5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お義兄ちゃんが結婚した

1 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:24:53.25 ID:Huh8TYtg0
お義兄ちゃんが結婚した。
分かるようにお兄ちゃんは義兄だった。
需要は無いかもしれないけど、書いていく。
書き溜めはしてあるけど、ただの自分語りになってます。
良かったら聞いて欲しいです。

2 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:25:19.49 ID:EUW5XwLF0
おめでとう

3 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:26:12.13 ID:IDZ33tujO
>>1 乙、いい話だった

4 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:26:13.51 ID:Huh8TYtg0
>>2
ありがとう

じゃあ次レスから、その書き溜めを落として行くね
聞いてくれたら嬉しい

5 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:26:25.12 ID:WvU2D1jx0
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´

6 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:26:37.34 ID:Huh8TYtg0
スペック
私→23歳。大学3年生。女。155cm。

義兄→25歳。社会人。男。爽やか系で割と顔が整ってる。黒髪短髪。


7 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:27:44.03 ID:Huh8TYtg0
私が5歳の頃、お母さんとお父さんが離婚した。
お母さんは不倫をしていたらしい。
そこの所の話は20代超えた今でも詳しく教えてもらえなかった。
当時5歳で、私はあんまり覚えてないけどお母さんとお父さんがすごい怒鳴り合ってたのは何となく覚えてる。
で、ある日お母さんがいなくなって、代わりに父方のおばあちゃんが来るようになったのも覚えてる。
すごく寂しくて毎日泣いてた。
お母さんは不倫こそしてたけど、私に暴力ふるったりしてなかったし、別れてから会ってないけど今でも嫌いではない。


8 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:28:17.12 ID:QMQcd7zp0
みんな俺の義妹の話を聞いてくれないか。

9 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:28:56.94 ID:Huh8TYtg0

それからお母さんとお父さんと住んでたマンションを出て、父方の祖父母の家で暮らすようになった。
今までのマンションとは離れてて、今までの幼稚園を卒業するのを待って、小学校から祖父母の家に移動した。
その頃にはお母さんはいないのは当たり前になってて、寂しかったけどそれを言いだせなかった。

そして2年後の7歳のときに、お父さんに連れられて、後の再婚相手になる人と会う事になった。


10 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:29:56.82 ID:Huh8TYtg0
>>8
義兄はvipperでは無いと思う…
アニヲタだが

11 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:30:23.80 ID:0lYA9Ih00
>>1は義兄が好きだったってこと?


12 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:31:21.30 ID:Huh8TYtg0
>>11
まあ言ってしまえばそう。
だけど義兄とは結婚してない



13 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:31:35.90 ID:JVrYG4Ff0
>>1の言いたい事は良くわかったよ
今日はもう暖かくして寝ろ

14 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:32:00.02 ID:Huh8TYtg0
のろのろ書いて行くね


会う時に事前に再婚するかもしれない、とは言われなかった。
けどお父さんがあからさまに「もしかしたら(私)ちゃんのお母さんになるかもな!」とかふざけた感じで言ってて、
小学2年生の頭でもなんとなく理解できた。

そして会う日になって、待ち合わせ場所はホテルのカフェだった。
珍しくおばあちゃんに着飾らされて、なんか変な感じだったのをすごく覚えてる。

15 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:33:57.22 ID:Huh8TYtg0
待ち合わせ場所のホテルなんて行った事が今まで無かったからすごくはしゃいでいた。
7歳になるまでホテルに泊まる旅行とかに行った事がなかったんだ。小さな旅行ならあったけど、立派なホテルに来るのは初めてだった。
はしゃいでいた所に現れたのが、後の新しいお母さんになる優子さんと義兄だった。
お母さんと区別するために新しいお母さんは優子さんって書くね。

16 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:34:54.91 ID:Huh8TYtg0
優子さんはとても綺麗な人だったと思う。というか現に綺麗。
だから義兄も綺麗な顔立ちなのかもしれん。
「(お父さんの名前)さん。」「優子さん。」ってお父さんの名前で呼び合ってて、なんか私が恥ずかしかった。


17 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:35:12.29 ID:Huh8TYtg0
うわあ義兄から電話来た


18 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:37:37.24 ID:Huh8TYtg0
良かった。このスレの話じゃなかった。
アニメ録ってる?って話だった。
また書いて行くね。読んでる人いる?

