5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?318

1 :本当にあった怖い名無し:2013/12/06(金) 23:40:24.47 ID:ch6ns8h20
貴方が聞いた・体験した怖い話や、2ちゃんの色んなスレから拾ってきた死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみませんか?
・ジャンルや、事実の有無は問いません。
・創作も歓迎です(創作と宣言すると興ざめてしまう方もいますのでご注意ください)
・要は最高に怖ければいいんです。
初めてきた方は必ず以下テンプレを読んでから投稿しましょう

【重要ルール】
・他の人が書き終えるまで投稿は待ちましょう。
・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。
・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からのサイトからは許可を取ること。
・「怖い話まとめブログ」への転載は運営が悪質なため禁止します
・文での感想はOK。点数形式での採点はNG。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。
・感想は1レスにまとめて読み手同士の会話は極力避けましょう。
・作者様、評論家様、作者(笑)、評論家(笑)、作者()、評論家()などのワードは荒れるだけなのでやめましょう。
・次スレは950レスを超えてから立ててください。


○余り怖くない話と思うなら以下のスレへお願いします
ほんのりと怖い話スレ その97
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1380581244/
何でもいいから怖い話を集めてみない?Part4
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1378984887/
洒落コワに拘るならまとめサイトの投稿掲示板もあります
http://jbbs.livedoor.jp/study/9405/
※「◯◯な怖い話ってなんだっけ?」という質問はこちらで
【質問】うろ覚えの怖い話を探すスレ
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1360929710/
前スレ
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?317
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1383326003/

2 :本当にあった怖い名無し:2013/12/06(金) 23:43:22.65 ID:KSt+KyK20
先を越されたか
>>1

3 :本当にあった怖い名無し:2013/12/06(金) 23:49:44.82 ID:M9HmA1+zO
アパートの上下両隣がチュンチョンだった

4 :本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 00:11:09.90 ID:3tMFGQC/0
ヘイトスピーチやめろクソジャップ

5 :本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 00:36:45.89 ID:iHABVxEh0
いちおつ

6 :本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 02:03:27.65 ID:gXdUeDK2i
クイーンエリザベス女王みたいな

7 :本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 02:24:20.35 ID:DWPambzz0
>>1
ようやくちゃんとした次スレ立ててくれる人が現れてよかった
重複スレはふたつとも削除依頼出してるので放置しておこう

8 :本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 02:26:51.90 ID:gq3sLpXG0
50 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です sage 2013/12/06(金) 15:27:50.21 ID:tvi2eAyR0
東西線に乗ってたら、電車が人身事故で止まった先が東陽町だった
時間潰しに携帯のナビで調べたら、団地と公園を抜けたらマックがあるから
団地を通ってたら、団地のエントランスのガラス扉にボールを持った女の子が立ってる二度見したら女の子が透けてる…
その時は?と思って、公園を抜けてたら何処からともなくお寺の鐘の音が…?
公園を抜けて、大通りに出たら。バス停に先ほど見た女の子らしいのが見える
さすがにヤバいと思って、マックにも行かずにタクシーで自宅に帰って疲れたので寝て起きたら
某児童連続誘拐殺人犯の死刑が執行されたことニュースでやってた
そのニュースで初めて知ったのが死刑囚が女の子を連れ去った現場が、さっき行った団地だった
死刑囚が女の子に最初に声を掛けたのが団地のエントランスで車で連れ去ったのがバス停前…お寺の鐘の音が鳴った時間が死刑執行時間…
あの日以来、東陽町には行ってない

そんな思い出がある東陽町です!

9 :本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 02:33:07.33 ID:JnrS0B/H0
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1385235375/150
  ↑  ↑   ↑  ↑   ↑  ↑ 

10 :本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 14:47:05.13 ID:MFtjcnpz0
なぜ、ほんのりに書かないのか

11 :本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 17:42:40.13 ID:gi/YrxNK0
ユーチューブに洒落にならないほど怖い話
http://www.youtube.com/watch?v=QfZItov1BUo

12 :本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 17:52:17.59 ID:YHVn2pwQ0
またオカ板に帰ってきたぞ

13 :本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 22:41:28.12 ID:0v6qsp6R0
みんなからしたら怖くないかもだけど

3年前の話。同棲してた彼女がメンヘラ気味なのに嫌気がさして振ったんだ。自分の荷物まとめて出て行こうとしてたときはなんともなかったんだけどさ

1時くらいに仕事で使うUSBを忘れてること思い出して部屋に入ったんだわ

14 :本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 22:44:53.80 ID:0v6qsp6R0
そしたら、廊下の奥の部屋で床の上で手足バタバタさせてる音が聞こえてきたの

うわ〜とか思って部屋入ったら案の定部屋じゅう血だらけなの^_^
けど、俺が部屋にはいっても、構うもんかって感じ頭と手足を一心不乱にバタつかせてんの

声にならない声あげてさ^_^

15 :本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 22:49:18.26 ID:0v6qsp6R0
で、急にばっ!とこっち見たら、

涙と血でぐっちょグッちょなの。で、よく見たら

包丁で舌を縦に三つに割いてたんだ

まあ、そっからは救急車に乗せて病院見てて、治療見て、帰った

それからすぐに、俺の新居の地域で、頭を血だらけの包帯でぐるぐるに巻いた女の都市伝説が生まれましたとさ。

16 :本当にあった怖い名無し:2013/12/08(日) 01:17:26.49 ID:ihSMrGMv0
怖くもないしおもしろくもない
せめてどちらかにしてほしい

17 :本当にあった怖い名無し:2013/12/08(日) 19:24:52.17 ID:71M4kuFG0
心霊スポットに行ってから何かおかしい

本の文字が読めなくなってる
携帯の文字は大丈夫、自分で文章打つのも大丈夫
ただ本の文字だけが読めない
一つ一つが別々に動いて文章としてなりたっていない

なんなんだ一体

18 :本当にあった怖い名無し:2013/12/08(日) 19:26:38.51 ID:71M4kuFG0
テレビを見てても気持ち悪い
知ってる顔も知らない顔になりかけてる
飯の味もなんだか薄い

病院かこれは

19 :本当にあった怖い名無し:2013/12/08(日) 19:32:18.40 ID:W0qYLkFg0
ちなみに20代前半の男です。
青梅のトンネルに行きましたがオレンジの光を見て終わりでした。
音楽を逆再生したような音が耳元でなっておりその日は眠れませんでした
次の日にふと本を取り出してみると文字が読めませんでした。
色々な本を読みましたがその本によって読みやすい、読みにくいの違いがありました。
まったく読めないのはごくわずかです。

20 :本当にあった怖い名無し:2013/12/08(日) 19:33:26.73 ID:dB9j1pxN0
病院行っても一瞬で治したりはしてくれなそうだから
お祓い的なことしてもらって治るならそっちがいいだろうね

21 :本当にあった怖い名無し:2013/12/08(日) 19:35:39.02 ID:W0qYLkFg0
>>20
近くのお寺でお祓いもしてもらって心霊スポットの帰りも塩ふりかけたんだ

22 :本当にあった怖い名無し:2013/12/08(日) 20:36:37.53 ID:5VuHqpW7P
ふいに女性の声で「亜也くんと交替する?」と訊かれて、
反射的に首を縦に振ってしまったら、
貴男は奇妙な世界から二度と帰れません。

23 :本当にあった怖い名無し:2013/12/08(日) 21:06:46.78 ID:O5c8EGW80
あなりくんとたかお

24 :本当にあった怖い名無し:2013/12/09(月) 22:41:59.13 ID:itXL3ieq0
人いないな

25 :本当にあった怖い名無し:2013/12/10(火) 00:37:20.84 ID:aq6dmISa0
アホが重複スレばっかり立てるからだ
知ってるか?パート315の重複も今だ残ってるんだぜ?

26 :本当にあった怖い名無し:2013/12/10(火) 00:44:31.64 ID:sSw9ga4B0
アホじゃなくてアフィな

27 :本当にあった怖い名無し:2013/12/10(火) 01:27:04.25 ID:OETj8nd10
スレタイ、死ぬ程のほどが平仮名だな

28 :本当にあった怖い名無し:2013/12/10(火) 20:49:43.19 ID:5CPcbuHV0
だから検索に掛からなかったのか
タイトルぐらいコピペしろって

29 :本当にあった怖い名無し:2013/12/12(木) 17:13:21.12 ID:PGvnwGQF0
過疎

30 :本当にあった怖い名無し:2013/12/13(金) 20:01:42.17 ID:r1oBJvHF0
なー

31 :サスケ ◆kfp0TbU5UU :2013/12/16(月) 22:14:27.69 ID:ZWMP5L5P0
きまり(全B)
@
久しぶりに実家に帰ったときの話だ。道端で俺は変な噂を聞いたんた。
夜、ランドセルを背負った子供の腐った死体が町をうろついているらしい。
俺はあることを思い出した。もう十年以上前の話である。

32 :本当にあった怖い名無し:2013/12/16(月) 22:18:44.29 ID:G7DWQ2mM0
そういえば、マドハンドっていたな腐った死体よりそっちの方がトラウマ

33 :サスケ:2013/12/16(月) 22:35:37.21 ID:ZWMP5L5P0
A
小学二年のときだった。学校の帰りに友達が「ドブ板のとこだけ通って帰ろうぜ」と言った。
そして線路のようにドブ板の上だけを通って帰ることになったのだか、十字路でドブ板が家と
逆の方へ向かっていたので、俺はそこでやめた。「ウホッ、ダッセー、俺は必ずドブ板だけを
渡って家に着いてみせるぜ」そう言ってAは家と逆の方へ歩いていった。
そして次の日からAは学校へ来なくなった。

34 :サスケ:2013/12/16(月) 22:51:50.25 ID:ZWMP5L5P0
B
そしてAはいまだに行方不明のままだ。
もしかしたらAはまだドブ板の上を歩きながら家にたどり着こうとしているのかもしれない。
あいつの家は…もうとっくに無くなっているのに。
終わり

35 :本当にあった怖い名無し:2013/12/18(水) 23:15:00.57 ID:8SKegXB90
ごめん、笑っちゃった

36 :本当にあった怖い名無し:2013/12/19(木) 13:29:23.56 ID:DJwlVIQj0
いい歳になって、子供もいるというのに未だに「大人だけに知らされる秘密」を聞かない。
廃屋に隠された秘密も、謎の言い伝えの真相も、町に隠された呪いも聞かない・・・

唐突にどこかに電話する父母や、あそこに行ったのか!と怒鳴る父親になるにはまだ
俺は若造なのか・・・

37 :本当にあった怖い名無し:2013/12/19(木) 15:16:30.30 ID:KCu+GvLU0
私のかけた術は必ず実行される
それは結果が良い術も悪い術も
術が解ける事は皆無

38 :本当にあった怖い名無し:2013/12/19(木) 16:05:35.41 ID:9FDVDHt9i
そこまで怖くないかもだが話して平気かな?

39 :本当にあった怖い名無し:2013/12/19(木) 17:33:55.18 ID:foYC7Wpd0
浮き上がるままに漂う

それはみなそこへゆく

カラスはまだとなりにいるか?

40 :本当にあった怖い名無し:2013/12/20(金) 11:53:18.80 ID:bFNLAoTtO
スレ乱立しすぎーwww
いかほどーwww

41 :本当にあった怖い名無し:2013/12/20(金) 20:25:25.83 ID:7Kgo+grq0
大学1年の時に休み時間によくパソコン室に行ってたんだけど、
そこで俺によく声をかけてくる男子学生(B君としておく)がいた。
最初は挨拶程度と言うか軽い会話程度だったんだけど、ある日B君が
「いろんな大学の学生が集まるパーティーがあるから来ないか?」と言ってきた。
俺はそういう人の集まりが苦手だったから断ったけど、B君はしつこく誘ってきて
仕方なく「行く」と答えてしまい、その「パーティー」に参加する事に。
しかしその「パーティー」の前日からインフルエンザになってしまい、
パーティー当日も熱があって具合悪かったからB君に
「ごめん、具合悪くて行かれない」とメールしたら「だったら友達と車で迎えに行くから、
詳しい住所教えて」と電話が来た。B君に異常なものを感じた俺は
「行ったらみんなにインフルエンザうつしちゃうから・・・
それに熱があって吐き気があるからこれから病院に行くんだ」と言って電話を切った。
それで俺は親の車で病院に行ってたんだけど、俺の携帯には(家に置いていた)
B君からの着信とメールが入りまくってて留守電には893みたいな声で
「テメー何で来ねえんだよ!」「氏ねや!」みたいな伝言が入ってた。
―その後大学内でB君を見かけなくなったんだけど、大学の掲示板と
学生課が出してる学内メールに「大学内で本学の学生のふりをして
「パーティーに参加しないか」と誘う不審な人物にご注意下さい。
その人物は「経済学部2年の○○○○」と名乗っているそうですが、
調査した結果、本学内に「○○○○」という名前の学生が
在 籍 し て い る 事 実 は あ り ま せ ん。」
その○○○○って名前がB君の名前だった。それから数ヵ月後、
とある事件の容疑者として写真と名前が出てたのがB君だった。

42 :本当にあった怖い名無し:2013/12/20(金) 21:17:28.75 ID:RJ3rGGvC0
インフルエンザになってよかったな

43 :本当にあった怖い名無し:2013/12/20(金) 21:26:47.68 ID:gImoUT4d0
「パーティー行かなあかんねん」
B君→経済学部2年のBATER

44 :本当にあった怖い名無し:2013/12/20(金) 21:47:48.02 ID:Cr9FRdYw0
とある事件がどんな事件だったのかが気になる

45 :本当にあった怖い名無し:2013/12/21(土) 08:22:49.33 ID:mmF58+ny0
陰毛ササ身コブラ

46 :本当にあった怖い名無し:2013/12/21(土) 12:00:36.88 ID:AQoZu7UZO
まあ詐欺師なんだろうけど
もしパーティー行ってたら何されたんだろうか

47 :本当にあった怖い名無し:2013/12/21(土) 12:06:28.45 ID:0nT7jTzD0
>>44
何か>>41のは宗教勧誘っぽいな思った。
顕○会で信者の男が大学生騙して監禁した事件を連想した。

48 :1/4:2013/12/21(土) 13:46:43.51 ID:a1khemDV0
黒猫に取りつかれてる
子供のころ木陰に死にかけてる黒猫を見つけた
当時の自分は「どんな命も大事に!」みたいなことを左翼教師に刷り込まれてたから、
猫を助けるために行動してしまった、そしてその教師に「困ったときは大人を頼りなさい、大人は子どものいうことをなんでも叶えてくれる魔法使い」とも言われていたせいで近くに居た人に助けを求めてしまった
結果的に猫は死んだ、助けを求めた奴らが糞アホキチ外池沼な大学生4人組で猫をおもちゃのように扱われて殺された
それ以来猫に取りつかれている

49 :2/4:2013/12/21(土) 14:04:44.37 ID:a1khemDV0
この猫は普段は周りの人には見えないようなんだが俺と2種類の人間には猫が見えるらしい
死期が迫ってる人と人を殺したことがある人だ
死期の方は「綺麗な子猫」として見えるらしく
人殺しの方は「凄い醜い老猫」として見えるらしい
ちなみに俺はそのどちらにも当てはまらない左目が濁ってる以外は普通の黒猫に見える

50 :3/4:2013/12/21(土) 14:13:45.15 ID:a1khemDV0
俺は執念で猫を殺した大学生たちを特定したんだが全員が猫を醜いと言った。
なんでも酔った勢いでリンチしたらそのまま殺してしまったとか
猫を見て全員が逃げ出した、うち一人は逃げてる最中に転んで死んだ
二人はその後、運転で事故起こして死んだり、自殺したりした
残る一人がストレスからか暴飲暴食を初めて体を壊して入院している
お見舞いに言ったら「綺麗な子猫」を見たと言っていた、これが偶然なのか猫の祟りかはわからない

51 :4/4:2013/12/21(土) 14:22:57.46 ID:a1khemDV0
死期さんの方はマジで怖いです
知り合いのお見舞いとかならある程度覚悟できるが道行く人に言われるのが本当につらい
猫の見方にもランクみたいのがあって見れた程度なら怪我を負うけど生きてることもあるんだが、
触れたらもう無理
まったく関係のない親子連れに「可愛い子猫ですね」なんて話しかけられて全員が猫を撫でるのを見たのが最大のトラウマです

適当に4レスなんて書いたけどなんとか間に合わせられてよかった(

52 :本当にあった怖い名無し:2013/12/21(土) 15:16:26.33 ID:v0Ow0i760
ありがち

53 :本当にあった怖い名無し:2013/12/21(土) 17:08:05.38 ID:EzIA0WTrP
そうかぁ?

54 :本当にあった怖い名無し:2013/12/21(土) 17:18:35.26 ID:i8g6xfaQ0
しかしお前らこんなアフィリに食い荒らされたスレによく書こうと思うよな

55 :本当にあった怖い名無し:2013/12/22(日) 00:40:46.02 ID:/MHQhRdJ0
俺は嫌な思いしてないから

56 :本当にあった怖い名無し:2013/12/22(日) 01:18:23.98 ID:MJ2xF6CS0
話は書きたいがアフィリに転載されたくないというなら
出ていくしかない仕組みだからな

57 :本当にあった怖い名無し:2013/12/22(日) 19:48:00.20 ID:zhJPmCxw0
だいたい洒落怖だと祟るのって猫か狐なんですが
そのへんなんとかならないでしょうか。
そろそろアライグマとかブラックバスとかミドリガメとかが祟ってもいい頃だと思うんですよ。
話を作りやすい動物で作ってる感じで、そういう安易さが見え隠れすると冷めちゃうんですよ。

58 :本当にあった怖い名無し:2013/12/22(日) 20:25:06.46 ID:yhqFS7CP0
祟ってはないけどバイクに付きまとわれた事ならあるよ

59 :本当にあった怖い名無し:2013/12/23(月) 00:49:26.06 ID:V4zlLuS40
姿が見えない何者かの気配を感じたらだいたいは微生物とか蟻とかの霊と思って間違いない

60 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 04:05:53.72 ID:SNlanM0FO
スレタイ間違ってるから伸びないな

61 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:3) :2013/12/24(火) 04:20:29.25 ID:xUOirX2n0
寧ろ逆に天国だろ
他に別に極楽だろ
当然正反対に理想郷だろ

62 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 04:36:50.73 ID:Xbx8N5aU0
いい加減誰か立て直そうよ
1がスレタイ間違ったせいで誰も書き込まないよ

63 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 06:05:02.68 ID:KuQ+cuUX0
スレタイ関係なく過疎

64 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 07:39:06.75 ID:eplKwRgxO
>>62
そこで誰かに頼るところがなんともダサい

65 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 22:48:26.09 ID:MxE0TJes0
今からかなり前の話なんだが、けじめをつけるために話す


その時は冬休みで、俺の家族は婆ちゃんの家に行ってたんだ
名前は伏せるけど結構な山奥で尚且つ雪国だから、近くの山でソリとかで遊べるんだ
だから、暇なときはいつもそうして遊んでた
それが婆ちゃん家に行く楽しみでもあったんだ

俺は婆ちゃん家に行くと決まって遊んでた友達がいた
小6と小4の兄弟で、上が俺と同い年なんだ

小6の方をA、その弟をA弟とする

66 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 22:48:59.03 ID:MxE0TJes0
その日は晴れてたし夕方まで遊びまくるぞーって意気込んでた
でも朝からずっとソリで遊んでると飽きてくるわけだ
それで俺たちは昼食の後、かまくら作ろうって平地を探して少し奥まで入ったんだ

今思えば馬鹿だったと思う
朝晴れてたところで午後からどうなるか分からないし、家の近くで作れば良かったんだ
でも、当時の俺たちは秘密基地みたいなのに憧れてたんだと思う


それで、作り始めて少ししたら案の定雲行きが怪しくなってきた

67 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 22:49:34.86 ID:MxE0TJes0
俺とA弟は帰ろうと言った
でも、Aがかまくらがもうちょっとで出来そうだからって帰ろうとしなかった
放っておくわけにも行かず手伝っていたんだが、いよいよ雪がちらつき始めた

さすがにAもヤバイって思ったんだろうな
やっと帰る気になってくれた

でも、もう遅かった
途中で吹雪はじめてしまった

68 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 22:50:07.47 ID:MxE0TJes0
いくら雪国で育ったと言ってもまだ子供だったから、パニックでどうしようもなかった

そんな中、明かりを見つけた
山小屋だった


俺たちは無我夢中で入ったんだけど、
今思えばそんな所に山小屋なんてなかったはずなんだよな

でも、そんなこと気づかずに俺は中に入って安心してた
寒かったけど外よりはましだったから3人でくっついて、これからどうするか話してた

悩んだけど、帰るに帰れない状況だから吹雪が止むのを待つことにした

そうと決まると、好奇心旺盛なAが小屋の中を探索し始めた
その間、俺とA弟はくっついて座ってた

69 :65:2013/12/24(火) 22:51:49.34 ID:MxE0TJes0
そしたら、突然Aが扉があると言って駆け戻ってきた

入ったときは吹雪で全体が見えなかったし、他に部屋があってもおかしくはない
俺とA弟はAに続いてその場所を見に行った

そこには確かに扉はあったんだけど、棚が前に置かれていて3分の1しか見えていなかった
普通に考えたら怪しい
でも、Aは開けようと言い出した

この時は俺もA弟も何故か楽しくなってきていて、3人で棚を動かすことにした

棚の中の置き物とかを出せば、案外軽くてすぐに動かせた

今考えればこの行動は正しかったのかは分からないが、好奇心には逆らえなかった


Aを先頭に、扉を開けた

70 :65:2013/12/24(火) 22:52:42.88 ID:MxE0TJes0
そこには、鏡台が一つ置いてあった
さすがに俺はゾッとした
それまでに怖い話は読んだり見たりしてたから、なんとなく嫌な感じがした

でも、Aはそんなこと気にしない
興味津々といったふうに鏡台に近づいていった

俺とA弟は入口で突っ立っていた

その部屋はそんなに広くなくて、奥に鏡台が一つあるだけ。
鏡の背は壁にぴったりとつけられていた
俺は霊感とか無かったけど、殺風景な中の鏡台っていうのがすごく不気味で嫌だった

71 :65:2013/12/24(火) 22:53:21.05 ID:MxE0TJes0
A弟は帰りたいと呟いていた
俺も同感だったが、外は吹雪。どうしようもない

少しして、Aが突然血相を変えて走ってきた
「帰るぞ!」と叫んで部屋から飛び出す
俺たちはわけがわからなかった

Aは鏡台の部屋から出るなり扉を閉めると、棚を扉の前に置いた
そして開かないように棚にたくさんの物を置いていく

その全てが、まるで狂っているかのようで怖かった

目は血走っていたし、かなり息が荒かった
俺は吹雪による寒さとは違う何かを感じた
ようは、悪寒ってやつだ
それはA弟も同じみたいで、兄を見ながらガクブルしていた

その時、たぶんAは既に手遅れだった

完全に発狂していた

72 :65:2013/12/24(火) 22:53:54.42 ID:MxE0TJes0
再び、「帰るぞ!」と叫ぶ
でも今は吹雪で帰れるわけがない
俺とA弟は必死で止めた
でも、Aは外へ飛び出した

吹雪の中で早く来いと叫んでいる

俺はもう何がなんだか分からなくなり、Aに従うことにした
この時はまだ、いつものAだと思っていた
ただ、混乱しているだけだと自分に言い聞かせた

俺はA弟の手を取ると、Aを追って走った
吹雪でわけがわからないけど、ただひたすらAを追った

ひたすら走って、前方に明かりを発見した
一足先に着いていたAはガンガン家の扉を叩いていた

追いついて見ると、そこは婆ちゃん家だった
助かった…って俺とA弟はわんわん泣いた

でも、Aだけは血走った目で扉をガンガン叩いていた

73 :65:2013/12/24(火) 22:54:28.24 ID:MxE0TJes0
すぐに婆ちゃんと俺の両親が出てきた
俺たちを見て両親は安堵の表情を浮かべて、それからAの両親へ電話をしに行った

部屋に入ると既に7時を過ぎていた
かまくらを作り始めたのは昼食を食べてすぐだったし、2時間もかかっていないはずだった
それなのに、なぜこんな時間なのだろう

俺とA弟は顔を見合わせた
Aはじっと座っていた

10分もしないうちにA両親がやってきた
A母は2人を抱きしめて泣いていた

俺は婆ちゃんと両親に事情を聞かれた
全て話すと婆ちゃんの顔からサッと血の気が引いた

74 :65:2013/12/24(火) 22:55:00.87 ID:MxE0TJes0
婆ちゃんはAに「何を見た?」と詰め寄った
俺を含め他の面々は全く理解できなかったけど、婆ちゃんの雰囲気から只事じゃないのは分かった

婆「引き出しの中に何を見た?」
A「分からない。…けど、変な動物みたいだった」

そこで、Aは暴れだした
ごめんなさい、ごめんなさいと叫んでた
俺とA弟は2人で俺の部屋で寝るように言われた

75 :65:2013/12/24(火) 22:56:28.58 ID:MxE0TJes0
翌日、俺とA弟が起きるとAと婆ちゃんの姿がなかった
Aの両親の姿もなくて、A弟は俺の家でしばらく過ごすことになる、と俺の両親に言われた

次の日の午後、婆ちゃんが帰ってきて俺たちを車に乗せた
車は知らない人が運転していた

それから3時間くらい乗っていたら、知らない寺の前におろされた

運転手は寺の住職の息子だと言った
俺たちは本堂の中へ通された

そこには住職が待っていた
住職は俺たちを座らせると、Aのことだ、と語り始めた

76 :65:2013/12/24(火) 22:57:03.04 ID:MxE0TJes0
Aは×××に取り憑かれているらしい
(×××の部分は聞き取れなかった)
引き出しの中で動物を見たと言っていたのは、たぶんこれのこと
ちなみにそれは死骸だったらしい
それは、死骸が綺麗なほど危険度が低い
でも、Aが見たのはかなり喰いちぎられていたらしく、住職には手に負えないと言われた

俺とA弟は絶望した

なんでそんなものがあるのかというと、
あの山小屋は昔民家だったそうだ
そしてそこには両親と娘一人という、3人の家族が住んでいたらしい
しかしその家族は謎の死を遂げた
(一斉に別々の方法で死んでいたらしい)

その後、近所の家の住人が病気にかかったり大きな怪我をしたりしたため、徐々に周りが引っ越していきあの家だけが残ったのだそうだ

77 :65:2013/12/24(火) 22:57:38.04 ID:MxE0TJes0
しかし、近隣の集落にまで何かが起こってはいけないと、そこに住んでいた人々はある人物にお祓いを頼んだ
その人物が、この寺の住職の先祖だった

先祖がその家に行くとすぐに理由が分かったそうだ
やはり×××が憑いていた
×××ってのはその集落の辺りに伝わるものらしい
憑いた原因はその家が呼び出したから。
詳しいことは教えてもらえなかった

先祖は考えた末、鏡を置いてそこに小動物の死骸を生贄として捧げて×××を祀ることで大人しくしてもらうことにした
なんで鏡なのかというと、先祖から伝わる方法なんだそうだ

しかし、それを俺たちが破壊した
死骸が喰いちぎられていたのはそれに×××が怒ったから。


俺たちは泣きながら、ごめんなさいと謝った

78 :65:2013/12/24(火) 22:59:50.15 ID:MxE0TJes0
住職はAの元へと案内すると言った

その道中で、住職は一つ不可解なことがあると言った
それは、あの山小屋と俺の婆ちゃん家は数キロ離れているということだった
もうその時点で本当に恐ろしくて仕方がなかった
でも、責任があるからAがどうなったかをきちんと見ろ、と言われたからついて行った

離れみたいなところにAはいると言われた
近づくにつれて悲鳴と引っ掻くような音が聞こえてきた

ぎゃぁぁぁあ!
とか
がりがり
とかいう感じ。

A弟はずっと泣いてた

離れの戸を開けると、しめ縄みたいなやつの長いやつで囲まれた隅にAがいた

昔の面影はなかった

79 :65:2013/12/24(火) 23:00:34.90 ID:MxE0TJes0
俺はそこで気を失った
本当にヘタレだと思うけど、怖かったんだ


目が覚めると本堂に戻っていて、近くに住職がいた
婆ちゃんも、俺とAの両親もいた
なんか、すごく真面目な顔をしてたのを覚えている

俺と一緒にA弟も目を覚ました
すると、住職の前に座るように言われた


Aはもう帰れないらしい
そして、それを見ていた俺たちの身にも何が起こるか分からないそうだ

両親は泣いていた

80 :65:2013/12/24(火) 23:01:09.88 ID:MxE0TJes0
それから俺たちは会うことはなかった

俺はすぐに自分の家に帰ったし、A一家は引越した
Aがどうなったかは俺には分からない


ここまで聞いてくれてありがとう
俺、これからA弟に会ってくる

はじめに書いた通り、全部けじめのためなんだ
これから会うっていうのは、A弟と寺に呼ばれたから行ってくるんだ
たぶん、Aの話なんだと思う
もし書き込みできたらまた報告に来ようと思う

質問があったらまとめておいてくれるとありがたい

81 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 23:03:53.14 ID:KuQ+cuUX0
いつの話?

82 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 23:12:11.28 ID:7l7it3+J0
わざわざクリスマスに行かんでも…

83 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 23:36:41.17 ID:/mNRKT+c0
吹雪の山荘に少年三人が閉じ込められているところに
いきなり蓑・笠をつけた大男がチンコを屹立させて入ってくるほうが
物語としては興味深い

84 :本当にあった怖い名無し:2013/12/24(火) 23:50:16.50 ID:mALVmnPz0
ハイジ!
ハイジ!!

85 :本当にあった怖い名無し:2013/12/25(水) 07:38:41.62 ID:Fe5l0qHJi
俺の田舎もかなりのド田舎で、親戚達もそれぞれ別の田舎に住んでたけど、そういう楽しい経験、した事も聞いた事もない

86 :本当にあった怖い名無し:2013/12/25(水) 10:21:33.29 ID:cUBKody/0
全米が泣いた

87 :本当にあった怖い名無し:2013/12/25(水) 10:51:10.80 ID:kaBLZZMV0
>>85
そりゃ地球の田舎の話じゃないもの

A→エース
A弟→タロウ(血の繋がりはないけど)
投稿主はセブンか?(A弟と妙に仲が良いので…)
聞き取れなかった×××は、恐らく「ヤプール」だろう
彼らの怨念やは強いからね

88 :本当にあった怖い名無し:2013/12/25(水) 12:21:58.64 ID:OSbjFvspP
面白いと思って書いたんだろうなぁ

89 :本当にあった怖い名無し:2013/12/25(水) 15:27:54.53 ID:UVy+GE9r0
>>87
???????????????

90 :本当にあった怖い名無し:2013/12/26(木) 02:34:29.88 ID:IIwPBDW90
>>47
え、あいつらまだそんなことやってんの?
昔から変わんねー馬鹿共だな

91 :本当にあった怖い名無し:2013/12/26(木) 11:25:44.78 ID:f8EQ0Ta70
>>88
せっかく読みづらくて創作臭い長文を
面白いと思ってダラダラ投下してくれた>>65に対して失礼だろ

92 :本当にあった怖い名無し:2013/12/26(木) 12:35:49.97 ID:oE5iTzZLO
「裏の家の垣根が新しくなったってね へー」

シーン


洒落にならん

93 :本当にあった怖い名無し:2013/12/26(木) 12:41:29.96 ID:jKOR4+I60
「裏の家の塀が新しくなったってね  かっきーね」

94 :本当にあった怖い名無し:2013/12/26(木) 16:41:26.48 ID:SwS/4c6Si
からいしんかえしらなれしむる
しむるしむるしむる禍
しむるしむるしむるしむるしむるしむる
儡sんかえしらかえしらからいしん
けるかえるかえらりむらなひ

95 :本当にあった怖い名無し:2013/12/26(木) 17:03:41.39 ID:9MeAln0UO
布団がふっとんだ

96 :65:2013/12/26(木) 23:42:16.01 ID:qOZ7zQGa0
結論から話すと、俺は無事
Aは残念ながらダメだったそうだ
A弟はやっぱり泣いてた
変わらないな、とか思った


あの日俺たちが寺から帰った後、Aは1日中叫んでいたらしい
もう会えないのが分かったのかなー、って俺は思った
そんなわけないんだけどね

それで、Aは一週間耐えたらしい
住職もお経?(というか祓う言葉)を唱えたり、息子に協力してもらったりしてどうにか助けようとした
でも、ダメだった
それだけ、Aに憑いてたやつは凶悪だったんだな

97 :65:2013/12/26(木) 23:42:48.65 ID:qOZ7zQGa0
なんで何年も経った今、そんな話をされたのかというと、


今回俺たちが話を聞いたのはあの住職の息子からなんだ
あの住職はもう亡くなったらしい
でも、普通の死に方じゃなかったんだって。
やっぱり、Aを祓おうとしたからかな
住職が取り憑かれたんだろう
それで、息子以外は住職の奥さんも息子の嫁も子供もやられたそうだ
この寺はもう息子一人になったから、最後に俺たちを呼んだらしい
そして、真実を話した

98 :65:2013/12/26(木) 23:43:41.97 ID:qOZ7zQGa0
俺たちはこれを聞いたことで、それに憑かれるかもしれないと言われた
でも、真実を知ってほしかった、と。

俺とA弟はもう仕方ないって思ってたから、諦めた
息子は泣きながら謝ってた

これはあの日の責任だからな
勝手に立ち入ってしまったこと、Aを止められなかったこと
Aが死んだのは、俺たちのせいでもあるから

A弟は結婚していい奥さんもらって、子供も1人いる
自分はどうなってもいいから、家族は守りたいって言ってた

Aの両親と俺の両親は健在

俺の婆ちゃんは少し前に亡くなった
普通に病気だった

俺も一応嫁がいる
子供はいないけどな

正直、憑かれるのは怖いけど周りには迷惑かけないようにしようと思う
ここに書いたのは、お前らにこんな目に遭ってほしくないからだ
好奇心が皆を泣かせることになってしまうってことがある
お前ら、あんまり怪しい場所には不用意に入るなよ

99 :65:2013/12/26(木) 23:48:34.19 ID:qOZ7zQGa0
聞いてくれてありがとう
これで名無しに戻るわ

その前に質問あったら答える

100 :本当にあった怖い名無し:2013/12/26(木) 23:50:03.29 ID:OjNWIj8B0
Aがとりつかれた後に>>99はなにか心霊現象に遭遇した?

101 :65:2013/12/26(木) 23:54:05.23 ID:qOZ7zQGa0
ないよ
でもそれらしいことは何回かあったな
霊感ないからなんとも言えないけど

102 :本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 00:34:35.19 ID:OJx0FmFj0
普通じゃないってどんな亡くなりかたしたんだろう?

103 :本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 00:37:11.12 ID:bleH8/Sl0
自分で全部歯を叩き折ってから海岸に行って窒息するまでヤドカリをのどに詰め込んだとかだろう

104 :本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 03:28:39.55 ID:8A1hZogw0
五年前くらいにあった高校時代の妹の話

S県T市の平均的県立高校に通う妹が、学校が終わりそのままAと二人乗りをしてT駅に向かっていたそうです。

ふと、B子という子から電話が鳴り出てみると

B子「妹、帰らないの?まだ教室にいるなら一緒に帰らない?」
っと着信があったそうです。

妹「え?ごめんね、私今A子とT駅にいるんだ。良ければ一緒に遊ぶ?」
B子「え?今電話しながら教室で手を振ってたじゃん?怖いからやめてよー」
妹「いやいや、A子居るから代わるよ!それ誰だよ!」

どうやら妹の見た目の何かがB子と電話をしながら手を振っていたようで
妹の携帯には、誰かと楽しそうに喋るB子の声だけが録音されていたようです。

うちの姉妹は(俺と姉と妹)母の連れ子なんですが、家庭内が不安定になると女達は金縛りやら色々変な事が起きるみたいです。
何があっても全く感じない俺も最近、ねーちゃんから不思議な電話があってビビったのは内緒

あとこの時間に小腹すいてポテチ食べてしまったのも明日が怖いです

105 :本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 03:50:14.24 ID:8A1hZogw0
ごめん>>1から読んでたけど空気読み人知らずでした。
忘れてくれ

106 :本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 06:07:54.58 ID:PMOppmJg0
ていうか録音?

107 :本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 07:09:42.20 ID:Q5dujt1h0
65に質問
結局×××ってなんだったの?当然聞いたよね?
それと、そんな危険な廃屋を鏡と生贄程度でずっと放置していたのは何故?
いつ誰が入り込むか分からないよね?
もしそんな廃屋が存在するなら、寺と近隣の村の協力の元、全力で立ち入り禁止にすると思うんだけどさ

108 :本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 07:12:57.77 ID:x1bN0utk0
      マ   マ               
    ジ        ジ          マ
  レ マ           レ           ジ
ス      ジ          ス           レ
の          レ          ノ           ス
  嵐            ス        ア          の
 マ  マ              ノ      ラ     嵐 
ジ     ジ マ           ア     シ  マ    
レ       レ ジ           ラ    ジ     
 ス        ス   レ         シ レ       
   ノ        の     ス      ス          
    ア       嵐       ノ    の      
      ラ   ママ        ア   嵐    
        シジ   ジ       ラママ  
       レ  マ    レ     ジ    ジ
     ス     ジ     ス レ        レ
    の       レ    ス          ス
   嵐  マ       ス の          ノ
  マ     ジ       嵐       ア
  ジ  マ      レ    マ   ラ 
   レ    ジ     ス   ジシ 
     ス     レ   ノ   レ
       の     ス  ア  ス
         嵐    ノ  ラ  の 
           マ   ア  シ 嵐
              ジ ラ   ママ
                レ シ  ジジ
                  ス レレ
                    嵐                

109 :本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 12:09:12.53 ID:9HPMkKJu0
マジレスというか釣られてやってるんだろ

110 :本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 15:08:07.48 ID:MRZH8roN0
>>106留守電に録音されていました。
ですね。失礼しました

携帯電話って本当に不思議な事が起こりますね

111 :本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 15:49:00.87 ID:On63zQTt0
スイマセン。お尋ねしたいことがあるのですが。
女の子同士の話だったと思うのですが、
1一人の女の子をロッカーに閉じ込める
2閉じ込められた女の子が「出して!出して!」と言って周りの女子も「きっと泣いてるよ。出してあげようよ」と言い出す。
3それでロッカーを開けたら誰もいなかった
という話ご存知の方居られませんか?
どこに書かれてたのか思い出せなくなてしまったのでorz

112 :本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 15:51:12.23 ID:9HPMkKJu0
手品スレ

113 :本当にあった怖い名無し:2013/12/27(金) 15:57:52.11 ID:0CriYNfd0
>>111
それオチ間違えて覚えてるんじゃない…?
出して!出して!と聞こえたから
ロッカー開けると誰もいなかったんじゃ無く
その子と彼氏が×××してたって話だったでしょ

114 :本当にあった怖い名無し:2013/12/28(土) 01:05:48.03 ID:/biYsbIKP
なかなかの良作だったなあ

115 :本当にあった怖い名無し:2013/12/28(土) 02:27:30.63 ID:fWGH/I6y0
今正直、幽霊に取りつかれているみたいで、鬱であんまりうまく書けるか分からん
この話は今の幽霊とは関係ないんだが、俺の中で一番やばかった話なので聞いてほしい。

もう20年以上前だが、小学1年の頃話。
当時の実家は、ボロイ小さな平屋で、玄関から入って、左にトイレ、右に風呂場、キッチン。洗面所はなくてキッチンの流しを兼用していた。
まっすぐ入ってリビング用に使ってる部屋、奥に入ってタンスとか物が置いてある部屋や寝室があるという作りになっているんだ。

深夜にトイレに起きて用を足して、寝室に戻ろうと、廊下を渡ってリビングに入った。
瞬間、異様な空気に感じた。
薄暗いリビングの奥方から青白い光と電信柱みたいに馬鹿デカい気配がこっちに向かってくるんだ。
錆びた鉄のような匂いを伴って、ゆっくり部屋の奥から向かってくるその気配に俺は立ち往生していた。
親がいる寝室へはその気配に塞がれている状態になっていて助けを求めることができない。
玄関に行こうとしてその気配に背を向ける恰好になるのはまずい。
そうこうしているうちに気配は肉眼で認識できる位置にやってきた。
俺はその馬鹿でかい気配の正体に驚愕した
それは、白いワンピースみたいな服を着たやっと立ち上ばかりの2歳〜1歳くらいの女の子が
手に出刃包丁を持ってこっちにまっすぐ向かってくるんだ。

116 :本当にあった怖い名無し:2013/12/28(土) 03:01:05.70 ID:fWGH/I6y0
>>115続き>
歩みは遅いんだが、頭が真っ白になってた。
認識はしているのに体が動かない。
ゆっくりした動作の幼児が無表情のまま自分を刺そうとしている
俺は、右手で女の子頭、左手で包丁を持った手を抑える形になっていた。
よく幽霊はものすごい力があるといわれいるが、その時の力は強かったが
それでも小学生でも抑えられる程度のものだった。
その姿勢のまま数分経った頃。俺は腕が疲れてきてこのままじゃ刺されると思ったのと、
相手が遊んでいるような雰囲気を直感し、包丁があたらない形で左側に体を倒し、
そのまま死んだふりをした。小学なりにとっさに考えたアイデアだ。
「うわ、やられた」と言って、そのまま必死で目をつぶった。

俺は目を閉じた瞬間、本当に刺されて殺されるかもしれないと恐怖したが、
薄め越しに見た彼女は、そのまま立ちつくし、その後、足元や頭の周りなどうろうろしだした。
この時初めて大声で親を呼ぶアイデアが浮かんだが、もうどうすることもできなかくなっていて、
俺は閉じた目をさらに強くつぶった。
どのくらい時間が流れただろう。気配は完全に自分の周りから消えていた。
目をゆっくりあけると、



気配と青い光はキッチンの方にあった。キッチンの流しの上は窓になっていて、
俺はいたずらでそこから外に出たことのある経験上、奴もそこから外に出ていくのではないかと
期待した。しかしその気配はキッチンの奥の食器棚と冷蔵庫の辺りをウロウロしている。

117 :本当にあった怖い名無し:2013/12/28(土) 03:02:20.72 ID:fWGH/I6y0
116の続き>
このまま親のいる寝室に戻ればよかった。
俺は恐怖から解放された安堵感から好奇心が生まれ、奴がキッチンで何をしているのか気になった。
そーと音を立てず、ゆっくりキッチンに向かった。
半開きの引き戸に手を掛け、ゆっくりキッチンの方を覗き込んだ。

その瞬間奴の顔が自分の顔すれすれに現れ、憎しみと嘲りに満ちた表情でにやっと笑った。
そのあとすぐ記憶が飛んだ。
気付いた時には、母親曰く俺は廊下に倒れていて、その後水ぼうそうと高熱で2週間うなされ死にかけたらしい。






親は知らない
俺はその間ベットであの女の子に馬乗りで首を絞められ続けていた。

118 :本当にあった怖い名無し:2013/12/28(土) 03:34:07.45 ID:WfhRAI5E0
包丁使えよ

119 :本当にあった怖い名無し:2013/12/28(土) 03:37:24.04 ID:FJw5k3kw0
ヤン坊マー坊天気予報

120 :本当にあった怖い名無し:2013/12/28(土) 06:53:22.77 ID:4G2Pon29O
なんでベッドをベットと書くのはどうしてなんだぜ

121 :本当にあった怖い名無し:2013/12/28(土) 12:28:20.83 ID:xuQhYSIQO
博打好きだからだろ

122 :本当にあった怖い名無し:2013/12/28(土) 12:45:09.61 ID:rWXZ489nP
>>120
命を賭けたんだろ

123 :takasi23:2013/12/29(日) 13:16:57.18 ID:vJYY5HbO0
http://livetube.cc/takasi23/%EF%BE%86%EF%BD%B0%EF%BE%84%E3%81%AE%E9%83%A8%E5%B1%8B(15)

124 :本当にあった怖い名無し:2013/12/29(日) 22:50:10.10 ID:AB7arRTq0
♪ 若い娘が ウッフン お色気 ありそで ウッフン

  ありそで ウッフン なさそで ウッフン おらおら ズルむけ赤チンコ〜

125 :本当にあった怖い名無し:2013/12/29(日) 23:03:13.12 ID:AB7arRTq0
♪ 街は今〜 眠りの中〜 この尻を〜 ゆわすのは あ・な・た〜

  人はみな〜 性欲の鬼〜 この尻を〜 ゆわすのは あなた〜

126 :本当にあった怖い名無し:2013/12/31(火) 19:36:10.88 ID:Qfl/pbVf0
♪ 道に倒れて 大便を なめ続けたことが ありますか〜

 人が言うほど 大便は 不味いものではありません〜

 大便はいつも ついてくる〜 あなたの 肛門についてくる〜

 大便はいつも ついてくる〜 ウォシュレットでも とれないよ〜

127 :本当にあった怖い名無し:2014/01/01(水) 16:53:43.05 ID:V0iypIni0
もうこのスレはクソスレだな

128 :本当にあった怖い名無し:2014/01/01(水) 19:08:19.23 ID:G8D/HahK0
3習慣くらい前の話
深夜2時頃旧吹上トンネル?旧小峰トンネル?たしか旧吹上トンネル行ったときのこと
もちろん車で行ったんだけど、新吹上トンネルに入る手前で右手に旧吹上への分岐があるでしょ
で車両通行止めだからその分岐のところに駐車するんだけど、そこに既に一台車が止まってたんだよ
あたりには民家もコンビニもない山路でしょあそこって
だから俺らと同じ目的なんだな、進んで行けば会えるよな、驚かしてやろうぜ
って旧吹上トンネルまでの山道を進んで行っても一向に出会えない
そのうちトンネルまでついてしまってトンネルを通り抜けても出られない
さすがに歩いたし目的は果たしたのでそのまま道を引き返したらその車が消えてるんだよね
旧道を歩いて抜けて新道を通って戻ってくることって全然可能だけど時間帯的に心霊スポット目当てだろうしそんな面倒くさいことするかな?
これ、なんかあると思いますか?

