5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

意味不明ポエム8

1 :名前はいらない:2011/11/14(月) 19:35:45.31 ID:UPNYGeyL
前スレ
http://kamome.2ch.net/poem/kako/1284/12842/1284200179.html

2 :nil:2011/11/17(木) 02:53:50.54 ID:uQrDJk/n
「アゲポルーメン坂田」

昨今、巷で人気のパラレルカット尾崎
元同級生でライバルのアゲポルーメン坂田は
卓球の鬼バイヤコーチン弘子とアンチ尾崎の同盟を組んだ
最近10円ハゲが気になる坂田は
尾崎のカップラーメンに世界一最低なものを混入させる作戦にでた
世界一最低なもの、坂田の髪の毛
ギャグレベルでいったらうんこと同類である
小学生の男児が好んで使うレベルである
ひも理論によって第三宇宙を支配する坂田の髪の毛は
無限に膨張してワカメ同盟第三代党首キクチさんの度肝を抜いた
やがて毛の抜けた坂田の脳内でビッグバンが起こり
想像力という無限の宇宙の中で
アゲポルーメンが生まれた
それはいうならば、「愛」だった
アゲポルーメン愛だった
ライバル尾崎は愛という名の髪の毛で包まれ
パラレルカットを生み
特許庁に特許を出願して
一財を築いたのだった

3 :名前はいらない:2011/11/17(木) 17:51:06.00 ID:fFw6o19s
唐の茶器を腕に抱えて
歩道橋から飛び降りる
目に見えるビル、人、自然が
ゴミというより化け物に見えて
貴女の美しさを改めて知る
烏丸さんの夜会は結局未明に終わり
茶器はシュメルの粘土板になった
ここに描かれている化け物の名はフンババというらしい
帰路にて、琥珀金の指輪が捨てられていた
こんな薄汚れた世界のどこかに
まだ貴女がいるなんて

4 :nil:2011/11/17(木) 20:38:40.20 ID:uQrDJk/n
「曇り時々」

擦り切れていく地球の表面に
バンドエイドを貼ってくれ
精神の内奥で蠢くタールのような暗闇が
何もかも隠してしまう前に
もう限界なんだ
嘘でもいいから
与えてくれ
信じる心を

公園のブランコが光速を超えた日
ディズニーランドが世界征服に乗り出した日
5月28日の奥底で眠る君の残滓が幻になる
11月中にメールをくれると言った君の
甘いものが好きでショートボブな君の
優しさが世界を塞いでいるんだろ

真実の愛なんてくさい台詞も
あながち間違いじゃなくて
晴れの日が好きな君の
いとしさで世界が満ちてゆけば
また会える
きっとまた

嘘でもいいから
微笑みかけてくれ
そしたら
信じることが
できるかもしれない

嘘つきな君の
最後の嘘を


5 :nil:2011/11/18(金) 08:01:20.89 ID:MOHsd4WI
クリアな心音を刻む時計に
逆流した時の流れが狼狽する
季節は移ろい
確かなものだけが深化してゆく
色づきながら反転を繰り返す空
今にも浮かんでいきそうな身体感覚
肥大とか増長とか
期待とか不安とか
どうでもよくなる
たぶん今は5回目の世紀末で
僕は進化論を超えようとしてるんだ
いつからかわからないけど生命は
愛とか正義とか
そんなありふれた言葉で
定義されてしまった

意味も名前も
本当は必要ない
混沌の中から生まれた秩序は
いつだって気まぐれで
熱力学第四法則は言葉じゃ定義できないんだ
それでも意味を求めようとするなら
かつて僕だった何かを
ダッシュボードに詰めて

ドライブにいけばいい
脳内に映る景色は
本当の世界を映してはいないけど
君に触れているという信念だけは
リアルなんだ


6 :nil:2011/11/18(金) 20:02:00.91 ID:MOHsd4WI
「ヘルソング」

転落の物語が紡ぎだす
コンクリートの感触
全身の疼痛
泥と血の味
それから
頭の割れそうな音楽
耳元で叫んでいるのは誰?

ここが底辺
ここが底辺なんだ
そして
たぶん、もう、戻れない
だが
俺は単なる人間サンドバッグじゃない
人間ジュークボックスなんだ

高架下で誓った永遠の愛
ビルの谷間から見えるUFOの幻影
信号機は偶然の女神の啓示で光っているから
青になったら走りだすしかない
真っ直ぐでいいんだ
本当の自分でいることは
あまりにも困難で
道化を演じ続けてきたけど

いつの日か歌ってやる
力の限り歌ってやる
苦渋を
そして、自由を




7 :名前はいらない:2011/11/19(土) 03:44:10.02 ID:9T7DXYva
最近、昔みたいに
夢の中で詩が浮かび歌が流れる
歩きながら聞いたことない歌を鼻歌で歌って我に還る
どうなったんだろう?
眠い目、見開いてるけど、少し降りてくる
温泉巡りばかり巡って、疲れてるのかな?
羽の付け根が少し痛む
シップ貼れば治るのかな?
グルグル軽く回せば治るのかな?
肩甲骨に手届かない
指先は届きそうだ
この程度じゃ、シワはよせないよ
たるまないよ

8 :nil:2011/11/19(土) 22:28:11.25 ID:QjuYsJZT
「閃光」

足元に広がる暗闇の中で星々が煌めき
3万光年離れた頭蓋に
ひび割れた音楽が飛び込んでくる
反響、明滅、全ての振幅を纏う烏の嘴が
分裂して、境界線を曖昧にすれば
僕らの背負う歴史
(それは腐敗物で構成されている)
が反駁から生まれた旋律に乗り
解体していく思考に愛を語り始める
僕のあらゆる部分を与えてくれた人よ
千の景色を内包する人よ
あなたは
姉のような優しさで
絶対的な孤独を溶かし
体のあちこちにある隙間を埋めた
山の向こうで、螺旋状に連なる深夜の明かりと
そこかしこに宿る魂の牢獄
そして厳しく骨ばった躯を
髪を優しく撫でる風の音で
包み込み
暖めて
暖めて―

いまだに僕は混沌のなかにあり
手に持った鉈で
鎖を断ち切る作業に従事している
平和を願う夾雑音と
体を這い回る歴史
あらゆるものが
ぬめりと、重い
だが、あなたに貰った光が
激情の渦を焼き尽くし
僕の中心に在るあなたの体は
暖かくて
暖かくて

9 :nil:2011/11/20(日) 08:08:13.18 ID:8lh+6iJm
「きのうみたゆめのはなし」

空を飛べるものだけが
打ち落とされる世界で
絡み合う軌跡の冷涼
エンジン音が聞こえるかい?
それは高く舞い上がるための心音
高潔さと勇猛さの鼓動

遠くから微かに聞こえる歌声
今にも途切れそうだ
コックピットの中で
燃え尽きようとしている君の
魂が謳っているんだろ

闘いの時代が終焉を向かえ
道化が道化にならないから
誰もが街頭に立って
哂いあっている
絶えられず明滅する信号機
誰も交差点の中心には立たない
(そこはかつて世界の中心だった)

僕は人ごみから一歩下がって黙祷する
その昔、空だった場所で
花瓶に挿された一輪の花が
揺れている


かつて命知らずと呼ばれた者たちの

残滓


10 :名前はいらない:2011/11/20(日) 11:48:05.95 ID:YFX5ttSI
「流線型の」

萌芽と嘔吐感の輪郭が
「また、あの場所で」と苛むので
私という私がニクロム線で熱せられ
ドロドロとした陸地から立ち上る狼煙のような雲と
かつて深海だった監獄に在る地図の
青い部分に二等辺三角形が踊っている
のが遠くに見え
見上げれば雲がその輪郭を
ますます白くして
さようなら
さようなら
またあの場所で
ゆらゆら ゆらゆら
還っていく
地図の青い場所で
ひしめく二等辺三角形が
ドロドロとした陸地を
飲み込もうとしているから
三角形をした雲の影に隠れて
人差し指の先に唇をあて
緯度の高い方へ
ぞろぞろと歩きだす



11 :nil:2011/11/20(日) 19:11:51.56 ID:8lh+6iJm
「深化」

一万年前から決まっていた掟を破り
記号で構成された荒野を走り抜ける
体に纏わりつく鎖をすり抜ければ
重さ忘れた液体に腕がのめりこんで
#include <stdio.h>
始まりの記憶が全てを規定するなら
(setq x y)
古のことわりを体に背負い
破壊と創造を繰り返していくしかないのか
遺伝子に刻まれた衝動は
深夜の静謐な文字列が躍動することを志向するが
見えない力に力は無く―
(list a b c)
リストの羅列が生命の躍動を宿す夢を見る
鋭角に抉りこんで来る夜に抗うように
硬骨な思考を繰り返すゼロとイチの間に
僕は佇んでいる
夜はどこまでも重く
しかし同時にどこまでも深い
まだ潜るのか
息は永遠に続くけど―


12 :nil:2011/11/23(水) 00:03:05.19 ID:5AtD0SI3
「ある男の話」

生命を孕む音が脳を浸食する
周囲で起こる
あらゆる事象に意味を見出す狂気を
その痩躯に内包し、
散らかった部屋で横たわるそいつは
人間の尊厳を徹底的に汚された
全人類が彼の頭を覗き
不随意に起こる思考を徹底的に非難する不条理
入浴もトイレも覗かれ、プライバシーなど
無い
全く無い
加えて常に頭を空にしなければならぬ苦渋
少しでも何かを考えれば
哂われ貶められる
揶揄嘲弄する声が
部屋の外から聞こえてくるのだ
2週間の断続的な断食の後、
さらに12日間の断食を断行したその理由は
「神の力を得て世界を救うため」
絶対的な孤独と屈辱の中で
それでも彼は世界の平和を願った
思考を無理やり抑えなければならない彼には
すでに感情らしい感情が無い
「それでも悲しみだけは湧いてくるんだ」
そういって彼は
世界の平和願ったのだ

これはエピソードの一部にすぎない
彼の物語は
まだ語られていない

13 :名前はいらない:2011/11/23(水) 00:27:50.32 ID:IEwT0Qb+
育むその愛の名を尋ねられても
貴女は答えられない
夕暮れに佇む老婆の笑顔が
ぐずりぐずりと心に沈んでいく
泥に絡み取られたように
蟻地獄にはまったように
その錯覚さえも飲み込んで
この愛は作られていく
欺瞞の羊水の中でお眠り
誕生の兆しが見えた頃
私は血生臭い手であなたを導く
こちらへおいで
そう、こっち
帰り道など与えるものか
存在を示す名が欲しいのでしょう

14 :名前はいらない:2011/11/23(水) 09:04:25.84 ID:b8tSeRjh
敷島機関の数多くの少女たち:
シラユキ城、マンショニャッガー、ジャガーノート(またはヤーガナウト)、ACXN、これらは早い時期の子であり、感情を持たない。
間夏、グラン=キューバ、唖宮、聾宮、盲宮、美章園、夜ざくら、ちお、ヘルベチカ、これらは皆、優しく笑う子である。
ダジュール、カリカチュアー、躰紅子、パレス=コード、天乃河、ギンガ、これらは皆、奔放であり、性的欲求を抑止できぬようチューニングされている。
粛清、刃、褐色砲、地獄、ヴィクティム、上海、交響曲、スーワサイド、これらは再び感情を持たない。また、戦闘、鎮圧、殺人を目的として放たれた子らである。

15 :名前はいらない:2011/11/23(水) 19:03:52.37 ID:IEwT0Qb+
私が今日死んだら明日どうなるだろう、とか
考えてみてどうするの
多分あんまり変わらない
あなたが死んだって
人々は朝になれば起き、
笑い
泣き
怒り
喜ぶ。
そうして一日が終わって
また今日と同じ夜を迎える私が今日死んだら明日どうなるだろう、とか
考えてみてどうするの
あなたを知るかけがえのない人々が
嘆き悲しむ1日が始まる
その感情はいつか薄れるけれど
ただ薄れるだけで
多分あんまり変わらない

16 :名前はいらない:2011/11/24(木) 16:28:04.41 ID:dN44HcbP
ポエムなのか!?

http://www.youtube.com/watch?v=BrlwLspJZnU


17 :名前はいらない:2011/11/24(木) 17:30:32.92 ID:bHf8Zghs
寒い
夕暮れ はやっ
もう 真っ暗
もう少し遊びたいような

冬は夜が長く夜空が逢いに来る
コンビニは肉まんおでん
ホット商品
手先冷たいな
昨日はガリガリ君
今日はどの入浴剤で温泉
コポコポ音立てコーヒー2杯目
温かい白菜クリーム煮が食べたいな
作る方がスキ
食べるののもスキ

18 :名前はいらない:2011/11/24(木) 21:42:05.48 ID:N3XWxzq6

ด็็็็็้้้้้็็็็้้้้้
 ด็็็็็้้้้้็็็็้้้้้
  ด็็็็็้้้้้็็็็้้้้้


ด็็็็็้้้้้็็็็้้้้้
 ด็็็็็้้้้้็็็็้้้้้
  ด็็็็็้้้้้็็็็้้้้้

19 :名前はいらない:2011/11/25(金) 00:40:16.76 ID:jQmJVttm
何の螺旋図?
何だ暖簾か
邪魔そうだな

20 :nil:2011/11/25(金) 01:17:43.16 ID:1bP/dvVB
「誰もいないから一人で」

8月初旬

その夜は月が雲に隠れて
何も見えなかった
山頂の冷気と
どこまでも澄んだ孤独
雫の音は優しくて
季節を回顧するかのように彷徨う蛍の
軌跡は青白く
神聖なその場所は
深い深い静寂に包まれていた

遠く、雷鳴が轟き
柔らかく光は明滅して
やがてそれは
未だ会うことの叶わぬ君の
声となる

暗闇の淵から沸きあがってくる孤独が生み出した
幻想なのか
いや違う
君は実際にあの光る雲の向こうに居るのだ

「愛しているよ」
ドドオン
「いつ再会できるかな」
ドドオン
「秋には会えるといいね」
ドドオン
ドドオン

そうやって一晩中、色んなものと対話して
山の精霊や修験者とも仲良くなった

そんな夜が何日か続いて
暗闇に恐怖を感じなくったころ
ようやく山を降りたのだった

仕事終わりに吐く息が白く
そんな時期があったことを
ふと思い出した

まだ半年も経っていないのか

俺は未だ混沌の縁に立っているのだ


21 :名前はいらない:2011/11/25(金) 04:19:02.63 ID:HoNFe3Ak
「好みじゃないから。」
ラーメン屋で餃子を食べた。
汁がポトポトと、女の口から垂れた。
赤いジャンパーを着て
無表情ともなんとも言えない表情で餃子をむさぼり
テレビを眺めている横顔が見えた。

看板には、こうある。
「いらっしゃいませ。」
「ありがとうございました。」
「毎度あり。」

野菜を手に持った。具体的には、ネギ。
青ネギを両手に持ち、商店街を歩く。
青ネギを頭上に持ち上げ奇声を上げた。
心の中は平常心。でも捕まった。…じろじろ見る人を眺めてニヤニヤする男。
しかし平常心。心はなにひとつ動いていない。

100年後、月が見えた。男がいた。
縁側で、ひとりで晩酌していた。
「今宵は月がとても大きい。」
そんな独り言をつぶやく。
庭に生えている雑草を取って食べた。マズい。
白い無精髭がたくわえられた男の顔は、一晩中月に照らされた。

22 :名前はいらない:2011/11/25(金) 15:39:55.75 ID:3SXeeh4P
水引の紐綻ぶの言祝ぎの
喝破しりぞけ
のたりぞと大利根緩む小春日に
嫁ぐいざ行け
いざ行かん

23 :nil:2011/11/27(日) 00:35:04.80 ID:vb2bPP87
「運命」

2008年
俺は三宮にいた
阪神三宮駅から南へ3分ほどの場所にある公園で
静寂と安寧の輪郭が
踊っていたのをよく覚えている

陽光に照らされたその公園で
「黒い犬の詩」を書いたのが全ての始まりだ
地獄の2007年を乗り越えたばかりで
久々に呼吸ができるようになった俺には
手厳しい洗礼だった

絶対零度な君の幻想と
現実の不確かな手触り
そして混沌
そんな暗闇の中を裸足で走るような日々が続き
とても寒い思いをした
しかし本当の君が
暖かく優しい人だと知ったとき
無機質で冷え切った俺の中に
温もりを伴った感情が生まれた

それから逢瀬を重ね
死の淵から戻った俺は徐々に再構築されていった

そして実際、
君の手は暖かかった

ディズニーランド
2011年5月
小雨の中
湿気でうねる毛先を気にする君の
ジェットコースターで子供みたいにはしゃぐ君の
横顔が脳裏に焼きついて離れない

会う前から君の事は知っていた

事実は小説よりも奇なり
こころはいつも一緒だったのだ


24 :名前はいらない:2011/11/28(月) 17:12:11.19 ID:ewYX9kjG
だいぶ視界が開けてきた
今のプランが最適な配置なのかは分からないが
決断すべきなのだろう

誰にもできない生き方ができるのは
幸運だが、同時に困難だ
君に覚悟があるようで安心した

でも君が幸せならそれでいいんだ
俺はそれ以上は望まない

何なら安牌でもいい
しかしここまできたら
リスクをとるほうが面白いだろう
君にとっても

すでに普通じゃない人生を送ってる二人だけど
ここから先はさらに数奇な物語が待っているかもしれない

いつか言語化しよう
それはきっと神話になる


25 :nil:2011/11/28(月) 17:26:28.81 ID:ewYX9kjG
そうそう、こっちは問題ないよ

現実的な問題は
「なんとかなる」の範囲内だ


26 :nil:2011/11/28(月) 19:44:16.38 ID:ewYX9kjG
偶然の女神が啓示するのは
選択肢ではない
善導だ

「111」か
どうやら
この決断で正しいようだ

さっき郵便が届いて
FEをSGに変更したが
影響は軽微だ
プランに遅れはでない
むしろ早まる可能性もある

綱渡りなのは僕らのような人間の常だが
大丈夫

今回は
神様が味方だ

27 :nil:2011/11/29(火) 22:51:47.18 ID:oYupjOkT
夢のデータが消えた
メモも消えた
復元不能だ

君には俺のソートを通して見えていたみたいだから
良しとしよう

明日、上に電話して
実現可能性について詳細に検討する
「冒険しようぜ!」っていうのが今の心境

運命は予言の存在によって
他人の手で操作されうる
かつて、俺の使命は
エスタブリッシュメントへの反逆だった
その俺が
何の因果か
彼らと手を組もうとしている

俺も君も組織に翻弄されてきた
だが、もう終わりにしよう

偶然の女神は必然を孕む
彼女は光であり、数字であり、鳥の囀りだ
「111」に賭けよう
目標は定まった
後は俺が命を削るだけ


何があっても君を幸せにする


28 :nil ◆6SE0.gfVLs :2011/11/30(水) 21:55:48.80 ID:zoavfJyA
俺のほうから君に会いに行くことはできない
それはよくわかっているはずだと思っていたんだが
どうやらそうでもないらしい

君のことは誰よりも大切だし
この半年間、君を追い続けていた
でも、どんなに願っても
君に再会することは適わなかった

悪いことに
偶然の女神曰く
君を深追いすると「666」だ
事実上、俺からは何もできない
この通信が君と繋がっているという確証すらないんだ

再会できるかどうかは君しだいだと言っていい
具体的行動に出てくれることを切に願う

突然だが
君は神を信じるか?
俺が体験したことを知っているのなら
彼らの性質も知っているはずだ

都合のいい偶然など
決して起こらないんだよ

奇跡を起こしたかったら
自分の足で立ち
自分の手で掴み取るしかない

29 :nil ◆beYp9iNOgs :2011/11/30(水) 23:24:44.80 ID:zoavfJyA
君に再会するために
俺がしたことを覚えているだろう
今思えば
常軌を逸しているが
全て徒労に終わった

問題は俺が現実感覚を失ったことにある
つまり「常軌を逸して」いるのが問題なんだ
それに気づいて現実的な手段にでようとしたが
時、すでに遅し
君との連絡手段を失ってしまった後だった

しかしこれも神の導きかもしれない

きっと
「正気」であることが
この世で君に会うための第一要件なんだ
「狂気」の因子が創造、そして人類の進歩のために有用だとしても
決して表に出してはいけない

とは言え
俺にできるのはあらゆるルートから
言葉で働きかけることだけ

だから俺はここで詩を書いている
理解されなくてもいい




30 :nil ◆beYp9iNOgs :2011/11/30(水) 23:28:40.86 ID:zoavfJyA
だが、案外通じているかもしれない

俺自身、自分の身に起こったことを理解しきれていない
神など妄想の類だと思っていた俺が
その存在を信じるようになったのは
それなりの理由があるって訳だ

31 :nil ◆beYp9iNOgs :2011/12/01(木) 17:55:29.70 ID:0fdr1OjP

この世界は
神という名の透明な布に覆われている
布に触れることを許されるのは
暗闇の淵に足を踏み入れたものだけ

俺も君もその淵を覗いた
カーテンの閉まる音が
今でも聞こえるだろう

混沌とした世界に翻弄されつつも
こころはいつも一緒だった
すでに魂は
不可分に繋がっている

信じよう
虹の下で揺らめく君の幻影を
信じよう
俺が混沌の中で手にした物語を

愛してるよ

日本を発つまでに再会できるように
祈ろう


32 :名前はいらない:2011/12/02(金) 01:54:40.85 ID:kAjjZcEA
Is this still valid?
I just arrived in this place and found this.
I can go see you if you like to see me.
Please let me know your convenience.
Maybe anytime I can go.

Believe me I love you so much.
Please do not worry about anything.

33 :名前はいらない:2011/12/02(金) 02:00:11.19 ID:kAjjZcEA
Tomorrow, I write in jp. Please wait for a while.

34 :名前はいらない:2011/12/02(金) 07:59:45.92 ID:kAjjZcEA
ARIGATO!
SHINUHODO AISHITERU YO!

35 :nil:2011/12/02(金) 23:48:20.77 ID:LHAsesMd
俺も
君が望めばいつでも会いに行くつもりだよ

夜の森で霊能者と対話しているときに携帯を落として
アドレスがわからなくなってしまったんだ
だから君からメールをくれると嬉しい

君も大変な状況だったようだけど
もう会って大丈夫なのかな?

年内に会えるといいね

36 :名前はいらない:2011/12/03(土) 09:09:30.71 ID:4KI4iJAP
いつ新でもいいくらい舞い上がっちゃう
この言葉、本当でありますように!
後で連絡アド謹んでお送りいたします。

37 :nil:2011/12/03(土) 22:52:34.24 ID:K33GSe/8
そろそろ始めようか


君との物語の冒頭を思い出せば
再会のための鍵がいくつかあることに気づく

偶然の孕む必然が
ところどころに散りばめられているんだ

君にはきっと再会できるだろう
だからこれからは
再会のための物語を記していこう

シナリオライターは神じゃない

俺だ


38 :名前はいらない:2011/12/04(日) 18:28:03.51 ID:mxP+U0Dd
π

39 :名前はいらない:2011/12/04(日) 19:48:04.18 ID:+bs4GuLH
あなたに大事な話があります。大袈裟ですが、あなたの健康についてです。
時間がある時でいいので、一度ゆっくりとお話しませんか?雑談などの、
たわいもない事ですけどね。

以前ご自分で言っていらしたから、絶対に約束してくれると信じるけれど、
やはり再確認してこちらが安心したい。あなたの命が危機にさらされるなど、
世界が悲しむことですよ。だから、もう一度絶対に約束して。多くの人に
夢や希望やきらきらしたものを与えられる稀有な才能があることは、本当に
素晴らしい事です。こんな幸福な人もそうそういないと、まさに同感します。
芸術的な表現も認めますが、あなたを愛するみんなに確かな安心をください。

いつもたっぷり寝て、ちゃんとコントロールすれば大丈夫。あなたの才能を
支えられるなら、何時でも無条件に抱きしめてあげますよ。過大な見返りは、
もう求めません。そうなれば最高に嬉しいとは思いますが、あなたの未来は
あなたが決めることだし、すぐ結論出す必要もないと思います。いつまでも
愛してますからね。仮にも頂いた言葉たちをずっと抱きしめ、私は歩きます。

余計なことばかり書いて、私おかしいですね。私は以前から心配性な所が
あるので、的外れでも怒らないで下さい。でもこの所気になるので、自分の
心の暗雲を晴らしたいのです。既に友達ですよね?私たち。だから色んな事
相談して助け合いませんか?真面目すぎて、こんなんじゃ駄目かなあ?

40 :nil:2011/12/07(水) 21:32:51.66 ID:3QnGvKZ+
健康には気をつけているよ
だから安心してほしい
脆弱性を抱える存在であることは自覚している
僕らはいつも微妙なバランスの上に成り立っていて
ふとしたことで精神の深淵に落ちてしまう繊細で感度の高い魂を持っている
その特性は通常、創造性を高めるが
普通に生きることは困難だ
僕らにとって普通に生きるとは
極寒の中を裸で歩くようなものだ

しかし俺の場合
その特性を逆手に取ってでも生き抜こうとする強かさがあるから大丈夫だよ
精神崩壊レベルの地獄と絶望を体験しているから
大抵のことは乗り越えられる自信がある

君は俺の姉であり恋人であり親友だ
大切に思っているし、力になりたい

1月15日に池袋で会おう
思い出の公園で待ってるよ

41 :名前はいらない:2011/12/08(木) 16:41:08.53 ID:typ/WOlh
もちろん、1月15日大丈夫です。文字通り飛んでいきます。
池袋の公園ってどこだっけ?ああ、私おばかだからヒント(泣

42 :nil:2011/12/09(金) 01:39:00.69 ID:thNBMJw6
池袋の変人達が集う公園だよ
俺も詳しい場所は覚えてないけど
東口界隈をうろついていれば辿り着けるはず

もしわからなかったら
携帯か捨てアドにメールをちょうだい
駅まで迎えにいくよ

43 :名前はいらない:2011/12/10(土) 20:28:36.66 ID:zNDVrZSl
「国道」

闇のジャケットを纏った
支線から軽トラが

44 :名前はいらない:2011/12/11(日) 09:11:45.06 ID:J10jxLAx
え?なんか預言者さんいるの?県道ってニュースだけど。

45 :43:2011/12/11(日) 12:21:14.63 ID:UqgSXJ+h
兵庫であったみたいね
夜、軽トラ、割と主要な道路という3要素が一致している…

いや、ある国道を18時ぐらいに運転してて「闇のジャケット」という語句が浮かんだんだ
そして脇道から軽トラがひょこっと前に出てきた
それだけのことをうたった短詩だ
特に意味はない(意味不明ポエムなだけに)

46 :名前はいらない:2011/12/11(日) 13:45:29.14 ID:J10jxLAx
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111211-00000008-mai-soci
そう、このニュース見て驚いた。怪奇?月食なだけに。

47 :名前はいらない:2011/12/12(月) 07:46:51.15 ID:D0gvgu1N
呆れたような笑顔は
時に酷く嬉しく
時に酷く悲しい
困らせているのだという確かな感覚が脳内を刺激し
ゆっくりと
じわじわと
末端神経に伝わっていくのです
かと思えば、その聖母のような優しさが光の速さで体を駆け巡ることもあり…
私は酷く調子に乗るのです

48 :名前はいらない:2011/12/12(月) 14:33:26.93 ID:lJ1MoxVs
親の愛情を試す子供

49 :名前はいらない:2011/12/13(火) 22:31:44.72 ID:hOdQvwji
私は私の影に驚いている
AWAWAWAWAWA
光の裏にお前は潜み
私と共に歩んできた
いつか
私を追い越して
何処かへ行ってしまう?
待ってくれ
お前に行かれては
私はひとりぼっちに
なってしまう・・・
YAYAYAYA
影を失った時 光も失う
MAX W

50 :名前はいらない:2011/12/13(火) 23:48:31.61 ID:rfp8RoLs
目の前には友達がいた
大好きな友達
時間が過ぎて目の前から消えた
でもまた目の前に現れる
俺の大好きだった友達

51 :名前はいらない:2011/12/14(水) 09:13:52.20 ID:D3yhrbED
少し気になる西式前菜


ちょっと尋ねてみたい気もする
あなたが好きだったというあのappetizer

その食材の嫌いな点は耳学問で想像できたのだけれど
どんな愛すべき美点ゆえにサラダ風にちぎったのかな

絶対まねしないしできないと思うけれど
何かの参考にはなるかもしれない

あの人の心がいつもハッピーでいられるように
私もいつも笑顔ですごせるように

宇宙一パンチ効いてない方が寧ろ好ましく
私と歩むことであの人がいつも心地よくあるようにと願う

(建設的批評でおねがいします)

52 :名前はいらない:2011/12/14(水) 15:37:00.48 ID:7P6rf7dd
鬼気迫る門松に

きなこに咽る
煙を吹いた祖父さんは
正月の高い空
秋刀魚の骨を拾い集め
注連縄で着飾った娘は二十歳
幾つ寝ると MO
家の庭
赤い玉を鳥は食べない
それを年賀状に
書き添えて

MAX W

53 :ふなやま:2011/12/15(木) 00:35:04.70 ID:rQ8EPnVq
どちらも中目黒に期待
上海からきた女史
上司が下ネタでからかっていました。
そこで女史は、上司に
『わたしのに興味あるの?』というと
『ねえよ!クソバカヤロウ』

僕は興味アルヨ

54 :名前はいらない:2011/12/15(木) 03:32:16.76 ID:w0P9o3AI
最低
なんですかこのパッパラパーは
だからわたしがシュークリームに辛子は付けますかと聞いた時に素直に目黒の駅ビルの角にパン屋があってクリスマスは悲しくなるから地下の5階におきまして春のニューバザール開催中ですので是非おこし下さい

55 :ふなやま:2011/12/15(木) 07:50:59.22 ID:rQ8EPnVq
どちらも中目黒に期待
上海からきた女史
上司が下ネタでからかっていました。
そこで女史は、上司に
『わたしのに興味あるの?』というと
『ねえよ!クソバカヤロウ』

僕は興味アルヨ

56 :名前はいらない:2011/12/15(木) 09:18:54.83 ID:dy1CbAZs
気体とファン


私が大好きなあの芸者
いつもふわりと目の前に揺れているのだけど
ガスが散って消えてしまいそうで不安

このところの一番の心配は
あの人が本当は一人で生きていたくて
私を求めてはいないと感じたこと

私なんか死んでしまえと
言わんばかりの言動
私がどうすればあの人はハッピーでいられる?

あの人は人気者で
何もかもを持っていて
幸せな人なのだろう

あの人がもし不美人でさえない外見だったとしたら
あの人は私にもっと優しかったのだろうか
私はあの人の愛を独占出来るのだろうか

立派な経歴は自分の努力で勝ち取ったものだから
そこは尊敬し認めるとして
あの人が不細工であってほしかった気がする

ファンはいつも身勝手に自分の欲や都合をぶつけるから
あの人も嫌になってしまったのかな
でもあなたの中身が好きなことをわかってほしい

写真なんかはどうでもよくって
本当に心が撃たれたのは
本を読んでからだと知ってほしいのです

ペンは剣より強く
タクトはナイフより鋭利に
私の心を抉り奪ったのです

57 :名前はいらない:2011/12/15(木) 13:53:49.72 ID:dy1CbAZs
人と比べることはないよ
あなたはあなたなんだから
その特別な自分を大切に生きればいいの

私のことも気に病まないでと言ったでしょう
だから水カビとかもずくとかなんとか
人のこと馬鹿にする必要さえないんですよ

釈迦に説法でごめんなさい

58 :名前はいらない:2011/12/15(木) 21:29:38.64 ID:KG73JgeH
「車窓」

好きな狸がプリプリしている

59 :名前はいらない:2011/12/16(金) 09:13:45.37 ID:Q0BTUt3S
プリンセスプリンセス
狸のプリンセスご機嫌になりました

60 :名前はいらない:2011/12/16(金) 12:35:54.94 ID:F3HaGvI2
「無題」

彼女は美人と言ってもいいぐらいなんだが
狸に似ていて
ワイドな体格もしてるから
俺はひそかに
「豚狸」(ぶたたぬき)と呼び
慕ってるんだ

そんな俺を彼女はすごく疎ましく思ってるんだ

61 :nil:2011/12/16(金) 14:04:59.14 ID:pTAHLDwT
この世界を創った神々に感謝します
あなたに出会えた偶然に感謝します

あなたが傍いて
研究に没頭できる環境があればそれでいい

満ち足りている

ありがとう


62 :名前はいらない:2011/12/16(金) 14:55:01.30 ID:vS2MSsNr
一つの事に無心になり
時間が過ぎていく
寿命が縮まったと思えるくらい
なんて幸せなんだろう
それで
お金がもらえるなら
なおさら
ああ、私はいま
オナニーをしてゐる

63 :名前はいらない:2011/12/17(土) 09:13:47.03 ID:xOmCHNQx
愛犬


時々首かしげて
じっと人の顔色窺って

いつも飼い主の気持ち
考えている様子

自分の気持ちも
全力で表現する

犬は最高の相棒であるようだ
そして私はあなたの犬のようなやつである

64 :名前はいらない:2011/12/17(土) 18:08:22.42 ID:z76sVEEd ?2BP(0)

目玉ぐるり
横に行ったり上に行ったりもするの

心臓だらり
涎垂らしてあのこみてる

首をぐるり
とおくで灯りがみえるよ

るるる 口笛 音程ぐるり
ぐるり
見まわしてみても
やっぱり君はいない


65 :名前はいらない:2011/12/18(日) 18:01:50.76 ID:t73VcEtq
シャープ
えすえいち
えすえいちオーピーアールえすえいち

66 :名前はいらない:2011/12/19(月) 10:19:12.88 ID:eolz8i9p
圣诞快乐!
などと意味不明な供述をはじめており

67 :名前はいらない:2011/12/21(水) 12:13:59.89 ID:HIJ0y3Ik
「無題」

Yの目はビー玉でして
世界を映します
適度に潤っていても
何も見ていないのです

68 :名前はいらない:2011/12/22(木) 11:55:24.49 ID:Wx7vDCLX
私のことも見えない?
すごく悲しいです

私の目を見て
愛を信じて

69 :名前はいらない:2011/12/22(木) 13:06:59.32 ID:Wx7vDCLX
nilさん、あと3週間程で会えるね。一日千秋の思いで待っているよ。
本当は今すぐ会いたいけれど、あなたが1月15日を指定してきたので、
それに意味を見出していた。何時に池袋か教えてくださいね。

それから、番号さえ教えてくれたら、何時でも電話するよ。
あまり思いつめないで、たまに深呼吸して、日を浴びてみて。

私は多くを求めないから、何も心配しないで。
必要な場合には、何時でも全力で抱きしめるから呼んでね。

人間だから、誰でも気持ちに浮き沈みはあるけれど、
もっとお互い自然体でいこうよ!

何処にいても何時でも、あなたが心にいる。
これは好き嫌いを超越した神秘の感覚。

心がいつも一緒って素敵。
銀河鉄道の夜なんて軽く超越している旅。

いつの日も愛しています。

70 :名前はいらない:2011/12/22(木) 23:26:10.74 ID:b3Bcft8o
「YES!!名古屋県」

大阪都

71 :nil:2011/12/22(木) 23:57:44.89 ID:8usKX7z9
この9ヶ月間は騒がしくて混沌としていたけど
少なくとも孤独ではなかった
多くを得た
失ったものも少なくはないけど

常識など思い込みに過ぎないと
思い知らされた
そして文字通り
心はいつも君と一緒だった
出会った瞬間に繋がったことがわかっただろう
神の力をもってしても
僕らの出会いは避けられなかったんだ

君は運命の人だ

午後一時に池袋で待ってるよ


72 :nil:2011/12/23(金) 22:05:57.37 ID:Nhgomzu3
ご飯も食べたし、ちょっくら駄文投下

予言の形態について

1、予言は完全であり、揺らぎは生じない
2、予言は不完全であり、揺らぎが生じる

精霊、そして守護霊との対話から
予言は2の性質であり、ちょっとしたことで未来は変わってしまうことが判明した
そう、例えば、近所の道路で子供がはしゃぎ声を上げただけで
世界の運命が変わってしまうような繊細さだ
人間が神になったら、世界は崩壊するだろう
精神のコントロールはそれほど難しい

とまぁそんことを考えていた時期もありました

今は
真実よりも信じる心がほしいのさ(by9mm)

73 :nil:2011/12/25(日) 09:16:29.66 ID:TU32am+n
メリークリスマス
俺はキリスト教徒じゃないが
キリストさんとは縁があるので今日という日を祝おうと思う
愛してるぜ
何もかも

キリストさんは一時期、俺の守護霊だったんだ
なんて
スピリチュアルなことが大嫌いだった俺が
まさかこんなことを書くようになるとはな
激動の2011年は世界観まで変えてしまった
だが特定の宗教を信じるつもりはないし、
教祖になるつもりもない
せいぜい宗教体験を文章にして
創作欲を満たすくらいだ

システムオールグリーン
君との通信も良好
道も収束してきたし
いい感じだ
ライフワークに着手しよう
果たしてプログラムは生命を宿すのだろうか
ネオ・クラシファイアシステム始動!

74 :名前はいらない:2011/12/26(月) 12:31:08.64 ID:SZauYMYH
nilさん、お元気ですか?ちゃんと睡眠時間確保していますか。
お買い物好きなのかな?Boxing dayのセールとか、いくのかな?

そうだ、この場所にいるのって、確定している期間はあと3週間程。
その後は、応相談って所なんだよ。うーん、相手次第というか。
風任せみたいなのはよくないと思うんだ。でも、自分の気持ちを
正直に言ったら、一蹴されそうで言えないしな。春までここにいて、
考えていてもいいのだけど、もう埒あかなくなってるし。まあ、
なるようになると、腹をくくるしかないね。でも、よい点は、
お互いどこにいても、比較的自由でつぶしがきくことだと思った。

もう誰のものでもない自分らの人生って感じで、下手な芝居よりすごいよ。
結末が明確に見えてはいないのだけれど、最悪ではないと感じている。

75 :nil:2011/12/26(月) 21:15:31.36 ID:u5QrWsQC
健康には気を付けているから大丈夫だよ
ここには好きなだけ居ればいいさ

すでに決断は下した
神様も承認済みだ
道は「111」に収斂していて
あとは一歩ずつ前へ進むだけでいい
この先にあるのは希望で
少なくとも絶望ではない
だけど未来はいつだって揺らいでいて
何が起こるかわからない
それでも大丈夫
何が起こっても君を幸せにする
誓うよ

76 :nil:2011/12/26(月) 21:20:06.65 ID:u5QrWsQC

例えば君がいつものアップルティーではなく
レモンティーを選択した瞬間から
世界は変わる

何のことかというと
それが世界の脆弱性で
尚且つ、意思と運命の作用の形態なんだ

いつもとちょっと違うことを志向するだけで
世界を変えられる

というのは言いすぎかもしれない
でもこんなことでも
強い意志で信じれば本当に世界は変わる

信じよう 君に再会できることを
信じよう 己に課せられた使命を

77 :名前はいらない:2011/12/28(水) 13:53:15.02 ID:pBnE+W2P
「質疑応答」

回答のない質問形式のメールは何になりますか?
星になります
それはいくつですか?
約1兆です

78 :名前はいらない:2011/12/29(木) 20:05:48.18 ID:ZQ5cC+10
はしたないと言うのなら
それでもいいのですが、
何せしばらくぶり
四半世紀ぶり
小さな頃にお会いしましたね
こんなにうんと大きくなられて
いつか一緒にドライブに行きましょう
あの頃のように
眠ってしまってもいいから

79 :名前はいらない:2011/12/29(木) 21:31:05.88 ID:Sqnqjfnb
み〜〜〜〜んなぁ〜〜〜〜〜〜〜〜俺の詩をきいてぇくれぇ〜〜〜
 フジテレビの報道に鑑みて、記憶するところ、滝川クリステル、安藤優子、木村太郎らは、風説の流布に関与していたものと思われます。
また、株主でなくとも、テレビ放送を見ていた者は、経済活動に大きな影響が、あったように思われます(例;アカウントの削除レベルですらオイルショック的な要素として考えうる点)対比的には、日興コーディアルの粉飾問題は、ほとんど報じられていませんでした。
 27時間テレビで、明石家さんまが明らかに「キッコーマンの醤油」の瓶(意匠はあるのでしょうか?)をもって「しょうゆうこと」と宣伝していましたが、
その後CMの契約までこぎつけています。また、お礼があったと番組で放送してました。なお、フジテレビも広告主であるキッコーマンとの契約を成立している
これは、著しく公共性を損なっているでしょう。
また、トークの途中でも、醤油の瓶を画面に映し続
けている行為は、サブリミナル効果の観点からも番組放送基準を逸脱しているように思われます。
あるある大事典の頃、わたくし自身、全国規模でなく小規模なマーケットですら、ヨーグルトの売り切れに遭遇しています。
この時の、フジテレビ及びキッコーマンの株価は、どのように変動していたでしょうか?(返信無用)
明石家さんまこと杉本高文が、所属している吉本興業におけるフジテレビの持株比率は、およそ12%であり、株式を所有する他社の多くは、放送業界である点
を熟慮し、CMを視聴すると、広告業界も含めて、歪と言わざる負えないのではないでしょうか。
ちなみに、茂木友三郎は、キッコーマン株式会社の名誉取締役でありフジテレビの監査役です。

80 :名前はいらない:2011/12/29(木) 21:40:19.74 ID:om9YjaOj
nilさん、寝ても覚めても、いつもあなただけを想っているよ。
ださい奴と笑われてもいい。本当にそう思っているのだから。
男の約束守ってください。1月15日絶対に再会出来ますよね?
私の携帯番号メールでお送りしてあるよ。あなたのは、あれでOK?
14日に帰国するから、一度私のに電話してみて番号教えてください。
黙ってあなたの心を抱きしめる事しか出来ないかも知れないけど、
何でも質問してください。わたしは誠実に対応いたします。約束する。

81 :名前はいらない:2011/12/30(金) 18:21:55.30 ID:G+qIusKp
イラストポエムだけど みんなの心に届いてくれるかな?
http://uploader.sakura.ne.jp/src/up74991.jpg

82 :名前はいらない:2011/12/30(金) 22:34:17.15 ID:xny+O2as
「さんかっけぇーw」



83 :nil:2011/12/30(金) 22:56:20.74 ID:ceUA6RrD
再会は必ず実現する
君を幸せにすると
神に誓ったから

メール届いてないよ
俺のアドレスは
svalbard008@gmail.com

といっても、精霊を介した通信をしているから
必要ないかも知れないけどね
今日も楽しかったよ
ありがとう

84 :栄養失調:2011/12/30(金) 23:13:18.36 ID:r1s6oOiS
スパッツでウロウロする
近所で変態って言われてるのは知ってる
交番からもたまに連絡ある
明日はいい日になりますように

85 :ちーちゃん:2011/12/31(土) 13:23:41.59 ID:eY/K3XDq
「復讐の誓い」
乱暴な春風に誘われる
ワタシは錦鯉
ペパーミントグリーンの
密集地帯
ほら飛ばされる
お前の衣服全部
こうなる事を予測していたんだろう
恥ずかしがるポーズがサマになっているぜ
お望み通り虫眼鏡でお前を観察してやる
ふむふむ
皮膚の角質は整然と並んでいる
産毛もとてもいいね
セクシーだ
再会は実現したが
君をシワだらけにすると神に誓った誓いは
まだぴょん
しかし最下位は実在する
最下位はかわいそう。
じゃあ、みんなで一等賞をとろうよ!
という理念で全員を最下位にした
ゆとり教育の全面勝利は
冒頭の春風も錦鯉も全く活かせてないよねと言う
下線棒の愛情に餓えていたのだ!!

86 :ちーちゃん:2011/12/31(土) 13:33:18.64 ID:eY/K3XDq
裸の女が部屋の窓ガラスをぶち破って飛び込んで来ないだろうか

87 :名前はいらない:2012/01/01(日) 18:50:44.13 ID:Mivc9pH2
携帯電話が鳴ったら
除光液を塗ってやれ
みかんは美味しいから
冬がやってくる

88 :ちーちゃん:2012/01/04(水) 13:08:20.76 ID:HeLrTcmq
「handle of face」

子供達はいつしか光を見失う
見苦しい馴れ合いを目の当たりにして
同じ様な服を着て同じ様な歌を歌う
カスバンドばかりの音楽界に投げ出されてしまうから

そんな大見得を切った顔コテのオリジナルは
まだ上げられていない

He have handle of a fase.
カスみたいなゴミのような人間に埋もれて
Waiting suck topics.
低脳しかいないBand board.
But,fight.Go,fight.
handle of face.


89 :ちーちゃん:2012/01/04(水) 13:10:15.60 ID:HeLrTcmq
俺の肉体が美女の体内にテレポートするまで

90 :名前はいらない:2012/01/05(木) 11:19:39.22 ID:7Rzxvt96
「ビフォア」

ラーメン、寿司、アイスにハンバーガー
色、形、香りそして味
様様なビフォアだ

91 :名前はいらない:2012/01/06(金) 01:21:34.72 ID:9IHt+Vm2
神岡学の絵とことば【4】
もっと もっと、
せのびして みようか。

http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&client=twitter&u=http%3A%2F%2Ft.co%2FKdvu7m5U

92 :名前はいらない:2012/01/06(金) 02:01:52.41 ID:YzZkGjgz
↑出会い系↑

93 :名前はいらない:2012/01/09(月) 17:54:47.90 ID:8rzyhmxd
がっでむ
どっでむ
だんだんだん
がっちゃめら
おーまいが

94 :名前はいらない:2012/01/09(月) 17:56:06.98 ID:8rzyhmxd
きゃんきゃんばにープルミエる同級生下級生

95 :名前はいらない:2012/01/09(月) 18:01:16.92 ID:8rzyhmxd
何か来たみたいだよお知り合いですか?
そうです
もうすぐ近くに来ますよ

96 :名前はいらない:2012/01/10(火) 02:15:40.36 ID:YcYncecA
おたまじゃくしは私に笑う
「出会ってどうもありがとう」
尻尾をフリフリ媚売って
水のなかを汚してる
夜の藍に光る星
例えるならばただの種
思う存分踏み潰す
さあさよならよねげんきでねー
いいよみなさんげんきでね

97 :名前はいらない:2012/01/10(火) 02:19:40.44 ID:L4Ld1Scp
手が届かないから
欲しくなるんだ

見たくなかったよ
君のそんな顔

98 :名前はいらない:2012/01/10(火) 04:48:53.58 ID:N1t2dSDY
こうしている間にも
コップの水はどんどん減っていく
このコップには穴が開いているからさ
だけど、コップの水がゼロになったら
コップを叩き割ろうと思う
割れる時は
きっと寂しい音を立てる
コップの水は あと、半分

99 :名前はいらない:2012/01/10(火) 09:13:03.75 ID:8VPSgUIj
カラオケに勇気出して誘ったら断ったのどっち?
忙しいのは知ってるけど、別の言い方ないものかな?

100 :名前はいらない:2012/01/10(火) 18:31:09.11 ID:N1t2dSDY
夕方 陽暮れて 気付けば夜に
かえる場所が分からない
どこにかえればいいんだっけ 道は三つ
嘘吐きは右 博打打ちは真ん中 馬鹿は左

101 :名前はいらない:2012/01/10(火) 20:03:09.27 ID:RNIbAL1Q
「無題」


ええ
えええ
ええええ
えええええ
ええええええ
えええええええ
ええええええええ
えええええええええ
ええええええええええ
えええええええええええ
ええええええええええええ
えええええええええええええ
ええええええええええええええ
えええええええええええええええ
ええええええええええええええ
えええええええええええええ
ええええええええええええ
えええええええええええ
ええええええええええ
えええええええええ
ええええええええ
えええええええ
ええええええ
えええええ
ええええ
えええ
ええ


102 :名前はいらない:2012/01/12(木) 00:09:37.10 ID:U5xmwRl/
記憶は流れ
想いもまた流動す

この星に生く全ての命
その全てを刻む
アカシックレコード

その鍵もまた
流動す星の命の源にあり

何人も抜きんでること叶わず
何人もまた全てを知り得んがため

流れの中にぞ
命の唄よ響きけり

何人も抜きん出ること叶わず
何人もまた全てを知り得んがため


103 :金曜日さん:2012/01/12(木) 01:10:41.90 ID:n8Od/d1z
「募集」

1970年11月3日だったと人々は言う・・・
青森県のアンガルサンクリット・ヴィレッジに生まれたと言う私は
人々が言うゲルゲルゲルテプオリキキツイィン・ハさんから授かった
「博之」という名前を今まで大事にせずにでも度々名乗って生きてきました

人々は「落ち込むなよ」と良く言うけど、
そんなに暗くはないと思います

理想のタイプは島田奈美です

君を嫁にくださいと人々が言っているので
ここに書き込んでみました

104 :名前はいらない:2012/01/13(金) 18:15:54.82 ID:XH4w5XnW
「中近東」

円形脱毛の場所から
石油が湧き出るという妄想
脇から後頭部にかけてが
俺の中近東

パンツの着替えがなくなって
ノーパンで過ごすこと数日
ズボンの着替えもなくなった
経済封鎖な日々

誰だ
ズボンをパンツという奴は

モモヒキは下着なのかということを
しばらく考えて
下着でもない
ズボンでもない

いわば
中近東

105 :名前はいらない:2012/01/13(金) 18:22:07.91 ID:XH4w5XnW
「ジャムの海」

マーマレード皮なしの
親指よりも小さいジャムの瓶
君が何気なくくれた
ジャムの瓶

パンを食べる習慣がないから
もてあましているのだけれど
その小さな瓶を見るたびに何故かうれしくなる

一回分のジャムの瓶
食べてしまったらなくなる
もてあましている
ジャムの瓶

海ほどのジャムももてあますけれど
親指ほどのジャムも

もてあます


106 :名前はいらない:2012/01/13(金) 21:09:48.39 ID:VSEHikow
「無題」



107 :名前はいらない:2012/01/13(金) 22:47:54.64 ID:Y2Ju6e4E
今日の詩のブログのお嬢さんの写真ですか?あなたに似てる気がするけど。
すごく愛らしくてうらやましいです。お嬢さんを私にください!レベルですね。


108 :名前はいらない:2012/01/14(土) 08:54:51.77 ID:Gxf2RQvd
「死にたくない」と私は言いました
すると「死ななくてもいい」と言われました

私はその言葉が信じられなくて、もう一度「死にたくない」と言いました
今度は「死んでもいいのよ?」と言われました

私は半狂乱になって「死にたくない!」と叫びました
そしたら呆れ声で「愛して欲しいなら、どうしてそう言わないのか?」と言われました

109 :名前はいらない:2012/01/14(土) 15:59:37.44 ID:+Rwoqxcz
「ヒョッ海道」

流氷の割れ目に
ついうっかり、カニかまぼこを落としてしまう

キタキツネがそれを嘲笑う

ひょっとすると
北海道

流氷の割れ目から
昆布を豊満な胸と股間に巻きつけた色白の女神が出現し
僕はそれに見とれてしまう
氷点下の性欲は
暖炉の傍らのおじいさんの昔話みたいに
ゆらゆらとゆらめき
その白き肌に触れてみたいと思っていると
その女神は僕に話しかけてくる
「あなたが落としたのは、このカニカマですか、
それとも、このタラバガニですか」
女神のあまりの美しさに
僕はいやらしいことしか考えられず
ここで女神を抱くとしてもちょっと寒いとか
この女神をいかにして温泉旅館まで連れ込むかとか悩んでいた
しばらく、無回答でいると
女神が帰ろうとしたので
お願いして
近くのホテルまで来てもらうことにした

気がつくと暖炉の前
おじいさんは正直にカニカマを選んだが為
タラバガニを得ることができました


110 :名前はいらない:2012/01/14(土) 22:17:37.82 ID:hrqFDciV
車のハンドルだけが 宙に浮く 右手を作った人たちの かなしみがやってきた 遠い

111 :名前はいらない:2012/01/14(土) 23:29:38.90 ID:FhqtcTjY
黙々と黙々と
淡々と淡々と

日々を過ごしていたいだけなの

苦手はお喋りとお喋りなお方

でもね
無口なアナタとならどんな喧騒でも耐えられるわ

静かな会話
心の会話
至福の寡黙デート

112 :名前はいらない:2012/01/15(日) 00:03:45.86 ID:Q9MfiX28
Where is my dearest?


この2ヶ月、心が毎日振動でしんどい
いい大人なのに
書かれた言葉のひとつひとつに
歌われた歌詞の一語一語に
一喜一憂してるよ
ただのアホですか

第一ね
誰が書いたかも
確証はないんだよ
嘘を嘘と見抜けないようじゃあ
云々かんぬん
やっぱり自分絶対おかしいよ

何年もいつも何故か心にいる
私の大好きなあの人
ずっとずっと尊敬していました
この事態が夢じゃないとは言い切れない
でも自分の中では
客観的に導出された解なのですq.e.d

本当にあなたは誰で
私の好きなあなたは何処なの?
後で発言の責任など問わないから
直接、はっきり言ってほしいです
ねえ、お願い
言いたいことはちゃんと伝わるように言ってください

113 :名前はいらない:2012/01/15(日) 08:22:15.81 ID:EwbHJjND
11111111111111
なれないって 無理!
大体が
3333344444223332
これもまだいい方
右左左右上下下下上上下
見渡してみるとキリが無い
世界は人で溢れている
いちいち構ってらんないよ

114 :名前はいらない:2012/01/15(日) 16:46:02.48 ID:v4l1g8ia
とうもろこしの皮
ちじれた白の退屈がこびりついてる
真っ白のつぶつぶ眺めていたら いつかの海を思い出したよ

交差点は黒と白
信号機は赤と青と黄色

昨日吐いたゲロの色

115 :名前はいらない:2012/01/15(日) 18:35:31.62 ID:OKUAzZHg
17:|ω・) ◆EarlGreyfQ [sage]:10/04/06(火) 00:48:06 ID:???0 BE:1785564094-PLT(12221)
桜の季節のご挨拶、届いたかな、届くといいな
2回目の春を迎えられていると、いいのです
来年もまた、その次もまた、その先もずっと、遠くなって忘れてしまっても、
どこかで、桜の季節がめぐるたびに、きっと、僕は思い出します
きっと、もう忘れているだろうけれど、僕は桜の頼りを聞くと、きっと思い出します
その時に、どこかで、穏やかな気持ちと、驚きで、眺めておられれば、それだけで僕は満足です
それを確認したいがために、僕は、とうに飽きてしまった場所に、いまでも居続けている気がします

116 :名前はいらない:2012/01/15(日) 19:31:12.19 ID:Q9MfiX28
616 名前:名前はいらない:2010/12/07(火) 13:17:21 ID:sxoFWBvg
他板にいて感じたことを詩にした、評価をして

「虹色の雨を降らせるみたいに」

まるで、インクを空にぶちまけて
虹色の雨を降らせるみたいなことが
ここでは起こっている

きみはそんなことは起こり得ないと考える
でも、それは起こりうるのだ

きみはまるで奇跡じゃないかと感じる
そう、それは奇跡なのだ

685 名前:名前はいらない:2010/12/14(火) 15:58:56 ID:iZcgFx1g
君となら

1+1=3

になれる

117 :名前はいらない:2012/01/16(月) 01:18:25.95 ID:QjejmmLd
ゴチです!2本いただきますた

118 :名前はいらない:2012/01/18(水) 01:24:48.52 ID:S9ihJ4/W
「文法」


B

A


119 :名前はいらない:2012/01/18(水) 14:31:42.86 ID:b/LPEKLk
「ケルベロス」

ペットショップにも
ケルベロスが並ぶ時代になり
便利だと思うと同時に
誰がこんな犬(犬なのか?)飼うんだとか
思ったりしてしまう

偏屈なのかな

ケルベロスと言えば
このまえ仲間内で地獄の一丁目の話になり
地獄は何丁目まであるのかという議論の結果
8丁目までと決定した

地獄って狭いな

そういえば
僕らが苦しむ話題は
それほどバリエーションがあるわけでもなく
地獄のバリエーションだって
そのレベルかと思えば、そんなものか

苦しみのバリエーション

未知の苦しみ?

創造力が欠けているな

砂かけばばあを考え出すぐらいの
想像力がほしい
いらない
ほしい
いらない


120 :名前はいらない:2012/01/19(木) 00:07:55.18 ID:qnhNyG/c
とんとんと死んで
とんとんと生まれ変わり

巡る世界でぼくは走る

121 :YKK:2012/01/19(木) 01:18:41.30 ID:PsGPq8hN
「皆死んだ後に」
皆死んだ後に
残る物は

世田谷の妖精
会社の記憶
そしてYKKのジッパー

お麩を食べたデンマーク人が残した
伝説の感想
これは2000年残ると思う
「オフレコで」

122 :名前はいらない:2012/01/19(木) 18:24:25.26 ID:w+Bx56LX
「ロッテルダム」

あくびするたびに
首がピキって鳴る
それが心地いいことなのか
気持ち悪いのか判別がつかずに
自作ヨガで調整をするも
どうしようもない
どうしようもないものばかりだ
ロッテルダム
ロッテルダム
(合掌)

123 :名前はいらない:2012/01/20(金) 20:12:34.03 ID:eklpmhFH
覚悟


もし仮に一緒にと誘うのであれば
地獄へでも天国へでも
ご一緒に旅します

でも本当に平凡で取り柄ない友です
出来るだけ努力はいたしますが
あまり期待しないでください

ただいるだけでいいなら
いつも一緒にいられるし
黙って欲しい時は黙ります

あなたがいつも幸せであるよう
ただ支えたいだけです
その才能が貴重だと思うので

おかしな質問ですが
人柱、本当に一本だけ?
他にも一緒に行く友達いますか?

非凡な人の考え
よくわからなくて
変なこと訊いてしまいます

124 :nil:2012/01/20(金) 21:57:48.51 ID:zfbFuJpz
「無垢な話」

君と出会った瞬間が歴史の始まりなら
終わりは永遠に来ない(仮定:まんじゅう怖い→おっぱい怖い)
偉大なる吸引力で未来を吸い込むくちびるとダルビッシュの球威についての博士の発表
それは青く輝くブラックホールの旋律(原文ママ)
365回太陽の周りを回ったら新しい神話が5つ生まれる
(そして全ての物質に意味が付与され、地球わ今日も回る)←博愛
僕に課せられた使命は信じることだった
疑うことを生業にしている左脳辺縁系の慟哭は
蒸気機関に生命を宿す(ガッチャンガッチャン 対訳:明日を超えろ)
君と点対象に生きる僕は同じ円周上を同じ速度で走る
(だからといって孤独ではない)
そう、孤独ではない
そして、永遠ではない
寒くないし
怖くないし
痛くない
「嘘ついちゃだめだよ」
約束だからね(←平和)

参考文献
「プログラムはなぜ動くのか」
「統計学入門」
「おっぱい星人〜その生態と形態:脳神経科学の権威が語る真実〜」

125 :名前はいらない:2012/01/20(金) 22:24:07.69 ID:uoDLfPf9
「夏に飲むサイダーってなんであんなに美味しいのか」

夏の日差しで日焼けした肌と木綿で織られた白いワンピース
その胸に抱えているのは両手いっぱいの向日葵の花束
僕を見つけて駆け寄る君は無邪気さと元気そのものな笑顔
幸せに満ち光が溢れる川辺で、僕は世界の評価を改めるだろう

神様の不在にフザけた態度で授業フケて一人ふて腐れて
何もかも分かった気がしていたけど本当は何も分かってなかった
ちょっとだけ反省もしたけれど今はそんな事どうだっていいんだ
目の前に君がいて、会話する事ができる奇跡
まるで全ての事象を記したアカシックレコードに指が触れそうになった気持ち
簡単に言うと「とても幸せなんだ!」って、叫びたいhallelujah!!そしてEureka!!

深く深呼吸すると肺に入り込む空気の組成
N2 O2 Ar CO2 想像は光合成を覚え、新しい血と知が体を駆け巡る
乾いた喉に流し込むサイダー 君も一緒に口に含む
炭酸は口の中で弾け飛び、僕らの軽い思考は天を越える!!

