5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_103

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/08(金) 18:18:51.68
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。
次スレは>>980辺りで重複確認・宣言の上で立てること
必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう。

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_102
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1358411508/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/08(金) 18:25:37.92
>>1
よーしパパ、ガイエスハーケンぶちかましちゃうぞー

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/08(金) 19:27:20.35
>>1に対し乙意を表し敬礼を捧げる
( ゚Д゚)ゞ

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/08(金) 21:32:50.06
>>1
乙・ライヒ
(・ω・)ゞ

5 :(゜∀゜):2013/02/08(金) 22:56:44.94
>>1
乙カレー

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 02:15:10.08
>>1乙です。
新スレに祝砲、トールハンマー斉射三連!

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 06:49:42.52
どんなに大規模破壊兵器でもX線レーザー宇宙で撃っても全然わかんないだろ

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 09:10:57.76
イゼルローン要塞に氷塊を亜光速でぶつけたらどうなるんですか?

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 09:19:16.34
損害を受けます ただイゼルローン要塞を被害を与えるほどの
氷塊をどうやって持ってくるかそして敵に邪魔されずにぶつけ
るかが問題です。

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 09:38:08.63
上手い角度でじゅうぶんに加速させて来れば、
後は質量の暴力と無慈悲な慣性の法則が全てを片付けてくれるんでねの。

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 10:14:10.15
ぶつかれば破壊できるけど、上手い角度と加速できる位置まで持っていくのが難しい
大統領に近づけば暗殺できるけどSPの警護で近づくことができないだろ
要塞に駐留艦隊が無ければ全てを片付けてくれるかも。 

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 11:15:13.34
作中でイゼルローンを氷塊で破壊する動機が出てくるとしたらラインハルトだったろうが、
あの金髪の坊やはそういうトリックは使わなさそうだしな

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 13:32:09.99
ひょうかい

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 13:46:24.82
ヤンはバサートラム使って星系外から加速させてアルテミスにぶち当てたんだっけ?
イゼルローン回廊内に加速させられるだけの長距離かつ安定した安全航行宙域を確保できないのかも

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 14:10:12.67
あー前スレ埋まらないうちからお前ら盛り上がりやがって!

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 15:03:36.88
>>2
アニメ板に逝け。
ガイエスハーケンはアニメ呼称

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 15:52:25.98
イゼルローン表面の流体金属層もアニメ設定だ
これも当然アニメ板行きだな

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 15:54:36.79
>>16
よーしパパ、ガイエスブルクで特攻しちゃうぞー

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 15:56:29.02
材料はバーラト星系の他の惑星から調達
宙域は余裕で確保できる
邪魔する機動戦力は皆無

これらの条件が揃ってはじめて氷塊作戦は実行できる

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 16:27:07.39
ちなみになんで氷塊なんだっけ?普通にミサイルとかじゃだめなん?
攻撃兵器であるミサイルより自然物の氷塊の方が破壊力があると?
もしくは防御力の問題?首飾りからの迎撃はものともしなかったよう
だけど、要塞主砲にも耐えられるのかな。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 16:36:27.02
ミサイルならレーザーで撃ち落されるでしょ。
でも、あれってバサードラムジェットにレーザー直撃してたら作戦失敗じゃね?
結構運任せだった?

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 16:42:28.39
氷塊にしたのはコストの問題かな?ようは迎撃で破壊されない大質量のものを
ぶつけるってことなんでだろかね。戦艦などでもいいけどもったいないからかな。
速度の方は別に光速近くまで加速せんでも十分だとは思うな。(衛星の場合ね)

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 17:34:13.80
 エンジンにレーザーが直撃しても加速力が減るだけ。
 まあ、ピンポイント攻撃はアニメみたいに綺麗にはいかないだろうけど。
 エンジンが爆発して(?)進入角が僅かでもずれたら、惑星直撃しかね
ない(笑)。
 さすが、奇跡のヤン!

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 17:34:12.69
>>21
改めて氷塊を用意して加速すればOK。
自動防衛システムだから、何もせずに、待っててくれる。

>>22
第5次イゼルローン要塞攻略戦で、無人艦突入作戦がかなり戦果を挙げたんだよな。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 17:38:17.63
氷塊つかったのはハイネセンたちがドライアイスの船で脱出した件も影響してた


角度云々は未来のコンピューターでいくらでも正しい値が出るんだろうさ
エンジンの調整も含めて

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 17:44:02.32
>>17
現スレでは流体金属の話とか出てないけど?

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 19:00:32.73
直径60キロだっけ?ぶつけるには調整が面倒だぞ。許される誤差は秒単位になるだろうし。
・・・金髪さんケンプに「いきなりイゼルローンにぶつけてもかまわんぞ」ぐらい言っておけばよかったんだよ。
ガイエ持ってこれるならガルミシュだろうがフライドチキンみたいのとか適当に持ってこれるんだろうし

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 19:08:51.30
>>25
影響はしてないよ。苦い皮肉をこめた述懐はしてたけどね。別にヒントを得たとかじゃない。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 19:57:55.60
シェーンコップの「軍の不敗は帝国も同盟も同じ」って台詞はアニメ版だけだっけ?

ご幼少のみぎりに亡命してきたんだから、お前帝国軍の実情なんか知らないだろう、と
ツッコミたくて仕方がない。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 20:24:23.76
「にがいユーモアとして」って書いてあったな
失敬、失敬

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 21:45:52.05
>>29
まあ、認めなければ負けとは言わんわな。
全面降伏して併合された後なら別だけど。

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 22:14:13.86
ハイネセン以外の惑星は地上を帝国軍に制圧されていない。
TVだけで同盟の滅亡を告げられても実感しにくいかも
現実に帝国の地上軍が都市を制圧しないと敗北を実感できないかな。

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 22:48:14.97
ヤンの所にビッテンフェルト提督からメッセージがありますとかって
でっかい画面に映し出されてたけど、だったら最初から
ヤンとラインハルトでテレビ会談みたいのでもして戦争を
避けられなかったのかな

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 23:32:46.83
>>33
無防備都市(惑星?)宣言を出してたから、ハイネセン攻略後には随時粛々と帝国軍が進駐してきただろう。
敵艦隊が味方軍の抵抗を全く受けず自分の惑星に舞い降りる姿を見れば相当なショックを受けそうだが。

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 23:33:44.59
>>34>>32へのレス
失礼

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 23:37:18.01
>>33
その「話し合い」をするために、ラインハルトに対して一定の戦果をあげて見せる必要があったんじゃないか。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/09(土) 23:37:52.74
>>29 31
知ってての名コンビなのかいな? 軍の腐敗

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 00:08:47.02
皆で銀伝のパチンコ打ってブームを起こそう
糞みたいな台だが

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 01:15:32.41
>>37
( ̄ー ̄)v

>>38
パチンコしないんですよ

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 11:02:57.11
あれだと「背後からの一撃」と思う椰子も少なくないんじゃないか?

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 17:47:38.52
>>20
氷塊にしたのは、首飾りの迎撃で削られない+十分な破壊力になる運動エネルギーを得るため
には、かなりデカイ(アニメでは戦艦よりでかかったな)塊が必要で、かつバサードラムジェットを
つける加工をするのが容易だから―だろう。
首飾り破壊後、残りかすが万が一ハイネセンに……という事態になっても大気圏で溶けるだろ
う(計算してあるとは言え、外れた場合も考えると大気圏で大部分が溶けるだろうし)。
要塞砲はケタ違いだから(正確な差はわからんけど)、首飾りの時より大きくないと無理だろうね。

>>21
>でも、あれってバサードラムジェットにレーザー直撃してたら作戦失敗じゃね?
首飾りが迎撃する関係上、当たるなら必ず正面衝突するから、それでエンジン破壊するには
星間物質吸入口のど真ん中にピンポイントで当たらないと届かないわな。自動で判断力のない
首飾りがそれをやるのは偶然以上の確率はないだろう―そっちの方が「運任せ」というな。まと
もな思考力を持っている人間ならな。

>>22
ヤンの解説読み直せ。
そもそもの肝は亜光速に達する加速が生む相対論効果による質量増加を利用した破壊力の
飛躍的な増大だ(ホントは間違っているんだが……)。

>>23
>進入角が僅かでもずれたら、惑星直撃しかねない(笑)。
安全を期すなら、首飾り各衛星の位置に合わせて進入コースも変えるだろう。ハイネセンの横?
を通るコースなら少々ズレでも直撃はないから(そこまで大きく変えられる程の攻撃を受けない
ためにも高加速は有効)、すべてそうなるよう発射ポイントを変えて同時発射すればいい。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 17:51:26.23
>>33
話が終わっちゃうだろw

ラインハルトは戦って征服する気満々だし(ついでに、ヤンに勝ちたい)、ヤンは同盟のトップじゃ
ないから、その権限はない(全面降伏か戦うしか選択肢はないんだぞ)。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 19:00:55.29
>>42
話しが終わらないなら
会談くらいしてもよかろうに

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 19:21:43.36
>>43
この世界では戦闘前に相手に通信文送るってのは割とあるみたいだね。会話ってよりは一方的な
メッセージだけどね。

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 19:36:10.40
軍事行動なんて素早く目立たずと行うのが一番いいと思うだけどねww

>>43 会談て何を話し合うの? 司令官が全面降伏でも決めたんなら
ともかく同盟にしろE・F独立政府にしろ代表は別にいるよ。

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 19:58:57.84
>残りかすが万が一ハイネセンに……という事態になっても大気圏で溶けるだろ
んなもん砕けたサイズによる
氷だろうが機械の破片だろうがあんな近距離で大量のデブリまき散らす訳だから
突入角度や速度によって地上に被害与えない方が不自然

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 20:36:12.20
確かに地上に被害与えない方が不自然だし、高軌道衛星上に
大量のデブリが飛び散って後片づけが大変だっただろう。

だけど、査問会の時ヤンは首飾りを破壊したこと以外責められ
なかった。 
きっと奇跡的に地上に被害が及ばなかったし、デブリの後片付けも
すぐ終わったんだろう。さすがミラクル・ヤン

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 20:43:04.80
>>46
岩の塊よりマシってことだろ(ハイネセンに落ちる分は)。
デブリ云々は原作-おっと言っちゃいけないのだな、ここでは―執筆当時は現実の問題になっ
てなかったし、SFでもあまり話題になってなかったから後知恵になってしまうな。
とりあえず、外れてハイネセン直撃とか大きな破片が墜ちるとかなければ無問題と。後の査
問会や双璧が攻めてきた時も、首飾りを全部破壊した事は触れていても、「デブリがー」とは
皆無だ。なんかあってもあっさり片がついた―事実上無問題だったと。不自然だろう何だろう
と、それが作中事実。

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 20:58:25.52
あの名前の長い査問官が地上に被害があったらネチネチとヤンを
いびっただろうな。

査問官「君の行った作戦で同盟の国民が死傷した どう責任を
    とるつもりかね。」
ヤン 「辞めます」

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 21:02:21.36
バイトじゃないんだから

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 21:06:50.19
政府を救うために頑張ったのにその政府から責められたらヤル気なくならねぇ

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 22:50:54.38
>>46
>んなもん砕けたサイズによる
だな。と言うか、よほど細かい破片でない限り、大気圏では溶け切らない。
ハイネセンの大気層がどのくらいの厚さか知らないが、光速ならミリ秒
オーダーで通過してしまうのは確実だから、溶け切る時間が無い。

>氷だろうが機械の破片だろうがあんな近距離で大量のデブリまき散らす訳だから
それは、あまり心配しなくていいと思う。なぜなら、氷塊は亜光速で衝突するのに対し、
破壊の伝搬は一般に光速よりもずっと遅いから。おそらく、衝突した氷塊の大きさは
アルテミスの首飾りと同等かより大きいだろうから、両者は合体して飛んで行ってしまう。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 22:57:38.36
>>48
SFはどうしてもねー
作品の中では未来が描かれてるはずなのに、
どうしても作品が執筆された時代の科学技術的・社会的制約を受ける

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 23:11:41.14
デブリや隕石の惑星衝突の危険なんて
執筆前から語られてるわ

首飾りがほんのちょっとでも動いていれば
光速単位で動く距離から狙いを定められて移動する氷塊はすり抜ける筈だけどな

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 23:18:56.59
>>52
光速に近い速度で大気圏に突入する際の空気抵抗はすごいだろうな。数ミリ秒で溶けきらな
くてもさらに砕けそうだな。

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 23:22:29.18
>>54
>首飾りがほんのちょっとでも動いていれば
全自動で、そういう判断力や小器用さがない―とわかってる前提の作戦だろ。可能と分かって
いたら、他に手を打つか、そもそもやらないだろう。

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 23:25:29.25
>>54
>首飾りがほんのちょっとでも動いていれば
どういう意味?
静止衛星だとしてもハイネセンの自転に合わせて回ってるわけだし、
そもそもハイネセンがバーラトの周りを公転してる。
最初から止まってるものを狙うわけでもないだろうに。

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/10(日) 23:39:02.67
>>53
読者が受け入れられる発想やアイデアにも制限があるからさ
サイエンスフィクションのバランスと妥協点はそこにも要因あるさね

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 00:00:10.40
ツングースカ爆発引き起こしたのは直系100mの彗星、TNT火薬換算で15メガトン

狙いがはずれてハイネセンにぶつかってたら住民全滅してたんじゃないかな?

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 01:04:59.24
>>58
「サイボーグ009」の雑誌連載開始当初(今から約49年前)ですら、サイボーグという
用語や概念・設定が、編集側に十分に理解されずに、企画採用に数年を要したり、
実際連載に漕ぎつけても、一旦は連載打ち切りの憂き目にあったくらいだからな。

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 10:49:27.89
>>55
やはり光速近くまで加速はやりすぎだな。そんな超防御力を持ってるようには
思えない衛星相手なんだからねえ。ある程度の質量ぶつければそれだけで破壊
出来るだろうに。

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 12:51:54.58
×ある程度の質量
○ある程度の運動量

63 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:8) :2013/02/11(月) 13:01:05.67
銀河英雄伝説VS幸福の科学

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 13:24:33.07
一度加速させたらワープ出来る機動隊だって光速で動けないしレーザーも効かない
光速の運動量止められないって時点で
銀英世界は質量兵器を止める手段がないとなってる
だったらイゼルローンでもオーディンにも石でも氷でもぶつけりゃいいじゃん

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 14:44:37.91
>>55
氷塊から見れば、大気の方が亜光速で衝突してくることになる。
おそらく、砕けると言うより、進行方向にそのまま圧縮されるのではないかと思う。

>>61
このスレ的には、亜光速まで加速しなければならない理由をこじつけたいところだ。
俺が>>52で書いたように、デブリが発生しにくいというのは理由にならないかな?

>>64
このスレでも昔から議論されている。
で、原作に、もしも要塞の破壊を目的としていたら攻撃ははるかに苛烈になっただろう、
みたいな記述があるので、同盟も帝国も要塞の破壊ではなく奪取を目的としたから
石も氷もぶつけなかったんじゃないかと言われている。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 17:32:16.09
>>65
「亜光速まで加速しなければならない」理由はない。
一応、相対論効果による質量飛躍的増大を理由にしているが考証的には間違いなので。
ただ、12基同時に破壊する電撃的な攻撃が必要だから速ければ速いほどいいって程度
(↑の理屈は間違っているが、運動エネルギー=破壊力の増大は間違いない。でかくても
所詮氷だし)。
で、加速のための安上がり、手間いらずな手段を考えたら、ラムジェットという速くなるほど
効率が上がる、半分制御不能な推進システムが最適。最初にきっちり軌道計算しとけば、
理論上ピンポイントは可能だし、実行したってコトは実用上も問題なしだったんだろう=撃ちっ
ぱなしでもかまわない。楽でけっこう。
結局、亜光速までいっちゃいけない理由も作戦上ないから、そのままGO!てだけだろう。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 17:35:21.91
>>64
>だったらイゼルローンでもオーディンにも石でも氷でもぶつけりゃいいじゃん
イゼルローンはともかく、オーディンを攻撃するには、まずそこまで行かなきゃならないので……
回廊通過もできない有様では、どんな攻撃プランを考えても無意味。

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 17:40:21.35
まあぶっちゃけると、星間物質との抵抗があるから当然近光速より下に終端速度があるし、
恒星系内では星間物質の密度も高いから終端速度は下がるし、
加速に要する距離・時間だって相応に必要だ。
バサードラムジェットによる亜光速への加速は数ヶ月単位かかるしな。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 17:41:09.58
首飾り破壊は色々考えても、余り意味はないよ

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 17:55:07.54
>回廊通過もできない有様
なんでよ?
星間物質取りこんで加速するんだろ

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 17:56:25.13
>>69
ほら、立てこもりそうなクーデター派の心を先に折るために、アテにしているだろう首飾りを
デモストレーションでぶっ潰したれっだけの話だし。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 18:06:14.80
>>70
少し上で話出てなかったか?
駐留艦隊と言う横合い簡単に突ける機動戦力がジャマなんだよ。そういうジャマがないから、
ヤンはあの策で首飾りぶっ潰したわけで。
あと>>64下段用にあるように、破壊ではなく奪取したかったから、同盟軍は攻撃を徹底できな
かった事情もある(破壊を前提にすれば難攻不落でもなかったろうみたいな文もある)。
最大に加速しても光速の十数%てところだろうしな。回廊のスケールからすればあっという間に
通り過ぎていくどころか、ノロノロだ。あっさり破壊されておしまい。

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 18:18:48.69
救国軍事会議は手際よく信任・不信任の国民投票すればよかったんだよ
勿論、イゼルローン駐留軍人も含めて
クーデターが国民に支持されてたかどうかわからんし、
次期議会選挙で速やかに同盟の政権は移譲すると宣言すればよし

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 18:22:41.96
発見したときはもう遅いって状況じゃなけりゃ、ミサイルで進路ずらしておしまい

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 18:29:02.24
>>73
>次期議会選挙で速やかに同盟の政権は移譲すると宣言すればよし
アホだろ。クーデターという重大なルール違反やってる連中がそんなこと言って、どれほど信用
できる? 

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 18:37:51.73
何言ってんだ
ヤンだってミサイルでも方向ずらせないから
この方法で投入したんだろうが

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 18:46:14.67
>>75
だからこそ信任・不信任国民投票やればよいと書いたじゃないか

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 19:15:54.82
奇襲ならともかく、これから来ますよって分かるゆっくり加速で、突入進路が分かるなら
進路の途中に中心軸ずらす形でミサイル置けばいい
距離が十分あれば、進行軸を0.01度ずらすだけで宇宙の果てまで飛んでくから

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 19:20:56.03
軸修正位積んでるだろ
恒星系内でもそれくらいないと直撃は無理

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 20:31:59.01
そこは迎撃位置を軸修正では厳しい距離にすればいい

他にも、同じような少し軽めの質量兵器の衝突でもよし
加速不十分でも片側のみ木端微塵はあり得ない
最低でも加速機構にダメージ行ってやっぱりどっか飛んでく
現在地と目標地点が分かっているうえに、亜光速じゃ乱数加速もできないから当るしかない
軸修正で避けるという器用なことができるような速度じゃないしね

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 20:52:42.91
> バサードラムジェットによる亜光速への加速は数ヶ月単位かかるしな。

有人ならなwww
無人だからスクープ半径を大きくして濃密な恒星系内水素をかき集めて
大加速するのが順当ww

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 20:58:46.01
>>80
恒星内でも原理は同じ
当たらせないようにしようと思えばできるってことだね

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 21:04:34.63
>>77
不信任の結果が出たとして、クーデター派が「はい、そうですか」と引っ込むと?
不利な結果で出るに決ってるから、妨害するに決っているだろ。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 21:22:56.49
>>81
あんまり高加速、高速度だと、星間物質を中央に収束するための反作用で
スクープのためのカゴの素材が持たないし、収束のためのエネルギーも飛躍的に増大するぞ。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 22:23:04.25
>>83
>不利な結果で出るに決ってるから
正直やってみないとわからない
1週間後なり2週間後なり
実施するまでの期間
好印象を与える宣伝、啓蒙をすればいいわけで
野党などとの裏工作をする時間もあるわけで
しかもイゼルローン駐留艦隊が制圧に来るのを遅らせることができる
ジェシカのような暴動はほんの一部であって全体ではないわけで
国民の大多数は国が良くなるならばと賛成するかもしれない
だから不信任は確定していない

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 22:34:59.24
>>85
仮に支持されたとしても、非常時でもなく非合法な手段をとった時点で有罪確定。それに国民が
正当性を認めるようなら、同盟は滅ぶべきだよ。死滅と言う形でな。

ヤンはどうするだろうな。「それなら……」とシェーンコップの煽りに乗って独裁者目指すか、政
治家どろこか国民まで民主主義的にクズとわかった自由惑星同盟を消滅させるためにライン
ハルトに手を貸すか。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 22:51:18.94
>>86
まあ、その後は国民が決めることであって
どうなるかはわかりません
大日本帝国から日本国に改正したのもホントに合法なのかよくわかりませんので

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 22:52:41.84
ちなみに、アルテミスの首飾りに氷塊をぶつけた時の影響を
戯れに計算してみたことがある。。。


惑星ハイネセン:半径=6400km
アルテミスの首飾り:質量=10億トン、高度=36,000km
氷塊:質量=10億トン、速度=光速の99.9%

衝突時のエネルギー:2.5×10の31乗ジュール
 エネルギーの96%が氷塊の進行方向に放射、残り4%が全方向に放射 (運動量保存則より)

惑星ハイネセン表面への影響:
 1平方センチあたり平均114億ジュール相当のガンマ線、高エネルギー粒子、反物質粒子等が降り注ぎ、
大気は消滅、地殻は地表から数kmが融けて蒸発・・・


結論・・・\(^o^)/

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 23:12:57.64
>>77
ちなみに、世論調査でよければハイネセン以外では結論が出ている。

同盟の警備隊等はヤンに賛同し、シトレなど主だった有力者はヤンを支持。
クーデターに同情的な意見の面々も手のひらを返し、逆にヤン艦隊へ志願者が殺到する。
クーデター派に賛成するものは皆無。

たとえ、ハイネセン10億が救国軍事会議に賛成でも、他の同盟人120億が反対するから
多数でヤンの勝ち!\(^O^)/




・・・これで、ヤンが権力を握ろうとしないほうがどうかしている。。。(^_^;)

90 :89:2013/02/11(月) 23:15:52.93
>>89
>多数でヤンの勝ち!\(^O^)/

×多数→○多数決(^^;)

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 23:22:57.06
>>88
だからどうやってヤンはそれにならさせずに氷塊ぶつけたのさ

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 23:33:28.87
ガイエの力、ガイエスハーケン

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 23:36:22.38
>>91
俺は>>88ではないが、とりあえず速さを可能な限り光速に近付けるしかないな。
それにより、進行方向に放射されるエネルギーの割合を100%に近付けるしかない。

94 :88:2013/02/11(月) 23:41:40.28
>>88についてですが、無論ジョークですよw(無粋という意味で)

>>91
無論原作でも
> エネルギーの96%が氷塊の進行方向に放射
の軸線が惑星ハイネセンと交差しないように慎重に調整しているんですけどね。

もし氷塊一つが進行方向に惑星ハイネセンあって突入したら、被害はさらに300倍以上に・・・(汗

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 23:47:58.52
>>93
光速に近づけるほどエネルギーが指数的に増えていくから却ってヤバイのでは・・・

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/11(月) 23:58:10.14
>>94
パン屋の二代目乙

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/12(火) 00:32:50.19
氷をぶつけるのは、それっぽく描写はしてみたけれど、
あまり深く考証をしていないんじゃないかな。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/12(火) 03:36:32.99
>>95
確かにエネルギーは飛躍的に増えるけど、光行差も激しくなって
進行方向に集中するようになるので、進行方向にハイネセンが
無ければ、ハイネセンは逆に安全になるはず。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/12(火) 07:11:58.66
>>92
>>16

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/12(火) 10:05:28.83
ガイエ's派遣

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/12(火) 13:03:52.01
>>91
速度の想定が速すぎw
その1/10くらいだろう。普通はそれくらいを「亜光速」という。99.9%なんてのはほとんど「光速」と
到達困難な数字で想定するには無理がある。

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/12(火) 14:04:36.89
10億トンの氷塊なんだから速度はその1000分の1でもいいだろう。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/12(火) 14:35:27.75
ワープ、ワープの繰り返しとは言え艦隊も
光速の何〜何十%で移動しないと目的地に着けないわけで
別に氷を特別扱いする必要はないかと…

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/12(火) 14:45:15.08
>>103
亜光速での移動の距離くらいワープひとつで軽くカバーできますが?
恒星系内でのワープは制限されているようだから、かなり出せるようだが、そういう状況では
逆に数%以上はあぶないから、桁ちがいの亜光速を出せる性能はいらない。
通常推進による移動てのはガチガチに物理法則に縛られるから、逆に難しいだろう(慣性制御
とか重力制御とか超技術も設定されているが、それがどれほど効いているかを明確に描かれ
てないからなぁ。感覚的に描いても言い訳できる方便以上にはなってない)。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/12(火) 15:16:33.35
>>104
一応、星系内では光速の1.2%が限界速度ということになってるようだね。
他には星系内で使えるかどうか不明だけど光速の50倍のパルスワープってのも
あるね。こっちもアスターテ星系外での戦闘時に第4艦隊の救援に行くときに
も使用してないから相当な使用制限があるようだけど。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/12(火) 21:59:18.78
>>105
ドーリア星域だと限界速度が秒速3600kmですね、確か
アスターテ星系だともっと速かったような?

イゼルローン要塞付近だと、ワーレン艦隊帰還のケースで80万kmで5時間だから
限界速度は秒速45kmってとこかな?

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/12(火) 22:23:15.84
>>106
アスターテは星系外での話だったからね。確かキルヒアイスの報告から計算すると
光速の5%程度で戦闘前に行動してたような。
回廊内はやはりなんらかの制約あって速度出せないんだろうね。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 01:06:31.00
同盟軍の兵力が約5000万人(兵力の6割が3000万人より)
最後のシヴァ会戦の兵力が56万人 途中退役したり離脱した
軍人がいるとしても同盟軍の軍人の生存率は1%以下?

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 01:38:38.23
軍人といっても純粋な戦闘要員は規模の1/3くらいだぞ

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 05:36:28.67
イゼルローン共和政府軍はほぼそのまま旧同盟軍の最も濃いエキスだろうけど、旧同盟軍の全生き残り軍ではない。
五稜郭に逃れた幕府軍が全幕府軍ではなかったようにね。

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 07:45:32.70
同盟内でヤンが氷切り取っても
エンジン工作しても全く気づかれないくらいだから
基本惑星内の警備はザルだろ
あんな規模でなくともそこらへんの氷小惑星とっつかまえて
地球教徒がテロ目的で帝国や同盟内で簡単に質量爆弾作れそうなものだが

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 09:30:51.46
氷塊ミサイルはワープが使えないという最大の欠点が

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 10:26:59.22
銀英伝にワープするミサイルなんてあったかいな?

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 10:37:34.97
>>111
救国軍事会議が、星系内警備部隊を味方につけられなかったんじゃね?
あるいは、バーラト星系の警備部隊は第1艦隊の指揮下にあったとか。

それに、たとえヤンの氷切り取りに気付いても、全く手を出せない。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 11:30:56.17
機動戦力皆無な時点で勝負は決まっていた

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 15:55:16.83
>>110
同盟軍は併合時に解体されて事実上断絶しているから、その時点で計算しないといけない。
それと、ヤン一党の主力はバーミリオン後にメルカッツに託した兵力(バーミリオンでの戦死組
にはいるはず)+αで旧同盟軍の生存率とは関係ない。
計算以前に取り上げる要素がてんでダメ。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 19:15:02.89
なんで機動力皆無なんだよ

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 19:54:27.72
>>117
地の文で、唯一の機動戦力を失った、みたいなこと書かれてなかったっけ?

