5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ID:C6ajtsGU0、ID:20PCCns/0 氏の解説スレ

1 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 02:59:44.41 ID:L3xmF0R10
VIP氏の予言と44氏の見たビジョンにインスパイヤ?されて、
精力的な解説を続けているID:C6ajtsGU0氏の専用スレです。

過去スレとまとめは>>2-20ぐらい

※予知ではなく未来予測。多くの人に知って欲しい内容だそうです。

2 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 03:03:01.46 ID:L3xmF0R10
分離前のスレ
VIP氏、44氏、ID:C6ajtsGU0氏 の予言総合スレ bQ
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1328612183/l50

発言の有った過去スレ
VIP予言「予言書いていくよ」について語るスレ 4  (2011/12/11-12/22) ID:C6ajtsGU0氏
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1323531159/l50

大元になったスレ(VIP板)
予言書いてくよ  (2011/8/11 未明〜昼)
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1312993659/l50

3 :ID:C6ajtsGU0氏まとめ :2012/02/10(金) 03:04:04.76 ID:L3xmF0R10
657 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/21(水) 06:33:23.99 ID:C6ajtsGU0 [1/38]
Vgjf6Cd10の人がまだスレを覗いたりしているのなら、聞いておきたい事があるんだけど…
「ある制度が導入される。一つの都市のみが栄える時代が終わり、各地域の中心となる都市が栄える」
ってくだりがあるけれども、その各地方の都市の中心部では、個々のビルの
外壁が見当たらない、又は態々作って外壁を用意している、違うだろうか。
もしそうなら、俺は困った事になるかも知れない。

664 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 07:02:34.34 ID:C6ajtsGU0 [2/38]
そのビルの基本概念とアーキテクチャの詳細を知っている。
因みにこれの発案者は、例の原子炉事故を受けてこのアーキテクチャを
改良していて、福島を核汚染無効化のモデルケースとするつもりだ。
因みにこの技術が完成すると、遠い将来核抑止力が通用しなくなる。

4 :ID:C6ajtsGU0氏まとめ :2012/02/10(金) 03:04:36.33 ID:L3xmF0R10
670 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 07:21:46.71 ID:C6ajtsGU0 [5/38]
>>668
悪人は風俗評に過ぎない。実際には、
「これまで我々の生活費の基盤になっていたあるものの価値に疑問を持つ人が多く出る」
のくだりの、「あるものの価値」を覆す思想だ。だけど問題がある。いわば毒を持って毒を制する
タイプの思想なんだよ。

673 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 07:34:19.46 ID:C6ajtsGU0 [6/38]
>>671
いや。資本主義は結果的に変わるに過ぎない。
あるものとは「信頼」の事で間違いないと思う。
この人の経済関係の思想は共産主義と資本主義の合成で、
大凡どちらの経済圏に属する人間にも好まれないと思う。

674 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 07:39:17.24 ID:C6ajtsGU0 [7/38]
特に「新しい世界においては、「それ」に依存していた人ほど虐げられ、住みにくくなる。 」
は資本集約型社会の欠陥をついた結果起こる事に深い関わりがあると思う。

676 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 07:45:15.03 ID:C6ajtsGU0 [8/38]
>>675
国民の、人間に対する、が一番適当だと思う。国家は寧ろ強化され、
今までと違って謳われたり存在したりするような質のものじゃなくなるから、
国家に対して信頼を失う事は以降できなくなる。結果無政府状態ではなく、
二政府状態になり、内乱ではなく、静かな混乱が長い期間続くだけ。

5 :ID:C6ajtsGU0氏まとめ :2012/02/10(金) 03:05:06.52 ID:L3xmF0R10
678 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 07:52:56.56 ID:C6ajtsGU0 [9/38]
>>661
遅くなったけど、Vgjf6Cd10の人の予言は気持ち悪くなるぐらい心当たりがある。
見えるんじゃなくて、そう言う動きがあるのを知っているだけ。

679 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 07:57:07.88 ID:C6ajtsGU0 [10/38]
>>677
どういう風に形容して良いのか分からない。器はそうだ。日本生まれだ。
でも中身は人間にすら程遠い。たとえばこの人のせいで死刑制度が無くなる。
もっと惨たらしい、陰惨で苛烈だが、法では抑制する事の出来ない方法で、
制度を置き換える気だ。けれど、効果は死刑制度の比じゃない。

681 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 08:09:15.53 ID:C6ajtsGU0 [11/38]
多分早ければ来年秋ぐらいから関連文書が出ると思う。
文書は文学的な体をしているけれど、実際は違う。
プロパガンダの塊みたいなもので、読めばそれと分かるものになると思う。

682 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 08:15:59.66 ID:C6ajtsGU0 [12/38]
>>680
 TPPは形骸になる。国に、と書いているけれど、この新しい国家「規格」の様なものはその水準にはなく、
管理するのも行政ではなくて、国民自身の手による事になる。労働も生活も保障されないが、現在の日本の国力が
人口ともに少なくとも数倍にはなる。

683 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 08:18:50.21 ID:C6ajtsGU0 [13/38]
社会体制の変革で肉体的にも精神的にも楽になると思うよ。例えば、
雇用の概念が失われる。休暇が義務となり、違反すると直接的な害によって
労働の意味を失う。他に芸術関係に著しい発展が見られるはず。
著作権団体を失うの。

6 :ID:C6ajtsGU0氏まとめ :2012/02/10(金) 03:05:45.84 ID:L3xmF0R10
686 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 08:25:41.15 ID:C6ajtsGU0 [14/38]
>>684
金が無くなるのではなく、労働の結果受ける成果が実質経済のミクロ単位を示すようになる、が近い。
自給自足にはならない。ほぼ他給自消に替わり、先端技術に関して著しい増進。物々交換と言うよりは、
実質経済ミクロ単位の融通が通貨概念を置き換える。商品が多様化する。

688 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 08:29:32.53 ID:C6ajtsGU0 [15/38]
>>685
技術が先だ。清○建設に技術研究の兆しがある。しかも実用化を目指している。
ビルの外壁が無いのではなくて、今までのビルが、「ビルディング」の示す言葉どおりの
物になる。併せて日本の造船業界に著しい躍進が見られると思う。


691 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 08:32:46.65 ID:C6ajtsGU0 [16/38]
>>687
そうだったんだ。元スレは読んだけど、流れたスレまでは見てないんだ。慌てて来たから。
ありがとう。でも、確認できなくて良かったとも思ってる。

695 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 08:39:21.84 ID:C6ajtsGU0 [17/38]
>>689
成果主義とは違う。それは現在の経済概念があってのみ通用するもので、性別・体力・能力
を問いはするが、限定はしないもっと逐次的な労働体系になる。集約型教育システムが終る。
生涯学習が通常となり、学生となる前に人間として社会に放り込まれる様になると思う。

7 :ID:C6ajtsGU0氏まとめ :2012/02/10(金) 03:06:11.75 ID:L3xmF0R10
696 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 08:42:13.21 ID:C6ajtsGU0 [18/38]
>>692
海外労働者が日本に来ても、得るものは何も無くなる。通貨概念が円と新型概念しかなく、
海外労働者が来れば来るほど日本人は新型経済に移る。尚、その結果円の価値が調整され、
円相場と言う概念が日本に変わって他国によって支えられる様になる。
共産主義的な密告は機能しなくなる。差別問題に決着。

699 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 08:45:16.10 ID:C6ajtsGU0 [19/38]
>>692
続き 
税の概念が衣食住に並ぶレベルになる。税の運用とその効果が
白日の元に晒される事になり、税を納めたい人が納めてその見返りを
社会から直接授受する。納めない人は納められる様になるまで
周りからの補助が入る。それは行政ではなく善意によって起る。

702 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 08:51:22.47 ID:C6ajtsGU0 [20/38]
>>694
 国中何処に居ても、犯罪者は罪から逃げられなくなる。
罪が許されるべきかは法律ではなく、当事者がその行動で決める事になる。
犯罪率の著しい減少と、法律が緩和されていくに従って、猛烈な刑罰を受ける事になる。
これは差別を転用したもので、だから陰湿・かつ苛烈だと言った。

704 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 08:55:13.97 ID:C6ajtsGU0 [21/38]
>>701
 そうだね。ただ、日本には極めて莫大な土地があるんだよ。中国にも軽々と
匹敵するぐらいのね。それが顕在化する。日本人と言うよりも人間と言う
概念が日本で持ち上がると言った方が正しい。黒髪短足黄色人種が日本人を示さなくなる。

8 :ID:C6ajtsGU0氏まとめ :2012/02/10(金) 03:06:53.35 ID:L3xmF0R10
708 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 09:01:21.14 ID:C6ajtsGU0 [22/38]
>>705
 会社が無くなる。社会も良くなるのではなくて、中々辿り着けなかった帰着点に
速やかに移行する為のお膳立てが整えられるだけで、法人格と言うものが
マクロ視点から見た経済を微分した時に得られる方程式のようなものだと
知られるようになる。福利厚生と言う理念は善意ではなく実体化させられる。

710 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 09:12:14.24 ID:C6ajtsGU0 [23/38]
>>693
 都市が、多摩ニュータウンから元々の原野に戻るようにして消えていく、又は見えなくなるかもしれない。
都市機能が汎用性において大きく拡大された物になると聞いているけれど、どの様な構造体なのかは
知らないんだ。ごめん。

711 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 09:15:23.09 ID:C6ajtsGU0 [24/38]
>>709
 核抑止力の話は、元はソフトパワーの話の方で聞いた。この様な都市が出来る頃には、
と言っていたけれど、でも都市自体が汚染対抗インフラを備えていた筈だから、ハード面で
も対抗しうるものなのかもしれない。

712 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 09:18:58.92 ID:C6ajtsGU0 [25/38]
>>707
 救世主になりたければなればいい。誰も見向きはしないだろうけれど、それでも救世主だと言い張
る事は出来ると聞いています。貴方が自由に責任を持つ限り、ヒトラーとして名を馳せる事が出来る
社会になると思います。

9 :ID:C6ajtsGU0氏まとめ :2012/02/10(金) 03:07:21.36 ID:L3xmF0R10
717 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 09:25:18.97 ID:C6ajtsGU0 [26/38]
>>714
そう、俺は自分の事を預言者とは思っていない。でもVgjf6Cd10さんの話が、
吐き気がするぐらい、俺の知っている人の話に合うんだよ。その人は今
大病をやって今度手術する予定なんだけど、八年ぶりに暇が出来たって喜んで
病院で何か纏めているらしいんだ。

720 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 09:28:07.99 ID:C6ajtsGU0 [27/38]
>>716
「匿名性ってどの段階まで匿名だと思う?」って質問された事がある。
「人間に原罪なんか無い。不見識なだけだ。それを叩く為の法だ」
って言われた事もある。色々想像してみた。でも分からないよ。

722 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 09:34:19.42 ID:C6ajtsGU0 [28/38]
>>718
 匿名性、と言う人間の認識を逆手に取った機構だったと思います。もとより戸籍名簿等の登録情報は
人間の自然状態を縛るものではなく、社会において意味のある、限定情報です。

724 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 09:37:13.57 ID:C6ajtsGU0 [29/38]
続き
思ったよりも人間は包括的にではなく記号的に他者を認識している、これがこの理念の根底にあり、
匿名だけれども、悪い匿名、良い匿名は分かると言うシステムで、いわば大掛かりで普遍的な
陪審員制度にニュアンスが似ていました。

728 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 09:41:04.10 ID:C6ajtsGU0 [30/38]
続き
この代替制度の理念は喧嘩両成敗にあります。犯罪を起こしたからと言って、全てを犯罪人に被せるのではなく、
それを許した状況や、それを罰しようとする人間の行為にまで罪を問う、言わば知的社会を積分する為の、
方程式だと聞いています。

10 :ID:C6ajtsGU0氏まとめ :2012/02/10(金) 03:07:50.16 ID:L3xmF0R10
730 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 09:45:03.15 ID:C6ajtsGU0 [31/38]
>>727
 民意ではなく、神意、ただし、宗教経典等に基づく何かしらの既成概念によってではなく、
逐次審査して社会的状況を反映する質の物です。ただ、自殺をしたい人が自殺できてしまう、包容性も
ある。例えば人間が満場一致で許可すれば、「綺麗な殺人」も無罪になる。判例が失われてしまう。

732 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 09:48:21.39 ID:C6ajtsGU0 [32/38]
>>729
敵討ち共済とは違っていて、この制度が実行力を持っているのは生まれたその瞬間から、になります。
つまり、殺人に至るまでの経過に、非常に多様な分野から横槍が入り、本当に殺す事を目的にしていないと、
殺人にまで至れないと言う状況が可能な筈です。社会全体で犯罪予備軍ではなく、問題を叩くからです。

734 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 09:53:55.54 ID:C6ajtsGU0 [33/38]
>>731
 そうなんですが…「それを教えてやるから、さぁ殺すかどうか選べ、ここは人間社会だ、
結果どうなるかは教えてやった、責任は持て、後になってこんなに辛い結果になるとは知らなかった
は通用しない」と言う質のもので、時間で罪を贖う質の制度よりは、禍根が残らないとか。

