5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問Vol_83

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 00:01:07.68
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。

必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう。

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問Vol_82
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/sf/1319982703/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 01:20:43.69
>>1乙プロージット!

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 01:29:49.94
>>1乙プロージット! 新しいスレに―――
もたらされるべき議論に―――


4 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/11/23(水) 01:33:46.19
オールリセット。

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 04:33:24.66
       ____,、、、、、,_
     ,、-'"      ニ-、
   /           `:、
   i゙  ,;i  〃,ア""7ゥ-''f`i, ゙i
  l゙  〃 〃ハ!  i゙   ,ノ ハ, |
  |  _,ィン'",,ノ_|,_` ー  __,| i
  ,|  ,、,,彡シ ィー-ニ,,`_ ,,ィニ|,リ
  |  イr、∨ ,三ィゥミ`"i゙ <='了゙    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ((  !.い゙ i  -、,,/  !. |``,リ    < 1乙であった 二階級特進させてやろう
 |`ーミ,_-、」゙ヽ   __<,;;__」 ∧、    \________
_,」、  `'-、`ヽ ィ'zニ-←,>!:::::::゙>、,,_
  \    `i.| ´ `""´/゙.::;/
  _,,..>.    |.|`''-、__,,/i;::;/====
=ニー  \  | !`「ヽ`か`'( i'
        | ト」 ヾi | ゙i|


6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 06:21:49.84
皇帝のAAもあるのか……

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 10:48:32.49
>>1と今日誕生日の俺にセルフプロージット

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 11:24:53.52
>>7
プロージット!新たなる歳に

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 14:53:37.81
>>1

>>7
手酌は出世しないってね。おっとっとっと(金朋)

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 17:11:56.16
千億の>>1乙、千億の>>7オメ
早速質問、というか個人的な興味なんだが、やはりこの時代にも駄作兵器ってあるんだろうか

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 18:00:19.18
アルテミスの首飾り

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 18:42:50.88
あれも使い方次第な気もする。

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 19:22:35.13
イゼルローン要塞主砲の射程範囲外に設置すればいいんじゃね?

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 19:30:10.67
じっくり攻められたらいかようにも料理できるってバレちゃった後は使いようがないだろう
せいぜい奇襲防止ぐらいか
アレのコストがどのぐらいかは分からないから何とも言えないけど。一個艦隊レベルって事は無いだろうな。

奇襲防止と言えば、正にバーミリオンが唯一有効に役立ちそうな場面だったが惜しい事したな。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 21:02:49.17
あれを艦隊で曳航できんものか

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 21:23:16.64
漫画のとかみたいに機動してシフトを組んで迎撃ということなら
コントロール側の指示で軌道変更して氷塊を避けるということもできそうなものだがな
ハザードラム加速だと氷塊をミサイルみたいに高機動で目標を狙うということは
無理だろうしミサイルやビームで攻撃しながらのんきに当てられるを待ってるのもな

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 21:35:03.82
光速に近い速度でぶつければ、物理的に事前観測が不可能なので絶対にかわせないはず
しかし銀英世界では相対性理論が通じない可能性が高い

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 21:39:45.19
銀英の世界では光より速い超光速なるものがなかったか?

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 21:45:31.98
>>18
超光速通信があるね。
てことは、超光速探索があってもおかしくない。

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 21:46:22.40
>>17
>>18
まあ普通に氷塊の接近を事前に察知してミサイルで攻撃して無効なので次に
ビームで攻撃して無効というのをやってたから退避時間はそれなりにあったと思う。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 21:48:27.65
つまり相手の氷塊の軌道をアルテミス側では完全に補足していて
ミサイルとビームを命中させることが出来たということだな。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 21:49:53.59
同じ軌道通ってるならともかく、回避運動とらせた場合、超長距離から亜光速で正確に当てるのは相当難しそう

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 21:52:57.80
ひょっとしたら衛星搭載の武器が無効だった場合は体当たりしてでも
阻止しろというようにプログラムされてた可能性も

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 21:54:42.77
氷塊はアルテミスで破壊できないんだから、参謀本部に向けて落としまくれば
いいじゃないか。
なに、市街地を避ければ問題ない。ミッタマもそういっている。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 21:55:46.87
市街地よければ市民に犠牲が出ないとか
ないわ…

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 22:01:51.27
「できるだけ」害を及ぼしたくない

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 22:04:28.55
このスレ初カキコ。お手柔らかに。
いまさら話ようなことでなかったらスルーしてください。

オーベルシュタインが、ルビンスキーの情婦に
ロイエンタールの子を産んだ女の行方を尋ねたが、追及はしなかったのはなんで?

1.実はオーベルシュタインが送り込んだ
2.ミッターマイヤーのために、後々邪魔されないよう始末しておこうと思った
3.読者のために、代わりに聞いてみた
4.オーベルシュタインの好みだった

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 23:01:50.60
>>27
正解は 5
 
誰も興味が無かった

29 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/11/23(水) 23:05:28.40
超光速航法は現実世界でも実現して欲しいですよねー!?♪。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 23:11:58.74
なぜガイエスブルグをイゼルローンに持って行ったとき
他にも2,3個要塞を持って行かなかったのですか?

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 23:14:05.83
そうホイホイ持っていけるものなら他の作戦時にも持っていってる

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 23:19:39.64
具体的な作戦立案ケンプで出征時期は決められちゃってたし
予算もあるし、要塞は基地みたいなもんで持ってったら戦力の空白地生まれるし

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 23:24:37.13
>>30
アレ一個動かすだけですさまじい予算使っているんだよ
思いつきだけであんな無茶な計画をしたシャフトとラインハルトを恨むしかないな

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/23(水) 23:47:55.19
ぶつけて壊していいなら、最初からぶつけるようの氷塊もってけよ。

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 00:00:39.03
>>24
氷塊がどのくらいの大きさか知らないが、戦艦よりはでかそうだ。
そんなものが亜光速で落下したら、巨大な地殻津波が発生して、
市街地どころか惑星の住人が全滅するよ。

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 00:10:38.16
>>30
イゼルローンに通用する戦闘力を有する要塞がガイエスブルグしかなかったからだろう。
レンテンベルクやガルミッシュを持っていっても、要塞主砲はイゼルローンの装甲に弾かれ、
逆にトゥールハンマー1発で木っ端微塵にされ、犬死が増えるだけ。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 00:59:34.66
レンテンベルクは火力集中させたら核融合炉ぶち抜いて吹っ飛んじゃうから

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 08:03:12.31
レンテンベルクは小惑星くりぬいて要塞化したやつだしな
一応原作では要塞砲は持ってるから攻撃力はあるだろうけど防御力は残念な感じだね

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 10:39:17.00
>>35
要はブリティシュ作戦をやられたら防ぎようが無く(やるかどうかはともかくとして)
結局はアルテミスの首飾りなど無用の長物と言う事だな。
かえって、揚陸占領が困難と見た敵が絶滅作戦に出る可能性もあり非常に危険。

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 10:41:56.26
>>30
それは、何故アスターテで防衛する時に3個艦隊と言わず6個艦隊ぐらい持っていかなかったのですかと言ってる様な物

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 10:52:13.39
>>34
ガイエスブルグが推進装置で移動可能なんだから、同等の小惑星も移動可能にするのは可能だよな
一斉射撃すればミニトールハンマー並みと言われたアルテミスの首飾りでも止められなかったんだから
イゼルローンにも有効じゃないかとは思うよな

どっちにしろトールハンマーやガイエスハーケン(はアニメ設定だが)でも対要塞の攻撃力として不足しているんだから
弾除けとしてはガイエスブルグも小惑星も一緒。わざわざ国家予算を食いつぶすほどの予算を投じて作るような
要塞を使ってやる作戦ではなかった。

まあそこを敢えて解釈すると
1.大質量を動かす推進装置を取り付けるには巨大な発電設備と強固な構造体が必要で
 惑星の岩盤程度では耐えられない。
2.小惑星を動かせるようにしても、発電設備や推進装置を狙われる。
3.1.2の理由で結局小惑星を要塞並みに改造しなくてはならず本末転倒。

と、こんなところか

42 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/11/24(木) 11:16:23.32
幸福の科学の映画『太陽の法』の見た目の外見は銀河英雄伝説と良く似ているですよねー。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 14:45:22.12
>>34
ぶつけて壊してもいいというわけでもない。
「ぶつけてしまえ」は一種の比喩だ。イゼルローン要塞(とヤン・ウェンリー)を無力化できるなら、帝国軍全体として
はガイエひとつ死に戦力にしても戦略的には+―その端的な表現にすぎん。ぶつけて破壊しても、ヤンを無力化で
きるとは限らないからな(現実的なものを無視すれば、ヤンの言っていたように破壊した後で別の要塞持ってくる
or造ることもできるから、破壊しても回廊の制圧にはさして影響がない)。要塞持っていけるなら、その点で確実と
いうこと。
そこんところが理解できなかったから、ケンプはバカ正直に攻略しようとし、ラインハルトは器の限界と判断した。


44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 16:03:10.20
そもそもシャフトは要塞戦をやらかすのではなく、
回廊の限定的支配のためにぶちあげたような感じがするが

ぶつけていいなら、そこまで作戦を詰めておかなかった総司令部の責任な気が。

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 16:25:35.55
てかラインハルトも気づいてたなら
「あーぶつけて失くしてもいいよ」
って言ってあげたら済んだ気がする。

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 16:32:59.47
そんなこと、言われるまでわからない奴は用無しだと決め付けるのがラインハルト
外伝の第三次ティアマト会戦でも物分りの悪いノルデン少将を全力で蔑んでいた

要はケンプはキルヒアイスの代わりにならないんだから、速攻捨てた感じ
ケンプの代わりならいくらでもいるという

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 16:41:45.37
あんまやる気なかったけど、技術部門と軍政部門のトップ達が薦めるもんだから

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 16:42:41.37
>>46
ラインハルトのそういう所、ロイエンタールは気づいてたけど
ミッターら帝国軍人・市民は、大敗でも上級大将に昇格させたから
元帥は大敗を許し、ケンプの死を悼んでるって風に思って
ラインハルトにしてみりゃ、ちょろいもんだな

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 16:46:20.44
>>47
どこのダメリーマンだよwwwwww

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 16:51:44.61
ケンプ・ゾンバルト「お任せください!」

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 18:48:26.21
人材が少ないなかでやりくりして最大の成果を上げたヤンとは大違いだな

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 19:53:30.25
ヤンは自分ならイゼルローンを落とせると確信しててさえなお
シトレの誘惑にさんざん抵抗したくらいだから
ケンプやゾンバルトのような無邪気な迂闊さとは無縁だったな

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 21:41:22.18
ケンプはなまじ有能だったからな
空戦隊あがりで艦隊司令官としても優秀ってなかなかおらんぞ

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 22:58:57.94
確かに指揮官としては優秀だったが
ラインハルトの軍事面における全権の代理人としてはそれでは不足なのよ
キルヒアイスだったらできたけどケンプにはできない、では済まないんだよ

55 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/11/24(木) 23:03:00.73
銀河英雄伝説は素晴らしいリアリティのアクションが大人気ですよねー。

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 23:09:56.42
三国志のような演義なのに
なぜにリアリティ

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 23:17:07.23
リーダーとしてはひどいな。
ヤンに勝とうと思わずガイエスブルクをイゼルローンにぶつけろ
それがお前の仕事だ!
と怒鳴るのが真のリーダー

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 23:17:42.84
そいつは地球教の狂信者だ

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 23:22:51.17
ガイエ改修費用で戦艦が何隻新規建造出来ることやら

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 23:25:32.78
スレの流れ
アルテミスの首飾り
メルカッツ
年金
イゼルローン
ベスターラント
地球教

だいたいこの話題でスレが成り立っている

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 23:26:31.90
しかしマジでこの小説世界、これでもかというぐらい隕石投げ攻撃食らったらどうするの?

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 23:41:02.10
時間かけて本気でやられたら大概のSFでもどうにもならない
惑星吹っ飛ばせるデススターのスーパーレーザーでも威力も連射速度も限度がある限り

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 23:44:56.28
んじゃ、ちょっと違う話題でも


第二次ティアマトの結果、貴族仕官が大量にあぼーんして
平民出身の将官が出てくる土壌が出来た
それでも普通は平民は大佐にまでなったら辺境飛ばされてジエンドらしいが…


コーゼルはなんで出世できたん?

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 00:00:48.36
帝国の名将シュタイエルマルクが平民に差別意識を持たずにコーゼルを高く評価していた
ミヒャールゼンのスパイ網捜索を任されていた
統帥本部次長の職を約束されていた

いろいろ使い勝手の良かった人物のようで


65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 00:27:15.07
ただその3つの点から言うとデスクワーク向きの人材で
戦場向きではないのかもしれない。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 00:35:16.29
ああ、ちゃんと最前線の戦場経験がツィーテン元帥よりも長く、勇猛で叛乱軍側からも警戒されてたとある
元帥も55歳で後方に退く事になってたが、コーゼルも50歳で平民出身の大将だから
スパイの件がなくても、当時の帝国や後援者?ではこれ以上最前線で功績立てさせる事はできないと思う

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 00:35:17.61
軍務尚書が補給とか後方担当で、統帥本部総長が実際の作戦を立案して、
宇宙艦隊司令長官が作戦の実行なんですか?
でもロイエンタールも前線に出まくってましたよね?
同盟だと後方勤務本部長より宇宙艦隊司令長官の方が偉そうでしたよね?

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 00:42:46.67
大本営が最前線にあるし、ロイエンタールが前線に赴いたのは親征時の首席幕僚として

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 00:53:47.92
>>67
制服軍人のナンバー1が統合作戦本部長、ナンバー2は宇宙艦隊司令長官


70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 01:12:31.03
>>45
仮にラインハルトがそんなことを言い出すとしたら、それはラインハルトがケンプを完全に見限った時だろうね。
ラインハルトはこう言ってる。「 『 極 端 な こ と を 言 え ば 、 』 要塞に要塞をぶつけて破壊してしまってもよかったのだ」
つまり、ぶつけて失くすのは、あくまでも『極端なこと』なのであって、けっして称賛には値しないのだろう。

71 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/11/25(金) 02:52:57.71
>>63
原作で極めて珍しいと言われていたのは将官じゃなくて平民出身の「大将」だから、もともと中将までならそれなりに平民出身者はいたんじゃないかな。もちろん、大半の平民は大佐以下で終わるだろうけど。

そこから一階級上がる破格の昇進の後押しになりそうなのは、皇帝かな。当時はオトフリート五世あたり?

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 07:04:18.98
>>69
帝国ではナンバー1が軍務尚書っていいたいが、ラインハルトは
即位後も元帥だし制服軍人でもあるってことになるのかな?
 前王朝のフリードリヒ4世はそうは見えなかったね。このときは
軍部トップは軍務尚書ってことになるんかいな?

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 07:21:47.29
>>67
同盟と対比するとこんな感じ

帝国          同盟
軍務尚書       国防委員長
統帥本部総長    統合作戦本部長
宇宙艦隊司令長官 宇宙艦隊司令長官

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 09:44:11.65
>>72
同盟の役職の説明なのになんで帝国で返してんの・・・


75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 11:45:06.18
>>74
 同盟の説明は 69で終わってるから、今度は帝国の
方がちょっと気になっただけです。
 皇帝は軍人なのか?ってまあ大した問題ではないけど。

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 12:46:26.11
>>57
そら、リーダーの仕事やない。
中間管理職―というか、現場監督の仕事だ。
上級管理職としての器量を見るのに、そこまで言わなきゃならんでは意味がない。

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 13:00:46.55
>>75
質問して納得いったならそれなりの返答の仕方ってもんがあるんやないか、オイ(ヤクザ風)

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 13:01:08.78
>>59
最大級のエンジン12基がさっくり調達できたというなら既存の物を流用しただけだろうから、あとは取り付けとガイエ側の改造くらいか―新規開発分が
ほとんどないから、規模がデカイだけで単純に作業分だけかも。
それで要塞なんて戦略級のシロモノに機動力が付与できて、使い方次第で戦略意義も未知数となれば、戦艦
何隻分の費用か? なんて、みみちぃ貧乏人思考だな。

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 13:42:39.49
>>72
皇帝は「王」としか言う他ない。皇帝は「王」―国家主席として、官僚としての三長官を指導する立場。
元帥は軍事面での「王の補佐役・代理人」であるから立場的には軍部より上。でも、指揮系統には入ってない
「王のスタッフ」なので、組織図的には「軍部」のトップは―帝国なら軍務尚書ら三長官(上がラインハルトでも
フリードリヒでも変わらない)。
ラインハルトの場合、元帥になって以降は皇帝orその代理人として直轄していたから、全軍が直接指揮下に
いるように見えるだけ。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 13:49:42.66
>>79
 回答ありがとうございます。つまり皇帝はもはや軍人では
ないということでしょうか。
 ただ、元帥が軍部より上というのはどういう意味でしょうか?
(皇帝になったあとのラインハルト限定のことですか?)

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 14:09:23.09
バカバカしい。過去のパターンに拘泥する必要がない。
専制者なんだから。

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 14:15:06.15
リップシュタット以降は元帥としてではなく宰相として皇帝から全権を預かる身
元帥が軍部より上とかいうのはおかしい
軍務尚書は皇帝の閣僚の一員として軍部を代表する
統帥本部総長は皇帝の代理として帝国軍の総司令官を務める、但し席次は軍務尚書が上

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 14:20:21.78
いつもの人なんだからスルーでいいだろ

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 14:49:12.06
>>80
皇帝は「王」という階級―それ以上でもそれ以下でもない。軍部に属し、禄を食んでいる兵卒や士官のような
一般的な意味での「軍人」ではない。本人が「朕は軍人である」と思っていれば、軍人「でもある」だろうね(どう
自覚しようと、国権として軍を指導する「最高司令官」として軍人格は帯びる事になるが)。

>元帥が軍部より上というのはどういう意味でしょうか?
軍の最高司令官である「王」に属する補佐役で、制度によっては代理人として軍を統率することもあるから
「指導的立場」という意味で「上」(軍部内の者の視点ではなく、国家の視点で戦争、軍部を見て意見する
立場ってこと)。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 15:56:53.22
皇帝に対してのみ責任を負うって意味じゃなかったっけ
尚書と同格みたいな

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 16:58:22.47
>>70
イゼルローンをまともに落とそうと考えるほうが称賛できないはず
ヤンもラインハルトもそこらへんの認識は一致しているよ

対イゼルローンでは力技は無能
したがってガイエルブルクであろうとも別になんらかの手段は講じるべきという感じ

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 17:38:02.77
ロ王朝に入ったらイゼルローン要塞戦は消耗戦が可能な範囲なら消耗戦でいい
正直ぶつけなくてもずっと要塞砲撃ち続けて、相打ちで構わない
破壊はできなくても母港の機能を低下させ、同盟が待機している帝国艦隊の攻撃の合間jに
修復が難しい程度の被害を与えれば勝ち

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 18:16:03.86
ヤンも国力差をいかした力技を恐れていたのにが、美しく戦って完勝してイゼルローンを攻略しようとしてたのが間違い
このとき帝国統帥本部総長代理と宇宙艦隊総参謀長を兼任して作戦集団の責任者だったのは
オーベルシュタインだが軍部のパワーバランスばかり気にしていたのが惜しまれる

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 19:12:11.16
>>87
緒戦は相打ち上等で接近しつつ、撃ちまくり―実はメインポートゲート狙い撃ちで母港機能を殺す(ある程度、損
害を与えられればいい)。
予め展開しておいた艦隊で駐留艦隊を封じつつ、損害を広げる。後は適度な間合いでにらみ合い(時々、修理
妨害の攻撃)に持ち込めばいい。
要塞ひとつと二個艦隊が死に戦力になるが、それでヤンを封じられれば安いもの(艦隊は交代を送れば無問題。
どうせガイエスブルグは余剰戦力だし)。


90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 19:21:31.39
>>78
加速に耐えるだけの構造強化だけでもかなりの工事になるだろう。
もともとは軌道をめぐるような代物だし加速に耐える様な艦みたいな構造ではないだろうと。
あの大質量を動かすエンジンやワープ機関だけでもかなりの費用で
単純な工事ではないと思う。
まあ普通に後継のものが出なかった時点でラインハルトとしても存在意義自体に
重要性はないと思っていたのだろうな。


91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 19:26:57.99
ラインハルトは貧乏性だぜ

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 19:53:28.36
コスト感覚に優れると形容したほうがいい

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 20:20:38.92
「ものは言いようだが、聞くほうにも限界がある」

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 20:29:02.33
ラインハルト陣営は浪費屋はあまりいないだろうな

ラインハルト自身が金使わない性格だろうというか私服持ってるかさえ疑問だわ
何時も軍服だけかもしれん

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 20:37:19.77
何度読み返しても疑問に思うんだが、
階級ごとの指揮する艦艇数って、大体決まっているんだろうか?
大将で何隻、中将で何隻とか。
それで行くとローエングラム王朝時の艦艇数ってえらいことになっているような…・。

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 20:52:00.66
前もあったけど大佐で数十隻の部隊
准将で数百隻、少将で3000隻、中将で1万隻〜を指揮している描写が本編にある

指揮しうる艦艇数であって、別に常時階級毎の指揮下にあてがわれているわけでもないし
元帥や上級大将の指揮下に大将、中将の指揮する艦艇も内包しているだろ、と

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 20:57:46.55
>>96
帝国の場合、双璧オーベルが元帥、他の主要提督クラスが上級大将になったあたりで
司令官クラスは一階級インフレした感はある。
艦隊司令官が大将から上級大将になった感じ。

同盟は、艦隊司令官は中将で一貫してるな。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 21:10:06.15
開幕直後に一掃されて階級抜けたのに艦隊余ったからなー元の鞘に納まったのかもしれないが、
元帥大判振る舞い時代とかもあるし割りといい加減だ

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 21:28:52.20
>>95
階級ごとに足し算する気かよ・・・・・・

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 21:37:44.47

>>75
勘違いして頓珍漢な回答しているだけに見えるが

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 22:58:11.12
リップシュタットで帝国の艦隊戦力は3分の2くらいになっているような気がする。
親征後の回廊の戦い後はさらに数を減らし、アムリッツァ期に比べ半分くらいになってないかね。



102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 23:22:37.36
新しく艦艇が建造されていることが計算されて
いないんじゃないの?

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 23:27:51.52
艦隊の数は同じでも一個艦隊あたりの艦の数が増えていたりとか
同じ一個艦隊でも末期の同盟は質と数の面で劣ってるかもしれない


104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 23:41:14.64
今日の流れはもう全部原作嫁でいいんじゃないかな

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 23:44:56.48
帝国には艦隊の湧き出る魔法の壷があるってことでいいよ

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 23:45:12.67
てか、現代軍隊で、それも一番士官の割合が少ない陸軍で、
大佐が二千人程度の部隊の指揮官であることを考えると、
どう考えても階級足りんと思うんだよね、あの世界の軍隊。
あの世界の戦争じゃ将官が十階級くらいあってはじめて事足りるくらいの人数が動いてる。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 23:45:38.72
同盟軍は、ランテマリオ会戦の時 同盟全域から集めた
艦艇が3万2千9百隻 兵員520万6千名。
これが、ヤン艦隊を除く全兵力のはず。

ビュコックが、艦隊が消失した言うほどの損害を受けて
いるはずなのに、1年後のマル・アデッタ会戦では
2万ないし2万2千隻 兵員230万ないし250万
用意して大敗している。にもかかわらず さらにヤンの元に
2万8840隻 将兵254万7400名集結している。

おかしくないか?


108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 23:49:16.57
ビュッコクは神の如き采配をふるうからな

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 23:51:10.34
その「同盟全域から集めた艦艇」の意味するところがが、
「現在同盟が所有している艦全部」のことなのか、
補給事情等を鑑みた上での「最大動員兵力」のことなのか、によるかと。

原作も細かい部分になると記憶あやふやだけど、どっちだったかな。

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 23:51:12.23
調達基準を変更

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 23:54:30.61
兵員は徴兵制ということから予備役というか徴兵期間の終了した人も動員するとして
艦はローテーションで修理や整備でドック入りしてたのや、新造したの引っ張りだしてきたという可能性もあるな
今の空母何かでもローテーションでドック入りさせたりするため最低でも
2〜3隻は必要とかだっけか

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 23:58:36.51
兵士については、退役した士官や徴兵が終わった
兵士が現役復帰したということにすれば辻褄が合うと
思うよ。






113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 00:10:05.55
貴族趣味のロイエンタール元帥というが、舞踏会を開くわけでも、狩りをするわけでも
藝術を愛でるわけでもなく、ワイン談義も競走馬の品評もやらず、漁色なだけ。
貴族趣味?

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 00:11:09.65
おもしろ動画でタイの海軍に配属が決まって気絶する新兵ってのがあったけど
帝国軍も宇宙艦隊より憲兵隊とか陸戦隊のほうが生き残れる確率が高いような気がする

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 00:29:41.88
>>113
間違っても貴族にはなれない、無知

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 00:35:06.61
陸戦隊は敵地に向かう戦艦に乗ってそのままちゅどーんがありうる
憲兵隊の生存率は高そうだが

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 00:38:11.05
>>113
近世西欧寄りに偏ったイメージすぎないか、その貴族。

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 01:10:51.72
>>117
でも、ゴ王朝の貴族なんて、そういう風に描写されてない?
他に出来るイメージってあったっけ?

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 03:41:56.62
ロイは金持ち貴族出身だから、一番貴族らしいって描写だけで
本人は床だろうが天蓋つきベットだろうが、どこでも寝た

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 04:15:49.83
貴族らしさって何?

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 04:26:27.19
物腰とか雰囲気とか、そんな感じだろ。

「マイン・カイザー」という発音が最も綺麗だったとかとも書かれていたし
クイーンズ・イングリッシュみたいな貴族言葉を普段から使ってたとか。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 08:15:03.76
朝食が白ワインとチーズってのは貴族らしさに
入るかな?