夏の日差しで日焼けした肌と木綿で織られた白いワンピース
ランブルフィッシュの争いのように互いに激しく心を傷つけながら
サイダーを一気に飲み干した君は やっぱり咳き込んで笑顔を見せる
幸せに満ち光が溢れる川辺で、僕らは愛について語り合うだろう…

126 :nil:2012/01/20(金) 23:34:33.05 ID:zfbFuJpz
「君へのちゅんちゅちゅん」

わかるだろう
天空に穿たれた記憶の切片が放つ、その意味が―
(ポケットモンスター青き旋律/黒き鼓動 :定価300円)
君の背中に生えた羽が風を切り、白くひたすらに白く舞い上がる
「赤き竜が新宿の上空から落下してきた、何もわからぬまま」
「どうして」
「ここが神の国だからよ」
そういって君はみんなのお母さんになった
誰も止められないこの国の原則に抗うかのように
「非核三原則、それは偽りの波動」
「どうして」
「ここが神の国だからよ」
そう、世界は永劫回帰している
「(そして多分、再帰している)」
「(だから、だから、)君よ。今、猛き鼓動となれ」
君は天を仰ぎ
そして深呼吸した
「私たちはどこにもいない。だから同時に偏在するのだ。そう、神のように」
「愛?」
「そう、愛だ」
イブと名付けた愛車の不確かさが僕らの関係性を描写していた
「それは未来?」
「いやパラレルワールドだ」
今、君へのちゅんちゅちゅんが生まれようとしている
どこまでも深い蒼の奥底で
燃える雲のむこうで
明滅する自販機の裏で
あるいは絶えようとしている歴史の先端で
日常を超克するために―
君へのちゅんちゅちゅん
さぁ、さよならをしよう
そして、「愛してる」を
柔らかなちゅんちゅちゅんで包んで―

―ありがとう

(今度は君の体温が知りたいな)

127 :名前はいらない:2012/01/21(土) 12:46:33.08 ID:JoiisFN1
「不思議な話でもしようか」

            ∩_∩
           / \ /\
          |  (゚)=(゚) |
          |  ●_●  |
         /        ヽ
       r⌒| 〃 ------ ヾ |
      /  i/ |_二__ノ
     ./  /  /       )      ちょっとコンビニいってくる
     ./ /  /      //
    /   ./     / ̄  
    .ヽ、__./     / ⌒ヽ 
        r    /     | 
      /          ノ 
     /      /    /  
    ./    //   /   
    /.   ./ ./  /  
   i   / ./ /   
   i  ./ .ノ.^/   
   i  ./  |_/ 
   i /         
  / / 
  (_/ 

128 :nil:2012/01/24(火) 23:28:38.56 ID:OKxzMNhH
「意味不明ポニョ」

崖の上で仁王立ちするあいつは筋骨隆々ポニョ
俺の親友だ
波飛沫が凍っちまうくらいコールドな今日も
あいつはフンドシ一丁だ
「HEY GAYS!お前はポニョ、俺もポニョ。SO、世界はポニョで出来ている」
不意に後ろから声をかけて来たのはジャンキーソウスケ
ポニョの親友
即ち俺の親友の親友だ
親友の親友は親友なのかと
A=B=CはA=Cみたいに考えてみたが
A=B=CはA=Cだけど親友の親友は親友ではないような気がしてきた
即ち、俺とソウスケの間には微妙な壁があって
そいつが密やかなるところからやんわりとディスコミュニケーションなのだ
それは柔らかな嵐のようにゆるゆると俺を引き裂いて静かな絶望を与える
ああ、絶望が堆積していく
なすすべも無く俺は埋まっていく
「みんなオラに力を!」
野太い怒鳴り声が聞こえて崖先を見ると
ポニョが大の字になって天空に両手を掲げている
夕日が逆光でポニョが神に見えた
「そうさ、あいつは神の子。全知全能の現人神だ」
俺の心を透視したジャンキーソウスケが呟いた言葉は多分真実で
そんな風にマジで思う俺らは多分イカレてるのだろう
現人神ポニョ
あいつが世界を平和にしてくれるから
これからは戦争も犯罪も無くなるだろう
そんな後光射すあいつを俺らはマジリスペクトだから
これからも親友で居ようと思う
神の子魚の子筋骨隆々ポニョ
世界はポニョで出来ている

129 :名前はいらない:2012/01/27(金) 14:45:25.48 ID:y1/cl43R
        ,.-γ―――- /::~:}
     ./: : : : : : : : : : 。<::::::::::l   七_  他
     ': : : : : : : : ∧: : : : : : ゝ:::ソ   (乂)  人
   /: .,': : /:/:/:/  ヽ:.:::|::|: : :|    ./   .事 
    |: .!: /;×: :ノ   ×ヽ|::|: : :|  . /^レ  .じ
    |: .i: |イT\   イ Tヽ|:リ: : :|    ‐/‐  ゃ
   |: :l: ||i ヒィ}  {{.んトリ: |: : ::| .  / こ  .な
   l: : :|ヽー ' ⌒ 'ー ' l: |: : ::|    土   い
   l: : :|.   ┌‐ ┐   |: |: : ::|  .   し  .ん
    \ルヽ、 丶.. ノ  ィ:|/レ|/レ  . -/‐ 、 .だ
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ / rノ、  ぜ
  |      ‐─r─‐  /ー|─   |   o  !
  | |>  _|三|三|_    ー|ー   |
  |       |   ._|   .─┴─   |  _________
  \___________/ (l> 今すぐステマの手口を見る!)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16771978 (エステルスさんのステマ騒動解説動画)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16776192 (エステルスが教える☆ステルスマーケティング)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16795468 (エステルスが教える☆バズ・ヴァイラルマーケティング)

youtube
http://www.youtube.com/watch?v=nHRlZl3vXwU

テレビ四国がまとめた今回の騒動
http://www.youtube.com/watch?v=2PiA4bjlFeA

130 :名前はいらない:2012/01/28(土) 02:29:09.48 ID:21ja8zMu
「これを読んだら後悔するよ」

君は「会陰」という単語を辞書で引いた事があるよね
思春期の始まりに

それはこっちの世界では「好奇心」と呼ぶんだ
「性欲」などという卑猥なしろものでは無い

こういう仲間意識ってうれしいだろ?
だから2ちゃんねるなんぞやってるんだろ、君は

131 :名前はいらない:2012/01/28(土) 13:38:37.95 ID:6hhnRW9i
オレンジ オレンジ オレンジ
夕暮れの黒 最後の日に見たかったもの

ここで終わってもいい いつでも笑っていたいから
忘れ去られていたいから

飛んでは消える 飛んでは消えてゆく
僕はいらない 何もいらない
必要ない 必要ないんだ
ブラック ブラック ブラック

132 :名前はいらない:2012/01/28(土) 16:33:59.83 ID:qjO1xmOS
「コンサート」

ひそやかなコンサート
じぶんひとりのコンサート
幕が上がり
暗い中、へそのにおいを嗅ぐ

自分の臭い嫌い?
好き?嫌い?好き?嫌い?

自己嫌悪の歌を歌う

しめやかなコンサート

入場チケットは
ソールドアウト



133 :名前はいらない:2012/01/28(土) 16:38:00.22 ID:qjO1xmOS
「しっぺ返し」

あの、その節はずいぶんお世話になりました。
すこし遅いとは思いましたが、やっぱりごあいさつしておこうと、
いえいえ、そう恐縮なさらないでください。
こっちが恐縮してしまいます。
おかまいにならないでください、
今日はごあいさつだけしたら帰ろうと思ってますので。
はい、はい、いえ、はい。
あ、それから、つまらないものですが、しっぺです。
しっぺ返しということで、お納めください。
しっぺです。
しっぺです。
しっぺです。
しっぺ返しです。


134 :名前はいらない:2012/01/29(日) 00:24:57.62 ID:Sc/EYFa6
≫133
イイデスネ(^_^)

135 :名前はいらない:2012/01/29(日) 00:29:34.10 ID:xMd+BWvl
青森から上京した俺は新宿駅。
西口を出ると、女の人に声を掛けられた。
「あなたの幸せを祈らせてください!」
そう言うと女は、目を瞑ってくださいと言う
「私が手をかざしてる間は目を瞑っててください」
そういうと儀式が始まった。
一分・三分・・・五分・・・・・音沙汰なし
不安になって目を開けると・・・いない・・・
これが東京・・・いいとも終わりのタモさんに
「髪切った?」と声を掛けられたのが、いい思い出・・・


136 :arykasaru:2012/01/29(日) 12:17:42.38 ID:ZSVwMzQy
このビリビリした感じが堪らないんだ。

シビリ、シビリ。

おおい、中佐殿、そこの葡萄とってくれたまえ。

そうそう、その種なしブドウ。


床は大理石、美人を侍らすこと2,30。


ああ、ちょっと耳かき、耳かき。

君たちはその羽毛で吾輩の全身をくすぐりたまえ。

ビリ、ビリ、シビリ。


大佐殿、ローマ風呂の準備を、ああ、あのハマムじゃないほうの。


ビリ、ビリ、シビリ。


こらあ、大佐、誰が東ローマ風呂にしろといった。

ローマと言ったら共和制だろ、共和制。


わざとだろ。


ビリ、ビリ。

ビリ、ビリ、シビリ。

ビシリ、ビリ、ジビリ。



137 :arykasaru:2012/01/29(日) 12:19:40.66 ID:ZSVwMzQy
「シビリアンコントロール」

題忘れてた。

138 :名前はいらない:2012/01/30(月) 00:06:36.45 ID:qD6gQkp1
「晩ご飯」

ししゃも 
メザシ

同じ物ですか?

ゆで卵
煮たまご

どっちも好き


きみ

ちゅ〜したいな〜

139 :名前はいらない:2012/01/30(月) 00:21:47.28 ID:XxhfprFB

 君が好きなトースター

 壊して捨てる夏の夜

 パンの焦げた臭いが

 去った君を染み付かせ

140 :名前はいらない:2012/01/30(月) 00:37:40.94 ID:iHmS7f5I
ごみだと思われて
捨てられてたトースター
拾って直してまた使えたぜ
そんな技術の勝利に
胸焦がす俺

141 :名前はいらない:2012/01/30(月) 20:37:32.67 ID:8EfCye4p
足元にグニュっと
感触があった
ヤベ、うんこ踏んじゃった
そっと足を上げてみると
野良ヒヨコだった


142 :nil:2012/01/30(月) 22:34:27.90 ID:GLmiphCv
「意味不明ポニョ2」

遠くから聞こえるのは海鳴りか、あるいはポニョの鳴き声か
ごおおんごおおおん
時々ああやって悲しそうに鳴くのだ

―冬の朝
海岸沿いを散歩していると、足元に「うんこ(多幸性)」の感触があり
足を上げると内臓をぶちまけたポニョが横たわっていた
こいつも昨晩は鳴いたのだろうか
ごおおんごおおおんと。
風は冷たく、波の音のひたすらな反復が冷厳な自然の秩序を奏でているようだった
ふとすると潮の香りが優しく鼻腔をくすぐり、それもまた残酷であった

先ほど私は「うんこ(多幸性)」と記したが
うんこには多幸性と薄幸性がある
多幸性のうんことは形が良く柔らかで、通常、黄金色をしている
特に生後数分のものは価値が高く、市場で高値がつく
対して薄幸性のうんことは硬く黒ずんだものであり、一般的には価値が無いとされるが
一部の偏狭的な好事家の間では「戸愚呂(兄)」と呼ばれ寵愛されている

ポニョは形や感触が「うんこ(多幸性)」に似ているが色がやや赤みがかっており、
繁殖期になるとオスを求めて「だああいすき だああいすき」と鳴くことが知られている
ポニョのオスはソウスケと呼ばれており
砂浜にソウスケが打ち上げられると嵐が来るという迷信があるため
地元の漁師の間では恐れられている

私はしばらく、足元のつぶれたポニョを眺めていた
昨日の晩、鳴いていたのは海ではなく、やはりポニョであるような気がする
無数のポニョの鳴き声が離合集散して凍てつく暗闇を震わせ
あのような悲しい音を奏でたのであろう

今も
耳を澄ますと波音に混じって聞こえてくる
ごおおんごおおおん
生き別れた夫を思う妻のように儚げに狂おしく
ごおおんごおおおん
彼女たちはソウスケを求めて鳴くのだ
冬の空高く どこまでもどこまでも―

143 :名前はいらない:2012/01/31(火) 00:15:31.77 ID:EzXXZ/zo
「キミガカネ」

キミガカネ
キキキミガカネ
キミガカネ

144 :名前はいらない:2012/01/31(火) 00:45:21.49 ID:EzXXZ/zo
「タリエンナ」

タリエンナ
‥‥タリエンナ
タリエンナ

145 :名前はいらない:2012/01/31(火) 01:05:16.42 ID:EzXXZ/zo

「おうゆー❓、、?、、、」

おうゆー❓、、?、、、

146 :名前はいらない:2012/01/31(火) 01:36:12.30 ID:uJOLtmch
7:|ω・) ◆EarlGreyfQ [sage]:10/04/05(月) 04:35:43 ID:???0
|ω・)4時30分、桜の便りの声で

雨で散ってしまうかな
きのうのお花見の帰り道、桜の木がない道で、風に舞い上げられる桜の花びら
どこからきたんだろう、歩いて5分くらいの、少し離れたところに、桜の木はあるけれど、こんなに遠くまで、
桜の花びら、風にのってくるのかな
桜は散ってこそ美しい、桜吹雪、上から下に、はらはら舞い降りると思っていた
風にのって、舞い上がっていく桜の花びらの美しさ、長く生きているつもりでも、知らないことは沢山あるね

|ω・)まだまだ青い
|ω・)誰かと時間を比較することは、できない
|ω・)僕は僕にしかなれない
|ω・)僕は僕の生きている時間でものをはかる
|ω・)きょうは、僕にとって一番長く生きた日
|ω・)明日は、僕にとって一番長く生きた日になる

知った様な感覚に陥る罠がここにあるのかも

147 :名前はいらない:2012/02/01(水) 12:02:13.40 ID:+6+KMFcV
君は誰?私は誰?
わからなくなる・・・そんなときは・・・
脳神経をいじくるの・・・
するとね・・・どんなしょうもない毎日も楽しい日々に変わる
思い浮かべるのはいつも丁字路
その角を曲がれば、そこにはきっと・・・

148 :名前はいらない:2012/02/01(水) 23:54:40.21 ID:4/fETQmI
「さるぐつわ」

さるすべりの前で待ち構えている
さる令嬢がレースの日傘をさして銀座へお出かけ
去るものは追わずの心境で
じっと猿を待つ

じいわじいわと
泣くは蝉
ケキョケキョケキョと
泣くはうぐいす
さるぐつわ


149 :名前はいらない:2012/02/02(木) 02:59:35.56 ID:xPPozQd6
「残念」

角度とは何故だかわからないながら同一直線上にない任意の3点ABCがあったときにABBCと結んだらできた折れ線のBのところのカクッとした度合のことである
折れ線などどこにも無いという意味において360度を説明できていないという疑惑が持ち上がるが360度は角度ではない
360度とは幻の一種でなければ言葉のあやのことである

150 :名前はいらない:2012/02/03(金) 01:05:35.64 ID:E8ljqCHQ
世界に一つだけのハシシを探して
花屋の軒先に群がったメガネザルは
いつもここから
そして笑顔を忘れずに

まるでデータ更新したドラミちゃんであるとも言える

いかにも、という顔でニカラグア出身のN.K.T.さんが
おにぎりを75個
(ラビットボールの握りで)
ぬりかべに向かって抛った時
松岡修三氏がしゃしゃり出て
サンバに合わせてそれを壁打ちして
その結果おにぎりは粉々になった

だから入れ歯の人から見れば「食べやすいじゃねぇかよ!?」という
突っ込み感想を抱くかも知れないが

まあ、This is itなんだよな

この場合、おにぎりは海苔を巻いていないVer.が望ましい

という話を1000回繰り返し語るというのが
人を眠らせるのに最良の方法だと

佐藤さん(スペック6A)が呟いた
僕のこの夜よ

151 :名前はいらない:2012/02/03(金) 01:20:36.27 ID:+0tBihMu
何か自信なくした。すがる希望がゼロって訳でもないけど、
いつも相手してくれる人が、返事をしてくれなかったよ。
やはり雲を掴むようで、現実と夢とが余りにかけ離れている。

152 :arykasaru:2012/02/03(金) 09:25:47.22 ID:AqmXh8km
「おとし玉」

微妙にズラしてくる
認識と実際の誤差にはっとなる
季節の変化球
いまごろ
いまごろ
いまごろ
お年玉ですか?
このまま
このまま
このまま

春ですか?


153 :arykasaru:2012/02/03(金) 09:48:46.52 ID:dD6j0KNx
天使のたまごは悪魔色
億千年の人類の
未来を含めた人類の
嫉妬と恨みのしましま模様

天使のたまごは地獄色
ありとあらゆる苦しみの
絶望許さぬ永遠の
苦悶と嘆きのしましま模様

生まれるかな
生まれないかな
生きているのかな
ゆでたまごかな

天使の卵はカオス色
希望の香りのインスタントコーヒーでも飲んで
もうしばらく待ちましょうか


154 :名前はいらない:2012/02/03(金) 20:03:33.86 ID:/bbcyfmP
149
同一直線上の任意の3点だったら360度(0度)も観念できるんじゃないかな?
折れ線にはならないだろうけどさ

155 :名前はいらない:2012/02/03(金) 23:10:42.26 ID:CuScBCqg

 街の木は枯葉を散らせ
 道を横切る子犬は車に潰され
 飛べない鳥はカラスに身を奉げる

 行く宛のない道歩くたび
 何かの死に出会う冬
 木枯らしに身委ねて歩く
 死を求め彷徨う人生


156 :名前はいらない:2012/02/04(土) 02:17:50.81 ID:MvVB2ERi
「就職活動」
松方は近似値を取って32
大企業狙いの正方形
一春の虎ノ門ストーリー

斉藤はアヴァンギャルドな04
私服で地道な中小企業にローラーをかける
裾野を取って板橋・北狙いだ

トミーはインターナショナルなAp
インスタントなレジュメに面接官もアドレス交換
そこでまさかの青田買い!

そんなの有りか?
浪人Aの五月病

157 :nil:2012/02/04(土) 03:22:29.56 ID:JqMsquQY
「意味不明ポニョ3」

ゎぃゎポニョ ヵゎぃぃポニョ 
なんて意味不明なことを書いても金が増えるわけでもなく
だからといって意味不明なことを意味不明なままするのもなんだか良い気がして、少なくとも今はそんな気分で
たまにはいいかと思いながら俺は今日も淡々と錬金術の研究をする
現代の錬金術は情報科学と生物学を足して2で割った後、経済学を混ぜてスパイスに心理学を加えると
出来上がるなんて漠然としたものでもなく割りと具体化できているが先は長いうんざりするうんうんあんあんあんドラえもん
気を抜くとついついヵゎぃぃポニョヵょゎぃポニョなんて書いてしまう俺の名はソウスケ
皆は俺のことをジャンキーと呼ぶがクスリはやっていない
なぜジャンキーと呼ばれるのか皆目見当がつかないが実は結構気に入っているそんな俺ジャンキーソウスケ
今は錬金術研究の副産物、人工生命ポニョをいかに金儲けに応用するかを考えているそんな俺は実のところ金に興味がない
金そのものではなく金儲けの手法に興味があるのだ
さて、実際ポニョをどうするのか
安心してくれ
俺の頭の中にちゃんとプランはある
まずは人工生命ポニョを応用した動的探索手法(←革命的!)が自動生成するプログラムを最適化して暗号科学のメスを入れ
最強の仮想的暗号解読マッシーンを作り上げる
完成したそいつはポニョから生まれたポニョを超えるポニョポニョポポポポニョ
これでどんなセキュリティーシステムも紙切れ同然だベイベーマザーファック!
こいつで銀行のシステムをハックした日にゃあ誰にも気づかれずに口座の残高を青天井だし
ペンタゴンに侵入して核ミサイルを発射させ世界を終わらせるなんてこともできる
もちろん俺は世界なんてもんに興味ないしわざわざ終わらそうなんて思わないが俺のマイサンポニョが
どっかのイカレ野郎の手に渡ったら世界が終わらないなんて保障はできない
だが考えてみてくれ
世界ってやつの本質を―



158 :nil:2012/02/04(土) 03:22:50.54 ID:JqMsquQY
解説しよう!
世界は意思と真理が生み出す混沌から創発される
つまり世界はあらゆる個体の環世界に束縛される拮抗点あるいは妥協点での和合折衷なのだ
個々の環世界は最適なバランスで配置されていて
常識と呼ばれる共通認識で安定を保っている
つまり世界は常識という名の「思い込み」で成り立ってるのだ!
もし誰かが世界終末論を布教し全人類の意識が終わりに向かったらほんとに終わっちまう
意思の力は強大なのだ
世界を終わらせるのに核兵器なんていらないのさ

強大な力を手にするには常識にしばられてはいけない
そのためには自ら孤独を求めるようなこともしなくてはいけないし
周りから変人呼ばわりされることも厭ってはならない
だから俺は今日もポニョをポニョポニョしてジャンキーなどと揶揄嘲弄されつつ
悪魔的手法でハイパーな錬金術の研究に勤しむのさ
例え世界が崩壊しても崩壊した世界で俺は俺の信じた世界を創り上げる
それが俺の環世界で、意思がそこにある限り、俺は生き続ける
ポポニョポニョポニョポポニョポニョ
意思の力は強大なのだ

159 :名前はいらない:2012/02/04(土) 09:34:30.84 ID:ebfiF6VU
腐った郵便物 ハラハラと家の中で待つのも悪くない
今ごろ君はどんな顔して待ってるの
僕も君もファンタジーの世界に憧れてるだけ
冷たい憧れに痺れてるだけ

160 :名前はいらない:2012/02/04(土) 13:17:11.96 ID:HsmfzEfO
「つまるところ」

ここは万物のつまるところ
つまるところ、世界の終り
下水や便所のつまりとは構造が違うけれども
下水や便所のつまりとはニュアンスが同じ

われわれは汚れていく
われわれは老いていく
発酵し、異臭を放ち
醜くなり、嫌われ

具体的な休日プランもない
会う人もいない
安酒で口を臭くし
布団に異臭をため込む

ここが
つまるところ


161 :名前はいらない:2012/02/04(土) 21:57:18.26 ID:EekVYLx7
真剣に考えてくれたのなら
どうなっても怒らないよ

でも、最悪でもずっと友達でいようよ
本当にあなた面白いから、大好きだよ

絶対ね
絶対死ぬまでお話とかして過ごそう

知っているでしょう?
あなたといると凄く楽しいって

最近の手紙読んだけど
皆の前で堂々と友達宣言してるじゃん?

私はあなたと友達だから
あなたが気分よく仕事を続けられるよういつも励ますよ

あなたは私に、あなたが一番得意なことを教えてよ
いつも無知な私を、得意げに教育してね

あなたは私の自慢の友達
何でも出来ちゃうすごい人

もう離さないから
ずっと友達でいて

たまには一緒に行ったことない国へ旅行したり
食べたことがないおいしいもの食べたりしよう

残りの人生
まだまだ長いからね!

162 :名前はいらない:2012/02/05(日) 20:12:09.90 ID:STTwwCcX
「インドメタシン」

バンテリン良く効く
最高インドメタシン
腰痛地獄脳天破裂
ここで塗りこむ
コスコスコスコス
コスコスコスコス
乾いたら繰り返す
インドメタシンドローム
ドメスティックバイオレンス
エレクトロニカルオナニー
ファンタスティックアナル


163 :名前はいらない:2012/02/05(日) 20:16:04.59 ID:STTwwCcX
「必殺技」

お前は繰り出す
必殺技を
名前を宣言してから
イナズマレッグラリアート
でも相手外国人
全く効かない
それ必殺技なの
軟弱ジャパニーズニーハオ
餃子食ってワサビわびさび
東京ブギウギ東急ハンズ

164 :名前はいらない:2012/02/05(日) 20:20:04.22 ID:STTwwCcX
「いけない」

低く構えた姿勢から
猛ダッシュ
利き腕を力一杯引き
人差し指を硬直化
折れてもいいの覚悟
前から狙っていたお前のケツの穴
差され根元まで浣腸
入れ肩口まで死ねケツの穴
いけないそんなことしては
妄想をやめて現実に戻り
東京大学の筆記試験を解く
俺基地外

165 :名前はいらない:2012/02/07(火) 10:13:44.71 ID:CgP/ZdiI
「スパイ」

三重スパイの朝がやってきた
スヌーズ
スヌーズ
三回目でアラームを止め
三枚重ねのパジャマから三つボタンのスーツへと着替える
パンは3枚
ノー、2枚
3枚と思った君、まだまだスパイのことをわかってない
ちなみに紅茶に砂糖は3つだけれど

そのまま夜まで連絡待ち
笑っていいとも
ごきげんよう

娯楽番組からは
国の秘かな意思が見て取れる

こちとら3重スパイ
裏の裏を読むのが仕事

夜も更けたころ
三枚重ねのパジャマを着て
エアコンを30℃設定にして
布団かけずに腹出して寝る


166 :名前はいらない:2012/02/07(火) 10:26:59.29 ID:CgP/ZdiI
「批評家の昼御膳」

批評家の昼御膳
批評を恐れた板前が
まず詫びに来る

批評家の昼御膳
批評してナンボの批評家が
いつものあらさがし

批評家の昼御膳
味噌汁の中に髪の毛を見つけて、したり顔
おい、これはどういうことだ

批評家の昼御膳
経営層が謝罪に来る
文句罵倒の雨あられ
やっと治まる火山灰

批評家の昼御膳
静かな庭と
つけものを噛む音



167 :nil:2012/02/07(火) 21:34:59.19 ID:FICw0N6i
皮肉だね
以前は俺のほうが友達のままでいいなんて思っていたのに

君とは魂が繋がっているから
忘れることのほうが難しい
一生、一緒だよ
そして、そのための覚悟はいらない

大丈夫
なんとかなるよ
年に一度の願いは君との再会のために使った

ちなみに
君が例え俺の思い人でなくとも
君を介して本当の君と繋がっているらしいから問題ない
ここは人違いが多発しているようでいて実は人違いが起こっていないという
謎多きスレッドだ
以前はこのスレッド内の時空が捻じれて未来と繋がっていたこともある
詩板のミステリースポットだね

168 :nil:2012/02/07(火) 21:37:17.88 ID:FICw0N6i
「きのうみたゆめのはなし」

山の奥深いところに、その小屋はあった
いわゆる無賃宿というのだろうか
(もちろん言語的な意味を敷衍した欺瞞である可能性は否定できないが)
掘っ立て小屋のなかに茣蓙が敷いてあるだけの簡素な造りは安っぽく
時々跳ねる蚤の軌跡が透明に光り、暗い室内に虹の面影を伺わせるが
怠惰な日々の連なりを堆積した精神のありようを超えようとする試みさえ
無駄に思われるありさまだった
森の生命に侵食されている表の通りの脇には卵の自販機があり
主人の帰りを待つ犬のごとく様相で孤独の縁を彩っていた
この場所に居てはいずれ、日陰に眠る歴史の胎動に飲み込まれてしまうだろう
朽ちていくことの儚さを後ろ髪に感じ
僕は己の半身をここに置いて、先に進むことに決めた


169 :nil:2012/02/07(火) 21:37:47.53 ID:FICw0N6i
しばらく進むと唐突に景色の緑が失われ、脈動する都市の蠢きが視界を占領した
道の脇に看板があり「ここはかつて日本と呼ばれた」と書いてあった
緑から灰色に変わる歴史の変遷が一瞬で起こることの高揚をなんと形容したいいか分からなかったが
僕は興奮して「ここは東京?」と隣にいた人妻(かつての恋人)に尋ねた
彼女は困ったように首をかしげた
その間にも都市は増殖し、明滅していた
僕はその人妻の名前が思いだせなかった
そしてこのまま都市に飲み込まれていくだろうかつての恋人を
そのまま過去にすることは憚れるようで後ろめたさを感じていた
だからこそ、であろうか
何を持ってしても彼女の名前を思い出すことが至上命題であるように思われた
そしてそれは、本来ならば難しいことではなかった
しかし記憶の底の彼女を拾い上げ発語しようとした瞬間、
見えない手が僕の口を塞ぎ、それを諌めた
言語的飛躍の反定立だろうか
それとも感情の決壊を慮る神の左手だろうか
いや、違う
その手は間違いなく
離れ離れになって今は遠く
会えない思い人の
温もりが具現化した思慕の産物であった
かつての恋人を発語できない苦しみは
やがて安堵の色を伴い僕を沈めていった
そして日が暮れ、暗い部屋で二人きりになると
思い人の幻想は新たな歴史の先端に腰掛け、透明な手を僕の汚れた手に重ね合わせて
少しだけ祈りの言葉を吐いた
ここは天国に近くて、少し寂しかった
そして今にも消えそうな思い人の温もりを今度こそは離すまいと
僕はひそかに決心した


170 :名前はいらない:2012/02/08(水) 18:36:38.05 ID:ZV44iCDU
「池の主」

池の主を見たんだ
石をなげこむとポチャって
なにか水柱みたいのが

あれがたぶん
そうなんだ

水しぶきじゃないよ
池の主だよ

よけいなこというと
つぶすよ
わたしはおまえの主なんだよ


171 :名前はいらない:2012/02/08(水) 20:49:03.92 ID:1rnxvUGs
裸にされた 電柱の陰にたたされた

裸にされた 海と自由と山と空

完璧だ
誰も邪魔できない 誰も許さない
誰も制御できない

裸のパイロット

172 :名前はいらない:2012/02/09(木) 10:22:45.05 ID:Ffw3uTgA
「ケビン・コスナー」

先手、ケビンコスナー
後手、骨川8段
先手、2六歩
後手、「これじゃあ後手後手じゃないか」の発言
先手、2五歩
後手、「そんなことされたら、僕の立場ないじゃないか」の発言
先手、2四歩
後手、「かみさんが怒るんだよ」の懇願
先手、2三歩成り
後手、「おい、もういいかげんにしろ、今日で世界は終わるんだ」
先手、涙
後手、涙
先手、涙を拭き、3二と
後手「ゆれてきた、そろそろ終わりのようだ」
先手、4一と
後手、「思い残すことはないのかい」
先手、
先手、
先手、
先手。

173 :名前はいらない:2012/02/09(木) 20:08:17.76 ID:RYnAWZgE
「おとといみたゆめのはなし」

最初は小さい青い小鳥が庭に舞い降りたんだ
それがなぜか次は鴉くらいの大きさのが舞い降りてきて
パンダにしてはありえないほど大きいのが来て
最後にはピンクのうさぎに家ごと潰されそうになった

怖かったかって?
よく分からない
だって可愛いピンクのうさぎだもの
巨大だっただけで

その庭は老人ホームの庭だった
ベッドなどについていた釘が一瞬のうちに電磁波を帯びて入居者に突き刺さり
彼らはゾンビと化した
そうつまり
ゾンビに追われながら可愛いピンクの巨大うさぎに潰されそうになったんだ
誰かこんな夢の夢診断をしてくれ

174 :名前はいらない:2012/02/09(木) 20:13:07.63 ID:RYnAWZgE
「松潤のマネージャーから」

メールが来た
翔のマネージャーからもだ
昨日だけで全部で32通
いまどきこんなのにひっかかる人がどこにいるんだろうか
ああまたメルアド変更か

175 :名前はいらない:2012/02/09(木) 20:21:03.74 ID:RYnAWZgE
「低体温症」

冷えていく冷えていく
まるで初めから熱などなかったかのように
凍えていく体から立ち上る湯気
魂の欠片?命の破片?
理屈も冗談も抜きで窮地に立たされているのに

つまり今日生理が来る

176 :名前はいらない:2012/02/10(金) 13:52:40.00 ID:6hXljRdQ
173
まず「ピンクのうさぎ」の象徴性を解釈していく。
ピンク=性的誘引性、うさぎ=多産性かわいらしさ性ということでそれは性的魅力に富むないしは性交好きな女性であるといえる。
1連を読むと最初は小さかったプレッシャーが次第に大きくなっていった様子がうかがわれるのである。
「家」とは経済の象徴であり彼女の与えるプレッシャーに多額の金銭の請求といったものがあるのではないかと推察される。
「釘」、「電磁波」、「突き刺さり」などのイメージは精子、性的絶頂、着床と親和性が高い。
「ゾンビ」は死と再生の象徴であるがおそらくここでは胎児のことである。
結論として、子供ができてしまいせっぱつまっている状況であると診断できるのではないだろうか。

177 :名前はいらない:2012/02/10(金) 20:58:23.62 ID:zKx/eFOI
>>176
解釈ありがとう
でも>>175にある通り生理が来てるので妊娠はしてないです
借金もないです
もうちょっとまともな人生送ってます

178 :名前はいらない:2012/02/10(金) 23:05:20.20 ID:zKx/eFOI
ああ、妊娠とは書いてないですね
子供もいないです

にしても全部性的なものと結びつけて解釈されるなんてびっくりしましたが…

179 : ◆V8ERycNzMU :2012/02/11(土) 01:02:25.74 ID:OJ3Vx2QI
しかし昔いた、まーじってコテは面白かったわ。どこにいったのやろうかねー。

180 :名前はいらない:2012/02/11(土) 15:04:03.67 ID:KYhAYEJh
>>176の追記です。
>>173
「家」が車同様自己のシンボルであれば、「庭」は自己領域内の余地(=余裕)ということになる。
そうすると第1連を読むに、当初はキャパシティ的に余裕であった彼女の存在が
次第に大きくなっていき自分(「家」)を潰すまでになったといえる。
しかしプレッシャーであるに違いないといえ、心の中は彼女のことでいっぱいであり
彼女にぞっこんであるとも読めるし(「だって可愛いピンクのうさぎだもの」)、
必ずしも「潰され」ることは悪いことではないようなのである。
つまり家である「老人ホーム」が活気、生気のない自分と解釈されれば、
その自分を壊し、新たな自分を創るのが彼女であるともいえるからである。
そう考えると「ゾンビ」とは、死んでいたが今まさに再生しようとする自己の投影であるともいえる。
結論として、自分の人生を一変させるようなイベント(たとえば結婚)
の決断をせまられている時期にあると診断できそうである。

181 :名前はいらない:2012/02/11(土) 18:29:01.68 ID:BjAEiNZQ
月に幕開け夕焼けに水芭蕉


182 :名前はいらない:2012/02/12(日) 14:51:34.02 ID:Et5IhNdS
たきなきてきて、はてなきかきて、まとゃらうきてきてはらはらきらり。
また誰かに呪文をかけられてしまった°・(ノД`)・°・

183 :名前はいらない:2012/02/13(月) 22:24:39.38 ID:D7ILeeHb
>>179
まーじ様は、弧高の鬼才名義で、創作文芸板や文学板にいらっしゃるでごわす

184 :名前はいらない:2012/02/14(火) 04:27:44.18 ID:U2R1cbPl
>>180
凄いね、だいぶ当たってる気がする
自分で考えた限りだと、最初は幸運の青い小鳥だと思ってた存在が
だんだん大きくなってきて自分を潰しかねないほど肥大してしまったって感じで
最後にピンクのうさぎの形になったんだと思う
あくまでも可愛い=愛しいことには違いないんだけど、反面重荷っていう
ぴょーんと飛んできて潰されそうになったんじゃなく、こっちに向かって倒れ込んできた

ゾンビは動きは鈍かった、もとが老人なせいかな
だから逃げるのは大変じゃなかったけどなにせ数が多かったよ
ちなみに自分の最初の説明不足だが、自分は夢の中では老人ホームの介護士をやってて
最初は自分はその老人たちの世話をしていたのに、ある日突然原因不明の出来事で全員ゾンビ化した

窓から見えたのが小鳥だった頃は老人ホーム内も平和で、他の介護士と庭に来た鳥を見たりしてたんだが、
ゾンビに追われるうち離れ離れになって、老人ホームの事務所に逃げ込んだら
よりにもよってその建物(庭を囲むようにL字型で…前は家と書いたけど、正確には老人ホームの事務所)の
窓を完全に覆うようにピンクのうさぎが倒れこんできた
片方にはゾンビ集団、もう片方には3階建てくらいの大きさのピンクの巨大うさぎに挟まれて
絶体絶命の危機ってところで目が覚めた

ゾンビはね、多分…何度でも生き返ってきて自分の始末に負えない人たちのことだと思うw
老人だからまだ逃げ切れるけど、意外としぶといので無視するに無視できない困った存在

185 :名前はいらない:2012/02/14(火) 04:39:31.19 ID:U2R1cbPl
絶体絶命の危機っていっても、片方は数はともかく動きの鈍いゾンビで
もう片方のピンクのうさぎはとんでもなく巨大だったが夢の中では可愛く見えた
だから怖くなかった
多分、潰されて死んだりはしてなかったけど
とりあえず逃げようと思ったことは確か

186 :名前はいらない:2012/02/14(火) 12:36:45.07 ID:rRq1IGnz
http://oizumi.main.jp/index.html

これらのサイトを参照しました。

「ウサギ」、「自宅」、「庭」、「追われる」等がこのサイトには載っています。
「ゾンビ」に関しては、別のサイトに「ミイラ」が載っていたので
それを参考にしました。

パズルのピースを嵌めるみたいに、語弊をおそれずにいえばでっち上げさせてもらいました。
そうしたい(読み手が勝手に物語りたい)と思わせるだけの何かがあったのだと思います。

失礼しましたm(__)m。

187 :名前はいらない:2012/02/14(火) 16:48:36.37 ID:sDplv+BE
世界中の人間から 
乳首を刈り取る
その名はチクビハンター
やつが来たらこうしろ
だからチクビを隠せ
いつも以上に隠せ
むしろいつも隠している
陰茎はモロ出しにしても

188 :名前はいらない:2012/02/14(火) 20:42:05.34 ID:2eFlBPcC
392:|ω・) ◆EarlGreyfQ :09/11/10(火) 03:00:48 ID:autCWBTd0 BE:297594432-PLT(12072)
思い出を愛でる、記憶を愛でる、音を愛でる、香りを愛でる、空気を愛でる

189 :名前はいらない:2012/02/16(木) 11:45:54.77 ID:b9iW8c9Q
『辛い理由』
君は、今どんな気持ち?
幸せならそれでいい
けど、もし辛いなら紙とペンを持って
『辛』って文字を書いてみて
その『辛』って文字の上と下の部分に
一本ずつ線を引いてごらん
そしたら、『幸』って文字になるだろ
君は、幸せになりたいか?
なら、辛いことを乗り越えなきゃダメだ
もし、これからまた辛くなることがあったら
この言葉を思い出すといい
『辛いのは、幸せになる途中』
きっと、この言葉が君の背中を押してくれるハズだ

190 :名前はいらない:2012/02/16(木) 21:07:21.75 ID:FEetBqHJ
「メタル脳」

メタル脳
へたる脳
瑪瑙のメタル
若者の離農
メタル脳が国を変えた
水銀色の
国へと変えた


191 :名前はいらない:2012/02/18(土) 01:21:19.42 ID:zxLsdbpp
もはやぼうぼう風来坊
やったかしらんがトンビのしっこ
くろこいしろこい
あの子はいずこ
あたしゃ死ぬまでばんの番

はやりぶらぶら無頼漢
てっぺんかけたかルビーの指輪
めなしくちなし
飴玉あげる
あたしゃ死ぬまでばんの番

されどせっせと渡世の人
まばゆく光るまぐわびと
泣いたなみだは
よっつになった
あたしゃ死ぬまでばんの番

192 :名前はいらない:2012/02/18(土) 01:55:18.77 ID:KV/WYNhc
「ゆれる」

一千万プレーヤーになれるかなと高鳴る鼓動の
隣で五千万法人確定組が平然と60を刻んでいた
なにかこう
カタカナが悲しいサラリーマン専科よ

凸凹道叩き台
泣きっ面に蜂
コバンザメとカメムシどっちが強い
皮肉飛び交う寒々しい夜にしどろもどろで点火
花束さえ置き去りの花瓶に注がれる雨
ゆれるゆれる
ゆれる


193 :名前はいらない:2012/02/18(土) 07:07:08.46 ID:KV/WYNhc
どうせ何も見えない雁字搦めの吸引麻酔
口から出任せは災いの元嘆
高尚な掃き溜めに泥水吸わせ
命取りお仕舞い止めてお終い
声高に叫ぶ無能テイタラク
記憶の隅に流れる暴徒の川
出血した自尊心に虎の皮被れ


194 :名前はいらない:2012/02/18(土) 11:00:35.52 ID:ubIjt0DU
「サッカリン夫人」

ミネストローネのトマトソースを
サテンのドレスにこぼしてしまい
シミをつくったサッカリン夫人

トマトへのうらみつらみは積み重なり
天は忌々しい雨雲に覆われ
地は揺れ
山は火を吐き
人々はひれ伏してサッカリン夫人に許しを請うた

決して甘くはないサッカリン夫人
その夫は
サッカリン


195 :名前はいらない:2012/02/18(土) 11:54:23.82 ID:ws35rXIb
うんざりするぜ 晴天の空
浮かぶ雲すら見えない 浮かばれないぜ

山の様な煩悩 整理つかないよ
部屋を片付けるのはそういうことだよ

うんざりするぜ 晴天の空
くだらねえこの世界
くだらねえ空

196 :名前はいらない:2012/02/18(土) 21:15:24.49 ID:KV/WYNhc
「つららを乗せて走る」

寒い寒い寒い寒い
もう帰る

197 :名前はいらない:2012/02/18(土) 22:08:16.16 ID:BHWtiqZ2
レヴェル1

うんこうんこちんこまんこおまんこちんこうんこ

レヴェル2

アナルアナルバギナアナルパイルイヤンアナルアナル

レヴェル3

電子原子精子イオンチャネリングメディテーションまんこ卵子

198 :名前はいらない:2012/02/19(日) 00:30:23.66 ID:27LtTzRu
「実費請求」

オバ、オバ、オバ、オバ、叔母、オバ、オバ、オバ
オジ、オジ、オジ、オジ、叔父、オジ、オジ、オジ
オバ、オジ、オバ、オジ、オジ、オジ、オジ、オジ
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、アジ、サバ、サバ
カジ、カジ、カジ、カジ、火事、カジ、家事、カバ
合、合、合、合、合計で
3、3、3、3、3、3870円
実費請求
いたします

199 :名前はいらない:2012/02/19(日) 00:37:58.71 ID:27LtTzRu
「田村正和について」

ちがうよ、あれは田村正和じゃないよ
あれは、ドコモビルだよ

ちがうよ、あれは田村正和じゃないよ
あれは、駒込駅だよ

ちがうよ、あれは田村正和じゃないよ
あれは、よく言えばオープンカフェだよ

ちがうよ、あれは田村正和じゃないよ
あれは、焼きたてパンだよ

ちがうよ、あれは田村正和じゃないよ
あれは駐車禁止のマークだよ

ちがうよ、あれは田村正和じゃないよ
あれは、木曽義仲の都落ちだよ

ちがうよ、もういいかげんにしてよ
あれは、’誰が支払うかで醜い譲り合いをしている主婦たちだよ

200 :名前はいらない:2012/02/19(日) 02:23:50.33 ID:O/Wumjw1
「週末」

降ってきた

201 :名前はいらない:2012/02/19(日) 02:33:59.10 ID:1NH+95lP
「空は」

何処までも青く空
この字を何度も眺めていると何故この字が空なのかに疑問を持つようになり
なるほど空は空だと弁えるようになる

大気中の成分の仕業
火星で視る紅い月機内から見る夜明の彩色
偶然の産物に夢追う地球人
恐らく地球は特に何とも思ってない

そらはからだとよんだのはお前か
容易く騙されては遺憾
からはそらだとよんだのはお前か
お前それは意味を成さん

背理は常には成立しない
よく考えてみればいい
本当の基地は俺
大気を吸って安心しろ


202 :名前はいらない:2012/02/19(日) 02:56:00.81 ID:1NH+95lP
「神経垂迹」

雲を突き破り36階から投げ放たれた10万通の手紙に
宛名などあろう筈もない
地を這う愚者に今日の糧を
明日の希望一縷の望みを

アクシデントなら弁えて
構えて狙って放て

203 :名前はいらない:2012/02/19(日) 07:11:54.54 ID:1NH+95lP
「下を向いて歩く」

誰も来たことのない道なら
足元を見て歩くものだろ
胸張って前向いてたって
死んで屍拾う者なし
不器用に屈んで歩く姿たとえ笑われても
誉められても貶されても
これ以外の歩き方を知らない

204 :名前はいらない:2012/02/19(日) 07:23:13.89 ID:JrUaVoNW
キモいよーお キモいよお お母さまパリの空は今日もキモいですか

205 :名前はいらない:2012/02/19(日) 14:51:02.21 ID:1NH+95lP
「凍夜に残飯」

洗濯を終えたおばあさんが家に帰ると
やはりおじいさんはいませんでした
芝刈りからおじいさんが戻るころには
おばあさんは次の洗濯に
凸凹道を歩きながらおばあさんはふと振り返る

そういえばこんな生活十数年
うちにはおじいさんはいたのかしら
初めからいなかったのかしら
頭がこんがらかってきたかしら
存在しないのは私のほうかしら

おじいさんが芝刈りを終え家に帰ると
やはりおばあさんはいませんでした
古い床についた滲みは
無論雨樋の跡ではありません
寧ろ雨樋の跡かもしれません

凸凹道を歩きながらおじいさんはふと考える
おばあさんにはいつまで




206 :名前はいらない:2012/02/19(日) 15:48:10.96 ID:1NH+95lP
「八寸」

悴む午後のティータイム
正絹ならお太鼓で
疲労困憊の袖丈習い
マネキン人形は人間に

所詮は緩衝材
仕事終わればただの人
夜には出戻り夢戻り
耳栓外してよく眠る



207 :名前はいらない:2012/02/20(月) 00:20:08.29 ID:Sxfa3i6t
「両手」

ふと気づいたのです
私の両手はいつから私の両手だったのでしょうか
いつからこんなふうにあなたのいけない部位を
いつからこんなふうに気安く気軽にお触りしていたのでしょうか

知るわけありませんよね
だって私には両手なんてないのですから

208 :名前はいらない:2012/02/20(月) 01:10:43.34 ID:ru7MTYiC
「確かな存在」

自分の観察では、あなたの両手はいつも働き者で
確かに存在し、毎日お仕事がんばっていますよ
その証拠が、毎日世界中に撒かれております

左右の血管の走行まで認証可能な位見ましたけれど
爪先のケアも、お仕事柄欠かせないようですねえ
神の手と呼ばれる程貴重な両手だと私は思います

209 :名前はいらない:2012/02/20(月) 09:17:49.87 ID:WefkWU4V
「ソケット」

苦し紛れにソケット
空には雲しなない

チルドレン達が一歩ごとに一歳、歳をとっていく
ドレミファソラシの足音で

春のうららの隅田川は大寒波で凍りつき
埼玉方面からの遊牧民族が一斉に東京に殺到しました


210 :名前はいらない:2012/02/20(月) 16:01:25.56 ID:W5RaNq6g
ねぇ〜
自分のゴールっていうは、老後安泰に暮らして
逝けるということなの
ここがゴールだなんて、自分にもわからないじゃない。
夢が叶うことがゴールならその後は、ゴールを高くすれば高望みはやめましょうっていうし

人生のゴールってナニ?

211 :名前はいらない:2012/02/20(月) 18:45:00.22 ID:BILbWa2P
「未熟」

人に聞いて解決することと解決しないことがある
誰かに教えてもらったところで納得できるの?
自分のゴールは老後の安泰だと思うならそれでいいじゃない
よく考えたうえでの答えなら誰も口出しできないし口出されても動じないはず
自分の答えに自信がないなら
まだ自分で考える必要があるということ

212 :nil:2012/02/20(月) 23:39:24.53 ID:M/tmfPq9
そもそもゴールは必要なのだろうか
というところから考えてみるといいかもしれない
人生に「ここで終わり」という地点を想定するのはつまらくないか?
何よりも、生きている限り終わりはない
私自身、「最終回」を何度か経験したが
終わりは新たなる始まりでしかない
人生に目標は必要だが「ここで終わり」は必要ないのだ
とりあえず、希望をもって強く生きましょう
なんつって

ああ、あと、夢ってやつは本気で信じることのできるイカレポンチが叶えるものだから
「高望みはやめましょう」なんて声はガン無視でおk

213 :名前はいらない:2012/02/21(火) 00:56:25.49 ID:wPX9bpd0
人生のゴールねぇ…
目標なら考えたことあるけどゴールは考えたことない
強いて言うなら死じゃない?
順番は違っても間違いなくみなが辿り着くところだから

214 :nil:2012/02/21(火) 04:15:25.40 ID:19+q6TdF
「マジ半端ない宇宙ヤバイ俺」

地球と地球外の境目ってどこにあると思う?
ここだよ ここ
今、俺が居る場所
生命が存在しちゃいけない領域
脳が焼き切れるくらい 孤独感を感じる場所
永遠とか 無限とか そんなん普通って感じの

今、下半身が地球人で上半身が宇宙人
どういうことかと言うとヘソのあたりにあるんだよ 地球と地球外の境目
目からなだれこむ鮮やかな、まあるいブルーが後頭葉を侵し貞操蹂躪し「チキュウハアオカッタ チキュウハアオカッタ」って囃し立てる
ガガーリンか!って一応つっこむ
(しかし上半身は空気が無いので声は声になりきれず頭上に広がる無限の漆黒に落ちていこうとする)
漆黒―悠久なる虚無の眼窩―を吸い込むと胃の辺りで凝集して重力が生まれ
中二病の俺は地球に向かって落ち始める
この世に存在する理由とかを考えながら


215 :nil:2012/02/21(火) 04:16:27.40 ID:19+q6TdF
(続き)

地面がぐんぐん近づいてくる
さっき神が言ってたけど、落下速度が測定不能のレベルに達したらしい
俺は自由だって思う
心底思う
なぜなら質量を持った物体が速度の限界を超えると万物の法則から解き放たれるらしいから(神談)
俺は今、変幻自在
つまり、自由
完全な 奔放な
俺でない俺である俺
つまり、摂理を超えた生命 
ちょっとエロい
今、俺、ちょっとエロい
膨張していく身体感覚でちきゅうを触るとペンフィールドのホムンクルスがおぎゃーって鳴く
正直うるさい
だから
じゃないけど地球割る
割ってみる
ぱかんって、割れる
太平洋あたりで二つに割れる
あれ?俺、神じゃね?
「まさしく彼は神であった。万能なる力は外へ外へと拡大していく精神の帰結だった。」
解説、近所のおっさん(いっつも遠い目をしてタバコすってる人)
誰だよ
まぁいいや、割れた地球の間で眠ろうか
マントルとかめっちゃ熱いけど
今、俺、神だし
ちょっとエロいし
永遠とか余裕だし
眠ろう
地球に宇宙人がやってくるその日まで

216 :名前はいらない:2012/02/21(火) 23:34:47.61 ID:LDJQmxFa
明かりを消す瞬間
そこにある物の輪郭を一瞬だけ際立たせる

217 :名前はいらない:2012/02/22(水) 22:17:17.79 ID:x6ihaqVT
白色と白色とフルーチェでバカソウルにマイケルエルヴィス高月の箸が下々しもじもと虚無虚淵玄麻枝東の詩

218 :名前はいらない:2012/02/23(木) 08:13:37.73 ID:PUtIcDgx
「支配」

君は許すだろうか
こんな自分でも君に会いたくてたまらなくなることがあるってこと
顔が見たくて見たくて
声が聞きたくて聞きたくて
ただ

一か月に一回程度だったりする
なぜかってそれは
エッグプラントだからだ
それを逃すと
また一か月先という

君は許すだろうか

219 :名前はいらない:2012/02/23(木) 08:34:43.55 ID:PUtIcDgx
「圃」

薄埃を被った古庵逢瀬重ね
肩越しに仰ぎ見る夜空
隠した声正絹に湿り気を宿し
揺れる織を見詰たまゝ消息
刻む時の静止を拒む振動

口下手な宿借が精一杯爪を燃し
応え振う沈黙の感触
刹那さに彩られた光の拒絶と脱皮
顕れた鼠色の羽に恋焦れながら
黄土色の虫喰われ塵に還る

220 :名前はいらない:2012/02/23(木) 09:18:59.78 ID:PUtIcDgx
「不整脈」

点滴を引き摺って歩く先に聞える数人の笑い声
談話室でしか通話できないのに
心を引き摺って戻る先に聞こえる絶命の吐息
不条理で心許無い景色
さよなら生命
おかえり現実
狭い白の片隅で人生を弄る

221 :名前はいらない:2012/02/23(木) 18:43:48.37 ID:y2sTRE4s
「所沢」

のどの違和感
違和感
違和感
テオティワカン

肛門の違和感
違和感
違和感
チンギスハーン

勝手なあぶない刑事たちは
制御できない
切り捨てることさえ
できない

焦燥が焦燥を呼ぶ
正倉院

違和感
違和感

しこり
しこり
しこり


222 :名前はいらない:2012/02/23(木) 19:13:29.09 ID:jrKx3hUX
「意識と無意識」

無意識に飼い犬と認めているから
死ぬ瞬間まできっと一緒ってことだ!
犬から去ることはないと決まっている

愛犬捨てるなんて基本的に異常事態
飼ってくれる?男に二言はないんだよ
切り捨てるなら飼う前、今のうち

意識して嘘つかないでよ、悲しいから
私知っている、無意識のあなたは正直
あなたが嘘吐くのは、遊んでいるとき

無意識のまま早撃ち、量産しているから
自然な心、読み取れる様に慣らしていこう
意識して嘘つかないでよ、ばれてるから

223 :名前はいらない:2012/02/23(木) 22:25:54.94 ID:U+SIGUXS
「ポエヌ」

・ポエヌとはココロが放射する目には見えぬ情動を
言葉に置き換える事である

・ポエヌとは時間軸や体系的な事象に縛られない
自由であり制限、制約のない表現手段である

・ポエヌとは誰もがそれを創作する権利を有し
そして誰もがそれを通覧、鑑賞出来る権限を有するものであり
政治、思想、宗教いかなるものもこれを侵す事が出来ない

・ポエヌとは「のう」を基本とし
本能、煩悩、官能、陰嚢、卵嚢などから発せられる信号を表記したものである。

・ポエヌとは原始的なパッション派、感情的なエモーショナル派
理知的なクール派と、学術的なアカデミック派に分類される。

・ポエヌを創作するものを便宜的に「ポエヌー」と呼ぶ。
時に大多数が賞賛する者に対しては、「ポエヌスト」と呼ぶ事もある。

(*近年では、自己逃避の手段や社会との隔たりを自己確認、あるいは自己保身の手段として
ポエヌを使用する例が散見されているが、そういう風潮を牽制する動きもある)


224 :名前はいらない:2012/02/24(金) 00:18:59.04 ID:X4/fHmDo
「正義感」

ダイエットしたサメが
上手に屏風に坊主の絵を描いた

フカヒレを主食とするエレキ男爵

ZIPPO本社では、本気で新種のマッチが開発されつつあり
バチカンでは、本気で武田鉄也と海援隊についての考察がなされていた

正義を失ったわれわれ世代は
飲み屋で人生を語ることもできず
ゲームの白々しい正義感を
ときにうざったく
ときに新鮮なものとして
受け入れていくのみ



225 :名前はいらない:2012/02/24(金) 01:20:05.31 ID:fNgweXZd
「老婆と妄言」

何が目的だか知らないけれど、私の相手なんかする必要ないよ。
今一番大切なことに時間を使ってくださいよ。そうでなければ、
心が苦しいです。私が来なければ心配し、あなたは私を呼び寄せる
詩をたくさん書くし、来れば相手して一杯書くことに時間を使うし。
正直、どうしていいかわからないよ。あなたの人生あなたの物だし、
片手間に書いているんだろうけど、私の相手無理にしなくていいよ。
それだけは心に留めておいてね。

226 :名前はいらない:2012/02/24(金) 01:42:21.86 ID:1hwej9iv
「アリベデルチ」

もうお会いすることもないでしょう



227 :名前はいらない:2012/02/24(金) 01:51:05.17 ID:1hwej9iv
「アディオス」

本当に

228 :名前はいらない:2012/02/24(金) 01:52:06.55 ID:STm7qqkE
「ならなぜ呼ぶ」

呼び出すことが目的か

229 :名前はいらない:2012/02/24(金) 01:52:32.61 ID:1hwej9iv
「アデュー」

最後ね

230 :名前はいらない:2012/02/24(金) 01:55:43.43 ID:STm7qqkE
「結論」

それがそちらの答えということで
いいわけね?

231 :名前はいらない:2012/02/24(金) 02:00:26.27 ID:STm7qqkE
「至近距離」

水鉄砲じゃ人は死なない
撃つなら実弾をこめて撃てよ

232 :名前はいらない:2012/02/24(金) 02:12:18.52 ID:STm7qqkE
「偉人の言葉」

愛し合うということは互いを見つめあうことではなく
同じ方向を向くことだ

らしいが
おそらくそうだと私も思う
そして貴方は今
私の正面に立っている

私には自分の銃の引き金を引く勇気はない
でも貴方は今銃口をこちらに向けている
撃つのか撃たないのか
どっち

233 :名前はいらない:2012/02/24(金) 07:00:14.24 ID:FFEjIBDB
「ファタル」

貴方が躊躇している間に
9才の男の子が8才の女の子を本当に撃ってしまったよ
貴方が私を撃つ方がましだったね

そしてIDは2つだけ
パソコンと携帯と
わざと変えるようなことはしていないしやり方も知らない
携帯もここ一年間くらいは書き込みに使ったことなかった

ていうかこのスレ
だいぶお久しぶり

234 :名前はいらない:2012/02/24(金) 07:16:08.28 ID:FFEjIBDB
「なすびのはいらんび」

海外のは細長くないので
その様な使用法はないと思うのですが
どうやら伝わりませんでした
卵に掛けてみましたが
子が足りなかった様で

235 :名前はいらない:2012/02/24(金) 12:15:50.31 ID:s3/E8GL0
「山を超えて」

いいケツして

236 :名前はいらない:2012/02/24(金) 14:28:43.11 ID:FFEjIBDB
スギ花粉の季節にはマスクを
してる人が多いからちょうど
いいかもしれない木を森に隠すにはただ
本当の花粉症にはつらいけど

237 :名前はいらない:2012/02/24(金) 17:15:17.42 ID:MOig5QgM
「三寒四温」

今日はあたたか
明日は氷雨
今日はさよなら
明日はこんにちは女心と春の空

238 :名前はいらない:2012/02/25(土) 01:10:59.89 ID:1XHYbSvl
「不埒でララバイ」

次のページは白でした
私のあそこは黒でした
猫は今日もニャンコのコ
野良犬トラキチ大きなあぐび
三半規管に殴り込み
兵隊さんは定規で道路の
端から端を測ってる
ラーメン食べたら下痢をした
ああ下痢をした
クジラのゲップは鳳仙花の香
セックスセックス飽きました
不埒で不届き似非侍の
不機嫌腹筋付帯物
吹っ飛ぶふしだら不可思議フリーン
布団でふやける踏ん張れフッ素
喧嘩で血が出て膿が出た
とっ片ゲンガーフンガーがー
ソックスビックスコペルニクス
ブーンでヤツを買いました
アマゾンぞんで買いました
衣装ケースの下から2段目
ひっそりもっそり隠しています
ひっそりもっこり隠しています


239 :名前はいらない:2012/02/25(土) 05:40:56.67 ID:e/8tWixi
「七事式」

昔はこの庭でよく遊んだ
紫式部と藤原道長も驚愕の高速返し歌ごっこ
歌会など開かなくてもここではそれができた
だけどあの頃のポエトは大勢いなくなって
悶々と自問自答ポエムを書いていた彼などもう生きているかさえ不明

花月だって茶道上級者が5人揃わないと始まらない
当時は板の陰りを嘆いたものだけど
そうこうするうち自分自身もお暇する流れになり

君もう一度書いてみないか
耳の聞こえない子が誉めていたんだよ君の詩を
感受性やセンスは万人が平等に与えられているものじゃない
だからこそ伝わらない人には伝わらないけれど

今はあの頃とは違う世界が書けるはず
七事式は不可能じゃない
丸ぎっちょならふんだんにある
自分の力を信じなよ
少なくても私は信じてる

240 :名前はいらない:2012/02/25(土) 06:25:12.06 ID:e/8tWixi
「亡国の彼方」

大学全入時代になってから
ゆとり教育になってから変わっちゃった露骨に落ちちゃった
ぽろんぽろんと教養のかけらが頭の隅っこから転がり落ちていくんだから恐ろしい
でもいつも彼らが疲れているのは時間の使い方を
教える側が間違っているつまり大人が馬鹿になったからだ

ぽんぽーんと
頭からっぽにする時間それがこんな
春雨に酔う微睡の中で鍵盤の上踊る指先が語る文字で
ろくでもない時代にろくでもない雨の朝
それでも君を諦めきれない

悲しいのは己の愚かさを理解しすぎていること
相反する価値観の狭間で
それでも本能には逆らえない自分に苦しみながら

試してみる価値はあろう結果は解らないにせよ
今を逃して次があるのかなんて
誰も知らないのだから


241 :名前はいらない:2012/02/25(土) 06:52:51.01 ID:e/8tWixi
「温度差」

これを外来語に訳すのは随分難しいのだがつまりはこう
君が下々の妄想に花を添えている間に私は国際情勢を憂慮し
私が引き金を気にしている間に実は君は普通に寝てたりする

人間そんなもんでしょう

自然の流れに逆らわなければ永遠に縮まらない距離
草食すぎるのもどうかと思うのです
多少はお肉も食べてみましょうよ

242 :名前はいらない:2012/02/25(土) 12:27:20.95 ID:sCUqT6Dp
「おはよう」

おはようと
おはようと
いってはみても


243 :名前はいらない:2012/02/25(土) 12:29:43.69 ID:sCUqT6Dp
「血」

血が流れる
固まる

また、血が流れる
固まる

固まった血で
動けなくなる


244 :名前はいらない:2012/02/25(土) 12:35:29.98 ID:sCUqT6Dp
「糸」

私の尻を 床に縫い付ける糸
かちかちと 時計がたてる音
糸は頑丈で 私の脚力に抗う
ぶちぶちと糸を引きちぎって 立ち上がろう
ぶちぶちと糸を引きちぎって さあ街にでよう

245 :名前はいらない:2012/02/25(土) 18:50:13.81 ID:NxNxvJpP
「時代」
時間は止まらない

時代もすすむ

子供の頃の思い出は

今となっては非常識

でも、今の子供は

昔にとっては非常識

なんなんだ。時代とは。

246 :名前はいらない:2012/02/25(土) 23:27:25.70 ID:hFtA6+E1
「蛍光灯の下で」

雨が降っている
窓の外は
2月の雨が

窓の内は
2月のおれが
眠たい目をして

ガラスの隙間から聞こえてくる
夜の車のタイヤの音
アスファルトの雨水
ひき殺す

パソコンのファン
一言浮かぶたびにカタカタなるボード
草臥れた情事とかそういう他愛もない

両方の肺から
躊躇いがちに見えないものたち

真剣とか言うなよ
笑っちゃうよ
そういうの一番苦手なんだよ

247 :名前はいらない:2012/02/26(日) 04:45:05.58 ID:VbHDHZKE
「過眠症」

恋歌しか書けぬと言う何時かの台詞は忘れ去られ
5割の先入観と5割の誤情報に創られゆく表象
解って欲しい解られたくない矛盾した願望と
層の下に埋まっていく本当の意味

鍵を掛けることはできないアルバムから溢れ出る
錯綜した声と興味本位の目が
耳欹て顔覗き込む真相
脆い優しさと儚い気遣いに理解及ばぬ愚考まで混じり

人として生きることの重み
真摯さには到底似つかわしくない素振りで
照準定まらないまま乱射を続ける痛み
推し量ればこの左手まで届く神経細胞の苦痛

遠目に見ても単純じゃない
この手に余るほどの複雑さ扱いかねたまま
床に伏す体から飛び散って滴る雑念という雑念
浅く浅く長い眠り

248 :名前はいらない:2012/02/26(日) 05:03:23.87 ID:VbHDHZKE
「不可侵領域」

愛しているという言葉で本当に伝わるのなら何度でも言おう
大丈夫かと聞けば大丈夫になるのなら譫言のように唱えよう
手を尽くした後なら神に祈るのも良い けど
汝神の名をみだりに呼ぶこと勿れ

それはあくまでも
もうどうにもこうにも成す術無くなったときにのみ許される行為

自分の手足でどうにかなるものはどうにかせねばならない
足のつま先から頭のてっぺんまで使えるものは全て使って
そうだろう?


