5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_95

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 14:07:46.13
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。

必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう。

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問第94艦隊目
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1342259585/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 15:51:13.42
銀河英雄伝説 素朴なぬるぽ

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 16:00:47.90
暑いなー

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 17:53:09.03
>>1に乙フリード・キルヒアイス武勲章を授与

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 20:06:53.18
トリューニヒト記念賞も

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 20:38:58.65
SF板の歴史も、あと1ページ

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 20:59:28.01
>>1乙である
イゼルローン要塞司令官に任ず

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 21:05:47.21
ユリアンが司令官になった時、「世襲で俺が継ぐ。嫌ならでてけ」とばかりに、多くの離脱者が出たけど
なんか、考えれば考えるほど、ユリアンが後継者になったら民主主義もクソもないような気がするんだけど・・・w
ヤンは民の大半が支持していたにしても、ヤンの支持を前提に、その養子であるユリアンが継ぐのは、民主主義の腐敗の縮図のような気がしてならない

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 21:23:21.11
朝鮮の民主主義な人民共和国ぐらいは
民主的だよ

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 21:23:22.20
司令官を選べる直接民主主義ってのはないけどな

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 21:27:31.40
政治の代表では無かったっけ?

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 21:29:07.75
だからといって、ユリアンを担ぎ上げたアッテンボロー達は選挙で選ばれたのかというと
そういうわけでもない。

最終的に民主共和制を守るという目的のため、一時的に幹部が独裁体制を取るけど
帝国に勝ったらちゃんとやりますよ、と言い換えればクーデターの連中と同じ主張だな。
こっちは本当に帝国に勝った(目的を果たした)から結果オーライではあるが。

13 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2012/08/05(日) 21:38:32.07
同盟は名目上文民統治だが、
実際に自分の命は司令官が握っているという皮肉だな。

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 21:38:35.78
>>11
イゼルローン共和政府の首班はフレデリカ
その軍であるイゼルローン革命軍の司令官がユリアン

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 21:41:58.18
リコールとかされたら素直に退くんだろうか

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 21:44:28.16
フレデリカ「国民の皆様の批判は受け止めます
フレデリカ「国民の皆様の声が「おまえはいらん」という事であればひかせてもらいます
フレでリアk「ただ、当座の目的を達成するまでは長い目でみてください




あれ・・・なんか民主っぽい

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 21:55:13.56
最初の選挙は
信任 :残留
不信任:ハイネセンに帰る
で、どう足掻いても信任率を100%にしたという無茶選挙

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 21:59:39.82
>>17
「イゼルローンに残って戦いたい。が、フレデリカは支持できない」なんて奴はいないんじゃないか。
ほかに有力な候補者がいるとも思えん。
エルファシル独立政府の人間はあてにならないし。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 22:17:30.39
>>18
「イゼルローンに残って戦いたい。が、フレデリカは支持できない」なんて奴はいない」
なんて原作に書かれてたか?
ここはお前の妄想を語る場所じゃないから妄想ならチラシの裏にでも書いといてくれ

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 22:18:54.63
兵士たちのなかには「民主主義なんざこの際どうだっていい、俺はここでみんなと一緒に戦いたいんだ」
って考えの連中も大勢いたかもな。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 22:19:53.69
イゼルローン共和政府って一種の亡命政府みたいなもんでしょ?

亡命政府の代表って選挙で選ばれるものですかね?

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 22:20:13.88
イゼルローン共和政府(自称)で選挙をしたなんて原作のどこに書いてあるんだ?

選挙をしないで勝手に首相になり、将帥をさしおいて身内(しかも尉官)を軍の最高指令に置いてる時点で民主主義ではなく、典型的な専制主義だろ


23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 22:24:08.99
>>21
亡命政府っていうかただのテロリスト集団だから正直選挙とかどうでもいい

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 22:24:52.67
>>22
元首も最高司令官も担ぎ上げられた奴だから、専制主義というのは違和感がある。
傀儡政権の方がしっくりくるw

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 22:32:18.47
>>22
だから、信任しない奴はヤンが死んだ時点で出て行ったじゃないか
もう戦いたくないって連中も一緒にね
民が欲するところをし、欲しないものをしないのが民主主義の根幹
出て行こうとしたのを無理やり引き留めて一緒に戦わせていたらそれこそダメだが

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 22:42:54.37
>>19
居るとも居ないとも書いてないが、多数が受け入れたと捉えるのが普通じゃね?
嫌な奴は出ていったんだし、何よりムライが身を挺して潜在的な不満分子を排除したんだし。
まあ、酔っ払ってユリアンに絡む奴も居たから0とは言わんけどね。

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 22:59:55.68
>>22 が後世の歴史家なら正論だと思う。
だけど「回天篇」の第一章に当事者達には唯一の選択だったと書いてあるし
批判も承知の上の決断とも書いてある。

アッテンボロー曰く「不服ならイゼルローンから出ていけ」だな
まさに専制主義(笑)wwwwwww。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 23:01:26.11
>>8
そこら辺は作中でも「民主主義でも何でもないけど、もう仕方がない」って書かれてたじゃん。
嫌なやつは出ていけたんだから、マシな方と考えるしかない。
ユリアンや幹部含めて、帝国から自治勝ち取るまでの緊急措置と割り切ってたし。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 23:07:47.37
民主主義を名乗っといて選挙もせず勝手に首相を決めて、いやなら出て行けってことだから
まぁ、民主主義ではないわな


30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 23:11:03.14
>>25
出て行く、出て行かないの前に選挙をしてない時点で民主主義ではない
根幹って言葉を使うなら国民の代表は国民が選挙で選ぶのが民主主義の根幹だろ

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 23:15:43.01
       _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | このスレを読んで久々にワロタ
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | 
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < 今の新参は本当の主人公が
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | 私であることを知らないから困る
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 23:16:05.49
作者がもともと3.巻ぐらいで終わらそうとしてたからか、後半のヤン一党は迷走してるからね。

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 23:17:08.34
仮定の話で申し訳ないが、ヤン暗殺の後エル・ファシル独立政府の誰かが
ロムスキー代表の後継者となり帝国に降伏したらユリアン達はそれに従ったかな?
背けば反乱者になるが・・・・・・・・・。

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 23:27:57.21
ユリアン「新代表の姿が見えませんが…」

シェーンコップ「カプセルの中でゆっくりとおやすみだ。とうぶん起きてきそうにもないな」

35 :(゜∀゜):2012/08/05(日) 23:28:05.27
>>8
>なんか、考えれば考えるほど、ユリアンが後継者になったら民主主義もクソもないような気がするんだけど・・・w
>ヤンは民の大半が支持していたにしても、ヤンの支持を前提に、その養子であるユリアンが継ぐのは、民主主義の腐敗の縮図のような気がしてならない

それは君の考えが浅い。
ヤンが死んだ時点で、民主主義とそれを信奉する勢力は腐敗するどころか、存続の危機にさらされていた、と言ってよい。
事実、エル・ファシル政府はロムスキー氏にそそのかされただけと自分たちの先日までの主張と立場を一変させて解散したし、
民主主義を守るべく活動するヤン艦隊も多くの離脱者を出して消滅する危機にあった。

また帝国とは交渉を中断しただけで正式な休戦条約や約束を取り決めたわけではなく、
強大な帝国軍がいつ侵攻してもおかしくない状況であった。

いわば民主主義勢力の生き残りをかけてフレデリカやユリアンを使ったのであって、
腐敗というよりは、民主主義勢力の生き残るための策で、非常時だからこその選択だと思うのですよ。

まあ、戦時中に首脳や政府要人が木っ端微塵になったら、
敵軍が攻めてくる中でも全土で選挙をして指導者を選ぶのが民主主義の正しい姿とか言うのなら止めはしないけどね。

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 23:31:28.04
>>31
        _,,-''"               ミ、 ,:r`ー-:、
      ,r'"    f"  ,;i'    ,;r''     `'V'"_  ヽ、
 .    ,rリ     /  ,;i'  ,,  / ,i l,r,r'ニ二ヽ''f"_    ヽ.
    ,iリ'     /  ,r'',; ,;i' ,/ソノク、 f | ,| `゙'<ミi    ヽ、
   ,r'    `ー<二ノ'ノ,,r'ノ/∠;;ニム<リ ! ,!     | ;i ハ   ト、,,_
  ,/  /     二-'';彡'" ̄ー--、,_`ヽ、     ゙い,i | ゙i l  `:r"
  / 〃   _,,   ""|´      、,_ヽ、>、_      |゙ソリ | | i l,i
 i' //   _,-'二ニ、-;イ        ( ・)ヾ'-ミ;ッ   _,{ ,ノ,ノ リ
 | 〃,i'  ,r'",ヘ、゙!-ヲ        `''ー ''ヾ'  ,rくご三-'゙ッ''-"
 ゙V ,i' 〃| ( _,) l'"|                 ヽ(・)ヽ,r"
  i' .| //ヘ. ヽヽ、゙''"               ;;   ゙ヾ" i'
  | y ;' ゙ヽ、                 、 r-~''ーソ ,|
  ゙Y  ,,   /''-r:ヘ                _ -''"   |
  |  ,i' ;i ,/  i, :i,          /二二_`ー、    l
  ゙i | | ,|,il!   i, ゙i,           ̄`''ー--、フ'   /
   `!、i |ヾ    'l,  ゝ,          =ー-    /
    ,べ     'l   `''-、             ,r'
  ,r┴--::、、,,,_  |     `'-、_         ,/
  }二'''''ー--::、 ̄``'''ー-:、,,,_   `''-:、,,_    /
  f---:、ヽ、    ̄,、~`フ=ー-ニ`'''-、_  ``i''''''"   ほう、これは軍務尚書殿
 ,i' /   ヽヽ、   ゙i,`(´,r─-:、 `i '|゙`ニー'、     卿がいかに古参になったのかを
-'─'─-ニ,__ヽヽ、__,ノ ノ"     ゙'i ゙i | | ,ニ;;}      聞いてみたいものですな
``ミ、 ̄`''ー-ニ,,_''ー<,,_  _,,ノ ,;| ! | |  |
   `ー-ニ二,,_三ニ-,,__  ̄,,::-''" | | | ゙ヽ_|、
 `''ー--ニ,,_       ̄`ヽ、ヽ、,r'"r''''゙'ー:、_ノー:、


37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 23:44:29.36
>>31                 ,r'彡;;;;;;;ミ彡圭;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミヌツゝ、
                  /ツ彡;;;;;;;ミ彡E;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ三ゞ;;;八
                   ,'シ彡;;;ヒ,、韭ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ三ミ;;;;;;゙i
                 /彡;;;;;;;;;;;ノ:::::: `'弋N;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ≒;;;;;;;;;;}
                 {ソソ;;;;;;ノ::::::::    ゞ`'-、,;;;;;;;ミベ;;;;;;;;;;j
                 レイノイイ::::::::::::        `'ー、;ミャ;;;;;;リ
                ノ;;;;;;;;;ノ'ー- 、,::::          `''iミ;;;;l
                イシ∧ソ:::::tェr- ミ、; 、 ,=@_,,,,,、、.、|;;;;;ノ
                乂 リ:::::::::::`゙''''゙ノ:::> <rtテニ,;ィ' ,レi゛
                 〉{ルト::.......   .:::.;;   ....     レイj
                 ハ j:゙、::   :::::::;;        ノノj' __________
                 ヒ;;;リ:::::::   :::、:ゞ:r:       レ' /
                 ゞシハ::::     ;;;       /イ | 
                  `Y´:゙、::  ¨、ニ二ニ;`'   イジ  |        黙れ  ゲス
                  ノ :::ヽ   ゙゙^^゙    ,. ','リ  ノ 
                 斤'ー、,_::\       /  |   ̄| 
                /_;__;;;;;;;;;;`-;;;ヽ,,,,_,/;;.../ ト>   | 
                ,f…::;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー;;、_ / r'〈| |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_,、-‐─t、__,,,,,,............/ミァ;;;_;;ヽ\;;;;;;;ヽY´,r'ヽj`Y仁ミi |
二\\二\lllllllllllllllllllllllllllllllliiiii-、,`'-、,≧ニン{ (:::::::;|: | |:::::

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 23:48:44.04
ヤンは軍人というただの公務員だよ
政治的な影響力はあったとしても、政治を行っていたわけではない
公務員の子が公務員として要職についても、行政的には腐敗したと言えるかもしれないが、政治的には腐敗していない
公務員が手続的におかしいことやっても変えられない現在の日本みたいなもんだな
一応政治に対してはNOを突きつけられるから政治の腐敗ではないよ

イゼルローン共和政府については、選挙がどうこう言うよりも先に戦場があり、そこで戦争を続けたい人だけ残ってくださいという経緯でできた政府
「民主国家を目指しますけど、当面は首相はこの人ですよ、それでも良ければだれでもどうぞ」という感じだろ
そもそも胸を張って民主主義国家と名乗ってすらいない、あくまで共和政府だ

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/05(日) 23:57:43.04
>>35
現実にはそれが正しいと思うし賛成するよ。
だけど、その理論を使うと勝利の目前に政府の停戦命令に従ったヤンの行動を
否定することになってしまうんだよ。
勝つためなら何をしてもいいと・・・・・・・・・・。

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 00:01:12.73
>>30
国民が直接指導者を選ぶ民主主義もあるが、
国民の代表が、国家元首を決めることもあるし、
有力者が投票によって国家元首を決めることもある。


41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 00:06:33.15

双璧  

キタ━━━━━━(⌒l´・▲・`l⌒) ━━━━━━ !!

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 00:06:41.43
帝国に屈服した同盟政府を見限ってヤンと行動を共にした時点で民主主義の手続きに逆らってるんだから今更だろう。
フレデリカを政府代表に担ぎ上げたのは無茶苦茶だけどヤンの地位を世襲したわけじゃないし、
そのフレデリカがユリアンを司令官に任命するのはあれだ、「文民統制」って奴。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 00:08:51.37
>>42
文民統制について調べてきて下さい。お願いします。


44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 00:17:10.55
>>36
閣下!そいつは軍務尚書閣下ではありません!ただの内務次官です!

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 00:18:48.93
第二次大戦時の「自由フランス」みたいなもんだな
あれも紛う方なき独裁体制だったが、個々の構成員は独裁国家だとは考えていなかった

つかね、民主主義とは構成員が主権を持つことであって、選挙の実施は主権者の意思を
確認する「手段」にすぎない。
そういう形式に囚われるなら、選挙を実施している北朝鮮のほうが民主的なことになってしまう罠。

46 :(゜∀゜):2012/08/06(月) 00:25:23.94
>>39
ヤンの行動を否定したことにはならんでしょう。

自分たちがヤンの死を利用してイゼルローンの政府と軍を乗っ取った、
そんな悪評や評価があることが原作でも書かれています。
フレデリカとユリアンはそれでも、ヤンの民主主義を残すっていう「意志」を継いだのです。

それはむしろ、民主主義国家の軍人であることにこだわったヤンに比べ、
そんなヤンを尊敬し愛していた二人にはさらに苦しいものだったと思いますが?

ついでにユリアンは、ヤンの意志を継いだと歴史に評価されていますが、
ヤンの構想を剽窃した盗人、などと酷評されたことも書かれています。
それについて彼は一切、反論も自己弁護もしなかったそうです。

貴方はフレデリカとユリアンが自分から権力奪取のため、
喜んで非常手段で権力を取りに行ったとでも妄想しているのでしょうか?

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 00:30:27.48
                       ・・・
矛盾だな ユリアンが怒涛編で述べてるけどヤンはあえて形式に囚われた。
悪辣な独裁者は望まれて出現するがゆえに・・・・。


48 :(゜∀゜):2012/08/06(月) 00:40:04.89
>>47
結果としては、それがうまくいって、
イゼルローン軍は軍隊としての秩序を保ち、
ユリアンは独善にも独裁にも走ることなく、
ヤンの理想と思想、そして業績を正確に後世に伝えることができた、って結果になるけどね。

衆愚政治から全銀河系規模の専制国家が誕生したわけだが、
今回は逆に、非民主的手段で成立した組織が、民主主義を残すことに成功した、ってわけだ。

こう考えると、やはり政治も戦争も銀河英雄伝説ではシステムではなく、
それを操る人なんだな、と思うね。

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 00:44:10.41
>>46
いや 銀英伝の中での現実と理想の乖離を指摘しただけ
あまり熱くならないでね 小説のことだから

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 01:26:09.32
イゼローンなんか、ガイエスブルク使わないでも、シコウセイゼッフル粒子で攻略できるでしょ?

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 03:08:14.68
>>50
指向性ゼッフル粒子がトールハンマーの射程距離外から散布しても指向性を保てるならな。

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 06:20:44.35
イゼルローン共和政府って名称は、消去法的に決まったようなものだから、
内実的には「イゼルローン・コミューン」と思えばよくね?

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 08:01:45.75
>>51
作中では2回使用してるけどいずれも散布中を敵に攻撃されないのが前提の
使用だね。散布中に攻撃されたら引火して散布艦もろとも吹っ飛んじゃう
んだろうねえ。要塞に対して使用する場合も、要塞側に散布を探知された
ら粒子が射程に入ったところを撃てば、要塞側に被害なく散布艦(まだそ
の時点で散布中なら)の方がやばいですね、おっしゃるとうり。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 09:20:44.06
ttp://bit.ly/OJTO80

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 09:42:01.19
指向性ゼッフル粒子ってアムリッツァ以外で使ってたか?
むろんアニメの話ではなく

56 :(゜∀゜):2012/08/06(月) 09:42:27.88
>>49
「現実と理想の隔離を指摘しただけ」という事ですが、
「勝つためにはなにをしてもよい」とかユリアンたちを否定する気まんまんの文ですよね?
貴方は現実をわかった上で批判した文を書いているのですから。

だからこの貴方の一方的な非難に対して、
原作に書かれていた彼らの現状、そして心情を抜き出して、
彼らの代わりに代弁したつもりですよ。

それが熱くならないでね?などと思うのなら、
まず最初に一方的に批判をした自分の文を反省するのが先ではないかな?

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 10:04:34.36
>56
一度寝るといいよ
ネタ振りに対し感情論のレスが多いから手仕舞いになったんだろ。
いつまでも引っぱるもんじゃないよ

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 10:11:35.73
>>55
回廊の戦いを忘れちゃいや。

59 :(゜∀゜):2012/08/06(月) 11:10:42.96
>>57
いやいやすいません。

どうもこの頃、遊びでも本気にならないと相手に失礼かなーと思っておりましたので、
ちょっと手加減できませんでした。

今度はもうちょっと手を抜いて、マジレスしないようにしますよ(笑)

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 12:17:03.14
>>49
論破からの後出し
ここまで見事な馬鹿見たこと無い(笑)

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 14:23:21.73
なんかキモい

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 15:07:58.37
>>8
逆に、ユリアンを祭り上げたアッテンボローとかがトップをやりたくないと言ってる以上
ユリアンは押し付けられただけだと思う
じゃなければ、ヤンの死後に誰がトップに立つの?

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 18:17:54.72
アッテンボローがトップにならないのは我侭に感じた。
ヤンは後輩の指導をおろそかにしたんじゃないか?

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 18:35:18.92
確かに、ヤンの後輩で武勲もあり将官のアッテンボローがトップに
なれば納得する人はユリアンより多いと思うけど本人が嫌て言うのはなぁ。

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 18:59:06.78
ヤンの跡継ぎが一番高位の将官だった人間というのがまずまずい
アッテンボローは革命大好きだから、革命の指導者は大佐と相場が決まっていることを知ってたのかも

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 19:12:10.68
分艦隊を率いる人が少なくなっている。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 19:33:40.16
>>36
オーベルシュタインに見えるのですか?これは眼科へ通わねばなりませんな。

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 19:40:52.20
>>66
無名の准将クラスは何人かいるんだろうねえ。佐官のポプランはコネででかい顔
してるが彼らは黙々と将官会議にも出ず働いてるんだよ。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 19:56:48.32
嫌だといっている(キリッ
でドヤ顔されてもなぁ
軍人が嫌だという理由で命令を断れるなら誰も前線なんかいかんだろ

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 20:05:44.81


71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 20:20:13.98
ヤン艦隊の将官クラスは、その道のスペシャリストではあるけど、「トップ」としての意識が薄弱だよな
『ローゼンリッターだがね(ドヤ顔)』  …いや、中将としての仕事しろよ


72 :(゜∀゜):2012/08/06(月) 20:38:13.61
>>63
>アッテンボローがトップにならないのは我侭に感じた。
>ヤンは後輩の指導をおろそかにしたんじゃないか?

それはないだろう。

根拠として、八巻の描写でアッテンボローのみならず、シェーンコップ、キャゼルヌなどの幹部は、
「ヤン・ウェンリーという恒星の残照を、誰がもっともよく反射するか」の基準で後継者を選んでいるし、
「だが、おれたちと同じように他の将兵が考えるかどうかだ」
「おれたちの意識改革こそが必要だろうな」などの台詞があり、
ユリアンを司令官にすることはヤン艦隊の幹部たちが決めたことであり、
彼を補佐するために幹部たちが意識改革して支えるということも了承している描写がある。

またキャゼルヌがユリアンを説得するとき、「おれたちも同様だ」と言って、
アッテンボロー同様、残留組の幹部たちがトップに立つつもりがない事を伝える台詞があり、
アッテンボローの我侭とは言えないと思われます。

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 20:54:25.31
「ヤン・ウェンリーという恒星の残照を、誰がもっともよく反射するか」
「だが、おれたちと同じように他の将兵が考えるかどうかだ」
「おれたちの意識改革こそが必要だろうな」
「おれたちも同様だ」

銀英伝のキャラだから格好良く思えるけど、日本人の顔とかで上のセリフを再生すると
責任回避する上司のセリフにも見えてくるw





74 :(゜∀゜):2012/08/06(月) 21:05:59.96
>>73
キャゼルヌやアッテンボローの場合、
ユリアンが失敗すれば下手すれば命を失うのだから責任回避どころか逃げ場もなくなっちまうけどね。

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 21:08:42.98
シェーンコップなんかはユリアンを先に行かせるために捨石になったようなもんだしね

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 21:09:31.52
>>74
ラインハルトはイゼルローンからの離脱者とかには寛大な処置をしていたが、
イゼルローン共和政府が失敗していたら幹部とかは確かにオーベルシュタインあたりに暗殺されかねないな。

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 21:20:31.32
帝国は、公式にイゼルローン自治政府を認めていないから
普通に裁判に掛けられて反乱罪で処罰されるんじゃない。
ラインハルトが同様に寛大な処置をするかもしれんが。

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 21:24:19.74
軍人が自分たちのトップを決める民主主義()

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 21:35:31.66
それ書き込むと、彼らの代わりに代弁する人が出て来て怒るよ

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 21:51:19.08
>>78
それ故に、「イゼルローン民主政府」ではなく「イゼルローン共和政府」なのです。

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 21:58:06.97
鷺を烏と言い張るヤン信者ご一行様のお通りです

黙ってスルーしましょう

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 21:59:28.54
ユリアン、「帝国の一部に民主主義を認めさせたぜ。たったそれだけのために長い戦乱があった・・・」とかドヤ顔で言ってたけど、
結局認めさせたというより、「偉大な専制君主が民主主義を認めた」のであって、ラインハルトの存在がすべてを解決したように思えるんだが・・・

83 :(゜∀゜):2012/08/06(月) 22:00:02.85
Σ( ̄д ̄;)ええっ!?

これでも必要以上に攻撃的にならないように、直接的な罵倒なんかはある程度までにして、
文章に気をつけて手加減しているんだよ???