19 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:38:11.48 ID:Huh8TYtg0
しばらくホテルのカフェで話し手から、ホテル近くの公園に来た。
公園に来たら、子供だけで遊んできなさいって言われて、義兄と2人、公園にほっぽり出された。
お父さんと優子さんは公園のベンチに腰掛けて話してた。
子供2人はポカーンだった。


20 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:39:45.27 ID:Huh8TYtg0

その当時、私→小学2年生、義兄→小学4年生、だった。
社会人の歳の差二つと小学生の二つはかなり違う。
だから私はすごく戸惑った。
けれど義兄は大人で、遊ぼう、って言ってくれたのを今でもちゃんと覚えてる。
義兄は優しい人だった。


21 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:40:13.53 ID:Huh8TYtg0
そして今度は優子さんと義兄と暮らす家のために祖父母の家を出た。
祖父母はすごく寂しがっていた。
優子さんたちと暮らし始めた家は結構大きめでびっくりした。
優子さんは仕事してたんだけど、お父さんと同じくらい稼いでたらしい。

22 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:41:07.20 ID:/pNcRYiAO
ズボンははいてるが見てるぞ

23 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:41:50.90 ID:Huh8TYtg0
>>22
ありがとう!!!真面目にすごく嬉しくなった。


その家には部屋がかなりあったのにも関わらず、まだ小さい子供だからって理由で義兄と私は同じ部屋だった。
私はお義兄ちゃんが出来てすっごく嬉しかった。
なんか、表しにくいが、友だちが増えたっていうか。本当に表しにくい。とにかく嬉しかった。

24 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:43:52.01 ID:Huh8TYtg0
あ、優子さんスペック

優子さん→女。現在(44)。165cmくらいあって、すごくすらっとしている。クールビューティー。
もう結構おばさんな年齢だけど、すごく綺麗だと思う。美魔女コンテストに出れば良いと思う。

25 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:44:36.68 ID:Huh8TYtg0
新しい家は優子さんたちが今まで住んでた家とも、祖父母の家とも離れていて、
義兄と私は2人とも転校することになった。
新しい学校は不安だったけど、義兄となら安心だった。
このとき既に義兄とはかなり仲が良かった。


26 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:44:42.32 ID:q20IRYHBi
ほんで?ほんで?

27 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:45:14.99 ID:Huh8TYtg0
新しい学校でも特に問題はなかった。
あと朝起きて、優子さんがご飯を作ってくれてるのがなんかすごく新鮮だった。
ありがちな優子さんからの義兄と私の差別とかもなくて、優子さんはすごく良い人だった。
優子さんは普通に仕事もしてるのに家事もしてて、当時は気づかなかったが、すごい人だと思う。
「(私)ちゃん。(私)ちゃん。」って呼んでくれて、小学2年生だった私の髪の毛を結んでくれていた。
すごい些細なことなんだけど、祖父母の家では朝ご飯が和食だったんだが、優子さんたちはパン派で、初めての朝、かなりショックを受けた。

28 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:45:49.94 ID:Huh8TYtg0
>>26
聞いてくれてるのかな?ありがとう。のろのろですが書いて行きますね。


それから特に大きな事件もなく、義兄が中学生になった。
義兄は中学生になっても別に変わる事無く、ただ遊びに行く事が増えたりしてた。
彼女も何人かいたらしい。
あ、大きな事件はなかったけど、家族で某夢の国に行ったり、旅行したりはした。


29 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:46:42.52 ID:Huh8TYtg0
そして私も中学生になった。
中学校は義兄と一緒の所だった。
義兄はその学校一のイケメンとして有名だった。
だから何度か妹の私のツテを求めて来た先輩とか同級生もいた。
それはすごく嫌な気分だった。今まで見た事のなかった義兄のそういう部分とかも。
今思えば、もうその時には義兄が好きだったのかもしれない。

というかぶっちゃけてしまうと、妹だからって調子乗るなとか言われたり、結構嫌がらせされてたりもした。


30 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:47:20.92 ID:Huh8TYtg0
中学校で出来た友だちとかもどんどん彼氏ができたり、別れたりしてた。
けど私はそういうのに興味がなかった。
義兄以上の人なんていなかった。
そう言うとよく友だちに「まああんなのが親族にいたんじゃね」って言われた。