249 :名前はいらない:2012/02/26(日) 08:45:23.30 ID:gOpHlfAG
黄金色したカーテン 臆病風に吹かれて揺れる
アテンション アテンション
アンドゥ トロワ
悲しいくらいに暗い 窓の外
日は当たるはずなのに こんなムードじゃ
ここにいる意味もないよ 訳も分からないよ

250 :名前はいらない:2012/02/26(日) 10:03:18.94 ID:VbHDHZKE
「不眠症」

眠ると記憶そのものだけでなくそれに纏わる感情も
より深く根付くそうで
不安や恐怖を感じて眠れないのは自然な反応らしい

嫌なことは眠れば忘れられるというのは本当は間違いらしいから
眠くなったとき寝て起きたくなったとき起きる
猫という動物こそ地上最強の生物なのである

…今膝に乗ってぐっすり寝ているが起きて降りてくれないと
私は寝られない
丁重に丁重にソファの上へずらす

251 :名前はいらない:2012/02/27(月) 00:28:34.44 ID:mP3r+03d

やっぱり脱税してる看板出さない事が証拠年度換わったら調査入り

252 :名前はいらない:2012/02/27(月) 00:47:16.77 ID:/GyYYk8p
会社じゃペコペコしてクソみたいに作り笑い
でもそうして生きていく
投げ出したくなるが続けて行く
親父は初期の認知症でいつか俺を忘れてしまうだろう
実家に帰っていない二ヶ月経ってからやっと知った
お袋から俺は甲斐性無しのクズだと思われている昔から
アパートの冷え切った床と入り混じる暗い現実
この三日間は親父とよく出かけた「公園朝マック秋葉の残像」がフラッシュバックする
そんな事や俺の事もいつか忘れてしまうんだろうな
暗闇から抜け出したのはいつからで
俺に纏わりつくカルマはいつまで8畳の上をのさばりやがるんだ

きっといい方導かれてく
そう思ってそうして生きていくしかない

朝の目覚ましが今日も重く鳴る

253 :名前はいらない:2012/02/27(月) 01:16:47.35 ID:6ys5Ix2s
畜生と叫んだ所で明日の酒代は生まれて来ない

254 :名前はいらない:2012/02/27(月) 20:18:22.60 ID:MNEOVlXs
「結論」

野菜さん、何があってもその言葉忘れないで
最高裁判決は覆せないんだからね
絶対に誓って本当の2文字だよ
私はあなたを信じるから
あなたも私を信じて!

255 :名前はいらない:2012/02/27(月) 23:51:07.18 ID:UK/uuugx
a cup of tea 〜Party Angel〜

とろけるような 甘い甘い日差しが
僕の元へ 差し込んだ
君がくれた愛は 生薬で
僕の心をいっぱいに満たした

活力と元気を手にいれた
もう僕は何にでもなろう
広がるミスト a cup of tea

※ありがとう ありがとう
大地の母よ ただありがとう
ごめんねと ごめんねと
命の森よ ごめんなさい
飛躍的な現代(いま)が今日も誰かを傷付ける

la la la... a cup of tea

もう僕は何にでもなろう
心・メロディアス a cup of tea

※ありがとう ありがとう
大地の母よ ただありがとう
ごめんねと ごめんねと
命の森よ ごめんなさい
飛躍的な現代(いま)が今日も誰かを傷付ける

(let's go)

256 :名前はいらない:2012/02/28(火) 21:08:32.41 ID:CzIhqNIR
ただ今夜は眠りたい
眠って死にたいだけ
夢見てる遠くの町に
核ミサイルをぶちこむのさ
足の裏はじりじり痺れるし
エアコンの風は乾いてる
だけどもう寝るよ
もう眠って死ぬよ

257 :名前はいらない:2012/02/28(火) 21:18:51.75 ID:3VM13nsO
死ぬって言葉、使わない約束でしょ?
誰もが君を愛するのだから
安心して笑顔で!

258 :名前はいらない:2012/02/28(火) 23:20:35.05 ID:yxy592UL
「理由は分からない」

理由は分からないが梅はまだ咲かない
桜が咲くのはいつの日か
理由は分からないが落ち込み気味である
冬だから冬眠気味なのだろう
理由は分からないがとにかく眠い
猫に似てきたからかもしれない
理由が分からないが心配である
音沙汰ないからかもしれない
理由は分からないが死にたい人がいる
眠っても死なないから大丈夫

259 :名前はいらない:2012/02/28(火) 23:26:20.18 ID:yxy592UL
「あの人」

返事をしなくても毎日話しかけてくるあの人
有難いのか気持ち悪いのかたまに微妙な
ネット上でも言い難いことはあるそれは
私に構うより彼女でも作ったほうが良いよということ

260 :名前はいらない:2012/02/28(火) 23:34:19.70 ID:yxy592UL
「キシリッシュ」

アブラダンスって何だろうと思ってた
あふれだすだったらしい
チリチリパーマは流行っているのか
せっかくの美形が台無し
口の中が水っぽくなるのはいらない
明日で解散らしい
あの関西弁は無理がありすぎる
一度見たら飽きる

何が言いたいかというとガムはあまり食べない

261 :名前はいらない:2012/02/28(火) 23:55:10.91 ID:Z5Bw/OdF
「きょうのこと」

ヘッドフォンを外しいつものS字フックへ掛ける
頭の奥ではまだリバーブが鳴っている
海馬の下辺りか?まだ鳴っている
どうでもいいことばかりが溢れ出し
どうでも良くないことばかりがなりをヒソメル
たぶんだどよお、と白ヒゲを触りながら今井さんは言う
「それはレットンという楽器だよ」
今井さんは片目がない
子どもの頃にカラスにヤラレタのだと酔うとその時の話ばかり
何か視界の隅から近づいてきて、そいつはいきなりこうだ!
ガツンとおれの目にぶつかって来やがった
あ、と言って顔に手を当ててよろけたらもうだめだ
血とかなんだか熱いものがオレの顔をたらたら流れたんだ
そしたらおれは一つ目になってた
その声と同じ声で今井さんは言う
「しの笛みたいな横笛なんだけれども、ちょっと細工があってよお
 重り吊るしてあって、そいつがチラチラ動くんだ」
もう何も歌わないヘッドフォンをじっと見る
鎖骨が溶けていく感覚
みんなウソツキだ
ポエジーなんてどこにもないのに
今井さんはひとつの目でこちらを見ている
海馬の下辺りにはまだかすかなリバーブが
出口を探して頭の中を行ったり来たり


262 :名前はいらない:2012/02/29(水) 04:37:02.29 ID:mW5gyrig
「閏日」

まだ雪
また雪
電車が止まる

263 :名前はいらない:2012/02/29(水) 11:45:41.33 ID:Bey96TQk
いいからいいから
無重力の優しさに
溶けて揺らめいて
どこかへ消えそう
せかいはもっと
厳しいはずだ
しゃかいはさらに
苦痛なはずだ
瞼を閉じるたびに
涙が落ちてゆく


264 :nil:2012/02/29(水) 23:34:44.19 ID:xUZrouPh
「狐の」

夜があまりにも深くて
泣き出しそうな蛇口の音
暗い部屋の中心で蹲る君の上に
舞い落ちるのは粉雪だろうか
それとも、僕の残骸だろうか
天井から星々のかなしみが降り注いでいる
限界に達した君は壊れたように笑う
暗闇だけが優しくて、錆付いた狂気を包み込んでいる
僕はいつの間にか生きることを忘れ
心臓の鼓動すら時の逆流に抗えないことに気づく
僕も星になるのだろうか
光となって君へ降り注ぐのだろうか
教えてくれ
生きるすべを
教えてくれ
君の狂気を

天井から水が滴り
それがいつしか雨となって、星々と共振する
僕はそれが狐の嫁入りだと気づく
夜だと言うのに、今はもう、暗くない
遠くから聞こえるのは蛇口の音だろうか
笑ってみる
うまく笑えないけど
部屋の中心で壊れたように笑う君に
僕の小さな狂気を
伝えたくて
僕のかわいい狐憑きよ
教えてくれ
生きるすべを
教えてくれ
君の狂気を


265 :名前はいらない:2012/03/02(金) 01:55:18.40 ID:8NW7XrQN
鳳凰が草原で排泄物
橋が地上にそこは宇宙
星が流れて虹描く
流れで漁師が大量で
水が湧き出し鷲ひとり

266 :名前はいらない:2012/03/02(金) 07:52:27.05 ID:KNHIOsPe
娘は華奢なくるぶしに相応しい靴を手に入れた
件の老婆はもうこの世にいないのだから
真夜中過ぎてもきらびやかな姿のままでいられると信じ
血まみれのドレスで階段を上っていく
君はまだシンデレラさ

267 :名前はいらない:2012/03/03(土) 01:38:00.64 ID:ZgsklVGP
「囁き」
遠隔操作機の持ち主のミスリイディング。
記録的な豪雨はダムにを欠落させ、山村の義勇軍は黄濁の中へと呑まれ、
彼らの日常はひとりの不際によって強制的な終焉を迎えた。

―明くる日、神々しき慈悲の光芒が死人の額を金色に照らした。
そして、遠くの白む山々の囁きが聞こえる。

「歴史は一過性にすぎない。延長線上には死がとぐろを巻いている。」

268 :名前はいらない:2012/03/03(土) 12:23:22.35 ID:HKWojbr8
「同じ夢の続き」

おはよう雛祭り
何度目の夢
非現実に包囲されたまま抗い
木霊する同じセリフ

そろそろ楽になれよ

瞬きするたび変わる現実に諸行無常
微睡み忘れた頭が思い出すやり場のない怒り
育った環境だけで人間あんなふうになるわけない
棘のある夢でも現実よりは

目眩く夢

269 :名前はいらない:2012/03/03(土) 13:15:59.34 ID:ykADS4r5
朝から近所の公園に梅の花の写真を撮りに行きました。
出遅れて9時過ぎの参戦になりました。
花ゲッターのご年配の方々は早速三脚を広げて自慢げでした。
私も一生懸命頑張りました。
ファインターでは綺麗に見えていたのに
ブレてたり構図が素人丸出しだったりと散々でした。
70ー300(マクロ対応)に2倍テレコンという
マニアックな私はしばらくミツバチを狙ったりしたのですがこれも散々でした。
来た時からお腹が痛くて、ずっと我慢をしていたのですが
おパンツが濡れてきたのでチャリンコで帰りました。
帰って慌ててお便所に座ると勢い良く半分水の便が飛び出しました。
そしておパンツを着替えました。
頑張ったご褒美に第3のビールを飲みました。
1本では足りないのでお昼ゴハンを買うついでに12本買いました。
そしてなんと焼酎も買ったのです。
それから豚肉とラーメンとカップ麺ともやしも買いました。
代金は3千円と12円でした。
私は颯爽と千円刷3枚と十円玉と一円玉3枚をレジで渡しました。
そして「レシートいらないです」と2つ向こうでレジを売っている成田さんにも聞こえるように言いました。
ご存知の通り、わたしは成田さんに想いを寄せているのですが、私が優柔不断なせいでこの恋はまだ進展していません。
しかし、今日こうして成田さんじゃないレジの人にもきっぱりと「レシートいらないです」と言っている私の姿を成田さんは頼もしく見ていたのに違いありません。
きっと来年の今頃には子どもにどんな名前を付けようかと迷っている3月の3日なのだと思います。
あ、一応言っておきますが、これ冗談じゃないので。

270 :名前はいらない:2012/03/03(土) 13:44:11.39 ID:52QcYn/X
外は寒いけど 布団の中はあったかいよ
外は乾いた風が吹いているけど 布団の中はあったかいよ

君が寂しい思いをしても 僕が冷たい態度をとっても

271 :名前はいらない:2012/03/03(土) 20:40:38.31 ID:HKWojbr8
「境界」

漣と砂
青と白
可能と不可能
無為と無意味

272 :名前はいらない:2012/03/04(日) 00:47:03.01 ID:iHHne3r2
エレベーターが事前に開いてる
いつも向かえるように開いてる
相変わらず続いてる
どこからかのメッセージ
疲れ果てた体を抱え昨日帰宅
ポエム見たら
いろいろ書き込んだスピッツ枠ないな
なんだ?
ガッツ石松だゼッて猪木闘魂ウルフルズ枠もないな
どこで考察続けようか足踏みしちゃうな

273 :名前はいらない:2012/03/04(日) 01:05:37.39 ID:e7OOWuh/
スレチなんだけど、ぼくおじゃまさせてもらいます m(_ _)m

今、ぼく行方不明中なんです・・・

ぼくのことを心配している人たちも頑張っているのだけど、
もっと、もっと、沢山のひとにしってもらわないと見つからないんだって・・・

ぼくの動画もあるんだよ・・ttp://youtu.be/IERsFdY104E
ぼくのチラシもつくってもらったんだ
     ttp://sakuraweb.homeip.net/uploader/src/up175653.pdf
ぼくのことを検索してほしい・・みつけてほしい・・おねがいします・・・

             行方不明中の九州盲導犬協会所属 盲導犬アトムより

★ 「盲導犬とのよりよい暮らしを考える会のブログ」 で、署名活動をしています。
  ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。
   
ttp://ame※blo.jp/moudouken-yor※iyoi-kurasi/en※try-11164892346.html

URLをはるとはじかれてしました。
恐れ入りますが ※ を省略していただけませんでしょうか。
お手数をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。

274 :名前はいらない:2012/03/04(日) 01:12:54.16 ID:gQ2Hr9o4
砂上の楼閣
あなたは言った
地平線の彼方で
水平線の隣で
沈む太陽は
必ずしも真実を示さなかった
ただゆっくりと
包んでいくだけ
確かなことは
何一つ残っちゃいないよ


275 :名前はいらない:2012/03/04(日) 01:50:05.64 ID:Mmp4XE/7
ダイナマイトカニカマ

君を爆破
ところがどっこい
僕はOnanie Masturさ
泣いてええんよ

ああ、通天閣
となりはチャン
オゾンより下なら無問題
俺がガンダムだ

276 :名前はいらない:2012/03/04(日) 01:51:34.72 ID:PtWNfXL8
>>274 演歌向けって感じ

277 :名前はいらない:2012/03/04(日) 02:12:52.81 ID:X8uv5I1E
死ぬんだと思った。
おぞましい何かに乗っ取られて、
それで何もかも終わりなんだって。

終わらなかった。
結局、何がどうなったって私は私。
たぶん、死んでも。

後悔だってする。
結局、何からも逃避できない。
でも私、すごく楽しいよ。

278 :名前はいらない:2012/03/04(日) 06:48:02.97 ID:N87ErvW/
気づかない筈があるというのだろうか
葉末から陽が零れてもこの家はほの暗い
その姿は茫洋として
それでも森を徘徊する獣の匂いがする

その身体の用途を知っている
あどけない質問で戯れる行為は
唾液を湧かせるということもまた知っている
それから無邪気という言葉に集約される
ひとつの時代に墓標を打ち立てる意図もあったのだ

尼僧はある種の世界と関わりを断つ為に自ら髪を隠し
私は未だ幼くあれ保護のもとにあれという戒めを自ら振り落とす

赤い頭巾が落ちれば世界は変わる

279 :nil:2012/03/04(日) 08:09:16.57 ID:HnUdLhA8
「意味不明ポニョ6」

庭に桜の老木が3本あり、毎朝それを見るのがポニョの日課だった
ささやかな日課を持つというのも四十路を過ぎて独身であるポニョには人生の孤独を鑑みるようで鈍い痛みを伴った
それは埋没の痛みだった
「ポニョはん、お客様どす」
侍女が鶯のような声で鳴き、ポニョの体内に春が沸き立った
一瞬の小さな春だった
「お久しぶりです、ポニョさん」
客はソウスケだった
ソウスケはポニョの甥であり、平素より可愛がっているが、
成人しても無職のままのソウスケを見るとポニョはついつい小言を言ってしまう
「ようおこしやす。ひさしぶりやな。今日は晴れて春も盛りやさかい、
また惰眠を貪ったんとちゃうか。あかんで。眠りすぎると腐って枕もぎとぎとや。
あんさん、成人してもう何年なるん。そろそろちゃんとせなあかんとちゃうの。
宗家の滝本さんも心配しとったで。こんど挨拶にいかなあかんで。」
風が吹いて桜が散った
ポニョの小言も命咲き誇る庭に散った
ポニョがなんと言おうと
桜の老木はひたすらな沈黙をその身に宿し、厳然としていた
その時、一枚の花弁が音もなく地面に触れた
それは時間の静止であり、春陽が奏でる堕落の恍惚だった
そして薄紅色をした過剰な生命のなかで密かに音が死んだ
静寂
それは薄くて温い、春の膜
ポニョは庭を見た
3本の老木のうち中央の一本は彼女の化身であり
唯一の友のような存在だった
杉のような直立性を持たない老木独特の歪みが悲しくて、いつも心に迫った
散った花弁はどこに還るのやろか
ポニョはふと思った
土か、あるいは季節の循環か
私は季節を巡り、音もなく地面に触れた花弁のように痛みを忘れていくのやろか
ポニョの問いに春風は
残酷に空を青く染め沈黙した

ただただ、沈黙していた―


280 :名前はいらない:2012/03/04(日) 16:21:01.63 ID:LHHQcTi1
「無題」

1.8超えてるでしょ

281 :名前はいらない:2012/03/04(日) 22:31:49.60 ID:SZIMS9+e
「F君の家へ行ったポエム」

地下鉄を乗り継ぎ、上り見た地上は
小雨
スマホでやり取り、ここはおれの昔カノ女いた街やねん

おれ自慢げ

酒屋に乱入、ビール500ミリLを12本
汚い部屋で取りあえず寛平

おれのソフトインスコしたいけど
なかなかインスコ出来まへんねん

腐ったレコード聴きながら

冷蔵庫一杯やからベランダにビール置くわ
的な会話が一番マトモで

とりあえず5本はあけたけど
時限爆弾
タロット占いでは「○○がペケペケやから・・・」

ビリージョエルに傷がつく

ティーとかストーンとか
もっとええプレーヤー買ったらええやん
てかその前にスピーカとケーブルだけでももうちょっとなんとかかんとか

おれは言いたいけど言わない
言わないのが大人という紳士

ハイファイ堂とかどう?
とか勧めたい今日この頃のお雛様一日ロストな
天下の日曜日

オマンコ大好き
日曜ベーですよ?

282 :名前はいらない:2012/03/05(月) 00:19:22.88 ID:o9mugcB5

ば 死

に 後




283 :名前はいらない:2012/03/05(月) 00:50:57.88 ID:YFbW+9Fi
正しさなんて
よく分からない
基本的に自己判断
でも絶対的に肯定されてるものを
否定したら避難されるよね
多数決の世の中で
自分を貫く勇気はないよ
正しさなんて
よく分からない
自分を客観視して生きる人生が
安全牌かな
よく分からない

284 :名前はいらない:2012/03/05(月) 21:48:31.80 ID:A598TksQ
贄にされし、思春期の少年少女達の終わらない夏休み
ウェストミンスターの鐘は鳴り響き 反響と共に発狂し
逃げ場の無い世界という教室の中で心潰し合う戦いが始まり
家庭崩壊の子供たちは拠り所無き家族幻想に執着し
暴発する過剰自己防衛に微かな初恋の匂いが包帯から染み出て漏れて

あー飽きた飽きたから寝るわ

285 :名前はいらない:2012/03/05(月) 23:30:37.91 ID:BKNw2gur
「親」

思春期にはきずかない親の苦労

成人になってわかる親の苦労

思春期にはひどい事をいう

成人では労いの言葉を掛ける

これが社会の常識

これが現代の非常識

286 :名前はいらない:2012/03/06(火) 00:48:56.98 ID:J7Z5A3a7
目を縫えば信じられるのだろう。
耳を破れば惑わされないだろう。
舌を噛めば叫ぶ心と一つになる。
鼻が詰まって息苦しい。
でも、どうすれば触覚を殺せるのだろう。
石にはなりたくない。
私を思うがまま動かしている。世界がなくたって、それは理解できるはずだ。
その感覚だけが、あなたを思う無垢な私なの。

287 :名前はいらない:2012/03/06(火) 04:59:47.26 ID:Pj7gojBM
そんな恋など実りはしない
甘やかされた男には
絶えず耳ざわりの良い言葉を注いでやらなければ
その心はいずれ干からびてしまうから
陸に引き上げられた海藻のように

すこやかな声と流れ出る甘い言葉のために
あの男はべつの娘を選びとり
お前はどうする術もなく
やがて消えゆくその運命までわたしには見えていた

わたしはお前の差し出したこの喉で
妻の座に居る女からさらに男を奪ってやろう
お前が伝えたくて叶わなかった言葉も
余さずわたしが伝えてあげよう

ポセイドンの娘
わたしはわたしの持ち得ない無邪気さゆえにお前に恋していたよ
その笑いはわたしの胸に波を立てたものだ
しかし無知は必ず罰を受けなければいけない
わたしは無邪気さゆえにお前を憎んでいたよ

もうすぐ男がやって来る
男とわたしとそれからお前との
蜜月の日々をはじめよう

逢瀬はつねに渚で重ねよう
お前の体は泡と消えても
打ち寄せる波がわたしの胸に
喜びの笑いを繰り返し響かせてくれるように

288 :名前はいらない:2012/03/06(火) 13:42:48.25 ID:h/QCUTIm
「うさぎのシルエット」

暖かくなると変な人が出没するようになる
変質者も寒い時は外に出たくないらしく
零下5度を下回るような日は意外と安全
そこには誰もいないから

つまり今日は危険日
虫が土から顔を出し動物が冬眠から覚め
変な人が増える啓蟄

ああ なんてくだらない法則
呆れるほど単純
入所者が増える

289 :名前はいらない:2012/03/06(火) 13:56:56.64 ID:h/QCUTIm
「80+20」

それはただの気休めで
だけどなぜだか
やらないよりはマシなような気がするもの
実際のところ誰にも届いてないのかもしれないのに
無意味の意味を探って重箱の隅をつつく

善意なんてものは
届かぬ人には届かない
母親の作る夜食がまずいって愚痴ってる受験生のようなもの
まずくて嫌なら手間かけて自分で作れ
夜食がまずいせいで受験に落ちた人はいない

呆れるほどの不平不満に神の耳も腐りかけてる
そのため神は右から左に貫通口を作り不快さから逃れることにした
貫通口には今日も風がただ吹き抜けていく
暖かい春の日和に

290 :名前はいらない:2012/03/06(火) 14:36:18.97 ID:h/QCUTIm
「電話口」

もうすぐだ、犯してやる
なんて見ず知らずの男から電話がかかってきたら
誰でも引き篭もるだろうし憂鬱になるだろう
春が近かろうと

その気持ち分かるなんて適当な軽口は聞きたくない
大嫌いなんだ
知らない男からの電話
今でも嫌いだ

291 :名前はいらない:2012/03/06(火) 14:56:36.94 ID:h/QCUTIm
「理由」

独り暮らしは危険すぎた

あの時のストーカーがなければ
今も違ったかもしれない

292 :名前はいらない:2012/03/06(火) 21:58:26.11 ID:Xk7OXUVS
ユーラシアの東
アリューシャンの最期の風が吹く頃
黄色いハツカネズミは小さな種を四隅へ運ぶ
テーブルの上には泥が積まれ
星はそれを操ってはまた海の底に爆薬を仕掛ける
ひとびとは知っている顔をしながらも何も知らぬ
ひとびとは知らんぷりをしながらもわずかばかり知る
重たい草たちが赤子の喉へへばりつき
魚はくるくると群れからはぐれたまんま
ほら見てみろと誰かがいう
新しい明日だよ
それは全て新しい明日だよ、と

293 :名前はいらない:2012/03/07(水) 03:08:14.32 ID:L2SYXP6m
生命は原色の粘土のよう。
生まれたての、おぎゃあおぎゃあと泣く赤ん坊は無垢だが不気味だ。
彼はやがて経験に揉まれ、育つ。
無数の三色が無秩序にこねられて、彼は形こそ似けれ非なるグロテスクな化物に成り下がる。
亦或る者はうどんのようにぐちゃぐちゃにされ、引き伸ばされ、重ねられ、押しつぶされる。始めこそところどころに切り損じた金太郎飴のような残骸が紋となって残るが、すぐに玄とした混沌と化す。
どちらにしろ、もう二度と原色には戻れない。息絶えれば乾き塵と化すのみだ。

294 :名前はいらない:2012/03/07(水) 03:29:37.79 ID:z5twZJYp
ユーラシアからの風が吹く

きっと僕らは死んでいる

295 :名前はいらない:2012/03/09(金) 17:53:11.47 ID:dIsQ3K8e
「ゲーセン」

平日のショッピングモール
4階にあるゲームセンターは
雨の日の昼下がりをコインゲームで垂れ流す
機械を覗き込むおばさんとおっさんと
目の輪郭がぼやけた子どもと
忙しげな照明と効果音とが
エリアの窒素を重たくしている
おれはそういうのを
受け流す術を知らず
胃のあたりの違和感をキャッチしながらも
鈍感なふりをする

早く夜がくればいいのに
おれは見知らぬ人のために祈るような気分で自分の靴の先っぽを見ている

296 :名前はいらない:2012/03/09(金) 18:58:59.04 ID:ImeUASCL
「無言の奏」

睨み付けた目がこっちを見ているから
今は敢えて話したくない口を開けば
批判ばかりして嫌いになってしまう

出口なく燃え上がる怒り
本当はそこいらじゅうに向けたいロケットランチャー
ひたすら内部で闘っている

鎮まれ
卑劣な悪人をも許せ
許すか忘れなければ生きてなどいけない

297 :名前はいらない:2012/03/09(金) 19:04:47.76 ID:ImeUASCL
「極論」

この世の男の半分は人間社会に向いていない
爛れ落ちたDNA失われたY染色体の数だけ
自分勝手な理由で人を傷つけすぎる

もし自分が神になったら
そうだな
この世から性犯罪者を一瞬で全員消す

298 :名前はいらない:2012/03/09(金) 19:12:53.83 ID:ImeUASCL
「理解不能」

自分で自分が虚しくならないのだろうか?
情けなくならないのだろうか?
たった3分考えたら分かりそうなことなのに

何十年も生きてきてどんなに忙しく何をしてきたから
そのたった3分の時間が取れなかったのだろう

本当に何も考えていないのか?
恐ろしく自己評価が高いのか?
ただの馬鹿か?

いや頭の良し悪しじゃない
これは紛れもなく
人間性の低さの問題だろう

一夫一婦制は間違っている
優れたDNAだけが残れば良い

299 :名前はいらない:2012/03/09(金) 23:31:17.71 ID:JQ9SYzr6
馬鹿がイデオロ着を着たら
よっぽど馬鹿が目立つよね

もう少しお勉強をしてから言えばいいのに、って

300 :名前はいらない:2012/03/10(土) 01:20:05.97 ID:DAdx496C
言いたいのなら言えばいい
辞めたいなら辞めればいい
死にたいなら死ねばいい
殺したいなら殺せばいい

いつから日本人は
そんな当たり前のことができなくなったのだろう

いつから日本人は
正義のヒーローなんかになったのだろう

正義がはびこるこの世の中で
本当に得をするのは一体誰なのだろう

大道廃れて仁義あり
天上天下唯我独尊

301 :名前はいらない:2012/03/11(日) 21:39:32.60 ID:zTaqU0Iv
「絶対的な推察」

やめろそんなにへそに指入れるな
やめてくれへそがほどける
ああほどけてしまう
あーほどけたー

302 :名前はいらない:2012/03/12(月) 23:57:32.14 ID:eDVDb/qc
「ミゾフォビア」

ミゾフォビアとは違うね
でも恐怖感染症みたいなもの
なんとかフォビア

なんだろうなにか悲しい
多少は覚悟していたけど
やっぱり影響受ける

力が出ない

303 :名前はいらない:2012/03/13(火) 01:20:13.62 ID:+KQbMDDi
火星のセンセイ 金星のセンセイ
お元気ですか
手紙を書かなくなってから
もうずいぶんと経ちます
プラテノドンの涙は 硫酸の雫は
まだ 悲しげな色をしてますか?
吹く風の 砂埃は まだ
あの乾いた山の表面を さらっていきますか?

304 :nil:2012/03/13(火) 03:22:18.36 ID:n6kqW2Xx
「意味不明ポニョ7」

賞味期限切れのコンビニ弁当を胃に流し込む俺の名はポニョ
I'm the dog 俺は犬だ
気づいた時にはこの無慈悲な都市の片隅で塵にまみれていた
その時俺が持っていたのは僅かな金と「生きる意志」だけだった
今も胃の底で蠢くそいつはどんな惨状でも熱く燃え滾り
岩漿のような慟哭が俺を突き動かす
生きろ 生きろ お前は犬だ
地べたに這いつくばってでも
生に服従し 街をさ迷え 永久に
そこに底はなく 奈落は安堵の腐臭を与え 堕落は悦楽の踏襲を与えた
俺は終わりなき夜の中で歓喜し いつしか平衡感覚を失った

ゴミ箱の汚れた人形が愛を語った夜だっただろうか
コンビニ弁当が夢を安売りした夜だっただろうか
少しだけ昔の記憶が蘇ったことがある
始まりは視神経を犯す閃光
それから爆音と硝煙の匂い
混沌と血の味が舌に広がり
しかしやがて何もかもフェイクだと気づく
「ポニョ、戦禍の歌が聞こえるだろう。それが俺の生きる理由だ。例え全て幻だとしても俺は戦う。」
そう言って、勇者ソウスケは戦場へ消えた
残ったのは静寂に時計の音、鬱屈した日々の堆積
スピーカーから響く爆音とパソコン画面の閃光
ああ、フェイクなんだ 
何もかも、生きる意味さえ 

都会の光は過剰にあふれ出し ああそれは地上の星
それがフェイクなら
極限の生活が刻む傷痕こそ生きる意味
深夜を駆ける ゴミまみれの俺
汚れた人形が愛で 胃の中の汚物が夢
I'm the dog 俺は犬だ
無慈悲な都市に轟く 咆哮
その旋律は生きる意志そのものだ

305 :名前はいらない:2012/03/13(火) 04:29:52.95 ID:5shJriY/
きおくづくめのぶらこうじ
やまがたあびせりゃいつのひか
ゆうやみにそまるはせがわの
くまのみきくえやまとなれ
さけよさけよきょうからゆこう
しまながしならぬしまながし
やがもんどってこいよう

306 :名前はいらない:2012/03/14(水) 05:05:51.68 ID:ayJnGOBg
「疲弊」

もし貴方が初めての相手だったら

やっぱり貴方も自分一人快楽を得て
こちらの芝居に気づかず毎回自己満足に終始し
相も変わらず自分勝手を押し付けて
何の根拠があるのか自分に自信たっぷりで

愛してるとか好きとか頻繁に言ってきてはこちらを困惑させ
軽々しく結婚したいとまで言い出し
とっくに冷めきっているこちらの心にも気づかず
二重にも三重にもげんなりさせただろうか

理解されることなどとっくに諦めていて
何をしてもらえるとも思っていない
でも共存することだけならなんとか可能
生活とはせいぜいそんなもの
相手が誰だろうとさほど変わらない

芋虫は蛹になり蝶になる
或いは蛾になるかもしれない
でも人間は人間のままだ
突然変異を期待しているなら
ありえないと忠告しておこう

307 :名前はいらない:2012/03/14(水) 10:04:55.93 ID:iM5YNg0L
「痛み」


心が泣いているよ




すべてはそこだよ
空欄を読み取れる心があるのか






それがあなたに対して思っていた事




そういうことですね

308 :名前はいらない:2012/03/14(水) 18:25:06.55 ID:ayJnGOBg
「正直なところ」

貴方にもさして期待はしていない
一緒になったって幸せになれるとも思ってない
今までの行動から考えても
何を期待したら良いのかさえ分からない
人の性格は急に変わらないし
貴方は人の話を聞かないから

仕事で成功してくれればいいかな
それだけ


309 :名前はいらない:2012/03/14(水) 18:59:21.28 ID:iM5YNg0L
「誤解」

あなたとは結婚したいと思った事も考えた事もないよ
あなた始めから誤解している

観察しただけだよ
そもそも






やめておくよ
他に惹かれる人がいるんだ

310 :名前はいらない:2012/03/14(水) 19:24:53.55 ID:ayJnGOBg
「そうか」

もう愛していないとあの時はっきり言われたしね

そろそろ離れようと思う
他に惹かれる人ができたのは本当に良かった

311 :名前はいらない:2012/03/14(水) 19:27:28.25 ID:ayJnGOBg
「今年の桜が咲くころに」

本当のさよならが来るだろう
肩の荷を下ろして
自分の人生を歩もう

312 :名前はいらない:2012/03/14(水) 19:57:46.41 ID:yZULqsiN
「ヤンキレヤンキ」

こるぽっすとけるぴはいいません
やんさなとやんさなのあいだになにがあるのか
それをぎもんにおもったとき
えけとにそからしつもんされました
きょるそんちと

313 :nil:2012/03/14(水) 21:06:02.48 ID:LHNgZaex
2011年が与えてくれたのは絶対に折れない信念だ
「愛とは信念である」って言ったのは昔の彼女だけど
今ならその言葉の意味がわかる
君のためなら死ねる
その信念は決して折れることは無いだろう
地獄での体験が俺を強固に支えてくれる

真実の断片は君との再会を仄めかしている
神を信じるなら、再会もまた信じることができるって訳だ
泰然自若
君が炎なら、俺は大地だ
もう迷わないし
君も迷う必要が無い
神々は俺の見方だ
何者も俺を殺すことはできない

314 :名前はいらない:2012/03/14(水) 21:40:06.09 ID:iM5YNg0L
「無理」

無理なものは無理今は声も姿もみたくない悪いがもう無理

燃えないんだときめかないし癒されない
悪いが終わっていたよ
とうの昔に

此処まで言わせないでくれ

315 :名前はいらない:2012/03/14(水) 21:46:42.93 ID:ayJnGOBg
「心配無用」

声も姿ももう二度と見ることにはならない

316 :名前はいらない:2012/03/14(水) 21:56:55.07 ID:iM5YNg0L
「どうだい?」

憎しみがわいたかい
憎しみをバネに生きてくれ


心配なんてしてないさ
最初から

317 :名前はいらない:2012/03/14(水) 21:58:51.50 ID:ayJnGOBg
「意味不明」

憎しみをバネに生きる??

何を言っているんだ
別れたら忘れるだけ

318 :名前はいらない:2012/03/14(水) 22:06:03.28 ID:iM5YNg0L
「言葉すべて」


ここが意味不明だよ

そのにぶさとがさつさ
飽き飽きだったよ

319 :名前はいらない:2012/03/14(水) 22:10:25.34 ID:ayJnGOBg
「めんどくさい」

レスする意味ないだろう
他に惹かれる人ができて良かったじゃないか

もう愛してない好きじゃない燃えない癒されないときめかない
よく分かったからもういいよ

320 :名前はいらない:2012/03/14(水) 22:37:21.41 ID:ZThvWsNe
愚痴の掃き溜め意味不明

真っ当な事にいきり立つ

歌を歌えよ糞野郎

バカの巣窟2ちゃんねる


猫の額に2万円

物知り顔の濡れた手で

努力と言えば聞く耳持たず

腑抜けの根性2ちゃんねる


嫉妬嫉妬でト畜類

己の精進酒の泡

無駄な努力は無駄なだけ

現実を見れ2ちゃねる


才能ありと自惚れて

雑巾ひとつかけられず

足腰弱いひ弱なコ

それでも大グチ2ちゃんねる


下世話な言葉で自己防衛

ほんとは弱気なボクなのに

ネットじゃ弁慶気取ってます

ヨワキをタスク2ちゃんねる

321 :名前はいらない:2012/03/15(木) 02:15:53.19 ID:gHPRAtxp
「冷却装置」

温かいままではだめだそれは
冷やして力を奪い取ってしまわないと
とちおとめをぐしゃりと潰す勢いで
完全に停止させなければ意味がない

異臭を放つ熟れ過ぎた果実には
もう誰も興味を示さない

鋼鉄の冷却装置と廃棄物焼却装置
冷たい体で動くゾンビも焼却すれば必ず死ぬ
隅に貼られたシールを見れば使用期限はとっくに過ぎてる
青い取り替えランプが点滅している


そろそろミューズも取り替え時だ
新しいのならもうそこにいる

322 :名前はいらない:2012/03/15(木) 03:37:58.48 ID:gHPRAtxp
「彗星」

手作りマフィンどうやら失敗
肩を落とすイチゴの香り
卵と苺が混じった甘さを貶したりする気は毛頭ない
美味しい…とは言えない でもそれは
同じ星を見る人の心で
お金では決して買えないもの
盲目の人には見えないもの

323 :nil:2012/03/15(木) 22:25:20.40 ID:UG2Zr3z7
「きのうみたゆめのはなし〜Life from the rust〜」

僕と僕と僕と僕と僕と僕と僕と僕と僕と僕と僕の幻影
11人の僕と僕
いつから一緒に居たのか分からないけど
気がついたら生まれていた
そこに意思や希望は無かった


錆色の街に着くと僕らは別れた
それが今生の別れだというのに、何事も無かったように一人消え二人消え
最後に一人だけ僕が残った
僕が本当の僕なのだろうか 確証は無い いつだってない
空の青さだけが真実だった
果実のように実った太陽の手が雲を裂き
心地よい孤独感が風となり頬を撫でた
極彩色の世界に錆色が揺れていた
空気を吸い込むと鉄の味がした

しばらく歩くと大地の裂け目があり、底に川が流れていた
崖の上には錆色の花が咲き乱れ、谷の間を飛ぶ鳶のごとく生き物(これもまた錆色である)が風を切り
生命としての定めを謳ってた
「私たちは錆色へ還っていくんだね」
いつの間にか隣に居た君はそう呟くと川へ入っていった
野生の動物が美しいのは、その生があまりにも厳しいからだ
なんて言ったのは 
誰だっけ?


324 :nil:2012/03/15(木) 22:26:04.29 ID:UG2Zr3z7
―それは胎児のような形をしていた

味はすでに無かった
心の糸を風が揺らした 未知の音階だった
ほの暗い川の底は温かかった
水に抱きつくと泡になって膨張した
敵は居なかった
戦場は僕らの中にあった
世界は濡れたまま 反転した
僕と僕と僕と僕と僕と僕と僕と僕と僕と僕と僕の幻影
11人の僕と僕 そして
たゆたい ながれる きおくのなかで
ぼくは たいじのような こえをあげた

325 :名前はいらない:2012/03/15(木) 23:15:14.51 ID:gHPRAtxp
「休戦」

吹き荒ぶ春風にスギ花粉が踊り狂う
花粉症と花粉症と体調不良
とりあえず
この季節が終わってからにしよう

326 :名前はいらない:2012/03/15(木) 23:43:08.87 ID:EXVTNkJJ
休戦ですか?ご自分はすごいから偉いからと、
愛を持って会いに来た人に酷いこと言っといて
この事態をうやむやにするの?何が本気なの?
全部が正気なのだと思っては、駄目なのかしら?

327 :nil:2012/03/15(木) 23:49:11.76 ID:UG2Zr3z7
「幻想水滸伝U」

曲がりくねった道の脇で咲く名も知らぬ花
「生命の行き着く先は花のように可憐だ」
そんなことを言ったのは誰だっけ
乾いて脆くなった君の残骸を握り締めると
粉々なって手の間からサラサラと零れ落ちた
アスファルトのくすんだ黒と木々の深い緑が交わるその先で
揺れているのは君の幻影だろうか
最後の幻影だろうか
冬の底は深く、吐く息は白い
寒さに手が悴み、痛い
僕は思わず走り出す
静かな森の幻影を追って
静寂をかき消すように鳴る靴の音が 孤独で 孤独で
幻想の炎は淡く揺らめいて、今にも消えそうだ
それでも信じなければならない
それが今の僕に与えられた試練なのだから
やがて舗装路は終わり、獣道に変わる
そこは全てが始まった場所
3年前もこうして道なき道を走っていた
そんな僕に君は何を思っただろうか
無言で手を差し出し、涙を流した
訳も分からず僕も泣いた
降りしきる雨の中で、幻想と幻想が交わった場所
獣道が終わる場所
僕はその地点を突破しなければならない
過去を越えなければならない
大木にそっと手を当て、君を思う
信念
それだけが再会に必要な条件ならば

風が吹いて、花が揺れる
君の幻影も 揺れている

僕は決して折れないだろう
何が起ころうとも、君を信じ続ける

大空を舞う鳶が力尽き堕ちて

鳴く


328 :名前はいらない:2012/03/16(金) 00:23:26.67 ID:P1UaYnos
「絵空事」

愛なんて言葉を振りかざす人を信じちゃいけない
ストーカー殺人の犯人だって
本気で愛していたと言うだろう

都合の良い言葉だろ?自分のしていることを正当化するには
愛があれば何でも許されると思っている人もいる
愛していると言えば愛したことになるわけじゃない
言葉にすれば嘘になる

愛を持ってやってきたのに?
押し付けの愛なら要らないです

329 :nil:2012/03/16(金) 00:52:28.96 ID:OOanYyeg
愛って言葉は使い古されていて陳腐だけど
それは同時に歴史の選択圧を生き残って来たことを意味する。
なぜ生き残ってきたのか。そして、なぜこんなにも世の中に氾濫しているのか。
以下の理由が考えられよう。
@素直な気持ちを伝えるために有効だから
A誰にでもつかえる言葉だから

1は生きてりゃ誰でも体験するから説明の必要はないよね。
2は一見、この言葉の平凡さやつまらなさや陳腐さを説明しているようだけど実はそうじゃない。
平凡だからこそ面白いし発想力を試される。
使い方によってはギャグにもなるし、会話の木の生成に有効な手段にもなる。
故に使う人間の実力が問われる怖い言葉でもある。
まぁ俺はそこまで考えて使ってる訳じゃないけどな。

何があったかしらないが、愛って言葉に過剰反応する君は愛よりも陳腐で青臭いよ。
新手の中二病患者ですか?
まぁ、心配しなくてもそんな君に愛を届ける人はいないだろう。
なんつってな。

330 :nil:2012/03/16(金) 00:56:29.81 ID:OOanYyeg
愛ってそんなに殺伐としたものじゃないよ

331 :名前はいらない:2012/03/16(金) 01:06:32.76 ID:P1UaYnos
「nilさん」

貴方と話す気はない

332 :名前はいらない:2012/03/16(金) 01:11:46.91 ID:XkgJ3SmZ
331さんって誰なの?押し付けの愛?あなたがそう思うのなら、仕方ないですけど。
あなたバーカとかって、言いました?その表現陳腐以前ではないの?誤解?

333 :nil:2012/03/16(金) 01:12:05.68 ID:OOanYyeg
ごめんね、痛いところついちゃって
では続きをどうぞ

334 :名前はいらない:2012/03/16(金) 01:28:29.66 ID:P1UaYnos
やっぱりポエマーとかって気取ってる人って
もっと底にある重要な部分が抜けてると思う

どうでもいいけどね
赤の他人だし

335 :名前はいらない:2012/03/16(金) 01:32:25.64 ID:XkgJ3SmZ
誰もポエマーとかって気取ってないけど?

336 :nil:2012/03/16(金) 01:33:32.76 ID:OOanYyeg
>底にある重要な部分

肝心なところが言語化できてないよ
君は詩板に向いてないんじゃないか?

ちなみに「愛憎」と「愛」は別の言葉だよ

337 :名前はいらない:2012/03/16(金) 01:36:13.58 ID:P1UaYnos
ふーんw
面白いこと言うね

何かどうしても教え説きたいことがあるならどうぞ
聞くだけは聞いて、無意味だと思ったら捨てるけど

338 :nil:2012/03/16(金) 01:39:39.20 ID:OOanYyeg
うむ、では遠慮なく

おっぱいおっぱい

339 :名前はいらない:2012/03/16(金) 03:46:54.01 ID:P1UaYnos
仕方ないから一つだけツッコミを入れておく

愛って言葉はそんなに古くから日本語にあったわけじゃない
歴史を遡ってせいぜい100年前
英語のloveの訳語として導入されるまでは日本語には愛っていう言葉はなかった
日本人には愛っていう言葉や概念はもともと馴染まないのかもしれない

にも関わらず普通に使っている
意味も分かったつもりになっている
そのほうがよほどおかしなことだと思うね

340 :nil:2012/03/16(金) 07:05:38.00 ID:OOanYyeg
そういう君は意味がわかっているのか?
ぜひご教授賜りたい。

つなみにgoo辞書では

あい【愛】
1 親子・兄弟などがいつくしみ合う気持ち。また、生あるものをかわいがり大事にする気持ち。「―を注ぐ」
2 異性をいとしいと思う心。男女間の、相手を慕う情。恋。「―が芽生える」
3 ある物事を好み、大切に思う気持ち。「芸術に対する―」
4 個人的な感情を超越した、幸せを願う深く温かい心。「人類への―」
5 キリスト教で、神が人類をいつくしみ、幸福を与えること。また、他者を自分と同じようにいつくしむこと。→アガペー
6 仏教で、主として貪愛(とんあい)のこと。自我の欲望に根ざし解脱(げだつ)を妨げるもの。

341 :名前はいらない:2012/03/16(金) 13:22:49.49 ID:NN0q8mtj
「眼差し」

皺のいった目尻
乾いて荒れた肌
それでも
迷いながら進む健気さに人としての魅力を感じる
美しいと感じる

342 :名前はいらない:2012/03/16(金) 21:06:11.78 ID:XkgJ3SmZ
そうそう、それまじでそう思う。
仕事中の懸命の表情って、男女問わずすごく素敵

343 :名前はいらない:2012/03/17(土) 08:57:06.55 ID:1KNgtLBA
「憐憫」

本当に頭がおかしい人は病院に行かない
まるで普通の人かのように生活し
周囲に迷惑をかけ続ける

…ここで暗転…

つまり統合失調症の患者さんにも
実際いろいろいらっしゃるので
アナタが話している相手がまるで普通の人に見えることも良くあることですから
人探しなど顔の見えないネット上で
すべきではありません

…ここで暗転…

344 :名前はいらない:2012/03/17(土) 13:51:51.87 ID:Amt2g8Cj
「いったい何を運んでいるの」

たとえるなら日曜の16時だ

345 :名前はいらない:2012/03/19(月) 04:38:27.12 ID:rexK7w6P
「究極のマグマ」

なんて言ってもイメージ壊れる
本当は前から嫌だったんだろう
無名のままで居てほしいと思っていたのか
例えそうだったとしても

色々と遅すぎる今になって
やっぱり俺水商売の女が好きだと言われたとしても
さすがにもう諦めがつく
性的な嗜好は変わらないから

限界が見えてるものなら最大限に生かしたい今はただそれだけ
着地点見えぬまま半休火山の噴火を待つことに
意味を見いだせない
今はただそれだけ

346 :名前はいらない:2012/03/19(月) 05:11:10.47 ID:rexK7w6P
「偽論」

言葉にすれば壊れてしまうのに
言葉にばかり目が行き言葉遊びに終わる
絆という絵に描いた餅にたかった小蝿何万匹
詐欺師まで出てくる始末場末の希望の星陰る

大声あげられて無視する困難さ
子供の為偽りの美徳エゴイズム
第三者の澄んだ鋭利な刃が痛い
無知と思考停止という罪の重さ

滅んでいくのも道理
生き残るのは何かの運
欹てる耳に届く蒲公英の首を千切る音
人の声よりはましな音

向日葵散らして
命散らして

彼岸に手向ける白い百合より
終わりを迎える老齢の祈りを






347 :名前はいらない:2012/03/19(月) 12:39:51.42 ID:/Q3fJ+Vf
君のいる地へ飛ぶ翼が輝く!

348 :名前はいらない:2012/03/19(月) 16:43:14.01 ID:sGiHU+dv
機上にて

ふむふむ、ガラムマサラの主成分はシナモンか
関係ないって思うかもしれないけれど
君の好きなものいいものが多いと思う
人とか物とか無関係に選ぶもの興味深い
マジでね、全く皮肉じゃないよやっぱセンスいいわ

349 :名前はいらない:2012/03/19(月) 19:13:18.47 ID:Lw2+bwSY
「木」

とんでもなく複数じゃない

350 :名前はいらない:2012/03/20(火) 19:07:33.00 ID:LCjAqKJt
「春祭前夜」

それはありふれた病であるということだ
映画にあるような劇的なできごとは起こらず
ただ会話を交わしていただけで発病してしまった私は
素早く詩人へと転身を遂げたものである

憂鬱を詰めて走る朝の電車は生き生きと光りはじめ
雨の雫は色とりどりの飴玉が落ちてくるように楽しい
つめたい夜風よ花の蕾をほとびさせるためにこそ吹け
「今宵会うひとみな美しき」
世界中のすべてのひとが幸せでありますように

すっかりやられた私の脳は順調に回復し
いま眺めればしみじみ狂気の沙汰だった
あの症状をひとりお祭り騒ぎとでも名づけよう

ありふれた病はすこやかな心を次々と襲うけれども
誰もが何ごともなかったように歩いてゆく
照れ笑いで人びとのなかに混じることは出来ても
病の所以として後遺症は確かに残る

今年もじきに桜が咲く
けれどもどれほど賑やかな人混みのなかにいたとしても
春の化身がどれほど咲き匂う霞に枝をしならせたとしても
あなたのいない風景は私の目に
祭りのあとのように見えるのだろう

351 :名前はいらない:2012/03/22(木) 03:42:47.82 ID:V6AUIHND
「R-1準決勝」

芸人らしからぬ健康そうな体格
人生の苦労を感じさせない笑顔
同じネタで行こうとする無茶さ
さり気なさすぎな新ネタ芳香剤
嬉しくて泣く感動屋は憎めない

でも来週会うまでには新ネタ増やしておいてほしい
念のためビール以外も持って行っとけば良かったね
ワイルドなのに欲がなさすぎて良い人オーラ出捲り

ムーンプリンス曰わく今年は結婚運と子宝運あるかないかどっちかです
若干脂ぎった笑顔には幸運の女神も微笑むでしょう
ちゃんさんちゃんさん本当はよく知らないんだけど
君に幸あれ、なんとなく



352 :名前はいらない:2012/03/22(木) 13:45:21.75 ID:8Fht1p1Z
「たまには叫ぼう」

同じネタに飽きてきただあ?
この状況何とかする前に別の話題に行ける訳ないでしょう?
突き詰めるのが当然だよ、こっちは半年近く悩んでるんだよ
会いたいって何度も何度も言って、人事じゃないでしょう?
人の顔ろくに見ないで言わないでよ、なんとなくじゃないよ
親友ならもっとちゃんと扱って、人として当たり前に!

353 :名前はいらない:2012/03/22(木) 17:36:31.86 ID:dv9OEF6j
なーんて嘘、ごめん!今は、やっぱりあり得んなって泣いてる。
あるわけないから、勘違いだから、おとなしくしておくよ。

354 :名前はいらない:2012/03/22(木) 19:12:29.80 ID:V6AUIHND
ビールとコーラ間違えた
ごめんねスギちゃん

355 :名前はいらない:2012/03/22(木) 22:53:15.11 ID:Mknec18/
あったかい熱帯魚なんていないんだよ

356 :名前はいらない:2012/03/22(木) 22:54:33.83 ID:Mknec18/
寝ても覚めても病院送り
寝ても覚めても病院送り
そっくりさん
僕の血反吐もはいてくれ

357 :名前はいらない:2012/03/22(木) 22:56:00.65 ID:Mknec18/
「メロディーを呼びおこすうた」

てんしのふくわーじゅっつっ
てんしのふくわーじゅっつっ

あったらいいな〜
あおいちゃん〜
好きだから〜

アーフラック!



358 :名前はいらない:2012/03/22(木) 22:57:06.84 ID:Mknec18/
口語の時代はたのしい♪

359 :名前はいらない:2012/03/22(木) 22:58:01.34 ID:Mknec18/
五秒あったら射精してみせる

360 :名前はいらない:2012/03/23(金) 03:54:11.10 ID:DCANiGDT
「花舞」

ねえジョニー
突然だけど
私あなたが苦手だわ
魚を食べたあとが汚すぎて見たら何だか冷めちゃったの

ねえジョニー
突然だけど
私あなたが嫌いだわ
太っている人を嫌っておいて自分が太りだしたら
何も批判しなくなったあなたに私何だか幻滅したの

ねえジョニー
突然だけど
あなたの嘘ってばれてるわ
君だけだなんて言葉誰にでも言ってること
ずっと前から気づいてたのよ
ずっと前から
ねえジョニー
突然だけど
私そろそろ限界だわ



361 :名前はいらない:2012/03/23(金) 12:32:38.87 ID:j0zla+RQ
俺、ゴミ袋の口結ぼう思って持ったまま、いつまで持ち続けとかなあかんのやろ

362 :名前はいらない:2012/03/23(金) 12:41:15.70 ID:j0zla+RQ
「ダイゴロー・イン・ザ・ナイト」

君は叫べない
密集した屋根のひとつの上で
ちょこりと猫座りをしたまま
乾いた満月を見つめている

満月のハッチを開いて
君は白い部屋へ入って行った
目の前にあった刀とお人形
君は真ん中にあった真空を選んだから
きっと帰れない
バイバイきっと

雨ん中
斃れた骨
拾いもせず
僕も夜の中に入って行った

今日は新月だよ



363 :名前はいらない:2012/03/23(金) 16:17:54.75 ID:eXv5OD6a
たなさかあぬぬぬ一回一階サンサンサン
あちおおおおだっ
ぎゃんぎゃんぎゃん
わぁうううきゃんきゃんきゃんきゃんがうがう
えをえをえをぎゆぎるぎん

364 :名前はいらない:2012/03/23(金) 16:29:24.62 ID:eXv5OD6a
ぎゃわぎゃわん頭わりい
ぎゃわぎゃわん泣き止まない
ぎゃわぎゃわんまだねない
ぎゃわぎゃわんぎゃわぎゃわん腹が立つ
ぎゃわぎゃわんぎゃわぎゃわん泣き止まない
泣き止まない腹が立つ

365 :名前はいらない:2012/03/23(金) 17:13:17.95 ID:MZXNQFYu
お馬鹿でごめん。ちゃんと説明するから。あほだから考えるのに時間かかる。

366 :名前はいらない:2012/03/23(金) 18:57:34.75 ID:jF4iJNDz
「無題」

木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木
木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木 木

367 :名前はいらない:2012/03/23(金) 19:39:56.29 ID:j0zla+RQ
「黄色いねぎ」

黄色いねぎを見ていたよ
死んだ爺ちゃんの細い指
蕩けていくよ
流れていくよ

黄色いねぎを見ていたよ
可愛いあの娘の白い指
蕩けていくよ
流れていくよ

どこまでも僕を取り残して
黄色いねぎは流れていくよ
僕の胸を突き刺すものは
柔らかさ失くした棘ばかり

どこまでも僕から遠ざかって
黄色いねぎは流れて行った
辿り着く場所はないんだろう
いつか川に溶けるだろう

ねぎ臭い川の畔に
白いちんぽがにょっきりと
元気な顔を覗かせてた
僕のほんの足元で



368 :名前はいらない:2012/03/23(金) 19:42:16.94 ID:j0zla+RQ
「浮浪者(ニート)」

人は昔一人では
風呂を沸かすも大忙し
それが今ではなんとなく
人は一人で生きて逝ける
僕は一人で流れて逝ける

ふんふんふ〜ん




369 :名前はいらない:2012/03/24(土) 04:23:22.38 ID:8t3JMram
「斜向かい」

紛れられると分からなくなる
手折れた木々
分かり易い日には見通しも良いけど
諸行無常

あなたはまた誰かと妄想ごっこ
存在しない私に恋して怒って憎んで
私の知らぬ間に何かが起こってしかももう終わってる
迷惑千万

不思議なのは本能があるはずなのに
妄想だけで満足してるとこ
三次元より二次元が根っから好きなのかもね
輪廻転生

骨董無形な夢を汚濁に浸し燃えないゴミの日に焼却炉に投げ込めば
私がその上から黒いビニールを綺麗にリボン結びにして
あなたの世界ごと宇宙ゴミとして夜空にポンと投げる
天地無用

酸味の結合
睡眠の阻害
子猫の尻尾
昼間の珍客

総ての由々しき無意味さたちへ
今こそ最高のラブソングを


370 :名前はいらない:2012/03/24(土) 07:53:04.49 ID:68LDILG0
「本物」

あのね、2次元”だけ”に満足してないよ
CDROM6枚に対してはお礼申し上げますけど
妄想じゃなくて声だけは確かな証拠物件だから
他の誰にも触れられない灼熱のラブソングたちに涙

確かな実在だけしか愛せないから人を欺かないで
本物の君だけを探している、だから大迷惑だよ
勘違いかもしれないけれど自動筆記とは何?
そして何故そんな地獄のようなことを?

幾度も幾度も誓った言葉は必ず守りますからね
壊れてないし絶対嘘じゃないから針千本飲まない
あなたも何回も何回も指切ったこと忘れないで
無意味と嘲笑するなら針千本飲んでからにして

骨董無形な夢?そうですよね、だから何?
夢を信じろと、信じるものは救われるともいう
燃えるごみの日にそれを炎と成せば夜は熟睡できるかな
烽火待ってるから、彼の地に去る前に炎高く燃やして

睡眠障害されてて君も私も目が赤いみたいね
目の前の君の手を奪い強く引いたら青く変わる?
夜空に放つ前に、昼間の月の話にも耳をかしてよ
夜にも呼んでるけれど、ちゃんと受信してないのかな

ホ ン モ ノ ノ キ ミ ダ ケ ヲ ア イ シ テ ル

371 :名前はいらない:2012/03/24(土) 13:33:41.89 ID:8t3JMram
自動筆記って何?
CDROM6枚って?

372 :名前はいらない:2012/03/24(土) 13:43:10.16 ID:8t3JMram
詩板にはよくある人違いでしょう
察するに歌手かボーカルの誰かを探してるんだろうけど
わたくしただの一般庶民ですよ

373 :名前はいらない:2012/03/24(土) 14:37:53.16 ID:68LDILG0
↑ 私の探している人とプロファイル少し違う。その人物書きで、比喩的に詩のことラブソングってしてみた。
今こそ最高のラブソングをと、あなたが書かれたから。でも当然人違いだよね、馬鹿馬鹿しい妄想捨てよう。
本当にすみません。もうこれ以上捜し求めてもどうしようもないし、諦めるしかないと感じている。自信ない。
ご自分は、人を狂わせて泣かせて貶めておいて楽しいのかな?あなたをもし好きでも、本当に消えるからね?
遊んでるつもりなんだろうけれど、何度繰り返してもマジで泣けるものだな。自分こんなにも馬鹿だったんだね。
気が付かせてくれて、本当にありがとう。

374 :名前はいらない:2012/03/24(土) 16:34:37.03 ID:vilHLSe3
「酒場」
酒にゃ怨みはないけれど
呑めば冷たいあんたを思い出す
酔って絡んで泣き寝入り
あんたにゃ届かぬこの思い
あんたの心は流氷で
流れ流れてどこへやら
世界を流れていくのだろ
泣いて暮らして待つ女
あんたの横顔好きだった
あんたの笑顔も好きだった
あんたの声も好きだった
酒に怨みはないけれど
呑めばあんたを思い出す
なんて
呑めないあたしの物語

375 :名前はいらない:2012/03/24(土) 17:41:35.28 ID:Xu+BH649
つまらない詩。詩はうんこ以外。文字がうじゃうじゃ気持ち悪い。
文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字文字

376 :名前はいらない:2012/03/24(土) 18:20:13.00 ID:Xu+BH649
931]Track No.774[sage] 2012/03/24(土) 17:38:59.36
AAS
まあ別に田村に興味もないし恨みもないけど奥の話が出たから事実を書いたままで
ここの人も別に田村奥に興味ないの忘れてたw
つかわたし以外にも書いてくれてる人いるしw

377 :名前はいらない:2012/03/24(土) 18:35:05.32 ID:8t3JMram
田村って誰?
ていうかどこの板のコピペ?

板超えたら同一HNでもない限りもう特定は無理でしょ
どうやって判別するの?

378 :名前はいらない:2012/03/26(月) 00:05:08.44 ID:DF5WZwAZ
「壊れたオルゴール」

絶対彼もどこかにいるはずだと思ったんだけど
また壊れた歌で踊り狂っていたことが判明した
本当にみんなごめん 関係ない事に巻き込んで
ここまで信じ込んでいて自分危ないね
かなりやばいわ 恥ずかし過ぎる

そんなことある訳がない すべて勘違い
いい年して何している 現実大切にしろ
そう結論して 立ち去るべきなのだろう
オルゴールは壊れてしまって直せないのだろう
それともまだ修復可能性ある? どうすればいい?

379 :名前はいらない:2012/03/26(月) 02:32:53.24 ID:4p8Eta40
実際文体が似てる人はいるし
夢は見てしまうものさ
けどいつか現実を見ざるをえなくなって
詩板との関わり方も変わってくる
自分にも経験あるよ

詩は誤解を生みやすい
はっきり言わないし分からないからこそ読む人の想像力を刺激する
読む側はときには詩人が意図した以上に高度で深淵な意味付けをしてみたりする
想像力と勘違いの狭間で存在意義を探しているのが詩なのかもしれない

でも現実を見るのは大事だと思うよ
どんな詩だって現実から着想を得て生まれてくる
言葉そのものだけを探求しても良い詩は書けるようにならない

380 :名前はいらない:2012/03/26(月) 19:25:54.74 ID:/Qt+xmpb
うっくどそおにぃ

381 :名前はいらない:2012/03/26(月) 21:25:33.81 ID:BSQN622a
体がだるい
深海魚のような気だるさで
ジャコパスを聴きながら

仕事にありつけない
平日昼間のスーパーなんてのは
おれ、完璧に異分子

ロト6当たらない
だいたい2つは当たるのが
今日はひとつも当たらない

フレットレスベースを買おうか
それとも今のベースのフレット抜こうか

お金がないってのは不幸だよね
お金がないってのは惨めだよね
帰り道、おれつい口癖で
「お金がありません」って言っちゃうのね

独り言だよ
ほんとの事だけど
言わないよりマシだよね

笑いたいよ
くだらないテレビ番組観て
赤いパッケージのお酒を飲みながら

違うこどばかりが強調されて
異質な奴は排除の傾向で
マンションの管理人への挨拶とか
真っ当な職種の人がするような

態度を取ることが出来ない
平日昼間の気だるさよ

ジャコパスの破天荒は
ササクレだつんだろうな

382 :名前はいらない:2012/03/27(火) 05:25:05.16 ID:aKdc0dMR
「稀有」

火星と木星が月を挟んだ夜
ちゃんさんはいなくなって
寂しくなった小屋に星が降る
会えるのはいつの日か

渋谷で会うって約束したじゃない
急に来ないなんて酷いじゃない
太めの女の子二人じゃ
悪いけど何だか切ないじゃない

月を挟んだ火星と木星は
人工衛星にしか見えなかった
帰ってからニュースで知った悲しさに
頬を伝う涙より先に伝ってくるもの
そう今私に必要なのは鼻セレブ

年上の男性に対して
余計な老婆心を抱きつつ安らかな眠りにつこうか
命短し恋せよ中年
早く良い人が現れますように

383 :nil:2012/03/27(火) 23:49:08.00 ID:WevFUFVP
みんな、ともだち

最終的にはみんなともだち。
仲間や友達が最高かつ至高の存在。
少年漫画的価値観である。
うん、いいと思うよ。
小学生であるうちは。
しかし、そこには深刻な欠落と矛盾がある。
それは仲間の輪の中に安住していては精神的自立が得られないということ。
人格者たる人格(強調表現としての同語反復である)つまり「主人公」には精神的自立が必須なのだ。
そして(逆説的ではあるが)自立心を育むためには逆境の中、最初から最後まで徹頭徹尾、誰にも頼らずに独りで戦い抜くという経験が欠かせない。
しかし少年漫画にはそういった描写(少なくともメッセージ)は皆無である。
つまり彼らは精神的な成長を放棄しているのだ。
全く、堕落しておる。
そこで私は提案したい。
それは友達がいない男の友達がいない男による友達がいない男のための物語である。
最初から最後まで徹頭徹尾、友達一人できず、それ故、最後まで独りで戦い抜きざるを得ない男の話である。
誰も頼る者がいない彼は孤独の中で自立心を育み、孤立無援の逆境の中で強靭な精神を得る。
しかし、精神的自立の効用は人間関係の中でこそ発揮されるという真実に気づきちょっとだけ絶望するが
コンビニで「お弁当は温めますか?」と聞かれた時に「はい。」と短く答えるとき以外は
声を発する機会がないという想像を絶する孤独な生活の中でコミュニケーション能力が破壊されており
もはや友達を作る能力が失われているため、ますますコミュニケーション能力が退化するという悪循環にはまり
そんなどん底の泥沼の状態で、しかし最早、失うものないと悟りナンパに挑戦してみたら
意外とすんなり可愛い彼女ができてしまった男の悲しい物語である。
念のために言っておくがこれは私の実体験ではない。私は友達には恵まれているほうだ。(精霊とか神様とか。他にも虫さんとか鳥さんとか・・・)
誰か漫画化してくれ。
誰もやらないなら俺が小説化する。
乞うご期待!