129 :本当にあった怖い名無し:2014/01/01(水) 23:35:14.22 ID:V0iypIni0
その車の持ち主が瞬間移動の達人だったパターンだ。

130 :本当にあった怖い名無し:2014/01/02(木) 00:49:19.05 ID:PrawEPIB0
この前恥ずかしながらfc2ライブのアダルト観て回ってたら、女性が部屋の中で奥から手前に行ったり来たりしてるだけのわけわかんない動画がありました。
最近2chのコピペで一人だけ違う動画見てた、ってやつを見て、あの動画だったのかな・・・と思って気味悪いんですが、あの動画の詳細ってわかってないんでしょうか?

131 :本当にあった怖い名無し:2014/01/02(木) 00:50:03.60 ID:o7HmxRNx0
urlか検索ワードかけよ

132 :本当にあった怖い名無し:2014/01/02(木) 00:52:12.62 ID:PrawEPIB0
探したんですがライブなので?多分もう残って無いんです。
観たのは1、2ヶ月前でした

133 :本当にあった怖い名無し:2014/01/02(木) 19:33:34.48 ID:VOboZQoe0
♪ 女は化け物なのよ〜 気をつけなさい〜

  結婚をあせらずに〜  慎みなさい〜

  ブータの顔していても〜 心のなかは〜

  金金金カーネの〜 化け物なのよ〜

  SOS SOS  ほ〜ら ほら呼んでいるわ〜 

  今日もまた だれか〜 練炭中毒死〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

134 :本当にあった怖い名無し:2014/01/02(木) 22:52:33.66 ID:WII1xJycO
>>25
死ぬ程洒落にならない姉い話とか、死ぬ程洒落にならない柿い話とか、
類似スレタイ重複スレが10以上も乱立してた昔に比べたらどうって事も無いわ
俺は重複スレが削除されるまで淡々と全てのスレを追うわ
どこに良作が転がってるか解らんしな

135 :本当にあった怖い名無し:2014/01/02(木) 22:56:55.00 ID:F5V7knKq0
狩人やなぁ

136 :本当にあった怖い名無し:2014/01/02(木) 23:00:44.77 ID:unLbKvfpO
その心意気、良いねぇ

137 :本当にあった怖い名無し:2014/01/02(木) 23:05:34.94 ID:WII1xJycO
まあ、本スレ含む全ての重複スレをロムっても駄作しか無い場合もあるんだけどな
俺は何も投下出来ないから粛々と読むだけさ

138 :本当にあった怖い名無し:2014/01/02(木) 23:09:54.32 ID:VOboZQoe0
アフィリもそうだけどな

139 :本当にあった怖い名無し:2014/01/03(金) 01:11:22.47 ID:VyfAkjA40
テスト

140 :本当にあった怖い名無し:2014/01/03(金) 01:38:47.74 ID:VyfAkjA40
上手く伝えられる自信がないけど書きます
俺(31)が小学生の頃に虐められてる子(A)がいた
Aに「先生に言えば?」とか言ってもニコニコしてるだけなんだ
学校で一番頭が良かったから、何考えてるか分かんなくて少し怖かった
中学、高校とずっと同じクラスで腐れ縁みたいたもんで友達関係が卒業まで続いた
22歳になったくらいの時、田舎なので回りの友人たちは大体結婚して子供もいた(俺とAは未婚)
そんなある日、Aと遊んでいるとAを虐めていた男(B)とばったり会った
Bは嫁さんと子供二人と一緒で、こっちに気付かずに俺たちの横を通りすぎようとしていた。すれ違い様にAがポソリと呟いた
「覚えたよ」
その言葉の意味はその二ヶ月程後に分かった。
AはBの子供二人に重体を負わせ捕まった。幸い後遺症の残るような怪我ではなくAも五年ほどで出てきた
昔と変わらずニコニコして出所してきたAに何であんなことをしたのか聞いてみた
「虐められて自殺する奴も居るけど勿体無いと思わない?だって大人になれば虐めていた奴等に抵抗できない痛みを教えることが出来るんだよ」
Aとはそれから有ってない

141 :本当にあった怖い名無し:2014/01/03(金) 03:28:27.52 ID:f/2kZqc60
いかにもいじめられっ子が妄想で思いつきそうな話ですね。

142 :本当にあった怖い名無し:2014/01/04(土) 09:44:05.00 ID:/DK+cXyVO
明日やろうはばかやろう

143 :本当にあった怖い名無し:2014/01/04(土) 18:54:28.05 ID:/aHv3NnM0
じゃあいつやるの?

144 :本当にあった怖い名無し:2014/01/04(土) 19:32:24.06 ID:1UlcEZUFO
来年でしょ!

145 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 01:32:24.01 ID:iXIVMrDT0
ええーっ!一年後?!

146 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 01:54:26.38 ID:r4pdQJME0
一週間前にあった話なんだけどさ、
長野の山の上にある某神社からの帰りで起こった話。
車のカーナビに自宅を目的地に設定して
山を降りてったんだよ。
家族でたわいもない話しながら母親が運転してたんだけどさ
カーナビがずっと「左です」って言ってるわけ。
あれ、おかしくね?本当にあってるのか??
なんて母親が言いながら運転してたんだけど
着いた先が斎場だったんだ。

147 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 07:30:51.25 ID:nR6c9nhxi
話してもいいかな

148 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 07:44:54.97 ID:nR6c9nhxi
足柄のサービスエリアに森永のレストランがあるんだ。
高校卒業してすぐに親友と2人で住み込みで働くアルバイト始めたんだ。
サービスエリアだから24時間営業で、俺たちは夜間、ウェイターとして働いた。
夜間に働く人達は仮眠時間が貰えて、確か2時間仮眠が取れた。
そこにあった仮眠室での話。
三畳一間に二段ベッドが置いてあって、上のベッドで寝た時に、いきなり金縛りにあった。
キーンって耳鳴りがしたかと思ったら、ラジオから英語みたいな音が聞こえる。
ピーガーピーガー言う中で、かすかに英語で何か話してる。

149 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 07:59:32.13 ID:nR6c9nhxi
自分ではわからなかったけど、かなり大きな声でうなされていたらしく、
たまたま仮眠室に来た先輩に揺すり起こされて助かった。
汗だくになってた。
親友に話したら鼻で笑われた。
金縛りにあった事は店の皆に 話した。
親友以外の人達は皆口を揃えて
「やっぱり?出るんだよあそこ」
とあっけらかんとしてた。
俺はそれ以来仮眠室で寝ることはしなかった。
それから3ヶ月して、俺は店を辞めて東京に戻った。
親友は残って働いていた。

1年後位に久し振りに親友に会って話していた時、すっかり忘れていた仮眠室の話になった。
親友曰く
「あ!そう言えば俺も金縛りにあった!なんかラジオから英語でガーガー聞こえて来てさ…」
ラジオのクダリは誰にも話さなかった。
鳥肌立った。

あまり怖くなかったらごめんね。

150 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 09:09:12.57 ID:DCbcOtgG0
俺が大学時代の20年以上前の話。
友達がワンボックスの車を買ってもらったからって、仲の良い女の子達も誘って、紅葉狩りに行ったんだ。
山奥で湖があって山道を歩くようなところなんだけど、結構有名なとこだったみたいで、
丸太で階段とか手すりが作ってあって整備されてて歩きやすいし、気温も丁度良くて本当に気持ちよかった。
しばらく歩くと黄色と黒のロープが厳重に張られてて通行止めになってるところがあった。

151 :sage:2014/01/05(日) 09:13:19.37 ID:DCbcOtgG0
コース的にそっちにも行けてしまうけど、こっちに来ちゃだめですよーって物理的に行けないように止めてあるんだけど、
ロープがくくってある木をちょっと登ると越えられそうな、運動神経あれば行ける感じ。
紅葉にも飽き始めてたので、俺はその先にあえて行ってみることにした。
運動神経には自信があって、女の子にもかっこつけたかった。
周りの反対を押し切って、あまり深入りしないからってロープを超えて入って行ったんだ。

152 :sage:2014/01/05(日) 09:16:00.85 ID:DCbcOtgG0
そしたら案外すぐ崖になってて、落ちたら30〜40M下の湖に落ちちゃうよっていう火曜サスペンスに出てきそうな場所だった。
まあ確かに危ないけどなんもないんだなーと思って周りを見渡してたら、崖ぷちの木の根元に写真立てが崖側に向けて置いてあるのを見つけたんだ。
崖側に周りこんで見てみると、普通の家族写真で笑顔で父親、母親、子供3人で写ってた。
まさかと思って周りを見たけど生花もお線香もない。しかし、写真立ては無造作に捨てられてるわけでもなさそうだった。
ちょっと気味が悪くなって、すぐに友達の元に引き返した。

153 :sage:2014/01/05(日) 09:21:01.12 ID:DCbcOtgG0
みんな一応何かあったのかって聞いてくれたから、
「崖があって、写真があって、花が置いてあった。」といたずら心から少し話を膨らませて答えた。
これは非常に不味かった。女の子達は呪われるんじゃないかと言い出して泣き出しそうなほど怖がった。
まあまあ別に悪いことしたわけじゃないんだしとか言って、残りのコースを歩いて車に戻ったんだ。
そしたら、最初に車に乗り込んだ女の子が大絶叫。

154 :sage:2014/01/05(日) 09:24:59.35 ID:DCbcOtgG0
すぐさま車の中を見ると後ろの座席に写真立てが置いてあるんだよ。
背筋が凍りついた。完璧に覚えてないからわからないけど、崖にあったのと同じ物のようだった。
連鎖的に他の女の子達も悲鳴を上げて阿鼻叫喚の地獄絵図。男共も茫然自失状態。
なんとか車の持ち主の友達が「うちの親戚の写真だわ。ごめん。ごめん」と訂正を入れて勇敢にも写真立てをトランクにしまった。
強引すぎるフォローだが、その場は収まって、なんとか無事帰宅。

155 :sage:2014/01/05(日) 09:29:26.61 ID:DCbcOtgG0
次の日に、彼とあったが、昨日の話はほとんどしなかった。
写真立てがどうしても気になったので聞いてみたが、トランクはおろか車の中のどこにもなかったらしい。
その日、彼がとりまくってたインスタントカメラの写真が卒業しても配られることがなかったことを考えると
俺よりももっと凄まじい物を見たかもしれない。

あんまり大した話じゃないですね(汗 申し訳ない。

156 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 13:12:44.64 ID:PEH9T0UB0
ID:nR6c9nhxi あまり怖くなかったらごめんね。
ID:DCbcOtgG0 あんまり大した話じゃないですね(汗 申し訳ない。

そう思ったのなら書くな粕

157 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 13:26:06.92 ID:SZc5vqWU0
ほんのりとか色んなスレあるのにな
あと「書いてもいいですか?」←これも要らん

158 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 15:40:30.36 ID:PvJeLIkM0
お前がいらんわ

159 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 16:24:59.52 ID:TtKag3kRi
逆ギレするくらいなら書かなきゃ良いのに

160 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 18:39:11.92 ID:6+BPiX++O
要らないかどうかは俺が決める

161 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 19:19:16.82 ID:SZc5vqWU0
違うって
書いてもいいですか?の前置きが無駄って話
書かなきゃどんな内容なんだか分からんのだから、許可求められても困る
いいからまずは書いてみろよと

162 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 19:41:59.17 ID:x86QsQ/10
しかも
「怖くないけど書いて良いですか?」
→「怖くないなら書くなボケ」
→「あれは私が学生時代…」
→えっ!?


ダメって言っても書くなら最初から聞くなボケ

163 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 20:37:51.91 ID:6+BPiX++O
要らないなにも

164 :N T:2014/01/05(日) 20:49:17.55 ID:C7tigcSK0
捨ててしまおう

165 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 20:53:51.08 ID:U2OaUR2g0
従兄弟の数年前の体験談。幽霊関係無いけど。
当時、車の免許を取ったばっかりだった従兄弟。何かトラブルを起こしたら怖いと会社と家の間の移動はしばらく徒歩と電車だったそう。
そんな従兄弟、ある日残業で夜遅くまで働いていた。
何とか電車に乗ることができ、電車を降りて駅を出てから家までひたすら歩く。
その家までの帰り道で従兄弟は何かが落ちているのを見つけた。
革でできた何かは恐らく財布かパスケース。お人好しすぎる従兄弟はそれを交番に届けることに。
家に向かっていた足を方向転換させて逆の方向の交番へ向かった。
途中の自販機でオロナミンCを買ってチビチビ飲みながら歩いていると前から人が歩いてくるのに気が付いた。
こんな時間におかしい!幽霊か!?そう思って前から歩いてくる人を観察したが顔もある、手もある、足もある。普通の人。

166 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 20:54:44.60 ID:U2OaUR2g0
だが、普通の人がこんな時間に暗い道を一人で歩くか?そう思っていたら声を掛けられた。
「お前だろ?お前だろ?お前だろ?お前だろ?お前だろ?お前だろ?」
こんなことをブツブツ呟いて近付いてくる。ここで従兄弟は幽霊じゃないけど別の意味でヤバイ人と確信。
更にその人は刃物?鋭いものを取り出して「ニノニノニノニノ……」などとワケの分からないことを呟く。
ヤバイ、走らなきゃ。逃げなきゃ死ぬ。そう思っても足が動かない従兄弟。
相手は非情にも距離を詰めてくる。1歩、1歩、また1歩…………。
ここでとっさに従兄弟は飲みかけのオロナミンCを相手に投げつけた。相手がひるんでる隙にすかさずダッシュ。
回り道をして交番へ駆け込んだ。しばらくして冷静さを取り戻し個室で警察の人の事情聴取に答え、ついでに落し物を渡した。
警察「これ、何ですか?」
従兄弟「あの、刃物を持った人に会う前に拾った物で…………」
警察「財布?かなぁ……。」
すると、その財布的なものから紙切れがハラリと落ちた。慌てて拾い、それを確認する警察。
その紙切れはジャニーズの人気グループ、嵐のコンサートのチケットだった。
ここで警察、従兄弟共にある考えが浮かんだ。
警察「こういうチケットって、入手できたらすごい貴重ですよね。落としたら気が気じゃ無くなるだろうなぁ。」
従兄弟「あの、これってあの刃物持った人の物かもしれませんよね?あそこで大人しく渡しても良かったかも……」
警察「いや、逃げて正解ですよ。そこで正直にそれを渡して、もしその人の物だったらあなたが疑われて何をされるか分からなかった。」
そして警察がパトロールに行かせている物を現場に向かわせて、それから交番に来て従兄弟を家まで送ると提案した。
こうして、従兄弟は何事もなく警察に家まで送り届けられて終わった。
後日、やはりあのチケットは刃物人間のものと確信。何故なら、TVでやっていた嵐のステージの観客席に半狂乱の刃物人間がいたからだ。それくらい、奴は目立っていたらしい。

167 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 20:57:28.11 ID:+l+oTMCs0
従兄弟は普通の人じゃないのか

168 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 21:58:24.82 ID:86MUqjpW0
車の免許のくだりは必要だったのか?

それからは徒歩が怖くなって車で通勤するようになったそうですo

を付けるくらいの文章構成力は小学生でもあると思うんだが

169 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 22:10:33.06 ID:biGJJmIw0
人は自らの罪を輪廻の心火に於いても燃やし尽くすことは出来ない。
何故なら其の炎は森羅の彼方より来たる幸いの電波の渦に呑み込まれるべきものだからである。
それは化学が文明を破壊し地球という一個の生命を吸い尽くすのにも似る。
我々人類の祖先、いあ、その元と為るべくして生まれ堕ちた種子のがかひるzんmbぁ。
死という概念は幸福の一端を担っている背荒rkyぐの髪をこの理知によこした。
すべからく髪は皆躁鬱の病に犯されてりでお、lっzblぴうyh。
、あああらおblk。神秘はみなr法によって管理されてrおく。
奇跡を目撃sる人間の共通ケrはみな罪を背負っているこであるこたえあ確認背あれてりう。
創世の期鎖国死こらなり天元斯孤不離甲殻信ず区
監視と洗脳のの裏には統一された自我の盲核に第二直腸壁紺碧街道の夕映えを見せらるるをただばあrぉいう。
欺瞞に満ちや冴いせある子の皆レアこそ死絵の道づえにお前がえらあgべらるのwb
まだ気付かないrのか。
潜ってみれあよい。
そこでああっているのは見えrている。
邪今日の髪に犯された人間がもい耐え得る。
せあきの奥に潜みう亡獲霊に第三頸動脈を犯されているのあ
背ン逢え刻のこぃうhm死壁ね奏功に耐えうる
肉片絶叫生理腐敗首輪慣性膿脳髄転落剃刀眼球発狂神経症針爪痕胃液手錠嘔吐薬痙攣断末魔








お前のことだ

170 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 23:38:11.03 ID:eJL+dK2i0
>ニノニノニノ
w

171 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 02:19:14.03 ID:hkch53Bui
>>156
そう思うならお前も黙っとけ粕

172 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 04:33:43.52 ID:JPLZVVej0
チャンチャン

173 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 07:34:30.51 ID:kE76J8O7i
>>171
以下同文

174 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 21:40:37.97 ID:YZcqdkNn0
小学生の頃だからはっきりと覚えてるわけではないんだけど
実家の近くに山というか林みたいなのがあって、暖かくなると学級の男子みんなでモデルガンで遊んでた。
普通の道路をそれて、けもの道を結構歩いたところと場所は決まっていて、ここなら木も多くて雰囲気が出るし、大人には絶対にばれない場所だった。
お小遣いが少なかった俺はサイレンがなったらみんなと帰るふりをして、実は一人でみんなが落としたBB弾を拾って弾代を節約していた。

その日も一人残り、林の中を歩きながら手探りでBB弾を拾い、缶に入れていた。
時計なんて持ってなかったから何時だかはわからないけど、5時は過ぎていたはず。

缶がいっぱいになったあたりで帰ろうとすると、近くの茂みからガサッと音が聞こえた。

175 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 21:49:25.18 ID:evoboNix0
    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /  キーボードのHとJを見てみるクマー
  彡、   |∪|    ,/
  /    ヽノ   /´

176 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 22:01:41.83 ID:YZcqdkNn0
はじめは、音の正体は近くに住んでる大人だと思った。
もしこんな遅く(とは言っても5時過ぎだが)にモデルガンを持ってちょろちょろしてたら親に告げ口されると思って、その場にしゃがんで精一杯見つからないように祈っていた。

その音が近づいてくることはなくホッとしたがすぐに違和感を感じた。
音がやまない。自分から5メートルくらいかな?少し距離をおいたところで鳴り止む気配はない。
この時点で人ではないことは分かった。きっとタヌキとかハクビシンとかだろうと予想したが、猪だったりしたら大変だと思い、しゃがんだままゆっくり離れた。
しかし、歩いても歩いても音が小さくならない。
そこで、一度止まって後ろを振り返った。


>>175
くまが出るって話は地元じゃ聞いたことなかったなw

177 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 22:17:27.00 ID:YZcqdkNn0
何かがいたわけではないが、さっきと同じような距離をおいたところで音は鳴り続けている。止まる気配はない。
動物でもこんなことありえないはず、と思った。

もうしゃがみながら動くのはやめて、立ち上がって全力で来た方向に走った。
それでもやはり、音が小さくなることはない。多分、同じような間隔をあけて追いかけてきていた。
しばらく走ると、道路に出た。
草むらより走りやすくなって坂を下っていることもあり、とんでもなくスピードが出た。
それでも後ろからガサガサと音は追いかけてくる。

泣きそうだった。後ろを振り返るほど心に余裕はなかった。

178 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 22:34:34.55 ID:YZcqdkNn0
必死で道路を走っていると、もう林を抜ける頃だった。木々や草はほとんどなく、完全に砂利道だ。
勝った!と思った。逃げ切れたのが嬉しかった。
だがすぐにそうではないことに気がついた。
今度はガサガサとした音ではなく、ザクザクと地面をける音になった。
後ろで誰が走ってるのかなんてもうどうでも良かった。このままじゃ捕まる、捕まった俺は…という大きな恐怖が襲いかかってきた。
確かこの辺りで我慢しきれなくて涙があふれた。

どこまで追いかけてくるのか、どこまで逃げればいいのかはわからなかったが、家に付けば何とかなると思った。
まだ外が少し明るいのがせめてもの救いだった。

そしてとうとう家の前まで来たが、足音はまだついてきていた。
ドアを開けて中に入り、急いでドアと鍵を閉めた。

179 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 22:46:25.79 ID:YZcqdkNn0
玄関で中学生の兄貴が「お帰り。なに、泣いてんの?」なんてヘラヘラ笑っていた。
俺は鍵を閉めたそのままの勢いで兄貴に飛びついた。
玄関の外ではもう音はしておらず、安心して声を出して泣いた。
兄貴は「いじめられたのか?」と心配した様子で俺を抱いたまま話しかけてきた。

その後家族みんなが出てきて何があったのか聞かれ、俺は何があったのか全て話した。
誰も信じている様子ではなかったが、父は「まあ山なんて何がいるかわかんねえからなあ、気をつけろよ。」と言って俺の頭を撫で、モデルガンの没収と一ヶ月の外出禁止を宣告した。

これ以降、俺は一人で林に入ることはなくなった。

180 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 22:56:02.69 ID:4pcOfZVI0
おわり、、、なのか??

181 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 23:02:19.72 ID:YZcqdkNn0
あ、すいません、終わりっす

182 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 23:09:21.03 ID:bx83e8kI0
ほんのりとか他にスレあるからそっちで書けばよかったね

183 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 23:11:20.77 ID:Dfmd02I50
くまもんのステマだろう

184 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 23:42:32.62 ID:RT2Nl6330
実話っぽくて本人にとってはトラウマ体験なんだろうが、イマイチ怖さが伝わらない

185 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 23:53:39.58 ID:ffCNchlLi
まだやけにオカルトに詳しい祖父やいつもは優しい親戚の叔父さんやオカルト熱冷めやらぬ神主が出てきてないんだが?

186 :本当にあった怖い名無し:2014/01/07(火) 01:23:14.98 ID:5KAq8c7f0
>>174だが伝わらなかったか…まあいいや
山には一人で入るなよ!

187 :本当にあった怖い名無し:2014/01/08(水) 21:08:56.75 ID:YeaCqT0J0
死ぬほど怖くはないけど、じんわりと背筋が固まるような話を。
ただ、俺はこれ最恐に怖い話だと思ってる。
さっきテレビで関係する話が出てて思い出したので。

数年前の事。俺はとある企業でとある研究チームの一員だった。といっても白衣を着て薬品を扱うような研究職じゃない。
俺達がやってたのは「カメラの顔認識システムとその応用」の研究。
1台のメインコンピュータにアプリケーションを入れてそこに各地の防犯カメラの映像を送ると、
顔を認識して「ID:0001はX→Y→Zを通った」ってログを勝手にどんどん作成してくれる、みたいな。
ただ、そんなのは当時でも結構ありふれてたから、そのベースとなる顔認識アプリケーションにじゃんじゃん機能を加えていくことになった。
数撃ちゃ当たるって奴だな。

最初に取り組んだのは「年齢推定」の実装だった。聞いたことあるんじゃないかな。
メカニズムとしては天気予報と同じで、予め顔と年齢をセットで数千通り読み込ませておいて、
カメラが顔を認識したらその「正解リスト」を基に予想値をはじき出すって感じ。

シンプルな方法の割には精度が高くて、試験段階でも4割くらいはピッタリ当てて、後は誤差プラマイ8歳程度。
結構面白かった。

でもまあ「年齢推定」なんてのも色んなとこが挑戦してて、もっと独特なモノを実装せねば、と奮闘していた。
幸い俺達の手元には大量の顔写真&個人情報サンプルがあったので色々と試すことが出来た。
名前、学歴、出身地・・・などなど。

流石に名前予測は無理だった。ああいう離散的な物はコンピュータには理解できない。
だが驚くことに、学歴推定(中卒・高卒・大学卒・一流大卒の4パターンだったが)は6割近い正答率を誇った。
また出身地も、北海道から沖縄までの連続的な値としてコンピュータに認識させると(都道府県レベルで)10%近い正答率だった。
「なんだ10%か」と思うなかれ、これは結構衝撃的だった。
年齢の推定は人間でもおおよそアタリは付けられるが、出身地の推定を10回に1回もピッタリ当てられる人はそうそういないだろう。


要するに、十分量のサンプルがあればコンピュータの推論は割りとアテになる、ってこと。
ここまで前書き。本題はここから。

188 :本当にあった怖い名無し:2014/01/08(水) 21:10:02.41 ID:YeaCqT0J0
ある日チームでも結構マッドなサイエンティスト(Aとする)が「余命推定やってみようよ」と言い出した。
当時全盛期だったデスノートの影響でも受けたのだろう。しかし個人情報サンプルには当然ながら「余命」なんて欄は無い。
「撮影年・没年が分かっている歴史上の人物の写真でも使えばいい。白黒でも認識精度に大きな影響は無かっただろう?」
もちろんカラーのサンプルに比べると精度は落ちるが、顔認識のメカニズム上、ほとんど問題はない。
しかし、それではサンプル数が足りないのでは?
「要は顔と撮影日と死んだ日がわかりゃいいんだ。天災やら事故やらの被害者を使えばいい」
ちょっと待て、それじゃ外発的な要因で死んだサンプルが混ざることになるぞ。
「それでいいんだよ!」と(・∀・)ニヤニヤするA。

どうやらヤツは「相貌からその人の健康状態を推定し・・・」というのではなく、いわば道端の占い師まがいの事をコンピュータにやらせるつもりらしい。

死者をサンプルに使う事には少なからず抵抗があったが、その頃の俺達は好奇心旺盛な奴らばかりだったので、すぐに手を付け始めた。
毎日毎日チマチマと写真、没年-撮影日=余命を入力していき、数週間でサンプル数は2000に到達した。

そして試験運用。といっても、「正解」がわからないので誤差計算もしようが無いのだが。
最初に試したのは俺だった。システムを起動し、カメラの前に立つ。
すぐに顔に照準が定まり、コンマ数秒の計算の後弾き出された答えは・・・「60」だった。
ふむ。男性の平均寿命が80代であることを考えると、いい線行ってるのでは?
言い忘れていたが、俺達は皆20代前半で、リーダーだけ30代。
次々と他のメンバーも試してみたが、やはりサンプルが少なかったのか答えはバラバラ。
23、112、75、42・・・と、結構無茶苦茶な答えばかりである。
一際強烈だったのがAで、なんと「余命0年」を宣告されてしまった。

やはりコンピュータに占い師の真似事をさせるなど無理だったのかもしれない。
だが、手動で2000ものサンプルを打ち込んだだけに、このままお蔵入りとする訳にはいかない。
一晩、ログ自動生成モードにして会社のサーバーに保存されている様々な場所のカメラ映像を擬似的に読み込ませた。

翌日、コンピュータはしっかりと何千もの認識ログを吐いていた。

189 :本当にあった怖い名無し:2014/01/08(水) 21:11:41.15 ID:YeaCqT0J0
統計処理を施すと、興味深い事実が浮かび上がってきた。
撮影場所によって、その推定値に大きなバラつきが見られたのだ。
読み込ませた映像の中でも、例えば小学校で撮影されたカメラの余命推測平均は「106」(確か。以下同じ)だった。
これは、全ログの平均値「46」に比べて遥かに大きい数値である。

逆にそれを最初に下回ったのはサービスエリアで撮影された映像で、その平均値は「38」だった。
車に乗っている奴は早く死ぬ、とでも言いたいのだろうか。

以下平均値はどんどんと減少していき・・・
余命平均ワースト2位は県内のある老人ホーム。平均値は「15」。


最下位は?お察しの通り、病院だった。なんと平均値「4」!

いやちょっと待て、病院とはいえ、いくらなんでも余命平均値4年というのはおかしい。
部活で怪我をして運ばれてきたような、まだまだ先の長い子供だって大勢いるはずだ。

何かエラーが発生したのかもしれない、と生ログを参照した。
そして思わず声を上げてしまった。
「ID:1234 VALUE:34(←この場合推定余命を示す) ...」
といった書式でズラーっと書いてあるんだが、「34」とか「50」みたいな普通の数に混じって、幾つも存在してはならない数が記載されていたのだ。


負の数である。


念のため他の場所のログもザッと確認してみると、マイナス付きの物は何処でも2,3個は発見されたが、病院のログほどではなかった。
文字通りに解釈するのであれば、「余命マイナス3年」というのは「死んでから三年経過」ということになる。


余命マイナスの者が極端に多いお陰で、余命平均値が大きく下がってしまったのだろう。
・・・と冷静さを保とうとする努力はしたが、もう全身嫌な汗が出っぱなしだった。

190 :本当にあった怖い名無し:2014/01/08(水) 21:12:46.39 ID:YeaCqT0J0
その後チームで話し合いを重ねたが、嫌な結論にしかたどり着かなかった。

即ち、「余命推測等というのは誤差が大きすぎてアテにならない」
あるいは・・・「私達の周りに、余命マイナスの者が平然と闊歩している」

当然採用したのは前者の結論。上層部には「顔認識を利用した健康状態の調査」をしていた事にして適当な報告書を書き、(これは元から予定していたことだったが)
このプロジェクトは闇に葬り去られることとなった。


私達は毎日何百もの人々とすれ違い、目線を交わしている。
その中に「余命マイナスの顔」は無い、とどうやって言い切ることができようか。

191 :本当にあった怖い名無し:2014/01/08(水) 21:22:35.58 ID:YeaCqT0J0
うわっち、重要なオチを書き忘れてたよ・・・


Aは「余命0年宣告」を出されてから一年経たずに、本当に死んでしまった。
通勤ラッシュ時にホームから大ジャンプを決めたらしい。

なぜコンピュータにそれが予測できたのか?
全くわからない。
コンピュータが知り得た情報は「サンプル」と「対象者の顔」だけである。

しかし、事実としてAは宣告通りに死んでしまった。



「死相」という言葉がある。
人がもうすぐ死にそうだ、というのが何となく分かってしまう「能力者」がいるのだと。


非科学的なことは信じたくないのだが、この事件以来、俺は防犯カメラと人混みが怖くてたまらなくなってしまった。
よほどの生命の危機や必要に追われない限り病院にも近寄らないようにしている。

192 :本当にあった怖い名無し:2014/01/08(水) 21:25:43.71 ID:YeaCqT0J0
以上、長文乱文失礼しました。
質問・意見があったらどうぞ遠慮なく。

193 :本当にあった怖い名無し:2014/01/08(水) 21:47:59.77 ID:QVox79SR0
はあ ー が幽霊なの

194 :本当にあった怖い名無し:2014/01/08(水) 22:05:08.72 ID:XgXA43gO0
とりあえず、10%とか6割では普通の製品化?にはならないと思うけど、どこに需要があるの?
と思った

195 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 02:20:41.58 ID:KklgyKjk0
探偵とかじゃね

196 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 08:09:52.42 ID:r5U8bTXX0
>>192
もう少し自分の言葉で文章を書きましょう

197 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 09:36:06.61 ID:/MadGYTY0
>>192
ネットだって、敏感な人って影響受けるようです
悪意に満ちたスレとか、それはもう大変らしい
そう言う人は、見ないようですがね

昔から言われているのは、カメラ
カメラって、嘘付かないよね
写ってはいけない物が写って居たり
あるものが消えて居たりして
でもそれが多分、現実なんだと思う
カメラも真実しか写せないんだろうな
PG組んだり色々やるけれども、それで導き出された
数字も、私は正しいのだと思うよ

不思議だね

198 :N T:2014/01/09(木) 17:10:51.21 ID:GbvH8h8V0
>>189、たしかに、車に乗ったら運動してないから
寿命が縮むからなー。

199 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 17:47:00.30 ID:4+er1eqVP
>>192
面白かった、ありがとう

200 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 18:07:03.92 ID:eiS59U+fO
仕事で山に行ったんだけど、すごい奇妙な物と由来を聞いた。土地の歴史が関係しててリアルでものすごく怖かった。今文章を構築してるからまっててね

201 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 20:34:48.58 ID:bWjqjspn0
待ってるよ
いちゃもん付けられてもスルーして投下頼むよ

202 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 20:39:46.40 ID:3kZJbd1K0
>>200
待ってる
そういうの好きだから楽しみだ

203 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 20:45:38.99 ID:nVpt7tML0
待ってるよ
名前欄に「転載禁止」って入れてね

204 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 20:54:04.90 ID:otqqS7O60
ほんとだよかすかすかすかすかすあk

205 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 21:04:18.10 ID:vvEmnSYp0
研究者というわりにシステムのことなんも分かってない人だなあという印象

80年代の日本製近未来SFって言うとコンピュータが開発者の意思を超えて人知を超える答えを導き出して実はそれは怪人だったり宇宙人がうんたらって話に繋がるんだけどさ、まさにそのノリだよね

顔認識の根幹にあるパターン認識学ってのはそんなファジーなものじゃなくてもっと強烈に数式が羅列してるもの
機械が数字を出して行くには明確なプロセスを人間が与えてやらなきゃ無理なのよ

そもそも、エラーって馬鹿でしょ
それを言うならバグ

頭悪い底辺の脳みそでもも少し捻ってくんないと面白くない

206 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 21:48:13.92 ID:XR5RENwb0
『死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?』というスレッドに

> 死ぬほど怖くはないけど、じんわりと背筋が固まるような話を。

なぜ↑こういう話を書き込むのだろう?

207 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 21:49:27.74 ID:W0fy93ee0
馬鹿だから

208 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 21:53:36.02 ID:WNLmzXwC0
>>192
事実かどうかは別として読み物としえ面白かった
ダレて嫌になることなく一気に読めて、しかも面白かった
しかし重要な所でしくじんなよ
この人いつ死ぬんだろうと思っただろうが

209 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 21:54:39.85 ID:sMLXeEin0
>>192
なかなか面白かったよ
創作だろうけど

210 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 22:58:22.30 ID:IAkD8YtX0
逆に、創作であるにも関わらず
ここまで面白く無い物がかけるのはある種の才能だと思う

普通、創作なら話盛ったりして山場作ったりするものだけど
なんの盛り上がりも無く、最初から最後まで安定感抜群の低空飛行は凄い

ちなみにこれは正論であり、いちゃもんではありませんので悪しからず。

211 :「転載禁止」:2014/01/09(木) 23:07:33.17 ID:eiS59U+fO
僕は鉄塔の基礎を作る仕事をしてます。
主に現場は山、田畑、民家のない空き地なんですが、今回の話しは私有地の一画での仕事の時です。
そこの私有地というのはかなり山奥です。鉄塔は連なって建設するため、整地して基礎を打つというのを繰り返していきます。
整地するためにはまず重機、機材の搬入のために仮設道路を作らないといけません。

212 :「転載禁止」:2014/01/09(木) 23:18:13.41 ID:eiS59U+fO
携帯から投下なので、改行変ですが失礼。
前置きが長くなりましたが、ここから話しが始まります。
仮設道路を作るために、伐木して斜面の土を重機で取り除く作業を始めて2時間弱、重機のバケットが、衣類のような物のかたまりをすくい上げました。
ゴミだと思い、重機を運転していた人はそのまま四トンダンプの後ろにつみこみました。
僕はあまり気にしてなかったんですが、再びバケットで土をすくい上げると、またぼろぼろの衣類と木片が出てきました。
場所が場所だけに、こんなところに衣類が埋まっているのは不審に思い、僕が確認したところ、かなりボロボロの大きめな木箱がありました。

213 :「転載禁止」:2014/01/09(木) 23:32:45.96 ID:eiS59U+fO
大きな木箱の中に、それより2まわりくらい小さな箱が入ってて、それを重機が堀あてたんです。
会社の人達とその箱を確認したところ、現代ではない時代の服が大量に入ってました。
腐食が進んでいる物とそうでないものがあり、はっきりと着物だと確認できる物もあった。10年この仕事をしてるけど、こんな物を堀あてたことがなかったからみんな気持ち悪がってました。
僕は興味が湧いてその衣類を持ち上げてみたら、破壊されてない部分の隅の方にさらに小さな箱が4つあり、なんだろうと思ったけど何か触ってはいけない感じがぷんぷんしたので探るのをやめて土地所有者であるAさんに連絡を入れ、確認してもらうために来てもらいました。

214 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 23:43:03.87 ID:Kzew7iGb0
はいはいコトリバコ

215 :「転載禁止」:2014/01/09(木) 23:51:14.03 ID:eiS59U+fO
2時間くらいしてからAさんは軽トラで登場。
確認してもらったんだけどAさんは、「全然しらね。」と言って無造作に衣類をあさり、4つの箱を取り出して、ニヤニヤしながら「宝物でも入ってるんでねが〜」と言いながら箱を開けたんです。
ボロボロの真っ黒の箱で、開けた瞬間蓋が粉々になって持ってた方の箱も割れて、中に入ってた物が下に落下しました。
最初は何かわからなかったんだけど、Aさんがそれを拾い上げ、「わい、人の顎だねが」と言い放ちました。
Aさんは驚く素振りもみせなかったんだけど、僕ら作業員は何か恐ろしさを感じて、もしかしたら殺人事件の遺体じゃないかと思ってすぐに警察に連絡しました。
警察がくるまで1時間以上かかるとのことで、作業を中断して警察を待つことにしました。
警察が来るまでもう何も触らないようにしてたんだけど、僕はその顎をよく観察してみました。
いわゆる人間の下顎で、テレビで見るような形はしてるものの、色が黒くて光沢がありました。
歯もほとんど残ってて、同じく黒びかりしてて、よく見てみると前歯の裏にカタカナのウみたいな字か記号が彫られてたんです。

216 :本当にあった怖い名無し:2014/01/10(金) 02:42:11.46 ID:ysepPTRU0
え?終わり?

217 :本当にあった怖い名無し:2014/01/10(金) 07:21:00.29 ID:MrfWKV/30
>>190
延命医療や過剰医療を受けている後期高齢者だな

218 :本当にあった怖い名無し:2014/01/10(金) 12:05:07.31 ID:9YejWZ8mP
>>215
ちょっ!終わり!?

219 :N T:2014/01/10(金) 17:46:05.59 ID:3HSPW0MB0
もっとがんばれ!
いじめに負けない元気な子!

220 :本当にあった怖い名無し:2014/01/10(金) 21:13:53.35 ID:uoQ14ckX0
話の途中にすまん、昨日VIPに「千葉県の心霊スポット詳しいやつ恋」ってスレがたったんだが
そのスレに、「リアル」の主人公がやった儀式?鏡がどうとかいうやつな
あれの詳しいやり方を書き込んだやつがいるんだが、何か分かる人いるだろうか

リアルは俺のトラウマ話だったのでめちゃくちゃ気になったんだけど、聞こうとしたらスレが落ちてて…

221 :本当にあった怖い名無し:2014/01/10(金) 21:17:52.78 ID:uoQ14ckX0
22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/10(金) 01:50:55.86 ID:J6F+HRJj0
行く前にこれしとけよ

まず全身が映る鏡の前に立つ
鏡面は北向きにしておく
家に無ければデパートとかショッピングモールにあるやつでも可(向きに注意)
正面に立ったら両手を胸の前で組む
両手組む時は必ず右指が上になる形で
組んだらそのまま自分の足のつま先見る
つま先を見ながら足を45度右に回転させる
あとは両手ほどくだけ
おしまい

幸運の神様が見守ってくれる

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/10(金) 01:56:29.48 ID:J6F+HRJj0
>>27
鏡の前でお辞儀しながら右を向くだけじゃ取り憑かれないからな
条件はこれで全部だ

心霊スポット行くぐらいなら
これぐらいやれるだろ

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/10(金) 01:57:09.06 ID:psRj+cDy0
>>31
リアルの奴だよな
これ本物?

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/10(金) 02:00:28.28 ID:J6F+HRJj0
>>33
本物
リアルのやつと同じだと思う

222 :本当にあった怖い名無し:2014/01/10(金) 21:21:11.96 ID:uoQ14ckX0
これな

223 :本当にあった怖い名無し:2014/01/10(金) 21:27:54.76 ID:eJYPWigJ0
>>222
詳しいやり方も何も、どうせ釣りだろ

224 :本当にあった怖い名無し:2014/01/10(金) 21:37:52.63 ID:eJYPWigJ0
まああれだよ、昔の斬首刑のやり方に似てるんだよね
縁起の良い物じゃ無さそう

225 :本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 01:56:16.45 ID:keDD7b1i0
>>224
正直怖すぎて俺が貼った詳しい説明すら決定的に目を通してないんだが、釣りか、釣りだよな…

リアルが創作でないとは俺も思ってなかったけど、だからこそ何で?とすごく怖くなってしまった
斬首か…なるほどありがとう

226 :本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 05:04:46.67 ID:QBvyaZoj0
>>225
うろ覚えスレの611にも質問してる人いるな
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1360929710/611
ちなみにその詳しいやり方の初出は一年前みたいだな

227 :本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 09:44:59.84 ID:keDD7b1i0
>>226
ありがとう!コピペではなかったけど同じことを書き込んだやつがいたんだな
幸運の神様の下りまで同じだから、VIPに書き込んだやつはこれを見たんだろうな

リアルが洒落怖産だったから他も覗かずこちらに来てしまったけど、先にうろ覚えスレに行っておけば良かった
あんまり進まず落ちたスレに書き込まれてて俺しか知らない覚えてない、みたいな状態が怖かったけど
そうじゃないと分かって少し安心出来たよ

スレ汚し失礼しました、教えてくれた方々ありがとうございました!

228 :本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 15:02:54.79 ID:Y4llS/1f0
ちょっと話していい?

