5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_106

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 17:32:36.13
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。
次スレは>>980辺りで重複確認・宣言の上で立てること
必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう。

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_105
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1364721849/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 18:52:18.47
>>1

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 19:14:05.69
>>1
卿の功績には敬意を表する

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 20:24:28.30
>>1

話題はラインハルト体制のの帝国主義と国体全般についてが
おおまかなトピックだったよね
ではどうぞ

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 21:53:31.67
>>1はビッテンフェルトみたいな奴なんだろうな
常に戦の先端にいないと気が済まないのだろう

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 21:55:25.81
艦隊の艦艇は陣形から離れた時に推進剤を使い切ったら迷子?

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 22:32:14.19
銀英の世界の推進剤って何? 基本的な質問みたいでもうしわけないんだけど・・・
機関は核融合だよね?

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 22:35:15.04
未設定。

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 22:35:39.67
確か銀英伝の艦艇は水を核融合で加熱してノズルから噴出してたはず。推進剤は水。
反応炉だけでは宇宙では動けない

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 22:54:19.41
推進剤は水 それは星界の紋章の設定だろ 機関が核融合以外銀英伝は未設定

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 23:04:55.15
推進剤使い切りは間抜けだけど、戦闘中に航行機関を破壊されたり、行軍中に故障したりする
こともあるだろうから、そういう行動不能艦を回収したり修理したりする後方部隊はいるだろうね。

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 23:14:57.95
>>11
補給船や工作船はデザインもされてるけど、リップシュタット時に大きく回り込んだ
キルヒアイスや、(アニメかな?)高速戦艦で無理を通す人もいるみたいだから
戦闘中にはぐれそうな気がしました。

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 23:19:27.23
新スレで突如でた話題だね
船舶の推進剤はマジでホントに水なの?

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 23:35:11.92
プラモを披露してるサイトで純水タンクを装備してる旨書かれてた。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 00:01:34.15
銀英伝じゃない別のSF小説(失念)で、「核融合ジェットで推進」とかいうフレーズが出てきた覚えがある。
あれは何だったんだろうか。

銀英伝世界でも、核融合で生まれたエネルギーを直接推進力に変換できる未来技術があるかも知れない。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 00:06:27.22
>>15
それでいいんじゃないかって気がするな
重力や慣性制御の謎技術があるんだしw

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 00:08:44.10
まあ光をケツから放っても良いし

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 00:28:12.48
速度はともかく船体の近接後方で核爆発を起こせば衝撃波で前に進みます
それがパルスエンジン

水分子を推進剤に使うというのは初耳ですね
原子炉の燃料にもなる水素、生命維持用に酸素
だから水が最適との帰結かなぁ

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 00:32:37.80
>>12
そういった補給船とか工作船の非戦闘艦艇は、戦闘中には後方待機だよ。
高速戦艦で無理通すときは戦艦だけが戦って、戦闘終了後に補給船とか工作船と
合流する。
いや、小説とかではそういう描写はないけど、一般論として。

リップシュタットの時、敗走した貴族軍が後方にいた補給艦が邪魔だって砲撃して
蹴散らしたじゃん。戦闘時の非戦闘艦艇の待機場所はそんな感じ。

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 03:25:47.86
>>15
要するに、核融合反応の生成物であるヘリウムを、そのまま推進剤として使うってことか。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 03:57:37.60
>>15,20
ミラー型核融合エンジンだと、核融合プラズマを閉じ込める磁力の一部開放して
そこから核融合プラズマを放出して推進力にする方法がある。

プラネテスのタンデムミラー型核融合推進器がそんな感じのはず。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 06:15:53.75
単なる「核融合ジェット」なら推進剤を使うよ
だいだい水素だろうね
炉の熱で水素を暖めて噴射するだけ
圧縮効率と貯蔵量を無視すれば他の気体でも構わないよ

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 11:01:03.66
恒星間を行き来できるのが
この作品の基本設定(SF)なんだから
そこを議論しても・・・
推進の問題だけじゃなくて重力もコントロールしてたし
重力コントロールできるなら無慣性航法かもしれん

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 12:32:44.96
恒星間の行き来はワープ航法っていう超科学だけど、亜光速時は何だろうっていう話。
アニメの描写じゃ明らかに後方に何か噴射してるし、無反動駆動って事は無いんじゃないかな。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 13:44:37.79
通常航行の主機も超科学世界だよ
理論上はありえるが、とても実用上の宇宙船には現時点では無理
亜光速(光の?パーセント)なんてさ、ずーーーっと噴射して
加速していればいいだけ
※重力干渉がなく障害物もない空間域でね

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 15:30:37.92
首飾りに雪玉を亜高速でぶつけたんだから
無慣性に出来るんだろ?
アインシュタイン理論に穴がなけりゃだが

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 16:52:59.71
無慣性だったら加速する必要もない。
ただ、慣性制御はできるはずだから、何万分の1にはできるはず

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 17:07:51.75
無慣性駆動なんて出来たら、帝国戦艦の前面にある後進用スラスターなんていらんでしょう

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 21:41:13.75
さすがに帝國も何百年と続くと祝祭日だらけで暦が真っ赤だろうな

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 21:53:18.93
皇帝誕生日もあるだろうから、代毎にちゃんと変えていかないと40個近くなるなw
ルドルフと現皇帝の誕生日ははずせないだろうしw

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 22:32:00.56
ロ王朝になって、ゴ王朝皇帝の祝日はやめたんかな
休みじゃなくなるのは、嫌だろうけど

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 22:34:35.61
新王朝になったらその手の皇帝誕生日は全て平日になっただろうな

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 23:07:08.51
祝日廃止するだけしておいて、ラインハルトは自身の誕生日とか休日にしたがらなそうだから困るw

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 23:11:11.39
>>33
在位中に休日にしてますがな。>獅子帝誕生日

# 誕生日の挨拶は発熱のため取りやめたが、云々・・・

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 23:15:34.65
>>33
ラインハルトでも、自分の誕生日祝日にしてたぞw
兵には休暇を与えて、おまけに慰労金まで下賜してるし
園遊会は体調が悪くて中止にしたけど、なかなか権威を大切にしてるw

でも自分の代だけの祝日にしたいかもしれないけど、新王朝の始祖だしな
ロ王朝ある限り、3月14日は祝日だったんじゃないのかな

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 23:31:27.40
あーしてたっけw
っていうかあの人ホワイトデーが誕生日なのねw
オーベルがこどもの日っていうのは知ってたけど。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/03(金) 23:39:56.26
同盟のアッシュビー提督の戦没日(?)はどうなったかな
ハイネセン自治政府だけの記念日とかになりそうだな

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/04(土) 09:28:21.93
ユリアンがヤンの記念日を作るのを反対するとアーレ・ハイネセン以外の
記念日を作るのは難しいだろうな。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/04(土) 10:59:34.20
ユリアンがどう思うかより民意で決まるだろ

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/04(土) 13:03:32.30
ハイネセン自治政府樹立したユリアンの発言が一切の影響力を持たないなんてこと
が現実にあるわけないだろ。民主主義なんだからまさに民意が功労者のユリアンに同調することになる
のは火を見るより明らかだよ。

ヤンに対する少なくない批判があることがアッテンボローの手記のヤン擁護の記述からわかるように
ヤンが自治政府の「国父」でないことは確かだろう。最大の軍事的功労者がこの有様では
アッシュビーやリン・パオ、ユースフ・トパロウルも推して知るべしだろう。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/04(土) 13:28:06.05
共和制ローマは英雄を嫌うためにスピキオは不遇をかこったが。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/04(土) 13:52:41.30
自治領なんて名ばかりで実質ラインハルトがユリアンに与えた
私領みたなもんだろ。民意もへったくれもない。

43 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/05/04(土) 17:51:00.20
勿論ラインハルト大好き

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/04(土) 21:14:43.61
さて軍務尚書に贈る誕生日プレゼントは何がいいかな

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/04(土) 21:22:53.51
でもユリアンは政治指導者になる予定なしで
イゼルローン組がハイネセン政府で幅きかすと限らないからな
民主主義を求めて勝ち取ったハイネセンが民意を蔑ろにしたら、終わりだな

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/04(土) 21:41:59.55
それこそ、共和主義者の皆さんの努力を期待するしかないでしょう
戦後 ハイネセン一星系だけでどういう経済振興するのか興味あるな
現代日本に置き換えれば東京だけが独立したようなもんだからな

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/04(土) 21:47:12.48
銀英伝世界は経済を考えると色々悩ましい。無理ゲー

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/04(土) 22:37:15.18
少なくとも食料自給率を上げるため農業振興策は行われるだろうな
都市住民を強制的に農民に・・・・・・・・・・・

カンボジアのポル・ポト時代の飢餓と虐殺を想像してしまった

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/04(土) 23:18:47.60
>>48
前スレで検証されてたけど、人口密度はスカスカだから、農地の確保は容易だろうから
適切な農業指導があれば農業は割とすぐに軌道に乗るんじゃないかな。
農業が重要になって農家が儲かるようなら、都市住民を強制移住とかさせなくても
ワラワラと転職する人は出てくるよ。
で、産めよ増やせよで多産奨励で経済規模を増やす。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/04(土) 23:52:23.66
農業の問題は農地の問題じゃないよ
テラフォーミングの技術と資本投下、水資源の確保とか
そういった部分が大きい、土地があるだけじゃ農業はできない

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/04(土) 23:55:00.59
ハイネセンは緑豊かな大地だから10億人くらい養えるだろう

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 00:15:42.53
>>50
ハイネセンの画像を見たら、海もあるし雲もあるから降水量は十分だろうし、
十分にテラフォーミングが済んでるように見えるから、そこは問題ないんじゃね?
アニメ見てないから、googleで画像検索しただけだから、アニメ画像かどうか
わからんけど。

大陸が少ないように見えるから、気候的には地球より安定してるんじゃないかな。
陸地は緑だから植物も十分そう。経済惑星というより、自然いっぱいの星に見える。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 02:16:14.06
>>46
非効率な過疎の惑星を切り捨てくことが出来て
経済的には却って良いかもw

ハイネセンでさえ人口10億人で人口少なすぎ

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 03:13:45.88
住めない星を強引に変えてる以上、地球ほど何処にでも住める訳じゃ無いんじゃないの
ちょっと首都離れたらもう酸の海があったり

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 05:31:54.40
周りが酸の海なら大気とか影響有るでしょ
塩酸なら塩化水素、硫酸なら硫化水素
ドーム都市か地下都市にでもしないと住めないだろ

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 05:44:04.19
大気成分は金星だな

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 05:46:19.89
>>55
揮発性じゃない酸もいろいろあってな。
クエン酸とか酒石酸とか。

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 06:13:51.89
それ有機酸でしょw

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 08:38:06.24
ハイネセンは水と緑に恵まれた豊潤な土地だよ 惑星エコニアが砂漠みたいな星だけど

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 10:35:20.19
酸、酸、酸、酸デーパパ
塩酸、硫酸の海だったら、とてもテラホーミングできましぇん
あと5億年くらい待ちましょう
火星のような一度乾いた惑星の方が作りやすい
金星と火星改造するのはどっが楽かという簡単な問題ですよね

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 12:34:22.02
惑星カプチェランカみたいな氷だらけの星はテラフォーミングしやすいかも
貴重な鉱物資源は全て帝国の物になっちゃったけど

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 13:11:14.33
同盟の農業は、公社・企業が中心になっているんじゃないかな。
当然、最初から機械化、自動化で最少人数でやっているだろう。

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 13:35:15.02
酸、酸、酸、爽やか酸組〜

>>60
一個足りない

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 15:24:25.64
ハイネセンてテラフォーミングしたんだっけ?

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 16:26:16.84
帝国から逃亡してきてテラフォーミングするだけの資材を
もっていたとも思えんが・・・・・・・
ドライアイスの宇宙船を作る人達だから何があってもおかしくない。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 16:39:04.35
宇宙船内にあったじゃがいもの球根をばらまくだけでも立派なテラフォーミング

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 16:57:24.81
ドライアイスの宇宙船は可能なのか否か

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 17:09:29.01
時間的な問題で、テラフォーミングじゃなく、すでに居住可能な星を見つけて入植したんだろうな。
テラフォーミングは、もとの状況にも寄るけど千年単位の時間をかけて行うものだから。

その場合、すでに生命が発生している可能性もあるから、謎の病原体による奇病とかの問題が
発生しそう。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 17:16:10.75
ハイネセンは人口が多くて惑星内での生産力では足りなくて輸入超過という話があったが
同盟が大規模になったら首都としての機能が重要になって農業はやめてしまったのだろうか。

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 18:16:28.41
>>69
本編のハイネセンは10億人だけど、初期は16万人だから
食糧生産は十分だったのじゃね?

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 18:55:20.34
ハイネセンでなんでも自給してしまうと
経済的に未熟でろくな輸出品のない周りの惑星が
経済的に立ちいかなくなって結局補助金で援助する必要がる
政策的に輸入を奨励してた可能性はある

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 19:01:06.02
>>6
通常空間を移動できなくても、ワープで有人星系の近くに跳躍して助けを求めることはできるかも。

あと、そもそも推進剤を噴射しているのかどうかも怪しくね?
あの世界は慣性制御技術があるから、作用反作用の法則とは別の形で加速できるかもしれないし。

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 19:06:08.84
>>67
「不可能と言う根拠は無い」という程度じゃね?
ただ、ドライアイスって相当に脆いから、氷が手に入るならそっちの方がいい気がする。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 19:15:26.79
宇宙歴の農業は、水耕プラントや人造蛋白製造プラントで作られて
大地を耕す農業は少数派なのかも
シューマッハ達が作った農作物は手作りの高級品と言う感じでね。

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 23:31:37.05
農業に関わらず単に深く考えなかったか作者の想像力が足りなかっただけで終わりなんだよなこの手の話
それ言っちゃおしまいなんだけどあまりにも設定してなさ過ぎて考察のしようがない部分が多い

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/05(日) 23:55:10.43
銀河の一宙域で3000億人を飢餓させずに居住、生活できた時代あったのにね
10分の1以下に減ったならば食糧事情の開拓は必要ないよね
同盟はともかく新開拓地は必要だが帝国は富のための領地拡大にすぎない
まあちっこい鉄の要塞の中ですら
数万人分の自給自足と兵器工廠があんだからテラふぉーなんて、
ツケまつ毛より容易いと思う

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 00:24:07.60
>>44
こいのぼりの吹流し
腹の中には何も無い清廉潔白な証拠

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 00:49:23.78
1.ターミネーターやロボコップみたいな目

2.転倒しない安全な自宅の階段

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 02:44:47.47
>>77
お前、それビッテンにも送っただろう
「腹黒いものは何もなく、一番上で元気よくはためいてる」とかなんとか言って
実際は「頭の中は空っぽで、なんで上の方にいるんだかよくわからないやつ」とか言ってたみたいだけど

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 02:47:35.31
>>44
101匹ダルマチアン

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 03:15:52.48
>>79
うわ、キモい

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 09:07:04.73
>>74
正確には作ろうとしただね。実際には最初の収穫前に解散しちゃったわけだね。
その彼らにしてもスキやクワで耕してたのはアニメの勝手な設定だけどね。
もう少し近代的なやり方でやろうとしてたとは思うね。
なんでアニメは超光速航法可能な未来の話なのに農業は今よりもはるかに劣る
描写するんだろうかね??

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 09:37:43.81
やっぱり農奴という言葉のイメージに影響を受けたのでは
教科書で見た鍬や鋤で農地を耕す姿を思い浮かべてしまう。
せめて耕運機くらいあっても良かったかな

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 10:35:20.14
アニメというのは即物的な表現なので

寒いという表現では薄着であらわすし
暑いという表現は炎や湯気であらわすし

なかなか難しいんだよ、記号的

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 13:01:03.91
最初はともかく物語の時代には貴族の荘園にいたくらいなのにね、農奴。
それ以外は普通の農業従事者なのにひどい扱いだ。別に小説には農業に従事
してる人が奴隷的扱いとかされてる描写ないのに、一般の農業従事者をそう
描くのはアニメスタッフに農業に対するひどい偏見があるんだろうね。
>>84
別に農業が厳しいとかそういうことはなかったと思うよ、小説では。
農業=貧しい、厳しい、スキ、クワ
みんなアニメスタッフの偏見だな。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 13:04:38.28
偏見を誇張して定型化して表現するのが、漫画とアニメだし

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 13:15:00.14
原作にない偏見を捏造して誇張するのはよくないな。

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 16:18:25.29
>>70
最初に食料生産十分じゃなかったらみんなで餓死だよな。でハイネセンで余剰生産できる
うちに他の星系に移住していつのまにかそっちの方が生産の主力になっていったというこ
となのかね。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 18:34:20.35
>>88
アーレ・ハイネセン&グエン・キム・ホア一行は50年以上脱出船に乗ってて、
そこで自給自足をしていたのだから、食糧生産は脱出船に任せて
惑星ハイネセンはじっくり改造すればよい。

いつ帝国に発見されるからわからないから、あまり呑気にやってられないが

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 20:00:19.17
帝国に見つかるまで150年もあったからな

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 20:32:48.76
よっぽど地球に環境が近くない限り、150年じゃ惑星改造できないよ。
ハイネセンや他に入植した惑星は、惑星改造が必要ないくらい最初から地球型惑星だったんでしょ。

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 20:38:15.74
物語と関係無い事項だからご都合主義だな

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 20:43:18.04
>>91
そういう惑星探して長征してたわけだもんね。
>>92
関係あるだろ。

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 21:41:09.28
>>91
なまじ即移住できるような環境の惑星だと、原住生物がジャマになる可能性が高い。
地球外生物、特に微生物は人間にとって(化学的に)害になる可能性が高いから、
某2199のごとく遊星爆弾で焼き払わなきゃならないハメになりそう。

・・・って、銀英伝と関係ないや。(^^;ゞポリポリ

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 21:46:42.29
ニュー速+で賢しげって活字見たけどミッターマイヤーが誰に向かって
なんで賢しげって言葉使ったのか全然思い出せない

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 21:47:32.79
>>94
もう少しでまともに読めの罵声だぞ。。。w
微生物といえばこの世界ではBC兵器の類は核兵器以上に忌避されてるらしく
全然出てこないな。まあ建前として敵の皆殺しが目的でないのもあるけど。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 21:49:05.59
>>95
ロイエンの反乱の噂に対して直接会って確かめようとしたのを止めようとした
バイエルかビューローに向かってじゃない。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/06(月) 23:40:46.33
無力化ガスと催眠ガスてあるんだけどね 銀英伝で出てくる化学兵器
無いも同然だけど

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 01:01:03.16
>>96,98
地球教徒が地球の教団本部で毒ガスを使用してたりします。
敵もろともの自爆ですけど。。。

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 01:15:28.78
艦隊戦がメインだからBC兵器の出番はなかったんだろうな。
ところで、銀英伝のミサイルはオトリ以外全て水爆ミサイルじゃねえの

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 01:22:43.39
>>93
ほとんど本筋と関係ない気がするけどなw
銀英が未開惑星入植の話とかならともかくワープなんかと同じで深く考えずに設定されてるんだろうし
真面目に考えると地球とほぼ同じ環境の惑星が銀河にそんなに沢山あるなんてありえんし
テラフォが短期間で出来るとは思えない訳で

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 02:28:12.89
ハイネセンその他が入植前にどんな星だったか、本筋と関係ないに一票。
どうも、農奴がどうだとか、本筋と関係ない所に妙にこだわる人が多いよね。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 02:49:50.14
戦略、戦術、戦闘にこだわる人
兵器、メカ、テクノロジーにこだわる人
キャラクターにこだわる人
政治、経済、軍にこだわる人
描かれていない文化、慣習、生活、社会にこだわる人
無いものは空想、推測したいのが当然の心情
架空のSF小説とは言え人類の研究に値する作品だからね

君はどんなことに興味があるの?
作中に描かれたもの意外はなんら興味なし?
疑問はわかないのかな
わたしは政治・経済が好き
たとえばブリュンヒルトが全長何m?なんて疑問も本筋と全く関係ないよ

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 03:58:42.73
銀英伝でイメージする戦艦はヌエの設定だからな
アニメ設定とまでは言えないが後付
表紙のカッコイイ戦艦と中の挿絵がぜんぜん違っててワロタ覚えが

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 06:25:36.01
>>102
安定した居住可能な星求めて長征したんだから、ハイネセンがどういう星かは
本筋に関係あるでしょうが。ちゃんと読んでからご高説たれてくれよ。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 06:36:26.63
お前ら、色々と拘るのはいいけど物語が面白くなるように拘れよ。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 07:29:47.49
>>106
お前さんが見本を見せてくれ

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 09:24:42.03
猪突猛進こそ我らの本領よ

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 09:39:39.52
>>104
「ぬえ」って書かないとおびただしい違和感。

単行本初めの方は加藤直之氏個人でぬえではないな。
艦艇群は描いた人によってけっこう印象が違う。
加藤直之:彫刻やオブジェの重厚感
道原かつみ:シャープな刃物のようなハード
星野之宣:一番現代的なメカ。悪く言うと未来感に欠ける

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 10:10:47.21
>>108
いつのまにか辞書に慎重とか自重って単語、書き加えたくせに。

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 11:35:28.79
>>103
>人類の研究に値する作品
これは言いすぎじゃないだろうかw
ぶっちゃけ架空の人類史を議論しようにも描写が大雑把な上に少なすぎて妄想にしかならんし
>>109
個人的には道原版戦艦が好きだな

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 15:40:16.75
>人類の研究に値する作品
本気で書いてんのか

>言い過ぎ
ってことは少なからずは該当はしてると思ってる訳?
スレ住人の共通認識だったりするの?

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 15:42:03.31
>>105
惑星ハイネセンが火星みたいな星でテラフォーミングを必要としたのか、もとから
居住可能な環境だったのかの違いは物語に影響しないでしょ?
それが本筋と関係ない話だってこと。
ついでに言えば、作者が何も言及してないから、結論の出しようがない。
このスレで「きっとこういうことだ」と全員が納得できる結論が出たとしても、どこにも
影響を与えないし、なんの意味もない。

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 15:45:32.72
>>113
なんでだよ、ハイネセンたちは居住可能な安定した星探して仲間の半数を失う
苦難のすえ、ようやく住めるハイネセンを発見したと書いてあるじゃないかね?
とにかくちゃんと読んでから、偉そうな意見は言ってくれたまえ。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 15:55:22.64
作中で明確に書かれてはいないけど
そのまま、あるいはごく簡単なテラフォーミングで住めるレベルの星だったとは予想できる
本格的なテラフォーミングを行うだけの施設設備を持っていたとはちょっと思えないしな

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 16:00:00.23
物語の出発点だからなあ、書いてること無視して語るのはよくない。そんな
大規模に惑星改造して住める能力あるならハイネセン本人も死んでしまうよ
うな旅する必要があるとは思えん。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 16:28:39.90
なんだろうな、ある作品が好きだとして、その同人誌も買っちゃう層か同人活動には
興味ない層なのかの違いかな

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 18:06:41.17
好きになれば同人あたりまえとか理解できない

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 19:34:22.01
>>117
これは同人誌の設定なんだけど、ってふうに語ってくれるならいいけど、同人も
アニメもごっちゃにして勝手に自分設定を偉そうに語られてもねえ。ここは小説
準拠のスレだろ?

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 21:02:43.73
今となっては古い作品だけに、同人も小説ベースとアニメベースが存在するのがウザい。

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 21:53:21.02
うん
ビューローの見る者のレンズが歪んでればなんとかって名言思い出すね

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 22:03:10.06 ID:p4n42P1f!
ベルゲングリューンとビューローの運命の明暗は普段からの行いが大切だという教訓だな
ひとくせあるベルゲングリューンはロイエンタールに押しつけとけ
実直なビューローはミッターマイヤーへと

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 22:10:44.05
そんな一癖ある連中を束ねてたキルヒアイスって

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/07(火) 23:22:15.10
キルヒアイスはこの小説で最強の男だからな
叛意があれば軽く帝国皇帝になったろうね
ラインハルトなんて上司に持ちたくないだろ?

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 05:40:09.05
二人の性格や思考は真逆ではないが
あえて言うなら
キルヒは部下が育たない上司
ラインは部下が育つ上司

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 06:09:04.34
キルヒは教師になったらのエピからもわかるように、普通の人が長所を伸ばせる上司、
ラインのもとで育つには相応の胆力とかあらかじめ持ってないとだめだな、凡人には
お勧めできない上司だ。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 06:12:01.22
>>119
あくまで小説が大原則。
補完的にアニメ、漫画が利用される。
いくらなんでも同人誌、SS設定なんて有り得ない。
けど本線、作中描写のないことの議論考察推論をNGにしてはいないよ。
もし〜が生きてたら、もし〜だったらifだっていいでしょ
あまり縛るとスレが不要になっちゃうよ
たまにアニメ設定を勘違いして持ち出す人がいるけど、
「それはアニメだよ」とやさしく指摘するのがこのスレのいいところ
だから、このスレは好きなんだなぁ

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 08:59:29.31
キルヒアイスはOJTとしての先輩ならいいが
決裁や権限を持つ上司としてはどうだろうな
部下を少し甘やかしそうだが

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 10:13:55.80
ラインハルトとキルヒアイスで飴と鞭になってたからな
キルヒの死後オーベルというドSな鞭が登場したせいでラインハルトがある程度飴役になったがw

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 12:43:45.13
逆に、小説にもアニメにも出てこないけど、このスレでは
当たり前になっているような設定って何かある?

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 12:49:18.64
禿はサヨ

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 13:59:13.07
小説を「原作」と呼ばないことが原則
「原作では〜〜なんだよな〜」を不思議に感じる住人が95%
残り5%が不可思議に感じないのだ

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 14:09:18.63
原作は原作だろ

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 14:19:22.07
つまり小説準拠のスレからすれば原作?へ?ってなるわけだ。原作ってのは
アニメとかから見たものだからね。そういうこだわりを持つ人が95?%。
まあまさにどうでもいいような気もするけど、やたら小説を無視してアニメ
設定のみで語る奴が出てくると私も95%の方に分類されます。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 15:38:18.80
>>130
ないよ。
べつに誰かがまとめることもないし、同じ話題はループするし。

136 :(゜∀゜):2013/05/08(水) 19:46:46.03
>>132
俺様は小説ではなく、アニメから入ったから原作と言っていたけど、
そういう人がいるから小説と書くようにしたけど、
原作と書く人がいても良いのでは?と思うよー。

137 :(゜∀゜):2013/05/08(水) 19:54:49.77
>>124
キルヒアイスは謀略、オーベルシュタインみたいな人材を使えないから、
宇宙艦隊の提督としては有能だが、
独立した勢力の指導者としてはラインハルトより劣るだろう。

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 20:11:12.69
現実の歴史では、汚れ役も引き受けるオーベルシュタインのような
存在がないと、権力の維持は難しい。
とくに動乱期には。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 21:45:38.61
キルヒアイスはアンスバッハを許すのだろうか

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/08(水) 22:36:50.62
自分を殺したことは許しそうな気がする

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 00:34:13.27
キルヒアイスはラインハルトがいなきゃ軍人になってないから個人じゃ評価できない

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 01:03:55.45
キルヒアイスもアンスバッハのあの忠実ぶりは感心するんじゃないの?
リップ戦の勝敗が逆になったとして、キルヒアイスはラインハルトの敵!って
アンスバッハみたいな捨て身の敵討ちするかな〜?

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 08:31:36.54
>>142
忠臣ぶりでは?w
それはさておきラインハルトが死んだとすると、最優先は仇討ちではなく
アンネローゼの警護。たとえ「弟がー」となじられようとやろうとするだろう。
捨て身の仇討ちなんかしてたらアンネローゼ謀殺されるの必至やろ。

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 10:45:00.56
姉ローゼと子供作って、ラインハルトと名付けるのが当面の目標

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 10:46:26.00
忠犬ユリアンは敵討ちに奔走するだろうけど。
守るモノが特にないし。

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 12:30:59.61
奔走しなかったよ 司令官職でがんばったじゃないか

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 14:05:58.83
>>146
奔走かどうかは知らんが、自らに課したもののうちにヤンの復讐というのは
確かにあったね。で、見事果たしたじゃないか。むろん司令官職をおろそか
にせずだが。ほんと優等生だな。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 14:13:55.77
もしヤンを殺したのがラインハルトならテロリストになってたと書かれてたな

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 15:18:51.15
テロリスト、テロ、テラーを日本人がどう認識しているかだね(読者や作者もかな)

米プレジデントも
露プレジデントも
中国家首席も
主要国のお偉いさんはみんなテロリストになってしまう

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 15:38:37.57
白色テロとかあるけど、お前なに言ってんの?

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 15:39:16.59
>>149
作中のは、ラインハルトが仇の場合、軍事力ではかなわないからテロにはしる
しかないだろうってことだから、一般的な暗殺等のテロだろ。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 15:41:53.51
概念の定義について論じたいなら別のスレでやってくれ
こないだの法治国家君と一緒の人か?