でもまぁなんだかんだ言って最終的には
「みんなともだち」だな
愛してるぜ、お前ら

384 :名前はいらない:2012/03/28(水) 02:08:10.44 ID:nZ+63jVV
「異星人vs異星人」

世の中には変わった人間がいる
それも結構な確率で出会ってしまう
しかし生まれてきてはや○○年、私もちまちまと人生を語り始めるようになり
いつしかそんな経験にも慣れてしまっていた

そんな私の目の前に彼らは突如として現れた
白昼堂々公共の電波を使って謎の電波の飛ばし合いを始めたのだ
具体的には言えない、なぜなら
そんな時間にテレビの前に座って生で見ているのはよほどの暇人だけだからだ

前日には自立心旺盛な猛々しい作家マダムの座ったソファ
同じソファ、同じ壁の絵、同じ…
かつてここまで出来の良いコントが存在しただろうか!
M-1なら確実に優勝レベルである
もはやあの瞬間を生で見たことに私は誇りさえ感じるのだ
もはやただの日記である、それも崇高な

385 :てってANDセシル:2012/03/28(水) 23:25:38.42 ID:fs3QAxwG
詩人と呼べるのはこのお方しかこの世に存在しない。その偉大な詩人様が
もう詩人を探すなと仰っている。従え!


http://ameblo.jp/ghost0120/entry-11202804552.html

386 :名前はいらない:2012/03/29(木) 00:54:45.63 ID:ToiAMvqF
全てがまかり通る世ならば
愚者が放つ言葉ほど酷いものはない
それは自分を偉く正しく見せるのに必死で
他人を敬い理解する心を持ち合わせてもいないし生み出せもしない
なのに話すことが好きなものだから
余程友も知もないのだと窺える

387 :名前はいらない:2012/03/29(木) 01:18:57.41 ID:ThT957Vw
「全て滞りなく」

壁から天井へと走るあの白い亀裂の狭間で
機械になりたい生き物が眉を顰めてこっちを見ている
吐き捨てれば汚物だらけ愚物だらけの余の末を
今にも飛び出しそうな眼球を開いて見ている

見ている

流れに寄り添えば安住なんてのは今や年寄りの戯言
濁流を前に
縋れそうに見えた丸太すら目の前で砕けて散っていく
有難きお言葉に明日への希望は見出せない

離陸寸前の若しくは落下寸前の
鋼鉄の塊に自由を夢見て
ほらもうそこまで来ている
足元まで自由が這い上がってきている

怖気づく間もなく呑まれていくそれを
その目はただ見ている

388 :名前はいらない:2012/03/29(木) 01:43:52.15 ID:ThT957Vw
「平均台」

重ねたフリル揺れて冷吟閑酔
勢い余って細い腕を伸ばし三日月に引っかかってみる
輝く光はこの身体の重みを支えられるのか
ちょうど今実験中
所詮は投影でしかなく事実
太陽は全く裏側にいる     と知ってて
それでも身を任せるのは未だ甘えが残っているせい
走る車の後部座席からずっと眺めていても一向に動かない月を
不動の巨人だと信じていた頃
走り回ったあの庭で今は最後の積み木をしている


389 :名前はいらない:2012/03/29(木) 02:17:19.75 ID:ThT957Vw
「浮揚」

赤が多ければ黒が珍重され
黒が多ければ赤が垂涎の的
付加価値という玉虫色の船に乗り込み
漕ぎ出したが最後暗中模索

自分らしさという名の元に集まる白い翅数万匹
払い除けるほど執拗で熟れた蛭のように離れない

敬え
たかが一人の人間を
炎の先でちろちろと消えていく薄紫の身軽さに
ほんの少し恋していただけ

390 :名前はいらない:2012/03/29(木) 02:40:48.53 ID:ThT957Vw
「方向音痴と沈黙」

そう…そこ…もうちょっと右
うーん…ちょっと違う…もうちょっとだけ上…かな
ああ、ちょうどその辺なの…うん、いい感じ…
ん?あれ?…なんで勝手に動くの?
さっきのとこで良かったんだけどな…あーあ通り過ぎちゃった…
え…だってさっきのとこで…止まってくれてたらいいだけなのに…
だからね…さっきのとこで…え?ちょっと何?だからそっちじゃないんだってば…
あのさ、ちゃんと見てる?人の話聞いてる?
ああ…もう信じらんない…これはさすがにないわぁ…


もういいよもう!
はい、次の人!

391 :名前はいらない:2012/03/29(木) 10:11:25.64 ID:sqIZLDku
あのね、次の人に行く前にこの事態なんとかしてよ!
もしかして、ちゃんとナビってるつもりなの?
あなたの言いようにするのに...どうすりゃいいの?

I'm lost!

392 :名前はいらない:2012/03/29(木) 11:59:16.37 ID:NYnbn65d
http://youtu.be/5Z8HxClp9tE

393 :名前はいらない:2012/03/29(木) 22:32:15.85 ID:PJ8rLt4t
あと2ヶ月分の貯金はあるから
あと2ヶ月はなんとか暮らしていけるけど
その先はどうするのさ、とキミが言うから
おれはお昼に食べた豚キムチ丼の
豚の筋を右下の奥歯に挟んだまんま
(そしてそれを舌の右端で確認しながら)
言葉に窮してしまうから
ついついキミを抱きしめて
その後セックスしてしまうんだ

394 :名前はいらない:2012/03/29(木) 22:52:17.38 ID:xkmgnHDL
「粘塑性雑菌」

冷蔵庫からのぞく空があおい日、
ぼくはサハリン製のアンテナを持
って砂漠を駆けぬける。
「800メートルですか」
「1,024メートルです」
ペンチで抜いた。
麻酔なし。


395 :名前はいらない:2012/03/30(金) 16:00:44.63 ID:Sa+o9mPS
パソコンを見る
だらだらとぬるくなった焼酎お湯割りを飲みながら
パソコンを見る
いつものスレッドにカキコ
監視の繰り返し
パソコンを見る
どうやらウイルスに汚染されている模様
だいの大人が
平日昼間からだらだらと
パソコンを見る

そして時計は午後四時をまわる

396 :名前はいらない:2012/03/30(金) 17:44:17.38 ID:PzwZC9zM
御社社長様

私とあなただけの秘密ですからご心配なきよう
ちゃんとよいお仕事されていますので
私はそれほど問題とは思いません

秘書

397 :名前はいらない:2012/03/30(金) 23:33:32.27 ID:UI+aeFj4
ピアノの練習をしない
ずっとしていない
爪なんか伸びすぎて
スマホ使いにくいくらい

なんでこんなにピアノばっかり
全然うまくなんないし
全然得意でもないし

ステージに立つと
ライトが黒鍵を照らして
その影が白鍵に落ちて

どっちがどっちかわからなくなる
だから焦る
だからトチル

間違えたらダメな世界なのにね

楽しくない
聞かせたくなくなる

みんなお金払って来てるのにね

これ中学生が書いてるんじゃなくて
40手前のオジサンが書いてるんだぜ

ピアノに向いてない性格だったと
今となっては思うけど
後戻り出来るほど世の中甘くない

あーあ

398 :名前はいらない:2012/03/31(土) 22:21:47.62 ID:1sTMbnTR
いやいや自分でそう思っていなくても
多くの人々が君の奏でる旋律に飢えているんだ
当然知っているでしょう?
どんなに病的に皆あなたを求めているか

人間的魅力も含めての表現なんだから
そのままを見せればいいのですよ
人はあなたを見て自らの生き方とか
もっと根源的なことを顧みるのですよ

あなたが生むものであれば
たとえ電子音でさえ
人間的に響く
あなたそういう人なんですよ

399 :名前はいらない:2012/04/01(日) 04:44:37.79 ID:Ic+HMKrR
「震度6ポエム」

そういう貴方はいい加減人のことを心配して構うより
まず自分の足元を見なさい!ってマミィが怒ってる
マミィの言ってることわからなくもないけれど
自分の足元ってどこだかわからない
それともわかりたくないのかな

マミィぼくはね
人を励ましていたいだけなんだ
ほかに特にやりたいこともないし
探す気力もないしさ

だからぼくはマミィの影にくっついて背後霊のようにいつまでも離れないんだよマミィ
愛しのマミィ、死ぬまで放さないよ

―合掌―

400 :名前はいらない:2012/04/01(日) 05:07:40.07 ID:Ic+HMKrR
「糸電話」

黒電話どころか壁にかけてた時代さえあった
ところが持ち運べるようになってパソコンと同じくらい高性能になって
今じゃ誰もがこぞって自分に発信器付けて歩いてる
今どこにいますよ〜(つまり我が家は今留守ですよ〜)って
そんなことを呟くのは怖いと思わない人たちが怖い
しかもそれが時代のスタンダード
乗り遅れたら恥ずかしい

知事として提言しよう
次世代にはぜひ糸電話の普及を
なくても声が聞こえる程度の距離にいる人としか話せない
だけど地球の裏側にいる人よりまずは隣にいる人と話そう
スローガンは
電気もガスも要らない究極のエコ時代へ
満足だろう?

まわるまわる極論の螺旋階段
どっちが正しいかなんて考えること自体愚考
片方だけが全部正しいわけじゃなく程度の問題なのに
アナタガギロンニカテバ、アナタニオカネガハイルノデスカ?

何一つまともに機能しないまま
時間だけ確実に消費されていく

401 :名前はいらない:2012/04/01(日) 05:24:05.25 ID:Ic+HMKrR
「猫の語源は寝る子 byエスエス製薬」

電車の扉上方のあのスペース
あの狭い横長スペースにフォント8くらいで書いてある
全4話のレオニャルドフミンチはね
猫だけど寝れない子なんです

本当は語源には諸説あるんですが社長
とりあえずまあいいじゃない宣伝広告担当の鈴木くん
でもやっぱりフォントは一応8くらいにしときましょうか社長
よしとりあえずそれでやってみようか

寝れない猫は猫じゃない
ドリエルドリエル

402 :名前はいらない:2012/04/01(日) 13:20:37.22 ID:V3VDR+pm
「鈴木にして模型」

電車の扉上方のあのスペース
あの子に恋をした

レオニャルドフミンチと暮らせたら
僕はもう何もいらない

うでまくら貸してあげるよ
一緒のベッドで寝よう
朝ごはんは一緒に食べよう
歯磨けよ宿題しろよ風呂入れよ

寝れない猫を寝かしたい
ドリエルドリエル

403 :名前はいらない:2012/04/01(日) 15:05:02.46 ID:HkMMq6/X
俺は、この女に5年前28万貢がされた

これってイロエンピツのことだよね

728 :774号室の住人さん:2009/10/31(土) 13:05:17 ID:tW7Q2eJ3
>661 大阪のイロエン○ツの主催者のジュンコって、性格の悪い性悪ババアですよ。こいつのやり方は、言いなりになりそうな男性をしつこく勧誘して、スタッフにして、色んな物買わせたりとか、自分より目立つ可愛い女に、嫉妬し、出禁にしたりとか、無茶苦茶。

404 :nil:2012/04/01(日) 20:49:30.42 ID:Oh672094
嗚呼、創世の女神が呼んでいる
しかと見よ
これが普通の人生だ、と

>>397
老醜というにはまだまだ早く
生硬というには熟しすぎている
30後半という果実
いただきました

絶望してもイインダヨ グリーンダヨ
 
   by地獄のみつお

でも、人は生きることをやめない
やがて現状を受け入れるだろう

 受け入れるということは諦めるということ

    by川端康成

>>398
それは>>397の願望だね
ひいては大半の人間の願望だね
でもこの世には確かにそれを実現する人間が居る
そういう人間を見て希望羨望妬み嫉妬を持ち
現実を見て絶望するのか
君たちは何がしたいんだ
自分は自分 他人は他人だろう
ちょっとはこの腐った文化や遺伝子に反抗しろよ
でもできないよね
イインダヨ グリーンダヨ

>>399
つ鏡
イインダヨ グリーンダヨ

405 :名前はいらない:2012/04/02(月) 00:55:31.49 ID:Jc0fsCpV
「詩はイデオロギーを伝えるためのものではない」

ぱえんつ

ひっきりなしにムード歌謡曲
もきき続けていれば単なる騒音
奴の車内でパンツって10回言ってみて
べつに質問とかしないから

うえっと

まちれっと にゅうめん
あばれっと? にゅうまん!
まこ! まこ!
インデベレッテ イッヒヒ!
ケオチョ!!

さおなら 家スタディ
まんこスチューデント
歯磨きはスムーズですか
夕凪をゆうだこって読みますか

すると火星人が攻めてきた
奴らまるでひよこだ(ピンクのやつ)
たどたどしい足トテトテさせて
俺を殺しにやってくる

さぁ腕を広げて
空へ

まこ!



406 :名前はいらない:2012/04/02(月) 01:03:08.54 ID:Jc0fsCpV
「ムナシック・カオティック・なんだそりゃ」

かおてぃっくと入力したら顔文字が出た
平和そのものを絵に描いたような笑顔だ
その後に平仮名のてぃっくが続く
しかし私が一番驚かされたことは
ムナシックが一発で片仮名に変換されたことだ!(ウワァァァ)

ムナシック!
てぃっく!
なんだそりゃ!

ムナシック!
てぃっく!
なんだそりゃ!

なめくじの塩漬を食べることが叶わない!
なめくじの塩漬を食べることが叶わない!

天に電話かけるクレーマー!

407 :名前はいらない:2012/04/02(月) 01:10:13.82 ID:Jc0fsCpV
「トキシック・アカシック・マキシマム」

みんなは俺のことを知っているだろうか
名をトキシック・アカシックというのだが
何?
知らん?
ま、そりゃそーだし
わかられてたまるか

408 :名前はいらない:2012/04/02(月) 01:13:40.29 ID:Jc0fsCpV
「優しくて子供みたいだったおじいちゃん」

俺を特別に可愛がってくれたおじいちゃんが
俺の脳髄の内側でひっきりなしに呟くんだ
「死んじゃえよ、大阪」
「死んじゃえよ、大阪」
意味はわからない

409 :名前はいらない:2012/04/02(月) 05:31:39.23 ID:7qvY3IyA
「男にイラッとする瞬間7 給湯室より」

@一人で妄想にふけっていただけなのに両想いだと勘違いし裏切られたと罵り
果ては「女は信じられない」とのたまう
―相手を疑う前に自分の脳みそを疑え、話はそれからだ

A自分から話を始めておいて形勢不利になってくると
「もうこの話はやめよう」と勝手に切り上げる
―気を使って話相手をしてた自分が馬鹿みたい、二度と話しかけられたくない

B自分が人から貰うときはさっさと貰うのに自分が人に出すとなるとグチグチ屁理屈を並べる
人として問題ある性格の悪いケチ
―どうぞ一人で楽しく生きて行って下さい、それが世のため人のため

Cちょっと無口で影があるどころか本当に病んでいる
自意識過剰の構ってちゃん
―疲れる、長時間一緒にいるなんてとても無理

D男はちょっと悪い感じがモテると
根拠もないのに本気で思っている
―それが通用するのはせいぜい中学時代だけ、こっちは浅はかで薄っぺらく見えるのを見るに見かねてフォローしてるんです

E自分の嘘に周囲が騙されてくれていると一人で信じている
―みんな大人だから黙ってるだけ、たいがいとっくにバレているし呆れられている

F筋トレしていることを自慢げに話す
―その話、需要ないです、別に見たくもないんだけど何アピール?むしろ引く


410 :名前はいらない:2012/04/02(月) 19:00:36.63 ID:GMfnYFSE
そこで透明あぼーんですよ
視界に入れないように!

411 :名前はいらない:2012/04/02(月) 20:04:58.58 ID:ETQ+8WRY
詩は書かない山は登らない歌は唄わない
二チャンネルさっぱりわからないヒロユキヘルプしんしんと降る雪が死ぬ程しきなだけだよわるいかい
おいらがまこだよわるいかい幼稚だなわるいな

412 :名前はいらない:2012/04/02(月) 22:42:25.55 ID:E+JZEAzc
意味が全くわからない
君の視界に私はいたの?
私のサイン本当に読めた?
目の前にいるのに見えてない感じに見えたよ
あなたの心は私に聴こえたけれど
私の返事をあなたはちゃんと聴いていない

また会えるかなって唄ったのそちら様だよ
他にもハッピー全開のお唄保存してあるし
どうして普通に友達に会いまくるのに
一番の親友に会わない?理解不能
最低1ヶ月はこっちにいるから連絡お願い
本気で好きだし、話がしたいよ

413 :nil:2012/04/03(火) 00:33:55.26 ID:dfuGRkdr
>>409
>>410
おっさん乙

神秘的な存在は確かに実在する
通信の内容が全て嘘であっても、それだけは言える
何はともあれ順調にいけば明日にはまた世界観が激変するだろう
楽しみだ

414 :nil:2012/04/03(火) 00:58:59.87 ID:dfuGRkdr
>>412
慌てなくとも明日になればわかる
もし明日に実現不可能なら腰を据えて今後の対策を練り直したほうがいいね
お互いに

この状態はもしかしたら永遠に続くのかもしれない
それでも耐えられる自信はあるが
方向転換が必要だ
ビジョナリーの俺はリアリストの俺に勝てない

415 :名前はいらない:2012/04/03(火) 07:38:50.58 ID:zwARaXGX

パチンコと売春の「うんこ地帯」で生活する発達障害者(チビ、ブサ、知的障害)


416 :名前はいらない:2012/04/03(火) 12:17:52.71 ID:E3Lh4xQ1
あら、どうも

417 :名前はいらない:2012/04/03(火) 12:19:00.95 ID:E3Lh4xQ1
「虫愛づる姫」

蝶のはばたきや花の蕾
ひとはわかりやすく派手なものを好み
泥のなかに潜む生き物たちは見過ごされる

映画の一場面のきらめきや扇情的な歌詞
それらは奇術の一種であり
ありふれた日常のなかにこそ真実は潜む

こどもの思想を捨て瞼を押し開いた時
世界のどこかで女神は白い歯を零し
脈々と受け継がれてきた美しい感情を授けてくれるのだろう

418 :名前はいらない:2012/04/04(水) 01:15:30.60 ID:Iu/GeC8Q
「虫食い穴」

昨日見た夢は酷い虫食いで
かじられて穴だらけ
その上カビ臭かった
そうだ、手に負えなくなり放っていたのだ
今頃思い出したらこのザマだった
おかげで
足取り軽やかに
虫食い穴に落ちてしまった

ほっぷ すてっぷ じゃ・・・

残機が1減った

頭が重いいつもの寝起き
まだ全部は死んでいない




419 :名前はいらない:2012/04/05(木) 04:22:51.67 ID:5PpdCWrd
「老人臭」

我が家に充満する香り
それはサロンパスの刺激臭
それはせんねん灸近江のニンニク臭
それはとってつけたようなリセッシュ臭
そして
アロマが香るソフラン

渾然一体となったそれらは
飼い猫の鼻から入り
食べた魚の臭いと混じって口から再び出てくる
二酸化炭素とともに

420 :名前はいらない:2012/04/05(木) 13:00:13.83 ID:5PpdCWrd
「花霞」

少し時間をくれと言われはや一年が過ぎ
諦めとともに視界から遠ざかる景色
怒る気にもなれないのは無気力か
どうでも良くなったからなのか

約束の桜の木の下には
すでに舞い落ちた花びらの絨毯
私の足元を彩る白い色
明日へと向かう色

蓮華草に思い出す
鮮やかな桃色の日々
手足が伸びて自由になるほどに
取り戻せない笑顔の重さを知る

颯爽と踵を返して
新しい新緑に染まりに行こう
誰もいないステージに
黒いエナメルのヒール音が響く


421 :名前はいらない:2012/04/05(木) 20:44:54.50 ID:5PpdCWrd
「悔し涙」

私には何もない
私には何もない

レベルが高すぎるって?
惨めになるから余計なことは言うなよ
標準より高かろうが低かろうが
私がいるのはこの世界
この世界で上に居なきゃ評価なんてされない

外見で寄って来られたって虚しい
私は見目麗しいですか
それに何の価値がありますかこの世界で
正直に言えよ

見渡す限り男ばかり
望んだわけでもない
ただ今は
誰もいない場所で泣きたいだけ



422 :名前はいらない:2012/04/05(木) 20:57:00.69 ID:5PpdCWrd
「予定調和」

別に良いんだこれで
初めから打ちのめされに来たんだから
競争社会万歳

ああ、いい加減あのログ消さないとね
百害あって一理なし

423 :名前はいらない:2012/04/05(木) 21:09:31.09 ID:5PpdCWrd
一利だった
携帯の予測変換使うと頭悪くなる

424 :名前はいらない:2012/04/06(金) 04:45:36.20 ID:FAsfRnJ9
「なるほどと思い当たる『男の身勝手な恋愛観』9パターン」

1「男は浮気をする生き物である」と、開き直る。
―(…というわけで)俺も浮気しますよ宣言。浮気したことのない男は決してそうは言わない。
一般論を語る時ほどその人個人の価値観が浮き彫りに。

2「女は友情よりも恋愛を選ぶ」と、高をくくる。
―それはむしろ男でしょう。男は友情のほうが大事なら、なぜ男友達の彼女を色目使いで見るのでしょう?
確実に男の友情壊れますよ。

3「男は彼女より仕事を優先して当然である」と、決めている。
―男も女も働く時代、「仕事が忙しいから」が「面倒だ」とほぼ同義であることは女も知っている。
そこまで仕事優先にするなら、その代償も払いましょう。

4「キャバクラは浮気に入らない」と、価値観を押し付ける。
―たとえ浮気にはならなくても別れる理由にはなる。
立場が逆で彼女がホスト通いしていて「浮気じゃない」と言ったら納得しますか?

5「女は男に嫉妬や束縛をするものだ」と、女を語る。
―自分のことを「女」に置き換えて語らないで下さい。
ストーカー殺人の犯人見たら一目瞭然でしょう。男の嫉妬と束縛は病的。


425 :名前はいらない:2012/04/06(金) 04:52:53.78 ID:FAsfRnJ9
6「男には『体の浮気』があるが、女にはない」と、うぬぼれる。
―もちろん女の中にも体の浮気がある人はいる。にしてもよほどご自分の体と性格に自信があるのでしょうね。
それだけ自分に自信があれば、彼女がいなくなっても一人で生きていけるでしょう。

7「女は『涙は女の武器』と思っている」と、決めつける。
―誰の前でも頻繁に泣く女なら当てはまるだろうが、結局印象を悪くするだけなので、
まともな女なら、泣くことはそもそも武器にならないと知っている。
自分が泣かせた後こう言うなら、原因が自分だという罪悪感から目を背けたいがために、
相手を悪者にでっちあげて、自分の罪悪感を帳消しにしようという行動でしょう。

8「女はみんな結婚したいものである」と、思い込む。
―こういう思い込みで、初対面なのにこちらが聞いてもいない自分の結婚観を語られると、
思わず走って逃げ出したくなる…20代半ばを過ぎた男はなんだかんだ必死で怖い。

9「男と女は結局わかりあえない」と、あきらめる。
―わかりあう努力の放棄宣言。もしくは逃げ。
逆に男同士は本当に分かり合えてるんですか?分かり合っているという安心感が得たいがための幻想に見えますが。
「人と人は結局わかりあえない」の間違いでは?


またつまらんものを書いた。さ、寝よ。

426 :名前はいらない:2012/04/06(金) 12:20:40.94 ID:Yqolm0uw
いえいえ、ご謙遜を
いい切り返しの数々ですな!

427 :名前はいらない:2012/04/07(土) 06:16:10.51 ID:p9l+4aQL
「欠落園」

顔に書いてあるよ

北朝鮮怖いね
ミサイル怖いね
けしからんね
だけど戦闘機とかミサイルってカッコいいよね
戦闘機乗ってみたいね
ミサイル撃ってみたいね
核兵器作ってみたいね

ほら口元が笑ってるよ
不謹慎と知りつつも心のどこかで面白がってる
隠しきれない感情

迎撃ミサイル撃ってみたいね
せっかくあるんだもんね
使わないと作った甲斐ないね
北朝鮮は本当に撃つのかね


「戦争は人間の性(さが)」
馬鹿言うなよ
都合の良いときだけ男女平等か
戦争好きなのは男だろ


北朝鮮超ヤバいね
迎撃ミサイル見てみたいね

428 :二階堂新館 ◆3H/4wGejElAB :2012/04/07(土) 14:44:21.41 ID:zQfcnDFH
死んだ詩」

あ、ヤベ、自販機寝てるwwwwww
槍を投げても溝鼠にすら当たらねえ
もういいよ、夕焼けと暁の区別なんかつかねーよ。
カラスうざ。ビニール喉に詰まらして死ね。
カレーの臭い豆腐屋がチャルメラ吹いて迷惑。
今時ぬるい豆腐なんざ誰もかわねー。てか坂きつい。でも休んだら
ころげおちるな。あ、やべ、イヌのウンコ踏んだwwww
ウンコだけに糞だ死ね。あ、一番星みつけた。でも上ばかり見てたら
また糞踏むなwwww流れ星にお願いしても宝くじ未だに当たらねえwwww
おい、そこのアイス喰いながら自転車漕いでる僕ちゃん。俺と人生交代してくれ。



429 :二階堂新館 ◆3H/4wGejElAB :2012/04/07(土) 14:54:57.68 ID:zQfcnDFH
「くしゃみ」

くしゃみした
誰かが噂してるな
くしゃみした
悪い噂だ
くしゃみした
大魔王がでてきたらいいのに
くしゃみした
肺がイカれそうになった
くしゃみした
風邪かな?早く寝よう
くしゃみした
みんなくしゃみで吹っ飛べばいいのに
くしゃみした
そうすれば俺は自由だ。自由になれる。
くしゃみした
ヤクルトでも飲む?口の中にハナクソみたいなの出来るやつだけど。
くしゃみした
鼻血でた
くしゃみした
ウエーン('A`)



430 :名前はいらない:2012/04/11(水) 00:41:32.58 ID:Pwm8Et5L
「鼻水」

わたしの鼻水はとめどもなく流れる

431 :名前はいらない:2012/04/11(水) 11:03:10.33 ID:N4SQwXcI
「ボンド」

BOND IN ME PLEASE !!!
BOND IN ME PLEASE !!!

俺の脳と心臓を直接くっつけておくれ
俺の心臓と腕を直接くっつけておくれ

REMOVER IN ME PLEASE !!!
REMOVER IN ME PLEASE !!!

俺の欲情と愛情を切り離しておくれ
あいつとあの娘の仲を切り離しておくれ

茶色の雨が降るこんな天気の日は
るり色のボンドを絞り出して空眺めるよ

足の裏に塗り付けて、床から離れないように

432 :名前はいらない:2012/04/11(水) 13:20:18.56 ID:qJNQFAsO
A daY LikE niTRo

たぎるような朝の光に
みじんにもかすかでない
妖気と芳香
はぜるときがきた
はぜるいまがきた

陸橋を突き抜ける
甲高い声と青い臭気
似ているやつらはない
好きなようにフェイドアウトしろ

かすれた汽笛に荒む夕暮れ
林道にさっと闇が走る
ただただ壊し足りなくて
中から秘めた熱がもれ出る
壊れた箱から新しいオモチャが出てくるように
不確かで不自由な闘争が始まる
ニトロのようなオレの一日

433 :名前はいらない:2012/04/12(木) 06:18:50.94 ID:FYSGRDhE
「猫パック参」

私が寝ている間に北からミサイルか何か飛んできた際には
わかっているね

いざという時のために日がな一日寝ること365日蓄え続けてきた体力を今こそいかんなく発揮し
必殺猫パンチを用いて北にそれをはたき返すのだ
事前に巨大化する必要がある場合屋根を突き破らないよう留意し
食事はもとの大きさに縮んでから摂るのが宜しい

指令は以上である


434 :名前はいらない:2012/04/13(金) 17:08:00.40 ID:ruok+de7
「しましま勇姿」

見よこの堂々たる出で立ちを

かつては「ただ寝てるだけ」と言われ
「下半身太り」と言われ
「でも可愛いから良いけどね」と微妙な誉め言葉を貰い

まんじりともせずいたずらに時を過ごしてきたが
ついに我にもこの時が来たのだった!

この手で叩き落としてやった
借りても仕方ないもの呼ばわりされたこの手で
愚かな人間の作ったつまらないものから
我が家を守ってのけたのである

我が一生に一片の悔いなし
ここにおいてこの吉日を猫日和とす


435 :名前はいらない:2012/04/13(金) 21:49:01.85 ID:WEXXsrTu
猫のポエム大好き

436 :名前はいらない:2012/04/14(土) 20:59:03.63 ID:cKOa2guH
ありがとう猫さん!
ミサイルから守ってくれて

437 :名前はいらない:2012/04/17(火) 04:56:24.88 ID:XHEyB0Jn
「生まれ変わったら」

人間になりたいかと訊く所存か?
愚の骨頂、無論生まれ変わっても猫である
猫人生万歳

わずか13gの脳と小馬鹿にする者は控えよ
我が頭脳の力量をいかんなく発揮したところで
人間ほど愚かな行為をすることはないのだ
三度のつましい食事を楽しみにしつつ
次のいざという時に備えて体力を温存する日々である

棲む場所があり飯にありつける
見過ごされがちなこの当たり前の幸福を
一日中寝て過ごすという形で満喫し全身で表現し人間の心を癒している
猫が猫たる所以それは常人の理解を超えたもの
深く問うでない

438 :名前はいらない:2012/04/17(火) 05:19:55.89 ID:XHEyB0Jn
「もろこしロケット」

小生が光の速さで叩き落としたものには
かの国の人々全員が一年間に食べる量のとうもろこしと
同じ価値があったそうである

とうもろこしのほうが良いことは小生にでも分かる
とうもろこしは美味しそうな匂いがするためである
我が主人は厳格な健康志向であるため
猫専用食以外は食したことはないが
あれは如何にも香しく美味に違いないのである

何故とうもろこしをミサイルにしたのか
小生には知る術もないが
あまりに勿体ない話ではないか
空を飛んだのが巨大なとうもろこしだったなら国連は怒らなかったであろうし
叩き落とす前に小生も少しだけ齧ってみたかったものである

439 :名前はいらない:2012/04/19(木) 13:16:51.79 ID:sUzw6LAq
「プライド」

二人とも
私の警告を無視して赤信号を渡ろうとした
それが負の連鎖の始まり

自信過剰のなせる技か
今はもう後の祭り


440 :名前はいらない:2012/04/20(金) 12:22:44.35 ID:OLNM6zrG
カンボジアの猫は突っ走りすぎたようだけどね

441 :名前はいらない:2012/04/21(土) 08:08:34.02 ID:Na60J56U
>>440
うまい

またぬこポエムが読みたい

442 :名前はいらない:2012/04/24(火) 13:42:38.86 ID:Zbozyyli
「青春」

ヤンキー

443 :名前はいらない:2012/04/24(火) 16:56:36.42 ID:8jHmV16f
「青春」

猫アレルギー小児喘息と歯列矯正

444 :名前はいらない:2012/04/25(水) 16:51:50.10 ID:CZYI/bmE
「青春」

服ばかり見ていた

445 :名前はいらない:2012/04/26(木) 07:06:50.52 ID:vhrwZ3iq
「清純」

時々すごくしたくなる
それも君とだ
こまったもんだ

446 :名前はいらない:2012/04/26(木) 14:37:20.59 ID:ypZRaReY
「産殖」

むしいっぱい
むしおいしい
おいしいよう

447 :名前はいらない:2012/04/26(木) 15:26:18.14 ID:vhrwZ3iq
「食欲」

昨日卵かけご飯を食べた
そのせいで産卵してしまったのだろうか
たぶん間違いない

448 :名前はいらない:2012/04/29(日) 23:10:12.42 ID:O9jgyl0b
「拷痾」

父ちゃんトーチャーやめて
夕飯は頬肉のステーキ
筋肉ないしお腹からっぽだし痛いから食べられない
もっと長くイキタカッタナア

449 :名前はいらない:2012/05/01(火) 01:41:48.00 ID:qGicvioz
「退屈しのぎのうた」

瞳閉じ過ぎついに目が潰れた

君を想い過ぎた果てはただの犯罪者

好き過ぎて愛し過ぎて、やがて可愛さ余って憎さ百倍

「素直になれない、それが素直な気持ち」
と素直になりたい

切な過ぎるけど一人じゃないから強くなれる気がする

“君に出会えた奇跡”が頻発
なあ、奇跡ってなんだろうな?
(最近じゃ二束三文で売ってますよ、お安いもんです)

君に会えなくて会いたくて、やっと会える
けどやっぱり会えない
今度いつ会えるの?
本当に会えるの?

桜舞い散る中でハラキリショー
辞世の歌を忘れずに

翼を広げ飛び立てば
太陽に焼かれて死んだ 私はイカロス!!

それでも止まない雨と明けない夜は無いんだ


450 :名前はいらない:2012/05/05(土) 18:28:49.76 ID:/ayASV+S
一般的に、誰もそんな簡単に嫌いにならないし恨みも持たないから問題なし
もし私のことなら、半年前より今の方が心が近いというか不安がないよ
思い込みとしても、私を認識し逢えてよかったと言ってくれてうれしいです
いつか近いうちにまた会えるといいなあ、大好き!

451 :名前はいらない:2012/05/05(土) 18:29:41.21 ID:/ayASV+S
例え皆が四六時中大好きだと言わなくても、何も心配しないでください
本当に特別な才能があるということは、素晴らしい事ですよね
自分の場合は、生き方や主張を尊敬できたのが始まりだったかな

452 :名前はいらない:2012/05/07(月) 23:54:49.56 ID:ZobfIwhH
いいなあラブラブなんだな!
あやかりたいなあ。

453 :名前はいらない:2012/05/08(火) 12:18:32.40 ID:dwteyfTl
「ひげ」

「お」持ち帰りで


「お」持ち帰りで


バババババババババババ

454 :名前はいらない:2012/05/08(火) 15:37:09.33 ID:41r3bsPN
赦される罪
赦されない罪
ゆるい罪

ナットのゆるみを整備士が見逃して
飛行機墜落死傷者多数

ゆるい罪
揺るがない罪
庭で柚子摘み



455 :名前はいらない:2012/05/09(水) 23:13:43.96 ID:x0s4eblj
大丈夫だよ
守ってあげるから心配しなくていいよ
いつでも笑っている顔が大好きだから
心はそばにいるから
大丈夫だよ〜
ねぇ聞こえてる?

456 :名前はいらない:2012/05/09(水) 23:41:08.43 ID:LDe0JB9x
今日は告白の日ですって?
勝手な気持ちを伝えていい日ですね
あの、えーと
その、んーと
...やっぱ何でもないですから気にしないで(照)

でも、最初の手紙の内容憶えていますか?
私が書いたあの内緒の手紙ですよ
あの内容はあなたと私しか知りえないから
秘密の暴露に使う意図があります
だから誰にも教えては駄目ですよ

457 :名前はいらない:2012/05/10(木) 02:12:05.23 ID:Hh6xfBHc
その手紙は残念ながら雨に濡れてぐちゃぐちゃに、なってしまったのです。
その事をいつきりだしたらいいか。ずっと考えていました。
もう一度手紙を書いて下さいませんか?
そしたらそれが二人だけの秘密になりますから。
誰にも内緒で…。

458 :名前はいらない:2012/05/10(木) 12:24:11.29 ID:ShaZIdci
手紙を君に送るよ
それは多分届かないけど

もしいいなら僕に返事をそれは多分読めないけど


六月の沖縄より

459 :名前はいらない:2012/05/10(木) 21:55:14.09 ID:MMuiKGOy
ゴキブリの巣を
君はみたことがあるかね
ゴキブリホイホイのことじゃない
ほんものの巣のことだよ

いばらの道さ
見つけるまでは
気晴らしなのさ
見つかるまでは



460 :名前はいらない:2012/05/10(木) 22:49:22.58 ID:YRFaM6xn
すねるよ
すねるよ

なんだおれこの格差社会実体験

おれ年収250マンいかないじゃん?
お前らおれの倍以上もらってるやん?

なのになんでおれの稼ぎを減らそうと躍起になってんの?

なんでおれの家族を不安に陥れて
子どもとか子供とか子どもとか子供とか
の立場を足元から崩そうとしてるの?

意味わからん

おれは仕事好きやし
どちらかというと自分のやったことには責任を持ちたいほうやから
少しは手が遅いのかもしれんよ

確認の時間がいるからね
ゆうても専門職やし、今までやってきたプライドもあるし
下手なモン作るんは素人さんのお仕事やと思てるし
次工程には迷惑掛けたくないし

そういう気概でやってるだけやんけ

しかもおれはお前らが跳ね散らかした泥を嫌な顔せず
ましてや自分の落ち度のように扱って
お前らの失点にならんように、おれが泥被っときゃ穏便に済むってな
考えで
やってきたやんけ

おれ、泥まみれや
泥まみれの250マン以下や

お前ら家建てて、車こうて、お前なんか40何階のマンション住んでるやんか?

おれ賃貸で、もうこの家賃払われへんから、引越しや

引越し、引越し、ああーーー!!引越し!!

461 :名前はいらない:2012/05/12(土) 20:02:43.83 ID:uQIgOS7V
「コンチェルト」

細胞の指差す方向
くぐもった視線雲の彼方に揺れる
その先にあるもの
若しくは無いもの

462 :二階堂新館 ◆3H/4wGejElAB :2012/05/12(土) 22:55:12.73 ID:KpJAtKnd
「グランド・ゼコールに恋して。今宵、頭痛、幻聴の中で股間をさする」

真夜中にそびえる暗雲
蹴れば音だけ戻るようで
呪縛された野犬の遠吠えが
困惑する雲に寂しさを問いかける
無知に自負した酔いどれが
紅色のネクタイをいやらしく解き
固唾をのみ目を反らした月明りに
本能に塗れた笑みを曝す
さて、沈黙に浸った湯船から上がり
はあ、星々を線路にして駆けてゆく玩具のSL
昇りゆく夢の先
肌蹴たバスタオルが
涎滴る私のチンコが
煙を授けるSLに
ぶらんぶらんと手を振った





463 :名前はいらない:2012/05/12(土) 23:16:56.86 ID:Sd+/+BT1
眉間の谷底に森を飼育する
その森の中の静かな小屋の倒れた花瓶の話
誰かが真顔で時間を巻き 薄目で運び出された
歩むことを考える 季節ごとに唇を噛みながら
熱視線をくれるな 何度も熱帯魚が浮沈する
奪い去る 指先で軽く圧して死んだ亡夫に潜む絶倫
切れた輪ゴム 骨の奥 燃える糸の先 這いまわる蟻 涼しい微熱
樹海の射精 駆けゆく岩石 転ぶ歓喜 土と花の快音 瓦礫の縁
ひしゃげたトルソー 鏡の雨 落ちた瞳 爪痕の比重 人のあやとり
海のありか 壁のない家 ねじれた入江 あわ立つ月 彷徨う余白
砂の滑車 瞬きの帰路 彼方に陽を打つ音
上の空に挟まった 錆びた蜜柑 可憐の枯れていくはやさに
踵が咲く 軋みに隠れるように 闇夜の茫漠から花裂していく

464 :名前はいらない:2012/05/13(日) 00:50:45.42 ID:gH/BcE5P
「熊蜂の飛行」

退屈だから誰か何か唄って
手も足も舌の先まで暇すぎてもうカラカラ
生きた年の数だけ触覚減らして
今じゃ息も指も回らない
ナイナイ騒ぎは終わりにして気晴らしに金環日食
なんか酸っぱいわ

465 :名前はいらない:2012/05/14(月) 06:10:35.53 ID:CyFE80Da
ハローハロー
喉越しの良い嘘大歓迎
三半規管が腐り落ちるほど見窄らしい本音に呆気
何食わぬ顔で皮肉を食い漁る其処の鬼にくれてやる
噛んでさえいれば満足できよう
好き嫌いも毒も薬もない
自分の不満を自ら飲み込んで喉に詰まらせれば良い
ホラそれが今までお前が勿体付けて与えて来たものの味
偽善者嫌いの独善者
お前の味だ

466 :二階堂新館 ◆3H/4wGejElAB :2012/05/14(月) 19:26:51.78 ID:6jSF9Dae
小雨、干あがって
無常、冷え切って
終局、お咎めなし
我、まどろみに伏す



467 :名前はいらない:2012/05/15(火) 18:01:48.57 ID:7zgHHa42
「プレイィングピアノ」

残念で
ホントウに申し訳ない
でも
シカタナクナイデスカ?

468 :名前はいらない:2012/05/15(火) 22:23:54.67 ID:aSYreckq
「サーフィン」

よつべで捜し物をしていたら
どんどんどんどんいろんな事にはまりだして
気がついたら明け方になってしまったようだ
そこではたと気づいた
何を捜していたのだろう
どうでもよくなった
また今晩捜そうか

469 :名前はいらない:2012/05/16(水) 16:56:26.92 ID:DngCgZui
「プレイィングピアノ2」

まだせつない



470 :名前はいらない:2012/05/17(木) 02:22:50.58 ID:3nPS4bLq
「備荒」

疲労困憊のくしゃみが止まらない
季節は芝か芝なのか
最後の一枚を半分ずつ使い
割り箸を思う

471 :名前はいらない:2012/05/17(木) 11:23:51.09 ID:3nPS4bLq
「痕」

再発なく経過は順調
次は半年後にもしくしゃみが止まらなかったら

多摩湖が茹だらなければ来てねとのこと
箱は元気に動いてるらしく一安心
ヒールの高さに感じる幸せ

472 :名前はいらない:2012/05/18(金) 23:53:34.54 ID:JTnRXOOK
手紙が届かない。ねぇ聞こえてる?

473 :名前はいらない:2012/05/18(金) 23:56:48.19 ID:G5g6Sjiz
入浴中にも思ったよ
やっぱり全部夢だしあり得ないと

474 :二階堂新館 ◆3H/4wGejElAB :2012/05/19(土) 22:11:32.75 ID:OjqBbF92
「ジレンマ」
地割れで颯爽と佇む
魔術師、街影を懐古する
糾弾する森の罵声
膝下と詫びて道を行く
犬の奇声は富士の種
孤児の足首擦り剥けて
闇に渦巻かれ溺れた過去を
冷たい風で瓦解する
見渡せば枯れた空
散りゆく麦畑
淋しいと不意にこぼれた涙が
小枝が朽ちた別れ道を
指差し、そして道しるべ
動かぬトロッコ耄碌する
言葉からまた言葉を手探りで
遭難した手の平に
浮かべた同期達の集合写真
外套の中にしまっておこう
そしていつまでも故郷を夜空に浮かべておこう





475 :名前はいらない:2012/05/22(火) 04:13:17.19 ID:/dNKqoEx
「門」

聳え立つ赤壁に近付いて見れば
人ひとり通れぬほどの狭さ
振り返れば確かに来た道のりは遠いのに
何と甲斐の無いことよ
汝無碍に慰めることなかれ
この心慰めうるは時ばかり
時の流ればかりなり

476 :名前はいらない:2012/05/23(水) 11:50:23.77 ID:BYPg7eSz
どうして俺だとわかったのかな

もはや三角関係どころか三十角関係くらいだよ

ただ、こうやって人間関係は円に近づいていくんだね

いずれは人類平和かな

477 :名前はいらない:2012/05/23(水) 13:38:38.91 ID:VmIQ8U/1
誰だか知らんが
人類平和どころかいずれは誰かに刺されて死ぬ運命だろう
お幸せに

478 :名前はいらない:2012/05/23(水) 17:58:44.71 ID:BYPg7eSz
文字どおり必死ですね!
あはは

479 :名前はいらない:2012/05/23(水) 19:13:21.24 ID:VmIQ8U/1
ごめん
もう飽きたわ

480 :名前はいらない:2012/05/23(水) 20:26:10.55 ID:vjxoWdWS
春キャベツ98円
むいていったら
どこまでも
ただのキャベツで
硬かった

481 :名前はいらない:2012/05/29(火) 05:42:58.97 ID:HCrASdMi
人類滅亡

482 :名前はいらない:2012/06/01(金) 01:12:41.48 ID:DPsXTIC9
お姫様、お姫様、

あなたの愛する王子様は深い林を通り抜け

月の花の精に逢いに行ってしまわれますよ

お姫様、お姫様、

どうか意固地にならないで
悲しいおまじないに頼ってでも結ばれるべき運命です

それは例え王子様が考えるのをやめたとしても


お姫様、お姫様、


483 :名前はいらない:2012/06/01(金) 16:29:12.10 ID:+66lo+/6
「バイク」
 
バイクが好きだ
毎日乗りたい
気持ちいい
チョー気持ちいい
それは北島康介
バイクに一画足してみた
バイタになった
バイクと売女は似てる
どっちも誰でも簡単に乗せる
どっちも乗ると気持ちいい
チョー気持ちいい
それは北島康介

484 :かもめ7440:2012/06/02(土) 01:06:24.95 ID:CGblmRqg
「何も語ることがない」
http://plaza.rakuten.co.jp/showshowshow/diary/201205170004/



たとえば 宇宙で ただひとりきりのような孤独が・・

そうさ 存在を意識するあまり 実在が夢となる時間が・・

床の上に散らされた唾のように 見えてくる――

感情のないふりをするのが 巧くなった 僕でさえ

偽物の涙は やはり 美しいのかも知れない・・



485 :名前はいらない:2012/06/03(日) 02:40:32.17 ID:dI8rmsla
そっと無視してよ
そっと
見つめられると視線感じる
チラッと見て目は合わせないよ
水槽の魚ように自由に泳ぎたい
ナイーブな感性の独身貴族なのだろうか
偶然出会って
みつめないで

そこに何を見出したの
不自然に感じる
みつめる視線
二十歳に向けてよ

ワタシあなたの気持ちに触れた?

好みは様々あれど
恋は自由
だけど・・・
対象?ワタシ?
ありえない
ありえない

どうしよ
あのハートマークモード・・・


486 :名前はいらない:2012/06/03(日) 02:47:29.91 ID:dI8rmsla
水槽の魚だけど
自由に泳ぎたい

水槽に入れられるほどの
価値あるきれいな魚じゃないけど

487 :名前はいらない:2012/06/03(日) 02:50:11.00 ID:dI8rmsla
ワタシには恋の季節ではない

488 :名前はいらない:2012/06/03(日) 03:06:06.64 ID:K/HBhofi
「三差路」

私は昨日には戻らない

父親の責任を果たす能力のない
人の子を宿すわけにはいかないから

血の気のない白昼夢なら一人で見続けていよう
楽しく慎ましく安らかに

489 :名前はいらない:2012/06/03(日) 03:45:36.65 ID:dI8rmsla
血の気が60ぐらいまで
ありそうな

過酷な月のサイクル
捕らわれたまま
慎ましく過ごすよ

そっちの枠の慣れた心地
居心地良さ感じながら

ウソッ、40で血の気終わったの
大勢耳にした

なんでなんで、新記録ギネスはいいよ
自問自答

使い道のない旅はつづく

いい加減もう慣れたな
慎ましいにも



490 :名前はいらない:2012/06/03(日) 04:19:12.88 ID:NM3f00t4
てくらてくらと さざんきなみや
らだんらだんと まきらじあるか

なためてみれよふ きのきのあじま
れくなかきろふみ あなんとじれんぱ

たったったまいん らなみくとらみは
そのるむじのすき できまたろうぜ

てきるてきると きんなみとらじは
とくらとくらと できたまろうぜ

491 :名前はいらない:2012/06/04(月) 06:00:51.50 ID:w0xuUOsj
「orangutan」

一、時間がないお金はある仕事はある
二、時間はあるお金はない仕事はない

さて結婚できないのはどっち?

ネトゲ三昧のニートじゃ
どうにもこうにもならないよ
転ばぬ先の杖のことなんか考えないぜというなら
結婚も子育ても向いてない
独身貴族という名のウータン
いつも自分で駄目にしてる

492 :名前はいらない:2012/06/04(月) 09:49:53.31 ID:qlG86ia4
「腸」

( )
( )
( )
( )
( )
( )
( )
( )
( )
( )
( )
( )

493 :名前はいらない:2012/06/04(月) 13:03:07.75 ID:w0xuUOsj
「糸瓜」

妊娠出産は女がやるしかないのに
家事はできない躾はできない
学校の勉強も教えられないし常識も教えてやれない

そこまではまだ何とか許せても

その上稼げないんじゃどうやって生活していくの
稼ぐのも女がやるの?

どうせ浮気もするんでしょう
妻だけじゃなく子どもへの裏切り
そんな結婚に何の意味が?
生まれてくるだけ子どもが可哀想


494 :名前はいらない:2012/06/04(月) 13:21:43.79 ID:w0xuUOsj
「苦瓜」

再発したら妊娠したまままた入院だし
病院と相談しながら計画的に進めてるのに
夏頃にはやっと抗生剤も抜けるのに
減薬も進めてきたのに

あんたは何を考えてるから次の収入源確保できないまま
仕事辞めてきたの?
疲れたから?すぐ次が見つかると思った?

このご時世に見つかるわけないのに馬鹿だわ

495 :名前はいらない:2012/06/04(月) 20:00:15.24 ID:iq3jC/RY
避妊せえよ

496 :名前はいらない:2012/06/05(火) 01:41:56.47 ID:wXLoVGyO
そうじゃなくて
病気になったからこの先半年くらいの間に妊娠できなければ
もう一生子供産めないかもしれないの
だから病院行って医者に相談しながら考えてるのに避妊しろ?
的外れにも程がある

497 :名前はいらない:2012/06/05(火) 01:48:37.48 ID:wXLoVGyO
いいよね男は
今が永遠に続くと思ってるんだから

498 :名前はいらない:2012/06/05(火) 01:50:11.51 ID:Ml8Nuwr3
なるほど意味不明

499 :名前はいらない:2012/06/05(火) 04:32:18.35 ID:SuiuJWEs
「眉間」

夢は夢のまま
たまに忘れても誰に怒られることもなく
都合の良いときだけ思い出し現実逃避の箱庭で昼寝して

また目覚めては現実生活とのバランスをとる
そんな生き方が正しいように思う

実際には浮気のひとつもせず
慎ましい日々の生活を貴び
荒れ果てた世界を知ってもそこから目を背けず
かといっていたずらに怒りに任せて自暴自棄にもならず
荒れ地にも生きる小さな草に目を向け
もんどり打って地味な道を生きていこうと誓う
無様なくらい必死に


500 :名前はいらない:2012/06/05(火) 12:22:19.06 ID:Ml8Nuwr3
誰かにとって都合のいい君を やっぱり僕は欲しくてたまらないんだよ

だけどどうやったら君を手に入れたことになるのかな

狂おしく求める僕を 君が受け入れてくれ
しかも永遠の喜びとともに
誓ってくれよ その心身のすべてで

そうすれば納得するから
とにかく、僕は完全な納得がほしいんだ

君が完全に少しの兆しもなく疑う余地もなく
僕が君の中で死ぬまで一番でありつづけるということの証明を
君の恥らいと肌とそのせつない眼差しとで

腕の中で暴れ回る時間の中で

まだ誰かにとって都合のいいままの君のことを

僕だけのものにさせてよ

501 :名前はいらない:2012/06/05(火) 18:52:22.29 ID:SuiuJWEs
>>500
なるほど意味不明
きっとそういう仕事してる人を好きになると
そんな気持ちにもなるんだろうね

「おろち」

目と鼻の先にある欲望
鼻と尾の先にある妄想
呑まれれば全身毒づき
再起不能な酸素を吸い
もがこうが退路は無く
表皮を剥ぎ削ぎ落とす
生きた魂の墓場に注ぐ
柔らかな雨が奪い去る
足跡の細く頼りない幻

502 :名前はいらない:2012/06/06(水) 01:34:47.23 ID:3jtRLoYX
気持ちに理解示してくれてどうも

あと上司の不倫相手の子とか
その子も苦しいんかもしれんけど、その子を好きになった自分とか意味不明すぎる

仮に結ばれたとしてもそんなものきっと
残りカスとしか思えないのに


503 :名前はいらない:2012/06/06(水) 04:10:49.42 ID:/bldMt2S
>>502
残りカスとは酷いなw
自分としては職場でそんなことになって
仕事のほうは本当にちゃんとできているのかを疑ってしまうけど
それは置いておくとして

自分は不倫したことないけど渦中にいる人は一種の高揚状態にあるんだろうと思う
心が病んでいて手に入らないものにしか魅力を感じない人というのはいるし
彼女は必ずしもその上司じゃなくても良いんだと思う本当は
後ろめたさや逆境のある関係に燃え上がるパターンにはまってしまうと
不思議なほど何度でも不倫を繰り返すようになる

若くて大事な時期を不倫だけで過ごしてしまって
結局婚期を逃して一生結婚できずっていう女性は珍しくないらしいよ
しかも頭のよい優秀な女性に多いとある精神科医が言ってた

そういう不毛な関係を止めさせる方法の一つとしては
あっけらかんと応援してあげることだね
その上司を褒めちぎってみるとか
そうするとその女性は不意をつく予想外の反応に驚くのと
「私のほうがよく知っているのよ」と
むしろ逆のことが言いたくなって上司の短所に目が行くようになり
そのうち自然に冷静さを取り戻していく可能性もある

彼女の女友達は同性だから止める側に回るほうが効果的だけど
貴方が男ならただ口で言って止めても無駄かな
今度は貴方自身が彼女に、都合の良い男にされてしまうよ
彼女が目を覚ますまで気長に待つことができるなら
つかず離れずで話し相手になっておくのが一番だろうね

でも不倫してしまうような精神的に不安定な女性をあえて好む男性もいる
もし貴方がそれに当てはまるなら
彼女よりまず貴方が病んだ心を治さないと彼女にも悪影響
彼女が貴方と上司の間を行き来することで心の安定を保っているなんて状態になると
ますます不倫が恒常化して
貴方の存在そのものが火に油を注ぐ結果になるから

貴方がどういうキャラなのかによってはこの方法は効かないかもしれないし
余計な口出し、とんだ勘違いだったら申し訳ない

504 :名前はいらない:2012/06/06(水) 10:26:05.65 ID:Ybn+W7iw
これはそう 詩文
あたらしい 詩文
わたしには よくわからないけれど
きっとそう 詩文
わたしには ………  にしか みえないけれど

505 :名前はいらない:2012/06/06(水) 11:48:07.70 ID:3jtRLoYX
>>503
おお
こんな御明察をまさかこんな場所で頂けるとはw
やっぱりみんな病んでるのかなストレス多いし


上司の方とは会社で頻繁に接点あるんだけど、
彼女とはないのね
だから幸い仕事に差し支えはない今んとこ

でもさっき事務室で仕事してるの見て
ドキドキしてしまったw

不倫の事実も目撃情報とか噂で知ったことで、
グレーゾーンなんだけどそれだけに妄想が膨らむというか

ちなみに上司のキャラはドSのヒトラー型
まだイケメン保ってるアラフォー

彼女は声とか小さくて周りに合わせて笑ってるようなキャラの二十代後半
その上司を通して俺も話す感じ
端折ったけどこんな感じ

506 :名前はいらない:2012/06/06(水) 11:55:54.82 ID:3jtRLoYX
ただ、今は思いを抑えてる感じだから
あんまり何らかの方法をとれる感じでもない
事実かどうかも分からんし…でも秘密だったら
分からんよね

でもアドバイスさんくす参考にします

507 :名前はいらない:2012/06/06(水) 15:00:33.52 ID:QanFgNc3
夢の中で
すごく悲しそうな表情のあの人
空港かな?
俺はその手をとって必死に二人で何かから逃げてた
突然暗い道に変わる
手を握ってた彼女が急にいなくなってる
そしたら彼女が泣きながら俺の名前呼ぶんだ
昨日はそこで目が覚めた
  かーちゃんが俺の名前呼んでた


508 :名前はいらない:2012/06/06(水) 15:00:48.73 ID:QanFgNc3
別に昨日の夢が特別ってわけじゃない
何度も見たよ
大きな円形のお風呂がいくつもあるビル?
暗くて冷たい階段に俺と彼女が並んで座ってた
黒い人型の影に囲まれて怖がる俺
いつのまにか彼女の肩に寄りかかって眠ってた(夢の中で眠った)
目が覚める(夢の中で)と温かかった彼女が冷たくなってて泣きながら姉ちゃんの名前叫んだ
そこで目が覚めて泣いてたまた救えなかったって思った


509 :名前はいらない:2012/06/06(水) 15:01:05.85 ID:QanFgNc3
夢の中で
エレベーターがいくつもある建物の中を俺と彼女は二人で逃げ回ってた
エレベーターを使って逃げようとするけど
ドアが開いた瞬間炎に包まれるんだ
どのエレベーターもそう
逃げ場がなくてもうだめかと思った
でも廊下の突き当たりの右側に非常用の突き破れる窓があった
俺はその窓を割って先に彼女を外に出そうと思った
彼女が一歩踏み出したところで
俺の目の前で燃えた
そこで目が覚めた
夢で何度違う死に方見るのもう辛い


510 :名前はいらない:2012/06/07(木) 02:32:32.82 ID:9HB995IB
>>505
その話だと恋愛相手として好きなのか、噂に刺激されて性的妄想が膨らんだだけなのか
まだよく分からない感じだね
でも噂を聞いて彼女をそういう目で見るようになったのは貴方だけじゃないかもしれない
そういう意味でも女性にとって不倫は悪いことのほうが多い
同性の友達は離れていくし異性には性的好奇心の目で見られるようになって
人間関係の負のスパイラルを生んで結局は孤立し人間不信になる原因を自ら作るようなものだから
本当は絶対にやめたほうがいいんだけど

ここで言っても仕方ないか
余計なこといろいろ言って申し訳なかった
貴方にとっても彼女にとっても良い方向に進むと良いね

511 :名前はいらない:2012/06/07(木) 03:01:54.92 ID:9HB995IB
>>509
夢の中で同じ人が何度も死ぬのなら
その夢を見た回数の多さだけ貴方はその人に対して依存度が高いと言えるかも

ちなみに他の人が死ぬ夢も見る?
親が死ぬ夢を見続ける子どもの場合だと
父親が死ぬことは滅多になくて母親ばかり死ぬパターンが多い
本当に死なれたらこの先自分が生きていけるかどうか分からない重要な相手ほど
夢の中でよく死ぬ

家庭不和の子どもは親が死ぬ夢をよく見る
その人との関係の中で自分の命や生活に大きな不安を感じていて
実際にその人を失った場合に備えて
無意識に夢の中でショックに耐えるための練習をしている

目覚めたあと昼間もずっと引きずるほどの酷い悪夢を毎晩見続けていると
眠ること自体が怖くなって余計に眠れなくなる
そのうち身体的にも支障が出てくる
人間関係や生活環境を急に改善するのは難しいから根本解決にはならないけど
病院で症状を話して眠剤を出してもらうほうが良いかもしれない

体の休息をはかることが心の安定にも繋がる
ただ眠剤すら効かなくなったら
人間にはもう他に眠るための手段がない
眠剤の効き目も常用すれば少しずつ落ちてくるから
まだ効き目があるうちに周囲との人間関係を少しずつ変えていけるのが望ましいよ
費用が許せばカウンセリングを受けてみてもいいかもしれない

余計なお世話かもしれないからこのレスは流してくれて構わない

512 :名前はいらない:2012/06/07(木) 12:19:55.76 ID:Zr2js+zE
>>510
優しいレスありがとう
いえ女性目線のアドバイス的確で超ためになります
こちらこそ喋りすぎ申し訳ない


たしかに彼女がそういう立場に追い込まれていく可能性高いすね
どうしたもんかね

それと性的妄想の割合も高いけど、百パーではないと思う
なぜなら恋愛みたいに胸が苦しい感じがして
久しぶりにポエムたから

ところで今日は彼女休みなんだけど、
上司もなぜか休みなんすよ

うーん、妄想が膨らんで辛い…

513 :名前はいらない:2012/06/07(木) 18:02:41.87 ID:9HB995IB
>>512
偶然同じ日に休んだなら良いけど、もしそこまで堂々と不倫してるとなると…
裏を取るのは簡単だろうから奥さんが慰謝料請求してきたら彼女は奥さんに慰謝料支払わないといけなくなるね
よく分からないけど彼女がそれも分かってて不倫してるなら
よっぽど覚悟があるんだろうし誰が何言っても仕方ないかもしれない
会社の上司じゃ、既婚者だってこと知らなかったんですっていう言い訳もできないし

どうしても彼女じゃなきゃいけないほど好きなら別だけど
あんまり…深入りしないほうが良いかもしれないよ

たとえ上司が離婚したとしても慰謝料もってかれて生活費は苦しくなるし
アラフォーじゃまだ会社での地位を確立しているほど強い立場でもないんじゃないかな
万が一私情で会社を辞めざるをえなくなったとき
どちらが辞めるにしても先が危ういと思う

自然に別れてくれれば一番良いけど
別れたら別れたで彼女は職場に居づらくなるだろうし
かといってすぐ移動先や転職先が見つかるかどうか

倫理観の問題以前に不倫っていうのは賢い行動じゃないんだよね
貴方自身も疲れてるのかもしれないよ
まだ直接関わりがない状態なら、少し距離置いて考えてみたほうが良いかもね

知り合いでもないのにいろいろ言ってしまった
噂だけで、実際には不倫してないといいね

514 :名前はいらない:2012/06/08(金) 12:25:57.02 ID:P7Lrec50
そうすね
会社の中なんで否応なしに噂とか立ちますしね
家庭に知れたら悪者扱いとか

いやしかし噂がたっても裏でズルズル身体だけの関係が続いてるとか
無くはないかも…

とかむしろそういう妄想とか嫉妬との戦いすね

言われたように彼女が周囲からもそんなふうに見られてるなら
大変すね
あまり深いりしない方が賢明かな…

ちなみに今朝はまだ二人見てない
これはべつに変な意味じゃなくて

また進展あったらポエムてに来るかもしれません
おかげで冷静になれて良かった


515 :名前はいらない:2012/06/09(土) 06:13:04.85 ID:xRA4B0HL
「テトラの風景」

失って初めて気付く現実の心許無さ
鼻緒の擦り切れた草履で今にも絶えそうな夢を引き摺り
もう既に事切れているかもしれないウサギを温める
一縷の望みがあるならと願う眼差しの先で
どろりと雨だれが伝う
流れ星さえ歪む

516 :名前はいらない:2012/06/10(日) 20:31:16.60 ID:FzGmxhGW
「露わな骨」

知れば知るほど嫌いになるのは悲しいことだね
自分にだけは誤魔化しが効かなくて
離れていく心を止められない
どんな時でも自分のことしか考えられない貴方は…
青白い顔をした病人に切った手首を見せようとする

彼方とは家族になれない
というよりなりたくない
それが純然たる答えだった


517 :名前はいらない:2012/06/11(月) 01:27:05.97 ID:SknCbJAo
「紫陽花」

雨模様が続いて
紫の上のことを考えていた
彼女クールでにこりともしないの?
ねえ、本当のことを教えて
あなたは幸せですか
ご祝儀沢山渡したし
何とか祝福できるようになったのに
また気になってしまうよ?
余計な世話焼いてごめんなさい

518 :名前はいらない:2012/06/13(水) 05:31:25.86 ID:zXyTUzsi
「マニマニママニマニ」

ゼロの調和と 踊り狂う蝶々の舞
薔薇鰊と神保町
皇族かぶれの肛門唇
カキカキカキと笑ける涙
進路指導も床に伏せ
桃太郎かな四捨五入

519 :いとうまい棒:2012/06/13(水) 23:27:14.17 ID:jp9bionG
「果物」

丸々と膨らんだ果物は
まるで妊婦のようだ
果物を齧ると
種をつつんだ肉が甘く甘く砕ける
種を吐き捨てて溢れる果汁をすする
この果物は
まるで妊婦のようだ

520 :名前はいらない:2012/06/14(木) 03:09:14.04 ID:d5FF9oob
「メリエルの憂鬱」

燃え盛る咳の嵐
のうのうと威張る老人共
朱辛子と神の子
悶え苦しむ若女将
人外は塵外と化し
肉の破片は屑と散れ

ああ、薬指が見つからないのだわお母様。

521 :名前はいらない:2012/06/14(木) 04:05:23.17 ID:QdtpqgPH
「アルマーニ」

男の筋肉なんぞ興味はない
むしろ嫌いだ
でも毎日鬼のように見ていると
そのうち見慣れる
単純接触効果を実感
彼の裸体は最高傑作
だからそろそろ…入れてね

522 :名前はいらない:2012/06/17(日) 07:29:14.95 ID:Ds41LMmg
「臈纈」

終わりに向かう軽やかなステップ
裂けていく夢の狭間にぽつり

傲慢な同情心に掻き乱され疲弊してゆく
彼女ならもうこの世にはいない
そこには香りさえ残らない
恙無き永久の浸食

523 :名前はいらない:2012/06/18(月) 00:55:50.73 ID:iAN2TqeU
過去形に意味があるなら伝えたい

孤独に耐えかねた私は詰まらない間違いをしたけれど
冷静さを失ってそんな馬鹿なことをしてしまうほどに
あなたが居なくて寂しくて悲しくてあの夜泥酔したの

愛してた
ごめんなさい
でも頭おかしくなるくらい愛してた

524 :名前はいらない:2012/06/20(水) 16:00:49.58 ID:C5WSCgef
自分から何度もまた会えるかって訊ねておいて何で逃げたのだろう?
まあ、いいけど。近寄るほどに、欠点ばかり目に付くだろうから。
だいたい八雲等が全く平気で、不細工が衝撃的ってのもおかしな理屈だよね。
他の人たちに才能も理解も負けてるし、どうあがいたらこの競争に勝ち抜けると言うの?

