5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【未来人】Wingmakers【タイムカプセル】

1 :本当にあった怖い名無し:2012/10/24(水) 03:01:09.99 ID:5wNZcAI00
Wingmakersについて語りましょう


2 :本当にあった怖い名無し:2012/10/24(水) 03:04:05.85 ID:5wNZcAI00
公式?
http://www.wingmakers.com/

3 :未来人:2012/10/24(水) 03:19:36.78 ID:Fe8PrEJhO
呼んだ?

3GET

4 :本当にあった怖い名無し:2012/10/24(水) 03:27:26.15 ID:XKjldssz0
要するにアセンションの手伝いがしたいの?

5 :本当にあった怖い名無し:2012/10/24(水) 08:30:20.98 ID:/IMU9yX30
単発糞スレ立てんな死ね

6 :本当にあった怖い名無し:2012/10/24(水) 11:43:44.33 ID:IBoCZ/T/0
>>5
こいつは知ってるの?

7 :本当にあった怖い名無し:2012/10/24(水) 16:30:19.05 ID:5wNZcAI00
まずどのくらいの人々がウィングメーカーを知っているのか


8 :本当にあった怖い名無し:2012/10/24(水) 20:30:59.54 ID:l6/wEyci0
他のスレでも質問書き込んだが、最近、アニメの絵がたくさん入った、GSSCとかHMSとか
ウィングメーカーの単語が出てくるJPGが所構わず張られているんだが、あれなんなんだ?

9 :本当にあった怖い名無し:2012/10/24(水) 22:34:47.59 ID:1nRjFxrSP
大昔からやってるけど単なる絵売りアン
絵売りアンがイラストにそれっぽい物語をこしらえただけ

10 :本当にあった怖い名無し:2012/10/24(水) 23:45:28.78 ID:lIxmK3i70
2034年から来ました。質問があればどうぞ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351089456/l50

11 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:3) :2012/10/25(木) 00:27:02.26 ID:2l0kTl5c0
>>9
物語の部分はあくまで客寄せ用のフィクション。そのアーキテクトとなってるテクストがかなり面白いのだ。是非巻末の用語説明とwebのQA集を読んで欲しいね。

12 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 00:32:59.81 ID:mM9cXR8oP
洞窟がたくさん見つかったとかだろ?

13 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 00:49:33.62 ID:mD4McbjV0
もう寝るが、夢がポータルの一つだと思っている。明晰夢と幽体離脱、明晰夢中の
次元移動(ものすごくキレイな景色や天使などの存在がいる世界への切り替え)が、
GSSCからの離脱の道だと思う。

夢の世界を極めれば、想像した世界への移動(たとえ過去や未来でも)、可能だと思う。
それを極めた人種がウィングメーカーなんじゃないだろうか。
ただ、それにはこの既定現実について、全ての執着を捨てなければならない。決して容易な道じゃない。
ウィングメーカー神話中の、秘密組織のトップの考えたタイムスリップによる行為は、この辺の矛盾を
あらわしているのだと自分は思った。

つまり、世界を助けると言う行為(タイムスリップ)がサイコロを振るという行為であり、
この行為が世界(つまり自分)を変えてしまう。決してサイコロを振る前の世界は救えないということ。
これはつまり、世界への執着を表す。

本当に助かりたいなら助かった世界にすればいいということ。それは、助からなかった世界を見捨てるという行為でもある。
世界線は無限に存在する。人間の考えうる数にだけそれは存在する。
世界は作られるのであって、移動した(想像した)世界がなぜできたのか(元からあったのか)は、
真の神の存在への問いかけになるのだと思う。

ただ、今の文明がここまでの考えに到達するためには、かなりの年月が必要だろう。
なぜ、未来人が過去に戻って世界を救わないかの理由が、おそらくここにある。

この真実を前にすれば、レプティリアンやドラコニアンみたいな極端な力への信奉、そして唯物主義にもうなずける。
逆に、精神主義に偏った異星人への理解もうなずける。ただ、おそらく真実はどちらにもない。
だから、ウィングメーカーはこのどちらからも距離をとり、注意深く、長い宇宙の歴史の中で
ヒューマノイド型人種の行く末を見守り、歴史の特異点を探しているのだと思う。
それは、おそらく逃れられない宇宙の破滅(ループ)からの脱却のためだと思う。

14 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 03:04:48.22 ID:lygxK4BA0
>>8
GSSCとHMSって何?

15 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 19:01:33.16 ID:mD4McbjV0
>>14

GSSC(ゴット スピリット ソウル コンプレックス)

一言でいえば、宗教、スピリチュアル等、人類の外に見出す神性のこと。
死んだ後の魂の概念もこれのうち。死の後すらも、 「監獄」からは逃れられない。
ウィングメーカー神話においては、これらの虚構を離れた真の自己を、サヴァリン・インテグラルとよんでる。

HMS(ヒューマン マインド システム)

一言でいうと、人類を束縛するシステムのこと。
食って、文句を言って、ブーたれて、寝る、そういう記号のような存在としての生活そっくり一式と
それを自ら維持・保持する、自律型の維持運営システムのようなもの。

詳しくは、
http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm

16 :本当にあった怖い名無し:2012/10/26(金) 11:05:02.18 ID:ngNsCQ+t0
マトリックスみたいな感じか

17 :本当にあった怖い名無し:2012/10/28(日) 21:08:28.10 ID:yCvjulva0


18 :本当にあった怖い名無し:2012/10/29(月) 21:27:35.40 ID:rcNSpixX0
BST(ブランクスレートテクノロジー)

相互作用型のタイムトラベル技術のこと。

ACIOのトップであるフィフティーンは、これを用いて、外部宇宙からの
侵略者から地球人を守ろうとした。
タイムトラベル技術には、単に、違う世界線の可能性である、過去及び未来を見る技術と、
現在の世界軸を変更させる技術がある。ただ、世界線に影響を及ぼすと、世界線を移動してしまい、
単なる、パラレル宇宙への移動という結果になってしまう。

このため、流動性知性(リキッドインテリジェンス)が必要とされる。
臨機応変に場面場面に適切に対処する能力のことである。

私の私見であるが、この流動性知性は、夢の世界における明晰夢下、また幽体離脱状態における、
長期離脱に関係していると思われる。夢の中で、意識的に、かつ、無意識下のはざまで、
自由意志を発露できる技術である。例えば私の経験だが、明晰夢で自由意思を行使し、空を飛ぶとする。
単に道路に沿って、飛ぶのは問題が無いが、道路をはずれ、山の稜線に沿って飛ぼうとすると、すぐに夢から覚めてしまう。

19 :本当にあった怖い名無し:2012/10/29(月) 21:29:28.18 ID:rcNSpixX0
その夢のプログラム(人間のジェネテックマインドに由来する)に反する行動を取ると、
それが、十分に、人間の行動として十分に顕在化されていない行動となるため、すぐに目が覚めてしまうという結果に落ち着く。

ラビリンスグループといわれる、SL-12以上のものたちが、コルテウムといわれるETから、
健在意識と潜在意識を直結する特殊な知能増強手術を受けている。これが意味することは、
この流動性知性が、タイムトラベルには必須であるということである。
そして、人間が適切に行うならば、夢をポータルとして、過去や未来へ飛ぶことも可能なのだ。
ただし、現在の世界線から大きく逸脱した世界へ飛んでしまうことはやむをえないであろう。

紙面上、かなり論理が飛躍した感もあるだろうが、今の2chに見られる幽体離脱世界への希求行為と、
タイムトラベルや他の世界線のリモートビューイングである予知などとの大きな関連性に気付いて欲しい。

作中のオーリン・テクノロジーとは、このインターネットの技術であることであることは明白である。
(インターネットの技術は元々、軍事技術であり、ACIO由来の技術であると考えられる。)
作中にあるとおり、このインターネットの技術が、人間のジェネティックマインドをそれまでの堀=アルカトラズから、
人間のソースインテリジェンスを変容させる媒体へと進化させる、大きな変革であることに疑いの余地はないのである。


20 :本当にあった怖い名無し:2012/10/29(月) 21:38:49.83 ID:rcNSpixX0
流動性知性とは、想像力そして創造力の行使である。
人間の自由意志を、発露させる、ソウルキャリアーとして、最も根源的で、尊い行為である。

単なる記号ではあってはならない、意識生命体としての生き方のアーキタイプである。
コルテウムによる、リミナル宇宙論に登場するセントラルレイス、すなわち、コルテウムなどETをも含む、
人間型種族の起源(アーキタイプ)にして、その未来系である、ウィングーメーカーたちを、
それたらしめている、最も偉大な能力であり、神を神たらしめている、その能力である。

作中のアニムス、すなわちルシファーが創造した魂を持たない、天の川銀河系外のこの生命体には持ち得ない能力である。
アニムスはDNAを遺伝情報にもっていないという。DNAには、人間がいまだ知らない、力があるという。
意思の伝達と伝染である。逆に意思によって、DNAは変化するという。

21 :本当にあった怖い名無し:2012/10/29(月) 21:51:52.13 ID:rcNSpixX0
これこそが、人間の進化の可能性であり、セントラルレイスとヒューマンレイスとのつながりである。
そのために、我々は夢をみるのである。自由意志を通して、人間はマルチバースを生きる、生きた存在となる。

自由意志をもたないものは、つまり、様々なリモートビューイングで予知された、ロボットのような人間たちの未来は、
我々の生きる道ではない。文字通り世界を変える力が人間にはあるのである。

22 :本当にあった怖い名無し:2012/10/29(月) 22:16:01.18 ID:NDnEdOkvO
まったく分からん、
説明下手くそだな

23 :本当にあった怖い名無し:2012/10/29(月) 22:20:28.52 ID:NDnEdOkvO
結果、人間やれば出来るでOK?
貴殿に力があるわけじゃないのが残念だ………

24 :本当にあった怖い名無し:2012/10/29(月) 22:28:12.52 ID:rcNSpixX0
外部の力への希求、そして何物か偉大なる一者が、世界を救ってくれるという考えは、
GSSCが作った幻想である。檻の中の甘美な麻薬である。この世界に救世主はいない。
世界を作るのは、あなたであり、私である。自分の現実は、未来は、自分で作る。
これこそ、当たり前のことであるが、大多数の人間が見逃している現実でもある。

人間を檻に閉じ込めようとする悪い(人間にとって)ETは存在する。そして、ウィングメーカーは救世主ではない。
私達の中には悪が存在する。この言葉の意味を考えよ。

25 :本当にあった怖い名無し:2012/10/30(火) 10:48:14.27 ID:LZH54mEf0
23だか24番目の部屋にあったっていう光ディスクって
現存する規格で作られた光ディスクなのかね
メーカー名でも書いてあるのかね
ロックを解除するのにシュメール文字を用いたってなってるけどロックって何?
光ディスクにロックがかかってるって、どうやって認識したの?
まさかWindowsでCDを読み込んだってこと?
そしたらパスワードを聞いてきたとか?

26 :本当にあった怖い名無し:2012/10/31(水) 04:52:27.14 ID:ajdppwYF0
その辺は胡散臭いよねー
ロックってなんだよ…


27 :本当にあった怖い名無し:2012/10/31(水) 12:35:08.17 ID:zwcdJeKq0
あくまでもそこはフィクションなので気にしないw

28 :本当にあった怖い名無し:2012/10/31(水) 19:18:28.69 ID:NDGdErnE0
光ディスクとか、ロックとか、遺跡写真とか、もっと情報がほしいな

本を売りたいだけのネタなのかね

ノンフィクション気取りなんだから、信じさせるための裏を取る情報を
出してくれないと、単なる読み物

29 :本当にあった怖い名無し:2012/10/31(水) 21:34:55.89 ID:CRZi1D9L0
人生やり直したいやつ俺がタイムリープしたときのこと教えるから来い

http://blog.livedoor.jp/chihhylove/archives/7222970.html

最近、だとこのスレが一番興味深かった。
昔から、夢から覚めたら一日前に戻っていたとかの報告例は数多いが、
これは群を抜いている。やはり夢はポータルの一つだと思う。

上のBSTのタイムトラベルはやはり、単純な機械じゃなく人間の意識を介した装置だと思う。
いや、恐るべきはコルテウムの技術力とフィフティーンの頭脳か。

30 :本当にあった怖い名無し:2012/11/02(金) 12:04:06.62 ID:6uu2Vj7a0
このスレに興味あるので期待あげ


31 :本当にあった怖い名無し:2012/11/02(金) 12:06:51.06 ID:6uu2Vj7a0
初めての方は、是非一度ウイングメーカーで検索を!


32 :本当にあった怖い名無し:2012/11/02(金) 21:25:08.25 ID:SGLNinSe0
他所のスレの書き込みだが、参考にカキコ

214 名前:本当にあった怖い名無し sage New! ▽1件 投稿日:2012/11/02(金) 20:42:24.32 ID:KBuDniTL0 1回目
別スレに書いちゃったが、なんかここの方があっているような気がするのでここにも貼る

763 :本当にあった怖い名無し:2012/11/02(金) 20:22:46.24 ID:KBuDniTL0
このスレ見てふと子供の頃の違和感を思い出したんだが、
小学5年生のころ学校の帰り道、突然ぐるぐると目がまわりだして
自分の時間がいわゆる走馬灯のように見えたことがある(事故にあったわけではない)
で、はっと気づいたらなんか時間が4か月ほど過ぎていた。
すごい変な気分だが家族は驚くでもなく普通だった。(4か月間俺がいなかったわけではない)
あと授業の内容とかも理解していた。(別人格の俺が授業受けてたのだろうか?)
変な話だが、その4か月間の記憶らしいものが頭の中にちゃんと存在する。
なんかありえない話だから誰にも言ってないし、自分自身でも「という夢だったのさ」で片づけていたが、
異世界の自分と入れ替わったと言われると納得できるような気がする。



215 名前:本当にあった怖い名無し New! 投稿日:2012/11/02(金) 21:17:27.13 ID:SGLNinSe0 1回目
>>214をみて、筒井康隆の七瀬ふたたびを思い出した。
この小説にこれとは逆に時間をさかのぼるタイムトラベルの話が出てくる。
筒井康隆は何かしら知ってて書いたのかなと思ってしまった。(ほかにも思い当たることがある。)

単純によその世界の自分と入れ替わったのならば、その相手の世界の自分は、過去をさかのぼったわけだ。
なんとなく、タイムトラベルの本質に近づいた気がする。つまり、自分がタイムトラベルで過去に行けば、
行った先の世界線の自分は交換で未来に移動し、その逆もありえるということ。

これぞ、ウイングメーカーで言う、BST(ブランクスレートテクノロジー)相互作用型のタイムトラベル技術の正体かもしれない。(文字通りだ。)

この書き込みはウイングメーカーのスレにも書き込ませてもらう。

33 :1:2012/11/03(土) 04:37:59.58 ID:tFuMblon0
エンシェントアロー遺跡って本当にあるの?

34 :本当にあった怖い名無し:2012/11/04(日) 17:11:52.13 ID:k2zpYnkB0
そうそう、そもそも遺跡の存在自体なんとも言えないよね。
一応、立ち入り禁止になってるらしいけど。


35 :本当にあった怖い名無し:2012/11/08(木) 11:38:28.42 ID:hnHc2Bx+0
期待gae

36 :本当にあった怖い名無し:2012/11/08(木) 15:11:01.08 ID:88rp69XV0
ディスカッションフォーラムのMEYA氏の話面白いね

37 :本当にあった怖い名無し:2012/11/08(木) 20:44:31.68 ID:hnHc2Bx+0
面白そうですが、有料なんですねorz

38 :本当にあった怖い名無し:2012/11/08(木) 22:32:42.75 ID:a9To+Ses0
関連がありそうなので連続コピペ

214 名前:本当にあった怖い名無し sage ▽4件 投稿日:2012/11/02(金) 20:42:24.32 ID:KBuDniTL0 1回目
別スレに書いちゃったが、なんかここの方があっているような気がするのでここにも貼る

763 :本当にあった怖い名無し:2012/11/02(金) 20:22:46.24 ID:KBuDniTL0
このスレ見てふと子供の頃の違和感を思い出したんだが、
小学5年生のころ学校の帰り道、突然ぐるぐると目がまわりだして
自分の時間がいわゆる走馬灯のように見えたことがある(事故にあったわけではない)
で、はっと気づいたらなんか時間が4か月ほど過ぎていた。
すごい変な気分だが家族は驚くでもなく普通だった。(4か月間俺がいなかったわけではない)
あと授業の内容とかも理解していた。(別人格の俺が授業受けてたのだろうか?)
変な話だが、その4か月間の記憶らしいものが頭の中にちゃんと存在する。
なんかありえない話だから誰にも言ってないし、自分自身でも「という夢だったのさ」で片づけていたが、
異世界の自分と入れ替わったと言われると納得できるような気がする。

39 :本当にあった怖い名無し:2012/11/08(木) 22:33:46.38 ID:a9To+Ses0
215 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/11/02(金) 21:17:27.13 ID:SGLNinSe0 1回目
>>214をみて、筒井康隆の七瀬ふたたびを思い出した。
この小説にこれとは逆に時間をさかのぼるタイムトラベルの話が出てくる。
筒井康隆は何かしら知ってて書いたのかなと思ってしまった。(ほかにも思い当たることがある。)

単純によその世界の自分と入れ替わったのならば、その相手の世界の自分は、過去をさかのぼったわけだ。
なんとなく、タイムトラベルの本質に近づいた気がする。つまり、自分がタイムトラベルで過去に行けば、
行った先の世界線の自分は交換で未来に移動し、その逆もありえるということ。

これぞ、ウイングメーカーで言う、BST(ブランクスレートテクノロジー)相互作用型のタイムトラベル技術の正体かもしれない。(文字通りだ。)

この書き込みはウイングメーカーのスレにも書き込ませてもらう。

40 :本当にあった怖い名無し:2012/11/08(木) 22:34:51.47 ID:a9To+Ses0
220 名前:本当にあった怖い名無し sage ▽4件 投稿日:2012/11/03(土) 00:41:46.78 ID:dNJTNC0U0 1回目
ふと思ったけどさ、人間の脳って記憶装置じゃん
魂みたいなものがあったとして、入れ替わっても記憶は同じ訳じゃん
誰がパソコンを触っても中のデータは同じみたいに

225 名前:本当にあった怖い名無し ▽1件 投稿日:2012/11/03(土) 20:10:54.86 ID:kkt4Jr5k0 1回目
つまり、魂が入れ替わってそれらしい体験をした覚えがないのに、
記憶だけがある。そういうことがありえるわけか。

>>214でいうと、数ヶ月、体を動かしていたと思われる魂は、
別に他の世界線の自分ではなくてもいいのではないか。赤の他人でも。
未来人スレにも似たような体験談があるな。この場合、未来からの魂だが。

41 :本当にあった怖い名無し:2012/11/08(木) 22:35:24.71 ID:a9To+Ses0
227 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/11/03(土) 20:46:50.41 ID:kkt4Jr5k0 2回目
魂の記憶と体の記憶の違いってなんなんだろうか。

>>214の場合、歩いているときに、現実の感覚として(魂の記憶?)時間がぶっとんだから、
気付いたんだろうが、脳内の記憶はぶっとんだ時間分もあったわけだ。

でも、朝起きてのときに、たとえば夢の最中にそういうことが起これば、
はたして気付くのだろうか。例えば、世界線を移動して、違う世界の自分に乗り移った場合、
脳内記憶はそいつ(別世界)のものなのなのだから、なんら世界を移動したことに気付かないこともありうる。

例えば、今の自分で突然に違う世界の自分にぶっとんだときにも、>>214みたいな怪しい兆候(目がぐるぐると回りだす)
とかがなければ、その変更すらも気付かないものではないんだろうか。

こうなると、魂側の記憶ってのは考える必要は無いのかもしれないな。移動するのは魂だとしても。

42 :本当にあった怖い名無し:2012/11/08(木) 22:45:55.78 ID:a9To+Ses0
ラスト。

229 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/11/03(土) 21:20:54.99 ID:kkt4Jr5k0 3回目
そろそろ本題

この考え(違う世界線同士の魂の交換)を時空のおっさんの世界とその世界への移動現象を考えるとどうなるのか。
この世界の自分が時空のおっさんの世界の自分の体に乗り移る。代わりに、時空のおっさんの世界の自分が
この世界の自分の体に乗り移る。こう考えられる。

意図は分からないが、間違いなく、この世界のおれらが意図しておっさんの世界に移動するものではないので、
誰かが意図してこの交換現象を起こしているとすれば、おっさんの世界の自分しかありえない。

おっさんの世界がどういう世界なのかは不明だ。ただ、言われているのは、おっさんの世界には住民がいないということ。
おっさん自身は、おっさんの世界の住民ではないということ。どういう形かは分からんが、おっさんの世界の自分が、
望ましいものではないことというのは分かる。おっさんにしてみれば、やっかいごとを起こした張本人であるのだから。

おっさんの世界から戻ってきたときに、時間が飛ぶ現象もこれで説明がつく。ぶっとんだ分の記憶があるかどうかは確認が必要だろうが。
(よく、ぶっとんだ時間でも家族が言うに、普通に生活していたらしいという報告はあるようなので、体には記憶があるのだと思う。)

未来人スレの未来人も洞察できることがある。それは、未来、また、過去に同時に自分の魂(世界線は違うが)が存在していると言うこと。
それは、魂が時間を飛ぶことがありうるということを示している。

そして、この考えはもっと究極的な考えに行き着く。それは、世界を変えるという努力(自分を変えることを含む)になんら意味がないということ。
世界(あらゆる世界線を含めた)はこのままで究極で行き着いているということ。魂を飛ばす能力がこの世界を超越させる能力であるということ。

最後に思いついたこと。それは、時空のおっさんの世界は、なんらかの理由で住民が上位次元に移動して
不可視の存在になった世界ではないのか。たとえばアセンション後の世界とか。

(ここのやりとりはウィングメーカーのスレにも転載させていただく)

43 :本当にあった怖い名無し:2012/11/09(金) 05:06:04.03 ID:aeBTO9zQ0
つながってくねえ

44 :本当にあった怖い名無し:2012/11/09(金) 12:08:28.81 ID:iH1OqrNN0
保守

45 :本当にあった怖い名無し:2012/11/10(土) 07:35:09.41 ID:Tp4htGYB0
保守

46 :本当にあった怖い名無し:2012/11/10(土) 10:01:55.10 ID:K5mdDce30
ウイングメーカー興味深いんだけど理解しづらい……。
知能強化システム受けたいわマジで。

47 :本当にあった怖い名無し:2012/11/12(月) 15:09:55.08 ID:C3irOtb90
保守

48 :本当にあった怖い名無し:2012/11/14(水) 10:31:57.62 ID:PICux09W0
保守

49 :本当にあった怖い名無し:2012/11/14(水) 21:49:22.85 ID:TkU7ctPj0
今日はちょっと頑張って書いてみようと思う。

LERM(ライト・エンコーディット・リアリティー・マトリックス)について
先述のBSTとは、作中、まず白紙に戻し、再発見し、再定理化し、そして物質の意識を再創造するもの、とある。
作中、博士はこのLERMの原理を用いて、物質化現象をインタビュアーに見せてみせる。
(1万ドルを物質化し、当座の資金として渡した。)

LERMとは非空間・非時間に浸透する意識に相当するもの、「神の影」とフィフティーンは表現した。
(「シュレディンガーの猫」(分からないならググれ)の概念と似ているかもしれない。)

この考えによると、非空間・非時間(量子状態、意識)→光→物質の流れで相互作用が可能である。
つまり、意識の状態を変えることによって、実在の現実を変えることが出来る。
ただし、この量子状態への座標位置(空間と時間)を決める作業が非常に難しいらしい(つまりこれがBST技術の肝)。

