5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死んだらどうなるの?

1 :本当にあった怖い名無し:2011/07/11(月) 17:15:57.96 ID:1z5aEhX+0
人は死んだらどうなるの?

2 :本当にあった怖い名無し:2011/07/11(月) 17:18:17.31 ID:wuQNFsQj0
死ねばわかるよ

3 :本当にあった怖い名無し:2011/07/11(月) 18:58:35.11 ID:wLOoJ12Z0
ほっとけ

4 :本当にあった怖い名無し:2011/07/11(月) 19:01:42.19 ID:y/q3Zyah0
タヒ

5 :本当にあった怖い名無し:2011/07/11(月) 20:25:19.43 ID:i30gQAE70
死ねよ古着屋

6 :本当にあった怖い名無し:2011/07/11(月) 20:40:34.21 ID:pGxgYOBPO
とりあえず動かなくなる

7 :黒岩 ◆6OeO9xW9G2 :2011/07/11(月) 21:37:13.22 ID:+tIJeKN/O
天国地獄が実在するのかどうか気になる。
実在しても、たいがいの奴は地獄だろうけどな。

8 :本当にあった怖い名無し:2011/07/11(月) 21:37:57.40 ID:WLne05GH0
生まれる前に戻るだけじゃね

9 :本当にあった怖い名無し:2011/07/11(月) 21:45:33.78 ID:rKITDnUF0
悲しい泣いちゃう





偽善者TV用

10 :本当にあった怖い名無し:2011/07/12(火) 01:17:58.59 ID:q+ZhqmmA0
大霊界2 死んだらおどろいた!!

11 :本当にあった怖い名無し:2011/07/12(火) 08:41:30.25 ID:on+kKhZL0
麻痺、激痛、出血多量、酸欠、いずれも意識失った時点で死んだも同然。
脳が働けば最期に夢くらいは見るかもしれないが死んでも何もない。
何も考える間もなく不本意なタイミングで死亡。ホント、何もない。

12 :本当にあった怖い名無し:2011/07/12(火) 12:11:01.27 ID:6cpkvDi+0
でもこの世に完全な無は存在しないのだから、形を変えるだけだろう。
肉体は腐っても焼かれても消滅するわけではなくて形を変えるだけ。
意識も存在している以上は何かから形を変えて今現在存在し、そして別の何かに形を変える。

13 :本当にあった怖い名無し:2011/07/12(火) 12:19:09.26 ID:on+kKhZL0
オカ板っぽいな。死んで焼かれたらC、H、Oに分解されるだけ。
気持ちとか念なんか単なる電気信号。コンセント抜いたパソコンと同じ。
HDDは骨。HDみたいに骨も成長や病気やケがの記録を刻んでる。
焼いたら無くなる。やっぱり何もない。

14 :黒岩 ◆6OeO9xW9G2 :2011/07/12(火) 22:49:00.45 ID:XNU5HqwKO
意識が途絶える最期の瞬間に、人間は一体何を思うんだろうな。


15 :本当にあった怖い名無し:2011/07/13(水) 08:38:03.71 ID:Iy+clYq70
怪我病気なら「苦しい」だろうなあ。
眠りに落ちる前みたいな感じじゃないかと想像。
何も思わないのがほとんどで、思ったら思ったでつまらないこと考えるのではなかろうか。

16 :本当にあった怖い名無し:2011/07/13(水) 11:50:21.99 ID:L1WQFg4X0
>>13
パソコンは再度コンセントをさせば起動できるのに、
生命は再起動できないのはなぜ?
まったく同じ電気信号を再現しても人工的に生命が作れないのはなぜ?

17 :本当にあった怖い名無し:2011/07/13(水) 21:38:08.75 ID:Iy+clYq70
>>16
なまものは腐るからな。

犬の血をすべて抜き、血と本体を別々に冷凍保存。
後日解凍して血を犬に戻す→蘇生し数分生き返った。
こんな実験が昔あったけどこの数十年の技術じゃまだまだ無理。
インフラあっての電気信号だから疑似信号で人間も誤動作する。
ここ100年くらいで科学は爆発的に進歩したけど分からん事ばかり。
解明できていない仕組みばかりだから、有機媒体使った人工生命なんて全然無理。

18 :本当にあった怖い名無し:2011/07/14(木) 12:00:21.52 ID:DkWSKhq60
ある人が死ぬ直前に、今まで人生で最高の快感は射精だと思っていたけど
死ぬのが最高の快感だって分ったって言ったらしいよ、最高の快感を得る為に人は死ぬんだな

19 :本当にあった怖い名無し:2011/07/16(土) 11:49:23.71 ID:UKO8aewL0


20 :本当にあった怖い名無し:2011/07/19(火) 20:48:18.87 ID:YbQwCOe7O
わからないが、生まれ変わることはないと思う。というより、前世の記憶がないから生まれ変わったということにはならないと思う。


21 :本当にあった怖い名無し:2011/07/21(木) 20:38:09.43 ID:oi067hZ4O
死んだら俺の精子なる

22 :本当にあった怖い名無し:2011/07/21(木) 20:42:57.87 ID:DSJ5Wivj0
>>1
おどろいた

23 :本当にあった怖い名無し:2011/07/21(木) 20:47:59.53 ID:PFTacInK0
三秒ぐらいで転生するらしいお
霊かいには行かないらしいお
人は人にしか生まれ変わら(れ)ないって
金星人マリアが言ってたお
人面犬はカルマは作り物語りだお
15か16回くらいしか転生できないから
だから自殺はだめらしいお




24 :本当にあった怖い名無し:2011/07/21(木) 20:50:43.28 ID:VDhzEI96O
>>8
俺もそう思う
継承しなければ、またゼロからリスタート
稀に強くてニューゲームができる人もいる
そんな人は世紀の大発明するような人ばかり

25 :本当にあった怖い名無し:2011/07/21(木) 20:54:45.82 ID:MPRcJ0py0
>>23
俺の前世はアシカだおっお

26 :本当にあった怖い名無し:2011/07/21(木) 21:02:39.31 ID:ycCK94xYO
人間の死、死後の世界の自由はなく死して即転生であり、時間の無い夢の次元なので、死後の世界は実質無い。
いわゆる天国や地獄は、現代の物質文明が徐々に半透明化して物質的に希薄な次元に転移する途上で具現化する。

27 :本当にあった怖い名無し:2011/07/21(木) 21:13:05.21 ID:t66vESdpO
難しい

28 :本当にあった怖い名無し:2011/07/25(月) 21:41:45.61 ID:hyrayv5l0
転生なんかしません。

29 :本当にあった怖い名無し:2011/07/26(火) 00:22:16.50 ID:EzqlfE3k0
日本では火葬になるんだよ


30 :本当にあった怖い名無し:2011/07/26(火) 03:16:15.65 ID:XMrQ4pI50
>>14
「…?…あr」

31 :本当にあった怖い名無し:2011/08/03(水) 23:39:58.74 ID:T9HmBvYS0
 

32 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2011/08/04(木) 13:34:33.22 ID:ynpQEXsS0
これでこの論文の研究は半分以上を終えたことになります。
ブログに加筆しておきました。スタンフォード大学の研究です。
「死後の世界〜高齢者と死の意識」
http://hougakukyoushitu.cocolog-nifty.com/thirdroundthriller/2011/07/post-6807.html


33 :本当にあった怖い名無し:2011/08/04(木) 15:06:39.49 ID:zWK8rBxh0
ニュースタートってのが気になる
俺、いっつもこの人生は二度目だと思うんだ

34 :本当にあった怖い名無し:2011/08/04(木) 17:32:52.82 ID:ZOSwYZMJ0
一生のうちに何回も飯を食ってうんこをするだろ?
それと一緒で、何回も生まれ変わってしまう。

35 :本当にあった怖い名無し:2011/08/04(木) 17:52:36.06 ID:aCrBrJZiO
人間が死んだらまた人間に生まれ変わるのかな?

俺様は『青白い光』か『天使』になって人間共を脅かしたい(゚Д゚)



36 :本当にあった怖い名無し:2011/08/04(木) 17:57:16.41 ID:wBiuuOlO0
死後の世界はあると思おう。
でも実際何らかの体験しないと中々理解はできない。

例えるなら
トンボが霊でヤゴが人間
蝉が霊なら幼虫は人間?
成虫になったら幼虫時代の水の中や土の中に
わざわざ戻る必要も、留まる必要もない。
それでも名残惜しく留まってるのは蝉が飛ぼうとせず
土にしがみついてるようなもの
トンボが溺れながら必死に水の中で漂って苦しんでるようなものw
そんなんじゃないかw

空になった動かない抜け殻を見てほら何も残ってない、無だ、と言うのは
いかがなものかw

37 : 【東電 78.9 %】 :2011/08/04(木) 17:58:57.79 ID:yeGPsu7sO
死んでから考える

38 :本当にあった怖い名無し:2011/08/04(木) 18:17:47.60 ID:+3w7RjuHO
天国も地獄も輪廻転生も、
すべては現世の人間が考えた架空の概念

架空とは言え、悪事を抑制し善行を推進するツールとして
世界中に様々な宗教観が存在する中、今日に到るまで伝承されていることを思えば
説得力に大変優れた概念と言える

39 :本当にあった怖い名無し:2011/08/04(木) 18:32:50.26 ID:ZOSwYZMJ0
一度しか生まれないも
死んだら無になるも架空の概念だ

40 :本当にあった怖い名無し:2011/08/05(金) 09:06:56.64 ID:YFUCzJir0
死んだら終わり。何もない。

41 :本当にあった怖い名無し:2011/08/06(土) 21:38:09.57 ID:zeLvKA+R0
>死んだら終わり。何もない。

まるまま唯物論やんか
あれだけサヨクは嫌いとかいっておきながらこういうところだけ唯物論を信じるのかよ

42 :本当にあった怖い名無し:2011/08/08(月) 15:30:42.11 ID:sxf/nBds0
死んだら終わり。何もない。

43 :本当にあった怖い名無し:2011/08/11(木) 23:33:28.24 ID:u6d8OYl90
 

44 :本当にあった怖い名無し:2011/08/20(土) 21:04:56.07 ID:/IfyBFBX0
生まれてくる前と同じで…記憶に無いわw

45 :本当にあった怖い名無し:2011/08/20(土) 21:35:53.40 ID:2s3jZ5JeO
死んでも肉体が滅びるだけで自分のままなんだよ
そして光が洩れる穴まで登っていけばあの世につくんだよ

46 :本当にあった怖い名無し:2011/08/20(土) 21:37:28.16 ID:UMDVC5Jt0
魂が抜けるっていうのは本当だと思う。
臨死状態とかよくあるし。

47 :閻魔:2011/08/20(土) 21:38:55.03 ID:ZyMgonbo0


48 :閻魔:2011/08/20(土) 21:39:47.95 ID:ZyMgonbo0
私は死後の記憶があります 記憶があるかぎり書いてみようと思います

49 :本当にあった怖い名無し:2011/08/20(土) 21:41:23.48 ID:hf2nB/Kl0
いや、いい

50 :閻魔:2011/08/20(土) 21:42:47.27 ID:ZyMgonbo0
洞窟のなかに階段が下につづいています周りはくらいです階段をおりきると
中央に番犬がいいますわかりやすくいうとケロベロスです前にでかい扉が
あるんですけど悪い罪人とかは番犬に魂くわれ地獄にすぐいきます
扉をくぐると閻魔にあいます  続く

51 :本当にあった怖い名無し:2011/08/20(土) 21:43:42.55 ID:2s3jZ5JeO
私は解脱やアセンションしてるからわかってるんだよ
ゴ−ストって映画があっただろ
ほぼあのままなんだよ

52 :閻魔:2011/08/20(土) 21:44:17.81 ID:ZyMgonbo0
閻魔が前にいて記録者が本をもっていますでかい水鏡もあります
まず記録者が本を読み生前の過去を水鏡に映すそうです

53 :本当にあった怖い名無し:2011/08/20(土) 21:45:32.31 ID:UMDVC5Jt0
>>51

それは考えたことがある。

54 :閻魔:2011/08/20(土) 21:45:43.85 ID:ZyMgonbo0
閻魔大王が記録者のいう言葉と水鏡を見ながら判決を下します
そのあと罰がかならずくだります

55 :閻魔:2011/08/20(土) 21:47:34.63 ID:ZyMgonbo0
罰をうけたあと宇宙ににた感じの場所に魂を移します
そこではただ漂うだけ何も考えずみてるだけわたしはこの世界の
始まりをずっとみていたようなきがします

56 :閻魔:2011/08/20(土) 21:48:57.14 ID:ZyMgonbo0
この世界は世界を存続させるためだけの魂の土台でしかない

57 :本当にあった怖い名無し:2011/08/20(土) 22:26:58.36 ID:jQzu37b8O
死んだらただの無だよ あの世なんて存在しないよ。ただ念はその思う強さに応じてエネルギーとなり、様々な現象を起こすけど。

58 :本当にあった怖い名無し:2011/08/21(日) 05:25:47.16 ID:wmpORe5gO
でも無になるのはなんかやだだ。
自分を苦しめてた奴には復讐したいし、大切な人達が幸せな生活を送ったいるのを見届けたい。
たまにこの世を巡回して、イタズラしてる生きてる人間脅かしたいし。
俗にいう、浮幽霊が一番楽しいんじゃなかろうか?
しかし自分の子供や子孫が他人様に迷惑掛けてたら、その人の先祖霊に菓子折り持参で謝んなきゃいけないとかだったらヤだな。

59 :本当にあった怖い名無し:2011/08/21(日) 20:03:16.82 ID:N3HIZy360
死後の世界や輪廻があるとしたそこへいく主体となるものは一体何かということだ。
一般的にはアートマン(真我)がその主体とされているのだが仏教においてはこれは
完全に否定されている。
釈迦はは死後の世界はある(常見)ともない(断見)ともいっていない。
これを無記というのだが時代がくだるにつれ大乗仏教を完成させたといわれる
龍樹(ナーガルジュナ)は「中論」において縁起をもって一切の自性を否定し
無自性なる空を示しながら最後に「空によって不空があり、空によって空がある」
という縁起の関係を示した。

60 :本当にあった怖い名無し:2011/08/23(火) 23:44:09.77 ID:PVIbxSq5O
死んだ後にあの世がとか言ってる奴は精神に問題有りだな。 その手の人達には、あの世が有る方が洗脳させるには都合言いだろうが、上にも書いてあるけど、念以外の力【エネルギー】は無いよ。

61 :本当にあった怖い名無し:2011/08/24(水) 01:50:40.45 ID:pQk13zle0
>>33
俺の潜在意識は自分の人生の結末を知っている。
なぜなら、転生するたびに平行世界で同じ人間に転生しているから。
デジャブ起こすたびにそれを確信し続けている。

62 :本当にあった怖い名無し:2011/08/29(月) 21:50:26.05 ID:k+5NeiXe0
 

63 :本当にあった怖い名無し:2011/09/04(日) 23:56:46.18 ID:X4NvJ/6n0
 

64 :本当にあった怖い名無し:2011/09/13(火) 23:40:45.91 ID:uJ/D5wndP
 

65 :本当にあった怖い名無し:2011/09/23(金) 14:16:56.27 ID:J7XAOnjWP
 

66 :本当にあった怖い名無し:2011/09/23(金) 17:47:53.14 ID:Y+lNMbT40
ここ一二ヶ月、忘れていた昔の記憶が不意に思い出されるようになった。
小学の頃、自宅でテレビを見ていた記憶。
友達の家の周囲の景色。
大学時代に住んでいた、アパートの様子。
独身寮にいた時の記憶。
大病をして、実家に戻った数年間の記憶。

全て、映像として思い出されている。
途切れ途切れの走馬灯のように。

そして、もうすぐ単身赴任で生まれ育った県から、出ることになる。
単身赴任を受け入れたのは、今のままでは、行き詰まっているからだ。
打開するために受け入れた。
その一方で、どうでも良い、休みたいと言う気持ちもある。
体調も悪くなった、食が細い。

もしかして、死期が迫っているのだろうか。
それなら、それで良い。

67 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2011/09/27(火) 22:02:06.33 ID:hKo4BeEe0
人は死ぬ 確実に死ぬ
時を越えて永遠に生きながらえる者などいない
オレも結構な年齢になり 周囲の人の悲しい死も数多く体験した
たった一人の父もすでに亡くなり 3人いた母も2人になった

68 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2011/09/27(火) 22:02:48.82 ID:hKo4BeEe0
ただ 死は目撃する事は出来ても体験は出来ない 
たとえ この板に死後の世界を語る者がいても それは自分の見た世界ではない 
「いや私は死より生還した」と言う者がいても それは「偽死」とか「仮死」というものだ 
少なくとも 自分の死の後は 他者に自分を語る事は出来なくなる

69 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2011/09/27(火) 22:03:36.82 ID:hKo4BeEe0
つまり『死』とは 自分で自分を語れなくなるという事だ
言い換えれば 『死』とは他人の口でしか語られなくなる事だと言って良い
いずれにせよ 人は『死』も『生』も他者との関係でしか認識出来ない
 …自らは『死』を体験出来ずに 目撃するしか出来ないのだから

70 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2011/09/27(火) 22:04:55.67 ID:hKo4BeEe0
そう信じれば 重要な問題がふたつ浮かび上がる

あの人は“あなたの死”をどのように語るのか
あなたは“あの人の死”をどのように語るのか

突き詰めれば『死』とはこのような事である

71 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 16:20:28.73 ID:rNrj2PeqQ
『死』とは生きている者が認識するもの

72 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 16:24:34.78 ID:rNrj2PeqQ
『弔い』は 逝ってしまった者のためではなく
遺された者たちのために行うものだと思ってる


73 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 16:30:54.37 ID:rNrj2PeqQ
誰の記憶からも消えた時 人は本当に死ぬ

74 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 16:35:39.76 ID:rNrj2PeqQ
「記憶する者がいなくなっても 語り継ぐ者がいなくなっても
人の想いは永遠に残る気がする」そんな感じのことを
約2年前 この板に書いた


75 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 16:55:57.40 ID:rNrj2PeqQ
電気信号が焼き付いて云々とか そういう意味ではありません
科学的・物理的に説明できるわけじゃなくて
星空や降る雪を眺めていると いつの間にか
この世界に生まれ 生きて そして死んでいったイノチに想いを馳せていて
そんな時 ふっと『永遠』という言葉が浮かぶ
うまく言えないけど そんな感じなのです
(あるいは それは願望なのかもしれません)


76 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 17:00:29.79 ID:rNrj2PeqQ
「墓地に漂う無念」とは 死者に馳せた生者の想い

77 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 17:12:49.13 ID:rNrj2PeqQ
>>71-73>>76と >>74-75では
まるで真逆の考えを述べていますが
わたしの中では矛盾せずに存在しています


78 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 17:17:31.36 ID:rNrj2PeqQ
あなたならきっとわかってくれると思う
(つまり「どっちやねん!?」などと責めたりしないでしょう)


79 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 17:24:39.51 ID:rNrj2PeqQ
以前よそのスレに書きましたが『幽霊』というものは
『脳』が見せるものだとわたしは思っています
(もちろん それ以外に科学的に説明がつく現象も少なくありません)


80 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 17:28:06.57 ID:rNrj2PeqQ
そして『脳』だけではなく 『心』が生み出す場合もあると思う

それはやましい気持ちだったり 優しい気持ちだったり


81 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 17:30:27.96 ID:rNrj2PeqQ
『怨霊』も『地獄』も『天国』も『虹の橋』も 生者の心の中にある


82 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 17:34:13.03 ID:rNrj2PeqQ
…なんかあまりにも取り留めなさすぎになってしまった orz



83 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 17:47:25.66 ID:rNrj2PeqQ
わたしがオカ板に来るようになったのが約4年前
それからしばらく(数ヶ月?)してからROMるようになったスレがあるのですが
数日前 そのスレのスレ主さんが命の旅を終えました
まだ30代半ばの若さでした


84 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 17:51:34.20 ID:rNrj2PeqQ
基本的にはROM専だったけど
何度か書き込んだことがあって
その人ともレスを交わしたことがある

優しい言葉をかけてくれた


85 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 17:55:48.27 ID:rNrj2PeqQ
スレ主さんだけじゃなく みんな優しい人たちだった

気持ちが行き違うことがあったり
携帯の規制やライフステージの変化などで
かなり過疎ってしまったスレを だからわたしは保守し続けた


86 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 17:57:53.10 ID:rNrj2PeqQ
顔も名前も知らない人だけど
彼は確かにこの世界に生きていた


87 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 18:00:32.10 ID:rNrj2PeqQ
彼という人が生きていたことを忘れずに
自分の生を精一杯生きていこうと思う

88 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2011/09/28(水) 21:02:36.14 ID:ixoPHEmR0
>>76を見てハッとさせられた
「墓地に漂う無念」とはオレの心だった

分かるよ 痛いほど分かる
みんなこの世界に生きている オレは生きている

89 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 19:01:41.63 ID:Wq6NvhMWQ
>>71-87
うわあ…
思いつくままに書き散らしたから
“とりとめなさすぎ”なだけじゃなくて
いつも以上に文章がいい加減…orz


90 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 19:06:58.72 ID:Wq6NvhMWQ
文章の訂正はしないけど
ちょっと補足だけしていきます

91 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 19:11:16.40 ID:Wq6NvhMWQ
>>72
『葬儀』や『お墓参り』などの いわゆる『供養』の類は
遺された者たちの心のために行うものだと思っています


92 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 19:13:16.32 ID:Wq6NvhMWQ
故人を偲ぶだけでなく あらゆる命に思いを馳せることで
生きていることのかけがえのなさを実感する


93 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 19:15:56.58 ID:Wq6NvhMWQ
>>74
約2年前 あなたに宛てて書きました

たくさん話をしてきたから覚えてないかもしれないけど
あなたにお礼を言ったあのスレです


94 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 19:23:54.16 ID:Wq6NvhMWQ
>>75
>電気信号が焼き付いて云々とか そういう意味ではありません
もちろん 『残留思念』のことでもありません

「命は永遠ではないけれど この世界に生きていたということは永遠なんだ」
みたいなことを 幼い頃からなんとなく思っていました


95 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 19:27:48.84 ID:Wq6NvhMWQ
>>76
蛇足ながらかみくだくと(←あなたには全く不要だけど…)
「死者の無念を思う生者の心」ですね

96 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 19:41:19.84 ID:Wq6NvhMWQ
しまった バイさる出ちゃうな
ここからはまとめてレスしよう

>>77
細かいけど 「>>71-73>>76」じゃなくて「>>72-73>>76」に訂正

>>78
>あなたならきっとわかってくれると思う
もちろん 「永遠だと信じる」という意味ではなく
「相対する考えが矛盾なく内在している」ということを
わかってくれると思う …って意味です

>>79
『幽霊』の前に“いわゆる”を
『脳』の前に“基本的には”を足してください
これまた細かくてゴメン


97 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 19:48:54.38 ID:Wq6NvhMWQ
>>80
『幽霊』を生み出す『心』
他には『恐れ』とかね

>>81
「墓地に漂う無念」も生者の心の中にある
とわたしは思う

>>83-87
たとえネット上だけでも 関わったことのある人が亡くなったのは
すごくショックだし とても悲しい
わたしなんかより深く長く関わっていた人たちの悲しみを思うと
胸が引き裂かれそうな思いです

98 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 19:50:05.70 ID:Wq6NvhMWQ
>>88
ありがとう

99 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 20:01:09.88 ID:Wq6NvhMWQ
『バイさる』は正時にリセットされる これ豆な

100 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 21:36:43.98 ID:Wq6NvhMWQ
>>70
「死を語る」とは 『死にざま』について語るのではなく
『生きざま』 つまりどのような生を送ったかを語る …ってことかな?


101 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 21:39:46.34 ID:Wq6NvhMWQ
×どのような
○どのように

102 :本当にあった怖い名無し:2011/09/30(金) 15:46:33.40 ID:OMkyzFFK0
ホーキングは、天国は存在しないと断言した。
しかし、虚数の単位で考えれば宇宙には始まりも終わりもないと言った。
生と死がコインの表裏であれば、生命とは「生と死」で成り立っているのかもしれない。
臨死体験や前世の記憶を持つ子供たちの存在など、生死についてはアカデミックな研究の対象になって久しい。
状況証拠は揃ってきている。
科学は、宇宙と生命という小宇宙を解明する旅の端緒についたばかりだ。



103 :本当にあった怖い名無し:2011/10/04(火) 19:42:48.01 ID:howzR/vBQ
保守しておきます

104 :本当にあった怖い名無し:2011/10/16(日) 07:08:44.14 ID:c1+8s+haQ
墓地に漂う無念=優しい心

105 :ウハ(* ´Д`*) ◆uhawwww4Ig :2011/10/27(木) 19:22:04.76 ID:7S2oC24W0
私達生き物は死後意識を含めた魂となり、この世とは違うあの世に行きます。
そこはひとつの世界で魂、転生、全ての次元と全ての規律を管理する世界です。
この説明は人間の世界であるこの世の者に理解しやすいように言葉等を使用しています。


106 :本当にあった怖い名無し:2011/10/27(木) 19:23:14.42 ID:7S2oC24W0
私達生き物は死後意識を含めた魂となり、この世とは違うあの世に行きます。
そこはひとつの世界で魂、転生、全ての次元と全ての規律を管理する世界です。
この説明は人間の世界であるこの世の者に理解しやすいように言葉等を使用しています。



107 :本当にあった怖い名無し:2011/10/27(木) 19:25:33.50 ID:7S2oC24W0
○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○
このレスをみたあなたは・・・3日から7日に
ラッキーなことが起きるでしょう。片思いの人と両思いになったり
成績や順位が上ったりetc...でもこのレスをコピペして別々のスレに
5個貼り付けてください。貼り付けなかったら今あなたが1番起きて
ほしくないことが起きてしまうでしょう。
コピペするかしないかはあなた次第...
○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○



108 :本当にあった怖い名無し:2011/10/29(土) 07:54:43.46 ID:qtZFR2U5O
死んだら無になるの?

109 :本当にあった怖い名無し:2011/11/01(火) 22:20:08.46 ID:KwPrlkb30
死んだことないからわからん。
って、誰しも思ってるはずだ。
誰か死んだことある人、書き込みしてくれ!!!

110 :本当にあった怖い名無し:2011/11/07(月) 21:10:33.01 ID:vV9w4OcYQ
死んだら書き込めな(ry

111 :本当にあった怖い名無し:2011/11/13(日) 08:05:48.50 ID:0cq1kyx+Q
18年間そばにいてくれた猫が死んで
彼女がお骨になるのを待っている時
1歳数ヶ月の甥っ子が 椅子に座ってるわたしの
何も乗ってない膝を指差して「にゃんにゃん」と言った
そんなのただの偶然かもしれないけど
体は天に還っても 今もそばにいてくれてるんだと思うようになった


112 :本当にあった怖い名無し:2011/11/18(金) 01:45:35.05 ID:szbnS11bO
裏腹

113 :本当にあった怖い名無し:2011/11/21(月) 17:24:53.18 ID:PTYH5kkM0



114 :本当にあった怖い名無し:2011/11/25(金) 06:49:36.49 ID:Hi7PCKqh0
(´・ω・`)知らんがな。

115 :本当にあった怖い名無し:2011/11/30(水) 20:52:47.29 ID:2/mDYgkPQ
(´・ω・`) うむ

116 :本当にあった怖い名無し:2011/11/30(水) 21:48:50.24 ID:r92N1YRV0
死んだらすぐに別の赤ちゃんの身体を借りて
魂はそのままに生まれ変わる

117 :本当にあった怖い名無し:2011/11/30(水) 21:51:04.90 ID:7hzcmedvO
>>116
それだと魂の総量がおかしくなるぞ

118 :本当にあった怖い名無し:2011/12/10(土) 03:02:39.61 ID:RtX+q8kYQ
人間は死んだら21g軽くなる っていうのはただの都市伝説?

119 :本当にあった怖い名無し:2011/12/10(土) 03:14:33.99 ID:mVG+WrlaO
飲みに行くと体重が2sは増えるのはあり得る

120 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/12/10(土) 23:08:43.90 ID:nEdr51EI0
(´・ω・⊃⊃⊃☆)))))))))))))))))))))))))))Д´)パパパパパパパパパーー-ン!!>>112ー115

121 :本当にあった怖い名無し:2011/12/18(日) 17:12:00.74 ID:Go5s9jjoQ
Σ(´・ω・`)   


122 :本当にあった怖い名無し:2011/12/22(木) 23:08:14.76 ID:f3qu9K7T0
魂はそのままで
他の赤ちゃんの肉体に宿り
生まれ変わる

123 :本当にあった怖い名無し:2011/12/24(土) 23:52:00.01 ID:AONpYlKj0
>>122

>>117

124 :本当にあった怖い名無し:2012/01/04(水) 20:05:23.30 ID:DpATtatV0
何かであったな。
外人が計算したんだっけか。
現代に生きる人間の総数は、
過去の歴史で死んでいった全人類の総和を、既に超えているとかなんとか。

キリスト教系の研究かなんかだったよに思う。

125 :本当にあった怖い名無し:2012/01/08(日) 03:04:09.55 ID:Z+2T+BqU0
幽霊っているのかな。お前らなんか神霊体験ないの?
http://hayabusa2.2ch.net/test/read.cgi/news/1325946041/

126 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 18:20:57.00 ID:AapG7R2HQ
神霊体験も心霊体験もしたことない
「ちょっと不思議」とか「あれはなんだったんだろう」とか「すごい偶然」とか それぐらい


127 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 20:42:43.90 ID:vpz6yFV30
自分が自分だと自覚する意識って、今まで肉体一人に一つだと思ってたけど
もしかして一つの肉体にいくつも自我があるんじゃ・・・

たとえば俺が「俺だ」と思って生きてるんだけど
この体にはいくつもそれが「俺だ」と思ってる意識があるのかも
もちろんそれらみんなが「自分の意思」で生きて動いてると思ってる

128 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 22:25:31.41 ID:eYq4/ez/0
>>1
マジレス。死亡直後は、肉体を捨てただけであり、生前と全く自分がいる事に
気が動転する。中には、自分が死んだ事に気が付かない奴も多い。

129 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 22:58:56.82 ID:E2E6MHRV0
一回死んだらわかる

130 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 23:01:26.57 ID:Nez/oBJC0
死が最後の楽しみだったり

131 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 23:14:34.94 ID:51yK427oO
今生の終わりはめでたく銀河系地球刑務所から出所の証
3次元空間に束縛されて制限の多かった地球から旅立ちのとき
賑やかで美しく醜い競争のない本来の世界に帰れるよ
ただし今生で脱獄(自殺)した者や更正しなかった者はもう一度やりなおし!
とにかく生きろ

132 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 23:37:34.32 ID:4+KZFoEoO
俺は天国があったらいいのにって思う
そして昔の人に会ってみたい

133 :本当にあった怖い名無し:2012/01/14(土) 00:47:36.58 ID:zLuEEqbl0
死後にたどり着くのはそれぞれが思い描く「死後の世界」である
というほとんど自分の願望みたいな考え方

134 :本当にあった怖い名無し:2012/01/14(土) 00:49:57.39 ID:zLuEEqbl0
時代が進むにつれて精神とか魂の密度が下がってきてるのかな
最近は物を大切にしなかったり平気で命を奪ったりする輩が増えてるのも

135 :本当にあった怖い名無し:2012/01/14(土) 00:55:02.43 ID:Zu9IZin50
死にかけただけだからわからん。
経験から想像するとブラックアウトで糸冬了。

136 :本当にあった怖い名無し:2012/01/15(日) 02:23:21.27 ID:nS+jJoOLP
それって無意識の状態みたいなもんか
怖いな

137 :本当にあった怖い名無し:2012/01/15(日) 03:17:06.62 ID:+o/2di2i0
>>136
無意識こそ真の意識だよ、とめどなく流れる思考の濁流


138 :本当にあった怖い名無し:2012/01/15(日) 07:24:57.00 ID:y5XyGRBv0
死んだ瞬間、もう自分が自分でさえなくなるだろう
自分の死さえ人ごとになってしまうし、自分が生きた事さえなかたことになる

139 :本当にあった怖い名無し:2012/01/16(月) 03:44:52.47 ID:0Zh/r7MQ0
死んだら生まれる前の状態に戻るとかよく言うけど
死んだ後=生まれる前ならまた生まれてくるのか?
ふと気づくと5年くらい経ってて死にどんどん近づいてくのが
怖すぎてたまに発狂したくなる

140 :本当にあった怖い名無し:2012/01/16(月) 18:47:37.07 ID:wl4h0wUB0
>>139
あながちそれもおかしいわけじゃないと思うよ?だって

--------------------(自分の生存期間)----------------------
生前の「無」                              死後の「無」

生まれる前の「無」と死後の「無」
これに何の違いがあるだろう?「生前」と「死後」なんだけど、その違いを誰が判断するの?誰かが見てるの?
そんな存在があるとは思えない。

だったら、生まれる前だって悠久の「無」から誕生したわけだし、その後の悠久の「無」からだって、また誕生する可能性はあると思う
しかも無限に続いてるんだからね死後の「無」の時間は

141 :本当にあった怖い名無し:2012/01/17(火) 01:48:38.15 ID:Ni3dRUJiO
自分自身が無。生まれ変わって有になるかなんてだれにもわからない。寝てる自身すらコントロール出来ないんだから。

142 :本当にあった怖い名無し:2012/01/17(火) 02:03:28.01 ID:hdCsQQ7DO
エネルギーになる

143 :本当にあった怖い名無し:2012/01/17(火) 19:42:33.86 ID:Fd9h3qIO0
「死」ではなかったからわからん
ただこっちに来て暫くは何も覚えてない状態だったw

思ったより争いはないから驚いた

144 :本当にあった怖い名無し:2012/01/17(火) 20:42:55.74 ID:97gs1E6P0
こういうとき、「俺、霊が見えたり会話できるからあるよ」とか「こんな霊体験したから間違いなくある」と言う人間がまったくでなくなるのが、凄い不思議

145 :本当にあった怖い名無し:2012/01/24(火) 02:41:50.04 ID:aKdfBhbVQ
うむ

146 :本当にあった怖い名無し:2012/01/30(月) 22:35:46.67 ID:NcaEwEG+P
寝てる状態に近いのかな

147 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 01:44:13.07 ID:UHCR6naw0 ?2BP(0)
死んだら生前の自分を見させられて、地獄に行くか天国に行くか審判されるんだって
天国行ったら生まれ変わるまで待つらしい
待機中はお盆に帰ってきたりする

148 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 20:21:15.25 ID:gT3y6hBb0
死んでみないとわからない マジでそう思ってる


149 :本当にあった怖い名無し:2012/02/27(月) 20:14:57.08 ID:AM6tvDK4Q
>死んだら生前の自分を見せられて

羞恥プレイ…orz

150 :本当にあった怖い名無し:2012/02/27(月) 21:26:25.70 ID:L8ZdjSggI
ほんと無学すぎて笑えるw
地球の原始人には
未だに死んだら無に帰るとか本気で信じてるんだから
死んだら天国逝くとか言ってるヤツも、どこまで信じてんだか
どうせ既成概念程度にしか考えてないんだろ

151 :本当にあった怖い名無し:2012/02/27(月) 22:35:54.38 ID:vEJpJ5kKO
事故ったりケガとかの直前に物凄い早さで考えごとしたりする感覚がある、よね?
タヒったらあれがずーっと続いたりすんのかな…
て思ったことはある


152 :本当にあった怖い名無し:2012/02/27(月) 23:28:35.17 ID:xNHmXttl0
>>151
時間の概念は一定って扱いだけど
その感覚は一定じゃないからねえ
死の瞬間にとてつもない量の脳内麻薬ばドバドバでて
永遠とも思えるような一秒を過ごすのかもしれないよ

153 :本当にあった怖い名無し:2012/02/27(月) 23:55:30.16 ID:L8ZdjSggI
知らんと思うけど
実は時間ってのは多次元の話しなんだそうな
だから、どうなるって話しでもないが
タイムマシンが作れるわけでもないし
ただ、人間が思ってるような時間の流れという一定の概念は死後の世界では崩れると思う

154 :本当にあった怖い名無し:2012/02/27(月) 23:58:25.27 ID:L8ZdjSggI
なんせ、人によっては、一秒を一日と感じるヤツとかも普通にいるから

155 :本当にあった怖い名無し:2012/02/28(火) 00:10:44.09 ID:lBtek+bxO
>>152
そーだとすると変なタヒにかたすんのはやっぱ最悪ですね

>>154
一秒が一日てすごく早く老けそう

156 :本当にあった怖い名無し:2012/02/28(火) 01:02:40.89 ID:o2HkffD1O
>>154
不思議なお薬使うとそんな感じらしいね
逆だっけか?