737 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 09:59:16.41 ID:C6ajtsGU0 [34/38]
>>733
 「キツイ現実で生きている事はそれそのものが社会適合を示すもの、其処から生きるかどうかは
罪状や他人の評価によって決まるのではなく、その人の意思だ。例え自堕落でも、人殺しでも、
自分を背負って社会と言う方程式の代数になるのなら、それが社会を完成させる役割を果す事になる」

11 :ID:C6ajtsGU0氏まとめ :2012/02/10(金) 03:08:35.52 ID:L3xmF0R10
739 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 10:03:55.88 ID:C6ajtsGU0 [35/38]
>>736
 うん。手元にそいつが病院でも使っている手記があって、書いている事は物凄い広範囲に渡ってる。
人間は勿論、工業や商業などの経済、かと思えば脳機能科学と、心理、法学とか走り書きがある。
俺は実は編纂を手伝っているだけなんだけど、怖い。予言に書いてある内容と似て居て驚いている。

741 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 10:17:28.59 ID:C6ajtsGU0 [36/38]
>>740
 誰にとってかが明白じゃないんだ。ヒトラーだったらアーリア人の為に、と言う見かたが出来るし、
スターリンなら自分の望む共産主義体制固持のために、とか言えるでしょう?でもこの人のは
主体性が無いんだよ。人間を慈しむ心がまるで無い様に思える。人間の為なら何だってしてやるって感じだ。

744 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 10:19:58.56 ID:C6ajtsGU0 [37/38]
ごめん。朝からずっと待機してたんだけど、漸く病院に呼ばれた。
原稿を取りに行って来る。このスレの話は、しない方が良いよね。
2ch見ていないから、多分黙っていればばれない。

748 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 10:24:04.74 ID:C6ajtsGU0 [38/38]
>>742
 人間をマクロ体として示している著述がある。一人だけしか動かせないとしても、
マクロ体を一つとしてみるなら…

とにかく皆ありがとう。動悸もとうに落ち着いたし、これで消えるよ…

12 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 :2012/02/10(金) 03:14:58.22 ID:L3xmF0R10
以上が12月分のコピペです。
分離前のスレでは、(2/8)ID:20PCCns/0、(2/9)ID:vBILARVa0 となります。



13 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 03:46:21.91 ID:j322i5IO0
つまんねー乗っかり方

14 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 05:58:24.23 ID:gF89rd5GP
ここが分かりにくい思想発表の次スレでいいのか?
俺も質問書いとこ。

理想として、犯罪者に償いをさせる、その内容はその通りだと思う。
服役○年とかじゃなく、何が償いか考えさせて、それを行う。
それはよい。
問題は、どうやって「強制」するの?
仕事に対する報酬の下りについてもそう。どうやって不正が起こらないように「強制」するの?

ここが分からない。

読んだ限りの勝手な想像では、村社会の強化版みたいな感じ?
全てがネットで共有されるがゆえに、今起こした自分の不正は将来に渡って明白となる。
その圧力で強制力とする。どこに逃げてもそれは同じだから、逃げること自体がナンセンス。
こんなの?
共有の手段がネットじゃないにしろ。

15 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 06:55:21.58 ID:VT81ZmGK0
自分が何をしたか(してきたか)を刻んだものが
常に自他共に見える装置?があればできそう。

その装置は物質的なものでない可能性がありそとおも

16 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 06:58:33.74 ID:PUTAXAsx0
>>14
確かに強制力は何を持って強制力とするのだろうね。
その社会に警察は存在するのかも知りたい。

17 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 07:01:32.56 ID:VT81ZmGK0
その強制力は国民であるとあったきがする。
だからそれを実現するには>>15が必要とおもった。


18 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 07:24:52.91 ID:IaUOdqF10
>もっと惨たらしい、陰惨で苛烈だが、法では抑制する事の出来ない方法
これって誰か言ってたけど新しいタイプの村八分かな?
それにはデマの余地のない情報の共有をできるようになるって事が前提が必要だよね。

19 :ID:C6ajtsGU0:2012/02/10(金) 08:38:18.57 ID:lEQ7F95H0
 皆さんお早う御座います。自分の忍法帳のレベルが上がった頃に…と考えていたら、
ご厚意から>>1さんが代わりに建てて下さったようで、大変ありがとう御座います。

 元スレでは最後は殆ど荒らし状態でしたので、これを契機にこちらを使わせて頂こうと
思います。皆さん宜しくお願いします。

 折角建てて頂いたスレですので、仕事の間はレス出来ないのは仕方ないとして、
可能な限り目を通します。ですが夜八時以降で無いと、返信が難しい時が殆どだと
思います。ごめんなさい。

 最後に、以前元スレで、本人かどうか分かり辛い、自演ではないかと言う意見を
目にしました。トリップ付けた方が宜しいでしょうか?

20 :ID:C6ajtsGU0:2012/02/10(金) 08:59:54.01 ID:lEQ7F95H0
十時までに、早速。

>>14
 強制の手段はバックアップを含めて幾つか在ります。先ずはは現行のロンドン市方式+αです。

 ロンドン市は既に街頭に監視カメラを設置しており、その設置面積は多大で、犯罪発生率の時点から
抑制すると言う効果を挙げています。

 +αの点ですが、人の顔面には特徴があり、それは指紋と変わりありません。それを元に追跡すると言う物です。
犯罪者は人口全体から見れば微小な数に留まり、検出には類似人物像を取り出して、その本人と思しき人物を
順位付けて追跡する方が良いでしょう。

21 :ID:C6ajtsGU0:2012/02/10(金) 09:00:40.44 ID:lEQ7F95H0
>>20続き
 しかし之だけでは整形によって逃避できますし、犯罪そのものは防げません。そこでバックアップを用います。
何度もうわ言の様に言っていますが、新型の通貨概念は見えません。ですから、保持する為にはそれを
持っていますよ、額面はこうですよ、と言う事を保証してくれる何らかのシステムが必要になります。

 当然大切なお金を扱うのですから、、そのお金はその人だけが使える様にする必要がありますから、その人だけ
のIDが割り振ってあります。これを追跡するのです。いわば、店頭にある防犯システムの全国版の様なものです。

 実はこれも既にある技術です。ID端末は身体埋め込み型を基本として、それを読み出す端末が挙げられますが、
ネックレス、腕時計、イヤリング、靴、眼鏡、どの様なものであれドングルとして機能すれば形態は問わないと思います。

22 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 09:15:07.99 ID:gF89rd5GP
なるほど、ID埋め込みか。
IDによる紐付けで、新通貨の残高から、過去の行動履歴まで管理、ということね。
防犯カメラの分析から、ID検索でいつどこに居たのかがわかる、と。
それ自体に異論はないな。
匿名性の高い社会だとどうなるかは2chみてればわかるし、
匿名性の低い社会だとどうなるかはmixi見てればわかる。
後者は大抵馴れ合いになるが、どちらが現実に住みやすいかと聞かれれば、
大多数が後者を選ぶだろうし。

後は、実現性かな。
このシステムは、ものすごい額の予算が必要だし、
さらに、国民総背番号制は結構根強い反対があるからね。

23 :ID:C6ajtsGU0:2012/02/10(金) 09:21:16.72 ID:lEQ7F95H0
>>16
 警察は形が大きく変わってしまうと思います。例えば刑事が必要無くなってしまいます。

 情報は先の通りIDシステムと関連しており、このIDに保持しては改竄・若しくは紛失などに
よる消去の恐れがある物は、逐一中央情報端末と連携して保存しておく事になると思います。

 そして事件発生の折には犯罪者の行動は既に情報化されているので検察に直通します。結果、
「迷宮入り」事件が将来見られなくなると思われます。

 警察よりも弁護士が大変かも知れません。これらが導入されて暫く、弁護士の役割は、今の
通り犯罪者の代わりとなって弁護を行う事だと思われますが、殆ど作業になってしまっていると
考えられます。

 後、法の公正明大が多くの人に備わる物となってからは、検察や弁護士、裁判所
と言った司法に纏わるシステムが今よりも縮小され、内容もエリート職と言うよりも専門職に
変わるでしょう。

24 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 09:43:36.72 ID:IQ9J6GMo0
666の印か

25 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 09:44:23.17 ID:MP+eqNjJ0
実現性の面でいうと、データベースほかシステムの
いろんな意味での安全性が確保できるか? も気になるな。
もちろん、それを利用・運用する人のことも含めてね。

なんとなく、「イーグル・アイ」を思い出した。

26 :ID:C6ajtsGU0:2012/02/10(金) 09:48:59.67 ID:lEQ7F95H0
>>22
 実は、このシステム構築に必要な年度予算の内、IDシステムだけに限って国家が計上した時、
初年度に幾ら掛かるのかと言う概算を試みた事があります。と、言えば大層ですが殆ど遊びから
来た単純計算によるもので、条件は以下の通りです。

@初年度から全国普及を目論見る。
A必要性能を持ったドングルを提供するとしての機器代金。
B医療機関でのID埋め込み負担額(医療費国家負担)。
C街頭でのID追跡システム
D全て原価である

 すると、驚きの額が出て来ました。あくまで遊びですから、ネットなどで調べた情報で計算しただけ
ですが、見積もりでは八兆円には達するのです。自衛隊の年度予算を軽く上回ります。ただ、軽減
の方策はあります。これは国民全員、嫌がっている人にも強制した場合ですので、本来必要の無い
額まで計上しているのです。

 そして、これらはID埋め込みを除いて枯れた技術です。極微小な額からでも投資できます。ちなみに
一人当たりの負担額ですが、機器原価は千円から五万円程度までの触れ幅を持ち、これは貴方が
携帯電話を買った時の代金にあてはめて頂くとして、月額としてさらに数百円の上乗せが付く事になります。
つまりこれが社会保障費の一番基礎中の基礎の額になるのです。

27 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 10:35:23.78 ID:gF89rd5GP
外科的埋め込みは、希望するならやってもいいかも知れんが、
どうせ、海外で人のと交換される恐れとか考えたら、全然万能じゃないと思う。

こんなのはどう?
顔認識はデフォとして、あわせて虹彩認証、指紋認証、手のひらの静脈認証。
これらをあわせて行える機械を作って、必要なところにおけばいいと思う。
必要なのは、顔と虹彩を認識するための対面カメラと、手のひら系のスキャナーの
合計2つのセンサーで4つの認証が出来る。

上記認証を登録する際に、歩き方等の固有の癖も登録して、防犯カメラの解析に役立てる、とか。
具体的にいうと、役所とかに行けば、随時歩き方がスキャンされて、たえず癖情報が補正される、とか。

28 :ひだりまんじアスペルガー:2012/02/10(金) 10:37:39.17 ID:dv8mwsit0
データを監視する側の人間の不正は誰が監視するのでしょうか
別な独立機関をつくるとするならば
警察関係の物は完全に独立して存在させるべきではないでしょうか


29 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 12:42:14.31 ID:lEQ7F95H0
>>27 >>28 やっと休憩になりました。

 今ある認証技術は多種に渡り、その理由として一つだけでは冗長性に問題があると言う見方があります。
ですから複合で使うというのはいい考えだと思います。なら多ければ多い方が良いでしょう。必要な事なら
すべきでしょう。

 データを監視する必要を作った時点で不正の発生は確定します。穴を見つけるのが人間の得意な所です。
ですから監視業務だけは個人格にやらせる訳には行きません。独立機関ですが、正に機関の言葉の通り、
機械にやらせるのが確実でしょう。人間の様に融通は利きませんが、設計されたとおりにしか動きませんから。

 恐らく、データの管理は入出力に限られた物になると思います。改竄は出来ず、代わりに何でも書き込めますが、
消す事が出来ない。社会保障に関する情報等は特にこれで良いでしょう。元より人に害を与える為のシステムではなく、
権利を保全する為のものですから。

30 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 13:19:41.19 ID:Ct0cCJlc0
>>26
お前あといくつ人格もってるんだ?
頼むから信者と一緒にこのスレから出てくるなよ。

31 :ひだりまんじアスペルガー:2012/02/10(金) 15:39:48.00 ID:dv8mwsit0
詰め将棋。

32 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 16:12:51.52 ID:/wNYBKt/0
ID埋め込まれちゃうんですね、痛いの嫌だなぁ・・・。
質問なんですけど、そうやって人を管理して行きつく先はどこですか?
誰が得なんですか?人間は得にならないことはしない。
理由がわからないのが怖い。
いっそ、管理社会にした時の人間のサンプルです☆ミ
と言われたほうがわかり易い。

人間は得じゃないことには動かない。だから反対に今より得な感じがしたら
社会は簡単に動く。
確かにこの社会は自分たちが作ったけど崩壊しそう。
けど、がんじがらめの管理は望んでない。
国民=個人とすると、このシステムも望む人が増えないと機能しない。
例えば、これからIDを埋め込まない人は死んでもらいます、と
社会が動いたら死にたくはないから埋め込むでしょうけど・・・。
たしかによその国よりは「まぁいいか・・。」ってなりそうですけど・・。

でも雇用体系が変われば、教育体制も変えなきゃだし
電子マネーにするのも、金融体制を大きく変えなくてはいけない。
それは一気にやらないとそれこそ混乱すると思う。
頭のいい人は順番みえるのかな。


33 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 16:42:43.43 ID:/wNYBKt/0
得にならなくても、心が動く時、そこに信念なり、良心なりがありきだけど
あんまりそういう感じもしません・・・。
スローガンは何ですか?