さらに作中のシーンへと続ける。

50 :本当にあった怖い名無し:2012/11/14(水) 21:56:24.75 ID:TkU7ctPj0
作中から

意識は物理的な物体へと局所化すると、基本的に、生じた物体の遺伝形質(これは訳が悪いと思う。)
や物理特性の中にコード化されている「現実というマトリックス」に一致するようにLERMを編成する。
つまり、意識は非空間と非時間から移動して物質になります。そして、それはLERMを編成利用して、
結果として生じる物体にコード化されている遺伝形質に従った物理的現実を生み出すのです。
もし、その物体が人間であれば、人間に特有のジェネテック・トリガーがその現実を構成するために意識が使う道具になります。
(このあと、アリストテレスのポテンシアの概念の説明)自分の意識を応用してLERMを編成できる人々は、
単に現実に反応するのではなく、現実そのものを創造することができます。繰り返しになりますが、
量子物質は非時間と非空間を起源にもつため、物質化は瞬時に行うことができます。

51 :本当にあった怖い名無し:2012/11/14(水) 22:20:31.32 ID:TkU7ctPj0
ここまで読んだ方で、幽体離脱や明晰夢の経験、また夢で出てきた情景が
現実化すること(デジャブ)を経験したことがある人は、その類似性に気付くと思う。

私は、夢こそが、このLERM、そしてBSTへとつながるポータルだと考えている。

夢とは意識の世界である。
私の理解では、この夢で自らの体を意識し(創造し)、つまり、現実の体を模倣し、仮想現実を構築するものが
つまり明晰夢である。自由意志によって現実を創造する。

一方、その自由意志でアストラルボディ(あえて仮にこう呼ぶ)を体から抜き出し、
(体から抜き出すという座標決定(時間・空間)行い、アストラルボディと幽界を創造すると言い換えても良いかもしれない)
幽界を意識するのが、幽体離脱という。

52 :本当にあった怖い名無し:2012/11/14(水) 22:27:38.63 ID:TkU7ctPj0
キーは自由意志である。そして、作中でアリストテレスに触れられているとおり、プラトンのイデア界の考えが
まさにたゆたう量子のゆらぐ非時間・非空間に相当する。

夢を通して、人間は現実を再創造することができる。
夢のストーリーをただなぞることをやめ(ジェネテック・トリガーに変化を加え)、自由意志を用いて、夢の世界を
変えることは、現実の世界を意識的に改変することの模倣であり、真実、次元の違いはあれ、まったく同じ現象である。

この夢という非現実と、現実の生活の間には、大きな断絶が存在すると普通の人は考えるだろう。

だが、私が、ある明晰夢で感じた、現実の体の電気的刺激。この体の電気的回路を
存在の自由意志をもって完成させることによって、おそらく物質化現象や、体という物質そのものを
非時間・非空間の世界に移動させることすらも、原理的には可能だと、私は確信する。

マトリックスという映画があったが、あの世界もまさにこの世界の捉え方の一つだと思う。
現に、現実の世界が文字通り終わってしまったと思われる未来の世界線から訪れている魂がいくつも存在することは
未来人スレにも多く情報があるということを知っている人も多いと思う(いわゆる2062という未来人のスレだったと思う。興味がある人はググるといい。)。

53 :本当にあった怖い名無し:2012/11/14(水) 22:30:50.77 ID:TkU7ctPj0
今日はこれで終わりする。また気が向いたら(現実がひと段落したら)、
リモートビューイング現象と、他の世界線における自分との交換・観察現象と夢との関連性についても(多次元世界の存在)
いつか書けたらと思う。

ほかに、テランといわれる地球在来のレプティリアン情報や、グレイ、ドラコニアンの話。対する、
ウイングメーカー由来の人間種(シリウス星人とかコルテウムとか)や、人間を創造した異星人の話。
その堂々巡りについても関連する情報なので紹介程度に書けたらと思う。

54 :本当にあった怖い名無し:2012/11/15(木) 16:36:30.39 ID:MgMdRDWZ0
保守

55 :ザ・ラケルタファイル:2012/11/15(木) 23:01:14.33 ID:2xPgtOGf0
勝手に転載くん。昨日のテランといわれる地球在来のレプティリアン情報です。
かなり長いので、人によってはスレ汚しと思われるかもしれないが、ウィングメーカーとも関係が濃厚な
かなり貴重な情報なので、批判にもめげずにUPし続ける予定。
ただ、一日の投稿量は、連投規制にかかるまでの間です。よろしく。

56 :ザ・ラケルタファイルT(The Lacerta FileT):2012/11/15(木) 23:04:17.78 ID:2xPgtOGf0
質問:第一に、あなたは誰であり何者なのですか?あなたは地球外の種族であるのか、或いはあなたの起源はこの地球で見つけることが可能なのですか?

回答:見ての通り、私はあなた方のような人という存在ではなく、はっきり言って本当の哺乳類でもない(進化の結果として、部分的には哺乳類のような体型をしているが)。
私は、非常に古いレプティリアンの種に属する女のレプタイルの種だ。我々は、生まれつきのテラン(Terrans=地球人?)で、数百万年来この惑星で暮らしている。
我々はキリスト教の聖書のような宗教に関する著作に記述されており、また太古の人間の種族は我々の存在に気づき、我々を神として崇めた。
例えるなら、エジプト文明やインカ文明、その他多くの太古の種族が挙げられる。あなた方のキリスト教の教えは、あなた方の創造に関する我々の役目を誤解しているため、
我々は「邪悪な蛇」としてあなた方の書物には描かれている。これは間違っている。あなた方の種は、異星人による遺伝子工学の産物であり、
多かれ少なかれ我々はこの加速的進化の過程においては、消極的な訪問者であった。あなた方の種がたった200〜300万年程で、自然に進化するなど全く不可能であると言うことを、
あなた方は知るべきである(そちらの科学者にそれに気づき始めた者もいるようだが)。もしそれが自然であったなら、進化とはもっとゆっくりした課程となり、この様な事は全く不可能なのだが、
あなた方はそれを分かっていない。人間の創造は人工のものであり、遺伝子工学によって為された。しかし、それは我々ではなく異星人の種によるものだった。私に言わせれば、
私を地球外生命であると仮定するなら、答えはノーと言わざるを得ない。我々は生まれつきのテランなのだ。我々は、太陽系に幾つかのコロニーを有してはいるが、起源はこの惑星なのだ。
結果、この惑星は我々のものであって、あなた方のものではない。決してあなた方のものではないのだ。

57 :(2)ザ・ラケルタファイルT(The Lacerta FileT):2012/11/15(木) 23:06:25.56 ID:2xPgtOGf0
質問:名前を教えてくれませんか?

回答:それは難しい。何故なら、あなた方人間の舌はそれを正確に発音できない(また我々の名前の不正確な発音は、いくつかの我が種族にとっては非常に攻撃的となる)。
我々の言語は、あなた方のとは非常に異なっているが、私の名前を人間の文字を使って滑らかに話すと、"Sssshiaassshakkkasskkhhhshhh"のようになり、"sh"と"k"の音を非常に強力に発音する。
我々はあなた方の様な名(姓名の名 forename)を持たないが、会話の方法によって特徴づけられ、また(子供の名前を有する)子供には与えられないが、思春期の年齢に達した時、
宗教的または科学的「啓発」或いは自覚(あなた方はそれをこのように言うだろう)という特別な手順のみによる、単一だが分離された固有の名前がある。
あなた方が私の本当の名を人の舌で言おうとしない事に感謝する。私を呼ぶなら「ラケルタ」と呼んで欲しい。これは私が、人間と共にあり彼らと話す時に一般に使用している名だ。

58 :(3)ザ・ラケルタファイルT(The Lacerta FileT):2012/11/15(木) 23:08:33.97 ID:2xPgtOGf0
質問:あなたは何歳ですか?

回答:我々は大抵は惑星表面化で生活しているため、あなた方のように太陽年や太陽の周りでの地球の公転で時間を計測しない。
我々の時間計測は、地球の磁場の周期的還元サイクルに依存しており、これに従う(そしてあなた方の数字にする)と、計算では57,653サイクル歳となる。私は大人の段階に達しており、
私の自覚は16,337サイクル前(これは我々にとって非常に重要だ)の事だ。人間の時間尺度にすると、私は28歳ぐらいだろうか。

59 :(4)ザ・ラケルタファイルT(The Lacerta FileT):2012/11/15(木) 23:10:07.96 ID:2xPgtOGf0
質問:あなたの職業は何ですか?またあなた方は、私たちのような「仕事」をしているんですか?

回答:あなた方の言葉でそれを言うと、私はあなた方の種の社会行動に関して興味を持っている生徒なのだ。それが私がここに居てあなた方と話している理由であり、
それがE.F.と今あなたに私の本性を明かした理由でもあり、私があなた方に秘密の情報の全てを与えた理由であり、またあなた方が何枚もの紙に記した質問全てに正直に答えている理由だ。
私はあなた方がどのような反応を示すのか、また他はどのような反応をするのかを見ている。この惑星に住むあなた方の種には、我々に関して、UFOに関して、
異星人に関しての真実を知っていると主張する、非常に多くの狂人と嘘つきが存在しており、あなた方の中には彼ら嘘つきを信じている者達が居る。
私は、あなた方が(これから私が話す)真実を公開した時、あなた方の種がどのように反応するのか見るのが面白いのだ。来るべき年をあなた方が往きたいと願うなら、私はそう理解している。

60 :(5)ザ・ラケルタファイルT(The Lacerta FileT):2012/11/15(木) 23:12:15.28 ID:2xPgtOGf0
質問:私はこれに関するあなたの完全な声明(あなたがE.F.に与えた)を読みましたが、簡単に答えて頂けませんか?UFOなどの実際に空を飛んでいる物体は、地球外生命が操縦しているですか、
それともあなたの種に属するものなんですか?

回答:目撃されたUFOとあなた方が読んでいる物の幾つかは、我々に属しているが殆どはそうではない。空にある「不可思議」な飛行物体は技術的な装置ではなく、
主としてあなた方の科学者が理解できない自然現象(高空において自然に発生するプラズマフレアのような)を誤解したものである。とは言うものの、幾つかのUFOはあなた方自身の種(特に軍隊)、
或いは異星人の種、そして最後に我々に属する実在の航空機なのだ(しかし、我々に属する航空機の目撃はごく僅かであり、我々は宇宙船を隠す特別な方法を有している)。
もし、異なるタイプもあるが長さが20〜260mある、金属のような輝く灰色のタバコ型をした筒状の物体の目撃報告を目にしたなら、そしてこの物体が非常に低いブンブンと言う音を発し、
タバコ型の表面に5つの明るい赤色灯があったなら、おそらくその誰かは我々の船を目撃したことになり、これは部分的な不良であるか、我々の中の誰かが不用心であった事を意味する。
また我々は非常に小型の円盤形の航空機の船隊も有しているが、そのようなUFOは大抵は異星人の種に属している。通常三角形のUFOは、あなた方自身の軍隊に属しているが、
それらの建造には外来の技術が使われている。本当に我々の航空機を見てみたいなら、北極地方や南極地方、そして中央アジア(特にその山の上で)の空を見上げるべきだ。

61 :ザ・ラケルタファイルT(The Lacerta FileT):2012/11/15(木) 23:16:32.35 ID:2xPgtOGf0
1/5終了。また、今度。ググればすぐ見れるけどね。

62 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 03:29:11.88 ID:OXKCWttk0
Project Camelot Interview : The Sovereign Integral
http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm

63 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 03:32:00.55 ID:OXKCWttk0
>>61
ご苦労様。ラケルタファイルは、IUSの異星人たちのお話がメインですね

このスレはBSTテクノロジーも出てきますから、時空のおっさんスレと一部かぶります。

64 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 03:34:22.23 ID:OXKCWttk0
Project Camelot Interview : The Sovereign Integral
http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm

65 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 03:35:26.74 ID:OXKCWttk0
http://www.uproda.net/down/uproda516108.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda516109.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda516110.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda516111.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda516112.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda516113.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda516114.jpg

66 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 03:36:53.34 ID:OXKCWttk0
Wingmakers - Chamber 01
http://www.youtube.com/watch?v=CelFQPpofT8

Wingmakers - Chamber 02
http://www.youtube.com/watch?v=9bUVNeyZMJA

Wingmakers - Chamber 03
http://www.youtube.com/watch?v=oEbaOFdZ7WI

Wingmakers - Chamber 04
http://www.youtube.com/watch?v=M1-scW9Ua70

67 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 03:38:19.00 ID:OXKCWttk0
http://www.uproda.net/down/uproda513980.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda513981.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda513972.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda513965.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda513973.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda513966.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda513967.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda513968.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda513969.jpg

68 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 12:18:51.52 ID:OXKCWttk0
http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima084701.jpg
http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima083039.jpg
http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima084703.jpg
http://www.amaga.me/image/nz19203388002.jpg

69 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 12:18:55.85 ID:QjnEH+SL0
良スレ&age&保守

70 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 17:19:46.37 ID:TGX6oT8p0
その意味不明の画像はいったい何?他のスレでも連投コピペ見かけたりもするけど

ところでWMのディスカッション フォーラム ジャパンの掲示板って、なんであんなに過疎ってるんだろね?
書き込みしづらい雰囲気漂ってるから活性化しない気がする。
6つの美徳の実践者があそこにいるなら謙虚で温かい雰囲気になるはずなんだが・・・

71 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 17:23:25.18 ID:uy5jbBRa0
スレ立ってた!
アニムスは人工生命って解釈でいいのかね?

72 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 20:16:37.63 ID:QjnEH+SL0
週末age保守

73 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 20:48:00.80 ID:OXKCWttk0
ウイングメーカーサプリメント
http://wingmakers.jimdo.com/

74 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 20:49:29.84 ID:OXKCWttk0
WingMakers Foundation Japan
http://www.h4.dion.ne.jp/~doufaufa/wingmakers/space.htm

Chamber Paintings
http://www.h4.dion.ne.jp/~doufaufa/wingmakers/paintings_index.htm

75 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 20:51:55.19 ID:OXKCWttk0
アリス.ベイリー(A.A.BAILEY)の思想
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5279/alice_tops.html

http://lyricus.org/default.htm

76 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 20:53:03.06 ID:OXKCWttk0
web link
http://www.h4.dion.ne.jp/~doufaufa/wingmakers/links.htm

TRIQUETRA 〜Tributary Zone〜 WingMakers' Chamber Poetry
http://triquetra0726.blog130.fc2.com/

77 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 22:47:51.23 ID:OXKCWttk0
アヌンナキ王アヌは観察の達人でした。アヌンナキ王アヌは生命のエッセンスを理解しており、
その理解を生命を操作するために利用したのです。アヌは、すべての生命がそのコアとなる本質に、
「奉仕したい」という願いがコード化されていることを知っていました。
アヌンナキ王アヌが創造したシステム全体の目的である「ゴールドの神話」は、アヌの表面的な動機に過ぎません。
アヌが望んだのは、もっと広大なアジェンダでした。それは、
すべての存在の神になることです─それには人間は勿論、多次元存在も含まれます。
アヌンナキ王アヌはそれが理に適ったことであると信じて、人間と多次元存在に神への奉仕の満足感を与えました。

78 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 22:49:02.32 ID:OXKCWttk0
アヌンナキ王アヌとは何者ですか?彼の目的とその理由は何だったのですか?
アヌは優れた機知をもちマインド操作術を使った結果、アヌンナキの王の座に登りつめました。
それによって、アヌは彼の種族の「救世主」となったのです。そのため、アヌは生得の権利のように自分が創造した次元のいたるところに現れるようになりました。ほとんどすべての人間の定義では、アヌは神です。
アヌの目的は人類に関していえば、物理次元でコントロールできる種族を創造することでした。
アヌを神へと駆り立て、彼の被造物によって崇拝されたいという願いが、彼の創造への推進力でした。
神になりたいという衝動はアヌの類まれなマインドの一面を表しているのですが、それは
アヌの遺伝子コードによって生まれたものでした。アヌの遺伝子は彼の種族(アヌンナキ)とその文明を救う必要性が
あったことからコード化(遺伝子操作)されており、その結果優れたマインドを持ち、
そのマインドが神へのヴィジョンを可能にしたのです

79 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 22:52:15.08 ID:OXKCWttk0
Wingmakers - Chamber 01
http://www.youtube.com/watch?v=CelFQPpofT8

Wingmakers - Chamber 02
http://www.youtube.com/watch?v=9bUVNeyZMJA

Wingmakers - Chamber 03
http://www.youtube.com/watch?v=oEbaOFdZ7WI

Wingmakers - Chamber 04
http://www.youtube.com/watch?v=M1-scW9Ua70

Wingmakers - Solitonic Transmissions
http://www.youtube.com/watch?v=c3eXTJZkons&feature=related

WingMakers DVD TimeSpace
http://www.youtube.com/watch?v=pIESHuS9lNc&feature=related

Wingmakers: James speaks about the access the higher frequencies
http://www.youtube.com/watch?v=Fq4yEuQq0uY&feature=related

80 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 22:54:08.81 ID:OXKCWttk0
Doufaufa さんのチャンネル
http://www.youtube.com/user/Doufaufa?feature=watch

81 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 22:56:38.24 ID:OXKCWttk0
Event Temple Sessions Wingmakers
http://www.youtube.com/watch?v=7kDIG9R9T-M&feature=related

First Source - My Central Message (Wingmakers)
http://www.youtube.com/watch?v=Q9Z_SkyGYqo&feature=related

James Wingmakers Interview Part 1/12
http://www.youtube.com/watch?v=5GIeUpOigus&feature=channel&list=UL

82 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 22:59:05.39 ID:OXKCWttk0
wingmakers: espa?ol James El Soberano Integral
http://www.youtube.com/watch?v=assNc-2mARw&feature=related

83 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 23:02:39.27 ID:OXKCWttk0
ヒューマン・マインド・システム(HMS)─人間のマインド・システムは、機能的に3つの主要となるメカニズムに分類されます。

無意識(ジェネティック・マインド)、潜在意識、顕在意識がそれにあたります。これらの3つの構成要素は互いに混ざり合い、

大半の人々が「意識」と呼ぶものを形成しています。HMSは、人類とその真のセルフとの間に立ちふさがる最も不透明で歪んだヴェールであり、

私たちが現実と呼ぶ世界の中でセルフの表現を阻害しています。

無意識(ジェネティック・マインド)は、人類すべての貯蔵庫です。潜在意識は、血族の貯蔵庫です。顕在意識は、個人の貯蔵庫です。

しかし、このことを理解することが重要なのですが、思考の基本的なパターンは、主として潜在意識とジェネティック・マインドという意識構造に由来します。

ところが、人は自分自身を、別個で唯一の、独自の個体と信じていますが、現実にはそうではないのです。HMSの背景の中においては─

あなたは、このように自分を概念化することができます。あなたは人類のコピーです。あなたは、「あなた」という個の表現として、

あなたの両親と血族の間に折りたたまれて置かれた人類のコピーの一枚なのです。「あなた」は、一個の表現として

特殊化されたひとつのHMSですが、そのルーツは人類と親の血統という土壌に完全に根付いており、

それらの全ては生まれる前に胎児にダウンロードされるのです。

84 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 23:03:24.35 ID:OXKCWttk0
インターディメンジョナル・ユニバース・ストラクチャー(IUS;多次元宇宙構造)─これは、現実領域の構造であり、

異なった現実構造が互いにどのようにしてインターフェイスを取っているかについてです。IUSは、

このようなフォーマットで説明するのは極めて複雑な主題であるため、その表面に触れるだけにします。

人間は3次元的な存在であり、それと同時にインターディメンジョナル(多次元的)な存在でもあります。

ファーストソースは私たちのすべてです。それは、集合的な私たちなのです。それは、

遠い宇宙のどこかのポケットに住んでいる神ではありません。ファーストソースは、HMSに妨げられない集合的人類です。

ファーストソースは、自身を個別化された表現─つまり私たちへと分割しました。最初、私たちは

物質的ではない次元に住んでおり、時間と空間の量子的なレベルで存在していました。

85 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 23:04:05.68 ID:OXKCWttk0
デス・ストレス・インプラント・ネットワーク・デートゥア(DSIND;死のストレスを発生させる内臓回路)─その長い名前が示唆するように、

DSINDは保護されたいという欲求によって物質世界に繋ぎとめる鎖であり、人間的な弱さの中に人間を降下させているものです。

ヒューマン・インストゥルメントの太陽神経叢(胃)の中に、HMSのDSINDモジュール(システムの構成要素)があります。

HMSはマスターネットワークで、HMSへとプラグインさせるノード、つまりインプラントがあると見なさなくてはならないため、

この概念は若干複雑です。そのインプラントのひとつがDSINDなのですが、それは太陽神経叢に固定されている一方、

それはそこから上の心臓、頸部、頭部へと幾何学数級に発達する複雑なネットワークでもあります。これは恐れ、心配、

ストレス、情動不安を集め、吸収し、配分するエネルギー的な構造です。

86 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 23:04:42.65 ID:OXKCWttk0
ジェネティック・マニピュレーション・システム(GMS;遺伝子操作システム)─このシステムは、

物質的世界にアクセスするのに適した装置を創造するために活動してきた様々な多次元的種族によって

もたらされたものの副産物でした。その資源を搾取する目的で物質的世界にアクセスするだけではなく、

ヒューマン・インストゥルメントにパワーを供給する無限の存在を抑圧したいと特に考えたのがアヌでした。その結果、

アヌは自発的奴隷とでもいえるものをもっていたのです。

HMSの支配を受けたとき、無限の存在は有限の存在の中に抑圧されます。

87 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 23:05:19.76 ID:OXKCWttk0
ポスト・デス・システム(PDS;死後の世界のシステム)─これは、個人の物理的な身体が死んだ時に、

「天国」でガイドたちによって迎えられるシステムです。そしてそこで自分の人生を見直すことで、その欠陥に直面し、

前世の悪い部分を直すために現世に戻るシステムであり、別の表現で言えば、カルマやリンカーネイションの概念のことです。

PDSは、地上の物理的存在と比較した際、洗練されたリアリティ(前述の悟りの体験など)が幻想だったと分かった後でさえ、

サヴァリン・インテグラルをその幻想の支配力の中に抑えるための手段です。PDSによって、サヴァリン・インテグラルを

物理次元に何度にも渡って再生させることが可能になるのです。

88 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 23:06:07.20 ID:OXKCWttk0
私が世界の中で見たいと願っている変化とは、人々が自分自身を、サヴァリン・インテグラルをそのコアとする多次元的な存在として見始めることです。

サヴァリン・インテグラルは、人間の表現がひとつに凝縮されたファーストソースの蒸留物です。もし人々が、この周波数とだけ同調すれば、

すべてがワンネス、等価性、真実の中で結ばれていることを理解するでしょう。これが、過去10年間に渡ってウイングメーカー神話によって

定義されてきたグランドポータルの定義なのです。

2012年は、「透明性と拡大性の時代」と呼ばれる「本」の1ページです。十分な人々がその自らの内にあるサヴァリン・インテグラルの

真実を表現することによってそれを称え、自分たちの内部から立ち上がることができれば、偽装された人生─何重にも覆い隠された

「ヴェールの時代」は消滅するでしょう。しかし、それを行うためには、人々はHMSから離れて、自分の意識に同調するようにならなければいけません。

そして、それが人々が携わらなければならない行動方針なのです。

情報を探すのは終わりました。マスター、グル、宗教、スピリチュアルな道、道を照らす者の探求は終わりました。

非難の対象を探すのは終わりました。暗黒勢力の背後に隠された情報を探すのは終わりました。

サヴァリン・インテグラルの意識を表現することと、抑圧のフレームワークの不活性化が、この新しい時代の人々のフォーカスになります。

89 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 23:07:00.56 ID:OXKCWttk0
2012年に起こる出来事にあなたはどんな理解をもっていますか?多くの告発者、識者、未来予測者の人々が、次のものを含む未来のヴィジョンを伝えています。

・地軸の極の反転
・物理的なポールシフト
・コロナガスの噴出(CME)
・惑星ニビルが地球に接近することによって事態が悪化する恐れがあり、上記のものすべて

上記のシナリオについてコメントしていただけませんか?これらの出来事のどれかが起こると信じる理由をあなたは持っていますか?