229 :本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 15:09:15.33 ID:90HZosUx0
>>228
どうせダメって言っても語りだすんだろ?いちいち確認すんなよ

230 :本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 15:12:34.48 ID:Y4llS/1f0
>>229
うーん、じゃあ怖くないかもしれないしやめるわ

231 :本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 15:29:11.84 ID:dFAEBmko0
>>230
はいはいばいばい

232 :本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 20:49:46.32 ID:rU/zF9tJ0
ついこの前さ、夜のウォーキングしてたらうんこしたくなってさ。
辺りにはコンビニも無いし、公園はあるけど公衆トイレに入るのも怖いから道路の真ん中でうんこすることにしたんだよ。
周りに人がいないこと、家の電気が消えてることを確認してからズボン下ろしてブリブリブリブリ。
出し終わってポケットティッシュでケツ拭いてからふと何気無く横の側溝見たらそこから子供の顔が出てた‥‥
側溝は子供とはいえ、入れるような大きさじゃないのに鼻から下が全部側溝に隠れてるし‥‥‥
しかも子供の顔も検索してはいけないワードの【恵方巻き 動画】に出てくるような顔だし‥‥
http://i.imgur.com/DH3gAm1.jpg
(こんなん)
気味が悪いからうんこ拭いたティッシュそいつに投げつけてダッシュでそこを離れたわ。
お前らも側溝に人がいるわけないみたいな常識に囚われない方がいい。

233 :本当にあった怖い名無し:2014/01/12(日) 01:11:03.83 ID:sObOXyX/0
>>232
お前は道の真ん中でうんこをしないっていう常識を気にしろw

234 :本当にあった怖い名無し:2014/01/12(日) 11:17:06.24 ID:7wUVbi6k0
クソワロタw

235 :本当にあった怖い名無し:2014/01/12(日) 18:58:25.11 ID:5qbK9eH2O
>>192の話に面白かったと思える奴がいたことにびっくりした
何か最後に話のネタの解説にナレーションもどきの文章になったり、
特定分野の話なのにその知識が無いのにいい加減なイメージで書いてるの丸出しだったり

ホラーに限らず、典型的な興醒め要素の詰まったものなのにな

236 :本当にあった怖い名無し:2014/01/12(日) 20:26:41.05 ID:Nt04/lot0
同意

237 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 00:54:46.56 ID:IAnJXzPX0
同意

238 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 01:26:10.21 ID:WWeVlELn0
俺がフリーのホラゲーにはまり出したこあで変な噂が流行った。
それは、あるホラーゲームをダウンロードしてプレイするとプレイした人の身に不幸が起こるというベターなもの。
何でもこのゲーム、結末が決められてないためプレイする人によって見るエンディングが違うらしい。
んで、そのエンディングであなたは交通事故で死んだ。とかなったらそいつはもう交通事故決定。
この噂、普通にバカバカしい。もっと上手い噂を考えろ。誰しもがそう思うだろう。俺も思っていた。友人の兄貴が死ぬまでは。
友人の兄貴には俺も小学生の頃からお世話になったので遺品整理の際、失礼を承知で部屋に上がらせてもらった。
昔はこの部屋で俺と友人兄弟でスマブラをやったなー、とか懐かしんでたら友人が突然俺を呼んだ。
友人の声を聞いて向かってみると友人はPCの前に。俺が来るなり開口一番、あるソフトを指差して言った。
「兄貴のPCにさ、意味分からんソフトがあるんだけど。多分ゲーム?のデータっぽい」
そのソフトはアイコンが真っ赤なだけで名前もただよく分からん文字列を並べただけのもの。
友人は渋い表情を浮かべながら
「これってまさか噂のホラーゲームじゃあ…………」
俺はまさかな、と思った反面今の友人の精神状態で何をしでかすか怖くもあったのでこう言った。
「そんなわけないじゃん!?ならさ、今ここで俺がプレイして何も無いことを証明してやるよ!!」
それはやめろと頑なに否定する友人。だが、俺はそんな友人の制止を振り切ってそのアイコンをクリックし、こう告げた。
「普通、バカバカしいけどさ。仮にだよ、仮に俺に何かあった時のためにお前はこの部屋から出ていてくれ。」
こうして、友人の兄貴の部屋に俺一人だけが残りゲームは始まった。

239 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 01:27:48.53 ID:WWeVlELn0
>>238訂正
俺がフリーのホラゲーにはまり出したこあで変な噂が流行った。

俺がフリーのホラゲーにはまり出した頃、周りで変な噂が流行った。

240 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 01:39:07.62 ID:WWeVlELn0
俺はNEW GAMEを選びスタートさせた。
ゲームの内容は黒い服を着た男をプレイヤーが操作して街を捜索するというありきたりなもの。
攻略も何も無い。けど、やるしかない。俺は今までの自分の勘を頼りにゲームを進めていった。
ただ、謎解きなどは呆れるほど簡単な仕掛けだったためエンディングを迎えるのに時間はかからなかった。
そして問題のエンディング。黒い服を着た男が暗闇にトコトコ歩いて行く映像。
男がフッといなくなったかと思うと次の瞬間には真っ暗な画面に白い文字でこう浮かび上がった。
「アナタ の カノジョ は コロサレテ シンダ。」
その文字を見て俺は後悔の念が強くなった。
多分、友人が俺を止めたのも恐らくこれだろう。
予想だが、このPCでこのゲームをプレイしたのは友人だ。
好奇心でプレイして、兄貴を殺してしまうようなエンディングを迎えてしまった友人。
取り返しのつかないことをやってしまった。俺のせいだ。俺のせいで兄貴は。友人は激しく動揺しただろう。
そして俺が来た際、さも知らなかったかのようにこのソフトを俺に報告して兄貴が自分でプレイしてやらかしたことにした。
このゲームは自分ではなく他人、それも大切な人を殺してしまうタチの悪いゲームだ。
そう悟ったがもう遅い。逃げられやしない結末が決定してしまったのだ。
その時、俺は何を思ったか無我夢中で友人宅を飛び出しダッシュで帰宅。
そこから1週間怯えてベッドにくるまっていた。
自分は大切な人を殺してしまう殺人犯。とてつもない罪悪感と不安に心が潰れそうになる。
そして1週間経ってから冷静に考えたけど俺彼女いないわ。いたこともないわ。

241 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 01:40:21.75 ID:uN98/1vy0
「プレイした人の身に不幸が起こるというベターなもの。」

242 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 01:43:12.18 ID:WWeVlELn0
>>241
あ、やっちまった。

243 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 05:03:21.07 ID:MtX6/+hx0
プレイした人の茎に恥垢がたまるというベストなもの。

244 :N T:2014/01/13(月) 08:10:05.14 ID:6N5fKxCK0
・・・グハァ

245 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 08:42:46.87 ID:YlXiAyIG0
モアベターよ ほほほ

246 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 10:24:14.61 ID:VZt5AZke0
>>240
途中まで読んで「お前に彼女いないだろうが」と
突っ込もうとしたのに…自分でウケ狙いのオチ付けちゃうのは大幅な減点要素。


俺の赤ペン添削(解答例)
オチを「数日後、俺ん家の隣の奥さんが急死した」にした方が評価が高くなるよ
変化球としては「数日後、その友人の母親が死んだ」にするのも良し。

マニア受け狙うなら「数日後、その友人が死んだ。」でも良し。

247 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 14:41:38.77 ID:qHBvjHcM0
大犯罪者東電社員が
怒り狂った民衆にボコボコにされ
口にダイナマイトを突っ込まれ爆破されたり、
家族も一緒に惨殺されたりしたという都市伝説はありませんか。

248 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 14:53:59.32 ID:MXFDVGqk0
近い将来起こりうるから安心しろ

249 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 22:55:48.29 ID:0qeR7L7l0
これは昨年末に自分自身が体験した話。
心霊現象かどうかも分からないし、疲れてただけかもしれないけど、個人的には洒落にならないくらい怖かったのでここに投下する。

その日は2013年の最終出勤日。
帰省の為有給を使っている者、早く上がる者が大半の中、一応チームのリーダーを任されている俺は、
年を跨げない対応に追われてひとり日付を越え、終電時間を過ぎても会社に残っていたんだ。

先に状況の補足をしておくと、俺が働いているのは8階建てのビルの6階。
トイレ、給湯室、喫煙所を除けば階丸々ぶち抜きのワンフロア構成で、社員は200人以上いるからそれなりの広さを想像して欲しい。
帰宅する者は周囲に人がいないことを確認したら、その周辺を照らす電気を消してから帰るので、俺の周り以外は真っ暗だったが、
気兼ねなく仕事できるわーとか軽く考えて、音楽をかけながら仕事をしていた。

250 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 22:56:50.67 ID:0qeR7L7l0
少し時間が流れて午前2時くらい。
汚い話で申し訳ないけど、大きい方をしたくなった俺はトイレに向かった。
トイレに着いて電気を点けたら、何かおかしいんだ。
違和感の正体はすぐに分かった。
2つある大の個室がどちらも閉まっている。

これって、状態だけ見ればそんなに不思議でもないんだ。
他の会社がどうかは分からないけど、ウチの会社は節電の為に、たとえ昼間でも誰もいなかったら電気を消す事になってる。
これが少し厄介で、個室を使っている人がいても、うっかりなのか癖なのか電気を消して出ていく奴がいるんだな。
自分もやられた経験があるから分かるんだけど、出るに出れないから他の誰かが入ってきて電気を点けてくれるのを待つしかないわけ。

でも、今回の場合に関しては事情が違う。
2時間以上前から、フロアには俺以外残っていないのだから。

251 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 22:57:52.49 ID:0qeR7L7l0
年末だから閉めてんのかな…とかわけ分からん事を考えながら、内心ビクつきながらも好奇心が勝って、俺はそろそろと近づいていった。
何かいる。
うまく説明出来ないけど、何かがいる気配を感じる。
俺は足が竦む、ってやつを初めて経験していた。

やがて中から物音が聞こえ始めた。
カリ……カリ……と、おそらく扉を引っ掻く音。
右の個室から音が止まったら左の個室から、左の音が止むと今度は右、と規則性があるようだ。
正常な判断が出来ていたかどうかは分からないけど、少なくともその時はそう聞こえた。
音のする頻度、大きさは次第に増していき、少しずつ水を流しているようなゴポゴポという音も混じり始めた。

もう駄目だった。
弾かれたように、って表現はああいうことを言うんだろうな。
体の自由を取り戻した俺は一目散に逃げだした。

252 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 22:59:34.23 ID:0qeR7L7l0
一時的にでも密室に入るのが嫌で、エレベーターをスルーして階段に向かった。
1階まで一気に駆け降りると、動揺したように常勤の守衛さんが駆け寄ってきた。

「どうしたんですか、今の声!?」
どうやら気づかないうちに俺は叫び声をあげていたらしい。
「6階のトイレに…何かがいて……」
そう絞り出すのがやっとだった。

恥ずかしながら守衛さんに近くにいて貰いながら1階でトイレを済ませ、守衛室で少し休ませてもらう事になった。
多少なりとも落ち着きを取り戻した俺は事の顛末を話した。
守衛さんは馬鹿にする風でもなく親身になって話を聞いてくれたが、似たような前例は無いのかの問いには首を横に振るだけだった。

253 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 23:00:37.46 ID:0qeR7L7l0
ずっとそうもしていられないので、二人で6階の様子を確かめに行くことにした。
エレベーターに乗って6階に向かい、件のトイレに近づく。
「それじゃあ、電気点けますよ」
そう言うと守衛さんは一足先に中へ、自分もそれに続く。
個室も2つとも開け放されていた。
何かがいる気配もなく、痕跡も残っていなかった。

ただ、おかしいんだよ。
確かに俺は電気を点けっ放しで逃げたはずなのに、なぜか電気は消えていたんだ。
気味が悪くなった俺は、そのまま鞄を回収して会社を出た。
始発の時間はまだだったが、とにかくこれ以上この場にいたくなくて、コンビニで時間を潰して帰路についた。

254 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 23:01:40.02 ID:0qeR7L7l0
それ以降、特に自分に変わったことは起きていない。
年が明けてから同僚の何人かにこの話をしてみたけど、そのような噂は聞けなかった。
正直なところ、ゴメンゴメンwwwそれ俺が仕掛けたドッキリなんだわwwwみたいな反応を期待していたんだが…。

俺は今もその会社に勤めている。
でも、もう一人での深夜残業は絶対にしない。

255 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 23:02:50.59 ID:0qeR7L7l0
以上です。
怖くなかったら申し訳ないです。
駄文、長文失礼致しました。

256 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 23:06:29.45 ID:QKwZPN5H0
仕事放ったらかしで帰んなよ

257 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 23:44:21.65 ID:0qeR7L7l0
>>256
返す言葉もない
翌日上司に電話で報告して怒られたよ
言ってもどうしようもないと思ったからその事は話さなかったけどね

258 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 01:12:54.81 ID:hyb0w8vP0
弱そうww

259 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 01:27:48.43 ID:VvMZ5aHB0
興奮してるから乱雑かもw

俺の部屋の電気はスイッチじゃなくて紐がぶら下がってて、それを下げて切り替える式なわけよ。
んで、さっき真っ暗の部屋の電気をつけようと何も見えない状態で手を振り回してたんだよ。紐を探すためにね。
そしたら人なんかいるはずないのに思いっきり人をビンタした感触があった。
一瞬え?ってなったけどビンタされたはずの得体の知れないそいつは声の一つもあげないんだよ、怖くなってうわあああっていいながら逃げた。
んで今コンビニでこれ打ってる。帰れねえ。

260 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 01:29:12.50 ID:6gzXIZd10
>>259
そのまま明け方までコンビニに篭ってろチキン野郎

261 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 01:49:09.73 ID:Ceq4ZbqL0
>>259
身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ198
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1382329123/

262 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 04:45:40.56 ID:Dv9bGR280
現在進行中なんだが職場の友人の話。
始まりは屋根裏の戸が開いてることに気付いたことなんだ。友人は木造のボロアパートに住んでる。屋根裏は子供一人が漸く入れるスペースでとにかく狭い。隣人との屋根裏は板で仕切られてる。
ふと屋根裏の戸が開いてるのに気付いたらしくてさ。オカルト好きな友人だからそっちの好奇心は旺盛なんだ。
前々からトントン、トン、トントンって物音がするとは聞いていたがカラスかなんかだろうと思ってたし友人も勿論そう思ってたらしい。屋根裏の戸が開いてると聞いた時は流石に何かいるんじゃね?と思ったけどなw

263 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 04:47:50.31 ID:Dv9bGR280
で、屋根裏を覗いたら何もない空間にポツンとバケツが置いてあって、雨漏りでもしたから前の住人が置いたのか?と思ったらしい。後々、「雨漏りなら大家に言うよな普通」って言ってきたが。
後日そいつが大慌てで「これ見て!おふだ貼ってあった!」って言うからマジかよ…と思って写メ見たらJASマークのシールでマジかよ…と思った。
それからまた暫く経ってそいつがおかしな夢みたらしくてさ。自分の家の玄関に目の吊り上がった気色悪い赤ん坊が立っててニヤニヤこっち見てたんだ。

264 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 04:50:01.08 ID:Dv9bGR280
一目で人間じゃないってわかったそいつは急いでゴミ袋持ってきて捕まえようとしたんだとw幽霊見たら絶対捕まえるって言ってるキチガイなんだそいつw
再び玄関行ったらその赤ん坊が一人から八人に増えてたって夢。
その夢見た時にふとバケツの中身が気になったらしい。で、覗いてみようと思ってもう一度あの屋根裏を確かめたんだ。
そしたらバケツが消えてるんだよ。もう?しか浮かばないわな。どこ探してもあったはずのバケツが綺麗になくなってて。

265 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 07:07:17.59 ID:4gpfYPfe0
http://metabolism.s60.xrea.com/test/read.cgi/logs/1098911151/

266 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 08:07:28.70 ID:3L9etRmJ0
バケツの中身は食い物じゃね?
JISじゃなくてJASだったんだろ?

267 :geko:2014/01/14(火) 15:04:19.05 ID:ljfAVymHP
筆名を『茅野歩く』と申します。
インターネットではcoco、colo、popo、koko、gekoでお馴染みの方もいらっしゃるかと存じます。

昨年の今頃、わたしが児童公園の堅牢なプレイハウスで夜を明かしたときの事です。
車の音も疎らになった頃、重そうな足音と「なーご、なーご」と鳴く猫が同時に近づいてきました。
女の一人身でホームレスをするのは命がけ、【PerlvatyLumni】のプリントアウトだけは手放しませんでした。
足音と鳴き声は同じ地点から出ており、巨獣はプレイハウスを周回すると何もせず去っていきました。

治安機構や情報通信企業などからも、存在を黙認されてる何かっているもんです。
プレイハウスのドアに巨獣が触れなかったのは、幸甚と言うほかありません。

268 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 15:21:43.63 ID:oGNI9R230
>>262です
そいつとりあえず屋根裏の写メを体突っ込んで撮ったらしい。
んで、今日見せられた写メなんだが、バケツがあったはずの場所に黒い染みがあるんだ。水ならすぐ乾くだろうし…血痕みたいなんだよ。
その黒い染みはそいつの家の玄関方向に散らばっててさ。つーか黒い染みよりバケツどこいったって話しなんだが。
オチがなくてスマソ。これだけなんだが怖かった。
そいつ、他にもノックするような物音がしたり寝てる時に耳元でガサガサいったり変なこと起きてんだが。
携帯から長文スマソ

269 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 17:28:44.73 ID:HdAge+Ww0
テスト

270 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 18:49:35.65 ID:HdAge+Ww0
これは私が23歳くらいの時の話です。その夜は女友達と車で夜景でも見に行こうか、という話になり、
割と標高が高く、頂上から眺める夜景が綺麗な山に昇る事になりました。
ちょうど山道に入る入口の近くまで車が着た時、横道に大きな鳥居が見えました。
その鳥居を通り過ぎて5分くらい山道を昇って行っていると、女友達がボソッとこう呟きました。
「さっきの鳥居のとこに着物姿の女の人がいた」と。
言い忘れましたがこの彼女は、霊感が非常に強い女性で、霊を見るのは日常茶飯事だったそうです。
彼女は当時病院勤務だったのですが、エレベーターに1人で乗る時、霊にガッと肩を掴まれて、エルボーで即反撃するほどのツワモノでした。
かつての入院患者の霊に大してエルボーかます方もどうかと思いましたけど。まぁ、その患者は生前からセクハラ患者だったらしいので良しとしましょう。

話が少々逸れましたが、私は「へぉ〜、鳥居に着物姿の女か。雰囲気あるね〜」と言いました。
それで、顔は見たのか?と聞くと、「顔が半分なかった」と言う恐ろしい答えが返ってきました。
顔が半分無いって事は、こう、真っ二つに唐竹割りされたみたいに、半分顔がないのか?と聞くと、
いや、鼻から上がないんだ、というさらに末恐ろしい答えが返ってきました。
あまりの恐ろしさに私は沈黙するしかなく、頂上に着くおよそ20分間は、山道に急に飛び出てきたウサギを見た時の、
「あ、ウサギだの」と言う発言しかなかった程でした。

271 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 18:51:59.09 ID:HdAge+Ww0
ひとしきり夜景を楽しみ、深い関係だった私たちは、私のゴールデンボールを軽くする程度の小休止を山でし、
再び山道を降りる事にしました。やがて下の道まで降りて、いやがおうでもその鳥居が視界に入ってきました。
私はとても「まだいるか?」とは聞けませんでした。彼女も意図的にか、別の話題で盛り上がっています。
寒い日だったので、彼女の家で少しお茶でも飲んで帰ろうか、と言う事になり、彼女の家に到着しました。
小一時間ほどお茶を飲みながら話し、さぁそろそろ帰ろうかと言う段階になると、彼女がポツリと言いました。
「ごめん、ついてきてしまった」と。急に言われた私は、なんの事かいな?と首をかしげていると、
彼女がすかさず、「あの女の人」と言いました。なんですとーと私は思いましたが、彼女が私をからかってるんだと最初は思いました。
が、そこからさらに話す彼女の真剣な声のトーンや、霊的な事でウソをつくような女性でも無かったので、私は信じる事にしました。

272 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 18:52:56.20 ID:HdAge+Ww0
ショックで固まる私が途方にくれていると、私のにんぴ人思考が移ったのか、彼女もとんでもない事を言いだしました。
「誰かになすりつけたらよくない?」と。あまりの恐怖に他人の事など考える余裕がなかった私は、
すぐさまその悪魔の案に乗りました。彼女の部屋はマンションの3F、上の4Fに松平さん(仮名)という熟年夫婦が住んでいたのですが、
松平さんは彼女と非常に仲が良く、私も顔くらいは知っており、小話も何度かした経験がありました。
その松平さんに彼女が本を借りているので、一緒に返しにいってちょっと女の動向を見てみよう、というにんぴ人スタイルです。
彼女が借りていた本を小脇に挟み、2人で玄関を出ました。5mくらい歩いて「今ドコ!!」と聞くと「ケツにピッタリ!」と言う答えが返ってきました。
エレベーターに乗り「今ドコ!!」と聞くと「真横!!」と言う答えが返ってきたので、生きた心地がしませんでした。

273 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 18:53:59.44 ID:HdAge+Ww0
この後の貼り付け様の文章が消えたので今から打ちます・・・

274 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 18:58:11.41 ID:fV8Ayp100
もういらない
次はもっとましな話作ってきて

275 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 19:11:02.48 ID:HdAge+Ww0
やがて私たちは4Fに到着し、松平さんの玄関の前までやってきました。
ピンポーンとチャイムを押すと、ほいほい〜と人の良さそうなオッサン声が聞こえました。
松平さんです。本を返しにきた事を告げ、私はトイレを借りるていで部屋に上がりました。
恐怖でオシッコなど出ないかと思いましたが、いざトイレに入ると、すんなり放尿出来て、30秒くらいで出ました。
彼女と松平さんが談笑しています。やがて私たちは松平さんに別れを告げ、玄関を出ました。
とりあえず、無言でエレベーターまで歩きます。箱に乗った瞬間、私は祈るような思いで彼女に聞きました。
「今ドコ!!」
彼女はバツが悪そうな笑みを浮かべて、「松平ハウス!!」
と答えました。流石に自分可愛さには勝てません。私はホッとしてその日は自分の家路につきました。

276 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 19:12:31.39 ID:fV8Ayp100
だからいらない

277 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 19:15:42.71 ID:HdAge+Ww0
後日談になりますが、その後数年間も松平夫妻と親しい付き合いを続けていた彼女いわく、その後松平夫妻に不幸があったなどと言う事も無く、
むしろ会社の経営も順調で絶好調なくらいだったそうです。
例のなすりつけ事件から1週間後、彼女が松平さんにカマをかけて聞いてみたそうです。
「最近怖い話というか、何か変わった事ありませんか?」と。
すると松平さんは、
「怖い話かぁ〜、あんたも好きだね。怖い話はないけど、変わった事なら・・・
 最近女房が、そんなに使ってもない口紅の減りが異様に速い、ってボヤいてたなぁ」
と言ったそうです。と、そんな日に限って、何か小さな良い事が同時に起きていたようです。
(絶対に昼休み中は並ばないと入れない人気店に並ばずに入れたり、お金を拾ったり、など)

もしかしたら神様的な霊だったのかもしれません。そう考えると例のにんぴ人根性がムラムラと湧いてきて、
失敗したかな、と思いました。その後、何度も松平宅にお呼ばれした彼女いわく、
部屋の中にあの女性の姿も気配も、見る事はなかったそうです。
私の話はこれで以上です。

278 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 19:30:34.37 ID:HdAge+Ww0
>>271の後、>>272のすぐ前に来る、消えて書き忘れた文章です・・・271.5ってとこの話です。
これがないと話が飛んでます・・・すみません

「大変そうだけど、頑張ってね〜。数日経ったら消えるんじゃね〜?」と彼女ににんぴ人のような事を言い放ち、
私は帰ろうとしましたが、はたと足を止めました。もし私についてきたらどうしよう、と思ったのです。
試しに彼女に「その女性、いまどこ?」と聞くと、「TVの横に立って、あなたの方を向いている(目がないから体の位置で推測)」と言いました。
女の動向を見ようと私が廊下を歩き、玄関で靴を履き、ドアを開けて外に出て、「今ドコ!!」と再び聞くと、
「玄関の前に立ってる。あなたの目の前」と言いやがりました。ここまでなら「彼女が怖がらせようとウソついてるんじゃね〜」と言う可能性もまだありますが、
私は見てしまったのです。玄関の姿見に、自分が移り、その自分の心なしか斜め前に、着物姿の女が立っていたのです。
鼻から上がスパッと一直線に無く、ニッと笑った口元から覗く歯は、お歯黒を塗ったようにベットリと黒かったのを覚えています。

279 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 19:34:15.49 ID:HdAge+Ww0
話の順番は、
>>270>>271>>278>>272>>275>>277

です。まとめに載る際にお手数かけるかもです、すんません

280 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 19:54:25.47 ID:fV8Ayp100
転載禁止のスレだってよ
よかったね

281 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 21:21:56.54 ID:VqAQVYAP0
にんぴ人?

282 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 23:04:34.97 ID:45293DIF0
まとめ目当てかよ
何度イラネ言われても書くわけだ
もうこんなカスしかこないのかな
まとめ転載は禁止なんだよ

283 :本当にあった怖い名無し:2014/01/15(水) 00:33:52.98 ID:Ia+c6uxG0
>筆名を『茅野歩く』と申します。
>インターネットではcoco、colo、popo、koko、gekoでお馴染みの方もいらっしゃるかと存じます。

「師匠シリーズ」の師匠の彼女でしょ

284 :本当にあった怖い名無し:2014/01/15(水) 01:01:26.39 ID:QkTv53NN0
いちいち自演依頼しなくても良いですよ
アフィ糞さん

285 :本当にあった怖い名無し:2014/01/15(水) 16:09:08.05 ID:c5UTsGsQ0
>>282
禁止つっても、全然機能してねーじゃんw
このスレの直近の1月8日の話までまとめに載ってるんだし

載る事に対して変なコンプレックス持ってる奴がいるみたいだな
いらね、ならこのスレを見続ける事自体が意味不明

286 :本当にあった怖い名無し:2014/01/15(水) 16:30:46.44 ID:GjB0h1+70
機能してないならいらないっておかしいことには気づかないのか

287 :本当にあった怖い名無し:2014/01/15(水) 22:10:11.84 ID:ZA4RcBdoO
去年か一昨年くらいにあった事件で、ゾンビみたいに人の顔を食べたってやつ、続報知ってる人いるか?
いたら教えてくれ!
いや、くれ!

288 :本当にあった怖い名無し:2014/01/15(水) 23:12:58.97 ID:gs2YLu6fO
>>191
防犯カメラと人混みが怖いって、まるで犯罪者の意見だな

289 :本当にあった怖い名無し:2014/01/15(水) 23:30:30.33 ID:zOxe2RuO0
>>192
俺の好きな感じの話だった!
カメラには人の目では捉えられない何かが見えているのかな

290 :本当にあった怖い名無し:2014/01/15(水) 23:32:18.44 ID:gs2YLu6fO
>>267
猫が突然巨獣になった理由は書かないのかよ
最初から巨獣だったんだろうけど、書き出しが猫なんだから"近くに来て気づいたけど猫じゃなかった"みたいな文章入れとけよ
突然巨獣って唐突すぎだろ

291 :本当にあった怖い名無し:2014/01/16(木) 21:29:47.81 ID:RfzZbfDJ0
投稿者には個人を特定出来るキーワードのトリを付けてもらった上で転載禁止としてもらい
転載された場合は運営者に通報しましょ

運営側も著作権侵害をいつまでも放置する気は無いだろうから飛びつく可能性はあるんじゃないかしら

でも、1、2件じゃ弱いから十分に溜まってからGO

292 :本当にあった怖い名無し:2014/01/17(金) 01:38:31.57 ID:UiLRq47s0
tes

293 :本当にあった怖い名無し:2014/01/17(金) 13:25:40.49 ID:Xke1BQaP0
こういう掲示板に無名で投稿してる時点で、著作権も糞もないんじゃね?
使われて当然、くらいなんじゃねーの
洒落怖まとめサイトに載っても、長年ずっとそんな事ギャーギャー言う奴もいなかったし

1年ぶりくらいにスレ見たが、
>・「怖い話まとめブログ」への転載は運営が悪質なため禁止します
これって具体的にどういう事なん?なんかやらかしたのか?

DVDとかで出てる2ちゃんねるの怖い話、にも洒落怖の話結構使われてるよな
題名と大体の設定が同じで、進行内容は変えてるのが多いけど
俺の殿堂入りの作品が使われててワロタよ
でも、別になんとも思わんけどな。こういうとこに無造作にネタ投下してる時点で、いつか使われるだろうなとか思ってたし
むしろちょっと嬉しいくらいだわ

294 :本当にあった怖い名無し:2014/01/17(金) 13:29:18.24 ID:FqMY1ueC0
>>293
みんながみんなあなたみたいな考えじゃないってことだよ
ちょっと考えればわかると思うけど

295 :本当にあった怖い名無し:2014/01/17(金) 15:27:34.76 ID:5E9q+7qg0
ふっと思い出したんだけど、去年の夏だったかな。
弟がさ、出掛けていく時たまに俺の悪口を言ってから出ていくことがあるの。
「デブ」とか「ブタ」とか。保身のために言っとくけど、俺はそこまで太ってないです、はい。
で、悪口を言ったあと弟は全力で外に逃げる。
その時俺に余裕があれば「待〜ち〜や〜が〜れ〜」と言いながら追い掛ける。
…というような遊び(?)をたまにやっていた。

ある日、弟が玄関で「ブタめww自宅の警備でもしてるがいい」とかぬかすので俺は靴も履かず外へ飛び出した。
勢いよく飛び出したはいいが地面は熱いし弟は既に10m先のあたりで自転車に乗ってるし、
何より家の窓は開けたままだ。自宅を警備するのが俺の役目だからその日は追い掛けるのを諦め家に入った。

夕方。弟がいい笑顔で帰ってくる。で、こう言うんだ。
弟「姉ちゃん本気出しすぎでしょwww」
ん?と思った俺はすかさず反論。
俺「何言ってんの、家から出ただけじゃん。俺の本気あんなもんじゃないぞ??」
弟「貴様こそ何を言っている。神社のあたりまで追い掛けてきたじゃないか」
俺「…???」

弟が言うに、家の近所にある神社のあたりまでの150m程を
俺が「待てー」と言いながら追い掛けてきたらしいのだ。必死に逃げたから顔は見てないらしいが。
弟「あの足音は裸足でしょ?いつまでもこんな遊びに本気になってるから彼氏できねぇんだよブハァ」
とりあえず俺の彼氏は液晶にいるからと言いながらくすぐりまくっておいたが。
弟は一体何に追い掛けられていたんだ。

296 :本当にあった怖い名無し:2014/01/17(金) 16:09:30.99 ID:MK/0f2WP0
問題は外部への転載が嫌なやつは出て行かなくちゃならないことだ
それは名前欄に「転載禁止」とか入れることはできるが
毎回投稿のたびにそれをやるとウザがられて
よけいな騒動の種になりかねん
なぜ外部のサイトにために内部が影響をうけなくてはならんのか

297 :本当にあった怖い名無し:2014/01/17(金) 17:52:42.54 ID:7VXq5Wgb0
俺女とかまじでいんのかよ、そっちのがこええわ

298 :本当にあった怖い名無し:2014/01/18(土) 06:08:01.02 ID:YC0dhuV10
姉ちゃん?俺?

299 :本当にあった怖い名無し:2014/01/18(土) 16:18:59.86 ID:CpPup/nG0
>>297
しかも二次ヲタ腐女子・・・

300 :本当にあった怖い名無し:2014/01/18(土) 16:51:11.66 ID:yt/nz0BJ0
嫁の高校の友達にいたな俺女
外見もボーイッシュでバンドのボーカルやってるような子だったけど

今年で三十路なのにまだ未婚フリータでバンドメンバー募集中だそうだ
俺女は早目に現実見た方が良い

301 :本当にあった怖い名無し:2014/01/18(土) 18:45:28.70 ID:uuw3Z+/R0
単に東北の人でしょ

302 :本当にあった怖い名無し:2014/01/18(土) 19:25:20.30 ID:pHF1xqRt0
自分は25歳、先週同窓会があり、当時大好きだった女の子と再開
彼女とは中学時代仲がよく、久しぶりの再会で話がもりあがって、
3次会で彼女と二人だけでお茶をしてたのだが・・・

彼女は、42歳の男性と付き合ってて、
しかもその相手が初彼氏で、ちかぢか同棲を始める予定で、
おなかには既に子供が宿っているということが発覚。

酔ってて彼女はもう何も覚えていないだろうが、1年前に付き合い始め
当時初のHが痛くて泣いてるところを優しくしてくれたとか、そういう話まで
聞いてしまった。
いない歴年齢の俺にきつすぎた。俺の大好きなその子がそんなオッサンに処女あげたんだとか
今もうあまりのショックで気が動転してる。何なんだ。もう本当に死にたい。

今実際に俺に起こってることで、このスレは適当でないかもしれないが
吐露してしまった・・・いろいろ想像してしまい、悔しくて気が変になる

303 :本当にあった怖い名無し:2014/01/18(土) 19:40:05.20 ID:GNehBtWYO
女々しい奴だな
惚れた女の幸せを願ってやれよ

304 :本当にあった怖い名無し:2014/01/18(土) 20:12:00.19 ID:yt/nz0BJ0
>>302
死んだらそいつの子供に生まれ変わってだな
おっぱい飲むときに乳首ペロペロしてやると良い

305 :本当にあった怖い名無し:2014/01/18(土) 21:18:19.91 ID:uuw3Z+/R0
>>302
女は普通そんな事を同級生に話したりしないよ
お前が嘘をついているか
女がお前に助けを求めたかのどちらかだ
後者なら何もできないお前はまるで高木ブーのようだ

306 :本当にあった怖い名無し:2014/01/18(土) 21:29:42.37 ID:CAbkXWLT0
42歳と25歳ならおかしくおないが

307 :本当にあった怖い名無し:2014/01/18(土) 21:42:18.45 ID:uuw3Z+/R0
そうだな、32歳と15歳ならあきらかに死刑だが

308 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 00:00:01.53 ID:rv6gsqrI0
>酔ってて彼女はもう何も覚えていないだろうが

お茶してたんじゃないのか?
妊娠中の飲酒ありえないし、妊娠中に3次会まで行くとかお腹の子無視しすぎ
302の妄想、彼女の虚言、302へ彼女のレスキュー信号、どれかだ。

現実だとしたらちゃんと祝福したげなさい。
17才差なんてそんな珍しくない。相手42才なら財力充分だろ

309 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 00:12:36.67 ID:rv6gsqrI0
おっとミスリードかも
一人称「自分」と「俺」が混じっているけど>>302自身が女性だったら具体的なH談義ありえる話だ
初恋をいまでも患ちゃってるビアンなパターン
中学時代の仲良しだろうと久々再会男女間で初体験話はないしな

つか>>302の気持ちを知ってた上で、身の上話の同情引いて金銭や勧誘トラブルになる予感
洒落怖ネタに発展したら続報よろしく

310 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 00:18:26.97 ID:Y8xoiUDD0
25歳といえば水商売でも人気にかげりが出てくる歳

311 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 01:25:17.39 ID:xlvTAw270
俺は普段、家庭用のバリカンを使って自分で髪を切っている。
髪を切る時は風呂場にバリカンとコンビニ袋を持って行って、カット後に散らばった髪の毛をコンビニ袋に入れて捨ててる。

この前、いつものように髪をカットして、切った髪の毛をコンビニ袋に入れた。
その袋を軽く縛り、バスタブの角の手すりの上にポンと乗っけて髪を洗った。
そしてそのまま、その袋のことを忘れていた。
毎日シャワーを浴びるけど、視力が悪いのと面倒くさいということもあって、しばらくコンビニ袋をそのまま放置していた。

一週間ほど経って、風呂場に入った時にコンビニ袋に気づいたので捨てようと思ったら、なんか変だった。
俺の髪型は短めなので、カットした髪の毛も2cmとか3cmとかだ。
それなのに、コンビニ袋を見ると黒いものでパンパンに膨らんでいた。
とりあえず袋を開いて中を見たら、すごく長くて黒々とした大量の髪の毛が輪になって入っていた。
気持ち悪かったから速攻で捨てた。

312 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 01:35:17.57 ID:odLU8aj20
俺はいつもそれが狙いだ。
捨てられている六尺の、できるだけ汚れてる奴を10数本ほど、
こっそりさらって家に持ち帰る。
そして、深夜、俺一人の祭が始まる。
俺はもう一度汚れた六尺のみ身に付け、部屋中にかっさらってきた六尺をばら撒き、
ウォーッと叫びながら、六尺の海の中を転げ回る。
汚れた六尺は、雄の臭いがムンムン強烈で、俺の性感を刺激する。
前袋の中のマラは、もうすでに痛いほど勃起している。
六尺の中に顔を埋める。臭ぇ。
汗臭、アンモニア臭や、股ぐら独特の酸っぱい臭を、胸一杯に吸い込む。溜まんねえ。
臭ぇぜ、ワッショイ! 雄野郎ワッショイ!と叫びながら、前袋ごとマラを扱く。
嗅ぎ比べ、一番雄臭がキツイやつを主食に選ぶ。
その六尺には、我慢汁の染みまでくっきりとあり、ツーンと臭って臭って堪らない。
その六尺を締めてた奴は、祭で一番威勢が良かった、五分刈りで髭の、40代の、
ガチムチ野郎だろうと、勝手に想像して、鼻と口に一番臭い部分を押し当て、
思いきり嗅ぎながら、ガチムチ野郎臭ぇぜ!俺が行かせてやるぜ!と絶叫し、
マラをいっそう激しく扱く。
他の六尺は、ミイラのように頭や身体に巻き付け、
ガチムチ野郎の六尺を口に銜えながら、ウオッ!ウオッ!と唸りながらマラを扱きまくる。
そろそろ限界だ。
俺は前袋からマラを引き出し、ガチムチ野郎の六尺の中に、思いっきり種付けする。
どうだ!気持良いか!俺も良いぜ!と叫びながら発射し続ける。
本当にガチムチ野郎を犯してる気分で、ムチャクチャ気持ち良い。
ガチムチ野郎の六尺は、俺の雄汁でベトベトに汚される。
ガチムチ野郎、貴様はもう俺のもんだぜ!
俺の祭が済んだあと、他の六尺とまとめて、ビニール袋に入れ押し入れにしまい込む。
また来年、祭で六尺を手に入れるまで、オカズに使う。
押し入れにはそんなビニール袋がいくつも仕舞ってあるんだぜ。

313 :N T:2014/01/19(日) 08:53:52.79 ID:FSZ6RdM90
>>312
なぁ、今、すっごいあんたをぶちのめしたい気分。
不快。

314 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 09:01:01.73 ID:JoxTz82a0
何度も出たコピペじゃないか

315 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 17:51:06.06 ID:X+30ViMj0
>>293
簡潔にまとめると

悪質なステマ
 ・オカ板のいろんなスレで「〜という話知りませんか?」という質問にそのブログを紹介するという行為を何度もやった。管理人の自演とバレる
 ・色んなスレのテンプレに勝手にそのブログを加える
 ・ヤフー知恵袋にて、「怖い話ありませんか?」という質問とそのブログを紹介する、というやりとりが数百件あった。そのブログ開設からすぐだったことから自演だとバレル

転載禁止を謳ってるサイトの作品を転載し、さらに勝手にまとめてる
2chのスレにて「アフィに利用されるのが嫌なので削除して」と何度も懇願されても無視
作品を勝手に添削したりいじくりまわしてる

・アフィやっててその儲けで会社立ち上げようかと画策する

ざっとこんなもんだけど、俺はステマ行為が一番質悪いと思う
あと、テンプレではこのブログだけが転載禁止なのに、まとめサイト全体を転載禁止にしようとしてる奴は何なんだ?

316 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 21:25:06.59 ID:4pmSawIu0
詳細が知りたい怖い話

大阪の心霊スポットの空き家に行ったら不気味な声がしたので急いで出ると窓から無数の目がのぞいていた
近隣の住民に話すと「あああそこか……」と言った

317 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 22:15:56.96 ID:Ags2uZhV0
>>316
ごめんたぶんそれ俺の家やわ

318 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 22:40:43.71 ID:FlkuKtUn0
母が小学生の頃、隣の家の5、6才の男の子がよく家に遊びに来ていた。
ある日、畳の上で「お姉ちゃん!見て見て僕上手に泳げるよ!」とバタ足を自慢気に披露したそう。
その日の夕方、彼は近くのため池に浮いていたそうです。

319 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 23:20:26.89 ID:zxm+/XLf0
文章下手ですまんが、聞いてくれ。
俺はほぼ毎日ランニングしてるんだが、先日(現在進行形?)変な体験をしたんだ。
その日のコースは、とある公園に行って一休み、それから普通に引き返してくるというものだった。
それでその公園に着いて休憩してたんだよね。だけど夜の9時だったから、
もう真っ暗だったんだよ。しかも公園には俺一人。さすがに薄気味悪くて、もうそろそろ行こうかな、なんて考えてたんだ。そしたらさ、


遠くのほうに誰かいるんだよ。

もちろん人がいるのはおかしな事じゃないし、俺も体力回復してたんだけど、遠目にみても動きがおかしい。例えるならシャドウボクシングみたいな感じ。それになんか言ってるんだ。すごい高い声。夜の公園ってのも相まって、妙にゾクッとするものがあった。

今考えると、そこでさっさと走りだせば良かったのかも知れないけど、俺は恐怖と同時に「もっと近くで見てみたい」っていう好奇心を抱いちゃったんだ。

320 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 23:29:01.58 ID:zxm+/XLf0
その公園は中央に小さい丘があるところで、近づいてみるとその人は丘のてっぺんにいることがわかった。
だから、木なんかの陰に隠れて丘の近くまで行ったんだ。そしたら言ってることが段々分かってきて、
どうも「○○○○」(人の名前)をしきりに言って、それから呪文みたいなのを唱えてた。お前ら多分知ってると思うけど、「危険な好奇心」ってあんじゃん?
この時、あれを思い出しちゃって。こういう基地外は何するかわかんないとこある。こりゃ見つかる前に逃げた方がいいなと思って、そーっと離れたんだ。

そしたらその人がゆーーーーっくりこっち向いて、すごい形相でこっち見て来たんだよ。

ビビって「うわああああああああああ!!!」って叫んじゃって、泣きながら走った。

10分くらい走って後ろを見たけど追いかけてはこなかったみたいで。でもまあその日は眠れなかったよ。



その日から毎日俺の家のポストに虫の死骸が入ってる。気持ち悪いんだけど、どうすればいいんだろう。

321 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 23:30:55.83 ID:k/Cfvb5qO
抱いてやれ

322 :本当にあった怖い名無し:2014/01/19(日) 23:34:25.73 ID:EEUD5GYx0
マジなら警察呼ぶ
違うなら話の続きを考える

323 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 12:13:46.67 ID:7LxlVsIH0
SMAPの一人も夜の公園で奇声あげてたやん

324 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 17:03:24.12 ID:7KZwQx4c0
ある日AさんがBさんの家で飲み会をし帰りがすっかり遅くなってしまいました

夜道を歩いていると向こうから何やら行列がみえます
その行列の人たちは喪服を着ており葬式だということが分かりました
はて…?この近所で誰か亡くなったのかな?とAさんは行列の一人にきいてみました

「これは誰の葬式ですか?」
というとその人はこうつぶやきました
「その先の家のAさんのです」

なんとこの自分の葬式だというだ
驚いたAさんは振り向くとそこには葬式の行列はありませんでした

怖くなったAさんは駆け足で家に帰りました
しかし家に帰っても奥さんや子供がいないのです
途方に暮れたAさんは仕方なく、さっきまで一緒に飲んでいたBさんの家まで戻ることにしました

Bさんの家に着くとAさんはBさんにこの奇妙な出来事を伝えました
するとBさんは
「お前、飲みすぎなんだよ今お前の家に電話するから」
とBさんはAさんの家に電話しました
すると普通に電話から奥さんの声が聞こえました
「ほらな?普通に家にいるだろ?」

そういうとBさんはAさんを連れそいAさんの家まで行きました
そしたら今度はAさんの家族はいました
Aさんもこれは夢でもみたのだと思いました

325 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 17:12:31.55 ID:7KZwQx4c0
しかしそれから数日後Aさんは交通事故で亡くなりました
葬式をしている最中Bさんは数日前Aさんが行っていた奇妙な出来事を思い出していました
BさんはAさんは自分の死を予言していたのではないか?と

やがて葬式も終わり参列し棺を霊柩車に運んでいるときでした
Bさんの後ろでこんな会話が聞こえました

「これは誰の葬式ですか?」
「その先の家のAさんのです」

Bさんはハッとしました
今の声は間違いなくAさんの声でした

Bさんは後ろで会話してた人にこう言いました
「今喋ってた人はどこに行きました?」
するとその人は
「ええっとその先のAさんの家に走って行きましたよ
でも妙だな?その人何というか黒いもの覆いかぶさった感じで顔が良く見えてなかったんですよ」
といいました

BさんはAさんの家のほうへ向かいましたが、そこには誰もいませんでした

「Aがみた参列というのはこれのことだったのか……」

326 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 18:20:00.96 ID:P1Kjl+Cb0
まんが日本昔話乙

327 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 19:34:55.07 ID:eYoio68Ui
市原節子の声で脳内再生されたそーな

328 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 21:50:55.43 ID:twQPkhHL0
作者()乙

329 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 23:22:04.09 ID:EsZ4e2KP0
>>323
く○なぎ「しんごぉーー!!!!」

330 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 23:50:40.74 ID:yvWHQdUS0
人いないみたいなので昔体験した話を投下しようと思うが構わんだろうか

もう8年も前の話になるんだが

331 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 00:23:50.80 ID:Ct2VDjMS0
くさ○ぎ「全裸で何が悪い!!!」

332 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 00:30:43.92 ID:K5ackflc0
>>330
いいよ
期待してる

333 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 00:51:49.36 ID:/UdpSMh40
ありがとう
ここに書き込むのは初めてだから見苦しいところもあるかもしれないけど許して欲しい。

さっきも言ったとおり、この話は私が八年前に修学旅行で沖縄に行った時の話だ。
その日は修学旅行初日で、空港からいくつかのチェックポイントを班行動を行動をしながら探し出し、最終的に先生達の待つホテルにチェックインするという日程だった。

私たちの班も道中ソフトクリームを食べたり土産物屋に寄ったりとそれなりに満喫しながら特に何の問題もなくホテルにたどり着いた。

まぁ、この話の本題はそのホテルについてなんだ

334 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 01:00:10.29 ID:/UdpSMh40
そのホテルは市街地のど真ん中、しかも左右を活気のある店に挟まれている賑やかな区画に建ってた。
でも何だかおかしかった。

実際そうだったのか曖昧な部分もあるけど、その日はひどく晴天だったのにそのホテルの周りだけ曇り空に見えるぐらい空気が重くてどんよりしてた。
それくらい気味が悪かったんだ。

同じ班の友達は「うわー…ボロい…」とは言ってたけど気味悪がってはいないみたいだった。

本気で「ここに泊まりたくない」って思ったけど流石にそんなわがままが許されるわけないし、私はしぶしぶホテルにチェックインした。

335 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 01:08:54.65 ID:/UdpSMh40
建物内部の総合的な感想を一言でいうなら「暗い」の一言に尽きた。
廊下も部屋も、ロビーですら暗かった。

私の宿泊する部屋は五人部屋(他の部屋は四人部屋だった)で、ここもうんざりするくらい暗かった。
部屋の窓は一般的なレールのついた窓じゃなくて、窓の下の方についたレバーを押すとガラスが向こう側に開くタイプの窓?だった。うまく説明できなくてすまない。

飛行機の中で「一日目のホテルはね〜、明るくてすっごく綺麗だったよ〜」という話を友人から聞かされていた私は当時の画像加工技術を心の底から呪ったよ。

336 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 01:17:19.54 ID:/UdpSMh40
ダラダラ書くと長くなりそうだからこのホテルでの事件を私の部屋で起こった二つに絞ることにしようと思う。
逆に言えばこのホテルで一晩のうちにそれだけの事態が起こったってことになるんだけどね。


一つ目の事件は入浴時間中に起こった。

入浴は部屋のユニットバスで一人ずつ順番に入るよう言われた。
私の部屋は人数が多いから順番が来るまで時間がかかったから、みんなでテレビを見ながら時間を潰してた。

337 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 01:20:49.39 ID:/UdpSMh40
すると急に「キャーーーーーーーーーーーッ!!!」という鋭い悲鳴が浴室の中から聞こえた。
あまり大きい悲鳴ではなかったけど、びっくりした私達は入浴中の友人が転んだりでもしたのかと浴室のドアを開け放った。

でもそこには誰もいなかった。
電気すらもついていなかった。

訳が分からず私達がお互いの顔を見合わせていると、部屋のドアが開いて入浴中だと思った友人が入ってきた。
「え…みんな、何やってんの…」
「あんた…風呂入ってたんじゃないの?」
「あー、タオルとか準備してたらさっき班長会した部屋に筆箱忘れてきたのに気づいて取りに行ってたわ。ごめんごめん」

338 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 01:27:09.50 ID:/UdpSMh40
私「じゃあさっきの悲鳴はあんたじゃないってこと?」
友「…悲鳴って何?」
私「…………?」

という具合なのだった。
浴室のドアは部屋の入り口の真ん前にあり、テレビに注目すると完全に死角になる場所にある。
なので彼女が部屋を出たことに誰も気付かなかったんだろう。

じゃああの悲鳴は一体何だったのか。

廊下から聞こえた声ではないか、とも思ったがそれにしては嫌に鮮明だったし、何より廊下には生徒が粗相をしないように監視役の先生が二人いたにも関わらず、何の音沙汰もなかった。

339 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 01:34:54.48 ID:/UdpSMh40
二つ目の事件は私と友人が部屋に二人でいたときに起こった。

入浴も夕食も終わり、消灯までの自由時間に私と友人は部屋で漫画やアニメの話をしていた。
お互いがお互いに当時ハマっていた作品をすすめ合ってかなり話に熱中していた。
二人は私のベッドに裸足で上がっていた。
ベッドの位置は部屋の中でも一番入口に近い場所で、寝転ぶと頭の方に窓、足元に浴室と部屋の入り口がくる位置にあった。

多分某海賊漫画の話をしていた時だったと思う。

どこからか急に「う…う………うぅ…」という女性のうめき声のような声がはっきり聞こえた。
問題の、浴室の方から。

340 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 01:39:11.48 ID:/UdpSMh40
私と友人は話すのをぴたりと止め、二人でただ浴室の方を見つめていた。
つけっぱなしにしていたバラエティー番組の音声が嫌に白々しく、遠くに聞こえた。
逃げ出そうにも部屋のドアは浴室の向こう側にある。


どうすることもできずに凍りついてる私たちの目の前で、浴室のドアが、ほんの数ミリ開いた。

友人が息を飲んで私の腕を掴んだのを痛いぐらいの力で掴んだ。

341 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 02:02:23.23 ID:/UdpSMh40
「たーだいまー!!!!!」
そのとき部屋のドアが開け放たれて、ほかの部屋に遊びに行っていた友人三名が帰ってきた。
浴室のドアを邪魔そうに閉めると、他の部屋で恋話をしていただの男子の部屋にいってただのと楽しそうに話し始めた。

私たちはそのままへなへなとベッドに崩れ落ちてしまった。


とりあえず私の身に起こったのはこの二つなんだ。
他にも別の部屋では窓が一晩中ドンドンと叩かれているような音を立てたり、最上階なのに上階から足音が聞こえたりとそれはもう多種多様な怪奇現象が勃発してたらしい…

342 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 02:03:30.63 ID:PbXKEVlf0
慣れないなら>>1くらい読もうぜ・・・

343 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 02:06:35.27 ID:/UdpSMh40
私の話はここで終わり。
誤字もあったし長かったのに付き合ってくれてありがとう。

何より、文章にすると怖くないな…

344 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 02:56:48.66 ID:obBZXly80
それなんてホテル?そんだけ怪奇現象あるホテルなら晒せばいいじゃないか
沖縄行ったとき泊まりたくないし、放置しとく経営者にも問題ある

345 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 03:30:20.62 ID:gWbrWECF0
東電社員に制裁を加えろ!!!