ええ、無駄な努力はしませんよ。
どう考えても逆立ちしても私なんて相手にしないのでしょう?
もし無垢の笑顔とかある種の専門知識とか、何か具体的なものが必要なら言って。
何も実務的なこと出来ずにいたけど、もし私に出来ることがあれば何でもするから。

ねえ、新緑が目に眩しくて、栗鼠や鹿やラクーンに癒されている毎日?
周囲の環境を変えるといいものが生まれることがあるの?
感覚研ぎ澄まされて、天啓に導かれて何か書いたりしているの?
とにかく元気一杯で活躍しているようだから、安心しています。

525 :名前はいらない:2012/06/20(水) 16:57:58.57 ID:TDA8JpEc
>>524
もう諦めたら?

526 :名前はいらない:2012/06/20(水) 17:39:14.50 ID:AwcCWWx0
うんこぶりぶり漏らしマシーンが現れた!
「だあれ?あなた?」
うんこがとまらないよおおおおらめええええええええええええ
狂ったフリしたいなら首吊って死ねばいいのにと笑う君の名前は知らない早く死ね!!!!!!!!!!

527 :名前はいらない:2012/06/21(木) 05:25:09.89 ID:oTHBcB0S
「愚問」

敢えて神に問う
なぜ人の能力を過剰なまでに不均衡にしたのか
そして答えはないのだろう
それもいつものことだ

528 :いとうまい棒:2012/06/21(木) 20:53:59.89 ID:piqfdFWo
「はには」

わたしのはには
たべもののかす

はにわのはには
なにもない

529 :いとうまい棒:2012/06/21(木) 20:58:07.62 ID:piqfdFWo
「豆腐」

国産大豆の豆腐には消泡剤

消泡剤ぬきの豆腐には薫蒸した外国産大豆

遺伝子組み換えでないとかなんとかこだわっている振りして

どこかで妥協をしてしまった

いやないやな豆腐 

でも豆腐に罪はない



530 :名前はいらない:2012/06/21(木) 21:18:58.62 ID:8hqlUdnJ
恋に悩んでいる人いるようですね

それにしても、どうして恋すると
ため息って出るんですかね?

何か満たされないんだけど、不思議とイヤじゃなくて
ため息がまた出るみたいな

夢 the愛4 恋si

でもどうしても寂しい時は、まったく知らない人と話すと
意外と落ち着いたりしますね

単なる気持ちの問題だからかな?

531 :名前はいらない:2012/06/21(木) 21:21:56.94 ID:8hqlUdnJ
ちなみに夢路いとしこいし、と読みます

532 :名前はいらない:2012/06/22(金) 06:47:54.80 ID:r3i3eSaR
「ながらみ」

…が入る瞬間のスーパースロー
あの名前は響きが美しいんだ
もう聞くことがないことは残念だが忘れまいと思う
意外とハゲてなかった

明日は豚登山家で寝ずの番
雨音助く闇の外

533 :名前はいらない:2012/06/22(金) 14:40:51.92 ID:DouKpakN
「ラレーノ」

ならん

534 :名前はいらない:2012/06/23(土) 07:27:55.30 ID:PG3PZTnI
「サロペ」

馬鹿って言ったら言った人が馬鹿

まるで虐められっこの苦肉の捨て台詞のようだけど

あれ意外に本当だよ

馬鹿なんて言ったところで馬鹿な人にはその意味が理解できないのだから

言うだけ無駄で逆切れされるだけ

死ねとか殺したいとか言われたりね

そもそも言ったところでその人の馬鹿が直るわけでもない

言ってどうにかなる人とどうにもならない人の見極めができてないんだよね

だから馬鹿って言った人が馬鹿

同じことを繰り返すのは記憶力が悪いせい

それは偶然でも天災でもなく自ら引き起こした失敗

嘆き続けてるつもりで本当はすぐ忘れてる

究極のオプティミスト

535 :こんにちは:2012/06/26(火) 15:52:03.83 ID:8vhs7xTS
Sさんですか??
もう限界です。疲れました。降参します。
また、なにかあったのですか?

536 :こわいよう:2012/06/26(火) 17:11:05.38 ID:8vhs7xTS
お願いだから、もう私生活、覗かないでね。
また嫌なことあったのかもしれないけど気にしないほうがいいよ。
きっといい人見つかるよ。そして誤解しないでねコミュニティーサイト利用はDさん承諾済みだよ。
それにメールのみだよ。もし変なことしてたら、とっくに夫婦駄目になってるよ。
あのひとは、私のうそは全部わかるんだ。しぐさや、表情で。
だからもし、誰かを好きになって浮気とかすることあったら。
1番に打ち明けるよ。みんなにもね。わたしはそういう人間です。
だからそんな覚悟で寄ってくる人なんて世の中いないから。
逆によくできるなと、不思議に思うよ。Mホさんにしてもね。

人違いならごめんなさい。和解したっかたよ。
昔はめちゃくちゃ、誠実ないい人だったから
良き理解者だったからね。
もう、あなたがどんな人かよくわかったよ

さようなら。もうかかわらないから。
もうすぐ記憶が完全に消されるよ
私のことは忘れてね。私も離れるよ。





537 :名前はいらない:2012/06/27(水) 01:26:58.40 ID:RFsPBsJ2
誰も他人の私生活覗かないよ。これっぽっちも心配するな。
幸せにしている事だろうし、それがこっちの望みだから干渉はしない。
和解だと?もう訳のわからないこと書くなよ。

さようならで本当にいいんだな?本気だな?そっちが言ったんだぞ。
1日たりとも忘れたことなかったけど、忘れられるように努力する。
心にかけてくれた事に言葉にならない位感謝している。最高に幸せだった、有難う。

538 :名前はいらない:2012/06/27(水) 03:48:06.29 ID:6rDLj8sg
>>535-536
>>537

>>534を書いた者だけど別れるなりなんなり好きにすれば

「覗かれてる」だの「本気だな?」だの

お互い相手を勘違いして見ず知らずの人と喋ってるんだろう

2人とも本当はとっくに振られてるんだろうね

是非病院に行ってください


539 :名前はいらない:2012/06/27(水) 03:56:15.60 ID:6rDLj8sg
少なからず貴方(たち)を混乱させたろうから断っておくよ

自分は過去を思い出したりしていろいろな異性のことをここに書いてる

書いた側からしたらどうして同じ一つの話に聞こえたのか不思議だ

540 :名前はいらない:2012/06/27(水) 10:42:43.19 ID:bt1KAe+C
「鉛筆」

鉛筆の持主はよりシャーペンを好んだ
だから鉛筆は削られさえせずにゴミ箱行きとなったのである

一方で違う持ち主の鉛筆は毎日削られやがて充分に短くなった
だから違う持ち主の鉛筆もゴミ箱行きとなったのである

541 :名前はいらない:2012/06/27(水) 10:51:23.88 ID:bt1KAe+C
「定規」

遅くとも2120年までに

542 :名前はいらない:2012/06/27(水) 11:56:02.53 ID:klLQETeC
だよねー
被害妄想ってこわいね!

543 :名前はいらない:2012/06/28(木) 20:39:33.16 ID:OgJPOM8g
「業」

人より楽をしたい得をしたい大金を手にしたい
モテたい相手を自分の自由にしたい愛されたい好かれたい
欲深い人間ほど簡単に騙される

544 :名前はいらない:2012/06/28(木) 20:48:30.91 ID:PK++5hhL
tes

545 :名前はいらない:2012/06/28(木) 21:24:17.35 ID:UcsNHYtr
tos

546 :名前はいらない:2012/06/28(木) 21:25:36.10 ID:UcsNHYtr
attack

547 :名前はいらない:2012/06/30(土) 01:41:42.45 ID:k/2/jBGZ
普段は白いワンピースが好きなんだけど
クラオタのあの人とちょっといい場所でデートした時には
周囲の雰囲気考えて初めて黒いドレス着てみた
穴みたく?とかで地味っぽくした訳じゃなく
黒で少しはやせて見えるかなって思った
普段履かないハイヒールや余りしない化粧で気合
今となっては全部甘酸っぱい思い出だね
心のどこだろう?どこかがきゅんと痛いな
しかしマジでやれば人間って変われるものだと思ったよ
本当に感謝しているよ、色々と気がつかせてくれてありがとう
ああそうだ、これからは犬みたく人の顔色ばかり伺ってないで自分大切にしなきゃね

少なくとも友だちではあるとは認めてくれたように思ったんだけど
悲しいかな、勘違いだったようだね
何で不機嫌になって八つ当たりみたいなこと言ってきたりする?
気に障るようなこと言った覚えはないのになあ
嘘なんて自分の憶えている限りで吐いたことないと思うしね
大真面目に質問してもちゃんとした答えはなくて
大きな林檎齧って灰かぶりさんと一緒に死んだふりか
正直お互い何やってんだか訳がわかんないんだけど
その訳のわからなさが興味深いというか何と言うか...
自分もこんな意味不明のことを書いていいのかどうか迷うけど
とりあえず今思ったことを徒然なるままに書いてみたよ

548 :名前はいらない:2012/06/30(土) 03:32:18.70 ID:V0Jfpyra
「真っ黄」

どこの誰が書いたかわからないポエムを読んで
 どれもこれも自分のことを書いていると思い込む
  そうそれは統合失調症
   周囲が皆で共謀して自分を監視してると思い始めたら末期

    「誰も アナタに 興味ない です」

      地球は自分を中心に回ってるのが当たり前でそこに疑問が入り込む余地もない
       何度とがめられても自分に都合よく解釈して復活する
        もう何年も限りなく同じことの繰り返し
         日本語も崩壊しており語彙に一貫性がなく全体として意味をなさない

          自分と全く関係のない不特定多数に話しかけては
           嘆き悲しみ途方に暮れ暴言を吐き勝手に立ち直って自分の中だけの物語を作り続ける
            まさに究極のオプティミスト

何も通じない

549 :名前はいらない:2012/06/30(土) 04:17:22.33 ID:V0Jfpyra
「最大限の余白」

寝起きに耳にした聞きなれない旋律は
夢の中で作ったらしいパッとしない音綴り
100円ショップの有線で流れる瓜二つ売れるはずもない
一発屋にもならずに散って行ったどこにでも咲く花

空は青くそこに意味はない
しかしだから何だ
終わりの見えない自問自答の答えは出ているし出ていない
人に尋ねて分かるはずもないハレルヤ

軽々しく使われる表象
身の毛がよだつほど嫌い
そもそも意味が理解できていないのは遠くからでもすぐ分かる
ファッション性
螺旋状の滑り台
無知の無知という罪深さ

どうせ貴方たちにとっては沢山あるものの一つに過ぎない
痛い思いなんて人生で一度も経験したことがないくせに
流行?そんなノリで人の大切なものに軽々しく触れるな
奥底に潜んだ軽蔑の眼差しを見抜かれないままでいられると思うな

苛立ちと怒りを抑え沈黙してきた長い時間
今更取り戻す術はない
気のふれた見知らぬ同席者の声はただただ耳障り
闇と夜とそれだけ

550 :名前はいらない:2012/06/30(土) 11:16:11.17 ID:5wWuXM25

首相官邸前で15万人の大規模デモ原発再稼働に抗議福島からも駆けつけチベット虐殺 首相官邸前で15万人の大規模デモ原発再稼働に抗議チベット虐殺福島からも駆けつけ 
首相官邸前で15万人の大規模デモ福島からも駆けつけ原発再稼働に抗議チベット虐殺 首相官邸前で15万人の大規模デモ福島からも駆けつけチベット虐殺原発再稼働に抗議 
首相官邸前で15万人の大規模デモチベット虐殺原発再稼働に抗議福島からも駆けつけ 首相官邸前で15万人の大規模デモチベット虐殺福島からも駆けつけ原発再稼働に抗議 
原発再稼働に抗議首相官邸前で15万人の大規模デモ福島からも駆けつけチベット虐殺 原発再稼働に抗議首相官邸前で15万人の大規模デモチベット虐殺福島からも駆けつけ 
原発再稼働に抗議福島からも駆けつけ首相官邸前で15万人の大規模デモチベット虐殺 原発再稼働に抗議福島からも駆けつけチベット虐殺首相官邸前で15万人の大規模デモ 
原発再稼働に抗議チベット虐殺首相官邸前で15万人の大規模デモ福島からも駆けつけ 原発再稼働に抗議チベット虐殺福島からも駆けつけ首相官邸前で15万人の大規模デモ 


551 :名前はいらない:2012/06/30(土) 11:48:35.84 ID:/XRmNcyp
匿名掲示板だからじゃないの?

気付かず何かを求め過ぎるから騙されるというか
誤解や勘違いが生まれるというか

名無し同士でどうにかなることはないよ

しかしここは落ち着きますな

552 :名前はいらない:2012/06/30(土) 11:51:15.85 ID:/XRmNcyp
アノニマスの独り言

553 :名前はいらない:2012/06/30(土) 11:59:34.18 ID:/XRmNcyp
そうそうこの間はどうもありがとうございました

結局何の進展もないままどうでもよくなってきた

勘だけどもうあの二人は切れてますね

自分がそう思いたいだけなのかもだけど
考えても仕方ないし

これまで通りにやるだけやね

554 :名前はいらない:2012/06/30(土) 14:44:48.98 ID:VTCZMj8e
一人一人
一人一人
一人一人
一人一人
一人一人

五匹のネコ


555 :nil:2012/06/30(土) 16:35:31.01 ID:1owfXQhC
>>547

君とは
ずっと親友みたいな関係でいたい
そう思っていた
君も同じ気持ちだっただろう
俺が軽はずみな行動をしたのは
俺の側のやむにやまれぬ事情で
それはつまり神に試練だったんだ

念のため言っておくが
君は俺の理想にかなり近い
美人だし聡明だ
でも、だからこそかな
安易にセックスまでいくのは憚れるようで
慎重になっていたんだ
君を大切にしたかった
君との関係を大切にしたかった
ずっと親友でいたかった
きっと俺と君は
誰よりも分かり合えたはずだ

でもお互い子供は欲しいから
結局はセックスするのかな
添い寝するだけで十分満たされるのにな

年上なのに年下みたいな君と
年下なのに年上みたいで年上好きな俺
いつか再会したら、またゼロからやり直そう
それが君にとって救いになるのなら
もう誰も邪魔はしないだろう


556 :nil:2012/06/30(土) 16:52:08.49 ID:1owfXQhC
神々も今度は赦してくれるはずだ

557 :名前はいらない:2012/06/30(土) 17:38:15.23 ID:k/2/jBGZ
>>548-9
ID:V0Jfpyra氏、仮にでも私に対し立腹されたのであれば以下を読んで欲しい。

調子に乗って悪かった。大変反省している。今後ネットには何も書き込みしないから、許して欲しい。
実は自分自身が一番病気を心配していて、自分はおかしいのではないかと気にして常に自己点検している。
DSM-IVの診断基準を満たしていないので、その病気では現段階ではない。妄想と言えるほどの強い念は
なく、こうして否定されれば馬鹿なこと書いたと恥じ入る程だ。誰にでもある、思い込みの範囲内だと
思うが、思うだけでなく実際書き込んだことを今は悔いている。尚、幻聴をはじめとする幻覚は一切ない
ので心配しないで欲しい。仕事も問題なくこなしている。

自分としては、相手しか絶対に知りえない事が書かれている場合にのみその人が書いたと考えることに
していたが、推測に依拠した非合理な判断が含まれていたかもしれない。
誰も私に興味ないことは、私自身が一番よく知っている。重ねて謝罪する。
出来れば、嫌なことは全部忘れて欲しい。もう何も求めない。氏のご健勝を祈る。

558 :名前はいらない:2012/06/30(土) 18:09:37.56 ID:V0Jfpyra
>>557

別にそんなに謝らなくても良いけど
自分が書いた詩に何度もおかしなレスがついて単純に気持ち悪かった

片方は携帯で書いてるんだろうけど改行も不自然で
別IDだが同一人物かもしれないと疑ったほど
出会い系サイトにしたって相手が実は自分と同じ男だったなんてよくあることだ
同性に言い寄ってくるようなことを書かれたら生理的に拒否反応が出る

あなたがnilさんとどういう関係か知らないし興味もない
許すも許さないもない、あなたは赤の他人
自分はただいつも通り気ままに書き込むだけだ
ありきたりだが最後に言わせてほしい

本当に知り合いならメール交換でもして他でやってくれ
メールが届かないならそれが真実だろう

559 :名前はいらない:2012/06/30(土) 19:46:37.11 ID:VTCZMj8e
今北産業
黒字好調
事業拡大中

560 :nil:2012/06/30(土) 20:15:39.17 ID:1owfXQhC
>>559
その節はお世話になりました。
貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。

561 :名前はいらない:2012/07/01(日) 22:10:54.47 ID:4czy3mCs
恋って叶わないものなのかな?

誰だって頭の中で繰り広げられるみたいな日々
君と過ごせたらと願ってる

春色の笑顔 ふいに訪れる心ときめく瞬間に
もっと近づいて話したいこと 幾つも浮かぶから

どうか夢に変わらないで

心はいつも君の姿を求めてる

たとえこの身体が消えても
永遠に消えないでいて


562 :名前はいらない:2012/07/01(日) 22:14:21.71 ID:4czy3mCs
ポエムたよ

563 :名前はいらない:2012/07/01(日) 23:34:34.66 ID:Bef3d0rw
女は墓地で男の子と出会う。
最古の墓への冒険。初めての禁忌。
蛇は脅かし誘惑する。女は墓地を去る。


564 :名前はいらない:2012/07/02(月) 06:24:11.52 ID:1R20i0ts
「今朝みた悪夢」

呪いあれ呪いあれ呪いあれ
あんなもん納得できるかい?!
イベリコ豚に呪いあれ

565 :名前はいらない:2012/07/02(月) 14:53:47.79 ID:3lwlVwFK
木蓮 水仙 もうもたない
白餅 緑餅 緑餅に潜む
鳥に気をつけろ

566 :nil:2012/07/02(月) 17:34:35.05 ID:hY8BynbW
社会の歯車になるのは苦痛じゃなかった
内定をとった会社に尽くそうとまで考えていた
いい会社だと思ったからね
一応IT系だから入るまでは激務故のブラックであるか疑っていたけど

少なくとも30歳までは居ようと心に決めていた
フッでも、神の試練が始まってしまったのさ
神曰く、世界で唯一、俺にしか耐えられない絶望が与えられた
目の眩むような希望と共に

今は会社を辞めてよかったと思っている
本当にやりたいことができるからね
俺にしかできない方法で
俺がやるべき俺にしかできないことを


567 :nil:2012/07/02(月) 18:40:32.15 ID:hY8BynbW
ちなみに激務かどうかは部署によるらしい
規模の大きな会社だしね
激務な部署だと残業代が青天井で
入社2年目でBMWを買った社員がいるという伝説もある
俺はその時思ったね
むしろ残業をたくさんしたいと。
しかしやりたいことを優先して、割とマッタリな部署を選んだ
最前線で会社に貢献したかったんだ

その会社を検索すると2ちゃんねるのスレが出てくるけど
書かれている内容は信用しないほうがいい
書き込んでいるのは社員じゃなくて
学生や派遣の人たちだったりするから

568 :名前はいらない:2012/07/04(水) 01:56:30.53 ID:tpJ9wR9O
このまえ窓から逃げた蚊が
またやってきた
ブンと腕を降ったら
風に巻かれ暫く消えた
また耳元までやってくるだろうと
待っていたがじきに眠る
蚊はプスと針を指し
謳歌する

569 :名前はいらない:2012/07/04(水) 02:48:30.04 ID:x6VK2C7N
「食す」

あるいは本当に美味しいのかもしれない
あの味が分かるのは通だという人もいるだろう
けれどあれはあれはどう見てもあれだ
刺身に近いというより生肉みたいなものというより
まさにつきのもののかたまり
あれを自らの口に運びつづけた勇気ある女子の英姿を讃えたい
グッドラック

by厚労省

570 :名前はいらない:2012/07/06(金) 00:00:42.02 ID:esHw+q4S
青い人
やはり君は朱色の夢を見るか
赤い涙を流すならそれもいい
緑の君は
君は紫色の海の上で
黄色に上る
水色の太陽

571 :名前はいらない:2012/07/06(金) 00:31:44.54 ID:siahSKG5
ちんこーちんごーしんごー
裸の王様ー裸に王様ー裸になった王様ー裸になって王様ー私がハダカなのはお前らが悪い!

572 :名前はいらない:2012/07/06(金) 02:09:21.25 ID:VN5Y8UQZ
電気を点けずに夜のトイレで用を足す。
やがて目が慣れてくる。
陶器の白が、柱の焦げ茶が見えてくる。
でも俺の姿は見えない。
無機物の奴らでさえ存在を主張している。
俺の姿は未だ見えない。闇に溶け込むこともできない。
蚊が五月蠅く鳴く。畜生、俺は何だ。

573 :名前はいらない:2012/07/06(金) 02:22:14.53 ID:kJSDgmIv
自分の背中なんてなんぼ探しても見えへんねん
棚のキンチョール探すほうがええねん
おっちゃん先週かなそのことに気付いてん

574 :nil:2012/07/06(金) 08:37:26.92 ID:hHzJpb84
神がサポートに憑いている天才は日本に10人居る。
大いなる宇宙神(この宇宙を創造した者)との契約により一国あたり10人以内と定められているからだ。
この10人が神託を受けることのできる霊能者である。
同じ国に違う宗教が混在していても最大数は変わらない。
大いなる宇宙神が10人と定めたのは面白い。
人間と似たような形態をしていると考えられるからだ。

日本の10人はいずれも神道の属する。
日本では多数の宗教が混在しているが実質支配しているのは神道の神々である。
仏教も力があるがその性質上支配権は放棄している。
弱者の救済という目的があるからだ。
神道と仏教は強調関係にあり絶妙なバランスを保っている。
日本が古来より(←本当は間違った表現)「日本人」というアイデンティティを保ってきたのはこの二大宗教があるからである。
他の宗教が入る余地はあまり無い。
仏教の問題点として寛容すぎるという点が上げられる。
仏教から派生した(あるいは利用した)危険な信仰が生まれ易いからだ。(オウム真理教など)

アメリカを支配するプロテスタントのヤハウェも仏教を取り入れたいらしいが、現状不可能である。
一神教という性質故、寛容さに欠けるからだ。
私が先日、某サイトでキリスト教やユダヤ教が本当は多神教であると書いたのは実はヤハウェの意思である。
科学技術が隆盛を極めた現代においては一神教的な厳密さが歪みを生むため
多神教的な柔軟さを欲したのである。
私にそれを書かせたのは仮にアメリカで同じことをやると、書いた者が暗殺されかねないからである。
私の文章に宿ったヤハウェの意思はネットを介してじわじわと広がりつつある。


575 :名前はいらない:2012/07/06(金) 16:35:58.96 ID:Nj3ttOPo
「スーパー定規」

でも何かの長さを測るとすれば
申し訳ないけれどそれは虫の体長だ

手が真っ直ぐな線を描くことができなければ
人に見せるかもしれない表のために
定規を使う

背中がかゆい
棒状のものを探す
定規があれば家族に頼まなくてもいい

100年後定規はゴミ箱行きだ

576 :シオン ◆poetsyov/2 :2012/07/06(金) 20:12:33.17 ID:5SYxY/sq
昔の人は偉かった。曲尺一つでどんなものでも割り切れた。

577 :名前はいらない:2012/07/07(土) 23:34:57.59 ID:zW45OrIZ

「ロック聴きながら書きました」

ピッグ ショット ピッグ
私は忘れる事が出来ない 
鼻先で笑う
しでかした?
高説にて貶め
占いを好み
木の葉にも命が有ると謳いながら
人生には涙が付き物?
人生には躊躇が付き物?
人生には・・・
形質は違えど愛するという陽刻を打たれ
永久に泣けど紛う事は許されぬのか?
同じキャンディー
同じ味
舌先でトラブル
pig shot pig
大好きだから命が
歌はロジックを持たない
安心を携えた音域の中でそよぐ静動の交わり
光線が思考し
光線がその中で壊滅し
瞼に陽の光があたると
私はその意味しか分からなくなる
コーク・キャンディー
ジェラシーの味しかしない

578 :名前はいらない:2012/07/08(日) 05:22:35.12 ID:R5b9EYN9
「自慢話」

小さい犬ほどよく吠える
能ある鷹は爪を隠す
短冊に願い事でも書いて織姫と彦星に祈れ

579 :名前はいらない:2012/07/09(月) 02:38:13.64 ID:fS6zaaS1
生憎その日は日本にいない

580 :名前はいらない:2012/07/10(火) 00:44:26.66 ID:7DCexlyB
なんで?

三才頃から抱く疑問

581 :名前はいらない:2012/07/10(火) 02:23:58.34 ID:FBp2gxN9
「人の話聞いてない人」

最初の3ヵ月は流産しやすい
そんな時期によりにもよってあんなとこ行こうとは思わない
自分一人なら危険は厭わないけれど

半年も前にちゃんと話しておいた
一年のうちいつといつ渡航の可能性があるか
知っててわざわざその日を選んだのはそっちが会いたくないからだろう

こっちの予定は何か月も前に決まっていたので変えられない
しかもこれを逃すともうチャンスがない
正直あのドンピシャのスケジュールは嫌がらせとしか思えない
よほど会いたくないのでしょうね

582 :名前はいらない:2012/07/10(火) 02:41:01.21 ID:FBp2gxN9
「人の話忘れる人」

選挙のことさえも言ったはずだ
ニュース見たらすぐ分かる
確かに今行くのは危険だけど危険というならいつも危険だし
妊娠中に行くことほどには無謀じゃない

583 :名前はいらない:2012/07/10(火) 03:07:39.20 ID:FBp2gxN9
「言い訳」

100%の条件が揃ったことなんて一度もない
いつも何か無理して繕ってどうにか帳尻合わせするしかない
試験だって仕事だって何だってそう
状況のせいにする人間はたとえ100%の条件が揃っても結局大したことはできない

この世の中そういうもんだろう
知っているはずだ
受験当日に生理が来て気が遠くなるほど具合が悪くなったからって点数にハンデがつくか?
なにもないどんな理由があろうと世の中結果がすべてだ
500点満点で498点とる女子はそんなもの乗り越えてはるかはるか遠くにいる

一部の人間がうだうだ言ってる間に
そういう人間はどんどん先へ進んでいく

584 :名前はいらない:2012/07/10(火) 03:52:48.52 ID:FBp2gxN9
「経過」

今日で半年
水着を着るのはまだ無理だけどもう病人じゃない

585 :名前はいらない:2012/07/10(火) 13:16:16.16 ID:1rnVw0SW
「空疑」

今さらだけど
いかに自分が理解されてなかったか改めてよく分かった
好きって言われてもあなた私のこと知らないし受け入れないじゃない

性格も考え方も分からないのに好きって
いったい私の何を好きだったの?

586 :名前はいらない:2012/07/10(火) 13:26:20.43 ID:1rnVw0SW
ここまでやっても変わらないならもうどうしようもないと思って切った最後の札だった

諦めがついたよ

587 :名前はいらない:2012/07/11(水) 13:20:25.85 ID:NZqP5RzJ
「無題」

鼻毛が万里の長城のように伸びていた
それでこそ君だよ

588 :名前はいらない:2012/07/11(水) 21:04:30.45 ID:wYz+W74h
シンシンの赤ちゃん………。残念。

589 :名前はいらない:2012/07/12(木) 03:11:10.51 ID:kvuyLhgd
うむ〜、お腹の中では育ってたのに
子育てが分からない孤立環境飼育

人間を見てる様だ
生命
残念だ

590 :名前はいらない:2012/07/12(木) 03:15:36.52 ID:kvuyLhgd
飼いならされたネコよりは8ヶ月にもなれば狩りも上手に
人はネコ ネコは人

学びやに



591 :名前はいらない:2012/07/12(木) 03:36:09.49 ID:guTd5ytg
ライバル

消しゴムで、鉛筆を書く
食べられる鉄道を、食べないで吐く
走らないようにしながら歩かないで、止まらないようにしない
直接を曲げないで、円を作る

592 :名前はいらない:2012/07/12(木) 03:46:35.35 ID:guTd5ytg
眠い

ハウス、うぎゃあ、キャラメル、高層ビル、寅
汚いわ、π、社会マン、回廊、アチャー
毎朝、風邪ひき野郎、カレーキッチン、粒メダル、わちゃあ
金の、奇声、ベルト、太陽光、喉、トンカチ、ひゃあー

593 :蜃気Low:2012/07/12(木) 13:38:39.32 ID:C7iAXoHK
やらず仕舞いの思考を ひねり潰すか夜の帳 咲く花に愛は無しでも感情の造花 人間もそうゆうものか

車内昼寝 当たり前じゃない毎日の線引 ハイかアンダー どちらのマイライフ 味わった物勝ちだろ 幅広く 羽ばたかずも繰り出す 言語に ボキャブラリーはあるのかも見えず 気がつけば繰り返す性衝動の波を越えて またあした

594 :名前はいらない:2012/07/13(金) 16:42:06.52 ID:uoBHVFVh
本日未明の豪雨にたたき起こされた。

595 :名前はいらない:2012/07/13(金) 19:59:55.17 ID:uoBHVFVh
今眠い
今寝たらまた夜中に目が覚めそうだ
あーねむい
駄目駄目駄目駄目

596 :名前はいらない:2012/07/14(土) 19:32:21.38 ID:aTQmY+JY
我々は全員片思いですが
 それでも青梗菜が好きなの

597 :名前はいらない:2012/07/15(日) 21:53:45.51 ID:BFuQB119
青梗菜は嫌いです

598 :名前はいらない:2012/07/15(日) 23:39:19.45 ID:asU8uanR
ごめん、不機嫌ですか?
おっさんも嫌い?

表現に注意するよ
その辺の人みたくずっと友だちだよーは
技術的にはちょっとなあ


599 :名前はいらない:2012/07/16(月) 15:33:56.05 ID:pm6Hwj2s
全然不機嫌じゃないかもよ
もの凄く年上の女だったり
男かもよ

600 :名前はいらない:2012/07/16(月) 23:13:20.34 ID:4kjEVsFM
網戸を開けるとあの頃の匂いが入ってきた
クーラーを使っても同じだ

601 :名前はいらない:2012/07/17(火) 18:09:26.31 ID:FQwxF95F

スーパーサイヤジン3

には

腕がなれません

霧が 出てこない

カードキー の

ハイソサエティな

ホテルはありませんか

パークハイアット新宿

に 移動致します

KOMANECHI

仲間由紀恵 ブス




602 :名前はいらない:2012/07/19(木) 01:20:40.17 ID:U3zC+1eJ
ふわふわの

わたしの心に

おちんぽこ

603 :名前はいらない:2012/07/19(木) 01:46:54.55 ID:cwA1Dxlj
らららーふらららーぷらららーどらららーきらららーらららーあらららーまらららーらららーしらららーこらららーまらららーらららーだからーらららーひらららーうらららーらららーだからー

604 :名前はいらない:2012/07/19(木) 01:50:24.07 ID:cwA1Dxlj
1たす2は3たす4は7たす5は12たす6は18たす8は24たす9は33たす10は43たす11は54たす12は66たす

605 :名前はいらない:2012/07/20(金) 09:55:06.91 ID:frZTLBr3
「父の責任」

ものすごく
速くまばたき
コキザミニ

606 :名前はいらない:2012/07/22(日) 21:36:14.16 ID:6zu2WCIG
恋心は冷めてゆくのかな?

うつろう時間とともに

あるいは自分の忘れようとする努力によって

どうすれば君を手に入れられたのかな

いつか終わる恋ならば いっそのこと勢いで結婚するとか

思いが最高速の夜に 後先考えない行動に出るとか

またひとつ失われた輝きは 小さな星になりました

ああ 真夏の夜空はきっと人生の空しさのようだね
いくら見上げても届かない 永遠に

607 :名前はいらない:2012/07/23(月) 01:03:10.12 ID:cI0BP3AF
窓を開け

夜空にため息

おちんぽこ

608 :名前はいらない:2012/07/23(月) 03:58:16.19 ID:zAFbRTaJ
tossル

609 :名前はいらない:2012/07/25(水) 00:57:53.68 ID:XYD3zI5M
ー緑色の乳首ー

金曜日の夜に
窓から顔を出して
下の階の人に
唾を吹きかける
そんな毎日

でもこの前
市役所の人が来て
私自身
もうなにもかも
わからなくなって
窓から
家にある石鹸を
全部捨てた

素直になれない

610 :名前はいらない:2012/07/26(木) 11:42:35.40 ID:nZK0FT2Z
愛する心が深まる
遠くからでも
終わらない愛情
年上に持つ母性愛?

611 :名前はいらない:2012/07/27(金) 12:48:09.49 ID:E+T1Alnm
(´・ω・`)
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/slot/1343344290/981

612 :名前はいらない:2012/07/27(金) 12:50:08.72 ID:kWxVoqH5
次スレが立たない
スレが荒れてる
お腹減った
はよ(´・ω・`)

613 :名前はいらない:2012/07/27(金) 21:29:22.19 ID:r2tolcR+
あなたには

夢を求めて

おちんぽこ


614 :名前はいらない:2012/07/27(金) 22:11:11.60 ID:nBN8fWdz
くそファックアンチジャストフォアユー

ああ四つ足で駆ける醜きアンチよ
歯磨きを怠ったその歯茎からおぞましい血を垂れ流し
言葉にならない叫びをあげて
影に飛びつき牙を立て
ああ愚かで醜いかわいいケモノよ
なんじらは自分で立つことが出来ず
その汚れた前足で誰かの体に縋るしかないのだな
ああウンチでアンチな小物なケモノよ
愛を受け取れ
偉人の偉大なファックユー
それが愛の名

615 :名前はいらない:2012/07/27(金) 22:11:56.57 ID:nBN8fWdz
ケモノのうめき


迷える子羊
カルチャーの光をその手で遮り
自身の目玉を掻きむしる
闇に囚われ闇を好む
歯茎剥き出しの憐れなケモノよ
偉人は手を差し延べ述べる
我が手を取りなさい
我が手は神の意志
神の意志にて作られしこのゲームを手に取りなさい
そしてやりなさい
幾度と繰り返しやりなさい
それは修業それは導きそれは祝福
すべてを受け入れよ
カルチャーは我が命
我が家我が親我が妻我が子我が心

616 :名前はいらない:2012/07/28(土) 13:40:11.53 ID:0qowVtZh
無限がいいです

双子素数の一桁目の奇数連続数字が13579、全部揃っちゃったらみんな飽きちゃう。
だから無し。
断絶でやり直せる。
新しい人どうぞ。
双子は一発ギャグみたいなもんだよ。
子供たちへ説得力のあるプレゼントを。
生きるのは楽しいよ。
繰り返し遊べるように演繹を演繹しよう。
一桁の中にだけ込めることが出来るポジティブな志向性を、
断絶が救済するなんてね。

617 :ベトベトさん:2012/07/28(土) 14:43:27.20 ID:0qowVtZh
にくしみをころせ

第一部
にくしみをころせ
にくしみをころせ
にくしみをころせ
第二部
きんたまきんたまきんたまバツグン!(彼女の前で)
きんたまきんたまきんたまバツグン!(ご家族の前で)
きんたまきんたまきんたまバツグン!(公衆浴場等で)


618 :ベトベトさん:2012/07/28(土) 14:53:36.59 ID:0qowVtZh
綾鷹

綾鷹飲めば全てが変わる
どうすりゃいいか分かるもの
どうすりゃいいのか分かるもの
これまでどうすりゃいいか分かんなかったんだろう?
分かんなかったんだろう?
いま分かったんだろう?
ならいいじゃないか
行けばいいじゃないか

619 :ベトベトさん:2012/07/28(土) 16:04:30.25 ID:0qowVtZh
小澤征爾のタクトが唸る

ひゅんひゅんひゅん!
ヒュンヒュンヒュン!

二つの音は違うのだよ?

620 :ベトベトさん:2012/07/28(土) 20:54:58.31 ID:0qowVtZh


このやり方でいいのかな?
だめでも自信を持ってやったほうがいいよね。
うまく行かなくても経験値にはなるから。
出来れば時の循環とか表現したいんだ。
それが適正であることを示したいんだ。
説教臭くないようにね。
それだとスベっちゃうからね。

621 :名前はいらない:2012/07/29(日) 01:45:02.34 ID:rPOdisi3
気付くのだ

瞳を閉じると

おちんぽこ

622 :ベトベトさん:2012/07/29(日) 06:15:50.30 ID:JI09MfTG
井上陽水の歌

いつか迎えに行くから、そこに居なよベジタリアン
瞬きもせず、逆立ちの夢

623 :ベトベトさん:2012/07/29(日) 06:19:37.45 ID:JI09MfTG
『ゴジラ対ブリランテ』

思いついただけなんだ
言ってみればいい、言わないと、
この夏生まれた虫の数と死んだ虫の数で、
死んだ虫の数の方が多くなっちゃうだろう?
セミの啼く声だけじゃね・・・
もっと宇宙全体ヌレヌレにならないと

624 :ベトベトさん:2012/07/29(日) 16:57:29.16 ID:JI09MfTG
猫を

猫を蚤とり櫛で梳いてあげた
蚤が何匹か取れて
記憶を食む龍はほどけて、蛇になったね
しばらくは地を這うけど、おいしいものを食べなね
しかしにゃんにゃん
お前は何故仏壇で眠るのか

625 :ベトベトさん:2012/07/29(日) 20:21:14.88 ID:JI09MfTG
プレゼント

ぼくのどうしようもない人生はさておき、
あなたは正しい螺旋を手繰りなさいね。
作品を示す人の気持ちはそういうものだ
もう少し外の話をすると、
蒲田行進曲の流れている宙域とか
エンターテイナーの流れている宙域とか
そういったものが図らずも形成される

626 :名前はいらない:2012/07/29(日) 21:31:33.21 ID:rPOdisi3
熱帯夜

そこにあるもの

おちんぽこ

627 :ベトベトさん:2012/07/30(月) 12:38:04.01 ID:VdDztM3H
全能園児

中途入園初日、砂場で王を名乗った
我は王にして城塞なり
以来、白いものを見るたびに、その大きさだけが意味であると思うようになる
歯医者よりも遊園地は大きく
遊園地よりも造船所は大きく
造船所よりも入道雲は大きい
あの入道雲を自らの更なる城塞と見立てて、身勝手な憧れを抱いた幼子は
今や雷鳴を呼び寄せる少年へと成長した
この季節、小さな雲は、もう形を形のまま留めておけないとばかり
少年に向かって降りてくる
遠く入道雲が地平線にはりつくあたりは、知らないうちに奥行きが増している
あの雲の下には見知らぬ街があって、簡単にはなじめない喧騒が溢れているんだ
「まだ踊ったことのない祭りに連れて行ってよ」
青年のまなざしが未来を決定する
いつかインディアンのようにすがすがしい魂になれたら
アマガエルの邪法であの入道雲を全て雨に変えてみたい
そして、雨上がりの光り輝く大地には、あなたが教えてくれた大地の歌を
やがて新しい祭りが渦を巻くだろう

きっとずっと先の話
龍のそばで眠るようになって以来、君は荒々しいことばかり夢に見る

628 :ベトベトさん:2012/07/30(月) 12:46:57.88 ID:VdDztM3H
よくわからん勃起

よくわからんタイミングで
意味不明の勃起が起こる
エロいこと考えてるわけじゃないのに
誰のせいだ!おまえか!
ここは子供も遊ぶ公園です
ちゃんとしなさい!

629 :ベトベトさん:2012/07/30(月) 12:50:02.93 ID:VdDztM3H
ガキども

蛍を花火で焼くな
殺すぞ
親知らずも生えて来なさそうな細いアゴしやがって
その奥歯ガタガタいわせたろか
これから半年、笑い方のぎこちない奴にしたる!

雪が降ったらそれで何か作れ
絵の具撒いてもいい
血でもいい

630 :ベトベトさん:2012/07/30(月) 12:55:08.47 ID:VdDztM3H
カクテルカクテルカクテル

おいおい娘さんや
モス子ミュールじゃないか
飲めもせんのに、そんなにあおるから入口か出口かわかんなくなるんだよ
受け売りだけど今夜は君に言いたい
「全部出口だよ」
あっちでレッドアイ飲もう
たった一滴でも完全な赤

631 :ベトベトさん:2012/07/30(月) 13:08:56.16 ID:VdDztM3H
やさしさについて

あなたは青魚を素手で触っても火傷させないほど冷たい手をしている
でも、ときどき全部いっぺんにひっくり返せって言うよね


632 :名前はいらない:2012/07/30(月) 14:21:27.25 ID:K+687i/P
あの公園で考え事をしていた。人の心を照らす光になるにはどうしたらいいんだろうってね。
泥水の下で咲くことが出来なかった蓮のつぼみの存在を知った。
その意味もぼんやりとわかってきた。できることなら水上で美しく咲いて欲しい。
そう願うことは欲や偽善なんじゃないの?って誰かが言った。そうなのかもしれないね

今日また1つ四葉のクローバーを見つけた。
きっと花は自分の力で今でも咲こうとしているのかも、生きている限りその力を信じたい。
生まれるよりもずっと前に詩をかいてみなよっていってくれたんだ。奥が深くてわたしには書けないんだけどあなたには詩の才能がある。どうか素敵な物語を書いて

633 :田中はいらない:2012/07/30(月) 14:55:45.29 ID:PxHHGFLZ
喜ばしき夏


ああ
今年も夏がやってきた
沸き上がる熱
雲一つない空
空はその頂きに太陽だけを据えて
じりじりと焼け付くその御姿に
あまりに神々しいその御光に
彼を一人にしてしまうのだ
そう
偉人は孤独
偉人は孤高
ただ彼のその偉大な在り方は
全てに熱意をもたらし
全てに道を指し示し
全てに光を
ああ偉人よ
その偉大さを誰が笑うことができよう
汝は光
汝は熱意
何より汝は夢である
ああ偉大なり偉大なり
御社長は永遠なり

634 :田中はいらない:2012/07/30(月) 15:21:27.29 ID:PxHHGFLZ
はかなき命


何処までも澄んだ空
帽子の影から滴る汗
そして地面に転がったはかなき命
もはや声高々と叫ぶことはできぬ
もはや青い空を目指して飛ぶこともできぬ
しかしいくら迷惑がられても
彼はそれらをやり遂げた
そこには善も悪もなく
ただそれだけが真実なのだ
ならば馬鹿には出来やしない
太陽は全てを差別せず
分け隔てなく照らしている
ただそれだけが真実
ただそれだけが真実

635 :名前はいらない:2012/07/31(火) 00:51:33.37 ID:xF90lEcO
花開き

色香を纏う

おちんぽこ


636 :名前はいらない:2012/07/31(火) 02:17:24.52 ID:m+NiMFMS
おちんぽこ


はいらない

637 :名前はいらない:2012/07/31(火) 02:42:41.81 ID:m+NiMFMS
今日帰りに君に挨拶できた

心の中に映し絵のように残る君

親しさを感じて 嬉しさを感じたとしても
感じの良い人とはそういうものだから

この間より少し仲良しになれたかも

なんて思うけどこれは君の普通なんだよね

だけど首をすこし傾けただけの挨拶が
こんなに嬉しいなんて

僕の普通はなんだか少し

基準がおかしいっぽいね

638 :ベトベトさん:2012/07/31(火) 07:14:57.77 ID:MsnCxkUd
スイカが安いよ

全てのものに値段を付けれるか試してないクセに
何もかも安くなる
あなたはため息にさらわれて、アホクサイ砂漠に立っていた
「終わりの風景」だ
だけど、絶望するより先に
鳥になったら渡れると思え

うん。

たった一つの心をなげうって
勇気を確かめたあなたに
しつけの利いた夕立が降る
すすがれた心で覗き込まれた金魚は
果てしない幸せのなか

639 :ベトベトさん:2012/07/31(火) 08:01:44.25 ID:MsnCxkUd
おちんぽこ帝國

おちんぽこよ
お前のことはムスコだと思ってる
お前の望むことは何でもかなえてやりたい
スポーツ競技で頂点に立つ栄光も
学歴でプライドを磨くのも
私は協力を惜しまないだろう
行くお前を誰も止められない
しかし、本懐を忘れるな
せっくすだ
せっくすせっくす
せ;・。@///−*****************////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////**くすせっくす
うちのやりチン猫があばれましたすいません
おちんぽこよ
せっくすが大事だぞ
相手のあることだ
お前はカチンコチンコで自信満々だがそれが女性に喜ばれるかどうかは一概に言えないんだからな
それと上手すぎても盛り上がらないんだからな
おたまじゃくしの時に覚えた泳ぎ方だけでやっていけると思うな
体があってホントウによかった
貴女のからだもなかなかです
こことそこが簡単にはいかないのがむしろうれしいよ
夏中研究したい
広告はこういうのがいい
「今年が最後の夏です」提供セミ
しかし早漏はだめだ

640 :ベトベトさん:2012/07/31(火) 08:14:04.11 ID:MsnCxkUd
シャドームーン

君の存在が物語の始まり
どんな奴なんだ?
好きな食べ物は?
花とか好き?動物は?
人間嫌いなんだよね・・・
君の使命が気になる
だから時間の感覚域を無限に拡張する必要があったんだ
あるとき君を許せるようになった
君の敵にしかなれない自分も
そして今あいつが気になる
ブラックサン
ブランクサンだ
「太陽よ愛に勇気を与えてくれ」と歌う
ブラックサン

641 :田中はいらない:2012/07/31(火) 15:31:55.59 ID:qWlXZDvt
茹で蛸


じりじりと照り付ける太陽
それは正義に燃える偉人の姿
全てを照らす太陽光線
それは歪みの無い偉人の視線
偉人の心
偉人の夢
ああアンチよ
何も持たず何も生み出さずただ不幸を喜ぶアンチよ
お前は偉人の眼前に晒され
生娘の様に顔を赤くして俯いてしまうのだな
偉人の素晴らしさに
自分の醜さに
しかしお前は思い立つのだな
次は偉人に相応しくある様にと
それがお前の道
お前の夢

642 :田中はいらない:2012/07/31(火) 22:11:01.67 ID:qWlXZDvt
アンチ


君たちは何に怯えている
君たちは何から逃げている
自分達が何処に立っているのかも知らず
懸命に動かす手足は虚しく宙を書いている
ああ悲しきアンチよ
忘れないで夢を
こぼさないで涙
だから君は飛ぶんだ
何処までも

643 :田中はいらない:2012/07/31(火) 22:12:40.81 ID:qWlXZDvt
バカファック


田中さんは完璧、無敵、魔的にモテ期
夢はでっかく世界CHAMP
アンチのヒガミ、ネタミに屁コキ
空は悲しみ目を覆い、指の隙間から涙を流す
しかしそこは田中さん
即座に地駆け宙を舞い、三回回って闇を裂く
龍と化しては天へと昇り、稲妻の如く悪をつんざく
晴れる空
青い天蓋
中央に偉人を据えて冴え渡る
ああなんとまぶしき有様よ
影という影が暴き尽くされ
アンチが焼き尽くされていく
しかしあなたは太陽
あなたは闘い続けるのだろう
あなたは夜明け
あなたは若さだ喜びだ
孵ったばかりの雛鳥だ
野犬は醜く駆けていき
朝日が地平に現れる
ああ偉大なる大社長
そして美しきカルチャーのコラよ
未来は貴方達にたくされた

644 :名前はいらない:2012/07/31(火) 22:49:51.97 ID:xF90lEcO
太くても

硬さも大事よ

きりたんぽ


645 :名前はいらない:2012/07/31(火) 22:51:04.24 ID:+rdEzLF3
最低賃金フォーエバー

貧困それは現代社会における不治の病
炎天下
焼けたアスファルトに蝉の抜け殻一つ
おにぎり食べたい
おにぎり食べたい
と泣く飢えた子供たち
ああおにぎりが自然に増殖したらどんなに世界は幸福か
ふと見ると
蝉の抜け殻が増殖していた

646 :田中はいらない:2012/07/31(火) 23:47:57.97 ID:qWlXZDvt
夢見る偉人


ふかふかベッド
やわらか枕
あったかい布団で眠るんだろうな
僕もかえろお家へかえろ
でんでんでんぐり返って
アンチはくたばれ
23:59までには眠れ眠れ
00:00まで起きてたら
お前らの枕寝ている間に180度回転させてやる
わかったら眠れ口を閉じろ
偉人は涼しい部屋ですやすやと安らかに眠るんだろうな
でんでんでんぐり返って
ララバイ ララバイ

647 :ベトベトさん:2012/08/01(水) 13:27:42.11 ID:/UmxMt3I
ラムネチューハイ

どうあがいてもガキっぽい飲み物だから
氷を入れたコップに注いでお盆に載せてお出ししたい
炭酸の泡に深海を思うあいだの小休止

648 :ベトベトさん:2012/08/01(水) 14:10:36.66 ID:/UmxMt3I
おっぱいたゆんたゆん

軌道エレベーター派の俺だけど
ロケットの打ち上げは、男の仕事の達成として、付き合いで見る

見事。

しかしまあ、おっぱいでしょう
あの揺れ方、俺の物理脳まで魅了しよる
おっぱい、おっぱい、おっぱい、
おっぱい。おっぱい。おっぱい。おっぱい。
おっぱい!おっぱい!おっぱい!おっぱい!おっぱい!
人生を祝福するものは、上がったり下がったりするんや!!!
真理だから叫んだ

649 :ベトベトさん:2012/08/01(水) 14:14:31.95 ID:/UmxMt3I
死体の場所

人を殺してはいけません
食いもんの味がまずくなる

人 を 殺 し て は い け ま せ ん























わかったな!

650 :ベトベトさん:2012/08/01(水) 14:18:24.47 ID:/UmxMt3I
中国の神話たち

今はただ血と星の巡りにまかせたい
悔恨よ吾を導きたまえ

651 :ベトベトさん:2012/08/01(水) 14:22:58.39 ID:/UmxMt3I
平和

この暑さは、誰もが平和をあきらめたくなるほど
支配のたづなが汗ですべる
昼間の兵役のあいだにも、よくよく冷やせ頭と体
風景に溶けていくことを許されるほど生きてないだろ


652 :ベトベトさん:2012/08/01(水) 15:14:25.04 ID:/UmxMt3I
ひとり

この世にぼく1人しかいなかったあの夜
寂しさに負けて「こんな宇宙ならいらない」と思ったんだ
忘れたい事は両手で温めて星空に浮かべるのがイヨマンテの作法だけど
力足りなかったから別の手段
意地でも夜明けまで歩くのが忘却歩行だから、片手で握りつぶした

金色の蝶が溢れる
加速加速加速
こんなスピードでカーブ曲がれるの?と君は訊いたね
蝶の飛び方が単線の秩序だからカーブだけを見たりはしないよ
それでも君があの曲線をじぃーと見ちゃうなら
君の才能は磔刑の才で、たぶん絵描きに向いてる
時空船に金色の蝶をギッシリ詰めて新しい宇宙を目指した
長い沈黙の後でたどり着いた場所は空気が澄んでいてほっとしたけど
実はまだあんまり馴染めてない
みんないっちゃったし
蝶たちを殺さない捕まえ方
早く覚えないと


653 :ベトベトさん:2012/08/01(水) 15:29:08.86 ID:/UmxMt3I
ょぅι゛ょ

出会ってからすれ違うまで、がぼくのしあわせ
おじいさんにつれられて、元気いっぱい夏休み
お気に入りの帽子なのに風に飛ばされても気付かない
チリチリの髪、日に焼けた肌
手をふりほどいて
動物の遊具まで走って行く
キリンさんに股がってはしゃいでたら、サンダルが脱げて
柔らかい足の裏に、砂がザリザリ気持ちいい
今日は日差しが強い、のどが渇いてきた
じじいが孫に媚びて炭酸飲料かよ
俺が買ってくるからスポーツドリンクにしなさい
そのまま調子に乗って16年後のオリンピックに出場したらいい
華麗なステップ
観客も観客以外も跪かせて金メダルを勝ち取った君は
あの頃のまま、がはは、と獰猛に笑った

キリンの頭をべしべし叩く
キリンは走り出さず喋りもしないが
ああ、もう友達になったんだね


654 :ベトベトさん:2012/08/01(水) 15:39:01.07 ID:/UmxMt3I
タンカーの積荷

半分は下ネタ 半分はコンドーム
アフリカを救うんだそうな

ルフィ「この世で一番下ネタ言ってる奴が海賊王だ!」

ルフィはそんなこと言わねーよ。
でも結果が気になるから、ボートでついて行く


655 :名前はいらない:2012/08/01(水) 18:47:46.77 ID:LIqA3cwL
ところで人恋しさというものは薄れるものなのかな?

心の中の写し絵の君
記憶の中の残り香

胸の痛み

妄想と違い今これこそ
確かなものだろう

君に触れたい気持ち

それはいくつもポエムたら消えていくのだろうと思う?

それとも焦りのような思いに変わるかな
過ぎ去りし若き日のように

嫉妬ではなくむしろ純粋に自分の人生を焦ることが出来ることは
むしろ幸せだったね

そして一人きりの部屋の中 夕方のニュースが始まる

656 :ベトベトさん:2012/08/01(水) 19:45:56.43 ID:/UmxMt3I
位相差空間ゲート

フンフーン♪
おれはかっとばした。

メカ「ツウコウリョウヲ、シハライナサイ」
おれ「おいくら万円?」
メカ「ペストノマンエン」
おれ「いやじゃあアホー!」
メカ「ヒキカエシナサイ」
おれ「帰るよ バーカ!」

フンフーン♪


657 :名前はいらない:2012/08/01(水) 21:23:14.00 ID:LIqA3cwL
ありがとうを言えば
思いは何か素敵なものに変わるらしい

そんな歌を歌うのはむしろ容易い

たとえば外科医か歯医者にでもなったつもりで
バッサバッサと他人の思いを断つような仕事

だけど自分で自分の手術なんてできるのかね

痛みを感じるこの自分の思いを断つということが
むしろ誰かにやって欲しい

だけどそれはそれでまた嫌なことなんだけど

つまり、


「絶望は誰がトドメをさすのか?」

という。

658 :名前はいらない:2012/08/01(水) 21:41:12.07 ID:r/PUKU3v
優しさに

嘘はいらない

おちんぽこ

659 :名前はいらない:2012/08/01(水) 23:00:07.51 ID:kP7f9pZM
なんでわざわざ登ろうと思ったの
たかが石の塊なのに

聞くだけ野暮か
君も物好きだね

660 :名前はいらない:2012/08/02(木) 01:56:52.75 ID:6FoNmkuF
迷彩

照り付ける陽射しに顔を隠しながら
陽炎に揺れる影
この三か月というもの自分の時間など一瞬もなく
知らないいつも知らない
何も知らないんだ君は
ここに居るべきではない
本来居る場所もない
ほんの少し泣いた
月光に照らされ満ちる
今も淡いまま

661 :名前はいらない:2012/08/02(木) 04:51:06.10 ID:6FoNmkuF
「楽園」

今更振り解けない呪いのように
読解不能蚯蚓が這う
夢を左希望を右に抱え顔のないマネキン
明後日の方向へ
鉄格子と十二指腸が絡み付いて輪郭さえ見えない
心という朱いもの
脳幹を削ぎ取られる感覚を指先に詰め
雲一つない満月の暗闇を睨む

爽やかな檸檬の香り
耳を劈く叫び
軽やかな薄布の端
目が潰れそうな青

本当は何が正しいのかなんて
誰にも






662 :名前はいらない:2012/08/03(金) 02:17:02.47 ID:uFSlmVec
「熱帯夜」

奇遇なら奇遇すぎてもはや不気味
酷暑に脳が溶けて現実と非現実の境界は朧気
虫の報せか偶然か
まさかこれから作るってわけじゃないだろう…
頭痛も吐き気も軽い熱中症のせいだから
水道水流し込んで眠ろう

663 :名前はいらない:2012/08/03(金) 09:33:08.20 ID:yrWwEG+o
「ウイークエンド」

@財産
A転売
B偏頗
C浪費
D詐術
E帳簿
F名簿
G説明
H妨害
I7年
J義務

664 :ベトベトさん:2012/08/03(金) 21:47:19.18 ID:EMJ+Y2XE
イルカ

イルカがそうであるように
事実にたどり着けないことが多い
イルカを諦めて猫に訊いた
曰く、なるべく心地よい風の吹く場所にしばらく居れ
正しい螺旋を描く為なら場所の力も借りる
砕け散った月の光を集めて
想像力の潮汐を自ら起こす
使えそうな弾頭なら
閉じてゆく今へ打ち込め
未来まで歩く力の無い幼子の代わりになら
何度でも死ぬつもり
過去で待つ死者の囁きに耳を傾けて
もう一度生きるつもり


665 :名前はいらない:2012/08/03(金) 23:48:07.60 ID:Wz6PE1hs
形のあるもの

トイレで踏ん張り
よいしょよいしょ

負けるなファイト
頑張れよいしょ

スッキリするには
トイレが1番

がんばれがんばれ
うーん
吐き出す命
決める覚悟

ここからは
お腹いっぱい力を入れて
息を止め
あああと嘆きましょう

666 :名前はいらない:2012/08/04(土) 18:41:10.63 ID:24H7aHTa
ゆさぶり

未だ生まれ来ない命や去って行った命を引き合いにして
相手の感情に訴えかけるのは卑怯
そういうやり方こそ汚いと気づかないのか
天使のように純粋なら

今ここに生きている人間の気持ちを無視し続けてきた
そこにどんな自己流の美学があろうとも
確かなのはそのこと
優劣をつけたがらない平和主義という名の八方美人

神を名乗る人間が神だった試しはない

自分はこうですという主張には
その人が周りからどう見られたいかという願望が込められているに過ぎない
自分が一番自分を分かっているという驕りを持った時点で
大事な人の意見を無視しても何も思わなくなった時点で
人は失敗する

667 :ベトベトさん:2012/08/05(日) 06:55:43.68 ID:Kv26/621
キツネの嫁入り

天気雨は心が躍るような
記憶が時間を追い越したときに出会えるような
あなたは童神となって誰の心とも遊ぶような
ただし行儀の悪い子はおしりぺんぺんのような
くたくたになるまで遊んで友達になれたら、虹が出ているような


668 :名前はいらない:2012/08/05(日) 16:08:01.40 ID:prRh2egJ
一年

去年の今日はもう少し
空が澄んでいた気がする

一年は短く長く
様々なことが変わるには十分な時の長さだ
君に幸あれ

669 :名前はいらない:2012/08/05(日) 16:16:23.79 ID:30VBKTpU
剣を持て

勇者の剣

おちんぽこ

670 :いとうまい棒:2012/08/05(日) 20:35:21.53 ID:IKuVoHTX
「ゴキブリ」

今年のゴキブリは元気のいいゴキブリ
ああでも
ゴキブリに元気を分けて欲しいとは思わない

671 :名前はいらない:2012/08/05(日) 20:51:28.54 ID:38YyjY9I
ゴキブリも同じ事思ってるんだろうね
何億年前からずっと

672 :ベトベトさん:2012/08/06(月) 07:03:41.20 ID:QlMAxF11
宇宙騎士(レクイエムナイト)

全てが天は自らを助ける者を助ける界における粒子不動産なら
マッチポンプの心が行かない
わたしは不浄に触れられない怯懦と暗愚
自己憐憫によるセルフ拷問
ここにあるはずなのにプラズマのようにたゆたう心から離れられないのか
外延にとらわれるな、どこからも始められると思え
己に言い聞かせて前を向いたら
順番に行きなさいと言ってくれる貴方の中の無限
この詩は笑われるような力みのまま、どうしてもあの峠を越えたいのだ

宇宙騎士(レクイエムナイト)が
覚悟の転生剣を振り下ろす
与えるつもりで奪い、奪うつもりで与える自分を笑いながら


673 :ベトベトさん:2012/08/06(月) 07:06:59.85 ID:QlMAxF11
ええかげんにしなさい!