90 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 23:08:00.04 ID:OXKCWttk0
私たちがいる宇宙の物理世界の自然の壮観さ・偉大さの全部が、私が先の質問で定義した監獄の一部なのです。

「監獄」という言葉がネガティブな意味を持っていることを私は理解しています。しかし、監獄の中に家具があった場合、

あなたはその家具を悪とかネガティブなものだと言うでしょうか?いいえ。それはたまたま監獄の中にあった家具なのです。

そして、それは惑星、星々、宇宙全体に言えることです。

従って、私たちが知覚する現象は、それがポールシフトでも、マグニチュード9.0の地震でもヒューマン・マインド・システム(HMS)の内側にあるものなのです。

現象は幻想です。誰もがヴィジョンを求め、向こう側を見ようと格闘しますが、彼らは気づいていません。

それらの様相─イメージや音─はHMSの作用がさらに色濃く反映されたものであり、それは単に迷宮の外側の監獄の壁の

レンダリングがより微細になっただけのものなのです。

91 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 23:09:11.56 ID:OXKCWttk0
「仰天」するような経験は、あなたのHMSがイメージ・言葉・フィーリング・思考に解釈/翻訳することができない形態として現れるかもしれません。

ですから、何かを経験したいという期待を排除し、シンプルに呼吸に従うようベストを尽くしてください。あなたのHMSにサヴァリン・インテグラルが達し、

その存在を告げた瞬間を、あなたはそれを絶対に忘れないでしょう。他の何とも間違えることもないでしょう。

そしてそれが来る時は、歯を磨いているときや、Eメールを書いているときや、あるいはソファーの上で休んでいるときかもしれません。

それは、それ自身の時に起こるのです。

92 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 23:10:44.44 ID:OXKCWttk0
チャネリングを注意深く調べて見ると、「静寂のあなた」であるサヴァリン・インテグラルが言及されていないことに気づくでしょう。

チャネリングは、神、天使、宇宙人、アセンションした存在の奉仕活動、ソウルのアセンション・プロセス、

道徳、実用的な生き方、神との調和、死後の生活、宇宙の複雑な教師と生徒の秩序などについて論じています。

それらはすべて、分離を教え込み、物理次元に真実が存在していると探求者に吹き込むようにデザインされています。

したがって、チャネリングの読者は真実を見つけるために監獄を出る必要がありません。要するにマインドを使って、

ただ読むか聴く必要があるだけなのです。

93 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 23:11:42.13 ID:OXKCWttk0
地球の移行は、いかなる救世主・テクノロジーにも左右されません。人類は多次元的な存在であり、

地球・自然・宇宙はすべて等価性のヴァイブレーションで統一されていることを忘れないでください。

(このことはウイングメーカー・フィロソフィーの中で述べられています) この等価性こそが、分離が現実ではない理由なのです。

分離のいかなるものも、HMSの幻想の中に存在しています。

地球はその等価性の中で自らの身を処しています。そしてそれが要求されるすべてなのです。スターゲイトや他の時空操作テクノロジーについて

コメントすれば、それらは分離の幻想を供給するだけです。それはHMSのドラマなのです。

94 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 23:12:48.58 ID:OXKCWttk0
サヴァリン・インテグラルは、拡大する透明な存在であり、私たちが入り始めている時代にこれ以上ない程に適した存在です。

それは、無条件のワンネス・等価性・真実性の中で個人がファーストソースを経験することができるポータルです。

それは、ソウルやスピリットではありません。それは「神」なのです。それは、ゴッド-スピリット-ソウル・コンプレックスの影響下にありません。

それは、ヒューマン・マインド・システムの構造の外側にあります。そしてそれこそが、サヴァリン・インテグラルが何であるかを

理解することが難題であるかの理由なのです。その比類なき性質と、多次元的な表現を経験するのに大掛かりな準備が要求されるのは、

こういった理由の故です。

サヴァリン・インテグラルは監獄の外側にいますが、その無限の性質の故に、監獄をも包含します。

95 :本当にあった怖い名無し:2012/11/16(金) 23:13:46.37 ID:OXKCWttk0
私の役割は、もし一点に絞るとすれば、人類にサヴァリン・インテグラルを再び紹介することです。

サヴァリン・インテグラルは、コード化された言葉・概念であり、非常に多くのレイヤーを持っています。

その言葉の意味も知らず、その理由も実際には分からないのに、その言葉に含まれている概念に直ちに共鳴する人々がいます。

サヴァリン・インテグラルは、WingMakers.comを通じて10年前に紹介されましたが、その情報公開はあるレベルに留まっています。

今、このコミュニケーションとこれから続くコミュニケーションを通じて、サヴァリン・インテグラルの意味の新たなレイヤーが解き明かされます。

96 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 01:00:17.63 ID:A26vjU3H0
アヌンナキが地球に来ていることについては同意しますが、彼らは脅威ではありません。

私が前に述べたように真の脅威とは、HMSからサヴァリン・インテグラルへと世界を再認識することに対する人々の無関心です。

エリートはすべてのレベルにおいて、人類の注意を自分たちの必要に従って構築する努力へと向けさせています。

新世界秩序は今ここに存在しており、アヌンナキと彼らの手下がそれを巧みにコントロールしています。それをどんな名前で呼ぼうとも、

世界は新しい秩序を経験しており、

その変化に対する大衆の認識とその反応を見ている人々がエリートの中に存在しています。

97 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 01:01:24.64 ID:A26vjU3H0
アセンションに関与する高次元文明たち

High-dimensional civilization 高次元文明
Galactic Federation government銀河連邦政府 
United Space civilization 宇宙連合の加盟文明 385
Andromeda Councilアンドロメダ評議会
Council Pleiadesプレアデス評議会
Orion Unionオリオン連合
--------------------------
United Space civilization 宇宙連合の加盟文明 385
Essani rigel mintaka zetaササニ人
furi-nn○非ヒューマノイド フリーン文明
zu-ku○ズーク文明
gaopputo
Barnard's starバーナード文明
tau ceti andoromeda councelタウセチ文明 アンドロメダ評議会議長
anunnaki pleiadesアヌンナキ文明 星に種を種族
syambhala地底人類 チベット伝承
Underground people
Martian 火星人
ui-ba-ウイーバー文明
rattya-zuラッチャーズ文明
roomルーム文明
arukutorasuアルクトゥルス文明
kentaurusuケンタウルス文明
sirius a,bシリウス文明 
yaielプレアデス文明
eridanusエリダヌス文明
wingmakers セントラルレイス文明 Bilocation

98 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 01:02:00.71 ID:A26vjU3H0
         , -─-'- 、i_
        __, '´       ヽ、
       ',ー-- ●       ヽ、
        `"'ゝ、_          ',
          〈`'ー;==ヽ、〈ー- 、 !
           `ー´    ヽi`ヽ iノ
                    ! /
                  r'´、ヽ
                  `´ヽノ
              |\/\/|
          /\|   |/\
          _|    \/    |_
        \\    |    //
.         / ̄\/\/ ̄\
.       <     |   |     >
.         \_/\/\_/
        //    |    \\
           ̄|    /\    | ̄
         \/|   |\/
             |/\/\|

.            /
           /
.          / \
         // ̄\
.        // ((⌒ } 、
       / {   \_,ノ  \
.      /  \         \
     /     \         \
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

99 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 02:49:56.25 ID:A26vjU3H0
SpiritState
https://www.spiritstate.com/login/
https://www.spiritstate.com/index/videos/dohrman/#tabs-5

SpiritState YouTube? Channel
http://www.youtube.com/user/spiritstate

100 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 02:52:44.91 ID:A26vjU3H0
The Dohrman Prophecy

101 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 02:54:08.97 ID:A26vjU3H0
The Dohrman Prophecy

102 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 03:13:17.19 ID:A26vjU3H0
Dohrman

103 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 03:16:57.92 ID:A26vjU3H0
http://spiritstate.com/

104 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 03:18:37.52 ID:A26vjU3H0
岸辺に打ち上げられた海草

105 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 03:27:20.63 ID:A26vjU3H0
Dohrman nobody

106 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 09:07:15.16 ID:D4HUbYFJ0
良スレかと思ったら、スレの占有化はじまってちょっと違う感じになってきたなw
フォーラムでshimaさんと対話したらいいんじゃね?
相手にしてくれないかもしれないがwww

107 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 09:59:25.39 ID:A26vjU3H0
>>106
はい、ご存じのとおり、ウイングメーカーは、日本では細々とスピリチュアルな方が
細々とやってきました。スピリチュアルな方は、2ちゃんなど毛嫌いする方は、たくさんおります。
特にウイングメーカーに惹かれる方は、ほかのスピリチュアルもよく知ってますので
適当にリンクもないで、適当に立てたスレなどには、ROMさえしないでしょう。
ウイングメーカーは、なんだかんだ英語圏からの思想なので、翻訳も遅れがちなのです。
それでも、世界でも類例をみないほどウイングメーカーの書籍は多数出版されてますが

どの程度、国内にファン、若しくはコアなファンがいるかわかりません。

wingmakersは98年登場以来、オカルト板もしくは、宗教板に2、3回ほどスレが建ちましたが、
shima様が運営するフォーラムが10年以上長らく機能されてますから、あまり必要がありませんでした。

しかし、

108 :ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part2:2012/11/17(土) 12:28:28.49 ID:9DUBMO0K0
>>63
IUS?ググったのですがわかりません。このファイルのテランとは地球在来種なので、
異星人とは違うかと(どちらかというと自分達人間種の方が外来種)。このファイルを読んでいればそのへんが説明されています。
ちなみに、時空のおっさんスレでBSTの書き込みをしたのは自分です。あと、明晰夢スレとか幽体離脱スレにもたまに書き込んでいます。

この前の続きです。

質問:あなた方は特別なシンボル、或いはあなたの種を識別可能となるような何かを持っていますか?

回答:我々は、自らの種を象徴する2つの主要なシンボルを持っている。1つ目の(より古い)シンボルには、
黒地に4枚の羽根を持つ青い蛇が描かれている(色は我々にとって宗教的意味合いを持っている)。このシンボルは我々の特定の団体の一部に使用されているが、今日ではめったに使われない。
あなた方人間は、古い書物で非常に頻繁にこれを複製している。もう1つのシンボルには、あなた方が「ドラゴン」と呼んでいる神秘的な存在が、円形に描かれその中央に7つの白い星が描かれている。
このシンボルは、今日ではより一般的だ。もし、このシンボルを私が前の回答で述べた筒型の航空機、或いは幾つかの地下施設で発見したなら、
その物体や場所は明らかに我々に属するものである(その場所から可能な限り速やかに離れるようアドバイスしておく)。

109 :(2)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part2:2012/11/17(土) 12:30:06.88 ID:9DUBMO0K0
質問:あなたが前述した2番目のシンボルの7つの星とは、プレアデスを意味しているのですか?

回答:プレアデス?違う。確かに7つの星とは惑星と月であり、そしてそれらは太陽系内にあった我々の以前のコロニーのシンボルを表している。
星は青い背景の上に表れ、また円形のドラゴンは地球の形を意味している。7つの白い星は、我々がかつて入植していた月、火星、金星と木星及び土星の4つの月を意味している。
2つのコロニーは既に利用されておらず放棄されているため、正確を期するためには5つの星とするべきだろう。

110 :(3)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part2:2012/11/17(土) 12:31:32.49 ID:9DUBMO0K0
質問:あなたの写真撮影が認められていない訳ですが、何があなたの実在とこの話の真実を証明するのに最良でしょうか?あなた自身の詳細を述べてくれませんか?

回答:私の写真を撮影できたなら、このインタビューの信憑性を証明するのに役立つだろう事は、私も知っている。そうでなければ、あなた方のような人間達は非常に懐疑的である
(それが我々や本物の異星人の種にとってこの惑星で秘密裏に活動するのに都合が良いのだが)ため、もしそのような写真を持っていたとしても、あなた方の多くはそれが人間の女が仮面か、
或いはそのような何かで変装している偽物だと言うだろう(それは私にとって非常に不快な事なのだ)。
私が私の写真や装置の写真撮影に対する許可を与えられない事をあなた方は理解すべきなのだ。これ以上あなた方と議論したくないのには様々な理由がある、
しかし理由の第一は我々の存在の秘密性を保つためであり、別な理由としてより宗教的な意味合いが挙げられる。
それにもかかわらず、あなた方には私の姿と後ほど見せる装置の描画の許可は与えてある。同様に、私自身を詳述する努力も行うつもりだが、
レプティリアン族の存在と広範な他の知的な種への無意識の拒絶が、あなた方自身に施された心のプログラムの一部であるため、
あなた方の他の者達が簡単な言葉から私の姿を想像出来るのかについて私は疑問に思っている。それでもやってみる事にする。

111 :(4)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part2:2012/11/17(土) 12:39:31.84 ID:9DUBMO0K0
健康な人間の女性の体をイメージすれば、まずは私の体について望ましいイメージが湧くだろう。あなた方と同じように、私には頭と2本の腕、2つの手、2本の脚がある。
プロポーションに関してはあなた方と同じだ。同様に私には女性として2つの乳房(我々爬虫類の起源にかかわらず、我々は進化の過程において乳児にミルクを与えることを始めていた。
これは約3,000万年前に起こった。これは子供を生存させるのに最良だったからだ。既に恐竜時代にはあなた方の種にはこの進化が訪れ、そのすぐ後に我々にも訪れたのだ。
それは我々が現在本当の哺乳類でないことを意味している)を有しているが、我々のそれは人間の女性程大きくはなく、またそれらの大きさは私の種のどの女性も一般的には同じである。
男女共に外部生殖器官は、人間よりも小さいが、それらは有形でありあなた方同様の機能を果たす(我々の種に贈られた進化からのもう一つのプレゼントだ)。

112 :(5)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part2:2012/11/17(土) 12:49:14.81 ID:9DUBMO0K0
私の皮膚の色は主に、緑とベージュの混ざった薄緑色に近い色で、幾つかの不規則なパターンの茶色い斑点(それぞれの斑点の大きさは1〜2センチ)が皮膚と顔にある
(パターンは男女では異なるが女性の方がより多く、特に体の下の部分と顔に多くある)。私の場合においても額、頬、顎で交差する眉の上の2本の線が認められるだろう。
目は人間の目よりも多少大きく(これには、暗闇での視認性を良くするという理由がある)、
大抵は小さな明るい緑の虹彩(男性は濃緑色の虹彩を有している)に取り巻かれた大きく黒い瞳に特徴づけられている。
瞳は細長い孔で、その大きさを小さな黒い線から、大きく見開いた卵形の楕円まで大きさを変えられる。これは、我々の網膜が光に対して非常に繊細であり、瞳がこれに対応する必要があるためだ。
我々には丸い外耳があるがそれらは小さく、あなた方の耳のように大きく曲がってはいないが、我々の耳は音に対してより敏感なために非常によく聞こえる(また我々にはより広い音域が聞こえる)。
(水中などでは)耳を完全に覆う筋肉、或いは「フタ」のようなものが我々にはある。我々の鼻はより尖っており、鼻孔の間には祖先が温度を「見る」事を可能にしたV字型の曲がりがある。
我々はこの能力の殆どを失っているが、まだこの「器官」によって上手く温度を感じる事が可能だ。
我々の唇は、あなた方のと同様の形(男性に比べて女性の方が多少大きい)だが薄い茶色をしており、
歯はあなた方哺乳類の柔らかい歯と比較すると、非常に白くて強く、そして少し長く鋭くなっている。我々にはあなた方のような髪の色の違いはなく(しかし、年代毎に髪を染める風習がある)、
また元の色は私のように緑がかった茶色をしている。髪の毛は、あなた方と比べるとより太くて強く、伸びるのが非常に遅い。付け加えると、我々の体のうち頭だけに毛が生えている。

113 :(6)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part2:2012/11/17(土) 12:52:28.61 ID:9DUBMO0K0
我々の体、腕や脚はあなた方のそれと同様の形をしているが、色が異なっており(顔と同じく緑がかったベージュ)また鱗のような組織が脚の上部(膝の上)と上腕(肘の上)にある。
5本の指は、人間の指よりやや長くて細く、手の平の皮膚はプレーンなため、あなた方のような線はないが、鱗のような皮膚組織と茶色の斑点の組み合わせがあり(男女共に手の平には斑点がある)、
またあなた方のような指紋は無い。私の皮膚に触れると、あなた方の有毛皮膚よりも滑らかだと感じるだろう。小さく鋭敏な角が両手の中指上側にある。
指の爪は灰色で一般にあなた方のものより長い。私の爪がそれほど長くなく、上端が丸いのが見えるだろう。これは私が女だからだ。男には先が尖った5〜6センチの爪がある。
以下の特徴は、あなた方のものとは非常に異なっており、それは我々レプティリアンに由来する。私の上体の背面を触ると、被服を通して堅い骨のようなラインの手触りを感じるだろう。
これは背骨ではなく、ちょうど頭部から臀部まで伸びる我々の背骨に続く、非常に複雑な形をした外側のプレート構造の皮膚及び組織なのだ。
極めて多数の神経と巨大な血管がこの構造体とプレートにある(長さが2センチから3センチあり、接触に対しては非常に敏感であるため、
我々がこの手の背もたれのある椅子に座る時は常に問題が起こる)。これら小さなプレートの主な働きは(我々の性別における役割に加えて)体温の調節であり、
自然或いは人工の太陽光の下に座った場合、これらのプレートにはより多くの血液が満たされ、体内の管はより広がり、
太陽が我々レプティリアンの血液(体内とプレートを循環している)を何度にも加熱できるようになり、これが我々にとっては非常に心地よいのだ。

他にあなた方と違う点と言えば、あなた方哺乳類とは違った方法で生まれるため、我々にはヘソがない。あなた方と比較して他の外観の相違は大したことはなく、
またそれらの殆どが服を着ていると見えないため、今ここで全て説明する必要を認めない。私の体に関して十分詳しく説明できたであろう事を望んでいる。あなたが絵を描く際には、
何らかの助言を行うつもりだ。

114 :ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part3:2012/11/17(土) 12:55:58.79 ID:9DUBMO0K0
質問:あなたが通常着ているのはどのような服ですか?これは普段あなたが着ている方法ではないと思いますが。

回答:その通り、この人間の普段着を私が着るのは、私が人間に混じっている時だけだ。正直なところ、このようなきつい物を着るのは私にとって快適とは言えず、常に独特な感覚を覚える。
自宅(これは地下の家を意味する)や巨大な人工太陽エリアに居る場合、そして自身の名に近い者達といる場合は大抵は裸だ。あなた方はこれには衝撃を受けるのだろうか?
公の場所に居る場合や、我が種族の他の者達と居る場合は、薄く軽い素材の非常にゆったりとした、柔らかい服を着ている。我々の体の部分、
主に小さな背甲は接触に対して非常に敏感である事を前に話したが、それが我々に苦痛を与えるため窮屈な衣服では快適に感じられない。
男と女は同じ種類の衣服を着るが、性別によって色が異なる。

質問:「自身の名に近い他の者達」とあなたは言いましたが、それはあなたの家族という意味ですか?

回答:違う、そうではない。あなた方はそれを「家族」と呼ぶが、この言葉は父や母そして子供のように遺伝的に同じである事を意味している。前に私が話したのは、
我々は非常に複雑で独特な名を持っていると言うことだ。名の発音の一部は全く独特であり、同じ名の存在は無いが、
この名のある部分(中間部分)はあなたが属する「家族」(あなた方の語彙に正しく該当する語がないため、私はこの言葉を使う必要がある)と言われる他者という意味合いで発音される。
このグループは通常非常に巨大であり、我々の40〜70名を含んでいることから、そのグループにおける全てがあなたと遺伝的に関係があるわけではない事をこれは意味している。
このグループは、一般にあなたの遺伝子的な親族を含んでいるが、このグループから抜ける事を決意した者は除く。また、あなたと父母とのつながりが一番強い。
非常に複雑で主要な事だけを説明するのにも何時間も要する、我々の非常に古い社会システムをあなた方に説明するのは非常に難しい。
また別な機会にこれら全ての物事の詳細を伝えられると思う。

115 :(2)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part3:2012/11/17(土) 12:58:35.03 ID:9DUBMO0K0
質問:あなたには普通の爬虫類のような尻尾があるのですか?

回答:あなたにはそれが見えますか?我々には目に見える尻尾はない。我々の骸骨標本を見ると、骨盤の後ろの背骨の端に小さな丸い骨があるのが分かるだろう。
これは我々の祖先の無駄な尻尾の兆しだが、外側からは見えない。そう言えば、我々の胎児には発達の最初の数ヶ月間は尻尾があるが、これら尻尾は生まれる前に消えて無くなる。
尻尾は、2足歩行を試みている原始的な種のみにあり、尻尾によってバランスを保てるが、我々の骨格は進化の過程で変化し、我々の背骨はあなた方の物に近いため、
2本の脚のままで居続けるのに尻尾は必要ではない。

質問:あなたが私たちとは違う方法で生まれたと言いましたが、あなた方は産卵するのですか?

回答:そうだが、あなた方の世界の鳥類や原始的な爬虫類のそれではない。実際には胎児は、
母親の卵形をした非常に薄い殻が周囲にある子宮内全体を満たしているタンパク質の液体の中で成長する。殻の中の胎児は母親の体から完全に自立しており、
またこの白色の殻の内部には発育するのに必要なあらゆる物質を有している。また、あなた方で言うヘソの緒のような紐が、後ろのプレートの隠れた部分とつながっている。
赤ん坊が生まれようとすると、卵全体が粘性のあるタンパク質の物質に覆われた膣を通して押され、その数分後に赤ん坊は柔らかい卵の姿で生まれる。
我々の中指にある2つの角は、赤ん坊が最初の呼吸を行う際、白い殻を破るために本能的に使用される。我々の生まれたばかりの赤ん坊は、あなた方の赤ん坊ほど大きくなく、
あなた方の尺度で身長が30から35センチ、卵は高さが約40センチだ(これは我々の膣が人間ほど大きくないことによる)が、普通の大きさにまで成長すると160から180センチになる。

116 :(3)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part3:2012/11/17(土) 13:02:04.66 ID:9DUBMO0K0
質問:あなたの体温は何度ですか?太陽の下で横たわるのを楽しむとあなたは言いましたね。これはどのような効果をあなたの有機体にもたらせるのですか?

回答:我々は哺乳類ではなく、爬虫類としての我々の体温は我々を取り巻く環境の気温に依存している。私の手に触れたなら恐らくはあなた方に比べ冷たいと感じるだろう。
これは、我々の通常の体温が30℃から33℃であるためだ。我々が太陽の下で座ったなら(特に裸で小さな背面プレートを太陽に向けた場合)我々の体温は数分のうちに8から9℃上昇する。
この上昇によって多くの酵素とホルモンが体内で生成され、心臓や脳そして全ての器官がより活動的になり、その結果我々は非常に良い気持ちになる。
あなた方人間は太陽の下にいる事を楽しむだけだが、我々にとってそれは最大の喜びとなる(あなた方で言う性的な刺激に近い)。
我々は、体温を上昇させるために暖かい湯やその他の液体の中で泳ぐ事も好む。我々が日陰に数時間いると、体温が30から33℃に戻る。これが我々に悪影響を及ぼすことはないが、
太陽の下に居る方がより気持ちが良い。我々は地下に人工の日光浴室を有しているが、本物の太陽と同じ効果があるとは言えない。

質問:何を食べているのですか?