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 09:16:04.31
確かミュラーがロイエンタールに一緒に朝食はどうだ?って
勧められていや結構ですって断る描写があったような気がしたが
流石に気軽な会話しながら食べられないからミュラーは断ったんだろうな

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 09:52:46.62
謀反の疑いで出頭促しに来たわけだからねえ。

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 10:20:57.80
>>107
艦艇には整備中とか修理中とか言うのも含まれるから
アスターテやアムリッツァで損傷した艦艇をランテマリオまでに全部復帰させるだけの時間がなかったと考えるべき

126 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/11/26(土) 10:27:37.73
銀河英雄伝説の生活の描写も楽しいですよねー。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 10:54:53.24
>>111
>今の空母何かでもローテーションでドック入りさせたりするため最低でも
>2〜3隻は必要とかだっけか
シフトに穴空けないための「理想」だわね。財政とか難易度の高さからなかなか揃えられる国はない。
おフランスのように半分意地で、虎の子の原子力空母一隻でヤリクリしてる国もあるし、海軍国イギリスでも現役
艦は軽空母クラスのインヴィンシブル級二隻しかいない。正規空母を複数ガッツリ運用しているアメリカのチート
ぶりがわかる。


128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 11:36:32.48
>>123
バイエルラインじゃなくてか、そんなシーンあったっけ

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 12:28:40.43
>>128
あったあった「雷動」だな。

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 12:37:33.39
アニメか、じゃあわからんわー

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 13:04:19.35
その場面なら原作、6巻のエルフリーデの登場辺りにあるよ

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 13:10:07.28
そこはバイエルラインだって

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 13:11:39.09
原作にあるじゃん。正確には勧められたのは朝食後のコーヒー
だけど。

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 13:21:36.44
ミュラーのは、ロイエンがエフルリーデ囲って妊娠させてるのが分かった件での訪問で
コーヒーすすめられても、とても飲む状況じゃなかっただけで
普通だったらミュラーも飲んでたと思う

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 15:12:45.20
普通だったら訪問しないけどな
双璧組とメックリンガーワーレンケスラー組以外
プライベートの付き合いってあったかねえ

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 15:25:35.29
職場の同僚と私生活で親しい必要はないが、バイエルラインは口実を見つけるたびにミッタマイヤー邸を訪れてそう。


137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 18:24:13.80
まあ現代日本人と違って同僚の付き合いは多いだろうなー

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 18:40:12.68
30歳以上の人間しか出来ないっていうけど
兵士は30未満なんだろ
スールみたいな司令部の人間だけ除いて
最前線の30未満の兵士を参加させるなんて
とんだ茶番だな

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 18:40:16.23
アニメではメックリンガーがピアノヒイテチヨーダイしてる横で
双璧二人が飲みつつファーレンハイトを扱いづらい扱いしていた気がする

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 19:03:17.82
>>138
そこは一兵卒に至るまで30歳以上で艦隊を編成したと解釈してあげるのが優しさ。

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 19:09:13.41
普通に志願者集めてたんだろうな
なんせ徴兵制度のある国だから70超えの志願者とかいたかもしれん

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 19:14:15.93
まあ、ナポレオン時代のフランス最強部隊は、熟練兵で構成される老親衛隊だったらしいしな。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 19:16:52.85
じゃあそーなると
体力的に下り坂の寄せ集め軍団に
目の前まで迫られた帝国軍って一体…


144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 19:25:34.58
白兵戦するわけじゃねーし
壮年期の方が能力的なバランスは良い

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 19:43:24.37
バーミリオン会戦でヤンがハイネセンを狙う別働隊に対して無策だったのはなんでなんかな?

@実はビュコックの残存艦隊をはじめ相当の戦力はあったが、トリュートニヒトのせいで交戦機会を奪われた
A双璧がラインハルトの危機を見捨ててまでハイネセンに進軍するとは思わなかった
B描写がなかっただけで、ヤンが配置してた防衛艦隊が双璧にフルボッコ
C首都占領されてもすぐに降伏したりはしないだろ、その間にラインハルト殺っちゃえば…→あれ?

ちゃんと理由の描写があるのに見落としてたらゴメン

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 19:44:49.29
分散させても無駄死に

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 19:46:07.28
>>143
アメリカ軍のテストパイロットとか宇宙飛行士の選抜基準は、
妻帯(または夫持ち)が必須で子持ちもポイントアップ要素とか聞いたことがある。
その分年齢は高くなるけど、守るべきものを持ってる人は、危機に陥ったときに生き残ろうとする意識が違うらしい。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 20:07:25.69
>>145

別動隊が、戻ってくる、もしくは、ハイネセンまでたどり着く前に、ラインハルトを殺っちゃう作戦だったから

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 20:29:38.38
なんでアッテンボローが、帝国軍の名将らに認められないんだろ?
ヤンとメルカッツくらいだし

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 20:37:39.16
ラインハルトも分艦隊くらいの時はいくら戦果挙げても小ざかしい奴くらいにしか思われてないし

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 20:40:15.90
ビッテンフェルトによると共和主義陣営の将帥はヤンひとりだからな。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 20:40:43.03
帝国軍はアッテンボローに限らずヤン以外に対しては全くといって良いほど関心がない

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 20:50:14.21
>>152
ヤン以外の同盟軍将官なんて論外と思っていたんだろうな。実際、アムリッツアでフルボッコしたわけだし。
アッテンボローが優秀っても所詮は分艦隊司令で全体への影響力は限られるし、能力的にバイエルライントと
互角ってんでは双璧どころか諸提督の誰にもかなわんわw
その点、メルカッツは帝国軍時代の実績が違うから、軽く見られることもない。

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 21:03:57.40
アレクの名前って、別にビュコックに対するリスペクトとかじゃないよね?

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 21:38:36.06
ってか、ポジション的にもキャラ的にもアッテンボローの能力値はもっと高く設定してあげても良かったと思うんだ。
ポプランもシェーンコップもキャゼルヌも各々の専門分野ではチートなのに。

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 21:45:16.61
>>154
キャゼルヌカワイソス

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 22:02:27.61
>>155
逃げるフリの専門家だろ


158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 22:15:54.57
>>154
 それは私も思ったな。ジークフリードだけでいいと思うんだが。
プリンツ ジークで。なんでアレク。。ってのを入れたんだろう。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 22:23:36.52
プリンツ・ジークだとごろが悪い感じがする。

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 23:05:59.01
ジークフリードなんて俗な名、みたいなセリフがなかたっけ?
ラインハルトもドイツでは俗な名らしいけど。

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 23:16:35.76
ヒトラーとかアイヒマンとかという苗字は何故出てこないのか

162 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/11/26(土) 23:30:23.75
別に何か銀河英雄伝説の登場人物には感情移入するよねー。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 23:36:41.63
>>159
 ごろだけでアレクとかを付けたわけでもなし、
なんであんな長い名前にしたのかな。
 

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 23:40:58.28
>>160
実在のラインハルトさんで一番有名なのって、ラインハルト・ハイドリヒじゃないかという気がする。

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 00:05:32.73
しかしラインハルトの結婚式の時、式場に錚々たる重鎮が参列してるって時に
攻め入らない同盟のなんと人のいいこと

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 00:12:14.70
>>163
ジークフリードはとにかくつけたかった
でもそれだけじゃあからさまだしで、アレクサンデルもつけた
ガイエが人名辞典から、あまり意味なしでアレクサンデルつけたのか
何か意味があったのかは分からない

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 00:26:02.63
普段艦艇っていうのは、どこに置いてあるのかって疑問にもったことない?
確か帝国は、オーディンから出撃とあったと思うが、オーディンに数万隻分の艦艇をつなげておく所があるんだろうか?
同面は、シャトルでハイネセンから出て、宇宙に泊めてある艦艇に乗り込むんだったと思うが、
数万隻もどこに停泊させているんだろう?


168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 00:46:52.97
何万隻も常駐してるわけじゃないんじゃないか
地表に数千〜1万、軌道上で警戒任務、周辺航路のパトロールに数個艦隊
各地の主要な星系、辺境の大貴族の監視とかいろいろ散らばらなきゃいけないだろうし
帝国には最低8つ以上の要塞があってレンテンベルクとかは1万隻くらい駐留できたはずだし
ガイエはいうに及ばず。
必要に応じて集結させるんでないかい

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 00:49:47.99
>>165
そういやまだ赤子のフェリックスを、皇帝の結婚式に参列させるって・・・・
いわくつきの子だから、ああいう公の場でミッターの養子だって
お披露目させる意味があったんだろか

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 00:55:02.61
>>165
 時系列おかしくない?
>>168
 帝国は常にオーディンに戦力集中してて、そこから出撃すると
かの地の文があったと思う。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 05:22:24.97
キルヒアイスが生きていればってよく言われるけど
ラップが生きていればってヤンとかにすら思われないのはカワイソス
彼が居れば同盟軍にも名将が生まれたと思う

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 09:52:53.21
>>171
ラップ司令&ヤン参謀長のコンビだな。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 09:59:08.07
逆に、もしトリューニヒトがいなかったら

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 10:17:07.54
ラップは最期の階級が少佐だからなぁ…

正直生き残ってもアッテンボローとかぶりまくるとしか思えん。
「生きていれば」はラインハルトの場合は帝国と言う巨大組織を運営するのに
1人では大変だから信頼できるナンバー2が欲しかったという状況が特に切実
に読者にも感じられるからだろう。(ヴァーミリオンしかり、ロイエンタール反乱しかり)

それに比べるとヤンは一介の軍司令官だから純軍事的な能力ならメルカッツ、政治家
との折衝はキャゼルヌ、問題児役wならシェーンコップとラップの入る余地があまり感じられないんだよなぁ。

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 10:39:14.33
>>165
その時点では、もう自由惑星同盟は存在してないし。
イゼルローン一党には、そんな兵力はない。

その「人のいい」「攻め入らない」同盟って、どこの誰だ?

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 10:56:34.91
>>167
帝国も同盟も何十万人も人員を抱えている艦隊が、
一つの星系を根拠地にしているのは変だと思うけれど、
詳細な描写を省略してあるだけかもしれない。

銀英の描写だと、艦隊が居る時と居ない時で、星系での物資の消費と供給が極端になるし、
艦隊が大損害を受けた時も色々と不都合が起こりそう。


177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 12:10:21.17
>>173
・第一巻時点の国防委員長が凡百のモブキャラになり、帝国領侵攻にも賛成
・アムリッツァ大敗の総辞職で政治生命オワタで退場
・レベロかホワン・ルイが暫定を経て最高評議会議長に
・2巻のクーデターで拘束粛清の可能性もあるが、乗り切ったと仮定すれば
・レベロの場合、軍への不信とヤンへの杞憂が昂じて6巻の事態が早まる?
・ホワンの場合、いくらか柔軟そうなので例えば幼帝誘拐一派をサクッと送還するとか?

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 13:21:31.68
ラップは艦隊司令官として活躍した描写が(実際の経歴も?)無いからなあ。
参謀としては有能だったっぽいが、実際に艦隊を指揮したらどうなるか未知数。

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 13:28:42.56
あの世界での出世街道は参謀職らしいから
普通に出世したら艦隊司令官やって普通に功績あげるだろ

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 13:44:52.82
生きてたら大佐になれた男ラップじゃなかったっけ?
それよりジェシカの件があるからフレデリカはどーなっただろうなぁ

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 14:20:40.89
ジェシカは元からマジキチだったので、大佐の嫁が反政府運動していると言う事で問題になってラップ左遷

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 14:23:56.77
すっぱい女扱いジェシカwwww哀れwwww

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 14:25:40.89
スタジアムの虐殺もジェシカの巻き添えだもんなあ
軍人独裁スタート直後にいきりたった軍人挑発するなよ

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 14:32:56.58
>>181
ラップが生きてたらジェシカもああならなかったんじゃないか?
ラップのスタンスはヤンと同じような反トリューニヒト穏健派で、ラップ生前のジェシカも似たような感じだと思うんだが。

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 14:59:07.11
自分の恋人が戦死したという理由でいきなり反政府運動とか
信念があって反政府運動よりよほどタチが悪いというか

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 15:02:19.82
ジェシカはどこで変わったんだ?
トリューニヒトの演説に殴りこみかけたときは
「あなたの演説には一点の非もありませんわ。でも、それをご自身が実行なさっているの?」
と言ってたよね。この時点では、むしろヤンより右。

その後はゴールがどこにあるか分からない反戦活動にのめりこんでしまって、
単に反戦という以外にジェシカ自身の考えが見えなくなってしまっているような。

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 15:02:37.14
ジェシカはアニメだと戦争に役に立たない部の廃止に反対するなど
直接反戦運動や言論こそしてないけど、反戦的な思想にはわりと好意的で理解を示してたと思う


ラップは、病気療養がなければ、
アスターテの時点で大佐くらいにはなってそう
仮定の話でしかないけどね

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 15:11:40.68
>>186
のめりこんだ…というよりは反戦運動してる連中からのお誘いがあったんじゃないか?

若くして未亡人、美貌(と美声)の持ち主
生放送中に公然とトリューニヒトに食って掛かった

この2点だけをもってしても、反戦運動してる連中からすれば利用価値高いだろう
広告塔に持ってこいだ

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 15:14:18.68
>>187
ただ、ヤンとの会話で
「ヤン以外の将は能力的にも同義的にも恥じるべき(ヤンは勝ってるから能力は当然として道義的にも恥じる必要はない)」
と言っちゃってるからなあ。
あの時点のジェシカは、不正や無能を憎む意識はあっても反戦的要素は少ないと思う。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 15:17:11.40
>>186
反戦というか実質はなんとか帝国と講和出来ないか探るということだろうな。
過去に講和の機会はあったし可能性としてはゼロじゃないと考えていたのだろう。
(結局は交渉相手によりけりでラインハルトの場合は可能性はないが)

それ以前に戦争を継続していたら同盟という国家そのものが破綻の危機にあったしな。


191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 15:29:52.52
>>190
「じゃあ、早いトコ帝国を交渉のテーブルに着かせられるように、要塞落とすなりもっと攻勢をかけるべきですね」
と言われたら、反論できんようなw


192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 15:32:27.11
>>169
そもそもフェリックスの出自をどれくらいの人々が知っているのか。
表向きには事故で両親をなくした遠縁の子を養子にした
って事になってるかもしれん。

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 15:34:58.87
>>186
(作中で悪役陰謀家とされている)トリューニヒトに食ってかかったので
一体何を言い出すのかと思ったら、「オメーも前線出て命かけろ」だもんなぁ
戦時体制で、一市民が政府や作戦指導部を批判できるだけの材料も中々無いだろうとは思うが
これでは誰からも賛同されないわな

そういやヤンもジェシカに賛同するでもなく、「誰かが言わなくちゃいけなかったんだ」みたいな
奥歯に物が挟まったような言い方してたけど、内心「アチャー」みたいな感じかな
清武の乱と似てるかも

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 15:36:39.18
>>191
まあ実際ヤンはイゼルローン落した段階で講和に入れる可能性を
考えていたみたいだしね

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 15:38:57.79
>>193
「オメーも前線出て命かけろ」
じゃなくてトリューニヒトの身内とかトリューニヒト自身が過去に
前線でなく後方勤務(コネのある人たちは命の危険ない後方勤務になってる実態)
を批判してたんじゃなかったか

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 15:42:43.66
まあブッシュジュニアがベトナム戦の頃にベトナム最前線でなくてコネでか
州兵勤務になったことを皮肉ってるような話があったのと似てると思う

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 15:45:05.78
だから一定の支持が集まって代議員になれたのだろう。

庶民は徴兵で最前線で命をかけるがコネのある連中の子弟は
後方勤務でということが社会で不満になってた面があるのだろうな。

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 15:45:11.91
>>196
パパブッシュは戦闘機パイロットで前線勤務して被撃墜経験もあるというのになあ

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 16:43:55.41
寂しさを忘れるためにもジェシカは運動にハマってしまった感はあるよな

軽い躁鬱の躁状態で挑発しちまったんじゃねーの?

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 16:55:47.31
スタジアムの件も、ジェシカは何がしたかったのかよく分からんのだよな。
「クーデター政権による大量虐殺に発展する可能性がある」
というのは当然考えておかなければならないわけで、
政治家としてはその危険性を覚悟するか、あるいは別のやり方を探すかを模索しないといけない。

ジェシカの場合、「相手も紳士的な対応をする」という前提で動いてる感じで違和感がある。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 17:03:56.17
そりゃ普通は過去の経験則から行動するものだからな
現実でもそんなものだろう

ロシア革命時の「血の日曜日」の時も皇帝の宮殿に向かっていった人たちも
銃撃されるとは夢にも考えていなかったわな
(というか原作者はああいう歴史的なものを参考にしてる気もする)

同盟の歴史で軍が市民に銃を向けるということはなかったのだろうよ
最近そんな感じの話があった気もするが

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 17:08:16.99
×最近そんな感じの話があった気もするが 
○最近そんな感じのような話が現実でもあった気もするが 

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 17:12:25.80
ごめん 銀英伝の話をチャットでしたくて検索してるんだが
なんか方法ないか?

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 17:12:35.15
自然発生的なものはともかく扇動者は大概考えてると思うぞ

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 17:49:15.37
歴史的に軍事クーデターで民主化に成功した国ってあんの?

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 17:49:53.29
うち

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 18:15:23.25
>>200
反米運動家は、アメリカに甘えているって話があってねw 
左巻き活動家って、口とは裏腹に「国家権力は殴り返してこない」って思い込んでいるんだよ。お花畑度が上が
るほど甘えはひどくなる。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 18:16:29.20
じゃ うずまきは?

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 18:20:21.43
>>207
なるほど、シーシェパードが日本に対して思ってることと一緒だなw

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 18:21:30.31
話をぶった切って悪いが第三次ティアマト会戦の同盟側の援軍はパストーレ
とムーアの艦隊だよね。ホーランドが自重して援軍到着を待ってもさらに
同盟軍が混乱してしまうよね

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 18:24:53.01
別に混乱はしないだろう
二人とも単独ではアホかも知れんが誰かの命令下でその命令の下では
普通に行動するだろう

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 18:31:23.25
ビュコックがいるから
まあ最悪の事態にはならないんじゃないの

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 18:35:50.11
多分ラインハルトの噛ませになってただろう

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 19:05:43.20
リヒテンラーデ侯はどうやってラインハルト一党を排除するつもりだったんだろう。
というか、ラインハルトが軍閥化している段階で、ほぼ詰んでいるんだよな。
後は宮中で暗殺するぐらいか?

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 19:17:56.56
>>214
まあ、謀殺以外にやりようがなさそうだな
ラインハルトの一党を切り崩して内部対立を起こすとか、その辺の策を練りそう

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 19:22:11.98
適当に反逆罪とか着せるんだろ
この王朝の伝統的な手法だ

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 19:34:17.41
バレたら軍事力に物いわされるからとりあえず殺してから適当にでっちあげる

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 19:40:46.48
ラインハルトは警備が極端に少ないし
結構簡単に殺せそうだな

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 20:03:19.05
思ったんだが、同盟の人口の伸び方凄くないか?
あんなに伸びるとかありえない気がするんだが

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 20:10:05.71
マクロスよりはマシ

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 20:15:56.42
>>219
かなりの部分が帝国からの移民じゃなかったっけ?
「量的な膨張」がダゴンの勝利以後始まったとあったような。

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 20:22:17.91
10数万人まで減った「逃げた奴隷」なのに
わずか100年で銀河連邦時代の近代的な国家を復元させ、
あまつさえ宇宙艦隊を運用しているからな…

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 20:24:40.15
奴隷といっても高度な知識や技術を持つ連中も多かったから。

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 20:25:22.17
>>222
出生率4としても、4世代でせいぜい16倍だからな
通常なら数百万人にしかならない

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 20:31:19.83
同盟って自然分娩だっけ?

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 21:55:01.57
>>207
活動家というやつは活動してないならしてないで
殴られずにすむわけじゃないし

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 22:12:50.48
>>219
宇宙連邦からシリウス戦役〜帝国成立まで物凄い勢いで減ってるが
単に統計に表れない人口が相当数いて、そいつらが流入したのではないだろうか?

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 22:15:54.99
>>211
なるほど
ホーランドが余計孤立するか

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 22:26:41.71
150年間も戦争していて、軍事的な技術は格段に向上している筈なのに、
艦橋が危険物だらけなのってどうにかならんのか?

被ダメがひどくて、もう沈むとかならまだしもちょっとやそっとの攻撃で
やれ柱だの、椅子だの、ワイヤーだの、ガラス片だのが飛んできて、
何人の指揮官が死傷したことやら

ロイエンタールの椅子に挟まる → ガラス片が刺さるとか
ワーレンの義手が吹っ飛んだ件とか、あれ一歩間違ったら即死だよ

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 22:28:22.78
一方スタートレックは殺人コンソールがいつまでも現役だった

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 22:51:35.26
>>229
環境が破壊されるような状況だと、多少ダメコンや抗堪性を高めたところで無駄だという
設計思想なんだろう。
とは言え、結構艦橋破壊されても致命傷を負わなければ生きてるヤツもチラホラいるような気がするが
全滅がデフォで、ごく稀なケースなんだろう。

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 22:53:20.89
>>229
そういうアニメ描写と違って原作描写は戦闘時に宇宙服を着こんで万が一の時にも
対応してる

一巻だけだがな

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 23:54:19.23
久し振りにここに来てまた読みたくなって中古だけど今14冊注文してきた
一冊づつだったので時間食った

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/27(日) 23:58:52.52
外伝5を忘れているよ

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 00:00:52.05
>>229
戦争は危険物のない場所でやれという矛盾した考えですね

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 00:02:07.89
>>234
外伝5だけ未読なので後で新品を買おうと思って

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 04:22:11.35
俺ももう一回記憶忘れて
読み直したいね

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 07:47:15.15
>>232
 磁力靴も履いてましたね。他にもワープの速度とか
ハード的な設定結構してたのに2巻以降でどっかいっちゃい
ましたね。

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 07:59:57.88
ケンプが死んだあとのロイエンタールのセリフ。
「ケンプは死んだ。死者には涙と名誉を与えればそれですむ。
だが生きている者には、もっと実質的なものを-権力とか富とかを与えねばならん。
あのかたは、はたしてそれができるか、と、俺は疑っている」

ラインハルトが最高権力者になれば、それこそ、思い通りに与えれるんじゃね?
何を心配する必要あるって言うんだ?

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 08:55:57.92
1巻(つーか手持ちは無印だが)はこれで終わりかもしれなかったので詰め込みすぎ。
キャラもまだこなれてなくて違和感あったりもする。
活字の密度も以降の巻と明らかに違う。

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 10:01:45.79
>>239
リソースの問題と、それを分け与えられる器量の問題は違うだろ。
功績に報いるための褒賞が、自分の権力を脅かす(と思える)ほどになった場合でもできる器量があるか? とい
うことだ。


242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 10:12:28.94
>>235
旧海軍とか海上自衛隊とか、民間では考えられないぐらい変質的な整理整頓が徹底されてるよ
廊下はホコリ一つないと大袈裟だけど、毛布も1センチのズレもないぐらい畳まれてるし
私物は使っているとき以外は常に私物置き場。他工具や物品も使っているとき以外は常に所定の位置。
出しっぱなしにしていると物凄く怒られる。

これは勿論理由があって、戦闘に入ったときに少しでも可燃物を外に出しておかない
跳ね回ってケガをしない、作業の邪魔にならない、ダメコン時に物品が常に訓練通り所定の位置にある
そして戦闘はいつ起こるか分からず、常に臨戦態勢を維持する、という考え方によるもの。
これは旧海軍の手本となったロイヤルネイビーから教わったことを忠実に守っている。

余談だが、日本海海戦で敗れたロシア海軍は、長い航海で軍規が緩んでいて
板きれとか雑物が甲板や通路に出しっぱなし、そのせいで次々と容易く炎上したという訳ではないだろうが
拿捕したロシア艦の内部を見て、日本側の士官が呆れたという話がある。

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 18:00:40.17
>>242
海軍が整頓好きなのは、戦闘のためというより主に衛生のためだけどね
たくさんの人員が狭い場所に詰め込まれて毎日過ごしていると
伝染病や汚物や害虫の発生は避けられない、それを防ぐために衛生管理は徹底する
それが海軍の綺麗好きだ

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 18:05:24.21
しかし当のイギリス海軍は、ネルソン提督の遺体が腐らないように浸けて置いたラム酒を
みんなで飲んで空にしてしまうという衛生観念

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 18:06:56.90
イギリスでは人体がスズメバチやマムシと同じ扱いなのかw

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 18:08:01.07
一般的には常識とされている普遍的なテーマ、例えば
 真実は一つだけ
 怒りは自然な感情
 戦争・テロは無くならない
 死刑には殺人の抑止力がある
 虐められる側にも虐めの原因がある
 自己チューな人間ほど自己愛が強い
などの命題の間違いとその論拠を解説
義務教育では絶対教えない最新合理主義哲学
   感情自己責任論

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 18:14:03.57
ロシアは寒い地域だから国家レベルであまり衛生意識が発達してないという話

しらみだらけの洋服も酷寒の外に放置しておくと
パラパラと落ちていくとか聞いたことがある
食べ物も腐りにくいとか

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 18:34:52.38
ネズミがパン屋のパンの上を平然と行き来しているロシアの動画があったがそれもそのせいかね

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 20:24:22.45
青森出身のナンシー関も
「東京に出てきたら夏の朝に作ったみそ汁が夕方食えなくなってたのにビックリした」
と書いてたな。

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 20:50:57.95
制服の折り目とか身だしなみのチェックが厳しいと聞いた記憶が・・・・。
ロイエンタールの場合、女性の髪の毛が制服に残っている(だっけ?)
のは帝国は服装チェックはゆるい?

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/28(月) 21:22:58.96
毛皮がわりだったんじゃね?

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 00:17:34.36
同盟軍の艦艇って大気圏突入できなくて、人員はシャトルで輸送されてたけど、
戦車とかもそうなのかね?

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 00:25:08.99
>>252
ヤンが査問会でハイネセンに呼びつけられたとき、乗ってきた巡航艦レダ2号が
「ハイネセンの軍用宇宙港にひっそりと着陸」してる。
戦艦クラスは不明だが、それより小さめの艦艇は大気圏突入してるようだ。

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 00:56:44.68
>>253
その時に乗ってきたのは、巡航艦レダIIじゃなかったっけ?

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 01:44:26.53
>>252
アニメは視覚的に差別化しとるだけじゃわい。
戦車というのは多分シャンプール制圧のくだりだろうけど
シャトルなのか、揚陸艇(降下艇?)なのかは知らないがそうだろう。
しかし空挺戦車なんてのも実際にあるし、自力で大気圏突入できるつくりでも驚かん

>>254
レダAでもれだ弐でもかまわん

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 02:02:29.71
>>254
徳間文庫版の3巻をざっとめくってみたが、どのページでも「レダII」で終わらず「号」が付いてるな。
そんなどうでもいい細かいツッコミを入れるんなら、自分も正しい表記をしないと。

…もしかして釣られた?

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 03:18:02.43
>>239
与え続けるには限りがあるからね。
略奪も搾取もしない賢帝が与え続けることは出来るのか?
あと、超絶天才が部下の(恐らく自分には遠く及ばない)功績を評価出来るのか?

てことかなー、と解釈してた。

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 03:49:50.73
オーベルシュタインのNO.2不要論って理には適ってるのかね?
新撰組の土方みたいにNO.2が嫌われ役をやることでトップを立てるやり方もあると思うんだけど。


259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 05:17:10.56
自分が裏で牛耳る影のNO2になりたかったからじゃね?

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 08:50:02.72
組織はNO2が鍵を握るってどっかの狐野朗がいってました

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 09:32:41.88
> 同盟軍の艦艇って大気圏突入できなくて

レグニツァは夢なのか

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 09:38:47.15
当時はコンコルドのソニックブーム被害なんかや
空港の騒音被害がやかましかった時代だから

宇宙戦艦が大気圏内を航行することに市民の反対が多かったんじゃないの?

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 09:39:13.29
出来ないんじゃなくて
環境への負荷が大きいんだったか?