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 22:11:02.02
なんか面倒くさい計算出てくるとスレ伸びないね

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 22:18:50.85
全力で伸ばす目的のスレでないから、それは仕方ない
興味ある話題には参加
興味ない話題には不参加
してるからさ

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 22:20:28.83
ヤン提督らしいですな

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 22:30:04.47
軍に限らず惑星系内に機動力が一つしかないとかどうなの

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 22:31:21.62
>>117-118
あと、同盟軍の中には救国軍事会議寄りの部隊も結構いたみたいだが、
第11艦隊の敗北とスタジアムの虐殺で全部ヤンに付いてしまった。


と思ったけど、地方でクーデターを起こした4箇所のうちシャンプールを除く
3箇所がまだ残ってたと思うけど、動けなかったのかな?
# まあ、ヤンにとってはシャンプールの部隊以外は邪魔ではなかったようだが

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 22:41:40.48
>>111
質量兵器が全く頭になかったようだから
「あいつなにやってんだ?」
程度の認識かと
常用されるようになると全力で阻止されると思うけどな

>>113
他の星系からワープで持ってこれないってことだろ
使用する星系で作らないといけないから面倒

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/13(水) 22:44:09.42
>>116
>>108に言ってくれ(*´∀`)σ)A`)

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 02:33:57.45
>>122
星系守備隊ってのがあるらしい。ただ、最前線近くのエル・ファシルで駐留艦隊が三千かそこら(リンチの時ね)だから、
より内側の星系にどれだけ置いてるかは推して知るべし、というところなんじゃないの?
バーラトに限れば首都防衛に第一艦隊、首都星系守備に第十一艦隊と普段なら二個艦隊配備だったんじゃないかな。
第十一艦隊は全滅、第一艦隊は司令部拘束で端から味方ではない。あとは編成・再建中のなんちゃって艦隊だけ、という状態だったのでは?

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 07:50:19.76
>>123
その阻止手段を失ったと地の文にあるんだから無視しないでくれ。

他の星系から10億トンの氷塊運ぶ方がよほど面倒だと思うなあ。

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 09:20:30.66
外伝・黄金の翼で
キルヒアイスは射撃の腕は抜群だったけど、士官学校では射撃の天才(それ以外はダメだが)みたいなやつがいて
一位の成績は取れなかったって描写があったと思うのだけど、一位の彼は作中で登場してるのでしょうか?

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 12:56:08.07
>>123
>3箇所がまだ残ってたと思うけど、動けなかったのかな?
既出のようにハイネセン以外の世論は反クーデターと逆風も逆風。
それで魔術師ヤンがハイネセンを開放しようという段階―キチガイ級のシンパでもいなきゃ、
(・ー・)オワッタナ・・・と判断するだろ。書かれてないだけで、シャンプール後相次いで投降したん
だろ。

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 17:49:55.45
>>122
一個艦隊クラスの敵を相手にできる規模の機動戦力が無いって話だろw
第一艦隊首脳部はクーデター反対で拘禁でもされてたんだろうし

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 18:08:38.01
艦隊戦力がなけりゃ首飾りの兵装のアウトレンジからレールガン撃ち続ければノーミスで勝てる。無人の駆逐艦特攻させてもいい

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 18:29:15.88
戦意喪失
びっくりドンキーさせる意図があったんだからさぁ
首都防衛するアルテミスも凄い威力なんだぜ。
でもそれを上回るアイデアで破壊するぜ。
の演出だって必要だし

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 18:36:06.73
逆に考えてハイネセンを難攻不落にすると言っていたアルテミスの首飾りの
破壊力てどんなものかな? 
帝国軍が攻めてきた時、同盟軍は戦術的にどういう風に利用しようと
したんだろう

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 18:52:42.42
アラモ砦だな

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 18:59:06.45
1個の衛星が何百隻分かの破壊力があったんじゃないのかな
それが12個分
それくらいじゃないと軍幹部が難攻不落と豪語せんだろう

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 19:24:14.15
>>135
1個1千隻分としても1万2千隻か
しかも半分は惑星の反対側にあるわけだから…

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 19:30:16.46
>>131
いい作戦だ―アウトレンジ攻撃できる十分な威力の兵装がなけりゃ根本的に成立しないという、
些細な欠点があるが。

ヤンの氷塊ぶつけ作戦は本質的にはそれと同じで、欠点を補っている上に、コストも手間も時
間もずっと少ない。

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 19:30:50.22
長大な射程と無尽蔵のエネルギーがあるんだろうなー、想像もつかないが。
撃ったら衛星軌道外れてどっか飛んでったりせんのかな

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 19:33:40.74
帝国が攻めて来ると考えれば衛星の兵器は長距離攻撃がメインだろ。
敵の艦砲の届かない距離から攻撃して撃破する
そうすれば軍が自信満々だった理由が解る。

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 19:59:12.66
首都攻略という詰んだ状態では、帝国側は衛星以上の長射程兵器を設置し放題ではなかろうか

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 20:55:33.08
>>140
用意してあればな。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 21:05:20.89
攻城戦を想定しながら攻城兵器を用意せずに城を攻略しにいく間抜けな軍隊が存在するとかしないとか。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 21:12:29.56
てか結果論だけどアルテミスが残ってれば時間稼げてバーミリオンで勝てたんだよなw
どうせならイゼルローン級の12個つなげて難攻不落ぅぅぅ!って言ってれば笑えたのに
んで内乱時に全部シェーんコップに無力化される

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 21:26:52.29
まあ、当初の作戦ではヤンが出てこなければハイネセンを攻撃するのはラインハルト本隊なので、
ハイネセンの条件が変われば、攻撃部隊の条件も変わる。それを狙うヤンも変わる。
ifが過ぎるので同様の結果を生むかどうかはちょっと。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 21:38:34.07
>>142
ヤンも想定していたはずだけど、準備せず現地調達で済ませていたやん。
兵器ではなく策でどうにかするのが、この世界、この作品。

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 21:44:42.99
>>145
調達するアテなかったら攻略案として成立してないwそこまで含めて想定だろ。
攻略方法は考えていたけど、現地ついてよくよく考えたら実現不可能でした、なんて銃殺ものの馬鹿だわ

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 21:52:01.94
まさにいきあたりばったり、そんな作戦参謀いたら銃殺ものだが、戦史には時々、こういうどうしようもない馬鹿いるんだよなあ。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 21:52:39.47
そういやアルテミスの首飾りって使われてなかったなw

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 21:56:21.70
>>128
ルッツ
後に元帥まで昇進

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 22:03:10.03
射撃トップな奴は概ね、隠し持ってた実包で
深夜トイレで教官射殺してから自分も口にくわえて
自殺するんだよね。仕方ないね

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 22:43:47.55
>>149
いやでもキルヒが二位に甘んじるハメになったのはそいつが同期だったからだしょ?
ルッツって10歳くらい年上だよな?(キルヒとラインハルトから見て)
それとも士官学校の歴史上2位だったってことか?読み直してくるか・・・

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 22:49:57.78
一位だと軍内部でキルヒアイスの名が売れすぎてしまうから
作者が二位だということにしておいたというだけな気がする

一応キルヒアイスは、ラインハルトが引き立てる前は帝国軍内部では全くの無名という扱いだったから

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/14(木) 23:16:08.94
>>145
いや、ヤンは最初から現地調達で済ます作戦を想定していたのでは?

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 00:02:34.68
>>150
ファミコンウォーズが出るのか
母ちゃん達には内緒だぞ

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 00:20:32.02
フレデリカさんはヤンデレですか?w

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 00:23:06.19
どちらかというとドワデレぽっいが

157 :(゜∀゜):2013/02/15(金) 09:24:24.93
>>128
出ていない。

帝国軍は提督クラスくらいしか登場機会が無いし、
ラインハルト、キルヒアイスと同期なのはトゥルナイゼンが登場している。
また幼年学校の同期は当然ながら帝国上流階級、つまり貴族出身者がほとんどなので、
多くがラインハルト、キルヒアイスの敵側にまわったことが書かれていたりする。

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 10:10:19.43
>>157
やっぱり出てないか・・・
ありがとう。もやもやが晴れた

159 :(゜∀゜):2013/02/15(金) 11:33:09.85
>>152
キルヒアイスが二位っていうのは、
天才のラインハルトよりキルヒアイスが戦闘力で優れている、という描写で、
読者がキルヒアイスがラインハルトを凌ぐ天才だと読者が誤解するのを防ぐためじゃないかな?

小説の描写でも射撃の腕が一番だった人物は天才と書かれており、
キルヒアイスは天才ではない、ということを強調しているように見えるしね。

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 13:30:20.14
ラインハルトの異常な昇進速度が姉の威光だという評判が立っていたので
キルヒアイスの射撃の優秀さは、それとは違う公正さを感じさせてしまうんだよね
ラインハルトも一応、幼年学校首席のはずなんだけど

ココらへん、キルヒアイスの描写がかなりきわどい感じになってしまっている気がする
はたから見てラインハルトより人望や評価が上だと表現してはいけなくて、
かと言って忠実なだけの無能従者にはできない、作者のさじ加減

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 16:15:31.93
ブラスターは反動が小さいから幼年学校生でも撃てるのか

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 16:39:29.70
模擬銃でも使わせるだろ
幼年学校は軍人になるための学習校なのだから

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 19:09:41.10
38式とかFNCぐらいの反動の銃なら中学生ぐらいの体重ならいけるだろ?

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 20:27:29.74
貴族なら子どもの頃から領地の平民を射殺しまくってるだろうな。

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 20:46:00.23
>>164
鞭で叩いて憂さ晴らししてる貴族なら出てた
さすがにそこまで鬼畜ではないんじゃ

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 20:52:12.63
まあ中には鬼畜もいただろうね

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 21:39:52.41
人間狩りはさすがに黙認できないだろ
隠蔽しても一揆起こして焼き討ちにあうよ

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 22:03:50.92
キルヒアイスが奴隷の中に見つけた美少女と恋仲になって
ラインハルトのことは眼中になくなるラブストーリーも期待したかったな
でもラインハルトなら許しそうだが

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 22:15:07.58
>>168
容姿がアンネローゼそっくりだったら内心複雑だろうなw

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/15(金) 23:45:09.91
>>169
その美少女の頭がスカスカでなければ
むしろ「姉上はおまえにやるから、その女はゆずってくれ」の方向に行きそうな気が・・・

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 00:01:17.44
仮りにだ
姉上が双子だったとしよう
ひとりは妾で連れていかれた
もうひとりは普通に社会で生活してる

ラとキの心情、信念はいかなるものになっていたか

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 01:11:55.49
>171
双子の一方に対する思慕が不成立になったとして、その対象が当人を向き続けるかもう一方に向かうか、だな。
キルヒアイスについて言えば「双子だけどあの人とは違うんだ」という気持ちが強く働くのではないか。

ラインハルトについては原作ほどの強烈な決意を持つにいたったかどうかは疑問。

というわけでキルヒアイスがラインハルトを引っ張る形で話が展開…?

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 08:13:22.60
>>171
双子だと両方連れてかれるんじゃね?ww

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 08:15:20.58
フリードリヒIV「ロリの双子、真のロリロリ…ふむ実に新しいwww」

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 10:06:22.12
フリードリヒIV「ホホ、右を向いても左を向いても・・・」

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 10:31:05.98
うはははは どちらを向いても○○ばかりだ ※※をつける必要もない・・・あれ?

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 12:48:35.07
>173
口直しに弟も連れて行ったらよかったんじゃね?

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 18:15:32.47
おちんちんワールドカモン!な椰子だったっけ?放置されてそのうちベストパーレに食べられちゃう?

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 18:34:22.84
> ベストパーレ

誰?www

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 21:03:45.23
>>179
> > ベストパーレ
>
> 誰?www


これは恥ずい……

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 21:24:23.80
ヴェストパーレ

案外と、小さなェとヴの文字入力での出し方を知らない人は多い

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 21:35:26.88
しかしリューネブルグも華々しい功績挙げたラインハルトに喧嘩売るとは
見上げた度胸だよね
オフレッサーにビビって汗かいてた奴が
まあキルヒアイスも双璧も恐れてたがラインハルトはそうでもなかった

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 21:43:26.62
ラインハルトの敵役として立ちまわって
帝国上層部に取り入ろうとしてたんだから、まあそうなるよ

ラインハルトの出世レースの足を引っ張って、門閥貴族に貸しを作ろうとしたら
前に作った貴族義兄への貸しが予定外の形で不良債権になって爆発した感じ

爆発させたのはグリンメルスハウゼン老人だが

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 23:25:55.14
17歳の高校生となら喧嘩しても勝てると思ったんだろうな

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/16(土) 23:41:24.17
「よく頭のまわるガキだ」と思っても、まさか超絶天才青年だというところまでは
思い至らなかったんだろう

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 01:59:30.33
「反撃の準備を整えた退却」ってどうやってるんだろう
将棋的に「この部隊が後退するときはこの部隊が掩護して」みたいな各部隊の連携なのかもしれないけど、それでは相当時間がかかってしまうし、
なにより敵が全艦隊で突っ込んで来たら防ぎようがないと思うんだが。
兵を伏せるような地形も宇宙にはないから具体的にどのように追撃を躊躇させる、あるいは効果的な反撃をするのか分からないなぁ
敵前回頭はこの世界の戦闘では下策だし(なりふり構ってられない時はそうするんだろう)
やっぱバックするのが相当速いのかな。だとすると艦の前方に向けて巨大な推進装置がw・・・ということなのか?
レジオナルパワーの戦闘みたいにすれ違いながら撃ちあうなら分かりやすかったんだが

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 03:47:22.19
>>180
何が恥ずいんだ?

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 08:02:54.50
Westphaleはヴェストパーレなのに、Wolfgangはヴォルフガングじゃなくウォルフガング。
誠にもって統一性がない…

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 08:09:22.65
そんな下らない揚げ足取りを延々とやってる所が恥ずかしい

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 08:30:49.56
>>186
艦隊の艦船というのは1隻じゃないんだからさあ
全部の艦が全部後ろ向く必要なんて無いわけよ

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 09:12:34.91
ファイエル!

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 10:46:52.45
やっぱジワジワ連携しつつということか・・・

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 10:51:46.94
逃げるときこそ攻勢のときと同じくらいの反撃せにゃならんとジョミニのおっちゃんが言ってた

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 12:02:54.89
グリューネワルトもそうだなグリューネヴァルトが適切
>>189
くだらないってヴを既に文字で使ってるのにワ変換とか
変に訛って書いてるから普通に読んでておかしいんだよ

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 12:46:31.94
軍師ナルサフさんの悪口はそれまでだ

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 12:55:39.55
そもそも帝国語であってドイツ語じゃないんだから別に構わんだろ。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 13:23:23.26
>>186
ハーレンファイトでさえ失敗したんだから相当難しいんだろうな

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 13:39:20.45
>>186
いきなり全力バックって考えはどうかと思うが。それは瓦解と変わらんだろ。
逆進噴射でジリジリ下がって、タイミングを計りつつ隊形整えて、殿役や当座の援護役が壁に
なってる間に順次回頭全力撤退すればいいだろう。場合によっては、とりあえず安全な間合い
取った部隊から再編して長距離支援をする。それで敵の追撃の意志くじいたら、一気に……と。
手間が掛かっても、被害を抑えるには仕方がない。
普通はそうするから、逆に強行突破してグルリと大回りで退くってのが策になるんだし。

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 14:21:49.91
そんなに発音に拘るならアルファベットで書き込めば?w

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 14:42:44.82
ヤンのアスターテの策ってアスターテ以降全く使われないよね

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 14:50:00.75
>>197
もはやわざとやってるだろwww

>>199
作品表記のまま書きゃいいだけのこと

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 14:53:30.46
そもそも原作の表記から間違ってるのにそれは無視するんだねwww

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 16:34:34.37
現代ドイツ語じゃないからな
銀英伝は

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 16:42:58.65
んなもんドイツ気取りを失敗してるのに擁護してる儲の言い訳だろww

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 18:27:40.19
>>204
ドイツ詳しい自慢の厨房が沸いているようにしか見えんが?
ドイツ語講座ご苦労wwww

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 18:34:45.81
>>204

ルドルフが貴族階級に与えた姓は「ゲルマン風」。

小説に書いてあるのに、
現代ドイツ語と違うとか馬鹿じゃない?

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 18:54:36.92
>>206
実際馬鹿だろ?
そいつはただの荒らしだからほっとけ。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 19:18:50.17
※本人はバレてないと思っています

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 19:52:50.90
喧嘩をやめて 二人を止めて
私の為に 争わないで

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 20:30:05.94
ファイエル(笑)
原作通りで行きましょう(笑)

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 20:41:56.13
ヴェストパーレをヴェスパトーレと読んでた俺参上
だってなんかかっこいいじゃん

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 20:50:41.06
おれもだわw
パストーレに悪影響をうけた気がしている

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 20:54:55.95
ファイエルは恥ずかしい

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 21:30:53.50
\           /     /. : : : : : : : :ヽ-‐.: :_;. --- .._: : : : : : : :\       \      /
_  争  も  _   /, -‐==ミ: : : : _,ィニ-‐……ー-: 、`ヽ、: : : : ヽ、      _   争   _
_  え  っ  _     . .:´: : : : : : : ≠:7: : : : : : : : : : : : :ヽ、 ヽ| : i : : :,     _    え   _
_   : . と   _   /.: : : : -‐: :7´: : /:,ハ : : : :ヽ : : : ゝ-- :\ | : :! : : : ,   _    :   _
_  :      _ /, -‐/.: : : : :i : : /ィ:爪: : :\ :\ : : :\: : :`ト : !: : : :′   _   :    _
             〃  /. : : : : : : |.:イ :ハ:| \: .、\: : xィ¬ト、: :| : : ! : : : : :,
/          \   /.: :/.: : : : /l : |/Гト、       / |_,ノ0:::ヽ : : :i : : : : :′ /        \
 /  |  |  \    | .:/.:/. : : :i: i : | |ノ0:::ト :::::::::::::   |: :∩::::::ト: : : !: : : : : : :,  / | | \
             ∨i: |: : : : |: :ヽ| |::∩::| ::::::::::::::::  !.::∪::::::| |: : :i : : : : : : ′            ,ィ /〉
               |: |: : i : :', : |  |::∪::| ::::::::::::::::  !: : : : : :||: : i : : : : : : : :,          / レ厶イ
                ヽハ: : :、: :ヽ|  l : : : |:::::  ,  ::::└――┘ ! : : i : : : : : : : ′        /   ⊂ニ、
                い、: :\/   ̄ ̄                 ', : : i : : : : : : : : ,     _, -‐'    ⊂ニ,´
    r 、  _          ヽ: :〈        <  ̄ フ         |: : : ! : : : : : : : :′,.-‐T   _,. -‐'´ ̄
    くヾ; U|           | : \                   /| : : :i : : : : :_, -‐'    |  /
   r―'   ヽ、             | : : : \               イ: : :| : : :i_,. -‐       |/
    `つ _   ̄ ̄Τ`ー―-- L: : : : : `: : . . .  __    .:〔: : :|: : :r┬'              |

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 21:47:01.31
ベストパーレ?
誰それw
ヴェストパーレだろ!!!!!!!!!!!!!!
表記は忠実に!!!!!!!!!!!
何回でも蒸し返すぞ!!!!!!!!!!!

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 22:35:43.64
作者の考察もしけてんよなあという意見に「小説に書いてあるのに」www
読解力なさ杉ワロタwww

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 23:10:42.12
ワロタw←ワロテナイ

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 23:15:42.73
だから俺の住んでるところは訛り強いからキルヒアイスは
キルへアイシだしルッツはルッチだしシェーンコップは
シーンコッピだって仕方ないだろこれで俺の田舎では議論が
成り立ってるんだから

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/17(日) 23:50:46.00
俺がもしヤンだったら、同盟のクーデターを収束させた時、
トリューニヒトと面談して、帝国を滅ぼすまでお互い協力しようと
もちかけるかな・・・。
宇宙を民主主義で統一したら、自分は引退して年金で楽してくらすから
あとは宇宙宰相にでもなって下さいな、って言えば、応じたんじゃ無かろうか?
で、軍権を掌握できればオーディン占領も夢じゃなく・・・。
まあ、統一した後、暗殺されそうになるだろうけど、その時は、
シェーンコップに返り討ちにしてもらえばいいわけだし。
全く別のシナリオとしては、レダ2号で暗殺されないように、
10隻程度の護衛とRリッター200人積んだヒューペリオンで
ラインハルトに会いに行けば良かっただけってのも妄想した。

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 00:04:00.50
良い弓は飛ぶ鳥がいなくなったら蔵の中にしまわれて
獲物のいなくなった犬は煮られて食べられちゃうって話聞いたことあるな

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 00:09:57.04
俺がヤンだったらクーデター収束後、
トリューニヒトに期限付休戦協定を
帝国に持ち掛けるよう圧力かかける

んで同盟が帝国滅亡させるなんてどこから考えが湧き出したの?

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 02:38:21.95
クーデター収束後なんて同盟詰んでるんだから帝国が休戦協定なんて呑むわけ無いだろ
そう言う事をするなら最初にイゼルローンを攻略した頃
トリューニヒトとの取引だって色々やらかしたあとじゃ行き掛かり上難しい
これもイゼルローンを落としてマスコミにもてはやされてた頃が
トリューニヒトにとっちゃ旨味があるだろ

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 03:17:16.88
>>221
クーデターを制圧したことで、同盟市民と軍両方のヤンへの支持は頂点を
極めていたから、クーデター直後ならヤンが全軍を掌握できた。
ただ、民主主義だから文民トップ(トリュ)の支持が必要。そこで手打ち。
それと、帝国がラインハルトに統一されることは当時明白で、その後同盟を
滅ぼすために攻めてくることも確実。
よって生き残るには帝国を滅亡させる以外なし。
まあ、分かっていてもしないから、リアルヤンは民主主義の殉教者になっちまったんだけど。
>>222
詰んでるほどではないんじゃないかな?ランテマリオ前だから、
4艦隊6万隻はあったと思うよ。

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 03:29:24.45
4艦隊6万隻と大補給艦隊を率いて帝国軍を各個撃破。
で最後はオーディンを占領し、アンネローゼを捕虜に。
ヨダレが出そうな妄想じゃない?^^;
「統一の後は、地球を首都星にします」て密約(嘘爆)もしとけば、
地球教も応援してくれるし。

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 03:37:36.17
>>223
4艦隊のウチ14,15の2個艦隊は惑星警備豚の重武装艦、
新造艦、退役間近の艦を根こそぎかき集めたもの
オワッテルよ

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 05:35:27.00
皇帝エルウィン・ヨーゼフ2世
摂政ラインハルト

首脳会談が正式に開催すれば交渉につけ込む余地はあるるのでは?

御帝国も混乱収束に疲弊
弊同盟も混乱収束に疲弊したばかりでございます。
互いにしばし、休戦期間を設けるのはいかがでしょうか?
帝国にとって即刻、戦闘継続を進める理由がおありでしょうか?
もし理由がおありなら是非お伺いしたい
できれば同盟としては休戦協定を提案いたしたいのです

ラインハルト
「同盟を一挙に攻める入る機会であると判断したからだ!」
「そちらに軍備強化再編の時間的余裕を与えることを私は許さん」
って会談で強気に言えるかな?
一応、皇帝はぽかーんとお座りになってますおりますが

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 05:49:56.27
帝国は混乱はしたが疲弊はしてないぞ。
同盟と帝国では国力が違う。

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 05:59:21.98
>226
帝国は同盟を対等な交渉相手として認めていないから不可能
そんなことをすれば政治的正統性を失う。

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 06:02:21.90
わが帝国は疲弊などしておらん
即時、戦闘準備に入り同盟に侵攻する絶対的兵力がある!
休戦協定交渉など愚策の極み
即刻立ち去れ!

とラインハルトがガキ皇帝の御前で言い放つ姿があるんだろうな

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 06:24:24.52
対等な会談交渉場がもてなければ
自由惑星同盟宣言を実施

「今後5年間、銀河帝国領土と認定する地域には
軍事的および政治介入は行わないことを宣言する」
「例外的経済・貿易交流は継続とする」

・フェザーン回廊同盟側入口まで
・イゼルローン要塞のアルテナ星域内まで
を暫定的同盟領土権とする

ラインハルト
「なにを申すか!反乱軍どもめ!即時、提督を召集せよ」
「同盟内侵攻作戦を実施する。作戦を立てよ」

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 06:28:24.69
朝っぱらからつまらん妄想爆発させてんな

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 08:39:22.33
いっそヤンが皇帝を僣称すれば良かったんだよ
負けん気が強く、人真似が嫌いなライハルトが対抗して民主主義擁護を掲げる

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 08:50:38.61
朝っぱらからつまらん妄想爆発させてる奴をけなすため
にカキコした奴がいるから
俺はそのけなした奴をけなすために信号で1回立ち止まってしまったよ
けなした奴には、つまる妄想を12:59にお願いすることにしよう

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 09:04:18.96
うん 今朝のコーヒーは不味いな

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 09:11:16.20
同盟が何を宣言しようと帝国にとってはアホのたわごととしか思えないだろうな

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 09:20:13.01
妄想している奴はなぜフェザーンを無視すんの?
帝国と同盟が戦い続けてくれないと利益も得られず存在価値も無く、
同盟との融和政策を図った帝国皇帝を暗殺までしたフェザーンを。

>>224
世界観や設定からかけ離れた妄想があまりにも厨二丸出しなので、
ヨダレどころか痛々しくて涙が出た。

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 11:12:29.01
>>221
クーデターの直後じゃなくエルウィン・ヨーゼフ2世 が亡命
してきた時、交渉できる可能性はあった。
講和は無理でも何年間の休戦協定ぐらいは結べたかもしれない
何と言っても皇帝を助けてくれたんだから無下にはできない
ただし、フェザーン経由ではなくイゼルローン経由でね

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 11:15:18.68
艦隊は艦はともかく人が足りるのか?200万帰ってきたけど内戦であぼーんしたのも多いだろうし。内戦やらなきゃなんとか頭数は揃う?

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 11:36:50.15
軍隊には徴兵の終わった人間を再度徴兵するという禁じ手があるんだよ。
滅亡寸前の国しかせんけどね 
反動も大きいから民主国家の同盟がしたとも思えんが・・・・。

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 11:43:11.52
ローマ帝国は本気出せばハンニバルに殲滅された人員の5倍を投入できたからな
やはり社会が壊れるけど

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 13:29:35.62
>>236
違うな。トリューニヒトはフェザーン(地球教)の飼い犬なんだよ。
だから、トリューニヒトとヤンが組むことは、フェザーンの意向の上。
組むんであれば、フェザーンは味方になるよ。
戦争を続けさせる必要はないのは、事実、帝国に統一させようと舵を
切ったことことからも分かる。それが同盟になるだけ。
>>236は知ったか言う前にもう一度読み直した方がいいよ。

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 13:32:42.73
同盟から交渉を持ちかけることは100%無駄だな。
姉と片腕を失い廃人になったラインハルトは、宇宙を統一すること以外目的がないんだから。
キルヒアイスが死んでなければ、講和の余地があったのは言うまでもない。

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 13:34:32.87
同盟から対等な交渉を持ちかけることは100%無駄だな。
姉と片腕を失い廃人になったラインハルトは、宇宙を統一すること以外目的がないんだから。
皇帝誘拐教唆でも分かるように、あらゆるインネンを付けて占領しただろう。
キルヒアイスが死んでなければ、講和の余地があったのは言うまでもない。

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 13:43:11.77
人格障害かよ

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 14:25:17.51
>>237
実際同盟存続の分水嶺はそこだったよな
あれで同盟は帝国市民の敵になっちゃった
まぁどっちにしてもトリューニヒトさんが首班にいる限り遅かれ早かれな感はあるけどw

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 15:23:07.60
逆にラインハルトが死んでたらどうなってたんだろう
赤毛は姉と夜逃げ、義眼(の擁立する人間)とロイエンが覇権を争うんだろうか

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 17:10:18.93
もしラインハルトが強引な暴挙に出たら
配下が見放すでしょう

それと同盟→帝国への講和や休戦協定の機会はいくつかあったろう
でもイゼルローン奪取やエルウィン亡命時であったとしても
ヤンは口出しできない
クーデターから救出した時ならヤンがトリューニヒトに
「俺のシナリオで動け!さもなくば・・」ができた
唯一のチャンスだったと思うんだ
妄想ではないはずだが…

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 17:30:25.57
なんかフォーク准将じみてきたな

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 18:24:32.73
>>241
まず、トリューニヒトはフェザーン(地球教)の飼い犬なんかではない。
トリューニヒト自身がフェザーンと地球教を利用していただけのこと
次に、帝国に統一させようと舵を切ったのは同盟の国力が低下して
帝国に対抗できなくなったから。その同盟にどうやって統一させるんだ?