31 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:49:10.23 ID:Huh8TYtg0
義兄はいわゆる完璧人間だった。
顔立ちは綺麗。勉強も出来る。料理も出来る。
ただ妹の私は知っているがオタクだった。アニメが好きだった。
でも義兄は完璧のイメージを壊すのが怖くて、周りにそれを秘密にしていた。
妹から見れば、義兄は完璧人間ではなくて、ただの普通の人であった。
多分その義兄の秘密も、妹だから知ってる、私だけが、っていう優越感もかなり有ったと思う。
義兄のアニメ好きによって私もアニメにはまっていった。
私は義兄の趣味の唯一の理解者だった。


32 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:49:46.18 ID:PCH3xy9j0
見てるよー

33 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:49:56.55 ID:Huh8TYtg0
そして義兄は中学卒業後、県内一頭の良い高校に入学した。
どうでも良いけど、義兄は高校に入ったくらいから週2くらいでよるご飯を作る係だった。
義兄の料理は普通に美味しくて、優子さんも助かるわーって言っていた。
さすがに私も何もしないのはやばかったので皿洗い担当だった。


34 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:50:32.23 ID:Huh8TYtg0
>>32
ありがとう。オチが見えてるお話ですが、聞いてくれると嬉しいですね。


話は戻って、私は中学2年生になっていた。
その時、人生で初めて彼氏を作った。
名前は、拓也。この拓也はかなり良いやつだった。後々にまで関わってくる。


35 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:51:50.38 ID:Huh8TYtg0
拓也とは大きな喧嘩もあったけど、なんかすごく普通に長く付き合ってた。
でもほかのカップルと違って、いちゃいちゃらぶらぶしてたというより、老人のような付き合いだった。
お互いいて安心できた、みたいな。
中学生にしては珍しいカップルだと思う。
というか、私が義兄を好きだったから、そういう関係になってたんだと思う。
それでも付き合い続けてくれた拓也には、本当に申し訳ない事をしたと今でも思ってる。
それから拓也との付き合いは高校まで続いた。
まあ付き合いの内容は伏せておく。


36 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:53:22.02 ID:Huh8TYtg0
そして大事件が起きた。
私が中3で、義兄が高2の時の話だった。
その日は休日で、私は拓也の家で遊ぶ約束をしてて、優子さんはずっと嗜んでた茶道の教室、お父さんは仕事で出張だった。
この時点で察する人もいるかもしれない。

37 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:54:43.51 ID:Huh8TYtg0
私が家を出るときには、家には義兄しかいなくて、義兄も間もなく家から出ると言っていた。
それを疑わずに、私は普通に家を出て、拓也の家に向かった。
で拓也の家で2時間くらいゲームしてたときに、私が拓也に貸すと言ったゲームを忘れたことに気づいた。
拓也の家と私の家はそんなに離れてなかったから、家に戻ろうと思った。
それで誰もいないはずの家に戻った。
今思えば、戻らなければ良かったとも思う。でも戻らなかったら、とも思う。
戻る、っていうそれが運命だったんだと思うのが一番すっきりした。


38 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:56:10.25 ID:Huh8TYtg0
まあもう分かると思うし、あんまり生々しく表現したくないんだが、家に帰ったら義兄が彼女とやっていた。
その頃には義兄と私の部屋は別々だったから、部屋入ったらアーッってことはなかったけど、声がもう漏れ漏れで。
玄関を開けて、義兄の靴があって、「あれーお義兄ちゃん、いるのー?」って大きな声で聞いた。


39 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:57:39.21 ID:7QPps62c0
それはまた修羅場だな・・

40 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:57:48.09 ID:Huh8TYtg0
けどトラックが通ったせいか、義兄と私の部屋がある二階にまで聞こえてなかったみたいで、私も義兄もお互いに何も気づかず、私は二階へと足を進めた。

そこで現場を見てしまい、なんかもうわけ分からなくて、呆然としたまま家を出た。
ドラマみたいに泣きながら拓也の家に向かったわけでもなく、ただただ走りながら拓也の家に向かった。
ゲームは忘れた。家のドアを閉めるときに大きな音がしたから義兄にも覗かれたことバレた。


41 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:58:48.50 ID:amh6PPKI0
カギは?