根拠となる原作の描写を入れて説明することで、説得しようとしているし。

2ちゃんにしては良心的な反論をしていると思っているんだがなぁ。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 22:05:18.75
そういや帝国によるフェザーン占領時はフェザーン側の抵抗の描写がないな。
対宇宙海賊の(帝国・同盟正規軍に比べれば)小規模な警備隊や大企業の私兵部隊があってもおかしくはないと思うんだが

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 22:05:36.70
思いっきり冷めた言い方すると
ガイエがそこまで民主制、というか各種政体のあれやこれやを思考できるとは思えんが
戦争とキャラ逹の活躍を動機づけるための舞台設定程度でしょ

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 22:06:07.68
なんなのユリアンって
劉禅みたいな奴だった・・・みたいなほうが話し面白いのにな

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 22:06:17.59
>>82
全くその通りで、ユリアンもその通りのことを言っているだけだと思うが……

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 22:09:51.48
どの陣営もカリスマに頼って引っ張られてる点では大差ないしな

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 22:12:47.23
>>88
同盟軍・イゼルローン政府:ヤン、ユリアン
帝国:ラインハルト
フェザーン:ルビンスキー
同盟政府:トリューニヒト
地球教:ド・ヴィリエ

言われてみるとそうだな
カリスマといえる人物がいないのはせいぜい貴族連中くらいのものか


90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 22:13:51.59
>>85
ぶっちゃけ、ユリアンが軍を指揮する場面を描きたかっただけだろう。

偉大な指導者が殺されて、代わりにその妻を担ぎ上げるのは、現実にもよくある話。
フィリピンのアキノ大統領とかね、って知ってる人少ないかもしれないがw

アキノ大統領の例がまさにそうだが、彼女は独裁政権に反対する勢力のリーダー、
即ち、政党の党首に祭り上げられたわけで、政党の党首を選ぶのに選挙という
手続きを経る必要は必ずしもない。

>>86
イゼルローン降伏して終わりじゃんw

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 22:34:26.54
俺の名前はウィルへルミ3世
かの大貴族リッテンハイム公ウィルへルミの孫だ
世界中のローエングラム軍が俺に血まなこ。
だけど、つかまらないんだな。
まあ、自分で言うのもなんだけど、どんな戦場でも逃げ出す
神出鬼没の迷提督、それが俺だ

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 22:35:16.84
>>89
いやいや、ブラウンシュヴァイク公が貴族グループにはカリスマに映ってたんだよ多分

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 22:44:38.94
>>85
でもありふれている設定、舞台とは言えないだろう。

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 22:49:40.12
>>93
そしてそれが奇を狙ったばかりではなく、
物語ともキャラとも調和して良い影響を与えているともいえる。

冷めた見方うんぬんの前に、そこは評価すべきだろ。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 23:05:03.38
評価してないわけじゃ無いのよ
あの未来世界の対立構造に合わせて説得力のある舞台を設定してると思う
秀逸だとさえ思う
でも書かれてる各政治思想自体はそんなに斬新なものじゃないっしょ
貴族主義的君主制、民主主義、中継地点としての商業区、狂信的な聖地思想、等々
その点は認められるところだと思うけど

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 23:20:18.78
>>89
よくよく考えたら生き残ってるのはユリアンだけか

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 23:27:57.39
しかしまあ同盟側艦隊司令官はさくさく死にまくっているよな
作品終了時点ではナンバード・フリートの司令官全滅じゃん

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 23:38:53.81
>ナンバード・フリート
アッテンボローって実は第○艦隊司令にはなってないんだっけ?
記憶違いだったらゴメン

彼、ユリアンの兄弟子みたいなもんだよね

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 23:42:11.36
>>98
アッテンボローは同盟軍においては最後までイゼルローン駐留艦隊分艦隊指揮官だった

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 23:51:17.01
俺はやっぱりカルパチアの、世界が滅亡しても生き残るあの男は
第何代前かは見当もつかんが、奴の祖先だと思う。

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/06(月) 23:55:57.77
>>100
某英国議会落選議員閣下かw
性格とか似すぎだろ、奴とアッテンボローはw

ちなみに俺の適当な計算では58,9世代ほど前の先祖と出た。

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 06:17:08.48
>>99
ヤンが元帥、アッテンが中将に昇進したときに役職も変更したらよさそうな
もんなのにね。バーミリオン時にヤンは要塞司令官兼駐留艦隊指揮官のまま
だったからアッテンとかもそのままだったんだろうね。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 16:40:15.94
そろそろルドルフ コォ━━━━щ(゚Д゚щ)━━━━イ!!!!

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 18:08:16.75
アッテンボローはトップにたつ器では無かったってことか。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 18:42:40.55
分艦隊司令は十分組織人としてはトップクラスな気も。会社組織でいうとグループ系列会社の社長くらいか。
グループの会長や社長には合わないということだろうけど。


106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 19:09:29.74
そういやルドルフはニートに対してはどうしたんだろう…
まさか粛清か…?

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 19:23:42.79
ニート無職は農奴として田舎惑星に送って強制労働とか

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 19:31:29.16
現在の橋下がルドルフになる可能性はありますか?怖いです。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 19:36:14.40
>>108
フィクション小説の話をリアルに当てはめるやつって・・・

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 19:59:16.48
>>105
分艦隊司令がグループ系列会社の社長なんて、とんでもない。
原作の描写から分艦隊は2000隻以上の規模、
これに平均100人が乗り込んでいたとした場合、将兵20万人の長。
日本でなら東芝グループなどに匹敵するレベル。

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 20:01:54.20
じゃあトリューニヒトは百億の社長やぞ!

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 20:04:03.63
そういえば地球教は艦隊的なものは持っていなかったんかな
フェザーンから横流しされた武装商船や帝国軍から脱走した将兵(地球教徒)の乗り込んだ帝国艦などで構成された小艦隊があってもおかしくはない気がする

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 20:07:14.38
>>112
艦隊なんて目立つものを持ってたらそこから地球教の正体がばれる可能性もあるし
脅威とみなされたら即座に組織が弾圧されただろう

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 20:08:29.04
階級と部下の人数ってあれだよね。
佐官クラス、例えば戦艦の船長は中佐・大佐で部下の人数も現在と同じくらい。
でも、将軍クラスは桁が違うからなー。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 20:16:51.28
ところであの世界では駆逐艦と巡航艦あわせて数十隻程度の小艦隊でも指揮官は准将あたりがやるんかな
艦長は佐官クラスだけど。このへんがよくわからんなあ

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 20:33:55.95
あのあたりの微妙な階級は同じ大佐、准将、少将でも等級みたいなものが細かく区分されてるんじゃなかろうか。
大佐(二等級・大型戦艦艦長級)大佐(一等級・十隻程度の長)みたいに。

たしか自衛隊の一佐も四等級ほどに分かれていて、一番上の区分は旧准将待遇になるのだと聞いたことがあるな。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 21:28:50.32
ヤンって階級だけ元帥にまで登ったけど、ポジションって少将・中将時代から変わってなくね?宇宙艦隊司令長官にも何にもなれずずーっと駐留艦隊司令官。
会社でいえば、取締役営業所長 みたいななんとも言えない感じ。現実の軍隊で元帥なのに無役って普通なのかな?
そりゃ金髪にも「おまえ不遇すぎじゃね?」とかいわれるわ


118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 21:45:04.84
>>117
手柄を立てたやつには褒美を与えないといけない。
しかし、もう上のポストは詰まっている。
しょうがないから、ポジションは変えないまま、階級と給料だけを上げる。

まあ、こんなところかと。
将官レベルでは勲章で済ませるわけにもいくまいしね。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 21:47:10.99
>>117
元帥が無役なんてことは無いと思うが、ラインハルトVSヤンの一番の見せ場の前だから
作者がそんな細かいこと考えてなかっただけじゃね?

後、最年少で生きて元帥になったんだから不遇ではないだろ

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 22:07:13.80
同盟の命運はヤンの手腕にかかっているから、
帝国を撃退するたびに元帥→大元帥→…と地位を上げるしかない気もする。

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 22:12:37.71
仮にバーミリオンでラインハルト戦死、帝国軍総撤退となったら
ヤンは宇宙艦隊司令長官か統合作戦本部長かも。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 22:12:46.28
そういえば同盟の政治家連中にウィンザー夫人ってのがいたけど、夫人と言うからにはたぶん夫がいたわけだよな…
アレと結婚したのってどんな男だったんだろ。
あと帝国領侵攻失敗後はめちゃくちゃ肩身狭い思いしたんだろうなあ…

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 22:18:54.85
>>122
妻がバリバリの野心家だからな…
案外のほほんとした画家とかかもしれん。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 22:19:40.87
「夫人」という言葉には、「婦人に対する敬称」という意味もある。
つまりウィンザー夫人は独身である可能性もある。

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 22:26:28.86
まあ、よしんば結婚してたにしろ、本人のことが好きで結ばれたわけではないだろ。
ウィンザーの親も政治家だったので、そのへんの繋がりで政略結婚という線が強い希ガス。

もちろん、百億歩譲って、結婚した当初は可憐な若妻だった可能性も否定はしきれない。

あのレタス夫人だって皇帝の後宮に納められたときは「蕾を開いたばかりの桜草にたとえられる
可憐な深窓の姫君」で「冬の小鳥のようにおびえ、慄えてい」たらしいし。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 22:28:40.13
>>122
日本のウィンザー夫人にも夫ちゃんといて国防委員長やってたじゃん。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 22:40:18.25
>>122
話変わるけど、ウィンザー議員の前任者の大臣って汚職で辞めたんだよな。

第7次イゼルローン攻略戦の大勝利で、政権の支持率はうなぎ登りになるはずなのに
それを打ち消すなんてどんだけすごい汚職をやったんだ?w

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 22:45:29.10
>>127
もしかするとイゼルローン攻略のときはすでに空席かウィンザーの地位だったのかも。

そうでなければ
・夜の公園でゼンラーマン
・幼女と[自主規制]
・財界の不興を買いスキャンダルをでっち上げられるorばらされる
・一身上の都合で辞任
・天に召される

こんなところか?

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/07(火) 22:51:30.79
>>127
もともと汚職で責められていて
「ヤン提督はすごい仕事をしてくれた。最高評議会もなかなかのもんだ。だが(前任者)、お前はダメだ」
てな感じじゃね?

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 02:49:29.34
ロボスはどこで更迭されたんだ?

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 06:33:00.64
アムリッツアの敗戦でシトレ道連れに引責辞任してるじゃん。

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 12:18:45.00
>>126
日本のウィンザー夫人はそっちより小池百合子や片山さつきかと、経歴的に

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 13:28:16.56
リアルな個人名をあげるなよw

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 13:45:27.32
そういやクーデター派のエベンス大佐はグリーンヒル大将とはどんな関係だったんだろう?
なんかブロンズとかルグランジュとか差し置いてNo.2的なポジションにあるような気がするんだが

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 13:57:44.13
まあ女ってのは環境によってコロッと変わるからなあ
中学の同級生に地味で真面目な女の子がいたんだが、
高校進学後、数年ぶりに出会った時には立派なスケバンになっていたよ


流石に元同級生をカツアゲしなくてもと思ったけどな
ウィンザーさんも政治家を志した時は高邁な理想を持ってたんだろう

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 15:04:48.68
>>132
ヒステリックなところが似てたもんで。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 15:33:54.70
>>134
陸戦系の人で艦隊司令部につかなかっただけ(地上勤務)なんじゃないかな。
軍事会議本部はハイネセンだし、治安維持に陸戦系の士官が本部にいる必要があるからとか。


138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 16:12:37.96
ハイネセン経済の担当になるくらいだから
統合作戦本部勤務とかの軍政畑の人じゃないか。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 16:45:19.59
その割に経済統制したり明るくないことしてるよね。
頭がカタイ偏執的軍人像をなぞってるんだろうけど

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 17:04:16.24
>>125
ウィンザー夫人はアニメや漫画だと不細工になってるけど
原作だと優雅で知的な美しさを持つ魅力的な女性と書いてあるから
若い頃ならもっとすごくてもててたんだろう

>>128
ウィンザー夫人んの前任者は戦争決定した会議の数日前に
「不名誉な贈収賄事件」で失脚している

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 17:07:24.08
>>140
てことは前任者は巨額の贈収賄の一連の出来事をまるごと全部週刊誌にでもすっぱ抜かれたんかな

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 17:31:03.36
ウィンザー夫人のモデルはクリントン夫婦?

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 17:40:48.23
銀英伝の1巻が出たのは1982年だよ

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 17:40:56.51
ビルクリントンが大統領だったのは1993-2001
銀英伝1巻が出たのは1982

クリントン夫妻がモデルだとしたら、田中芳樹はアメリカ政治によほど詳しいんだろうな

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 20:39:16.38
たぶん、ガイエが嫌いな右翼の女性政治家がいるよ

マーガレット・ヒルダ・サッチャー

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 20:58:46.51
モデルになった女性政治家は片山さつき

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 21:01:19.08
>>146
30年前は歳いくつだよ

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 21:11:18.99
>>145
1982年には、フォークランド紛争が勃発していたな。

「人命に代えてでも我が英国領土を守らなければならない。」という発言もあるなw

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 21:18:09.03
>>135
綺麗事を仰る事。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 21:20:12.55
結局、サッチャリズムも歴史的に否定されたからな。
英国の産業を破戒し、移民を無制限に受け入れ、金融立国も
リーマンであぽーん。

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 22:07:24.01
>>134
階級、年次と言ったところだろう、さすがに准将でもフォークがNo.2
はありえん。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2012/08/08(水) 22:37:51.74
漫画だとルビンスキーが女だったんだ

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/08(水) 22:45:20.66
ホアン・ルイも女

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 00:28:18.49
ラインハルトとヤンとユリアンも女

155 :(゜∀゜):2012/08/09(木) 00:34:44.79
>>117
いちおうヤンがアムリッツァの戦い以後、大将に昇進した時には、
イゼルローン要塞司令官・兼・イゼルローン駐留艦隊司令官・兼・同盟軍最高幕僚会議議員。
また貴下の艦隊も「ヤン艦隊」という通称を公式に認められた。
原作では「若い国家的英雄に対して、同盟軍は最上級の好意を示した」とあり、この時点ではかなり厚遇されているようだ。
ビュコックは参謀長、クブルスリーは幕僚総監の地位を与えようとしていたみたいだしね。

ただその後は上官のビュコック、クブルスリー、ドーソンなどが大将のため昇進はせず勲章どまり。
またクーデター後は軍部の人事にまでトリューニヒトが口出しをはじめて、
ビュコック、ヤンといったトリューニヒト派以外の軍人は同盟軍内で肩身が狭くなっていった。

ただ元帥になった時に地位を与えられなかったのは、
チェンが言っているように帝国が講和の条件として同盟の軍人たちを軍事法廷にかけた場合にヤンを救うため、
あえて高い地位を新たに与えなかった可能性もある。

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 00:46:48.69
>>117
本社の方が火の車で、一営業所でしか黒字出していないんだからしょうがない
本社に戻るにも、株主からは相当嫌われてたしな

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 01:02:25.69
そういやクブルスリーやアイランズとかも草刈りの時はラグプール刑務所に放り込まれたんかな?
ドーソンあたりはずっと収監されっぱなしだとは思うけど

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 01:08:24.63
クブルスリーとかアイランズっていったい何のために存在したんだろうw

クブルスリー→アムリッツァの後トップになるが、内乱開始時に大怪我→治った後はトリューニヒト専横→嫌気さしてバイバイ
アイランズ→モブ→覚醒した瞬間に発病→退場

有能な人間が生かされない同盟の様子を描きたいための存在だったのかな


159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 02:08:52.82
話の展開として同盟を崩壊させなきゃいけないけど
みんながみんな無能だったり駄目人間だったらそれもリアリティないし
感情移入できないから優秀な人やいい人も出さなきゃいけない
でもそういう人が頑張りすぎたら同盟崩壊させられないから
他の悪い奴(フォーク、トリューニヒト)のせいで活躍できない、退場
とういことにしたんだと思う

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 02:31:07.81
アイランズ君は三流政治利権屋だけど頑張ってたなw

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 04:44:36.92
同盟軍最高幕僚会議って単語、確か一回しか出てきてないよね。どんな権限持ってて、ヤン以外の議員は誰がいたんだろう。

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 06:37:02.39
作中では会議は描かれてないし、名誉職かな?議員はまあ大将以上の連中はそうなんだろうねえ。
作品の期間での同盟軍最大の作戦といえば帝国侵攻だろうけど、そのあたりでも開催されてたよう
な感じはしないしね。

163 :(゜∀゜):2012/08/09(木) 10:00:31.48
>>161
描写がないからわからん。

が、最高というからにはそれなりの高級士官が参加しているとみえる。
勝手な推測だが、
同盟軍には統合作戦本部や後方勤務本部、技術科学本部のほかにも、
11の部局があるそうで、その部長は大将、中将くらいの高級士官で固めていたそうだから、
それらがメンバーなのかも?
アムリッツァなんかみると、作戦とか戦術とかは実戦部隊、司令部なんかが決定していたみたいだから、
同盟軍全体や各部局の方針やら意見調整みたいなもんじゃないかね?

ヤンは前線の司令官でイゼルローンに限った権限しか持ってないけど、
同盟軍の各部長級の扱いをして優遇しているよ、みたいな感じじゃないかな?

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 11:35:06.57
>>158
同盟軍は組織で戦っているのではなく個人で戦っているのだという証拠として存在する
同盟が滅んだ時にいろいろ気骨ある官僚だののエピソードが羅列されていたけどそれと一緒

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 17:34:49.05
士官学校を優秀な成績で卒業しないと将官にはなれないって事?

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 18:01:27.28
>>165
関係無い
ビュコックやヤン見てみろ

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 19:33:23.56
>>166
何百万分の一、何千万分の一を持ち出して関係ない(キリッ
なんていわれてもなぁ・・・・

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 19:37:50.55
ワイドボーンは、ラインハルトの攻撃であっけなく、あぼーん
懐かしい?w

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 19:41:16.49
>>167
事実があるという事で確率の問題じゃねーべさ

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 19:43:52.85
アッテンボローの成績は出てこなかったよね?
さぼったとかの逸話は出てきたけれど…。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 19:49:30.11
ドーソンが教官だった科目で悪い点数をとったとか門限破りをヤンに見つかったとかあるから
いわゆる「優秀な生徒」ではなかったろうな。

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 20:01:22.35
フォークは主席卒業だっけ?

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 20:03:26.02
確かそう、スーン・スールズカリッター(当時)と同期だったはず

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 20:03:49.62
でもアッテンボローはそれなりに要領よくサボってそうだけどな

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 20:39:31.83
>>170
外伝4に学業成績からいえば準優等生といってよいとあった

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 20:49:59.52
士官学校の成績優秀が実戦での有能さにどれだけ結びついてるんだろうな
ビッテンフェルトやファーレンハイトは士官学校の成績それほどでもなさそうだけど
それとも、この二人はそもそも入学してない?詳細失念しててスマソだけど

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 20:54:27.57
士官学校出ないと兵卒にしかなれないよ。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 20:55:33.53
成績とか関係なく生き残った奴が有利だな
士官学校主席でも配属された艦が撃沈死亡というのもあるだろうし運不運も


179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 20:55:55.11
>>176
あの辺はみんな士官学校出てるんでない?
ビッテンは実践の成績は良いけど筆記試験などからっきしって感じ。
(ヤンと逆のような感じでしょうか)
オーベルシュタインの新卒時代見てみたい気がする。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:01:53.10
>>177
ビュコックやラインハルトは司令長官や皇帝になったぞ。

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:04:06.70
ビッテンフェルトは士官学校でロイエンタールと同期だったはず

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:04:32.38
>>179
実はオーベルは義眼が災いして士官学校には入れず、2等兵からのたたき上げ
だったりして。それだけにゴ朝を憎んでたのさ。

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:05:43.53
>>181
年齢は同じとあったけど、同期なんて記述あった?ミッターが1期下というのは
あったけど。

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:06:31.84
>>115
任務とかによるんじゃないの。
何の意味も無く小規模艦隊を編成するなんて無いんだから。
単に分艦隊を構成する一戦隊なら大佐が指揮官だろうけど、
特殊任務の為に臨時編成されたのなら
コネや発言力がより強い准将等があてられても不思議は無い。

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:10:23.38
>>183
少なくとも原作にはない

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:14:40.28
>>179
やる気が見えないのに筆記は優等生でやたらと寮監が似合う、どうにも扱いにくく誰からも好かれない学生だったと思われる

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:15:39.35
>>180
二等兵からのたたき上げでも、
士官になる前に士官学校に入学して教育を受ける。
ラインハルト(+キルヒアイス)は皇帝の寵妃の弟(or寵妃のお気に入り)という例外中の例外で、
幼年学校を卒業しただけなのに特別待遇で少尉に任命されてる。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:17:51.15
>>182
「幼少期に病気により失明、以後義眼により視力を維持」
医者に金積んで、診断書にこう書いておけば義眼で大丈夫
なまじ赤色色盲なんて中途半端なのを隠すからばれたとき退学になる

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:18:54.66
>>180
低学歴は確立という言葉を知らないので一部の極端な例を持ち出しあたかもそれが当然のように言い張る

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:20:29.16
>>180
優秀な兵士だと中途で士官の養成課程があるんじゃなかったかな?
少なくともアニメ版のシェーンコップはそれを勧められてた

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:20:30.15
確立 ×
確率 ○

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:22:05.05
>>189
図らずも教養の程度を露呈してるな

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:24:38.21
>>189
少数とはいえ士官学校出てない将官がいるのは事実なんだから、177の間違いを指摘
してあげただけだよ。何か気に障ったかい?
確かに確立は知らないけどな。

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:34:15.82
>>190
あるんだろうね。シェーンコップはその制度でいったん学校(名前忘れた)に
入ってたね。ただビュコックやラインハルトはそういう制度は利用してないよ
うだ。(少なくとも士官学校は卒業していないと明記されてるからな)
帝国ではラインハルトに限らず門閥貴族の子弟は士官学校出てなくても将官って
のはいるんだろうね。モートンやカールセン(こちらはアニメ設定かな)はどう
いう経歴で少将(ランテナリオ時点)まで昇進したんだろね。

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:38:46.93
>>191
確率でもいまいち日本語になってないような。。。例外とか特殊とかの
方がよくないかな。

低学歴は一部の極端な例を持ち出しあたかもそれが当然のように言い張る

でいいんじゃない。

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:52:15.19
ミュラーは成績優秀だったのに実社会に出てしばらく伸び悩む時期を過ごすタイプ
と見た

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 21:57:12.32
>>194
お前だって戦時下に
「初陣なのに兵士二人で敵戦闘車両乗っ取ってそこのプログラム解析して敵戦車みんな止めちゃって敵基地攻略の下地作りました」とか
「巡航艦一隻で敵領海深く侵入して軍事機密取り替えした挙句、ゼッフル粒子で敵の哨戒部隊壊滅させました」とか
「アルテミスの首飾りで半分要塞化した反乱者のいる惑星を、3千隻の部隊で無血開城しました」とか
「今までにない大部隊で進行してきた敵を、焦土作戦で立ち直れないほどだたきのめしました」とかやれば元帥になれるよ
実在の人物で言えば、ルーデルとかシモヘイヘとか船坂弘とかの『アンサイクロベディアに書かれるほどの人外ズ』と同等かそれ以上の戦果を幼年学校卒業以来ずっとだ

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 22:08:14.08
>>197
素直に無理っていってやれよww

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 22:12:29.36
そもそもフィクション小説の30歳で元帥()
20歳で下級貴族から皇帝()

って少年誌顔負けの主人公チート話を大真面目に議論してもなぁ・・・

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 22:17:41.35
ロンメル将軍が50歳(だっけ)で元帥になったのがドイツ軍史上最年少だったというからな

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 22:26:32.53
最年少元帥っていえば
ヤンとロイエンタールが同い年でミッターマイヤーが一個年下ってことは元帥になった年齢は
ミッターマイヤー>ヤン>ロイエンタール
になるのか。

まぁ上級大将がない同盟と帝国を同じに比べたらあれかもしれんが・・・

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 23:07:14.98
最年少元帥ならラインハルトだろう

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/09(木) 23:09:08.69
>>197
このような業績を上げても、所詮、姉のスカートの中に隠れなければ、
20歳で元帥になんてなれなかったラインハルト()

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 03:04:46.23
>>203
あえて突っ込むと原作だと、元帥になる前のラインハルトの業績は何ひとつ
入ってないけどな。アニメファンのようだね。

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 03:41:35.66
帝国学芸省にヤンが就職させてもらえたらゴ王朝の歴史がもっと解ったのにね。

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 04:06:01.91
>>194
ラインハルトはともかく、ビュコックはシェーンコップと同じ制度を利用してるだろう。その士官養成過程を士官学校と呼ばないだけで。
当然普通の士官より昇進は遅く、本来は予備役編入直前に準将になるくらいがやっとのはずだったけど本人の才能と同盟末期の人材不足のせいでああなってしまったと。

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 05:12:32.90
>>206
将官になるにはなんらかの教育はあるだろうからそんなとこなんだろね。
で、正規の士官学校卒からは疎外されてるとの記述になるわけだね。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 07:22:09.14
>>203
その姉スカートの中に隠れたラインハルトに完膚なきまでに叩きのめされた大貴族連合と同盟軍()

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 08:09:00.19
>>205
残念ながら、ヤンは歴史好き・歴史学者志望だったというだけで
別に研究者として特に優秀というわけではないのだ。

数スレ前に、ヤンが「死ぬまでに一冊」なんて意気込みで
書こうとしていた歴史書の内容が話題になったことがあったが
結論は「人類史の表面だけなぞった、歴史エッセイレベル」で落ち着いた。

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 09:07:58.16
論文コンテストなんて田母神でも優勝出来る

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 10:41:42.01
>>197
流石にルーデルやシモヘイヘのような伝説レベルは無いな。
あっちは初陣なのに一人で戦車乗っ取って敵戦車部隊を壊滅させ、
敵基地を降伏させましたってぐらいのレベルだから。

第一次大戦のイタリアで人間魚雷を作った人が
自ら魚雷に乗り込んで基地内に停泊中の敵戦艦を沈めてるけど、
ラインハルトの武勇伝はそんぐらいの話だよ。

212 :(゜∀゜):2012/08/10(金) 10:48:24.98
>>182
オーベルシュタインはあれでも貴族の一員なので、
二等兵とかたたき上げってもんではないんだろう。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 11:10:22.89
実在の人物なんだからフツーに逸話を言えばいいのに、
何故戦車を乗っ取る例え話にするのだ?