>>247
軍人が政治家に圧力をかけること自体、民主主義の精神に背くと
ヤンが忌み嫌った行為
トリューニヒト政権がヤンの提案を受けて講和を進める云々は
妄想じゃないが超えなきゃならないハードルは高くて多いよ。
どんなハードルがあるか読み直して考えてみるといい。

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 18:35:19.77
>>241
百歩譲って、トリューニヒトがフェザーン(地球教)の飼い犬であるとしよう。
ならばなおのこと、トリューニヒトとヤンが組むことはあり得ないな。
むしろ、フェザーンはトリューニヒトとヤンを引き裂こうとするだろう。

ヤンがフェザーンの飼い犬になり地球教に入信するならば話は別だが、
ヤンの設定上そんなことは絶対にありえないし。

知ったか言っているのは、お前の方だったな。

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 18:51:57.90
>>223
ラグナロク以降の同盟の戦力って、ヤンのもの除けば規格外まで掻き集めて数揃えただけ―
正規艦隊が四つ分いたわけじゃない。
侵攻線上に立ちはだかって捨て身の防衛ならともかく積極攻勢ができる能力はない(イゼル
ローン駐留艦隊ぶっこ抜いても2個強―18個艦隊自由に使えるラインハルト相手には無理ゲー
だろ)。

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 18:54:38.87
>>226
門前払い、よくて申し込み文書を読んだ後そのまま捨てられて終わりだろ。
会談の場を設ける理由すらないんだぜ。帝國側には
なんで交渉まで無条件までいけると考える?

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 19:03:21.28
それをも宣伝に使えばいい
同盟は平和を希望し会談を要望した。しかし相手は耳も貸さずに追い払った

なんと器の小さなことだろうか
やはり相手は同盟を根絶やしに来るつもりのようだ

と全国放送

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 19:16:46.26
目的がずれている >>226 は講和が目的じゃなかったの
それとも最初から同盟国内の戦意向上のための策略だったの?

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 19:19:34.75
>>223
戦力的には詰んでるよ
日本で言えば武装させた海上保安庁の船とかもかき集めて艦隊にしたレベル
いかに戦端ひらかないようにして国力回復する時間を稼ぐかが同盟存続の唯一の方法だったんだけどね
突然盗まれた他所の家の引き取って持ち主にかかってこいやオラァァァlとかやっちゃうんだものw

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 19:27:41.51
>>254
時限付としても講和目的だよ
253の演説は
同盟向けというよりは帝国向け
ちょっかいださないと約束しようとしてる連中に
なんでこっちから戦いに赴かんといかんの?
ていうプロパガンダ
少しでも約束破ったら同盟なんてすぐ叩き潰せに行けばいいじゃん
急ぐことないじゃん
と帝国人に思わせるのが目的

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 19:36:06.32
>>256
逆に攻めるなら弱っている今が好機と取られるんじゃねーのw
同盟が時間を稼ごうとしてるなんてアホでもわかるし

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 19:48:00.21
帝国の市民と同盟の市民が殺しあう理由なんて欠片もない。

ルビンスキーも言っているけどラインハルト体制の帝国と
同盟は共存できた。長期的には開明政策で発言力を増した
市民達の声をラインハルトも無視できなかっただろう。

だからこそ、幼帝誘拐事件をフェザーンは起こしてラインハルトは
己が野望にそれを利用したんだけどね。

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 20:22:22.51
途中から流し読みしてるだけだと、要旨が掴みにくいなw

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 21:46:53.93
帝国も同盟も大衆が戦う意味に疑問を持ち始めれば
お偉いさんが意気込もうとも、チャンスだ行けー!
と考えようとも無理なわけで
少しの間でも戦争から遠ざかれるなら話し合ってほしいよな
つう庶民感情を利用するのも戦略だろうね

・敵は休戦を持ちかけている
・味方は休戦拒否して戦闘を継続しようとしてる

俺達やっぱり戦うのかねぇなぜだろう?という気持ち
になる帝国人がいないとしたら
かなりの高等を教育受けてるか、殿様に絶対服従か
情報が完全に漏洩しない管理体制かだね

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 21:51:39.57
主人公たちのカリスマ舐めてるのかね

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 21:54:32.99
>>246
いや赤毛が頂点のほうが万事丸く収まるって

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 22:04:13.06
赤毛は国を治める度量はない
キルヒアイスが大好きな自分でさえそう思う
キルヒアイスはラインハルトの安全弁やっていたほうが一番輝ける

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 22:04:47.25
今やっきまで必死で
ブラ公ぶっ倒してきたよーリヒテン踏み倒したよー
貴族分断崩壊させるよー
ガキ皇帝の摂政になったぜぇ
じゃあ今から同盟滅亡させにいこうぜぇ
がカリスマ?

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 22:06:06.28
fフォーク准将はめげないっすねぇ

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 22:10:47.91
大義と理由がないとね
実権あってもまだ皇帝になってないし
ヤン考案の休戦申し入れを断る理由をラインハルトが考え
臣下も納得せねば

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 22:15:54.82
専制国家の実権握っているのだから、大義名分はいくらでも作れるんだよねえ
部下達はもともとラインハルトの意向に従う人間揃いだし

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 22:20:57.97
専制でも共和でも大義は必要だけど
今はヤン提案の休戦を断る理由だよ。考えるのは

同盟は殲滅せんといかんから絶対申し入れは断る

ならそれでもいいしさ

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 22:23:44.35
いよいよ意味不明になってきたw

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 22:27:36.55
え?どこら辺まで意味理解できてた?
そこから言い直すよ(書き直すよ)

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 22:44:21.18
休戦を断る理由も何も
そもそも反乱軍と休戦するほうがよっぽど何か大義が必要なわけだがw

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 22:53:35.62
だーかーらー
同盟から休戦の申し入れがあったら

・シカトなのか
・ヤダというのか
・お断りの正式文書を送るのか
・ゴメンナサイ、他に好きな人がいるんです

なのか、どうするの?と考えてるんよ

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 23:01:21.48
考えるもなにも反乱なんて問答無用で鎮圧するもんだろJKw

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 23:05:07.56
んじゃなんで神々の黄昏みたいに巧妙に大義つくらせてまで
作戦開始したの?
ジャカスカ侵攻すればええやないか

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 23:22:32.14
やめよう
今日は
コリアンジャパニーズと
ジャパニーズコリアンしかいないなぁ
274はJKで273はKJ

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 23:29:41.24
酔っ払ってんのかねコイツ

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 23:34:23.50
>>274
逃げた皇帝を討つ→ゴ王朝にとどめさしたいがメイン。
逃げる先は同盟しかない→ついでに同盟を征服

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/18(月) 23:40:40.26
反乱軍なんて問答無用で征服するもんだ
ガキ帝拉致→赤子帝擁立
ロ王朝への道筋に意味がない

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 00:09:25.57
ヤンはクーデターを問答無用で潰して第11艦隊を殲滅した
反乱鎮圧なんてそうしたもの
反乱軍が休戦を申し入れて来たからどう対処するか考えますなんて
反乱軍がよっぽど優勢でもない限りありえん

帝国は同盟を国家としてさえ認めてないんだから正式な文書で回答するなんてありえん
どうするもこうするも無いし考えるまでもない

帝国に自由惑星同盟が何か言うことを伝えたければ
ユリアンがやったように皇帝のいるところに揚陸艦で突っ込んで直訴するしかない

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 00:12:53.41
赤子帝擁立は帝位簒奪のため
同盟征服なんてそのオマケw

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 00:48:04.07
帝国にとっての同盟は、アメリカにとってのアルカイダ。

某氏のSSではないが、反乱軍に殺された数百万人の報復を求める帝国市民はいても
休戦を求める声などでるはずもない。
帝国が交渉に応じるとしたら、それは同盟が恭順を申し入れてきたときくらいだろ。

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 01:05:37.72
つまり同盟からの休戦申し入れの場合、帝国は問答無用にシカトですな
ヤンは日常的に無駄な知恵を使ってたことになるし
高等弁務官事務所も不要になった
対フェザーン貿易事務所でよかったのにね
あとガキから簒奪出来なくて、赤子から簒奪出来た理由はなんだったっけ?

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 01:10:32.89
銀英伝の内容覚えてない奴が無理にレスしなくて良いよ

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 01:19:50.39
アドバイスしてもらわなくてもレスはします
赤ちゃんの後見人がどうして皇帝になれたんでしたっけ?

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 01:57:22.07
>>284
究極的には「なりたかったから」だな。

あの時点では、どんな無茶なことも通っただろう。

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 01:59:49.33
機が熟したからって方が適切かも。
相手がガキか赤子かなんて関係ない。

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 02:10:16.46
ずれたことしつこく言ってるアホは、やっぱり内容をよくわかってないんだな

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 03:37:25.13
>>287さん
あまりココに居ないのか、わからないのかも知れないけど
ズレてれば、ズレてるよ
間違いがあったら、間違ってるよ
誤解してたら、誤解してるよ
って指摘してくれる人が多いの
初歩的な質問にも快く答える人も多い
勿論、議論に熱が入ることはたくさんあるよ
でも俗っぽく言えば住人が大人なんだよね
時折、用語や表現の揚げ足取りする人はいるけど、
全体的にはマターリなんだよ
だから釣りや煽りのようなレスを控えてくれれば幸いです
よろしくお願いしますね

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 04:15:47.78
何でバカを甘やかさなきゃいけないんだw

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 05:02:48.59
>>284
流石にその程度のことが分からないと他のことも全然わからないんじゃないか?
煽りじゃなく本気でそう思うんだが
主役の一人であるラインハルトの心情や性格、目的とか考えてみようぜ

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 05:41:55.94
原作読んでないんじゃねーの?

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 06:12:28.45
圧政から解放されることを期待させるし同盟も事実上倒した
これで国民に支持される英雄となったのだから
実権的に帝国を支配する地位になったことは言うまでもない
ただゴ王朝を滅亡させたり打倒して乗っ取ったというよりは
地道にのしあがって、かすめ取った感が王宮内では起きてるから
たとえ熟読していても疑問に持つのは致し方ないとは思う
だけどなんでネタの流れが変わったのかが不思議
同盟からの平和解決、講話のシナリオの模索ではなかったっけ
休戦講話の持ち掛けなど論外で話題を蹴散らしたんだっけ?

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 06:48:03.62
>王宮内では起きてる
自分の脳内を勝手に王宮にするな

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 07:18:25.24
あちゃー宮廷ね
ノイエサンスーシと書けばよかったかね
それくらい勘弁してちょーよ

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 07:46:28.57
>>292
>同盟からの平和解決、講話のシナリオの模索ではなかったっけ
>休戦講話の持ち掛けなど論外で話題を蹴散らしたんだっけ?
講和持ち掛けとか双方の思惑の一致、パワーバランスとタイミングで決るものだって前提が欠
けていてはお話にならんわな。平和的解決なら相手がダボハゼのように食いついてくるって
お花畑前提だもん。そんなのあり得ない。

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 07:58:14.57
つまり帝国領侵攻作戦の時に友人惑星を片っ端から核攻撃すればよかったんですね?

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 08:02:09.03
ヴェルサイユ講話条約や
サンフランシスコ講話条約って
各国の思惑が一致したんだっけ?

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 08:08:26.02
>>296
食糧や物質の援助しないだけでよかったわけで・・・
さすれば当事者の恨みは帝国軍に向けられたかと

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 08:23:47.73
頭悪過ぎて議論もできないのはしょうがないけど、
せめて誤字には気をつけようぜ

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 08:41:05.62
昨夜からの当たり屋さんですかね
もし、自分にとってどーでもいいスレにはツッコミも返レスも不要なんです
回答や議論に参加したくない時も自由なんです
無理にレスらなくていいんです
住民大勢いるので心配しなくていいんです

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 09:17:29.73
お前がジャマなんだよ

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 09:34:05.58
>>301はい窒息
これだから犯罪者は
お前に物言う人権などない

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 09:46:25.38
ここまで分かりやすいレベルのお馬鹿さんだと逆に扱い易くていいなw

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 10:31:17.11
ですです君だなw
銀英のあふれんばかりの厨二成分のせいなのか知らんけど時々こういう本物がまぎれこんでくるね

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 11:13:28.12
俺にはわかる わかるのだ

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 12:27:31.61
チョロチョロと執拗にくだらない粘着ゴミを書き続けるアホーズ
くだらないクズレスは最悪板にでも書いてなさい

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 12:35:19.61
最近、レス乞食が湧いております
しかも、レス乞食が自作自演する新型ハイブリット乞食のようです
必ず相手をしてあげましょう
スルー禁止です

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 12:38:52.07
最近来たニワカはどっちだよw

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 12:51:41.34
308

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 12:56:37.60
取りあえず >>300の妄想君はコテ付けてくれないかな

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 13:02:17.86
妄想認定してるのに何か要求するのはムダってもんだぜ
どこもかしこもコテコテ言うが何の意味があるんだ?

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 13:11:37.20
あぼーんしたいだけじゃね

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 18:51:46.03
長文の奴は要点がフラフラしすぎ。あと推敲しろ、読みにくい

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 19:09:25.45
・アンカーつけて指摘せよ
・「推敲」の読み方がわからない

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 19:10:48.75
>>298 食糧や物質の援助しないわけにはいかなかっただろ
侵攻の大義名分が民衆の解放なんだから。

帝国領侵攻作戦の時、同盟は一個艦隊が一星系を制圧しているが
これって典型的な兵力分散で、兵力に勝る帝国がウランフ艦隊から
数個艦隊あてて順次包囲殲滅戦もできたわけで、同盟軍はどういう
目論見で兵力分散したんだろう 先鋒は見捨てるつもりだったのかな
誰か合理的な説明できない?

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 19:17:35.75
推敲(すいこう) 論文を推敲する とかに使われる
文章をの要点をまとめて解りやすくしてね ということ。

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 19:23:15.24
>>315
帝国側の大義名分は愚民どもは餓死せよ作戦

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 20:02:43.08
第二次世界大戦においてアメリカ軍がとった戦略「飛び石作戦」かな

要塞化され侵攻が困難な日本軍の拠点を避けながら、比較的日本軍の
戦力が薄く、かつ日本本土に迫るには重要な位置にある島に
アメリカ軍の戦力を集中させて攻め落としてゆくというやつ

島を恒星系に変えると銀英伝の世界になる。

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 20:22:22.53
ひでえ、推敲がわからねえとかw

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 20:28:31.55
>>314
お前がアンカーしろよw
ろくに句読点も打たずに長文ダラダラ書いてる奴はみりゃわかるだろ

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 20:35:11.24
お願い
もうレス乞食やめて
直近(直上)への返レスに安価つけずとも構わない
暗黙ルールくらい知っておいて

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 20:42:29.31
ところで推敲っていつごろ習った?
中学生1年の国語の授業か、化学のレポートだと思うんだけど。

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 20:49:25.48
さあ文科省の学習指導要領でもあさって調べてみれば?
時代で違うんじゃないかな判明したら教えて

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 20:58:05.30
中1みたいだね

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 21:12:57.33
>>318
飛び石作戦というより勢力圏をじわじわと広げたんじゃないかな
飛び石して帝都に向かうんじゃなく四方八方に広がる感じで
でないと200の星系を制圧したという文言と合わない。
 

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 21:56:58.17
>>315
アニメにあるフォークの演説では、同盟軍侵攻→辺境から反帝国革命が起こる(にちがいない)
→我々の進軍とともに革命の波がひろがっていく(だろう)→その波の先頭に立って同盟軍が
オーディンに攻め込む(陶酔)……な展開を狙っていたらしいな。

つまり、「そのうち革命軍が蜂起するから、分散しても無問題。むしろ呼び水としてどんどん
分散しよう」と

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 22:02:48.93
自分のレスで盛り上がったとみたら自演してまでダラダラスレ消費する奴いるし
盛り上がらないと見たらダラダラ自演してスレ消費する奴いるし

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 22:07:10.66
妄想くんには本当困ったものだな

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 23:04:56.61
妄想ってなにがあったのさ
ifや考察?
いつものことでしょ

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/19(火) 23:31:44.59
革命やるか死ぬかの選択肢を与えればよかった

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 01:06:03.38
素朴な疑問じゃなくて粗雑な妄想いってみよかなw

エルウィン・ヨーゼフ亡命時の同盟の選択
亡命してきたけどお返しします^^→ふざけんな!てめぇらの工作員が拉致ってきたんじゃねーか!と金髪が言う→滅亡
秘密裏に殺害→結局なんだか理由を作って金髪が攻めてきて滅亡
超秘匿して黙って軟禁(詩人とかも勿論口封じ処分)→結局金髪は攻めてくる→双壁がハイネセンに攻めてきた→
「実はお宅の坊や預かってまして^^」→対応に困った双壁は金髪に問い合わせるか?どうしよう?と時間をかけてしまう
→バーミリオンで金髪が討ち死に、もしくは強襲揚陸艦乗り込み作戦で捕縛
→トリューニヒト大勝利!希望の未来へレディィィゴーーーォ!!!

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 08:59:57.59
ゴ朝時代の平民って革命志すほど虐げられてたとは思えないんだよなー
平民出身の提督たちも貴族に反感抱いたのは軍人になってからの話だろうし

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 10:47:37.70
500年にわたる体制継続の重みかな 
反対派はとっくの昔に抹殺されただろうからね 
貴族達も自分達を支える平民全てを虐げるなんてことを
してたら足元を崩すしな

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 11:06:05.90
江戸時代の武士と商人みたいな感じかね?

そういえば帝国本土には貴族でない大商人は出てこなかったね。
帝国経済全てをフェザーン商人に牛耳られて放置しておくとは思えないんだけど。

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 11:46:20.93
フェザーン商人が帝国経済を全て牛耳るなんて無理だろ。
恒星間交易による収入と金融資産の投資がメインかと
それでも凄い経済力だけどね

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 12:24:13.64
>>335
基幹産業大手の投資筋押えたら、影響力は大きいだろう。同盟にはそれで政府に影響力もって
いるんだし。帝國で同じことが出来ん理由はない。大貴族と組んで投資利益流しとけば、強引に
潰されることもないだろうから逆にやりやすい。

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 12:37:10.54
帝国経済にフェザーンの投資を許す余地があったのかすらわからん

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 13:12:38.46
>>334
貴族には税金がかからないんだよ
だから主要産業はすべて貴族が管理するに決まっている

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 14:18:02.05
貴族を利用してフェザーン商人が儲ける構図かな
貴族同士の経済権益を巡る争いも激しそうだし

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 14:34:00.99
>>337 規模は解らんが帝都の黒ビール工場やホテルがフェザーン資本で
経営とあるけどね

堺屋 太一ならリップシュタット戦役の影に大貴族達の経済戦争が
あったとか書きそうだな。

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 15:45:36.37
でもこれ帝国がフェザーン資本接収とかやらかしたら全部パーになるよな
ラインハルトのフェザーン侵攻なんて実質それに近いわけだし

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 15:58:58.13
>>337
1巻に、辺境聖域の農業開発に、フェザーンがほぼ独占で資本参加してるとか、記載されてるよ

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 16:54:29.85
>>341
自治領政府の投資公社は帝国の財務省あたりに
編入されるだろうけど民間の大企業はどうかな

後、フェザーンと地球教団の関係が気になる。
地球教団はフェザーンをどうやって支配したんだろうか?
大商人=地球教徒とも思えんが、自治領主の選定権を持つ
長老会議の議員は地球教徒だと思うんだが

地球教徒の大商人は間違いなく帝国に潰されるだろうな

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 18:01:55.62
>>343
一般にいう支配はしてないだろう。
あくまでもひとつの資金源、資金運用・ロンダリング組織、裏表の「仕事」の支援程度だろうな。
それなら、自治領主通じて自治政府に影響力がある程度でいい。支配するのは自治領主ひと
りで済む。成立から関与しているようだから、実際は主要機関のほとんどに根っこが伸びてい
ると思うが。

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 18:23:17.13
フェザーンの市民は、地球教団との関係を知らなかったから
その通りだと思うんだけど、それでも自治領主を選ぶ長老会議の
過半数は影響下にあったと思う。
根っこが伸びすぎると人の口に上るし、少ないと支配力が弱まるし
よく100年も秘密を保持してきたなとも思う。

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 21:55:54.05
陰謀論レベルではありそうだけどな
日本でもお前らがいつも有ること無いこと言ってるからな

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 22:42:05.39
まぁルビンスキーは地球教の奴ら、馬鹿にしてたし
先代自治領主も地球教から離れようとしてた、殺されたわけだけど
拝金主義の所だし、根っからの地球教徒なんて、フェザーンにはいなかったんじゃ

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/20(水) 22:47:44.32
フェザーンやフェザーン人としては暗黙の了解とか周知の事実
なんでないかな。それでも、まかりとおる
現実だって影の政府だのフリーメーソンだの
噂はあるけど、別に気にしないし
どこかの宗派系企業の量販店や100均があっても
成立してるし
暗躍や陰謀って、まさに噂のようで真実。真実のようで噂
うやむやのほうが動きやすいこともあるよね

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/21(木) 00:37:19.04
フェザーンによる宇宙統一の噂をコーネフ船長は笑い飛ばしていたな

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/21(木) 10:14:32.50
>>348
「創竜伝」では、四姉妹が、超能力者の存在を隠蔽するために、
本物の超能力者をテレビ出演させてわざわざインチキっぽく見せてたな。
まさに噂のようで真実ってやつだ。

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/21(木) 20:14:13.99
そういえば創竜伝でも気化爆弾で窒息する無茶ぶり設定あったね
スレチごめん

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/21(木) 22:00:22.10
このスレは呪われた生まれつきかもしれん

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 00:38:57.70
では卿に辺境の地球にのさばっているカルト教団の討伐を命ず

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 00:52:17.48
>203
>204
帝国歴9年、ルドルフ1世は劣悪遺伝子排除法やカイゼル単位(廃案)と並んで一つの重要な勅令を発した。
これは公用語を、米国英語を由来とする旧銀河連邦公用語から、忘却されたドイツ語を由来とする帝国公用語に
変更する、というものであった。
正確にはこの時点では帝国公用語は存在せず、急遽召集された学者が古い資料をつなぎ合わせて
どうにか「帝国公用語」の体裁を整えるのに3年を要した。

しかし帝国公用語は旧銀河連邦公用語を母語としていたルドルフにとっても外国語であるため、
生きた言語として肉付けを行うにはそれからさらに十有余年を要したのである。
ルドルフは当初精力的にこの新しい言語の習得に励んだが、公務の合間でもあるためその習得は完全ではなかった。
彼の知性と精力に陰りが見え始めたその治世後半では、ルドルフの話法、綴りが帝国公用語の正書法と改められたのは
強圧的な専制国家での当然の帰結と言えよう。

後に、一言語学者が緻密な検証の末、帝国公用語とドイツ語の相違点を指摘し発表した。
カール・ハイネセンというその学者は、ほどなくして共和主義者として摘発され、流刑星へ送られたのである。

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 01:33:10.33
帝国公用語といえば、ユリアンの会話能力はどのくらいなんだろうか。

フェザーンに行ったあたりでは現地の商店主や一般の人たちに不自然と思われることなく会話している。
外伝のユリアン日記では、学校で習ったから話せる程度と書いている。
ラインハルトが死ぬちょっと前では帝国公用語が下手で冗談が通じなかった可能性がある。

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 02:00:11.35
ラインハルトとヤンが直接会談で通じてるんだから
訛りや方言程度と考えとけば?
メルカッツも同盟語みたいOKだし
ドイツ風だろうと英国風だろうと
帝国樹立時に言語を変更した設定があろうと
実際、日常会話してる事実が執筆されてんだから
ユリアンのバイリンガル能力を考えても仕方ないよ

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 04:59:01.55
帝国人の食糧と物質を略奪して敵を疲弊させる作戦は
どう評価したらいいかな
敵を困らすのに同じ国民の物資を持ち出すって
しかも艦隊補給でなく救援物資の輸送船団を攻撃ってさ
仕方ないなぁ軍人さんの命令なら
所詮、辺境の田舎っぺなんざ、こんな扱いだっぺで納得かね
暴動起きてるし、犠牲者いるし
同盟軍追撃より先に窮地の星々を優先して救援はしたんだろうけどさ
これ帝国恨む?同盟憎む?

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 05:38:51.64
しつこいな

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 06:23:02.48
>>358
しつこいって>>357のことっすか
ネタ出したの今回だけだけど、なんで?
スレチネタなの

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 07:44:24.36
ユリアンの言葉なら、フェザーン人よりも地球でワーレンと話した時の方が問題だ。
同盟訛り(?)があったら、本当にフェザーンの商人なのか疑われる。
それとも「父親が同盟出身です」とか「同盟の企業とばかり取引してます」程度で
ごまかせるものか。

しつこかったらごめん。スレタイ通りの素朴な疑問だ。

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 08:57:37.16
言語の設定はかなり適当だろう
だいたい同盟が帝国からの亡命者の集まりなのに言葉が違う時点でおかしい

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 09:35:14.80
数百年あれば、オーディン訛りとハイネセン訛りに分化してもおかしくはない

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 09:40:51.04
>>360
ヤンはフェザーン育ちだし、フェザーン-同盟の言語的差異はほぼない感じだね。訛り程度すら
ない可能性もある。
フェザーンは公式には帝國の一部だから、帝國-フェザーンにも明確な差異はないだろう。
つまり帝國語と同盟語に言語学上の差異は明確にはない、と。
帝國語は格式ばって、古風、丁寧語などに厳しい程度? フェザーンは格式はやや緩く、実務的
+愛想いい言い回しになっていて、同盟語はもっと緩い、と。武家+公家―町人(商人)―町人(一
般)な感じかな。
だから、言い回しを意識すれば、フェザーン人ぶるのは簡単なんだろう。

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 09:43:02.97
>>357 推測だけど
帝国・同盟双方憎まれて当然のことをしている。だけどこの後帝国が
支援を行い、同盟へのネガティブ・キャンペーンをすれば憎しみは
同盟だけに向かうだろうな。

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 10:15:03.21
>>364
根の深さから言えば、同盟<<<<<<帝國だろう。長年の支配体制がある。領主次第って面もある
から、単純にどっちを恨むとは言えんだろうね。
皇帝の名で徴発し、ローエングラム公の名で支援すれば、ラインハルト上げで恨みは皇帝=帝國
に向かいそうな。同盟なんぞの合間に入ってきた山賊程度(その盗賊どもを成敗したという意味
でもラインハルト上げだろう)。

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 10:28:39.22
未来の教科書で、悪のゴ王朝の皇帝に食糧を取り上げられ
山賊(反乱軍)に襲われた時 正義の味方のローエングラム公
(後の獅子帝)に救われました と子供達は教わるんだろうな。

矛盾だらけでも気にしないでね

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 13:11:47.56
ユリアンだって任務中にヤー(yes)を使ってるんだから同一の言語だろ

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 13:32:38.91
表記が違うだろ。
YahとJa

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 15:29:24.19
>>366
徴発する時は皇帝の名の下、領主が行うから、皇帝と領主の間にラインハルトがいてもわか
らないし、後に双璧とかローエングラム閥の提督連中が物資持ってきて、ラインハルトの名を
連呼(ついでに皇帝)すれば、特に矛盾もない。気にするヤツがいてもあえてラインハルトを恨
む理由もないし、ラインハルトの命令で軍の備蓄を一部放出して、補償に上乗せするとかすれ
ば、「わるいのはこうていだー!」と簡単に辺境部世論を誘導できるだろう。

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 16:28:48.60
アニメ版のオリジナルエピソードが上手く描いていた。
食糧の挑発は辺境の領主にやらせており、ラインハルトの名は出てこない。
辺境の領主は「きっと同盟軍が食料をくれる」と説得し、領民も一応は
納得して食糧を差し出してる。(でも、万一に備え少し隠し持ってる)
同盟軍は食糧をくれたが、しばらくすると、くれた分の食糧ばかりか
もともと領民が隠し持ってた分の食糧までも奪っていった。
マジで餓死を心配しなければならなくなった領民が暴動を起こした。

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 19:48:42.36
>>357
あの焦土作戦は同盟軍を疲弊させると同時に、
帝国の民衆たちに同盟軍=解放軍=俺たち平民の味方(笑)
っていうイメージ、幻想を破壊するのも目的。
そして帝国の民衆に、
帝国こそが統治の能力と責任を持つことを事実によって知らしめるのが目的。

帝国を恨んだとしても、
「同盟軍と一緒に平等に飢えて死ぬ自由」「同盟軍と一緒に戦って帝国軍に殺される権利」
なんて選ぶ奴はいない。

ラインハルトは民衆の選択肢を奪いながら、
一方で強力な権力で改革を実行して、民衆のための政策を確実に実行して成果をあげ、
民衆の支持をとることに成功した。

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 19:56:33.77
おぉローエングラム公
卿がそこまでゴールデンバウム王朝の帝国を慕う気持ちは
このランズベルク伯、感銘いたしましたぞ

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 20:07:41.64
民主党だの政権交代だの言ってたけどやっぱり自民党がいいでしょ?と

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 20:22:33.61
なぜ、やっぱり公明・自民がいいでしょ?と書かぬのか
やはり討伐せねばならぬようだワーレン提督

375 :悪たれ(゜∀゜)ボリス:2013/02/22(金) 20:36:58.71
宗教なんて作った人間は歴史上最大のペテン師です。

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 21:01:05.36
>>360
案1
日常言語では帝国も同盟も大して変りなし
宮廷に仕えたり、軍隊入りしていると語尾や専門用語が多少違う

案2
フェザーンは貿易によって成り立っているから、育ち次第で多少のなまりなどよくある話

案3
そもそも星が山のようにあるから、帝国なまり同盟なまりという以上に方言が山のようにあるのでまずバレない

どれがいい?