私たちがこのような未来を望むからできるのであれば
望まなければ実現できない
望む方向に動かす力があって、それは混乱でしょうか?
そこから私たちに、秩序というもとで施行されるのでしょうか?

34 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 17:07:53.69 ID:qfsBfa5a0
>>33
そうだな
俺もそこが見えてこないのもあってか、
どうも単に思想を誇示しようと考えているのかと勘ぐる事しかできない
人間というものに対する見解は是非聞いておきたいね

35 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 19:31:36.11 ID:lEQ7F95H0
 色々と元スレ等にも意見が上がっておりますね。それらの意見も踏まえて、何故人間が
自分を管理しなければならないかをご説明いたします。

 まず、仮に、では有りますが我々日本人は民族的に、世界で一番優れているとしましょう。
慎ましく、順序正しく、礼儀を重んじ、思いやりがあり、製品は優秀、他人を比較的差別せず、
この七十年程は戦争に目だった荷担もしていない。

 先の3.11でも取上げられ、他国で報道された日本人の特徴といえば上の様な感じです。
ですが欠点があります。これらの美徳、その域は例え我々が世界最高の民族でであろうと、
絶対に「日本人」の域を出ないのです。

 では私達は日本人は何者でしょうか?戦争反対を叫ばなければ外交手段として直ちに戦争に突っ走る
猪武者でしょうか?礼儀正しい?では我々は五月人形?思いやりと言いますが、犯罪は思いやり
から起こりますか?派遣労働者は思いやりで使い捨てられるのですか?大学を出たらストレートに
一流企業に入る事が最高の就職情勢だとして、いまの新卒就職難は一体何なんです?

 貴方はこの理由を全てもらさず答え、尚これこそが日本人、最高民族たる所以と保証できますか?
そうではないなら、、その解決策を国家最高の意思決定機関である所に叩きつけ、理解させ、
発案してもらい、施行へ至るまで実力が在ると言い切れますか?

 私が思うに、失礼ながら、多くの人は国会の議場に足を踏み入れる事も適わないでしょう。
それでもそこで開催されている論議が、全く意思の濁り無く国民、ただこれの利益を追求する為、
多くの素晴らしい総理大臣達を筆頭に率いられていると保証できますか?

36 :ID:C6ajtsGU0:2012/02/10(金) 19:35:36.86 ID:lEQ7F95H0
>>35続き ←名前の所ID入れ忘れましたすみません…

 ここで私の見解を書きます。

 私達は不完全です。欠陥品、出来損ない、例えは何でも構いません。反論ある方もいるでしょうから、
先に言っておきます。「私達は神だとか自然の偉大なる摂理に基いているから私達こそ完璧な生物だと
平気な顔を知って言ってのける程度の頭沸いちゃってる出来損ない」です。

 それでも反論があるなら、だったら人類に今すぐ英知を授けて見せろと申しておきましょう。

37 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 19:44:22.93 ID:KhfbNW2r0
元スレの>>316に答えてほしい
>その先を推測すると日本の領土に住んでいるものからは国籍を問わず税をとる
>日本人というのに資格が必要になる
>で、その日本人資格は特別待遇というよりは振る舞いや民度が選定基準か?
>ぶっ倒れてるってのは司法の大物官僚か?

38 :ID:C6ajtsGU0:2012/02/10(金) 19:44:50.12 ID:lEQ7F95H0
 しかしそんな事は出来はしません。では、英知とは何でしょう?授けられないから、
永久に手に入れようとしないまま放って置くしかない物でしょうか?

 先ほどの辛辣に書きました言葉の中でも英知と書きましたが、ですが私はこの英知を神に並ぶ程の
完璧な知恵と言うニュアンスで書きましたので、手に入れたら、恐らく知恵などに関しては神に並べるかも
しれません。

 ですから、もしあるのなら、あった方がいい事には間違いありません。



 ここで申し訳ありませんがお風呂に行って来ます。

 所で、元スレを覗いて見ますとROM専の方々にも覗いて頂けているようです。元スレでは最早私は荒らし
に過ぎません。ですからあちらにこのスレの事を書くのはできれば自粛頂いて、こちらで直接、私の行動の
可否に付いて正して頂きたく思います。

 文句を言い返すほど意気のある人間ではないので、叩き放題ですよ。ですが今はそれも私にとっては
必要なの事ですので、是非こちらで。

 スレを建てて頂いた>>1さんには勝手をして申し訳無いですが、元スレの流れを戻す為にはこれが一番
良いようですので、勝手をしますがご容赦ください。

39 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 19:47:01.60 ID:VT81ZmGK0
悪魔の思想 おつ

人間は神から御霊分けして貰ってる。

人間の家畜化、ロボット化はさせない。絶対に。

40 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 19:48:44.30 ID:yUYx2Z+T0
IDチップで管理とかw
家畜と同じじゃないかww

41 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 19:55:06.94 ID:qfsBfa5a0
>>35
「日本人は精神的に優れたる部分がある」と「民族主義」が
どうしてそうごっちゃになってんのかわかんない
日本人には欠点が無いなんて言ってる人が近くに居るのか?

42 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 19:57:59.21 ID:/wNYBKt/0
日本人は地球の中に住んでる一民族です。
それ以上も、以下もありません。
思想や、環境が、生き方を変えてるだけです。
燃やしたら、みんなお揃いの白い骸骨です。ピンクでも緑でもなく。
今の社会への弱者への憤りはわかります。
思想もいいと思います。でもこれをIDチップで管理ありきだと
実現はしないと思います。
ID埋め込みで無く、違う方法で示せたら賛同者は多いと思いますよ。
自分も嫌じゃないですか?リモコンでコントロールされるの。
そんなことされたら反対に自分で自分が管理できなくなりますよ。
それ以外は私も賛成派なぐらいです。

グループで動いてらっしゃるので、また少し情勢が変わるのが
楽しみです。

43 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 20:04:39.59 ID:kDDV0+eIP
>ID:C6ajtsGU0
本気でそんなことをやるつもり?
相当な金が必要になるだろ?
考えを否定するつもりはないが
今のままだと中途半端に終わると思うんだけど


44 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 20:13:40.01 ID:PUTAXAsx0
どうも先日に引き続き死刑制度の者です。
元スレにあったクラウド化によるユビキタス社会っていうのには賛同できるのですが、
商品を生産する企業としては影響力があるところや、
知名度が高いところが有利になって無名の企業になるにつれ不公平をもたらすのではないのですか?
これについては同業種統一させ、競争原理をとっぱらうという見方になるのでしょうか?

45 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 20:15:33.23 ID:sxeOn1EOO
ブサヨ臭がもの凄く匂うんだが。








46 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 20:18:49.89 ID:OKKcLy610
人間が不完全で出来損ないと言えなくも
ないのはわかる。だから国家による監視
管理を、という考え方も一万歩譲ればそう
いう見方もあるのだろうとは思える。

ところで、その出来損ないの人間が作る
機械には不具合やバグは付きものだ。

だがあなた達はそんな機械に新たな社会システムを監視させるという。この矛盾は
どう説明するんですか?

個人の経済活動から行動履歴、犯歴まで
管理させる、いわば人生を支配するID
の管理だ。不具合があれば誰かの人生は
潰される。その事についてはどういう考えを持っているんですか?

47 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 20:31:41.33 ID:lEQ7F95H0
>>39
 ええ、ロボット化なんてさせる訳が無い。逆です。今の東京を見てください。
これがロボット化の害と言うものです。我々から人間性を奪い、意見を踏み躙り、
生物として自然の庇護の元から最も遠いガラクタの中に押し込める。これを人間
性溢れる社会と言うなら頭がどうかしてるでしょう。

>>40
 家畜を管理する時は蓄舎の中。人間には狭すぎます。ですがここは全世界。
一人で全てを理解できるだけの知識を得る為には余りにも広すぎるのです。
IDの役割は束縛ではありません。補佐に過ぎません。折角機械で時速100キロで
走れる世の中なのです。肉体だけではなく、頭脳も補佐させては?
飽きの来ない総理大臣が得られるかも知れませんよ。

>>41
 民族主義とは自民族をしてその至上を訴えるもの、>>35では日本民族が最上
だとして、と書きましたので、民族主義を主張している訳ではありません。

 日本人に欠点が無いと言っている人は居ません。ですが、欠陥があると筋道
立てて言える人もいない。それだけの認識がありませんから、どちらも言えないのです。

48 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 20:38:07.58 ID:lEQ7F95H0
>>42
 まず、IDのシステムは一例であると心に留めて下さい。いまさら上げ足取られたから逃げんのか、
と仰る方は、元スレで先んじて書いたと思うのですが、物事を採用するかはそこに益を見い出すか
どうかです。

 管理されたくない!ロボット人間だ!家畜!管理ありきの社会等嫌だ!

 何故このような意見が出るのでしょうか?簡単です。管理される事により今まで自然的権利として
確保されていた物が奪われるとなれば、これはやがて人権侵害にも至り兼ねない悪意ある所業です。
声高に叫ばなくても、他の人間なんか押しのけて私がまっ先に大絶叫します。

 私が次の支配者になろうとしているとか元スレで書かれていましたが、私に言わせれば支配者()と
言った所です。

 少人数が社会を司る構造を持つ時、そこに個人の意思は関与できません。邪魔なので、消えて頂きます。

49 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 20:49:08.88 ID:VT81ZmGK0
仮面を被った悪魔。
甘い思想で誘って、現実的方法は悪魔の如し。

神の計画と、悪魔の計画はとても似ている。
騙されてはいけない。

このスレにいる方々、聡明であってくれ。

50 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 20:49:12.59 ID:JvITrDTr0
糖質の妄言&自作自演が酷いスレだな

51 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 20:51:08.27 ID:lEQ7F95H0
>>43
 その通り!莫大な金が必要になります。ですから増税して、日本人を家畜化して、
ロボットみたいに扱き使って、死んだらその辺に捨てて…なんて効率の悪い事はしません。

 税とはそもそも、東アジアの歴史を遡ると租庸調あたりにその大元の所を見い出します。
これらは最も簡単に言いますと、最終的に管理システムを動かす為のものでした。
役人だって農民と同じ人間ですから、農民と同じ物が生活だった必要な訳です。

 私達の構想では何度も言います様に、国民=国家です。自らで自らを管理するのですから、
必要な税は自分で自分に払います。切る物、食べる物、住む所、そして、自ら社会で
効率的に運用したりするシステム、システムが必要ないぐらい完成された御仁なら、
自由気ままな人生。

 当然これは全員を指しません。国家の運用と言うとどうしても民族全体に対しての物を
指しますが、今の困窮した日本情勢だからこそ全体の刷新が叫ばれ、殊更に全体主義的政策が
重要だといわれる訳です。ですが全体の幸福とは、ロボット宜しく前ならえで得られますかね?

ID云々と同じく盲目的な政治過信も同じく危険であると思います。全体政策ではない、
これを忘れないで下さい。私は全体主義者ではなく、人間の欠陥を追及しているだけです。
生物である以上、免れ得ない欠陥を追及します。

52 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 20:55:35.65 ID:lEQ7F95H0
>>46
 機械の欠陥は今更目新しい事じゃありません。十万分の一の確立と言われる
飛行機の墜落だって1903年以降数えれば限がありません。

 ですが、人間もその活動は物理的事実において仕事として例えられ、故に機械も
仕事率と言ってエネルギー当たりどれぐらいの仕事が出来るのか、と表現したりします。
さらに言えば、機関と言えば機械用語として大まかにはジェネレーターの事をさしますが、
例えば政府は我々にとっては政治”機関”です。

 この政治機関とやら、ちょっと不具合やバグが多すぎやしませんかね?

53 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:00:21.94 ID:qfsBfa5a0
>>47
じゃあ仮に欠点を的確に指摘する人間が居たとして、その能力で一体何ができると言いたいの?

54 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:03:58.05 ID:/wNYBKt/0
>少人数が社会を司る構造を持つ時、そこに個人の意思は関与できません。
>邪魔なので、消えて頂きます。

国民=国家になるのでしょう?
個人こそ国民なんですから意思は関与できないのはおかしいですよ?
異論を唱える者には死を、ということですか?
あなたのグループの方はみなさん同じ考えですか?

人間の欠陥の追及なんてすることに何の意味があるのですか?
欠陥ありきが人間で、なければ神様ですよ。




55 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:10:50.18 ID:IaUOdqF10
労働者の天国〜を新しいキーワードで
言い換えてるだけのような。。。

56 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:12:01.80 ID:OKKcLy610
>>52
答えになっていませんね。

私が回答を求めたのは、あなたの思考の矛盾についての説明と、予想される機械の
不具合とそれが引き起こす事態についての考え方だ。

57 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:15:36.42 ID:lEQ7F95H0
>>47
 二つあります。

 @問題が分らない人間には解決策は提示できません。ですから能力を持つ人間が居れば、
私達は社会における問題を摘出でき、解決策を施行出来る様になる筈です。

 問題が分らないせいで泣き寝入りしなければならない事例があります。レイプだとか、逆に
Hな本が性的暴行などを冗長する原因だとして、因果関係も明らかにされないまま都条例などで
発行禁止になりかけたりとか、目と鼻の先にぶら下げられた問題を見れば解決しようとするのが
人間ですが、短絡的考えは問題を増やす事にもなりかねません。

 A欠陥をやがて指摘出来なくなる時、其処には欠陥の無い社会がある筈です。

 我々の日本社会も既に自然から受ける様々な脅威、見方を変えると私たち人類が不完全で
ある為に甘んじて受けなければならない脅威とある程度戦えますが、余りに巨大な物に対しては
事後対策しか取れません。

津波に流された、まぁ大変、頑張ろう日本!←頑張っても自然は私達日本人が津波で失った
人達を返してくれません。これを無くす為には、津波、地震災害、火山噴火などに対する不見識は
無い方が良い筈です。

58 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:16:09.11 ID:PUTAXAsx0
>>54 >少人数が社会を司る構造を持つ時、そこに個人の意思は関与できません。
>邪魔なので、消えて頂きます。

国民=国家になるのでしょう?
個人こそ国民なんですから意思は関与できないのはおかしいですよ?
異論を唱える者には死を、ということですか?