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 11:35:25.97
アニメだからさ。ってアニメでも敵戦車を乗っ取ってはいないな。

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 12:41:01.52
>>212
外伝ではいわゆる色盲の生徒は隠して幼年学校入学してたけど、オーベルは幼年学校にしろ士官学校にしろ大丈夫
だったのかな。幼少からあのピカピカ義眼だと隠すのは難しそうだけど。

216 :(゜∀゜):2012/08/10(金) 13:49:25.97
>>215
生まれつきではなく、事故や病気で失明とかでごまかしたんじゃないの?

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 14:37:57.87
障害のある状態ではエリートコースには乗れなかったのだろう。オーベルは30半ばで
大佐で前線の艦隊司令の副官と、戦争ばっかりで昇進の機会の多いこの作品では
出世の遅いほうだ。

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 14:55:53.63
>>217
え?
冗談だろw

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 15:08:56.00
>>217
正しくは要塞駐留艦隊の幕僚な。それなりに重職ではある。階級は確かに20代の
将官がごろごろ出てくるこの作品ではそう見えるけど、20代の将官が出てくるの
はもうちょい先だろ。

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 16:05:42.51
なんか帝国側におけるイゼルローン艦隊駐留軍って閑職っぽいよなあ…


221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 16:08:05.83
削除ミス、イゼルローン駐留軍の話ね

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 16:37:20.43
参謀というからにはそれなりの養成機関を出ているんじゃないかと

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 17:48:28.70
>>220
同盟軍が定期的に攻めてくる最前線が閑職ってあーた。

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 18:05:42.01
戦闘が多いから閑職とはいえないが、
上流貴族にはそういう任地は好まれないだろうな。

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 18:12:35.52
シュトックハウゼンと、ゼークトって、「互いに罵り合いながらもおびただしい戦果をあげてきた」て説明あったけど、
トールハンマーみたいな兵器による撃退数って功績になったのかな

ゼークト(駐留艦隊司令官)「ノーカン!ノーカン!
シュトックハウゼン『戦争だろうが・・・!全滅させちまえば・・・!功績・・・・!それが結果・・・・・・・・・・・・!!!(ざわ・・ざわ・・・

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 18:12:53.06
上流貴族が好むのは帝都防衛司令官とかだろうか。
腐敗していたらしい憲兵隊も役得が多そうだから人気か。

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 18:20:04.95
ケスラーが跳ばされた辺境なんて腐るほど存在してるんだから左遷・閑職と言えば辺境のことだ

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 18:27:21.55
>>226
そんな責任重そうなの好まないだろ。好むのは名誉職みたいに責任なく地位だけあるってやつだよ。

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 20:02:29.57
ヤンがイゼルローンに配置されたのも一種の左遷?

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 20:16:25.54
>>229
軍事的には最重要拠点だけど、中央政界からは忌避されたって側面はあるだろうね。この時点では
まだそれほど軍の人事に介入は出来ない時期だけど。

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 20:58:51.05
銀英伝のシミュレーションゲームがあったとして、
原作の知識ゼロだったとしても、
イゼルローンが自領になったら最強の奴配置すると思うわw

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 21:05:29.06
>>231
俺だったら経験値稼がせたい(功績立てさせたい)やつを配置するけど?

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 21:16:42.64
帝国だったら>>232で、同盟だったら>>231になるんだろう

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 21:29:09.50
シミュレーションゲームで例えれば、ヤンは初期状態で各能力の数値は低いんだけど
戦闘では何故か必ず勝つ隠しパラメータ持ちキャラっぽい感じがする。

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 21:49:43.50
やっぱ、シミュレーションなら銀英伝IVEXが一番燃える

ウィンドウズ7でも普通にプレイ出来るしな

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 22:18:47.65
○シュミレーション
×シュミレーション

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 22:30:25.93
>>236
どっちも同じやんw

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 22:35:10.61
>>220
シトレの作戦のせいで、勝つためとはいえ味方を大量虐殺してしまったクライスト大将は
どうみても左遷されているね、イゼルローンはアレだな任地としては貴族は行きたくないだろ

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 22:37:12.60
いや、要塞内の勤務なら当時の段階では安全だし
むしろ箔付けに行くんじゃねーかな?

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 22:50:44.55
>239
大貴族は実戦での箔付けなんて必要としない
それが必要なのは中小貴族やラインハルトのような成り上がりだが、要塞司令官になれるような階級になっているなら
辺境勤務よりもオーディンでの人脈作りの方が遥かに重要になってる。

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 22:55:41.83
そうなるとフレーゲルってなんでイゼルローンにいたんだろ

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 23:06:48.57
箔付け

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 23:09:23.51
ブラウンシュバイクの覚えもいいし今更そんなのいらんべ

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 23:14:38.59
ダゴン会戦の時帝国軍には物見遊山気分のボンボンが多数いたじゃん。
同じようなもんだろう。

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 23:39:55.27
ミュッケンベルガーは中立気取っていたので
ブラウンシュヴァイク公に目をつけられて監視されていたくさい

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/10(金) 23:54:27.97
要塞司令官と駐留艦隊司令官と同等のポストが
あるのは本来指揮系統の上で好ましくないのに
ずっと統合されずにいたのは貴族が就く
重要ポストを減らしたくないからと原作に
書いてあったから別に左遷とか嫌な地位ではない

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 00:03:33.60
要塞内での内勤は大貴族からすれば
数年かかるけど要塞内の娼館から女呼んで遊んでたら階級が上がる気楽なポストなんじゃないの?

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 00:35:54.51
フレーゲルはどんだけエロなんだろう

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 00:43:22.58
中央の主流派閥からはあぶれてしまったけど、もとの家格は高く無碍にすることもできん連中の左遷先、
という可能性もあるね。
太宰府的な。

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 02:20:30.42
要塞司令官と駐留艦隊司令官が一緒だったら反乱起こせるなw

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 02:22:46.48
>>250
その為もあっての同格の司令官を置く方針だったのかもな、反乱防止のための相互監視

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 03:49:41.58
>>230
アムリッツアのせいで前線指揮官が軒並み戦死してしまったからな。
ビュコックなら攻守バランスがとれているからイゼルローン要塞司令をそつなくこなすと思うけど
彼は宇宙艦隊司令長官になったから、他にはヤン・ウェンリーしかいないだろう。
# パエッタやルグランジュだと要塞司令の任を全うできるとは思えないw

もっとも、イゼルローンのメンバーを見てみるとブラックリストに載っている連中をまとめて
前線送りにしているというのは否定できないがwww

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 06:12:42.63
>>150
脳みそが単純だと楽でいいな

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 06:47:22.01
今頃きて何を言っているのやら

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 07:26:22.59
>>252
>もっとも、イゼルローンのメンバーを見てみるとブラックリストに載っている連中をまとめて
前線送りにしているというのは否定できないがwww

最初は厄介な連中はまとめて前線送りですっきり。しかし今度はあいつら固めとくとつるんで何か
やらかしそうってんで人事権乱用して切り離し工作。
まこと中央政府の連中の猜疑心の強いこと。

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 09:56:27.13
自殺しようとしたビュコックを説得したパン屋
あいつは勝手に自殺していった大日本帝国軍人をdisってるの?

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 10:20:54.21
>>256
なんでやねん 当節流行のネトウヨみたいな考えだな

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 10:43:28.30
>>256
総参謀長として、当時の状況を分析・判断した上で同盟軍の立場でものを言っただけだろ。

だいたい同盟最後の戦いで同盟軍の存続なんか関係ないときには、
講和なんか考える必要ないから、ビュコックと一緒に降伏せずに死んだし、
旗艦と道を同じくした僚艦などがあった時も事実を指摘したのみだ。

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 16:08:23.66
>>257
ネトウヨ言うな男爵風情が

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 17:26:03.81
>>252
ビュコックならいけるが、パエッタやルグランジュならいけないと思うソースは?
原作にはそんなこと一言も書いてないぞ?
妄想語るなら根拠を示せよ、根拠の無い妄想ならチラシの裏に書いとけgmkz

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 17:38:10.84
まあ逆にビュコックじゃ駄目だが、パエッタやルグランジュならいけるって事になっても根拠の無い妄想乙なんだけどね

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 17:53:14.91
艦隊が壊滅していなければ他の提督を要塞に置くという選択肢もあるんだろうが…

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 17:57:30.27
帝国領侵攻時に農奴を助けず無視して進撃しつつ帝国艦隊との決戦に備え、
決戦直前にヤン艦隊にラインハルトの本体を殲滅させてから残存の帝国艦隊を撃破すれば誰も不幸にならなかった


264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:00:53.76
>>262
アムリッツアでもう1〜2個艦隊が残ってれば大将に昇進のヤンがイゼルローン方面
軍司令官(要塞直卒)で駐留艦隊(従来どうり司令官は中将)をも指揮下置くっての
がいいように思えますな。

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:02:44.91
オーディンに特攻せよ!
オーディンに特攻せよ!!

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:06:19.93
>>263
壮大な釣り以前に日本語が破綻してるよ。

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:09:22.79
え?普通に通じるが

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:09:28.26
イゼルローン獲得直後に救国軍事会議が同盟を乗っ取れば銀河帝国に勝てた

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:16:02.84
? 結局 帝国に侵攻して大敗し終わりだろw

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:18:16.26
>>268
やることは同じく帝国侵攻だけど、焦土戦術に対して敵領民の救済は行わないってことかな。
確かにその同盟の政変の情報がラインハルトらに伝わってなければ焦土戦術は予定どうり
行われ、それに同盟軍が乗らないことで意表は付かれるだろうけど、もともとこの焦土戦術
は時間をかけずに同盟軍を叩きのめす方法であって、戦力的には同盟8個艦隊に対してライ
ンハルト指揮下だけでも9個艦隊と帝国優勢だからねえ。時間かかることによってラインハ
ルトの帝国における立場は揺らぐかもしれんけど、同盟的には同じでは?


271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:19:27.57
帝国侵攻の目的は「次回の選挙に勝てる成果を得る」ことだから
クーデターが起これば帝国侵攻はないんじゃないか。
選挙がどうこうという状況じゃない。

まあそれと帝国に勝てるかどうかはまた別問題だが。

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:19:58.46
>>269
独裁なら弾圧という手段で世論を押さえ込めるから大丈夫
お上の一存でフォークもロボスも抹殺できる

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:21:10.07
軍部の中でも帝国領侵攻に関しては否定的な意見も結構出てたからなあ

帝国領侵攻は最高評議会で決まった事だから軍部としては従わざるを得ない。
けど>>268の状況だとその後の展開はかなり違った物になったかもしれないね


もっとも帝国領侵攻以前は同盟の各艦隊は相当数残っていたわけで
クーデター自体が成功する可能性は低くなると思うけど

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:22:26.48
>>270
ヤンにラインハルトとキルヒアイスを始末させればその他大勢の脇役なんてどうにでもなるだろ

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:23:38.63
>>269
問題点は純粋な軍事力(艦隊数等)じゃなくそれを支える国力の方だからねえ、
原作の軍事会議見る限りじゃ、それが好転して強化される方向に行くとはとても
思えないです。原作じゃないようなクーデーターが成功していれば(ほんとの意味
での腐敗政治の一掃、民間活力の強化、)だけれどなかなか難しいよね。軍事独裁
だけど、国民の支持得て経済も成長成功ってのはどこの国だっけ?

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:25:04.67
ミャンマー

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:25:52.67
軍事政権になれば、目的は帝国打倒だから早い遅いの違いはあっても
帝国に侵攻すると思うけど。

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:28:57.34
>>274
ヤンにラインハルトとキルヒアイスが始末できるわけないだろwww
できるならやってみろよ

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:31:11.58
ヤンをラインハルト殺害のための道具と割り切って利用できる人間が上層部にいればどうにかなりそう
ヤンはそれができなきゃただのヒネたケツの青いガキだからな

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:32:00.20
>>274 278
そもそも始末って。。。同じ町内のやくざの抗争ですか?
あるいはヤンが刺客を放つのか?うーむ。

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:34:00.46
>>279
原作のバーミリオンのような状況ならともかく、あの時点でヤン(艦隊)が
どうやってラインハルトの所在付きとめてそこだけをピンポイントで攻撃で
きるんですか?


282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:35:11.52
戦争とは補給線ですよ

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:38:27.59
ラインハルトが帝国の実権を握って善政を行う前なら、
ヤンが艦隊を指揮して艦隊戦でラインハルトを…というのはあるかもしれないが、
そうなるシチュエーションが思いつかないなあ

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:43:09.94
>>281
敵艦隊総旗艦の所在の特定は情報部の仕事だとして、ラインハルトが常に本隊の周りに麾下の艦隊を配置して守りを固めているということも考えられないから、
本隊の強襲は可能
ローゼンリッターを送り込んでもいい


285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:46:44.60
帝国には18個艦隊があってかつ貴族の私兵軍もあるんだよな。


286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 18:55:00.10
>>285
保有数だけじゃなくて稼働率や、18個艦隊を逐次投入できるだけの兵站と後方要員を確保できるかどうかの問題がある

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 19:19:33.92
>>284
桶狭間じゃあるまいし、敵侵攻艦隊を迎撃するために出撃してる軍の総旗艦を含む艦隊が
手薄になってると思うのは余りに都合よすぎるのでは。情報部って1会戦において相手旗
艦の位置、特定して味方陸戦隊送り込めるほどすごいの?

>>286
そういうのをクリアして18個艦隊あるんだろ。

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 19:48:28.54
アッシュビーの時代なら、
帝国軍の総旗艦を戦場で急襲出来たと思えなくもないが、
反対になあ…

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 19:52:40.07
そういや同盟情報部が帝国軍の航法士官を買収して
わざと同盟領に迷い込ませて敵将を捕えたたって話があったよな。

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 20:23:57.83
ポプランにハニートラップをしかけたらいれぐいになりそうだ

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 20:38:53.67
>>290
シェーンコップと違って実らせないあたり以外と考えてるんだぜ。(本人談)

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 20:44:13.84
>>263
帝国側にとっては不幸
少しは主語くらい考えろ

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 20:55:40.64
そもそもれアムリッツァの頃はラインハルトはそこまで重要人物と思われてないだろ
まだ皇帝もいた頃だし

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 21:02:13.95
ハイネケンを爆撃せよ!
ハイネケンを爆撃せよ!

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 21:08:37.66
>>294
ビール?

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 21:12:26.12
飲もうぜ。

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 21:23:37.97
プロージット!

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 21:27:42.24
>>292
帝国の奴らなんて皆殺しでいいんだよ
500年間共和主義者を弾圧した罪は消えない

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 21:39:01.77
アムリッツア辺りを持ってる貴族が良く文句言わなかったものだ>焦土作戦

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 21:44:59.72
>>299
 その辺の不満でリップシュタット戦でブラ公側に軒並み加勢したのかもしれない
アムリッツア辺りを持ってる貴族

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 21:45:23.61
苦しめられた市民は忘れない

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 22:03:29.46
>>298
肝心なことを忘れてるぞ。
帝国領侵攻作戦の真の目的は、最高評議会の支持率アップだ。
最高評議会が「帝国の民衆の解放」をお題目に唱えている以上、
帝国の奴らを皆殺しにしてしまったら、支持率が地に落ちるぞ。
まず、最高評議会がそれを許さないだろう。

>>299
文句を言ったら、「じゃあ、お前が同盟軍を撃退してみせろ」って
言われてしまうからなあ。

それに、アムリッツァのような辺境の領主の権力など知れている。
ラインハルトと同盟軍を共倒れさせたい門閥貴族連中としては、
ラインハルトに言い訳の余地を与えないため、ラインハルトの
命令に従うよう辺境の領主に圧力をかけたかもしれん。

>>301
そこは、アニメ版の描写がうまい。
ラインハルトの名前は一言も出さず、食料の徴収は領主に
やらせている。

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 22:04:30.71
>>301
それをうまく戦後の配給で逆に自分への感謝に変えちゃうのがなんともねえ。
素朴な疑問でもあるが。持ってくときは皇帝命令だぞ、ってやって配給する
ときはこれはローエングラム伯からのありがたい施しだぞって言われて住民
のみなさん、へっへー有難やって納得したらしいけど、そういうもんなの。

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 22:07:15.51
>>302
ちなみに道原かつみ版のコミックスでは
「領地回復したらすみやかに食料供給し作戦遂行の犠牲を謝罪せよ」と回復後のケアも指示している

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 22:51:12.72
>>303
それが政略っつーもんよ。

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/11(土) 23:38:35.79
>>303
帝国の場合「皇帝命令」で物資や財産が没収されるなんて日常茶飯事なんじゃないだろうか。
んでわざわざ施しをくれる貴族なんてのは空前絶後なんでへっへー有難やとなると。

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 00:09:10.39
>>302
帝国の人間を虐殺したところで支持率が落ちることはないだろ

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 00:36:26.43
>>307
そこはジャーナリズム次第でしょ。相手が帝国人であれ虐殺が「報道されれば」、それを非難する同盟人もいるのでは
まぁ戦争している最中の敵国の人間ではあるんだけど、一応、人権とかを重視する民主国家なんだから

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 02:17:00.39
憂国騎士団がこちらを見ています

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 03:01:34.86
キャゼルヌとユリアン親父は面識あったの?ユリアンのかーちゃんいないのか?

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 03:03:33.30
>>297
ケーヘンヒラーの爺さんはビール美味そうに飲んで死んだよね。

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 08:14:47.58
>>298
なんかこういう品格のないレス見てるとルワンダ虐殺のような虐殺の連鎖がわかる気がする。

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 11:25:01.15
「いや、やめた方がお互いええのはわかってんねんけど、とにかくオレ最後に一発殴らせえや」

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 11:41:38.05
議論の最後の発言にならないと負けと感じるタイプ

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 11:46:20.01
>>308
映像による報道の影響は大きいから、同盟政府も戦場報道の重要性を認識して、
メディアコントロール(従軍記者を使ったエンベディド・レポーティング)
に力を注いでいるとだろう。
だから、政府に都合の悪いニュースは「報道されない」と思う。
その代り、帝国政府が帝国のメディアを使って虐殺の報道をしてフェザーン経由で
流れてくることはあるかも。

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 12:51:12.98
元が帝国人で亡命者も多いし、
戦闘以外で多数の人間を死なせたら、
色々と拙いかなと…。

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 13:01:10.16
虐殺なんてしていたら時間かかってその間の食料などのコストもかかり、いつまでもひとつの惑星から動けず
帝国人の反同盟感情が高まるなどいいことは何もないな。

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 13:04:15.14
ブラウンシュバイク公「わしにいい考えがある」

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 13:09:45.93
旗艦には、本当に旗を立てたの?

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 13:44:21.54
ブラウンシュヴァイク公

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 14:05:31.20
>>319
昔はね。掲げてたよ。各艦色んな旗を揚げてたけど旗艦は最高指揮官の座乗を
示す旗も揚げてた。

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 14:15:30.69
>>317
>>318
あれはヴェスターラントが各所で密集生活してたから可能だったんだよ

広く分布してるところなんかはNBC全部織り交ぜて撃ち漏らしがないようにしないとな

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 14:56:42.34
今でも旗艦は司令の旗を揚げている。たまたま、昨日みてきた。
銀英の宇宙艦はどうやっているのか判らんが…。

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 15:06:11.35
宇宙で旗?

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 15:23:22.80
ガンダムF91のビームフラッグみたいなもんか

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 15:35:54.65
アニメでは投降する時、旗のようなもの(板?)を出していたと思うけれど、
小説では描写が有ったかどうか記憶が定かでない。

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 18:41:17.15
お互いの艦隊の総トン数とかどうやって調べてたん?

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 18:51:21.35
ムサッシには旗があったな
http://www.youtube.com/watch?v=6seHn0RE-FE

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 19:15:04.27
そう言えば、ロイエンタールの旗艦の艦橋に金獅子旗が飾られていたな。
さすがに宇宙空間で旗は掲げんだろう。

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 19:27:39.24
ハーロックの場合は宇宙で旗が振られていたと思う。

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 19:32:22.24
軍艦はローテクな部分が残ると思うけれど、旗になるかは判らんなあ

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 19:37:07.94
ケーニヒスクローネ

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 20:07:37.66
ロイエンとミッタマの旗艦て新造艦なんか?ラインハルトより大将になるのが後なんだし

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 20:42:07.58
>>310
外伝2巻読め。

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 20:44:34.59
>>334
アニメの方がよくね?

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 20:48:13.17
>>310
ユリアンのかあちゃんは、帝国から亡命したて(親が亡命?)の身分卑しい女だからって、
長征一万光年以来の名家(笑)出身であるユリアンのばあちゃんに毛嫌いされていたな。

ミンツ大尉が戦死したとき即効で放逐させられて、完全に音信不通になっているのかな?

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 21:12:29.28
長征一万光年以来の名家て 帝国の奴隷階級だったはず 
いや 帝国の弾圧に屈しなかった誇り高き人達とも言えるんだけど。

帝国に征服された後は価値観変わるかな?

