5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?310

1 :本当にあった怖い名無し:2013/02/27(水) 20:01:59.23 ID:B3XtsT940
貴方が聞いた・体験した怖い話や、2ちゃんの色んなスレから拾ってきた死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみませんか?
・ジャンルや、事実の有無は問いません。
 ・創作も歓迎です(創作と宣言すると興ざめてしまう方もいますのでご注意ください)
 ・要は最高に怖ければいいんです。 が、【 】以下もお読みください

【重要ルール】
 ・他の人が書き終えるまで投稿は待ちましょう。
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
 ・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。
 ・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からのサイトからは許可を取ること。
 ・文での感想はOK。点数形式での採点はNG。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。
 ・「怖い話まとめブログ」への転載は運営が悪質なため禁止します
 ・創作も歓迎します→創作もOKですが創作と小説は違います
 ・次スレは950レスを超えてから立ててください。

2 :本当にあった怖い名無し:2013/02/27(水) 20:02:29.53 ID:B3XtsT940
まとめサイト・投票所
http://syarecowa.moo.jp/

モバイル版
http://dokosyare.akazunoma.com/

まとめミラーサイト  
http://mirror.bake-neko.net/

○余り怖くない話と思うなら以下のスレへお願いします
ほんのりと怖い話スレ その92
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1359646553/

何でもいいから怖い話を集めてみない? Part3
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1359951107/

洒落コワに拘るならまとめサイトの投稿掲示板もあります
http://jbbs.livedoor.jp/study/9405/

前スレ
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?309
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1360338180/

3 :本当にあった怖い名無し:2013/02/27(水) 20:27:12.92 ID:fFMI+2r30
なんでテンプレ分けてるの?馬鹿かよ
普通に1レスに収まってるんだからそのままコピペしろよ
すぐに2以下見られなくなることぐらい分らないのか?

4 :本当にあった怖い名無し:2013/02/27(水) 20:31:07.26 ID:rc2N8JC20
ことりばこだろまえすれ

5 :本当にあった怖い名無し:2013/02/27(水) 22:27:44.32 ID:qAgA7p2ui
忍法帖の文字制限に引っ掛かったんだろうと言う発想はないのかね

6 :本当にあった怖い名無し:2013/02/27(水) 22:38:13.84 ID:41Ab7wZi0
>>5
自分自身が重度のネラーで他人もそうだと思ってるからじゃね
誰もたててくれなかったなか、たててくれた>>1は偉いよ 乙
>>3
文句あるなら次からはお前がたてろ

7 :本当にあった怖い名無し:2013/02/27(水) 22:45:32.08 ID:b5gRznPa0
>>1


最近スレ立て出来ないヴォケが多すぎ。

8 :本当にあった怖い名無し:2013/02/27(水) 23:15:31.63 ID:mti6mZYm0
>>1

前スレ >>993
アメリカで割と近年、ゴキブリを食べる大会で優勝した人が、優勝決定直後に死んだニュースあったよね?

9 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 00:00:20.90 ID:q9Vkgv5SO
>>8
知らなかったのでググって見たらありますね去年
でもそれがなにか?

10 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 00:05:32.46 ID:dn11S1qK0
いちおつー

11 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 00:07:12.64 ID:fgpiLDX70
これだな
死因はゴキブリではないようだ
http://a.excite.co.jp/News/column/20121011/Terrafor_news_mGlf24GKEI.html

12 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 00:11:00.12 ID:fgpiLDX70
あとこれも
https://www.youtube.com/watch?v=PXHc55KtInY&feature=youtube_gdata_player

13 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 00:23:58.43 ID:JLd8iVwz0
>>4
単なる創作のコピペだよ

14 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 01:37:24.36 ID:pZObrV8e0
自分の知り合いのサイトが潰れたと思ったらこんな事が起きてた
重度のメンヘラみたいな子で、常に誰かに泣きついてはあーはいはい被害妄想乙と流されてた
今までの泣き言も全部本当だったと思うと恐ろしい

100 :友いな:2013/02/11(月) 19:05:46.34 ID:vO8VLHxf0
ウマタンのヤフーアカウントのパスワードがチェーンメールで来たんだが……
なんだこりゃ
本物か?

103 :ケモノ:2013/02/11(月) 23:00:52.55 ID:vO8VLHxf0
やばい、パスワード本物だ
ログイン出来た
こりゃ個人情報見放題だなあ…だから友いなスレに岡○さんって書き込みがあったのか


104 :ケモノ:2013/02/11(月) 23:09:53.80 ID:4GLAuzgKO
やばい、ガチで本物だったわ
あまりにひどいからID削除しといたよ


105 :うんこ:2013/02/11(月) 23:21:42.76 ID:EVvwACfS0
不正アクセス乙

15 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 01:43:47.15 ID:A74Y2E5bO
スーパージョッキーでゴキブリ食った奴が死んだのは都市伝説だぞ
十数年後に本人が雑誌インタビューやTV再出演で死亡説否定してる
だいたいアイツは丸のみじゃなくちゃんと噛んで食ってたわ

>>1

16 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 01:45:57.87 ID:pZObrV8e0
そいつは、この前は
自分のネタが盗作された。出そうと思っているのを知って居て皆がわざと書いて行く
って泣いてたんだけど

yahooのアカウントが乗っ取られてたらネタぱくり放題だよね

17 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 02:41:09.84 ID:x2HJiLIC0
見たことも無いデフォルト名無しの板から会話の一部を切り取って持ってこられても、
うまたんとかいうのが被害者らしいということ以外は、さっぱり要領を得ない
ググってみて初めて創作関連の板だと分かったけどな
こんなので他人に説明したつもりになってるとしたらアスペの可能性が濃厚だぞ
煽りとかじゃなくマジで病院に行って検査してもらえ

18 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 09:36:46.44 ID:frFKcaHz0
ここにいるほぼ全員>>17と同じ意見だと思う
前スレの将棋の掛け合いと一緒でふーんそれで?って感じ

19 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 10:01:07.82 ID:9jiEFteI0
俺の家族やべー
朝起きたらひそひそ声でいつ殺す?とか言ってた
この前も野菜切ってるときに少し貰おうとしたら指切られそうになったし
一年中死ね死ね聞こえるし
俺に睡眠薬?飲ませようとするし
これ警察もんだよな?

20 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 10:14:34.40 ID:RpsT7g99O
>>19
内容更にkwsk!!

21 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 11:36:05.21 ID:l/P73SCpO
統合失調症の方でしょうね

22 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 12:20:17.77 ID:0Rv4PFYO0
>>19
殺られる前に殺らないとヤバイな
今夜が山田

23 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 16:25:55.12 ID:pZObrV8e0
>>17
精神病んでる奴をグループ全員で虐めて、
そいつが被害を訴えたら「あいつおかしいから」と根回しして誰にも信用されないようにしてたらしい
的確に根回し出来たのもそいつのプロットそっくりな作品が発表されてるのも、そいつのyahooアカウントを乗っ取って、そいつの友人関係や個人情報を完全に把握していたからというオチ
そんな話

24 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 17:20:21.99 ID:UiMvFuhj0
死ぬ程洒落にならない怖い板違い

25 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 18:47:31.08 ID:eMidG6MG0
腐れ作者()ども 
このスレに怖くもなんともない思いつきの話を書き込むんじゃねえ
お前だ
お前のことだ
今クソ話を投下しようとしてるお前のことなんだよ

26 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 20:13:02.07 ID:xpr9FIl00
.
けっこう前に近所の家が火事になって
火のまわりぐあいとかが気がかりだったんで見にいった。
火事になった家はちょっとした資産家で大きな家だったせいもあって
火のまわりかたは激しいものがあった。野次馬も多くいた。
玄関から少しはなれたところではススで黒くなったガウンを着た
その家の住人とおぼしき夫婦が近所の人の介抱をうけていた。
消防車はまだ来ないのか、と思っていると
野次馬のひとりが「おい!あそこ!」とさけんで2階を指さした。

2階のベランダを見るとまだ5歳にならないぐらいの女児が
両手をあげて助けをもとめている。
火の手はすぐ下まで迫っており消防車はいまだ到着しそうにない。
近所の人が夫婦に「娘さんがまだベランダに」というと
怪訝な顔をしながら一連の光景を見ていた旦那さんが言った。
「うちには娘はいないのですが・・・」

たしかにその家には子供が二人いたがどっちもとっくに成人して独立していたし
しかも子供は二人とも息子だった。孫などを連れてくることもなかった。
夫婦も五十代の後半にさしかかっており年齢的にも幼い娘がいるような歳ではない。

じゃああの女の子は誰だ?と思いながらベランダを見上げると
いつしか女の子は助けをもとめるのをやめただそこに立っていた。
その顔はなぜかおだやかに微笑んでいるように自分には見えた。
やがて2階のベランダにも火がまわり女の子は煙のなかに消えていった。

27 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 21:02:17.62 ID:39NnB4NC0
その後焼け跡から20体以上の子供の骨が発見され夫婦は逮捕された。

28 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 21:16:29.00 ID:FQNOqTmt0
>>26
作者()に聞きたいんですが、どこが怖がりポイント?

29 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 22:55:05.11 ID:kdAaTCvcO
朝ドラの純と愛って冷静に見るとDQNばっかりでこんな奴らが実際にいたらかなり怖い。

30 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 23:25:56.84 ID:iIyrSKQu0
どんな奴らか詳しく書けや無能
皆がお前と同じものを観ていると思っていたら大間違いだぞタコ

31 :本当にあった怖い名無し:2013/02/28(木) 23:59:00.30 ID:x7+AuyM60
今時のアソコの朝ドラなんて誰も見ないもんね〜w

32 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 02:36:05.98 ID:1+VEdMnXO
面白かったのゲゲゲの女房だけだったな

33 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 02:44:53.10 ID:wZYZSC1U0
ゲゲゲはやっぱりオカルトかい?

34 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 07:35:40.65 ID:OfJ8HCaF0
まさかこの板の住人が朝ドラを観ているとはw
いや、それより朝ドラを観られる時間に家にいるのかい?

35 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 10:20:40.19 ID:yTusvQYW0
9時に出社だから余裕
昼休みに12:45からのを見てる人もいると思うし

36 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 18:58:50.62 ID:GJOj2+HQ0
夏菜がブス過ぎて見れない

37 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 19:28:38.26 ID:4QqL5R4I0
中小企業や工場の休憩所だとテレビがあるよ
地上波(ゴミ情報)をわざわざ会社で見るとか普通考えられんわな

38 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 20:15:45.70 ID:DFNt5N310
>>28
怖いかどうかじゃなくて、怖いポイントすら分らない程読解力無いなら死ねよ

39 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 21:42:19.34 ID:2JSLl2yHO
>>28
当方、バカで申し訳ないんだけど教えて下さい。

>作者()
この()てどういう意味ですか?

40 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 22:17:08.41 ID:2QoT5bdK0
39
俺も半年ロムったけどわからないよ。

教えてエロイ人!

41 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 22:23:05.09 ID:Ajj2xqqu0
()つけた相手を嘲笑するイメージで捉えてた
違ったらスマソ

42 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 22:24:11.42 ID:FWxlcMdy0
>>41

43 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 22:49:46.05 ID:y/0IM6PZ0
>>38
おいおい、作中誰も怖がってないんだが、
そんな駄作のどこが怖かったんだい?
作者()に代わって教えてくれませんか?

>>39-41
あんまりハッキリ言いたくないんで各自好きな言葉を入れてください
一般的には「作者(笑)」の略じゃないでしょうか
一応作者ですからね、作者なんでしょうが笑われ芸人的な、バカ作者に対する呼称で良いんじゃないですか
個人的には今回の糞作者には作者(低能)ってところが無難なとこかなと

44 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 23:30:57.91 ID:fe0o1V+00
>>43
作者にどこが怖いか聞くって失礼な奴だな

45 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 23:38:42.05 ID:mCd279140
自意識が大きくなって、連載気分で粗雑乱造しちゃう層にも困るが、
フィクションであったりするだけで、やたら絡みだす痛い子にも困るな

46 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 23:42:17.83 ID:4QqL5R4I0
ああ・・・苦しい・・・悔しい(涙声で)

47 :本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 23:43:55.78 ID:y/0IM6PZ0
>>44
おまいは>>26を見てなおこの作者()が礼を尽くすべき相手だと思うのか
せめて作者()自身は、どこで他人が怖がると思ったか、これは単純な興味だよ

いやまあぶっちゃけ、このクソ作者()は他人を怖がらせる気なんか微塵も無いだろうけどな
思いついたちょっと不思議()なシチュを垂れ流してるだけさね

48 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 00:04:04.91 ID:2JSLl2yHO
>>43d
有り難う!!
そういう意味やったんやね。
サンキュー!

49 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 00:07:45.67 ID:2JSLl2yHO
>>41
有難う御座います。
見逃しすみません。

50 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 00:38:00.34 ID:ucW6TD2j0
>>23
こういうのが一番怖い
自分の近くにも「○○さんの真似をして馬鹿にしよう会」みたいなのがあって大問題になった
集団で言いくるめられたら人ってなんも出きんのな。ターゲットにされた子は結局失踪した

51 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 01:22:30.09 ID:sLqt0Ifx0
失踪とかさりげなく怖いんだが

52 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 01:23:15.35 ID:P5AagaTm0
()って、いる?

53 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 01:25:37.19 ID:ucW6TD2j0
嫌になって引っ越しちゃったんだよ・・・
もう誰も行き先を知らないらしい
根回しや精神病のレッテルが凄過ぎて、もうどうにもならなかったからねえ

54 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 01:27:35.76 ID:6k8Qkv/L0
()ってのはその中に
(作家気取りで自分に酔っている)とか(怖い話より自分語りしたくてしょうがない)とか
(単なる思いつきを10分で書いて何の分別もなく投下)とか入るんだよ

55 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 01:31:28.19 ID:cwf2CHUV0
嘲笑だとか失笑の意味で()じゃないのか
基本馬鹿にするイメージ

56 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 01:52:24.23 ID:j5WnjuuzO
>>53
失踪と引っ越しは全く違うんじゃ…
これは独り言だけど >>50 は自画自賛にしか見えない

57 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 01:52:42.82 ID:0VkJDUM50
>>17
ID:pZObrV8e0を見て思ったのは、同人・創作板の作者()様達がこのスレに紛れ込んでんじゃねえかってこと
少なくともID:pZObrV8e0はそのように認識していたからこそ、>>14,16だけで (このスレの何人かには) 十分話が通じると思ったのでは?
つまり、「今から洒落怖に投稿するんで擁護よろしく」「了解」みたいなやりとりが向こうでされてるんじゃねえかと

58 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 02:21:34.44 ID:19DwGN3m0
さすがにそこまで妄想するのもすごいな

59 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 03:27:22.13 ID:sLqt0Ifx0
知名度のわりには過疎ってるし自演がらみがやりやすい環境だとは思う

60 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 03:34:08.59 ID:0VkJDUM50
>>58
じゃあどこまでなら妥当な推論と認める?
向こうとこっちとで住人がかなりカブってるみたいな書き込みも以前あっただろ
俺は当たらずとも遠からずじゃないかとマジで疑ってるよ
いちいち向こうへ行って証拠を探すつもりはないけどな

61 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 04:46:51.58 ID:sA5u269xO
じゃあID:pZObrV8e0()て事で。

62 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 09:54:23.93 ID:6pPjx4UsO
あ〜不度々度々無き〜
オカルトパイロット泣かし〜
ゲームやって!人殴って!最近だめだyな!
あ〜不度々度々無き〜
トイレ行って!物音出して!感覚的にhもう幽霊!
あ〜不度々度々無き〜
川に洗濯!風呂で洗濯!でも汚れは取れないy!
あ〜不度々度々無き〜
病院行って!検査して!そんな俺は精神病!
あ〜医者は嘘つき〜
あ〜不度々度々無き〜
〜不度々度々無き〜

63 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 10:41:39.51 ID:YfSq2xBMO
神に愛される〜の人、結局こなかった?

64 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 11:23:10.05 ID:uTP/ZjF40
死んでたらこれないしな

65 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

66 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 12:13:29.13 ID:wpv6Kthg0
>>65
落ち着け

67 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 12:53:50.29 ID:sA5u269xO
>>63
やっぱ>>64て事かな…?

こういうのて凄く気になる。
元気だといいのだが…

68 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 13:50:47.39 ID:UyIoxyzm0
>>26
「あれは一体なんだったのでしょうか?」が抜けてるぞw

69 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 14:25:39.70 ID:6k8Qkv/L0
何が悲しくて作者()様の腐れ果てた創作を読まねばならんのだ
一つの話に最低1ヶ月はかけて書き込め
書きながら投下するなんてもってのほか
そういうやつは死ね
さらにできた話をまわりのやつに読んでもらって評判を聞け
作者仲間じゃなくてちゃんとしたやつにだ
学生生徒なら国語の先生に読んでもらえ
それで十分怖いと言われるようなら投下してもしかたがない

70 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 14:38:09.13 ID:6k8Qkv/L0
作者()様
お前らの存在そのものが萎える

71 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 14:44:42.64 ID:hGkYlMri0
実話板も作者との抗争が勃発
争いはだめよ

72 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 15:13:08.29 ID:BkU0xdcz0
>>1に「・創作も歓迎します→創作もOKですが創作と小説は違います」

73 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

74 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

75 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 15:46:54.61 ID:6k8Qkv/L0
クソ作者様はまずは志賀直哉の全集をすべて筆写しろ

76 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 16:34:34.96 ID:ucW6TD2j0
>>56
もうほとんど夜逃げのような感じで、失踪と言ってもいいような状態だった
しかも、居なくなってからも「ほーら。身に覚えがあるから失踪した」と笑いながら言ってるやつがいて悲惨だった
どうやってもそのターゲットを不幸にしたいらしい

77 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

78 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

79 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 19:53:15.11 ID:6k8Qkv/L0
スレタイを守れ!!!

80 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 21:32:27.85 ID:XZZ6FM3a0
周りの人に読んでもらうだけで違うはずだが
作者()は引きこもりか?

81 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

82 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

83 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 23:04:41.86 ID:6k8Qkv/L0
いいか腐れ作者()どもよく聞け

・このスレに自己陶酔した気どった文章を書き込むんじゃない

・「ねえねえ聞いて聞いて」の自分語りをするんじゃない

・まとめや本からのパクリ話を書くんじゃない

・ただの思いつきや類型話を書き込むんじゃない

・作家志望者や人生経験の足りないガキは足を踏み入れるんじゃない

・誤字脱字や文法ミス、ありえない設定の話を書き込むんじゃない

作者()様は自分のブログや仲間内のサイトから出てくるな
できれば死ね

84 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 23:05:35.47 ID:6k8Qkv/L0
お前らの思いつき話を見ると虫酸が走るんだよ
反吐が出る

85 :本当にあった怖い名無し:2013/03/02(土) 23:06:26.63 ID:6k8Qkv/L0
作者()ども
このスレに怖くも何ともない思いつきのクソ話を書き込むんじゃねえ
反吐の出るような創作臭まる出しの話を書き込むんじゃねえ
お前だ
お前だ
お前だ
お前だ
お前だ
お前だ
お前だ
お前だ
お前だ
お前だ
お前なんだよ
今何の分別もなく投下しようとしているお前のことなんだよ
クソ作者()が

86 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 00:15:01.87 ID:JIY+ludY0
Kichigaiあぼーん

87 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 01:00:55.62 ID:2Lvj03/yO
もう春なんやなぁ…

88 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 01:36:01.24 ID:LPrfOKhd0
どうでもいいからクソつまらん話は無視して、死ぬ程洒落にならない怖い話を書き込んでくれよ

NGワード推奨用語集を全部NGにしてれば大体は消えてる

89 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 02:50:14.63 ID:yFPUoRiFO
いつもの痛い子に、名無しに戻ったゆみが便乗してるんだろうな

90 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 02:55:02.30 ID:Q1/ouLr60
ゆみw

いたなそんなやつ

91 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 03:48:12.56 ID:HpW7cUKN0
不幸を呼び寄せるタイプの子がマジ怖い
このスレを紹介したんだが、その途端にこの荒れよう

92 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 03:51:56.13 ID:fzU7KqS20
こういう阿呆みたいな思い込みから、阿呆みたいな話が生まれるのだなあ

93 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 07:54:21.32 ID:cPblV+vG0
何かに追われてる話がやっぱり一番くる

94 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 08:45:08.81 ID:xGGdXyJN0
>>93
579 本当にあった怖い名無し sage 2013/03/03(日) 00:44:58.96 ID:FCtK4Ksd0
今から20年近く前、白装束の女に追いかけられる夢を見た。
追いかけられるてる場所は近所の公園なんだが実際のそれより何倍も広い。
その中にレンガで出来た巨大迷路のようなものがあり、そこで俺は必死に女から逃げていた。
何となく夢だと気づいた俺は「ささっと捕まってこの怖い夢から覚めよう」と考えわざとこけた。
すると女は長い爪で俺の足を突き刺して持ち上げた。ここで目が覚めた。
やっぱり夢かと安心してふと足元をみると、仰向けで寝てたんだが突き刺された左足が20センチくらい上がってた。
しかもピリピリと痺れていた。
その後は特に何もなかったんだが俺的にはほんのりだった。

95 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 09:04:08.49 ID:iyrs7cMJ0
>>94
スレタイ100回音読

96 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 13:23:05.76 ID:0In1QPVA0
>>95
お前に言ってるわけじゃね?

97 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 20:21:28.94 ID:8VowQfOK0
このブログ記事のピアニスト主婦大丈夫だよね?
ttp://nazolog.com/blog-entry-1081.html

今頃何してるんだろう?やっぱり次男の育児に追われてて
忙しいんならいいんだが

98 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 21:41:04.15 ID:ThE82fcE0
やだなにこれ
こんな理不尽なの
絶対生存報告書いて欲しい

99 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 22:00:14.83 ID:clCQszde0
テスト

100 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 23:07:26.12 ID:bAvrkEpZO


101 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 23:21:41.52 ID:3+1neo6c0
http://www.youtube.com/watch?v=HmPmhJ2-Aug
この動画見るだけで寒気がします。

102 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 23:47:37.22 ID:PS1Ks1n10
デンゼル・ワシントンはハズレないな。
息子と対面しての最後のなんともいえん表情・・・遠くで飛行機の音がキーンってしてる演出も良い。
世法や社会のジャッジとはぜんぜん関係ないところで、主人公は成長し、そのの魂は救われてる。

このテの映画はラストカットの印象でほとんどきまっちまう感があるけど、オイラは良作だったと思うよ。

103 :本当にあった怖い名無し:2013/03/03(日) 23:57:48.37 ID:PS1Ks1n10
誤爆すまん

104 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】(1+0:3) :2013/03/04(月) 02:06:18.29 ID:CeYn+fN+0
アフィサイトが糞だと言われる真の理由が解ってきた。

105 :本当にあった怖い名無し:2013/03/04(月) 19:44:58.83 ID:cLrh2Kho0
>>67
亀だけど、自分も気になっててしょうがない… >64だった時は変わりの人が書き込みます って書いてたし

忙がしくてここを見る暇なかったー っていう書き込みを待ってる

106 :本当にあった怖い名無し:2013/03/04(月) 19:52:50.08 ID:Edl56tlHO
お久w
>>64です。
便りが無いのは元気な証拠、だよ。
…多分orz

107 :本当にあった怖い名無し:2013/03/04(月) 19:54:51.51 ID:Edl56tlHO
>>106
訂正。
>>64→×
>>67→○
すみません。

108 :本当にあった怖い名無し:2013/03/04(月) 20:29:25.44 ID:cLrh2Kho0
>>106
ですよね 

子供が20歳まで って言ってたけど、お子さん生まれたってカキコしてたし  気長に待ちます

109 :本当にあった怖い名無し:2013/03/04(月) 20:54:24.79 ID:zscv92BzO
どんな話か知らないけど
専スレあるんだからそちらに行って貰うって駄目?
神に愛されるだかが気になる人逹

110 :本当にあった怖い名無し:2013/03/04(月) 21:19:02.73 ID:QohJ82NP0
このネタはもうウンザリです
自演するなら他所でどうぞ

111 :本当にあった怖い名無し:2013/03/04(月) 21:42:53.05 ID:cLrh2Kho0
すいません 専スレにいきます

112 :本当にあった怖い名無し:2013/03/04(月) 21:48:35.68 ID:Edl56tlHO
神に愛された人はこのスレに書いてたから、また此処にレスするんじゃない?

まぁ気長に待ちますよ
では、これにて名無しに戻ります。

113 :本当にあった怖い名無し:2013/03/04(月) 23:55:43.77 ID:qKCv3fwc0
このスレに怖くない話を書き込むんじゃないクソ作者()ども
腐れ切った創作を投稿するんじゃない
自分を知れ
自分の無知無能を知れ
叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ

114 :本当にあった怖い名無し:2013/03/04(月) 23:57:15.10 ID:qKCv3fwc0
叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 
叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ
叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ
叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ
叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 
叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ
叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ
叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ 叩くぞ

クソ作者()どもが

115 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 00:35:08.22 ID:KCDrfNCAO
>>114
怖いから…

116 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 01:37:30.83 ID:68v6mR+b0
あぼんはリアルタイムで見てたけど酷かったな
受験に失敗した韓国人みたいだった

117 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 09:37:03.11 ID:3e+YxDoZO
久々に来たわ
>>33-34
俺は当時夜勤仕事で、夜勤明けてから昼の再放送で観てたわ
オカルト色はそんなに無くて面白いホームドラマだった
>>116
随分あぼーんがあるが、どんなレスだったんだ?

118 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 12:05:55.96 ID:t4qKPEpb0
ごめん、あんまり怖くないかもだけど。

昨年の夏の話。

その夜は友人との飲み会で、かなり帰りが遅くなった。終電も逃し、このまま朝まで飲み明かすかーって話だったんだけど、私は次の日用事があったので帰ることにしたんだ。

私の自宅は新宿からそう遠くなく、タクシーに乗ればすぐに着くけど、まあ歩けない距離じゃないし酔い覚ましがてら歩いて帰るかってことで、暗い夜道を一人で歩いた。

119 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 12:10:02.74 ID:t4qKPEpb0
賑やかな繁華街を離れ、住宅街に入る。
夜風が気持ちいなあなんて考えながら歩いていると、突然、暗がりから小学校低学年くらいの全身黒ずくめの男の子が現れて「むかえにきました!」って私に言うんだ。
私がえ?って戸惑っていると男の子は私の顔をじーっと見つめた後「あっ、ごめんなさい!間違えました」って走って行っちゃった。

120 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 12:12:19.36 ID:t4qKPEpb0
なんなの、あれ…
時刻は午前2時を回ったところ。こんな夜中に小さな男の子が一人で外をうろついているなんて、どう考えてもおかしい。
不審に思いながらも、その日は無事に帰宅。
まだ起きていた弟に今あったことを話すと、「死神だったんじゃねーの?持ってかれなくて良かったなw」と笑われた。
私もそーだねなんて笑いながら、さして気にも留めていなかったんだ。

121 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 12:14:53.64 ID:t4qKPEpb0
数日後、近所で不幸があった。

亡くなったのは私と同じ年頃の女の子。原因不明の突然死だったらしい。
そしてその子の家は、あの日の夜、男の子が走って行った方向。

単なる偶然かもしれないけど、本当にあの男の子は死神だったのかもしれない。
もしあの夜、私が間違われたままだったら…そう思うと背筋が寒くなった。

122 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 12:18:01.13 ID:t4qKPEpb0
以上です。

長くなってすみません

123 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 14:33:09.30 ID:5c03+APb0
ああ、えんどコイチの死神くんに会ったんだね

124 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 15:10:42.78 ID:QNMsNbqKO
>>122
全身黒ずくめって、どんな服装だった?
学ランに黒の短パンとか?

125 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 15:26:47.67 ID:kuSn5LVK0
>>124
いや、上は長袖トレーナーに下は長ズボンだった
真夏なのに変だなあと感じたのを覚えてる

あと、顔は暗くてよく見えなかったけど、凄く色白な子だと思った

126 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 15:35:09.21 ID:QNMsNbqKO
>>125
ふむ、人によって見え方が違うのですね。
僕の友達は般若の顔で白い着物を着たのを観たって言ってましたね。

127 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 15:37:15.59 ID:QNMsNbqKO
>>125
ふむ、人によって見え方が違うのですね。
僕の友達は般若の顔で白い着物を着たのを観たって言ってました。

128 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 15:44:12.77 ID:kuSn5LVK0
>>126
般若の顔に白い着物…それは怖いですね。
そんなのに夜道で出くわしたら失神してしまいそうです

そのお友達は霊感のある方なのでしょうか?
私は生まれてこの方、霊の類を一度も見たことは無かったので…

129 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 15:56:34.62 ID:QNMsNbqKO
>>128
正確には友達の母親です。
その母親が小さい頃に祖父(だったかな?)が危篤状態で寝込んでいるところに、
枕元にそれが正座した状態で現れ祖父を見ていたそうです。
そして、ふっと息を祖父に吹きかけると一瞬で亡くなったそうです。

130 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 16:03:44.44 ID:VrwJD06R0
SPECだったら生き返ってた。

131 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 16:06:13.51 ID:W+5oB94M0
一本投下する
制限ありなんで最後まで投下するのに時間がかかるがご容赦を

132 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 16:08:23.76 ID:W+5oB94M0
とある神社、深夜になって1人の学生が入り込んだとか
その神社はヤバイと有名で思慮の浅いアホやDQNが興味本位で這入り込んでは手酷いしっぺ返しを受けたという
こっくりさんみたく動物憑きにされたり、全身引っ掻き傷だらけになって逃げ帰りそのまま病院に担ぎ込まれたとか
学生としても神社に入り込むのは本意じゃない、寧ろ凄く嫌だった
それを知っていた上でクラスの猿山リーダーは放り込んだのだ
断ったらお前の友達に嫌がらせをしてやる、それが嫌なら夜になって肝試ししてこい
ご丁寧に入り口までそのリーダーの手下が見張りに来ていた
其奴の嘲笑を背に受けながら学生は必死になって参道を上がり神社へと入った

133 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 16:10:47.84 ID:W+5oB94M0
シンと静まり返った神社はそれだけで恐ろしかった
近くにそれなりの国道が走り、鳥居から見下ろせば街のネオンサインが幾つも見え人家の灯りも無数に浮かんでいる
なのに、まるでそれから遮断されているかのように神社は静かだった、いや静か過ぎた
学生はリーダーの指示通り本殿に上がり、扉を開いた処にあったエロ本を回収した
バタン、後ろから響いた音に安心しかけていた学生は肩をビクリと動かした
慌てて扉を開こうとしたがつっかい棒をされているらしい
向こう側から何とリーダーの笑い声とそれに追随するような手下の嘲笑が聞こえた

134 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 16:13:33.09 ID:W+5oB94M0
追加ルールだ、そのままそこで一晩過ごせよ
明らかにヤリ過ぎな行為に学生は非難の声をあげたが既に笑い声は遠離ってしまった
どうやら奴らは本気で一晩学生を本殿に監禁するつもりらしい
学生の頭から怒りが抜けると、代わりに恐怖と孤独で満たされた
締め切られた雨戸の隙間から月明かりが静かに指し込む本殿はやはりシンと静かで
広さと比較して小さな祭壇がある以外は殆どものがない有様だった
そう言えば何を奉っているかも解らないな等と考えていた学生の鼻にふっと獣臭い臭いが過ぎった

135 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 16:16:50.96 ID:W+5oB94M0
野良犬かでかい鼠でもいるのかと考えたが、それにしては妙に甘い感じもする
獣臭さと甘さが混ざったその臭いはどんどん強まり、やがて頭痛すら伴う感じになった
これは堪らないと外気が入って来そうな隙間を探そうとした学生は驚いた
本殿の祭壇の前に、三人の巫女装束を着込んだ女性が正座していた
しかも顔をすっぽり隠せる狐面を被っている
学生は唖然とした、確かに入った時は居なかったし視認するまでは全く気配すら感じなかった
学生の動揺を余所にそいつ等はすっと腰を上げそのまま四つん這いになり、学生の方へと迫ってきた

136 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 16:21:00.32 ID:W+5oB94M0
無言のままそんな風に迫られたら誰だってびびる、しかも外に逃げ出せない状態なら尚更
もう扉が壊れてもいいと言わんばかりに学生は扉を叩いてつっかい棒を外そうとした
だが遅すぎてそいつ等に学生は取り押さえられた
フゥフゥという興奮した荒い息、そして更に強まる獣臭
学生は完全にパニックになっていた、相手の意図も正体も解らない
だけど確実にヤバイ感じだ、取り押さえている手も異様に冷たいし密着しているから臭いが凄い
離せ、離してくださいと叫んでいるとのし掛かるような姿勢で狐面が近付いてきた
タラリ、タラリと学生の顔から首筋、着ていたシャツの肌が出ている部分に粘液がかかる

137 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 16:23:15.38 ID:W+5oB94M0
狐面は目の部分だけでなく、口の部分も横線状に穴が開いていた
そこから巫女達が唾液を垂らしていたのだ
しかもそれを両手で塗りつけるようにして肌に広げてくる
どんだけ止めてくれと懇願しても巫女達は止めようとしなかった
混乱と強烈な獣臭と唾液の臭い、更に荒らげた呼吸に追い詰められ学生は意識を失った

翌日、お参りをした人が本堂につっかい棒をしているのを発見し監禁されていた学生を発見
起こされた学生は恐怖の一夜を思い出したが、残っているのはボロボロに引き裂かれたエロ本だけ
彼自身には唾液や臭いどころか何の異常もなく、本殿内の空気は清浄で獣臭さなど全く残っていなかったという

138 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 16:27:36.54 ID:W+5oB94M0
警察も出て来て悪ふざけが過ぎているとリーダーと手下の両親に連絡が入った
しかし、両親達はそれどころではなかったという
リーダーとその晩神社に居た手下達は、全員正気を失い獣のように唸り四つん這いで暴れていたからだ
彼らは暫くの後正気を取り戻したがかつての横暴さは鳴りを潜め、その内全員が離ればなれに転校したという
学生と言えばあの一夜を除けば何も起こらず平穏な日々を過ごしていたらしい
ただ、時たま異常に獣臭い場合があり、それを指摘すると慌ててあの神社に参拝したそうだ
その代わり、それ以降彼に悪意を持って近付こうとした相手は大概直ぐに遠離り悪縁は長続きしなかったそうな

終わり

139 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 17:14:43.60 ID:N3yqItV+0
【拡散希望】

「沖縄の真実」マスコミにだまされないで

沖縄に愛国ヒロインが現れました。
この集会には全ての新聞、テレビの取材者がはいっています。
それにもかかわらず、いきなり、堂々とマスコミ批判を初めます。
この集会で最も輝いており、大きな拍手をもらったスピーチです。
http://www.youtube.com/watch?v=MejRmMRb_Ig

140 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 17:15:39.18 ID:R3gMifwW0
頑張りは評価するけどね
残念ながらスレには相応しくないんじゃないかなあ

141 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 17:52:39.73 ID:OeiycZGc0
細かいところを気にしないようにして話を追えば一応面白かったかも
でもそんな怖くはないかな

142 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 18:06:04.62 ID:MoTdJukm0
>>138
評価なんて他人の好みだからキニスンナ。次も待ってるでござる。乙。

143 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 18:11:55.43 ID:3XYW1tbC0
単なる犬神憑きじゃねぇか上の話

144 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 20:10:24.49 ID:Bbfkjing0
恐くないと言う評価は気にして貰わないと困る
他人の好みで思考停止するようでは、他人が喜ぶ話は書けない

>>138
罰当たりな事をして罰が当たるのは、当然な話でして
このスレに書くには力不足でしたね

145 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 20:56:36.19 ID:/sDBQFKB0
発情してかね。その巫女さんたち

146 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 21:59:33.91 ID:UEDKmXu60
>>126
病院勤務だったうちの母はサラリーマン風の眼鏡をかけた人を見ていたそうだ。
書類みたいなのを手にしながらウロウロし、その人が近づいたベッドの人はその日に亡くなるらしい。
ある時、母が心臓を悪くして入院した。
手術前に「あの男がきた、お母さん助からないよ。今までごめん。あまりいい親じゃなかったね」
母は手術中に亡くなった。
だから嘘ではないと思ってる。

147 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 22:07:30.28 ID:VrwJD06R0
逆に助かったとか言う話はないんだろうかな。
生死の境をさまよって息吹きかけられたら助かったみたいな。
イメージが作り出すものって生死の境でも如実に現れるもので、面白い。

148 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 22:09:59.18 ID:ZDusx28gO
>>146
なんだか切ないな…

149 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 22:30:29.10 ID:mO0/XgLV0
>サラリーマン風の眼鏡をかけた人
家庭教師のトライさんが頭に浮かんだ

150 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 22:53:08.88 ID:Yr8fgjYC0
>>147
IDが変わっちゃったけど、死神に出会った話をした者です。

私の弟はいわゆる「見える」人らしく、小さい頃から不思議な体験をしていました。
その中で頻繁に見るという真っ白な男の人。
弟いわく、その男が着ている服はもちろん、肌も髪も真っ白でとても綺麗な顔立ちをしているそうです。

その男は主に家族が風邪などで寝込んでいる時に現れるらしく、それが身体に触れると、次の日には嘘のように体調が良くなっていたとか。

151 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 22:55:27.60 ID:Yr8fgjYC0
以前、祖父が病気を患い入退院を繰り返していた時期がありました。
そんな時、決まって現れるのが例の白い男の姿で、祖父の身体に触れては消えるという光景を弟は何度も目撃したそうです

でもある日、弟はその男の姿がいつもより黒くなっていることに気がつきました。それは祖父に触れている手から始まり、回を重ねる毎、じわじわと男の全身に広がっていったそうです。

その後、祖父の病気は無事に完治し、今でも元気に過ごしています。
しかしあれ以来、家族が病気になろうとも、白い男は一度も姿を見せたことがないそうです。

152 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 22:58:29.71 ID:Yr8fgjYC0
これは後に祖母から聞いた話なのですが、私の家には代々祀られてきた守り神がいるらしく、それが悪いものを吸い取ることによって家族を災いから守ってくれているとか。
しかし、その神様の容量がいっぱいになってしまうと今度は悪霊となり、逆に災いをもたらす者になってしまうそうです。

弟が見た男がその守り神だとしたら、家族に降りかかる災難を吸収する度、その姿は黒くなっていったのでしょうか。
今となっては分からないですが、悪霊になっていないことを願うばかりです。

すみません、長い上に少し趣旨がずれてしまいましたが、これが私の知っている「助かった」という部類の話です。

153 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 23:49:02.33 ID:uMa6pjwN0
何年か前に両親が仕事の関係で出張に行っていて、叔父さんの家に預けられた事がある
奥さんと中3の従兄弟も歓迎してくれたし家も広くて一緒にゲームしたりと楽しく過ごしていた
だが、初めて来た日の夕食時、手伝いをしていて、箸とかコップとかを並べていたら
「俺君、コップが1個多いよ」と言われた
で、よくよく見たら箸や皿も4個配る所を5個配っていた
馬鹿だなー俺ってその時は思っていた

154 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 23:51:10.15 ID:uMa6pjwN0
その翌日、高校から帰って叔父家の玄関見た時に妙な違和感を感じた
奥さんと従兄弟と叔父さんの靴が揃えてあったんだけど
「誰かのが一つ足りない?」って何となく思った
最初は俺の靴か、って思い一緒に他のと並べたみたけどやっぱりどこか欠落感があった
しかも、その日や次の日の朝食、夕食でも昨日と同じ食器を余計に配る間違いをした
俺疲れているのかなあと思っていたが、ここまで来ると妙に気になった

155 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 23:56:38.44 ID:uMa6pjwN0
で、居候してから四日目に、深夜に突然尿意で目が覚めた
隣のベッドを見ると従兄弟が寝ていたので、起こさない様にしてそっとトイレに向かった
廊下を歩いてトイレの扉を見ると隙間から光がうっすら覗いていた。誰か入っているのかな、と思って
コンコンとドアを叩くと返事が返ってきた。中でガタゴトと物音がしているのでしばらく待っていた。
多分叔父さんか奥さんが入ってるんだろう
と、しばらく待っていると廊下から叔父さんがやってきた

156 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 23:59:24.09 ID:uMa6pjwN0
「ああ、奥さんが入ってるみたいです」と答えると「家内ならさっき私の隣で寝ていたよ」と怪訝な顔をされた。
「え?でも今本当に入ってますよ?」慌ててトイレのドアを見ると、隙間から漏れていた光が消えていた
ゾッとしてドアノブに手をかけると呆気なく開いた。中には便器以外には何も無かった
本当にいたんだ、と主張したが気味悪がられて相手にされなかった
部活で疲れているんだろうから早く寝なさいとも言われた
納得いかないままその日は終わったが、1ヶ月経って叔父家をお暇するまでも
叔父の家族の靴や服、食器の数の欠落感を感じる事が多々あった

157 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 00:01:08.29 ID:icmjJfjQ0
>>152
携帯アプリに乗りそうなお話w
面白い話をありがとう。
なぜかシシ神様(もののけ姫)思い出した(w
シシ神様は生死の相対性がないからお話してくれたのとは違うが。
守り神が災いをもたらす災厄に転ずるのってよくあるのかね。
御祀りしててもそれが変わらないのなら守護というよりも大局御指導的な存在にも思える。

158 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 00:02:21.61 ID:VGoP/kiv0
その後、正月に再び叔父と会って会話していた時に何かのはずみで
叔父の奥さんは昔従兄弟を生む前にもう一人赤子を妊娠していたと聞いた
結局その子は出産が上手くいかず堕胎してしまったのだが、それからしばらく
奥さんは従兄弟を妊娠するまでその子が生きているかの様な振る舞いをしていたらしい
その話を聞いてあの欠落感はもしかするとそれなんだろうか
妙に怖くなって叔父には話さないでおいたが、
その赤ん坊はまだ叔父達と同居しているのかもしれないな、と思った

159 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 00:51:25.86 ID:xTDAcqte0
死ぬ程洒落にならない怖い話のスレはどこですか

160 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 01:34:10.07 ID:O5PPjorl0
>>159
南に150q先です

161 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 01:52:09.90 ID:yX02H/B20
兄がこのスレで洒落にならないくらい怖い話を見て死にました
どうしてくれるんですか?

162 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 02:15:16.31 ID:OATGkue70
>>158
あんたおかしいんじゃないの
叔父の奥さんは叔母さんだろ
何だよ叔父の奥さんってのは
全体的に気持ち悪いよ

163 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 06:16:35.51 ID:EIF6iCBv0
ちなみに叔父の叔母さんは自分にとってはほぼ知らない人ってことでおk

164 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 06:37:57.94 ID:66785CeJO
長編ばかりでがっかり
無駄な描写を削ぎ落とした短編こそ才能が光るのに、みんな長編を書きたがるんだな
過去の名作に長編が多いからかもしれんが、長編が名作な訳ではないことに気づいてくれ

165 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 07:40:07.19 ID:Wo8U4KOc0
叔父の奥さんって表現のどこが変なの?

166 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 08:34:33.99 ID:CH7QIXInO
民主党が三年も日本を掌握してたことが
一番洒落にならない怖い話だ

167 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 11:31:12.46 ID:SOLY58di0
>>152
弟には最初白い状態のモノが見えてた=悪霊ではないと言うことなら
>神様の容量がいっぱいになってしまうと今度は悪霊となり
って言う結果がどうしてわかっているの?
過去に悪霊となったのなら
>代々祀られてきた守り神
っていったい何

168 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 13:26:56.76 ID:nO/90LkHO
>>167
祀られている神様は営業マンで
白い素材を探してきて一族の穢れを吸わせて悪霊にして
そこからエネルギーを得ているんじゃない?

一族には「穢れを吸って浄化する神様」って話だけをしておいて
「中間生成物として悪霊が出来る」って部分は
聞かれなかったから言ってなかったけど
過去に誰かが訊いて、都市伝説的に残っている…とかw

169 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 16:06:10.67 ID:0h+RbF9/0
叔父さんは親の兄弟で昔から付き合いがあってその奥さんは最近できたとか片方に距離感あるのは普通にあることだよなあ

170 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 16:48:54.95 ID:rf8hRxxX0
>>169
その設定の家に居候とか下手すりゃそこからエロ展開だろw

171 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 17:10:43.01 ID:sYiPgwD10
>>164
この程度で長編か

172 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 17:23:37.21 ID:1Zt/Pe/R0
長編と言えば八宝菜

173 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 17:31:52.04 ID:cHi92rZy0
>>164 まとめられてるの見て「俺も俺も」って出しゃばってるんじゃねえの?w
投稿するのは勝手だけど最低限、メモ帳とかに写して無駄な文章削るとかクセのない文体にするとか
できないのかねほんとにw

174 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 18:03:24.65 ID:qLdFVTgY0
せっかくいい雰囲気で過疎ってたのにこの腐れ作者()どもが
腐れ話はいくらきても腐れ話

>>118
怖くも何ともない
あんまり怖くないと思ったら書くな

>>132
ありがちな設定+前編に漂う創作臭さ 死ね

>>153
シックスセンスかよ 死ね

175 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 18:05:48.33 ID:qLdFVTgY0
このスレに怖くない話を書くやつは死ね
腐れ作者は死ね
怖くない話はスレタイ違反で荒らし
それから最近気になるのは話が面白いかったという感想だ
怖くなくても面白ければいいということはない
怖さで荒涼たる気分にさせてくれ

176 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 18:36:45.35 ID:sYiPgwD10
なんじゃこいつ

177 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 18:50:03.09 ID:WaAhcby90
そいついいやつだよ

178 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 18:55:35.21 ID:sYiPgwD10
俺はそう思わない

179 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 19:14:21.08 ID:KWNiwYaA0
怖い話を集めるスレであって常駐者を面白がらせる必要はないな

180 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 19:54:23.81 ID:9wjdoUEII
今思うとくだらない話なんだが、当時は死ぬほど怖かったので投下。

5、6歳の夏の日の話だ。
近所に友達なんていなかった俺は家の近くで一人で遊ぶのが日課みたいになってた。その日も地面の蟻を観察したり草むしったりして遊んでた。

それに遭遇したのは昼前のことだ。
家の中からする、美味しそうなにおいに心踊らせながら、壁に向かって石をポンポン投げて早くできねーかなって思ってた。

ごめん、ちょっと前置き長いわ。次から本番。

181 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 19:56:26.66 ID:9wjdoUEII
ふと壁の上らへんに違和感を感じて見ると、なんか壁の模様とは違う、500円玉より一回り大きいくらいの、黒のシミが。
変だなーって思って立ち上がってまじまじ見るとさ、そいつはひし形みたいな形してて、物欲しそうにパクパク動いてんだよ。イメージで言うと金魚の口みたいな感じ。
俺さ、こういう変な出来事に遭遇するのはじめてで、こいつのことを誰かに伝えたいって思って、周りを見回したんだけど、一人で遊んでたわけだから誰もいないわけね。

182 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 20:00:17.77 ID:9wjdoUEII
仕方ないから俺一人で正体を暴いて皆に自慢してやろう!って思ってさ。まず足元の石拾っていくつか投げたんだよ。
何個かは外れたけど、一個だけそいつに当たってさ。石が当たるとそいつはパクン、って口を閉じてからしばらくは閉じたままだったけど、またパクパクしはじめた。
その時点で俺は相当ビビってた。石はどこに行ったんだろう、こいつはなんなんだろうって。

183 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 20:03:54.72 ID:9wjdoUEII
けどさ、子供特有の好奇心っつーのかな。今度はもっと大きいもんくわせてやろうって思って、キョロキョロ見回したんだよ。そしたら二・三歩歩いた先に枝があった。あれにしよう!って思ってそれ拾いに行きかけたわけね。
でも、不思議と壁のやつから目を離したら消える気がして、俺はそれは嫌だなって思ったから、しばらく悩んだあと、意を決して自分の指を突っ込んでみようと思ってそいつと指を見比べて入れることにした。
そーっとそぉーっとにじり寄りながら指先をそいつに近づける。あと数センチ、ってとこで狙ったようにカーチャンの「めしじゃー!」っていう声が聞こえて、俺は驚いてそいつから目を離した。

184 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 20:06:08.59 ID:9wjdoUEII
やばい!と思って慌ててそいつを探したけど、もういなかった。触って確かめて見てもただの壁。
その後はがっかりしたようなホッとしなような気持ちでカーチャンのとこに行ったよ。

飯食いながら、そいつのこと思い返したけどさ、もし俺がそいつの口に指突っ込んでたら、もうここにはいなかったんじゃねーかなって思ってゾッとした。
今でもたまーにそいつのことを思い出してはそいつがいた壁を睨んでみるけど、残念なことにあの日以来見てない。

185 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 20:41:14.43 ID:MmAAIcbi0
幼児の時にはあらゆることが些細なことでも洒落にならんくらい怖いのは当然
だがそんなものは所詮「くだらない話」なんだよ
分かってて何故書くのか

186 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 20:42:09.21 ID:QRav41tT0
ほの怖に書けばよかったのに

187 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 20:53:50.38 ID:1bqImUS8P
確かに書きゃなんでもいいって訳じゃないけど
せっかくのスレなのに、なんでこう八つ当たり的な批判ばっかりな訳?