回答:通常は、あなた方と同じく、肉、果物、野菜、特別な種類のキノコ類(地下農場で生産される)やその他の食物など様々な食物を食べている。
同様に我々には、あなた方にとって有毒な物質をも摂取し消化する事が可能だ。あなた方と我々との大きな違いは、我々の体がタンパク質を必要としているため、肉の摂取が不可欠な点だ。
肉を摂取しないまま数週或いは事によると数ヶ月経過したとすると、我々の消化器官は活動を停止し、我々は死んでしまう事から、
我々にはあなた方の一部のように完全なベジタリアンとして生活する事は不可能なのだ。我々の多くが生の肉か、あなた方が嫌悪するであろうその他の物を食べている。
個人的には、私は調理済みの肉や地表のリンゴやオレンジのような果物を好んでいる。

117 :(の前に)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part4:2012/11/17(土) 13:12:32.29 ID:9DUBMO0K0
いよいよ本題です。ウィングメーカーとの関連性、私がアルカトラズといい、
作中のGSSC(ゴット スピリット ソウル コンプレックス)、そしてHMS(ヒューマン マインド システム)といわれる
人間を制約しているシステムの一端が垣間見えます。
そして、この世界がものすごく広大な世界であり、私達が把握しているのはごく一部であるということが分かると思います。

それでは続けます。

118 :ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part4:2012/11/17(土) 13:16:49.24 ID:9DUBMO0K0
質問:あなたの種族に関する博物学や進化に関して何か答えられますか?あなたの種族は何歳なのですか?あなた方は、人間が猿から進化したのと同じく、
原始的な爬虫類から進化したのですか?

回答:ああ、これは非常に長く込み入った話であり、あなた方にとっては全く信じがたいことのように聞こえるだろう。しかし、これは真実だ。手短に説明するよう努力してみるつもりだ。
約6500万年前、恐竜の種から始まった我々の進化していない祖先の多くが、地球規模の重大な大変動によって死亡した。この崩壊の原因は、
あなた方の科学者が誤って信じている小惑星の衝突のような自然災害ではなく、主としてあなた方の惑星の軌道上や高空で行われた、敵対する2つの異星人のグループの戦争によるものだった。
この地球規模の戦争の早い時期に関する我々の限られた知識によると、地球における最初の異星人の戦争であったが、それが最後ではないのは明確だった
(そして未来の戦争は、エイリアンのグループ間でここ73年来続いている、あなた方がそう呼ぶ「冷戦」の間に、間もなく到来する)。
6500万年続いた戦争の敵対者達は、2つの進歩した宇宙人の種族で、どちらの名前をあなた方の舌では発音不能である。私はその名を呼べるが、彼らの本来の方法でその名を呼ぶと、
あなた方の耳を傷つける恐れがある。片方の種族は、人型の種族(だがもっと古い)でこの宇宙のあなた方の星図に現在記されている「プロキオン(Procyon)」とあなた方が呼んでいる星座の太陽系
からやって来た。我々も多くを知らないもう片方の種族はレプティリアンの種族だが、我々は外部の影響を受けることなく(自らの手による功を奏した自身の遺伝子操作を除いて)地球上のトカゲ類から
進化したことから我々の種族とは無関係だ。進歩したレプティリアンの種族はこの宇宙から来たのではなく、ええっとなんと説明するべきなのか。あなた方の非論理的な精神は、
一番易しい物事であっても見ることが適わず、また間違った数学と数字に依存しているため、あなた方の科学者達は、宇宙の本質を実際に理解できていない。
これは私が後ほど触れようとしている、あなた方種の遺伝的プログラムの一部なのだ。言わせて貰えるなら、あなた方の宇宙に関する理解度は500年前から殆ど進んでいない。

119 :(1)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part4:2012/11/17(土) 13:30:01.42 ID:9DUBMO0K0
あなた方でも分かるであろう用語を使うなら、もう一方の種族はこの宇宙から来たのではなく、オムニバース(omniverse)の別な「バブル」の形成からやって来たのだ。
あなた方はそれを別次元と呼ぶかもしれないが、これは正しく説明するための正しい語ではない(余談だが、次元という用語は概してあなた方がそれを理解するための障壁となっている)。
あなた方が覚えるべきである事実は、進歩した種族はあなた方が量子テクノロジーと呼んでいる技術を用いて、
また時々自らの精神を使うという特殊な方法でバブルからバブルへと「歩く」事が可能なのだ(私自身の種族も、あなた方の種族と比較すると進歩した知能を有しているが、
我々はそのテクノロジーを使わずにマターストリング/バブルの変更はできない。
しかしこの惑星で活動している他の種はそれが可能で、あなた方の祖先と同じくあなた方にはマジックのように見えるだろう)。

(ここから私の私見)
ここに出てくるオムニバースが他の世界線のことであり、バブルからバブルへの移動がBST技術でしょう。
そして、ここに

>また時々自らの精神を使うという特殊な方法でバブルからバブルへと「歩く」事が可能なのだ

とあり、高等な種族は自らの精神を使うことで、世界線の移動が可能であるのです。
そして、この技術は、ここで出てくる人間より遥かにすぐれた知能をもったテラン(地球在来という意味で、我々は違う。)でさえできない技術なのです。
そして、驚くべきことは、我々、地球人においても、精神を使うことで世界線を変更できる人類が出現し始めていると言うことです。
この変革がおそらくGSSCそしてHMSからの脱却と信じたい。私は人間種のこれから歩む未来を考えた上でも、強くそう思ういます。

最後に、ちらっとすごいことがかかれています。

>しかしこの惑星で活動している他の種はそれが可能で、

この地球ですらも、人類以外の種族で人間よりもすぐれた種族が存在します。
未来人まとめスレ の「3129年から1990年に固着、定住した◆08zYKQHN.o氏のレスまとめ」を参考のこと。

120 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 13:36:57.84 ID:vlGTmirs0
ウイングメーカーの話なのそれって?

121 :(2)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part4:2012/11/17(土) 13:41:21.20 ID:9DUBMO0K0
我々の歴史に戻ると、最初の種族(人型)はレプティリアンが来る150年前に地球に到達し、かつての大陸に幾つかの居留地を建設した。
今日あなた方が南極と呼んでいる大陸の居留地は巨大であり、もう1つはあなた方が「アジア」と呼んでいる大陸に存在した。これらの人々は、
惑星に住むトカゲ類のような生き物と問題なく共生していた。先発のレプティリアンの種族がこの太陽系に到達した時、「プロキオン」から来た人型の入植者達は、
平和的なコミュニケーションを試みたが、成功せず数ヶ月のうちに惑星規模の戦争が始まった。両方の種族が、この若い惑星の生態系や未発達の種ではなく、たった1つの理由である原料、
特に銅に興味を持っている事をあなた方は理解すべきだ。この理由を理解するためには、変動フィールドの過度の交差を生成するため、高濃度の放射線を伴った正しい角度の電磁場を誘発した
環境下で、銅をある不安定な素材と組み合わせると新たな安定した元素を生成可能な事から、(現在でも)ある進化した種族にとって銅は非常に重要な素材である事を理解する必要がある。
磁界/放射線フィールド試験漕における銅と他の元素との融合は、様々な技術的課題に非常に役立つ特別な性質を持つ力場の生成が可能となる
(しかし、この基礎は単純な知性に制限されたあなた方には発見できない極めて複雑な方式だ)。

122 :(3の前に)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part4:2012/11/17(土) 13:49:38.52 ID:9DUBMO0K0
>>120
残念ながら、我々の知性は制限されております(これからファイルで触れられる予定です)。
普通にウィングメーカーの書物を読んでも(他の何を読んでもそうでしょうが)、自身の自由意志を行使し(これが一番のキーポイント)、
明晰夢や幽体離脱などの行為を通して、自ら体験しないと分かるものでは無いのかもしれません。
そして、情報を自らに入れることによって(インストール)、存在は自らを変えることができます。それが自由意志です。
神が与えたたもうた慈悲でありましょう。HMS内のジェネティック・マインドどおりの人生を歩んではならないのです。
本当に神が与えた能力を行使した人生ではない。監獄の中の人生です。それは本当の意味での知性のある存在のする行為ではないのです。

蛇足でした。続けます。

123 :(3)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part4:2012/11/17(土) 13:59:59.93 ID:9DUBMO0K0
どちらの種族も、地球の銅を求めており、
これが元で彼らはあまり長くはない戦争を宇宙と軌道上で戦った。当初、人型の種族が優勢であると見られたが、最後の戦闘でレプティリアンは、惑星上の生態系を破壊するが、
貴重な原料や銅などには影響を及ぼさない特殊な核融合爆弾に類する強力な試験兵器の使用を決意した。宇宙空間から発射された爆弾は、現在あなた方が「中央アメリカ」と呼んでいる場所で
爆発した。それが海洋で爆発した時、水素との予測不可能な融合を生成し、その影響はレプティリアンの予測を遙かに上回っていた。致命的な量の放射線、融合酸素の過生成、
異なる元素の原子灰の降下と「核の冬」が結果として200年近く続いた。人型の種族の殆どが死亡し、レプティリアンは(我々でさえも)原因不明の理由(恐らく放射線によるのかもしれない)によって
惑星への興味を数年間失った。再び地球は独立し、地表の動物は死亡した。余談だが、核融合爆弾のある結果として異なる元素と物質の降下と燃焼過程で生成された物質の1つがイリジウム
(Iridium)だ。あなた方人間の科学者達は、恐竜を絶滅させた小惑星の衝突の証拠として、地中にイリジウムの集積を発見している。
それは真実ではないが、果たしてそれをあなた方が知り得るのだろうか?

124 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 14:02:20.83 ID:vlGTmirs0
文章は長いけど、質問には答えていないのですね。
質問をもう一度よく読んで、理解し、その上でもっと簡単明瞭にお答え出来るはずですよ。
ジェームズの発する言葉とは程遠い・・

125 :(3の私見)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part4:2012/11/17(土) 14:04:16.73 ID:9DUBMO0K0
(私見)このような話を聞いた方は多いと思いますが、よく銅ではなく、金と言われることが多いです。人間種族はこの鉱物を掘り出す奴隷として創造されたと言われております。
余談ですが、金は、法輪功の情報では、仏が無くなったときに現れる物質と言います。現在の宇宙が壊滅するときに、ほとんどの高次元生物と言われる方々でさえ滅びます。
法輪功について触れましたが、法輪功の書物はネットで自由にだれでも読めるようになっております。驚くべきことですが、法輪功の書物(法輪大法など)には、
できるかぎり修練の邪魔にならないようにとの師父の考えから(他にも理由があるのですが)制限はされておりますが、これら異星人情報も含めて全てが網羅されております。驚くべきことです。
ただし、読む際には、一つ自己責任でお願いします。いわゆる情報と自己実現の特性(インストールシステムとでも言うべきか?)によって、人体内部の回路を乱される恐れがありますので。
様々な情報を元に相互・有機的に結びつける知性が無ければ、混乱をきたすかもしれません。ただ、その自信のある方は絶対に一読しておくべき書物です。

続けます。

126 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 14:13:22.84 ID:9DUBMO0K0
>124
誰でもわかるような文章は最初から諦めています。仏法でいえば、大乗的ではなく、密法に近い修練の道です。
そして、我々はそれぞれお客様ではないということです。人間は分かるものだけを分かればよいし、実際にそうなのです。
自らの中に答えガある人が分かるのです。分からない人は、外に答えを求めているからです。
(当たり前のことですが、私はそのジェームズ?という教師ではありません。ましてや(言うのもばかばかしいですが)あなたのマスターでもありません。単なる一学徒です。)

この逆転による変革の理念を、論理的にもたらした功績が、ウィングメーカーのもたらした一番の情報だと私は思います。この認識が無ければ、
たとえ文章をいくら読んだとしても、文字通り以上の理解を得ることは永遠にないでしょう。

127 :(4-1)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part4:2012/11/17(土) 14:20:22.10 ID:9DUBMO0K0
確かに恐竜達の殆どが(全てが爆発ではなく、戦争の後に来た酷い出来事、特に核の冬と放射性降下物によって)死んだ。続く20年で、全ての恐竜とレプティリアンが死亡した。
それらのうちある種、特に海洋に住む種は世界が変動しても続く200から300年生き残ったが、これらの種も気候変動によって死滅した。200年後、核の冬は終わったが地球は以前より冷涼化した。
大変動にもかかわらず、ある種、(サメのような)魚類、鳥類、小さな這う哺乳類(あなた方の祖先)、ワニのような様々な爬虫類、そして小型だが進化した恐竜の特別な種で、
最後の巨大な動物とレプティリアンの組み合わさった、あなた方がティラノサウルス(Tyrannosaurus)と呼ぶ種が生き残った。

この新たな爬虫類は2本脚で歩き、あなた方が復元したイグアノドンに少し似ている(それはこの系統が起源)が、もっと小さく(背丈は1.5m)人型の姿をしており、骨格が変わり、
より大きな頭蓋骨と脳、物を掴む事ができる親指のある手、異なる有機体と消化方式(原文:disgestion は、digestion の間違いではないかと)、あなた方と同じく頭の真ん中にある発達した目、
そして最も重要なことは、新しくより良い脳構造をしていた。これが我々の直接的な祖先だった。爆弾から発せられた放射線がこの新たな種となる有機体の突然変異の一翼を担っていたという説が
あるが、これはまだ証明されていない。とは言うものの、この人型の恐竜は続く3,000万年の間に進化した(先に述べたように、あなた方のように人工的に進化を誘導しなかった場合、
一般に種が獣からおおよそ理性的な人間に進化するというのはあなた方が考えているよりもっと時間を必要とする)。これらの存在は十分に知的で、その行動を変えることを学び、

128 :(4-2)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part4:2012/11/17(土) 14:23:49.42 ID:9DUBMO0K0
冷たい自然環境下に代わり洞窟に住み、最初の道具として石や枝を使うことを覚え、暖をとる手段、特に我々の種が生存するために非常に重要な血液を暖めるために火を使用した事から、
続く数千万年を生きた。2,000万年の間、この種は自然によって27の亜種に分裂された(不幸なことに、元のレプティリアンの種は、進化の過程で幾分非論理的な方法によって
自らを亜種に分裂する傾向があった。初期の動物恐竜種の不要な大きな数の種にはっきりとこれが見て取れる)そして、この亜種間で支配を巡る多くの戦争(主として初期に)が発生した。

(私見)レプティリアン種は、多くの亜種を生む傾向にあるようです。これが、レプティリアン種の攻撃性や排他性と関わっているのかもしれません。
人類もネアンデルタール人を食人で滅ぼしたり、やりたい放題の蛮人ですから、まったく人のことはいえませんが。

>先に述べたように、あなた方のように人工的に進化を誘導しなかった場合

後で触れられると思います。インタビューの内容を記述するのが前後したのかもしれません。自分で読みながら転載しておりますので。悪しからず。

129 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 14:27:22.54 ID:A26vjU3H0
ラケルタファイルの文章は、イイですよ。続けて書いてください。
ウイングメーカー、レプティリアン 、私たちが通称Procyonと呼ぶ彼らの情報はあまり出ていません。
地球の宇宙哲学では、宇宙人の宇宙哲学は、理解できないのは当然です。
彼らは、私たちよりはるかに高度な文明のヒューマノイド、もしくは地球でいう昆虫類なのですから。

130 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 14:33:07.77 ID:A26vjU3H0
>>108
オカルト板で、ひさしぶりに、イイ話が聞けた、これからもここで情報開示をお願いします。
http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm
私が言ったIUSは、wingmaker哲学のインターディメンジョナル・ユニバース・ストラクチャー(IUS;多次元宇宙構造)
に該当する部分です。週末はこういう話がたまに聞けるのがオカルト板のいいところです。

131 :(5)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part4:2012/11/17(土) 14:33:15.05 ID:9DUBMO0K0
自然は我々にそれほど好意的ではなく、我々の知る限りでは、有機体と精神が生存のために十分発達していなかった事と(主な理由として)気候変動の際、
それらが血液温度を正しい方法で変化させられなかったことから、27の亜種のうち24の種が太古の戦争と進化の過程で絶滅した。戦争が終わった5,000万年後、
そして恐竜時代の終焉には、3つの(同様に現在は技術的でもある)進化したレプティリアンの種だけが他の下等動物と共にこの惑星に残った。自然及び人工的な交雑育種を介してこの3つの種は、
1つのレプティリアンの種へと合体し、遺伝子操作の発明により我々には、我々の遺伝的な枠組みに含まれる分裂傾向のある遺伝子を「除去」することが可能となった。
我々の歴史と信条によると、これが現在あなた方が見ている私のような最終的なレプティリアンの種族が、遺伝子操作を使用して創られた時だった。これは約1,000万年前の事であり、
この時点で我々の進化はほぼ停止した(実際には後の世に我々の容姿が、より人型や哺乳類のような見かけへと向かうような小さな変化があったが、我々は再び亜種へと分裂はしなかった)。
知っての通り、小さな猿のような動物としてこの惑星を跳ね回っていた(それは時代に痕跡を残すことなく消えた)、あなた方の種と比較すると我々は非常に古い種であり、
あなた方の遺伝子がまだそれら動物であった頃、我々は自身の遺伝子を操作していた。

(余談)これらテランの厳しく長い進化の過程で、誰一人異星人は助けてくれなかったようです。基本的に、不干渉の原則があるとも言われますが、案外、こういうものかもしれません。
今の人類に、異星人が干渉してくるならば、何か裏があると考えたほうが無難でしょう。実際、コルテウムもうさんくさいと思うのは私だけでしょうか。
しかし、テランたちの進化は遺伝子操作で遺伝子が安定した結果、止まってしまったようです。2000年前に種としての知能の最高点を通過し、後はぬるい生存競争の元、
退化する一方の我々が言うのもなんですがね。何か突破口が無いと、上にも書いた未来人の言うとおり、袋小路でしょう。もう袋小路に入っているらしいですが、私は諦めません。

132 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 14:39:53.66 ID:A26vjU3H0
ご存じのとおり、GSSC(、ゴッド-スピリット-ソウル・コンプレックス)も地上で常に再定義されていくように、これからも
ウイングメーカーもしくは、アンドロメダ評議会が言う地球人(我々ラテン)も再定義されていきます。
私が生きてる間に、評議会により、正しい情報開示されるのが一番好ましいのです。私たちは、地球の歴史
人類の本当の歴史から、宇宙哲学まで知る権利があります。

133 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 14:44:55.12 ID:9DUBMO0K0
>>130
どうも連投書き込みの人ですね(自分も人のことはいえませんが)。
基本的に、全部、ブログからの勝手な転載なのでいい話なのかは微妙です。(それはあなたも同じかな。先駆者に感謝ですね。)

IUSとは作中の言葉だったのですね。マルチバースというやつでしょうか。このファイルにもオムニバースという単語で
同じような使い方がされている言葉があります。この意味で(世界線の移動と移動)、あなたの言われることはおっしゃるとおりです。
ただ、ここで出てくるテランは本当の地球在来種らしいです(彼らの話を鵜呑みにするならば。それもなにかうさんくさい気はしますがね。人類種に対するウィングメーカーのように、
レプティリアン種にも相当する上位の根源種がいると可能性のほうが高いと私は思います。)。

>>53で実はさらっとふれたのですが、後日、ルッキンググラス(ひょっとするとご存知かな?)の記事で世界線の移動による
種族文化の歴史と、地球人種と現在干渉してきている異星人たちの因縁について紹介しようと思ったところです。
実はこの件について、>>131で伏線を張ったつもりでした(気付いた人はいるかな?)。

とりあえず、連投規制になるか、飽きるまで続けます。

134 :(6)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part4:2012/11/17(土) 14:54:19.94 ID:9DUBMO0K0
1,000万年前、小さな類人猿が成長を始め、それらは樹上から地表へと降りてきた(特にいわゆるアフリカ大陸における気候の変動が理由で)。
しかし、進化は哺乳類としては普通の非常にゆっくりとしていて、またあなた方の種に何ら特別な事が起こらなかったら、私は快適で近代的な家で過ごし、
あなた方は洞窟で毛皮をまとい火の秘密を発見しようとしているか、事によると我々の動物園に展示されているかもしれないので、我々がここに座って話すことはなかっただろう。
しかし物事は違った方向へと展開し、あなた方が現在自身を「創造の王冠」と考えており、近代的な住居に住むことが出来た結果、我々は地球の地下や辺境の地に隠れ住まなければならなくなった。
およそ150万年前、別な異星人の種族が地球に到来した(6,000万年来で驚くほど第一の種であった。現在ここにどれほどの異なる種族が存在しているかを知れば、より驚くこととなるだろう)。
今日あなた方が「エロヒム(イロヒム? Ilojiim)」と呼ぶこの人型の種族の関心は、原材料や銅ではなく、信じられないほど進歩していない猿人だった。この惑星における我々の存在にもかかわらず、
異星人達は来るべき将来の戦争における奴隷種族の類として使う目的で、猿が幾分速く進化するのを「手助け」した。あなた方の種族の運命は、実際には我々にとって重要ではないが、
我々は自らの惑星における「エロヒム」の存在を好ましいとは考えておらず、また彼らも彼らの新たな「銀河の動物園」惑星に我々の存在があるのを好ましいと考えていない事から、
あなた方の6回目と7回目の創造が原因で、我々と彼らとの間に戦争が勃発した。あなた方が「聖書」と呼んでいる書物にこの戦争に関する一部の例が、
非常に奇妙な描写方法で書かれているのを読めるだろう。実際の真実は非常に長く、複雑な話なのだ。続けようか?

135 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 14:55:45.72 ID:A26vjU3H0
>>133
気にしないでください、私の書き込みもすべてウイングメーカーの考えです。
はい、ウイングメーカー哲学では、既知のマルチバースとして考えます。これはProcyon側は、
オムニバースと表現したのです。ウイングメーカー哲学では、BSTテクロノジーBi-Locationつまり
日本語では世界線と語られてますが。地上では、かつて恐竜時代の名残で、レプティリアン・ビューイングと呼ばれる
現象がまれに置きます。これはprocyonが言う、ルッキンググラスの考えなのでしょう。

連投規制は、まー僕も結構ありますが、 適度にここに書いてもらえれば、助かります
宇宙人の歴史は、長いですからねw 地球の歴史も古い信念体系も説明すれば
膨大な量ですし 早く宇宙人が正しい情報開示してくれるといいんですが

136 :(6の余談)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part4:2012/11/17(土) 14:58:16.05 ID:9DUBMO0K0
(余談)ウィングメーカーの本で、実はちょろっと書いてあります。我々人類種は、どうも新たな種を作りたがる傾向にあるようです。いわゆる神様気取りですね。
でも、意図的に自分よりも劣化種しか作れない(作らない)のがにくいです。聖書の人物についてもそうですが、根源(アダム)が一番優秀なのです
(細かいことをいうと、グノーシス主義でアダムの上位バージョンも実はいます。確かアダマ?とか言ったと思う。)。後は劣化するばかりです。
ちなみにウィングメーカーが人類種の根源であり、未来の完成系です(生物的な進化の過程で到達は無理?世界線の移動かBSTによるしか・・)。
これは隠された真理だと思います。ドラえもん的にこれからも輝かしい未来が待っていると思っているなら大間違いです。我々は生物としては袋小路、どん詰まりです。
無理に進化(本当は退化だと思うが)して、過去の人間に干渉しようとして、無い物ねだり(遺伝子とかもっと霊的なもの)とか、それは乞食というものです。
(腹が立ったのでいい方がきつくなってしまいました。分かる人にはわかると思います。アブダクションとかね・・(実は親戚が被害者です。言ってしまった爆))

137 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 15:03:45.77 ID:A26vjU3H0
>>136
地球の分離傾向は、今も変わりません。アブダクションについては、同情します。
日本は比較的、アブダクションのケースはアメリカほど見られませんが、実は潜在的に
相当数いるのではないかと考えてます。私もUFOなんかは、何度も見てますし。
グノーシスの教理と聖書、エロヒムの話は置いておき、レプティリアンの話を聞きたいです

138 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 15:11:04.71 ID:A26vjU3H0
procyonが使っていたシンボルに関してよければ、ここにjpgで置いてもらえますか

139 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 15:26:10.07 ID:9DUBMO0K0
>>138
私は何度も書きますが、単なる勝手に転載くんです。そんなものないです。
あと、ぶっちゃけ細目に関してはあんまり興味ないんです。続けます。

140 :ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/17(土) 15:28:58.18 ID:9DUBMO0K0
質問:まず、あなたは非常に広い範囲の時間的尺度を扱っていますね。あなたは、あなた方の初期の祖先が恐竜と共に暮らしており、あなたが呼ぶ所の人為的な大変動を生き残り、
4,000万年以上もの進化を経て、その進化が完成したのが1,000万年前だと主張しています。これは私にとっては非常に信じがたい内容なのです。これに関して何か説明が可能ですか?