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 15:58:22.03
ド・ヴィリエはなんで同盟軍の軍服着たユリアンの前でヤン暗殺のネタバレをやったのか

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 16:02:10.67
そもそもあの状況下で地球教の情報を売れば助かると思う判断自体が異常だ

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 16:42:00.47
>>153
あのときはもう興奮、錯乱状態で相手の服まで気がまわらなかったんでしょ。
同盟軍人が皇帝居館にいるとも思ってなかったろうしね。

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 19:05:53.92
>>153
悪者が内容をばらすのは定番中の定番なので、そこに突っ込むのは野暮というものだよ。

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 19:56:28.04
軍事工作4000以上の人は激励とかは使わないと思ってて、それを確認しようと実験してみたんだけど

軍事工作6000に改造したヤンの艦隊の士気を23に、
さらに艦隊に所属する全幕僚の軍事工作は0にした状態で戦闘させたら
すぐにヤンが「待機させて」と言ってきたがそれを拒否。

そして、直後ではなく1ターン後の自艦隊行動を入力する画面になってから見てみたら
ヤンの艦隊の士気が回復してた

……でもヤンの軍事工作値は減ってなかった

このへんどうなってるか分かる人いる?

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 19:57:08.02
すまん、完全なる誤爆だわ
スマン

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 21:45:21.29
伊達と酔狂ってなもんだ

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 23:04:31.29
ヤンのイゼルローン攻略がどうしても納得いかない。
あんな少人数で直径60キロもある要塞を占領できるとは思えない。駐留艦隊の全部がおびき出されたといっても
要塞内の警備兵が少なすぎるし、提督が人質になったなら直後に部屋の外は警備兵に取り囲まれてローゼンリッターが
部屋を出て好き勝手に行動なんて出来ないだろ。
これまでおびただしい戦果をあげてきたっていう帝国の駐留艦隊の提督もなぜか猪武者で無能すぎるし。

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 23:18:07.39
いまさら 物語の法則 主人公の前では脇役は全て引き立て役となる

要塞攻略成功という事実があって途中経過の不都合な点は
脳内妄想で納得した方が精神的に落ち着くよ 
納得いかなくても答えはでないんだから

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 23:33:14.01
>>160
アニメじゃなく小説を読んでごらん。多少はなっとく出来るよ。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 23:36:31.06
ヤンのイゼルローン攻略は、奇跡的にうまくいったんだよ
失敗してもともとだった
だからこそ、奇跡の(ミラクル)ヤンと呼ばれたんだ
そしてこの奇跡的な成功が、同盟を破滅させる帝国侵攻作戦を生み出した

童謡の待ちぼうけみたいな感じ
たまたまイゼルローン要塞が木のねっこでころげたのであとは果報は寝て待つことにした同盟軍は
完膚なきまでに帝国軍に滅ぼされたという

164 :(゜∀゜):2013/05/09(木) 23:44:37.94
>>160
アニメだと描写が違っているから不思議に思うかもしれんが、
原作だと中央制御室を少人数でひそかに乗っ取った後、中央制御室から空調システムを使って、
警報も出されないうちに無力化ガスを要塞各所にまいて要塞守備隊を眠らせていたから、
要塞駐留の帝国軍を無力化できた。
またこの時捕虜にしたのは数十万単位なので警備や守備兵が少ないなんていうのは無い。

ついでにこの方法は、
ヤンがイゼルローン要塞司令官になった後は中央制御室だけ占拠されても要塞が無力化されないように、
各所に空調設備のコントロールを分散させるなどして対応しているので使えなくなっていますよ。

>>161
で、君は小説の記述と>>160の記述が違うことにも気づかないで、
わかったふりして偉そうに書きこむんじゃありませんよ。
不都合とか脳内妄想とかバカなこと言う前に、ちゃんと小説を読むことをお勧めする。
まったく恥ずかしい。

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/09(木) 23:47:10.29
>>164
親切だな。俺は162ですませたのに。161、163に対しては同意。

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 00:18:46.35
>>153
そんなこといってたか?
総大主教はニセモノwww
地球教はオワコンwww
とか言ってだけじゃなかった?

まあ結果的には自分が地球教のトップと言ってるのと同じだから間違いではないが

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 00:43:43.52
>>166
ヤン暗殺を立案実行したのは私だ
とか言って撃ち殺された

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 00:46:23.37
またそんなウソを言う。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 01:43:51.70
>>164
ガスの件で前から思ってたんだけど、直径60Kmの要塞全体にまく毒ガスって
どれくらいの量になるんだろうな?
直径60Kmといっても人のいる空間はかなり狭いんだろうけど、少なくとも
数万人を無力化する量ってすごいことになるぞ。
ガスも持ち込んだんだろうけど、かなりの大荷物になりそう。

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 03:40:27.09
液体で持ち込んで現地で調合したんだろうけど、それにしたってスゴイ量だね
大量のビニール袋を傘で突くローゼンりったーあ

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 04:14:44.21
濃縮はいくらでも・・
どーやって飛散、拡散させるかだ
傘で突き刺すのは物凄く濃度が薄い
今なら、サンポールと温泉の素だったろうな

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 04:23:52.61
そもそも無力化ガスってなんだろうね。
麻酔ガスはけっこうデリケートだから、慎重に使わないと眠りから覚めない人が出てくる。
あれは寝てるんじゃなくて麻痺してるから。現代では麻酔専門の技師がいるくらい。
それだと無血開城にならないから、催涙ガスか何かかしら。
だとしたら、占領が完了するまでゴホゴホ咳しながら目をショボショボさせるって拷問だな。

まぁ、未来には脱力させる安全な「無力化ガス」が発明されてる、といわれればそれまでだけど。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 05:39:00.90
>>169
巡航艦1隻には積める量ってことなんだろ。
>>172
それこそ超光速航法可能な未来なんだからそういうのがあるんだろ、現在の
技術水準で考えても意味ないんでは。

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 05:43:17.45
笑気ガスも使い方むずかしいしね。
酸素濃度を低くして致死させない程度に窒息させるのが誰でもできるかな
とにかく広い空間に一定濃度で無気力、麻酔ガス散布は困難だなぁ

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 05:49:23.34
SF作品の中の技術を現在の科学で論じて何の意味があるんだ?
それこそ光速を超えてる時点で絶対おかしいだろうに。

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 06:07:16.69
>>164
あの司令官が艦隊司令官のゼークトみたいな性格だったら降伏するくらいなら自爆とか選らんだかな?そっちの方が気になる
やけに簡単に降伏したからなあ。部下に発砲命じて誰か一人でも撃てば全員即死する状況だったからなあ。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 06:12:00.97
宇宙空間の兵器や艦船、テクノロジーに現代技術は意味なしか?
作者は現代人なんだがなぁワープ機関のようなわれわれの脳ミソが届かないような技術は
手を出しようがないんだが
熱核融合弾、レールガン、核機雷みたいのは考えてしまうがやめたほうがいいか?

ではなぜ地上では未だにゴムタイヤの自動車であり
対要人用機械警備のようなシステムがないのだろうか

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 06:44:05.55
そうそう、超光速実現してる世界なんだから不老不死も実現してないとおかしいよな。
って人もいたな。

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 06:53:35.85
>>177
人類は文書を記述するのに紙以上のものをいまだ発明できていないって描写はあったね。
まあタイヤとかもその類なんじゃない。だいぶ前にも出てたけど重力制御の技術があっ
ても地上走行する乗り物全てにそれが応用されてるわけでもないんだろ(コストとかの
関係とかで)
今の人類も超音速の技術はあるけど、乗り物全てがその速度で移動できるわけでもなし。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 07:08:03.94
もし、もしだよ。演出でなくコストだからーで
生身の人間が戦争させられてたら〜・・・

いや1000〜1600年後の科学技術は一切考えないようにしよう
銀英伝が破綻する

みんな、もう銀英テクノロジー論はやめようね
意味無く、無駄らしいから
確かにそうだわ現代知識では及びもしない進化度なんだから

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 07:16:16.84
未来技術を考察したり議論するのはいいだろ。
ただ現代の技術では無理だから作中の未来世界でもやはり無理だと決め付けるのはいかがなものかと。
逆に未来世界なんだからなんでも可能だと(そんな人はいないか)するのも変だな。
ただ農業はなんでスキやクワレベルまで退化したんだ?シューマッハもクワふるってたけど?(アニメ限定かな)

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 10:15:31.09
>>177
ゴムタイヤ?アニメ以外で車輪走行してる記述あったか?

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 10:52:28.02
>>182
読んでて地上の車をどうイメージしてた?
球状車輪、鉄車輪、木製車輪、装軌車、リニア浮上車、熱核融合ホバー車?
もしくは馬が牽引した馬車かな?
俺も普通に今の自動車と同じゴムタイヤイメージだが

君はどうなの?教えてくれるとありがたい

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 13:54:22.45
13日戦争で
ありったけの核兵器撃ちまくったのに
良く生き残ったな人類は、それも10億人も
冷戦時代の核兵器でも
人類を○回滅ぼせるって言ってたのに

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 14:02:09.85
>>184
地球を30回滅ぼせるは、地球上にまんべんなく核を落とした場合の話でしょ
実際は敵国及びその基地や基地のある同盟国を狙って撃つわけだから

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 14:25:28.13
>>182
外伝の地上戦の場面では、確か六輪装甲車とかいう記述があった気がするな。

あと1巻で、ヤンとユリアンがグリーンヒル父娘と食事してから帰宅する途中の場面で、
交通整理していた警官が「地上車なり浮揚車なり用意します」と言っている。
わざわざ「浮揚車」という呼び方をするということは、普通の車は浮揚しないということが
推測できる。

…と思ったら、その直後に「動かなくなった磁力反発車の延々たる列」と書いてあった。orz

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 15:24:45.47
通常の磁力反発車は道路から若干浮いて走行するだけなのに対し、浮揚車ってのは
10mくらい浮けて渋滞しらずの緊急車両的な存在なのかもね。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 20:26:39.44
>>28
無慣性駆動の意味、つか慣性の意味わかっているか?

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 20:45:32.75
そういえば白銀の谷で雪と氷の中、装甲車が登場してた
あんな悪路の所こそ浮揚タイプじゃないと、と思うけど
禿の想像力の限界か

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 20:51:57.00
>>177
>宇宙空間の兵器や艦船、テクノロジーに現代技術は意味なしか?

作者が物理的な整合性をあまり気にしてない、もしくは物語優先で無視してるから
あまり細かく気にしてもしょうがないと思うよ。
後書きで「各惑星の季節は違うはずだけど、物語優先で統一しました」ってのが
作者のスタンスを簡潔に示してると思う。
もちろんそれで銀英伝を欠陥だというつもりはないし、作者のそのスタンスは支持する
けど、いろいろ考えても空想自然科学入門的なトンデモな結論にしかならないと思う。


>熱核融合弾、レールガン、核機雷みたいのは考えてしまうがやめたほうがいいか?

それらのことを考えたいなら、銀英伝にこだわらずに他の板でやった方が賛同者も
多いし、実のある議論ができると思う。
未来技術板がちょうどいいんじゃない?
今は落ちてるけど、前は未来の兵器スレもあったし。
未来技術
http://uni.2ch.net/future/


>ではなぜ地上では未だにゴムタイヤの自動車であり
>対要人用機械警備のようなシステムがないのだろうか

ゴムタイヤなのは物語に関係ないテクノロジーだから。
システムがないのは、あると英雄達の物語にならないから。
突き詰めると、そういう結論になっちゃうんだよ。
アレコレ理屈をつけることはできるけど、それにあまり意味があるとは思えない。
二次創作が好きな人なら楽しいのだろうけど。

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 20:57:37.03
どう考えても新領土て帝国のあしかせにしかならんよな

普通にバラートの和約の状態のままのほうが帝国は安牌だったな

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 21:37:53.19
>>191
たぶん、東西ドイツ統合の時の東ドイツみたいな感じになるだろうな。
時間をかけてゆっくりと同化していくはず。
地続きの東西ドイツでも、いまだに経済的・文化的に差はあるみたいだから
同盟と帝国の差がなくなるまで100年単位になるだろうけど。
もっとも、帝国の末端の民衆の生活レベルもそんなに高くないみたいだから、それほど
差はないのかな?

韓国も南北統一が悲願とかいってるけど、今北朝鮮と合併しても経済的に混乱する
だけだから、本音は統一したくないらしい。

関係ないけど、今の若い子って東ドイツ知らないのな。
カルチャーギャップ…

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 21:39:56.75
>>189
戦場での信頼性はそこまで高くないのかもしれん>浮揚タイプ

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 21:49:11.49
>>175
光より速いものが見つかったのだ!
これも偉大なる将軍様の偉業なのニダ!

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 21:53:12.07
天界を統べる秩序と法則の保護者、銀河帝国皇帝のお陰だろ。

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 21:53:47.69
>>194
光速は超えられても熱力学や無力化ガスなんかは進歩しようがないはずだよ。
第一宇宙速度なんかの物理法則も不変だ。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 21:56:20.31
小川一水とかも普通に熱力学破ったりしてるし気にすんな。

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 21:58:36.95
>>191
フェザーンが中継貿易であれほど儲けていたんだから、それなりに新領土
にも利益があるんじゃないかな 

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 22:48:04.01
新領土のやつは基本反帝国
かといって帝国臣民だから差別できない
議会ができたら新領土のやつらは徒党を組むよね
議会ができない、新領土のやつらが満足できないなら、彼らはバラート自治政府にいくよね
さらにフェザーン民と旧同盟人のほうが基本豊か

東ドイツは東ドイツのほうが貧しかったが..

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 22:49:20.68
>>192
なんか市民レベルじゃ、帝国の方が古臭い、貧乏っぽい、発達してないって感じ・・・・

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 22:50:57.67
>>199
>かといって帝国臣民だから差別できない

帝国は別に民主主義国じゃないんだから、
差別しても問題ないでしょ?

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 22:57:15.18
>>201
差別問題は人権思想。政治を人民の物にしたハズの共産主義が一番人権思想が無い不思議

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 23:21:08.03
貧富の格差の無い共産主義で共産党の幹部が大富豪なのも不思議

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 23:32:37.77
フェザーンはどうなんだろう 大商人達は豊かだろうけど、それ以外
交易商人以外の一般庶民とかは帝国と変わらないのかも

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/10(金) 23:38:38.38
どの家にもペットがいてよく太ってるんでしょ?

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 01:02:27.09
>>199
同盟は、惑星間の経済格差で反目が絶えないそうだから経済支援や
政策で分断して、徒党を組ませないようにできるかもしれない。
議会ができればの話だが。

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 01:18:07.89
>>204
フェザーン人って商人と役人以外は何してるんだろねってイメージだな。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 02:04:39.17
>>189
ホバータイプを粉雪積もる雪原で使うと埋まるだろ
反重力タイプは車に積めないだろうからだめだろうし
磁力反発型は都市部の整備された専用道路じゃないとそもそも走れない
イオノクラフトは軽いものしか載せられないからオープンタイプの車になって凍死の危険がある
結局従来型が一番いいと思われる
何より戦場で一番重要なメンテナンス性は簡単な機構の方がいいからね

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 02:13:29.49
表面重力の問題もあるだろ。

2Gの星と0.5Gの星じゃあ浮遊タイプの運動性が違ってくるだろ。

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 02:38:38.24
>>209
さすがに人が住んでる星は1Gで統一されてると思うよ。
っていうか2Gとか0.5Gの星に居住するとデメリットの方がメリットを大きく上回ると
思われ。
Gが大きくずれてる星で生まれ育ったら身長とか体型が大きく影響されるだろうけど、
帝国にしろ同盟にしろ、登場人物にそういう描写はないし、アニメでも普通体型でしか
描かれてないから、人が住んでる星 = 1Gと判断していいと思う。

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 02:58:22.73
>>210
居住不可能だから戦場にしない、なんて呑気な戦争はありえないと思う。
軍事上必要なら、生きていけないようなところでも戦場にするだろ。

現に、ヴァンフリート4=2は表面重力0.25Gだが、戦場になってる。

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 03:06:18.81
なんで惑星地上で戦闘するんだろな
領土の取り合いなんかな
水爆一発どかーんではダメな理由はなんだろう
敵艦強襲上陸にしろ無人惑星戦闘にしろ
演出って言ったらおしまいか

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 03:45:53.10
>>206
バーラト以外実はろくに発展してないように思えるが、ハイネセンは人口が少ない不思議

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 04:04:59.34
ハイネンセン発見から250〜260年だっけ?
確かに発展は遅いね
130億人まで人口増加するくらいなら加速度的に発展するんだが
まぁ、今の地球が過密すぎるとの見方もあるし
重工業はやるとこでやってる感はあるからいいかな

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 04:37:06.68
>>212
放射能汚染じゃねーの?

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 06:47:58.54
>>215
だな放射能汚染だな
間違いないぜ

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 07:39:38.28
>>210
自転周期はさまざまでそれに対する対応もまたさまざまって描写あったな。
1周期50時間の星では地球時間をそのまま使用して今日は一日中夜とか。
あるいは強引に24時間制にして1現地時間は2.5地球時間だとか。
ま、2巻以降はなかったことになったもののひとつだけど。

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 07:44:01.12
>>212
大抵の場合、資源があってそれをほしいから、ものに出来なくても敵には渡したくないからって
理由だそうだね。敵に渡したくないってんなら放射能ばらまいてもよさそうだが。例のタブー、
(小説とは微妙に違うがアニメの方がわかりやすいんでそっち引用)
大気圏内で熱核兵器を使用は禁忌ってやつでしないのかな。

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 08:15:26.11
>>213
エル・ファシルなんて一つの星で300万人だもんな。横浜以下かよw
辺境だから人口が少ないのは分かるが、一個の惑星で300万人は少すぎだよなあ。
ヴェスターラントも200万人だから帝国も事情は変わらんと思うが。

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 08:24:22.82
>>218
大気圏内核兵器使用の件だけど人がいる、いない関係なく
岩石惑星はタブーでガス惑星はOKつうのも
なんだか変な話だよね

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 09:04:08.96
>>219
同盟時のイゼルローンで500万、たの惑星でこれより少ないのも珍しくないって
はなしだったね。なんでそんな少数で分散するんだろう、色々不便だろうに。
帝国は銀河連邦時は多くいた惑星がだんだん減っていったのならわかるが、同
盟はまた一から移住したんだから一つの惑星である程度増えてから移住したら
いいのに。領域だけ広げても防衛負担がますだけで軍事的にも不利だろうに。

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 09:29:32.59
権力分散しすぎたのだろ

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 09:42:05.80
清教徒みたいに権力の集中を嫌う気風があったんじゃね?

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 10:09:13.89
最初が16万だっけ。さすがにこれは全員、ハイネセンに住んだと思うがいくらくらいに
増えたあたりから散らばり始めたんでしょうねえ。描写では本拠地が置かれたのがバー
ラト星系で他の星系にも古代フェニキア(だっけ?)に由来する名前がつけられていった
とあるからかなり早い段階で分散したように思えるが。先に名前だけつけたのかな?

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 10:49:20.55
>>224
ハイネセン入植後に宇宙を探検して発見、命名を済ませてたんじゃね?
入植はその後だいぶたってから。

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 10:54:27.23
ハイネセンが10億だっけ?
ハイネセンがワシントン的なポジションで
実はテルヌーゼン?とか他のバーラト星系にある星がNYみたいに栄えてるのかな?

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 11:30:00.57
どうかな ハイネセンが一極集中で栄えているのでは
「アルテミスの首飾り」はその象徴だと思うな

同盟には、惑星パラスとかエコニア・ネプティス・カッファー・
マスジット・パルメレンド・シャンプール・ミルプルカス等が
あって少なくとも九つの辺境星区に区分されてるみたい。

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 12:23:40.86
首飾りもそうだけど、救国軍事会議のクーデターの際にヤンがハイネセンを押さえたら
クーデターが収束したように、やっぱりハイネセン一極集中なんだろうね。

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 12:42:44.16
ケリムやジャムシードも有人惑星を持つってことでしたね。もはや辺境といえない
ランテマリオが無人星系でハイネセンに一番近いらしい。

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 18:27:44.09
>>219
300万人で少なすぎとは思わないな。

もともと星間国家なので、1つの惑星に複数の都市を建築するメリットが無い。
宇宙港や軌道エレベータを1つ作って、その周囲に全員が住んだ方が効率がいい。

かと言って、東京みたいに1000万人もの人間が集中してラッシュとかになるのも
本末転倒だから、パリよりやや多いくらいの300万人がちょうどいいだろう。

ただ、ハイネセンとか同盟初期からの惑星は、移住する先が少なかったこともあり、
増加する人口を分散させるため、1つの惑星に複数の都市を作らざるを得なかった
のではないかな?

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 18:47:31.20
>>230
ひとつの惑星に1都市だけで住むのかよ。物資の生産、輸送考え(なくても)
ても同じ惑星に住んだ方がいいじゃないか。www

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 19:11:17.89
>>231
そこは、生き残り戦略ということじゃないか?
帝國の侵攻は想定されるわけだし、分散していればまとめてアボーンてリスクは減るし、目標が
多ければ帝国軍は侵攻速度低下、戦力の分散を強いられる=防衛戦略上の利点、と。
エル・ファシルでも星一個分の住民を丸ごと退避させられたし、少ない利点もある。
星系・惑星一個あたりの「経済価値」が低下すれば、放棄や占領になっても全体への影響は
少ない。帝国軍の軍事的収支を悪化させれば、侵攻意欲を削げる。

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 19:19:23.12
>>232
総兵力で劣る側がそれやったらかえって(エルファシルのように)守りきれない
とこばかりになって逆効果のような気がするなあ。
経済的にも1惑星で300万人だと鉱工業や農業生産はどの程度になるんだろう?
とてもまともな生産活動出来ないような気もしますです。

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 19:21:43.54
エル・ファシルは単純に、帝国に近くて住むにはハイリスクなだけじゃね。

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 19:22:18.67
>>233
エル・ファシルはそもそも守りきる必要のある星かね?

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 19:28:51.11
>>233
とりあえず侵攻路は回廊と決っているんだし、そこに戦力集中すれば、手広く守る必要はなく
なる。エル・ファシルとか回廊出口付近の星系は取り合いが前提と。
フェザーン方面からの侵攻のを考えなかったのは結局、二面作戦やるだけの国力、軍事力
がなかったからで、「考えたくもない」って心理をフェザーンに利用されていたのかもね。

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 19:31:02.41
>>233
産業の機械化と集中化が物凄く進んでいて
惑星一つまるごと鉱業地帯だったり農業地帯だったりするとか。
計画的にやるには300万人もいれば十分、それ以上は邪魔と。

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 19:32:05.09
>>234
そうなんでわざわざあそこに移住したのかは不明ですよねえ。軍事拠点という
わけでもないし。住人がいるから軍も警備部隊配置してたような描写だったし。
>>235
住人が泣きそうなご意見ですね。まあだからなおさらあそこに住むのはよくわか
らない。どんなメリットあったんでしょうねえ。

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 19:37:49.31
>>236
だからエル・ファシルが軍事拠点だったらわかるんだけどそうは思えない描写ですからねえ。
>>237
そういう体制だと農業でも鉱業でも自分の受け持ち地域が惑星の反対側だと通勤?も大変そ
うですねえ。

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 19:41:16.81
>>239
同じ星系内なら通勤距離、みたいな描写がどっかになかたっけ?>通勤?

241 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:8) :2013/05/11(土) 19:46:26.21
寧ろ銀河英雄伝説世界で軌道エレベーターが存在するのがフェザーンだけなのが疑問だよ。

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 19:53:28.86
>>240
そうだっけ?確か軍事用艦艇でも星系内では光速の1.2%が限界速度ってことだから
地球から海王星あたりまで通勤すると片道700時間くらいか、サラリーマンはつらいね。

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 19:53:31.72
>>238
前向きな理由
物資集積所
前線兵士の保養施設
長期の前線任務に就くものの家族の生活場所

後ろ向きな理由
政府が把握しないうちに勝手に入植がはじまった
入植が始まったころはイゼルローンはなく、同盟は回廊帝国側まで進軍していたので大丈夫と思った
作者がアホ

好きなのを選べ

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 19:57:30.67
>>243
物語本編が始まるころには同盟が奪回してるようでまた移住してますからねえ。
なんかよほどいいことがあるんでしょうな。
政府自体はほとんど肩入れしてなさそうだから(軍関係は最低限みたいな感じ)
民間的な何かが。

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 20:36:05.54
>>238
同盟として回廊の出口で帝国軍を叩くのがドクトリンであって、その防衛圏の後方は
すべて安全地帯、という扱いだったんじゃないかな。
アニメ見てないからWiki見たけど、エル・ファシルの戦いは帝国が戦略的にエル・ファシルの
占領を狙った行動と言うより、小競り合いで同盟軍が敗北してエル・ファシルに逃げ込んだ
から追撃された、という状況らしいし。

北朝鮮との国境のすぐ近くに首都をおいてる韓国の例もあるし、敵国との境界近くに人が
住んでたりするのは、ある程度安全が確認されてるのであれば、そんなに疑問に思うこと
でもないと思う。

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 20:59:59.14
>>241
アニメの話をされてもな

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 21:03:22.25
>>245
アニメだけでなく小説も読んだことないのかな?ちょっと違うよ。

半島の場合はもともと住んでた後にいきなり国境線が引かれたわけだからねえ。
この小説の場合はいったん敵対勢力から逃げてきたのにまたその最前線近くに
民間人が好んで?住むってのが?ってわけだ。だから何か引き付ける魅力がある
んだろうねえと。まさかサイオキシン麻薬の原料みたいなのが取れるとかじゃあ
ないだろね。あれは撲滅に帝国同盟の警察機構が協力したらしいが、反対に密売
組織も両国にまたがってるから国境に近い方がいいのかも。後に独立政府代表と
なるあの医師もかかわってたとか。
すみません後半は妄想全開です。

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 21:11:06.03
>>244
普通に考えて通常時は同盟軍は回廊近くに配備されてるだろうから、エル・ファシルにはその軍隊の
補給基地とか軍人の家族とかが住んでたんじゃない?
国境付近の駐留艦隊というかたちで人が集まってれば、軍人ばかりとはいえそこに経済は生まれるわけで、
日本の米軍基地の周りの街のように、軍隊相手に商売したりする経済圏が生まれていたのでは。
職業軍人ならば軍人の家族も基地の近くに住んでるだろうし、軍人の娘であるフレデリカがエル・ファシルに
いたのは偶然ではないのかも。

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 21:16:06.68
>>248
いやだから読む限りではそういう描写には思えないんだよ。民間人がいるから軍も警備部隊置いてる
ような感じなわけだ。だから失陥の危機ってなったらパニックになってるわけで。

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 21:31:42.00
同盟は考え無しだからな

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 21:41:49.49
希少鉱物でもあったんじゃね〜の?
反物質鉱床とか無理筋すぎるなw

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 21:46:09.57
帝国も同盟も主力の正規艦隊は首都星駐留だな。まあ帝国は要塞と駐留艦隊置いてるけど。
同盟も最前線星系なんだから軍事拠点化して1個艦隊でも駐留させとけばいいのにとは思
うな。そうすりゃ1個艦隊程度の攻撃には対応できるし、大兵力で来る場合は、フェザーン
が教えてくれるだろうから増援派遣して味方基地近傍で有利に戦えるだろうし、無視して
他の星系に向かうようなら補給線攻撃の拠点として活用できるのにねえ。まあ>>250が全てかな。

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 21:49:22.15
>>251
それならもっと激しい争奪戦になってたような。なんとなくサイオキシン原料説みたいな怪しい魅力があったのかもね

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 21:56:51.67
人が住める⇒艦隊基地⇒基地で働く人とその家族が住む⇒経済発展

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/11(土) 22:22:38.46
自分の住んでいるところが戦争になるとはなかなか考えないものだ
エルファシルは日本にとっての沖縄や対馬みたいなもんだろ

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 01:44:24.37
水爆
岩石惑星はタブーでガス惑星はオKな件について

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 01:47:38.60
有人惑星くらいだろタブーなのは

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 01:57:00.81
水爆ミサイル打ち込んでも核融合起こすのは弾頭の中の水素だけだよな

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 03:11:52.87
有人惑星ハイネセンはOK有人人工天体イゼルローンもOK

なんかさ、他人は駄目、俺はOKてな考えが
ラインハルトにありそうなんだがな
犠牲者数や非戦闘員を配慮すれば使用は禁忌でないことを
自分で認めちゃってる

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 03:29:40.47
>>256
ガス惑星は確実に無人だとわかってるからOKなんでしょ
人に対して使用するのはタブー

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 05:11:37.42
冷戦最中の作品だから核への恐怖、タブーは理解できるけどね
でも絨毯爆撃して結果が同じなら
水爆1発も通常爆弾何万発も変わりないね
対人使用禁忌なら有人惑星が天然でも人工でも駄目なものは駄目だよね
現実的には核兵器は恐ろしいんだよ。使っちゃいけないよ意識は
人間の心にすりこませておかないといけないけど
個人的には目に見えないBC兵器の方が怖い

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 05:15:37.66
そうだねよかったね

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 06:10:45.02
>>262
いつヤマトに帰ってくれるの?