怖い話読みたくて来るけど、まとめのがよっぽどマシ
叩きや煽りはやめようよ

188 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 21:29:29.63 ID:KWNiwYaA0
>>187
2chだからな
基本的にレスの投下は防げない
怖くない話は他のスレに投稿してくれといくら言っても
投下されてしまうのは見ての通り
叩きもまた同じようにどうやっても防げない
このスレはそうやって進行していくしかないようだ
それが嫌ならまとめだけ見てればいい

189 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 21:50:01.07 ID:3FSTBQki0
なんか、Part310(このスレ)が稀に見る不作スレなんだが

まだまとめでは1つしか載ってない

190 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 21:51:26.48 ID:1bqImUS8P
そうだね、了解 たまに来ても文句言うのはやめるよ
もう10年以上見てるけど、この進行でしか進まないんなら
仕方ない

191 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 21:52:59.92 ID:2eM/tUgp0
>>187
まとめ見てればいいじゃん
何しに来てんの?

192 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 21:56:14.82 ID:C1x50Q3M0
死ぬ程洒落にならない怖い話 щ(゚Д゚щ) カモーン

193 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 21:56:34.47 ID:yH0xM9amO
>>185
ならお前が誰もが納得する様な見本を投稿しろよ

194 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 22:08:26.01 ID:jPhJzQUq0
3月18日の朝9:00から、テレビ埼玉にて、翔べ!必殺うらごろしが放送されます。
関東圏では本放送後、34年目にしての初の再放送です。
闇の世界に生きる殺し屋たちを描いてきた時代劇・必殺シリーズですが、この作品に於いて大転換を試みます。
本作のコンセプトは、超自然現象に遭遇した人々と、その裏に潜む悪事を暴く修行者一行の生き様を描いたものです。
残念ながら、この基軸が其れまでのファンを遠ざけ、シリーズ自体を視聴率戦争の敗北者としてしまい、
シリーズやスタッフたちは存続の危機(つまり失職)に立たされてしまいます。
しかし、これを必殺シリーズとして作品を見ない人々がファンの中に少ないながらいました。
そしてこのオカルト時代劇と銘打った作品世界に魅せられてしまったのです。

太陽を信仰する謎の行者、先生
長身で頭は仏像のようなパンチパーマですが、霊視・霊聴能力があり、死者たちからの訴える声を聴き、
無欲で金に興味が無く、植物以外の物を食べません。
女性と肉体関係はおろか、酒すら口にしたことがありませんが、太陽の光を吸収し、人々の病気を治したり、
異常な跳躍力と大日如来の種子が書かれた旗を武器に、世界を歪めていく悪人たちを葬り去ります。
ですがこの力と引き換えに、ロボットのようで、人間らしい感情を持つことができず悩み続けています。

仲間に加わるのが若
背が高い、怪力女として、村の男たちからバカにされ、故郷を捨てて旅に出た男装の女でした。
甘い恋に夢を見続け、それが叶わぬと知ったとき、女を捨てたのでしたがまだ男性への未練があり、
それでもやっぱり毎回残念な出会いしかありません。
先生の超能力に憧れて弟子になります。

おばさん
名前がありません。だって自分自身が何もかも忘れていますから。
そう、見た目はぼうっとした弱そうな行商人のおばさんですが、何か大切な記憶を探していました。
その記憶は後に悲劇をもたらすのですが、最終回を見ていただかないとわかりません。
彼女もまた、得られぬものを探す旅人として仲間に入ります。

劇中に現れる超自然現象、心霊現象は、故事や民間伝承を取り混ぜながら手の込んだ詳しい解説も入ります。
脚本は怪奇大作戦やウルトラシリーズを手掛けた山浦弘靖さんも全話の半分近く執筆!是非一見を!

195 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 22:16:23.87 ID:IuQoiU8P0
>>193
それが出来ないカス揃いのスレなんだよ。期待したらあかん。まとめ読んでるのが賢い。

196 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 23:05:17.64 ID:mstko/Ju0
幽霊とか心霊ではないけど個人的にゾッとしたはなし
結構前の事なんだけど長くなりそうだから分けて書くわ

俺の住んでるところは田舎なんだ
学校は山と山に挟まれてたりするようなところ
それでも結構楽しくて、山を見てるとわくわくしてくるんだ。
その時も、友達と歩いてたら凄く惹かれる山があった
それは山って言より山を背景に古い建物が立ってるんだけなんだけど
そういう田舎!って感じの風景や建物が好きな俺と友達は
脇道に入ってそこを目指す事にした
その道は少し広めの道路から小道に入って行くんだけどちゃんと
コンクリートで出来てて整理もされてるしすぐ横には家も建ってる
ただ、家とその道の間はコンクリートの壁で隔てられてるけどな
別に普通なんだけど唯一不思議なのは人の気配がしないって事だけ。
まあ平日の昼間だし、仕事とか出かけてるんだろうな、くらいの
気持ちで俺と友達はコンクリートの壁に沿って奥に進んでいった。

途中で車が俺達を追い越して行ったし、掃除機の音も聞こえてきたし
人がちゃんといる事に安心してどんどん奥に進んでいった。
でも、なんか違和感を感じるんだよ
家もあるし掃除機の音もするんだけど人の気配を感じない
それなのに誰かに見られてるような感じがした


続く

197 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 23:17:09.62 ID:WaAhcby90
続かない

198 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 23:19:59.67 ID:mstko/Ju0
>>196続き

でも、不思議な違和感が俺達を興奮させた
ここ怖くね、金田一の八つ墓村みたいじゃねなんて話してた
盛り上がりながらそのまま道なりに進むと行き止まりに着いたんだ
行き止まりは大きな家になっていた
その家は、家っていうより屋敷に近い感じの大きい家で
本当に何かの一族なんじゃないかって思える位だった
友達とこんな田舎にこんな一族並のデカい家があったんだな
とか、今まで通ってきた道に建ってた家って全部この家の物じゃね
と興奮気味に友達と盛り上がってた
だって、今まで辿って来たコンクリ―トの壁は、目の前の屋敷の
門になっていたんだから、そう思わずにはいられない
門って言っても柵の扉はないんだけど…
で、二人でこんな不思議な場所に来た事に対する興奮を
ぶつけ合ってると、急に掃除機の音が止んだ

そして、さっきまでの見られてる感じがまたしたんだ
見られてるっていうか、監視されてるような
俺達の様子を窺ってるような、そんな感じ。
しかもそれは一人や二人なんかじゃなくてもっと大人数に感じた
人の気配はしないのに息が詰まるような緊張感と視線
それには流石に俺達もビビったし、この場から離れなきゃいけないと感じた
怖いっていうより、気持ち悪いに近い感覚だったな…


続く、次で最後です

199 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 23:26:32.91 ID:mstko/Ju0
>>198続き

それからは友達と逃げるように来た道を戻った
広い道に出てからは友達とその場所の話で盛り上がった
生活感も人の気配もしない、物音も掃除機の音だけ
不思議な所だったな、やっぱり何かの一族なのかなって話してた

その後、バイト先のお客さんにその話をする機会があったんだ
その話をしたらやたらとその場所を聞かれて、○○店の後ろの山じゃない?
近くに○○公園があるところじゃない?って適格に目印になる物を
当てられて吃驚したのと同時にあの家の情報が聞けるかもしれないって
思ってそのお客さんにその家って何かあるんですか?って聞いたんだ
そしたら、そのお客さんが言うには俺達が入ってった所は
某真理教の教祖の娘が住んでる所だったらしい
その話を聞いた瞬間ほんとにゾッとしたよ
知らないって事は本当に怖い事だと思った。

以上、俺のゾッとしたはなしでした
長い上に読みづらくてごめん

200 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 23:58:21.84 ID:TRnLAN4E0
>>185
>分かってて何故書くのか

「〜ね。」
「〜よ。」
この語尾に見覚えが無いかよ?
そうなんだよ。
いつもの人なんだよ。

変質者やストーカーと同じで叩いてもむしろ逆効果なのね。

201 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 00:08:53.74 ID:rIfgZryj0
>>177
その基地外のどの辺がいいやつなんだ?
ここじゃ有名なのかい?

202 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 01:37:30.26 ID:NJ1pTioZ0
短編至上主義ってのも、定期的に湧くよな
まあ、ホラー分野にかぎらず、よくある中二病の一種なんだけど
そういうのを目にすると、低年齢層化を感じるなぁ

203 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 02:04:13.22 ID:/leJfNxI0
おい、怖い話しろよ

204 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 02:19:27.12 ID:/X3btcqH0
メニューバーで文字を最大にして下にスクロールすると少しビビるw
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E5%85%AB%E5%88%86&oldid=18891936

205 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 04:13:44.68 ID:t4w/oeBQO
>>91
詳しく

206 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 07:49:08.02 ID:iNtA0BJi0
2chて、いいよね
リアルなら言えない、相手にしてもらえないこと書いても
自分よりも器の大きな人に相手してもらえるんだもんね
よかったね!

207 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 08:22:58.93 ID:8EOfRN960
妄想垂れ流しだからな

208 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 09:08:49.02 ID:npL5te31O
オウム真理狂

209 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 18:59:13.76 ID:OQqDU5sB0
>>164
逆もまたしかり。結局自分の感性押しつけてるだけじゃん

210 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 21:07:51.09 ID:WzYuUoXo0
dsfg

211 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 21:51:19.84 ID:W6yDI3HE0
いや、今更なんだけどさ…。

日本て超円高じゃない?技術で輸出して食べてるじゃない?
円高になると海外でモノが売れないよね。競合する韓国や中国の製品が
国際市場をド巻きして、日本製品を追いやってしまったよね。

この円高を、なんともしてなかったのが民主党なわけなんだけど、単純に無能集団だから
と思ってたんだけど…

アイツら、ドイツに円を買わせて円高を推進してたんだってな!?

ドイツがいやに円安に文句言うか不思議に思ってたら、民主と日銀白川が組んでドイツに
円を大量に買わせてた、もうかりますよ〜っつって。

完全に確信犯として円高にしていたと。(確信犯の使い方が間違ってるのはスルーで)

……あいつらは、知ったこっちゃないんだ。日本の企業は潰れようが、買収されようが、
経営者が電車に飛び込もうが…。

民主のマニフェスト、「国家主権の移譲」よろしく海外に何もかも売り渡したいんだ…。

なにが恐ろしいかっていうと、そういう政治家がいまだ国会にゴロゴロいるってこと。

自民に政権が戻って、少しよくなったけど、自民の中にもいるらしいから…そういう政治家。

民主じゃなかったら、エルピーダもシャープも助かってたんだろうな…。

212 :1/9:2013/03/07(木) 23:06:53.10 ID:bthiYXPN0
20年ほど前、俺が実際に体験した、いまだに信じられない話を書こうと思います。

というのも、俺の周りには超常現象的なものに詳しい人物が全くいないので
今から書く実際に体験した出来事を一体どう解釈したらいいかわからないからです。

大学生の頃、俺は本当にどうでもいい日々を送っていた。
夢も目標もなく、部活やゼミやサークルにも所属せず、ただひたすら漫然と過ごす怠惰な生活。
やることといえば、そんな俺と同じような目的のない仲間、KとSとドライブすることだったが
それにも次第に飽きて、どうせドライブするなら廃道を探索しようと誰ともなく言い出した。

廃道とは、使われなくなった道路や閉鎖された道路のことを指すらしいが
俺達はあくまで車でいける範囲でしか行きたくなかったので、閉鎖された道路と言うよりは
大きい道路ができたために使われなくなった道路とか、どこにつながってるのかわからないような細い脇道を
Kの所有するジムニーでドライブするだけのものだった。

飽きっぽくてやる気もない俺達だが、これはとても楽しくて飽きなかった。
廃道が見せる非日常的な空間が俺達の気質に合ったのかもしれない。

ある日、Kが
「いい場所を見つけたんだよ、今から行ってみないか?」
と言ってきた。新しい廃道探索のスポットを見つけたということだ。
午後2時過ぎだったが、何の予定もない俺とSは当然今から行こうということになり
Kの車で現場へと向かった。

213 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 23:07:26.73 ID:bthiYXPN0
場所は、大学から車で30分くらいの、山道をちょっと入ったところにあった。
車がよく通る太い道から斜めに細い道が延びている。

その細い道に入ると、地面から雑草が生えていたり、小石や枝は落ちているわで
明らかに誰も利用してない。こんな道があったのかと思いながら進んでいくと、
100mくらいであっさりと行き止まりになってしまった。

「え、これだけ・・・・なの?」
俺とSは思わず不満を漏らしてしまったが、Kはドヤ顔で横を指差した。
「あれを見てみろよ」
見ると、道路の横はずっと土砂崩れ防止のコンクリートの土留めが
続いてるものだとばかり思っていたのだが、途中でそれが終わり、一部分だけ金網が張られていた。
よく見ると、その金網の奥にさらに道が続いているようだ。

「ここ入れるぜ」
確かに、金網は張られているものの、それ自体はただの針金で固定されてるだけであり
切ってしまえば簡単に中に入れるようなものだった。
そして、Kがあらかじめ用意したニッパでその針金を切断し、俺達はジムニーで
封鎖された道の奥へと入っていった。

214 :3/9:2013/03/07(木) 23:08:05.47 ID:bthiYXPN0
正直、悪いことをしているという感覚は全くなかった。
金網は戻ってきてから針金で繋ぎ直せばいいし、それになにより
こんな封鎖された道を車でそう長くいけるはずはないと思ったからだ。
さっきの道でさえ草が生え小石が散乱していたのだ。
この道などちょっと進んだだけで倒木が道を塞いでいて進めなくなるだろう、そう思っていた。

ところが、意外にも予想してたような荒れ果てた光景はあらわれず
なんだったらさっきの道よりも小奇麗なほどだった。
俺達はそのまま車で細い山道を5分ほど慎重に走り続けた。

しばらくすると、目の前にトンネルがあらわれた。
トンネルと言うよりは、下をくぐれるようにアーチ状にくり抜かれた
レンガ造りの水道橋と言った方がいいかもしれない。奥行きも4〜5mくらいしかない。

幅も、ジムニーが通るには問題ない広さで俺たちはそのまま車でそこをくぐった。
通り抜けると道がちょっと荒れ始め、アスファルトの上に石が散乱しはじめた。
不意にSが声を上げた。
「おい、ちょっと止めろ、あれ見ろ!」

Sが指を指していたのは車の後方、さっきくぐり抜けたトンネルの方向だったが
見ると、トンネルの出口をまたぐように、鳥居が建っていたのだ。

神社にあるあの鳥居が、トンネルの出入り口に密着するように立てられている。
向こう側からは全く見えず、トンネルをくぐると自動的に鳥居も通るようにできてるとしか思えない。
何となく気味が悪くなった俺達は、戻るかどうかためらったが、とりあえず行けるところまで行こうということになった。

215 :4/9:2013/03/07(木) 23:09:01.60 ID:bthiYXPN0
そこからさらに500mくらい進んだところだろうか。これまでは荒れてはいたものの
アスファルトが敷かれていた道が、境界線を引いたように途切れ
そこからは舗装されてない土の道がずっと続いていた。
気味が悪いことに、そのアスファルトと土の道の境界線の両端に
ちょうど祠みたいなものが2つ設置されていて、それを堺に手前がアスファルト、
奥が土の道みたいに見えた。

このころになると、この先に何かあるんじゃないかという期待感と
不安とワクワクが入り混じった気持ちになり、引き返そうという気持ちはなくなっていた。
幸いにも、土の道になってからも道幅は変わらず、木が倒れていて通れないということもなかった。
ただ、今思えば車輪の轍が全くなかったことや、封鎖されていた道にしてはキレイ過ぎることを
そのときに気づいておくべきだったかもしれない。

しばらく進むと、今までの山道がうそだったかのように開けた場所に出た。
俺達の車が進む道以外、左右一面平野しか見えない。田んぼのようにも見えるが
使われている形跡も見当たらない。いつの間にか空も雲ひとつなく青く澄みわたっているので
思わずその景色の素晴らしさに感動してしまったほどだった。

しかし、ふと我に返って思った。
いったいここはどこなのだろうか?
封鎖された道の奥にあったのだから、廃村か何かか?
俺達が普段生活してる所からそんなに離れた場所にあるわけじゃないところに
こんなに広々としてきれいな土地があったのかという事が不思議なような驚きのような感じだった。

216 :5/9:2013/03/07(木) 23:09:52.35 ID:bthiYXPN0
一体この一本道はどこまで続くのだろうか・・・
そう思いかけたころ、道の前方に黒い建物がうすーく小さく見えた。
近づくにつれ、それはどんどんと大きく見えてきて形をはっきりとあらわし始めた。
どうやら茅葺きの建物のようだ。

・・・が、それがただの茅葺きの建物ではないことはすぐにわかった。
異常に大きいのだ。こんな大きさの茅葺きの建物は見たことがない。
学校の体育館くらいの大きさ、いや、それ以上の大きさだろうか。
なぜ封鎖された道の奥にこんなに立派な建物が建っているのだろうか。

しかも、その建物の前まで到着してわかったことだが
今まで来た道はこの建物へ通じる一本道であり、途中に分岐など一切ないこと。
この建物がこの道の終着点になっていたこと。
廃村だと思っていたが、それらしき集落もなく、この建物が1つだけあって
今きたこの道は、この建物へ通じるためだけの道だとしか思えないのだ。

俺達は車を停めて外に下りてみた。
なんというか、こんなに清々しい気分になるものなのかと思った。
空気は澄み、空は雲ひとつなく青々とし、鳥や風の音も聞こえない。
春先のようなちょうどいい気温で、ずっとここにいたいと錯覚しそうになったが
目の前の馬鹿でかい茅葺きの建物がそれを打ち消した。
この建物は一体何なのだろうか?
茅葺きの建物は、手入れをしないと痛んでしまうと聞いたことがあるが、これはそうは見えない。
古く、全体的に黒ずんだ木造ではあるが、朽ち果てた感じはまったくない。
誰かが今でも利用しているのだろうか?

217 :6/9:2013/03/07(木) 23:10:31.06 ID:bthiYXPN0
「中、見てみるか」
俺が提案すると、Kはそうしようと乗ってきたがSは乗り気ではないらしく
とりあえず建物をグルっと回ってくるわと言って歩き出してしまった。

建物の戸は重かったが鍵はかかっておらず開けることができた。
中を覗いてみるとカビ臭いような古臭いような独特の臭いがする。

「すいませーん!誰かいますか?」

・・・何の返事もない。当然といえば当然だ。
やっぱ誰もいないんだと少し安心した俺とKは中へ入ってみた。
薄暗いものの、隙間からの光と入り口を開けた光で中の様子が伺える。
板張りの、だだっ広い空間が広がっていた。棚らしきものが壁際に見えるが、何も入ってない。
その左側の壁には引き戸があり、その向こうにさらに部屋があるようだが、それ以外は何もなくて
床と壁しかない。上は暗くてよく見えないが天井裏まで全部吹き抜けているようだ。

少し勇気がいったが、その引き戸を開けて見ることにした。
ここまで来たら調べないと気が済まなくなっていた。
「すいませーん、誰もいませんね!?」ともう一度確認してから
恐る恐る引き戸を開けると、中が意外にも明るくてギョッとした。
採光窓のようなものが上部に無数設けてあるらしく、入口側のこちらの空間よりも明るい。
しかし、その部屋が、明るいだけでなく異常なものであることにすぐに気がついた。

218 :7/9:2013/03/07(木) 23:11:02.65 ID:bthiYXPN0
まず、とにかく広い。
まさに体育館くらいの広さがあった。そしてその広い空間の中に均等に5本
異常に太い柱が地面から天井まで伸びていた。この太さが本当に尋常ではなく
直径3mくらいある1本の木の柱で長さが10m以上あるのだ。それが5本。

「おいおい・・・こんなでけー木って日本に存在すんの?」
Kの言葉ももっともだった。こんな太い柱見たことがない。何の意味があって
こんな柱を立てたのか、と周囲を見渡しているときにKが「あっ」と声を上げた。

見ると、5本あるうちの真ん中の柱に、何か書いてある御札のようなものが
釘(といっても一般的な頭のある釘ではなく、先の尖った鉄みたいなやつ)で打ち付けてあり
それが大量に柱に打ち付けてあった。字は毛筆で、漢字のような記号のようにも見えたが
なんて読むのかはわからない。するとKが「何かくっついてるぞ」と言ってきた。
よく見ると、確かに御札と釘の間になにか干からびたカタマリのようなものも一緒に打ち付けてあった。
何が一緒に打ち付けてあるのかな・・・と、俺とKはほぼ同時に上を向き、ほぼ同時にその答えを目の当たりにした。

打ち付けてあったのは、人間の耳だった。
おびただしい数の人間の耳が、御札とともに柱に打ち付けてあったのだ。
下の方のものは腐り落ちたり干からびたりしてわからなかったが
何故か上の方に打ち付けてあるものほど新しく、人間の耳だと認識できた。
おそらく数は1000じゃきかなかったと思う。しかも恐ろしいことに、
そんなに時間が経ってないように見える耳も上の方にあるのだ。

219 :8/9:2013/03/07(木) 23:11:40.74 ID:bthiYXPN0
「やべえ!!」
「うわああああああああああ!」
俺とKは猛ダッシュでその部屋から出て、入ってきた入り口からも出て
建物の外に出た。ここがどういう場所なのかはわからない。しかしヤバイことは確かだ。
すぐに車で逃げ出したいところだったが、そうだ、Sがいない!
確か建物の外を周ると言っていた。裏側にいるのかもしれない。
俺とKは全力で走り、建物の裏側へ回った。でかい建物なので、回りこむだけでもそこそこ時間がかかった。

裏側へ回ると、そこにSはいた。いたのだが、様子がおかしい。
ボーっとその場に立ったままだ。そして、次の瞬間、俺達もその場に立ち尽くしてしまった。

建物の裏側は、ただひたすら平らな平野が広がっているだけだった。
そしてその平野に、木で組まれた簡素な台が一列に、等間隔にずっと並べられ
その台の上に蝋燭が2〜3個、煌々と火をつけて輝いている。
それが本当に誇張ではなく、地平線の向こうに霞むまで続いているのだ。

「何なんだここ!」
「やべえよおい!!」
俺とKの声で我に返ったのか、Sがこっちに気づいて寄ってきた。
そして俺とKが全く気づかなかったことを指摘してきたのだ。

「なあ、ここ、太陽ってどこに出てるんだ?」

220 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 23:12:18.33 ID:+4cYSv2F0
ひいい
起きた出来事に比べて文章が長くて怖い

221 :9/9:2013/03/07(木) 23:12:29.47 ID:bthiYXPN0
太陽・・・そういえば空は青く澄み渡っていて雲ひとつない・・・のに
太陽がどこにも見当たらない。空は明るいのに、空全体が一様に同じ明るさなのだ。

「なあ、俺は最初から変だと思ってたんだ・・・静かすぎるだろ?ここについてから一度でも
鳥とか生き物の声を聞いたか?もっと言えば!ここへ来る途中の道にも草1本も生えてなかっただろ!」

Sはもう半泣きになっている。
とにかくここにいてはまずいと、俺とKはSをなだめながら車へと急いだ。
途中、建物の入口がチラッと目に入り、戸が閉まっているようにも見えた。
さっきオレとKは戸を開け放ったまま出てきたはずなのだが、しかしその辺ははっきりとは覚えていない。
とにかくここを去らなければ。
Kの運転で元来た道を戻り、俺達はなんとか最初の廃道の入り口までたどり着くことができた。
国道に出ると、太陽が西に沈みかけていた。戻ってこれたんだと実感できた。

その後、俺にもKにもSにも霊障とか呪い的な現象は一切起きていない。
しかし、あの日体験したことは紛れもなく事実であり3人とも覚えている。
そして、後日、例の廃道の入り口の横を通りかかったとき、以前は入れた細い道自体が
頑丈な門で封鎖されていて完全に通れないようになっていた。
もちろん、通れたとしてももう二度とあの道に入る気はない。



222 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 23:13:18.91 ID:+4cYSv2F0
この1/3ですむ内容なのに

223 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 23:16:31.89 ID:933p/51J0
だれか、3行とは言わない 9行以内なでwww

224 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 23:21:02.01 ID:+4cYSv2F0
廃道に入ったら大きな建物があって中にたくさんの耳がクギで打ち付けてあった
そのあと道に迷った

225 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 23:27:10.73 ID:28vSXTSK0
左舷、(擁護の)弾幕薄いぞ、何やってんの!!!

226 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 23:29:15.47 ID:hJm1Ca/H0
廃道入ったら
体育館に耳が打ち付けてあって
ジムニーがジープに変化してた

227 :本当にあった怖い名無し:2013/03/07(木) 23:38:09.79 ID:+4cYSv2F0
・不必要に長いのは本筋に関係ない、いらない描写が多いから
・奇妙なことを並べて最後は異世界物に逃げた
 オカルト的なアイテムを並べつつも背後にオカルト的な整合性が何もないただの不思議話
・登場人物がたいして危険な目に合っていないし
 誰かの悪意や陰謀、怨念のようなものもうかがえないから怖い要素がない

228 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 00:00:18.13 ID:+4cYSv2F0
あと「平らな平野」とか変だと思わないのかな

229 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 00:02:43.83 ID:28vSXTSK0
擁護はよ(泣)

230 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 00:09:12.36 ID:sRbfPBlG0
wwwwwwwwwwwwwwwwwww

お、おう。
弾幕間違えたわ。テヘペロ

231 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 00:11:25.58 ID:oQH8rGGY0
>>221
なかなか面白かった。

トンネルの大まかな場所を教えてちょうだい

232 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 00:29:01.95 ID:PpGxD6OO0
1 :1: 2000/05/08(月) 14:42
奇妙な親子4人連れを目撃した方はいませんか?
父親と母親、14才くらいの娘と9才くらいの息子。
この家族は、なんと全員が同じ顔をしていました。
ジミー大西に巨大な出っ歯をつけたような顔で、いつも家族4人で 行動していました。
JR内房線岩根駅附近に、出没していましたが、60年代に入ってか ら、見かけません。
この家族は、いったい何者だったのでしょうか?
子供は、同じ学区のはずなのに、学校で見かけたこともありませんでした。
うちの母親は、平日の昼間によく駅附近で目撃していたそうです

233 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 00:29:46.89 ID:PpGxD6OO0
99 :名無しさん:2000/06/14(水) 02:47
あのぉ〜、その4人家族とは関係ないかもしれませんが、
昔(昭和60年か、61年頃)家の近所を歩いていたときに
異様な4人家族に出逢ったことがあります。
ジミーちゃんに似ていたかどうかまでは覚えていないのですが、
家族構成は同じ。お父さん、お母さん、お姉ちゃん、弟。
4人とも凄く貧しそうな格好をしていました。
そして、とても楽しそうな(でも怪しい)笑顔なの。4人とも。
何というか、笑ってないのに笑っている顔みたいな・・・
遠目からでも、何だか異様な雰囲気だなぁというのがわかるくらいに
奇妙な親子連れ。ハッキリ言って怖かった。
でもまぁ、何もされないだろうと思い、普通にすれ違ったんですけど、
その瞬間、いきなり話しかけられたんです。
『あのぉ〜、渋谷ってこの道をまっすぐ行けば着きますか?』と。
渋谷に着くも着かないも、ここは横浜市なんですよ?!
で、すぐそばに東横線の駅があるので(渋谷まで一本だし)
道順を教えてあげようとしたら「歩いていくんです。この道ですか?」
とニコニコ言うんです。その間も、4人はニッタ〜とした笑顔。
恐ろしくて恐ろしくて、もう「・・・えぇ」としか言えなかった。
その後、家族や友人にその話をしまくったんですが
誰も信じてくれずにこの話題は終わった。
この4人家族が、1さんの仰る方達と同じなのかどうかは
わからないけれど・・・何だか気になったので書き込みました。
これ、全部ホントの話です。上手く伝えられないけど、
共通項が多い気がして。1さん、どうでしょう?

234 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 00:30:37.88 ID:PpGxD6OO0
179 :名無しさん:2000/06/29(木) 00:36
高校生当時の15年ぐらい前だと思うのですけれど
京浜東北線と山手線内でしょっちゅう目撃されていたヤツで
当時僕らの仲間内ではジェイソンと呼ばれていた大男がいました。
秋葉原〜浜松町か新橋ぐらいの間で朝のラッシュ時によく目撃
されていた記憶があるのですが、とにかく身の丈2メートルは
ゆうにあったと思います。ものすごい猫背で頭はアフロ(天パー?)
極めつけは13日の金曜日でお馴染みのホッケーキーパーマスク
を何時も付けていました。同じ通学ルートの連中内では日替わりで
目撃報告をするのが、毎朝の定例行事になってましたが
いつの間にか姿を見せなくなってしまいました。
今でも何処かに居るのでしょうかね。

235 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 00:31:33.72 ID:PpGxD6OO0
172 : 名無しさん@涙目です。(太宰府天満宮) : 2012/01/03(火) 06:12:08.29 ID:Zo4lEOYb0
 俺の知ってる女が子供の頃
 夏に親戚の家でテレビを見ながら夕方飯食ってたんだって。
 そしたらテレビの後ろの窓に全身血まみれで包丁持ったキチガイが
 カーテン越しに覗いてたらしい。
 嫁さんを惨殺して放心状態で人んちの夕食を覗き込んでて
 慌てた親戚のおばさんが警察に通報して事なきを得たらしいけど。
 その話聞いて気持ち悪かったなぁ

178 : 名無しさん@涙目です。(ニュージーランド) : 2012/01/03(火) 06:15:09.94 ID:nkN69q390
 むかし近所の公園で遊んでた男の子が行方不明になって
 警察が探しても見つからなかった
 でも1ヶ月後その男の子の片腕だけ千切れてる状態でみつかとさ
 男の子は今も行方不明もう10年以上前の話だけどね

236 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 01:11:27.78 ID:iAZTYaL50
そういや中高生もそろそろ春休みか
内容のないしょっぱい粘着で連投してるのが最近出てきたのも、それが原因か

237 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 01:13:45.24 ID:VsrFgaHP0
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね
下目黒の詐欺師 牧真也死ね

238 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 01:45:21.86 ID:pu80WVbS0
洒落にならーーーーーーーーーん

239 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 01:48:53.69 ID:bqThPH/L0
お前ら、このスレどうやって楽しんでるの?
俺は隣に嫁が寝てるから楽しめるけど、
一人じゃ無理

240 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 02:31:48.56 ID:zLBkelRpO
仕方なしに無理矢理楽しんでるよ、うん。

241 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 02:59:22.37 ID:hpvAqVK/0
仕方なしに無理矢理って施餓鬼道かよ

242 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 07:51:29.15 ID:sr39mQYA0
>212ー221
太陽がない、異常な話、無事に帰って来れてよかったですね

実は本物の空ではなく、巧妙に作られた屋内だったとか

巨大な建物、巨大な柱、おびただしい数の耳、無数の蝋燭…
映像化が無理でも、絵に描いてみたいなあ

243 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 08:22:48.76 ID:93awruwr0
>>221
よかったよ。最後まですんなり読めたわ

244 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 08:41:31.81 ID:gQ22XHqt0
>221
鳥居+トンネルの先は実は外じゃなくて
中、映画で言えばスタジオだったとか

245 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 09:18:14.40 ID:MFEW1c8s0
千と千尋の焼き直し

246 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 10:23:07.72 ID:wibV3aT20
>>221
細かいこと抜きにしたら読みやすいしひやひや感あってよかった
死ぬ程洒落にならない怖さはなかった

247 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 10:43:21.81 ID:L3AaibAY0
>>245が的確過ぎて吹いたジャマイカ

248 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 10:55:03.22 ID:nqihlGu60
どのあたりだったのか、大まかでも場所がわかればなぁ.....

          ___
        //  ⌒ヽ
       // ヽ    ヽ、
      /‖  \______ヾヽ キリッ
.     l l    \,,   ,,/ |
.     l l   (●) (●)|
.      ∨    (__人__) |    グーグルアースを見れば判るでしょう!
.      |     |r┬-|  |
       ヽ    `ー'´ /
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

249 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 12:28:38.32 ID:ibzQCN2X0
>221は、再登場してくれるのかしらー?

250 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 14:16:13.61 ID:OO+qcvTkP
あぁ、評論家気取りのコメントしてるのはゆみだったのか

251 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 14:27:13.27 ID:k2h/gvOO0
阪神淡路大震災のあと、その人は予定通りにおこってしまったとつらそうだった。
マスコミの自民叩きで民主党になってぼろぼろになる自民党を笑ってた俺にこれは予定通りだよと言った
その人は一昨年の4月末に亡くなった。

252 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 17:03:13.95 ID:4SXqjq5l0
実際死んでるから洒落にならんのだけど、高校まで住んでた家の周辺がおかしかった
放置されてる墓場を囲む様に一軒家、アパートが経ってて普通に生活してた
近くに寺と竹藪と森があるから墓があるのも普通だったし、墓場で取れたタケノコも普通に食べてた
自殺者がよく出てたけど、結構な頻度でそれが普通だった(「また見つかったってー」「ふーん」)

で、両親が団地に引っ越して十数年してこの前昔話ついでによくよく聞いてみたら、
顔とか身元に繋がるものが潰されてたりしててほぼ全てが「恐らく自殺」で片付けられてたとかwwww
無邪気に墓場が広がってて頻繁に謎の死体転がってた竹藪、森で遊んでた俺らwwww


これでも政令指定都市の周辺地域なんだぜ…

253 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 18:00:45.39 ID:qC+tNE6YO
コピペに感化されてせーじネタやせーじコピペ貼ってくるネトウヨのアホも、誰かが感銘受けてくれると思ってんのかね

254 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 19:39:25.97 ID:/wXOHd9D0
♪ ふぉ〜 北の街ではもう 大便を 暖炉で 燃やし始めてるらしい

   わけのわからない話を 書いているうち 老いぼれてしまうより

   ROMり通した 年月を 拾い集めて 暖め合おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

   洒落怖の春はあああ 何もない春ですううう

   遠慮はいらないから クソ話を投下してゆきなよ

   寒い友だちが 尋ねてきたよおおお 遠慮はいらないからあ〜あ

   大便をして ゆきなよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

   

255 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 20:56:48.60 ID:0IU+6Kej0
江戸時代における隠れキリシタンへの拷問は凄まじいものだった。
幕府は最初こそキリシタンを次々と殉教させていったが、殉教者という名誉を
与えることを良しとせず、拷問により棄教を迫る方針に切り替えた。
これによりさらなる悲劇が生まれていくこととなる。
吉原最高級遊女「太夫」である衿華もその犠牲者の一人だった。

「衿華、取り乱さないで聞いておくれよ」
衿華の私室を訪れた女将が、気難しげな表情でそう前置きをする。
微かに目を見張り、居住まいを正す衿華へと小さく溜め息をついて女将は告げた。
「正二郎が、処刑されたそうだ」
「……そうですか……」
僅かに目を伏せ、静かにそう呟く衿華。
その態度に怪訝そうに眉をしかめ、女将が衿華の前に腰を降ろす。
「衿華? あんた、その態度はまるで知ってたみたいじゃないかい?」
「覚悟はしておりました」
静かにそう呟くと衿華は立ち上がり自らの箪笥の方へと足を進めた。
怪訝そうな表情を浮かべる女将の見つめる中、一番下の段の引き出しを開け、
中に収められた服の一番下に手を入れて小さな袋を取り出す。再び女将の前に腰を降ろすと、
衿華は小袋の中に収められていた「それ」を取り出して女将の前にそっと置いた。

「衿華!? あんた、これは……!」

256 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 20:57:23.20 ID:0IU+6Kej0
「正二郎様は私にデウスの教えを説いてくださいました。そして、いつの日か必ず私を
 身請けしてくださると仰られたので、その日が来るのを心待ちにしておりましたが…
 同時に、どこかで思ってもいたのです。いつかこんな日が来るだろうとも」

畳の上に置かれた小さな十字架。それを見つめて寂しげな微笑みを浮かべると、
衿華は畳の上に手をついてゆっくりと頭を下げた。

「女将さん。私はご覧の通りキリシタンです。どうぞ奉行所に訴え出てくださいませ」

「え…?衿華、あんた自分が何を言ってんのか分かってんのかい!?」

「はい。キリシタンを匿えばその者も同罪。女将さんや他の人達に迷惑はかけられません。
 それにキリシタンを訴え出れば報奨金が出る筈です。その程度では私が今までに
 お世話になった御恩返しにはならないと思いますが……」

「馬鹿なこと言うんじゃないよ。キリシタンがどういう運命を辿るか分かってんのかい!?
 酷い拷問を受けて改宗を迫られる。それでも改宗しなきゃ、待ってるのは処刑なんだよ!?」

257 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 20:58:00.77 ID:0IU+6Kej0
動揺の声をあげる女将へと、衿華が静かな微笑みを浮かべる。

「キリシタンにとって、殉教は恐れるべきものではありませんもの。
 たとえ過酷な拷問を受けようと、それは所詮一時のこと。
 神の国に迎え入れられ、永遠の命を授かることを考えれば大した問題ではありませんわ」

「衿華、あんた……」

「正二郎様にお会いして、デウスの教えを知った時から、このような日が来ることは
 覚悟しておりました。私のことは気になさらずに奉行所へ訴え出てください。
 それが私の望みでもあるのですから……」

「…ふんっ。さっさと転んで、帰ってくるんだね。あんたにゃまだまだ
 稼いでもらわなきゃなんないんだからさっ」

憎まれ口を叩きながら女将が立ち上がる。無言のまま、静かに衿華は頭を下げた。

258 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:05:46.77 ID:0IU+6Kej0
キリシタンの取り調べは通常の犯罪者とは別の場所で行われる。それがキリシタン屋敷だ。
「衿華。お主、キリシタンであること相違無いな?」
「はい」
担当の役人に問いかけられた衿華は臆することなく頷いた。
「キリシタンは死罪。なれど転ぶのであれば命は助かる。どうじゃ?転ぶ気はあるのか?」
「いいえ、私は転ぶつもりはございません。転ぶくらいでしたら主の元に召される道を選びます」
「うむ……」
衿華の言葉に小さく役人が頷く。単に言葉で言われただけで転ぶキリシタンなどいない。
この辺のやり取りは言わば儀式のようなものだ。

「ではこれより拷問を開始する。転ぶ気になったらすぐにそう言え。さすればすぐに拷問は中止する」
「お心遣いには感謝致しますけれど、無用のことです。私は決して転びません」
「そうか。皆最初はそう言う。だが現実にはその半ば以上は途中で転ぶ。……石を抱かせい」

この拷問は十露盤(そろばん)という断面が三角形をした木材を五本程度並べて板状にしたものに
犠牲者を正座させ、更に腿の上に重石を何枚も乗せていき責めたてる。一枚で50kgほどある。

259 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:06:35.17 ID:95tQAcV20
つまらん

260 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:06:50.52 ID:0IU+6Kej0
役人の言葉に、控えていた拷問役の男達が衿華のもとに歩みより縄を解いて服を剥ぎ取る。
目を閉じ、小さく口の中で神への祈りの言葉を呟くだけで、衿華は抗おうとはしない。
着痩せするたちなのか意外なほど豊かな胸が露になった。衿華は無抵抗のまま十露盤の上に座らされ、
やや身体を前屈みにした状態で柱に縛りつけられる。剥き出しの脛に尖った木材が食い込むが、
微かに表情を歪めただけで衿華が苦痛の声をあげることはない。ドサッと衿華の太股へと石が積まれる。
くっと一瞬呻きを漏らすが、衿華は目を閉じたまま口の中で神への祈りを唱え続けている。
もっともその反応は周囲の人間も予想していたのか、特に驚いたような様子も見せずに
二枚目、三枚目の石が続けて積み上げられる。
「くっ、うっ、あ……くうぅっ。主よ、私を、導き給え……くううぅっ」
流石に苦しげに眉を寄せ、衿華が僅かに身をよじる。全身にポツポツと汗の玉が浮かび、
脛に食い込んだ木材が肌を破って血を滴らせる。

僅かに衿華の様子を伺うような間を挟み、小さく頷き合うと男達が四枚目の石を衿華に積み上げた。

261 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:08:23.79 ID:0IU+6Kej0
「くううぅっ、あっ、うあああああぁっ!!」
ついに悲鳴を上げて衿華が顔を仰け反らせた。役人が語りかける。

「ほとんどの遊女の末路は悲惨なものだ。しかし、お主は美しく、教養を身につけ太夫になった。
 なのに何故だ?惜しいことだと思わぬか?」

「……死は、恐れるべき、ものでは、ありません……ああっ」
苦しげに、途切れ途切れに衿華が言葉を紡ぐ。苦笑にも似た表情を浮かべて役人は頷いた。

「死を恐れない人間は優秀な兵士となる。南蛮人がこの国を攻めるための準備として
 布教をしていると言う話も、あながち絵空事とは言えまい。一向宗の例もある事だしな」

「いずれ……神の国が、この世に現れます…その為ならば……死など、恐ろしくはありません……」

「ふむ。立派なことだ。救ってもくれぬ神とやらが、そんなに大切なのか?」

「デウスは、私達を、試しておられるのです……神の、千年王国に住まう資格が、あるのかを……」

「大したものだ。全知全能と言いながら、試してみなければ信者の心も分からぬか」

からかうように役人がそう言い、衿華が唇を噛み締めた。
返答に窮したというのもあるのだろうが、話すことすら辛いだろう。

262 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:09:23.70 ID:0IU+6Kej0
薄く笑いながら、役人は掌に扇子を打ちつけた。すると男達の手が石にかかり、
ズッ、ズッと前後左右に揺さぶる。

「あああああ−−−っ!!!!主よ、お導きを……あああああああぁっ!!!!!」

「どうじゃ?転ぶ気にはなったか?転ぶと言いさえすればその苦痛からは逃れられるのだぞ?」

石を揺さぶられるたびに甲高い悲鳴を上げて身悶える衿華へ役人がそう問いかける。
衿華はギュッと歯を食い縛り、ブルブルと首を左右に振った。
ふむ、と顎に手を当てて呟くと役人が目配せを送り、五枚目の石が衿華に積まれる。

「ああああああああああああああああ−−−−−っ!!!!」
堅く瞑っていた目を大きく見開き、顔をのけぞらせて衿華が絶叫を上げる。

「五枚積まれれば大の男でも泣き喚き、許しを乞う。これで転んだ所で誰もお前を責めはせん。さあ、転ぶのだ」

「私は、転び、ませんっ。ああっ、あああっ、あああああああああああぁっ!!」

顎の辺りまで積み上げられた五枚の石の重みが、容赦なく彼女の脛に木材を食い込ませる。
ドクドクと血を溢れさせ、凄まじい激痛を受けながらも衿華は転ぶことを拒否した。
その強情の酬いとばかりに積み上げられた石が揺さぶられ、脳裏が白くなるほどの激痛が襲いかかる。
絶叫を上げてのけぞり、身悶える衿華。だが、その口からは転ぶという言葉は出てこない。

263 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:10:45.82 ID:0IU+6Kej0
「六枚目を」
役人が無情にそう告げ、衿華の苦痛に歪む顔を隠すように六枚目の石が積み上げられた。
通常、罪人の取り調べで六枚目を積むことは滅多にない。五枚積む以前に大抵の者が
苦痛に耐えかねて自白するか、気を失うかしてしまうというのが最も大きな理由だが、
六枚以上積み上げれば相手を殺す危険が大きくなり過ぎるというのも理由の一つだ。
だがキリシタンへの拷問においては相手の生死は大して考慮されない。

「ぎゃああああああああああああああああああああ!!!!!!!」

容姿に似合わぬ獣じみた絶叫を上げ、衿華が大きく仰け反って天井を振り仰ぐ。
大きな目がこぼれ落ちんばかりに見開かれ、同じく大きく開いた口から舌が突き出る。
ぐるりと黒目が反転し、ブクブクと白い泡が口から溢れた。

264 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:11:39.78 ID:0IU+6Kej0
「よし、やめっ」
役人の言葉で衿華の上から石が取り除けられる。がっくりと首を折って気を失っている彼女の顔へと
桶の水が浴びせかけられ、弱々しい呻きを上げて衿華が僅かに顔を上げる。

「どうじゃ? 転ぶか? 転ばぬというのであれば、もう一度積み上げる。
 今は六枚目で止めたが、次は七枚目まで積むぞ?」

「どうぞ何度でもお積みくださいませ。いかなる苦痛を受けようと、私は転びはしません。
 七枚が八枚、九枚、更には十枚を越えたところで、私の答えは変わりません」

役人の言葉に、肩を上下させながら衿華がそう応じる。
む、と小さく声を上げると役人は脇に控える医者へと視線を向けた。
険しい表情で小さく医者が首を左右に振る。これ以上石抱きを続ければ責め殺してしまうだろう。
いかにキリシタンを殺した所で罪にはならないとはいえ、転ばせることが出来ればその方がいいに決まっている。
「本日の責めはこれにて終える。続きは明日じゃ」
役人の言葉に緊張の糸が切れたのかふうっと衿華は前のめりに崩れ、再び意識を失った。

265 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:13:27.59 ID:0IU+6Kej0
「うっ、くっ、あっ……主よ、私に、どうか御力を……くうぅっ」
翌日、次の拷問は木馬責めだ。全裸で拘束された状態で、木馬と呼ばれる三角に尖らせた胴木に
跨ることになる。これだけでもかなりの苦痛であるが、大抵は足に重りが付けられ、
より一層の苦痛を感じるようになっていた。そして更に縄で吊り上げ落下させる。

木馬を跨ぎ、足に重石を吊るされた衿華が苦痛に表情を歪めて身をよじる。
昨日の石抱き責めで脛の骨は無残に砕かれ、じっとしていてもズキンズキンと激痛を放つような状態だ。
そこに石を吊るされるだけでも充分すぎるほどの苦痛だった。しかも当然ながら自らの体重と
足に吊るされた石の重みとで彼女の股間は鋭い木馬の背に食い込み、血を滴らせている。
「さあ、どうだ?転びさえすれば、その苦痛からはすぐに逃れられるのだぞ?」
「私は、決して、あうっ、転びは、くっ、しません……」
「強情を張っても馬鹿を見るだけだぞ……やれ」
役人の言葉を受け、衿華の手首から天井の梁を経由して柱に結び付けられた縄を二人の拷問役が掴む。
彼らが縄を掴んだままでゆっくりとあとずさると、衿華の身体が上へと引き上げられていき、
木馬の背から股間が離れる。木馬の背と衿華の股間との間隔が指二本ほどの高さまで
衿華の身体を引き上げると、男達がぱっと手を離す。

「ひぎぃ!!!!」

ドサッと引き上げられていた身体が木馬の上に落ち、悲鳴を上げて衿華が顔を仰け反らせる。
男達が再び縄を握り、うっ!うううっ!と呻きを漏らす彼女の身体がゆっくりと引き上げられていく。

266 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:14:15.37 ID:0IU+6Kej0
今度は先程の倍程度の高さまで引き上げると、男達がパッと手を離した。

「ひぎゃあああっ!!!!」

木馬の背によって責められ、傷を負った股間が鋭い木馬の背に叩きつけられる。
激痛に絶叫を上げ、顔を仰け反らす衿華。
更に、のたうつ彼女の足に吊るされた石を男達がグイッと踏みつける。