346 :(`・ω・´):2014/01/21(火) 06:16:32.40 ID:dHaTnwMb0
初心者です。
どうしても怖い事があったので書いてもいいですか?
長文ですが・・。

347 :(`・ω・´):2014/01/21(火) 06:30:03.94 ID:dHaTnwMb0
俺の一家っていわゆる霊感一家って奴なんだ。
よくワケわかんないドラマとかで出てきそうな感じで。

とは言っても母方の方なんだけど・・

しかも土地も土地で元々城が建っていた場所とか
おばあちゃんが住んでる町内が霊の通り道で
だから名前も「天神町」とか(この由来は母に聞いた。)

俺自身は一応霊感はある。
小6から見えるようになったんだけど。

348 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 10:20:42.44 ID:qodO9nRx0
>>346 涙拭けよ

349 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 12:48:51.54 ID:II9UAekl0
いい加減初心者アピールの枕レスやめれ
空気変わるし便利だけどうざいだけだ

350 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 18:33:00.12 ID:V8EbzD8F0
反応なかったら書く気失せるならss板でも行ってろ

351 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 18:41:39.37 ID:eKCiMta20
>>350ss板って、
すごくサディスティックな板
の略?

352 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 18:52:13.36 ID:d7Bo+Hrm0
霊感がなくても霊と物理的な接触することってあるの?
何となく違和感のある気配があって、軽くお腹を殴られた気がしたんだけど。

353 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 21:44:47.09 ID:qRFzWMtn0
そんなのたいしたことなくね
俺なんて大木金太郎と名のる霊にヘッドバットされたことがある

354 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 22:19:14.67 ID:xstzitZd0
そりゃ恐ろしいわ

355 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 23:42:50.34 ID:yX5xHbJQ0
ちょっと長くなるが実際に合った経験を
自分は自転車ツーリングを趣味としているんだが、冬の間は行かずに、春先に自転車で遍路をして体力を取り戻すのが恒例となっている
去年の春も自分は例年通り落ちた体力を痛感しながら走ってた
そんな時に遍路の中で最長の区間の時に風向きが逆風になりなかなか進めず、このままでは次の札所には間に合わないのが明らかだった
そこで次の札所を飛ばし、先にもう一つ先の札所が近いのでそっちに行き、飛ばした札所は夜に移動し朝一で打つ事にした
無事に納経時間内に打ち終わり、飛ばした札所に行く最短の峠を越える前にある駅の近くのコンビニで夕食をとっていたら酒を飲んだ乞食遍路に絡まれた
しかし暗くなる前に峠道を超えたかったので、あしらおうとしたが解放されず、恨みがましい目で見送られながらやっと解放された時には日がだいぶ傾いていた
急いで峠を登り、頂上付近の村集落についた時には完全に薄暗くなっており、これはかなり急がなきゃなと思ってこいでいた

356 :(`・ω・´):2014/01/21(火) 23:43:28.07 ID:dHaTnwMb0
ごめんなさい、今きました。
348さんありがとう。
349さん、ご迷惑かけたようで本当にごめんなさい。

それでは続き
んで、本題なんだか俺は休日の時いっつも昼まで寝てるか、
ゲーム三昧しているんだけど、その日はいちご牛乳しながらゲームしてたんだ。

すると、なんだかすっごい視線を感じたんだ。誰か見てるなって。
もちろんその時は誰もいないし、俺独りだけだったんだ。(母は仕事。父は別居中)

ある意味怖いだろ・・?
誰もいないはずなのに視線を感じるんだから。

だけど問題はその後だ。

357 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 23:44:21.96 ID:yX5xHbJQ0
普段自分は違うルートで行くのでこの時は自転車用ナビに頼っていたんだが、そのナビが集落内の二又で別れるところで突然ルート変更をした
このナビは結構優秀で傾斜の低いルートを選んでくれるので今回もそのための変更かと疑いもせず新たなルートに進んで行った
後から地図を調べると、本来のルートだとそのまま川に沿って下るだけだったが、その時通っていったルートは緩やかながらさらに登って行った
民家もまばらになったところで完全に日が暮れてしまい真っ暗になり、夕方の知らせる用から夜間走行用のライトに切り替えようとしたがつかない
電池は昨日取り替えたはずなんだがと思いながら予備の電池に交換作業をしていたら周りからがさがさと音がした
キャンプツーリングをしていたら動物に出会う事なんてよくある事だし、その時も動物かと思い、電池を交換し終えて再び登り始めた
しかしガサガサ音は斜め後ろからついてきて、その脇が草むらから果ては両脇が林になってもついてくる
もちろん登りで荷物も積んでいるので15km/hぐらいしか出ていないので大抵の動物ならついてこれるだろう

358 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 23:45:52.46 ID:yX5xHbJQ0
しかし流石になんだか嫌な感じがしたので頂上も見えたのでペースを上げたら向こうはそれ以上にペースを上げ近づいてきた
その状況に自分はパニックになりだし、やっとの思いで頂上につき、下りだから引き離せると思ったが甘かった
その3 次で終わりです
下りの危険を冒しながら飛ばして降りたのだが嘲笑うかのごとく、密集している林の中をガサガサ音を立てながら追いかけられ
さらには何を言っているのかわからないがぼそぼそと低い声で語りかけてきた
一心に南無大師遍照を唱え、お大師様に救いを求めたが音と声がやむことはなく、最後の方は半狂乱で下りなのに全力で漕ぎ、カーブを攻めてを繰り返した
やっと明るい知っている広い道が見えたときにはっきりとした声で「また」ときこえ、やっとガサガサ音は消えた
その先にあるコンビニが見え、逃げ込むように店内に入った時は店員さんは驚くような眼をしていたが、自分が遍路の格好をしていると気付くと、接待として温かいお茶をいただきそこでやっと一息つけた

359 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 23:47:28.01 ID:yX5xHbJQ0
その4
本来の予定ではさらに暗い海岸沿いの道を通って札所の前まで夜のうちに行くつもりだったがそんな気分にもなれず、一つ手前の大きな市で宿を取ろうと考え
携帯を見たら家族や親しい友人からおびただしい数の着信が残っていて、かけなおすとなんだか嫌な予感と助けを呼ぶ自分の顔がよぎったと皆が口をそろえて言った
これが無事だった原因なのか、なんなのかはわからなかったが、そこで人の繋がりや恐怖から解放されたはずみなどで涙が出てしまった
その後は無事に回りきる事が出来たが、あれが一体何なのかはコンビニや宿の人、お寺さんまで聞いてみたがそんな話は聞いたことがないと言われた
となるとあれは、確認されていない霊だったのか、それとも邪険に扱った乞食遍路の呪いだったのか、もしくは自分の内に巣食うものだったのかは今もわからない
ここの人たちであれが何なのか知っている人がいたらぜひ教えてほしい

360 :(`・ω・´):2014/01/21(火) 23:59:50.87 ID:dHaTnwMb0
続き
しばらくすると
俺から見て、どうやら部屋の入り口から視線を感じるのが分かった。
小心者の俺としてはめっちゃ見たくない。 見るくらいだったらいちご牛乳ぶっかえられた方がまだマシだ。
そう思ってずっとファミコン(母のもの)やってたんだけど・・、 やっぱり俺は殺ってしまったんだ。
好奇心に勝つことができなくてそっちを振り向いちゃったんだ。 (セーブボタンはちゃんと押したぜ☆)

361 :本当にあった怖い名無し:2014/01/22(水) 00:10:18.35 ID:G07ljjHp0
>>359
四国のお遍路?

362 :本当にあった怖い名無し:2014/01/22(水) 00:10:21.32 ID:3SmN2Ot90
>>360
あのさ、書きたいなら自由だけど
>>1くらいは読んだ?

他の人とタイミングかぶってる上に、ぼちぼち書いてるだろ?

長文は書き上げてから(分割するなりして)一気に貼る。
これ、マナーであり、ルールだから。

マイペースで書きたいなら
何でもいいから怖い話を集めてみない?Part4
ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1378984887/

こっちがお薦め

363 :(`・ω・´):2014/01/22(水) 00:11:41.87 ID:Ax13tuwC0
そしたら女の子がポツンと立ってた。こっちをじっと見ながら。
すっごい気持ち悪かった。なんか変に目が大きいし。で、しばらく目が離せなくなって
ずっと見てたらそいつが笑ってボソボソいいながらこっちに近づいてきたんだ。
俺はマジで怖くなって目を閉じて「来るなくるなくるなくるなくるなくるな((ry。」ってずっと言ってた。

んでしばらくしてなにも声が聞こえないしゲームもやりたいしと思ってゆっくり目を開けた瞬間
そいつが目の前にいたんだ。ホラー映画みたいに。

364 :(`・ω・´):2014/01/22(水) 00:26:34.67 ID:Ax13tuwC0
363さんすいません。お勧めしてくださってありがとう御座います。
今度からそっちでレスしたいと思います。本当にごめんなさい。

365 :1:2014/01/22(水) 05:21:38.45 ID:uAKaXYHL0
中学の頃、俺がぼっちで中二病だった時の話だが、一人で心霊スポットに行ったことがある
心霊スポットとは言っても、ある小学校出身の奴らが話しているのを盗み聞きした、マイナーなやつ
残酷な殺人事件の現場だとか言っていたが、実際、少し寂れた地域にあるただの空家だった

366 :本当にあった怖い名無し:2014/01/22(水) 05:48:21.79 ID:scOkqp2RO
その空き家には、おじいさんとおばあさんが住んでいた。

367 :本当にあった怖い名無し:2014/01/22(水) 08:46:47.11 ID:b9BdgXrd0
>>361
すっごい亀でID変わってしまってるだろうけど四国であってる
今年も春になったら行こうと思ってるんだが去年の出来事が頭から離れないんだよ
うちの寺の坊さんは3番目の自身に巣食うものを乗り越えたのではないかと言ってた
最後に人とのつながりを感じた事で部分的だが悟りを開けたのではないかと
ただ、土地の者(可能性としては乞食遍路に化けていた)を怒らせた可能性もあるからその辺に行くときは注意した方がいいとも
他にもお四国参りを何度もしていると恐怖体験や不思議体験をしているが

368 :本当にあった怖い名無し:2014/01/22(水) 08:51:15.30 ID:b9BdgXrd0
スマン途中で書きこんでしまった
他にもお四国参りを何度もしていると恐怖体験や不思議体験をしているが、洒落にならないほど怖い思いをした不思議な体験はこれだけだ
生きた人による洒落にならないほど怖い思いをしたはあるがここに書きこんでいいかはわからないから控えとく

369 :本当にあった怖い名無し:2014/01/23(木) 00:53:02.74 ID:EKHK2vK+0
何回遍路を繰り返そうと、身なりの貧しい人を「乞食遍路」などと呼ぶ奴には何の意味もないわな

370 :本当にあった怖い名無し:2014/01/23(木) 07:38:28.57 ID:bT/qHdM+O
お大師様が乞食遍路に姿を変えて人々を試しているという噂があるとかないとか

371 :本当にあった怖い名無し:2014/01/23(木) 11:22:55.98 ID:bwyi0ENoP
ID変わるほどのすっごい亀か…

372 :本当にあった怖い名無し:2014/01/23(木) 11:46:59.75 ID:1kU17P2z0
>>369
本人ではないが俺も四国出身だ
乞食遍路ってのは四国ではごく普通に使われる言葉だ
本来の目的を忘れて遍路の格好をして物乞いや強盗まがいの事をする人の事だ

373 :本当にあった怖い名無し:2014/01/23(木) 11:54:45.30 ID:llymGH420
あと、遍路ってのは巡礼の意味より観光の意味のほうが強い

374 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 01:11:19.70 ID:pxjZ742S0
>>373
それでいいと思う。
代々真言宗の檀家でもあるので、密教関係の書物や理趣経なんかを読んでたりするんだが、まぁ、すこぶる現世利益な教えであるし。
加持祈祷ってのも、どうなのかなぁ?

375 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 01:41:39.80 ID:mmYTgt3w0
http://blog.livedoor.jp/kaidan2ch/archives/31043745.html

そろそろかな?

376 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 02:56:09.67 ID:KHkhZHfGO
夜中、近くのコンビニへコーヒーを買いに行く。徒歩で。
家に帰ってくる。今まさに玄関のドアを閉めようとしている、その閉まっていくドアの隙間から、ダッシュでこちらに向かってくる女が。
よくある全身骨折してそうな動き。見開いた目。うめき声。あれがとんでもないスピードで向かってくる。
急いで閉めようとするが、隙間に手が入ってきやがる。あの目で、あの声で、ドアを開けようとしてくる。死に物狂いでドアを閉める。鍵をかけ、チェーンもかけ、崩れ落ちそうな足腰でなんとか部屋に戻る。
その部屋のドアを閉める時にまたもあの女が……。

って想像したら怖すぎてヤバい。帰宅時に機会があれば想像してほしい。ちゃんとリアルに想像してほしい。マジで怖い。
今買ってきたホットコーヒーでほっこりしながら、震えてるw

377 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 08:24:25.70 ID:kSuHKLU4P
>>376
>よくある全身骨折してそうな動き

よくあるのか?世間では

378 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 10:33:34.92 ID:iRCTAF4DP
>>376
まず全身骨折した人が歩くとこを見たことない

379 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 11:51:57.66 ID:jnZakW/T0
>よくある全身骨折してそうな動き。

野戦病院にでも勤めてたのか?

380 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 14:12:40.57 ID:mpJLDoPw0
そんなことなら俺は海沿いの埋め立て地のプラントで夜勤とかするんだが、夜中に工場の外歩くのメチャクチャ怖い
霊とかじゃなくて夏や秋は熊が降りるかもしれんし、北朝鮮の舟や遺体が流れ着いたりしたこともある地域だから
常にモンキーやスパナで護身の素振りしてるわ
たまにパトカー回ってるのもさらに怖い

381 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 14:43:13.17 ID:eRYFE0Ju0
呪怨以降ホラー映画でチラホラ見られる演出ってぐらいわかるだろ
体験談ですらないどうでもいい妄想にいちいち文句言わないと気がすまないのか?

382 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 14:43:15.31 ID:lRCZNnlu0
熊に憑依されたら生きちゃいないだろうな

383 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 20:57:05.71 ID:K7n0PUt/0
>>380
霊よりもそういう現実的なモノの方が何倍も怖いよな

384 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 22:05:28.48 ID:wudmPd7b0
初めてですけど
話してもよかですか

385 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 22:23:34.01 ID:mV/AXjby0
>>384
いいよ!話せ

386 :384:2014/01/24(金) 22:25:08.63 ID:wudmPd7b0
高校生だった頃の話。

当時、俺はアパートで一人暮らしをしていた。
一人暮らしといっても、三食は母さんとこに帰ってご飯を食べた。
受験勉強のための勉強部屋といった感じです。
家が狭かったから、わざわざアパートを借りていたのね。
勉強部屋→飯→学校→部活→塾→飯→勉強部屋といった一日です。
勉強のし過ぎとプレッシャーで頭がおかしくなって、夜徘徊することが多くなった。
コンビニとかアダルトショップとかを覚えるようになる。
これじゃいけないと思い、じゃあランニングにしようと切り替えて
夜中一人でよく走ったんですよ。そうでもしないと神経が休まなかった。
しかし、それがまずかった。
隣町まで山を越えてトンネルをくぐったと姉に自慢したら、姉が険しい顔になり、
そこはどこなのかとしきりに聞いてきた。

387 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 22:25:52.91 ID:wudmPd7b0
あの県道通ってあそこ行ってと事細かく説明したら、
姉「そこは出る所で有名だよ。」
などと言う。オカルト好きの姉のことだから、と気にすることもなく俺のランニングは続く。
ある日いつものトンネルを抜けると、初めて反対側から歩いてくる人に会った。
その翌日も同じような人に会った。
体動かして楽しいから全く気にしていなかったんだけど、とうとう向こうから話しかけて来た。
オジサン「趣味ですか?」
俺「ええ!そうです。」
オジサン「ははは、同じです」
みたいな会話ともつかない、一言だけ交わした内容だったと思う。
その日を境に、よくそのオジサンと会うようになった。
オジサン「精が出ますねぇ?」
俺「いやいやw」
相変わらず、会釈するぐらいの関係。

388 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 22:26:50.87 ID:wudmPd7b0
何度か会ううちに、さすがにおかしいなと感じた。夜中だしね。
そう思い続けながら走っているといつものトンネルに着く。
オジサンもいた。会釈を終え、トンネルを潜り、下の道になると歩く。
いつもここで歩きながらクールダウンして、勉強部屋に帰っていた。
ただ今回はふと思い立ってしまい、まだ体力があるから山をもう一度登ってやろう!
と意気込んで逆走し始めたんだな。俺、高校生だったんだよ。
もちろん、トンネルをもう一度潜ることになる。

彼がいた。
トンネルの中にいた。
これは危ないぞ、と頭の中で信号が鳴ったが、ランニングってノッているときは
なかなか足を休めたくないんですよね。やり過ごすことに集中しようと意識した。
オジサン「今日は出ないと思いますよ」
俺「・・・?え?あ、そうですか。」

389 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 22:27:55.22 ID:wudmPd7b0
――、トンネルを抜けた頃合いで、その意味がわかってしまった。
振り向くと、オジサンはこちらに近づいて来たんだな。
全速力で帰ったよ。

彼は絶対この世の人だが、そこまでして霊に会いたいっていう人の気持ちが理解できなくて、
頭の整理ができない俺がいた。
ランニングはやめた。

勉強しろよってことだったんだろうな。

390 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 22:36:26.55 ID:4rqWkTk20
ええっと、俺の話をしてもいいですか?

391 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 22:42:14.86 ID:Iyy2L+Hx0
ええっと、俺の話をしろ

392 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 23:02:21.68 ID:S9NtWZxE0
お・れ・の♪お・れ・の♪ お・れ・の話を 聞けぇ♪

393 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 23:05:37.47 ID:4rqWkTk20
初めて書き込みますけれども、一番上の
書き溜めてから連投しろという文字を見落としてました。
ちょっと今、書き溜めているところです。すみません。

394 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 23:07:36.32 ID:U0HCidKB0
テンプレには書いてないけど
怖くない話を投下したら呪われて死ぬんだよここ

395 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 23:09:02.97 ID:wudmPd7b0
おわた

396 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 23:42:18.77 ID:Iyy2L+Hx0
俺もおわた

397 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 00:02:31.45 ID:4rqWkTk20
俺は五年前、大学一年の時に糖質になった。
最初は何となくやる気が起きないことから始まったんだが、そのうち
大学の構内とか、人込みの中とかで、俺の悪口が聞こえるようになったんだ。しかも人が気にしてるような、えげつない悪口が。
当時、俺はそれが幻聴だなんて解らなかった。ただ、誰かが腹の立つ
ようなことを、こそこそと囁いているというような認識だった。
俺は次第に鬱病のようになり、部屋に引きこもってしまった。それでも
悪口は聞こえてくる。俺は怖くなって、下宿の隙間という隙間を目張り
して、完全に籠城するようになった。
心配した友人が訪ねてきたのだが、話をするうちに、どうも俺の方が
おかしいという結論になり、病院へ行った。そしたら糖質だった。
(簡単に書いたが、ここまでで半年は経過している)

398 :390:2014/01/25(土) 00:03:17.03 ID:M63QCTQ20
周囲と相談し、俺が一人で生活することは困難という結論に至った。
俺は大学を休学し、急遽田舎へと帰ることにした。都会のK駅を発った
のは、夜の七時くらいのことだった。駅に至るまでの雑踏や、電車の
中では、始終、本物と変わりない悪口が聞こえていた。
電車の外は段々と暗くなり、乗客も次々降りてゆく。
俺が住んでいたK府(つうか京都府)から田舎のN駅までは、一度だけ
乗り換えをしなければならなかった。
俺は予定通りY駅で降りたんだけど、乗り換えるべき電車がない。
困り果てて駅員に相談したところ、どうやら俺は駅を間違えたらしい。

399 :390:2014/01/25(土) 00:03:53.63 ID:M63QCTQ20
「この駅で降りるはずがないんだけどなあ」と思いつつ、俺は駅員に
Y駅へ至るまでの路線を聞き出した。駅員は、この駅から出る電車
に乗り、X駅で乗り換えをしなければY駅には着かないと言った。
おかしい、おかしいと首を傾げつつ、俺は糖質だから、
俺の方こそおかしいんじゃないかとも思った。
駅員が指示する電車に乗り、俺はX駅へと向かった。
けれど後々のことを考えれば、やっぱおかしかったのかもしれない。
電車の中では、やっぱりずっと悪口が聞こえていた。
(X駅が何であったかよく覚えていない。知らない駅だった)

400 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 00:05:58.77 ID:M63QCTQ20
X駅に着いたのは、二十分ほど経った後だ。
ただX駅に着いて愕然としたのだけど、そこは山の中の駅だった。
まあN駅まで田舎の路線を走っていたこともまた事実だが、
それにしてもこの寂れ具合は驚いた。狭い山の中の集落で、まばらな
家々が見える他は、ただ田んぼがあるばかりだった。
駅員からは乗り換えるだけでいいと聞いていたけれど、次の電車が
いつ来るのか不安になってしまった。だって、線路は一本だけしか
なかったし。時刻表のようなものもプラットフォームにはない。
明かりは電球が一つあるだけだし、誰もいないのに悪口は聞こえてくる
(また間違えたのwwみたいな)し、気分は最悪だった。
とりあえず、俺はまた駅員に路線を聞いてみることにした。
駅員がいるのか、という疑問はあったが。

401 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 00:06:43.47 ID:M63QCTQ20
はっきり言うと、駅員はいた。真っ暗な駅舎の中、受付にだけ光が
灯っていて、軍人みたいな制服に身を包んだ駅員が、一人だけ。
「Y駅に行く電車はいつ来ますか?」と聞いたけど、駅員は
ぐごご、と低いうなり声を出すだけだった。重ね重ね同じことを
たずねても、駅員は唸り声を出して、何かを催促する手振りをする
だけだった。はっきり言って、知的障害なんじゃないかと思った。
どうやら駅員が切符を出せと言いたいらしいと気付いて、
俺は切符を出した。すると駅員は、何も言わず切符を切ってしまった。
それはY駅まで行くための切符だったのに、俺は愕然とした。

402 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 00:07:35.69 ID:4rqWkTk20
「貴方は話が解らないんですか? 他の人を呼んでください!」
俺がそう言うと、駅員は駅舎の外へ行けというような手振りをした。
言われるがまま(?)俺は駅舎の外に出たんだが、全く誰もいない。
やはりあの駅員は知的障害だったのかもしれない。
「お前はあの駅員と同じ知恵おくれだ」
みたいな幻聴が繰り返し脳内に響いていた。多くの人が非難していた。
母親に電話しようと思ったが、圏外だった。
俺は駅舎へ退き返そうとしたが、あの知的障害の駅員に会うと思うと
何となく嫌だった。(知的障害の駅員というのは確かに変だが)
ただ、何もない田園風景の、遠くから、何かが祭囃子のようなもの
が聞こえていることも確かだった。それが幻聴であるか、全然判断
がつかないけれども。もしかしたら駅員は話の分かる地元民に聞け
と言いたかったのかもしれない。俺は音のする方向へ足を向けた。

403 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 00:08:26.93 ID:M63QCTQ20
誰もいない道を歩いて、十分ほどした後のことだろうか。
向かい側から、一人の老人が歩いてくるのが見えた。
その老人には片足がなく、義足をしていた。歩くたびに、こつこつと
金属質な音が聞こえる。俺は老人を捕まえて、今まであったことの
事情を話した。すると老人は、
「この十字路を真っ直ぐ行って、突き当りを左に行ったら、トンネル
が見えるけえ、そこを通って、次に見える角を右に、その次の次の角
にバス停があるけえ、そこからY駅に行けるけえな」と言う。
それが本当に正しい言葉かどうかは解らなかったし、ややこしい
老人の説明に俺は混乱した。すると老人は「地図を書いてやろうか」
と言った。(上の説明だけやけに覚えているのは、地図が今もあるから)

404 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 00:09:10.12 ID:M63QCTQ20
老人は手帳を取り出して、ページの余白に地図を書いてくれた。
手帳には変な文字が多く書かれていて、余白は少なかった。
「この通りに行けば間違いはないから」と言って、老人は地図を渡す。
その地図を見て、俺は首を傾げてしまった。
地図自体は問題ないとして、そこに書かれている文字が、見たことも
ない文字だったからだ。ひらがなでもなければ、漢字でも、ハングル
でもない。強いて言えば、子供の落書きみたいな文字だ。
「この文字は、何ですか?」と聞くと、老人は「バスの出る時間や」
とだけ言った。俺は理不尽な気持ちになりつつ、老人に礼を言って、
その通りの道を進むことにした。

405 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 00:14:42.27 ID:YMuO39+D0
誤爆も甚だしい
ちゃんとしろ

406 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 00:33:32.98 ID:9Rhr7umsP
X駅てのはキサ・・

いや何でもないです続けて下さい。

407 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 00:44:09.89 ID:9OiZygBT0
おもしろいけど規制でもくらったかね

408 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:03:13.89 ID:M63QCTQ20
>>406 キサ?
>>407 はい、すいません。規制喰らいました。

言われるがまま道を進み、トンネルを抜けると、確かにバス停があった。
バス停には、サングラスを掛けたババアが一人だけ座っている。
こんな真夜中に何でサングラスなのか、ちょっと疑問に思った。
けれども知恵おくれの駅員といい、老人が書いた謎の文字といい、
その程度の疑問はもうどうでもよかった。
とりあえずバスを待てばいいわけだから、老人の渡した地図を
ポケットに仕舞おうとした時、俺はぎょっとした。
二つ折りにしようとした紙片の裏側に、その文字がびっしりと書かれて
いたからだ。

409 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:04:23.66 ID:M63QCTQ20
老人の言っていたバスが来たのは、10時くらいのことだったか。
バスに乗ったのは、俺と、サングラス姿のババアだけだった。
その時に気付いたんだけど、ババアは目が見えないらしかった。
ババアはY駅に向かう途中のバス停で降りた。
はっきり言えば、俺はつつがなくY駅に着いた。
というか、何で今まで着けなかったのか。
全くの疑問としか言いようがない。
はっきり言えば最初の時点でY駅に辿り着けなかったこと自体が
おかしいし、駅員に知的障害者が採用される訳がないし、老人の書いた
文字も変だった。ただその時点で俺自身がおかしかったわけだから、
統合失調症ゆえの妄想なんじゃないかとも思った。
一時間ほど遅れてN駅到着し、俺は二年間田舎で休養していた。
その間、様々な幻聴や妄想が俺を苛んでいた。
ただ症状は比較的軽い方で、俺の病気はその二年で治ったんだ。

410 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:06:01.52 ID:M63QCTQ20
そこまではいい。
ただ問題は、先月の大晦日、俺が実家に帰省した時だ。
ふと俺の部屋を整理し、懐かしい思い出に浸っていた時、古いコート
のポケットから一枚の紙片が出てきたんだ。そのコートは、俺が
五年前に糖質で帰省した時のものだった。
紙片というのは、もちろん老人が書いてくれた地図だ。
それが今、俺の手元にある。

今からうpするんで、ちょっと待って。

411 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:11:38.02 ID:M63QCTQ20
これが表。
http://iup.2ch-library.com/i/i1117404-1390579728.jpg

これが裏です。
http://iup.2ch-library.com/i/i1117407-1390579845.jpg

初めてやるので、ちゃんとできていますか?

412 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:13:09.56 ID:M63QCTQ20
表の矢印に書かれてるのは、バスの時刻ですね。

413 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:15:10.95 ID:aZApHnGp0
きさらぎ駅ちゃうん?
文字は面白いね、数字は読めるんだから文字が下手とかじゃなくて未知の言語?

414 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:18:58.03 ID:M63QCTQ20
>>413 きさらぎ駅って何ですか?
少なくとも老人が喋っていたのは、日本語でしたが。

415 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:20:16.59 ID:YMuO39+D0
>>411
それ本気でやってるならやめろ
意味は3年後にわかる

416 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:21:10.20 ID:9OiZygBT0
メモの方で確実にわかるのはこの辺か

10234
95678
A10

あとはなんか「88」みたいなみたいな字が結構な頻度で書いてあるね。

417 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:24:16.79 ID:aZApHnGp0
>>414
洒落怖のまとめサイトでも覗いてくるといいですよ
ここにいるひとの大半が知ってる有名どころだから

418 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:24:42.96 ID:stqYM3uP0
あーたしかきさらぎ駅の葉純も片足がないおじいさんがなんたらとか言ってたな

419 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:24:54.50 ID:M63QCTQ20
きさらぎ駅って、調べてみて初めて知りました。

いえ、何と言うか。。。

そんな名前の駅だったかもしれません。確証はないですが、少なくとも
ひらがなで書かれた駅だったことは覚えています。ほんと、糖質でしたし、
五年前のことなので、記憶があいまいなのですけど。
駅の描写とか、かなり近いものがあります。

420 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:27:24.23 ID:M63QCTQ20
ただ、今から思い出せば、あそこには障害者しかいなかったんですよね。
当時は俺も糖質でしたし、障害者の楽園みたいな場所があったらいいのにな
と空想していたんで、それゆえに見た妄想だと思ったのですが。
しかし、きさらぎ駅の話を知って、ぞっとしました。

421 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 01:43:21.69 ID:9Rhr7umsP
>>411
田舎の爺さんにしてはずいぶん高級なシステム手帳を使ってるんだな

422 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 02:00:31.67 ID:M63QCTQ20
>>421 どうなんでしょうね。あそこは、普通に俺の住む国と何ら変わりなかった
ようですし、、、何より、爺さんは俺をこっちに戻してくれましたし。

423 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 02:17:24.90 ID:Oi7/Vmoz0
久々に面白い話きたな

>>411
表で使われている文字と裏で使われている文字に共通性がある
さらに、裏で使われている文字は、どの文字も何度か使われている
4行目と12行目が1字下げられている
この辺から平仮名を変換した文字っぽい気がする
文字が使われる回数、順番なんかを考えると解読できそう

老人の言う通り、表の8文字が時間を表すなら「〇〇時〇〇分」とかの意味?
しかも表の3文字目と6文字目に濁点?があるな

戦時中みたいな描写も多いから、そのへんの時代背景も考慮しよう

424 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 02:38:26.06 ID:Cg767Mu/O
>>394
怖すぎワロタ

お前がチャンピオンだ!

425 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 03:12:14.22 ID:8yFkJ2yh0
Davinciって書いてあるじゃん…
異世界じゃなくて精神病怖いって話だね

426 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 07:12:57.62 ID:lqKoFWZwO
コートはクリーニングに出しましょう

427 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 08:05:11.35 ID:sCjiTxHy0
なんか面白いのきてた
誰か解読して
仮に釣りだとしてもw

428 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 10:13:33.95 ID:+VK0x/hA0
きらさき駅は何であんな何もない所で電波が届くんだ?

429 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 10:34:10.09 ID:luUQ244i0
>>428
きさらぎ駅の頃でも日本は隣の家まで車で5分みたいな糞田舎でも電波入るようになってたろ

430 :本当にあった怖い名無し:2014/01/25(土) 23:16:32.19 ID:O066L5pnO
前にテレビでやってた、四国で、霊に家を乗っ取られた老夫婦!みたいなの見たやついる?
襖燃えたり服燃えたり。
下ヨシ子が二回徐霊したんだけど、一回目まったく効果なしで、半年後にまた徐霊したんだけど、無事に終わったとか。
だけど、あきらかに手におえない感じで打ち切ったみたいな雰囲気だったが、続報しってるやついる?

431 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 01:16:04.46 ID:hBf5SOkL0
お前ら犬に呪われたら本気でヤバイぞ。マジで注意しろ。
俺もいろいろ調べてはいるんだが、どうも要領を得ない。
呪いに詳しいやつがいたら助言がほしい。

もともと家には俺が生まれる前から犬がいたんだが、俺はこの犬が嫌いで仕方なかった。
いわゆる馬鹿犬で無駄吠えはするし噛み癖は抜けないしでどうにも馬が合わなかった。
でも両親や兄ちゃんはそんな馬鹿犬を溺愛してたな。手のかかる子ほど可愛いとかそんな感じで。

432 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 01:21:51.00 ID:hBf5SOkL0
犬って結構人を見てるんだな。
俺が犬に対していい感情を持ってないってことがわかってるんだ。
父ちゃんや兄ちゃんが帰ってくるときには尻尾を振りながらお迎えするんだが、
俺に対しては餌をやるときでさえそっけない態度で本当に可愛くない。
俺は回りに家族がいないときは「クソ犬」と呼んでひそかに憂さ晴らししていた。

中学校にあがるころ犬が死んだ。結構いい年だったし大往生だったと思う。
俺はクソ犬がいなくなってせいせいしていたが、母ちゃんはペットロス症候群みたいになって、
日に日に元気がなくなっていった。

433 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 01:24:30.74 ID:hBf5SOkL0
当時の俺は母ちゃんの元気が無くなっていくことより、
夕飯のおかずが日を追うごとに少なくことが気になってた。
今考えると相当なクソ野郎だな。

それを見かねた兄ちゃんがある日小型犬を買ってきた。
母ちゃんは前のクソ犬のことを吹っ切れないようだが、
それでも少しずつ良くなっていった。俺もこの犬は可愛がった。
クソ犬と比べて素直だし何よりすっげえ可愛いんだわ。

434 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 01:26:43.77 ID:hBf5SOkL0
そんなこんなで時は流れて今年大学に入った。
俺は環境が変わるとストレスを感じる性質で、何日か寝苦しい日が続いた。
つい2日ほど前の話だが、その日は珍しくすんなり眠れた。

435 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 01:28:53.39 ID:hBf5SOkL0
夢にクソ犬が出てきた。
何でこんな夢見なくちゃいけないんだよと毒づいていると、
「お前が嫌いだった」とクソ犬が喋ってきた。
もちろん犬がしゃべるわけないんだが、確かに聞こえた。
「俺が死んでからも、ずっとお前のことを見続けてた。
俺より長生きするお前が憎かった」
クソ犬は続けざまに言った。
「お前を呪うことに決めた」
そういうと急に目の前が真っ暗になり、気づいたら目が覚めていた。

436 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 01:31:32.87 ID:hBf5SOkL0
起き上がってみると、なぜか周りの家具が大きく見える。
そしてなぜか俺の隣に男が寝ていた。俺はパニックした。
いろいろ考えてみてもグルグルと頭は空回りするばかり。
そのうち男が寝返りをうって顔を見ることができた。

その男は俺だった。

437 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 01:34:41.21 ID:hBf5SOkL0
急に頭が冴えてきて、鏡の前に移動すると、そこには小型犬の姿が映った。
俺は確信した。これはクソ犬の呪いだ。

呆然としていると後ろで男がもぞもぞと動いた。どうやら目を覚ましたようだ。
俺の姿を認めるとそいつは一言こう言った。

438 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 01:37:09.46 ID:hBf5SOkL0
「おはよう、クソ犬」
そのとき背筋が凍りついたのを良く覚えている。

それからあいつの目を盗んでいろいろ解決策を模索しているが、
決定打が見つからない。
誰かこの呪いを解いてくれ。
俺はいま慣れない前足でこの文章を打っているワン。

439 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 01:55:53.08 ID:zuz6Kkkv0
面白い

440 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 02:09:46.67 ID:OZchwvUB0
>>438
死ぬほど怖い話ではないわ

441 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 02:18:54.97 ID:mlxTFdr60
昔よく飼い犬にコブラツイストをかけてた

442 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 02:33:11.52 ID:W6TkgGK60
テンポが良くて好き
最後疑獣化じゃなくて呪ってやるって言われたとこで終わらせたら、リアルっぽくてもっと怖かったかも

443 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 02:34:41.12 ID:mlxTFdr60
最後の怪獣化がアフィリに盗られにくくするためにはとても大切だろ

444 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 02:44:33.63 ID:2UZTxhpX0
怪獣化のとこだけ削ってまとめさせてもらいました

445 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 04:28:24.46 ID:IA5drHeaO
犬になった自分と人間のままの自分がいてリアルにまとめるなら最後そこも説明欲しかったな

446 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 05:00:47.46 ID:8L0+S25n0
怖い話というよりか面白い話だな

447 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 05:06:14.91 ID:8L0+S25n0
あと>>397だが、糖質だけじゃなくて解離の症状を発してるんじゃないのか?
精神科医じゃないが、症状の実例とか読んでると一番近いような気がする
地図を描いてくれた爺さんって、お前の人格が分離したものだろ?

448 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 09:34:13.95 ID:J9JiVV0PP
いや、きさらぎ駅(知らないという設定)の話と絡めて爺さんの書いたメモまでうpして話題作りを狙ったんだと思うが。
異世界の怪しげな爺さんの書いたメモなのに、ブランド・システム手帳の切れ端使っちゃったから失敗した。残念賞。

449 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 09:50:57.29 ID:KZ1vZjRi0
>>442
むしろ最後のオチが良作へ昇華させているとすら言える

450 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 10:17:55.54 ID:8L0+S25n0
>>488
いや、爺さんに出会った話を信じないまでも、解離性障害の症状に似ていることも事実。
これとか。
ttp://www2.wind.ne.jp/Akagi-kohgen-HP/dissociation_example.htm
ttp://kokoro.squares.net/?p=1256

451 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 10:18:36.56 ID:W9jG7NfV0
脳みそフル回転させて
あらん限りの想像力を使って
自分のネタが伝説になる様子を妄想しながら
それなりの時間も費やして
出来た結果が>>411だとしたら
才能って残酷だよなぁ、という感想しか出てこない。

452 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 10:23:05.11 ID:/y1+doVl0
つかもうオ板は2dh内で伝説作る力もないよ

453 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 11:20:46.66 ID:+Dv1i2LY0
未遂で終わったけど今までで一番怖かった話
やたらと推測が多いけれど堪忍してほしい

小学校3年くらいだった頃、一時期俺は小さなマンションで暮らしていた。
爺ちゃんから譲ってもらった家をリフォームするとかで、期間としてはだいたい半年くらいだったかな。
古くてかび臭いマンションだったけど、家の近くでかつ値段が安いとかで決めたらしい。

454 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 11:23:46.14 ID:+Dv1i2LY0
そして当然のこと安いってことで、入居者はそこそこいるみたいで俺の住んでた部屋の両側にも入居者がいたと覚えてる。
片方は優しそうな老夫婦が住んでいて、もう片方がずんぐりした陰気な男とその母親らしきおばさんの2人が住んでいた。
この男の人を仮にAと呼ぶことにする。
おばさんの方は、朝にいってらっしゃいと声を掛けてくれたり、母さんと談笑していたりとかなり愛想のいい人。
しかし一方で、Aは恐らく何らかの障害を抱えていたのか、ちょっと表情が変で奇行が目立っていた。

455 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 11:26:52.11 ID:+Dv1i2LY0
例を挙げると、夜に廊下を意味もなくウロウロしていたり、エレベーターの中でブツブツと呻きながら寝転がっていたりと。
そんなだからウチら家族を含め、マンションの人らはおばさんとは仲良くしながらも一定の距離を保っているようだった。
だからなのかは知らないけど、引越しから1月もすると次第におばさんを目にする回数が減っていった。
そして越してきて3月くらい経った頃、何故か完全におばさんを見なくなり、それに伴ってどういう訳かAも姿を消した。
だから多分引っ越したんだろうとその時は思っていた。

456 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 11:30:35.20 ID:+Dv1i2LY0
そんなある日、俺が学校からマンションに帰ってくると、なにやら奇妙な視線を感じた。
友達が着てるのかなと思って見渡しても誰もいない。おかしいなと思っているとあることに気が付いた。
隣の部屋、Aの住んでいた部屋の扉が少し開いているのだ。
そのマンションの扉は全自動……とかでは勿論なかったが、扉の自重で勝手に閉じる仕組みになっていた。
なので少し空いてるということは、誰かが裏で押えて開けているか、何かがつっかえて閉じないかのどちらかということ。

457 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 11:35:55.39 ID:+Dv1i2LY0
何だろうな、泥棒あったらダメだし閉じたほうがいいのかな、って思ってジーッと扉を見てると、急にバタン! と扉が閉まった。
その時は驚いたけど、マンション古いし立て付けが悪くなって閉まんなかったんだろうと事故解決してしまった。
ところが翌日再び学校から帰ってくると、また扉が少し開いている。
やっぱ立て付けが悪いのかなぁと思ってその扉の前を通り過ぎようとしたら、今度はキィっと少しだけ扉が閉まった。
その時になって初めて、誰かが扉の向こう側にいるって気が付いた。

458 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 11:39:10.09 ID:/y1+doVl0
私怨

459 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 11:40:15.29 ID:+Dv1i2LY0
でもその時俺は隣のおばさんらは引っ越したと思い込んでいたので、泥棒がいると勘違いして慌てて家に逃げ帰った。
そして両親が帰ってくると、隣の引っ越したはずの部屋に誰かいた! と訴えた。
が、お隣は○○さんでしょ? なに言ってるの? みたいにすんなり返されたのを覚えている。
どうやら姿を見かけなくなってはいるものの、時々隣の部屋から生活音が聞こえてたらしい。
だから両親はまだ隣にAの家族が住んでいると知っていたんだろう。

460 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 11:48:36.27 ID:zQnTm/9c0
>>8
おいおいおい…隣の駅なんだが…

461 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 11:57:08.41 ID:W9jG7NfV0
>>460
東陽町の隣って
西東陽町?東東陽町?

462 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 12:02:26.55 ID:+Dv1i2LY0
さる喰らった。悲C

それからはほぼ毎日、朝出るときはちゃん閉まっている扉が、下校する時には少しだけ開いていた。
でも特に何があるでもないし、そこにいるのは泥棒じゃないって分かったので次第に慣れていった。

463 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 12:07:29.12 ID:+Dv1i2LY0
そんなある日、家で遊ぶことになり、友人らと一緒に家まで帰って来たら、やはりまた扉が少しだけ空いている。
でもどうせ何事もないだろうと普通に扉の前を通り過ぎようとした。
が、その時、急に扉の隙間から太い腕が飛び出してきて、俺の腕をガシリと掴んだ。
そして扉の中に引きずり込もうとぐいぐいと腕を引っ張ってきた。

464 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 12:11:15.74 ID:+Dv1i2LY0
俺は悲鳴をあげて無茶苦茶に抵抗したけど、引っ掻いたくらいじゃ腕は離れようとはしなかった。
ところが幸い、俺の悲鳴に気付いた友人が、慌てて駆けつけてきてくれた。
友人はそこらに置いてあった小さなスコップでその腕をザクッと刺してくれて
扉の向こうから「えうーっ!」みたいな悲鳴が聞こえたかと思うと腕がパッと離れた。

465 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 12:13:28.73 ID:+Dv1i2LY0
その拍子に逃げ出して、急いで家の鍵を開けるとその中に飛び込んだ。
しかし逃げ込んだはいいけど、これではもう外には出られない。電話するにもどこに電話すればいいかわからない。
悩みに悩んだ俺らは、とりあえずゲームをして気を紛らわせることにした。
今思うと相当のん気だよね。

466 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 12:16:03.03 ID:+Dv1i2LY0
それから時間が経って、だいたい5時を回ったあたりにようやく母さんが帰ってきてくれた。
そして慌てて母さんは事の顛末を聞かせたが、最初はなかなか信じてもらえなかった。
しかし最終的に友人の弁護もあって信じてもらえ、とりあえず友人らは遅くなったということで母が車で送ることになった。
自分はその時一緒に行かなかったから分からなかったが、後の友人曰く、やはりその時も少しだけ扉は開いてたらしい。

467 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 12:20:20.57 ID:+Dv1i2LY0
そしてしばらくして父が帰ってきた。
すでに電話で母から聞かされたみたいで、帰って早々、管理人さんと抗議しに行くからとか言って出て行った。
それを聞いて俺もほっとしてテレビとかを見ていたんだが、少し経つと急に隣の部屋が騒がしくなっていった。
そして父さんが慌てて戻ってきて母さんに何かを伝えるとまた出て家から行った。
その後はいつものように、夕飯を食べて風呂入って寝た。違ったこととと言えば、その日父さんを見なかったことくらいか。

468 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 12:22:54.19 ID:+Dv1i2LY0
さて、ここからは全部伝聞だが、どうやらその時隣の部屋では大変なことが起きてたみたい。
というのも、管理人さんと部屋の合鍵を使って中に入ると、そのAが首を括って死んでいたのだ。
それだけならまぁ普通の自殺事件で終わっていたのだが、Aが首を吊っていた部屋がこれまたかなり異常だったらしい。
まず部屋の天井から何十本も首吊り用の縄が釣り下がっていたみたい。
ご丁寧に天井にフックを打ち込んでの本格的なやつで、Aはそのうちの1本を使って自殺したみたい。

469 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 12:25:59.64 ID:+Dv1i2LY0
そして第二に、大量の男の子の写真が部屋から見つかったこと。
隠し撮りしたのか、ほとんどがブレてたり影に隠れてたりではあるけど、それが大量に見つかったとのこと。
当然その中には俺の写真も含まれていて、Aは俺の写真を握り締めながら死んでいたらしい。
最後にコレが一番衝撃的だったのだが、その部屋には恐らくおばさんからのAへの置手紙が見つかったこと。
内容は「辛くなったらこれ(縄)を使いなさい。お友達と一緒にいきたい時は予備のを使いなさい」的なことだとか。
まぁ流石に細かい部分までは知らないが、成人したときに父から聞かせてくれた分は以上になる。

470 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 12:29:33.01 ID:+Dv1i2LY0
知的障害者を馬鹿にするわけではないけど、正直俺は彼らが何を考えているのかがわからない。
あの時Aも俺に何をしようとして腕を引っ張ったのかはわからない。
もしかしたら友人と楽しそうに話してる俺を見て、寂しくなって話がしたくて腕を引いたのかもしれないし、そしたら或いはAも自殺することはなかったのかもしれない。
でも仮に一緒に逝きたくて、俺をぶら下げるために引き摺りこもうとしていたのかと考えると怖くてたまらない。
これが俺の今までで一番怖い体験になります。

471 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 13:15:42.92 ID:aZYzJAmj0
言葉でまともに意思の疎通出来ない奴が隣の部屋に住んでて奇行してるって怖いわ・・・
寂しかっただけかもしれんけどその時捕まってたらろくな事にはならなかっただろうな
俺は一戸建てだからいくらでも逃げられるけどマンションとかはそういう怖さがあるんだな
霊的なものよりよっぽど怖い・・・何はともあれ無事で良かったな

472 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 14:32:41.16 ID:kDwbAQPI0
見るたびに怖いと思っている出来事。
いま住んでいる部屋から50メートルくらいの距離にレンガ色の壁のマンションがある。
そこのマンションの部屋の窓の外には転落防止用の柵があるだけで、ベランダが無い。
で、たまにそこの6階の部屋の窓から、長い髪の女が隣の部屋の窓を空けて入っていくのが見える。
窓と窓の間の距離は1メートルちょいで、間には空調かなにかのパイプがあってそれにつかまって
壁沿いを移動していくんだけど、下に足場が無いので手や足が滑って落ちたら大怪我必至。
最初に見た時は自殺するのかと思って警察に電話しかけた。
隣室が友達の部屋で遊びに行ってるのだろうか。

473 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 14:49:36.55 ID:r4How1oo0
まとめ見た勢いで初めてきたんだけど、前スレ埋めないの?(´・ω・`)

474 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 15:30:08.93 ID:J9JiVV0PP
前スレつか同じタイトルのスレがいっぱい立ってるから、勢いの有るスレから埋めていけばいいんじゃないか?