157 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 04:10:19.64 ID:b6Vkj3SPO
死んだあと一言だけでも喋れればいいのになって思う。



158 :本当にあった怖い名無し:2012/03/07(水) 18:37:09.69 ID:mUhlKwRl0
死ぬのは眠りにつくより早い

159 :本当にあった怖い名無し:2012/03/11(日) 15:09:15.94 ID:xkxe6VLO0
俺が死にかけた時は無だったなー。意識全くのゼロ、意識失う瞬間も覚えて無いし、例えるならいつ寝たか覚えてないけどいつの間にか爆睡してた…みたいな感覚に近かった。

160 :本当にあった怖い名無し:2012/03/12(月) 18:00:33.34 ID:D30Y8Zt30
幼き日の俺
ペットが死んだ
親「〜は天国へ行ったのよ」
俺「おk」
その日の夕食、鶏肉
俺「(今から食べられるこの鶏も天国へ行ったのか?)」

161 :本当にあった怖い名無し:2012/03/12(月) 18:08:16.83 ID:D30Y8Zt30
記憶がなくなるだけだろ
体は焼いてもらって空に舞えば
空気となり植物に吸収され
それがポテチになり
可愛いオニャノコが食べて
一部となる
所詮物質の集合体Orz


162 :本当にあった怖い名無し:2012/03/12(月) 19:17:51.59 ID:W3c2mplhO
地球が誕生して自分が生まれるまで46億年ずっと意識がなかったから死んでからも永遠にそうなるんだろう。しかし数十億年の中で生きてるのはたった80年程だから一瞬だな。

163 :本当にあった怖い名無し:2012/03/12(月) 19:43:25.81 ID:cZ3/Sv7a0
死んでも終わりではない。これは事実。ソースは俺。
なにせ死んだ爺ちゃんの霊をこの目でみちゃったから。
既存の仏教とか宗教で説く、地獄だ天国だとかは眉唾くさい。
だが、死んでからの何らかのシステムはあるようだ。
どういうシステムかは死んでからのお楽しみだけど。


164 :本当にあった怖い名無し:2012/03/12(月) 21:14:59.54 ID:W3c2mplhO
カレンダーを見ると誕生日があるように、いつか自分が死ぬ日もこの中にあるんだと思うと怖くて発狂しそうになる
だからもう考えないようにした。

165 :本当にあった怖い名無し:2012/03/12(月) 21:27:34.77 ID:byJ2F0cA0
>>164
なぜこわいの?深酒すれば死の恐怖は消えるよ、その程度の感情だよ

166 :本当にあった怖い名無し:2012/03/12(月) 22:52:55.60 ID:JQvekVBy0
死は最高峰のオーガズム

167 :本当にあった怖い名無し:2012/03/13(火) 00:25:15.11 ID:oQ4BvYsR0
>>160
その感性を忘れるなよ

168 :本当にあった怖い名無し:2012/03/13(火) 06:07:55.92 ID:eJfWGDrG0
>>163
よければおじいちゃん霊をみたときの詳細教えてくだしい

169 :本当にあった怖い名無し:2012/03/13(火) 11:53:42.57 ID:bp/M1k6X0
落武者の霊、日本兵の霊。いろいろ霊あるけど
飛鳥時代の霊、「卑弥呼様〜」っていう霊ないよね?聞いたことないよね?
ほんまに霊があるんやったら
見たっていう報告あってもいいんじゃない?
落ち武者、日本兵ってのは
いかにもそれらしい霊っていう固定観念がつくり出したんじゃね?
だから
霊ってのは主幹で作られたものではないのか?
それって
霊がいないことの証拠じゃね?
そんなもんあったら
世の中、霊だらけになってまうで。
だから
そんなものはないのよ。
死んだら終わり。だから死ぬその瞬間まで一生懸命生きるだけなんよ。
人間ってのは。


170 :本当にあった怖い名無し:2012/03/13(火) 13:23:42.69 ID:h1O5D1/OO
俺火葬場で働いてるけど、荼毘中にうめき声や暴れるのは何度か見た事ある。
まぁ生き帰る人もいるんだろな

171 :本当にあった怖い名無し:2012/03/13(火) 18:44:13.31 ID:is6EI02tO
人間はどっちみち死ぬ運命なのに何の為に生きてるんだ?
早く死んでも遅く死んでも同じじゃない?

172 :本当にあった怖い名無し:2012/03/15(木) 07:29:02.62 ID:VhlL9hAvO
俺が死んだらヘビの道を通って界王様に会いに行く

173 :本当にあった怖い名無し:2012/03/15(木) 22:00:20.17 ID:gMH6tSBd0
重力10倍の星じゃなんもできんよ

174 :本当にあった怖い名無し:2012/03/16(金) 00:09:41.12 ID:yvwM037BO
サヨナラ天さん…

175 :本当にあった怖い名無し:2012/03/16(金) 05:57:17.68 ID:t7IsgqSz0
具がおおきい

176 :本当にあった怖い名無し:2012/03/16(金) 12:06:00.54 ID:nWEAxBzH0
死後の世界で私が「こうだったら良いな」と希望を託しているのはこういう世界。
日本外国関わらず、似た内容の記述が色んな本に書いてあったよ。

例えばAさんが死ぬと、既に死んでいるAさんの家族や友人がお迎えにやってくる。
迎えに来る人は生前の健康な頃(Aさんが記憶している姿)の外見で現れる。
まずAさんは、この世とそっくりな世界に連れて行かれる。迎えに来てくれた人は案内人として色々教えてくれる。もちろん、Aさんと案内人以外にもたくさん人がいるし人付き合いも出来る。
この場所はこの世とあの世の中継点のようなもの。
この世とソックリな世界だけれども生物を殺したり肉を食べたりといった行動は出来ない。ただ、肉に似せて作られたものとかは食べられる。
図書館があったり美術館があったりスポーツ場があったり、死んだ人はしばらくそこで自由気ままにゆっくり過ごす。
この世と連絡出来る電話のようなものもあるが、毎回成功する訳ではなくて、生きている人(連絡したい相手)の魂の状態により連絡出来ない場合も多々ある。
連絡できても必ずしも直接対話するという訳ではなく、夢に出たり存在を示す出来事を起こしたりするという間接的な方法でメッセージを伝えたりする。
しばらくこの世界で過ごすと、肉体を持っていた頃の欲望(食欲や性欲)はどんどん消えていき、その内必要無くなる。

177 :本当にあった怖い名無し:2012/03/16(金) 12:06:25.40 ID:nWEAxBzH0

そのような欲望が完全に消えると、今度は完全に死後の世界に旅立つ。
そこでは「個」というものが無くなり、全員の魂が繋がって共有される。
そのため、話さなくても意志の疏通が出来るし、他人の経験を自分の経験として味わう事も出来る。このような魂の集合体は一つだけではなく無数にある。
この集合体の目的は仏になる事で、そのためには様々な経験や修行が必要になる。
そのため、魂は何度も生まれ変わって足りない経験を積む。
しかし何せ数多くの魂の経験を共有出来るので、一人が1000回も生まれ変わる事は無いらしい。多くても10回以下。
つまり「この世」は修行を積むための道場って事ですな。
死後の世界で評価されるのは「いかに善を尽くしたか」という点のみ。献身的に家族や友人に尽くしたっていうだけじゃなくて、例えば芸術で数多くの人を感動させたていうのもこれにカウントされる。愛と感動がポイントです。
まあこの説が正しいかどうかなんて分からないけど、こういう話もあるよって事で。


178 :本当にあった怖い名無し:2012/03/16(金) 18:03:29.60 ID:jR4I9ee10
もともとひとつの大きな魂が分裂したのが我々で
各自修行して得たものをまた大きな魂と融合して共有・修行時間の短縮を
行う。か。こういう修行方法はアレを思い出すな。

179 :本当にあった怖い名無し:2012/03/16(金) 23:03:23.05 ID:ShBuaK4Y0
死ねば意識も精神も思考も速やかに消失し、あとに残るのは死体のみ。

180 :本当にあった怖い名無し:2012/03/17(土) 00:18:44.59 ID:wMbWno+hO
未来永劫意識がなくなるって何か怖くない?

181 :本当にあった怖い名無し:2012/03/17(土) 00:19:10.00 ID:C9TV66iv0
永遠にある方がやだ。

182 :本当にあった怖い名無し:2012/03/17(土) 00:31:30.42 ID:DiTwWdqf0
死後、普通に、生前と同じ状態で霊になるよ。
いつまでも、この地上にいるわけじゃないけど。
上に上がる所までは確認できた。
その後の事は、彼岸とかで戻ってきた時、多少聞ける。
普通に町や家があって、人々が暮らしてるって言ってた。
地上に留まっている霊は、無表情で笑わないか、暗く落ち込んでるけど、
上に上がっていく霊は笑ったり微笑んだりする。
皆、死んだら、この世に留まる事なく、上に上がる事だけ考えろよ!
あの世は、それなりに楽しいみたいだから、地上に留まるのはすごく損だと思う。

183 :本当にあった怖い名無し:2012/03/17(土) 00:51:32.79 ID:t8CARjZB0
自分に視えているものが世界で現実なら
死んで何も視えなくったらそれは
無なのか、それとも永い夢を視るのか

184 :本当にあった怖い名無し:2012/03/17(土) 01:01:48.36 ID:DiTwWdqf0
死んでも普通に視えるようだから、そんな事気にする必要なし。
夢は視なくなる。
なぜなら、死んだ人は寝ないから。
そう、死んだ霊が言ってたよ。

185 :本当にあった怖い名無し:2012/03/17(土) 01:09:47.63 ID:bNPmAij8O
死んだら君だったモノはただの糞袋になるだけだよ

186 :本当にあった怖い名無し:2012/03/18(日) 01:04:07.50 ID:M/l838GuO
永遠の命が欲しいって奴がいるけど、地震とかで生き埋めになっても死ねないんだろ?よく考えると恐いな

187 :本当にあった怖い名無し:2012/03/18(日) 10:44:08.47 ID:BD0wj2tv0
>>186
http://www.nicovideo.jp/watch/nm10863253
永遠の命と言うのはこれを無限に続けることだ

188 :本当にあった怖い名無し:2012/03/19(月) 21:43:02.09 ID:OwnAYGlkO
俺もすぐに行くぞ餃子
お前だけを寂しい思いはさせん

189 :本当にあった怖い名無し:2012/03/20(火) 20:44:48.23 ID:6Bnt4abR0
天さん死なないでつってんだろが

190 :本当にあった怖い名無し:2012/03/30(金) 10:10:10.13 ID:g0mEBF3aQ
ギャルのパンティ(ry

191 :本当にあった怖い名無し:2012/04/04(水) 18:27:22.32 ID:OrLDYPmW0
死んだら腐るだけ。または燃やされて灰。

192 :本当にあった怖い名無し:2012/04/04(水) 18:42:09.63 ID:nIicql+o0
一般的な死とは地球で生きるための体との決別


193 :本当にあった怖い名無し:2012/04/04(水) 19:10:32.62 ID:qIvXhQxxO
>>192
別の星へfaraway

194 :本当にあった怖い名無し:2012/04/12(木) 20:38:57.65 ID:+yNbXwvK0

何も残らねぇ。


195 :本当にあった怖い名無し:2012/04/16(月) 13:18:13.40 ID:jKvG0IXK0
「死後は無になる!」と豪語してた人が死んだ後、もしあの世があったら凄い敗北感だろうな。
逆に「あの世はある!」と言いふらしてる人が死んだ後、あの世があれば凄い優越感を得られる。

前者の場合、実際は無だったとしても優越感を感じる事はできない。
後者の場合、実際は無だったとしても敗北感を感じなくてすむ。
つまり、あると思っていた方が得。

196 :本当にあった怖い名無し:2012/04/16(月) 14:16:39.69 ID:/oG16mz5O
まずしんだら幽白みたいな展開に、
なってたらいいなぁ

197 :本当にあった怖い名無し:2012/04/16(月) 14:25:29.77 ID:Xvfj94DNi
>>195
そんな心配はいらないよ
中学生君

198 :本当にあった怖い名無し:2012/04/16(月) 16:38:05.91 ID:eMrWNT/W0
輝く実在

199 :本当にあった怖い名無し:2012/04/17(火) 00:59:32.69 ID:1lpuK7PI0
死んだら一度寝て起きるが如く赤ちゃんに生まれ変わる。記憶は完全に削除。幽霊は生物なので死とは関係のない話。

200 :本当にあった怖い名無し:2012/04/17(火) 04:27:54.77 ID:WxRPqBCo0
これについて考える時魂や自我の存在が怖くてしょうがない
死んだら未来永劫無でありたい
どうしてもダメならばこの宇宙に生を受けたくない
こないだNHKの宇宙や天文学の番組を見てたのだが、
この宇宙とは違う物理法則に基づいてる宇宙が他にもあるかもしれないと言ってたから
是非そうして欲しい、この宇宙の秩序や物理法則はクソ中のクソなんで

201 :本当にあった怖い名無し:2012/04/17(火) 16:55:12.76 ID:AhR2O/UcI
>>200
心配しなくても二度と地上に生を受けたくないと思ってる人間は誰も転生してない
お前の自由にすればいいだろ。
それでも存在していることに不満があるならば
自我を滅却し人のために生きろ

202 :本当にあった怖い名無し:2012/04/17(火) 17:00:47.70 ID:AhR2O/UcI
この世に転生するのは人間が不完全な存在だからだよ
人間は、霊界で産まれてから一度たりとも地上に産まれでる必要のない天使とは違う
どんな偉大な人格者でも欠点だらけなのが人間だから

203 :イタリア人チンポブラリーノ:2012/04/17(火) 17:03:42.46 ID:uvXOFd/aO
死んだら、次の身体へ移るのみ。

204 :本当にあった怖い名無し:2012/04/17(火) 17:05:50.80 ID:AhR2O/UcI
相手を恐れる必要はない
みんな欠点を持っているのだから
自分の弱さや小ささを羞じる必要はありません

205 :本当にあった怖い名無し:2012/04/17(火) 17:24:29.31 ID:QsPBlmsv0
>>149
考えた事あるな。まずすり鉢状の巨大なホールみてぇな
場所 真ん中には自分が椅子に座っている。
すり鉢のこう斜めの部分には観客席みたいにズラッと亡者が


206 :本当にあった怖い名無し:2012/04/17(火) 17:27:19.37 ID:QsPBlmsv0
椅子に座って取り囲んでいるんだ。で、巨大なスクリーンが出てきて
そこに映るは生前の自分のやってきた行為

妄想、思っていた事、性欲処理、犯罪行為、伴侶に対して
子供に対しての行動 癖や心理 生前の自分のあらゆるが
赤裸々に他の亡者に晒される

207 :本当にあった怖い名無し:2012/04/17(火) 17:30:59.24 ID:QsPBlmsv0
そこには守護霊、ご先祖霊もいる。親戚の守護 ご先祖もいる
そうした上で「なんだありゃあ」や「そう思っていたのか」など
亡者にわめかれ騒がれ物凄い大恥をかかされる。

「やめてくれー スクリーンを消してくれ」と言っても消えない。
延々と映し出される。

208 :竹下徹:2012/04/17(火) 20:44:57.18 ID:AhR2O/UcI
>>207
霊の世界では心は実体を伴うものだ
神の前では隠し事は一切出来ない
しかし、常に相手の心に触れているなんて疲れるだけ
知らないとは思うけど。想念を伝えたり、読み取ったりする能力は少しコツがいるし
すぐに使えるわけじゃない

209 :竹下徹:2012/04/17(火) 20:48:08.58 ID:AhR2O/UcI
自分のしてることに責任をもてないから
自分のしたことを否定するんだ
自分は疾しいニンゲンだと公言すれば恥ずかしさなんてない

210 :本当にあった怖い名無し:2012/04/17(火) 21:43:13.76 ID:17Jar+etO
死んだらそれでおしまい。

211 :本当にあった怖い名無し:2012/04/18(水) 04:04:48.33 ID:4OlfQeNw0
この空間と一体化

212 :本当にあった怖い名無し:2012/04/19(木) 11:54:06.02 ID:QbwSDat10
自分が生まれる前の自分の意識はどこにあったのかと考える方が不思議でたまらない

213 :本当にあった怖い名無し:2012/04/22(日) 17:57:19.66 ID:/SON7vOv0
死後の世界がある派
アインシュタイン
ニコラテスラ

死後の世界が無い派
ホーキング
大槻教授

214 :本当にあった怖い名無し:2012/04/22(日) 23:55:18.19 ID:01mslqkM0
アインシュタインと大槻教授って言われたら、
そりゃ、アインかなw

215 :本当にあった怖い名無し:2012/04/27(金) 14:04:37.47 ID:hRqD7Dpd0
死後の世界=生前の世界派


216 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 01:20:03.24 ID:b6/00Hc60
>>20
自分は前世の記憶らしきものがあるんだ。7歳頃に自分を退行催眠にかけて、過去の
こと過去のことと思い出して行ったら、なんと母胎の中でもがいていたことを思い出
した。それから更に強いてそれよりも過去のことを思い出そうとしていたら、鉄筋コ
ンクリートの建物の小さい窓と風に靡くカーテン、そしてベッドの上で寝ている自分
の顔を見つめている30代ぐらいの色の浅黒い目が比較的大きい女性の姿が蘇ったの
だ。

死ぬことは生まれる前と同じ状態に戻ることだから、また生まれて来る可能性もある
のではないかな?「生は地上に1回のみ受けるものなり」と言う生命観は聖書の考え
方であり、transmigration(転生)とrebirth(再生)は同じ生まれ変わりでも、前
者は霊魂を介しての生まれ変わりであり、後者は霊魂の存在を否定した物理的な生ま
れ変わりだ。自分は後者の方が正しいと思う。これは人間に限ったことではなく、動
物、脳がある下等生物、扁形動物門のプラナリアは、頭を真っ二つに切ると双頭のプ
ラナリアになる。元の脳の意識はどっちに行ったのだろうか?元の意識は消滅して、
別の2つの意識が生じたと言う意見もあるが、頷けない。何故と言うと元の脳は死な
ずにそのまま存在しているからだ。

自分が生まれる前にはどこに意識があったのか?こういう考え方は極めて重要だよ。
この地球には人間以外の脳を持つ微生物や節足動物、魚介類、プランクトンの方が遙
かに多いのだ。一番怖いことは自分の死後自分の意識がその時に生まれた微生物に移
動することだ。

双頭のプラナリア
http://www.youtube.com/watch?v=0qCHLlcvNsI


217 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 01:49:43.79 ID:b6/00Hc60
オカルトではなく、本気になってこの問題を生物学で研究して解決して貰いたいな。
人間は人間に再生し、豚は豚に再生し、魚は魚に再生すると言う科学的証明が為され
れば、死は怖くはなくなる。

人間はいずれは必ず死ぬ。いや全ての生物も必ず死ぬ。今日死ぬかも知れない。もし
もし不治の病の宣告を受けて、余命半年と言われたらどうする?それでも平然として
いられるか?モンテーニュが『エセー』で「われわれの道筋のむかうところは死だ。
それはわれわれのどうしても目ざさないわけにはいかない対象なのだ。(中略)一般
の人間の対処法はそれを考えないことだ。しかし獣にも似たどのような愚かしさから、
それほどの鈍感な盲目状態が出てくるのか。こういう人間には驢馬の尻尾のほうに手
綱をつけてやらなければならない」(荒木昭太郎訳)と書いている。パスカルはモン
テーニュの影響を受けたが、その死生観があまりにもだらしないことを批判して、来
世を信じよう!と書いて39歳で没した。

218 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 02:06:32.29 ID:b6/00Hc60
>>210
それはギリシャ・ローマ的死生観、ストア哲学死生観、神道(平田篤胤の神道を除く)
の考え方だよ。あとキリスト教崩れや共産主義の死生観だ。平田篤胤の「幽冥論」はか
なり深い。『勝五郎再生記聞』を読んでみたまえ。岩波文庫から『仙境異聞・勝五郎
再生記聞』として出版されている。あと『前世を記憶する子どもたち』イアン・スティ
ーブンソン著、敏雄訳、日本教文社も読んでみるといい。ショーペンハウエルは、『余
録と補遺』で「死はその人が無になることだが、それを生み出した現存在にはとどめを刺
されてはいない」ヨーロッパの死生観はまことにばかばかしいものだと言っている。キリ
スト教崩れとキリスト教を否定した共産主義の死生観に満たされている。

219 :218:2012/04/30(月) 02:08:49.36 ID:b6/00Hc60
>>218
誤)敏雄訳
正)笠原敏雄訳

220 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 03:16:47.47 ID:b0RU4UIU0
しかし、本気で死後の世界がない、死んだら霊もない、無だと言い切ってる奴が、
廃墟病院に深夜一人で入るのは怖くないのけ?
俺は、誰もいない深夜の大学校舎だったら一人で行けるが、廃墟病院は絶対無理。
もし、誰か廃墟病院へ深夜に一人で行けたら、死後の世界を考え直してみてもいいが(笑)


221 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 03:20:46.82 ID:JnE8jtZ+0
暗闇が怖いのは、哺乳類の本能
天敵の妄想化が幽霊だったり、怪物っだったりするわけで

222 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 07:42:23.39 ID:ggKIolkb0
暗闇が怖い理由
・夜行性の肉食獣を恐れる本能が遺伝子にプログラムされている。
・足元がよく見えず、つまづく・落ちる等の不安がある。
・慣れた大学校舎なら、勝手がわかってるから不安は少ない。

・・・・・・ま、こんな感じですね。深夜の廃墟が怖い理由として、

・そこを溜まり場にしてるヤンキーに遭遇するかもしれん。
・廃墟とはいえ、勝手に入れば不法侵入。捕まるかもしれん。

・・・・・・というのもあるよね。


223 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 07:45:20.97 ID:ggKIolkb0
>>212
>自分が生まれる前の自分の意識はどこにあったのかと考える方が不思議でたまらない

産まれる前には意識などなく、受精卵が分裂を繰り返して脳細胞の機能が分化して
発達をしていくとともに徐々に意識をもつようになってくる、と。


224 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 07:51:12.34 ID:lXGUekXH0
>>212 >>223
意識とは泡のようなもの。
無明の闇の中で生じ、つかの間、踊り回り、また無明の闇の中に消えていく。
だから、生まれる前の自分の意識など無い、死んだ後の自分の意識も無い。

225 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 10:02:39.49 ID:lPzg46QZO
まずは、死んでみなくちゃわからんな

226 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 10:18:06.75 ID:hYMPUV17I
オナニーも見せつけられるほど
堂々としていれば宜しい

227 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 10:23:39.15 ID:hYMPUV17I
>>216
もし、人間を真っ二つに切って双頭の人間が産まれるとしても
個人まで二つになるとは思えないな
物質的に考えればあり得るのかもしれんが、霊の世界では、霊と物質は切り離された存在だから
物質の影響で二つになることなんてあり得ん

228 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 10:26:03.01 ID:hYMPUV17I
俺は、戦国時代に武士で頭から真っ二つに刀で切り裂かれたの思い出したけど
意識が二つになったりはしなかったぞ
一瞬、見える景色が二つに分裂しただけ

229 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 13:53:29.06 ID:dneXP67p0
現代の科学者、量子力学者が
死んだらどうなる?=オカルトだと思っていて研究も何もしないから解明できない。

ホーキングみたいに「俺が死後の世界が無いと言ってるから無いんだ(怒)」
って、怒って感情だけで結論出す人がいるから先に進まない。

日本で霊が映るビデオカメラを開発した人がいたね?
たしか、昔ジェネジャンに出てたな。

230 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 14:11:41.55 ID:hYMPUV17I
>>229
現代の科学力じゃ、まだ無理だな
こんな話しをしたら矛盾ととられかねないが
科学が霊を否定するのは当然だろう
科学は証拠のないものを研究したって意味がない
ビデオカメラに霊が写ったからって、そこから何か見つかるわけない

231 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 19:09:01.10 ID:QqF7tY8tQ
天国とか虹の橋とか あればいいな

232 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 20:35:22.14 ID:b6/00Hc60
>>227
この問題は自分が生物を勉強していた時以前からあったのだが、人に限らず意識を持つ
生命体はその死と生を介して、意識は分離したり融合したりするのではないかと言う結
論に至った。シュぺーマンの実験では、イモリの受精卵を髪の毛で弱く括ると、双頭の
イモリになり、強く括ると完全な2個の個体になっている。

脳を2分しても脳が死なずに生きられて2個体になるプラナリアは、人間も全ての動物
も元は1つであり、意識が分離しているだけだと言うことを暗示している。従って死は
人の全ての終わりではないと思う。進化論を否定する西洋の学者達が生物学や医学を発
展させたために、本当の生命科学の研究は閉ざされてしまっていると思う。ホーキング
なんてバカの骨頂だね。宇宙の初めを論じるのならば、何故自分が人として生まれて来
たかを証明しなければならない。

233 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 20:44:03.34 ID:b6/00Hc60
>>223
自分が生まれる原因があったから、今おれたちがいるんじゃないか?1000年前には
無だったのならば今も無であり、今生きているわけがないだろうが。

死ぬことは1000年前に戻ることとすれば、また別の生命体となって再生する可能性
もあることになるじゃないか。1000年前には両親も祖父母もいなかったのだから。
もっと元を翻すのならば、地球誕生後に発生した微生物が自分の元とすれば、宇宙誕生
の時には自分は無だったのか?無から有は生じない。

234 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 21:06:50.22 ID:b6/00Hc60
http://www.youtube.com/all_comments?v=PzfYEFhU7IE
           ↑
この双頭の蛇はどちらの脳で身体を動かしているのだろうか?

http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=mqu3s5l8CHg&NR=1
           ↑ 
この双頭のヤモリもどちらの脳で身体を動かしているのだろうか?

生命科学は宗教の呪縛を受けて、発達していないのだ。ホーキングはキリスト教
の「地上には1回のみ生を受けるだけ」と言うキリスト教生命観に呪縛されてい
た。天国も地獄も神も否定したのはいいが、肝腎の自分の死後の問題まで無とし
てしまった。


235 :alt ALSARIVO!(オルサリボ):2012/04/30(月) 21:13:36.02 ID:FBUsDUd80
死んだら、肉体から出て霊体だけになります。



236 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 21:15:14.94 ID:7emCjn5z0
キリスト教は輪廻を否定してたのか
勉強になります

237 :alt ALSARIVO!(オルサリボ):2012/04/30(月) 21:19:37.59 ID:FBUsDUd80
目を閉じて横になっても

わしらは、ものを見、あかりを受け、ありきまわる事ができる。
夢じゃ。



238 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 21:25:00.08 ID:ggKIolkb0
>>229
違うんじゃない?
あの世とか魂の存在を信じる人が体系的な研究や実験・観測を怠ってるんじゃない?
物理学者に任せないで、自分たちで客観的な検証に耐える証拠を集めればいいわけで。


239 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 21:30:19.69 ID:wI5bxNZY0
何もないか、本当の死後の世界が広がっているかのどちらかでしょ

完全に意識が消滅して「無」となるか
現在人類が各地で好き勝手に妄想している死後の世界とは違う
「本当の死後の世界」に旅立つか

240 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 21:46:56.09 ID:hYMPUV17I
>>232
分霊の考え方でもそうだけど
動物の霊魂も大霊の分霊、身を分けた存在の一部と考える
物質的な細胞分裂の過程はまさにその神の御業を物質を使って表現していると言える
つまり、物質的な過程で生じる意識の分裂はあり得ると思うが
それが一個の霊にまで影響を及ぼすとは考えていない

241 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 21:58:12.75 ID:b6/00Hc60
共産主義者や左翼の者は人の生まれ変わりを否定するが、宗教が「霊」の存在を肯定
していると勘違いしているんじゃないかな?

「霊」なんて無いと自分は思う。しかし霊なんてなくても死を介しての、人や動物の
意識の持続はあり得ると思う。

242 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 22:04:38.17 ID:b6/00Hc60
霊があるのあるのならば、東京大空襲後に幽霊が多発していたはずだし、広島、
長崎原爆投下後に幽霊が多発していたはずだ。しかしそう言う報告は全く無い。

霊魂なんて無いんだ。人間にあるが、動物や小動物の霊は小さく見えないと言う
説もあるが、もうオウム真理教以上のキチガイだね。

243 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 22:09:35.64 ID:hYMPUV17I
霊魂なんてものは本来見えないし
姿を表せるほどの霊になるには相当な力がないと無理
せいぜい、そよ風を吹かせる程度の自然現象しか起こせない

244 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 23:49:31.81 ID:b6/00Hc60
心霊写真なんて、デジカメができてから一切無い。全て捏造だ。

霊魂なんてないよ。しかし宗教の全てが霊魂を肯定しているわけではない。

神が人を創造し、霊魂があって善行を行った者は天国に行き、悪行を行った
者は地獄に行く、なんて誰が信じるか? バカが信じるだけだ。それも知能
指数・・・言わない方がいい。

245 :本当にあった怖い名無し:2012/05/01(火) 00:03:22.42 ID:b6/00Hc60
霊魂なんてない。しかし人間や動物の意識の移動による、再生はあると思う。

幽霊を見た人なんか精神異常だよ。

物理、化学的に、この問題は研究して欲しい。

246 :本当にあった怖い名無し:2012/05/01(火) 11:00:26.17 ID:SIHLtnaU0
死んじゃったら、その後に起こるすごいこととかすごいものとか全部わからないよね当然だけど
嫌だなあ
それとも年をとったら
もう十分だ、って思えるのかな

247 :本当にあった怖い名無し:2012/05/01(火) 17:21:57.60 ID:rA3nZcSq0
>>1
あの世に行くに決まっている。死亡直後は、何も変わっていないから
安心しな。死亡による混乱から落ち着くと、出迎えの人間がやってくるから。

248 :本当にあった怖い名無し::2012/05/01(火) 18:56:47.91 ID:ruymFbjh0
>>241
あのさ仏教的な観念がまさか、霊魂を本当に否定している事になると思ってるの?
詭弁でしかないんだけどw
単に釈迦が霊というものを認めたくなかったから、仏教側が言い逃れとして訳のわからない
理屈を言っているだけだよ
で、仏教も「霊魂のようなものはある」と認めているよ
人や動物の意識の持続を「霊」と表現しているのw
意識を霊と表現しているの
意味わかってつかってる?
つまり、霊がないって事は「意識がない」って事なの


249 :本当にあった怖い名無し::2012/05/01(火) 18:58:51.72 ID:ruymFbjh0
生まれ変わりを認める宗教で霊魂を否定しているのがあるけど(天理教とか)
霊魂の意味を理解していないとしかいいようがない
霊魂とか、意識とか自我とか存在の中核の事
つまり、死んだ後も持続する何かの事を言ってるんだってば

250 :本当にあった怖い名無し::2012/05/01(火) 18:59:25.96 ID:ruymFbjh0
霊魂とか→霊魂とは

251 :本当にあった怖い名無し:2012/05/01(火) 19:38:10.23 ID:nZHZKmXk0
なるへそ、勉強になります!