「ぎゃあああああああああ!!!ああっ!あ!!ああああああああああああぁっ!!」

「さあ、転べ。転ぶのだ。転べば、苦痛から逃れられるのだぞ?」

「主よ!、私に、加護を……ああっ、あっ、ああああああぁっ! 
 ハ、ハライソ、に、御迎え、ください……ああああああああああぁっ!!!!」

役人の言葉に首を左右に振り、懸命に神に祈りつづける衿華。
股間から溢れる血で下半身を赤く染めた姿で悲鳴を上げ身をよじる。
小さく舌打ちすると役人は更に石を吊るすように命じた。ますます深く股間が木馬の背に食い込む。
大きく目を見開き、絶叫を上げて身悶える衿華。
「転ぶか!?」
「いやっ!!!いやああああぁっ!転びませんっ、私は、決して、転びませんあああああぁっ!!!」
「強情な奴だ!おい、もっと高く吊るし上げ、落とすのだ」

267 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:15:27.25 ID:0IU+6Kej0
左右の足に二つずつの石を吊るされ、木馬を揺さぶられて絶叫を上げつつも
衿華は転ぶことを拒否し続ける。役人の指示に拷問役達が衿華を吊るす縄に手をかけ、
大きく衿華の身体を吊るし上げる。木馬の背から股間が離れたことで痛みから解放された衿華が
ハアハアと喘ぐ中、木馬の鋭い背が彼女の膝の辺りに来る程度の高さにまで彼女は吊るし上げられた。

「そこから落とされれば今までの比ではない苦痛を味わうことになる。どうだ?転ぶ気にはなれんか?」
「私は、転びません……例え死すとも」
涙を流し、びっしょりと汗を浮かべ、震えながらも衿華が答える。
軽く役人が手を振り、衿華を吊るす縄から手が離される。

「ひぎいいいいっっっ!!!!」

268 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:16:21.20 ID:0IU+6Kej0
ドサッと木馬の背に衿華の股間が叩きつけられ、ビチャッと鮮血が飛び散る。
腰の骨が砕け、そこから身体がまっぷたつに引き裂かれたのではないかと思うほどの
激痛に衿華が絶叫を上げて顔を仰け反らせた。
口から舌を突き出して喘ぐ衿華の足に吊るされた石を拷問役達が踏みにじり、
更にガタガタと木馬を揺さぶる。

「ひぎぃっ!!!あ、あひ、ぎゃあああああ!!!」

目を見開き、獣じみた絶叫を上げて身悶える衿華。
ドクドクと大量の鮮血が股間からあふれ出し、木馬の側面を赤く染め上げ、床に血溜りを作る。
更に激しく木馬が揺すぶられ、大きく開かれた口から白い泡を噴いて衿華は悶絶した。
しかし、衿華はこの責めにも耐え続けたのである……。

269 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:32:12.57 ID:/wXOHd9D0
おおお素晴らしい

270 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:37:25.48 ID:/wXOHd9D0
続きはよ
この後は大量の爆竹を使った肛門爆破になるんだろ
ワクワク

271 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 22:01:48.62 ID:0IU+6Kej0
四日目。衿華は地面の上に直に座らされていた。脛の骨を砕かれた彼女は正座が出来ず、
正座した状態から足を左右に開き、ペタンと尻をつけたような格好だ。
服は全て脱がされているが、特に拘束はされておらず、拷問役の男達に腕と肩を押さえられているだけだ。
もっとも連日の拷問に既に衿華の体力は随分と落ちていて、彼らの手で支えられていなければ
地面の上に崩れ落ちてしまいそうな印象すらある。
「まだ転ばんとは、随分としぶといな。転ばないというのであれば、
 今日はこの焼けた鉄の棒をお前に突き立てるぞ」
人差し指ほどの太さの鉄の棒を衿華の顔の前にかざし、役人が言う。ゴクッと唾を飲み込み、
僅かに唇を震わせながら衿華は静かに口を開いた。

「殺されても、転ぶつもりはありません…」

「強情な奴だ……」
役人の呟きと共に、拷問役が衿華の豊満な胸へと手を伸ばす。乳首を摘まんでグイッと引き、
乳房を引き伸ばすとそこに真っ赤に焼けた鉄串がズブリと突き立てられた。

「ああああああああぁっ!!!!!」

272 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 22:05:15.23 ID:0IU+6Kej0
絶叫を上げて顔を仰け反らせる衿華。苦痛から逃れようと身悶えるが、
男達にガッチリと押さえ込まれていては逃れようもない。
左右にグリグリと抉るように回転しつつ乳房を焼けた鉄串が貫通していき、
ついには反対側から尖った先端を覗かせる。
ブスブスと肉が焼ける嫌な臭いが周囲に立ち込めた。

「ぎゃあああああぁっ!!!!あ!!あ、ああああっ!!!!」
ズブリと二本目の鉄串が突き立てられ、同じように衿華の乳房を貫通していく。
悲鳴を上げて身悶える衿華の乳房を、三本目の鉄串が横に貫いた。

「ぎゃああ!あ!主、よ!!!私に、御力をああああああっ!!!!」

右の胸に縦に二本、横に一本の鉄串を貫通させられ、激痛に喘ぎながら衿華が神への祈りを口にする。
容赦なく四本目の鉄串が乳房を横に貫いた。

「あああぁぁあ!うあ!!あ、あ!殺して!!!あああ!!!」

井の字型に真っ赤な鉄串を乳房に貫通させられ、ブスブスと肉を焼き焦がされながら衿華が叫ぶ。
役人が何度も問いかけるが、一貫して転ぶという返答はない。

273 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 22:14:25.66 ID:GWH2kI040
吉原無残/十字架の太夫
http://homepage1.nifty.com/~Kaduki/YUJYO/yujyo10.html

わざわざ1レスずつ荒らさずにリンク貼れよカス

274 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 22:20:16.41 ID:0IU+6Kej0
容赦無く左の胸に拷問役の手が伸びた。乳首を摘まんで乳房を引き伸ばす。
唇を震わせる衿華が凝視する中、ブスリブスリと乳房に焼けた鉄串が突き立てられていく。

「あ、あう!あひぃ!!ああああぁっ!!」

ビクンッビクンッと身体を跳ねさせ、衿華が身をよじって絶叫する。

左の胸にも井の字型に鉄串が貫通した所で、衿華の頭を突き離し、役人が目配せを送る。
拷問役達は衿華の身体を乱暴に地面の上に寝かせると、手足を押さえつけ、
ブスリブスリと焼けた鉄串を衿華の腕や足へと突き立てていった。
真っ赤に焼けた鉄串が突き立てられるその度に、衿華の口から悲鳴が溢れる。
肉の焦げる嫌な臭いが立ち込める。悲鳴を上げ、身をよじって苦しみもがく衿華。

「あひ!ひいぃ!ひいいいいっ!!!ぎゃあああ!!!主よ、私を…あああああぁっ!」

延々と鉄串が突き刺される。衿華にとってこの時間は無限のように感じられたのかもしれない。
40本を超えた辺りでこの日は終了となった。しかし、その時にはすでに衿華は正気を失っていた……。

「……馬鹿な子だよ、まったく」
奉行所から届けられた書面に目を落とし、女将が小さく呟く。
衿華のことをキリシタンだとして奉行所に訴え出てから十日。
夕方過ぎに届けられた書面には、そっけなく衿華が死んだことが書かれてあった……。

こうして衿華は悲惨な最期を遂げた。しかし彼女は純粋な心と、強い意志により真の信仰を示したと言える。
隠れキリシタンの組織は現在でも残っており、独自の信仰行事が伝承されている。

275 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 22:34:55.11 ID:LRbumLi30
クリスチャンは、潜在的に主イエスと同じ目にあいたいと思ってるからねぇ
言い方悪いけど、マゾなんだよね
自分を殺させるとこまで許してしまう
まあ、死後は逆転して、殺した方はもっと長く苦しんだりしてね

276 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 23:11:34.38 ID:zLBkelRpO
なげーよ('A`;)
少しは読む方の身になれよな

277 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 23:15:43.96 ID:/wXOHd9D0
つか荒らしだろ

278 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 23:17:49.91 ID:3XUb6r1A0
つか、これがオカルトなのか?

279 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 23:24:13.79 ID:zLBkelRpO
長すぎて読むのが拷問でした。

280 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 23:58:32.58 ID:GHpw5xDy0
ミンスネタの方がまだマシだナ!

281 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 00:13:42.98 ID:HoQCNplF0
http://s1.gazo.cc/up/s1_48807.gif

282 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 00:39:29.89 ID:+MQuvSNQ0
てすと

283 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 00:46:28.15 ID:/0dYwisL0
>>273
吉原無残/瓢箪責め
http://homepage1.nifty.com/~Kaduki/YUJYO/yujyo1.html

>「邪魔するよ」
>粗末な木の扉をノックしながら、一人の男が土間へと顔を覗かせる。

2行目でギブアップした

284 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 00:51:11.56 ID:+MQuvSNQ0
キリスト教は魔女裁判や異端審問のでっちあげによる被害者の
名誉、財産、人命などを奪った行為をまったく弁済も反省も
していない。
ところで
「右の頬をうたれたら左もさしだせ」
と教える宗教がアジアで一番信仰されてる国じゃ
「恨みは千年消えない」そうだ。

285 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 02:18:05.97 ID:lVCpHYCu0
test

286 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 05:59:25.09 ID:q5BlAB0J0
わたしの名前

287 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 08:24:12.92 ID:jjOdw5wq0
>>212
おもしろかったよ。googleマップで道の奥の立派な建物
調べられるんじゃない?本当なら興味深い。

288 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 13:30:34.45 ID:4r0CTuAW0
東電社員の人権を奪え!!!!!
東電社員の擁護者の人権も奪え!!!!
言い訳不可!!!!!!!

289 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 15:14:52.21 ID:UGiYbJfoO
気持ちは分かるが…
極一部の方は頑張ってはるのをお忘れなく。

290 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 15:26:27.71 ID:4r0CTuAW0
>>289は東電社員の擁護者

擁護者の人権も奪え!!!!

291 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 15:38:49.30 ID:djbtHx5M0
オール電化ってどうしてくれるの?

292 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 15:40:41.52 ID:UGiYbJfoO
>>290
違うってw
極一部て言ってんじゃん。
その他大勢の東電カス社員がどーなろうとしらん

293 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 16:03:39.67 ID:x26hWQ4g0
がんばってるのは極一部の関連会社の社員ですが
本店の人なんて被害者意識しかないですが

294 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 16:08:55.05 ID:UGiYbJfoO
あーめんどくせぇな
東電関係者と推進派の政治家は>>288でいいよ。

295 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 16:18:50.51 ID:HngtP3oc0
このスレいつの間に荒らしの巣窟になったんだよ
誰でもいいからオカルトな怖い話下さいな

296 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 19:00:49.66 ID:aUG3eC6dO
ネトウヨはどこにでもわくからな

297 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 20:48:27.59 ID:HwzO3PZV0
>>287
>>248

298 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 22:19:00.69 ID:75PYdMe10
死ぬ程洒落にならない怖い話はまだですか?

299 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 22:20:41.20 ID:+lwnHmFr0
>>298
http://www.headlines.yahoco.co.jp.uploader.asia/20121221_0000004108_NEWS.html

300 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 23:21:47.68 ID:0ObyR8+W0
>>299
例の「キャー」って画像

301 :本当にあった怖い名無し:2013/03/09(土) 23:25:07.87 ID:b0zFU6JQ0
開いた瞬間シャレにならない事態が起こるアレか

302 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 00:20:20.21 ID:ABt+Y/sL0
わかっていても声が出るとやっぱりビクッとなってしまうwww

303 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 00:44:18.05 ID:p4hmDOlz0
http://s1.gazo.cc/up/s1_48807.gif

304 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 11:17:46.38 ID:3cVjKHBj0
>>212-221
キャビンか?

305 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 17:30:59.87 ID:2u6lKWlG0
岸和田のだんじり男がやってくる

306 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 17:32:35.97 ID:2u6lKWlG0
キャル・リプケン・ジュニアもやってくる

307 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 18:20:02.93 ID:IcJ3oDGr0
718 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/03/10(日) 01:24:50.79 ID:G32j4l6Xi
一昨年くらいの話なんだけど、近所の塀に変なモザイク模様の落書きが散見されることがあった
多分紙とか切り抜いて上からスプレー吹いて壁に転写したんだろう。そういう手口で量産されるコーヒーのBOSSの顔や阿部さんの落書きとかニュースで見たことあったし

で、肝心のそれは遠目からみると黒いシミなんだけど、近くでみるといかにもな感じ。iPhoneのアプリに読み込んでみたらやはりQRコードだった
URL繋いでみると解像度小さい動画で、それぞれの落書きの場所の夜の風景を撮ったもの。30秒くらい
ちなみにURL見た限りどの動画の置き場も懐かしいことに鳥だった

全く意図不明だし特に事件性も無いので(落書きは軽犯罪だけど)放置した
で、そんな落書き巡りをしてから一週間後くらいに、自宅脇の電柱にも同じ落書きがされてたのにはちょっと寒気がしたね
たまたまだと自分に言い聞かせながらQRを開いたら、昼間の明るい映像で、今回初めて人間が映っていた
動画はコロコロと場面を切り替えていたが似たような内容で、毎場面様々な人が、皆一様に壁に向かって携帯をいじっているシーン
ただしどのシーンでも壁を指差してる同一人物がいて、その横でもう一人がケータイをいじっている
ケータイをいじる人間の中には自分もいた。"指差してる奴"がすぐ横にいた
きっとそいつが仕掛け人なんだろうが、落書き巡りしてる時の俺はこんな奴は見てない
気味が悪かったんでしばらく戸締りには気をつけた

308 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 18:32:39.03 ID:IcJ3oDGr0
>>307
これが怖い話の見本って奴だな
ヘボ作者()は少しは、これお手本にして書け
まずQRコードを使う斬新さがいい、そこで終わらずに
話が展開して面白く惹きつていくのも上手い
そして最後にゾクッとさせる指差をしている奴がっていうオチも中々いい
起承転結を見事に表現している。
まあこれぐらいの話を書けて洒落怖スレの最低ラインの基準だろ

309 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 18:39:16.67 ID:eg2aM6kI0
まーたゆみか

310 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 18:48:24.71 ID:uHMhcZt/0
ほんのりからのコピペか

311 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 19:06:46.12 ID:ESJiiGnA0
ここわどこなうか?
(´ω`)
くちゃいぽよ…

312 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 19:49:21.96 ID:3e2WnCy6O
普通の「褒めるだけではない感想」ではなく、
「自己アピールのための感想」を語り出す奴のレスは、ホントわかりやすいよな

313 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 20:04:31.41 ID:XVKxZo2t0
私の場合、セックスレスに持っていく為に女捨てたけどね。
年2回の夜のお勤め時には必ず放屁(場合によって脱糞)を必ずしてたし、
特大の屁を出した後に

「ぁああ?やんのかゴラァぁぁ!!!」

と自分の尻に向かって喧嘩を売って、旦那を萎えさせる努力をしたよ。

屁でも旦那が萎えない場合は脱糞。これは最終兵器。
ワンワンスタイルでのクンニ中を狙って

「ぅうう〜〜産まれるぅ!!元気な子が産まれるぅぅ!!」 ※この時点で旦那は私が逝くと勘違いしている

と叫びながら思いっきり脱糞。※事前に浣腸をしておくと楽

これを続けてたら、旦那から誘ってくることは無くなったよ。
平和な時代が11年続いてる。

旦那には年に1千万円弱引き出せる歩くATMとして、もっと頑張って貰わないと!

314 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 20:06:47.59 ID:2u6lKWlG0
2ch依存なんだろ ここしか社会と接してないんだろ

315 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 20:37:59.96 ID:0MghE0gz0
>>313
年2回でそこまでやるやつなんかいねーよ

316 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 21:08:34.24 ID:37dLEk/l0
つか、それオカルトなんだろーか?

317 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 21:28:58.45 ID:C+omDtFUP
これは基地外だな>>313
一種のサイコパスだと思うよ、こういう人間は
よくいるけどね
近づいたらだめ、気取られないように少しずつ離れていくんだ

318 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 21:40:11.13 ID:ZKltll+o0
コピペっぽいね結構ひっかかる

319 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 23:26:08.26 ID:+AOgCXb1O
アホはスルーしょうぜw

320 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 23:54:41.63 ID:9T9JO2l50
質問が、あります。
これは自分が体験した話でもいいのか。
オチはなくてもいいのか。

321 :本当にあった怖い名無し:2013/03/10(日) 23:59:37.13 ID:j6VlHXrR0
ゆみウゼェ〜w

322 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 00:20:38.13 ID:QvtEuBEm0
未だにこのスレに粘着してるんだなゆみ

323 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 00:22:17.13 ID:q6g4eTTs0
>>320

実話恐怖体験談 拾八段目
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1342236967/
【全米が】なんか笑える霊体験26【テラワロス】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1362808016/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part87
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1361550708/
子供の頃の不思議な体験2
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1349236336/
自動車に乗ってた時の恐怖体験
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1342801736/

この辺りなんかいかがでしょう?

324 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 01:03:36.41 ID:TzlJxDYy0
ご丁寧にありがとうごさいます。
利にかなったスレッドがありました。

325 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 04:22:58.73 ID:CNgILefF0
>>313
自己紹介乙

326 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 09:24:23.95 ID:/DxSpWCc0
>>221
これは怖いわ
久々に良作だな

327 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 10:53:18.95 ID:IKEI+/NK0
「日月神示」は近年ブームになって有名であるが、この「神示」には当初から多少の問題が
あったことを記しておこう。
 天明(岡本天明)が錦宮に移住した頃、天水(辻天水)は「日月神示」をジッと読んでいたが、
おかしな箇所に遭遇し、考え込んでいた。そして共に錦宮にいる友人の武智時三郎に相談した。
「武智さん、私は「日月神示」を二回繰り返し読んで見たがおかしいな、神様こんな事を
言われるはずがない」と何箇所かの疑問の点を示した。
「そうか、わしもそのように思う」と武智も同意する。天明を天水に紹介した武智は、
さっそく天明を呼び寄せ、事の真相を尋ねた。
「お前、これほんまに神様が下ろしたんか?」武智は天明の師匠である。その気迫に押されて
天明は低頭したという。
「すんません。わしの意思だったように思います」
武智は「そうか」と言っただけで、次の言葉がなかった。
「なんでこのようなものを書いたんや。自分が偉くなったからか?」
「申し訳ありません」ただ天明は謝りつづけた。

龍宮神示 月海黄樹著 徳間書店p162−p163より

328 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 13:05:36.42 ID:efyc6cUi0
ここの連中って話が投稿される度に必死になってコピペかどうか探してんの?w
頭おかしいんじゃね?

329 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 13:32:39.60 ID:gcHkI3I00
>>232
私も似たような経験が!!
真相を知りたかったのでまちBBSに書き込んだことがあるので、読んだことがある方はすみません。

私が見たのは、母・息子(兄)・娘(妹)の3人。
高校生の時にバイトをしてたスーパーで時々見かけました。
私が遭遇したのはたいてい閉店間際の19:30〜19:50の間。

その謎の親子3人は、一目で「なんかおかしい」とわかる風貌で、
3人とも頭からサラダ油をまるまる1本かぶってきたのか?というレベルでギトギト。
テカってるとかそういう問題ではなく、ヌルヌルした何かが髪の毛から体から滴り落ちてる。
臭いもすごい。
入口が見えなくても、店に入ってきた時点で「来たな…」と分かるぐらい臭い。
後にも先にもあんな臭いを嗅いだことがないので例えようがないんだけど、とにかく強烈な臭いだった。
私を含めレジバイトはみんな「こっちに来ませんように…」と念じてました。

次は買い物の方法。
夕飯の材料とかお惣菜とか、そういうものを買ってるのは一度も見たことがない。
オロナミンCを30本とか、単語帳を何十個とか、紙コップを何十セットとか。
それはまあ人それぞれだからいいんだけど、それらを買う時に必ず「重さ」をはかる。
お母さんが単語帳を左右に1ずつ持って、振ったり色んな角度から眺めながらで慎重に吟味しカゴに入れていく。
野菜でやるのは分かるけど、オロナミンCや単語帳の重さをはかる意味があるのだろうか…

330 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 13:33:21.99 ID:gcHkI3I00
精算を終えたら何十個も買った同一商品を、3人でレシートを見ながら何回も個数の確認。
そして必ずニタニタしながら「打ち間違えてる、数が合わない」と言いに来る。
(でも合わなかったことは一度もない)
この流れがワンセット。

それから見た目。
上の人たちの言うように、3人とも顔が全く同じ。
親子3人と書いたけど、髪型も同じだから身長の高低差で勝手に思ってるだけで、年齢とか全くわからない。想像もつかない。
シワひとつないヌルっとした肌、ハゲてまばらに生えた髪。全員肩より長めだから落ち武者のよう。
表情は笑ってるわけじゃないのに常にニタニタ。
体型は3人ともぽっちゃりというかぶよぶよというか。
糸のように細い目・丸い鼻・ピンク色の血色のいい唇・真っ黄色でガタガタの歯。
顔の雰囲気は蛭子能収に似てたかも。


でもまあ親子(?)だから似ててもおかしくない。って思ってたんだけど、今度はお父さんも連れて4人で来た。
やはり顔も髪型も体型もヌルヌルも一緒。
バイト仲間が「分裂した!」と言ってたけど、まさにそんな感じでそっくり。

なんでそこまで似てるのに父・母・息子・娘だと分かるんだ?と言われたら困るんだけど、みんなも私と同じ感じ方をしてました。

でも私が見たのは大阪なので、上の人たちとは違う親子だと思います。
でもこんな不思議で奇妙な親子があちこちにいると思うとそれが怖い。

331 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 17:08:10.42 ID:Fb/nsHSbO
>>328
春休みを迎えた中高生にとっては最近知って喜々として貼ったコピペであっても、
他の人にとっては、過去どこかで何度も見かけた使い古されたコピペでしかないのさ

332 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 18:03:33.89 ID:8cs5ker40
■■■■■作者()ガイドライン ver.1■■■■■

【異次元に迷っちゃった系】
パラレルワールドや過去未来などなど迷い込む糞話。低脳な釣師なども多用する話で
出オチ感が強い癖に異次元の出来事を、どうだ凄いだろうと言わんばかりにダラダラと語りたがる。

【何かして呪われた祟られた系】
もっとも多くの作者()が書く定番な糞プロット。人の創造性がこれ程にも乏しく限界があるのかと
思わせる駄作を星の数ほど生み出している。住職とか出てきたら最悪。

【変なの見た系】
とにかく適当に変な物を見たと書くだけの話、ネタ切れの頭の悪い作者()などがよく書く
あれは何だったのだろう?って書かれた日には知らねーよ馬鹿と言いたくなる

【キチガイ狂人系】
ちょっと頭がおかしい人の目撃情報を書く作者()、ただの気の毒な人をオカルトとして
面白おかしく語る作者()自身の頭のネジが一本はずれているのが狂気

【実は存在しない人や物だった系】
存在すると思い込んでいた人や物が実は・・・的なオチが失笑ものwとくに酷いと伏線の
はりかたがお粗末で、オチがバレバレになる。(変則で場所や神様なども多数)

【死んだ身内や恋人友人が出てきた系】
スイーツ作者()がよく書く糞話。ちょっとほっこりする良い話を書いてドヤ顔の作者に鳥肌が立つ
自分の身内の不幸をネタにしてまで注目を浴びたい作者()にドン引き

【辻褄があわない系】
辻褄があわないだけの話をする作者()常識的な展開を無視するだけで、いくらでも思いつき
書く事ができる話を、さも凄い不思議な体験だと披露する辺りに絶望的なセンスの無さを感じさせる。

【ナポリタン系】
意味不明な文章を並べるだけの、かまってちゃん。話の構成を考える力がない作者()の最終手段。

333 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 18:05:25.03 ID:8cs5ker40
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
作者()は投下する前に自分の話が当て嵌まってないか考えろ
もうこういうのはお腹が一杯で需要ないぞ

334 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 18:21:37.61 ID:w8PH7aKs0
コピペ貼るキチガイはこのスレには要らんだろう

335 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 18:30:53.06 ID:7OLXO6+X0
>>333
人に言わずに自分が満足する話を投稿しろよ。

336 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 18:58:18.84 ID:QvtEuBEm0
>>335
したんだけど全く評価されなかったんだよ
だからそれを恨んでずっと粘着してるわけ

337 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 19:01:04.80 ID:x6teY3D7O
ゆみ()か?w

338 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 19:15:36.53 ID:7OLXO6+X0
ああ、あの自演付きで読み難い投稿してたキモイ奴?

339 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 19:20:56.93 ID:vYoKI3qf0
>>332はゆみなんだろうな
自分の話が受け入れないと他人まで蹴落とそうとする

340 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 22:45:09.77 ID:/0+hDxFr0
ゆみの肩を持つわけじゃねえけど

>【キチガイ狂人系】
>ちょっと頭がおかしい人の目撃情報を書く作者()、ただの気の毒な人をオカルトとして
>面白おかしく語る作者()自身の頭のネジが一本はずれているのが狂気

これには同意せざるを得ない
嬉々として長文の目撃情報を書いてるのを想像するとヘドが出るわ

341 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 23:25:41.73 ID:6pgx9QSn0
チョベリグ〜♪

342 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 23:39:13.06 ID:QvtEuBEm0
>>340
具体的にどの話?

343 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 23:46:28.49 ID:vYoKI3qf0
キチガイ系だってほとんど創作だろ

344 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 00:33:01.28 ID:zGLCPGMJ0
>>329
なんかその一家、地球人じゃないような気がしてきた

345 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 03:03:29.81 ID:yx7p+T5m0
人気のゆみ◆の小文は一切スルーしてきたので
今となっては一話くらい読んどけば良かったなと思う
まとめから引きずり降ろされる程の話題作と記憶しているが

346 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 05:34:11.12 ID:c4gmCthW0
ゆみが書いたのはマジでつまらなかった

347 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 06:14:20.04 ID:StxctgkjO
>>332を読むと今まで書き込まれたほとんどの話が含まれてしまうじゃん
そんなんじゃなくてジャンル問わず、こういうパターンが出てきたら創作くさい
という特徴を挙げてほしいな

348 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 06:31:20.89 ID:XfRM8PR+0
何だか今書くのは非常にタイミングが悪い気がするけど
先月見た、個人的には凄く怖かった夢の話をしたい
真剣に聞いてくれる人居ないから、ここに書きたいんだが、いいかな?

349 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 06:32:10.61 ID:pPW9ids90
創作上等だろこのスレは
ネタの鮮度と怖さだけが肝心なのであって

350 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 07:30:55.88 ID:+fn/D7jT0
ほんのりにしときなよ
人の夢の話ほどつまらないものはないっていうよ

351 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 07:48:10.07 ID:XfRM8PR+0
>>350
そんじゃほんのりに貼ってきます

352 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 08:31:38.64 ID:DRRvC5KGO
>>345
まさに読むだけ時間の無駄と言う良い例的なチラ裏。
自己中心的で周りの人間を見下した被害妄想全開の胸クソ悪くなる怪長文。

ゆみ()の“存在”自体は洒落怖やったけどw

353 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 13:35:54.35 ID:J704gxWF0
おまえらゆみには厳しいなw
ゆみと作者()って、コテつけてるかつけてないかくらいの違いなのに

354 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 13:53:38.08 ID:cEp3Ewh50
(´・ω・`)文才も無いがここ2日で、クソ長い話を書いた。
オカルトにするつもりが、読み返すとわけのわからないラノベもどきになっていた。

誰か文才、くれよ。。

355 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 13:56:41.16 ID:AZUZ70AA0
一番恐ろしいのが、最近ファビョってやたらな作者叩きしてる奴が、
ゆみではなく、別人の(当人にとっては)本気で語りだしてるアスペである可能性

356 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 14:03:18.23 ID:uiIeoW6d0
小さな峠を通過中、強烈な便意が来た友人は小さなドライブインに入った。
といっても地方の小さなドライブインであり無人。
簡単な見晴台と古びた自販機が数台、小さな公衆便所が一つのみ。
汲み取りじゃなきゃいいなと思い男子トイレに入る。
陽が落ちた後なのでトイレはぼんやりとした明かりが灯っていた。
小便器数台と大便用の個室が一つ。幸いにも水洗式でホッとした。
(地方の寂れた公衆便所だといまだに汲み取り式があり、それに入るのが死ぬほど嫌だとか)
和式の便器に跨って便意を開放、安堵の溜息を漏らす。

357 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 14:04:17.38 ID:uiIeoW6d0
紙でほとんど拭き終わった頃、ズル、ズルと何かが引きずられるような音が聞こえてきた。
気味悪いなぁ、と思い拭くスピードをあげていると、その音はトイレの中に入ってくる。
音は個室の前で止まり、ガンガンと強い感じのノックが響いた。
もう少しで終わるというのにと苛立ちを込めてノックを返す。

ゴン、ゴンッ、ガン、ガン!!

まるで殴りつけるようなノックが入る。
それも明らかにこぶしではなく、たとえば頭突きでもしているような大きさで。
うー、うー、と言う気味の悪い唸り声が響いた後、

ガン、がんがんがんがんがんがんがんがん!!!!

蝶番が外れかねないと思うぐらいにノックが連打された。

358 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 14:05:36.53 ID:uiIeoW6d0
ピタ、ピタ、と音が響き下を見ると薄汚いタイルの上に赤黒い血が滴り落ちていた。
ドアの下の隙間から見える影も大きく、明らかに普通じゃない異常な雰囲気だったという。

だが、友人はおびえる所か激怒していた。
少し待てば良いのに相手はまるで此方に押し入らんばかりの態度。
カッとなった友人は思い切りドアを殴りつけて叫んだ。

「っせぇ!! 大してるんだから外で待ってろダボが!!!!」

あれ程続いたノックか頭突きがぴたりと止む。
その中で吹き終わった友人は立ち上がり水を流すと、ずりずりずりと引きずるような足跡が遠ざかるのを聞いた。

359 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 14:13:17.27 ID:uiIeoW6d0
深呼吸した後、一気にドアを開けて友人は個室を飛び出した。
テンパッて叫んだものの、人心地ついた後で相手の異様さに気づいたらしい。
さすがに怖くなったのでダッシュでトイレから飛び出したのだ。

トイレから飛び出して駐車場を横断している時背後から

ズズズズズズズ、ガタン、ゴトン!!

と激しい音が聞こえた。どうやら『外で待っていた相手』がトイレに飛び込んだらしい。
友人は振り返る事もなく自分の車に乗り込むと、わき目も振らずドライブインから走り去ったそうな。
もちろん、その後彼がこの付近を通ってもそのドライブインのトイレを使うことは二度となかったという。

360 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 14:58:22.10 ID:tP9odscV0
漏らしちゃってテンパってるだけなのに異形の物扱い

361 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 18:47:42.33 ID:bBkk1CmN0
>>332が何でゆみ扱いされてんの??意味不明な流れ
普通に正論だろ。ゆみは作者()の見本だし

362 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 19:21:46.98 ID:uy8GdpoQ0
なんて単純なんだこいつ

363 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 20:15:09.88 ID:aP+vAQDL0
>>361
もれなら女子トイレを使うw

364 :本当にあった怖い名無し:2013/03/12(火) 22:35:55.82 ID:n4gcLeNZ0
ゆみは自演だけでなく文体書き分けて話も投下するだろ
やたら厨二臭くて寄せ集め的な話は大体ゆみだから

365 :本当にあった怖い名無し:2013/03/13(水) 00:12:36.90 ID:yKBwhpce0
ゆみだよー

366 :本当にあった怖い名無し:2013/03/13(水) 00:14:01.97 ID:RaOwbD3b0
やだよー

367 :本当にあった怖い名無し:2013/03/13(水) 01:05:56.14 ID:lUJMVnJj0
つまんなくて長いよー

368 :1/2:2013/03/13(水) 01:10:38.21 ID:rhwfA2MD0
なんとなーく投下

なんやかんやでもう3年は前くらいの話だけど、当時俺は15歳、兄貴は21歳。
あの頃はまだ兄貴とは仲良くてたまにだけど犬の散歩とか行ってたんだよ
まあ、当時俺が不登校でまともに話せる相手が家族ぐらいしかいなかったから仲がよかったんだろうが...

で、多分夏くらい?の時にまた一緒に犬の散歩にいったわけ。
ルートは適当に歩いて「ある公園」で時間を潰して家に帰るのが基本だったんだよ
そんでその公園がその年の春にちょうど閉校になった小学校の前にあるんだよ。
ちなみに俺はそこの小学校出身で、聞いた話創立140年はあったらしい。
そこで変わってるには、プールが一本道挟んで公園の一角にあるわけ。

     学校    l  l
    ーーーーー 道 l
     道
   ーーーーーl   l 
      lプールl  l  
 公園  l   l   l  

 分かりにくいだろうけどごめんな まあ要するにプールの真横にも壁を隔てて二車線道路があったわけ。

369 :2/2:2013/03/13(水) 01:30:54.47 ID:rhwfA2MD0
で、上の図からみて左しああたりにブランコがあってそこでなんなーく兄としゃべったり犬にボールなげたりして戯れてたんだが、その日はなんか雰囲気が違ったわけ。
なんという...説明しにくいけど、ヤバいことが起こりそうな感じの雰囲気。
その時は気にしないでおいたけど今になっては明らかにおかしかった。ほんといろいろ。
そろそろ帰るかってなった頃に、足音が聞こえてきたんだよ
まさに兵隊さんが何人も揃って歩いてくるようなザッザッザッザって感じ

兄貴も異変に気づいてあたり見回しても誰もいない。聞こえるのは車のおt....車の音が聞こえない...
プール横の二車線道路はそこそこ交通量が多くてそのときは八時くらいだがいつもは結構車の音が聞こえるが、全く聞こえない。
足音が大きくなるにつれて音源も何となくわかってきて音源の方を向いたらプールだった
もちろん誰もいない。足音がザッザッザ聞こえるだけ。兄貴と俺共に固まってたら、犬がわんわん吠え出して、止めようと犬に手をさしのべた瞬間に
「パーン!」って拳銃の発砲音みたいなんが響き渡ったんだよ。すると間もなく車の音が聞こえ始め、犬も吠え止んだ

370 :2/2:2013/03/13(水) 01:32:47.84 ID:rhwfA2MD0
兄貴をみるとヤバいのを見たって感じの顔しててそのままなにもしゃべらず帰宅。
後で兄貴と話しても そんなことあったか? みたいな感じでスルー
数ヵ月後に兄貴が原付事故った。例の公園前で。兄貴が言うにはタイヤがパンクして制御利かなくなって電柱にドーンらしいが...

未だに足音の正体はわかんない。ただ、あの公園はちょっとやばい。
兄貴が事故から退院してまた例の公園いったりしたが、今度は犬が突然走り出して道路に出たとたん車にひかれたり...
幸い命に別状はなかったが、異まではその公園は避けるようにしてる

なんかうだうだ長くて読みにくくてごめんな
ただいえるのは、ノンフィクション

371 :本当にあった怖い名無し:2013/03/13(水) 01:35:56.64 ID:bz8crnyP0
介護の末に親亡くした独身の叔父さんに会った時に「大変でしたね」って言ったら
俺にしみじみと
「こういう悲しい時って俺の兄貴夫婦みたいにさ
 嫁さんに愚痴こぼしたりして共に乗り越えたりしてくんだよ普通
 俺はずっと一人だったから・・・辛かったよ正直
 ・・・結婚しとけ」
って呟いたのが印象的だったわ

372 :べっ甲飴:2013/03/13(水) 03:02:41.19 ID:Mba0u6UI0
霊的なモノではないですが、私が体験した物を一つよろしいでしょうか。

373 :べっ甲飴 1/3:2013/03/13(水) 03:18:05.72 ID:Mba0u6UI0
私がまだ小さかった時に体験した実話。

ある夏に近所の神社の縁日でたくさんの屋台が出ており、そこで『べっ甲飴』の屋台が出ていました。
飴は小さくてまるい物という認識しかなかった私は、色付きガラスの様なべっ甲飴とむせ返る様な飴の甘い匂いにわくわくしました。
一緒にいた両親は『綺麗ね』とは言うが、『虫歯になってしまう』『こんな大きいのは食べ切れない』などの理由で買ってはくれず、
べっ甲飴にすっかり魅了された私は次の日から毎日屋台を一人で見に行っていた。

374 :べっ甲飴 2/3:2013/03/13(水) 03:20:59.72 ID:Mba0u6UI0
数日続いた縁日の最終日になり、その頃には顔馴染みになっていたべっ甲飴屋のおじさんは最後に棒付きの小さいべっ甲飴を
「(食べ終わったら)歯ぁー磨けよ〜」と言いながらくれ、私は早速どこかで座って食べようと境内を見渡しながら歩き、
他のおじさんにも『これもやるよ』と砕けたべっ甲飴が詰まった袋をもらいました。

375 :べっ甲飴 3/3:2013/03/13(水) 03:31:14.55 ID:Mba0u6UI0
境内の脇でもらった棒付きべっ甲飴を食べ、途中でそろそろ帰ろうとべっ甲飴屋さんの屋台の前を通り「バイバイ、飴ありがとう」の意味で手を振ると、
べっ甲飴屋のおじさんが片づけをしながら『もう食ってるんか』と笑いながら話しかけてきたので、私は「まだこっちもある」と砕けた飴が入っている袋を見せました。
するとおじさんはじっとその袋を見ると、こっちへよこせと手招き。

袋の中は『割れたガラスの破片』でした。

もし「砕けた飴」の方から食べ始めていたら…今でも縁日に行ったり、屋台関連の風景を見ると思い出します。

376 :本当にあった怖い名無し:2013/03/13(水) 04:41:40.03 ID:2WYAPI9M0
>375
ちょ、、その犯罪者ジジイのことは警察に言ったの?
子供に平気でそんなことするからには
他にもやってる可能性高い

377 :べっ甲飴:2013/03/13(水) 05:09:43.98 ID:Mba0u6UI0
>>376
読んでくださってありがとうございます。

その後警察が来て、縁日の中で異様な雰囲気になった事を強烈に覚えています。
べっ甲飴屋のおじさんと話し、迎えに来た母と一緒に警察の方に事情を聞かれました。
私は泣いてしまいあまりまともに返答は出来ていなかったと思いますが、
大人になってから母にこの時の事を聞いたところ、他の屋台の方が『怪しい男が袋を持って立っていた』と証言したらしいです。
捕まったかどうかは分かりません。

378 :本当にあった怖い名無し:2013/03/13(水) 09:35:29.68 ID:cGGJXd090
以前このスレで飴の包みにボルトのナットが入ったのをババアに貰って
そのババアが電柱の影でジーっと見てたって話は気味が悪かったな

379 :本当にあった怖い名無し:2013/03/13(水) 10:25:58.48 ID:8NTYWYNk0
私は中学生の時に未遂でしたが性的乱暴を受けて以来父親以外の男性と近くにいるのも怖かった。
今は外に出て働けるようにもなったけど直後は最悪だった。
近くに男性がいるだけで気持ちが悪くなって電車もまともに乗れなかった。
今でも知らない男性に触れられると気持ち悪い。

父親の位置は男性だけど男性じゃない父親という生き物。
父と弟と私の3人暮らしで当時弟はまだ小学生で私が頼る相手は父親だけ。

それが高校の時に具合が悪くなって帰ってきて一人が嫌で父の部屋にいた時に
PCに再生途中のままになってたエロ動画を見つけた。
父がなんでこんなものと当時は理解できなかったし
男だし仕方ないのかもしれないとは正直思えなかったt。
見るのも嫌だったけどなんでか怖いものみたさと好奇心で再生したら
高校生くらい女の人のレイプもので後頭部を思いっきり殴られたような衝撃だった。

父も男なんだってこと、その動画の女の人が自分と重なったし父はそんな目で
私を見てなかったかもしれないけど私はそういう対象に見られてるんだとも思った。
それからは一緒にお風呂に入っても眠っても今までと違くなった。
私にとって父親という生き物から父親だけど同じ男だって認識になった。

それから数日後に父の部屋で私から誘うようにしてお願いしてセックスしてもらった。
しばらくはした後に吐いたりしたけどそれでも自分からまたお願いした。
自分を傷付けてるつもりはなかったけど父と体を合わせると気持ちのどこかが楽になったから
私はある意味父に助けてもらったと思ってる。
弟には悪いことをしたけど。

380 :本当にあった怖い名無し:2013/03/13(水) 11:01:17.36 ID:oohwIcRFP
スレチ 適切な板探してね

381 :本当にあった怖い名無し:2013/03/13(水) 11:54:02.12 ID:mzQHvItk0
夢は夢スレに
メンヘラはメンヘル板へ

382 :本当にあった怖い名無し:2013/03/13(水) 12:09:27.43 ID:u+hiOHy30
>>377
子供相手に酷いなそのおっさん
べっ甲飴屋のおじさんが気づいてくれて本当によかったね

383 :本当にあった怖い名無し:2013/03/13(水) 15:19:21.27 ID:nyUDlLvp0
霊感のある知合いがやばいといっていた公園が市内にある。
その公園のわきに線路をくぐるトンネルがあるんだが、このあいだ夜にそのトンネルを通った
ら天井に足跡があった。
もう夜にあそこは通りたくない。こわいです。

384 :本当にあった怖い名無し:2013/03/13(水) 23:59:34.97 ID:OX1kkjAY0
メンヘラヘラ

385 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 00:00:06.75 ID:OX1kkjAY0
ヘラベベラ

386 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 00:00:37.07 ID:OX1kkjAY0
スコココ

387 : 忍法帖【Lv=35,xxxPT】(1+0:3) :2013/03/14(木) 00:21:39.87 ID:nCQBqZ1ZO
件の話でなんかない?

388 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 01:50:27.94 ID:BzkFin/PO
追いついて捕まえた場所が
今の九段会館の場所

389 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 02:00:58.18 ID:/oh/+BHT0
またそんなハッタリをw

390 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 03:26:50.29 ID:MfweuEhj0
619 :名無しさん@13周年:2013/03/14(木) 02:44:36.30 ID:TRDh37m70
http://www.news-us.jp/article/346148177.html
本物の「前原誠司少年」は、34年前に父親が自殺した後、舞鶴港に消えたらしいぞw

「菅や前原は大学時代より前の第三者による話しが一切出てこない」 
「なにそれこわい」「やっぱり『背乗り』か」


646 :名無しさん@13周年:2013/03/14(木) 02:56:31.79 ID:lo8QWHyp0
>>619
ソウカの逝駄先生の隠し子って噂がネットで写真検証まであるけど
・・・まさかね・・・表に出来ない子を身分を偽ってとか。。。
まさかね


659 :名無しさん@13周年:2013/03/14(木) 03:00:18.71 ID:PxCD3Cqr0
>>646
だとすれば恐ろしすぎるぞ創価学会

391 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 14:41:45.25 ID:I70ZQg700
とある田舎町の旅館に若い男が泊まった。
古びた佇まいだが清掃も行き届き清潔な旅館だったそうだ。
だが、なんというか……雰囲気が重い感じがしたという。
男が案内された一室は奥まった場所で、窓が無かったが広く造りは寧ろいい部類だった。
町での用事と観光を済ませ、思ったよりも味がよい夕食を食堂で食べ大風呂に入る。
静かな旅館だったが意外と多くの人が泊まっていたので驚いた。
よく見ると他の客間にはそれなりの人が往来しているのがわかる。
彼の部屋がある建物は、彼の泊まっている部屋を覗けば離れた場所に数人が泊まっているだけ。
まぁ、隣室で騒がれたりトラブルがあるよりは静かでいい。
そう結論付けて彼は部屋に戻り、缶ビールを数本開けた後敷かれた大き目の布団に潜り込んだ。
深夜、眠りが浅くなって意識だけが起きた。
目は開いてないけど、意識だけが覚醒している中途半端な状態。

392 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 14:42:52.03 ID:I70ZQg700
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ

自分の上が何か重い。息のような声が聞こえる気がする。
布団の上に何か乗っかっているのではなく、直接自分の上に誰かが乗っている?
誰だこれは、泥棒か何かとは思えない。
ただ、甘い匂いとサラサラと気持ちがいい音が聞こえる。
下半身が冷たく重かったが、それが気にならない位の心地よさ。
男は再び眠りについた。

翌日、彼は自分だけで起き上がれない程に疲労していた。
布団を畳みに来た旅館の人に町医者に連れていって貰い点滴を打ってもらった。
料金はもう貰ったから帰りなさいと言われ、入り口で待っていた旅館の人にも御代は要らないと言われた。
後日、男がまたその旅館に泊まった時は別の部屋だった。何も異常は起きなかった。
ちらりとあの部屋がある廊下を覗いてみたら、やはり奥の部屋だけ灯りがついていたという。

393 :ノロ ◆Q9XbT3z5T1bZ :2013/03/14(木) 14:58:19.24 ID:oioIG+tB0
お邪魔します。オカルトとは呼べないかもしれませんが、そんな読み物を書いて見ました。

便所の落書き並みですが眼の肥えたこのスレの住人様のコメントお待ちしてます。
罵詈雑言、ここがおかしい、なんでも結構です。
一度、お時間ある時、読んでください。
FC2ブログですが一日の投稿件数が30件とのことでとりあえずうpできる分は
うpしました。

http://noroyukio.blog.fc2.com/ スレチでしたら申し訳ありません。よろしくお願いします。

394 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 16:14:54.94 ID:6V7j2ie30
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ

395 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 16:23:44.02 ID:6V7j2ie30
さあ皆さんもご一緒に〜

フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ

396 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 16:30:17.58 ID:5IWrUOUX0
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ
フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥフッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ フッ、フッ、フッ、フッ…フゥ、フゥ、フゥ

397 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 16:52:12.66 ID:9wN8hKgi0
転勤が決まり、アパートを契約した。
古いアパートで、4✖4階建ての16世帯。
あまりきれいではなかったが、単身赴任の一人暮らしでワンルーム20畳という広さにつられて契約。
引越てきて隣人に挨拶に行こうとして初めて気がついた。
え!?て思って慌ててチェックした。

このアパート、俺しか住んでねぇ。
まじで洒落怖。

398 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 16:52:49.08 ID:P0kIrIco0
アク禁くらっても知らんよ?

399 :虚空 ◆gIatmCFP72 :2013/03/14(木) 18:01:19.73 ID:Li2AAf9v0
こんばんは、虚空といいます。本気で怪談師か怪談作家を目指して修行しています。
腕試しに僕の怖い話を語らせていただきます。
これは親友のA君と心霊スポットに肝試しに行った怖い話です
A君というのは僕の幼馴染で、とても気のいい奴です。
行った場所は廃墟の病院で地元では、凄く怖い幽霊がでるそうです
白いワンピースを着た女の人や、白髪の老婆をみたとか色々と噂があります。
廃病院は埼玉県さいたま市岩槻区にありました。
今は無いみたいです
僕とA君は病院に入った途端、ひんやりとした空気を感じて
誰かにジーっと見られている気配がしました。
僕はそうとう古い霊が、ここには潜んでいると霊感が働きました。
するとA君が「おえええぇぇぇぇぇ」って嘔吐を始めました。
「まずいな。どこかの憑依霊かもしれない。」
僕はA君に向かって除霊の呪文を唱えましたが効果はありませんでした。
A君はゲホゲホと気持ち悪そうに嗚咽していました。
僕は霊に説得を試みました。
「どうしてA君に憑依しようとするんだ?」僕が聞くと霊の声が聞こえてきて
<苦しい水を・・・水が飲みたい・・・・>と訴えてきたのです。
僕はコンビニで買った六甲のおいしい水を持っていたので
それをA君に飲ませると、A君の背中から御婆さんの霊が出てゆくのみえました。
それから命かながら廃病院に脱出に成功して家に無事戻る事ができたんですが
僕はそのあと40度の高熱が出て呼吸困難になり救急車に運ばれて入院してしまいました。
医者が言うには、あと一歩遅かったら死んでいたそうです。
僕の霊体験で死ぬ程の目にあった沢山ある話の中でも、かなりヤバかった話です。

400 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 18:56:48.75 ID:6V7j2ie30
ポエムか?
 
