。
ワープより航路計算が簡略化されているので航路上に障害物がないことが
あらかじめ確認されている宙域でしか使えない。

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 06:11:20.16
リップシュタッド戦役が始まる前ガイエスブルクはどの位の稼働率だったか判らないが
それでも莫大な軍事費が割かれていただろうね
しかも戦時体制じゃないから士気が低く物資の横領が蔓延してそう

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 06:43:21.53
同クラスのイゼルが独立採算でやっていけたからそんなに軍事費なんてかからないんじゃないの?

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 08:47:55.24
おkは日本語でおk

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 08:59:44.68
愛のあるツッコミはいいけどただの揚げ足取りは意味ないしつまらん
地の文で書かれてる事は全てそのまま受け入れる
作中で実行されてる事は全て実現可能な科学力が存在する
これくらいは読むうえでの大前提じゃないの?
○○は有能には見えないだの、XXのような事は科学的に不可能だの
そんなこと言い出したらきりがない

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 09:53:51.94
何週間か前からずっと変な人がいるNE!

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 09:58:12.21
>>240
程度を別にすれば、常にいる……というか、変な人の集まりだろ。スレも2ちゃん自体がw

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 10:29:34.85
>>236
軍事は貴族の権力の源だから

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 11:01:58.63
>>235
「素晴らしい! 一回しか出てこない用語の定義をそこまで出来るとは、銀英伝を心底愛しておられるのですな、このランズベルク伯アルフレッド感嘆の極み!」

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 11:08:36.64
ランズベルグ伯はどういう経緯であの性格になったのか興味ある
貴族に辛いラインハルトですら悪い印象を持ったことはないらしいから、本当に善人なんだろうな

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 11:53:08.77
>>244
ただの浮き世離れ

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 12:00:14.80
>>243
反応がキモい

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 12:06:20.42
>>243
パルスワープは元ネタあるんだよ。

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 12:58:35.04
>>244
ヒルダの一言でずっとへぼ詩人呼ばわり

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 13:34:28.15
>>239
地の部分で矛盾と言うか意味不明な箇所が結構あるんだよw
例えば1巻のイゼルローン攻略
ヤンは4月27日に出発し24日かかってイゼルローン回廊に入った
しかし要塞では5月12日あたりから通信妨害がはじまってる
同盟も帝国も暦は同じだから日付がずれてるってのはないし

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 13:51:20.12
そんなもん作者が勘違いしたんだな、で終わる話じゃないのか?

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 13:51:50.28
>249
どこにも矛盾はないだろ
艦隊が24日かかったってだけ
先行する偵察部隊があってもよかろう?
というよりあるのが普通ではないのか

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 14:02:29.43
>>251
いや14日〜15日にかけて同盟軍の攻撃が始まってシェーンコップに要塞占拠されてる
てかよかろう?とか言う前に読んでから言ってくれよw

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 14:39:21.95
14日の間違いなんじゃねw
首都から要塞まで大体2,3週間だったと記憶してる。回廊の侵入自体なら2週間で足りると思うし。

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 14:48:41.19
ハイネセンからイゼルローン要塞までは、巡航艦単艦で早くて19日かかる
外伝のイゼルローン日記ではそうあった

艦隊行動ならもうちょっと遅いと思うから二十数日程度か

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 14:50:20.21
巡航艦じゃなかった、新造駆逐艦カルデア66号だった

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 14:50:44.57
地の文を受け入れるとは間違いや矛盾に対しての物じゃないと思うが

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 17:16:31.48
まあ世の中指の本数間違えたり、左右間違えたり、キャラクター自体間違えたり無茶苦茶多いからなー

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 20:57:42.48
アベノミクスじゃないけど門閥貴族が排除されて、富の再配分と
投資の増大等で、国別勢力比が一気に増大するんでしょうか?

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 21:39:04.46
指の本数が間違ってる時「指が6本あるw」とツッコミ入れてネタにするのはいいとしても
真顔で作者は人間の書き方を一から学べと言い出す奴は馬鹿にしか見えない

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 21:41:23.58
>>258
なんかよくわからないけど帝國って大英帝国みたいにバンバン侵略して
植民地にして搾りとるって認識でいいのかな
とにかく版図広げるために他の銀河系に攻め込んだり紛争起こしたりって
描写が無くてただひたすら同盟だかヤンを敵にしててこずってるって印象しか
ないんだよね

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 22:19:15.84
どっちかと言うと帝国は現代中国じゃない 特権階級の党幹部や
官僚が民衆を支配している。
仮に、今の中国で軍事革命が起きて大富豪達の資産を没収して
富の再配分と投資の増大等で国力が増大するとも思えんが・・・・・。

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 22:36:15.86
>>261
単なる革命思考だわな。
ガラポンしたい左巻きの基本思想だから、国力増大とか口だけよ。

国力はともかく、門閥貴族の莫大な財産没収、税制改革で税収増だし、その資産の運用次第
では平民レベル経済を活性化させられるだろう→さらに税収大。政府としては強靭になるだろ
うね。
ただ没収財産の効果は長くは持たないだろうし、貴族への課税も長い目で貴族層を枯死させ
るのが目的だから、有名無実化するのも遠い未来ではない。ドーピングが効いている内に
どれだけ平民=中産層を富ませられかだ。

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 22:54:09.10
>>260
>なんかよくわからないけど帝國って大英帝国みたいにバンバン侵略して
>植民地にして搾りとるって認識でいいのかな

たぶん違う。
同盟とフェザーン以外の勢力はないし、ゴールデンバウム王朝時代にはどちらも
侵略して植民地にはしてないから。


>とにかく版図広げるために他の銀河系に攻め込んだり紛争起こしたりって
>描写が無くてただひたすら同盟だかヤンを敵にしててこずってるって印象しか
>ないんだよね

帝国黎明期には版図を広げるために積極的に銀河辺境を開発していったって
本文で解説してあるじゃん。
他の銀河系に攻め込もうにも、そこに先住民や他勢力がいる訳じゃないんだから、
それは紛争ではなくて普通の開拓だ。
で、人類から帝国黎明期にあった開発熱、拡大熱が消えて停滞・縮小の時代が
物語の背景。

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 22:58:09.88
その辺読めば誰にでもわかることだからなぁ
せめて読んでから質問なり雑談なりしようぜ

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 23:03:21.69
>>264
序盤の難関と言われていたな。序章

アニメだとバーミリオン後にやるから、御新規は当分知らないままって状況だろうなぁ。

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 23:03:34.29
2月アスターテ
5月14日イゼルローン陥落
8月にハイネセンから出撃して10月14日にはアムリッツァで戦闘
12月3日にはイゼルローンに赴任

1巻はやっぱ作中時間2年は欲しいな  ヤン働きすぎw

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 23:12:31.21
>>266
これだけ働いてれば、そりゃ退職したくもなるな。
もしかしたらヤンの「やめたい」発言は鬱症状なのかもw

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/06(木) 23:44:19.63
>>258
まず最初に門閥貴族の領地、財産を没収しただけで、
帝国の財政赤字は解消される。

財政健全化したうえで、未発達だった平民階級に投資や産業を興す、
そしてそれを命令、実行するのは独裁的な権限をもった皇帝、宰相で、
国家全体の利益のために情け容赦なく改革をすすめる。

日本みたいに民主国家で、さらに経団連とかから金もらって尻尾握られている政治家にはできんよ。

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/07(金) 00:49:05.30
>>266
宇宙船生活が苦ではない上に半年近くは移動時間だから救いはあるのかも
それでもアスターテ以降ヤンの酷使のされ方は異常w

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/07(金) 06:40:39.57
>>266,269
一方で、ヤンは有給休暇を誰よりも消化しているんだよなw
自らが戦闘指揮をとってるとや作戦を考えているとき以外は
とことん休養してるから、壊れずに済んでいるのかもw

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/07(金) 18:12:04.22
>地の文で書かれてる事は全てそのまま受け入れる
それやるとエスエフじゃないスペオペならまだしも
信者や筆者が売りとしたい歴史や政治小説の範疇に入れるには無理がありすぎる
ファンタジー小説くらいでちょうど

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/07(金) 21:44:51.97
ラインハルトは獅子帝じゃなく「俺が俺が帝」だろ
ヤンは「自堕落提督(笑)」だな

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/07(金) 22:00:14.06
無責任提督ヤンですね。分かります。

あの時代のMADって、今は動画サイトでも見られないのか。

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 01:03:07.04
>>250
これは勘違いやミスの類なんだろうけどじゃあどっちが正解なんだろう?ぅて疑問に思うでしょ
揚げ足取りでもなんでもないよ
>>253
14日だと寄せ集めの新規艦隊なのに異様な速さなんだよね
なんせ偽装のために最初の3日は逆方向に進んでいるから実質11日以下で回廊入りしてることになるし

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 04:53:54.27
>>272
優秀な野心家ではあるけれど独裁者としてはあんまり優秀じゃないよなw
個性的な部下をもてあましてる感があるし秘密警察潰すとか変に美学に拘って甘い部分もある
敵がいるうちは何とかなっただろうけど統治が長引くと危ういことになったかもね

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 09:59:53.07
>>275
美学というか純粋―お子様なんだよ。姉を奪われた「あの日」で止まってるような。
軍人として、為政者として突出した才能と裏腹の性質を持つのがラインハルトなんだよ。
そういう意味で、ヤンと同じく「矛盾の人」なんだ。

>敵がいるうちは何とかなっただろうけど統治が長引くと危ういことになったかもね
敵対勢力になりそうだった貴族は脅威の高い方から潰したし、残りも牙抜いた状態。代わりに
平民層からの絶大な支持を受けている。旧帝国内に限れば不安要素はないね。
火種と言うなら新領土だろうな。旧同盟勢力がそのまま息を吹き返すとは思えんが、ヤンたちの
おかげで民主主義の種が残ったことが、旧同盟内の潜在的な反帝国感情にどう影響するか。
ラインハルト自身は治世に関しては特に理想も理念もない責任上のことでしかないから、極端な
圧政もしないだろうが場当たり的になって、それが不安感を呼んだりしてな。

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 10:08:17.61
作者の名前教えてくださいm(__)m

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 10:19:11.93
陳舜臣

279 :(゜∀゜):2013/06/08(土) 10:35:55.13
>>275
それはないでしょう。

秘密警察潰したのは、ゴールデンバウム王朝時代、密告だけで無実の罪で投獄して拷問して殺したり、
組織内の汚職とか腐敗がすごかったことが書かれている。
よって一回潰す必要はあったかと思われる。
だが、秘密警察のような存在は不可欠として、
オーベルシュタインの言をいれて内国安全保障局などあっさり作っていることから、
ラインハルトは秘密警察のような影の部分も帝国には必要だと考えていると思われる。

またケスラーの憲兵隊や帝国軍による地球教徒討伐のように、
本拠地の地球教本部の攻撃や、支部に対する憲兵隊の武力鎮圧など、
国家権力、軍隊による弾圧をあっさり許可していること、
地球教徒の取り締まりの薬物や拷問などを使った苛烈な取り締まりなど、
甘い要素なんてないよw

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 11:01:46.14
秘密警察である必要ないのにね
公然と公安機関があからさまに行動すればいい
その方が市民は恐怖政治とは感じない
諜報機関はまた別のテリトリーだし

281 :(゜∀゜):2013/06/08(土) 11:23:04.67
>>280
公然と取り締まりができない事例もあるんでしょ。

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 11:41:43.64
日本だと公然と取り締まれないと
言いがかりのような別件逮捕
いつの間にやらの暗殺
情報暴露による社会的抹殺
なんかで対応するな

秘密警察とどっちがましだろ…

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 12:37:37.35
監視カメラ付きのルドルフの像はどうなったんだろう
通るたびに足止めて、いちいち敬礼していたらたまらんなぁ

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 16:00:19.60
>>280
もう外敵がいないし支配層の最大の敵は平民になってくるんじゃね
フェザーンや同盟からその手の思想や価値観が流れてくるしそうなると止まらない
皇帝様サイコーマンセーやってるのは帝国側の奴らだけだし
割とマジで秘密警察じみたもんがないと押さえが利かなくなりそう

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 16:16:11.09
内国安全保障局はどなったかな 初代長官が反逆罪で処刑されたし
解体はされんと思うが、また名称が変わるかもな

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 16:27:30.53
>>284
>フェザーンや同盟からその手の思想や価値観が流れてくるしそうなると止まらない
その価値観も腐敗していて、皇帝ラインハルトに敗れたわけでな。
極端な圧政なしなら、その記憶がなくならない限り、旧習に流れるということもそうあるまい。
フェザーンはともかく、同盟は政治意識がどれほど残るかだな。意識の高いヤツはバーラトに
移る可能性が高いし(というか共和系政治犯は押し付けてもいい)、大半は生活が安定すれば
受け入れるだろう。

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 16:59:03.96
価値観が腐ったから負けたんじゃなくて単に隣国に巨大な軍事勢力が台頭しただけじゃね?
思想対決じゃなくて殴りあいやってラインハルトが勝っただけで

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 17:26:46.76
>>287
負けて征服されたという事実の前には、そんなことは関係ない。しかも占領統治は予想や
政治宣伝と真逆の、マシなものでしたとなればな。
同盟は長年、対帝國で煽りまくっていたのだから、「完敗しましたorz」以外何もでもない。
その責任つーか後始末すべき筆頭のトューニヒトは帝國に尻尾振って逃げるし。同盟市民側
の一方的な認識として、思想的敗北でもあるだろ。

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 17:49:59.76
長年 悪の帝国と批判して、同盟を統治してきた政治家にしてみれば
帝国に善政されたらたまらんだろうな
平和になって税金が安くなるだけでも民衆にとって生活が助かるからな

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 18:28:45.01
実際同盟の市民が差別や圧政の対象になる訳でもなく
旧帝国領同様公務員の態度が改まったりしたら
大半の市民は帝国の支配を受け入れるだろ
ヤンが善良な支配者の下で市民じゃなく臣民になるのが耐えられないと言った所で何の意味もない

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 19:35:32.01
旧同盟市民にしてみりゃ、それまでゴールデンバウム朝の帝国との戦争で財政圧迫・
人手は徴兵で持ってかれる・アムリッツァでの大敗やクーデターでヘロヘロだったのが、
最終的な敗戦を機に、他国に統治されたとはいえ、平和になって景気も上向く、
汚職や不正でぬくぬくとのさばっていた奴らはしょっぴかれるなら、「こっちの方がいいじゃん」と
思うようになっても不思議じゃないもんな。

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 20:49:08.84
戦争に負けて平和で豊かになったら、同盟市民の誰かがこう言わないか
俺たちは何で150年も戦争してたんだろう って・・・・・・

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 21:00:55.81
ただハイネセンに限定すると、帝国に征服される前よりも生活基盤はガタガタになってる。




主にルビンスキーの火祭りのせいなんで、別に帝国が悪いわけじゃないがw

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 21:07:04.28
ところで、もうすぐオーベルシュタインごっこができそうだぞ。
ttp://crx7601.com/archives/29014356.html

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 21:08:30.91
あふぃい

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 21:15:10.49
主義主張なんて生きるための方便だからな。
専制政治になろうが民主主義になろうがちゃんと政治やってくれればどっちでもかまわんよって層がいつの時代も大多数だからな

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 21:18:07.38
SFではその問題の解決案の一つに、「脳内インプラントを用いた直接民主制」とかがある。

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 21:21:09.99
>>292
ゴ朝に負けたから戦争に負けて平和で豊かになるのであって
その150年間の間に負けていたらえらいことになっていたんじゃなかろうか。

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 21:52:43.28
同盟を征服できるお金があっても、貴族がウマウマするからその心配はないw

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 22:05:06.24
アレクが成長して足利義政みたいになってメックリンガーを重用したら
ビッテンフェルトが面白くない

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 22:15:33.59
ビッテンが後々害になることは本人以外の誰にでも分かるから、
識見有る奴が寄って集ってビッテンから実権を奪うから無問題。

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/08(土) 22:41:20.81
ビッテンは大久保彦左衛門ポジだろ 他の7元帥が退役した後も
軍に残っていそうだ。

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 05:02:35.02
逆に生活が豊かになったら脳内補正された民主国家時代を良しと思う人が出て来そう

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 11:17:27.52
三番街の夕日

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 12:15:53.18
ビッテンフェルトなんて問題にもならんだろ
オーベルシュタインもロイエンタールは危険視してたがビッテンフェルトは眼中になかった
ワーレンミュラーと三人まとめてお前らいなくても問題ないよね?と言ってのけた位だし

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 13:05:31.22
>>303
皇帝独裁の帝政を支えた貴族軍役人の内貴族階級がほぼ消滅してるしなぁ
で平民層がお役所や軍を構成するようになる
それに加えて大資本が国内で物凄い勢力を持つようになるだろうし
彼らの利害と帝政が衝突する時がいつかは必ず来るんだろうね
後世の歴史家さん達は明らかにロ朝が滅んだ後か体制が大幅に変わった時代の人達だし

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 16:26:37.86
>>306
だが、
ラインハルトがいなけりゃ、貴族どもが内乱で帝国が分裂状態になる、
っていうのは小説に書かれているからな。

帝国分裂の危機を救ったどころか、150年も続く戦争に終止符をうち、
帝国、同盟、フェザーンの三大勢力を滅ぼして、
新しい統一された国を作ったのだから、社会的には功績のほうが大きいと思うぞ。

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 18:48:50.44
>>307
ロ朝がいつか滅んでも
それは金髪の評価とはまた別問題な気がする。

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 18:49:57.33
>>307
なんか話がかみ合ってないなw
ラインハルトの功績がどうとかって話じゃなくてロ朝がどう終っていくかって話だよ
ただの予想だから別に地方軍閥の蜂起とかでもなんでもいいんだけどね

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 20:00:22.25
貴族階級がなくなったとしても
七元帥や黎明期の官僚連中の家系が実質貴族みたいな立ち位置になりそうだけど
現在の民主主義国家でも財界や政界は世襲制に近い状態だしな

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 20:02:51.67
そりゃ、民衆に意思も能力もなければそうなる。民衆が阿呆ならそうなる

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 20:23:06.50
財界の世襲は民衆があほだからされてるのか?

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 20:45:44.27
>>312
>財界の世襲
それが何か問題か?

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 20:55:31.09
官僚は粛清されていないから、ゴ王朝時代の民衆を抑圧した官僚が
そのまま素知らぬ顔で生き延びているんだろうな
フェザーン遷都で新しい人材が入ってくるとは思うけど

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 21:14:52.76
>>314
ブラ公側につくような大貴族出身の高級官僚はいなくなって
大貴族出身でも中立かラインハルト側についたのしか、残ってないでしょ
元々下級官吏は、キルヒアイスの父親でもなれてるんだし

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 21:18:32.66
カール・ブラッケかオイゲン・リヒターかどっちか忘れたけど
ラインハルトの帝国改革に積極的に協力してもしローエングラム体制が民衆を損なう政策に転じたら
それまでに体制に抵抗出来るだけの市民を育てなければと言っていた
ふたりは帝国の獅子身中の虫じゃね
帝政を維持する事に関しては

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 21:30:10.32
カール・ブラッケもオイゲン・リヒターも結局は体制に取り込まれたかな
最初に出て来た時は、ブラッケさんは反乱でも起こすのかな と思っていた。

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 21:33:35.03
公務に従事してる以上大半の官僚はそのまま残ったんじゃないかね、ブラ公は夜逃げしたし、
ついていこうとしても逮捕されるし。抗争中行政が特に停止したとかそういう話ないし。

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 21:43:49.15
リヒテンラーデ宰相を処刑した時、繋がりの深い官僚は追放したんじゃない。
それだけでも相当な数になるだろうけど

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 21:44:27.35
>>316
市民の政治を見る目を養うのはローエングラム朝にとって損にはならない
嫌がるのは義眼だけ

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 21:49:45.93
義眼は別に二人を敵視していなかったよな 監視はしていたみたいだけど  

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 22:01:34.83
オベにとってはシルヴァーベルヒの方が危険だったんじゃね
国家の財産を私物化する皇帝に対して批判的だったし、皇帝の権力に法で制限を加えようとはしそうだけど、
オベの権限外だな、生きてたらどこまで口出ししたかはわからないが。

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 22:19:57.27
>>322
シルヴァーベルヒって危険かいな?(オべ的にも)政治的野心もなささおうだし。
あくまで人類がいまだ見たことないような建造物(だけじゃあないだろうけど)
などの建築を実現するためにある程度の地位は必要とか言ってただけのような。

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 22:36:09.32
>>323
ラインハルトが珍しく誰かの死に執着して政治面での負担をキルヒアイスの代替として補佐しうる人物と見込んでた。
ラインハルトは文官と武官と区別してお互いの領域には口出しすべきではないと考えていたけど、宰相だけは別としていて
その宰相にシルバーベルヒはなるつもりだった。
マリーンドルフ伯のように立場自体が危険でさらに能力も野心も十分にあった。

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 22:48:45.14
>>319
別にリヒテンラーデと繋がりあだった人でも
ラインハルトが権力者になったら、言う事ホイホイきくだろ
あの特に引き立てられた、政務秘書官は追放されただろうけど
ゲルラッハなんかは自ら引いたけど
自分は危ないと思ったらあれで退職したんじゃね

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 22:57:40.17
>>324
どうかな 能力は十分にあったけど、野心はあくまでロ王朝で辣腕を
振いたいというのであって皇帝に取って代わろうと言うんじゃないから
危険とまでは言えないのでは
宰相としての権力自体危険というのもわかるけど・・・・・・・・。

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 23:10:46.64
それだとキルヒアイスを危険視して排除した理由にならないからねぇ
立場→マリンドルフ
能力+立場→キルヒアイス
能力+立場+野心→シルヴァーベルヒ
皇帝にとってかわろうとすればオベが動くまでもなく勝手に軍部がロイエンタールやミッターマイヤーが排除するが
絶対権力を持つ皇帝に影響力の大きい立場を利用するだけなら皇帝の意思に沿う限り手出しが難しいので危険視する。
オベなら宰相にまでする必要は無いというと思う。

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 23:34:51.14
オーベルが危険視するのは
キルヒアイスやロイエンタールのような軍人の枠に収まらない能力の持ち主だろう
純粋な軍人タイプはビッテンやミュラーはおろかミッターマイヤーですら眼中になかった

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 23:44:46.49
マリーンドルフ伯が国務尚書のまま皇帝の父になるのを危険視してたから、軍人がどうのという問題じゃない

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 23:54:19.18
戦争屋は戦争以外じゃダメダメだから政治のトップになるなんて事はないからおk→諸将達
政治家はその口で軍部をも操って扇動出来るからアカン→マリーンドルフ伯・シルヴァーベルヒ
戦争出来て政治も出来るとかなにそれ怖い→ロイエンタール
戦争出来て人民からも信望が高いとかヤメテ→ヤン

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/09(日) 23:58:41.16
マリーンドルフ伯への牽制は文字通りの牽制でしかないと思うけどな

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 00:02:30.47
牽制した時はまだ可能性レベルの話だったからね

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 00:07:10.14
>>330
皇妃の父で、皇太子の祖父という立場は強い 確かに軍を扇動できる
だけど、シルヴァーベルヒはどうかな? 能吏というだけで軍は扇動
されないのでは

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 00:23:21.05
>>333
政争と軍の内部での対立が結びついて…というような
リヒテンラーデと金髪みたいな展開も有り得るんじゃないか。

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 00:23:45.37
特権を利用して皇帝を通じて、という意味じゃ

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 00:38:42.29
>>328
ミッターマイヤーに関してはオーベルは眼中にないというよりその忠誠心や高潔さを評価していた節があるんじゃないかな
短期間とはいえフェザーンの征服統治をそつなくこなしていたし,ミッターマイヤーは意外に政治家の資質も持っているのかもしれない
本人は軍人の枠からはみ出したくないと言っていたが