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 21:22:05.62
帝国の愚民なんぞは核で焼き払えばよかったんだ

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 22:04:31.11
このスレの伸び具合からしてどうやら卿らが語りたい話題がないのではないか

                                        メックリンガー

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 22:12:56.02
また例のキチガイか

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 22:38:15.10
ラインハルトは雪降る日にご両親亡くしたのに
豪雪の中豪快に戦車操縦してたな
雪はトラウマじゃないんだろうか?

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/22(金) 23:15:43.74
>>380
母親だけじゃ……まあ、父親も精神的に死んだようなものだが。
あと、トラウマなんてそう簡単に負うもんじゃねぇぞ。

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 00:54:08.71
地球教がラインハルトを、自分たちの教徒にしようとしないで、殺そうとした理由がサッパリ分からん。
人類統一帝国の絶対君主であるラインハルトを地球教徒にさせた場合のメリットに比べたら、
他の選択肢を検討する必要もないと思うけどなぁ。
ましてや殺すなんて。
殺して、何か得でもあるの?

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 00:59:56.59
ifしてみれば皇帝が信者になるとまではいかずとも
地球教なしでは国家、社会が成立しないようにする為には
どうすればよいか

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 01:12:47.39
>>382
怨み節たんまりやないか
自分達の聖なる土地や聖堂やられて
黙ってる狂信者おるかいな>>383
地球教暗躍の帝国支配ifしてもいいと思うがどこまで遡るべきかね

385 :382:2013/02/23(土) 01:15:43.46
>>384
ワーレンによる地球討伐を言ってるなら、アレはキュンメル男爵事件の結果だろ。
地球教がキュンメル男爵事件を起こして、皇帝暗殺を試みた理由が分からん、といってるんだ

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 02:04:09.28
>>385
キュンメルねゴメンゴメン
ラインハルトを取り込むのは不可能と判断したんだろう
ロ王朝では帝国人への精神支配(布教)すらやりにくいと思ったんだろうな
政治や経済に影響力をもたらすにしても重要人物の
誰かを手玉にとらないと進まないしラインハルトの周辺には
洗脳できそうな人物もいないと判断。ならば暗殺と

暗殺成功後は帝国を再混乱させ地球教の影響力を強めようとの思惑
ゴ王朝復活の約束をして抵抗勢力を結集し
地球教の自由活動と交換取引でロ王朝打倒の支援
てなシナリオだったのでは

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 02:11:40.13
>385
現世が安寧になると大衆は将来に希望を持ち、宗教に逃避する人が減る。
未来への不安・絶望こそが宗教の源泉
ラインハルトが暗愚な民衆に光を与えることは地球教にとって容認できるものではない。

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 08:53:43.19
宗教に逃避なんて言うのは日本人ぐらいだよ。まあ日本の大手宗教はほぼ葬式だけのものと化してい
るだけどな。アルカイダや地球教が宗教のスタンダードと思いたがるのはこの作者に限らずうわべだけの
英雄史観者に多い傾向だが、社会史をみれば宗教を中心に形成された社会が日本でも重要な役割を
果たしたことはよくわかるよ。

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 09:10:48.78
>388
原作ちゃんと読もうな?
地球教ってのはまさに現実逃避の宗教なんだよ

帝国でも同盟でも富裕層に信者はいない。
貧乏信者がなけなしの金をはたいて貨物扱いで聖地巡礼する。
疎外者のための宗教であって、社会で一定の役割を果たすような集団ではない。

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 09:29:59.40
完全に支配の手段や道具としての宗教だしな地球教はw
イメージ的には何とか教会とか何とか学会とか何とか真理教だろこれ
そもそも原作じゃ地球大戦時に宗教が何の役にも立たず影響力が激減した設定だし

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 10:25:37.55
キリスト教が事実上消滅してるけど
クリスマスの風習だけは残ってるんだよな

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 10:31:52.06
ユール(冬至祭)の風習はクリスマスが廃れたあとも残るだろう

というか、ルドルフ治世下ならユールに新たな北欧風妄執の意味を載っけそうだから
同盟でクリスマスが存続を許されたのかもしれん

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 10:38:54.35
地球教団どんな教義もっているのかわからんが信者を麻薬漬けに
する理由がわからん。
麻薬の密造密売の利益を教団の運営費用に充てていたのかもしれんが
麻薬中毒患者の信徒なんて百害あって一理なしだろうに?

犯罪組織だったら売り物に手をだすのはご法度なんだけど

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 10:43:03.76
>>393
洗脳と重労働に耐えられるようにする目的もあったんじゃないか
サイオキシンの効果のうちに知能障害とか気分高揚があったとか

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 10:50:44.50
短期的にはそれでいいんだけど、長期的には体がボロボロになった
廃人を抱え込むことになる。どうするんだろう?全員処分?
信徒は動揺するだろうし、隠していても大量の信者を失っていく
ことになる。

だから麻薬組織は構成員に薬に手をださせないんだ。

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 11:32:16.55
>>385
キュンメル事件は殺害までは狙ってなかったんじゃないかな。
側近ヒルダの縁者がやらかして、身近の人間排除―代わりに入り込む、が目的でさ。
爆発しないようにさりげなく失敗させるつもりがラリッてる信者が暴れてブチ壊しになったが、
それなら前に議論になった「信者もなさそうな男爵に暗殺の主導権握らせていた」てのが説明
できると思う。
信者が捕まってなきゃ、地球教は表に出なかったわけで、報復の地球征伐もなかった。

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 11:34:01.04
>>388
世界中に、逃避対象になっているカルト宗教はいっぱいあるが?

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 11:38:48.75
>>392
どこの星でも、冬至相当の日・期間はあるだろうしな。

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 11:39:41.38
>>393
暗殺者―アサシンの語源を調べてみ。

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 14:17:23.32
金星とか海王星みたいのだと夏至とかどう決めるんだって話になるけどなw

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 16:41:43.17
銀英伝の世界はどこも一緒だから、そんな心配しなくて良いですよw

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 16:42:32.14
>>380
そのエピソードはアニメオリジナルだから関係ない

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 17:44:24.85
どこの惑星にも夏至、冬至があるとは限らない
恒星に対して公転軌道が真円、かつ惑星の自転軸が90度であれば
日の出、日の入時間に差が出ない
かえって地球のほうが顕著な現象ではないだろうか

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 17:50:40.96
>>403
逆に、そんな図ったような惑星がいくつあるかということだ。
地球に近いとまで言えなくても、日の出入りが変化する環境なら、それなりに似てくるだろう。

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 18:58:19.67
どういう衛星があるかどうかでも、生物は変わると思うしな。

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 21:46:45.14
ただ、作者が承知してやっていることもあります。たとえば、一万光年離
れた惑星オーディンと惑星ハイネセンとで、同年同月同日ということはあり
えませんし、第一巻で私は惑星の自転・公転・暦の関係についてすこし書
きましたが、後の巻では、よほど特殊な環境の例を除いて、いちいち言及
しませんでした。また季節についても、惑星ごとに当然ちがうでしょうし、同
じ惑星でも北半球と南半球ではことなります。そもそも地軸が黄道面に対
して傾斜していない惑星では、季節の変化がありません。これらをすべて
くるめて、季節の変化を地球北半球のそれに合わせてしまったのは、この
作品においては、とくに回想シーン等において、季節感の描写が必要だっ
たからです。フィクションのなかでの約束事として、ご許容ください。

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 22:50:50.59
これ読むたびに思うけど
それぞれの星毎にその星の季節の描写をすればいいだけちゃうん?

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 22:57:03.52
それをしたら作者が訳が判らなくなるかな…。

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 23:17:39.59
>>399  イスマーイール派暗殺教団のことだね あれは暗殺前に
恐怖心を無くすため選ばれた信者に贈られるもの、ユリアン達
みたいに日常の食べ物に麻薬を入れて只の信者を麻薬漬けにして
いるわけじゃないよ。

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/23(土) 23:22:30.31
>>407
冬バラ園の勅令

ロイエンタールハイネセン総督
こちらは夏真っ盛りなのだが・・・

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 00:11:07.92
>>407
1回しか出ない星ならそれでもいい。
しかし、例えば、オーディンやハイネセンみたいに、
何回も舞台になる星が、12ヶ月周期じゃなかったら…
例えば、オーディンが16ヶ月周期で季節が変わり、
ハイネセンが20ヶ月周期で、フェザーンが10ヶ月周期だったら…

その方が確かにありえそうな話しだけど、
「前のハイネセンのシーンは2年5ヶ月前で春だったから、今の季節は…」
なんて考えなくちゃならないとしたら、途中で嫌になると思う。

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 00:13:49.45
質問
何でエリザベートとサビーネに帝位継承権があったんですか?母親は降嫁してるのに。
降嫁すると普通は皇籍離脱になると思うんだが、違うのかな?降嫁してても帝位継承権があるというなら分かるけど…。
アマーリエもクリスティーネも自分が帝位に就こうとは考えず、娘を皇帝にしようとばかりしてたのが不思議です。何故?

前に出てた質問だったらすみません

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 00:15:38.24
>>411
主要な星の重要拠点四季表作ったらすぐ判るじゃん
小学生でも出来る

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 00:25:10.93
四季というけれど。夏が冬のように寒いこともあり得るし、
地軸の傾きによっても程度が変わるし、大陸や海洋の比率や数でも変わるし…
まず作者がパンクしてしまうのと読者がついていけないよ。

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 00:25:58.46
>>412
答え 明治天皇の孫ってことでテレビに出まくってる竹田

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 00:37:50.56
>>415
何言ってんの
竹田さんは孫じゃないし、それに継承権なんてないよ

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 00:49:45.15
季節感を使うほど程繰り返し出てくる銀英の拠点は多くないし
主役キャラが出てる年数も短い
その短い期間のメイン拠点の季節年表あれば充分事足りた
読んでる方も別に混乱せんし
逆にどこも全て季節時間一緒ですなんて方が異常感ありすぎるわ
地球だけですら戦記歴史を語る際に季節場所が一緒なんてこと自体ないのに

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 00:52:35.20
>>412
ゴ王朝2代皇帝はルドルフの孫だけど、母親が皇女で父親が公爵
孫が男か女かの違いはあっても、降嫁先のが継ぐのは先例がある

まぁ男ばかり皇帝で、女帝の先例がないんだから
エルウィン・ヨーゼフの母親が門閥の出じゃないとは言え、女が皇帝には・・・・、って
ブラ公らの娘に反対してる雰囲気がなかったのが、ちょっと変だと思うけど

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 00:54:10.12
うん 寒い国は自殺率高いとか暑い国はのんびりだとか
軍部内でもその惑星出身によって差が出るのかなと思って

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 01:36:11.52
>>417
>主役キャラが出てる年数も短い
>その短い期間のメイン拠点の季節年表あれば充分事足りた

事足りない。
この文章よく読め

>とくに回想シーン等において、季節感の描写が必要だったからです
「とくに回想シーン等において」

作者は、主要な舞台となった数年間より、
むしろ主要キャラクターの性格を形成した幼年期を叙情的に表現するために
季節感が欲しかった、と言ってる。

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 01:40:53.05
比較的、穏やかな気候の出身者が多い気がする
惑星では高緯度に位置する地域だけど、温暖な海流と
偏西風のおかけで気候変動の少ない地域っぽい

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 02:11:48.35
>>420
だから数百年の歴史じゃなくて
銀英なんてたかだか十数年の話だろ
それくらいの季節設定読んでて混乱するからとか無いわ

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 03:38:15.04
実はどの惑星もテラフォーミングが完了してなくてドーム都市の中に住んでるんだよ。

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 05:27:12.63
あーそうか、だから3日間の掟制度があるんだね

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 13:15:55.32
ハビタブルゾーンにある星なら一公転だいたい1年だからそう季節がずれるなんてそうないだろうけどな

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 13:38:12.25
ハビタブルゾーンは恒星によって違う…。

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 14:01:11.26
>>425
中心恒星の質量でハビタブルゾーンの公転周期なんかぜんぜん違うんだが

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 15:57:36.02
つーか他のスペオペでも季節なんかいちいち設定しねーっての
ソコが重要な要素じゃないからだ
何にこだわってイチャモン付けてんだボケ

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 16:01:51.29
季節考証すらできない、そこらへんのラノベにも劣る作品

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 16:04:23.09
そうだね

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 18:27:18.63
>>429
そういえば、ランテマリオで読むのやめたとか
云々言ってたよね
艦艇数や兵員数の計算は上手く帳尻合った?

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 20:02:40.87
スペースオペラ、それこそ銀河レベルの話なのに、重箱の隅をつつくキ印を
イチイチ満足させるように設定を練りこまなきゃならないなんて大変すぎる。
重要じゃない、スルーしても影響ないって理解できないもんかね?

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 20:42:44.67
季節は重要な要素ニダ
ウリは混乱しないニダ

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 21:05:41.22
まあ惑星ごとの特徴だしたりとかはSFでは重要だけど、銀英は別にSFじゃないからな

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 21:28:08.86
ヲタ掲示板が成立する理由はネタになるものがあるからだ
余程のことがないかぎり
話題中のネタに止めケチをしてはいかん
(作品のケチではなく話題へのケチな)
つまらない、やめたい、ほかのネタにしたい時は
スルリと滑らかに流れを変えて新ネタをふればいい

ここの住人はそれが得意なのに今日に限って得意技使わんのはなぜ

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 21:36:55.66
帝国軍に女性兵がいないのが寂しい…
一時的にヒルダは軍服着たけど、何か違うんだよなぁ
アニメでも通信係か事務系みたいな子しか出てこなかったし

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 21:43:47.63
一応原作には「キルヒアイスが女性兵にモテる」みたいな文章があったけど、
同盟軍みたいみたいに前線に出てくる女性兵はいないもんな

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 21:51:45.90
>>436
女性軍人は国民皆兵というか国民主権=国民自身が国を守るってことや、男女平等、職業選
択の自由で民主制の象徴みたいな面もあるんだよなぁ。
民主制とは真逆の帝國で、そんな女性軍人はちょっとないわ。

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 21:53:26.00
原作でも後方勤務にはいる
まぁあの帝国で女性が前線バリバリって変だし、仕方ないんじゃね
でもあの貴族軍人が性欲処理にって、よく前線に配置しなかたったね

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 21:54:14.92
ヒルダが特殊な例だっただけなんだよな
ただ帝国軍の軍服をあのまま着るとは思わなかったw

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 21:55:22.10
同盟の軍服は男女どちらが着ても違和感ないし似合うけど
帝国の軍服って、ヒルダはいいが、普通の女性には似合いそうにない・・・

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 21:56:24.34
原作の後方勤務の帝国軍女性兵って、階級はせいぜい尉官止まりなんだろうか…?
尉官ですらないのかな?

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 21:58:58.58
じゃあ、この板にいる理由は何なの

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 22:05:40.03
アニメで、貴族連中がオーディンを脱出した時、
貴族の艦に女性(私服っぽい姿にオペレーター用のイヤホンした姿で手にファイル所持)らしきロングヘアのお姉さんがいた

てっきりあれで、帝国軍にも女性兵がいるのかーとか思ったんだよな俺ww

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 22:14:07.38
>>444
>(私服っぽい姿にオペレーター用のイヤホンした姿で手にファイル所持)
これっぽいの、女優退場の回で、ラインハルトに伝達しにきたのでは見たけど

オーディン脱出に、そんな女軍人らしきのあったっけ?
ワーレンが貴族捕獲に、船に貴族の令嬢か乗ってたけど

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 22:26:21.69
女優退場の時は、キルヒアイスと通信で話した子と、ラインハルトに直接報告した子だろ?
あれは二人共、青い軍服だか制服ぽいの着てたよな

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 22:45:56.76
探してみた
手前の左側にいるスカーフの女性かな
http://or2.mobi/data/img/51570.jpg

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 22:52:05.61
>>447
後の男とか、コンソールついているキャラと服の色が同じだから、単に貴族の船(武装艦でない)の
雇われクルーでしょ。

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/24(日) 23:27:10.15
>>443
彼女もいないし友達もいない
おまけに根っからの貧乏性だが野望はある

でも喧嘩は弱いよ

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 02:34:24.06
>>439
なんために幼年学校生の従卒制度があるとおもったッアー?

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 02:49:28.87
戦闘ブリッジや司令室で見かけないだけで
艦内には搭乗させてたんでないの
司令・提督・参謀用高級娼婦
将校用娼婦
兵・下士官用慰安婦
普段は特別秘書官やデスクワーク事務員や医師・看護師補助、
メンタルカウンセラー、セラピスト、整体師など軍属身分で

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 10:12:09.64
もしそういう女性が乗ってるなら、ガイエスブルグ要塞で酒盛りしてる時に、
女の一人や二人、侍っててもよさそうなもんだが……うーん、どうなんだろうなw

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 10:28:01.10
ブラウンとリッテンの娘はどうなったのやら

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 10:38:13.80
遅レスで恐縮だが、これだけは言っておきたい。

>>422
おそらく、科学的な考察やSFのセンスは、お前よりも作者の方が優れているだろうな。
たかだか十数年とか言ってしまっているのがその証左だ。実際の宇宙では惑星の公転周期が
1年前後なんてご都合主義は成り立たない。公転周期が50年で1つの季節が十数年続く
とか十分にあり得る。十数年を「たかだか」なんて絶対に言わない筈だ。

それと、例えば回想で「15年前の今日」とかあると、地球に住む我々は自然に同じ季節だ
と考え、「15年前の今日もこんな大雪だった」みたいな季節感の表現が意味を持ってくる。
そこに公転周期が50年だから15年前の今日は雪が降らない季節とか言い出すと、折角の
 季 節 感 が台無しになるだろ。

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 10:43:24.41
本編中はいろいろ忙しかったから季節感の描写が入る余地がないんだな
そういうネタは外伝でやるべきもの。

本編後のユリアンで諸星系漫遊記とかあったら、422も満足したに違いない。

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 10:56:25.84
作品に必要ないと作者が判断した要素はばっさり切り捨ててるからね
綿密な科学考証なんかを期待する人は肩すかしな面があるのは否定出来ない
それで作品自体を否定されるのには反論したくなるけど

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 12:52:20.08
諸国漫遊記ならユリアンよりコーネフかポプランのほうがいいんじゃねえか?

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 12:54:45.23
そして始まる、うる星やつら

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 14:09:53.14
>>458
ポプラン「そこのお嬢さ〜ん!ボクと一緒にお茶しない?」
ドミニク「浮気はゆるさないっちゃ!」
バグダッシュ「暗いよ〜狭いよ〜怖いよ〜」
シュトックハウゼン「さだめじゃ」

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 14:16:05.49
それでふと気付いたが、島津冴子は出てなかったんだな
当時の人気考えると不思議だ

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 14:18:25.23
銀英伝は女性自体が希少だということを忘れたのでしょうか

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 15:15:00.04
>>451
外伝のダゴン会戦で帝国には婦人兵はいないから
大公が少年兵を女性の代替にするかもしれないと
部下が心配したという文があったから
艦内には一切いないと思う

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 16:58:31.65
>>456
作者にそういう方面の知識もないし一々調べるのも面倒だったんだろうな
普通に考えても??ってなる部分も多いし
その辺をネタや想像で突っ込む遊びじゃなく本気で全否定にかかる奴の頭ってちょっとおかしいよな

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 17:08:00.06
>>463
違うだろ、ヤマトみたいな軍事ロマンになるのがどうしても嫌いだったから
ヤマト真田さんみたいな科学的要素や、軍事オタが好むガチンコ勝負要素を意図的に切り捨てたんだろ

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 17:11:04.89
銀河規模の単一国家なんて成立するわけないじゃんw作者バカだろw
とか言い出したら話が成立しないからな

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 17:15:23.47
物語の最初に銀河連邦の成立という条件があるからな、それが受け入れられないとな
エイリアンと超能力者だけは絶対出さないと決めて書いただけ、作者は大分マシだと思う

SFなのにエイリアンが敵じゃないのは、当時は結構新鮮だった

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 17:22:07.68
エイリアンみたいな人間はいたけど  ←オ○レッサー
人間みたいなエイリアンはいなかったよなww

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 18:18:40.30
アレは薬物強化人間のオマージュみたいなものだよ
80年代はドーピング全盛期だったもの

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 18:29:57.98
アンドラゴラスの末裔、普通の人間さ

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 21:58:56.36
おいメックリンガー 早く我が国から強奪した美術品を返還するニダ

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/25(月) 22:44:58.36
>>470
おまいの国は13日間戦争の初日に蒸発しただろ

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 01:47:15.95
>>469
俺は竜牙国公ドラゴシュの末裔と思うねw

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 07:08:42.65
キルヒアイスが生きてたら皇帝誘拐を止めさせただろうか?

というかヒルダの立場にキルヒアイスがいた場合ヒルダと同じ様に
計画を察知し得ただろうか?

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 07:19:54.50
阻止できたかわかんないね
キルヒに極秘で実行の可能性あったかも
知っていたら大反対。ケスラーと打ち合わせして
失敗させる工作をするかもしれない

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 12:08:13.71
・実行前、計画段階で阻止摘発
・宮廷内には侵入させて誘拐未遂で逮捕
・誘拐は成功させるが尾行追跡でオーディンからの脱出阻止
・脱出させるが逃亡中の船を拿捕、救出

モルト中将を自決させないためには2番までか
「キルヒアイス、お前の仕業か」を覚悟で強行しただろうな

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 12:46:33.07
>>473
「宇宙を手にお入れ下さい」の言があるかどうかだろうな。あと、ふたりの関係の変化の有無。

覇権を目指せと言ったなら、焦土作戦の時と同じでやり方に不満は見せても、基本止めるまで
はしないだろう。そんなこと言えた義理ではない。まして、「部下」と明言したなら、黙って従うだ
ろうさ。
何か行動に出るなら、アンネローゼにそれとなく相談してからかな。たぶん「好きにしろ」と言わ
れるだろうがw

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 13:42:29.19
誘拐陰謀計画をアンネローゼに相談するかな

キルヒが事前に知っていれば
「そこまで手を汚してまでして宇宙を手に入れたいのですか?
その後、何をなさりたいのですか?」
「もうよい下がれ!お前の顔など見たくないわ」
となるやもしれない

キルヒ生存していても
姉上は自由の身を達成しており隠居もしていない
キルヒが死亡したからこそ銀河征服の野望が増幅したわけで
親友が望まないことは葛藤するだろう
オーベルの発案を支持するか、キルヒの意見を支持するか
「俺は一体、何がしたいのだ。皇帝に登り詰めたところで何をすべきなのか」
と悩むのが目に浮かぶが…
なぜならば奴隷、農奴、平民解放に固執していないから
少しキルヒを買いかぶりかもしれないが
ラインハルト自身にとって徐々に邪魔な存在なる可能性がある
何度となくIFされているがキルヒアイスが見限るかもしれない
仲介役はアンネローゼだろうがおさまりつけばよいが…

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 14:05:25.29
>>477
>キルヒが死亡したからこそ銀河征服の野望が増幅したわけで
前提が成立してないから、幼帝亡命謀略自体成立しないじゃん。同盟滅ぼす理由がないんだぜ?
「前からジャマされてるヤンと決着つける!」みたいな理由だったら、オーベルシュタインも止める
だろう。

むしろ、ゴ王朝にとどめさすための亡命謀略になるから、残党の掃除と言えば、キルヒアイスも
止める理由はなくなりそうな。

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 14:09:24.23
キルヒアイスが生きてたらラインハルトのマキャベリズムも控えめだったろうから
モルトを死なせるような謀略を由としなかった可能性は高い

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 15:01:39.33
ヤン「歴史に"もしも"はないんだよ」

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 15:09:53.97
伝説だしおk

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 18:00:51.78
>>479
キルヒアイスとのことも含めて、ヴェスターラントのことをどう反省するか、だな。
素直に頭下げて関係修復となれば、良心回路としてのキルヒアイスの影響力は増すだろうから、
亡命謀略は考えても、話し合い意見対立は解消するよう努めるだろう。

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 21:30:29.02
昼にBSの韓国ドラマ見てたらラインハルトの最後みたいな話だった
ラインハルトってあんまり自分の子供に執着してないし
最後の言葉が宇宙を手に入れたらみんなで・・・ってことで
自分が親だとあまり意識が無かったのか若者特有の
若いときはみんなで盛り上がりたいなあ的な
やっぱりラインハルトも最後はその辺の若者だったんだなあ

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 22:27:38.31
キャゼルヌあたりに帝位を禅譲すべきか

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 22:45:24.82
>>482
原書の描写の限りキルヒを見替えたことは反省しても
ヴェスターラント自体は弾劾された後も全く顧みる事もしてないから
ヴェスターラントについては反省しないと思われ

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 22:58:28.22
「一人を救うために百人を犠牲にするか、百人を救うために一人を犠牲にするか」
みたいな命題は、いつでも付いて回るしね

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 23:04:54.13
2巻じゃ、「あんな事は一度きり、今後しない」と言えば、許してくれるはず
言えばいいのに、言えなかった、ってあるけど
まぁヴェスターラントの件があったから、内戦早く終わりそう
キルヒアイスは理想に拘ってる、って述懐してるし
その場はどうにか収めても、もう前の関係には戻れないと思う

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/26(火) 23:28:07.84
「あなたの忠告を聞かないようになれば弟はもう終わりです。」というアンネローゼの言葉が
壮大なフラグになったかもしれん。

天才だが人格的にやや危なっかしいトップ、能力はほぼ拮抗し安定した人格のナンバー2、
そしてそれを取り巻く多くの有能な人物・無能な人物・・・

これらの関係が安定して続くことは不可能に近い。
オーベルシュタインの進言を入れ覇道を進むラインハルトに、
「いやちょっとあれなんとかならんかね・・・そうだキルヒアイスに相談だ」
とキルヒアイスを頼る人間は増える一方になるだろう。
もちろんキルヒアイスもそれを無下にはできない。

そういった動きが加速すれば、ラインハルト側では当然キルヒアイスの反乱の可能性を考えざるを得なくなる。
ラインハルト・キルヒアイスそれぞれの個人の思いは別として両者は対決することになったのではないか。

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 08:23:41.13
>>485
えっ?
ショックで美人秘書と夜の運動会を繰り広げるくらいだったのに?