>>399
死ね 下痢便太郎鯉 サルモネラぐっちょまん

401 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 19:39:23.05 ID:qTjY49oW0
やれやれまた新たなキチガイが・・・

402 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 19:59:15.15 ID:8VCZTln/0
そいつゆみだよ

403 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 20:02:07.49 ID:rpx6bNkjO
嫌な予感を信じていれば、こんなにがっかりしなかったのに

404 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 20:02:59.40 ID:0ZtgOYoL0
昔、ある村にピーカフという耳のとがった赤い眼をした少年がいた。
少年はその耳と眼のせいでいつも村の子供達からいじめられていた。
赤眼のピーカフ、とんがり耳のピーカフって。
そんな彼に両親はとても優しかったけれど、ピーカフは思った。

「ここは僕の家じゃない。この人達は僕の本当の親じゃない…」

なぜならピーカフのお父さんも、お母さんも、いや、村の人間の中には誰一人として
彼のように赤い眼やとんがり耳のものは居なかったのだから。

そんなある夜、ピーカフは親に黙って家を抜け出した。
自分の本当の両親を、自分の本当の住むべき世界を探しに。
大人達が決して近づいてはいけないと言う妖精達が住む森へと一人入っていった。

そしてピーカフは見つけた。

彼らの赤い眼、とんがり耳、それはまさしくピーカフと同じものだった。
でも、喜びいさむピーカフに彼らはこう言った。

405 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 20:03:48.22 ID:0ZtgOYoL0
「お前が私達の仲間だって?それは違う。だってお前には私達のように風に乗る羽がないじゃないか。」と…

あわてるピーカフに彼らの一人がこう告げた。
「昔、人間の男と女が病気で死にかけた赤ん坊を連れてここへやって来た事がある」

「この子を救う為に、村の掟を破りこの森に入りました」
「この子は私達の命です どうかお救い下さい」
男と女は必死で願ったのだと。

その願いを聞き入れて、彼らはその赤ん坊にある魔法をかけた。
そのお陰で赤ん坊の命は救われたが、そのかわりその子の姿は半分彼らに似たものになってしまった。
それでも男と女は涙を流して喜んだ。「この子が生きてさえいてくれれば…」と。

それを聞いたピーカフは大慌てで駆け出した。もと来た道を泣きながらにひた走った。
けれど、ピーカフが家に辿り着いた時にはもう何もかもが手遅れだった。
不思議な事に、森ではほんの一瞬過ごしただけなのに、村では100年もの歳月が流れてしまっていた。
誰一人知る者の居なくなってしまった村と、人間の住む事の許されない妖精の森との狭間の小さな丘の上で
仲間外れのピーカフは泣き続けた。赤い眼をもっと赤く腫らして…

406 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 20:24:36.39 ID:5IWrUOUX0
ほのぼのとしてるなww

407 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 20:42:10.38 ID:8VCZTln/0
>>404-405
ベルセルクに出てくるおとぎ話そのまま書いて楽しいのか?

408 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 20:53:48.64 ID:EdUNcExV0
あまり鮮明な記憶じゃないんだが。

今住んでいるアパートに引っ越す前ボロいマンションに住んでいたんだが、帰宅したら自宅のドアに竹馬が立て掛けられていた。
当時俺は高校生だったから竹馬乗るような年齢じゃないし、当然趣味でもない。ましてや弟がいるわけでもない。
おかしいな、と思いつつもドアを見てたら、隙間から鍵がかかってないのが見えた。

普段なら鍵の閉め忘れかと思うけど、竹馬を加えただけで一気に異様な光景になるわけね、すごく印象的だった。
丸くて握って回すタイプのドアノブじゃなくてL字形の取手タイプだったから恐る恐る竹馬を引っかけて、
勢いよく「バーン!」と開けたわけ。

でも勢いよく飛び込む勇気は無かったからそのまま開きっぱのドアの横で聞き耳立ててたのね。
玄関の正面にすら立つこと出来なかったから部屋の中は見えなかったんだけど、やっぱり何かいるみたいでゴトッて音がしたのも覚えてる。

うわぁ何これ何これと思いつつ、とりあえず警察にとポケットまさぐって携帯出そうとしてたら中から子供が駄々をこねるみたいな声で、
「やぁぁだぁぁぁぁああああ!」
って聞こえた。
空き巣とか強盗とか竹馬の理由とか考えてる余裕もなく全力でダッシュして階段降りて、踊り場のあたりで携帯引っ張り出してコールしようとしたのよ。

そしたら受話器からだか後ろからだか、よくわからないんだけど同じくらいの音量で
また「やぁぁだぁぁぁぁああああ!」って。

腰抜けてがくがくになりながら人のいるとこ求めて駅前まで逃げていった。
ってとこまでしか覚えてないんだよね、その後のこともさっぱり。

409 :虚空 ◆gIatmCFP72 :2013/03/14(木) 21:15:40.60 ID:Li2AAf9v0
こんばんは、虚空です。このスレをみてる人は霊体験が豊富のようで少し侮っていました。
もったいない気がしますが暖めていたとっておきの怖い話をしようと思います。恐怖度MAXです。
僕の学校の北校舎の男子トイレには開かずのトイレがあります。
北校舎は視聴覚室や理科室や音楽室があって普段使わないのでトイレもあまり利用しません。
北校舎のトイレに幽霊が出るのは学校でも有名で目撃談というか
変な音を聞いた噂が沢山あります。
たとえば開かずのトイレの中で咳払い聞こえたりトイレットペーパーのカラカラって
音が聞こえたりします。
そんな噂を聞きつけて友達のA君は嫌がる僕を誘い北校舎のトイレに探検に行きました。
トイレに入ると冷たい空気と霊障で頭痛がしてきました。A君はびびっているのに
「おい出てこい!幽霊!」A君が強がりを言いました。
すると開かずのトイレからジャーっと水の流れる音が聞こえて、僕は絶対にこの中に
誰かいるよと言いました。そう霊感が反応していたからです。
A君がおい肩車しろ!上から覗いてみる!と言ってきて、やめた方がいいよと言う僕の忠告を
無視して無理やり肩車をさせられました。
僕「ねえA君なんかみえる???」
A「・・・・・」
僕「A君?」
A「おい!お・・・おろせ!はやく!はやく!!」
僕はA君をおろすとA君は逃げるようにトイレを出て教室に戻りガタガタと震えていました。
何をみたのか聞いても首をふって答えてくれませんでした。
A君は一体どんな恐ろしいものを見たのだろうと怖くなりました。
それから一ヶ月してA君が落ち着いて来たので何を見たか聞きました。
A「トイレの便器から白い手が出いて、おいでおいでをしていたんだ・・・。」
僕はそれを聞いて背筋が寒くなって、あの時トイレを覗かなくて良かったと思いました。

410 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 21:46:30.91 ID:SnjBg13L0
>>409
作文にもなってないレベル
本をたくさん読んで文章の書き方を勉強しなさい

411 :虚空 ◆gIatmCFP72 :2013/03/14(木) 21:52:54.90 ID:Li2AAf9v0
>>410
頑張りますm(_ _)m

412 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 21:53:46.85 ID:+/Adu7Iy0
大学時代友人A,Bと部室にいていざ帰ろうという時、
Aがトイレに行くというんで階下の玄関で待ち合わせ。
ワンテンポ遅れて部屋を出たがやっぱり俺らもトイレ行こうとなって
トイレに行ったらAは個室でウンコしてたみたい。
Bがいきなり「臭えぞ!」とかいいながらドアをガンガン蹴りだした。
でもって下に降りたらAが待っていた。あれ?

413 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:02:32.35 ID:20/C6RrJ0
なんか一周まわって微笑ましいわwww
煽りとかではなくもっと本を読もう
あと 自分の言葉とお話の部分は開けたほうが「ココからがお話の部分だな」とわかって理解しやすいです
修行は結構ですがこういう場所はよくも悪くも遠慮がないので気をつけたほうがいいでしょう
もう少しいろいろ経験してからのほうが文に奥行きができていいものがかけるとおもいます
叩かれるにも煽られるにも今のままではもう少したりません

414 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:12:38.55 ID:EdUNcExV0
あれま、俺の話埋もれちゃった
どうだった?

415 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:16:25.21 ID:6V7j2ie30
くえあっ かあああああああああああっ 作者()の群れか? 屑の群れか??

屑は死ね 死ね このスレに書き込むんじゃない

あああ死ね 死ね死ね

416 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:16:39.65 ID:eKdj+f2H0
埋もれて良かったね、というか、
読む価値もなかった、っていうか

417 :虚空 ◆gIatmCFP72 :2013/03/14(木) 22:16:45.97 ID:Li2AAf9v0
>>413
アドバイスありがとうございます。m(_ _)m
もっと経験をつんで出直してきます
>>414
スレ汚しすみませんm(_ _)m

418 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:20:11.03 ID:6V7j2ie30
>>417
死ぬんだよ

2chではタフでなければ生きていけない 優しくなければ生きていく刺客がない
くああああああ刺客がない
♪しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん しーとぴっちゃん
ちゃんの仕事は刺客添ぞえ あああ

神に会うては神を斬り 仏に会うては仏を斬り 親に会うては親を斬る
冥府魔道の道を行く くえああああっ

419 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:22:11.79 ID:6V7j2ie30
2chのしかも最低辺のオカ板に巣食う便所虫どもが 便所虫どもがああああ
死ね 死ね死ね

>>417
ハンドルを大便太郎鯉にしろ!!カスが
萎える 萎える 萎える 萎えるぅぅウウううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう

420 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:24:56.86 ID:6V7j2ie30
萎える 萎える 萎える 萎えるぅぅウウううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう
うううううううううううううううううううううううううううううううううううう

おはあ〜

萎える 萎える 萎える 萎えるぅぅウウううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう
ううううううううううううううううううううううううううううううううう

421 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:30:44.98 ID:20/C6RrJ0
>>420
おっさん落ち着いとけwww

422 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:32:27.87 ID:6V7j2ie30
>>421
やかましいわ 金玉猿

黒い水状便をひりこき垂らして こき垂らして死ね 死ね死ね 死ぬがよいわ

423 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:34:08.47 ID:SnjBg13L0
>>417
あんたがいつか極上の洒落怖話聞かせてくれるのを、待ってるからな

424 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:34:35.48 ID:6V7j2ie30
>>421
黴びたモチを喉に詰まらせて 掃除機を口に突っ込んで

孫に看取られて死ぬがよいわ 忌忌忌 忌忌忌 忌忌忌忌忌忌忌忌忌忌忌忌

きききききいいいいいいいいいいいいいいいいいええええあああああ くえあっあああ

425 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:35:29.16 ID:Ujzg1e110
>>414
俺は話の情景を想像してしまうタイプなので、こういう妙な雰囲気の話は結構好きだぜ。
けどあんまし怖くはないし、スレチかなとも思う。

つーか夕方の集合住宅の階段ってなんか妙な怖さがあるよな。

426 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:35:43.60 ID:6V7j2ie30
♪ 人形の久月〜

427 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:36:40.05 ID:6V7j2ie30
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・萎える

428 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:39:53.40 ID:6V7j2ie30
♪ サンドおおお バックにいいい 命をかあけてええええ

憎いいいい 作者様()の顔めがけええ 叩け 叩け 叩けええええ

おいらにゃああ 霊能者のおおお  血があああ 騒ぐうううう あうううう

429 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:40:45.64 ID:20/C6RrJ0
フィリップマーロウに子連れ狼オマケに柳生一族の陰謀とくりゃあ50も近いだろう 超えてるか?
お疲れ様

430 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:42:34.93 ID:6V7j2ie30
>>429
まだ生きてるのか腐れカス
よほど世の中に迷惑をかけてるのがわからないのか 死ね 死ね死ね

431 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:44:00.39 ID:20/C6RrJ0
>>428
そこは「浮かんで消える」でしょう?
萎えるわ………
ボケるならきっちりボケとかんかいwww

432 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:46:30.42 ID:20/C6RrJ0
そりゃそりやどうしたどうした
踊るなら踊り続けんかいwww
ほどほどになwww

433 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:48:34.68 ID:20/C6RrJ0
おしまいか………思ったよりつまらんかったな

434 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:49:13.82 ID:Z4NanRup0
2ちゃんで腐った脳内晒して気持ちいいかジジイw

435 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 22:56:46.83 ID:20/C6RrJ0
これって隣に住んでたら洒落にならない怖い話だよな

436 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 23:00:06.54 ID:6V7j2ie30
萎えるううう

437 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 23:15:23.76 ID:EdUNcExV0
>>425
おう、ありがとう
割りとほんのりだったかな、当事者としてはガクブルだけどね
俺もこういう妙な雰囲気で真相掴めないタイプの話好きなんだよ、だから印象深いのかもしれない
もっと伝え方の勉強しとくわ

438 :ノロ ◆Q9XbT3z5T1bZ :2013/03/14(木) 23:16:33.03 ID:oioIG+tB0
>>393ですがスレ違いだったようでどうも、すみませんでした。

439 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 23:29:11.23 ID:FqqoSCsr0
>>409
あーこいつ絶対にゆみだわ

440 :本当にあった怖い名無し:2013/03/14(木) 23:55:52.71 ID:6V7j2ie30
ゆみに決まってるだろ
レスする馬鹿がいるとか信じられん
キチガイ罵倒して追い返せよ

441 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 00:17:10.03 ID:yUvdOZT70
もこだよー

442 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 00:41:34.41 ID:s+gYMuER0
母曰く、私の布団には霊がついているらしく
母が私の布団を無断借用すると、必ず金縛りにあうらしい
その霊というのが、体が縦に半分しかないおじさんで、
江頭のような服装で一輪車に乗っているという
先日、友人のアドバイスでファブリーズで除霊を試みたところ
なぜか半裸から全裸になってしまったと嘆いていた
ここ数日、服を返してくれと夢に出てくるとぼやいていたけど
私の布団を使わなければいいんじゃないのかなと思ってる

443 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 08:08:34.51 ID:XXLPWkj30
もう20年以上前になりますか。
俺が高校生の頃の話ですが。

自転車で1時間ほど離れた里山に写真撮影に出かけたんです。当時一眼レフを買ってもらったばかりでした。
おにぎりを二つ、おかずにソーセージを持って。

山に至る道の両側には畑が広がってまして、作業してるじいちゃんばあちゃんがちらほら。

「あれ?」
前方に犬がいるんです。鎖を引きずったままトテトテ歩いてる。
口笛を吹くと止まってこっちを見てる。

日本犬の雑種かな。数年前に死んだうちの犬に雰囲気が似てる。
「おまえ、鎖引きずったままは危ないだろ。」
おにぎり半分食べさせながら鎖を取ってやりました。

そしたら付いて来る。
「もう何もやらん!(笑)」
ヘッヘッ言いながら走って付いて来る。

444 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 08:12:17.18 ID:XXLPWkj30
山の麓のキャンプ場に到着。犬と一緒に。
「一緒に登るか?ん?」
山といっても大した高さじゃないんです。往復2時間かかるかかからないか。
植物の写真を撮りながら登り始めました。
…夏でしたね。蝉が大合唱してました。

数組のハイキング客とすれ違いながら登って行きます。
「お、犬と一緒かー」
おじさんに珍しそうに声をかけられました。
7割ほど登った所でしたか。
何度か登った事のある山だったんですが。

445 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 08:13:45.76 ID:XXLPWkj30
「…こんなとこに脇道あったっけ??」

下草の生えた砂利道が左のほうに延びてる。
カーブしながら奥の方は…見えない。
ちょっと覗いて見よう。
歩いて行くと柱が2本。間には錆びた鎖が渡されて、奥に数棟のバンガロー?が見えた。


ワンワンッ!ウウウッ!!ワンッ!!


びっくりして後ろを見ると、付いて来てた犬が凄い形相で吠えてたんです。
俺にじゃなく、道の奥に向かって。
背中が冷たくなって、はっと前を見ました。

蝉の声が聞こえなくなってました。
冷たい風が奥のほうから吹いてきました。

あ、ここは入っちゃいけない場所なんだな。

急いで引き返して、もとの山道へ。
蝉の大合唱を聞いてホッとし、ふとあたりを見るとさっきまでいたはずの犬は
どこかに消えてました…
山を降りながら探したんですけどね。どこに行ったのか、見つかりませんでしたよ。

446 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 09:20:49.79 ID:QOY15Q73O
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?
のスレは一体どこにあんの

447 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 10:47:49.93 ID:zbwY3ZrC0
>>446
あるさお前の家の側

448 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 11:18:35.37 ID:IPHN5KxJ0
幾三乙

449 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 11:34:50.50 ID:3vSV83OX0
へへへへへへぇ〜ぃ

450 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 12:09:46.01 ID:jd9hM6Vn0
大分荒らされてるなぁ。しばらく待ったほうが良さそうだね

451 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 12:41:19.29 ID:ktJTZbkI0
ゆみが荒らしてるな〜w

452 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 16:04:38.88 ID:9q+00JEG0
店員の目を傘で突き刺したり、子供を線路に突き落としたりする事件があったの覚えてますか?

犯人は統合失調症だったということで、いずれの事件も罪に問われなかったそうです。
怖いですよね。
こういった精神のおかしな人には、関わりあいたくないって思うのが、正直なところです。

でも、想像してみてください。
こういったちょっとおかしな人も、発病前は、普通の人で、普通に生活していたのです。
統合失調症の原因は諸説あり、ドーパミンの過剰摂取による幻影が有力だそうですが、それも決め手にかけ、結局のところ、不明です。

私の親しい友人がある事件を起こしました。
非常に残虐な事件だったのですが、統合失調症とのことで罪には問われませんでした。
周りの人々は、友人がそんなことをするはずがない。
病気だったからだと、嘆きました。

実は、ここだけの話、私は友人が事件を起こすのを知ってました。
友人は、数ヶ月前から、ある声に悩まされていました。
最初は、囁き声のようなものだったそうです。
それが、日に日に大きくはっきりと聞こえるようになり、次第には夢の中にまで聞こえてきたそうです。
「殺せ。殺せ。殺せ。」と。

もちろん、その話を聞いて、私は病院に行くように勧め、友人は、投薬治療を始めました。
しかし、その声は止まず、大きくはっきりとなる一方だったそうです。
そのうち、友人は、誰かを殺したら声から解放されるのではないかと言い始め、とうとう今回の事件に至ったのです。

と、ここまでは統合失調症の典型的な陽性症状ですが、このスレに書き込みしたのは、ここからです。

453 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 16:05:50.57 ID:9q+00JEG0
友人は強制入院となり、御両親が家財道具を処分するように業者に依頼しました。
田舎に住んでいる御両親に代わり、私が立ち会いをすることになりました。
鍵を借りる時に、大家さんがこんな事を言いました。
「この部屋は、幽霊か何かがでるみたいで、変な声が聞こえるといってみんな引っ越しちゃうんだよ。お祓いしないといけないかも。」と。

業者は、手際いよく荷物を運び出し、片付けはすぐに終わりました。そして最後の確認の時に、盗聴機とスピーカーのようなものを渡されました。
コンセントのところに埋め込まれていたそうです。
この業者は盗聴機発見サービスをしており、それで偶然見付けたのでした。
大家さんのいう変な声は、この装置が原因であれば、ずっと前から仕掛けられていたことになります。
一体、誰が何の目的で仕掛けたのか。
それを考えると恐ろしく思います。
そして、もっと怖いのが、統合失調症で事件を起こした人のうち、何人かはこのような何者かの悪意により引き起こされた場合があるのではないかということです。

454 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 17:26:49.39 ID:iudJqgXx0
ほんのりの方が良かったかもね、乙。

455 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 17:56:11.74 ID:f6I5h8a40
声が聞こえるならスピーカー特定余裕だろJK
引っかかるのはオカルト脳のバカだけ、
そしてこれを怖い話と思えちゃうのがオカルト脳のバカ作者()なんだな

456 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 18:26:12.91 ID:zcHuglEm0
てゅゅゆゆゆゅ〜〜〜〜〜てーてーって てれれってってってってっ!
ギャァーーーッ!!!!

ズンドンド ズンズンズ ズンドンド ズンズンズ
闇ぃを(プァララ)引っきっ裂っく(プァラララ)
怪しぃ〜いひーめーいっ(プァララ)
ん誰だっ(プァルラル)ん誰ぇだ(プァルラル)誰ぇだっ(プァパ パラララッ パッパッパッ)

457 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 21:59:51.72 ID:4W0DKNYb0
>>455
得意げにつまんねーこと語ってんじゃねーよ、脳梅毒

458 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 23:51:04.61 ID:1t9gDTfx0
>>455
若いわ。青過ぎる。何がどうあれ世の中には理解不能な
出来事があるの。

459 :本当にあった怖い名無し:2013/03/16(土) 00:00:07.59 ID:RQdVQj3z0
【政治】中山成彬氏、「慰安婦の強制連行を証拠付きで否定した国会質疑動画」自らアップロード…使用したパネルもPDFで公開★14
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1363337955/l50

【政治】国会で語られた「朝日新聞の慰安婦捏造」問題 どのメディアも報道しないのはなぜ? 日本メディアの不思議現象 ★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1363357038/l50

【従軍慰安婦捏造】中山成彬議員「私が狙われていると検察関係から警報あり。一部のマスコミが捏造してでも私を叩くらしい」★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1363357622/l50

割とリアルで洒落コワ

460 :本当にあった怖い名無し:2013/03/16(土) 08:37:51.35 ID:TDLbULRA0
▽ブラジル
妻が夫を殺そうと自身の性器に毒薬を仕込んでエッチに誘う → 異臭がして陰謀が発覚。
夫婦をめぐるある殺人未遂事件が起きた。なんと、妻が自身の性器に毒薬をしこみ、エッチ中に殺害しようとした
事件が起こったのはブラジル・サンパウロ州のサン・ジョゼー・ド・リオ・プレト市。現地在住の女性(43)が夫をエッチに誘った。

461 :本当にあった怖い名無し:2013/03/16(土) 11:12:25.24 ID:CdMqIA+z0
↑それ、自分は死なないの?

462 :本当にあった怖い名無し:2013/03/16(土) 11:33:08.54 ID:jnXOmDwQ0
まさにボボ・ブラジル。

463 :本当にあった怖い名無し:2013/03/16(土) 11:37:58.23 ID:3ar0IpSm0
異臭で発覚ってのが…
 
いつもは無臭だったんだろうか。それこそオカルトだけど、有り難いオカルト、奇跡だな

464 :本当にあった怖い名無し:2013/03/16(土) 20:46:23.30 ID:OZkfwcw+O
金縛り初夜

私に霊感は全く無い
28年で初めての体験

2週間前の話
それは突然やって来た
夜中にふと目が覚めると
体が動かない…
寝ぼけているのかと思ったがどーやら違うらしい
この時点で私のテンションがMAXに上がる
こんなおいしい体験を待ち侘びていたからだ
体を動かそうとしても殆ど動かず(力一杯頑張れば少しは動くのだが、体がベッドに張り付いた感覚)胸も苦しく、いくら声を出そうにも『ぅ…ぁ…』の様なうめき声しかあげられない
2〜3分程金縛りあるあるを楽しんでいた所で、一番大事な事に気付く

465 :本当にあった怖い名無し:2013/03/16(土) 20:48:05.76 ID:OZkfwcw+O
そう、まだ霊を見ていない
一生に一度のチャンスかもしれないからね
目だけ動かし枕元をチェック
寝る前に置いた目覚まし時計があるだけだ
おかしい…
着物を着て正座したババアがいない…
そうか
足下から這い上がって来るパターンか
視線を下に向ける
胸は苦しいままだが誰も私を攻略しに来ない…
正統派でドアからこんにちわのパターンも検証したがダメ
時間にして10分程度か
いい加減しんどくなって来た
声にならない、大声を出しながら力一杯全身を起こす
初めての金縛りは一瞬で解けた
リビングに行きビールを飲み再び就寝

翌朝
洗面所で驚愕
右頬に3ヶ所の黒いアザ
左頬と喉に無数の引っ掻き傷

恐すぎワロタ

466 :本当にあった怖い名無し:2013/03/16(土) 22:45:02.08 ID:PGMzrJN00
あそぼー

467 :本当にあった怖い名無し:2013/03/16(土) 22:47:13.90 ID:Zybwwf1A0
っせばかしね

468 :本当にあった怖い名無し:2013/03/16(土) 23:36:52.66 ID:I8un4s+V0
自分も30前に初めて体験した

それは茅ヶ崎のある一軒家を借りた時だ
平屋の小さな家、周りは畑ばかりで、そこから品川にある本社まで通勤していた
ある夜、その家で目が覚めると身体が動かない
んっ?これなに?と、思ってると敷いている布団ごと寝ている位置の畳がぐーっと持ち上がった
身体は上半身が起きた状態になったが、動かない
暗い中、意識と目だけが覚醒していた

すると、何か畳(いや、畳の下は床板のはず)の下から這い出してきた
そいつが横に立つと、自然と畳が倒れ、90°になっていた身体は横になると同時に視界に入ってきた

5、6才の女の子だった
髪を長くして、白い帷子に赤い帯をしている
その子がへたり込むように頭の真横に座ると、ぐっと顔を近づけて来た

『こどもほしい?』
「いらない」

何故か喋れた、思ったことを即答できたのだ
するとムカッとした顔で女の子が睨むと、凄い勢いで畳が持ち上がり、
俺は飛ばされるかと思うくらい上半身を持ち上げられた
女の子はまた畳の下に入って行った

翌朝、畳を持ち上げてみたが床板があるだけだ
釘もちゃんと打たれていた
それからも毎月に一回、満月の夜になると寝ている床の下から現れて聞いてきた

『こども……ほしい?』
「欲しくない!」

その夜はパチンと俺の顔を叩いて消えた

469 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 00:02:49.16 ID:/e8v0qd+0
そして段々、満月とか関係なく現れるようになりました
夜間帰宅して照明を点けると、真っ暗な台所でテーブルの上にあったバナナを食べてました
まあ、バナナ食べたからって悪戯しなければ…

『おじちゃん』
「ん?」
『こどもにしちゃえば?』
「だ、誰を?」
そういうとムスッとした顔になり

『こどもだいてねるとあったかいよぉ?』
そう言ってきました

「そうだね〜、でもいらない」
『おじちゃん』
「んーっ?」
『ちょっとだっこすればすむよ?』
「何が済むんだよ!」
『だけ…』
膝に這い上がって来ました

「ちょ!乗ってくるな!」
『だけよぉお〜!』
足で俺の身体を挟んで来ます

「離せ!何者なんだよお前は!」
『こどもにしたらおしたげる…』
「いーやーだー!」
そうしてひとしきりじゃれつくと、万年床の俺の布団に潜り込みます

『まだ?』
嫌なのでその夜は畳の上に直に毛布被って寝ました

470 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 00:06:33.61 ID:Zybwwf1A0
続きが気になる

471 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 00:31:35.73 ID:ExlaHQFDO
ワッフルワッフル

こうですか?

472 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 00:43:07.57 ID:/e8v0qd+0
余りの不思議に、自分でも図書館などで郷土資料を調べたところ、中世にある武家一党が住んでいたが、
鎌倉北条氏との抗争で全滅の憂き目にあった遺構の一部に架かっている土地と分かった

『おさかなたべたいな』

今夜も台所にいた

「おばけなん?」
『ちゃうよ?』
「じゃなに?」
『ごはんたべたいなぁ…』
「ブリがあるけど」
『たべたいなああー!!』

22時なのに飯作って食わせる羽目に

「おばけなら迷わず成仏してくれ」
『おばけじゃないもん』
「じゃなんだよ!」
『ふつうの子だもん』
「ウソつけ」

ブリ照りと豆腐のみそ汁で遅い夕餉を摂ると、彼女はまた俺の布団に潜っていった

「俺の布団だよぉ…」

473 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 00:53:09.54 ID:/e8v0qd+0
「なあ」
『ん?』
「これどう思う?」

おもむろに会社帰りに買ってきた宝くじをテーブルの上に置いた

『なに?』
「宝くじ…」
『ふぁ?』

知らないようだ、宝くじ
知るわけないか…

「番号が当たるとお金が貰えるん…」

するとじーっと宝くじを見つめ始めた
いいぞ、なんか福の神っぽいぞ

シャーッ

「破るなああああああーーー!!!!!!」

474 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 00:58:00.32 ID:SDXZ2D6E0
そんなことより自分が今いるその場所で過去に人がしんでいるかもしれないって考える方が怖くない?

例えばここで合戦が昔あった〜とかさ

475 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 01:07:45.03 ID:O6wQIo0L0
なにこのラノベ

476 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 01:13:29.15 ID:/e8v0qd+0
「うーっ、寒いなあ、今夜も…
 石油ファンヒーターもイマイチだなぁ」

茅ヶ崎も放射冷却でガンガン冷えるし、畑ばかりで冷たい風が容赦ない
小さな女の子はそれからずっと現れて居るようになった

『こっちこっち』

布団で手招きする

「なに?」
『ねよぉよぉー』
「家賃払え」
『どうして?』
「め、飯だって喰わせて、寝かせてやってるし、お前、灯油つけっぱだから金使い過ぎなんだよ」
『だって… 父ちゃんだからこどもにごはん食べさせてあたりまえじゃん!』

「は?」

『だからぁ… ムスメはだいじにするものでしょ?』

いやいやいやいやいや…

「は?」

477 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 01:23:08.45 ID:LnE5+Nl/0
もうやめてー

478 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 01:28:13.24 ID:/e8v0qd+0
最初は朝になると姿を消していたが、お化けも出だすと厚かましくなるようでした

「ん? ん?」

二間続きの居間で寝ていると、不意に体温を感じ毛布をはねのけた

「やっぱり」

飼い猫のように女の子が潜り込んでいました

「しょうがないなあ」

『チンポッポ…』
「ちょ、触んな」
『チンポッポ』
「さわんなっつーたろ!」
『チンポッポ……さわったらお手てクサイ』
「臭くない!寝ろ!」

偶に頭にきます

479 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 02:28:57.24 ID:+4Lrz1Mf0
お前らこういうのは叩かないのな

480 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 02:34:50.68 ID:ExlaHQFDO
批判するな派が望んだ状況じゃないの?

481 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 02:43:57.08 ID:RD0mldhS0
ホラテラと一緒
真面目にかくよりラノベが受ける

482 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 03:24:50.30 ID:DZb22LLN0
>>479
×叩かない
○叩く気も起きない

483 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 03:24:57.18 ID:A0fWgUxT0
叩いたら負けかなと思う
もはや駄作を超えて釣りのレベル

484 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 05:00:49.76 ID:Rv446FAHO
アニメ・漫画イメージで書かれるのもあれだが、フィクションとラノベ風の区別もろくに着かないでラノベラノベ言ってる奴にも困る
概ね、前者は文字で読む話であることが意識できてなく、そのため台詞などが妙に浮いてたりして話がクサい
後者はよくいる実話至上主義の中二病。文字通り、中高生の場合が大半

485 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 06:03:05.55 ID:sXIGUj850
でもお前らは、もし>>468で完結してたら「乙、面白かったよ」とか言っちゃってただろ?
じゃあ「釣り」だとか「叩く気も起きない」とか言わずに>>469も労ってあげなよ
>>468>>469も、気色悪いオナニーラノベという点で本質的に大差ないんだからさあ

486 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 06:29:04.56 ID:gF/J0xOrO
あまり怖くないけど書いてみる

俺の地元は田舎で田んぼだらけなんだけど
田んぼだらけの真ん中にポツンと小さな森がある場所があってさ

森に入ってすぐ左に御札だらけの古びた鳥居があって
そこを通りすぎると右に小さな小屋?みたいなのがあるんだ
(お稲荷様の小屋みたいな)

それで、小屋にも御札がたくさん貼りつけられているんだけど
記憶が確かなら昔に友達が開けた時に
中には大名?みたいな人形が座っていたはず
(雛人形位の大きさ)


まぁ、そんな場所があって
夜中に行くと女の人の幽霊が出るって噂になったから行ったんだ

487 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 06:30:14.78 ID:gF/J0xOrO
友達4人で夜中の3時に行ったんだけど
噂が本当かを確かめるのは直ぐの出来事だった

森に入って直ぐに見える鳥居の隣に子連れ狼の子供みたいな髪形をした白い服を着た子供と
その隣には、まさに貞子って感じの女の人が背中を向けて立っていてさ

丁度、月が綺麗な夜だったからはっきり見えたんだけど
その2人は背中を向けて立っていただけなのに
足元の膝位まで伸びた草が物凄い勢いで左右に揺れているんだ


それを俺が気づいて周りの連中に言うと1人が
「…やっぱり、あれ…人だよね」
って言うから皆一斉に走って逃げた

オチがないからつまらないかもしれんけど
あれは怖かった


余談だけど、周りで面白がって肝試しに行った奴等に話を聞くと
その女の人の幽霊は毎回、立っている場所が違くて
一番怖かったのは、入り口を入ったら肩が当たる位の距離で左に立っていたってのも聞いたよ

488 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 10:25:36.62 ID:6+xXUw/g0
>>478
うーわくそつまんね

489 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 12:05:28.71 ID:NRqBUDCL0
ざしきわらしで追い出されて山怖で荒らしまくってとうとうココまで出張か?
オカルト板にはもういらない子なんだからどっかSS系のとこいってくれよ

490 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 12:38:20.52 ID:NRqBUDCL0
>>489
はチョット上のラノベもどきのことな

491 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 18:55:32.94 ID:dkXIPK770
洒落怖スレをスレッド一覧から開いて、レスを書く

「あまり怖くないけど」

492 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 19:12:45.27 ID:g5HanbJ90
これは実際に体験した話なんだが
いつものようにエロサイト巡りをしていたんだが
かかかかか
EGUってサイトを見つけたんよ
良質なさいとだといいなっとtてひらいたんよ
んで見たらおかしいじゃん?明らかにエロサイトじゃん?
別にそういうサイト探した訳じゃなく
AVが欲しかったんだよ
なのにうるせーって聞こえるしAVどこっ?ってなんていったんだよ?
それがこんなサイトにきて俺がバカなのかって思って壁殴ったなの
しかもそのAVはよくて3000円程度だからひどかったな
君たちも今日つけた方が良いよAV探したのにポルノが出たりしたら頭痛くなるよ
悩みの種になる

493 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 20:14:11.15 ID:E83SyaIf0
亀だけど、死神の話で、同じような体験をしたので投下する。

最初にみたのは、いつ頃だったのか覚えていないのだけど、おそらく4歳頃だったと思う。
俺は熱を出して、和室で一人で寝かされていた。
ふと、気づくと枕元に人の気配がした。
母親が様子を見にきたのだと思い、目を閉じたまま話しかけたのだが返事がない。
変だと思い目を動かすと、ギリギリ視界に入るくらいのところに、髪の長い女が正座しているのが見えた。
女は俯いていて顔はみえなかったが、母親とは違うことはわかった。
恐怖よりも、誰だろ?という気持ちが強く、そのうちウトウトと寝てしまい、次に目覚めたときは誰もいなかった。
あとで家族にきいたが、そのような女はいなかったということだった。

同じようなことが、数年に一度のペースであった。
いずれも、俺が高熱寝込んでいるとき、枕元の視界に入るギリギリのところに、俯いていて顔のみえない髪の長い女が正座しているってパターンだ。
ただ、女は必ず、視界ギリギリのところにいて、ぼんやりとしかみえない。
何回も試みたが、はっきりとみようと起き上がると消えてしまいみることが出来ない。
視界ギリギリのところにいつも存在するのだ。

494 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 20:15:24.13 ID:E83SyaIf0
中学、高校になると熱で寝込むこともなくなり、当然女をみることもなくなった。
久しぶりに女が現れたのは大学で一人暮らしを始めたころだった。
不摂生をしていたせいか、その頃は寝込むことが多かった。
いつものように、枕元にその女は正座していた。
実家からはなれて、自分についてきたのかと、驚いたのとともに、いつもと違うなんともいえない違和感を感じた。
そのときは、久しぶりの出現だったことと、実家ではなく下宿先に出てきたせいだと無理やり思い込んだのだが、その次に出現した時にその違和感の正体に気付いた。
明らかに女の体の角度が違うのだ。
以前より前のめりになっている。

その次に出現した時は、さらに前のめりになっていた。
その次は、かかとをあげていた。
どうやら、女は、正座から、徐々に腰を浮かして立ち上がる体勢に変化しているようだった。
まるでコマ送りの静止画像のように、徐々に変化している。

実は、俺は、何故か今までその女に対して恐怖を感じたことがない。
しかし、立ち上がると気付いた瞬間から、言い様のない恐怖を感じ始めていた。
完全に立ち上がったときどうなるんだろう。
全てが終わるのだろうか。

最後に女が現れたのは今から二年前。
そのとき、女はもうほとんど立ち上がっていた。
顔も口元が見えはじめた。
次に現れるときが最後だと思う。
そう思うと、ここで寝込んで女が出現することがないよう、この二年間手洗いうがいを欠かした事はない。
もちろん、インフルエンザの予防接種も欠かさず、超健康に気遣った生活を送っている。

495 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 20:53:08.56 ID:E83SyaIf0
↑文才ないから、あんまり怖く感じないけど、本当に怖くて仕方がない。
誰か、助けて欲しい。

496 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 21:38:32.54 ID:Z6WidWqK0
>>495
怖い!どうなるんだろう。。涙

497 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 21:44:59.42 ID:zkgixbQk0
「ははっ、こりゃリアリティのない西丸震哉の(釜石の幽霊)のパクリだな」

『なにひとりごといってんの〜』
「ん?何でもない」

住み着いてる謎の自称ムスメが這い寄って膝の上にちょこん……
2ちゃんを見ていたパソコンを覗き込みます

『おうち帰ってきてまたパソコンするの〜?』
「え?……」
『会社でもずっとパソコンしてるのに〜』
「…………まさかと思うけど」
『?』
「ついて来てないよね?会社まで」
『ずっといるよ?』

「つ、えっ? つ…ついて来ても面白くないでしょ?
 おうちで留守番しててくれないかなあ?w」
『やぁあ〜だぁあ〜!』
「やだじゃなくて…」

『ムスメだから一緒にいないとダメなの!』
「いや、ちゃんと帰ってくるから!家にいてよ!」
『ぜったいヤダ!』
「なんで!!」
『淋しくないように憑いてあげてるんだよ?』
「淋しくないから離れて…」
『ヤダ!ごはん食べないと死んじゃうもん!』
「も、もう死んでるんじゃないの?………」


「ニ、ニタニタ笑うな!」

498 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 21:55:13.24 ID:GB1uBWm40
>>495
ほんと致命的に文才がないなw
仕方ないな助けてやろう

まず髪の長い女ってのがありふれている
まあそれは百歩譲ってどう面白く話が発展していくかと思えば
新耳袋とかで使われているような日ごとに少しづつ動いて迫ってくるだけの
使い古された手法のパクリネタ

しかも現在進行形的な書き方をして、要するにオチが思いつかないのを
この釣堀スレの住民に丸投げしている辺りに救いようない駄作感を醸し出している

まず、その辺りから直してみたらどうだろ?

499 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 22:04:23.70 ID:zkgixbQk0
『今日も寒いね』
「ん……でも、このコタツ暖かいでしょ?」

コタツを買ってきたのでした

何もいわずにその子はコタツに潜り込むと、胡座をかいていた俺の所に頭を出してきました

『はひゅう〜』

こいつは俺の胡座を枕に寝るつもりらしい

「布団敷いてあげるから、そこで寝な」
『父ちゃんのここがいい』
「俺が寝られないし」
『ここでいっしょに寝るならどいてあげてもいいよぅ?』
「わかったから……」

仕方なさそうに、胡座に載せてた頭をすっこめました
コタツの右に寄ると左から頭を出してきました

『父ちゃん』
「え、ええ?」
『なんだい、って言うの!!!!』
「……なんだい」
『おやすみのチュウ…』
「いやだよ!」

500 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 22:13:55.61 ID:hz3OM65R0
 ∧_∧
 (´・_・`) レスが少なくても
  0  0  気にしちゃダメ!
  |  |  また次があるよ!がんばって!
  ∪∪

501 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 22:21:40.25 ID:Rv446FAHO
>>498
ただのあるあるネタ指摘以上の話がなくて、何の助けにもなってない

502 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 22:37:50.30 ID:28OKgAZG0
『父ちゃんまくら、うででまくら』
「う、腕枕かよ……」
『ああっ、父娘(おやこ)だよお!これなんだよお!ハヒュハヒュハヒュ!』
「おい、なつくのはいいんだけど、お前、お化けなんだろ?」
『お化けじゃなーもん』
「じゃなに?」
『聞きたかったらチュウ ハヒュハヒュハヒュハヒュ』

お化け相手に腕枕までしてやるなんて、俺も相当なお人好しだった
しかも顔の横で口を蛸のように尖らせてキスをねだる子供の妖怪…
なんという家を借りてしまったんだ

『はにゃくチューふるんだよう〜』

ぐにゅうと蛸口を俺の顔に近寄せてくる

あっと、思って二本の指を舐めてから、目を閉じている隙に彼女の唇に押し付けてやる
すると指の間から舌がチョロチョロと……

彼女が間もなく気付いてはっと目を開けた瞬間、途端に眉間に皺を寄らせ不気味な眼光を閃かせ始めた

『た〜ば〜かった〜な〜〜ハヒュハヒュハヒュ!』
「いや、冗談だよ、面白かったろ?アハアハアハwww」

その夜、死ぬほどキスをさせられた

503 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 22:47:58.11 ID:Sclbfdcz0
2ちゃんねるで誰か助けてほしいと書けば助かると思ってるのが洒落コワって事でいいんすかね?
むしろ洒落バカ
バカは長生きするぜ、安心しろよ

504 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 23:20:18.70 ID:+4Lrz1Mf0
ここは創作ラノベスレだよ

505 :本当にあった怖い名無し:2013/03/17(日) 23:24:02.13 ID:RD0mldhS0
わらしスレで再監禁しろよ
まだ小学生の創作話のがましだぞ

506 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 00:21:32.01 ID:T0ilK/Jd0
『いちどでも父娘(おやこ)になったら、ずっとずっとずっとずっといっしょだよ!』
「あのさあ、俺がここ出て行ったらどうする?」
『いっしょだよ、どこでも!』

どこまでも俺に憑いてくる気か… 家や土地に憑いてるんじゃないのかよ

「ちいちゃな女の子いたら俺結婚も出来ないよ」
『しないもん、父ちゃんは。あたしいるから』
「…………………おまえ、悪霊か?」
『こんなかわいいムスメがお化けなわけないよう!』

こいつ、どうやったら落とすこと出来るんだろ………

『っずぇぇ〜〜ったい離れない!父娘だしっ!』

因みに相手の呼吸を嗅ぎ取ると、相手が何考えてるかわかるらしい……

507 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 01:10:09.11 ID:T0ilK/Jd0
今夜も布団にあいつが入ってくる
石油ファンヒーターの前で暫くじっとしていて、それから身体が暖まると俺の寝床に潜り込んでくる
まるで猫のようだ
必ず自分の身体を俺の身体に密着させている
そればかりならいい
クンクンと俺の身体のいたる所の匂いを嗅いだり、たまにシャツを捲って身体を舐める事もしている

変態なのか?

「おい、お腹舐めるのやめろ」
『な、なめてないもん!』
「ウソ、今舐めてたろ!」
『ちょっとだけだもおーん!ハヒュハヒュハヒュハヒュ』

またこの口呼吸だ
興奮するときは必ず口呼吸してる
変なお化けであることはさて置いて、そろそろ引っ越しを考えないといけない
お化けの幼女相手では、3ヶ月が限界だ

508 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 01:16:48.28 ID:4RGK5UFp0
変な荒らしが居着いちゃったな、おい。

509 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 01:28:37.83 ID:L/sb8zfY0
座敷わらしスレ潰した犯人だなこりゃ

510 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 02:05:39.24 ID:8Z8xG86w0
これはひどい

511 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 03:53:49.24 ID:PEDEzGtxO
モバイル版が404なんだけどなんで?

512 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 05:23:49.39 ID:IqSV7eOz0
>>498
わざわざアドバイスをするにしてはコメントが平凡だな

513 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 13:37:19.01 ID:IlEOcXGB0
自分の体験した話書きます。
連投になるし、長いけど付き合ってくれ。
誰も死んでないし、体験した私も友人も元気で生きてます。
去年夏くらいに、有名な心霊トンネルに行った。
私と友人(心霊スポットのある場所の地元民)とで車でドライブしてた。
23時くらいかな。
心霊スポットに行くのが目的じゃなかったし、目的地にいくにはそのトンネルを通る道もあるんだけど、私の頼みで「怖いからそのトンネルを通らない道で目的地まで行ってくれ」ってことになった。

で、無事にそのトンネルを通らずに目的地についた。
友人と少し話しながら時間を潰して、じゃあ戻ろうかってことになって車に乗り込んだ。

514 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 13:48:25.15 ID:IlEOcXGB0
513続き
街灯はあったけど、道はかなり暗くて、山の方だからその時間になると車は私達の車以外いなかった。
この辺りで私達二人とも、車の中でいやな感じはしてた。
目では見えないんだけど、後部座席に人が乗ってる。
友人も気づいてる顔をしてるが、これは口に出してはいけない気がする…っていうのをお互い感じて、二人で楽しく話をしてたんだけど、山を降りきる直前に、私が耐えられなくなって「ちょっと外の空気吸わんか」って言って車を停めた。
とにかくこの社内の嫌な空気を消したくて、車のドアを4つ全部開けて車の外で友人と話してた。

515 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 13:55:52.65 ID:IlEOcXGB0
514続き
ドアを開けて、社内の空気はまぁましになった。
私も友人も実はこういう心霊体験は何度も経験があるから、慣れてるというか、無視しなれてた。
こういうときどれだけ無視しきれるかって、自分のそのときのメンタルや体調とかで変わってくるから、少しでも自分が元気な状態でいないと酷い目にあう。
で、ここからが何度も心霊体験してる中で結構珍しい体験だったんだけど
運転が再開してしばらく、目の前にトンネルがでてきた。

516 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 13:58:29.11 ID:IlEOcXGB0
514続きます。
もう背筋がぞわってして、冷や汗ってものを初めて知った。
複雑な道じゃないし、最初に通ったトンネルを通らない道を戻るだけだから間違えるなんてあり得ないとわかりつつも、あぁ、道間違えたんだなぁと思うことにした。
友人も「ごめん、道間違えた。戻るわ」って言って戻ろうとした。
Uターンしてすぐ別の角を曲がると目の前にまたトンネルがでてきた。
私は地元の人じゃないからあんまり詳しく知らないんだが、このトンネルは第一、第二、といくつかあって、トンネルが周囲に密集してるってことらしいんだけど

517 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 14:00:06.25 ID:zH5gCVXi0
安易に超自然にしなくても伝わる社会の訪れはまだ遠いか。
生身の人間のストーキングの方が余程、タチが悪い。
T圭三というのは逆則(予めレールを勝手に作る)を利用して、
特定個人に了解なく、身内に成りきったり婚姻届けを勝手に出したり、
また世間に先走りで特定個人との婚姻関係を吹聴したり、
その上で、脅迫を利用して、特定個人に包囲網かけたりしてた屑だ。
全て力づくで嘘を押し通して、特定個人を囲い込み、
他の家庭をわざと色沙汰をけしかけて分断に追いやったり、
卑怯者の極み。しかし、その実態はホモだし。

518 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 14:00:46.47 ID:IlEOcXGB0
516続きます。
でも不思議なことに車についたカーナビ(壊れてはいない)には車を示す矢印の周辺地図にはトンネルの表示はなかった。
「あぁ、やばいなこれは」と思いながら「なんか世にも奇妙な物語でこんな話あったなぁ。戻っても戻っても同じとこにでるみたいな」ってことを思い出してた。
運転席の友人の顔を見ると、顔が青かったので、同じように「やばい状況」ってことは感じてるらしかった。
後部座席に見えない人が乗ってるってことなんて忘れる程衝撃的だったし怖かった。

519 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 14:02:10.60 ID:zH5gCVXi0
勝手に予定し勝手に予定通りにし勝手にストーリー強制。
こんなのが世間にはわりと居るんだから超自然的な書き直しして、
あんまり分かりにくくすると断罪も難しくなる。
もう少し複雑化し過ぎず、古来よりの韻を踏むようにしてくれないか?
オカルトに頼りすぎて、昨今は返って、分かりにくくなっている。

あ、ちなみに俺が噂のイルミナティ党首です。ただの個人主義です。
何も起きませんでしたな。だって、噂だもん、当たり前だろ。

520 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 14:03:45.36 ID:IlEOcXGB0
518続き
「このトンネルを通らないと帰れない」っていうことが二人ともわかってて
友人「どうする…」
私「いや、行くしかないだろ…」
と意を決してトンネルを通過した。
トンネルを通ってる最中、私は目をつぶって耳も塞いでたので周囲の様子は全然わからなかったけど、
傘がなくて雨が身体に当たる感じあるだろ?あんな感覚で熱い火の粉みたいな赤い雨みたいのが身体に当たってチリチリ熱いって感じがした。

521 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 14:07:33.22 ID:IlEOcXGB0
520続き
しばらくすると友人が私の肩を叩いてトンネルが終わったのを教えてくれた。
そんなに長い時間じゃなかった。
早く車の通りが多い道に行きたくて、車を飛ばして大通り沿いのコンビニに車を停めた。

コンビニに向かう途中、気を紛らせたくて友人に「何か下ネタを言ってくれ」と無茶振りしたら、友人は「おっぱい」と一言言った。

522 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 14:11:40.45 ID:IlEOcXGB0
521続き
コンビニに着いて、無事に生きて帰れたことに安心したものの、どうやらトンネルを通ってる時に後部座席に人が乗ってそのまま乗せてきちゃったらしい。
見えないけど女の人って勘はした。
どういう風に死んた人が見えるのか聞かれたことがあるけど、
後部座席見ると、肉眼では見えないけど頭の中に、ぼやっとした女の人が下向いて座ってるビジョンが頭に流れ込んでくるようなそんな感じ。

523 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 14:15:24.01 ID:IlEOcXGB0
522続き
トンネルを通ってた時の様子を運転してた友人に聞くと、
耳と目を塞ぎたかったがハンドルを握ってるのでそうもできず、アクセル全開でトンネルを通ったそう。
iPodの曲をかけてたんだが、ザーザーっていう砂嵐の音に変わったらしい。
あと、私が感じた火の粉の雨みたいなのも、友人も同じように感じたらしい。
もうとにかく忘れたかったので、コンビニでしばらく話をして、明け方近くに解散した。

524 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 14:20:53.25 ID:IlEOcXGB0
523続き
後部座席に見えない人が乗ってる車で家まで帰る友人が少し気になったがそのまま見送った。
自宅に帰り風呂は入ったが、少し気になったので部屋でお香を焚いた。
布団に入って寝ようとしたら、窓ガラスをノックする「コンコン」って音がする。
ここで窓開けたらやばいな、と思いつつ、無視したが、一定の間を開けて「コンコン」「コンコン」て人がノックするような大きさの音がする。
こういうとき「怖い」と思うと余計に危ないので、おい朝方だぞ。こちとら遊んで帰ってきて眠いだよ、ボケが。うるせえからどっかいけ。と心の中で毒づいてたら静かになったのでそのまま寝た。

525 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 14:27:15.22 ID:IlEOcXGB0
524続き。長くなったがもうすぐ終わる
次の日の朝に、ものすごく霊感の強い母親に体験した話をしようとしたら、
昨日心霊体験したんだけどさ、トンネルでね…ってとこまで言ったら、急に顔色が変わって、「あんた、その話人にしない方がいいと思う」とマザーストップがかけられた。
それから私は多少調子が悪い日がが続き、回復してから友人に連絡をとると、
やっぱり友人も体調を崩したらしく、熱がでて物が数日食べられなかったらしい。

526 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 14:30:03.67 ID:IlEOcXGB0
525続き。最後です。

夢で車の後部座席の女の人がでてきたり、数日怖い思いはしたらしい。

お祓いは受けてません。
心霊体験は時々するが、基本無視して気づいてないふりでやり過ごして元気に普通に生きてます。
大きなオチもないが、長くなってすまん。
読んでくれてありがとう。

527 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 16:14:16.73 ID:kpXCo3AQ0
http://getnews.jp/archives/278483

528 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 18:45:30.42 ID:11/C2IbQ0
>515
社内?