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 06:23:50.43
>>261-263
ウゼ

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 07:30:27.94
>>261 = >>259だと思うんだけど、ちょっと君、日本語が破綻しすぎ。
もっと他人に伝える努力をしましょう。

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 07:51:26.48
>>265
模範回答として破綻しないように校正して書き直してもらえますか?
まずは、校正してもらえるかもらえないか YES or NO
の回答をお待ちします。

先生よろしくお願いいたします。

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 08:01:24.06
>>266
本人の主張がはっきりしないから校正しにくい。

関係なしに小説では放射能(死の灰)を伴う攻撃法がタブーとなってるね。

268 :265:2013/05/12(日) 08:33:44.62
>>266
答えはNo。
論旨が不明確で校正しようがない。

とりあえず、書いてから5分くらい放置して、改めて自分の文章を読み直して、
客観的に自分の言いたいことが他人に伝わるかどうか読み直してみるといいよ。
あと、句読点は適宜うった方がいい。
変なところでの改行もしない方がいい。

269 :265:2013/05/12(日) 08:37:48.55
>>266
ついでに、日本語に慣れてないうちは、一つの書き込みは一つのことだけを
書くようにした方がいいよ。
>>261も、話があっちこっち飛んでるから、結局何をいいたいのか誰にも伝わらない。

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 08:51:08.61
>>268 269
おっと、横から勝手にでしゃばり失礼。まことおっしゃるとうり。

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 08:51:42.05
>>268 269
おっと、横から勝手にでしゃばり失礼。まことおっしゃるとうり。

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 10:45:34.25
大事なことなので2度言いましたよ

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 13:01:13.40
下から3行目〜下から2行目だけ抜き出せば正鵠を得ていないこともない気がする。

西暦を使っていた頃の13日戦争だっけ? そのとき熱核兵器で人類滅亡寸前まで行ったから
それ以来ずっと「核兵器ダメ絶対」というのが、人類共通の意識としてあるんじゃないのか。

しかしそれが帝国対同盟の戦争の中で使うなら水爆OKになっているのはおかしいが。

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 13:06:53.36
>>265さん
大事なことなのでお伺いします。
論旨が明確な文章の書き込みならば、

>>265さん。これでいいですか?」

と文末につけたら添削、校正、模範回答を書いてもらえますか?
御回答お待ちしております。

また>>265さんが御指摘なさらないレスの書き込み文章は
日本語文章として文法、表現、構成が成立していると
265さんからお墨付きをもらった文章であると
考えてよろしいでしょうか?
考えてはいけないでしょうか?

これからはできるだけ皆さんにも協力してもらって
>>265さん。これでいいですか?」
を定着させいくよう努力してまいります。

275 :265:2013/05/12(日) 13:43:13.74
>>274
>と文末につけたら添削、校正、模範回答を書いてもらえますか?

1回くらいならいいよ。
それ以上はスレ違いだから、自分でレベルアップして。
実際は1回でもスレ違いだろうけど、あそこまでひどい日本語を書く人はかわいそうで
見捨てられない。
俺にできるだけのことはするよ。1回程度なら。
確認しておきたいんだけど、日本で育った?


>265さんからお墨付きをもらった文章であると
>考えてよろしいでしょうか?
>考えてはいけないでしょうか?

少なくとも文章の破綻は目につかなかった、ということでいいと思うよ。
逆に言えば、>>261の文章はそれほどひどかった、という事であって、それは自覚あるの?
>>259もあなたの書き込みなら、前にも指摘したけど、これもひどいよ。
まぁ、>>259>>261とひどい文章を連発されたから余計に目についたってのもあると思う。
単発の日本語が不自由なレスを見ても、たいていスルーするし。
これも確認しておきたいんだけど、>>259 = >.261でOK?


>これからはできるだけ皆さんにも協力してもらって
>「>>265さん。これでいいですか?」
>を定着させいくよう努力してまいります。

上にも書いたけど、このスレは文章力向上のスレじゃないから、それは控えて。
努力するなら、自分の日本語能力を向上させる方の努力をしてみて。
俺に絡んでくる暇があるなら、俺に日本語能力向上の手伝いを依頼するのではなくて、
自助努力をすべし。
自分の駄目な所を指摘されたからってウジウジと粘着してるだけじゃ、なんの進歩もないよ。

276 :265:2013/05/12(日) 13:45:18.95
>>274
あ、書き忘れた、これから出かけるから添削が遅くなったらごめんね。
0:00くらいには帰る。

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 15:10:37.71
>>274-276
双方マジでうざいでちゅ
他作他演の馴れ合いでちゅね
消えろとは言いいません
生きるのをやめてくれると嬉しいのですが
やめてもらえませんか?
ドヤ顔でドヤ生活は経験がないので
気持ちは理解できませんが、
もう人生あきらめてください

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 15:33:28.13
単に、人類が居住する惑星の大気圏での熱核兵器使用がタブーなんでしょ?
ガス惑星は居住できないし、人工天体は艦船の延長って感じで。

ミッターが統合作戦本部にぶちこんだのは質量弾じゃなかった?

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 16:27:31.23
>>278
あ、そうなんだ
炸薬や核なしの重い金属砲弾撃ち込んだってことか
隕石衝突みたいなもんだね
てっきり融合弾と勘違いしてたよ

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 17:51:38.10
極低周波ミサイルじゃなかった?
印象の薄いシーンなのでアニメとごっちゃになってるから確証はないけど。

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 18:17:09.68 ID:vZcVuq5Y!
>>280
それで間違いない
なんかキレイな核ってだけでえらく人が死にそうだけど

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 18:55:38.22
まあ、核攻撃じゃないなら統合作戦本部は軍の施設で軍人軍属がほとんどでしょうから、
消し飛ばされても交戦規定には反しないんじゃないでしょうか。
僻地にあるっぽいし。

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 19:00:49.80 ID:vZcVuq5Y!
そういうことじゃなくて高層建築が倒壊するほどの極低周波なんて食らったら人間はどうなってしまうのだろうなと

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 20:55:37.70
この最後通牒が容れられない場合、軌道上の我が艦隊からの極低周波ミサイル一斉爆撃により、
貴星に居住している全人民の肩こりはほぐされ血行はよくなり、健康体になることを忠告する。

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 22:09:49.46
くっ…こんなレスでほっこりしてしまうとは、いよいよ俺の武勲の鉱脈も尽きたか…

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 22:29:43.89
ヤンが長生きしてたらよかったのにな
ラインハルトが先に死んでヤンが猛攻仕掛けて帝國の都が
陥落してアレクが都落ちするの
そいで北宋とか南宋みたいな感じになるの

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/12(日) 23:25:59.36
そうなるにはまず帝国領侵攻をなんとかする必要がある。

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 08:37:35.23
ヤンがラインハルトより長生きしそうなら、まず確実に軍務尚書が暗殺かけてくるだろう

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 09:29:36.41
仮に地球教の暗殺が未遂に終わりヤン健在のままラインハルトが死んだとしても
イゼルローン軍に帝国侵攻するだけの戦力がない
強引に攻め入ったとしても待ち受けるのはミッターマイヤー以下七元帥の艦隊だ
いくらヤンでも少ない戦力かつ地理的優位のない状況でこいつらに勝つのは無理だろう

もっとも、生前のヤンは銀河全てが民主主義になる必要はないと言っていた
その基本構想を守って帝国へ侵攻しようとは考えないだろうけどねw

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 12:24:27.99
そもそも同盟と帝国は全然5分じゃないよな
同盟が帝国に勝つなんて土台無理な話だったわけで

よくフェザーンが国力比だしてるけど
軍事力なら倍くらい帝国のほうが余裕あるという

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 12:39:15.04
距離の防壁
同盟は成立時から専守防衛を掲げていたからね

それに回廊の戦い終結後のヤン艦隊では黒色騎兵艦隊一艦隊相手でも勝てないでしょ
イゼルローン要塞をバックにして防衛戦やれば追い返すくらいは出来るだろうけど
正面決戦なんてしたら文字通り爆砕されて終わりそう
戦力減もそうだし何よりフィッシャーがいないからね

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 12:56:37.54
常設艦隊 帝国のほうが上
貴族の私艦隊は常設艦隊並みの規模
おまけにイゼルローン要塞あり

同盟にとっては無理ゲーだな

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 13:04:44.06
>ラインハルトが先に死んでヤンが猛攻仕掛けて帝國の都が
陥落してアレクが都落ちするの

だけなら可能でしょう
オーベル死んでるし
皇帝の国葬の最中狙えば?真正面対決しなくてはあかんの?
ユリアンとポプランがオーディンにもしいるなら
暴れまわってもらいましょ

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 13:15:02.87
>>293
ユリアンとポプラン二人が暴れまわって何になるんだよw
だいたい、何のためにやるの?

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 13:19:53.46
国葬の最中狙ったって無意味だよ
イゼルローンからフェザーンまで一瞬で行ける訳じゃないぞ
同盟領なり帝国領経由で迂回していくんだから防衛側が体制整えるには十分過ぎる時間がある
それに地の利の無い敵地じゃ基地を渡り歩く正規軍よるゲリラ戦も要塞と回廊の形状を利用した戦法も取れない
正面決戦とまで行かなくても、ある程度正攻法で行く以外にやりようがない

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 13:51:49.18
ほうほうのていで逃げるアレク御一行様

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 14:52:28.44
同盟が勝つチャンスあったのは
バーミリオン会戦のときだけ
この時ですら抑えの効かなくなったビッテンあたりが同盟を滅ぼす可能性はあるが

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 15:02:10.02
バーミリオンは同盟がラインハルト個人を打倒するチャンスではあっても
帝国そのものに勝つチャンスにはならない
何故ならこの時点ではまだゴ朝体制だからな
帝国は長期の混乱状態に陥るかも知れんが同盟側もそれに乗じて攻め入るだけの力は既にない

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 19:52:28.29
>>296 甘いな 何で逃がすんだ
アレクという錦の御旗があれば帝国軍は集結して大反撃するだろう。
本当に帝国を滅ぼしたかったらアレクを抹殺しないと
ジオンのミネバ様以上の価値がアレクにはあるぞ

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 21:49:36.15
そう言えばラインハルトに反発した貴族って九族皆殺しとか
強制収容所とかに入れられたりとかされたのかね
そうなると何かあった時にいざ鎌倉って駆けつける人たちどれだけ居たのかな

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 21:55:31.41
金髪が門閥貴族を一掃したおかげで浮かび上がれた人たちとか

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 22:06:54.68
ラインハルトは解放者改革者として絶大な支持を受けていただろう
おまけに夭折したから民衆が幻想を抱きやすい。
帝国250億の民が騎士症候群で赤ん坊の救援に向かうよ。

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 22:21:17.63
そうなると軍閥とか愚連隊とかラインハルトの隠し子自称する奴とか
出て来ちゃって内乱起きる要素満載になってくるね

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 22:24:11.81
>>300
8巻で、マリーンドルフ伯が落ちぶれた貴族に対して、没収された資産の補償してる
財産の没収だけはやって後は生かしてたんじゃないの

強制収容所なんかいれなくても、この時点で浪費になれた貴族は餓死寸前だったw

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 23:18:14.72
>>300
作中の描写から、ローエングラム王朝は中央集権化を進めていたみたいだから、
いざ鎌倉という事態に貴族が駆けつけてくれる、ということ自体を否定していると
思われる。
権力基盤や軍事力は貴族に依存するのではなくて、中央政府がすべてを管轄するから、
貴族に非常時に駆けつけられるような権力や軍事力を持たせることを否定してるんじゃ
ないかな。

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/13(月) 23:40:10.02
>>300
リヒテンラーデの一族の男子は、10歳以上は死刑・9歳以下は流刑になつていなかった
気がする。

マリーンドルフ伯とか少数の例外を除き、没収された貴族の領地は
帝国直轄になっているんじゃないのかと思う。

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 00:19:30.22
貴族の私兵の代わりに各惑星の警備隊ができて彼らが助けに行くのかな
確かメックリンガーが10万隻ほどあると言っていたけど

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 00:42:20.48
江戸幕府が出来た時は伊達家や島津家など手に負えない勢力を残してたが、三すくみみたいな
状態で身動き取れないと、この作品の場合華がない。
貴族連合を追い詰める段で緩やかに手を結んだり、敵対する勢力とか出そうなもんだが

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 00:48:49.49
伊達家や島津家は地方の歴史ある独立勢力だけど帝国貴族は
ルドルフがでっち上げたものだよ  

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 00:52:56.34
>>307
誰から何を助けにいくの?

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 00:57:52.97
>>309
五百年もあれば充分だ

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 00:58:04.25
>>300 のいざ鎌倉と言う人たち

313 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/05/14(火) 01:51:48.45
勿論銀河英雄伝説は嬉しいよ。

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 02:00:29.21
>>286は続いているの?

ラインハルトが先に死ぬ
ヤンはまだ生きている
ヤンが帝國に侵攻
フェザーン陥落
アレクが都落ち

このifは継続中かな?それともアレクに忠誠心をもち必死に守る連中はいるのか、
あるいは忠誠心をもつ人々を生み出すことはできるかのネタになってきているんか?

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 03:21:00.90
>>314
終わってるでしょ。
そもそもヤンが生きてても帝国は落とせない。

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 05:15:05.11
>>314
さすがに、そこまで物語自体を改変しちゃうifは興味湧かない

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 08:53:06.07
>>314
上二つは前提として
・ヤンが帝国に侵攻しようと考える訳がない
・仮に思ったって長躯フェザーンを陥落させるだけの戦力も物資もない
だから発展するIFにはならんでしょ

>アレクに忠誠心をもち必死に守る連中はいるのか
七元帥以下帝国軍のほとんど全てが忠誠を誓っているから何の問題もない
と言うか、そうならないと思う理由があるなら知りたいくらいだ

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 10:34:47.29
>>305
つまり、アーヴ帝国ですね。

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 12:45:37.77
星界を読んでいて思い付いたんだが、イゼルローン要塞に戦艦をぶつける方法は効果あるのか?
銀伝作中でも巨大な氷を亜光速まで加速させて要塞にぶつけることをしていたが、
イゼルローン要塞には効果ないんかな

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 12:57:31.32
ない

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 13:15:23.35
>>319
第5次イゼルローン要塞攻略戦では、並行追撃+無人艦突入で、同盟軍は戦果を上げた。
「黄金の翼」で詳しく描かれているが、要塞駐留艦隊に密着することで要塞主砲を封じ、
無人戦艦を要塞に突入させることで要塞に大ダメージを与え、あわや陥落まで追い詰めた。
が、アヒャッた要塞司令官が味方の駐留艦隊ごと同盟艦隊を要塞主砲で吹っ飛ばしたため、
同盟軍の作戦は失敗に終わった。

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 13:22:25.19
だから、効果ないっていうたやん

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 13:33:04.86
ヤンが生きてたらどころかビュコックウランフボロディンアップルトンが生きてても帝国侵攻は無理だろう
同盟と帝国の戦争は攻める帝国受ける同盟の図式だから成立している
自分達のホームグラウンドで戦争して何とか互角な同盟が帝国深く攻め入ったらどうなるか
アムリッツァの再現になるだけ

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 13:34:24.87
効果はあったが成果にはつながらなかった、というべきかね。
ミュラーも無人巡航艦数隻を宇宙港(艦隊出入り口)に突っ込ませようとしたし、質量兵器としては割とポピュラーなのかしらん。

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 13:37:54.52
それなら遠隔操作可能な巡航艦サイズのミサイルでも作ればいいのにと思うが
コスト的に割に合わないのかね

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 13:38:25.80
シトレが元帥になるくらいだから効果はあったって言うべきでは?

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 14:06:25.66
>>325
巡航艦サイズのミサイルを作ることは十分に可能だろうけど、
問題はそれをどうやって要塞まで届かせるかだな。
そのミサイルを単にぶっ放しただけでは、途中で迎撃されるだけ。

そうならないよう、第5次イゼルローン要塞攻略戦では並行追撃で
要塞主砲(や他の要塞の兵器)を封じたのだし、ミュラーの場合は
要塞主砲の応酬に紛れて接近したわけで。

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 14:18:54.43
横須賀で米空母キティホーク見たことあるけど
とんでもない大きさだった訳だがこれの4〜5倍ある艦船が
この物語には出てくるんだろ?

いや〜 銀河英雄伝説って本当にいい小説ですね
それではまた来週お会いしましょう (水野晴郎)

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 14:27:32.06
何を話題にしているのか
少々、混乱気味

ヤン手法以外の攻略方法と
アムリッツァ失敗でも名将提督等は存命で
もし帝国再侵攻したらifのネタかな?

なんにしろラインハルトに武勲をあげさせず、
軍部を支配させてはいかん
まあ宇宙艦隊司令にさせても、せめて宰相、皇帝後見人にさせてはならんな

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 14:35:11.11
エンタープライズでも
ミッドウェーでも
インディペンデンスでも
キティホークでも
ジョージワシントンでも
いいが
これにイージスクルーザーとデストロイヤー、水中に攻撃原潜が
随行する空母艦隊群の攻略方法でも考えてみれば?

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 14:47:19.88
レーザー水爆で外壁に穴を開けれるんだろ?
別に質量兵器である必要ないんだよなぁ。
水爆以上の威力を得るためにはどれだけの質量と速度が必要なんだろう?

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 14:51:52.73
帝国再侵攻はほぼ満場一致で不可能という結論だろう
出来ると思うのはフォーク並の低能だ

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 14:57:41.62
>>286 >>293

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 15:30:36.42
どゆこと?アレク帝打倒ifを継続?
なら誘拐すればいい
失敗したら
残存地球教徒に新宮廷ごと自爆核テロさせればいい
失敗したら
直径100kmくらいの小惑星をフェザーン周回軌道に送り込めばいい
1日1個ずつ半年くらい継続的に

ところで大気圏内でワープ機関を暴走させたらどうなるんかな

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 16:55:45.71
もう読んで久しいんだけど
皇帝陛下ばんざ〜い や
ローエングラム様万歳 して
戦死した帝国兵はいたっけ?

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 17:09:08.28
>>333-334
もはや意味不明。
アレクを誘拐?秘密の地下道もないのにどうやって?
自爆核テロ?核兵器なんてどうやって作ってどうやって持ち込むの?
小惑星を1日1個ずつ?それこそ、どうやってwてゆーか、後ほど難易度高いぞw

まさに、言うは易しだなw

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 18:04:18.00
充分、理解してるように読めるが
意味不明なら難易度がわかるはずもなし
文脈破綻

338 :勿論宇宙戦艦ヤマト2199は大嫌いだよ:2013/05/14(火) 18:06:22.26
勿論宇宙戦艦ヤマト2199は大嫌いだよ

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 18:13:11.18
>>334
の無茶ぶりには感服する
>>336
の難易度が高い作戦から始めたいという性格にも感服した

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 19:18:27.22
>>337
俺の理解は正しかったか、良かったわ。
あんまりにも無茶苦茶なことが書いてあるんで、
俺が意味を正しく理解できてないのかと心配だったんだ。

>>339
うーん、俺の感覚が間違っているのだろうか。
失敗した場合の予備の作戦が本命の作戦より難易度が高い
(それだけ効果も大きい)のはどうかと思ったんだが。
普通、効果が大きい(難易度が高い)作戦から始めて
失敗したら順に次善の(効果が小さい・難易度が低い)
作戦を試みていかね?

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 20:17:19.57
外伝開始時ですら同盟に帝国に侵攻する力はない

仮にイゼルローン要塞がなくてもおなじこと
同盟と帝国は互角な勢力じゃない

人口比がそのまま国力比にでてるレベル
フェザーンの解説ははなから間違っていたに違いない

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 20:26:29.14
ガイエスブルグをイゼルローンにワープさせる作戦のとき、
なんでラインハルトはもっと作戦を練らなかったのかな。
大要塞と大要塞を戦わせるなんて帝国始まって以来最大の作戦だろうに、下っ端に任せた
まま放っとくとかラインハルトにしては能天気すぎる気がする。
体当たりさせて両方破壊しても構わないんなら、いっそガイエスブルグを回廊の同盟側に
ワープさせてイゼルローンを孤立させて、帝国側の艦隊と挟み撃ちにしたほうが
まだ損失少なく勝てる見込みがあったんじゃないだろうか。

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 20:43:22.65
いや、ガイエスブルク作戦自体が
帝国始まって以来最大の作戦であるラグナロク作戦のテストだから

あれで同盟側の対応能力や帝国の将帥たちの力量や、なにより
キルヒアイス亡き後のラインハルトが自分で出陣しなくても同盟は攻略可能かという
見極めのための実験だったという

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 20:48:22.94
将兵の代わりはいっぱい居るしな

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 21:39:52.92
アレク帝誘拐も核テロもジャイアントインパクトも
困難ではないぞ

帝国人はお人好しなもんでな
「フェリックス君が遊ぼとお呼びなっております」
とか
「大皇妃様が交通事故で病院に」
とかでひょいひょい出掛けちゃうから誘拐は容易い

核は宇宙に放流中の機雷やら何やら腐るほどある
ユリアン・ヤン側も核放棄してない

隕石衝突も適当に廃艦したエンジンを適当につけて適当に飛ばせばええ

ただ一体何のために実行するかは別問題

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 21:54:22.63
>>342
ガイエスブルグ作戦はラインハルトが立案した訳じゃなくて、「こんなすごい技術発明したったから
やらせて!」という熱烈要請があって、「しょうがねーなー」と了承しただけだから、ラインハルトは
そんなに興味なかったんだろ。
まさかほぼ全滅するまで頑張るとは思ってなかったんだろうな。


>いっそガイエスブルグを回廊の同盟側にワープさせてイゼルローンを孤立させて

それが可能なら、イゼルローンなんて無視できるわけだから、存在意義自体がなくなるよ。
わざわざフェザーン攻略せずに、イゼルローンをワープで通り抜ければいい。

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 21:58:02.29
そうだな
いくらラインハルトの子供とはいえ小生意気ないけ好かねーガキだなって
思う元帥閣下も出てくると思うと
ましてや大皇妃様にいい感情持っていなかった元帥閣下もいたから
とりあえずケスラー憲兵総監(元帥)殿に頑張ってもらうか

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 22:10:07.65
>>345  素朴な質問だけど、「大皇妃」て何? もしかして皇太后のこと?

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 22:17:04.39
それともグリューネワルト大公妃?

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 22:36:54.96
>>347
安心しろ、命に代えてもビッテンが守ってくれるから

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/14(火) 23:00:57.26
>341
人口、国力、軍事力、提督の質
全部負けてるな

同盟の提督でラインハルト旗下の上級大将以上の提督に勝てそうなのって
ヤンとビュコックくらいしかいないよな、メルカッツを入れても3人

ウランフやボロディン、アップルトンは
席次が下の連中はともかく七元帥クラスには勝てなさそう
状況が不利だったとは言えビッテンフェルトに負けるようでは他には勝てん

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 10:10:02.89
>>351
他の3つはともかく、提督の質はどうなんだ?
有能であってもケスラーみたいに辺境に飛ばされたり、
ミッターマイヤーみたいに謀殺されたりしてたぞ。
ラインハルト・キルヒアイスも、
アンネローゼのコネがあったから出世できる地位に居たが、
何度か謀殺されそうになってるしな

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 11:34:52.68
ラインハルトが元帥府でまともに人材登用し始めたあたりで
すでに同盟の誇る提督の質でも負け始めた
士官学校の戦史学科を廃止したあたりでルドルフと同じ轍を踏み始めている

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 12:00:14.18
>>352
現実にラインハルトは無事頂点まで登り詰めてケスラーもミッターマイヤーも傘下に収まった

だいたい、彼らが台頭してくる以前の帝国と同等の戦いをしてた時点で
同盟の主だった提督の能力はわかろうってものだ

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 12:00:42.69
戦史学科いるか〜?
ヤンの反戦主義つうか直接戦闘につなげないための
居場所のこじつけだよ
戦史学や戦争史概論やミクロ、マクロ、ゼミはあってもいいが
専門課程で戦史学科いらないよ
法学部に法律史学科
文学部に文学史学科
理工学部に理数工学史学科なんてないぞよ

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 12:25:28.93
社会環境だろうな
政治体制というか組織体系というか
ミッタマ、ロイエ、その他が同盟に生まれたとして
実力や能力を発揮できる機会は限られて
烏合に埋まってたやかもしれんし
同盟側のたいしたことない司令官が帝国側だったら
とてつもなく強かったかもな

やはり、これは運だわ

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 16:05:22.43
皮肉にも帝国にいる時は見せ場が無かったメルカッツがヤンの下では大活躍だった

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 16:24:58.50
メルカッツは帝国にいた時から名将だったろ
だからヤンも名前を聞いただけで尊敬して優遇した

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 16:26:48.83
同意するなぁ
見せ場はなかったが禿が書かなかっただけし
黄金樹帝政下で上級大将まで昇進してるし
バックグラウンドを想像したら、将官インフレのローエングラム軍団より
むしろ能力あるいは世渡りは上でしょ

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 16:37:54.19
メルカッツは貴族だからゴ朝で出世できるのは当たり前なんだけどね
ミッター、ケスラーあたりの平民出は同盟にいた方が出世してたんじゃね
ラインハルトが救いあげなきゃ埋もれてたか殺されてたし

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 16:56:34.15
ミッタマとデスラーはこれ以上どうやって出世するん?
第一次席皇帝とか?

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 18:13:57.86
貴族は出世するのが当たり前
という意見は同意できないなぁ
平民よりも金なし貧乏貴族がなぜ存在するの?
爵位持ちはともかく、一体人口の何割が貴族?

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 18:14:07.57
>354、前線に出てくるのはある一定以上の能力を持ってるかと。あまりにルーピーだといないほうがマシ。
本当のルーピーは国内の警備艦隊あたりに置いていると思われ

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 18:57:39.38
>>362
浪費して没落
ロイエンの母親の生家がそうだった筈

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 19:06:28.14
ドイツ式だとどんどんVON付が増えるw

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 19:08:27.06
>>361
>デスラー
ヤマトスレかと思ったじゃねーかw

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 19:10:04.86
出世と浪費と貧乏は関連性ないでしょ
貴族が出世するのが当たり前論が議題なんだよ
フォンでもサーでも爵でもいいけど
とにかく貴族は出世するって意見は
なんか首かしげるんだよね

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 19:14:49.03
>>367
平民とは立ち位置全然違うだろ
別に能力否定されてるわけじゃないんだからメルカッツヲタは鼻息荒くするなよ

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 19:19:26.11
メルカッツヲタってなんだ?
平民と貴族の立ち位置の意味をすこし解説して

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 21:03:28.83
自分の不得意分野はいい加減にしたまま放置し得意分野に徹底的に傾注し最終的に
議論の尽きない作品に仕上げる作者を最近、作家の鑑と思うようになった。

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 21:16:57.82
貴族…
偉大なるルドルフによって定められた特権階級。何かにつけて優遇される。たとえ名ばかりの貧乏貴族でも。
軍での出世はもちろん、本来は公平であるべき警察や裁判でさえ、貴族対平民になると貴族に有利な結果となる。

平民…
被差別階級。貴族から何をされても文句を言えない。有能でもなかなか出世できない。
軍で出世するなら、ミッタマのように本人が超絶レベルで有能+貴族のロイエンと親友、くらいの条件が必要。

そんな感じじゃないのか。
元々有能だったメルカッツは良いとして、フレーゲルでさえ小艦隊の司令官閣下だぞ。

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 21:20:15.71
>>370
> 自分の不得意分野はいい加減にしたまま放置し得意分野に徹底的に傾注し最終的に

このツイートを思い出した。

> もし宇宙戦艦ヤマトを谷甲州氏が描いたら、ガミ
> ラス側は14万光年強の長大な兵站線を確保する
> 現場の奮闘が、地球側は地下都市建設の土木
> スタッフの地味な創意工夫がこれでもかというぐ
> らい描かれそう。で、肝心の戦闘は「どうやら主
> 力艦隊同士の交戦があったらしい」の1行で済ま
> される
https://twitter.com/ryoko174/status/320811358075621376

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 21:38:43.60
>>371
式典に軍服を着て出席するための儀礼階級だろう。
箔付けの為に遠征軍の司令部に加わったりすることはあっても実戦部隊の指揮官なんてやらんだろう。
「軍務省高等参事官(ブラウンシュヴァイク元帥)代理」みたいな肩書だろう。

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 21:38:45.76
食客三千人とか言うじゃん

帝國貴族はお金が掛かるんでしょうな

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 21:58:02.13
自分で確認すればいいんだけど、質問させてください
農奴階級に徴兵ありましたっけ?