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 08:34:37.66
>>489
覇者としての部分は反省してないけど、子供の部分は罪悪感感じ続けていたってことだよ。

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 08:56:09.85
>>483
子供と初対面したのが死ぬ直前じゃ親になった実感を味わうも何もない

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 12:50:48.20
>>488
幼帝誘拐&オーベル台頭と姉&キルヒの関係でギクシャク
ラグナロック終盤でヴェスターラント生き残りがラインハルト暗殺決行するもキルヒが命を盾に阻止
こんな感じかね
キルヒアイスって途中で死なないと話がまわらないからなぁ
もう少し(4〜5巻くらいまで)帝国内で貴族と争ってたら良かった気がするけど

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 14:56:14.54
自由惑星同盟軍にはちらほらと
女性がいますが、これは
女性も駆り出さないといけないほど
疲弊してしまっているからでしょうか?

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 15:14:00.29
>>493
社会が疲弊するほど特定世代を軍が引っ張っていってるくらいだから、軍内の人的資源が……
とは考えにくいな。
たぶん、男女平等思想が行き過ぎていて、女性兵が前線に配備される事態になっているだけ
じゃないかな。国防委員会にいる女性議員があんなキチガイだしな。『G.I.ジェーン』を大規模
にしたみたいな話があったんだろう。

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 15:21:18.86
ウィンザー夫人は確かにキチガイだが、末期の同盟最高評議会ではスタンダードなキチガイで、
別に女性だからと特に言われるような理由はないような。

単純に帝国みたいな男性主義が無いだけでしょう。

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 15:21:24.25
そだね、男女同権の意識が強い方が女性兵士が多くなる。共産圏みたいに

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 15:33:48.70
しかしそう思うと、男性主義である帝国が、ヒルダを一時的に軍に入れた(中佐待遇だったっけ?)のも不思議だなぁ
いくらラインハルトが直々に任官させたとはいえ、周りの反応はどうだったんだろう
帝国軍における後方勤務の女性兵は、おそらく事務員のような扱いだと思うからいいんだが、佐官となると…

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 15:48:26.35
>>494
どっかに、戦争長引いて人的枯渇してるから女性兵も貴重だと、書いてあったと思う

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 15:50:23.41
>>493
元々帝国からの流入が無かったら比較的規模の小さい国家だったんだし
国防は基本的に割合は少なくとも女性も参加する体制だったんじゃね
何十年も戦争やってて人口減で帝国との地力の差がでててきてからは積極的に徴用してるような気がする
というかガチの陸戦じゃない限り男女の差なんてほとんどないんじゃねあの時代の軍事関係って

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 16:01:52.20
>>499
小さい国だから、何処でも女性を使うというのはわかる。
が、小さい国だからこそ、未来の国力=未来の国民を「生む機械」の女性は貴重=後方はとも
かく前線には出せないだろう。
>帝国との地力の差がでててきてからは積極的に徴用してるような気がする
それは末期戦というな。遅かれ早かれ終わりが見えていたということだよ。

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 16:13:15.01
アッシュビーの時代とかには前線に女性兵でてたのかね

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 18:35:35.72
>>499
>いくらラインハルトが直々に任官させたとはいえ、周りの反応はどうだったんだろう

ラインハルトの周りは納得
その外側では、ありえねー
さらにずっと外側では
ラインハルト様の慧眼すばらしー

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 19:51:59.21
>>499
単座式戦闘艇は女性の方が適性ありそう

504 :(゜∀゜):2013/02/27(水) 19:54:52.81
リン・パオの時代に、旗艦に看護婦が搭乗しているとあったが、
兵士に入るのかな?

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 21:15:39.44
タンクベッドで気持よく休憩中に糞小便を漏らすとどうなるのか

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 21:35:15.80
>>505
軍艦で戦闘中でもないのにウンコ漏らすとか懲罰もんだろw

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 21:44:52.02
>>504
赤十字印は非戦闘員です

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 21:46:02.83
現代の宇宙ステーションのトイレみたいな吸引用のホースを装着するんじゃ……と思ったけど、アニメじゃ軍服のまま入るシーンがあった気がする。

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 22:32:46.15
タンクベッド内でイソイソと
ズボンもパンツは脱ぐとかね
万一の際は自分で掃除して

始末書


艦隊戦はいつも機首が向かい合ってますが
宇宙なんだから、真上とか真下とかから攻めればいいのに
斜めでも良いわけだし
二手に分かれる時も左右に分かれるでしょ?
宇宙空間なら上下に分かれてもいいわけだし
フィシャーじーちゃんなら出来るっしよ?

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 23:07:27.47
お前らが馬鹿だから平面の戦いしか描かなかったのだよ

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 23:14:13.96
誤字多いな
スマホになってから打ち辛いと言い訳すまん

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 23:36:12.64
>509
無論原則は三次元、しかし敵の攻撃オプションを封じるためにも、
多少の不自由と制約は覚悟の上で、宇宙船の航行可能な宙域が
上下方向に制限されている箇所を好んで戦場とする指揮官が多かった・・・

などと勝手に補足してみる。

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/27(水) 23:55:58.12
>>512
>上下方向に制限されている箇所

例えば、どんなことろ?
宇宙空間にそんなところがあるとも思えないんだが、具体例頼む。

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 00:09:25.23
作中は真横、もしくは後ろからが
艦隊戦で重要視されてるから
上や下からでも良くない?

第11艦隊vsヤンの時には
中央突破後に敵本営は二手に別れたヤン艦隊に手で包み込まれるように挟まれて壊滅してるから
上下方向にも拡散はしてるが
確かに、引きずり回すアッテンボロー艦隊は真後ろにバックオーライしかしない
下がりつつ、下に潜ろうとすれば
もっと効果的ではあるがアッテンボロー艦隊は所詮はマリノが運用
フィッシャーですら、上下方向にも拡散した包み込むような運用が限界なのかも
実戦中は

挟撃の時は上からとか
下からとかあってもいいよね

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 00:19:35.65
>>505
1時間で並みの8時は疲れが取れるってあるから
実際は1時間ほどいかタンクベッドにはいないわけで
事前に小用などは済ましておくのが武人の嗜みであると
幼年学校で習いました。

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 01:51:10.41
恒星系の惑星の軌道は、ほぼ同じ平面上になっている。
それと何か関係しているんだろうか。

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 02:03:16.80
タンクベッドって裸で塩水に浮くのでないかぎり服の感触で効果薄れるよな

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 03:07:28.92
重力制御による凄いタンクベッドだよ

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 06:33:47.96
要塞戦は立体的だけどな
天頂に貼り付け!って逃げる為

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 10:26:18.84
>>509
明確に立体的な艦隊運動をしたのは、ヤンのフォーメーションD(ちくわ陣形)くらいしか記憶にないな。

艦隊運動が平面的なのは、宇宙に喫水線があるとしか思えなかった「宇宙戦艦ヤマト」の悪しき影響だろう。
ところが、そのヤマトの方が、リメイクの「宇宙戦艦ヤマト2199」で、ドメル艦隊がガトランティス艦隊を
直上から攻撃して撃滅するという描写をやってしまってるw

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 10:52:05.26
2199の小説?

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 11:11:40.54
>>521
「宇宙戦艦ヤマト2199」に小説はないよ。アニメと漫画だけ。

俺が言っているのは「宇宙戦艦ヤマト」のアニメでの描写のこと。
ガイエも見ている筈(というか、銀英伝はヤマト無双のアンチテーゼだと思う)だから、
小説を書く際にもそのビジュアルから完全には逃れられなかったのではないかと推測した。

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 11:39:20.31
単純に三次元戦闘を描くのは大変だからでしょw
手抜きと言いたいんじゃなく、作品の基本が宇宙で三国志っぽいのやりたいだから
戦争の描写は三次元戦闘どころか近代的ですらない

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 12:27:20.08
>520
それはひいきの引き倒し
娯楽小説で三次元描写はストーリーのテンポを悪くするだけだよ
航空宇宙軍史なんかが典型だけど、彼我の位置関係を確認しながらよむことになる。

ヤマトや銀英伝はそういうジャンルじゃないだろ?
たまに天頂方向とか天底方向って描写はあるけど、孔明の罠とか騎兵の一撃離脱みたいなものだしな。

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 13:34:14.26
艦隊とかラグランジェポイントに置いておくのが燃料代的によさそうだから平面になるとか・・・L5L4って円状にあるってことないよね

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 14:44:56.81
2199以前に、3のスカラゲック海峡星団戦で敵艦隊を上下方向から攻撃したし銀英伝でもマルアデッタ星域でビュコックがやらかしてる。

まぁ恒星間空間ならともかく、星系内では惑星の軌道平面に合わせた方が便利なんでしょう。

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 17:17:19.10
>>524
ぶっちゃけ作者はそんな面倒なこと考えてなかったんじゃないかw
宇宙を舞台に三国志みたいなのやりたかっただけで

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 19:35:44.14
メルカッツ上級大将が
いくらヤンを頼って亡命しても
普通は首都星ハイネセン
作戦統合本部でお客さん扱いされならがら
帝国軍の情報を聞き出す毎日っしょ?

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 19:53:06.88
星系内で惑星の軌道平面に合わせる意味はないと思うが、艦艇の向きを揃える意味はあるはずだ。
1つの艦隊内で艦艇の向きが揃ってないと、転進する時に進む方向がバラバラになってしまうから。

だとすれば、艦隊運動が平面的で、前後左右が圧倒的に多く上下が少ないのは、地球上で発生した
人類の本能による結果ではないかな。例えば、全艦反転180度という命令が下された場合に、
全艦が上回りで反転しても艦隊運動は揃うが、上下が逆になって方向感覚が狂う印象が強い。
やはり、左右方向に回らないと。

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 20:28:07.88
球状の要塞にとっては、前後左右上下なんて、あってないようなものだなぁ

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 21:36:05.71
人間が縦-横で空間を認識するのは、柱と梁で構成された家で育つから、という話があるな。
テントで育つネイティブアメリカンは平面と斜め線で認識するとか…

>529の説は結構説得力があると思う。
・・・とすると宇宙船育ちのヤンは地上育ちの他の提督とは違った空間認識をしていたのかもしれん。

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 21:54:12.20
要するに四方八方に砲撃できる軍艦があればいいの

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 21:54:12.24
>>517
脳波を強制的にいじくって熟睡状態に持っていく
同時に薬剤の投与と温度管理・酸素量の調整によって代謝をあげて筋肉疲労の改善と乳酸の排出を促す
こんな感じだろう
艦内シフトによってはまだ眠くない状態でもタンクベッド睡眠を取らされるって考えれば睡眠状態は強制的だろうし
酒も抜けるようだから代謝の促進は絶対条件だと思うぞ

534 :(゜∀゜):2013/02/28(木) 22:30:48.61
>>514
グエン・バン・ヒュー提督と、アラルコン少将が、
ミッターマイヤー、ロイエンタール両艦隊に壊滅させられた時は、
上方向から急降下したミッターマイヤー艦隊が同盟軍の後背を襲い、
これを避けるために下方向に逃げたところを、
待ち受けたロイエンタールが下方向から攻撃して撃退している。

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/02/28(木) 23:00:10.66
>>529
そもそも、その「反転180度」というのも、結構謎なんだよな。
きっちり真後ろを向いたところで操舵手が噴射を止める、なんてアナログな手作業なのか?
制御コンピューターに対して「○○地点に正面を向けろ」と指示をすれば自動で回頭するとか
できないんだろうか。

作中ではヤンがこっそり作った作戦情報を各艦の戦術コンピューターに送信していたが、
あれはもしかして艦を自動で動かすのではなく、画面に行動指示が表示されるだけで、
それを見て人間が動かしているのか?

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 00:45:12.19
すっかりアニメ版スレになっちった

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 00:45:12.53
>>525
ラグランジェポイントのいいところは、重力と遠心力だけで、
衛星と同じスピードで惑星の周りをまわっていられることだから、
衛星を避ける運動をしなくていいのが魅力。

だけど、L4L5は、重力と遠心力で、その周りからものが集まってくる場所だから、
そこに艦隊を置いておくと、ぶつかってしまうんじゃないか。
他のラグランジェポイントなら、中心点は力が均衡しているが、
その周りは、中心から遠ざかるように力が働くから、衝突の心配はない。
L4L5以外の場所の方がいいと思う

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 09:39:15.29
>>535
出来ないんだろうかって―それは作者がどうイメージしているか次第としか……

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 11:22:55.70
>>535
衝突回避システムがあるくらいだから、反転くらい全自動でできるだろう。
問題は、コンピュータにとっては左右回りの反転も上下回りの反転も同等で
どちらでも問題はないが、重力下で生活している人類は上下回りの反転だと
感覚が混乱しやすいという問題がある。結果、左右方向への運動が多くなる。

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 11:37:40.12
>>539
ワープや重力・慣性制御なんて技術がある世界だし戦闘面ですら全自動でいけるレベル技術がありそうなもんなんだよな
漫画版じゃマイクロブラックホールとか使ってたしw

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 12:43:42.70
>>540
>戦闘面ですら全自動でいけるレベル技術がありそうなもんなんだよな
ユリアンが無人艦隊を使ってたし、全自動での戦闘も可能なんだろう。
ただ、その時のユリアンの口ぶりからは、無人とバレたら最期たちまち
殲滅されてしまうっぽいが。所詮はプログラムってことかな。

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 13:47:26.36
>>540
そういうSFSFしたネタは控えるって方針だったから―作者が苦手というのもあるが、やりたいこ
と、テーマに関係ないから極力スルーと。初期は言い訳程度にがんばっていたんだけどねぇ。
そのせいで後の描写とで整合性のなくなった部分がいくつか……。

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 15:38:35.54
後ろ向くだけなら艦首のスラスタ作動させるだけで後ろ向けるんだけどな(ガンダムのシャアのザンジバルに追撃される木馬をイメージしてくれい)

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 16:23:28.43
読者に宇宙空間での移動なんてイメージできないんだから
地上戦や海戦っぽく書くのは正しい

まあ、このスレは
なんで宇宙戦なのに地球上での戦闘みたいになっちゃうの?
って疑問に無理やり理屈つけるスレなんだけど

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 16:44:53.88
「宇宙空間での移動をイメージさせる」という意味じゃ、最強の台詞は「敵のゲートは下だ」かな。艦隊戦でこれをやろうとすると下向きに大砲がついた宇宙戦艦というカッコ悪い代物になってしまうがw

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 17:20:06.88
まあ、謎の人工重力とか考えなければ
エンジン吹かして加速感じるから
エンジン(ノズル)のある側が下だろーな

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 19:18:51.32
>>546
古典スペオペに多い地上に垂直に立った状態を上下の基準にしている、ビルそのままの感じ
でデッキが仕切られ、床と天井になっているってヤツだな。

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 19:44:22.33
野望円舞曲では戦場の描写を頑張ろうとしてた感はあるな。
三次元だし、陣形や速度についても書いていた。
でも、話が進むに従って経済やら超科学やら超能力と話を広げすぎてgdgdになり、
最後も「へっ?」って感じで終わっちゃったけど。

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/01(金) 21:49:29.83
なんかこのスレ迷走してるな

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 01:27:41.17
>>544
その辺は突っ込まれても仕方が無い気がするw
作者はその部分ほぼ完全に投げてるんだし
本気で間違ってるって得意げに叩く奴はアホだけど

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 08:08:53.09
q

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 08:15:27.22
>>550
メインは人間ドラマだからな、その辺はあいまいでいいよね。
ただ1巻でははりきって色々設定してた(パルスワープとか艦内では宇宙服
や磁力靴着用してるとか、各惑星の時間の決め方とか)けどね。2巻以降では
ほとんどなかったことになってるけど。

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 08:35:56.59
ラインハルトが銀河を征服する野心があって
事実上、目的は達成したとは思うんですが
銀河帝国の皇帝に即位した理由がわからないのですが
どなたか教えてくれませんか

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 08:39:34.88
>>553
銀河帝国だと皇帝がトップだし

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 09:19:13.81
>>554
気になるのがその点でして、
銀河の覇者は銀河帝国皇帝であると
ラインハルト本人が認めてしまうことになり
銀河の征服者に一番近い存在が皇帝でよいのかどうか…
どうも疑問なんです

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 10:06:36.91
ワケワカンネ。
帝国じゃない政治体制に移行しろって言いたいのか?

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 10:19:32.99
ゴ王朝から継承した皇帝のままでよいのか
という疑問であって政治体制、国体どうのこうのではないのです

銀河帝国皇帝が天の川銀河の支配者でいいのかどうか
という素朴な意見を呈しているわけでして

国の名前かえるとか覇者の名称かえるとか
なんでもいいんですが、ロ王朝と呼ばれると
ゴ国の次がロ国と歴史書に書かれますから
気持ちもさることながら看板も斬新に一新すべきかと……

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 10:27:58.94
気持ち悪い奴だな。
いくらスレが停滞してるからって、そんな無理筋な疑問なんて持ってこなくていいよ。

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 10:34:55.94
いやいや素朴な疑問なんだし言わんとするのはなんとなくわかるな

宇宙を手に入れるのはキルヒーが死んだせいで出来た新しい課題なんで形式は故人から見て
わかりやすい形式を狙ったんかもしれんね
ラインハルトの一番の目的は姉を取り返すことだったから宇宙をどうするこうするは
漠然としてたんじゃなかろうか

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 11:07:50.95
形式上「禅譲」されて登極したんだから、皇統は変わっているが銀河帝国は存続しているだろ。
ラインハルトはローエングラム朝の初代皇帝であるが、銀河帝国の第38代皇帝でもある。

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 11:27:08.07
>>555
ラインハルトは自分にとっての最大の「敵」を打倒し、「自分が一番」だと自他共に認識されるな
ら、肩書きは気にしない。作者も言っているが「アンネローゼを奪ったのが街一番金持ちなら、
それを越える金持ちになるのを目標にしただろう」と言っている。越えるべき目標が皇帝だった
から、それを越えるにはまず、簒奪を目指したというだけの話。後半、打倒ヤンに執着したのも
同じこと。ラインハルトがラインハルトである限り避けられないことだった(その意味では、オーベ
ルシュタインの批判はまったく的外れなのだが、余人には理解できない、ついていけない領域
の話になるし、立場的には言わざる得ないよ。)。
打倒!皇帝フリードリヒ四世だったのであり、打倒!帝國ではなかった。事実上イコールなんだが、
フリードリヒを打倒して、姉を取り戻す以外のビジョンなんてなかったし、必要もなかった(ライン
ハルトの中では)。

簒奪したら、いろいろ責任もついてきたから皇帝続けるしかなかったし、成り行きで銀河を征服
したら、それ以上の地位も権力も存在しなかったから皇帝以上や皇帝以外の肩書きも考える
必要がない。
「神になる」とでも言えばよかったのか?( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 11:30:40.11
>>558
の方が素直に受け止められない、ひねくれ者で気持ち悪い
スレ停滞してねーし
3D戦法だのネタの方向がよくわからなくなっただけ

国名や元首の名称変更はいいんじゃねぇか
領土拡大してんだし、旧同盟人の帝国に吸収されたという
意識を薄めるためにも

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 11:40:56.78
今更なアレなんだが、「姉を取り戻す」というのがいまいち分からなかった
姉が後宮から出て自由の身になること=取り戻す でいいのかな?
だとしたら皇帝が"存命中"に取り戻す方法は「飽きられてポイされる」ぐらいだと思うんだが…
皇帝が死ねば、殉死させられるか、もしくは喪に服して自由の身になるとは思うが……
ラインハルトは具体的に皇帝をどんなふうにして、姉をどんな状態で取り戻したかったんだ?

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 11:44:34.57
皇帝が死んだ時なんて言ったか思い出せ

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 11:47:44.30
どの皇帝だよ

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 12:37:33.25
>>563
>姉が後宮から出て自由の身になること=取り戻す でいいのかな?
それを能動的に、ラインハルト主導で実現することだ。「取り戻す」
加えるなら、かつてのように「家族として」暮らせて、その暮らしを壊されない環境にすること。

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 12:37:47.24
>>563
飽きた結果なのかどうなのかはその時の皇帝の気持ち次第だけれど
功績をあげた臣下に寵姫を下賜したって話は原作にあるので絶大な武勲を上げれば
取り返せると思ったかもよ

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 12:52:50.58
>>533
ハゲはこれをアイソレーションタンクのことをタンクベッドといって書いたんだよ
小説の描写はまんまこれ

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 13:28:11.01
>>563
> 皇帝が死ねば、殉死させられるか、もしくは喪に服して自由の身になるとは思うが……

そんな思い込み持ち込まれても困る。というか原作読んでないんだな

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 13:35:24.11
だろうな

571 :567:2013/03/02(土) 13:38:32.50
原作じゃ無いや本編だったよすみません
ここでは原作って呼び方駄目だったの思いだした

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 13:42:26.78
アニメ・漫画・ゲーム・舞台などの他メディア展開に対しての小説版の位置づけが原作って呼称だもんね

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 14:07:37.10
>>561の皇帝以上は神アハハ
がキモい
名称変更には全く興味ない?
国名は「銀河」
元首は「オーナー」
「国」を付ける必要はないわけで
慣れだ慣れ。半年もすれば慣れる

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 14:36:24.97
素朴な疑問を言うと馬鹿扱いされるスレですね
要はくだらんことを突っ込むな、と

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 14:53:36.80
秦の始皇帝なんか
「俺、中国全土を統一したんだし、王よりワンランク上の称号が必要じゃね?」
って感じで皇帝を名乗ったんだから
ラインハルトも「銀河統一した事だし、皇帝よりなんか格好良い名称ねえかな」ってなっても
さして不自然な話ではないと思う

ただ、ラインハルト的には別にどうでもよかったんだろう
「国名は銀河連邦で元首の名称は総統にしましょう」とか言われたら
あっさり「それでいいや」ってなったかもしれん

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 17:02:15.61
ラインハルトがルドルフを許せないのは、自己神聖化したからであって
銀河連邦乗っ取った、皇帝なった事事態はおkだからね
別に銀河帝国に皇帝という名称は、変更すべきものじゃなかったんだろ

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 18:37:08.69
>567、弟に下賜はねえと思うだ

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 18:43:41.90
今までになかった新しい称号を作ること自体が自己神格化への第一歩じゃないのかな。そりゃやりたがらないでしょ。

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 19:01:24.56
皇帝よりかっこいい名称って何ぞやw
神帝(しんてい)とか神皇(しんおう)とか中二っぽい感じ作っちゃうのかしら
嫌やわ〜

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 19:55:03.44
「不幸な身の上の金髪美男子が、類い稀な自分の才能と忠実で有能な一人の親友の力だけで
超絶出世、やがて銀河帝国の皇帝になりました」ってのは、充分に中二病じゃないのか。

そもそもラノベ(という呼称は当時は無かったが要するに中高生向けの平易な小説)だろ。

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 20:34:22.90
>>580
徳間ノベルズから出ているから、実は一般向け。

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 20:39:08.42
皇帝自体、ハイネセン占領した際に一般兵士が「マインカイザー」言い出したからなったような
面もあるからな。「そう呼ばれたらしょうがない。なってやるか―皇帝」みたいなw

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 21:27:22.26
マインカイザーって、昔風に言うと「我が君」か
古風じゃのう

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 21:57:13.77
言葉は人によって作られるもの。何百年前かわからんが
天皇だって皇帝だって帝だって王様だって
出来立てホヤホヤの時は
嫌やわ〜変な感じやないかい〜、てなわけで
明治時代に一生懸命作られた日本語は沢山そう思われてた
それを厨二病って言われたら当時の学者、研究家、小説家が可哀想だ
今は面倒だからカタカナ外来語で誤魔化して
日本言語になってない用語が多すぎるが

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 22:01:24.32
>>579

 天皇

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 22:05:10.74
天皇より偉い法皇はいるし皇帝より偉い教皇もいるし
何百年も続いてる帝室で親父なり母親なりが
迷惑掛けたって話しは出てこないですよね

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 22:15:25.21
ラインハルトが形式的なことにはこだわらない性格だろうって思うけどな。
名称変更だの突拍子もないこと言い出すのは、
ちゃんと読んでないか、特殊な感性の持ち主かどっちかだと思う。

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 22:18:27.07
聖帝ラインハルト
ローエングラム獅子帝ラインハルト



好きなのを選べ

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 23:13:04.48
>>588
上の方は、退かぬ媚びぬ省みぬ…。

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/02(土) 23:16:43.02
>>577
言葉足らずで申し訳ないですが>>563の書き込みだと皇帝が飽きたからポイ以外での皇帝存命中の
寵姫解放手段は無さそうってあったのでそれ以外の方法を提示したのです。

皇帝のほうはポイするのもったいねぇなぁって思っていても、爵位や領地など目に見えた権力与えたくないと
思った時の恩賞の一手段として大いに可能性のあるものですしね。
また、皇帝の側近などに私的なルートを持っていたりした人物が何かの機会で寵姫を見かけて懸想してしまった等で
自らの領地を寄進する代わりに賜りたいとか、何か功績を上げた時に恩賞として賜りたいなど、
欲しい側から働きかけて皇帝を動かした場合もあったのではないかと思います。

なので功績を上げ続けたラインハルトのほうから姉を返してほしいと働きかけて合法的というか平和な手段で自由の身に
戻して身柄の安全を確保してからフリードリヒ4世を追い落として、生きていることを悔やむくらいの責め苦を負わそうと
考えていたのかもしれないと。でも功績上げ続けてもユスティニアヌスにとってのベリサリウスみたいな目に
遭わされた可能性もありますね。

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 00:13:37.04
>>563
皇帝死亡直後の反応からすると、
姉を奪った皇帝を酷い目にあわせてやりたいとも思ってた。
ってことは、皇帝の権力を取り上げて、
無理矢理姉を手放させた上で、拷問にでもかけて、
「姉上は返してもらった」とか宣言して、
なぶり殺しにするつもりだったんだと思う。

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 01:39:23.67
ブリュンヒルトの建造費ってお幾ら?
他の艦よりは高いだろうけど、そもそも戦艦一隻って幾らなんだろう

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 02:35:02.31
もらった時の描写からするに、他の戦艦と比べて特に高いということはないだろう。

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 04:18:26.47
ブリュンヒルトは普通の戦艦の3〜5倍すると
何かの設定にはあるんだけど・・・
でも艦船の建造費がいくらかという質問て
たびたびあるんだけど、価格はわからないんだよ
国力、国家予算、経済事情、GDP、人口、軍事力、艦船数、兵員数など
様々な要素を採り入れて推測しても
確定価格には絶対ならないから、各自の想像にまかせるしかない
100億円でも100兆円でも自由に想定していいと思うよ
戦艦、巡航艦、駆逐艦、空母、補給艦、工作艦、掃海艦などや
要塞を含めて20万隻程度建造し、軍事力を維持しても破綻はしない
国力があるとしか言えないんだな

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 07:14:39.87
童帝ラインハルトがいいだろ

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 09:47:00.94
>>594
経済破綻してたから帝国も同盟もボロボロだったんじゃねえの?

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 09:58:14.53
>>596
帝国は貴族の資産と言う最後のへそくりが有ったけど同盟は無いしな
下手したら食い詰めた同盟がフェザーンに侵攻してたかも知れない

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 10:50:14.42
>>595
天童よしみのモジリとか洒落?

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 12:09:22.10
>>594
兵器の単体の価格計算ってのは意味ないしな。
要求仕様・開発・量産体制でどんだけでも変わるし、高性能・確実性が求められるから必要な
性能を得るために、どんだけでも金は掛けるし。それで想定どおりの結果が得られれば、ナン
ボでも安い―というか適正価格。
そんなシロモノに「ナンボや?」と気にするってのは貧乏性で、お里が知れるな話。

イゼルローン要塞なんか評価が難しいな。ムチャな要求と仕様で鬼のように掛かった挙句に
責任者自殺しちゃったが、その後同盟軍をどれだけ血祭りにしたかを思えば、安い投資だっ
たろう―が、それを奪われたら、奪った当人のホ-ムグランドとして名前が上がってしまうわ、
同盟軍ほどはないが犠牲を強いられるわ……。

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 12:09:37.63
銀河童貞伝説

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 12:19:41.52
主演:ライナー・ブルームハルト

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 12:55:45.40
ベーネミュンデ伯爵夫人は見かけますが
ベーネミュンデ伯爵自体はどこかで出てきました?