252 :本当にあった怖い名無し:2012/05/02(水) 00:11:02.31 ID:rZf+rj5Z0
死んだらそれまでです。人間の意識は、脳の化学反応から生まれただけです。
ましてや、死後の世界などありません。

たとえば、人間と同じ意識を持てるAIを作り出したとしましょう。それを動かしてるPCには
霊といったものはありません。ただ、CPUが計算していると言う事実があるのみです。
電源を切ればそれまでです。

それと同じです。

253 :本当にあった怖い名無し:2012/05/02(水) 22:25:34.02 ID:2Hxwp+b60
>>252
霊魂はありませんが、人を含めて全ての動物には再生の可能性はあります。現代科学
がこの地上での再生を否定したキリスト教文化圏で発達したからあなたのような、そ
うした「非科学的」な結論に至るのです。キリスト教の原型はこの地上での再生を肯
定するものでしたが、ローマ皇帝が都合が悪いためにその部分を削除してしまったの
です。「地上には1回のみ生を受けるもの」と言う思想は、元々のキリスト教にはな
かったのです。

254 :本当にあった怖い名無し:2012/05/02(水) 23:01:36.58 ID:CnmqKcCD0
>元々のキリスト教
元祖だろうが所詮は一人の人間の妄想から発した妄想世界の設定集だろ?
誰一人として科学的な実観測と追証で確かめられた事例は一つとして無い
妄想を根拠に>再生の可能性はあります、とドヤレスされても困るな
まして発・妄想側から>「非科学的」な結論、とか笑止も過ぎる

255 :本当にあった怖い名無し:2012/05/02(水) 23:43:38.52 ID:yG+7e2fW0
>>252
お掃除ロボットルンバに人間並のAIをのせたら掃除し続ける事に疑問を感じで仕事放棄する事もあるかもね。

256 :本当にあった怖い名無し:2012/05/02(水) 23:56:15.85 ID:RCVPUgfN0
掃除という尊い仕事を与えてくれた人間を崇めるか
非生産的な労働を強要した人間を恨むか
いずれにせよ 人間が『神』に対して抱いた念を持つ

257 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 00:28:51.10 ID:nL0raSS/0
「神」という概念は近代以前、自然現象の解釈から発した疑似科学の産物
IF遊びならロボット以外でも面白い思考実験が在る
心霊概念を一切排除した生活環境で一から現代科学知識のみで子供を育てた場合
そうして成人した人間は「神」だの輪廻だのを発想できるのか?
まあ、無いな
つまりはそういう事

258 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 01:42:34.62 ID:/aFs1CQd0
在りもしないモノを創るのが人間
在りもしないモノとは『神』とか『科学』とか


259 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 01:52:33.02 ID:/aFs1CQd0
『神』とか『科学』も人間の想像の産物であるが
お掃除ロボットの『創造主』である人間は確実に存在する


260 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 02:05:57.37 ID:/aFs1CQd0
人は何故それを成し得るか

「神」の御心によって

261 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 02:08:00.20 ID:/aFs1CQd0
『科学』は「疑似科学」とどのようにして区別され得るか

それは『科学』によって

262 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 02:20:52.21 ID:/aFs1CQd0
それは何故死んだと言えるのか

もう生きてはいないから

263 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 10:21:25.42 ID:Rr+r4PSK0
死んだらどうなるか? 放っておけば、こうなる。

http://www.youtube.com/watch?v=R1CD6gNmhr0&feature=related

264 :永末晴美:2012/05/03(木) 10:28:41.95 ID:h6uKMQ/60
そいつのキンタマ起こせ。

265 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 11:13:33.49 ID:OyWJvLGrI
物質世界は人間にとっては残酷な世界に映る
こんな粗雑な臓物の入れ物のような身体に永遠の魂を閉じ込められるのだから
だからといって、永遠である魂がこんな粗末な肉体に支配されるはずがない

266 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 11:22:28.58 ID:OyWJvLGrI
人体は宇宙と自分の霊を結ぶ生体機関
神はこの宇宙の創造的活動の一部として生きる役割を人間に与えてくれたから
今ここに肉体をもって存在している

267 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 12:43:17.45 ID:NTubZ9rF0
むなしいな?
大昔の誇大妄想狂の借り物思想で出来合モノ語るって
まあ、他力依存の思考放棄ってのは楽でいいか

268 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 15:14:24.39 ID:esA+qiKH0
霊が主で肉体はただの道具に過ぎない
死んだら霊になるのではなく今も本質は霊だ
本質である霊が肉体と言う不完全な道具を使って自らを表現しているに過ぎない
脳が考えるのではなく霊が考えそれを脳に伝え実行しているに過ぎない

269 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 16:42:00.03 ID:dPuu+lyr0
使い古しの心霊概念の受け売りですか?
次があると思うから今を甘える
ただのリセット厨ですね心霊盲信者って

270 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 18:20:30.92 ID:4dTcslQu0
プレゼント
http://livedoor.r.blogimg.jp/insidears/imgs/f/b/fbd96902.jpg

271 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 19:34:46.25 ID:vOOHW2AV0
>>268
そう、逆に言えば魂は肉体を直接コントロールする事が難しいんだ。
生物が今の形になったのは現世の環境が起因する物、ましてや神の関与などあり得ない。
その肉体をコントロールするために脳がある。
脳が壊れたら魂は肉体をコントロールする事が出来ない…
魂はそれほどまでに無力なものなんだよ。



272 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 19:35:58.00 ID:Js5QvT630
大体霊魂なんて存在しない物を持ってきて、人の生まれ変わりを肯定主張する奴なんて
相当なバカだw

おれは生まれてこのかた幽霊なんて見たことはない。人が死んだ家やマンションでは霊
があって、人を苦しめるなんてバカげたことをほざいている奴等は相当なバカだと思う。

霊視者が以前トンネルの中で死んだ女性の顔を、トンネルの中の染みだと言ってテレビで
やっていたが、ばかばかしくってお話にはならない。

もし人に霊があるのならば、関東大震災、東京大空襲、広島長崎原爆投下後に、多くの心
霊写真や映像があるはずだ。そんなものは一切無い。結局霊なんてないんだよ。

あと霊を人に限っているところが幼稚だ、もし霊があるのあらば屠殺場付近で写真を写せ
ば、豚や牛の霊が映っているだろう。

273 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 19:57:13.43 ID:vOOHW2AV0
そう言う君も魂が主なんだよ。
君は霊魂や来世などの有無を気にしている様だね(^^)、でもそれを気にする事はないよ。
現世を生きるのにあの世の事考えたって意味が無いんだ。

274 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 20:02:13.52 ID:OyWJvLGrI
>>272
その通りだよ
心霊映像なんて殆どが作り物だから
あんなにハッキリ映れるなら目の前に出てくればいいんだし
微妙な光の加減で偶々顔に見える岩のくぼみまで霊魂とか笑えるw
人間以前に屠殺で死んでる動物のほうがよっぽど悪霊化してると思うよ

275 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 20:17:14.80 ID:vOOHW2AV0
>>274
そう、ほとんどがね(^^)

276 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 20:53:41.03 ID:Rr+r4PSK0

震災の土地をテーマにした生放送に何で堂々と映らないのか。
その理由は・・・・・・・・・・・・


277 :本当にあった怖い名無し:2012/05/03(木) 22:11:09.54 ID:XEtIxeW20
>>276
未練を残す間もないからじゃね

あと一説では、放射能量が多いと霊は現れないと言われてる
チェルノブイリで幽霊騒動なんて聞いたこともないしな、霊が物質なら放射能で消されるなんてこともあり得ない話ではない

278 :本当にあった怖い名無し:2012/05/04(金) 01:08:08.79 ID:7I+WoZgd0
見える人には見えてるんじゃない?

279 :本当にあった怖い名無し:2012/05/04(金) 04:59:07.13 ID:WD7dpgco0
すべての人間が最後には体験することなのだが
本当のところは誰もしらないという
不思議な要素

280 :本当にあった怖い名無し:2012/05/04(金) 11:31:39.97 ID:u11Cs/kY0
>本当のところは誰もしらないという
それをさも見てきたかのように騙れる脳・精神疾患の自称心霊ノーリキ者
現代科学さえも凌駕する「素人の一個人」という驚愕の矛盾
その矛盾さえ気付けない盲信者それが究極の
>不思議な要素

281 :本当にあった怖い名無し:2012/05/04(金) 12:50:32.14 ID:uX5vLvY80
人の生き死にを数多く見てきた医師であるおれからひと言言わせてもらおう
死後も意識は残っていると思わざるをえない現象はまれにだがある
ただ医師という立場で、そのような非科学的な話をおおっぴらに言うと
おかしな医者という烙印を押されて、仕事上やりにくくなるため黙っているに過ぎない

282 :本当にあった怖い名無し:2012/05/04(金) 13:04:30.07 ID:Y/glzgUY0
「医者も30年勤めると、死後の世界を信じるようになる」
ということわざもあるしな。しかし、立場上、言えないだけだろ。

283 :本当にあった怖い名無し:2012/05/04(金) 13:12:36.02 ID:u11Cs/kY0
>死後も意識は残っていると思わざるをえない現象
ネットで自称の権威は通用しないよ、わざわざ肩書き御苦労さま
医者だって万能ではない誤診多発の危険地帯だよ病院も…実体験だけどな
意識?どの程度の定義で騙っているのか?
またそれだけで即=「霊」との稚拙な即断?

284 :本当にあった怖い名無し:2012/05/04(金) 21:25:00.57 ID:PXiRH8xs0
そこまで頑なに否定する意味が分からん

285 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 01:05:08.52 ID:abn8nQc20
>>281
「現象」と言えるほど確かなモノなら
データや証拠を集めて学会で発表すればいいわけで。

286 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 01:48:18.32 ID:AyUHBRt40
事故した時に見ると言われている走馬灯が
死後の世界を知る上で一つのヒントになってる気がする

287 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 01:49:31.32 ID:AyUHBRt40
つまり時間が逆転するのではないかと

288 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 02:15:10.70 ID:uISpQ+WOO
>>286
でも事故った人みんながみんな見るわけじゃないし
臨死体験にしたって同じ。

289 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 02:35:42.92 ID:HMwJlCR7O
>>284
証明できないからだろ

290 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 05:12:25.33 ID:xVC4ltKq0
>>276
東関東大震災後の、多くの死者の棺桶を写した写真を見たが、心霊なんて一つも映って
はいなかった。

あとビデオを利用した心霊映像だが、1985年8月12日後に民放が入って死体の山
を写したわけだが、心霊などは全く映ってはいなかった。2001年9月11日テロの
時やその後のビデオにも心霊などは全く映ってはいなかった。結局「霊魂」なんて言う
バカげたものはないんだよ。天国も地獄もないんだよ。ホーキング博士まで言っている。

291 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 11:24:19.93 ID:xqczxTy+0
いやある
残念ながら在る

292 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 13:37:04.57 ID:gcON5A7V0
OSS乙

293 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/05(土) 16:45:47.55 ID:Q0RqJMu60
在るとか無いとかの話をしているようで
実際は「在ると信じたい」「無いと信じたい」という自己表明にしか見えない

そうである限り 双方とも「信心の押し付け」になる


294 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 17:00:58.20 ID:V57vbj6iO
俺がエンマ様で必ず全員俺に審査され、悪いことした奴は地獄の釜行き。

295 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/05(土) 17:06:41.93 ID:Q0RqJMu60
それならどんなに嬉しいか なんかお前には賄賂が効きそうだ…

296 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 17:58:05.76 ID:VgM73qpT0
俺が信じてる2つのこと。

1.人は死なない。死と思われてるのは、単に肉体の衣を脱ぐだけ。
2.この世に不運などというものはない。この世で不運な目に合うのは、前世で同じ事を他人にして、その償い(反省)をしてるから。

297 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 18:09:09.81 ID:VgM73qpT0
犯罪のニュースを聞くと、犯人がかわいそうになる。
犯罪者は、たとえこの世で死刑になろうとも、その後に恐ろしい運命が待っている。
あの世で、反省するまで犯行場面を見せられる等の罰を受ける。
心底改心して反省した後に、反省した証拠を神から求められる。
反省の証拠とは、転生して自分が犯した罪と同じ犯罪の被害に会うか、
それの同等の苦しみを味わうこと。
心底改心して真人間になっているのに、理不尽な犯罪の被害者にならなければならない。
これは苦しい。
そうして初めて神に許される。

自分の行為が100%自分の責任になるという点で、この世界は恐ろしい。

298 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 18:28:48.68 ID:SslIGvh3P
>>297
それは典型的な神の失敗だよな。
犯罪を犯した人格が消え去った来世でいくら同等の苦しみを味わっても意味がない。
犯罪を犯した人格を残したまま同等の苦しみを味わうからこそ償いの意味もあろうというもの。

299 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/05(土) 18:38:57.40 ID:Q0RqJMu60
人間自体が『神』の失敗作なのであろう

罰を与えるくらいなら 最初から「過ち」を犯さない完璧なものを作ればいいのに
だいたい そんな不完全な人間が『神』の真意どうやって知るのだ

300 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 18:41:54.86 ID:xqczxTy+0
最初から完成されてたら成長するのを楽しめないだろ
金魚鉢を眺める人間のようにどのように成長していくのか
その成長過程を見て満足してんだろ

301 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 18:50:43.55 ID:G8CJk9aJ0
霊界の仕組みは、ある意味でハムラビ法典にそっくり。
「目には目を」という事だ。少しでも、誰かのためになる生き方をすれば良い。

302 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/05(土) 18:50:56.59 ID:Q0RqJMu60
>>300
飼ってる金魚が悪さをしたら『罰』を与えるわけだな
“お前は水草を食い荒らしたから地獄行きだ”とか…
『神』はペットの飼育者としては最低の部類かも知れん

303 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 19:02:02.38 ID:VgM73qpT0
>>298
人格をどういうふうに理解しているかわからないが、
人格は変わらない、というより罪を犯した時点よりも進歩してる。
その進歩した状態(罪は犯さないと反省している状態)で転生して、
現世で罰を受けることに意味がある。
反省もしていないのに強制的に罰を与えても意味はない。
(ただし、反省をうながすという意味での霊界での「罰」はある)
罰は自分で選ぶのだ。

304 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 19:14:18.25 ID:VgM73qpT0
人間には自由意志が与えられている。
また、あることをするとどうなるかの情報も同時に与えられている。
(今俺がこうして書き込んでるのもその一つ)
その自由意志(やるもやらぬも自由)を行使しておきながら、神のせいにするのはおかしい。

305 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 19:24:18.43 ID:43dH24CN0
人格って脳(遺伝・環境・教育)だから、この世の不始末を
あの世でどうのこうのって違う気がする。
前世の脳の誤りを今世でどうのこうのってのも違う気がする。
ルールに縛られ過ぎっていうか、過保護みたいな気がする。

306 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 19:31:06.31 ID:Q0RqJMu60
他人のレイアウトした水槽に入れられ
さらに 好んで食べる水草を水槽内に植えられて
“お前は水草を食い荒らしたから地獄行きだ”と言われた金魚は水槽を出る決意をした
“もうお前には頼らん 自分の力で生きる”そう言って水槽を飛び出した
そして 金魚は次第に干からびていく自分を実感しながらこう言った
“これで良かったのだ 少なくとも自分の不幸を他人のせいにする事は無くなった” 

307 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 19:33:59.10 ID:VgM73qpT0
>>305
人格は脳じゃない。
脳は、死んだらただのタンパク質になるだけの、コンピュータだ。
そのコンピュータに指令を出している存在が別にある。
それが人格だ。

308 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 19:41:01.40 ID:iG2BD9rZ0
ここは水槽ではない。地球の上だ。我々は金魚ではない、人間だ。

309 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/05(土) 19:41:12.23 ID:Q0RqJMu60
人間には「魂」があるという そして金魚には「魂」はあるのだろうか
それを人間が判断するのは『傲慢』ではないか
その『傲慢』を なぜ『神』は許したのか 疑問は尽きない

310 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/05(土) 19:42:46.93 ID:Q0RqJMu60
今度「崖の上のポニョ」を『神話』として読み解いてみよう

311 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 19:47:02.37 ID:43dH24CN0
人格は先天性という科学者は皆無でしょ。
でも宗教の人は人格は先天性と言うんだろか?
占いで見る限り、どんな魂も手相と生年月日に
操られているように見える。

312 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/05(土) 19:52:48.49 ID:Q0RqJMu60
>>308
その『傲慢さ』があれば『神』はいらない
ではなぜ『神』を信じる者も『神』の存在証明に関しては『傲慢』になるのだろう

313 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 20:03:06.23 ID:09+o6n4f0
>>311
手相と生年月日。付け加えるならば名前とかね。。。
要は人生って道を走る上で乗るべき車(宿るべき肉体)の性能とか癖
みたいなものだと思う。
運転するのは魂であり人生をどう操り運転するかは自信の判断でしかない。
ただ車の性能にあったコースや苦手なコースも当然出てくる。
って事じゃないかな?

・・・ちなみにガソリンは金だがw

314 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 20:36:13.29 ID:VgM73qpT0
人は死なない。
これは宗教ではなくて、事実だ。
なにも難しい理屈は必要ない。
死んでも、人は仏にも神にもならず、今の人格がそのまま持続する。
低俗な人格はそれなりに、高度な人格はそのまま維持する。
なんの不公平もない。
(現世的に)死ぬときは、この最低限の知識を持って死んで欲しと思う。

315 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 20:50:49.54 ID:q9QFAlE40
さも見てきたように騙れるその厚顔無恥

316 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/05(土) 20:59:19.74 ID:Q0RqJMu60
持続しようと 維持しようと 公平であろうと

誰も認知し得ない 誰にも関与し得ない『人格』を 誰が人格と認めるのか

まさか“神が”ではあるまい



317 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 21:15:46.07 ID:q9QFAlE40
である、と根拠一つ示さず断言口調が続くんだがオカシクないか
ここって個人的心霊概念の妄想を布教するスレだっけ?
妄想と呼ばれたくなければ、少なくとも根拠を示すべきだろうな
根拠が無いなら最低限「〜だから、死後はこうなると”思うよ”」だろ

発端と経過をすっとばして結論断言と事後妄想をダラダラ布教するんならスレチだろ

318 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 22:12:10.43 ID:09+o6n4f0
スレチかもだけど。。。

正義とか悪とかない
天国と地獄もない
ただその霊の集団があるだけだと
現時点までで得た知識や考えでは思っている。

例えば体育会系の人間に毎日何年何十年と文化系の娯楽(例えばアニメ映画漫画音楽)
押しつけても地獄だと思うしその逆もまたしかり
でも本人達が楽しくやりたい事自由に出来るならそれは傍目には天国
人殺しや他人をいじめるのが好きならそういう奴ばかりの集団にいって毎日
殺し合っていればスリルあって楽しいだろう(死なないから可能)
傍目には地獄に映るかもしれないが、本人達はそれが魂の本質なのだろ

人殺しも平時と有事で簡単に変わってしまう世界なのに
戦争では敵を殺さなかったら罪、敵前逃亡は銃殺、家族も同罪
時代や国で変わる善悪は魂にとっては何の価値もない。
勿論、戦争で殺す敵は悪人ではない、
同じように敵の国から戦争させられてる善人でもある。

人を殺せば地獄に堕ちる。。。なら戦争時代に生きた人間は殆ど地獄行き
戦国時代の武将は全て地獄行き(不思議と誰もそうは言わないw)
親殺しは昔なら容赦なく死刑、でも親の子殺し(口減らし、間引き)は
家族が生き残る為の行為、親に生殺与奪の権利があった。
・・・時代で変わる善悪は魂にとっての価値はない。

頭の知識だけだったら悲しむ必要ない、割り切れる、心痛める必要もないはず
機械的に頭、脳で判断すりゃいい。
でも悲しい、嫌、それが心であり魂。霊長類の人間
そういった感情こそが自身の霊の存在だと思う、頭で割り切れない感情。。。
そういったものこそが死後も存在し続けると思う。


319 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/05(土) 22:16:52.44 ID:Q0RqJMu60
いい話が聞けた ぐだぐだ居座った甲斐がある それではまた

320 :本当にあった怖い名無し:2012/05/05(土) 22:34:43.08 ID:BvZEPxs20
てす

321 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 07:56:37.04 ID:EyFDBbfU0
人は死なない。
生命は永遠だ。
証拠を見せろと言われても困るが、小さい頃からの信念としてそう確信してるし、
それを裏付ける霊界通信、幽体離脱体験は世の中に無数にある。
俺自身、幽界を訪問したと思われる明晰夢をしょっちゅう見る。
また、父が死んだ後に、三途の川を渡って幽界らしき場所に
父に会いにゆく夢を何度も見た。
信じる信じないは自由だ。
また、幽界、霊界でどう過ごすかは、人それぞれ千差万別なので、深くは言わない。
だけど、「死んだらどうなるの?」という問いの答えとして、
誰にも共通する真実は「人は死なない」ということだ。

322 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 09:23:31.21 ID:JpLzr9ML0
その永遠を、絶対に認めないのが科学万能主義者。
そいつらを説得するのは、死ぬまで不可能だ。

323 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 09:44:47.52 ID:4LKfVKpc0
>そいつらを説得するのは、死ぬまで不可能だ。

痛いブーメランだな?

根拠も無い思い込み譫妄万能主義者ってとこか
信念?確信?あげくは夢ときた…結局は夢オチとはね
病院いって頭と心の精密検査してこい、事件起こす前に

324 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 09:53:35.21 ID:AM1EQMci0
生まれる前が「無」だったのかどうかはわからない。
死んだ後が「無」なのかどうかわからない。
ただ、生まれる前と死んだ後にいる所というのは同じ所だと思う。

325 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 11:40:19.77 ID:aFg/wYS70
>>321
それは何度も聞いた

>証拠を見せろと言われても困るが、
おいおい お前は『神様』か

326 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 11:43:39.89 ID:aFg/wYS70
「神」も「仏」も 自らは証明せずに信仰のみを要求する
これは 疑いを持つ男に対して「私が信じれないの!」と迫る女に酷似している
信じれば その男女間の問題自体が消滅するし 
信じられない時は その男の不信感が破局の理由となる
この場合 信頼(信仰)を要求された者は その愛(慈悲)を受けるために
全てを無条件に信じなければならない こうして信頼(信仰)を持った者が 
神や仏の意思によって 人智の及ばないものを認識できると信じた時 
人智の及ばないオカルトも オカルトとはならないのである

327 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 11:48:12.50 ID:DQXlJyUk0
ちょうど息を引き取った時刻にじいちゃんが
おれと別の部屋にいた母さんの二人の枕元に現れたのでおれは霊は信じる
窓も閉まってて風もなかったのにカーテンがフワッと揺れてこっち見てた
不思議と怖くはなかった
信じる信じないは別に強制するもんじゃないし好きな方信じればいいんじゃないの?

328 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 11:49:51.99 ID:aFg/wYS70
つまり お前が『神』でも『仏』でもない限り
お前は このスレの“死んだらどうなるの”と疑問を持つ者に
「人は死なない。」という根拠を説明する義務があるのだ
それを怠っているから「名無し」に《陳腐な布教者》と批判されるのだ

329 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 11:56:38.76 ID:aFg/wYS70
>>327
そのとおりだ 
『信じる派』も『信じない派』も各自相応しいほうを信じれば良い
それを人に強要するからおかしな事になる

330 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 12:01:16.64 ID:EyFDBbfU0
永遠の命の話は、伝わる人にだけ伝われば良い。
なんと言われようが俺は気にしない。
別に強制してるわけではないのでね。
ところでこういう話になると、必ずしつこく唯物論を主張する人がいるが、
そういう人は強制しているとは言われないのかな?
死後に何もないということも証明はできないよね。

331 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 12:02:15.44 ID:qRNjzY980
だって事実を言っても頑なに否定しかしないじゃないですかぁ><;;;


332 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 12:07:37.94 ID:aFg/wYS70
実は私も“人は死なない”と思っている
もちろん 法律上や生物学的にという意味ではない
つまり「人間」とか「ヒト」ではなく『人』という意味での話だ

333 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 12:08:26.06 ID:aFg/wYS70
“虎は死んで皮を残し、人は死んで名を残す”
断っておくが 名を残すとは「人名辞典」に載るとか歴史に刻まれるとかではない
ただ単純に生きている者の「心の中」に残る事である
もちろん生きている者とは たった一人の無名の人間でもかまわない
そうして 人は他者を介して生き続ける
オレが 「人は死なない」と言うのはこんな意味である

334 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 12:11:00.53 ID:aFg/wYS70
さあ オレは自分の言いたい事は言った
そろそろ 受け答えでもしてやろう


335 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 12:15:45.34 ID:aFg/wYS70
>>330
>そういう人は強制しているとは言われないのかな?

だから お前らはお互いに「強制」し合っているようにしか見えないと言っている
なぜ>>327のように言えない
オレから見ると その「頑なさ」が非常に怪しく見える

336 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 12:17:19.33 ID:E0diAjg9P
死んだら意識が消えて死骸だけ残るんよ
転生なんてしないし、魂も存在しない
ただの化学反応で動いてるだけだ

337 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 12:20:24.65 ID:aFg/wYS70
>永遠の命の話は、伝わる人にだけ伝われば良い。

やっぱり「名無し」の言うとおり 信者を集めて『自スレ』で語った方が良い
オレからの助言は「コテ酉」付けてやれ
別に阻害しているわけではない そのほうがお互いの幸せになる

338 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 12:27:06.48 ID:aFg/wYS70
>>336
そういう考えもあるな
ただ それは「自分自身」を…それも「物質」として見ての話だろう
そもそも「人が生きる」とは「化学反応」ではないだろう

339 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 12:32:01.68 ID:qRNjzY980
>>330
まぁ永久なのかどうかは知らんけどだるいよな知ってるとwww

本当、そういうの苦手なのに汚物はさっさと昇天しろってのwwww

340 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 12:38:00.65 ID:aFg/wYS70
何の恨みがあるかは知らんが あなた自身も「汚物」に見える

341 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 12:40:23.32 ID:f9WydTmO0
僕等は輝く実在だよね

342 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 12:44:14.22 ID:aFg/wYS70
“死んだらどうなるの?”という疑問が『死』対する不安なら
「布教者(仮名)」の言う“人は死なない”という言説も充分に答と成り得るであろう
ただ 彼はその根拠を我々に示していない… それだけの事


343 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 12:44:52.50 ID:qRNjzY980
>>340
目に見えない世界に否定的なわりには良い感覚を持ってるじゃない
掲示板の文字覗いただけでそいつの人物像が把握できるなんて中々出来たことじゃないよww

344 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 12:51:09.41 ID:aFg/wYS70
>>341
オレには『実在』とかよく分からないが「輝く」というのは分かる気がする
人は他者との関連性の中で「恒星」と「惑星」に成り得る
自身が輝き 互いに照らし照らされ さらに輝く

ふふ なんか「綺麗な言葉」すぎてオレには似合わん

345 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 12:54:53.14 ID:aFg/wYS70
>>343
人の「生き死に」を扱うスレで「汚物は昇天しろ」と言える神経は 
充分に『汚物』的な神経であろう事は想像に難くない ただそれだけ

346 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 13:04:03.11 ID:qRNjzY980
>>345
それはつまり幽霊という概念を肯定してるってことでいいの?w

俺は汚物という言葉が何を隠喩しているのかは説明してないよねぇ?w

347 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 13:12:19.49 ID:aFg/wYS70
>>343
どこをどう誤解したかは知らんが オレは目に見えない世界に否定的ではないよ

>>346
『心霊』的なものを否定した覚えも肯定した覚えもない
君がオレの文章を読んでそう感じたのならそうなんだろう←別に煽り的な意味じゃなく

348 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 13:16:42.00 ID:aFg/wYS70
「汚物」が何を意味しているかも示さず ただ理解だけを要求するのは
「人が死なない」根拠を示さず ただ信仰だけを求める人に似ている
説明があるなら説明しろ

349 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 13:27:05.10 ID:qRNjzY980
>>348
いやまぁすまんかったね
君は俺よりは論理的みたいだし満足がいかない説明になるだろうけど

何しろ感覚の開いてる人達にとっては当たり前すぎる事だから説明に緻密さが欠けてしまうんだよ
どのぐらい当たり前かっていうと、太陽が燃えてるぐらいに当たり前な感覚だから
一生懸命に思案してる奴を見るとついおちょくりたくなるのよ

350 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 14:10:01.29 ID:4LKfVKpc0
>何しろ感覚の開いてる人達
頭のネジが二・三本緩んでるだけだろ

351 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 14:20:30.14 ID:aFg/wYS70
>>349
それは分かる 実際に世間には『天才』というものがゴロゴロしている
だが世間の理解とは遠い所で行われる事なので 世間が『天才』とは気が付かないでいるのだ
まあ そのゴロゴロしている『天才』は 世間からは『イッちゃった人』と呼ばれているが…
言い換えれば『天才』とは別世界に行きながら世間と関われる人の事を指すのだろう
君が『天才』なら その“当たり前すぎる事”を世間に理解して貰う術を身に付ける事を願う
その手法は『論理』でも『感覚』でも構わない 要は他者に共感(理解)してもらえるかどうかだ 
世間と関わって共感して貰えなければ やはりそれはただの『イッちゃった人』だ

352 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 14:21:09.47 ID:aFg/wYS70
補足して置く
その世間と関わる際に気を付けなければならない事がある
決して世間イコール『凡人』と見下さない事だ
さっきも言ったように 世間には『天才』というものがゴロゴロしているからだ

353 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/05/06(日) 14:26:26.50 ID:aFg/wYS70
>>350
だから“世間の理解とは遠い所で行われる事”なのだよ

そろそろ小競り合いはやめて「スレタイ」に沿った話に戻ろう

354 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 14:56:23.58 ID:4LKfVKpc0
「見た」を説明する実在する現象はいくらでもある〜幻覚・錯覚・夢・精神疾患・脳疾患
「見た」ものが虚像か実像かの区別は他者はもちろん本人にも区別はつかない
おまけに騙る内容が「一個人」が構築した既存の心霊概念から一歩もハズれない
だから人種・地域・居住環境によってかくもあの世に対する概念がバラバラなんだよ

355 :本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 01:32:18.67 ID:WQiQnStt0
現代の自然科学は「地上には1回だけ生を受けるのみ」と言う、ローマ皇帝が地上での
生まれ変わりの部分を削除した聖書の下に生きた者達が発展させたものだから、生まれ
変わりの科学的研究はなされていないのだよ。


356 :本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 06:44:48.61 ID:Uh/qVfR3O
いま何時?

357 :アホでーす:2012/05/07(月) 06:56:19.01 ID:Uh/qVfR3O
死んだらどーなるって、宇宙の果てはどこ?ってのと似てないか?
ビッグバンやらナントカ理論とかいっても証明はできないし、見てきた人もいないよね
幽霊を見たとか話したとか、あの世を見たって人も、やっぱり証明できないわけでしょ
死んだら無になるって考えは、宇宙の果てがあって、その外側には何もありまへんってのと同じことを言ってる気がする
とりあえず、どっちも人間の理解を越えたとこに答えがあるんじゃないかな?それが解らない世の中って不思議だよね

358 :アホでーす:2012/05/07(月) 07:25:34.70 ID:Uh/qVfR3O
あとさ、是非えらい人に聞きたい
死後の世界や宇宙の果てと同じように、長年の疑問なんだけど、俺のなかでは繋がってるので、スレチだと思わないで
例えば米粒か何かを半分にするとする、それをまた半分に…って永遠に半分こにしてくと、最後はどーなるの?
絶対0にはならないよね。まあ、理論的にはだけど。ミクロかナノか何か知らないけど、さらにもっと最小の単位でも0ってこたぁないよね
それも宇宙の果ても一緒じゃないかな?結局、科学って人間を物質世界に閉じ込めとく為の理論ってか思考システムじゃないの?
ミクロとマクロ?の不可思議な領域が解明されれば、実はこの現実世界は大いなるインチキで、精神世界みたいなものが証明されるなんてことないかな
個人的には死んだら終わりなんてバカらしいことを、この壮大な宇宙のシステムが許すわけないと思ってます

359 :本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 07:50:06.98 ID:8KB46yVIi
死んだらそれまで。
始まりがあれば必ず終わりが来る。
楽しい事も終わりがあるから楽しいし、苦しい事も終わりがあるから耐えられる。
死ががあるから今の生がある。永遠なんてない。

というか永遠や輪廻転生があるとして、精神はもたないだろう。そういう風にできていない。
もし、永遠という荒野に投げ出されたら人は狂うよ。
前述したように終わりがあるから始められる。
終わりがないなんて始められるわけがない。

360 :アホでーす:2012/05/07(月) 08:04:20.20 ID:Uh/qVfR3O
かと言って、地獄やら天国やら宗教的な概念も、その通りじゃないと思ってる
よく臨死体験が言われるけど、あれは死に対する恐怖を和らげる為の脳内物質が見せる幻覚だと思うし、科学を全否定する気もないです
でも人間、オギャアって産まれてから長い人生、たくさんの経験や知恵に恵まれ、苦あり楽ありで、いったい何の為の人生かなって
死んだら終わりってなら、あまりにも虚しいというか、単に種族繁栄の為の歯車だとは思いたくないというか
まあ、そんな願望が死後の世界を信じさせる原因なんだろうと
でも宇宙の果てを考えると頭がおかしくなりそうなくらい謎で理解不能になるってことは、案外、死後の世界もあるかもって期待したい。では諸君、おやすみなさい

361 :アホでーす:2012/05/07(月) 08:11:03.29 ID:Uh/qVfR3O
>>359
まったく同意
その意味では死んだら今の状態は終わるんだと思う
でも、いまは想像もつかない世界ってか、何かはあると信じたい

362 :本当にあった怖い名無し:2012/05/12(土) 19:32:12.36 ID:P3+ITD+6i


363 :本当にあった怖い名無し:2012/05/13(日) 06:30:20.59 ID:wC8q4Xs90
>>362
灰であった1000年前だったものが、なぜ今ヒトとして生きているの?死んだら灰には
なるが、元に戻るだけはないか。

364 :本当にあった怖い名無し:2012/05/13(日) 06:49:04.68 ID:+fcsiIT90
>脳内物質が見せる幻覚だと思うし
>そんな願望が死後の世界を信じさせる原因なんだろうと
妄想してるのはお前

365 :本当にあった怖い名無し:2012/05/14(月) 14:35:00.41 ID:Ec2QDHqo0
死んだらそれで終わりだって言ってる奴は
深夜の廃病院一人で行ってから言ってくれ。
何も問題ないんだろ。勿論、自己責任でd(^-^)ネ!

366 :本当にあった怖い名無し:2012/05/14(月) 14:40:36.49 ID:Ec2QDHqo0
物質の脳が得た高々数十年の知識で考えだされた答えより
子供が体験した恐怖体験の方が真実を語ることもある。

367 :本当にあった怖い名無し:2012/05/14(月) 14:43:16.07 ID:1jgfhBYx0
何をもって終わりというんだろうか?
無だという人がいるけど無とは何なのか?

368 :本当にあった怖い名無し:2012/05/14(月) 17:19:09.35 ID:oDThxvQ00
>>367
う〜ん。今病床にいて寝たきりの状態に近い。心臓発作がいつ来るか分からない。

死んだら永久に無になるのならば、生まれて来なかった方が良かったと思う。

大体親が無責任だ。「死んだらどうなるの?」と言う子供達の質問に答えられない
のだから。

369 :本当にあった怖い名無し:2012/05/14(月) 17:51:30.26 ID:1jgfhBYx0
無の状態からビックバンが起きて宇宙ができたんだろ。
て事は宇宙の外側は無なのかな?
死んだら無になるって事は、時空を越えてビックバンが起きる前に行くのか?
ワープして宇宙の外側に行くのか?
この宇宙の中に無が在るのか?
頭の良い人教えて。

370 :本当にあった怖い名無し:2012/05/14(月) 18:14:47.73 ID:MuSqvzlN0
宇宙の外が無だとしても、宇宙の内部で無を作るのは難しい。
好くなとも人類の科学技術ではまだ、無を作ることはできない。

371 :本当にあった怖い名無し:2012/05/14(月) 23:13:18.30 ID:gT7Ldtiz0
死んだら無になるって主張もオカルトと言えるな。

372 :本当にあった怖い名無し:2012/05/15(火) 00:08:19.28 ID:GMsY5DcJ0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

373 :本当にあった怖い名無し:2012/05/15(火) 03:09:03.40 ID:Dn42q2K40
今正に自殺を考えている。死んだら無になり、永久に無意識になれるのならば、苦しい
この世に生きていることはないと思う。

どう言う自殺方法が楽か?

374 :本当にあった怖い名無し:2012/05/15(火) 09:52:01.44 ID:cprmmBiW0
そんなに都合良くできてないんだよ。
死んでも何にも変わらない、無なんてあり得無い。

375 :本当にあった怖い名無し:2012/05/15(火) 18:39:05.60 ID:s6ggm2Vj0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

376 :本当にあった怖い名無し:2012/05/15(火) 23:51:49.92 ID:8nUL5nfu0
無になるって事が自然な事じゃないんだわ、ホントに…

377 :本当にあった怖い名無し:2012/05/16(水) 12:00:00.06 ID:w2upNRp10
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

378 :本当にあった怖い名無し:2012/05/16(水) 13:57:12.67 ID:bd1Wqjif0
意識は物質である脳に属すると思う。
想念は魂に属すると思う。
霊界=想念界だと思う。(かなり強引だけど^^;w

泣いたり笑ったり感情で涙を流す、
時には怒りで殺しあう、そういうの人間だけ。
それらは人の持つ想念がなすものだと思う。

動物(虫等も含めて)にはそれがないから霊的にはかなり希薄な
存在にしかなれず。でもペットだった動物には人間の想念を介して
その存在が別個に存在出来るのかも知れない(いろんな事象を考えた場合)

379 :本当にあった怖い名無し:2012/05/16(水) 14:27:17.97 ID:uvu1/g+40
自殺したら、永久の無になり永久の安楽があるのかな。死は熟睡とは違う。暗黒や
恐怖もない状態だ。

いっそのこと、鉄道自殺しようか!