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 22:04:06.29
>>371
>元々有能だったメルカッツは良いとして、フレーゲルでさえ小艦隊の司令官閣下だぞ。
いや、フレーゲルは門閥貴族の一員だからでは?
ブラウンシュバイク公も戦闘経験なんて大してなさそうだけど、予備役の元帥だしw

門閥貴族としての権勢で階級を得られるのか、それとも、私兵を指揮する都合上から
階級が与えられるのか、知らないけど。

貴方のレスの、「貴族」を「門閥貴族」に、「平民」を「下級貴族・平民」に置き換えれば、同意。

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 22:07:35.28
>>361
お前のせいで、下品な冗談を言う部下をポチるケスラー総統が頭から離れねえじゃねえか

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 22:13:44.00
>>377
ケスラー総統「帝国に下品な男は不要だ」

アニメ版で脳内再生したら、痺れた。なにせシャアの声だからなw

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/15(水) 22:31:09.45
デスラーしょぼい

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 00:13:14.57
「フッフッフ…同盟の諸君」とか、ヤンに向かって言っちゃうのか。

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 00:15:33.84
その場合ヤンの横に寄り添ってるのがリューネブルクの奥さんになるのか

あまりアニメネタを続けるのもあれだが

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 00:26:48.66
ラインハルト旗下に入る前でもケスラーは大佐だしミッターマイヤーは少将だ
平民は出世できないと言われてもなあ

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 01:19:17.19
ゴ朝の平民出身者で最高位にいるのって誰だろ

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 01:25:58.79
ミッタマ

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 01:27:25.31
>>382
出世できないとは言ってない。
ケスラーは辺境に飛ばされたし、
ミッターは謀殺されかけた、と言った。
あと、ラインハルトとキルヒアイスが何度か謀殺されかかったことも

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 01:43:48.61
>>385
謀殺なら、貴族も例外じゃない。
門閥貴族のブラウンシュヴァイク公さえクロプシュトック侯に爆弾テロで狙われた。
門閥貴族どころか、皇族さえも謀殺の対象にされている。

この点では貴族と平民になんら違いは無い。

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 01:54:58.32
杖の爆発力にしろ、指輪ビームにしろ
なぜに軍事転用しないのかね
白兵戦闘要員にメリケンサック銃を標準装備させるとか

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 02:51:42.31
>>386
ブラウンシュヴァイク公が、クロプシュトック侯討伐の司令官になった時の大義名分は、
身内が殺されたことの復讐だ。
ミッターを拷問してた看守は、報復される恐れを全く感じてなかった。

門閥貴族と平民では、報復される危険があるかないかが違う。

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 05:52:54.54
>>383
キルヒアイス

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 07:55:20.37
>>387
白兵戦やるときはゼッフル粒子をまかれてるから、銃は使えない。
だから斧とかつかって戦ってる。

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 10:19:28.25
>>388
報復される危険の有無に違いはあっても、
謀殺できるという点で門閥貴族と平民に違いはないだろ。
従って、出世のし易さにおいて謀殺云々は無関係。

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 12:07:08.70
>>388
奴は貴族も拷問してた

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 13:42:05.34
門閥貴族だって本当に好き勝手出来る訳じゃないだろ
じゃなきゃミッターマイヤーは獄中死していたよ
ロイエンタールの工作のおかげではあるが違う見方をすれば内々で済ませてもみ消せないのなら
いかに門閥貴族でも殺人は歴然とした罪になるって事だ
そもそも「謀殺」されそうになっていること自体、貴族の権力が無限ではない証明だ

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 14:33:29.94
有能な平民は取り込むってのも可能だぞ。カエル食いの法服貴族じゃねえが。戦場で暴れまわれば帝国騎士にしちまうって手もあるだろうし

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 14:49:45.88
>394
それ書こうかなって俺も思ってた
別作のクバードさんみたいな手だよな

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 20:20:13.46
クバードなつかしす

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 21:10:51.73
>>394
アッシュビーのせいもあったりでゴ朝下でも平民が徐々に出世していたようだし
金髪がいなければ誰かが貴族制度改革をやってゴ朝存続とかあったかね

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 22:02:59.22
>>375
徴兵制度については書かれてなかったような・・・
でも徴兵されても5万隻の内3万隻が撃沈され兵員130万2134名が
犠牲になったとか情報入ってきたら帝都なり地方都市の治安維持隊か
軍需工場にでも配属してくださいって僕なら言っちゃいそう(^ε^)-☆キャピ

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 23:02:06.33
>>397
ゴールデンバウム王朝が滅びるのは歴史の必然であるように思う。

自由惑星同盟が力をつけていけば、貴族の士官に頼る銀河帝国軍も
いずれは大敗する時がくる。たとえ、アッシュビーが存在しなくても。
そうなれば平民や下級貴族から士官を採用せざるを得なくなり、
いずれは彼らが貴族や皇帝を打倒する時がくる。たとえ、金髪が居なくても。

±200年の誤差で、ゴールデンバウム王朝は滅びる運命だった気がする。

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 23:22:41.20
ゴールデンバウム王朝が滅びるのはいいけど、その後いくつもの国家に
分裂してグタグタの戦乱となるのが最悪だろうな。
結果として華麗に滅びたわけだが

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 23:49:26.04
>>399
そういや本編の時点で概ねゴ朝は500年程度続いているわけだが
200年前はちょうど帝国史上最悪の時代だったんだよな。
あそこで高位争いの内乱とかで帝国崩壊となったら同盟の天下だったか

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/16(木) 23:56:08.43
平民が力をつける前に有力貴族が乗っ取るだろ
ゴールデンバウム王朝がブラウンシュバイク王朝になるだけ
その混乱に乗じて平民から武士みたいなのが出てくるかもしれんが
新旧勢力の相克、中央辺境で分裂してグダグダに

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 02:34:03.81
大混乱になる直前にフェザーンが財力にものを言わせて絡んできて
まさかの大銀河地球教帝国誕生とか。

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 06:45:50.63
逆に元帥量産帝の遠征時に宮廷クーデターがなければ同盟は滅んでいたのかね
この人、典型的な「前任が凄すぎたせいで過小評価されてる人」だと思う
政治家としても軍人としても一流以上の成果をあげてる点では前任者以上な気もするが

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 09:58:40.62
本をペラペラ流し読みしたんだけど
皇帝陛下ばんざーい
ローエングラム様万歳して
兵士、軍人が戦死するセリフが見つかんない
読み飛ばしたかもしれないから
確認したんだけど一行も書かれてないでFA?

そうすると帝国軍人は口先だけで本当は
ラインハルトに対しての忠誠心ってないのかな?

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 10:52:44.62
ロ帝に対しては民衆は英雄として崇めている段階で
絶対的信頼や忠誠、臣民といった心理面は支配できてないね。
それは事実、アレク以降の仕事だねそれは。
50年くらいはかかるんでないかな
失敗したら、また争乱、紛争、利権争い、門閥貴族再興
ってことだ

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 10:55:04.89
ラインハルトが皇帝万歳なんて発言を好いてないからな
皇帝万歳と叫ぶことを強要した奴を処罰しろと言ったくらいだし

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 11:15:51.98
万歳発言禁止勅令でも、あれば別だが500年も続いた帝政下で
いきなり皇帝を崇め奉るななんてできないでしょ

ブリュンヒルトで凱旋して下艦した際、兵士を集めさせて
ジークカイザー!
カイザーラインハルト!
って叫ばせてたが
あれはそれ以降、禁止したんかな

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 12:00:37.80
死を覚悟して特攻する時に一種の景気づけとしての「皇帝万歳」はわかるが
致命傷負って自分が死ぬ間際に「皇帝万歳」と叫ぶ奴なんてほとんどいないだろ
忠誠心の問題ではない

もしミッターマイヤーが致命傷負ったら最後に呼ぶのは嫁さんの名前だと思うけど
だから彼の忠誠心は口だけとはならんでしょ

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 12:14:41.91
戦死はともかく、戦闘中には帝国軍の「ジークカイザー」と同盟軍の「くたばれカイザー」が
無線で飛び交ってたはずだが。

あと、自分の命も顧みずに「皇帝万歳」を叫んで決死の行動に出るというシーンはいくつもある。
印象的なものだとロイエンタールの叛乱のとき、賞金目当てにラインハルトを殺そうとしたけど
思いとどまって仲間を射殺したマインホフとか。

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 13:00:00.20
>>408
あれ兵士が自発的にやってたんだけど

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 13:04:06.21
でもラインハルトって、ルドルフみたいな崇拝は拒否してたけど、不敬罪は残してるんだろ?
不敬罪を廃止せず、カイザー批判も出来るようにしてないんだから、上辺だけ

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 13:47:34.06
ラインハルトは分不相応な権力が嫌いなだけで、力自体は信じているんだがww
自ら掴みとった権力に疑問はないだろww

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 14:19:01.91
>>412
不敬罪の存在自体を忘れてただけで、意図的に残したわけではないだろ。

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 14:25:07.72
ならすぐ思い出せ。周りの人間も進言しろ
知らない末端の警察は不敬罪で摘発逮捕しちゃうじゃねぇかよ

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 14:35:05.82
>>415
思い出さなかったのは、ラインハルトが即位して以降、不敬罪の適用ケースが無かったからだろ。
ヴェスターラントの生き残りがラインハルトを暗殺しようとする事件があったので初めて、
ローエングラム朝に不敬罪の法が無く、ゴールデンバウム王朝のそれを流用するしかないとなり、
不敬罪の存在を思い出すに至ったわけで。

お前は曲解が酷過ぎ。本編を一通り読み直してこい。

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 14:43:09.17
大規模な法改正を行ったわけじゃないしな

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 15:06:16.25
ゴ王朝で不敬罪がある中で生きてきてて、知らないってそんな馬鹿な・・・・

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 15:12:13.05
>>418
日本語が読めないのか?
知らなかったのは、ローエングラム朝で不敬罪の扱いが決まってなかったこと。
ゴールデンバウム王朝の不敬罪なら知っているだろ。

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 15:19:27.11
ロ王朝はロ王朝で決めなきゃ、ゴ王朝の法律に則る事にするなら
早々にどうするか決めておかないとダメだろ、意図的に残したも同然

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 15:24:13.68
ラングの家族は国事犯の家族になったけど
ゴ王朝と違い、国事犯の家族でも罪科が及ばないように、ロ王朝ではなってる
積極的に変える気もなかったんでしょ

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 15:27:31.30
皇帝になったのに政治や法律にはほぼ厨房レベル
不文律法なんだから皇帝の公務の場の一言ですむだけ
戦争キチガイは即位時に完全引退しないとイカン
早死にしてよかったよホント

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 15:29:39.78
あれはヴェスターラントので、キルヒアイスに関わるもんだから
法ではどうなってんだ?なんて間抜けにも、ラインハルトが尋ねてしまっただけだと思う

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 15:42:02.45
ラインハルトのアンチが1人いるみたいだな。
もっとも、読解力の無さを露呈して墓穴を掘り続けるだけとなっているがw

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 16:13:47.79
ラインハルトは権力握ったら、刑法やら自分の変えたいものは変えてる

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 16:16:57.81
このスレって「死んでよかった」とか直接の酷評は少ないだろうが
ラインハルト好き、萌えは少ないよ
いっつも常にラインハルトの身勝手、ワガママ、御都合主義、シスコンは批判されてるべさ
スレに居て気づかないのか?

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 16:27:33.83
金髪の孺子は金髪の孺子らしく

というか絶対的な善人であるキルヒアイスとアンネローゼが身内にいるから
ラインハルトがDQNじゃないと話が進まない

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 16:55:51.29
おまえら余の悪口を喋るなよ 余のほうが赤面するからな

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 17:03:18.92
申し訳ございません
エルウィン・ヨーゼフ陛下
このランズベルク・アルフレッド
2度と陛下の悪口申しません
金髪の小僧を叩きますのでお許しを

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 17:32:35.66
>>426
このスレにラインハルト嫌いは多そうだが、
今朝から時々書き込まれている文盲全開なレスは1人だろうなw

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 18:05:20.98
でも文盲全閉するには
やはり自己啓発セミナーに参加しようよ
来ないか?地域どこ?

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 18:45:17.03
>>416
いや、その前の7巻で暗殺未遂事件があって、それがはじめてじゃないんだけどな
その時はビッテンが自殺したけど罰するよう進言してるけど、しなくていい言ってる
キュンメル事件の際、ミッターが一族罪に服するのは前王朝で終わった、とかも言ってる
こう色々あるのに、どう裁かれるのか?なんて、法を決めてるラインハルトが尋ねるのがおかしい

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 18:48:47.66
ラインハルトの意志はあらゆる法を超越するというだけであって
ラインハルトが法を決めているわけじゃないぞ

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 18:54:56.55
ん?>>421とか、ラインハルトが連座はやめたいて意志があって、やめさせたりして
法をいじくってんだろ、リップ戦後も色々大改革やったし

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 19:49:20.43
>絶対的な善人であるキルヒアイスとアンネローゼ

本質的に利己主義のたまの偽善を善人…?

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 19:55:43.34
>>433
皇帝が法を決めないで
誰が決めんの?
草案は誰でもいいが
皇帝の知らないところで法が施行、執行されてたら
国全体がお粥脳だぞ

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 20:14:11.40
ラインハルトは、雌伏編で公正な民法と刑法を制定したとあるけど
事前にリヒターとブラッケを指導者とする開明派が草案を作って
それを承認したとかじゃないかな

いくらなんでも一人では無理だろう

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 20:27:26.04
>437
それが一般的な解釈
なんか変な人もいるみたいだけど

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 20:31:04.02
銀英のロ朝帝国は中華帝国と帝政ロシアを足して割って幾らか引いたような専制国家なんで
皇帝は法なんて碌に知らんし国の法実行は官僚の権益采配が普通
粥で当然ですが

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 20:37:09.16
中国も露帝も知らんが
皇帝や国家主席が目も通さないの?
署名もしないの?
皇帝が作成しろなんて誰も言うとらんが

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 20:37:31.21
>>437
だから公平なのやりたいってラインハルトが決めたから
ブラッケらの出番になったわけでしょ
何も細かい事は専門家の出番だけど
ラインハルトの指示があって、動き出した事でしょ
そして最終的にはラインハルトが判断して決めた

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 21:09:01.89
ゴ朝の慣習を受け継いだロ朝だから
辺境の収容所に流刑になった政治犯は代々流刑だよね
リヒテンやの女子供は断種されないのかな
代々子供がいたら反政府勢力増えちゃうんじゃないの

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 21:14:04.43
・・・・・・不毛の流刑星に送られて消息を絶った者が多数いるそうだ。

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 21:20:18.13
旧帝国領土内の辺境不毛惑星より旧同盟のどこかに
財布からっけつで移民させたらどうかな
特別な制約、束縛なしで

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 21:21:55.74
よく元ネタ解説でみる
「わが征は星の大海」って映画のやつでも間違ってないけど大元は銀河英雄伝説外伝一巻の最終章だよね?

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 21:24:28.10
ああ流刑は建前で事実上の一族皆殺しが決まってたってこと?
その場合女子供助命は宣伝だった訳だ
もちろん命令したのはラインハルトだよね
義眼が勝手にやったらそれこそ越権問題だし

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 21:29:45.59
あの義眼は勝手にやる。アレは言うまでもなくルビンスキーも内緒だし

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 21:31:07.75
ガキが成長して暗殺したければ勝手にやっていい
というのは
アレクに対しても適用されるんだよね
まあ、やるだろうけど
忠臣蔵みたいな外伝書けばいいのに

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 21:38:19.68
エルフリーデが生きていたから即時の抹殺は無いな
妊娠もできたから断種後流刑ではないようだけど
断種もせず暗殺じゃなくていずれ徒党を組んで反ロ朝反乱を起こす可能性も考えないって
権謀術数に長けた設定の性格付けからは展開として不自然じゃね?

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 21:44:35.33
リヒテンラーデ公爵の一族の男子が成長して反乱を起こすの?
その前に、権力も武力も富も無い彼らが平民や解放農奴達から復讐されなきゃいいけど

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 21:44:47.32
>>440
今回北朝鮮訪問してる飯島さんビクビクしてるんだって
こっちから通訳連れて行かなかったからあっちの通訳が
滅茶苦茶言ってるんじゃないかって

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 21:52:25.71
収容所を解放農奴や反貴族主義者を選んでそうなる可能性が高いと知ってて管理させたなら
管理と反逆阻止にかこつけた暗殺虐殺は十分あるね
だったら最初からそれを狙ってやってる訳で
結局は助命は最初からプロパガンダ利用の手段と同じに行き着くな

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 21:53:09.34
ビクビクなう
とついついツィートしてんのかね
今時、翻訳機があるさね
そんで何しに行ったかだが
総連本部ビル取り戻しと保証金5億円返せ返さない
の相談だから、どうでもいいじゃん

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 21:59:52.65
北朝鮮こそまさに銀河英雄伝説ごっこをしている国なのだ!ニダ

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 22:10:52.65
ロ朝初期は設定では国民に人気高かった事になってるけど
反体制が全くのゼロだったって事はないと思うんだが
本当に完全にひとつも無かったことになってるの?暗殺や反逆罪への法の適応

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 22:15:09.82
金髪を暗殺しようとした人もいたし

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 22:20:47.65
>>456
その暗殺者までは無かったのかって言ってるんだが
現にラインハルトは適用ケースを知らなかったよね
門閥貴族を倒して以来帝国全土で400億人中完全皆無だったのか

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 22:22:24.92
ラングの罪名は反逆罪だったかな?

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 22:30:17.66
新王朝樹立早々にキュンメル男爵に殺されようとしてたじゃん・・・・

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 22:50:59.93
信念なき暗殺だから失敗
ゼッフルなんざなぁ
やはり指輪ビームを多用せんとな
作者には本気でキュンメルに暗殺させる気がないんだから
失敗するに決まってるよな

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 23:02:21.85
ロイエだって勝たせる気持ちなかっんだよね?
作者には……
勝てるはずもないわ
ならば戦わなきゃいいのになw

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 23:09:23.86
>>459
奴は逮捕される前に死んだので不問になった

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 23:11:52.48
皇帝暗殺未遂は旧法だから減刑しろって言ってるのが一人いるようだけど
普通に殺人未遂や内乱罪などの罪に問われる凶悪犯だってことを忘れちゃいけない
要人暗殺って、殺人罪だけでなく、要人を暗殺したことによる弊害(暗殺した側が得る利益)も考えて罪に問われるからね

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 23:23:56.71
>>463
ていうか皇帝暗殺の話なっちゃってるけど、それは大逆罪で、不敬罪とはまた別ものじゃないの?
批判されるのはやっぱ嫌なんだねーって思った

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/17(金) 23:57:53.20
不敬罪は、一応専制君主国家としては、無くしちゃうと制度そのものを揺るがす事態になるから簡単には外せないよ
民主国家で人民主権をなくすようなものだから

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 00:20:13.82
不敬罪・・・かぁ
名称など問題ではない中身、条文が肝心
不文律(不文法、慣習法)ではいただけないな

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 03:16:19.98
>>464
だよなあw
>>412がなぜか「不敬罪」とか口走ったんでそのままになっていたけど、
皇帝弑逆未遂なら大逆罪だよな。

物語中でラインハルトに対する不敬罪が適用されたケースなんてあったっけ?
もしかすると、>>412はありもしない場面を妄想して、それを叩いているだけでは?

>>457
キュンメル男爵は勿論、地球教はラインハルト暗殺の機会を狙ってたんじゃね?
ただ、地球教徒は狂信者だから死刑にするのに何の躊躇も必要としなかったが、
ヴェスターラントの犠牲者の遺族のときに初めて、ローエングラム王朝の法が
皇帝弑逆の罪に関してまだ制定されていなかったという問題が表面化したわけで。

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 04:07:14.93
>>467
>もしかすると、>>412はありもしない場面を妄想して、それを叩いているだけでは?

「不敬罪は廃止した」ってはっきり明言されてないと気に入らないんだろ

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 06:06:46.08
>>441
ブラッケらにしても、当時のゴ王朝体制・法制をより共和的に……というだけで、根本から変えた
わけじゃないしな。あくまでもゴ王朝体制前提の話。

そもそも、その時にしても、後の「等身大以上の像作るな」みたいな過度の信奉化を規制など、
特に自身に関する話にはかなり場当たり的な、パッチ当て程度の法改正しかしてない―権力、
体制維持の意欲はけっこう低いんだよな。
改革、覇権を正当化する理論の根源がルドルフやその体制へのアンチテーゼしかなく、自身
の理想・理念持たない「壊し屋」だから、ラインハルト(理想・理念はあったが、意欲がない&方
法が最悪ってヤンと真逆だなw)。

もっとも自身が不敬罪の極みみたいなマネして、大逆もやる気満々て自覚のあったのに、他人
にはそれを強いることに正面から向き直れるほど恥知らずでもなかったというか、神経太くな
かったというだけだろうなw よく言えばピュア()なんだが、本質的ところで大人、権力者としての
資質を欠いている。
早死にしたから、ロ王朝成立後も旧法引き継いだまま放置していたなんて程度で済んだが、
長生きしてたら覇権の後始末の泥縄的改革に追われて、グダグダになっていたかもね。
そう思うと、全部押し付けられて「育てた」とまで言われたヒルダは、ものすごい内政家だったと……。

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 08:30:32.59
>>469
在位期間がわずか二年でそのうち結構な期間戦争状態だったんじゃ
そら改革も中途半端になって当然じゃね。

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 08:53:59.39
>>470
いろいろ事情はあったとは言え、自らラグナロク率いたり、ヤンに対して「戦って勝つ」ことに執
着したり、性質として闘争を必要としていた的指摘は多々あったろ。
避けられる―少なくとも自分でやるこたなかった戦争に突っ込んで内政ほっぽり出していたと
いう面は否定できないと思うが。戦争状態で中途半端になった―は、ラインハルト自身のせい。

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 09:25:03.18
>>471
なんで「―」の使い方がおかしいのに、かたくなに使い続けてるのかが不思議

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 09:51:00.32
ラインハルトの行動原理は「宇宙を手に入れる」であって、社会の改革者を目指してたわけじゃないから
細かい法改正に積極的でなくても、そんなもんじゃない?
むしろ、それは改革派官僚の仕事であって。
ラインハルトとしては手段が目的になっちゃってたわけで、ローエングラム王朝が成立した時点で目的を
達成しちゃったのよ。
で、目的が達成されて行動原理が消滅しちゃったけど、そう簡単に今までの方向性は変えられないから、
その代替として同盟討伐とかの「敵を打ちのめす」という行為に走った、あるいは「まだ手に入れてない宇宙」を
作り出した、と。

手に入れた権力をどう使うかって事にはそれほど興味なかったみたいだから、改革に対しても同じでしょ。
だからロイエンタールに対して「実力がある奴がのし上がればいい」発言とか、アレクに対して(?)「もしアレクが
皇帝の器じゃなければ後を継がせる必要はない」とか、権力の維持や継承について淡泊すぎる発言が
あったわけだし。

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 10:39:09.13
>>467
自分が変更しない限りゴ王朝のを引き継ぐのがロ王朝の方針だから
大逆罪でもそんな調子だから、不敬罪も大して変更もなされずそのままでしょ

ゴ王朝では外伝で、ケスラーが憲兵で不敬犯した母親の事件担当してたけど

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 10:50:56.02
>>412
オーベルもブラッケも批判していたのに何言ってんだコレ

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 11:02:09.88
>>475
あんたこそ何言ってんの・・・・・
身近な人はそりゃ諌める所は諌めるでしょ
そういう人間をあえて採用したのもラインハルトだし
臣民に皇帝を侮辱するような真似したら罰するのと、訳が違うでしょ

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 11:53:24.23
批判と不敬の区別もつかないのがいるのか……

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 11:56:27.63
>>472
471じゃないがキミの日本語も変w

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 13:10:47.58
>>477
批判も不敬の対象だよ
ミッターの部下が、カイザーの戦争狂いにケチつけたから
ミッターが殴って大事にならないようにしてた
ほっといたら不敬の大罪で処罰されたかもしれないってあるし

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 13:29:45.69
かもしれないが確定を意味するとはな……
いつの間に辞書の内容が変わったんだ?

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 13:49:51.76
え、でも不敬罪あるのは、大っぴらに皇帝・帝室にケチつけさせない為でもあるんでないの?
タイとか立憲君主でもまで不敬罪あるから、日本みたいに自由に言えないよな

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 14:38:49.28
>>479
そりゃあ不敬罪以前に軍として問題だわ。
軍人の政治批判はタブーってのは体制に関係ないし、まして軍事政権じゃあ最高司令官の批判
はいろんな意味でアウトだわ。
ほっとくと下への示しがつかなくなり、マジモンの不敬やらかすヤツが出てきた時にまとめて処罰
せざる得なくなる。

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 15:22:42.25
ネトウヨみたいなゴミに
言いがかりつけられないようにしたんじゃね

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 16:03:44.51
不敬罪というのは、まあ恣意的に活用されるからなあ

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 18:24:52.65
裁判制度、司法制度、法執行制度がしっかり確立している社会なら
不敬も大逆も必要ないはずなんだよ
それはその手の犯罪に重罰を科すか微罪ですますか
無罪にするか
司法が決めればよいのだから
それができないから特別な人物を対象にした罪状を
規定しないと治安が維持できないとアピールしているようなもの

皇帝を批判してはだめ
帝国打倒チラシをばら蒔いてはだめ
国家、皇帝に批判的な報道は摘発
のような罪をつくる必要はない
今後、臣民に基本権を付与するときの弊害になる
皇帝陛下様に公然と死ね、バカヤロー発言とかビラ配布を
規制するのは世間、社会の意識感覚で形成すべきでは?
皇帝や国家政府が大多数の臣民に支持、尊敬されていれば
不敬、大逆を立法する必要はないんだから。
普通刑事罰で刑を科せばいいと考える。

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 18:40:57.97
ローエングラム王朝に不敬罪が必要かどうかの質問?
アレクが必要と思えば残すだろうし、いらないと思えば廃止するだろう。
確かに、不敬罪は専制国家にあれば便利だろうしな

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 18:53:03.64
不敬罪があろうとなかろうと気に入らない奴はどしどし粛清されるのであった

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 18:54:44.96
>>485
>皇帝陛下様に公然と死ね、バカヤロー発言とかビラ配布を
>規制するのは世間、社会の意識感覚で形成すべきでは?

明文化されていない規制は危険だろ。どこまで暴走するか制御できない。
何をやってはダメか、どこまではやっていいのかを明確に誰にでもわかるように
規定するのが法律の役目だ。

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 18:59:03.49
>>487
専制君主は憲法・法律の上に存在するからね。
でも、作中では将来的に立憲君主制に移行する可能性は示されてる。
そして、その可能性の種を残すためにユリアン達は戦ったのであった。

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 20:20:21.06
>>489
>専制君主は憲法・法律の上に存在するからね。
だからこそ不敬罪が必要という見方もできる
法があればそれはすなわちある程度の規範となる
規範がない場所に制限のない権力があると、最悪一族郎党皆殺しという事態になりかねない
不敬が発生した場合に「その行為はこの程度の罪」とあればそれで済む可能性が高いんだよ
不敬を犯す者だって、どこまで被害が及ぶか分からないより分かった方が気が楽

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 20:44:48.70
ちなみにゴ王朝だと外伝で、息子が戦争で2人死なせてる母親が
ルドルフとフリードリヒの肖像を足蹴にして、戦争で死んでる恨みを叫んだのがある
これは本来、拷問と死が与えられる所だったけど、ケスラーが頑張って、流刑になった
ケスラーは憲兵総監なって、憲兵の非行を密告してもおkにした改革やってるけど
これはケスラー個人の主導でやってるから、後も続くかどうか

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 20:53:24.69
>>490
法が皇帝の行動の規範になるのは立憲君主制であって、専制君主の場合は
不敬罪が明文化されてても無視することはできるよ。
条文無視して一族郎党を皆殺しにもできるし、逆に許して不問にすることもできる。
専制君主の下では、法律は臣民の規範であって、皇帝はそれを超越した存在。

まぁ全てを皇帝が裁可する訳じゃないから、一般的な案件は普通に法律に則って
処理されるのだろうけど、専制君主の場合は官吏などが皇帝の威を借りて法律を
無視する、という事はあり得る。

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 21:29:10.57
>>491
3人じゃなかったか。

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 22:30:34.35
>>491
間違えてた、3人だった

ゴ王朝では始祖ルドルフと現皇帝の肖像画は
保管するのが義務な事書いてあるけど
ロ王朝じゃそれはどうなるんだろな

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 22:34:34.00
制度や権威ではなく自分の力で臣民を従えるべし

みたいな感じかと

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 22:39:40.93
アイゼナッハ、ケスラー、シュタインメッツ、メックリンガー、レンネンカンプ
艦隊戦能力と後方及び事務的能力に優劣をつけるとしたら
皆様はどうお考えですか?

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 22:49:37.36
レンネンカンプとケンプの評価の低さは異常

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 22:55:48.50
>>494
なんか北朝鮮みたいだな 臣民の義務だと全世帯に配布されたんだろうな
買い取りなんて絶対イヤだが。

ラインハルトが批判的だったからしないんじゃないの。

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 23:06:31.41
金髪は自分の像も嫌がったからその辺もやめるだろう

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 23:25:00.45
作者は多分何も考えていなかったと思うけど
コピーとか写真じゃなく
・・・・・・
肖像画を全世帯に配布すると、何十億枚 画家達が描かないといけないだろう。

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 23:34:41.21
>496
艦隊戦ならアイゼナッハが飛びぬけてるな

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 23:40:39.22
>>485
帝国が拠って立つのは皇帝の権威と武力なんだから
不敬罪が有効活用されるのは当たり前

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 23:47:43.19
>>500
肖像画=手描きとは限らないようだ。印刷品でも肖像画と呼ぶらしい。
ただ機械でできることを人間にやらせるのが正義なゴ朝では
手描き肖像画がステータスだったりして

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/18(土) 23:54:01.03
>>492
もちろん無視はできるが、規範があればそれに従って処分するだけだから、いちいち皇帝に報告せずとも問題ない
「めんどうなので不敬罪程度でいちいち報告せずともよい、朕の在位中は皆3代さかのぼって死刑」なんてのも防げる
また、臣下にしてみてもどの程度の処分が適当かの物差しはあった方が楽だし、処断が適切でないとお叱りを受けることもない

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 00:10:47.81
>>503 それは知らなかった 歴史の教科書にでてくる肖像画を想像してみただけ
教えてくれてありがとう

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 06:42:47.26
>>491
>憲兵の非行を密告してもおkにした改革やってるけど
密告の奨励って相互監視体制で改革になるところに帝國の体制の限界を感じるなぁw
帝國臣民の民度というか、遵法意識の限界と言うか……。
>これはケスラー個人の主導でやってるから、後も続くかどうか
けっこう続くんじゃね。憲兵隊側で密告情報のリークとか起こらない程度に規律が保たれれば。

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 09:31:40.88
犯罪組織あるいは容疑者が意図的に捜査妨害するために
訴える ということもあると思う。
ゴ王朝時代の憲兵の非行を是正するということなら
いずれ穏健な制度に改正されるのでは

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 19:11:58.53
そういや憲兵の非行の具体的な描写ってあったっけ

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 21:23:53.48
憲兵総監が看護師に抱きつかれたがその後自分の女にした

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 21:48:48.45
看護婦はルッツかワーレンのどっちかだろ
憲兵総監はメイドだったはず

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 21:55:02.95
看護師にアタックされたせいで、ケスラーはロリコン総監と呼ばれるようになってしまった。

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 21:55:19.18
>>510
そうだった

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 22:04:05.54
ケスラーもルッツも相手の家柄気にしなくてよかったんだろな
フォンが付く家系じゃ流石に平民と結婚するのは反対されるんだろうか

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 22:26:25.78
ロ王朝だし、死者とはいえ帝国No.2は平民だし

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 22:38:40.29
>>513
貴族として最下級の帝国騎士とかなら平民ともありだったりするんじゃないか
江戸時代の御家人が町人と結婚できたみたいに。

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 22:54:29.84
物語終了時点でも
bQは平民だな

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 23:06:25.79
江戸時代はよほど才能と志があれば農民でも武士になれる事があった。
身分制度が秩序の為の方便だったからな

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 23:07:52.11
>>513
現実世界でも、身分違いの結婚する場合は身分の低い方が別の家の養子になって
ある程度身分を整えてから結婚するとか、政治的に働きかけて断絶した貴族の家を
名目上いったん継がせてから結婚するとか、いろいろなやり方があった。
やっぱり保守的な層からの反対はあったみたいだけど。

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 23:26:59.10
マリーカは下級貴族かもしれないじゃん
まぁ大貴族で生き残った家の令嬢でも、貴族も課税されて苦しくなるし
新興勢力と結婚するのは悪くない
ゴ王朝の給料体系のままだと、生涯250万マルクももらえる男の嫁になったんだぞ

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/19(日) 23:30:37.89
そういやロイエンの両親は鉱山経営で成功した下級貴族のロイエン父に
没落寸前の大貴族の令嬢だったロイエン母が結納金目当てで嫁いだんだったか
ロイエン父もまた新興勢力だったんかね

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 00:10:47.71
>>516
物語終了時点のNo2はアレクのオカンだろ?