529 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 18:58:15.15 ID:DasfKX5H0
>>526うげっ!怖い!!
けど、なんで話しちゃダメって言われて話したの?嫌味とかじゃなくて、不思議に思った。
もう話しても全然、平気ってことかな?

530 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 19:13:13.38 ID:iwTV/ccs0
へぇ〜・・・「心霊トンネルで呪われた」かぁ・・・・。
「自分は霊感ないけど霊感のある親族」かぁ・・・。
へぇ〜・・・。

ハァ・・・。

531 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 19:14:43.22 ID:tvob/sMR0
もうトンネル飽きた

532 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 19:48:01.77 ID:6mvg141D0
前振り()
長文()
心霊スポット()
霊感のある親族()
36,000点

533 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 20:03:32.42 ID:9h/r2/fXO
ほんとに怖いのはそこじゃないと思うんだが、自分だけなのかな

534 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 21:01:24.69 ID:zem+BcRf0
寒川に近いこの畑の中の一軒は、囲う防風林の中で死者の訴えのような風声を聴いていた
桜の蕾も開きかけたというのに、家の中は防風林の木洩れ日が磨り硝子を通して入るほどで、
あと幾年で更地になるのかわからない運命を辿ると思われた

元の持ち主は建築組合の税理士で、85で亡くなるまで長い間独りきりでこの家にいたそうだ
その息子が不動産管理を委託し、激安物件の一軒家を探していた俺の目に止まった
俺はそもそも人とあまり話すのが得意ではないのだが、それだからと選んだ筈の仕事が
何故か皮肉にも人様と折衝ばかりする事になってしまい、人避けしたさに人口の少ない
ここの土地を選んだわけなのだか……

「うう…」
『父ちゃん寒いぃ…』

日曜の9時にやっと目が覚めた
6時起きが日課のような俺にとってこの遅い目覚めは、居候の座敷幼女の相手を深夜までしていた事による…

「スーパー行って買い物してこなくちゃー…」
『ハヒュハヒュハヒュもっとギュッと抱っこハヒュハヒュハヒュハヒュ』
「お前の布団敷いてやったろ!なんで自分の布団で寝ない!」
『父ちゃんといっしょに寝ないとね、父娘(おやこ)だし』
「まだ結婚もしてない」
『しちゃだめだよ?』
「結婚相談所に入ろうかな、もう来年29だし」
『そんなこというのは、ムスメ汁が足らないからだよ さ、チュウしなさい!』

ぐにゅーっと蛸口を寄せてくる座敷幼女
俺がこの折角見つけた家を出る日は遠くない

『早くチュウ!ハヒュハヒュハヒュ』
「うるさ…勝手に口くっつけてくるな!」

535 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 21:35:39.74 ID:oG4Lytmd0
あっちでみかけたのでこっちにも拡散

他人に迷惑をかけるのはやめよう
他人が見て面白いことを書こう
大勢の読者がいることを意識しましょう。

ユーザーの良識に任せたいのですが、「明文化したルールがない」ことを
逆手にとってなにをしてもいいと誤解する人が多いので、、、
http://info.2ch.net/before.html

536 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 22:23:03.73 ID:zem+BcRf0
ほかに困った事が一つある
座敷幼女の体臭だ
なにも(体臭が)ないと思うだろ?
あるんだよ、それが…
何というか、乳幼児のような独特の乳臭さ…
それが凄く強いのだ
仕方なくカルバンクラインつけて誤魔化し、周りから前にも増して変な印象持たれてる有り様

「ベタベタするな!」
『ベタベタしたい!』
「くっ……留守番してろ!晩御飯の材料買ってくるんだから」
『いっしょに行く!』
「こなくていい!」
『ぜっ……ったいに行く!』

そうはいっても、家の外に出ると彼女の姿は見えなくなる
見えているのは玄関の中までだ

だが、彼女は嘘を言ってるわけじゃなかった
スーパーに入ると途端に買い物かごがお菓子売り場に引っ張られていく
棚からお菓子が独りでに投げ込まれる
俺はそれを慌てて戻す
また勝手に投げ込まれるの繰り返し
姿が見えてたら蹴飛ばしてやりたい

此方も向きになって戻していると終いには腕に噛みついてくる
仕方ないので少し残してレジまで持って行く羽目になる

「とんだお荷物に憑かれたもんだ」
『まったく甲斐性のない父ちゃんだよ』

声が聞こえた辺りを頭に来たのでムチャクチャに拳を振り回してみたが、一発も当たらなかった

537 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 22:43:40.61 ID:IlEOcXGB0
仕事だった。レス遅くなってすまぬ。反応あって嬉しいす
>528
ホントだwオフィスかよwわざわざ書きためたのにww私馬鹿野郎w指摘ありがとう

>529
霊感の話になっちゃうけど、感情移入強い人とか要はもらいやすい人とかに話すと危ない。
友人は感情移入が激しいタイプだったからよくいろんなとこでお持ち帰りしてくる

538 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 22:55:13.03 ID:IlEOcXGB0
>530なんかスマン
>531確かに。心霊スポットとしても超有名なとこだからありきたりになるかもな
>532なるべくわかりやすくと思ったらこんな文章になっちまった。実話を面白く語るのは難しいな
>533怖い点はわからんが、結構いろいろ心霊体験はしてるから、わりと鈍いかも。「おっぱい」と言った友人にはある意味戦慄したわ

539 :八坂:2013/03/18(月) 22:59:08.23 ID:EcSqbilT0
初めて書き込みます。
私は霊感ゼロの平凡な人間なのですが、人生で一度だけ霊体験をしたことがあります。

自宅はマンションで、私の部屋は廊下に面しています。なので人が通るとすぐに分かり、
薄手のカーテン越しに人影がはっきり見えてしまいます。
高校1年の時のことです。私は私室で夏休み前の定期考査に向けてテスト勉強をしていました。
外は酷い雨で時間も2時半を過ぎたところでした。
流石にもう寝よう、と思い始めた時です。

トタン、トタン、トタン
キャハハハハ...

小さな子供の笑い声とスキップしているような軽快な足音が聞こえてきました。

540 :八坂:2013/03/18(月) 23:02:49.98 ID:EcSqbilT0
>>539続き
マンションの端に1台だけあるエレベーター付近から聞こえてくるようだったので、
同じ階に住む家族が何処かに出かけていて深夜に帰宅したのだと最初は思いました。
しかし、妙なのは子供の笑い声と足音しか聞こえないこと。
私は「親は諌めないのか?非常識な・・・」と思いつつも、素早く部屋の電気を消しました。
今思い返すと、私は何故かその子供に起きていることを知られたくなかったようで、声から逃れるように
ベッドに潜り込んだのです。

541 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 23:05:11.17 ID:9h/r2/fXO
>>538
すみません内容ではなくて
ご本人のものかわからんけどメアド載せてる意図がわからなくて怖いと

542 :八坂:2013/03/18(月) 23:05:19.56 ID:EcSqbilT0
>>540続き
トタントタントタン!
キャッキャッ!

声はどんどん私の住む部屋まで近づいてきました。
そこで私はふと思いました。
何故子供の声と足音だけなのだろう?何故親の声も何も聞こえないのだろう?
私はただひたすら目を瞑り、子供が通りすぎるのを待ちます。

543 :八坂:2013/03/18(月) 23:18:32.72 ID:EcSqbilT0
>>542続き
あと少しで通り過ぎる!
そう期待し、ドキドキしながら声が通り過ぎようとしたその時。
ピタリと私の部屋の窓の前で声と足音が止まりました。

・・・・・・。

嫌な静寂が部屋を支配します。

544 :八坂:2013/03/18(月) 23:28:40.71 ID:EcSqbilT0
>>543続き
窓の向こうにさっきの声の主がいる・・・。10cmほど開いた窓の方からは絡みつくような視線のようなものを感じました。
私は恐怖と好奇心からか、起き上がって窓の外を見たいと思ってきましたが、体が動きません。
足を窓の方向に向けて寝ていたので、起き上がれば自然と窓が正面に来るのですが、やはり体は石のように動きません。
だんだん、冷静になってきた私は「今起き上がって窓を見たら終わりだ!寝ろ!!」と自身に訴えかけます。
何時間そうしていたかは分かりませんが、気づけば朝日が差し起床時刻を迎えました。

545 :八坂:2013/03/18(月) 23:32:46.61 ID:EcSqbilT0
>>544続き
朝だと気づいた私は飛び起き、母に昨夜のことを伝えました。
しかし母は「・・・まぁ、この年頃にはよくあることやし忘れ。」と言うだけで信じてくれませんでした。
あれ以来、霊体験はしていませんが個人的には洒落にならないくらい怖い出来事でした。
(終)
※読み辛く、大変失礼致しました。

546 :本当にあった怖い名無し:2013/03/18(月) 23:44:23.38 ID:oG4Lytmd0
お疲れ様
よくがんばった

547 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 00:08:53.62 ID:6cxxwe1z0
帰りの電車の中で座敷幼女の事を考えていた
この家に越してくるまで、この座敷幼女は一体どうしていたのか?
一体この座敷幼女というお化けはどこから発生してどこで終わるのか……
疑問に思っていたが、何となく聞きたくもあるようで聞きたくない事だった

ところが家に着いたとき、今夜はそうも言ってられなくなった……
帰宅して土間で靴を脱ぎ、居間の障子を開けたとき
ゾッとしてそのまま会社に戻ろうかとさえ考えた

なんか…
増えてるっ…
座敷幼女が友だち連れてきてるっ…

『あっ、父ちゃんお帰り』
【これがなっちゃんのお父さん?】
〔へー、カッコいい〕
〈紗百合のパパよりイケメン〜〉

「なんでこんなにいるんだよ!」

[チンコでかそうだよぉぉおおおう!!!!!]

一人だけ変なのもいました

548 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 00:14:19.05 ID:5sCYJxa30
>>547
あんたロリかね?

549 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 00:35:14.18 ID:pDYBp8300
なんやこのつまらん話。
このスレも、飛んでも無いのに憑かれたな(T_T)

550 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 00:52:19.66 ID:ObvnNCFi0
誉めるなよ
照れるなwww

551 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 00:55:42.45 ID:pDYBp8300
どうせ、春休みなのにやる事ないから、相手して欲しくて、皆に迷惑かけてんだろ?

暴走族と一緒やん(^_^;)

552 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 03:16:03.96 ID:3wBJJF/i0
座敷荒らしは長期休暇関係なくオカ板に常駐してるんですけど

553 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 04:25:56.65 ID:vGbNJlYy0
以前勤めていた会社で起きた怪電話の話です。

私は1年前まで札幌にある某会社でSEとして働いていました(現在は退職済み)。
3年ほど前のある日、同僚たちが客先に出払って人気の少なくなった夕方のことだったと思いますが、私はパソコンのモニターと睨めっこしながら、プログラムのコーディングを行なっていました。
と、そこに一本の電話が)私は当時若手で後輩もおらず、自然と私が電話番の役を担っていました)。
「はい、◯◯◯(うちの会社の名前)です」
「………」
しかし、相手は何も喋りません。無言電話です。暫くしても何の応答も無いので、私は電話を切りました
(当時、これとはまったく無関係と思われる、ちょっと不思議な無言電話も極たまに掛かって来ていたので、それかなと思っていました)。

554 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 04:28:56.66 ID:vGbNJlYy0
受話器を置くと、再び電話。受話器を取り上げると、また無言。
それも切ってしばらくすると、三度無言電話が掛かって来ました。ナンバーディスプレイを見ると、先の2回と同じ番号です。
変な電話だな、と思っていましたが、私はこの時、ふとこのまま暫く無言電話を繋いだまま、放置してみたらどうなるだろうと思いつきました。
というのは、無言電話の先から、何か息遣いのようなものを聞いた気がしたからで、無言電話と対峙する機会など滅多にないので、ちょっと実験してみようと考えたのです。
職場は人が出払っていて閑散としているし、電話回線は何本もあるし、コーディングは無言電話を聞きながらでも出来る。
そう思い、しばらく受話器を肩で抑えながら、2分ほどコーディングをした時のことでした。

555 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 04:33:37.25 ID:vGbNJlYy0
「…アハハハハハハハハハ!! 待ち過ぎィィィィイイイ!! アハハハヒヒヒヒハハハハハ!!!!!」

若い男の声で、狂った笑い声が聞こえてきたかと思うと、その電話はブツッと切れてしまいました。
私が驚いていると、またしても電話が掛かってきました。ナンバーディスプレイは、またしても同じ番号。
またあの変な電話だろうか…と思い受話器を取ると、今度はまったく別の声が聞こえました。
「もしもし。本当にすみません、わたくし、◯◯と申しますが…うちのSをお願い致します、すみません…」
聞こえてきたのは、先ほどの若い男とは全く違う、疲れたような年老いた女性の声でした。女性はしきりに謝りながら、Sさんを呼び出しました。

556 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 04:35:21.92 ID:vGbNJlYy0
Sさんというのは、私の会社の先輩社員で、入社したての頃、東京で行われたプロジェクトに出張して仕事をした時に少しお世話になったきりの人で、
札幌にいる時も勤務場所が違うため、普段からあまり見かけない人でした。
その日はそれ以上は何もありませんでしたが、それから暫く経って、Sさんは退職してしまいました。
殆ど付き合いのない人でしたし、退職された理由も全くわかりませんでした。
ただ、あの怪電話があった後、Sさんが人気のない廊下で、携帯電話片手に何か深刻そうな顔で話をしているのを見たことがあります。
仕事の電話であれば、職場でするでしょうから、私用の電話だったのだと思います。
果たしてその深刻そうな電話の内容や、退職した理由が、あの怪電話と何か関係があるったのかどうか?
今となっては、もはや確かめる方法もなくなってしまいました。(終)

557 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 12:09:49.50 ID:H564IIhd0
怪電話じゃねえイタズラ電話だ
頭湧いてんのか?

558 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 12:51:24.37 ID:g2JW1h8X0
当事者にしてみたら当たり前の話なのに、
事情を知らない観測者からしたら、不可解な事が連続してると見る
まさに典型的なオカルトの成り立ちだけど、怖くはないな

この件を実話だとして、正直頭の中でいろいろ背景とかホラーな展開を空想したんだろ?この板に来る様な人間なんだしさ
フィクションにしていいから、その空想の中で一番怖くしたものを、うまいこと書きあげて投稿した方が良かったんでないかい?

559 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 13:40:43.41 ID:z0CI8wM1O
そもそも本人ですら怖がって無いんだから単なるスレチ

560 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 19:47:45.18 ID:/B5Nc0At0
だよな

561 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 21:18:32.15 ID:SdpKXHzk0
この荒ら屋に小さな女の子ばかり集まって語らっているのは強烈な違和感だった

〔なっちゃんのお父さんは雑誌投票でも人気だよね?〕
『シッ!』
【……そか、知らないのか】

「おい、なんだよ。気になるなあ…」

つい、口を挟んだ
「俺の事と雑誌となんの繋がりがあるんだ?」

〔うう…〕
【バぁカ】
〈はい、これ〉
『ダメ!出しちゃダメ!』

独りが目の前に二冊の雑誌を出した

「PaPa*Fan、父娘くらぶ、こんな見たこともない雑誌、書店にあるのか?」
【どこにもないよ。あたしたちしか知らない、あたちたちだけの雑誌だもん】

奇妙な事を言うなと、思ってパラとページを捲ってみた

「なに?…このベストPaPaさんってのは?」
〈みんなのお父さんの紹介記事〜♪〉

なんか俺が写ってる…

「えっ!なにっ?なんだこれ!
 俺の名前から年齢身長体重既往歴、現在の年収?こんなんまでなんで載ってるんだよ!
 うっわ…。あ、なんだよこの性癖ってのはよーっ!」

562 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 21:31:03.89 ID:SdpKXHzk0
【だからあ、みんな自分の父親を見てもらって自慢したいってこと!】

一番年長そうな、9才くらいの女の子が興奮気味に声を上げた

〔どんなお父さんか、お父さんと自分の悩みとかも書いてあるよねっ?〕
〈紗百合のパパなんて、絶対紗百合が浮気してるの知ってて紗百合で隠れてオナニーしてるのよ〉
【変態はだまってろ!】
〈やはぁあん変態じゃないもん!紗百合は普通に生きてるんだもん!〉
フリルいっぱいの白いヒラヒラドレスの黒髪の長い取り分け美少女の子が、常時潤ついた目で俺を見ながら
連続で溜め息吐きながらスカートの中に手を入れてモゾモゾさせていた

俺は頭が痛くなってきた…

「取り敢えず、俺もう寝るわ…」
『なつたちのゴハンはぁ〜?』
「はあっ!?」

それから座敷幼女軍団のために嫌々ながら晩飯を作らされた
しかも彼女たちは深夜12時まで自分たちの家に帰ってくれず、とうとう狭い我がねぐらで雑魚寝をし始めた
やれやれと思いつつ、ありったけの布団やカーテンまで外して掛けてやり、自分は新聞紙を被って眠りに就いた
それでも朝には、新聞紙の中で夏が身を寄せ寝息を立てていた…

563 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 22:15:46.77 ID:3wBJJF/i0
どうすんだよコイツ

564 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 22:39:33.31 ID:Cq1bWYwP0
不可解な事が連続して頭の中でいろいろ背景とかホラーな展開を空想した所で、

所詮は独りよがりの妄想に過ぎないのだと自覚してくだしあ

565 :本当にあった怖い名無し:2013/03/19(火) 23:01:43.21 ID:SdpKXHzk0
つまり俺は何書いてもいいって事だよ!

566 :本当にあった怖い名無し:2013/03/20(水) 01:13:35.22 ID:z4+UHlb30
春になるとどのスレもキチガイで満開だな

567 :本当にあった怖い名無し:2013/03/20(水) 09:33:30.07 ID:p6D0hNpY0
桜が咲き出した
花粉症の寡夫には咲く花を見上げるより、目をこすり、くしゃみをする度にポケットを弄るだけの季節だ
ところが今年はちょっと違った
どこに行くにも着いてくるのである
正確には常時憑いていると言った方がいいか
通勤中も、出勤してても、俺の隣に夏がいるようなのである

夏の正体が薄々分かってきたのは、他にもいる座敷幼女たちの話を耳にしたことからだ
どうやら彼女たちは、俺が生まれるずっと前の時代から生き続けさせられている存在のようなのだ
誰がいつの頃から彼女たちを生かし続けているのかは分からない
そして、彼女たちの住む世界はこの世と交通が出来る世界で、死後の世界とは違い、
生きた身を維持したまま老いることなく存続できる世界だということ…
それは何者かが彼女たちの身をその様な環境に適応して生きるようにしてしまったという事なのだ

彼女たちは自分の本当の両親が遥か昔に土に還っていることを知っている
寧ろ過去の物として理解し、積極的に現在を受け入れ、どんな背景があろうと逞しく今を生きることを進めている
小さな彼女たちは、自分たちを生かし続ける存在を頼りにしながらも、矢張り一番仲間を大切にしているのだろう
そうでなければ、昨日のような集まりはあるまい

夏たちはまるで飼われた犬が飼い主を認めるかのように振る舞い、独身の男を親に見立て、
今まで色々な人に向けて同じ事をしてきたのだと感じる
それを何時まで繰り返すのだろうか?
彼女たちの安らげる終わり方は何時来るのだろうか?
見方によっては、不幸なロボットにされてしまった誰かの玩具のようですらある
いや、実際そうなのかも知れない。誰がなんの目的でそうするのだろうか……?

「いてっ!」
薄暗い部屋を箒で掃きながら(残念ながら出力の高い掃除機のような電機製品は使えない)、
そんな事を考えていたら、不意に腰のあたりをポカッと殴ってきた

「なんだよ!」
何がおかしいのか、夏は後ろに立ちながらニコニコ笑っていた

568 :本当にあった怖い名無し:2013/03/20(水) 11:54:25.48 ID:gk8xyHgQ0
さすがにげんなり

569 :本当にあった怖い名無し:2013/03/20(水) 11:58:50.87 ID:SU/0tEKpO
ひらがげんない

570 :本当にあった怖い名無し:2013/03/20(水) 12:04:17.14 ID:uhaXlZ/iP
脳内再生 倖田來未

571 :本当にあった怖い名無し:2013/03/20(水) 14:50:41.62 ID:A5J3I0lp0
この前おさわり探偵のサブキャラ見て思い出したから投下。

大学生の頃友達が彼氏と喧嘩して1週間程うちんちで同居してた。
毎日飲んで喋って一緒の布団で寝てたんだけど、
3日目の夜中になんか目が覚めて、眼鏡探そうとベット脇のライトつけたら友達が恐ろしいくらい口をあけて、しかも半目でこっち向いてた。
めっちゃびびって脳みそ停止した。
もう本当凄い怖い顔だった。普段可愛いかったからさらに焦った。
話しかけたくはなかったけど、怖かったから小声で名前を呼んでみた。

572 :本当にあった怖い名無し:2013/03/20(水) 14:52:56.09 ID:A5J3I0lp0
そしたらなんか口じゃなくてお腹のあたりくらいから「おおぉ」みたいな声がきこえてきた。
友達は女だけど、低い声だった。
1回その声がしてからはずっとその声が聞こえてた。おおおぉぉぉおおぉぉみたいに。その間も友達は口空けまくって、半目。
10分くらい動けずにいたけど、怖すぎて近くのコンビニに逃げた。

次の日友達から電話かかってきてビビりながらでたけど普通だった。
友達には言えず、嫌だったけど友達に背中向けて寝て1週間耐えた。

573 :本当にあった怖い名無し:2013/03/20(水) 16:00:19.87 ID:RLkC3nH00
1週間後にようやく友達が出て行ってくれて、1人で寝れることの解放感からかぐっすり熟睡できた。
でもふと夜中の3時くらいに何となく目が覚めて、ベッド脇のライトを点けようとした瞬間、手が止まった。全身固まったんだけどめっちゃ小刻みに震えてたと思う。
誰もいないはずの真後ろから、またその声が聞こえてきたの。


ハヒュハヒュハヒュ

574 :本当にあった怖い名無し:2013/03/20(水) 22:16:52.68 ID:9TvQOK920
友達は被害者ってことだな

575 :本当にあった怖い名無し:2013/03/20(水) 22:33:18.14 ID:u8xyskDE0
カチャカチャ ガラガラガラガラ

夜8時、独身の俺の借りている畑の中の一軒家には電気(照明)が点いていた
有り得ない……なんでやねん……

『お帰りなさい、父ちゃん!』
「…………」
『ただいまは?』
「……………(うっせーなー)」
『ただいまはっ!?』
「何だよ!……」
『ただいま言わなきゃウチに入れてあげない!』
「…………ただいま」

疲れてるのにふて腐った顔で呟くと、夏はいいだろう、通してやると言わんばかりに
上がり框から後ろに下がった
全く家賃払ってるの誰だと思ってんだ、居候の妖怪のくせに

『ごはんなに?』
「これ食ってろ」

スーツを脱ぎながら卓袱台の上にタイムセールのマグロの刺身を置いた
夏は食器棚から橋や茶碗、小皿や醤油刺しを出すと上に並べる
今日はウチにずっと居たらしく、朝切っておいたジャーの保温スイッチが入っていた

『早く食べようよ!』
「ふぁーっ、本気で嫁探さないとな…」
『大丈夫だよ、見つかりっこないから!』
「……………」
『なつと父ちゃんはずっとここにいる運命なんだもん』
「……………(`_´;)」

576 :本当にあった怖い名無し:2013/03/20(水) 23:13:33.56 ID:9pzEcDtV0
マジでどうすんのこの流れ

577 :本当にあった怖い名無し:2013/03/20(水) 23:18:44.60 ID:9TvQOK920
春だし仕方ない

578 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 00:13:35.92 ID:++N5UMa+0
春めいてくると暖房も要らなくなる
そう、座敷幼女と二人一組の布団で身を寄せ合って寝ていても何も不自由に感じなかったが、
流石にこの暖かさでは寝苦しい

が、夏は違った
寒がりなのである
普段から白い帷子に赤の浴衣帯を締めて、下着は叉の割れたパンツのようなものを履いているだけ
俺が横向きになると、決まって俺の脚の間に自分の脚を突っ込んでくる
お互い横向の姿勢で、夏は身体を密着させて外気を入り込ませないようにしていた

所詮は小便たれの幼い女児である
なんでこいつと暮らさないといけないのか、俺のささやかな孤独ライフを奪いやがってと思ったりもしたが、
これが真人間の暮らしなのかなあと、疑似体験してるようで面白くもあった

『ん、父ちゃん……』
「暑いよー、夏」
『寒いぃ……』

ますます、引っ付いてくる
夏になったらどうしよう……

『父娘(おやこ)ぉ……』
「涼しくなるような名前にしろ!」
『……ふにゃ?』

579 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 00:16:40.71 ID:lD1c07Cv0
ふにゃじゃねえよ需要ねえっつの

580 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 00:30:18.80 ID:2vuv66vj0
洒落にならーーーーーーーーーん

581 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 00:30:42.41 ID:z5R47KvZO
ふにゃカスはスルーしょうぜ

582 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 00:35:17.99 ID:+PoAdZ6fO
夏は俺のモノをしゃぶった。お返しに俺は夏のアヌスを…

583 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 00:43:48.02 ID:++N5UMa+0
「夏!」
『なあに?』
「お前、夕べなにしてた!」
『寝てたよ、父ちゃんと』
「ちーがーう、布団で俺に何してた!」
『なにも?』
「嘘吐け!指しゃぶってるうちにその指、俺の口に入れたり、またしゃぶったり繰り返してたろう!」
『だってそんなこと父娘だし!』
「親子はやらない!そんな事変態だったり、妄執の強い父親が娘に懸想するような事だ!」

ポカンと口を開けてる夏
言葉が分からなかったか……

『とにかく父ちゃんはあたしのいうことを聞け!』
「ンガギィィイイイ〜〜!!!!」
『父ちゃんはね、娘の愛をもっととらないとダメなの!
 もっともっとなつを愛さないとね?父ちゃん!
 今夜もタップリなつの唾をのむんだよっ?』

きっと、こいつを欲しがる奴は世の中に星の数ほどいるはずだ
こいつはなんで俺のところに現れたんだ……

『ヘンタイはいや!』
「心読むな!」

584 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 01:02:09.62 ID:lD1c07Cv0
キモイ
童貞こじらせすぎ

585 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 01:04:01.96 ID:++N5UMa+0
ふふふ

まんまと読んでいるようだなwww

586 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 01:10:13.27 ID:3nvt8EKY0
俺も頑張って書くぞo(^o^)o

587 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 01:32:25.08 ID:uVS2jsra0
座敷NGにしたのに全然消えねえ

588 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 01:50:22.46 ID:Fd8qIIWD0
ふっふふ

巧みに確定ワードを殺して目に入れようという仕組みを分かってもらえたようだなwww

589 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 01:59:55.78 ID:3nvt8EKY0
昨年のはなし。友人と二人で夜中にドライブに行った

目的もなく久々に会った友人とたわいもない話で盛り上っていたところ、車が何かを轢いてしまった

車から降りて確認したところ、ダンボールだった

友人「何だよコレ。車に傷ついたんだけど」

ぼく「うはwwカワイソスwwww開けてみようずwwwwww」

開けてみるとそこには………

続きはまた明日(‘ー‘)/~~

590 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 02:07:10.54 ID:Fd8qIIWD0
座敷幼女が入っていた!

完結

591 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 02:59:17.27 ID:g6hjgAaE0
新人ラノベ作家発掘コンクールみたいなのの選評が以前どっかに貼られてて、それ読んだら
「『地』の文章が多すぎるからもっと減らせ。短い会話文を多用しろ。
ページを開いた時全体が黒っぽいと読者の根気が続かないぞ」
みたいなアドバイスを編集者が真顔でしてて爆笑した
深刻な出版不況に追い詰められてなりふり構ってらんないのかしらんけど、
このジャンルのターゲットが池沼スレスレの馬鹿だと明言して憚らなくなってんだな、もはや・・・

592 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 03:14:06.15 ID:OPlnqT8IP
テレビドラマの脚本なんかもスカスカだ
いいたい事をすべて書き込むより、人物が意思表明するためのセリフが載っていればいいんだよ

593 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 03:58:18.01 ID:AYZz1AzuO
面白いラノベは地の文も多いしな。一方ゆとり世代には、直接説明してくれる安易な台詞が多い方が好まれる

実際、何かしら地の文なり会話文なりで、直接字面で説明されなきゃ混乱する奴も少なくないからな
例えば、作中の事実と登場人物の主観の認識にズレがあると、その事を明文化されてないともうアウト
他にも、神の視点の読者の認識と、キャラそれぞれの認識を混同してしまう奴も少なくない
意図を直接文章で書かれてないと、何かしら本意とは異なる台詞とかもダメ。
啖呵を切ったシーンの台詞を、これからそうしますという宣言とガチで受け取った奴が複数出てきた時は、ショックを受けたもんだ

594 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 05:57:12.89 ID:g6hjgAaE0
発話の言外の意味が汲み取れないんじゃ物語を読む楽しみなんてなにも無いと思うけどな
そういう世代がバーンとひと塊になって出て来てこれからの日本を担うのかと思うと空恐ろしい気がする

595 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 07:12:26.40 ID:cv8EE6XO0
スレ違いのつまらない話を延々と何日にもわたって書き続ける人ってどういう心情、精神状態なんだろう?
日常生活でも自分本位で空気を読めず他人に迷惑をかけることが多いのかな・・・

596 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 09:02:21.96 ID:vSPITRlY0
昔テレビでやってた壁の中に黒電話がある話誰か覚えてないかな?
隣の建物から音が聞こえてきてて苦情言って隣に行ったら倉庫でそこには何にもなくて
調べてみたら壁の中からだったって話

ダレか教えてたら話之続きを教えて欲しい

597 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 09:05:25.75 ID:gwN3/mWT0
顔に重いものを感じ目を覚ますと夏の目がすぐ目の前にあった
口に何やら蠢いているのは……

「ン!ンハッ! あぁ?」
『フフゥ〜… ここまでかぁ… ハヒュゥ〜』
「な、なにしてる!?」
『チュウだよぉ。父ちゃん、チュウしてくれないから、なつからこうするしかないし…』
「いや…なんでキスなんか?」
『ねえ、まだなつとエッチしたくならない?』
「はあっ?んなん、なるか!」
『おかしいなぁ、チュウが足らないのかなあ〜?』

仰向けに寝ている俺の体の上に腹這いに寝そべり、うるうるした目で俺の顔にまた顔を近付けてくる夏
夏のやつは布団の中で朝っぱらから俺にキスをしていたらしい
口の中になつの唾液が満ちていた

「どけ、もう。うえっ、うがいしてこなくちゃ…」
『ちょっともう一回チュウ!ハヒュハヒュ』
「邪魔!もう起きる時間!」
『ちぇっ!』

口を尖らせてモゾモゾ降りる夏
幼い夏の身体を意識してしまった
ああ、気持ち悪…

『もうちょっとだぁ…』
「なにがだよ!」

横目で俺が着替えるのをネト〜ッと夏は見ていた

598 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 12:10:20.87 ID:4EEDhJOmO
>>596
よく似た話をたしか稲川淳二がしてたように思う

でも黒電話じゃなくて携帯
いつまでも鳴り続けて煩いなぁ思ってたら隣人が煩いと怒鳴り込んでくる
壁壊すと携帯が
アパートは携帯無い時代に建てられたのになぜ?
バッテリー切れてるのに誰がどうやって?
というような話

599 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 12:14:42.79 ID:0lkP6BDq0
深夜

翠星石は眠れませんでした

翠星石 「ひとりかくれんぼですぅ」

ひとりかくれんぼをする事にしました

翠星石 「でもお人形がありませんね…
     仕方ありません 
     蒼星石でやるです…」そー カチャ

蒼星石は鞄の中で眠っていた
それはもう普通の人形と見分けはつかなかった

翠星石 「ひゃぁ… 良く眠っていますね
     きれー…」

蒼星石は冷たい顔をして眠っている
それはとても綺麗な人形だった

翠星石 「ふぅ 蒼星石を見るのはまた今度にしまして
     はじめましょう」

翠星石は蒼星石をそーっと抱っこして
台所に降りて行った

600 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 12:16:38.14 ID:0lkP6BDq0
台所

翠星石 「本来は米を詰め直してお風呂に沈めるなど残酷な手続きがあるのですが…
まさかそんな事はしませんよ
    よしよし いいこいいこです 蒼星石ぃ」

翠星石は蒼星石を椅子に置いてみた
部屋は電気が消えて真っ暗だった
蒼星石は静かに座っている

翠星石は数を数え始めた

翠星石 「いーち にーい さーん…」

蒼星石はやっぱり眼を瞑ってテーブルに
向かっている

翠星石 「はい 蒼星石みーつけましたよー」

蒼星石は黙ってうつむいている

翠星石 「じゃあ次は蒼星石が鬼ですよ
     翠星石は隠れますから
     百数えたら来てくださいね

     ひゃあー どきどきしますぅ…」とたとた…

翠星石は台所を出た
出際にちょっと食卓の方を見た
薄暗い中で蒼星石は本当に人形みたいに見えた

601 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 12:17:37.43 ID:0lkP6BDq0
二階の部屋

翠星石 「ふふふ… 蒼星石はきっとジュンの部屋を
     探すだろうと思いまして
     裏をかいて誰も使ってない部屋に
     隠れましたよー」

翠星石はその部屋の押し入れの中に入っている
襖はぴったり閉じてある
翠星石はなるべく静かに三角座りして待っていた

翠星石 「ふうー どきどきしますねー…
     自分の思い入れのあるものでやるのは
     良くないのですが

     蒼星石だと安心ですねー フフフ…」

翠星石は気付いて言った

翠星石 「あっ 今のは別に蒼星石に思い入れが
      ないっていう意味じゃないですよ

     蒼星石は大好きですから
      蒼星石でやるのは本来あんまり良くないですが
      あんまり大好きですから
      蒼星石だったらなーんも怖くないですよー」

翠星石はうれしそうにくすくす笑った
一階からは何の物音もしない
蒼星石はどうなったのだろうか?

602 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 12:18:26.63 ID:0lkP6BDq0
翠星石 「ん… なんだか暗い中にいますと
     眠くなってきちゃいましたね…
     あー 真紅も一緒に誘えば良かったですね…
      なんか…」

***

翠星石 「はっ 眠っちゃってました…
    どのくらいたったのでしょうか」

どのくらいたったのだろうか
少なくとも十分は過ぎていただろう
しかし未だ何の兆候もなかった
ただ静かに時間が過ぎていくばかりだ

翠星石はちょっと寂しい顔をした

翠星石 「えーと… そりゃ蒼星石は
     眠っているですから来ませんね…
     ふぅ そろそろさみしくなっちゃいましたですから」

そっと襖を開けて外を覗いてみた
しかしもちろん何もなかった
ただ真っ暗い部屋だった
家中がしーんとして寝静まっている
翠星石はドアを開けてそーっと一階へ降りて行った

603 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 12:20:15.85 ID:0lkP6BDq0
ところが
テーブルには蒼星石はいなかった

翠星石 「あっ…」

どこへいったのだろう
翠星石は思わずあっと言ってしまった

台所はまったくの空っぽ
まるで今まで誰もいなかったかのようだ

翠星石はちょっと不安になった

翠星石 「も もしかして
    いやいや きっと起きちゃったですね
    鞄に戻ったのですよきっと」

しかし二階に戻って鞄を調べたが
鞄も翠星石が開けた時のまま
空っぽだった

翠星石はここにきて少し怖くなってしまった

翠星石 「え… えーと…
     あ あわわ ど どうして」

どうして蒼星石はどこにもいないのだろう
まさか本当に翠星石の事を探しているのだろうか?

604 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 12:24:32.29 ID:0lkP6BDq0
しかし家はしんとしている
誰も動いている気配はなかった
蒼星石が歩いているのならば
足音位してもいいのではないだろうか?

翠星石 「あわわわ こっ 怖いですぅ…
     し 真紅ぅ!」

でも真紅はぐっすり眠っているのか
全く起きなかった
それもまるで人形のように

翠星石 「真紅ぅ… ああん… 怖いですぅ…
     ぐすんぐすん…」

翠星石はぽろぽろ涙をこぼして泣いてしまった

翠星石 「でも… でも蒼星石は翠星石を探してるです…
      だから見つかってあげないと」

翠星石は部屋を出て一階へ降りた

翠星石 「おーい 蒼星石ぃ
     私はここですよお…」

翠星石 「こうやって暗い家の中を歩いていますと
     イザナギがイザナミを探して
     よみの国に行った話を思い出します…」

翠星石は廊下をとたとた歩いて
蒼星石の名前を呼びながら探した

605 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 12:28:46.42 ID:0lkP6BDq0
しかしどこにも蒼星石は見つからなかった

翠星石 「やっぱり二階でしょうか」

一階にいなければ二階 二階にいなければ?
あるいはこれは夢なのかもしれない

翠星石は二階へ戻ってきた もう一回蒼星石の鞄を見てみたが やはり空っぽだ

翠星石 「どこいっちゃったのでしょう…
     やっぱり やっぱり翠星石が…」

翠星石は自分の鞄を開けた
すると

なんとそこには自分とそっくりな人形が横たわっていた

翠星石 「ああっ!」

蒼星石は悪戯っぽく笑って
翠星石を抱きしめた

翠星石 「ああう… 蒼星石ぃ」

蒼星石 「ふふ… よくもこんなふうにしてくれたね
     今夜はねかさないよ…」

翠星石 「きゃ…」

蒼星石は翠星石と一緒にぱたりと床に倒れた

おしまい

606 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 12:29:47.56 ID:eAJJ+3Vi0
      ___   ━┓  ___    ━┓
     / ―  \  ┏┛/ ―\   ┏┛
    /  (●)  \ヽ ・. /ノ  (●)\  ・
  /   (⌒  (●) /. | (●)   ⌒)\
  /      ̄ヽ__) /   |   (__ノ ̄  |
/´     ___/     \        /
|        \          \     _ノ
|        |          /´     `\

607 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 12:30:25.50 ID:l5cr70Vp0
SS総合スレ

608 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 14:49:34.60 ID:3uR+sZlz0
書き込むのここでいいかわからないけど…

あるまとめサイト見てたらここのまとめが載ってて、
霊の集まるだか通る場所がなんとかって話が出てたから
暇だったので何の気無しに「霊 通る場所」でぐぐってたんだ。

そしたらそのまんま「霊道」って言葉とその条件とか内容が出てきた。
そして読んでいるうちに、それがそのまんま以前住んでいる家にあてはまる事に気がついたんだ。

609 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 14:58:08.34 ID:3uR+sZlz0
私は以前、千葉県I市のI駅から徒歩7分の所に2年程住んでいた。
そこを選んだのは、犬を飼っていたので広くて安いところを借りたかったから。
3DKオール電化で64kだった。
多少外観は古いけど中は綺麗だし、都内までは約40分。まあまあ快適だった。

私はそこに暮らしながら都内のキャバクラに勤め始めた。
まずそこが頭がおかしいと思うんだけどされはおいといてくれ。

生活は荒れた。
キャバクラと言っても稼げなかった。
と言うか、初めてな事もあっていいように使われた。
売上月150あっても月収は20そこそこだった。

610 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 15:03:19.74 ID:3uR+sZlz0
毎日朝3時頃帰宅で休みは日のみ。
ほぼ酔っていたり疲れていて何も出来ない。
東北に居た頃から溺愛している飼い犬に構ってあげられない毎日。
体が弱い子だったから病気通いは必須なのに。

そんな日々を過ごしていたある日、
その犬が死んだ。死因はわからない。
その二日前辺りからご飯を食べなくなって、これはおかしい、
明日は休みだから一眠りしたら病院に連れて行こうと思っていた矢先だった。

611 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 15:07:44.04 ID:3uR+sZlz0
私はもう完全に気が狂ってるんじゃないかと思うくらい泣いた。
犬はその日のうちにお骨にしてもらった。
自暴自棄とはああいう事を言うのだろう。
より、生活は荒れた。
後悔してもしてもしきれなかった。
死にたかった。

亡くなって一週間も経ったころだろうか。
家でうとうとしていたら
玄関から誰かが入ってくる気配がした。

612 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 15:12:54.21 ID:3uR+sZlz0
え?誰?と思いながらも、体を動かすことが出来なかった。
はじめて「金縛り」にあった。
私が寝ている時間は昼間だったので、
いろいろな事を考えた。
親?不動産屋?あり得ないのに。

入ってきたそいつは、私が寝ていた居間(寝室の布団では犬が死んで以来寝れなくなった)の引き戸を開けて入ってきた。
冷や汗と動悸が止まらなかった。怖い。

613 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 15:18:41.24 ID:3uR+sZlz0
長くなった。まとめるの難しい。


枕元に、確実に居る気はするのに、相変わらず体は動かない。
そうこうしていると、そいつは私の頭を踏んで、
掛けていた毛布に入ってきた。
懐かしい感触。
飼っていた犬の感触だった。

そこで体が動くようになった。目が覚めた様な感覚。
勿論そこに犬は居ない。
玄関の鍵も閉まっている。誰か来た形跡も無い。

泣いた。号泣した。
もしかしたら夢だったのかもしれない。
夢でもいい、会いたい、また会いたい。
私はその日から眠る事だけが唯一の楽しみになった。

614 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 15:23:43.94 ID:3uR+sZlz0
その事があってからその家には約一年半住んだのだが、
誰か入ってくる足音、気配→引き戸を思い切り開けられる
そんなパターンの金縛りに度々遭うようになった。
残念ながら犬は一度も出て来てくれなかった。

犬を亡くして病んでいたから、で説明がつくのかもしれない。
それでも初回の金縛りの時来てくれたのは犬だったんじゃないかと今でも思っている。

615 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 15:33:51.07 ID:3uR+sZlz0
その家から引っ越して今、約3年が経つ。
今の家では金縛りも無くなった。
元々、霊感も無いし霊的な物に物凄く興味があるわけでもないので、
この話はたまに話のネタに人に話す程度だった。

そうしたら今日、冒頭に話した「霊道」の存在を知った。
そしてピンと来た。あれ?もしかしてあの家…。
まさかね、と以前住んでいた家の地図を開いた。

616 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 15:42:01.88 ID:3uR+sZlz0
その家から引っ越して今、約3年が経つ。
今の家では金縛りも無くなった。
元々、霊感も無いし霊的な物に物凄く興味があるわけでもないので、
この話はたまに話のネタに人に話す程度だった。

そうしたら今日、冒頭に話した「霊道」の存在を知った。
そしてピンと来た。あれ?もしかしてあの家…。
まさかね、と以前住んでいた家の地図を開いた。

617 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 15:46:06.01 ID:3uR+sZlz0
霊道の条件とは、私の見たサイトでは「北東→南西」「お墓とお墓の間」だったのだが、
見事に当てはまった。
玄関から居間の引き戸、そしてベランダの窓はそのラインに並び、
建っている場所はI霊園とIO霊園の真ん中。

618 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 16:50:53.45 ID:xqqBO3l90
元都内のキャバ嬢で霊道の通る部屋に住んでたとか
俺の妹がフェイク加えて書いてんのかと思ったw
夜中になると落ち武者みたいな団体様が通って行ってたが、それだけなのでスレ違いだけど

619 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 17:31:39.31 ID:CNKPd2Yu0
霊道の条件に当てはまる物件が、この世にいくつあると思ってるんだw

620 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 17:53:28.91 ID:OPlnqT8IP
霊道という言葉はありません
誰かさんの勝手に作った捻りも含みもない簡単な単語です
ただ、昔から尾先堂前宮の跡(おさき、どうまえ、みやのあと)には家を建てるなと言います
尾先とは、山の尾根道が里に下って来た先の道筋をいいます
他の堂前はお堂の前、宮の跡は文字通りお宮の跡地です
お堂というのは、誰かの供養を目的としたものであったり、お宮(小さい神社も含まれます)も
貴人の没した地に建てられたりします

そうしたところを撤去することは、その地に鎮座していた御霊の意向を勝手な判断で決めていることが殆どなので
御霊の不満を当然買うことになるのです
霊や魔物の通り道という物は、尾先であることが多いといいます
狼や山犬、野槌など魔性の物はこうした道に現れるといいます

621 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 17:58:41.22 ID:OPlnqT8IP
なぜローデンメーゲンのSSが貼られたかについて
座敷幼女の夏に反応したと思われます
夏→桑谷夏子→翠星石

実にくだらない
実に、実にくだらない

0lkP6BDq0 は私の高貴な座敷幼女の物語を汚してくれました
君のような似非ローデンメーゲンファンはナチャーンの再来を待つ者たちの敵だ
万死に値します

622 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 18:57:25.27 ID:OGVo7MBK0
>596
うあ、それ自分も記憶ある
友達から又聞きだったけど怖かった
聞いた後、なんか知らんがゾーッとしたの覚えてる
関係者がみんな死んだんじゃなかったっけ?
ネットに転がってないか見てくる

623 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 19:56:00.87 ID:6QCWGi+e0
>>596
NHKの「最恐!怪談夜話」で中山市朗が話していた奴がよく似ている。
古いアパートに住んでいたら隣から毎夜携帯電話の音が鳴っているんだけど
隣人は全くそれに出ない。ある夜遂に堪忍袋の緒が切れ、隣に怒鳴り込もうとすると
逆に隣人に五月蝿い!と怒鳴り込まれ、そっちの部屋の携帯が鳴ってるのだと主張される。
どうもおかしいと思い、二人で壁の音が聞こえる部分を崩すと中に携帯電話が置いてある。
その携帯に出ようとすると着信音が絶える。更に携帯にはバッテリーが入っていなかった。
そのアパートには携帯が登場する前から住んでいるのに、一体誰が置いたんだ、って話

624 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 20:24:00.62 ID:J2zUoBUd0
壁に携帯電話があって鳴ってたんですか
着信ボタン押したら止まったんでしょ?