42 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:59:13.75 ID:Huh8TYtg0
>>39
修羅場と言うか、義兄と出くわす前に逃げて来てしまったのでその場では修羅場にはならなかったのですが、
あとでちょっとぎぐしゃくとなりましたね
家族のそういうものを見ちゃったていうのが結構来るものがあって…
あと好きな人でしたしね。

43 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:59:21.63 ID:0lYA9Ih00
現場見たってドア開いてたん?

44 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 00:59:59.06 ID:Huh8TYtg0
>>41
義兄も私が出たあとに出かけると言っていたので、鍵を持って出かけていました。
なので鍵は自分で開けましたよ。

45 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:02:25.09 ID:amh6PPKI0
まあ
自分の父ちゃんと母ちゃんが
ヤッテルのを見てもショックだしな

46 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:02:37.00 ID:Huh8TYtg0
>>43
ドアは少し開いていただけでした。
階段をあがっていたときに喘ぎ声聞こえる→部屋のほう見たら義兄の部屋のドアが少し開いている

と言った感じでした。


47 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:03:16.78 ID:Huh8TYtg0
>>45
ああ、でも優子さんとお父さんがやってるのは見た事無いですね
そう言う意味じゃ初めて家族で生々しいシーンを見た人でした

48 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:04:04.68 ID:Huh8TYtg0
すみません。
お話のほうと口調が大分違うのですが、気にしないで欲しいですwwww
今見ていたらお話のほうとレスのほうの口調が全然違って、恥ずかしくなりました…

49 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:04:18.97 ID:Huh8TYtg0
それで拓也の家に着いて、肩でハアハアしてた私に拓也はびっくりしてた。
で拓也を見たら、涙がどゔぁああって出て来て、拓也に抱きついて大泣きした。
今書いていたら青春っぽいが、当時は泥沼だった。


50 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:05:39.53 ID:Huh8TYtg0
その時に、自分が義兄を好きだったことに気づいた。
そう思ったらすごいしっくりきた。でもすぐに諦めた。
義兄は自分のことをどこまでも妹と思っている事を知っていたからだった。
それに、そこまでして義兄と付き合ったり、突きあったりしたくなかった。
それよりかは今まで通り、義兄と妹の関係でいたかった。


51 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:07:25.25 ID:35KJiarL0
吐き出すことで楽になることもあらぁよ

見てるぞ

52 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:08:24.08 ID:Huh8TYtg0
>>51
見てくださってるのですね。ありがとうございます。

でも実はこれは結構前の話で、今はきちんと義兄以外の方とおつきあいしています。
少し思い出話のつもりで書かせていただきました。

53 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:08:41.20 ID:Huh8TYtg0
拓也はそれを聞いても普通に私を撫でていてくれたし、怒らなかった。
別れようとも言わなかった。
拓也も拓也で、私をつなぎ止めたかったんだと、今は思う。


54 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:09:55.68 ID:tCy+CKpE0
見てるよー。

私も小学生の時に、大好きな10コ上の兄と彼女のセクロス見てしまっただけでかなりショックだったから、>>1の気持ちは計り知れないわ

55 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:11:09.31 ID:7QPps62c0
それはつらかっただろうなぁ・・
聞いてるからゆっくりでいいよ。

56 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:11:11.46 ID:Huh8TYtg0
それからその日は家に帰って、義兄と少しぎくしゃくしたが、義兄と彼女がやってたことは見てないという、全然違う嘘をついて、乗り切った。
義兄はそれにほっとした顔をしていて、義兄も男だと思った。
その事件は幕を閉じた。

これで少し義兄を気持ち悪いと思ったのも事実ですが、気持ちを理解したときでもありました。

57 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:13:34.36 ID:0lYA9Ih00
自分は小学生の時に両親が騎乗位してるの見たよw
あとコンドーム兄が分からず風船にしたり。バイブもあったわ
あの時はほんと何なのか分からんかった。先端回転しよった

58 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:13:53.85 ID:Huh8TYtg0
>>54
ありがとうございます。