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 07:35:04.63
>>517
江戸時代も後期ならカネさえあれば多くの藩では武士身分買えた。
幕府直参でも御家人株を買えば御家人になれた。
勝海舟の先祖もそうして成り上がった。

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 07:44:40.74
売った武士はどうなるの?
百姓に降格?

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 09:25:18.46
跡継ぎの子供がいなくて、お家断絶寸前の武士の名目上の養子に
なるというのが成り上がりの一般的なやりかた

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 10:11:24.01
>>523
御家人の場合売った方は名目上は隠居として身分は武士のまま。
もともとほとんどの御家人は一代雇いで譜代じゃない。
実質的には世襲でも親が辞めて息子が新たに採用される形になる。
八王子千人同心なんかだと同心職を務めている者のみ武士(本来は中間らしいが)身分で家族は百姓のまま、これだとやめれば百姓に戻る。

諸藩の場合はカネで新規御取立。もちろん武士としての勤務はないも同然。

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 11:15:37.52
フォイエルバッハ家の格がどの程度か知らんが
ロ朝黎明期の功臣であるケスラー家の方が格上になるのはほぼ確実
正式に貴族に叙せられなくても実質上の貴族階級みたいなもんだろ

ミッターマイヤーも貴族になりたいとは思ってないようだが
フェリックスが将来軍人になって皇帝の側近クラスの地位にいるであろうことを何の疑問も抱かず
想像していたからな

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 12:10:27.50
大貴族は没落する一方で、それに余程新王朝に貢献してないと
生き残っても肩身が狭いだろな、下級貴族に平民から憎まれてたから
しばらくしたら高貴な血筋って、有難がられるのかもしれないけど

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 12:46:05.51
マリーンドルフ以外に大貴族て残ってるん?
マリンドルフも当代限りで終わりだが
リップシュタットでほぼ全部敵だっただろ
・・・思い出した前宇宙艦隊司令長官が残ってたはずだ

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 12:51:46.83
ミュッケンは引き際をわきまえてたお陰で綺麗にフェードアウトできたよな。
あと少し舞台に残ってたら多分死んでた。

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 13:07:50.56
宮内尚書のベルンハイム男爵家、マリーンドルフ家の親類縁者
リップ戦勃発直後にマリーンドルフ家に逃げ込んだ人ら
シャフハウゼン子爵の弟の男爵家(子爵家もか?)
カザリン・ケートヘンの実家、は確実に生き残った

3巻で宝石有価証券とか手放している貴族の様子が描写されてる
どこか忘れたけど、生き残った貴族が娘をラインハルトに差し出そうとして
軽蔑されてたとかも描写があった覚えが

まぁ数は多くはないけど、マリーンドルフ家だけはないだろw

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 13:13:08.40
>>529
影が薄く、印象も強くないので本人の処遇、行動が
幸運だったのか、居残りしてたら戦死してたかもという
仮定も、あまりよくわからないなぁ
判断材料が少々、少ないよ

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 13:21:17.03
平野耕太 ‏@hiranokohta
銀英伝の女体化は、最大のネックが女体化ヤン
が、家がゴミ屋敷になる系の酒飲みの歴女に
なって国歌斉唱起立拒否で政治批判大好き、
初恋の男が市民運動で暴動で殴り殺された男と
いう、かなり萌えるのに面倒くさそうな女になるこ

https://twitter.com/hiranokohta/status/336321011073024000

女体化ラインハルトはラインハルトで、パーティー
の席に拳銃片手に突っ込んできて、「お兄ちゃ
んどいて!その皇帝殺せない!」とかいって大
暴れするので、これも萌えるのに一苦労
https://twitter.com/hiranokohta/status/336323754114314241

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 14:22:30.22
グリンメルスハウゼンのじいさんあたりは貴族とかにも無視されてそうw

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 15:31:51.59
グリンメルスハウゼンの爺さんは、リップ戦役前に死んだからね
息子かが子爵家継いだだろうけど、ラインハルトが台頭してきたら
ラインハルト側につけって言い含めておかないと
ブラ公側についちゃっただろうな

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 17:56:18.10
>ロ朝黎明期の功臣であるケスラー家の方が格上になるのはほぼ確実
帝国の階級制度ってその辺欧州の制度とは完全に異なるよな
どんなにその時代に重臣だとしても
そう簡単には上がらないし変わらないのが家格
というか制度的には不可解で謎だらけだわ銀英の階級制度
階級があるなら社会制度の根幹を成す重要な要素の筈なんだけど

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 18:32:55.17
ロ王朝じゃ爵位があるかないか、フォンがついてるかないかって、重要じゃなくなってるからね
どんなポストについてるのかが重要視される世の中になると思う

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 18:43:31.72
>ロ王朝じゃ爵位があるかないか、フォンがついてるかないかって、重要じゃなくなってる
原作がそうなってるからとはいうものの、それが不可解だよね
いくら形骸化させたからといって
階級制度自体は残っているのに一朝一夕に家格が変わるとか歴史的にはありえないんだけど
制度自体なくしたならともかくゴ王朝まで厳とした階級社会が成立してるのにさ

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 18:49:20.94
>>532
ヤンは作者から見るとかなりダメ男に描いたつもりだったのに
人気がでまくったという話

ラインハルトはどうだろうなあ

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 18:51:20.62
現代日本の勲章みたいなもんだろうか

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 18:54:02.62
>>526
キルヒアイスポジに着くことを期待したんだろう

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 19:09:30.67
>>537
そりゃ下級貴族あがりのラインハルトが、革命的な事やっちゃったからな
皇族以外平等化を目指し、特権もなくなりゃ称号は残ってても、形骸化する

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 20:01:40.37
>>541
形骸化するにしても早すぎるって話でしょ。
ゴールデンバウム王朝末期からその傾向が出ていたとしても、数年で
価値観まで変わるのは早すぎる。

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 20:16:58.13
>>542
特権持ってた貴族は憎まれてたんだよ
ラインハルトがぶっ壊してくれて、あーせいせいしたって状態で
貴族は復讐と敵意に満ちた民衆に監視される側になってる
民主党だってすっかり支持なくしてるんだし、ありえるだろw

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 20:25:20.47
>>542
影響有る奴等はリップシュタットで全滅
残ったのは地方名士クラス

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 20:37:41.22
民衆は貴族様って有難がってなくて、税負担させられて憎んでたんだから
貴族ってものに対しての価値は変化してないよ
ミッターだって貴族になりたがらなかったし

階級に拘ってたのは貴族で、その貴族が一掃されてしまえば
貴族?それがなんだって言うんだ、っていう社会の出来上がり

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 21:52:52.75
僕は論理的かつ手短にっていうオーベルシュタインの名言が好きだな

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 23:12:24.63
>>537
君も日本人なら分かるはずだ。
明治維新で士農工商が一瞬にして崩れ、新たに生まれた華族とかも敗戦で潰された。

階級制度を定着させるのは長い年月を要するが、破壊するだけなら一瞬で済むんだよ。

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 23:18:16.54
大分前のことだが、ドイツで爵位を売って安く買いたたかれて
取られたと嘆いているおばあさんの新聞記事が載っていたな
爵位は売買できるのかと驚いた記憶がある。 

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 23:44:54.14
>>547
帝政が敗北し、帝国が敗者として民主国家になったならば階級制度も
消滅するだろうけど、階級制度である帝政が勝者として新帝国として国家を
支配するのなら、階級制度も明治政府の華族みたいに形を変えて残るのでは?

日本で500年前というと室町幕府か その時誕生した家門が現代まで続いて
いれば名門と言われるだろうな

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/20(月) 23:53:44.15
その勝者であるラインハルト自身が階級イラネっていう奴だからな。

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 00:52:45.47
だが時間が経てばロ朝なりに特権階級が出てくるだろうね
共産圏の赤い貴族、フランスの学閥
日本でも世襲議員なんてのが居る

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 01:04:44.86
日本の政治は小沢一郎の手の内ある場合を除いてジャパンハンドラーに握られてる

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 01:11:30.25
まぁ功臣は新たに称号に土地やらは貰わなかったけれど、新貴族みたいなもんだな
その子供らは出世してきそう
で、その子孫が婚姻してけば閨閥になってって、新特権階級誕生だ

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 07:32:27.57
>>389
キルヒアイスとミッターマイヤーが上級大将で最上位か。
確か、大将までならアッシュビーの時代にもいたな。

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 07:45:03.64
ゴ朝の大貴族は私領をもっていたわけだか、皇帝の私領ってあったんだろうか。
それとも帝国領の税金から内廷費出していただけか。

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 09:00:12.51
同盟でもミンツ家はハイネセンの長征一万光年に参加した名家らしいからね
七元帥の子孫や親族は「ロ朝興国の功臣の一族」を誇っても不思議ではない
当人も今はともかく老害化したら子孫親族をゴリ押しで重要なポストにつけるかも知れない

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 09:12:07.20
気がついたら親族が増えてたりするんだな

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 11:08:58.25
アレクはビッグダディー並みに大家族になって戦争無くなってビッテンフェルトは飲んだくれ
メックリンガーは美術品蒐集で借金苦ケスラーは賄賂だの裏稼業に手を染めて裏ボス
なんとなくワーレンがまともに生きるような気がする

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 12:24:07.57
ワーレンはサイコガンとか腕に仕込んで……

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 12:55:04.67
……仕込んでどうすんだ?

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 13:10:17.97
>>555
帝国の政治体制によって変わってくるけど、作品に一切描写されてないからなんともいえん。
主人公たるラインハルトの経済的背景すら何も触れられてないし。
(自分の領地を持ってるのか、帝国から給料もらって生活してるのか)
歴史上は皇帝の私領がある国もない国もあった。

だから皇帝直轄領は、あってもなくてもおかしくはない。

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 13:12:46.38
>>556
基本的に同盟の人間ってルーツをたどれば長征一万光年に参加したメンバーに
たどり着くんじゃないの?
帝国からの亡命者も多いみたいだけど、長征一万光年の子孫が名家になるほどの
人口構成比にはならなそうな気がする。

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 14:09:47.62
>>562
考えてみればそうだよね・・・・、小説じゃ最初の市民は16万人
この16万が110余年で、ダゴン会戦で帝国軍と対戦できるまでになるって
10人は産むのは当たり前、だったのかな
亡命者も加わって、約280年で130億って恐ろしい人口増加だ

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 15:11:47.48
野暮を承知で言えば
長征一万光年からたった100年で宇宙艦隊編成出来るレベルまで到達してるのが異常だからな
人口より工業力生産力がありえない速度で上昇してる
万全の準備をして移住してきたわけじゃないのに

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 15:21:25.58
別に技術革新とかがあった訳じゃなく、懸命に働いただけじゃね?
資源さえあれば工場を倍にすると生産力も倍になるし。

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 15:27:58.23
船体を用意するのが困難なので氷の宇宙船作りましたってわりに
人知れず辺境の惑星で恒星間航行可能な宇宙船作るだけの機械類は持ち出せたとか
長征一万光年自体突っ込みどころ満載

つってもこれを否定すると物語が成立しないからな
そーゆーもんだと受け入れるしかない

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 15:54:49.02
「なんで知ってるかって顔だね 手助けしたのさ 我々(地球教)が 強力にね」

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 16:04:33.27
>>562
「名家」かはともかく、「メイフラワー号で移民して以来の歴史を持つ一族」程度の誇りはあるだろう。
開拓第一世代でもあるし、切り取り放題だから生き残れば、それなりに大きな家になる可能性はある。

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 16:06:40.44
政治犯や強制労働者・奴隷の亡命というから、人口増加に疑問を感じるが
ふつーに移民、植民した者もいると考えればおかしくない
自由を求めての建前だけではなかろう
フェザーンに蛇頭のような手配師は沢山あるんだろうな

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 16:13:39.57
ふと思ったけど地球教って
ルドルフ即位前の銀河連邦末期とか
ジギスムント2世やフリードリヒ3世の悪政時代に
勢力伸ばす事も出来たんじゃなかろうか

何で本格的に動き出したのが本編の時期だったんだろう

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 16:21:07.31
>>570
本格的に動いていないと何処にあった?
激動期になって、教団としての拡大やテロるチャンスが増えただけだろ。実際、テロやらで目立
ち始めたのは、少し後―ラインハルトの権力奪取以後の新帝国成立期。
陰謀という形ではフェザーン越しに長年やっていたわけで。

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 16:24:06.04
歴代大司教の脳味噌次第なのでは?
もぐり布教、テロ活動、平和主義
信者は手足だから、どういう活動をするかは
各々の時代の名誉会長の意向じゃないかな
最近、CM・看板目立つよねw

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 19:25:49.16
>>568
アメリカはメイフラワー号以降も各国からバンバン移民をしてるから、メイフラワー号の移民は
名家として成り立つけど、同盟の場合は基本的に長征一万光年の子孫だから、ほぼ全員が
「長征一万光年以来の名家」なんだよね。
みんな開拓第一世代の子孫だから、相対的に「名家」は成り立たないんじゃないかと。
まぁいわゆる「本家」が名家に残ってる可能性はあるのかな。
長征一万光年の16万人の男女比が半々だったとして、8万家くらいの名家が存在してるとか。

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 19:56:09.18
>566
氷の船で飛び立って
近くの(同じ星系かは知らん)惑星に降りて
改めて船を作り上げて逃げ出したと記憶しているが

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 19:58:06.24
↑続き
そこには資源があったんじゃね〜の?

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 20:24:42.68
ユリアン祖母はユリアン母を、帝国から亡命してきた平民子孫の娘だと忌み嫌ってたから
ダゴン以降やってきた帝国亡命民は軽蔑すべきで
建国からいた自分らは「名家」だという、偏った考えの人だったんじゃ

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 20:49:12.86
>>574
資源があったとしても、工業製品を作り出すにはそれなりの技術と設備が必要なのだよ。
ねじ一本作るのだって、専用工作機械を一から作り出すには大変な事だよ。
まして資源として鉄鉱石その他があったとしても、それを精錬して鉄を作り出すのに大がかりな
設備が必要だし、宇宙船作るには重工業を立ち上げるくらいの労力が必要。
よほど最初に到着した惑星に設備がそろってなければ、一から立ち上げるには人がいくらたくさん
いても数百年とかの単位で年月が必要じゃね?という話。

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 20:54:20.72
>>577
今なら3Dプリンター一台あれば拳銃が作れる・・・

・・・妙な世の中になったものだw

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 20:54:59.60
1300年後の未来のテクノロジーに詳しいんだね
俺はぜんぜん知らないから勉強になります

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 21:41:10.30
>>570
フェザーン自治領創ったり亡命帝あの世送りにしている

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 22:08:06.16
>>576
歴代の最高評議会議長の中には亡命者の子孫がいたり
同盟が大きく発展したのは帝国からの亡命者の影響が大きいそうだから
ユリアン祖母はおかしい価値観の持ち主だったのかもね

もっともシェーンコップは亡命時に入国管理官から蔑まれたそうだし
居場所の無い亡命者は帝国へ憧れるか狭い範囲での権力志向を取るか
皮肉な観察者になるって書いてあったから
見えないところでの差別が残ったのか時代が下るにつれ亡命者への差別感情が大きくなっていったのか

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 22:26:42.51
>>581
ミンツ家を名家だなんて思ってるのは、ユリアン祖母だけってオチなのかも
建国から代々政治家なりだして要職ついてたら
ケネディ家みたいに名家とも言えるんじゃないのかと思うけど

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/21(火) 23:31:20.83
岡村隆史「嫌なら見るな」

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 00:28:21.29
>>529
門閥貴族軍も陣営に呼ぼうとしなかったのは、兄貴は当然それなりの幹部として参加しているだろうから、
ここでミュッケンベルガー家で結託されると面倒って意識があったのかな?

メルカッツは貴族とはいえ門閥じゃないからその点は心配が少ないだろうし。

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 01:14:47.93
呼ぼうとして
本人が断ったのはアニメの演出だっけ?
そいで人質取られてメルカッツが引っ張りだされた

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 01:40:46.76
>>577
なんで揃ってないって思うの?
普通に持っていったって考えればよくね?
氷も外壁に使っただけで、中身はちゃんとしたもんだったろうし。

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 03:05:20.32
なんで揃っていたと思うの?
普通に持っていけるなら氷の宇宙船なんて苦肉の策に頼る必要もないだろよ

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 03:51:58.32
>>587
「ドライアイスの舟」は船体の資材調達の都合と即席で作り上げる&流刑星脱出の手段であって、
その先は別にちゃんとしたのを造るのだから、苦肉の策というほどでもない。
政治犯関係の支援組織がいた可能性は高いし、造るといっても0から作る必要もない。

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 04:03:45.17
>>573
離散、断絶した一家もいるだろうし、さして意味がないにしても「名家」と誇れるのは、一家・一族
として残った集団だけだろう。「名家」には、まず長く続いているって事実=伝統が必要なのだから。

>みんな開拓第一世代の子孫だから、相対的に「名家」は成り立たないんじゃないかと。
開拓で成功した者とそれ以外という差は出てくるだろう。「名家」を成功者の一族とみれば成立す
る。建国当初の同盟が徹底した共産体制でもなければね。

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 07:32:30.94
>>584
ぶっちゃけ嫁個人が気に食わないのを帝国人亡命者が気に食わないという感情にすり替えてたんじゃね

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 07:43:29.21
>>590
未来になっても人間の感情はまったく変わらずってことだな。

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 10:02:05.57
そりゃピラミッドかなんかの遺跡に
近頃の若いもんはって書かれているんだしな

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 10:16:15.77
>>589
>建国当初の同盟が徹底した共産体制でもなければね。

建国当時は国力が小さかっただろうから、あるいは共産主義的な統制・計画経済だったかもね。
移民船での移動時からそうだったかも。移動中なんて普通の経済活動はできないだろうから。
だとすると、一部の指導者層が共産貴族化して、それが名家になったのかも。

帝国では建国の功臣は貴族となって、同盟では建国の成功者は名家を名乗って、基本的に
やってることが変わらないのはおもしろい。

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 10:27:22.89
同盟の閣僚が委員長とか言うのは共産国家みたいだな と思っていた

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 10:44:39.09
>>593
そりゃそうだよ
日本の二世議員だって事実上の世襲制みたいなもんだろう
人が集まれば必ず諍いと格差と権力闘争は生まれる

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 10:46:43.15
>>594
建国初期に共産主義っぽい体制をとっていた時期があって
その時の名残だったりしてな

同盟の名家といえばトリューニヒトはそれっぽいな
もしかしたらヨブ以前にも議長を何人か輩出してたりするかもしれない
軍人だとダゴン会戦当時の統合作戦本部長だったビロライネン大将と
同姓の人物が帝国領侵攻作戦の情報主任参謀にいるね

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 11:39:05.13
>>589
>離散、断絶した一家もいるだろうし、さして意味がないにしても「名家」と誇れるのは、一家・一族
>として残った集団だけだろう。「名家」には、まず長く続いているって事実=伝統が必要なのだから。
一番、腑に落ちた。
たとえ離散や断絶をしなくても、子孫が自分の先祖のことを忘れて、長征一万光年に参加したメンバーか
帝国からの亡命者か判らなくなってしまえば、「名家」と誇ることはできないわけで。

>>590
それも腑に落ちた。

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 15:23:10.69
>>587
ドライアイスという材料だけで恒星間航行可能な宇宙船作っちゃうんだから
技術とそれなりの設備、工具とかもあったと考えた方が自然かな。このアル
タイルから脱出してバーラト星系までたどりつくまでが半世紀以上ってある
けど本格的宇宙船の建造にはどのくらいの時間要したんでしょうね?資源は
あっても設備とかはドライアイスの船に積んでこれる分しかないからまず宇
宙船の建造設備から作るとなると大変だね。よく出てくるように協力者がい
たと考えた方がこれも自然かな。
>>590
そんな感じだね。

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 15:40:22.16
こういう解釈は飛躍しすぎて嫌う人も多そうだけど
実際の長征一万光年は普通の恒星間航行可能な宇宙船を強奪して行われたもので
氷の船体云々は偽装目的で船体をドライアイスで覆ってカモフラージュしたことが誇張されて
伝わっているだけだったりしてw

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 16:40:05.59
>>590
その理屈を成立させるには帝国人亡命者が軽蔑に値する人たちだという前提が必要

おそらく亡命者は、食い詰めものか帝国貴族の前科者が多数を占めていて
貧困や政治的悪影響に於いて、同盟の社会体制にさんざん迷惑をかけたのだろう

こういう迷惑ものって、古くから自立してきた名家の連中には大抵嫌われる

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 16:47:11.49
>>600
後から来たやつを見下す古参はどこにでもいる
そんだけの話だと思うぞ

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 16:51:55.42
建前として全市民平等が存在する同盟において、そんな見下しが成立するのは
よほど亡命者の一部に相当評判が悪い連中が存在しないといけないよ

古参というだけじゃあそこまで暴言吐くのは無理

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 17:20:38.15
同盟は事実上の階級意識があって良い訳?
だったらロ朝は家格や階級制度が意味を持たず政治経済界に一切影響を与えない世界
とか断言した上スレの理屈は何なんだ?

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 17:41:23.57
>>603
社会制度として成立しているかと、階級意識の有無・程度は関係ないからな。
集団内で自他の位置関係を上下で考える人間は少なからずいる。程度を考えなければ、誰もが
上下意識を持ってるから、政治制度に関係なく無くせないよ。
それが差別にならなければ、特に問題はない。

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 17:42:11.31
>>603
ラインハルトに征服されて、皆俺らは征服された民という意識になっただろうよw

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 18:04:21.02
ユリアンは母親をののしる祖母を、血統家柄を異常に重んじる帝国貴族の姿の裏返しだ
って批判してる

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 18:50:33.35
>>601
シェーンコップ家は貴族で軍務省の官吏で借金踏み倒し。心証悪いだろう

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 18:59:23.04
>>602
暴言と言えば、現実でも新大久保とかのヘイトスピーチというのがある。
ユリアンの祖母の発言がヘイトスピーチと比べて異常とは思えないな。

それこそ、各個人の主観による。ヘイトスピーチも、行き過ぎた暴言として
非難する人もいれば、韓国人は言われても仕方のないことをしてきたと
考えて支持する人もいるわけで。

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 19:32:20.02
帝国の貴族は制度として一夫多妻制が認められてる?
つまり、愛人や妾ではなく戸籍上の配偶者として
平民もOKかな

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 19:33:29.65
え?

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 19:33:31.30
なんか、最近変なのが沸くようになったな。

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 19:45:29.93
財産半減させる程、典礼省に貢いでも苦にならないなら
おそらく平民を妻にしたら、貴族社会で阻害されるだろうけど
それでも良かったら、ゴ王朝時でも平民を妻に出来てたよ
シャフハウゼン子爵の妻は平民

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 20:09:21.87
一夫多妻の意味わかってんのかな...

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 20:23:48.46
正式な一夫多妻じゃないからこそ、皇帝の愛妾たちに○○伯爵夫人みたいな称号を贈らなきゃならなかったんじゃね。

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 20:31:37.11
皇帝でさえも、妻は一人だよね

庶子でも皇帝なれてたけど、貴族も庶子が爵位を継いで当主になれたのかどうか
描写がないからそこは分からない

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 21:42:55.46
マリーンドルフ伯は間違いなくラインハルトを
成り上がりの貧乏貴族のガキって思ってたはず

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 21:43:07.44
>>602
3人いれば派閥が生まれる
こんな程度の話じゃん

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 21:43:33.50
あのおっさんのあたまのめぐりにそういう考えはないだろー

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 21:47:27.54
>>616
言葉は悪いが事実その通りなのでそう思わなかった奴なんていないんじゃないか?
そっから先は見下したり反発したり共感したりで個々人の評価の問題になるけど
マリーンドルフは多分娘通して関係できるまでは傍観というかなんとも思わなかったんじゃね

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 23:29:41.01
>>616
本当に、成り上がりの貧乏貴族のガキだからしょうがない
それだけでなく、戦争の天才であり帝国の乗っ取りを企てる野心持ちであるで十分だろう

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 00:25:42.86
成り上がりの貧乏貴族のガキとは認識していても
帝国の乗っ取り企ててるとまで気づいた人は少なかっただろうな

階級が上の人間で気づいてたのは皇帝とリヒテンラーデ侯爵
あとグリンメルスハウゼン子爵くらいか

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 00:36:25.50
>>621
リヒテンは帝国を簒奪するとまでは考えてなかっただろう。あくまでゴ朝の中でのし上がる
ガキって感覚だったろう、だから手を組んだわけで。

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 00:50:25.86
リヒテンとフリードリヒとの会話から
ラインハルトが簒奪する恐れを抱いているのが、分かるよ
先にフリードリヒが察して言ってるけど

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 01:19:53.58
それはラインハルトがって危惧じゃなくて
ガキを贔屓にして増長させまくるとやらかすかもって一般論だよ
あのアホ皇帝の方はそれでもかまわねーよって半ば本気なんだろうけど

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 02:29:39.84
どちらにせよ「このままではラインハルトが国を奪う」事を危惧していたのは事実だろ
フリードリヒは半ばどころか100%本気で「奪いたきゃ奪え」って思ってただろ

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 02:56:13.68
ラインハルトに権力とかチャンス与えすぎる皇帝を諌める為に極端な例をだしただけだろあれw
皇帝の方も奪いたければ奪えじゃなくて退廃的な滅びの美学に酔ってるだけな気がするな
ああ飽きたわ世の中くだらねー俺ごときにひれふすこのクズどもなんなの?的なものを感じる

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 06:59:44.13
フリードリヒも無能と思いきや、ラインハルトの野望をほぼ理解しているし、外伝だと迫力でラインハルトを圧倒するような芸当を見せてるんだよな。
生まれつきの能力は実はそんな駄目だったわけじゃなくて、ちゃんと教育を受けてたらそれなりの為政者になってたのかも。

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 07:09:16.24
意外とゴ朝はもう寿命だと思って達観していたのかもしれない。

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 09:00:08.96
そりゃまあ 何千人もの美女 少女から人妻まで30年間
遊んでいたら達観するさ

その間、よく国政が乱れなかったものだ 帝国の官僚機構恐るべし

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 09:18:34.01
賢者モードがずっと続くとか羨ましい限り

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 09:34:18.38
なるほど フリードリヒがリヒテンやラインハルトを圧倒したのは
賢者モードが続いていたからか 納得した

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 10:43:07.18
イメージ的に、フリードリヒは白ブリーフはいてそう

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 11:07:50.66
上で書かれてるようなことが全部詰まってる人、それがフリードリヒ四世
馬鹿じゃないし洞察力もあるけどやる気が全くない
やる気なんか出したらむしろ周囲が迷惑がることくらい十分自覚してる
ならせいぜい皇帝の権力使って楽しく生きればいいよね
そんな皇帝がトップに立てる帝国は末期症状なのも理解していて
ラインハルト見ていっそこいつに滅ぼされるならそれもまた一興かなと自嘲気味に想像する
時折際どい事言って周囲を困惑させるのも楽しんでやってそうだ

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 11:11:59.03
パンツ穿いてなさそうだが

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 11:26:37.71
銀英伝のトイレで水が使用されることは知ってるんだけど
メインやフィニッシュは女性も男性もやはりパピルス?