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 22:32:32.09
>>336
父親が死んだので婆さんに引き取られたように書いてあったから
母親も父親が死ぬ前か死んですぐかに死んでるんじゃないか

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 22:43:54.32
潔癖ミュラー

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 22:46:07.72
価値観はそんなにすぐには変わらんな 特にハイネセンは自治が認められて
いるから、これまでどおり名家だと思うな きっと・・・・・・・。


341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 22:54:10.62
絶壁ミュラー

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 22:55:37.74
思えば、同盟の市民が皇帝の亡命を受け入れたのはナイトシンドロームより
歪んだ優越感からじゃないかな。
奴隷が作った国に帝国の皇帝が頭を下げて逃げてきたということで。

その結果 国が滅びた愚かさは言うまでもないことだけど。


343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/12(日) 23:44:29.93
>>342
以前皇帝の一族が亡命してきて帝国に帰ったのちに即位して皇帝になったこともあったから
(和平の機運と期待したらすぐに暗殺された)、また帝国に帰って和平の機運ということを
一部期待してた人もいたかもしれんな。実利的に何かあると期待して。
まあ実際は帝国の状況はそんなに甘くはなかったが。
トリューニヒトは単なる駒としか見ていなかっただろうが


344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 00:00:26.32
>>290
無理だろ。ハニートラップってのいうのは
○女の体に溺れて骨抜きにされる男
○バラされたら社会的に抹殺されるような社会的地位のある男
このどっちかにしか効かないんだぜ?

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 07:48:06.78
女スパイ「ホントは短小、包茎の早漏野郎だってことをバラされたくなかったら…」

ポプラン「そ、それだけは勘弁してくれ!」

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 13:00:06.43
ポプランなら貧弱な装備で撃墜王なのは誇るんじゃないのw

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 14:57:38.57
量より質というわけですか?

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 15:54:23.10
第四次ティアマトでもロボスの愚図っぷりが判ったのに解任しない馬鹿


349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 17:00:46.44
ロボスを解任すると、軍部がシトレの思うがままになってしまうので
それを嫌った政治家や軍の一部たちが対抗馬としてロボスを担いでいた面があるのでそれは不可能だったという

ロボスが無能になった最大の理由はそういう政争の部分に巻き込まれてしまったからで、
一流の戦術家としてのみ生きていられれば、当人の望んだ通りシトレと互角に張り合えたんだろな

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 17:10:03.02
>>319
旗艦の旗は信号用の旗の事。
無線などが無い時代、先頭に立つ船(司令官座上)が旗で合図を送り、
後続の船団の指揮をしていた。
19世紀にイタリアとオーストリアが戦ったリッサ海戦では、
イタリア司令官が海戦直前に艦隊の中ほどに位置していた
お気に入りの新鋭装甲艦にこっそりと旗艦を変更、
何も知らない他の艦艇は当然ながら旗艦を見失い、艦列は混乱。
そこにオーストリア艦隊が突入し、質量ともに勝っていたイタリア艦隊は敗北、
この海戦で大破したイタリア旗艦もしばらくして沈没した。

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 17:57:07.82
全盛期のロボスがどんなもんだったのか描写無いから昔はまともだったとか言われてもどの程度なんだろうな
さすがにコネだけであの地位は絶対無理だろうし

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 19:39:10.22
第4次ティアマトで戦術手腕の一端は見せてたね。ヤンに見事と言わしめてる。
全盛期はあういうのを普通にやってたんだろう。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 19:39:50.66
>>351
原作1巻の記述

無能な男が元帥になれるはずはない。ロボスは前線で武勲も立て、
後方では着実な事務処理の能力を示し、大部隊を統率し参謀チームを
管理することのできる男だった。すくなくとも、四〇代まではそうだった。

具体的にどの程度強かったとかはわからないが万能タイプって感じか

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 20:08:44.79
本来の地位なら能力を発揮できるが上がると駄目になる例

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 21:21:20.47
しかしなんでロボスはホーランドとかフォークとかアレな連中が好きだったんかな
あの連中、上に取り入る才能はあったのか?

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 21:24:07.84
フォークはあれでも人脈づくりというかコミュニケーション能力は高いみたいだからな
コネ作りも上手いみたいで

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 21:32:26.33
追従者なんだろ

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 21:45:28.88
どっちも特にフォークは普段の言動はとてもコミュ力高いようには見えない

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 21:47:51.23
大抵は「士官学校主席であるぞ、控えおろー」って言われたらマンセーするんじゃね?

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/13(月) 21:59:00.40
実は親父が大物政治家や有力企業の社長だとか

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 01:17:48.76
>>360
最高評議会に自分の案を持ちこめるコネはあるわけだからね、そのあたりなんだろ。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 01:19:09.89
田中がこれ書いた時トリューヒトのモデルは小沢一郎なんだろ。
あとラングが自民党派閥を酷評してたような

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 01:19:40.02
       _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | このスレを読んで久々にワロタ
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | 
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < 今の新参は本当の主人公が
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | 私であることを知らないから困る
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 02:25:07.37
>>363
このAAたまに見るけど何? 銀英伝と関係あるの?

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 02:31:38.01
>>362
小沢では無いような気がするぞ
小沢は初当選が早かったせいで1982年に43歳で初入閣してるけど
同期当選組に比べれば遅い出世だし
後、小沢の名がだんだん出始めるのは1987年〜から
剛腕と言われて一気に有名になった幹事長時代は1989年〜1991年でそのころには原作は完結してる

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 02:32:11.80
>>364
おまえが銀英伝をまったく見ていないと言う事が良くわかった

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 02:51:32.48
>>366
徳間文庫版の本伝全10巻、新書版の外伝全4巻、創元文庫の外伝5巻のみ持ってるけど。
それとも新書版に出てくる挿絵とかなのか?

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 03:55:58.08
>>366アニメ板に帰れ」の一言で済むのを、なんで嫌味たらしくアニメ版見たことない自慢してるんだ

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 05:27:34.19
作者の思惑はしらんけど少数多数発言は自民よりも公明っぽいよ

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 06:46:54.51
まあ無理に現実の政治や人物に当てはめんでも。全ての者には特定のモデルがなければならないってわけでもあるまいて。

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 06:51:17.68
>>367
夏のアニ豚に構うなよwww

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 07:43:04.73
>>368
「帰れ」じゃなくて「逝け」だろ

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 08:35:06.23
ヨブ様にモデルなんかいないだろ。ヒトラーの出来損ない程度のかんじで作ったキャラなんだろ。
憂国騎士団とか地球教との関係でバーミリオンぐらいまでは主要キャラだったから注目度が
高いだけで。

まさか原作の20年後にこの手のキャラが日本で大量に氾濫する状態になるとはガイエも
思いもよらんかっただろう。

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 09:59:43.58
>>373
あの当時、昭和末期の政治家では一番いないタイプだったからな
 強いてあげるなら菅と都知事か

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 10:06:58.45
>>374
さすがに的外れもいいところ
おまけに売国奴で巧言令色の政治家なんて幾らでもいるが、あの時代は特に

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 10:10:57.94
>>375
ヨブほど「若々しく、弁舌巧み」なのはいなかったと思うよ
弁舌巧みは田中角栄あたりだけど若さが…

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 10:45:41.63
複数の人物をモデルにしてるんでしょ

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 10:51:03.04
>>376
お前が左翼かぶれなのは分かった

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 10:59:38.41
くっさ

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 11:10:53.15
トリューニヒトみたいなのは政治家が出てくる小説の定番だろ
モデルがどうこう言うほど特異なキャラじゃないよ。

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 12:10:01.15
芳樹ならとりあえず「中曽根と竹下のチャンポン」と言っとけばたいてい合ってる

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 12:55:49.65
退役軍人以外は政治に参加させるな

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 12:59:28.67
>>373
レーガンとサッチャーだと思う
ブッシュは元俳優だったし、仕草はそれらしかった

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 13:10:59.58
なに言ってんだ

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 13:15:02.74
銀英伝は、書かれた時期も考えると、今現在の著名人がモデルとかあり得ないだろ。
おそらくは、歴史上の人物か、それらの混ぜ合わせだろう。
(オーベルシュタインのモデルは趙普だと思う)

書かれた時期の著名人を取り込むってのは創竜伝の方でやってるね。
秘書を自殺させて自分は逃げ延びた日本国首相とかw

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 13:19:37.50
今現在()

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 14:11:39.64
>>383
ああレーガンがいたか。レーガンのようにがちがちの保守で人気を得たのは
似ているな。後継のパパブッシュが全く支持されなかったのを見るとヨブの
ような政治家を求める層はいるんだなと再認識させられるな。
まあこの当時はアメリカ社会もベトナム-アフガンを経て米ソの緊張緩和
に向かいつつあった時で保守リベラルの争点があいまいだったからイメージ選挙
が通用しやすかったんだろうな。まあ今に至るアメリカの受難はここから始まったのだが。



388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 14:40:41.64
>>387
3行でまとめろ

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 14:50:00.97
レーガンが大統領に選ばれた時は、少なくとも緊張緩和に向かってたて言える時じゃないよ
ソ連のアフガニスタン侵攻を受けて、西側諸国がモスクワ五輪をボイコットした年に大統領に選ばれてるのに

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 15:19:12.93
モデルじゃないけど、トリーニヒトに似ている政治家といえば、
小泉と小泉Jrだな。
反主流だったのにいつのまにか政権につき、国民の不利益と
なる政策を通し、本人は人気があったという点で。
彼は典型的なポピュリストだろ。

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 15:37:56.30
>>390
だから時代背景が違うんだよ

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 15:49:18.18
現実にあてはめる談義はこの辺でよろしいでしょう。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 16:15:16.93
補給が重要と言いながら、なぜその補給船団の護衛部隊は同盟のスコット提督、帝国はゾンバルト少将の
ような無能な方が指揮官に任命されるのですか?

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 16:19:48.78
>>393
まともな奴にやらせたら補給の任務果たしちゃってその後の話が変わってくるからだろ

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 16:24:56.90
補給線まで抜かれた時点で例えヤンが指揮してても駄目よ。

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 17:53:27.22
逆に考えると、無能だからこそ「補給は重要だぞ、いいか重要だぞ」と念を押したとも言える。


397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 18:02:36.64
オムレッツは海鮮

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 18:38:26.62
>>396
本人がやりたいといってしまったからな。その上失敗したら死をもって償うといったら
ラインハルトのような抜擢大好きリーダーは採用するわな。
まあ完全にフラグだったわけだが

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 18:39:56.31
ごはんはオカズ

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 18:52:56.91
あ! 今気づいたけど1、2、3、4って5はんにかかってるのか!

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 19:37:36.79
>>328の動画、宇宙でも旗がたなびくようにわざわざ旗竿からガスを噴いてるのね。
ブラウンシュバイク公あたりは似たようなことやってそうだな。

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 20:15:50.68
>400
              ___
            '"´: : : : : : : :`丶、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : \
        . : : : :/: : : : : : : : : \: : : : : : :ヽ
      / /: : / /: : : 、 : ヽ: : : :ヽ: : : : : : :
       ,' /\/|: |: : : :│ : :|: : : : :|: : : : : : :|
       | |\/イ |: : i :人: : |: : : : :|: : : : : : :|
       |∧ :| |八: :j/  \|: : : l :|: : i: |: : :|
.       / : 小`ミ ∨    │/|/:│: :l: |: :リ
      |: / :rリxx    ミ三イ.:/: : |゙∨: |.: :|
      |/∨ト{      xxx |/: : : |ノ: :│: |
        {八.ゝ   ーっ /)')厶.:_:ノ|: : : ノ|ノ
       |: : \⌒}>ァ′'⌒^\│/\
.        \{r匸ノr〃_/     ∨   ハ
        {  r匸ノ{.       |-}   |
        {  /  {⌒丶   人j/  │
         ヽ/   /      /ヽ/    |

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 20:18:30.63
>>400
ワンツースリーフォー ストップ、ストップは五郎に掛かっている。

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 20:22:49.92
>>398
ラインハルト自身が補給船団の護衛ごときに双壁投入するのは人的資源の無駄って考えてたからね。
結局、輜重は下の下なのさ。

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 20:54:57.12
金髪以後の帝国って、上層部が異常に若年化してるけど、
佐官以下のおっさん連中ってモチベーション保ててたのかな。
おっさんが若い奴を抜擢したがらないように、若いやつも、使いづらい年上を抜擢したがらない→上層部が若すぎて俺もう昇進むりじゃね?('A`) みたいな。


406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 21:27:31.37
下士官クラスはもともと自分より若い尉官とか佐官の下の人も多いだろうから
問題ないだろう

兵士とかは早いとこ生きて徴兵期間が終わればいいとしか思ってない人がほとんどじゃないのか

佐官クラスは割と早く退役とかしてるんじゃないのかと
40代くらいで普通に退役とか後方に異動とか
まあ佐官クラスでも生き残れる確率が低ければ平均年齢も低そうだし

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 21:30:22.30
まぁ 確かにそうだがそこは、ヒルダの人事でしょう。
若い将官を、行政官に転出するとか、政治家に抜擢するとか
大企業に斡旋するとかいろいろあるだろう。

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 21:33:53.35
>>405
帝国軍の連中は貴族のしそくとかが下手したらいきなり将官待遇でしゃしゃりでてくるのに慣れてるんじゃないのか


409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 21:33:57.06
>>407
軍部の佐官以下の人事までヒルダが面倒見るの?体がいくつあれば足りるのかね?

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 21:44:02.72
ブラウンシュヴァイク公…

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 22:10:55.40
>>405
少し前まで、権力で階級を得たような門閥貴族の若僧に顎で扱き使われていただろうから、
年下の上官には慣れているんじゃないだろうか。

それに耐えられない人は退役するしかない。と言うか、退役が推奨されているのかも。
長い戦乱が終わって、軍縮しなければならないからね。

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/14(火) 22:26:03.57
>>389
そういや80年代前半って、デタント吹っ飛んでリアル13日間戦争カウントダウン状態だったな。(´A`;)

それが、三大陸合衆国(ユナイッテッド・ステーツ・オブ・ユーラブリカ)の元締めであるソ連邦が崩壊するとは
その当時誰が想像できたのであろうか。。。


# 北方連合(ノーザン・コンドミニアム)の元締めだったら恥ずかしい!(*ノノ)

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 00:53:47.59
田中は朝鮮人か?名前改名してたよな、銀英が朝鮮歴史なら嫌だなw

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 01:46:00.36
>409
ゴールデンバウム体制下では、平民で上昇志向があるなら軍に入るしかない。
ゆえ、新帝国の官僚や行政官の供給元は軍に限られる。

そこで問題は、軍から有能な人材を引き抜けるのは誰かと言うことになる。

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 01:56:48.32
>>412
よく考えたらアレって異次元の地球の話なのかな?
銀英も今の未来じゃなくて、平行世界の未来?
この世界の事なら、アメリカ・ソ連 って書くはずだが。

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 02:05:36.75
>>415
13日戦争は別に原作が書かれた時点から数十年後だから、それまでに国名 (というか国家連合名?) が変わっていても不思議じゃない。
ただ、アニメ版だと本州と北海道が別々の国になってたような……

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 03:04:35.94
田中は朝鮮人ではない

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 05:48:27.62
あの顔は南方系だよな

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 06:42:38.78
学習院出てるんだし良いとこのお坊ちゃんでしょ

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 10:39:52.70
>>350
信号用の旗はsignalであってFlagではない。


421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 11:49:11.04
375、378、382、413

 同一人物
、お盆なのでかつての「田中芳樹を撃つ!」系の御霊が里帰り

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 12:09:20.90
士官学校の先生が前線の指揮に戻ったり、軍のトップまで上り詰めるのは良くあることなのでしょうか?

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 12:38:49.20
>>422
フィクションの世界では、よくある。
日本人に馴染み深いのだと、「さらば宇宙戦艦ヤマト」では、古代たちが宇宙戦士訓練学校時代の校長だった土方が艦隊司令になっていたり。
あるいは「宇宙の戦士」で、主人公が機動歩兵隊に入隊したときの教官のズイム軍曹が、後で前線に出てたり。

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 13:55:01.94
>>422
海軍大学校の教官だった山本五十六とか陸軍大学校の教官だった東条英機とか

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 14:05:04.97
息抜きでもないが、適度に後方に下がらせるのは必要だぞ
ずっと最前線にいたヤンの方が異常

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 14:10:18.79
>>423の引き出しの浅さwww

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 14:42:17.77
フォークなんて士官学校の教授にでもしとけばよかったのに。

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 15:54:29.91
是非とも>>426の深い引き出しを披露してもらいたいところだな。

>>427
そして卒業生にはファビョる士官続出。


429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 17:56:08.66
>>427
アッテンボローみたいな不良学生にこてんぱんにやっつけられるのがオチでは
で、その手の病院送りと。

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 18:01:05.67
教官の階級って左官クラス?

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 18:03:54.65
教科によるだろう
単座戦闘艇の訓練とか射撃訓練とか実技もあるし射撃訓練で佐官の必要があるかどうか
一般教養なら軍人じゃなくてもいいだろう

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 18:54:36.52
役人だから、教科担当なら教科担当で、一律の階位でやるんじゃないの?一般教養も。
少佐『俺評価されてないの?俺以外の講義って中尉とか大尉ばっかりじゃん
軍人『一般教養の講師って誰あれ。大学教授でもない自称コンサルタントって何よ。大尉だの少佐って自称コンサルタントと同列同格なん?』とかなるのを危惧して




433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 19:10:24.00
そんなことはないだろう
旧日本軍にしても軍人じゃない人が一般教養の講義もしてるしな


434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 19:17:30.29
小林信彦のほぼ自伝小説で、
自衛隊が座学の教師に英文科卒を職安で募集していたという記述があったな。

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 22:45:08.54
>>434
有名な話では作家の内田百間が旧軍士官学校でドイツ語教授していた
   
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E7%94%B0%E7%99%BE%E9%96%93

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/15(水) 23:37:53.07
>>430
外伝2の回想?でヤンが野外訓練で死にかけた時の教官は退官間際の老大尉だった

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 00:00:25.90
>>425
ヤンの時代の同盟は人材不足が深刻だからな…

あとけっこう短い期間の話ってのもあるか。
もし何十年単位の話だったらヤンとユリアンの出会いが
教官になったヤンが学生のユリアンを受け持つ、とかだったかも。

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 00:18:32.49
アッテンボローが士官学校生の頃まだ教官だったドーソンの出世速度は異常

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 00:48:27.21
チュンは教授だったけど教官とは違うんかね?

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 00:52:24.54
アッテンボローってDT?

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 01:15:25.76
正月に酔っ払って見ず知らずの女性とキスできるくらいだから、
それなりの女性経験はありそう。

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 01:47:41.16
>439
現代だと、自分の研究室を持っているかいないかだね。
自分の研究を行う代わりに、学生の教育も受け持つのが教授。
教育のために雇用されるのが教官。

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 12:43:16.54
あれだけの大艦隊を手足のように動かすには
士官学校の段階から、前線での経験やノウハウを速急に反映させた人材育成しなければいけないはず
なんせ二十代の駆逐艦艦長とか珍しくなかったようだし、アッテンボローとか

だから艦隊勤務の経験のある将官を士官学校に配置するのも別におかしくないだろうな
ヤンもシトレが宇宙艦隊司令長官に就任したあたりから急速に出世しだした感じだし
シトレが直々にヤンを戦史科から戦略研究科にヘッドハンティングしたようなものだし
これもシトレが士官学校で作り上げた成果なんだろうな

アニメ版ではなぜか別の人間がヤンに転科通告してて萎えた覚えがある、アニメ版はシトレを聖人化しすぎ
どうせ海外へのアニメ販売を当て込んでそんな細工したんだろうけど

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 13:23:17.75
>>443
外伝の話ですか?原作1巻では、アニメと同じく名もなき教官が戦史科の廃止と
転科を通告してますが??

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 14:00:46.50
シトレの粋な計らいは戦史科廃止反対運動後のお仕置きとして
書架の整理を命じた件だったっけかな

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 15:38:46.78
オーベルシュタインって出世早すぎじゃね?
最初大佐だったのにワーーレンとかの提督達を追い抜いていきなり元帥とか…

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 16:01:27.67
>>446
クーデターの立案者だからな
それに見合う功績と立場は貰わんと
だから形骸的にはNo2に居るわけで

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 16:12:23.89
>>446
いきなり元帥じゃあないけどな。確かに最初は階級上の提督たち抜いて、双壁と同じ
上級大将に2〜3階級特進したな。

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 16:43:31.46
>>446
オーベルシュタインは実質ナンバー2 なので
キルヒアイスと出世が同じくらい早くてもおkというか、ガイエスブルクの時は
どうみてもオーベルシュタインが自分より双璧の階級が上になるのを嫌ってケンプとか推薦してたな

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 17:15:48.83
>>449
>どうみてもオーベルシュタインが自分より双璧の階級が上になるのを嫌って

 そういう見方もあるんだな。オーベル、キルヒアイスともに大将はとばしてる
んだよな、確かに昇進速度は早いな。

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 17:21:43.50
ラインハルトの元帥府の幕僚はみな昇進が他と比べて早いの?

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 17:27:49.17
>>451
その時点での他の帝国将官の昇進速度が不明だからなんとも。ただラインハルトが
元帥府開いて以後の戦いは内戦までは、ほとんど彼の部下がやってたから武勲を立
てる機会は多っかたのは間違いなさそうだね。

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 17:44:28.05
元帥府っていまいちよく意味が分からないんだよな。
帝国元帥になれば、私的武力勢力を組織できて、しかもその運営資金は帝国政府が負うってことかいな。

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 18:05:16.71
私的というか自由度の高い人事権を手に入れられるということだろう。
私的といっても前提として帝国、皇帝に忠誠を誓うということはあるわな。
あくまで軍は皇帝の持ち物。

当然他のとこから引く抜く時はそれなりの根回しとかは必要だろうが
ラインハルトの集めた人材は有能だけど軍内の非主流派が多いから
引き抜くときには容易だったと思う。厄介払いというところも多かったんじゃないのか。

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 18:16:53.72
全ての軍人がどっかの元帥府に所属してるわけでもないけどな。自分の元帥府に
所属させておけば軍中央の人事でかってにどっかへ異動させられることがないって
説明だったな、第4次ティアマトの後の双壁の扱いでは。

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 18:26:08.59
>>453
自分の元帥府に所属させる、自分専用の部下に出来るってことだな。むろん帝国軍の一部には
違いないんだから勝手に軍事行動起こしていいとかとは違うぞ。(私的武力勢力)

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 19:00:28.31
あの世界の元帥府は話の都合で少しあいまいな感じがする。

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 20:39:31.81
>>453
ヨーロッパに元帥府なんかの制度ってあるのかねぇ。
記述からすれば、中国や日本でお馴染みの幕府と一緒だよ。
帝国にありながら半ば独立した軍事組織で、内部の昇進や懲罰は元帥の思うがまま。

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 20:59:02.05
中国や日本のはしらんけど作品のは独立した軍事組織ではないと思うぞ。あくまで
元帥府自体は上からの命令(大抵の場合、勅命となるだろうけど)に従うのだから。


460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 21:01:20.13
上からの命令に反しない範囲で、自由に出征できたりはしそうだが。

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 21:04:14.52
上からの命令なしで勝手に侵攻したらまずいだろ。反しない範囲ってのはわかりにくい
表現だな。大抵の場合は(同盟の侵攻迎撃のように)勅命を受けて具体的作戦立案、出撃
という流れと思うけどな。

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 21:09:17.91
そういや、元帥の宇宙艦隊司令長官、あるいは副司令長官に命令(形は勅命だろうけど)
を実際に出すのは軍務省(軍務尚書)か統帥本部(本部長)のどっちなんだ?上司はこの
2名しかいないよな。

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 21:18:19.09
確か軍務省(軍務尚書)→統帥本部(本部長)の流れだった気がする

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 21:30:08.13
新帝国になってからは3元帥とも元帥府を開設してるような記述はなかったな。
まあ、この3人以外の元帥はいないから特に部下の囲い込みみたいな必要はな
かったんだろうけど。嫌がらせでロイエンタールがフェルナーを引きぬいたり
オーベルシュタインがバイエルラインを軍務省に配属させたりはしないか、
やっぱり。

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 22:03:51.07
>>449
>オーベルシュタインが自分より双璧の階級が上になるのを嫌ってケンプとか推薦してたな

  えっと、これはキルヒアイスの態度?、原作の記憶が曖昧なもんで

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 22:19:39.46
オーベルシュタインが僻んで要塞指揮官には双壁ではなくケンプを推薦したって
説の話。キルヒアイスはすでに死去後だな。

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 22:28:22.53
>>443
アニメのシトレといえば、校長みずからランニング(教練)とかどうなのと思った

>>464
クラーゼン元帥のことも思い出して……いや、思い出さないでいい。

>>465
階級がどうたらはオベじゃなくて、ローエングラム公に並んでしまうだったはず
オベは実権さえあれば階級は気にしないとオモ。闇ナルサス。

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/16(木) 22:40:29.33
あの時点でラインハルトが元帥、双璧とオべが上級大将
イゼルローン攻略がなれば昇進は間違いなしなので
あえて大将のケンプを推薦(おかげで司令官と副司令官が同階級という妙なことになる。)

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 00:43:52.72
司令官と副司令って同階級の場合もあると思うんだけど。
かの世界ではどうかしらんが。


470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 00:46:21.23
外伝でラインハルトが同じ階級のリューネブルクの下につけられて
キレてたな。

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 01:14:25.46
俺は正恩元帥に期待している
作戦は言わなくてもわかるな

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 03:27:41.93
>>469
同階級が複数いた場合は先任が指揮するってのは第3次ティアマトのようにこの世界
でもあるようだ。アスターテでも合流に成功してたら先任が3艦隊の総指揮を取る
予定だったのかな?(誰が先任かは不明だけど)

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 11:38:44.55
>>468
ラインハルトは帝国宰相だから、元帥号で並ばれても実は大して問題ない

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 12:01:21.24
あの時点でロイエンタールかミッターマイヤーが元帥になったら
不滅のナンバー2が誕生するわけでオーベルシュタインとしちゃ絶対に阻止したいところだな

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 12:30:09.54
阻止する理由がオーベルシュタインにしかないので
やっぱりオーベルシュタインのせいだな

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 15:39:12.52
オーベルの頭では同盟との戦争よりもゴールデンバウム王朝簒奪のほうが
優先されるべきなのに無駄な外征でくだらんチョンボをして欲しくなかったのだろう。

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 17:06:40.76
>>476
あの時点ではもう簒奪済じゃん。何言ってんの?