380 :本当にあった怖い名無し:2012/05/16(水) 14:52:59.45 ID:z9yEEt9w0
真っ暗な空間にふわふわ浮かんで時間旅行をするんだよ
たぶんきっとね


381 :本当にあった怖い名無し:2012/05/16(水) 17:17:46.32 ID:ZIOjRLx/0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…

382 :本当にあった怖い名無し:2012/05/16(水) 19:05:10.70 ID:9mv8mfyF0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから


383 :本当にあった怖い名無し:2012/05/16(水) 20:01:41.16 ID:+1Gh9C/E0
どこにもいかないし何もないよ
死んだら地縛霊になるだけ、ただそれだけの自然現象ですから


死んだら無になるという宗教にも困ったもんだ

384 :本当にあった怖い名無し:2012/05/16(水) 20:19:37.73 ID:9mv8mfyF0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

385 :本当にあった怖い名無し:2012/05/16(水) 22:56:57.52 ID:7YcfzRva0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…


386 :本当にあった怖い名無し:2012/05/16(水) 23:03:49.66 ID:9mv8mfyF0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

387 :本当にあった怖い名無し:2012/05/16(水) 23:35:03.92 ID:7YcfzRva0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…


388 :本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 00:55:26.46 ID:cNqcY29G0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

389 :本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 02:26:05.11 ID:BiRcEIoT0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…


390 :本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 11:29:26.20 ID:qY0six5e0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

391 :本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 15:26:14.66 ID:JXCP+bVx0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…


392 :本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 15:33:44.12 ID:qY0six5e0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

393 :本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 17:41:37.27 ID:JXCP+bVx0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…


394 :本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 17:58:31.06 ID:poyb7P810
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

395 :本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 23:11:23.34 ID:BiRcEIoT0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…

396 :本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 23:20:32.96 ID:wM9O00850
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

397 :本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 23:49:46.83 ID:dS1geN/li
>>1
葬式になる

398 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 09:48:35.45 ID:WgnMBff/0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…

399 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 11:25:54.26 ID:OgDv+4Z30
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

400 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 16:59:22.91 ID:aVDCucqN0
>>399
>死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

疑問があります。死んだら永久に無になるのならば、なぜ生まれて来て、今
意識があるのですか?無から有は発生しませんから。

ホーキングは「生は地上には1回のみ生を受ける」と言うローマ皇帝によって
改竄された聖書の下に発展した近代科学を信じて来た人でしょう。彼が天国も
地獄も無い。死んだら永久に無だと言ったわけも分かりますよ。


401 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 17:02:38.89 ID:aVDCucqN0
>>399
だらだらと意見を書き込むのではなく、決定的な科学的な証明をして下さい。

402 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 17:06:50.94 ID:MLmV3C7gi
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…

403 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 18:12:34.07 ID:p9l1svx90
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

>聖書の下に発展した近代科学
是非とも
>決定的な科学的な証明をして下さい。
よろしく

404 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 18:15:55.13 ID:p9l1svx90

どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

>無から有は発生しませんから。
是非とも
>決定的な科学的な証明をして下さい。
よろしく

405 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 18:19:44.48 ID:p9l1svx90
>だらだらと意見を書き込むのではなく、決定的な科学的な証明をして下さい。
是非とも
>>402
よろしく

406 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 18:33:53.19 ID:p9l1svx90
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

407 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 18:51:44.17 ID:7ljBZuEh0
じゃあ、科学者であるアインシュタインとニコラテスラは、
あの世はあると言っている。

あと科学者じゃないけどエジソンも・・・

408 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 21:21:37.89 ID:WgnMBff/0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
科学的裏付けも根拠も無いんだわ、ホントに…
何が在るんだわ、ホントに…

409 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 21:25:26.73 ID:p9l1svx90
>科学的裏付けも根拠も無いんだわ、ホントに…
潔いな

どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから


410 :本当にあった怖い名無し:2012/05/19(土) 00:46:05.89 ID:JYYtBK170
魂が最後の砦か?

肉体が死ぬと脳に依存する意識も消滅。

それと引き換えに魂が肉体の制限から開放される。

魂は物理的制限を受けなくなるので

宇宙の果てにだって行ける。

死はある意味、劇的な進化か?




411 :本当にあった怖い名無し:2012/05/19(土) 12:59:29.55 ID:3kZGxB6X0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

412 :本当にあった怖い名無し:2012/05/19(土) 17:57:58.51 ID:WXcMSWaui
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…

413 :本当にあった怖い名無し:2012/05/19(土) 18:17:15.80 ID:cY1Qkuqj0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

414 :本当にあった怖い名無し:2012/05/19(土) 19:23:39.06 ID:BOB0C47P0
死んだらそれで終わりになる、無になるってんならなんで
そういう人は死ぬ前にあらゆる我欲を満たすこと
やらないんだろうね。
死んだらそれで終わりって言うのならそれこそ
どんな非人道的な事も我欲の欲するまま生きてる内に。。
理論上は怖くないはずなのにw
死んだら終わりって言う人はそういうのを勧めてるのかな?

415 :永末晴美:2012/05/19(土) 19:38:50.01 ID:+h/xjSkJ0
死んだら死んだでそれでよい

だが名前だけは残る

よ  く  覚  え  て  お  け

416 :本当にあった怖い名無し:2012/05/19(土) 19:46:41.22 ID:BOB0C47P0
>>415
名前を残す意味は?
ついでに
生きていた証を残す意味は?

417 :永末晴美:2012/05/19(土) 19:48:29.82 ID:+h/xjSkJ0
みんな自分たちの本名を

本当に理解出来てるか?

418 :本当にあった怖い名無し:2012/05/19(土) 19:56:27.35 ID:BOB0C47P0
分からん^^;
名前を残すために生きてるとは思ってない。
名前は結果的に残るものだと思うが。

江戸時代とかだと武士階級以下の人には確か姓がなかった
と思うけどそういう場合はどうなるの?
残す名前がちゃんとないと生きれないの?

419 :本当にあった怖い名無し:2012/05/19(土) 20:07:46.38 ID:cY1Qkuqj0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

420 :本当にあった怖い名無し:2012/05/19(土) 20:32:34.15 ID:nYSwDsUf0
死の間際までまともな思考能力持っていればいいんだけどな。
死んだ時にどの説が正しいか実証してやろうという気になる。

421 :本当にあった怖い名無し:2012/05/19(土) 23:00:24.55 ID:a40ACjgY0
死んで何も残らないなら、今も存在していないのと同じだよ。
だって、過去も未来も存在していないのに、今だけ特異的に
存在してるって変だろ。
無限(かどうかはわからないが)の時間の中の一瞬に過ぎない「今」だけ
存在してて何の意味がある?
だから、今存在してることに意味があるなら、過去にも存在してたし未来にも存在するはず。

422 :永末晴美:2012/05/19(土) 23:11:06.34 ID:+h/xjSkJ0
死んだらみんな白い、お洋服着替えるでしょ

この子達は白いお洋服に着替えないのかな?。


423 :永末晴美:2012/05/19(土) 23:13:23.53 ID:+h/xjSkJ0
白いお洋服着替えないのか?
おじいちゃんたちの夢分かる?。

424 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 00:38:31.31 ID:2O/+2eAN0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

425 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 00:44:24.50 ID:2ILd6g7t0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…

426 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 00:57:57.84 ID:2O/+2eAN0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから


427 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 02:18:20.28 ID:HiD0WO9+0
死んだら夢の世界にいきます

428 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 02:27:12.59 ID:bxPyVx/aP
行けるならとうに死んでるわ

429 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 10:00:43.14 ID:istmfsML0
>>426
死んだら何もかも消えると思ってると
死んでも死んだことがわからない(実感がわかない)で迷うよ
迷える御霊にも色々いるけど
この世に未練や執着が強すぎるとか、
わだかまっている感情(恨みの念など)を浄化できないとか
あまりに物質主義的過ぎて、神仏や霊の存在を信じてない人も多い
あと、寿命(天命)前に自ら命を断った人



430 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 10:04:41.25 ID:NrFKEzVI0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから


431 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 13:38:45.23 ID:Pm9iSbwj0
>>425
零と霊を掛けたのか
うまいねどうも

432 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 13:40:42.38 ID:auikOmRLI
創造主が創った人間が、単なる巨大な脳みそという記憶装置に生体電流流して全身を動かし
食べたものを消化して、吸収して、成長して、子孫を残すためのロボットなら
感情なんて存在すらしない
AIにどんだけ人間的な感情をプログラムしたって、それはやっぱり単なる電気信号の集まりにしかならないわけで
そっから人間が生まれることはないから

433 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 13:56:04.89 ID:6TmyDeha0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

434 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 15:40:12.45 ID:auikOmRLI
人間の脳にはいくつもの、+と-のスイッチがついていて、入ってくる情報をコントロールしてる
覚醒剤はその+と-のスイッチを混乱させて、脳内神経に偽の情報を流すらしい
すると脳は誤作動を起こして幻覚をみたり、記憶が曖昧になったり、衝動を抑制したりできなくなる

435 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 15:47:07.18 ID:auikOmRLI
脳は、地上で自分の意志を発現させるための生体機関で
PCの本体みたいなもので、シルバーコードでサーバー(霊界)と繋がってる
この世界は映画のマトリックスみたいな構造をしてる

436 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 18:09:37.78 ID:istmfsML0
脳って、灰色のぶよぶよした物質については全く無知だけど
人の意識って単純じゃない
トラウマとか恐怖症とか神経症とか
理屈で理解してもどうしようもない、コントロールできないってことある
恐怖を感じないようにしよう、と思っても体が動かなくなったり
パニックになってしまったり
意識の範囲って狭い、潜在意識、無意識の領域のが圧倒的に広大だ
意識をダイブすると、生まれる前の意識、前世の意識に繋がるかもしれない
もっと奥は集合的無意識の領域に繋がっている
国や民族の意識、人類全体の意識に
人類は根っこでは繋がっている

437 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 18:12:34.03 ID:istmfsML0
よく例えに例えられるのが氷山(氷山の一角って奴)
海上に出てるのは全体の1割程度、氷山の大部分は海の下にある
意識と無意識の関係も同じ
把握できる範囲は限られている
引き寄せの法則の誤りは、波動を上げろとか恐怖を感じるなってったって無理w
潜在意識まで意識でコントロールできない
波動を上げるには多層に渡って浄化しなきゃならないから
普通は死後それをやる

438 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 18:17:30.14 ID:xd2Odc0z0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

439 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 18:21:02.69 ID:istmfsML0
人の思いってのは、パワーがある、てか生き物のようなエネルギー体だ
自分が作り出した「思い」は自分に戻って来る
てか、自分しか吸収浄化できない(あとは神仏の慈悲の力が介入するか)
多くの人の思い(無意識の領域を含め)の集合体が現実をつくっている

440 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 18:28:06.72 ID:istmfsML0
心の持つエネルギー=心的エネルギーを変容させることによって
人は成長進化するんだよ
だけど、自分が放った低い波動のエネルギーが業(カルマ)になるんじゃないかと
感じている
それが純粋意識(人の本質、真我、高次元の自己、魂、光)の周りに障壁というか
エネルギーの波をつくり、人格(意識)と純粋意識の意志疎通の妨げになっていると思う
それを心理学用語でシャドーと言ったり、キリスト教では罪、神道なら穢れ
仏教ってかヒンズー教ならカルマと呼ぶんじゃないかと
ちょっとづつニュアンスは違うかもしれないけどね

441 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 18:39:45.64 ID:xd2Odc0z0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

442 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 18:40:32.66 ID:istmfsML0
九官鳥か?w

443 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 18:43:39.67 ID:xd2Odc0z0
根拠無き妄想の布教はスレチ

444 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 19:11:41.04 ID:lO9mLj4g0
>>305
>人格って脳
果たしてその前提は全く疑いないのかな?
多重人格症の表れ方を見ると、人格は意外と脳によらないのかもしれない。

多重人格の治療で、統合されたために消えた人格とその記憶は何処へ行くんだろうね。
これも一つの人格が「死んだらどうなる?」に通じる話だと思う。

445 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 19:21:03.92 ID:istmfsML0
文才あったら、小説とか脚本書くんだけどなぁwwあの世のさww
我ながら分かり難い文章だ
はぁ

446 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 19:26:37.91 ID:2ILd6g7t0
ゴメン(^人^)いま起きた、、
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…

447 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 19:28:03.76 ID:xd2Odc0z0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

448 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 19:28:29.18 ID:CKW3SGjo0
>>443
スレタイに対して自分の考えを語るのは問題なくね?
根拠無き妄想と断言できる根拠は何ですか?

449 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 19:33:05.38 ID:905+3ZM3P
結局のところ、死んだら無になるとしても
無の状態のまま無を認識することはできないので、
ありうるとしたら、復活した後
「さっきまで無だったな」ということになるしかない。
でも、記憶が継承されないのでそれもない。
つまり、認識可能な現象は輪廻転生のみ
という話になる。


450 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 19:33:09.93 ID:xd2Odc0z0
>根拠無き妄想と断言できる根拠は何ですか?
根拠を聞いてマトモな答えが返ってきた事が無い
曰く宗教、曰く見た、曰く在るから在るんです
第三者が確認・追証できる心霊概念はこれまで絶無

451 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 19:40:27.86 ID:2ILd6g7t0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…

死後は何か在るんだわ、ホントに…
でも科学的裏付けも根拠も無いんだわ、ホントに…

452 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 19:41:16.42 ID:xd2Odc0z0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

453 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 19:41:33.63 ID:CKW3SGjo0
行き着くところは
”我思う故に我有り”なのだと自分は思う。
ちょっと、言葉遊びにとられると思うが
”考える”ではなくて”思う”ところに重点があると思う。
脳ではなく心と言う意味で(´・ω・`)

454 :鬼畜人Yahoo! ◆7UCKSJpVNM :2012/05/20(日) 19:46:47.74 ID:wKy+r/3aO
>>1
ンなの簡単だろw

マンションの一室に集められて、黒い玉の用意したピッチピチの変なスーツ着させられて、
武器を片手に異星人と闘わせられるんだww

455 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 19:50:07.59 ID:xd2Odc0z0
「思う事」は悪くないよね、想像は自由だから
だから私も現状の科学的・日常的・常識的見地を根拠として「あの世」を否定してるだけ
こう思う、までならいいけど大概一席ぶち始めると「波動」「エネルギー波」「高次元」とか
自分でも定義不可能な疑似科学用と「神仏」「浄化」とかで心霊世界の仕組みをやらかし始めると
それはもうスレタイとかけ離れた立派な誇大妄想宗教の布教だよね

456 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 19:50:13.93 ID:lScoegTQ0
暗い部屋で、さらに念の為にアイマスクして、
目の前で自分の手をゆらゆらさせてみる。
すると、手の形をしたしろっぽいものが動いているのが見える。
やってみな。
それが霊体だよ、

457 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 19:57:58.44 ID:xd2Odc0z0
その根拠を科学者に言ってやればいい
喜んで証明してくれるんじゃないの?
証明されたら趣旨替えするよ、喜んで

どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

458 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 20:11:26.03 ID:2ILd6g7t0
>>454
それ面白い!
マンガか小説で発表したら映画化されるかも*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

459 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 20:12:35.54 ID:xd2Odc0z0
もうしとるがな(お約束)

460 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 20:17:55.98 ID:HE6tQ/WHO
ぼたんちゃんみたいな水先案内人がこれからの事を教えてくれて閻魔様のもとに連れてってくれる。そこで天国か地獄か判決を下されるいいな

461 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 20:27:12.80 ID:6HHYncUFO
ブッダですら弟子達に死後の事について質問された時には、『そんな事いくら考えてもわかるわけないし時間の無駄、そんな暇があるなら今を一生懸命に生きろ』的な事を喩え話を用いながら教え諭してるのに、なんでおまえらごときが知ったふうなことをゴタゴタと言ってんの?
ブッダみたいに『そんな事わかんねーよ!』でいいじゃん

462 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 20:53:43.21 ID:lO9mLj4g0
分からんぞ。
古代の偉人が気付けなかったからといって、現代の凡人が何かを見出せないとは限らないからな。

463 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 00:48:13.78 ID:FD/LEfNT0
喜怒哀楽は犬や猫や猿でも感じるんじゃないの
人は言葉を使うけど人工知能も言葉を使えるかもしれないし
猿に人工知能を埋め込んで言葉を喋れるようになったらどうなるんだろう

464 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 01:00:15.15 ID:sQx2mAtiO
地球の環境が激変してすべての動植物が滅びた場合、霊魂とやらはどうなんの?

465 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 03:15:27.49 ID:OKvHJT590
その世界が無くなるだけ。
代わりに新しい世界が生れるか、それ抜きに回るかだろう。
ビックバンが起きて宇宙(有)ができた、俺達もその宇宙の一部なんだ。
文明の発展てのは広がり続ける宇宙(時間の流れ)そのものなんだよ。
だから我々は一つの世界が終っても別の世界で発展し続けるんだ(時の流れに身を任す)。
だから、また一からやり直す事は無いだろう(微生物からの進化)。
あの世が新しい舞台になるだろね。
微生物たちは新しい場所(星)でその場所にあった進化を始めるかもね。


466 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 03:17:22.28 ID:OKvHJT590
>>465
文明の発展=進化ね

467 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 10:57:33.94 ID:J62N8LkF0
>動植物が滅びた場合、霊魂とやらはどうなんの?
そもそも存在しないものはどうにもならないよ
一つ疑問なんだけど心霊信者は人類が宇宙で唯一の知的生命だと思ってる?
「あの世」とやらで人類外の存在に言及したケースが無いのは不自然が過ぎるな
物質を超越する肉体を脱皮した超生物とか、どれだけ自分たちの存在を特別視をしているのか、と

468 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 12:05:59.85 ID:TOJ4t/Sdi
あると思うよ、我々とは違う進化を歩んでるだろうな、その星の環境に合った進化ね。
人類がいまの姿になり文明を築いたのは偶然だと思うよ。
進化の過程で色んな出来事(刺激)を受けていまに至るんじゃないかな。
それと他の生物より優れてるとも思わないな。
全ては偶然の産物だと思う、勿論神の関与など無いと思うよ。
自分は魂が在る前提で考えてるから死後の世界は在るのは当然て事になる。
もし魂が無いのなら宇宙の一部になって何かの材料になるんだろうね。

469 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 13:08:18.05 ID:J62N8LkF0
>全ては偶然の産物だと思う、勿論神の関与など無いと思うよ。
在る派では滅多にお目にかかれそうに無い異端なタイプの思考ベクトルだね
「あの世」もあるなら宇宙同様、人類のみの占有物ではあり得ないでしょ
宇宙の年齢と人類の年齢を考えてもやっぱり不自然すぎるね?
それってその知的生命の姿形や概念が各宗教概念に創られて「無い」から神仏・霊と違い先入観を持てないから、とかね

470 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 18:40:35.70 ID:W6flW+8o0
地球の規模でひとつの区切りが出来ていてもおかしくないよ。
別に死後の世界が地球内外の生命体で全てまとまっていないといけないという道理もない。

471 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 19:10:39.62 ID:CaQ5ohNH0
いや不自然過ぎるね
だから宇宙を引き合いに出してるわけだけど?
宇宙に区切りはありませんが?それこそ道理が通りませんね

472 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 19:17:21.23 ID:o1ZxCMVT0
よく考えたらさ、人類の存在も不思議だよね。
超不思議なのが産業革命以降だよ。
なんで急に短期間でここまでなったの?
それも全人類だよ?
あ 一気に終わらせようっていう魂胆かな スレ違いになっちゃった ごめん

473 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 19:18:53.24 ID:W6flW+8o0
>>471
何で嫌味な口調で噛み付くのか分からないがwまあいいか。どうせ本人に返ってくることだ。
区切りという表現がいけなかったか?

例えば引力の影響を受けて、惑星というまとまりができているよね。
それと同じように、あの世もコロニーのようにまとまりがいくつもあるかもしれない、と思っただけだ。
もちろん想像だよ。どちらも証明できないことだけどな。

474 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 19:51:56.23 ID:7ZSelCNFI
あの世が一緒くただったら…
地球だけでも、凄まじい数の人類が住んでるのに
地球外の惑星住人もあの世で一緒になったら、あの世が人で溢れかえるな

475 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 20:06:10.65 ID:CaQ5ohNH0
>区切りという表現がいけなかったか?
悪かったね、何らかの存在の作為を感じる言葉なので過剰反応だったかな
コロニーって例えだと物質に影響されない?はずの「霊(仮)」を束縛する存在って何?なんて疑問も出てくる
リアルより行動が制限され延々仲間内での思考交換のみが許される死後世界観というのはやはり不自然に思うよ

476 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 20:08:18.52 ID:CaQ5ohNH0
>あの世が人で溢れかえるな
宇宙の広さに比べたら過去からの地球全人類の数を存在させたところで地球一個のスペースも埋まらないでしょ
あの世ってそんなに狭い設定?

477 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 20:29:19.95 ID:DKq10s7s0
俺らも魂も宇宙の一部にすぎないだよ。
勿論異星人も微生物もあの世もこの世も。

478 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 20:47:30.49 ID:7ZSelCNFI
創造主があの世が混乱しないように
あの世を特定の人種や、惑星人で分けてるって考えられない?
死んだ後に行った世界で、突然、異星人に絡まれて知らない言葉で話しかけられたら困る

479 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 20:50:57.13 ID:7ZSelCNFI
俺が聞いた話しだと、死んだ後に行く世界は
地球だったらしい。
少しだけ現実とは違う地形の地球があって、そこでみんな暮らしてたんだって

480 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 21:12:32.03 ID:CaQ5ohNH0
>話しかけられたら困る
現状でも人類以外の生物とは意志疎通が難しいと思うけど?宇宙的には同一エリアだよね
それがナチュラルな環境=「自然」
>創造主が
…………まあ、前提が噛み合ってない気がするね
一存在の主観による恣意的で「不自然」な種族別区分けとか牧場とか保護区ですか?
いやもうお腹一杯です、そういうの

481 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 21:46:15.37 ID:Fk2uY43K0
スピリチュアリズムの世界では、地球外生命の存在は常識だよ。
霊は進化すると、地球外に生命と自由に交流できるようになる。
地球は、宇宙でも最底辺のレベルだそうだ。

482 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 21:55:15.35 ID:CaQ5ohNH0
見てきたように語れるとか断言とか…
当然追証可能な根拠などカケラもお持ちにならないでしょう

いやもうお腹一杯です、そういうの

483 :482:2012/05/21(月) 21:57:04.30 ID:Fk2uY43K0
>>一つ疑問なんだけど心霊信者は人類が宇宙で唯一の知的生命だと思ってる?

いやいや、これに対する答えとして書き込んだまでだよ。
誤解はよくないのでね。

484 :481:2012/05/21(月) 21:59:09.44 ID:Fk2uY43K0
>>一つ疑問なんだけど心霊信者は人類が宇宙で唯一の知的生命だと思ってる?

しまった名前を待ちがえたw

いやいや、これに対する答えとして書き込んだまでだよ。
誤解はよくないのでね。

485 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 22:15:52.46 ID:Y8Q07WUz0
死んだらどうなるか?
それは魂の本来の姿に戻るだけです。

魂の本来の姿とは『自分の願い・信念がそのまま具現化できる』状態のことです。
そして、何でも具現化できる魂が創造したのが、この『有限の世界』です。

よって、死ぬということは現実世界であるこの『有限の世界』から離れることであり、
魂が本来持っているの自由な創造力を取り戻すことができます。

486 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 22:43:13.93 ID:CaQ5ohNH0
見てきたように語れるとか断言とか…
当然追証可能な根拠などカケラもお持ちにならないでしょう

いやもうお腹一杯です、そういうの

487 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 22:59:50.22 ID:OKvHJT590
科学的裏付けも根拠も無い‼

488 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 23:00:22.49 ID:c/74u18XO
地獄が満杯になると死者が歩きだすんだぜ
これがゾンビだ
こえぇだろ

489 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 23:10:51.73 ID:OKvHJT590
地獄も天国も無いから
科学的根拠を示せて人がいるけど、科学者でも無い俺らに言うなよ、科学者や物理学者に聞けって。

490 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 23:18:24.57 ID:Y8Q07WUz0
>>486-487

信じるも信じないもアナタ次第。

ちなみに量子力学では、この世界は人間の意識が創り出したホログラフィーである可能性を示唆しています。
証拠ではないですが、根拠のひとつとして提示して置きます。


491 :481:2012/05/21(月) 23:19:44.10 ID:Fk2uY43K0
霊界ある派は、少なくともなんらかの根拠(霊界通信とかね)があるが、
霊界ない派は、自分の信念でそう思ってるだけだよね。
科学は別に霊界を否定してないよ。
科学は、対象外の分野については沈黙するだけ。

492 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 23:53:12.65 ID:CaQ5ohNH0
>霊界ない派は、自分の信念でそう思ってるだけだよね。
信念で思っているのは在る派でしょ?
科学は沈黙しているのではなく無いものは最初から無いと証明できない、ただそれだけ
>霊界通信とかね
…いやもうお腹一杯です、そういうの

493 :本当にあった怖い名無し:2012/05/22(火) 00:01:46.40 ID:CaQ5ohNH0
>科学的根拠を示せて人がいるけど
思う、という意見には根拠を聞いてはいませんが?
見てきたように、「である」「なのです」と断言されている方については根拠を質していますが
断言する以上根拠は必要でしょう?
否定側は簡単ですよ、一般常識・社会常識上、心霊概念を公的に認めてないのが現状ですからね

494 :本当にあった怖い名無し:2012/05/22(火) 00:02:59.30 ID:4lr/B9rf0
毎晩見ている夢の世界に行くよ

495 :本当にあった怖い名無し:2012/05/22(火) 04:58:56.74 ID:oN7lFqLK0
でもさオカ板の「死んだらどうなるの」スレで、
死んだらなにもないと主張するのってどういう心理状態なんだろうね。
霊界があると言って欲しいからここにいるんじゃないの?

496 :本当にあった怖い名無し:2012/05/22(火) 07:26:19.80 ID:T4Lg8jFV0
>>495
信じたいけど信じるに値する証拠がないから否定すんだろ
それ(死後の世界)を誰よりも願ってる
誰よりも願ってるからこそ証拠が欲しい、話しを聞きたい

でも実際オカ板で語られてるその手の話しは他見の検証や
なんの確証も無い糖質とも、釣りとも思えるオナニー怪文章ばかり
人が集まるこの手の巨大掲示板でもこうなら他所も似たようなモンだろう

霊界がある、という人の言葉はいらないんだろさ
ただ霊界を信じるに値するなにかが得られれば・・・的な感情じゃん?
彼らがこのオカ板にいる理由ってそんな所でしょ

真実なんて有ると言ってる人間にも、ないと言ってる人間にも分からないのにね
なぜならどちらも生きてるからねw
「死ねば分かる」やっぱりこれが本当の正解だよw

497 :本当にあった怖い名無し:2012/05/22(火) 09:47:47.46 ID:oN7lFqLK0
>>496
霊界が存在する証拠なんて、探せばいくらでもあるよ。
俺自身の体験を言ってもいいが、まあここじゃ信用されないので言わないが、
ネットで調べればいくらでもその手の話はある。
すくなくとも2ちゃんで聞くよりは確かだね。
それらに全部耳をふさいで、2ちゃんねらーに霊界の証拠を求める姿がこっけいだ。

498 :本当にあった怖い名無し:2012/05/22(火) 10:00:22.68 ID:HwRne77I0
>>492
>>科学は沈黙しているのではなく無いものは最初から無いと証明できない、ただそれだけ

実はその考え方は古典的な科学の話です。
現代の科学を少しでもかじればオカルト以上にオカルト的な世界が展開されているんだけどね。

例えば、相対性理論。

物体が高速に近づけば近づくほど、時間が縮む。
質量がある場所では空間が歪み、それが重力となって物体同士を引き付ける。

次に素粒子の話。

世界は我々が住んでいる世界意外にたくさんのパラレルワールドが存在していて、
それが膜となって高次元の空間で漂っている。
その空間は11次元という超高次元の空間であり、非常に小さなヒモが振動することによって物理的な現象を造り出す。

上記はほんの一部の例だけど、最新の科学で普通に議論されている事です。
科学的だから根拠のない理論は使わないということはない。
むしろ逆で、科学は辻褄を合わせる為に仮想的なモデルを造り出して理論を展開しているという部分はかなりある。

特に量子力学の登場によって、数学的には記述をできるけれど、それをどう解釈するべきかが分からない。
なんてことが頻繁に起きるようになってきた。


499 :本当にあった怖い名無し:2012/05/22(火) 11:42:26.28 ID:RN1Jkp1V0
>オカルト以上にオカルト的な世界
ナンタラ波だのナンタラ幽子だの波動だの浄化だの信念が具現化だのが
相対性や素粒子でどう説明できるのだろうか?
相対性や素粒子、量子力学の世界でこれまでの常識が適用できない事例が出てきただけでしょ
それが即あの世の根拠になるっていうのは短絡的ですね
無いものは証明できないのも世の常識ですしね

500 :本当にあった怖い名無し:2012/05/22(火) 15:50:58.46 ID:HwRne77I0
>>499

>ナンタラ波だのナンタラ幽子だの波動だの浄化だの信念が具現化だのが
>相対性や素粒子でどう説明できるのだろうか?

実は説明できたりする。
量子論によると、量子の位置や状態は『複数の可能性が同時に共存して』存在しているらしい。
それを『観測する』ことによって、量子の状態が確定するらしい。

上記が事実だとするならば、私たちの意識がこの世界を確定しているということを意味する。
すると、この世界を創っているのが、実は私たちの意識であり、
死後の世界も今いる現実世界も、複数ある可能性のひとつに過ぎないということが考えられる。

この辺りは、ニュートン雑誌の量子論が詳しいので、一読することをお勧めします。

501 :本当にあった怖い名無し:2012/05/22(火) 17:02:31.32 ID:RN1Jkp1V0
>私たちの意識がこの世界を確定
複数の意思・意識で観測し、どうして一つの結果しか出ないんだろうね?
各々の意思・意識は同一では有り得ない
複数の可能性の内の一つを同時に複数の違う意識で観測して同一結果しか出ない事が
人の意識などを介した結果といえない事を示している
トンでも疑似科学用語の定義の説明になってないしね?

502 :本当にあった怖い名無し:2012/05/22(火) 18:21:18.63 ID:HwRne77I0
>>501



>>500 までは科学的事実。

ここから先は、私の推測。

多分、この世界には自分一人しかいない。
目の前に居る人・物・現象、すべてが錯覚。

そんで他人は、別のパラレルワールドに生きている。

503 :本当にあった怖い名無し:2012/05/22(火) 18:29:02.28 ID:UCppR6Mw0
>>500 までは科学的事実。
いや、違いますよ?
>量子論によると、量子の位置や状態は『複数の可能性が同時に共存して』存在しているらしい。
>それを『観測する』ことによって、量子の状態が確定するらしい。
この二行だけが科学的事実ですね

504 :本当にあった怖い名無し:2012/05/22(火) 18:32:15.99 ID:UCppR6Mw0
あとは個人の拡大解釈ですね、意識による世界創造も死後の世界の存在もね
量子力学上、不確定性による多世界・並行世界の解釈と可能性としてのあの世とは全く別物ですから
だから>>502の下から三行は特に否定しません


505 :本当にあった怖い名無し:2012/05/22(火) 18:34:24.24 ID:HwRne77I0
>>504
訂正ありがとうございます。
確かにおっしゃる通りですね。

506 :本当にあった怖い名無し:2012/05/24(木) 11:34:22.78 ID:SEpSLbBl0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…

507 :本当にあった怖い名無し:2012/05/24(木) 12:09:27.00 ID:kf8/WYou0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

508 :本当にあった怖い名無し:2012/05/24(木) 19:43:30.91 ID:zvTj/N2l0
>>502
自分だけしかいない世界では、自分が「良い」のか「悪い」のか分からない。
幸福なのか不幸なのかも、愛情も憎しみも分からない。
だから、わざわざこうやって沢山の存在に分離し、「相手」を作ることによって相対的に「自分」を確かめたかった。

大方そんな理由で、こうして「俺」と「お前」が話し合えるような世界になったんだろうが、甚だ迷惑な話だな。
苦と楽、不幸と幸福の総和はゼロじゃない。分離することで、苦が9割、楽1割の世の中になった。
これを「自分」はどう思うんだろうね。

509 :本当にあった怖い名無し:2012/05/25(金) 01:54:42.08 ID:Gvr19NLZ0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界は在るんだわ、なんとなく…

510 :本当にあった怖い名無し:2012/05/25(金) 08:11:49.59 ID:YpZymT7q0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

511 :本当にあった怖い名無し:2012/05/26(土) 02:00:36.06 ID:NaGf3Qet0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

512 :本当にあった怖い名無し:2012/05/26(土) 03:06:37.28 ID:NvqG1FGz0
悪党は地獄に落ちる
それ以外の人は楽になれる

513 :本当にあった怖い名無し:2012/05/26(土) 12:18:14.15 ID:B38A5rmu0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

514 :本当にあった怖い名無し:2012/05/27(日) 01:26:51.26 ID:80EjDTYH0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

515 :本当にあった怖い名無し:2012/05/27(日) 10:16:39.22 ID:uXXu5LqO0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

516 :本当にあった怖い名無し:2012/05/27(日) 22:15:10.80 ID:80EjDTYH0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

517 :本当にあった怖い名無し:2012/05/27(日) 23:23:57.35 ID:KjZaUiW+0
この板なら話せると思うが本当に臨死体験した。本当に恐ろしかった。
死は、人間にとってみれば恐怖の対象だったり、全ての生き物がある程度距離を保とうとするのは自明だけど
はっきり死んだ事を自覚するのってどう言う原理なんだろうか。
死ぬ=何も無くなる。という事だろ。
まだ10分位しか経ってない感覚なのに8時間きちん寝ている時とか麻酔で意識が飛んでる様な『何も無くなる事』を死だと考えていた。
それはいつも通りの五感は全くなくて、ただ意識と記憶だけがそこにあって最初は身体が無いので、多少なりびっくりした。
死ぬ事=無くなる事って信じてる俺がなんで意識で以って死ぬ事を実感したのかが分からない。あんなにはっきり死ぬ事を受け入れていたのか。
目が覚めてからも体験が強烈過ぎてもう今まで通り生活出来ない気がする。
今まで固執して来た物も、しがらみも全てどうでも良くなった。パニックを起こしているだけだろうか。

518 :本当にあった怖い名無し:2012/05/28(月) 01:13:41.78 ID:x3jD62R70
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

519 :本当にあった怖い名無し:2012/05/28(月) 11:57:33.29 ID:e5bee2Ly0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

520 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 10:51:54.02 ID:x1R8J8jY0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

521 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 12:16:21.88 ID:XKhI8uY20
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

522 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 19:38:09.55 ID:c3jb/vS60
>>521
では生まれる前も死んだ後も無なのならば、なぜ今生きているの?無から有が生じるのならば、
無に帰ってから再び有になることもあるんじゃないの?

523 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 20:08:38.28 ID:l9woxw/s0
>>1
マジレスすると、「死亡直後は、何も変わらない」と、それだけ。
単に、「肉体を捨てただけ」だから。その後は、進化に応じて住む道は
変わってくるわけだが。

524 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 21:13:29.01 ID:x1R8J8jY0
>>522
無はあり得無いんだわ、ホントに…
宇宙(有)が始まった時我々も始まったんだわ、ホントに…
死んだら無はならないんだわ、ホントに…
宇宙が有り続けるかぎり我々は有り続けるんだわ、ホントに…
死んだらなんとなく死後の世界に行くんだわ、ホントに…

525 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 22:04:51.41 ID:0GLcH8GZ0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから


526 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 23:08:14.39 ID:c3jb/vS60
>>525
それではもう安楽な方法で自殺しよう。芥川龍之介の人生への懐疑はそこにあったと思う。
夏目漱石の死への考えとは違うと思うよ。死に対する厳然とした態度を取っていた漱石が、
「死ぬと困るから」と言って弱音を吐いたことは事実だ。死に対する恐怖は、人間だけでは
なく、動物全てにあると思う。性欲が動物全てにあるように。



527 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 23:11:10.27 ID:l9woxw/s0
>>525
じゃあ、葬式には、何も意味がないから、やめろという事なんだね。

528 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 23:17:13.52 ID:c3jb/vS60
死んだら意識は消滅するのは当然だが、意識を生み出す生命体がこの地球上に無数に
存在していることを考えると、自分が死んでも他の生命体の脳に意識が移動するので
はないかと思う。

熟睡と死は違うと思う。それならば人は毎晩死んでいることになってしまう。死は暗
黒も恐怖も何も感じない状態の無だからだ。

529 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 23:26:10.88 ID:0GLcH8GZ0
…??在るがままの自然現象に対して、じゃあとかではって何?
生きている意味に汎用性の答えは「無い」、死ぬまでに個人個人で探し納得するもの
…やめろ?葬式は残った遺族・知人の心を癒し満たすための儀式ですが何か?

どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

530 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 23:28:00.59 ID:3wK2dCNp0
葬式は生きてる人のためにあるんだね

531 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 23:37:06.42 ID:l9woxw/s0
>>529
「故人の魂の、ご冥福をお祈りします」
というのも、嘘八百なんだろ?
なんで、そんな嘘をつき続けなければならないのかという事なのだが。
嘘ならやらない方がマシだろ。つまり、葬式は、意味がないから辞めろと
いう意味になる。

532 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 23:42:59.94 ID:0GLcH8GZ0
面倒くさい奴だな、以降レスは返さないよ
>嘘八百なんだろ?
>辞めろという意味になる。
文意をそう取っているのは全部君の主観だが?そう読解するなら好きにすればいい
葬式は残った遺族・知人の心を癒し満たすための儀式ですが何か?
以上でも以下でもない

533 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 00:03:06.52 ID:LGNfv8G10
それは、嘘付きを正当化する理由にはならない。
「死後の世界と、魂の成仏を信じる」人間のための儀式であって、
信じないなら、遺骨を、市のゴミ収集に出しても構わないという事になる。
自分の家族も、当然、そうするんだよな?
そこまでしない限り、「死後には何も残らない」と言う資格はない。
言う事と行動は、一致させるべき。

534 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 00:07:20.33 ID:0GLcH8GZ0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

535 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 00:41:12.93 ID:ROk+XWdl0
葬式が信仰している「人間のため」の儀式と、いつ誰が決めたんだw
信仰してないと故人を偲び惜しみ悼む集まりを持つなとか。
信仰してないと遺体はゴミ収集に出せとか。
鬼畜以下の狂人発言だわ。こりゃ確かにメンドーつうかオレ様論理最強つうか。
社会的な一般常識もない極論出してこのドヤレスは恥ずかしいわw

536 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 05:35:39.72 ID:LGNfv8G10
「死ねばすべて終わり」というなら。、故人の遺骨を山に捨てても、
庭に埋めても、何ら差し支えないじゃないか。それともう一つ。
「故人の冥福」云々が、すべて嘘だと言うんだろ?
それに対する説明を、何一つしないのは、科学万能キチガイ連中の、
一番、卑怯な点だ。まずは、それにちゃんと答えろと言っているのだ。
「故人の冥福」とは、一体、何なのか?
家族が来ていた服を、ネットオークションで売ったが、死ねばすべて
終わりというなら、個人の遺骨を出品しても、何ら差し支えない事になる。

537 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 08:24:10.91 ID:dnGJ57iP0
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

538 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 09:16:58.47 ID:dFqeow2u0
ここは死んだらどうなる?というスレッドです。
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

539 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 11:41:49.27 ID:wErfGMpX0
>>537
同じコビペをするしか能がないのかよ。
ちゃんと、あの世の存在を、論理立てて否定しろと
言っているのだが。


540 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 11:50:15.91 ID:zkdxkpFc0
>ここは死んだらどうなる?というスレッドです。
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

541 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 11:55:39.67 ID:KiLt3dsdO
死んだらおっぱいはどうなるの?

542 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 12:32:58.78 ID:dFqeow2u0
コピペはしていません。
一文字一文字丁寧にかつ心を込めて
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…
と書き込んでいるのです。

543 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 13:07:12.33 ID:2hZLcstG0
>>540
一つだけ、良い事を教えてやると、
「死後の世界を、真っ向から否定している」人達は、
死ぬ時に、とても苦しむ事が多いから、要注意な。
最大の理由は、「肉体と魂の分離が、スムーズに行われないから」だ。
かなり高度な話だが、それが否定しがたい事実だから。
逆に、霊的事実を受け入れて生活に取り入れている人の多くは、
死に際の苦しみが、かなり少なくてすむ事が多い。どちらを選ぶかは、当人次第。
安楽死とは、自らが選びとるものだよ。

544 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 14:05:48.12 ID:5gu/ua5j0
>>540

コピペがウザイので、聞いてみる。
あんたが、言う様に、

>どこにも行かないし何もないよ
>死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

だとしたら、いまここにあるオレの意識はどっから来たんだ?
これが論理的に説明できない限り、あんたの主張は的外れだと思うぞ。

545 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 15:32:46.70 ID:dlsU/1+kO
意識は脳が作り出した幻だろ。
生は一回限りだから、捕まらないギリギリ限界まで生を楽しまないと。
地味にコツコツとかやってたら一生を無駄に使うことになる。
他人のことまで考える余裕なんてないわ。まともな奴はみんなそうしてる。
周りみてみな?
お前も夢見てないでせいぜい全力でやれ。

546 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 15:42:52.15 ID:dlsU/1+kO
>>536
故人の冥福なんてないわ。
義理と建て前で言ってるだけだろ。誰が本気で言ってんだよ。
墓や遺骨は家族が実際にいたことの証明、思い出だ。
嫌いな奴なら燃えるゴミに出してもいいくらい。
ただ本当に捨てたら違法にならないか?


547 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 15:46:28.93 ID:WQrGXxKmO
死の瞬間。

脳の集中力により走馬灯が見えます。

脳の中で、時間の流れは徐々に遅くなり永遠とも呼べる時間の走馬灯の中で意識だけが暴走します。

ここで、幸せな人生を送った者は天国を経験し、不幸な人生を送った者は地獄を経験します。

人生のリピートです。




548 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 18:52:05.14 ID:Q3KPaq860
どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

549 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 19:15:57.54 ID:ttUeX/oA0
脳に拘るのももっともだと思うが、魂とは意外と別物かもしれないぞ。
脳はCPU、処理をするためのもので、ソフトウェアは別のところから送られてるかもしれないと想像。

550 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 19:17:41.56 ID:nprB6GSh0
毎晩寝て意識消滅させてる奴がよく言うよ

551 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 19:46:01.05 ID:GBbBYFhz0
寝てる時に意識は消滅しているという証明は実は誰にも出来ないのですよね

552 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 19:51:59.99 ID:nprB6GSh0
元に戻る現象は消滅とは言わないと訂正する事が私には出来ます

553 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 20:23:51.60 ID:GBbBYFhz0
生きている私たちにとっては意識がある今のこの状態から
「寝てる時の自分は意識が無かったなァ」
と想像する事しか出来ないわけです。
意識が無くなったのか、それとも記憶がなくなったのか、どちらであると証明も否定も出来ないと。
死について、他スレの某コテはそれを唯識論的に
「私たちは死んだ事がないのですから」と表現しておられましたね。

554 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 20:34:48.88 ID:LGNfv8G10
>>546
だったら、葬式をやっている場所に行って、
「死後の世界は存在しない。お前ら。馬鹿だろ」
と言ってこいよ。それが人間として、最低限の義務だろ。
言えないのは、身勝手極まりないエゴイストの証拠だな。都合の良い時だけ、
自分の考えを、人に押し付けるだけだ。独裁者と同じ思想だよな。


555 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 20:47:03.30 ID:dlsU/1+kO
>>554
もちろん言ったことあるけど?
本気で死後の世界があるなら、誰が悲しむかよ。
冥福なんてスピーチでしか言わないだろ。
だから建て前だっつうの。


556 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 20:57:58.42 ID:LGNfv8G10
>>555
で、相手の具体的な反応は?

557 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 21:01:18.52 ID:dlsU/1+kO
は?普通だけど?
何を期待してんのか想像つくけど残念でした。

558 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 21:04:40.62 ID:LGNfv8G10
じゃあ、今度は、広島や長崎の原爆投下日などの慰霊の日の場で、
みんなの目の前で、その言葉を言ってくれよ。頼むわ。
正しい事なら、どこでも言えるはずだからな。
「みんなバカじゃね?魂なんて、ないんだよ」
と、マイクの音量最大で、是非、言ってみてくれよ。正しい事なら、
出来ないはずはないよな?

559 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 21:05:48.22 ID:BEyp3b380
本当に今生きてるのか?

560 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 21:07:20.81 ID:dlsU/1+kO
お前、義理とか建て前の意味わかってないだろ。
だから馬鹿なんだよ。

561 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 21:15:54.96 ID:Q3KPaq860
>>560
極論連呼で会話の成立しない一般常識の欠如した狂人なのでスルー推奨

どこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

562 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 21:16:20.07 ID:LGNfv8G10
>>560
問答無用。正しい事は、貫き通せ。
俺は、いつでもどこでも、「死後の世界は存在する」と、誰に対しても
言っているのだから。墓や骨に、霊がやどるなどという事は、絶対にない事も
知っているが、霊の完全否定論者は、ナチスやオウムと同じ種類の人間だから。
少しでも、祟りがあると怯えるくらいでなければ、いつ、同じ行動をとるか
わからんものな。霊の完全否定は、殺人犯に近い考え方。だから、無用の
戦争も起きるのだし。死の商人と、同じ考え方なんだね。

563 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 21:34:25.20 ID:ttUeX/oA0
もしかしたら、肉体と魂もクライアントサーバーシステムかもなw
何かコードでどこかと繋がってるという話もあるようだし。

564 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 22:54:47.33 ID:dlsU/1+kO
>>562
一人で拡声器持って駅前で叫んでろよ。みんな無視するだけだから。
ないものはないんだよ。これっきり。消滅。
死後論者は全く押し付けがましいわ。どこの新興宗教だよキモチワリィ。

565 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 23:05:24.14 ID:LGNfv8G10
科学万能バカの数は、全世界的に激減しているから。ホーキング博士は、
完全孤立状態で、実質、誰にも相手にされていない。
アメリカやロシアでも、本格的に研究している。日本の多くの強欲金持ち
人間が、バカなだけの話。

566 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 23:07:10.71 ID:dFqeow2u0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

567 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 23:10:18.25 ID:Q3KPaq860
死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

568 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 23:34:03.76 ID:ajLf8gDl0
祖父が死んだとき、棺に拳銃を入れられてたんですが、あれ何でしょうか。
あの世で戦えと?

569 :本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 00:21:29.54 ID:mTiwPcfn0
田舎の風習ってやつすかね。

570 :本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 01:25:55.12 ID:rexd33GO0
寝てて夢みないときあるじゃん?アレよ。あのままフェードアウト

571 :本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 09:48:25.55 ID:/QVeN9C10
>>568
別に、刑事だったわけじゃないよな?
田舎によっては、焼いたばかりの遺骨を食う習慣まであるよ。
よそから来て始めた見た人は、「ギャー!」と逃げ出したくなるものだが。

572 :本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 18:03:44.46 ID:4EXudM5f0
>>545

クオリアって知ってる?
仮に電子回路で人間の脳を完璧に再現できたとしても、
俺たちが見ている【紅い】とか【青い】とかいう感覚はどうやって再現させるんでしょうか?

あと、意識を作りだしているのが脳だとしたら、
オレの意識はなんで60億個以上ではなく『このオレ』に宿っているの?

この辺が矛盾している気がする。

573 :本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 18:52:21.09 ID:oGD2rnrs0
日本語でおk

574 :本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 20:17:09.12 ID:dulx3UvpO
>>562
まずお前が広島や長崎で拡声器使って『死後の世界は存在します!』って訴えて来いよ。
論点ずれてんだよ。
辞書買って建前の意味調べてくれ。

575 :本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 21:25:38.15 ID:mTiwPcfn0
>>571
農家やってた。
体弱くて徴兵からも逃れてたらしい。
三途の川渡るためにお金入れるとかは聞くけど拳銃って・・・・・・

576 :本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 23:26:55.84 ID:L9As9EnZ0
>>574
原爆の被害者の霊を弔うために、毎年、あんな暑い時期に、みんな
集まっているんだろ?
「死ねば、すべてオシマイ」とみんなが思うなら、誰一人集まらないだろうが。
みんなが建前のために同じ嘘をついて集まるなんて、ありえないんだよ。
それは、バカのやる事でしかない。

577 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 00:49:30.37 ID:DtgdtYLr0
王様が巨大な墓を作りたがる理由はなんだろ

578 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 00:57:20.29 ID:iv5hTlTI0
公共事業

579 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 10:18:46.25 ID:KPnQDoOs0
>>573

『哲学的な何か、あと科学とか』

オレの説明が理解できないなら、
↓サイトの『脳分割問題』ってとこと『クオリア』ってとこ見てみ。
ttp://www.h5.dion.ne.jp/~terun/gakuFrame.html

580 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 10:26:59.81 ID:7Wzzf8MS0
>>577
「自己顕示欲」の他に、古代エジプトでは、再び、肉体に魂が
戻ると信じられていたから。そのために、ミイラも作るわけだし。

581 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 10:43:47.00 ID:0LBoex+j0
>>577
昔の王は大きかった
その名残だ

582 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 12:49:58.07 ID:1jO5uHbf0
>バカのやる事でしかない。
そりゃお前のやってる事
世の中本音と建前使い分けて初めて大人なんだがね
お子様論理お疲れ様

583 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 13:10:12.42 ID:wvKy+lYR0
>>582
そんなの、理由にはならない。
正しいと思うなら、いつでもどこでも、
「死ねば、灰になるだけ」と言い続けろよ。
無論、家族を失い、悲嘆にくれる家庭に対してもだ。
建前だけ立派な奴が、すべての犯罪の元を作るのだからな。
汚職政治家などと同じ。行動も伴わない奴に、説得力はない。

584 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 14:59:12.22 ID:Y3Sy6vePO
思ってても言わないのが建て前だし、思いやりってもんだろ。
よくそんな残酷なこと思いつくな。死後論者のほうが残酷だというのが証明された。
だいたい葬式や法事なんてのはただのセレモニーだし。
広島長崎の慰霊祭も同じ。生きてる奴が過去を忘れないためにやってるもんだ。
死後があると信じてるからやってるわけじゃないが。



585 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 15:01:31.25 ID:0QVw177O0
テス

586 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 16:16:49.84 ID:1jO5uHbf0
>そんなの、理由にはならない
誰が理由といっている?馬鹿は話にならないな
常識といっているだけだが?

587 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 17:31:11.25 ID:vl08o5ec0
タダのセレモニーなら、やる意味はない。今すぐ辞めろと言うだけだ。
「死後の世界を信じて、冥福を祈りたい」人のために儀式はある。
科学万能キチガイは、言う事とやる事が、矛盾し過ぎている。
タテマエも本音の関係ない。建前というデタラメに身を隠して
嘘を付き続けるのは、卑怯者の、逃げ口上でしかない。
科学万能キチガイには、それも理解出来ないらしいな。だからキチガイなわけで。

588 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 17:35:18.89 ID:1jO5uHbf0
>タダのセレモニーなら、やる意味はない。今すぐ辞めろと言うだけだ。
否定の理由にならないな
下らない個人の狂信的な価値観だけだ
さすが話の通じない心霊キチガイは一味違うな
心霊万能キチガイには、それも理解出来ないらしいな。だからキチガイなわけで。

589 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 17:54:01.12 ID:1jO5uHbf0
さてではこれを証明していただこうか?
>「死後の世界を信じて、冥福を祈りたい」人のために儀式はある。
ほうほう?
この世のどこに「公的」にこんな定義がにあるのでしょうか?、と
心霊狂信者は一般常識的否定派を嘘吐き呼ばわりしているようだが?
これ、よもや嘘じゃあないよな?逃げるなよ

590 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 18:21:41.81 ID:sOpPc0nX0
生きてる人間が何を言っても立証できないじゃん
死んだ時の楽しみとして取っとこうぜ

591 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 18:31:48.44 ID:gywYXFow0
死んでから後悔しても、遅い。
「死後の世界を認めない者は、死後の世界では受け入れられない」
という、地獄の苦しみを味わう事となる。この世の、あるゆる苦しみの、
数十倍、数百倍以上で、いつと、果てるともない地獄を味わう事となる。
しかも、どれだけ未練があっても、朽ち果てた肉体に戻る事も出来ない。
ならば、生きている間に、悪口を言われる不快さを味わっておいた方が良い。
悪口の方が、はるかに心が痛まずにすむのだから。

592 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 18:39:37.43 ID:sOpPc0nX0
>>591
死んだ事ないから分からないってだけで、
認めるとも認めないとも言ってないよ。
「なるようになる」でいいんじゃね?

593 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 19:24:17.44 ID:vQfGTrbS0
死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

594 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 19:54:54.65 ID:jqHBMtl70
591の人はよっぽど誰かに恨みがあるんだろ〜な〜。
思い込みって恨みを餌に浸透してくんジャマイカ。

595 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 20:26:47.97 ID:662L4QFE0
もし、始皇帝のように、永遠に生きる事を理想として、実際に生きられる
なら、死後の世界など関係ないが、実際は、一人の例外もなく死んでいく。
要は、人間は自然のメカニズムにどんなに逆らっても、絶対に勝てないんだよ。
仏教、キリスト教、イスラム教など、「地上の宗教は、すべて失格」と、これが
基本。そこに打って変わって、今、世界中にジワジワと広がり続けるのが、
スピリチュアリズムだから。日本国内の従来の仏教や、科学万能主義者も、
ことごとく打ち砕かれることになる。そういう「姿なき敵」と、どうやって
戦うのか、聞いてみたいものだな。

596 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 20:36:38.37 ID:vQfGTrbS0
>従来の仏教や、科学万能主義者も、ことごとく打ち砕かれることになる
すごいすごい
打ち砕かれたらまた来てください…エバラとか…馬鹿?

死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

597 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 21:46:17.98 ID:uqp2kBGn0
流れ読まずにレス失礼

死を特別扱いしすぎだろ
寝る、起きる
次の日、起きる、寝る
いわば、寝る=死 みたいなもの

しかし、普通の人は一回しか体験しようのない
死をただの生理現象としては受け入れられないのだろうか

“死”なんて“くしゃみ”と同列のただの出来事じゃないかな             

598 :甘楽:2012/06/01(金) 22:37:14.21 ID:/CkBpGDz0
“死"を考えるのは生きている人間に与えられた権利だから、
君たちはまだ、どんどん死を考えればいいw 

ちなみに、俺は死の後は「無」しかないと思ってる
でも、死ぬってのは無くなる事 苦しみ等じゃなく、存在が消えるんだ
何もない状態が、無じゃない、無は必ずしも「有」の対立存在ではないんだ。
死ぬっていうのは、「苦しみから解放された事を認識する自分」が必要なんだよ


599 :甘楽:2012/06/01(金) 22:43:31.93 ID:/CkBpGDz0
まぁ、いわゆる
全は一、一は全だね
命は、死んだら土に還る
そして、また新たな命が生まれる
そんなもんだろう。

俺は、いわゆる無心論者だから、神とか
天国とかは、信じないけどねww

600 :甘楽:2012/06/01(金) 22:48:24.70 ID:/CkBpGDz0
598,599
ごめんww全然いわゆるじゃないww
全然意味違ったねwでも、まぁ
俺が言いたいのは、「俺は無心論者」って
事だから

601 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 22:53:54.81 ID:P5Ozl9mrO
悪人ほどあの世を信じない

602 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 23:01:58.74 ID:hXUbRSv70
自分の頭で考えない阿呆ほどあの世を信じる。


603 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 23:46:17.20 ID:Y3Sy6vePO
>>591
お前はいま地獄に落ちてるだろ。科学万能主義者にボコボコに論破されてな。
ま、あの世なんか絶対にあり得ないわけだが。

604 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 23:47:18.52 ID:A6tlVKyC0
どう、でも、いい、けど、読、点多、すぎ

605 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 00:12:53.54 ID:hDREBa3f0
死後の世界ある派もない派も、どっちも説得力ない件w

606 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 00:16:23.41 ID:NhsT8+R30
お前らくだらないレスで埋めるから俺の大事な日課が埋もれるだろ、ホントに…

無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

607 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 00:22:17.04 ID:SVYEbJVJ0
死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

608 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 01:45:56.90 ID:f8d6Qbbn0
ここにいる無神論者もあと20年もすれば確実に神様仏様にすがるようになる。

609 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 03:28:26.55 ID:NhsT8+R30
神はいるかもしれない、しかし神はいたとしても何物にも干渉しない。
万物は宇宙の法則に従うのが本来の姿なのだ。
それは、肉体の死後魂は自我を捨て宇宙の一部に戻る事だ。
たが我々(魂と肉体)はこの世で進化をして文化を手にし理想の世界を想い描くようになった。
そして魂は宇宙の法則に贖い死後も尚自我を持ち続ける事を選んだ。
魂達がネットワークを創った世界がやがて死後の世界になった。

610 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 03:47:11.86 ID:NhsT8+R30
死後の世界は当初とてもシンプルな世界だった、そして現世で時間の流れと平行するように死後の世界も変化をしている。
死後の世界は現世より進んでいる、それは現世では技術的実現不可能な事も実現できるからだ。
イメージを具現化出来るというのがポイントだ、それはホログラムの様な感じなのか?死後の世界が在る次元では物質を構築するのが容易なのか?
もしかしたらUFOは死後の世界から来た物かもしれない、ホントに…

611 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 03:52:40.53 ID:NhsT8+R30
読み返したら変な文章だな…(−_−;)

612 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 05:25:45.75 ID:/li4osMw0
体を作っている物質は分解されて再利用されるから増えることも減ることもしない

613 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 09:26:39.15 ID:pZjxMLzP0
>>597
死は特別扱いすべきだよ。科学万能主義者は、絶対に認めたくない
のが、死後の世界。
現時点で、死亡直後の人間の様子を、最も詳しく述べたサイトもあることはある。

ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/about_sp/sp-thought1/sp-thought1-3/sp-thought1-3-1.htm
平均的人間の死の直後の様子

信じる、信じないは自由だが、人はいずれ死ぬ。
慌てふためいて死を迎えるか、あるいは、静かに死を迎えるかは、その人次第だから。

614 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 12:31:45.70 ID:u4BJDLee0
死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

615 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 13:18:30.37 ID:IPgS+G3W0
>>614
じゃあ、
>613
のサイトの管理者に、「インチキ言うな」
と抗議して来いよ。物凄い影響力のあるサイトらしいからな。

616 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 13:38:52.83 ID:F/hQtG9z0
>>615
ツラれんなよ
コイツ同じことずっと繰り返してるだけの猿だ
俺らの話にはまったくついてこれない
反対意見に反論もできないんだ

617 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 13:44:52.77 ID:q/PNWEXWO
あの世では飼ってたペット達に会えるのでしょうか?

618 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 13:51:56.17 ID:IPgS+G3W0
もちろん、ペットとは再会できるから、心配するな。
数年、数十年と、好きなだけ、一緒に暮らせば良い。
そのペットに対する愛情が、全くなくなった瞬間に、そのペットの
体は崩壊し、なくなるという、かなり難しい話となるわけだが。

619 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 13:54:16.26 ID:q/PNWEXWO
ありがとうございます

620 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 15:16:25.46 ID:fq3s5jvkO
輪廻転生、すべては円運動

621 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 15:30:38.62 ID:u4BJDLee0
死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

622 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/06/02(土) 16:55:51.28 ID:H2DpFuvc0
解答受付中の質問
Q.『お好み焼き食べたらどうなるの?』

自慢げに答えるとちょっと恥ずかしい回答
A.“どうにもならないし何もないよ
   食べたら消化する、ただそれだけの摂食行為ですから”

623 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 17:34:06.94 ID:NhsT8+R30
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

624 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 18:02:41.04 ID:Cfr0hzzL0
死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

625 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/06/02(土) 18:19:41.69 ID:H2DpFuvc0
しまった どうやらオレは「コピペ合戦」のゴングを鳴らしたらしい

626 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 18:32:35.09 ID:3TjdkPTmO
火葬したら骨、灰、あと気体にもなりますね
土葬だとそのまま大地の糧となります
完全な無にはならないから安心して下さい(^ω^)

627 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 18:40:56.00 ID:HI3Uwk9Ei
死後の世界は存在するだろ


628 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 18:49:16.41 ID:XhnC3PSei
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

629 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 18:52:47.34 ID:Cfr0hzzL0
死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

630 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 19:01:18.76 ID:dZDCR0Ini
>>481
亀レスだが、確かに俺が精神レベル上げて行った意識だけの世界では、お前はレベルが低いってはっきり伝えられたわ

631 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 19:16:00.37 ID:RzTHDJeGI
今ここにいるだけなのに
たったそれだけなのに数奇な運命を体感してる

632 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 19:39:08.82 ID:HI3Uwk9Ei
>>629
それは宇宙なんて存在しないよって言ってるのとかわらんね

633 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 19:39:43.85 ID:HI3Uwk9Ei
>>631
それは思い込みってやつだな

634 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 19:47:31.18 ID:D3lK2Opk0
意識は脳にあるから脳が死んだら終わりです

635 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 21:00:34.82 ID:ZBQyU+Fk0
人は毎日、寝ている間は、魂が肉体から抜け出て、霊界旅行に出かけている。
これがスピリチュアリズムが明かした真実。
脳の容量は小さすぎて、霊界の記憶を詰め込めない。よって、変な夢を
見たとか、断片的な。そういう記憶が残っている。霊界旅行の記憶は、
死ぬまで思い出せない。

636 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 21:31:35.66 ID:KjMxyoF50
死後の世界はなんとなくあるのかなと思ってるけど
生まれ変わり、というか前世のカルマがどうたらってのは信じてない。
この世で酷い目に遭ってる人は前世の因業がどうたらとか
真顔で言う人がいると、全力で否定したくなる。

637 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 22:26:23.11 ID:RzTHDJeGI
この世で酷い目にあっても
どうにもならないことなんて山ほどあるよ
自分に非がなくても
何があっても宇宙は摂理を曲げない、誰か1人にえこひいきして優しくする摂理なんて存在しない
でも、報われない人なんていないよ

638 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 22:29:23.44 ID:RzTHDJeGI
>>618
ペットの霊体が無くなるとか死ぬとかはありません
ただ、ペットは動物なので、人間の霊界を離れて仲間の魂のもとに帰るだけです

639 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 22:33:27.98 ID:RzTHDJeGI
死とは肉体の崩壊だけです
永遠である魂を傷つけ奪うことは誰にも出来ないのです

640 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 22:56:02.16 ID:NuQ/na2y0
>>613
サイト見てみた。ちょっと具体的すぎる部分が気になるんで鵜呑みにはできないけど、大筋ではそんな感じかなと思う。

ちなみに、ここで「死んだら何も無くなる、消え去るのみ」と偏執的に繰り返してる人は、逆に>>591のようなことを
「分かってて(もしくは信じていて)」やってるんじゃないのかな?

何というか、書き込みから後ろ暗い意思を感じるんだよ。相手をミスリードさせたいとか。
でないと、ここまで異様な執着でもって繰り返し唱える必要は無いと思うんだけどね。

641 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 22:59:40.31 ID:ZBQyU+Fk0
>>636
死後の世界があるかも・・・と思えるだけ、立派だと思う。カルマだか、
生まれ変わりだとかというのは、そう簡単に理解出来るシロモノではないから。
「なんだか良くわからんが、死後の世界は、存在するらしい」
と本気で思える人は、「恵まれた人」と、逆に祝福したいくらいだね。
金儲け主義者や物理学者の多くは、その第一歩すら、踏み出せないのだから。

642 :本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 23:23:01.15 ID:NhsT8+R30
物理学者にも死後の世界や心霊を信じている人は沢山いる。
立場上それは言えないだけ、証明されてない事象を認めないのは物理学者として正しい事だと思う。

643 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 00:11:33.90 ID:dgDQAWOl0
信じる事とさも見てきたように心霊界則を騙り布教する事はまるで違うんだよ
ちょっとロールバックしただけで腐るほど妄想騙りがゾロゾロ断言口調で出てくる
傍目にあんなトンデモ心霊騙りをやられたら信じてみようなんて露ほども起きない
根拠を聞けば「だって在るんだもん」だけ
妄執に取りつかれた馬鹿としか思えない

644 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 00:25:15.35 ID:7LQCas3C0
布教しようとしても、固く拒絶する人間には、決して受け入れられないのだか
ら、別に問題はないのでは?
人生の荒波に、疲れた。希望を失った・・・という人を励ます参考意見と
して、耳を傾けてもらう事に意義があるのだから。
「癒し」を必要とする人間は、たくさん存在する。多少の励ましになるので
あれば、それだけで十分。

645 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 00:43:31.14 ID:dgDQAWOl0
>励ます参考意見
根拠の無い誇大妄想騙りで入信者から金品・労働力を搾取する狂信団体も多いけどねえ?
一時は救われた錯覚をしているかもしれないが在りもしないおとぎ話から目が覚めた時の
絶望感は計り知れないだろうね
信じる・思う、までなら許容だろうけど?です、ます、だ、なんて断言で己でさえ見た事も無い
心霊界則の妄想騙りはどう考えてもただの病気持ちだな

646 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 01:36:51.55 ID:siod0LAZ0
確信しでる者はね、金なんが取らないし神の使いなん思わないしましてや神になった気になんかならない。
そういう輩には気をつけるように。
宗教はただの互助会、お布施は会費、沢山お布施払っても何の意味も無い。

647 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 03:55:23.27 ID:jz4px1tL0
金品を騙し取ったり、人生を狂わしたりする輩が許せないのは、死後の世界どうこう関係なく同じこと。
そこが心配なら、それを直接注意喚起すればいいだけの話なのに、否定する筋が違う。どういうことだろうな。

しかし、簡単に人を侮辱したり、悪意を剥き出しにした書き込みからは、そんなことを心配してるようにはとても見えないんだがなぁ。
俺にはそこが不思議だ。

648 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 04:42:28.26 ID:3lwmIye5O
人体は細胞の集まりで死後それが無数にバラバラになって
腐敗とか発酵とか他のものと結びついて活かされていく
宇宙や地球のライフサイクルのひとつであって
死んでも個人が固有のままであり続けるというのは
願望に近い発想なんじゃないのかな

649 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 07:37:34.85 ID:wtYOTkSp0
だろうね。在って欲しいが在るんだ、になってるだけだね。
書いてるあの世の事象・が個人ごと見事にバラバラで統一感がゼロなのがなによりの証左。
確信てのも要は信じている事、でも信じる事と真実で在る、とはまるで違う事。
でも、断言。哀れなくらいに幼稚で希望的、願望的で種種雑多な人の数ほどあるあの世界観。
見えない、存在しないものを妄想する限界だろうね。

650 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 08:12:42.99 ID:b7ASK9LJ0
ネットで読んだんだけど、昆虫には意識がないってのは確認されてるらしい。
昆虫ってのは植物が、ちょっと反応するようになって、自分でエサ取りに行ける程度のものだと。

これがどんどん複雑になって自我になるんだろうね。つまり意識って反応の積み重ねではないか?

651 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 09:00:02.29 ID:IFAQeqfL0
>>647
「金を要求する」...偽者。
「いかなる見返りも要求しない」...本物。
そりゃあ、どんな良い教えでも、偽者にかかれば、凶器と化すだろう。
包丁と同じ事だ。
だが、死後の世界を認めないという、「発達ゼロ」の状態の人間と、
「なんだかわからんが、あるらしい」というプラス1の状態は、それだけで
も、「天国と地獄」レベルの違いがあるのだよ。かなり飛躍した話をすると、
「大震災、大災害等で、不幸な死に方をする人間は、前世の悪行が絡んでおり、
その報いとして、不幸な死に方をせざるをえなかった」とこうなってくる
わけだが、それは、とても受け入れられないだろ?

だから、「良くわからないが、死後も意識があって生きているらしい」と、
それだけ認識できれば十分なのだ。死後の世界を認識しながら、ジレンマに
苦しむのがあるのは、物理学者。「この歳になると、あの世の存在を、
信じたくなってくる」と、テレビで大槻元教授も言っていたではないか。

652 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 09:21:48.51 ID:wtYOTkSp0
>前世の悪行が絡んでおり
飛躍だろうが信者の根底にこの考えがあるのは間違いないよね。
このスレにいる「じゃあ」って人みたいに言ってみようか?

じゃあ、震災で身内を亡くされた遺族にそう言って入信を勧めておいで

やっぱり狂信者は人間性に欠けるクズだと思うよ。

653 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 09:32:46.06 ID:wtYOTkSp0
>つまり意識って反応の積み重ねではないか?
そうだね。たぶんその程度の生化学反応だと思うよ。
永遠性を言うならどちらかというとDNAじゃないかな。
少し前に流行った小説風に言うなら肉体は単にDNAを後世に伝える入れ物でしかない。
なんて事を言っていた学者もいたね。
魂なんて非現実的な仮想物よりよほど説得力のある実在物だと思うよ。

654 :アンサー:2012/06/03(日) 09:36:59.56 ID:cdHp8nCJO
20年程前に葬儀中生き帰った姉いわく、寝た状態と変わらないそうだ。
結局死んだら無になるだけ。

655 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 11:14:56.92 ID:RuIYUqd/0
>>652
じゃあ、おまえは、遺族に対して、
「死ねば、タダの灰だし。魂なんてないから、葬式も供養も、
何も意味はないんだよ」
と伝えてこいよ。正しいなら出来るはずだ歩よね?

656 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 11:20:39.62 ID:wtYOTkSp0
いいから先に行って来きたら?
貴方の所の主人・妻・息子・子の死因は前世の悪行が祟った因果応報だって

>と伝えてこいよ。正しいなら出来るはずだ歩よね?

よろしくね?人でなしのクズ


657 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 11:31:11.48 ID:w6APyiXq0
>伝えてこいよ。正しいなら出来るはずだ歩よね?

確かに、死んだらタダの灰だし魂なんか無いと思ってるけど、なんで
他人様にそんな事を吹聴しなきゃならんのw?
お前はローリング・ストーンズがビートルズより100倍優れてると思ったら
ビートルズファンのとこに行ってビートルズなんて屑だとか主張してケンカ売るのか?