良かったじゃないですか
終わりですね、この話

625 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 20:35:46.99 ID:UayiCMQR0
上の霊道の話、良い話になるんだけど心霊ちょっと良い話スレって落ちたままなんだな

626 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 21:50:36.92 ID:NKs5hptp0
砂場女って知ってる?
ウチの田舎(九州北部)で90年代前半に噂になった都市伝説なんだけど
公園のベンチに一人で腰掛けていると、いつの間にか園内にいるのが自分だけになっていることがある
そんな時は出入り口だけを見て速やかに出て行かなければならない
周囲を見回したりしてぐずぐずしていると ザッ ザッ と音が聞こえてきたりする
この音を聞いたら反射的に砂場を見てしまう
そこには灰色のコートを着た女がこちらに背中を向けてうずくまっており一心不乱に素手で砂を掘っている
お前は背中から目を離せなくなる
立って歩き出す
女の後ろへ来る
ここからが運命の別れ道
女の○側へ行くと生き埋めにされる
女の×側へ行くと身体が自由になるが、公園を一回りしなければ出られない
その間女はピタッと後ろを付いてくる
決して振り返ってはいけない
怖くなっていい加減に回ると外まで付いてくる

627 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 21:58:21.42 ID:OPlnqT8IP
口裂けもトイレの赤い半纏もみんな臆病者の妄想というだけ

628 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 22:40:01.85 ID:up/qtFWuO
俺の友人が昔、闇金の取り立て屋をやってた。
そいつ自身もかなりのDQNで、最初は天職だと笑ってたんだが、流石に鉈を持って追いかけられたり、債権者の飼ってた飢えた大型犬に襲われて死にかけたり、子供が泣き叫ぶ中無理矢理一家離散の手続きを勧めたりと現実は想像以上に酷かったらしい。

629 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 22:44:29.14 ID:lD1c07Cv0
ここは洒落怖
実怖なりほんのりなりお好きな所へ

630 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 22:51:56.35 ID:up/qtFWuO
だがそこの会社は社長はヤクザだし、上司もリアルウシジマくんの様な方だったから止められなかった。
んである日、事務所に債権者のおっさんから電話が入り、『金を返す』と言うので上司と一緒におっさんの家に向かった。
おっさんの家に着いて玄関口で呼んだが出てこないので、鍵の開いてた玄関から侵入。
案の定闇金に手を出す位だから室内は荒れ放題。ゴミ屋敷の様な有り様の中進んで行くと奥の部屋におっさんは居た。
首を縄かけて宙に浮いて揺れてた…

631 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 23:01:08.99 ID:4EEDhJOmO
>>630
どーでもいいんだけど「債務者」では?

632 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 23:05:29.55 ID:OPlnqT8IP
債務者だよね?債務者だよね?債務者だよね?
なに間違ってんの?なに間違ってんの?なに間違ってんの?
恥ずかしいと思わない?恥ずかしいと思わない?恥ずかしいと思わない?

633 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 23:05:42.59 ID:up/qtFWuO
DQNの友人も流石に首吊り自殺の現場を見た事は無かったんで、腰が抜けてしまったんだが、上司はそんなの慣れてるらしく、借金返さないうちに死にやがってよとか死体にまで罵声を浴びせてたらしい。
結局警察に通報して、その日は帰ったんだが。
数日後から上司の様子がおかしくなった。

会社に出勤せず、家に閉じ籠って電話にも出こない。

しかも元々ヤバい薬に手を出してたんだが、その筋の話によると買う量がトンでもなく増えたとの事だった。

634 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 23:32:07.61 ID:up/qtFWuO
で、流石にヤバいので会社の連中総出で上司の住んでるマンションに様子を見に行ったんだが。

大家に鍵開けて貰って中入ったら、風呂の中で上司は死んでた。

検死の結果死因は薬物の大量摂取による中毒死だったとの事だったとの事だったんだけど、死体には明らかにおかしい所があって、それで結構面倒な事になったらしい。
死因ではないが首に縄で締められた様な跡がくっきり残ってたんだけど、室内から縄とかロープの類いは発見されないし、鍵も部屋の中にあって完全な密室状態。

なんでそんな跡が出来たのかは全くの原因不明だったとの事。

それで怖くなって、友人は結局会社を辞めてカタギな道に戻ったけど、その後その会社は社長以下数人が首吊り自殺して結局潰れたらしい。

友人も今でも怖くて、おっさんの命日には流石に墓参りまでは行けないけど、近所の寺にお参りして冥福を祈るのを欠かしてないと言ってた。

635 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 23:56:16.48 ID:AYZz1AzuO
墓参りじゃなく、投稿する前にテンプレ見るのを欠かさないようにな
お前、書きながら投稿してるだろ
突っ込まれてた債権者と債務者の間違いも、読み手からしたら雰囲気も大事なホラー物の読物として、台なし
予め書き上げて、自分で推敲してたらこういうのは防げるんだよ

そして、予め書いてから投稿しろってのは、ちゃんと毎スレ欠かさずテンプレに書いてある

636 :本当にあった怖い名無し:2013/03/21(木) 23:57:09.36 ID:uzsiKiOA0
いい加減VIPに帰ってくれないかな

637 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 00:05:31.23 ID:/JFGTz+A0
流石にが多すぎる
減点

638 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 00:13:10.72 ID:0nMLHj6L0
就活生です

自分の部屋でなんちゃって模擬面接みたいなのを一人でやってたんですよ
自己PRとかぶつぶつ声にだすやつね。ノックして礼するまでの流れも確認する。
いったん風呂に入って部屋に戻るとき、ついでにやっとくかと思い
ドアをノックしたんですよ。そしたら

「ほーい」
って、こもった低い声が聞こえて
家族は皆下の階にいるのに怖くて部屋に入れない

639 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 00:16:29.25 ID:NfLT5p/U0
>>634
いかにも初心者がその場の勢いで書いちゃった感じ
余りにつまらなすぎるし先が読めすぎて逆に洒落怖

640 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 00:45:32.93 ID:QSQPzqrF0
助けてください、今リアルタイムで起きてる問題です
愛知の借りてるマンションの管理会社から連絡があったんですが・・・なんかおかしいんです
自分の部屋から、朝ごろにもかかわらず金属を叩くようなガンガンガンって音がしてるらしく
騒がしくて毎日うるさいらしいからやめてほしいっていう苦情が来てるらしい
自分は今徳島に帰省してるのでそんな音を出せるはずないし帰省前にきちんと点検しました
そんな音が鳴るわけがないんです 目覚ましじゃないのといわれたけどジリリというはずです
ガンガンはありえません 今思えば帰省前に原付のミラーが割れてたり
ポストが人の手でやったとは思えないほどねじまがってたんです
ただ、3年間住んでるし安いけど全く問題ない部屋です こんなことが起きたのは初めてで
何が起きてるのかわからないので怖いです
ありそうな原因を考えてください お願いします

641 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 00:50:31.27 ID:ORf3i+uB0
>>640
管理会社に、留守なのでそんなはずはないから開錠して室内を確認してくれと言えばいい
じゃまいか

642 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 00:52:46.86 ID:SuBqnEso0
リアルタイムで朝ごろってことはどっかから拾ってきたのかしらんけどとりあえずどこに怖い要素があるのかわからん

643 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 00:54:38.87 ID:bn8tbzMe0
昨日の続き



開けるとそこには3通の封筒が

ぼく「触りたくねえww」

友人「中身みて、賠償させたる(*`Д´)ノ!!!」

どの封筒も薄汚く、特に宛名が書いていない

一通目を開けるとそこには


続きはまた明日(‘ー‘)/~~

644 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 00:59:48.23 ID:3vq8zO5P0
>>642
朝頃にガンガン音がするって言う苦情が「今」管理会社からかかってきたって事でしょ

どっちにしろ現場にいないんじゃ>>641の言うとおり確認してもらうぐらいしかできなくね?

645 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 01:00:59.88 ID:PB340g4kO
>>609
>売上月150あっても月収は20そこそこ
洒落にならんな(汗)
怖い業界だわ…

646 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 01:02:21.77 ID:SuBqnEso0
こんな時間に朝の苦情取り次ぐ管理会社なんていねーよ

647 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 01:09:45.33 ID:BH0Qhsin0
ここでそのマンションに事故物件情報無いか見てみれば?

http://www.oshimaland.co.jp/

648 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 01:15:48.73 ID:PB340g4kO
>>641
部屋にはエロ本やエロDVD&BLが大量にあるから恥ずかしくて出来ないんじゃない?

649 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 01:17:53.23 ID:ORf3i+uB0
鉄筋の建物だと外の非常階段の音が建物中に響いたりする
誰かが下駄はいて非常階段使って朝ゴミ捨ててるとか新聞屋とかじゃね

650 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 01:59:37.21 ID:qO0PuOmvO
今すぐ飛んで帰るか >>641 しかないでしょ。無視以外で
原因推測しても解決するとは思えないし
で ID:QSQPzqrF0 はどこへ?

651 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 02:49:43.48 ID:A/XaN++60
ここは終わってるなあ

652 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 03:37:57.47 ID:DW+wrM6J0
終わってるのはここじゃなくて、
スレタイもテンプレも空気も読めない作者()

653 :1/3:2013/03/22(金) 04:13:03.92 ID:AgyYYIvT0
うちの一族の話を一つ

俺が小学校に上がる年、住んでいた家が平屋から新築の二階建てになった
当時の俺は夜に二階に上がるのが嫌だった
夜になると階段の踊り場にいつも影のようなものがいるのが見えたのだ
人か獣か、何かなんてわからないけどとにかくそいつはいつもニヤニヤしながらこっちを見ていた
両親には勿論相談した
まあ父も母も暗がりをお化けと思い込み怯えてるんだろうみたいな対応でまともに取り合ってくれなかった

それから少し後、いつもそのニヤニヤが見えていた場所に猫の置物が置かれた
この猫の置物も一体どこで買ってきたんだよっていう造りで皆が想像する黒目の大きい
かわいらしいものではなく目も見開いて口元は笑っている、とにかく薄気味悪い表情をしている木製の置物だった
俺は当然怖がり、怒り気味に両親に撤去することを訴えたが当の両親は

「おばあちゃんが折角○○(東南アジアのどっかだったと思う)で買って来てくれたお土産なのに
 なんでそんなこと言うの!」

と逆に怒られた
その後暫く俺は置物に怯えていたんだが、年が上がるにつれあまり気にしなくなり
置物もいつの間にかどこかに片づけられていた

654 :2/3:2013/03/22(金) 04:14:14.52 ID:AgyYYIvT0
失礼sage忘れた

今では俺も成人して所帯持ちだ。実家にも年に二度ほどしか帰ることはない
今年の正月に帰省した際、父親と酒を飲みながらその当時の話なんかもしながら懐かしんでいた
孫の顔もちゃんと生きてるうちに見せるから心配するななんて話になった時、父親は
「そういえば一応見せとかなあかんあかったなぁ」と言いながら赤い顔で仏間に行き
反物みたいな帳面を持って戻ってきた

その時初めて知ったのだがうちは浄○真宗に属していたらしく、亡くなった人を供養するのに位牌を
使わず代わりに名前を帳面に記していくらしい
一日〜三十一日が1ページごとに表記された帳面には所々にご先祖様の名前が表記されてあった
当然聞いたことのない名前が多かったのだがここからが本題
実は父も祖父も次男坊で上に兄弟がいたが二人とも幼い頃に兄を亡くしたそうだ
昔その話を聞いた父方の祖母が嫌な偶然もあるものだと興味本位でその辺のことを調べた
ことがあったらしい
そこでわかったのが少なくとも江戸時代の終わりごろから親父の代までうちの一族の長男長女が
全員15歳までに何らかの理由で亡くなっているということだった

655 :3/3:2013/03/22(金) 04:15:30.47 ID:AgyYYIvT0
祖母はそのことをかなり気味悪がって知り合いのお寺とかに相談しに行ったみたいだが
なんせ元が貧乏農家なものでどこで遺恨を残したとかなんて少し遡れば直ぐに調べようがなくなる
ただ分かったのは家の建っている台地周辺が昔は住んだり、作物を育てたりすることがあまりなかった
ということだけ
それだけで結局は分からず終い、まあ貧しい時代ならそういう不幸が重なることもあり得るだろうというのが親父の談
祖母が昔買ってきた例の置物も実は魔除けの類のものであったということもその時知った

話は変わるが今年の5月、俺に第一子が生まれる
正直、衣食住が豊かな今の時代にそんな呪いみたいなことがあってたまるものかというのが俺の持論
現に俺はこうして今まで生きている
それでも幼い頃に見たあの影のことが脳裏をよぎる
嫌な偶然は俺で終わったということを信じたい

以上、あんまり怖くないけど実話です

656 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 05:50:47.55 ID:1PBCcf1c0
あんまり怖くないならスレチじゃないのかよ

657 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 07:19:33.07 ID:vtSeSh8D0
>>597
顔に重いものを感じ目を覚ますと、夏の目がすぐ目の前にあった
口に何やら蠢いているのは……

「ン!ンハッ! あぁ?」
『フフゥ〜… ここまでかぁ… ハヒュゥ〜』
「な、なにしてる!?」
『蟲だよぉ。父ちゃん、チュウしてくれないから、なつからこうするしかないし…』
「いや…なんで蟲なんか…」
『ねえ、まだなつとエッチしたくならない?』
「はあっ?そんなん、なるか!」
『おかしいなぁ、蟲が足らないのかなあ〜?』

仰向けに寝ている俺の体の上に腹部を押し当て、白目のない目で俺の顔にまた顔を近付けてくる夏
夏のやつは布団の上から朝っぱらから俺にキスをしていたらしい
口の中になつの蟲が満ちていた
それは硬い食感で、歯で潰しても潰しても消えることはなかった

「どけ、もう。うえっ、うがいしてこなくちゃ…」
『ちょっともう一回チュウ!ハヒュハヒュ』
「邪魔!もう起きる時間!」
『ちぇっ!』

口を尖らせながら歩脚を使ってモゾモゾ降りる夏
幼い夏の身体の中の蟲を意識してしまった
ああ、気持ち悪…

『もうちょっとだぁ…』
「なにがだよ!」

横目で俺が着替えるのを舐め回すように夏はその複眼全てを使って見ていた

658 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 07:46:15.95 ID:6+ZkAFQeO
>>640
何で自分の部屋ッて特定されてるの?
マンソンの階上の音は真上が犯人とは限らナイよ。
マンソンの作りによッて響く音違うから取り合えず寝れ。

659 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 08:33:02.81 ID:BAJ5cZ1h0
リアルってこれ、オバケとか心霊の話じゃなくて
人間が人間を精神的に追い詰めて、
会社やめさせて、お金を騙し取ろうとし、自殺に追い込む
のが怖いって話でしょ?
だからお払いしても無駄だから死になさい、「○○は俺」がオチなわけで。
降霊の仕方とか霊の仕業みたいな部分は○○の言い分で、
実際に起こっている事ではない。

だから「オカルト」じゃなくて「リアル」なのに
みんなオバケの部分を怖がっちゃって、
これじゃあこれだけの作品を書き上げた作者が報われないよ。

660 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 08:54:17.25 ID:E7pTXrX3O
山川えりかがテレビで目から髪の毛がずるーっと出てきた話をしていて
わたしも全く同じ体験をしていたので
親近感をもったのは懐かしい思い出

目の端になかなか取れないまつげがあって
綿棒でズルッと出したら
髪の毛(自分の毛30cmくらい)がずるずるずるーっと出てきた



きもい鳥肌竜田

661 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 10:56:04.97 ID:YA+S0+tO0
えっなにそれ気持ち悪い

662 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 10:59:36.97 ID:3/HzOlJs0
自分は髪の毛短いのに、目から出てくるめちゃくち長い髪の毛…。

663 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 12:40:50.04 ID:qlJsOWki0
ちょっとスッキリしそうと思わないでもない

664 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 13:51:39.70 ID:A/XaN++60
豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だった頃・・・

665 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 13:56:53.34 ID:ikXrJxwJ0
弟は小焼けだった。お袋は霜やけで、親父は胸焼けだった。

666 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 14:08:44.21 ID:hgH2/DVp0
わかるかな〜

667 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 14:40:39.75 ID:p4opbVmk0
わっかんねーだろうな〜

668 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 14:56:13.96 ID:qO0PuOmvO
>>659
どこの誤爆?

669 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 20:58:29.63 ID:MKJknXJT0
ちゃんと「いえ〜い」までつづかないと……

670 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 22:11:42.99 ID:ZJI7DEQi0
「薬飲んだらなんとか治まってるな」
会社から自宅近くの駅までの間に献立を考え、駅前のスーパーで晩飯の買い物をして帰る
駅の駐輪場から畑の中の家までの間は、スクーターを使うことにしている
家では夏がすっかり腹を空かせているはずだ
夏にはいつも遅い晩ご飯になるのが可哀想だったが、こんな生活になるならもっとましなところを考えて…
いやいやいや、なんであいつベースなんだ

「ただいまっ」
『父ちゃんお帰り』
「何もなかったか?いま飯作ってやるからな」
『父ちゃん、今日会社で怒ってたハゲに仕返ししたい?』
「な、なんで知ってるんだ…?」
『ずっといたよ?』
「会社にか?」
『うん、父ちゃんと行って父ちゃんと帰ってきた』
「おまっ… だからスクーター運転してて重たく感じたのか」
『だって後ろに乗るしかないもん』
「……家で留守番してろよ」
『絶対やだ!つまんない!父ちゃんハゲに仕返ししてやれ!』
「あれは常務だ。認知症っぽいけど偉い人なの。絶対手出しすんなよ!」
『なつは父ちゃんの味方なのに…』
「父親ってのは、落ち度がなくて怒られても我慢するものなの」

この時の言い方がよくなかった…

『そうだよね、なつの父ちゃんだもん。なつためにがんばらないとね!』
「いや…、そういう意味ではなくてな」
『父娘(おやこ)!』

飛びかかるように抱きついてきた夏が、何か少し大きくなっている気がした

671 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 23:01:50.36 ID:A/XaN++60
ぷぷぷぷ

672 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 00:39:20.81 ID:vgdCWFeW0
「明日、また布団買って来ないとな」
『弥生たちが来るから?』

弥生というのは夏たちのグループの年長で、座敷幼女の元気のいいリーダー格の娘だ
大人しいのは春霞(はるか)といい、よく口を滑らせて失敗するドジ娘ちゃんだ
色情狂で男を何人も破滅させた過去を持つ、年中頭の中はエロ一色の美少女が紗百合(さゆり)
紗百合に狙われてる男を父にしていて、年中彼女と喧嘩してるのが一番年下のよう子

この家は俺が越して来るまで彼女たちが集まる集会所として使われていたらしい
仕方なく俺は彼女たちの為に、借家を提供する

何でって?
自分に憑いてる座敷幼女が恥かくのが何となく嫌な感じがするからなだけだ

673 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 01:36:14.93 ID:T1lu7USZ0
なんで怖い話じゃなくてロリコン小説なんか延々投稿してんの?
荒らしか?

674 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 01:40:29.54 ID:duWFl0QJ0
専ブラ使ってるなら
禁止語句に 『 を指定したら
あぼーん出来るかも

675 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 01:52:03.80 ID:XUsNFGrM0
それいいな

676 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 02:26:46.80 ID:o37N8Zrh0
>>674
まじスッキリ!
怖い話で『』使う人には悪いけどw

677 : 【東電 61.8 %】 :2013/03/23(土) 03:12:51.43 ID:iHgEd95m0
前乗ってた車の末期にラジエータがいかれて水温計振り切る寸前でスタンドに。
液漏れもしててほんのり煙が立ち上ってる状態。
あともうちょいでディーラーがあるので、ガス入れる代わりにしばしの間熱さましと液補充して
もらうことに。そこにバイトの兄ちゃん登場。
「俺見てあげますよ」「ディーラーに持ってくからいいよ」「大丈夫っすよ」
そこまで言うならまぁいっか、って感じでおいらは待合室へ。
そこでぼーっと見てたら兄ちゃん何を考えてんのかいきなりラジエータのキャップを・・・
「やめろ」と言う間もなく3mぐらい吹き上がる沸騰したクーラント液。
スタンド中大騒ぎに・・・兄ちゃんはほっぺの皮がでろーん・・・。
兄ちゃんメガネしてたのだけが不幸中の幸いでした。
「すんません、すんません」って俺のとこに謝りに来たけど、「そんなことより早く病院行きなよ」
って言っときやした。
ガソリン代と洗車無料にしてくれたけど(金払うって言ったんだけど)、何か申し訳ない気持ちで
一杯になった。あの兄ちゃん火傷ちゃんと治ったかな・・。

一昨年逗葉地区で体験した話。長文スマソ。

678 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 05:25:19.53 ID:T1lu7USZ0
>>674
ありがとう。

679 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 07:01:35.17 ID:TPKRxxjJ0
リアルってこれ、オバケとか心霊の話じゃなくて
人間が人間を精神的に追い詰めて、
会社やめさせて、お金を騙し取ろうとし、自殺に追い込む
のが怖いって話でしょ?
だからお払いしても無駄だから死になさい、「○○は俺」がオチなわけで。
降霊の仕方とか霊の仕業みたいな部分は○○の言い分で、
実際に起こっている事ではない。

だから「オカルト」じゃなくて「リアル」なのに
みんなオバケの部分を怖がっちゃって、
これじゃあこれだけの作品を書き上げた作者が報われないよ。

680 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 08:22:16.36 ID:0Ob/PT//0
「作品」を「書き上げた」時点ですでにリアルじゃない前提なんだから、的外れもいいとこ

681 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 10:15:08.40 ID:53qaL6ToO
旅行会社を信頼して登山しました1日か2日で帰れると思い旅行会社に装備の点検を相談すると
軽装で大丈夫と思い登山をしたら風が強くて前に進むのが辛くなりました
日がくれてきたのでヤバイと思いふもとに連絡したら明日まで待ってくれと言われ内心焦りました
動いても暖かくならないし、体を動かすのも辛くなり眠気が混じりはじめ、体がふらふらとゆれるように歩くようになりました
何度か転んでいるうちに立ち上がる事が難しいくらい眠くふらふらしました
立てなくなり眠気にも勝てなくなり眠ってしまいました
まるで自分の体じゃない感覚だったし今でも不思議な感覚です

682 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 12:00:41.12 ID:CZv4JXmo0
霊界から書き込みしてんのか

683 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 12:05:47.73 ID:TPKRxxjJ0
>>680ここまで読解力のないバカも珍しい

684 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 12:17:21.45 ID:9AduOvP80
作者がどこを怖がってほしいかなんてあとがきででも書いとけよ
その話をどのような解釈をするかなんてのは人それぞれ

685 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 12:50:16.88 ID:Bq9XvlU/O
誤爆じゃなくて荒しだったのか

686 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 13:41:52.08 ID:5cIMPAqV0
終わってるなこのスレ

687 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 17:10:33.07 ID:WwzPs0GO0
始まってもないけどな

688 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 18:38:42.35 ID:zL0/+4Uh0
光あれ

689 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 20:42:47.88 ID:268xTG1oT
 大学時代、僕は親元を離れて一人暮らしをしていた。僕はひたすらに安さを追求し事故
物件も大歓迎であった。根っからの現実主義者でオカルトの類は信じていなかった。それ
でも怖い話は大好きで幽霊がいるなら実際に会ってみたいとも思っていた。
 僕が探し出した事故物件には入居した女性が浴槽で入水自殺したという曰があった。築
三十年の木造アパートで外観も内装もボロボロ。元々安い家賃が二万円にまで落ちこんで
いた。僕は魅力的な値段に釣られて入居を即断する。その際僕は不動産屋に興味本位で出
るかどうか聞いてみた。
「ええ、色々と話は聞いています。でも事前にそれを貴方に話してしまうと先入観といい
ますか。漠然としたイメージを空想して幻のようなものを見てしまうんじゃないかと思う
んです」
 他の退居した人々は何かを見たらしい。仮に僕が何かを見て、それが他の退居者達の話
と符合するなら怪奇現象であることの裏付けとなるだろうという説明に納得し、僕は詳し
い話を聞かなかった。
 女性が入水自殺したという問題の浴槽は古いタイプのもので、床と浴槽の間に隙間があ
った。浴槽と連結されている湯沸かし器は年季が入っているためか生温いお湯しか出なか
った。僕は女性が浴槽の中に入って自殺する姿を想像してみる。足を曲げなければ入るこ
とが出来ない狭い浴槽の中で膝を抱えながら首を曲げ顔を水につけている。女性は何故こ
んな苦しい方法で死のうと思ったのか。何故窒息死するまで耐えることができたのか。考
えてみると不思議であった。暗闇の中で女性が顔を上げる。頭からパラパラと水滴が落ち
水面を波立たせる。女性は首だけを回し僕に視線を向けようとする。ただの空想だ。僕は
頭の中でホラー映画のような情景を思い浮かべることを楽しんだ。

690 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 20:43:35.25 ID:268xTG1oT
 夜になると流石に不気味で、暗い部屋の中で心細さと恐怖が醸成されていく。布団の近
くに放ってあったビニール袋に足が当たる。潰されたビニール袋は数百秒の時間をかけて
正常な形に戻ろうとする。チリッ……チッ。ビニール袋が断続的に音を立てる。普段は何
も感じないような環境音も夜だけは不気味に聴こえ、僕の体は硬直していく。僕は暗い風
呂場に女性がいる光景を想像してしまう。単なる想像でも気配のようなものを感じること
はよくある。髪を洗っている時に誰かの気配を感じるという経験は誰もがしていることだ
と思う。僕はそれを霊感に結びつけようとは思わない。空気が張り詰めていると感じるの
も僕の主観がそう思わせているだけで気のせいだと思っている。
 しかし気のせいであってもそれは侮れないもので、僕はかなりの緊張状態にあった。極
度の緊張状態が幻覚を見せたとしても不思議ではないのかもしれない。退居者達もそうだ
ったんじゃないかと思い始めたその時、妙な音が聴こえてくる。
 ゴポ……。排水溝に水が流れる時に空気が漏れる音だ。他の入居者が風呂にでも入った
のか、それにしては音が近い。
 排水溝の中からくぐもった喚声が聞こえてくる。それは赤ん坊の産声に似ていた。
 排水溝から聞こえる赤ん坊の泣声からは生気というものがまるで感じられなかった。赤
ん坊が甲高く声を張り上げて泣き喚く様には躍動感のようなものがあるが。排水溝から聞
こえる声はこの世に生まれてきたことを知らせるというよりは、呪っているように聴こえ
た。
 僕はたまらず起き上がって電気を点ける。すると喚声はパッタリと止む。扉が開け放た
れた風呂場の中を僕は暫く呆然と眺めていた。何も無い。恐怖に縮み上がった僕は尿意を
催す。僕はテレビをつけて少し気を紛らわせてから、恐る恐る風呂場へ近づいていく。
 風呂場の床は乾いている、何も異常は無い。しかし用を足した僕は異変に気付く。何も
聴こえない。CM明けの無音が長すぎる。テレビは消していない筈なのに。
 ゴポ……。僕の全身の毛が逆立つ。飛び退くようにその場を離れた僕はテレビを確認す
る。電源が入っていない。リモコンを押してもスイッチを押しても反応が無い。ゴポ……。
排水溝の音が耳元で聴こえたような気がした。僕は部屋着のまま部屋を飛び出した。

691 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 20:44:33.06 ID:268xTG1oT
 僕はこの件をまだ誰にも相談しなかった。事故物件であることを知っていながら入居し
た僕に責任の大部分がある。仕方なくコンビニで時間を潰して翌朝部屋に戻る。テレビの
スイッチを入れると問題なくついた。あれは幻聴だったのだろうか。僕はすっきりしない
まま大学に向かった。
 その夜は電気を点けたまま布団に入る。昨夜のような怪奇音は聴こえず。寝不足のおか
げですんなりと眠りにつくことができた。
 僕は風呂場の鏡の前で髭を剃っていた。シェーバークリームには錆びのようなものが浮
いていて、気持ち悪いと思いながらも僕は髭を剃り続ける。
 剃刀を落とす。床で転がった剃刀が浴槽の隙間に入っていってしまう。僕は腹這いにな
って隙間を覗く。
 浴槽の狭い隙間からドス黒く腐った何かが覗いている。隙間から手が伸び僕の腕を掴む。
凄まじい腐臭に吐きそうになりながらも僕は絶叫して抵抗する。腕が隙間に飲み込まれて
行く。
 目を覚ました僕の腕には手の形をした痣のようなものが浮かんでいた。限界を感じた僕
は後日不動産屋に連絡する。
「やはりそうですか。皆同じような事を言うから気味悪く思っていたんですよ」
「詳しい話を聞かせてくれませんか」
 不動産屋の話によると、自殺した女性は輸入代行者から買った違法な薬剤による中絶と
流産した胎児の処理を請け負っていたらしい。女性は風呂場で沢山の胎児を解体し、秘密
裏に処理していたようだ。証拠品は押収されたが女性は自殺した為不起訴処分だったとの
ことだ。吐き気がするような話だ。僕は勿論退居することに決めた。高い金を払って除霊
するほど物件的価値は無く、心霊騒ぎに半信半疑な大家は放置するつもりらしい。でも僕
にはもう関係が無い話だ。

692 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 20:45:25.18 ID:268xTG1oT
 しかし新しい物件が見つかるまで僕はあの部屋に滞在していなければならなかった。そ
の日の内にあらかた荷物を纏めた僕は明日の物件探しに備えて眠ることにした。心身共に
疲れていた僕だが、中々まんじりとできずに色々と考えていた。
 夢の中で僕の腕を掴んだ黒いモノはおそらく自殺した女性だろう。彼女は僕に助けを求
めていたのかもしれない。彼女は今も沢山の胎児達の怨念に縛られ続けているのだろうか。
 胎児達は深い暗闇の中で命を落とした。胎児達は何も見たことが無いし、何も聞いたこ
ともない。全くの無知だ。自分の姿も知らない。自分が何であるかさえも解らないまま死
んだ。
 背筋に冷たいものが走る。胎児の霊はどんな姿形をしているのだろうか。言葉も知らな
いのに思考できるのか。自分を人間だと思っているのだろうか。僕の体は知らない間に震
えていた。もしかしたら、胎児の霊は僕が考えていたよりも得体が知れなくておぞましい
存在なのではないか。
 黒いモノが浴槽の隙間から半身を出してのたうっている。僕はもうこの黒いモノに対す
る恐怖を殆ど失っていた。
「コワイコワ イコワ イコワイ」
 黒いモノがズル、ズル、と排水溝の中に引き摺られていく。黒いモノを支配している感
情はおそらく原始的な恐怖だけであった。僕も同じ恐怖にガタガタと震えている。
 黒いモノは排水溝に完全に飲み込まれてしまった。暗い配管の底から耳障りな音が響く。
そして産声。排水溝から何かが這い出てこようとしている。見たくないのに目を離せない。
逃げようにも体が動かない。発狂しそうになった僕は涙を流しながら絶叫する。
 目が覚めた時、電気をつけていたはずの部屋は真っ暗だった。
 ゴポ……。僕は脇目も振らずにただ逃げ出した。

693 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 22:42:16.53 ID:VEUqrvus0
・・・スレ住人 お前らスレ終わりにする勇気を持てよ

694 :本当にあった怖い名無し:2013/03/23(土) 22:42:34.99 ID:orww5+SWP
自分の文章に酔ってそう
ここは小説ではなく怖い話を書く場所。テンプレ読め
基本的に実際に起きた出来事風に過去形で書くのが当たり前
それで描写や語尾が貧弱になって悩みながら書いている人は多い
本当に空気読めずに、やってくれるよ
ここで未然形の語形を使って書くとか文才ないよ

695 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 01:09:11.95 ID:onYrM0wO0
いや、怖い小説は大歓迎のスレだよ
いい加減猫も杓子も同じような書きだし方には辟易してたしな
そもそも、実話専門スレはちゃんと別に存在してるし

>>694みたいなのは放っておいていい
自論に酔って、どこかのまとめスレのコメント欄でも同じこと書き続けたりしてる奴だからな
おまけに末尾はPだ

696 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 01:48:40.24 ID:zs78GqcN0
お前も自論を述べる前にテンプレ読めよ
いつからこのスレは小説大歓迎になったんだよ
・創作も歓迎します→創作もOKですが創作と小説は違います

697 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 02:23:46.28 ID:8wZm3gVZO
>>692
事故物件上等、オカルト信じないと威勢がよかったのに夜になっただけで不安になっちゃうところでコケた

698 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 02:23:49.52 ID:gvaKI5/z0
PとかTとかほんとにvip臭が漂うスレになっちまったな

699 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 02:41:14.45 ID:5qNCdWcb0
怖い思いをせずに不快な思いをするスレ

700 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 02:44:14.68 ID:PWjilAWs0
>>689

> 僕が探し出した事故物件には入居した女性が浴槽で入水自殺したという曰があった。

>僕は魅力的な値段に釣られて入居を即断する。その際僕は不動産屋に興味本位で出るかどうか聞いてみた。
>「ええ、色々と話は聞いています。でも事前にそれを貴方に話してしまうと先入観といい
>ますか。漠然としたイメージを空想して幻のようなものを見てしまうんじゃないかと思うんです」
> 他の退居した人々は何かを見たらしい。仮に僕が何かを見て、それが他の退居者達の話と符合するなら怪奇現象であることの裏付けとなるだろうという説明に納得し、僕は詳しい話を聞かなかった。

どっちやねん。

701 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 07:09:53.36 ID:6W/xukRbT
>>697
怖いものは怖いでしょうが。子供の頃は真っ暗な廊下も歩けなかった小心者だぞ?

702 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 07:23:40.71 ID:6W/xukRbT
>>700
事実は事実として聞いて、心霊体験の話は詳しく聞かなかったってことだよ

703 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 07:40:07.68 ID:8wZm3gVZO
>>701
じゃあ、その通り書けば良いのに↓はどういう意味

>根っからの現実主義者でオカルトの類は信じていなかった。

704 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 07:54:39.18 ID:g+AaZhSw0
>>690

>布団の近くに放ってあったビニール袋に足が当たる。潰されたビニール袋は数百秒の時間をかけて
正常な形に戻ろうとする。チリッ……チッ。ビニール袋が断続的に音を立てる。普段は何
も感じないような環境音も夜だけは不気味に聴こえ、僕の体は硬直していく。

作者()気持ち良さそうだな

705 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 09:07:22.60 ID:xeMA+WBE0
岩手県S町のKトンネルで、不可解な体験をしました。
トンネルは国道にあり、多くの乗用車やトラックが行き来します。
歩道が無く道幅も狭いので、壁側に寄るようにして歩きました。
延長距離は300m強で、緩くカーブしており、反対側を眺める事は出来ません。
しかし、暫く進んでも出口が見えず、300m強にしては異様に長いのです。
私は嫌な予感がしました。
普通なら引切り無しに車が通るのに、歩いている間に全く車が通り過ぎず、
トンネルの中は不気味な静寂に包まれていました。
半ばパニックになり、車道に入り、息が切れる程自転車を漕ぎました。
「やっと出口か!」外の明かりがようやく見え、一目散に駆け抜けました。
ようやく外に出ると、私は目を疑いました。
何と、真っ直ぐに進んでにも関わらず、出たのはトンネルの入口だったのです。
この時、遠い昔に友達から聞いた話を思い出しました。
「実は、トンネルそのものがお化けだって事があって、入る人を騙すんだって。」
くれぐれも、トンネルに入る際には注意を。

稚拙な文章ですみませんでした。

706 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 09:25:58.65 ID:1otyP7GS0
もうトンネルネタはお腹いっぱいです。
なんでみんなそんな今時トンネルネタが怖いとか思ってるんですか!

707 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 09:46:54.10 ID:/070X8pz0
不可解なら不可解スレに書けよバカ

708 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 09:47:36.23 ID:bIneOJWDO
>>703
信じてなくても怖いもんは怖かったと言ってるのに解らん奴だな

709 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 09:49:12.25 ID:bzyvQwQD0
スレ終われよ

710 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 11:52:03.05 ID:8wZm3gVZO
>>708
暗いってだけで怖くなるびびりですと自己紹介してあればすんなり読めると言ってるんですが

なんというか非常に素直なんですね

711 :529:2013/03/24(日) 11:55:15.64 ID:bBWYb3640
>>537亀レスごめん
へぇ。そーなんだぁ。感情移入かぁ。。
自分も強いから、気を付けよう。有難う

712 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 12:45:11.64 ID:bIneOJWDO
>>710
すまん。無駄を省こうとして削り過ぎたかも
くだらん前置き()自分語り()だとか言われるのがオチだと思って

713 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 13:53:03.23 ID:FplLSo6r0
>>709
うん
こなくていいよ君

714 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 14:38:44.34 ID:IHakzOrX0
>>696
小説でもかまわない
怖ければ何でもあり

715 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 14:47:36.69 ID:N3FhW8sU0
トンネルネタにもうんざりだが、唐突に出てくる自転車にもものすごい違和感

716 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 15:28:18.28 ID:2vuf5eUY0
同感だ

717 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 16:56:41.88 ID:onYrM0wO0
「→創作もOKですが創作と小説は違います 」ってのは、いつもの一人のキチガイが勝手につけ足しただけだしな

揃いも揃って、「自分が〜〜の時の話ですが」で始まるのは、正直もはやギャグの域に達してきてる

718 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 17:09:15.60 ID:NSlGPSsW0
某TV番組だって「自分が〜〜の時の話…」から再現VTRが始まるからなw

719 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 17:13:22.12 ID:mXsAYzaM0
自分の文章に酔ってるようなのは読んでて気持ち悪いけどな
そういうことを言いたいんじゃないかと

720 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 17:13:44.93 ID:ubMR3C9Q0
どうせ2ch
テンプレがどうであろうともどんな投稿も防げない
ただつまらなければ人は去る

721 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 17:35:46.57 ID:x5jaKYv20
あんま怖くないかもなんだが、小さい頃毎年自分の誕生日の夜になると家に来る謎のおじさんがいた。
親戚とか両親の友人知人では無いっぽくて、二人が居る時に来ても追い返されてる感じだった。
それでもそのおじさん、家の前で何か言ったりドアガンガン叩いて最終的には家に上がってくるんだけど
だからといって誕生日プレゼントとかくれる訳でもなく、スゲー怖い顔でただ自分に「一年間良い子にしてたか」みたいな事を聞くだけ。
当時の自分はそのおじさんが怖くて、ごめんなさいとか言いながら泣き叫んでた記憶がある。
もう両親ともいないので分からんけどあの人の正体はなんだったんだろう。

722 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 17:41:24.05 ID:pS0F9UC20
ホントのパパだよ

『父ちゃんだよねっ?』
「俺に聞かれてもな…」

723 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 17:59:52.18 ID:x5jaKYv20
それはないw自分両親にクローンレベルで似てるからw
なんかこう、ドラマとかで借金取りが金返せってやるみたいな勢いでドア開けようとしてくるんだけど

って書いて思ったけどもしかして借金取りかなんかだったのか

724 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 20:27:21.59 ID:VO2QEs3mO
生き別れたお兄さんだよ。

725 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 20:53:11.87 ID:UljlUb2EO
幽霊ならなんどもみてる、感じる人は感じるんだ。
大抵死んでることには気づいてないようだが、以前アマゾンの配送センターの中で働いてた。夜中になると人も少なくなる、そうするといるはずのない奴がせっせと棚の前で作業してる。

726 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 20:58:16.98 ID:VO2QEs3mO
amazonは霊界にも求人広告を出してんだ。
霊の時給が幾らなのか気になる…

727 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 21:10:09.79 ID:UljlUb2EO
726さんの言う通り、
低賃金労働者は、怖い目に何度もあってますよ。
幽霊社員は霊界に通じてますから…。

728 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 21:14:15.57 ID:IgWILJiY0
ああ、ホントだwよく見たら勝手にテンプレ改変されてる
過去ログ遡ってみたら、301スレ目、去年の夏(ちょうど学生さんの夏休み始まった頃)あたりだな。付け足し始めはズレてもいるなw

完全にキチガイが暴れだした時期と一致じゃねーかw

729 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 21:18:43.62 ID:UljlUb2EO
大丈夫ですか?と言われてイラッとこない人は救われる。

730 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 21:27:40.92 ID:r4JVfppOO
医者が認定すれば誰もが等質患者になりたとえ病気でなくても認定はくつがえらない
他人が気にくわない全ての行為は病気の症状に、等質患者に対するマニュアルがこれ
はい○さんこれからはお薬で治していきましょう
人間はみんなお薬が必要です○さんお薬は大事だよ、お薬が○さんの症状おさえてくれてるんだからね○さんお薬は一生のむんだよ
○さんお薬ちゃんとのんでる?
○さんダメだよ?お薬ちゃんとのまなきゃ?○さんお薬のむんだよ?
お薬のまないから○○になるんだよ?それが○さんの病気の症状だよ?お薬のめば普通の人みたいになるからお薬は大事だよ
○さんお薬勝手にやめちゃダメだよ?また病気の症状でちゃうからね
いい?ちゃんとお薬のまなきゃダメだよ?
薬効かないから電気かけてみようか?○さん脳に電気かけさせてほしいんだけど?いいかな?○さんは電気も効かないみたい○さんは脳に腫瘍があるかもしれないより高度な治療にうつろうか?
脳に腫瘍ができていたから手術したという等質患者がいるから無法地帯
散歩してやってるんだと等質患者は言われる
医者が認定すれば誰もが等質患者です

731 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 21:32:39.54 ID:UljlUb2EO
ナイナイ岡村が何なんですかと言った後輩芸人に、何て日だに言い換えさせた。なぜだとおもう?

732 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 22:51:58.56 ID:ZUyyljpNT
いちいちつまらんことで噛み付いてくる奴を我儘放題の幼児と考えれば可愛げみたいなものを感じてくる
「はいはいごめんなさいネェ」と子供をあやす親の境地に至れば色々と捗るぞ
NGなんか使うまでもない。始まったな

733 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 23:45:08.53 ID:3Wuhz6jl0
UljlUb2EOはキチガイなんですか
生きてなくていいですよ
もう死んだらどうです

734 :本当にあった怖い名無し:2013/03/24(日) 23:56:35.17 ID:AMbTV/wg0
キチガイは2chにいっぱいいるよ
障害年金もらってるホンモノが
オカ板は多いほう

735 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 05:08:55.05 ID:96fLvTDb0
>>726
GS美神では確かおきぬちゃんが時給5円だったかと

736 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 08:14:48.97 ID:WQQjzrhzP
おきぬちゃんの貯金は横島の緊急食費に充てられる

737 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 08:34:59.88 ID:3XUGpEES0
久々にスレ覗いたけどほとんどがチラ裏の話だな
なんでこんなにレベル落ちたん?

738 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 14:39:53.15 ID:/HPVfwpL0
よろしい、ならば戦争だ

739 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 15:40:23.01 ID:muoky9RH0
パチンとひっ叩かれて目が覚めた……
どうもゴロ寝をしていたら夕方になっていたらしい
目を開けるとそこに夏ではなく、違う娘が俺の顔を覗き込むようにして俺の上に馬乗りになっていた
座敷幼女の年長者の弥生だ。となりに夏も座っていた

弥生【ちょっとなっちゃんのお父さん!】
 俺「チッ、なんだよ。叩いて起こすな」
弥生【なんだよじゃない!なっちゃんが全然成長してないじゃん!】
 俺「座敷幼女なんて飼ったこともないから記録も付けてない…」

─── とぼけてまた眠ろうとするとパチンと叩かれた
 俺「ってぇーなあ!なに!?」
弥生【ひとが話してるのに寝るなよ!なっちゃんの成長が遅いから心配して見に来たんだよ!】
 俺「?……ちゃあんと食わせてやってるけどな…」
弥生【エッチもちゃんとしてるの!?】
 俺「なんで小さな子供相手にエッチするんだよ!俺はな、ロリコンじゃねえーんだよ!」
弥生【じゃあロリコンになれよ!】

─── 開いた口を塞ぐのも忘れてしまうくらい開けていた
弥生【知らないなら教えてあげるわ!あたしたちはね!お父さんとエッチしてこそ少しずつ大きくなれるの!】
 俺「………………(`_´;)」
弥生【大きくなれない座敷幼女はね、そのままずっとお父さんを探し続けて生きなきゃならないんだよ!
   もっと言うとね、なっちゃんはあたしよりずっと先輩なんだからね!】
 俺「ちょっと待てよ。大きくなってそのあとお前たちどうなる?」
弥生【人間になって普通に年取って死ぬんだよ!】
 俺「そんなやつ、世間で生活できねえだろ!住民票にも載らないんだぞ!」
弥生【しせーじって事でちゃんとお父さんの娘になって暮らしてる子もいるもん!】
 俺「ウソウソ、お前ら俺を担いでる。俺はもう一眠りさせてもら」
弥生【もうこいつ剥いじゃえ!なっちゃん手伝え!】

740 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 16:02:55.94 ID:muoky9RH0
 俺「バカなことはやめろー!」

俺は必死で二人に抵抗した
まるで山猿のような弥生は、健康優良児的な発育の良さからくる体力もあり、
目一杯防戦したが素っ裸にされて抑えつけられてしまった
小娘のガキ相手に何という恥辱だろう!
と、思う隙もなく弥生が俺にキスをしてきた

 夏『なあーにするんだよおーっ!#』
弥生【おおっと、つい。あたしのお父さんと勘違いしちゃった】
 夏『弥生の父ちゃんはもっとジジイだろ!なつの父ちゃんに手ぇだすなよーっ!』
弥生【いいだろ少しぐらい!ちょっとチンコ入れさせろよ!】
 俺「オイオイオイオイオイ!ちょっと待て!本気で待て!」

弥生は俺のナニを掴んできた
下半身をばたつかせ、避けようとすると弥生も足を絡ませてくる

弥生【前から一度食べてみたかったんだよハァハァハァハァ】
 夏『も、もうかえれよ!弥生!』
弥生【うるさいな!姦るっつーたら姦るんだよ!】
 俺「ち、チン掴むな!」
弥生【もほぉ入れちゃええ!】

ググッと自分から腰を俺のナニの前に突き出して来た
危うし俺!

グブォ
 俺「お!」
 夏『なつの父ちゃんがあああー!!』

741 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 16:06:42.22 ID:pNnRWKge0
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)ココドコー!?