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 17:07:34.20
>>477
事実上ね。

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 17:11:26.57
>>476
オーベルシュタインが反対というか、双壁ではなくケンプを推したのは>474
な訳だからその理由はちょと違うような。チョンボさけるんなら双壁出した
方がいいと思われるところを敢えてケンプな訳で。実際作戦はケンプの柔軟
性の無さで失敗したからね。

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 17:15:50.18
>>479
壁じゃなくて璧
そうへきと打てば普通に双璧と出ると思うんだけど一文字ずつ打ってんの

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 17:21:07.62
>>479
まあ、失敗しても双璧出したわけじゃないから痛くないと言ってるし
最初から計画がうさんくさいと思ってた描写はあるね

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 18:17:04.54
まあ胡散臭いというかいらんことだしな
でもだったら最初から反対しろよと思うが
オーベルは終盤草刈で無駄な戦いはするなとか言って
それがマンセーされてるけどここでは止めずに
陣営の人事しか考えてないんだよな

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 18:34:22.08
フェルナー「本当のところはどうだったんですか、あれは?」

オーベルシュタイン「犬のお告げで決めた」

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 19:07:19.11
>>482
> 終盤草刈で無駄な戦いはするなとか言って

ラインハルトが無駄な戦いをし過ぎるせいで、せめてオーベルが歯止めを掛けなきゃ
無駄がデカくなりすぎる状況になってたから。

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 19:18:27.16
ミュラーって外伝奪還者の時、駐在武官で中尉だけど、3年ぐらいで少将だか中将になったってこと?
ラインハルト並に早くね?奪還者の話の後、ラインハルトと同時に大尉に昇進してたとしても。

事務仕事で昇進→ある程度の時間かかりそう
戦闘で昇進→ビッテンみたいなタイプならともかく、堅実なタイプのミュラーがそんな短期間で評価されるとは思えない


486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 19:31:44.88
奪還者はアニメオリジナルで原作ではミュラーがいつ中尉だったかは書いてない

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 20:00:18.05
帝国の場合、異動の度に昇進する制度なのかな?

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 20:12:34.98
>>459-461
半ば独立した軍事組織ね。
中国や日本の幕府だって表立って朝廷の意思や威光には逆らえないよ。
だから自ら上奏して(実権を握っているにしても)出征許可を貰う。
中国の幕府なら丞相府を開いた諸葛亮が上奏した出師表が有名かも。

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 20:17:52.62
>>485
ラインハルトの元帥府に招かれた際に合わせて昇進したんでしょ。
そうやって元帥の好き勝手ができる場なんだから。

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 22:09:20.96
過去の元帥が好き勝手してたから金髪だけダメとは言えなかった訳か

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/17(金) 22:17:15.63
ダゴン会戦のヘルベルト大公が指揮官の半分を取り巻きで固めた時も
元帥府の権利を使ったのかも。

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 00:37:00.61
コルネリアス1世の時は元帥府が数十もあったのだろうか。

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 00:57:14.94
それは気違い沙汰だな
まあ帰還する前にかなりの数が戦死したらしいが

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 01:01:17.87
>>490
基本過去の帝国元帥は、皇帝の取り巻きか名門貴族しか任命されなかったのだから
別にそれでも問題なかったんだろ
金髪の孺子が元帥に任じられたときすごい反発だったから、きっと名誉だけじゃなく実権もかなり付与されたんだろう
近代の元帥がただの名誉職なのと正反対だな

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 01:15:52.41
銀英伝は私のバイブルだった。思想の基礎となった書物だ。
敬愛するヤンウェンリーは国のために人がいるんじゃねー、人のために国があるんだ政治体制なんて何でもいいんだと言ってたと思う。しかし、今となってはそれが正しいのかどうか疑問に思ってる。
気品ある帝国軍人のおまえらから何か考えるヒントをもらいたいのだが如何だろうか?何でもいい。

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 01:20:16.11
>>495
「大多数の」国民の反映のためには少数の犠牲や他国からの搾取も必要
それを円滑に行うための道具が国

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 01:20:57.96
国がなくても人間が生きられるというのは
現代ではちょっと無理で、SFのレベルじゃないとありえないからだろ

まあ、ご都合主義の今作品中でさえハイネセンが長征1万光年という無茶をやらなければ
ルドルフが作り上げた銀河帝国という国家の悪い部分を否定する力は生まれ得なかったわけで

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 01:24:31.17
やはりこの時代はもう民族というものがほとんど消滅しているのもヤンウェンリー思想に関係しているのであろうか?

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 02:02:36.91
>>498
それはあると思うな 現実に衛星放送でBBCのドキュメンタリー番組
とか、海外の番組見ていると世界の民族と宗教がそれぞれの国家に強く
反映していると思う。

銀英伝の、宗教も民族問題も無い世界でのヤンの思想は現代に置き換えて
語るとなぁ・・・・・・。


500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 06:22:02.69
>>470
あの頃のラインハルトのキレっぷりは凄いと思う。
何に対してもキレていた印象がある。

夏休みのこの時期気になるのは「オーベルシュタインの休日」
ラインハルトも暇を持て余しているが、この人もそうなんだろうか。
まあ犬の散歩はあるでしょうが。

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 07:44:52.06
犬の散歩も引き受けます

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 09:09:30.14
>>499
しかし古代や中世ならともかく現代では宗教も民族も国家を分裂、
動揺させるケースの方が多いがな。

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 09:43:24.42
素朴な疑問
バーミリオンでの帝国の24段防御。あれって味方を24分割して敵の全力に立ち向かわせる逐次投入
各個撃破の見本のような負け方に何故ならないんだろう。数で大抵の勝負が決まるこの世界では、
アスターテでは帝国2万、同盟1万2千で(奇襲要素や指揮官の能力差もあったけど)ほぼ一方的な
勝敗になってるのに、バーミリオンでは同盟1万5千以上に帝国700〜800程度で立ちふさがって、
大した損害受けずに離脱(だけじゃなく同盟側にそれなりの損害、疲労消耗もさせ)してるようだけ
ど陣地のような地形要素もない空間で可能なのかな?

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 10:01:22.02
アスターテの時と違ってバーミリオンでは待てば確実に味方の大部隊が援軍としてくる事が分かっているわけで
あの作戦はヤン艦隊に時間を消費させるのが目的なんだよ。でもまあ結局ラインハルトが自滅しちゃって意味がなくなってしまったけど


505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 10:10:37.01
バーミリオンは理解不能
俺の股間は二回不能

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 10:20:30.94
あの時のオーベルシュタインの進言も失敗だったな
まあ、ラインハルトもオーベルシュタインにそっち方面の
期待はしていなかったからしょうがないけど。

ヤン艦隊が本体を二手に分けようとそんなの無視しておけばよかったのにな

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 10:27:59.74
かの剣豪、宮本武蔵は10数人相手に戦うとき隘路に誘い込み常に1対1で相手を倒していったという、
これを地でいったのが第6次イゼルローン攻防戦のミューゼル少将だな。2000隻程度でほぼ同盟全軍
の3万隻近くと優勢に戦ったと。バーミリオンのときもこのときの状況を作る準備(機雷原とか)し
てたんじゃない? 結果、同盟側も一度に戦闘出来るのは1000隻程度だったとか。
無理あるか。

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 12:25:59.43
>>506
あのオベの進言は全く意味がない
突撃したくて仕方ないラインハルトの気持ちを汲んで、安全策を取るように仕向けるならともかく

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 13:04:09.04
ロイエンタールが反乱に走った心情が理解できん。

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 13:05:05.77
>>506
ヤンの分裂を無視してたらブリュンヒルトが後方から工作艦に狙われないかい?

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 13:19:18.29
防御に徹していればいいって事でしょ
陣形までそのままにしておく必要はナシ

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 13:52:03.48
自分の本性と真逆の待ち戦法をやった時点で間違いじゃね
>バーミリラインハルト

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 14:07:25.83
ヤンも、その性格とは逆の積極攻勢でラインハルトを討ち取りに行っているよ
トリューニヒトのせいで最後にいつもの無責任なヤンに戻ってしまったが

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 14:30:01.78
【エネルギー】レーザ―光線192本を集光し500兆ワットのエネルギーで衝撃点火 レーザー核融合反応実験に成功−米国LLNL NIF
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1342928276/

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 14:38:53.64
>>509
もーアタシとオベ子どっちか選んで決めなさいよ! キー!

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 14:44:45.20
>>514
レーザー水爆ktkr?

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 15:08:30.69
ヤンはいつも通りだろ?

目的を設定してそれに対しては手を抜いていない

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 15:18:08.11
レーザー水爆って言っても、現在核分裂で爆縮させてるのをレーザーに置き換えただけなんじゃない?
ぶっちゃけ、レーザー出力の問題。
ただ、爆弾のサイズに収まる高出力レーザーがいつできるか分からんけど。

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 15:19:02.26
ユリアンの助言がなければヤン艦隊全滅してたよな

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 15:30:28.40
そうかもしれんな

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 15:45:54.84
キャラの個性づけなのは承知してるんだけど
疾風ウォルフや鉄壁ミュラーと言う時、それって具体的にどういう事情で成立してるんだろう?

ハードウェアの面では特に高速性能の戦艦のみで構成されてるとか
彼の戦術思考のスピードが速いという事か

ミュラーの場合、装甲の分厚い戦艦を揃えてるという事なのか

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 15:53:16.66
疾風ウォルフは判断や用兵の早さからきていると思われ、
鉄壁ミュラーは守勢に回った時の粘り強さからきていると思われる

どちらも特別な艦隊編成では無い様だ

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 16:10:31.87
ミッターマイヤー艦は重火器を減らして軽くしてある
なおかつ艦隊も巡洋高速艦中心で早さを追求した編成になっている

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 16:18:48.15
>>523
またまたご冗談を。

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 16:19:45.39
現実でも艦隊運動訓練の習熟度によって艦隊運動の優劣に差は出るし
ミッター艦隊はかなり高速移動の訓練をしているのだろう
ワープ後の再編とかも重要な気もするしトータルとして目的地に到達する時間が短いとか
戦場での移動速度が早いというとこだろう

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 16:20:13.81
ビッテンフェルト艦隊は砲艦のみで編成されている

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 16:32:24.89
慣性制御が確立されてる世界で、船を軽くしてもあまり意味ないんじゃない?

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 16:36:23.55
タイタニア1巻でイドリスが高速巡洋艦主体で部隊編成してるところがあったな
まあタイタニアでミッターに人格的に一番近いのはアリアさんだろうけど

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 16:50:13.94
まさかエンジンがチートなんじゃないだろうね

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 16:52:25.18
>>512
積極攻勢にでたらヤンに勝てないことを実証してしまったからどうしようもない

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 16:56:53.97
といって持久戦を決め込むには血気盛ん
もう詰んだかもしれんな、ラインハルト

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 17:01:05.50
ラインハルトは戦略考えるが先天的にうまいと思う
さすが少年の頃から簒奪を考えただけあってどうすれば勝てるかばかり考えているかんじ
戦闘能力や艦隊指揮の方は後天的な努力の賜物だと思う

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 17:01:32.05
>>530
ん?バーミリオンは序盤の消耗戦の時は双方一旦引いてるし
その後の24段防御陣もヤンが小惑星帯に下がってたから解除してる

序盤以外は積極攻勢してなくね?

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 17:08:34.03
この点、>>532の見解は、本質的には戦術家であったとするラインハルトの評価と
興味深い相違をなすものである。
なんちゃって

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 17:15:24.70
実際バーミリオンで帝国軍が勝ったのは、ヒルダの機転と双璧の決断のおかげだし、
そしてそいつらを重用したのはなんといってもラインハルト自身の見識だ
トリューニヒトが救国の英雄たるヤンの足を最後の最後で引っ張ったのとは対照的であった

性格は戦術家でも、才能は戦略がありえんほど圧倒的な感じ

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 17:28:14.91
同盟側にまともな戦略家がいなかったから、ラインハルトの戦略家としての評価が定まらないんだな

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 18:51:00.95
>>533
最後の囮に引っかかったのは完全に積極攻勢じゃん

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 18:55:45.21
ヤンはその時引っ込んでたじゃない。ラインハルトが部隊を突っ込ませたのはおとりの方

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 18:56:57.85
>>533
>その後の24段防御陣もヤンが小惑星帯に下がってたから解除してる

戦略の根幹を成す縦深防御を捨てるという愚を犯してまで
積極的にヤン艦隊に攻勢かけ、挙句に手玉に取られた訳なんだが。

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 19:03:25.86
なんかお前らの議論って微妙に噛みあってない気がするんだが

ガチで正面からやり合うって意味と>>539みたいな意味で解釈が噛みあってない気がする

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 19:06:53.24
ラインハルトはチンカス

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 19:14:02.05
>>538>>540
噛み合ってないのはあんた一人だけだよ。
おとり艦隊に派遣したのはラインハルトの分艦隊で、
ヤン本隊はラインハルト本隊に突撃したのよ。
この時点で戦術的に手玉に取られた訳。
更に引き返してきた分艦隊もラインハルト本隊と戦闘しつつ殲滅され、
救援にかけつけたミュラー艦隊もろともラインハルト本隊も更に痛打され、
ブリュンヒルト撃沈寸前まで持ち込まれたでしょ。

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 19:19:04.84
>>540
ガチで正面からやり合ったときのラインハルトの能力はパエッタ並で議論の余地はない

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 19:20:48.96
>>542
ちょっとまて俺は>>540じゃないぞ

545 :538:2012/08/18(土) 19:22:05.15
>>542
なるほど俺はガチで正面からやり合うって意味で解釈してたわ
それならあんたの言うとおりだと思うぞ

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 19:28:11.41
ラインハルトはすかんち

ボクはー魔法の呪文で逸材を引きよーせる〜
百発百中必ずもーのーにしーた〜
だけどーダメだよダメダメアイツにだけダメなーのさー
人材マニアと呼ばれていた僕はどこーにーいーいったの〜Oh baby〜 oh suger baby〜
一合逢った途端に欲してしまったはじーめてー(ヤン・ウェンリー!)
切ない切ない切ない切ないきーもちー
生まれーてー初めて天下人の威光が効かーない〜
ミラクルヤンの故意のマジックオペレーション〜
ベイベ〜どおしーたらいーいの〜

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 19:40:19.12
>噛み合ってないのはあんた一人だけだよ。

夏厨テンプレ乙。
自分と意見の合わないレスを統合人格にしたてる手合いは
どこの板・スレにもいるからスルー推奨


548 :538:2012/08/18(土) 19:41:23.19
いやもう俺は納得してるんで煽らんでくれ

549 :540:2012/08/18(土) 19:43:21.39
>>547
無駄に荒れるのは嫌だから煽ったりしないで欲しいんだが

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 20:08:44.47
発端の503の素朴な疑問への回答はないのか?

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 20:11:47.42
攻撃を受けたらわざと離散して敗走するように見せかけて損害を押さえてたんだろ

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 20:13:24.66
戦闘に参加してるのは全面の1/24だけじゃなく、前列の何層かも加わってて、
単純な1/24ではないのでは。

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 20:29:46.58
今一つあの交替遅延戦術はつかめないんだよな
カードをシャッフルするようにって表現があったっけ?(うろ覚え)

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 21:06:13.22
>>552
そういう描写もあったけど却って戦術を阻害してるような記述だったね。
まあ24分の1は極端にしても敵の全力にこっちが小出ししてるの否めな
いしよほどうまくやらないと各個撃破されるだけに思える。かといって
敵が攻撃開始したらすぐ逃げろじゃ時間稼ぎにならないし。そんなくら
いなら最初から全力で防御するか逃げればいいような。
>>553
薄く配置だよ。艦艇を混ぜこぜてどうする。。

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 21:06:29.47
艦の機動力が段違い、敵状の把握が完璧、余剰兵力がかなり多い、…
等、条件が多そうで、カード戦術はなんか説得力がイマイチな感じを受ける。

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 21:12:56.72
こりゃ野心のある人が「反転しなかったらどうなるんだ」とか独白したくなるな

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 21:18:44.94
ミュラーが一人で反転して手柄独占してそれ以外の提督が罰されるだけ

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 21:39:40.39
1/24にミサイルとエネルギーを全力で叩きつける
密度の薄い敵で大半が無駄になる
一息ついて補給をしようという段階でまた敵が出る
1/24に…

ということでは?

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 22:08:55.87
>>558
無駄になっても兵力撃滅出来ればいいのでは。まさか一度攻撃しただけで弾薬切れでもあるまいし。
そういえば終盤になってキャゼルヌがそろそろ物資不足だと指摘してたな。(アニメだけど、原作
では地の文でか)そういうことだから終盤までは弾切れにはなってないと思うな。
やはりうまく機能したのは、帝国の前線指揮官(この場合は中将連中かな)が絶妙のタイミングで
同盟に損害与え、自らは大した損害無しで離脱を繰り返すだけの戦術手腕を要していたってことな
んだろうな。何しろ同盟の中将なら1個艦隊指揮官なのに、このときの帝国中将は1000隻程度しか
指揮してないから末端までいかんなく細かい指示できたのだろう。このときの功績でみんな大将に
昇進してるしね。

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 22:11:19.98
トッウルナイゼン?だっけ、彼はその後閑職に回されたんだよな。そんなひどい
ミスしてたっけ?

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 22:27:45.23
中将指揮官はトュルナイゼン中将しか生き残らなかったんだっけ?

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 22:30:27.67
戦死したのが一人だけじゃなかったけ? カルナップ?中将。ブラウなんとか
さんは回廊の戦いで出てくるから生き残ったな。バーゲンザイルもかな。

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 23:14:13.89
ラインハルトに増援を要請した中将さんの返信が
「我に余剰戦力なし。言いたいことがあればバルハラで聞く」だったので
「何?死ねだと?!おのれ、ラインハルトフォンローエングラムめ!」
ミュラー艦隊が救出に入った隙を狙って包囲網を脱出しようとしたら
同盟の集中砲火に遭って戦死したんだよね

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 23:16:29.94
ブラウヒッチはロイエンタール指揮下で活躍してたね

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 23:30:41.65
>>369
俺はあの金髪のそういうところが嫌い
>「戦死せよ」

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 23:38:19.63

ごめんアンカーミス
>>563

まあ、とにかく、ラインハルトのそういう性格はやっぱあんま好きじゃない

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/18(土) 23:55:37.96
在特会の桜井誠って銀英好きてマジか?
気持ち悪い。

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 00:16:09.35
そんな釣り針じゃクラゲもかからねーぞ

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 00:29:49.78
>>563
>>565
キルヒだったらもっとやわらかい言い方するだろうな

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 00:38:53.89
赤毛「残念ながらこちらには救援に回せる余剰兵力はありません。現状戦力をもって戦場を維持してください」


571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 00:39:23.31
アムリッツァでビッテンフェルトが増援寄越せって言ったときも
我に余剰戦力無しって言ってキレてたけどそこで死ねとまでは言わなかったな
よほど頭にきたんだろう

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 00:46:03.36
>>571
頭に来たってより、自分も死ぬかもって思ってたんじゃないの?

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 00:48:51.59
「いいたいことがあればヴァルハラで聞く」とかアニメでは言ってたかな

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 01:06:28.23
戦場で部下にそこまで気を使う余裕なんてないだろうw
1秒後は銀河の藻屑と化してるかもしれん。
それにラインハルトは無能者が大嫌い


575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 01:06:29.28
「よし死んでやる!死ねば俺がヴァルハラでは先輩だ金髪の儒子!」
カルナップ…

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 01:12:39.81
カルナップ「死ねだと!? よし死んでやる! 先に死ねばヴァルハラではこちらが先達だ。雑用にこき使ってやるからみておれよ」


オフレッサー「よく来たな…とりあえず売店でカツサンドを買って来てもらおうか」

カルナップ「………はい」

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 01:18:48.21
>>574
仮に無能だとしたらカルナップ中将はラインハルトの直属にいないでしょ?

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 01:52:46.13
>>573
DVD見返したら言ってた

ラインハルト「我に余剰戦力なし。そこで戦死せよ。
言いたいことがあればバルハラで聞く」

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 03:17:46.38
>我に余剰戦力(を用意する趣味は)なし
おそらく、こう聞えたんだろうな

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 03:33:34.94
>>573
原作でも言ってる

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 06:39:43.72
ラインハルトが戦略担当してヤンが戦術担当すれば最強じゃね?

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 07:01:39.87
で誰と戦うの?

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 07:37:04.68


584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 08:11:45.66
突然現れた強大な地球教艦隊とか?

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 11:20:38.65
獅子の泉の元帥たちって、軍縮後はどうするん?(´;ω;`)ブワッ
ミュラーとかはどの仕事もできそうだけど、
ビッテンとかアイゼナッハって軍以外の仕事なんてできるの?w

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 11:31:29.89
二人で宇宙海賊に転職して、無聊を託つ元同僚達のために、仕事を増やしてやっても良い。

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 11:40:39.61
とりあえず三長官と憲兵総監で4つは確保できる
あとは閑職になるがイゼルローン要塞司令官とか

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 11:43:28.17
メックさんは芸術大臣とか文系の政治家になればよい

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 12:01:40.16
なんのかんので不穏分子というかキナ臭い人は片付いてるよな、
目の色が違う人とか義眼の人とかナンバー2とか
さすがオーベルシュタイン

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 12:19:45.23
アイゼナッハは別に好戦的・戦争バカというわけではないだろ。
しゃべる必要の無い仕事なら、意外と何でもこなしそうだ。

あるいは引退して年金もらって、奥さんと静かに暮らしていたりして。

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 12:21:08.06
領土が増えたから、さして軍縮されるとは思わんが
ただ、軍は治安維持用に装備が変更されるだろな。

戦艦よりも惑星用揚陸艦が建艦されるとか。

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 12:37:47.71
帝国側の戦艦は大気圏の出入りできるでしょ?
逆に同盟側は無い。
政治背景がどうのこうのって記述あった気がする。

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 12:42:58.81
>>592
ほんまかいな

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 12:54:36.93
>>591
憲兵隊の増員とかな。
10年ぐらいしたら融和策の一環として
旧同盟軍人の登用とか新領土から志願兵を募るとかが始まるかも。

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 12:58:16.36
ビッテンは老いて退役しても、気に入らないことがあったら
宮中に参内してヒルダやアレクに訴えそうだ
「先帝のおわします時にはこんなことは絶対に…」
なんて言い出して

しかし、アレクが
「じい、よく参った。また昔の戦話でも聞かせてくれ」
とか言えばコロッと機嫌が良くなって、参内した目的なんかすっかり忘れて、
長々と昔話を始めるんだろうな

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 12:58:29.68
>>592
それゲーム版の設定じゃなかった?