10個も上ですか…。しかも小学生のとき…。私より辛そうですね。
今でもたまに頭をよぎります。

>>55
辛かったですね…。
でも今は大丈夫ですよ。
ただ当時は結構夢に出て来たりしてうなされてましたwww


59 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:15:13.43 ID:Huh8TYtg0
>>57
ああ…両親も辛いですよね…。
というか身内の行為をみるのはやっぱり嫌悪感が勝るというか。
結構いろんな道具がお家に落ちていらっしゃったんですねwwwwww

60 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:15:47.94 ID:Huh8TYtg0

それから私も高校に入学した。
義兄の高校は本当に頭の良い高校で、普通の頭だった私は義兄とは違う高校に進んだ。
拓也は同じ高校だった。
ちなみに義兄の話だから、私の中学の話とか詳しくしてないけど、仲良くしてる子たちもいたし、結構みんなで遊びまくってたよ。


61 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:17:25.41 ID:amh6PPKI0
俺には美人の姉ちゃんがいるが
一度も彼氏とのセクロスを見た事はない
俺は幸せ者なのか?

62 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:17:28.85 ID:Huh8TYtg0
義兄は高3。受験シーズンで、めちゃくちゃ勉強していたのを覚えている。
優子さんに「(義兄)も勉強してるんだから、(私)も勉強しなさい。」ってよく言われた。
それに対して「うるさいなー。やってるし。(義兄)と一緒にしないでよね。」とか言い返すくらいには優子さんとも普通の家族のようになってた。


63 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:18:11.92 ID:Huh8TYtg0
>>61
美人なおねえさんですか。うらやましいですねwww
それが普通なんじゃないですかね…。といっても私も一度しか見た事無いのでわからないんですけどね><

64 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:18:42.88 ID:Huh8TYtg0
でももちろん勉強してた。遊んでたら義兄に失礼なくらい義兄がガチで勉強してたからね。
ああ、どうでも良いけどこの頃には優子さんはもう仕事してなかった。

65 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:20:06.11 ID:Huh8TYtg0
高1になって、拓也とは別れた。
私から別れようって言った。拓也もすんなり了承した。
でも今でも普通に友だちです。
なんで別れたの?って言われても分からない。なんか、すごく突然独りになりたくなったから、って感じだった。それから1年くらい、彼氏作らなかった。


66 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:22:35.62 ID:Huh8TYtg0
一年経って、もちろん義兄は名門の大学に合格。
義兄は上京することになった。
私は義兄と離れて暮らすのが純粋に寂しかったし、義兄が作るスイーツが食べられないのが残念だった。
前にも書いたと思うけど、義兄は料理が得意で、たまにお菓子も作ってくれていた。
その中でも義兄のクッキーは美味しくて大好きだった。
義兄にそのクッキーが食べられなくて寂しいと言ったら「それくらいならコンビニで買うか、作れよ。」と笑われた。酷い。
そのまま義兄は上京。家は寂しくなった。


67 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:24:04.28 ID:Huh8TYtg0
私も高2になった。
この頃になると、優子さんがネイルショップとか、ちょっと高いブティック?とかに連れて行ってくれたりした。
アクセサリー買って来てくれたりとか。
その時によく言ってたのが
「昔ね、娘がいたらこういうことがしたかったの。本当に(私)ちゃんがいてくれて良かったわ。夢が叶ったし。」っていう言葉だった。
私も優子さんがそう言ってくれて嬉しかった。


68 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:25:28.43 ID:Huh8TYtg0
それでも高2は全体的に荒れてた。
特に意味もなく荒れてた。
何人もの男とも付き合ったし、名前すら覚えてないやつもいた。
深夜まで飲酒したりして、帰らないこともしょっちゅうだった。
補導されたり、学校行かなかったり。自慢じゃないけどそれでもテストの点数は良かった。


69 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:27:03.06 ID:Huh8TYtg0
2日くらい帰ってなくて、久しぶりに帰ると優子さんがすごく寂しそうな顔をしていたりして、
「(私)ちゃん、帰ってこないのは良いけど、連絡くらいしてね。心配だわ。」って言われて、
その頃本当に荒れてたからそんな優子さんでさえうざったかった。