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 13:38:19.94
ベーネミュンデって侯爵夫人じゃないの?
つかこの場合の「夫人」は「○爵の妻」ではなく、女性爵位の意味だと思うが(アンネローゼとかもそうだし)

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 13:55:01.56
>>603
日本語ではその辺曖昧だからね。
明治以降100年も西洋風爵位のあった時代がなくて、それ以前の地位に準じていたから、普通
に男性しかいなかったろうし―女○爵とかって言葉があるから、そういう人もいたんだろうけど、
あえて区別する必要もないほどだったんだろうねぇ。

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 14:02:31.58
シャフハウゼン子爵夫人の場合は、子爵の奥さんと言う意味だよな
グリューネワルト伯爵夫人やヴェストパーレ男爵夫人の場合は、女当主っていう意味…でいいんだよね

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 14:06:20.54
>>605
そう書いてあるじゃん。

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 14:10:13.88
日本の華族の場合は、○爵になれるのは男のみ
もしかして銀英伝かいてた頃、日本では女○爵って言葉がなかったんだろか
あったら女○爵の方が分かりやすいから、こっち使うと思うが

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 14:13:26.55
>>607
セリフならともかく、地の文で使うには、あまり上品な言葉じゃないから……じゃないかな。
女性男爵ってのもこなれてないし、なんかヘンだ。

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 14:40:45.47
例えばヴェストパーレと結婚した男はなんて呼ばれるんだろ。

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 14:45:44.37
寵姫の結婚相手はあえて言うなら皇帝しかいないわけだが。

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 14:56:44.32
>>609
男爵夫人の夫。かな? 夫の方も男爵に叙すれば普通に男爵だろうけど。

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 15:02:26.23
>>611
男爵レベルだと、身分ロンダリングもそれなりに難しいから、結婚するとなると、男爵夫人が
爵位捨てるか、男も元々それなりの爵位持ちの可能性が高い。
前者は置いておいて、後者は普通に男側の爵位で呼ばれるor>611だろう。結婚したからって
自動的に変わるもんじゃねぇしな。

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 15:25:52.49
>>612
609さんの純粋な疑問に答えるには爵位を持たない男と、自身は男爵位のままで
結婚した場合どうなるか?だな。男爵家の婿殿とか。。

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 15:34:04.00
>>613
それはちょっとないだろう。愛人から書類上の「夫」にランクアップしても、社交界で公式な夫
扱いされることはない―婿とも呼ばれんのじゃないかな。
身分ロンダリングで爵位手に入れんとな。そうなると、ダンナはその爵位で呼ばれるという
当たり前の話で。

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 15:42:10.78
もしも、夫の身分が妻より低くて、それでも結婚したい場合、
シャフハウゼン子爵のように、どっさり金積めばOKなのかな?
平民の妻を迎える為にかなり工作したらしいが、身分の低い夫(になる人)を迎える奥様は、どうするんやろ?

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 15:49:33.89
金で買えるのって帝国騎士だけだっけ

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 15:49:56.48
>>615
多分そういう男の相続のいない家は、フォルゲン伯爵家のように
どっかの貴族の次男三男やらを押し込もうと、狙われてると思う
シャフハウゼン子爵みたいな平民を迎えるのは、凄く例外だと思うし

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 15:52:17.74
婿養子って制度はないのかね。

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 15:53:58.37
あるわけない

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 15:55:42.84
シャフハウゼン子爵の弟は、男爵家の養子になって、男爵になってるぞ

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 15:56:09.63
爵位のある家の養子にしてから結婚させるのではないだろうか

将軍の側室候補にするためにわざわざ公家の養女にしてから〜みたいな感じで

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 15:58:27.40
>>621
公家でなくても武家の名門ってのもあったな


まあ身分が低い人間を一旦どこかの名門の養子にするのは結構あるパターン
箔付けにもなるし、養子にする家は金も貰えるだろうし

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 16:00:48.22
>>618
貴族制度の根幹に関わってくるから、身分差があるとそう簡単に婿とか養子とかともいかんのよ。
上の方になると結婚も政治と直結するしね。
男爵程度なら楽な方だが、平民からとなるとハードルは高い。何より身分ロンダリング自体が難
しい(跡継ぎのない家の家名を買うことになるが、都合のいい家はそうそうなく競争率も激高い)。

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 16:00:52.17
われらが金髪もそのパターンだったしな

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 16:11:32.10
貴族が平民の美女を買い取って養女にして、皇帝の歓心を買おうとする描写はあったけど
平民が養子になって大貴族社会仲間入り出来るようだと、身分のハードルは低くなる

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 16:54:24.37
爵位のある者は爵位のあるものとしか結婚できないってわけではないだろう
から(家柄は問われるんだろうけど、貴族の夫人たち自身は爵位持ってないだろ)
男爵夫人も平民は無理かもしれんが帝国騎士とかなら正式に結婚できるんじゃね。
その場合はやはり呼び名は、男爵夫人の夫とか男爵家の婿だな。

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 18:42:51.78
>>626
爵位持っているって事は、帝國の体制にそれだけの義務や責任を持っているし、当主なんだ
から家、一門に対する責任もある。それを維持するための政略って面もあるんだから、家の
維持に対するメリットどころかデメリットしかないような相手との結婚は内外に猛反発食らうよ。
まともに貴族教育された者なら考えられんだろ。

>男爵夫人も平民は無理かもしれんが帝国騎士とかなら正式に結婚できるんじゃね。
現実の「騎士」だと、貴族称号のかなりを占めているそうで、名ばかりってのが伊達じゃないく
らいに格が低いんだとさ。
それと同じなら、やはりどこかに養子に入って同格以上になる必要はありそうな。

>その場合はやはり呼び名は、男爵夫人の夫とか男爵家の婿だな。
帝國騎士だろ。妻の方の○爵夫人は本人が爵位持ってないから、夫の爵位とセットになるが、
低くても持っているんだから、個人を呼ぶ場合は本人の爵位・帝國騎士だろ。男爵夫人との
関係を聞かれなきゃ夫だの婿だのは関係ない。

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 22:44:45.70
>>607
日本が明治から敷いた華族制度の爵位参考となったのは中国だけど
銀英がモデルとしたヨーロッパには昔から女公女伯等女性の叙爵がれっきとしてある

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/03(日) 23:29:55.35
う〜ん 何百年後には民主主義が廃れ貴族が支配する世界が来るのか

じゃあ 俺は皇室守ることに専念しなきゃ

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 07:51:18.63
帝国で平民が高い地位に付くにはどんな仕事したらいいのかねえ
やっぱ優秀な科学者かな

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 08:15:08.00
裏社会を牛耳る職業だろう

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 08:33:24.70
>630
「高い地位」に就けば、貴族に指示を出さねばならない。
これを平民がやるには有力貴族の派閥に属していなくてはならない。

というわけで、金でも女でも使ってコネを作るのが全て、分野は二の次。
皇帝の寵姫に年端もいかない姉を差し出せば出世できるよ!

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 09:04:23.24
>>630
軍人でしょ。平民出身の将官はゴ朝にもいた
つーかラインハルト旗下の提督も皆ゴ朝で評価されて30そこそこで佐官、将官だった奴ばかり
ラインハルトが一兵卒から抜擢したわけじゃない
作中では何故か旧体制では評価されてなかったみたいな言い回しをよくされてるがw

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 09:39:16.40
>>632
身も蓋もねーな!

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 09:41:53.69
軍人さんで階級が上がれたとして
世間社会で軍人さん自身の地位が高いかどうか…
どうしようか

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 09:48:07.71
ロ朝じゃ圧倒的に軍人の地位高いじゃないですか。尚書でも軍務尚書が一番
偉そうな雰囲気だし。

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 13:15:30.92
ラインハルトの戴冠式の所に、文官がこれからは俺らの時代だ!ってな事思ってるのが書かれてる
ま、貴族がほぼ滅んで平和になった後だと、文官の方が地位高くなるだろね

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 13:22:45.26
で既得権益の維持を望む軍官僚との仁義なき戦いが始まる

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 13:53:37.66
日本で言うなら、東大法学部出てキャリア官僚なるのが、帝国の出世コースになるんじゃないの?
貴族もほぼいなくなったから、平民でも出世可能
これから帝国はお受験戦争に突入するんだよw

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 13:57:36.42
出自が出世に影響する体制下で平民が地位を得るにはどうするかって話じゃなかったの?
貴族が形骸化して出自関係なくなったら考える必要なくなると思うけど

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 14:06:17.91
>>640
それは>>633の軍人なれ!ですぐ結論出たからな・・・・

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 15:58:19.89
ヒルダ嬢がアンネローゼの山荘へ護衛の配置の打診しに行った際
アンネローゼが夕方に花へ水やりしてるが
長袖着てる時期に夕方、水やりしたら
全て枯れちまうよ…

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 16:22:22.16
てゆか室内では暖炉に火がついていた
暖炉に火を入れるぐらい寒いのに、あんな半袖で外に出て水やりしてたら風邪ひきますよw

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 16:28:37.93
山間だから温度差が激しいんだよ。

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 16:35:11.29
小説だと、水遣りはやってない
あんな夕方に山荘から表に出て、何やってんだ、だけど

にしても、山荘の門の扉が開いてて、ヒルダが勝手に入ってって、直接面会求めるってのも・・・
警護は全くいなかったのか?凄い開けっぴろげやな

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 16:53:25.61
>>645
目に付かないよう警備するって約束があったはず。

本編に出てこないことになっているSF超装備で姿を消している、公安9課みたいな部隊が
警護していたんだよw
光学迷彩で見えない兵士がヒルダのすぐ脇に忍び寄っていて、事あらば蜂の巣にする気満々
でさ。

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 17:07:32.68
つか、先に通信で面会のアポぐらい取ろうよw
ア「グリューネワルト伯爵夫人でいらっしゃいますね?」
ヒ「あなたは?」

伯爵夫人に突撃訪問って…

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 17:17:55.96
ヒルダ「突撃! 隣の晩ごはんです」

アンネ「………」

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 17:29:47.55
ヒルダは妊娠したら、アンネローゼと話したいからって
超光速通信を自分から皇族に設置させるくらいだから
そういった所、遠慮のない貴族のお嬢さんって感じ

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 17:46:35.53
>>640
外伝2で帝国の兵士が平民が出世するには大学か士官学校に行くしかないと言ってたよ

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 18:04:03.42
目に見える功績を立てるしかないだろうなぁ
戦争中なら戦功という武勲があるからいいが、戦争終わったら武勲立てることもなくなるし…どうするんだろ

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 18:33:28.76
ロイエンタール「ならば、俺がその機会を作ってやろう」

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 18:54:49.09
次の生贄はビッテンだな

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 20:45:06.72
>>649
とんでもない
欧州の貴族のお嬢さんなら順に則り礼をつくすが
銀英の貴族のお嬢さんは中華の貴族だからだ

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 22:02:22.72
>>651
目に見える功績とは言え、どうも艦隊戦が主体のこの物語で
艦の乗組員ってどうやって戦功あげるんだろうか

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 22:14:45.51
司令官の階級が上がると、その直営艦隊に属する兵士も階級が上がる…なーんてセット価格にはなってないだろうしなw

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 22:21:46.00
>>655
砲手なら命中率とかちゃんとデータ化されていて、率の高さ、高価値目標の撃破等で評価され
るとか、それなりに評価システムが出来ているんじゃないか?
それだけでは貴族の壁は破れないだけで。

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 22:21:57.13
>>656
そんなお得なセットがあったら
ラインハルト直属の部下はとんでもない棚ボタだらけやん

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 22:31:24.50
ハァ?事実棚ボタしかおらんぞ

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/04(月) 23:03:20.62
じゃあそういうことで

661 :(゜∀゜):2013/03/04(月) 23:52:53.93
>>649
自分の妊娠を良い機会に、
姉と弟の仲を修復しようとしたんだろうね。

ヒルダは主君としてではなく、
私人としてのラインハルトの身を案じてアンネローゼに会っていたし。

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 00:07:23.34
>>657
戦国の世における「目付」(江戸では仕事内容が変わっちゃいましたが)に
似た部署があったんですね

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 07:59:27.80
>>655
士官学校出じゃなく2等兵から始めたら、道のりは遠いけど地道に勤務して
ちょっとづつ上がっていくしかないね。特にミスなく勤務してればやがて現場
のリーダー(班長?)くらいにはなれるだろうし今度はそこでまたその部署の
働きをよくしてさらにまたちょっと上の部署へとかだな。10年くらいがんば
ったら砲術部門とか直接戦闘とかに関わる部門の先任くらいにはなれるかもしれ
んから、そこで初めて目に見える功績たてる機会もあとずれるかもだね。

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 09:04:08.82
職業軍人ならそうなるね。 平和になれば戦死する危険が
無くなるし、衣食住には不自由はしないが出世は無理かも。
門閥貴族と同盟軍の残党の海賊との戦いが中心になると思うけどね

もしかしたら、帝国に不満をもつ旧同盟の市民がデモや
暴動をして、地上での暴動鎮圧のための治安維持をする
陸戦要員なら活躍(?)する機会があるかも。
 

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 09:51:44.70
えー軍隊でしかも戦闘要員や船乗りで
人事考課の導入は反対だなぁ

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 10:29:58.54
>665
年功序列のみにしろというのかね?

まぁ、兵卒ならそれでもいいかも知らんが、下士官以上はそうもいかない。
まともな評者にあたる幸運度と、良い評価を引き出せる程度のコミュ力は必須。

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 10:53:12.25
当然、指揮能力や統率力、的確な判断力などは評価していいが
平和な社会で生活してると仕事柄とはいえ
撃墜なり射殺数で昇進、昇給するって考えさせられるな
契約数や金額のセールスマンとおんなじかねぇ

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 11:12:01.54
>>667
撃墜数なんか完全に同じだろ。戦闘技量としては当然の目安でしょ。
昔もエースの称号とか撃墜王とか褒められ昇進してるしねえ。
指揮とか統率とかはまた別のファクターだしねえ。

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 11:37:14.77
全然関係ないが、仕事で一緒になった番組制作会社の人が部下にこんな話をしているのを聞いた。
「うち(の会社)で出世するのは簡単だよ。ただ、勤め続ければいい。うちの仕事に耐えられない
奴がどんどん辞めてって、残ってれば自然に出世する。」

銀英伝世界も似たようなものではないかな。上も下もどんどん戦死していくから、生き延びてる
それだけで上のポストは空くし、競争相手も少なくなる。

士官学校を出て、最初から士官として任官する人はまた別だろうけど。

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 11:47:16.19
下っ端は上官の推薦じゃね?

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 12:17:38.19
>>665
戦国時代から軍監って戦の考査をする人はいたわけで(主に武将レベルで、お目付け役でもあったが)。

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 12:22:06.18
現在のパイロットは飛行時間(訓練時間)が基準だし、艦載機乗りはそれ+発着艦数。
ドライバー関係は運転時間や営業距離。
その合間に入る資格検定や積み上げられる数字で判断するしかないってことだわ。

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 16:47:42.94
ミッターマイヤーが首席元帥に昇進した理由はなんだろう
他の元帥(提督)と比較して何か跳び抜けて評価されることしたかな
結論はコネ縁故だよね?
結局、昇進・昇給はシステム化されてないよね

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 17:00:27.55
他の元帥が死んだから

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 17:18:19.46
元帥より上がないんだから仕方なく取ってつけたような感じ。
本当は勇退して政治家にでもなってくれれば、万事うまく収まるんだけど。
でもそれだと 獅子の泉の七元帥にカウントされなくなっちゃうのかな?

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 17:24:06.33
>>673
675さんのいうとうり、今まで下だった上級大将が元帥になるからそれよりは上に
せなあかんね、ということからですねえ。じゃなんで同階級じゃだけだというと
建国の功労者だし皇帝の友人みたいなもんだし、最大の反逆者の友人でもあったし
あれ?

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 17:36:48.63
上を作ると収拾つかなくなる
第一首席元帥共同代表代行
とかさ

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 18:36:52.13
>>677
上作ってるじゃんか。昔誰かが言ったように同格の元帥としてそのままにしておくことこそが肝要。
皇帝につぐNO2は不要です。

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 18:55:24.54
>>673
昇進したというほどのものじゃないだろ。
ローエングラム体制での先任元帥の生き残りってだけ。

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 19:53:28.26
実質はどうであれ、肩書に「首席」とついていれば周囲は「元帥の中でも最上位」と見るべさ

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 19:54:09.99
元帥のままではよろしくない事態なんかな
ラインハルトの厨二病が原因かねぇ

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 20:16:17.39
フリードリヒが死んだ後寵妃たちはラインハルトに喰われたの?

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 20:33:11.88
>>680
別にそれは間違ってないし。
ローエングラム元帥府時代からロイエンタールとともに双璧と呼ばれてたトップランナーだった
のも事実だ。
ローエングラム朝になってからも、軍の顔役三長官の一角で元帥―軍人として地位を極めた
と言っていい。
そんな人物が、皇帝崩御、二代目即位のご祝儀で元帥になった連中のまとめ役として首席と呼
ばれることに疑問を持つ理由なんてないと思うが?

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 21:09:26.05
>>681
上級大将を元帥にしなきゃならん理由も別にないよね

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 21:48:24.98
中国軍に上級大佐ってあったな
昔タミヤのプラモの箱の裏にソビエト軍の階級表があって
上級元帥ってのがあった
もう軍人が居過ぎて階級足りないんだろうな
三等大佐とか一等准将とか出てくるでこりゃ

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 22:40:02.44
功臣に恩を売るために次の権力者の名前で昇進させるような遺言は、
歴史上でもあったように思うけれど、上手く思い出せないな。

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 23:15:44.52
>>682
お年だったし、『たち』って言われるほどはいなかっただろ
残ってるのはG婦人と、その前のB婦人くらいだろ
特にB婦人は嫉妬深そうだから、自分の前任者は全部追い出したんじゃねえの?

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 23:44:54.62
首席元帥ったって名誉称号みたいなもんだろ
ちょっと給料に色つくくらいで
特に今までと変わらんのじゃね?

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/05(火) 23:51:30.43
名誉だけなのか特別な権限があるのか書かれてないから
なんとも言えんな。

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 00:40:23.07
学級委員長みたいなもんだろ

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 01:52:09.38
オーベルシュタインが生きてたら、首席元帥が2人に成ったのかな?

複数なら上級元帥の方がいいと思うなぁ

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 02:31:02.12
>691
またお前か

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 09:02:12.91
オーベルが死んでナンバー2に文句言う奴いないからな

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 09:31:51.12
>>688
普通、「首席」とは地位などの順位が第1位であることだが、
この場合は単に席順が1番目ってだけの意味だったりしてなw
正真正銘の名誉職だw

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 09:32:34.74
>>686
唐の太宗と李勣のエピソードじゃないかな

その才を警戒したのもあって自分の代で左遷、大人しく任地に赴けばよいが
渋るようだったら殺せ
素直に赴くようだったら、自分の死後に呼び戻して恩を売ってから重用せよとの遺言

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 10:51:58.81
ミッターマイヤーだけ元帥というのもな
残りの6人だって功績十分だし、共和主義者との戦いを終えた論功行賞の面もあるだろう

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 12:15:49.85
元帥濫発皇帝の時はおいといて、大体元帥って何人くらいなもんだろ
それまでにしたら、7人って多かったのかな?

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 12:19:36.66
あんまり元帥が多いと、有難味がないなw

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 12:46:43.89
多いと元帥って階級は立派でも、それに相応しい職がないよね・・・・
ラインハルトだって副司令長官っての作ってもらったって感じだしw

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 13:26:37.78
ロンメル、カイテル、ゲーリング、リヒトホーフェン、・・・
なんかもっといっぱいいそうだ

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 13:47:23.45
名誉職だからな元帥は
江戸時代の大老みたいなもん
それが7人もいてどうなるのか、想像出来ないわ

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 13:50:34.42
三長官を元帥でと考えると三人が妥当じゃない?
七人もいたらポストがなくて困るだろう
三長官+新領土総督でも三人余る

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 14:00:43.34
>>702
ラインハルトが元帥なった時、幕僚総監も元帥だった、クラーゼン元帥

でもロ王朝だと幕僚総監がシュタインメッツに、次ヒルダが中将待遇でやってるんだけど
7人もいる事なったから、幕僚総監も誰か元帥にさせそう

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 14:09:55.65
宇宙艦隊司令長官・統帥本部総長・軍務尚書・幕僚総監・総参謀長・新領土総督・憲兵総監
これで七人。どれを誰がやるかは知らんw

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 14:31:32.38
>>699
まあ、元帥なんて国家元首の軍事顧問みたいな形で政治トップレベルに軍部の意志伝える
てのがもっぱらだからなぁ。
軍部側で意見集約がちゃんとできるなら、そんなルートはひとつでいいわな。

ミッターマイヤーは国務尚書になる気配だけど、他の連中は順次無役になってアクレに切り
替わる頃に退役するんじゃないかな。

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 14:48:03.56
しっかしラインハルトの元帥授与式、盛大にやってたけど、あれを6人連続でやるのかw
あみだくじで順番決めるんかな、順番で変な序列を作らない為にw

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 14:58:03.28
授与の順番こそ序列の称号なんだから上下を作らないようにするにはみんな
まとめて整列だな。杖渡すのはどうせ皇帝には出来ないんだから代理と称する
者を人数分たてて同時にだな、、、

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 15:34:51.20
>>707
その光景、想像したらフイタwww

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 15:38:25.04
>>707
その場合
列の真ん中が序列高くて
端っこが低いだろ

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 15:41:57.93
次席元帥は誰がふさわしい?

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 15:45:03.27
ミュラーでしょ
本人が辞退しなければ元帥になってたからな

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 15:46:12.01
>>709
皇帝及びその代理者の周りに円形に整列させるのだ。
>>710
ミュラーがすでに上級大将中の首席とかになってなかったっけ?それでいくと
ミュラーじゃないの。

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 15:54:40.46
>>712
>皇帝及びその代理者の周りに円形に整列させるのだ。
なるほど。
で、その円の中心に、天井から代理者をロープで釣る(胴で縛る)して、
代理者をグルグルっと回すわけだな。止まった所の人から順に杖を渡す。

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 15:55:59.74
そこまでめんどくさいならもう宅配便で送って
「授与式は発送をもって代えさせていただきます」でいいだろ。

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 16:33:49.39
>>714
配達時刻を同じになるように調整するのを忘れると揉め事になるのだ。
ああ、かくも平和とはいいもんだ。

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 16:38:40.98
メール発送でいいじゃん。
元帥杖はpdf添付ファイルにして各自厚紙にプリントアウトで持参ということで。

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 16:39:57.26
>>714
ビッテンフェルトあたりがkonozamaになって、激怒するのですね。分かります。

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 17:36:26.15
元帥杖なんて貰っても、使い道ないんだよねー
あれって自宅に持ち帰って居間に飾っていいのかな?

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 17:40:49.29
ちょっと大きめの万華鏡みたいな感じだから、オブジェとしてはいいかも

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 17:49:42.01
正装が求められる式典出席時に、やべっ無くしてたっと青くなる元帥の数

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 18:00:16.49
ビッテンフェルトは当日忘れてきてメックリンガーに怒られてそう

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 18:01:05.16
肩たたきくらいにしか使えんよな。式典の最中でやったら殺されそうだがw

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 19:43:19.53
ビッテン本気で怒ったら元帥杖で殴りだしそうだな

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 19:46:55.81
殴ってよし、投げてよし、肩叩きに使ってもよし

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 20:10:15.86
「立て! 立つんだ杖〜!」

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 21:24:10.59
元帥杖があると水に落ちても溺れずにすむのに

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 21:30:08.75
ああいう感じの胡椒入れ…あったよな

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 21:42:38.38
要するに元帥がいるだけ幕府みたいなのが出来るってことですか?

それじゃあいくらなんでも将来争い起きますわな

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 22:28:30.35
結局ラインハルト死後新総督は誰なんだろう
ロイエンタール以外に政治手腕ある奴いるか?

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 22:37:20.55
>>729
ワーレンがロイエンタール叛乱の後始末やってたよね
そのまま正式に総督にするんじゃないかな?
ワーレンはやってけそうだし
まぁ総督になる元帥って、他の元帥より激務で責任重大だな

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 22:39:18.87
>728
だからラインハルト以外の元帥は元帥府を開かなかったんだろ。

>729
同盟人を登用するんじゃないの?>新総督
もうしばらくは軍政が続くだろうが、形だけでも同盟人をトップに置けば不満を抑えやすい。
読者視点だとムライなんか適任じゃないかと。

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 23:01:16.99
元イゼルローン共和政府の面々と交流のあったミュラーはどうだ?

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 23:14:35.17
>>728
皇帝―直接は三長官の承認はいるだろ。
ラインハルトの元帥府と帝國軍政との関係は前にも議論になったが、まとまらなかったな。

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 23:18:07.66
>>731
それは「総督」とは言わん。
間接支配は基本だが、一番上は支配側の人間でなきゃ支配していることにならんだろ。
行政トップは同盟の人間でいい。

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 23:53:44.77
帝国って、まともに読み書きできない国民が多い気がするんだが…
教育面での見直しはされているのだろうか
同盟に比べると、国民全体の基礎学力が低そうで心配です…

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/06(水) 23:56:11.10
キャゼルヌさんに是非とも行政を任せてほしい
おい金がないぞ!とw

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 00:59:56.74
3/6に立ったスレ
◎2013年1月 - 3月放送または4月以降放送予定作品のスレ
【ドキドキ!プリキュア】キュアロゼッタ/四葉ありす3
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1362501663/
【GJ部】皇紫音とタマちゃんは一緒にかわいい
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1362503634/
【プリキュアシリーズ】歴代悪役総合スレ
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1362510248/☆☆
【スマイルプリキュア!】星空みゆき/キュアハッピー41
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1362525608/
【遊戯王ZEXAL】トロン一家XWV【つ64がいがあるよ!】
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1362541704/
【PSYCHO-PASS サイコパス】縢秀星はやってらんねーよカッコイイ1.5
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1362549373/
【たまこまーけっと】北白川たまこは新作もちに夢中かわいい2
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1362550419/
【スマイルプリキュア!】緑川なお/キュアマーチ37
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1362571531/
【咲-Saki-】松実玄はわきわき可愛い ドラ10【阿知賀編】
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1362574862/
【ガールズ&パンツァー】五十鈴華は一期一会かわいい 5輪目
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1362575626/
ヴァンガードの石田ナオキを語るスレ
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1362580656/

▼2011年12月までに放送が終わった作品のスレ
【遊戯王5D's】不動遊星【22…死者蘇生なんてどうだ】
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1362549130/

スレ総数709

改行が多すぎると警告されたので凡例省略。

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 01:00:47.19
す……すみません、誤爆ですっ!!

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 01:04:28.23
陛下は寛大だ。自裁の機会を与えてやろう。

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 01:05:05.89
>>735
文字も読めないようなのを徴兵しても、何の役にもたたんだろ。
昔なら、歩兵でもやらせとくんだろうけど、
銃の整備マニュアルを読めないような歩兵が、
アンナ未来で役に立てるとは思えん。

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 02:46:20.87
>>739
自裁はさすがに可哀想だ
自宮で勘弁してやろうじゃないか

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 07:34:21.07
そういや、バーラト星系は自治にまかせたんだから新領土の新しい行政中心は
どこにしたのかな?当然、総督もそこに赴任することになるわけだが。

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 11:07:30.84
そもそも帝国領土の支配もどうしていたのか?
反ラインハルト派の領土は、親ラインハルト派貴族を再配置していたのか?

新領土も、住民による自治を認めないなら
やはりそれぞれの星系(か、あるいはもっと上位のブロックかもしれないが)
に領主を送り込んで支配しないといけない

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 11:14:36.58
はて、帝国領土に別に貴族必要じゃないし

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 11:18:51.05
>>742
同盟第二の中心地的なものは出てきてないからなぁ。
帝國の都合で言えば、中継点として整備したウルヴァシー辺りに持ってきたいところだが、既
存の施設を使えればそれはそれで便利だし、開発済み惑星になるだろうなぁ。
もっとも、「火祭り」の例があるから旧フェザーンによる工作の可能性を排除できない既存都市
は怖いといえば怖い。

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 11:20:52.85
>はて、帝国領土に別に貴族必要じゃないし

じゃ、どうやって統治するの?
すべての星系が皇帝の親政?