ところでマリーンドルフ伯がミッターマイヤーに国務尚書の席を譲りたいと内々に打診していたが、ラインハルトからは事前に承諾をえていたのだろうか?
勝手に話を通していたとしたら、とんだ越権行為だしな
もし承諾を得ていたしたらラインハルトを通してオーベルの耳にも入っていただろうし、オーベルはこの人事に反対しなかったんだろうか
元帥号持ちが文官のトップ(?)も兼ねるなんて、オーベルの嫌いな権力の集中になるだろうし

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 01:07:06.89
いくら何でも軍は辞めるだろうし、文官が軍事に口出しする権限はないし。

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 01:11:10.67
>>336
ラインハルトから事前に承諾?
マリーンドルフ伯が勝手にラインハルトに推薦したって流れだったよね
ミッターは推薦されたの知って、ビックリしてた
で、ラインハルトは辞任しようとする伯爵の気持ちは分かるけど
後任決められず、ずるずる伯爵は国務尚書のままだった

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 02:22:51.75
ブラ公は国賊、賊軍認定したのはよしとしよう
その後のクーデターはよろしくないな
なぜクーデターを蜂起したのか、国民に説明して納得したっけ?
『どさくさだけど、もう君達は門閥貴族から自由になれるよ〜ん』
程度の演説でいいんだけど

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 03:24:57.50
>>339
説明はしてないし、民主主義国家じゃないから別に国民には説明も必要ないだろ。
仮に演説してたとしても、そんな些末な事は別に描写しないと思うよ。

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 04:07:28.05
>>328
キルヒアイスやロイエンタールは能力的に危険視してたというより
越権行為で規律を乱すから危険視してたんだろ
キルヒアイスはラインハルトが贔屓しすぎて臣下の枠を超えてたからだし
ロイエンタールは本人に野心があり、私生活は真っ黒で外部から利用されやすい所を危険視した

どっちもただの有能だったら危険視はされなかったよ

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 05:20:28.46
ロイエンタールの私生活なんてオーベルシュタインはなんとも思ってないだろw

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 06:49:49.51
>>327
キルヒアイス危険視は、ラインハルトとの私的な近さ、武威で立つロ体制における武でのナンバー
2、それにともなうカリスマでもナンバー2という、至高であるべきラインハルトを食いかねない―
しかし、存在の近さ故にラインハルトからは切りにくい外戚的存在になりそうだったから。

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 07:49:06.53
オーベルさんは自分の理想と目的に合致しない奴を排除する思考で動いてただけだからなぁ
これを推し進めていくとオーベルが地位とかはともかくナンバー2というか影の支配者になっちゃうんだけどね

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 08:00:38.74
ナンバー2はそのうちトップにとって代わることが確定しているが
光の影であるならば、光が失われれば影もまた失われるからな

オーベルシュタインのありようは殉死の発想に近い感じ
キルヒアイスは、殉職であって殉死じゃないな

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 08:23:36.31
クーデターすると国民に対して
民主制なら説明必要
君主制なら説明不要
そんなものかねぇ
仮に万が一、日本で蜂起成功した場合はどうなんだろう

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 08:28:37.38
どんな形のクーデターにしろ、愚民に説明不要!
の形になるのは間違いない

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 09:11:18.51
ミッターマイヤーは(他の6人もだが)
30そこそこで元帥になって平和になって
何するよ?ってなったら政治家くらいしか行き場がない
メックリンガー位だろ他才があるのは

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 09:16:09.96
106.4光秒の距離を1880秒後にレッドゾーンになるくらいの巡航速度はあるらしい
@シヴァ星域会戦

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 09:58:19.94
>>317
ブラッケは民主主義の原則論に拘り過ぎていたから早まった行動に出て
ラングに付け込まれてオーベルシュタインにいずれ粛清されると思っていた

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 12:03:31.21
>>349
1100光秒を21600秒で進む戦闘時速度もあるね。アスターテ会戦。同盟の方はそれほど出してないとするともう少し早いかな。

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 12:36:26.95
>>310
しかし、現在の民主主義国家だと、実質的に行政を動かしてる官僚層はほとんど2世がいないし、なんとかなるんじゃね?
政治家に比べて親子官僚がずっと少ないのは、官僚は自分の子に官僚を勧めないかららしいが。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 12:37:42.68
>>323
政治的野心無さそうって、宰相目指す気満々だったじゃないですかー

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 12:41:30.05
>>343
キルヒアイスが一命をとりとめ、ラインハルトが相変わらず無性欲生活を続けるうちに、
キルヒアイスがアンネローゼと結婚して子供が生まれちゃうと、オーベルシュタインがどういうスタンスになるのか気になる。
キルヒアイスがアンネローゼと結婚して、大公かつ元帥になるとオーベル的には心配事の種だろうが、
子供が生まれるとその子がローエングラムの血統を継承する唯一の存在になりかねない。

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 13:25:07.67
>>352
外務省じゃ外交官試験があった時は世襲が多かったよ
でも使えない奴ばっかだから問題なって廃止されて、T種試験に統一された
こういう特別採用枠をもうけない限り、まぁ大っぴらに世襲される事はないな

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 13:27:03.39
ぶっちゃけオーベルに限らず誰でも気にすると思う。
宮内省と司法省がヒルダの扱い悩ませてたように。帝室法で明確に皇后の権限を制限するかどうかとか。
ベルヒにしろ異常な才能持つ奴が皇帝の傍に侍ってあれこれ口出しできるようになれば、いくら実績あったり行動が正しくても別問題。

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 13:34:45.50
皇帝自身が世襲否定方針うちだしてるんだから
ローマ帝国皇帝みたいに引き継ぎゃ方法論として全く無問題

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 13:36:28.58
>>353
テクノラートとして好き勝手絶頂する手段としての権力志向だから、逆に言えば皇帝直下で
好き勝手やらしてもらえる環境が貰えれば、世俗権力にはたいして興味ないような。

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 14:06:48.03
>>353
彼本人が言ってるように、自分の実現したいことを為すためにはそのくらいの
地位が必要ってことであくまで目的ではなく手段だからな。政治的野心っての
とは違うと思うよ。

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 14:16:00.59
つーかロ朝陣営で政治的野心を持っていたのはロイエンタールくらいだろう
他はあえて言えばレンネンカンプとグリルパルツァーくらいだが死んじゃったしな

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 14:17:24.58
他所事には興味ないから自由に人を動かせる権力だけは欲しいといってたとして信じる奴がどれだけいるのか。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 15:12:07.72
小説の話なんだから読者が信じてればいいじゃんか。

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 15:15:42.47
>>360
レンネンは政治的野心なんかないだろ。彼は軍人としての出世欲だな。

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 17:06:25.68
変わりましたよ姉上
自分の愛情と熱意がその対象となる人々の幸せを
約束すると信じることが出来なくなりました

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 17:21:35.59
それは変わっていない

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 19:47:51.21
>>317 >>350
ブラッケが和約を結んだ後にでもハイネセンに行って民主主義に
ついての感想を聞いてみたいな
後 帝都でトリューニヒトと会ったらどんな会話をしたかな。

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 20:10:04.77
オベって姉上を危険視してないけどマリーンドルフ伯は危険視してるよねなんで?

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 20:12:34.59
>>348
植木職人になったら笑うw

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 20:24:25.30
軍人辞めても家業継ぎやすいよね、ミッターは。
でも護衛無しに植木屋だか花屋だかやってるのがバレて広まったら誰かしら暗殺しにくる奴が出ると思う。

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 20:31:31.87
>>367
向こうから引っ込んでくれたし、排除する理由も必要もない。
女だし、血縁だけど配偶者or後見人いない世捨て人状態……脅威になる要素はないし、血縁者
ならバックアップもなりえる……。
「それを捨てるなんてとんでもない」

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 21:43:25.63
勿論口を出してきたら黙らせるし自分にとって邪魔なことしたら排除するんだけどねw

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 21:52:04.22
>>367
血縁も実力も十分にあるれっきとした純正帝国貴族だから
カストロプ叛乱の時も親戚の間で人望があったから交渉役を務めたくらい

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 21:52:50.29
>>369
植木職人は世を忍ぶ仮の姿で実はローエングラム流暗殺術を駆使したロ朝を影から守る仕事人とかなんじゃねw

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 22:07:35.62
>>373
メックリンガーは筆が凶器でアイゼナッハは無口な揉み屋ってところだな

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 22:08:05.83
メックリンガーの筆は拷問専用

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 22:14:32.51
マリーンドルフ伯自身がどうあれ、皇妃の使える手駒として国務省書がいるのはオーベルシュタイン的には十分危険だろう

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 22:31:02.34
伯がなんで国務尚書なんだろ
公とか侯あたりがなるんじゃないの?

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 22:38:10.71
ラインハルトは、事実上爵位制度を廃止したからだよ
ミッターマイヤーが国務尚書に推されていたが、ミッターマイヤー自身は爵位を持っていない
こっちこそ問題だろう

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 22:43:44.29
何故に公や侯がなるものだと思ったのか理由をきいてみたい

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 23:09:01.19
今調べたら宇宙艦隊司令長官くらいは伯爵の次男坊でもできるのか
ラインハルトが侯爵になって司令長官やったから侯爵クラスじゃないとだめだと思っていたわ

ただ、いまだに公侯伯子男はわかるがどれがどのくらい偉いのかわからねー

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 23:10:20.77
多分同じ人なんだろうけど
原作で確認せずに個人の妄想で一気に突っ走るやついるよねここ

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 23:15:38.75
>377-381
自演乙wwwwwwwwwwwwww

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 23:21:03.29
自演して騒ぎを大きくするのが好きなの

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 23:32:40.28
こういう奴ってどこまで本気で自演だと思ってるんだろうな。そりゃ世の中ほんとに自演してる奴もいるだろうけどさ。

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 23:38:26.95
強制ID出ない板は全部自演。ついでにこれも自演

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 23:44:01.76
ヤンもカイザーも自演やったんや!
戦争はみんな自演から始まったんや!

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/10(月) 23:44:06.42
>>380
役職が大貴族の独占になるな

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 00:11:29.46
ジギスムント痴愚帝に解任された財務尚書なんて帝国騎士だったけど
尚書クラスはほぼ大貴族がなってたんじゃない
クロプシュトック侯爵家なんて、6人も国務尚書出してた

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 07:33:46.91
>>377
>公とか侯あたりがなるんじゃないの?
もういなかったんだろ。リップシュタット前後で潰されて……

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 07:34:10.52
>>380
公爵や侯爵しか高い地位につけないんだったらもっと早くゴ朝は滅亡していんじゃ?
特に軍人は爵位だけで高い地位につけたら無能な高級軍人ばかりになって戦争にぼろ負けしかねん。
もちろん大貴族は昇進早いとかの特権はあるだろうが、あるていどは能力主義で出世できるんだろう。

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 07:40:24.50
>>388
そういう人材を供給するのが貴族の本来の役目だからな。
人材育成システム整えやすい大貴族一門に集中するのは珍しくない。また、そういう人物は
どこかの門に取り込まれることで、互いの利益にしているし。

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 08:08:33.94
>>390
いちおう、第2次ティアマトの前でも平民出身のコーゼル大将とかいたし、
コーゼルはあそこで戦死しなければ、軍務省次官・上級大将までは昇進のレールが敷かれてたみたいだしな。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 08:21:24.81
>>389 390
そんな決まりはないよな。結果として就いたものが貴族だったとか、大貴族の
方がなりやすいってとこだろ。

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 09:26:33.78
ミュッケンベルガーが宇宙艦隊司令長官だったのは大貴族だから
メルカッツは爵位以外の全てでミュッケンベルガーに勝っていたが上級大将どまり
結局トップは大貴族以外なれないようにはなっている

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 12:29:20.43
帝國側の主役の出世シナリオのためのガイエの都合と
リアリズムに考えております
もしメルカッツが三大長官中の一人だったら…
爵位や貴族や平民に関係なく出世できるシステムだったら…
ミューゼル君のシナリオが進行しないっすよ
どうしましょう

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 12:31:52.57
>>394
メルカッツは上司に付け届けやゴマ擦りを一切しないタイプじゃない
逆に部下にはけっこう配慮しているみたいに見えた
それも出世が遅かった要因じゃね

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 12:56:48.23
下っ端貴族出身のメルカッツだから、上級大将までなれたのは、まぁ万々歳なんじゃないの
エーレンベルク元帥も門閥出身で、元帥となると下っ端貴族はなりにくかったんじゃないのかな

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 12:59:03.31
当時のミューゼルを考えればなれるかどうかなんてすぐにわかるじゃないか

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 13:04:52.55
財務尚書は子爵だし、ラインハルトは地位に相応しい爵位を用意してもらったんであって先に爵位があったわけじゃないし。
平民大将がいたのも、結局後見人次第だろ
貴族社会だから地位に相応しい爵位を後見人が適当に用意しないと、軽くみられて仕事がし難いべ。

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 14:57:26.83
コーゼルは第二次ティアマト会戦で、貴族出身の高級軍人が多数死んで
平民が出世しやすくなる前に、大将なってたからな
能力はあったにしろ、それだけじゃ出世しにくそうだしな

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 15:08:12.87
出世は能力が全てじゃないからな
メルカッツが総司令官でミュッケンが一艦隊司令官より逆の方がうまく回りそうな気がする

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 18:43:31.88
>>394
制度・慣習じゃなく、後押しする力の差だろう。
現代だって階級が上がるほど、派閥とか上官との関係(将が見えてくると、政治家とのパイプ)
その他、「政治力」が影響してくる。
格下の貴族というのは、政治力で負ける場合の方が多いだろうな。

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 19:37:44.11
怒り等の感情で戦艦の攻撃力が上がる謎設定
槍や刀で戦う時代ならまだしも

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 19:40:05.42
>>403
???どの場面のお話? 戦意が向上するのはあるが、戦艦の性能が上がるとは

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/11(火) 23:33:25.38
きっと
ゴーデスへのボタン連射に必死になるとか
補給班の動きが機敏になるとか
火事場とかやけっぱちみたいな〜
つまり予測不能の発狂モード
イミフ操艦で敵が混乱する。こんな描写ってよく出てくるよね

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 01:37:23.22
>>401
メルカッツが総司令官になって彼が負けない算段で戦をしてこられたら
同盟のどの将帥が当たっても勝てないような気がする
ヤンにしたって付け入る隙がないとか言って頭を掻いてそう

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 01:53:05.51
帝国って即位何周年とかにあわせて叛徒を凝らしめるみたいな名目で
実質は武勲稼ぎに出兵しているのに、諸葛亮の北伐みたいな
自分から攻めてきておいて負けない算段なんて地味な戦いは
総司令官には許されないような気がする

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 02:22:59.19
戦争なんて地道で地味な勝利の積み重ね

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 04:07:51.64
なんか戦いが二次元上でしか動いてなかった気がするのは想像力の欠如?

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 06:38:09.20
そうですよ、ちゃんと読みましょう。

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 06:57:27.02
>>409
>想像力の欠如?
我々のw

文章だけで立体機動を表現しても、読む方がわけわかめになるw

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 07:56:31.04
小説(特に航空関係や空戦もの)の全否定かよ。w

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 08:52:43.62
おそらくー
活字文章にはふさわしくない方の意見ですね
「街中を歩く人々」
これを、全裸かな?チンコ、オッパイ丸出し?
と考えるようなもの
普通は服着てると思うでしょうが
おそらく脳幹細胞に損傷受けていて
裸ではなく服着てるぞの一文を追加しないと納得しないのでは
活字離れした人達に多いんですよ。そういう屁理屈

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 09:00:41.45
立体機動とか言い出すのはもろ某進撃の影響w

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 09:07:52.31
某進撃某?
東丈(一浪)がサイキックで幻魔と闘うネタ?
マジで立体起動ってなに?

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 09:15:02.82
415です
わかった、わかった、ごめん
生身の人型決戦兵器のようなのが沢山出てくる
ヱヴァンゲリヲンみたいなアニメ漫画でしょ?

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 11:51:39.33
>>409
あんまり突っ込むのは野暮だよw
作者がそこら辺考えるのを放棄してるし読者としても活字で3次元機動を理解するのは難しい
というか銀河ってタイトルだから誤解してると思うんだがこれはそんな壮大な話じゃないぞ
どっかの大陸の抗争を特にブラッシュアップとかしないでそのまま宇宙にもってきただけだ

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 13:11:19.37
ミッターやビッテンはよく突入部隊の先頭に立って突っ込んでいくがまともな指揮官のやることではない
だが、銀英世界でそれを言うのは野暮にしかならない
王虎のあまりに迫力にミサイルやレーザーも避けていくようだ、なんて描写されるくらいだからなw

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 13:15:38.43
あまりに迫力に

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 13:23:23.58
またリアリズムに考えるが
読者が神の視点から感じたいなら克明な立体描写もありだが
大気圏内での水上戦闘や空中戦
古代、中世、戦国の兵同士のどつきあい
これ以上の3次元は読者がついてこれないどころか、
かえって駄作になると思うよ
そもそも戦記とは呼んでもいいが戦闘が主体の作品とは
俺は思ってないしね。人それぞれだけどさ

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 15:10:41.37
戦闘描写が主体の作品でないのは同意だが、3次元表現は文章では無理とかって
どんだけ読解力ないんだよ。もっと色んな小説読めば。

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 15:22:40.93
>>421
オススメは何?

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 15:24:03.29
無理って言ってるんじゃなくて難しいって言ってんのにどんだけ読解力ないんだよ

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 15:51:41.59
>>422
光文社文庫のミリタリーシリーズ
「ベトナム空中戦」とか「日本の名機」とか
この光文社文庫の航空機関連なら意外と細かく詳しい
実話に基づいてるドキュメンタリー文庫だし、手軽だし、背表紙は緑色
宇宙物、スペオペ、創作はわからないなぁ。ごめんよ

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 15:54:43.44
>>424
>宇宙物、スペオペ、創作はわからないなぁ。ごめんよ
全然比較にならないだろw

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 16:02:03.40
何と比較するの?
立体機動の描写が細かい活字本を欲してるのではなく
なにか創作シナリオで立体機動の面白い作品を探してるの?
それは作者のこだわり次第だから、すぐ見つかるんじゃないかな
俺知らないけど

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 16:08:47.06
話の流れ的に3次元表現だろ?
つか、艦隊戦と戦闘機は比較にならん気がするなー。

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 16:14:36.80
銀英の艦隊戦レベルだと3次元描写色々難しいって話に読解力ないなもっと読めって言ってるんだろ?
ベトナム空中戦とか日本の名機とか何の意味があるのよ?

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 16:36:59.22
次元が高い方がいいという人には、グレッグ・イーガンの「ディアスポラ」がお勧め。
地球人が6次元時空の世界の住人に会いに行く話が文字だけで緻密に表現されてる。

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 17:41:58.94
まるで違う話じゃん

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 17:51:07.71
三次元戦闘(艦隊戦)描写から、六次元世界の住人に会いに行く描写にクラスチェンジ

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 17:51:13.03
スターウォーズとかでも大概正面からぶつかってるし、わりとどうでもいいんだけど

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 19:47:32.37
>>429
いや多次元の話なんて誰もしていないんだけどさw
むしろ規模の話だと思われる

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 20:58:35.24
活字では上下の把握が難しいとおっしゃる方のための入門書探しです。

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 21:37:20.23
航空機ものだと重力の上下が基点になるからまだ分かりやすいが、
宇宙空間での戦いだと上下関係無いからな。。。
パイロットでいう空間識失調になってまうw



# 電子立体書籍で出版されれば、あるいは・・・w

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 21:44:27.12
立体機動電子書籍には視覚、聴覚に加えて触覚を是非とも追加してほしい
味覚と臭覚は後回しでいいよね?
必要ない?

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 21:44:34.02
毎度のように三次元厨か。
作者的には陸戦のノリをまんま宇宙で再現したかったから、陸戦であり得ない三次元機動は
原則ないというが大前提なのだがな。

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 23:08:13.17
キフォイザー星域会戦で、わずかな兵を率いたキルヒアイスが敵陣にきりもみ状に突入してなかったっけ。
アレがあるいみ三次元的な機動と言えるんじゃないかな。

※手元に本がないので確認してないです

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/12(水) 23:20:35.61
お前ら二次元だの三次元だのと
ttp://alfalfa.livedoor.biz/img/2006/07/07/up31251.jpg
ttp://alfalfa.livedoor.biz/img/2006/07/07/up31252.jpg
ttp://alfalfa.livedoor.biz/img/2006/07/07/up31254.jpg

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 01:46:52.01
>>434
ずれたところに入門勧めちゃうのはどうかと思うんですがwww

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 02:01:59.56
KAWADE夢文庫
『宇宙飛行 タメになる雑学知識』
壺内宙太
河出書房新社

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 07:33:48.29
若者の活字離れをなんとかするスレになったな。まあ活字では場面を想像しづらくなってる
人が増えてるのは事実か。しばらく娯楽は読書のみで過ごすしかないな。

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 07:42:27.50
最近の文学は無駄に教養主義的になりがちだから

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 07:51:19.61
マスコミの作り出した「活字離れ」を信じてる人が居るんだな。
実際はメールやインターネット閲覧で読むテキスト量は減ってないんだが。
「それは活字じゃねえ!!」とか言うんかな。
ラノベ等の隆盛で従来分野が脅かされてるグチなんだろうな。

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 07:52:10.08
まあ、宇宙が三次元機動可能とは言え、やっているのは人間である以上、感覚として上下左右
という重力前提の座標に縛られる。そして、艦隊は隊列組んで行動する以上単機のような機動
を前提に出来ない。
結局、中の人には仮想水平面があり、それに対して上や下から攻撃を受ける体勢は望ましくな
い―互いにそう考えるから、相手に水平面を合わせるか、状況からおおよそ水平面が一致する
場所を戦場に設定するなど結局、双方の水平面は一致する方向に収束していくだろう。
そうならない場合は隊列を組まず、散兵状態で……という真逆の形態になっていくだろう。が、
その想定は、いろいろな点で、この作品の否定になってしまうので考える必要はない(そうならな
いよう通信の阻害とか、近代戦の思想が成立しない要素は入れてあるしな)。

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 08:32:48.64
お話の流れを切ってしまって申し訳ありませんが、最近マジェスティック・プリンス
というアニメを見た際に主人公側の艦船がFPAの軍艦に酷似していて久々に本作を
思い出してしまいました。小説板で語る話ではありませんね。すみません。

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 08:47:35.79
>>444
マスコミは煽るのが商売だからな
特に主要の客層が年配中心になってからは
若者の〜離れとかそんなのばっかりw

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 09:32:23.63
明治時代に低俗だと詰られてた小説が今では皆文学作品だし
小説のような遊びにかまける馬鹿はくたばってしまえと親に言われた二葉亭四迷は明治の文豪扱い
世の中なんてそんなもんだよw

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 10:40:24.56
発端はこれか、
>文章だけで立体機動を表現しても、読む方がわけわかめになるw

これだけ見るとたんに読解力のない若年者に思えるが、話がどんどんあらぬ方向に行ってるな。

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 10:53:19.00
つーかさ、ちゃんと説得力のある立体的な戦闘を描けて読む側も理解出来たとしても
それが面白いのかは全く別の話

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 12:54:35.32
>>438
天頂方向から突撃したり上下の高低差がある戦闘描写自体は結構あるんだよね

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 13:10:55.46
あと、俯角何度に攻撃を集中、とかもあった。
逆に言えば、こうやって指折り数えるほどしか、立体的な機動は出てこないという意味でもある。

人間が動かしている以上…というのも、実は当てはまらない可能性がある。
現代社会で暮らす多くの人間は、縦横で見たものを判断するが、これは生育環境による後天的なもので
例えばネイティブ・アメリカンは伝統的にテント(のような形の住居)で暮らしていたため、形を判別するのは
縦横ではなく「斜め・横」だという。

ヤンのように幼少期から宇宙船で暮らす時間が長ければ、立体の把握力が平均レベルよりも飛び抜けて
高くなる可能性があるわけだな。

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 13:33:51.93
立体的な描写で記憶にあるのは
アニメのビュコック戦死する戦いと
回廊のビッテンファレン袋叩きするヤン艦隊これは原作も
こんだけしか記憶にない
他にもあったんだなw

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 13:52:08.93
要塞戦後ミュラーの敗残部隊を追っていたアラルコンとグエンの部隊を壊滅させた時の
ミッターマイヤーとロイエンタールは天頂と天低から攻撃したからこれも立体的描写でいいのか

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 14:15:51.50
加藤直之先生の戦艦のイラストの影響かな 
つい 艦首に砲塔があって、水平に打ち合う艦対戦を想像してしまう。

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 14:17:27.65
レグニッツァをお忘れか

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 15:29:46.25
立体を描写されても理解が出来んというか、地上では実感が沸かないな。

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 18:13:06.95
>>448
小説 だからなんじゃね?
物語なら問題無し

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 19:01:33.44
>>455
万の艦隊は立体的に隊列組んでいるから、正面ある程度の角度で艦隊投影面積分の弾幕が
張れてしまう―作中描写前提で考えると、あれはシンプルかつ合理的な構成なんだよ。

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 20:08:58.71
>>459
昔の海軍の3連装砲塔(ターレット)みたいに回転式プラットフォームの方が
さまざまな方向に照準し発射できるから、描写前提無しだと宇宙での戦に向いてない?