訂正訂正。
素数はダジャレの踏み絵で
双子素数は行って来いの地雷じゃないかな

ルフィ「ゴムゴムをかぶせたペニス!」

だから言わねっつの


674 :名前はいらない:2012/08/06(月) 13:56:25.10 ID:n5j46JVS
悲惨物語

娘は盲目だった
加えて若干頭も弱く吃りだった
さらには髪の毛が天パで頭皮から腐った卵の臭いが常時立ち上っていた
それゆえ盲学校の教師もクラスメイトも彼女を嫌っていた
盲学校でハブンチョにされて家に帰ると
娘は泣いて母に言うのだった
「おおおおかあさんもももももうががががっこうにいい行きたくないよ…」
母親はそれを聞いても上の空だったそして別のことを考えていた
(あああもう生活に疲れたワン…この子どっかに捨てちゃおうっと…)
父親はとうの昔に没し母子家庭は貧乏そのものだった
母親はこの足手まといの娘さえいなければ自分の人生再出発おkだと思いつめていた
母親は娘を慰めるために遊園地に連れてってあげるとかなんとか
だまくらかして鈍行電車を乗り継ぎ乗り継ぎ
過疎の村外れの誰も住んでいない裏山の林の奥に娘を放置した
「おおおおかあさんどどどどどこいったの?ここここわいよこわいよ!」
娘は泣きわめきながら文字通り盲滅法にそこらを走り回りこけて足首を捻挫して動けなくなるのだった
そして十日目の夜
娘は餓えと寒さと孤独に苛まれながらゆっくりと死んでいったのだった
そしてその十年後
日本を代表するアイドルグループAKBに雌のチンパンジーが正式加入するニュースに日本中が沸いていた

675 :ベトベトさん:2012/08/06(月) 18:30:34.25 ID:QlMAxF11
お母さん

おにぎりを作ってくれてありがとう


676 :いとうまい棒:2012/08/06(月) 22:15:32.25 ID:0M+qq9gv
「ゴキブリ」

イッピキガ
ユカヲ カベヲ ハイマワル 
マタイッピキガ
ユカヲ カベヲ ハイマワル 

オキテイルトキ ハイマワル
ネテイルトキニモ ハイマワル 

677 :いとうまい棒:2012/08/06(月) 22:18:12.63 ID:0M+qq9gv
「ゴキブリ」

おれたちゃゴキブリ
元気なゴキブリ
3億年間元気だぜ

678 :名前はいらない:2012/08/07(火) 00:07:27.14 ID:+qcyT1yM
なす

まるで、これは

なす

679 :名前はいらない:2012/08/07(火) 03:33:58.54 ID:p7drEfCI
火曜サスペンス

スピード感が好きだ
だからゴルフよりサッカー派
中途半端な男よりは少しは見方を知ってるつもり

多少の理論武装で勝てる相手でもないだろう
なのになぜ私と戦おうとするのか

無意味だ

680 :名前はいらない:2012/08/07(火) 04:16:36.09 ID:p7drEfCI
右から左へすべてが素通り

放出した情報も労力もすべて水の泡で
すべてに対して同じ方法で対処しようとする
だからすべて同じ結果に終わるのに
すべての問題について最後の一枚の蓋だけは臭いものに蓋状態

そして何故届かないのかと嘆く

情けが無いよ
肝心なことになると逃げるじゃないか
その蓋取らないと仕方がないのに
それでも避けたいならば己の不幸も不運も
自ら望んだものと知れ


681 :名前はいらない:2012/08/07(火) 19:02:42.75 ID:p7drEfCI
結局のところ

望むだけ無駄
だから上辺だけ装って他愛ない話をしよう
真面目に深い話するほど自分がバカみるだけだから

お互い気分を害したくないし
長い人生その程度の距離感が適切

682 :ベトベトさん:2012/08/07(火) 19:35:52.85 ID:G+SBJ2eu
たぶん近かったり遠かったりするんだよ
提案についてはその通り

683 :ベトベトさん:2012/08/07(火) 20:11:54.79 ID:G+SBJ2eu
貴方の正しさにはたくさん学びました。
ありがとう。

684 ::2012/08/07(火) 22:32:20.95 ID:Ekx8/tO2
「スーパーボール」
夜店と月の明かりの下
しずくがこぼれて電子の回路がショートした
視界がひらけプラネタリウム なぜか魚もおよいでる
とろけそうな僕ら 体温は37℃
ふいにとびはねる 


685 :名前はいらない:2012/08/07(火) 22:32:41.83 ID:p7drEfCI
良かった

私は減薬の計画も進んでだいぶ体の準備も整ってきてる
きっと無事に妊娠して元気な赤ちゃんを産むよ
背中を押してくれてありがとう

686 :名前はいらない:2012/08/07(火) 23:46:44.87 ID:+qcyT1yM
ケーキの中に

それは必ずある

モロヘイヤ

明日はきっと

空かわ青いさ

687 :四君子:2012/08/07(火) 23:59:07.72 ID:p7drEfCI
空はいつも青かった
いつの日も変わらず



688 :四君子:2012/08/08(水) 15:43:45.42 ID:taW6+wFt
お盆休みの間に手紙を書く
暑中見舞いでも残暑見舞いでもない
挨拶

689 :名前はいらない:2012/08/09(木) 18:33:59.81 ID:/VF9nZy8
ポクポクお坊さん

ポクポクお寺のお坊さん
木魚を叩くの大好きで
お経を読むのは大嫌い

ポクポク胡乱なお坊さん
オリンピックが大好きで
パラリンピックは大嫌い

ポクポクうんこなお坊さん
うんこをするのが大好きで
お尻を拭くのは大嫌い

ポクポク鬼畜なお坊さん
幼女レイプが大好きで
賢者タイムは大嫌い

690 :名前はいらない:2012/08/09(木) 20:50:03.07 ID:WZD2EbNn
「トビウオ」
まだまにあうか
まだやれそうか
砂漠の片隅
囁いた悪魔 僕を笑ってる
窓の暗闇から
光が差し込んだ
見え透いた嘘に 僕は踊ってる
水たまり 飛び越えて
冴えないキモチ 木々とビー玉遮って
君に会いに 魔法を使おう

691 :名前はいらない:2012/08/09(木) 22:16:18.20 ID:XkGd0AU+
触ろうとした 手に取ろうとした途端に転げおちる
人の気持ちなんてすぐに変わってしまうものだから
なんてわかりきったセリフ抜き出してしたり顔の君には
もうすぐくるよ、秘め事の応酬が
笑っても無いような泣いてもないような顔で
綺麗な神様は見守っているのだからもう戻って来なくて良いよ
さようなら見えないどこかで幸せになってね その分誰かを微妙な気持ちにさせてね


愛してる。

692 :名前はいらない:2012/08/09(木) 22:30:50.68 ID:vq1uI7jF
今だからゲロります。

小学生の時、委員会で使ってた下級生の机に

複合語竹子 42才
あなたとお付き合いしたいです

とか、イミフな落書きしたのはこの俺。

ごめんなさい、馬鹿なこと書いて
授業で習った複合語が頭から離れなんだ

なんか次の週もしつこく落書きした気が…
今は悪かったと思ってる。反省はしない。

693 :名前はいらない:2012/08/09(木) 22:33:26.04 ID:vq1uI7jF
>>691


ニムーーーーーーーッ!!!(TДT)

694 :名前はいらない:2012/08/13(月) 05:51:08.83 ID:FmEk/KbN
久々に2ちゃん
ボーと見てる
ホテルで長期短時間の爆睡つづき
ずっとボケボケしてる
ハンドル操作する
亀岡自動車事故思い出した

何に措いても心も体もリラックスが大事
仮眠取り注意しながら安全運転ハンドル操作。



695 :名前はいらない:2012/08/13(月) 18:46:16.63 ID:H5OW1YzX
狂った資本主義は
資本が何から得られるかを忘れ
民を殺し 土地を奪う

狂った資本主義は
己の欲に食いつぶされ
轟音を立て散る花火の如く
この世から消えゆく

これが定め これが運命

696 :名前はいらない:2012/08/13(月) 19:19:27.58 ID:H5OW1YzX
悪魔を崇拝する人間よ
悪魔の力を得た気分の人間よ

悪魔が残した欠片も知らず
悪魔が残した光も知らず
それが悪魔の罠とも知らず

最高の時 そうお前が最高の時を迎える瞬間
この欠片 この光が
お前の身を心を
鋭い鋼となりて
ズタズタに引き裂く

それが悪魔の悪魔たる証
それがお前に張られた罠

最高の時 それを迎える瞬間
全てが泡沫に帰す

その絶望 その狂気に似た悲鳴
それが悪魔の好物
それが悪魔

697 :名前はいらない:2012/08/13(月) 23:35:49.98 ID:FmEk/KbN
君にとって悪魔を考えた
いろいろ推測できる



経験不足
煩悩
邪念


作り話
騙し
上げればキリがない

憎しみも悪だよね

コントロールするのは誰?

教育
大人
社会
家庭
身近な洗脳親

魔物が血肉を選ぶドロドロ世界
善人には学び伸ばす材料で魔物は悪さしない

魔物が何に怒り、教えようと知らせるのか?
人は理解すら歩み寄らなかった
結果

698 :名前はいらない:2012/08/13(月) 23:50:32.81 ID:FmEk/KbN
序の口エクソシスト見て
現実に、そうゆう組織があるよ
神父では抑える事はできない
何であるかを理解してない結果
祟られる
容易くいさめることはできない
唯一、もしや、う〜〜〜ん?、いさめる力を保有
誰だろうね?
ナウシカ並に難しいのは確か
嘘や言い訳で他人を騙しコケにする
人をコントーロールしようとするなよ
カワイ子ブったババアに多い
矢を射るように見抜く心根まで


699 :名前はいらない:2012/08/14(火) 04:16:56.22 ID:35PvoN5T
悪魔に魂捧げし者
最後の最後に裏切られ
泡沫に消ゆは自然の理

悪魔笑いし
神も笑いし

誰そ嘆き悲しむや?
己の所存 己の業

悪魔笑いし
神も笑いし

誰そ嘆き悲しむや?
己の道程 己が心

700 :名前はいらない:2012/08/14(火) 15:16:49.80 ID:8CFNejzE
だ・か・ら
笑ってないだろ
定員オーバーで困ってるって
バランス考え上手くやってくれ世
だそうな
日本だけ改善されたって意味ない世
土砂降りの大雨浄化水比

あづい
熱中症には気をつけて
風邪は厄介だ風邪引くなよ
よし体が再生したようだ、もう少しだな

701 :名前はいらない:2012/08/14(火) 15:29:11.19 ID:8CFNejzE
アグネスちゃん
風邪は絶対と言って引くなよ
その病は熱用心
血液を清く再生させコントロール
子供が中学までと言わず孫まで
沈む問題はナンセンス
疲れたときは体休め
治ることもある
治ってからは用心

702 :名前はいらない:2012/08/15(水) 00:14:49.36 ID:/nZxjGY3
うわーん
前歯が折れたよ

きっと悪魔のせいなのかな
あるいは過去生のカルマの清算

そうここは永久に閉じこめられる煉獄
終わりのない悪夢の中
僕は悪魔にも神にも見放され
永久に血と唾液とを嘔吐し続ける運命

永遠に地獄の断崖を這い上がり行くより他に術はない
たとえこの爪が幾百枚剥がれ落ちようとも
決して辿り着けない頂きを目指す

許されぬ罪を背負い
この世界が朽ち果て終わることを
心の底から願いながら
まさにその願いによって
ああ僕は神にさえ見放される
人々の嘲笑をこの軋む身体に浴びせかけられながら…

なんてね

盆明けに歯医者行こうっと

703 :名前はいらない:2012/08/15(水) 00:44:01.68 ID:NESW0YfQ
存在理由 存在意義
そんな最初から無いものにしがみついて
悪魔に魂売った人間

誰よりも高見だと思った場所は
誰よりも低くて誰よりも孤独だ

そんなもののために
悪魔に魂を売った人間

神すらも笑い転げ
悪魔さえも涙する


704 :名前はいらない:2012/08/15(水) 08:53:06.20 ID:SN/ysvcn
神も悪魔も同じ

人間が自らの姿の一部を濃縮して作り出した存在だ
もともと人間の中から出てきたものに本気で怯える必要はない
どうしてそんなものを作り出す必要があったのか
どんな感情がそうさせたのか
大事なのはそれを考えること

自分を責めるのはもうやめなさい
孤独なら分け合おう
今あなたが思っていることとは多分違うから
裏切るとか見捨てるとか
そういうことじゃないんだよ

705 :名前はいらない:2012/08/15(水) 09:16:26.04 ID:SN/ysvcn
さよならなんて言っても言わなくても
いつかどちらかが死ねば嫌でも別れざるを得ないんだから

「さよならと言う未練がましさ」
違う?

人生いろいろあるから
遠くなったり近くなったりすることはあっても
完全に切れてしまうことはないだろう
忘れないでいたいという気持ちがもしお互いにあれば

あなたのすべてを受け入れることはできない自分を
受け入れることができるようになった
以前は自分を許せずに怒りの矛先をあなたに向けていたよ
つまり恥ずかしながら私は
自分で作った理想に縛られてまさにあなたに八つ当たりしていたんだ

結局
あなたの理想の女性にはなり損ねたけど
それでも良いなら
私はまだ近くにはいられる

どうにもならないことは変わらずどうにもならなくても
何かを変えていくことは
きっとできるさ
だからあなたももう自分を責めないでね

706 :名前はいらない:2012/08/15(水) 09:49:44.17 ID:oRUoqMOu
もうネタかよwww

一体どないやねん!w



707 :かわいそう:2012/08/15(水) 15:58:33.44 ID:W0z3u3UJ
ミポリンが。

ミポリンは悪くない。悪いのはどらみ婆だよ。
書くなら私のことを書きなさい。
神様も悪魔もいない。すべて私のつくり話。
憎むなら私をにくみなさいよ。
あなたの醜い心が大嫌いだった。
人の優しさにあぐらをかく、醜いお前がきらい。

恨むなら私をうらみなさい。    どらみ。

708 :名前はいらない:2012/08/15(水) 16:03:51.67 ID:SN/ysvcn
どらみちゃん
そんな話は私の中でとっくに終わってるよ

あなたには私の速さは分からない

709 :名前はいらない:2012/08/16(木) 02:33:41.19 ID:nrn7SUDt
悪魔を崇拝し
己が行為を正当化す人間

『私は悪魔の僕なのだ。
 何を破壊しようとも
 何を潰そうとも
 私は悪魔の声に従っただけ。
 悪いのは私ではない』

悪魔が己が心に棲む悪魔を誘惑し
己が心はその甘い蜜に屈した
のだ
ならば悪いのは己

そう 悪魔のせいではない

弱く醜い 己が心

それが唯一の敵

710 :名前はいらない:2012/08/16(木) 10:30:58.67 ID:M+EL7XQY
インシュリン

インシュリンが足りない
インシュリンが足りない
ごみ収集車が どんどんパンパン☆

インシュリンが足りない
インシュリンが足りない

711 :名前はいらない:2012/08/16(木) 18:18:54.61 ID:Lzhe2oh7
小虫がたかる河辺
陽も落ち掛けて
無言の鳥達の群れ
釣り人
カヌー
ヨット
事故
缶を叩く音が響く

明日になれば
きっとこれで良かったと
思えるだろう
陽も落ち掛けて

712 :名前はいらない:2012/08/17(金) 03:11:11.65 ID:NASXv8Cg
墓の意味がわからない
誰も掃除しないなら
寺に預けりゃいいのに
森になるだけ
掻き分け墓石出たら
魂げる
初めから墓石いらないのに
掘って人骨出たら魂げる
粉末カルシウムで土か海に還さなきゃね
植物になって
虫になって動物になって


713 :名前はいらない:2012/08/17(金) 10:34:29.94 ID:n5yttsP0
涙が出る

あくびをしたから

空はウルトラスーパーみらくる

どきゅんどきゅん

おぉ神様


714 :名前はいらない:2012/08/17(金) 13:31:14.25 ID:zOHJ9wGT
さよならの未練がましさ
またねのはかなさ

715 :名前はいらない:2012/08/19(日) 23:25:31.35 ID:fb19lCps
前歯の無い暮らし

それはまるで乾燥した青白い太陽の表面に
無数に広がるクレーターのようなものだ

キシリトールガムをひとつ
欠落の隙間に挟む

失くした歯がまるで幻肢のように
ぼうっと弱く圧迫する感覚だ

全身の力が抜けて
冷たい床に崩れ落ちる僕のカラダ

もうあの人の前で笑えない

想うことはそればかり


716 :名前はいらない:2012/08/20(月) 16:40:03.86 ID:sNOl2XSb
むなしむなしというこころ
このあまずっぱいさびしさを
あまさずあじわいあざとくあげて
よしなしごとにそまずただよう

717 :名前はいらない:2012/08/26(日) 08:24:14.01 ID:MOmqt/bu
夏の朝は運動公園へと急ぐ
ジョギングの人々 家族4人のワンボックスカー
すれ違う 疲れ切った僕の心

それは夜勤でもなく アスファルトの上
酔っ払って倒れていた わけでもない

とある場所で唄をうたっていたのさ
ひたすらに 高い声で アニソン等の唄を

あり得ないテンションを保ち続けて いまだ歯の欠けた僕は
気がちがっていたのさ
だけど間違ってはいない夜は それで とても 楽しかった

だけど何故か朝が来ると 僕は
何もかもが間違っていたような気がするのさ

そうならないように 心を込めて
唄はうたわなくてはいけない

今朝 疲れ切った僕は
そう思ったんだ

718 :田中はいらない:2012/08/28(火) 16:00:16.78 ID:MlnnyL+1
俺の為に生きる存在
さあ、顔を上げて俺と走ろう 大丈夫 地球は今日も俺を見守っている 上を向いて歩けば晴れ晴れとした空が俺を守ってくれる 大丈夫 俺を守ってくれる
俺を守る風 俺を守る空 俺を守る太陽 俺を守る生物達 みんな俺を守る 宇宙全体が俺を守る
俺だけは大丈夫 絶対に俺だけは大丈夫 俺だけは

719 :小山はもっといらない:2012/08/28(火) 16:53:45.79 ID:g9G5mFGU
私の為に生きる存在
さあ、顔を上げて私と走ろう 大丈夫 地球は今日も私を見守っている 上を向いて歩けば晴れ晴れとした空が私を守ってくれる 大丈夫 私を守ってくれる
私を守る風 私を守る空 私を守る太陽 私を守る生物達 みんな私を守る 宇宙全体が私を守る
私だけは大丈夫 絶対に私だけは大丈夫 私だけは


初ぽえむりましたっ!
傑作かも〜www

720 :名前はいらない:2012/08/28(火) 19:33:37.32 ID:06PznCN0
俺のために生きる存在ぽえむりました
泣きました
泣きました
潜在意識で泣きました
人類絶望泣きました
なのにお空は知らん顔
息子は最近元気なし
俺のためにぽえむる存在泣きました
世界を宇宙を統べる存在泣きました
せんずり意識で泣きました

721 :名前はいらない:2012/08/28(火) 19:35:51.67 ID:06PznCN0
ごめん傑作かも〜wwwが抜けました

722 :名前はいらない:2012/08/29(水) 22:10:15.00 ID:Ze2/rnGT
わんぱかさというにはまだよんそがたりないからけるせのにはまだいけないきゃるのかにそじゅどヴひゅちゅすょ

723 :名前はいらない:2012/08/31(金) 02:19:11.30 ID:bw6Gh/2r
スカイツリー革命

鋼のメリケンサックを嵌めた両の拳で
憎い幼稚園児の顔面を全力で
殴る殴る殴る
たちまち昏睡状態に陥る糞餓鬼
鉛の団子を齧り
水銀のジュースを一気飲みした
俺のもたれた胃の不快感を思い知れ
ああ憧れのスカイツリーよどこに立っているの?
後悔先に立たずなの?
日本を代表する少女アイドルグループの48人は仇討ちに成功した暁には切腹するの?
底なしの謎の深淵には
あの俄仕込みの南無阿弥陀仏がとぐろを巻く
トイレの水を流さないのは流刑に値する

724 :名前はいらない:2012/08/31(金) 02:58:04.12 ID:bw6Gh/2r
六本木純情派

爪先に鉄板の入った建築現場用の安全靴を履いた足で
憎い幼稚園児のまだ柔らかい腹を全力で
蹴る蹴る蹴る
血反吐を吐いてのた打ち回る哀れなお子さん
内蔵破裂したのに即死しないとはなかなか見所のある幼稚園児ではある
だがちょっと褒められたからっていい気になるな!
人間には褒めて伸びるタイプと叩いて伸びるタイプがあるという
それは教育学でも侃々諤々の議論の対象となっている
冷静に議論することはとてもいいことだ
僕らはナショナリズムの軛を超えて未来を思考する
公務員の刺青は是か否かとか
生活保護の撤廃のために僕らにできることは何かとか
でも僕らは原発には反対だ
爆発したら放射能が大変なことになる
とは言えあまりネガティヴになってもいけない
たまには希望の歌を歌おうじゃないか
幼稚園児の柔らかい腹を全力で蹴りながら

725 :名前はいらない:2012/08/31(金) 22:00:35.75 ID:bw6Gh/2r
恋の罪

恋の意味を教えて
あるいはノブレス・オブリージュの意味を
不意に入道雲のように不安が胸に沸き起こる
もしも明日もしくは明後日お父様がお亡くなりになったとしたら…
そして雷雨
終わらない終わるはずがないなどと皆さんおっしゃいますが
現に終わりつつある夏休みを誰が看取ると言うのですか?
苦学生と見れば援助せずにはいられない
それはそれは義侠心に富んだお方でした
もちろん将来性とか品性などを鑑みた上でのことでしたけれど
ファロスの支配からの卒業なんて紋切型もいいとこですわ
そうそう恋の罪の話でしたっけ
熱帯夜に淀む因果の二重螺旋を瞳の端に捉えた
埋葬の痕跡の消滅を心から熱望したサド侯爵
危機をさかしまに邪な情欲を舐るデヴィ夫人

ちょうどその頃…

目と目の間の距離10億光年と推定されるとある生き物の卒業パーティーが開かれていた

726 :名前はいらない:2012/09/03(月) 21:24:20.42 ID:8sIw300R
去りゆく夏

今年の夏は海には行かなかった
コンクリート詰め殺人の想い出が切なく胸を満たす
それとも今まさに肺に海水が満たされつつあって溺死寸前なのだろうか
日に焼けた肌の皮が剥けて中から見たこともない貝の肉が逆立つ
やおら耳元で船虫がささやく
「早く忘れなければ夏休みの宿題が思い出せない」
猿の解剖…だったろうか
今からでは猿の調達も麻酔の仕入れも間に合わない
母親の解剖を麻酔なしでするしか方法はないのだろうか
またコンクリート詰めして海に沈めるのか
来年の夏こそは海に行こう

727 :名前はいらない:2012/09/04(火) 00:44:44.19 ID:JYBbTVMJ
スジャータ

君の行き着く所は波

細かい飛沫でおおわれた風景に

悲しみも愛しさも弾けて消える

ちょっとくらいの軽率な感情で手を出したっていいんじゃないだろうか

今その目で捉えるもの皆全て、君のもの。

728 :名前はいらない:2012/09/05(水) 01:09:32.71 ID:p02/uUt6
ぐるぐる

頭のなかはまっさらなのに
心臓がぐるぐるした嫌な色
どこにも吐き出せない気体が
血管巡ってずっと消えない
気が付いたら火山みたいで
どろどろたまっていった
冷えない焦りがただ怖い
いっそ全部ごちゃまぜにして
形もわかんなくしてほしい
そしたらもうぐるぐるも
わからなくなるでしょ

729 :名前はいらない:2012/09/08(土) 04:48:25.76 ID:53vP+ThM
今更ナウシカ探し当てたって
政府は茶番劇のパフォーマンスばっか見せる
テレビも変わらず繋がってる
いつも焚きつけるばっかで
鎮まるのか?

神様って、どんな存在?
自分達が何しても許してくれるの?
誤解も甚だしい
奢った考えの自己中は嫌いだ
動物に何したっていいと思ってるんだから
地球に何したっていいって思ってるんだから
自民党裏工作に必死だな政治パフォーマンスまた弱者切りに変わるのか?


はいはい、自分自分ね
聞き飽きた聞きたくない
不在に成り兼ねん

大地で判断してね

730 :名前はいらない:2012/09/09(日) 01:32:10.17 ID:CeKG9XWb
本当のわたくし

わたくしよ本当のわたくしよ
わたくしの尻の穴より産まれ出よ
さらば本当のわたくしよ
うんことなって下水と流れよ
毎日毎日にせもののわたくしが本当のわたくしを便所に流す
水子より哀れな本当のわたくし
しからば本当とはなんぞ
それは鼻息荒くホントーと叫ぶことにあらず
あらずもがな言わずもがな
ガーナミルクチョコレヘト
ああ下水より川へ海へと漂い逝きし本当のわたくしよ今いずこ
たまにはメールをちょうだいよ
うんこはメールを打てません

731 :名前はいらない:2012/09/09(日) 01:52:00.25 ID:MNhVmy46
「親子のじかん」

てんてられんめん、と歌って
続けよと言ったらついてくるのがこの子
てんてられんめん、と歌ってるのをきいて
勝手にセッションするのが私

てんてられんめん、三人でうたう

楽しい しあわせな親子のじかん

732 :名前はいらない:2012/09/09(日) 01:56:48.28 ID:MNhVmy46
むかし、紅白の帽子を半分にして
ウルトラマン!ってやった

もう今は見ない
運動会のウルトラマン
地球の3分は長い
命永し、学べよ、人類

733 :名前はいらない:2012/09/09(日) 02:05:46.44 ID:MNhVmy46
「ひねりハチマキ」

愛想を振り撒くのはおよし
それは後々無駄になる
踵を返すのはおよし
先生の話を聞きなさい

君は稲穂のように集まって黄金に輝くんだよ
絨毯の上にクッキーの屑を散らすのは
向こうからきたあなた
物事の本質なんて捉えてみろよ
物事の本質なんて捉えてみろよ

巷で人気のシュークリームをかじってみたら
宗教団体が追いかけてきた

734 :名前はいらない:2012/09/09(日) 02:11:17.10 ID:MNhVmy46
「ラストSummer」


チェスターのタは太鼓のタ

軽快なリズムで足を踏み鳴らす

いいなあ、私も応募します

筋肉番付重石を乗せて

キュウリがよく漬かってますよ!

運転手の声色が いま、変わった

735 :名前はいらない:2012/09/09(日) 02:19:28.51 ID:MNhVmy46
「ポケットネオン」

シャチョーサン、シャチョーサン
ハクサンシコーって知ってますか?
ハクサンシコー?ああ、歯が白くなるやつね
シャチョーサン、シャチョーサン
それ違うね、違う

違うの?あっもしかして昨夜届いたあれのことかな?
シャチョーサン、シャチョーサン
それも違うね、違うです

ごめんねごめんねお手上げだあ〜
ボトル一本追加して〜

736 :名前はいらない:2012/09/09(日) 12:38:26.68 ID:L6z6m906
おじゃま

のみこまれることなかれ
絶対的に騙される気持ちに
そんな気持ちを愛しなさい
始まりは先が不明瞭な気持ちからなんだから
自滅しかねない高ぶる気持ちに狂わされてみよう
のみこまれるないようになるまで騙され狂わされ
のみこまれなくなって騙されなくなって狂わされなくなって
気持ちがなくなったような頭になって
また気持ちを愛することになるさ
束縛を解いてから自由を持ち帰るために
不明瞭な気持ちからまた始まるよ
廻って

737 :名前はいらない:2012/09/09(日) 12:47:44.90 ID:L6z6m906
好都合

気持ちの変化は否めない
気が変わる理由を問い詰めたところで気が戻る訳でもない
変わろうが変わるまいが操作不能である気持ちとするなら
変わろうが変わるまいが変わっていないのと同じと頭では捉えておくべし
頭と心を分けて考えなさい
思考と気持ちを分けて考えなさい
つまらない理屈で辻褄合わせて
都合を良いように結んでみなさい
ゴミを捨てても空からは雨が降り掛かる
ならば傘を予め懐に忍ばせておきなさい
殴られまくることを優先したとしても
どうせいつか防ぎたくなる時が来るのだから

738 :名前はいらない:2012/09/09(日) 12:56:54.69 ID:L6z6m906
まとまりなし

自由にハシャいでたら
別の知らない自由に殴られた
それでも自由を保持しておきたいなら御自由に
嫌なら一度自由を放棄してみなさい
殴られないように不自由な防御姿勢を決め込んでみなさい
次にまた自由が恋しくなるまで
空をみなさい
地面をみなさい
地平線をみなさい
ビルをみなさい
山をみなさい
海をみなさい
鏡をみなさい
誰かみなさい
自分をやっぱりみなさい
難題はやたら複雑に成っているだけと踏んでおいて取り掛かって
自由

739 :名前はいらない:2012/09/11(火) 02:05:10.68 ID:dnpR87qn
思いの自分

時計・・・止まっちゃった
優しく静止。辺りの動向、次の展開を予測しようと眺めてんの
混乱を招かないような頭の中にしておきたいんだね
どうやって詰もうか・・・夢見よう
籠の中から飛び出した鳥にどんな安全を植え付けてあげたらいいのか
束縛のような保証・・・最低限でいいから

740 :名前はいらない:2012/09/11(火) 03:31:03.36 ID:dnpR87qn
三つ巴

矛盾がある事が全てという考えと別の思い

741 :名前はいらない:2012/09/12(水) 00:14:12.76 ID:m+Q0y6Xg


矛盾が崩壊したようで
水たちが自由に飛び散っていったよ
手段を選ばないという事をやたら選びすぎたら、他の事を選べなくなってたよ
鬼にでもなる覚悟を決めたら、鬼にしかなれなくなってたんだよ


742 :名前はいらない:2012/09/12(水) 15:56:14.19 ID:m+Q0y6Xg
真実か発展途上

超攻撃とは、これ以上はない守備のこと
超守備とは、崩されるかもしれない己の防御を超攻撃にしたもの
微守備は、超攻撃があればいらないもの
微攻撃とは、カウンター気味の速攻。超守備の次の展開の流れの中でのみ有効とする

743 :名前はいらない:2012/09/13(木) 03:21:08.03 ID:+jKxGal4
敗色の産声

流れの悲しい出口を塞ごうとするの
攻め立てるように詰めるの
空から垂れる無数のヒモ
その一つで運命が決まるような選択を強いられるの
自由な羽をひろげて

744 :名前はいらない:2012/09/13(木) 20:44:28.84 ID:2RqPjzg4
静かに死んでいく虫のように
恋心もいつか死ぬのかな
僕は日ごとそれを観察日記につける
虫かごの中の奇妙な生き物は僕の心

薄い鉛筆の詳細なデッサンで
僕の心を写し取った

透明なプラスチック越し
生き物は静かに形を無くしてゆく

出来上がった絵は
目を逸らした彼女の横顔
それは僕の心

日記は最後の日付けだった

745 :名前はいらない:2012/09/14(金) 01:35:35.94 ID:BfPSp1rv
嘲り

保持が強くなりすぎて離れられなくなりそうで
停止しすぎて囲まれて
風船を膨らませすぎて息が辛くなってきて
最後の最後は鍵を閉められて
中々開かない。難しい

746 :名前はいらない:2012/09/14(金) 01:41:17.13 ID:BfPSp1rv
墓穴

自由を確保
自由を保護し続ける
自由では駄目だというものをはね除けていって
笑える終着点で宙に浮く

747 :名前はいらない:2012/09/14(金) 18:41:58.64 ID:P7kJmG9e
改めて

再確認するつもりはなかったけど、させられた
間違いではなかった
不正解のようだから疑ったけど、ほとんど正解だった
集大成にしよう
一番賭けるべきものに賭けよう
ただただ賭けよう
捧げよう
もう正しい

748 :名前はいらない:2012/09/14(金) 21:45:21.42 ID:cpRpAjyW
目と目があった時に始まり 
終わりはいつも曖昧な語尾で終わるね 会話というものは

思い描いたストーリーにはならないけれど
つぎつぎと浮かんでは消える 切り返すための言葉達

もしも僕達が恋に落ちたとしたら それは
会話に例えるならば ところどころの笑い声みたいなものかな

僕が君を笑わせるのは 考えたりしたわけじゃなくて
見たままを言ってみただけ 思ったことを話しただけで

僕も君の話に笑ったりする時
オウム返しとか 何か言っときたいと思ったりするかな

僕の心がたとえ沈んでいても 道化のように振る舞うことは
そんなに難しくはないから 結局は君のペースの会話で楽しめるよ

曖昧なまま終わっても べつに何一つ問題はないし

次に会った時にも また普通に話したり笑ったりするんだろうな
って思うよ 

たまたま今日が最後の日記のページだっただけで
これからも また何一つ変わらずに




749 :名前はいらない:2012/09/14(金) 21:59:08.96 ID:P7kJmG9e
透明

負け。酔えよ。箱の上に乗って
誰かの幸せを少し祝って。悔しさが少しあるのはバレてる
抜け殻。心なんて無いかのように、力、抜けてった
眩しい愚直さ見せられて涙する心を再び
ひねくれた心を再び持たなきゃ見えない眩しさ
狭くなる心。広くなる心
正しかった天秤の上にもう一度
正解を認めるのは過去と今の自分
もう未来へ持っていける

750 :名前はいらない:2012/09/14(金) 22:48:33.90 ID:cpRpAjyW
情熱も美しさもない 僕なんかの恋心だから
君の涙なんて見れなかったし 

届かない思いに 一人で苦しむことはあっても
君が僕に弱さを見せることもなかった

それはやっぱり 
君が他の誰かのものだから 

こうやって僕が 僕の心を哀れむことができるのは
やっぱり まだ胸が締め付けられる感触が ずっと残っているから

机の上 投げ出した日記の最後のページが終わろうとも 
やっぱり 君の写し絵は永遠に消えないよ

一体 それはどこに浮かんでいるんだろうね

きっとこの世界のどこにもない 僕の心
それが存在する場所に 今も浮かんでいるんだろうね

目を開けると そのことについて書かれた
自分の文字が見えたよ 

狭くて汚い僕の 散らかった机の上 

今年の夏 見つけた四つ葉のクローバーは 
僕のポエム日記のページの間 枯れてペシャンコになっていたよ

751 :名前はいらない:2012/09/14(金) 22:52:37.44 ID:cpRpAjyW
夜はやっぱりポエムてに限るね
うーんマンダム

752 :名前はいらない:2012/09/15(土) 01:10:13.79 ID:4p6palKd
反省

見えない回転
遠心力を利用して目を回しながら辺りを確認
中心は、スッカラカンか
埋めていたものを掘り返す時
大切な人と意味と言葉と一緒にそれを並べよう、上に
逃げたい個性を標的にしてもらおう
思惑とはかなりズレたけど、基本的な型はもうこの土台に一応ある
自由という選択に最高の賭け、ひとつ

753 :名前はいらない:2012/09/15(土) 01:20:40.95 ID:4p6palKd
おしゃべり

価値の無いものは無視
それは逆だ
価値の無いものにこそ、真の価値が眠ってたりなんかする
がしかし、本当に価値が無いようなものはあるんだな
一番当たり前のように欲しいもの
そこに驚きはもう無い
どこかで望んではいたけれど、どこかでそんな現実に抗っていた
失うこと。代償があまりにも大きすぎると
だから備えてきた。代わりを埋められるだけのことを
何が起きても、曲げちゃいけないこと
何が起きてもいいという覚悟を少しでも持てるだけのものがもうあるのなら、曲げちゃいけなかったことを思い出す時
掘り起こす。この時のために、埋めていたものを

754 :名前はいらない:2012/09/15(土) 01:32:16.47 ID:4p6palKd
うかつと小さなピラミッド

透明の入れ物
真ん中だけ空けておいて、後は埋めていくだけの作業
面白いと思うものでできたような蓋以外では、閉める気はなし
そんなこととは関係なく埋めていかなきゃいけないやるせなさはもう完全に無くなった
とは言い切れないけど、以前よりかは無くなったからいい
目標には縛られない
そう思っていても少しは縛られていくもの
それで少しは目的が叶う所に近づけるはず
穏やかな波を胸の内に優しく留めておくのはまだちょっと難しい
だけどそれができなきゃ自滅しかない
最低自滅避けるために、最低限の穏やかさを胸に

755 :名前はいらない:2012/09/15(土) 01:45:31.63 ID:4p6palKd
腐敗

色の付いたもの
それだけじゃないからなのか、それだけじゃ困るらしい
陰気に、思いに塗りたくった己の黒
光が入る窓がしっかりと閉ざされていれば、しっかりと光は入ってこないようになってるらしい
当たり前だけど、矛盾
そう言ってしまうのは矛盾か
ワガママにだって許されない範囲がある
その許されない範囲はもうワガママであったって意味がないらしい
ワガママであっても無意味らしい
そんなワガママが通らないと愚痴る己のワガママ
そんなワガママもやっぱり無意味らしい
バカな大人になるよりも、賢い子供になりたかったね
そんな所を目指すくらいしかない
賢い大人は賢い、とは限らない
そんなことを思ってしまうバカな大人の自分がちゃんといる

756 :名前はいらない:2012/09/15(土) 01:52:57.27 ID:4p6palKd
鳴き声

いや、バカな子供になろう
賢い子供なんてちょっと鬱陶しいだろ、正直
そんなことを言う俺も鬱陶しい、と自虐で自分のフォロー
そんなことをわざわざ言って、わざわざフォローになりきらない。ようにする
バカな子供になろう
開き直り
中途半端だから滅茶苦茶なことをやたらとほざいてしまう
程遠い大成が笑える程、遠い
ふざけた論理もじゃんじゃんポケットに詰め込んだりしていって

757 :名前はいらない:2012/09/15(土) 04:43:48.89 ID:4p6palKd
優しく揺れながら

小さな可能性の極小の海
静かに揺れる。そう揺らせ
解放が詰まった海じゃないか。遊べよ、何も考えられなくなるように
空も空いてるぞ
飛ぶ思いには意味がある、と思えば、意味があるようになってるから、言葉の後押しと想像を
地図を記していく旅しかもうないかもしれない
なら、なおさら掘り返さなきゃいけない思い
そんなのを飛ばしながら
海を楽しく漂い
透明度を逆に暗く埋めていく
悲しさなんてひとつもなしに

758 :名前はいらない:2012/09/15(土) 10:46:38.11 ID:4p6palKd
エレベーター

運命の空、かじってしまえ
底が無いのは、初めから底が無かったから、というだけの話
どれだけ小さくても、本当に自由というのなら、それはいくらでも大きく広くなる
壁なんて無いし、いらないくらい元々何も無いのだから
騙されてることなんてわかってても騙されにいこう、敢えて
罠にハメたと安堵する
そんなスキを作ってしまって痛い目を見る
罠に掛けた全てを無意味にし、無価値にする
そんなことすら価値無し、意味も無し

759 :名前はいらない:2012/09/16(日) 02:54:07.19 ID:IqYcvM3k
下降依存

壁は無し
底も無し
頂点はわからない
頂点の近くならあるだろう
もう空の上なのかどうなのか
それさえもわからなくなれば、空すら無いのともう一緒なのか
でもね、キミがいるじゃないか。それはマジじゃないか
意味があるじゃないか。本当に真実じゃないか
道無き思いの壁
その壁がもう無いと感じた時、大切なものがいる
それを思い出すための今までだったんだ

760 :名前はいらない:2012/09/16(日) 03:03:27.30 ID:IqYcvM3k
指標

何が凄かったのか
思慮をそれなりに深めていくと、それがわからなくなってくる
つまらない代償
鬱陶しい反比例
指標を忘れてしまうくらいの適応性を鍛える旅
本当に凄いと思っていたこいとを忘れるまで。それは長く険しい道のり
うまくいくことを目指し、それが当たり前になった時、それの価値は、無くなる、のか
価値なんてひとつでいいか
キミだけでいいか
あとは価値無しでもいいか

761 :名前はいらない:2012/09/16(日) 03:12:43.55 ID:IqYcvM3k
有望の逆

欲しいと思うものを手に入れようとし
手に入れた時、満足も一緒に手に入れたりできる時があったりして
出口の無い迷路。入口さえももう無いんだから
新しい出口を作るだけ
出口なんて無い。それもまた新しいうちのひとつの出口
先が見えないのも新しい楽しみ方。先が無いのも
未開の入口から楽しんで始めて、初めて勝負

762 :名前はいらない:2012/09/16(日) 16:30:18.41 ID:pO01MfuT
【ウンコバエ】


ウンコバエになって 自由に空を飛びたい

ある時は道端の野糞に

ある時は田んぼの肥溜めに

たかってチュウチュウ吸うのさ


あの子が彼氏とイイコトしてる時に

俺はあの子のうんこにたかって吸うのさ

最高の人生だろ!?


ウンコバエになって 自由に空を飛びたい

ある時は南アルプスのヤギのうんこ

ある時はフィレンツェの野良犬のうんこ

たかってチュウチュウ吸うのさ


そして最後はあの子に捕まって

死ね!と言われてハエたたきで潰されておさらばさ

最高の人生だろ!?

763 :名前はいらない:2012/09/17(月) 03:20:26.57 ID:tVjyJIws


気持ちはどこへ行ったのか
すべて、は回転
中心、は未だにわからない
気持ちに囚われすぎないように
攻撃にも、焦りにも
自分勝手すぎることにも、周りを観すぎることにも
一致、のような無駄のない、効率的に最上級しかないような所を
自信を形にして、表して
これしかないような盾は、どんな矛が来ても防げるはず
過去自体が不正解だと思っていたことも、もう正解にして
そんな今も正解に


764 :名前はいらない:2012/09/17(月) 03:40:42.16 ID:tVjyJIws
品と△を結んだ○

カ・タ・チ、は魂の入れ物か
輝き、はどこでどんな佇まいをしてるのか
らしさも、可愛いげも
子供っぽさも、根性論も
凄い縫い合わせ方で繋がって
あからさまに、鋼鉄の如く強靭、になってほしい

765 :名前はいらない:2012/09/17(月) 03:49:56.03 ID:tVjyJIws
途中

頂点の星の、地球側ではない宇宙側で
笑えるくらい強く、しっかりと佇んでいる箱のようなもの
素晴らしく、輝く、抜け目なく
すべてを纏うスベ

766 :名前はいらない:2012/09/17(月) 03:56:04.85 ID:tVjyJIws
ヒコウキ

考え方、という形の中身はね
空っぽ、という器と
完成を夢見るマシーン、という思いがあるんだよ
ということにする、ことにしたんだ
あっそう

767 :名前はいらない:2012/09/17(月) 12:18:03.51 ID:tVjyJIws
これはひとつの宇宙

円。輪のように
形を成してる
素材で成してる
複雑な構造かもしれないけど、いつか簡単に使えるようになれるまで
間違わないように。心の形。できるだけでいいから
気持ちに惑わされないように
思いに形を変えて
負けないように
思考

768 :名前はいらない:2012/09/17(月) 16:51:19.78 ID:vye5bzuE
甘い死

とろとろに、溶けて
流れ出す

ゆっくりと味わう

飲み込んだら、お終い。


769 :名前はいらない:2012/09/17(月) 19:12:19.61 ID:/S0V6gNZ
>>768
おお、いいね。

770 :名前はいらない:2012/09/17(月) 22:18:55.21 ID:tVjyJIws
シリーズ

どこまでも負ける
自分にも負けた
負け続けいた時に負けた
負けて、折れた
気付かぬうちに折れてた
やっぱり負けは確定してた
次はどんな勝者目指そうか
いつまでも敗北は消えないのか。やっぱり

771 :名前はいらない:2012/09/17(月) 22:28:33.46 ID:tVjyJIws
ていたらく

ずるずる、落ち落ち
ふらふら、笑え笑え
手に入れたものは、敗者がする言い訳か
勝ってなんかやんないよ、最初から逃げてる所を見せていく
わからないでしょ、わからないでしょ
ほらほら、わからないでしょ、わからないでしょ
わかってもらう気すらないのに、言い訳の盾だけはいつも持ってる
言葉さえも大切にできなくなってきて
やっぱり、あの場所はもうないね

772 :名前はいらない:2012/09/17(月) 22:33:33.17 ID:tVjyJIws
カーテン

やっぱり、今日も帰らない
ない場所にはもう帰れない
大切な花。なにか、消えた

773 :名前はいらない:2012/09/18(火) 02:41:59.51 ID:jR9ib2X5


成長。あり得ない
成長したかのように見えても違う
それらしく見えただけ
誰かが決めただけ。印象なだけ
適応力。素晴らしいに越したことはない
そしてそれが成長したかのように見える時がある
そう思ってしまってもいい。正解
だけど、そんな正解してもそこで終わるだけ
そんなことだけが正解ではない
誰かに決められるばっかりじゃない
誰かが決める不正解ばっかりでもない
何もわからないに等しいとしても、終わっていくだけ
それだけでもいい
希望が何一つ無いとしても、絶望すら無ければもういい
それも希望にすらならなくていい
永遠に終わってるようでもいい
何か降ってくるのは間違いないだろうから

774 :名前はいらない:2012/09/18(火) 02:50:05.87 ID:jR9ib2X5
水溜まり

悲しい戦い
惨めな葛藤がわかりにくいまんま疼く
喜ばしき誤算
誤算のまんまにしたくないなら計算を
ひっくり返すだけ
簡単だけど難しい
自分で思っているよりも遥かに頑固なものだから
守りの盾を捨てるようなものだと勘違いしてるから
卑下して楽して逃げまくる
謙虚さなんて欠片もない
意識は別の所
それを言葉でいいように誤魔化すだけ
未完のまんま

775 :名前はいらない:2012/09/18(火) 21:55:31.89 ID:1mVhZUcF
いつか


きょうが終わって

あしたが来る


いつかはいつも

いつかはこない


いつかは明日で

いつかは未来

776 :名前はいらない:2012/09/19(水) 01:00:54.98 ID:WJsFkdqv

ひたすら、
執着することの美しさ

ただ一度瞬きをする間に消えてしまう光だから

その一秒一秒に心を震わせていたい

777 :名前はいらない:2012/09/19(水) 04:23:37.92 ID:M5ouncin
キャッチ

生の期間は途方もなく短い
未知という先が死の時を見事に隠しているせいで
その短さを感じとることをことごとく鈍らせてる
無限を捉えてみせようとする
その答えは得た
どうして今までこんな明確な答えに気づけなかったのだろうか

778 :名前はいらない:2012/09/19(水) 10:45:05.33 ID:ZvbbcqnA
自意識

俺は頭悪いくせに自意識過剰だ
頭悪いくせになどととわざわざ自分から言うのは
他人に言われる前に自分で言った方が傷が浅いからだ
などということをわざわざ言うのは
この人すくなくとも自分のことはよくわかっているから実は頭いいんじゃね?
と深読みして勘ぐって欲しいからだ
などということをわざわざ言うのは
自意識というより自慰式だからだ
ああ尻の穴が痛い
痔意識

779 :名前はいらない:2012/09/20(木) 02:11:30.34 ID:G1JYQ0yt
イコール

完璧のようなものを狙うのは、達成感が欲しいから
でもその前に難しい問題をクリアしなきゃいけない
完璧というものをどう決めるのか、という問題
納得できるまで。それが難しい
捧げるのが難しい。納得しきってないから
真相はどこに
嘘みたいな正解がきっとあって
それに辿り着いて、やっと納得を得る
何かと等しいに近い
また準備しすぎてる
そんな反省を消してくれそうな、止まった時

780 :名前はいらない:2012/09/20(木) 02:28:52.76 ID:G1JYQ0yt
ここ

きっと、ひとつの芸術
夢、背負った希望の無限
空にだって、地上にだって
けっして大きくはない光があってもいい
微かであればあるほど、何もかも無くなりそうなくらいの無限
大きいわけじゃないよ。それだけが偉大なわけじゃない
そんなことわかってる
だから、ひとつだけ
好きな色した夢を見よう
また、立ち上がれるなら
まだ、あきらめないから
どうしても色がないなら
それでも形はきっと作れるよ
そんなためにだって、きっと心はある

781 :名前はいらない:2012/09/20(木) 02:37:26.62 ID:G1JYQ0yt
表層

暗いのが少し、嫌いになってた
それどころじゃない惨劇が、闇の奥へと誘い、僕をただたださ迷わせた
概念もクソもない
何もかも、ただただ破滅的で
消えそうな火が、闇夜を際立たせすぎて
暗いのがもう、とにかく嫌になってた
自分へ

782 :名前はいらない:2012/09/20(木) 06:48:57.91 ID:G1JYQ0yt
スタイル

こなせ。
何かを掴んだのには何か意味があるから、と思ってしまってもいい
響け。
その無能さに抗うわけでもなく普通に問題もなく受け入れて、能力を示せ。悪くはない
アレはきっとコレと一緒のようなもんだ
そんな考えをした方が都合いいのならそれで普通にいけ
最高の衣、つけながら
可能性を計り知れないくらいのように見せつけてやれ
できるなら

783 :名前はいらない:2012/09/20(木) 06:56:17.54 ID:G1JYQ0yt
散らす

知らない光に勇気をもらった
また別のそれを
思い出した勇気もまた別
理屈こねてそのサマの勇ましさは無駄ですとかなんか結論づけて納得するようなアホにはならないように心掛けとかなんかをしておこう
かじろう
手に掴めそうな感触を
たしなもう
希望いっぱいの夢

784 :名前はいらない:2012/09/20(木) 18:55:25.94 ID:OuCJsFe3
「たそがれ」

たそがれ、焼き肉、牛ハラミ
毎日ビールの豚民衆
痺れた脳で海を見れば
日の入り直後の本日のエンドロールがまだ続いていた

785 :名前はいらない:2012/09/20(木) 19:05:13.20 ID:OuCJsFe3
「カワハギ」

いくら古都と言っても
三時のおやつがカワハギなんて
無礼千万
どんな顔して昼間っから
ビール引っ掻ければいいんだ
こちとら僧侶だし
ほろ酔い気分で
鐘が鳴るなり
唐招提寺


786 :名前はいらない:2012/09/20(木) 19:08:21.95 ID:OuCJsFe3
「教育」

教頭が原野をゆく
右手には剣
左手には盾
教頭の旅
竜を打ち倒すための
あてなき旅
ついでに自分探しの
あてなき旅
教育者としての
あてなき旅


787 :名前はいらない:2012/09/21(金) 12:05:53.88 ID:8SgDRU8M


どんな配慮が必要なのだろうか
どんな身構えが必要なのだろうか
何でもありはどこまで何でもありなのだろうか
見るのか観るのか
表したいのか
微弱に流れる代物かなんかなのか
浮いてるのか
傷つくのかつかないのかつけるのかつけられるのか
浮くのか
下の方にいくのか
わかりにくい芸術なのか
自分に対する準備なのか
楽しんだもの勝ちはどれだけ勝てるのだろうか
楽しいことと楽することをちゃんと分けているのだろうか
一緒にしかしないつもりなのだろうか

788 :名前はいらない:2012/09/21(金) 19:31:02.89 ID:8SgDRU8M
閉鎖

完璧というには程遠い。そんな自由
両極に準備を満タンに蓄え、届くはずがない達成を上の方にに翳す
自分を映す鏡のような水、のようだ。そんな自由
完璧ではないもの
また、それではないもの
その、それではないものは比べるものじゃない
比べても意味がない
良い、悪い、上、下
あれこれ決められるとするならば迷わず先に決めておく
当然のように下、悪く
自由ならば。何を言われても構わないと思ってしまう
本当か?