お父さんはもっとだった。
補導された日とかは「馬鹿たれ!!帰って来んな!!!!」とも言われた。

今思えば当たり前の対応だと思う。

70 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:28:10.07 ID:amh6PPKI0
>>66
料理を教えてもらえば良いのに
もっと仲良くなれるし
料理は上手になるし
一石二鳥じゃん

71 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:28:44.69 ID:Huh8TYtg0
見かねた義兄にしかられたこともあった。
なんかどうでも良くなっていた。
今まで義兄の前だったから良い子ぶってた部分も少しあって、その義兄がいなくなり、
そこにくすぶってたのが爆発した感じだった。

義兄にしかられるたびに大泣きしてた。
まだ義兄を好きな自分もいて、でも義兄は妹としか見てない。
もういっそ襲ってしまおうかとも考えたけど、馬鹿なことはやめようってやっぱり根の部分では諦めてた。

72 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:30:14.01 ID:Huh8TYtg0
>>70
そうですよね。今思えば、ってことはいっぱいあります。
多分当時は、恋愛としても好きだったし、憧れ、憧憬の意味でも好きだったんでしょうね。

ただ料理しているのを見て、教えてもらおうとは全く考えてなかったですね。
その前に私はかなり面倒くさがりなので皿洗いが全力でした…。

73 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:30:15.58 ID:wAYXVX900
家族としては
どうして1がビッチになったか意味不明だったろうな

74 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:31:48.46 ID:Huh8TYtg0
>>73
ある日突然そう言う風になったので、最初のほうはどうして?と聞かれましたが、
無視していたので聞かなくなりましたね。

きっと何かあるんだ、っていう意味で聞かなくなったんだと分かっていながら、家には帰ってませんでした。

75 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:33:11.03 ID:Huh8TYtg0
そんな荒れてた私を止めたのが、夜だった。
仮名が浮かばなくて廚二っぽくなった。けど今、深夜だから夜で。
夜は義兄と同い年の大学生で、荒れてた私がよく行ってたゲーセンのバイトだった。
そのゲーセンは結構廃れてて、夜は「働かなくてもバイト代はちゃんと貰えるし」って言っていた。たしかに夕方なのに数人しか客がいなかった。


76 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:34:25.82 ID:Huh8TYtg0

夜→男。身長が高めで、180cmくらいある。全体的にチャラい雰囲気なのになぜか黒髪。

77 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:35:02.69 ID:Huh8TYtg0
夜は義兄と同い年なので現在25歳です。

78 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:35:58.81 ID:amh6PPKI0
夜は紛らわしいからAとかBにしなよ

79 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:36:42.25 ID:Huh8TYtg0
>>78
そうですね。妥当な仮名が浮かばなくて、すみません。

夜→Aに変更します。

80 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:37:16.80 ID:Huh8TYtg0
そのゲーセンに行って、バイトのAと話すのが楽しくなっていた。
で、仲良くなって、付き合うようになった。
付き合ってすぐに、自分が義兄を好きな事を打ち明けたら、Aに笑われた。
「だってお前、俺のこと好きじゃん。」って言われた。
今思えば恥ずかしい台詞だけど、当時の私にはすごい一撃だった。

81 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:39:15.79 ID:Huh8TYtg0
たしかにその時、私はAの事が好きだった。
ずっと好きだった義兄よりもAの事が好きだった。
これを文でどう表せばいいのか分からないけど、結構真面目に衝撃だった。
思わず泣き出してしまって、Aに「おーよしよし。」と慰められたのは良い思い出だった。
まあのろけはここまでにして。
とにかくやっと義兄の恋を諦めることができた。


今思えば、義兄への恋は恋愛の意味もありましたが、憧憬、憧れの気持ちも少なからず、というか結構対部分をしめていたと思います。
恋に恋してた、に近いのかもしれませんね。

82 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:39:29.32 ID:wAGylFkT0
http://i.imgur.com/rTwnD.jpg http://i.imgur.com/ok0XE.jpg
こいつは前に顔評価スレで全顔画像を貼り酷評されたからってこのスレで一番キモい口元を隠して評価をしてもらおうとしたクズグロメンです。

83 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:39:47.79 ID:Huh8TYtg0
そのときから目が覚めたように、高2以前の自分に戻った。
実はAも結構頭の良い大学に通っていて、私もそこを目指そうと急に真面目になった