消えていただくのは少人数が社会を司る構造だとおっしゃりたいのでは?


59 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:22:47.86 ID:ksZ/xrYY0
国民=国家にゃならんよ
革命者はどうしたって神だか超人になって、
管理ポジションめぐってウチゲバしてしまうさ

60 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:29:16.12 ID:lEQ7F95H0
>>54
 少人数が、の下りは限定的能力しか持たない支配者と捉えて下さい。国民=国家なのですから、
国民の総能力が発揮されなければおかしい状況下において少人数の限定能力が国民全体を
縛る環境など、国民=国家の状況などとは言えません。

 消えて頂く、とは或いは将来のアドルフ・ヒトラーが現れた時、その無知蒙昧で持って国家、人類社会に
被害を与える事が無きよう、選りすぐれた意見で持って何々民族至上主義などと言う偏った論理を
封殺するという意味です。

 人間の欠陥を追及する事に何の意味が、と言う事ですが、これは人間が生きる上で最も大事な事の筈です。

 あなたは欠陥ありきと言いましたが、悲しい見方だと思います。私は都合外国の方と会う事があります。
彼らの文化、社会、それらを保有する世界には、学ぶべき所が多い。ですが、ひとたび攻撃を受けると、
途端にこの見方は180度変わります。韓国人が嫌いな方も居ますし、中国人が嫌いな方も居る。時には
戦争の頃の話を盛んに持ち出して非難される時もある。

 なるほど、日本人が他国に被害を齎したのは大なり小なり事実です。ですが、これらは私達の欠陥から来た事で、
第二次世界大戦が終った都合、二度と大戦は起らないという保証が無い以上、また私達は戦わなければ
ならなくなるかもしれないと言う事でもあります。

 これらを解消する手段は本当に無くていいのですか?私が外国の人たちと笑ったり、文化に驚いたりする
権利を奪うのですか?世界が好きな日本人で居る事は、神になろうとする愚か者の独り善がりな世界に対する
思い込みから来る勝手な感情ですか?

 そんな筈は無い。

61 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:33:58.39 ID:qfsBfa5a0
>>57
根本的な問題、もしあればだが、自分のやる事を他人に理解・納得させる方法を教えて欲しい
今こうやって複数の人間から反感かっている訳だけど、実際にはどうやって説得するつもりなの?

62 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:37:51.31 ID:lEQ7F95H0
>>56
 分りました。端的に話せといわれた事もありましたし、端的に行きましょう。
問題は必ずや起こるでしょう。だったらカバーすれば良い、たったそれだけです。

 あなた自身が問題が起こる事は間違いない、それによる不利益もまた
生じるだろうと述べています。つまり、ここに問題があるぞと自身で述べている訳です。
問題が分っているなら当然フェイルセーフが必要になります。利益、仮に利権だに
例えた時、現在の富裕層の利権保持機構が如何に強固かご存知でしょう。

 それを機械化したものにさらにフェイルセーフを掛ける。

 いや、それでも問題が起こる、今すぐ問題が起こらない方法を提示して、自らの完璧を
証明しろ等と言われたら、そんな物は水掛け論に過ぎません。

少なくとも技術の発展は日進月歩、将来的にはフェイルセーフなど無くてもうまく機能する
様になるかもしれません。

 ですがそれが手に入るまで、問題は認識し、解決していく事が最善手になります。問題を
見ずに逃げるというのも宜しいでしょうが。

63 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:51:52.10 ID:lEQ7F95H0
>>61
 反感を買った事など当スレに来てから一度もありませんよ。

 ですが、↑のままだと頭湧いちゃってる人なので理由を説明します。

 私達が立ち上がる時、その時は人集めが必要になる、と既に申しました。
私が不完全な一人間である以上、その論理はただの思想に過ぎず、骨肉を伴っていないからです。
ですから、骨肉を供えた確りとした肉体を供えなければなりません、つまりこれが、集めた人なのです。

 人を集めるとはどういう事か、それはその意見を集めるという事であります。こうこうこうしたい、と言うと、
当然誰かが、嫌だ、駄目だ、と言ってくれます。つまりそれは、「こういう問題がある、解決しなければならない」
と教えてくれているのと全く同じ意味なのです。

 反感と仰いましたが、それは反感でしょうか?わたしはこれこそ人類の精神面に備わる、真の善意だと
思っています。何と言っても無償です。無償で問題を教えてくれているのです。時々にはこうするべきだ
と提言をなさる方まで現れます。それを反感などと、切り捨てるは愚者の考と言うものだ。

 説得?必要ありません。意見ある所人が集まります。ただ思想をまくし立てると勝手に問題を指摘しに
集まって来てくれるのです。私はそれを汲み上げて伝えるシステムを組みたい、本当の所、それが完成すれば
人類は自然の手に委ねられる事無く自らを律して一人歩きを出来る様になる、と考えています。

 ですから、私がこうしたいというのは全て一例に過ぎず、政府だとか、権利の保全だとか、宗教だとか、
要素の割合は人類が自身で決めればいいですから私の事などどうでも良いのです。
事がなったらベンチで2chでも閲覧してちんたら生きます。

64 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:59:28.80 ID:/wNYBKt/0
ええと、ID:C6ajtsGU0 さん
わたしはおバカなのでちっともわかりませんが
日本は戦争はしないと思いますよ。
侵略されて終わりです。いま、半ばされてますけど・・・。

私も、韓国と中国の友達がいますけど個人的にはいい人です。
国家としたらわかりませんが、でもそれでも交流できます。
欠陥のない友達はいますか?
私にはいません。
欠陥のない友達が欲しいか?
私はいりません、自分にも欠陥があるからです。

ID:C6ajtsGU0さんに優しい友人が現れてくれることを祈って
私はこのスレから離れます。
きっと、どこまでも平行線だろうな。
神様になるおつもりなら「やさしいかみさま」になってください。


65 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 22:15:10.10 ID:qfsBfa5a0
>>63
俺は他人の意見をお前がどう思ってるか聞いてるんじゃない
あんたらは自分達の行動を他人に説明して納得させる術を知っているのかと聞いたんだ
もし自分達の思想が体現するのであれば、その過程で避けては通れない道の筈だろ?

66 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 22:16:11.76 ID:qfsBfa5a0
勿論他人に納得してもらう事は、という事だが

67 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 22:20:31.50 ID:lEQ7F95H0
>>64
 >>日本は戦争はしないと思いますよ。
 >>侵略されて終わりです。いま、半ばされてますけど・・・。

 外交の基本はしっぺ返し戦略だそうです。やられた事はやり返す。今、中国や韓国の
人々が様々な意見と行動で持って日本を攻めていますが、これらも彼らにとっては合理
故の物なのです。つまり、その合理を組んでいる物を無効に出来れば、今日本に対して
行なわれている事と同じ事ですら中国や韓国に対して行えます。

 元スレで、トンでも論で展開したままおさるさんに引っかかり、以降補足を忘れてしまって
いて散々に書かれた論理があります。

 核の傘をどう無効化するか、と言う質問に対する返答部分でしたが、つまり核は国家、
一応はその構成民族の意思の結果発射される物です。

 腹に爆弾を括り付けて貰って、我々はその起爆スイッチを押すとは比喩で、腹は
考え方を、爆弾とは思想を指しています。

 つまり、合理を不合理に変えるほどの合理を示す事、これが爆弾のスイッチな分けです。

 中国の事を見ますと、かつて文革から天安門事件を通し中国は武力弾圧を行い、
中国人を抑圧しました。その抑圧は参加者の社会的立場を侵害する物でもあったそうで、
磊さんと言う私の知り合いの中国人をして「あんな国もうどうにでもなっても知らない」
と表現する程の物だったようです。

 色々と問題は有りますが、以上の全ては中国に細工をするには武器になる、と我々は
考えています。

68 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 22:43:50.96 ID:lEQ7F95H0
>>65
 説明を間違えたようですね。貴方の言う納得の意味を、思想共有の事だと捉えるなら、
始めから私達はその必要など感じていません。

 何度も繰り返していますが今一伝わらないので別の言葉を使います。私達の思想を
共有してもらう必要など始めからありません。始めから人間に備わっている物を付け足す
必要など無いからです。

 貴方は投票に行くとき、投票所で何を書きましたか?人の名前の筈です。自分がどうして
欲しいか書いた事は一度も無い筈だ。自分が支持する政治政党の代表者の名前を書くでしょう。

 その政治家が貴方の所に政論を打ちに来て貴方は納得した事がありますか?やはりこれ
も無いと思われる。

 貴方はどう納得させるのだと問いますが、納得とは何です。政治家に政策を懇々と貴方の
利益に絞って説明された事など無いのに納得出来たことはありますか?貴方の納得は全ての
国民のそれと同じく、システムに対する信頼から来ていた筈だ。

69 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 22:44:27.49 ID:lEQ7F95H0
>>68続き
 それに対して私達のそれはシステムの刷新ではなく、ありかたの一つを示す事です。何か一つの
絶対的存在などと言うのは某西の超大国の大統領が歴代必ず繰り返している事なわけですが、
私達は自分の論理がそれに類するものとなるのを恐れこそすれ、保証されたい等とは思わない。
間違いや勘違いを孕んで伝わる事を防ぎたくすらある。

 まとめですが、貴方が自分の権利を保障されたい、もっと社会に良くして貰いたいと思い、
政治に権利者として関わるなら、私達はそれを推奨し、貴方は始めから私達に同意する事無く、
ただ昔から当然だった事をやるだけです。誰かの思想を「納得」とやらで捻じ曲げる?

 とんでもない。そんな事する位だったら思想の展開などせず引っ込んでた方がよっぽど
社会の為にもなるし私達の存在も納得して貰えるでしょう。

70 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 22:46:55.41 ID:etVzvca70
ていうかさ、あんたは結局どこまで話すつもりなの?
さわりだけ語ったってここの連中は納得しないよ?
話してくれるならある程度具体的なネタがないと盛り上がるに盛り上がれない
2chのオカルト板でこんな話して、あんたの組織の狙いはなんなの?
ただ話したいだけなのか、多くの人に概念を理解してもらいたいのか
もし後者だとすれば、なんだってここを選んだのか分からん
大体あんたはVIP予言からここに辿り着いたんでしょ?
だったら、VIPで発言した方が話は大きく膨らみやすいってことも分かるだろうに
他板でそれらしい話があれば、自動的にオカルト板にも輸入されるわけだしさ

71 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 23:13:04.94 ID:lEQ7F95H0
>>70
 このスレは解説スレだそうで、そもそも私がVIP氏の予言に驚き書いた事が
一人歩きし、それから補足だの何だのとやっている内にオカルト板から離れて行き、
>>1さんが行為で立てて下さった板に退避して来たらココもまたオカルト板でした!
と言う経過です。成行きでこうなってしまった訳で、他意があった訳ではありません。

 2chのオカルト版で話が広がってしまっている訳ですが、補足の繰り返しの積もり
でしたので話が広がらないのは仕方が無いと思います。

 それでそれらしい話があれば・・・との事でしたが、何と言うか、VIP氏の発言は、
本家本元のスレの方で滞りなく研究?されているようですので、水を差す事だけは
元スレの事での荒らしのこともあり止めて置きたいのです。

 まぁ補足に始まって補足に終るのが当初の目的でした。

 組織の狙いと言うよりは、私個人の試みですね。意見ある所に意見が帰って来ます。
すべき事、してはならない事、いざ動く前にこれが分るなら、それを知識として共有して
おけば他の者も手落ちを減らせます。これほどありがたい事はありませんから。

72 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 23:13:41.51 ID:lEQ7F95H0
>>71続き
 それとそうですね、何が皆さんに興味ある話かは分りませんが、VIP氏の発言の
中にあった、

>>植物に感する大きなニュースがある。

 は、どうでしょう。私達の考えている事似通っている部分があります。これは恐らく
生産規格化の事と被ります。いま、食糧生産は未だに天候に左右されている部分があります。
他にも、露天で植物を栽培すると、手間や費用の面から言ってどうしても対策を講じなければなりません。
ここから農業を解放する手段を講じる必要が将来的に必要な事は既に分りきっている事です。

 田畑は通常その面積効率を生産のしやすさによって左右され、稲と麦では密集させて良い度合いが
変わってくるのです。作物の質の為、土壌の養分を取り合わない程度に、かつ最大収穫が望めるよう
にする為にどのぐらい植えるかが大まかに決まるわけですが、ぎっちり密集させても収穫が望めるなら
これに越した事はありません。

 正しくは、少ない土地面積で収穫量の倍化を自由に行なえるようにするもので、土地投資を抑えながら
将来の生産量増加にも十分な融通が利く様にすると言う考え方です。


73 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 23:26:26.04 ID:qfsBfa5a0
俺は問題を理解する事が問題に直面した人間の考え方や思考を理解するのに最適だと考えている
だから俺は文章が複数の意味にとられない様に一行だけで質問して解答を待った訳だ

けどここまで前後の文との繋がりがわからない文は初めてだ
本人じゃなくても良いからわかる人誰か説明してくれないか

74 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 23:39:30.19 ID:G7/AwHAI0
相互管理の社会になると人は古い人は苦しむと思う
氏の世界が実現されようとする場合、暴動が起こると思うんだが・・・

格差を生む資本主義社会が良いとは思わんけど
資本主義こそまさしく人に適した構造であると思うんだけど
本能を檻に閉じ込めるような社会構造が実現するとはとても思えないな
その現実を受け入れながら生きていかないと人は機械的に遊ぶ機械になると思う

75 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 23:49:44.97 ID:lEQ7F95H0
>>73
 了解。理解や納得とは人の固有の物だとおもう。だから、納得してくれる人もいればしてくれない人もいる。

 だから、懇親丁寧に説明しても納得に至らないのが普通だと思う。諦めざるを得ない。

 でも、理想は公共の利益の確立だった。だからたったの一人でも人に理解されない物なんて公共の利益に
はならない。

 既に納得してもらう所からは離れてしまった。諦めたからだ。だけれども公共の利益を達成しなければならない
事実に揺らぎは無い。

 だったら、納得に拘り過ぎず、初めから公共の利益を追求すればいいでしょ?それが出来れば全員を集める
必要までは無いよね?