自分の考え方に満足してる人はそんな事せんのよ。まぁ尋ねられたら一席ぶってもいいな、ぐらいなもんだ

658 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 11:33:48.38 ID:RuIYUqd/0
一部の人にそう伝えたら、「激怒」していたよ。こちらは、すでに実行している。
親戚の人間には、メチャクチャに怒られ、「お前の顔など、見たくない」と、
ハッキリ言われたらいだから。しかし、正しい事は、いつでも、どこでも正しいと
言えないのは偽者に過ぎない。

広島、長崎の原爆の式典で、声高々に宣伝してくれば良い。
「死ねば、すべて灰です。なんでみんな、そんな無駄な事をしているの?」
と。

659 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 11:38:17.51 ID:wtYOTkSp0
誰が親戚と言っている?
正しいと思うなら被災地に言って赤の他人に一席ぶって来い。
書くだけなら誰でもできる。

660 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 11:39:52.37 ID:RuIYUqd/0
ついでに、もう一つ「挑発」しておけば、
「知的障害者」は、「前世で、才能を悪用した人間が、その罰として、
自分の意志を、明確に表示できな苦痛による罰を、受けている」
とか、「生まれつきの身体障害者」は、「自分で選んで、そうして生まれてきた」
など、いくらでもあるよ。「前世の自殺者は、生まれ変わっても、自殺へ誘引されやすい」
とかな。いくらでも怒ってくれ。所詮、生き死に一つも自力で左右できない人間が、
真実に歯向かっても、最後には、駆逐されるだけなのだから。
「死後の世界は、良くわからんが、あるらしい」
とそれだけ理解できれば、とりあえずは十分だ。

661 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 11:46:41.35 ID:wtYOTkSp0
話をすり替えてもクズだという事に変わりは無いな。
>正しい事は、いつでも、どこでも正しいと
他人に自分の正義を押し付けるなら「正しい事」を説く相手に客観的に証明出来なくてはならない。
客観的な証明が出来なければそれはただの主観の押し付けで正義ではない。
ただの害悪だ。

御託はいいから被災地に言って赤の他人に一席ぶって来い。人でなしのクズ。

662 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 12:13:25.68 ID:RLbELuJj0
死後の世界があるというのなら、客観的な証拠を示せよ。
「存在」するんだから、何らかの「痕跡」はあるよね。

663 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 12:46:52.59 ID:MOKHGp9H0
体が死んでも命は終わらずに続くのは分かってる。
知りたいのは自意識と記憶と思考力は生前の肉体から引き継げるのかどうかだ。

664 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 13:04:32.67 ID:4A1LA0VF0
>>663
死亡直後は、「肉体を捨てただけ」で、何一つ変わりはない。
「自意識」、「記憶」、「思考力」は、そっそりそのまま引き継いでいく。
人によっては、「自分の葬式に、立ちあわされる」事もある。
しかしその後は、「霊性の発達」次第で行く場所が変わるだけの話。

死後の世界をガンとして認めない物理学者などは、
「死後も、自分の死体の周りをウロウロするだけ」で、
「ああ。俺の肉体が腐っていく。誰か、止めてくれ!」
と叫ぶが、誰も聞いてくれる者はおらず、苦しい思いを強いられる事もある。
そんなミジメな思いをしないよう、「とりあえず、死後の世界はある」とだけ
肝に銘じておくと良い。「死後の世界の否定」は、「最悪の選択肢」だから。

665 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 13:09:51.95 ID:wtYOTkSp0
>死後の世界があるというのなら、客観的な証拠を示せよ。
まあ、話を変えて逃げを打つしか手は無いよな。
あるってだけじゃない。
因果応報だの転生だの誘因に駆逐だの心霊界の法則まで断言してる。
まんま小学生クラスが描く絵空事レベルだけどね。

666 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 13:09:52.75 ID:w6APyiXq0
こんなネットの吹き溜まりで、「俺は分かってる」とか「正義だ」とか言われてもなw

自分が120%正しい事でも良識をもって黙ってる事なんて世間にいくらもありますがな。
幼児にサンタクロースは居ないんだよ、と言わないでいてあげるとかね。
相手の知的成熟度を量って、TPOをわきまえるぐらいできなきゃ大人じゃないわけでね。

その昔、人間は神への生贄とか、橋を作るときに人柱とかしてた。その時は
正しいと思って大真面目にやってたわけだが、まぁ知識も無ければ自然法則への理解も低かったから
仕方ないだろ。死後の世界とか輪廻とか信じてる人もそういうのと似た類で、大体500年ぐらい
頭が遅れてるだけだから、少しずつ理解力が成熟するのを待ってやるぐらいの
親切心を持ってやってもいい。同じ人間なんだからさ


667 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 13:12:02.04 ID:MOKHGp9H0
>>664
痴呆、あるいは脳挫傷等で人生の途中から健常な思考力を失った場合はどうなるのだろう。
先天的な知的障害者の場合も知りたい。

668 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 13:13:18.19 ID:jz4px1tL0
つまるところ、「あるかどうか分からないもの」に対して、断じるような言葉は眉に唾して聞いておけばいい。
それは死後の世界があるかどうか、どっちを信じている側に対しても同じこと。「ない」ことだって断定できないだろ?
少なくとも馬鹿、クズ、狂信者などの罵倒語を連呼する輩の話は、どちら側にいても聞けないな。

669 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 13:17:44.71 ID:wtYOTkSp0
>TPOをわきまえるぐらいできなきゃ
まあ、わきまえるTPOを理解できないからクズな言動なんだろうね。
自分が出来ない事を他人に強要し、出来ないなら偽呼ばわりとか。
子供そのものの振る舞いで最初から言動が破綻してる。
>「ない」ことだって断定できないだろ?
問題は世界則まで見てきたかのように騙る事。
単純な否定とは違うでしょ?

670 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 13:29:11.90 ID:w6APyiXq0
あるかないか断言できない、というのは何の判断もできない、というのとは
全然違うことなんだよね。よく使われる原始的トリックだけど。

B・ラッセルは両者の違いについて書いている
「火星の周囲をティーポットが回っていない、と断言はできない。火星を近くから
 細かに観察はできないからだ。だが、それが 極 端 に ありそうもないことであるとは
 自信をもって主張できる」、と。

不可知論は、二つの判断が等価である、という事の主張では全くないわけ
特に何の証明もできない事に対し、あたかも見てきたかのように事細かに語ってw
「こういう可能性だってある」とか言う類の議論は・・まぁ議論以前の、心の問題ですな

671 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 15:07:15.82 ID:4A1LA0VF0
>>667
痴呆や脳挫傷も、時と場合によって色々あるから何とも言い切れないが、
簡単に言えば、「肉体が傷ついても、魂が傷ついて痴呆になるわけではない」
というのは、海外の交霊実験結果で明らかになっている。それどころか、
「霊を呼び出してみると、普通の人間よりも、はるかに知性が発達している
事も、良くある」事だ。「親よりも、子供の方が、オカルト的霊現象に関して、
はるかに興味を持って知識がある」事があるのと、同じだから。

知的障害者は、繰り返すが、「前世で才能を悪用した罰」だよ。才能を悪用し、
私利私欲のみに奔走した生き方の罰として、新しい人生では、「知的な表現を
発揮できない苦痛」という体に、魂が閉じ込められるだけ。死ぬまでそれは続く。

物理学者は、「俺の言う事を聞かずにオカルト話をする奴は、許せん!」
と怒り狂うわけだが、そんなものは無視して、信じる道をいけば良いだけ。

672 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 15:13:46.12 ID:rO0RmmF8O
死後の世界はある。

(ソース)トゥル彦
http://fukumama.exblog.jp/13338038/
http://fukumama.exblog.jp/13338056/
http://fukumama.exblog.jp/13338065/
http://fukumama.exblog.jp/13338070/
http://fukumama.exblog.jp/13338082/
http://fukumama.exblog.jp/13338093/
http://fukumama.exblog.jp/13338105/
http://fukumama.exblog.jp/13338114/
http://fukumama.exblog.jp/13338142/
http://fukumama.exblog.jp/13338149/
http://fukumama.exblog.jp/13338172/
http://fukumama.exblog.jp/13338188/
http://fukumama.exblog.jp/13338204/
http://fukumama.exblog.jp/13338227/

673 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 15:21:06.74 ID:rRmCDMu7O
知恵の実を食べた人は黄泉で罰(この世は影)。
悔い改めた人は天使に守られ黄泉で深い静けさの中に〜

674 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 15:48:33.86 ID:wtYOTkSp0
>「こういう可能性だってある」
どころか断言だからね。証明の「可能性」すらゼロに限りなく近い世界観に胡坐かいて
上から目線で被災遺族、被災・障害者本人、その家族に対して因果応報?前世の報い?
拠るものは全てが妄想で以って、弱者・傷者を自業自得と否定する人格障害確定の暴言とか。

他者の痛みを理解できない愚者が「正義という名の暴論」とか笑える。

675 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 15:56:17.15 ID:4A1LA0VF0
「痛み、苦しむ人を見て、悲しみ、同情するのも無理はない。しかし、それらの
苦しみと引き換えに得られる喜びという点に、人は、考えが及ばない」

これが、霊的事実。出来るだけ手を貸すのは当然としても、
どうにもならない時は、天の采配に任せる事。

676 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 16:04:34.68 ID:wtYOTkSp0
証明もされない便所紙同様の薄っぺらい「喜び」が引き換えなんて結構ですよ。
現時点でお前がクズなのは証明されていますけどね。

妄想の心霊界を騙る妄執の隷属者の戯言は同じ人格障害者にしか届かない。

677 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 18:49:27.89 ID:7LQCas3C0
じゃあ、死ぬまで我を張って頑張ってみな。
今、世界中で、ジワジワと、従来の宗教を駆逐しながら、スピリチュアリズム
が浸透しつつあるから。キリスト教、仏教、イスラム教と、ことごとく、駆逐
される運命にあるから。もちろん、死後の世界を認めない物理学者もまた、
相手にされなくなってくるから。それで利益を得ている人間は、おまんまの
食いあげになるだろう。「痛い目に合わないと、教訓を学べない人」なら、
その道を貫けば良い。

678 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 19:07:23.31 ID:RLbELuJj0
>>677
>今、世界中で、ジワジワと、従来の宗教を駆逐しながら、スピリチュアリズム
>が浸透しつつあるから。

と、言う、妄想ですね。
自分の都合のいいように世界が見えてしまうのですね。

679 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 19:25:00.29 ID:rtAzvx290
>従来の宗教を駆逐しながら、スピリチュアリズムが浸透しつつあるから
ふーん。そう?
全てが駆逐され、浸透しきったら勝ち誇ってまだお出で下さい。
妄言お疲れ様。

680 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 19:25:48.28 ID:siod0LAZ0
生物が死ぬと魂と肉体は宇宙を構成する物質に分解される。(まあすでに魂と肉体も宇宙を構成する物質なんだけど)
そして何かに再構成される、分解されてるから自我は無いだろうな、まあ記憶の欠片がデータとして残ってるかもしれないけどね。
だから前世のカルマとかないんだわ。
障害の有無やどんな死に方するかは現世の問題なんだ、運であったり物理的理由でのね。
死後の世界は魂が自我を捨てたくないと思った瞬間始まった、魂達が作った世界なんだよ。
何よりも魂も死後の世界も宇宙の一部にすぎないんだ。

681 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 19:36:35.87 ID:rtAzvx290
>じゃあ
ありゃ?人でなしのクズだったか。
妄言の御託はいいから被災地に行って赤の他人の遺族に一席ぶっておいで。人でなしのクズ野郎。

>と、言う、妄想ですね。
精神的弱者相手の楽な商売だよね、ノークレーム・ノーリターン
信者も死ななきゃ言ってる事が体験できないんだから我が身は安泰。
口先だけで神の代行者騙りがお気軽に出来てしまう、と。

682 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 21:01:08.36 ID:7LQCas3C0
目の前に、真実を突き付けられても、我の強い人間は認めないものだ。
このような説明を突き付けられても、決して認める事はないだろう。
所詮、人間は、その限界を飛び越えることなど、出来ないのだから。
    ↓
ttp://www5.ocn.ne.jp/~sl1848sb/newpage89.html
アランカルデック「天国と地獄」

683 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 21:30:00.09 ID:4hnHJFGoi
>>654
本当は死んでなかったってだけじゃね?

684 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 21:38:38.14 ID:siod0LAZ0
そうかもね、そうして焼かれた人も沢山いるかもね…

685 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 21:56:16.04 ID:rtAzvx290
>じゃあ
他者の妄言と自分の暴言を一緒に騙るな
真実とは複数の第三者が同様の観測を複数回客観的に行って同じ結果が得られて初めて真実足りえる。
一個人の妄言を引用していい気になるな。
妄言の御託はいいから被災地に行って赤の他人の遺族に一席ぶっておいで。人でなしのクズ野郎。

686 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 23:27:25.02 ID:NuiR0W8Ei
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

687 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 23:28:04.73 ID:7LQCas3C0
その「暴言」とやらも、すべてスピリチュアリズムのバクりだよ。

688 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 23:34:16.62 ID:IYYhwABG0
    、                     。
 、      、       、                 、
              。      、   、        、      、
              。     、                         、
                  。                   、
              。「            、               、
             。

689 :本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 23:35:00.19 ID:484px+ar0
>>1

690 :本当にあった怖い名無し:2012/06/04(月) 00:04:49.21 ID:D7pWiSm00
>じゃあ
分かるさ、どこやらの受け売りしか出来ない妄言詐欺って事くらい。
書籍でならまだいいさ、目にするのはその手の嗜好者が大半を占めるだろう。
不特定多数が目にする掲示板で真偽不明の根拠で配慮も思いやりも何も無く
知ったかぶりで弱者否定をいい気になって喚き散らすのを暴言と言うんだよ。
分かるだろうに、これくらいの事は…お前はどこに人間性を置き忘れてきたんだ?

691 :本当にあった怖い名無し:2012/06/04(月) 00:06:56.28 ID:D7pWiSm00
お約束だ

死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

692 :本当にあった怖い名無し:2012/06/04(月) 01:21:09.92 ID:ui46td530
>>654
その姉の話はニュースにならなかったのか

693 :本当にあった怖い名無し:2012/06/04(月) 03:45:40.28 ID:+Go/yCUtO
死後の世界って結局は現世だよね

694 :本当にあった怖い名無し:2012/06/04(月) 08:47:52.35 ID:t+3fGhsV0
そう思いつつ、死期が近づくと、にわかに恐怖を感じ始め、不治の病に
かかると、「神様。仏様。お医者さま。命だけは・・・と」、見苦しく
懇願するようになる。死後の世界を認めない科学万能主義者は、その意味で、
存在自体が、極めて迷惑なのだ。周りに八つあたりはするし、本当に困った
ものだ。

695 :本当にあった怖い名無し:2012/06/04(月) 17:05:41.86 ID:+Go/yCUtO
いまどきそんなやついないよ
どこで洗脳されたの?創価?w

696 :本当にあった怖い名無し:2012/06/04(月) 17:58:40.21 ID:yzknv++W0
大槻元教授を見てみろ。あれほど死後の世界を否定していた癖に、
「この歳になると、死後の世界を信じたくなっくる」
とテレビで公言していたではないか。「根性無し」とは、この事だ。
あの世を否定するなら、最後の最後まで、否定しろと言いたいよ。
そういう見苦しい姿を見せるから、科学万能主義者は、世の中の迷惑だと
言うしかないわけで。

697 :本当にあった怖い名無し:2012/06/04(月) 18:39:37.46 ID:86d1PorB0
顔と名が知られた一人二人を例に挙げたところでそれがどうした?
機能からの根性無しの腐れ外道だろ?おまえw
同様に一人論ってやろうかw
スッピーの江原てどうしようもない詐欺師だが確かおまえスッピーかぶれだったよなw
さっすが外道同士似たり寄ったりの腐り具合だなw

698 :本当にあった怖い名無し:2012/06/04(月) 18:49:34.54 ID:P4CNOHa30
江原の方が、あくどい金儲けがうまい事だけは認めよう。

699 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 01:15:55.50 ID:UjO3B+Nn0
死んだの後どーなるこーなる
死は区切りでもなんでもないの
死の後何かが続くか続かないかは別
死は重要な出来事ではない
ただの節目

700 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 10:01:30.39 ID:qrHXRR+z0
死とは、単なる別の生活への通過点に過ぎないが、
科学万能バカには、それが全く理解出来ない。
「霊にとって、肉体を持った生活とは、どんなものでしょうか?」
という問いに対し、死後の世界の住人は、
「その質問は、牢屋に入れられている囚人に、住み心地はどうですか?
と聞くようなものです」
とハッキリ述べている。

701 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 10:44:37.95 ID:DQzR90JT0
死後世界バカも相当なもんだぞ。リアルで同じ事話してたら天然どころじゃないぞ。
そもそも死後の世界を語る上で現実世界と同列で話す稚拙な表現に落胆してしまうよ。
牢屋に入れられてる囚人にはふさわしい表現だけどね。

702 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 12:30:36.48 ID:+MFngEbY0
http://blog.livedoor.jp/isam21/lite/archives/52221623.html

エジソンもテスラも霊界を研究していたようです。進んだ物理学者の多くもそうです。
原子を分解していくと消えたり光ったりして四次元以降の世界、つまり霊界世界があると確信しています。エジソンは晩年、霊界通信機を作っていました。
UFOの移動も四次元以降の世界、霊界を研究せねば理解不能になるようです。

703 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 12:40:08.84 ID:s3UAuCR60
所詮霊界ネタは金儲けの手段に過ぎないからなw
カルトやスピリチュアルなんて心霊ヤクザってくらい派手な詐欺集団だろ
ナニを語ったところでお里が知れてるw
>理解不能になるようです。
何十年も前に死亡しているエジソンやテスラを持ち出して「進んだ物理学者」って頭おかしいの?
既に理解不能だよ

704 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 12:51:56.13 ID:ujAtYpdfO
ようです、そうです、ようですw

705 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 14:28:16.70 ID:4rV8dOriO
離人症は自分の体から意識が離れた感覚になる症状。
意識があっても体がないという状態はこれで説明できるな。
意識がある限り必ず体もどこかにある。死んだわけではない。

706 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 14:50:04.11 ID:r2EnJxOV0
そんなこと考えるの早すぎやしないか?
まずは人間を生きてから
明日の幸せ数えてから

707 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 17:39:13.09 ID:oYqt+5dy0
霊界ネタは、金儲けにいくらでもできるが、それをやる奴は「偽者」だから。
どんな恐ろしい結果を招くかを知ったら、出来なくなるぞ。
テレビでも繰り返し報じられているが、今現在、スピリりチュアリズム商法
は、一兆円市場だってさ。国家予算に迫る勢いだが、それを金儲けにする
奴は、根本から誤解しているだけだ。

708 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 19:25:52.54 ID:Z1QY4YIH0
>>707
因果のことを少しでも考えていたら、絶対にできないことなんだよな。
それで偽者かどうかがすぐ分かる。

709 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 20:13:25.08 ID:TFwXzyyM0
何?妬いてんのw?向こうのが儲け過ぎて同族嫌悪w?
持見てでもやってお零れ頂戴wって腐れ外道同士仲良くやったらいいんじゃねw?
誰かれ構わず因果応報だのの差別害毒垂れ流すデンパ集団って意味じゃお前らゴミクズもなんら変わんねえよw
腐れ外道は巣に帰れやw

710 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 22:32:07.07 ID:qvEzK6fh0
>>1
腐って朽ちていくだけ。
お前の意識はブッツリ切れる。
だから葬式なんて無駄。
仏壇なんてもってのほか。
生きている人は自分のためにお金を使え。

711 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 22:46:19.31 ID:TFwXzyyM0
そうそうwそうやってスッピーにかぶれた自分の為に金を貢げばいいんじゃねw?
エバリンにw

712 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 22:50:28.15 ID:qrHXRR+z0
>>710
そうして死後に目覚めると、体も心も、そっくり残っており、
自分とそっくりの死体を見下ろす状況になって、戸惑うわけだが。

713 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 22:55:40.83 ID:TFwXzyyM0
で、ハッと目を覚ますと夢でしたw
という夢オチなわけですがw

714 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 23:03:42.24 ID:qrHXRR+z0
人は、毎晩、死んでいるのと同じ状態。
魂が体を勝手に抜け出して、霊界旅行に出かけている。
目覚める頃に、体に戻ってくるだけ。ヒモでつながっているから、
戻れない事は決してない。迷子にならずに戻ってくるよ。
そのヒモが切れたら、残された体は、朽ち果てていくだけ。
丁寧に火葬して始末しよう。

715 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 23:07:47.90 ID:TFwXzyyM0
因果応報だのの差別害毒垂れ流した次は見てきたような根拠ゼロな心霊騙りの二本立てw
デンパ集団の腐れ外道には恥も外聞も無いなw
今度はどこのタブロイドで拾った受け売りだw?やっぱりスッピーの布教本かw?
腐れ外道のオリジナルは葬式ネタだけだよなw葬式ガーw葬式ガーw葬式ガーw
馬鹿の一つ覚えw

716 :本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 23:51:29.99 ID:6Zg+U6Hk0
>>702
いまの科学者も信じている人や確信している人はいるよ、でも証明できないから有るとは言えない。
無責任な発言をしたら詐欺師に利用されるからね。
学者の責任として死後の世界や魂が存在するなんて言える訳が無いんだよ。

717 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 00:18:54.50 ID:cR9mcTvi0
>でも証明できないから有るとは言えない。
科学者が全員一様の指向を持っているわけではないからね。
十人十色、これが一般的常識を持った学者の「良識」という態度だと思うよ。
「信じる」との個人的解釈の範囲で、でもそれで「在る」が事実なるのではない。
証明できて初めて事実、出来るまでは可能性の範疇でしかない。それだけのもの。

718 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 00:22:27.75 ID:cR9mcTvi0
科学を云々言っている間抜けな心霊騙りもいるようだけど結局あの世の証明も科学者頼り。
その学者でさえ「在る」程度の認識が精々の世界観を一般人でただの一個人が盲信的布教で事細かに
微に入り細にわる世界観の披露がいかに良識の欠けた詐欺的な行為なのかが理解できるだろう。

719 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 00:32:33.07 ID:cR9mcTvi0
以前別スレで見かけた意見だけど、面白かったので披露しておこうか。
科学の発展にはさまざまなオカルト思想が貢献してきたのは事実。
ただ、数あるオカルト思想の中でも心霊概念だけはただの一つも科学の発展に寄与したものは無い。
反面教師的に発展するのを迫害・阻害する純然たる害悪そのものだっただけのシロモノだ。
だ、そうだよ。私もそう思う。

720 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 03:11:48.37 ID:orSR+G0T0
セルンの加速器の実験で別次元がある事はほぼ証明されただろ
そこがどんな次元かは実際に人が行ってみないと分からないがな

721 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 09:23:45.63 ID:azB5WGtr0
死ねば、次元の違う世界に旅立つさ。肉体がなくなる代わりに、
精神的苦悶は、数十倍、数百倍となって襲い掛かってくる。
そこで苦しむ奴の大半は、「死後の世界を認めなかった奴が大半」なだけで。

722 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 12:33:58.59 ID:zEDB2/5S0
いや苦しむのは誰彼かまわず因果応報だのの差別害毒垂れ流したオマエだけw
現世の因果応報でオマエは死んだらオマエ専用のあの世の地獄で永劫苦しむがいいさw

オレら一般は永遠の眠りに就くだけだがなw



723 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 12:57:44.35 ID:iusM4EbZ0
死んでそれがすべてが終わりになるなら、
そんな楽な事はない。オウム真理教と、全く同じ考えだわな。
だから、平気で殺人事件を起こせるわけだし。
死後の世界があると知っている人間は、絶対に、他人の命を
奪う事はない。

724 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 14:06:11.97 ID:zEDB2/5S0
いや苦しむのは誰彼かまわず因果応報だのの差別害毒垂れ流したオマエだけw
腐れ外道が他者をどうこう言える立場にねえなw
現世の因果応報でオマエは死んだらオマエ専用のあの世の地獄で永劫苦しむがいいさw

オレら一般は永遠の眠りに就くだけだがなw

725 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 14:19:46.68 ID:hFGtJq9ui
死についてあまり考え無かった頃は死んだら無だと思ってた。
死について考えるようになってから在ると思う様になった、というより無が有り得ないと思う様になった。
思うに、死後の世界は今現在の現世と変わらないか別の次元で魂が意識が無く漂ってるかどちらかだと思う。
722が言うように眠り続けるってのも有りだと思う。

726 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 17:24:13.29 ID:bFt9rwGk0
意識とはちょっと違う何かがあるみたいだ。目識鼻識は失うようなのだがなんかへんなものが残っているみたいだ。仏教で出てくる根なのかなあ。


727 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 17:39:38.45 ID:iusM4EbZ0
>>724
あの世には、昼も夜もないから、眠る事は出来ないのだ。
そして、あの世で苦しむ最大の理由は、「人生を棒に振った事」だから。
閻魔の鏡は、閻魔大王が出てくるのではなく、自分が自分を裁くだけ。
人間の力で、その仕組みを変える事は絶対に出来ない。
信じようと信じまいと、それがあの世の仕組みなのだから。

728 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 17:48:02.83 ID:zqp9swW90
脳の設計図みたいなのはDNAで残るよ

729 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 18:48:33.49 ID:UyqDIsnC0
信じる信じないではなく、「あの世は無い」が真実ですw
無いのでもちろん昼も夜も在りませんw
裁く自分も永遠の眠りについているので存在しませんw
もちろん人間にその仕組みは変える事が出来るわけがありませんねw当然ですw
>728
大正解、それが永遠の命の事ですね

730 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 18:56:05.87 ID:UyqDIsnC0
>「人生を棒に振った事」
とは、障害者や被災死亡者や遺族に対しての人間性のカケラも感じられない
選民意識丸出し差別・否定の腐れ外道な放言の事だろw
現世の外道な因果応報でオマエは死んだらオマエ専用のあの世の地獄で永劫苦しむがいいさw

オレら一般は永遠の眠りに就くだけだがなw

731 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 19:17:25.20 ID:8HIZMTRF0
お父さんが言っていました。
一度死ぬともう何も存在しないって。
生まれ変わりはない。天国も、地獄もない
だから今のうちに楽しい人生をおくれと、お父さんから言われました。
辛いなあ。今にも泣きだしそう。

732 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 19:25:21.37 ID:a/1r52o50
死んでも俺の入れ歯だけははなさない火葬されても俺は入れ歯と共にエポックメーキングな世界に行くんだ〜止めてくれるなよ


733 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 21:47:31.30 ID:Dfq7Io6+0
戦争を仕掛ける「死の商人」は、必ず、死後の世界を否定しているからな。
自分の懐さえ儲かれば、それで良いわけだ。まさに、鬼畜外道。
死後の世界の否定は、そいつらと、同じ頭の回路をしている。

734 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 22:01:54.57 ID:HJxAD8Kt0
>「死の商人」
歴史を振り返れば分かるだろw「信仰」を根拠に狂信者共によってどれだけの無関係な命が踏み躙られてきたかw?
狂信者こそ簡単に人の命を奪えるのさw異端、異教、勢力拡大、権力維持のためw
神の名の許に行われた一大殺戮劇には枚挙に暇がないなw
>まさに、鬼畜外道。
そうだなw害毒デンパ垂れ流すオマエそのものだなw

735 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 23:32:33.46 ID:uaZDfMWW0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

736 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 00:04:52.88 ID:Dfq7Io6+0
真理に逆らっても、決して勝てる事を知らない
>734
は、考えたら、哀れな奴だな。大昔、
「ハチのムサシは死んだのさ」
という歌が大流行したが、それと全く同じ。

737 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 00:05:16.21 ID:uK5wXc1Q0
心霊番組「あなたの知らない世界」放送作家・新倉イワオ死去
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1338957182/

738 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 00:14:44.25 ID:0n0igU7/0
>「ハチのムサシは死んだのさ」
うははw笑えるwついに反論に窮しましかあーw?ネタが古すぎだよおっさんw
腐れ外道が繰り出す根拠の出せない妄想単語の「真理」なぞw路傍の石にも劣る存在感ですけどw
垂れ流すデンパのベクトルが変わってきてるんじゃねw?
そういう壊れ方好きだわw

739 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 00:45:03.49 ID:01lLK3Ae0
…因果応報…やれやれ

死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

740 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 01:17:22.97 ID:exKd/tSli
>>21
それが本当なら、無限ループだなwwww

741 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 01:20:51.29 ID:LlVSdE+L0
「あの世」はない。
でも、「あの世」という言葉は在る。

それが「人間」なんだな、なんとも。

742 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 01:27:22.54 ID:qRHPdMRg0
人間が考え得る常識の範囲なんてたかが知れてるな。
それが全てだと誰が言えるのか

743 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 09:15:39.64 ID:nguSMmO+0
人間の脳みそは、あまりにも小さすぎて、霊界の記憶を
留めておく事が出来ないか、あるいは、断片的にしか
認識する事が出来ない。たせから、認識する事が出来ないだけで。
死亡しても、「自分は生きている」と、自分が死亡している人に気が付かない奴も、
大勢いるからな。ハタ迷惑な話なだけで。

744 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 12:25:44.27 ID:GnQ6Ed3tO
霊界の存在は証明されてるよ。
専門の実験施設の必要な原子物理学とか、超新星の観測みたいに
人と場所と条件を揃えないとできないというだけ。

745 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 12:26:06.81 ID:1Ri2P+uP0
あまりにスレチが過ぎるな
真面目な話いい加減ハタ迷惑な思い込みだろう
宗教スレに行ったらどうか?

746 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 12:34:33.88 ID:1Ri2P+uP0
>>744
>>745
キミら二人ね

747 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 12:37:05.47 ID:1Ri2P+uP0
訂正
>>743
>>744
の二人ね

748 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 12:54:32.73 ID:pvpqzflP0
>>745
気にいらないなら、力ずくで、発言を止めてみろよ。
こちらは、淡々と事実を伝えるだけだから。

749 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 12:56:34.82 ID:1Ri2P+uP0
事実なら客観的に確認できる証拠を求められるわけだが何か提示できるのかな?
それでは淡々と提示してくれ

750 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 13:05:44.73 ID:pvpqzflP0
死ねば、いくらでも明確な証拠は得られるよ。
しかし、死ぬまで「証拠」、「証拠」と言う奴は、生きる上で、
「大損」をしている。数億円の金をどぶに捨てるのと、同じ行為
をしている。死後の世界を認めないのは、数億円の金をどぶに
捨てるのと同じで、もったいないと言うだけだ。何も認めなくとも、
「死後の世界が存在する」と認める事だけは、最低限、必要だ。

751 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 15:52:10.32 ID:1Ri2P+uP0
ああ、要するに証拠は提示出来ないという事だね?

752 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 17:07:44.46 ID:1Ri2P+uP0
>死ねば、いくらでも明確な証拠は得られるよ
疑問なんだけど死なないと得られないという証拠を
何故生きているキミが得られてるのかな?
この話矛盾してるよね?

753 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 17:11:19.40 ID:1Ri2P+uP0
>人間の脳みそは、あまりにも小さすぎて、霊界の記憶を
>留めておく事が出来ないか、あるいは、断片的にしか
>認識する事が出来ない
これも疑問なんだけど人間の脳に無理な事がどうして同じ人間のキミの脳では出来るんだろう?
この話も矛盾してるよね?

754 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 17:36:06.92 ID:kiwbAL7q0
>>753
どうせ説明しても、理解出来ないだろ。
「霊が主人」で、「肉体は従者」と、ただそれだけの話だ。
主人の能力が高いのも、何ら不思議な事ではない。
人間の肉体は、戦国時代の鎧に似ている。弾よけには良いが、重苦しいだけ。
脱ぎ捨てれば、さっぱりする。ただそれだけま話。
肉体も、脱ぎ捨てれば、さっぱりする。

755 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 18:10:10.83 ID:B4rkU11d0
http://images.abolkhaseb.net/articles/atfal_iraq/Buhriz03.jpg

756 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 18:39:22.57 ID:urep47Mt0
>人間の脳みそは、あまりにも「小さすぎて」
「小さすぎて」〜物理的容量の限界はどうしようもありませんが?
>主人の能力が高いのも
主人の能力の高さもなんの証明もありませんが?
これらの話も矛盾してるよね?
全般オウム等のカルト教祖の言動となんら変わらない印象しかないんですよね

757 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 18:45:31.25 ID:urep47Mt0
ちなみに
>>752はスルーですか?
こちらの方が興味あるんですが

758 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 20:02:32.79 ID:GnQ6Ed3tO
死者の自動書記ならつじつま合う。

759 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 20:10:27.12 ID:GnQ6Ed3tO
縁もゆかりもない霊媒師に死んだ肉親呼ばせて
他人が知らない思い出とか独特な癖の再現できたら
信じてもいい。

760 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 20:25:23.71 ID:tI8AoPhC0
そんなんじゃ詐欺師(心理学者とか)にひっかかっちゃうよ

761 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 23:21:51.20 ID:GnQ6Ed3tO
それじゃ心理学者がみんな詐欺師みたいだろ。失礼な!
心理学者はみんな催眠術とか使えんのか?

762 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 23:36:07.60 ID:gz5+VRWZO
自殺なら 地下数千メートル下の 孤独の海に落とされ 殺人なら 荒野や荒廃した異世界で 顔の黒く見えない魔人に 襲われ延々と殺されるのを 繰り返す
因みに 重力は 地上と同じ 1G

763 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 23:56:06.69 ID:qICNEHd00
木内鶴彦さんの話が本当だよ

764 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 23:57:19.38 ID:qICNEHd00
>>672にあるね

765 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 00:45:02.69 ID:1mkn1Upa0
>>749
その質問に答えよう



証拠などない!全く無い!

766 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 01:24:36.15 ID:FtPFof2S0
孔子だっけ
生きてるうちに何が起こるかもわからんのに
死後の世界で何が起こるかなんて知ったこっちゃないよ
って言ったの

767 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 08:43:21.87 ID:BQuLw5pm0
「人間はまだ、霊的な事象を証明できるまで進歩していません」
と、それがスピリチュアリズムの答え。
「たとえ目の前で証明して見せても、認めない人は、絶対に認めないでしょう」
と、メッセージは、人類に、とっくに届けられている。

768 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 12:39:18.01 ID:LnKRngwg0
他所事はいいですから
これに答えてくれませんかね?
>死ねば、いくらでも明確な証拠は得られるよ
疑問なんだけど死なないと得られないという証拠を
何故生きているキミが得られてるのかな?
この話矛盾してるよね?


769 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 12:41:51.04 ID:LnKRngwg0
>人間の脳みそは、あまりにも「小さすぎて」
「小さすぎて」〜物理的容量の限界はどうしようもありませんが?
>主人の能力が高いのも
主人の能力の高さもなんの証明もありませんが?
これらの話も矛盾してるよね?
全般オウム等のカルト教祖の言動となんら変わらない印象しかないんですよね

770 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 15:23:04.27 ID:o1gJmK7/0
それは750がすでに死んでるからに決まってんだろ。
考えれば分かるだろ、お前バカか?

771 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 17:31:36.32 ID:n+aKPGWE0
あの世の様子は、生きている人間にはわからないから、
あの世の人間から、じかに教えてもらう以外にない。
ところが、普通の人間は、あの世の人間と、直接対話する事は不可能。
だから、仲立ちとして、両方の世界の人間の言う事を、見るか、もしくは、聞き取れる
人間が必要となる。それが、霊能者とか、霊媒者と呼ばれる人間。
全世界に伝わる色々な記録から、人間サイドで厳しく検証され、
「間違いないであろう」というものだけ、伝えられている。
そればスピリチュアリズムだから。死後の世界の立証は、そうしてなされている。

772 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 18:27:31.28 ID:jpnQGNIC0
>人間の脳みそは、あまりにも「小さすぎて」
「小さすぎて」〜物理的容量の限界はどうしようもありませんが?
聞く云々、霊媒師云々と主人の能力云々とはなんの繋がりもありませんね
この矛盾に対しての説明がありませんが?

773 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 18:33:27.99 ID:jpnQGNIC0
>「間違いないであろう」
であろう、は単なる推量であって確たる事実=真実とは雲泥の差というか比べられるものではないですね?
つまり語っている事が真実ではない、個人の想像=希望的妄想に過ぎないと認めたわけですね?
死ねば分かる→あの世に聞かないとと分からない→聞けるのは能力者だけ
ご自分が霊能者であると言いたい?