84 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:41:27.82 ID:amh6PPKI0
拓也カワイソウだな
ビッチ時代に
一発くらいヤラせてやればよかったのに

85 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:42:37.88 ID:Huh8TYtg0
>>84
拓也は本当に利用したようになってしまって、後悔しています。
今でも友だちのつながりで会うのですが、本人は気にしていませんが、やはりいつも少し後ろめたい気持ちがありますね。

まあビッチ時代のことは黒歴史なので…

86 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:44:24.12 ID:Huh8TYtg0
普通に7時台(19時)に家に帰って来て、優子さんの手伝いとかをしたら、優子さんが静かに泣いていた時があった。
その時に、優子さんに心配をかけていたことにやっと気づいて、優子さんごめん、ごめんなさい、と本気で土下座して、本気で謝った。
優子さんは「良いのよ。(私)がまた頑張ろうとしてくれてるのが、嬉しかったの。」的なことを言ってくれて、さらに泣いた。



87 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:45:48.23 ID:mwVDMbF/0
昔、付き合っていた人と会うって有り得ない。
ままごと恋愛だからかな〜?

88 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:46:42.21 ID:Huh8TYtg0
そして高3になり、私も2年前の義兄のようにガチ勉し始めた。
週1くらいで義兄が勉強を教えてくれて、結構ためになった。
あと義兄が足りない部分とかの勉強日程も立ててくれて、本当に役に立った。
優子さんが夜食を持って来てくれたりして、受験シーズンは辛かったけど、
そういう意味じゃある意味幸せに乗り切れた部分も有ったと思う。


89 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:48:19.10 ID:0lYA9Ih00
>>87
有り得ないってこともないと思うけど。自分はないけど2人きりとかでなくて
友人達とっていうのは割とあるよ。同級生とかなら

90 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:48:22.27 ID:Huh8TYtg0
>>87
中学校のときに仲良かったチームに拓也も入っていて、たま〜に会うんですよね。
お互いにやはり気にしてる部分はなきに有らずなので普段は会わないのですが油断するとメンバーにいたりして。

でも大人になってから、というか別れてからは2、3回しかあってませんね。
やっぱり中学のメンバーもそこのところは気にしてるようです

91 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:48:49.64 ID:amh6PPKI0
>>87
俺もそう思う

92 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:49:23.65 ID:b70KNYpb0
>>87
喧嘩別れでもなければそれほど珍しいことじゃないと思うが
お互い知ってるから話しやすいこともあるし

93 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:50:33.93 ID:Huh8TYtg0
それでも人生であんなに勉強したのは高3の時だけだと思う。
Aもたまに家に私を応援するためにかふらっと来て、優子さんと茶を飲んでた。
私は勉強している間に、Aは優子さんと話していたらしい。
だからいつの間にか、優子さんとAは仲が良くなっていて、私はとってもびっくりした覚えがある。
やつは神経が図太いと思った。

94 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:52:28.05 ID:amh6PPKI0

これは不倫フラグなのか?

95 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:52:46.92 ID:Huh8TYtg0
皆さん気にしていらっしゃいますが、拓也とは喧嘩別れではないにせよ、やはり気まずいところはあります。

しかしそれ以前に友だちだったので、あったら少し話くらいはします。
ただ長い話になるとお互いに気を使いだしてしまうので、本当に少しくらいですね。

96 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:53:08.03 ID:Huh8TYtg0
>>94
いや不倫じゃないですwwwww大丈夫ですwwwww


97 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:54:20.79 ID:Huh8TYtg0

無事に受験も終わって、大学生。
Aと同じ大学に無事に入学できて、家族みんなでお祝いしてくれた。
その大学はこの近くだったけど、Aが同居しない?と言いだしたから、この頃からAの家にいることが増えた。
義兄も上京したままだったし、家は定年退職したお父さんと優子さんだけで、寂しいわ、と優子さんから何回も言われた。

98 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:54:49.66 ID:Huh8TYtg0
そして大学3年の春頃、つまり今年の春だ。
地震やら何やらあって、私も夜の家から自宅へと戻っていたある日、
義兄が大事な話があると言って、訪ねて来た。