 全員に納得してもらう事って、本当に必要だっけ?少なくとも損しなけりゃ誰にも文句は無いと思う。

 だったら、利益云々は納得できた奴らだけのものにして、納得しない人たちは、その考えの限り現行のやり方で
得してれば良いんじゃないかな?やっぱり納得して貰う必要なんて無いよね。

 て所です。

76 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 00:23:19.36 ID:ikxTG+9s0
 ほんっとに分り辛いのは皆さんに謝ります。下書きも無い物を急いで打ち込んで、
後で自分で読んで?ってなってますから。分り辛かったらとにかく言って。
当然以後も努力する。

>>74
 資本主義社会。良いと思いますよ。でも人間の資本ってお金だけではないと思うんです。

 介護で、グループホームの運営に携わっている人が言っていました。

 老人が呆けると、後見人?として弁護士がつく場合があるんだそうです。財産管理を一手に
引き受ける役目として弁護士が雇われるのですから、老人はもう自由気ままに財産を引き出せません。

 財産を引き出す時には、弁護士に言い、弁護士は家族に尋ね、家族が老人に代わって財産を
引き出せるかどうか決めるんだそうですよ。そして、大体は却下されるのだそうです。

77 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 00:23:50.42 ID:ikxTG+9s0
>>76続き
 そういう老人を介護するのがグループホームの仕事だそうですが、介護の人はそこに人を助ける
仕事なのだと言う誇りは無いと言っていました。

 これは現実の話です。本能は折に入れてはいけない筈。ですが、檻はあるのです。老人は今や機械的
に生きる人。

 勿論、呆けた人は例外に決まってるだろ?認知症何だぜ?って考えも当然だと思います。ですが、
当然だから老人の権利を保障するものが必要だなぁとは思いませんか?

 管理社会をネガティブに捉える方が大変多いですが、皆さんが考えるような管理社会は考えていません。

 自分の尻拭いぐらい自分で出来る人間を見つけるのが本当の目的です。そうすれば管理社会など必要
無い筈なのです。自分で自分のお尻を拭いても「なんて事だ、日本に管理されている」と思わないと思うんですが・・・

 医療費を払って医療を受ける事もありますが、これだって自分を管理するためでしょう?「管理体制論者め」とか、
そんな事言われた事が無いので、分らないのですが。

 それに、IDによる管理ですが、これは既にあるものをもっと便利にしただけのものです。家賃だの、水道光熱費だの、
医療費の支払いだの、税金だの、銀行自動引き落としを設定している人だっているだろうに、これを「ID管理」にした瞬間
骨まで絞られる悪魔の社会っぽい意見を述べていた人とかは、銀行口座とか使った事無いんですかね?
あれだって出納管理システムなのだから管理だろうに。


78 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 00:35:53.97 ID:ikxTG+9s0
 書いていて思った。何となくそんな気がしたと言う所ですが・・・

 皆自分には潜在性があるのを知っていて、それが将来の展望になると思っている。

 けれどもそれを自分で赤裸々に出来る様になると、潜在性はともかく、自分の能力で
何処まで出来るのか、知ってしまう。

 すれば、他人との優劣は付かざるを得ない。そんな社会は結局優れた人間に支配
される劣等な人々の社会だ、管理社会はそれを助長こそすれ、決して弱者を救う
契機にはなりはしない、とか、そんな感じなんじゃないかという気がした。

79 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 00:52:25.76 ID:4oOcOaVU0
ていうか、氏がここに書き込んでること、あなたの仲間たちは知ってるんでしょう?
一昨日だかも説明中に、「横やりが入った」とか「怒られた」とか「説明を補足された」とか
職場から書き込んでいて、それを誰かが後ろから見てる風に言ってたよね
他の人が書き込むことはしないの?
ていうか、あなたの組織内でのポジションはどんなもんなの?

80 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 00:58:35.15 ID:YucZdHX/0
>>79
その仲間っていうのは
こいつの見えないお友達のことだから
“組織内”というよりも“脳内”の方が正しい




81 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 00:59:04.78 ID:NRPJnqI40
>>77
返信どもです。
介護だけじゃなく、労働の価値を決めたりってとこに違和感覚えたんだ
価値観はそれこそ様々で、その価値観に基づいて物事の価値を人が決めるわけでしょ?
ある意味ではそこで薬などが横行する結果にもなりかねないと思う

何故薬が悪であると思うのか?
そこの問題に問いかけると価値観、倫理観に行き着くわけですが
それは教育と社会によって形成されるもので、倫理観の多様性は避けられない

つまり氏の考える教育について聞きたいです。

82 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 00:59:16.85 ID:ikxTG+9s0
>>79
 ただの計算係。都合、企画の内容を知る時がある。
ただ、子細には知らないのですよ。計上するだけでは
全容は分りませんから。

 たまたま、VIP氏のスレを見つけて、書き込み、その後、
 「もちっと書いてもいいですか?」
 と訊ねた所で 
 「あッそう」
 と言われた。
 こんな雰囲気です。組織での位置ですが、経理ですね。

83 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 01:00:16.15 ID:MnC69tB50
まずこてがあるならあるでしっかり付けて欲しいな
特に日付が変わるとIDが変わって発言者がわからん

本能を押さえつけるといった話があるけど
それじゃいつまで経っても動物から抜け出せないんだなって思う
動物と人間じゃ何が違う?
自分の中で本当の意味での人間になることがアセンションだと思ってる

84 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 01:10:26.68 ID:dSbSFyxx0
ID:qfsBfa5a0です
しばらく黙るよおおおおおお!

85 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 01:11:38.43 ID:wWfOhX3V0

 オカ板住民は相変わらずやさしいよなぁ。
 全力で釣られるのがオカ板の信条とはいえw

 ・・・・3・11以降、この手の輩はあとからあとから湧いて出る。。w

86 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 01:13:00.59 ID:4oOcOaVU0
>>82
経理で編纂の手伝いもやってるの?
ちなみに会社なんだろうけど、名前は知られてる?

87 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 01:16:18.47 ID:ikxTG+9s0
>>81
 倫理は人間の有り方、を問うものだと理解するとして、価値観は利益の見方と捉え
られるでしょう。

 薬の話を使わせて貰うと、横行と言うよりも社会保障の枠にすら組み込まれている、
つまり薬を国家が認め、なおかつ入手や薬物中毒からの快復までを保証している
国があります。

 オランダの事なのですが、ですがオランダ人だからといって全員が薬物中毒な
訳ではありません。

 逆に日本の様に厳しく規制しているのに、薬物中毒者が居る国もあります。

 何故オランダ人は全員薬物中毒ではなく、日本人はたかが法律一つまともに
全員で守れないのでしょうか?

88 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 01:18:25.72 ID:ikxTG+9s0
>>87続き
 それは貴方の言う通り、倫理観・価値観が多様だからです。つまり、元々の状態を思えば
倫理や価値観は「全く無い」状態から人間はスタートします。

 学校で道徳に付いて説かれた事は日本人なら誰にでもある事ですが、これは後に
何故効果があるのか説明します。

 先ず先に、学校では教えないものも上の説明の為にも引き合いに出します。

 それは「立場」ですね。肩書き、役職とか好きな物を思って下さい。これは
社会的立場を確立した時のみ手に入るもので、学校では教える事が出来ません。

 実は学校で教える道徳すら、社会的立場の基礎部分を子供達が持っているからこそ
通用しています。

 それは「友達と同じで居たい」と思う気持ちと捉えられるでしょう。つまり他人との関係の
中にあって揺れ動く自らの立ち位置、それにどれだけ価値を見い出したかと言う価値観、
これが倫理だと捉える事が出来るのです。

89 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 01:24:22.17 ID:aimVJzrL0
>>62
不具合が起きればカバーすればいい、
ですか…。
つまり不具合による事故は織り込み済みで事をなすというわけだ。

ならもう一度聞くが、不具合によって潰される人の人生に対してはどう考えている?この質問にはまだ答えて貰ってないが。

カバーすればいいと言うが、どのようにカバーするんだ?
カバーの仕方が悪ければ、多大な不利益を
こうむり、罪なくして社会的に抹殺される
人も出てくると思う。
この新たなシステムが不具合織り込み済み
でスタートするというのなら、こういう人々の救済法も考えられていなければなら
ない筈だが。





90 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 01:30:18.45 ID:ikxTG+9s0
>>88続き
 ですから、立場を強化することが倫理を徹底する手段になる訳ですが、倫理は
先ほどの通り立ち位置に付属する価値観の様なものです。

 オランダ人のスタンス、日本人のスタンス、それが法を決める遠因になっている
わけですが、先ほどの通り立ち場です。これぞ正しいスタンス、と言うのは永久に
訪れないと言うのが正しい見方だと思います。

 そこで曖昧で申し訳無いのですが、ここで「中庸」が大事に成ってくるのでは
ないかと思います。

 良いか悪いかの一辺倒ではなく、良くも悪くも無い状態、いわばグレーゾーンですね。
ここにあるのが正しい姿なのではないかと。

 知識も教養もあり、人望も備わっている人がちゃんとした論理と考え方で持って
行なっている事には誰も文句を言いません。言わなければいけないのかも知れませんが、
皆が知識も教養も持っていれば、ある種、ああ、この人はこういう考え方なんだな、
と分ると思います。


91 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 01:31:23.31 ID:ikxTG+9s0
>>90続き
 タバコを吸っている人が肺がんになるかも知れないからといって、私は誰かに
肺がんになるからと止めさせた事はありません。なるかもよ、と言った事ならありますが。
実力行使はその人の喫煙の権利を奪いますからね。

 教育は、出来る限りを教えるべきと言う考え方で居ます。社会で生きる為には
社会を知る必要がありますから、とにかく社会に付いて教え込むこと、それが
終って尚出きる事は…あとは教育に足りない部分を誰かが経験して教育に
織り込むしかありません。

 薬の問題ですが、我々は薬を完全な悪だと言えません。特定の人に害を齎す物には
間違いありませんが、勧善懲悪論の中に取り込む為には薬と言うのは効果が限定的
過ぎるという問題があります。

 これを示せる時まで薬の問題は解決されないでしょう。オウムのサリンの様に、
「圧倒的社会悪」であるのだと、法ではなく知識によって解き明かされる時まで
待たなければなりません。

92 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 01:32:40.26 ID:YucZdHX/0
>>90
うん、そうか、わかったわかった
んでその経理部の脳内上司は来週あたりに登場するのか?
今度はどんな人物設定にするの?