回答:あなた方がまだ未成熟で、遺伝子操作による種族であるため、あなた方にとってこれが極めて信じがたいだろう事は私も理解している。あなた方の歴史的な視野は、
たった数千年程の尺度であると言うのは正しい認識だとあなた方も認めるだろう。しかし、そうではない。これが重要なのだ。あなた方のプログラムされた精神では、
このように広い範囲の時間的尺度を取り扱えないのは明らかだ。我々の辿った進化の時間は、あなた方にとっては途方もなく長いが、これが本来の自然のやり方なのだ。
あなた方の初期の哺乳類の祖先が恐竜と共に発展し、また彼らは我々と同じく爆撃を生き残った事を思い出して欲しい。彼らは続く数百万年をゆっくりと進化し様々な種と姿へと別れ、
その幾つかはより大型化し、別の幾つかはより小型化した。これは身体の進化だ。しかし、彼らの精神と知性についてはどうだったのか?彼らは単純な動物だった。我々に言わせると、
哺乳類の進化は1億5,000万年来続いているが、彼らが知性的で思考を有するようになり始めたのは、たかだか200〜300万年のことだ。
そしてこの短い期間にあなた方のような存在が創造されたのだ。それは自然な事だったのか?動物の様な哺乳類の進化に1億4,800万年の歳月を要し、(多かれ少なかれ)
あなた方のような知的存在への発展に200万年を要した。自ら問うてみて欲しい。あなた方には、この急激な進化が自然だと思えるのだろうか?
もしそうだとしたら、あなた方の種族は私が考えているより相当な認識不足だと言えよう。我々はあなた方と違い間違った進化をしていない。

141 :(余談)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/17(土) 15:42:49.85 ID:9DUBMO0K0
(余談)

>あなた方のプログラムされた精神では、
>我々はあなた方と違い間違った進化をしていない。

このような人類創世に係るもので、初めて耳にする人は、衝撃的ではないでしょうか。
我々はきっぱりいうと、劣化コピーなのです。残念ですが。知能も認識も制限されております。
そして、彼らテラン(本当の地球種、(だと思いこんでる?))にしてみれば、我々は、
このような歴史の経緯を踏まえると、甚だ珍妙な存在です。冷静にみて(私は客観的に物をみるのが得意です。)。

だからと言って諦めるのか?それは違います。我々が人種差別をするように、
一部の高等な生物は我々を馬鹿にするかもしれませんが、諦めることはありません。
物質的、歴史的なことに目を囚われすぎると道を誤ります。隣の国の人のように(そういう差別も結局同じことです。)。

我々には自由意志という神からのギフトがあります。これと、世界線の移動(創造)は不可分の能力だと思います。
だが、これらの能力を使わないならば(使う気もないならば)、
それは尊厳の対象ではありません(人間が軽々しく滅ぼされるのはそういう意味だと思います。)。

142 :(1)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/17(土) 15:53:54.06 ID:9DUBMO0K0
質問:分かりました。しかし、他にも質問があります。約6,500万年前に起きた異星人間の戦争に関して、多くの事実があるとあなたは話しましたね。これが起きたのは、あなたの種族が本当に知的な
種となるずっと以前のことでした(と私はあなたの話から理解しています)。では何故、あなたは「最初の戦争」に関して、またあなたの種族の進化に関してそれ程多くを知っているのですか?

回答:これは良い質問であり(前の質問より数倍良い)、私があなた方に正確に説明していなかった部分だ。最初の戦争に関する我々の知識は、
16,000年前にあなた方が北アメリカと今日呼んでいる大陸で、我々の考古学者が発見した全くの太古の人工物より来ている。彼らは直径がおよそ47センチメートルの円形のプレートを発見した。
プレートは、我々でさえ正体不明な磁気素材で出来ており、その中にはクリスタルの分子構造の中に莫大な数の暗号化された情報が含まれた、別の小さなクリスタルプレートが入っていた。
この「メモリープレート」は、「プロキオン」から来た人型種族の爆撃の最後の生き残りが6,500万年前に製作したものだったが、我々が発見した時には完全に原型を保っていた。
我々の科学者達には、そのメッセージやデータを解読する事が可能であったため、大昔に起こり恐竜を絶滅させる方向に導いた事象に関する始まりを耳にすることができた。
プレートには両方の種族に関して(人型の情報はさらに多く)、またその時の事象や融合爆弾を含む兵器に関する詳細な記述が含まれていた。同様にそれには地球上に存在する動物や、
我々が知能を有する前の祖先である種を含むトカゲ類の記述も含まれていた。進化に関して我々が有する知識の残りの部分は、化石及び逆読み、そして我々のDNAの復号/暗号化によっている。
このように、我々は自らの根元に関する本当の真実を16,000年前から知っているのだ。それ以前にあった我々の創造に関する考え方は、より宗教的なものだった。

143 :(1の余談)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/17(土) 16:02:41.50 ID:9DUBMO0K0
(余談)彼らにも、我々と同じくエンシャントアロー遺跡のような贈り物があった(彼らはそれを同族に開示したが。まあ、もしかすると、彼らの他民族戦争後の生き残りの過程で、
(たとえば、今のラビリンスグループがこれから生き残るように)後で情報開示されたものなのかもしれません。)。彼らは、あとリモートビューイングは得意ではないようです
(できれば、これで調査するはずです。密接に関連するBST技術も未完成と思われます。)。
ただ、我々人類のDNAも、膨大なジャンクDNAも含めてその由来がDNAの復号技術により、解析ができると良いと思います。
一説には、我々人類のDNAには、様々な異星人種族のDNAが入っており、宇宙の博物館的様相を呈しているそうです。

DNAの話ですが、ウィングメーカーの書籍によると、DNAは外部へ情報を伝える性質があるらしいです。
ただ、作中のジェネテック・トリガーとか、マインドとかの言い方は、もっと広い意味で、大胆な言い方をすると、物質(例えば石ころ)でも意思をもち(だじゃれじゃないです)、
自己拡大能力があるみたいな書き方で書いてあるように私は思います。実際、明晰夢や幽体離脱の世界では、我々はそういう意識的にそういうテクニックを使うことができます。
(うまくいえない(しょうじきめんどくさくなってきた)が、分かる人にはわかると思います。)

144 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 16:14:17.42 ID:HXlkTpe20
これじゃ読みにくくて最初の一行だけしか読まないわよ
国語の勉強したほうがいいわよ

145 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 16:15:39.77 ID:A26vjU3H0
太古の昔の情報や、まだ知らぬ情報は、ラビリンスグループや、独立で動く高次元の種族を通して、
ある時期が来ると公開されるそうです。それはラビリンスグループの種族か、セントラルレイスを通じて
ジェームズに継がれたように。ある特殊なDNAコードを持つもの同士が、地球で言うテレパシーのような
力があるそうです。それはコード化されてますから、ジェネティック・マインドの変容によるのでしょう。
コルテウムはsecurity clearlance system上、我々とは違ったDNAを有しており、独自のアジェンダで
動いてると考えられる。それはウインう具メーカー哲学では、アニムスに該当する可能性がある。

146 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 16:17:53.39 ID:A26vjU3H0
>>144
転載ですよ。2000字程度では、収まりませんよ。宇宙哲学、人類の進化の系譜ですし。
このまま、ラケルタさん、そのまま続けて下さい。 連投規制されたら、また今度でいいです。

147 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 16:20:11.93 ID:A26vjU3H0
3129年から1990年に固着、定住した◆08zYKQHN.o氏のレスまとめ一覧
http://www43.atwiki.jp/miraijin/pages/44.html

148 :(2)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/17(土) 16:27:51.56 ID:9DUBMO0K0
質問:両方の異星人の種族には何が起こったのですか?

回答:正確な事は分かっていない。地球上で生き残った人型の種は、明らかに爆撃の数年後には死亡し、彼らの他の種族とレプティリアンは地球に戻ってくる事はなかった(我々の知る限りでは)。
レプティリアンの異星人に関しては、バブル間の物質が時々急激な移動を行うため、物理的に帰還が不可能であった可能性がある。両方の種族が数百万年の間に消滅したというのが、現在の説だ。

(余談)ここでいう、人型の種はおそらくエロヒム(アナンヌキ、人類を作った人々)ではありません。別のソースによると、プロキオンは、どちらかというと、東洋人に近いようです。
参考に、自分がプロキオン人だと思う画像を載せておきます。月の遺棄された宇宙船に乗っていた方です。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=wV7ROpHP6pM
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=MJVP_Y79ml4
http://www.youtube.com/watch?v=4C9lLLL-8s8&feature=player_embedded
http://www.youtube.com/watch?v=XqR8zDGIwMo&feature=player_embedded

地球人の先祖にはいろいろな異星人が関わっているそうです。金髪碧眼のエロヒムについては後述しますが、
あとウンモ星人(これはガセ?自分はおそらくこの方たちはこれも後述の技術により偽装しているだけだと思う。社会政体だけみると、おそらく昆虫型の生き物ではないかと思う。)
らしいです。そうすると、我々東洋人の先祖はプロキオンなのかな?と。額にあるのは第三の目らしいです。

149 :(2余談)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/17(土) 16:36:42.56 ID:9DUBMO0K0
余談の書き忘れ。

>バブル間の物質が時々急激な移動を行うため、物理的に帰還が不可能であった可能性がある。

BST技術は下手すると、元の世界には戻ってこれません(というか元の世界なんてそもそもないんだと思ってますが。)。
疲れてきて、文章がかなり大雑把(元々大雑把だが)になってきたので、ここいらでやめにします。
この辺からもっとおもしろいんですけどね。では。あと、私はラケルタさんじゃないです。ラケルタさんはレプティリアンのテランさんです。私はただの名無しさんです。

>連投さんへ
いつも意味の分からない書き込みを他所多数でされていたので、しょうじき基地外さん(失礼)と思っていましたが、案外まともな方で安心しました。
まあ、友好的にやっていきましょう。平和協定。全てはウィングメーカー神話の敷衍のために(エヴァンゲリオン風)

150 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 16:41:11.83 ID:A26vjU3H0
>>149
ご苦労様でした。

151 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 16:42:11.90 ID:A26vjU3H0
>>149
ウンモ星人は、3.5次元密度で、一つ目文字を好む方です。高次元文明の一つだと
考えればいいと思います

152 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 22:50:15.16 ID:A26vjU3H0
http://www.uproda.net/down/uproda516251.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda516248.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda516250.jp

153 :本当にあった怖い名無し:2012/11/18(日) 09:25:34.45 ID:SKyPyxKv0
保守

154 :本当にあった怖い名無し:2012/11/18(日) 19:12:53.96 ID:5w0zAITb0
すげぇ興味深く読ませてもらっています
質問と回答
面白いし、何か進化の突破口が見出せそうですし

155 :本当にあった怖い名無し:2012/11/19(月) 19:48:41.95 ID:Xr5iGEzb0
保守

156 :本当にあった怖い名無し:2012/11/21(水) 07:36:01.64 ID:+b0BovK30
hosyu

157 :本当にあった怖い名無し:2012/11/21(水) 13:45:58.08 ID:s7CId1440
ラビリンスグループ死ね!!!
コルテウム死ね!!!
インキュナブラ死ね!!!
セントラルレイス死ね!!!
リリカス死ね!!!
ACIO死ね!!!
ウイングメーカー死ね!!!
Dohrman 死ね!!!
アニムス死ね!!!

158 :本当にあった怖い名無し:2012/11/21(水) 13:47:43.33 ID:s7CId1440
アンドロメダ評議会は死ね!!ブルータス将軍を解放しろ!!!
アンドロメダ評議会は死ね!!ブルータス将軍を解放しろ!!!
アンドロメダ評議会は死ね!!ブルータス将軍を解放しろ!!!
アンドロメダ評議会は死ね!!ブルータス将軍を解放しろ!!!

159 :本当にあった怖い名無し:2012/11/21(水) 17:23:06.67 ID:s7CId1440
アンドロメダ評議会は死ね!!!
アンドロメダ評議会は死ね!!!
アンドロメダ評議会は死ね!!!
アンドロメダ評議会は死ね!!!
fuck fuck Andromeda Council
Andromeda Council exposes the Anunnaki and all that

160 :本当にあった怖い名無し:2012/11/21(水) 22:52:16.38 ID:DIv0nHQv0
いつもネタ探しさせてもらっているブログから勝手に転載
http://quasimoto.exblog.jp/19245223/

「旧ソ連KGBの”謎の”エジプト大遠征隊:ネフィリムの王墓を発掘!?」

>これによると、ソ連KGBは1980年代にエジプトで大発掘チームを組み、ソナーや当時の最先端の科学技術を駆使してある墓を発掘した。その墓は、「星から来た神」のものというもので、王の王とし>て君臨し、その後の王は「フォロワー(従うもの)」と呼ばれたらしい。

>その墓の棺を開けてみると、ある人物のミイラが入っていた。そのミイラの骨格が全て残っていた。その頭蓋骨の目の枠は非常に大きく、ほお骨はわずか、顎は小さかった。そこでそれを解析すると>、なんと我々が「グレイ」と呼ぶエイリアンにそっくりだったというのである。

>また、ギザのピラミッドの年代推定によれば、BC1万500年ということになったという。つまり、今から1万2千500年前頃にはすでにそこに建っていたという。


「紀元前1万年」という映画を思い出した。

161 :本当にあった怖い名無し:2012/11/22(木) 08:43:11.73 ID:DNnv+3bh0
ネフィリムって巨人じゃなかったのか?

162 :本当にあった怖い名無し:2012/11/23(金) 10:38:21.53 ID:MRMVkAS50
hosyu

163 :本当にあった怖い名無し:2012/11/23(金) 12:20:51.96 ID:Wj7G+ouq0
ウイングメーカー2巻これから読む。
1と違って小説仕立て?読みやすいけど。

164 :本当にあった怖い名無し:2012/11/23(金) 13:24:10.42 ID:eRy8mXa/0
>>163
http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm

ウイングメーカーサプリメント
http://wingmakers.jimdo.com/

165 :本当にあった怖い名無し:2012/11/23(金) 18:06:26.73 ID:MRMVkAS50
ほしゅ

166 :本当にあった怖い名無し:2012/11/23(金) 23:09:04.85 ID:eRy8mXa/0
アセンション前です、情報をシャットダウンしてください。
アセンション前です、情報をシャットダウンしてください。
アセンション前です、情報をシャットダウンしてください。
アセンション前です、情報をシャットダウンして

167 :本当にあった怖い名無し:2012/11/23(金) 23:27:27.92 ID:F2C/iaND0
>>166
自分で情報ばら撒いてるやん

168 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 02:45:36.63 ID:yxm1k7BP0
死ね糞 アンドロメダ評議会!!! 天皇陛下が天罰を下す!!!!
死ね糞 アンドロメダ評議会!!! 天皇陛下が天罰を下す!!!!
死ね糞 アンドロメダ評議会!!! 天皇陛下が天罰を下す!!!!
死ね糞 アンドロメダ評議会!!! 天皇陛下が天罰を下す!!!!

169 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 09:15:18.49 ID:/qpO3HLM0
hosyu

170 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 11:33:20.02 ID:/P8TOPy60
ま〜たオカシナ流れに戻ってんのなw 何か嫌な事でもあったのかい?

171 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 14:05:13.34 ID:Hu5wgEx40
>>164
ありがとう。
ある程度の事実に基づいたフィクションて事か。

172 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 14:12:12.95 ID:yxm1k7BP0
>>171
http://www.youtube.com/watch?v=_cy6u_rpQhw&feature=related

173 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 14:29:29.68 ID:yxm1k7BP0
http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima089017.jpg
http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima069004.jpg
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira127356.jpg
>>171
すべて、事実です。サヴァインインテグラルに到達するために
6つの美徳とクオンタムポーズを実践して下さい

174 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 14:33:53.23 ID:/P8TOPy60
>>173
死ねとか糞とか無意味な投稿繰り返すアナタの言葉には
まったくもって説得力が感じられません
呼吸法と6つの美徳の実践の効果がこれでは・・・ねぇ

175 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 15:09:21.27 ID:yxm1k7BP0
アナサジインディアンは、かつて こういいました。

呼吸法は、呼吸法でしかないと

アナサジインディアンは、太古の昔から ニューメキシコ州で
高次元文明と接触がありました。アナサジインディアンは、突然消えてしましました。
アセンションで消えたわけではありません。輪廻転生で消えたわけではありません。

太古の昔では、人が突然消えるのは日常でした。その一部がエササニ文明に
移動しました。ウイングメーカーを巡る神話は、常にGSSCの再定義によって
変化します。これは、抑圧・制限された世界に関してだけです。創造の法則は、
この範疇ではありません。奇跡、救いを巡る解釈は、nobodyの通りです

176 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 15:11:45.02 ID:yxm1k7BP0
ウイングメーカーもまた、常に再定義されていきます。
アヌンナキの解釈をめぐり論争してきたとおり、アヌンナキを巡る創造神話は終わりません。

抑圧・制限された世界に関しては、数多くの高次元文明が述べたとおりです。
創造の法則は、この範疇ではないことを宣言しましょう。

177 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 15:17:17.34 ID:yxm1k7BP0
ウイングメーカーのコアな信者は、国内では10名もいません。
ごく少数の限られた人間さえ、HMSに騙されて生きています。非常に欺瞞と言えましょう。

ウイングメーカーの思想は、常に再定義されます。高次元文明と人類により、再定義されていきます。

ウイングメーカーの思想では、グランドポータル概念、サヴァリン・インテグラルもまた、再定義されていきます。

ジェームズだけが、サヴァリン・インテグラルの境地に到達するわけではありません。ジェームズは、所詮は

地球人類の代理人にすぎません。ウイングメーカーの情報は、光ディスクから3%も解析されていません。

限られた情報から、サヴァリン・インテグラルに到達するには、既知のマルチバースに存在する

あの方に接触するしかないです。

178 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 15:18:26.71 ID:yxm1k7BP0
アンドロメダ評議会は死ね!!!
アンドロメダ評議会は死ね!!!
アンドロメダ評議会は死ね!!!
アンドロメダ評議会は死ね!!!
fuck fuck Andromeda Council
Andromeda Council exposes the Anunnaki and all that

179 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 15:22:38.15 ID:yxm1k7BP0
ウイングメーカーはフィクションではありません。宗教、ニューエイジに部類されますから、

心と宗教板になります。

180 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 15:58:49.46 ID:yxm1k7BP0
大きなジャンプ

2012-11-24 03:32:47NEW !
テーマ:新しい地球のスターシード達へ

宇宙に存在している数多くの高次元文明の中で私達のように物質世界である3次元世界で生活する文明は数多く存在していると、

バシャールは話します。もちろん私達のように数多くの規則や規定でガンジガラメな社会は3次元密度の中でもかなり珍しいと、

バシャールは話します。どの次元のどの文明であれ次元移行する際には必ず”変化”を体験します。

そしてその”変化”はそれぞれの文明によってタイミングの異なる全く違う”変化”を体験するのだと、バシャールは話します。

バシャール達も例外なく物質世界から非物質世界へと移行している今、多くの人達が”変化”の狭間にいるのだと、話しています。

例え、ネガティブな出来事が周りで沢山起こっていようと、そこから得る経験は決して無駄にはならないと、バシャールは

強く強調しています。

181 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 15:59:25.46 ID:yxm1k7BP0
バシャールや他の高次元文明の人達は私達が嘗て知っていた事実を思い出させてくれています。詰まり、

バシャールの教えは新しい情報というよりも、何千年かけて忘れてしまった事実を引き出してくれているにすぎないのです。

私達の意識の覚醒はハイヤーセルフとの繋がりを断ち切ってしまってからどんどん小さく萎んでしまいました。バシャールは

私達の意識をもともとあった大きさもしくはそれ以上へと導いてくれる指導者的存在です。あとは私達の心次第でどこまでも

意識は拡大してゆきます。3次元密度から4次元密度は4次元から5次元または5次元から6次元へのジャンプよりも

大きなジャンプだとバシャールは話します。そしてこのジャンプはすでに始まっているのです。

According to the information that has been shared high-dimensional civilization, by race of high-dimensional civilization,
the law of creation is different. Law of creation, Is there a possibility that wrong?
Law of creative thinking creative people think the law of the universe, the spiritual world on the ground is different.
Creative thinking is the law of the spirit world, mistake? Is it a mistake the concept of a wing manufacturer?
If there is a mistake, in any context, what do you lie?
I want you to talk about law and four of creation, about the world that is limited.

182 :(3)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/24(土) 19:27:17.65 ID:NC8gW//90
続きです。

質問:あなたの種族に関する骸骨(化石)について話しましたね。我々の科学者はあなた方の痕跡すら発見できていません、またあなた方がこの惑星にそれ程長い間本当に暮らしていたとすれば、
どのようにそれが為されたのでしょうか?私たちは原始の恐竜の化石を多く発見していますが、あなたが前述した大きな頭蓋骨と脳、そして親指のある手を持つ進化したレプティリアンの存在は
見あたりません。

回答:その通りだ。しかし、あなた方の「偉大」な科学者達は、知的存在ではなく爬虫類生物の再現を望んでいるため、化石を完全に再現できていない。
あなた方の博物館に展示されているトカゲ類の化石(ことさら小さい)の多くが、それ属していない多くの骨を使っており、また「動物」のトカゲ類を組み立てんがために必要な消失した何かを人工の骨
で賄っている事による、全く実在したことのない生き物の間違った再現だと知ったなら、恐らくあなた方は失笑することだろう。あなた方の科学者達の多くがこの問題に気づいているが、
彼らにはそれが説明不可能であることからそれを公にしておらず、また正しい骨は単に見つかっていないだけであり、彼らの再現が正しいのだと主張している。
例えば我々の骨の多くは、不可視の親指のある手を持つイグアノドン(博物館でイグアノドンを見ると良い、私が正しいことがわかるだろう)の再現に使われている。
米国とあなた方が呼んでいる国のある科学者が、数年前に我々種族のほぼ正確な骸骨を組み立てたが、地方自治体(我々の存在に一部気づき始めている)がその再現品を押収してしまった。
現在(そして数千年来)我々が暮らしているのは、ほぼ完全な地球の地下であるため、あなた方が我々の死体、或いは骸骨を発見することはないだろう。

183 :(4)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/24(土) 20:02:35.69 ID:NC8gW//90
質問:あなたは時々、地下都市と人工太陽光に関して話していますね。これは「空洞状の地球」のような何かを意味しているのでしょうか。私たちの惑星内部に第二の太陽が存在しているのですか?