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 09:53:27.08
確か空気を汚さないために直接は降りないって設定だった気がスル
フェザーンだけは別

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 10:01:13.09
> 確か空気を汚さないために

重力・慣性制御ができるのに、そんなわけないだろ。
アニメ設定から離れろ。

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 10:33:42.67
何を根拠に?

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 10:38:15.72
イゼルローン再奪取されたのって実質ロイエンタールの責任じゃね?

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 11:10:26.08
フェザーン奪取後のイゼルローンに一切戦略的価値を認めなかった
ラインハルトとオーベルシュタインのせいだよ

両者はイゼルローンのせいでとてもひどい目にあったことがあるから
この要塞に対する恨みが半端ない
その感情がイゼルローンを必要以上に放置させすぎた

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 11:12:33.02
>>265
いやいや どっかに書いてあった気がする・・・なんだっけ?w

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 11:15:41.85
アニメ設定をくわしく掘り返すなら
アニメスレへいけ
ここは小説版のスレだ

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 11:19:41.82
ちっせぇwwww

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 12:13:11.79
戦艦って核融合炉持ってるって描写はあったけど、推進剤については言及無かったよね?
何だろ?核パルスエンジンかな?
もしそうなら、あまり大気圏内には来て欲しくないな。

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 12:51:07.64
>>258
権力だけじゃなく、カリスマとしてナンバー2は困るって論だから、嫌われるナンバー2は問題ない。
>新撰組の土方みたいにNO.2が嫌われ役をやることでトップを立てるやり方もあると思うんだけど。
その役割は、オーベルシュタイン自身がやっていたね。ナンバー2かは別として。

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 13:03:21.00
>>267
責任ってのは、まずその時の責任者が負うものですよ。
ロイエンタールが奪還して以降、大掃除する機会は、時間的にはいくらでもあった。イゼルローンの価値が低下し
ているし、攻めてくる同盟軍も事実上存在ないのだから、状況的にも思い切ったことはできたろう。ラグナロク進行
中にそこまでやれというのは全体のスケジュールを考えれば、無理。終わってから、任されたヤツの指揮下で完璧
にやるべきこと。
ロイエンタール「にも」責任があることは本人も否定しないだろうけど、大きさの順で言えば、後の方だろうな。罠
が仕掛けられている可能性に思い当たるべきなのは、その後任された連中も同じだし、思い至れば対処するの
が義務だ―それを怠った責任は大きい。また、誰かに言われなきゃ思い至らない程度のマヌケなら、任せたヤツ
の責任だ。


275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 13:03:24.97
キルヒが嫌われ者だったらオーベルも口うるさく言わなかったかな?

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 13:23:35.71
>>272
反動推進ではなく慣性駆動なんだろ。
参考までにアニメ設定(奪還者)では艦艇のエンジンは熱を発していないので
ゼッフル粒子に引火しない。

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 13:38:15.61
>>276
慣性駆動をどういう定義で使っているか知らんが、『レンズマン』定義なら、慣性質量を消す=事実上無質量に
するだけで推進力は噴射=反動推進だぞ。
スタートレックのワープ推進は、『レンズマン』のバーゲンホルム機関と同様な作用をして質量を大幅に低減す
る亜空間フィールドを連続的に変形させることで、進行方向へと「滑っていく」が。

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 15:13:16.62
>>276
熱を出してないとまでは言ってなかったような。レーザーほどの
高温でないと引火しないと言ってたような。まあアニメの話だから
ここではやめときましょう。
 通常推進では星系内では限界速度光速の1.2%、星系外では相対
で2200光秒を3時間ほどってことだから光速の約20%、イゼルロー
ン回廊内ではルッツ艦隊が80万キロを5時間って言ってたから
光速の0.014%で航行可能らしいね。どんな推進機関なんだろう?

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 17:23:13.19
>>278
テンプレにも書いてあるように「多少の言及」はokなんだから、
それメインの話にならなきゃいいだろ。

あまり潔癖すぎるのも考えモノ。

280 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 :2011/11/29(火) 18:27:50.44
幸福の科学の宣伝映画の太陽の法は銀河英雄伝説ぽい演出の描写が多いですよねー。

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 19:45:39.62
ノーブルスター株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:坪田敏裕)は、
人気舞台「銀河英雄伝説」シリーズ初のキャスト募集公式一般オーディションを
下記の通り実施します。
舞台「銀河英雄伝説」キャストの一員として壮大な物語を演じる新しい才能を募集します。

【キャスト募集】
1.新キャスト募集にあたり、広く新しい才能を求めます。
2.新人・経験者は問いません。
3.応募の方全員を面接いたします。

【舞台「銀河英雄伝説」公式オーディション詳細】
■募集公園について
 舞台「銀河英雄伝説」シリーズ公演

■応募資格
 2011年11月30日時点で18歳以上の男女(※舞台経験不問)
 オーディション参加は無料です。
   
■オーディションスケジュール
 募集期間
  2011年11月24日(木)〜12月22日(木)
 一次審査
  面接審査
 二次・三次審査
  台本による演技審査等(一次審査合格者のみ日程連絡)

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 23:06:44.45
○キルヒーが無能だったらラインハルトは親友になれたのか?
○アンネが長い間のビッチ暮らしで性格が歪み、皇帝死後悪女となってラインハルトに色々指示した場合、
 ラインハルトはそれに唯々諾々と従うのか?

このIFがずっと気になって、みなさんはどうお考えでしょうか?

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 23:15:37.80
はなくそのひみつをそっとはなくそう

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 23:54:30.00
>>282
1.ラインハルトにとってキルヒーが有能だったのは単なる付加価値。
自分たち姉弟にとって最初の理解者、親友だったから何よりも大切だった。
ただし、無能ではラインハルトと分かり合えることすらなかった、という前提があるから、一概には言い難い。
2.貧乏時代からビッチで、自分の美貌を自ら売り込んで利用するアンネなら従わないだろうね。
もし、側室になってからビッチ化したなら、そんな姉をやっぱり何があっても守って支えたと思う。

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 23:56:23.02
隣の家に同学年の奴いたけど他に友達いたからそいつとは付き合わなかった

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 02:44:28.49
ラインハルトはお前よりはがないからな

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 09:41:54.40
(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !? (`・д´・ (`・д´・ ;)

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 11:55:32.70
少なくともヒルダが居るからアンネローゼの傀儡になることはない

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 12:36:29.15
>>288
アンネが許可しなければヒルダと結婚しなかっただろうと作者が書いちゃってるからな。
アンネがずっと控えめで賢く悲しい女性でい続けた事が何人もの人生を救ってるんだよな。
キルヒー以外。

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 12:51:30.61
アンネローゼはキルヒアイスにだけは本音を話すんだよな
だからこそキルヒアイスは逃げられなかったわけで

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 13:54:05.18
>>265
重力、慣性制御が空気を汚さないで可能になる技術だとも書いてないだろ
なんでもかんでもアニメ設定にして条件反射で叩くなよ

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 13:56:27.20
>>289
アンネが側いたら、ラインハルトもあんな戦争で飢えを満たそうとせず
やらなかった戦争もあって、戦死する人も少なくすんだと思うけどな

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 14:24:42.54
>>291
確かって書いてるんだから書いてある箇所を引用してくれよ

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 15:50:08.38
>>293
俺は>>264ではないし、その部分に関しては特に言及していない
キミに対して突っこんでいるだけ

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 19:20:10.64
アンスバッハ格好いい。あれが真の忠臣。
ローエングラム朝の重臣は何だかんだいってラインハルトの死にさいして殉死した
奴はいなさそうだよな。最後は保身か。

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 19:32:24.12


297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 19:39:29.89
有能な重臣・忠臣が殉死したら、誰がラインハルト亡き後
アレクとヒルダ・アンネローゼを守る?
原作には無いが、ラインハルトは生きているときから
殉死の禁止を宣言していたかもしれない。

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 19:51:15.03
>>294
俺が264だよ

「帝国軍宇宙戦艦が、惑星地表面の軍施設から出航」
「同盟軍の面々が、空港でシャトルに乗船。そのシャトルで、宇宙空間に停泊中の宇宙戦艦に乗艦」
上記場面を劇中何度か見られたと思います。帝国軍宇宙戦艦と同盟軍宇宙戦艦の最大の相違点は、
大気圏突入が可能か否か。
ウィキで艦隊についての説明でみた。

あとは知恵袋ででもきけ>>293
どうせアニメ云々とか言う位で文句つけんなら自分で調べろ

http://ja.ginei.wikia.com/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E8%8B%B1%E9%9B%84%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E8%89%A6%E8%88%B9

理屈こねるなら 細かい事つっこまず小説読んでろ

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 20:06:40.40
まあ原作は普通に同盟艦艇も地上着陸してるがな

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 20:08:56.85
まあ結局はイゼルローンの流体金属装甲と一緒でアニメオリジナル要素をやりたかった
のだろうよ

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 20:09:32.23
まあまあ笑って流しとけよ

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 20:14:14.06
アニメにしかない設定で延々と議論したり、明らかに原作設定と矛盾する様な部分を
前提に話したりするのならともかく、すぐにアニメ設定はスレチとか言って過剰反応して思考停止する
アホの方がよほど有害。

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 20:46:51.39
原作あってのアニメだが
アニメで設定が深まって人気広がったのも事実だしな

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 23:47:22.88
艦艇といえば、作中に登場する艦艇の名前って、
おおよそが地球時代の地名、神話もしくは古代文明準拠だったりするのは何故?
明確に人名ってわかってるのはウィルヘルミナくらいだったような…


同盟だったら、アーレ・ハイネセンとかグエン・キム・ホア
帝国だったらジークリンデみたいに歴史上の偉人にちなんだ艦がもっとあってもよさそうなのに

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 23:54:10.13
何万隻もあるから人名のもあるんじゃないのか
ただハイネセンは地名でもあるが沈んだら縁起でもないと考えた人もいるかもしれない


306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 00:05:56.85
>>297
一番殉死しそうなのはビッテンフェルトだな
作者が殺そうと思ってたのに何故か生き残っちゃった人

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 00:13:44.24
そうかなぁ?戦死しそうではあるけど、殉死しそうにはとても見えん。


308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 00:34:41.73
日本での殉死は、後追って自決するというイメージが
強いんだが、アンスバッハは屈辱にたえ死を覚悟して
主君の敵をとろうとする史記の刺客列伝の 荊軻 の
イメージだと思う。




309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 00:36:26.37
屈原は誰?

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 00:38:33.49
ごめん、訂正します。荊軻は、主君ではなく恩人に
頼まれて刺客を引き受けたんだった。

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 00:39:45.81
マリーンドルフ国務尚書あたりかなあ、やるとしたら
外戚が権力持つのダメって言ってたし、疾風に無理やり後継がせるために

まあ孫を見捨てて自殺するとも思えんが

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 00:51:23.89
さすがに、孫と娘を見捨てて殉死なんてしないでしょう。
それほど、ラインハルトに忠義があるわけじゃなし。

やっぱり オーベルシュタインのあれは覚悟の殉死だった
のかな。

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 00:55:02.99
オーベルシュタインはラインハルトを囮に呼び込んだ以上生き延びても
死刑しかない

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 00:55:19.17
別にマリーンドルフ伯は、ヒルダにリップ戦役をどうするか任せて
自分で好き好んでラインハルトに味方したわけじゃないし
そこまで忠心があるとは思えないなー

自分は死んじゃったけど、結婚は宇宙統一までしないって事で
入籍せずにいたシュタインメッツは、後追いしそうって思った

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 00:59:10.65
アンスバッハで思い出したが、アニメでは指輪からビーム発射してキルヒ殺害してたよね
オーベルシュタインとか義眼は片方で十分だし、もう片方にそういう武器隠し持つことも出来そうだな

表情一つ変えず、眼からビームを発射して刺客を返り討ちにする軍務尚書、かっけえ…

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 01:12:51.15
>>313
皇帝を、囮にした以上当然極刑になるのは予測
できるだろう。
だからこそ、殉死だと思うんだが。


317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 01:19:59.22
刑死代わりの自殺行為を殉死と呼ぶとあちこちから一緒にするなコールが沸き起こりそうだな

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 01:51:25.60
>>308
法にこだわって誰も武器を持てなかった状況も元ネタなんだろうな

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 07:05:30.66
>>308
殉死っていうか、ブラウンシュヴァイク公を殺したのはアンスバッハ。

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 07:07:02.92
>>315
ドクター・キタグチ…

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 07:35:38.67
>>319
どのみちラインハルトに処刑される身だからね、安楽死させて
あげたと見るべきかな。あんな毒が実際にあったらこのご時世
自殺する人間続出だな。

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 07:47:51.27
「餅になさるがよろしいでしょう。実は既に用意してあります」

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 09:26:36.56
主君を毒殺したアンスバッハの行為は、忠義か否か
と論文でも書かれそうだな。
逃げ切れるかどうかは解からないがシュナイダー・メルカッツ
みたく、主君やその家族と共にガイエスブルクから逃げ出す
方法もあったと思うんだが。


324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 09:39:11.39
>>322
無理やり餅を喉に押し込められる公爵想像して吹いた。
>>323
ランズベルク伯はよく逃げれたもんだと感心した。どの
あたりで脱出したんだろうね。彼のロマンではそれこそ
ゴ朝に殉じそうなもんだけど。

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 09:45:24.68
> ランズベルク伯はよく逃げれたもんだと感心した

首魁は生死を問わず捕らえなきゃいけないが、小物はどうでもいいだろ。
あまり量捕まえすぎると却って負担。
ブラウンシュヴァイク公一党が確保できたんで、手薄になったとか。
わざと手を緩めて負担を減らしたとか。

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 09:47:05.98
わりと命令されたらメルカッツとか殉死しそう

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 09:58:32.78
史記では、荊軻が始皇帝に近づくため樊於期の首を持参
しているが、これは、樊於期自身が始皇帝への復讐のため
自決したもの。
アンスバッハは、主君を毒殺してラインハルトに近づいている。
アンスバッハの忠義は何か歪んでいない?

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 10:06:04.22
メルカッツはそういうタイプだね。だけど、銀河帝国には
殉死という風習は無かったと思うんだけど。
皇帝の寵妃達も、皇帝が死んだ後は一時金を貰って宮殿から
出ると書いてあったはず。

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 11:14:40.64
>>321
敗軍の将でも、捕らえられて処刑より、その前に自決の方が誇りは保てるからね。
あまり意味はないけど、ブラウンシュバイク家や門閥貴族としての意地と矜持って意味でも、あとちょっとの命を
みっともなく続けさせる意味はない。

>>323
>主君やその家族と共にガイエスブルクから逃げ出す方法もあったと思うんだが。
門閥貴族としての名も矜持を捨てて、命を取るってのに価値があると思えばそうしていただろうね。もはや再起の
途はなく、ブラ家ばかりか帝国貴族という存在その物の終わりの始まり―歴史の転換期と悟ってしまえば、命より
名を残す方がマシとも言える。「滅びの美学」的に 


結局、時代ごとの価値観の問題になるから、こっち側の理論で価値を考えても意味はないわな。




330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 11:18:43.11
>>324
門閥貴族としての矜持・忠義<<<<<詩人としての総作意欲だったんだろう。
浪漫だのなんだって、その当事者としてガチじゃないからヘラヘラ口にできるわけで。

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 11:26:29.46
>>327
アンスバッハの中の忠義の対象が、主君ブラ公個人ではなく、ブラ家とか貴族階級を通じたゴ王朝そのものだっ
たんだろう。そう考えれば、別に歪んでもいない―というか真っ当。
成り上がりのラインハルトの勝利が確定した段階で、ブラ家も王朝終わる―死んだも同じだから、ブラ公を利用
して「仇を討つ」と。

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 11:48:47.20
敵の門閥の家族って女と子どもは収容所だっけ?
アレクの代で恩赦は行われるだろうか。

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 12:08:37.70
フリードリヒ四世の死はタイムリーすぎて暗殺説がありそう。
でも無印銀英伝のときはすごい盛り上がりの引きだったんだろうなぁ

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 12:11:44.78
実はオーベルシュタインの仕業かもな。

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 12:34:27.31
>>333
でも、容疑者がいなさそうな。
ブラ公ら門閥貴族にとってはまだ利用しがいがあるし、後継者を決めてくれないと暗殺しても即、得にはならない。
もっとも得をして後世、疑われそうなラインハルトは一党総出の大規模な出征中。やるにしても、自分の留守の
時にそんな大政局になることをしでかす利はないし、成り上がりルートからすれば、皇帝の後ろ盾を自ら捨て
る意味もない。


336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 13:05:01.66
考えてみれば、命より名誉を尊しとういう貴族社会の
頂点ともいうべきブラ公が土壇場で命を選択したのに
階級社会の犠牲者ともいうべき、平民のアンスバッハが
平民を見下していた貴族の名誉を命がけで守ろうする
なんて矛盾だよな。

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 13:09:11.29
そこでアンネローゼだよ
姉弟で国を奪ったと陰謀説が出てもおかしくない

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 13:23:31.68
>>332
白人社会では恩赦大赦特赦とかって思想はあるのかな

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 13:26:11.20
>>337
それは、フリードリヒ四世の亡くなった場所と時刻によるだろう。
夜の寝室とかだったら疑われるかもしれんが、日中 公務中とか
あるいは薔薇の世話をしている時 ポックリ逝ったとかいろいろ
考えられるが、少なくとも大貴族達がアンネローゼの看護責任を
追及しなかったから彼女のいない場所での急死だったんだろう。

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 13:45:37.97
>>336
常識や道徳は既得権益者によって作られるからな
騙すなかれ盗むなかれという道徳は、資産家にyよって広められ
年寄りを大切にしましょうと言う道徳も老人によって作られている

貴族の名誉は何よりも大事とという価値観も然り
平民ほど刷り込まれ洗脳されている

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 15:51:20.39
>>332
収容所送りにされたのは、リヒテンラーデ一族に
濡れ衣着せられたゲルラッハ一族位じゃないないのかな?
財産没収されてて餓死寸前、マリーンドルフ伯がちょっと資産を補填しても
浪費になれててすぐ使ってしまったって、描写があったし

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 16:05:37.04
>>336
平民といっても、アンスバッハのような貴族社会を実務レベルで支えてきた境界層と言うべき人間がいるわけで。
立ち位置がどちらでもないから、貴族に対して「貴族たれ」という気持ちは強いのかもな。そうでなきゃ、仕えて
きた甲斐がない。

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 16:43:17.34
>>341
濡れ衣ってのは何?

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 17:06:26.48
>>343
>エルウィン・ヨーゼフ2世誘拐の計画が判明した時点で、ラインハルトとオーベルシュタインによってその犯人に
>仕立てあげられる提案がなされた。皇帝誘拐事件後に事件への関与の濡れ衣を着せられ、一族共々自決さ
>せられた。
このことじゃね?

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 17:44:46.83
ゲルラッハはリヒテンラーデ一族がああなって、引篭もってたのに
犯人にでっち上げて一族滅ぼすの、キルヒアイスが生きてたら嫌がりそう
生きてたら溝深まるばかりで、シュワルツェンの館からも出てたかも

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 17:48:33.14
>>344
リヒテンラーデの一族に濡れ衣着せられたというのが
よく思い出せない。どのあたりの話だっけ?

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 18:22:27.66
ゲルラッハなんて生かしておいたらヤバいっって程の人物でも
ないだろうにな。みせしめってやつだろうけど。

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 18:45:29.98
>>315
オーベル義眼ビーム“オーベルハンマー”だね

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 19:38:50.83
>>348
外道照身霊波光線だろう。「汝の正体見たり、前世魔人!」 「ばぁれたかぁ〜!」

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 19:41:30.86
リヒテンラーデ侯を強襲したときに、一緒にマーリンドルフ親子を粛清しておけば、
その後ローエングラム朝を乗っ取られることもなかったのに。
オーベルシュタインの最大の失敗だな。

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 19:46:17.10
そしたら、アレクが生まれなかっただろし
バーミリオンでラインハルトが戦死して
ローエングラム王朝自体存在しなかっただろう。


352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 20:43:47.78
マリーンドルフ家から一代皇后出した位じゃ、乗っ取ってなんかないのでは
皇后はマリーンドルフ一族から代々出して
マリーンドルフ家が藤原氏みたく、ローエングラム王朝の婚族になる位にならないと

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 21:11:39.32
そのマリーンドルフ家も、ヒルダが一人娘で後継だった位だから
マリーンドルフ家自体は血縁者って、いないんじゃないの?
ヒルダが死んでたら、伯爵家はキュンメル男爵家みたいに、それで断絶の家だったのかも

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 22:13:49.19
近い親族はいなそうだな。血が遠い分家とかならあるんだろうが。

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 01:24:40.96
案外オーベルシュタインはローエングラム体制安定の為にラインハルトと
ヒルダをくっ付けさせて早く子供を設ける事を望んでいたんではないか

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 01:34:12.54
皇妃の一族を殺す可能性も……とか意気込んでた割には
ヒルダが皇妃になって伯爵を追放なり殺害なりしなかった辺り
オーベルシュタインも大して皇妃の存在を重要視していなかった
むしろ皇子への影響力の方に関心があったと考えられている

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 01:50:48.24
ヒルダ父が国務尚書辞任願い出なかったら、オーベルもいい気しなかったと思うな
ヒルダなんて、何でカイザーの不興蒙ったわけでもないのに辞めなくても、なんて言ってたけど

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 04:31:26.04
初めて銀英伝をアニメで見てるんだがラインハルト童帝陛下が可愛いくて困る

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 05:16:55.70
>>355
まぁ結婚はすすめていたしなぁ

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 06:20:49.37
まぁ、オーベルは正論を言うのが仕事だから
別に皇妃一族殺す気はなくても、そういう例もありますよぐらいは言うだろ。

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 06:51:58.53
>>355
結婚相手としては御しやすい人間を望んでいたと思うけどな。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 07:03:50.67
フランツだからそこまでキツいことしなかったんだろう
これがブルーノさんばりに野心的な人だったら

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 08:10:07.43
>>342
たしかにそうだな。アンスバッハは人間ブラウンジュバイク公に
忠誠していたのではなくゴールデンバウム王朝帝国貴族ブラウンジュバイク公に
忠誠していたのであろう。彼には自分の理想とするところの帝国臣下の有り方
というものがあってそれを実行しただけではないのか。だから公に自裁を
強要して自らの命を引き換えてラインハルト暗殺を謀って彼個人の理想の
為だけに事を成そうとしたのだろう。一見冷静沈着だけど苛烈な心根の人だ

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 08:48:39.14
だよなあ。
主君の栄誉を保つためには、主君殺しも厭わない。

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 10:16:41.59
オーベルは新帝国の安定の為にはカイザーリン以下の犠牲は厭わなかったのは明らかとして
ラインハルト殺しはどうだったかな?
アレクならどうだったろうか

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 12:20:23.85
アレクが生まれて、もう一人くらいスペアとして男子が出来ていたら
ラインハルトは用なしじゃね?

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 12:47:41.79
>>364
>主君の栄誉を保つためには
というか「主家」だな。或いは、「主家」の象徴としての「主君」。
だから、個人としての主君そのものすら「主家」のための道具と割り切れる。

368 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 :2011/12/02(金) 18:15:17.21
別に何か銀河英雄伝説は大好きですよねー。

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 18:19:29.32
アンスバッハが、主君を毒殺した時違和感を感じたのは
周りにいた兵士達が誰もそれを止めようとしなかった。
あの時、もう兵士達は主君を見捨ててしまったんだよな。


370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 18:59:51.06
まわりに人なんていたっけか?二人だけじゃなかったか。
道連れ爆殺されたもう一人の親玉は周囲に人がいたが。

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 19:01:20.64
あの時点で服毒は最早ブラ公自身もやむなしとした決定事項になっていて、後は単なる儀式
儀式中に本人が取り乱すのは良くあることなので、回りに誰がいようとアンスバッハ自身も含めて粛々と執行するだけ

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 19:07:02.76
>>366
後継者を確保することは大事だけど、後継者がいるから当代は用なしってことはないよ。
歴史上、後継者が死んで、その息子が死んでも王のままでいた人だっているぜ?

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 19:32:47.58
>>372
ルイ14世だっけ?
ほかにもいるかな。

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 20:10:03.98
アンスバッハって平民なの?
確かにフォンは着いていないが、士分だと思うがなあ。

375 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/12/02(金) 20:20:51.70
アンスバッハのフルネーム表記は原作にはなかったと思う。シュトライトと合わせて、公爵家の家臣化した貴族みたいなイメージで読んでた。帝国騎士か無称号あたりの。

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 20:24:51.29
ブラの腹心っぽいから一応貴族じゃないかな。平民だったらどんなに
有能でもそこまで重用しない気がする。

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 20:53:03.09
フェルナーは一応平民だよね?

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 20:53:56.14
>>372
ラインハルトは神格化して、扱いやすい赤子のが
オーベルには都合良さそうな気がしただけだ。

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 20:54:25.92
>>376
フルネームないからなんとも言えないね。シュトライトは
フォンついてるから爵位はなさそうだけど貴族だね。
それとは関係ないけどラインハルトの部下は貴族が結構いる
んだね。武官には爵位持ちはいないようだけど。

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 21:07:13.46
フェルナー、アンスバッハ、シュトライト
事務屋っぽいのばっかりだな。貴族領の行政官ってとこか?

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 21:28:08.13
いやいや、オーベル、ロイエンタール、ファーレンハイト、
アイゼナッハ、陰謀家から漁女家、先制攻撃型、沈黙家など
多彩だぞ。ついでに言えば、ラインハルトの次席副官、トゥ
ルナイゼンもかな。

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 21:28:51.12
>>380
公爵家に代々仕える執事とか庭師の生まれで
次男か三男とかで軍隊入った人なんじゃないかと、自分は思った

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 21:36:50.94
>>367
日本の大名家みたいなものか。
無能な主君がいた場合、重臣会議で押し込め決定して後継者に家督を強制相続させるという。

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 22:18:01.17
>>379
士官学校入学者は貴族の比率が高いからじゃないか

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 22:33:26.32
明治の始めだと爵位持ちが450人ぐらいで、元武士とその使用人が人口の5.9%だった。

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 22:54:30.29
>>379
トゥルナイゼンは幼年学校からの入学で、爵位持ちかもしれない

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 23:48:06.52
まあラインハルトは良い皇帝らしいが何百年も
反旗を翻さない帝国民も相当なバカだな

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 23:59:42.32
そりゃ帝国初期に反旗を翻した連中を何千万も処刑したり流刑地に送ったりしてるし
その後も力で持って不平分子を監視して摘発/処罰とかしてるしな



389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 00:04:10.20
原始的な武器でなんとかなる時代じゃないからなあ
武器の流通が規制されてたら庶民にはどうにもならん、国際世論もないし

ま、それでもリヒテンラーデが手加減しないといけないくらいには警戒されてる
馬鹿貴族はともかくとして
税収悪化とか政敵に利用される意味での警戒で転覆までは考えないだろうけど

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 00:13:05.71
抵抗しようにも、億単位でバッサリ殺されたらしいので、
大多数は心折れて、奴隷ないしは貧民階級に甘んじちゃったんじゃない?