それとお前の○○○○○は癖がありすぎるから
○○○○が非常にやり易い

もうすこし一緒に遊ぼうな坊や

93 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 01:40:01.72 ID:ikxTG+9s0
>>84
 何度も質問してくれてありがとう。どういう書き方じゃなきゃ駄目なのか、まだ今一分らないけど。

>>85
 オカルト版の人達って、少なくとも締め出す事でしか問題を解決できない人たちと違って、オカルト
を扱う都合上、鷹揚でなければならない事、それでいてオカルトを鵜呑みにしないだけの知識と教養
を持っている人達だと思う。

 思想板の一部みたいに狭隘な主義者や、一般の人みたいに通り過ぎるだけではないから、優しい
と言うより人が出来ていると捉えるべきじゃないかと思うんだが。

 文が分り辛いとか言われたけれども、これだってROM専相手なら完全スルーで一桁台でスレ流れ
ちゃう訳でしょ?一月前に初カキコした人間が一月後に好意でスレ立てて貰って。皆ありがとう。

 

94 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 01:43:59.25 ID:YucZdHX/0
>>93
そうそう、
状況が不利になるとそうやって仲間を作って囲いたがるのが人間だからね
まぁそんなに焦るなよ^^

95 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 01:48:53.05 ID:ikxTG+9s0
>>89
 被害を完全に無くす事は無理だ。そもそもカバーと入っても用法論であり、それを用いる
為のシステムが如何様なものかすら仕様策定されていないから、どういう問題が起こるかは
起るその瞬間まで分らない。

 当面は減らす事、たったそれだけしか出来ない。書き方を見ていると導入後の社会では
いまより社会的に抹殺される人間が確定的であり、その人物の数はともかく、その人物が出る限りは
絶対に新システムなど受け入れられないといった感じに取れる。

 私達がありもしない完璧の為に思想を暖めているというなら上の意見もありなのだろうが、
目的は合理化であって徹底した完璧ではない。救済を行なうとして、それすらも合理の為だ。
完璧の為じゃない。

 ただ、完璧にする方法も無い訳ではない。システムに欠陥があると思うなら、関わらない事だ。
システムから発生する不具合は全く被らない。

 そして最後にもう一度。完璧など無い。完璧など無いんだよ。事に応じて動く事しか、元より
我々人類は出来はしない。完璧など無いって意味がこれで分るだろう?

96 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 02:02:05.86 ID:YucZdHX/0
>>95
バカだなぁ

人を騙すときは、律儀に質問に答えちゃだめなんだよ
それをやると手の内を一つ曝け出すことになり
余分な嘘を一つ増やさなければいけなくなる
最悪開き直りという手段も残されているけどね

とりあえず期待してるよ

97 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 02:04:47.70 ID:NRPJnqI40
>>91
なるほど、倫理観や価値観の捉え方に関してほぼ私の見識と一致しています。
中庸は確かに大事ですね、極論は愚かです。

しかし、氏は「こうあるべき、こうなる」という主張はなくて
ただただ現状について問題点や本質を冷静に分析してるだけに見えます。

私の勝手な妄想で結論を作ってしまいますが、氏は
「直ぐに結論を求めるのではなく、考えて互いに討論するべきだ」
これを現代人に伝えたいのではないかと思うのですが、どうでしょ

98 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 02:10:06.91 ID:NRPJnqI40
すまぬ、勢いで書いて自分でも何書いてるかわからんことになった
そもそもこのスレがどういうスレなのかも分からなく・・・
やっぱ氏の主義主張が少ない点が曖昧にさせるのかもしれない

99 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 02:15:42.54 ID:YucZdHX/0
>>やっぱ氏の主義主張が少ない点が曖昧にさせるのかもしれない

詐欺師が標的との対話中に一番嫌がることは
正味理解されることだからな

100 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 02:24:04.86 ID:NRPJnqI40
>>99
わざわざ引用してもらって悪いですが貴方の主張もちょっと分からんです
主張というか行動の原理が分からないです。
詐欺というほど騙せる論調でもないと思うが、こんなこと普通の人に言っても首かしげられて終わるだけだw

101 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 02:28:08.36 ID:YucZdHX/0
>>100
>>行動の原理が分からないです。

今のところ遊んでるだけです。

102 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 02:41:21.77 ID:5xcjBJ1w0
YucZdHX/0は子供。相手を判断する為に揺さぶって反応を見るタイプ。
自分のなかで氏の位置を決められないので、まずは詐欺師と仮定して様子を見ている。

だまって見ていれば良いものを、やっぱり気になるので揺すって反応を見て
早く判断したい。だから、わざわざ下らない反応をしているのだろう。

103 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 03:02:38.64 ID:ikxTG+9s0
>>97
 はい。ですが、私は遠回りし過ぎました。スレの趣旨も解説スレですので、
質問が無ければ私も補足する事が出来ません。そこで行くとおおかた質問は
出尽くしたようで、これから静かになっていくと思います。

 >>「直ぐに結論を求めるのではなく、考えて互いに討論するべきだ」

 の件ですが、その通りです。

 その為の私の主張があります。

 私達は人間は元来生物の一種族でした。そこから全ては始まったわけですが、
後獲得した便利な道具が集権だったのだと思います。

 便利ですから、集権の必要が生まれた時から、その存在は遠い将来である、
つまり現在に約束されていたものだったのではないかとも思います。

 それは神様に拠るものではなくて、中央集権化された社会がその維持の為に動く限り、
私達は、時には引き摺られる様にしてここまで来る事が分っていた筈、と言う意味です。

 何故か我々は明日日本が倒れるなどと言う事を想像できません。逆の見方が出来ますから
倒れないとは言い切れませんが、だからこそ、倒れないとも言えます。

104 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 03:03:11.32 ID:ikxTG+9s0
>>103続き
 私達は社会体制はどうあれ、万国の国民それぞれの社会から利益を享受します。
ですから国家は無くてはならないものには変わりありません。だから、基本的には
倒れないのです。倒れそうになったら支えるのが国民です。彼らの意思を集約していますので、
例えば現行日本では、国家=人民であり、対等である筈なのです。

 一方で、国家を望んで倒すというイレギュラーな事態が発生する事もあります。
革命の事ですが、革命では国家が早晩倒れる様にとする運動が起こります。これは言わば
自殺行為の様なものです。国家=人民ではない、と言っているのと同じだからです。

 これは集権化によって起る弊害の結果として、例えば悪い王様だとか、体制の保持に失敗したとか、
今までの時代において何度か起って来た事ですが、今の日本の間接民主主義が至高の
政治体制である保証が無い以上、今正に日本にも起っているのではないかと考えられます。

 国家とは公共利益の為のもののはず、その「社会」から享受する利益とは、
一体誰が保障していたものでしょうか?それが国家であるなら革命は起らない筈です。

 私達は科学技術を発展させ、生活を便利にした筈です。社会も発展し、実際に
人口も増え続けています。それは国家と言う意思統率機関があればこそ達成された
と言えますが、昨日から幾度か目にする通り、人間のロボット化と言う問題が
既に生まれているのではないかとも考えられるのです。

105 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 03:04:07.71 ID:ikxTG+9s0
>>104続き
 次日本に問題が起こった時、これは高度経済成長後のバブル崩壊と違って、確実に
日本を衰退させるでしょう。これは予言する必要も無いほど全国民の目に明らかな事実
の筈です。問題の程度は差あれ、到来の時期の差異こそあれ、起ってしまうと考えられます。

 かつて我が国日本に災害が起らなかった事が無いからです。あの3.11で綺麗さっぱり
未来永劫災害は来ませんなんて事は無いでしょう。

 もう一度、集権化の必要性を再認識し、集権によって得られる利益を人民と直通の
所に置くべきと思います。国家は必ず必要です。これをして私達人類は発展してきた。
もっと発展の速度を速める方法は無いものでしょうか?

 これは私一人では無理でしょう。日本人全体が協力する事も無理でしょうが、何れ
誰かが考えなければならない事です。

 さて、今日はこの辺でいい加減落ちます。お休みなさい。付き合ってくれた人ありがとう。

106 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 03:14:24.86 ID:YucZdHX/0
>>102
おいおい、俺はまだ脳内友達の仲間入りはしたくないぜ
それと仮定じゃなくて断定な

107 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 03:44:39.01 ID:+lYNIvWm0
♪隣の席では老けた男が
散々からんで人生語る
どっかで聞いたことある話だ
思えばあいつは昨日も来てる

懐かしいよなぁ。「愛のために」。
このスレ見てたらふと思い出したわw

108 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 03:51:01.69 ID:NRPJnqI40
>>105
氏の文章全てを読んだわけじゃないけど
部分的に見て氏はナショナリズム論者という印象を受けました
今の政界では極めて少数派だけども、自分はナショナリズムを支持してます

というのも、愛国心というと右な印象が強く出てしまうので
郷土愛と言いますか、それを絶対的価値観として物事を考えて
何が日本にとって正しいのかを考えた結果、私はナショナリズムに行き着いたわけです。

氏の文章は情報が錯綜してて自分お馬鹿頭ではまとめきれんので
ズレたこと言ってたら申し訳ないです

109 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 03:57:25.09 ID:aimVJzrL0
>>95
じゃあ、20番台から36番のレスは一体なに?

この監視管理のIDシステムは、あなた方が作る新たな社会システムの根幹、言わば
前提条件なんでしょ?
現代人に叡智がないからそれを叡智の代わりとして人を管理するんでしょ?
そう書いてたでしょ。
なのに、仕様策定出来てないとはこれいかに。
「とびきり美味しいオムレツ作ってあげる。卵ないけど。」って言われるのと
同じくらいびっくりなんだが。

大体、人の気持ちを何だと思ってる。
あなた方の作ろうとしてる社会の話を
聞いた人間は、管理される立場になるの
ならミスなく管理をと願う、これ当然。
それを汲むこともせず、想像力を及ぼすことすらなく、
「仕様も決まってないし間違っちゃうかも
しれないけど、でも徹底監視管理はするぜ」
など言われたら誰も納得しないわ。

何度も、不具合による犠牲者についてどう思うか聞いてきた。答え方と内容であなた方の本質が分かるから。

でもシステムの話に終始するばかりで、
あってはならない事態に対する想像力も、不具合の被害を受ける人に対する配慮も
伺えない。
だからこう判断させてもらう。
あなた達は、自らの理想の為に犠牲が出る
事をなんとも思わない、旧来の支配者達と同じだ。合理化の名の下に人を人とも思わない傲慢な集団だ。だから答えられないんだ。





110 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 04:09:09.14 ID:NRPJnqI40
いかん、ホントに何と何が整合性取れてるか分からんようになってきた
履歴書のテンプレみたいな書き方してくれると凄く助かるんだけども・・・
結論→解説→まとめ みたいなさ

確かに例として経済一つ挙げても国の制度やら外交やら様々絡み合ってて
一言で表しにくいのは分かるんだけども・・・

111 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 04:54:56.24 ID:6EDlq6vl0
>>109
考えられる不具合って具体的にはどんなことを想定しているの?

112 :ID:C6ajtsGU0:2012/02/11(土) 06:53:21.35 ID:ikxTG+9s0
>>109
 私の説明が足りないとは散々指摘された事なので弁解しない。ただ、これだけは知っておくべきだ。
管理管理と拘る事で貴方は思考の補強を図るが、貴方みたいに黙って社会に従う事を最高の人民と
言う人もあれば、我々はロボットでは無いと常々思っている人もいる。その人達にも気持ちがあるのだ
と言う事を知らなければならない。

>>大体、人の気持ちを何だと思ってる。
 だから貴方の言葉を引用してそのまま返す。

 そして我々は理想家で人殺しだそうだが、年間三十万人も自殺者が出ている事に目を背けている
貴方のような人こそ正にその旧支配者を支える駒だと思いますよ。

 途中水掛け論になると忠告したにも拘らず、結局こうなると言う事は、貴方は他人をただ否定する事を
目的としての論説展開が初めから目的だったという事だと思われる。

 だから次の展開の為にこう伝えておく。

 人間が完璧であると証明してくれれば幾らでも上のシステムの完成形を懇々と説いてみせる。それは
約束しよう。元よりシステムの欠陥は人間の不完全さから来るものだからだ。だから、完璧とは何かを
示して頂きたい。

 その時私はこう答える。

 完璧な人間の作ったものはまた完璧、フェイルセーフも無しに完成するだろうと。

113 :ID:C6ajtsGU0:2012/02/11(土) 07:06:58.42 ID:ikxTG+9s0
>>112続き

 >>現代人に叡智がないからそれを叡智の代わりとして人を管理するんでしょ?