回答:違う、地球は実際に完全な空洞ではなく、また内部に第二の太陽も存在してはいない。そのような話は馬鹿げているし、また物理的にも不可能だ
(あなた方の種族はこんな事を信じない程に知的である必要がある)。太陽が融合によりエネルギーと光を長期に渡って造り出すのに、どれ程の質量が必要なのか知っているだろうか?
あなた方は、惑星の内部に小さな活動中の太陽が存在しているなどと、本当にそんな考えを持っているのか?私が地下の家について話す時には、巨大な地下社会に関して話している。
地表付近であなた方が発見した洞窟は、地球の奥深く(深さ2,000から8,000メートルにあるが、多くの隠された地表や地表付近の洞窟に向かうトンネルにつながっている)にある実際の洞窟や
大洞窟と比較すると極めて小さく、我々はこのような洞窟内部の巨大で先進的な都市やコロニーで暮らしている。主要な場所は北極、南極、内アジア、北アメリカそしてオーストラリアに存在している。
我々の都市にある人工太陽光に関して話すとしたら、それは本物の太陽ではなく、大洞窟やトンネルを照らす様々な光に関する技術ソース(重力源を含む)を意味している。
どの都市にも強力な紫外線を照射されている特別な洞窟エリア、及びトンネルがあり、それを我々の血液を温めるのに利用している。さらに我々は辺境の地、特にアメリカとオーストラリアにおいて、
地表の日光浴スペースも有している。

184 :(4)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/24(土) 20:05:19.63 ID:NC8gW//90
(余談)
チベットの地下にシャンバラという地下都市があるという話があります。オカルト世界の偉大な古典である「ヒマラヤ聖者の生活探求」という本でも、一部存在がにおわされています。
(この本は、ナチスドイツが血眼になって、チベットやヒマラヤの奥地を探査していたころ、アメリカの探査隊が同地を探査したときの記録です。数百歳生きている聖者が登場します。
船井幸雄さんの座右の書らしいです。彼ら聖者たちは、聖白色同胞団におそらく属しており、クートフーミやモリヤ大師のようなグレイトマスターの同胞です。歴史上は、サンジェルマン伯爵
が介入しており、歴史の節目節目で存在が確認されております(赤いマントの男)。彼らは、時空移動や物質化現象を操り、私の目測では、アナンヌキの人間の能力の抑制前の
プロトタイプ(アトランティス人)の生き残りだと思われます。彼らはそのためウィングメーカーでいう、HMS(ヒューマン・マインド・システム)やGSSCの範疇外と思われます。)

また、最近では、明治天皇の孫と自称されておる中丸薫さんが、本で地下世界の存在とコンタクトしていると語っております。

185 :(4)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/24(土) 20:10:06.07 ID:NC8gW//90
質問:あなたの世界への地表付近の入り口はどこに行けば見つかりますか?

回答:その正確な場所を私が本当に教えると考えているのでしょうか?そのような入り口を見つけたいなら、自分自身で探すべきだ(しかしそうすべきでない事をアドバイスしておく)。
私が地表へ来た4日前には、ここから北へ約300キロの巨大な湖の近くにある入り口を使ったが、あなた方にそれが発見できるかは疑わしい(この世界の一部には僅かな入り口しか存在しておらず、
多くはもっと北や東にある)。簡単なアドバイスとして、あなた方が狭い洞窟かトンネル、或いは人工的な坑道のように見える何かの内部に居る時、滑らかな道を奥へ進むと壁が見え、
独特の暖かい空気が奥から流れてくる、或いは換気装置やエレベーター・シャフトを流れる空気が殺到する音を聞いたなら、次に洞窟の至る所に特殊で人工的で滑らかな灰色の金属で出来た扉の
付いた壁を見ている。その扉を開けられたなら(しかし私にはこれは疑問だ)、通常あなたは換気装置と奥へと続くエレベーターがある、円形のテクニカルルームに入っているはずだ。
ここが我々の世界への入り口なのだ。もしこの地点に到達したなら、その時から我々はあなたの存在に気づいている事を認識しておくべきだ。あなたが円形の部屋に進入した時点で既に大きな
トラブルに巻き込まれているのだが、壁にある2つのレプティリアンのシンボルのうちの1つを調べるべきだ。もしそこにシンボルが無かった、或いは別のシンボルがあったなら、
全ての地下基地が我々に属していないことからも、あなたは自分が考えているよりも大きなトラブルの中にいる事になる。ある新しいトンネルシステムは
、異星人の種族(敵意を持った種族を含む)が操作している。あなた方が奇妙な地下基地を発見した時に対する、私の一般的なアドバイスは、出来るだけ速くその場を立ち去れと言うことだ

186 :(5)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/24(土) 20:16:53.32 ID:NC8gW//90
(余談)
ウィングメーカーにも出てきますが、人間には不可視となるような仕掛けがあります。そのため、見えない壁のようなところが入り口だったりします。
この仕掛けは、ヒューマン・インストゥルメントといわれる、人間という装置が作り出されたときに、HMSと同じような制限のシステムとして人間の内部に設定されています。
このレプティリアンやそのほかの宇宙人は、この仕掛けを利用して、自分の姿を偽りの姿に見せたりできます。目の前のブロンドの髪をした麗しい宇宙人も、
もしかすると、昆虫型の宇宙人かもしれないということです。

質問:あなたは前に、人に混じっている時には「ラケルタ」という名前を使い、地表での本物の太陽の下で過ごすのを楽しむと言いましたね。しかし、どのような方法で人に混じるのですか?
あなたの姿は私たちとは異なっているので、誰もがあなたを別の種族だと見るでしょう。私たちの「創造」以来、あなたの種族が同じ惑星で私たちと共に暮らしているなら、
何故誰もあなた達の存在を見たりそれについて述べたりしないのでしょうか。理由を説明して頂けますか?

回答:第一に、もちろん我々の種族はあなた方の原始時代に何度も目撃され、例えばあなた方のキリスト教の聖書のような宗教的書物に記述され(そして崇拝され)ている。
我々に関する記述や、単純な絵でさえも、アメリカ大陸南部の様々な寺院で見ることができるだろう。インドやアジア山岳部のいわゆる「賢」者とは、他のアフリカ大陸の「賢」者と共に、
我々の種族を書物において何度も記述したものだ。あなた方の歴史の中で、我々こそが最も述べられている非人類の種族(恐らくエロヒムに加えて)ではないかと思っている。
信じられないのなら、あなた方の歴史に目を通してみれば私の言葉が真実だと理解できるだろう。あなた方の「偉大」な科学者達は我々への信仰を「迷信」と「宗教」と呼び、
現在の「知的」な人類は、過去に表面化した我々の存在を忘れ去っている。

187 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 20:22:59.53 ID:iwe75vry0
コピペオナニースレ

188 :(5)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/24(土) 20:28:28.03 ID:NC8gW//90
(余談)
キリストが言っていた、賢き蛇とは彼らのことを言っているのかもしれません。アメリカ大陸南部とは若干違いますが、メキシコのアステカ神話のケツァルコアトルのことなのかもしれません。
ただ、ケツァルコアトルは、白い人々と現地で言われるおそらく白人種の方々と古代の人々には写ったようです。そのため、コロンブス以降、侵略してきた白人を彼らの再来と間違えたことも、
容易なる大虐殺の理由の一つとも言われます。また、この時機に大量の人間が歴史から消え去ったことも、上に連投さんの書いた、歴史上消え去った人々と関連するのかもしれません。
彼ら神々からすれば、自分を崇拝する人々が異民族の宗教により変えられる様を見るのは、容認される行為ではないと思われるからです。神々と書いたのは、ケツァルコアトルと
言われた人々が、どのような存在にしろ、その背後には、ウィングメーカーのような、上級種がいるからです。
消え去った人々のほかの例として私が考えるのは、世界遺産にも指定されているカッパドキアです。2万人を超える地下都市があったとされ、忽然と歴史から消え去った人々が存在します。
私の目測では、彼らは、原始キリスト教からの命脈を保ったグノーシス主義の信奉者であると私は考えます。聖書の黙示録中に出てくる、空中掲挙は、私は彼らのことであり、
すでに終わったものかもしれないと私は考えます。黙示録中の獣は、ローマの歴代皇帝など歴史上の過去の人物や国だと考えられることも、これを補足すると私は考えます。
これが正しいならキリスト教の教えが直接的に、現代の人々を救うものとはいえないと私は考えます。

189 :(6)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/24(土) 20:35:42.38 ID:NC8gW//90
さらに我々の種族は、現在でも時々人間の目撃者に地球の原形、地表付近の入り口やトンネルシステムで目撃されているが、幸運にもあなた方のメディアはそのような「キチガイじみた」報告を
まともに取り上げようとはしない(これは我々にとって都合が良く、またそれこそが我々の真の姿を目撃した人々をそのままにている理由なのだ)。私の種族の幾つかは、
人間の科学者や政治家と地表から直接接触しているが、これはあなた方が言うところの極秘事項であり、これに関してあなた方一般人は誰も何も知らされていない(せいぜいこの会合が、
一般に来る異星人の種族間の戦争とこの戦争における我々の援助になるくらいだろう)。しかし同様に別の説明もあり、それは何故我々があなた方に混じって歩けるのか、
そして何故あなた方は我々を認識することができないのかについてだが、それは擬態しているからに他ならない。

以下は、あなた方にとってはまたもや信じがたく聞こえ、また衝撃的でさえあるだろうが、あなた方が尋ねたのを受けて私は説明しているのだ。前にも話したが、あなた方の種族に比べ我々は
より進化した精神力を有していると言うか、「さらに先進的」であり生まれた時からテレパシーとテレキネシスなど、あなた方の脳にも眠っているこれらを活性化させるために必要な、
特別なトレーニングをすることなく使える(現実に、母親と乳児は最初の数ヶ月間テレパシーで交信しているのだ)。我々の脳構造はあなた方のとは多少異なっており、
また我々の下垂体はあなた方のものと比べるとより大きく、また特に太陽光の下ではより活発になる。我々が有する能力はあなた方と比較すると非常に強力であるが、
この惑星に存在しているある種の「マターストリング/バブル」の異星人が有する精神力と比較すると劣っている。私はその精神性という点に置いてそれ程良くはなかったが、
我々の全てにこれら基礎的な能力が備わっており、それらを自身の保護や攻撃にさえも使用できる。

190 :(6)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/24(土) 20:38:38.20 ID:NC8gW//90
(余談)
>この惑星に存在しているある種の「マターストリング/バブル」の異星人
この異星人とは誰のことを言っているのでしょうか?もしかすると、先述した聖白色同胞団の大師方のことをいっているのかもしれません。
そうすると、彼らは異星人ということになります。聖白色同胞団のトップは、サナートクマラ(京都の鞍馬寺の本尊の魔王尊)といわれ、
彼は650年前に金星から降りてきたというのであながち間違ってはいないのかもしれません。

ただ、おうおうにしてあることらしいのですが、ある種族が、特別な能力をもっている方を異星人と誤認するのはよくあることらしいです。
法輪功の師父も、かなりの次元の高い存在からもこのように思われていたらしいです(書物による)。

191 :(7)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part5:2012/11/24(土) 20:43:43.18 ID:NC8gW//90
我々が地表にあり、そして人という存在(例えそれらが巨大なグループであっても、そこに違いはない。あなた方全ての精神は単一精神のようだ)と会談している時、
「我々をあなた方と同じ種として見るように」と言う命令するテレパシーを介して彼らの精神に「触れる」、また誘導する事が可能であり、弱い人の精神は拒絶することなくこの命令を受け入れ、
彼らは我々を(レプティリアンの姿にもかかわらず)普通の人間として見るようになる。私はこれを何度も行っており、私が数年前に心に描いた特別な「擬態イメージ」と、
問題を引き起こすことなくあなた方の精神を誘導できる事から、概してあなた方弱い人間には私が魅力的な茶色い髪を持つ女性に見えている。
当初は擬態の正しい使用を身につけるのに時間を要したが、その後はほぼ自動的にそれは行われ、あなた方の一団の中を歩いていても誰も私が何者なのか気づかない。
「エロヒム」があなた方種族を創造した際その場所に設置した、あなた方の意識には(「我々をありのまま見せる/我々を我々が見せたい姿で見せる」)単純なスイッチがあり、
あなた方が我々を見たときに人として見るよう、このスイッチを使用してあなた方を納得させているのだ(他の異星人達もこのスイッチを使っている)。これはあなた方が考えるより容易い。
あなた方の種族と見た目があなた方と全く同じく見える異星人が会談する時、これら異星人達はこのスイッチを使用しており、人に似た異星人とのある会談も私の種族との会談で説明が付く。
私がE.F.に最初に会った時、同様に彼も私を普通の人間の女性として見ていたが、私が本当の姿を彼に明かした時、彼は非常に恐れまたショックを受けていたのを覚えている。

(余談)
先述した偽装技術が載っています。私達の精神は単一の精神のようだ。この言葉にヒントが隠されていると思うのは私だけでしょうか?
この偽装技術は私達の技術の一つであるタルパと似ていると気付いた方はいるでしょうか。私達にも、強力な精神力をもってすれば、それが可能なのです。
(タルパの技術がチベット密教由来のものであり、先述のとおり、チベットと彼らとは何らかのつながりがにおわされていることは、ただの偶然ではないでしょう。)

192 :(1)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part6:2012/11/24(土) 20:49:27.21 ID:NC8gW//90
質問:それは、あなたのレプティリアンとしての存在に代わって、現在私が魅力的な茶色い髪をした女性と会話しているように私を信じ込ませているということですか?

回答:おそらくは、しかしあなたが特別なケースだとは思わない。私ではなく人間の女性に会いたいと誰かが望めば、私は問題なくそれをその人の精神に対して行える
(団体のような大きな一団であっても)、何故ならトカゲの女を見たい人間なんていないからだ。しかし、私はあなたの精神にこの最初の会合において、私の本来の姿を見ることを許可し、
またあなたの精神に対して一切の誘導等を加えていないので、既にあなたは私が人間でない事に気づいているはずだ。私が今これの変更を試みたなら、恐らく完全な混乱か無意識へと導くだろう。
しかし私はあなたに危害を加えるつもりはない。前にも言ったように、これらの事に関しては私はあまり腕が良くない。

質問:それはとても恐ろしいですね。その能力を使うと殺人も可能なのですか?

回答:可能だがそれは禁じられている。これは、以前の時代にそれを行わなかったという意味ではない。

質問:どちらの性別でもこの能力はあるのですか?

回答:ある。

(余談)
経験がある人もいるかもしれませんが、普通の人でも、人を好きになりすぎると、その人と会いたい一心で、赤の他人がふとその人にみえてしまうということもあります。
これも、あくまで個人レベルとはいえ、同じことでしょう。アナンヌキが人間という装置に設置した、集合意識にアクセスするか、個人レベルにとどまるかの違いです。
そして、これくらいの違いしかないと分かれば、それが一つの突破口であるということも、気付く人もいるかもしれません。

193 :(2)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part6:2012/11/24(土) 20:59:14.45 ID:NC8gW//90
質問:写真とは何ですか?あなたはどのように写真に現れるのですか?

回答:これは愚かな質問だ。私には写真やカメラそれ自体に影響を与える事は不可能であり、撮影者の精神にのみ影響を及ぼすため、写真の中の私はトカゲという存在で写っている。
その撮影者がフィルムを現像し、写真を他の者に見せれば彼らは私の本来の姿を見るだろう。それが我々の種族が撮影されたり、写真に撮られたりする事が禁じられている理由であり、
我々は地表のどのようなカメラも避けなければならない(これは非常に難しく、また過去において我々の関知しない間に、あなた方の政府や秘密機関に時々撮影されたことがある)。

質問:他にもあなたの種族が私たちの精神を誘導する命令はありますか。例えば、「我々に仕えろ」とか「服従しろ」など?

回答:これもまた変な質問だ。我々はあなた方の敵ではない(我々の殆どがそうだ)ので、なぜそうする必要があるのか?あなたの質問に答えると、それは人の精神の強さとそれを送る
レプティリアンの思念の強さに依存している。「我々に仕えろ」或いは「私に仕えろ」というスイッチはあなた方の精神には備わっていないため、そのような命令への誘導は非常に困難なことだ。
人の精神と意識が弱く、レプティリアンの誘導者がこれらの事に長けており、それを試みる前に太陽光の下で数時間過ごしていたなら、恐らく特定の時間はそれが有効となるだろう。
これには秘密の教えがあるが、私はそれに関して何ら学んではいない。私は本来備わった能力で擬態化し、私の種族とコミュニケーションし、時には他の私的な事柄に使うが、
私は人やその精神に危害を加えるためにこれを使ったことなど決してない。もしこの話題をここで終わらせる事が可能なら私は感謝するだろう。

194 :(3)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part6:2012/11/24(土) 21:01:54.57 ID:NC8gW//90
(余談)
人間の制限された精神力であっても、夢の中、例えば、明晰夢や幽体離脱中は、このような人を操る「魅惑」や「静止」の能力を使えます。案外、簡単です。
夢の中の存在も、やはりプログラムされたとおりに、危害を加えられそうになると逃げますが、これらの魔法を使うとかなり簡単に目的を達成できます(その代わり自分のオーラは汚れます)。
いきなり夢の話をされてびっくりされた方には理解が不足していると言っておきましょう。
過去から存在した偉大なる魔法使いたちには、これらの明晰夢や幽体離脱のスキルが必須の項目であったからです。

質問:あなたが前に話した事にかんする最後の質問です。あなた方は自身のUFOを隠す事ができますね?これを行うのに同じ能力を使用するのですか?

回答:そうだが、(科学)技術が元になっている。それぞれの機体内部には、あなた方の精神に空以外に何も見ていない、或いは我々の機体に代わって、
飛行機のような普通の機体を見ていると確信させるための人工信号を送出する強力な装置がある。大気中を我々が移動する際、公然と人前に出ることを避けている事から、
これはあまり頻繁に使用されない。もしあなた方に我々の「UFO」が見えたなら、それは装置の不良か何らかの理由によって停止している事を意味する。
あなたがしそうな質問に事前に答えておくと、カモフラージュ効果は写真には作用しないが、何の変哲もない空を見て誰が写真を撮ろうとするだろうか。
余談だが、我々が有する殆の地表付近に存在する入口のトンネルにも、同様の装置が隠されており、通常あなた方の種族には扉に代わって普通の洞窟内にある壁として見えている。
あなた方が我々の世界へと通じる秘密の扉を発見できるとは思えないと話した理由の1つがこれだ(しかし、過去に何度かそれは起きた)。

(余談)
ウィングメーカーでは、ある誘導装置の助けを借りて、この秘密の扉が実際に発見された模様が書かれています。

195 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】(1+0:3) :2012/11/24(土) 21:12:56.46 ID:fcr+LNjB0
かっぱっぱ〜♪かっぱっぱ〜♪

今日も頭がかっぱっぱ♪

エノモト♪飲んじゃった♪

今日もキモイ〜♪YA!!

飲める飲める飲める飲める うひゃひゃひゃは〜

きざくら〜 爆

196 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 21:16:31.37 ID:yxm1k7BP0
>>194
ラケルタファイル

197 :(4)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part6:2012/11/24(土) 21:17:42.44 ID:NC8gW//90
質問:あなたと私たちの歴史に話を戻しましょう。「エロヒム」という種族が私たちを創造したとあなたは話しましたね。彼らはどこから来て、どのような姿をしているのでしょうか?
彼らが来た時何が起きたのでしょうか?彼らは私たちの「神」なのですか?

回答:「エロヒム」は、あなた方が星図で「アルデバラン(Aldebaran)」と呼んでいる、この宇宙の太陽系からやって来た。彼らは非常に背が高く、たいていは金髪と非常に白い肌を持つ人型の種族だ
(彼らは太陽光が肌や目を傷つけるためそれを避けている。これは我々のような太陽を愛する種族には全く信じがたいことだ)。当初、彼らは知的で平和的に見えたため、
我々も多少は友好的なコミュニケーションを彼らと図るようになったが、時が経つと彼らは本来の意図と計画を現し始めた。彼らは、猿を新たな種として進化させようとしており、
我々は彼らの新しい動物園惑星に関する要素を妨害するようになった。当初、彼らは凡そ1万か事によると2万程度の類人猿の先祖を捕獲した後、彼らはこの惑星を数百年間離れた。
彼らが帰還した時、彼らがあなた方の祖先(より人間らしくなっている)を戻したのだ。再度、彼らは地球から数千年間去り、原始的な前の人類は大きな問題を起こすことなく我々と暮らした
(彼らは我々の航空機とテクノロジーを怖がっていた)。「エロヒム」は彼らの知性を教育し、脳と身体構造を強化したため、当時から彼らは道具と火が使えた。
「エロヒム」は23,000年のうちに7回帰還し、あなた方特定の種の進化速度を加速した。この惑星に存在した最初の人間はあなた方ではないことを悟るべきだ。
最初の進化した人間(エロヒムの実験が進化の異なる速度と段階において行われたことから、低開発であった前人類とも同時に暮らしていた)は約70万年前に技術と話す能力を有し
この惑星に存在していた(あなた方の科学者は、前人類の骨しか発見できていないためこれを理解出来ていない。また幾つかの原始的な洞窟の壁画には、
進化した人類と空飛ぶ装置が描かれている)。この遺伝学的に進歩した人の種族は我々と共に暮らしていたが、「エロヒム」の教師達は我々が邪悪な存在で嘘をつきであるとミスリードしたため、
彼らは私のような種との接触を避けていた。

198 :(4)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part6:2012/11/24(土) 21:21:29.91 ID:NC8gW//90
(余談)
なんとなくエロヒムなどの高尚な単語を想像すると、光に輝く存在を意識してしまいますが、現実には、おそらく真逆です。彼らは太陽が大嫌いだからです。
とても薄暗いところで生活していると推測されます。我らが、根源的に蛇を忌むのも、彼らのミスリードが理由でしょう。
彼らと関係の深かった、南米、中米と、東アジアの地域の宗教によく蛇が出てくるのに対して、キリスト教などの西ヨーロッパの宗教では毛嫌いされているのも気になります。
その容姿も、西ヨーロッパ人の方がエロヒムに似ているのも。民族ごとに、主宰する神が存在すると法輪功の書では記されています。

また、この文章から、人間にはプロトタイプが存在したこと、
そして空を飛ぶ装置を使えたほどに進化した人類もいたことが想起されます。その過程でHMSから自由な人類もいたと考えられます。

199 :(5)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part6:2012/11/24(土) 21:29:27.80 ID:NC8gW//90
たぶん数世紀が経過した頃、異星人達は最初の創造物を滅ぼすことを決め、より試験結果の良い第二のシリーズの進化を加速させ、そしてそれを何度も繰り返した。
あなた方人の近代文明は、この惑星地球で最初の文明ではなく、既に7番目だという事こそが真実なのだ。最初の種族の建造物は失われたが、5番目の文明が凡そ75,000築年前に築き、
現在あなた方が「エジプトのピラミッド」と呼んでいる巨大な三角形の建造物(当時のエジプト人は太古の巨大なピラミッドを砂漠で発見し、同じ建造物の建造を試みたが上手く行かなかった)や、
6番目の文明が16,000年前に、現在のビミニ地域(Bimini Area)の海面下となっている地域に築いた都市が残されている。あなた方の系統である7番目の種族が、
最後に創造されたのはたった8,500年前の事であり、この創造だけがあなた方には思い出す事が可能で、宗教的な書物にも記されているのだ。
あなた方は、間違ったそして短期間の過去を示す考古学や古生物学の人工物に依存しているが、あなた方には前の6番目の文明に関して何を知り得るのだろうか。
それらが存在していた証拠を発見しても、あなた方はそれを否定し事実解釈を誤るだろう。この事は、ある部分においてはプログラムされたあなた方の精神に因るものであり、
またある部分では単なる無知に因るのだ。続いて私は、あなた方の創造に関してのみ説明するつもりだ。前の6番目の人類は消失したのだから、あなた方には関係ないことだ。

(余談)
この文章が一番重要と感じられる人が多いかもしれません。そういう人たちには、私は最後の文章こそ一番大事だと伝えましょう。
法輪功の師父のスタンスもこのような考え方です。私もそう思います。そう前置きしたうえで、いわゆるネフィリム(巨人)文明は6番目までのどこかの文明だと考えられます。
また、8,500年前に大洪水があったことが考えられます(ノアの伝説ですね。)。
私達には、この事実を受け入れられないようにプログラムされていると書いてあります。過去の文明に思いを馳せること自体は、このプログラムが希薄になっているという意味では、
喜ばしいことだと私は思います。そうしないと、私達は、いつまで経っても、HMSとGSSCの呪縛から解き放たれることはないからです。