475 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 15:54:11.22 ID:O5hCWJ0t0
>>411
再うp頼む

476 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 16:43:30.09 ID:/w0lzYk20
長井戸八尺女:
岡城下七不思議のひとつ。岡上の北、近戸御門を下りて、約二丁の所にのしかかった怪巌がある。その下に長さ二間位の浅い柄杓井戸がある。昔大殿の勘気にふれて下げ截にされた女の怨霊が出る。
身の丈八尺もあるように見えるという。その後、霊を弔うために井戸の裡に観世音の石像が沈められたという。
『竹田奇聞』


八尺様の元ネタこれ?

477 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 20:14:06.61 ID:YXEupLMTi
このスレの人達は怖い話を求めすぎて、
なんにも感じなくなっているね。
麻痺してしまっているね。
淡々と怖い話で埋まっていけばいいのに、
変に文句ばっかり言ってこちらの気分が、
悪くなるばかりだ。

478 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 21:12:05.34 ID:X12ZW5980
ここのスレが一番怖くないしつまらん話ばっかで存在価値なし。
他の「鉄道」「山」「海」「なんでもいいから」とかを読んでたほうが何百倍もおもしろい。

479 :本当にあった怖い名無し:2014/01/26(日) 22:04:30.43 ID:DxCcwfTy0
はいはい、次の人どうぞー

480 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 00:11:51.32 ID:BvaEB0AzO
昨日のことなんだけど、仕事の都合で実家に帰省してて、久しぶりに泊まった。 夜中に尿意をもよおしてトイレいったんだよ。
扉をあけたら、チンピラみたいな若いやつが用を足してた。洋式の便器だから目と目が合った。
僕はとっさに扉を閉めたんだけど、あれ?誰だ?とすぐにまた扉をあけたら。
やっぱりチンピラがいて、なんじゃワレ〜!!とデカイ声で叫ばれた。
僕はとっさにお前が誰じゃチンピラが〜!!!と怒鳴り返したら、目と耳と口から大量に血を噴出して、や…やるやんけ…ワレと言って消えた。
ここは東北なんだけど、なんで関西弁なんだよと思いつつ、おしっこもらした。言っとくけどマジだからな

481 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 00:28:56.56 ID:MB39hr1Z0
心霊じゃないけど、ちょっと不気味な話

今年の正月に初詣に行ったのよ
んで、人ごみが嫌なもんで真夜中に行くことにしたんだが、その道中で小腹がすいたんでコンビニに寄った。
で、コンビニに入ってまず感じた違和感

臭い

生モノが腐ったようなそんな感じ
その時店内には俺と店員以外にみすぼらしいオッサンが一人いたもんで、そいつの匂いかなと俺は思った
「やだなー」と思ってそいつをなるべく避けるようにしながら店内を回り、とりあえずおにぎりを選ぶ
次にドリンクを選ぼうとして俺はまた違和感を感じた。

品物が整頓されてない上にチルドの電気がついてなかった
つまりクーラーが付いてなかったわけだ
当然ながらそこにある飲み物は全部温くなってる

その時、最初に見たオッサンは既にいなくなっているのに、店内は相変わらず生臭いまま
嫌な予感が俺の脳裏をかすめる
「ここの商品、全部腐ってる・・・?」
俺は臭いに耐えながら、選んでおいたおにぎりを棚に戻し、足早に店を後にした。
店員の兄ちゃんは最後まで声をかけてくれなかった。

1か月後、たまたまその店の前を通ると、その店はもう潰れていた
あの臭いと関係があるのかどうかはわからない

482 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 04:46:41.77 ID:i+6rJ3JK0
>違和感を感じた。

まず日本語から勉強しましょうね。

483 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 05:35:17.05 ID:K0Mzmnio0
>>475
ったく、今回だけだぞ?
http://imgur.com/eO6eoq0.jpg
http://imgur.com/yzWNSvG.jpg

484 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 07:32:30.47 ID:Bg42K2K60
>>482
「違和感を感じる」は間違った表現ではない。

同様に「犯罪を犯す」「返事を返す」なども間違いではないです。
こういう所謂「重言」には、有名な「馬から落馬する」「頭痛が痛い」など
間違った表現もあるのですが、重言=間違いという誤った認識を多くの人が持っています。
日本語を勉強しましょう。

485 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 08:02:40.88 ID:7yZHJ5Yf0
やめとけ
ここは口だけの評論家様の棲家だ

486 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 08:12:15.43 ID:NlRx5Ubu0
「違和感を覚えた、違和感があった」のほうがいいとは思うが、
そんなことを気にしてネットを見てるやつはアスペだろう

487 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 09:48:54.06 ID:GiTZvtTGP
>>482
これは恥ずかしい

488 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 10:41:04.60 ID:rbRluzcd0
この間の肝試しの話。

俺は女顔のためによく冗談で可愛いと言われてしまう。
男の子だからやめてくれって言い続けてたんだが、バイト先でずっといじられるものだから男の子らしいところを見せてやろうと肝試しに行くことになった。

どこに肝試しに行くか品定めしてたところ、トンネルやお墓が候補としてあがった。
お墓に話がまとまりかけたところ、バイト先のお局さんがある旅館を紹介してくれた。
なんでもお局さんの親戚の旅館は一つの部屋がよく「でる」せいで経営が厳しいという。
お局さん自身は「怖いから行かなーい、可愛い後輩が行くって伝えとくわー」とか言ってまたいじってきた。

そんなこんなで、バイト先の先輩であるAとBと俺の3人で、その旅館に肝試しを兼ねた旅行に行くことになった。

489 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 10:41:56.48 ID:rbRluzcd0
その旅館は田舎でもなく都会でもない中部地方のある温泉街にあった。
街中に馴染んでたから、本当に曰く付きだとはじめは思わなかったくらいだ。
話にあった部屋に案内される時にかなり心配されたものの、知り合い割引で宿泊費を格安にしてくれたこともあってこちらから頼み込む形で泊まることになった。
詳しく話を聞くと、その部屋では女の霊がでるらしかった。
自殺があったりだとか旅館が戦場だったりだとか、そういうよくあるフラグが全くなかったため俺達は拍子抜けして完全に観光気分に切り替わっていた。

その部屋は中くらいの部屋で、手前のこたつの部屋と襖を挟んだ奥の和室に分かれていた。
でるという部屋は手前のこたつの部屋で、俺達は温泉に入って飲み会をした後分かれて寝ることになった。
皆酔っていたためここへ来た意味なんかすっかり忘れて、大富豪で負けたAがこたつの部屋に、俺とBが奥の和室に寝ることになった。

490 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 10:48:00.52 ID:VMeIzLrDO
俺とBがホモセックスしているとAが羨ましそうに覗いていた

491 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 10:48:25.19 ID:rbRluzcdI
俺とBは布団に入ってからしばらくバカ話をして、その流れでAを脅かしに行こうということになった。
いきなり襖をバーンと開けたらびっくりするだろうと二人ともノリノリだった。
しかしBが襖を勢いよく開けたところ、とてつもない違和感に襲われた。
Aが口を開けて座っていたのである。
BがAの元にかけよろうとした瞬間、俺は気づいてしまった。
Aは止まってるんじゃない、動きがスローになっているんだと。
そして目線の先の押入れが少し開いており、そこに何かがいた。

492 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 10:50:54.96 ID:rbRluzcd0
見てはいけないものだと思って後ろに逃げようとしたら、背中が凍りつき冷や汗が出てきた。
そして押入れからよくスロー映像とかで流れる低音で

「があああああああああああいいいいいいいいいいいいい」

という音が聞こえてきて、俺はゾッとすると共に視界がグルンと反転した。

AとBに揺さぶられて目が覚めたのは翌日の朝だった。
どうやら気を失ってしまっていたようだった。
AとBも気を失っていて、俺より早く目が覚めてからずっと俺を起こそうとしてくれていたらしい。
三人で何故かお互いに謝りあって最終的にお酒のせいになったが、俺は慣れていたせいであの声が聞き取れてしまっていた。
あれは「可愛い」と言われたんだ。
今度お祓いに行こうと思う。

493 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 12:22:44.84 ID:omc4OOou0
>>492
可愛い

494 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 13:30:19.23 ID:uoC9+Je10
可愛すぎわろた

495 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 20:46:29.31 ID:sPfRK5c50
>>492の人気に嫉妬

496 :本当にあった怖い名無し:2014/01/27(月) 23:32:03.41 ID:yaImBxWx0
波平の声優、永井一郎さんが亡くなったが
宿泊していた広島のホテルからチェックアウトしないのを不審に思った従業員が確認したところ、浴室で倒れていた

奇しくも
昨日のサザエさんの放送の中で波平が風呂場でアヒルのおもちゃで遊んだりしてサザエに風呂からあがってこないのを不審がられるシーンがあったばかりだった

497 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 03:13:55.86 ID:I3A9iSWR0
7年前の話なんだが、やっと最近になって解決しましたのでこちらに記載します。
高校生のときの話です。
当時私はA,Bという男友達と非常に仲がよく毎日のように三人で遊んでいました。
B君の家は地元ではそれなりに知られた名士の家だったのですが、厳しい家では無く
毎日のように訪れるAや、私をBの家の方は嫌な顔ひとつせず迎えてくれました。

私は当時B君の家に仕えるCさんという4つ年上の女性に非常に憧れており
Cさんもお姉さん役として私達に非常に良くしてくれておりました。
ある日の事です。
B君が変わった遊びをしようと提案をしてきました。
B君の家は屋根裏に隠れ部屋のような部屋があって、海が一望できるようになっていて
そこから見える夕焼けが綺麗だという話でした。

498 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 03:30:24.07 ID:I3A9iSWR0
毎日のように遊んでいたこと、私が夕焼けが大好きだったこと。この二つもあり
三人で屋根裏部屋から夕焼けを見ることにしました。
屋根裏部屋は大体4畳程度だったでしょうか。3人で見るには少し狭い場所ではありましたが、
作りはしっかりしていたのが印象的でした。
その部屋でお菓子を食べたりジュースを飲んだりしながら話していると
いつの間にか陽が傾いていました。私は期待に胸を膨らませ窓から外を覗くと
何か違和感を感じました。
違和感の正体は直ぐにわかりました。空が紫になっていて海の上に何か黒い物が浮いていました。
A君もB君も最初は「うおお!すげぇええ!なんだこの夕焼け!」
等と言っていましたが、少しするとB君は突然青ざめてA君と私に天井裏部屋から出るよう指示しました。

私も嫌な感じがしていたので直ぐに賛同し降りました。
A君も少し渋っていましたがB君の顔色を見て降りました。
しかし、手遅れだったようです。

499 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 03:42:27.02 ID:KvteXCld0
>>497
なぁ>>1くらい読んだか?

そんなにマイペースで書かれると、他に書きたいやつが終わるまで待たなきゃだろ。

500 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 03:50:40.82 ID:I3A9iSWR0
とりあえず私達はB君の部屋に集合しました。
部屋に入るなりB君はカーテンを閉めて一言
「すごくやばいことになったかも知れない」と言い、私達を部屋に残して自分の
母親を呼びに行くといって部屋を出ました。
入れ違いに青い顔をしながらCさんが来ました。
Cさんは「外を見た?」という質問を私とA君にして、私達が頷くと
「*****は見た?」と聞きました。
「*****って黒い物?」と私が聞くとCさんは頷きました。
二人とも頷きました。
少し間があって「目は合った?」と聞いてきました。
私は首を横に振り、A君は首を縦に振りました。
Cさんは泣きながら「ごめんね。ごめんね。」というといったん部屋を出て行きました。

雰囲気からきっとものすごく悪いことが起こったのだろうということは
容易に想像できました。A君は周りの雰囲気からかガタガタ震えていました

501 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 04:13:36.71 ID:I3A9iSWR0
>>499
あ、すみません。
でしたら箇条書きでこの後起こったこと書きます。
・事件から3日後B君失踪。
・事件から1週間後お祓いを断られたA君逝去。変死体で見つかる
・事件から1ヶ月後〜1年半 私、寺に預けられる。
・事件から半年後B君の変死体が海に打ち上げられる
・事件から一年後B君一家離散、その後次々に失踪、自殺
・事件から二年後寺を出た私、Cさんと再会。色々と聞く
・寺を出てから二年後、*****にまた狙われる。私の家族、失踪
・家族失踪から半年後Cさん失踪
・最近Cさん精神崩壊状態で発見。

以上です。
関わった人間は殆ど失踪か、お亡くなりになりました。
私の最後の希望だったCさんも精神がおかしくなり、ずっと壁のほうを見ながら笑っているだけです。
最後に何故これを書いたかというと、海に浮かぶ黒いもの。紫の空という条件を見たときは
これを思い出して欲しい。関わった人間の家族に至るまで没落しました。
まだ、私は狙われています。もう疲れました。

502 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 04:55:06.93 ID:0XfOLJv20
>>501
折角だし箇条書きしないで詳しく聞きたいな。伏せ字は読んでるわしら一般人にも影響あるのかな?
>>499が言いたいのは箇条書きに書いてってことじゃなくて、
目も帳などに纏め書きしてから一気に書き込みして欲しいってことだよ。
気にせずゆっくり書いたってかまわんぜよ

503 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 05:21:39.82 ID:Kf1j3Vdz0
杉田節子は誰でもやれる女

504 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 06:59:33.99 ID:W73rDD+O0
本当にここの住人は
誰も書かなくなるじゃないか

505 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 07:25:29.56 ID:IvLQKmgs0
>何か違和感を感じました。

まず日本語から勉強しましょうね。

506 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 08:41:43.26 ID:c2DJ4tHu0
>>501
せめてCさんから聞いた色々を書いてください ><

507 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 08:41:56.17 ID:MwcvxP440
>>506自己紹介おつ

508 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 08:45:55.60 ID:unKjGXxDO
>>505

>>484
>>486
>>487

509 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 09:13:14.69 ID:unKjGXxDO
>>500
ネタは、オカ板の話のテンプレ通りで・話の流れもTHEテンプレ通りの
ありきたりな話
あと、主人公が男か女かがハッキリ分からないという欠点はあったけど

文章は上手いと思う、読み易いし情景を想像しやすい
あと舞台設定のセンスも良いと思う

メモ帳に書き溜めて一気に書き込んでくれれば
20レスに渡るような(ココ基準での)長編でも
サラッと読ませるだけの文章力を持ってる人だと思う

オカ板のまとめとかからではなくて
日本や海外の古い民話とかからネタを引っ張ってきて
そのセンスで膨らませて・その文章力で書いてもらえば
結構な良作になるはずだと思う
次作に期待大

510 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 10:05:38.12 ID:c2DJ4tHu0
ただ冒頭で”最近になって解決しました”とあるのに最後ちっとも解決してない所が残念だけどな

511 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 11:58:29.50 ID:TS2iPQC40
去年の正月に田舎に帰ったときの話。
ちょうど昼前だったし、行き道で何か手土産でも買っていこうと思って、地元のスーパー(チェーン店)に入った。
催したのでトイレに寄って、用を足していると、背後にある扉の閉まった個室から
「うーん、うーん、」とオヤジが唸ってる声がする。
狭いトイレだから個室と距離が近くて気分悪いなー早く出ようと、ささっと済ませて振り返ったら個室の扉全開。オヤジもいない。
人が出ていった気配なんてなかったし、だれか通ったりしたら狭いから絶対わかる。
不気味すぎて手土産かわずに店を出たよ。
ちなみにトイレに入ったとき、個室の扉が開いてたか閉まってたか覚えてない、わからない。
そんなに怖くなかったかな?
でも本当にあったことです。

512 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 13:27:26.11 ID:B+Nlu138P
どこが死ぬほど洒落にならない怖い話なんだ

513 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 13:55:21.83 ID:3hL9RcqLO
幽霊もウンコするんだね♪くさいのかな?

514 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 13:57:33.08 ID:/XlY2ymX0
洒落怖じゃなくてほんのりと臭う話ってところだな

515 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 15:31:25.90 ID:P+Q7AuRb0
>>501
誰も書くなとは言ってない。
書き終わるまで待つ間、君以外の人は書くのを待つことになるだろ?
そのためにテンプレとして>>1に書いてある。

1時間も2時間も独占されると途中でうざがられるから、書き終わってからコピペで連続して書けって事。
それなら10分位で終わるじゃないか。

516 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 20:34:27.74 ID:J1/ZtDm60
>>480
その人、どれくらい血だしたの!?
死ななかったの!?

517 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 21:04:10.01 ID:jE9FN2GCi
消えたって書いてあるよ

518 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 21:30:16.23 ID:ZKmsptLG0
書き手が出血したのかと思った

519 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 22:57:26.91 ID:Xaypw5La0
最近の出来事で結構怖いことがあったから話してスッキリして寝たいと思う

520 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 23:00:16.17 ID:Xaypw5La0
夢の中の話なんだが
髪の長い女の人と普通の男の人が出てきて、私は髪の長い女の人視点で夢を見てたらしかった

521 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 23:02:25.22 ID:Xaypw5La0
髪の長い女の人もりさっていうらしくて、男の人からりさって呼ばれてた
男の人と口喧嘩をしたらしく、りささんは家を出て友達の家に向かった

522 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 23:04:32.14 ID:Xaypw5La0
友達はりささんを迎えるんだけど仕事が入ったらしく仕事に行って
友達の子供のりさちゃんとりささんが一緒に寝ることになった

523 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 23:06:35.42 ID:Xaypw5La0
そんで横になってたら男の人のことを思い出して
このまま嫌われるんだろうなってなぜか泣けてきた

524 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 23:08:56.94 ID:Xaypw5La0
そしたらりさちゃんが抱きしめてくれて
りさはお姉ちゃんのこと大好きだよ、だから泣かないでって

525 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 23:11:36.23 ID:Xaypw5La0
りささんはりさちゃんの方向いて
ありがとう、私もりさちゃんのこと大好きだよって言ってぎゅーって抱きしめてた

526 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 23:13:39.65 ID:Xaypw5La0
そしたら急にりさちゃんが痛いぐらい抱きしめてきて
「嬉しい、お姉ちゃんありがとう」
「りさのこと大好きなら、ずっと遊んでくれるよね?」

527 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 23:17:03.57 ID:Xaypw5La0
さっきまでは持ってなかったのに死神の鎌みたいなの持ちながらニコニコ笑ってて
「りさちゃん…?あなた、だれ…」みたいなことりささんが言ったら
りさちゃんは「私は、――だよ」ってまたニッコリ笑いながら言ってた。
なぜか――のところはりささんは聞き取れなかったんだけど、いつのまにか第三者視点に移ってた私には死神だよって言ってるのが聞こえた
鎌を振り上げてて今にも落ちてきそうで怖かった。
「まずは、足と手を切らないとね」とか言いながら鎌を一気に振り下ろして…ってとこで目が覚めた

528 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 23:19:08.88 ID:Xaypw5La0
なんだ夢か、夢怖いな、いやりさちゃんとりささんの百合なのかこれ、みたいなこと思ってたら
ふと、腕が寒いのに気付いた。暫くすると痛くなってきて、そこに触ってみたら血が指についた。
そんでもって袖が破けてて刃物で切られたみたいな傷が出来てた。
ゾッとした。
ちなみにこれが今日の出来事。

529 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 23:21:31.78 ID:Xaypw5La0
コピーするのがめんどくさかったのでだいぶ省いたから話おかしかったらごめん
今日は寝るのでまた覗いて質問とかあったら答えときます
おやすみなさいノシ

530 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 23:28:47.63 ID:F52kipZi0
>>515
やっちゃったね

貴重な書き手を追い出しちゃった

531 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 00:34:31.91 ID:j+b2Q29D0
重要とまで振られてるルールも読めずちょっと注意された程度で>>501になるようなのは貴重でもなんでもないけどな

532 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 01:07:37.24 ID:M3yeakvd0
もう十年も前の話だが、裏の世界のようなものを見た事がある。
当時の私は友達のいないぼっち女子中学生で放課後や昼休みは学校の図書館で専ら読書に勤しんでいた。
小さい図書館だった為に一年くらい通うと興味のあった分野の本はおおかた読み尽くしてしまい、
次はどの分野の本を読もうかと思案していると、一冊の本が目に入った。
タイトルは「沈まぬ太陽」という本で、今でも忘れない。図書館の一番奥の本棚の、一番下の段に置いてあった。
本というよりは小冊子といった方が近いかもしれない。
表紙は太陽に月が溶かされ、下にある人間界と人間も溶かされているような絵だった。
表紙を見た瞬間に絵が原子力爆弾を表しているのか?と考えたがそうでは無かったのだと思う。
内容もまた奇妙だった。

533 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 01:09:32.66 ID:M3yeakvd0
あるページには押し花がされていたり、あるページには文章で「太陽は沈まない。太陽が沈まないと隠れる事ができない」と書いてあったり、
またあるページからは変な絵が延々と書かれていた。どのページの絵にも太陽は書かれていたが、一ページだけレモンがテーブルに乗っかっているだけの絵があった。
テーブルには「ようこそ」と書いてあった。さらに気付いてしまった。
その本はページ数が途中からバラバラだった。レモンの絵は真ん中にあったのにも関わらず1ページだった。

気味が悪かったのと、何か嫌な感じがしたので本を戻そうか迷ったが、好奇心には勝てずに本を読み進めた。

流石に破いて並べる訳にはいかないので対応したページを順に読んでいくと、レモンの絵はただの表紙であり、
次のページから出てくる太陽が徐々に姿を変えて人間を溶かして、最後は太陽が人間の形になるという構図が完成した。
完成したところで、だと思う。

534 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 01:10:33.67 ID:M3yeakvd0
遠くから何か叫ぶような声が聞こえて同時に周りにいた人達が私をジロジロ見ていた。目つきはなんだかギラギラしていた。
居心地が悪くなって私は図書館を後にした。
外に出るとなんだか空気が濁っている感じがした。普段は全くそんな事は感じないのだが。
気にしすぎだと思い家までの帰路につくと、いつもと同じ道を通っているのに、見たこともないような景色が広がっていた。
無意識に進む。何故か不安感は無かった事を覚えている。

535 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 01:12:30.97 ID:M3yeakvd0
しばらく進むと見たこともないような防波堤で数人の釣り人が釣りをしていた。海は墨汁
のように真っ黒、空は赤に近いピンク色だった事は覚えている。
変な形の魚が釣り人のバケツの中を暴れまわっている。
釣り人は近付いた私に一瞬驚いたようだが一瞥くれるとすぐに釣りに戻った。

離れようとした時ボソッと声が聞こえた「喰われるぞ」
「え?」と言ったのも束の間、私はカラスのような鳥に手を突つかれた。同時に釣り人がバケツに入れていた魚を鳥に向かって投げた。群がる鳥。
釣り人は、方角を指差すと
「急げ」と。その方向に全力で駆け抜けた。途中一度だけ振り返ると、太陽が近づいて来ていた。釣り人や鳥、景色も蒸発していった。

536 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 01:38:09.13 ID:mhxL8A7s0
>>535
おもしろい

537 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 01:48:52.17 ID:gsB2Ad3g0
不可解向きの話だね

538 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 02:12:53.86 ID:M3yeakvd0
そこで私は目を覚ました。
気付いたら病院のベッドの上だった。近くにいた看護師さんに話しかけるとすぐに医者を呼んでくれた。

話によると私は本を読みながら突然倒れ、1ヶ月まるまる病院で寝ていたそうだ。枕元にはクラスメイトが製作してくれた寄せ書きがあった。
間も無く両親が到着して、二人とも号泣してしまい、宥めるのが大変だった。

539 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 02:14:32.46 ID:M3yeakvd0
後日談が3つある。
1つ目
裏の世界で助けてくれた釣り人は私が小さい頃に亡くなった叔父だった。
叔父と言っても遠くに住んでおり二度三度しか会ったことが無いそうだ。昔のアルバムに一緒に写っている写真があった。
それからは毎年必ず墓参りに向かい、墓前で近況報告を欠かさず行っている。

2つ目
裏の世界で鳥に噛まれた傷は現実にもあった。私は裏の世界を臨死世界だと最初は考えていたのだが、
だったら体に出た噛み傷はなんだったんだと今でも思う。
精神的に受けたと勘違いすると体には傷が浮かぶ事があると聞いた事があるがそれだろうか。ちなみに倒れた時には全く外傷は無かったそうだ。
全身を鳥に噛まれていたらどうなったんだろうと今でもゾッとする。

540 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 02:17:35.49 ID:M3yeakvd0
3つ目
実は私が気を失っている間に一人クラスメイトが自殺していた。
Kという男子で私とは殆ど関わりの無いいわゆる不良だった。周りの評判もあまり良くなかった。
どう評判が悪かったかは割愛するが彼の寄せ書きには「沈まぬ太陽」という記述があった。彼が図書館で本を読んでいるところを見たことが無かったので驚いた。
後日、読む気は無かったが学校の図書館でもう一度本を探してみた。本は無くなっていた。
その後で、Kと仲の良かったSに話を聞くと、Kは私が気絶する前に読んでいた本を読んで見たかったようだ。Sは止めたがKは聞かず、
図書委員から聞き出して本を借りて行ったそうだ。だが読んだ時点では何も起きず、呪いの書と名付け、燃やしてしまったそうだ。
徐々にKはおかしくなっていき、最終的には首を吊って自殺したそうだ。寄せ書きはおかしくなる寸前に書いたものだった。

その後は何も起きることなく、普通に大学を卒業して今は普通に仕事をしている。読書は今でも大好きだ。ただ一つ作者不明の作品は読まなくなった。

長文失礼しました。
途中規制に引っ掛かり、間が空いてしまいましたこと申し訳なく思います。

541 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 02:43:25.67 ID:C5x0QSvT0
面白かった

542 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 06:24:46.27 ID:wvTMDl78O
なんで沈まぬ太陽なんて有名な作品とタイトル被りしてんだろね
裏の世界とこっちでは同じ名前や見た目でも中身や意味が全く違うということかね
そんで何故叔父さんは裏の世界の住人になったのだろう

543 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 09:45:54.88 ID:eTHcsIZwP
沈まぬ太陽って十年前にあったっけ

544 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 09:47:04.49 ID:eTHcsIZwP
平成7年から出版なんかあれ

545 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 11:30:27.81 ID:EhuZz2j/P
突然思い出した
このスレだったかな?懐メロの動画や店員にクレームつける詰まらない話を貼って
発作かーーー!
て騒いでたおじちゃん、しんだの?

546 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 15:25:45.39 ID:CTI/a7c3O
怨怨びより

547 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 16:24:51.69 ID:PGE2gigTO
大した話じゃ無いから
スルーしてね。

何年前だか忘れたけども、ある店(ホムセン?スーパー?詳細は忘れた)のトイレで小(当方、男性)の方を使用中
隣に作業服姿で白髪混じりの50代位?男性が来て使用を始めたら…


「アッー!ア゛ッー!ア゛ッアッー!ア゛ッー!アッー!」と凄い声を出しながら放尿してた…
隣に居た俺(涙目になりかけた)は恐怖を覚え、脳裏には2ちゃんで話題になったホモの叫びである「アッー!」がよぎり
「これは危険かも」と思いながら動揺を隠しつつトイレをあとにした…

その後、冷静になり色々と考えてみたが…
その男性は「尿管結石」だったので、放尿する度に激痛が走るのでは無いか?と自分なりに解決してみた。
…でも冗談抜きにして怖かった、隣で作業服姿のイカツい人が「アッー!ア゛ッー!ア゛ッアッー!ア゛ッー!アッー!」だぜ?
人生で初めて身の危険(男に襲われるかとw)を感じた。

548 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 17:16:46.33 ID:TDA4n7M20
淋病も結構痛いよ

549 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 18:35:38.43 ID:7UxOkNUR0
死神博士の正体は?

550 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 20:59:31.57 ID:PGE2gigTO
>>548
経験者でつか?

551 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 22:16:50.22 ID:v9ytOGI50
>>549
イカデビル

552 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 22:49:03.71 ID:ISXIvjBCO
>>547
結石体質だけど予期せず石が出たら、たぶん声でちゃう
激痛じゃなくて快感で
腰ぬけるよw

553 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 23:30:10.61 ID:ISXIvjBCO
噂をすれば…ってヤツなのか!?
今、尿道に小さいのが入ったっぽいw
なんか尿道がウズウズする

個人差もあるんだろうけど、俺は石との付き合いが長いせいか
石が出る時はいつも、激痛じゃなくて疼痛くらいな感じ

そしてこの、尿道の途中に石が入ってる状態でのオナニーってのがね
また気持ちいいんよw

ちょうど尿道サイズの石が、予期せず
スルッと出たりなんて想像してみると…
たぶん一瞬で、白いのも一緒に出ちゃうと思うわw

だって、尿道の端から端までフルスケールで使った
パーフェクト・尿道オナニーよ!?そりゃ
エクスタシー・ヴォイスくらい出ちゃうわなw

554 :本当にあった怖い名無し:2014/01/29(水) 23:38:39.98 ID:cdO98GtK0
こんなのがいるし尿道に鉛筆ぶちこんで救急搬送されたりするやつが出てくるのもなあり得ない話じゃないんだろうな

555 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 00:14:34.85 ID:qVswGylE0
小学生の時、近所に廃屋があった。
噂では、そこで気の狂った夫に奥さんが刺されて殺されたらしく、
その頃された奥さんの幽霊が出るとの事だった。

その廃屋の裏口には鍵が掛かっていなくて自由に入れるが、
何故か内側からはどうやっても扉が開かないということだった。
出るためには一番奥の部屋の割れた窓から出るしかないが、
出るまでに振り向いてしまうと、奥さんの幽霊に錆びた包丁で刺し殺されてしまうとも囁かれていた。

噂は、近所のお兄ちゃんが実際にはいっただとか、
友達の友達がそこで幽霊を見たらしいといった、真偽の怪しい噂だった。
六年生だったオレと友達のAとBは、中学生に上がる前に、小学校生活最後の思い出として、その噂を確かめようと思い立った。

556 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 00:21:52.54 ID:qVswGylE0
途中で駄菓子屋に寄ったり、Aの家から懐中電灯と、
Bの家から高校で野球をやっていたBお兄ちゃんの金属バットを持ち出すために寄り道をしながら、
オレ達は夕方に廃屋についた。

夜だと怖すぎるが、昼間だと面白くなさそうだと言う事で夕方にしたが、
鮮やかなオレンジ色の夕焼け空の下で影濃く佇む廃屋は、雰囲気としては十分すぎるほど不気味だった。

草が俺たちの腰ぐらいの高さまでぼうぼうと生えた玄関を抜けて裏手に回ると、
確かにそこに裏口はあった。

尻込みしているオレとAを馬鹿にしながら、Bは勝手口の扉に手をかけた。
すると、扉は錆びた音もなく開いた。

僕たちはあまりの普通さに、少し拍子抜けした気分になった。

557 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 00:28:06.58 ID:qVswGylE0
暫くオレたちは扉を開けたり閉めたりして騒いでいたが、
近くのスピーカーから五時のチャイムを聞くと、そろそろ入ろうかとAが口にした。

言いだしっペと言う事で先ずAが中に入り、十数えた後にオレとBが外から扉を開ける。
その間にAは、本当に内側から扉が開かないのかどうかを確かめると言う事になった。

ふてくされたようにAが廃屋に入り扉を閉めると、直ぐに慌てたAの声が聞こえた。
十数えてから扉を開けると、Aは涙を浮かべて飛び出すように外に出てきた。

何故か怒り狂っているAに誰も外から扉を押さえていない事を説明したがAは信じず、
結局、オレとBも交互に一人で入って、本当に中からは扉が開かない事を確かめさせられた。

558 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 00:34:01.09 ID:qVswGylE0
暫くそうして交互に入って遊んでいたが、正直なところ、オレ達はもうそれ以上奥に進む気はなかった。
十分に怖い思いもしたし、それを存分に楽しんだからだ。

それで今日はもう帰ろうと言う事になった時、廃屋の表に停めておいた自転車の前で、Bが青い顔をしてポケットをまさぐり始めた。
どうやらBは、鍵を廃屋の中で落としたらしい。

オレ達は文句を言いながら裏手に戻り、Bに早く探しにいくようにせき立てた。
しかしすっかり日が傾き殆ど夜同然の暗さになったせいか、Bは一人で入るのはイヤだとだだをこね始めた。
仕方なくオレとAは、扉を石で押さえて開けっ放しにしておく事を条件に、Bの自転車の鍵の探索を手伝う事になった。

559 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 00:36:41.03 ID:J7NsJFrU0
紫煙

560 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 00:37:57.29 ID:3cqpNbQ5O
四円

561 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 00:39:11.78 ID:qVswGylE0
しかしどれだけ探しても、Bの自転車の鍵は入り口の近くでは見つからなかった。
そこでAが自宅から持ってきた懐中電灯を照らしながら少し奥に進んだ時、
突然、裏手の扉が閉まってしまった。

慌てた僕たちが焦って何とか扉を開けようとしていると、
外から女の甲高い笑い声が聞こえてきた。

幽霊だ。

AかBのどちらかがつぶやいた。
僕らは完全にパニック状態になり、
Bは泣きながら持ってきた金属バットで扉を叩き始め、
Aは懐中電灯をめちゃくちゃに振り回し始めた。
オレはとにかく怖くて、その場にしゃがみ込んで怖い怖いと声を上げて泣いていた。

562 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 00:41:05.21 ID:d2QISeHpO
見てる

563 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 00:45:24.55 ID:qVswGylE0
その内にAが割れた窓から出ようと叫び、僕らはパニックになったまま間取りを知らない廃屋の中を真っ直ぐ勝手口から遠ざかるように走り出した。
広くもない廃屋だから、その場所は直ぐに見つかった。
廃屋の居間のガラスが確かに噂通り割れていて、そこには段ボールが張ってあるのがAの懐中電灯の光に照らされていた。
Bがバットでそこを思い切り叩くと、ガムテープででも貼ってあっただけなのか、すんなり段ボールは外れ、オレ達はそのままそこから外に飛び出した。
オレ達は、それまで一度も振り向かなかった。
噂が、今のところ全て真実だったからだ。

564 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 00:52:43.81 ID:qVswGylE0
オレ達は外に出てもまだ生きた心地がせず、全速力で自転車まで走った。
そうして辿り着いた自転車を停めておいたところには、柄の悪そうな中学生の男女が、
僕らを指さして腹を抱えて笑っていた。

呆然とする僕たちに、彼らは入り口の近くで怖々何科を探している僕たちを脅かすために扉を閉めた事を白状した。
安心したオレたちが自分たちの涙で濡れた顔を見合って笑い出した。

中学生の不良達曰わく、ここに元住んでいた人たちは借金で夜逃げしただけで、誰も死んでは居ない事をオレ達に教えてくれた。
扉が中から開かないのも立て付けが悪いだけで、中学生ぐらいの力であれば、数人で体当たりすれば普通に開くらしい事も、合わせて教えてくれた。
オレたちは急に怖がっていた自分たちが恥ずかしくなり、ここで煙草を吸っている事を誰にも言わないことを不良達と約束すると、そのままその場で解散してそれぞれの家路に向かった。
Bの自転車の鍵は、取り敢えず公園で遊んでいる家になくした事にした。

565 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 01:01:01.42 ID:qVswGylE0
翌日、Bは学校に来なかった。
朝のホームルームの後先生に聞くと、Bは昨晩から高熱が出て入院したと教えてもらった。
オレ達はその日の放課後Bの家を訪ね、応対してくれたBのおじいちゃんにBの入院先を聞くと、
その週の土曜日にBのお見舞いに私営の病院を訪れた。

ベッドの上で暇そうにしていたBは、オレ達が病室に顔を出すと、とびっきりの笑顔で迎えてくれた。
聞けば、Bは背中に出来た傷から菌が入り、昨日までは本当に生死の境をさまようほど危険な状況だった事を笑いながらオレ達に説明した。
確かに、その時のBは少しやつれていたように見えた。
それでも元気そうなBの様子を見て、オレ達は見舞いで親から持たされた果物を皮も剥かずに食べながら、その日の面会時間ぎりぎりまでBとくだらない話しをしていた。

566 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 01:07:04.19 ID:qVswGylE0
Bが入院してから二週間後、Bが死んだ。
原因は破傷風だった。

オレに子供が生まれ、その子の予防接種を受けに行った時に知ったのだが、
オレ達が生まれた年は、副作用かなんかの問題で破傷風の予防接種が実施されておらず、
そのためにBは破傷風菌にかかってしまったのだと、最近分かった。

やがてBの葬儀も終わり、オレとAが中学二年生になった頃、例の廃屋は火事で全焼した。

不良の煙草のからの出火だとか、地主が解体費用を惜しんで火を点けただとか噂は多くあったが、
けっきょく真相は分からなかった。

567 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 01:19:55.81 ID:qVswGylE0
実は、なんでこんな話を書き込んだかというと、
先週の日曜日に久しぶりにAと呑む機会があり、その場でBの話が出たからだ。

そこでなんのきなしにAが言った。

結局、なんでBは背中なんか怪我したのだろうか。

その場では酔いのせいでアホだったからだとか、おっちょこちょいだったからだとか言っていたが、
今日ふと、オレは思った。

Bの母親は、Bが錆びた金属かなにかで背中を傷つけたせいで破傷風にかかってしまったと医者に言われたと、通夜の席でオレの母親に話していた。
あの時扉を急に閉められたオレ達はパニックになった。
Bはそのとき金属バットで扉を叩いていたが、後ろに居たAに当たらないように、もしかしたら振り返ったのかも知れない。
あの噂を無視して。

もちろん、その噂自体眉唾物どころかその前段階の話からして嘘だったと言う事は十分に承知しているが、
どうしてもその事がオレの頭から離れない。
でなければ、どうやって木造平屋建てのあの廃屋で、錆びた金属が背中に刺さるというのだろう。

夫に殺された妻の幽霊ではなかったのかも知れないが、あそこには、きっとなにか居たのだと思う。
錆びた包丁を持ったなにかが。

568 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 01:33:13.63 ID:qVswGylE0
はきだせて少しすっきり。
東京の福生市であった実話です。

廃屋は燃えた後シャトレーゼっていうアイス屋になって、
今ではそこも潰れてマンションになってます。
今でも福生に住んでいる小学生のAの子供にその場所の事を聞くと、
そのマンションには火事で焼け死んだ人の幽霊が出るらしいと話していてびっくり。

具体的に幽霊を見た訳じゃないし、Bが死んだのも、本当にたまたまどこか別の場所で怪我をして破傷風になっただけなのかも知れない。
でも、噂話が発端で、その殆どの真相が明らかになっているのに、Bの背中の傷が謎なままなのがオレにとっては何よりも怖い。
幽霊も怖いけど、実はそこに錆びた包丁を持った浮浪者かなにかが居たのかも知れないと思うと、
オレとAが無事だったのは本当にたまたまなのかも知れないと思えて尚怖い。

とりあえず、Bの冥福を祈って合唱。

これで俺の話は終わり。

569 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 01:38:48.03 ID:ib/VtPUPO
ぼくなのかオレなのかは統一して欲しい

570 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 01:55:13.93 ID:P8gjaXp/0
>>1より引用
> 【重要ルール】

> ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。

571 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 03:57:54.20 ID:l6P8GFVyO
>>488は自分の事を男の子と表現してるのが気持ち悪いわ
他人から男の子呼ばわりされるのはまだしも、バイトする年齢にもなって男の子って・・・

572 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 03:59:54.62 ID:cK5dTKY70
怖い話まとめブログは真面目に潰れて欲しい

573 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 05:23:35.16 ID:4EiqMZNt0
昔から、電話が苦手なんだ
多分親戚が死んだって連絡が子供のころ、夜中にかかって来た事があるからだと思う
呼び出し音が響くと、毎回ゾクッと嫌な予感がするんだ
また、何か悪い知らせなんじゃないかって

俺はその時、休日だったから録画した映画をボーっと見てたんだよ
昼飯食ったちょっと後だったな
それで、まぁちょっとウトウトし始めたら電話が鳴ってさ
いつも通り嫌な予感を抱きつつ、電話に出たんだよ

「はい、もしもし、××です」

眠りかけてたのを邪魔されたし、多分ちょっと不機嫌だったと思う
時計見たら午後2時25分
電話の相手は男の声だった
その電話は、ただの宅配便の連絡だった
近くまで来てますので、これから窺っても宜しいでしょうか、って内容だった

574 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 05:25:02.36 ID:4EiqMZNt0
「ええ、大丈夫です」

先日留守にしてて荷物受け取り損ねて、再配達を頼んでたからそれだと思った

「今家に居ますんで、はい、来て下さい」

それでは、って言って電話は切れた
夏でパン一だったから、ズボンちゃんと履かなきゃな、なんて考えつつ受話器を

玄関のベルが鳴った

早すぎる
俺の家はマンションの7階で、下に車停めて電話かけてきたとしても登ってくるのに一分はかかる
また嫌な予感がしてた
霊感とかは無いし、死んだらそれっきりだと考えてるけど、まぁオカルト話とかは好きでさ
お、とうとう俺もオカルト体験かな、なんてなんか冷静な所もあってね
受話器持ったまま、ソファにかけてあったジーンズ引っかけて、インターホンをとった
さっきの男の声で、宅配です、っていうから

「あ、はい。今出ます」

って答えて、もし強盗かなんかだったら嫌だし、玄関のゴルフクラブの位置を確認した
いざとなったら、って考えて

575 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 05:30:35.25 ID:4EiqMZNt0
で、ドアの覗き穴から外の様子窺ったら、まぁ普通に宅配の人がいた
アマゾンのダンボール箱持ってる、制服で帽子被った人
俯いて、受取証? あの判子押すヤツとかチェックしてる
なんか拍子抜けして、顔を扉から離して、チェーン外して、鍵開けた

扉開けて、荷物受け取って、判子押して、まぁいつも通りだ
鍵閉めて、チェーンかけて、ソファに荷物投げて、腰かけた
映画を巻き戻さないとなーって考えて、コントローラー載せてる机に目をやった
受話器が無い

さっき、受話器を戻そうとしてベルが鳴って、どうしたっけ?
玄関から電話の呼び出し音が聞こえた
不安になってきた
日差しは強いけど、クーラーかけてたから、ちょっと寒かった

576 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 05:32:56.91 ID:4EiqMZNt0
多分荷物受け取る時に、無意識に置いたんだろうと思いながら玄関に戻った
靴箱の上に受話器はあって、ピロピロ鳴ってた
こんな短時間に電話ってのも珍しい
リビングに戻りながら、手にとって、外線押して、耳にあてた

「もしもし」
「はい、もしもし、××です」
「は?」

××は俺の名字だ

「ええ、大丈夫です」
「え、ちょっともしもし?」

電話の向こうで、映画の音が聞こえてる
なんかヤバい

「今家に居ますんで、はい、来て下さい」
「いえ、ちょっと……」

電話の中と、目の前のモニターで同じ映画の、違う台詞が流れてる
なんか寒い

577 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 05:34:56.43 ID:4EiqMZNt0
玄関のベルが鳴った
受話器から耳を離して、モニターを見たら、電話の中で聞こえてたのと同じシーン
インターホンに出たら、宅配便だって男の声
あれ、と思って部屋を見るけど、さっき置いたダンボール箱が見当たらない

「あ、はい。今出ます」

玄関に行って、さっきと同じように荷物を受け取った
どう考えても意味わからない
時計を見たら午後2時27分

受話器を戻して、映画を巻き戻した
映画のシーンで、経った時間を逆算しようと思ったんだ
最初に電話かかって来た時から、荷物受け取ってソファに戻るまでで大体二分半
そこから、二回目に荷物受け取ってソファに戻るまでが二分15秒
荷物は、ちょっとビビりながら開けたけどちゃんと自分が注文したスリッパだった

なんだったのか、結局良く分らない

578 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 07:38:18.17 ID:twtkWo/s0
ID:4EiqMZNt0、それで?
これが現実にお前に起きた事として、死ぬほど洒落にならない怖い話か?