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 11:28:31.52
>>746
多分、>>744が言いたいのは、

 ゴールデンバウム王朝:領土に貴族必要じゃないけど、貴族が領主として支配してた。
 ローエングラム王朝:領土に貴族必要じゃないから、貴族による支配は殆ど廃止した。

ということだと思う。

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 11:43:39.89
>>747
行政期間をおけばいいわけだよね。まあその長は星系知事とでも呼ばれることに
なるのだろう。
>>745
テルヌーゼンもバーラト星系だからだめだし、ケリムとかジャムシードが有人惑星持つ
星系でフェザーンとバーラトの間にあるようだしそのあたりじゃないかな?

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 11:53:24.49
ゴ朝は概ね封建制(江戸幕府のような体制で将軍と天皇を皇帝が兼ねたような)→ゴ朝末期〜ロ朝は群県制みたいになったと思ってたよ

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 12:09:35.55
役所の長や主要ポストを独占して世襲していたのがそれまでの貴族だったとして
ラインハルト宰相体制になってからはその主要ポストにラインハルトの意のままに動く人物を据えて
定期的に任地変えたりしたりする一方、末端職員の縁故採用辞めて既職に在る者も新規者も
試験に受かった人物を採用するなどしたんじゃないの? 

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 12:12:23.49
>>746
公務員を置けば?

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 12:30:07.80
なんか王様と領主たる貴族しかいないようなファンタジーのイメージでも持ってるんだろうか。

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 12:36:47.03
現人神を国主に戴いていても70年近く民主主義と言い張っている国もありますしね。

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 12:46:39.53
共和国と云う名の独裁国家もありますしね
手続き的には選挙制度があっても自由意思で投票できないんでしたけ

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 14:21:24.72
「民主主義人民共和国」を名乗りながら、元首が3代に渡って世襲して
実質的には王国となっている国もあるしねw

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 14:46:05.92
あの朝鮮にだって一応選挙権はあるしなぁ、一応w
投票所に行って投票券をもらうと金さんの氏名が書いてあり、信任する場合は何も書かずに投票箱へ入れる
もし不信任投票をしたい時は鉛筆で記入するのだが、その鉛筆がわざと離れた所に置いてあって、労働党の監視員が睨みをきかせている
鉛筆取りに行く→不信任投票をした→国家への忠誠心が無い→強制収容所にGO というコースだけどもw

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 14:58:41.43
領土の支配が云々って話になってるけど、
議論するまでもなく「フェザーン自治領」の例を挙げて終わりじゃね?

フェザーンは名目上は帝国の領土だが、その領主は、貴族でもないし
世襲もしない自治領主なる存在で、帝国もそれを認めてた。
世襲する貴族の領主が居なくても問題ないという例が既にあるわけで。

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 15:26:05.09
マリーンドルフ伯領以外の帝国領は、中央から知事なりが派遣されて治めるんじゃ
日本の戦前、内務省が警察に地方行政、厚生面も握って、大蔵省以上の存在だったらしい
帝国は民政省は別にあるけど、国務省財務省より内務省の方が強いかも

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 16:16:08.88
軍管区の整理・新設の構想が作中で出てたから治安維持とかはそこに任命される軍管区長に一任されるんじゃないか?
あとはその管区を担当する文官とかを任命すればいいわけで。もともとロ王朝は軍政の傾向が強いし、作品終了後変わっていくにせよ最初のほうは軍管区=代理統治区分となる可能性が高いと思う。

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 16:20:41.67
日本の戦前みたいに貴族の領地以外は帝国から派遣された
知事が治めていたんだろう確か外伝でケーフェンヒラーは
内務省で地方行政官のエリートコースを歩んでいたはず。
リップ戦役後、貴族の領地は全てそうなったのかも。

任地が増えて内務省は大喜びだな。

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 16:30:46.31
>>757
当時は価値のない捨て地だったところの統治権を認めるだけの話だったからなぁ。フェザーン
ひとつの前例にはなるだろうが、新領土全体や元大貴族領土に適用していいかどうかは……

バーラトの自治が認められたのは、ラインハルトに「彼ら(というかヤン)の信じる民主主義」の
価値を認めさせたってのが大きいが、やはりバーラト自体は既に同盟の体制を前提にした
「中心地」でしかなく大した生産能力を持たない消費地に特化していたから、周囲を帝國が押
えてしまえば簡単に日干しにされる立地の弱さ=固有の価値のなさ故だろう。イゼルローン並み
の要衝だったら絶対認められない。

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 16:32:11.64
>>760
>日本の戦前みたいに
いつの「戦前」だ?

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 16:32:31.27
>>759
それはあまりにも危険 軍管区=代理統治が
一緒になったら王様のようなもの
行政と軍権は明確に分け、互いに監視させないと
第二のロイエンタールが出てきても止められない。

国民にとっては非効率でも、内務・軍務に関らず
各省庁の仲が悪いのが実は支配者にとっては都合がいい。
敵対省庁の非行を報告してくれるからね

  

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 16:34:55.12
帝国の各領地で大規模な独立運動とか起きそう…

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 16:38:09.13
>>762
明治以降第二次大戦まで 昔は県令とか勅選知事とか
1947年(昭和22年)4月に実施された最初の知事公選
まで言われていたよ。

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 16:53:06.27
帝国の民衆は数十世代徹底的に支配されてきたんだ
反抗したらどうなるか骨の髄まで知っているからねぇ
ロ王朝が甘い顔すれば民主化運動とかしそうだけど
そこまでヒルダはお人よしの甘ちゃんかな

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 16:57:18.71
ゴ王朝だと、晴眼帝が皇帝なる前地方領主してたり
バルトバッフェル候が領地もらってたけど
ロ王朝だと、皇族でも土地は与えないかもね

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 16:59:53.46
>>767
領地が貴族の財力=影響力の元だからね。貴族の力を殺ぐなら、土地から引き剥がさんと。

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 17:05:41.60
人種とか宗教とか歴史的経緯とかが無いと独立運動ってのは起きんだろう。
悪政に対する反抗とは別物

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 17:24:29.30
>>769
歴史的経緯ならあるじゃん。ついこの間、戦争に負けて征服された―それ以前は帝國に抵抗し、
打倒するのが国是だったんだし、独立を取り戻そうって思うには十分だろう。
同盟思想に染まってる世代がいなくなったら、特に圧政がなければ急速に消えるだろうけどな。

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 17:31:04.19
>>770
>>769さんの言っているのは旧帝国領土の住民のことでは
新領土の住民はまた別かと

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 17:54:42.21
旧帝国領土のことっす

773 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2013/03/07(木) 22:27:43.56
アンネローゼやエヴァンゼリンは学校言ってなさそうだし
辛うじて読み書き程度でおかしくないイメージ

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 22:29:31.78
>762
応仁の乱に決まってるだろ>戦前

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 22:37:24.67
当然どすな

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 23:24:32.10
銀河連邦がそのまま銀河帝国になったのだから教育機構なんかはそのまま継承されたろ
教える内容がルドルフマンセーなっても、語学や数学まで変わるわけない
教育なんかはノイエシュタウフェン候が国力の維持に必要と大きく手はつけてないんじゃなかろか?

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 23:42:30.38
>>763
その危険性は一応わかってる。原作の6巻(だっけ?)あたりでその軍管区の話が出てるところでメックリンガーが軍閥化の恐れを指摘してる。
ただラインハルトの人事を見てると、ハイネセンの高等弁務官にレンネンカンプを置いて文官を補佐に付けたり、
今言ったようにロイエンタールに新領土全土の権利を与えたり、その後のバーラト星系の治安担当者にオーベルシュタインをつけたりと、
かなり「軍人を持って統治に充てる」を基本としてるように思ったので、
ラインハルト死後も一旦はその基本姿勢・構想を修正を加えつつ継承するのではないか、と思って>>759のように言ったつもりだった。
もちろん後の摂政ヒルダ、アレクサンドル1世となっていく中で地方の権力をそぐ政治姿勢になる可能性は大いにあるのも理解してる。当面はそうなるんじゃないかということ。
誤解されるような言い方をしてすまん。

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 23:48:42.20
>>773
国民学校みたいなのはなかったんかな?
濃奴階級は学校行って無いイメージあるけど、
貧乏とはいえ一応は貴族だったミューゼル家とか、平民でもそこそこだったエヴァとかは読み書きはできそう
つかアンネローゼは宮廷に納められた時点で教育係ついただろう

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 23:57:05.01
>>778
最低でも帝都にはさすがにあったと思うぞ、そうでもないと社会機構や一般工業技術の整備が人材的に不可能になるだろう。
キルヒアイスも1巻で学校を休んでアンネローゼにもらった別れのケーキを食べてる描写があるし、平民出身のカール・エドアルド・バイエルラインも5巻で副官相手に「ここは戦場、故郷の学校のように教師の目を盗んで昼寝を(ry」とか言ってるし。
結構平民にも学校は身近なものなんだろう。
エヴァとかアンネローゼとかも行っててもおかしくない。

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/07(木) 23:59:37.88
下級貴族のアンネローゼや平民でも堅実な自営業の家で育ったエヴァはそこそこの教育は受けてるだろ
この二人は首都に住んでるし
貧民じゃないんだぞ

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 00:08:20.43
>>773
そんな記述どこにあった?

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 00:08:29.84
カール・エドワルド・バイエルライン
ハンス・エドアルド・ベルゲングリューン

誰からも求められなかったが、一生懸命憶えた若き日のおれ

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 00:20:29.84
>>782(´・ω・`)ごめんよ、両方とも将官だから失礼なんだけれども、名前が似てるんだもん、どっちかわかんなくなっちゃうんよ。

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 00:25:07.24
レンネンケンプ

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 00:58:52.66
そういえばケンプって
カール・グスタフ・ケンプ
だから、一応カールおじさんなんだよな

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 01:54:42.83
「ヘイ、カール! カーール!」

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 06:33:13.19
脳卒中なんだから、おとなしく寝てなさい

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 06:58:49.04
貴族の私兵も加えて帝国艦隊はざっと20万隻くらいはありそうなのよ
これを飛ばすには最低3000万人くらいの将兵が必要なわけですよ
さらに整備やらロジスティクスを考えると3000万人将兵の後背には2億人、ヘタすると3億人くらい読み書きと四則演算程度の教育うけた人間が必要なわけですよ
この3億人が首都星からだけで供給できるんですかねえ?

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 07:06:25.27
さらにいうとこの3億人を支えるのに必要な一次〜三次の産業に従事してる人たちがいて、この人たちも最低限読み書きに四則演算できるぐらいの教育は受けてないとまずいわけですよ
であの時代ならこれらの人たちは個人用の携帯情報端末なんかを使いこなさないと仕事にならないわけだ
そういったものを扱える教育はそれなりに高度だったのだと思うよ
農奴にしたって手に鋤鍬持つような連中はいなくてみんな機械化されてるんだろうし

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 07:10:02.24
> 農奴にしたって手に鋤鍬持つような連中

アホ貴族領には普通に残ってそうだが

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 07:56:11.47
>>788
なんで首都星限定なの??
ラインハルト独裁になってからは100万隻、1億人体制が真剣に検討されたとか
かいてあったね。確かに100万隻なら1億人では不足とは思うが。

農奴ってそんなにいるのか?貴族のもとで農業に従事してるのは土地を持たない小作人であって
奴隷ではないでしょ。当然、学校にもいってるだろう。

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 08:00:27.26
>>790
新無憂宮の中はあえて機械化せず、人手を使った―とあるが、効率や生産性=財力に関わっ
てくる生産の場ではさすがに、そんなバカなマネはしないと思うがねぇ。
いくらアホでも、庭師―使用人の範囲くらいだろ。非機械化
平民でも普通に役人になれたり、大学まで行けるのもいるのだし、それなりの教育システムは
あった―義務教育レベルは普通にやっていたとみるべきだろう。

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 09:25:54.35
平民の生活レベルは今の一般市民と大差ないでしょ
皇族や貴族と関わりあいになると抵抗できなかったり一方的に損を被ったりはあっただろうが
義務教育も受けられないとか一切の娯楽が許されないとか福利厚生が存在しないとか
奴隷階級じみた扱いされてたとは思えない
それじゃ社会全体が脆弱化するし、絶えず反乱が起きてるだろ

平民を虫けらのように扱う悪逆非道な帝国
そんなものは同盟のプロパガンダの中にしか存在しないよ
実際平民出身の高級士官は作中にたくさん出てくるんだし、彼らはゴ朝の貴族に反感は抱いてても
専制主義そのものは普通に受け入れてたからな

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 09:41:01.74
>>793
同意。
たとえ反乱が起きなくても、そんな帝国は同盟にあっという間に征服されてたろう。
むしろ、同盟という敵が生まれたことで、富国強兵の必要性に迫られ、教育制度が
より強化されたとしても不思議はない。

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 11:28:03.71
禿が人間ドラマを書きたいんだといってサボってたとこを無理矢理妄想してなんとかその人間ドラマを成立できる背景をひねりだすのがこのスレの主旨だと思ってる

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 11:38:50.53
読み書きだの四則演算だの、妙な設定を自分で作り、それに対して文句言うのって何なの?
新しいプレイか何かか?

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 11:56:08.05
>795
「サボってた」ではなく、出版当時の日本の常識と大きく変わらない部分は省略しているだけだろ。
作中に食事シーンや排泄シーンが少ないor無いからと言って、銀英世界と現代の人類の代謝が違うかも
などと普通は考えないだろ?
出撃の度にワイングラス叩き割っているから、ブリュンヒルトの艦内はガラス片が散らばっている
などと普通は考えないだろ?

描写が無い部分は、出版当時の一般的な日本人の常識が適用される。
それで不具合がある場合に辻褄を考えて遊ぶのがこのスレの趣旨。

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 12:22:38.12
あえて書かなかった部分を妄想して楽しむのはありだと思うけど
手を抜いたとか作者に書く知識や能力がないと叩くのはお門違いもいいところだわな
つーか枝葉の部分にまで詳細な解説が入る小説なんてテンポ悪過ぎだろw

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 12:56:10.50
19世紀に書かれた「ハイジ」では、スイスのド田舎の山村でさえも、
ハイジを学校に通わせてないことが大問題となっているって描写がある。
1600年後の未来の教育機構がそれよりも退化しているとかあり得ん。
てゆーか、退化したとすれば、その理由を考えだすのに苦労しそうだ。

>>798
全面的に同意。
常識で分かることだから描写を省略しているのであって、描写が無い
ことを理由に作者や作品を叩くとしたら、そいつこそが非常識である
ということの自白に他ならない。

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 13:37:13.53
基本的に「遊ぶ」「楽しむ」スレなのに、
相手を論破したがる奴がいるんだよな。

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 13:47:25.33
疾風なだけに
ウォルフは早漏に悩む

鉄壁なだけにミュラーは包茎

これガチだから

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 14:15:10.70
包茎を隠して士官学校に入学したのか?

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 15:08:49.18
包茎と言っても
時には攻勢に出れるように
仮性だったんだろうな

帝国に割礼の義務化があったのなら別だが

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 15:10:31.66
>>802
痔持ち排除のため(本音はホモ排除)に、警察や軍隊は肛門検査までやるが、包茎は聞いたこ
とないな。

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 15:20:53.02
ヨーロッパ人は基本、仮性包茎だろ
ヨーロッパの帝国を範としたゴ朝なんだから、寧ろ仮性包茎がノーマルだよ
地球教徒辺りは割礼みたいなことをやってる可能性がある

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 15:35:31.82
>>805
それはむしろモンゴロイドの特徴。
古代ギリシャで包茎が美しいとされただけ。

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 15:58:07.50
するとムライ、ヤン
クランフ当たりが包茎臭い

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 16:23:29.45
包茎は劣悪遺伝子排除法に引っかかる?

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 17:51:46.91
包茎なる事象が生物学上の身体的な遺伝子によるもの
と証明され、それが銀河帝国の社会秩序を脅かす程の
害をもらたらす症状なのであれば法に抵触するであろうな

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 18:54:48.14
>>793-794
銀英時代の地球の教育制度が気になります(*・ω・)

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 18:58:56.18
おい、そろそろ下半身の話はやめれw

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 19:06:42.16
帝国の男子はどんな顔立ちの娘が好みなんだろうね
いわゆるアイドルっていうかさ
オッパイや柔肌にも気持ちはうずくんだろうし?
コクリ方とかデートってどんなだろう

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 21:10:52.49
皇帝が帝国の象徴だろ。
ということは、皇帝の好みのおなごが帝国でも全般的に好まれると解釈して良いんじゃないのか。

実際、アンネローゼを見つけた役人が、なにやら非常にもったいぶった形容でそのときの様子を語ってた。

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 21:19:09.49
>>807
クランフって誰すか?同じ作者作品の創竜伝文庫版カバー絵の人の名前とも微妙に違いますし

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 21:50:04.25
ヘテロクロミア氏「好き嫌いは良くないな。黒髪金髪赤毛プラチナブロンド貧乳普通爆乳なんでも食えなくては男と言えぬよ」

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 22:31:17.35
>>814
あ、ごめんウランフ

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 22:52:51.19
フリードリヒが女の好み変わらなきゃ、アンネローゼも後宮におさめられなかったのにね・・・・

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/08(金) 23:03:33.13
じーさんなってから
急に幼女趣味になる奴っているからな
一般人なら犯罪だが
皇帝陛下なら問題ないのと
世継ぎ問題もあったから

バイアクラ飲んでたんだろうな
心臓から急死するぐらいだし

アンネローゼは陛下の主砲で
ジュンジュンに濡れたんだろ

819 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/03/09(土) 00:48:13.47
燃え萌え銀河英雄伝説
ラブラブ銀河英雄伝説

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 01:32:01.30
銀河お嬢様伝説ュナ

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 02:02:25.90
ふと思った。
帝国にいわゆる芸能界やアイドルってあるのかな?
例えばAKBとかw

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 02:04:48.03
退廃芸術指定されてて、せいぜい宝塚とか

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 02:48:49.95
芸術鑑賞したりしてるから、人気のある女優や歌手はいただろ

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 09:54:28.07
芸術の秋でラインハルトが観に言った前衛音楽がもしかして
AKBとか

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 10:40:56.76
同盟にはトリューニヒトの取り巻きが話題にしてたようにアイドル的なのはいたようだね。

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 11:42:35.04
そりゃ同盟・フェザーンには大衆文化として必然的に芸能はあるでしょ

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 11:45:52.41
>>822
帝國の建前からすれば、連邦時代の文化的退廃の反省として、伝統的なメインカルチャー系
芸術文化以外には厳しいだろうね。
現在のTV芸能、サブカル系演劇みたいなのは軒並み滅んでいるか、アングラ化してるだろう。

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 12:33:51.42
ミュラーが閉口した前衛音楽とはプログレだったりするのだろうか?

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 13:11:32.52
さすがに500年も王朝が続けば爛熟期になって頽廃的な文化や
芸術が復活しているかもしれない。
ただ、過去の歴史を振り返ると帝国に芸能界があっても
貴族の保護を受けないと活動できないだろうな

何を言いたいかと言うとAKBがいても貴族の愛人かもしれん

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 13:43:39.75
>>829
例の男爵夫人は美男の芸術家をいろいろ(飼って)たらしいね。何曜日の男とか。

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 14:00:10.05
>>829
大貴族(スポンサー)のいいなりって、現在の芸能界と大して変わらない気もするけどな

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 14:34:27.76
帝国には大衆娯楽のイメージが分かりにくい
だから、想像もしやすいが…
芸能もだけど賭博やスポーツ、宝クジとかさ
民衆の生き抜き、ガス抜き、ストレス解消だったり
憧れ魅了するような職業や存在
ミスコンやイケメンコンテストなんてのは貴族onlyだったかもね

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 14:35:23.78
サロンってのもあるな。ランズベルク伯のとこなら平民でも入れそうだし

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 14:56:13.75
>大人になってこれを面白いとかちょっと不味い気がする

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 15:10:10.32
銀英伝のこと?
人それぞれだから、それは別に構わないけど
他人に言わなくてもいいんじゃない?
「卒業します。卒業しました」なんてさ
「他にこんな作品読んでるけど、あれも中々いいよぉ」
くらいなら紹介してくれてもいいけどね

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 17:37:50.12
同盟がアメリカみたいな文化芸術だったらM・モンローみたいに
人気歌手や女優がイゼルローンに慰問にくる話があっても面白かったのに

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 18:27:36.54
女優の代わりにヨブたんが来てヤンが鬱になるw?

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 18:33:11.47
アメリカの大統領やイギリスの首相が前線に視察に来たけど
ハイネセンとイゼルローン要塞は距離がありすぎて無理かと

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 18:38:33.56
>>838
少なくても2週間でしたっけ?
ハイネセン→イゼルローン

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 18:54:48.75
政治宣伝になれば慰問視察あったろうね
作者が思いつかなかったのかも知れないけど
イゼルローンで政治的なドンチャン騒ぎお祭り
があってもおかしくはないトリューニヒトが臆病でなければさ

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 19:23:42.98
ラインハルトは遠征しながら統治していたけど
あれはどういう風にしていたんだろう?

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 20:24:50.19
銀英世界は超高速通信で情報伝達の遅延がゼロだから可能なんじゃなかろか?
なにげに一万光年の距離をわれわれが電話ではなす感覚で連絡とれるSFはあまりない

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 21:14:03.06
>>842
この世界ではときの都合に合わせて通信がつながらなくなったり電報?のやりとり
だけに(ちょい前は普通にテレビ電話?してたりするのに)なる世界だからねえ。
我ら?がヤマト世界では14万8光年離れた前線基地と本国が電話で会話できる世界だぞ。

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 21:32:12.01
よかったじゃん便利で
だが180年後のことには全く興味ないな
1600年後の話してくんねーかなぁ

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 21:43:29.45
何で、あんな戦い方なのに旋回砲塔じゃないんだろう?

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 21:46:28.99
どんな戦い方なんじゃ?

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 21:55:05.78
>>845
隊列組んでヘッドオンの戦いで旋回砲塔は使えないだろ。

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 21:59:43.44
あれは イラストの加藤直之先生のゴホンゴホン・・・・・・・・・

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/09(土) 22:59:56.07
シャルロット・フィリスの妹の名前をいまだに知らないけどあえてそのままにしてる

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 00:35:50.77
すれ違いざまに攻撃できないし、砲を敵に向けたままだと敵艦隊につっこむ事になるし

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 01:08:54.59
>>850
接近するのは終盤で勝敗は大体決している。すれ違いザマの戦闘なんてほぼない。
万単位で隊列組んでいるんだから、敵と接近して入り混じるようにすれ違って、双方射線上に
味方がいる―つまり撃てない。だから、すれ違っている間は戦闘はない。
接近するまで勝負がつかなかったら、適当なタイミングで加速して、突っ切り→旋回→再突撃
で済む。いつまでも目の前で相対速度合わせて的になってやる理由はない。

旋回砲塔てのは、一列で隊列組んで平行戦やるという前提のデザインで、この世界の戦闘と
は真逆。コンセプト、ドクトリンに合わない兵器が成功した例はない―ちょっと違うが、後ろの取り
合いが前提の戦闘機の戦闘に「旋回銃座つければ最強じゃね?」と思って実行した結果、世紀
の駄っ作機ができあがったというボールトンポール デファイアントの例を覚えておけ。

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 01:36:08.79
>>851
大層な高説だが、本伝の描写で砲塔が旋回とかどうとか記述ってあったっけ?何を自分設定に酔ってるのやら。

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 02:02:10.45
百合坊が破壊した巡航艦レンバッハが百合坊のスパルタニアンを捕捉しようと旋回砲塔動かしてた気がス。
でもあれはせいぜい対空?機銃かでかくても副砲だろう?

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 02:05:13.43
アニメ版でしょ
アニメ描写で凸るのはご遠慮願いたい

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 02:26:34.27
例え固定砲塔でも、宇宙なんだから慣性航行中は進行方向に関係なく敵に艦首を向け続けることができる。

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 08:15:09.32
> 超高速通信

なんかビットレートが高いだけで速度を感じさせんなwww
超光速通信の誤変換だろうが

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 11:54:03.44
それぐらい脳内で変換してやれ

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 12:04:37.35
>>856
すまんな

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 15:00:43.87
超拘束通信 とかだったら俺は泣いた…

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 15:19:01.18
日本高速通信
森口博子 荻野目洋子
だったら俺は笑った

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 16:22:14.33
趙高即通信だったら始皇帝がカンカンだな

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 17:11:32.12
超校則通信 
廊下走ったら鞭打ち100回とかだろうか

鞭打ちといえば貴族の女は粗相したメイドに鞭打ちするイメージあるが
帝国でもそんなんあったんやろかー

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 17:25:48.06
クリスティーネの性格ならやりs

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 17:28:23.62
ジョークや上下ネタはアニメ板の方でやった方が
盛り上がるし、おもろいし、叱責注意する奴も少ないで
ここだと、いずれヤメレが入るよ

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 18:18:23.67
ロイエンタールの子供があれだけとは思えないんだが

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 18:39:12.40
>>865
妊娠バレすると堕胎させられるからなあ
ロイの女ってロイの地位と金目当てで嬉々として妊娠報告して下ろされてる奴らばかりのようなイメージがある

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 19:06:43.75
>>866
向こうから寄ってくると言っても、特にゴ王朝時代はアバチュール感覚の「危険な遊び」な貴
族令嬢が多かったようだし、そういう女の立場的にロイは本気になるにはリスキーだし、美
味しい相手ではない。そういうリスクは向こうが潰してくると思うがねぇ。
逆に言えば、そんなのばっかだから、ロイの「復讐心」を掻き立て、弄びたいという気持ちに
させるし、「安心」して遊べる。
下心が見える相手は総スルーしてそう。

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 19:19:36.20
>>867
ゴ朝の貴族没落後のことしか頭になかったわ
よく考えてみるとリップシュタット前のほうが戦果多そうだな

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 19:26:50.38
実はロイの私生児が10人ぐらいいても驚かない

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 19:33:52.70
しかしイイ歳した大人が子供の頃のトラウマ引き摺ってるのは…
女が嫌いな癖に女を食うなんて、ピーマン嫌いな子供が沢山食べて克服しようとしてるのと同じ感じがw

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 19:37:26.78
そして益々ピーマン嫌いになりましたと…自虐プレイだな

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 19:37:37.38
>>867
決闘罪で降格されたときの相手はマジだったよな。
3人の婚約者を相手に選り好んでいたのが悪いとも言えるが。。。

>>868
つーか、エルフリーデ以降女はいなかったような気がする。。。
。。。気のせいか?服についた髪の毛のネタがあったような
だた、新領土総督になってからは女とは無縁の生活を送っていたと明記されてる。

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 20:18:44.36
いい年しても克服できないからトラウマなんだろ
年取ってなんとかなるのは中二病みたいなもんだけ

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 20:24:24.49
ロイエン母みたいな、特権意識丸出しで退廃的な貴族令嬢に対して
拒否反応示す事なるのはともかく、女性全般嫌い、女性不信になるなよw

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 20:38:17.23
>>874
トラウマの元が母親だから、母性=女性で女性不信になったんじゃないか。

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 20:43:17.99
女性不信な漁色家…
しかし女性不信だからって男色家にならなかったのは良しとしようw

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 20:48:49.40
ロイエンタールにとっては女性=母親で、
つまり世の女性はみんな母親と同列の最低な女に見えるわけか
何ちゅう失礼な奴だ…

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 20:51:53.35
>>874,877
だからこそ、ミッターマイヤーと殴り合いになるのだw

「エヴァを退廃貴族令嬢と一緒にするな!」と

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 20:53:48.48
ロイエンに嫁を奪われたミッタマがメルカッツと共に同盟に亡命したら

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 20:58:14.18
>>879
亡命どころか、とっくに死んでる可能性が……

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 21:56:20.91
正直 メルカッツほどの高官が亡命してそのままヤンの
幕僚を務めれたというのは信じられんな。

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 22:30:10.22
亡命しても階級は有効なのかな?
少将以上になると面子だけの問題にも見えるけど

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 22:47:53.53
>>882
上級大将の階級がある分、将官では一階級下がるみたい。

例:ジークマイスター大将 → 中将待遇軍属

ただメルカッツの場合、上級大将→大将だと統合作戦本部長と同格になってしまうので
二階級下の中将待遇になった。
もし、統合作戦本部長や宇宙艦隊司令長官が元帥だったら、大将待遇になっていたかも?