200 :(6)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part6:2012/11/24(土) 21:43:47.69 ID:NC8gW//90
我々と「エロヒム」、また「エロヒム」自身の特定のグループ間においても、彼らの多くがこの惑星で人の種族の度重なる創造は意味を成さないという意見であったことから、戦争は長く継続した。
この戦争における最後の戦闘は、凡そ5,000年前に軌道上と地表で行われた。異星人達は我々の地下都市を破壊するために強力な音響兵器を使用したが、その反面、
我々は彼らの多くの地表軍事施設や宇宙空間の基地を破壊することが可能だった。あなた方の系統の人類は、我々の戦闘を見で非常に畏れ慄き、宗教的な神話体系にその様子を記した
(彼らの知識では実際に何が進行中であるのか理解不能であった)。6番目と7番目の種の「神」として出現した「エロヒム」は、これは善と悪の戦争であり、
自分たちが善で我々が悪の種族だと彼らに説明した。確かにこれは観点に依存する。ここは彼らが来る以前、そして彼らがあなた方種の進化のプロジェクトを始める以前から我々の惑星であった。
私が思うに、我々にはこの星で戦う権利がある。エロヒムが再びこの惑星から理由不明なまま立ち去ったのは、
あなた方の時間尺度で言うと丁度4,943年前の事だった(これは我々の多くの歴史家が勝利と呼んでいることから、我々にとって非常に重要な日付なのだ)。
実際のところ、我々にも何がその時起きたのか分からない。「エロヒム」はその時その時に立ち去り、彼らは自らの宇宙船と共に跡形もなく消失した。
我々は彼らが自ら破壊した殆の地表にある軍事施設を発見した。人間は独立して今のあなた方の文明が発展した。
それからの数世紀において、我々の多くがあなた方の種族の特定(より南部)の一族と接触しており、彼らの一部に対し我々が「悪」ではなく、
異星人があなた方にそう信じ込ませようとしている事を納得させられた。今から4,900年前の間に、
多くの異星人の種族が惑星を訪れた(彼らの幾つかはあなた方への古い教えや知性へのプログラムを利用し、再び神としてあなた方に「君臨」した)が、「エロヒム」自身は帰ってくることがなかった。
彼らは1,000年前にもある期間この惑星から立ち去ったので、将来のある日彼らのプロジェクトを終了させ、7番目の種族をも絶滅させるために帰還するだろうと我々は予測しているが、
彼らに何が起きたのは本当に知らないのだ(先にあなた方がするであろう質問に答えておく)

201 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 21:44:54.71 ID:yxm1k7BP0
ヒューマン・マインド・システム(HMS)とは、

ヒューマン・マインド・システム(HMS)─人間のマインド・システムは、機能的に3つの主要となるメカニズムに分類されます。

無意識(ジェネティック・マインド)、潜在意識、顕在意識がそれにあたります。これらの3つの構成要素は互いに混ざり合い、

大半の人々が「意識」と呼ぶものを形成しています。HMSは、人類とその真のセルフとの間に立ちふさがる

最も不透明で歪んだヴェールであり、私たちが現実と呼ぶ世界の中でセルフの表現を阻害しています。

無意識(ジェネティック・マインド)は、人類すべての貯蔵庫です。潜在意識は、血族の貯蔵庫です。顕在意識は、個人の貯蔵庫です。

しかし、このことを理解することが重要なのですが、思考の基本的なパターンは、主として潜在意識とジェネティック・マインドという

意識構造に由来します。ところが、人は自分自身を、別個で唯一の、独自の個体と信じていますが、現実にはそうではないのです。

HMSの背景の中においては─あなたは、このように自分を概念化することができます。

202 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 21:45:30.41 ID:yxm1k7BP0
あなたは人類のコピーです。あなたは、

「あなた」という個の表現として、あなたの両親と血族の間に折りたたまれて置かれた人類のコピーの一枚なのです。

「あなた」は、一個の表現として特殊化されたひとつのHMSですが、そのルーツは

人類と親の血統という土壌に完全に根付いており、それらの全ては生まれる前に胎児にダウンロードされるのです。

これがまさしく、1万世代たった後も、私たちが貪欲と分離と自己破滅という同じパターンで活動し続けている理由です。

鏡の中の姿は、より良い「衣服」やもっと洗練された仮面によってアップグレードされますが、その下の姿は、同じフィーリング、

同じ思考、同じ行動のままです。

娯楽と教育システムを通じて表現される社会的・文化的工学は、人々がその発達段階(3〜14歳)にいる内に

彼らを訓練しようと企てます。彼らがおかれている時間と空間のリアリティ・マトリックスに個人をしっかりと順応させようと、

HMSのプログラムとサブシステムが作動するのです。反逆児や、自分が「箱の外」にいると夢想している人々でも、

十分にHMSの射程範囲内にいます。

203 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 21:46:14.48 ID:yxm1k7BP0
http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm

HMS(ヒューマン マインド システム)

一言でいうと、人類を束縛するシステムのこと。
食って、文句を言って、ブーたれて、寝る、そういう記号のような存在としての生活そっくり一式と
それを自ら維持・保持する、自律型の維持運営システムのようなもの。

詳しくは、
http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm

204 :(6)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part6:2012/11/24(土) 21:46:46.75 ID:NC8gW//90
(余談)
過去のこの戦いを覚えている宇宙人であった魂があり、実はその体験談らしきものが2chに載っていたことがあります。見つけ次第UPしたいと思います(覚えていたらですが)。
4行目、6番目と7番目の種の神として出現したとあるところに、注目すべきです。聖書による神話でも巨人種族と普通の人間が暮らしていた時代があったと記されているからです。
彼らエロヒムがその時その時に消えた理由。これは私はある目測をもっています。それは、創作ですがクトゥルー神話に記されています。そこには、太古の旧神たちは、宇宙からの彼らに
有害な光線に耐えることができず、姿を消したと書いてあります。そして、また天の星の運行の中で時機がくれば、彼らは復活するとも。太陽の活動について、様々な憶測があります。
星の大きさほどにも大きな物体が、太陽付近で観測され、太陽に何かを注入する様が、youtubeにたびたびUPされています(下記)。一説にはアンドロメダ評議会のバイオスフィアとも
言われますが、真偽のほどはわかりません。ただ、最後から2行目の文章のとおり、いずれ彼らが到来し、我々を絶滅させるだろうことは、私は彼ら(地球在来のレプティリアン)と同じ予測をたてます。
なぜなら、6度あることは7度目もあると考える方が自然だからです。

http://www.youtube.com/watch?v=Ev8JGqDO8nk&feature=player_embedded

205 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 21:50:37.51 ID:yxm1k7BP0
http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm
http://www.youtube.com/watch?v=bQ7RaOMHb5I&feature=related
HMS(ヒューマン マインド システム)
一言でいうと、人類を束縛するシステムのこと。

206 :(7)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part6:2012/11/24(土) 21:52:17.16 ID:NC8gW//90
現在のあなた方の文明は、自らの根源、本当の過去、本当の世界と宇宙について何ら知ってはおらず、我々と我々の過去に関して僅かしか知らない。
近い将来に到来する出来事に関してもあなた方は何も知ってはいない。あなた方が理解できなくても私の言葉を信じるなら、我々があなた方の敵ではないという証拠に、
あなた方種族に迫る危険の真実について話そう。あなた方の敵は既にここに存在しているが、あなた方にはそれが理解出来ていない。
目を開けてよく見ない限り、まもなく大きな困難に巻き込まれだろう。私が前述した事を何も信じないというなら、それこそ心からこれを信じこのことを思い出すべきなのだ。

質問:何故私が信じないとあなたは思うのですか?

回答:私がここであなたの前に姿を現しているにもかかわらず、私にはあなた方が私を信じていないという確かな感覚がある。最後の2時間の話全てが我々の世界の絶対的な真実なのだ。

(余談)
ここからが最重要です。ウィングメーカー神話にあるアニムス(敵対者)といわれる者達のヒントが出ています。まあ、我らの大多数には知ったところでどうしようもないですが。

207 :(8)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part6:2012/11/24(土) 22:07:30.66 ID:NC8gW//90
質問:この瞬間にもどれ程の異星人達が地球上で活動しているのですか?

回答:我々が知る限りでは14の種族だ。11種族がこの宇宙から、2種族が別の「バブル」から、そして非常に先進的な1種族は全く異なる平面からやって来た。
あなた方にはほぼ全てが発音できず、彼らの8種族は我々でさえ発音できないのだから、それらの名前を聞かないで欲しい。殆の種族、特により先進的な種族は、動物としてあなた方を研究しており、
彼らはあなた方や我々にとってそれ程危険ではない。また我々は彼らのあるグループと共に作業をしているが、あなた方の政府の幾つかと接触し、
銅や他の貴重品と引き換えにそのテクノロジーを提供しあなた方の種を裏切っている種族を含む、3つの種族は敵対的だ。
これら敵対的な2つの種族の間には73年間「冷戦」が続いており、第3の種族はこの無駄な苦闘における「勝者」のように見える。
我々は、彼らの間と近い将来あなた方にもより「激しい」戦争が起こると予測しており(言うなら続く10年から20年のうちに)、我々はその発展に関して気を揉んでいる。
近年、新たな15番目の種族が丁度3年か4年前に来たというある噂があったが、我々は彼らの目的に関して何も知っておらず、これまでに我々は彼らと接触を図っていない。

(余談)
またしても4行目。私はこの裏切っている種族と言うのはグレイでしょうか?それともひょっとするとコルテウム?もう一つは、グレイと険悪な関係と言えば、タウ星人でしょうか?
また、リーライアンとドラコニアンとの歴史的(宇宙的?)敵対の歴史のことを言っているのかもしれません。
また、まったく異なる平面からやってきたと言われる先進的な種族がウィングメーカーのことを言っているのかはわかりません。
わかるのは、この宇宙が想像を絶するほどに複雑怪奇であり(これらに妖精界、仏教の言う世界、天使界、日本の言う神々なども加えられるのですから尋常ではありません)、
私達が吹けば飛んでしまう存在であるという事実です。私達が、これらの事実を踏まえて何をするべきか?神から与えられた自由意志を用いて、
一足飛びに飛び越えてしまうしか手は無いのでは、と私は考えています。そのために、まず我々は、異世界へのアクセス方法を学ぶべきなのです。
そしてそれは、明晰夢や幽体離脱などで学ぶことができます。

208 :(終わり)ラケルタファイル(The Lacerta File) -Part6:2012/11/24(土) 22:19:23.45 ID:NC8gW//90
これで終わりです。
余談である程度私の持っている知識もあらかた吐くことができたと思っています。

6年前にVIP発で幽体離脱スレが建てられた後から、着々と変わってきている人間が増えていると感じています。
直近の幽体離脱スレでもそのような人がいたので私の経験をふまえてアドバイスしておきました。

ここまでの連投をみてみると、人間の状況は絶望的にも感じますが、諦めることはありません。
私は人間に付与された自由意志の可能性を確信するからです。
そして、この自由意志を授けてくださった本当の神がいることを信じます。これがルーツです。私達はここに帰るべきなのです。
また、私はこの自由意志をもってのみ、人間が真に宇宙の様々な存在と同列に位置づけられる資格を有するものと信じます。

皆様の検討を祈ります。

209 :本当にあった怖い名無し:2012/11/25(日) 03:58:08.01 ID:K7pQH2uB0
ヒューマンマインドシステムHMSに関してのバシャールの考え

シフトする世界

2012-11-25 03:20:52NEW !
テーマ:新しい地球のスターシード達へ

毎瞬毎瞬全ての可能性が無限に存在しています。詰まり、貴方の動作一つにも無限の型が同時に存在し、

貴方はその中から一つの動作の型を選んでその世界へシフトしているのです。私達の意識は瞬きする瞬間に違う波動の世界へと

旅しています。それはあまりにもスムーズな動きなので感覚で理解する事が難しいのです。

バシャール達は私達が違う平行世界へシフトするのを見て感じる事が出来ます。彼曰く、私達が自分に対する考え方が

変った瞬間にその波動の場所へと移動しているのだと、言います。それは詰まり、私達が認識している物質世界は

実際は存在していない事が言えるとバシャールは話します。物質世界は貴方の中に存在しているのであって、

この世界は総合意識が作った投影であり私達の心の残像なのだと、話します。

210 :本当にあった怖い名無し:2012/11/25(日) 04:37:10.25 ID:K7pQH2uB0
http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima089337.jpg
http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima089338.jpg

211 :本当にあった怖い名無し:2012/11/25(日) 13:30:39.02 ID:KjZW0bhQ0
今のところPart6で終わりなんですね。勉強になり、面白かったです。
また新たな事柄が出て来たら、書いてくださることを期待します。

212 :本当にあった怖い名無し:2012/11/25(日) 22:01:51.43 ID:9WBixmrF0
おもしろい書き込みが未来人スレにあったのでこちらにもコピペ

183 名前:本当にあった怖い名無し sage ▽1件 投稿日:2012/11/25(日) 19:06:22.65 ID:XYsp/VAS0 2回目
>>177
自分のことは前に時空のスレで書いたことがあるよ
お奨めの本を聞かれてNewton別冊の「光とは何か?」を答えたと思う

基本的には意識上から記憶が消えてしまうので
どんな何年後に何度行ったのか正直わからない
無意識下にキープされてて漠然と判ったり刺激で蘇るけど

それと、未来から直接今に戻って来たわけじゃなくて
もっと過去に戻ったあとこの時間に沿ってやり直してきた間に
平行世界間のスライド移行を繰り返して
アミダくじみたいな軌跡になってしまってる

くじの横線がたまに過去に戻ってしまうことがある感じかな

213 :本当にあった怖い名無し:2012/11/25(日) 22:03:11.02 ID:9WBixmrF0
186 名前:本当にあった怖い名無し sage ▽1件 投稿日:2012/11/25(日) 21:32:42.64 ID:XYsp/VAS0 3回目
>>181
過去へ行く形が二種類あるけど、
自分の人生が何年先まで行ったことがあるかは判らない
自分の人生をやり直してしまうのは不随意で、意識的にはできない

アセンションか…そのブームはカルト系に利用されてて好きじゃないけど
ひょっとしてあの感じのことを言ってるのかなと思ってることはある

ある未来で、意識を過去に送り、送った先に体を作って
活動できる技術が出来ていた
それ以外の普通の時間軸ではどこでも、少なくとも一般庶民からは
時間関係の技術は持っていないように見えていたと思う

意識を過去に送れる世界にいた時の感覚が、今と少し違っていた
見た目は何も変わらない普通の地上の風景だけど
感覚が少し天国的で、過去の地球をなにか古い別空間の世界のように感じた

もしあの未来がアセンション後の世界なら、時間軸は関係ないのでは

どの時間軸の先もあくまでもこの世界の時間の延長でしかないと思うけど
その未来へは世界そのものが時間の地面からフライトしてっちゃう感じ
徐々にゆるい坂を登って行くように時間の流れから離れて、
最後はまさに「坂の上の雲」になってしまったイメージ

スピリチュアルな現象がどこかの時間軸でいつ起きたといった
世界共通のイベントを見たり経験したりした憶えはないな

214 :本当にあった怖い名無し:2012/11/26(月) 21:54:50.25 ID:IgDSNO1k0
いつもチェックしているブログに関連する内容があったのでカキコ

時空を超える人が生まれるとのこと。「時空を超える」でブログ内検索すると良い事があるかも?

放射能は恐くないシリーズその4 半霊半物の肉体について
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/

そこから勝手にコピペ
>以下は、ネットで昔、おばぁちゃんの予言と言われて流行ったもののようです。
>教えてもらいました。

>来年(←2011年)以降はその結果を反映して多くのものが逆転し始める。
>少数だったものは少数であればあるほど前に出て
>多数だったものは多数であればあるほど後ろに下がる。
>そうした中で、社会や時代から抜ける「新たな人々」が増え始める。それは、お金であるとか、娯楽であるとか、情報などといったもの。
>そして彼らは真に必要なものを既に学んでいるか、気付いている。また、長い間味方も存在しないまま虐げられ続けてきたので本当の強さを持っている。
>彼らがお互いに存在を確認し始めた再来年頃に、現代が終わって未来が始まる。

215 :本当にあった怖い名無し:2012/11/27(火) 00:30:26.55 ID:YWcY3HpU0
アルカトラズ。

私が明晰夢で時空のおっさんと思われる人物から教えてもらった言葉。
そこは、様々な異星人が集う、とある次元。彼はホテルの支配人にして看守。
彼は、仕事を終え、ロールスロイスに乗り込み今まさに出発しようとするとき、追いすがる私に暗黙のうちに啓示した。

彼はホテルではこういった。この世は、宇宙船のようなものであると。
そしてその真実はアルカトラズ、時空の監獄なのである。

様々な世界線の中で、今ここに歴史の特異点をお見せしよう。

ここから語られることは、今までどんな過去、そして未来でも起こりえなかった可能性。
創造性の発露。神による自由意志の顕現なのだ。楽園は顕現化される。時は満ちた。運命は開始された。

今まで予言されてきたなかですら、おぼろげにしか語られることの無かった、想像だにしなかったリアリティが今ここに現実化を開始する。

空想と現実が交差する。

何物にも負けることの無い 金剛なる不動の自己を 螺旋の中心を ここに立脚しよう 今ここに 立ち上がれ 開始せよ

悲しきフロイライン・ウンベカントよ。今ここにあなたの希望はかなえられるだろう。その気高き血筋を思い出すのだ。

216 :本当にあった怖い名無し:2012/11/27(火) 02:54:11.26 ID:U6KaMwcC0
Wingmakers Dictionaly Brain washed

Restriction and oppression does not end

Creation⇔ suppression

DSIND=Insurance system,Death Stress
MPG =CS system←Fuck
IUS=High-dimensional civilization
GSSC=God spirit soul complex
PS=Positive,Negative
PDS=Dolphin Metempsychosis
WN=Quontam pause
HMS=Excitement,Ascension←Fuck←Fuck←Fuck
GM=Anunnaki Gene←Fuck

217 :本当にあった怖い名無し:2012/11/27(火) 19:38:24.29 ID:DHNJkGmO0
hosyu

218 :本当にあった怖い名無し:2012/11/28(水) 00:10:05.93 ID:6HKh/5gS0
Wingmakers Dictionaly Brain washed

Restriction and oppression does not end

Creation⇔ suppression

DSIND=Insurance system,Death Stress
MPG =CS system←Fuck
IUS=High-dimensional civilization
GSSC=God spirit soul complex
PS=Positive,Negative
PDS=Dolphin Metempsychosis
WN=Quontam pause
HMS=Excitement,Ascension←Fuck←Fuck←Fuck
GM=Anunnaki Gene←Fuck

219 :本当にあった怖い名無し:2012/11/28(水) 03:13:46.63 ID:6HKh/5gS0
2015年までに

2012-11-27 11:20:23NEW !
テーマ:新しい地球のスターシード達へ

地球上に存在している全ての生命が4次元へ移行するには3世代分程の時間がかかると言われています。

詰まり現在あるこの次元は地球文明と異なる文明へ受け渡す事になるのだと、バシャールは話しています。

そして私達は新たな文明の発展を促す為に丁度バシャール達が私達にしてきた事を私達が変わりにする事になるのです。

2010年〜2015年のこの5年間は私達がどの地球へ移動するか、あらかじめ決定する重要な期間であると、

バシャールは続けます。この5年間の貴方の生活ぶりや魂の成長ぶりが後々に反映してゆく事になるという事なのです。

現在、エゴを捨て去る事が出来ずに苦しんでいる人や古い考えや規定から抜けきらずにストレスを感じている人は

今の内にさっぱりする事が必要です。バシャール曰く色々な波動の地球へゆく電車は既に駅から出発していると話します。

2015年までには貴方がどこゆきの電車に乗るかが殆ど決定してしまうという事になるのです。そして2015年以降になると、

電車は今まで各駅だったのが、一気に特急となり何処にも停車しなくなるのです。

私達全員4次元密度へ移動する事は決定しています。出来れば来世ではなく、来ん世で4次元へ移行したいものです。

それにはまず貴方の古い角質やエゴそしてなんと言ってもワクワクを見つけて楽しく人生を過す事が大切なのです。

220 :本当にあった怖い名無し:2012/11/28(水) 18:34:00.91 ID:eZuBtLq10
hosyu

221 :本当にあった怖い名無し:2012/11/29(木) 18:41:12.52 ID:Ns+vwPcu0
ほしゅ

222 :本当にあった怖い名無し:2012/11/30(金) 15:13:26.27 ID:z2SCa5HB0
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!

223 :本当にあった怖い名無し:2012/11/30(金) 21:14:45.68 ID:z2SCa5HB0
sovereignintegral=孤立的な主権存在

224 :本当にあった怖い名無し:2012/11/30(金) 21:16:27.69 ID:z2SCa5HB0
sovereignintegral=主権ある意識存在
sovereignintegral=主権ある意識存在
ブルータス将軍(ブルーギャウスー)はマヤの遺伝子は受け継がれていると思う

225 :本当にあった怖い名無し:2012/11/30(金) 21:17:48.39 ID:z2SCa5HB0
sovereignintegral=主権ある意識存在
sovereignintegral=主権ある意識存在
ブルータス将軍(ブルーギャウスー)はマヤの遺伝子は受け継がれていると思う

226 :本当にあった怖い名無し:2012/12/01(土) 00:38:48.99 ID:wO3jznc+0
sovereignintegral=主権ある意識存在

227 :本当にあった怖い名無し:2012/12/01(土) 01:47:29.66 ID:wO3jznc+0
http://forum.wingmakers.co.uk/viewforum.php?f=11&sid=6d866c7ad647007fc46713e5170d7f7a

http://forum.wingmakers.co.uk/

228 :本当にあった怖い名無し:2012/12/01(土) 01:52:37.86 ID:wO3jznc+0
http://www.bibliotecapleyades.net/vida_alien/esp_vida_alien_63.htm

by Robert Morning Sky

UFOs, Conspiracy Theories, Crop Circles, etc
http://forum.wingmakers.co.uk/viewforum.php?f=19

229 :本当にあった怖い名無し:2012/12/01(土) 01:53:45.31 ID:wO3jznc+0
by Robert Morning Sky

Condensed from Robert Morning Sky’s book

from Perspectives Magazine, March/April 1996

http://www.bibliotecapleyades.net/vida_ ... en_20a.htm

230 :本当にあった怖い名無し:2012/12/01(土) 02:41:35.42 ID:wO3jznc+0
Alice A Bailey

231 :本当にあった怖い名無し:2012/12/01(土) 03:02:24.40 ID:wO3jznc+0
Alice A Bailey

http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm

チャネリング情報はその壮大なスケールが認められ、宇宙哲学の天才として読者に畏敬の念と、

ほとんどインスタントに近い信仰を生み出しました。ウランティアブック、神との対話、セス、アガルタ、

アリス・ベイリーのような作品とその他の無数のチャネリング情報はすべて人類のために準備されたテキストだったのです。

これらの作品は、GSSCの指示のもと、多次元的な存在によって書かれ、人類に消費されるために配布されました。

その意図は、人間を分離と幻想の中で満足させ続けることを確実にするためです─それは、見せかけのスピリチュアル、

見せかけの宇宙的真実だったのです。

232 :本当にあった怖い名無し:2012/12/01(土) 03:03:15.16 ID:wO3jznc+0
もう私はこの幻想の一部ではありません。これ以上私は幻想の所業に自分のエネルギーを費やしません。

他の人々が苦しんでいるにもかかわらず、これ以上自分が何もしないわけにはいきません。

233 :本当にあった怖い名無し:2012/12/01(土) 17:26:29.14 ID:imQehWac0
hosyu

234 :本当にあった怖い名無し:2012/12/01(土) 18:42:18.47 ID:IZEcM35x0
全ての情報を会話形式にして欲しい……。
アホだから用語の意味が分からん!
インタビュー形式、2巻のような感じなら読めるのだが。
2巻みたいな感じで全部頼みたいくらいだ。

235 :本当にあった怖い名無し:2012/12/02(日) 12:45:45.74 ID:lOqhvwzx0
hosyu

236 :本当にあった怖い名無し:2012/12/04(火) 04:29:59.55 ID:XIib59je0
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
今年の3月15日に、アンドロメダ評議会のプロシオン軍に捕捉された
オリオン座将軍を解放しろ!!!