789 :名前はいらない:2012/09/21(金) 19:56:09.66 ID:GIhbnshZ
旅人
旅から旅に
空は夢から夢へ
そして声をあげ
明日から明日へ

790 :名前はいらない:2012/09/21(金) 20:08:32.94 ID:8SgDRU8M
走行

わがままだと気付いてはいた
それは別に悪いことではないと思っていた
理由ならちゃんとそれなりにあった
わがままだと気付いてしまった
全くないのもダメとかつい言いたくなる癖がついてた
自分に言い聞かすように言い訳のように唱えてた
何が悪いのかわからないという方向に持っていくようにしてた
つまらないこともあると思うようになった
引くに引けないのはそれなりの充分な理由があると思っていた
輪郭がハッキリしたからもう別にいいと思う今もあると感じてる
時間がないと思うようにした方が物事がうまく運びやすい時があるという事がハッキリしてきた
焦りも生まずに差し迫ってくるだけのよいな条件でも従えるだけのポテンシャルを拵えられたつもりになれた
おかしなことも平気でスルーできちゃうようになった
次のチャンスまで取っておける忍耐とは違う精神のようなものを養えた
いらないわがままを探し出せた

791 :名前はいらない:2012/09/21(金) 20:19:54.04 ID:8SgDRU8M
愚挙

情けない
本心ではないにしても、その言葉は浮かんできてる
ぶっ飛べ、不条理
カッコ悪いこの言葉は別に大した意味もなく、ただ浮かんだから吐いただけ
何してる?
問い掛けに返す言葉なし
黙ってろ
わかってる
嫌でもまともになってやるからと、自分の襟元掴んで眼を飛ばす
何か間違ってても、今は知らない
早くもリタイアか
否、リタイアなんてあることはない
生けるだけ生けばリタイアもクソもない
勝手に決めてろ
こっちも勝手に決めるから
誓う

792 :名前はいらない:2012/09/21(金) 20:58:45.05 ID:GIhbnshZ
住民票

住民票は僕の命
破れたら破れたら
意識が無くなりそう 理解できない

793 :名前はいらない:2012/09/21(金) 21:26:10.01 ID:wh5NWHA+
住民票のためにだけではなくて
好きだからなんでしょう?
割れた皿は戻らないとかなんとか
都合のいい情報だけ信じる癖がついていて
1年近く少しは期待していたりして
でも今は幸せならいいやって
いい思い出だけ抱いて生きてゆける

794 :名前はいらない:2012/09/22(土) 00:55:50.84 ID:iO9LQ6h5
不埒


そこには何があるの?
柔らかい水。そればっかりなの?
ちらほら、生物生息
いや、そんなことじゃなくて
何か良い水みたいな、何かないの?
柔らかくて気持ちいいかもしれないけど
その柔らかさが過ぎるせいで頼りないだけになりそうだなんて
確固たるもの。また探すの?
どこにあるの?見つけてもまた飲み込まれてオジャンでしょ
ほら、また迷いの湖
どんな空とどんな湖底なら満足なのよ
そして何よりも、どんな湖の水なら満足なのよ
クソッ、また溺れそうなバカ
疲れるだけ疲れて肝心の学習ができないまんま

795 :名前はいらない:2012/09/22(土) 01:27:12.75 ID:iO9LQ6h5
勝算


全くない所から生み出す、毒
意味がわからない
メカニズムがわからない
募る苛立ち
毒が廻るのを促進
負の連鎖
いくらでも起きるのか
柔らかいクッションたけじゃ納得いかないのか
こりゃ暗い
軸の暗さは他から来る希望の光でも晴れにすることはできない
全身闇団子
優しい光が足りてない
頑張って飲まないと
結局は元の木阿弥ってやつ

796 :名前はいらない:2012/09/22(土) 02:54:16.98 ID:iO9LQ6h5
代償

寂しく吹く風
未来の予言もてんやわんや
もうすぐ訪れる哀愁
そしてその後すぐ訪れる冷たさ
理解力が乏しいまんま
根本的な事を見逃したまんま
言い訳がいるとしたらどんなのだろうか
最後らしい言い訳だろ、きっと
最後の言い訳
いつまでも立ち向かえるようでいれるための

797 :名前はいらない:2012/09/22(土) 03:03:52.25 ID:iO9LQ6h5


心の鏡にした水
そんな水に映る自分
縁さえあれば、輪郭さえあればいいと思っていた
何でもありだと妥協すればいいと思っていた
泳ごう。楽しめるように
遊ぶんだろ。夢中とまではいかなくても
ポリシーかなんかにして
最後の言い訳は良いように活きるはずなんだから

798 :名前はいらない:2012/09/22(土) 05:59:36.11 ID:iO9LQ6h5
地球

ぬるま湯に顔だけ浸けて
歌う輪郭が動く形
アゴは比較なしで
頭髪は綺麗に整えて
両耳は柔らかいクッションで衝撃に備えて
鼻の先辺りは動かない夢見て
個性を晒して
笑顔でお菓子を食べよう

799 :名前はいらない:2012/09/22(土) 10:59:48.77 ID:UcuisA15
コーヒー

コーヒーを飲んだら死んだ女
コーヒーが悪いのか
それとも女が悪いか分からない
分からない 分からない

コーヒーはにっこり笑った
女はそれも見ないまま死んでいた
コーヒーはほくそ笑む様に
女はそれも知らずに死んでいた

コーヒーが悪いか
それとも女が悪いか分からない
僕には分からない



800 :名前はいらない:2012/09/23(日) 01:32:18.23 ID:vJrxKaT4
不完全

切れちゃいけない
延命を
負荷をかけすぎる癖を直さないと
ガソリンが切れる前に別に部位がイカれちゃう
どうせ、と思うようなゴールがあるのなら
別に急ぐばっかりじゃなくていい
ゴールを切った先にまた新しい次のゴールが生まれるなら
温存できる時にしとかないと
もうコントロールきかなくなってからじゃ手遅れ
飛び上がるだけが全てではない
優しい水に浸りながらゆっくり進んでいけ

801 :名前はいらない:2012/09/24(月) 04:36:27.71 ID:gRISX9VJ
おかしい

心を持たない人形が、何かを成そうとしてる
燃料いらずでも動ける夢を見ながら停止してる
何も感じないようにしながら、欲しい達成感だけを得ようとしてる
楽な姿勢と疲れない速度での歩行を敢行しながら、
作った自分だけの止まりそうな完璧

達成を得るという名目とを交換しようとしてる
納得に近い満足を心に少しでも貯きんしながら
何も使っていないように浪費して、使った気にならないようにする

802 :名前はいらない:2012/09/24(月) 20:49:18.87 ID:BwJj1e6Q
軟体動物オンデマンド
節足動物フォーエバー
人類滅びよ人類滅びよ滅びていいよ
蛍は光るな
君たちは軟体動物でも節足動物でもないのだから

萎びた皮膚からうんこより臭い不潔な液を出すな
これは人類さんあなたたちに向かって言っていますよ
冷たく湿った吸盤が吸い付く恋愛戦線
それはうんこより臭い不潔な液にまみれた滅びの詩

しょぼ降る秋の雨よありがとう
そして恋愛戦線はうんこより臭い不潔な無条件降伏オン・マイ・マインド
神様
たった一本残った俺の頭頂部の縮れっ毛を抜いてください
うんこより臭い息を吐く象皮病の神様さんよ



803 :名前はいらない:2012/09/24(月) 21:14:53.78 ID:BwJj1e6Q
ももいろクローバー

集団アイドルグループは数あれど
日本の誇る世界一のアイドルグループはAKBにとどめを刺す
それはヘビーローテーション
それはポニーテールとシューシュー

ああ秋が深まるにつれて柿の実が柿色に色づいていく

自由意志も倫理も宇宙開闢のビッグバンと同時に捏造された嘘の物語
バク宙失敗で半身不随とか対人恐怖で就職失敗とか
そんな心配する必要はもはやない
あはん今夜もテレビジョンから聞こえてくる日本の誇る集団アイドルグループの素敵な歌声
俺も一緒に歌おう!地獄の釜の蓋が開くまで

804 :名前はいらない:2012/09/24(月) 23:17:27.90 ID:BwJj1e6Q
笑ってよキューティーハニー

下降していくばかりの僕たちのホルモン濃度
鈍色に鈍っていく君たちの鈍感な鈍器
まるで
鈍色に鈍っていく鈍感な鈍器のように
茜色に腐っていく霊長類の敏感な性器
あるいは役立たずの振り向かずの開かずの社会の車窓から

カムバック!ポエムの王子様
カムバック!僕らのオザケン
強いキムチ或る怒り
禿げた朝になってキムチが熟成すればいい
それがシェキラ!僕たちの便器読みさ

そうさわかりあえやしないからさ
えっさっさほいさっさ
狂ったお父さんの脳手術は
人類に次ぐ知能を持つ霊長類だともっか大評判のチンパン君におまかせして
僕らは旅に出よう
違法ダウンロードで手に入れたLIFEをipod的なものに挿入して
それを左右の耳で聴きながらさ

805 :名前はいらない:2012/09/25(火) 00:49:22.74 ID:jlkbRzBD
簡易

うまくいってるはずなのに、何かが足りない
結局うまくはいってない方か
ある程度はうまくいってる
でもまだ何か足りない
何が足りないのか
考えてもなかなか出てこない
考える暇もない
意味もわからないで流れてゆくだけ
間違う
熱のこもりずきて攻撃に出る
あっという間に時間切れ。それは電池切れ
電池が切れないように歩かないと
消耗度をちゃんと考えないと
頭に血がのぼって見失う思考
それに歯止めをかけるのも思考
心も
無くせ。邪念のような思い。その無駄さを
自分に良い嘘をついて刷り込まして
あるとなしを一緒にするくらい

806 :名前はいらない:2012/09/25(火) 00:59:11.13 ID:jlkbRzBD
尻尾

最後の砦を失う
最後じゃなかったのか
昨日愛した月。胸の奥に沈める
どんな間違いなら正解なのか
過ちにすがる水の中
簡単にこなそうとする事が全て簡単というわけじゃない
一番難しい事だってある
何かが無いから無い
最初から何も無いものなんて、無いと捉えるまでもない
そんな時もある
何が無いのか。無い何かを考える
無いのに
その無さでその何かを計る
答えのために

807 :名前はいらない:2012/09/25(火) 16:01:29.28 ID:jlkbRzBD
不足

何かが要る
でもその何かを求めるように動こうとすると、必ず身体の中で、無かった毒のようなものが生まれ、ひたすら巡るのが続くような感じになる
その毒で痛み、苦しむ
毒のような何か
要る何かなのに、毒
最大の譲歩を。今はそれしかない
何かを足りないようにする。それしかない
要るのだから。意識はしておきたい
でも、毒。ならば、足りない状態を保つ、という条件にしておけばいい。少なくとも今は
無いというくらいの意識まで持っていきたいけど、そんな器用とまではいかないらしい、この脳
何か足りないまんまでいく
攻め足りないまんま
責め足りないまんま
不甲斐なさで心の穴を見つけ、そして留めておく

808 :名前はいらない:2012/09/25(火) 18:42:21.07 ID:jlkbRzBD
未完

穴。弱点。そんな到らないさ
攻撃は最大の防御。知らないけど
弱点は最大のチャンス。間違いない。そう思うしかない。だけか。わからないけど
それまでの全てへ
そして、これまでの全てへ
そして、これからの何かしらの少しへ
期待と自信を
賭けるだけの価値になれ
その鍵は、何か足りないまんまにしておくことか

809 :名前はいらない:2012/09/25(火) 18:56:12.45 ID:jlkbRzBD
ひび割れ

おちょくってやるよ
と上から目線
誰かの上に立ちたい
というのは本心か否か
ヘンテコな遊戯にでも浸ってるつもりか
引っ掛かる引っ掛かからないかなんかの駆け引きかなんかの流れかなんかの攻防なのか否か
どんどん朽ちてくことに気づかない
哀れな遺産
綺麗に輝く月
それを眺める力さえもう残っていないかのよう
粒子

810 :名前はいらない:2012/09/25(火) 21:56:02.12 ID:jlkbRzBD
最高

私は長い旅をしているつもりです
現在地。わかりません
目的地。わかりません
出発地。わかりません
自らわからないようにしてる
消えそうな心でも何かが踏ん張ってる
メラメラとフツフツと
冷たく燃えていたい
壁に触れろ
限界の壁

811 :名前はいらない:2012/09/25(火) 22:03:00.78 ID:jlkbRzBD
歴然

足りないの嵐
欠如の連鎖
爆発的な不毛
悠然という風
優しく撫でろと命令
連なりの山々の稜線
グラフ
嫌に熱い
風に寒い
今日に西日
落ちる地球
月は回転
知らない太陽
宇宙はあれこれ
かれこれそれこれ
どれこれ
だれかれ
まだ大丈夫
イカれ方も中途半端だから

812 :名前はいらない:2012/09/25(火) 22:11:09.32 ID:jlkbRzBD
不慣れ

うそつけ、打開
偽物は黙ってろ
操られてないふりは通用しない
お前は時間に追われてる
逃げ切れないで嘆いてやんの
時間切れの知らせでキレそうになってやんの
まだ全部終わったわけじゃないんだから
まだ強かになれるはずなんだから
次の酒でも用意しておけ
祝杯の準備は怠るな
鬱陶しくても成功の色くらいは呑め

813 :名前はいらない:2012/09/26(水) 05:47:36.37 ID:LkioAzeq
クリスタル

鐘、鳴る
敗戦のような壁、守る
負けは確定だったかのよう
勝利への執着心が薄れたような感じした時点で勝ち以外しかないのか
本当か?それは
天井に張り付く横の壁は配色を上へあげた
悲しい悲鳴はどこの空からか
揃ってる
どうしてこんなにも惨めな時が続くのか
そこで見つけたものの意味は今になってこそわかるってものだろ
ある程度、ってのが絶妙に丁度良いのか。それもまだ信じがたいが
取り敢えず今はそれだけのことしかできないってこと
その程度だっていうこと
そのことをちゃんと示す弱点のような穴だって自覚してるつもり
霞みそうな意味を胸に焼き付けながら
高らかに狂っているかのように見せる訓練みたいなことをする
本当に大事なのは強さではなくて弱さかもね
今更ながらそんなことを考える始末

814 :名前はいらない:2012/09/26(水) 14:24:43.85 ID:LkioAzeq
座標

認めざるを得ない。現時点での最高点という点を
悲しさは塵。微塵も無い感じ。真実はわからなくても
ここまでという線までしか。これ以上はもはやこれ以上ではなない
違うもの、異物へと変わるだけ。そんなものは今は苦痛なだけ
認識を間違ってる。越えるまでもないことを越えようとしすぎて、そのせいで萎えるだけ萎えてる
買い被ってるのか。何を良いように信じる
わがまま

815 :名前はいらない:2012/09/27(木) 03:11:12.53 ID:/aAyBLUs
凹凸

何を探しているのかさえわからない
見つけられない現実的
少し理想で色塗っても
もう止まらない曖昧さ
勝ち気なのはいいけど、追い付かないのが現実
それでも大事なのさ、気持ちはね
だけど不甲斐なさで情けなくなるだけ
しっかりと、うまくいかない
夢の不具合。まっ平らになりそう

816 :名前はいらない:2012/09/27(木) 12:12:32.96 ID:/aAyBLUs


生まれ変わる。覚醒という言葉を借りて
数多の涙と苦痛と自省
消えてるか消えてないかよくわからないような炎に、ハッキリとわかるように火をつける
霞む表層。なれど意味は明白
道しるべを用い、残りカスに火をつける
くんねくねネジれ曲がるのは異常ではなく通常
異常か否かはもはや問題ではない
飲み込まれた信念はガラクタに
茫然と、でも恐怖で震えてはいる心
逃げる選択などひとつも無かったのに、逃げる選択しか無くなった
過去と今の矛盾
とっさで非常事態だったゆえ、それでも後からの代償は想像を軽く越えた
違うを顔を造った

817 :名前はいらない:2012/09/27(木) 21:17:35.15 ID:/aAyBLUs
力みと炎

何故か意気揚々
萎びていたことに少し安堵していたのは事実
楽しい言い訳を連ね並べ眺めひとり喜ぶ痛さ
それなりに道は光っているように見えてはいた
針に刺されても苦にしないかのように強がる。そんな限界
共通項は妙に強気であるところ
何が勝ちで何が負けなのかはまだいまいち
両方を欲しいと少しでも思うのなら、ただそれを目指すべきか
水と油でも。真実ではないかもしれない
どんな必勝を願うのか
薄情をどれだけ買いなおして、どれだけ見せつければいいのか
まるで薄情ではないかのように

818 :名前はいらない:2012/09/28(金) 00:51:37.90 ID:dKf9Xxnu
隔離的

あの部屋に帰りたい
あの時の思い、そのまんまに帰りたい
ひねくれる時を極めたつもり
だから次、どこへ行けばいいのか迷いまくった現実
どうして劣等感の塊に自らなろうとしていたのか
そこまでして貫きたかった真意は何だ?
鼻で笑い風を切り歩いてるつもりになんかなったりしていたのはいったい
どうして少し帰りたい?どうして今?
いつでも帰れるだけのものはもうあるはずだろ
どうすればうまくいく

819 :名前はいらない:2012/09/28(金) 02:14:50.05 ID:dKf9Xxnu
未満俯瞰

貯まっていくのは不満
そんな不満が形をゆっくり変えてゆき、イビツで異様な狂気みたいなものになる
落ちたもの
穴、粗捜し
理不尽として当たる
見下しながら怒る
誰のハカリの上に乗るかとか。乗らねえ
と、軽い感じでグレる
間違いじゃないけど、痛い
痛いことはカッコわるいけど、カッコいいとも思わないやつからならどう思われてもいい。とか
何への執着があるのか
何があったのか。原因はいったい
不器用とかの範疇を軽く越え、得体の知れないようなポンコツに等しいと言ってもいいようなものになる
スカ。ただのそよ風

820 :名前はいらない:2012/09/28(金) 02:28:02.72 ID:dKf9Xxnu
まじめにいう導き

最後のサイレン
赤く鳴り、心、最後の響き
さだめを認め、確定へ
根性、燃える。女々しさ、場合によって削除
子供。童心。幼いところから最低限、忘れ去らない馬鹿くらいには留まって
暴れるかのよう。不満もさほど見つかりもしてないような気がしたまんま
うそつきだ。偽物が先導して喜んでるんだ
お前ら馬鹿だろうと、己が一番馬鹿に決まってるのに、誤魔化そうとするためだけに
己の何に克つんだ?
どんな己に勝てばいい?克己心
綺麗事なんてただの砂で役に立たない
当然という決定項

821 :名前はいらない:2012/09/28(金) 19:52:47.99 ID:FtNmlDGC
「昭和」

東京都
東村山
三丁目

822 :名前はいらない:2012/09/28(金) 19:53:30.26 ID:FtNmlDGC
「無題」

◯◯◯◯◯◯◯◯
◯◯◯◯◯◯◯🔴
◯◯◯◯◯◯🔴◯
◯◯◯◯◯◯��🔴

823 :名前はいらない:2012/09/28(金) 21:16:42.37 ID:dKf9Xxnu


現実に飲み込まれる理想
現実的がいいという現実
実現が難しそうな理想はどこに
現実も知らないで叶えようとしていた愚かさが浮かんでくる
それは何なのか。愚かというだけで片付けるだけのものか
違うなら何なのか
心の支えだとか、拠り所だとか、我が儘だとか、暗い部屋だとか、ひとりぼっちだとか
気持ちが悪いだとか、イビツだとか、狂ってるだとか、最低だとか
いったい何なのか
達成感は少し欲しい。納得もちゃんとしていたい
満足はまだいらない。しっぺ返しは見え見えだから

824 :名前はいらない:2012/09/29(土) 04:59:37.59 ID:trRcT5dE
無数

何回目
月回り、日、流転
終わりが見える才能内にて大笑い
嘲り回り
コッパ微塵
空虚が走る物体が風を切る
判明という言葉は今は重い
薄く気づく
理解しようとして、狭まる
理の上にて、集中。狭まる
散らす。塵まで。
微粒子で形成される意味くらいが今はいい
直接的なのは何故か苦痛
集中しすぎてる。狭まる
真顔で解決策を探す。理解しようとする。散らす

825 :名前はいらない:2012/09/29(土) 06:59:36.82 ID:trRcT5dE


透明の顔しながら、心ないウタ謳う
自分の心に届けと、悲鳴を密かにあげながら
ゴールは点ではなく、バラバラに散らばっちゃった世界
それらを繋いで、手を繋ぐように。そこに意味があるのかな

826 :名前はいらない:2012/09/29(土) 07:05:37.23 ID:trRcT5dE
ばか

近道は、一番の遠回りに等しいという
遠回りこそ真の近道、といえば、真になるらしい
効率的なことは、非効率的なことがあるからこそ、効率的なんだろう
非効率的なこそが全く存在しないところにおいての効率的は、効率的というまでもないこと
効率的なことが全く存在しないところでも、非効率的は楽しく存在する
効率的だけじゃいけないらしい
非効率的があってこそ初めて効率的である意味がある。らしい

827 :名前はいらない:2012/09/29(土) 07:15:50.44 ID:trRcT5dE


優しいね。愛を謳うウタ
決まりきったことではないけど、穏やかだね
綺麗に咲いてね、花
世界に色とりどりをもたらして、鮮やかに世界を飾ってね
間違いはないよ。君はきっと正しい
今は信じてくれなくてもいいよ
無理強いなんて考えてはいない
雨が降るね
まだ終わっちゃいないけど

828 :名前はいらない:2012/09/29(土) 07:24:36.27 ID:trRcT5dE
逃走の悲劇と小さな炎

愛。言葉だけでも
まだまだ、泣けはしない
そんな辛さ、知らないから
遠くの方まで、ただただ逃げるだけだから
見つけちゃった自分を見逃すのは、きっともう惜しいことであるはず
捨てたような気持ち。火をつけて
過ちでも、誤りなんかではない

829 :名前はいらない:2012/09/30(日) 01:03:37.48 ID:f8GRLsK+
奇跡の手前


根っ子
不正解じゃなかったよね。の根本
疑いきって何一つ信じなくなってからの帰郷
持ち帰ってきたものは良いお土産
秘密
心得
夢。と運命と、と、透明

830 :名前はいらない:2012/09/30(日) 04:05:51.21 ID:f8GRLsK+
遥か下降

才能が低能でも脳天のように天まで行けば天才にまで昇るかもしれないよ
イカれ具合不足
計り知れない意味
散文
乱れ散った葉をかき集める作業の殊勲
大天往生
朱歴概劣
奔放


831 :名前はいらない:2012/09/30(日) 04:10:16.31 ID:f8GRLsK+
せっけい

空っぽの天才鉢に
風に舞い散る葉のような意味を見出だせれば
波乱を越えた狂気を携えられるかもよ
純心にて

832 :名前はいらない:2012/09/30(日) 07:50:05.88 ID:f8GRLsK+
あまた

不可思議が永遠に重なり
掴むことのできない永遠になるように
本当の眼差しが理を越えて直視を押し進め始めたら
履き違えてた意味が新しくわかるようになるだろう

833 :名前はいらない:2012/09/30(日) 07:59:56.34 ID:f8GRLsK+
奇質

数奇を纏わされた枝々が排泄されていく必然
全てが無くなれば茫然と開き直りを待つ夢々
裂傷が牙となりその刃を磨く道理を見つめながら
誰かの素晴らしい元へと飛んでく迷いの無さを探す旅の最中

834 :名前はいらない:2012/09/30(日) 13:25:35.87 ID:f8GRLsK+
未開

劣勢の中においての誰かの断念
無念が突き刺す先は心
耐えられなくなった心は壊れ、修復のための道を無意識で進む
以前とは様変わりした模様
それでも信念は取り返した道
街路樹、縁石、歩道、側道、家々、山々、川々、海々、諸々
全て変わっても、やっぱりこの道の信念だけは変わらない
空き地でも未開でも変わらない
不動を行く

835 :名前はいらない:2012/10/01(月) 11:30:02.79 ID:fuD3o3w/
「てんかす」

ハゲ天の映える好天、台風一過の後、数日好天
乾燥注意報、乾燥注意報
干上がってしまって、からりとドライに
高い空にみんな吸われて
もともと大したものはなかったのだけれども
てんかす

からりとした
あぶらの
好天の
てんかす


836 :名前はいらない:2012/10/01(月) 11:33:40.30 ID:fuD3o3w/
「真の穴あきジーンズ」

真の穴あきジーンズは
ずっと上がらない踏切を待っている
真の穴あきジーンZは
タクシーには決して乗らない
歩けるところは歩く

真の穴あきジーンズは
徒然草を罵倒する
つれづれは賞賛されるものではなく
罵倒されて価値のあるもの

申し訳ない
ちょっと通していただきやす
穴あきジーンズでございます



837 :名前はいらない:2012/10/01(月) 17:59:39.67 ID:VGEBSdPX
ドーナツ

意味から紐解く、個の本質
熱狂を絞り出される強制の点を召還
無色の戦略が線を形に変換し始めた時からが己
放浪するのは意義
旅の最前線で優雅と愚直を成立させる

838 :名前はいらない:2012/10/01(月) 18:59:02.80 ID:VGEBSdPX
ラッキー

停止を見た伏線の花たちが咲き乱れる
勝ち気という狂気を纏った自信
その要らない箇所だけを削ぎ落とす
一つしかない答えの導き方を一つだけ以外に仕立てあげる
数多という約束と余裕綽々を、直接的という答えと交換し合う

839 :名前はいらない:2012/10/01(月) 22:59:57.28 ID:aXYXl/V8
おっぱいだと?
勘違いするな
お前のそれは違う
それがおっぱいなら
二の腕もおっぱいになるぞ
しまえしまえ

840 :名前はいらない:2012/10/02(火) 03:18:14.67 ID:7MEHR0u7
シロ

隠しきれない弱点
元気に楽しく弾け飛ぶ輝きは、意味の向こう側
希望には明るさと暗さ
トンネルは重く、辛く、苦しいけど、収穫もある
絶望が飲み込んだ全てへ、サヨウナラをあげる
白紙から始まる直線の歌

841 :名前はいらない:2012/10/02(火) 03:25:24.44 ID:7MEHR0u7
びょうどう

光。闇のトンネルぬけて。全てが白という意味
揺れる。寸分の狂いもない意図で。揺さぶる
希望が希望という橋を渡る先は意味。トンネルと同類の橋。希望でもあり闇でもあり
明るく元気に。楽しく輝いて。真っ直ぐ行こうとすればいい

842 :名前はいらない:2012/10/02(火) 03:35:29.89 ID:7MEHR0u7
コーナー

ソレハ。単純で
希望が光る、無限の大地。とは真逆の、線しかない白線の白の意味で
躊躇はいらないから。真っ当に走れば、湿った枯れ葉を踏んだことさえも、直ぐに忘れ去れるから
一番遠くて一番近い答えの唯一さを、直線でぶったぎって行こうとしよう

843 :名前はいらない:2012/10/02(火) 07:12:12.21 ID:W9eYIetQ
「円熟」

疑いようもない
本当によかった
紛れもなく社会的存在だ

だからお転婆娘は卒業の時期かもなあ
やりたい放題でも私は全く非難しないけど
影で毒牙むいてるって誰かに見つかったらどうするの

周囲の度肝抜くのが幼少からの趣味なの?
また何でもネタにして笑い飛ばすの?
例えばAKBらしくとかって社会規範お仕着せはしないけど

844 :名前はいらない:2012/10/02(火) 08:11:16.74 ID:7MEHR0u7
もじ

白の紙、一枚
柔らかく、枚で数えられるほどの線。横からの視線
曲がる時もあり。両端を張りさえすれば直線に
そこにひとつの意味。一番伸びる意義。だけじゃない意味
効率的。だけじゃない意味
効率的。だけともいえない線
ぶっちぎった平面は、海の表面に優しく覆い被さろうとするばかり
力なき混迷へ、限りなく巡り、の繰り返し
散りゆく活路。まだ浮けるなら、存分に道を広げていって

845 :名前はいらない:2012/10/02(火) 12:14:54.03 ID:+pgsPWLz
>>839
いいね

846 :名前はいらない:2012/10/03(水) 01:10:13.90 ID:QI9f8k8G


簡単に、無難に。そうやって進むのか
独自性への執着と、それを言い聞かせるような決定的なものの作成に取りかかるのか
作ったものから自信を得て、飲み込んで使い果たし
また作り、飲み、使い果たし。 の繰り返しか
簡単に、無難に。で、どれだけ大きな自信を得ながら進んでいけるものなのだろうか

847 :名前はいらない:2012/10/03(水) 18:28:38.60 ID:QI9f8k8G


まともになんか無理だろう、と
切れ端の先に道らしい道は見えないのか、ただの点か
静まり返ったロウヤ
自由が静かに動く
哀れえ、哀れえ、哀れえ
しらないうた

848 :名前はいらない:2012/10/03(水) 18:32:23.11 ID:QI9f8k8G
しかけ

自信だと思い込もうとして
自信を携える
それに勇気を足して、全てを捨てるかのような自由を前に
押して、進める

849 :名前はいらない:2012/10/03(水) 23:56:46.84 ID:QI9f8k8G



どうして
少しだけ
そうなりたいのか
少しくらいは
わかればいいのに
少しも
わからないようになってる
そうなれば何があるのか
わかればもっとそうなろうとするのか
何がわかればいいのか
都合いいようなことが付いてくるという具合のことがわかればいいと
そんなふうにわかりたいと思っていて
実際はきっとそうであるはずなのに
実際にはそうじゃないかもしれないと気にしてまた逃げ
無いに等しいくらい少ないような勇気すら無いとかいう落ち

850 :名前はいらない:2012/10/04(木) 00:03:15.36 ID:waz/yOjf
あほ

認められないことを認める
認められることを認めない
認めるじゃなくて認めない
認めないじゃなくて認めろ

851 :名前はいらない:2012/10/04(木) 02:39:11.19 ID:waz/yOjf
らいと

停止してる時みたいに、全てが全てだったらいいのにと
自由が止まっていたらいいのに
あの動きとかあの気持ちとか
そんなのに縛られなかったらいいのに
嫌でも反射的に導かれる
それを素直に受け入れられたらいいのに
武器も何も無い者に新しい武器なんて
その重さをもっと軽くできるまではまだまだ時間がかかる

852 :名前はいらない:2012/10/04(木) 02:59:08.79 ID:waz/yOjf


エゴ
泣いてしまいそう
どうにもできない
エゴ
他の違いを受け入れられない
どうでもいいと思い、捨てる
これは尋常ではないくらい悲惨だ
情報化が甘いんだ
切れ端に踊らされ過ぎてる
形を好きなように変えようとしよう

853 :名前はいらない:2012/10/04(木) 03:06:46.06 ID:waz/yOjf
ポスト

理解不能
情熱は尽きたような様相
心に縫い込むべき自信
勇気を持って挑戦前進
邁進の先にカオスだったら笑う自由
理屈とは都合がいい
定義に従えるほど心は広くない
狭すぎるだけでほとんど受け入れられないなんて

854 :名前はいらない:2012/10/04(木) 03:33:50.51 ID:aJNBSZT9
生きているよ
暴行沙汰に巻き込まれたりはしないように注意する

ごめんごめんごめん、ごめんね
短い間に2度目くらい同じことしちゃったのだけど言い訳
今日、1500マイルくらい移動だった
出発直前に投稿、到着後書こうと思った場所がホスト規制で通信環境悪く歯がゆい

”相手が嫌なことは絶対しちゃいけないと思う”
その一言が死を招くみたいな諺って沢山ある
沈黙が地雷源かも知れないけど、一度言った事は取り消せない深い傷になりうる
自信がないし、自分のやり方ではまず膨大な量の書き込みをまず読まなければいけないんだ

気安くメッセージ書いたり、話しかけたりしていいの?
いつかあなたのように自分を愛せる存在になって、精神の自由を得たい
あなたは何かいても許される存在だけど、私のような下手には慎重さが必要だ
今晩も読んでいる最中に、電気つけたまま寝てしまって起きたらこの事態だ

(代行スレよりどこかへと痛々しく続く)

855 :名前はいらない:2012/10/04(木) 19:48:05.83 ID:waz/yOjf
メダマ

意地は輝きのために
自由は輝かないことさえも輝きに
全ては好きな轟音で力を示し乗っていくために
真っ直ぐ走ってもなお柔らかに
繊細に

856 :名前はいらない:2012/10/04(木) 23:37:40.87 ID:waz/yOjf
ふぬけ

割れそうなくらい頭が痛い
ガサツすぎて傷を掻きむしったから
繊細さがやっぱりいる
豪快さは条件次第
無理は禁物
自由さに委ねる勇気
理屈っぽさで自信を製作
勇気を後押しする自信と
自信を後押しする勇気
相乗効果を胸に期待として刻んで進む
もっと前へ

857 :名前はいらない:2012/10/04(木) 23:46:32.17 ID:waz/yOjf
うた

輝きが包む胡散臭い自由
その自由は自由でもあり輝きでもあるとして
繊細にいこう
気にしすぎて後手を招くとかいうのとは違う
後手すら無し
初めから手は打ってる
先手から始まってる
学習するだけ
優しさらしきものを少し考えるだけ
誰にも決められない輝きを決められる輝きとして輝きを決めてから
優しい自由のような
自由のような優しさで繊細に
できるだけ前の方へ
ゆっくりでも

858 :名前はいらない:2012/10/05(金) 03:17:07.83 ID:VmHIqre5
鋼鉄

入らないのは力
力みがちからの解放
その脱力はいいけど、入らなすぎが今度困る
毎度の板挟み。こまい葛藤
絶妙を掴まないと話にならない
力みすぎてまでしてうまくやろうとするのはもうダメだとはっきり決めないといけない
絶好の条件を前もって作っておかなきゃいけない
最高の対処を目指しながら

859 :名前はいらない:2012/10/05(金) 04:21:14.04 ID:VmHIqre5
たまには

?だらけの人生は本当?
本当に?なの?
どこまでわかってるの?
どんな定義を信じるの?
どこまで信憑性あるの?
裏付けは信じられるの?
疑いはキリがないもの?
前に進むだけでいいの?
どれだけ純粋になるの?

860 :名前はいらない:2012/10/05(金) 09:22:02.16 ID:pmF8snBG
コーチングの要?

あなたは私の質問に対して殆ど直接的には回答しない
いつも糸口だけ与えて自分で考えろよって答えるけど
そうやっていつもなんでか考えることは重要だと思ったよ
今更ながら、すごく賢い調教師だよなあ

861 :名前はいらない:2012/10/05(金) 21:03:36.46 ID:VmHIqre5
スカ

限界は確かにあるよ
ちょっと更新したい
いや、もうそんな気持ちはないね
進むだけだね
どこかへ向かって、少しでも前へ
ゆっくりでいいから、一歩一歩
そんな力
ほんの少し、じゃなくて、全てを使って
全力とはちょっと違うけど、なるべく全てを使えるだけ使いながら
力を発揮できたりなんかしたらいいと思う
全力かどうかなんてわからないくらいの全てを
輝くかのように前へ、できるだけ

862 :名前はいらない:2012/10/05(金) 21:12:13.30 ID:VmHIqre5


怖がってんの
負を押し付けられそうな気してやんの
かっさらい
撃ち抜かれる運命やなんやら
仕掛けから
狙っているところだけでも晒し
良くはなるでしょう
解放された途端に捕まって
それは狙い通りなのか

863 :名前はいらない:2012/10/06(土) 00:53:42.60 ID:SOrPgcYc
一番小さな推進を

暗黙の了解を切る風へ
木枯らし
どこ向いて吹いてくつもりなの
希望のいろは。そこから始めましょうか
ぶつかっていくだけでしょう。優しく
驚きしかない仮面が瞬間的に生まれてから
飛び出る目玉で己のその仮面見て学ぶ
偽物にわざわざしなくてもいいから、そのまま本物を継続して

864 :名前はいらない:2012/10/06(土) 01:03:07.62 ID:SOrPgcYc
メが光ル

進めないくらい、進んで
これ以上ないくらいの、少しだけを
たった一つしかない希望が開く
投げ捨てても、それさえも推進力へ
前向きよりも前向きへ
ポジティブなんかじゃないくらいポジティブへ
現実甘くない、なんて知らないで
どんな現実であろうと少しだけ前へ
怒りがもう、ただの花瓶に生けてる花くらいなもので
優しく、全てが前へ
ただそれだけで

865 :名前はいらない:2012/10/06(土) 01:03:14.99 ID:2OlDwGsn

押し出し豆腐
自分を確保したい

口に出して確認したいだけ
秘密は持ってるの
あとは対立を回避するだけ

悪口じゃないのよ
貸し出し林檎

866 :名前はいらない:2012/10/06(土) 02:58:11.42 ID:SOrPgcYc
圧縮

正念場
自分ひとりだけしかそう思っていないとしても
どんな制約から始まり終わるのか
最後の目的が最初からの目的
逆算通りになんていかない
理屈はもはやただの空想程度なもんで
握りしめた現実的は誰にも見えない
それは現実的とは違うかもしれなくても
自分の心が背中を押す限り
すこぶる現実的。それで間違いないということでいい
繊細さを忘れるな
ナイーブは傷つきやすいばっかりじゃなくて、傷つけにくいという、そこそこいい武器だ
使えないことはない。全て

867 :名前はいらない:2012/10/06(土) 05:37:30.49 ID:SOrPgcYc
このこたえ

なんだ?この宇宙
眼が鳴る
陰は2重3重の扉で
閃光の点滅、限りなく
四方八方へと変わる形
開閉が斜めへとスライド
真理はどこへ
心理もどこへ
台無しの形に散る夢はもういらん
優しく差し伸べる先が柔らかい
急ぐことのない自由が答えを見つけようとしている
理よりも勝る答えをひとつ

868 :名前はいらない:2012/10/07(日) 15:25:42.28 ID:LJJpT9hl


ねえ。どんな限界なら越えられるのでしょうねえ
要の輝き。その道筋
気を抜いていたつもりは無いけど、前方不注意
気づいた時には手遅れ
ブレーキにも限界があって、衝突回避は無理確実
死角
対処するためには、見るということを向上させることから
視野確保の条件満たしてても死角はえられない
不運が重なったような条件
突如現れるのが死角
見るを向上させないと、頭だけじゃどうしようもない
限界を越えたい願望は昔から
思い出すだけで、自分を思い出す
オリジナル、自負できる
そんな道筋がまた見える
限界を見てるから

869 :名前はいらない:2012/10/07(日) 15:43:57.72 ID:LJJpT9hl
つち

見たこともない平原
何も無いのは見えてるけど
何かがあったことは、予感のようにわかる
確実に何かがあった。ここはそんな場所
翻る
為りを見
続く果てへ
蒼く

ゆっくりと見

870 :名前はいらない:2012/10/07(日) 22:27:19.00 ID:LJJpT9hl
れんしゃ

窮地
目を凝らせ
見にくくても
とらえられるまで
見ろ
見てみて、正しかったと思えるまで
変えられるなら変えるまで
そのほうがいいならいいでいってまえ
向こうがもうすぐ来る
その時に備えるだけの、いつも

871 :名前はいらない:2012/10/07(日) 23:39:41.79 ID:lwi3Td3t
映画館を出たその帰り道は茜色の雲 涼しい風

街は非現実的だね

僕自身たちは 何も考えていないか
何も目に入らなくて ただ歩くように並んでいる稲穂の群れ

また君のことが浮かんだけれど あんなストーリーを観た後では
誰かと視線を合わせる事さえ卑怯な気がして とりあえず飯に行こうかな

そしてまた君を手に入れる事を思った
映し絵の君はどこか移ろに視線を合わせずに
僕を見ていた

手に入れた君はどこにいるのだろう
君の心は何処にあるの?
そして空腹感で一杯の僕は駐車場を出た

もちろん もしも君を手に入れたと仮定しての話だけれども

例えば二人掛けのシート席で今日の映画を観たなら
少しは君を手に入れたことにはなったかなと思ったりした

浅い思い 僕から流れる景色は消えゆく日に遠ざかる

思い出さなければ 今日観たストーリーもまた忘却の彼方へ溶けてゆく

872 :名前はいらない:2012/10/08(月) 14:20:44.78 ID:nPBf2sNl
せん

優しくね。柔らかくね
針の穴を通すばっかりを考えてたのは昔
今それは何なのかって、きっと何かしらの支えだってもうわかってるはずだって
そこに通るものは何かって、それももうわかってるって
にもかかわらずそのもの自体にまた針の穴を通そうとする
無理だって。そんな穴はもうないから
これからどんな通し方をするのか
どんなふうに縫っていくのがいいのか
そんなところだって
ある程度を確保してから、突っ切りたくなったら突っ切ればいいだけだろ。きっと

873 :名前はいらない:2012/10/08(月) 22:44:58.50 ID:nPBf2sNl


あの場所しかない
普通にそう思う
暗い時代に戻る
そういうことだけではない
別に意味なんて大してない
単にフィットしているか否か程度
それでもいいからあの場所へ
目指す心は、間違い知らずであってほしい

874 :名前はいらない:2012/10/09(火) 04:28:17.25 ID:f6INMV7w
「漠然は続くのです。永遠に」とかいう題

この場所はどこだ?
あの場所はあっこだ
この場所はここだ。やっぱり
あの場所以外のあっちら辺はなんだ?
あの場所を活かすためか?
そのための、以外、か?
そんな、以外、をどれだけわかればいい?
キリがない?そうだな
キリなんていらない。そもそも
そんな、以外、は無限であってもかまわん
それ以上にあの場所は上にある。と思えるのなら
どれだけ広大で無限であろうが
あの場所を活かすための無限であるなら
無限である方が更にあの場所を活かせるってもんだろ。多分
おそらくでいい

875 :名前はいらない:2012/10/09(火) 04:41:56.26 ID:f6INMV7w


たくさんの論争を巡らせた果て
自問に自答で返す自身
最重量だった意義はもう最軽量に値しているのか
そのための論争だったに違いないと気づくのが今
重い意義など捨てていたつもりが
軽いように仕立てあげていくのが自分でも気付かなかった裏テーマだったと、後から気づくとかいうオチ
意味の方が楽しかったのに
意義の方が今は楽しい
重荷だけだったのが軽くて扱い易くなったから
意義の果てはもうどうでもいい。少なくとも今は
意義は、その形自体にもう意義がある
それだけで意義としては充分だったんだと、今になって気づく
そう思えるようになってる
そんな今に少し、野心とかが見えてきそうなのが、今この瞬間

876 :名前はいらない:2012/10/09(火) 04:59:45.00 ID:f6INMV7w
読ミにく意

限界
それをどれだけ把握できる?
限界かどうかすらわからない
そんなことも限り無くたくさんある
そんな無限さに限界を感じてる。とかはどうでもいい
そんな限界を知ってもあまり意味が無いような感じしてるような無限さだから
そう。
こうやって限界かどうかすらわからないことがもうすでにできている
漠然ばかりで進んでいる
そんな段階からすでに。
ああ、もう無駄に足りない言葉だらけが続いてく

877 :名前はいらない:2012/10/09(火) 06:10:37.91 ID:f6INMV7w
チリとホコリ

青に白い
涼しいに冷たい
空気が寒い
静かに寝なさい
朝顔を見ない
咲いてた時からもう見ない
登り坂がキツい
フクラハギ、が、揉んでほしい
雀のヒトコエ
一回きりの奇跡
苦手が苦い
手が手堅い
勝手が過ぎる
勝ちばかり夢見てるヤカラに敗北プレゼント
怒り買って常識売る
ライバルなんかじゃモチロンありません
まだ終わりません
ご自由に

878 :名前はいらない:2012/10/09(火) 06:22:57.60 ID:f6INMV7w
ヘビ

最後のご褒美を貰う為に、人は人にならなかったのでしょう
不明
花が咲いたなら、どれだけ綺麗になれるかでしょう
扉が開かなくて喜ぶような性質
手にしてないのに触れてるね
線路を変えたい
吐露ならハイハイ
見ていたくせに、もう見なくなったなあ
消える予感
漂わせていたのは霧
霧のようだね
粘って消えないように頑張ってもね
キミなら消えるね
霧のようにね
きっとね
緑が白い
少しだけ青い
アサヒが明るい
頭上にやけに、明るいったら絶対に明るい

879 :名前はいらない:2012/10/09(火) 18:08:54.20 ID:f6INMV7w
べろ

明るい店内
駐車場の車の内は暗い中
生物と戯れる
私と共に生きてくれてるワンちゃん
お腹の上でおねんね
温もりは温かい
柔らかくて心地好い
もうすぐ帰宅
安全を祈願しておいて
細心の注意を心に準備
用意周到でワンちゃんと共に帰路

880 :名前はいらない:2012/10/09(火) 20:00:15.73 ID:DVd/lSnq
「深い深い夢」

創作は創作に過ぎない
それ以外の何物でもなく
現実とは全く無関係だ
狂気...何故ありもしない夢見て
期待してしまったのだろう?

ある気持ちだけを詠むのだと以前言ったけれど
気も狂う程あなたに深くのめり込んだとしても
全部幻想に過ぎないよってことだろう
現実にはならないという現実を受け入れる
あまりにも悲しい結論

別にあなたに媚びて行動した訳ではなく
全部自分の好きでやったことだけど
いい加減気が付けよって反省
ああ、心からあの飼い犬と替わりたかった
...でもこれ以外にはないよね、残酷な話

881 :名前はいらない:2012/10/10(水) 04:21:35.44 ID:LZ9tDF1f
前衛

優しさを忘れない
内に秘めたのは、答え
身を委せた奇抜
心が委ねるのはより良い前提
感覚の限界を補うのは経験ではなくて、未知への諦め
開き直りから生み出す必殺の鉄壁ガード
念には念を、その念にも念を
太陽に寄り添う月の方がもちろん愛しい
安心と安全を
究極への抜け道を愛するのは優しさから

882 :名前はいらない:2012/10/10(水) 04:34:54.34 ID:LZ9tDF1f
ロー

赤いS字の思想
中身の無さにこそ光を見る
化け化け
遊戯は今宵の月の機嫌
無風に軋む秋の歌
本当の怪物を召すのが嗜好

883 :名前はいらない:2012/10/10(水) 06:40:17.82 ID:H4s0jEpk
初耳

既に娘とは渡りに船だ
本体よりも強くその子に心を奪われてしまう
などど言っては拗ねてしまうから駄目
しかし何と言うインセンティブ
賢くて可愛くて心やさしい
ハーバードで数学
君の将来は決まった
母さんの所に来て
大真面目だよ
一生のお願いだから全部委ねて
ソフィア、愛してるよ
全力以上で

884 :名前はいらない:2012/10/11(木) 03:39:19.43 ID:SiZ+suWx


けしかけられるように頂点
有頂天
たった1つの絶対的
そんなもののせいで他の全てがおかしくなりそう
未だにわからないのが結末
理論上の先に聳える、らしき答え
あり得ない事は、あり得ないように起こりうる
何が起こるかはわからない
絶対に起きないと思っていた事が突如起こる
絶対に起きないとさえ思っていない事も起こる
何にどれだけ頼り、どれだけ頼りにしないでいられるのか


885 :名前はいらない:2012/10/11(木) 03:47:43.34 ID:SiZ+suWx
進貫

99は1に
1は100に
100は99に
が続くのか
偽りが本物を引き立て
それが一つの全てになり
その全ての中に偽りがあると気づかされる
99=1
1=100
100=99
全てが偽りでも、偽りさえも本物だとしたら
何か越える

886 :名前はいらない:2012/10/11(木) 03:59:30.00 ID:SiZ+suWx
2ソウの剣

敗北感に漂う
虚しさとは違う
抗うにも限界がある
一番避けていた事が、一番起こる。というあり得なさ
準備してもしたりない
準備に万端なんて本当はない
逃げという最後の選択
自虐でおさめる停滞の船
イカリなしの漂うに変わる
海の言いなり
そんな事態にすら気づかない自覚なし
開門

887 :名前はいらない:2012/10/11(木) 05:12:44.16 ID:SiZ+suWx
オーバー

経験に頼り過ぎて、初歩を忘れる
自信に任せすぎて、始まりを捨ててる
一番焦らないで済む事と、全く焦らないで済む事とを、しっかりと間違える
理論を頼りにしなさすぎたせいで、軸がゼロになる
理論を頼りにしすぎたせいで、周りがゼロになる
無根拠の惨事

888 :名前はいらない:2012/10/11(木) 13:45:07.29 ID:SiZ+suWx
ドーム

ひとつしかない。という焦り
いくつかある。という余裕
どれにしたらいいのかわからない。という混乱

これしかない。という答え
それだけでいい。と笑顔
全てがあって、ひとつがある。そのようなものと解釈

889 :名前はいらない:2012/10/11(木) 14:26:19.40 ID:SiZ+suWx
見シキ

月影に
墜ちた夢、照らされ
無くなりそうな灯火
夢。夢の中
放たれた怒気
書き移せばただの文字
士気
試したい度量
尽きる万策
溜める好機
伺う機会
万物か自我か
両刀で一刀
理の上を直視
抜け道への進入
進展は新展へ
展開は開進へ
月も堕ち、夢も堕ち
太陽が沈む先は、新しい心

890 :名前はいらない:2012/10/11(木) 17:30:43.19 ID:SiZ+suWx
最弱

強者
軽いけど、硬い
反撃を許さない
放つ恐怖
強くのし掛かる圧力
噛みつける大きさではない
隙もなし
怒りもないけどキレてるに等しい
従順で収まるのなら
そう思わせる力量と繊細さ
意志の硬さだけではない
全てにおいて硬い
手段を選ばない
手堅い堅実さ
それ以外の硬さも果てまで

891 :名前はいらない:2012/10/12(金) 01:20:33.23 ID:fLp4/n1w


過ちをいつでも犯すんだ
祈りは届かない
だったら届く場所まで行くの
違う
届かなきゃいけないばっかりじゃない
祈るだけでいいことだってあるはず
しばらくは置いとけ
安静ということにしておいて振り切れ
期待はしない
自信はいる
自信を持つことには期待しない
期待することには自信はいらない
期待しないで自信だけ持つ
持てるなら持って
ぶかっていって
散るなら散って
散らないなら散らないで続けて

892 :名前はいらない:2012/10/12(金) 01:30:57.42 ID:fLp4/n1w
まだ早いから耐えて待つしかないという時である今

間違っていないよね
言い聞かす力さえあれば、今はそれでいい
手を出しちゃいけない事
そんな事はわかってるでしょ
でも時々そんな当たり前がわからなくなる
知らないうちに線を越えちゃってる
どうしたんだろうと後から
まだ早い事だってあるということ
見極めは容易くない
だからこそ耐えろ
今は耐えなきゃいけない時
耐えるしかない時
物事は変化する
それが来る時がきっとある
チャンスはある
全くないわけじゃない
その時を待て
きっと絶好のタイミングが来る
見逃さないようにだけ準備しとけ

893 :名前はいらない:2012/10/13(土) 03:05:47.83 ID:2P2z4F2Y
ダラシナイ

引っ張られるように、やること
それがすべきことなら、それがかなりいい
意地になりすぎとか、そんなふうには見られたくない
そんな理由は少しだけ
単純に持久力がないだけ
走り方が下手だから
無駄に力入りすぎて疲れ息が切れる
力みすぎるのが癖なら、それを無くすまで
新しい癖は、すべきことを嫌でもしてしまうような癖がいい
慣れるまで。癖がつくようになるまで
一番肝心な内容。何をすべきなのか
それならもうある
後は嫌になってもそれをやってしまうくらいになるまでやるだけ
進むだけ。前へ

894 :名前はいらない:2012/10/13(土) 03:18:50.89 ID:2P2z4F2Y
ダラダラ

本当は新しい歌だけ歌っていたい
名曲の心地好さはそんなにはいらない気分だから
でもそれが首を締める
新しいものばかりに縛られて、成り立ちを蹴っ飛ばして土台をなくす
土台が無くなった新しいものは、何故新しいのかさえもわからないくらいの混乱に陥る
都合よくだとか効率的だとかを追及しすぎた末、それだけになって苦しむ
息抜きのような場所が見えなくなる
追い込みすぎてることにその時は全く気づかない
後から来る
結局都合悪くなってる
効率的なのは一瞬で、後は全然効率的なものにならない
理屈に任せすぎ
感性や直感にも任せたいけど、それも任せすぎは結局ダメになる
気持ちも
気持ちに引っ張られすぎて負荷がかかりすぎ、滅入る
頭をしっかりさせなきゃいけない
考え方をもっと良いように確立しなきゃいけない
手を抜いた瞬間、気を抜いた瞬間、足掬われる
それでも気を入れすぎはダメ
考え方を先に確立しておくしかもうない

895 :名前はいらない:2012/10/13(土) 03:31:23.82 ID:2P2z4F2Y
失敗はしても間違えることなかれ

作れないものを、作れない人が作るまで
あり得ない宇宙が、この最小の世界の中にある
微弱に流れる希望の小川
そんなに遠くない奇跡が近いうちに起こる
根拠なんてもちろんない。でもそんな予感は意外と大事
何かがあるはずだから
何なのかはわからないけど
でも何かがあるからそんな予感を吐いてしまうまでになってるんだ
覚悟になりますように
引けない所くらいまでは来てますように
嫌でも進めますように
嫌でも自信を持てますように
期待なんて一切なしでも走れますように
すべきことをどうしてもしてしまうような己になれますように
もうこの壁はぶち壊せますように
行ってしまえ

896 :名前はいらない:2012/10/13(土) 03:46:24.10 ID:2P2z4F2Y
ウルサイ

足りない自分。になろう
足りないだらけの自分に
それがいい
何故足りなきゃいけない
足りなきゃやっていけないからか
そもそもどうして足りてることは本当に足りてると言える?
足りてるなんてことを決められるほど、足りてない
足りてない人に足りてることなんて本当は理解できない
足りてる人が本当に足りてるなんて本当かどうかなんてわからないし決められない
決められる筋合いすらない
自分で決める分すらない
だから足りない自分にならない
全くもって足りないだけの自分に
足りるようになるしかないようになるから
だから、足りないことがまだ足りない

897 :名前はいらない:2012/10/13(土) 06:38:48.07 ID:2P2z4F2Y
押される前へ

何をするんだ
格下の小細工のようなスーパーテク
どんな力が働いてんだ?
突き動かす何かを捕らえていたい
後戻りはできない
ダラダラ漂うだけじゃ殴られる
ガードするかのように進むのか
信じられない穴をこじ開けるように
進むのか
突き動かされるのか
正しいと思えるのなら、それが全てにはならないのなら
少し空に翳せるようなものなら
そんなに力無くても、持ち上げられるだろう。もっと高く

898 :名前はいらない:2012/10/13(土) 06:51:27.65 ID:2P2z4F2Y
むりやり

朝が光る空
大地が回り、夜を回る
数えきれないと言えば、数えきれないだろう
勝つということを、本当は知らない
曇る空の雲の平原
世界の上で浮いていく
空気は入れさせない
熱をこもらせ、暖をとる
圧力に気圧され転けても続行
光に熱さが無いなら今はいいよ
寒いまんまで

899 :名前はいらない:2012/10/13(土) 20:37:33.99 ID:SKqoMI+Y


「警戒」

ガラパゴスで交通事故に遭った
ママチャリにノーヘル
気分を害す
視線がこの僕に集中する
“ここはマイナーな世界だ
 貢物を置いていけ
 マイナー・・な マイ・・・ナー・な・・マイナー・・・・な・・”
失語症となる
悲しむべき・笑うべき・怒るべきは、
笛を吹いて、教えて欲しい

違う。僕は景品じゃない
たまたまそこにいただけだ
泳いで来たんじゃないぜ
歌ってたか?そうか?


閉塞?
埋葬?
する時?
甲羅を?
開いて?
棺(ひつぎ)の?
代りに?


乾いた大地
死に絶えた歌
滑稽に忘れられる、生命活動
天国の奇声


900 :名前はいらない:2012/10/14(日) 01:21:12.29 ID:EB/rT5e1
不快感トンガリキッズ

ていうかさ
まずは各自が自らの好き嫌いを括弧に入れて
出来うる限り科学的客観性を保つことに務めるのは
あたりまえのことじゃねぇの?

事実認識の理論負荷性だの価値観バイアスだのは
議論する双方が客観性を尽くした上で出してきたデータが
食い違った時に問題になってくるようなものじゃねぇの?
というかそこから専門的な議論が始まるんだろうが

だいたいいくら価値観が違っていたって同じ学問の土俵で議論する限り
双方の同意事項が全然なくて共訳不可能なんてありえないだろが
実に小賢しい当てこすりだ
小賢しいんだよカス

ていうか今夜は寝る前にオナニーしようかどうしようか迷う
不快感が殺意すら押し流す

901 :名前はいらない:2012/10/14(日) 03:17:54.36 ID:o6lGJDqf
バイ・メカ

止まってるくらい、止まらない動きで
縛られるくらい、縛られない自由で
何かをあるくらい、何もない自由で
止まってるくらい、進み続ける先頭で
無限じゃないくらい、無限である自由で
絶対にはなれないくらい、絶対を見れてる心の瞳で
進むことを進めるくらい、念には念くらいの前進で
安全だと安心するくらい、安全じゃないという覚悟で
全て止まらないくらい、全て止まるような自由で
いけよ

902 :名前はいらない:2012/10/14(日) 03:28:45.03 ID:o6lGJDqf
狭くなるなんてこと一つもない

足りない動作
見極めさえあれば微動だけで片付くと誤る
足りない分を埋めるだけの動作の幅を広げようとし
知らないうちに疲労の餌食に
限界を知らされて、出来るだけを全うしようとする
そして必ず訪れること
事故
また戻る
限界を知らされる
動作の幅が狭かったと受け止め
幅を広げようとする
知らないうちに疲労の餌食
出来るだけを全うしようとしてまた訪れる
事故
起きなくなることはないなんて
やっぱりちょっと悲しい

903 :名前はいらない:2012/10/14(日) 03:34:33.28 ID:o6lGJDqf
透明の歌の籠城

精神が、動かない
何かがつっかえてるから
動かなきゃいい
そこからが、動く本当、だから
どんな自由だって、何かには縛られてるのか
それでも
縛られない自由。それを見よう
縛られるのも自由だけど、それだけが自由ではない
何でもありでも、必ずあの場所に

904 :名前はいらない:2012/10/14(日) 05:37:55.17 ID:o6lGJDqf
果テまでヲ

自由にやるよ
自由をやるんだよ
自由でやってくんだよ
自由ばっかりに
絶対的なものに意味はありますか?
意味に全てはありますか?
全てに自由はありますか?
何かが決まっているとするなら、何がどんなふうであってほしいですか?
進むなら、みんなで
例え独りでも、きっといつかみんなで
そんな歌が、みんなをみんなにしてくれるならいいよ

905 :名前はいらない:2012/10/14(日) 05:48:02.16 ID:o6lGJDqf
ココロヲ

大きなメの十字
最後の西は、太陽さえも沈む場所なのか
この世界を動かそう。恐れずに
示すべきをやってからでもいい
大きな化学反応を期待しよう
自分へ、ではなくて、この世界へ、みんなへと
一端を担える意味になればいい
大した意味は無くても、別にもう意義がちゃんとあるのなら
思い通りにならないだらけでも、本当にいい

906 :名前はいらない:2012/10/14(日) 06:58:24.04 ID:iEnXIohi
コラソン

判らないのはお互い様という持前の聞き分けの良さが
目を塞ぎ首を絞め高く吊って終に殺した
破綻した理屈で堂々巡り繰り返してる一隻の船
ぐるぐる同じ場所を回りいずれ座礁するだろう
灯台の光が照らすのを見てもこの口は開かない

一方乾涸びた死骸が潮風に揺れていても
縄を解いて降ろしてやろうとも思わない
どうせならこのまま吊っておいて教訓にするのだ
表現する者は必ず他者を巻き込み犠牲にする、と
どんな美辞麗句を並べたとて百聞は一見に如かず

哀れで愚かな魂は幸いにも壁を伝い岩を伝い
海の底の光と砂に溶けてやがて生まれ変わった
その先は別の物語もう誰に話されることもない
心配無用恐らくどこかで無言のまま生きていくだろう
青い海原を泳ぐ無名の魚たちと同じように

凪に飛び立つ羽根
白く

907 :名前はいらない:2012/10/14(日) 17:14:43.48 ID:o6lGJDqf
遠いヒントは近い

あるよ。意外性なら
問題は、それをいつ繰り出し、最高のものに仕立てあげられるかなんだ
ひとつも外しちゃいけないよ
とは言っても必ずひとつは外すから
圧力に屈しないだけの軽さ
そして硬さ
そしてセンス
空気のような自由、方向音痴だらけの自由の中
目指すべき標的に縛られてこそ自由が活きる
でもその縛られ方が自由からしたらやっぱり苦痛なんだ
何も無いようにやりたい
それが本当は、自由の意志
でもわかるよ
足りない
だから標的探す
足りた気に少しなる
でもそれに縛られる
自由が苦痛を訴え出す
葛藤の巡り
きっと、足りたというのは錯覚
本当はまだ何かが足りてないんだ、きっと

908 :名前はいらない:2012/10/14(日) 17:28:00.63 ID:o6lGJDqf
足りないのは、縛られないことでしょうか

止まりたくなるね
惰性だけで出来るだけ行きたいね
でもね、急カーブ
ブレーキ踏んで減速しなきゃ、安全は遠退いちゃうよ
見通しが悪い限り、急ブレーキの覚悟が面倒くさい限り
やっぱり前もっての減速は必須。今はね
本当の問題はその後なんだよね
見通しを確保できた後の加速
アクセルを踏む事
これが一番の問題なんだ
力を使う
削られてく燃料
どんどん進めば進むほど、知らないうちにあっという間に無くなってるのが燃料なんだ
勢い任せの最中は心地好い
でもね、その分、後にしっかりと代償を払わされるような仕組みになってる
ああ、バカだ
バカだからこそ、こんなつまらないことにいちいち腹が立つ
当然の流れなのに、理不尽にすら感じてる
バカの思考回路は思ってるよりも複雑で
単純に解決できるならそれがいい
そんなバカだったら良かったのに
まだ複雑にしか思えないバカは、自虐的なことさえ、もう自虐的とも思っていない
ただの普通。それは厄介

909 :名前はいらない:2012/10/14(日) 17:40:23.10 ID:o6lGJDqf
自由は、難しい

縛られないで、縛られていたら
そんな都合の良いものを見つけ出さなきゃ
難しいのは難しいよ
自由じゃなきゃすぐグレる体質、性質
うまく騙すように、巧みに
単純すぎる釣りは逆効果なのかな
単純すぎて苛立ち感じ出すみたいなのかな
だからといって見失ったらいけない
うまく標的へと近づかなきゃ
単純なそれを、なんとか誤魔化して
全然単純なんかじゃないように
心地好いくらいの複雑さを
複雑すぎないくらいで
複雑すぎたら、もちろん萎えるから
だからもう、何も無いくらいで
極論かもしれないけど、これしかないくらいに思えるまで行ったら
極論かどうかなんてのは吹っ飛ぶでしょう、多分
もうちょっと、チャンスを広げたいな。出来るだけでいいから

910 :名前はいらない:2012/10/15(月) 01:00:52.60 ID:Z2KWYgIq
げきネクラ

悲しく、暗く、笑えなく
心つたい堕ちるしずく
いたい、いたい
自分を貶めてることさえもわからず
泣く、わめく、心の奥、深くで
静まっているんじゃなくて、激昂が沸点越えた時からで
ド暗い

911 :名前はいらない:2012/10/15(月) 01:07:08.21 ID:Z2KWYgIq
適当に

パーフェクト・ムービング
ハメられない型に、ハメられる型
遥か上空では花が見事に咲き誇り
いよいよ散る時を目指し咲き誇る
出来るだけ長く、永遠よりも遥か永く
目指す。心意気だけじゃなく、真価を
見せる。目に見える型を、咲き誇る花のように、本当に

912 :名前はいらない:2012/10/15(月) 03:11:28.17 ID:cFoEQKAW
ランドスケープ

一瞬で全てが見える瞬間てある
視野に入るはずのないほど広い景色がはっきりとこの目に映る
その時にはもう解るしかない
悟るしかない
自分の意志とは関係なく

十年に一度もないけれどそういう感覚が来るときがある

全力を出して出来る限りのことはしてきた
後悔しようにもどこを後悔すべきかもはや思いつかないほど
疲弊し切るまで持てる力を出し切った
だからもう今は特に何もない
この感覚は理解されにくいかもしれないけれど

色々なことが腑に落ちた
絶望し切るとはもしかしたらこのことかもしれない
底というのは意外と平坦で思ったほど酷くなかった
完全に何もなくなれば後は新しい水を汲むしかなくなって気付けば自然に何かが貯まってきてる
つまりそういうことだ

これ以上まだ何かが必要だとしてそれは私の能力の限界をはるかに超えている
そろそろ私も自らの人生を生きていい頃だろう
納得いくだけのことをしてきたし払いうる限りの犠牲も払った
白旗を揚げることに何ら躊躇はない
今どういう気持ちか聞かれれば、それだけ

913 :名前はいらない:2012/10/15(月) 04:52:21.62 ID:Z2KWYgIq
読みにくいじゃねえか

ねえ。確かに上空に輝く星はある。綺麗に
届くさ。思いが届きたいのなら
でもね、何か腑に落ちない
割に合わない星だから
あと1つか2つか3つ
違う種類の星がいる
見当なら前からついてる
問題はそれを取り込めるだけの空きがあるのかどうか
容量
オーバーか否か
振り子のように模索
これがまだ辛い
難しい
取り込めたとしても、どう整備するのか
繰り出す星をどうやって瞬発的にできるのか
その方法を確立させなきゃ、何もかもが無駄に等しい

914 :名前はいらない:2012/10/15(月) 05:03:16.57 ID:Z2KWYgIq


継続性
意外性
両刀に美談と美酒
相互性
怠惰に怠慢で穴
足し算ではなくて掛け算
どれだけ自分の正体が嫌なものなのか
イコールから弾き出された己が充分に示してる
自由でバカだ
自由なバカ

915 :名前はいらない:2012/10/15(月) 05:12:32.63 ID:Z2KWYgIq
エックス

最高の答え
間違えではない答え
正解でもある答え
どれも答えだけど、やっぱり違う
嫌なもんさ
自分という答えを知ってしまうこと
間違えではなさそうと。そう思えてる今は気分が悪い
間違っていてほしい
後々そうなっていてほしい
叶わぬ願いがよぎるほど、
今の自分には、間違えではない答え、がある
吐き気がしそうなくらい邪悪かもしれないね
それでも認めざるを得ない事柄かもね
対処法を追求し続けた結果が招いた代償、とやらか?これは

916 :名前はいらない:2012/10/15(月) 05:23:51.89 ID:Z2KWYgIq
フキゲン3

拾った石に、透明で見えない輝き
どんな空にだって、色なしは存在しないだろ
黒だって奥深いかもよ
血に染まる悲しみは、誰かが知らないうちに踏みにじるの?
厄介だね。強者の足元
どれだけ目を凝らして見ても、心には届かないんだから
そんなのも一つの強さだって
痛い目に合っても仕方ないね
みんなで見ようよ。綺麗なあの星
イタさならもう見せてるだろ
たまには呑み込まれてみろよ
やっぱりイタいと、笑いのタネかそれほどでもないものかになるから
悲しくもなるかもね
ボクみたいに

917 :名前はいらない:2012/10/15(月) 05:25:01.05 ID:cFoEQKAW
拘るほど遠ざかる

人が自分探しを始めるのは大概自分に自信がないときで
そんな時に探してみたって自分はもちろん見つからない
バランスを崩している人間に自分のバランスは見えない

言葉そのものに執着しすぎても
本質から逸れていくだけ
自由という言葉そのものを突き詰めても自由は見えてこないだろう
囚われすぎているぶん思考は柔軟性を失くしむしろ不自由な状態になる

自由は何かという問いを忘れたときこそ自由になっているとき
実際不自由を感じているのだろうが
仮にその問いが解けたからといってさして現実は変わらないだろう
おそらく問題は別のところにある

918 :名前はいらない:2012/10/15(月) 09:56:18.76 ID:Z2KWYgIq
留まり

危ういから、捨てるんだ
いや、捨てなくても危うくはならないのかもしれない
むしろ捨てる方が後々危うくなるのかもしれない
でもね、やっぱり
今は捨てる必要がある
何故ならば、抱えていたら不成立だを知らされたから
確かに
工夫が足りなさすぎる感は否めない
だから捨てざるを得なかった
とにかく今、抱えるのはアウトだ
抱えられるほど、見える気はしない
捨てている方が、まだ見える気がしてる
たとえそれが辛いことだとしても

919 :名前はいらない:2012/10/15(月) 18:23:46.06 ID:Z2KWYgIq
ほーむ

はいはいはいはい
連ねましょう
自由。惜しみ無く
私の自由は、もうちょっと都合がいいはずなのだから
煙たがられてもいいくらいのスローでも
目指すべき場所が一定で常に同じというのなら、一緒
厄介な世界を流れていこうじゃないか
どれだけ留まろうという意志が働いたとしても
目指すべき場所へ向けて進むのなら
留まっているような感覚でもかまわない
むしろ本当はそれが望み

920 :名前はいらない:2012/10/15(月) 21:22:17.83 ID:Z2KWYgIq


私の負けは確実
不運にも勝ってしまう稀は至福を越えますか
どうしてあんな場所を目指そうとしてるのですか
自由を奪われるかもしれないにもかかわらず
どうしてあれもこれもそれもわかっていなきゃいけないのですか
諦めモードでしっかりとダメが降ってくる仕組みだなんて
道に落ちた枯れ葉
車は踏んで、そのまま進んでいく
わかってる
この刀を鞘に納めていけないということ
でもね
斬ることさえもできないのが現状
もう放っておけばいいかもしれないのに

921 :名前はいらない:2012/10/16(火) 01:17:27.15 ID:Iwnoua75
せんす

辻褄合わせに勤しむんだ
足りない要素を思い出から取り出して補えよ
沈む夕陽に霞む力
微かになってもまた光を届けにやってくるだろう
日中でも夜でも、今でも明日でも
生きる限り、それなりの力が微力でもある
微力でいいんだ
方法がいくつかあるのなら
足りない所だって埋められるはず
新しい始まりは、いつだって起こせるだろ
心次第でなら

922 :名前はいらない:2012/10/16(火) 01:21:03.71 ID:28x/XbT3

好きと、傷つけること

柔らかいのかな
針を刺して確かめた

君がほんのちょっと顔を歪めたのが
少し可笑しかった

923 :名前はいらない:2012/10/16(火) 01:22:50.60 ID:28x/XbT3

あなたはそれを
「非生産的だ」と言う

まさに今ここに在る行為を見ながら、
なにも生まれないのだと言う

じゃあ、僕のいる意味は

924 :名前はいらない:2012/10/16(火) 03:51:25.36 ID:jkSmlUlv
加減

優しさって何でしょうね
思っていること考えていることをそのまま吐き出すのが優しさだとは
私にはとても思えないし
言わないでいることが必ずしも悪いと思わない

本当のことが知りたいって言うけれど
そんなこと言う人に限って自分が見たいものを見たいだけだし
本当の自分を見てほしいって言うけれど
そんなこと言う人に限って自分に都合の良いところ以外は知らないままでいてほしいんでしょ
全部見るのも見られるのも嫌なくせに全く勝手なことを言う
しかも本人としては真剣だからよけい厄介

ところで狡さって何でしょうね
正確には計りようがない相手のタイミングを見計らって
様子を見ながら小出しにすることがたとえ自分なりの良心に基づいた行為だったとしても
結果狡さになるのか優しさになるのかその時は分からないのに