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 21:16:33.46
>>460
射程次第だな。
回転砲塔は、あちこちグリングリン回しながら撃つもんじゃないし。戦闘単位では同じ方向を
向いたままだ。そもそも回転砲塔は目標方向に前後の砲まで含めて全砲を集中運用するため
に考案された物で同一目標への手数を最大にして命中率をあげるのが目的。
艦首方向に集中させてあるなら、正確に敵へ針路を向ければいいだけの話になる。横っ腹さら
して被弾率上げる義理はない。宇宙スケールで距離が桁違いなら砲塔回しても回頭してもたい
して変わらないしな。

戦闘単位でマメに方向・角度を変えなきゃならない対空砲、近接砲のようなものくらいだろ。
それも目標・距離によって撃ちっぱなしミサイルで代換できるし。

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 21:46:47.88
シトレ元帥が逝かれた(´・ω・`)

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 22:06:57.46
校長…
銀河英雄伝説の声優陣には長生きしてもらいたいわ(´・ω・`)

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 22:17:17.36
>>463
銀英出に関わった声優さんは不幸になる確率が高い。

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 22:52:53.34
関わった数が多いからそう感じるだけ

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 23:08:48.81
>>464
当時のベテラン男性で出てない人の方が珍しいんだけどww

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 23:33:50.92
>>466
ベテラン男性声優で出てないのって、デスラー総統の中の人ぐらいだっけ?

# 2199ではシルヴァーベルヒが演ってるけどw

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/13(木) 23:39:32.77
若本が元気ならそれで満足だよ

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 02:24:38.16
この人次は銀の匙でなんか役やるみたいだったな
渋い声で好きだったわ
ご冥福を

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 03:24:53.03
御不幸で残念な話題ですが
できればアニメスレでお願いできませんか?
他作品も含めてアニメネタが少々、目立ちます

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 05:15:58.60
>>467
山田康雄も元気だったけど出てない。

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 11:43:53.38
アニヲタは出てけよ

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 13:57:31.12
シトレか
イマイチ思い出せない

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 15:22:09.79
>>1-473
ヤン「難しい話しは、これくらいにしてくれよ」
そう言って、タンクベッドに向かった。

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 16:24:28.32
10年前に一度読んだだけとかならともかく
このスレにくるようなやつがシトレを覚えてないってありえへん
どんだけいい加減に流し読みしているんだよ

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 17:41:44.63
過去ログ呼んでないけど、人類は宇宙に進出しても女性の将軍設定いなかったの?
同盟軍なら少将くらいに居てもおかしくないでしょ?
帝国なら貴族の娘が指揮しててもおかしくないと思われるが。。。

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 17:45:29.78
帝国軍と言えど貴族ってだけで何の実績も能力もない奴が前線指揮官にはなれないだろ
内戦はともかく同盟との戦闘に爵位だけ立派な大物貴族が出てきたことあったっけ?

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 17:58:19.47
>>476
むしろ同盟にいるべき。

帝國は旧来の貴族社会の劣化コピーだし、女性が働くと言う意識すら薄そう。軍人なんてあり
えないと思うね。
貴族領警備隊の指揮官を領主の娘がやってる程度ならあるかなーて感じ(いたらヒルダ以上の
非常識令嬢と見られていたろう)。

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 18:12:29.77
ブラウンシュヴァイクとリッテンハイムの令嬢達ってどうなったんだっけ。

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 18:27:37.39
あの世界観で貴族の娘が士官学校出て、任官されるように見えたんかい

帝国は後方勤務の女性兵はいたが、前線にはいない。
同盟は前線にも女性兵士はいた。

現実だと米軍には人権団体への配慮とか軍高官の思惑やらで強引につかせた女性艦長がいたが不祥事続きで解任された
社会主義国では男女同権の理念から女性兵士が多い

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 18:44:19.97
>女性が働くと言う意識すら薄そう

山ほど出てくる侍女女官
れっきとした働いてる貴族女性

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 18:49:04.30
ガンダムの世界だと
キシリアが将官だったよな。

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 19:33:37.06
むしろフェザーンの領主も女性の方が女狐的でよかったのでは?

ラインハルトの元帥府に入れて欲しかった。辺境の指揮官とかで

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 19:35:15.65
(お、漫画版か?)
もう(どこが素朴な疑問なのか)わかんねえな

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 20:05:05.91
>>481
貴族子女と言えばわかるか?
平民以下は論外。侍女、女官は下級貴族子女向け職なんだろう。
ならば逆に、その程度しか需要がない程度に、貴族子女=勤労人材と思われていないと言えないか?

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 20:06:57.68
同盟=オフィスラブみたく
帝国=愛人囲い(カストロプ動乱みると)

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 20:14:38.57
初期の同盟じゃ帝国との人口格差を埋めるために多産が奨励されていたから、女性が戦場に出るなんて飛んでもないという空気だったろう。本編の時代にはそれほどでもなくなったけど、まだ女性将官が出現するところまでは行ってないのかも。

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 20:29:41.56
貴族は有能な副官さえつければ女性でもなんとかなるんじゃないかな。
後方が定位置だし

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 20:40:40.13
>>487
後方支援の事務方(要するに女キャゼルヌ)にいない説明にならない。

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 20:41:49.84
>>488
そこまで強引に女性を戦場に出す理由がない。

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 21:01:54.87
ベスパーレ男爵夫人が人類初の領地巡察でしそうw

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 21:34:56.38
>>491
オレ、アニメで見たとき
この人、アソコが剛毛っぽいと思った。

スレチスマソ

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 22:20:56.53
>>492
なんかわかる…

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/14(金) 23:43:50.94
そういやさ
ヤンと同期で首席だった奴、ワイドボーンだっけか
あいつなんで艦長なんてやってたんだ?
首席なら首都の幕僚本部部と艦隊司令部
間違って艦隊に配置されても第一艦隊あたりで前線とは無縁だろ?
挙句に撃墜されて司令部ショックって意味不明なのだが

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 00:05:07.94
>>483
ドミニクはけっこう才覚がありそう
>>494
小艦隊の参謀。艦長ではない

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 00:08:07.15
>>476
ダゴン会戦記かなんかに「帝国軍には女性はいない」って地の文で明記されてなかったっけ?

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 00:10:34.54
>>494
現実の国家だと、たとえば日本なんかだと兵学校首席はけっこう前線勤務してた気がするが。

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 03:12:34.08
未来に限らず過去の人類史をひもとけば、
女性の前線将官がいるのか、ふさわしいのか、させるべきなのか
分析できるのでは?
過去を2000〜3000年、未来を1500年程度
この歴史の間での女性の役割を考えてみようよ
先進国と誇るアメリカですら、ほんのちょっと前まで既婚者は働けなかった

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 03:24:09.20
>>498
作中で「女性の前線指揮官はいないね」と確認できればいいわけで、別にそこまでして
架空世界の未来の文化を論じるまでもないだろ。
このスレで「もっと女性が全戦で戦うべきだ」と結論出たとしても、小説の内容が書き換わる
事はないわけだし。

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 03:36:01.96
それはそうかもね。架空フィクション小説で
そこまで考える必要ないとの意見は理解できる

でも、作中描写にないことをこれまで、数多く推察、考察、議論してきたわけで
生活習慣、軍組織、戦略戦術、政治、文化、経済といろいろさ
全て架空なんだから議論や考えることは無駄だよでおわってしまう
光速云々、ワープ云々、もし生きてたらifとかも皆で楽しんでいるけど
これをどうするべきかスレの在り方に関わる重要な事柄になってしまう

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 07:51:46.36
世界観で全然違うし、有名どころのSFでも女性の艦隊司令官普通にいるし
銀英では帝国には私兵ならともかく正規軍では存在のしようがない、同盟はいてもおかしくない、くらい
人類史とかまるで関係ないな

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 08:20:38.74
話の腰ぶった切りですまん

レンネンカンプは政治向きの資質が無かったのに、
新帝国において高等弁務官という不向きな職務について、
結果的に悲惨な末路を迎えてしまったけれど、
逆にどういう役職なら(無役以外では)彼に相応しかったんだろう

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 08:32:41.89
超技術をもつ謎未来と過去を比べてもあんまり意味ないんじゃないかね
おれは状況と技術力考えたら女性指揮官なんて死ぬほどいるはずなんじゃないかと思うけど
作中じゃ尉官くらいしかまともにでてきてない気がするしそういうものとしか
戦死率の異様に高い軍務に男性しか就いてないならそれ以外の一般社会を構成する層が必然的に女性が中心になるけど
別にそんな描写があるわけでもない
てかこの辺は作者の嗜好や価値観がモロに反映されてる部分なんだろうね

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 08:46:33.00
>>502
ケンプと並んで失敗させるための捨て駒として作者に配置された可哀相な人だからなぁ
士官学校の校長とか凄く似合ってたんじゃね

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 08:59:57.39
>>502
軍人としては有能であり忠誠心もあるから、近衛兵総監とか
帝都防衛司令官とかラインハルトの目の届くとこにいれば良かったのでは

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 09:56:37.20
作者が女性は専業主婦思想か女性描写書けないのかもしれない。
でも薬師寺涼子書いてるか。

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 10:21:02.65
例外的な存在としてな

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 10:22:59.83
>>506
ジェシカ然り、ファランギース然り、自己犠牲、自己抑圧的ないわゆるヒロイン
はあまり書かないな。でも一方でウィンザー女史のように男張りに欲望をぎらつかせる
キャラを書くなど男尊女卑のアニメ漫画世界ではめずらしいだろ。

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 11:25:12.39
>>497
幹部候補級の人材には現場経験つませるのは、官民同じだよ。
官僚は一通り経験させられる「一ヶ月組」ているし。まあ、まったく知らないよりマシ、顔つなぎ
以上になってとこもあるが。
軍隊だと前線勤務は花形って意識もあるし、首席級は実戦経験して来いと出される例は多い。
副官級の見習いで、指揮官の付録程度だが。

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 11:32:54.37
それ以前に艦長だっけ?
参謀じゃなかった?
正攻法に固執して金髪の小僧にブチのめされたって雰囲気だったような。

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 11:44:43.74
>>502
政治レベルの話に直接タッチすることない駐留部隊指揮官。
大将になって、上に誰かいないとダメ。外交無能……では話にならんけどな。それでは困るから、
キャリア形成・経験詰みの意味で向いてない仕事任されたわけで。オーベルシュタインが即座に
反対を表した辺り、「向いてないにもほどがある」視されていたんだろうな。それでほっとけるほど
使えないなら、こちらの望む方向に誘導してやろう。┐(´∀`)┌ヤレヤレ

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 12:02:20.08
提督達の士官学校時代で、腑に落ちない点がある
半ばしごき目的の筋トレ的なことをさせられるのは日常茶飯事だろうと思われ
特に、メックリンガーとかヤンみたいなひょろいのに耐えられるか疑問符が付く

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 12:05:08.78
>>503
技術で社会における男女差が劇的に変わるわけでもないから。
現実を見ると、教育以上のレベルで資質、社会的位置付けの違いがあると思う。男女
>状況と技術力考えたらなんじゃないかと思うけど
艦隊指揮官レベルになると、双方10―20人ほどしかない狭き門だ。軍の規模を考えると狭さ
は半端ない(現実だって相当狭い)。それだけでも「女性指揮官なんて死ぬほどいるはず」なん
て妄言でしかないだろう。大半を締める男だって数えるほどしかいないのにあり得ない。

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 12:09:47.48
>>508
>ウィンザー女史
あれは、単にひとつのステロタイプだろう。
そういうキャラに女性という記号はっつけただけだ。描けるとかいうレベルじゃない。

要するにステロタイプか話に即したキャラ優先で記号としての女性しか描けない。

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 12:23:40.34
>>512
脱ぐとすごいんだよ。ヤンでもw

まあ、入ってくる時は大抵は貧弱な坊やなんだから、物理的にはそれでもクリアできるように
やってなきゃ、元も子もない。最初はしんどくても楽に出来る体にするための身体訓練。超人
的マッチョやアスリート級がほしいわけじゃないから、要求レベルは高くない(少しの差でも短期
間で向上させなきゃいけないからキツい。特にブートキャンプはシャバッ気抜いて、兵隊にマイ
ンドセットする意図もあるから、心身ともに追い込む形になる)。

統計的にも体力、身体的理由脱落する例は少ない。大体そういうのは最初に不適格と刎ねら
れるからな。徴兵検査がなんのためにあると思ってる?

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 12:26:23.24
っていうかイマドキのラノベとかじゃないんだから
戦場の最前線で活躍する女性艦長とか女性下士官とか書けなくてもいいよ別に

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 12:37:31.74
>>515
鬼軍曹に腕立て300回!とか言われるとヤンは
そんなのやりたい奴がやればいいじゃないか…。こんな理不尽な命令バカバカしい。やーめた
ってなりそうだ

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 13:25:29.79
ヤンは訓練中、柔道部物語の名古屋みたいなことやってるかもな。

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 13:37:31.35
>>517
そういうヤツの成れの果てが、血流しながら逃げまわった挙句に「ごめなさい」しながらの失血
死だ。立場なりに必要だから訓練されるわけで、それをサボるヤツは自分を守れないだけで
なく他人にも迷惑をかけるというよい例だなw

半端な腕前で立ち向かっちゃうよりマシと言えばマシだが、自分でガチンコする能力・気がない
なら、ないなりにガードを置けと。そういう中途半端さがヤンのキャラなんだが(この作品全般、
地位なりに身を守ることの必要性を認識しないヤツばっかだが)、好きになれない点でもある。

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 13:54:53.48
>>513
艦長とかは指揮官職にならんのかよw

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 14:55:55.38
ヤンを殺した奴はけっこうトロかったよな
生死も確認しなかったし、はしゃいでいたし

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 15:06:37.51
>>520
>>503は「指揮官」を定義してないから、名あり程度にはキャラ扱いされているのを基準にした。
銀英伝では、そのクラス以下は基本「その他」大勢だからなぁ。属性の差はないに等しい。地の
文で触れられる程度にしか情報がないのだし、大体似たようなものだろうと仮定してはいけない
理由はない。大多数を占める兵、下士官にいないのに、佐官以上にはいるてのは常識的に考
えてあり得ないだろ? 

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 15:24:37.00
ヤンの場合は睡眠導入剤飲んでたのが一番の原因じゃね

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 15:42:12.31
金髪さんは暗殺しにくると思ってないしな。あのメンツで暗殺とかしそうなのはオベ吉ぐらいだし

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 15:52:56.83
>>524
暗殺しそうな人物なら
フーセネガーじゃね?
ケンプの件があるし。

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 16:12:01.97
>>522
503だけど女性指揮官がいないとおかしいなんていってないぞおれw
司令官職の数を前提に妄言とか言われても困るわ

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 18:23:54.02
>>519
睡眠薬呑んでフラフラだったのに何言ってんだこのアフォ

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 18:30:48.03
自分暗殺する椰子がいるのを想定してなかったとしか

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 18:36:29.22
想定はしてたよ、ラインハルトばっか気にしてて他には頭まわってなかったとかなんとか書いてあったじゃん。

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 19:57:36.90
偉い人にお呼ばれしてルンタタしてたら殺されちゃうってトリーニヒトと同じレベルの死に様

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 20:50:57.21
トリューニヒトは拘束監禁されていて処刑されたんであって
ヤンは襲撃されて暗殺されたから死に様は違うだろう

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 21:01:22.29
高貴なるロイ様にその存在を危険視されて自ら手を下されたトリ様と
基地外カルトに飼われていたキピガイ犬に噛まれたような最後を迎えたチャンコロでは確かに違うかも知れぬ。

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 21:07:14.84
>>527
それ以前だろ。
普段から専属ガードつけるとかしていれば、ラリッていもそいつが引っ張っていった。
その時だけの問題じゃなく普段から自分の存在=責任を軽く見すぎていたツケが回ってきたん
だろ。後半は、自分で決断し、いずれやる気だったことやってんだから、以前のようにサラリー
マン気分を引きずっていてはいかんのよ。

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 21:13:16.25
護衛団を引き連れるなら兎も角、一人二人肉盾が増えても結果は変わらんよ。

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 21:14:31.58
梁山泊の首魁が権力者以外の誰からも狙われてねーわけないだろっつーの。
60、70年代のサヨ学生の方がまだ自己のセキュリティ能力高いってw

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 21:21:11.62
>>534
あの時は護衛が一人いたら状況は変わったと思うな
ユリアンも救援に向かっていたし

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 21:33:22.36
まあヤンの在艦が確定して、制圧が失敗しそうになったら自爆するなり接舷した艦から砲撃しちゃえばいいんだけど。

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 21:51:28.58
地球京都が回廊内に入り込んでたり護衛艦すらまともにつけなかったり
あの辺はご都合極まってたなw
皇帝なんてヤンが死んだら帰っちゃうし
お前何しにきたんだよってレベルw

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 21:54:40.03
>>538
予定より死ぬのが遅れていたから、何が何でもあそこで殺す気だっから仕方ない。

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 22:26:13.71
地球教徒のテロ能力が驚異的なんだよ
キュンメル事件だって普通なら完全に成功していた
何故か起爆装置をキュンメル男爵だけに持たせると言う失態を演じてたがw

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 22:34:26.30
ヤンもラインハルトも自己防衛に無頓着て設定ではあるが
それを差し引いても帝国同盟共にザルセキュリティ過ぎるよな
ヤン・オーベルシュタイン・シルヴァーベルヒ・ルッツはテロで殺されたし
ラインハルト・ヒルダ(アンネローゼも)・ワーレンはほとんど死ぬ直前まで行った

最後に至っては皇帝以下帝国首脳陣及び皇太子、皇妃までいる館に
たかだか十数人の地球教徒が爆弾放り込める所まで肉薄してる
護衛部隊は昼寝でもしてたんだろうかw

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/15(土) 22:56:29.46
>>540
確かにあいつら間抜けな憎まれ役としか描かれないけど
よく考えてみると驚異的な実行力や組織力の異常な集団だったなw
保険に時限でも遠隔でも爆破できるようにしとけば完璧だったのに
きゅんめるの心情を思いやり最期まで彼に任せた人情味あふれる暖かい組織でもある
のかなw

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 00:24:00.15
地球教の中枢って、地球統一政府の中枢、またはそれに近い連中の末裔でいいんだっけか?

>>540
フェザーンの存在を帝国・同盟の両方に認知させたり、
神聖不可侵なゴ朝皇帝であっても、都合の悪けりゃ消してきたことを考えると、
陰謀とテロリズムについては一日の長があるよね

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 04:37:27.38
ヤン暗殺の時の地球教徒はまぁラリってたんだろうなと思えるけど
十数人の地球教徒に簡単にテロられる親衛隊ェ…

545 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】(1+0:8) :2013/06/16(日) 06:16:13.18
ルッツがイゼルローン奪われた時、トールハンマー撃たれて何故かそのまま逃げたが、強引に要塞へ突入したら奪い返せたと思うんだが
兵力は圧倒的に勝ってたし

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 07:26:05.47
帝国の娼婦の相場ってどういう値段かな
ピンキリだろうけど一晩一人のお客で本人や家族の生活が成り立つくらいかな
そもそも日本ではなぜ禁止されているの?
表にしないから裏ビジネス、闇社会の温床になるわけで
デリヘルの名を借りて皮をかぶせてる
違法薬物や麻薬とは違うとおもうんだよなぁ
合法のほうが公明正大でかえって健全に感じるが
考え方はイロイロあるけど国内の風俗事情って健全だと思う?
かなりスレチだねごめん

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 09:07:07.65
>>545
同感だな 何十万人かの守備隊の兵もいたしな 今回は眠らされた訳じゃないし
残存艦隊でエル・ファシル 敵の唯一の根拠地兼補給基地を攻略もできたはずなのに 
ヤンがいないだろうから攻略は無意味だなんて  

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 09:11:02.85
>>545
トールハンマーの恐ろしさは帝国軍の兵士はよく知っているから
まず士気が崩壊するよ、兵士は人間だよ機械じゃない

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 10:06:54.59
>>546
そういう話は、女性の権利団体とかの中の人に言え。あいつらは女性の真の敵だから。
あと、キリシタンな(アメリカ系が綺麗事全開でイラッとくる)。

大抵の国では、昔は認可受けた娼館とかあったんだよ(赤線でググれ)。
それを↑の女の敵が公序良俗の名分で潰したから、ややこしいことになってんだよ。

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 10:09:14.11
ハンマー奪われた時に艦隊の二割失って、それをみた守備隊の士気が崩壊したと書かれてるので。。。

半壊してる部隊は再編成して無事な部隊に組み込みなおさないと艦隊行動取れないから、実際に動ける部隊はもっと少ない。
半個艦隊の戦力で士気崩壊した状態で再突入して正面から力づくで落とせなんていわれたらヤンだって無理じゃん

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 10:42:16.07
>>549
キリシタンww
欧州じゃ飾り窓とかあるだろ。
米国のはプロテスタントつうか清教徒的価値観だわな。

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 11:37:05.97
>>548
士気崩壊した兵士達を鼓舞するのがルッツの役目だろ
敵は寡兵に過ぎん。要塞に突入して奪回せよ!トールハンマーで死んだ僚友達の仇を打つのだ!奴らを一兵たりとも生かして返すな!
ってな感じで

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 11:42:56.01
史上もっとも無能な提督として名を残すな、それw

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 11:54:55.66
>>549
今もあるよ

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 11:59:45.91
>>552
そんな言葉でお前さんは鼓舞できるの?
俺は御免だね

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 12:06:49.06
>>549の必死な口調に感銘したが
何か人権団体かなんかに恨みでもあるの?

557 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】(1+0:8) :2013/06/16(日) 12:11:09.69
>>555
あくまで例えだ

558 : 忍法帖【Lv=36,xxxPT】(1+0:8) :2013/06/16(日) 12:30:22.20
>>557
例えでなく
鼓舞させられそうな台詞かんがえてよ

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 12:33:32.82
>>556
シャラップ上田なんだろ。国連で人権問題で批難
されて逆ギレ起こすタイプなんだろ。

ミッターマイヤーがフェザーンで略奪するなってあらかじめ言っていたのに
役得だとでも思って略奪したら本当に処刑された兵士がいた事件でも
「ややこしい」ことを言ったミッターマイヤーが悪いとでも思っているのだろうw

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 12:37:11.94
>>552
それを実際にやって、艦ごとトールハンマーに消し飛ばされたゼークト大将というお方がいるからなあ

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 12:47:21.89
>>559
対応は品がないけどこと人権に関してはあんな連中に非難も批判もされる筋合いないからなぁ
国連なんてどうでもいいところにこだわる意味もあんまりないし

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 12:52:22.36
「もはや我慢の限界である」キターwww

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 13:36:36.73
>>559
ミッターマイヤーの場合はも規律、軍権に基づく命令だろ。しかも、それはさらにその上のライ
ンハルトの意志の代弁でもある。
そんな重大な命令違反は、やったヤツが全面的に悪い。処刑されて当然。
アホだ、お前は

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 13:37:57.07
イゼルローンにアルテミスの首飾りを配置したら
難攻不落だったと思う

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 13:40:49.70
そうか氷を12方向からぶつけりゃ
回避できずに要塞死亡だな

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 13:43:42.20
>>564
軍事拠点としての城には出城が付き物。有人要塞は無理でも首飾りくらいはあってもいいだろうな。

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 13:44:49.49
予算が無い!!