774 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 18:34:23.17 ID:l8l41gam0
量子論は死後世界を証明してない パラレルワールドがあるかもという話。
ヒモ理論の方が画期的。異次元が死後世界の可能性がある。
死後世界の存在が人間に明白にはならないのは、ネタバレ防止と考えている。

775 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 21:25:41.10 ID:yp63sXru0
>>773
「人間は、すべて霊能者」と、これが大前提となる。
それが、目に見える形で、現れるか現れないかだけの違いだよ。

776 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 21:31:22.00 ID:TLEUBdjg0
いや、もうそういう脳内お花畑満開話はいいから。
大前提が総崩れしてるだろ?
どうやら負けをゲロしてるみたいだし。ずっと傍から見ていたが馬鹿の妄言丸出しだ。
なんとも薄っぺらいな?スピなんとかは。

777 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 22:31:11.91 ID:yp63sXru0
じゃあ、認めなきゃ良いじゃん。
「死んだらどうなるの?」
とスレタイにあるから、真理に飢えている人の参考までに、
述べているだけだから。

778 :本当にあった怖い名無し:2012/06/08(金) 22:41:13.70 ID:aTCjrLHe0
真理(笑)

779 :本当にあった怖い名無し:2012/06/09(土) 10:47:10.42 ID:XnU7a7iq0
いわゆる宗教的文脈で語られてきた死後の世界、は確実に無い
統失的妄想の刻印が有り有りと見える代物で、あれは心理学の領域。

だが、>>774的な線の意味では、「異世界」はある筈。
それが俺らの意識と関係あるかどうかは別として


780 :本当にあった怖い名無し:2012/06/09(土) 18:21:13.60 ID:bZVpidsN0
死んだ時の「お楽しみ」だな。

781 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 03:00:53.91 ID:l3Zzdgp40
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

782 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 07:16:23.36 ID:5fBzB5+s0
死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

783 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 09:34:19.40 ID:HsVzMazv0
死んだ時の「お楽しみ」程度ですめば良いが、
死後の世界を認めない奴は、「肉体と魂の分離が、スムーズに行われない」
ために、地獄の苦しみに喘ぎながら死んでいくパターンが多いから。
それは、「死後の世界を認めない事」に対する「天罰」の一つでもある。

784 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/06/10(日) 10:30:27.26 ID:0vhxMIbu0
もうなんだろう

“信じないとこうだぞ”みたいな脅迫っぽい事言われるとがっかりする

それは そうでもしないと信じてもらえないくらい魅力に欠けてるって事だろ



785 :呑呑 ◆d005eGRaX2 :2012/06/10(日) 10:33:11.50 ID:0vhxMIbu0
というか 「脅し」には 相手が『仏様』だろうと『幼稚園児』だろうと屈しない

786 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 11:48:27.82 ID:HsVzMazv0
スピリチュアリズムの教えは、「時期の来た人」でないと、
決して受け入れる事は出来ないのは、間違いない事実。
そしてまた、スピリチュアリズムの真実を、誰一人、
覆す事の出来ないのも事実。それは、火山や地震を、
人間が誰一人として食い止められないのと同じ。実際は、それ以上に厳しい。
否定するなら、はるかに優しいから、地震や火山を止めてみな。

受け入れられない人間に対しては、
「自分の理性を、最大限、信じて、生きなさい」
と、そこまでアドバイスがされているからな。

787 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 11:53:19.76 ID:q/jLOjnm0
スッピーは既に論破されたズダボロのボロゾウキン

良い子だから「ボクが創ったあの世のしくみ」を布教したければ検証できる証拠を提示しましょうね

788 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 12:09:53.76 ID:q/jLOjnm0
曰く葬式ガー
曰く地震や火山ガー
持論に対する反論の例え方がバカ過ぎてまともに取り合っていたらこっちが心霊漫才のレベルに落ちそうだ

由緒正しいスピーを語りたければまずは江原を論破してこい、話はそれからだエセ布狂者

789 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 12:37:52.49 ID:+fJPvdKE0
江原なんて、とっく昔に論破されているだろうがw
第三者の指摘から、当人が巧みに逃げ回っているだけだ。
指名手配犯並の、「逃げ」のうまさを誇る奴だろうが。

ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/sp_newsletter/spnl_backnumber/spnl-31/spnl-31-2.htm
江原啓之氏の、おかしなおかしな“昌清霊言”

ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/sp_newsletter/spnl_backnumber/spnl-40/spnl-40-2.htm
スピリチュアリズムから見た“オーラの泉”
ニセ霊能者によるペテンの現場の実況放送

ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/sp_newsletter/spnl_backnumber/spnl-41/spnl-41-2.htm
スピリチュアリズムから見た“天国からの手紙”
スピリチュアリズムを悪用したニセのグリーフケア(死別の悲しみの癒し)



790 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 18:27:16.37 ID:q/jLOjnm0
由緒も糞もない、なんとも醜いスッピーの内輪揉めだな、同族嫌悪の極みじゃないか
ところで誰がドヤ顔で他力のコピペを持ってこいって言ったんだ?
直に江原を論破して来いって意味なんだが、当然出来るんだろ?

>問答無用。正しい事は、貫き通せ。

それともコレ「も」嘘なのか?

791 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 20:50:32.26 ID:l3Zzdgp40
>>783
それは無いな、信じていてもいなくても関係ない。
信じてた者は「これが死後の世界か!」と思うだろうし、信じて無い者は「あれ、、どうなってるの?俺死んで無いじゃん、でもなんかおかしい…」てなるだけ。
行く所は同じ。

792 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 21:13:45.03 ID:WYo3OCSE0
数年先、数十年先に、死後の世界に行く事は、確かにみな同じ。
しかし、唯物主義者は、「死亡直後の世界が、あまりにも、人間界と
似ているために、自分が死亡した事に気が付かない」から。
一番もったいないのは、「死後の世界がある事」を、癌として認めない人達。
霊界では、これが一番の「落ちこぼれ」となる。酷い場合は、地上の
人間に取り憑いて、結果的に、地上の人間に、害をもたらす事となる。
だからこそ、「何も信じなくて構わない。ただし、死後の世界がある事だけは、
認めるべし」と言い続けなければならないのだ。それだけでも、月とスッポン
くらい差が出てくるのだから。

793 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 23:22:23.63 ID:q/jLOjnm0
如何わしいペテン師ほど口数が多いと言うが良い見本だな
なるほど騙れば騙るほどに嘘臭さが増し真実味が薄れていくようだ

>「死後の世界がある事」を、癌として認めない人達

確かに「癌」だな、思想的な

794 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 23:22:55.36 ID:q/jLOjnm0
如何わしいペテン師ほど口数が多いと言うが良い見本だ
なるほど騙れば騙るほどに嘘臭さが増し真実味が薄れていくようで面白い

>「死後の世界がある事」を、癌として認めない人達

確かに「癌」だな、思想的な

795 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 23:31:44.84 ID:l3Zzdgp40
>>793
たしかに君の言う通り死後の世界を信じ無い人は「癌」なのかしれない。
大事な事だから二度書き込んだのも頷ける。

796 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 23:34:35.79 ID:CirDTuFHO
別に癌じゃなくて、そういう人出るのも、霊が学習するのに必要だし、助け側も、霊のレベルを上げる為の仕事になるから、プラスもマイナスもないのでは。

相手を否定するようなことは、否定されることにつながる。

ただ、信じない人はめんどくさいことになるから、一応頭の片隅に入れといてね
と言えばよろしい。

797 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 23:46:01.49 ID:q/jLOjnm0
日本語は区切りが難しいからな
まあ、反応見れば皮肉はちゃんと伝わっているようで一安心だ
確かにクドイ話は反発しか生まないな
ただ無いモノの心配は別にいらないし、根拠一つだせない妄想話が余計なお節介なのは事実だな
次があると思うから今を甘える、一度限りの今を一生懸命生きればいい、それが「真理」

798 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 23:53:57.66 ID:CirDTuFHO
逆を取ると、もう後先が無いから、最後一花咲かせるために、むちゃくちゃやったれ みたいな秋葉通り魔とかが出るからね。

まあ、とにかく一番ダメなのは、自分が偉いと勘違いしたり、霊に対して上だとか下だとか言って、人を見下して表向きの教義やルールとは真逆なことするのが本当にダメだ。

それをやったのが、オウムだとか、やってんのがユダヤ人。

799 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 00:07:00.17 ID:q/jLOjnm0
>逆を取ると
それが極論と言い、逆にその思想が盲信者側の根っこにあるという事だ
怖い思想だな?言っていてオカシイと思わないのかそれが不思議だよ
全ての無神論者と全ての信仰者、その殺人の割合を出してから騙る極論だな、それは
無責任な放言だが、それを証明が出来るのか?

800 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 00:11:31.85 ID:cT53pyS60
実際、宗教概念は百害あって「一利」無しだ
無くても倫理・道徳で規範ルールの代用はお釣りがくる程度のモノ
逆に聖戦だの異教狩りだの異端だの自爆テロだの入滅だの、「概念を口実」にどれだけの不必要な命が奪われた?
生者のご都合で創られた虚飾塗れの心霊概念が無ければ確実に生きていた人たちだ
少なくとも死んでからでいいんだよ、在るなら在るでその世界の概念を知るのは

801 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 00:20:29.13 ID:mhNXntas0
>>798
「真理」、「真実」を否定すれば、悪く言われても仕方ないだろう。
それは、1+1=2
を否定するにも等しい事なのだから。
!+1=5
と言えば、みんなにバカにされる。それと同じ。
「死後の世界の否定」とは、それと全く同じ事をしているのだよ。

誰がどんな発言をしたかは、全く関係はない。「実際、どうなっているの?」
と、事実はどうなっているのか、という方が、ずっと大切なのだから。
「今の人間の持つ科学では、霊的事実を証明できる段階になっていない」
のも事実。「だから、死後の世界を認めない」というのは、理由にならない。
万一、存在していたら、どう責任を取るのか?という事になる。
「どうやら、死後の世界は、あるらしい」と、たった一歩も踏み出す事が出来ないのは、
最大の落後者だよ。その弊害が、あまりにも酷過ぎるから、最初の一歩だけは、
進むべきというだけだし。一歩進みだせば、あとは、その人のペースで進めば良い。

802 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 00:23:55.43 ID:nqFVnu9S0
さっきテレビでやってた映画インセプションに答えがあったじゃないか。
マトリックスもそう

803 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 00:40:13.86 ID:dQs+4B10O
>>801

自分が敢えて、ロジックを崩して伝えたかったのは、絶対とか真理なんかないし、
寧ろ 本人にとっても思い込むことが、危険だと皮肉を交えて伝えたかったからです。

それこそ信仰なんじゃないかと。

信仰を馬鹿にする積りはないけども、複数の相反する観点を同時に持つことは可能だし、柔軟性を持たないと、色んな世界が見えてこないですよ、ということです。

804 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 00:56:40.45 ID:dQs+4B10O
>>800
宗教は、治世者が犯罪や不正を防止する為の方便として利用されていた迄はよかったが、宗教そのものを権力ツールや金儲けの手段として用いてきた輩がいたので
代を重ねるごとに腐敗した。

なお、世界宗教の創始者は文献的には、皆人格的に優れていたと思われるが。

宗教には一定の価値はある。特に仏教は、現代の思想や東洋の道徳観にかなり影響を及ぼしている。

害があった宗教は、ユダヤ教と儒教。

805 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 01:03:40.14 ID:cT53pyS60
>本人にとっても思い込むことが、危険だと皮肉を交えて伝えたかったからです。
誰も見た事の無い世界の法則を事細かに「事実」だと騙れる事が病的な「思い込み」だろうな
曰く学習曰く修行曰くレベル云々、コレらどこかで自身が確かめた事か?否、ただの書籍知識の受け売りだ
自分の言葉が無い、何が正しいか自分で判断する努力を完全放棄している操り人形に過ぎない

806 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 01:37:44.21 ID:dQs+4B10O
そういう意見を持ってる人がいるということで、よくないですか?
もの凄い天才があつまっても、あの世は在るとも無いとも証明してないですし、無いとも言えないから先祖を大事にしたり、供養したりして、悼むのです。

100%無いと信じられないから、祟りを怖れたり、あの世を探求する為に色々、試行錯誤したり、議論するのです。

そして、肯定してる人は、じゃあ あったらどういう仕組みなのか?と考えて知識を得たいと思ってるだけです。

807 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 01:40:56.87 ID:dQs+4B10O
それでも、何十年か生きてれば、説明しえない偶然以下の出来事って起こるものですけど、不快に感じられたら大変申し訳ないですが、
余程そういう事と縁がないのですね。
それはそれで、現実に目が向いて良いことだと思います。

808 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 09:37:16.22 ID:7h+nWrac0
祟りがあると信じれば、誰も殺人など犯さない。
あの世の存在や、祟りなど、頭から信用していないから、
オウムみたいな無差別殺人を犯す事となるわけだ。
つまり、科学万能主義者は、オウムと同じ考えを持つことになる。
殺人犯の頭脳と同じだね。凶悪犯罪者と、大差ないよ。

809 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 12:21:12.21 ID:8xoiYODj0
>>808
>>799
証明よろ
出来なきゃただの妄言バカ

810 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 14:38:11.63 ID:J2D3HwX30
>>808
それは違う、お前は間違ってる。

811 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 14:54:27.69 ID:phIyIRw10
問い:生まれる前は何だったの?

答え:無だった。

問い:無から有は生じない筈だけど?

答え:いや無から有は生じる。

問い:死ぬことは無に戻ることならば、また有となって生まれて来る筈じゃない?

答え:(答えが探せない)

812 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 15:04:23.37 ID:phIyIRw10
結局現代科学が「地上には1回のみ生を受ける」と言うキリスト教の思想の上に発達
したために、死んだらどうなるのか言う科学が全く発達していないんだ。聖書には再
びこの地上に生まれてくると書かれてあったのだが、ローマ皇帝が削除してしまった
そうだ。都合が悪かったんだね。地上に再び生まれるとなるとローマ帝国を滅亡させ
ようと言う革命が起きかねなかったためだろう。

良い行いをしていれば死後天国へ行き、悪い行いをしていると死後地獄へ行くと言う
考え方を持たせていれば人民は大人しくしているから。



813 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 15:23:17.58 ID:yV8k9O+p0
なかなか賢い人だね。議論が形になってるよね。
掲示板だからといって、相手のレスをちゃんと読まずに、
検証もしようとせずにせずに、自分の感情のままに好き勝手書いてる人より、かなり説得力あるよ。

話し合いや議論をするときには、思考停止せずに客観的に、特に自分にとっても不利な意見を相手方の立場になって、良く聞いて、相手方を否定せずにオプ=エドで、話を詰めていく 姿勢が欲しいよね。

814 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 15:49:10.66 ID:xF+fc3Nd0
>>811
問い:生まれる前は何だったの?
答え:霊として、すでに存在していた(今回、初めて地上に生を受ける場合は別)

問い:なんで生まれてくるのさ?
答え:生まれてから、決められた仕事を果たすため

問い:生まれる前から霊として存在するなら、なんでその記憶がないの?
答え:「記憶とは、最大の拷問であり、今の地球人類に、それに耐えられる人間は皆無」だから。
   従って、前世があっても、わざと忘れて生まれてくる。それを知らない奴が、死後の世界や、
   前世を否定するという、最大限、愚かな行為を繰り返している。

問い:なんで死後の世界を証明できないの?
答え:証明したとしても、知能指数が低いのと同じで、霊的な知能指数が低すぎて、理解出来ない
    人ばかりだから。皆が認めるように格段の進歩を遂げるとしたら、ポルターガイストのように、
    家の中のものを、見えない霊体で、かき回して叩きつけるとか、「地球の反対側から、石ころ
    を持って来る」事すら可能である。しかし、死後の世界を認める事になると、気が狂いそうで耐えられ
    ない連中が、狂犬のように否定し続けるだけ。否定論者は、単なる感情論者。「証明しろ」
    は、「証明されたら、自分の立場がなくなり、気が狂いそうになるから困る」だけの話。

815 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 16:43:31.78 ID:dQs+4B10O
自分は、どちらかといえば肯定派だけども、死後の世界を、完全に肯定する人にも以下の問題点を提起したい。

@ 脳科学の研究で、ある意思を働かせ、行動を選ぶ時に、脳の血液の流れをスキャンしたところ、

血液の流れの変化→意識による選択

という順次で起きたのであり、これは意識(魂)が脳を動かすという推論に矛盾を投げ掛けている

A 何も無いところから有が生じるという現象は、実はある。


816 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 16:52:35.59 ID:dQs+4B10O
続き

つまり、ある構成要素が大量に集まって、相互に依存するシステム(複雑系という)に限って、

個々の要素が持たない性質や機能からは、全く予想のできない新しい性質が生じる。これを創発という。

意識の存在が、脳の神経細胞という構成要素の集積による創発の結果の産物でない、とは断言できない。


これには、どう答えますか?自分は自分なりに答えを持ってますけど。
なかなか難しいですね。

817 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 18:33:49.85 ID:nqFVnu9S0
生まれる前は無だったって何で言えるの?

818 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 18:42:28.19 ID:mgTvTuHM0
>聖書
個人の信仰上での拠るモノだろうけど聖書自体の信憑性が客観的に証明されてない以上
それを踏まえた論議は信者以外には通用しない
>問い:無から有は生じない筈だけど?
設問自体に疑問があるな、どうして「筈」なんだろうな?根拠を示してほしいところだ
無から有が生まれないなら最初の存在はどこから来たのだろうな?

819 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 18:44:34.16 ID:mgTvTuHM0
>答え:(答えが探せない)
強引な流れだと思うが
前問いの無から有への連鎖も同一意識が前提での問いに見えるが前提にした根拠は?
輪廻転生に結び付けたい思惑があるようだが
特に同一意識である必然性も無く自然発生する有という見方と特に上下はないだろう
新しい有が生じるだけ、これが答でも何の不足も無いだろう

820 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 20:17:00.20 ID:zUWX6bPw0
死後の世界を信じたいのは死ぬのが怖いから
こんな恐怖を感じるくらいなら生まれてこなければ良かったと思う反面、
たくさんの楽しい経験が出来て生まれてきて良かったと思うジレンマ

なんで命って消えるんだろ?

821 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 21:02:10.60 ID:mhNXntas0
>>820
肉体が力尽きてなくなっても、魂がなくなる事はないから、安心しな。
「人間の体は、機械の一種です。実によく出来た機械であり、地上の
いかなる人物も、これと全く同じものを作る事は出来ません」
と、死後の世界に旅立っている霊から、そういうメッセージを受けている
のだから。
「機械である以上、やがて、擦り切れて動かなくなる時がやってまいります」
と、単にそれだけだから。死ぬ事を、頭で考えて怖がっていても、奥底の
魂は、例外なく、「死を待ち望んでいる」わけだ。肉体があるがゆえに、
たくさんの制約を課され、才能ある者も、能力を発揮する機会が与えられないし、
日々の面倒な事に振り回される。死ねば、それらの苦労から、解放されるわけだし。

822 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 21:15:52.46 ID:rTdhU3iv0
何故宗教が長きにわたり(とりあえず上辺だけでも)信じられているのか?
それは単純に永遠・不死性が生物として自我として最上位の欲望だからだよ
つまりは生き物が持つ自己保存の本能の表れにすぎない

言葉の保障なんて虚しい事を繰り返しても本能は知ってるんだよな、無い事を
だから死ぬまでは夢を見ていたい、その程度の気休めだな

823 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:29:06.77 ID:+6TZ8Gcg0
>>820
死後の世界を信じたい人は自分の死に関してはそれ程恐怖は感じてないと思う。
むしろ家族や恋人や親友の死から信じたいと思うようになった人が多いと思う。

824 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:32:15.99 ID:BtYx3y3D0
大阪ミナミの通り魔の犯人と、2人の犠牲者は前世で繋がりがあったんだろうか・・・。
不憫でならない・・・・・。

825 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:39:15.43 ID:mhNXntas0
理解するのが非常に難しい事を一つだけ言うと、
「前世で、大変な悪行を働いた人間が、新たな人生では、
最期に、誰かに殺される事によって、前世の罪の償いが終了する」
というパターンがある。罪行を、「カルマ」と呼ぶ。
それも全部、ひっくるめて考えないと、なかなか理解出来ないから。

826 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:41:00.62 ID:rTdhU3iv0
ポンコツな肉体の牢から抜け出せて全ての苦労から解放される待ち望んだ最高の世界に行ったんだろ?
何を不憫に思うんだ?

827 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:42:12.10 ID:x7UV/RhmQ
何万回も生まれ変わってるはずなのに、世の中が良くならないのは何故?

828 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:44:07.93 ID:BtYx3y3D0
>>825
その大変な悪行とは、嘘をつくとか万引きしたどころではないよね?人を殺した
かもしれないって事?前世の罪の償いを終了させるのは神なの?

829 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:44:23.96 ID:Ic2Prs+Qi
何もない。
死んで終了。
だから、一生懸命に生きろ。
せっかく生まれたのに、もったいない。

830 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:51:56.53 ID:h6IgxYSx0
遠くに光が見えるんだ。光は暖かく、とても心地よい。なんとも言えない甘いいいにおいがする。ああ、心地よい。とても気分がいい。光の方へどんどん進んで行く。すると微かに声がする。聞き慣れない声。どこから聞こえてくるのか...。

831 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:52:38.71 ID:h6IgxYSx0
ふわっとひんやりした風が顔にあたった。声が少し大きくなって来た。段々声に近づいているようだ。光は強くなってきて、眩しくて目が開けられない。ああ、なんだか
引き込まれて行く。いや、押されているのか?

832 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:52:54.49 ID:mhNXntas0
>>828
前世の殺人犯で罪の償いの終わっていない奴が、新たな人生
においては、「殺される」結末になる事が、多々ある。実際の例として、
「前世で、罪のない人間を、魔女狩りを多数行って死に追いやった」
強欲支配者が、新たな人生では、身体障害者として生まれ、そして、
最期に、誰かに焼き殺されることになった。体が不自由で逃げる事も出来ず、
苦しみ抜いて、死亡する事で、罪の償いが終了・・・と、そういう事がある。
それも、「認めたくない」人は、「絶対に、受け入れる事は出来ない」のだけどな。
でも、事実だから、仕方がない。幸せを求めるなら、自分の出来る範囲で良いから、
色々な人に親切を施していけば良い。

833 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:54:06.82 ID:NC+0i76e0
単に分解されて終わりでしょ


834 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:56:46.19 ID:BtYx3y3D0
>>832
因果応報ですね。御丁寧にありがとうございます。

835 :本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:59:11.94 ID:h6IgxYSx0
声がますます近づいてきた。聞き慣れない声だが、どうも何人かいるようだ。心臓の鼓動が聞こえる。俺の鼓動か?太鼓の乱れ打ちのように聞こえる。やがてその声がはっきりと聞こえてきた。「頭が見えてきましたよ〜。」光はさらに強くなって、段々意識が遠のいていった。

836 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 00:00:40.66 ID:vVr3RmBsi
>>832
アホか。


837 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 00:25:19.16 ID:gb8pNtrA0
死とは寝入るようなものだ
いつの間にか意識が消えている
二度と意識は戻らないけどね
小難しい屁理屈こねくり回しても結果は単純
万人に訪れる永遠の安息

838 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 00:48:26.66 ID:AgacqAmB0
>>832
こいつは前世で大罪を起こしたに違いない…
でなければこれ程までにキチガイには生まれない、正に因果応報だ。

839 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 03:14:00.14 ID:p5L/ytEvO
前世の罪を現世で受ける・因果応報 → 真光的思考乙


真光的思想の方はココでも布教ですか?

840 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 03:53:15.12 ID:z0QsZHFI0
>>832
あんた本性は悪魔だねえ。存在理由が我々とはまったく違うわ
せめていい悪魔を目指しなよ

841 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 09:08:25.43 ID:FxDS3q1m0
所詮、バクりに過ぎないけどな。

ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/about_sp/sp-thought1/sp-thought1-7/sp-thought1-7-05.htm
>聖職者として、罪なき女性を魔女に仕立て上げて火刑に処したような人間は、再生人生の最後に
>同じような体験をさせられることがあります。
>不自由な身体のために火事から逃れることができずに焼死したり、全身大やけどを負って命を
>落とすといった試練を受けるのです。それが前世のカルマ清算の最後の仕上げとなり、
>償いが完了することになります。

842 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 10:14:38.37 ID:P0kGE/gF0
殺人者のカルマのパラドックス

前世で殺人を犯した人間Aがいる

来世でカルマ解消の為にAはBに殺される。Bは殺人のカルマを負う

来世でBはCに殺される。Cはry

CはD…

つまり、人類全体で見れば殺人のカルマは循環するだけで浄化されることは決してない

843 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 10:43:16.66 ID:1f5aR2OsO
1人で何人も殺すが、殺されるのは1回だから総数は減ってくだろ!

844 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 10:55:55.28 ID:FxDS3q1m0
人に一生懸命尽くすことで、不幸な死に方を、
避けられる可能性が出で来る事も述べられている。
その場合、穏やかに死に方を迎える事が出来る事もある。

845 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 12:04:24.99 ID:RWFK1eYR0
よう、悪魔教

846 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 13:07:25.95 ID:MmNlG4Ok0
>>845
その言葉は、
>841
のサイト作成者に言ってやれよw
物凄い影響力のあるサイトらしいからな。

847 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 16:46:29.02 ID:QUCRC0b5I
死後の世界なんてないよ

848 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 17:45:57.12 ID:FErLM8kF0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

849 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 18:00:06.85 ID:RWFK1eYR0
死後生なんて無いな、確実に、完璧に
悪魔バカのコピペ読めば読むほど確信するわ

850 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 18:46:23.60 ID:jgae0RZR0
>>849
本当にそう思うのなら、
>841
のサイト運営者に、抗議してこいよw
こんな匿名2ちゃんねるよりも、はるかに影響力があるぞ。
検索エンジンでも、「スピリチュアリズム」でググると、トップ表示されているしな。
相手が間違えているなら、抗議の一つくらい、出来るだろ。

851 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 19:08:29.46 ID:FOfEWpmr0
死んだら光になって消える…としたら、地球はどうなるだろう?
昔、質量がエネルギーに変わるという話を聞いたことがあるが…

852 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 20:07:39.27 ID:2UK9OII+0
>はるかに影響力があるぞ。
お前みたいな受け売り畜生にだろw?
>抗議の一つくらい、出来るだろ。
口先だけのゲロカスが良く言うわw
まずは大阪ミナミの通り魔被害遺族に前世で殺人犯した因果応報だから自業自得だとお前が言って来いw
正しい事を貫き通せとかチキンのゲロカスが出来もしねえ事口にすんなw

853 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 20:26:33.67 ID:FErLM8kF0
ここは何一つ答えを見いださないスレだと思っていた。
しかし一つだけ解った事がある…
それは852が真性のキチガイだという事。

854 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 20:32:51.37 ID:Cg+xH2cg0
>>851
地球がなくなっても、人は死なないから安心しな。
「霊が主役」で、「肉体はその従者」と、その構図に変わりはないから。
まかり間違って「自殺」とかすると、こんな悲惨な目に合うわけだが。

ttp://jstnamiwn.nobody.jp/
自殺の甘い罠

855 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 20:36:27.65 ID:2UK9OII+0
>まずは大阪ミナミの通り魔被害遺族に前世で殺人犯した因果応報だから自業自得だとお前が言って来いw
コレの事なら>>850の発言だよんw
オレの事言ってるならお前も真正のド畜生のゲロカス仲間だなw

856 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 20:42:47.31 ID:2UK9OII+0
>>855>>853宛ねw
>>854はID変えて逃げるのかw
>正しい事を貫き通せとかチキンのゲロカスが出来もしねえ事口にすんなw
都合が悪かったかw?

857 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 20:49:23.56 ID:Cg+xH2cg0
殺されなくとも、「生まれる前から、大体の寿命は決まっている」
からな。事故死したり、突然の心臓まひで死亡したりと、
いかなることをやっても、死を避ける事は出来ない。
それを知るのは、「あの世に帰りつき、落ち着いてから」だから。
唯物主義者は、すべて「落ちこぼれ」る運命にある。しばらくは、
放心状態で己の無知を恥じる事となる。他人に奉仕する事で、
死ぬ時のショックや苦痛が、和らぐ事があるというだけ。

858 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 20:55:37.03 ID:1KJXEdCi0
人生がRPGで、俺らがキャラクターだとしたら、
自殺はバグを起こした状態なんだろうな。
んでキャラクターはロストする。

859 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 20:56:31.16 ID:2UK9OII+0
>死を避ける事は出来ない。
話をすり替えてんじゃねえよw
大阪ミナミの通り魔被害者絡みのレス>>825>>832
被災死亡、障害者への因果応報、自業自得決めつけはお前のオハコだろw

860 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 21:08:46.90 ID:2UK9OII+0
ついでにコレも貼っといてやんよw>>651>>660
自分の発言を無かった事には出来ないなw
サイトの受け売りです、とかの言い訳は通用しないぜw?
再告知する行為自体、その考えに賛意を表明したのと同じ意味を持つからなw

861 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 21:28:59.33 ID:h4vORk7y0
おまえらいい加減この世界はビデオのように見せられてる世界だと気付け。
宇宙は余白部分でビジョンの端っこみたいなものだから創る必要が無かったが、
地球をドーム壁で囲うわけにはいかないので宇宙を用意した。
だからあんな果てしないと思わせるよう、理解不能になっているんだ


862 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 21:52:30.35 ID:Cg+xH2cg0
>>859-860
悔しかったら、発言を食い止めてみろよw

863 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 21:59:00.00 ID:8OJJkt4o0
こうして自らキチガイと認めたわけで…

864 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 22:07:15.71 ID:Cg+xH2cg0
霊的成長が皆無の場合、死ぬ時に、とても苦しむ事になるから、楽しみに待つようになw
10代、20代だと、ビンと来ないだろうが、中高年(特に老人)は、
「死ぬ時に、苦しんで死にたくないものだ」と、みんな言っているよ。
ガキには、確かにわからんだろうけどな。

周りの老人の話を聞いて見れば良い。みんな「安楽死」を願っている。
しかし、努力次第で、少しでも楽に死ぬ確率を上げられるという事を、
誰にも教えてもらえないのが、唯物主義者だから。
ガンの痛み、苦しみに喘いで死んでいくパターンが多い。
これもまた、霊的事実を受け入れない「天罰」の一種。天罰として、
地獄の苦しみに喘ぎながら死ぬパターンが与えられるだけだし。

865 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 22:13:13.79 ID:8OJJkt4o0
あの世なんて存在しないからどれだけ脅迫されても柳に風
浮いた血管がお気の毒に思う

866 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 22:58:19.91 ID:Q/5V5IJJ0
死後の世界はないし死ぬということもない

867 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 23:05:09.62 ID:Cg+xH2cg0
>>865
それは気の毒に。じゃあ、他人の葬式にも法事にも、
一切、出ないようにな。とても迷惑だから。

868 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 23:10:09.93 ID:8OJJkt4o0
非常識なキチガイの戯言も柳に風なの
相手を思いやる常識あるお付き合いができる人間だもの
上がった血圧がお気の毒だな…

869 :本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 23:12:48.14 ID:AgacqAmB0
>>856
そうか、なら850が真性のキチガイということで。
君にはすまない事をした…m(_ _)m

870 :本当にあった怖い名無し:2012/06/13(水) 01:35:46.02 ID:pHFarax/0
因果応報はあると思うなあ
良いことしたら良いことがあるし
悪いことしたら悪いことが起きる
巡り巡って戻って来ると思うなあ

871 :本当にあった怖い名無し:2012/06/13(水) 18:52:32.99 ID:b3C3POn40
>>864  あの宅間守は今苦しんでるの? あれは次回生まれ変わる何てことできるの?

872 :本当にあった怖い名無し:2012/06/13(水) 19:04:49.82 ID:CVn85dAy0
地上の行いはあの世とは関係無いと思うな
キリストや釈迦でも ヒトラーやビンラディンも
あの世では普通の霊魂エネルギー
赤ん坊の頃から悪魔的な人や天使的な人は皆無だもの

873 :本当にあった怖い名無し:2012/06/13(水) 19:09:36.38 ID:fdHR/i0RI
そろそろ死にたい

874 :本当にあった怖い名無し:2012/06/13(水) 19:11:52.80 ID:fdHR/i0RI
生きるの恐いだけじゃん
人がキライなだけじゃん
臆病者

875 :本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 10:14:08.17 ID:Mil9wmoMO
>>872
生まれると記憶がなくなるし、意識も脳の機能に引きずられる。
赤ん坊は可愛らしくできてるのが自然の摂理で、人間も例外じゃない。
中身がどんなに邪悪でも赤ん坊はかわいい。
邪悪な赤ん坊なんかいたら、親が真剣に愛情注げないから。

876 :本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 13:03:13.56 ID:waBv93XS0
死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

877 :本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 16:21:09.20 ID:EJZISQ0NO
死の受容段階とターミナルケアで有名な、臨床医のキューブラ・ロスは、二万件の臨死体験を体系的に研究した上で、現代科学では、まだ説明しきれないが、百パーセント死後はあると断言しているが、否定する人間はそれとおなじだけの検証をした上で、結論を出したのか?

ホーキング(笑)

878 :本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 16:28:30.01 ID:bEkSZqvp0
死んだら次の命に生まれ変わるだけ。

精神が負の方向に大きく捕らわれてるようだったら
しばらく地獄で苦しむことになる。

地球を卒業したら別の惑星へ生まれ変わるか、天国で幸せに過ごす事が出来る。

879 :本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 16:39:53.57 ID:1BFcpZet0
無はあり得無いんだわ、ホントに…
零と無は違うんだわ、ホントに…
死後の世界はぼんやり在るんだわ、ホントに…

880 :本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 16:43:00.22 ID:EJZISQ0NO
霊性がどうだとか偉そうなことを言うつもりはないが、
少なくともこれだけは言える

死後の世界は100%ないと主張してる奴は、

人生損してる

下手したら、死んだ後にも損してる

881 :本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 17:15:53.48 ID:JSRpLIyD0
>>876
じゃあ何で君は墓参りに行くのさ?