742 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 16:11:45.04 ID:muoky9RH0
精力ヲ使イ果タシタノデ マタ シバラクシタラ キマス

743 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 16:22:01.72 ID:3XUGpEES0
32 自分:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/03/22(金) 13:32:28.63 ID:A/XaN++60 [1/5]
ここまでのあらすじ

民俗学を勉強する私と友人のMは
ふとしたきっかけから噂を聞きつけ
千年以上も昔から今に残る奇祭を取材しようと真夏のS村を訪れた

S村には鉄道は通わず、そこを訪れるためには険峻な峠越えの道しかない
一本道を通って村に入ると、どこからもなくお囃子の響きが聞こえてくる
村役場に立ち寄って尋ねると「非公開ではあるものの、いたって普通の祭ですよ」との返答
しかし私たちをつねに監視するような村人の敵意ある視線

そして泊まる場所もないとの話を聞き私たちは引き返した・・・
と見せかけ、車を隠し徒歩の山越えで村に舞い戻った
もう夜になろうとしていた
篝火の焚かれた村の神社前の広場で藪に潜んだ私たちが目にしたものは・・・

744 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 16:22:54.06 ID:3XUGpEES0
33 自分:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/03/22(金) 13:33:16.46 ID:A/XaN++60 [2/5]
巨大な木製の回り舞台がゆっくりゆっくりと動いている
ドゴドン ドダン ドゴドン ドダン ドンダダン
心なしか不揃いな和太鼓のリズムが響いている
篝火に照らされてまだぜい肉のついていない白い尻の筋肉が躍動するのが見える

十ばかりしつらえられた大太鼓を叩いているのは13・14歳くらいの少年たちだ
全裸に白い鉢巻きだけを締めている
目が慣れてくると太鼓のリズムが不揃いな原因がわかった
少年一人の前に一人ずつ赤い腰巻きだけの二十過ぎの女がひざまずき
屹立した珍棒をなでさすり、しごきたて、強く咥えて吸っているのだ
「ああっ」少女のような声を上げて一人の少年がしゃがみ込んだ
どうやら精を放出したらしい

745 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 16:23:26.59 ID:3XUGpEES0
34 自分:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/03/22(金) 13:34:30.02 ID:A/XaN++60 [3/5]
そうして五分ばかりの間に少年たちは村女の巧技に次々と精を放出させ
太鼓を叩くのをやめて座り込んでいった
最後に残ったのは後ろ髪の長い少年と五分刈りの少年
どちらも美しい顔立ちをしているのは選ばれた者たちだからなのだろうか

やがて髪の長い少年が太鼓の上を飛び越えるほどの勢いで精を放ち、がっくりと膝をついた
どうやら五分刈りの少年が最後まで我慢を続けることができたようだ
まわりをとりまいた半裸姿の村人の男女が何かをおめき立てながら一斉に拍手をする
今年の勝者が決まったのだ

746 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 16:30:29.51 ID:3XUGpEES0
35 自分:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/03/22(金) 13:37:27.12 ID:A/XaN++60 [4/5]
五分刈りの少年の珍棒はもう限界というまでに怒張している
すると神官が歩み出て少年に向かって何かを言い、舞台の上を指さした
そこは数メートルばかりの櫓となっていて赤い衣がちらりと見える
櫓の上で起き上がったのは巫女姿の15歳ほどの少女だ

少年はそちらを見るといっそう上気したような表情となり
ゆっくりと梯子にとりついて櫓を登っていく
村人は静まりかえり少年の様子を息を呑んで見つめている

747 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 16:57:40.72 ID:pNnRWKge0
>>742
お前はもげろ!下脱却したらまた来い。

748 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 17:03:43.05 ID:3XUGpEES0
36 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/03/22(金) 13:42:43.89 ID:A/XaN++60 [5/5]
そこから先は影になってよくわからないが
少女が仰向けに寝て、その上に少年がおおい被さっていったようだ
「ひいいっ」少年のものとも少女のものともわからない声が上がる
すると先ほどの五十代と思われる神官が白い袴を脱ぎ捨てて同じく梯子を登っていく

その珍棒は少年のものよりもはるかに色黒く野太い
やがて櫓の上で少年の白い尻が上がる
少女と合体したままの少年の尻肉をつかみしめ
神官が珍棒を肛門に深々と突き入れたのがはっきりと見える
「うあぁおーーーん」少年が野獣のような雄叫びをあげる
「おおおっ」すべての村人が息を呑んだのがわかる
そうしてそれを合図として村人たちのところかまわぬ乱交が始まった
 
世界のエロ・グロ・変わった風習や拷問スレ

749 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:15:17.68 ID:mn+vcu350
大学時代の友人の話。

僕が通っていた大学は、キャンパスのすぐ裏が霊園という変わった立地だった。
毎週火曜日の朝、その霊園を突っ切ってグランドに向かう。
よりによって地下鉄の駅から一番遠い場所にグランドを作らなくてもいいじゃないかと。
毎週火曜の朝、駅〜キャンパス〜霊園の坂を駆け抜けながら、
そう思わずにはいられなかった。

750 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:15:34.01 ID:CwhDYeqe0
数日風呂に入っていなかったので、頭が痒くなってポリポリかいてたんだわ。
ふと気がつくと、髪の毛がハラリハラリと何本も落ちてたよ...
洒落にならないほど怖かったわ。
髪は大切にね。

751 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:19:28.16 ID:mn+vcu350
本来であれば、駅から公道を通って移動するべきなのだろうが、
県外からの通学を甘く考え、火曜1眼目の必須科目の体育を入学早々3連続で欠席し、
GW明けには既に単位取得が危ぶまれていた僕にとっては、
体育が行われるグラウンドへ最短距離で行ける、駅〜キャンパス〜グランドという
裏ルートは、この頃既に無くてはならない抜け道の様な存在になっていた。

752 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:22:02.68 ID:mn+vcu350
その日も朝から広い霊園を駆け抜け、
グラウンドの脇の更衣室で焦りながら着替えをしていると、
まだ授業が始まる前だというのに、顔中汗だくになっているIを見つけた。
「どうした?具合でも悪いの?」
と声をかけても、
「いや、大丈夫。何でもない。」
「でも、顔真っ青だし。汗凄くね?」
「ほんとに、なんでもないから。」
というお茶を濁すような返事しか返ってこない。
まぁ、本人が大丈夫と言ってるんだし大丈夫かとそれほど気に留めず、
貴重品を教員に預け、出席を取っている列の最後尾に加わった。

753 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:24:54.07 ID:mn+vcu350
何故大学に入ってまでも体育をせねばならんのかと、
男子学生なら誰でも考えそうな事を友人たちとブツブツ呟きながらの授業も、
授業後半、女子生徒を交えてソフトボールの試合が始まった頃には、
バッターボックスで、笑いを取ろうと必死にクロマティやオマリーのモノマネをする
友人達へ突っ込みやヤジを入れるのに必死で、
僕はIのことなどすっかり頭から抜けてしまっていた。

754 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:29:36.69 ID:mn+vcu350
結局Iは体育の授業には参加しなかったらしく、次に見かけたのは3眼目の講義の前だった。
Iが座っていた席はかなり離れていたが、授業中Iの事を忘れてしまっていた罪悪感もあり、
僕は席を離れIに声をかけに行った。
「結局休んだの?本当に大丈夫なのかよ?」
と、声をかけると先ほどの青い顔が嘘のように、
「あ〜大丈夫だよ。またにあんだよね、ああいうの。まぁ、風邪とかじゃないから大丈夫だよ」
と元気そうな顔を見せた。
「体育の出席厳しいからな〜。なんか出来ることあったら言ってくれよ。助け合おうぜ。」
「助かるわ。でも本当に大丈夫だから。心配すんなって。」

755 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:32:07.23 ID:WQQjzrhzP
言葉の内容が白々しくて作文ってすぐ分かるわ

756 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:32:19.17 ID:mn+vcu350
そんな会話を交わしていると、教授が荒々しくドアを閉め教室に入って来たので、
僕は慌てて自分がいた席に戻った。
しかし僕は、Iの「大丈夫」という言葉とは裏腹に、
その後も体育の授業の前に青ざめた顔で更衣室に座っている彼を、度々見かける事になった。

757 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:36:02.03 ID:mn+vcu350
「おい、I。ほんとに大丈夫なのか?具合悪いなら医務室に連れてくけど。」
「大丈夫。ここでしばらく待ってれば良くなるから。」
「いやでも、お前何回目だよ。いつも体育の前に具合悪くなって無い?なんかあんのか?」
同じようなやり取りをするのは、これで4〜5回目になる。
自分自身が体調に気を使うようなタイプではないので、これまでは声をかけるだけだったが、
流石にその日はIの事を問い詰めた。
大丈夫、大丈夫じゃないという子供の喧嘩の様な押し問答を続けていると、
グランドでは体育の授業が始まってしまっていた。

758 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:40:30.84 ID:2I/hWW4W0
あーいらいらする 
5行で書ける内容に何レス使うんだよこいつ

759 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:50:59.55 ID:PK+fuJcJ0
>>750
皮脂は溜まると臭いを放つし、ハゲの原因になる
ハゲたくなかったら頭洗え
爪は立てずに指の腹で押し出すように
シャンプーは二度やれ
液は各1プッシュ分でよい
最初にお湯で頭を全体的に濡らしたら、ブラシかけてシャンプーを広げること
髪の根元とか耳の後ろまで綺麗に洗ったらよく濯ぐ
綺麗に汚れが落ちてると二回目のシャンプーがよく泡立つ
リンスはまあ、地肌につけずよく流せばよい

760 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:54:50.04 ID:WQQjzrhzP
おやおや、書き逃げしちゃったよ

761 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:55:42.34 ID:P08CY/uo0
結局Iは体育の授業には参加しなかったらしく、次に見かけたのは3眼目の講義の前だった。
Iが座っていた席はかなり離れていたが、授業中Iの事を忘れてしまっていた罪悪感もあり、
僕は席を離れIに声をかけに行った。
「結局休んだの?本当に大丈夫なのかよ?」
と、声をかけると先ほどの青い顔が嘘のように、
「あ〜大丈夫だよ。またにあんだよね、ああいうの。まぁ、風邪とかじゃないから大丈夫だよ」
と元気そうな顔を見せた。
「体育の出席厳しいからな〜。なんか出来ることあったら言ってくれよ。助け合おうぜ。」
「助かるわ。でも本当に大丈夫だから。心配すんなって。」

762 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 20:58:29.53 ID:P08CY/uo0
「あぁ〜あ、始まっっちゃったよ。これで遅刻+1か〜。
 まじ出席ヤバいな、オレ。Iは大丈夫なの?」
「俺はなんとか大丈夫。ちゃんと計算してるから。
 お前もまだ大丈夫な筈だよ、確か。俺より欠席少ないし。」
「あ、本当?オレ自分で計算した事ないから不安だったんだよね。
 いや真面目な奴が友達にいると助かるね〜。」
「なんか、お前要領良い奴だと思ってたけど、違うんだな。」
「俺が物考えてるように見えるか?適当だよ適当。なんにも考えてないって。」

763 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:00:13.10 ID:2I/hWW4W0
もう荒らししかこないんだなこのスレ

764 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:00:44.08 ID:P08CY/uo0
「もういいから行けよ、ここで話してると遅刻じゃなくて欠席になっちまうぞ。」
「いや、行かね。お前のそれ、なんかあんだろ?聞くまで行かね。」
「ほんとに何でもないよ。風邪引いてる訳でも、腹が痛いわけでもないし。」
「おかしいだろ、それ。何で体調悪い訳でもないのに、具合悪くなってんだよ。」
「え、それは…。」
と、Iは言葉を濁した。
時間にしたら1〜2分だろうか。自分から問い詰めた癖に、
気まずい沈黙に耐えきれなくなった僕は口を開いた。

765 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:03:15.66 ID:P08CY/uo0
「言いたくないなら、言わなくて良いよ。ただ、こっちとしては心配なんだよ。
まさか、苛められたりしてんのか?」
「っははは。違げぇ〜よ。苛めとか。中学生じゃないし。」
Iが堪え切れずに笑いながら言う。
「なんだよ、何笑ってんだよ。」
「あ〜すまん。すまん。お前ほんとに単純なんだな。」
「お前、人が心配してやってんのに…。」
自分の話に真面目に取り合ってくれないIに対して、
僕が拗ねた様な態度をとり始めた時、急にIが重い口長で話始めた。

766 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:05:46.20 ID:P08CY/uo0
「確か、お前の実家ってお寺だったよな?」
「え?なんだよ急に。」
「いや、だから。お前の実家ってお寺じゃなかったっけ?」
「そうだけど。なんだよ、関係ない話をして話を逸らすんじゃね〜よ。」
「俺の実家はさ、みかん農家なんだけど。おじいちゃんが神主なんだよ。
 そのせいなのかな、変なんだよ。小さい時から。」
「あぁ?」
「なんだ、お前はそういうの無いのか。てっきりそうだと思ったんだけど違ったか。
 まぁ、いいや。ちょっと外に出て、空見て来てみ。」

767 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:06:02.79 ID:CwhDYeqe0
>>759
ありがとう。
早速実践してみるわ。
さっきからもう20本は抜けてるわ。

768 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:08:16.51 ID:P08CY/uo0
「なんだよ急に。」
「いいから、いいから。」
Iの説明になっていない説明に首を傾げながらも、更衣室を出て空を見渡す。
もう夏の空だ。まだ午前中とはいえ日差しが強い。
もう入道雲が出来始めている空に向かって一本の白い筋が立ち上っている。
やっぱりIにはぐらかされたと感じた僕は、急いで更衣室に戻った。
「どうだった?」
「なんにもね〜よ。煙上がってただけじゃね〜か。」
「だろ?」

769 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:08:36.20 ID:2I/hWW4W0
見て語るれ

770 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:10:54.76 ID:P08CY/uo0
「え?いやだって…」
「そういう事だよ。俺もグランドまで来てみないと分らないからな。
 どうしようもないんだよ。そんなに多くない時は大丈夫だし。」
「…。」
「俺に言えるのはここまで。これ以上は聞かないでくれ。
 ここまで話すのにも相当勇気がいったんだ。勘弁してくれ。」

771 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:11:48.55 ID:2I/hWW4W0
ウンコ水

772 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:13:53.56 ID:P08CY/uo0
確かに僕は寺の息子だったが、霊感は全くのゼロ。
2人いる姉二人は幼いころから霊感が強かったらしく、よく体調を崩したり変わったもの見ていたらしいが、
僕自身はそうした経験をしたことは一切ない。
唐突なIの告白に、言葉を失ってしまっていた。
「なんだよ言えって言うから話したのに。他の誰も言ってねぇ〜んだから絶対言うなよ。
 めんどくさいんだよ。ほんとに。」
「あ、あぁ。」
何も考えずにそう返事をした僕だったが、
その後の4年間、Iを積極的に面倒事に引っ張り回す事になることは、
この時はIにも、もちろん僕自身にもこれぽっちも想像出来るはずもなかった。

773 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:21:03.19 ID:WQQjzrhzP
ああ〜こいつの鬱陶しい

774 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:29:01.47 ID:3XUGpEES0
ショタ話じゃないのか?

775 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:40:13.75 ID:gLJ8FLEa0
おい!
こんななら、ロリネタを書いてた奴のほうが作文力あるぞw

776 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 21:41:03.70 ID:YkY5eEKP0
よっしゃ!
まかせんしゃい!

777 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 22:13:23.33 ID:YkY5eEKP0
弥生【いただきだぜ!】
 夏『やめろーっ!やめろーっ!』

半泣きの夏が俺にかぶりついてる弥生を引き離そうとするが、激しく腰を動かしてそれどころじゃない
弥生の顔は異常に上気し、据わった目つきは溜まってるスケベな中年オヤジを彷彿させた

 俺「弥生っ!止めなさい!そんな事してもホントに大きくなれない!」
弥生【うるさい!】
 俺「あい」
またひっ叩かれた…
 俺「そ、そんな事したいなら、ウチでお父さんとやって来い!」

弥生【だって………お父さん、………弥生、おもちゃにしかみてくれないんだもん】

急に動きを止めたかと思ったら、ポロポロと涙を流し始めてしまった

弥生【ぅぅ…… ぅぅ…… ヒススッ】

不用意な言葉が傷つけたようだ
俺はそっと弥生を抱き締めてやった
チンコ挿さったままだけど……

弥生【ちくしょぉ… ちくしょぉ… 】
 俺「……(゚ω゚;)」

弥生【なんでなっちゃんのお父さんはこんなに優しくて!ハフハフ!カッコ!ハフハフ!いいんだよおーー!!】

弥生がまた復活した。狂ったように腰を振り続けてる!浅草のカーニバルじゃねーぞ!

 俺「ヤバいから!お前初潮まだだよなっ?なっ?」
弥生【んなもん、とっくだよおww】
 俺「やめてお願い!」

778 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 22:16:11.34 ID:CwhDYeqe0
待ち構えてたのかよw
ワロタw

779 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 22:18:28.50 ID:pNnRWKge0
誰かオエーしてくれ

780 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 22:19:41.68 ID:gLJ8FLEa0
皆、ごめん
俺が悪かった・・・

781 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 22:38:41.49 ID:rjY2P9NVO
クッソw不覚にもワロてしもたやないかw

782 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 22:47:57.99 ID:YkY5eEKP0
 俺「やめろ!俺だって小さな子相手にこんな……!」
弥生【あっははそんなこと言ってギンギンだよお!父ちゃん】
 夏『なつンだよーっ!離れろよーっ!父ちゃあーん!!』

子供とは思えない。腰の振り方まで慣れっこというか、仕込まれてる
こいつの父親ってどんな腐れロリコン野郎だよ。俺までカウパー染み出てるじゃねえか!

 俺「弥生、もうそろそろフィニッシュ行けそうか?」
弥生【父ちゃんが射精すまでいかないよ ハァッ!ハァッ!】
 俺「なんで!」
弥生【だって精であたしたち大きくなるんだもん!あっ、そこそこ ハァッ!ハァッ!】
 俺「ちょ、じゃ、休憩しよ、休憩」
弥生【ダメーッ!絶対出すまで止めない!】
 俺「浮気バレたらお父さん怒るぞ!」
弥生【そ、そんときは…ハァッ!ハァッ! なっちゃんのお父さんを弥生のお父さんにしちゃう】
 俺「うう、俺もう……!!」
弥生【いいよ!ハァーッ!ハァーッ!お父さんっ!ハァーッ!ハァーッ!弥生のお父さああーん!!】

 夏『ウキャアアアアーーーーッ!!!!!』

ガシャーーンン……☆

突然、弥生の頭に柱時計が落ちて来た
いや、夏が柱時計をいつの間にか外して振り落としたのだ

弥生は脳震盪を起こしたのか、グタッと俺の胸に身体を預けて気絶してしまった
既にその直前、俺は不覚にも失敗してしまった
弥生の膣中に久しぶりの勢いのついた真っ白な噴水を放出してしまっていた

 夏『父ちゃんのうわきもの!うわあああん!!!!! うわあああーーん!!!!!』
 俺「もう無理言うなよ〜これ以上……」

783 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 23:10:01.63 ID:YkY5eEKP0
弥生を布団の上に寝かせた
呼吸や脈は一応正常のようだが、頭は分からない

 俺「ダメだぞ。傷つけたりしちゃ」

向き直って夏に声をかけると、夏は部屋の隅にゴロンと寝転がり、すっかり拗ねてしまっていた

 俺「弥生もきっと、お父さんと上手くやれなくて大変なんだよ」

背を向けて夏に声が届くように言ってみたが、返答なんか期待してなかった

 夏『なつは、どうせ大きくなれないもん……』
 俺「?……」
 夏『みんなより、長いんだもん』
 俺「………(だからって、ホイホイ幼女抱けねえよぉ!)」
 夏『でもなつ、まけないもん……
   きっと、いつか人間になって大人になるんだもん』
 俺「(大人なんか楽しいもんか)」
 夏『父ちゃんにはわからないよ』

また心を読まれたようだ……
夏だけは、座敷幼女のなかで特別な孤独を持っているようだった

784 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 23:29:42.53 ID:z9uKXIwh0
>>780
まぁ気持ちは解らんでもなあがあいつはばっちいから触っちゃダメなんだよwww

785 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 23:33:17.11 ID:YkY5eEKP0
いつでも呼びんしゃい!

786 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 23:46:21.46 ID:wnWsE80CT
全く無反応な書き手と囀ることしかできない無能の温度差が激しいな
書き手のメンタルを削っているつもりが、逆に強くしてあげちゃってるし
囀る無能は自分の首を絞めて卑屈になって何も書けないゴミになっていく
書き手は囀る無能を見下して影で笑っている。素晴らしい構図じゃないか

787 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 23:50:37.99 ID:pNnRWKge0
誰か小奴をエロ系のまとめサイトにでも載せてやって!ほんで成仏させてあげて!

788 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 23:52:57.90 ID:3XUGpEES0
そうかネタスレに変わったのかここ

789 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 23:57:48.76 ID:YkY5eEKP0
バカなあーーーーっ!!
私は此処で『座敷幼女なつと父ちゃん』を最後まで書き切る気でいるのだ!
退かせはせん!退かせはせんぞ!
なんぴとたりとな!

790 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 00:12:01.99 ID:OLkiCgfH0
心霊現象の調査する番組で、天井裏から血の付いた服が見つかった話、覚えてる人いる?
家の中で妙な現象が起きるだったか音がするだったで、その家に住む娘達が依頼してきたんだ。
その家では、母親が買い出しに出てから失踪したらしく、父親も何かよく分からないこと言っててた。
んで、いろいろ調べて行くと、音の発信源は天井裏、音の正体は足音。
しかも足音は母親の歩き方そっくり。
いざ、天井裏を調べると、血の付いた服が見つかる。
その服を見た娘達が、お母さんが最後に着てた服だ、って言って終わった。
次週って言ってたけど、結局見れなくて続きが知りたい。

791 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 00:22:50.96 ID:BeugokOZO
白いフサフサの付いた耳掻きで耳掃除をしていたら、猫が猫じゃらしと間違えて後ろから突進してきて、耳掻きが…

792 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 00:27:33.84 ID:KEYBoLWT0
洒落にならーーーーーーーーーん

793 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 00:28:02.42 ID:D6U/q5h30
>>791
鼓膜が破れるくらいの洒落にならない話は、しなくてイイよ。

794 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 00:31:48.19 ID:BeugokOZO
>>793
( ̄▽ ̄;)ご、ごめんね

795 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 01:24:15.84 ID:93LgL0Tq0
ここって、オレが経験した怖い話だけど
人によってはあんま怖くないじゃんって言われそうな話でもいいの?

796 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 01:29:10.85 ID:K6V/2NXI0
感性は人それぞれだからな
まぁ最近真正のマジキチがそっちこっち湧いてるけど
自信がなければほんのりにでも書けばいいんじゃね

797 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 01:31:20.83 ID:93LgL0Tq0
自信とかそういうのじゃなくて
単なる自分の体験を書きたいだけなんだよなあ
人に怖いって思わせるんじゃなくて

まあいいか、ほんのりで書いてみるわ

798 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 01:31:49.54 ID:gP2+dMyn0
書き込んでもいいかな?

799 :旅館人:2013/03/26(火) 01:38:19.11 ID:gP2+dMyn0
まぁいいや書いてくね
初めて書きますので
不慣れですが生温い感じで聞いてやってください。

今から6年前、17歳のころの話。

その日隣の奥さんから「あたしの働いてる旅館で年末人が足りなくなるからバイトしない?」
という話をもらいました。

場所はM県にあるS並という温泉街です。

すぐに親友に連絡して二人で働くことを決めました。

800 :旅館人:2013/03/26(火) 01:39:38.94 ID:gP2+dMyn0
不可解なことは初日から起きました。

その日、夕方からの仕事だったので15時頃旅館に着き、お世話になる間寝泊りする部屋に案内されました。
318号室という3階の端の部屋。荷物を置き、着替え、厨房へ。
そこでお膳の内容や布団の敷き方等、仕事内容を教わり初日の仕事を終えました。

そして夜、温泉に入り一通り終え寝るだけになったのですが
夜更かしするのが当たり前のような仲だったので次の日の仕事も早かったのですが、起きてました。
すると親友がふと「灰皿ないな」そりゃそうです未成年ですから。多分旅館の人も用意してくれなかったんだと思います。

「エントランスにあったな」親友が思い出したように言います。「行くか」二人でエントランスに向かいます。
エントランスには来客用の小さなテーブル、イスそして灰皿。テーブルを挟み向かい合うように座る。
友達との距離は1mもないです。私の後ろ側に自販機、友達の後ろ側に通路を挟んでご飯を食べるラウンジがあります。

するとゴーンという音と共にかけてあった柱時計が鳴りました。
時刻は午前2時37分。「は?」ちょっとびびったこともあって思考が働かなかった。
こんな時間に鳴るのか?古いから壊れてるのか?そんなことを思ってるうちに親友がキョロキョロしてるのに気付いた。

「あれ?人がこない」親友は私の後ろにある自販機の間から人が歩いていくのが見えたと。
二人で確認しにいって驚きました。自販機の後ろはすぐ壁でsの壁が全面鏡張りだったのです。

ということは自販機の間に映った人というのは、私と自販機の間を通る、私たちの間を通る、親友の後ろを通る。
この選択肢しかありません。私の後ろを通れば親友が、親友の後ろを通れば私が気付きます。無論私たちの間は通らないでしょうから。
しかし、私の後ろは不可能なのです。人が歩いてきた方向には中庭が広がっています。鍵が閉まっているので物理的に無理なのです。
自販機の後側には通路があります。厳密に言うと鏡張りの裏になります。(親友はその通路を歩いてきたのだと思ったらしい)

ということは親友の後ろしかありえないのですが、私はソレを見ていません。
「確かに白い服着た人が通った」と。変な時間に鳴った時計、鏡という独特の怖さ、私たちは早々に引き上げました。

801 :旅館人:2013/03/26(火) 01:41:46.76 ID:gP2+dMyn0
翌日の朝Sさんに「ここって幽霊とか出ますか?」と率直に聞くと「んなもん出ないよ・・・w」と笑われてしまいました。

何か腑に落ちない感じがあり同じことをYさんに聞くと鳥肌が立ちました。
「黒と白どっち見た?」と聞かれたのです。
私たちは出るのかどうかを聞いただけで夜のことは話してません。
親友が見たのは白でした。Yさん曰く白は問題ないのだが黒は厄介だということでした。

親友共々すっかり怖くなってしまい、白状して灰皿を用意してもらいました。
「まぁしょうがないね。火事だけ気をつけてくれ」と。
その日は早めに就寝しました。

次の日旅館に来て実質3日目の夕方、3階のパントリーで準備を進めているときのこと。
パントリーとは厨房から上がってきたお膳や酒等を置いておくちょっとした小部屋のことです。

パントリーからはコの字になっている建物の向こう側が見えます。「コ」の下線にパントリー上線縦線に客室とういう作りなのですが、
親友がパントリーから何気なく向こうの1階を見てたところ、変な人がいるのに気付いたそうです。

1階の廊下に並んでる等間隔の窓を行き来してる人がいる、そして何回か行き来したあと消えたというのです。
消えたと言ってもその窓と窓の間の壁から次の窓に現れなかったということなのですが、
電話でもしてたんじゃない?ちょうど壁の位置に部屋の入り口あって入ったんじゃない?そんなことで片付けてしまいました。

翌朝1階の掃除に行きその壁の位置に部屋がなかったのを確認してまた鳥肌です。
親友が言うには「黒かったような気がする」とのこと。

802 :旅館人:2013/03/26(火) 01:43:01.55 ID:gP2+dMyn0
そろそろマジか。と思ってきた頃従業員の方に嫌な話をされる。
「今日は人多いから蘭の間使うんだって」2階にある蘭の間。
従業員の人たちは口を合わせたように同じ話をする
「蘭の間だけは近づきたくない」蘭の間には甲冑を着て座っている置物?があります。
多分中身はマネキンか何かなのですが甲冑が本物のため、人と同じ大きさ。

「あの部屋だけはマジでヤバイ」そんなこと言われても支配人には逆らえません。
お膳を用意するために蘭の間の扉を開ける。いました。正面のド真ん中に堂々と座っている甲冑武者。
「これか〜」と親友と眺め、近づき観察する。
と、親友が「こんなもんが怖いのかね?」と。「幽霊の話したからからかわれてるんだよ」といい甲冑を触る触る。
つっついてみたり挙句デコピンまでかます始末。「あの話マジだったらお前呪われるぞw」と言ったが聞かない。
「絶対なんもないってー」そうこうしてるうちに従業員の方が入ってきて準備再開。

無事仕事を終え、温泉に入り、布団をしき、明日、最終日へ。
という感じだったのですがどうも親友の様子がおかしい。
なんかそわそわしている。「どうした?」と聞くと「いや・・・別に・・・」と。
「まぁ落ち着けよ」といって二人して煙草を吸い、従業員からもらったお菓子を食う(旅館やホテルのテーブルに元々置いてあるアレです)
並んだ布団の間にゴミを置きそろそろ寝るかと電気を消す。

803 :旅館人:2013/03/26(火) 01:44:20.36 ID:gP2+dMyn0
ちょっとすると友達が「この部屋なんかいるか?」と聞く。
私は暗い部屋を見渡して適当に「扉のほうか?」という。
「いや、お前がわからないんならいいんだ・・・」後から聞いたのですがこのとき親友は私の頭のほうに歩く何かを見たようでした。
「なんだよ怖いな」とか話しながら沈黙。
そして私も何かを感じる。
説明しにくいのですが空気が動く感じ。
その布団の間のゴミに空気が乗る感じというか空気がゴミを踏みつけている感じがするのです。
簡単に言えば私たちの間20cm程の布団と布団の間をゆっくり歩いてるような。

私は我慢できなくなり「おい、今何か感じるか?」と言ったのですが、親友は
「いや、朝起きてから話そうぜ」と言うのでなんとか寝ました。

起きてから親友が口を開きました「お前が感じるか聞いたときあったじゃん?あの時さ」
私は嫌な予感がし、全身を寒気が襲いました。そしてその予感は当たる。


「俺らの間歩いてなかったか?」


聞いた瞬間鳥肌が総立ちで本当に怖いときは自然と涙が出るようで

「同じことを思っていた」と。

親友の顔からみるみる血の気が引いていくのがわかりました。
もしあの時「歩いてるか?」などと直接的なことを聞いていたら
親友は「電気つけて朝まで寝なかったな。」と言ってました。

804 :旅館人:2013/03/26(火) 01:46:01.46 ID:gP2+dMyn0
あとから聞いた話ですが親友がみた黒い何か。
あの1階の客室の位置はもともとお墓だったみたいでその墓地を潰して建てたと。
そして私たちが借りた318号室。
もともとはYさんが住み込んでいたようなのですが、「あの部屋はマジ。気にしたら負け。蘭の間なんて問題外」と。
最初に言ってくれればいいのに・・・

それからも人が足りないときにはちょいちょいお世話になり、親友は今その旅館に住み込みとして就職しています。
親友の度胸にもびっくりですが、私が生きてきた中で一番洒落になってない話です。

805 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 01:48:57.23 ID:0t0B1Uye0
怖くないです 残念でした

806 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 02:15:30.07 ID:u2DoVQwa0
ラノベスレはここですか?

807 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 02:33:14.42 ID:hjl8K2g1O
おい
今号のグランドジャンプに
洒落怖であった話がまんま掲載されてんぞ

808 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 02:35:41.57 ID:v7dx5xrJ0
ラノベをアボる正規表現てないないかな

809 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 03:06:30.90 ID:UfURNch60
>>805
あんたなにと戦ってるの?
誰かに話がつまらないとか言われたのか?
頑張って生きていけばいいことあるかもしれないぜ
明日は明日の風が吹く
頑張れ

810 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 03:10:47.27 ID:0t0B1Uye0
まず旅館の怪異とか稲川物とかで腐るほど読んでるし
柱時計とか鏡や甲冑とかの道具立てもありきたりでオカルト的な新味がない

それから
>聞いた瞬間鳥肌が総立ちで本当に怖いときは自然と涙が出るようで
登場人物が怖がってるから読んでる人間も怖いとなるわけではない
感情移入できてない(短い字数だから普通できない)登場人物の恐怖は
なかなか読み手には伝わらない
むしろ滑稽がられる場合もある

あとは何かを見た、感じただけでは主人公らに身の危険があったかどうかもわからないし
人の恨みや苦しみ、悪意なども見えないから自ずと怖さの限界がある

811 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 03:28:14.09 ID:v7dx5xrJ0
最後まで詳細に読んだうえで批評してくれてんだからラノベくんはむしろID:0t0B1Uye0さんに感謝すべきだろうw
大半の住民は3行読んであとはスルーしてるからな

812 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 04:15:08.39 ID:zZ/lC6jc0
こういうのはラノベ調とは言わんだろ
典型的な創作フィクション物。拙い・・・・以前にろくに書いたこともない様な文章なのは間違いないけどな

主人公や話の展開がやたらご都合主義だったり、解説用に霊感の持ち主を出したがったり、霊感の設定を作りたがったりするラノベ的なのが書き手の中二病なら、
ただのフィクションとラノベ調の違いも分からず、やたらにラノベラノベ連呼するのは読者側の斜に構えた中二病だな

813 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 04:25:12.17 ID:zZ/lC6jc0
感想自体を書かずに投稿してしまったわ

とりあえず、ID:gP2+dMyn0は「作文」の書き方を調べた方がいいな
文体も一致してないし、すごく不自然。会話文の「」の後にそのまま時の分を続ける演出自体はあるが、これは法則性もないしな
怖さの書き方はおおむね>>810の言ってる通り
場面の雰囲気を重視して書きたいってのはわかったけど、それなら一層、ちゃんと文章をかける上で表現を意図しないと、まさにこうなる

814 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 05:03:36.94 ID:917vRVWiO
当然女性だろうと思って読んでいくと会話がまるっきり男でなんじゃこりゃとしか

815 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 09:40:37.83 ID:gP2+dMyn0
ここは怖い話を投稿する場所だよな?
その出来事がどれだけ怖かったかなんて主観なんだから本人次第だろ。

初めて書くことも最初に書いてあるし、

なによりも怖いと思った人がその話をする場所であって
お前らみたいな「何千件も話読んできました」的な評論家ぶってる奴に
勝手に評価されてグダグダ言われる場所じゃねぇだろ。

お前ら何履き違えてんだ?
お前らの感想求めて書いてるわけじゃねぇんだよ。

どうせ「じゃあ書くなよ」とか言い出すんだろ?
そんなこと言われる筋合いないからな。
間違ったことはしてねぇんだから。

816 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 09:56:43.35 ID:h61Wxodt0
>>815
ここは最近はアホが常駐しているんだ
キニスンナ

面白かったよ

817 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 11:42:21.02 ID:iH+dBHlE0
本当いつからこうなっちゃったんだろうね
>>810>>812みたいなのは自分が荒らしという自覚が無さそうだから余計始末が悪い
きっと「厳しく的確な批評でこのスレのレベルアップに貢献している(キリッ」とか思ってそう

818 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 12:05:45.03 ID:di0KqBss0
ほんと、人の書き込みに文句垂れ流すのならお金出して自分の読みたい本でも読んでればいいのに
それに素人のトンチンカンな批評なんか何の役にも立たないからいらないよ
ドケチな上にバカなの?

819 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 12:48:48.69 ID:DAvEkHPRO
自分で書くことから逃げて安全な所からスレをかき回したいとか思ってるんでしょ
土俵に上がることさえ怖がってる臆病者に怖い話なんて書けるわけないもんな(笑)
悔しかったら何か書いてみろよ。俺はスルーするけど

820 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 13:08:06.19 ID:ixoG/jB20
次スレはテンプレ元に戻そう
小説のくだり

821 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 13:12:35.32 ID:oKUpunHlO
あからさまな喧嘩腰擁護が続く辺り、やっぱり春休みだなぁ

まあ、老婆心でこの旅館人の話の本当の怖いところを教えてやろう

今現在こんな文章書いてる奴が、6年前で既に17歳だった。つまり

822 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 13:15:45.96 ID:FhmhrZ2j0
初めて書くも何も死ぬほど洒落にならない怖い話のスレなのにまったく怖くない話投下しておいて切れるのはお門違いすぎ
死ぬほど怖いのなら作者(笑)の親友今もそこで働いてるわけないだろ、ふざけんな

823 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 13:36:56.83 ID:16E1ufz90
あまり怖くないけど投下。

まだDVDなんてなく、ビデオテープの時代の話。
俺が大学生のころ、宅配ビデオみたいなのがあった。
いわゆる、エロビデオをバイク便みたいなので送ってくれるもの。
学校から帰ってくるとポストなんかによくいかがわしいチラシが入っていて、自分も欲望に逆らえず、ついつい注文してしまった。
配達をドキドキしながら待ち、夜22時過ぎくらいにやっとこさバイク便到着。
高い金を渡し、商品受け取り、すぐにデッキに挿入。
やや粗い画像で黒幕がしばらく映り、タイトルが出るわけでもなく、唐突にウッチャン似の女が現れた。
俺は思わず「うおぅ」なんて情けない声を出すくらいびっくりした。

824 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 13:37:48.50 ID:16E1ufz90
その女はワンレンの髪型で、いわゆるバブル期な感じな派手目な女。
派手な割には無表情で、自分の部屋だろうか?画面の中からじっと俺を見つめてる。
全く話は進んでいかないし、5分くらい見ていても女は一時停止したように俺を見つめている。
途中早送りをしてたら、口元が動いたので、巻き戻して再生してみた。
すると、
「私は5年前のこの時間、」
と言ったあとノイズが入り
「ぐわぐわわわわあわわわあ::::::!!」
と、訳わからんようなノイズと人の声が交った感じになって、画面もぐわんぐわん乱れて、最後には砂嵐に。

825 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 13:38:35.71 ID:16E1ufz90
俺は何だこりゃ?不良品か?と思い、いらいらしながら業者に事情を説明し、別のテープと交換するよう言った。
業者は「わっかりました・・・」と軽い返事で一方的に電話断。
その後、いくら待っても業者は来ることもなく、連絡もなかった。
変な商品を掴まされ、いらつきながらも「こういうビデオ販売は893さんが絡んでる」といった噂を思い出し、この業者に再び連絡をすることはなかった。

826 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 13:42:23.77 ID:16E1ufz90
その後友人から電話があり、
「なんだ、あれエロビじゃねーじゃん!」
「どっかのビルだかアパートが映ってるだけで人なんか出てこねーよ」
と苦情めいたことを言われた。
俺が
「おかしいな、ちゃんと巻き戻したか?」
と聞くと、
「当たり前だろ、お前が抜いたところなんて知りたくないから、しっかり巻き戻したよ!
とのことであった。
結局、その友人も別の友人にテープを譲ってしまった。

827 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 13:43:18.68 ID:16E1ufz90
その友人も俺の知り合いだったので、テープの内容を聞いてみると
「女の子が出て裸でソファに寝てた。というかそれだけ。」
「全然エロいことやってないし、というより泣いていたみたいな感じで痛々しかった。」
「1分もしないうちに砂嵐になったから、気味悪いし部室に置いてきたわ。」
とのことで、俺はそれ以降、このテープがどうなったかは知らない。
この友人曰く、「部室からなくなっていたから、誰かが持って行ったんだろう」とのこと。

828 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 13:44:05.11 ID:16E1ufz90
今はDVDの時代だから、テープを再生する人はいないだろう。
だけど、今でもどこかに存在してるのだろうか?
ひょっとして俺のところに来るまでも、誰かが同じように観ていたのかもしれない。
俺たちが観たものとは別の映像を。
観る人によって内容が違うという気味の悪い話で、俺とこの二人の友人の間では
「流浪のテープ」
と呼んで、今でも集まるとその話になる。
ちなみにテープ自体にはなんのタイトルシールも貼っていなかった。
あまり怖くなくてスマンが、不思議ネタということで。

829 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 13:46:13.34 ID:oKUpunHlO
>>820
小説云々の一行削るだけだな
まあ、小説っても、むしろ書くのは「俺が〇年前に体験した〜」系より難しいんだけどな

830 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 13:47:20.93 ID:16E1ufz90
失礼しました。

>>825の後、友人にテープを譲ったのです。
友人が俺の部屋でテープを見つけ、貸してくれというので。
で、そのまま譲る形になったのです。

831 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 13:50:34.09 ID:y4eaQ6MF0
>>830
なかなかおもしろかった

832 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 14:05:02.17 ID:16E1ufz90
>>831
まとまりなくてすいませんでした。
読んでくれてありがとう。

833 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 14:06:35.01 ID:oKUpunHlO
>>830
ほんのりか、不思議な話系スレのが良かったんじゃね?
自分でもあんま怖くないってかいてる位だしな

834 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 14:19:10.46 ID:16E1ufz90
>>833
そうだなぁww
確かにそっちの方がよかったかな。
でも当時はあの女がすごく気味悪かったんだよねww
怖くてテープも捨てれずにいたし。
手元から無くなった途端、気持が軽くなったというか。
だから今、ライトに話せるのかも。

835 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 14:39:06.08 ID:917vRVWiO
友人に譲る前だから単なる不良品扱いと理解してたんだけど
何を見落としてるのか

836 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 14:42:35.78 ID:hjl8K2g1O
これ、かなり前のスレから思ってたが

作文がどうこうとか文章の書き方どうこうとか
どうでもよくないか?
国語の授業じゃあるまいし
肝心なのは出来事そのものだろ?


言っちゃなんだが指摘してる方も指摘してる方で
その指摘の書き込み見てたら
そんなキッチリした文章はしてないよ。
まあ俺も人の事は言えんが。


ただまあ、怖くないモンを怖くないって書き込むのは
例え個人の主観でも、それは勝手ではある。

837 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 14:49:53.63 ID:ai91/f+J0
>>836
国語の勉強してね

838 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 14:50:46.06 ID:16E1ufz90
>>835
不良品だと思っていても、女がすごく不気味だったんだよね。
なので感覚的に捨てると呪われそうな思いが当時はあったww

839 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 15:06:55.98 ID:hjl8K2g1O
>>837
互いになw

ってか指摘してる連中に聞くが
自分ら、一体どんだけの数の怖い話をこのスレに投下してきた?
また、自分以外のスレ住人にどれだけ認められてきた?


今更だけどさ
改めて実例挙げて欲しいんだが。
自身の作品でさ。
ダメ出しするだけならそこらの通りすがりの名無しでも出来るぞ。

840 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 15:45:07.79 ID:oKUpunHlO
通りすがりにでもダメ出しされる様な文章力に疑問を感じないのか?

・ちょっと作ってor書いてみたからチャレンジ的に投稿する様なスレでもない
・自分なりに、怖さや内容の基準をクリアできる話がないならここに投稿しないのが当たり前。ただただ投稿してるから偉いなんて幼稚な話でもない
・読物の怖さや内容の表現が、文章表現に左右されるのは当然。プロレベルなんて求めないが、評価されたいなら最低限は必要。
・「感想」が“小学生の読書感想文”で止まってる奴もいれば、そうじゃない奴もいる


結論を言うと、見るスレを間違えてる

841 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 15:52:59.65 ID:gP2+dMyn0
>>822
まったく怖くないってのはお前の意見だろ?
ほぼ確実に当人の主観なんだから本人次第だろ。
あ?映像でも見せろってか?

その親友も普通に働いてるわ。
働いてわけないってどこから来たの?
自分の意見押し付けて満足か?
(笑)とか煽ってるし、お前みたいのいらないって
散々書いてあるんだけど読めないのかな?

842 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 15:54:05.14 ID:LOKxKEGt0
おまえらのこのスレに対する愛が重すぎて泣きそうだ。良い奴らだなあ。

789は折れろ、縮め。

843 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 15:56:04.08 ID:DAvEkHPRO
お粗末な感想文と自分ルールを垂れ流して独善に陶酔している君を見ていると口角が歪む

844 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 16:05:11.36 ID:ai91/f+J0
>>841
主観死ぬ程洒落にならない怖い話だと思ったら、どんな話でも良いのか?

だったら、俺は修学旅行で歯ブラシが無くなったのが怖かった

こんなのでも良いということになるな

845 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 16:06:18.00 ID:oKUpunHlO
大方、洒落怖のネームバリューに吸い寄せられて来たんだろうけど、
むしろ中身をちゃんと読んでくれてる人にどれだけ噛み付いても、評価はかわらんよ

と言っても聞かないんだろうなあ

846 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 16:08:24.81 ID:gP2+dMyn0
>>844
お前は前レスで国語の勉強してねとか
あからさまに煽り側だからいらない
勝手にそう思ってればいいよ

847 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 16:15:46.66 ID:hjl8K2g1O
>>840
疑問を感じる?
いや、感じたとしてそれが何?って感じだが。
だってそれはキチッとした文章構成あるかどうかで
出来事そのものが怖いか否かは別じゃないか?
文章からキッチリした話読みたいなら
それこそ商業誌読んでろ、って話にならないか?


いやまあ最低限の文章構成力欲しいってのもわからんじゃないよ
その話がどれだけ恐怖感煽るかとかにも影響出るだろうし。
単純にわかりやすいかって部分にも関係する。
でもさ、最低限のラインって人それぞれで違うんじゃないの?
例えば、小学生並の感想文がどうこうとか言ってるけどさ
俺個人としてはその小学生並の感想文でいいと思うよ。
結局は出来事そのものがどうだったかって話になるんだし。


あと、実例挙げろってのは
後続の洒落怖ネタを投下する人にとって
明確な指針になるからやはり具体的に示すべきだと思ったから言った。
前述の「最低限、これくらいには話纏めてよ」ってな
ラインを示す事にもなるし。



おかしい事言ってるか?
まあ、おかしいだろうな。
これ以上は場を無駄に荒らすだけだから
ROMしてるわ。

848 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 16:21:17.52 ID:hjl8K2g1O
>>842-846
あーなんだ
スマン
全部俺が悪いって事でいいよ。
ガラケーから長々とな。
カッとしすぎたわ。
ただ文章構成力とかはそこまで気にしてないヤツもいる。
それだけ言いたかった
…が、まあソレが余計だったな。

荒らしてスマンおまえら
俺の事についてはバカジャネーノと叩いてもいいが
出来たらスルーしてもらえるとありがたい。
そういう訳で、今度こそROMに戻るわ

849 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 16:33:09.54 ID:DAvEkHPRO
自分の杓子でしか物を考えられない上に恩着せがましいときた
気持ち悪さじゃなくて怖さでサブイボを立たせてくれよ。頼むよ

850 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 18:09:21.57 ID:xnBAmjFN0
>>804
>それからも人が足りないときにはちょいちょいお世話になり、親友は今その旅館に住み込みとして就職しています。
>親友の度胸にもびっくりですが、私が生きてきた中で一番洒落になってない話です。


そのあとの行動客観的に判断しても死ぬほど怖い出来事だったように感じられないんだが

851 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 18:11:08.09 ID:6KFROkKW0
自分のメールアドレスが乗っ取られた揚句、削除されもう連絡とれなくなった知り合いが大勢居る
有料サービス分も消えたので大損害
数カ月はメールを読まれ、根回しもされた模様

852 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 18:12:16.02 ID:Dn2mivkn0
誰か知ってたら教えて欲しいんだけど
「夢鬼」は創作なの?実話なの?

853 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 19:09:49.45 ID:SLEYq7gkO
>>735
(T_T)そんなに安いの…?

854 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 19:22:22.29 ID:SLEYq7gkO
>>817
同感。

855 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 19:28:44.20 ID:X2E4klkVT
作者連中よりも見苦しく自己弁護して無駄なレスを増やす批評家()
頑張って書いた感想文()を貶されると泥沼に嵌っちゃうよ
皆も遊んでみよう

856 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 19:42:20.41 ID:+ClKXo600
春休みだなー。
新学期が始まるまではレベルの低い話が続くなー。

自分で書いて「死ぬ程洒落にならない怖い」話だという自信が無かったら他のスレに投下してくれよ。
頼むからさ。

857 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 19:51:58.49 ID:MbD9pFvVP
ソロソロイインジャネエカナ(゚Д゚)オレノコノ アツイリビドーヲ ザシキヨウジョタチノ トイキニノセテ ハッシャシテモ イイヨナ? イイヨナ?

858 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 20:14:16.04 ID:oKUpunHlO
>>856
ああいうのは、あんまり触っちゃいけないタイプだったなあ。失敗失敗

859 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 20:28:32.56 ID:917vRVWiO
「あんまり怖くないかも」の誘導は >>2 にあるけど
>>1 にもスレチですとあった方が良いのかも

860 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 20:41:02.65 ID:+wjJzuCi0
>>857
他所へ逝け。戻ってくんなロリコン。

861 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 20:46:09.87 ID:di0KqBss0
>>857
あきらかにお前はダメだ
他所で書け

862 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 21:25:58.93 ID:pDKRngKW0
       _, ,_
 ()  (・ω・ )  これ、何だと思う?
 (~)、 /   i  )
  \ ` |_/ /|
   `ー_( __ノ |
    (  `(  、ノ
()()()()_ノ`i__ノ


        _, ,_
 ()  ( ・ω・ )  これね、評論虫が作者のケツに産みつけた卵
 (~)、 /   i  )
  \ ` |_/ /|
   `ー_( __ノ |
    (  `(  、ノ
()()()()_ノ`i__ノ

863 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 21:49:41.23 ID:E6c0nxZS0
>>860-861
ソウカ(゚Д゚)ワカタヨ

ソンナニモオマエラハ…((( ゚Д゚)))オレヲマッテイタンダナ!