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 00:28:40.14
平民はそれなりの生活ができてたんじゃない?
反乱を起こそうとは思わない程度には。

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 00:40:36.55
ってか>>389も似たようなこと言ってるが、
基本的に技術の進歩に伴って、兵器が発達するほど民衆レベルでの反乱というのは難しくなる。

古代中世ならば相当軍制の発達してる時代地域であっても、武装した兵士千人を相手に、
鍬や鎌を持つ農民一万人は十分健闘することができるだろう。

近現代ならば火炎瓶とかで武装したデモ隊一万人は、本気出した百人の陸上自衛隊に勝てるか怪しいだろう。
ってか本気で半個中隊に銃撃とかされたら、蜘蛛の子を散らすように逃げていくだろう。

遠未来では、護身用のレーザーガンとかで武装した平民一万人の反乱は
十人のワルキューレ乗りの爆撃で鎮圧されてしまうかもしれんよ。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 00:51:38.21
現代だとリビアの例が分かりやすいかな。

もし、軍が一枚岩でカダフィ大佐に忠誠を誓っていたら、
さらには欧州軍の後押しがなかったら、
民衆のデモだけでは政権転覆はなし得なかっただろうね。

エジプトみたいに元首自らヤバイここは退いとくか、みたいな決断せん限りは。

まあ、新政権が吉とでるか凶と出るかはここじゃ置いとくとしてさ。

ついでに言うと、政権が一般への兵器の流通を規制するのなんて当たり前だし、
(銃大国のアメリカだって国民に戦車は売らん)
兵器を保持するために経済力と組織的な力が必要になってくるほど、その規制は容易になっていく。




394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 00:53:46.97
まあ、だからこそ、ある時期から同盟の人口が膨れ上がっていったんだろうな。
戦えないから逃げるしかない。

さらにある時期を過ぎてからは同盟も帝国も似たようなもんで、どこにも逃げ場がなくなっちゃうわけだけど。

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 01:07:00.18
国民国家成立による国民皆兵の威力が、国民主権をもたらして西欧型民主主義が
世界のスタンダードになったのだがなあ。
現実世界だと、独裁国家の軍事力は欧米民主国家に比べて格段に弱い。
カダフィ軍なんてNATO軍の前には瞬殺。だからこそ、欧米民主国家は
独裁しないで我慢して民主主義やってるのに。

そういうのを銀英伝に当てはめると同盟弱すぎ。
民主主義のメリットが発揮されてない。

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 01:23:47.48
有史以来のすべてを引き継いだ帝国と一からやらなければならなかった同盟では土台が違う。
むしろ健闘したと見るべきじゃないか。

>>394
ダゴン会戦直後とか奴隷の集団脱走が相次いだだろうな。
政治もあまりよくない時代だから平民でも新天地を求めた奴らがいたかも。

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 02:33:47.05
フェルナーってアントン・フェルナーがフルネームじゃないのん?

398 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/12/03(土) 04:03:07.19
>>397
うん。アントンがついたのは登場後だいぶ経ってからだったかもしれない。

平民出身の新参者な感じか。公爵に忠誠を尽くして気に入られたら、将来的には貴族の端くれくらいにはしてもらえる立場だったんじゃないかな?

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 09:03:17.37
>>373
ニコライ二世の皇太子アレクセイみたいに、ようやく王子を得たと思ったら
血友病でいつ死んでもおかしくないってのもいるしな

おかげで病気を呪うあまり、ラスプーチンなんて胡散臭い人物を宮廷に入れる始末

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 09:09:53.18
>>387
何百年とまではいかないが、お隣に何十年も反旗を翻さない独裁国家がありますし
帝国でもないし、良い政治を行っているかは知らないし、世界中に対立する国がいくらでもあると
状況は大分違うけど、後世の歴史家がラインハルトを恐ろしいほど持ち上げて、ロ王朝末期の
政治体制や支配者をあり得ない程無能悪辣に評価している事から考えても
思想統制の具合はどっちもどっちかも知れ無いし。

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 09:10:35.69
銀河帝国でも優秀な息子が期待されたおかげで皇帝になって
その息子より長生きしたのがいたな。

あれって最初から息子の方を皇帝には出来なかったんだろうか。
等親が遠すぎる?

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 10:53:09.87
>>395
民主国家のふりしているけど、土民国家という意味では帝国と大差ないし。

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 11:18:39.66
>>395
リビア‐欧州くらい国力差がでかいとあんまり適切な事例にならん気も。

あと徴兵制敷いてるのは帝国も同じやね。
なんだかんだいって、それなりに制度の整った中央集権国家だったんだろう、帝国も。

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 12:37:16.82
>>401
「G朝最後の女帝」なんかそうなわけだろうし、不可能では無いのかと。
そうでなくても、即位→即退位してもらう手もあると思う。

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 13:47:09.16
>>401
普通は帝位継承順位があると思うが、銀河帝国はどうもなさそうなんだよな
フリードリヒの最後の言葉から判断して、皇帝が死ぬ前に一人を指名するっぽいが
こんなんじゃわざとトラブルのタネを作りだしているようなもんだ

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 13:57:11.83
>>395
そもそもマクロ経済的に徴兵制は社会運営効率が悪いと言われている
騎士でも貴族でもいいから、必要な数だけ職業軍人を抱えた方が良いと。

ただ徴兵制じゃないと大規模な動員は出来ないし、社会高率がよい=軍事力が強い
とも言い切れない。
文化でも経済でも生活水準でもローマを圧倒していたカルタゴは、野蛮なローマ人に
滅ぼされたし、そのローマも高度な文明と社会体制を築いたが野蛮人に滅ぼされた。

まあ、銀英伝では帝国も同盟も軍主力は民間からの徴兵なので、軍の強さという観点では
どっちも似た様なもんではないかね。

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 14:24:24.95
今の欧米民主国家で徴兵制が効率的でないのは、大規模総力戦の機会がないから。
いざそうなったら、部族性で国内が分断しているところより圧倒的に優位。

まあ、繰り返しになるが民主主義は効率がいいんだよ。
身分差別があって秘密警察が張り巡らされているようなところでは、システムは硬直化し、
生産効率あがらず、技術革新は滞り、徴税能力も士気も低下する。
だから先進国はみんな民主主義でやってるのに。

でも、同盟も民主国家っぽくないんだよね。
アムリッツァも政府が宣戦布告するのはともかく、必要な予算は議会を通さない駄目なはずなのに
議会がチェック機能を発揮した様子がない。
大敗後にトリューニヒトが政権を握ったが、いくら出兵に反対したからと言って現役閣僚から
横滑りとか無いでしょ。一党独裁じゃ無ければ、野党に政権が移ったりするのでは。
銀河帝国政党政府も、関連法案も含めて議会の承認を受けた様子がない。

結局、同盟も民主主義やってないから、民主主義のメリットが出ないんだよなあ。

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 15:09:42.65
どうにも銀英伝の一番根っこのテーマの一つが忘れ去られてる気が。

まあ、銀英伝の専制と民主のモデルも二項対立的に単純化されてて、
実際世界史上には千差万別の政体があったのだけどね。

さらに言えば長期間維持された政治制度というのは、少なくとも創立された際の社会的背景を鑑みれば
たいていはこの上なくうまく出来た仕組だったんだけど、
時代の変化とともに制度が上手くまわらなくなり、新しい仕組が必要になっていく。

民主が優れているか帝政が優れているかではなく、
最も時代に適合した仕組は何かってのが肝。

その点、全盛期オスマン帝国の『スルタンの奴隷制』などは上手いと思う。
オクタヴィアヌスの作り上げた帝政ローマの仕組の精緻さは知ってる人も多いかな、塩野氏のおかげで。
>>406
社会情勢の変化と軍事技術の高度化(とそれに伴う戦略戦術の変遷)によるところも大きい。
兵の割合が減り、士官下士官の比率が増えてきてるのもそういうことだろうね。

百年後くらいに時代背景が大幅に変わってれば、
その時の経済学者は「徴兵制は効率的だ」なんて理屈をでっちあげてるかもね。

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 15:21:49.17
>>406
ついでに言うと騎士とか御家人なんてものは土地を基盤とする封建制だからこそ機能し得た仕組で、
中央集権的な帝国で貴族階級のみを兵とする仕組を作ると、
一人頭の維持費がバカにならんし、兵数は極端に少なくなるし、
制度次第によっては派閥利用した私兵作りの温床になるしで、あんまり良いことないと思う。

まあ、現代先進国でやるなら自衛隊みたいな志願精鋭制がたいてい効率的かとは思う。
それも国次第で変わってくるとは思うけど。

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 15:25:31.48
あと、銀英伝で徴兵制が長く敷かれてる理由として、
あの世界の艦隊戦やらかすにはどう考えてもものすごい数の人間必要だってのがあるかな。

人口比で考えれば……とも思うけど、
作中で書かれてる人数って戦闘に直接参加した連中だけなわけで。
近代戦争との最大の違いは、艦一隻が基本的な単位となってるわけで、
戦艦一隻造って維持して修理して、爆散したらまた造り直すのにどれだけの人手が必要やら。

実はあの世界で徴兵された人間の大多数は後方に回されてるなんて可能性もあったりして。

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 15:48:27.61
>>400
>何百年とまではいかないが、お隣に何十年も反旗を翻さない独裁国家がありますし

反旗を翻したら戦車に踏みつぶされだがな(天安門事件)
今でも言論統制と反体制派分子の摘発も続けてるし


412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 16:15:32.55
強襲揚陸艦の使いどころが分からない
敵陣の真っ只中にいる敵戦艦に突入して制圧してる最中に味方から砲撃されて撃沈したり、
艦長や高級軍人を捕縛できても逆上した敵艦から砲撃されるのが落ちだろ

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 16:20:35.29
>>412
そういう敵艦に突入する使い方はイレギュラーというか海賊的戦法とかだと原作中でもわざわざ書かれている。


本来は普通に戦闘の最中に惑星や要塞何かにに地上戦の兵器や兵士を下ろすためのものだろう。

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 16:54:11.84
突入用のヒートドリルは滅多に使わないってことか

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 17:42:13.11
>>414
「イゼルローン要塞攻略のために!」って張り切って開発したんだろうなぁw
他の要塞につかう機会なんてなかったろうけど、地上基地には使っているかもしれない。



416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 18:01:47.44
>>414
戦争という視点だけで考えるとほぼ不要だろうけど
どうしても敵艦を撃沈ではなく確保したいケースってのがあるだろう。

例えばスタングレネードなども、戦争ではとても使えそうにないが
特殊部隊の必須装備で開発にも金がかけられている。
実際の戦争でスタングレネードが必要な作戦を立案すれば当然用意されることもあるだろう。

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 18:50:45.00
>>412
ガンダムのホワイトベースはMS用の強襲揚陸艦なんだぜ
つまりはそういうこと
戦闘員や戦闘車両を輸送して、目的地に投入するための艦艇のことだ

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 19:48:57.98
>>413
惑星の地上戦といってもなあ。
艦隊の陸戦部隊よりは、惑星の地上部隊の方が
多数を維持可能なはずで、どうやって惑星を攻
略するのかが、疑問だわ。

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 19:57:05.78
惑星はガッチガチに固めても、殲滅目的で軌道上から攻撃すればほぼ無抵抗で皆殺しになるし
暗黙の了解で、艦隊戦で敗れたら地上では抵抗しないでさっさと占領されるみたいになってるんではないだろうか
実際、そんな大規模な陸戦隊を随伴してるとは思えないし、惑星側が本気で防衛しようと思えば
ちょっとやそっとの陸戦隊ではまず占領不可能だし、何年もかかると思う。

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 20:01:13.46
とはいえ実際に地上基地はあるし攻略戦とかやってるしな

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 20:14:15.88
外伝は後付設定や無理矢理話を作ったようなのが多いからなぁ

それに地上基地とは言っても、秘密基地レベルのものが多く、大艦隊で攻略どころか
戦争ですらない特殊作戦レベルだし、艦隊士官が自らバトルアックスやブラスターを取って
戦っている時点でお察し。

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 20:20:47.31
それは陸戦隊の規模が小さいらしいということからわかるだろう
あくまで艦隊がメインでも必要があるから小規模な陸戦隊が随伴してるということだろう
強襲揚陸艦は必要だが数はそう必要ない


423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 20:21:24.75
あの世界は、陸戦部隊の兵科があまり分かれている感じはしないなあ

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 20:29:51.79
敵艦隊が惑星上空まで来れば8割方制圧完了みたいな
諦めの良さがあるよね。

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 21:12:04.22
>>423
特に帝国は、その時艦のシフトについてない兵は必要に応じて陸戦隊として編成されるみたいな感じだね。

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/03(土) 21:21:23.80
陸戦隊が勝敗を左右し得る要因があるとしたら、補給関連かね。
この惑星や基地を制圧したら物資が手に入って〜みたいな。

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 00:10:31.46
死せるヤン生けるラインハルトを走らすみたいな話があってもよかったのにね(*^ー゚)b チェキ

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 00:36:39.04
そこは死せるキルヒがやったった

429 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 :2011/12/04(日) 01:07:59.93
銀河英雄伝説は絶妙に幸福の科学の映画『太陽の法』ぽいですよねー。

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 03:46:33.01
そもそもラインハルトは逃げない

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 09:38:47.79
そういや銀英伝に「空城の計略」的なネタってなかったよね
せいぜいケンプがヤンの撤退を深読みしすぎたくらいで

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 10:28:52.42
計略かどうかはともかく
僕 ― いえ、小官には、敵が戦意もなく、ただ逃げているように思われます
という銀英伝屈指の名セリフだけでも十分じゃないか

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 11:32:52.08
>>432
あれいってることは正しいのだが、そのあとが続かないから直感で言ってるとしか受け取られないよな。
直感はその背後に十分な材料があってでてくるものなのだが、その材料を筋道立てて解説しないと説得は無理だ。
といってあそこでケンプがヤンを壊滅させたら功績でかすぎて、立場が悪くなるな。

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 14:02:36.31
>>407
そもそも、同盟は議会の描写が全然無かったから、どんな議論がなされていたのかわからん。
最高評議会と議会の関係も謎のままだし。

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 15:55:28.69
>>433
逆にヤンは、ユリアンがティッシュワイン作戦を直感で見破ったときに、ちゃんとヒアリングしたな。

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 16:11:11.17
第2次ラグナロック作戦前のムライはつらいな。
ビュコック達について行けば戦死しても遺族には年金も出る。
そのまま参加しなくても戦犯には問われないし、戦後も何か仕事があるでしょ。
それなのに、同盟は滅ぶけど反帝国の非合法ゲリラ活動に身を投じてくれって
チュン・ウー・チェンさん酷すぎ。

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 16:13:30.73
ユリアンは論拠があるから直感とはいわないだろ

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 16:17:04.31
>>436
ヤンへの艦艇譲渡は法的な処理を済ました上での合法的行為だったはずだが

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 16:19:25.91
436のひとは譲渡の合法がどうとかいってないようだが

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 16:33:34.59
同盟軍艦艇のヤンへの譲渡って、
「エル・ファシル革命政府」でも「独立予備軍」でもなくて、ヤン・ウェンリー個人に対して譲渡してるんだよな。
あの瞬間、ヤンって宇宙有数の大富豪だったのかも。

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 16:39:25.01
>>440
ヤン提督の埋蔵金みたいな話ができそうだ。
実は活動資金として貴金属類も同時に譲渡されていたとかそういう話が。
で、物好きがエル・ファシルや回廊の小惑星を探索している。

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 16:51:32.27
要塞を奪還したあたりでお金を借りるような描写があったから、
軍資金も譲渡されたとは考えにくいんじゃないかと。
でも、埋蔵金の噂はそんなもののような気がする。

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 16:54:30.52
糸井重里ばりに重機持ち出して、よそん家の庭ほじくりまわすのか

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 17:58:34.00
よーわからんのだが、宇宙って遮蔽物がほとんど無いし、空気もないんだから、
何十光年離れていても光学観測で索敵できるのかな。

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 17:59:25.12
小惑星を探索するくらいなら、そこで資源採掘でも
した方がよっぽど儲かると思うんだ。

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 18:08:13.79
>>444
何十年も前の結果しか観測できないが・・・

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 18:09:14.38
>>444
何十光年離れたところで爆発が起こって光が届くのも何十年だがな
何十年前の現象とか索敵しても無意味だろうと


448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 18:09:46.40
>>444
現実でも天文観測しているじゃん。裸眼でも220万光年先まで見えるぞ?
戦術情報になるほとのリアルタイム観測は不可能だが。


449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 18:11:04.75
なるほど、そりゃそうだ。
じゃあハイネセンから見ると、ガイエスブルクはまだ爆発してないのか。

450 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 :2011/12/04(日) 18:29:55.11
銀河英雄伝説の宇宙船は格好よいですよねー。

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 18:40:17.79
フェザーンで「伝説の艦隊戦が観測出来る銀河系座標スケジュール」
とか発行されてて観光客が集まったりするかもしれん。

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 18:49:09.22
回廊で阻害されてるだろ

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 18:57:18.27
戦闘が起きた日時と宙域がわかれば、
高性能光学望遠鏡で詳しい戦闘経過が数年後に直接観察できるのか?

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 18:57:19.40
同盟領から帝国領内の光学観測がたやすくできるとは思えないが。

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 19:27:23.25
レーダーが役に立たず、光学観測も無理で会敵出来るのか。

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 19:27:27.76
>>449
100万光年の半分としても50万光年なのでガイエスブルグどころか文明の痕跡すら無いだろうw

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 19:30:07.33
>>455
なんだかよく分からない凄い科学で作られた超アインシュタイン理論レーダーはあるだろ

しかしそれでも、速度や広さを考えると容易に会戦とかが起きるとは思えないが
行路やワープルートが非常に限定されているという説が有力

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 19:36:37.11
基本恒星間の何もない空間で戦闘してるのではなく戦略的な要衝、星域の惑星の近くとかで
片方が戦略的な要衝に攻めてきて防衛側が迎撃戦を行うという戦闘がおこるのが基本だろう

その意味では二次大戦の海戦と同じと思う

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 19:38:46.15
>>456
ハイネセンからイゼルローン要塞までそんなに遠くなかったような

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 19:40:53.77
>>457
意外と中世みたいに伝令と斥候頼みだったりしてなw
それだと、狼煙とか銅鑼とかない分中世以下か。

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 19:42:18.38
>>460
監視衛星とか使用されてると書いてある

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 19:55:27.01
銀河系の大きさが15万光年とかそれ位じゃなかった?
100万光年だったらアンドロメダ銀河への距離の半分くらいかな?

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 21:53:53.67
>>435
あれはユリアンの教育と、自身のメンタルケアをかねていたんだろうな。

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 22:41:26.35
「神々の黄昏」って作戦名
おwwいいじゃんwwwってラインハルトがニヤニヤ考えてたんだろなって思うと、笑えるww
作戦名に大興奮の提督達も、子供みたいだなww

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 22:56:38.39
北欧神話が国教なんだから、代々の皇帝は最高神祇官も兼ねていたのだろうか。

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 23:01:12.17
北欧神話は国教じゃないし単に北欧神話の神々の名前をことあるごとに使うが
心から信じてる様なものではないだろう。言葉の言い回しみたいな感じ。
基本宗教絶滅後で地球教以外の宗教は出てこないし。

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 23:13:46.30
銀河英雄伝説の小説読み始めたんだけど、今1巻の150ページなんだよ。
読み進むのがしんどいしなんか全然ハマれそうに無いんだけど、夢中になった人やなってる人は、もう1巻の最初の方からのめり込む感じだったんですかね?

それとも、150ページではまだまだこれからハマってく感じですか?

ちなみに、アニメとかでも接して無いのでこの小説が初銀英伝です。

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 23:16:48.27
最初のアスターテが面白く無ければもう諦めれば?

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 23:20:41.82
中学で読んだ時には読むのめんどくさくて艦隊戦やってるトコ中心に読み飛ばしていったなあ
ラインハルトTUEEE、ヤン権力に立てついて反抗期みてえ、とかそんな感じで3,4巻まで読んで
後は惰性だわ

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 23:23:39.29
高校の時にはじめて読んだけど、最初は字の密度の高さにビックリしたな
徳間ノベルズ版だったからで、文庫本だったらまた印象が違ったのかも知れないけどね

自分は食い入るように引きこまれていったけど
合わない人ももちろんいるだろうから、無理して読まなくてもおk

471 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 :2011/12/04(日) 23:23:53.36
銀河英雄伝説でも幸福の科学は有りそうですよねー。

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 23:25:57.39
まあ合わなければ今出てる普通のラノベでも読んでればいいんじゃないの
何がお勧めかは知らんが

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 23:38:23.66
>>432
アニメではカットされてるシーンなど大したことはない。

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 23:46:50.22
【GRINDR】iPhone向けカマアプリ11【jack'd】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/gay/1321159709/

ホモ同士が物凄くケンカしてます
おかまのケンカは面白い…

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/04(日) 23:47:32.22
468-70
参考になりました、経験談ありがとです。



476 :467:2011/12/04(日) 23:56:42.28
すいませんもう1つ
今夜のうちに一応1巻は読みきろうと思ってます。
面白い面白くないは置いといて、2巻以降も文章は1巻のような叙事詩的に進んでいくんですか?

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 00:08:19.60
うん

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 00:22:02.67
ダイナマイトどんどん

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 00:30:02.75
>>477
ありがとです

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 00:52:14.33
>>464
反乱軍を殲滅する作戦の名前として相応しいかと疑問は残るがw

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 00:57:53.90
「作戦名はなんです?」

 ラグナロック
「神々の黄昏(ドヤァ」


俺がその場にいたら
「厨二病乙」と心のなかでつぶやきながら、笑いをこらえるのに必死だろうなw

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 01:02:19.89
>>464
オペレーショントモダチ
とか
結構そんなもんじゃない?

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 01:11:30.53
ギャラルホルンも相当なもんだぜ

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 02:02:42.77
命を掛けるんだから精一杯カッコつけたほうがいいだろうな
恥ずかしく感じるヤツなど知らんw

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 04:16:14.35
ラインハルト自身厨二を具現化したようなもんだから違和感ないわ

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 09:13:04.79
>>470
また読みたくなって中古でノベルズ版を買ったがいやー読み辛いわ
黄金の翼だけ創元SF文庫の新品を買ったが読み易いねえ
お金をケチらないで創元版の新品で買い揃えばよかったのにと思った
ところで徳間デュアル文庫は読み易かったのでしょうか?

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 09:17:39.19
無限の正義作戦
不朽の自由作戦
砂漠の盾作戦
誇り高く鷲作戦
オデッセイの夜明け作戦
大君主作戦
迅速なる怒り作戦
雷鳴作戦
戦斧作戦
春の目覚め作戦
ジンギスカン作戦

まあ現実も対して変わらん

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 10:59:21.34
ゲルマンモチーフにしてる連中が敵滅ぼしにいくのに神々の黄昏・・・

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 12:13:36.46
やっぱり自分たちがヒーローだと思い込まなければやってられないんだよ
ヤンが特殊

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 12:22:30.13
>>488
ラグナロクは神様以下、死んだ英雄・戦士総動員で巨人族と戦う、北欧神話の「黙示録の最終戦争」てなノリ
だから、単に敵を征するってだけじゃなく、「統一された新秩序の始まりまでを意識した、それぐらいの規模、
決意」ってことなんだろうなぁ―2割くらい「カッコイイ!」って厨二マインドもあったろうけどw
むしろ、帝国側じゃなきゃ出ない(同盟なんか同じくらいいっぱいいっぱいの動員掛けときながら、「大侵攻で
す」とドヤ顔するセンスがせいぜいだw)。


491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 12:24:34.20
>>489
ヤンだってキャゼルヌの「箱舟作戦」ってネーミングに「ベタでダセェ」とケチつけてんだから、根っこでは同じ。

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 12:28:30.40
>>490
同盟には箱舟計画(アニメだと箱舟作戦)があるじゃないか。

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 13:02:57.03
ラインハルトは旧秩序なんてみんなぶっ壊してやるぜヒャッハーな為人だからな

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 16:55:34.98
ラグナロクだと自分達にも縁起悪いからなあ

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 17:01:36.10
宇宙空間で陣形を展開する時どうするのが正解なんだ?


496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 17:33:28.00
>>494
終末神話はイコール「新世界への再生」だから、「みんな壊してやる」側にとっては縁起はいい。
つか、そういうところは気にしないって意味で、宗教的な側面は欠如しているってとこじゃないか。

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 18:25:33.23
ヴァルハラ片道切符みたいだよな…ラグナロク

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 18:49:50.01
>>495
現実の宇宙での艦隊戦がない以上は正解なんてないだろう
ただ各艦の火力を十分に生かせるように射線が重ならない様にはするんじゃないのか

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 19:54:47.33
>>495
各艦が個別の機動を邪魔しないように動きつつ
一斉射撃ができる体制のことだろ

ようは防御ができている状態で強力な攻撃を行える体制のことだ

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 20:37:09.52
じゃ アムリッアで,ビッテンがヤン艦隊に0距離射撃で
空母群が殲滅させられたのは防御ができていないのに
空母部隊を先行させたところを狙い撃ちされたて事かな?

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 20:45:10.10
そんな描写はなかったような

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 20:46:51.37
まだヤンの機動戦力が死んでないのに
掃討戦にいったビッテンフェルトがあほなだけだろ

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 21:02:46.31
あれは確か、止めを刺そうとして艦砲を停止して
艦載機による攻撃に切り替えようとした瞬間を
狙われたはず。違った?

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 21:03:50.47
アニメと原作と漫画で違うんじゃないのか

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 21:05:20.50
弾幕がよっぽど有効なのか、発進時にエネルギー中和磁場が弱まるのか
静止状態にでもなってたのか、さてはて

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 21:22:07.55
そもそもビッテンは艦載機を使った戦術は得意なのかな?

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 21:24:43.34
メルカッツが得意なんだっけ?

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 21:36:01.50
>>503
艦載機を出そうとしたのはケンプだろ?
ビッテンは短距離砲に切り替えようとして……だったような。


509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 21:43:25.64
母艦機能を有するものは全て発進、他の艦は短距離砲に切り替えて接近しろ、がビッテンの命令

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 23:16:06.57
>>508
主砲を短距離砲に切り替え、ワルキューレを発進させろっていってなかったっけ?