579 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 11:44:12.85 ID:c/tpXe3AP
これ以上シャレにならない話はそう無いぞ

580 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 12:12:15.87 ID:BMZVRYLo0
こういうお偉い感想書きいない分まとめのほうがいいかな

581 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 12:40:11.89 ID:4eRc9a6U0
じゃあまとめ行けよ
頭悪いな

582 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 13:37:20.53 ID:8dOKNq62O
犬の呪いのリンク先x駅になっとるがな

583 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 23:20:56.04 ID:F9UDCneY0
読んだあと荷物届いたんでちょっとドキッとした

584 :本当にあった怖い名無し:2014/01/31(金) 01:20:38.55 ID:PZw4lwPU0
小学生の頃夜に一人で家で留守番してたら、[シャッ]という音と同時に全部閉まってたカーテンが俺の目の前で半分勝手にあいた。
めちゃ怖でした

585 :本当にあった怖い名無し:2014/01/31(金) 18:17:50.22 ID:F9kPCwpO0
怖い話のコピペ探してるんだけど、

集団で どこでもいいから好きな方角指差す遊び(確か霊がいそうな方角を指差す)
してて 最後全員が一緒に床下を指差すやつ

持ってる人いない?

586 :本当にあった怖い名無し:2014/01/31(金) 18:35:52.35 ID:3nf12k9Q0
Dropboxって容量の制限があるけど、たったさっき取った映像がアップできない上に
一番大事な場面を写した動画が二分割されていて、肝心の前半?が全く再生できないんだが。
ヤバい映像はDropboxにアップすれば共有できるよな?
いや、再生できなくて良かったと思う反面、共有できたらとも思えるし難しいね。
期待させて申し訳がないけど、語ろうと思ってた話はこの映像がないと面白みが半減なんだわ。
惜しいことをした。
すまんね。

587 :本当にあった怖い名無し:2014/01/31(金) 19:23:12.04 ID:VulqIHvf0
ろだなんて他にいくらでもあるだろ

588 :本当にあった怖い名無し:2014/01/31(金) 20:17:07.84 ID:I0OCw8jZ0
>>585
師匠シリーズの「指さし」かな
コピペ持ってないごめん

589 :本当にあった怖い名無し:2014/01/31(金) 21:11:59.77 ID:3nf12k9Q0
やっぱり何かおかしい。
何回か動画を定点において撮影してるんだけど、ちょっと奇妙な動画が撮れてるんだけどなぁ。
デジカムのプレビューでは確認できるんだけど、ほかのロダにあげようとすると識別できないって表示が出て動画が消える。
フォーマットされるんだ。
ピンポイントで。
これ、あげちゃいかん奴かなぁ?

さっきお湯を沸かしたんだけど10分経っても沸騰しないでさっきみたらいきなり沸き上がってポットの口からお湯が噴き出した。
コーヒー1杯分のお湯なのに…。

590 :本当にあった怖い名無し:2014/01/31(金) 21:18:51.55 ID:GpcUGBJF0
うpれよ

591 :本当にあった怖い名無し:2014/01/31(金) 21:24:35.82 ID:3nf12k9Q0
いや、上げようとしてデジカムから直に取り出そうとすると操作は許可されてないとかエラーが出て、動画自体が取り出せない。
次見るとフォーマットされてるん。
わけわからん。
それ故に怖くはないけど奇妙な感じは残る。

新しいカメラ買うべきだな。
GoPro頭につけて定点する?

592 :本当にあった怖い名無し:2014/02/01(土) 00:01:32.06 ID:e9S1ncIa0
どうしても残したいなら、キャプボ接続で映像そのまま録画とかかな

593 :本当にあった怖い名無し:2014/02/01(土) 01:42:52.30 ID:XHASWlK00
白地らしいしわざとらしい。

594 :本当にあった怖い名無し:2014/02/01(土) 02:06:57.38 ID:ZytKtfO80
つまらないからもういいよバイバイ

595 :本当にあった怖い名無し:2014/02/01(土) 11:14:53.97 ID:jnR21JCu0
家電板どうぞ

596 :本当にあった怖い名無し:2014/02/01(土) 22:51:33.21 ID:sKK2Oawm0
眼球って左右で味が違うもんなんだな

597 :本当にあった怖い名無し:2014/02/02(日) 01:18:59.75 ID:moGvmUcD0
>>596
ふぇっ!?

598 :本当にあった怖い名無し:2014/02/02(日) 02:38:25.17 ID:Q6s4uJQCO
あぁ、それは煮付けた時にどっち側を上か下かにしてたかとか焼いた時なら塩の振り方の問題かな
刺身なら利き目かそうでないかで筋肉の使い方に差があったんだろうね

599 :本当にあった怖い名無し:2014/02/02(日) 14:41:15.57 ID:oIEEn8yM0
前やってたネトゲで見た粘着がすごいバイタリティでなんか異常な世界だったな

十数垢同時プレイである古参中堅プレイヤーが大勢に嫌われてるように演出
仲間内の新人に紛れてその人の言動監視
拾った言動は2chでその人になりすまして攻撃的な脚色つけて荒らし
ヲチ板のスレは完全掌握されていて、その人をどうやって退会に追い込むか議論するスレになってた
被害受けてる本人は黙々と調べていて結局一人の人間が一年半もの間すごいがんばってアンチ工作していて
影響されやすい新参やライト層が流されて集団心理が形成されてるってのが明るみに出た

約1年半も起きてる間のほとんどの時間を使って人を憎み行動し続けるってどんな状態なんだろうって思った
霊とか関係なさそうだけど、こういう病的な行動とる人とそれに多くのひとが影響されてしまう構図ってすごい怖い
ゲームの仮想空間だからよかったけど、現実の苛めや紛争でもそうやって作ってしまえるんだろうな

600 :本当にあった怖い名無し:2014/02/02(日) 15:12:06.91 ID:JgZ4uFFK0
>>499
お前のスレじゃないんだよ。ひっこんでろ。

601 :本当にあった怖い名無し:2014/02/02(日) 16:59:04.83 ID:faP3MNg50
なんで耳糞を辛いのに、鼻くそは甘いんですか?
って質問なんだっけ?

602 :本当にあった怖い名無し:2014/02/02(日) 17:01:33.07 ID:faP3MNg50
>>599
それ、まんま韓国じゃんw

603 :本当にあった怖い名無し:2014/02/02(日) 21:55:35.57 ID:kwAvIg3l0
じじごら

604 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 09:23:26.98 ID:QA4UyX9V0
>>600
何のために>>1テンプレあると思ってんだよ

個人のスレじゃないから、ルールってのが有るんだろ。
100,000時間黙ってろ。

605 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 16:33:40.84 ID:mOQTicB10
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1390909501/
神様レイプとか怖すぎる

606 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 17:04:19.68 ID:oWxXdKLSP
>>605
死ね

607 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 19:34:17.26 ID:Y0mXTuGY0
>>604
「過剰な自治も荒らしです。」って書いてあるよ。
友達探しに外でたら?

608 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 19:34:59.90 ID:MWGoAUgYP
いま一気読みしてきたけど案外面白かった

609 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 19:42:21.24 ID:maQIrhxx0
>>607>>1読めのどこが過剰なんだよwww

610 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 20:32:51.75 ID:WN4OCQLi0
100,000時間黙ってろが煽りじゃないとでも?

611 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 20:41:41.61 ID:H1CKIdNm0
ちょっとおかしな現象に悩まされてる
一月に三回事故った
建設現場に行く途中で軽トラだった
三回目の事故の時には、結構ひどくて体のあらゆる部分がギリギリで
挟まれず、助手席にあったバールを使って何とかドアを蹴り破った
自分は追突加害者側だったので、相手側は「何じゃコラ」みたいに出てきたんだけど
軽トラの惨状を見て「早く病院に行って下さい」みたいになったのだが、何とも無いので
警察を待った。パトカーが到着し、私が軽トラ運転手と知ると何やら不審がって、後日
任意で事情説明を同意させられた

レッカー移動し代車に乗ろうと整備工場のドアを開けると左右が逆になってるんだ
例えるならショッピングやら駅やらで外に出たら左右の感覚が麻痺しているような
勝手知ったる街で、建物や風景的には右に行かなくてはならないのだが
今までそれは左にあったものなんだ
第一自宅を出た時から反対なんだから話にならない
病院にも行った、精神科も受診したが解らず仕舞

でもグーグルアースはちゃんと俺の記憶通りなんだ

612 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 20:49:20.57 ID:H1CKIdNm0
前後が逆なのかも知れない

613 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 21:29:16.99 ID:O5VviJ2O0
ていうかそんな状態で車運転すな。
ぶつけられたらたまったもんじゃない

614 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 21:41:53.27 ID:RXSRUA+Z0
月三回も事故る奴が左右逆で車乗ってるとか怖いわ
人轢く前に車乗るのやめてくれ

615 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 21:45:02.03 ID:pi5in6LR0
>>611
仕事で疲れてんだろ
ゆっくり休んで精神科行け

616 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 22:56:58.92 ID:QA4UyX9V0
>>610
テンプレ読めってだけで、ひっこんでろとか(笑)
そら、先に喧嘩売ってるのはどっちかって話だろ。テンプレ無視して逆ギレするから、黙ってろって言われるんだよ
そもそも過剰もなにも、テンプレ読め以外に、書くなとも何も言って無い。

617 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 23:03:25.42 ID:vQDLSrLI0
よしよし
もっと雰囲気を悪くするんだ

618 :本当にあった怖い名無し:2014/02/03(月) 23:53:23.65 ID:oW0YuvmOO
カレーだと思って食べたらウンコでしたみたいな

619 :本当にあった怖い名無し:2014/02/04(火) 04:18:13.84 ID:uSbXKGVG0
警察はなんで不審がったの?

てか世の中のものが全部左右逆になってるの?いまも?

620 :本当にあった怖い名無し:2014/02/04(火) 05:07:17.57 ID:o6ZgF/ix0
>>619
覚せい剤かアルコール疑われたんだろ。
異常感覚自体は、知らん内に疲れが重なってて脳が疲労しきってんだろな。

621 :本当にあった怖い名無し:2014/02/04(火) 11:55:22.60 ID:NeZbyPNs0
雰囲気悪くって言っても、アオリ煽られなんて2chだと日常茶飯事だしな
いつの間にか半年ROMってろとか言われなくなったな

622 :本当にあった怖い名無し:2014/02/04(火) 12:42:51.19 ID:ijYc9szV0
>>621
逝ってヨシ

623 :本当にあった怖い名無し:2014/02/04(火) 13:33:07.27 ID:h06GxSnTO
2ちゃんねるで雰囲気が悪いなどと、刑務所に来てここは犯罪者の巣窟だと言ってるようなものよ

624 :本当にあった怖い名無し:2014/02/04(火) 18:14:16.69 ID:8z2ZuNnn0
栃木県A市のとある焼肉屋に入ったら、いきなり

『イラッシャイマセィ…トコロデ…トクト ハ ドコノ リョウド デスカァ?』

と聞かれてあわてて何も言わずに逃げた

625 :本当にあった怖い名無し:2014/02/04(火) 20:17:55.18 ID:U+SXaVyE0
俺の地元東京都国分寺市)の怖い話

http://densetu2.blog105.fc2.com/

んでこのURLの話をまちBBSの国分寺スレに投下したんだわ
http://kanto.machi.to/bbs/read.cgi/tama/1386681071/
>>443以降をみてくれ
ちょっと怖い

626 :本当にあった怖い名無し:2014/02/05(水) 07:07:34.45 ID:GGdnNZP6O
養鶏場直送セミダブル羽毛布団!
2000人民元は怖いな

627 :本当にあった怖い名無し:2014/02/05(水) 07:26:00.67 ID:MqCl/8zXP
>>622
懐かしすぎる一言

628 :本当にあった怖い名無し:2014/02/05(水) 08:23:09.37 ID:HzdQ9LD70
>>625
聞いたことあるの?

629 :本当にあった怖い名無し:2014/02/05(水) 09:48:17.35 ID:B8d0Ekvv0
>>622

   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< オマエモナー
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)

630 :本当にあった怖い名無し:2014/02/05(水) 14:37:11.61 ID:XnZ6ql900
酷いの見つけた
fffkowai.doorblog.jp/archives/34158013.html‎

631 :本当にあった怖い名無し:2014/02/05(水) 14:47:02.79 ID:MqCl/8zXP
>>630
どこがどう酷いのかわからん
そんなに酷いアフェリとも思わないし

632 :本当にあった怖い名無し:2014/02/05(水) 22:38:19.45 ID:HzdQ9LD70
>>630
初歩的なことだったらごめん
ここってどうやっていくの?

633 :本当にあった怖い名無し:2014/02/05(水) 23:40:31.04 ID:CPJmcHJI0
コトリバコ最近読んだんだけどあの話って結局最後ハッカイの事とか何かわかったの?

634 :本当にあった怖い名無し:2014/02/05(水) 23:59:37.09 ID:HzdQ9LD70
>>632
自己解決

635 :本当にあった怖い名無し:2014/02/06(木) 13:53:30.47 ID:IrOW5kfe0
前の家がやばかった。
妹が見えるらしく、
5人いるとかいいだした。
家の造りがちょっと変わてて、
二階は
子供部屋|部屋 |大人の部屋

636 :本当にあった怖い名無し:2014/02/06(木) 17:09:45.30 ID:XoISvYsG0
お風呂に女の人、
固定電話の下に膝を抱えた男の子、
階段に中学生くらいの女の子、
真ん中の部屋に男の人
おばあさん

637 :本当にあった怖い名無し:2014/02/06(木) 17:14:52.69 ID:XoISvYsG0
お風呂の女の人がヤバいと言って
妹は絶対夜にはいらなかった。
お風呂の戸は閉めても閉めても開く。
男の子と女の子はそんなにやばくない。
おばあさんが揺り起こすのが怖いと言っていた。
足元に座っているのにおなかを揺するから。

638 :本当にあった怖い名無し:2014/02/06(木) 17:20:57.11 ID:XoISvYsG0
わたしは押し入れの横にふとんを敷くんだけど
ふすまを閉めても毎朝、数センチ開いてる。
当時は自分の寝相が悪いからと思ってた。
あと、私が体験したのは、階段を上がる音がしたのに
のぞいても誰もいなかった。

639 :本当にあった怖い名無し:2014/02/06(木) 17:31:06.02 ID:XoISvYsG0
あとは足音かな。
夜、一人で1階のリビングでテスト勉強してたら
足音がする。
でも誰も下りてこない。
よくあることだった。
必ず大人の部屋の前から
子供の部屋の前で止まるんだよね。
ラップ音はしょっちゅうあったけど普通だと思ってた。
家も古いし。
でも他の家の音のならない事。
家でてから変だったと気づいた。
まあ、怖くなかったらすまそ

640 :本当にあった怖い名無し:2014/02/06(木) 17:32:53.65 ID:pG302wpY0
借金苦による一家心中だな。。

むかし、流行ったんだ('A`)ノシ

641 :本当にあった怖い名無し:2014/02/06(木) 22:08:39.23 ID:9SMqAObL0
ここはクズの巣窟ですな’〜’

642 :本当にあった怖い名無し:2014/02/06(木) 22:49:45.89 ID:TIPD45xp0
スレタイと>>1
「死ぬほどシャレにならない」が書かれていて、
散々溜めてから書けってレスが着いてるのに、ほんっとバカだな

643 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 05:28:53.91 ID:vr4GDvk70
誰かの失敗が気になるのなら、自分個人の意見としてただ指摘するだけの方がいい
同調圧力を借りるような書き方をしたり余計な罵声を付け足すと、それに反応する雑音が増えるだけ

644 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 06:05:57.55 ID:/CHimsh+O
>>643
あなたは正しいが、ここは2chだぜ?
まともな日本語が通じるとさえ思わない方が良い

645 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 06:50:43.99 ID:WN4gjHqI0
>>643
そもそも、スレタイすら理解してないと思われる文章なら、罵倒されて当然の場だろ?
少なくとも「自分は死ぬほど怖かった!」位のテンションで同意を求めるならまだしも、
「怖くなかったらごめん」程度の話されても。
その上、テンプレすら読んでないらしいとくれば、叩かれて当然。
スレタイに沿った内容ってのが最低限のマナーだろ。

646 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 06:59:33.09 ID:/CHimsh+O
>>643
そうそう、人としてのマナーよりスレのマナー
ここでの雑音はむしろあなたの方なんだよ
大半は面白半分に人をこき下ろしてるだけだから、彼らの楽しみを邪魔して標的になる前に退散した方が良い

647 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 12:22:37.59 ID:JZguaGFfO
>>646
悔し紛れにそんなことをいくら書いても、まるで怖くないのも、スレ違いなのも事実には変わり無いからな

何で数ある怪談スレからここを選んで書いたの?ってツッコミには、この手の奴は誰も答えられない

648 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 12:42:44.25 ID:9JCsEJFZ0
なんでもいいから怖い話かけよ

649 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 13:16:09.68 ID:/CHimsh+O
>>648
無理です

650 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 15:32:34.01 ID:ll6gqekm0
        / ̄\
        |     |
        \_/        / ̄\
          |          |     |
        / ̄ ̄\       \_/
      / ⌒::::::::⌒\        |
      |::::::<●><●> |   / ̄ ̄ ̄ \
     . |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒:::::::⌒  \
       |::::::::::::::` ⌒´ |/   <●>::::<●>   \  
     .  |::::::::::::::    } |     (__人__)    |
     .  ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /ヽ三\´    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
  
                                       ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                       d⌒) ./| _ノ  __ノ

651 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 19:18:29.21 ID:vkq1f1gC0
中学の頃に
麻雀で賭博をしていた折に、トンでもない
恐怖体験をしたことを語っておこう。
当時、千点50のウマ5-10で三万点返しというレ
ートでやっていた。今からすると、中学生にして
はイキすぎたレートに思えてくるが、
更にイカれていたのが役満御祝儀で、
点差のポイント×100円を全員からもらうという
ものだった。

652 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 19:22:44.70 ID:W31iVcUQ0
怖くないけどね、書いてもいいのかな

653 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 19:24:31.15 ID:vkq1f1gC0
ただ役満にもランクがあるので、御三家は半額
一部のものについては相応の倍率となっていた。
その日も声をかけて、集まったのはキュウサク、
カマチ、サイトウと僕の四人だった。

654 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 19:27:00.73 ID:vkq1f1gC0
カマチとは何回か打ったことがあり、メンタンピ

ン至上主義のヤツで、染め手に見せかけて他の色

で待つイヤらしい迷彩屋だ。
しかし、このサイトウとは初めてで、まずソモソ

モ、学校は同じだけれどもホトンド面識が無い、
といった具合で、麻雀が強いとも聞いた事がなか

ったので、特に気にすることはなかった。

655 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 19:29:00.65 ID:vkq1f1gC0
半チャンが始まり、速攻の麻雀であるキュウサク

が勝負を引っ張った。カマチはカマチで、手堅い
アガりを繰り返し、僕は自分の気に入っている
スタイル‐闇テンを基本にしてアガッていった。
ここでも、サイトウの印象は特に無かった。

656 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 19:30:20.87 ID:vkq1f1gC0
時間も夕刻に差し掛かり、次の半チャンが最後
だと話していると、サイトウがある提案をした。
「サシウマを握りませんか」
僕らはこの提案に驚きつつも、ある違和感を
覚えた。
ナミに乗っているならまだしも、このサイトウ、

三回の半チャンのうち、三回とも小額とはいえマ

イナスだ。もしや・・・コイツ・・

657 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 19:33:33.94 ID:vkq1f1gC0
イカサマ‐間違いない、今までの凡夫はタダの
演技。いわゆれば、この提案を受け入れさせる
ための布石。能ある鷹は爪を隠す。
その言葉どおり、サイトウが隠した爪で僕らを
謀殺しようとしている・・・

658 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 19:35:15.57 ID:vkq1f1gC0
分っていた。だが、もし僕ら三人を手玉にとり
勝利せしむヤツ・・・そんな鬼神みたいなヤツが
いるのなら見てみたい・・・そう思った。
明らかに福本伸行作品の読みすぎだった

659 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 19:38:12.12 ID:vkq1f1gC0
他二人も僕と同じような考えだったのだろう。
怪訝な顔が、みるみる飢えた獣みたいになって
「のるぜ。いくらだ。」
僕らは同時に言っていた。
「いや、オレとのサシウマだよ。お前らはすっこ

んでろよ。」
「普通に考えてトップの俺とだろ。」
「いやいや僕だ」
三人で言い争っていると、
「全員ですよ」
落ち着き払った声で、サイトウが告げた。

660 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 19:41:01.34 ID:9JCsEJFZ0
>>652オナニーが終わったら書いて

661 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 19:41:14.10 ID:vkq1f1gC0
サイトウ・・・・コイツは・・・
「・・・つまり・・・最下位だったら・・・」
「・・・オマエ・・・正気か・・・?」
「はい。金額は・・・五千で、どうです?」
「・・・・・・・・」
僕らは閉口した。
その間にもサイトウは山を積み始めた。

662 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 19:42:01.47 ID:vkq1f1gC0
「ちょ、ちよっと待て・・・!」
カマチが上ずった声で制した。
「俺はかまわねぇが・・・他の二人は・・・」
「俺も別に・・・」
「ええと・・・僕は・・・」
カマチは僕に表情で訴えかけている。
断れ、と。

663 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 20:17:24.46 ID:hQY+iSFF0
スレ違いの糞小説で10レスも使うとは…

664 :本当にあった怖い名無し:2014/02/07(金) 22:18:27.90 ID:+NEPgwYd0
もう次スレいらなくねアフォリさん

665 : 忍法帖【Lv=32,xxxPT】(1+0:3) 【東電 70.4 %】 【18.2m】 :2014/02/08(土) 00:42:18.18 ID:KolWfID6P
スレ違いだし途中で終わるし読みにくいし麻雀知らなきゃ意味不明だし怖くねーし

666 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 01:32:12.10 ID:ykHjZYPV0
>>662
何で続き書かないんだよ

667 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 02:41:29.48 ID:LQMsbrXn0
ガチ初めてここに来ました。
良かったらなのですが検証していただきたいです^^;こんなとこで言うのもあれですが創作ではないので面白くないと思います。あと文章力は皆無なのです

こういう現象が何なのか知りたいので詳しい方おられたら教えて下さい。それと友達から直に聞いた話しでうろ覚えです。体験者は友達です

友達が夜に大学の友だちと怪談話をしていたらしいです。んでその面子の中に実家がお坊さんで結構その道で有名?な方の息子もいたらしいです。詳しくは忘れましたが坊さん息子が何か霊感をはかる?方法だったけかな…?して皆で試した?とかだったと思います。

んでそれが親父から聞いたやり方?かなんかで絶対しちゃいかんとかそんなんだったと思います。まぁ学生の若気の好奇心で全員でそれをしたらしいです

そしたら友だちがむちゃくちゃ気分悪くなっちゃって坊さん息子がこれやばいってなったらしくて、坊さんの息子がすぐに親父に電話をして、無茶怒られて、んでその坊さんがと一人一人に電話変われって言いました。

んで坊さん息子が回していきました。ちがう、つぎ、ちがう、つぎ、ちがう、つぎ、、おまえか

ってなりました。んで今から助けるからって言ってお経?だろな唱えはじめました。んで唱えはじめたら目の前に日本人形?がパッて浮かんできました。んで唱えおわるまでずっといたのかな?唱え終るといなくなりました。

それでさいごにこの話し絶対すんなよって釘さされて電話切られたみたいです。

668 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 02:44:39.94 ID:LQMsbrXn0
でも友だちは1週間後くらいに僕らにその話ししてくれました。正直信じられないけどその友だちはむちゃくちゃ頭も良くて高学歴ぜっっったいそういう類の嘘は言わない人間です
なのでもしこういう経験ある方詳しい方おられたら教えて下さい。ちなみに友だちは幽霊とか信じてないけど今までに3回だけそう経験あるっていってました

最近一緒に飲んでてて、あの話詳しくきかせてよーって言っても無理っって言われました。今までも何回かねだったんですがダメでした。まじで残念…

669 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 02:53:16.69 ID:FCGLqfoJ0
コーモンとコーマン、似ているけれども、だいぶん違う。
フラワーショップで調べてみろよ。
野菊と野薔薇は違うだろ?

670 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 02:56:32.89 ID:at/5Q1Fd0
中学生の時、腕を骨折して通院している時期があった。

ある日、病院内でジュースを買おうと、
通院中よく利用していた自販機(一番端の通路の行き止まりにある)に行くと、
二つあった自販機の横の壁に、ドアがあることに気付いた。今までその場所には結構行っていたが、
死角になっていたのか目に付かなかったのか、そんなものを見つけたのは初めてだった。
ただ、その時はあまり気にしていなかった。

さらにもう少し日が経って、もう退院間近となった日、
またジュースが飲みたくなってその自販機の前に行くと、例のドアが少しだけ開いていた。
一瞬、えっ?と思ったが、好奇心に負け、向こう側をちょっと覗いてみようとドアを開けた。

ドアの向こうにはかなり長い廊下が一本続いていて、人は通っていなかった。
突き当りに曲がり角も見えたが、どういう訳か廊下の電気が全て薄暗く、かなり見づらかった。
しばらく見ていたが特に何も起こらず、なんだつまらない、とドアを閉めようとした時、
突き当たりの曲がり角から人影が曲がってくるのが見えた。

人影はこちらに向かって歩いて来ている様だった。よく目を凝らしてみると、
まだ距離が遠くて表情は分からなかったが、その人影は片腕だけが異常なほど長く、
地面に引きずっていて、しかも何故か首を左右に振りながら歩いていた。
その不気味さに気付いてぞくっとした瞬間、ゆっくりと歩いていたそいつが、
変な大股?歩きになり早足でこちらに向かって来た・・・。

パニックになって慌ててドアを閉め、ジュースも買わずに待合室に走った。
その後そこには退院まで近付く事も避けていたので、結局あれの正体は分からないままだった。
生きていた人間だったとしても、そうじゃなかったとしても、もうあんな怖いもの二度と見たくない。

671 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 02:57:19.16 ID:DT3klPrZ0
>>668
わかる

それは放屁童子の呪いというやつだ
呪いを封じるには十津川村の秘所にある尻洗観音に詣でなくてはならない
そしてその御霊水で肛門を洗い清めるのだ
次に肛門の清め方を書く

まず左手の中指を御霊水にひたして肛門に突き込み
「ぷっぷー ぷっぷー 屁がぷぷぷー」と唱えながら7回指を出し入れする
このときに大切なのは、絶対に指を第二関節より深く入れてはいけないことだ
次に「沖の暗いに白帆が見える〜」と唱えながら自分の右の睾丸を伸ばして肛門に入れる
入らなければそれまでの命

よいかな
一つ間違うたびに韓国国民が4万人死ぬことになる
心してかかれ

672 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 03:17:58.59 ID:LQMsbrXn0
ここに立てたの間違えたかな
こういうのは個別でスレ立てたほうがいいですか?

673 :667:2014/02/08(土) 03:19:58.62 ID:LQMsbrXn0
667です
ガチ系のやつってまた別にスレがあるんですかね?

674 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 04:29:03.17 ID:hjPvUwIei
>>673
お寺の息子さんとか友人は来れないの?
ここで話すにしても、スレ建てるにしても本人たち居た方が盛り上がると思うけど。

675 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 04:41:41.24 ID:AjuoK3LD0
>>673
結局何が聞きたいのかわからんし、日本人形が浮く?とか体験したことあるやついないだろ
レス付かなくて当然

676 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 05:55:26.67 ID:dcjudgii0
>>673
起きてる事自体は暗示による集団ヒステリーとそれによる幻覚、というかそういう気がしたというだけのもの。
後からまじめに考えりゃ、単なる錯覚でびびってただけと気づくので恥ずかしくなって忘れようとしてるのに、
妙に食いつかれて根掘り葉掘り聞かれるから、曖昧にお茶濁しして詳細は話さないだけ。

677 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 05:55:50.28 ID:lmOd34JgO
>>670
もう少し病院の構造が思い描けるといいな
病院はその突き当たりの自販機ゾーンを角にL字型になっているのかいないのかとか
その薄暗い廊下は物理的にありえる構造なのか670の幻覚で片付く有り得ない構造なのか

678 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 06:02:58.03 ID:c4zgGw2q0
>>667
死ぬほど怖い体験をなさった感じは伝わりましたが、
あいまいな記憶が怖さをスポイルしてます。
内容もどちらかといえば質問スレがいいかと思いました。

679 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 06:25:36.54 ID:lxxGk5ynO
お〜怖っ!

680 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 07:48:10.00 ID:JoMbpxX60
こんな文章を書く人間が酒を飲める歳なのが怖い

681 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 09:48:58.77 ID:GY5iGOGu0
娘にと知り合いから貰ったメルちゃんの人形も最初気味悪かったけど慣れるとかわいいね
日本人形もかわいいよきっと

682 :T:2014/02/08(土) 10:05:14.11 ID:YNxxArkB0
関東から関西に引っ越した時、言葉が違うせいか「ブリっ子(死語)」と
言われ、すごいイジメを受けた。一生懸命関西弁を使おうとしても、
「アクセントが変」と更に嘲笑を受けるだけ。
教科書落書き、私物を捨てられる、一言しゃべるたびに「言葉が変」と
嘲笑されるので、言葉が出なくなってしまった。喉に何か詰まったみたいに
なって、授業中、朗読の番が回ってきても、声が出ない。全てを否定された。
構内を歩いていたら、上階からいきなり水をかけられたり・・・
ノートや教科書には「死ね」のラクガキだらけ。

もうダメだ、死ぬしかないと思いつめ、何度も自殺を図るが未遂。
飛び降りるためのビルを探して徘徊したけれど、警備員に見つかったり
屋上に入るドアが施錠されたりしてて、有効な自殺方法が思いつかず
ズルズル生きていた。親は、必死で担任や教育委員会に掛け合ってくれたけど
「チクった」と言われ、更に水面下でエスカレート。痣が絶えない状態だった。

683 :U:2014/02/08(土) 10:08:11.13 ID:YNxxArkB0
担任は、見て見ぬふり。

「イジメに遭うのは、本人にも原因がある。ハッキリ嫌なことはイヤだと意思表示せずにビクビクしてるのが悪い」

と、キッパリ言われた。
市の教育委員会というのが、学校の先生とグダグダに馴れ会っていて
殆ど何の役にも立たない、ということもこの時知った。

ある時、トイレに連れ込まれて「便器の水を飲め」と言われブチーンと切れた。
私は、イジメリーダーの女の子の顔面に何度もストレートパンチを喰らわせ、
立てなくなったところで、トイレの窓(3階)に連れて行き

「お前をここから落とす。生きていたいか死にたいか、選べ。生きていたいのなら、お前が顔面潰されて便器の水を飲め」

と言い放った。

他の女の子は、みんな恐怖のあまり失禁。
本物の暴力には馴れていなかったらしい。
(ちなみに私は引っ越し前、珍しい流派の空手道場に通っていた)
ボスが黙っていた(声が出なかった)ので、私は従う気がないと見なし
「よし、消えちまいな」と言い捨てて、窓から投げ落とそうとした。

684 :667:2014/02/08(土) 10:10:54.49 ID:LQMsbrXn0
>>675
浮くって表現はおかしかったですね聞いた感覚だと浮くというよりお経聞いてたら現れたみたいです。ちなみに友だちたちにも見えてたらしいです

こういう霊媒師てきな人はマジでいるのかどうかとハッキリと物体が見えることもあるかどうかってのも教えて欲しいです

685 :V:2014/02/08(土) 10:11:15.80 ID:YNxxArkB0
しかし、そこで先生乱入。すぐに止められた。

その時は「チェ、殺りそこねたな。これで済むと思うなよ」と腹の中で思っていた。
その後、職員室や校長室によばれ、あれこれ問いただされた。

「3階から突き落とすっていうのは本気じゃないだろうね?
 君はそんな生徒じゃないことはよく分かっているんだよ」

と優しく言われたので、

「いえ、本気です。今後は先生を当てにせず、自分で解決することにしました。
 次は、校内でテロ事件が起こると楽しみに思ってください」

と先生たちに宣戦布告した。

校長先生は赤ら顔だったが、ドス紫に変わったのを
今でもハッキリ覚えている。数ヵ月後、校長先生はストレスから
うつ病を発症して自宅マンションから飛び降り自殺してしまった。それについては気の毒に思っている。

しかし、父親はすでに翌々日に学校に呼び出されいて、ことの顛末を聞いて
「いやあ、ウチのバカ娘が申し訳ないww」と口先だけヘラヘラ謝ったりしていたが
「お前よくやったなあ!!」とフランス料理のフルコースを食べさせてくれた。

686 :W:2014/02/08(土) 10:14:04.74 ID:YNxxArkB0
イジメの首謀者は、その後学校を中退したが、男に騙されて多額の借金を背負わされて鉄道自殺してしまった。

さらにその首謀者の両親は、先の自殺の件の鉄道会社から莫大な損害賠償を請求されて
家庭が崩壊したあげくに練炭で心中してしまった。

しかし、あの瞬間、私は本気で相手を殺そうとしたことは間違いないが、もうその相手はいない。

我が子には絶対いじめをするなと教えている。モラルの問題だけでなく
後々復讐に遭って自分が殺されるハイリスクな行為だから。



687 :667:2014/02/08(土) 10:14:52.78 ID:LQMsbrXn0
>>678
ありがとうございます
質問スレみたいと思います

688 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 10:18:31.21 ID:DOtIfkFY0
>>686
鉄道自殺で損害賠償、なんて都市伝説を真に受けてるヤツ、21世紀なってもまだ居たのか・・・
昭和レベルだな

689 :667:2014/02/08(土) 10:27:08.19 ID:LQMsbrXn0
あとさいごに一つ!!
電話代わっただけでこいつがとりつかれてる?ってのが分かるもんですか?

690 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 10:31:21.04 ID:DOtIfkFY0
>>689
質 問 ス レ で 聞 け ボ ケ が

691 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 10:33:21.24 ID:6ICOqNW10
この話はギャグだろ

692 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 10:58:54.24 ID:lxxGk5ynO
いじめられっ子の脳内復讐話が出るようになったスレは滅びる

693 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 11:07:58.74 ID:6ICOqNW10
つかもう滅びてるのにアフィリが新スレ立てるから
終われないという

694 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 11:28:41.65 ID:dkAOrxjv0
これだけおもしろくない文章を読んだのも久しぶり

695 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 13:18:11.99 ID:1OWgGcfTO
>>689の奴、しかも投稿途中にレス挟んでまでいるしなぁ

696 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 13:56:51.56 ID:lxxGk5ynO
腹いてぇwww

697 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 18:37:39.82 ID:2FejIAlN0
大学一年ん時の話
当時の彼女とドライブ中、軽い坂道を通った。
坂と言うよりは、軽い峠道に近い感じ。
その道の途中にある公園の入り口が、少々立派な入り口で
公園の名も、壁に付いた石板に彫ってあるような。
道路には俺の車と、後ろにもう一台
後ろの車のライトが、その看板の壁を照らした時に子供が走ってる影が映った。
そこで、俺はおかしい事に気付く。今まで走って来た道に
子供どころか、人なんか一人としていなかった。
隣の彼女にはその事を告げられず、「帰ろう」とだけ一言。
後から聞いたんだが、俺が帰ろうと言った時
物凄く肩が重かったそうだ。その時も影の話はこちらからしてない。
結構メンヘラな彼女で、話をした後の
リアクションが想像できなかったから、辞めておいた。
つづく

698 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 18:39:46.69 ID:2FejIAlN0
つづき
これが、土曜日の話で
週明けの月曜に登校した俺は
すぐさま、仲間内にこの話をした。
男女含め喫煙所に20人ぐらいがたまってたのだが
やはり、年の頃なら18〜19
それはもう、「行こう!行こう!!」の嵐
実はこの時の俺、心霊現象には慣れっこ
その為、ドライブ中も冷静でいられた。
なので、こういうノリで霊を茶化しに行くのは本当に嫌い
というよりも、マジでなんかしらやってくるし
子供の影を見たこの場所、そこそこの心霊スポット
俺は、「お前らだって、人に茶化しにこられたらやだろ?幽霊だって同じだぜ?」
こう話をしても、Fランで馬鹿なのと
暑くなっていく季節も手伝ってか、やはり「行こう」コールは止まない。
仕方なく俺は、「わかった、なら問題の場所でハザードを焚く」
そして、そのまま走り去るってゆう条件で
愚かな奴らを連れて行くことにした。
つづく

699 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 18:40:50.93 ID:2FejIAlN0
つづき
車は三台、面子は12〜13人
俺の→その時の親友の→ちょっと遠い田舎の奴の
っていう順番
俺が走り去る宣言をしたもんだから
俺の車、俺以外は全員女子wwwやっぱ怖いんだなと思いながら出発。大学からは3〜40分もあれば全然着く
問題の場所で俺は、ハザードを焚きさらに窓を開け
手信号の左折の用に右手を出して指を指し
その場所を示した。
そしてそのまま二台目を置き去りに走り去る
問題の場所から先は本当に峠道みたいな感じ。
湖付近の為、信号もなく走りやすい。
軽快に飛ばしてると、携帯に着信
二台目の助手席に乗ったデブからだった
つづく

700 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 18:42:05.94 ID:2FejIAlN0
つづき
デブ「やばいやばい!やばいよ〜!」
俺「どうした?」
デブ「#♂ヽ●%&¥┣」
俺「落ち着け」
デブ「ダッシュボードが!!」
俺「わかった!とりあえず待ってるからズーッッと道なりに来い。一本道で湖の回りだから、くねくねするし停車できる所も無いから大分先にいると思うが待ってる。運転してるHにそう伝えろ」
そこから俺は、追い付かれまいと飛ばすに飛ばした。
電話がくる前は女子が乗ってるから、車体が揺れ無いようにと
気を使ったが、今はデブとその親友をちょっとでも長い間
不安にさせようとアクセルを踏み抜いた
ここで、停車して待てんじゃん!と言う直線の5kmぐらい
先で俺は停車をして待っていた。
つづく

701 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 18:43:15.96 ID:2FejIAlN0
つづき
15分ぐらいで、二台目と三台目が到着。
話を聞くと
俺が合図をした後、二台とも少しだけ停車をし
問題の看板を見に行ったそうだ。
話を聞いてるせいか、異様な雰囲気の為か
それ以上公園には踏み込まず、帰ろうという話になり
車に乗り込んだ、発進するとすぐさま
二台目の車のダッシュボードの上のムートンが跳ね上がったという(当時でもムートンはちょっと時代遅れ感があったが)
俺「へ〜」といい跳ねた場所を見てみると
フロントガラスの下の方に子供の足ぐらいの
小さな足跡がくっきりと
イタズラ書きとかそういうレベルではない
足で踏んだ感じの跡。しかも両足
土踏まずは無く描いた痕跡も無い。
つづく

702 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 18:44:22.55 ID:2FejIAlN0
つづき
俺「足跡ついてんじゃん。マイミク申請くるんじゃね?」
一同、固唾を飲んで何も言えない。
俺はどんずべった事に落ち込んでたが
二台目の車両の持ち主は、その中では一番の親友
俺「H!汚れかもしれないからワイパーかけてみ」
とワイパーをかけさせる。が、消えない。
続いてデブに
俺「Fちょっとティッシュで中から拭いてみ。大丈夫だって」
デブが恐る恐る中から拭う
足跡が綺麗に消える。一同、固まり尽くす。
俺「馬鹿にしたり茶化したりするとこういう事がある。だから俺は嫌だったんだ。」
続けて
俺「H大丈夫だから気を付けて帰ろう。この道まっすぐで大きい交差点左で、もうわかるから。ゆっくり来なよ」
ここでも俺、正直足跡には疑いがあったが
帰りに、H
ハンドルが何故か右に切れなくなり、左側のフロントバンパーをぶつける。
大事には至らなかったが、フロントガラスに足跡がついたのも左側だった。
おわり

703 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 19:22:03.70 ID:Wx/Gsp0N0
新婚時代、ワンルームに住んでいた。

玄関→ミニキッチン→扉→12畳位の部屋

ある夜旦那がうなされてて目が覚めた。
あまりに唸ってるから起こしたら、嫌な夢見てたって。

そこから数ヶ月して引越ししたんだけど
引越し後、あの夢の内容を教えてくれた。

ドアからスーッと女が通り抜けてきて
どこ?どこ?どこなの??と
すごい形相の女に詰め寄られたらしい。
旦那は俺じゃない!俺じゃない!って
反論してたら消えたらしい。
夢か現実か分からないけど
めちゃくちゃ怖かったそうです。

704 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 19:30:36.90 ID:S2Dzna4/0
>>682
すっきりした
ありがとう

705 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 23:19:52.52 ID:5AxBGGhq0
金縛りについての経験談を一つしたいと思います 洒落怖とは違う気もしますが
あと酔っぱらいですので文面が要領を得ないのはお許しを

金縛りというと体が動かなくて老婆や女が見える等 恐怖談が大半な気がするのですが
そのあと眠ってしまうということが共通していると思うのです
なのでそれ以外の金縛りの話をしたいと思います

だいぶ端折って(オイ 金縛りにあったのですがどうもいつもと具合が違うのです
目は開いてます 体は動きません ここまではいつもの金縛りなのですが 声が聞こえます

706 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 23:21:54.40 ID:5AxBGGhq0
幽霊がはなしかけてきてるとかそういうノリじゃありません
自分なんか関係ないように 多分無線?みたいなので男と女(多分 が話しています
悪意も糞もなくて自分はただ会話を聞いているだけなのです 姿は見えません
最初は英語で話してるのかなーとか これがまさか電波で陰謀論とかのやつなんかなーとか
思っていたのですがよく聴いてるとそれは英語でもなんでもなくて「よくわからない言葉」でし


ひたすらその会話とノイズが続くし金縛りも不快なので気合で体を動かすことにしました

指先などは動くのですがなかなか厳しいので 思いっきり全力で起き上がります 金縛りは解け

ました

707 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 23:24:13.71 ID:5AxBGGhq0
何故か頭痛が酷いです そのまま家の一階に降りました
顔を合わせるなり母親に顔が青ざめてるけどどうしたのと言われました
やっぱこれだけ頭がいたけりゃ顔色も悪くなるよなーとか納得しつつ あの声はなんだったんだ

ろうと思います

脚色なしの味気ない文章になりましたね ごめんなさい
金縛りからそのまま起き上がった経験談とか少ないので書き込んでみました

708 :本当にあった怖い名無し:2014/02/08(土) 23:59:11.37 ID:Dn+XcLlS0
洒落怖と違うって思うなら書くなよ

709 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 00:25:32.49 ID:rcZB8f7I0
>>682
確かに関西人って、アクセントがどうの、うるせぇよなぁ…。
関西圏以外の他所から引っ越してきたら、開き直って絶対使わないほうが、よっぽどいいと思う、関西弁なんて。

710 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 03:00:41.24 ID:28g3D7gM0
茨城弁最強説だっぺ

711 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 05:33:33.04 ID:D4yeMC4MO
いぐっぺいぐっぺ!

712 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 07:54:46.29 ID:p8dKUxIE0
たぶんただの幻聴だな

俺も金縛りよくなるし、幻聴も聞こえたり、たまに幽体離脱とかもするけど感覚的には夢なんだよなぁ

たぶん幽霊と出会う時になる金縛りってまた種類が違うと思う。

713 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 08:47:29.23 ID:d5EhLth90
そもそも金縛り系ってむしろそのまま寝る話の方が少なくね?
金縛り→オカルト体験→金縛り解ける→あれはなん(ry→寝る
がオーソドックスだろ

昔は金縛りになる方法から解く方法まであった気がするけど
最近金縛りスレすらもう立ってないんだな

714 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 09:06:08.99 ID:XFtxy8fhO
>>705
>だいぶ端折って(オイ ←このノリが心底うざい

715 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 10:18:06.85 ID:+rNuqY/g0
次の挑戦者の方どうぞ〜

716 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 10:41:33.90 ID:FXFmmzCa0
>>688
都市伝説だと思うなら、ちゃんと調べてみなよ
JR各社、私鉄共々、損害賠償請求の動きになってるから。

ただし、負の相続という形で遺族に残るから、現実には「遺産放棄」という逃げ道があるけどね。
万が一、飛び込みした人が損害賠償を支払えるだけの遺産を持っていれば、相殺することが可能だけど。
そうやって請求しなきゃならないほど、経済的な被害は大きいってことだ。

717 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 13:57:57.09 ID:21/KQIzS0
>>680
お前の日本語もおかしいわ

718 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 14:10:21.58 ID:D4yeMC4MO
お前ら、祝え

719 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 17:54:26.57 ID:vDM0k0CaO
明らかに18歳未満が書いた「俺が大学一年の時」と、ブログのノリの話か
うん

720 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 18:36:37.20 ID:loC526/g0
なんで、「死ぬほど」と「死ぬ程」の2種類あるん?