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 12:37:07.74
>>627
ほとんど全部他人事としてしかみてないんじゃね?
本来皇位を得る可能性は低く周囲から見下されて成長してきたんだし
だからこそ次元の違う皇帝にラインハルトは理解不能なものを感じたのかと
そして唯一ラインハルトにある意味興味をもってみてたのが皇帝なんだと思う
偏見抜きで真面目にみれば自分を恨んでるのなんて丸わかりだし
その結果ゴ朝が滅ぶにしても自分がそのきっかけになってることが快感だったのかもね
暇つぶしに周囲を巻き込んだ歪な自殺が目的の育成ゲームでもやってるような感覚か

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 13:08:30.43
>>625
危惧はしてないでしょ
リヒテンラーデが負けた理由の一つがG朝内の権力争いだと思ってたからだし
本気でそう思ってたなら強力な軍事力持ってるラインハルトとなんて怖くて組めないよ

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 13:11:13.81
リヒテンラーデは先ずはブラ公らを倒したかった
その後ラインハルトを謀殺でか倒せる自信があったんでしょ

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 13:32:18.41
謀殺てどうするつもりだったんだろう?
暗殺、それとも問答無用で逮捕?
当然ラインハルトも用心しているし、どういう方法があるかな

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 13:39:37.64
公然と皇帝批判してるから不敬罪だな

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 13:53:30.74
>>638
貴族連合潰したら皇帝や帝国の権威で合法的に抹殺するつもりだったんだろうけど
その思考の時点でラインハルトの簒奪の可能性を除外してるんだよな
簒奪する気なら主導権はもう最強軍事力もってるラインハルトに移ってるし
アンスバッハに狙われてキルヒが死ななくてもあのタイミングでクーデター起こすのは必然に近い気がする
誰に遠慮することもない状態なんだから

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 13:57:42.01
まぁヒルダが報告で、工作活動やってるから注意せよ、言ってたね
皇帝と国璽を握ってるのはリヒテンだから、ラインハルトの地位を合法的に奪える
そうさせないようリヒテン倒すの早めなければな、と思ってた

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 14:08:10.76
一番の勝ち組は股開いたヒルダ

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 14:14:07.92
自分はほとんど何もしてないのに国務尚書、更には次期皇帝の父親になったマリーンドルフ伯が一番の勝ち組

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 14:16:31.80
ケスラーの妻の魔法少女じゃね?
ホプルハルプとかそんな呪文使って憲兵総監という戦後凄い権力もちそうなのをゲット
ヒルダは苦労が多くて大変そうだしユリアンはシェーンコップの娘が鬼嫁になりそう
だからあれほどキャゼルヌの娘にしておけと言ったのに

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 14:19:42.02
>>644
本人は嫌だったろうけどなw
オーベルが消滅したから個人的にはほっとしてるだろうけど

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 14:36:27.99
>>645
しかしキャゼルヌの娘にしたらズブズブ過ぎて面倒くさそうだけどな

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 15:02:08.36
ヒルダ父を国務尚書にさせた理由の一つに、ヒルダをあんな風に育てたからってあるけど
でも貴族社会であんな風に娘育ててたら、あそこの家は父親は・・・・って軽蔑されそうなのに
貴族社会で人望篤かったヒルダ父は稀有な人

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 15:06:38.85
>>644
でもマリーンドルフ家の家名は断絶してね?

まあ、アレクの子供が二人以上いたらマリーンドルフ大公家として復活するだろうけど。

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 15:20:16.89
>>639
リヒテンラーデには、必殺の策があったのだよ。それは、ラインハルトの腹心であるキルヒアイスの暗殺だ!

リヒテンラーデは事前の調査により、ラインハルトにとってキルヒアイスは半身とも言える存在だと知っていた。
ラインハルトを狙うと見せかけてキルヒアイスを狙えば、暗殺も容易。そして、キルヒアイスが殺されれば、
ラインハルトは自失状態に陥り、ラインハルト陣営は機能しなくなる。
無論、それは一時的なものだろうが、それで充分。皇帝と国璽を握るリヒテンラーデは、機能不全に陥った
ラインハルト陣営を忽ち解体することができる。

だが、さすがのリヒテンラーデも、自分の知らぬ間にキルヒアイスが殺されるとは、夢にも思わなかった……

……とか妄想してみたw

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 15:59:50.77
>>627
その目がないはずの立場と自覚していたからだから、のんびりアホボンやっていたら本命の
上ふたりが勝手に自滅して、お鉢が回ってきたて人だからな。
エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?と思って周りみたら、自分を論外のアホボン扱いしてた連中が揃って、至高
の存在と崇め奉っていた―そりゃ増長するかアホらしくなるかしかないわな。
この国(・ー・)オワッタナ・・・な気分のまま歳食った果てに、ラインハルトみたいな才気溢れる若者を
見たら、後押しの一つもしたくなるやるね。

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 16:06:52.12
>>629
官僚もすごいが、結局門閥貴族間の勢力争いが大局的は均衡していたというのが大きいだろね。
直系男子がいなくて後継候補がどれも決定力に欠けるのを幸いと、後継決めずにいることで均衡
のまま、自分の死で破局を演出する気だったんかねぇ。
ラインハルトの台頭で、ますますおあつらえ向きの状況になってきたから、「壊し屋」としてラインハ
ルトを贔屓したと。

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 16:15:21.47
辺境の植民開発惑星や流刑星はともかく
平民や農奴の多くは黄金樹帝国に不平不満をもっていたんだよね?
路上生活者、浮浪者、家なき子、貧困餓死が見受けられないのは
治安当局が厳しかったから?
平穏、幸せそうに見えるのはうわべだけだったのかな
(フリードリヒ4世時代しか具体的にはわからんが)

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 16:27:40.27
>>652
エルウィン・ヨーゼフは直系男子
度々話題になるけど、これまで女帝は先例がないんだし、先例が大事な帝国
そこをついて、エルウィン・ヨーゼフをフリードリヒを後継に指名しといてもいい
遺言としても残さなかったんだし、ほんとゴ王朝潰れてもいいと思ったんだろな

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 16:31:41.96
今の日本人が日本政府に抱いてる程度の不満は持ってそうだけど
平民の暮らしが極端に貧窮してるようには見えないし
深刻な不満抱いてるの農奴階級くらいじゃないのかね

レンネンカンプがローゼンリッターに拘束されたとき帝国の恩を忘れたかと詰っていたけど
平民出身であろう彼も帝国に恩義があると考えていたことになる
亡命者相手の発言だからこの場合の帝国はゴ朝も含めた銀河帝国って事だわな

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 18:37:54.55
事情があって帝国にいられなくなったから同盟なんぞに亡命する羽目になったんだろうに
レンネンの言葉はむしろ亡命者の神経逆なでするだけだよなあ

ブルームハルトは不平屋の祖父が共和主義者として捕まって殺されたそうだし

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 18:39:22.13
まぁフリードリヒはラインハルトの野望知っててもほっといて、平民らには良い事だったけど
子・孫らの行く末がどうなっても良い、ってのが凄いよな
自分は好きな事やって、心筋梗塞だっけかそれで死んで、虐殺されず済んでるから良いけど
肉親にも無責任だね、兄弟の争い見てきて、そういう肉親への愛情は乏しかったんだろな

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 19:09:22.44
実際孫娘たちはどうなったんだ?

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 19:52:34.24
>>657
>虐殺されず済んでるから良いけど
そんな奴おらんよ。同盟の侵攻で殺されてたってことかな?
あと5年長生きしてたら・・
どうなってただろうか

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 19:55:49.44
>>659
ラインハルトはむごたらしく殺すつもりだった・・・・・

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 20:13:30.12
ラインハルトのその言葉は名誉的な意味で惨たらしく殺したかったってだけで
何も惨殺したかったって意味じゃないだろ…

>>656
んなもん軍人なんだから神経逆撫でするしない関係無く言うに決まってるだろ
ついでに言えばブルームハルトみたいに家族を殺された様な人以外にも
単に権力闘争に破れて亡命する者、民主主義に賛同して亡命する者等々いるんだからなおさら

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 20:29:37.38
ラインハルトとキルヒアイスは姉のことに関しては
まじ殺人鬼並の狂気を発動させるから
比喩じゃないよマジでやるよ、キルヒアイスも全力で乗っかるよ

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 20:56:30.87
「ついカッとなって殺した」

「ついカッとなって刺しまくって切り刻んで苦しませながら殺した」
は全然違うだろ
後者は完全にイカれた殺人狂だよ

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 21:03:02.74
>653
オーディン=平壌って事で納得してくれw

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 21:08:42.48
>>662
姉の悪口言ったオフレッサーの死に様に、あーすっきりしたって奴だからな
後宮納めた皇帝は・・・・

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 21:46:34.57
>>664
金正恩が銀河英雄伝説を読んでる可能性が出てきた

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 21:51:02.77
オフレッサーは白兵戦最強の男だったけど、あっさりアンスバッハに射殺されたな
その前に何十人もの兵士から乱打されてはいるが

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 21:52:42.09
>>662
自己満足ではよろしくないし、隠れてやったら臆病者
だから公衆の場で罪状を読み上げて処刑
首より下を土に埋めてから竹のノコギリを用意、
首を少しずつ斬っていくのがよろしいかと
御一人様一回一引き限り
ラインハルトからはじめて提督、臣下、宮廷使用人、ラインハルトに忠誠を誓う者全員
馬4頭を腕足にくくつけて4方向に走らせるより生放送には向いてないけどね

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:00:37.72
>>650
その時歴史は動いたでNHKでやってもらいたいな

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:14:18.92
運命の一瞬、ローエングラム侯暗殺未遂事件 〜リップシュタット戦役の真実〜

そして皆さん、いよいよ今日のその時がやってまいります

こんな感じかな

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:22:53.94
ワシ、タイムスクープハンターかカノッサの屈辱がいい

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:05:26.84
>>665
アンネローゼをスカウトした役人も確実に粛清対象だな

…と思ったが、奴は別に死んでないのに粛清した描写もないから
キルヒアイス死亡のドサクサで処刑リストから外れてるのかも。

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:13:56.63
>>660
まぁ実際状況次第じゃギロチン公開処刑くらいはやったかもなw
でもそんな状況だともうラインハルトの権力が確立されてるような状況でもあるんで
理性ブレーキがかかって慈悲深く毒殺したかもね
むしろアンネローゼが皇帝の子供孕んで母性補正で陛下を愛しちゃったりしてたらどうなってたんだろうか
人でなしのラインハルト!人殺しのキルヒアイス!貴方達は人非人よ!
こんな言葉を投げつけられたりしたらどう反応するのかw

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 02:11:57.46
さぁここでオーベル登場
中絶か流産か死産か出産後に暗殺するか
巧妙に早産させて予後不良状態にするか
結論は生かしてもらえない
事前にラインハルトは知るが歯ぎしりしながら黙認
事後にキルヒアイスの耳に入るが
オーベルを責めずにラインハルトに言い寄る
確執が巨大化、もはや穴は埋まらない
ラインハルトと対決することを決心する
闘う。負ける。自ら負傷。
アンネ様、アンネ様、アンネ様連呼
キルヒ絶命、同時にバルバロッサ轟沈

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 02:47:49.05
なんだこいつ

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 03:22:47.22
2ちゃねらーだろ
愚問だぞ

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 08:49:41.79
ヒルダがランズベルク伯によるアンネローゼ誘拐の可能性を示唆したとき
姉上に手を出したら考えられる限るの苦痛を与えて殺してやると言ってのけたラインハルトだぞ
フリードリヒ四世が簒奪の日まで生きてたらどれだけ残酷な処刑法選んでも不思議ではない

ただ、アンネローゼは間違いなく止めに入るから実現はしなさそう
処刑すら出来ないだろうな

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 13:39:28.71
>667、ブルースリーも拳銃で一発だ♪っていってるだろ。銃弾を防げるわけじゃないし(防げる?あなたの読んでいるのは銀英伝じゃなくて男塾ではありませんか?w)

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 13:47:25.18
>>678
動く相手に拳銃で眉間に一発とか達人クラスだろw
おまけに相手は超身体能力の持ち主
普通にアンスバッハが凄いと思うよ

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 15:26:59.87
>ただ、アンネローゼは間違いなく止めに入るから実現はしなさそう

なんで今まで誰が死のうと
ラインハルトのやる政治活動に一切口出したことの無い彼女に対して
間違いなくなんて発想が出てくるの?
むしろ黙ってるだけだろ

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 16:01:51.79
アンネローゼはラインハルトがなにをやろうが一切止めない
でも大好きなキルヒアイスにだけは本音を話してしまった

それが後々悲劇を産んだ

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 16:04:14.20
悲劇なんかどこにあったっけ

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 16:29:16.04
>>677
>姉上に手を出したら考えられる限るの苦痛を与えて殺してやると言ってのけたラインハルト
言っただけだよな。機会がなかったから、アンネ関連事案で何処までキレるか、残忍になれた
かは未知数。この場合、ガチやったら知らんけど未アンネ自身が無事で終われば7-3で口だけ
だと思うよ。かなりクリティカルなマネしたB夫人に対しても自身では何も報復めいたことはして
ないし。理由にはなっても、闘争そのものは対等以上の相手と戦うことを旨としているから、とっ
捕まえて絶対優位に立てば、処罰する側として正当な範囲以上のマネは恥と思うメンタリティだろ。

フリードリヒに対しては、処刑は政治的な意味で避けられないからやっても、それ以上の自分の
感情に駆られての行為はむしろ自身の器の小ささをさらしてしまうから自重するかもな。この
点ではオーベルシュタインもキルヒアイスも一致して止めそう。
まあ、フリードリヒが処刑に際して、「さすが皇帝と呼ばれただけはある」と周囲が言ってしまう
ほどの誇り高さ、ふてぶてしさを見せたら、ついカッとなってやってしまって、後で「負けたorz」
になったりしてなw

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 17:02:40.21
そういやヴェスターラントの件でラインハルトを暗殺しようとした男、
ケスラーとか誰かが空気読んで殺したんだと思うんだがどうよ。

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 17:06:16.01
地の文で間違いなく自殺だと書いてるからそれはない
ケスラーは自殺を止める努力をしなかっただけ

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 17:47:33.65
刑を受けるまでの監視もしなかったってことだよね
自殺させたい気満々
でもこれをした事で勤務怠慢は適用されないの?変なの

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 17:50:49.02
自殺を止めなかっただけって言葉でそこまで飛躍させられるのもすごいな

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 17:55:24.17
そりゃ勾留中でも見回りとかして被疑者の確認は職務だからなあ。

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:04:48.51
これはヴェスターラント絡みだから、ラインハルトも失態とは認識してないけどさ
まぁ大罪犯した人間が牢内自殺されたら、大失態だろ

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:09:41.41
>>688
それでも、何件か拘留中自殺という例はあるからな。
不祥事ではあるが、陰謀というには弱い。

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:10:27.16
勤務規定を守らなくても罰されない
規律遵守を是とするラインハルトが違反を罰しない
オーベルシュタインも失態を指摘しない
これがまかり通るラインハルトの治世

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:24:15.77
勤務規定の内容がわからない
登場人物の多くは管理職以上だから非組合だし
規定って何?

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:38:56.48
罰されなかったとは書かれてない。

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:40:55.77
というか拘置所の見回りの責任はないかと

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:49:32.55
そりゃ逃げないようにとか、監視は普通するんじゃないの

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:52:53.84
自殺を止めなかっただけで
そういう監視は普通にやってたんじゃないか?

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 19:03:58.25
目の前で自殺しそうなのに止めなかったら、ダメだろw
日本の刑務所でティッシュペーパー詰め込んで自殺とかあったけど
まぁ自殺されるのは、監視側の失態

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 19:06:01.62
減給数ヶ月ぐらいじゃね?

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 19:08:57.43
でもケスラー処分されてないよね

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 19:45:57.41
>>683
B夫人の手下に対してはかなり強烈な処刑を食らわしたけどな
ベーネミュンデ伯爵夫人は、皇帝のかつての寵姫なのでヘタしたらアンネローゼごと死刑に
なりかねないからうかつに手は出せないだろ、姉を巻き込む危険があるならどれだけ慎重に動いてもおかしくはない

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 20:03:48.44
だから処分されなかったとは書かれてないだろ。

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 20:13:14.62
>>699
まぁラインハルトも結局は自殺してくれて、助かったって事で処分しなかったんだろね
自分では処刑の命令下したくないし、自殺を強要もしたくないけど
大逆罪犯してる人間を助命するのもまずいし

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 20:26:14.46
ベーネミュンデに関してはかなり不名誉な噂を流さなかったか

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 20:57:42.62
>>702
これがラングの手落ちなら鬼気出して処分してたんじゃね
単にケスラーが有能で自分にとって必要だから処分されずにすんだだけのような気がする

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 21:15:37.55
末端の不始末であって、ケスラーには類は及ばんでしょう

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 21:35:47.57
大体、一兵士が皇帝陛下に人殺しって罵って満座の前で恥かかせるってんだから
憲兵総監より軍務尚書が処分されないとおかしいよね
だからこそ軍務尚書が陛下を遮って出てきたんだろうけど

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 21:57:25.58
警備の責任者は親衛隊長では? オーベルやケスラーは随員だよ

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 22:03:22.28
どこぞの国には親衛隊上級大将とかって位があったような気がするけど
キスリングの階級で隊長ってのは間違ってるの?

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 22:04:42.84
襲撃の責任じゃなくて捕らえた奴を自殺させちゃったことが問題なんだよ
皇帝の意思が何よりも優先される国で自殺をさせるなって厳命されたのに死なせちゃった
普通に考えればわざと見逃したんだし憲兵隊が身柄を押さえてたならケスラーの責任っていってもおかしくない
どこが身柄押さえてたのかは覚えてないけど

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 22:08:21.02
>>708
親衛隊長は役職だし特に階級制限とかもでてきてないから問題ないべ

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 22:29:14.74
記憶が定かでないのに読み返して確かめようともせず
他人にいちゃもんつけるっておかしくないか

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 22:42:27.62
捕まえたのは親衛隊 連れ去っていったのは憲兵隊

確かに、オーベルは即刻銃殺と言って、ケスラーは
自決の権利を与えるよう言っている
それに対して、ラインハルトは殺してはならないと厳命しているな

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 23:05:47.71
キスリングは准将じゃなかったか。

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 23:48:16.89
銀河帝国は親衛隊が独立してなくて、帝国軍の一部に親衛隊という部隊がある感じだしな。
皇帝個人の護衛だから、規模でいえば准将でおかしくない。

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 00:00:16.76
>>711
なんでいちゃもんにみえるのか不思議なんだがw
身柄押さえた所が自殺させちゃったんだからそこに責任があるのは当然だろ?

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 02:34:28.38
もうメ欄からして触れちゃいけない匂いしかしない

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 04:35:12.55
>680
アンネローゼはラインハルトが民間人虐殺はじめても
哀しそうに微笑むだけで何も言わないだろうな

この人は後宮に拉致られた時に壊れてしまったんじゃないかなと思う
ラインハルトとキルヒアイス以外の人間も世界も自分自身すらも
TVの向こう側の存在のようにしか思ってなさそう

718 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/05/25(土) 04:52:10.82
勿論銀河英雄伝説はワクワクドキドキするよ。

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 09:24:51.76
回廊の戦いでイゼルローン軍に一度だけ追っぱわれてただけで
戦いが終わるまで回廊の帝国側出口で全く動けなかったメックリンガー
彼は本当に有能なの?

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 10:11:14.85
イゼルローン軍とは戦わないのが賢者のやり方。

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 10:23:29.47
有能かどうかはわからんが、帝国本土の兵力は誰一人死ななかったな

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 13:39:49.71
もしメックリンガーが交戦したとして…
スキル「奇跡のヤン」発動!→メックリンガー艦隊壊滅→ヤン艦隊とって返してビッテン・ファーレン両艦隊と交戦→以下小説通り…だろうなぁ

そういったメタ要素を抜きで考えたら…
メックリンガーが少しでも堪えたら、ビッテン・ファーレン両艦隊との交戦場所がよりイゼルローン要塞近くになるし、
ビッテンの言ってたように挟み撃ちの可能性も少しはある?

ただ、メックリンガーが気にしてた「オーディンまで無防備。ヤバス」は…イゼルローンからオーディンまで無補給で行けるのかな?
無理なら、民主主義を残すために現地調達―言葉を飾っても仕方ない。ようは略奪byウランフ―をヤンが是とするか?
ケスラーが「久しぶりに艦隊指揮できるかも!?」とわくわくするか?

想像の翼は広げられるなぁ

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 13:44:41.32
メックリンガーが入り口後退待機してたのはヤンの術中にハマったからだし
それに文句をつけてもしょうがないだろう

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 15:32:40.02
敵のほうが数が多いなら引いても仕方ないだろ。それに数さえ減ってなければヤン艦隊は帝国領に突っ込んで来れないし

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 15:40:26.62
ただ漫然と待機はないだろうに

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 15:59:40.96
戦って負けるより戦わずに負けるのが芸術家の誉れ。

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 16:06:11.94
>>722
>ただ、メックリンガーが気にしてた「オーディンまで無防備。ヤバス」は…イゼルローンか
>オーディンまで無補給で行けるのかな?
現実問題としてどこまで入られるか?という問題ではなく、安全保障上の空白地帯・期間が
発生してしまうことへの危惧ではないかな。
旧領土の番人担当としては「戦域」の拡大を引き起こしては大失態だし。後背が騒がしくな
れば、フェザーンのラインハルトも落ち着いていられないから、消極的でも「ヤンを回廊から
出さない」は政治的にも優先していいかと。
そういう判断ができると期待されてる立場だろ。メックリンガー
リスク覚悟の積極攻勢で封じ込め以上の仕事をやらせるなら、ぶっちゃけ誰でもいい。

オフェンシブなビッテン・ファーレンをまとめて投入するんだったら、一方をメックリンガーの
バックアップで旧領土から突入させて、二面作戦を強いるくらいやってもよかった。廻航させ
る分、後手に回るのが面白くないが。

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 16:17:32.56
そりゃ変だよなあ
緒戦(戦ってないけど)で後退するのはいいとして
それから20日間もビッテンファレン本体戦ってる間
偵察とか戦況探ってれば後方がら空きなのが判ると思うんだが

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 18:35:14.20
>>728
事前の打ち合わせもなく、連携で挟撃作戦?
どう考えても、混乱に乗じられるフラグにしか見えんw ヘタりゃ同士討ち演出されるぞ。

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 18:58:43.33
なんで連携とか挟撃作戦にしようとするの?
敵と対峙している以上
相手の出方を探るのは当然だろう?
出口までひいた後、中の様子を探ろうともせずに無駄飯食ってたのが訳わからん

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 19:20:00.70
>>730
攻撃に参加しない前提なら、偵察する意味ないな。
向こうも戦闘中なんだから、相手の出方もクソもない。裏固めているだけで、十分牽制になるし。

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 19:37:42.19
>>731
どうするかの判断の為にも偵察くらいするだろ普通はw
回廊の向こう側で戦端開いてるのがほぼ確実な状況だし

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 19:51:43.30
フェザーン経由でもいいから、ラインハルトに連絡できなかったのかな?
それだけで状況は変わったと思うけど

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 19:55:24.71
>>732
どうするかの選択肢自体が、乱戦自爆覚悟で突っ込むか、なんかの間違いでヤンがこっち来た
時の壁、そうやって存在することで現状のヤンの選択肢を狭める―しかないんだが。
出口固めるって方針自体は間違ってない。
>どうするかの判断の為にも偵察くらいするだろ普通はw
艦隊ごと動かして偵察する意味はない。しかし、単艦の偵察を出すくらいはやってたと考えられ
ないか? そういうところは省略する傾向があるからないとは言い切れない。

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 19:59:28.62
>>733
時間かかりすぎて連絡しようにも役に立たない状況だった気がする
だからこそ状況確認はすべきだと思う
というかまず何故両方ではなく片方のみから攻め込んだのかがわからないけどさ

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:16:51.29
>>735
最初は双方から攻撃予定
   ↓
ヤン艦隊が帝国方面に出撃 メックリンガー後退
   ↓
帝国軍同盟方面からの単独攻撃という流れ

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:17:33.35
不思議だよなヤンを捕まえろって
オーベルとレンネンさんがリアルタイムで話せるのに
フェザーン経由で実現できないとか

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:42:32.98
>>736
帝国方面から攻め込む数が少なすぎないか
回廊が狭くて大軍展開できない前提があるのに片方に戦力集中させるっておかしくね?

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:20:05.22
なかっち 動画
http://www.youtube.com/watch?v=z2qK2lhk9O0s



みんなで選ぶニコ生重大事件 2012
http://vote1.fc2.com/browse/16615334/2/
2012年 ニコ生MVP
http://blog.with2.net/vote/?m=va&id=103374&bm=
2012年ニコ生事件簿ベスト10
http://niconama.doorblog.jp/archives/21097592.html


生放送の配信者がFME切り忘れプライベートを晒す羽目に 放送後に取った行動とは?
http://getnews.jp/archives/227112
FME切り忘れた生主が放送終了後、驚愕の行動
http://niconama.doorblog.jp/archives/9369466.html
台湾誌
http://www.ettoday.net/news/20120625/64810.htm

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:29:16.82
卿らの論法を用いるとまるで私が無能であるような言い様だが(メックリンガー)

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:37:58.18
>>722
それだけじゃない。
主戦場ではない宙域にこれだけの戦力を投入してきたことから、
やん艦隊の戦力は、思っていたよりはるかに多いはずだという
判断もあったんだよ。

だから、目の前の艦隊だけでもメックリンガー艦隊よりも多いし、
さらに増援がある可能性も考えたら、無理はできないよ。

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:42:19.96
交戦せずに引いたのを誰も非難していない
その後、何してたん?って話

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:50:51.23
>>742
そんなもん。
旧帝国側入り口で待機だろ。
それ以外に何がある?

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:09:57.72
おおビッテンフェルトとメックリンガーの言い争いが始まったでぇ〜!

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:14:09.69
芸術家vs.奇跡の人だと後者の方が強そうだ

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:20:22.79
メックリンガーって
戦闘で強いっていう描写なんてなかったよね

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:20:52.77
通信関連は突っ込み所満載ですので
ルッツが引っ掛かった偽の通信なんてアホすぎるだろ

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:34:07.15
>>747
あれ通信士官とか技術士官とかが真っ青になってるだろうな。
「どっちが本当の命令とかどうでもいいんじゃー!!!
 それ以前に、奴らが我々にも識別できない
 正規の命令文を生成できてることのヤバさに気づけー!!!!」

と、叫んだ人間が100人や200人じゃないだろう。

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:41:06.16
>>747
帝国軍の通信に携わる人間全員が地球教徒か旧門閥貴族関係者か共和主義者かイゼルローン関係者かw
もはや考えるだけでも負けレベルだぜ

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:02:46.35
SF的な設定で逃げられると良かったけれど、
作者がそういうのになじまないのと、
執筆中に知見が広まっていなかったとかあるんだろうな。

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:08:00.04
>>748
あの時代は量子コンピュータが実用化され、全ての公開鍵暗号が無力化されているんだよ。
お互いの通信が筒抜けだから、正規の命令文を偽造するのも簡単なんだよ。

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:08:35.28
ワンタイムパッド使えよw

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:08:53.55
>>743
待機考えられん
索敵ぐらいやっているだろうから要塞まで敵が居ないと知れる
そうすれば回廊に再び侵入するぐらいやるだろうに
敵が大軍を率いてくれば再び後退すればそれで済む
陽動ぐらい出来なくて上級大将はないだろうと

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:09:02.52
>>746
最前線に行かず逃げてたわけでもない
負けない戦い
犠牲の少ない戦い
そういうのは英雄になれないが地味に尊敬される名将なんだよ
ラインハルトの幕僚参謀経験が活かされてるんではないかな
反面、元艦長はダメダメ

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:25:59.34
さっきまで大艦隊が配置されてた場所に誰もいないって状況で
しかも相手がヤンとなったら不気味すぎて動けんわ

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:44:05.24
元艦長なんて誰だかわからん表現するやつがダメダメ

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:48:06.98
シュタインメッツの事だろ。
アスペか?

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:50:58.46
回廊の戦いでビッテンを最初に送る段階で消耗を望んでたとしか思えん

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:58:02.72
「敵影確認!黒いです」
「ああ、和平する気皆無だな」

一目でここまでわかってしまうのもなんだかな

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 01:46:58.43
>>751
合言葉でも決めておけばよかったんじゃね?ってレベルw
>>753
ミラクルヤンっていっても5万隻とか集めるのは不可能だしなぁ
同盟軍一体どれくらい最終決戦に未投入の戦力があったんだよって話になるし
あの芸術家アホなんじゃないかって読んでる時思ったわ

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 02:11:36.27
>>752
互いに敵艦を鹵獲し合うから、乱数表が流出した時点で終わり。

>>760
同じく合言葉が流出して終わり。

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 02:30:47.45
>>761
戦闘前だしどっから流出すんだよ
イゼルローンにこもって出てこない上に諜報組織等も無いんだぜ

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 02:37:21.12
>>762
何万隻という艦隊で共有する以上、乱数表は簡単には変えられない。
同盟と帝国はこれまで何度も戦っているから、流出しない方があり得ない。

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 02:58:12.05
>>763
帝国と同盟なんて関係ないしょ
イゼルローン攻略に際して遠征軍とラインハルト本営の連絡をどうするかって話なんだから
量子化で暗号等全て無意味ってへのレスなんだしそうするともう毎回事前に取り決めた確認キーでしか判定できないじゃん
というか今まで通信って何を基準に正誤の判定してたんだろう

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 03:14:35.69
>>764
暗号が無力である以上、正誤の判定はできない。
内容で判断するしかなくて、そこをヤンに突かれたんだろう。

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 03:20:17.79
>>764
シャトルで直接伝えに行った。

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 03:54:39.24
>>765
イゼルローンを経由せず傍受されようもない通信ですら正誤判定もできないレベルなのか…
もはやアホとか通り越して何しに来てるんだこいつらってレベルだなw
>>766
戦闘開始前でしかもかなり後方の本営との確認にシャトルとばしてたのか

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 04:35:36.44
傍受されてなかったっけ?