 そして曲解がある。上の一文だが、貴方は管理のシステムが天から降って湧いてくるとでも
思っているようだ。そしてそれが我々だと言う事かと仮定して散々お前ら何様のつもりだと説く、

 つまり>>「大体、人の気持ちを何だと思ってる。」と言う発言につなげているようだが、そもそも
からして我々は貴方が思っているような、IDシステムによる管理しかない社会だけが、絶対正しい、
とにかく貴方も人民も全員必ず参加だ、参加しなければならないとは一言たりとも言っていない。

 そもそもからして他でも述べている事だが、何を幸福とするかは人それぞれだ。私は他人の
気持ちを踏み躙るためにシステムを示唆した訳ではなく、現行のシステムとは別に社会利益を
追求するシステムとして別個の社会における利益追求の装置を提示したつもりだ。

 なぜなら現行のシステムには穴があっても放って置かれている様子が見られるからだ。
民主党を引き合いに出す。酷い所では与党になってから達成したマニフェストはゼロとすら言われている。

 これは人の信頼、気持ちを踏み躙ってないといえるのか?貴方は我々の考えが理想に過ぎないから、
現行システムの欠陥を治そうとする試みは全て邪悪であり、今のシステムによって苦しめられている
人々を助ける試みも全て邪悪、人が多少でも不利益を蒙るなら、今年も30万人死ねと言うのか。
どうかしている。

114 :ID:C6ajtsGU0:2012/02/11(土) 07:12:37.69 ID:ikxTG+9s0
↑ 数字を間違えている。自殺者数は30万人ではなく3万人が正しい。誇張表現となった事をお詫びする。

115 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 07:39:12.10 ID:wmGSD/Wx0
何とまぁ
君達は少なくともこれから1億近い人間に君達の思想を伝え
対話することになる組織ではないのかね

一人二人の意見の相違でむきになりなさんな
それこそ情報に齟齬が生じ
要らぬ軋轢が産まれるのでは無いかな

116 :ID:C6ajtsGU0:2012/02/11(土) 08:28:34.33 ID:ikxTG+9s0
>>115
 そうですね。

 しかし私の意見は人から貰ったもの、そもそもからして私だって、たかが
簿記二級と普通自動車免許だけで仕事に就けたような人間、実際に運動を
誰かが行なう瞬間が来た時、何時もの様に行き付けの店のテレビを眺めている事しか
出来ないと言う現実があります。

 思えば政治運動に参加するという事そのものが私の考えの中にはなく、
舞台裏で裏方をしていればいいんだとずっと考えていました。

 所が俄かに元スレや本スレの様に意見の場を与えられてその可能性を示唆する事により、
反論や意見が返ってくる。これは夢物語なのではなく、可能性として誰もが持ち得る一つの
あり方なのではないかという気がしてくる。

 やはり自分に与えられた思想の様なものは選択して良いのかと思う一方、結局受け売りで
しかないものを全否定され、取り付くしまも無いのでは、自分が支えようとしている物が本当に
支えるべきかどうかを意見の中から汲み取れずただただもどかしくもあります。

117 :ID:C6ajtsGU0:2012/02/11(土) 08:29:19.25 ID:ikxTG+9s0
>>116続き
 >>115さんに言われて冷静になって見返してみれば、お菓子をただで貰えると分った
子供の様に、人の意見を欲している自分の姿がスレには履歴になって残っていると
気付きました。

 自分が悪人にならない為には、この様な考え方は捨て去り、一人でも被害者が出るなら
>>109が言うとおり悪なのだから、それを非難する立場に回る方が実際の所後々面倒が
少なくて良いのも分ります。

 人類には長い歴史があって、そのどの時点でも被害者なら無条件に赦されてきました。
ですから体制の庇護者は常に支配者であると偏って考える都合、例えば今の政治家達を民衆から
出た者である事には目を伏せて支配階級とすれば、今の日本の現状は全て政治家のせいに
出来ます。

 ですが政治化が支配者であろうと無かろうと結局日本の現況は回復出来ません。何故回復
出来ないかが分かれば、その方策だって見つかる筈、その方策が上の一連の意見開陳の
中にあるかもしれないと思っていました。

 それが分れば、自分が帳簿をつけている間だって、ただ自分の口に糊するだけの金の為に
やっているのではなくって、こうしているだけでもゆくゆく誰かの為になると思える様になるのでは
ないかと思っていましたが。


118 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 08:30:47.05 ID:uTm4RPky0
あなた方シンクタンクの論証に対する獰猛なタイプの
市民の反応データ収集はこの辺でいいだろ?


119 :ID:C6ajtsGU0:2012/02/11(土) 08:30:59.53 ID:ikxTG+9s0
>>117続き
 思想を広める実力を持つ人達は凄いですね。>>109さんが示す通り、過去思想家で支配者となった
人はいます。まぁヒトラーが一番分りやすいのですが、少なくともその実力は在ると言う事でもある。

 そこに行って全部背負うなら、私が欲しいちっぽけな誇りでは当然見合わないほどの対価が
必要だろうに。

 ともかく>>109さんを初め多くの人達の言葉から分り辛いのだという意思が汲み取れました。
私が応急的にはじめた解説だけでは所詮ここまでと言う事でしょう。有り難い事に私は経理を
握っていますから、元スレで申し上げた、関連書籍出版の話ですが企画する方向で具申してみようと思います。

 私が足りない頭で喚き散らすより、もうその方が確実だと思います。対比可能な情報があれば、
多少は理解も得られやすいでしょうし。それにやはり筋道は建てておくべきだと思いました。


 >>109さん、悪いがもうどう叩かれても埃しか出ないよ。だから答えてあげられない。貴方にも
被害者などいない世界を望む気持ちがあればこそ、何度も質問を繰り返したのだろうけれど
それを納得させるだけの実力も器量はそもそも私にはなかったよ。

 >>115さん、忠告ありがとう。会社に着いたら書籍の件具申して、その後色々と考え直してみます。

120 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 09:31:01.10 ID:JpRaxmfV0
2つ質問していいですか?。

飛行がハイジャックされた、犯人は小型の核を持っている。貴方が創設した新政府の要人が詰めている施設に向かっているらしいと判明した。近年稀に見る優秀な人材の集まりだ。

幸か不幸か飛行はまだ施設には遠い位置にいる、飛行機の航路上には三万人規模の街があるが施設の周りには殆ど住民は居ない。

問題は撃ち落とす場所だ政府機関の施設上か?手前の街の上か?
時間の猶予と技術的な問題で撃ち落すしかない。

さてどうする?

貴方に対して交戦的な人達がいる地域にて武装した集団が隠れていると報告があった。調査隊数名が派遣され数日後、連絡がきた、その地域の農家の住民と遭遇して対応に困っているようだ。

もしかしたら武装集団のスパイかもしれない。情報が漏れれば調査隊に危険が及ぶ、しかし相手は老人と少年らしい。見るからに普通の人達だし犯罪歴もない。

拘束を解くか、安全のため農民を殺害するか。徒歩で移動中の調査隊に同行させる余裕はない。

さてどうする?

121 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 11:12:24.35 ID:5QeQAVfh0
読み物としておもしろかったです。
上に立つ人に中庸の精神が備わっていれば、うまく機能するかもですね。

質問したいことがいくつかあったのですが、もう店じまいのようですので、
読んでいてなんだか気持ち悪いなーと思ったとこだけかかせてもらいます。
あなたが理想と説く社会とあなた自身の思想に、大きなズレを感じました。
あらゆる意見を受容し人間を愛する姿勢をみせながら、
持ち出すたとえ話はどれも読み手への敵意に満ち溢れていて。
だからうさんくさく聞こえるし、信用ならないと思ってしまいました。
誰もが認めるような立派な主張でも、スピーカーが四面四角では
大衆には支持されません。とてももったいないことです。

人間は不完全であること、不完全を追及すること、何度かでてきましたが、
私は機械ではなく、人間のために人間によって機能し、
ヒューンマンエラーの存在そのものを受け入れるような社会を願います。
それ以外は共感できる点も多々ありました、
書籍になりましたらオカルト板周辺でぜひ大々的に宣伝してください。

122 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 11:34:01.33 ID:1GpyTYbu0
読み終わった・・

怖いね。
チップ埋め込みなんてほんと、オカルト未来。
666についてどう思うのか聞きたい。

ここの人はちがうけど、未来予知する人は複数いるし、その大半が言うのが「電気の使えない未来」の話。
地磁気か太陽風による電磁波かわからないけど、自然災害なんかで機械系はアウト。
そんな話があるからこそ、チップにエラーやら不具合やら起こった場合はどうなるのか?って疑問が湧いて来る。
でも頑なにそこは答えられないんだね。

機械に頼る未来じゃだめなんじゃないの?
お金って制度に縛られる未来じゃだめなんじゃないの?って思う。

それこそ、悪魔の作る政府じゃなくて、神様の作る政府の案が聞きたい。ここは悪魔的に見える。
「式はわからないけど答えが浮かぶ」タイプのオカルト人間には、論理的な内容は何一つ書けないけどね。

123 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 11:34:25.85 ID:/pCf3kWw0
経理担当ってことだけど、スポークスマンは別にいるのかな?
きっと、その人はもっと巧く伝えられるんだろうね。

124 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 11:53:06.76 ID:1GpyTYbu0
選挙のときにね
入れたいと思う候補者が独りもいなくて、でも選挙だから誰かその中から入れないといけない。
で、入れたけど違う人が当選。
それでもその後、その当選者を国民が選んだくせにー!って書き込み見るとすごくモニョるんだよ。
何故、全国民が選んだってことになるわけ?入れてない人は国民じゃないのかね?

怖いなってここ読んで思ったのはさ
どんな恐怖政策を根底にもってても、候補者がその制度を敷こうと画策する人でのみ構成されている場合。
誰選んでも、誰もその政策に納得していなくても、その制度は施行されていく決定路線になる。
黒いチョコ選んだ人も、黄色いチョコを選んだ人も気づけばみんなm&mのチョコから選んだだけだったっての。
規定路線をそうやって作る気でいるんだなって、レス読んで思った。
説得する気も無い。納得してもらう必要もない。そりゃ必要ないよね。結局「そうする」んだから。

125 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 11:59:16.10 ID:YucZdHX/0
>>116
さんざん自分語りしてきたくせに
風向きが悪くなると友達の思想のせいにして逃げちゃうの?(笑)
たとえ脳内友達でも信用を裏切るのって後味わるいよね

んで、お前の尊師がドヤ顔で登場するのは今夜あたりか?

世の中への恨みつらみと復讐を
人道的な言葉で覆い隠しているだけの旧来思想本なんかに金払うヤツなんざいねーんだよks

126 :ひだりまんじアスペルガー:2012/02/11(土) 14:52:12.69 ID:EGkFdAF70
>>29
機械に管理させるとの回答ですが。プログラムを組むものが人間
であるかぎり、あなたの言う穴をふさぐことはできないとおもいますが
解決策をお持ちでしょうか。
メンテナンスはどうするのですか、
限られたものがデータの入出を行うとのことですが、何でも書き込めるのに
なぜ改竄できないと断言できるのですか
限られた物とはだれを指すのでしょうか。

私が断言できることは叡智は手に入れる物ではありません。
与えられる物でもありません。



127 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 16:28:17.35 ID:aimVJzrL0
>>126
聞いても答えられないらしいよ。

あなたの疑問と同じことを昨日とことん
追求したけどさ。
この疑問に対する説明も納得させる器量も
自分には有りませんと最後に言ってたから。

このシステムで不完全な存在である人間を
管理して、現社会の欠陥を改めるのが前提
だけど、
そのシステムの仕様策定はまだで、
エラーは間違いなく起こると予想はするが
どんなエラーが起こるかもわかんないし、エラーが出たら逐次カバーすればいいって
答えしか貰えなかった。
また、エラーの被害者に対しての救済策も確たる考えははないらしい。

彼らが被害者の保護を考えないなら、
それは、現社会の弱者放置と一切
変わりないんだけどね。
彼らは現社会を激しく糾弾してるのにね。

もう論理破綻してるんだよこの方は。

128 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 16:53:45.23 ID:4oOcOaVU0
http://www.news-us.jp/article/251683641.html
ここで書かれてることとほとんど一致しててワロタ
序盤の話はともかく、中段からのNWO(新世界秩序)計画って部分読んでみ?

129 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 17:14:23.81 ID:omnblSK60
最初 橋下を持ちあげてたマスコミが
最近扱わないのはこのせいか


130 :ひだりまんじアスペルガー:2012/02/11(土) 17:18:21.86 ID:EGkFdAF70
<<127
解説感謝する。将棋はもう詰んでたんだな。

131 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 18:17:09.72 ID:bLBHVhhT0
そもそもID:20PCCns/0って元スレのID:C6ajtsGU0とは別人だろ
目的はID:C6ajtsGU0の思想への否定的な印象を肯定的に変えたいってところだろうか
本当にID:20PCCns/0のいう組織とやらが存在する場合だが

132 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 18:19:23.43 ID:rBPTaw6T0
店じまいのらしいので雑感だけ書いてみる。

知識が高いと自負してる人にありがちな、論理的・合理的なことこそ
知的であり人間的なことだと勘違いしてる人のようだった。

知性の根幹は本当はかなり「行き当たりばったり」なんだけどね。
経験というものが充分な複雑さを表現できるほどに積み重なった後に
因果関係や事象同士の類似性等を模索していくうちに身に付くもの。
「論理」はその中のごく一部に過ぎない。
スタートラインが間違ってる上に視野が狭いのであちこちに綻びが生じている。

んー?この文章もかなり解りづらいな。
ま、いっか。

133 :死刑制度の人:2012/02/11(土) 18:46:35.14 ID:FJ7CQSyu0
えっ。おわったのこのスレ

134 :132:2012/02/11(土) 19:19:55.20 ID:HJOV6Rmj0
>>133
終わってないよ。
>>119 の内容が、いったん出直しみたいに締めてあるからそう表現した。

別に急いで埋める必要もないし、
オカ板らしく、まったり雑談してたらいいんじゃない?

135 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 19:58:29.17 ID:VzS7NpRAP
日本の暗黒時代を回避する最初で最後のチャンスだったのに・・・、
結局運命には逆らえないと言うことか・・・、

と、いかにもオカルト板的なコメントしようと思ったんだが、
なんだ、まだ終わってなかったのか。


136 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 20:44:55.64 ID:w3u35aefP
エラーに対する質問は、誘導尋問過ぎたと思った。
現状でそもそもが、一部の人間の利権になってたり、多くに犠牲があるだろうに、
完璧以外は認めない。完璧を証明せよ、ってのは無理があるんじゃ?