721 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 18:48:22.39 ID:INypGIWu0
うんことウンコと2種類あるだろ

722 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 19:55:53.97 ID:i1RHEvO40
>>716
そんな流れなってないけど、ソース貼ってよ。
そこまで言い切るんなら。

723 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 23:59:52.07 ID:oUeg02GPO
まとめの感動読んでたら夢に〜が出てきてどうたらこうたらで、泣かせよう泣かせようの話が多いのな。
都合の良い話って夢だからこそ出来るんだけどね

724 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 00:07:49.73 ID:SvayKYXyO
嫌味か貴様ッッ

725 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 00:11:40.37 ID:ikFFU1t10
夢は正確に記憶できない上に後からいくらでも改竄可能だしねぇ。

726 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 00:22:41.02 ID:mB53TfeBO
ある夜眠りが浅くうつらうつらしてた時、右手がムズムズするんで握りしめたら人差し指と中指の間に針を刺した様な痛みが走ったので豆球の灯りにかざしてみたら、指の間に5cmほどのムカデが挟まっていた

727 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 00:31:05.71 ID:2eK1EThp0
それ >>726 のチ○コや・・

728 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 01:03:04.47 ID:iRxjAkXn0
死ぬほど洒落にならない怖い話は いつになったら読めますか?
金縛り 夢 霊感坊主 ラノベ作家風って 死ぬほどつまらん退屈な話に書き込め

729 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 01:37:27.55 ID:wgyhPtKL0
>>722
ググることも出来ないの?
「損害賠償 飛び込み」で検索すればいくらでも鉄道会社の対応は分かるよ。

730 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 02:08:01.17 ID:6xqjWfb+0
>>729
そのへんで検索しても

「請求されるのはせいぜい100万円程度」
「遺族は支払い義務を放棄できる」

って記事しか出てこないね
少なくとも鉄道会社が一家が破産するくらいの損害請求する方向に流れてる、なんてソースは微塵もない
はい、嘘確定ー

あとさぁ、キミ、ソース貼ることも出来ない時点でもう負け認めるべきだったと思うよ?

731 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 02:34:47.50 ID:apAUtaHP0
スレチだから他いけよカスども

732 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 03:00:10.03 ID:QfVGBdUE0
まじだ

733 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 03:50:31.30 ID:8ljDHCo30
スレチは消えろやカス

734 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 06:17:04.23 ID:SvayKYXyO
スレチとは何か

735 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 06:21:01.47 ID:pOqyDcvR0
「スレちがい」の略?
書き込むスレッドが違う、の意味かと。

736 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 06:21:06.67 ID:wgyhPtKL0
>>730
何をムキになってるのか知らんが、
線路飛び込みで被害が出た場合、鉄道会社が損害賠償を求める事があるのは理解できているのなら、
「遺産放棄」として拒否「出来る」までは分かってるだろう。
つまり遺族が拒否しなかった場合は、支払う義務が発生するという事。
責任感の強い人というのは少なからず存在し、億単位の借金があっても自己破産せず返済しつづけてる人だっているのだから、
「責任感から支払いを受け入れた結果、支払いできずに一家離散」というのは有り得ないとは言い切れない。
それだけの事。

737 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 07:55:57.95 ID:6xqjWfb+0
>>736
何をムキになってるのか知らないが
 グ ダ グ ダ 言 っ て な い で ソ ー ス 貼 れ
っつってんだよ、文盲が
「調べてみなよ」「ググることも出来ないの」とかその場しのぎの言葉で
騙せると思ってたのか?育ちが知れるわマジで

738 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 09:27:48.69 ID:apAUtaHP0
どっちも目障りだってわかんないの?
めくらなの?池沼なの?

739 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 15:03:46.67 ID:SvayKYXyO
とりあえず困ったらアフィって言っとけ

740 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 16:16:53.13 ID:N1eIIZSC0
アフィは根源悪だからな

741 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 17:09:40.57 ID:ba0izBlq0
>>730
>少なくとも鉄道会社が一家が破産するくらいの損害請求する方向に流れてる、なんてソースは微塵もない

お前は「鉄道会社が損害賠償を請求するというのは都市伝説」とだけ言っていて
「一家が破産するほどの〜」とは言ってないよな?
お前自身がググッた結果「せいぜい100万程度」「放棄できる」と出たんだろ?
と言うことは鉄道会社は実際に損害賠償請求してるじゃん
 それを認めたくないがためにしれっと「家族が破産するほどの損害賠償請求する」って拡大解釈してんじゃねーよ

742 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 18:25:47.23 ID:UhSQZz640
車両が壊れれば数千万、ラッシュの客足を止めれば数千万ってのはありうるな
自殺では車両は壊れないにしても列車を止めれば高額請求もあるわ
うちの会社で電線の接触事故があった時はJRの本部に呼ばれてすげー取調べられたわ
お偉いさんと事故調査委員会会わせて10人ぐらいに囲まれて尋問された
電線がもし傷んでたら500mで1スパンだからそれ交換するのにどえらい額がかかるって言われた
幸い傷みたいなのしかついてなかったからよかったけど
あと、電車止めてたら数十万〜数百万て言われた、ど田舎のローカル線だけどね
満員電車だったらもっとだろう、後続の電車も合わせて
んで、二度としませんって誓約書書かされて、今後はどうするかの作業マニュアルも出させられて
解決までに2ヶ月ぐらいかかった

743 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 18:34:07.07 ID:6xqjWfb+0
いいくらグダグダ言い訳してないで
その「ググればわかる」はずのソースを貼れ、ボケが

744 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 19:16:48.74 ID:apAUtaHP0
ボケはお前らだよ痴呆が
スレたててやろうか?あ?

745 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 20:55:03.00 ID:1BBBRgD/0
742だけど、この論争を見てて自分の会社で起こった事を実際に言ってるよ
まあ測量作業で5mのアルミ製のスタッフと呼ばれる標尺を電線に接触させてしまったわけだが
その標尺手が線路上で気絶した
感電した時点で電力が一時中断されて0.5秒後に復活するシステムらしいけど
倒れた人に気づいて電車が停止してダイヤを見だした=数十万から数百万
ショートによって電線が切れた=それ以上
という話だ
ちなみに感電した人は手と脇腹を火傷して足の小指が粉々になった

746 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 21:00:31.65 ID:ikFFU1t10
日本は恐ろしいな。
これがイタリアやロシアなら、そもそも誰も働かないから感電もないしダイヤを気にしなくても3日は電車が来ないから安心なのにな。

747 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 23:10:55.67 ID:AemksFWz0
コーモンとコーマン、似ているけれども、だいぶん違う。
フラワーショップで調べてみろよ。
野菊と野薔薇は違うだろ?

748 :本当にあった怖い名無し:2014/02/11(火) 00:01:06.42 ID:J/NLipEsP
一部の損害賠償責任とか税金とかは破産でも免責おりないから別だろ…

相続放棄が嫌なら限定承認しとけばいいよ。ってか単純承認よりもオススメ。
詳しくはググってくれればいいが、後から知らないマイナス財産が出てきても故人のプラスの財産分までしか知らねーよって制度。

三ヶ月の熟慮期間が過ぎて自動的に単純承認されてから現れる借金取りとかいるらしいからな。
故人のやってること全部把握してないだろうし、自殺する人って経済問題抱えてること多いだろ

>>746
ロシアよりスペインとかのイメージじゃね

749 :本当にあった怖い名無し:2014/02/11(火) 08:58:46.01 ID:QAP9MviS0
>>713
金縛りはオカルトより自身の歯軋りによる歯の痛みのが怖い思い出しかないです
一度真横にこっちガン見してるなんか黒いのが居た事あったけど歯のほうが気になってそれどころじゃなかったです

750 :本当にあった怖い名無し:2014/02/11(火) 10:39:27.00 ID:EG7UaN870
>>743
自分でググって、損害賠償が実質100万円程度とか、遺族は放棄出来るに辿り着いたなら
すでに「鉄道会社からの損害賠償請求は都市伝説」を否定出来てるじゃないか。
請求された例はあるし、遺産として放棄『出来る』訳だから
放棄しなかった場合も考えられる。

具体例として想像すると、
自営業をしている一家の大黒柱が飛び込み自殺。
資産を持っていること、故意で悪質であることから多額の損害賠償。しかし、これは遺産の放棄という形で遺族は放棄出来る。
でも、一家のほとんどの資産が自殺した当事者の名義だった場合、その資産も放棄することになる。
資産と賠償額が同等で支払えたとしても、残された遺族は大黒柱を失った上に、収入源すら絶たれた状態に陥る事は充分考えられる。
結果的に、生活に困窮し一家心中。なんて事例は想像出来ないだろうか?
飛び込んだ当人に資産がなければ、遺産放棄で損害賠償は免れることは『出来る』だろうけど、これが一家の大黒柱だとしたら話は複雑になるだろう。

751 :本当にあった怖い名無し:2014/02/11(火) 11:45:06.21 ID:oyr2m1qs0
電車電車うるさいから死んで
スレチだから死んで
これに反論できないなら死んで
反論しなくていいから黙って死んで

752 :本当にあった怖い名無し:2014/02/11(火) 12:41:13.32 ID:C8JS+yfc0
>>750
それは悪魔の証明だろう
ググれば分かるって言っちゃったほうが示す義務があるのは当然
スレ違いなのでいい加減にしてほしい

753 :本当にあった怖い名無し:2014/02/11(火) 12:42:45.50 ID:TS92lYtW0
>>748
確かに仕事サボって電車こないのはスペインってイメージあるわ。

754 :本当にあった怖い名無し:2014/02/11(火) 12:51:19.17 ID:rvLSsxxX0
死ぬほど洒落にならない長い話だ

755 :本当にあった怖い名無し:2014/02/11(火) 13:45:28.39 ID:5peq71IQO
これ以上続けるならこのスレは以降、俺のオナニー実況スレとなる…

756 :本当にあった怖い名無し:2014/02/11(火) 16:01:06.69 ID:eUVxhLQs0
>>755
やっちまいな!!

757 :本当にあった怖い名無し:2014/02/11(火) 16:10:06.76 ID:y/pKGA2K0
もちろん顔出し動画だよな
チンコはモザイクしないとやばいが

758 :本当にあった怖い名無し:2014/02/11(火) 16:21:31.04 ID:EyeL49gA0
それ単なる洒落にならない話じゃねーか

759 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 01:15:48.63 ID:zFSQBhwe0
青い いぬふぐり

♪ 4月の 雨に 降られて 駅の ベンチに 二人

   他に 人影も なくて 不意に 大便する

   なぜ あなたは いつでも どんな ところでも 大便を して しまうのか

   I will follow you ついて ゆきたい  I will follow you ちょっぴり 精薄だけど

   すてきな 人だから

   便所の わきの 水たまりに 青い いぬふぐり

760 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 21:13:35.88 ID:1PVM4WfS0
心霊的な話とは違うのですが未だに理解出来ない事があって書きます。
小学生時代、地元のスポーツ少年団で5年生になると研修施設で一泊する合宿会があった。
合宿と言っても普通の林間学校のようなもので、野球、サッカー、バレー、剣道と普段の種目
に関係なく男女みんなでレクをしたり、キャンプファイヤーしたりとかそんなのだった。
その年は生憎の雨でキャンプファイヤーや花火は中止になってしまい、夕食後は父兄の持っ
てきたビデオを鑑賞することになり、映画の「ドラえもん」と「ドラゴンボール」でどちらか見たい
方で分かれることになったんだ。で俺はドラえもんを選んだ。
ドラゴンボールはそのまま食堂で鑑賞になったんだけど、ドラえもんを選んだ子は違う部屋に
誘導されて俺たちはちょっと離れの建物に連れて行かれ、何故か鑑賞するような部屋ではなく
体育館に連れて行かれたんだ。誘導してたのは俺のやってた野球のコーチや父兄ではなく、
たぶん他のスポーツの保護者だったと思う。
本当に突然なんだけどその知らない保護者から「じゃあ走るから」っていきなり言われて、皆
目が点になったけど無言の圧力で何故かそのまま30分位体育館の中を永遠走らされた。
ドラえもんを選んだ子は女子や比較的運動が苦手な子も多くそんなガチのスポーツ少年団
でもなかったから、みんな泣きそうになって走った。途中で歩いてしまう子も多く、最初は「ホ
ラ、がんばれ!」位だったそのオッサンも徐々に何故か怖くなってって「止まるな!オラ!!」
みたいになっていった。吐いた子もいた。

761 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 21:29:52.68 ID:1PVM4WfS0
そんなガチでスポーツが得意でないうえに、映画だと思ってた時間に突然怖い知らないおじさんから
走れと言われた30分位は本当に長く長く感じてこの時点で泣いてる女子もいた。
「終わり!!」って言われてみんなその場にへたり込んでハーハー崩れていると、「オラ!集まれ!!」
ってそのオッサン叫んで、うちの小学校にはそんな怖い先生もいなくて皆ガチでビビっててステージの
前みたいなところに集合させられた。崩れて走れない子は、まだ走れた奴が体を引っ張って連れて
行った。
そこからは永遠、体操体系に開け!集まれ!遅えぞ馬鹿野郎!!みたいのをずーっとやらされ、
右みけ右!や回れ右!とか出来ない子は「お前だけ出来ねねーぞ!馬鹿野郎!」とか永遠やらされ
最終的にはその体育館をずっと行進させられた。当然、揃ってない!やる気が無い!と怒鳴られながら。
ドラえもんが見れると思ってた俺たちの大半は泣きべそor泣いてて、それは22時位まで続いた。
その後開放され部屋に戻ると、ドラゴンボールを選んだ子たちはとっくに終わって風呂も入っててみんな
GBとかトランプしてて「遅かったなぁ」なんて言われた。
当然、野球部の保護者や指導員の関係者に訴えたんだけど、「本当に〜?まじかよ〜」とか何故か
笑って流されてまともに取り合ってもらえなかった。女子や他の子は怖くて言い出せなかった子もいて
ドラえもんを選んだ子たちはみんな狐につままれたような気分で寝た。
ちなみにそのオッサンは剣道の指導者だったらしいが、次の朝には何事もなかったように普通にいて
ニコニコ笑っててメチャクチャ怖かった。30を過ぎた今でもあれが何だったのか理解出来ずにいる。
サイコパスってきっとああいう奴なんだと思う。

762 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 21:38:37.95 ID:1PVM4WfS0
結局、その剣道の指導者だったオッサンは誰かの保護者だったらしいが誰の保護者かも分からなかった。
(学年の違う子の親が指導者をしていることもある為)。
剣道部の子もみんな「普段はあんな人じゃない」と言ってた。
今でもその時のドラえもんを選んだ組の同級生たちと話すとあの事はハッキリ覚えてて話題になる。
自衛隊か何かの人だったのかなぁ・・・。

763 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 21:39:53.46 ID:4DFM0ms50
そのおっさん、アニメ大嫌いなだけのガチンコ体育会系だっただけだろ。

764 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 21:43:47.02 ID:BZ89zMkW0
いや、ドラゴンボール選んだ子には闘争心があるが、ドラえもんは云々ということかと。

765 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 21:51:00.33 ID:JrGNHR3Q0
>>755
それ、見たいから援護するぜ!


自分で見つけた根拠より説得力のあるソースってあるか?
検索結果が丸ごと根拠のソースだろ?

766 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 22:01:24.87 ID:BeM/vpyq0
ここはいつから子供の頃の不思議な体験スレになったんだ

767 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 22:03:20.87 ID:HcvzcfuS0
>>765
>自分で見つけた根拠より説得力のあるソースってあるか?
うん。
あるね。
客観性と再現性とがあって検証可能であれば
別に誰が見つけようが問題ないよ?
むしろ誰が見つけたかなんて何の意味も無いほどに問題ない。

768 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 22:08:31.61 ID:QQBHKqnC0
ソースソースうるせえ

769 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 22:26:27.57 ID:3iYFWYA00
ソースソースうるせぇ奴は今後一切醤油を使わないって誓え
できないならこれ以上スレチ書くな屑

770 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 22:36:06.39 ID:3ulyIWKb0
>>761
そのおっさん刑務官じゃね?
おれも最初に工場行く前に体操隊形とか方向転換とかみっちり仕込まれた。

771 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 23:21:34.89 ID:JrGNHR3Q0
ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/train/1370527211/
ここらへんで散々議論されてるみたいだな。
自殺した当人が未成年や、痴呆症などの遺族に管理責任が有る場合は、遺族に「管理不行き届き」として請求することは可能。
痴呆老人の事故で、遺族に請求された事例は検索でも引っかかる。
そもそも、鉄道会社のイメージを守る為に損害賠償の額なんてのは公表したがらないだろうから、データが無いとしても仕方ない。(悲しんでる遺族に追い討ちかと世論に叩かれるリスク)


飛び込みした本人名義の持ち家に住んでいたりすれば、相続放棄で賠償は逃れられる代わりに、家を失うことになる。
ま、検索で出てきたのはこの位か。

支援したから>>755実況よろ!待ってるぜ!

772 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 23:22:33.61 ID:1PVM4WfS0
>763
>764
>770
刑務官とかやっぱりそっち系のオッサンが「今時のガキを鍛えてやる!」的なお節介でやったのかなぁ・・・。
それにしても他の大人があまり深刻に受け止めてくれなかったのが当時はショックで、それ以来合宿とか
林間学校嫌いになっちゃった。女子とか本当に震えて怯えて泣いてたもん。
太ってた野球部の友達が回れ右が全然下手で、そのオッサンが隣に立って「やり直し!や り 直 し !!
下手くそ!ちげーぞバカ!」と見せしめにされ途中でボロボロギャン泣きしながらやらされてたのとか未だ
に覚えてる。そのオッサンに会いそうで怖くて風呂にも入れなかった・・・。
次の日の朝食の時にオッサンの顔が分かった時、めっちゃ心臓バクバクしてでも何故かにっこり笑ってて
本当に怖かった。未だにあのオッサンの顔だけは脳裏に焼き付いてる。

773 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 23:23:54.15 ID:VvdxHWAQ0
もういいわおまえら黙れよ

774 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 23:40:35.67 ID:oBXIVE3w0
30歳過ぎた人間が「30分位体育館の中を永遠走らされた」
なんて書いてることのほうがよっぽど洒落にならない怖いことかと・・・

775 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 23:46:35.97 ID:iaouXx6l0
永遠なのか本当か

776 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 23:48:15.22 ID:EKNo3sJp0
時の流れは続くのか

777 :本当にあった怖い名無し:2014/02/12(水) 23:58:09.87 ID:BeM/vpyq0
延々は、あるよ

778 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 00:39:58.70 ID:g5d/fSPO0
死に目を看取った叔父の話。

独身だった叔父は姉の子供のオレを我が子のようにかわいがってくれていた。
オレも叔父が大好きだったし、社会人になってからオレは叔父と同居して、叔父が亡くなるまで一緒に住んでいた。
叔父には一つだけ変な癖があった。

叔父の変な癖とは、叔父は子供の掌をとても怖がる癖だった。
どのくらい怖がっていたかというと、小さかった頃のオレが手を少しでも上げようとするだけで全速力で走って逃げるほどだ。
オレはそれが面白くて、よく手を叔父に向けたまま叔父を追いかけて遊んでいた。
意地悪く追いかける俺が走り突かれて立ち止まると、叔父は息を切らせながらも、それでも引きつった笑顔で頭を撫でてかわいがってくれていた。
そんな、優しい叔父だった。

779 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 00:40:45.62 ID:g5d/fSPO0
社会人になって数年経った頃、オレは叔父と晩酌をしながらテレビを見ていた。
その日は二人とも珍しく深酒し、やがて話しはオレが子供時代の話になっていた。
叔父はある時の正月の話しをし始め、、当時よくロードショーでやっていたキョンシーの映画を見た正月に、オレが夜中にトイレに行けなくて泣いていた話しを嬉しそうにしていた。
叔父の背に隠れるようにトイレに行くオレが、叔父はかわいくて仕方なかったと、真っ赤な顔で嬉しそうに話していた。
昔の恥ずかしい話しをされて少し腹が立ったオレは、叔父が子供の掌を怖がっていたことを逆にいじり始めた。

暫くオレは叔父が如何に情けなく怖がっていたのかを意地悪く話していたが、ふと、叔父の顔が怖いほどに真剣になっていることに気がついた。

初めは叔父が怒ったかと思い、慌てて謝ったりもしてしたが、その内、叔父がなにか言いにくい事を言おうとしているのだと察して、オレは叔父が話し始めるのを黙って待った。
それでもなかなか話し始めない叔父にオレが声をかけようとした時、漸く叔父はぽつぽつと話しを始めた。

780 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 00:41:21.88 ID:g5d/fSPO0
叔父の話によると、昔叔父はトラックドライバーの助手をしていた時期があったらしい。

トラックドライバーの助手と言っても、まだ大型免許を取るために教習所に通っていた最中の叔父は、
勤めていた会社と契約しているドライバーの運転するトラックに同乗し、解いた先で荷物の上げ下ろしを手伝うのが仕事だった。
荷物の上げ下ろしはともかくとして、目的地に向かう最中の車内では特にやる事もなく、叔父は良く車窓から景色を眺めて過ごしていた。

そんなある日珍しく長距離トラックの助手になった叔父は、話すネタが尽きてドライバーが鼻歌を歌い始めた頃から、高速道路の景色をいつものように眺めていた。
その地方は何日か前に雪が降ったらしく、高速道路の道や路肩には、うっすらとシャーベット状の雪が残っていた。

暫く景色を眺めていた叔父は、ふと、併走していたバンに小さな女の子が乗っているのに気がついた。
ぼんやりとその女の子を眺めていた叔父だったが、女の子の方も叔父に気付いたらしく、初めは恥ずかしそうに、その内徐々に叔父に笑顔を向けた。
叔父も笑顔を返しながら、家族で旅行にでも行っているのだろうと、ほんわかした気持ちでその女の子を眺め続けていた。
すると、すっかりはしゃぎ始めた女の子は窓ガラスにくっつくように身を寄せると、その小さな手を叔父に千切れんばかりに振りはじめた。
気をよくした叔父が手を振りかえそうと思った瞬間、

「やりやがったっ!!」

運転していたドライバーが、突然怒声を上げて急ブレーキを踏んだ。

781 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 00:44:02.49 ID:g5d/fSPO0
叔父が慌てて前を向くと、そこには雪にタイヤを盗られて高速道路を斜めに滑っている大型トラックの姿が目に入ってきた。

叔父の乗ったトラックも焦って急ブレーキを踏んだせいで徐々に車体が横を向いていき、徐々にフロントガラスに近づいてくるアスファルトを見て、叔父は自分たちのトラックが横転しそうな事を理解した。
慌ててシートベルトを強く握って衝撃に備えた叔父の目に、同じように雪に滑って横向きに滑る女の子の乗った車の様子が飛び込んできた。

女の子は横向きで進む車の窓ガラスに押しつけられ、かわいらしかった顔を化け物のように歪めてガラスに張り付いていた。
やがて滑る事を堪えられなくなった女の子の車は、今度は車体をアスファルトに叩き付けるように横に回転し始めた。
回転し女の子が押しつけられた側が地面に叩き付けられる度に、そのこの顔酷く潰れ、車内に血が飛び散る様子が、
叔父の目にはハイスピードカメラで撮った映像のようにゆっくりと見えていた。

その後、結局叔父の乗ったトラックもそのまま横転し、叔父はその凄まじい衝撃で気を失った。

782 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 00:45:31.50 ID:g5d/fSPO0
目覚めると叔父は病院のベットにおり、そのまま暫く入院する事になった。
見舞いに来た上司の話によると、叔父に手を振っていた女の子は、アスファルトに叩き付けられた衝撃で、原型を止めない姿になってなくなったらしいと叔父は聞かされた。

その後叔父は会社を辞め、進んでいた大型トラックの免許の講習も中断して別の会社に就職した。
その時の窓ガラスに押しつけられた女の子の姿が忘れられず、結婚して子供が出来た時、生まれてきた子が女の子だったらと思うだけで強い恐怖感を抱くようになり、結局、生涯独身のままその人生を全うした。

叔父曰わく、それ以来、子供の掌を見るとあの時の光景がフラッシュバックしてしまい、怖くて仕方がないと言っていた。

血にまみれ真っ赤に染まった車の回転する度に砕けていく女の子が張り付いた窓ガラスで、その子の小さな掌だけが白かったんだよ。

そう言うと、氷が溶けて薄まった焼酎を一息に呷って、空いた手でがりがりと爪を立てて頭をかきむしっていた叔父の姿が、今でもオレの脳裏にこびり付いている。

783 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 00:59:59.82 ID:NazDdjNw0
はいはい文章は上手ですが
怖くないです
怖さとは何かもっといろんな怪談を読んで考えましょう

784 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 04:46:50.36 ID:up2tmGOy0
>>778
叔父が死ぬほど洒落にならない怖い話でしたね。
甥のあなたが叔父の体験を一人称視点で書いていると
創作っぽくなり、怖さ1/4です。
個人的には、部下の見舞いに来た上司が女の子の死を
状態を含めて詳しく知っていて、部下に伝える神経が怖いです。
入院食にハンバーグとかミートボール出てきたら呪いますね。

785 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 05:08:34.09 ID:IG1cyDMq0
姉の子供のオレってどういうことだってばよ?

786 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 07:52:47.21 ID:z6FR0DmD0
40才過ぎて婚暦無しの俺も、今度から言い訳にその叔父さんの設定使わせてもらうよ

787 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 08:23:27.38 ID:b5RzMADR0
女の子の顔が歪むシーンのイメージが全然つかないんだが

788 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 10:14:57.01 ID:J6dscfzU0
文章自体は、確かに悪くない、というか、最近ここに書かれる話の中ではずっといいんだよな
でも、話は洒落怖じゃなくて、「おじが死ぬような思いをした話」だよな
後他でも触れられてるように、何で上司が他の事故車両の人の話を知ってるのかも、それを伝えるのも不自然すぎて無理がある
事故ったからといって、運送会社の上司が雪道の事故現場に、遺体や怪我人の搬出より先に駆け付ける事はないよね
惜しい

789 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 11:41:39.72 ID:XPQpqOtM0
久しぶりの投稿だからみんなこぞって批評してる

790 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 12:10:28.16 ID:9lEbHF+E0
死ぬほど評論家が集まる話

791 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 12:57:49.63 ID:GGe6YmQU0
>>788
読む限りでは会社所有の車なんだから情報が会社に行くのはおかしくないんじゃないか?
保険やら査定やらにも関わるだろうし

792 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 13:30:57.61 ID:J6dscfzU0
>>791
情報は間違いなく会社に行くけど、雪道の高速道路の途中だぞ?
社会人だった当時の会話で、子供の頃には既に事後の話だから、携帯もないだろうし
事故車の撤去前ならまだしも遺体の搬送以前に間に合うか?

793 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 13:36:12.81 ID:0+33902wO
読んだ感想や、その作品の話をされるのが嫌なら、ハイジを復活させるか
どんなに渾身の力作を書いても、「ハイジ」

794 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 13:46:40.99 ID:0pM1UROy0
ここに現れる幽霊が超怖い
http://www.youtube.com/watch?v=QfZItov1BUo

795 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 15:05:16.53 ID:EH/gLj740
>>792
上司が事故現場に行ったってのはどこに書いてあるんだ?

796 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 16:20:12.79 ID:iKcWIrexP
認知症男性の列車事故 720万円損害賠償命令で波紋
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131107/bdy13110708420001-n1.htm

797 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 17:08:21.24 ID:pH1LOG630
上司が女の子の様子を伝えたのは、職務上事故の状況を知ってる上司に叔父が
同一事故で横転した車にいた子供の事を聞いたで答えた、で説明できるだろうけどな
事故のシーンを詳細に書くのはいいが、車の位置関係やら色々無理ありすぎで
疑いの目を向けさせるきっかけになってる

キョンシーの映画が子供の頃TVでよくやってた→霊幻道士シリーズ公開が1980年〜
>>778は今40ぐらい、推測で親は70前後、叔父は生きていたら60代以上?
その叔父が大型免許取得中の若い頃=三十数〜四十年前

今じゃ家族連れ=ミニバンだろうが、その当時マイカーなんかセダンが普通だし
万が一自営業の親子が商用車に乗って旅行に行ったとしても
今のバンみたいに窓が広くないし、チャイルドシートなんかない
室内で千切れんばかりに手を振れる程小さな子が普通に座って外から確認はちょい不自然

大型トラックで上から覗き込む形だから見えたとしても、当時のバンなら後部二点式シートベルトで
車がごろごろ横転してるのに小さな子が窓に顔と手を押し付けたままはかなりレア

798 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 17:14:13.39 ID:pH1LOG630
加えて
助手席の叔父から見える並走車=家族連れのバンが左車線、トラックが右なので女の子は運転席側
女の子は横転する際に顔を押し付けられる =バンは進行方向に対し左へ向いてから横転している

同じく横を向いたトラック助手席の叔父が、女の子がバンで顔を押し付けられているのを確認できる
 =トラックはバンよりも道路進行方向前側にいて、進行方向に対し左を向いて滑った

その状態からトラック横転 =普通は運転席側に横転する
しかし
> フロントガラスに近づいてくるアスファルト
    →運転席側に横転すれば、助手席から見ればむしろ遠ざかるのでは?

まさかトラックは前転したのか?

799 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 17:17:09.36 ID:wUocsOnC0
当時は運転手だってシートベルトなんかしてねー時代じゃね?

叔父が上司から「なっていたらしい」って聞いたのなら上司だって直接見てないんだろ
当事者(会社の担当者)なら警察から事故状況を聞いててもおかしく無いしな
ただ「女の子は」じゃなくて「女の子の車は」だろうけど

800 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 17:18:03.36 ID:iKcWIrexP
そういう細かいところは「伝聞だから」でいいだろ。
女の子の手が印象的だった。
女の子が死んだ。
だからトラウマ。

こんな感じなんだろ?

801 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 17:18:20.46 ID:vGd6eWsnO
すげー暇なのはわかった

802 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 18:01:37.40 ID:0+33902wO
文章は読みやすくて良かったので、次は怪談としての怖い話を頼む

803 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 19:28:43.40 ID:pH1LOG630
ヒマなのは否定しないw が元の文章自体は読みやすいし、この程度の分析5分もあれば書けるだろ

>>800
自分が見ていたように詳細に書かれた場合、状況を脳裏に描いて辻褄が合わないと
読んでいて辛いじゃん
全般としては>>802に同意なんだけど

>>799
シートベルトなしじゃ、横転するバンの中で小さな子の体は一箇所に留まれないと思う

一台のスリップに起因する連鎖事故で同一事故と扱われる可能性が高いから
職務中の事故なら会社の担当者は、他車の被害者の状況についても詳しく聞いてる筈
入院中の叔父が
「隣の車に女の子が乗ってたんですが、どうなったんですか・・・」
「ぐちゃぐちゃだったらしいよ」程度の会話ができるぐらい知っていても、違和感はない


ただね、一番の要点は
ダブルタイヤであろう長距離トラックが、横滑りしながらも横転を暫く耐えられる程
ツルッツルの状態で、プアなタイヤのバンが先に横転する。。。まではともかく
何回転もするのはあり得ないので、さすがに基本的な設定のミスだ

何回転もする=路面を滑走できず、摩擦力と車内の重量物の勢いで
車体が何度も引き起こされるってことだから、荷が軽くて路面μが低い場合は起きにくい

804 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 19:54:40.18 ID:GGPqfN6A0
ハイジ

805 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 22:12:24.78 ID:ELlyQntu0
だからよ、叔父は助手席にいたってことだ
つまり右車線を走ってたんだよ、女の子は左車線にいて手を振ってた
左シートに座ってた叔父と、リアシートの右側に座ってた女の子と目があったんだよ
ここまではいいいな?

んで事故ったと・・・

その場合、トラックは横転しなければならない
トラックは向かって上車線にいて、女の子の車も横転して下車線側にいたんじゃないか?

806 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 22:22:48.46 ID:ELlyQntu0
あと上司が非情な感じがするよ…
目の前で見た光景に、追い討ちかけるようにその状況を入院してる叔父にわざわざ状況説明して、
そのショックで結婚できなくなってしまったんだもの

807 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 22:27:52.40 ID:i5/WkhAy0
小学校の頃の話

小1の男子が面識の無い上級生6人ぐらいに
リンチされて顔面を踏みつけられたらしい
結局その男の子失明したから犯人特定されてない

今思うと計画的に目を踏みつけたのかもしれない

808 :本当にあった怖い名無し:2014/02/13(木) 22:35:43.18 ID:g5d/fSPO0
なんか議論しててびっくりだけど、オレも叔父から聞いただけだから真偽のほどは知らんよ。
母親に聞いても、叔父が前の会社ででかい交通事故にからんだ今年か教えてくれなかったしね。
それに聞いた時オレもかなり酔っ払ってたし、思い出しながらかいたから矛盾は許して下さいな。

ただ叔父の子供の掌に対するあまりのびびりようと、
いつもニコニコしてた叔父があの話しをした時はキチガイみたいに頭かいてたのはスゲー印象に残ってる。

大好きだった叔父の事を悪く言うつもりはないけど、あの人ちょっと物事を大げさに言ったり嘘付いたりする癖があったから、
あんまり真剣に考えないほうがいいでよ。

809 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 00:00:51.50 ID:t8/mhmx30
>>808
すごく読みやすかったよ

810 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 00:23:36.88 ID:NSUkg/7e0
ハイジ

811 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 00:53:31.00 ID:33gKkBRC0
地元のキチガイの話し。

オレが小学生だった頃、地元に有名なキチガイババアがいた。
あだ名は『お守りババア』

お守りババアは俺が通っていた小学校の正門前に、夕方頃になるといつも立っていた。
お守りババアは一年中厚手のコートを着ていて、同じくいつも被っているフェルトの帽子には、沢山の小さなぬいぐるみが縫い付けてあった。
コートも帽子も原色まんまの赤一色で、教室から校門を見ただけで、一目でお守りババアがいる事が分かった。
お守りババアはいつも両手を体の脇にぴたりとつけた気をつけの姿勢で、その姿勢を崩す事は決してなかった。
いつから入浴をしていないのか、お守りババアの周りにはいつもアンモニア臭がきつく漂っていた。

そんなお守りババアがお守りババアと言われるゆえんは、

「お守り作ったけ、貰ってくんろ」

と通りかかった小学生に声をかけてくる事からだった。

高学年や親にお守りババアの事を話しても、いいから気にしないで無視して関わるな、と誰もが言われていた。
単純に不気味だったからと言う事もあったが、そのせいで殆どの子がお守りババアを無視して日々を過ごしていた。

そんなある日、オレの学年に転校生がきた。
そいつは初日から鼻息が荒く、意地っ張りで向こう見ずな奴だった。
今思えば、転校生だからとナメられたくなかったのだと思うが、そいつはいろんな事に直ぐ張り合ってくる奴だった。

812 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 00:54:30.73 ID:33gKkBRC0
「なあ、夕方に校門前にいるおばさんなんなの?」

そいつが転校してきて何日か過ぎた後、オレのグループが昼休みに校庭で遊んでいると、突然転校生がオレのグループに声をかけてきた。
どちらかというとおとなしい子が多かったオレの学年の中で、オレのグループはやややんちゃな奴が集まり、良くも悪くも学年の話題の中心にオレ達のグループはいた。
今思えば、友達がまだ出来ていなかった転校生は、オレ達のグループと仲良くなれば早く学年にになじめると思ったのだろう。
オレ達は突然の乱入者に途惑いながらも、お守りババアのことを転校生に教えた。
初めは真面目な顔をしていた転校生だったが、オレ達が腫れ物を触るようにお守りババアの事を話す様子を見てか、徐々にオレ達のグループにかみつき始めた。

「臆病だな。オレはそんなババア怖くも何ともないよ」

こちらを蔑むように言う転校生にだんだん腹が立ってきたオレ達は、じゃあ、とお守りババアからお守りを貰ってきたらオレ達のグループに入れてやると意地の悪い事を転校生に言った。
初めは何のかんのいって断ろうとする転校生を、オレ達も悪のりし始て、貰ってこなかったらお前が実は臆病な奴だと言いふらすと言ってしまった。

そうしてその日の放課後、転校生は後ろから囃したてるオレ達に追われるようにして、お守りババアに近づいていった。

お守りババアはその日も校門から出てくる子供達に、

『お守り作ったけ、もらってくんろ』

となんどもなんども同じ調子で繰り返していた。
転校生は時折泣き出しそうな顔でこちらを振り向いていたが、腕組みをしてにやにやと笑いながら見ているオレ達の様子を見て覚悟を決めたのか、
早足でお守りババアの前に進んでいった。

「お守りください!」

うわずった声で怒鳴るようにお守りババアに声をかけた転校生の方を、お守りババアはゆっくりと向いた。

「手作りだっけ、大切にしてくんろ」

そういうと、お守りババアは帽子を手に取り、その中からフェルトで縫った赤いお守りを取り出して転校生の前に突きだした。

813 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 00:55:47.83 ID:33gKkBRC0
転校生は何度か躊躇した後、奪い取るようにお守りを受け取ると、オレ達の方に駆け寄ってきた。
汗を浮かべて青ざめた顔の転校生にオレ達は何も言えず、ただ呆然と転校生の顔を見つめていた。

「ありがとな。大切にしてくんろ。ありがとな。大切にしてくんろ、ありがとな。大切にしてくんろ。ありがとな。大切にしてくんろ。ありがとな。大切にしてくんろ」

呆然としているオレ達の前で、突然お守りババアが同じ台詞を大声で繰り返し始めた。
オレ達は突然物すごく怖くなり、叫びながら裏門に向かって全速力で走ってその場を後にした。

裏門のある校舎裏に逃げ込んだオレ達は、息を切らしたまま、汗だくで引きつったお互いの顔をじっと見つめていた。
しばらくして恐怖感が薄れると、思わず吹き出してしまい、オレ達は腹を抱えて笑いあった。
そこには当然、その日の主役の転校生もまじっていた。

「なあ、お守り開けてみようぜ」

誰が言い出したのか覚えていないが、逃げ出すほどの恐怖感を味わった反動なのか、
逆に妙な興奮状態になっていたオレ達は転校生の手に握られたお守りを囲うように身を寄せ合うと、
にやにやしながらお守りのヒモを緩めて中身を取り出した。

814 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 00:56:35.88 ID:33gKkBRC0
お守りの中には、一枚の紙が入っていた。

『この子が早く死んで、敬子とあの世で遊んでくれますように

 敬子が好きな事
 @折り紙
 A一輪車
 B縄跳び

敬子が好きだった赤色になるように、血まみれでこの子が死にますように』

さっきまでの興奮状態は直ぐに引き、逆に鳥肌が全身に立った。
その紙を取り出した転校生はぶるぶる震えだし、紙を凝視したままぼろぼろ涙をこぼし始めた。
オレ達はそんな転校生の様子を見ても何も言えず、ただ同じように紙を凝視していた。

すると突然、転校生が誰かに強く髪を引っ張られ、校舎裏の地面に引き摺り倒された。
振り向くと、そこに鬼のような形相をしたお守りババアが、転校生の髪を掴んでオレ達の後ろに立っていた。

「大切にしてくんろぉ!! 大切にしてくんろぉ!! 大切にしてくんろぉ!!」

お守りババアは転校生の髪を掴んだまま腕を振り回し、転校生は恐怖で口から泡を吹きながら、髪を掴んでいるお守りババアの手にしがみついていた。

パニックになったオレ達は何度もゴメンナサイ!と叫びながら、転校生を振り回すお守りババアを止めようと、
アンモニア臭がきついお守りババアの体に泣きながらしがみついた。

815 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 00:57:29.67 ID:33gKkBRC0
やがて騒ぎを聞きつけた先生達が駆けつけ、お守りババアは先生達に取り押さえられた後、警察に引き渡されていった。

事情を聞くために警察署に言ったオレ達は、しゃくり上げるほど泣きながら、その日の出来事を警察官に隠さず喋った。
オレ達を迎えにきた母親達は、オレ達が無事である事にほっとすると、何度も平手で頭を叩いてきた。

「だから関わるなって言ったでしょうが!」

涙を流しながら頭を叩いてくる母親を見て、オレ達は調子に乗って転校生をたきつけた事を後悔した。
その日の夜、帰宅した父親にオレはコブが出来るほどきつく拳骨を食らい、この事件の事もお守りババアの事も、二度と口にしないようきつく約束させられた。
翌朝会ったグループの友人達もコブが出来ていたり青タンを作っていたりしており、皆一言も昨日の事件について話そうとしなかったので、どこの家も同じような状況だったのだろう。

そしてその日以来、転校生は学校に来なくなった。

事件から一週間ほど過ぎた後、オレ達は担任の先生に呼び出され、転校生をイジメただろうと問い詰められた。
オレ達は否定したが、その日、転校生の親が学校に乗り込み、転校生がイジメが原因でおかしくなってしまったと騒ぎ立てたらしい。
そうしてオレ達の親は学校に呼び出され、当事者の親たち同士の話し合いの末、結構な額の慰謝料を転校生の親にオレ達の親は支払った。
慰謝料が支払われると、転校生は再び転校していった。
お守りババアも、その後二度と校門の前に現れる事はなかった。

結局、名前すらおぼえてあげられないまま転校した彼がどうなったのかも、お守りババアが何故あんなものを配ろうとしていたのかも、オレは今も知るよしもない。

816 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 01:16:44.01 ID:utA/wB9G0
そんなアンモニア臭い人間が居たら初めから通報されてるだろ
職員が怠慢すぎる

817 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 01:31:19.03 ID:qImEScWL0
なんでその怪しいババアが先に大人が止めないんだよ

って書こうと思ったら既に書かれてた
設定に無理がある
やり直し

818 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 02:13:00.71 ID:cFaVwky90
ふと思ったんだけど
ババア含めた家族ぐるみの詐欺とかだったら怖いな

819 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 04:10:08.63 ID:TuDFvt6a0
お守りの中の紙の内容は、どっかで聞いた事ある話だな。

820 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 06:06:53.14 ID:NsLwn6wG0
あれだろ
母子家庭で母親が一生懸命働いて娘育てて死に際に辛い時に開けろって手作りのお守りくれて、学校のクラスメイトの男子がふざけてあけたら「○○(娘の名前)死ね」って紙が入ってた話
パクっとるね

821 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 06:34:00.07 ID:kGgqzAXW0
こんな感想書かれるんじゃ、誰も話を投下する気にはならんわな。

822 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 09:38:12.51 ID:9YEqgWzO0
粗探ししてドヤ顔してないと自己確立できないゆとりが多いスレだからな

823 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 16:07:29.70 ID:OPIuoX190
友人が借りている家がやばい。
築30年庭付き一軒家。家賃20,000円。
仏間があって、持ち主からはできる限りふすまを開けるな、絶対入るな間違っても仏壇の扉を開けるなと言われているそう。
家を借りるとき中だけは見せてもらったそうだが、なるほど縛った仏壇があったそうだ。
で、この家は昼夜問わず得体の知らんものが出る。友人曰く誰でも見るそうだし俺も怪奇現象を体験した。
まず鏡に老人が映る。ウッっとおもって見直すと何もない。目の端で白い人影を見る。然し誰もいない。
夜になると仏壇が鳴る。
泊まるともっと面白いものが見れるっていわれたが遠慮して帰ったよ。
ただ、そういうドッキリ以外はないとさ。仏壇開けるとこえぇことが起きるんだろうなきっと。

824 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 17:06:54.37 ID:mSH1yTJ60
ハイジ

825 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 17:18:11.88 ID:NH0zt+mM0
>>808
気にスンナ、皆で君の創作の間違い探しして楽しんでるだけだ。
そして連日の力作投下ご苦労さん。

>>819-820
ということは昨日のトラック事故のも元ネタがあるのかな?

826 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 19:17:11.19 ID:9hv50yZ00
都市伝説として母のお守りパターンだね。

例えば
ttp://www.geocities.jp/suzukicpu/novel/omamorir.html
みたいなのが典型

俺が始めてこのパターンの都市伝説を見たのはネットが発展途上だった頃、
知らない人が多いだろうけど危ないリンクってサイトの心霊ものリンクの中で見つけたやつ。
内容は
とても仲がいい姉妹がいて、妹が大学受験の前の日に姉から「私の時は家にお金がなくて大学に行けなかった、それでとても辛い思いをしたから、妹ちゃんは頑張って大学に行って欲しい」とお守りを渡された
それを大切に握りしめて受験に向かう途中で事故に遭い受験は失敗
病室で打ちひしがれていると姉がやってきて「残念だったね。これで私と一緒ね」といってケタケタと笑う
姉が帰った後、情けないやら腹立たしいやらでお守りを引き裂くと中には何本もの髪の毛と血のように赤黒くて針か爪楊枝で書いたような小さな字で「(妹)死ね」の文字が隅々まで一杯に書かれたメモ用紙が入ってたって話

今ではありきたりな話だけど、昔はこういう「生きてる人間怖い」って話はまれだったから凄く印象に残ってる

パクるんならもう少しマイナーなネタでなきゃ

827 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 19:41:21.00 ID:9hv50yZ00
トラックは元ネタも何も単なるおっさんのトラウマ話だしな
頼むから怖い話書いてくれよ

828 :本当にあった怖い名無し:2014/02/14(金) 20:34:33.57 ID:mSH1yTJ60
アルプスの少女廃人

829 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 02:53:23.78 ID:xBsDBNUw0
>>822
ゆとりの使い方間違ってない?