同盟は惑星制圧に揚陸艦を別途用意する必要ありで
帝国は戦艦の用途に反乱鎮圧も含まれるために
大気圏突入機能が標準装備だった気がする



597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 13:04:12.81
>>596
そうだっけ?
正直、どこで見たかは忘れてた。

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 14:02:43.46
>>589
自分まで片付けてしまってどうすんのさ…

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 14:18:58.45
優秀な走狗は自らネギと共に鍋へと入る。

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 14:23:06.35
>>597
アニメ、ゲーム設定だよ。原作ではハイネセンの地表に軍事宇宙港があって
査問のときのレダUとかは着陸してるね。

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 14:26:23.09
>>592
オマエさんはレグニッツァ大気圏内遭遇戦を読んでいないのか

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 14:35:42.17
つまり同盟側の艦艇も(原作では)大気圏内を航行する事ができると

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 15:37:16.97
アニメ設定も(フェザーンの軌道エレベーター等)面白いのがあるけど、メインで論じるのなら原作設定でいきましょう。


604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 15:40:05.82
>>601
映画から入って原作読んでその違いにびっくりするのが、まずあの戦いだよねえ。
原作の方のしょぼさにびっくり、パエッタが結構有能でびっくりってとこか。第
4次ティアマトでヤンが全然活躍しないのもびっくりだったな。

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 17:16:03.37
映画のほうが不要な脚色多すぎてげんなりだわ。
特にヤンとアッテンボローの私的画策でピンチ脱出とか。

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 17:31:16.66
船酔いした振りをしたアッテンが操縦レバーにぶつかるシーンね

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 19:17:33.53
新帝国軍の軍服デザイン担当は金髪さん?

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 19:38:39.35
>>595
天下のご意見番、大久保彦左衛門だな。
でも直情的なビッテンフェルトの諫言はヒルダに嫌がられて、
本多忠勝みたいに二度と政治に口出しできないよう地方に飛ばされるだろう。

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 19:52:07.13
>>607
アニメの新帝国軍の軍服ダサいよな

うっかり元帥になってしまったら
あんなダサダサなマント付けないといけないとか
どんな罰ゲームだよ

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 19:52:39.21
嫌がられたくらいで7元帥は潰せんだろう。
元帥どうしで助け合いするから、反乱でも起こさない限り
潰せないと思う。


611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 20:00:07.17
潰すんじゃなくて地方に飛ばすんだよ。
辺境で海賊や不穏分子が蜂起すると大変なので
武名の高い黒色槍騎兵をもって鎮撫に勤めて欲しいと
もっともらしい理由つければ拒否することなんて元帥でもできない。

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 20:04:01.94
猪ビッテンの口出しが普通にスルーされずに、そういった反応を引き起こす状況って何だ。

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 20:05:54.01
オーベルシュタインのような人材は
創業間もない(しかもカリスマ去った)新王朝の離陸守成の時期にこそ必要だと思うんだが
あれはあんなダークサイドな奴が生き残るのはめでたしめでたしじゃない
という作者の判断だろうか

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 20:06:29.68
闇はケスラーが継ぐんじゃね?

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 20:15:52.39
>>613
奴には目指してる体制とかないから、場合によってはアレク見限ってゴールデンバウム復興とかやりかねないし

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 20:17:16.62
軍自体が共同体みたいになってるし皇帝が無茶なことや理不尽なことを
しようとすれば反発や反乱に近いこともするだろう
ともに戦った初代は神格化されてても二代目以降に対しての感覚は違うだろうしな

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 22:06:48.80
ケスラーは防衛司令官と憲兵総監兼任して元帥で政敵皆あの世でロリコンだから
単純に権限がでかすぎるんだよな
あの世界だとそれぞれの役職の後継者探すだけでも一苦労しそうだ


618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 22:09:52.50
>>598
「我は弓なり、乱世の用なり。弓は戦国の世では重宝がられるが、
太平の世では土蔵に入れられる。」

by 福島正則

守成の時代には無用な人間だって自覚があったんだろう

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 22:57:20.28
>>602
大気圏内航行はできるけど着陸能力はない。

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 22:57:43.69
福島を出すまでもなく「狡兎死して走狗烹らる」って史記に

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 23:00:03.66
>>619
じゃあレダIIは?www
ホント、アニメ設定乙としか言い様がない

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/19(日) 23:03:16.45
>>604
> 原作の方のしょぼさにびっくり、パエッタが結構有能でびっくりってとこか。
ラインハルトに対して「完勝しかけた」と書かれた直後に「判断力は劣悪ではない」とか書かれてしまう
パエッタさんにしょんぼり。


623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 02:16:26.68
>>621
新型艦だからでしょう。

帝国軍も同盟軍も、ほとんどの艦は地上に置いたらすぐ倒れるような形をしています。
そうした艦が着陸するためには、艦内の人工重力とは別に艦自体を支えるための
重力制御機関が必要なのではないでしょうか。

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 02:52:59.12
>帝国軍も同盟軍も、ほとんどの艦は地上に置いたらすぐ倒れるような形をしています。

これこそアニメ設定やん?小説のどこかにそんな描写があるのん?

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 03:53:56.30
>623
レダII建造に併せて宇宙港も改造したの?

従来型艦船が着陸できないなら、ハイネセンの宇宙港もシャトル対応レベルで
巡航艦のような大型艦船には対応できないよ。
そうであるならレダIIの能力にかかわらず、シャトルに乗り換える必要があったはず。
が、レダが着陸したということは従来型艦船でも着陸できるということ。

ついでに、着陸といっても接地する必要はないんだよ?
地上数十メートルまで降りてボーディングブリッジが接続できれば充分なんだ。
重力制御が出来る時代なら造作もないこと。

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 07:34:39.78
>>624
原作では巨大な塔を横にしたような戦艦や流線形の駆逐艦ってあるな、ま地上係留については
>>625さんのいうとうり重力制御の出来る時代だよ。

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 07:38:37.39
>>623
アニメですら帝国艦は地表の軍港に着陸してんだからそういう機関持ってる
んだろ。別に着陸専用じゃなく惑星重力圏への進入、離脱にも使用してると
考えられるしな。

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 08:57:59.49
ガス・ジャイアントの大気圏を飛行できる同盟艦艇が地上に降りられないと聞いて飛んで来ました。
アニメ版は単に両陣営のテクノロジーの方向性を差別化したかっただけではないかと。

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 09:19:52.29
テクノロジーではなく、映像として判りやすいように両陣営のフォルムを変えたんだよ。
「航宙艦なのに流線型」の理由として「地上制圧のための大気圏突入能力」が設定されたのであって、
大気圏突入のために流線型になったわけじゃないんだ。

「地上制圧」が先にあったのならワルキューレがあんな形になるわけがない。

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 09:47:27.36
>>629
ほぼそのとうりだけど、一部アニメと原作混ざってるよ。駆逐艦が流線形なのは
原作ね。アニメの方は戦艦も駆逐艦も流線形とは言い難いような。

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 10:12:12.32
艦艇が流線型なのは避弾経始じゃなかったか?

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 10:35:12.47
>>631
戦艦は塔の横倒しだからなんとも。駆逐艦は装甲薄いから避弾経始が必要って
ことかな。ビームとかなら鏡面装甲の方がよさそうだけど、いずれにせよ原作
には理由は記述されてなかったはず。

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 10:43:15.93
要塞対要塞のときに、重心バランスの都合で宇宙船の形は球形や円形が基本、
みたいなことも書いていたな。

まあ、地上に降りたときに脚やタイヤが出るようにすれば解決する話だが。

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 10:59:21.34
避弾経始の記述があるのは吉岡平のブリュンヒルト考察文。全艦出撃だったかな

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 11:04:58.67
>>634
そ・れ・だ・!
永い事忘れてたよwww

さすがクロエ男爵の嫡男だけのことはある

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 11:09:48.39
>>634
アニメでは特殊理論による新型防御システムって表現したたな、造船技官らしき
人物がラインハルトに。あの敵のビームを水面みたいに反射するあの描写。
後のミュラーの旗艦にも採用されてたようだね。
アニメ設定ではあるけどあの防御システムあったらバーミリオンでヤンがやっぱ攻
撃って言っても全部はじき返したりして。(ミサイルやウラン弾までは防げないだ
ろうけどね)

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 18:41:17.38

ロイエンタールと戦う直前に、
ミッターマイヤーがロイエンタールとモニター(端末)で話をして、
その後に、ミッターマイヤーが「ロイエンタールの大馬鹿野郎!」と叫んで、
モニターをブッ壊しましたが、始末書は書かされたのでしょうか?

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 19:22:26.96
>>637
原作読んで書いてあるとおり、書いてないなら誰も知らんから作者に連絡するか勝手に妄想してろ

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 19:28:14.98
時間差が生じない通信モニタを開発する技術力が羨ましい。

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 19:37:57.02
超光速通信なんでしょ?

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 19:53:13.51
そもそも、モニターぶっ壊したりなんかしていない希ガス。

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 20:11:39.33
それもアニメの話だね。どうせならこの↓ネタを使えばよかったのに
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3332959.jpg

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 20:14:21.94
モニタを拳ひとつで壊すミッタマイヤーの腕力がすごい。

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 20:25:56.19
超光速通信て「巡洋艦フォマルハウト、サヨナラヲ打電シテオリマス!」
とか未来の通信を過去の当艦が受信してブルーになっちゃったりしないんだろうか。

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 20:30:08.63
超光速通信が簡単に使えないと、あの世界で艦隊の指揮は出来ないと思う。

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 20:32:16.41
アニメは時に演出過剰だったよなー

あのさ、シュタインメッツが戦死して、ヒルダが後任の幕僚総監に任命されるでしょ
その時、この人事に反対するだろう人物を1人思い描いたってあるけど、誰?
ロイエンタールかオーベルシュタインのどっちか?

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 20:40:56.94
>>646
オーベルシュタインでなかった?

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 20:42:28.23
>>644
光速超えても時間は超えないだろ。
>>645
戦闘中は互いの妨害で超光速通信どころか伝令(シャトル)が走ってるけど、なんとかなってるよ。まあ都合によって
通じるときと通じないときがあるみたいだけど。

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 20:44:56.84
陰湿なオベだろ

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 20:46:34.26
戦闘時の妨害下でも艦隊内では普通に通信出来てるみたいだけど(アスターテの時とか)
ちょっと離れるとシャトル伝令とかになることもあるな
通信状態が悪い時とかあるかもしれんが超光速通信の方式が書いてないしわからんな

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 20:52:54.12
俺は、シャトルの伝令の設定は変だと思うな。
昔から今の陸戦がモチーフなんだろうけれど、
SF設定に組み込むにはもうひとつ物足りない

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 21:08:39.42
>>651
モチーフは今の陸戦じゃなくナポレオンあたりの時代じゃね。

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 21:13:26.52
今の陸戦でも互いに強度の電子妨害があれば伝令みたいなことで連絡するしかないだろう
同等の電子妨害能力を持ったところがジャミング合戦すればもともな電波による連絡は出来なくなる
中国とかは戦時には敵国の通信衛星破壊までやるみたいだしな


654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 21:44:54.60
同盟が従来のシャトルと軍使の口頭や文書による連絡に頼り
状況の変化についていけないままだったのに対し、
ラインハルトは艦隊を100隻程度の小規模な戦隊に分け、
全体的な目安を与えただけで後は各戦隊の指揮官に委ね、
組織的な抵抗ができないでいる同盟艦隊を蹂躙していった…
とかならラインハルトの先進性とかも分かるんだけどね。
ドイツのパクリだけど。

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 21:54:57.18
>>648
> 光速超えても時間は超えないだろ。

そうでもない。同時性は観測者の運動によって異なるから、
相対速度亜光速の観測者で中継すると、超光速通信をつかって発信者は送信時刻より「前」に
これから自分が行う通信を受信することが出来る。

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 22:10:08.15
>>654
100隻程度の艦隊指令の力量なんてバラバラだろうし各個撃破の餌食になるだけ

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 22:28:57.32
ヤン艦隊より帝国側の方が問題児多くないか?
反乱起こす元帥に上官に襲いかかる上級大将
マトモそうなミッターマイヤーですら気に入らない文官を撃ち殺そうとして憲兵総監に止められる始末…

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 22:34:27.75
まあ帝国のトップも姉のことになりゃ直ぐキレるし、部下に手出したりしちゃってるしね。

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 22:36:01.60
基本的にロ朝は軍事独裁脳筋国家だから血の気が多いのはしょうがない

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 22:50:33.47
>>655
それがアッシュビーの強さの秘密か なんつって
もし未来の報告を受けたとしても、現在同様断片的だからそれをもとに判断するのはきっと難しい

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 23:12:18.50
>>657
>上官に襲いかかる上級大将

ビッテンフェルト?

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/20(月) 23:35:04.30
ロンメル

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 00:00:40.08
三十ソコソコで中佐の有能な平民を見つけられなかった
ラインハルトとキルヒアイスは無能なん?

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 00:02:10.96
大佐
大佐
大佐

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 00:43:58.15
>>657
貴族同士の決闘が制度化されて行われてるような国だから、平民のミッターでも
私闘・私的制裁は正当な理由があれば可、とでもいうようなことが常識として
身に付いているのではなかろうか。

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 01:27:07.36
>>663
シューマッハ大佐?

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 01:41:26.79
後方勤務中心の人物なんて人材収集リストからはずしてたんだろ。

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 01:54:51.41
>>661
キレてオーベルシュタインを押し倒して首根っこ掴んでた
ミュラー達が居なかったらどうなってた事やら
軍隊では決して許されない事だ

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 02:24:16.93
>>657
ヤンは好意ある敵より悪意ある味方を守って敗れるをよしとする忠義と信念の人だし
ローエングラム体制は謀反で確立したということも、帝国側の行動の根っこにある

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 05:56:44.65
>>655
超光速通信って現実には存在しえない事象をそう断定的に語るなよ。誰にもわからないよ。

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 06:14:29.04
ある慣性系に対する同時線を自然に定めるだけで導かれる論理的帰結だよ。
超光速通信の存在だけで同時線の定義が改変されるような飛躍でもない限り、これは真。

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 06:43:43.27
>>663
人材をラインハルトとキルヒアイスだけで探してると思ってる?
門閥貴族側の部隊にいたんだから知り様がないし、仮に知っていたとしても引き抜きは無理でしょ

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 08:33:30.31
知り様ないのが無能なんだろ

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 08:44:06.77
あの元帥府のメンバーを集められた時点で無能とはいえない。

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 08:54:01.20
>>673は何十万人もいる中からこれといった人物を見付け出す事ができる超有能

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 09:25:24.50
>>673
このスレからぜひ有能を探して頂きたい

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 10:36:28.28
有能 ワンダーラアーン 有能 天聖ワアー♪

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 10:57:26.43
「閣下、わたくしめを置いて鶏の鳴き声の真似の右に出るものはございません
「いつかはお役に立つこともございましょう。是非とも靡下にお加えください」

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 11:53:51.96
>>676
いるわけねーだろwww

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 12:05:26.81
私は????????

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 12:37:47.34
>>679
少なくとも>>673は有能

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 14:30:08.90
ケスラーは艦隊戦の経験はないの?

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 14:51:59.23
>>682
戦場においての幾多の危機を乗り越えて大将になったとある。詳細不明。

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 14:57:57.38
まずは「洋梨型の男」でこの作家に触れてみよう・・・

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 15:17:33.97
白兵戦をするケスラーも想像しがたいな

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 15:26:56.83
>>667
フレーゲルの参謀やってたくらいだし、がっちり貴族側に組み込まれていたか、ガチガチの
貴族波派だと思われていたんだろ。

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 15:49:32.04
>>685
臨月の皇后陛下を救った勇姿を忘れたの?
その際、ちゃっかり嫁ゲットしてたけど。

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 16:27:51.27
シューマッハ大佐は確かシュトライトの下で働くことになったが
宇宙海賊との戦いで行方不明になった

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 16:37:13.26
シュトライトの推挙を得て准将となったが宇宙海賊との戦闘中行方不明と
公式記録にはあるね。ここで例の伝説だな、かっての部下が海賊やってて
請われて頭目になったってやつだね。

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 17:28:57.74
准将ってどの位偉いの?

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 17:37:18.84
大佐より偉い

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 17:42:59.35
少将の下

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 17:47:04.40
准将と上級大将が同時に階級としてある例を銀英伝の銀河帝国以外知らんのだが。

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 17:53:53.89
>>693
だからどうした?

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 18:00:55.38
>>694
そこは「それがどうした!」って言わないと・・・

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 18:11:49.39
銀河帝国は人口250億もあるのだから
そういう桁外れの国家の巨大な軍隊の将官の階級の数が4で足りるはずない

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 18:13:30.13
たかが現在の地球の数倍かよ…

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 18:47:28.52
某人材コレクターが報賞に官位を乱立乱発したのか

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 18:47:58.44
各植民惑星の過疎っぷりが目に浮かぶ

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 18:54:48.12
でも、件のシューマッハ元大佐は
国事犯に加担して逃亡潜伏し続けたのに
准将になるのって違和感あるよね

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 19:00:05.72
「コイツ名前おもしれえから出世させね?www」
「でも少将って器じゃなくね?」
「じゃあ間に准将って作ればよくね?」
「おまwww天才www」

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 19:02:41.40
>>699
ハイネセンの人口が10億、エル・ファシルが300万
各植民惑星は重要な資源が取れる場所とか
機構が安定した農業地帯に都市をいくつか作るくらいで大半が原野かも。

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 19:11:04.16
>>700
ラインハルト崩御の際、恩赦を与えられたんでしょ。
あとは、シュトライトの推薦が大きい。

>>697
米国の100倍、中国の20倍と考えれば・・・w

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 19:18:50.38
二次大戦のアメリカの艦艇とか軍関係の船が1000隻とかで
その100倍なら10万隻
銀英の艦艇の数はさほど多くはないな

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 20:10:19.99
>>704
実現したかは不明だけど、帝国の合言葉は1億人、100万隻体制だったな。

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 20:22:18.14
恩赦があるとしたら崩御じゃなくて、新帝即位でだとおもう。

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 20:34:28.93
>>701
米国では期間限定で「代将」って階級もあった。

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 20:41:58.42
>>679
かの伝説の天才軍師、諸葛孔明に劣るとも勝らない、この俺様を知らぬとは。

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 20:55:16.16
劣ってんのか。

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 20:56:07.72
レス乞食だろほっとけ

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 21:11:49.57
文官で有能なのが中々見い出せずに政務で苦労したとか言ってたけど
必ず探せば居るはずなんだがな
軍と違って戦果とか出にくいから評価しにくいんかな

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 21:23:15.77
貴族や貴族寄りの官僚を排除しちゃったからじゃね?

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 21:47:00.03
実務は平民任せで功績は貴族へ、みたいなのが軍以上に多そうだ。>文官

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/21(火) 21:56:08.12
平民に任せたら
貴族の都合の良い政治なんかできないよ

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 06:38:05.28
決定権があるポストは貴族が占めていて
他の実務は平民や貴族がごちゃまぜな感じだろう

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 06:41:07.34
ゴ王朝の典礼省や宮内省なんて貴族のどら息子しかいなさそうな感じがする
出来る奴は内務省や財務省・軍務省へ行くだろうし

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 08:21:45.61
帝室の祭祀やら貴族間の婚姻やらを牛耳れるんだからどら息子ってだけではないと思う。

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 08:30:44.25
松の廊下で刃物を老人に振り回すDQNも朝廷接待役

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 08:54:03.09
あれはその時限りのお役目で、刃物振り回されたほうがこの場合でいう典礼省のお偉いさんでしょうが

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 10:28:28.40
>>700
ファーレンハイトはリップシュタット戦役の賊将だが?

721 :700:2012/08/22(水) 10:58:02.62
>>703
>>720
改心してくれるなら優秀・有能な人材は登用するってことだね
胸のつかえがとれた気がする
ご教示ありがとうございました

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 11:12:33.23
>>720
ファーレンはアスターテで一緒に戦ってるから
金髪陣営に来る時も金髪に「貴族側につくとか見る目無さ杉wwww」とか言われてたしな

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 12:17:50.90
>>721
単に改心ってだけでなく、まずどの陣営であろうと最善をつくし誠実、かつ有能で
あればこそ配下にするって感じだな、シュトライトやファーレンハイトは。改心し
ますって賄賂に絵持ってきた憲兵総監や、仮にシュターデンがアスターテではとも
に戦ったし改心しますって言っ来てもどう扱われるかは明白だしな。

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 12:37:05.14
>賄賂に絵持ってきた憲兵総監

そんなのいたっけ?

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 12:40:35.34
オッペンハイマーだったっけ?
なんたらマイヤーの名画でございますって言ったような記憶が…


726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 13:04:40.08
アニメの方の設定だろ。

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 13:22:04.69
>>726
アニメ設定だね。原作ではケスラーがいつ憲兵総監になったのかよくわからないな。というより
ケスラーはいつ登場したんだっけ?

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 14:08:19.31
10巻終了時でヒルダ除くと一番実務的に権力が集中してるのがケスラーだし
テロにでもあって死んだら1番ダメージでかそうだな

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 14:10:57.63
ヒルダwith子供が地球教徒の襲撃で死んで、ラインハルトまで病死したら帝国はどんな愉快な状態になるかな。

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 14:20:41.62
>>729
金髪姉引っ張り出してなんとかするやろ
なお金髪嫁の婿探しで相当揉めるな

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 14:29:47.57
ラインハルトの遺志を継ぐなら姉はそっとしておいて、なおかつ実力で帝位を得ることが望ましい。

……一定のルールの下、艦隊指揮官達でガンダムファイトでもやって皇帝を決めるか?

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 15:58:25.65
フレーゲル「戦艦同士の一騎討ちか…胸熱」

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 17:20:16.71
>>727
原作での初登場はガイエ戦の後。シャフトとっ捕まえに来た。その時点で憲兵総監。
アムリッツアでもリップシュタットでも出番がない(ラインハルトが権力を握ってから各方面
の改革kの一環で登用されたと考えるのが自然なくらい)。
アニメでは同盟の大侵攻に対して焦土作戦を取った際に、知己である辺境領主の説得
を任された話が初登場。

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 17:45:21.25
ケスラーは「我が行くは〜」で出てるぞ

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 22:27:19.70
>>732
正面から一対一で打ち合うんだったら、同じ能力を持った戦艦同士の
一騎討ちは、結局相討ちにしかならないんじゃないの?