237 :本当にあった怖い名無し:2012/12/04(火) 19:38:21.23 ID:jRzwlZlx0
hosyu

238 :本当にあった怖い名無し:2012/12/07(金) 14:23:02.95 ID:PpgUIC9R0
イルカを屠殺するのをやめて下さい。和歌山県太地町のイルカ漁に抗議する。
イルカを屠殺するのをやめて下さい。和歌山県太地町のイルカ漁に抗議する。
イルカを屠殺するのをやめて下さい。和歌山県太地町のイルカ漁に抗議する。
イルカを屠殺するのをやめて下さい。和歌山県太地町のイルカ漁に抗議する。
イルカを屠殺するのをやめて下さい。和歌山県太地町のイルカ漁に抗議する。

239 :本当にあった怖い名無し:2012/12/07(金) 18:38:30.99 ID:jCSFC5cI0
結局セントラルルイスのくれた予防装置はちゃんと起動したのかどうかだけ教えてくれ……。

240 :本当にあった怖い名無し:2012/12/07(金) 18:48:05.88 ID:PpgUIC9R0
>>239
セントラルレイスは、予防装置は起動してません

241 :本当にあった怖い名無し:2012/12/11(火) 21:19:30.88 ID:pIWXioXX0
真のユダヤ教徒はイスラエル国家を認めない
http://www.youtube.com/watch?v=RPqvctYizkA&feature=player_detailpage

日本のハニワ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/img/1295023125.jpg
http://blog-imgs-21.fc2.com/l/u/n/luna555/aa105.jpg
正統派ユダヤ教徒
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/timg/middle_1295023167.jpg

242 :本当にあった怖い名無し:2012/12/12(水) 14:12:52.84 ID:xB94PTCR0
インディゴチルドレンとかこういうの次から次に出てくるなぁ

243 :本当にあった怖い名無し:2012/12/14(金) 11:40:23.51 ID:frrMQwMf0
Two channels, is my notepad

I talk about their experiences in the dream.
viva-bashar blog readers is about 100 to 200 people.
People who are in contact with the Internet and a blog in a dream is about two or three people.
However, most people have forgotten the dream events. Can not be interpreted.
Bashar, the direct contact is avoided affect the person in question. However,
those who are ready for the Internet, and are free to contact in a dream.

The core idea of Bashar
(1) excitement, passion
(2) Body Movement
(3) high-dimensional civilization.

For wingmakers

Anunnaki was designed. nine prison to suppress savarinintegral is a mistake.
Including facts on histological forms, considering high-dimensional civilization, I speak IUS, GSSC is a mistake.
Has defined IUS, the GSSC high-dimensional civilization, due to too many high-dimensional civilization.
There is a hole IUS, the GSSC.
wingmakers humanoid, there is contact with the tauceti. Very tall, it is a human skeleton Greece.
wingmakers to think the same as high-dimensional civilization tauceti is reasonable.

thank you bashar

244 :本当にあった怖い名無し:2012/12/15(土) 00:46:14.46 ID:7rMiGRQQ0
新ライトウォーカー

2012-12-14 11:20:36NEW !
テーマ:新しい地球のスターシード達へ

バシャールは可也早い時期からニューヨークでテロ事件が起こる事を予言していました。その当時での

私達の総合意識はまだ暗黒のように負のエネルギーが強かった為、原爆を落とされる可能性が97%と見ていました。しかし、

高次元文明や地球上に散らばるライトウォーカーやスターピーポーの助けにより、テロの規模を大幅に小さくする事が出来たのだと、

バシャールは話します。ライトウォーカーやスターピーポー又はクリスタルピーポーは地球の波動を上昇させる事と

私達地球人の意識の覚醒の為に輪廻転生してやってきた人達です。彼等の多くは特別はアジェンダを持っていません。

しかし漠然とした”何か”を感じ、自分達独自で活動している人達が殆どだと、バシャールは話します。又、彼等は地球人として

245 :本当にあった怖い名無し:2012/12/15(土) 00:47:09.27 ID:7rMiGRQQ0
輪廻転生した回数が極端に少ないので地球社会にうちとけなく孤独を味わう人が多いようだと、バシャールは話します。

ライトウォーカーやスターピーポー達は独特な世界感を持っています。彼等の考えやアイデアは唐突で、

時と場合によっては社会に全く浸透してゆかない場合も多々あるようです。それにより、精神的に弱ってしまったり

ストレスで病気がちになったり、時として自らの命を絶ってしまう人もいるのです。

これからの新しい地球社会ではヒトと高次元文明との”ハイブリッド種”が関与してくるようになります。彼等は

ライトウォーカーやスターピーポー達が長い間かけて作り上げてきた”土台”のお陰で地球社会にスムーズに

馴染む事が出来るのです。そして彼等こそがアジェンダを持つ新ライトウォーカーやスターピーポーとなるのです。

246 :本当にあった怖い名無し:2012/12/15(土) 01:56:08.15 ID:7rMiGRQQ0
The Sovereign Integral

The Grand Portal

Tributary Zones

サヴァリン・インテグラルとは透明性と拡大性の時代の中で行われる人間の魂の再概念化です。

この時代は、グランドポータルという経験によって固定されるでしょう。それは地球上に生きる

ファーストソースの意識─サヴァリン・インテグラルの統合とセルフの気づきです。

エネルギーは、HMSの中に存在しています。それは、物理世界の中では現実です。それは疑いなく

ヒューマン・インストゥルメントの一部です。しかし、不変かつ無限、目覚め覚醒し、生きた観察者である

サヴァリン・インテグラルは、奇妙に思われるかもしれませんが、エネルギーではありません。それは、

エネルギーの「従属物」ではないのです。サヴァリン・インテグラルは、エネルギーを必要としません。

サヴァリン・インテグラルは、エネルギーがある故に存在するのではありません。エネルギーが存在する前に、

サヴァリン・インテグラルが存在するのです。ヒューマン・マインド・システムが存在する前に、

サヴァリン・インテグラルが存在するのです。

247 :本当にあった怖い名無し:2012/12/15(土) 05:30:50.15 ID:SxnNx2cW0
>>244
そうだったんだ;
911の二週間前に予知夢を見た時、頭上を3機の旅客機が核爆弾を積んで
マンハッタンに飛んでくのを見て慌てて隠れ、ピカが来たという内容だったんだよね

実際には二機で、核も使われなかったけど…97%だったんだ
暗黒のようでしたか;そうですね
バシャールって一度も読んだ事なかったけど、初めてシンクロを感じたな

>>246
これも

サヴァリンの意味は、ググりました^^;
 sovereign
 [名] 1 統治者,君主,主権者,国王,元首 2 独立国.

248 :本当にあった怖い名無し:2012/12/16(日) 18:37:48.27 ID:cIp/N37K0
http://doufaufa.nobody.jp/evt/note/VibrationsofCoherence.htm
http://www.sovereignintegral.org/

249 :本当にあった怖い名無し:2012/12/17(月) 03:12:46.89 ID:eldx+Zlz0
ルシフェルの顕現

アウグストゥスが、地球に転生したルシファーの地上での最初の名前だった。
Gaius Julius Caesar Octavianus Augustus
Lucifer(ルシフェル)の顕現

アウグストゥスの復活

250 :本当にあった怖い名無し:2012/12/17(月) 03:15:15.28 ID:eldx+Zlz0
Lucifer Sovereign Integral

ルシフェルの顕現

アウグストゥスが、地球に転生したルシファーの地上での最初の名前だった。
Gaius Julius Caesar Octavianus Augustus
Lucifer(ルシフェル)の顕現

アウグストゥスの復活

251 :本当にあった怖い名無し:2012/12/17(月) 03:20:01.09 ID:eldx+Zlz0
Lucifer Sovereign Integral
Gaius Julius Caesar Octavianus Augustus
ルシフェルの顕現

アウグストゥスが、地球に転生したルシファーの地上での最初の名前だった。
Gaius Julius Caesar Octavianus Augustus
Lucifer(ルシフェル)の顕現

アウグストゥスの復活

252 :本当にあった怖い名無し:2012/12/29(土) 10:54:09.59 ID:W8g5CdEQ0
難しいね

253 :本当にあった怖い名無し:2012/12/29(土) 12:10:04.35 ID:DN8YAro90
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
ブルータス将軍を解放しろ!!!
今年の3月15日に、アンドロメダ評議会のプロシオン軍に捕獲された
オリオン座将軍を解放しろ!!!
Andromeda Council releases the General Brutus! ! !

254 :本当にあった怖い名無し:2012/12/31(月) 14:34:17.09 ID:TvAdu9oY0


2012-12-31 07:43:21NEW !
テーマ:新しい地球のスターシード達へ

バシャールが話しているように人の脳はとても精巧に出来ています。例えば私達の脳はある特定のエネルギーを物質的に
視覚出来るように変換する機能が備わっているのです。同じエネルギーでも見る人の文化や環境が異なる事で全く違った
”姿”で表現されるのはこの為なのです。ある特定のエネルギーをヨーロッパではフェアリーや妖精に変換され、
日本では天狗や龍等又ネイティブアメリカンではまた違った”姿”を見るというわけなのです。

また、私達の脳には”時間”を感じる機能が備わっています。この時間の経過を察知する機能は私達の総合意識体が
決定した項目の一つであり、時間という”足枷”をつける事で物質世界を十分に味わう事を目的としたのです。

一方、ササニ人は私達と違って”時間”によって束縛されるような生活方法はとっていません。もちろん、彼等にも
時間の経過を察知する機能が備わっていますが”時間”に対する彼等の考え方は私達と全く異っているという事が言えます。
彼等は過去にポッと出現したり未来へ出向いたりする事が日常茶飯事に出来のだと言います。例えば、
夜7時からの番組を見逃したので7時へ戻って番組を見るという事が出来るという事なのです。

新しい地球ではこの”時間”がどんどん曖昧化してゆき5分が本当の5分ではなくなってくると、バシャールは話しています。
そして私達の進化した脳はもっと精巧且つ精密になりそれこそ何も見えなかった事実が目の前に鮮明に現れるようになってくるのです。

255 :本当にあった怖い名無し:2013/01/03(木) 19:03:57.47 ID:s1XiRTkq0
この世はやっぱり自分が強く思ったことは、実現するようにできているようだ。
”漠然”とはダメだ。多層的な人格を想定して、その全人格で強く実現を思ったことならば叶う。
ジェネティックマインドを強く意思し、書き換える?ことで、実現側に現実を変えることも可能。

幽体離脱中や明晰夢中で、強く自分の意思を表すこと。これに今取り組んでいる。
果たして意思とは?なぜ意思が存在するのか?記号のような生き方を、強く自分の意思で変えることが可能であること。
なぜこのような力が与えられ、そして意思しないことは実現しないのか。単なる夢物語がなぜただの夢物語で終わり、
また夢物語が存在の物語に変化することがあるのか。違いは?それは意思。

思って口に出して書いてみる。現実に希望を混ぜることで、現実は希望を汲む。

256 :本当にあった怖い名無し:2013/02/02(土) 11:10:58.36 ID:2veKo0Xx0
shimaさんのとこで全然相手にされてない頭おかしいシリウスってやつここにいるだろ?

257 :本当にあった怖い名無し:2013/02/02(土) 11:19:28.94 ID:uYXTzkXA0
バシャール:自然界

2013-01-29 10:45:23NEW !
テーマ:新しい地球のスターシード達へ

地球上に存在する動物達の殆どは多次元的生命体だという事を漠然ながらもきちんと理解していると、バシャールは言います。

もちろん貴方のペットの猫や犬も例外ではありません。特に猫は古代からスピリチュアルな動物として扱われてきただけあって
犬よりもスピリチュアルに敏感だと言えます。
一般的に知られているように猫は人目のつかない所で生涯を終える生き物です。詰り彼等は自分の“死期”を感じそして
一番心地の良い場所または安心して死ねる場所を探し出すのです。彼等は私達地球文明よりも遥かにスピリチュアル的に覚醒しており、
そもそも意識の作りが幅広いのだと、バシャールは話します。

258 :本当にあった怖い名無し:2013/02/02(土) 11:20:19.62 ID:uYXTzkXA0
バシャール:地球の呼吸と連動

2013-02-02 07:04:17NEW !
テーマ:新しい地球のスターシード達へ

瞑想は心に溜まった負のエネルギーを洗い流してくれるだけでなく貴方のエネルギーをリセットしてもとの輝きに戻してくれます。
それと同じように母なる地球は今、濁った古い負のエネルギーを解放し自然治癒を駆使して元の輝きを戻すようにリセット(デトックス)を始めているのです。
地球の産んだ産物である私達も例外なく地球のデトックスの一環に組み込まれています。

長い間地球の放つ波動パターンと反して生活してきた私達は、病気やストレスまたは争いや紛争といった等様々な負のエネルギーを体験し
アンバランスな社会を築き上げてきました。コロンビアのコギ族やアメリカのホピ族はこのアンバランスな負の社会へ愛のエネルギーを吹き込む事で
地球のバランスをとってきた人達なのです。

259 :本当にあった怖い名無し:2013/02/02(土) 12:19:40.94 ID:uYXTzkXA0
http://www.wingmakers.com/masteroutline.html

260 :本当にあった怖い名無し:2013/02/04(月) 00:50:50.21 ID:dgyvxshZ0
http://triquetra0726.blog130.fc2.com/

261 :本当にあった怖い名無し:2013/02/04(月) 00:52:27.52 ID:dgyvxshZ0
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=R414ard90Wc

262 :本当にあった怖い名無し:2013/02/04(月) 00:53:01.93 ID:dgyvxshZ0
The Dohrman Prophecy

263 :本当にあった怖い名無し:2013/02/04(月) 00:54:02.06 ID:dgyvxshZ0
http://www.quantusum.com/

264 :本当にあった怖い名無し:2013/02/21(木) 13:58:01.09 ID:pr82wXOv0
ところでアニムスって2011年に来たの?
誰か教えて

265 :本当にあった怖い名無し:2013/02/21(木) 14:29:54.36 ID:jhh+txJv0
>>264
あなたが言及したアンドロイドの勢力(ウイングメーカーの 神話の中では
それは「アニムス」と呼ばれています)は暗黒勢力の象徴的表現です。
http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm

266 :本当にあった怖い名無し:2013/02/21(木) 14:34:33.15 ID:jhh+txJv0
ウイングメーカー・マテリアルはコード化されていると言い続けてきました。そして、

そのコード化情報は人間を深層構造(監獄の壁の外側)へと目覚めさせる準備となるようデザインされており、

人々が円滑にサヴァリン・インテグラルという新しい世界へと向かう手助けをするものであると私は言ってきました。

サヴァリン・インテグラルは、永遠の安逸の世界でも、美の世界でも、自由の世界でも、苦痛のない世界でも、

極端な肉体的快楽の世界でもありません。サヴァリン・インテグラルとは、「私たちはひとつであり、

ファーストソースと一体である」という認識です。そしてその認識は、監獄とその機能不全に起因する出来事に対して

私たち一人ひとりに責任を生じさせます。

仲間の人間たちがHMSを疑わずに監獄である地上に残ったまま、どうして、自分だけ死んで肉体から去り、

美しく感動的な天国の中を循環することができるでしょうか?ある人は、それはカルマのせいであり、

彼ら可哀想な生き物はカルマに仕えるために転生するのだと言うかもしれません。しかし、

それが仮に真実だったとしても、それによって仲間の人間をサポートし手助けする義務を放棄して

よいことになるでしょうか?私たちは皆、ひとつであることを忘れないでください。私たちは皆、

ファーストソースと同じであり、結合された主権性をもって等価性のヴァイブレーションの中に存在しているのです。



誰かに起こることは、全員に起こるのです。

267 :本当にあった怖い名無し:2013/02/21(木) 14:35:46.63 ID:jhh+txJv0
アニムスと私たちはヒューマンマインドシステムの牢獄にいます。

この制限された世界に終わりは有りません。

268 :本当にあった怖い名無し:2013/02/21(木) 14:46:04.32 ID:jhh+txJv0
http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm
Project Camelot Interview : The Sovereign Integral

269 : 忍法帖【Lv=35,xxxPT】(2+0:3) :2013/02/23(土) 04:00:18.68 ID:MU+JU8asO
勿論哲学的な未来人ですよ。
当然心理学的な未来人ですよ。

270 :本当にあった怖い名無し:2013/02/23(土) 10:40:41.29 ID:GQIk4boc0
フランチェスコの平和の祈り

主よ、わたしを平和の器とならせてください。
  憎しみがあるところに愛を、
  争いがあるところに赦しを、
  分裂があるところに一致を、
  疑いのあるところに信仰を、
  誤りがあるところに真理を、
  絶望があるところに希望を、
  闇あるところに光を、
  悲しみあるところに喜びを。

ああ、主よ、慰められるよりも慰める者としてください。
  理解されるよりも理解する者に、
  愛されるよりも愛する者に。
  それは、わたしたちが、自ら与えることによって受け、
  許すことによって赦され、
  自分のからだをささげて死ぬことによって
  とこしえの命を得ることができるからです。
http://home.interlink.or.jp/~suno/yoshi/poetry/p_assisi.htm

271 :本当にあった怖い名無し:2013/02/23(土) 10:41:16.95 ID:GQIk4boc0
Prayer of Saint Francis of Assisi

Lord, make me an instrument of your peace.
Where there is hatred, let me sow love;
where there is injury,pardon;
where there is doubt, faith;
where there is despair, hope;
where there is darkness, light;
and where there is sadness, joy.


O Divine Master, grant that I may not so much seek
to be consoled as to console;
to be understood as to understand;
to be loved as to love.
For it is in giving that we receive;
it is in pardoning that we are pardoned;
and it is in dying that we are born to eternal life. Amen

272 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 01:54:11.77 ID:cWeRQsmn0
anunnaki
http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm

273 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 23:43:30.96 ID:tdlTS5di0
∴Agasutia∴

Agasutia is that the Earth's parallel world of 30 century.
Dr Quantum visits "Flatland" Two-dimensional,label
http://www.youtube.com/watch?v=Y4XwL3e9HBA
Agasutia, parallel world, Wingmakers, multidimensional presence,Whole Person 2015
アガスティアの葉は、紀元前3000年頃に実在したとされる
インドの聖者アガスティアの残した予言を伝えるとされる葉のこと

Agasutia

Kerodon. callidus. tellus

Akashic Records

Homo. sapiens. tellus(ヒト、現行管理者)
Kerodon. callidus. tellus(ラシャ、先代/現行管理者)

Orca. sollers

抑圧と解放
・思考盗聴という概念、記憶の忘却 
・Wingmakers サヴァリン・インテグラルの抑圧
http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm
・形而上学的な話とオカルト、チャネリング、イルカ、宇宙人に対する関心
・バシャール思想による多次元的種族との対面、イルカ
http://mihoh.seesaa.net/
http://ameblo.jp/viva-bashar/

∴Agasutia∴

274 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 23:45:22.11 ID:tdlTS5di0
∴Kerodon. callidus. tellus∴
ラシャ

∴Homo. sapiens. tellus∴
ヒト

∴Orca. sollers∴
シャチ

HMS⇒IUS⇒MPG⇒HMS
HMS⇒DSIND⇒MPG⇒HMS
HMS⇒GSSC⇒PDS⇒IUS⇒HMS
GSSC⇔WN
PDS⇔GSSC←PS⇔WN←GM


HMS-GSSC,IUS-PDSの梯子が外れると分離構造が生まれる。
アヌンナキ王アヌは、この分離構造を一番気に病み、循環を継続させた。
サヴァリン・インテグラルを抑圧する秘密のフレームワークは、これからも将来も機能する。

普通の人は、制限された世界において、HMS-DSIND-MPGで一生涯を過ごす。
精神世界の探求者は、HMS-GSSCの梯子を経由して終わる。しかしながら、
輪廻転生を目指す一部の方は、HMS-GSSC-PDS-IUS-HMSまで記憶を持つ。
アトランティス人、イルカなど代表的な地球高等生物などである。

サヴァリン・インテグラルを抑圧する秘密のフレームワークは、世界地図を表す。
それぞれが、マテリアル化された遺跡を残す。

監獄から出る方法は一つだけであるWNを通じて、Whole Person(真の人間)になることである。

3.11@2周年

275 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 23:46:06.86 ID:tdlTS5di0
∴Kerodon. callidus. tellus∴
ラシャ

∴Homo. sapiens. tellus∴
ヒト

∴Orca. sollers∴
シャチ

HMS⇒IUS⇒MPG⇒HMS
HMS⇒DSIND⇒MPG⇒HMS
HMS⇒GSSC⇒PDS⇒IUS⇒HMS
GSSC⇔WN
PDS⇔GSSC←PS⇔WN←GM


HMS-GSSC,IUS-PDSの梯子が外れると分離構造が生まれる。
アヌンナキ王アヌは、この分離構造を一番気に病み、循環を継続させた。
サヴァリン・インテグラルを抑圧する秘密のフレームワークは、これからも将来も機能する。

普通の人は、制限された世界において、HMS-DSIND-MPGで一生涯を過ごす。
精神世界の探求者は、HMS-GSSCの梯子を経由して終わる。しかしながら、
輪廻転生を目指す一部の方は、HMS-GSSC-PDS-IUS-HMSまで記憶を持つ。
アトランティス人、イルカなど代表的な地球高等生物などである。

サヴァリン・インテグラルを抑圧する秘密のフレームワークは、世界地図を表す。
それぞれが、マテリアル化された遺跡を残す。

監獄から出る方法は一つだけであるWNを通じて、Whole Person(真の人間)になることである。

3.11@2周年
http://doufaufa.nobody.jp/camelot/ProjectCamelotInterview_01.htm

276 :本当にあった怖い名無し:2013/03/15(金) 02:48:00.91 ID:MVG6aIIP0
ブルータス大帝将軍を解放しろ!!
Andromeda Council releases the General Brutus! !
オリオン帝国将軍レプティリアンの解放を宣言する!!

私は存在する

2012年3月15日に、アンドロメダ評議会のプロシオン軍に捕獲された
オリオン大帝大将軍レプティリアンを解放しろ!!!

277 :本当にあった怖い名無し:2013/03/26(火) 22:54:20.21 ID:xjtaBGUe0
むずかしいのですが・・・

278 :本当にあった怖い名無し:2013/03/27(水) 02:53:50.26 ID:y9h7w65/0
ラスコー洞窟

宗教画や壁画にも記載されているように現在の私達には考えられないような事が普通に出来た時代だったと言えます。

詰まり、現在私達が”奇跡”だと考えている事は実は不思議でもなんでもなく普通の出来事だという事なのです。

以前ご紹介したように私達は”目に見える"事を絶対とし、”目に見えない”事または”説明出来ない”事は無い物と考えてきた為、

私達は宇宙全体の99.999999%全てを無視してきてしまったのでした。

これからの私達はどんどん宇宙の仕組みを取り入れ、見えない物を”感じる”事で判断するようになってゆきます。

そして私達の社会に大きな変化が訪れるようになってゆくようになるのです。

この壁画には、古い絵の上に新しい絵が重ねて描いてある。絵画の空間としてはあまり意識せずに描いてある。

無数の壁画がある内の1つ、黒い牛の絵の角に遠近法が用いられている。手前の角が長く描かれ、

奥の角は手前の角より短く描かれている。そのほかの人・動物にも、遠近法が用いられている。

175 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)