864 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 21:52:13.31 ID:E6c0nxZS0
デモイマハ (゚ロ゚) スコシキュウケイシテカラナ

カナラズカクカラ!(゚Д゚) マタセテ ホントゴメン!

865 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 22:10:25.29 ID:8a6PB9GA0
まあここじゃないほうがいいだろう>幼女話
どっか他で書いてくれたら俺は続き読みに行くからさ

866 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 22:14:26.41 ID:E6c0nxZS0
ダメダ (゚Д゚) ココガイーンダ

867 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 22:39:36.40 ID:cbEB2uxg0
おまえなー自分の愛着あるであろうキャラを荒らしに使うなよ

868 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 22:55:23.95 ID:E6c0nxZS0
アイチャク?(゚Д゚) ナニソレシラナイ

869 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 23:04:38.21 ID:Gq/x4ME70
正直ここで書くよりようじょすれ で書けばスターになれるんじゃ
もったいない

870 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 23:32:53.95 ID:E6c0nxZS0
イイエ (゚ω゚) ソンナアラシミタイナコト デキマセンヨ

871 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 00:08:32.30 ID:sdY+O2Pl0
なんか書き込みにくいふいんき。
でも人すくなそうなので投稿するならいまのうち・・・?

872 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 00:14:03.32 ID:UH9fQcYQ0
うん、今のうち。

873 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 00:14:19.92 ID:XXUqrhvt0
まとめに載るのが最初から目的の人は直接まとめに投稿するほうがいいよ
そのほうが他のアフィリにも利用されにくいし

874 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 00:15:37.10 ID:MfIP48YZ0
こっそり投下。
俺が消防の時の話だ。
「死ぬほど怖い」かどうかは分からんが、
少なくとも俺は数十年経った今でも時々思い出して鬱になる。

まず、俺の行ってた小学校なんだが。普通に公立だけど、かなり評判の良い学校だった。
学区の治安がいい。子どもたちがあまり問題を起こさない。先生の質がいい。
俺としてはあまり良い思い出がないが、一般的に見れば事実その通りだと思う。
しかしそんな学校でも程度の差はあれ『いじめ』はあるわけで、
俺は正にいじめられっ子だった。
つっても俺の場合性格が難ありだし他にも色々理由があるからいじめられてもしょうがないんだけどね。

875 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 00:19:19.85 ID:MfIP48YZ0
で、そんな俺にも友達がいた。Aだ。
同じクラスのやつなんだけど、そいつもまたいじめられっ子。
いじめられっこ同士で仲良くなったのか、それとも仲が良いからいじめの対象にされたのかは覚えてない。

小学校の中学年の頃だったかな。
Aが飛び降り自殺をした。
飛び降りって言っても校舎の2階から。
当然それで死ぬわけもなく、足を骨折したくらいの自殺"未遂"。
入院して、諸々のカウンセリングとか含めて1ヶ月程度で学校に戻ってきたんだけどさ。
どうやらクラス内でのいじめが原因らしくて、何度もホームルームで議題になった。

876 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 00:28:39.17 ID:m6jYSKfyO
C

877 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 00:31:20.45 ID:WrtQNM0YO
874ー875です。猿くらいました。
本当に申し訳ないですが私のことは忘れてください…。

878 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 00:51:12.43 ID:UH9fQcYQ0
なにそれこわい

879 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 01:07:41.67 ID:WrtQNM0YO
そうこうしてるうちにAが戻ってきた。
俺はちょっと戸惑ったけど、思ったより元気そうな様子にほっとしたし、
お互いにその件には触れなかったけど、またすぐに二人で遊ぶようになった。
クラスでの無視はまだ続いてたけど、露骨な嫌がらせはなくなった。

そんなある日の休み時間。
久し振りに、Aといじめっ子達がもめていた。
俺は本を読んでいて、そこに至るまでの経緯は見ていない。
ただ騒ぎにはなったもんだから担任も教室に飛んできて仲裁。
そのとき、Aが叫んだ。

「お前らどうせ俺なんか死ねばいいって思ってるんだろ!
 俺はひとりなんだ!!友達なんか一人もいないんだ!!」

880 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 01:09:55.48 ID:WrtQNM0YO
教室が静まり返った。
先生は動揺していた。なにせ、Aは前科持ちだからな。
そんなことない、みんな君のことが大事だよ。
極めつけに「Aくんのことを友達だと思ってる人、手をあげて!」なんて言い出す。
子供心にも馬鹿馬鹿しいと思ったが、俺はとりあえず手を上げた。
周りもだ。殆どが「空気を読んだ」って感じだったけどね。
ただ、いじめっこ達は手を挙げなかった。
そのことでAがマジギレ。先生が抑えこむ。いじめっ子達は笑う・・・。
結局他の先生達が応援に来て、Aといじめっ子たちは教室の外に連れだされた。

881 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 01:13:15.36 ID:3qNw2Tsn0
ゴクリ…

882 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 01:13:26.61 ID:UH9fQcYQ0
まったり四円

883 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 01:14:34.99 ID:pPdZl0270
これ、連投規制だから俺らがパディング入れないとだめなのか

884 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 01:14:48.80 ID:WrtQNM0YO
暫くしていじめっ子達は教室に戻ってきた。
こってりお説教されたらしく、ぶつぶつ文句を言っていた。

「Aのやつまじウザいわー」
「本当に死ねばいいのにな。って、死ぬ度胸もないかwww」
「2階程度じゃ死なねーよなwwwばかwwww」

本当に、あの時あいつらを殴らなかったことを今でも後悔している。
確かに2階から飛び降りた程度じゃ死なない。
ただ注目を浴びたくてやったことだろうとは思う。
俺とAの遭っていた"いじめ"は、世間で言ったらまだまだ可愛いものだということも理解している。

885 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 01:17:10.69 ID:WrtQNM0YO
それでも小学生が"自殺"なんてまともじゃないってことは、当時の俺にも分かった。
「俺はひとりなんだ」と叫んだAの表情が怖かった。
平気でヘラヘラ笑っているいじめっ子達の悪意が怖かった。
よくあるいじめ、で片付けられてしまうだろうことが怖かった。
何よりそれが小学生の頃に起こった出来事だということが、本当に怖かった。

正直に言うと、今でもまだ怖い。
ま、何より恐ろしいのは公衆の面前で「友達じゃない」と言われたも同然な俺のぼっちっぷりなんだけどw
Aはそのあとすぐに転校しちゃった(親の都合。いじめは関係ない)けど、
どこかで生きていてくれたら嬉しいと思う。

886 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 01:18:27.06 ID:UH9fQcYQ0
がんがれ

887 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 01:19:42.73 ID:WrtQNM0YO
以上、これにて終わり。
支援してくれてありがとう。
大した話でもないからさらっと投下しようと思ったのに、おさるさんめ…(´・ω・`)

お粗末様でした。

888 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 01:21:00.09 ID:UH9fQcYQ0
乙。次はきゃーってなるオカルト系で宜しく。

889 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 01:22:52.63 ID:pPdZl0270
おつおつ

カワイソス

890 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 01:37:22.74 ID:l4+QYSQN0
ほんのりとか後味スレに合ってたな

891 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 02:02:49.14 ID:0ZRsGh9FP
いじめって結局黙ってたらそこから先が無いんだと思う

自分もいじめられた
怪我で足の指が足りなかったからね
プールなんかで見られちゃうしばれる

こういういじめには真っ向からぶつかって
男の子も箒で叩いた

でも女の子からされる無視や、なんていうのかな
村八はキツかった
自分が発言すると、丸い輪が散会とかね
仲がいい子達も居たから、自己中って訳でもなかったのかと
自分を慰めるけど、あの白い目は何十年経っても夢に見るよ

892 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 02:17:12.23 ID:o5b2tR+v0
○余り怖くない話と思うなら以下のスレへお願いします
ほんのりと怖い話スレ その92
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1359646553/

何でもいいから怖い話を集めてみない? Part3
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1359951107/

893 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 03:42:43.73 ID:L/2tfuy00
洒落怖なのか?これ

894 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 06:24:45.94 ID:UGKJ0sGP0
そもそも怪談ではないな

895 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 07:05:50.98 ID:XXUqrhvt0
*スレチ話、類型的な話、あんまり怖くないといいながら投下される話、幼稚な話などが続く 
→ いくらなんでも低レベルなんじゃないかと嘆く、叩き厨が出てきて叩く
→ 投稿が少なくなる、荒らしが増える → スレが賑わうのが一番だ、叩き厨はやめろという話になる
→ しょうもない投稿に対して優しくなる →*に戻る(以下くり返し)

ここ何スレもずっとこのくり返しなんだが
結局は怖い話を書ける人が2chを見限って少なくなっただけだろうな

896 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 07:21:00.90 ID:MOtHJnLv0
>>893
>>894
いじめはだめ絶対

897 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 07:21:17.36 ID:XXUqrhvt0
叩き厨が優勢 → 投稿が少なくなる、荒らしが増える、それでもまとめ掲載ねらいで
スレの雰囲気に関係なく投稿するやつはレベル低い投稿をする

擁護厨が優勢 → しょうもない投稿が増える、オカルト上級者がスレを見限る

どっちが優勢でも怖い話がちゃんと書ける人を呼び込むのは難しいだろう
したがって叩き厨、擁護厨のどっちもいらいらしながらスレは進行していく

898 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 09:47:23.96 ID:J/UUTrFK0
「ゆとり教育の怖ろしさを感じるコピペ」

ヒッグス粒子の存在を1964年に予言した白人のヒッグス教授(83)も涙。
1 :2012/07/05(木) 09:04:14.71 ID:ikiHqsvN0 ?BRZ(11632)
「新たな粒子発見は、歴史的な一里塚だ」。
ヒッグス粒子とみられる新粒子を発見した《中略》
1964年にヒッグス粒子の存在を予言したピーター・ヒッグス英エディンバラ大名誉教授(83)も
姿を見せ、あふれる涙を拭いながら発表を見守った。会場では大きな拍手に包まれ、
「わたしの人生で、信じがたい出来事だ」と感動で声を震わせながら話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120704-00000147-jij-soci
3 :2012/07/05(木) 09:05:19.79 ID:LuDlA/wu0
  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < やるじゃん
|   ト‐=‐ァ'   .::::|    \_____
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\
8 :2012/07/05(木) 09:07:11.92 ID:XAFb3M+T0
ヒッグス粒子がオナホみたいになってたら
おちんちんじゅぽじゅぽ入れてきもちよくなれるのにな
9 :2012/07/05(木) 09:07:14.19 ID:I49/PY4z0
ヒッグス粒子を予言したのがヒッグス教授とか
奇跡的な偶然過ぎるだろwwwww
12 :2012/07/05(木) 09:08:46.51 ID:kS2/4S8b0
>>9
これこそが奇跡だよな
18 :2012/07/05(木) 09:10:16.65 ID:BjH4rhv20
>>9
あのさあ・・・

899 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 10:00:27.51 ID:FSCn0NqvO
でもホントに怖い話なんて
いくら創作込みとは言え
そうそう投下されるモンじゃないんだよな
そもそもオカ板見てる連中自体、様々なホラー作品見てきてるようなのばかりだし
それらじゃ物足りないからココに来てるってのもあるし。
商業誌にあるモノ以上が求められてきてる部分がある。
実際、マジで怖い話が最後に投下されたのっていつだっけ?
ってな感じになってきてるしな…

900 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 10:31:50.81 ID:QPQd4Xf6O
お粗末な感想文で煽っても効果無いし
馴れ合っても腑抜けるだけなんだから外野は黙ってろ
気持ち悪いから安価すんな。シッシッ

901 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 10:45:17.32 ID:rWOLp6gt0
洒落怖以外でも、あちこちの投稿サイトでも、粗雑濫造に傾き過ぎると逆にいい書き手が離れてしまうのが悩みの種になってるのが現実だからな
それにこの板じゃ、そもそも趣旨別に怪談投稿スレがいくつもあるしな
洒落怖乗っけてるアフィサイト辺りから、じゃあ俺も俺もと飛んできたようなのは、そういうの気にもせずに洒落怖しか意識してないんだろうな

まあ、それ以前に昨日未明のアレは、内容に対して変な擁護含めて、某ゆみの流れを思い出したけど

902 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 11:03:25.84 ID:o5b2tR+v0
虐めが洒落怖ってのがな……

虐めの内容がグロければまだアレだが

903 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 11:10:16.36 ID:GAihLBo20
どうしてももう一度読みたいやつあるんだけど、
ざっくり概要話せば誰か教えてくれたりする?
スレチかな(´・ω・`)?

904 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 11:20:29.02 ID:RAKcZrea0
駄目だ

905 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 11:34:15.11 ID:RWfK8f4K0
>>903
教えてやるよ
どんな話?

906 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 11:56:57.33 ID:GAihLBo20
>>905
まじかありがと

田舎系の話で、主人公が田舎に規制して
昔からの田舎の友人と近寄っちゃいけない場所に行く。
(確か林道?みたいな道を抜けていくはず)

抜けた先には廃屋が2軒くらいあって、
(忍び込んだら、確か和風の人形があったず・・・)

結末覚えてないんだけど大体こんな流れだったはず

907 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 12:07:22.48 ID:rWOLp6gt0
>>906
もう少し何か特徴ないかな?
それだけだと、正直結構な数が該当しそう

908 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 12:13:53.97 ID:iXEBUoiK0
お願い、誰か「夢鬼」が実話か創作か教えてー

909 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 12:24:09.57 ID:GAihLBo20
>>907
だよねごめん、ちょっと心もとないけど思い出してみる

記憶が曖昧なんだけど、その2軒の廃屋(AとB)は元々仲が悪かった、とかそんな気もする
2軒のうちの片方の家がまずくて、そこには家の中には鏡が確かあったと思う

あとは友達のうちの一人が発狂したような・・・・

910 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 12:32:55.70 ID:PqpfP9Sa0
もう4年前の話だけどちょっと書かせてくれ。
文章下手なのはさーせん

当時俺は高校を卒業して車を買って毎日のようにドライブしてた(ド田舎で遊ぶ場所がなかったw)
高校の同級生AとBと一緒に俺の住んでた地方はほとんどの場所に行ってしまい、普通じゃ行かないところ・・・つまりは心霊スポットめぐりをしようぜって話になったわけ
最初のころは俺もAもBもビビりまくって凄い怖かったんだけどいろんなところに行っていると何も出ないしだんだん怖くなくなってきてさ・・・
まぁ雰囲気は怖いし誰かが勝手に心霊スポットってことにしてそれがネットで勝手に拡散されただけじゃないの?とかいって笑ってた。

911 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 12:35:00.38 ID:PqpfP9Sa0
それでこの日もまたドライブ行くぞーって話になってある山の中のトンネルと鳥居に行こうって話になった。
行きの車はこれから心霊スポットに行くっていうのに怖い話なんか皆無で女の子の話とか仕事の話で盛り上がってた。
だんだん明りが無くなってきて周りが山になってきて初めてAが「こえーwおしっこちびるwww」とかいったくらいでほんとに怖いところに行くって気持ちはなかった。

912 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 12:38:03.09 ID:PqpfP9Sa0
そんな感じで目的の場所についたんだよね。まず最初がトンネルだったんだけどトンネルなんかもう何回も行ってたから全く怖さなんか感じないで着いてすぐに車を降りて中にどんどん入って行った。
A「うわーどこも同じ感じなんだなw」
B「だよなーwでもこの前のところのほうが怖かったよね」
俺「あー分かるw俺あれ若干ビビってたもんw」
なんて話をしながら煙草吸おうと思ったんだけど肝心の煙草を車の中に忘れてきて一人で取りに戻った。それで鍵開けようとしたんだけど鍵があかない。

913 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 12:43:38.72 ID:PqpfP9Sa0
あれー?って思って鍵の充電切れちゃったのかなって思い手動であけて煙草を取ったんだよ。
そしたらいるの。バックミラーに女の人が座ってるの。
うなだれた感じで下をむいてだけど今にも顔あげそうな感じでさ
怖くなってすぐにバッと後を振り向いたんだけどだれもいない・・・
もう一回バックミラー見てみたけどなにも映ってない・・・

914 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 12:45:39.24 ID:PqpfP9Sa0
そこでやばいって思って帰ればよかったんだけど俺は見間違いだと思って普通にAとBのところに戻っていった。
だけどやっぱり怖くなって一応AとBには話そうと思って
俺「なー今車の中に女の人いたんだけど」って言った。
だけどAもBも俺が怖がらせようと思って嘘ついてると思ったらしく
「嘘つくなよw」「その女可愛かったw?」って感じで全く信じない。

915 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 12:49:03.91 ID:PqpfP9Sa0
そのうち俺もまぁ最近仕事忙しかったし疲れてただけだろとか思ってあまり気にしないで次の場所に行くことにした。
車に戻るとAとB「女の人がどこにいるの?」って馬鹿にしてきてあぁやっぱり気のせいだったんだなぁって思った。
でも鍵は普通に開いたんだ。あれ、おかしいな?って思ったけど今更どうでもいいかってことで気にしなかった。

916 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 12:54:08.37 ID:PqpfP9Sa0
トンネルからその鳥居までは行き方が分からないからナビに道案内してもらうことにしたんだけど鳥居のあるところの住所がわからないのでオカルトサイトの簡易マップに書いてあった近くの小学校に目的地をセット。
トンネルから案外近くて3kmくらいの距離だったからすぐ着くだろっ思って出発いた。
出発してからも車内は普通の雰囲気だったんだけど車外はだんだん雰囲気が変わっていった。なんか進めば進むほどだんだん砂利道っていうか全く整備されてない感じになっていく。

917 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 12:58:13.33 ID:PqpfP9Sa0
A「外が森すぎるw」
B「道ひどいなw地元の人たち生活できるのかねw」
なんて二人は笑ってたけど俺は運転に集中してた。
買ったばっかりだったし傷付けたくなかったからさ。
そのうち完全に獣道みたいなところまで来ちゃって一回車を停めた。

918 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 13:00:55.52 ID:Wer+vCD60
>>906
ほい

http://blog.livedoor.jp/darkm/lite/archives/51226752.html

919 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 13:10:42.65 ID:PqpfP9Sa0
俺「小学校この先らしいんだけど車通れないどうする?」
A「えっ?こんなとこに小学校あるの?うけるwwどーやっていくんだよw」
B「田舎だからしゃーないだろwてかお前のナビなんでこんな道通れっていってんだよw」
俺「俺に聞くなwこれ最短検索にしてるからたまにとんでもない道を通そうとするんだよ」
B「なるほどねー。んじゃ歩いてく?小学校から鳥居ってすぐだろ?」
俺「うん。オカルトサイトのマップだとすぐ近くって書いてあるし・・・」
A「んじゃ歩いていこうぜ探検探検w」

920 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 13:16:40.09 ID:PqpfP9Sa0
って感じで俺らは車を置いて小学校まで歩いていくことにした。
歩き始めた時は話したり笑っていたんだけど5分くらいで会話が無くなった。
明らかにおかしい。
300mっていったらもうついてもいい頃だが全くそんなのがある気配がしない。
A「なぁさすがにおかしくね?」
B「うん・・結構歩いたのに全くつかないし・・・一回車に戻らない?」
俺「そうしとこうか」

921 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 13:19:12.51 ID:PqpfP9Sa0
やっぱりみんなおかしいと思ってたらしくて意見一致で後を振り向いた。
そしたら急に寒くなった。
鳥肌がたった。
今まで心霊スポットは凄い行ってたけどこんなの初めてで凄い怖くなった。
AとBを見たけど二人も同じようだった。
これはやばいと思い早く帰ろうよって言って歩く速度を速めた。
でもすこし歩いて足が止まる

922 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 13:21:33.35 ID:PqpfP9Sa0
だって前から誰かが歩いてくるから。
こんな遅くにこんな山の中で明りも持たないで一人で・・・
俺「あ・・あれみえる?」
A「う・・うん気のせいじゃないよな?」
B「・・・」
そいつだんだんこっちに近づいてくるんだけど後は怖くて戻りたくないし前はそいつがいるし逃げ場がなかった。

923 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 13:24:51.61 ID:PqpfP9Sa0
A「おい茂みに隠れようぜ。てかそれしか逃げ場ないぞ!!」
Aの声で我に返り俺らは道の脇の茂みに入って息を殺して静かにしてた。
そしたら
・・・ざく・・・ざく・・・ざく・・・
って足音が聞こえてきてゆっくりだけどこっちに近づいてきてるのが分かった。

924 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 13:27:29.06 ID:PqpfP9Sa0
音がすぐそこまで来たころには目も慣れてきたんだけど足音の正体をみて俺は固まった。
だってさっきトンネルのところでみた女だったから。
しかもその女さっきは座っていて分からなかったんだけど裸足で足を引きづりながらあるいている。
たのむからこっちに気付かないでいってくれ・・・って思いながら隠れて祈っていた。

925 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 13:29:57.27 ID:PqpfP9Sa0
足音もだんだん遠くなっていって聞こえなくなったら俺らは顔を見合わせて深呼吸を一回。
それからさっさと帰ろうってことになり元のけもの道に戻った。
そしたらさ、いるんだよあの女。
足音が聞こえなくなったのは聞こえないところまで行ったんじゃなくて止まってただけだった。

926 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 13:33:35.59 ID:PqpfP9Sa0
そしてこっちを見てにやりと笑う。
目がね、目が凄い怖かったのを覚えてる。
普通じゃありえないくらい目が出てる。
なんていうか殴られて腫れたところに目がくっついてますみたいな。
あとでかいのよ。普通の人の2倍くらい目が大きかった。
それがこっち見てにやって笑ったりするから俺らは車まで猛ダッシュ。

927 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 13:35:46.38 ID:GAihLBo20
>>918
こ れ だ!

ありがとう!!!超感謝!!!!

928 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 13:37:22.66 ID:PqpfP9Sa0
後なんか振り返る余裕もなくやみくもに走った。
車の場所まできて助かったと思ったら鍵があかないんだよ。
今度は手動でも開かない。
A「何やってんだ!早くしろ」
俺「鍵が・・あかねえんだお」
B「嘘だろ早くあけてくれよ!!」
俺「俺だって開けたいわ!!どうってんだよふざけんな!!!」

929 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 13:40:43.46 ID:PqpfP9Sa0
ふと獣道のほうを見るとあの女近づいてきていた。
相変わらず足を引きずりながらだけど今度は
「きゃはははははははははははははははははは」
って笑いながら近づいてきていた。
もう本当に気持ち悪くて見るがいやだった。
早く帰りたくてでも鍵が開かなくてどうしたらいいか分からなくなって
パニックになっていたらAがこっちに来て石で窓ガラスを割ってカギを開けてくれた。

930 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 14:23:15.48 ID:PqpfP9Sa0
いつもならぶちぎれるがこの時だけは本当に感謝して車に乗り込み
エンジンをかけた。エンジンは普通にかかり急いでこの場を後にした。
ほんとに怖くて泣きそうになっていたけどなんとか助かったからよかった・・・
なんて思っているとAが話しかけてきた。

931 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 14:30:15.59 ID:PqpfP9Sa0
A「あれ・・なんだよ・・」
俺「わかんない・・・でも俺がトンネルのところでみたのあいつ」
A「・・・まじで?嘘じゃなかったの?」
俺「うん・・・でも俺も見間違えただけだって思ってたからさ。」
A「まぁ普通はそうだよな・・俺もう心霊スポットいくの辞める怖すぎた。」
俺「俺ももう行かない。あんなのほんとにいるんだな。」
なんて会話を10分くらい続けてたんだがBが会話に参加してこない。
バックミラーで見るとなぜか端のほうに座って頭を抱えてうずくまって震えている。

932 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 14:35:20.45 ID:PqpfP9Sa0
俺「大丈夫かいB・・・」

後を振り向いて後悔した。あの女が乗っていた。
Bの髪の毛を撫でながら何かブツブツつぶやいていた。
俺は声が出せなくなり体が動かなくなった。
するとだんだん女が顔をあげていき・・・
そして最後目が合ってしまい「きゃはははは」という笑い声が聞こえた
ところで体に凄い衝撃が走った。
そこで記憶が飛んで気が付いたら病院のベットの上だった。

933 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 14:40:07.70 ID:PqpfP9Sa0
どうやらあの後車を電柱にぶつけてしまい大けが→Aが119に電話して病院コースだったらしく、
もうこの件ではAがいなかったら本当に死んでいたと思う。
車は廃車になり俺達3人は入院全治2ヶ月という大けがを負った。
まぁ死ななかっただけ良かったんだけど。

934 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 14:42:54.10 ID:PqpfP9Sa0
その後退院してまた3人で遊ぶことはあったがドライブをすることはなくなった。
いまでもたまに3人で飲みに行ったりするが俺らの中であの話は暗黙のルールで禁止になっている。
思い出したくもないし、思い出すと夢に出てきそうで怖いからねw


高校卒業したての頃ってドライブしたい気持ちわかるが心霊スポットだけは行かないほうがいいぞ。
下手したら本当に死ぬかもしれないからな。

一番下の弟が免許取って車買ってきたから記念に書いとこうかなと思って書きました。
駄文でほんとに申し訳ない。

935 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 15:04:30.42 ID:XXUqrhvt0
アボーン

936 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 15:20:43.39 ID:0u+Yj+260
いや、運転中に後ろを長時間振り向きっぱなしとかそりゃ事故るわ

937 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 17:34:26.27 ID:yG5UcKCK0
3年前のID:9YY4Sl/p0で話題になってた人と、某作業所で知り合った。
場所は三重県、作業所は就労継続A型です。これ以上は特定対策で秘密。

質問、あったら答えます。

938 :続きます。@:2013/03/27(水) 18:06:03.57 ID:XMTvCNbI0
オカルトと言って良いかどうか判らない上に、「それはお前が悪い」と言われておしまいな気もするがちょっと書いてみます。
規制が心配なので大分端折ったら創作っぽくなってしまいましたが、文章のまずさはあんま気にしないでください。

もう大分前のことになるが、学生時代に一度だけ妙な体験をしたことがある。高二の春だった。
その日はたまたま早く帰ることが出来たため、ちょっと散歩でもしようと三つも前の駅で降りて知らない道を周って帰ることにした。
いざとなれば、途中途中のスーパーやファミレスの看板でも頼りにすれば家に付けるだろうと考え、路地裏や通学路をフラフラ歩いていた。
すると何個目かの曲がり角で、「お嬢さん」と声がする。振り返ってみると、失礼ながらかなりみすぼらしい(所謂浮浪者?ではなく、小綺麗なんだけどその全体
が古ぼけ、ぼろのようになっている)格好のおじいさんが座り込んでいた。皺だらけの顔を、ニコニコさせている。
「すまないが、水をくれませんか」とおじいさんが呟いた。呻くでもなく、嗄れ声でもなく、言うなればジワッとした明瞭な声だった。
重ね重ね失礼ながら、水なら公園や駅前にもある。これは訳アリだなと思った自分は、よせばいいのにペットボトルの水を渡した。偶然にも、学食のコップに
ついで飲んでいたので口自体は付けていないから良いかと思っての判断だった。この時は、プチ善行とすら思っていた。
おじいさんは、大儀そうに腕を伸ばして瓶の下方を受け取ると蹲るように礼をする。自分も会釈をして、またしばらく歩いた。

939 :続きます。A:2013/03/27(水) 18:06:38.78 ID:XMTvCNbI0
涼しくて良い散歩日和だと思った。猫が居たのでそれを眺め、もう桜が咲き始めていたのでそれも眺め、視線を降ろすと道の脇に老人が居た。
ギギギと音がしそうなテンポで首をこちらに向け、「すまないが、飴をくれませんか」と呟いた。
これまた失礼ながら、この町こんなホームレス多いのか?と思いつつ、飴は無いので先日友人からもらったキャラメルをそのまま横流しした。
しわくちゃの手にそれを落とすようにして渡し、そろそろ知ってる道まで戻ろうと少し歩くスピードを速めた。
工場の裏に、老人が居た。「紙をくれませんか」と聞かれたので、授業で配られたファイルの中紙として挟まっていた藁半紙を渡した。
民家の軒下に、老人が居た。「鉛筆をくれませんか」と聞かれたので、教室で拾ってそのまま持ってきてしまったチビ鉛筆を渡した。
石塀に寄りかかった老人が居た。「鈴をくれませんか」という言葉には内心焦った。そう言えば、マスコットがぶっちぎれたのでやると押しつけられた、
鈴だけ付いている根付けがある。何年も前に誰かから押しつけられたものだが、その誰かが思い出せなかったので時候だと思い渡した。
次あの老人だったら断ろうと思っていたが、会うたび会うたびどうしても前にあったおじいさんの容姿が思い出せなくて返答に詰まった。
イメージは大体重なるのだが、細かいパーツや服装自体がどうしても思い出せない。上の方に書いたのも、大分時間を掛けてなんとか思い出した要素だ。

940 :最後です。B:2013/03/27(水) 18:11:19.78 ID:XMTvCNbI0
あと一本、この路地を抜けたら絶対自分の知っている道に出る。それはよく判っていた。だから、そのアーケードには誰もいなくてその出口の場所に、
おじいさんがうずくまっているのだろうと思った。
「お嬢さん。花を、花を私にくれませんか」ここまでかいくぐって来られた運が、とうとう尽きたと本気で思った。
向こうに見える植え込みに何とかタンポポが見えたような気もしたが、それはこの老人の前を素通りすることになる。取ってきますと言うだけの度胸が自分にはなかった。
とっととこの難題を片づけて、まともな方へ帰りたいと本気で思った。花はどこにあるのか。
その時、ハッとした。去年の入学式で渡された造花のコサージュが、鞄のポケットに突っ込みっぱなしになっている筈だ。あった、これだって花だ!
おじいさんの前までツカツカと歩み寄り、目の前にその若干ヨレヨレになったコサージュを示してやった。
「こんなのしかありませんけど!」と思いっきり震えた声で見得を切る自分に、おじいさんは「お有難う御座います」と初めて礼を口にし、品物を両手で受け取った。
ダッシュで家に帰った時から、こうしてまた桜を眺めている何年も経った今まで、あれから自分には何のオカルト的な異常も起きていない。
今はただ、あの難題をふっかけられた時に一つも自分に深く関わる物を要求されなかった己の運の強さに、感心するばかりである。
乱文長文失礼しました。あのアーケードにはその後行く機会が多々ありましたが、何のトラブルもない普通のアーケードでした。

941 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 18:46:26.51 ID:vfGMLe5O0
>937

60 本当にあった怖い名無し sage 2010/03/25(木) 23:30:07 ID:9YY4Sl/p0
俺らが中学生のとき、校内で行方不明になった奴がいた。
場所は、サッカー部の部室として使われてたガレージ。
うちの中学は、有料駐車場のガレージみたいな建物がグラウンドの隅にあって
それらの一つずつが部室として運動部に割り振られてた。
事件当時は、どこへ行ったのかより(部室から)どうやって外へ出たのかが謎だった。
事件以来、全てのガレージ型の部室が顧問の監視下以外での使用を禁止された。
俺らも、ここ15年ぐらい事件のことは忘れていた。
同じ学年ってだけで俺らのグループとも接点なかったし、
在学当時からいわゆる「学校の怪談」的な伝聞情報ぐらいにしか思ってなかったんだ。

62 本当にあった怖い名無し 2010/03/25(木) 23:31:45 ID:mzViQN0G0
>>60
部室に閉じ込めたってこと?

63 本当にあった怖い名無し sage 2010/03/25(木) 23:33:57 ID:9YY4Sl/p0
その行方不明者が実は、2年ほど前に中学で姿を現したらしい。
これも伝聞だから実態は定かでないんだけど、出現当初は不審な生徒として捕まったらしい。
それから生徒の保護者宅へ連絡が入り、そこからは上へ下への大パニックだったそうだ。
バケモノだ工作員だ、引き取る引き取らないの大騒ぎ。
2年前に在学してた生徒の一人で現在は工業高校生の奴がデュエル・モンスターズ仲間で情報をくれるんだが
その日は昼休みになる前から3階廊下を体育教官が歩哨してたり人の怒鳴る声が響いてきたりで
とにかくダダゴトじゃない様子だったと。
しかも彼の担任が「テレビ番組のドッキリだから」と称して生徒間の平静を取り繕おうとしてたと。
元行方不明者、当時は施設へ送られたが今は戸籍も元通りになって来月から専修学校の寮に入るらしい。
らしい、というのは福祉関係の仕事してる友達から聞いただけの情報だから。

942 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 18:47:05.97 ID:vfGMLe5O0
>937

65 本当にあった怖い名無し sage 2010/03/25(木) 23:37:57 ID:9YY4Sl/p0
うお、レスがついてる。
>>62
いいえ、閉じ込めなくてもシャッター以外の出入り口は換気扇のところのみ。
それさえ、太い金網か格子みたいなのがあったし
そもそも中学生の通れる大きさではありませんでした。
顧問の教諭が下校時に人の出入りを確認してる時、異変が明るみになったみたいな感じです。

(続き)
近々、昔のグループで臨時同窓会を開いて元行方不明者に会って
詳しい話を聞いたりしたいと思ってる。
聞いて欲しいことのリクエストがあったら、受け付けるぞ。
ただ、工作員云々のくだりが気になって職場の上司にこの話をしたときには
「タネが特アとかの浸透作戦なら、むしろ微笑ましい」
「もしガチネタなら、事件の原因が確かになるまで半径1kmには近づくな」
という内容の回答をもらった。
こういうのに詳しい方、居られましたらご意見をください。

66 本当にあった怖い名無し sage 2010/03/25(木) 23:39:04 ID:37CtHicX0
>>60
>俺らも、ここ15年ぐらい事件のことは忘れていた。
>その行方不明者が実は、2年ほど前に中学で姿を現したらしい。

当然十数年分の歳はとっている姿ですよね?服装は制服のままでも。
それとも若いまま???

67 本当にあった怖い名無し sage 2010/03/25(木) 23:42:17 ID:9YY4Sl/p0
>>66
ジャージも本人も、当時のままだから内輪が祭り状態なんです。
確認するまでは、断定できませんが。少なくとも、報道等の公表はされていません。

943 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 18:57:32.46 ID:0FO/b9N10
>937
消失→出現した当人は何て言ってるの?

944 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 19:37:27.53 ID:l8f6vBXPT
人形供養をしている寺から無理を言って市松人形を譲り受けた。以下実験記録。

●目的
人形に霊が宿っているという推測を立て、それが物的な霊か生物的な霊かを問わず、あらゆる手段を講じて心霊現象を誘発させる。

●実験一 暗示
ICレコーダーに「お前は生きている」と吹きこんでリピート再生。人形と一緒に箱入れして押し入れにしまう。

結果 変化無し。

●実験二 撮影

結果 何も変わったものは写らない。

●実験三 剃髪
人形の髪の毛をバリカンで根こそぎ剃る。剃った毛は全部捨てる。

結果 人形の髪の毛は伸びない。

●実験四 裁断
人形の着物を鋏でズタズタに引き裂く。

結果 変化無し。

●実験五 絞首
襖の枠ににフックを刺して紐を結び、人形の首を絞めるようにして吊るす。

結果 夜中に物音がして目覚めると人形が床に落ちていた。

945 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 19:38:16.95 ID:l8f6vBXPT
●実験六 不快刺激
生きているゴカイを買ってきて人形と一緒に箱詰めする

結果 変化無し。ゴカイがたった二日で死滅。

●実験七 磔
人形を釘で板に打ち付けてから錐で滅多刺しにする。

結果 変化無し

●解体
人形を鋸でバラバラに解体する。中から乳歯がいくつか出てきたので捨てる。

●処分
ジッポオイルをかけて焼却。酷い悪臭。
真っ黒に焦げた人形を袋に入れてゴミ捨て場に廃棄。何故か烏が食い散らかして、道路に人形の破片が散らばる。拾い集めてまた捨てたが頭部だけ見つからなかった。

●特筆すること
○人形を床に放って外出。帰宅後人形の位置が変わっていた。記憶違いかもしれない。
○夢の中で布団に寝ていて、何者かに髪の毛を齧られる。視線を向けることが出来なかったが恐らく人形。起床後も痛みが残る。
○金縛りに会う。視線の先に人形。
○自分のものではない毛が部屋の隅や風呂場で見つかる。
○人形廃棄後に押し入れから物音。開けると人形の空箱が床に落ちる。空箱も廃棄。
○無言電話が頻繁にかかってくる。反応も息遣いも無く、物言わぬ人形を相手にしているようだった。試しに「お前は生きている」と言う。すると相手も同じ言葉を幾度となく繰り返す。ICレコーダーに録音した声と寸分違わなかった。

946 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 19:56:12.37 ID:Nq0UXyY+O
ttp://kowaizo.com/mystery/mystery391-420/mystery393.php
直リン悪い
携帯のサイトだからPCからみれるかわからないがこれと似た話あったよね?
男4人でドライブインに迷い込んで異様に大きい男とか跳ねる蛆とかまともだと思った女子大生三人が何年も前に失踪しててよく考えると怪しかったとかそんな感じのさ、、、

関係あるのかな?

947 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 20:29:37.53 ID:yG5UcKCK0
>>943
最初のうちは「スウェーデンに留学してた」「天地療養してた」等とウソをついてたらしいです。
でも今では、「部室から出たら21世紀になってた」と言っています。
作業所のみんな(俺も含めて)は、彼の言う事を信じてます。
彼は、いかにも「まだ成長期の後半」って感じの体付きをしてます。
肌の質感も、長期の引きこもりや中東等に住んでて肌を外気に晒してこなかった人等とは全然違うんです。
三十路過ぎの男には有り得ない若々しさだけは、彼の言葉以外に説明がつきません。

948 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 20:41:09.08 ID:0KWFW64d0
>947
彼にとっては、時間の経過はあったのかな?
こっちから見て消えてた間、彼の視点からすると、どーなってたの?

949 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 21:47:08.32 ID:d54Yw9lH0
怖い話が続いたから、そろそろ座敷幼女で癒されたい。

950 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 21:55:55.79 ID:vHoGaFBM0
>>949
だまれ

951 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 22:01:28.93 ID:yAqRINS70
>>934
怖かった

952 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 22:01:57.34 ID:e2WhJsov0
あんま連絡してないけどAっていう仲良かった友達から夜に急に連絡あって得に何気ない話しただけで終わった
んで、そのあと30分くらいに別の友達から連絡があった
内容が一時間くらい前にAが電車で自殺したって話だった
でもおかしいぞ、俺さっきそいつと電話したぞ?って話したら友達も「えっお前も連絡あった!?」って
お互いに着信時間いったら同じ時間でしかも事故があった時間よりあとでマジでビビったことあった
最後になにか話たかったのかなあって

953 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 22:02:32.81 ID:kU+pNNkz0
天地療養ってなんかすげえ効きそう
俺もやりたい

天!地!療!養!

954 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 22:06:20.48 ID:JYXJ7rwB0
>>949
市ね

955 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 22:27:47.85 ID:QJ2Hh1XO0
>>949
おまえのような奴がいるから

956 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 22:28:41.74 ID:kU+pNNkz0
安価刺すとかおまえらほんとに幼女好きなんだな

957 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 22:37:21.89 ID:QJ2Hh1XO0
冗談じゃない!わらしスレも山怖スレも荒らしに荒らした奴をなんで待つようなコトをすんだよ!

958 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 22:46:23.98 ID:yG5UcKCK0
転地療養の打ち間違いです。期待しないであげて。

>>948
時間の経過や異様な瞬間等は、全く感じてないそうです。
異変に気付いたのも「不審な少年」として先生方に囲まれた時だそうです。
そのときの先生方に、彼を知る先生がいたから「不審な少年」としての誤解はその場で解けたそうです。

しかしそこからが、「帰ってきた行方不明者」としての苦難の始まりだったそうです。
体の若々しさや、本当に中学生当時そのままとしか思えない受け答え(体は異状なし、当初は記憶障害と認められず)のせいで
家族にすらなかなか本人と信じてもらえなかったそうです。

959 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 22:46:57.39 ID:kU+pNNkz0
天!地!療!養!

960 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:07:31.31 ID:5/f5qoqG0
>>958
家族からも信じられないというのは、当人辛かったろうな。
家族側からしても、信じがたいのは解るけれどもさ。浦島状態。

961 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:08:30.02 ID:yG5UcKCK0
>>959
うちの作業所へ来るかいw
自然いっぱいだぞ
近くにはゴルフ場も温泉もあるし、オートキャンプ場もある。
症状が良くなったら、少年自然の家へボランティアに行くのも良い。

「天地療養」は良いキャッチフレーズになるかもしれんね(笑)

962 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:10:16.37 ID:kU+pNNkz0
過疎地で海がきれいで仕事があるなら喜んで

963 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:16:41.84 ID:gh2ipo190
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい

964 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:16:43.80 ID:yG5UcKCK0
>>960
人間社会の闇を感じるよね。
せっかく無事に、年月も失わず帰ってきた男の子に家の敷居をまたがせない。
受給者証を取得して、精神障害者として扱われるまでは半ばバケモノ扱い。
彼の若い体にしても、ご家族は「精神障害者は実年齢より若く見えがち」だと言う事で徐々に受け入れた。

965 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:26:20.72 ID:vHoGaFBM0
>>952
それで供養になったのならいい話だ

966 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:28:56.56 ID:5/f5qoqG0
>>964
>「精神障害者は実年齢より若く見えがち」だと言う事で徐々に受け入れた。

それで受け入れというのは、あんまりだなぁ。
「タイムスリップしたから向こうは、ほんの一瞬だっただけ!」と思って
暖かく受け入れてもらえたら・・・まぁ現実はそんなものなのかもね。

967 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:29:06.75 ID:yG5UcKCK0
>>962
海は無いし、過疎地でもない。でも、交通の便はいいぞ。
JRの駅が近い。バイパスも通ってる。
利用者になるなら、八木で診察を受けなきゃいかんよ。
交通費は自腹。他院患者はお断り。
住む場所が無くても、生活保護を取って月ヶ瀬ニュータウンに入居できるぜ。
ご家族がいるならあなただけ世帯分離するか、ご家族も一緒に診察受けたらいい。

968 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:36:22.31 ID:kU+pNNkz0
ナマポ取れとかアホか死ね

969 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:38:49.99 ID:gh2ipo190
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい

970 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:39:47.22 ID:yG5UcKCK0
う〜〜ん、これが世間の感覚か
悪気はありませんでした、すみませんでした

971 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:42:10.84 ID:gh2ipo190
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい
くさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさいくさい

972 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:50:06.24 ID:XXUqrhvt0
スレの現状を考えると、どうせ怖い話はこないのだし
年寄りは引退して若い者にまかせたほうがいいのかもしれん
一部抵抗するやつはいるだろうが

973 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:50:33.01 ID:0ZRsGh9FP
>>938->>940
面白かったーーーでも洒落コワじゃないね
不可思議あたりがよかったんじゃない?
スレチになると叩き煽りが湧くからね

974 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:56:14.80 ID:yG5UcKCK0
>>966
現代人がいくらフィクションに慣れてるからと言っても、いざ家族の身に降りかかったら話は別でしょう。

しかも事情を知らない者からすれば、彼の第一印象は「頭のおかしい不登校児か何か」です。
奈良のEフロアで「この人、アラサーか!!」と気付いた時は思わずイスから尻が浮きました。

975 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:57:49.75 ID:pPdZl0270
怖い話聞くと眠れなくなるのについ見てしまう
で、トイレいけねぇ

976 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 23:59:16.03 ID:yG5UcKCK0
>>968
こういうのは、悪い事ばかりではありません。
何がなんでもカルテを書く、役所で受給者証を取る。
院長や我々にこの姿勢が無ければ、あの人の居場所はどこにも無かったことでしょう。

977 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 00:08:45.67 ID:W8yJEOLB0
女だったら合法ロリなのにな

978 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 00:14:47.83 ID:HBoDp/b10
ロリ?

ヨンダ?(゚Д゚)ヨンダノ?ヨンダンダナ?

979 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 00:23:19.36 ID:AAhZa9fm0
>>978
お前は呼んじゃいねぇ

980 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 00:57:10.68 ID:m0umDxFm0
貴方が聞いた・体験した怖い話や、2ちゃんの色んなスレから拾ってきた死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみませんか?
・ジャンルや、事実の有無は問いません。
 ・創作も歓迎です(創作と宣言すると興ざめてしまう方もいますのでご注意ください)
 ・要は最高に怖ければいいんです。 が、【 】以下もお読みください

【重要ルール】
 ・他の人が書き終えるまで投稿は待ちましょう。
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
 ・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。
 ・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からのサイトからは許可を取ること。
 ・文での感想はOK。点数形式での採点はNG。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。
 ・次スレは950レスを超えてから立ててください。

まとめサイト・投票所     モバイル版          まとめミラーサイト
http://syarecowa.moo.jp/   http://dokosyare.akazunoma.com/    http://mirror.bake-neko.net/

○余り怖くない話と思うなら以下のスレへお願いします
ほんのりと怖い話スレ その93
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1363629968/

何でもいいから怖い話を集めてみない? Part3
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1359951107/

洒落コワに拘るならまとめサイトの投稿掲示板もあります
http://jbbs.livedoor.jp/study/9405/

前スレ
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?310
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1361962919/

981 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 01:03:49.06 ID:m0umDxFm0
次スレ

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?311
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1364400145/l50

982 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 07:40:19.16 ID:xnGZFC9t0
>958
可能なら、退行催眠にかけて欲しい

もしくは、原点に戻れで、消えた場所にもう一回行って
調べるべきじゃないの?
当人にとっては一瞬なら、まじで、タイムスリップか冷凍されてた?

983 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 08:43:51.09 ID:KplMQi6S0
うめ

984 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 08:44:08.89 ID:KplMQi6S0
うめ

985 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 08:44:34.26 ID:KplMQi6S0
うめ

986 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 08:44:59.46 ID:KplMQi6S0
うめ

987 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 09:45:51.17 ID:611kgO5MO
>>970
何一つ証明されていないから、真っ当な社会人なら誰一人として納得しないと思う

セールスマンが「これいいよ!未来のやつ!買って!」と駄々こねるのと同じ

988 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 09:48:18.87 ID:53II6w4x0
今家に変な男が来てる
何回もチャイムとノックしてドアのノブガチャガチャ回して携帯で誰かと電話してる
怖い

989 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 10:12:41.45 ID:6dKPDqhOO
NHKか

990 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 10:33:08.22 ID:YhRNBtcJO
>>988
心当たりないんならインターホンで出ればいんじゃね?どっかの部屋と間違えてるのかも
ただしいつでも警察に電話できるように

991 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 12:14:07.81 ID:/ELnxCi00
新聞の勧誘員にも、そんなのがいたけど、
インターホンのない部屋で1階に住んでる人なら怖いわな…
ついでにベランダ注意。

992 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 14:00:36.27 ID:tEGwXdWW0
危険度はマンションか一戸建てかで全然違う
人の少ないマンションは嫌だけど

993 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 18:40:41.35 ID:H7CfZkJt0
>>938
質問
・「それはお前が悪い」と言われて〜ってのは、変なおっさんの相手をしてしまったから悪い、って考え?
・「次あの老人だったら」ってのは、今までもその老人だったの?
「この町こんなホームレス多いのか?」って書き方からして別々のおじいさんだったと思って読んでたんだが

994 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 18:58:20.34 ID:H7CfZkJt0
突然消えて突然現れるって話はイギリスの家族だかでニュースになったよな
大分前だけど

995 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 19:32:12.26 ID:LdAD1oOZ0
ぬーべーとかBJにもあった気がするな
あれはフィクションだけど

996 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 20:16:40.80 ID:W8yJEOLB0
>>982
貧困ビジネスふぜいが、わけのわからん目的で中学校の敷地に入るなんて無理だろw
そもそも事件現場だってもう、開かずの間とか立ち入り禁止になってるかもわからんぜ

997 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 20:43:08.16 ID:vrBkDHWt0
では私がフィナーレを

998 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 20:43:45.47 ID:vrBkDHWt0
次スレもあるし
よしよし

999 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 20:45:13.75 ID:vrBkDHWt0
では次スレでまた

1000 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 20:53:45.91 ID:A1VXxUuE0
1000なら次スレは怖い話が一切出ないというのが怖い話になる。

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

378 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)