736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/22(水) 22:44:07.08
>>733
ども。どうしてもアニメイメージ先行なんで原作本編での登場がよくわからないんだよね。
>>735
1〜2次大戦みたいに先に当てた(シールド突破?)した方が一気に有利になるのかも知れないですね。
むしろ個艦どうしよりある程度の数で戦うのなら確率論的に同じ損害になりそうなのに、第6次イゼル
ローンのラインハルト少将みたいに(せまい空間での正面兵力の激突で)一方的に優勢になるのはおか
しいような気がする。戦艦でも戦車でも兵士でも1対1なら先に有効打得たら勝てるけど100対100とか
なら味方にもかなりの損害出そうだけど。

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 00:02:48.61
グリンメルスハウゼン文書がどうなったのか気になる。

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 00:23:41.03
本文中には書かれていないからわからないな。

もしかしたら、ラインハルトが遺言を残しているかもしれないし
すでに学芸省に提出されてゴールデンバウム王朝全史の資料になったか
もしれないし、あるいは関係者がまだ生存しているかもしれないから
ケスラーがアレクが成人してから判断を仰ぐかも、いろいろ考えられる。

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 00:38:42.59
ゴ朝の正史編纂の他に
文書に書かれた醜聞の主を糾弾して
取り潰しにならなかった貴族の引き締めとかにも使ってると思う

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 00:53:42.15
内戦の後 ラインハルトが迅速に国権を掌握できたのは
グリンメルスハウゼン文書を利用して、敵対する官僚を
粛清できたから、と想像した。

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 02:08:52.42
トリューニヒトは、できる子だよな?あんなの現実にいたら凄いんでない?
ヤンも、舞台役者みたいな人と感想を述べているわけで売国奴非国民国賊ではないな

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 02:23:20.96
凄いっちゃ凄いけど、トリューニは自分以外誰も幸せにはしない存在過ぎて。

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 02:36:02.13
トリューニヒトは最高だよ。すべて想定の範囲内。ロイエンのトラップは計算外だがなw しかし、ロイエンはラングにもトリューニヒトにも反応的な対応するから予想外

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 02:58:30.45
ロイエンはラインハルトよりリッチな生活してたんだよね。

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 03:19:28.16
カイザーは貧乏性だから

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 03:19:46.62
ロイエンタールが死ぬ間際のメッセージがいまだにわからないんだけど

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 03:24:18.19
ガイエに聞くしかないが本人も特に意味はないとか言いそう

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 05:07:29.01
ロイエンタールが何を言いたいかはともかく、
それを後世の歴史家があーだこーだ言ってるのは
狭い範囲のテキストをひねくって食ってる歴史関連の出版業界を皮肉ったのかもしれないたしかなのは地の文がないと面白くないってことで、アニメではカットするべきだたと思ってる

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 07:27:34.96
>>744
ロイエンは昔からリッチな生活してた
カイザーはそもそも贅沢に興味が無い、どっかのホテル接収した時も
普通にシングルルームで済ませようとしたし

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 09:38:04.23
生魚のぶつ切りも「さしみだ」って言っちゃうひとだからなあ > カイザー

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 11:53:15.65
同人誌ネタは結構です

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 12:27:12.11
そもそも内部で対立煽ってるオーベルシュタイン更迭すれば平和になる

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 13:13:24.14
裏切るとわかっている人間を事前に内々に処理するのが義眼の仕事
内部で対立煽っているとか人聞きが悪いな

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 13:36:13.83
>>753
実際に内々に誰か処理したっけ? シャフトは憲兵隊に逮捕だし、誰かいたっけ?

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 13:59:33.58
ラインハルトの目につかないところで処理だろ
銀英伝は英雄伝説なんだからそういう面倒な部分は描かんよ

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 14:23:00.61
読者の目にくらいつくとこで処理してよ。でなきゃただの妄想じゃん。
各自で想像で補うのは自由だがそれを事実みたいに言われても。

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 15:47:45.59
ヤンを暗殺したのもキルヒアイスを暗殺したのもラインハルトを病気にしたのも義眼だから

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 17:37:56.39
なるほど。義眼が諸悪の根源なのですね。

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 20:03:44.57
>>741
トリューニヒトの人生は裏切りと変節の繰り返しであり、
いいとこ、政界のクラッシャーこと小沢さんくらいの地位の人。

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 20:37:06.50
トリューニヒトって、帝国内で民主主義を根付かせようとしてたらしいけど、
結局信念の人なのか、(腐った民主主義を根付かせて)メシウマしたいのか、どっちの人だったんだろう

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 20:56:38.47
>>760
悪い意味前者なんじゃないだろうか。
「自分は偉大な事を成し遂げる人間」と何の疑いもなく信じいそうだ。

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 20:58:39.29
>>759
トリューニヒトは別に裏切りと変節を繰り返してはいない

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 21:10:31.09
>>760
後者を目的とした前者だろう。

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 21:39:50.56
なんか嫌いと言うだけで無実の人間を殺すわけにもいかないから手を出せない
的な事言ってたけど
どんだけ少なく見積もっても地球教と密接な関わりがあるんだから
追求すれば罪に問えるだろうにな

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 22:08:38.26
>>751
 あの同人ネタそんなに有名なんか?

確かに商業コミックとして発売になっていたが

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 22:20:00.44
>>765
有名だろ。あのネタに限らないがアンソロにまとめられたからね。
湯豆腐と高菜飯、ジャガイモのバター煮、超激辛カレー、精力抜群スタミナ料理、
生魚のぶつ切り(刺身)、カップラーメン各種、お子さまランチ、極甘ケーキの一個連隊


767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 22:28:50.47
>>766
あのアンソロにあったヤンが一般人として帝国を見に行くという同人は見たかったな
アンソロは最初部分のみ掲載だった

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 22:40:41.29
>>759
小沢と同じくらいって十分だろ、あいつの同程度の財力と権力と人望がある人間なんて
それこそ日本に何人いるんだよ

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 22:46:07.43
トリューニヒト政権と小泉政権は似てないかい?

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 22:48:27.83
ラインハルトと俺は似てる

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 22:49:36.52
>>768
人望?

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 23:04:06.79
>>769 どこが似ているんだ? 


773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 23:19:54.14
トリューニヒトが非難される理由の一つは責任の放棄
国家の危機に逃げ出したこと。 
原発事故の時、総理大臣が責任を放棄して行方不明になったら
どれほど批判されるか想像できるだろう。

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 23:32:04.44
ブッシュJr.はまだまともだったという事か

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 23:36:07.32
行方不明にならなきゃいいってもんでもないだろー・・・

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 23:38:25.03
ラングが福田かムネオあたりか?

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/23(木) 23:38:31.35
もっと恐ろしい事に、前首相の方が逃げ出さなかっただけ
まだマシという事実。
どれだけトリューニヒトが最低か解るだろう。

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 02:56:27.03
ラインハルトとヤンの求婚は、鈍臭いな。多分童貞だろこの二人?早死だし
ルビンスキーの人生の方がいいな。女も美食も知り尽くし人生だ。

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 02:58:28.10
ヘボ詩人
ランズベルク伯爵
身に余る光栄w

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 03:37:43.19
>>778
「へへ〜んwこの茶碗はあげないよ〜だwww・・・・・・・ボーン!!」
と言って死んだ武将のような格好良さ。

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 06:52:19.85
>>780
ちょっと違うような。死んだ後もなんか嫌がらせしてやるぜいー、だからな。

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 11:12:42.07
>>769
むしろ安倍政権でしょ
国粋主義的言動といい、PKCみたいな団体抱えてるとこといい、
違うのはヨブとは正反対の屁タレだってとこくらい。

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 11:19:56.28
ルビンスキーももっと作中で深く書いて欲しかったな
テロや政治謀略でラインハルトに対峙するのではなく
民衆の欲やルサンチンを利用する形とか、
 例えばラインハルト帝国成立後に旧帝国下の貴族の犯罪行為を次々暴露して
それをラインハルト側近の貴族たちへも民衆の憎悪が向くように
 

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 11:23:15.66
それなら鳩山政権だろ。就任当時の高支持率といい
「最低でも県外」というでまかせといい、腹案があります
と言って何も考えていなかったり。

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 11:24:05.51
安倍も鳩山も素質は似たようなもん、安倍には何してもマンセーな支持層があるけど

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 11:25:30.84
門閥貴族と貧乏貴族の違いが分からないほど帝国人民はアホじゃないだろ?

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 11:32:55.71
確かに、ルビンスキーはもったいないキャラだよなぁ
テロリストじゃなく政治家として活躍してほしかった。
遷都を利用してラインハルトと政争するとこなんか見て観たかった。

銀英伝が戦争がメインだったんでしかたないんだけど・・・・・。

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 13:10:52.13
>>785
まあ、小説復権してくれるなら彼(安倍)の漫画アニメ撲滅論は支持してやってもいい気はする。

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 13:16:22.32
Aを撲滅してもBの立場は回復しないってヤンなら言うよ

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 13:59:31.78
映画が好きなあまり、俗悪なテレビ文化やビデオゲームを憎悪し排撃して
奈落に落ちていった自称文化人たちの二の舞

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/24(金) 22:58:54.67
なぜ十数年振りに帰って来た捕虜の持ち込み案でクーデターしようと思ったのか
なぜすぐに誰がクーデター派だと判断出来たのか

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 00:35:01.42
>>791
グリーンヒルとは旧知のようだし、そこから探りを入れてロボス派がボロボロってことや、
強硬派にグリーンヒルが頭痛めていることは簡単に知れるだろう。そこから強硬派の中の
同期とか顔見知りとか辿って入り込む。あとは運だな。
プランの方はグリーンヒルがトップと知れれば、グリーンヒル通して小出しにしていけば
いい。
過程を省略してるからすぐに見えるが、それなりに日数はかかっているだろうし、仕込みは
リンチ一人とは限らない。成功例がリンチだからストーリーに掛かっているだけとも言える。
史実的には、「失敗したリンチ」がクーデター後何人か捕まるor手記を残すとかで、クーデ
ターが帝国の仕込みと裏づけされたかとあったかもしれない。

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 02:43:27.48
>>791
卿の考えはいかさか浅はかな考えとおもえる。

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 06:26:18.12
>>791
そりゃ見事な計画案だったからでしょ。ただグリーンヒルに持ち込んだのは
旧知だからだろうけど、グリーンヒルがクーデター絶対反対派だったらどう
なったのかね?リンチ送り込んだラインハルト陣営はそこまでは把握出来て
ないと思うからそこはリンチに任せてあったと思うけど。
まあある程度は>792のいうとうりなんだろね。ただ複数いたってのはどうか
な?あまりそんな動きしてたらさすがに治安部隊に先に警戒されて未発に終
わってたような気がする。クーデターが成功しなくてもいいけど未発じゃラ
インハルトも困るだろうけどそのあたりは?かな。

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 07:25:11.17
もし未発だったらフェザーン経由で同盟のマスコミ煽って民衆に反戦論蔓延させて帝国への出兵を無しにする作戦が立てられただろうな
前の戦いで2000万失ってるから煽りやすくなってるだろうし

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 07:34:14.36
>>795
ラインハルトとしては万全を期したわけだけど、実際にはクーデターなくても
2000万将兵失った直後に再侵攻なんて発想にはならんよね。クーデター起きな
くて第11艦隊も健在でそれなり有能なルグランジュだっけ提督も参戦してのラ
ンテマリオの戦いを見たかったな。それでも兵力比1対2だろうから勝利は無理
としても。

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 09:23:52.34
謎の艦名「ヒューべリオン」について、某機動戦士を見たら疑問が氷解したので書いておく

おそらく、最初にネームシップとして「ヒューぺリオン」が作られただろう
その姉妹艦に「ヒューパリオン」「ヒューピリオン」「ヒュープリオン」「ヒューポリオン」があっただろう
そうしてパ行を使い切ったので、6番艦以降はバ行に以降した。

あるいは設計思想や運用方法の変化により、パ行艦の改造という意味でバ行に以降したのかもしれない。
その場合、パ行艦5隻の存在を前提とする必要もない。
つまりヒューぺリオン改だと紛らわしいのでヒューベリオンと名を改めた。


798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 09:47:35.95
リンチが帰還して接触できる人物がクーデター派でなければ物語は進まないからグリーンヒルがクーデター派なわけだ

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 10:02:25.34
作中の雰囲気見る限りリンチに能力があったというよりは
リンチがあれこれするまでもなくクーデター起こってた感じだよな

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 10:30:00.05
同盟のクーデター策とか見てもラインハルトの本質は政略・謀略家なんだけど、
幼稚とも言える負けず嫌いが祟って戦術に拘り、戦略もその自己満足を達成する為の手段って感じだね。

もしラインハルトがヤンやビュコックなどとの無意味な決着に拘らず、
圧倒的な国力差を背景に「戦わずして勝つ」政略に徹したら帝国民は幸せだったろう。
小説としてはつまんないけどね。

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 11:15:21.32
戦わずして勝ってたらカリスマ性もなくなるが

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 11:36:49.56
6巻でレンネン死んだあと併合する為に同盟に出兵せず同盟植民地にして
ひたすら搾取し続けて帝国が肥えまくる展開にしたらどうだったのかな?
ヤン一味なんてイゼルローンに閉じ込めておいて回廊の両端に新しい要塞と2個艦隊でも
置いておけば無力化出来そうだし。


803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 11:39:33.70
不思議だよな〜 ヤンも原作で言っていたけど、多くの兵を
失った将軍ほど苦労していると思われる。

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 11:40:03.51
地球教とかルビンスキーが煽りまくるから搾取したら反乱祭り

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 11:53:55.09
>>804
同盟内で反乱勃発すれば軍の使い道が出来てイイネ!(ニッコリ
かかった費用はさらに同盟から搾取すればノー問題
ついでに新兵器の実験も出来るから最高だね

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 12:00:48.20
死ね
殺すぞ

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 12:03:48.62
すまん誤爆した

808 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2012/08/25(土) 12:08:17.13
出掛けずに遊び働かずに稼ぎ戦わずに勝つ裕福なニート生活ですね。
銀河英雄伝説の地球教=女神転生シリーズのガイア教団って説は正しいですよ。

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 12:11:57.48
同盟クーデターあたりの少々雑な設定はキルヒアイス死去あたりまでは3巻完結予定で
書いていたから省略気味、と言ったら身も蓋もない?

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 12:54:45.59
>>794
事前に鎮圧という程度でも、軍-政府間の信頼は低下する。
些細な不信が積もれば、いざという時に軍にすべてを任すという判断に躊躇いが出るor決
定的に信じられなくなり、対応に乱れ・遅れが出る――そういったのを狙っての布石のつも
りが思った以上にちょろくて、大事になった―もう屋台骨がガタガタだったということ。


811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 13:05:20.92
>>797
ト「ォ」ールハンマー、ジークリー「ド」のようにこの作品、発音表記に関してはかなりいい
加減。その例のひとつというだけだろう。

>その姉妹艦に「ヒューパリオン」「ヒューピリオン」「ヒュープリオン」「ヒューポリオン」があっただろう
┐(´∀`)┌ヤレヤレ 夏休みももう終わりだぞ。宿題やってろよ。
それぞれの意味、言ってみ
ちなみに、ヒューペリオンは、ギリシャ神話の「ティターン神族の一人。ウラノスとガイアの子
で、テイアを妻とし、太陽神ヘリオス・月神セレネ・曙(あけぼの)の女神エオスの父となる。
時にヘリオスの称呼ともなる」な。

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 13:09:13.09
>>811
姉妹艦なら単純に「〜U、V」と思う
 作中にも「レダU」出てきた
 現実でもアメリカの艦艇がそう

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 13:11:03.67
ネタをネタとわからないでマジレスする友達いなさそうな奴だなあ

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 13:12:12.50
ラインハルトの同盟にクーデター起こさせる作戦の雑さよりも
ヤンがそれを100%の確信を持って看破した方が無茶だ
名探偵かよ

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 13:29:47.83
小説だから

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 13:49:22.66
>>813
幼稚で程度の低いネタに付き合ってあげる程無駄に心は広くないんだ。


817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 13:59:02.85
そのくせに友達いなさそうという煽りには反応する

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 14:26:52.29
>>814
他に同盟を混乱させる策ってあと何があるかな

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 14:33:06.22
旧貴族の協力者一族郎党隣組をごっそり追放して
同盟の人口の半分ぐらいの難民をどさっと送り込む。

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 14:53:14.14
別に放っておいても、同盟に帝国にちょっかい出す余力は無かったと思うが

ヤンが色々と作戦を妄想してたけど
あくまで思考ゲームの域を出てないし

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 14:56:12.59
あのクーデター案はちょっかい防ぐとともに将来の同盟侵攻にそなえて少しでも
同盟の戦力をそぐ狙いもあったんだろう。そして余りに見事に成功しちゃったと。

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 15:16:01.52
>>814
ラインハルトからみれば、失敗してもリスクがないという観点が
他の人間からは見えていなくて、ヤンだけには見えていたというのが大きい

別に成功しなくて良いし失敗の責任も取らなくても作戦というのはものすごく見抜きにくい
ヤンがぐうたらだからこそそういうモノの考え方ができるのだが

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 15:19:35.14
成否を問わないのはクーデターの結果であって
クーデター自体は起きなきゃ困る的なスタンスじゃなかったっけ

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 15:33:18.54
失敗したらしたで別な策を考えるぐらいだったはず

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 15:50:39.42
>>823
結果からいけば未発に終わっても同盟が帝国内戦にちょっかい出せる訳でも
なくなんの問題もなかったね。後の侵攻で、第11艦隊が健在でもそれほど
大きな変化もなかったろうし。

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 15:56:42.61
帝国側は民主主義国家の軍隊のことなんてよくわかってない臭いからな

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 16:18:01.49
クーデター後の同盟って、3艦隊(ビュコック、パエッタ、ヤン)ぐらいしかなかったんでそ?
ヤン艦隊はイゼルローンにいるから、帝国がフェザーン経由でせめてきたら対応できるのは基本2艦隊。
・・・戦闘成立しなくね? なんで善戦できたんだろう 局地戦でアドバンテージとったとかそういうレベルじゃない気がする

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 17:00:58.78
>>818
片手間、或いは仕込みだけで放置という方針なら、仕掛け人送り込んで内乱誘発、一択
だろうね。

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 17:19:11.07
>>823
起こる必要はない。煽るヤツ、乗りそうな層がいる事実を浮き彫りにできる程度の騒動に
なればよし。
無理めでもそういうことやっちゃう集団が無差別に確認されれば、起こる恐れがある―と
軍や政府内に不安感が増し、現実問題として考えざる得なくなる(そういう意味でもリンチ
役は数人送り込んでいると考えられる)。


830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 17:26:43.77
>>827
同盟側が戦場を指定できたから、なんとか形になっただけ
帝国軍は大軍だからこそ短期決戦を望んでいて、地理的不利をまったく意に介さなかった

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 17:27:22.92
>>827
善戦では無いですボロボロの大敗でした。


832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 17:29:40.87
パエッタの第一艦隊とは別にビュコックの一個艦隊なんてあったか?

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 18:29:05.99
パエッタも不運だよな
あそこで死んでたら同盟軍元帥として名前も残っただろうに
退役後よくわからん刑務所の乱闘騒ぎで死んだからなぁ

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 19:05:35.39
>>832
ない。

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 19:28:13.96
パエッタは実は有能。ヤンが突出していて目立たなかった為。

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 19:29:35.16
てか、パエッタって中将だか大将で、ヤンより下位、
艦隊司令長官とはいえ、無役  ・・・なのになんで収監されてたんだ?パエッタ収監されるなら、ヤンが収監されない理由がわからん

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 19:30:38.82
・・パエッタ収監されたの、草刈りの時か。ゴメス
てっきり同盟軍降伏の時だと勘違いしてた

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 19:35:52.68
>>811
音表記がいい加減というか、作者的に語感とか音の響きを優先させる傾向にあるみたい。
軍師ナルサフだと間抜けだからナルサスにしましたみたいな。


839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 19:54:34.61
ウェンリー(文理)だと弱そうだからウェイリー(威利)に変えておいたよ、と言われてもなにも文句を言う筋はないな。
むしろ中華大好きだからネイティブのセンスにしてくれた喜んでるかもしれん。

どこかは知らないが、どこかの国ではムライとか全く別の名前になってそうだな。

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 20:08:24.28
>>833
同感、同感。ビュコックの旗艦をかばっての戦死とかならよかったのにねえ。
しばらく消息不明だったからてっきりランテマリオで戦死?かって思わせと
いて実は退役してていきなり逮捕、死亡だからねえ。レグニッツアではそれな
りに有能でラインハルトをも苦しめてたのに。。。

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 20:10:55.28
>>832
司令部のみの構成でしたね。アムリッツアで生き残った第5艦隊の残余は宇宙艦隊司令部直属
と他艦隊の補充に回されたんでしょうね。

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 22:17:48.27
>>801
戦うまでもなく同盟市民は皇帝の徳に服したって宣伝すればよろしい

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 22:39:36.54

>>835
 アスターテも最初に読んだ時はパエッタ無能と思ったけど

パエッタは長年の戦闘経験で
帝国軍がヤンが指摘した各個撃破はそこまで組織だって高速な機動性なぞできん
と判断してもおかしくはないと最近思うようになった

ラインハルト軍が他の帝国軍に比べて比類なき熟練度誇った精鋭だったとかの描写欲しかったなあ

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 22:40:00.57
そういやモートンはアムリッツァまで
ヲルフの攻勢を背後から受けながら崩壊せず
艦隊をまとめ続けた功績があるのに、中将に昇進できなかった(のち帝国軍侵攻に際して昇進)のは
昇進して就くべきポスト、つまり艦隊がなかったからかね

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 22:52:55.67
ラインハルト艦隊は訓練しまくってたから練度は無駄に高い設定

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 22:53:38.25
>>843
> ラインハルト軍が他の帝国軍に比べて比類なき熟練度誇った精鋭だったとかの描写欲しかったなあ

どっからそんな妄想がwww
首脳陣すらバラバラで皇帝の権威で叱責して従わせてるじゃないか。
あとアニメ版では侵攻軍編成が急ごしらえの寄せ集めだった過程も描写されている。

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 23:08:46.34
帝国軍って、ゴールデンバウム時代は「勝って得るものは少ない」のに、ラインハルト時代になると急に士気旺盛になるのなんで?
黄金樹時代は、功績あげても評価されるとは限らない事も含めての「得るものは少ない」なのかな

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 23:14:05.57
>>846
そのバラバラ編成は、敗北→ラインハルト失脚させるためのフレーゲルの罠だったのはアニメ設定だったか

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 23:17:13.45
>>848
うむ、ついでに侵攻を同盟にリークして倍の戦力で迎撃させるのもアニメ設定

850 :848:2012/08/25(土) 23:19:34.31
 ただアニメ設定の方がラインハルトを快く思わない門閥貴族らしい、権力を駆使した
謀略色が強くて、ブラウンシュバイクやフレーゲルの「勢力」が侮れないモノって感じが強く出ている

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 23:26:13.15
アニメアニメいってるやつはスレチ
アニメ板いけ

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/25(土) 23:35:11.76
また嫌アニメ厨の警らか

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 00:21:09.74
だってアニメ見てないから参加できなくて寂しいんだもん……

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 00:30:23.48
まぁ原作スレでアニメの話してドヤ顔してるやつはきもいがな

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 00:34:59.91
>>1も読めないgmkzがいると聞いて

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 01:05:18.30
アニメはちょこっとしか見てないけど
たまに、おっと思うような良い演出があるものの
基本的にツッコミどころの方が多いよな

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 01:13:32.71
銀英伝そのものが突っ込みどころ満載ですもの

>>850
門閥貴族は時代劇の代官みたいな単純な悪役だから、こんなに手のこんだことしねーよと違和感あった。
それも別の場所で別のキャラが言ってたせりふのつぎはぎで。

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 02:43:50.51
グリスベーンの地球統一政府には、チョンやチャンコロもいたの?まぁヤンはチャンコロなんだがなw

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 02:56:20.72
>>843
>帝国軍がヤンが指摘した各個撃破はそこまで組織だって高速な機動性なぞできん
できんゆーても、史実の元ネタありだからねぇ。原則可能とは言えるだろう。
寝起き・飯時を襲うって条件がなくなっているから、同盟がひたすら無能になってしまったが

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 03:14:36.18
むしろ組織だった高速機動が出来ないから
駆け足で全員移動コマケーコトはいいから全軍で突っ込めって事になったと考えられるわけで

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 03:23:49.65
おまえらミスターレンネン

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 06:28:06.88
うるせーリアルランズベルク

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 08:47:38.31
作者がこれ書いたときってたしか30前後だろ?
30前後の軍人でもない戦術論も戦略論も知らないやつが戦争小説書いたんだからつっこみどころ満載なのは当然だろ

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 08:56:37.59
帝国軍は組織だった戦闘より、戦功獲得を目的とした個人プレイが目立って多いと
どっかの地の文章で説明されていたぞ
それをうまく利用して戦力的に不利でもなんとか勝てていたのが同盟軍だったという

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 09:19:34.66
うむ。例えヤンが指揮してもきっとこんな感じ。

「高速艦隊をお持ちの△△卿は右翼から回り込んで……」
「ガハハ、神祖ゴールデンバウムより剣を賜りし我が一門にそのような小賢しい戦術はござらん。
正面を突破してご覧にいれるから後からついて参られよ」
「うわーボッコボコ。だから言ったのに……」
「参謀殿、何故格上の我が家が新参者××家の先払いをせねばならぬのだ!」
「いえですからね」
「皇帝の槍、△△伯爵艦隊参るー」
「ああああもうやめてえ」

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 10:15:48.06
>>863
三国志ってそこら辺キッチリ書かれてるの?
宇宙版三国志を書きたかっただけで、戦術戦略は主眼じゃないんじゃね?
だから突っ込むのは野暮ってもんさ。

ちなみに、戦術戦略がちゃんとしてる小説ってある?