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 22:56:36.05
階級はその責任に耐える能力と経験が証明されなければ与えられないが、
同盟と帝国は互いに人事を信用してるのかも
といってもパストーレとかフレーゲル男爵みたいに、艦隊を任せられるとは
思えないのもいるけど

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 22:58:27.63
双方の陣営に亡命者を優遇する理由があっただけ

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 23:05:33.52
仮にフレーゲル男爵が亡命していたら・・・・・・・・
待遇て結局名のみだから亡命政権の時、政治的判断で
准将くらいは与えられたかな

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 23:36:20.06
メルカッツ提督は、ヤンの後押しというか手腕を期待したり活躍の場もあったけれど、
フレーゲル男爵だと亡命は認めるけれど、誰が買うんだと…いう感じになるんじゃ。

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 23:39:02.06
でもフレーゲル男爵って、第四次ティアマト会戦には参加してたけど
普段は予備役で、ずっと軍人やってる風じゃないよね

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 23:44:54.61
>>888
前線に出るだけが軍人の仕事じゃありませんが?
あと「予備役」の意味を理解してないっぽい。

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/10(日) 23:59:02.89
フレーゲルは貴族社会の裏を知ってるだろうから利用価値はありそうだが。

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 00:09:08.97
>>889
軍人生活やってるなら、予備役少将と書かないだろ
ブラ公が予備役が現役復帰願って、クロプシュトック候討伐やってた

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 00:25:08.64
てゆか貴族の坊ちゃん方…士官学校出てるんけ?
フレーゲルとかヘボ詩人とか

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 00:30:36.11
さすがに士官学校はでてないと任官できないだろう
確か幼年学校は貴族と上級市民しか入れなかったはず

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 00:36:52.44
士官学校は出てると思う多分
もしくは他の生徒とは違って特別枠があるとか
爵位持ってる奴には特例措置があるとか

なかろうがw

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 00:40:10.58
士官学校出てなくて任官しちゃったのもいるではないか

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 00:46:16.60
出席日数が足りてれば卒業>土管学校
オーディンの軍務省あたりに赴任、仕事は部下に丸投げ。
「出勤せず仕事の邪魔をしなかった功」により昇進、転属
転属先でも仕事はせず、「仕事の邪魔をしなかった〜(以下略
適当な階級になるor爵位を継ぐ為に退役

こんな感じかな?

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 00:46:23.01
ケーフェンヒラー男爵みたいに文官の家系だと、大学行って内務省とか勤務して
士官学校には入らないんじゃないの?

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 00:54:55.05
ケーフェンヒラーは自棄になって軍隊入って、幹部候補生なってた
士官学校行かなくても幹部なれるんだったら、別に絶対行かなきゃならないもんじゃない
貴族だけのケースかもしれないけど

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 01:05:11.10
アメリカだと一部の大学だが士官課程がありそこで単位を取れば
士官に任官できたはず。 ケーフェンヒラーの場合、わざわざ
そんな単位を取る必要もないだろうから貴族だからということで
特別扱いだったと思うな

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 01:30:25.70
他にも士官学校出てない士官いたよな。
リューネブルクの妻の元婚約者だったか。

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 01:54:51.73
まあ私設艦隊持ってる貴族も多いから、階級ないと恰好つかないしなぁ

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 06:57:01.58
あれだけの人口の国、あれだけの規模の軍隊で士官学校や幼年学校が一つということは考えにくい。自前の士官学校持ってる大貴族もいるんじゃなかろうか。

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 08:52:53.45
>>890
内戦で門閥貴族がほぼ滅亡し事実上簒奪がなされたも同然なのに裏の情報なぞ何の意味もない
メルカッツがヤンの幕僚になれたのも同じ理由でしょ
でなければ統合作戦本部で情報提供する毎日になってたよ

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 10:30:27.45
でも、結局は皇帝が亡命して来て
メルカッツタンもハイネセンへ
情報提供してもフェザーン回廊から押し寄せるとは
メルカッツタンも主張せなんだか

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 10:52:11.25
しないだろうな メルカッツは常識的な軍人だから
イゼルローン不可侵という幻想に囚われていただろうな

メルカッツが同盟に提供できる情報は・・・・・・・

軍事技術は管轄外だし機密コードとかは一新されるだろうし
帝国上層部の人間関係と過去の軍事作戦の情報くらいかな
それでも同盟の情報部からすれば宝の山だろうけど。
 

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 11:13:22.69
>>902
幼年学校は特別な者しか入れないんだから、一つでもおかしくないでしょ
士官学校は地方にもあったのかもしれないけど
貴族の自前の学校あっても、それは私兵の為にじゃないの?
正規軍の教育を、貴族に任せたりしないでしょ

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 12:36:00.13
メルカッツ提督の中の人がヴァルハラへ旅立たれました。合掌

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 12:46:46.75
それは報告しなくてもいいです^^;

アニメスレでやってます

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 20:04:06.25
とはいえメルカッツ提督に(最後は軍務尚書にして元帥だったんだよね。)敬礼。
でメルカッツといえば、私はヤン不在時に駐留艦隊の指揮とってミュラー艦隊を
翻弄したのが印象的だが、あれはメルカッツ独自の作戦案なのかな?おおむね
手堅い作戦を主として、あのような奇策を弄するような感じではなかったが。

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 21:17:37.11
あれは独自案だと思うよ 分艦隊の司令官に説明したし。
銀英伝では司令官と参謀が兼任している。
例外がフォークくらいというのは皮肉だな。

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 21:21:06.34
ごめん ちょっと補足します。 
外伝だと両軍とも参謀が活躍していました

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 21:24:05.13
要塞対要塞で早速情報役に立ってた。メルカッツ。

ご冥福をお祈りします。いい仕事沢山なさった

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 21:25:38.34
ちょっと前のレスを読んどくべきだった

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 21:26:15.29
>>910 911
本伝でもほとんどの艦隊には司令官と参謀長(と参謀チーム)がいると思うよ。
ただメルカッツには副官はいたけど艦隊司令官になったわけじゃなし亡命後は
いなかったね。そういえば帝国軍にいたころはいるはずだとは思うが出てこないね。
まあ、全ての役職の人物出すのも大変だろうが。

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 21:35:24.03
>>914 そうですね 提督達が活躍の中心でしたから

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 21:41:53.46
ヤンの参謀チームの作戦主任参謀とその部下たちは何をしてたんだろう
寝たきり青年は作戦に関しては、頼まれなくてもひとりでよく働くからな

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 21:45:44.25
>>916
参謀長は一応ムライ、ということになっているが。。。
パトリチェフも次席参謀(?)だっけ?

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 21:48:25.04
>>916
ヤン艦隊の場合、参謀長自ら私の仕事は常識論を唱えることだって言ってるからねえ、
副参謀長は、なるほど って言うのが仕事だし、その配下のチームは何するん
でしょうか???

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 21:55:52.35
雰囲気作りとか

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 21:56:59.81
>>917
一応って、、正式な参謀長でしょうに。パトリチェフは副参謀長だね。半個艦隊にすぎなかった
出来立て13艦隊にも副参謀長がいるくらいだから他の同盟艦隊にもいるはずだけど、さすが
に名前出てきた人はいないね。

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 22:04:55.70
>>918
バーミリオンでラインハルトと直接ぶつかる直前あたりで、
千チームくらいの偵察部隊を出して、
バーミリオン星系を1万くらいのエリアに分けて、
担当セクター決めて偵察させてたことがあった。
あの計画の大枠はヤンが決めて、
実施はムライがやってたんじゃなかったっけ。
で、実際に実施したムライも1000隻からの艦の全艦長に、
それぞれの担当セクターを説明してたとは思えない。
配下チームが手分けしてやったんじゃないか。

そういった、細々したことをやってたんじゃないかな。

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 22:13:09.26
ヤンは考え付くけどそれを実行するのが苦手とか言ってなかった

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 22:14:14.32
>>921
そういうことでしょうね。またムライの常識論にしても事前に参謀会議とかやって意見
集約しての発言でしょうしね。艦隊最高幹部会議には参謀長しか出てないけど
そういうのはあるでしょうね。しかし平参謀(っていっても佐官とかだろ)とかが出てな
いのにポプランとかは1空戦隊の隊長(他に同格100人くらいはいるだろ、規模からいって)
なのによく顔だしてるね、最高会議。

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 22:16:08.05
>>922
ヤンは細かいことや精密作業、ついでに面倒くさいことが苦手なのだ。

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 22:17:24.46
だから子供が出来なかったのね

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 22:22:57.11
>>924
エル・ファシルではやってたみたい。
あの時は、司令官を囮にする計画がばれないように、
全部自分ひとりでやる必要があった。

つまり、出来ないわけではなくて、どうしても自分でやる必要があれば出来る、
でも誰か(ムライ等)に任せていいならやらない、
ってコトみたいだ。

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 22:37:25.06
>>926
(アニメかもしれんが)その手の面倒くさいことに対する勤勉さはエル・ファシル
で出しつくしたとか本人がいってたね。

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 22:53:28.41
シェーンコップの要塞防御指揮官の立場がわからない。
要塞司令官としてヤンが防御指示を出していたから
要塞の参謀長という役割かな?

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 23:11:09.36
>>928
ヤンがいるときはそういう感じなんだろね。でヤンが艦隊司令官として出撃したときは
要塞司令代理となるかな。
問題なのは例の査問会のときだね。あのときは艦隊も残してたから艦隊、要塞双方の総司令
官の代理として最先任のキャゼルヌが選ばれたけど、要塞の戦術面に関してはシェーンコップ
に一任でもよかったような。オーベルシュタインならヤン以外はほとんどが少将でNO2が
いないのをけっこうなことだと言うかもしれんけど、あれはやはりまずいのでは。

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 23:25:38.86
>>929
それで要塞側と艦隊側の都合が対立してgdったら、統合した意味がなくなっちまうわな。

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 23:28:06.71
もろまずいと思うけど、本来 統合作戦本部が人事権を行使して
要塞副司令官なり参謀長を任命するべきだったのでは・・・・・

独裁国家ならともかく民主国家ではbQ不要論は成り立たないのでは

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 23:31:22.33
>>930
なんで対立すんの?? そんなことより先任というだけで艦隊指揮も要塞防御も
経験ない事務監が総指揮するよりは、陸戦の指揮経験だけでもあるものが指揮
した方がいいと思うなあ。

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 23:32:15.25
独裁体制でもNo.2は必要なんじゃないですかねえ〜
どっちみちNo.1が死んだら誰かが纏める訳だし

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 23:34:24.56
>>930
あー なるほど 艦隊及び要塞守備兵一元化にともなう人事体制ね

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 23:37:34.47
>>933
まして最前線の総司令官がNO2がいないのにいなくなるってのはねえ。
(悪意を持って虚構をまぜてます)
>>934 930
そりゃ帝国の話だろ。

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/11(月) 23:57:20.33
政府だって承知のうえなのに総司令官を呼び出して要塞を
弱体化させるなんてどういうつもりだったんだろう
あれでもし要塞が陥落したら国民にどう弁明したんだろ?

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 00:07:03.70
No.2不要論は、軍隊の中では機能しないのと不自然だよね。
政権を完全に掌握してから出したほうが良かった気もする。

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 00:14:10.40
>>932
それぞれ性質と任務がちがうから。
>陸戦の指揮経験だけでもあるものが指揮 した方がいいと思うなあ。
きみが言っているのは、専門家に専門外の事やらせて失敗するダメなパターンだぞ。専門家
の意味を考えろ。
餅は餅屋。陸戦屋には艦隊戦は出来ないから、別の餅屋に切り替える判断が必要。キャゼルヌ
の仕事は、それだけ。要塞の砲台、トールハンマー使う、陸戦隊使う局面だから要塞指揮官に
任す。艦隊が出せるになったら艦隊行動は艦隊屋に任す―それだけ。どっちを使う局面かの
意見を具申するのがシェーンコップやムライの仕事で、それを元にどっちに振るかを決断する
のがキャゼルヌの仕事。

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 00:18:34.52
>>933
また湧いたか。「ナンバー2不要論」を理解できないバカが。
あれは指揮系統や後継者としてのナンバー2の話じゃねぇよ。
カリスマが並び立つのはN―権力は分かち合えないって話だ。

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 00:20:58.55
>>936
ホントに読んだ上で言っているのか? 

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 00:46:13.48
フェザーンに、5000億の国債の償還を迫られて無理と言ったら
ヤンのクーデターの疑惑を問われたので、査問会を開いたら帝国軍が
攻めてきましたと正直に公表するんでもいいよ。

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 00:58:21.42
1巻ラストでヤンは、
貴族連合に策を与えて、ローエングラム陣営と互角に戦わせることが出来る、
って言ってたけど、具体的にはどんな作戦なんだろう?

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 01:00:37.34
>>942
ホントに読んだ上で言っているのか? 

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 01:15:26.13
>>938
それなら尚更キャゼルヌにそんな役割ふるなよwって思うけどな
あの人完全に後方専門の事務屋だろ

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 01:37:09.85
>944
だよね
キャゼルヌは後方担当だから、充分な情報と時間を掛けて「最適」な決断をするのが仕事。
でも、実戦では限られた情報を元に「即座」の判断が求められる。

作中、キャゼルヌが常に後手後手に回ってしまったのはこの専門性の違い。
あのときのイゼルローン首脳でこの種の判断が出来る=指揮官として修羅場をくぐった経験があるのは
シェーンコップだけ。ムライは典型的な参謀だからキャゼルヌと変わらない。

つか、こういう
「万一、ヤンが不在の時に攻撃を受けたら誰がどのように指揮を執るか」を
考えておくのが参謀の役目なわけだが……

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 06:51:59.53
しかしあの濃い面子だとキャゼルヌでないと抑えがきかないだろ
しいて言えばフィッシャーだけどそうすると艦隊が機能しなくなるな

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 08:46:53.80
能力だけでいうならメルカッツ、ユリアン、シェーンコップ、フィッシャー、アッテンボロー
あの時点ではメルカッツはでしゃばりづらい、ユリアンは時期尚早。残り三人は各分野にやや偏りすぎ。
シェーンコップはつい最近まで陸戦の連隊長に過ぎない、亡命者、素行不良で全軍の指揮官としては疑問あり。
フィッシャー、アッテンボローは分艦隊指揮官として数十万以上の大軍の指揮経験あり。要塞の防衛戦については疑問。

能力切り捨てて、各分野の指揮官が素直に指示に従う発言力をみればキャゼルヌなんだろうけど、兵士は不安だろうなー
能力、人望、経験、総合力でみればフィッシャーには同意だけど、人柄がむいてなさそw

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 09:55:48.80
人柄とか経験と関係なく副司令官という役職からして
フィッシャー提督しかいないと思うな
司令官がいなくなったら副司令官職が後を継ぐはずだし。

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 10:00:14.01
艦隊の、副司令だし。

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 10:07:01.87
>>932
それおかしくないか?
経験ない者は指揮しない方がいいと言うなら、シェーンコップは艦隊指揮の経験がないのだから、総指揮したらダメだろ。
むしろ、なまじ要塞防御に精通しているだけに、どうしても要塞防御の都合に合わせた艦隊指揮をしてしまって、
艦隊はgdgd、最悪の場合だと艦隊壊滅すらあり得る。

その点、どちらの経験もないために判断が偏らないキャゼルヌはうってつけ。>>938氏が言うように、艦隊と防御の
調整役に徹することができる。ケンプの攻撃を凌げたのは、そのおかげと言っても過言ではないだろう。

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 10:07:50.10
要塞司令官代理キャゼルヌはおかしくはないと思うけどな。何もなきゃ十分勤まる
有事の際の防衛指揮はシェーンコップに一任、フィッシャーは艦隊の取り纏め役
キャゼルヌは分をわきまえてるから自身の総指揮権を主張したりはしないだろ
事実それでヤン不在を乗り切ったからな

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 10:37:40.80
>>949
要塞の副司令官いないだろう だから組織の系統的におかしくなっている。

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 11:13:54.21
>>951
最も重要な防衛指揮と艦隊の取り纏めの連携はどうするんだ?
一方が他方より上位だと下位の方の指揮がgdgdになるし、
同格だと意見が割れた時にデッドロックが生じるぞ。

たとえ無知で無能でも、最上位で責任を持って判断する者がいないと
組織が回らなくなる。

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 11:22:43.87
中間管理職、取り纏めとして
キャゼルヌが適任でしょ
フィッシャーは物言わないし
シェーンコップは好戦的
ヤンとの信頼関係の蓄積も
他は付き合い短い

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 11:24:47.76
結局の所、ヤンの代理が務まる人間がいないから専門分野の能力よりも全体の取りまとめとしての能力を優先した
というだけだろ

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 11:33:20.32
正直 軍事知識のうとい作者なんだからしかたない。
役割・分担・責任が明確な現代の軍隊の組織参考に批判しても無意味
事務監が代行できると軍隊だと納得するしかない。

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 11:42:41.87
>>952
要塞の副司令がいないから、艦隊の副司令がって?
要塞防御指揮責任者のシェーンコップが役職としてヤンに次ぐ指揮権を保有している。
フィッシャーには指揮権は無い。
フィッシャーは艦隊副司令なんだから、ヤンが居ない以上艦隊司令の立場。
ヤンは要塞と艦隊司令兼務してたが、二人はそれぞれの副司令の立場で階級も同格。

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 11:44:04.10
>>953
そこはキャゼルヌがやればいいでしょ
一任すると言っても最終的な決裁はキャゼルヌの役目

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 11:46:15.35
思えばシェーンコップは外伝3に続いて有事に事務屋を上官にいだくことになったんだなw
外伝では不本意だと愚痴ってたが要塞対要塞の時はどうだったのかね

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 11:53:26.59
>958
戦争は会議室でやってるんんじゃない、現場で起きているんだ。

961 :953:2013/03/12(火) 11:59:17.33
>>958
だから、そう言ってますがな。実際、キャゼルヌがやってたわけでしょ。

>>956
一番分かってないのは、シェーンコップに任せればいいとか言ってる奴。

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 11:59:43.11
>960
本番は待合室でやってるんんじゃない、浴場で起きているんだ。

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 11:59:44.21
同盟軍は軍医でも指揮権もってそうだな。

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 12:02:35.17
同盟軍は軍医でも割引券もってそうだな。

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 12:09:31.35
イゼルローンの軍医のトップなら将官だろうが指揮権どころか
会議にすら出られない

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 12:16:28.64
シェーンコップは亡命者という立場上要塞司令官代理はさせてもらえないだろうな
ヤン及び幕僚がそれで良くても軍首脳部は認めないだろう

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 12:25:00.82
そんなに危険視してるなら防御指揮官だって認めないと思うが。
昇進させて本部の名誉職にでもしてるだろ。

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 12:26:56.54
危険視つーか一種の差別じゃね?
エルファシルでもメルカッツを防衛に置くと言ったら露骨に嫌な顔されてヤンがむくれてた

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 12:34:03.32
>961
一番判ってないのは「キャゼルヌに〜」って言ってるお前だよ。
軍はラインアンドスタッフで動く組織。
スタッフ側にいるキャゼルヌは戦闘部隊の指揮権を持たない、持ってはいけない。

作中でもキャゼルヌの指揮は常に後手後手。
亡命者メルカッツがいなければ艦隊出撃も出来なかった
本来なら出撃はキャゼルヌがフィッシャーかアッテンボローに命じて行わせなければいけないこと。
それが出来なかったのは、キャゼルヌに「調整役」としての仕事が出来ていなかったからだよ。

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 12:34:50.92
艦隊を中々出撃させなかったのは捕虜取られるのを恐れたからだろ

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 12:41:23.23
>役割・分担・責任が明確な現代の軍隊の組織参考に批判しても無意味
>事務監が代行できると軍隊だと納得するしかない。

これが全てだと思う

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 12:45:55.89
>>971
自分の書き込みを自分で引用してそれが正しいなんて
やっててむなしくないのか?

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 13:30:08.31
むなしくないから
自身の引用文で説いてるわで
むなしい想いをさせようとする意図で問い掛けてるなら
無駄なカロリー消費

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 13:36:11.73
アメリカでも日本の自衛隊でも軍隊の組織図を検索してほしい
そしたら >>969 のラインアンドスタッフの意味がわかると思う

そうすればキャゼルヌの代行がおかしいとわかると思うし
銀英伝の世界観を壊さないためには結論が>>971 に収まるしかないと思う。

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 13:39:01.90
誰かの意見に同意するとすぐに自演扱いするのやめろよ・・・

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 13:41:51.28
放っておきたまえ
フォークのような奴だと思って、スルーすればよいのだ

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 13:53:52.98
>>944
最先任将官だから仕方がない。
軍の序列は、一般的に階級→先任順→役職だから階級が並ぶ場合、先任順で指揮権を継承
する。非常時に自動的に決めて、ムダに時間を浪費しないための知恵。
とりあえず頭決めて、頭は状況から誰に任すのが妥当かを決めるだけでいい。その判断材料を
出すのがその他の者の仕事。
後方の事務屋でも部門責任者なんだから、それぐらいの判断力はあるだろ。

ぶっちゃけ敵襲を想定したものではないシフトだろうしな。予測なんかできるわけないし。平常
どおりなら、兵站担当のキャゼルヌが一番発言力大きい=司令代理は妥当。

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 14:01:56.28
>>974
ヤンが根拠示さず指示した事だからな。
異論がなかったということは、その人事は同盟軍の指揮権継承ルールに沿ったものであり、
同盟軍では妥当ということか、他全員イエスマンでただヤンのいい加減な人事に従ったの
いずれかだ。

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 14:10:41.16
シェーンコップは帝国からの亡命者だから
任せられないんじゃないってば
言うなれば普段の毒舌と素行の悪さですよ
一応の良識があって、話が分かって
人の意見にも耳を傾けつつ
自分の判断を人に伝えて
かつ決断力があるメンツがキャゼルヌ以外にいるか?

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 14:15:22.44
毒舌ではキャゼルヌもなかなかのものだが

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 14:19:36.81
そういう視点で選ばれたんじゃないってば。最先任、これがほぼ全てでしょ。
加えて帝国軍がせめてくるとは思ってなかったしな。

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 14:32:00.99
>>981
帝国側はまさかヤンが不在だとは思っていなかった
ミュラーが情報を掴んで具申してもケンプは信じなかった
理由はイゼルローンほどの重要拠点に司令官が長期不在など常識外だと考えていたからだ
攻めてくると思わなかったどころか、常時最前線も同然だよイゼルローンは

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 14:32:23.85
想定外って二年くらい前に聞いた記憶がある

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 14:38:33.12
「最先任だから」「想定していなかった」どちらもお役所的な答弁だよね。

創設間もない第13艦隊といえども官僚主義の宿痾からは逃れられなかった。
やはり民主制は専制に劣るというしかない。

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 14:44:56.68
帝国の襲来を想定してなかったのは13艦隊ではないけどな
キャゼルヌが司令官代理になったのは他に妥当な人間がいない以上仕方のない事

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 14:57:59.30
帝国の強襲部隊は両刃の斧(笑)
あんなもんでまともに戦えるなら
先人たちもそうしてるがねぇ
もしくはアルミニウム並みに軽く
鋼より固い金属なんかの?
それでも武具としては槍、矛が
修得時間も短くていいと思う
ゼッフル粒子が充満してても
戦えるのも不思議
火花散っても引火せんのか?

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 14:59:54.02
>>984
そういう大層なことでなく、次席指揮官決めるのに階級が上の者、同階級の場合は
先任がってのは、民主国家であろうと専制国家であろうと軍の普通のことだと
思うよ。

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 15:04:03.48
キャゼルヌはまとめ役
司令官代理なんて首席元帥の時に誰かが言ってたが
学級委員長みたいな存在
イゼルローン居残り組は皆、司令兼参謀
まとめ役がキャゼルヌだっただけで、適任だったと思うよ
もしメルカッツがいなかったら、
もう少しザワザワしてただろうね

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 15:19:32.26
革命軍になってからなら満場一致でメルカッツなんだろうが

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 15:37:09.33
>>969>>974
で、要塞司令官兼駐留艦隊司令官の場合のラインアンドスタッフはどうなるのかね?
米軍や自衛隊の組織図を検索してみたけど、要塞司令官兼駐留艦隊司令官に相当する
役職が見つからなかったんだけど。

結局のところ、現代の軍隊には存在しない役職の話なのに、現代の軍隊の組織論を
無理矢理に当てはめようとするお前が一番おかしいんだよ。
このスレで軍事問題で出てくるおかしなレスって、大抵このパターン。

もっとも、最も頭がおかしいのは、いつ敵が攻めてきてもおかしくない状況下で
司令官を召喚する同盟政府だけどな。

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 15:39:23.61
>988
適任じゃなかったろ
場当たりの対応を繰り返すだけで何も決断できなかった、メルカッツがいなければ要塞失陥してる。
加えて「客将」メルカッツに艦隊指揮権与えて出撃依頼など、軍法会議レベルの大失態。

キャゼルヌだけではなく
ヤン:実戦経験の無い後方担当のキャゼルヌに指揮を任せた誤判断。
ムライ:上記ヤンの誤判断を指摘・訂正しなかった。
     また、ヤンが指揮を執れない場合を想定した対策を立案していなかった怠慢。
どっちも有耶無耶にされてるな。

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 15:52:44.15
>>991
>場当たりの対応を繰り返すだけで何も決断できなかった、
あの場合のキャゼルヌの仕事は指揮をすることではないよ。
周りに要塞防御や艦隊戦などのスペシャリストが揃っているのだから、彼らの意見を聞き調整すること。
メルカッツもその1人。そして、メルカッツはキャゼルヌの仕事と自分のするべきことをよく分かってた。
普段は全く出しゃばらずに空気としてふるまってるのに、ここぞというタイミングで自ら動き出した。

>メルカッツがいなければ要塞失陥してる。
その主張はナンセンスだな。実際にメルカッツは居たのだし、彼の活躍で要塞は失陥しなかった。
ヤンもメルカッツならいざという時に動いてくれると思ったから、キャゼルヌを代理にしたんだろ。

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 15:54:08.06
『ヤンの代わりに要塞指揮を任せられる将官』が存在しないのはヤンとその幕僚の責任なのか?
つーか、キャゼルヌが駄目だと言うなら誰が要塞司令官代理に相応しいと思うのか聞いてみたいな
階級能力人望人格全てを考慮した上で

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 15:58:02.58
次スレ立ててくるわ

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 15:59:59.77
次スレ
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1363071558/

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 16:07:30.62
>>984
軍隊も書類と規則で動くお役所ですが? 政治制度に関係なく、それなりにちゃんとした国ほどな

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 16:14:42.31
>990
役職ではない、後方担当の下に実戦部隊がある例は一つもないだろ。
司令官召喚もおかしな事ではない、ヤンが問題にしたのも「帝国の攻撃にあわせて査問会議をおこなったこと」であって
査問会議自体の合法性は問題になってない。

>992
調整は参謀の役割、キャゼルヌは指揮官としての役割=決断をしていない。
彼方と私の言ってることは同じなんだよ。
メルカッツに関してはそれこそナンセンス。外部の人間に助けられたなんて免訴の理由にならない。

>993
ヤンは13艦隊司令官のまま要塞司令官になっているので、組織図では13艦隊隷下に要塞が組み込まれているはず。
よって指揮権はヤン-フィッシャー-シェーンコップの順になる。

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 16:16:59.64
>>990
そりゃ今時、艦隊はともかく、「要塞」相当なんかないしなw みつかるわけないっての

>このスレで軍事問題で出てくるおかしなレスって、大抵このパターン。
参考意見なのに、スタンスはともかくどちらもそれにこだわる流れになるとおかしくなる。その
ままとしか受け取れない石頭がいるってこと。
ぶっちゃけ大抵の場合、そんなこととは関係なく「作者のミス」「ご都合」で済むのにw

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 16:20:33.37
>>997
>査問会議自体の合法性は問題になってない。
論旨とは関係ないが、査問会自体規定のないものだから合法も非合法もない。政府内有志に
よる私的な質問会程度だわな―それが公式な通達で来たってのは結構な問題だと思うが。

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 16:34:10.36
>>999
国防委員長からの命令だったね。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

260 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)