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 05:52:11.62
すべての暗号は即座に破られるという世界観だしなあ
事実上、平文通信しか選択肢がない
さらに内容偽造を防ぐためおおっぴらに連絡しないと意味が無い

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 07:57:02.42
>>761
艦ごとに異なる乱数表使えよw

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 09:03:07.11
>>770
無意味。
艦間通信も必要になるので、結局、味方の全艦の乱数表を持っていなければならない。
1艦でも鹵獲されれば、そこから流出して、終わり。

この類の議論は、第2次世界大戦以前にやりつくされていると思うよ。
それで、部隊ごとに異なる乱数表使うという方法が採用されなかったんだから、
押して図るべしだろ。

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:11:20.86
>>771
> 艦間通信も必要になるので、結局、味方の全艦の乱数表を持っていなければならない。 1艦でも鹵獲されれば、そこから流出して、終わり。

お前の脳内どうなってるんだよwww

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:18:39.63
>>772
>お前の脳内どうなってるんだよwww
その言葉そっくりそのままお前にお返ししよう。

暗号と解読の歴史を知っていれば、艦ごとに異なる乱数表使う
などという間抜けな発想は出てくるはずは無いのだが。

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:22:06.24
>>773
いやどうやって単艦から全艦分の乱数表が流出できるのか説明して欲しいんだがwww
あと電子化なんて望むべくも無い第2次世界大戦以前とかwww

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:31:19.12
>>774
>>771で説明した通りだ。
各艦が味方の全艦の乱数表を持っていなければならない。
そうしないと、例えば駆逐艦が隣の駆逐艦に連絡を取ることさえできなくなる。

逆に訊くよ。予定外の事態が頻発する戦場において、艦間通信ができなくて
どうやって統一された艦隊行動が取れるんだ?

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:35:34.79
>>775
A,B,Cの3艦あったとして、A艦が持つのは「A→B、A→C、B→A、C→A」用の4乱数表のみ。
B,Cが持つ「B→C、C→B」用の2乱数表は、A艦を鹵獲しても入手できない。

お前、気が狂った乱数表の運用するつもりだろwww

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:03:55.58
>>776
なぜ「B→C、C→B」用の乱数表が必要なんだ?
えーと、「各艦が味方の全艦『用』の乱数表を持っていなければならない」と言えばよかったか?

例えば、Bが近くにいてAが鹵獲されたのを知っていれば、以降はAに対する通信を控えるが、
Cが別の場所にいてAが鹵獲されたのを知らなければ、普通にAに対して通信を行って、
それは敵に筒抜けになってしまう。
そして、敵に少しでも知能があれば、Aに成りすまして司令部に指示を請うことを試みるだろう。
「B→C、C→B」用の乱数表などなくても、暗号を無力化できるわけだ。

さらに言えば、おそらく司令部としては念のために、Aを含めた各艦に『同一内容の』指示を送る。
そこから、A以外の各艦と司令部との間の乱数表を部分的に推測することさえも可能だ。

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:07:00.84
>>777
敵に鹵獲された艦の判別が付くのは前提条件だろw
「B→C、C→B」用の乱数表がなく鹵獲されてない艦の偽装が出来ないから安全だと言ってる。

つーか鹵獲された艦の判別が出来ないのなら、暗号も糞も無いだろw

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:08:32.77
30分かけて出た抜け道が「鹵獲されたのを知らなければ」とかwww

>>777
> A以外の各艦と司令部との間の乱数表を部分的に推測することさえも可能だ

「ワンタイム」の意味分かってんのか?

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:18:57.33
>>778-779
ヤンは、鹵獲した敵艦を使ってイゼルローンを攻略しましたが、何か?
鹵獲された艦の判別が付かないのが前提条件だよ。

>つーか鹵獲された艦の判別が出来ないのなら、暗号も糞も無いだろw
その通り。鹵獲された艦の判別が出来ないから、暗号が無力なんだよ。

>「ワンタイム」の意味分かってんのか?
お前こそ分かってないな。
ワンタイムということは乱数鍵を使用する度に更新しなければならない。
新しい鍵をどうやって送るんだ?w

暗号通信理論の基礎中の基礎だぞ。
お前はまず暗号通信を勉強しろ。話はそれからだ。

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:26:40.49
>>780
> ヤンは、鹵獲した敵艦を使ってイゼルローンを攻略しましたが、何か?

何かも何も、銀英伝世界は突っ込み所満載の世界だってことだろw

> その通り。鹵獲された艦の判別が出来ないから、暗号が無力なんだよ。

これもそういうことだろ。

> 新しい鍵をどうやって送るんだ?w

送る必要ないだろw 艦艇なんだから殆ど無制限のデータの容量を使えるんだからw

> お前はまず暗号通信を勉強しろ

「部分的に推測する」とか言い出すお前が言うかwwww

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:33:55.70
引用使ってのレスの応酬になると最早末期だな
しかも片方は草生やしまくりで気持ち悪いし

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:40:32.88
2ちゃんねる使って通信すればいいよ

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:41:13.95
>>781
やれやれ。
第7次イゼルローン要塞攻略戦という主要エピソードすら覚えておらず、
間違った前提条件で主張していたのか。道理で話が見当違いなわけだw

言うことに事欠いて「銀英伝世界は突っ込み所満載の世界だ」という
いまさら言われなくても皆知っていることを喚き出す有様。
もっとも、鹵獲された艦を確実に判別する具体的な方法を提示しなきゃ、
それは突っ込み所ではなく、ガイエの方がお前よりまともってだけになるが。

>送る必要ないだろw 艦艇なんだから殆ど無制限のデータの容量を使えるんだからw
これは笑わせてもらったw
無制限のデータの容量を使えるから、送らずに、あらかじめそこに記録しておけってか?
それ、全然「ワンタイム」じゃねええwwwww
>「ワンタイム」の意味分かってんのか?
>「ワンタイム」の意味分かってんのか?
>「ワンタイム」の意味分かってんのか?
まさに「お前が言うかwwww」だなあw

>>782
すまん。>>781があまりにも笑えるので、俺まで草生やしまくってしまった。

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:46:33.94
同盟は時々帝国の通信とか偽装するけど、帝国はやってないよね。

ひょっとするとゼッフル粒子の研究で帝国側に優位があったように、情報処理技術で同盟側に優位があったのかもしれん。
同盟は帝国の通信の傍受と通信文の生成を自由に実施可能な技術があって、それゆえに戦力的劣勢でも互角の戦いが出来ていた、とか。

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:50:11.08
>>785
「同盟は」と言うより「ヤンは」な気がする。

ラインハルトは戦う前から勝っているのに対し、ヤンは戦略的にも戦術的にも不利な状況から
戦いを始めることが多いので、通信の偽装とかの小細工が必要になってくるのかも知れない。

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 12:18:54.18
>>785
というかここまで無茶苦茶だと大艦隊率いての戦争なんて無理だよな…
敵味方の区別をつけることが出来ないどころか本国との連絡も一切信用がおけないとか

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 12:36:20.07
艦隊の通信は電波使うから傍受されるのであって、レーザー光通信なら傍受されないから
暗号とか使わなくてよくね?

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 12:43:30.80
>>787
まあ、暗号が無力で通信が信用できないから、重要な作戦指令は
相手をシャトルで旗艦に呼び出して、直接伝えているわけだね。

それと、限定された小数の重要指令なら、合言葉みたいにして
1回限りなら秘匿することは可能かもしれない。
おそらく艦隊司令部にだけ伝わればいい類の通信だろうから、
解読されるリスクも小さいだろうし。

例えば「停戦命令」とかね。
「停船命令」のところだけが事前に示し合わせた暗号になってれば、
他の命令理由とかが平文でも、正規の命令であると判断できる。
敵も傍受して、おそらく「停戦命令だ」と推測できてしまうから、
2回目は使えないけど、どうせ停戦するんだからあまり問題ないw

>>788
戦闘中に数万隻の艦艇にレーザー光通信するのは、ちとしんどいなw
1本でも敵に割り込まれたら、傍受されて同じことになるし。

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:14:00.46
ヤンがアスターテ前日にやったみたいにあらかじめオーダー入れといて時期が来たら右翼は042番の行動、左翼は08番の行動してねとオーダー番号だけ言うって手もあるぞ。
これなら内容はそう滅多にばれんだろうし

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:22:06.75
孔明の、錦の袋作戦だな
これなら通信じゃないから盗聴されない

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:28:51.90
というか、ヤンのアスターテみたいに、予め命令を登録しておけばいいんだよな
「当初A1とし、状況C4が成立したらX2とせよ。B2までに成立しない場合X1とせよ」

これなら傍受されても関係ないし、ヤンといえども意味のある偽命令を作るのは難しい。

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:43:46.77
そんなことできるの予知能力者だけだってw
つきつめればAIによる無人戦闘になるけどこの世界にまともなAIは無いっぽいし

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:10:34.03
同盟航路の保存に軍務省のコンピュータ容量でも足らず、
予備コンピュータまで突っ込む世界で単艦で容量無制限とか
無理無理無理無理

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:57:41.39
アムリッツァから帝国通ってフェザーン経由して回廊同盟側出口まで通信何日かかるんだろ?

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:08:28.24
>>795
その通信が信頼に値するものかどうかが分からない以上日数に意味は無いような

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:39:12.94
>>789
単純な戦闘指揮ですら敵の偽装が入ること考えたら身動きとれなくなる
刻一刻と変化する戦況にあわせて毎回全艦にシャトルとばすなんてできないし
お互いの通信妨害でぐちゃぐちゃwマジでどうやってるんだろう

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:57:45.04
>>787
大昔の「戦」レベルの戦争を宇宙スケールで再現したいだけだからな。
基本、そのレベルで考えなければならないんだ。いろいろ細かいことを触れているが、未来を
過去に変換するための言い訳(穴だらけの)に過ぎない。それ以上の意味を考えたら負けだよ。

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:59:35.87
>>789
>どうせ停戦するんだからあまり問題ないw
そもそも暗合化する意味がないだろ、その例はw

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:03:12.59
情報の伝達の描写は、話の中でのご都合主義なところがあるからなあ…。

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:06:15.51
>>792
命令というか方針指示だな。
想定外の自体には無意味だから、司令部はあり得なさそうな事まで想定して、可能性全部潰し
ておく必要がある。リスクの割りにムダに大変。読み違えひとつで全部パァ
アスターテの時のように、おおよそ状況が定まっていて、できることが限られている場合に限る
な。

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:10:33.64
>>797
内容のレベルごとに指揮各段階の裁量を定めて、その範囲内で自由にやらせるしかなかろう―
というか、普通はそうだ。上は直下の指揮官にだけ指示すればいい。
何のための指揮系統だか……

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:28:04.88
>>798
全くその通りだけどこのスレ的になんか落としどころでもないかな?と
>>802
いやいやw
中級指揮官も通信で下に指示できないならシャトル使うしかなくなる
これ全部に当てはまっちゃうんだよ

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:54:31.90
>>803
通信妨害で、真偽以前に通信自体が相手に届かないケースも多そう。
結局、どんなに面倒でもシャトルを飛ばすしかないんだよね。
まさに陸戦における伝令の役割だ。

>>801
だね。実用にするには、会敵する前から敵の戦術を完璧に予測して
おかなければならない。ヤンや孔明でなければできない技だろう。

ヤンにしたって、アスターテ会戦では、敵が圧倒的に有利なので
奇策は用いずに正攻法でくるのは確実と分かっていればこそ。

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 17:06:25.81
>>801
読み違えどころか普通に想定外のことが起きてオシャカにもなりそうw
指示する側もパターンが多すぎて混乱し実用性ないんじゃね?
ごく限定された状況でのみ役に立ちそうだけど実質徒労だよね

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 17:17:20.75
>>803
考えすぎて自己中毒に陥りがちだから、厳しいと思ったら「根っ子はそこだ」と思い出して頭を
切り替える勇気wは必要だろうな。屋上屋を重ねるとか理屈のための理屈は見苦しいよ。

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 17:24:53.65
>>803
艦隊司令→分艦隊司令→戦隊→……→隊→艦長のラインで絞っておけば、それぞれを最低限に
出来る。
妨害でOUTの場合は事前の計画、直前の指示の継続もしくは指揮官の判断に任せるでいいだろう。
妨害以前に通信手段のなかった頃は、そんな感じで緩くやっていたんだし、緻密な連絡、連携
が難しいなら、考えなければいいだけこと。

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 18:16:09.45
>>806
まぁ何もかもおかしいから考えるのは無駄だよなw

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 18:49:57.58
指向性の強いレーザービームを通信に使えないのか?

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:01:22.67
通信の困難さを考えると一旦戦端が開いてしまうと
もう最初の陣形のままで最後まで戦うしかないような気がする
途中で左右を広げて鶴翼の陣形とか中央突破の紡錘陣形に変更なんて出来無い
ましてや敵の中央と左翼の連携が悪いからその間隙と突くなんて不可能
>>808
ぶっちゃけそういうことだよな
その都度作者に都合の良い理屈・理論でストーリーが進んでいるのだから
それを受け入れなければ作品が成立しない
考えても如何しようもない

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:24:38.86
1巻はまだその辺考えてたような感じがするけど
終盤はもう考えることすらやめてるような雰囲気があるぜ

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:27:09.30
>>808
一理あるが、それで終わるんじゃ、このスレの存在意義が無い。

ある程度の理屈付けはできていると思うぞ。

・艦艇は敵に鹵獲されることがある→秘密鍵が敵に知られるので秘密鍵暗号は無力
・未来なので量子コンピュータ位はありそう→公開鍵暗号も無力
・アスターテ会戦でヤンが採った方法は、敵の動きを完璧に予測できなければうまくいかない。

以上のことから、銀英伝世界では暗号が無力化されており、ヤンがルッツを嵌めた作戦も可能。
艦隊戦において、どうしても秘匿したい情報を伝えるときは、シャトルを飛ばして直接伝える。

通信手段のなかった昔の陸戦では実際に伝令を走らせていたのだから、銀河英雄伝説で
シャトルを飛ばして通信していても不思議は無い。

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:37:23.60
>>807
バラバラに戦うならそれでもいいんだけど
それじゃ臨機応変の対応ができないよ
いまだ!中央突破!みたいなことやってるのにシャトルで連絡もありえない
通信手段がなかったころはそれでもいいけどそんな時代じゃない

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:49:47.61
「あの艦隊に誰と誰と誰って艦長が居てその艦隊は誰々大将が取っていて…」
っていうのが把握出来てるなら偽通信で撹乱出来るだろうけど
実際そんなのは知らないわけだし分かったとしても旗艦や専用艦に乗ってる大将・艦長だけで
しかも作戦自体は戦闘前に既に決められているんだから
「○○司令官から〜〜との通信が」って来られても「ありえない、偽物だろ」ってなるだけだろ
イゼルローンはこれとはまた事情が違うからあれだっただけで

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:56:20.93
ガンダムのミノフスキー粒子のように
銀英伝ではあらゆる暗号を完全に無力化できるという、基本設定がある

じゃあどうすればいいかという

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:16:42.27
>>813
>いまだ!中央突破!みたいなことやってるのにシャトルで連絡もありえない
そこはあれだ。旗艦と直衛艦隊が先陣切るんだよ。それか、あらかじめ先陣部隊決めといて、
旗艦と固い通信線確保しておくと。

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:26:03.22
>>815
暗号が無力化されてしまうと困っちゃうな
「食後に一杯の紅茶」も暗号みたいなもんでしょ?
要塞の受信装置が解読して無視できたのでは?

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:38:47.74
>>817
暗号の意味が違う。
それは仕込み発動のための単なるキーワードで、それ自体には意味はない。「やンコマりたい!」でもよかった。
運用側見える「真っ当な」システムから見れば単なるノイズ。そのノイズを無視せず、受信したら
バックドア開放するよう裏で組まれていたので、「暗号解読」とかとは筋が違う

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:23:22.08
>>813
別に全ての命令を秘匿する必要は無いわけで。
秘匿する必要のある命令はシャトルで連絡するけど、そうでない命令はそのまま発信してしまえばいい。

例えば、ヤンが「艦隊をU字陣形に再編して、敵を中に誘い込む」命令を下す場合は秘匿が必須であり、
それこそフィッシャーをシャトルでヒューベリオンまで呼び出して作戦説明をしなければならない。
(ちなみに、アニメ版ではそうしていた)

しかし、「全艦突撃。我に続け!」という命令なら、敵も見てれば分かるわけで、秘匿する意味が無い。
味方はもちろん、敵にも教えてやれば、むしろ敵にプレッシャーをかけられるかもw

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:32:35.47
やっぱり連絡不足だと伝説の五重玉突き事故も起きちゃうよね

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:49:53.89
アニメだけかもだが、ラインハルトが中央突破する事を読んでいたヤンが予めそれに
対処する方法を全艦に事前にファイルを送り込んでそれを読むように命令してたな

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:57:08.98
戦術コンピューターのC4回路を開くってやつね?
敵に傍受されても判断つかないとか。


回路を開くってなんだよ???

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 22:00:25.20
>>822
プログラムかシーケンスを起動するくらいの意味だろ

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 22:03:33.42
デバイスのマウントみたいなものじゃない?

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 22:11:28.92
まぁなんだそのあんまり突っ込んでも意味は無いかと
作者も適当に本人がそれっぽいと思う単語を並べるのに苦労したんだよ
ネットがある時代でもないしさ!

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 22:14:59.87
ヤンが仕込んだ策がファイルの形式だと、スパイか誰かに勝手に読まれてしまう可能性があるから
回路という表現だったのかもしれない
なんせあらゆる暗号はすべて破られるのだし

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 23:42:11.97
回路を開く、という言い回しが残っていたとか…。

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 01:06:27.07
かつて「ディレクトリ」と呼ばれ、今は「フォルダ」と呼ばれているものが、
未来には「回路」と呼ばれてるんだよ、きっとw

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 01:28:15.20
なんか両手で壁にあるレバーを引き下ろして開きそうだな

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 09:40:46.36
アスターテ会戦の時、キルヒアイスの説明で出てくる
反重力磁場システムて何だろう

レーダー透過装置らしいんだが 誰か空想科学で
いいから説明できない?

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 10:30:10.28
>>794
重要なデータをバックアップとらずに運用するのが銀英世界では普通なのが恐ろしい
ましてや航路図のような最重要データを

作品の都合上仕方ないんだろうが全般的にテロや謀略に対するセキュリティが低すぎるよな
テロ成功率の高さたるやとんでもないことになってて直接間接的にテロの犠牲になったメインキャラ多過ぎ
ヤン・ロイエンタール・オーベルシュタイン・ルッツ・シルヴァーベルヒ・パトリチェフ・ブルームハルト等等

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 10:51:03.53
あれって航路局にある航路データがバックアップ毎全て消去されたって話だと思ってたけど…

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 11:08:31.10
>>831
ほんとだな、あれオーベルが勝手にバックアップ取ってたわけだけど
何もバックアップ取っとくのがいいんでない?ってラインハルトにお伺い立てて
軍務省ではなく、別にバックアップ用意すればいいのになw
軍務省のデータを一部消去しなきゃならない容量なのに、適当すぎるw

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 11:21:30.71
たぶん語りつくされていると思うし、アニメしか最近見ていないのですが…

アムリッツァ前哨戦の組み合わせおかしくないですか?
それと、ケンプは戦うまでヤン艦隊と知らずに艦隊を移動させていたり

どうなんでしょ?

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 11:38:42.85
軍務省以外の人間を関わらせるとバックアップ消されると懸念したんだろう
基本的に誰も信じないオーベルシュタインらしい話ではある

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 11:50:06.91
>>830
携帯できるブラックホールみたいなものだったな

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 12:22:44.79
>>830
文字からして、反重力の空間の各点で向きと大きさを持つベクトル場
イメージ的に、重力制御してできる船を包む結界かな

これを使うと銀英伝ではレーダーには探知されない・・のかな・・・・・・

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 14:14:44.03
イゼルローン要塞は恒星アルテナを周回している設定になっているけど
もし要塞駐留艦隊が居なければ要塞とアルテナの死角を使って
敵の艦隊が要塞宙域を無血通過出来るのかなあ

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 15:17:25.11
>>831
航路データが膨大でありすぎたので
バックアップを取るにはかなりやっかいだったんじゃないの?

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 15:30:01.09
>>839
仮に政府が国民の重要なデータ散逸して
記者会見で膨大過ぎてバックアップとれませんでしたと言ったら皆納得するのか?

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 16:11:00.80
公務員が重要なデータを破棄(隠滅)しましたとかよくある話しだ

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 16:11:32.71
軍務省でバックアップ出来たんだから言い訳にならんわ

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 16:55:36.85
帝国本土の航路局のデータは失ってないだろ
問題はフェザーンの航路局の同盟側のデータ

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 17:05:07.67
>>838
何をいまさら。。要塞主砲の射程は艦砲よりも短いんだぜ、敵艦隊がいなければ
いくらでも通過可能だよ。だから恒常的に敵艦隊を圧倒できる戦力あればいくら
でも相手側への侵入路として使用可能だ。そういう状況だったのはラグナロック
の帝国の場合だな。まあ上にも出てる航路データも摂取できるってメリットで
フェザーン占領、通過ってことになったけど。過去の例から言っても(元帥量産帝)
フェザーンで得たデータが絶対不可欠というわけでもないからな。

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 17:40:51.94
未来のプログラムファイルが65536進数くらいで組めば
容量なんて気にせんでもよかんべさ
16進数で考えるから膨大になる

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 17:45:14.23
お前は何を言っているんだ?

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 17:49:34.88
書いたままの通りだが
理解できません?

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:00:47.53
内部で扱ってるのと記録で扱ってるのは別だぞ?
記録は0/1でやっててそれをOSがアプリで使いやすいようにしてるだけだし。
仮に65536進数の多値で保存する機構ができてもエラー訂正とか大変そうだな。

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:06:11.17
できないなw
アホな俺にもわかりやすく教えてくれ

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:06:18.23
>>840
実際に起こりそうで怖いわw
かつて年金記録問題を引き起こした社会保険庁なら素でやりかねない。

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:16:53.95
>>840
一昨年の津波で、多くの重要データが流されたそうだ。

おそらくバックアップはとっておいたのだろうが、
近くに置いておいたら一緒に流されて意味が無い。

>>845
マジレスすると、
16進数よりも65536進数の方が確かに桁数は減るけども、
1つの桁を表すのに必要な文字数が16文字から65536文字に
増えてしまう。進数を増やせばいいってもんじゃない。

では、最適な進数はというと、情報理論でとうに結論は
出ていて、それはネイピア数(= 2.71828…)になる。
少数は扱いにくいので、実用的には3進法か2進法だな。

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:43:27.23
小説が書かれた昔に比べて、星の種類そのものが増えたり、
観測技術が向上してたくさんの変わった星がみつかったりしているから、
航路データが膨大だったというの、今の方が納得してしまう。

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:44:01.30
>>838
だから駐留艦隊がいる。
要塞が回廊を塞いでいるんじゃなくて、要塞と艦隊他がセットになったシステムが塞いでいる
わけだよ。
無敵装甲ぶりとトールハンマーのせいで要塞が主役と誤解されているだけ。

コースとタイミング選んでコソコソしなきゃ通過できないのは、戦略的にはあまり意味がないね。

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 20:23:28.82
>>838
移動できないし公転してるんだからほっときゃ勝手にいなくなるしなぁ
てかトールハンマーの謎威力考えたら移動要塞って戦力としても補給拠点としても有用なのに何でやめちゃったんだろう

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 20:29:54.22
あまりにハードウェアに無頓着だから。
先にイゼルローンを動くようにしておけばいかなる大艦隊来ようともオーディンまで無人の野を
行くように強行できる。逆に発注が無くなる戦争屋の顔が青くなる。

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 20:47:51.47
>>854
要塞を移動させられる技術の実用化がラインハルトによる銀河統一間際で、技術としても兵器
システムとしても熟成させる時間がなかったから。
未成熟なイロモノを投入するほど困ってもいなかったし、その後は開発を急ぐ理由がなくなった。
やめたではなく、やらなかっただけ。

ヤンは「大艦巨砲主義pgr」なこと言っていたが、あの形態の戦争やっていていたら、その方向の
進化は正解だろう。大艦巨砲主義を時代遅れと笑えるのは、艦船のリーチを越える航空攻撃
を前提した場合のみだ。しかし、宇宙では―少なくともあの世界ではそれはない。
戦争の時代が終わってなければ、要塞から拠点としての機能を排除した超巨大砲艦群を編成
に加える時代がいずれ登場していたろう。

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 20:50:08.11
イゼルローンが出来たのって作品が始まるずっと前だよね?その間誰も動かさなかった

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 20:50:51.77
まあ動くとデススターみたいに弱点を設定しなきゃならなくなるか

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 20:56:44.83
>>857
お前、ちゃんと読んだか? 理解する知能はあるのか?

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 21:01:40.29
>>859
理解する知能はあるがちゃんと読んでない。常識を超える戦記ものだしな

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 21:12:01.85
>>856
やめたとやらなかったの違いは何なんだ?w

862 :(゜∀゜):2013/05/27(月) 21:24:41.59
>>854
ガイエスブルク要塞級の質量のものをワープさせるのには、
12個の巨大なワープエンジンを完璧に連動させて動かさなくちゃならない。

だけどエンジンは艦隊の攻撃で壊れてしまうし、
一基でも壊れるとワープどころか通常航行さえ難しくなってしまう。

ワープエンジンを取り付け、テストするだけで時間かかっているんだから、
戦時中に攻撃を受けながら直すのはむずかしそうだ。

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 21:41:21.00
>>862
別に前線に出さなくても修理補給等の移動拠点で使っても物凄い価値があるものじゃない?
敵が近づいてきたら逃げればいいし最悪つかまりそうなら移動やめて応戦したら生半可な戦力じゃ落とせない
ガイエ要塞なんて大艦隊も収容できるし欠点は運用でカバーできる気がする

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 21:43:01.92
>>862
その程度が困難だったらシンクロトロンも作れないよ

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 21:45:58.33
軍事的には要塞って意味ないんだよね
点にしか過ぎず迂回できてしまったら終わり

というわけで回廊がものすごく狭いか、
イゼルローン要塞の公転が、地球とISSの関係みたいに90分とかなんじゃねーの?