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/05(月) 23:18:54.74
短距離砲は何だろう?
エネルギー・ビームとか中性子ビーム砲レーザー水爆
ミサイルとか中性子弾頭ミサイル 
後 磁力砲(レール・ガン)で発射される超硬度鋼の砲弾
や核融合榴散弾とか光子弾(?)とか原作にあるんだけど。

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 00:20:07.88
>>511
想像だが、長距離砲がレーザーとかのビーム兵器、短距離砲がレールガンとかの実弾兵器なんじゃないか?
威力は短距離砲の方が高いけど、弾が遅いので遠距離では照準できない。
短距離砲のチャージにジェネレータを全力で使うので、その間射撃はできないとか。


513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 01:08:28.14
実弾系の短距離砲はビームバリアが使えないから
止めを確実に刺すのに使うとかそんな感じだろう

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 06:46:20.79
>>512
マジレスすると光学兵器は光が波である性質から光学分解能の制約を
受けるので1光秒も離れると使いものにならない。

レールガンやミサイルなどの実体弾の方が遠距離では効果的。

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 07:09:33.36
>>514
減衰以外にも、レーザーとかはミサイルと違って誘導出来ないから
距離が離れるにつれ相手の未来位置狙わないと行けないから命中率
下がるってのもあるかな。アニメだとほとんど止まって撃ちあって
る描写多いから関係ないかもしれないが。
ドーリア会戦ではヤン艦隊は6.4光秒の距離から秒速3000キロで移動
する11艦隊に攻撃してるけど、レーザーとかは狙うの大変だったろ
うね。約2万キロ先の未来位置狙わないといけなからね。

516 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 :2011/12/06(火) 11:38:32.20
銀河英雄伝説には意外と疑問が多いですよねー。

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 18:08:34.47
>>514
光学兵器になるかわからんが太陽光をミラーで集めて照射するような兵器は遠距離でも
有効だろう。惑星間でも問題ない。
レーザーも拡散するが月地球の1光秒でも普通に使用してるし。

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 18:39:15.50
いちいち照準つけて撃っても当たりっこないので
艦隊戦の基本はとにかく数をそろえて撃ちまくる
と言うことになってしまうんじゃないかな

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 18:51:27.18
宇宙空間でめくら撃ちしてもあたらんだろう・・・

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 18:58:24.18
近そうな印象だけど実際はすごく離れてるわけだからなあ

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 18:59:19.55
外伝じゃ分艦隊以下の小部隊でつぶしあいやってるし

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 19:52:43.95
>>516
疑問というか、描かれていない、説明されていない部分がかなり多いので
決定的矛盾と言える物が少ない代わりに、想像や無理矢理な解釈の余地が大きい
だから今に至るまでいろいろと語られている。

523 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 :2011/12/06(火) 19:54:55.10
銀河英雄伝説VS宇宙英雄物語ですよねー。

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 19:55:29.41
>>522
ソレは触らなくていいんだぞ

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 20:24:28.32
大多数の死者は肉眼で敵艦を見たこともなく外で何が起こってるか
よくわからないまま死んでいったんだろう

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 20:36:40.26
死傷率と損傷率は何%が許容ラインなん?
「9割もの損害を出したのか!!!」ってのが悪いのは分かるけどさあ
じゃあ何割までなら許せるん?

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 21:12:35.25
そんなもん戦果次第じゃぁ!

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 21:17:30.67
味方9割でも
敵を殲滅すれば良いんか
鬼やで

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 21:29:30.60
ヤンやラインハルト仕留めれば9割失っても許されるよ

まあ国力、作戦目標、艦隊再建の可否とか状況次第だって

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 21:39:31.64
>>529
友人がPCゲームの銀英伝をやってて
「ヤンの野郎ブラックホールに叩き込んだはずなのに次の戦場にシレッと現れる…」
と呟いていたのを思い出した。

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 22:23:50.20
提督の力量で勝敗が決めているようなところは個人的に好きじゃないなあ…
まあ、そういう世界だと思ってあきらめているが。

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 22:25:23.40
科学技術や戦術が停滞しているからこそ
人間の質がすべてを決めてしまうのだろうけどね

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 22:52:18.88
>>487
エルドラド・キャニオン作戦はセンスあると思う

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 23:18:53.65
今さらハマってしまった
面白すぎる

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 23:28:52.00
>>532
近代戦と違って、戦場が広くなりすぎて密な連絡体制(ひいては組織体制)の構築が困難ってのも理由の一つだろうね。
だから、古代中世の会戦のように将の判断に拠る部分が大きくならざるを得ない。

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 23:33:56.28
>>526
状況次第、ということを踏まえたうえで、
たいていは三分の一死ねば、もうその部隊はガタガタな状態と言って過言ではない。
だって同僚二人いたら、そのうち一人は死んでるって状況だぜ。
(部隊最前線の連中的にはもっとひどい状態)。

そんな状態で平常心で戦える人間なんて極少数だろう。

537 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 :2011/12/06(火) 23:39:43.29
ゲットバッカーズ(奪還屋)VS銀河英雄伝説ですよねー。

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 23:41:42.24
何だかんだいって首都目前まで抵抗した同盟は偉い。
日本なんて沖縄が落ちただけで降伏だからな。

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 23:50:25.85
その前に首都爆撃とかされてるんだが…

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/06(火) 23:55:50.66
ミッターマイヤーだったら、皇居や国会議事堂を念入りに爆撃していただろうな。
現実は交渉相手を殺さないように逆なんだが。

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 00:02:49.06
京都に空爆しなかったってことは、アメリカ軍にはメックリンガーがいたんだろうな


542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 00:03:21.93
間近に敵が迫ってる非常事態なのに地下なりなんなりに要人が退避してないとは
軍人は思わないだろうよ

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 07:21:51.11
>>541
それをいうならブラウンシュバイク公もいたことに。。。。

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 08:43:08.33
メックリンガー=スティムソン
ブラウンシュ"ヴァ"イク=ルメイ

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 09:20:30.24
ビュコックって19歳で2等兵で初陣を経験してから
70歳超え戦死するまでどれだけ戦場にいったんだろうか?

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 09:25:02.29
ビュッコクとメルカツッの戦歴はどちらが長いのだろう。

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 10:23:04.45
>>546
あの2人、似てるようで年齢は10歳以上は離れてる
から、そりゃビュコックでしょう。メルカッツが10
才から軍歴あるなら別だが。

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 10:35:08.15
>>536
インパール・・・・

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 12:55:31.79
>>536
だから、戦国時代辺りだと足軽なんかが真っ先に逃げ出すわけだ。


550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 13:06:30.02
>>538
迎撃の要だった海軍の機動艦隊が大和の沖縄特攻で全滅しているんだが? まあ、戦前のシミュレートでも高知
沖で全滅という結果だから、少し遠いがな。
というか、ヒロシマ・ナガサキも沖縄よりも、ソ連参戦で北からも侵攻されるって状況になったのが、降伏の決定的
要因になったというのが定説なんだがな。
あれ以上の抵抗はもはや戦争ではなく、戦後を考えれば意味がない。列島分割や一億玉砕が最高の結果だとい
うなら別だが( ゚д゚)、ペッ


551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 13:17:57.83
>>538
終戦時には、命綱であるシーレーンは壊滅
軍事生産力も30%近くにまで落ち込み、主要都市もほぼ壊滅してるんだけどキミ馬鹿でしょ

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 14:12:31.99
>>546
わざわざ間違えるのも面倒だろwwww

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 17:37:07.45
松代に遷都して、陸上で焦土作戦すればまだまだ粘れる。
シナ派遣軍も無傷で残ってるし。

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 17:44:18.62
ほら、アホを相手にするから・・・

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 17:44:49.35
地には平和をっすか

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 18:45:34.73
>>553
状況次第ではベルリンで市街戦になったドイツみたいに本土決戦になって
いた可能性もあるな
ある程度の戦力は温存してたから多少は抵抗出来ただろうが

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 18:51:51.21
ジョアン・レベロ「それは政治の論理ではない!」

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 19:24:36.06
ケッセルリンクとはなんだったのか。

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 19:32:32.00
地球教は、
伝統的勢力均衡→正統政府容認してラインハルトに統一させる→一転して
→ラインハルト暗殺→失敗したら、裏切ったトリューニヒトを放置してヤン暗殺→
さらにノリノリでロイエンタールも失脚させる→そこから覇権を握る算段もなく
破れかぶれでラインハルト襲撃→全滅


こいつら何がしたいんだ。

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 19:49:53.29
同盟帝国フェザーンのバランス戦略が崩れてからは今後の方針を決めかねて
迷走していたのだろう
ただラインハルト暗殺に成功していれば違ったことになっただろうな
混沌と混乱に


561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 19:51:17.87
まぁ >>559の言うとおりと俺も思うんだが、
あえて好意的に説明するなら、伝統的勢力均衡して
地球教の影響力を増大しようとしていた所
ラインハルトの急激な台頭にあわてふめいて
打つ手打つ手裏目となり自滅したのが真相かと。

一言でいえば小説のヤラレ役の末路だな。 

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 20:23:51.07
>>556
米軍は九州上陸のオリンピック作戦
関東上陸のコロネット作戦
両作戦を含めた日本壊滅占領をダウンフォール作戦として承認されて準備していたが
米陸軍が試算した犠牲兵数が100万人超となった事、原爆が完成したこと
推進派のルーズベルトが死去したことにより作戦は中止され、海上封鎖と空襲、そして原爆で降伏させる事にした。

米軍が損害を100万人超と0見積もったのを見ても分かる様に、日本側はある程度どころか
相当数の戦力が残っていた。
そもそも、日本が主戦場としていた太平洋では大規模な陸戦力は使いようがないし運べない上に
ある程度の時期からは、本土に兵を集めていたからな。
日本版パンターとも言える5式戦車に始まって、日本版パンツァーファウストとも言える携帯型ロケット弾が数万丁
その他各種の新兵器
陸軍は終戦間際にあっても、負けたのは海軍であり陸軍は負けていない、として戦意も旺盛だった。

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 20:28:18.74
>>561
さっさとラインハルトを暗殺すれば良かったのにな
あれだけの組織力があれば、いくらでもチャンスはあっただろう。
タイミングとしてはアムリッツァ後だろうな。
それ以後だとチャンスが少なくなるし、それ以前だとラインハルトが危険だと
判断する材料が不足気味。

とまあこんな事すらもしないのに、圧倒的不利な立場のヤンを暗殺したりとか
皇帝誘拐の絵を描いて成功させたりとか全く持って意味不明。

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 20:29:46.92
>>562
五式中戦車は終戦時でも方が搭載されていない未完成状態だし開発中だったけど。
他の兵器も性能的には劣るもので航空優勢の下では戦車も活動はままならない。
ゲリラ的な戦いにならざるを得ない。

あと原爆投下とソ連の参戦後にも日本が降伏しなかった場合は本土侵攻も予定されてたが

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 20:33:48.90
>>562
だから、どうした? 
そこから逆転できたというのか? 狂っているだろう。外からの援軍の当てのない篭城戦やっても、破滅を先延ば
しにし、より酷い戦後がきただけだったろ。
戦争に負けた上に、国まで消滅するよりは降伏する方が比較しようもないほどマシだろに。そんなこともわからん
キチガイは死んでしまえ( ゚д゚)、ペッ

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 20:39:41.66
総大主教=ルビンスキー派はフェザーンの自由航行権をすぐに渡すつもりはなかった。
だから、ラインハルトによる急速な覇権の確立は誤算。
そこで反撃に出てラインハルト暗殺を企てるが失敗して総大主教生き埋め。

以降はド・ヴィリエ派が主導するので、トリューニヒトには興味なし。
ド・ヴィリエはオーベルシュタインと繋がっており、利用されてヤン・ロイエンタールを
陥れるが、最後に裏切られて偽情報をつかまされて自滅。

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 20:40:27.31
総大主教=ルビンスキー派はフェザーンの自由航行権をすぐに渡すつもりはなかった。
だから、ラインハルトによる急速な覇権の確立は誤算。
そこで反撃に出てラインハルト暗殺を企てるが失敗して総大主教生き埋め。

以降はド・ヴィリエ派が主導するので、トリューニヒトには興味なし。
ド・ヴィリエはオーベルシュタインと繋がっており、利用されてヤン・ロイエンタールを
陥れるが、最後に裏切られて偽情報をつかまされて自滅。

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 20:41:49.84
>>565
お前は敗北主義者のシューマッハだな。
滅びの美学を完成させるべきだった。

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 20:52:52.36
フレーゲル男爵がおられるようだ。

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 20:55:06.26
>>564
> 五式中戦車は終戦時でも方が搭載されていない未完成状態だし開発中だったけど。

コロネット作戦開始予定は46年3月だからな

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 20:56:52.44
>>563
>タイミングとしてはアムリッツァ後だろうな。
なんという読者視点の後知恵w
そりゃあ、いくらでもチャンスはあったろうが、あり得ねぇ。



572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 20:57:41.85
>>570
シャーマンにもぼこられる装甲の五式じゃ

573 :562:2011/12/07(水) 20:59:26.04
>>565
いや、逆転できたとか一事も言ってないんだけど。普通に事実だけを補足しただけ。
そもそも>>551書いたのも俺だし。

実際日本指導部が、国民の大多数を道連れにして狂気の防衛戦を選択しなかったから
今の日本があるんでしょと言いたい。
比較するのもアレだが、徳川幕府も最後は大政奉還したように、最後の最後で日本人は
冷静かつ合理的な判断が出来ると思っている。

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 21:12:49.55
いつまでやってんの?

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 21:19:05.95
ラインハルトもひげを生やしたら

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 21:31:43.42
>>566
前半は賛成するが、後半の
ド・ヴィリエはオーベルシュタインと繋がっており、利用されて
ヤン・ロイエンタールを陥れるは、少し無理じゃないか?
原作でも、ヤンの死に関してオーベルシュタインは無関係と
記述されているし・・・・・・・。


577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 21:47:37.98
イゼルローンのトールハンマーって、どんな形をイメージして読んでますか?
自分はアニメから入ったんで、小説版のトールハンマーのイメージが、いまひとつつかめないんですが。

要塞表面に穴が開いているような形なのか、でっかい砲塔がついているのか?
そのあたりの描写ってありましたっけ?



578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 22:46:24.49
1巻当たりだと無数の砲塔群の総称がトゥールハンマー

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 22:53:57.91
そのあたりは作者的にいい加減というか描写が変遷してたような気も。何億メガワットうんたらもあったようだし。

漫画の設定の表面の1/3以上の火力を一点に集中したのがトゥールハンマーというのが
合理的かなと

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 23:17:31.70
水鉄砲を3000丁合わせて撃っても、消防車のホースには敵わないと思うのだが、どうだろう。

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 23:19:01.92
やっぱりこんなのだろ
http://blog-imgs-43.fc2.com/t/a/k/takosufirelooppp/gustav.jpg

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 23:21:49.59
波動砲のどでかいやつだな。

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 23:25:54.20
>>580
一枚の凹面鏡で集光した光は弱いが何万枚もの凹面鏡で集光した光は
鉄でもレンガでも溶かしてしまう

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 23:27:46.23
艦隊の砲撃で要塞結構傷ついてるからな
巨砲に頼っても破壊されて、要塞の攻撃力が無くなっちまう

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 23:31:01.79
レーザー核融合ミサイルとか普通に使われるから巨砲みたいに表面に目立つ目標物があったら
いい的になるしな

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 23:38:00.29
どう見たって、イゼルローンの元ネタはデススターだろうし、それならトールハンマーはスーパーレーザーだろう。
アニメのは、そちら寄りだよね。

>>580
その水鉄砲ひとつで戦艦ひとつ破壊できる程度の威力はあるのだから、数があれば、その分だけ多く沈められ
るだろう。対「艦隊」砲としてなら、一門の超大砲よりは理に適っている。
絵にするには、大砲ドカンの方が映えるし、納得しやすいが(デススターという元ネタがあるなら、なおさら)。

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 23:47:59.17
>>1
もしかして、東電って史上最強のテロリストなんじゃね?
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/news/1323248016/

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 00:19:00.63
二百三高地を制圧するのになぜ苛烈な艦砲射撃をしなかったのかって話はした?

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 03:21:42.41
するとセバスチアン・フォン・ミューゼルが黒鎧に身を包んで
ラインハルトに立ちはだかる展開もありえたのか

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 05:49:36.71
艦砲射撃で要塞の装甲自体は大丈夫だけど表面に露出している砲塔は破壊された、みたいな描写が
原作でも何度もあったような気がするから、普段はトールハンマー用の砲塔(あるいは発射口)は
隠されていると考えるべきではなかろうか。

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 06:42:08.05
>>588
まだドレッドノートが竣工してない世界だぜ。
艦艇が陸に近づくと射程のまさる陸砲に狙い打たれるのが常識。
射程に加えて、固定砲は照準も有利。

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 07:00:17.31
>>589
ルークの立ち位置はむしろユリアンだから、後半の冒険編がぐっと膨らんで、ド・ヴィリエが「あいむゆあぁーざー!」とw


593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 09:00:02.68
つまり、ゆりあんとかりんは兄妹という設定か。

594 : 忍法帖【Lv=21,xxxPT】 :2011/12/08(木) 09:15:58.74
銀河英雄伝説VS宇宙英雄物語の対決も実現して欲しいですよねー。

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 09:18:10.73
「ですよねー」をNG指定すると捗るぞ

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 09:23:20.05
>>586
作中にもメガワットとか書いてるし、そこは誰も議論してる人はいないだろ

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 09:34:25.53
「このハンマーを持上げる資格ありし者、雷神の力を得ん」

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 10:02:34.60
>>588
1.旅順湾外から二百三高地までは10Kmほどの射程が必要で、当時の艦砲では届かない
2.そもそもの目的は旅順艦隊の覆滅であり、二百三高地を簡単に砲撃できるようなら、最初から旅順艦隊を砲撃するだろ
3.陸上砲、特に永久要塞のような物と戦艦が打ち合うのは、戦術上最大の愚策
 ましてや永久要塞を直接狙うどころか、それを挟んでその先の高地を狙うとか愚策中の愚策
4.そもそもどうやって狙うのか? 無線通信は1896年に発明されたが、日露戦争時点で日本にあった技術では弾着修正するのは困難
 (日露戦争当時、日本海軍は海底ケーブル敷設船を使って通信手段を確保していた事が戦争の勝利に役立ったことはあまり知られていない)
5.旅順湾外は機雷で封鎖されており、掃海無しで大艦隊を展開するのは自殺行為。これで何隻も軍艦を失っているし、ロシア海軍ですら
 蝕雷で戦艦ペトロパブロフスクと共に名将のステファン・マカロフを失っている(これは日本軍の敷設した機雷だが)
6.二百三高地への進撃ルートが確保されたのは9月中旬。乃木の第三軍に28cm重砲が配備されたのも9月
 (と言うか二百三高地から重砲で旅順港を砲撃できるようになったので、同高地の攻略に着手した)
 重砲を手にれたのに、更に危険を犯して艦隊を入れるのは割に合わない
7.大体、バルチック艦隊とロシア太平洋艦隊が合流して連合艦隊に対して優位に立たれると、大陸で戦っている陸軍が
 窮地に陥ると言う理由で、急いで旅順要塞の攻略戦をやっているのに、バルチック艦隊が来る前から艦隊を投入して
 損耗させるなど本末転倒愚の骨頂マヌケ中のマヌケとしか言いようが無い。 

そもそも、艦砲射撃の話って、ポストが赤いのも乃木のせいみたいな、素人の語る乃木悪玉論レベルの話だろ
旅順攻略を陸軍に泣きついたのは海軍だし、全体計画を立てたのも海軍、乃木は当然艦隊への指揮権はない

599 : 忍法帖【Lv=21,xxxPT】 :2011/12/08(木) 13:17:21.14
銀河英雄伝説VS宇宙英雄物語の戦闘の結果を知りたいですよねー。

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 18:23:32.83
>>598
おおむね賛成だが、「日進」、「春日」の二隻は、一万二千メートルの射程のある
主砲を備えていたじゃなかったかな。
うろ覚えだけど。
むろん、届くと言うだけで、ピンポイントを打ち抜けるだけの火器管制装置はなかった
から当たるはずはないけどね。


601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 18:43:38.66
ブランシュバイクみたく死ねる薬無いかな?
真剣に教えて欲しい。

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 19:17:55.32
砲が強化されているのは春日の方だな。

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 19:33:13.68
>>600
そもそも203高地の攻略自体が意味あったのかという話もある
203高地占領以前から他の観測所を利用して港内のロシア艦隊に対する砲撃は行われているし
損傷も受けている

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 19:37:13.35
スレチいつまで続けんだよ

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 21:46:51.31
キミが泣くまで

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 22:04:49.65
>>601
水を飲み続けていると100%の成功率で死ねるぞ。

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 22:10:28.69
何もしなくても100%の確率で死にますが?

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 23:39:59.68
>>601
ブラ公のあれは青酸カリだな。
苦しまず死にたいならバルビツレート

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 23:58:45.04
全く無学な者なので質問なんですが
射程の話が出てたので思ったのですが、宇宙空間では抵抗が
無いと習ったのですが、そうなると、トールハンマーや艦砲射撃で
発射したエネルギーは、どこまでも威力を失わずに進みますか?
それとも、どこかの星の重力に引っ張られて、バナナシュートみたいに
曲がって予期せぬ被害を生み出しますか?

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 03:27:53.27
宇宙だから威力が減らないというなら、地球は太陽熱で唐揚げになってるよ

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 06:35:02.86
うまいこというな

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 08:36:08.14
どこが?

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 08:44:34.31
唐揚げウマーって事だよ言わせんな恥ずka

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 10:43:36.35
>>609
マジレスすると拡散するので初期の威力は保てない

強い宇宙線程度に観測されることはあるかも

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 10:57:36.49
>>601
塩化ナトリウムの致死量は400g。

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 10:58:18.35
エネルギーじゃなくて物理弾だとどうなるんだろうな。

宇宙戦艦ヤマトIIIでは、はるか彼方の星間戦争で発射されたミサイルが
はるばる太陽系まで飛んできて太陽にピンポイントで命中してたが。

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 11:02:20.54
>>609
>それとも、どこかの星の重力に引っ張られて、バナナシュートみたいに
>曲がって予期せぬ被害を生み出しますか?
本編で戦闘が行われる間合いで、ビームが目に見えて曲がるほどの重力場etcの傍で戦闘することは、まず
あり得ないから気にすることはない。ビームがそんなに曲がるなんてブラックホール近傍でもないぞ。
ビームにしろミサイル他の実体弾にしろ、重力場など外部の力で曲がる場合、どういう軌道を描くかは完全に
物理法則どおりで、データ精度なりに正確に算出・予測できるので、「予期せぬ」なんてない。


618 :601:2011/12/09(金) 15:23:21.38
青酸カリじゃないでしょう。
あれ、ブラ工が即死だったし、ただ飲んだ瞬間、瞼が重たくなった
じゃない。
バルビツレートも結局は嘔吐による窒息でしょ。
本当に、一瞬で、シュザンナのように苦しまず、一瞬で死にたい。

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 15:43:12.87
>>618
スレ違い

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 18:28:17.61
トゥールハンマーの方は普通に射程範囲あるんだから、最適な距離で最大の破壊力がでるよう
放射を収束させてるんじゃね
運動兵器は艦自体秒速ンkm以上の速度出てるだろうし艦の残骸と同様デブリになるか
隕石のようにどっかに落ちるか

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 18:48:18.19
>>618
原作によると脳への酸素供給を断つ成分と痛覚神経を麻痺
させる成分の混合物らしいね。ほんとにあんな安楽死出来る
薬物があったらえらいことにはなるね。

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 18:59:54.39
貴族の自決用としての需要があってそういう薬の研究が進んだってとこか。

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 19:08:15.45
>>621
本当に楽に死ねているかは生者にはわからんわけだが。

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 19:14:36.13
>>616
ヤマトの惑星破壊ミサイルはワープでもしてないとあんなに早く太陽系まで
届かないんじゃなかろうか

実体弾は星間にある物質の抵抗で極々の微小量の運動エネルギーは減るだろうけど
基本はそのままの運動量で進んでいくんじゃないのか。超遠距離はわからんが。
軌道は天体とかの重力の影響は受けてまがっていくだろうが。


625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 19:16:00.52
一度も死んだことのない奴がそれについて偉そうに言うのを信用するのかい?

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 19:44:09.87
死後の世界はあーる!

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 20:04:25.17
>>624
ヤマトの速度感覚はアテにしてはならない。
冥王星から地球まで長くても数日で飛来した巨大ミサイルが
地球近辺では異様に速度が遅いし。

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 20:12:27.02
星間物質はまだよく判らないから減速は作者がエイヤで決めるしかないよなあ。

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 21:15:21.59
まだ32なのに脳梗塞を起こした漏れが来ましたよ
軽度だったのと若かったのと人前で倒れたため、
三時間以内に専門医の治療を受けることができたので、10日間で退院できた
自覚できる範囲で後遺症もほとんどない
日常生活で使わない言葉を使おうとしたら、ちょっと出にくい程度

救急車で運ばれる間と病院で治療を受けているとき、ちょっと吐いた
もし、一人っきりのとき発作を起こしていたら、吐瀉物が気管に入って、
窒息死したのかもしれない
でも、発作を起こして運ばれたり、治療を受けている間、
うつらうつらと眠いだけで、とても気持ちが良かった
窒息死していた場合、どんな感じだったのかなあと思うことがある
やっぱり、苦しかったのだろうか?
それとも、窒息の苦しみは一瞬で済んで楽に死ねたんだろうか?

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 21:49:15.86
窒息死は最も苦しい死に方の一つだと聞くけどね
苦痛に顔を歪ませた死に顔を見たら、とてもじゃないけど・・・ってヤツ

保健所で(ガスだけど)殺処分される犬猫の鳴き声を聞けば、楽に死ねるとは思えないなあ

631 :629:2011/12/09(金) 21:59:14.07
うん 普通の窒息死ならね
でもさ、漏れの場合、脳の血管が詰まって脳が死滅(´;ω;`)して、
体の自由が利かなくなったり、眠くなったりしていたわけだから、
窒息した場合、「苦しい」と判断する脳機能が生きていたのだろうかと思ってさ

後で、脳のMRIだったかCT1だったかを見せられて、結構やられて黒ずんでいた自分の脳を見たときは、
やっぱりΣ(゚д゚lll)でしたわ

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 22:01:25.93
CT1→CT

まあ、健康な人でも脳を開いたら、隠れ脳梗塞で真っ黒、ってことはよくある、
って言われたけどね


633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 22:03:41.54
大学の先生で脳梗塞やった人がいたんだが、
脳細胞をかなりやられているのに、プロの学者として普通に研究して論文書いてた。
脳細胞に損傷の無い人の99%よりも、その先生のほうが頭いいと思う。

人間ってすごいな。

634 :629:2011/12/09(金) 22:15:51.67
>>633


635 :629:2011/12/09(金) 22:23:02.64
失礼、上のは間違えて入力した

tPAという薬を三時間以内に投与した場合、ほとんど後遺症もないまま、劇的に治るらしい

俺も親の目の前で倒れたので、すぐに病院に運ばれたのだが、親の話によると、
その投与を受けると、みるみるうちに顔に生気が戻って、医者が「もう大丈夫ですよ」
と言ったそうだ

その先生もtPAを受けたんじゃないかな?