882 :本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 18:22:46.38 ID:pZVNN6Yv0
死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから


883 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 09:21:42.55 ID:ja5j83aU0
>>882
>881
の問いに答えよ。

884 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 10:06:33.90 ID:+0vfT1SU0
行ったことも死んだ事も無いのによく言えるな

885 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 10:18:40.28 ID:lj5pN+HS0
>>882
そうだ君は881に答えるべきだ。

886 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 12:17:14.01 ID:M7oJ1dD+0
>行ったことも死んだ事も無いのによく言えるな
マジ「在る居る詐欺」の布教バカってこんな正論も理解できないんだよなw
883も885もちゃんと>>884に矛盾無く答えるべきだな

887 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 12:44:00.50 ID:D/LMAR+vO
行ったことのある人なら結構いるよ

888 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 12:54:29.11 ID:M7oJ1dD+0
言うだけなら誰でも言えるわなw

889 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 12:59:12.87 ID:M7oJ1dD+0
「誰か」「言ってる人」「書いてた」って違うだろw
で結局これの答えにはなってない、とw
>行ったことも死んだ事も無いのによく言えるな
よく読めよw聞きかじりの伝言ゲームなら誰でも言えるw

890 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 13:22:47.38 ID:7AR8Xtsv0
>>884
死んだら、こっちの世界に帰ってこれないだろ。
その人がどうなったか、推測するしか手がないのは、オウム捜査と同じ。
あらゆる情報を突き合わせて、探る必要があるのは当然の事。

891 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 13:39:51.72 ID:QSrEu8Sg0
ずっとロムってたが一つ言わせてくれないか。

人の死とはその人自らが意思を持って生命体活動出来なくなる事。
無論肉体は滅び朽ちていく。故に埋葬する。


さて、ここからが大事なわけで

残された遺族・知人の心に生きていた時の記憶として残る。


死は誰もが無意識に恐いと思うもので在る以上それを緩和させる先人の知恵があり、かのイエスキリストでさえ実在していなく信仰するこで死への恐怖を減らすと言う説を唱える学者も居る。

実際どの宗教も「悪い行いをすればあなた自信に降りかかります」と言う大きな意味での強迫観念が裏に有ります。


勝手に返答「墓参りは行かないのか?」→行きます。ただ霊的な物をどうではなく、祖先から命のリレーを繋げてくれていたお陰で今自分達が居る事への感謝の気持ちで手を合わせに行きますよ。

死とは、本人の存在がなくなる事。存在していた事実は永遠に残り記憶の中で存在は記憶され続けていきます。

死んだ時は?→直接的に脳にダメージが無い場合は数秒間周りの音は聞こえて居る(知人曰く、意識を失って倒れた時に頭をぶつけたが 痛くはなく凄い音と周りの心配する声は聞こえていた。)

死ぬ程の怪我をしたら。→人の体は酷い外傷を受けると痛みを感じなくするみたいです。(私事ですが、顔・足に酷い怪我をしたことが有りますが痛みを感じたのは 初めと治療後でした。)

ただし死からの恐怖を和らげる手段である宗教活動を否定はしませんが、考えや思想を押し付ける事は許しがたいと思います。
更には信仰心を利用し必要以上に金品を奪う宗教団体も在る事も聞いています。


以上、無宗教者の戯言でした。

892 :891:2012/06/16(土) 13:54:53.05 ID:GpZmZ8BdO
補足
>知人曰く、意識を失って倒れた時に頭をぶつけたが 痛くはなく凄い音と周りの心配する声は聞こえていた。

目の前で意識を失い倒れ、約1分程意識が戻りませんでした。
叫び叩きながら蘇生法?(友人の中に看護婦さんが居て頑張ってくれました。)

約1時間位して周りも本人も落ち着いてからの本人が話したら事ですので間違いないです。



長文、乱文失礼しました。

893 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 19:51:58.48 ID:7AR8Xtsv0
無神論者でも大いに結構だと思うが、
「死後の世界を認めない」という事なら、そうした致命的な欠点は、
改めた方が良い。死後に大損をするのは、自分自身なのだから。
「死後の実在を信じる」という、第一歩からスタートするのだが、
その第一歩すら歩み出せない哀れな人間が、世の中にはあまりにも多すぎる。

死後の世界を認めない人間の多くは、肉体と魂をつなぎ止めている帯の
切断がスムーズにいきづらく、結果的に、死に際の苦しみとなって
襲い掛かってくるのだから。第一歩すら歩めない人間の多くは、
そういう、「断末魔の苦しみ」を味わいやすくなる。
たった一歩なのに、それすら認めないのは、ミジメ極まりない事なんだけどな。

894 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 20:52:20.31 ID:D/LMAR+vO
死後世界を否定している方々へ。

脳波が完全に停止しても、本人に意識があり、臨死体験をしている例が、かなりの数、世界中に存在することをどう説明しますか?

脳波が止まれば、脳細胞は活動してないのたがら、意識などないはずですよね(笑)

Wikipediaにでさえ、載っていますが?

895 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 21:49:16.47 ID:GpZmZ8BdO
@.@っ 夢 幻 に尽きるね!

>>893 レス番の語呂合わせの如くお得意の脅しですか?
そう教えられているからしょうがないのかな?

896 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 21:49:20.88 ID:PLH5dxVP0
死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから


897 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 22:04:49.25 ID:copDpRNA0
         ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´          \:::::::::::|
     /                ヽ、::::|
    /                   ヽ|
     l                         l
    .|    ●                |    んーと
     l  , , ,           ●     l
    ` 、      (_人__丿    、、、   / 
      `ー 、__               /
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´

         ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´          \:::::::::::|
     /                ヽ、::::|
    /    ●                  ヽ|
     l   , , ,             ●      l
    .|        (_人__丿     、、、  |    よく分かんない
     l                      l
    ` 、                       /
      `ー 、__               /
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´


898 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 22:15:05.25 ID:D/LMAR+vO
脳波が無くなれば、夢もみないはずなんだけどね♪
夢見はθ波で起こるからね♪

899 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 22:33:14.22 ID:D/LMAR+vO
臨死体験を長く研究しているオランダの引退した心臓の専門家であるピム・ヴァン・ロメル氏は、コンピューターの電源コードを引き抜いた状態に例えている。脳の回路は切断され幻覚は起きようも無く、ゼロの状態と言う。

しかしこの脳の電源オフと蘇生の中間に多くの臨死体験が起きる。「臨死体験を経験した人達は、脳死を目前にして鋭敏な知覚、思考、記憶を戻すようだ。この現象は一般的科学では説明がつかない」とバージニア大学のグレイソン氏は言う。




はい、論破。

900 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 22:39:43.16 ID:Mq/TC4jS0
脳波の検出方法が不正確ってだけの話じゃんw
頭骨経由だと信号の減衰が最大5000分の1、監視範囲も僅か脳表面より深度1cm弱w
結局脳活動が完全停止していたかどうか真偽不明のお話ってわけw
残念でした♪

901 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 01:04:59.36 ID:RozsZG8WO
>臨死体験を長く研究しているオランダの引退した心臓の専門家であるピム・ヴァン・ロメル氏

臨死体験を長く研究している「心臓」の専門家が「脳」についてパソコンに例える!

  ワロタ!

    死にそうにワロタョ!

権威が在るかもしれないけれど専門外なw(ry




クククッ!

ワラエルww



902 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 08:05:13.23 ID:ct0sbWfNO
マイケル・セイボムの研究では、臨死体験者たちが体外離脱中に観察した治療室の蘇生場面を描写した結果、専門医のカルテの記述と一致し、当のセイボム自身を驚かせている。

キンバリー・クラークによる研究では、病院内で昏睡状態にある患者が、病院の外で見た事象を語り始める例が紹介されている。
心臓麻痺により病院に運ばれたマリアは、体外離脱を起こし病院から抜け出した後、病院の3階の窓の外にあるテニスシューズを確認し、意識回復後にキンバリーに報告した。

キンバリーが確認をしに3階に上がったところ、マリアの描写はシューズの色や形・状態にいたるまで正確であることが判明した。この「マリアとテニスシューズの例」は有名な体験例となった。


聴覚はともかく、視覚がないのに見えるのはなぜ?


903 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 08:39:22.05 ID:DDxxtlFd0
>>895
前世や、今生での行いが良ければ、苦しまずに死ねるかもよ。
自分の親しい人の死を、一人も見た事がないんだろ?
それで苦しむ様子を見れば、「自分が死ぬ時は、苦しまずに死にたい」
と、思うようになるものだ。周りの中高年以上のジジババに聞いてみ。
「死ぬ時に苦しむのは嫌だ」と、みんな言うから。

904 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 10:16:02.57 ID:ScDE0kPX0
>意識回復後にキンバリーに報告した
回復から報告までのタイムラグが分からない。憶測ならいくらでも出来る訳だが。
ネタの仕込み云々。実際後入り知識で無意識に再構成させて「体験」と語るケースも多い。
居ないはずの第三者が居るって幻覚、幽体離脱の幻覚を生じる脳の部位も判明してる。
結果、臨死体験は大した根拠には成りえないという事だな。

905 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 10:34:14.40 ID:KVOMck+x0
死んだら生まれ変わるに決まってるだろwww

906 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 11:55:19.21 ID:bFBIi2QK0
死んだら生まれ変われる!

そんな考えだから今を精一杯頑張って楽しく生きようと思えないんだろうねww


寂しく生き方だねww

907 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 14:33:55.64 ID:sNrQ6EOjO
死んだら何もないでほしい(´・ω・)死んでまで自我があったら嫌だ…

908 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 21:24:29.64 ID:DDxxtlFd0
死後に、「生前の生き方の総点検」が行われるから、
精一杯生きないと、ダメだという事なのだ。いわゆる、属に言う「閻魔の鏡」
だが、その活き方の採点を下すのは、自分自身。閻魔大王ではない。

909 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 21:30:43.19 ID:v2ryX0LY0
★壁殴り代行始めました★
ムカついたけど壁を殴る筋肉が無い、壁を殴りたいけど殴る壁が無い、そんなときに!
壁殴りで鍛えたスタッフたちが一生懸命あなたの代わりに壁を殴ってくれます!
モチロン壁を用意する必要もありません!スタッフがあなたの家の近くの家の壁を無差別に殴りまくります!
1時間\1200〜 24時間営業 年中無休!

       __
  /´ ̄       `!             ∧ __∧
  |  `にこ匸'_ノ             ( ´・ω・` )  
  ノ u  {                 _.. -―- :{`ニニニ,/ /  \
. / l   | __  / ̄ ̄`>'´   ノ'    ´ {、    \
/ |/     {'´    `ヽ. " ̄\ U `ヽ.    __,,.. -‐丶 u  ヽ  
| / ヾ、..  }      u' 〉、    }    `ー''´  /´ ̄ `ヽ '" ̄\
! :}  )「` ノ、     ノ l\"´_,,ニ=-― <´  ヽ{  ノ(   `、  | 壁殴り代行では同時にスタッフも募集しています
l   、_,/j `ー一''"   },  ノ ,  '''''""  \   ヽ ⌒ヾ      v  | 筋肉に自身のあるそこのアナタ!一緒にお仕事してみませんか?
ヽ   _         /   } {. { l ┌n‐く  ヽ/ ``\        ノ 壁を殴るだけの簡単なお仕事です!
  `¨´    `¨¨¨¨´ ̄`{ 0  `'^┴'ー┘|ヾ    }、 u'   `  --‐r'′

910 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 21:39:08.41 ID:o6M2BFRl0
>>908
あの、俺さ日本人に生まれた事を感謝してるんだけど、国籍を選んだのも俺なの?
こんな豊かな国に生まれたのは俺は前世で頑張ったの?


911 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 21:51:14.84 ID:ky+JaCC/0
頭、強打して意識無くした。
その時に見たものは「川が流れていて、川の向こう岸に両親が立ってた。
 川に入って渡ろうとしたら、両親が手で追い払う様な仕草をした。
暫らくして人の話し声、、、複数の。
意識が戻ったのは救急車の中」 
 その時、あの世は有る!って確信した。子育て真っ最中だったからねぇ。
戻って来れてよかったよ。

912 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 22:36:49.10 ID:jorqxqae0
あまりに教科書通りのシーン構成に吹いた(笑)
単なる刷り込みだな

913 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 23:30:05.22 ID:RozsZG8WO
頭、強打して意識無くした。
その時に見たものは「川が流れていて、川の向こう岸に両親が立ってた。
 川に入って渡ろうとしたら、両親が手で追い払う様な仕草をした。
暫らくして人の話し声、、、複数の。
意識が戻ったのは救急車の中」 
 その時、あの世は無い!って確信した。だって両親とも生きてるんだぜ。



914 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 00:08:39.03 ID:s9/P+zPa0
結局、死を恐れている者達か、そうでない者達に分かれているんだ。

915 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 01:00:51.38 ID:A1H4RdmF0
>>906
今を精一杯頑張って楽しく生きようと無理してないですか?力抜けよ。

916 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 01:10:21.47 ID:FVUg78iD0
人生僅か50年

917 :アゲアゲ職人:2012/06/18(月) 01:15:22.41 ID:2rH/eCPoO
死を恐れない人は輪廻転生を信じなくて、死を恐れる人は輪廻転生を信じるで良いんだろ?

何処まで行っても交わるところなど無いわけだし、死を恐れる様に成れば信じる様に成るかもしれん。


今を楽しめている人は死を感じていない訳だが、死は恐ろしい物だから来世の為にも楽しみを減らしてでも良い行いをしなさいは通じないよー



918 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 01:18:01.56 ID:2rH/eCPoO
>>915
よっ!ナマポさん!!

919 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 02:09:08.05 ID:8SaHErHH0
死んだら何して遊ぼうか

920 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 06:44:06.54 ID:zi0cWQM20
>>910
自分にとって、「もっとも都合の良い」民族を選んで生まれてくる。
ただそれだけだ。生まれる民族は、生まれる前に、自分が選んでいる。
「発達した人間」は、「より、高度な生き方をするために」、その民族を
選んで生まれるというわけだ。
もっとも、「悪行の償い」として、「強制的に、割り振られる」事もあるから。
途上国で、飢餓に植えながら死亡するのは、そのパターンが比較的多い。
前世の凶悪犯罪者とかだな。

921 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 07:52:15.95 ID:2rH/eCPoO
>>920 何でも知ってると言うよりも、何でも答えるんだな。
何処かで人生相談サイトでもしてるなら教えろよっ!

922 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 09:20:36.37 ID:1PkGkF/20
>>920
レスありがとうございます。日々精進致します。

923 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 09:31:25.12 ID:2rH/eCPoO
>>920
http://72.imagebam.com/download/ZMOZd93KF0p9yEMZx2MEEg/19661/196600625/a3.JPG
http://31.imagebam.com/download/2N9qdYklN3gS4bXe5CxroQ/19661/196600644/a4.JPG

こんな最後を迎える人は前世で何したの?

924 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 09:37:05.17 ID:/O+tShB5O
>>920
例えば日本に産まれても親から虐待受けたり、食事も与えられなくて餓死した場合、その子供は前世で悪行をしたって事?

もし大人に成長しても人生に悲観して自殺を図った場合、前世でも自殺した可能性はあるの?

925 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 09:51:43.10 ID:Mzz2o0yy0
>>924
すべてとは言わないが、そういう可能性は高い。
前世の殺人犯が、新たに生まれ変わった後、
「誰かに殺されることで、前世の罪の償いが終了する」
場合もあるから。
また、生まれ変わる度に自殺し、4回も自殺した奴もいるよ。
自殺せず、最後まで生き抜く事で、前世の自殺の罪の償いが
終了する場合もある。すべてとは言わないが、そういう事が、
少なからず存在する。

926 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 10:04:47.87 ID:2rH/eCPoO
>>920>>925
なんでスルーするの?

なんでID変わってるの?


927 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 11:45:34.21 ID:QaIzP/iF0
もうID変えて答えられないの?

なぜID変えなければいけないの?


>>920>>925 返事まだー?

928 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 13:03:21.83 ID:dkxX6uQ80
死後の世界なんて存在しないからどこにも行かないし何もないよ
死んだら意識は消滅する、ただそれだけの自然現象ですから

929 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 15:46:36.71 ID:rpnKeAmX0
俺らも記憶にないだけで前世でも死後の世界がどうとか悩んでたりしてたんじゃないか?w

930 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 16:00:38.26 ID:NEJKvtDOO
対人恐怖症で引きこもってるけどこれは前世の自分がそうなりたくて選んだの?
それとも前世で何かやらかしたからそれを精算する為?
あと死んだら生まれ変わらずにそのままあの世でのんびり暮らす事はできない?

931 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 16:19:53.97 ID:2rH/eCPoO
>>920>>925>>930には答えるはずだが、それ以外は都合が悪いため答える予定は御座いません。
只今返答準備中につき暫くお待ちください。

932 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 17:15:37.05 ID:y+ImKaST0
>>925
殺される運命が既に定まっていたというのなら
殺す運命も既に定まっていたということにならないか
仮にそうだとしたらそれを罪として処罰するのは間違ってるだろ

933 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 17:17:23.02 ID:2rH/eCPoO
まだー!?



はよー!



○○世紀の○○と言う学者様の研究実績とやらをググッてるのか?

アレは説得力無いから止めときなー ヾ(@゜▽゜@)ノ

934 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 17:20:46.52 ID:y+ImKaST0
ただ捻くれていちゃもんつけてばっかもどうかと思うんだよね
俺も相当ひねくれてるけど

935 :924:2012/06/18(月) 17:59:07.64 ID:/O+tShB5O
>>925
なるほど、ありがとう。
奥が深いね。
>誰かに殺されることで
この場合、殺された方は前世の罪が解消しても、その人物を殺した人間は殺人と言う背負わなくても良い罪を背負う事になるんじゃないのかな。

何だか悪循環な気がするけど、それもその人間が産まれる前から決まっていた人生って事になるのか。

話は変わるかもだけど、私は何故か『海』が非常に恐いんだよね。

近付く事も出来ないし、テレビとか画面で観ても息苦しく感じたり。

もしかしたら前世で海に纏わる死に方をしたんじゃないのかなって。

けど、もし自殺するなら多分『海』になると思う。

輪廻転生って言葉があるけど、前世で自殺した人は生まれ変わっても自殺する可能性が高いって事だけど、これは輪廻転生になるのかな。

あ、私は自殺しないよ。

936 :935:2012/06/18(月) 18:39:08.56 ID:/O+tShB5O
>>930
私も同じ対人恐怖症だよ。
他人と関わる事が怖くて堪らない。

でも前世とは関係ないんじゃないかな。

悪い言い方をすればしっぺ返しを喰らうって言うか、うーん、悪い事をすれば自分に跳ね返るって言うか。

人見知りが凄い人は生まれもっての性格かなって思うけど、よくよく思い出すと、私の幼児期の頃ってそんなに人間嫌いじゃなかったんだよね。

だからイタズラだってしたし、気が弱い子にちょっとした意地悪をしてみたり。

その罪が成長過程で大きな痛手を負って、現在に至るんじゃないかなって。

対人恐怖症は心の病でもあるから、それを作り出した原因が何処かにあるのでは?って。

私は小学生の頃の虐めがキッカケで他人との距離感が分からなくなって関わり合いにならなくなって、孤独を作り出すけど、その原因を作ってるのは他人じゃなくて当の本人だったりするんだよね。

でも接し方が分からないからストレス感じて病気になったり。

もし、前世の人間性が関係してくるなら、前世では凄い人気者でそれが却って疲れて来世では孤独になるぞ!って意気込んで死んで行ったとしたら、それはそれでちょっと面白くない?

937 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 18:43:09.51 ID:Wie1nJZ90
礒飛京三が、南野信吾さんを惨殺することは決まっていたというのか・・・・。
悲しすぎる・・・・。

938 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 19:11:29.33 ID://fRZwsw0
いやねえよ、んなもん
あの世とか転生とか因果応報とか(笑)

939 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 19:27:31.23 ID:lAmtIfxc0
おめでてーよな 

940 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 19:41:46.18 ID:nwOE/ss10
何も知らないから無いなんて言えるんだよ

941 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 19:43:58.12 ID:keGGl0k50
知ってるって言ってる奴の頭がお目出度いのはよく知ってるよ(笑)

942 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 19:47:05.13 ID:PdwIZ9bdO
>>940
知らなくて不安だからこんなスレ覗いてるのだけど
みんなが納得できる答えを知ってる人は教えてあげたらいいじゃないかと思うよ

943 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 20:27:23.26 ID:zi0cWQM20
>>935
「殺される運命」で生まれてきたとしても、殺人を犯す人間がいないと
いうなら、「霊的に、誠に結構なことじゃないですか」とメッセージもある。
「それだけ、人間が進化した証拠ですから」という事になる。その場合、
別の試練を味わう事になるから心配無用。

何しろ、「宇宙全体の中で、現在も『戦争を行っている場所』というのは、
地球以外に存在しない。地球以外のあらゆる星では、戦争は全く存在しない」
という事だから。簡単に言えば、「地球人類の、あまりの『出来の悪さ』に、
このまま放置する事は、霊界、宇宙の秩序にも悪影響が大きい」と、地球人類
よりも、はるかに多くの霊が集まり、人類にメッセージを投げかけるように
なった。それがスピリチュアリズム。「人間の、理解可能な部分だけを
集めて、地球上にメッセージを、たくさん流し続けている」。自分の参考に
なりそうな部分だけ、取り入れれば良い。理解出来ない部分は、遠慮なく
拒絶するように。

944 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 20:32:12.13 ID:keGGl0k50
近頃は隔離病室からでもネットが出来るんだな(笑)
オール拒絶でおk

945 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 20:54:05.79 ID:nwOE/ss10
並行世界とか多次元世界、いわゆる別次元が存在する事は量子力学や超ひも理論とか
見たことある奴は少しはわかるだろ。
あの世とかは想像上のものではないぞ

946 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 21:11:51.58 ID:keGGl0k50
知ってるってその程度か?
あくまで可能性が提示されたのは現実世界での確率上のIF=並行世界とか多次元世界の話
その可能性に「死んで行けるあの世」なるものを含めるのはただの願望的妄想(笑)

947 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 21:29:14.01 ID:GxgR+hCXO
手術前に心臓が止まり、親類が集まって大騒ぎされた俺ですが、三途の川は見ませんでしたよ。
部分麻酔で周囲の音は聞こえてましたが、AEDの記憶は全くありません。
俺は以前から、亡くなった親父が夜中にトイレに起きていた同じ時間に光を感じています。
だから、霊は信じています。
でも、幽体離脱とか三途の川は体験しませんでした。
死にたくありませんから、もう結構ですがね。

948 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 21:34:09.10 ID:zi0cWQM20
死にたくなくとも、人はいずれ死ぬ。
しっかり準備をした人間は、霊界入りを、ワクワクしながら
待っていて、待ち遠しいもの。
逆に、金儲けだけにいそしむ人は、死の恐怖に襲われやすい。
この世とあの世と、どちらに重心を置くかは、その人次第だから。

949 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 21:35:43.02 ID:2rH/eCPoO
920:本当にあった怖い名無し [] 2012-06-18 06:44:06 ID:zi0cWQM20 コメント7件
>910
自分にとって、「もっとも都合の良い」民族を選んで生まれてくる。
ただそれだけだ。生まれる民族は、生まれる前に、自分が選んでいる。
「発達した人間」は、「より、高度な生き方をするために」、その民族を
選んで生まれるというわけだ。
もっとも、「悪行の償い」として、「強制的に、割り振られる」事もあるから。
途上国で、飢餓に植えながら死亡するのは、そのパターンが比較的多い。
前世の凶悪犯罪者とかだな。

925:本当にあった怖い名無し [] 2012-06-18 09:51:43 ID:Mzz2o0yy0 コメント5件
>924
すべてとは言わないが、そういう可能性は高い。
前世の殺人犯が、新たに生まれ変わった後、
「誰かに殺されることで、前世の罪の償いが終了する」
場合もあるから。
また、生まれ変わる度に自殺し、4回も自殺した奴もいるよ。
自殺せず、最後まで生き抜く事で、前世の自殺の罪の償いが
終了する場合もある。すべてとは言わないが、そういう事が、
少なからず存在する。




上記2名が答えないのかID変えて答えられないのか、言い逃げしてるのには訳があるに違いない!

950 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 21:45:34.80 ID:GxgR+hCXO
>>947ですけど、俺の来るところではなかったですね。
すみません。

951 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 21:58:03.11 ID:nwOE/ss10
>>946
量子理論における量子は波動の性質と粒子の性質の二重の性格を有する。

多次元世界の可能性を認めておきながら死後、魂という波動の存在する世界は無いと言えるんだな?(失笑)

952 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 22:07:13.97 ID:keGGl0k50
>魂という波動の存在
まずはこれを量子論と超ヒモ理論で科学的に「証明してもらって」から妄言を垂れような?(失笑)
可能性って言葉を振り回せばいいってもんじゃない
なんだよ「魂という波動」ってエセ科学用語か?(笑)

953 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 22:40:05.35 ID:nwOE/ss10
まぁ魂についてはまだまだ分からない事が多くオカルトの域を脱していないのは事実だな。
しかしそれは脳科学も同じ事。神経は電気信号、電気信号ならただのロボットと同じ。
では人らしさを表現する思いや念はどこから?
脳波は目に見えないのに測定出来たり存在は確認されている。
魂は?目には現象は見えないが、フィルムには映像が写されていたり、測定器に反応が出たりもしている。
何より地球史古くから霊の存在を信じられてきた経緯からして全く否定する事は出来ないね。


954 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 23:16:52.17 ID:keGGl0k50
>ロボットと同じ
実際脳が損傷すれば反応も制限される事から「意識・自我」は脳のソフトという解釈を取るね
実在の電気信号=脳波と魂の波動?といった仮想物を同列にしている時点で破綻だろ
各種観測機器に出たモノが=魂なのか?それ自体の検証からだろうな、でなければ根拠に使えない
可能性って言葉を振り回すなというのはこういう事

955 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 23:20:58.58 ID:keGGl0k50
>経緯からして
根拠が「信じられて」程度だから駄目なんだな、盲信をいくら重ねても真実にはならない
「可能性」は否定できない、が?だからと言って在る事無い事吹きまくっていい事にはならないな
全否定は単に根拠無き世界則の妄言断言、例えば>>910等の譫妄患者への鏡面アンチに過ぎないんだがな(笑)

956 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 23:22:55.86 ID:nwOE/ss10
>>954
じゃあ脳波とは何?

957 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 23:24:42.57 ID:y+ImKaST0
脳みそをウマく二分割して生体脳移植したらどうなるのっと

958 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 23:27:25.28 ID:keGGl0k50
すまん
アンカを間違っとるな>>920だった
まあ、譫妄患者と問答して納得してる時点で同類なんだが(笑)

959 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 23:30:16.06 ID:keGGl0k50
ググれよ
では魂の波動とは何?(笑)

960 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 23:34:05.18 ID:nwOE/ss10
なぜ脳から波が出るのか分かる?

961 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 23:35:53.46 ID:y+ImKaST0
死んだらおっぱいとかどうなるの?

962 :本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 23:36:39.40 ID:keGGl0k50
だからググれよ
それと答は?
では魂の波動とは何?(笑)


963 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 00:09:21.00 ID:Ix9Jehtu0
>>962
おまえ偉そうだなw自分が完壁で、920を否定する資格は、友達がいない彼女がいない
お前にはない。おまえは1度も死んでないんだからホザくな。前世はあるかどうか
解らんが、あるとしたらお前は行いが悪かったから現世でその顔なのだwwww
ブサイク悔しいの〜wwww

964 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 00:18:17.92 ID:qZPwmYz80

「未だ生を知らず。焉んぞ死を知らんや。」 : 孔子

生きている意味さえ分からないのに、ましてや死の意味などどうして知る事が出来るでしょうか?

何かこの言葉が思い浮かんだわ。







965 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 00:32:12.83 ID:eUtmEH9p0
悪人も善人も行く所は同じ。
善行は死後の為にするのでは無い、今をどう生きるかなんだ。

966 :935:2012/06/19(火) 00:33:27.19 ID:pMKmPzazO
>>943
いえいえ、とても興味深い内容をありがとう。

確かに戦争を起こしているのは地球人だけだよね。
宇宙は広いから地球外生命体が居てもおかしくないし、彼らから見れば、地球人は愚かな存在だよね。

私は馬鹿だから話の内容が難しくて全てを理解出来た訳じゃないけど、貴方の言葉は奥深く、とても面白い。

殺人を犯さず生きてくれたら、その人間の守護霊様は位が高いって事かな。

スピリチュアル>守護霊様からのメッセージって事だよね。
そのメッセージを受け止めて、人殺しはせずに人生を大往生すれば、その人自身も霊魂になった時、現世で全うな修行を終えたから位が上がるのかな。

967 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 00:38:44.66 ID:u68YFxMo0
>おまえは1度も死んでないんだからホザくな
いいぞ〜その調子で「一度も死んだ事無いのにホザい」てる>>920に言ってやれ言ってやれ
どういう発作だ・・ブーメラン過ぎるだろ、レス入れる前に気付けよ(笑)
どんなお花畑に住んでいても人間最後は等しく永眠だ(笑)

968 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 00:49:08.71 ID:Ix9Jehtu0
>>967
美空ひばりと宅間守の人生はまったくの別物だが,死んでら=ということか?
人生には意味があるだろ?どんな人生を送ってきても人間最後は等しく永眠?

じゃあお前の人生って何? 何のためにこの国で生を受けたんだ? お前が生まれたのは
偶然なのか?

969 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 00:54:59.57 ID:qZPwmYz80

>>965 孔子もそれが言いたかったらしい。

だから>>964の言葉を言って、死について討論していた弟子達をその話題から
遠ざけたとか・・・。

死んだら云々考える暇があったら、まず自分の生き方考えんかゴルァー!
みたいな感じでしょうか。

でもそうしたらこのスレが・・・、孔子さん、ゴメンなさい。


970 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 00:58:16.78 ID:pMKmPzazO
>>962
波動って本来人間が持っているオーラの意味じゃないかな。

人に寄って色は様々に違う。

赤のオーラを持つ人も居れば、ピンクだったりオレンジだったりブルーだったり。

自分の持ってるオーラは何色か知る事は出来ないけど、感情に寄って色は変わると聞いた事がある。

例えば、何かに情熱を持って打ち込んで居れば赤、嫌な事があって落ち込んでいたら青、うつ病になって自殺願望が高まっていたら黒とかね。

971 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 01:02:33.91 ID:Yzgz9Cta0
魂って分類的には波動じゃないの?
別に魂でも波動でもどっちでもいいわ

972 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 01:11:11.97 ID:u68YFxMo0
>じゃあ
当人に被る物言いだな(笑)
因果応報など所詮は「不公平感」から出た後付けの精神的プラシーボに過ぎない
残念だが生と死に差別は無いな、永眠は万人に等しく訪れる
>オーラ=波動
・・まあ、「思ってる」事なら別にそれでもいいんじゃない?
つう事で寝る

973 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 01:14:55.75 ID:pMKmPzazO
>>969
うん、今を大切にして一生懸命に生きる。
その言葉は理解出来るけど、死後の世界を考える人って今の人生に絶望して生きる意味を考える希望を無くした人達じゃないかな。

江戸時代も相当生き辛いと思うけど、今の現代社会も相当生き辛いと思う。

出なければ、毎年3万人以上の自殺者は出ないし、引きこもりやニートも減る筈。
それ所か職業難に溢れ、人間関係の煩わしさから逃れる為に引きこもりも増え続け、働きたいのに働けない無職ニートも増え続ける。

奇麗事だけでは生きて行けない世の中だよ。

974 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 01:23:44.87 ID:/FE+PCyIO
転生の事例が沢山有るから、あの世は有るものと思ってて損は無いだろう
その方が罪深い事に手を染めそうになった時に、己への抑止になるしな



975 :alt ALSARIVO!(オルサリボ):2012/06/19(火) 01:30:04.89 ID:Vm8jRnCQ0
死んでも意識はあります。

976 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 02:34:18.15 ID:PUKS0q2M0
悪党は死んだら地獄に落ちる
それ以外の人は死んだら楽になれる

977 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 05:14:27.82 ID:BFLjYJx40
僕も早く死んで楽になりたいのですが勇気がありません(´・ω・`)

978 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 05:40:21.64 ID:eJuER91u0
君は生まれる前の、自分が存在し無かった状態を大悲劇と感じるか?
多分そうでもないだろう。
死んだらそれと同じ状況になると言う事だよ。
もし味気なく生きてるならそれは悲劇だろうけど、存在しない事は別に悲劇ではない。

979 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 06:14:41.46 ID:6zzAC5Af0
天国はいいところなんだよ だって誰一人こっちに帰ってきてないからね。


980 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 07:41:46.76 ID:NjhTQXHj0
次スレ無いと思うが、立てたらグロ画置き場にするよ。
だって酷い死に方したなら前世は悪人なんだろ?次スレで晒す方向で良いよなー(^-^)

981 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 08:14:48.86 ID:dE6+oE/iO
頭をトラックに踏まれ、眼や鼻から脳が吹き出た奴とか前世なんだろなw

982 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 09:27:49.49 ID:XwgKLLA50
>>979
天国から、こっちの世界に、再び、降りてくる奴もたくさんいるよ。
それが、20世紀に入って、始めて人類に明かされた「再生の秘密」だが、
「自分の中の不純な要素が表に出て来て、それを清算しないと、もっと
上の世界に行けないから、その清算のために、再び、人間世界に降りて
くる」とか、「自分の地上生活の体験を、天国に持ち帰り、仲間と共に、
その体験談を分け合い、そのグループごと、向上する」か、そういう目的
で、一度、天国に行った人間も、再び、生まれるために降りてくる。
高い世界にいる人間が、地球に生まれる決意を固めるのは、嵐の海に
飛び出していく以上の覚悟がいるんだってさ。納得出来るかどうかは、
その人の霊性次第だから。地球という嵐の海を乗り切るために、守護霊が、
一体、誰にでも付けられるわけだから。

983 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 09:42:49.97 ID:Y3Pn2AR10
>>982
北朝鮮やアフリカに生まれる人達は、あえて厳しい道を自分で選んでるの?
日本や北欧に生まれたいと願っても誰かに却下されちゃったの?

984 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 11:05:44.06 ID:dE6+oE/iO
居眠り高速バスの被害者は国内では報道規制で伝わる事は無いが、身体中バスや防音壁で引き裂かれて見るに耐えない姿に成って帰宅してるが 遺族に前世からの戒めや償いですと輪廻転生が有ると言う人は伝えてあげれば言い。

むしろしっかり責任持って伝えるべきだろ!


985 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 12:29:21.58 ID:P7ALngPP0
>むしろしっかり責任持って伝えるべきだろ!
今時ラノベ作家でさえ躊躇うような厨二設定をドヤレスできる神経の持ち主だがw
そんな勇気は万に一つも無いだろうなw
それにしても自演臭い褌担ぎの信者さんとの”そもさんせっぱ”は出来がヒド過ぎるなw
あの世や因果応報のデタラメさを確信させるネガキャンになってるのは笑えるがw

986 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 13:13:09.49 ID:+ugMcNgx0
>>983
「自分で選んで生まれる」場合と、「半ば、強制的に、割り振られて生まれる」
場合と、二つある。たいていは、「生まれる国や民族は、自分で選べる」の
だが、例えば、凶悪犯罪者に対し、「他人の痛みをわからせるため」に、
弱い民族に生まれ、虐待の苦しみを身を持って体験させるため、強制的に、
北朝鮮や、アフリカの飢餓難民に生まれる可能性は、あるだろう。
あの世に戻らないと、自分が生まれてきた目的はわからないから。

987 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 13:22:16.25 ID:U3DceOk90
誰が見て来たんだよ!マジキチ

988 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 13:49:57.90 ID:Y3Pn2AR10
>>986
その強制的に割り振る人は神なの?

989 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 14:07:26.64 ID:dE6+oE/iO
>>987>>988俺を含む数人のレスには返信無いところをみると自作自演過ぎるのは明らかな訳だが、あえて問いかけてみているが自作自演を繰り返すだけの信者が演じているのさ!


こんな糞スレ 埋めるほうが良いぞ


埋めー

990 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 14:17:19.63 ID:Y3Pn2AR10
>>989
おまえには985がレスしてるだろ。俺は>>988だけど?

991 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 14:28:52.27 ID:xMlUqSuqO
ぬるぽ〜

992 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 15:03:55.84 ID:az0FjHzdO
>>991
ガッ〜

993 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 15:13:29.42 ID:dE6+oE/iO
>>990流れ嫁

梅ー

994 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 15:43:05.11 ID:XFpJc1yh0
>>988
神は何物にも干渉しない。
干渉するのは天使と悪魔だ。
天使は宇宙の法則(神の教え)に従って自我を捨て宇宙の一部になる様に導く。
悪魔は宇宙の法則に従わず自我を捨てず存在し続ける喜びを教えてる。
しかし万物が宇宙(有)の中に存在する以上宇宙の法則に従わない事もまた宇宙の法則の一部にすぎない。

995 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 15:54:02.45 ID:dE6+oE/iO


996 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 15:54:43.37 ID:dE6+oE/iO


997 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 15:55:34.01 ID:dE6+oE/iO


998 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 15:56:57.81 ID:dE6+oE/iO


999 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 15:57:39.37 ID:gckVN5o90


1000 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 15:57:46.95 ID:dE6+oE/iO
亡 ざまー





埋め!

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

284 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)