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 21:54:20.78
まぁそれを言ったら宇宙空間で万単位の艦隊戦とか意味ないしなw
どこから来るかわからないから攻め込む側が圧倒的に有利だしヤンがイゼルローン落とす前なら帝国やりたい放題のはずなんだよね

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 22:06:23.03
回廊に対して垂直に公転していれば両陣営に対する死角は少ないな

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 22:10:57.28
うーん
艦隊のスピードに要塞は付いていけないようだから
ラインハルトやヤンだったら簡単に各個撃破しそうな気がする

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 22:15:03.73
昨日のヤマト見てたら距離的に地球が見える限界だから画面に
地球を映せってことになったら8年前の青い地球が出てきた
ということは銀英伝もワープするたび遠い昔からの命令待ちってことに
なるんでしょうか

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 22:21:43.94
要塞がチート過ぎるんだよな
からめ手で落としただけで、攻め落としたの誰もいないし

>869
ちなみに地球から一番近いプロキシマ・ケンタウリで4.2光年(いまぐぐった)
つまり、となりの恒星系にいても4年以上前の命令待ち
これに対する答えが超高速通信

ワープも理論上ビッグバンより大きなエネルギーが必要になるので
スペースオペラとしてお楽しみください

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 22:28:11.85
超光速通信とかはまじめに考えてもなあ…と思うけれど、

ひとつのある恒星系内で戦闘があったら、
何か命令の伝達規則のようなものが存在しないと、
話が破綻してしまうというか、過去の命令を根拠に何でも出来そうな気がする

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 22:36:39.11
「迷子になった」とかあったな。

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 22:55:32.82
80万キロ(通信速度3秒以内)もないのにトゥルナイゼンは何でもしてたなw

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 23:08:09.77
>>861
積極性
必要性とか無視して、意図的に研究開発を停止したか、必要性、意欲がなかったorその気は
あったが優先事項がもっとあったから相対的に価値が低下して事実上、研究中止状態かの違い。

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 23:20:28.25
たしかに、光速ドライアイスは戦艦でも撃沈することもあるビームもミサイルも無意味だったなw

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 23:50:33.81
>>874
一応やってみたけど気に入らないからそれ以上の開発をやめた
一応やってみたけど気に入らないからそれ以上開発をやらなかった
何が違うのかわからんw

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 00:04:11.93
>>870
要塞対要塞でそのまま相打ちにさせるなり何か大質量のものぶつけるなりで終ったよね
アルテミスには亜光速氷ミサイルとかぶつけてるんだし
限りなく無理とわかってるのに艦船で戦いたがるのは何故なんだろう

878 :(゜∀゜):2013/05/28(火) 00:10:02.80
>>864
小説をみると、
ガイエスブルク要塞を動かすのに、またワープさせるために、
技術上の問題点が指摘されており、かなり準備に時間がかかっている様子が描写されているので、
その指摘は間違っている。

第一、簡単にできないことだから、
シャフトが威張っていたのに、設定を無視してはいかん。

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 01:06:26.71
>>869
何をいまさら。超光速通信が確立されてるじゃないかね。もっとも話の都合で
電話で直接会話できたり、電報だけのやりとりになったり妨害で通信不能になった
りはよくあるけどね。
ワープの方も(特に光速の50倍のお手軽?なパルスワープ)話の都合で出来たり
出来なかったりするしな。しょっぱなのアスターテ会戦で同盟の他の艦隊はなんで
パルスワープして第4艦隊の救援にいかないか悩んだもんだ。

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 02:05:27.98
>>867
死角じゃなく射程の問題と思うけどな。まあ公転周期が1時間とかだったらなんとか
なるか?w
やはり要塞周辺の回廊の構造はアニメの中央にどんと要塞があってその周辺に通過領
域がわずかにあるって設定が一番だな。
小説設定じゃあ同盟が攻撃してるときは、要塞そのものの占拠めざして自ら接近して
いくんだから周辺構造はあまり関係ないけど、以後の戦いじゃあ矛盾、疑問続出だから
ねえ。

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 02:28:11.51
公転周期が1時間てどんだけ超スピードで回転してんだよw

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 02:36:29.30
公転と自転を多分勘違いしてると思うよ
後天性免疫不全症候群は誤解しないでね

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 03:14:14.41
>>879
戦闘中にほいほいワープ出来るもんじゃないんじゃね?
1回ワープするのだってかなり気を使って慎重にやってそれでもミスって亜空間に消えちゃう戦艦もいるくらいだし

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 03:33:26.87
>>882
流石に自転公転は間違わないよw
回ってるって書くべきだったね

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 05:21:47.33
ハイル カイザー!
ハイル ローエングラム!
の発言がないのはやはり
アドルフ君の名前が避けられてるのと同じ感じ?
日本語の万歳とは影響と威力が違う?
もう60〜70年経過してるのにさ
まあ執筆との時差は40年くらいか

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 05:26:20.63
>>844
同盟の航路データなんて別にフェザーンで接収しなくてもスパイなり買収ハニトラ等なりで手に入るよな
過去に奥地まで攻め込んだ皇帝だっていたし

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 05:51:46.42
>>884
実際にはそんな速度で公転してるわけないから要塞だけで敵艦隊の通過防ぐのは
不可能ってわけだ。
>>886
そういうことだね。あのときは宮廷内クーデターで残念ながら引き返したんだよね。
例によってフェザーンの陰謀かな。

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 07:23:02.45
>>883
第2、6艦隊は戦闘中じゃなかったしねえ。パルスワープはジャンプするワープ
よりはお手軽に出来そうな気もするが。(詳細は書いてないからあくまで想像だ
けどね。)
まあ、本音で言えばアスターテの描写のときはパルスワープなんて考えてなかった
だけだろうけど。

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 08:38:30.42
>>888
パルスワープもアスターテも同じ巻だが?
当時は続巻が出ることも本人すら承知していなかったので「黎明編」の副題どころか
巻数すら付いてなかった。これで終わりの可能性も大だったのでアムリッツァの
同盟軍フルボッコの大盤振る舞いと、後知恵ではネタバレとしか思えないラストの
ヤンの邪悪な構想。

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 09:34:57.41
ホットジュピターで公転が早いのがあるから、
数時間というのも設定次第で…と思うが、
作中の描写ではそんな感じはしない。

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 12:10:05.47
>>889
皇帝も突然死んだしなw

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 12:14:42.12
面白かったのでSF仲間に薦めたら「何そのハズイ題名w」みたいな反応。
そいつもハマったが。

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 12:28:01.80
>>864
これが書かれた時代と今じゃ技術レベルがアホみたいに違うからなぁ
現時点でわかっていることを基準に未来を予測したり想像するんだし
作者の科学技術への想像力の足りなさや知識不足を差し引いてもそのあたりは突っ込んでも仕方が無い気がする
作中での一貫性のない描写は流石に擁護できんけど

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 16:50:43.92
公転周期1時間はさすがに厳しそう
グリーゼ581eで3日ちょいだけど居住に支障が出そう
581cなら12日くらいでなんとか住めるかも(距離的に)
これ赤色矮星なんで主系列ならもっと長くなるしなあ
やっぱ恒星の廻り回るのって無理がありそうね

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 17:21:05.71
>>894
恒星の周りまわるでいいじゃない。だから要塞だけでは敵艦隊の通過は阻止できないも
もう当たり前でしょ。
この設定でおかしくなってくる戦いは確かにあるけど、それは無視しよう。

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 17:38:30.47
恒星の周り回ってるって芳樹の設定なの?
はるか昔読んでもう手元にないから判んないや
回ってたら第3ラグランジュ使えば要塞は無視できるもんなあ
通ったところで同盟は挟み撃ちにあって詰みだけどなw

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 17:47:11.54
>>896
しっかり1巻から書いてますぜ。何度も出てるけど敵より艦隊兵力である程度優勢なら
自由自在に通行、補給線の設定可能でございます。

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 17:53:21.88
でも作者自身は三国志なんかに出てくる、なんとか関みたいなそこを破壊、占領しないと
通行できないイメージで書いてたんでしょうね。あの天才ラインハルトですら、イゼルロ
ーン回廊を侵入路とするには要塞をなんとかする必要があってそれには多くの犠牲が出る
それこそがフェザーンの狙いか?ってボルテックに言ってたもんね。
恒星の周りをなんて変な設定にせず、アニメ描写みたいに回廊のひときわ狭くなった部分
の中央に要塞が位置し、その周辺ほとんどを武器の射程内に置いているってことでいいのにね。

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 19:54:13.72
どんどん狭くなっていく回廊。そのうち塞がるんじゃ?

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 20:45:57.38
>>899
帝国がラグナロック作戦を発動されたころ
同盟に空間を閉じる技術が発明され二つの回廊を消す
フェザーン星とイゼルローン要塞は消滅
同盟安泰?

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 20:58:53.24
>>900
そして帝国では恩赦で釈放されたシャフトが100万光年ワープ航法を実用化しました
おわり

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 21:02:45.98
てかシャフトって大質量ワープを可能にし謎の指向性ワッフル粒子でアムリッァの帝国完勝に一役買ったわけで
この人馬鹿にされてるけど結構功績あるよね
作中じゃ邪魔者扱いの上に帝国フェザーン両陣営からゴミのように切り捨てられたけど

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 21:03:45.08
同盟「こんなこともあろうかと、回廊だけでなく出口側の空間も広めに閉じておいた」

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 21:22:18.47
>>902
大質量ワープっても、新式ワープでもなく、連動ってアイディアレベルの力技だからなぁ。結局、
成熟、開花しなかった―後世の意見で何もフォローが入ってないから、後の時代でも顧みられ
なかったんだろうなぁ。
指向性ゼッフル粒子は単に纏め上げただけとか他でも評判が芳しくなかったから、シャフト個人
研究、発明とかの「功績」はなかったっぽい―研究機関にはそういう官僚色強い人もいなきゃい
けないんだけど、中二傾向の強いこの作品ではそういう人は問答無用で悪人にされるんだよねぇ。

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 21:25:09.86
>>900
帝国からの安全とヤンを抹殺すればますます同盟の為政者はやりたい放題して
結局同盟は瓦解
地方勢力の割拠となって国民は苦しむ

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 21:25:48.82
ガンダム直後の作品だからな

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 21:50:44.88
>>898
あ〜そんな感じだろうな
虎牢関とか陽平関みたいな
でも艦隊戦だから一騎打ちできないんだよね
あ、一騎打ち申し込んだけど断られた奴いたな

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 21:53:48.10
飯を食うから兵站が大変な事になる。
戦闘が近づくまで冷凍睡眠してたら神経やられるかな?

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 22:00:00.47
一騎打ち云々は、キャプテン・ハーロックとか宇宙ロマンが当時あったからな

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 22:23:22.87
ハーロックがいなければ今のお台場はなかったろう
トチローがいなければ今のイチローはいなかったろう
古代がいなければヤンはいなかったろう

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 22:37:46.49
>>908
行きはともかく、帰りは帰還の間ずっと眠っていて、目が覚めたにらついていた……なんて
やってると、PTSDで壊れる兵士続出しそうだな。クールダウン期間は必要だ。

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 22:43:29.59
兵士だって、移動中は訓練とか勉強しているだろ

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 23:11:58.02
ヤンが居なかったら
同盟の寿命は何年延びただろう?

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 23:16:00.21
>>913
同じ時代にラインハルトがいたから、ヤンがいてもいなくても同盟は滅んでたでしょ。
アムリッツァの大敗がなくても、帝国全土の兵力をまとめたラインハルトに同盟が抵抗し得たとは
思えない。

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 23:18:19.29
作中でもヤン自身がヤンがいないifをやってたなw

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 00:55:59.87
>>898
回廊が2つあるから、函谷関と武関かなあ、
と思ったのは俺が「キングダム」にはまっているせいなんだろうなw

イゼルローン要塞問題だが、こういうのはどうだろう?
アルテナ星域から同盟に行くにも帝国に行くにもワープが必要で、
かつ、ワープ可能域が限られており、ワープ時は無防備になる、とか。
イゼルローン要塞を迂回してこっそり敵国に行こうとしても、
必ず見つかってしまい、かつ、ワープしようとする無防備なところを
駐留艦隊に襲われてしまう、とか。

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 01:09:35.87
ヤン「ココココココココ」

回廊内はワープできない
何故かは不明だけどそうじゃないと話が成り立たない
そして回廊は短い
そうじゃないとワープできない回廊の通過にとてつもない時間がかかってしまう

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 01:15:58.20
ちなみに一巻のイゼルローン攻略でヤン艦隊は4000光年を24日かけて回廊に入った
出発は4月27日
そして5月14日のイゼルローン要塞両司令官の会議の議題が
2日前からの要塞中心の通信がかく乱されてる件について
日時の関係がよく分からないけど考えてはいけない

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 02:21:07.04
4000光年を長距離ワープ8回短距離ワープ11回ってことは
長距離ワープは一応500光年くらいまでしかとべないのかな

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 05:01:41.20
>>919
長距離ワープだけで4000光年じゃねえかww。8X+11Y=4000で計算しろ。

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 05:05:08.85
>>917
通常航行だと星系内が光速の1.2%が限界速度で、星系外だとアスターテでは
光速の2〜3%くらいだったけど、回廊内はルッツが急いで戻るときの速度は
かなり遅かったから通常航行にもかなり影響するんでしょうね。

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 11:00:15.95
>>920
いやいやww
短距離ワープが調整的もので1光年くらいしかとばない可能性もあるだろ?
最大でもまぁこれくらいが限界か?ってのが500光年て話だよ
ちなみに1巻だとヤンは最初は偽装で逆方向に3日ほどすすんでるらしい
そしてこれを前提にするとワープ不可のイゼルローン回廊は300光年以上はある悲劇w

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 12:33:22.81
>>922
ワープ不可の理由が距離であるとは限らないよ。
恒星アルテナや他の赤色巨星とかの重力のせいかもしれない。

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 12:34:00.95
>916、おらは剣閣だとおもっていたぞ

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 12:42:25.74
>>923
一般的に考えて、細長くないと「回廊」とは呼ばないだろう。
それならそれで、「回廊」部分は航行不能宙もせまいってことで、手前から飛び越せばいいだけに
なって、物語の根幹設定が崩れる。

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 12:44:01.64
ワープアウトできるポイントが決まってるってのはどう?
重力はもちろんだが(原作でそんな記述あったよね)
艦隊がまとめて出現できる位の範囲にゴミがない(定期的に掃除してるとかw)
ゴミのある場所にワープアウトすると対消滅しちゃうとか

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 12:59:53.72
>>923
ヤンが画期的な新技術は1万光年ワープっていってるし単純に距離の問題だと思う
ワープ禁止区域ではあるけど超長距離ワープが実現すれば回廊飛び越えることができるってことだから
>>926
ある程度制約はあるんだろうけどワープの理論や運用が謎だらけだからなぁ
重力は関係ありそうな感はあるね

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 14:38:55.04
>>912
なんか戦争の描写ばかりで総合火力演習とかカイザーの御前で
紅白戦とか10日かかるところ5日で走る猛訓練とかやってたのかな

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 17:03:36.84
>>928
そりゃ普通に考えて演習とかはやってただろ。
行軍中は無理だろうけど。

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 17:24:58.63
訓練もさることながら
兵のレクリエーションって興味あるね
帝国基地のアイスクリーム屋やバナナボートの運転手も軍属なのかとか

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 21:36:28.93
あの植木屋腕がいいなってルドルフが密かに指名してたりして

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 19:38:46.57
ロイエンタールが3万隻規模の演習で100人以上の
死者を出したそうだけど・・・・・・・
演習で100人もの死者だしたら管理責任問われない?

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 19:46:14.02
>>931
そこでミッターのおとん登場

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 20:44:13.39
>>932
その100人は30000規模艦隊の要員の何%だと思う?
そんだけ動かせば100単位死傷者は出るだろ。事故はなくならないからな。一定以下なら管理
側、しかもトップ責任にはならないよ。
まあ、個々の事案の直接の責任者で止まる話だわ。
そんな件までトップの責任にしようなんてキチガイだな。

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 20:44:56.77
>932
そうだな、同盟だったら大変だろうな

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:00:20.69
前に星系内でのみ光速の氷塊質量作戦が可能とかあったけど
エネルギーで吹っ飛ばすのも氷塊だからできないんだろ?
上で星系内どころか他でも光速の数%しか飛行できないらしいとあったが
ワープしても併走作業もまともに破壊工作できないんじゃないの
だったら質量兵器使えるんじゃね

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:40:03.59
>>936
>前に星系内でのみ光速の氷塊質量作戦が可能とかあったけど
光速じゃねえ。亜光速だ。1-99%以上まで幅があるわけでな。亜光速

前に誰か試算した数字だと、それほど高くなかったような。
それに艦だって、戦闘など実用上それぐらいに制限しているだけだから、条件が揃えばもっと
出せるだろう。
さらに言えば並走する必要もない。一定時間、適度な距離で追尾するなり、適切な射撃機会が
確保できればいい話。ちょっと壊す、溶かせばそれで進路がズレて、狙いが外れる。
もっと簡単に予測進路上で待ち構えいれば、向こうから突っ込んでくるから弾幕張るだけで済む
ゼッフル粒子撒いておけば、ラムジェットが吸い込んでアボーン……で簡単だなw

せめて本文をまともに読んで理解してこい。いろいろバカすぎる。

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:53:08.23
>>933
父上、私は簒奪者に力を貸しております

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:07:37.90
>>923
航路図にも繋がるが、デブリやアステロイドがわりと少ない空間でしか、危なくてワープできないんだろ?

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:16:49.47
>>932
艦隊運用の訓練で何故そんなに死者が出るのかよくわからんけどなw
どういう状況か不明だけど普通に考えれば重軽傷者はその何倍もいるだろうし
実戦じゃ戦闘以外でそんなに人が死ぬのかも不明
てか人命軽視の帝国じゃその辺責任は問われないと思うよ
これが演習で1万隻失いましたとかで責任者がレンネンカンプとかなら処罰されてたと思うわ

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:23:49.05
>>940
訓練中の事故による死傷ってのはバカにできない数になるもんだけどな。訓練はお遊戯じゃ
ないんだし。
万単位で宇宙船が動けば、それだけでも危険を伴うもので、事故率1%でも単純に100隻で事故
がある。それで一人ずつ死ねば、すぐ100人だ。普通にありそうな数字じゃないか。

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:31:54.81
戦艦が数艦爆発したら簡単にいくんじゃね?

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:21:43.43
>>942
なんで訓練で戦艦が爆発しちゃうんだよw

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:33:17.06
>>936
俺が疲れてるのか、何を言ってるのか頭にするっと入ってこない

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:38:21.39
>>943
演習での事故というと、艦同士の衝突か誤射かな。
あとは、致命的な艦の故障による事故。弾薬の誤爆とか、機関の爆発とか。

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:41:03.72
宇宙船の中で事故死するという状況がわからんなぁ 
自衛隊にしろアメリカ海軍にしろ船の中で演習中に死ぬものなのか

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:45:18.19
>>944
偶然かなぁ?
俺もだよ

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:46:51.19
>>946
クリムゾン・タイドって映画では演習中に死んでたな。

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:54:04.31
>>941
事故率1%って、かなり高い率じゃね?

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:54:56.21
というかこの演習実弾使ってたのかね
そうなら死傷者の桁が間違ってるんじゃないか
衝突は回避システムとやらがあった気がする
なんにしても訓練でそれだけ死ぬなら実戦じゃこの何倍も事故で死人がでてるから怖いな銀英の戦艦は
とても超未来謎技術満載の円熟した兵器群にみえないw

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:58:15.84
>>949
高すぎるよね
出征するたびにこれより多いパーセンテージの事故が起きるってことだし
わりと本気で戦列の維持にも苦労しそうです

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 01:00:01.96
連合艦隊だったら
八八艦隊、要は戦艦8隻重巡8隻をメインとして
プラス軽巡駆逐艦位だからあんましぶつかんないと思うけど
1個艦隊15000隻で密集隊形から紡錘陣続いて鶴翼の陣とかやったら
なんか不測の事態が起きるんじゃねーの?
コンピュータが弱すぎる気がするけどw

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 01:08:23.48
宇宙で船同士の接触て地上より恐いんじゃないのかな
浸水より空気漏れの方が恐ろしい。

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 01:12:14.74
一隻に100人乗ってるとしたら全部で300万人以上
その内100人が死亡したということは100/3,000,000=0.00003333...
別にこのくらいならおかしくないんじゃね?

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 02:06:42.91
>>932
管理責任って事で言えば、演習をやることを上層部に申請するときに──演習とはいえ、自分の麾下の
部隊であっても帝国領土内で勝手に大規模な部隊運用はできないだろうから、反乱を疑われないためにも
事前申請は必要だろう──「今回ちょっと過激な演習するから死人でるかも」と申請して許可もらってれば
責任は問われないでしょ。
社会人なら共感してもらえると思うけど、それが「根回し」って奴なわけで。
「死人でそうな危ない演習なんてとんでもない」と許可されない可能性もあるけど、無茶な意見をいかに通すか
ってのも組織でのし上がるのに必要な能力なわけで、提督達はサラリーマンになっても優秀──根回しが
うまかったり、プレゼン能力が高かったり、交渉力が高かったり──なのかもしれない。

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 02:14:35.26
>>953
その比較は微妙かな。
海に浮かんでる船は浸水すると沈むけど、宇宙空間なら沈むことはないわけで。
戦闘前に宇宙船内を真空引きして、搭乗員は宇宙服(簡易的なモノでOK)着てれば
気圧低下や、破壊面から空気と一緒に宇宙に吸い出される心配もないわけだし。
アニメでは戦闘中も普通の格好だけど。

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 07:15:03.16
>>952
どうでもいいが八八艦隊ってのは戦艦8隻巡洋艦8隻、プラス重巡軽巡エトセトラだし、その編成が実現したことはない。

>>954
3万隻のうち1隻に致命的な事故が起きて総員退艦が間に合わなければ、それだけで100人くらい逝きそうだな。
旧日本海軍でさえ、訓練どころか実戦の真っ最中に衝突事故を起こした艦隊があるんだし。

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 07:21:08.18
>>956
>アニメでは戦闘中も普通の格好だけど。
小説でも戦闘中に宇宙服?を着用する描写があるのは一巻だけじゃなかったか。

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 09:15:50.38
>>946
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E8%89%A6%E3%81%AE%E4%BA%8B%E6%95%85
海軍での例は、有名どころでこれほどある。
これを宇宙に置き換えれば、だいたいイメージできるだろう。
軍艦・宇宙船大規模な施設、危険物の塊で、しかも危険に対する対処を訓練するんだから負
傷なんて日常茶飯事だし、死亡もあるだろう。その危険を洗い出すのも訓練の目的なんだし。
ずっと原始的で単純だが、その分外からの監視・コントロールも徹底されていたアポロまでの
ロケット、スペースシャトルだって訓練中の事故死例はある。

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 10:22:34.94
軍の訓練で死人が出るのは当然だけど

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 10:25:19.37
惑星カプチェランカ雪中行軍遭難事件

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 10:32:09.44
1〜2個艦隊でアメリカ軍の総兵力に匹敵する人員になる。米軍が3個くらい集まって
演習してるような物だから、米軍でも毎年死人出してるくらいで、もっと通信状態の悪い
あの世界じゃ100人程度で済めば御の字だろう
つか将官になってそれを知らない方がおかしい

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 10:34:55.09
>ちょっと壊す、溶かせばそれで進路がズレて、狙いが外れる
それが出来れば首飾りの時やってるだろ
光速に及ばない亜光速なら星系内だってそれなりの距離があるんだから

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 10:44:10.35
>>963
横からやらなきゃ意味がない。
横方向を取れる機動戦力がなく、攻撃可能なのは真正面にいる首飾りだけ。
徹底してやれば少しは減速して、結果タイミング・狙いが外れることもあるだろうが、首飾りの
AIはそういう判断はしなかったようだな。

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 10:46:46.67
演習にもかかわらず、100人以上死者がでた苛烈なものだったそうだから
逆に言えば、それ以前の演習は死者がそれほど出なかったんじゃない。

それだけ、ロイエンタールの演習は実戦形式の気合いの入った演習だったんだな

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 10:55:16.76
>>965
それで100人程度なら、すごい訓練された軍だな。演習の必要がないくらいw 

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 11:15:58.47
そりゃ何百年も戦争してて
しかもロ王朝にになって兵士の士気も高く
艦隊戦でもヤンやラインハルトには及ばないまでも五指に入ってそうな人のところだし…

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 12:03:31.09
>>964
> 横からやらなきゃ意味がない。

なんでやねん。氷塊の一部が攻撃によって爆発し、その反動の方向はランダム。
攻撃の方向とかはあまり意味ない。

まあ首輪壊しの氷塊作戦は物理考証に耐えないんだから、話題にするのは無粋。

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 13:36:18.18
>>937
アルテミスの首飾り破壊の話は壮大過ぎてねぇ。
10億トンの氷塊を光速の99.999%まで加速して232倍の質量にする。
そうすると(2320-10)億トン×12のエネルギーが質量に変わったわけで、
ざっと計算すると太陽の総放出エネルギーの一週間分、広島原爆の
20京倍くらいのエネルギーが1個の氷塊加速に使われたわけで。
これをラムジェットエンジンだけで実現したのもすごいし、ほぼ光速で接近する
氷塊に反応して狙撃した衛星の防衛システムもすごいし、ぶつかって氷塊を
砕く衛星自体もすごいし、衛星軌道でこんなエネルギーを持った氷塊が12個
も砕けても地上に影響を及ぼさなかったヤン艦隊の軌道計算力もすごいなと。

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 13:50:51.83
衛星の防衛システムがどうすごいかというと、たとえば100万キロの距離に迫った氷塊を発見
したとして、衝突まで10万分の3秒くらいしかない。その間に狙いを定めて狙撃したわけで…。

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 13:53:31.03
>>962
死者が100人も出るほど苛烈な訓練ってわざわざ書いてあるくらいだから普通の訓練じゃ死人なんてほとんど出なかったはず
そうなると死因はなんだ?って話になる
100人乗りの宇宙船が1隻沈むともう100人死亡になるから艦が沈んだとは考えにくい
苛烈ってかいてあるのに被害が1艦じゃ偶発的な事故レベルだし
1艦1人死んだとしても被害は100艦まで
演習参加が万隻単位だからこのレベルで凄い被害の死傷率だと考えると現代の常識なんてまるで当てはまらないよw

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 13:58:59.24
>>969
これを12個同時にやったわけだしなw

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 14:01:34.60
少し上で「100人とか多すぎ責任管理問われるレベルだろ」って言われてたのに
何時の間にか「100人とか少なすぎ現代の常識じゃ考えられない」と変わってる…
たった50レス未満の間に流れが真逆になるとはw

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 14:01:59.43
>>969
イゼルローンなんて簡単に破壊できそうですな

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 14:08:18.19
>>973
あの世界で訓練での死傷100人は多すぎる故に責任問題になるかもしれない
って話じゃね?
現代の常識持ち出して色々いう人に対してその辺は前提がずれてるんであんまり参考にならんよってだけで

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 14:49:05.74
>>968
横レスだが……

俺も、横からやらなければ意味が無いと思うぞ。
巨大な氷塊にとって、爆発による反動なんて蚊に刺されたようなもの。
重要なのは横方向に運動量を与えることだろう。

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 17:07:56.23
首飾り、残ってたら双璧がハイネセンを落とすのに手間取ってラインハルト死んでたかな?

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 17:42:12.11
>>976
氷塊にとっては、光速の99.999%でミサイルが正面衝突するわけで。
ミサイルを仮に1トンとすると、その運動エネルギーだけで
1トン*光速^2/sqrt(1-0.99999^2)-1トン*光速^2=2.0 × 10^22 [J]
ツァーリ・ボンバ 10^5 個のエネルギーか。

1km^3の氷の塊なんて、ひとたまりもないだろ。
正面とか横とかに意味があると?

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 17:45:29.71
まあ粉々になった氷塊に、やっぱり首飾りは襲われるんだが。

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 18:03:01.54
地上の被害が心配

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 18:06:58.11
馬鹿じゃねえの?
未来の質量兵器がそんな間抜けな設計のわけねえだろ。
ちゃんと計算されてる。角度とか。

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 18:29:55.38
質量兵器の起源はヤンニダ

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 18:35:15.10
>>981
角度なつかしすぎるw
昔から2ちゃんやってる奴じゃないとわからないネタなんじゃないか?w

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 18:42:32.20
>>977
切羽詰まった状況だってのはわかってたわけだから、被害を無視して全艦隊同時降下の
飽和戦術に出たんじゃないかな。
いくら首飾りでも数千から数万の艦艇を一瞬で葬れるとは思えないので、他の艦がやられてる
間に数隻でも降下できれば作戦成功、制圧完了。
その場合、被害は大きくなるけど、時間はほとんどかからない。

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 18:42:37.56
>>978
マジで考証すると、破壊はその物質の音速でしか伝搬しないから、
光速の99.999%という音速よりも圧倒的に速い物体が衝突すると、
周囲に破壊が広がるよりも前に貫通してしまう。
即ち、ミサイルと同じくらいの太さのトンネルができるだけ。

>>969
上と同じ理由で、氷塊が衝突した首飾りも亜光速で飛んで
行ってしまうから、もともと地上への影響はあまり無い。

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 18:43:19.39
>>968
最小の力で進路をズラすプランからだよ。
直接の攻撃に爆圧ではなく、氷塊の一部のガス化によってより大きく長い時間、横向きの力が
発生する。それで少しずつ進路が変わっていく。

>まあ首輪壊しの氷塊作戦は物理考証に耐えないんだから、話題にするのは無粋。
勝利宣言乙w
氷塊作戦の考証上の問題はどっちかというヤンのセリフの「相対性理論による質量増大云々」
だが、それがなければ特に問題はない。
考証ゴッコが無粋と言うのは同意だが、少々卑怯だな。

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 18:49:29.05
>>974
いつから「破壊できない」と思い込んでいた?
破壊前提なら無敵でもなかったが、同盟軍が奪取して利用したいと色気出して攻略にこだわっ
たから、ムダにハードルが上がって難攻不落になってしまったのだよ。
ロ朝帝国軍がそれを踏襲したのがイマイチ理解できんが、まあメタな理由だろう。

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 19:44:51.75
演習とか訓練の事故死うんうん出てるけど、軍の訓練どころかちょっと規模大きめな工事程度でも事故死者って当たり前にでるんだよね。

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 20:28:02.53
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_107
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1369999602/

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 20:34:31.12
>>985
> 周囲に破壊が広がるよりも前に貫通してしまう。

核融合が始まるような圧力と温度が生まれるから、衝撃の伝播は全方位に放射されるガンマ線とかがになうよ。
音速(笑)とかどうでも良いスケールの話し。

>>986
一〇億トン×二二二のエネルギーを星間塵の核融合から得るには、
効率100%、スクープ面積10^8km^2、星間塵H密度5粒子/cm^3=5g/アボガドロ数/1cm^3として、
10億トン*222/(5*1g/アボガドロ数/1cm^3)/(10^8km^2)/光速
=2.7 × 10^22メートル=2.8×10^4光年 の距離を走らなきゃいけないぞ?

考証(笑)じゃん。

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 20:59:37.41
>970
光速は秒速約30万キロだよな?
100万キロで発見して10万分の3秒後にぶつかるのか?
頭がぐらぐらしてきたw

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 21:02:08.19
君たち、あたまいいのね。

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 21:44:39.92
元帥級になると瞬時に計算できて当たり前

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 21:48:39.22
          ____
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\    「元帥級になると瞬時に計算できて当たり前」
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |
     \     `ー’´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一””””~~``’ー?、   -一”””’ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 22:13:31.43
>>991
光速の99.999%の速度なんで、光が届いた時点でその距離の99.999%の既に通過してるから、
既に10km先にいることになる。実際はそれ以前にドップラー効果でまともに見えないと思うけど。

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 22:14:56.61
>>985
原作に氷塊が砕け散ったと書いてあるから、アルテミスの首飾りスゴイって話で。

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 22:15:46.49
星間塵を電磁気力でスクープするときに電磁波が出るから、その光で目立つはず。

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 22:16:32.08
>>994
         ____
    .   /     \
      /   _ノ '' ⌒\    
    /    (● ) (● ) \
    |    :::::⌒,  ゝ ⌒::::|  やれやれ…    
     \      `ー=-'  /
 ⊂⌒ヽ/           ヽ /⌒つ
   \ ヽ  /       ヽ    /
    \_,,ノ        |、_ノ

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 22:47:59.68
>>995
光速の99.999%なんて勝手な想定だけどな。それなりに大きければもっと低い速度でも十分な
運動エネルギーを得られるだろう。
アニメだとかなり大きい氷塊を使っていたな。

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 23:08:08.12
考証に耐えないな。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

276 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)