ただ、発作を起こして三時間以内でないと使えないのと
使用には専門医の判断が必要なので、脳梗塞は時間との勝負だそうだ

スレチ失礼

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 23:13:46.75
銀英には戦闘サイボーグは表立っては出てこないな
かなり機械化出来そうな技術レベルみたいだが

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 23:30:52.50
>>636
1巻の表現だと、「軍医にかかれば9割助かる」世界だっけ?
その救命率だと内臓も機械化できてそうだが、確かにそういう存在はいないね。

ただ、キルヒアイスの出血多量死を救えない程度だからなあ。

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 23:33:48.68
医者が来る前に死んでるんだから仕方ないよw

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 00:23:09.45
>>637
艦隊戦にはほぼ役立たずだからな。そんなのは意味がない。
電脳化とかの方向にいきそうだが、原作当時サイバーパンクなんてねぇ……。

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 01:12:14.04
なに、自分の話題で盛り上がらないからって、自分が脳梗塞になった!って
詐病を語る奴が出るまでになったのかこのスレは!

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 01:24:24.49
ちょっと話は逸れるが、足が麻痺していた人が交通事故に遭ったら
足が動くようになったという話もあったな。
人体は奥が深い。

ttp://www.news24.jp/articles/2011/12/09/10196081.html

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 01:28:06.12
>>639
ネットワークは有効そうだが、銀英伝世界で発達しているらしい妨害電波には弱そうだし、
コンピュータウイルスとか入れられると致命的なので結局スタンドアローンでの運用となり、
電脳化もまた艦対戦にはほぼ役立たずになっているのかも。


643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 02:03:38.49
帝国軍の中には、宇宙艦隊で戦うことがエリートという認識はありますか?
陸戦隊や憲兵隊は下に見られますか?
スペツナズやジャギみたいな特殊部隊は存在しますか?

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 09:02:33.92
原作嫁

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 10:40:19.66
ジャギみたいなって何だよ
兄弟喧嘩で弟に負ける特殊部隊か?

646 :629:2011/12/10(土) 10:42:04.49
>>640
本当なんだが…嘘ならどれだけいいか
病院で、この病気は高齢者に多いというだけで、若い人でもかかる人はかかります
自分がそういう病気にかかりやすい体質だということを忘れず、生活してくださいと言われた

これ以上やると、脳梗塞で脳をやられてスレチに気がつかなくなったらしいと
言われるからやめるけど

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 10:51:37.83
帝国から見たら自由惑星同盟との戦いは「反乱鎮圧」
自由惑星同盟から見たら帝国は「圧政から民衆を救う正義の戦争」
両方とも、一般人を戦乱に巻き込むのは不本意なことになるから、
テロは行わず、従って、そんな特殊部隊は必要なかったのかもね

戦争が長引いたのもそのへんが理由の一つかも

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 11:03:45.58
>>637
単なる救命や後遺症対策のための機械化でなく、戦闘サイボーグ化は人権問題だからねえ
自由惑星同盟側はそんなモノを作れないし
帝国側も捕虜や農奴でもそこまでできなかったのじゃないかな

でも、それだったら、
手塚治虫の「鉄腕アトム・ホットドッグ兵団」程度の動物戦闘サイボーグはおkになるし、
戦隊物や宇宙刑事程度のパワードスーツの開発、
単純な破壊工作(アイボに爆発物を備え付ける程度)のロボットはできそう

>>642のいうようにウィルスその他で実用性がないのかもね

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 11:16:34.13
うーん、神経細胞のレベルで酸素供給を断つ事と、その苦痛を
除去する薬の混合物か。
理論的には苦痛なく死ねますね。
マルサスの人口論の暗鬱な未来を回避するには安楽死の実現を。
この方面に研究を進めてもいい気がする。
その点、指摘があったように銀河帝国では貴族用にその方面の技術が
特化したってことかな。
ガイエスブルグが堕ちるとき、自決した貴族結構いたみたいだし。

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 13:55:45.73
ガイエスブルク

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 15:10:09.71
ダストシュートのジャガイモを調べてうんざりさせたドーソン大将のエピソードの
元ネタって東条英機?

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 15:48:07.96
たぶんそうだろ

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 16:04:18.47
実際にはむしろ美談だったが

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 16:14:06.79
飽食の時代だから仕方ない
わざわざダストシュート漁るほどやる気があるだけマシだ

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 17:02:12.66
でも、それだけの労力と時間をかけてするだけのことかねえ
じゃがいもの無駄になった部分の値段<高級将校の時間分の給与
みたいな気がする

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 17:08:48.51
>>655
当時のドーソンは後方勤務本部長で、中将か大将。
年収が日本の事務次官クラスだとすると、2000万円程度。
人件費を年収の倍として、4000万円。
年間労働時間を2000時間とすると、だいたい1時間あたり2万円の税金がかかってる。

こうなると、対象が何かだな。
駆逐艦一隻の無駄を削減しても微々たる物だが、一個艦隊なら十分に収支が合いそう。

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 17:10:02.18
>>655]
同盟全軍で食料の無駄が省かれればいいんだよ

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 17:27:07.35
だからそんなもん将校がするもんかって話だ

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/10(土) 17:28:50.32
後方勤務本部長としてならまあアリなんじゃないか?

660 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2011/12/10(土) 19:06:57.92
銀河英雄伝説VS宇宙英雄物語の勝負も実現して欲しいですよねー。

661 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/12/11(日) 07:11:22.52
じゃがいもドーソンは第一艦隊の後方主任参謀のとき、じゃなかったっけ?階級は大佐くらいかなあ。

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 09:52:09.74
バーミリオンの前にユリアンが言いそびれた「楽な方法」ってなんだったのかね?

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 10:55:19.81
ユリアンが、考え付レベルだったらラインハルトを暗殺
することぐらいじゃないか?
原作でも、もし帝国軍にヤンを殺されたらテロ活動で報復
するしか方法が無いと言ってるし。



664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 13:04:45.54
同盟の第一艦隊の主な任務って、ハイネセンの防衛とかだったような記憶があるんだけど、
この艦隊っていうのは、帝国との実戦経験ってあるんだろうか?

原作開始当時の司令官はクブルスリーだったけど、第一艦隊はクブルスリーが指揮していた別の艦隊が、
クブルスリー本人と第一艦隊司令官移動に伴ってそれ以前の艦隊と入れ替わったのか、
司令官だけが移動してくるのかは説明なかったが、
司令官だけの移動だったら、第一艦隊って実戦経験のない艦隊にならない?

それとも他の艦隊から、かき集めているんだろうか?

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 15:18:03.28
第一艦隊はエリートや有力者の子弟に「艦隊勤務」の肩書きを
与えるためだけに存在していると思われる。

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 16:57:08.95
首都の権力者を守るためだけの、近衛部隊だったんだろうな。
だけど、クーデターの時は何をしていたんだろう?


667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 17:05:23.31
クーデターの時はいくつかの艦隊がいたはずだがほんとになに
してたんだか。

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 17:14:21.19
ガイエが、忘れていただけだと思うが誰か考えないか?

バーラト星系に駐留していたらヤン艦隊と何らかの
接触があってもおかしくはないが、何も記述されて
いないんだよなぁ・・・・・・・・・・・。

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 18:07:48.70
第一艦隊はクーデターで武装解除されたろうし、
残りの艦隊で機能してたのクーデター側の第十一艦隊だけじゃん
3巻のイゼルローン要塞戦で送った増援は中央の艦隊に所属しない独立部隊って書かれてたし
アムリッツアの生き残りは第八艦隊は壊滅で第五はビュコック異動時に解散して
編入でもされたのか
第一艦隊は実戦経験あるって書かれてたからそっちに入ったのか

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 19:18:00.90
そういえば、第一艦隊の司令官はクブルスリーの後任はパエッタだったが、
もしも帝国に併合されるようなことが無ければ、
パエッタはそのうち宇宙艦隊司令長官か、統合作戦本部長かになることができたんだろうか?

クーデター後のクブルスリー退官後はドーソンが本部長になっちゃったから、
年齢的に高齢のビュコックの後の宇宙艦隊司令官になれてたんだろうか?



671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 19:57:02.48
武装解除と簡単に言うが、宇宙にある一万数千隻の艦艇と
百数十万の将兵を簡単に武装解除できるんだろうか?
 
ヤン艦隊に編入された第十艦隊以外の、第5艦隊やその他の残存は、
ランテマリオ会戦に出てきた第十四・第十五艦隊に再編されたと思う。


672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 20:07:36.16
>>670
パエッタは、ビュコックの後の宇宙艦隊司令長官になれたと
思うよ。
アスターテ会戦でも、内実はともかく負傷しながらヤンに
後事をまかせた有能な指揮官と言う事もできるし、他の
艦隊司令官がいない以上彼がなってもおかしくない。


673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 20:22:13.92
>>671
第1艦隊も市民人質にとられて、軍部のトップも拘束されてて、十一艦隊も敵に回って
大将のグリーンヒルから命令されたら、悩むだろうな
首都勤務だから地上にいる第1艦隊の高官達も多いだろうし、一緒に拘束されてるかもしれん

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 21:57:30.91
もし第一艦隊が、首都以外にいたらヤンと合流したか敵対したかの
いずれかだろう。何も書かれなかった以上>>673の言うように第一艦隊
の司令部が拘束されて身動きがとれなかったと思うべきかと。

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 22:19:16.97
>>670
アムリッツァ終了の段階で年功序列で言えばヤンの方が上級者だから
宇宙艦隊司令長官は普通にヤンでしょ。

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/11(日) 23:10:34.68
確かに、ヤンの方が上級者だが クーデター後ビュコックが病気
で引退したらという仮定の話なら、ヤン以外にイゼルローン要塞
司令官を務める者がいないからパエッタが司令長官に任命されても
おかしくはないというだけの事。他にも、名前しかでてこないが
宇宙艦隊総参謀長のオスマン中将とかもいるよ。





677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/12(月) 00:11:44.90
統合作戦本部の次長職も3人いて大将とかだし、名前出てこないだけの高官がまだまだいる
とはいえパエッタの方がイメージにあうかなー
ラグナロック時に召集された3人の艦隊司令官の会議でもイゼルローン要塞の放棄に同意してるし
ビュコックも信頼してるだろうし


678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/12(月) 07:01:42.57
社長の人気の高さに吹いた

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/12(月) 18:57:35.19
>>671
シビリアンコントロールだから、先に政府を抑えられればどうしようも無いと思う
ハイネセン全土が抑えられ、お伺いを立てるべき上級将官や政治家全てと連絡が付かない状態で
艦隊司令官独自の判断で行動というのはちょっと無理がある。

首都圏でクーデターが起こって、国会と閣僚、都庁と知事、テレビ局を抑えられて
首都にいる自衛隊も大部分がクーデーター側について、その状態で寝耳に水の
富士教導団が独自に動くかというような話。

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/12(月) 20:48:55.54
原作で第一艦隊について一言も書いていない
作者が一番悪いんだが、諸外国アメリカや中国が
存在しないという前提条件付いたとしても、>>679
言うとおり自衛隊がクーデターを起こして首都を
制圧したら他の府県や自衛隊が黙っているだろうか?


681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/12(月) 21:12:44.99
口は出すが手は出さないだろうな

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/12(月) 21:33:59.94
口だって出さないさ。
地方には、クーデターに好意的な発言もあった
と書かれているからな。
ヤンの元に義勇兵が集まったのも、第11艦隊
を撃破した後だろう。
ヤンがいなければクーデターは成功したかもな。

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/12(月) 22:43:13.21
>>671
救国軍事会議が第1艦隊を武装解除したというより、
救国軍事会議に使われないようにパエッタがロックしてそうな気がする。

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/12(月) 23:17:02.96
アスターテ敗戦後で部下や人望を失った状態では何もできないだろう。

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/12(月) 23:55:06.61
あれ、武力鎮圧なんでしないで、ジェシカ・エドワーズはこんな淫乱女なんだぜ!って
倫理面や人格面に対してネガティブキャンペーンやれば雲散霧消したと思う。
グリーンヒル一味は頭が固くてそういう汚いやりかたできなかったようだ。

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/12(月) 23:57:56.74
あと第11艦隊も直接イゼルローン艦隊にぶつけないで
イゼルローンとの連絡を絶つように後方を扼させて長期戦にもちこんでグダグダにすればよかった。
ハイネセンまで攻め込んでこられても、まさか爆撃するわけにもいかないから
シェーンコップ率いる陸戦隊だけじゃどうにもならなかったろう。

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 00:03:04.01
>>683
第一艦隊の機能をロックしたって案は面白いな。
本来は第一艦隊首脳部にもクーデター派がいて、艦隊を手中に入れようとしていたが
危ない所で艦隊機能のロックに成功した・・・とか。



688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 00:10:26.09
長期戦にしたら、空のイゼルローン要塞に帝国軍が
攻めてきますよ
ハイネセンまで攻め込めば、倫理面や人格面に対して
ネガティブキャンペーンが出来ますのでクーデター部隊
への支持が雲散霧消するかと思います。
そうすれば、日和見をしていたハイネセンにいた
地上部隊に寝首を掻かれるかと・・・・・・・。


689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 00:43:36.37
アレク子供過ぎて傀儡になる運命分かりすぎワロタwwwwwwwwwwww

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 10:51:49.82
それは解からないよ。
アレク皇帝が、凡庸な君主なるか英明な君主に
なるかは誰にもわからない事。
ローエングラム王朝の種馬にされることだけは
間違いないだろうね。

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 12:02:06.27
銀英伝の世界では地位を世襲した人間は100パーセント無能と決まってる。

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 13:17:19.56
そうだな、ヤンの跡をついだ養子は無能だったな

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 14:05:45.88
>>682
エル・ファシルの英雄が参加していれば、さっくり成功どころか、絶賛されていたかもしれない、とw

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 14:19:16.30
>>685
ジェシカアンチ乙としか言いようのない頭の悪さだなw 準備と効果が出るまで時間が掛かりすぎるわな。集会が
続いているという事実自体がクーデター派にとって都合が悪いのだから、とにかく早く解散させることが第一―
その面だけで言うなら、虐殺を視野に入れた武力制圧も悪い選択ではない(というか、あれはジェシカへの暴行
がキッカケで暴動になり、鎮圧の結果、虐殺になったのだから、クリスチアンは二重に対応を間違えたわけだ。
殺るなら、最初からスタジアムごとふっ飛ばしていればよかった。半端にキレイ事言ったグリーンヒルが悪いw)。

儲にしろアンチにしろジェシカを持ち上げすぎだわな。議会勢力として劣勢な反戦派の一年生議員だぞ? あそこで
反クーデター集会の中心にいたこと自体が予想もできんことだろうに、そんな小物にネガティブキャンペーンする
ほどのネタ集めていられるほどヒマでもなかろう。




695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 16:08:05.42
むしろ無傷の第一艦隊を擁しているにもかかわらず
救国軍事会議から戦力・同志として声をかけられず、
ビュコック爺さんからもクーデター勃発時の対策の相談を
打ち明けられもしなかったパエッタの人望ってどんだけと…

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 18:35:14.87
そういえば、同盟軍が帝国を侵略した時
帝国の民衆に反抗されて無力化ガスとか
使って鎮圧したはず。
それを使えば良かったのに。

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 18:39:07.24
ハイネセンの警察は機能していたのかな?

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 19:04:44.87
>>697
してないだろ。
クーデター派による戒厳令下で、警察も押えられているはず。
2.26事件では、抵抗させる間もなく警視庁全体を制圧、「警察権の発動の停止」を宣言した。ま、国内外、向きは
違っても「国家の暴力装置」としては同類だからね。同属嫌悪か仲が悪いところばっかだし、真っ先に押さえに
行くだろう。



699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 19:06:44.57
機能しているだろ 
でないと犯罪が取り締まれない。
ただ、警察と軍隊は縄張り争いで
仲が悪いとこは多いんだよ。

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 19:39:24.45
警察幹部は逮捕または監視下で一般警察官は普通に働いている気がする

まあ救国騎士団に協力するような警察だから権力に弱くて日和見で
下請で走り回ってるんじゃなかろうか

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 20:09:46.79
憂国騎士団は、現役の警察官がメンバーだったん
じゃないのかな。
だから、ヤンの官舎を知っていたとか。


702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 20:15:01.74
…スタジアムの虐殺の際には、暴動の場からかなりの市民が脱出したが
それらを拘束しようにも治安警察は協力どころかサボタージュの態度すら見せ
救国ryは改めて自分達が市民の支持を受けない少数派だと思い知らされた…

…小説本文にこういう記述はあったな。
もっとも第11艦隊壊滅後の話だから、それまでなれ合ってたのが
日和って見限ったのかもしれんけんど。

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 20:58:14.94
この段階で救国軍事会議は行政処理能力のなさからハイネセンの都市機能を麻痺させていたことから
内も外も失敗は誰の目にも明らか。
こんな末期的な状態では治安警察のような心情的なシンパも離れていくだろう。

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 21:07:16.61
>>661
艦隊の次席幕僚だったヤンが准将だから、主任参謀クラスが大佐というのは妥当なところだと思う。

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 22:23:26.71
ビュコック提督たちがマル・アデッタ星域会戦をせずにイゼルローン要塞に逃げ込んでいたらどうなっていただろう


706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 22:57:00.07
政治的なことではなく軍事についてのみ想像するなら、
マル・アデッタ星域会戦の時、ビュコック提督の兵力は約2万隻
回廊の戦いの時、ヤンの兵力が2万8840隻両方を合わせると
5万隻近い艦艇になる。
問題は、補給をどうするかという事。イゼルローンに立て篭も
れば物資を食いつぶすのが明白。その前に、戦わねばならないから
結局 回廊の戦いと同じ結末になるのでは。





707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 23:00:44.36
>>705
ヤンの下の戦力が増えても、帝国軍とはやっぱり比べ物にならないわけで、回廊の戦いの死者数を増やすだけ
とかの結果になっていたかもね。あのタイミングでのヤン暗殺の可能性がなくならない限り、その後はほとんど
変わらないだろうし。

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 23:04:46.80
帝国も動員数増やすだけだべ

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 23:06:58.07
>>706
そういや、イゼルローンの生産力ってどのくらいまでは自前で賄えるんだろうな。


710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 23:25:13.60
原作1巻で1万5000隻の兵員を支える環境と設備を持ち、
7億トンの穀物を貯蔵でき、2巻で2万隻の艦艇を収容し
同時に400隻の艦艇の修復できるそうだけど・・・・・・

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 23:30:03.65
>>695
アスターテの戦傷が癒えず療養中だったろ。

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 23:30:09.09
兵員用の食料を内部生産といっても肥料分は外部補給だろうし水もリサイクルでまかなえない損耗分は
外部補給だろう
修理や補給用の資材も備蓄分だろうから超長期の自給自足は無理じゃないのか


713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/13(火) 23:34:36.87
>>712
周辺の小惑星とか星間物質を取り込んでる可能性もあるからなあ。


714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 00:43:02.65
>>712
排泄物から窒素と炭素とリンと硫黄を取り出して、完全リサイクルだろ。

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 00:53:32.84
勝敗を決する新物質の指向性ゼッフル粒子
を開発したシャフトはもっと評価されるべきでは無いか
ていうかそれ以外何も生み出さず技術的な停滞をもたらして居たシャフトを
上回る働きが出来なかった同盟とは一体どんだけ無能なのか
シャフトがゼッフル粒子一個を作っている間
同盟の技術者は戦場に影響を与える何物も作れていないとは
よくそんなんで長年帝国と戦争できて居たな


716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 00:58:28.64
>>715
研究開発分野は、国力の差がハッキリ出るからなぁ。
ラインハルトのお陰で、同盟は新技術どころか損耗分を生めるのでいっぱいいっぱいと、その差が広がりつつあったころだし。
簡単にいうと、「みんなビンボが悪いんや」と。科学者、技術者は責めるな。


717 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 :2011/12/14(水) 03:07:13.51
ヒッグス粒子は発見出来ました!?♪。

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 08:06:40.90
ランテマリオのときにビュコックが第一艦隊のほかに2万隻しか
用意できなかったのが少なすぎる気がする

アムリッツァに出撃した8個艦隊が7割喪失したとしてもまだ3〜4万隻はいるはずで、
その内1万5千くらいはイゼルローン駐留艦隊だとしても、2万くらいは残ってるべきじゃないの?
それにアムリッツァ以降の新造艦や地方の小部隊もかき集めてくれば
5万隻くらいは出てきてもおかしくなさそうだが

艦艇があっても人員が足りないか

719 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 :2011/12/14(水) 08:41:07.56
銀河英雄伝説は不可解な作戦が多いですよねー。

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 09:33:31.90
無傷な艦は一部は再編中だった第11艦隊に編入されたん
じゃないかな。後 修理中の艦艇は間に合わなくて
マル・アデッタ会戦や回廊の戦いに参戦したんじゃないか
そう考えれば帳尻は合わないかな。


721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 10:20:04.48
生き返ってきたのは先に帰った陸戦、占領部隊ばかりで最期まで残ってた艦隊はほぼ壊滅じゃね

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 10:39:49.08
出征した3000万将兵のうち、生きて帰ってきたのは
1000万人に達しなかったそうだから2000万人以上戦死
している。1個艦隊の人員が130万人前後としても
8個艦隊が全滅しても足りない。だから、俺は陸戦隊
が戦死者の少なからず占めたと思うんだが。

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 11:07:35.99
つまり艦隊全滅判定+陸戦系もそこそこの死者だな

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 11:40:25.18
そもそも陸戦兵の割合ってどのくらいよ?

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 12:06:36.15
>>715
むしろほぼ全ての軍事技術で帝国と互角のレベルを維持していた同盟スゲェ!じゃないのか?
逆に言えば、反乱軍を上回るような兵器が、一技術者の発見した指向性ゼッフル粒子だけって
帝国はどんだけ無能なのかと(技術流出防止等も含めて)。

後、同盟にアルテミスの首飾りなんてのを輸出しているフェザーンは滅ぼされて当たり前。

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 12:10:47.12
アルテミスの首飾りがフェザーンの輸出?
アニメ版のカストロプ動乱か?

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 12:15:50.49
>>718
作戦の前に兵力を集結するのは当たり前だし、アムリッツァ後も永久に残存戦力の全てを使えるわけではない。
生き残りは再編成されてバラバラにされ、一部は無理して引き抜いた防衛艦隊や、首都護衛艦隊に配属されたかも
知れ無いし、その後救国軍事会議に寝返った艦もあるかも知れ無い。ヤン艦隊だって無傷とはいかないので
新造艦も含めて、第13艦隊に補充された分もあっただろうし、一敗地にまみれた後はイゼルローン防衛が最優先課題
なので、そこは厚くされていても当然。

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 16:33:55.57
まあランテマリオに現れた同盟軍が35,000隻でも45,000隻でもあんまり結果変わらないだろうしな。

これが65,000隻+ヤン艦隊だったらラインハルトの本隊にとっても相当脅威だろうが

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 16:45:15.59
ヤンにどの程度の戦力があればラインハルトに勝てただろうか

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 16:50:42.03
そこまで用意できるなら、イゼルローンを放棄する必要も無いし、
別働隊がフェザーン回廊に回り込んで退路を封鎖する作戦もありえるから
戦略状況からして全然違ってきてしまう。

帝国軍も退路を経たれないように慎重に進まないといけないなら、
侵攻に時間が掛かってフェザーンのルビンスキーも気になってくる。

同盟軍にこのくらい余力のある状況で、その替わりキルヒアイスが生きていたらどうなったかな。

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 17:03:04.90
フェザーンからラインハルト、イゼルローンにキルヒアイスが侵攻して詰み

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 17:32:13.56
>>720
ありうるな
アムリッツァの大敗後の主力艦隊再建のために
ヤン艦隊と第十一艦隊以外の艦隊は編成途上であって、それは第一艦隊ですら例外ではなかった
人員を他の艦隊に引きぬかれていたと、第3巻冒頭でのアッテンボロー艦隊もその状態だったし

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 17:34:54.36
現在、回廊のこちら側にいる兵力といえば、第一艦隊の他は、戦闘未経験の新兵部隊、
遠距離移動能力を欠く恒星系単位の警備隊、火力と装甲において劣る巡視隊、
そして編成過程上の部隊これですべてといってよい。
3巻に普通に書いてあるし

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 18:53:52.58
>>715
まあシャフト自身が開発したわけじゃないだろう。日本で言うと文部科学大臣とか科学技術庁長官みたいなもの。
というか原作の書き方だとシャフトのために技術開発が停滞していたという感じだな。
無能なトップは早いところ更迭するというラインハルトの判断は正しいと思う。

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 22:53:40.54
>>729
敵の6倍の兵力と本人が言っているよ。
事実、ラインハルトが同盟軍の数倍の兵力を集めて
同盟領に侵攻している。
ヤンがラインハルトを尊敬するわけだ。



736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 22:59:12.98
>>735
敬服はしても尊敬はせんだろ

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 23:00:17.06
>>734
シャフトは技術系トップだから、政治家のイメージではないような。
むりやり日本に例えるなら、旧科技庁事務次官とか防衛省技術研究本部長とか国土交通省技監みたいなテクノクラートだと思う。

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 23:04:15.64
技術系というより自衛隊の技術開発研究所?の所長とかのような事務やだろうと
旧軍の艦艇や関連開発部署のトップも技術系じゃなかったと思う

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 23:08:25.65
>>738
技術大将という肩書きでエンジニア出身じゃないというのはないだろ
あと、>>737は全部技術系官僚のポスト


740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 23:08:27.22
工学と哲学の博士号持ちだっけ?一応技術屋のはしくれじゃないのかな。


741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 23:15:15.98
そういや、同盟の技術科学本部長も大将だと思うが、まったく名前が登場しなかったな。

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 23:32:28.11
技術屋というなら防衛大学校の大部分の学生は理系ということで技術者だな

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 23:54:08.39
ヤンはジョブズの伝記書きたかったと思う 

なんか似てると思ってそう

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/14(水) 23:59:59.56
そうかな?あんなに偏執的ではないと思うけど

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 00:04:11.25
>>741
そう言えば、同盟には名称しかでてこないけど他に
宇宙防衛管制司令部とか首都防衛司令部とかあったんだ。

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 00:05:45.48
他人に自分の信念を押し付けないことが信念の人

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 00:05:52.07
ハイネセンにあるんだろうね

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 00:10:36.93
>>745
宇宙艦隊幕僚総監も謎ポストだな
名前的にはかなりの要職っぽいんだが

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 00:21:02.22
>>746
そういうことか

だから僕は星野仙一が嫌いなんだなwww

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 00:43:33.28
>>748
正しくは、統合作戦本部幕僚総監と
宇宙艦隊総参謀長だよ。
でも確かに謎のポストだな。ドーソンが次長から
本部長に繰り上がっているからそれより下のポストかな。

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 00:47:53.50
帝国にも、1巻で幕僚総監クラーゼン元帥とかも
いるんだけど謎なんだよな・・・・・・・?

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 01:07:00.64
クブルスリーがヤンを幕僚総監に希望してたな

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 01:26:43.37
ビッテンフェルトを見つけた経緯ってなんかあった?