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 13:47:51.18
衛星の類はあったけど、会戦の度に破壊されておいつかなくなった

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 13:49:20.24
もし俺がイゼルローン要塞を攻略するなら
損傷した巡航艦を装って入港
重要な情報があると負傷した艦長になりすまして
要塞内部から制圧するね

みんなならどんな作戦考える?

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 13:51:00.34
真っ黒に塗って各惑星で7つのキーワードを集めないと回廊内に入れないようにすればいいお。

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 13:55:19.69
損傷艦そのまま入港させてくれるわけないだろ、バッカジャネーノww

港内で爆発したらどうすんだよ、港外で停泊させてからいったん調査するわwww

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 14:06:37.01
>>569
俺ならイゼルローンにこだわらずフェザーンを制圧するかな

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 14:17:50.48
俺なら要塞にワープエンジンつけて送り込むけど
ぶつければよかったとか、後からほざかないで
最初から最低数の兵員と指揮官だけで「ぶつけてこい」
って命令する
わかってんなら最初から命令しろよバカヤローと
兵士の気持ちになって代弁したい

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 14:23:56.62
最初からぶつけるつもりなら、要塞でなくとも構わないのでは

                           -予算委員会-

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 14:29:01.81
>>562
戦前かよこいつの頭の中身はw
>>574
まず普通に考えるとそうなるよなw

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 14:32:51.47
>>573
http://icopipe.yaruo.info/wp-content/uploads/2010/05/res0288.jpeg

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 14:34:31.57
ローエングラム君は要塞を要塞で攻略して
これが成功したら、どーするつもりだったんだろか
イゼルローン側はボロボロ、修復不能で再利用はできないとの
想像は容易なはずだが
両方とも損傷軽微で済むなんて思ってないよね

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 14:40:55.67
>>577
新しい要塞を持ってくればいいとか言ってたような気がするけど
二つの要塞の残骸だらけの回廊内はとても危険な気がする
あとヤンも同じように要塞をぶつければいいと言ってたけど
民間人もいる要塞を破壊する決断ができるとは思えない

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 14:54:07.63
>>560
そうだよ
ルッツがゼークト並みの指揮官のわけがない

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 15:05:13.92
要塞対要塞で一方の主砲をもう一方の主砲で破壊でしなかったのかな?

あと、トールハンマーとガイエスハーケンを同時に撃つようにして光線(?)同士をぶつけるとか。

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 15:10:27.57
>>577
そのままハイネセン近郊までガイエスブルグを持っていくかと

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 15:10:59.73
>>578
ぶつける加減にもよるが、景気よく木端微塵にするのはオーバーキル。
軍事拠点として役立たない程度に大破でいいだろ。

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 15:16:08.47
>>577
どうするつもりもなかったろう。要塞が欲しくてやるわけじゃないから
要はイゼルローン要塞(ヤン込み)が無力化されればいいんだ。それがなれば、どっちもスク
ラップになってもかまわないし、どちらか或いは両方残ったて問題はない。
無力化もできず、ガイエだけ失う―本編どおりの結果は失敗なんてもんじゃねぇ。

ガイエを失っても、ヤンの捕縛或いは戦死がなれば、最低限の面子は立つ程度には成功と
言えるかな。
そういう意味でヤンを罠にかけようとしたミュラーの策を退けたケンプは二重に、この作戦の
本質が見えてなかったことになる(ミュラーもわかっていたわけでもないのが……)。

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 15:21:37.77
>>578
回廊内の空間がご都合だから、はっきりしたことは言えないが、高々直径60キロ程度人工物の
残骸で危険なほどのレベルにはならなさそう。
密度の高いところは、あとで掃除すればいい。
要塞持ってこれないほどデブリリスクが高くなるなら、回廊は封鎖されたも同然だから、要塞は
出口付近でよい……というか持ってくる必要すらないかも。

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 15:26:18.18
ワープで回廊通過が可能だったのでは…
と、思ってみたが…

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 15:30:34.54
回廊内は不安定な箇所が多い、大質量の近くでは危険なので余計厳しい

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 15:30:35.03
>>580
レーザーとレーザーをぶつけても互いに素通しで、何も起こらんぞ。物理の基本な
君の世界の物理法則が違うなら知らんが

>一方の主砲をもう一方の主砲で破壊
メインポートゲートと並んで、優先目標だったろう。どちらかがなれば、それで半分勝負はつく。
しかし、重要施設と言うのは固く守られているものだ。
要塞砲のチキンレースやったら、どっちもビビリが入ったというだけだ。ケンプはチキン。

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 15:46:06.91
金髪がワザとべスターラント虐殺見過ごした結果、赤髪と亀裂の予兆が見えつつあった件について
清廉に過ぎる性格の赤髪はある意味、ベストなタイミングで死んだかもな
死ななければその内、義眼の意見ばかり聞き入れる金髪と決定的な決裂を招き、最悪帝国内で真っ二つに割れる可能性すらあったのでは
能力的にも人格的にも完璧に近く、帝国と同盟のパワーバランスを取るために退場させられたってのが大きいだろうけど

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 15:49:57.45
がー!と突っ込ませる必要はないなコン!っとぶつけるだけで中の人の大半は死ぬから

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 16:13:37.94
>>584
ワープできないことから考えると回廊はかなり短距離だから掃除もやりやすいんじゃねw

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 16:25:01.59
ん?既に数万隻の同盟軍艦艇の残骸があるような気がする

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 18:37:23.16
>>589
なんか、当たり屋みたいだな。

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 18:43:38.99
>>590-591
というか、イゼルローン回廊ってアルテナ星域近辺で
漏斗状に細くなっているのではないかな?
と思ってたりする。

同盟軍艦艇              /
の残骸\              /
   ↓  \ イゼルローン要塞 /
   *   \__↓__/
     *      ●
    *  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /  ←     →  \
     /   狭い意味での  \
   /   イゼルローン回廊(ワープ不可)
   ←――――    ――――→
         広い意味での
        イゼルローン回廊(ワープは一応可)

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 19:00:04.87
>>591
そういうのが問題にならない程度には回廊は広いのだろう。
「老朽艦を回廊で爆破し、デブリで回廊封鎖」とかやらないし。

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 19:24:09.95
機雷で封鎖できちゃう箇所もある

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 19:32:56.66
イゼルローン回廊はめちゃくちゃだからな
ワープも作品内できちんと定義付けされてないから行き当たりばったりな感があるし
もう各人が好きなように解釈して納得するしかないんじゃね
宇宙じゃなくてどっかの星の二大国家の争いにしとけばよかったのになとは思うがw
作者もほとんどそのノリで書いてるだろ後半にいけばいくほど

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 19:49:28.59
回廊設定、書く時にもう少し詰められたらなあ…と思えなくもないけれど、
今よりも宇宙の知見がなかったのもあるし、
作者が得意じゃないというのもあるし。。

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 19:56:20.32
今まではスレが変わるたびに同じ話題が蒸し返されてきたが
とうとう一つのスレの中で繰り返されるまで話題が無くなったか

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 20:38:46.80
ネタが尽きたのかそれは仕方ないよな
誰か三次元チェスの初期配置を教えてくれ

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 21:04:10.53
>>599
一応現実にあるんだから、ググレよ。

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/16(日) 23:41:04.01
>>597
作中でのみ通じる謎の物理法則とかを設定してそのラインを守るだけでよかったと思うけどな
一番駄目な天は作中での基準がないことだと思うわ

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 00:21:18.39
>>597,601
まぁ人物ドラマがメインだし(多分)、ハードじゃない気軽なSFだから
その辺は我々がフォローするなり生暖かく見守ったりするのが
ファンとしてのあるべき姿のように思いますが、いかがですか?

設定や数値の矛盾を、いかに屁理屈こねて整合させるとかして
楽しむのも一興かと思いますが。

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 02:15:52.71
キャゼルンルンは何故さっさと攻撃せんかったのじゃ?牽制でも良いから撃てよと

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 02:33:02.32
必要以上に貴族連合軍の面々が愚劣描写されてるのに違和感がある
良識派がアンスバッハだけってのがもうね…
ラインハルトの敏腕峻烈ぶりを際立たせたいがためだろうが、あの程度の連中だと勝って当然だろとしか思えない
この作者の作風なのかね?
ヤン対ラインハルトにしてもそう。妙なマイナス補正かけてる
三国志演技の赤壁の戦いみたく、負け役の曹操サイドもそれなりの冴えを見せてカタルシスを上手く演出しているし

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 02:57:42.27
同盟のクーデターも中々ひどいよw
帝国で内戦やりそうな雰囲気全開なのに
直前で帝国から捕虜交換で帰ってきた奴の計画に情報部のトップまで乗っかってる
しかも内容はあっちこっちで反乱起こさせて機動部隊がいなくなった隙に首都星を占拠するなんだけど
ぶっちゃけそんなことする必要がないw
ヤンを動かしたから首都に丸々機動戦力残ってるのに簡単に成功させちゃってるんだから
むしろ余計な警戒抱かせないためにも地方反乱なんて起こすべきじゃなかったとも言える
要は大雑把な上に杜撰なんだよね

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 03:04:36.47
>ヤンを動かしたから首都に丸々機動戦力残ってるのに簡単に成功させちゃってるんだから
どういうこと?

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 03:16:20.92
そのままの意味ですがw

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 07:30:20.50
この小説が好きだから何度も読み返しているけど
その度に疑問がわんさか出てくる
銀英伝に愛情があればこそのこれはねえだろと思う疑問だらけだ

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 07:36:53.64
>>605
大元のラインハルトの思惑としてはが「帝國の事情に気を向ける余裕がなくなるくらいの大事
になってくれたらいいなぁ」て程度の「ゴチャゴチャを起こせ」てプランだから「クーデター」じゃな
くてもよかったし、成功なんか最初から考えてない―重要なのは同盟全土を巻き込む政治・軍
事的大事にすること。事態の規模、範囲が大きければ大きいほどいい。それこそ無意味に

リンチに渡された策も事態のエスカレート、飛び火のさせ方なんかをポイントにしていたんじゃ
ないかな。クーデター派も地方反乱が起きれば、体制が揺らぎ、一気に崩せる。賛同、支持者
も膨れ上がるとか呑気に考えていたんじゃないかな。同盟軍には、そんなダメ革命家臭を根底
に感じる。

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 07:50:08.51
>>609
つうかね、政府への民衆や軍の不満が高まってるという窮状は筒抜けなのに、
同盟領内の星系や航路データはほとんど知られていないという不思議。
艦艇のデータは投降時に消去するとしても航法関係者を「尋問」して蓄積するとか、
ぶっちゃけ不心得者のフェザーン人が一人いれば…

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 09:04:15.18
いくらラインハルトの計画があったとは言え帰国からごく短期間でグリーンヒル以下複数の
同盟軍高官を説得しクーデター計画を実行に移したリンチは有能過ぎるなw
捕虜交換、正確に言えばその後ハイネセンに帰還後にグリーンヒルと面会したと考えると
一か月もかからずクーデター実行だ、早すぎるだろ

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 09:37:52.68
>>611
過去スレで何度も指摘されているよ たまには逆に考えてみてくれ
どうやって一か月もかからずクーデターが実行できたか とか

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 09:44:34.33
>>609
いや不自然な時期に帰還してフェザーン経由で謎の計画もってきたリンチを何故そのまま信じるのか
って意味じゃ間抜け極まってるんじゃね?
下っ端の佐官を扇動して官邸だのを襲撃する程度ならともかく
元参謀長や現役の情報部長なんかが参加してるんだぜ
てかこいつらが本気になったら表立ってクーデターなんかやらなくても裏から影響力強めて政府コントロールできそうw

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 09:56:51.09
チリのピノチェト大統領みたいに社会主義であるアジェンデ政権を
潰すためのクーデターならわかるんだけどね
トリューニヒトは反戦平和派ではなかったはず

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 10:37:54.65
>>610
内情が筒抜けとは限るまい。
アムリッツァで同盟軍が大敗したことはラインハルトはよく知ってる
(ラインハルト自身がやったのだから)わけで、同盟軍内部で冷や飯を
喰う羽目になる者が大勢現れるだろうことは、想像に難くない。

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 10:44:18.26
アムリッツァで国民が厭戦気分最高潮になっているのに
救国軍事会議の布告に帝国打倒までの挙国一致体制とか
クーデター派バカじゃね

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 10:47:04.98
少年のように頬を熱くしたケスラ〜

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 10:56:01.39
>>612
ラインハルトが事前調査や工作で現政権への不満分子リストやクーデターも已む無しの空気を作っていた

グリーンヒルがリンチの提案を真に受けずに内偵するのを見越してリンチが自らを見捨てた現政権への不満から
クーデターを企図していたとの情報が自然な形でグリーンヒルへ渡るよう工作した

リンチ「帝国が内戦に突入し同盟へ手を出しにくい状況である。クーデターをいつやるか?今でしょ」

リンチ以外の救国軍事政府に帝国との内通者が複数いた
報酬は帝国での地位ではなくクーデターの後押しと新政府との暫定的な和平条約の締結等等
上手くすれば当分の間戦争が止められると思ったら飛びつく奴がいてもおかしくはない

色々考えてみた
全部作中での明確な裏付けのない妄想だけどなw

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 10:56:15.00
>>610
航路データなんて亡命者がもっていけばそれで終わりだしなw

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 11:08:00.60
原作手元なしで記憶で書くが
アムリッツア大敗の前後でホワンかもう片方が
社会インフラを支える中堅の人間が居ない
20以下と60以上で平均が40に見えるだけと言ってたけど
120億いて仮に20-30の人口が1/10を占めたとしても
20代に6億の男子がいるわけだろ
1個艦隊100万としても600個艦隊分、一体同盟は味方を何人殺したんだ?

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 11:27:27.72
>>620
てか男手がないならその分を女性が埋めていく構造になるはずなんだけど同盟はそうならなかったな
女性兵士も異様に少ないし女性はマジでどこにいったんだろう

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 11:37:44.98
>>620
全部工場や整備に駆り出されたんだろ

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 11:40:02.51
>>616
逆に考えるんだ。
バカだからクーデターを起こしたんだ。

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 12:03:42.04
>>614
救国軍事会議もトリューニヒト政権も帝国との戦争賛美派なんだよね
国民もマスコミももっと帝国との和平派が居てもよさそうなもんだが
政治家もジェシカの野党勢力だけが戦争反対を声高に叫ぶだけなのかな
レベロやルイも直接国民には和平を訴えてないみたいだし

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 13:24:09.12
>>620
社会インフラというものは、規模が半分になれば支えるための人間も半分で済む
なんて単純な話ではないよ。支えるのに必要な最低限の人数というものがあって、
それを下回ると全体が支えられなくなってしまう。

例えば、鉄道で、電車の本数を半分にすれば鉄道会社の人数も半分で済む、
なんてことにはならない。(余談だが、少子化の真の怖さはここにある)

おそらく、同盟では、毎年10万単位の戦死者をだす長期の戦争によって、
社会インフラを支える人数がギリギリだったのが、アスターテ・アムリッツァの
大敗で一気に最低限を下回ってしまったのだろう。

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 13:31:04.49
あれだけの大敗北だったら政権交代か与党が分裂して政権が瓦解するよな

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 13:31:22.83
>>623
逆に考えるどころかまともに考えれば考えるほど馬鹿だよねw
>>624
帝国領侵攻決議の内幕を政治生命かけて暴露してもいいようなもんだけどな
歯牙にもかけない小国に攻め込むならともかく自分達と互角以上の軍事大国相手だし
戦略目的無しで派兵とか狂気の沙汰以外の何物でもないはずなんだけどね

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 13:42:13.02
>>626
アスターテで100万
アムリッツァで2000万
だっけか
おまけに超主戦派がクーデターおこして無茶苦茶やった
これで何故与党主戦派の彼が大人気で政権とったのかまるでわからんですw

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 14:01:35.84
ぶっちゃけ小説の最初の設定が帝国も同盟も惰性で生きてるバカばっかしになってるから
元々こういう小説なんだと納得するしかないのかね

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 14:18:57.97
まぁ、現実社会よろしく行動や意思決定が遅く大きなイベントが一切起こらない
小説を出せれても誰も喜ばないけどなw

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 14:23:57.81
戦乱期や変革期を舞台にしてるのに穏やかな社会や平和な暮らしが描かれてないっていわれましてもぉ

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 14:28:35.37
宇宙戦艦ヤマトのリメイク版が旧作の様々な矛盾を可能な限り合理的に再解釈していて (旧作信者の中には毛嫌いする人もいるけど、個人的には) 良く出来ていると思うんだが、銀英伝でそれをやるのは難しいだろうな。

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 14:37:53.06
つうか、小説は一巻限りの可能性もあったんだから、キャラがステレオタイプだったり
定まったりしていなかったのはやむを得ない。

イゼルローン陥落後、戻ってくる駐留艦隊を要塞主砲で狙いを付けてる時に、
卓の上であぐらをかいてるのはまだしも「もう少し引きつけろ」と殺意満々なのは
その後とちょっとキャラが違うww

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 16:58:39.29
>>633
それよく言われているけどヤンの戦争指揮のスタイルは一貫して
「効率よく敵味方の兵士を殺す。」だけどな。

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 17:12:50.30
軍人としてのヤンは一貫して冷静、あるいは冷酷だよ
アスターテのときからして「(第六艦隊の救援に)今から行ってもどうせ間に合いません」だからな
第六艦隊には親友のラップもいたのに

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 17:16:09.75
最初にボコられたのは第4艦隊だろ?
第4を無視して第6と合流しろって言ってたんじゃなかった?

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 17:21:37.94
>>635
エル・ファシルからだろ。
上官を囮にして
ゆうゆうと脱出

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 17:35:18.72
>>632
お前は俺か!?


ところで、田中芳樹の秘書だか誰だかがツイートしてたが、
田中芳樹は宇宙戦艦ヤマト2199に夢中らしいぞ。

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 17:57:23.56
西崎プロデューサーが死んだので
堂々とヤマト好きを公言するようになったな、田中

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 18:00:35.54
ドーリア星域で戦った第十一艦隊が最後まで頑強に抵抗したというのは変だろ
十一艦隊といえば第三次ティアマト会戦でボコボコにされて急激に再建させた艦隊だろ
訓練も行き届いてない
ルグランジュも新任の提督だし部下を完全に掌握仕切れてなく艦隊の士気は低そうだ
そして相手は同盟最強のヤン艦隊
ヤバイぞと
クーデター側に付いたことに疑問を持っている兵士もいるだろうし
戦闘が不利に推移したら直ぐにでも戦意を失って戦闘中止や裏切りが続出で
早めに勝負がついたのじゃないか

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 18:32:54.98
アムリッツァ以降は、同盟の艦隊が大幅に再編成されたので
アムリッツァでズタズタになった第5艦隊や第7艦隊の残党が、第11艦隊に編入されててもおかしくはない

というか、ヤン艦隊に吸収された敗残兵力以外はほとんどが
独立した小艦隊に再編か第11艦隊のどちらかに配属されているはずだ

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 18:44:53.00
同盟内戦の間第一艦隊と第二艦隊は何をやっていたのだろうか

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 18:53:01.77
第二艦隊は帝国侵攻作戦前にヤン艦隊に吸収されている
第一艦隊は…

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 18:55:51.57
たしか第一艦隊は首都防衛艦隊

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 20:13:23.43
些細なことだけど、ラングが御前会議で余計なこと言って
ロイエンタールに「黙れ下種!おめえの席ねーから!」って言われてたけど、
そもそも会議が始まる前に、参加資格のない人間が堂々と座ってたら、
「何やねんお前?御前会議始まるから出てけや」ってツッコミがまず入ると思うんだが、
発言するまでスルーされてるって、案外ユルユルなのかな?

上級大将以上の人間しか出席を許されていないんだったら、
機密を考えると猶更部外者がその場にいたらいかんと思うんだが…
ましてオーベルシュタインはラングの出席について、他の提督に一切了承も取り付けてはいなかったのに

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 20:41:49.41
オーベルシュタインが許可した

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 20:41:53.92
ラング見つける→(何だこいつ…なんでこんな奴がここにいるんだ?ちょっと注意したろうかな…)→オベ見る→(あっ…(察し))
って感じだったんだろう
どうせ文句言ったところでオベに言いくるめられるだろうしな
でも御前会議中にラングが調子乗ったこと言ったんでロイエンタールブチ切れミッターマイヤーやミュラー達もこれ幸いと
そうだそうだと便乗して追い出したと

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 20:53:59.88
子供みたいな正論とか屁理屈で相手を黙らせるのがオーベルさんのやり方だからなw
そのくせ秘密警察を子飼いにして勝手に子分として参加資格の無い会議に連れて来たり重要な情報を自分の所で止めてたりする

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 20:54:06.86
最初からいたんだと思う。
アニメで申し訳ないが
アレはどう見ても「置物(インテリア)」

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 21:04:45.57
インテリアとしてならアイゼナッハさんがすでにいるので…

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 21:12:33.61
現代の艦船ですらファランクスってガトリング砲がついてるのに、なんでやられっぱなしなの?

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 21:20:13.32
ヤンがよく、艦隊を指揮するときに司令官席のデスクに胡座をかいて座っているという描写がある。
ということは、司令官席のデスクは真っ平らで、ボタンもディスプレイも付いていない、ただの机だろうと考えられる。

一方、他の提督の場合は、司令官席にいて戦場の情報を眺めたり、全艦隊に向けてマイクをつかんで演説したり、
両軍共通信号の発信スイッチを押して降伏したりという場面がある。

あれはヤンが個人の好みで、自分の乗艦の司令官席をただの机に変えてもらっていたんだろうか。

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 21:21:34.05
>>624
そこは建国以前からすり込まれてきた「鬼畜帝国」が、まだ強く作用しているのだろう。
>政治家もジェシカの野党勢力だけが戦争反対を声高に叫ぶだけなのかな
それでも広まりつつある厭戦気分からの煽りばかりで、和平プロセスとか腹案()がまったくない
「戦争イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!! 」しか主張してないからな。なんともお花畑
実行力がないのを見透かされていたんだろう。レベロたちも具体案を持ってないから、「戦争
継続困難」という国内事情を訴えしかなかった、と。

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 21:27:51.91
長征1万光年で動物も一緒に乗せていったのかな。
ノアの方舟みたいに。

それとも、移住先(ハイネセン)にも犬猫等の動物が、既にいたのかな。

じゃあ、人間は?

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 21:33:15.99
>>652
ヤンは、紙の書物が大好きという化石級の学者提督だから

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 22:07:45.42
紙以上の記録媒体を人類はいまだ発見できていないって記述があったで

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 22:37:33.05
ちょうど今、ファミ劇でやってたので思った疑問。

シュトライト「退役」少将が親族の懇願によってラインハルトに無心に来た時、軍服を着てたわけだけど、
軍服って退役した軍人が勝手に着て出歩いて良いものなの?