自分の中にある何某かの
勘とか善悪の基準とか状況判断とかを軸にして
やるかやらないかどちらかに決める
行動としてはその中間っていう曖昧なものはない

人生はいちいち面倒
いっそ投げ出してしまいたいけど投げ出したら投げ出したで「投げ出す」という決断を下したことになってしまい
後々その責任を問われることになり自問自答に悩むはめになる
モラトリアムなんて逃げ場あるようで結局そんな楽園どこにもないから
やっつけでも無理矢理でも鼻先にゴンとぶつかってきた先から右だの左だのに投げてくしかない
あとは投げ方の加減だけ

それが一番分からない

925 :名前はいらない:2012/10/16(火) 21:05:37.12 ID:Iwnoua75
次へ

狙いどころ
それはわかってる
果敢に挑み続けること
それをしなくちゃいけないということも
何とかしてあの場所へ行きたいと
そんな気持ちを持ちながら進み続けるんだ
宇宙に浮きながら
世界の先の方を見ながら
また次だ
度でも何度でもと
死ぬまで諦めないくらいのハートで


926 :名前はいらない:2012/10/16(火) 21:07:08.91 ID:uGd6Xi8x
「10月上旬の蚊は枯葉のような土のようだ」

◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●
◯●●●●●●●●●●●●●●●●●

927 :名前はいらない:2012/10/16(火) 22:57:57.12 ID:SxD4pETu
六万

向こう側へ そして、向こう側へ 
白い霧 
ふたつの存在 一方がまた、白い霧 
どこまでもどこまでもゆく 
過去はすべて嘘 
未来は分裂して2つが4つに 4つが8つに 
それが終止符 

928 :名前はいらない:2012/10/16(火) 23:29:32.98 ID:CAO54Svq
Restaurant

駅前の並木道を歩くと秋色の羽がふってくる
寒そうだねえって足をちまちまちま
毎年この季節は不安定に雨が降るんだ
プレゼントを届けに今でも、
窓を開けると風が入る
くすぐったい日当たりに寝転ぶ猫

もうすぐカンタロウが来るね
決めておいたメニューに気を配る仕草なんて見せずに
私の髪を揺らすだろう

さあ、みつけに行っておいで
この色はきっと気に入ると思うんだ

929 :名前はいらない:2012/10/17(水) 06:56:37.17 ID:YMEXGDUE
「全て」という意義と意味

全ては一つになり
その一つが、全ての分の花一輪に
言葉にし、その意味を想像に
綺麗に咲かせるために
その時のための言葉なんだ
いい想像をして、そんな想像をできるだけできるように
意味を見るんだ
どんな頂点だって
どんな抜け道だって
どんな総動員だって
どんな無表情だって
どんな表現だって
どんな空虚だって
どんな余裕だって
いつか本当に、綺麗な花を咲かせるために
全てを擁して、意味一つに、これ以上無いような輝き放つ綺麗な花になるために

930 :名前はいらない:2012/10/17(水) 14:30:43.01 ID:YMEXGDUE
奪取

綺麗な花、咲いてるね
萎むのはボクだけど
もっと先に見たいよね。綺麗な花
もっと先でも見える先
どんなに遠い先ても、少しでも見える先
全く見えないで降ってくる幸運はただの奇跡
誰かがたまにくれるだけかもしれない奇跡
ありがたく頂いても、見るべき先とは違うよね。当たり前ってやつ
そんな奇跡じゃなくて、もう掴めてもおかしくない輝きを
いくら遠くに感じていても、もう掴めるはず
苦痛では無い側の標的へ

931 :名前はいらない:2012/10/17(水) 21:20:47.19 ID:YMEXGDUE
微かな繋がりからでいい

言葉が光りそうなのは、意味が綺麗な想像を生んだからなのか
バランスが悪いって、バランスを良いようにばっかしようとしてる方がバランスが悪い
全てを否定するかのように叫ぶ
そんな闇を切り抜けてバランスが良くなれば、バランスが良いということを本当に理解できそうで

932 :名前はいらない:2012/10/17(水) 21:45:18.97 ID:Nh1EKaGJ
ごめん、今迄高望みなんかして
そうだよね、ちゃんと現実的に強く繋がるの無理だよね
もういいです、絵に描いた餅のような存在で
こんなのでも何もないよりはよかったです
実行はされなくても実体がないわけではない
ちゃんとあなたも私もこの世に存在していて
相手を誰かちゃんと認識している

でも、お願いです
駄目なら今後は希望など与えないでください
それはとても残酷なことですよ
心から感謝しています
本当に今迄のことありがとうございました
お礼の言葉もなくて
阿呆だから、また泣くしか出来ません

933 :名前はいらない:2012/10/18(木) 02:14:43.14 ID:Q1gjjVML
キャラ

どんな繋がりでもいいさ
少なくともボクはね
そこにどんな痛さや辛さ、苦しみ悲しみ、数えきれない負の要素がわんさかあったとしても、それでもいい
微かでもいい。または頑丈でもいい
いつか必ず訪れるのが別れ
その時まで、どんな繋がりであってもいいから
お互い切磋琢磨でも生きていこう
見えない人達であろうともボクは言うよ
例えそれで冷ややかな視線に晒されようとも
ボクは行くよ
必ずあの場所へ
自分が目指す生き甲斐の場所
死はいつかくる
嫌でも必ず訪れる死
どれだけ抗ってみてもきっと避けられないようになってるシステム
しかもいつ訪れるかもわからない
突然降るハプニングに対しての予測は不可能
ならば、この今、ちんたらゴタゴタだらだら駄文だらけを垂れるだけでもやっておく
生きていられるうちに
例え何とも繋がっていないとしても、それが事実というククリだったとしても
ボクは繋がりを信じる
微かだとしても、イタいとしても
自分の正直さをわざと見紛うような思想を、頭にはめ込むような事までする
そこまでしても、信じる
繋がりが必ずあることを、信じて生きていく

934 :名前はいらない:2012/10/18(木) 03:51:17.30 ID:8byj+IDi
未明の雨降らし

癖のある日本語解体した文法しかし似たような日本人は他に何人もいるだろう!
だから信じない
信じないからどっちでも良いようにしか書かない
毒にも薬にもならない程度に表面だけ引っ掻いてみたりはしても
最後の止めは正面から
そういう性分

けれど
浮遊を続ける魂は流されているのか自分の意志なのか
底で濁流が渦巻いているのが見えないでいるだけか

キチガイだなんてテレビで言うのはご法度
そう思ってたらS社長が生放送で普通に言ってた
そんなわけで私もキチガイだとしよう
だけど少なくとも自分でも紙一重だと分かっていなくはないので
その紙一枚をとてもとても慎重に丁重に取り扱っているタイプだ
吹けば飛ぶよな畳大の金箔を手に取るかのように

そんなわけで君もキチ○イだとしよう
理由はいい
人様のことなので礼を失することのないよう謹んで一字だけ伏せておくことにする
とにかくキミは濁流に呑まれそうになっていて
慎重な舵取りが要求されるところだが
余計なことが色々と気になって集中しきれずにいるらしい
中略

つまり本題は
キチガイがキチ○イを助けて本当に大丈夫なのかということだ
中国四千年の歴史より薬事法を遵守する医師が果たすべき役割なのに
私が投げてやれるのはせいぜい木製のオールくらいで
どうか頑張って漕いでくださいね!と半ば裏返った頼りない声で激励することくらいしかできない
その程度のことなら他の人に任せて良さそうなもので

地震の予知でも予測でも推測でも
世界中で過去に一度も当たったことがないものよりはマシかもしれない
でも私の言うことの精度もせいぜい天気予報程度だから
四面楚歌だと憂うほどに未来を悲観する必要はないんじゃないかと
人を落ち込ませておいて何だけどそう思う

935 :名前はいらない:2012/10/18(木) 05:21:54.36 ID:Q1gjjVML
らららー

普通さ
キチガイが気持ち悪がられようが、そうでもなかろうが
実は凄く良いものであろうが、やっぱりダメで悪であろうが
普通さ
何か凄いかのように
いや、そこまではいかないにしても
何か異質かのようなところ
他人とは違うという一つの安堵
つまり、何かで比べたとした時に、比べる事自体に意味がないと
そうとれるように、そう考えられるようにしてる
それが逃げと捉えてもいいし、
いや、ただの真実だ、と普通に述べるのもよし
つまり、結局はまた戻る
普通さ。ただの
いくら他人と違っていて、何かが勝っていたり、何かがとてつもなく劣っていたりだとか
そんな差
全くそれが無くて、瓜二つで奇跡、であろうが
雲泥の差、見てられないくらいの明確さ、であろうが
いや、そんなことで測れる次元ではない、と思おうが
また戻る
普通さ。全て。ただ単に
何もないくらい、全く悲観もない。そこにはね

936 :名前はいらない:2012/10/18(木) 05:37:56.27 ID:Q1gjjVML
普通にほんの少しだけ、調子が悪い

風が大きく吹いてくるらしい
そんな予想が当たろうが当たるまいが関係ない
全くとまでは言わないが、関係ない
備えあれば、ふへぃなぁひぃ
覚悟決めたら待ち構えておけ
いーや、待ち構えるだけは性に合わない
飛んで吹いてくる風全てを返り討ち、ってのはさすがに無理だろう
でもね、ひとつ
斬り裂く
ど真ん中を
ど真ん中が無理ならそれ以外を
どっかを斬り裂き、斬り抜けてやる
ちょっとの返り討ち
でもそれは待たなきゃいけない
違うね
向かっていくんだよ
仕掛けと言えば、仕掛け
でもそんな罠を張りつつみたいなことすら頭にはない
そん時そん時だ
アドリブに自信があるわけでもない
でも、大丈夫
目指すべきゴールだけはあるから
どんな横風に煽られたとしても
ぐんにゃぐんにゃによろめまくりだとしても
一番見ておくべき場所だけは失わない
そこへこっちから向かっていって、あらゆる風を一番優しく斬り裂いてやる。出来るだけ早く完治する程度の斬り裂き方でもって

937 :名前はいらない:2012/10/18(木) 06:00:29.23 ID:8byj+IDi
一回り

そうでもないよ
周りから見てごく普通の子どものほうが
自分は周りと違うんじゃないかって気にしすぎなくらい気にしてるし
逆に変わった子のほうが自分は普通だと思って疑わないことが多い
自己評価というのはズレるものらしい

人間誰でも基準は自分だから
普通はこうだ!って主張するときには
普通って言葉を使うことで無意識に自分のやり方考え方を相手に押し付けてる
だから普通がどうたらと感情剥き出しで相手が言うことはあまり真に受けないほうがいい
…こともある
的を射てる場合もあるから聞くだけは聞いておくけど私の場合

誰とも共通点がないほど変わってる人も
人類の代表みたいにすべてが標準の人もいない
誰でも多少変わってて多少普通
でも8割変わってて2割普通の人と
2割変わってて8割普通の人を区別しないことにも無理があるし

それはそうとこんな時間に理屈っぽいこと考えると眠れなくなるだろう
答えはまた明日にしておやすみ

938 :名前はいらない:2012/10/18(木) 06:03:41.82 ID:8byj+IDi
ほらやっぱり調子良くはないんじゃない

あまり飛ばさないように
台風も来るしね

939 :名前はいらない:2012/10/18(木) 06:08:27.74 ID:Q1gjjVML
「何言ってんのかわかんねえんだよ、我が輩は」「うそつけ」のコーナー「うそつけ」

危ういんだ。無限というものは
限界は確かにある
限界は自分で作るものと、
限界は誰かが作ったもの、とがある
それ以外があっても知らんぷり
誰かが作った限界を越える
それが危うい
無限。ないなんてのは嘘
限界もあるけど、無限も確実にある
狂信的ではない。でもそう見られても別に構わない
単に、可能性を広げようとしての考え方のひとつ。その程度の話
でもそれが度を越えると、何か悪いようなレッテルを貼られる
そのことを恐れるわけじゃない
差があるというだけのこと
ひとつの限界を作った
その限界を越えたたけのことなんだ。普通の話だけど
無限をもってして、限界を越えた
危ういのは、その後のレッテルを貼られる云々の方ではなくて
無限にかまけすぎると歯止めが利かなくなるということの方
いくらでも行ってしまうということ
戻れなくなる可能性が結構ある
戻れなくなってからではいくら後悔しまくってももう遅い
そうならないために、無限というもの危うさを少しだけでも考慮しておく必要がある
かまけすぎないように
でも限界ばっかりに従う必要ももちろんない
限界ですか。はい、わかりました。退きます
では済まさない
限界は良い意味で無視
無限の方を注視する方がまだ有意義
危うさだけをしっかりと確認しなから
それと限界とは一緒ということにはしない
それは自分が作り出した勝手なルール。都合よくいこう

940 :名前はいらない:2012/10/18(木) 06:20:22.85 ID:Q1gjjVML
晴れる前からもう気分よくなっておけえい、ぼけえい

前の調子とは違うよ
今ちょっと調子悪いのよ
まあ調子悪いのは合ってるけどね
今がそうなのは間違いないし
風は怖いね
みんな気をつけなよ
俺も気をつける
風邪もね
迷ったけど、やっぱり言っとかないとねえ。風邪の方も
まあそれは嘘だけど
もちろんだよね。言う気は満々でした。はなから
迷いなんてひとつもなし
後付け
迷ったって言っといて、何かをフォロー
でもそのフォローで確実にもっとフォローすべきだった事を、フォローできずに失ってるな
何でも言えばいいってもんじゃない
それを体現してみました
うーん、この言い方もツラいなあ
もう悪循環。無惨の嵐に飲み込まれるだけの我が心
酔ってるように見えてるとしたら大間違い
調子の悪さが変わらないことに少し苛立ち覚え始めてる

941 :名前はいらない:2012/10/18(木) 06:26:16.74 ID:Q1gjjVML
ペラペラ

乱調と乱帳はご勘弁を
舵取りに手こずってらあ
船酔いのような気分の悪さ
そりゃ調子悪くなるわあ
しっかりと舵をきれ
この手は、間違いなく俺の手だ
亡霊のじゃない
亡霊のような俺だけど、まだ亡霊じゃないから
しっかりきれ、あの舵を

942 :名前はいらない:2012/10/18(木) 06:45:42.31 ID:W74RTKQK
携帯で浅き夢見し

拝啓 風邪をひきましたね
そちらは寒いので仕方ないけれど
これからもっと寒くなります
鼻をかんでのど飴でもなめて
画面閉じてあったかくして早く寝なさい 母より

943 :名前はいらない:2012/10/18(木) 16:37:07.05 ID:Q1gjjVML
「夢はね、本当に生み出せるし、叶う可能性だって大いにあるんだよ。間違いは一切ない」って。長い

俺は単細胞さ
意外と繊細であろうとも
もう単細胞さ
昔とはちょっと違う
単細胞に憧れがあった
気が楽なように見えたから
その時の単細胞の印象とは違うの否か
それは定かではないけど
とりあえず今は単細胞さ
その単細胞が言う浅い言葉
全てが、普通さ
もちろん受け入れてくれなくてもいい
そりゃそうだろうけど、でも言うよ。もう一回
全てが、普通さ
全てなんだよ
つまり、普通じゃないことさえも
ちょっとセコいかもしんないね。そういうもんじゃないと思うかもしんないけど
普通ではない、って言われるもの
それはどうしてそう言える?
普通って基準があるからだよ
人それぞれとかは関係ない
人それぞれ違う基準でもってして繰り出す「普通」
うん。それとは逆の、みんな同じ認識の「普通」
それら2つの普通が違っていようが、たまたま一緒であろうが、あんまり関係ない
何故なら、普通じゃないことすら普通だから
でちょっとだけ余計なことを
普通ではない、の基準は、普通、という基準から
ならば、普通、という基準は、何から?
人それぞれ?いや、共通?
うん。ここもどっちでもいい
普通という基準を定める基準は、何か
何でもいい。人それぞれでも、共通でも
もっと言えば、もう無くてもいい
何もないところから普通という基準が生まれた
その基準でもって、普通じゃないと判断する
そこに人それぞれだとか、ズレがあるにせよ
うん。普通だ
全てが、普通なんだ
悲観でも諦めでも夢破れたでもない
単に、普通、なんだ
これから奇跡的に近い、普通では考えられないような素晴らしすぎる出来事
そしてその真逆の突如襲ってくる悲劇、惨劇
それらは普通ではない
それが、普通なんだ
悟ったように、結局は最後セコいように、結びつけたいだけのように思われるかもしれないけど。やっぱり変わりない
普通だ。全てが
万物、普通なんだ

944 :名前はいらない:2012/10/18(木) 18:07:16.64 ID:8byj+IDi
頭突き

試験勉強中は誰とも口を利かない
受かるまで何度でも追試があると聞いて飛び上がりました
一日中誰かのこと考えてたら満点とれないよ
非情だけどそんなものだ

でも日本語では説明できない相手がいて
人が集中してるときに全力でテーブルに飛び乗ってきた
勢い余って私の頬骨に頭からダイブ
その頭は意外と固かった

自分だって痛かったに違いないのに顔に出さず
何よ?って目で私をまじまじと見る
割に合わないぶつかり稽古
いや違うこれは単に猫だ
上に何があるか全然見えなくても見るためにジャンプする無茶な子猫だ

要するにそんな感じなのかなと
聞きためた言葉は数日後に整理するとして
パブロンの催す眠気に負けじと机に向かう

945 :名前はいらない:2012/10/19(金) 01:56:12.69 ID:E2qHA/s4
気持ちは最初から変わってなくて
余裕なんてあるわけなくて
突っ走ったり踏みとどまったりの支離滅裂
ほんとうにごめんなさい

現実を見るのはふたりとも苦手
でもたぶんこちらの役目
あーもうね
生きづらいですね
うまい距離はないだろうかね


946 :名前はいらない:2012/10/19(金) 02:35:34.01 ID:7BW0N/8p
薄氷

突き進んでみたよ。俺なりに
でも、突き抜けきられないまんまだ
闇から抜け出せない
あと少し、あと少し
それがずっと続いてる
中々終わらない
ちょっとでもいいから、うまく突き抜けたい
ちょっとでもいいから、確実に
目を凝らせ
出来るだけ視野は広く
余裕ぶっこくのはまだいい
心のうちだけでいいから
何とか走り続けて
あの場所をしっかり目指して

947 :名前はいらない:2012/10/19(金) 06:55:35.55 ID:8qg0aq60


優しすぎる夢は鋭利に引き裂かれ潰れて粉々になってしまうから
紫の夜空にオレンジの月が輝く夜に
おとぎ話のような可愛らしい家でどんな幸せな日常が繰り広げられているかなんて
滅多に考えないようにする

夢見心地に喋る私は残酷そのものだろから
ふわり浮かび上がった高さのぶんだけ朝が来れば虚無感

悲しいくらいだ
キチガイならキチガイになりきれたほうが
ずっと器用で賢く生きられそうなのに
辺り構わず撒き散らして開き直れるならまだ幸福

私はどうもキチガイらしいキチガイにはなれないらしい
そう気が付いているのも我ながら不憫な気がしてる
流れと関係なくきりりと立つ自分を思い描きたいけど
ひたひたと水は靴底まで来ている

必要なのは少しの弛緩
わざと弛ませるようにして痛みを飲み込むように
果てない時空に少しのゆとりを持たせて包み込む
暖かい毛布で心まで少しでも温まるように
肩までかけて髪を撫でてゆっくり休めるように
せめて目を閉じて見る夢は自責を免れて優しくあれと


948 :名前はいらない:2012/10/19(金) 11:37:29.59 ID:TQysUKTn
「ラーメン」

あなたはわたしがあなたがわたしからもらったものをわすれてくれていればとおもってるんでしょ

949 :名前はいらない:2012/10/19(金) 12:05:08.05 ID:lKeRtdJj
赤土

やあやあ赤土よ

君はたしか カサブランカの港に降りたった
羽根が赤くて 瞳の白い
かもめの名残?

君はたしか 煙草も消さずに朽ちていった
趣味の悪い火薬庫の番人よ

君はたしか 実験室の虎狩りが好き

君はたしか ミルクを捨てては革靴に紅茶を注ぐ
角砂糖の代わりは 耳飾りの真珠


誰にも見えない地面の震え
そういうものばかりが人間をだめにしていくんだろ


北の国でそりを曳いている犬の名前を教えてあげよう
そうそいつは今誰よりも寒いところ

わかったかい
君はたしかビルディングに押し潰されたあばずれの子供

950 :名前はいらない:2012/10/19(金) 12:56:02.59 ID:lKeRtdJj
ヌケガケ


抜け駆けの多いやつら
ソーセージで縛っておけば
まるでからきしだめ
チェーンソーにかかりきり


鉄屑のさわらない
工場長の金庫を破って
とっくにオンボロと走ってる頃
あんたがトマトの缶詰めひとつ
開けられずにいても
僕は知らねえんだ


遅まきの酔いがやってきて
幸せにしてくれるよ


だから一番大事なものは身につけていて
忘れるまで風にふかしておくのさ


遅まきの酔いがやってきて
幸せにしてくれる

951 :名前はいらない:2012/10/19(金) 15:43:27.88 ID:lKeRtdJj
赤いジョーカー



カチコチのパンしか食べたことのない
ダリアの花でいっぱいの 世にも美しい狩人の葬式

時間に追われ 風穴の肺を
膨らませるだけ無駄というもの
手錠をかけられた未亡人の
シルクハットは持ち合わせていない

狐のトランク
兔のコート
ドブネズミの薬入れ

名付け親は笑いながらマシンガンで滅多撃ち

赤いジョーカーを手に取ったら負け
それがルールだって知らなかったか?

神経質なぼくの叔父さんが
プレゼントしてくれた深い緑色の象の絵が
何をするにも必要なのさ

だってカーラジオはつけっぱなしで
朝から晩まで苦しみ抜いてる

電気うなぎが絶滅してこの湖が平和になるまで
ラム酒で迎えて踊ってんだ

わかってくれる?お嬢さん
ぼくは忙しくって種まきもできないんだ


952 :名前はいらない:2012/10/19(金) 18:32:44.73 ID:7BW0N/8p
遠いな

どんなふうに、わかりたいのか
少しだけわかりにくかった
でも今はそれがちょっとだけ以前よりもわかる気がする
できるだけシンプルに
何か少しでもわかりにくくなりそうになると次はきっと軽い混乱
それが起きてることに自覚はあんまりない
だから何が起きているのか、本当はわかっていない
真意云々は抜きにして、推測上だけの話だとしても、きっとそれすら理解していない
ひとつだけ、軽くでいいから決めておこう
わかり方、を決めておこう
シンプルに出来る限りして
意味をわかろうとしていこう
その先の遥かな輝き放つ想像をできるだけ楽しく楽しむため
一筋縄ではいかないと学ぶなら、次の手を模索
結局は総動員で頑張りましょう、って始末
それもまた大きくうねる涙のような輝き
もうひとつの全て。そんな真実
少しだけ誇らしげに、もう一回シンプルに
そこから

953 :名前はいらない:2012/10/19(金) 18:44:58.11 ID:7BW0N/8p
「」「」「」「?」「?1」「?2」「?(∞)」

3つ、あるいは4つ
あと2つ、あるいは3つ、あるいは4つ
全てで6つ、あるいは7つ
できれば6つ、できたら行きたくない7つ
白鳥
その背中を見るように
飛行機
その背中を見るように
星座ではないさ
願いを叶えてくれる玉でもない
7つ目はないさ
6つが限界
無限にも限界はあるのさ、本当は
そんな思いを、この気持ちで受け止める
あの場所を見ながら、進みながら、わかりながらで

954 :名前はいらない:2012/10/19(金) 21:11:59.14 ID:OWXtpXzm
愚弄と疲弊

今さら分かり方を決めるも何も
そういうので苦しむのは疲れた
まともな意思の疎通なんてできないままのほうが
君には都合が良かったくせに

だからもういいよ
これからも誰でもない人と誰でもない人のままで
友達どころか知り合いですらない
赤の他人のままで

底は意外と平坦だった
だからもういい

955 :名前はいらない:2012/10/19(金) 21:33:15.09 ID:D+UPi/jW
どうして不機嫌ですか?
直せる所は直すから余り怒らないでください
こちらも前々から訊いているんだけどなあ
私には何を求めますか
全部自己完結できて他人は要らないですか
私は何をすればいいのか、何故はっきり言わない?
自分しだいで何とでも出来るのに

956 :名前はいらない:2012/10/19(金) 22:05:40.34 ID:OWXtpXzm
自称シンデレラさん
私も女だけど自分を姫呼ばわりする人の気持ちは理解できないわ
ごめんなさいね

957 :名前はいらない:2012/10/19(金) 22:07:26.14 ID:D+UPi/jW
大変お恥ずかしい限りです
しかし、姫なんてそんなこと一度も申しておりません

958 :名前はいらない:2012/10/19(金) 22:14:11.18 ID:OWXtpXzm
じゃ、はいかぶりさん
元彼をネット上で見つけようと思うのやめなさい

959 :名前はいらない:2012/10/19(金) 22:22:18.37 ID:D+UPi/jW
私が灰かぶりではないです
何故、灰かぶりは王子と幸せになれたかときいたまでですよ?

960 :名前はいらない:2012/10/19(金) 22:25:48.95 ID:OWXtpXzm
そうですか

961 :名前はいらない:2012/10/19(金) 22:28:05.84 ID:D+UPi/jW
あなたはこの答え、どうお思いですか?
よろしければご意見ください
嫌なら、無視していただいて結構です
お気に触りましたら大変申し訳ございません

962 :名前はいらない:2012/10/19(金) 22:30:33.95 ID:OWXtpXzm
嫌なので無視します

963 :名前はいらない:2012/10/19(金) 22:35:45.10 ID:D+UPi/jW
気安く話しかけてしまい、失礼いたしました
今回の件は、お忘れください
返信はご不要ですので気にされないでください

964 :名前はいらない:2012/10/19(金) 22:43:16.20 ID:7BW0N/8p
みんな有り。おれは無し

なんか両方ともちょっとだけ可愛いらしい
ごめんね。失礼かもしんないけど、ちょっとそう思ってしまった
ま、俺は気持ち悪がられてもいいや
それでも言うし
そして考える
今更かもしれないようなことだとしても、やっぱり考えなきゃいけないと思うことなら、何度でも考える
今更だとか再びだとか
あー、そりゃ疲れる
でもね、考えないのも疲れるよ
考えないでいけたならもちろんそうしてる
何であれこれ考えなきゃいけないのか
適応力は自分のため?いや、全員自分のためにならないかもしれないだろ
そう疑うことさえもした
考えないことの何が悪いのかと
そんな時期も確かにあったよ
何も考えないでいけるようになってたらいいのになあと
何でそうなってないんだろうと、ちょっと腹さえ立ってたし
身勝手
うん。身勝手の何が悪い
自分を全て放棄したようになるのは嫌だったから
まるで何かの奴隷にでもなってしまうんじゃないのかと
それが心地よいものなら全然いいんだけど
きっと必ず心地が悪いものもあると
むしろそっちの方が多いかもしれないと
だから、保身のように身勝手を貫こうとした
そのせいで起こるのが悲しいトラブルでも
後悔はかなり少ない
身勝手だから
そして身勝手に、何も考えたくもなかった
そんな良い条件を探してた
けど、意外とない
つーか、全然ない
だから考える
考えなきゃいけないとするのなら、何からか
何から考え始めて、何あたりで考え終わるのがベストか
その時どうなっていたらマシなのか
どんな心持ちなら、いい気分に近づいていられるのか
簡単じゃない
でも考えなきゃ
考えないで放棄してしまう方が、必ず先は辛い
考えられる時に考えとかなきゃ
どうせいつか考えられなくなる時が来るんだし

965 :名前はいらない:2012/10/19(金) 23:03:33.61 ID:7BW0N/8p
「俺ほど長文の割に中身が薄っぺらいのは中々いないだろう」という自虐と自慢のコンボ

つくづく思うね
偉そうにぬかす割には中身がスッカスカ
俺の特徴
だいたい物事をあんまり考えたくない性格から来てる
理屈
それはちょっと楽なもんだった
でもそればっか駆使してたら、あーあ、中身スッカスカ
今もスッカスカ
今までも今からも死ぬまでもスッカスカ
どうでもいいことだらけ
って思ってしまうのは困る
困ると思うから考える
どうでもいいわけない
そうなるために、考える
どうでもいいわけないことが見つかる
それはね、今更って話が実は多い
そこがしっかりしていたらもっと視野を広げて多くを知ることができるはず
でもする気にすらならない
根本に問題があるから
じゃあどんな問題か
そしてどうなれば解決となるのか
そして次へ
あいにく抜け出せない問題
闇だらけ
もがいても泣いても頑張っても傷ついても走りまくっても追い込んでも
抜け出せない
問題は問題でも、超難題
誰かがくれる答えも効かないからあんまり聞かない
心が誰よりも未熟なまんま
最低限、保たなきゃいけないであろう形。それを保てない
まだそんな段階
何が欲しいのかもいまいちわからない
形はいるけど、欲しいとは違う気がしてる
じゃあ何が欲しいのか
何もいらない
それじゃ困るからひっくり返して
全て欲しい
それくらいでいけたらいいのに

966 :名前はいらない:2012/10/19(金) 23:56:46.33 ID:7BW0N/8p
あの場所へ


お決まりのスタートはちょっとブルーから
でも、そこから始まるのがもうお決まり
目を背けないでいたい
坂道が見えてきた
足でとらえていく覚悟はもう始めってからある
大きな山
山頂。それはもちろん特別なもの
下りるにはまだ勿体ないと、いつもきっとグダグダ粘るんだろう
疲れを癒すオアシス
下山まで残して最後の一滴
最後まで飲み干すよ
夜が来る

間違いなく全てを覆う
それでもここを離れるよ
夜道でも、帰るべき地があるから
見えない道を突っ切る
何が待ち構えてるかなんて予想すらできない
それでも、抜けきるよ
もう一度、大好きなあの山に登るためにも
この闇から逃げないで
突っ切る。抜けきってみせる
絶対的な自分だけの太陽を胸に
迷いなく、何度でも進もうとするだけ
あの場所へ

967 :名前はいらない:2012/10/20(土) 02:09:47.77 ID:cuYuFlF+
鑑みて

知識や思考力洞察力の類は諸刃の刃で中には相当に鋭利なものもある
必ずしもそれを駆使してその人が幸せになるわけでも世界が良くなるわけでもない
慎重さが必要で無碍に垂れ流すようなものでもない
倫理観さえ上手くは転ばない
だから黙る

今の私は自ら分析を行うような立場にないから
まだすべきことがあるとすればこのまま無言を押し通すことくらいだ
知らぬ存ぜぬわれ関せず
墓場まで持って行くことになるだろう
玄人が素人を斬るようなルール違反を他人にさせないために

どうしてもこの形が良いならお好きなように
読むだけは読む
だけど答えは求められても出さないし出せない
固いことを言うようだけどやはりこの形では私の残りの
9割が出せないから確信が持てない

それでも良いなら長文でも何でも
お好きなように

968 :名前はいらない:2012/10/20(土) 08:05:24.42 ID:cuYuFlF+
宿り木

何年か前に比べたら自分を客観的に見るようになったんだなと
それから
確かに今まで考えてこなかったことを考えてるってこと
痛かったり辛かったり必死に頑張ってたのは分かってる
>>964も最初の二行は別として
長文だけど丁寧に書いてるから言いたいことは伝わる
伝えたいっていう気持ちも伝わる
あの場所っていうのも何となくだけど
頭の中でいつもどんなふうにぐるぐる考えているのか
それも伝わる

関係ない話だけど
やっぱり外見もカッコいい方がいいな
生き生きしているほうが
人間中身が肝心だけど中身は外見にも自然に表れてくるもの
年齢が上がるほどにね

ところで四君子って知ってる?まあ細かいことは良いけど
気高いとされる植物4つを組み合わせた中国由来の吉祥模様の一つなんだけど
竹の性質のうち内部が空洞なことは謙虚な精神に例えられてる
君は自分の中身がカラッポだと言うけど
空洞だからこその強さがあるっていう考え方もあるよ
前の君ならカラッポなんて聞くなり全面否定してたろうけど
自分で言えるようになったなんて変わったなと思う
その時々にピンポイントで自分に都合の良いようなことは
時間が経てば自分にとってさえ都合悪いことに変わることも
過去を振り返ってそんなふうに思うこと前はなかった

ちゃんと前進できていると思うけどな
文章は無駄を省けば本当は必要な部分まで犠牲にされてしまうものだから
字数制限があるわけじゃなし
長文になったらなったでそのままで良いと思うよ
私の精度は天気予報程度だけどね

969 :名前はいらない:2012/10/20(土) 09:40:38.91 ID:N1tSBQhR
ありがとう

なにー!わかるのかー!俺の言ってることがー!
ってな気持ち。なんとなくでも嬉しいのは本当さ
勇気。くれるね
純粋にありがたい
俺がする自虐っぽいこと
それにすらちゃんと応じてくれてたように感じた
励ましのような言葉にも見えた
それは俺にとってはちゃんと温かいね
前進
自覚としてはかなりゆっくりしすぎなペース
それでも進めているような感じがあるのも事実
それをキミからもそう見えてて言ってくれたのは嬉しい
例えそれが嘘だとしても、嬉しい
本当は疑いなんて一切ないけどね
今さー、なんとなくだけど、無限が欲しいんだよねー
俺の感覚として、想像として、偏見としてあるその無限
危うさがあると思って自分でも警戒する頭に転じて
そして一定の限界を作ってた
その限界はもちろん消さないんだけど
なんて言うの。秘めたるってな感じ
そんな無限でもあってさあ
可能性が広がる。そんな期待もないこともないんだけど
そっちよりもちょっと別の方の感覚として無限が欲しいんだ
回復的な、治癒的な、爽快的な、みたいな
それだけ今はちょっと辛いってこと
疲れやすい。それを改善したい。そんな思考の良い切れ端みたいな
改善薬
そんな無限が欲しい
快調をできるだけ保てるようにね

970 :名前はいらない:2012/10/20(土) 22:16:34.74 ID:N1tSBQhR
空虚

光が、世界を覆う
間違ってはいない
それでもなんか、闇
心のどっか
宇宙の暗さ
太陽。確かに眩しい
明るい。でもどこか暗い
勘違いしないようにと、しっかりと自分を監視
勝負すらもうできていない
勝負とは何だ?
何かは、ちゃんと決めている
競争とは何だ?
何かは、ちゃんと決めている
奴隷とは何だ?
何かは、ちゃんと決めている
悲哀とは何だ?
何かは、ちゃんと決めている
夢が消えて、夢が生まれる次
夢を見て、夢が無い現実知り
あてのない道。果てのない未知
無駄に無警戒。足りない注意力
見えるまでは、見えない前方
疑わないわけがないルール
納得、遠のく、現実
悲壮、当然の思想、もろに脆い
情熱を沈めた海の上
宇宙全てが冷めて漂う黒
また、熱を欲しがる
すがる
また、太陽が空に見える

971 :名前はいらない:2012/10/20(土) 22:36:49.22 ID:N1tSBQhR


覆う。深く、黒く、包む
しぼみそうな光
何に賭ける
運命に賭ける
懸命に走る
品性に欠ける
本命に走る
全霊で挑む
覆う。月を、星を、呑み込む
しぼみそうな光
嘘に賭ける
信じて賭ける
嘘だと願う
明日へ祈る
大層に落ちる
転けて起きる
覆う。笑う。本当、笑う
しぼみそうな光
本当に賭ける
光るに賭ける
勝負に賭ける
願いに賭ける
祈りに賭ける
本当に光る
覆う。闇に、本音。くたばる
しぼみそうな光
くたばらない光
光る。闇に、本音。くたばらない
しぼみそうな光
光る、光

972 :名前はいらない:2012/10/21(日) 00:43:25.36 ID:FgVukF3g
切望

空が、遠い
青く、遠い
尊い、太陽
希望、見たい光
黒煙、包まれる我が身
全て、黒に塗り潰される
地獄、なのかこれはいったい
天国、なんて話であるわけがない
希望、捨てない負けない
熱望、気持ちは奥深くに
上昇、心の形の先にあれ
絶対、あの場所は揺るがない
自己、エゴは薄くなれ
行動、滑らかに柔らかに
跳躍、意味を見てしまえ
飛躍、全てを見てしまえ
即答、俺は真っ黒い
失望、でもある揺るがない場所が
目標、叶わなくても決めてしまえ
標的、目掛けてただ目指して
前進、直線的に歪曲的に
覚悟、自分で自分の自分のを覚悟して腹くくれ

973 :名前はいらない:2012/10/21(日) 07:07:41.18 ID:gmogXD4O
流星群

破滅を目指して走ることなんて誰にもできやしない
妄想だなんて思ったまま本気で目指せるはずもない
一人だけ舞台を降りてそれで済むとも思えない
恨めしくなるほどきつく結えられた鎖はもう今じゃ
どっちのほうが多く巻いたのか見分けさえつかない

あの時あのままおかしくなってたら
私も“彼女”のようになってしまって
どっちに転んでも結局自滅していたように思うし
今ここにいられるのは直前で切り返したからで
それがまた今の不幸を生む元になってしまって
笑えるほどのわけのわからない蟻地獄なのに
それでも空を見上げて流れ星探すのは

熱々の手紙を公開できるほど頭のネジは飛んでない
飛んだふりもうまくできそうにない
でも本当は甘えてもみたい
今さらな夢を語って呆れられてみたい
可愛いとか綺麗とかありがちなお世辞もちょっとは言われたい
SMのSはサービスのS
強がりなこのキャラを脱いでみたい

子どもすぎて相手に好きだなんて言えなかった幼い日の私と
大人すぎてもはや何も言えなくなった私
すっかり頓挫した地面にそれでも変わらず星は降るから
あの星たちが最後に何て叫んで落ちていくのか知る由もないけれど
今夜くらい子どものふりして身勝手な願いを唱えよう

974 :名前はいらない:2012/10/22(月) 03:45:08.70 ID:EZoxRPCB
二つ星

同じような星
放つのはどれも微かな光で
ほんの少しの違いで運よく見つけられたり
誰にも見つけてもらえなかったり
世界でただ一人特別なはずの自分のちっぽけさを
ある日他の人を見て残酷に知ってしまったりする

寂しさとか虚しさ
人生そんなものよと颯爽と風を切ってみても
詰らない仕方ない痛みは
見ても見なくても消えずに残る
ただ都合よくそれを忘れてしまいだけで

歩こう
だってそれしかないから
信じることの危うさも儚さも飲み込んで
犯した過ちは消し去ることもできないまま
ただ歩き続けることの先に何かが見えるかもしれないから
期待したほど上手には歩けなかったとしても
漂う悲しみからは逃れられないとしても
出会ったのは偶然でも今でもいることは偶然じゃない

寒い夜には毛布をかけて
髪を撫でて少しだけそばにいるから

あともう少しだけ
ほんの少しだけ君が頑張れるように
言葉にならない言葉でもいい
あの星に祈りを

975 :名前はいらない:2012/10/22(月) 05:13:33.96 ID:nc/CH3pa
忘れない

闇を手に掴んだよ
星も手に入れていたことにも気づけた
闇をその星の中に入れる
闇がホッとできるような
星が優しく正しく守ってくれるような
思い込み。そうだとしても大事だね。今は少なくともそれは
やっぱり。っていうような星だね。それでいいし、それがいい
闇だね。よく疲れる性質だけど、星の中ならもう安心してもいいはずさ
大切なことは、よく失うね
思い出したようにまた見つけるよ
進むばっかりじゃないよね
避けていかなきゃいけないこともあったりするからね
うまく避けるよね。うまくなっていくよ
進むことの辛さは倍増する
でもそんな困難も何とか乗り切る
乗り切るというよりも、困難ではなくなっていくということかな
簡単ではないけど、難しいばっかりでもなくなってくる
疲れなくなってくる
疲れまではいかなくなってくるからね
見えるよ。直線の優しい道が
わかってるよ。直線ばっかりでは行くことができないこと
避けるんだね。他の道から行くんだね
でもゴールだけは同じだからね
そこへたどり着くためにも、何度でも避けなきゃいけないことだってあるよね
強引に直線だけで突っ走るだけ
それだけで行けるほど頑丈ではないのはもちろんなんだからね
思い出したことは、熱意だよね
自分自身を熱く煮込んでく炎のようなもの
暗闇があったって、火は別に作れるよね
あと、言葉が生きるということ。活きるということ
その術を思い出したのは、熱意を思い出したからさ
なんてことないね
どうしてあの場所を目指そうと考えていたのか。その理由
熱意、華、あの場所と、そこに絶対にいる人だよね
求めて目指すんだね

976 :名前はいらない:2012/10/22(月) 19:01:40.75 ID:nc/CH3pa
いんせき

前へ進むだけ
その難しさに悩まされる
やたらと多い壁
上り坂で浪費ハンパなく苦戦
下り坂で惰性をできるだけ応用
カーブは嫌でも設けられていて
どういう具合に曲がってやろうかと前もって作戦
アドリブつけたし、飛び出し坊やのハプニングにも対処対策を
かもしれない、を忘れずに
削り取られる精神の石
最後まで残る意志を尊重
大好きな歪曲は、狂気の沙汰の流出もの
色濃く屈折した愛情はやがてその色を無くす
そしてただ、白に
真っ白く、形だけを保っている
あの場所とは、白色に変わったこの形
そこへ行こう。真っ直ぐ
直線の難しさはもう知ってるけど
道を変えざるを得ないとしても、また直接的に
どんな場所に飛ばされたとしても、また直接的に
直線が無理でも、直接的に
他の場所からでも、あの場所を目指して
全てがあの場所を目指して。結局は、それでいいよ

977 :名前はいらない:2012/10/22(月) 20:43:14.53 ID:EZoxRPCB
あの場所

たった一篇の詩をそんなにも大事にしているんだね
あの日の夜も寒かった
それはもう凍えるほど寒かった
今いる場所よりはだいぶ君から遠くにいたけれど
あの日書いた詩がこんなに長生きして
君を励まし続けることができるとは思ってなかったよ

いろんなことが変わったね
数え出したらきりがないくらい

色が変わったとしてもあの場所がまだあるのは
お互いに何とか生きてきたから

生きてさえいればいつか
生きてさえいれば 絶対

978 :名前はいらない:2012/10/22(月) 21:20:17.93 ID:nc/CH3pa
正しかった

疑ってみたんだ。あの場所と自分自身を
以前は疑うことすらできなかったあの場所
それだけ絶対的だった
あの場所以外はどうでもいい。それくらいの絶対的だったんだ
それを疑い始めた
やたら疲れる絶対的
絶対的だけど、ちょっと困ることが多すぎた
圧倒的すぎて、他が全く見えなくなっていた
見えなくしていたんだ
見ることを放棄した
なぜなら、それだけ圧倒的、絶対的がもうすでにあったから
でも進展はいつか止まる
中々止まらないまんま抱えていた絶対的、あの場所
止まった
だから疑い始めた
やっと疑い始められた
疑いながら、他を模索してた
他も見つけたよ
あの場所は、少し変わった
色濃い輝きは失せた
それで正解だと思う
凄く白く、ただただ白い
白というのは自然ではないかもしれないけど
自然なまでの白。になったよ
それでもあの場所にはかわりない
あの場所がいくら変わったように見えても
あの場所はあの場所
疑いらしきものが晴れたのは、色が違っていたことを知ったからかな
今の色の方が、今としては正しい
そんな白
過去だと絶対に正しくはなかった
疑いすらなかったんだから
でも疑ったあとに見つけた色の白
そこに疑いがなくなった
だからこそ再びあの場所を普通に見てる
そして常に目指す
あの場所に間違いはなかった
色が間違っていた。ただその程度だっただけのこと
今は間違いない
今後、今が間違いだったというような今になったとしても
今はやっぱり間違いない
目指すべきはあの場所だあれが俺で、これも俺だ

979 :名前はいらない:2012/10/23(火) 01:42:35.55 ID:NyK2MsGj
こけしの顔

小惑星が地球に激突する運命の交響曲が鳴り響く
プップクプー
自分の屁の臭いをかいで驚愕
蘇る珍獣
それは人間の鼻のような鼻をした
記憶に留める価値もない
アヒルの口のようなアヒル口
記憶に逆らうすべもない
真実を見極めるための目
ミルクに浸したパンの耳
牛タンのように焼くと美味しい舌ベロ
私たちはおおむね肉が大好物だ
珍獣もベジタリアンが大好物だ
閑話休題
モーニング娘。が蘇る日を夢見て
自分の屁の臭いをかいで
こけし顔


980 :名前はいらない:2012/10/23(火) 02:01:50.75 ID:rQENk9k7
綻び

私には私だけが知っている物語があって
哀れなくらいひとりぼっちだったよ
感じとったり理解したりするのは多分得意なほうだけど
それでもかなりの集中力と精神力がいる
これがどういう能力なのかは自分でもいまだによく分からない

ある日突然不確かな二重生活を余儀なくされて
それでも結局最後までどうにもならなかったのは
自分の勘を疑い切ることができなかったこと
自分にはどうしても嘘がつけなかったこと
それが私を苦しめた

強すぎる確信とついていかない現実
普通なら当たり前にあるはずのものが全く存在しないこと―
君が留まれと言う反対側で走れと言われ続けること
どちらも無視はできないどちらにも行けない
多少おかしくなっても仕方ないほどの強烈な裂け目があって
両腕を掴まれて別々の方向に思い切り引っ張られてるようで

前に進むどころの話じゃなくなって君の最後の一声でついに失踪を決めた
泣くほど嬉しかった自分をもうどうにも扱いきれなくなったから
あの一言で二つの世界がついに完全に分離した
雨が降ろうと槍が降ろうと時間を置くしかなかった
でもそれからもいろんなことがあって

たった一つ確かなものがあれば別の選択肢があったのかもしれない
でも縋れるほど確かなものは私には何一つなくて
疑いだせばきりがなく周囲の声は突き刺さるばかり
1%の不確かさを含む側を選ぶことはできなかった

“彼女”を見れば私の言う意味が分かる
哀しい怨霊にだけはなりたくなかった
全然違うと言えば違うけれど
状態はある意味本当に紙一重

いつまでも鮮やかな思い出にしてしまえば
あの場所はあの場所のまま保存できたのかな
色を失っていくのを頑として見ようとしなかった頃も確かにあったね
現実の私はそんなに可憐じゃないのに
華やかな人形を愛し続ける君は無意識のうちに私を否定していたように思う
悪気なんて何もなかったことは分かってるけど

でもいつかは
残酷でもその夢を壊すしかなかったよ
傷つき立ち止まる君を想像するのは途方もなく苦しく不安で
それでも
愛という言葉を伝えることより人間としての誠実さを
私は選んだから

981 :名前はいらない:2012/10/23(火) 02:09:23.54 ID:rQENk9k7
つづき

長い道のり
この先まだどれくらいあるのか私にも分からない
でもたとえ鮮やかな色を失っていても
あの場所は確かにある

君が忘れなければ

982 :名前はいらない:2012/10/23(火) 02:22:48.31 ID:NyK2MsGj
男たちの挽歌

パンパンと大きな音をさせて
ピストルなどを撃つ男たち
おい
そんな剣呑な代物を人に向けて撃ったら危ないよ
とても危険だよ
万一たまが人に命中して血が出たら痛いに違いない

ああ今なにか重要なことを度忘れしたような気がする
これがなにか重大な事態を引き起こさなければいいが

滅亡恥毛没落悦楽モウマンタイ

おれの頭から血が出ているような気がする



983 :名前はいらない:2012/10/23(火) 03:01:20.41 ID:rQENk9k7
パンドラ

この箱には
苦しみと悲しみと喜びとが全部入っている
開けてみたい?本当に?今は決められない
鍵は埋めておこう
鍵は沈めておこう
それでも誰かが開けたならその時はその時
その時はその時

この箱には
過去と現在と未来とが全部入っている
開けてみたい?本当に?今は決めなくていい
蓋だけはちゃんと閉めて
壊さないよう気を付けて
それでも底が抜けたならその時はその時
その時はその時

虹色の空に両手いっぱいの思いを投げて
自然に落ちてくるのを眺めていてもいい
それだけでもいい
それだけでも十分
何かが回り始める
何かが変わり始める

984 :名前はいらない:2012/10/23(火) 03:14:49.78 ID:RCZ5w27M
ああ、神様
あまりにも当然の結末
わかっていたけど諦めたくなくて泣くしかなくて
夢に見たこと、それを現実にしたいって今でもしがみつくけど
でも、悩みぬいて結論を伝えてくださりありがとう
私自身、自分の気持ちを貫きたいと願う心は何より強い
でも、あの人は正しいことしか出来ない人だから
これでいいんだし、これ以外はないと本当は知っていたんだ
私があの人を照らす光なんかであるはずない
私には”いつか”は決して訪れなくても幸せだったからこれでいい
本当にいままでありがとう、夢見たこと全て幸せでした
気持ち切り替えて、誰にも出来ない経験したってプラスに考えないと
ピストルのことは全く心配しないで

985 :名前はいらない:2012/10/23(火) 03:17:04.72 ID:RCZ5w27M
人間いつかは誰もが死ぬ
でも、それが現実になるなら死んでもいいとさえ思っていた
その場所では、真珠貝がプラチナのような光沢で照らしている
二人の心はいつも一緒で、自然体で、お互いを安らぎと感じている
本当に3度の食事より、いやどんな物より大好きなあの人!
重いから一度も言わなかったけれど、最後だから言ってみよう
あなたの為なら全てを捨てて駆け寄ろう、全力で支えるとさえ考えていた
今迄苦労して積み上げたこと、人生のすべてを投げ出せるとさえ思ったこともある
でも、そんなことをあの人が望んでいるはずもなくて
私は私であり、自分の道を行くしかないのだ
中途半端では駄目だ

986 :名前はいらない:2012/10/23(火) 03:17:51.14 ID:RCZ5w27M
あの人の才能は唯一無二で誰もが認める宝だ
それをみんなと一緒に自分なりのやり方で支えればいい
何の見返りも最初から求めてなかった、これでよかったのだ
才能はみんなのもの、調子に乗って勘違いしてはいけない
今日もmp3に変換してみてまた大泣きだ
暗闇の中でこれ以上ない美しい声と旋律が心を揺さぶった
”絶対に間違っていない、何も迷わず決めたままに行こう”
かつてあの人はそう言ったように思ったが、空耳だったようだ
あの時の二人の魂はどこへ彷徨うというの?
私もあの人も今迄生きた以上にまだ生きなくてはならない
これから先も、長い長い道のりだ
どんなに彷徨っても、また元の場所に戻ろうとして宙ぶらりんではいけないけど
忘れる?どうやって忘れろと言うの?
断ち切る方法があるとしたら、あなたが徹底的残酷を示してくれればいい
そのピストル、狂ったように連射してみてください

987 :名前はいらない:2012/10/23(火) 03:30:29.66 ID:rQENk9k7
読みました

嘘です完全に
外は風が強い
スカートでは出掛けられないなあ
試験は一週間延びますなんて
今さらめんどくさいありがたくもない
猫がゴロゴロ
フリスキーは飽きたの?
何粒か残すのなんでだろ
そういえばここ半年フリスキー
もう寝なきゃ
服がまだ乾かない
でも起きてても乾かない
おやすみ猫のジャッキー
アイロンは明日

988 :名前はいらない:2012/10/23(火) 18:54:45.66 ID:SgHPv3yL
テスト

989 :名前はいらない:2012/10/23(火) 20:09:48.10 ID:GxhhBgZJ
氷の光

ここももうすぐ終わるね
次あるならまた会おう
会えたらいいよね。ここでいいから
身勝手にひとり、暴走して周りを引かせちゃったんだ
いくら何でも待たせすぎだろうと、そんなふうに思わせちゃった
きっとそんなふうに思ってるに決まってる
ひとり、目指したあの場所
この機会を逃しちゃ、きっと次はない
そう思ってこの時を頑張るけど、逃す
また次の機会が現れる
また次こそはないだろうと頑張る
この時に頑張る時からもうない
そういう結果が再び訪れる
でもまた次の機会が訪れる
あの場所はどんな場所?
白くきて形くらいはわかってる
でもそこへたどり着くまでの最高の経緯を模索する日々
どんなふうに行けば、あの場所は容易く確実に手に入るのか
ずっと掴んでいたい
身の程知らずでも、そう思えるまでになりたい
長く険しい道と日々
たくさんの道とたくさんの日々があらゆる選択肢を提示してくる
ひとつだけ決まっているのは、あの場所を目指すこと
それ以外は何も決まっていないのか
悲しみに泣く冷たさは、熱い心さえも溶かして凍えさせ、震えさす
また新しい始まりを見るまで
もうちょっと確かに

990 :名前はいらない:2012/10/23(火) 21:16:15.89 ID:rq+CrMI3
もうわかったから、何も無理しないでいいですよ
本気にしちゃいますから、期待させないでくださいね
今迄のこと、心よりお礼申し上げます
全部の贈り物を、本当に生涯何より大切にいたします
どんな口でお礼を言っても全く足りませんが幸せでした

991 :名前はいらない:2012/10/23(火) 22:23:58.70 ID:HeCNJpnk
齧歯類の逃亡

十年前は格子越しの企てを賜り
信仰篤く麗子夭死挙式します
倍増も旧家の長行李の滅菌おいたわしや

992 :名前はいらない:2012/10/24(水) 00:07:14.55 ID:u3WbbGRV
心の希望。大切な希望をくれる話をくれた人

ただただ、甘かった
大きな壁に全速力で突っ込んでいく
そんな衝撃ではない
思い知らされた
未来も希望も、目の前にある風景には、それが見えない
抗う力さえもなく、絶望が普通の、あるいはもう希望とさえ思うようになった人
どんな終わり方をしようか
そんなことを考えるしかないような人
他に選択肢がない。そんな道しか残っていない人
数えきれないくらい、きっとそんな胸中の人達が世の中にはいて
希望見えないまんま、消えることを選択する
「自分の愚かさを痛感する」
終わりという選択肢しか残されていない人の内、どれくらいの人数だろう
奇跡的な希望。それが降ってくるシチュエーション
何人いるだろう
そして、そんな機会に巡り会えずにそのまま終わりに向かうしかない人、そんな人達がどれほどたくさんいるんだろう
改めて思う
「俺はなんて愚かなんだろう。甘いだけだった。それしかないくらい愚さだった」
他人を見て、自分を奮い立たせたり、あるいは自分が情けなくなってしまったり
そんなふうにはあまり測りたくなかった
俺は俺。他人は他人
自分の道を突き進むだけ
他人は関係ない
そんな考えだった自分が凄く情けない
甘い環境にかまけすぎた
エゴが足りないとか、甘さの極地。愚かの塊
壮絶なシチュエーション
想像力がないから想像が届かない
いや、考えることを避けてた
そんな目にあわないように、ひたすら避け、逃げてた
自分の身勝手さに任せて
希望を持つ。それが奇跡的
あり得ないような状況に置かれている人達がたくさんいる
その中で奇跡的に救われた人の話を見た
奇跡
こんな奇跡があるのかと
その人の希望を見て
自分も、その人とは違うけど、何か希望らしいものが見えた
嘘じゃない
信じられないことが起きる
奇跡。その先に希望
前なら、俺には関係ない、と無視していたけど
今ならこんな俺でもわかる
奇跡の話。ありがとう
俺も絶対に頑張る。そう誓える気持ちになれた

993 :名前はいらない:2012/10/24(水) 01:58:55.85 ID:zR5lnnOL
さざなみ

あの頃の君も今の君も君には違いない
どちらも否定せずにいられるような
いつかそういう地平を歩けるといいね
今はまだ少し波が高いようだけど

身勝手だとはいっても
自分を鼓舞するためにあの場所はどうしてもエベレストの頂上でなくてはならなかった
天国に一番近い場所
少しでもその場所に近づけるように今までだって懸命に走ってきたでしょ
そこで待つ女性は光り輝く天使か女神でなくてはならなかった
美人で可愛くてスタイル抜群で優しく聡明で色気もあって誰もが羨む完璧な女性



それがまさに現実を置き去りにし犠牲にする原因になってしまったにしても
登るためのエネルギーを作り出すには尋常でない程のものが必要だったんだろう
プレッシャーもあったろう
いろんなことが重なり合った結果だし君が全部悪かったわけじゃない
そんな感じでおおらかに理解している

無理もない
ゆっくりでいいよ
気付かぬうちに焦ってしまうのは分かるけど
少しずつ
もうすぐこのスレは終わるけど
次スレなら立てれば良いんだから

994 :名前はいらない:2012/10/24(水) 01:59:03.33 ID:HrNNvmga
二万 マイル

進ぬ 不幸はなかった
マトリョーシカの宇宙それは動物だった
あたしは脱ぐ
あの青い空あの白い雲あの夜空の輝き は違う
マトリョーシカの宇宙
行き着く先
一歩を踏み込んだ戦場でした

995 :名前はいらない:2012/10/24(水) 02:42:55.89 ID:u3WbbGRV
言い訳と反省の弁を文に

気持ち
それさえあれば、何でもできると本当に思っていた
どれだけ以前のことだろうか
それは今までも続いていた
少しずつ形は変わってきたけど
それでもどこかで気持ちを、無意識にでも大事にしてきてたんだ。きっと
気持ちは大事
確かにそうだ。疑いようはないはず。疑う必要すらない
人間だろ。こんな俺でも
機械とは一応違う
違う箇所を武器にしたかった
機械に対抗意識燃やしてもあんまり意味ないけど
燃やすとするなら、違う所を強くして対抗する
気持ち
でもね。よく考えると、機械に気持ちがないとは言い切れない
危ない考え方かもしれないけど、そんな考え方くらいしてもいい
気持ちを持っている
そんな定義、どうやって決める
個々各々。それぞれがそれぞれ違うもの
種類分けをして、同類と分類する
そこの枠にひとつ、気持ち持っている個体があるとする
そうした時に同じ部類に属する他は、同類
だから気持ち持っている
理屈上、理論上はそうなのかもしれない
でも各々は各々
そこの違いはどこにある?
気持ちを持っていないのがひょっとしたら同じ部類に入っているかもしれない
理屈なんていうのは、いくら突き詰めて優れていたとしても、確実にちゃんと限界がある
正しいこともたくさんあるけど、拙い理屈だって多々ある
それに気づいていないことも多々ある
つまり、ひざけたようなことを言ってる、みたいなことを言うとすると
機械に気持ちがない。なんて言い切れない
人間に気持ちが絶対ある。なんて言い切れない

996 :名前はいらない:2012/10/24(水) 02:44:14.50 ID:u3WbbGRV
未熟からの空

懐疑的すぎて逆に稚拙さを際立たせてるだけに見えたとしても
理屈から始まったものにはかわりない
理屈で初めて、その先の理屈が理屈をすべて壊すような
なんて馬鹿げた流れなんだろうか
もっと凄い人を見習い、上手く利用してる人から学び、盗める所は盗めばいいのに
自分には合わないやり方だとか
自分のやり方は自分だけで決める。その割には中々決まらないし、決まっても結局なんかショボい始末だし
気持ちに捕らわれすぎるなよ
いくら大事だとしても
気持ちから突き放せよ
気持ちで目指したかったあの場所を
気持ちなしで目指したりしてみろよ
機械にだって良いところたくさんあるだろ
気持ちなんて持ってないように見える機械でも、その優秀さから見習えるだろ
例えその機械が人に作られたものだとしても
その機械を作った優秀な人から、ではなくて、作られた優秀な機械から、でも学べたりもするだろ
数えきれないくらい学べることはたくさんあるはずなのに
何に対して反抗心なのか、つまらない気持ちに捕らわれるな
そんな気持ちはもう突き放そう
熱だけ多少、思考に持っていこう
どれだけ良い気持ちがあったとしても、捕らわれすぎることだけはもう避けよう
そんな頭を思考で作ろう
愚直な大人に近づこうとしてみよう

997 :名前はいらない:2012/10/24(水) 03:05:06.08 ID:u3WbbGRV
心得えて行こう

確実に、そしてできるだけ正確に
それを優先しすぎて、どこへ向かうつもりだったのかすら忘れる
危険を伴うことは極力避けたい
間違いではない
でも避けようとばかり、それだけしかしていないのと等しいくらいになってしまえば、もうそれは自滅に等しいと言っていいくらい
そしてまた、相手の思うツボ。それとも等しいと言ってもいいくらい
どうすればいい
意味だ
今は意味を考えてみよう。取り敢えずは
何が意味ある?
一番は?
いや、一番とかじゃない
意味があるかないかは、一番あるかないか、とは違う。それでいい
意味さえあれば、一番でも最下位でもいい
つまり、意味さえあれば、一番も最下位もない
何が意味あるか、だけを何とかしよう。少なくとも今は
あの場所へ向かうこと
それだ。それが意味ある
そしてその全てに意義がもうある
確実に、そしてできるだけ正確に
あの場所を目指していこう
どんな壁にも敵にも、足を掬わせないように
仕方のない伏線を張ろう。確実という枠に近づけるために、仕方なく
散らそう。あの場所だけを目指して進む方法はひとつだけじゃないんだと、たくさん設けてから進むように、散らそう
どこからでもあの場所を目指せると
そのことに意味を
その全てに意義を
気持ちを突き放してまでして進もうとする意志で
気持ちの分も絶対に成功させよう
気持ちが足りない分、絶対に代わりに進もう
そんな思考でいこう
気持ちに報いるためにも、絶対に

998 :名前はいらない:2012/10/24(水) 03:09:30.24 ID:zR5lnnOL
凸凹

童話の最後はどれも同じなのでもう読まない
リアリスト小学生が惹かれたのはエキセントリックにロマンチストな…
恥ずかしいのでそこで本を閉じる
気紛れに生えてきた青菜を摘んで齧り
白馬の王子様を待って墓石になりかけてる性別不詳なその手を取る
ここで膝をつきキスするものらしいがスカートが汚れるのが気になる
こんにちは
どういたしまして
今日はどちらから?
よろしくおねがいします
もはやズボンに穿きかえるべきだろう
気をもんで洗濯物増加
カレーのルウは家にあるからちょっと肩ロース買ってくる
国産牛でね
もう泊まりたいなら泊まってきなさい

999 :名前はいらない:2012/10/24(水) 03:36:36.42 ID:zR5lnnOL


1000 :名前はいらない:2012/10/24(水) 03:39:13.62 ID:zR5lnnOL
糸通し

右手に針左手に糸
ちょっと通りにくいなと思ったら先を少しだけ舐めればいい
でも他にも方法はある
近代の大発明糸通し
コインに見立てたのか横顔が描かれておりその歴史的背景は不明

あの場所はまだ詳細不明
でもまあそれも今は良い
今のところ特にオチはないうえ
どうもこれが>>1000みたいだから
清き次スレ立てをどうかよろしく

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

438 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)