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 01:41:07.13
外伝で戦艦の艦長やってた頃、ライハが戦闘振りにつばつけてるよ

755 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/12/15(木) 07:46:50.35
帝国軍には○○総監の職が他にも出てくるけど、同盟軍は国防委員会の下に本部や部だし、置き場所に困るね。

うろ覚えだけど、薔薇騎士関係の記述で、陸戦総監部がどうとかいうのがあったような気が。統合作戦本部の内部部局が○○総監部で、幕僚総監部は作戦部門とでも考えるしかないのかな。

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 08:14:32.86
>>751
ゴ朝の幕僚総監は閑職、名誉職だったようですね。
ロ朝になってしばらく廃止されてたのが、統帥本部
を総長置かずに皇帝が直卒するときに補佐として
再び置くようになったようで。初代シュタインメッツ
は実質的な職務に入る前に戦死、2代ヒルダも余り
職務の印象ないうちに妊娠引退かな。3代目は誰だった
っけ?

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 08:19:43.96
>>754
元帥府開設時に入府させて、(おそらく中将に昇進させ)艦隊
司令官にしたわけで相当な抜擢だったんだろうね。

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 12:30:01.90
参謀総長、参謀長、先任参謀、幕僚総監、幕僚長、主席幕僚・・・・
役割とかは大差ないのかな

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 13:22:11.03
参謀総長:全軍の参謀の中で一番上席、総責任者
参謀長:ある艦隊とか部隊の参謀の中で一番上席
先任参謀:参謀長又は参謀総長を除き、参謀達の中で一番先に着任したやつ
幕僚総監、幕僚長、主席幕僚:参謀を幕僚と読み替えただけの場合がほとんど。
小部隊で特に読み替えることが多い。主席幕僚=小部隊の先任参謀かつ参謀長
銀英の大本営幕僚総監=大本営の参謀長。ロ王朝に限っていうと、
ラインハルト親征時に皇帝直属艦隊のみならず隷下の艦隊全ての
作戦行動に対して権限を持つ、言い換えれば皇帝軍参謀長。
同盟の幕僚総監=わからん。

なお参謀は指揮権を持たず、アドバイスするのみ。だが実質的に代理指揮官と
みなされ、そう行動することも銀英世界では多いような気がする。

適当に書いてみた。

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 13:39:25.14
>>758
ザックリ言えば、幕僚も参謀も同じ。指揮官・司令官のスタッフとしての、各部門の責任者。凡そ大差ないと言え
るが、具体的な仕事の内容は専門ごとには違う。
主席―は一般的に「スタッフとしてトップ」という意味。格付けは先任順で決まるので、ほとんどの場合、先任―と
主席―、―長……は同じ意味。
長、総長は、組織規模(司令本部、総司令本部クラス)に応じて置かれる管理職で、中間管理職とさらに上位の
管理職と言ったところ。




761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 13:41:37.99
>>759
そんなとこじゃないの。ロ王朝の幕僚総監は上にもあるように
ほとんど仕事してないからようわからんけどね。ラインハルト
はシュタインメッツ任命するときに統帥本部総長をも兼任する
皇帝の補佐をするとか言ってたけど、具体的にはあなたの書い
てることをするのかな。そういえばロ王朝には総参謀長はいな
かったね。

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 13:44:09.45
艦隊参謀、作戦主任参謀、情報主任参謀、後方主任参謀とかいろいろでてきてるべ
フォークは作戦主任参謀の下の作戦参謀5名のうちひとり。
通信参謀とか補給参謀とかもいなかったっけ

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 22:01:06.52
ふつう、軍人っていうのは定年ってあるの?
ビュコックは結構な高齢だったようなイメージがあるんだけど、
現役で艦隊司令官、宇宙艦隊長官やってたけど・・・。

帝国のロ王朝なんて、元帥・上級大将クラスのほとんどが30代で、
大将・中将なんかも、そのくらいの年齢のように思うんだけど、
組織として、大丈夫なんだろうか?
階級が下の人間は上を目指そうにも、上の階級の人間が若いのでは、
いつまでも引退しないので昇進も難しいと思うんだが…。

なんかそう考えると、グリルパウツアあたりの気持ちもわからんではないよな…。ー

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 22:10:08.51
原作で出てきたのは同盟軍の佐官の定年が65歳だったか確かそれだけ

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 22:27:31.48
>>763
階級によって違うけどある。
たいてい普通のリーマンや公務員より少し早いくらい。

現実の軍隊基準でも大将級になってくるとビュコックくらいの年でも現役でそんなにおかしくはないかと。
>>762
これも実際の軍の話で銀英伝でどうかまでは分からないが、
参謀には作戦、情報、人事等を担当する一般参謀と、
通信、工兵等の特殊な知識を必要とする特別参謀とがある。
で、一般参謀は他の一般参謀の業務内容も共有しているのが普通。

ついでに上の方で出てた幕僚と参謀の違いだが、すでに回答されてる通り厳密な区別は不可能だと思う。
強いて言うなら幕僚の方が(制服組の中では)軍政寄りの仕事を担当して、参謀の方がより軍令寄りとすべきか。
自衛隊なんかだと、みんなひっくるめて幕僚だし、
逆に幕僚という呼称がなくて全部参謀にしてる国もあったかと。

銀英伝の幕僚と参謀の違いは解釈が難しいな。
帝国みたいな国体で軍政、軍令の組織別系統に分ける必要あるのかなってのも疑問だし。

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 22:46:48.35
>>763
まあ、銀英伝読んでると感覚麻痺するけど
本来中将以上になれる奴なんてほんの一握りの大幹部なわけで、
組織の大多数の人間にとってはそれほど支障ないと思われる。
ごく一部の野心家にとっちゃ面白くない状況だろうけどね。

ロ朝の中将以上は維新の元勲みたいなもんなんだろうな。
数十年もすればそのへんも年寄り中心で占められるようになると思われる。

767 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/12/15(木) 23:22:23.08
軍人さんの定年は上に上がる人数を絞るためにあるんだろうから、普通は大尉と大佐の定年が重要なのかな。下士官から少尉になった人たちは大尉の定年にひっかかって、士官学校卒業生等でも将官への選抜にもれた人たちは大佐の定年にひっかかる感じ。

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 23:27:51.70
自衛隊の人は定年はやくて大変みたい

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 23:30:35.60
http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/class/index.html
自衛隊の定年

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 23:34:33.50
アメリカ海兵隊だと一定期間昇進できないと、強制除隊って制度が


771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 23:43:29.59
一等陸曹で定年退職して旅館の送迎バスの運転手に転職した人を知ってる

人読んで”疾風”

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 23:54:18.30
昔は各種免許がとれるというので自衛隊に入った人も多いと聞く

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 00:15:29.57
>>765
文字通りに解釈するのなら、同盟では宇宙艦隊司令長官の下で実戦部隊の参謀役が「参謀」
作戦本部長の下でのサポート役なら「幕僚」になったりするのかな。
軍政畑のサポ役とするなな、作戦本部長と国防委員長の下でのサポ役についたりするのかね。



774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 00:30:41.86
ヤンは第2艦隊の次席幕僚だった

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 00:34:18.22
この前↓を見て、自衛隊が思っていた以上に懐が深いんだと確信した

自衛隊岡山地方協力本部のWebマンガが面白いwwwwwwwwww
ttp://hamusoku.com/archives/6412741.html

同盟軍でこんな漫画描いたら、査問会に連れていかれて問答無用に処刑されそうだw

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 06:19:38.11
>>765
米海軍だと、将官は定年無いかも。
リッコーバー大将とかホッパー少将とか、えらい高齢な提督がいたような。

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 09:46:43.35
参謀も幕僚も明治維新の後、ドイツや諸外国から
軍制を導入するさいに正式に作られた言葉で同じ意味。
後 WU戦後自衛隊が発足するにあたって参謀と
いう言葉のイメージが悪かったので幕僚という文字
が自衛隊で導入され日本の小説に使われているのでは。

ヤン副参謀とかヤン参謀次長とかヤン次席幕僚 どれがかっこいい?

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 09:56:41.72
参謀って艦隊や部隊で何人くらの人数で構成されているのかな?
パトリチェフは艦隊参謀副長だっけ?

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 12:33:34.22
>>778
駐留艦隊時代に会議に出席していた連中が要塞・艦隊の上級スタッフ=幕僚だろうから、一艦隊としてはあれから
キャゼルヌやシェーンコップを抜いたぐらいじゃないか?

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 14:59:32.75
銀英伝がアニメ化ゲーム化で一番盛り上がった頃って、帝国と同盟どっちが人気あったんでしょうか?
自分は同盟派でしたが、銀英関係のスレ立つと大抵帝国の話題が多い気がします

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 15:24:50.15
どっちも人気あった
ただし同盟はヤン一辺倒に偏り過ぎだが

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 17:43:55.20
参謀(他のポストも)はもっと人数を増やさないと運用など成り立たないように思うが、
文章表現の限界があるのかなあと。

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 17:54:13.25
艦隊参謀、作戦主任参謀、情報主任参謀、後方主任参謀
帝国にも艦隊司令部付き情報参謀とか出てきたし、主任参謀の下には何人も参謀いるよ

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 18:27:58.32
>>782
参謀のことなんか書かないだろ
この作品は基本将官以外まともに描写されないぞ

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 18:53:50.54
ゲームで帝国を選ぶとレイルウェイズ状態だからな

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 19:48:19.82
>>780
原作終盤がピークで、帝国と同盟のどっちみたいな偏りはない。
つーか、帝国はラインハルト・キルヒアイス、双璧他一部。同盟はヤン&ヤン一党と言う感じでキャラ人気に偏って
いた。
>スレ立つと大抵帝国の話題が多い気がします
キャラネタに偏りがちだから、立っているキャラの多い帝国に偏るのは必然的と言える。同盟は早い段階で、
ヤン中心になっちゃうからね。

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 21:12:39.97
>>773
ん〜、区分の方法としては属している組織というより業務内容そのもので考えた方が近いかも。
例えば、艦隊司令部付でも人事とか総務系を取りまとめてるお偉いさんが幕僚になって、
統合幕僚本部付でも作戦、諜報担当とかは参謀になりそうな感じ。

あくまでもおおざっぱなイメージの話だし、
>>777のような意見もあるけれど。


788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 21:20:22.97
旧軍だと公式に「幕僚」って役職はあったのかな?
言葉としては存在していたみたいだけど。

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 21:24:16.52
なんでルグランジュ中将やクリスチアン大佐やアラルコン少将は人気ないの?

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 21:55:03.79
>>777
旧軍の場合、陸海ともに
参謀に加えて副官、主計長等を含める軍組織維持のための司令部のスタッフ全般を幕僚と呼称していた感じだったかと思う。
で、その中でも特に用兵面に近い仕事をしていたスタッフを参謀と呼称してたっぽい。

791 :790:2011/12/16(金) 21:55:34.21
おっとアンカ間違えた。
>788宛な。

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 21:55:45.27
ルグランジュはそこそこ人気あるよ

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 21:55:47.37
ルグランジュは微妙に人気ある。

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 22:26:39.14
ルグランジュはシェーンコップに褒めてもらってた?からね
それなりに有能っていう扱いだから




っていうかクリスチアンが人気でるわけないだろアホかwwwww

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 23:52:03.86
>>789
そのキャラに魅力あるか?
魅力が無ければ人気もあるはずが無い

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 00:03:12.60
ヤンもラインハルトも
魅力がないのに人気あるじゃんw

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 00:31:37.78
つうか全部のキャラの名前なんて覚えきれんわ

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 00:35:47.69
>>797
俺はオリベイラのフルネームを覚えてしまっているんだが、たぶんこの名前を死ぬまで忘れないだろうと思うと
えらい無駄な文字列に脳細胞を使ってしまったものだと後悔している。

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 00:38:09.16
スーンスールズカリッターなんてどこで役立つんだとw

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 00:51:32.45
姪の結婚式で興奮してしまって、作詞小椋ケイ作曲編曲星勝の
「歓送の歌」を歌ってしまった俺

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 01:29:29.60
暇だからコーエーの三国志で武将100人分自分で作れるっていうから
ラインハルトとかヤンとか細かく数値入力してやったら
案の定ヤンが謀反起こしやがって会稽と呉をおさえやがった

802 : 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 :2011/12/17(土) 02:08:55.65
幸福の科学の映画の太陽の法は銀河英雄伝説と世界観設定の雰囲気と外見と見た目と要素とデザインが似ているですよねー!?♪。

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 02:54:22.31
本懐である

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 08:32:46.48
スーンスールズカリッターって田中のオリジナルなの?

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 10:03:52.39
夢で追っかけられたとか聞いた。
なのでその姓はオリジナルだとか

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 10:43:34.09
>>784
ポプラン「……」

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 10:47:10.75
ヤンが、エル・ファシル革命政府とともにイゼルローンに
立て篭もった時、残された市民達は怒らなかったの?
自分達を見捨てるのかと・・・・・・・。

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 10:49:36.44
>>806
ポプランはじつはユリアンの物語のオマケなんだ
空戦の功績で出世したのに先輩後輩もいない、同僚もいないというのはオカシイからな

シェーンコップはその点、ユリアンの陸戦の師匠とヤンの強襲部隊の両方兼ねててカッコイイよな

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 13:01:28.03
>>808
同僚は戦死した。
本編ではコーネフ、外伝では他にもエースが数人出てきて、つるんでた。

後輩は誰か一緒に酒飲んでた奴いなかったっけ。
あとカリンも後輩の一種じゃないのか。

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 13:13:43.56
>>807
エル・ファシル革命政府 民衆を見捨ててイゼルローンに逃走
と思うか エル・ファシル革命政府 自由と民主主義のため
イゼルローンへ脱出と思うか

あの時 エル・ファシルの市民は後の方を選んだんだろう。


811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 13:48:13.55
>>807
要塞からエル・ファシルまでは余裕で作戦圏だし、近くにそれ以上の軍事施設もない。要塞に立て籠もったと見る
のが間違い。あそこしかなかったというべきだろう(エル・ファシルの基地は役立たずと証明されている)。
帝国軍が来たとして、後背を突かれる形になる要塞を放置するわけないし、全戦力がある要塞から叩く=エル・
ファシル自身がヤバくなるのは要塞が落ちた時。

位置的に盾としては存在してないが、敵を吸引することで、事実上盾として機能するじゃないか。どこに「見捨て
る」と怒る理由がある?
そもそも、帝国軍とってもはやエル・ファシル自体には価値がないから、頼まれても攻めてはこんだろうw むしろ、
ヤン一党とツルんでいる方がヤバイ。

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 13:49:29.26
>>806
ポプランはなんで佐官で1空戦隊長でしかないのに、正規軍だったとき
から幹部会議に参加してたね。あれなんか不思議。他に同格の中佐クラス
の隊長なんか一杯いるだろうに。なぜ彼だけが?

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 14:44:42.80
なんだろね。空戦隊の任務確認とかで出てるんでしょうが。空戦隊関係の描写を割愛しているので彼が会議参加となったのでは。
陸戦隊関係も薔薇騎士連隊だけだからか、会議関連にリンツが佐官で出席してる描写があるはず。



814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 14:49:01.55
確か原作ではエルファシル星系自体は無防備宣言を出したとか何とか
一行で片付けられてたような記憶が

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 15:06:48.85
>>814
で、首脳部は回廊の奥へ避難したとありますね。奥?要塞じゃ
ねーの?どうでもいい話だが。ラインハルトにも終始無視され
てましたね、エルファシル政府。

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 15:12:54.86
>>813
イゼルローン要塞に駐留してたときには、要塞守備部隊は薔薇騎士連隊
以外にもマシェンゴの所属する部隊みたいなのががいたはずなんだけど
ね。要塞防御指揮官たるシェーンコップの配下に同じく属する部隊が。
バーミリオンに同行したのは薔薇連隊だけだったのかな。

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 15:33:09.74
>>812
第一空戦隊の隊長だから、艦隊や要塞の空戦隊では筆頭だろう。
作戦会議に出席する資格は十分にある。

それはともかく、空戦司令が見当たらんのは気になるね。
各空戦隊は、各個が独立して要塞防衛司令官の指揮下にあるのかなぁ。



818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 15:37:56.62
>>812
ユリアンの親友だからだろ
まさにユリアンの立場強化のためのキャラだな

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 15:41:07.43
イゼルローンにもう要塞防御専門の空戦隊置く余裕ないんじゃないのかね
艦隊の空戦部隊をまわしてるから、所属の艦が出撃しない時は防衛司令官の指揮下に入るとか

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 15:43:53.90
>>817
そう本来なら空戦司令(准将くらいか?)が幹部会議に出席する
のが自然と思うんだけどね。要塞対要塞でミュラー艦隊から出撃
した2000機に対抗出来てたんだから要塞側も1000機以上は出撃し
てたと思うんだが、それが全てポプランら数人の佐官の指揮下っ
てのも無理があるように思う。

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 15:46:10.59
基本、イゼルローン攻防戦では艦隊はあまり空戦隊は使わないんじゃないの
撤収が遅れたら敵味方一緒にトールハンマーに吹き飛ばされるだけだし

例外は乱戦になった時だけど、そのときはポプラン達とケンプが出撃してたな

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 15:47:51.97
>>818
イレギュラーズになってからはともかく、正規軍だったころに
そんなんでいいんかいな。

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 15:55:48.83
>>821
外伝のときのヒューズやシェイクリは強そうだったけど、
アムリッツアではケンプの戦法であっさりやられちゃっ
たね。

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 16:05:00.52
空戦隊員の命なんて基本ゴミだよ
そのことをよくわかっていた元撃墜王のケンプ司令官に
軽く吹き飛ばされるのは無理もない

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 17:20:01.72
>>807
エル・ファシルからイゼルローンへ移る時ヤンは、
こう言って市民を説得したのかもしれない。
「市民の皆さん 帝国軍の目的は私であって私がイゼルローン
に移ればエル・ファシルに攻めてきません。だから安心して
エル・ファシルに居て下さい。」
事実 そうなったけどね。


826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 17:34:12.56
>>824
現代で戦闘機乗り一人育てるのに一般市民の生涯所得以上かかるわな。
銀英伝世界の戦闘艇乗りも変わらんと思うぞ。
金だけの話にフォーカスしてもゴミはないわ。

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 17:53:15.55
>>817
古代ローマ軍で言うところの首席百人隊長みたいなもんか?
ってかあのイゼルローンの幹部会議ってどうなってるんだろうね?

将官以上+要職の佐官だけ、にしてもかなりの数になってしまう。
でも、実際そんなに人がひしめいている印象ないんだよね。

将官の中でも総司令部付の幕僚系のスタッフだけ、
+各分艦隊の代表としてアッテンボロー、各空戦隊の代表としてポプランetc
みたいな感じなんだろうか?

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 17:57:48.34
>>817
その場合、ポプランはシェーンコップの直属ということになるのか…

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 18:04:04.07
>>822
外伝のユリアンのイゼルローン日記の記述で
ヤンとユリアンが、ポプランにご厄介になっているような記述があるな

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 18:06:06.16
>>826
年端も行かないカリンやユリアンが搭乗している時点で
教育には金がかかるもないわな

現代の戦闘機パイロット教育にコストが掛かるのは、戦時中でない平時にパイロット養成をしているからだよ

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 18:20:24.07
ポプランと殴り合いになった整備士官の発言だと
パイロットはタダらしいが。

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 18:36:27.43
外伝だっけ?ヤンが捕虜交換の後に一旦ハイネセンに戻ってる時に
パイロット訓練生乗せた船が事故って
そんで「育てるのに幾らかかると思ってるんだ」みたいな発言してなかった?
気のせいか?

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 18:53:39.51
>>831
罵倒のセリフ真に受けるバカ乙

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 18:56:02.69
>>833
別に真に受けてはいないんだが。アスペか?

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 19:16:09.12
ソレはさすがに苦しい

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 19:28:04.54
作品からの問いかけでもあるから、
罵倒する台詞をマジで受け取るのも矛盾と考えるのも色々有りかなあと思う

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 20:08:33.95
パイロット(っつか中の人)はご両親に頼めばタダっていう意味の下ネタじゃなかったのか・・・
「お前の母ちゃんでーべーそ」位のもんだと思ってたよ

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 20:35:30.98
訓練期間を短縮してなのか未熟なパイロットが多いとかみたいに書いてあったな

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 20:40:42.06
だよなあ
マジで引き合いに出すもんじゃないわ

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 21:33:12.09
>>832
 事実だよ。発言はヤンじゃなく艦長だけどね。

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 22:05:51.12
>>830
ユリアンなんかそんな本格的な教育を受けているとも思えないのに
超A級特殊部隊のエース並みの白兵戦力とエースパイロット並みの空戦能力
更に参謀や艦隊司令官に外交官までこなしてるからな。
あ、後アメフトだかクリケットだかでプロチームから誘いが来るレベルの腕前なんだっけ?

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 22:52:32.89
>>841
 正規教育じゃないけど、陸戦、空戦とも家庭教師に最高
レベルの教師を付けてたわけだから究極の教育(ちょと大
げさ)を受けてたわけだ。戦略の方も保護者が超1級の用
兵家だしね。いわば最高のエリート教育受けた秘蔵っ子な
わけで。フライングボールの才能は自前?かな。

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 23:25:53.22
>>842
高校のとき、大学教授の息子が塾にも予備校にも行かずに京大行ってたのを思い出した。
「まあ、英語と理系科目は親父に聞けるからなあ」と言ってたっけ。

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 00:09:19.23
ラインハルトが首席でキルヒアイスが次席で卒業だったけ?
でも、ラインハルトって兵站組み立てるの不得意そう

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 00:29:39.10
>>844
キルヒアイスは30番くらいじゃなかったっけ?

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 02:07:25.97
アレクはカザリンと結婚するのが一番だな。両統合一で世界は安定する。

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 08:06:34.45
政略結婚としては悪くないな。カザリンの方がちょっと年上というのが気になるが。

それよりユリアンはカリンと結婚するのが一番なのか?
シェーンコップの娘よりキャゼルヌの娘と一緒になった方が、新体制の役に立ちそうな気がするんだが。

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 08:10:21.26
それよりも若く熟れた身を持て余すフレデリカの再婚相手をだな

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 08:24:27.81
ジュリアンがどんどん嫌いになっていく作品だな
ヤンが死んだ後は酷いのなんの(shit!)

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 09:36:50.48
>>846
何で?カザリンに罪はないが彼女はゴールデンバウム王朝の
最後の皇帝 つまり悪政に苦しんだ民衆には憎悪の対象
彼女と結婚して得る物は何も無くロ王朝の支持者である
民衆から不信を生むだけ。

自由惑星同盟が、エルウィン・ヨーゼフの亡命を受け入れ
帝国の民衆の怒りを買って滅びたの忘れたの?

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 09:38:19.76
ゴ王朝末期の民衆って別に悪政に苦しんで無くないか

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 09:43:38.39
徴税や不公正な裁判がどの程度かは知らんが、貴族の理不尽な振る舞いには辟易してたんじゃないのか?

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 09:45:05.22
別に民衆の怒りを買って滅びたわけじゃないだろう
ラインハルトはそうなるようにプロパガンダに利用しただろうが
どっちにしろなんだかんだ理由を付けて攻めてくるのは確実だしな

「同盟は自らの死刑執行書にサインをしたのだ」(ドヤッ
とか厨二病みたいな事言ってたけど

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 09:50:39.81
>>842
家庭教師というか、シェーンコップもポプランもそれほどヒマではないだろうし
本業しながら片手間でチョイチョイ教えただけで、何年も掛けて訓練しても
普通はなれないエース級になるってのもな

特に参謀や艦隊司令官に関しては、正規の幹部教育を受けていないと
絶対に勤まるはずがないと無いと思うが。
ムーアやロボスとかの描写を見てると感のいい素人にやらせた方がマシみたいに
思うのも仕方が無いところではあるが、この後世の歴史家は職業軍人をバカにし過ぎ。

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 09:53:07.54
旧体制との決別がローエングラム王朝が支持される理由の一つなのに
それを放棄する理由がない

そこまでして取り込めるのが、旧体制で甘い汁を吸っていた貴族階層だけだろ
しかも財産をほとんど没取されて、金も権力もない状態

カザリンと結婚して、なんのメリットがあるのか分からない
安っぽいヒロイズムを満たすだけじゃないの?

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 09:55:22.30
民主国家ではなく、専制国家では自己の正当性を確立するため
前王朝は否定して悪にする。
易姓革命と言ってもいい。
スレ違いかもしれんが、神話とかの悪魔はそれ以前に崇拝されて
いた神であることが多い。
民心も権力も富も失った娘を娶っても一理もない。



857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 10:02:57.21
前王朝と血筋統合して簒奪ではなく禅譲だとするタテマエを強化するってのは
よくある手ではないの。

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 10:08:17.94
>>853
帝国の官民軍が、打倒ゴールデンバウム打倒同盟として一枚岩に
なったことは大きい。
おかげで、ラインハルトは後顧の憂い無く外征に出る事ができた。
もし、留守の間にオーディンやその他の星で反乱でも起きたら
最悪だろう。


859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 10:12:21.51
よくあるのは前王朝の人間を地方に飛ばして厚遇すること
そうすることで前王朝の支持者は安堵し、それでいて新体制の権力から遠ざけて面倒事を避ける

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 10:14:48.17
あるよ。でもロ王朝の場合ゴ王朝を否定して成立したんだから
メリットがないうえデメリットが大きい。
帝国の負の遺産は全てゴ王朝に押し付けておいしいとこだけ
貰えばいい。


861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 11:03:08.01
別に前政権悪玉論は専制国家に限らんで
つい最近おとなりの国で前大統領が自殺した事件があったし
ていうか大抵の政権はそういうスタンスから始まるな
DPJみたいに前政権批判しときながら一層酷くなるなんて事例も稀によくある

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 12:00:51.88
>>860
よくある話じゃない。俺もあまり歴史にくわしいくないから
正確な事は言えんが、中国の宋王朝くらいじゃないか?
洋の東西を問わずたいてい前王朝は皆殺しだな。


863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 12:05:16.78
>>862
漢の劉家って魏に粛清されたっけ?