もちろん小説には服装の描写はないのだけど(現実には)どうなのか答えて貰えると嬉しいです

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 22:42:46.99
>>653
それを言ったら主戦派だって勝算ゼロじゃんw
イゼルローン落としてバランスが同盟に傾いた今が和平交渉の好機って力説してる奴に対して
それより選挙で負けそうだから適当に攻め込もうぜ!→数ヶ月で亡国級の敗戦
こんなん見せつけられて利害関係者でもないのにまだ主戦派気取ってたらそれはもうただの馬鹿としか

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 22:48:23.40
貴族のパーティーでは、現役退役予備役関係なしに招待状を送ってくるようだから
そこら辺あまり厳密だと帝国的には困るんじゃね

貴族の師弟は、僅かな回数戦場にでただけですぐに軍から逃げ出すのが関の山なのに
そのくせその程度の僅かな実績で将官の地位を得られるという

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 23:10:54.47
政情不安定な発展途上国ならまだしもそれなりに成熟した大規模国家でクーデターは成立するんだろうか?
例えばアメリカで国防長官がクーデター起こしたら米軍の一割でもついていくやつがいるのかね?

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 23:14:47.50
>>657
現実は知らないんだが、某スレで兵士・下士官の軍服は配給で
士官は自費でオーダーメイドと書いてあった。
自費で作ったのなら退役後も持っていてもおかしくないのでは
後 アメリカ・英国とかの退役軍人の集まりでは皆軍服を着ていたな。

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 23:15:53.21
>>660
そら平和ならそうだろうが
戦争によって社会機能の維持に支障が出るような状況に陥れば話はまた別じゃないだろうか。

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 23:31:37.09
>>660
救国軍事会議の連中はクリスチアンは言うに及ばず、ルグランジュにせよ、エベンスにせよ
その発言から文民統制に怒り心頭が動機だから展望なんか最初からないんだろ。
このクーデターはトリューニヒトを頂点とする軍主流派に対するクーデターであることからも
路線対立というよりも人事派閥対立からの感情的爆発に発展した点でも2・26と似ている。

ラインハルトの謀略が原点だから仕方がないが戦略上の展望がないと行動自体に意義を見出そう
とするところも2・26と似ている。

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/17(月) 23:35:46.17
大敗して軍は半壊状態 おまけに国内世論は反戦平和派が台頭
敵国の脅威は増すばかり
どうにかしなければという状況ならまじめな軍人ほどついていく人は
いるんじゃない

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 00:06:58.89
でもトリはタカ派で国民の支持も高い。

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 00:12:58.32
>>660
アメリカの場合クーデターというより州が独立とかしそう
てか実際ソ連はある意味クーデターで滅んだよ
まぁこの辺は膨らんだ風船の針の一刺しに近い意味できっかけにしかすぎないけど

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 00:17:13.76
トリは出兵に反対票を投じたろ 当然タカ派からみれば裏切り者になるんだけど
かといって反戦平和派に転じた訳でもなさそうだし・・・・・・・
主戦派でもない反戦派でもない第三極というやつかな

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 00:22:40.47
>>667
あの作戦じゃ勝ち目が無さそうだから反対しただけで周りからは主戦派の筆頭と見られてるでしょ
本人は別に主戦反戦もどうでもよくてどうすれば自分がより有利になるかだけしか考えてないけど
そんなこと他人は知る由も無い訳で第3極とかありえないよ

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 00:34:41.43
マスコミも民衆も熱狂的に帝国への出兵に賛同していた状況で
要の国防委員長が出兵に反対したんだ
政治的影響は大きいと思うけど

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 00:58:55.99
>>657
いいよ

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 00:59:36.23
そりゃあのまま同盟軍大勝利!ってなったら政治生命の危機かもしれなかったけど
本人の予想通りか想像以上かは知らんけど想定通り大敗した
マスコミや遺族等あらゆる連中は敗戦の責任を出兵賛成議員に問う訳で
結果この件では完全無傷のトリューニヒト氏の影響力は飛躍的に増大する、と
個人的には主戦派議員や閣僚全員の家族まで命を狙われるレベルの負けなんで
トリューニヒトに支持が集まるなんてありえんとは思うけどねw

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 01:06:39.39
>>661
旧日本軍なんかは士官には「退役」って概念が無くて、建前上は定年まで(将官は生涯)服役じゃなかったっけ?
辞めたと言うのは予備役入りすることであって、軍人としての身分は保有し続け、有事には呼び出される。

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 01:58:54.08
アムリッツァ敗戦によって一時的に穏健派のグブスリー・ビュコック体制になった
軍隊内の不満分子がグブスリー・ビュコックを追い落とそうとするのは理解出来るが
彼らが軍と軍需産業の支持基盤のトリューニヒト政権に刃を向けるのは解せない
トリューニヒトは主戦派にとって一番都合の良い政治家だと思うのだが
トリューニヒトなら気前良く軍事予算を出してくれるだろうに

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 02:30:40.95
>>644
アホか
クーデターが起こったのに何故まったく動かなかったのだ
あの状況では軍事会議派か反軍事会議派どちらかに旗色を決めなくてはならない
中立なんて都合の良い事が許される状況じゃないだろ
反軍事会議派なら犠牲を払ってでも首都を脱出してヤンと合流しようとするだろうし
軍事会議派になったのなら第十一艦隊と一緒にヤンと対決するか
ヤン艦隊が首都に来れば軍事会議派としてヤンを迎え撃つだろう
関ヶ原の吉川広家みたいな事は絶対に許されない

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 02:46:54.87
そもそも、当時の第一艦隊って司令官は誰なんだっけ?
もうパエッタになってるのかな。

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 04:55:02.00
時系列的にはハッキリしないけどクブルスリーの兼任は
考えにくいから
パエッタ中将でいいのではないかな。推測だけどさ
棚上げ、空白にしておく席とは思えないしね

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 06:51:59.39
>>675-676
クブルスリーが統合作戦本部総長に転出し、代わりに
パエッタが第一艦隊司令になったというのは明記しているぞ。

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 07:04:13.78
>>657
退役してようと、身分は予備役で「軍人」。
軍関係の用事・場所で出向くならかつての制服で、というのが規定というか「常識」(扱いはゲス
トだけど)。まして、上級将校―どころか現在のトップに会いに行く「正装」として制服着用は絶対
(制服は季節・TPOに合わせて何種類があるから、ドレスコードに合わせて)。シュトライトの場合
は、負けた側が勝った側の親分に「お願い」にいくんだしね。


>軍服って退役した軍人が勝手に着て出歩いて良いものなの?
身分を偽らなきゃOK。別に禁止はされていない。国・場所によってはヘンナヒト視されるだろうが。
制服は、軍人にとっては基本的に「スーツ」感覚の物。公人としてTPOなりのちゃんとした服装を
……て時の原則。

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 07:45:20.58
>>658
>イゼルローン落としてバランスが同盟に傾いた今が和平交渉の好機って
タイミングとひとつの有力材料を得たというだけで、和平にまで踏み込む材料としては弱すぎる。
そもそもどちらにも和睦、共存という選択肢がない関係だったしね。
帝國本土には何の一撃も与えていないのだから、向こうもそこまで退く理由がない。……向こう
次第って面もあるから結局、同盟の都合なんか理由にはならんのよ。
中短期的に状況が変わらないのだから、「目の前の問題のプラスにしようず」て方が、本人たち
には説得力あるだろう。
大侵攻の失敗で反対派以外は失脚してんだし、そこで暴いても何も益はない。無用な混乱を招
くってだけだ。
その後のジリ貧状態での和睦なんて、余計帝國が聞く耳持つわけないから同盟から言い出せば
降伏→敗戦→同盟終了は自明。そういう状況では一発逆転の夢がある分、主戦派の言い分に
流れるがちというのは歴史が証明している。

ヤンの言うような休戦状態を目指して、現状維持からフェーアウトしていくしか同盟延命法はな
かったろうね。それまで政府は無論、国としてもったかは知らんが。

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 08:36:28.04
>>673
救国軍事会議の連中は自分たちがトップにたちたいだけだよ。
非軍人の命令を聞かない体制どころかG朝ばりの国にしたいのを
ヤンに「オイオイ;」と言われたように体制転換を目論んでいるんだから
トリューニヒトは逃げるしかない。

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 10:18:07.62
同盟の軍人ってそんなバカばっかりなのかよ

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 10:45:00.80
アムリッツァで戦死した提督たちは皆遠征に慎重だったよ。ティアマトのホーランドやアスターテのムーア、
そして大人気のフォークは極端な例で何かと失敗の多いロボスですら地の文では有能とされている。

同盟の軍事的失敗(というよりは投機的行動)は同盟の疲弊からくる社会全体を覆う閉塞感を打破する
ことを要求する世論が原因だよ。だからトリュ-ニヒトが活躍できる下地があったんだろ。だから地の文で
帝国だけでなく同盟も衰退したと書かれているんだろ。

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 10:56:07.80
グリーンヒルはやるからには成功させねば!
の必死のみが信念
残りの首謀者は軍を好き放題に動かしたいが為の行動
バグダッシュ一人の功績で失敗させられたようなものか
成功したら民主的選挙で軍事政権を承認させてヤンも従わせる
反対されて非承認でも中央政府体制の体質変更は余儀なくされ
トリューニヒトは失脚になるはず
結果論として帝国のことなど構わず時間をかければよかったわけで
オーディンでクーデター起こしたのは予定外だから同盟でも選挙する余裕はあっただろう
なかばローエンの陰謀と騙されてるのに気づいているの者もいたのだろうから
逆に少数精鋭で帝国のリップシュタッドに油を注いで焦らせるくらいに長引かせる程度の頭を使えばよかったよね
ヤン側でも救国側でもどちらでもいいけどさ

バカらしい発想だけど11艦隊放置して13艦隊はオーディンを
侵攻しちゃうのもシナリオとしては面白そうだ

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 11:07:26.19
>>679
きっかけとしちゃ充分すぎるけどな
帝国は軍事トップの3人が引責辞任までしてるし今後は戦場が帝国側になる訳で
アムリッツァ前ならとりあえず公式の外交ルートでも築ければ充分成功といえるし
その後帝国は過去最大規模の内戦始めるし上手く介入すれば有利な和平条約締結も狙える
フェザーンや両国の戦争屋、国粋主義者等の妨害が障害だけど

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 11:13:01.61
自由惑星同盟の精神の根幹にかかわり
銀河帝国の叛乱者認めない思想に反する
どちらかが撃ちのめられて戦えない状態にならなければ
あの時点での和睦、和平はありえない
人類にイデオロギーという厄介な思考があるかぎり

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 11:16:26.54
>>682
イゼルローン要塞占領っていう凄まじい戦果あげてて支持率が異様な低さだから
選挙1週間前とかにオーディン占領とかでもやらない限りこの与党勝てないんじゃねw

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 11:25:13.61
>>685
利害が合えばどうとでもなるよw
フェザーンを通じて貿易やってるんだからそれを進めるだけ
公式の停戦にならなくても裏で停戦協定でも結べば良い訳だし
難しいけどアムリッツァ前なら交渉をはじめてそれを粘り強く進めていければありえなくはない
皇帝が亡命してきたときだって相手の球状につけこんで色々有利な協定結ばせてたしょ
それを内乱の時にやればいいだけ

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 11:28:23.84
>>686
要塞を占拠したのはシトレ本部長の個人プレー
しかもその戦果を手にシトレは政界に殴り込もうとしてた

そりゃ対抗のためになにか作戦を成功させなきゃならなくなるよ
実は同盟を滅ぼしたのはシトレ

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 11:41:07.74
>>688
国民の支持率だからそんなこと関係ないべw
しかも世間一般じゃシトレよりヤンがクローズアップされて有名人になってるぽいし

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 11:43:51.00
たらねばだけど確かにシトレ元帥がイゼルローン攻略成功させたから
ローエングラムも武勲続きでブラ公もリヒテンラーデもぶっ倒せたからね
ティアマトや回廊付近で未だにちょこまか会戦してれば
先には進まないけど同盟は倒れなかったね
それは確かか
でもそのシナリオだと後任ロボスが全艦隊、総力戦でイゼルローン攻略するな
まぁローエングラムが台頭する時間も遅まるし、宰相→皇帝の道もなかったやかもね

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 11:57:23.52
>>690
どっちにしても皇帝がすぐ死ぬし帝国は速攻で内戦になってただろうね
でその間隙をぬって同盟のイゼルローン侵攻が一番現実的かな
あのアホ貴族軍が外敵の侵入を防ぐために目の前の敵と手を結ぶとは考えにくいから
援軍の可能性が低いことを考えると力押しで初の要塞占領が可能になったかもね
同盟の内乱はアムリッツァの敗北が無いからまず起きないし
そうなるとラインハルトはどう同盟をこうりゃくしていくんだろうかな

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 12:12:36.98
>>683
少数精鋭…?
まぁそれは置いておくにしても
何人もの大将達を部下にいくつもの艦隊を所有してるあの時のローエングラムに
たかだか一個艦隊を送り込んだところで何も影響無いだろ…

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 12:13:33.88
>>689
シトレを持ち上げたら、ほぼ確実に政界に殴りこんでくるから
なおのこと、ヤンのほうが政界から持ち上げられたんだよ

イゼルローン陥落は決してシトレの好判断によるものではなく、ヤンの『魔術』であったと
ミラクル・ヤンの名は、評議会議長が一生懸命に喧伝したものだった

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 12:24:03.30
>>693
話が全然かみ合ってないぞw
シトレだろうがヤンだろうがこの政権下における巨大な軍事的成功にはかわりがない
何でシトレが政界にくるのを阻止するために政権の支持率を下げ選挙に負ける必要があるんだ?
それに過去難攻不落の要塞を少数の軍、しかも無傷で落としたのは完全にヤンの手柄だし
若く独身でしかもアスターテエルファシロと高名な活躍してるから持ち上げやすいのは当然でしょ
シトレのかわりにわざと持ち上げられたんじゃないよ

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 13:08:23.02
噛み合ってないのはそっちだろ
イゼルローン攻略は、シトレが独断で極秘で実行したことだ
だから当然政権にはまったく影響せずシトレの評価ばかりが上がった

これを不満とした政権側は、イゼルローン攻略はシトレではなくヤンの実力だと喧伝し
ヤンをそのまま帝国侵攻作戦の先鋒に使うことで政権側のヤンの武勲相乗りを成し遂げ、相対的にシトレを貶めようとした

つまり、もし帝国侵攻作戦が成功してたら当然ヤンを積極的に使った政権の評価は暴騰し
侵攻に反対したシトレはヤンの武勲を奪っただけのご老体というレッテル貼られて勇退、これが政権側のシナリオ

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 13:11:56.87
つうことはだ。ラップ少佐がアスターテで戦死しなければ
ラインハルトも謎の童帝病にならず
ヒルダ・アレク体制と七元帥が生まれるような
バタフライ効果はなかった
第一巻冒頭でシナリオは決着していて読者は2巻以降無駄な購入出費させられた
徳間書店にまんまと騙された気分
だから日本社会は童帝、句読点、ゆこゆう、ヌケサク、
豚井信者、種厨、松本信者、2199マンセーを産む温床となる
どうするべきだろうか
国内最大勢力の山田電機を掌握しているドヴィリエ名誉会長が全て悪い!

しかし、キンタロー。の股関節と腰椎椎間板が心配だ。
年内入院オペがありそう

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 13:14:06.96
そこまでは原作でも書いてなくね?

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 14:13:03.61
イゼルローン攻略作戦というデカイ作戦がシトレの独断で極秘?

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 14:20:04.45
イゼルローン攻略作戦は国防委員会の承認を受けていたと思うよ。

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 14:24:38.87
軍事作戦て極秘なんでしょ?
行ってきまーすって古い読賣新聞に掲載されてるの
見たことないけど
ほぼ後から大本営発表記事だし
満州事変もオーバーロード作戦も事前に計画実行発表されてないと思ったけど
勘違い?

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 14:51:30.81
そりゃ市民に対してでしょw
一元帥の独断で政治家やその他の軍人を無視して艦隊を動かせるなら
救国軍事会議なんて大層な代物作る必要ないじゃないかw

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 16:17:38.78
ただ原作の描写でもシトレ押しの計画であることは書かれているけどな。
このあたりの政権内部の事情は当然市民はイゼルローン陥落後に知ったんだろう。
サンフォード政権はこの勝利を加味してもあれだけの支持率しかなかったんだろう。
それまでアスターてやティアマトと戦果が振るわない中でいきなり勢力圏がこの2つの敗戦
をたしてもお釣りがくる結果が得られたら欲が突っ張るのも仕方がないよ。

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 16:39:46.02
反対したとはいえ国防委員長が留任。
議長に昇格つうのはどんだけの政党でどんだけの世論なんだろね
かなりヤバくね?

704 :657:2013/06/18(火) 18:36:23.93
そういえば同盟のビュコック元帥も、軍服は家で保管していましたし、
(マル・アデッタ前の現役復帰の際。これもアニメ設定で申し訳ないですが)
普通のことなんですね。色々と納得できました。

回答頂いた方々、ありがとうございます。

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 19:13:52.13
>>703
同盟の政治・選挙制度がよくわからんからな

もしかしたら、メキシコの制度的革命党みたいに様々な勢力を
統合した政党が存在したのかもな
これだと、長期間体制そのものとして君臨しているから野党がいても、
与党内で主戦派や反戦派が争っても政権が続く。

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 19:38:13.44
>>695
ええと本気で言ってるの?
新造の半個艦隊とはいえ正規軍を動員した対帝国への軍事侵攻が国防委員会や政府の承認なしで行われたと?
統合作戦本部長とはいえ一軍人が独断で秘密裏に艦隊を編成し帝国に攻め込んだと?
この時点じゃ同盟の統治機構や社会システムなんかはまだまともに機能してるしそんなことありえないよww
というか妄想じゃなきゃどこにそんな描写があるか教えてくれ

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 19:54:59.57
>>693
シトレの政界入りなんてどこに書いてあるんだ?
本部長の再選と国防委員長への立場の強化が狙いとかあった記憶があるけど

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 19:56:42.07
>>700
極秘ってのは別に決定権者の許可を取らずに勝手にやるって意味じゃあないw

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 21:03:08.42
>>684
十分だったろう。
>アムリッツァ前ならとりあえず公式の外交ルートでも築ければ充分成功といえるし
しかし、そう考え、実行に移そうとした人間いたのか? 誰も言ってなかったようだが……
>フェザーンや両国の戦争屋、国粋主義者等の妨害が障害だけど
誰もやってないのだから、妨害もなかったとしか……w 
つーか、とんとん拍子で大侵攻が決定という主戦派の動きがはやすぎて、他は何も出来な
かったとしか

ちょーっと読者視点と脳内補完が酷いような。

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 21:04:15.19
>>705
スペインみたいに、ありとあらゆる政治体制を試していたりして

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 21:32:34.77
>>709
ヤンの認識では潜在的な厭戦ムードがあってレベロかホワンのような常識的政治家
が何とかするだろうと思っていたのだろうが2流政客ばかりの同盟にその選択はなかった。

ダゴン会戦の頃のパトリシオのような老練な政治家が活躍するには
同盟はあまりにも疲弊しすぎたのだろう。

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 22:11:15.48
>>709
アムリッツア前ならそういう選択肢は充分勝算と旨みがあったのにねって仮定の話じゃね
作中じゃより斜め下に突っ走っていったけどw
というか脳内補完じゃぶっちぎりで695がひどいと思うわw

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 22:28:23.19
政府に無断でやろうとしたって、軍にシトレの失脚望む人間が一人でもいたら即逮捕、下手したらクーデター扱い

現実には艦隊の所在は常にモニタリングされてるから、内部にも極秘なんて不可能だし、備蓄物資だけじゃ遠征に足りないから
基地へ補給回さないといけなし、物資、兵員の移動に民間機・船舶使うし当然軍からじゃなくて政府からの要請じゃなきゃ不可能だし。

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 22:29:01.51
いやいやドライアイスの船の極秘建造に失敗していたら
ヒルデガルド・フォン・ローエングラムが皇帝に即位していたはずだ
もし、「違うぞ!」と言い切ることが出来るなら論破してみせよ

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 22:39:42.64
>>707
少なくとも、政界入りを狙うような描写は小説にはなかったと思う。
というか、大戦果で政界に打って出るつもりなら本部長の再任を狙わんだろうし。

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 23:02:54.00
うん、シトレな政界入り願望は初耳だね
もし仮に政界入りの願望があったとして
与党なのか野党なのか無所属なのか
つか最高評議会議長って選挙制だっけ?
議会の指名、任命だっけ?

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 23:11:05.61
>>713
新艦隊の幕僚とかかなり自由に選んだり大々的に引き抜いたりしてるのになw
なんと連中は人事を通さずに編入してきたのだ
歴戦の提督たちの無謀な作戦を嘲笑する声を黙らせたビュコック
彼らは作戦が機密で政府すら知らないことを知らなかったのだ
副官のフレデリカグリーンヒル
彼女の父は娘がクーデターとも思われる作戦に参加させられていることをまだ知らないw

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 23:17:28.02
ちょっと一巻よんでみたんだけど
ヤンの知略と彼を登用したシトレ元帥の見識が想像できる限りの美辞麗句で賞賛されたって書いてあるぞ
シトレを貶めるためにヤンを持ち上げたとか何言ってるんだよってレベル
読まずに適当な妄想を威勢よく書いてる奴って一体何なの?w

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 23:20:53.36
軍隊はクーデターが起こせて一時的にでも首都制圧できるなら
政府や行政は軍に対してズボラであって
半個艦隊くらい極秘に編成、派遣、作戦実行くらいたやすい
と考えることもできるんじゃね?

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 23:22:14.92
>>719
ネタにマジレスもなんだが、発覚した時点で冗談抜きで銃殺される。

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 23:26:46.33
>>720
だからズボラなんだってばさ
なぜにキャゼルヌにローゼリッターを依頼できるのだ?

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 23:38:47.92
>>719
できねーよw
正規の軍事行動と秘密裏に行うクーデターを何故同列に考えるのか理解に苦しむ

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 23:42:00.13
では秘密裏に計画実行されたクーデターの方が大規模に
軍事行動できた。その理由を求む

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 23:48:54.08
そりゃ人員や兵糧、装備その他諸々を一括して担当していて
しかもシトレ元帥の次席副官であるキャゼルヌが
シトレ元帥の下で行われる作戦にてローゼンリッターをヤン艦隊に派遣できたところでおかしいことは無いだろ
クーデターはアムリッツァの大敗で軍・官共に疲弊していて更に軍の官に対する不満が頂点に達している時期で
そこに軍内部の査閲を統括しているグリーンヒル、情報を統括しているブロンズの二人がクーデター派であったから

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 23:53:06.78
グリーンヒルに対しては、「あんたに見る目がなかったのさ」というリンチの人物評が的確すぎるよな…

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/18(火) 23:59:24.35
正規の軍事作戦と秘密裏のクーデターという
純粋比較で一部のわずかな軍人の意向で
極秘に実行可能なのかどうか議論になるはずだったのに
そこに国内情勢とか軍部の疲弊とか調味料加えてしまったら
ダメでしょうよ

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 00:00:56.26
純粋比較出来るほど単純じゃないだろ

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 00:04:15.28
>>723
とりあえず1〜2巻読んできなよ
その上でわからないならもうここで何言っても無駄だと思うよ
大して理解力や専門知識が必要な内容じゃないんだから

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 00:05:49.76
情報部はベイ大佐がトリューニヒトのスパイと看破出来なかったんだね
ブロンズ中将は駄目駄目
しかし軍事会議派はろくなメンバーがいない

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 00:06:05.98
首飾りがあるから反乱なんて怖くないし

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 00:07:52.18
>>726
いやそれ以前の話でどこにシトレが独断で政府にも秘密にしてイゼルローンに攻め込んだなんて書いてあんの?