仕様がきまってないのは、そもそも議論以前だから、それについての指摘は同意だけど。

137 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 21:17:28.78 ID:tm82TFQf0
お前何様だよ

138 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 22:17:42.63 ID:smxrcA9v0
新しい社会システムというのにとても興味があります。
オカルト的にもwktkが止まらないです。
出版するときは是非とも盛大に宣伝してくだされ、買わせていだだきます。

ID:C6ajtsGU0 氏も普段はROM専と言われてたので判ると思いますが、
オカ板の嵐率はピカイチですぜ。
初めから喧嘩腰では議論も何もありゃしない、目的は
スレ潰しでしょうね。



139 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 22:44:33.00 ID:7JCXfGeX0
統失か何かなのかな?

140 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 02:58:33.14 ID:hzSYs14G0
彼は未来から来た人なんだよ。SFという空想の未来から。
だから現実に目を背けて、幾らでもお花畑の主張を続けられる。

万能感で一杯の中二病っすよ。

141 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 03:16:17.61 ID:XiBmzeu60
>>15
>自分が何をしたか(してきたか)を刻んだものが
>常に自他共に見える装置

ぎゃー!怖い
そんなものあったら恥ずかしくて恥ずかしくて恥ずかしくてしぬ

142 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 08:13:18.29 ID:a4+cuFUE0
>>141
>自分が何をしたか(してきたか)を刻んだものが
>常に自他共に見える装置

神の計画→オーラ的なもの(非物質)
悪魔の計画→体内埋込IDチップ

とおも(IDかわったかも)


143 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 11:38:48.14 ID:V4sHgd4I0
犯罪を犯した人とか、いじめをした人とか限定ならいいかも?>>141


144 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 12:38:09.18 ID:2U/OK9qL0
>>138
本人乙

145 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 12:49:01.73 ID:XiBmzeu60
>>142
神の計画ver.だったら困るわ

メイクやヘアは手入れして表面は美しく取り繕ってるのに
パンツが笑えないレベルで汚いことがバレるみたいな!
いっそのこと、見るからに風呂入ってませんの方がマシなんじゃないか

146 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 13:56:14.08 ID:2U/OK9qL0
見られるのも嫌だけど、見るのも相当辛いよな。
信用している人の本音とか絶対見たくない。
人間不信で社会全体が回らなくなりそう。

147 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 21:09:19.82 ID:3hCS6gbk0
>>145

みんなにばれたくないのが
パンツの汚さって
他になんかないのかw

148 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 21:56:01.41 ID:a4+cuFUE0
物理的汚さよりも精神的汚さの方が敬遠されるんじゃないかな

149 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 22:04:12.99 ID:9xm9HnTp0
このスレどうするの?

150 :本当にあった怖い名無し:2012/02/13(月) 01:01:21.47 ID:TvcezlI10
あのアホをロスチャ派のニューエイジ認定するはwww

151 :本当にあった怖い名無し:2012/02/13(月) 16:22:36.66 ID:I7JFucm90
「これからはこうする」
「という事は未来の展望が見えるのですね」
「あなたは今の社会制度が正しいと思っているのか」
「えっ」

批判してる人こんな印象を受けたんじゃない?
何故か「現状が最高の状態だと周囲の人は思っている」と考えているような、さ

152 :本当にあった怖い名無し:2012/02/13(月) 16:50:46.39 ID:tOf4yvRG0
あー、それは読んでて思った。
レスする人全てに、ならお前の信奉する
現状はどうだ?ロクでもねーじゃないか!
っていうレスしてたもんね。

153 :本当にあった怖い名無し:2012/02/13(月) 17:29:24.46 ID:sh4unuH+0
印象でいうと
マインドコントロールの練習?

自分と違う思想の人間に質問されても
それにはっきり答えるんじゃなくて
話題をすり変えたり、混乱させたりしながら
自分の思想に誘導してる

154 :本当にあった怖い名無し:2012/02/13(月) 17:46:21.38 ID:I7JFucm90
同じ意見の人が居てくれて嬉しいwそれでちょっとまとめてみた


例えば出来事Aが起きたとして、その出来事について問題提起しているaさんと
aさんの意見に興味を持ったbさんが居ると仮定する

bさんはaさんと議論しようと、自分の考えをaさんに話してみるも
「あなたは出来事Aについて問題だとは思わないのか?」と返される

bさんは問題の内容について話し合おうとしているので、
aさんの言葉には面喰って、自分は誤解されているだろうな、と考える

そしてその事をbさんは意見する訳だけども、
aさんは、このbさんの行動を「問題があるという事を否定している」のだとみなして
bさんに現状の問題点をひたすら述べるw

bさんは、そもそもaさんの意見に関心があって来た訳だから
aさんの口から出る言葉は大方納得のいくものばかりである
けれども関心の無い者と誤解されたままでは
さすがにbさんも収まりがつかないので、bさんはaさんに誤解がある事を告げる

俺これ考えた奴ほんと頭良いんだろなって感心するわ

aさんはbさんの行動を先程と同じく人格批判だとして
「現状の問題が見えていないのか!この愚か者め!」と非難して
未来を憂う賢人aと愚かな大衆bを演出する、と


この方法は何一つとして問題の解決を助けないけど
論理に疎い人間の同情を買うには凄く強力なんだよな
それを知ってか知らずかプロ市民がよくこの方法を使ってる

155 :本当にあった怖い名無し:2012/02/13(月) 17:59:03.19 ID:sh4unuH+0
こっちに誘導されてきたオカ板のバカは
すっかり洗脳されると思ってたのに
そうでもなくてワロタw

156 :ひだりまんじ:2012/02/13(月) 22:46:09.07 ID:3C298gy30
みなさん分析がすごすぎ、ワロタw

157 :本当にあった怖い名無し:2012/02/13(月) 23:23:57.78 ID:RWZyv6sf0
こうなるといっきに冷めるのがオカ板


158 :新共和主義者:2012/02/14(火) 00:27:44.63 ID:Q42S06Cn0
危険すぎるよコイツ
理屈とかそんなんじゃないけど
おまいらかんじなかったか
オイラは寒気がしたぞ

159 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 04:20:15.07 ID:AMgTEsbC0
これだけは答えてくれ
例の倒れてる人は司法官僚の大物か?
『日本人』に資格がいるようになるのか?
二点だけでいい

160 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 08:05:42.20 ID:fxDw9PjB0
>>158
同意。
そんな経験はないけど、マッドサイエンティストに遭遇したように気持ち悪
かった。
現状の問題を解決する為にチップを埋め
ましょうって、極端すぎる。で、さんざん
問題を指摘されても意に介さず。狂ってるとしか。

やつの仲間が本当にいると仮定して、
>>116からの〆は別の人間じゃないか?だってそれまでのレスとは人が変わった
ように素直じゃん。あれだけ攻撃的だった
のに。
やつの議論が詰んだのをみた上司なり仲間
が、「おまえじゃもう無理、代われ」って
バトンタッチして、取りあえずあの場を
収めた可能性もあると思う。



161 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 11:16:45.57 ID:fxDw9PjB0
とかいってたら、こんなニュースが

【政治】国民に「マイナンバー」 共通番号法案を閣議決定 2015年1月から
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1329184883/

162 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 12:33:46.28 ID:N3x1r1IA0
あああ。。

163 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 12:37:45.84 ID:lOuYQLtd0
来たか

164 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 13:00:43.84 ID:ZjiI1h0S0
犬猫の認識タグみたいだなww


165 :ひだりまんじ:2012/02/14(火) 13:01:15.38 ID:x61LZJMu0
>>158
同意
文面から凶器を感じた。釣りでも、力試しでも、マジでも
おそろしい、サイコパスなのかもね。

166 :本当にあった怖い名無し:2012/02/15(水) 00:47:26.91 ID:4NQ0PGAH0
よっぽど橋本のがコエーよ
おれは

167 :本当にあった怖い名無し:2012/02/15(水) 01:06:06.52 ID:Td2gZ401P
>>166
素朴な疑問何だが、
お前らが望む為政者、指導者ってどんなんだ?

怖いのは無しなのか?


168 :本当にあった怖い名無し:2012/02/15(水) 01:48:31.92 ID:nq25Nprz0
しね糞末尾P

169 :本当にあった怖い名無し:2012/02/15(水) 07:30:57.14 ID:4NQ0PGAH0
人の思想を抑え込む法案が通りそうでコエーと思ってる。
カジノなんて犯罪と利権が増えるだけと思うし。

170 :新共和主義者:2012/02/19(日) 23:54:57.61 ID:ZWEF7w110
アーキテクチャとやらの完成はいつごろになりそうなのかな
そのバグ取りや修正が完了したら人類への攻撃を開始するのかな
じゃないと攻撃した当人たちまで滅びちゃうよね

作文してたひとはマインドコントロールされた多重人格者なの?
相当知能も高いように思える

それともうひとり組織の広報らしき人が終盤現れたけど
なんのために情報を公開するの?



171 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 10:55:46.19 ID:GAKWCzEP0
>>170
>相当知能も高いように思える

そう?
俺は知能を高く見せたい凡人だと思ったけど。
やたら難解な表現を使ったり、面倒な言い回しを使ったりさ。

本当に知能の高い人が「伝える」ことに主眼をおくのであれば、もっと平易で簡潔な「伝わる文章」を書くでしょ。

172 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 15:17:14.29 ID:eppawh+x0
>>171
俺もそう思う
善人にしろ悪人にしろ本当に頭が良い奴の行いは目から鱗だと感じるもん

173 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 18:39:09.19 ID:dCOWlzeI0
576+1 :本当にあった怖い名無し [] :2012/02/20(月) 14:07:42.05 ID:tunvWnzN0 (1/2) [PC]
ID:C6ajtsGU0氏予言が実現する体系を既にシステムとして
考案した人を知ってます。
システムの概要はは何人かに文書として渡っています。

580+1 :本当にあった怖い名無し [] :2012/02/20(月) 17:03:37.43 ID:tunvWnzN0 (2/2) [PC]
>>579
どこのスレですか?
普通手に入れたり掲示板で流せないような情報なのですが、
もし偶然知ってしまったとしたらID:C6ajtsGU0氏に警告したいです。


こいつこのスレ紹介されてたけど、いつ来るんだよ

174 :新共和主義者:2012/02/20(月) 18:50:08.02 ID:gBTuDbBs0
>>171>>172オイラはこの作文からなんともいえない違和感が伝わってきた
それは初めてヒトラーの絵画を見たときのあのなんともいえない感覚と同じなんだ

175 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 19:50:06.23 ID:9iedGf170
組織って集団ストーカーの人たちのことかな

176 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 00:06:56.49 ID:4ZUpvtMA0
>>174
あれは現代社会へのルサンチマンの塊。
新世界の神になる!とかマジに思ってる
狂人。

177 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 00:11:42.88 ID:3cVxmJig0
厨二同好会さん達はもうこっちの隔離スレからでてこないでね

できればこのままスレ沈んでくれ

178 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 08:52:07.85 ID:084wUQ8c0
昭和の時代に発行されたバッドエンドの本を読んでるみたいだったな〜

179 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 13:52:16.92 ID:Mx5fiBju0
>>174
夜神月かよ

180 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 13:52:58.65 ID:Mx5fiBju0
>>176へのまちがいですた

新世界の神になる!

181 :本当にあった怖い名無し:2012/02/25(土) 21:55:17.76 ID:tS5ZFgKgP
結局ID:C6ajtsGU0はオカ板で何がしたかったのだろう?
色々と溜まっていたのかな

182 :本当にあった怖い名無し:2012/02/26(日) 01:07:26.26 ID:z824fydF0
目的があったとは必ずしも限らない
単なる気まぐれか病気か何かかもしれないぞw

183 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 21:00:14.39 ID:Syt5RrC5O
もう来ないのかな?さて44氏が探してるみたいだが。

184 :死刑制度の人:2012/03/04(日) 20:05:35.21 ID:vd8wwjN60
死刑制度廃止の代案わし凄く気に入ってたのになあ。

185 :本当にあった怖い名無し:2012/03/04(日) 22:00:19.73 ID:Hw2pQa3SP
まぁ予定通りなら早くて今年の秋に情報が出てくるみたいだし気長に待っていれば?

186 :本当にあった怖い名無し:2012/03/09(金) 21:55:47.95 ID:0ySZxa6yO
連帯責任(ちと表現変だが)と相互監視、犯罪者のデータを国民が自由に閲覧できる。
じゃないか?死刑代案

187 :死刑制度の人:2012/03/09(金) 23:29:59.73 ID:cSBntrB40
>>186
そんなところだね。
連帯責任で問題の起点の解消は社会には必要不可欠だとおもうよ。
全くおざなりになっていて同じ場所で同じような事故が起きたりするのも無くなっていけば今よりは暮らしやすくなるからね。
職も否応なく増えるんじゃないかな?

188 :本当にあった怖い名無し:2012/03/13(火) 12:50:13.33 ID:tiIr2V8v0
民間企業 「そのへんに転がってるブラウン管を利用したら放射線を遮るコンクリートが完成しちゃった」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1331598486/

なんかきた・・

189 :本当にあった怖い名無し:2012/03/16(金) 00:10:26.13 ID:VqSTn7DMO
清水建設の未来都市カッケーw

190 :本当にあった怖い名無し:2012/03/16(金) 01:02:37.02 ID:RskF0F750
伊藤計劃の断筆を円城塔が書き継ぐらしいが
これが秋に出たら雰囲気的にはぴったりだわなw
新刊予言だね。

でもこれじゃハーモニーからあんま変わってない気もする。


107 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)