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 12:59:38.30
>>851
実態はともかく、「そういうこと」として改革があり、時代が変わった以上、逆行するってのは反感を生むな。

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 13:09:01.38
人気取りには、初の平民出身皇后を誕生させるのが、有効だろ

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 13:56:27.99
幼児殺しはどう言い繕っても外聞が悪いし、前王朝という体制そのものは打倒したが、
その王族の身柄自体は必ずしも殺さず、実権には触れさせないけど一応貴族として
厚遇する事で怨みの牙をそぎ飼い殺しにするのは珍しい事じゃない、でもって
そうした場合前王朝関係者が再蜂起して王座奪還した例は皆無だ…
と本文でもヤンの口から説明させてたはずだが。
主だった反動貴族は壊滅してるし軍人も官吏も民衆もゴ王朝支持派なんて
勢力を作れるほどもいないだろうから嫁にするなど殊更融和パフォーマンスを
する必要もないが今更族滅するほどでもない。
年間150万マルクだったかの捨扶持で十分だろ。

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 14:17:40.89
フリードリヒ4世が生きてる間に簒奪してたら、その処遇をどうしてたんだろな
犯した罪に相応しい死に様にさせてやったのに、と述懐してたけど

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 14:23:12.25
>>867
そのときのアンネローゼの反応が想像できない

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 14:27:28.10
アンネローゼからやんわり掣肘される可能性はあるな。
別に愛してるわけではないにせよ、まことに業腹だがある意味身元保証人でもあり
常にジークと二人揃っての異動や配置など見えにくいながらも重要な配慮されてたのも
認めたくないけど事実には違いないし。

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 14:31:36.45
主殺しの汚名は着たくないはず。

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 14:52:25.60
>>862
>洋の東西を問わずたいてい前王朝は皆殺しだな。
「前王朝」の範囲がヨーロッパとアジアでは違う

イギリスもウィリアム征服王から続いているし、スペインも西ゴート王国から続いている
確か、ノルウェーあたりだと、北欧神話のフレイまで遡れるという話を聞いた
「征服王」なんていわれると、無関係の人間が前王家を皆殺しにして・・・って感じだが、
ウィリアムは妻がイングランド王家の人間で、それでイングランドのお家騒動に首を突っ込んだだけ

ヨーロッパの王家の場合、庶子には相続権がないので、簡単にお家が断絶する
その場合、傍系が跡を継いだら家門名が変わるんで、王朝が変わったように見えるが、日本的に見たら変わっていない
だいたい、ヨーロッパの王家なんか先祖をたどると、ユーグ・カペーまで行くし、カペー家もカロリングの血を直系でないにしろ引いている

よく、日本の天皇が世界最古の王家といわれるが、
日本の場合、嫡子や直系がいなくても、庶子や傍系で繋いでいるだけで、
ヨーロッパも日本的に数えるなら、もっと古くなるし、
日本もヨーロッパ的に数えるなら、江戸時代の光格天皇(それまでとは6、7代ぐらい離れている)になるし、
庶子を認めないのなら、今の天皇は、大正天皇からとなる

女性宮家の話が出ているが、今の旧皇族は伏見宮系で、実に室町時代に今の天皇家と離れた
しかも、江戸中期に断絶して、当時の「厳正な」調査の結果、鍛冶屋の徒弟がご落胤であることがわかって、
宮家になったっていう家

王朝の血筋が変わっちゃうのは、実は儒教圏
儒教では天命を受けた人間が天子になるから、天命がなくなると皇帝ではなくなる






872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 14:53:26.12
>>870
ラインハルトはフリードリヒ4世殺すのは、汚名だとは思ってないと思う・・・・

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 14:56:29.15
>>871
だから、日本は中国への対抗意識から、日本は開闢以来万世一系であると言い続けて、
明治以降は、ヨーロッパに対する対抗意識から、そういっていたわけ

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 15:12:25.74
いやいや天皇は万世一系だし
これは真実だし

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 16:01:55.55
天皇のセールスポイントは世界的に「現存する唯一の皇帝」だと思ってる。
欧米で「皇帝」てのは「ローマ皇帝」の血統で、それもロマノフ王朝が滅んだ時、絶えた。
中華王朝の「皇帝」も溥儀で終わってる。
実態とか、権力とかいろいろ置いておいて。「emperor」と呼ばれる存在がいるってのは、特に欧米向けには箔
付けとして価値がある。元首級の外交格付けじゃ、首相・大統領<国王<教皇<皇帝だからな。


876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 16:48:12.02
emperorの名称使ってるからって皇帝の外交格付けなんか受けてないぞ
陛下が出席された晩餐会の席次でもそんな扱いは受けてない

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 16:56:06.16
>>876
外国主催の晩餐会の席次って興味あるんだが、URLか出展分かれば教えて欲しい

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 16:58:19.91
>>873-874
別に中国に対する対抗意識で万世一系といっている訳じゃない。むしろ西欧に対するアピールでしょ?
日本の皇室が万世一系かどうかに関しては異論もあるし、確実な所はわからないぜ。
真実であるかどうかは証明の使用がない。蓋然性が高いとだけいっておこう。
万世一系でなくても、日本人の皇室に対する考えに差があるとは思えんし。

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 17:03:32.89
>>875
どこでそんなヨタを聞いたのかしらんけど、そんな外交格付けはないよ
儀礼上は元首なら肩書きに関係なく同じ礼を採るのが国際社会の常識
教皇や天皇が欧米で礼遇されるのは、肩書きじゃなくてバチカンや日本という強い国の元首だからだよ

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 17:07:34.71
>>876,879
リンク先が切れてるのホントかどうかは分からないが
http://ameblo.jp/campanera/entry-10060676928.html

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 17:16:46.24
>>880
これ、席次じゃなくてただの呼び方一覧じゃんw

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 17:16:55.18
国際問題が起きないよう席次の基本は在位年数
結婚式や葬儀では縁の深い人が優先されるらしいけど、まあ当たり前だが
>>880
それは慣習の呼称。
昭和天皇がヨーロッパの行事に参加した際は上位ではなかったが、
儀礼や呼びかけの名称は決まりに従ったし

883 :871,873:2011/12/18(日) 17:17:16.15
>>874
だから、日本的なカウントすればヨーロッパも万世一系になるし
ヨーロッパ的なカウントしたら、日本は万世一系じゃないってこと
そもそも、相続制度や家族制度が民族によって違うんだから、比較すること自体がナンセンス

>>878
だから、黒船以前の事
中世以前の日本なんか、中国が世界の中心だろうしねえ・・・といったら、反日になる?

まあ、俺も日本にはまだまだ天皇が必要と思っているが

話を脱線させて失礼

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 17:19:57.09
微妙な話題はやめようぜ・・・・

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 17:24:28.23
微妙な話だからこそ、したほうがいいと思う
曖昧なまま、あやふやなまま放置しておいて通用するのは日本人の間だけ

まあ、銀英伝に少しは絡ませろとは思うけどなw

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 17:27:34.15
銀英の社交界でも爵位毎の呼称は生き残るだろうな

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 17:33:13.85
>>885
ここのスレではやめろって事
相応しいスレでやれ

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 17:43:00.96
銀英伝って外交儀礼が存在しない世界だから、まったく関係ない話題だよな
誰だよ、こんな話題振ったの

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 19:26:38.24
自由惑星「同盟」というわりには、各星系の自治権が強くないのはどういうつもりで設定したんだろう?
領邦国家時代のドイツみたいなの想像してたら全然違うの。

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 19:29:50.73
最初は非常事態の緊急避難措置のつもりだった

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 19:39:33.38
理念先行でかつての銀河連邦のようにしたかったけど、
やっぱり基本的にずっと戦争中だし理念どおりには行かずに
中央集権体制しかなかったんだろう。

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 19:41:06.43
アメリカ合衆国みたいな体制じゃないのか


893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 20:00:41.62
建国の時点で人口10数万だろ?それで「自由惑星同盟」って凄い国名だな

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 20:18:59.84
ふと、あたりの国名を見回すとろくなものはなかった

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 20:20:06.09
>>893
バーラトとテルヌーゼンがそれぞれ国家を作って、それが同盟組んだのが最初だったのかなあ

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 21:06:29.94
>>889
自治権が無いなんて記述あったっけ?
中央集権とは書かれていたかも知れ無いが、中央集権という用語を使っているからと言って
地方自治が薄いとも限らないし、そもそも連邦制だろうが自治領だろうが戦争と外交だけは
国家の専権事項というのは当たり前だし。
軍事的に最大級の問題であるにも係わらず、通行権を頑としてよこさなかったり、同盟と独自で
外交していたりするフェザーン自治領はともかくとして。

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 21:08:16.08
>>893
自由な惑星の連合という意味ではなく
(自由の無い帝国の支配する世界に於いて唯一)自由のある惑星に住む住人の連合
と言う意味ではないだろうか

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 21:08:53.46
彼は自治権が強くないのはどしてーといってるが、
自治権が無いなんていってなくね

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 21:08:55.41
>>894
神聖ローマ帝国ですね

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 21:11:30.24
>>898
あ、ごめん。無いでも弱いでも文脈は同じ。というか地方自治が無いってのはあり得ないので俺の書き間違い
国家の専権事項である、外交や戦争描写が多いから地方自治が弱く見えても仕方が無いんじゃないかと。
この作品では内政なんて殆ど描かれ無いしね

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 21:13:34.61
>>897
英語名のFPAだとさらに意味不明なんだよなあ。
Free Planetsと言われると、政治的な自由というよりは物理的な重力から解放されてる惑星のような印象になってしまう。

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 21:21:00.35
まあ、かなり強力な国家総動員法かとも思われるような戦時体制を敷いているわけだし、
中央の力が強いというイメージもそれなりに妥当かとは思われる。

最初はいくつかの自治権をもった星系の同盟的関係を自由惑星同盟と呼びあらわした。
ところが、人口と版図の拡大に伴い、また交通通信面での技術発展による各星系の交流の発展により、
緩やかな同盟体制では政権維持が難しくなってきた。

そこで、段々中央集権的な体制にシフトしていったけど、
名前だけは建前上成立当初の理念を尊重して『自由惑星同盟』
と呼んでいる感じとかじゃないかな?

あくまでも一例だけど。

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 21:23:05.43
江戸時代と一緒で、帝国の直轄領は比較的善政というか、役人からすると
無理に税金を徴収しても出世する訳じゃないし、反乱でも起こされたら
マイナスポイントだから、当たり障りのない統治。
貴族の領土は様々で、酷い領主にあたるとほぼ奴隷。マーリンドルフ伯領みたいな
当たりの領土だと、直轄領より暮らしやすい。
という感じだと思う。

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 21:37:50.65
>>903
仮にその設定に乗っかるとすると、ネックは兵役どうしてるかだなあ。
帝国も徴兵制のようだし、直轄領だけで賄ってると数で同盟に負けてしまうし。

各領の領主達は国家の求めに応じて、決められた数の成人男性を差し出す義務がある、とかかな。
で、領地でやることは兵の提供、輸送までで、
兵の管理とか訓練とかは全部朝廷で行うと。

もっとも、そこまで干渉できるなら、朝廷は領主の内政面にもかなり口出しできると考えるべきかも。

ここまでやると、ほとんど封建制の皮をかぶった中央集権制だなw
帝国中興の祖にオクタヴィアヌスみたいな巧みな政略家がいたのかもしれん。


905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 21:58:54.30
>>904
ルドルフ時代からそんなだったんじゃね?
まず帝国があって、それから貴族が出来たのだから
貴族はそう強いもんじゃなかったろうし。

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 22:02:34.72
>>905
ってことは懐古主義者のルドルフが実質的な中央集権だけど、
古き良き所領制を形式だけ復活させたってセンも考えられるかなw

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 22:05:53.32
貴族の領地と言えども、戸籍は帝国政府に管理されてて
兵士差し出してたんじゃないか?
貴族の領地民は兵役なしだと、貴族領に逃げ込む民続出だと思う

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 22:10:04.89
移動の自由があると封建制は成り立たない。
現代世界だって、国籍が自由になるならみんなアメリカとか日本に逃げ出すからな。

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 22:25:46.93
ダゴンの国防委員長は星系政府の首相経験者だから、
同盟は最高評議会議長を元首とする各星系の連邦なんじゃなかろうか
英国女王を元首とする国の集まりの英連邦みたいな

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 22:27:03.79
>>908
まあ、それは建前の話で、悪政やってる領地からは普通に逃亡農民とか続出したりはするんだけどね。
リアルに封建制敷いてるような時代地域で、それほど厳密な人民の管理が行えるはずもなく。

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 22:45:28.48
地続きならともかく自前の交通手段も何もない農民とかが他の惑星に移ることは
簡単ではないだろう

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 22:55:03.31
星界シリーズみたいに支配者が航海技術独占してるシステムでもなさげだし、
コーネフとか見てると、宇宙船ってちょっと高い車レベルで一般人にも手に入りそうなものな気はする。


913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/18(日) 23:03:37.80
車じゃなくて商船だけどな
コーネフにしても独立商人は会社として宇宙船を持っているのだろう

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 00:24:04.28
いざハイネセン!

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 00:39:17.33
さて、900レスも越えたことだし毎スレ恒例の

イゼルローン完全攻略法語ってみようかww

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 00:47:55.07
ヤンに半個艦隊を与える

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 01:03:56.10
トールハンマーって全方位射出無理なの?

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 01:51:15.66
って言うか全方位射出できるように設計なり設備投資すればいいのに
メックリンガーがイゼルローンの裏側通るから安全担保しろとかって
話出てくるけど、要するに砲台は片面しか向いてないのかね

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 02:19:50.88
金がない
両面つける技術がない
そもそも防衛最前線として向こう側(同盟)を想定してるので
こっち側(帝国)に付ける発想がなかった

のどれか

920 : 忍法帖【Lv=25,xxxPT】 :2011/12/19(月) 02:53:37.37
銀河英雄伝説VS宇宙英雄物語の話題の議論の会話も御薦めじゃん!?♪。

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 10:07:07.23
>>918
というか100個艦隊ぐらい作ってゴリ押しで攻めれば同盟なんかいつでも滅ぼせるし
イゼルローンなんかも必要ないのに

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 11:15:52.79
>>918
どの方向にでも撃てるでしょう。ただ射程が極端に短い
(艦砲より短い)だけだよ。>>921の言うように兵力に
 圧倒的差あるなら(ラグナロックの時のようなとき)要塞無視
して攻め込めばいいだけだね。

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 11:33:32.71
実際、イゼルローン要塞なんか作らずに地道に艦隊を増強していけば同盟には普通に勝てた
みたいな感じがするよね。
ダゴン星域会戦、第二次ティアマト・・・奇蹟はそう何度も起きない

実際は第二次ティアマトで大敗北を喫した結果、オトフリート5世が同盟に滅ぼされると恐慌を起こして
イゼルローン建設を命令。国力を死ぬ程消耗して同盟に追いつかれ、後にゴ王朝が滅亡する遠因を作ると。

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 11:39:30.78
>>923
同盟はイゼルローン要塞と戦うことが帝国と戦うことって
思いこんで大量に犠牲出してるんだから作った甲斐はあった
んじゃないかな。ゴ王朝は別に同盟に滅ぼされたわけじゃなし、
軍事面でも常に帝国優勢だったような気がするが。

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 11:45:48.60
>>924
イゼルローン作る為に帝国の財政が悪化して臣民に多大なしわ寄せが行き
相対的に地方門閥貴族の勢力が増して、やりたい放題になったのがゴ王朝滅亡の
遠因になっているのではないかって事ね。
実際、ゴ王朝が滅亡した原因は姉を拉致したからではなく、長年の制度疲労や腐敗に
よる民衆のヘイトが限界に達したのが大きいと思うし。

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 11:46:59.14
国内に多くの要塞作って、18個艦隊+貴族軍もいて侵攻に大軍動員できなかったのは
国内に問題あったからだろう

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 11:49:15.99
>>924
後、イゼルローンを作って国力を消耗するなんて事をしなければ
同盟がイゼルローン回廊に押し寄せるような状況すら無かったんじゃないかと言う事ね。
帝国が軍事的に優位ならなおのこと、要塞なんか作るよりさっさと反乱を鎮圧する事に
専念した方が良い。

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 11:49:54.72
イゼルローン以外にも要塞たくさんあったの忘れてるんじゃないかね

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 12:01:26.52
>>926
そうなんだけど、でもダゴンはともかく、大親制や第二次ティアマトでは同盟を滅ぼすぐらいのレベルで侵攻しているし
奇蹟(帝国にとっては不運)は何度も起きないかも知れ無い。

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 12:07:53.59
門閥貴族の烏合艦隊がまともな大規模作戦なんか出来るかね。
帝国の全軍を統括して運用出来るようになったのはラインハルトが貴族潰してからよきっと。

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 13:05:53.24
トップ次第なんやで

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 13:20:47.72
>>927
回廊までがけっこうな遠征だし(本来、叛乱鎮圧用だけにそれでも負担だったのかもな)、回廊から先はよくわか
んないでは、そうそう大軍動かせないだろ。ラインハルトにしても侵攻したのは航路情報手に入れてからという
こと考えると、以前は同盟領内も整備されてないから、なおのこと帝国にとっては未開の地。
同盟領の情報収集のための前進基地の意図もあったんじゃないかな? イゼルローン要塞
それをドコで間違えたか、防壁兼小競り合いの策源地になってしまった、と。


933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 14:14:19.41
>>930
元帥大好き皇帝の親征では後一息で同盟征服できるとこだった
そうだから、ラインハルト以前でも結構な規模で侵攻してるよ。
>>932
航路情報も重要ではあろうが、上の例から考えて不可欠ってほ
どでもなさそう。イゼルローン要塞が戦争の焦点になったのは
結果的には帝国にかなり有利なことだとは思う。同盟艦艇がわ
ざわざ射程の短い要塞主砲の射程内に入って来てくれるんだか
らねえ。

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 15:50:30.20
>>933
不可欠というか、侵攻先に詳細な地図もなしに……ってのは、やはりムチャ以外何物でもないっしょ。
なしの時代に失敗している以上、慎重論も出てくるだろうし、その場合、情報収集から仕切りなおし、さらに遠征
用に艦の性能や補給体制からいろいろ見直す必要もあるだろう。その一環がイゼルローン要塞だったと(予想外
に金が掛かったのとあまりに効果的だったせいで「要塞で守ってりゃあいいじゃん」と……)。

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 17:13:34.73
>>934
情報の重要性は否定しないよ。ただ原作にはゴ王朝時代にも
イゼルローンで守ってばかりじゃなく、同盟領内に侵攻して
一応の成果上げてた描写もあるからね。先の元帥量産帝の親
征が失敗した理由は帝国内の反乱だしね。
イゼルローン要塞建設の理由はあなたの言うようなことだと
は思う。

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 19:13:03.89
同盟領進攻って即位○○周年記念みたいな理由だったりするから…
まともに攻める気なんかなかったんじゃないか。

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 19:43:58.75
量産帝の時は本気で同盟を潰しにかかってたな。元帥大量戦死にもかまわず
数に任せて同盟軍を消耗させて壊滅寸前までいってる。

ゴールデンバウム朝の末期の頃は戦力比に極端な差がないので
主力は温存したまま保有戦力の一部で国境紛争的な戦闘をしてる感じだな。

ん名周年記念だろうと理由はともあれ参加してる将兵は戦死もあるので本気で戦うわな。
死にたくないし。


938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 00:29:47.50
オーベルシュタイン元師・・・

いい気になってずっと”げんし”って言ってた俺の友を叱ってくれ

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 01:05:24.56
>>926
門閥貴族の施設艦隊は戦力というより叛乱予備軍くらいに思われてたかも。
それを防ぐために常に一定戦力を帝国各地に置かなければならなかったとか。

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 01:30:06.09
ローゼンリッターは第442連隊がモデルですか???????????????????

教えてください???????????????????????????

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 01:32:43.14
特定のモデルはないっしょ。側面的に似ている、モデルの一つではある位じゃね

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 02:25:29.84
人物にしてもなんにしてもモデル特定をしたがる理由が分からない


943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 02:43:21.11
この手の作品では普通の話題だわからないなら黙ってろ嫌なら閉じろそれだけだ

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 02:55:21.90
イゼルローンの設計理念自体は、アッシュビー案と大差ないんじゃないか?
要は艦隊を繋留できる補給基地
ボトムアップ式に色々付随していって、結果予算を大幅にオーバーしたとか
まぁここは逆でも良いんだけど(トップダウンで言われるがまま仕様追加したら、いざ起工って段でコストが跳ね上がったとか)
同盟側からしたらイゼルローンを破壊したところで、国力差からジリ貧になるのは目に見えてたし
占領して帝国に消耗を強いるって戦略に固執するのも、ある程度は理解できなくはない
勿論、帝国側から見たら、破壊って選択肢が有効なままではあるんだけどw

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 03:49:45.17
建設費の他に護衛艦隊戦力を張り付けたりする予算とかかかってそう。


946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 05:50:02.10
アスターテではラインハルトの引き立て役だったメルカッツ提督が何時の間にか
宇宙で五指に入る用兵家に変身してたのはワロタ
評価が下がる奴は多いがメルカッツ程明確に上がるのは居ないな
かと思えば最後の方であっさり死んでて更にワロタ

ワロタ……

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 07:32:37.45
>>936
そういう理由で侵攻した場合、なおさら一定の戦果が必要に
なるわけだけど。原作にもあるように内政面の功績なしをご
まかすためにも外征面でいわゆる即位なんたらに華を添える
ってやつ。

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 07:36:04.15
アッテンボローも最初はヤンの後輩でお調子者、ワンオブ提督達みたいだったけど
終盤ではヤンに次ぐくらいの艦隊司令官、戦術家という感じになってたな。

まあ、こっちは実戦に何度も参加して鍛えられたが。他に人がいないのもあるのか。

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 07:51:05.91
あんだけ活躍したのにバイエルライン並の評価

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 10:15:29.77
ヤンをも凌ぐ史上最年少の将官になってるのに

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 12:57:34.48
それがどうした!

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 13:41:11.94
>>951
アッテンボローのすごさがわからないバカ乙

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 13:48:31.15
>>952
原作よめ

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 14:49:38.43
将官なのに、どう見ても童貞厨房にしか見えないんだよな

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 15:05:12.38
作中で30歳になるが独身主義者だそうな。

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 18:00:24.12
独身≠童貞ではあろうが、キルヒアイスとかブルームハルトとかいるしな…


957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 18:37:59.12
将官の童貞率はかなり高そうだ

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 18:41:16.70
どっちの陣営?

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 18:47:10.09
同盟の方はあの様子じゃ風俗いきまくりだな。士官学校時代

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 18:47:49.15
この世界の風俗ってどうなってんのかな。
イゼルローンにそういう店があるみたいに遠まわしに書かれてた
気がするけど。

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 19:52:52.61
みんな死んでしまうわけだがミッターマイヤーはどんな死にかたするんだろう

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 19:54:36.03
謀反の疑いをかけられて憤死

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 19:55:41.17
ロイエンタールの後追いワロス

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 21:23:43.75
>>959
アッテンボローとかキャゼルヌとかは口だけそういう話に乗っかっても、
プライドが邪魔して行けないタイプだろうな。
ユリアンは風俗行く度胸がない、年齢的にもキャラ的にも。
ヤンは風俗行く金で史料でも買い漁った方がましとか素で思ってそう。
ポプランとシェーンコップは風俗に行く必要がない。
メルカッツは多分もう枯れてる……。

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 21:24:56.38
たまに気が向いて風俗に行ったら待合室でばったりムライと出くわして気まずいヤン

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 21:56:39.98
フィッシャーは二、三回試して面倒くさくなって、オナニーのが気楽でいいやという結論に落ち着きそう。
パトリチェフは普通にそういう店好きそうで、隠しもせずオープンに喋ってそうだ、なんとなく。

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 22:04:02.20
アッテンボローとか嬢にしどろもどろで説教して結局やらないで嬢にも馬鹿にされてそう
パトリチェフとかは夜の探検隊隊長として新兵にも嬢にも大人気っぽいな

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 22:05:59.63
シティーハンター大佐は結構好きそう

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 22:10:15.99
そっち方面のエースはマシュンゴ准尉だろjk

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 22:13:54.51
フォークがああなったのは風俗で立たなくて嬢にバカにされたから。

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 23:34:45.30
銀英に出てくるageキャラは全員童貞厨房にしか見えない件

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 23:38:17.64
作者のせい

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 23:54:20.07
ウィキ読んで思ったんだけど憲兵総監が上級大将って位高過ぎないか?
精々、よくて大将、適任は中将あたりだと思うんだが

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 23:57:36.58
擲弾兵総監が上級大将の方が高すぎると思う

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/20(火) 23:58:51.98
ぶっちゃけ名誉職だから

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 00:00:14.87
あの時点の帝国の憲兵総監の権限と指揮下の兵力がわからんが
他の上級大将と同じくらいの艦艇と兵力を指揮下に置いてそうな気がする
他に上級大将を監督するくらいの権限もありそうな

977 : 忍法帖【Lv=32,xxxPT】 :2011/12/21(水) 00:29:28.85
銀河英雄伝説VS宇宙英雄物語の勝負を思考議論して欲しいですよねー。

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 00:40:30.64
>>950
逆に考えるんだ。むしろ29歳で大将になっているバイエルラインがヤン並みなんじゃね?と考えるんだ。

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 00:40:55.13
>>973
帝国の憲兵は憲兵とは名ばかりで、実際の職務は国内の防諜、治安維持なんだから
上級大将でも問題ないというより、それぐらいないとマズそう。

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 00:44:06.72
ただこれはケスラーの個人的な資質と皇帝がよせる信頼によるものだから
後任者は職務を減らされて、権限も削られるんだろうな。

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 00:47:07.49
中将待遇で幕僚総監になった奴もいたような

982 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/12/21(水) 01:54:17.25
○○総監って、もともとは兵科ごとの人事とか訓練とかを担当する管理組織のトップかなと思ってた。

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 02:44:58.38
>>965
ヤンよりムライの方が100倍は気まずいだろw

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 03:04:51.53
外伝3巻で、キルヒアイスがラインハルトに「恋をなさるとか」と薦めた後、
ラインハルトの反応について、ずれてるとか何とか散々言ってたけど。

相手もいなければその気も無い奴に突然「恋をしてみろ」と言ったところで
「相手をどうする」という返答は当たり前じゃないのか。
キルヒアイスは一体どんなミラクルな答えを期待していたんだ。

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 04:14:22.43
ムライは適齢期になったら普通に結婚してそれっきりなんだろうな

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 06:40:57.37
ハイネセンだと憲兵はオーベルシュタインの犬呼ばわりだったが。
憲兵って指揮権独立してないの?

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 07:42:28.44
帝国側も家庭営んでる将官は少ないけど同盟はもっと少ないのか。
ヤン直属ではキャゼルヌだけかな。他にビュコック、チェンくらい。
まあムライやフィッシャーは普通に妻子いそうだけど。

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 08:03:12.05
ケスラーの憲兵隊は公安っぽい。アンネローゼの護衛やったりなんでも屋だな。
一応テロ対策か

オベのはわざわざ直接指揮下と書いて別物扱いされてるし一般的な憲兵かなー
軍務尚の管轄下だし

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 10:19:16.50
銀河英雄伝説 素朴な疑問Vol_84
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1324430330/


990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 10:31:31.20
>>984
「じゃあ、とりあえず○○辺りと付き合ってみるか」的な前向き?な答えを期待したんじゃないか? まさか、周囲の
女性すべてにまったく興味もないとは思わなかったんだろう。その気になれば、女の一人や二人簡単に引っ掛け
られるイケメンで毛並みもいいからな。社交界でもそれなりにいい子ぶってたし。
しかし、それなのに「相手をどうする?」ってレベルかよ、と。

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 11:58:09.23
軍楽隊総監とか役職はあるのかな?

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 12:42:33.54
>>989


993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 12:44:36.39
埋めるかな

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 12:55:58.23
1000なら宇宙艦隊司令長官になれる

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 12:58:26.85
俺はミュラー提督の部下になりたい!!!!!!!!

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 13:02:44.14
1000ならヤン父なみの財力と赤毛なみの外見とポプランなみのコミュ力を身につけて
片思いのあの女性に突撃する

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 13:12:50.08
996の財力はポプラン並み、外見はフレーゲル並み、体力はキュンメル並み

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 13:13:28.29


999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 13:14:07.94
埋め

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/21(水) 13:14:30.82
>>997 うめえwww

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

250 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)