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 00:09:44.65
第7次イゼルローン攻略戦は同盟軍と国防委員会が承認した
正規の軍事作戦でFAね?
演習ではなくて

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 00:10:03.80
クーデターの可能性なんて、そんな重要なことをビュコックにしか話さないなんてどうなのよ
と思ったこともあるが、考えてみるとビュコックってヤンからすると直属上司なんだよな。
だとしたら、報告先はビュコックだから組織系統上何の問題もないのか。

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 00:11:42.50
俺はシトレの政界入り妄想がすんげー気になる

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 00:11:54.22
クーデターとイゼルローン攻略をやたら一緒くたに扱いたがってる人がいるのは何なんだろう?

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 00:15:38.55
いわばシトレ厨の言い出しっぺでねーか?
それが原因

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 00:26:00.87
693、695
の言い分ぽいけどほんとひどいなこれ・・・
同一人物なんだろうが俺とは違う芳樹の銀英読んだんだろうか

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 00:49:21.03
帝国艦艇の脱出艇(内火艇?)にはワープ機関が装備されているのか否か

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 00:57:33.81
>>738
ランテマリオで帝国軍が双頭の蛇使う準備の一環として、
通信に三重の冗長度を持たせた上で、
ワープ可能なシャトルを用意した、ってのがあった。

ワープ可能なシャトルがあるんだから、
ワープ不可能なシャトルもあったんだろう。
内火艇もワープ可能・不可能の両方があるんだとおもう。

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 02:14:09.57
>>732
当たり前だろ
シトレが私兵化した同盟軍の一部を率いて勝手に帝国に攻め込んだなんてどう読めばそんな解釈が出てくるんだ
おまけにその戦果を元に政界進出を目論んでたとかめっちゃくちゃじゃねーか
意見が割れるところですらない

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 09:07:43.89
>>711
トリューニヒトは作中でも屈指の政治家なんだろうが志の向いた方向に問題があり過ぎたからな
レベロやホワンは良識的ではあったかも知れないがぶっちゃけ無能だし
レベロが政権の首座についた途端転げ落ちるように自身の評判を落としていく様は管直人のようだw

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 09:10:15.27
ヤンがイゼルローン奪取したとき
ラインハルトがイゼルローンなぞすぐ取り返せるとか言ってたけど
あの時の状況では本当だったんですか?
部下がたくさん死んだけど

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 11:18:00.78
>>711>>741
ヤンの政治センスはゼロという事かな
でもヤンはたかだか40年か50年の平和の為に自分の命を賭けたのだろう
同盟に政治家が居なくてヤンのやった事が逆効果になったわけだから
いくら自分が政治が嫌いでセンスが無いといっても自分がやらなければ駄目だと思わないのだろうか
自分の軍事的勝利で同盟の政治家に対して同盟の外交にヒントを与えても
それを理解出来ないあるいは理解しても行動しないのであれば自分が政治に口出しするか
どうしても政治に関わりたくないのであれば
退役して全く世間と隔絶したポジションに置いて隠棲するしかない
このままずるずると軍隊に籍を置いてヤンが軍人として頑張れば頑張るほど帝国の軍人を大量に殺害する事になるし
その為には味方の犠牲なくしては実行出来無い
そしてますます同盟の政治家も国民も帝国との戦争にのめり込む
ヤンはこの現実に耐えられないと思うのに軍人を続けたのはちょっと疑問

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 11:22:05.53
本人はそうしたいからとっとと軍隊やめようとしてたじゃん
だけど結局流されるままやめられずにズルズルと行っただけで
自分が頑張れば頑張る程帝国に犠牲を出す、けど頑張らないかったら今度は同盟に犠牲を出すことになるから辛い
って言ってたじゃん

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 11:40:09.20
>>741
トリューニヒトも大してかわらないよw
困難な状況を自分で作っておいて手に負えなくなったらバックレ
周りが必死に尻拭いしようとしてるのに立場を利用して足を引っ張る
ぶっちゃけ最低の部類

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 12:15:17.91
帝国とフェザーンの謀略であることを看破出来ず皇帝の亡命を受け入れる
得意満々で演説し有頂天になってたらブチギレた帝国の大規模な全面侵攻を誘発
どうすんだコラ!と詰められるも自分だけの楽園に逃避し雲隠れ
残された中でアイランズが覚醒し軍と協力しなんとか勝算を立てて作戦を実行
目的達成半ばながら自分の命惜しさでカルト教団を引き込み降伏
結果同盟滅亡

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 12:26:23.87
>>746
そのうちどこまでが本当に計算違いなんだろうな
最初から地球教と繋がってたわけで、同盟の存続すら彼にとっては大した問題ではないだろ

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 12:42:19.37
>>746
物語後半ではアイランズはじめ同僚の政治家や大衆に対する蔑視を見せていたから
政治軍事の力量は乏しいが政治権力内部での登り方や自分を演出する
やり方に長けていたり、平然と帝国に仕官できるあたり、同盟の存続なんて
どうでもいいんだろうな。

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 12:44:41.15
もともとグリーンヒル周辺には国を憂う軍人が出入りしていてヨブも警戒していた
ベイを送り込み、ドーソンに統合作戦本部を仕切らせてひと安心というところに
ビュコックが何やら秘密裏に憲兵の真似事をしているとの情報が入る
能力、地位、人望、実績、コイツのほうがヤバイと注意を向けたところに
リンチの計画書にしたがって予想よりも早くクーデターが勃発
頼みのドーソンは役立たず、パエッタの第一艦隊は装備だけは一流のお飾り部隊
ベイの通報でヨブ様は逃げるのがやっとでしたとさ

全部俺の妄想だけどね

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 13:27:38.42
>>747
地の文でこの時が彼の絶頂期だったみたいなこと書かれてるから帝国がフェザーンから来るのは完全に計算違いだったと思われる
降伏もぎりぎりまで追い詰められて保身の為にやってるしここらへんは行き当たりばったりっぽい
>748
ただ保身と自己演出に長けてるだけで政治家として優秀かといわれれば疑問だと思う
その保身も言う必要の無いこと言って殺されるあたりかなり運が良かっただけなのかもしれないし

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 13:56:13.74
ポプランとヤンの絡みは殆ど無いのにも拘らず、ヤンの死後ヤケ酒あおってたのに違和感

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 14:32:40.79
>>749
その想像なら、ベイの通報だけで十分だよ
ただ逃げ先が地球教とのいうのが解らないな
ベイが地球教徒だったのかそれとも憂国騎士団との繋がりか

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 14:36:18.22
読んで大雑把な感想
結局戦術家としてはヤンの方がラインハルトより上なんだろ
二人に対する評価はシェーンコップと同じだわ

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 15:13:44.11
>>451
ヒント:酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞ〜♪

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 15:27:10.91
>>752
トリューニヒトが地球教とつながりが深いってのは周知の事実
地球教は皇帝爆殺しようとした極悪非道のテロ組織
なんでこういう前提があるのにトリュさん旧同盟領で役職なんてもらえたんだろうなw

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 15:27:19.36
>>451
輪っかになったり、漏斗状にもなるよ。
でも、あの形状だったら反対側の味方に当たったりしないのかね?

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 15:30:40.91
>>753
直接対決でしかも兵力が少ない上に時間制限があるなんてマゾな状況でヤンが完勝してるからな
戦略に関してはそもそも持ってる権限が違いすぎて比較できないけど
ラインハルトの心理を読んでひたすら彼を釣り続けたヤンの悪女っぷりはひどいねw

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 15:39:33.27
帝国に、地球教団の暗殺計画を密告って地球教団崩壊の
引き金になったヨブに、そのまま地球教団が協力していた方が
不思議だわww

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 16:02:07.32
ああそっか
見切りつけて裏切ったんだっけ
こりゃ失礼w

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 16:27:56.47
>756、それなりに考えてるだろ。角度とか

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 18:19:07.38
ルビンスキーも地球教団から命狙われていたんだけど
無事だったな 病気で死んだけど

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 18:21:27.84
リンチに「おまえは民間人を見捨てて逃げた卑怯者」といったくせにヴェスターランド見捨てた屑が居ましたが、
帝国ってエル・ファシルを民間人ごと占領したとしてどうするの?

帝国領侵攻作戦をみると同盟は民主主義の素晴らしさを教えたかったんですよね?

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 18:51:42.62
百回ぐらい読み返せばわかると思うから読み返してくれば?

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 19:30:27.71
>>762さんの質問は
帝国はなんのために同盟と戦っているのか
同盟はなんのために帝国と戦っているのか
でいいのかな?

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 20:06:49.59
>>762
「ヴェスターランド」ってなんすかぁ?(ゲス顔

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 20:14:08.84
司令官派遣して軍政引くだけでしょ

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 20:14:09.71
帝国が攻め同盟が守るってのが基本スタンスだろ
何で攻めるかって言うと
脱走犯の子孫で叛徒だから
皇帝の威光を知らしめなきゃいけないため

イゼルローン建設と前後してお互い戦う理由が判んなくなってるっぽいけど

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 20:24:12.50
住民を守ることができなかったら同盟の権威が失墜するよ。

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 20:42:30.63
権威って帝国とフェザーンに対しての見栄晴?

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 21:24:36.09
同盟の市民

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 21:33:18.78
略奪にきたとしかいいようがないよなあのときのエルファシル
失陥したのに特に何事も無く同盟領に戻って住人も生活してるし

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 22:00:17.84
奪ったエルファシルですら帝国は維持出来ないのだから
同盟の帝国領侵攻で侵攻地域の恒久支配など無茶な話しだよな
双方が冷静に合理的に考えればお互いにどこいらあたりまで支配出来るか判るだろうけど
でも両国共にアホな原理主義者がいるしフェザーン・地球が和平を邪魔をする
しかしフェザーンが地球のコントロールから脱したらフェザーンの宇宙支配は人類とって案外幸福ではないかな

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 22:17:43.40
それは本編終了後、ロ帝国は長く持たないかもしれないと
予見させるような書き方だけど
俺も帝国としては保てないと思ってる

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 22:24:41.10
>>765
ねずみーランドのような娯楽施設。
帝国領にある。

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 23:25:38.69
>773
ロ朝を育てたのはヒルダ、という記述を見るにゴ朝ほどではないにせよ百年単位では
保たれたんじゃなかろうか

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 23:28:18.47
>>743
シトレ元帥にこれからは君しかおらんのだよ
と囁かれてその気になって辞められなくなった
そんなことはないか

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/19(水) 23:58:28.81
フェザーンの人口が20億人と書かれたのを見た時
可住惑星がフェザーン本星ひとつしかないのに多過ぎじゃねと思ったけど
考えてみなくても地球の人口が70億もあるんだからおかしくないか
むしろ帝国250億同盟130億は人口密度がスッカスッかだなあと思ったよ

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 00:13:09.01
>>777
銀河自体スッカスカだからね

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 00:20:11.82
>>777
銀河連邦の頃は、旧帝国領だけで3000億人いたわけだから、もうちょっと人口密度あったね

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 00:34:14.84
一応20倍近いな人口密度w
銀河の広さからしたら微差ではあるけども

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 01:12:35.15
小説の舞台からして銀河系のほんの一部だからなあ
宇宙を自分のものにする
ラインハルトちゃん言ってる事が大袈裟じゃん

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 01:37:07.68
その昔ギリシャから小アジアに攻め込んだだけで世界を征服したとか言われた大王もいたわけで

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 02:58:09.17
>>782
マジで当時はそこだけが世界だったわけで

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 03:50:48.52
んなわけあるかw

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 05:17:57.28
兵士が全員「これ以上やったら死んでしまいます」とボイコットして
挫折したんだから征服しきれなかったってことだろ。

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 06:30:21.44
>>782
時代ごとに「世界」範囲が変わるからな。
伝統的にヨーロッパにとっての「世界」は欧州圏のみ。時代が下って、その外に広がっていて、
人が住んでいる認識はあっても、心の底で考えて「自分らにとっての世界」はあまり変わって
ない。

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 06:36:16.95
>>784
勢力圏にする価値のある一定の人口や文明圏の地域が……と言う意味で。
当時確認できる限りでは、その向こうは「無人圏」が広がり、それを踏破する能力は人類に
なかったということだわな。行けない遠くは存在しないのと同じ。

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 08:44:29.51
いやだから大王はまだまだ「世界」に侵攻する気満々だったけど挫折したんだって。
自軍の戦意(モラル(笑))を保てずに征服失敗ってこと。

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 08:50:28.66
まぁ俺は海賊王になる!は小袈裟すぎるしさ
天の川銀河の外には
バッフクランがいるから出征出きないのも事実

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 09:24:17.17
日本だって、かつては本州・四国・九州を手に入れれば「天下」統一だったわけで。

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 09:29:46.66
大王はローマ手つかずのまま死去。

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 10:54:46.60
>>787
無人圏もなにもインド攻め込んで途中で帰ってきたりアラブ攻めようとして死んだりしてるんだがw
勿論ローマとも戦っていない
銀英的に言えばマケドニアが帝国でローマが同盟な統治形態ぽいけど戦ってたらローマが勝ったような気がするな
まぁ大版図の帝国を一代で築いたって意味では凄まじいけど世界征服なんてレベルには程遠いよw

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 14:42:37.95
無人圏とかすごい単語がでてきたな
どっかに世界を隔てる無の砂漠とかでもあったんだろうか

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 15:18:44.04
>>781
「宇宙」の前に「既知の」が省略されてるんだよ。

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 15:34:23.75
スタートレックも宇宙を駆けまわってるかのようだけど、1銀河系内で終わってるんだよな。
複数の銀河を股にかける作品ってどんなのがある?
描写的には大差が無さそうだけど。

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 15:43:06.16
DS9なんて固定だしw

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 15:46:46.13
>795
ベタだが宇宙戦艦ヤマトと
マニアックにジェイムスブリッシュの宇宙零年〜四部作位しか知らん

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 16:01:40.50
カナダで作ったアンドロメダは3つの銀河というけれど、
ちゃんと視聴していないから詳しくは判らん

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 19:44:59.74
要塞対要塞戦後、援軍として来た双璧は味方を追いかけて来たヤンと戦わず引き上げたが、これはある意味、利敵行為にも取れないか?
ラインハルトは戦線の無闇な拡大を慎めとは言っても、このケースはヤンを討ち取ってから引き上げるべき
イゼルローンから離れて出て来たという千載一遇のチャンスを潰したのは、あまりに勿体無い

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 19:49:38.57
>>799
ヤンのほうは形勢不利となればイゼルローンに逃げ込めるし、
そもそも勢力が互角近ければ、ラインハルト、キルヒアイス以外がミラクル・ヤンに艦隊戦で勝つのは難しくね?

あそこでまともに戦って、あの状況からロイエンタール提督戦死とかなったら目も当てられん。

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 20:04:47.67
イゼルローン要塞が同盟側の手にある限り
回廊内で帝国軍に有利な戦闘なんかできやしないよ

だから撤退が最良だろう

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 20:24:37.46
>>800
ヤン艦隊は一万隻、双璧は二個艦隊=三万隻
数的にも圧倒的有利
ヤンがイゼルローンへ逃げ出しても、並行追撃でトールハンマーも封じられる
帝国側に有利な材料が多い

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 20:26:49.95
>>790
本来は京都周辺一帯が「天下」だぞ。
京を押さえた上で、権威の代行者として振舞うのが「天下を獲る」であって、それを認めさせる
ために「端っこの方」まで威光を武力で知らしめる必要があっただけ。
地方の大名は大体残って、臣従しなかったところを潰して一部を直轄地、子飼いに任せた程
度。「手に入れ」たには程遠い。

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 20:37:17.90
>>799
戦線の拡大を止められている以上、突出したグエンを鎧袖一触で葬って背後の安全を確保し
ただけで退くのが筋。「援軍」ではあるが、実質「救援隊」なんだよ。双璧は君と違って、今やる
べきことを理解していたってこと。

なんでこう血に飢えたキチガイが定期的に涌くんだ? このスレは

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 20:41:46.15
>>792
ペルシアじやなくて西の方に進出してたらローマ戦で早々と野望が潰えていたとする研究者も多いね。

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 21:02:12.32
ビッテンフェルトなら間違いなくそのまま突撃してヤン撃破を狙っただろうな
そして返り討ちに
作中でグエンとビッテンは同レベルと明言される位だからな

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 21:07:01.83
そういう釣りは間に合ってるので結構です。

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 21:37:54.23
レンネンをハイネセン高等弁務官は大失敗な人選だったな
上級大将クラスから選ぶにしても、一番不適だろう
メックリンガーがベストで、ルッツ、ワーレン辺りも悪くない

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 21:44:46.52
>>806
同じ猛将タイプと言われてただけじゃね
同レベルとは言われてないと思う

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 22:00:07.02
>>799
追ってきたグエンは血祭りにあげてるし数から言っても指揮官のレベルや兵力差考えたら迎え撃っても充分勝算あったろうね
ただこの場合まともにぶつかろうとしてもヤンは帰っちゃうだろうしあんまり意味がないと思う
>>808
作者にという神に無様に死んでもいい間抜けな敵役として抜擢されただけなんで彼に罪はないんだよw
じゃなきゃ政治家的な役割を求められるのにガチガチの軍人をあんなポジションにおかないよ

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 22:08:36.86
>>808
あの人事はラインハルトの「偏見」によるものだろう。

ラインハルト自身は、バーミリオンは自分の負けだと思っていたが、
自分に勝ったヤンに対して、復讐してやろうとは、全く思っていなかった。
だから、レンネンカンプもそうだという「偏見」があった。

ラインハルト自身がレンネンカンプの部下だったとき、
レンネンカンプは部下であるラインハルトを公平に扱った。
だから、レンネンカンプは公平な男だという「偏見」があった。
ただ、レンネンカンプは部下は公平に扱う男だったが、
交渉相手に対しては、そうではなかった。

そう考えると、レンネンカンプを選んだ基準は、公平さ、じゃないかと思う。
コレまでの敵国であり、バーラトの和約で属国同然の有様の同盟を、
公平に扱えるであろう人格の持ち主をラインハルトの見識=「偏見」に
基づいて選んだ結果が、レンネンカンプだったんだろう。

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 22:11:40.46
ミッター曰く中将あたりで留まっていれば幸せになれた、だっけ。
ラグナロック時の相次ぐミスを理由に降格されていれば高等弁務官になることもなく
彼にとっては良かったのかもね。

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 22:46:43.12
レンネンが大将っていうのもなんか過大評価な気もするわ
そこまで功績を立てた描写あったっけ

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 23:08:35.15
まあ他の大将連中もそんなに描写ないしー

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 23:18:28.57
ミスターレンネンはまだミューゼル伯の時代は階級なんだったの?

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 23:20:17.62
>>802
ラインハルトからむやみに戦線を拡大させるな
と釘を刺されているのだからあれでいいのだ

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 23:21:07.19
ごめん記憶ちがいかな
×ミューゼル伯
○ローエングラム伯

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 23:25:40.16
過大評価って
ヤン、ビュコック以外の同盟将官より確実に上だろレンネンは

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 23:36:52.63
>813
成り上がり者のラインハルトにとって数少ない駒の一つだから。
それに戦闘指揮官としてはロイエンタールを感嘆させる手腕を持っているからね。
上級大将や高等弁務官の器ではなかったということにはなるだろうけど。

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 23:39:18.75
>>818
つ [アッテンボロー]

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 23:47:58.08
アッテンボローは敗戦処理やゲリラ戦でこそ輝く指揮官だからなあ。
戦術指揮官としてはバイエルラインと拮抗していると記述されているから、レンネンと
正面からやりあったら多分勝てないだろう。

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/20(木) 23:53:21.27
シトレのおっさん

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 00:31:03.33
ウランフ+ボロディン「みんなワザと俺たちのこと、忘れたふりしてるのか?」

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 00:47:47.03
ヤンファミリーはヤンに対して失礼を通り越して、ナメてんのかと思うような事を言い過ぎてるような
ヤンがもう少し厳格な性格であれば、軍法会議にかけて相応の処罰を受けているレベル

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 00:50:04.06
>>799
双璧が戦いを挑んできたら、ヤンは要塞に引っ込むだけだろ?
利敵行為って・・・

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 01:04:01.20
>>808
あれむしろ失敗を期待した人事だったんじゃないかね
彼が失敗するのが早ければ早いほどまた自分は軍を動員して楽しい戦争ができる
能力や適正を完全に無視して配置してるし本気で彼が相応しいと思ってたのならアホ過ぎる
信者のメックさんは天体望遠鏡と顕微鏡の違いがどうのこうと無理矢理擁護してたけど
むしろ天体望遠鏡で微生物みようとした愚かな行為って方が正確だよね

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 01:12:16.11
>>804
個人的には妄想を自信満々で語るやつが一番鬱陶しいな
695とか異様におかしすぎてむしろ怖いわ

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 01:22:29.30
>>815
ラインハルトが少佐の時にレンネンカンプは大佐だった

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 01:25:32.37
>>786
つまり銀英伝世界の人間にとって全宇宙というのは人が住んでるところの宇宙のすべてってわけでラインハルトもそういう認識だったんだろう

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 02:14:28.84
銀英伝世界じゃなくてそうだと思うけどな
世界征服って言葉で「待って!世界征服って言ってるけど海中はちゃんと征服したの!?」だなんて思わんだろう

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 02:16:40.94
ラインハルトもエミールから「別の銀河系でも」と言われて「その発想は無かった」と言ってるしな

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 04:16:48.72
   / ィ彡 / /::: ̄`ヽv_=二ヽ
  / /  ノ/:::::       ゙i| |
  l /   ,'イ::::::::::       | !
  {     j,,、--.、,,_     ゙il
  i  f⌒iソ::::::~、'''='ヽ`' ヒニ`'}}
  ,'  {{ ((:::::::::   '´   |`'~ '/{   
 /f =R、ユ゙i、     _ _l  ,'f´   
 { l |   |ハ      _   /リ    卿らの討議も、長いわりに、なかなか結論がでないようだな
 ゝリ  从::::ヽ    ̄二`' / f    
  {シンfル、_:::: \     / 乂    
 レ'从リ:::ll  `'ー-、_'-、__/_从 
   ノ::::ll:::ミ:::::::::frー、'Tニン:::|     
  r'´`''ー-、ミ:::::::::U::::ノ | | |;;;;|

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 09:05:00.05
>>830
海も我々人類の物だ!