830 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 03:13:42.68 ID:FU6b72wf0
>>822
その言葉をそっくりそのままオッサンに返してやるよカス

831 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 04:59:53.69 ID:ThOPRy/s0
自己確立の使い方も間違ってるからな

832 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 05:31:11.43 ID:fY3kBZNj0
>>825
元ネタといえるかは判らないけど、
「アイ、ロボット」って映画でも似たような、
隣を走っている家族連れの車に女の子が乗っていて、両方事故に遭い、
主人公のトラウマになっているというような場面があっったような気が

833 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 05:40:07.65 ID:wsQCq18k0
映画、ドラマとかで定番のトラウマシーンだし、わざわざ元ネタはなんだとか探すまでもないだろ。
場合により、マジでそういうシーン見ちまうこともあるだろしな。

834 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 06:23:02.00 ID:T8uWUwXQ0
でも映画が元ネタだと>>797、798の疑問も割りと解けるんだよね
向こうは左ハンドルだし、子供も小さな子というほどじゃなくて
助手席に乗っていてシートベルトをしていたから
気になってちょっとその場面だけ確認してみた

835 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 07:28:36.40 ID:HGN6PSHW0
老人に年金を払うのは無意味だから
老人自決法案を通して
各県に自決センターを作って65歳になったら死んでいただくというのはどうだろう
まず政治家が先陣を切ってセンター行きしてほしい

836 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 08:11:07.42 ID:0QxyS+LF0
>>835
姥捨山はある意味合理的だったわけだな。

837 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 08:13:48.06 ID:y3X+kz+B0
>>830
うわぁ…なんかこいつ臭いな
ゆとり君かな

838 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 08:35:17.99 ID:0QxyS+LF0
>>837
ゆとりが自分たちで希望してゆとり教育を受けた訳じゃないし……

839 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 09:25:21.06 ID:oLVqfLRN0
有名な話パクる方がよっぽど…だけどな

840 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 09:38:32.80 ID:HGN6PSHW0
プロの実話怪談本読めばわかるけど
有名な話の一部を改変し、細切れにして組み合わせたような話ばっかだよな

841 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 11:43:05.29 ID:3lBgCOQa0
>>840
本職の怪談ライターやってたけど
一話ごと18時間くらいかけさせられて9800円とかだかんね
自然とどこかで聞いたような話しか書けない
バイト中とかにフット思い浮かんだのを書いて副収入にするだけだし
所詮オカルトものなんて三流底辺でどこにもいきばのない
一番数の多い物書き崩れが行き着く処分場の一つに過ぎないし

俺の場合はそこで八年必死にやってたらなぜか別分野で受けて
その後の十年間で六億稼いで今度は筆が進まない病になってしまったが……

で、そのうち五億を選ぶ嫁間違えたせいで浪費されたっていうね…
弁護士は三億は返還請求できるっていうんだけど相手に支払い能力ナス……
嫁実家から政治家出てるんだけど何これチン百景

成金政治家は70%やばいっていうのはこういうわけかと理解ちんちん

842 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 11:51:47.23 ID:StWlTO3L0
日本語しゃべれカス
喋れるならスレに沿った話書けゴミ

843 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 12:02:19.72 ID:AYViU/+m0
文句ばかりで自分じゃ投稿しないカスw

844 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 12:46:44.25 ID:HGN6PSHW0
このスレに向けて、何日もかけて怖い話を書いて住人を怖がらせてやろう
という作者はもういないだろうからな

845 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 13:01:25.15 ID:TD6stKmZO
ここの住民の性質は、おごってもらえるのが当然だと思ってる女に似ている
と、思っていたけど最近はそれすら無くなりつつある
ただ罵詈雑言の飛び交う、何かのなれの果てである

846 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 13:13:55.08 ID:HGN6PSHW0
>>845
俺はあまりそう思わんけどな
スレNo100台頃もけっこう叩かれてたが
あの頃はそれでもあまり間をおかず話が来てたからな
だから一つの話がえんえんとイジられるということもなかった
2chの衰退とスレの寿命じゃないか

847 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 15:44:03.03 ID:gexuX6Im0
けっきょくオマエラどんな話が読みたいんだよ

848 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 17:53:21.36 ID:LTYFx9hZ0
死ぬほど洒落にならない怖い話

849 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 18:02:12.62 ID:NhRwahnl0
>>847
>>1 >要は最高に怖ければいいんです

つうか>>778>>811書いてる人、話はそう怖いとは言えないし、
やたら詳細書くのは良いけど考証能力が足りず、それらがかみ合わないし
でも文自体は簡易に読めてはしまうので、よけい批判集まりやすいんだろ

なんとなく「高校生ぐらいの子が短編小説投稿のため修行してるのかな?」と思うと
ついアドバイスのつもりで書いちゃうw

850 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 18:51:44.01 ID:EXBGZopu0
小説書く練習なら2chは再不適だな

851 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 18:53:21.18 ID:EXBGZopu0
あら 最不適

852 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 19:13:16.49 ID:jvfmfhqK0
小説投稿サイトは今も昔も書き手と取り巻きが慣れ合いの褒め合いして生ぬるくなるしな。
挙句に受けるものの傾向が決まってるというか、流行りモノにしか評価集まらないので同じ路線でキャラの名前だけ違うテンプレだらけに。

853 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 20:15:52.58 ID:gexuX6Im0
オマエラが死ぬほど怖かった話しってどれ?

854 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 21:18:56.50 ID:OwiGIa0j0
百歩譲って洒落にならない話はあるとしても
死ぬほど生命の危機を感じるような話は存在しない

855 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 21:52:48.62 ID:EXBGZopu0
小説書きたいなら素直に文書教室とか行けばいいし
ここで好まれる話はまずリアりティだろ
小説のような丁寧な書き込みはいらないし登場人物のキャラも不要
複雑な筋もいらない
ただしほんの少しでも現実っぽくない点があればアウト

856 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 21:57:15.66 ID:TD6stKmZO
現実っぽい話って、あったか…?

857 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 22:07:11.38 ID:/aR+bjv30
せっかく書きためたのにどんなに分割しても投稿できないんですが・・・

858 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 22:10:47.64 ID:EXBGZopu0
>>856
実際はあまりないし殿堂入り話もあまり現実ぽっくないが
オカ板としてはそうなんだよ

859 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 22:23:54.25 ID:StWlTO3L0
創作でもいいから怖い話が読みたいんだよ
いちいち批評するやつら多すぎるわ

860 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 22:38:16.63 ID:Hxr1R6Ps0
小学校3年か4年くらいの時だったと思うけど、幽霊を呼び出せるっていう、(名前忘れたからA君ってしとく)友達がいた。


A君は目立つ奴じゃなかったけど、そこそこ勉強も出来てマジメだったから割と友達も多くて、俺もその一人だった。

ちょうどこんな季節だったと思うけど、たまたまA君と二人で帰る事になった。何時もは4〜5人のグループで帰っていたから二人きりになるのは始めてだった。

家までの道すがら急にA君が俺に幽霊をみたことがあるかと聞いてきた。
俺は「幽霊は居るとは思うけど、見たことはない」って答えると。すると、A君はじゃあ呼び出してあげるよと俺に言って、帰り道の途中にあるお寺に案内してくれた。

するとA君は辺りを見回すと、空に向かって「幽霊出て来い、出て来い」ってブツブツ言い出した。
俺はそれを興味深く見てたけど、10分ぐらいしてもなにも起きなかった。

しばらくして
A君は「おかしーな…いつもはこうやって呼ぶとおっさんの幽霊が木から出てくるんだよ」って説明してくれたけど、流石に信じれなかったし、寒くて帰りたかったから俺は「こんなに寒いから幽霊は凍死したのかもな」って言って帰ろうとした。

A君は嘘を付くタイプじゃない事はよく知ってたけど、これは俺もからかわれたかなと思いながらも口には出さずに帰る事にした。A君もしぶしぶ、日を改めるって事にした。



その次の日A君は学校に来なかった。その次の日も学校に来なくて、そのまま学校に来なくなってしまった。

861 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 23:29:17.25 ID:/aR+bjv30
何時も=いつもね
無知だから一瞬わからんかった。。。

862 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 23:38:50.25 ID:/aR+bjv30
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1378984887/501-600
なんでかわからないんですがここに書き込めなかったのでこっちに投稿させていただきました
ID同じです。

863 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 23:44:03.58 ID:/aR+bjv30
3連続すみません。
この話「俺の寝不足による幻覚」でかたずけられてしまうような話ですが、一応すっげぇ怖かったんで

864 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 02:50:10.69 ID:qT6M1yDH0
別に怖い話でも何でもないけど
昔自分が小学生の頃にマンションの一階に住んでて、ある日寝てたら突然寒気を感じて夜中に目が覚めた事があった。
よく覚えてないんだけど目を覚まして回り見たら玄関の外だった。夜風が寒くて玄関開けて家に入ろうとしたら鍵が閉まってて、インターホン鳴らし続けたら親が起きてきて開けてくれた。

865 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 02:53:22.55 ID:qT6M1yDH0
当時は自分が寝ぼけて玄関を開けて出た所を偶然起きてきた家族が鍵が開いてるのに気付いて閉めたんだとと思ってあんまり気にして無かったんだけど、最近になって翌々考えて見ると少し怖くなってきた。
家族に聞くと誰もそんな時間に起きてないし鍵も寝る前に掛けただけで夜中に起きて掛けるような事はなかったと言われたので尚更…。

866 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 04:24:30.35 ID:DxuCNLIJ0
>>865
夢遊病
もしくは、昔見た夢と勘違いしてる

867 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 06:45:42.59 ID:V2WyWaXb0
幻覚でさえもない

868 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 06:47:05.10 ID:sef92Tyt0
怖い話じゃないのになんで書くの?
障害でももってるの?

869 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 08:51:23.16 ID:vyuaMkWX0
>>862
俺ここ最近でこれが一番怖いわ

870 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 08:54:54.73 ID:ADuCJMxd0
この繰り返しは怖いな
狂気を感じる

871 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 09:27:01.77 ID:vyuaMkWX0
いや話の内容が

872 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 11:03:10.15 ID:kwfK8dS60
数日前から一部のまとめサイトとかが閉鎖してると思ったら、
無断転載を繰り返してる所の管理人が特定祭りされてるんだな。

何人か特定されてる管理人の中で他にも色んな犯罪疑惑が
持ち上がってる人物が複数居るんだけど、
ツイッターなんかで個人情報をその管理人が晒しちゃってるから
勝手にアルカイダとかのイスラム武装組織とかに入隊メール送られてるみたい。

自分が知らない間にアルカイダ入隊とかマジで洒落にならんよな。怖すぎる。
完全に自業自得で因果応報だけどな。
あと、ネットで隊員募集してるとか知らんかった。

873 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 11:18:53.52 ID:hBVllu6CP
なにそのエリア88

874 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 11:21:35.16 ID:84wMxkMQ0
>>840
例えば?

875 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 11:36:49.19 ID:ADuCJMxd0
アフィリに対する憎しみwの怖さを知らんバカが実名を晒してるからな
どれだけ憎まれてるのがわからんのだろう
次は訴訟攻撃

876 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 11:49:28.11 ID:84wMxkMQ0
それってどこのまとめサイト?
てっきり怖い話まとめブログだと思ってwktkしたのに・・・
潰すならあそこだろうに

877 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 12:18:45.58 ID:vyuaMkWX0
>>876
あそこってなにかあるの?

878 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 14:07:51.95 ID:TYRap8Ru0
アフィ嫌いすべての怖い話サイトにいるよね
キチガイだわ金でももらってんのか

879 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 15:16:28.36 ID:kwfK8dS60
>>876
落ちたまとめサイトの詳細は、検索ワード[北大 アフィ まとめ]で
ぐぐるかヤフって下さいな。騒動のwikiが作られてます。
怖い話まとめサイトは今のところ騒動の範囲外なのかな?多分。

>>878
無断転載するヤツが悪い

880 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 16:01:01.05 ID:V2WyWaXb0
アフィがネタないからってあちこちの話改変してレスしてるからさらに状況が悪化してる

881 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 16:35:33.36 ID:Ci6B9pMP0
IDよく見たら>>862の書き込みは http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1378984887/516からだな
繰り返し書き込んでるのは別の人

882 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 18:30:40.00 ID:f1/ApXEx0
知らないおっさんが俺の部屋の押し入れから出てきてそのまま玄関から出てったのは唖然とした

883 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 19:48:01.25 ID:we6rnX+G0
自分が文章を読んでゾッとした経験って言うと
かの「遠野物語」の一節だったなー
なんというか、想像力を働かせたうえで恐怖を覚えるというより
反射的にゾクッとしたというか。
ああいう体験をまたしてみたい

884 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 19:59:18.89 ID:Jv6LTsqu0
 深夜、アパートの自室で、テレビのバラエティー番組を見ながら、カップ麺をすすっていると、
 「ぎゃあ!」
 という、女の悲鳴が聞こえた。耳元で叫ばれたような迫力に、びくっと肩が動いた。
 好奇心が恐怖に勝った。箸を置いて、窓辺に近づき、そろそろと窓を開けて、
アパート前の道路を見下ろしてみると、ジャージ姿の若い男が走ってきた。
まさか、と思った直後、男が不意にこちらを見上げ、立ちどまった。
街灯に照らされた顔が、みるみる歪んでいく。
 男がまた走りだして、アパートの階段を登りはじめた。こちらも慌てて玄関へ走る。
 施錠を確認して、ドアノブから手を離した瞬間、向こうからドアノブが回された。
続けざまに激しいノック。おれはその場に腰をぬかした。
 「早く出て来てください!」
 男が叫ぶ。
 「その女はやばい!」

885 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 20:25:45.30 ID:V2WyWaXb0
さすが寺生まれのTさんだな

886 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 20:31:45.27 ID:x4hFvHooO
無断転載云々は法の判断に任せて、何の脈絡も無くアフィアフィ言うの止めようぜ
どうでもいい人からしたらしつこすぎる
マジでどうにかしたいなら2chの運営か警察に言えば良いんじゃね?

887 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 20:35:46.08 ID:g1CRoC9WI
俺的に洒落んなんないのは、姦姦陀羅、リョウメンスクナ、
くねくね、八尺様、ヒッチハイク、ヒサルキ、狼夢、危険な好奇心
とかかな?

888 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 21:06:53.38 ID:x4hFvHooO
俺的にはリンフォンとかウヅガアさんあたりが早朝の出勤に恐怖を与えてくれた

889 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 21:12:33.29 ID:g1CRoC9WI
>>888
リンフォンは確かに不気味だw

890 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 21:21:32.48 ID:ECePbM6/0
読んでる時の雰囲気というか気分なんかも結構大事だと思う
詳細忘れたけどコンビニのバイトの話が個人的に怖かったな
監視カメラには映るけど見に行くといないーみたいな話

891 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 21:22:54.87 ID:T0BUprv4O
死ぬほど洒落にならない怖い話


ここでグダグダ文句を言ってる奴が善良な一般市民面して街を彷徨いている事

892 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 21:26:03.35 ID:g1CRoC9WI
>>890

うーんと、あれ?あの田舎ので、女が防犯カメラに映ってて逃げようとして失神するやつ?

893 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 21:33:58.69 ID:ECePbM6/0
>>892
多分それだ

894 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 21:34:22.76 ID:VNERrimR0
>>891
その怖い話はこのスレに限らんな

895 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 21:37:28.33 ID:g1CRoC9WI
>>893

おれ、怖いよねw最後、店長の後ろにいるんだっけ?w

896 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 21:46:45.40 ID:sef92Tyt0
雑談してんじゃねえよ
黙ってろ

897 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 21:51:18.46 ID:g1CRoC9WI
訂正
おれ×あれ○

スルースキル発動‼

898 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 22:04:31.07 ID:ECePbM6/0
>>895
やっと見つけた
http://kowaihanashi.com/hontouniattakowaihanashi45.html
別な話だったらすまんなw

899 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 22:16:44.68 ID:g1CRoC9WI
>>898

おっ、サンクスwこれだはこれwヒヤヒヤするぅ

900 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 22:17:53.16 ID:IMVuSRcQ0
洒落怖だか、どこかで読んで心底怖いって思った話があるんだが、
どうにも見つけられない。

ある男の人が仕事だか何かの用事でどこかに向かう途中、
どこかのSAの駐車場で休憩してた。
隅っこだかに停まってた、一台のワンボックスをなんとなく見てたら
中から人が出てきたが、中に、明らかに拉致されたような女性がいて
必死に助けを求めてた。
下りてきた人が、目撃されたのを知りその男の人に血相を変えて近づいてきて
焦って逃げた。

みたいな話。知らない?どうしてももう一度読みたいんだよね。
洒落怖は、幽霊系も怖いが、生きてる人間の闇の犯罪系が一番怖いと思う。

901 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 22:18:33.61 ID:sef92Tyt0
>>1に質問スレあるからそれぐらい読もうね^^

902 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 22:24:58.02 ID:wwyQncG60
以前の勤務先は老人ホームと電話番号が1つ違いだったので、よく間違い電話が掛かってきた。
まあ鬱陶しい程度のものなんだけど、ある日の間違い電話が洒落怖だった。

こちらが受話器を取って名乗る前にけたたましく叫んでくるわけよ。
「どういうことだ! ○日以内に死ぬって約束だったじゃないか! 何のために○したと思ってるんだ‼︎ こっちは色々と用意してるのに‼︎」
こんな感じのことを開口一番怒鳴られた。

間違い電話だと伝えると悪びれもせずに ああ、そうか とガチャ切りされた。
これで終わりなんだけど、その時は身震いしたね。 こっちが名乗らずに怒鳴り散らすってことは、多分ホーム全体がグルってことでしょう?
社会の暗部を覗いた気分だったよ…

903 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 22:26:21.42 ID:g1CRoC9WI
>>900
kwsk

>>900、898
怖い話は大体ここにあると思う

chaos2ch.com/archives/3433444.html

904 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 22:34:03.84 ID:sef92Tyt0
いいからお前は黙ってろよ

905 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 22:40:22.39 ID:g1CRoC9WI
・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。

これを読もうか1には雑談はいけませんなど書いていないよ?
こっちも煽りにされかねんから終了な

906 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 22:44:06.50 ID:3QOQrTG70
自分は言いたいことだけ言って終了宣言とか、完全に荒らしの行動だろ

907 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 22:46:37.81 ID:sef92Tyt0
え?>>1に書いてあることがすべてなの?じゃあ荒らしもなんでもよくなるよね
各スレ趣旨があるんだからそっちでやるなりスレ立てるなりしろってことも分からない?

908 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 22:52:56.93 ID:x4hFvHooO
不毛な罵り合いがオッケーで雑談が駄目ってこたぁねぇだろ
黙るんなら皆だな

909 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 22:54:15.30 ID:g1CRoC9WI
あー、もう俺悪かったてことでいいは

910 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 23:13:21.67 ID:sef92Tyt0
なんてきれいな負け惜しみなんだろうか

911 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 23:37:59.33 ID:0/uXGO8v0
小学校の時目が覚めたらヤクザが8人居た
目覚めが悪かったのでまた寝た

912 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 23:41:12.39 ID:0/uXGO8v0
小学校の時銭湯に行ったらヤクザが20人居て客は俺と客1人だった
ヤクザがクイズを出して来て正解したら銭湯代1年分無料になった。

913 :本当にあった怖い名無し:2014/02/16(日) 23:56:06.58 ID:g1CRoC9WI
だろう?

914 :本当にあった怖い名無し:2014/02/17(月) 00:44:36.28 ID:TIoF7jP80
>>898
怖すぎるんだが

915 :本当にあった怖い名無し:2014/02/17(月) 01:03:38.59 ID:qiq7QKd60
ローラが悲惨な死を遂げる夢を見た
私の夢は外れた事がない
日本中の怨念の行き先がローラ

916 :本当にあった怖い名無し:2014/02/17(月) 05:08:48.88 ID:EDq10ir+0
>>915
こういう書き込みアンチスレ行けばもっとエグいのもあるから何とも思わん

917 :本当にあった怖い名無し:2014/02/17(月) 19:01:56.19 ID:7faYv2X80
今でも特定人種をどうこうというのは嫌いなんだが我ながら未だに怖い話なんで投下
俺は極普通の偏差値70上大生で二年まで普通に過ごしていた
ある日友人から周りに理解されない可哀想な留学生がいるときいてそいつと会った
イさんとしておく
友人が紹介して以降ささっと連絡を断っていったのとか色々気がかりだったが
イさんとの付き合いは一年に及んだ
そんなある日
「君は選ばれた人だ」
イさんの宣教がはじまった
イさんいわく劣等人種である日本人は一年かけて注意深く観察してから布教する決まりらしい
内容がすごかった
ミトコンドリアキム(本来はミトコンドリアイブ?)からはじまった人類は
すべからく韓民族という神に帰依するその信徒で
救いが欲しかったら韓国に寄付しろという
わけがわからないっていうレベルじゃないんだ
つい数日前まで朗らかなまともな人が突然豹変するから
怖いも何も通り越して呆然とするしかない
くっそ真面目に喋ってるんだな
しかもファストフード店だぜ
隣の席の人がお気の毒にって顔しながら立っていくわ
裾を引いて引き止めていたにもかかわらず一年から付き合ってたバイト先まで一緒のやつが
ほんとうにすまんて目で訴えながら逃げる
「あなたは選ばれた人間です。韓半島に移住すれば二万人いる信者をまとめる司教になれるでしょう」
うわすくなっとかおもったけど言える雰囲気じゃない
「ミトコンドリアイブは当然キリストの始祖です。つまりミトコンドリアキムを擁立したシェオ……」
結局金君とかいうのからはじまった人類のありがたい歴史とかいうのの講義を何回か受けた
それでも入信しないとさっとひきあげていったけれども
他でまた似たような事をはじめたときいて大学の生活科に報告
ほどなく俺の家に韓国人が押し寄せて大変な騒ぎになり
大学が本腰入れてこのイ君を放校処分にしてからうちは実家レベルで引っ越しを余儀なくされたし
少しレベルの下がる60代後半の大学に移る羽目になった
あの人種の変わり者の多さは50代になった今でも本気で思う あそこまでの突き抜けたキチガイは見たこと無いが

918 :本当にあった怖い名無し:2014/02/17(月) 19:56:04.20 ID:wwrBkkGV0
>>917
だってなあ……

個人レベルでは無難な人でも、組織が絡むと見事に基地外だね……

919 :本当にあった怖い名無し:2014/02/17(月) 20:17:59.50 ID:Gaa7xR9I0
>>917
ミトコンドリアじゃない?ミトコンドリアに帰依しろって言われたの?
よく分からんが偏差値70上の大学って頭がいいんだよな

920 :本当にあった怖い名無し:2014/02/17(月) 22:36:48.73 ID:eheiMYsV0
クソスレはここですか?

921 :本当にあった怖い名無し:2014/02/18(火) 00:17:31.61 ID:IBPimX6F0
>>919
俺は大学名だけ狙った当時の新設学部に滑り込んだ組だからそんな頭は良くない
卒業してこんだけ時間が立てば尚更だね

イ君の教団だかなんだかはミトコンドリアイブを利用しているだけ
ミトコンドリアイブがキムなんたらという名前の韓国人で正しくはミトコンドリアキムと呼ばれるべきだとか
それが人類始祖なのだから女神なんだとか
その血を濃く継ぐのが韓国人だから韓国神と呼ばれるべき存在で
他は突然変異の化け物だとかなんだとか
思い出しただけでも気持の悪い話だった

922 :本当にあった怖い名無し:2014/02/18(火) 01:05:32.05 ID:r09chTFU0
こぉおおおおえぇええええええええ!!!!

923 :本当にあった怖い名無し:2014/02/18(火) 01:15:49.58 ID:1KlJBFmD0
おじゃま〜かよぉぉぉ おじゃま〜〜かよぉぉ

924 :本当にあった怖い名無し:2014/02/18(火) 12:01:28.23 ID:Ke+FTqMT0
もし、エイリアンが、夜のペットだったら……??

【主人公】は、夜のペットという【裏の顔】を持つ、エイリアンである。

エイリアンは【仲間】のダンサーとともに【被害者】首なしを集める。

だが何と、【敵対者】夜の帝王のせいで【被害者】首なしは【助言者】鬼を救出することに。

途中で【お笑い担当】多重人格者を殺すことになり、ストーリーは混迷の一途をたどる。

【敵対者】夜の帝王は【主人公】エイリアンを殴る。

【主人公】エイリアンは【助言者】鬼の力を借りて【敵対者】夜の帝王を掃除する。

【主人公】エイリアンは、【仲間】のダンサーを覗くのだった。


↑これを丁寧に書きなおしたら、こわひ話にできるかな?なんつって。

925 :本当にあった怖い名無し:2014/02/18(火) 12:17:53.47 ID:gCDuwB8nP
>>924
なんつって、なんて苛つく予防線張って怪文書貼ってくとか
嫌がらせの王者かよ、速やかに死ねばいいのに

926 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 11:18:23.02 ID:pl9Put9X0
俺は、夜のペットという異名を持つ。実はエイリアンなのだ。
ひょんなことから、俺はゲイバーでともにダンサーをやっている同僚とともに、首なしを捉えることになった。
しかし、首なしを集める過程において、ライバル店がでしゃばって来やがった。
夜の帝王・・・ヤツはそう呼ばれている。エイリアンの俺でもヤツには手こずらされる。

視点変更 首なし
首なしは自分が狙われているのを知り、鬼に助けを求めた。
しかし、鬼は獄中の身・・・鬼を救出しなければ。

ただの救出のはずが、変な女に出会っちまった。
鬼を助けるために手伝ってくれた可愛い女の子だったんだ。
でも、いきなり男みたいな口調で喋って・・・多重人格ってやつか?
俺らのことなんか覚えちゃいねえ、本気で俺らを殺すつもりだ。
殺そうと思ったわけじゃねえ・・・つい・・・刺しちまったんだよ・・・。
血が出て・・・そんで・・・逃げちまった・・・。

この娘は夜の帝王の愛娘だったのだ。

927 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 11:20:11.46 ID:pl9Put9X0
視点変更 俺
「俺の娘を・・・よくも・・・よくもおおおお!」「違う、俺じゃない!」
「じゃあ、誰がやったっていうんだ!答えろ!」「・・・わからない」
「それはお前がやったから言えないんじゃないのか!」「違う!」
「俺はお前を許さない・・・絶対に」
対立している両者を見てほくそ笑む鬼。
「これを使わない手は無い・・・クックック」

鬼が俺の前に現れた。
「そこのゲイバーのダンサーっぽいお方や・・・」「あん?」
「お主、ヤツは邪魔とは思わんか?」「ヤツって、帝王のことか?ああ、邪魔だね、わけも分からず殴られ、人殺し呼ばわり。人の話も聞いちゃいねえ」
「ヤツを『掃除』する方法、教えてやらんでもないぞ・・・」

帝王はこの街から消えた。
殺人容疑で指名手配されている俺の楽しみはもう、
こっそりともといたゲイバーの同僚を覗くことしかない。


がんばってみたが、文才の無い俺にはここが限界だ。
しかも怖くない。失敗だ。

928 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 12:25:40.81 ID:I1PNSfjwP
お前はもう二度と書き込むな

929 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 12:30:27.52 ID:xCFGYcaH0
本当に文才ないなお前
一生ROMれ

930 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 14:08:36.05 ID:knDGMW/JO
おじゃまかよ

931 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 15:50:23.46 ID:UVkn4pYzI
実際に霊感皆無?の俺が経験した話
駄文だが、暇な方は読んでみてくれ。
スマホからだからミス多いかもだが、あたたかく見守ってくれ。



今は一人前の医師になったが、当時はヒヨッコだった。
医者はたんまりと儲かるものだと思って医学部を目指したわけだが、研修医ってのはマジで辛かった。
どんなに働いても給料は雀の涙。しかも先輩にこき使われる。
通常の給料では生きてけないから、医療関係のアルバイトをするのは結構当たり前だった。

932 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 16:00:25.83 ID:UVkn4pYzI
ある日、バイトで山奥の診療所に行った。

一日目
「おぉ〜君が新しいバイトか。」
いかにも優しそうな中年の男性が出迎えてくれた。
彼の名前を仮に斎藤さんとする。

この日は特に何もなく、普通に雑務をこなして帰った。
ただ、車で帰る途中、後ろから何か、、視線ではないと思うんだが、何かを感じた。
この時にはすでに目をつけられてたのかもな。

933 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 16:13:43.39 ID:UVkn4pYzI
2日目、この日は診療所に着いた時からなんと言えば良いかわからないが、すごく嫌な感じがした。
「顔色わるいぞ〜。体調悪いのか?」
「あ、すいません。なんでもないっす!」
なんとか誤魔化しながら雑務をこなしていく。
「そうだ!君さ、今日暇だったらここに泊まって行きなよ〜」
いや、めっさ忙しいんですけど。
「いいよね!いつも俺一人だからさみしくてなぁ。お前の仕事も手伝ってやるからよ。給料もあげとくからよ。」
そこまで言われたら、斎藤さんの誘いを断るのは悪いなぁと思って泊まることにした。

934 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 16:26:03.01 ID:UVkn4pYzI
もともと日中は大学病院で働き、夕方から診療所、23:00頃に帰るみたいな感じだったからたいして仕事の量が増えるわけでもなく、ただ泊まるだけで給料が増えるのは当時の俺にはうますぎる話だった。

23:00を過ぎてから、俺は斉藤さんといろいろたわいもない話をしていた。
そしたら急に斎藤さんが愚痴をこぼし始めた。

935 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 16:26:30.10 ID:Gs6pvLFh0
>>933
支援してもいいけど
>>1はちゃんと読んだ?
読んでないよね。

936 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 16:30:21.24 ID:Gs6pvLFh0
何でもいいから怖い話を集めてみない?Part4
ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1378984887/

こちらの方が緩い。
まさか、コピペすら知らないとか言わないよね。

937 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 16:35:40.04 ID:UVkn4pYzI
「俺もなんでこんなところにとばされたのかなぁ。腕もそこそこいいとは思ってるんだけどなぁ。」
「人柄がいいからですよ。山奥の診療所ってなんかいかにも優しいお医者さんがいるって感じがしますよ。」
「そうかな〜。そうだよなぁ。」
「そうですよ!」
「なんか救われたわwありがとな。」
「そういえば、斎藤さんはいつもここで寝泊まりしてるんですか?」
「…」
急に斎藤さんが黙ってしまった。

「帰れないんだ。」

938 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 16:42:46.33 ID:UVkn4pYzI
>>935
すいませんでしたσ(^_^;)
一回全文コピーしたのですが、スマホから打ってるもので間違えて消してしまいまして…

迷惑でしたらやめますね

939 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 16:57:54.64 ID:knDGMW/JO
迷惑かどうかは良いんだよ
どっちみち800レスくらいは迷惑で埋まってるから
俺は読んでないけど最後まで書いたらどうかね?

940 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:05:00.95 ID:2yefd4Tli
終わっちゃったの?
読んでるのに・・・

941 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:09:14.28 ID:UVkn4pYzI
では、再開します。

一回書き溜めたの消してしまったのでちまちまになってしましますが、そこはご了承ください。

942 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:14:44.58 ID:UVkn4pYzI
あと、俺に新しくスレたてる能力がないので、心優しい方どなたかお願いします。

943 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:17:02.52 ID:UVkn4pYzI
え?
「帰れないんだ。」
「そんなに忙しいんですか?」
「違う。」
さっきから明らかに斎藤さんの様子がおかしい。
「じゃあどうしてですか?」
「帰れないんだ。」
もしかしたら聞いちゃいけないこと聞いちゃたんかもな〜と思い、話題をそらそうとする。
「そういえば…」
「帰れないんだ。」
「どうしたん…」
「帰れないんだ!!」
バタンッ
部屋から出て行ってしまった。

944 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:17:21.19 ID:knDGMW/JO
そんなに長ぇのか!?

945 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:21:29.17 ID:UVkn4pYzI
何が起きたんだ…あんなに優しかった斎藤さんが急に怒鳴るなんて。
ここは一人にしておいてあげた方がいいのかな。
とか思いながら、溜まってた大学病院での仕事を終わらせようとデスクに向かおうとした。
「…っん!?」
体が動かない。これが金縛りなのか。

946 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:23:15.72 ID:SJ98uJnB0
冗長

947 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:23:30.00 ID:UVkn4pYzI
>>944
いえ、多分そこまで長くはないと思いますが、950スレまでは行きそうなのでということです。

948 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:29:47.97 ID:UVkn4pYzI
まさか自分が金縛りになるとは夢にも思わなかった。
本当に全く動けない。
唯一動くのは目だけだった。
当時幽霊なんて全く信じていなかったおれは、「とうとう体が悲鳴をあげはじめたのかな?」とか思ってた。

…ォ
「ん?」
…レォ
なんだ?変な声が聞こえてくる。
…クレヨ
斎藤さんの悪ふざけかな?

949 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:33:53.11 ID:UVkn4pYzI
…クレッヨクレッヨクレヨクレヨクレヨクレヨォ!!
やばい。斎藤さんじゃない。
俺は目を可能な限り動かして、音の正体を見つけようとするが見つからない。
ピチャ…ピチャ
マジか。これはマジでヤバい。どうしよう。
ピチャ…ピチャ
明らかに近づいてくる。

950 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:38:50.98 ID:UVkn4pYzI
ッッ!?
急に体が動くようになった。
すぐ後ろを振り返る。
…何もいない。
何だったんだ今のは?頭おかしくなっちまったんかな?

ピチャ…
いや、なんかいる。

951 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:42:29.82 ID:UVkn4pYzI
殺人鬼とかだったらヤバい。
この部屋電気ついてるから、人がいるとばれてしまう。
かといって急に電気消したらそれこそここに俺がいるとばれてしまう。
ここはひとまず、斎藤さんと合流してどうにかしないと。
そぉっと廊下に出ようとした。
斎藤さんは居た。
か、『そいつ』も居た。

952 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 17:44:34.21 ID:UVkn4pYzI
飯食ってきますw

953 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 18:07:54.00 ID:UVkn4pYzI
目の前には見たことがない光景が広がっていた。

斎藤さんは白目をむいていた。
そして、逆に黒目いっぱいの『そいつ』を引きずっていた。
『そいつ』には足らしきものはなく、上半身のみ。髪の毛が長くて、斎藤さんがそれを掴んで引きずってる。
「ア、イタヨ」
『そいつ』に見つかった。
「アタカミ?ちゃん行くよ」
斎藤さんがすごい速さで走ってきた。

954 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 18:11:17.60 ID:aaazOG0T0
斉藤さん飯食いに行ったの?

955 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 18:13:30.87 ID:UVkn4pYzI
気づけば俺は診療所の出入り口に向かって走っていた。
人間って危機を感じると考えなくても体が動くんだな。

後ろを振り向く余裕なんかなかった。
今すぐここから出たかった。
はぁ…はぁ…はぁ…
なんとか診療所から出た。

絶望だった。

956 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 18:19:28.90 ID:UVkn4pYzI
そこらじゅうに『そいつ』がいた。
車に乗る余裕なんてなかった。
泣きながら俺は山林に逃げ込んだ。

今思えば、『そいつ』たちは自らは動けなかったのかもしれない。
10分ほどして、我に返った。
ここどこだ?
家はどっち方面だ?

957 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 18:27:58.39 ID:UVkn4pYzI
…クレヨ…
遠くで叫んでいる。
少なくとも、今は身に危害はないみたいだ。

少し落ち着いてから、俺はとにかくふもとへ下り始めた。
しばらくすると、小さな集落が見えてきた。
よし。助けてもらおう。
ドンドンドン 誰かいらっしゃいませんか〜?
誰か〜?

そういえば今何時だ?
時計は外したままだった。
こんな時間に起きてる人はそうそういないだろう。

958 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 18:36:55.93 ID:UVkn4pYzI
諦めて違うところへ行ってみよう
そう決心した時、
「ア、イタヨ」
え?

さっきまで叩いていた家の入り口から村人らしきひとが白目をむいて、手には『そいつ』を持っていた。

俺は自分がおかしくなるんじゃないかと思う位泣き叫びながらまた山林に逃げ込んだ。多分そう。

気づいた時、俺は木に寄りかかって寝ていた。
太陽のひかりが差し込んでいた。

959 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 18:45:11.65 ID:UVkn4pYzI
夢なんだ。俺は夢遊病か何かでここにいるんだ。
自分にそう言い聞かせながら立ち上がった。
しかし、流石に診療所に戻る気は起きず、車は捨てる決心でとにかく下ろう、
そう思って辺りを見まわした。

斎藤さんがいた。

斎藤さんがニコニコしながら上の方から
「そんなとこで何してるんだ?」
「う、うわぁぁぁぁぁぁ」

気づけば俺は大学病院のベッドで寝ていた。

960 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 18:55:29.16 ID:UsHjzxcT0
くそつまんね

961 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 18:58:42.50 ID:UVkn4pYzI
「おい、しっかりしろ!!」
先輩の声で目が覚めた。
「あれ?俺どうなってたんですか?」
「今朝、斎藤って人がお前を運んできたんだ。体のどこにも異常がないのにお前ずっとうなされてたから心配したんだぞ!」
マジかよ…
「…斎藤さん、何か言ってませんでしたか?」
「そうなんだよ。“かわいそうに。もう逃げられないね”だとよ。どういう意味だ?お前薬でもやったのか?」
「そんなんじゃありませんよ。あ、そういえば車山奥の診療所に置いてきちゃったので、とりに行ってもらえませんか?」

962 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 19:03:38.85 ID:UVkn4pYzI
「俺も暇じゃねぇんだ。元気になったらお前が取りに行け。今日はゆっくり休んで…」
「俺一人じゃあんなとこ…」
俺泣いちまったw
そしたらさすがの先輩も気遣ってくれて、
「なんかあったな。仕方ねぇ。行ってやるか。だが、お前も来いよ。」
「はい…」
次の日、教授には相当無理を言って休みをもらって診療所まで行ってきたんだ。

963 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 19:10:56.70 ID:UVkn4pYzI
「こっちです。」
「は?こっちだろ。そっち行き止まりだぞ?」
そんなはずない。
山奥までいくバイトだったから、道順間違えて遭難なんかしたらやばいと思って頭に叩き込んだはずだ。
「こっちですよ。二日間通ったから間違いありません。」
「間違いねぇって…俺この辺詳しいから知ってるけどそっちは行き止まり。そんなに信じらんないなら行ってみるか。」
「はい。」

本当に行き止まりだった。目の前崖。
先輩の言ってた方に行ったらあった。診療所が。

964 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 19:17:43.79 ID:UVkn4pYzI
先輩が声を張る。
「斎藤さ〜ん!いらっしゃいますか〜?」
「はいはーい」
違った。
俺の知ってる斎藤さんじゃなかった。別人だった。ってか女の人だし。
先輩も驚いている。
「あの…斎藤さんですよね?」
「えぇ。でもなぜ?」
「昨日、この馬鹿を運んで来てなんていませんよね?」
「馬鹿って…」
「えぇ。初めましてよね?」
「ご主人とかいらっしゃいますか?」
「あの人は死にました。」

965 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 19:24:49.85 ID:UVkn4pYzI
「し、写真とかないんですか!?」
「こっちよ。」
あぁ。マジかよ。俺の知ってる斎藤さんじゃねぇか…
「そ、そういえば、俺の車…」
「車?そんなものあったかしら。」

後日、車は見つかった。崖のしたで。

以上です。最後ですが、この話は俺が狂っていない限り本当にあった話です。
幽霊を馬鹿にするのはやめた方がいいかも…
ありがとうございました。

966 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 19:43:59.33 ID:ope1nmzd0
同じ部屋で、対角にベッド置いてた妹が金縛ってた。ビビった。

967 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 19:50:44.17 ID:Gs6pvLFh0
>>938
メモ帳やノートの類で、全文を保存してから
コピペし始めればいいやん。

「消してしまったから」という理由で全文書き直しになるなら、ちまちま書くのもまとめて書くのも、書く文章の量は変わらない。

968 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 20:58:29.10 ID:y3VEsPyB0
これ荒らしだろ

969 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 21:10:54.44 ID:WEheI/kT0
>>965

>幽霊を馬鹿にするのはやめた方がいいかも…

一応全部読んだが、この結論になる意味が解らない

970 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 23:25:04.22 ID:JWhjMU520
こんだけ長くして嘘だったら許さないよ
許さないよ、呼ぶからね

971 :本当にあった怖い名無し:2014/02/19(水) 23:26:55.36 ID:a5EARizK0
クソつまらんわ
ハイジ

972 :本当にあった怖い名無し:2014/02/20(木) 15:47:34.49 ID:+lUIiRFjO
ユキちゃん

973 :本当にあった怖い名無し:2014/02/20(木) 17:17:21.85 ID:agzpRVqx0
あぁ…まとめ志望でゴミ共は減ってくれるかな…

974 :本当にあった怖い名無し:2014/02/20(木) 17:33:19.71 ID:So+HuBcJ0
>>967-968
正直>>1すらも事前に読めない、
または読んでも守れないでマイルール適用する奴が医者だとしたら、その事が洒落怖w

で、みなさま、次スレは立てなくていいから下のどれか好きなの使いましょうw

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?317
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1383271903/
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?318
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1388120101/
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?315
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1379099993/

975 :本当にあった怖い名無し:2014/02/20(木) 21:27:09.38 ID:+lUIiRFjO
じゃあ僕は税理士になる!

976 :本当にあった怖い名無し:2014/02/20(木) 23:43:19.99 ID:bEOOcjmq0
それらは全て荒らしが立てた重複スレの成れの果て
全て削除依頼も出してある
つーかいい加減自分勝手な重複スレ立ててもまともな人は集まらんという事実を認めろよ
315がまだ残ってるってアフォか
ここが本スレだから次スレ立ててくるわ

977 :本当にあった怖い名無し:2014/02/20(木) 23:47:08.35 ID:bEOOcjmq0
ほい次スレ
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?319
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1392907514/
テンプレも読めない荒らしさん達は>>974にあるお好きな隔離スレへどうぞ

978 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 17:32:55.94 ID:QHXjTzdrO
スレ乱立しすぎだろ
次スレたったんならこのスレ埋めろや

979 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 17:35:39.39 ID:QHXjTzdrO
一応礼を言っておくか
>>977
本当は重複スレを使いきってから建てて欲しかったんだがやむを得ないな

980 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 19:09:11.55 ID:MxB+4W8aO
埋めハイジ

981 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 19:34:25.30 ID:QaFPU2CT0
うめ

982 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 20:32:18.41 ID:QHXjTzdrO
重複スレを全部ロムるの大変だしさっさと埋めよう

983 : 忍法帖【Lv=14,xxxPT】(1+0:3) :2014/02/21(金) 21:13:12.35 ID:0vS1q47lP ?2BP(1001)


984 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 21:58:25.19 ID:QaFPU2CT0


985 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 22:10:03.87 ID:dw4tkoD40
うめーーーーーーーーー

986 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 22:19:19.27 ID:vK991Tec0
15年くらい前に爺ちゃんから聞いた話(うろ覚え)

爺ちゃんは日中戦争でシナに配属されてたんだけど、太平洋戦争が始まって南方に派遣されたらしい。
その時の南方の島(オセアニア周辺か?)での話。
爺ちゃん達の支隊が島を調査していると、現地民の集落を発見。
おそるおそるピジン・イングリッシュで話しかけてみると、通じたので一安心。
現地民は好意的で、お祭りを開いて歓迎をしてくれると言う。
日本軍は南方では漁を教えたり、畑を作ったりしていたので、原住民から歓待を受けることは結構あったらしい。
(なんか来訪神信仰とかもあって、あちこちで歓迎を受けてたそうだ)
だから爺ちゃん達も警戒を解いて、歓迎に応じた。
集落の中で宴会が始まると、魚やら果物やらが次々と運ばれてくる。
(余談だけど、バナナの葉で包んだ魚の蒸し焼きが死ぬほど美味かったそうだ)
ところが、その中に奇妙な肉が混じっている。
バナナの葉で包んだ肉の蒸し焼きなんだけど、明らかに髪の毛のようなものが生えている。
村人に何の肉だと聞くと「長い豚の肉だ」という返事が返ってくる。
もともと、南方の島には食人の風習が残っているという噂があったため、爺ちゃんたちはすぐに察して帰ろうとする。
軍の任務に戻るとか、適当な理由を付けて別れを告げると、村人たちは名残惜しそうに果物をお土産として持たせてくれたそうだ。

987 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 22:19:56.04 ID:vK991Tec0
ただ、何を思ったのか爺ちゃん達は「長い豚の肉」の正体を確かめたくなった。
帰ったふりをして近くに潜んで、集落を監視。
村人が集落から出ていくのを見て、「肉を取りに行くんだな」と思い尾行したそうだ。
すると辿りついた先は森の中の洞穴。村人がそこからバナナの葉に包んだ肉を持って出ていくのを見てから、中に忍び込んでみた。
洞窟は結構広くて、奥の方から物音がするので探索してみた所、人間牧場があったらしい。
広いスペースの中に四つん這いになった人間が二十人くらい居て、真っ白でブヨブヨした人型の化け物が棒でそれを叩いていたそうだ。
その光景を見た瞬間、爺ちゃんは驚きすぎて呆然としてしまった。
人型の白い化け物も爺ちゃん達に気付いて、目が合うんだけど、向こうも「え?」みたいな顔をして驚いていた。
白目とか瞳孔とか無い、真っ赤なギョロギョロした目が洞窟の中で光ってたそうだ。爺ちゃん曰く「あれは絶対人間じゃねえ」とのこと。
最初はお互いに唖然としてたんだけど、次第に化け物の目玉が吊り上ってくから、爺ちゃんも「あ、これは怒ってるんだな」と我に返って、その場から半狂乱で逃げ出したらしい。
ほうほうの体で大隊の本部に戻って、将校に事と次第を報告したんだけど信じて貰えなかったそうだ。
ヒロポンでもやってたのかと笑われて、爺ちゃんも仲間たちもムッとしたらしくて、次の日に集落と洞窟を探したんだけど二度と見つからなかった、とのこと。
今でもあの集落と洞窟の光景がなんだったのかわからない、って言ってた。終わり。

988 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 22:23:31.46 ID:MleEZM1p0
つまんね

989 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 22:41:03.98 ID:QHXjTzdrO
>>986-987
怖くは無いが凄く面白かった!
俺的には今年初の良作、名作だぜ
じいちゃんがお元気ならまた何か不思議な話が無いか聞いてみてくれよ
いい話をありがとう

990 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 22:47:02.05 ID:m2gX08xF0
>>987
その化け物は
デロデーロデロデーロって
吠えていたとおもう。

991 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 22:52:53.80 ID:LAk/BV890
実話怪談本で似た話読んだな
舞台はヨーロッパだったが

992 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 23:39:43.82 ID:hEoqh77k0
カニバリは苦手だけど、食習慣はわからんもんだね…

993 :本当にあった怖い名無し:2014/02/21(金) 23:40:29.91 ID:hEoqh77k0
ついでに梅

994 :本当にあった怖い名無し:2014/02/22(土) 00:17:14.32 ID:6IPX7o3w0
梅ちゃん

995 :本当にあった怖い名無し:2014/02/22(土) 00:18:08.72 ID:6IPX7o3w0
梅毒

996 :本当にあった怖い名無し:2014/02/22(土) 00:28:35.41 ID:6IPX7o3w0
うねうね

997 :本当にあった怖い名無し:2014/02/22(土) 02:13:21.64 ID:6IPX7o3w0
こんにちわ

998 :本当にあった怖い名無し:2014/02/22(土) 02:24:48.31 ID:PTp9MAGh0
うほうほうほうほうほうほうぇーいwwwwwwwww

999 :本当にあった怖い名無し:2014/02/22(土) 02:32:51.33 ID:VSnHVWvW0
朝鮮人が来る

1000 :本当にあった怖い名無し:2014/02/22(土) 03:06:12.07 ID:Ct0F6OCg0
1000なら幽霊登場

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

347 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)