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 10:29:47.91
ローマ人の物語

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 12:05:36.53
>>856
そりゃ後出しジャンケンだから良い演出がところどころあっても当然。

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 16:35:44.44
>>867
小説じゃないだろ

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 16:39:53.96
「ローマ人の物語」は「歴史」小説ですが、なにか?

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 17:33:23.08
銀英ヲタってやっぱり二人称は「卿」を使うの?

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 17:50:34.36
>>863
銀英伝はどう見ても歴史小説か戦記モノの扱いだろ
戦争小説って言う人はじめて見たな、半分少女漫画みたいな部分もあるのに

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 17:53:00.12
>>871
同盟ファンだから貴官を使用します。

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 19:30:03.01
銀英伝って当時だとラノベのポジションなのかな

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 19:36:37.74
>>874
当時は本格的戦略・戦術架空歴史大河扱い。
ラノベ的ポジションとして扱われるようになったのは比較的最近。

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 19:38:38.75
当時はラノベという「エンターテイメント文学」のサブカテゴリーの概念がない。

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 20:01:57.79
当時はラノベぽいものというとソノラマ文庫くらいか
ハヤカワJAも作品によってはラノベというかお気楽作品が多かった気も

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 20:25:30.79
スニーカーとコバルトもあったでそ

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 20:37:36.19
ロイエンタールって自分の好みでない女ばかりにモテてたんだっけ?
イケメンなんだから自力でおとせそうな感じがするけど

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 21:02:01.34
落とす気にもなれないんじゃね?
ロイエンって女嫌いなんじゃないだろうか。

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 21:15:02.73
性欲はあるし育ちから女嫌いというか性欲の対象としか見てないのだろう


882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 21:21:17.60
「一方的に好意を寄せられて、一方的に捨てる」じゃなかったっけ?

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 21:23:23.77
>>879
好み以前に、母親関係のトラウマで女を嫌って―憎んでいる。
だから、自分で落とすことはないが、勝手に向こうが寄ってくる。そういう女を貶めてやりた
いと寄ってくるを幸い、落としまくっているが、そうやって簡単にコロコロ落ちる女ばっか相
手にしているせいて゛女嫌いがますます悪化―ま、「饅頭怖い。怖いから食べちゃえ」と
やっていると糖尿になるよって話。

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 23:18:16.19
ロイエンタールの叛乱を企てた人って軍務尚書なの?
ラングが勝手にやっただけ?

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 23:35:17.94
地球教がやったがラングは自分でやったと思い込んでる
軍務尚書は黙認

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/26(日) 23:54:40.53
ロイエンタールがやったに決まってんだろwww

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 00:07:09.38
全員自分がやった/やらせたと思ってる
皇帝すらそう思ってる


888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 00:18:50.78
じゃあルッツと銃撃戦した部隊は誰の部下なの?

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 00:22:38.32
民主党は落選させる。

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 00:28:01.51
>>889
だからお前らネトウヨは嫌われるんだよ
関係ない板で政治活動すんな

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 00:42:12.27
皇帝に10億帝国マルクの懸賞金が懸かっていたけど、誰から
どうやって貰うつもりだったんだろう?
後で、ラインハルトの臣下達から報復されるとか考えなかったのかな?

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 00:51:39.03
>>890
反民主=ネトウヨって、余りに短絡的じゃないか?
不支持が5割を超えてるのに・・・

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 00:55:06.39
どっちにしても板違い

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 01:12:09.99
>>891
「暴れん坊将軍」で、吉宗が悪役の所に乗り込んでいった後、
後で報復されるとか考えずに吉宗を切ろうとするのと一緒じゃね?

…と自分で書いた後、だいぶ違う気がしてきた。

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 02:43:08.26
トリューニヒトは民主よりできる子

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 02:53:59.46
マーチジャスパーとビッテン似てない?

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 03:30:32.37
>>894
下っ端・末端兵士に限定するけど
暴れん坊将軍の場合は相手が吉宗と気付いてないor本物とは思ってないと思う
>>891の場合は相手が皇帝だと知った上なので
・地球教徒(実際にいたし)
・単純に金に目が眩んだ
・ロイエンタールや直属の上司への忠誠心の方が強かった
(皇帝は凄過ぎたり身分が違い過ぎたりで実感が薄い)
・直属の上司が↑だったので逆らえなかった
・俺が皇帝殺ったら歴史に名が残るよなとか一旗揚げてやるぜ的なの
とか色々あったんじゃない?

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 03:33:38.90
超銀河ゴルゴなら依頼者から(命を)取り立てるのもお得意だし、
自分の身を守るのも朝飯前。

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 03:40:12.71
おれのレベルはファーレンハイト

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 08:10:48.86
おまえら2ちゃんで人生磨耗してろ ばーかばーか

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 10:02:06.48
>>866
三国志はそもそもが歴史書なので、小説でも戦略に関してはしっかりしてる。
弱小勢力が強者についても外様の弱小のままなので
前にそこの嫡男討ち取ったけど同じ弱小勢力に賭けて手を結ぶとか、
土地は捨てるけど勢力の基盤となる民だけは連れて逃げるとか、
土地も民も兵も失ったので中規模勢力に居候し、
服従する振りして利用するだけ利用して土地も民も兵も全部手に入れてから敵対するとか、
その勢力が原因で主君や主だった重臣らが死んだけど、弱小勢力が生き残る為に全部忘れて手を結ぶとか。

戦術は歴史書そのままの部分はしっかりしてるが、赤壁や南蛮戦などのオリジナルは支離滅裂。

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 10:21:50.99
>>897
・将官クラスは麻薬で洗脳されていた
・ミュラールッツの方がカイザーを拘束したなどのニセ情報を流されていた


903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 10:23:33.55
犯罪捜査の懸賞金なら警視庁が払ってくれるけど、皇帝暗殺した
懸賞金を、誰が、いつ、どうやって払うのか 
金融機関もそんな支払しないだろう。
複数の兵士が殺したらどうやって分け合うんだろう。
考えれば、皇帝殺しても10億帝国マルク獲得なんて不可能なことに
気づかない兵士達が哀れなんだよな・・・・・・・・・。

まだ、地球教に染まっていた兵士が後先も考えずに、教団の敵だから殺すと
叫んでいた方があの場面は納得できたんだけどなぁ。


904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 11:11:02.00
ロイエンが皇帝になればそこから払ってもらえるんじゃね。
ゴ朝からロ朝へという交代が起きて数年という状況だし
もう一回天下が返る可能性もなきにあらず。


905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 11:14:09.36
>>903
森で遭遇した兵士たちは完全に金目当てだったからな。バックは地球教だろうから
それくらいは現金で教団にあるんだろう。ほんとに支払うかどうかは別として兵士
たちにはそう思い込ませるだけの見せ金的なことはやったんだろね。

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 12:32:34.52
一帝国マルク=100円ならそんな突飛な額でもない

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 12:47:38.45
>>906
1000億って個人にはとんでもない額と思うが。

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 12:52:15.99
>>907
現代の先進国の国家予算にも満たないし各勢力の貴族や豪商なら持っていたであろう額だろ
ラインハルトの首の賞金だとしたら支払われてもおかしくはない

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 13:00:23.54
>>908
個人にはとんでもない額、つまりそれで動かされる奴が出てくるって意味ね。
どう支払いを信じこませるのかが鍵だがな。

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 13:47:32.15
>>894
将軍様の場合、主犯格はどの道アボーン決定だから。その場を切り抜けばなんかなる(将軍
が死んだとなれば、幕府がひっくり返りかねないから、その経緯なんか年単位で後回しだし
可能性に賭けようという気にもなるだろ―ヤケというが。
「お忍びで成敗しに行って、返り討ちにあいました」なんて恥ずかしくって報復なんてねぇw


911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 13:52:59.90
>>903
そこまで頭が回るヤツは騒ぎに便乗するふりはしても、関わらないだろう。
追いかけられるラインハルト側視点だから、多数=全兵士に見えるだけで、実際どれほど
本気にしてやっていたかは、? ガチなの地球教絡みのラリッてた連中くらいだろう。


912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 14:43:59.86
絶対後世でロイエンタール隠し財宝伝説とか広まってるよねw

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 15:11:57.59
サイオキシン麻薬やゼッフル粒子って現代に存在するの?

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 16:05:01.80
>>913
ググッてみりゃあわかるだろ。

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 18:11:00.49
わかんないから聞いてるのに…

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 18:17:41.40
まじめに聞くような質問?

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 18:47:50.72
痛すぎる

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 19:36:51.14
ロイエンタールの心をラインハルトが理解してれば反乱は未然に防げたかもしれんのになぁ
ロイエン自身もカイザーに頭を下げるのは当然だといってるし
ミッターもロイエンタールが膝を折るのはこの世でカイザーラインハルト陛下のみといってるのに
ラインハルトはロイエンタールはそんなに俺に頭を下げるのは嫌なのかって言ってるからなぁ

やっぱ天才には凡人の心は理解できなのか・・・・

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 19:51:31.03
凡人というか、ラインハルトには他人の気持ちなど理解不能。

アンネローゼがキルヒアイスのこと好きだったんじゃまいかと
全てが終わった後にようやく疑うことができる程度。

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 19:53:25.99
どの漫画や小説でも天才はなぜか人の気持ちだけは理解できないもんな。

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 19:55:47.45
>>918
付き合いが長いミッターマイヤーです理解には至らなかったねじりまくった破滅願望を
人一倍そういうのに疎いラインハルト分かれというのは無茶以外なにものでもない。
大体、叛乱時ロイエンタールは自分も自分をわかってなかったろう。他人に理解なんて
不可能だ。

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 19:59:08.99
そんな精神異常者に付き合わされて大勢戦死したのがな
本来必要ない戦闘でもあるし

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 20:06:03.98
平民は畑で取れるからおk

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 20:49:01.19
昔キャベツ畑人形ってあったなあ

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 20:51:08.53
そんなんLSIゲームしながらバッテンロボ丸見てた時代や

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/27(月) 23:27:50.30
キャベツ人形のゲームなら、MSXでも出てたぞ。
つまりLSIゲームはとうに廃れてファミコンが世に広まっていた時代だ。

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 01:12:38.50
ルドルフっていつから狂ったの?アイランズ君教えて?

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 01:28:27.64
軍人やってて海賊討伐してた頃には既に狂ってただろ

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 02:36:47.73
>>927
海賊討伐しているだけで何故か自分の人気が上がっていくアホな世間の有り様を見て
これはイケる、と勘違いしたんだろ

フランスの移民暴動を鎮圧してただけで大統領になって、勘違いの極みを見せたサルコジに似てる

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 03:07:12.81
民衆の変節っぷりはヤバイ
日露戦争前後のアメリカの世論とか
お前ら勝ち馬に乗りたいだけやんかと

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 03:08:02.09
銀英ぐらいの人類の居住エリアでも知的生命体っていなそうだよな

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 06:18:53.51
出さないって作者公言してるんだからいるわきゃない。
あと、クローンとキャラとしてのロボットも。

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 10:32:05.42
>>930
当時のアメリカが注目していたのは勝った日本じゃなくて、負けたロシアの方
当時、欧米諸国では植民地争奪レースに一区切りがついて新しい植民地先として中央アジアやロシアの地が注目されていた
でロシアを弱らせて食い物にしやすくしてくれた忠犬日本にはよくやったというだけで餌はやらなかった
それが、ポーツマス講和条約において日本の権益が一切広がらなかった原因

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 10:41:57.23
このスレも残り少ないので埋めのつもりで書き込むけど、
某スレでラインハルトのAAを使ってアメリカの初代大統領ワシントンの
辞任の挨拶が語られている。興味ある人は読んでみて欲しい。
あれを読むと民主主義はやはり価値があるなと思ってしまう。
惜しまれながらも2期で辞任したワシントンと、終身大統領から皇帝になった
ルドルフの違いとかも考察してみるのも面白いかも。

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1343461655/l50

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 12:01:15.96
民衆って言ってんだろ

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 17:32:15.87
唐突にすみません。レンテンブルク要塞の攻防の際にドズル、いや江田島、もとい郷里さんが
若本さんにおっしゃられてる言葉で「○○のロイエンタール」というフレーズがあったんですが、
あそこは自分には「ててろくろみや」と聴こえたんですが、いったい何とおっしゃられてるのか
お教えください。小説板でする質問ではありませんがよろしくお願い申し上げます。

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 17:42:22.48
アニメスレで訊け不届き者>>936

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 17:50:08.43
>>936
heterochromia

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 17:59:30.84
ヘテロクロミアだったけ
オッドアイという方が今時は通りがいいが

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 18:23:03.54
>>938-939
すみません。ありがとうございました。

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 18:27:04.18
>>927
ルドルフは狂ってなんかいない。
本人と側近は、ルドルフの正義を信じて市民の弾圧や虐殺を行った。
だからこそ、連邦の市民は救われないというか悲惨だと思う。

ただ、大統領としての任期が終わって引退していれば
銀河連邦を改革した偉大な政治家として歴史に名を残したとも思う。
そう考えれば、終身大統領になった時が運命の分岐点だったかも・・・・・

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 18:33:39.91
>>937
すいませんでした上級大将閣下

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 22:24:30.41
カイザー病篤しの報を受けたド・ヴィリエは地球教最後の実働部隊を率い、AD世紀の発掘宇宙戦艦ヤ○トでカイザーに決死の総攻撃をかける―――
とかいう妄想をした。


944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 22:29:25.66
>>941
狂っているいないは別にして
「皇帝になって世襲で銀河を支配しよう。
 あと部下たちは貴族にして平民の上に置こう」と考えて実行してしまうのは凄い。
封建制復活なんて何百年ぶりなんだ?

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 22:56:07.06
原作だと、西暦2801年に宇宙歴に改元しているから千数百年くらいかなぁ
ルドルフが終身執政官から皇帝になろうとした心理的変遷は興味があるね。
モデルは、ローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスかな。




946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 23:00:03.05
>>944
いや、今の競争格差経済を支持するエコノミストの意見は、真面目にルドルフ封建社会の雛型っぽい
城繁幸なんて「福祉は無意味、大企業や金持ちをもっと優遇して競争勝ち抜け」と放言している

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 23:14:05.92
民衆の、『誰かが』なんとかしてくれよ』精神がつづいて、ルドルフは「こいつら奴隷か?」とか思い出して、
少し強硬な政策うちだすも、民衆は反発せず→『俺、神じゃん(・∀・)』て感じなのかな

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 23:14:52.46
ルドルフの「劣悪遺伝子排除法」は究極の社会福祉切り捨てだからな。
支配者にとってこれほど都合の良い法律もないな。
それを実行できたルドルフは確かに怪物だな。

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 23:19:03.87
>>947さんの意見が当時の社会状況をよく表しているかも。



950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 23:32:25.29
だが、帝国には貴族を除く大金持ちはいなかったわけだが

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/28(火) 23:34:02.59
実は、銀河連邦末期も福祉予算が増大して国家財政が破綻したので
ルドルフが財政立て直しのために口実にしたと妄想した。

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 00:05:17.40
橋ゲーが終身執政官になって、精神異常者を安楽死させて、貧困者を投獄してロボトミー手術すればええのに

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 00:09:07.02
帝国も門閥貴族が既得権益を確保して、同盟は汚職官僚が既得権益に貪るわけだが、
どちらも救われない未来だな

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 00:30:07.31
マルクス共産主義を宇宙でやるマンガないの?

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 00:34:01.75
ハイネセンの長征1万光年の旅が、マルクス共産主義の世界だったかもしれないよ。
閣僚が委員長というのはその名残りかも。

956 :(゜∀゜):2012/08/29(水) 00:46:49.54
>>927
銀河連邦時代のルドルフは、
多少独善的であっても強力な指導力で改革を実行した有能な政治家だった。
そしてそれは多くの銀河連邦の市民にとって待ち望まれた強力なリーダーそのものであったことは間違いない。

ただ原作の記述によるとルドルフの自己神格化は徐々に進んでいったとあるので、
権力を握ってから変わったと考えるべきなのかな?

ついでに原作では、自分の部下たちを貴族階級にあげたとき、
全て白人でゲルマン風の姓を授けたとき、知力の衰えを指摘している学者がいることが示されている。


957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 00:47:17.05
>>955
毛沢東

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 01:12:46.41
もしかして、ルドルフは歴史マニアで神聖ローマ皇帝のファンだったのかも。



959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 01:24:32.66
>>956
>>947のレスで言われているけど民衆がルドルフのする事にマンセーするもんだから
変質していったんじゃないかな
ある意味、銀河連邦の市民が皇帝を作ったとも言える。

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 01:32:06.91
しかし、神聖ローマ帝国はどうなのよ。
シェーンコップに焚きつけられて
ヤンが漢王朝の劉の字名乗って
宇宙漢王朝を復活させてもらいたかった。
もち、ポプラン、アッテン、ユリアンは
かん官になるw

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 01:45:20.40
銀河漢王朝の方がかっこいい

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 02:07:02.99
ふと思ったけど、シェーンコップとロイエンタールは、
女を抱きまくって、当然の結果として子供ができた。

ポプランって、もしかしたら種なし?
現代のコンドーム使用時の避妊成功率は8〜9割と言われているが
未来の避妊方法でもゼロではないとすると、相手した人数から考えれば
疑問が残る。

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 02:09:56.21
       _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | このスレを読んで久々にワロタ
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | 
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < 今の新参は本当の主人公が
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | 私であることを知らないから困る
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 02:11:05.64
ポプランはサイオキシン麻薬で種なし

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 03:55:59.56
避妊しないで隠し子つくる方がアフォ

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 06:51:50.07
種をまいても実らせるヘマはしない。。。なんかちょとこわいセリフ。
最初から種をまかないならわかるけど。

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 12:39:15.69
アリとキリギリスではないが、ポプランの未来は廃屋で
孤独死する老人の姿しか思い浮かばんな。

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 16:37:57.04
ポプランは年下の面倒見がいいから
そんなことにはならんさきっと

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 17:11:53.91
結婚して落ち着いて、良き夫で良き父親になるかもしれないし
遊びまわって生涯独身でいるかもしれないし、どうなるかは
ポプランしだい。



970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 18:13:36.23
ポプランの将来の話題がでてきたので生き延びた
イゼルローン共和政府の幹部の未来について妄想

F・G・ヤン夫人 ハイネセン自治政府初代代表
キャゼルヌ   自治政府初代防衛大臣
アッテンボロー 警備艦隊司令官(ヤン艦隊の残存で)
スーン・スール 警備艦隊副参謀長
ラオ      警備艦隊参謀長
マリノ     警備艦隊副司令官
バグダッシュ  情報部部長
カスパー・リンツ自治政府代表護衛隊長

ユリアンは大学にいって歴史学の勉強するかなと想像。
カリンはそれに付いていくかも。

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 18:36:51.49
カイザーの事を芸術品呼ばわりするメックは不敬罪で逮捕だよね

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 18:46:19.06
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_96
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1346233476/

新スレ立てた

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 18:54:50.11
オーベルシュタインにとってもラインハルトはある意味
自分の構想を具現化する道具だしな


974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 21:12:44.20
>>970
その妄想をここじゃなくチラシの裏か自分の日記帳に書いてたらよかったのにな

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 21:23:48.53
芸術品は悪口じゃないから不敬罪には問われんだろう。
金髪の孺子なら即逮捕だと思うけど。

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 21:25:56.36
原作で逮捕されてないのに不敬罪で逮捕だよね
って書かれてもなぁ・・・
一体どういう答えがほしいの?

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 21:29:34.19
金髪の小僧いってもスルーされるけど
姉の悪口いったら即極刑だよ

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 21:35:05.54
回天篇でラインハルト暗殺未遂犯が「金髪の孺子」叫んだら
不敬の大罪になるて地の文があるよ。

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 21:40:29.29
しかし 24歳の男性を孺子呼ばわりするのもなんだかな・・・・・・。
他の悪口はないのか?

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 21:46:21.22
周りはそれより一回りも二回りも上な人間ばかりわけだ。
それを考えれば24でも「孺子」だと思う。

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 21:48:55.01
「貧乏人のこせがれ」てなかったかな?

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 22:21:28.20
ニートや学生にはわからんだろうが
社会に出たら24なんて若手のペーペー

983 :(゜∀゜):2012/08/29(水) 23:34:57.59
>>959
そうなんだろうねえ。

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/29(水) 23:46:34.63
ラインハルトを、簒奪者とか反逆者とか裏切り者という罵声は無いんだよな
ゴ王朝から見ればそうなんだけど。

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 00:05:58.46
ゴ王朝への忠誠心紙吹雪

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 02:20:12.93
>>984
幕末の吉田松陰を「テロリストの親玉」、
高杉晋作などを「テロリストの実行犯」
とは見ないのと同じでは?

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 02:23:04.21
>>984
ローエングラム朝の後世の歴史家の本しか残ってないから

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 03:34:37.80
ベスターラントは検索出来なくなってるから

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 06:34:38.39
そんな地名出てこないからな

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 07:05:39.01
銀英伝が書かれ頃にネットが発達していたらルドルフは金盾みたいなものを導入してたんだろうな

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 09:10:39.02
本編外伝ふくめて1980年代だからネットは全然普及してないな。
まだパソ通全盛。

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 09:55:38.73
それ以上に、星系間でネットワークを形作るにはまだ通信網が低速すぎる気がする
だから携帯電話同様に、ネットは当時衰退してたと見るべきだろうね
人口数百万の惑星が銀河系のあちこちにバラバラに散らばっているようじゃネットの強みが出せない

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 11:18:12.00
分割して統治せよ

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 11:30:16.14
商業繁栄の極地みたいなフェザーンでさえ開拓地があるし
基本的にスッカスカなんだろうなあの世界

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 11:32:39.15
1000get

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 11:36:13.58
人類の生存圏の広さに対して総人口が少なすぎるんだろうね

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 11:37:42.97
あんだけスカスカだとインフラのコストが高く付きそうだが。

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 12:46:49.73
だから、同盟ではハイネセン以外ではかなりインフラに投資してない感じ
発展途上国にありがちな、その国の首都以外ではまともな現代生活がおくれないというパターン
辺境エコニアなんかは、道路舗装すら簡易舗装だったな

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 13:43:58.41
そんな時代に書かれたにも関わらず、航路データを軍務省のコンピューターにバックアップという
現代でも通用するアイディアが出てくるのは、割と先進的。
そのセンスを他の場面でも発揮してくれていたら…。

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/08/30(木) 13:44:25.77
あ、あいでぃあ……?

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

233 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)