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 09:16:54.58
娘と嫁で手一杯だよ
でも子育てとデスクワークはラインハルトに勝つ自信がある

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 09:23:21.84
周囲から露骨な嫌がらせや嫉妬やら蔑視の視線を浴びまくってる時期に
公平に扱ってくれたレンネンの印象が良かったのは無理なからぬ所じゃないのかね

辛口なロイエンタールはともかくミッターマイヤーやメルカッツも高い地位に相応しい器ではないと評価している
レンネンの人事はラインハルトの見る目がなかったというか、レンズが曇っていたと言われても仕方ないのでは

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 09:40:28.42
すくなくとも公平であろうとしたことに関しては
人後に落ちないんだけどな

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 11:00:22.83
最低スキルを持つ人材が多すぎるからこその
ラインハルト坊っちゃんの暴走だね
適材適所を考えずに代わりはいくらでもいるという思考が
よろしくない
羨ましいといえば羨ましいが一度は人材不足の苦労を味わないとね
外伝作品でどんなに愚痴ろうとラインハルトには下積み経験が足りない
皇帝たるもの、それで構わないが人事に口出すなら、そうもいかない
ミスターレンネンはオーベルが悪いんだから
責任を負わせるなら負わせるべき

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 11:05:18.45
ミスターレンネンも5年くらいで大佐から大将になってるのな
平民出なんだろうしどんだけ凄まじい活躍してたんだろう

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 11:41:14.77
>>838
レンネンに限らず元帥府に登用された連中は格上げの為の昇進してるんじゃないかな
ケンプ、メックリンガー、ケスラー、ビッテンフェルト、シュタインメッツ、この辺は外伝では大佐だったし
双璧が少将だっけ。オーベルなんてイゼルローン脱出時点では中佐でしかない

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 11:42:55.31
ラインハルトの部下たちは彼の部下になる前から順調に出世してるんだよな
人事に関して帝国軍は全然腐敗などしてないじゃないか

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 12:06:40.25
皮肉にもアッシュビーにこっぴどくやられて以降、帝国軍に貴族出身がすくなり始めたあたりから
人事に公正さが広がっていったという、公正でないのは少数の上層部の連中のみだ
そこをラインハルトが宰相になってから一気に正したら、上から下まで公正さの塊のような軍隊に

それに引き換え同盟ときたら

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 12:38:10.10
軍務尚書の仕事でないの?
首相が軍部人事に指図するのはよくないよ
任せるなら任せる
やるなら全部自分でやれと言いたいのだが
軍務尚書の仕事取り上げちゃうね
それで責任は口先だけの後悔逃げ台詞だもんね
やっぱラインハルトおかしい

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 12:39:44.81
そうだな銀河民主国だったならその通りだろうな

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 13:15:24.65
>>842
ラインハルトはリップ戦役で帝国軍三長官独占して、それで宰相も兼任してたんじゃないの?
だから軍の人事に口出せる
元々、元帥府開設したら幕僚の任免好きに出来てたし

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 13:19:10.60
>>842
おかしいも何も完全な独裁者ですがなw
軍部を完全掌握した北の将軍様みたいなもんです

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 13:20:15.75
戦時中の前線指揮官を身分や家柄で決める訳にはいかんだろ
それに将官と言っても裁判無しで処刑されかかるような立場でしかないしな

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 14:33:30.24
どこかの日・日・正、成・正・恩
は選挙で選出された王様もしきは皇帝でしょ?
一応、独裁ではないよ一応
ラインハルトが宰相なのであれば宰相の任にある時は
軍から離れて宰相の職務に専念してくださいと言いたいの
軍務尚書兼務なら問題はないさね
嫌なら総統とか統帥とか曖昧な肩書きで業務遂行してちょと言いたいの
宰相が独裁したらあかんよ帝国でも
独裁できるのは皇帝でしょ?

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 14:50:29.42
>>847
実力で全部無視して好きなこと出来る立場だし
宰相だのなんだのっては一応体面とバランス保つことが表立って好き勝手やるより有利だからそうしてるだけで
もう実質的には皇帝なんだよ
そんなもん読めば分かるだろうに
なんか最近変な人が住み着いてるよな
シトレの政界進出を阻止するための政府の作が帝国侵攻とか言ってる人いたり

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 15:27:17.52
リヒテンラーデを粛清した段階で独裁でしょ
ただラインハルトは私情に左右されない公正な目を持っているから人事に破綻することは少ない
レンネンカンプを総督に任命した時はオーベルシュタインに失敗したら更迭するだけと言っていた
結果が更迭だけで済まなくて自殺に追い込まれた上にヤンに牙を付けて野に放ったのだから
やっぱり大失敗人事だったと思う
ラインハルトは反省すべき

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 15:50:09.14
>849
なんで?
攻め込む口実が出来て結果オーライじゃんか
オーベルもこっちが仕掛けてるんだから良いって評価してたし

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 16:09:18.70
>>848
実質上の独裁を否定してるわけでも皇帝が云々でもないんだよ
形式にこだわらない、こだわりたくないとボヤっきーのお調子者が
形式にこだわってガキ皇帝誘拐→赤ちゃん皇帝→自分
と何故か御都合で形をこだわった謎が理解できないんだよ
ブラ公はともかくリヒテンラーデには冤罪を押し付けたわりには
皇帝簒奪即位には手順を踏んだわけで
なぜ帝都襲撃時に門閥貴族を殲滅して、皇帝でも覇王でも
呼称はなんでもいいが、そのまま支配者にならなかったのかが
わからないのさ

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 17:04:48.63
レンネンカンプの件とは関係ねーだろと言われれば返す言葉はないが
後の回廊の戦い、ロイエンタールの反逆が続くと
帝国軍の多大な犠牲はレンネンカンプ総督が躓いたのがきっかけの様な気がしてきた

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 17:28:37.31
>>851
形式にこだわったり無視したり思いつきで好き勝手ができるからこそ独裁者。

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 17:34:21.05
>>833
古すぎる。40代後半でもキビシイかもしれん

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 17:49:02.20
>>853
それ
アドルフ>ルドルフ>ラインハルト?

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 18:19:35.22
形式は十把一絡げにすべて否定ってわけじゃなく
無用な形式は無視、有用な形式は利用ってことだろう。

あの場合形式を踏んだ方が周囲の反発が少なそうだからとか。

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 18:29:28.99
>>851
あたりまえだろ
あの時点じゃまだゴールデンバウム王朝内の権力闘争なんだよ
勝ったから俺様最高の皇帝になるわガキ?ああぶっ殺してすてとけなんて短絡的な馬鹿行動じゃ流石にとれんよ
国内にはまだ皇帝家を慕う保守勢力がいたりやクーデターによる急激な変化に戸惑ったり反発したりする連中も当然出てくる
自分の支配体制を磐石にし世間がそれになれた頃に穏やかに政権を交代する方が後の統治の為にも遥かに有用
好き勝手はできるけど後のこと考えて慎重にすすめただけで形式がどうのというより役に立つか立たないかで判断してるんだよ

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 21:48:23.56
>>851
名目上賊軍を討伐した直後じゃん?
職業軍人は中立でも国軍に所属している以上、ラインハルト軍に加わらざるを得ないし。
軍の高官自体、門閥貴族軍に加わらなかったし。退役軍人は協力な影響力を持っているわけだし、
大儀や名目を即座に捨てたら私利私欲の為だったか、とその後の統治に重大な支障が出る。
ラインハルトの権威、信用は失墜する。

それにあとから発表した方がインパクト少ないじゃん?
東電が海に捨てた処理水の計測方法今まで間違ってました、てへっとかいってるけど、ああわかってたよ、みたいな。

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 21:51:52.15
>それにあとから発表した方がインパクト少ないじゃん?

某北の将軍様「拉致してたのを認めるときもそう踏んでたんですけどねえ……」

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 23:24:50.44
>>850
まだ攻める気ないのに攻めざるを得なくなった
ヤンは逃げて武装蜂起したしテロリストが活動を活発にして本来は死なずにすんだ奴が大量に死んだ
その後の大混乱のきっかけになってるし影響考えれば大失敗人事だよ

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/21(金) 23:36:04.89
>>860
ただ、帝国の立場で神の視点から見ると、結果オーライにも見える。
状況がしばらく膠着すると、ラインハルトの病状が進む上、ヤンの策謀が始まってしまう。

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 00:16:19.45
>861
膠着状態が長く続けば遠征もないからラインハルトの病状は悪化しない
むしろ死病にならずに済んだ可能性も出て来るなw
同盟軍の解体も進むからヤン艦隊の戦力が史実ほど膨らまなかった可能性もある
廃棄艦艇の強奪もたびたび起きれば帝国軍監視の下で行われるようになり
そうそう実行出来なくなるだろう。最悪本拠地を突き止められて包囲殲滅なんて事態も

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 00:19:33.41
>>851
関ヶ原と一緒だと思うけどね
家康は自分の覇権を確立する為に戦ったけど名目上豊臣大名として叛臣を討ったわけだから
戦後処理の加増・改易も豊臣の代理として行なっている
勝ったからっていきなり徳川幕府の将軍として戦後処理は出来無い

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 00:57:19.13
>>861
流石に神の視点すぎないかそれ?
それは要するにラインハルトを殺すきっかけをつくったのがレンネンとも言えちゃう
敵を滅ぼしつくして自分もその炎に焼かれて死ぬなら敵が残ってるなら死なないってことになるし
もっというなら6巻あたりじゃもう作者は物語をラインハルトの死で〆るって決めてたような感がある
メタだけどレンネンがやらなきゃ作者はラインハルトを殺せないw

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 01:15:19.93
物語の都合上汚れ役させられるキャラの扱いが一貫して酷い作品ではある
レンネンは代表格だがグリルパルツァーも悲惨だわな
ラインハルトに認められて出世したはずが最後は三流の悪役じみた末路だもんなあ

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 09:41:56.44
ケンプも中々かわいそうだったな
俺要塞自体に執着も未練もないから要塞ぶつけても主砲撃ち合って共倒れでもかまわないよ
って明確な許可だしとけばあんな負け方しなかったんじゃないかと思う

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 09:47:13.34
>>860
>まだ攻める気ないのに攻めざるを得なくなった
もともと「ダメなら更迭。併合の口実にする」と失敗は織り込み済みだし、オーベルシュタインも
その前提でレンネン煽ってる。
まあ、同盟軍の武装解除の終了、市民が占領・統治を受け入れ等、同盟事情が安定するまで
は波風なしで待つ方がいいだろうし、ラインハルト個人の中でもまだ間を置きたかったところか
も知れないが、帝國としては想定内、即対応可能レベルだったんじゃないか? 
予想外のヤン離脱、レンネン拉致→死亡という事態にはΣ(゚д゚)オイオイだったろうけど。

なって欲しくなかった展開もあったが、基本線としてはレンネンは火種になるというある意味期
待通りの仕事をしたと言えまいか?
拉致・自決は突き詰めれば本人の問題だし、ヤン謀殺未遂→同盟離脱は、実際にヤンがロク
でもないことやっていた薮蛇な話で、ボヤ程度でよかったレンネン火種が結果的に大火事に
なっただけ……。
結果責任は負わねばならないが、失敗人事と責められことはないような気がする。
結果責任論でいうなら、そもそも「火種になってもかまわない人事」の前提―早期併合方針が間違っ
ていたと批判すべきかもしれない。

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 09:48:58.63
許可がないと何も判断できないような将軍は
ナポレオン時代の戦争では用無しです

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 09:59:14.40
ケンプも負けただけならまだしも手柄を焦ってると部下に揶揄されたり
あのミュラーにすら功績独占する気じゃないのかと勘繰られる始末だからな
レンネンやグリルのように明確な悪役にさせられなかっただけましだが

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 10:18:42.65
ケンプの息子たちはどうなったかな 
帝国で生きていく以上 ヤンを憎むしかないか 

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 10:30:02.37
作戦立案はケンプ自身だからなあ

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 10:31:51.20
オーベルシュタインをラインハルトが部下にした時は
貴族相手に派手に権謀術数を行使して物語が泥沼の展開の様相になると思っていた
けっこう期待していたから案外簡単に貴族連合を破ってしまったので拍子抜けしてしまった

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 10:34:05.33
>>868
そうだな。
逆に>866みたいに言っちゃうと、方針を縛っちゃってまともにやって勝てる(ラインハルトの気づ
いてない、あるかもしれないもっといい)可能性をつぶす事にもなる。
上司―特に独裁者の命令はそれだけ強く、文言どおり受け止め、実行しなきゃならない。
でも、それだけでは二流。
一流は文言の本質、言わせた背景まで正しく汲んで、言わば「都合よく」命令内容を達成する。
それが状況を広く理解する戦略眼、政治センスのあるなしなわけだ(出来る人間には、それを
見込んでわざと曖昧な命令を出して、選択肢を広く与える場合もある)。

高度に軍事的、政治的な話になると、組織内ではズバリとは言いにくいことは多々ある。言外
の意を汲んで欲しいという意図は少なからず含まれる。ラインハルトの場合は天才の視点で
語りがちだろうから、凡人視点ではいろいろすっ飛ばしにもなるだろう(ヤンの場合、ムライとい
う「あえて常識論で反論することで、説明を要求する」役がいたが)。
組織の中で成り上がるのは、上の方に行くほど「いちからか? いちからいわなきゃだなのか?」な
人材には難しい。

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 10:50:58.46
ところが二流の独裁者は
敵将の首を持ってこいとか
死守せよとか
これ以上敵に好き勝手にさせるなとか
命令になっていない言葉を吐く

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 10:54:54.22
>>872
>物語が泥沼の展開の様相になると
逆にそうしないための、謀略面での参謀・オーベルシュタイン加入だろう。

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 11:31:22.02
>>867
失敗人事どころか方針そのものが失敗っていうのはあるよね
なんというか中途半端
早期に同盟完全に潰す気ならもっと上と連携して同盟を煽る必要があったし
しばらく猶予期間おくならもっと政治的立ち回りできる人間を配置しなきゃならんし
レンネンさんはその煽りをモロうけたかわいそうな人なんだろうな

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 11:46:06.68
>>868
彼の立場で虎の子の要塞潰すなんて判断は難しいと思うよ
そもそもこの作戦自体要塞を主軸に立てられたものなんだし
指示待ちは使えないって問題じゃなくて彼の権限を越えた問題な気がする
それに要塞ぶつけちゃうって判断はヤンとラインハルトしか示してない
この二人が作中図抜けたトップ2だったこと考えるとケンプがまともにそんな判断するは考えられないしね

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 11:51:25.98
ラインハルト本人が心のどこかでレンネンが失敗するのを望んでいたと独白するくらいだし
最初から切り捨て枠だったとしか思えない

そういえばラインハルトはヤンに負けたレンネンを更迭するつもりだったんだよな
ヒルダの諫言で思い留まったが結果的にこれがレンネンの運命を決めてしまった
レンネンを殺したのはヒルダと言えなくもないw

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 12:16:05.57
>>875
実際、対リヒテンラーデ公戦は、オーベルシュタインの策で、一撃でケリがついたしな。

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 12:38:33.94
>>877
「要塞対要塞」って従来あり得なかったシチュエーションでは、発想を根本的に切り替えなきゃ
いけない。どう使うのが、ノーリスク・ハイリターンかという観点でみれば、「移動」要塞を要塞と
してまともに使うのが下策というくらいはわからなきゃいけないだろう。
能力・戦力が互角である以上、どう考えたってまともにやればすり潰しあいというどう転ぶか
わからない展開しか予想できない。それは戦術レベルでもアホらしいことも自明だろう。ならば
指揮官の役目は「潰し合いを避ける状況」を作ることだ。
それには勝機は敵にないアドバンテージ「移動能力」を「機動力」として活かすことしかない。
動けない的に対して足を持つってことだろ? 「ぶつければいい」てのは、そんな単純な行動すら、
イゼルローン側には不可能なことで、機動力を持つガイエが主導できる絶対的な有利さを言っ
ているにすぎない。そこに気付かず、単に「要塞を運ぶ」能力としか見れなかった点がOUT。
元撃墜王のクセに機動力の重要さを理解してなかったのか?
戦術判断というケンプの権限内で切り替えが出来なかったのは残念以外何物でもないだろう。

分を越える判断だと思えば、出征前に「やっちゃっていいですか?」と聞けばよかったのだ。聞き
にくいだろうけど、任された以上、大枠を確認しておくのも指揮官の仕事。そこから間違ってい
たのかもな(元帥府の部下と、そういう関係を築けなかったラインハルトの落ち度か?)。

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 13:01:44.81
移動要塞を要塞として扱うのが下策って…
要塞が移動できるという事の利点を無視して移動するという事だけの利点を語ったところで何の意味があるの?
そもそもケンプにミュラーもその他のヤン・ラインハルト以外の将帥達も「要塞をぶつける」なんて発想に至らなかったのは
移動できるという優位に気づけなかったのではなく、あまりにもぶっ飛んだ発想だったから
そういうのを全く考慮せずに自分の考えのために都合良く理論を展開されても困る

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 13:21:15.30
ヤンもどっかでいってなかったけ
イゼルローンは回廊内唯一無二の拠点だからこその価値。回廊内に拠点がもう一箇所できただけでその価値は半減してる。
ぶつける方向にばかり話もっていこうとしてるけど、そもそもそこまで強引に戦う必要もない、既に半分回廊は攻略しているようなものだし。

圧倒的な国力と艦隊数の差から要塞周辺に封鎖線を敷いて中継拠点として本土進攻も可能。
移動に成功した時点で選択肢は増えある程度目的は達成している。短期的な成果にばかり拘る必要は何処にもなかった。

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 13:38:59.56
それ、何巻で言ってるの?
あと、どんな文脈の中での発言?
今、手元にも無いから気になる。

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 13:42:28.13
ぶつけに行く策は最終的に実行に移され、かつ失敗してる訳だが

だいたい、いわゆる自爆作戦は下策もいいところだろう
要塞はタダじゃないんだから。ただぶつける為に使うんじゃコストと技術の無駄遣い
やるとしたら自爆以上に無駄になる、つまり戦況が著しく不利な際の一発逆転的な手段でしかない

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 13:47:58.86
>>881
>要塞が移動できるという事の利点を無視して移動するという事だけの利点を語ったところで何の意味があるの?
君の読解力が間抜けすぎて恐ろしいw
>移動できるという優位に気づけなかったのではなく、あまりにもぶっ飛んだ発想だったから
そのふたりが不自然に別格扱いされてるだけだろに。
動くという事実ひとつから、いきなり「ぶつける」と発言するのはぶっとんでいるが、普通動か
ない物が動かせるようになったら、本来の能力を前提に、「動くことで何ができるか」「動くこと
が+利点になるか」を考えることは当たり前だろ。まして、前例のない新兵器を主力にした作戦
をやるんだ。その性質、活かし方から検討しない方がおかしい。時間をかければ、普通に優秀
なら誰でも機動力が最大の武器と理解できるはず。
この件に関して、戦術面でラインハルトやヤンの「ぶっとんでいる」のは、その理解時間の差に
過ぎない。

作中で出てきた戦術の胆が戦力の機動力である例は多い。アスターテからしてそうだ。機動力
を活かすのが名将(の条件)とされているんだよ、この作品では。

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 13:57:48.83
>>877
あの作戦におけるケンプの本当の立場は、キルヒアイスを失ったラインハルトの
軍事上の代理人なわけ

キルヒアイスなら戦場に行ってからわざわざラインハルトに意思を確認するような馬鹿な真似はやらない
もし前もって確認する必要があるなら予め確認しておく、それができてこそキルヒアイスの代わりであって
同盟領を侵攻する司令官になれるわけ

結論としては、ケンプはキルヒアイスにはなれなかった

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 14:00:25.85
ヤンは発言というか思考の中で占拠作戦の拠点としてしか活用していない事に安堵してる、周辺が制圧されていたら勝算は無かったと。

要塞戦終盤でミュラーの献策で要塞に要塞を牽制させる事で初めて艦隊の通過に成功しつつあった、と書かれてて
完全に通過して展開完了してたらヤンも急ごしらえのわずかな戦力じゃ厳しいだろう、第1艦隊いればねえw
そこでさらに双璧の増援来たら

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 14:06:55.75
>>884
それは、ヤンも言ってるようにタイミングが遅かっただけ。
やったのはヤンの率いてきた援軍だが、機動戦力を出させた時点で単純なカミカゼ戦術は
封じられている(そもそも機動力を活かす発想のなかった関係者の多くには見えてなかった
失敗だろうが)。初手からいきなりやってたら対処不能だったろ?
ケンプの場合は、敗戦決定後のヤケというのがダメな点。実行面の判断ミス、失敗をもって
戦術その物を否定するのは愚かしいな。
>ただぶつける為に使うんじゃコストと技術の無駄遣い
ぶつけることでイゼルローン要塞を相殺し、回廊での主導権を同盟の手から消滅させれば、
戦略的には少なくともイーブンにはなる。要塞を保持させておくよりずっと利益だ。無駄遣い
とは言えないな。収支が取れるかは別の話。
収支を言うなら、>882のように回廊内にガイエを持ってきた時点で、イゼルローン要塞の
戦略的価値は激減&帝国軍の戦略的拠点確保で、そのまま居座るだけでもローリスク・(そこ
そこに)ハイリターンで大儲けと言える。
 
移動ガイエ議論になると、「ぶつけろ」発言ばかりに囚われ、思考停止になるヤツが多いな。

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 14:22:37.82
ラインハルトが外伝3で愚痴っていたように
イゼルローンに拘泥して視野狭窄に陥るパターンが多すぎなんだろ
登場人物だけじゃなくて読者も

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 14:33:06.57
外伝3での同盟軍のイゼルローン攻略は
もしラインハルトがいなければある程度は成功してたのかな

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 15:03:23.88
>>875
おたくはどう受け取ったかどうか判らないけど
一巻の段階でオーベルシュタインに対して必要とあらば幼児や女性を殺害することも辞さないであろう
という文言を見て貴族たちに勝利するまで宮廷闘争にストーリーがけっこう割かれると思ったよ

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 15:51:15.64
>>891
おたくはどうオナニーしたかどうか判らないけど
一回の段階でオーベルシュタインに対して必要とあらば幼児や女性を姦淫することで慰めるであろう
という文言を見て裸族たちに射精するまで子宮卵巣にストーカーがけっこう割かれると思ったよ

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 16:14:31.06
 
謀略によって国が立つか。 信義によってこそ国は立つ。 少なくともそう志向するので
なければ、 ゴールデンバウム王朝となんらかわらぬ。 何をもって兵士や民衆に新王朝
の存立する意義を説くのか。」 −ウォルフガング・ミッターマイヤー

何巻の何ページか教えてください
言葉は覚えていてもどこにあったかわからない

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 16:27:55.01
>893
その文章でググったら
OVA第64話「休暇は終わりぬ」
ってでたあるよ後は自力で何とかするニダ

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 16:36:39.66
>>893
6巻だな。
レンネンカンプが死んだのを受けて、
ロイエンタールとオーベルシュタインの3人で話してる時だ。

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 16:50:03.65
ロリエンタールが任命以降は『ちくしょー!』ガガーの氾濫印象が強すぎて
涙がとまらないんだよ
それから金髪嫌いになったというオレ

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 16:53:33.45
>>895
205ページだった、ありがとう

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 16:58:31.37
>>896
日本語で話してくれないか?

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 17:53:09.56
俺なら
『日本語でオK』とか『日本語で頼む』
とは言わないよ
なぜなら日本語文字が使われるから日本語なの
日本書紀や古事記が訳せず読めずとも日本語なのだからさ
それを日本語で書き直してくれと苦情を言う日本人はいない
だから『君の文は日本文字だが現代人に通じる文で書いてくれ』
と言ってやらないと本や活字をよく読む者にとっては見過ごせない
漫画やテレビばかり見てる人には理解できないことかもしれないが
少々、稚拙であったり文脈や文法がおかしかったり、
誤字、脱字は仕方ないんだよ
特にこう言うネット掲示板みたいなところでは書き放しで
読み直さず校正もしないからね
小説板に常駐している住人はあまり、他人の文に対してツッコミはしないよ
あまりにも意味不明ならシカトするし、類推できるなら対応するし

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 17:55:42.13
どうやってよむんだ、タテ、ヨコ?

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 18:04:46.94
読点の場所がおかしいところが…

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 18:18:34.82
コピペ?
それとも突っ込んで欲しいのかな?

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 19:25:36.82
生活がかかっている人は会社の悪口なんか言わないだろ
その同じ従業員の多くは数々の不満はあれども頑張っているのに
感情に任せて会社を罵るような輩はさっさと去って欲しいね
そういう奴らほど集いやすくて声がでかい

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 20:22:05.27
そんな理屈、ブラックの前では通用しないわ!

905 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/06/22(土) 20:33:47.39
勿論銀河英雄伝説はワクワクドキドキするよ。

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 20:35:27.36
契約社員は4年で一度契約を切る。
だから4年後には失業者があふれかえる。
全国の企業が4年で契約社員以下は一斉解雇だ。

これがサナエミクス

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 21:00:35.39
>>880
ヤクザが組長に支度金渡されて「武器買ってカチコミ行って来い」と言われて拳銃での撃ち合い失敗したら
組長に「なに失敗してやがる、爆薬買って放り込めばよかったんだ」的なこと言われたくらい暴論だよ
身近で言えば、男同士の喧嘩でいきなり金的狙うようなものだ
それをやったら別の意味でおしまいなんだよ
喧嘩でも戦争でも最低限のその下のルールを破れば、あとは双方無法な虐殺を続けることになる
捕虜としても捕ってもらえなくなるし、基地は見つけ次第軌道上からの砲撃にさらされる
そして金的は潰されまくるんだ

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 21:06:17.95
銀英伝が扱っていることは国家間戦争であって
ヤクザごっこじゃないですからw

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 21:08:28.28
ティラリ〜ン♪うんちがぼっと〜ん♪

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 22:13:21.63
だーかーらー
正式ではありえないが
交戦時の暗黙の了解や紳士協定にはどんな取り決めがあるの?
と以前に質問したらシカトされたぞ
その程度のスレ住人しかここには居ないのを前提に
レベル下げないといかん

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 22:28:15.14
>>910
現実にあるものに準ずる程度のものはある感じだな。捕虜という概念もあるし。でも、明記され
てないから設定としてはわからん。
はっきりわかっているのは、「大気圏内での核兵器の使用は禁忌」程度だな。あとはごー都ー合ー。

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 22:30:33.73
>>910
てゆーか、そんなこと言うのは、君は読んでないということだな。スレ住人のレベルをとやかく
言える立場かね?
関係ない人は帰って。そんな人に合わせてやる義理はないし。

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 22:35:37.17
>>911
レグニッツァをお忘れかな?

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 22:47:27.98
>>913
「可住惑星の」だろ。
なんで、過去の核戦争のトラウマからの禁忌がガス惑星に適用されるんだ?
くだらねーこという野暮天は死ねよ。本気で死んで。

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 23:12:12.25
>>892
何が勘に触ったか
そういう返しはみっともねーわ(笑)

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 23:24:05.39
ヤンの要塞攻略が実行されているからなあ…、
交戦規定のようなものは現代と似ているところもあるけれど違うのもあるとしか。

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/22(土) 23:25:41.86
釣られる犠牲者を減らすために
ここでバッサリ
釣り堀の釣り師に釣られてる時点で弱すぎる
大和男児よ強くなれ!

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 00:02:27.64
帝国軍内に男色はあったのだろうか?
ラインハルトとエミールは怪しい
同盟は女兵士も居るし大丈夫だろうけど

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 00:18:11.70
>>918
1巻に「ラインハルトの目つきが悪くなければホモ説が流れただろう(大意)」みたいな文章があった気がする。

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 00:26:32.97
アニメ版だとバイエルラインがガチホモ臭ハンパない
角刈りの上、まつ毛が女っぽくてヤバい

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 00:46:12.72
>>918
近代以降、ほとんど軍隊で男色は禁じられている。
あえて言わなきゃならほど、男集の軍隊と男色は縁が深い。女性兵がいても変わらない。
帝国軍も同盟軍もいるとする方が自然だろう。

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 01:33:50.91
>>910
・捕虜の虐待はしない
・民間人はなるべく殺害しない
・降伏は基本的に受け入れる
・殺戮を制御できない兵器は使わない
このへんは最低限あるだろ
これを無くしたら双方にとって損しか残らないからな
首飾りに対して行った質量兵器だって、あれを有人惑星に対してやってたら人道的非難を浴びただろう
何しろコロニー落としそのものなんだからな
質量兵器ってのはコストもそれほどかからず、避ける以外の防御方法はほぼ無効だから、運搬方法さえ確立出来れば固定的に対しては最高の兵器だよ
ただ、それを無尽蔵に使い始めたら生存できる惑星はなくなるね
高々10q程度の隕石で恐竜が滅びるんだから

正直、旗艦クラスの数倍の大きさの“すさまじく重くてほぼ直進しかしない”使い捨ての破城槌ならぬ破城艦とかあったら面白いとは思うが

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 01:46:01.88
直径60キロのイゼルローンに全長数百bはある戦艦を1万隻以上収容出来るとかイミフ
ドラえもんの四次元ポケットにでもなってるのかよ

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 04:31:28.29
>>923
それほとんどFAQ

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 06:41:35.65
構造を平面、地表面としか思考してないよ
200m〜300m程度の高層ビルが5000人、10000人と仕事や宿泊できる
スペースあるんやで
容積を計算したことないけどさ
ホントに1〜2万隻収容不可能なの?

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 09:48:17.97
単純に詰め込むだけなら不可能じゃないと思うけれど、
余程うまくやらないと詰め込むだけでも大渋滞を起こしてしまうような…。

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 10:09:22.59
>>922
その辺りのアイディアって、基本的にはとうの昔に『レンズマン』でやられているんだ
よね。反物質&反重力の「負の球体」ぶつけるとか、惑星その物をぶつけるとか。

>正直、旗艦クラスの数倍の大きさの“すさまじく重くてほぼ直進しかしない”使い捨ての破城槌ならぬ破城艦
面白いが、何にぶつけるの? 破壊力が欲しければ、程ほどのサイズの小惑星でいいやん。
すさまじく重くて……大抵の建造物は、旗艦クラスの質量でも軽く破壊できるだろうし……ピン
ポイントに破壊力を集中させたいのか、広域破壊をしたいのかよくわからんアイディアだな。

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 10:12:08.52
>>925
だいぶ前に計算したヤツがいて、単純に詰め込むだけなら容積的に数万隻が可能だから、
諸施設分引いても定員二万隻は軽い……だったような。

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 11:03:35.24
>>922
敗けが込んでる方は守る余裕が無い。
勝ってる方は守る必要が無い。

これが現実。

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 11:48:17.66
>>928
そういう計算は判るんだが、
駐車場でも港なんかみても、理想的に詰まらないと思うんだよなあ。

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 12:08:53.11
>>930
所詮はお話の小道具、ギミックにすぎないからさ、数字的に大きな矛盾がないと思われれば
OKじゃん。
>駐車場でも港なんかみても、理想的に詰まらないと思うんだよなあ。
その程度の物に「思うんだなぁ」と根拠もなくゴネるなら、自分で設計でもしてみろとしか……
くだらないこと無駄に気にしていると禿げるぞ。

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 12:23:28.09
直径60kmのイゼルローン要塞の場合、表面積だけで1.1万平方キロある。
戦艦でも長さ1km、幅と高さがそれぞれ200mってところでしょ?
巡航艦は3割がた小さいという記述があるし、当然駆逐艦や砲艦はさらに小さいだろう。

表面付近に港湾フロアが2層あれば、3万隻程度は余裕で格納できるんじゃね?

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 12:29:54.45
>>932
表面には要塞主砲や装甲があって、
砲台へのエネルギーや弾薬の伝達をやらないといけないから、
港湾スペースは限られると思うのと、
艦の交通整理だけを考えても余剰な空間がどうしても必要かなと。

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 12:53:14.76
>>923
また小学生が出てきたの?

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 13:03:48.62
>>923
原作では、戦艦の大きさをはっきり書かれてない
アニメ設定から考えるのは無しにしようや、アニメの設定はちょっとデカすぎ

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 13:12:04.73
原作で戦艦の大きさに触れているところとなると、オーベルシュタインの脱出時だな。
「60階建てのビルに匹敵する」という描写があるんで、おそらく高さは200m程度だろう。
大抵の場合、船は上下より前後の方が長いから、アニメの全長1000m級というのも、あながちおかしなサイズではないような。

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 13:25:42.63
原作が書かれた当時東洋一の高さのビルとして喧伝されていた
サンシャイン60がその表現の元ネタかもしれない、とだいぶ前のスレであった

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 13:34:15.98
当時世界一のスピードをほこったサンシャイン60のエレベーター内部
昇降中に星座と海・宇宙をテーマにした演出がある、間違いなく元ネタだろう

サンシャイン60 エレベーター 下り60F〜B1Fノンストップ!
http://www.youtube.com/watch?v=_F2DywvVxbQ

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 14:00:43.50
>>933
>表面には要塞主砲や装甲があって、
>砲台へのエネルギーや弾薬の伝達をやらないといけないから
要塞主砲だとトールハンマーのことになってしまうが……あれは表面じゃなく、基幹システムの
ひとつとして、砲口から中心部まで筒状に占めているて感じで。

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 14:03:18.24
>>939
「イゼルローン要塞主砲群」と表現されているから、単体の巨大な筒ではないんじゃないか?

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 14:10:01.92
>>940
それが一定してないから困る。
後にいくほど群ではなく、単一の巨砲的描写になってる。

↑にある艦サイズの話と被るがメカニカルな設定や描写は苦手なのか避けているから、その辺
りを掘り下げるにはアニメが一番適している……原作が一番当てにならんw

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 14:31:25.16
トゥールハンマーさえ無ければ脅威はほとんど無くなってしまうんだから一門の巨砲なわけがない。

巨砲群じゃないなら、無人艦特攻での港湾施設破壊作戦や、要塞表面にミサイル他で攻撃しかけてある程度破壊に成功した時とか
まずハンマー先に潰すの目指してる。
故障や破壊工作などのリスクに対してバックアップの無い、全て委ねるような馬鹿馬鹿しい防衛システムがあってたまるかw

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 14:48:45.39
>>939
>>941
アニメのような浮遊砲台設定は自分は気に入っているのだけど、
あれは砲台の根が本体と繋がっていないと威力の点で拙いような気がする。
(アニメにはその描写がなかった?)

要塞に色々と機能を盛り込みすぎていて、
回廊のどこかに他の支援施設や拠点がないと話が成り立たないんじゃないかと…。

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 15:04:53.10
>>942
明確な確定設定がなく、描写が揺れ動いているという問題で、何が正しいのか絶対基準で
あるべき作中描写で確定できないって話なんだが。
>故障や破壊工作などのリスクに対してバックアップの無い、全て委ねるような馬鹿馬鹿しい
>防衛システムがあってたまるかw
現実はそうなんだろうし、君の頭の中の『ぎんえーでん』の設定はそうなんだろう。でも、それ
は作中描写じゃないんだ。脳内補完の参考意見以上ではない。ご苦労様

>まずハンマー先に潰すの目指してる。
巨砲と仮定するなら、当然砲口部は開閉式の装甲ハッチで守られているだろう。ハッチ解放時
は砲撃時だから、その正面にいては……事実上、攻撃不可なんだよ。そもそも、砲をピンポイ
ントで狙えるほど肉薄した例が、その二例しかないんだから単に「上手い事出来ませんでした」
てだけの話。

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 15:10:03.74
>>943
浮遊砲台自体がちょっとした艦並みのサイズだったような。
独立した専用動力があるんだろ。艦相手だから艦砲程度でいいんだし。
液体金属装甲であることを利用した浮遊砲台の利点は、収納・移動機構を省略できるって点
だな。装甲に開口部という弱点がなくなる。

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 15:58:48.10
アニメのイゼルローンは作画の手抜き

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 16:13:24.89
手抜きじゃなくて作画の知恵といいなさい

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 16:16:28.50
手コキクリニック
(特に2がいいよね)
性交クリニックシリーズ
は好きだよ
白衣系職業が大好きでムラムラするよ
あと
お昼休みにかる〜く 看護師のビデオも好きだよ

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 16:27:11.22
さてはお前はSOD信者だな。
『さよなら、オーベル、階段でどて〜ん!』
アニメ板に書いてあった

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 16:36:06.60
要塞主砲が作中ではっきり複数系で記載されて、作者、出版社も訂正してない以上複数から構成されてるのは動かしがたい
脳内補完が酷すぎるな。妄想の仮定で批判するとかどんだけお花畑なんだか。

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 16:54:50.99
つか要塞対要塞厨って
結果としてどんなifを期待してるのか
明確にしないと

最初からぶつけろよと命令しろ!
犠牲になった兵士がかわいそう
武勲を公平に与えるためのケンプ器用だ
イゼ無視して回廊を突き抜けろよ

そんなのばっかり
なんか新ネタない?
レンテンベルグも投入しろよとか
ケンプ、ミュラーに攻略させている間に
ミッタマとロイエ艦隊を素通りさせろとか

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 17:31:38.79
>どんなifを期待してるのか
そりゃ、ジークフリード・キルヒアイスが生きていてくれたら、に決まっている
作中でヒルダにしっかりそう名言されている

キルヒアイスがいればケンプの実験台みたいな起用もなかったし、そもそもこんな作戦自体認められらなかったはず

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 18:00:30.92
俺なら要塞など投入せず拿捕した同盟軍の巡航艦を潜入させるな
ハイネセンから重要な情報を持ってきた
すぐ司令に接見を願うと怪我フリしたなりすまし艦長を担架に乗せてさ

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 18:02:49.68
それで司令官を人質に取るんだな?

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 18:11:55.09
ヤンが査問会で不在だとして
シェーンコップが女と性交してる最中なら
成功しそうだなw
キャゼルヌとアッテンボローなら騙せそうな気がしてきた

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 18:14:21.35
要塞をぶつけるのに事前の準備が必要だと思うが、
そこら辺りがはしょりすぎかな。

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 18:31:40.55
ヤンが成功したのはショトックハウゼンとゼークトの不仲を利用して2人を引き離したのだから
普通はイゼルローンに入る前にユリシーズの虫歯の艦長あたりが尋問するだろう。

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 18:52:47.45
漏れならオーソドックスにガイエを牽制に使う。

要するに要塞対要塞戦後半の膠着状態と同じなんだが、
ガイエがあればイゼルローン要塞も駐留機動艦隊も迂闊には
動けなくなり、その結果半ば無力化できることになる。

これなら、ガイエを奪取されるような間抜けなことが
起こらない限り、帝国軍が主導権を握り続けることができる。

# ケンプとミュラーの手柄にはならないけどねw

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 19:15:36.50
主導権をにぎりつづけるだけというなら、ケンプとそうかわらないだろ
イゼルローンを挟んで主導権争いを続ける両国を、ラインハルトは死ぬほど軽蔑していたじゃないか
イゼルローンに固執しすぎて視野狭窄に陥っていると

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 19:35:25.92
>>959
それは同盟が要塞攻略の兵力を出せる状況での話。
もはや、イゼルローンに出す余裕はなく、イゼルローン要塞を封じれば自動的に同盟兵力の半分を
死兵化させられる。それに費やす兵力は帝國の全兵力からすればごく一部。
オマケに一番の障害・ヤンまで封じられる。ラグナロクのハードルはさらに下がるな。
そして、フェザーンを獲った時点で「イゼルローンを挟んで主導権争いを続ける」という状況すら
消滅する。
ガイエを置いて睨みあう状況は「イゼルローンを挟んで主導権争いを続ける」どころか
フェザーン回廊制圧のための布石にすきなくなる。
視野狭窄はイゼルローンしか見てない君の方だろ。

ヤンを抑えているから、ゆっくりとハイネセン落として、それから総軍でイゼルローン回廊へいって、
ヤンを武装解除させればいい。完勝

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 19:59:26.43
イゼルローン要塞は熱核機雷、魚雷、ミサイルを1億発くらい
撃ち込んでもダメかね
ガイエの主砲で陽動しながら撃ち込むとか

読めよと言われそうだけど、
そもそも奪取作戦なの?破壊作戦なの?

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 20:13:38.78
読めよ

レーザー水爆とかで要塞を一部破壊できる描写はあるけど
メタ視点的には艦船による通常攻撃では要塞を完全に破壊できない設定

「最悪破壊してもいいよ」って言質を与えられていない状態での攻略作戦
だからラインハルトが文句いわれてる

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 20:44:55.14
いつ要塞をぶつけるんですか?
今でしょ!

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 20:55:41.79
なぜ要塞対要塞のネタが繰り返されるのか
それは誰でも理解していると思うけど
本編作中で最も黒歴史にしたいツッコミしやすい作戦だったから
リップ戦役と同盟クーデター終息とキルヒ死で終わるはずだった連載が・・・
だったからさ
徳間が読者を引き付ける為に何かすんげーの
やらかす必要があったんだよね確か

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 21:16:35.32
連載じゃなくて新書書き下ろしだぞ

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 21:18:51.27
終わるはずでもなかったしね
終わるかもしれないという危惧はあったろうけど

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 21:41:25.60
ケンプ「イゼルローンにぶつけて破壊、脅威を取り除いて回廊を安全に通行できるようします!」
ラインハルト「卿は自信がないんだな、ロイエンタールに交代」

ケンプ「回廊の端においてイゼルローンを牽制、同盟を出撃できなくすれば戦略目的は達成できます!」
ラインハルト「ミッターマイヤーに司令官やらせることにするわ、帰ってよし」

ケンプにしてみれば下手な慎重策を具申して、双璧に武功を奪われる最悪のシナリオは何が何でも避けなきゃいけない
作戦の選択に心理的な枷がかかっている状態
厳しく見ればラインハルトの失敗人事

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 21:41:53.20
ま、ツッコミ所が多いからこそ今でも語れる作品ではあるな
綿密な世界設定や科学的考証や宇宙空間ならではの戦術戦略を求める作品じゃないと思うし
割り切って楽しんでる人が多いとは思うけど、一方で一言言わずには済まない人も少なくない
そういう作品だろう銀英伝は

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 21:42:54.47
ミッターマイヤーが言ったように、戦略的に何の意味もない作戦だった
失敗人事以前の問題

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 21:45:17.38
回廊の設定自体がアバウトなのであれだが、
ぶつけて成功しても失敗してもゴミが散らばって、
後の掃除が大変だなと。

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 21:57:57.96
ネット上ではレベロ批判する人が多いですが
あの状況ではどうすればよかったと思いますか?
引き渡さずにラインハルトに直接真意を聞けとかいう意見がありましたが
レンネンカンプを無視して直接言うことが可能だと思います?
自分だったら引き渡す、引き渡さない、殺す等など意見聞きたいです

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 22:08:07.00
人事についてはオーベルシュタインの推薦だし、ラインハルトにとっても特に駄目な理由はないな。
序盤からの有力な提督のひとりで名前呼ばれる時も双璧の次だし、能力は十分。
アムリッツァでヤンに苦戦した時も思い切って後退して無駄な損害を防いだ。
ヤンの逃走に追撃をしかけなかったのも慎重で問題の無い選択。

功に走って無益な出血を払ったビッテンが厳しい叱責を受けた事を考えればいい対照。

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 22:10:54.42
地味にヒヤヒヤする展開(シーン?)だったと思う
ホントにヤンが射殺されるんじゃないかと
アニメよりも小説の方がスリルを感じてた俺感想
シェーンコップが神に感じた
そんでレベロの件だが擁護する派
あの流れだとレベロ自身が自殺して逃げるか、
ヤンを引き渡すかの二択だっと思う
やはりミスターレンネンよりオーベルを怨んだ
このところ連呼してる人いるけど
階段で転倒して死んでくれとリアルに怨んだよ

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 22:20:32.81
>>971
直訴する時間的な余裕はなかっただろうし毅然とした態度を取っても統治能力なしとみなされる
あの選択しかなかったと思われる

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 22:38:11.55
ヤンがヴァーミリオン後ラインハルトと会見していたがこれが帝国と同盟の
トップクラスが会談するなんて歴史上初めてだったように、2国間のみぞを思えば
レベロがレンネンの感情を恐れたのも当然だろ。ヤンのように最初から
帝国に偏見のない(長い宇宙船暮らしがそうさせたのだろう)人間はむしろ
異常であり、それがバーラトの和約以前の同盟市民のアムリッツァ後でも
トリューニヒトに迎合するマスコミの扇動もあったが基本的に反帝国で、
和約後は帝国を恐ることがはなはなだしく非難をレベロに集中させていたようにね。

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 22:53:14.03
・ラインハルトはヤンを憎んではいない、むしろ好意的ですらある
・レンネンカンプの行動はラインハルトの意向ではないスタンドプレー

この二つは読者視点だからこそ知りえる事であって
ごく一般的な考え方で行けば帝国に多大な被害を与えたヤンは粛清対象のトップで
レンネンは皇帝の意を受けて行動してると取るだろうな

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 23:09:34.36
>>971
もし自分がレベロだったら
唐橋ユミを抱くか
吉木りさでヌクか
という選択肢を提唱してるんだから、答えてあげねば

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 23:28:27.90
全艦減速ね

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 23:35:34.77
>971
ヤンにまさかのフェザーン高等弁務官事務所付武官を発令とか。
あるいはオーディンの図書館に派遣でもよいが。

帝国のおひざ元に置くことで反帝国策動への監視がしやすくなり帝国喜ぶ。
眼の上のたんこぶがとれて同盟喜ぶ。
2番目の案なら本読み放題でヤン喜ぶ。

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/23(日) 23:41:47.50
>>979
あの時点だとヤンは帝国臣民じゃないんで、帝国の官職につけるための辞令発行は無理。
いったん帝国に対する帰化を勧告して、ヤンがそれを受け入れないといけない。

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 00:10:27.09
帝国側での役職や肩書きならカイザーの一言でなんとかなる気もする。

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 00:18:49.35
そういや、以前日本人(日系人じゃなくて、日本人)がロサンゼルス市の港湾局長をやってたことがあったから、
外国人を公務員にできないとは限らないのか。
ただ、その場合は法的に「この仕事をしろ」と命令はできないんじゃないか?
帝国皇帝であるラインハルトには、同盟市民であるヤンに対する命令権は無い。

第二次ラグナロックのときも、帝国は大義名分を必要としてたし。

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 00:39:57.13
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_108
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1372001957/

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 00:42:20.41
>>982
港湾系はやくざと結びついていることが多いから油断できない
その日本人あやしいぞ、公務員というより工作員に等しい

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 01:23:35.59
清水次郎長かいな。
それは荷揚げ、荷役やろ。
日活の無国籍映画の見すぎてないか?
港湾局やで。ビューローやで。

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 02:18:25.80
>980
説明不足だった。フェザーンに同盟の出先機関かなにかを再度設けるという名目で。
とはいえ、公の役付よりは留学生みたいな肩書きの方がいいかもしれない。
とすればやっぱりオーディンに留学だ。護衛兼監視役がいっぱいつくがそこはキニシナイ。

「旧帝国の資料が読み放題らしいぞ」とかなんとか言えばきっとヤンもウンというはず。

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 09:27:15.48
>>986
ヤンも甘く見られたものだ

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 14:46:16.15
「旧帝国の資料」を「金」とか「権力」に置き換えると途端に浅ましく思えてくる
言い換えれば、ヤンは自分の欲するものを提示したらあっさり鞍替えする程度の人間だと言いたいのか

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 15:36:50.32
軍人やめて年金生活したいと常々言ってるし、そもそも金が有ったら軍人にならず歴史研究家になってただろう。
「旧帝国の資料が読み放題らしいぞ」なら間違いなく勧誘可能だろ

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 16:56:04.66
>>988
そのへんの凡夫とは、価値観が大きく違うのは確かだろ。
同盟には、給料・年金を出してもらったぶんの恩義しか感じていない。
ラインハルトの配下になって艦隊司令官をやれ、と言われたら抵抗があるかも知れないが、
図書館職員として再就職だとか国費留学となれば、そんなに思い病まない気がする。

「あっさり鞍替えする」を「あっさり重要軍事拠点の要塞を敵に明け渡す」に言い換えてみれば
分かりやすいだろう。
ヤンなら、オーディン(やフェザーン)の資料庫から、やがて民主共和体制を再生するためにも
有用な情報を見つけ出す、という目的も含めて承諾するんじゃなかろうか。

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 17:07:16.17
>>988
ヤンだって欲がないわけじゃないんだよ

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 18:25:29.33
>>991
そりゃ欲が無いわけじゃないけど、同盟降伏直後時点でのヤンの立場を
考えると真っ先に『罠』と考えるワナ。

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 19:20:40.48
オーベルシュタインのお膝元に行こうなんて思う訳がないな

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 20:30:14.82
別に新銀河帝国全体が隅から隅まで全部まるごとオーベルシュタイン印の製品というわけでもなかろう。

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 20:34:59.01
隅から隅までとは思わんが
オーディンやフェザーンは確実だな

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 20:39:27.63
闇の手は長いという慣用句もありましてえ

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 20:52:14.76
うめ

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 21:06:52.32
膿める

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 21:16:56.17
次スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_108
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1372001957/

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/24(月) 21:28:46.41
うめ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

274 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)