99 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:57:43.38 ID:Huh8TYtg0
大事な話とあって、定年退職したお父さんも妙に気合いが入っていた。
大方の予想通り、義兄は彼女を連れて来た。
その彼女は、中3のあの日、家で義兄とやっていた彼女で、かなり驚いた。
でも義兄の話によると、1回別れて、やっぱり戻って来たと言う事だった。
正直、それで本当に上手く行くのか?行ってるのか?と思ったが、その心配はいらないようだった。
優子さんとお父さんは知っていたようだが、義兄は私が大学1年のころからその彼女と同居していて、
2年の同居を経て、結婚することにした、と言う事だった。


100 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 01:59:15.22 ID:Huh8TYtg0
お父さんも優子さんも、彼女と面識が有るみたいで、
「(彼女)ちゃんを大切にするのよ。」とか「(彼女)さんの両親が良ければ。ぜひ」とか言ってた。
優子さんに「(私)ちゃんは、何か意見ある?」って言われたけど、
「いや、私はもう。義兄が幸せならいいや。」としか言えなかった。

101 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:02:24.26 ID:Huh8TYtg0
ずいぶん前に義兄への恋心は捨てていたけど、今度こそ本当に義兄が私の手から飛んで行ってしまうんだと思ったら、
なんだか寂しくなって、柄にもなく「お義兄ちゃんをよろしくお願いします。」とか言った。
言った後に我に返って恥ずかしかった。

彼女は「精一杯頑張ります…。」って頭を下げてくれて、まだ私はまだよく知らないけど、良い人なのかもしれないと思った。
というか義兄が選んだ人だから悪い人だったら嫌だ。

102 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:05:38.77 ID:Huh8TYtg0
その後、彼女さんと家族で夜ご飯を食べようと言うことになった。
どうせならAも呼べ、と優子さんが言ってくれて、Aにメールしたらすぐに来た。

103 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:06:39.89 ID:Huh8TYtg0
ちなみにこれが義兄と夜が初めて会ったときだった。
最初は「お前が(私)の彼氏か?」とか「初めまして、オニーサン」とか言ってちょっと険悪だったけど、今じゃすごい仲が良い。
私抜きでよく遊んでるみたいだ。
あと私も彼女さんと後々仲良くなった。

104 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:08:10.17 ID:Huh8TYtg0
でまあその日は家族と彼女さんと夜で大人数で机を囲んでご飯を食べた。
なんだか家族の未来像が見えて、ちょっと楽しかった。
その後、義兄は彼女の両親にも会いに行き、了承を貰い、結婚することになった。


105 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:08:17.91 ID:tBFedMfP0
夜=A

106 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:08:18.52 ID:wAYXVX900
Aがまだ彼氏だったのか
本当にビッチを卒業できたんだな
幸運で家族にもめぐまれたヤツだ

107 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:10:22.03 ID:Huh8TYtg0
>>105
すみません…書き溜めのほうを訂正するのを忘れてました…。
ありがとうございます。

>>106
Aはなんだかんだ言って長続きしてます。
ビッチだったのも正直頭打ったんじゃないかって言うくらいのことだったので、今じゃ反動のように恥ずかしい話です。


108 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:10:47.91 ID:Huh8TYtg0
ちなみにこれが義兄とAが初めて会ったときだった。
最初は「お前が(私)の彼氏か?」とか「初めまして、オニーサン」とか言ってちょっと険悪だったけど、今じゃすごい仲が良い。
私抜きでよく遊んでるみたいだ。
あと私も彼女さんと後々仲良くなった。

一応訂正版を

109 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:11:49.99 ID:Huh8TYtg0
それで先日、結婚式があった。Aと2人で出席した。
義兄の知り合いとか親族が参列した、結構大規模な結婚式だったと思う。
なにぶん結婚式はあんまり出席した事がないから分からないけど。
そこには義兄の実の父親も出席してた。
優子さんと実の父親にも色々あったみたいだけど、結婚式だけは、と言う事で出席していたらしい。
初めて会うその人は、普通に良い人そうだった。一応私も挨拶だけはしておいた。


110 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:13:12.12 ID:Huh8TYtg0
入場してきた義兄は別人のようで、びっくりした。
やっぱり大学に入ってから、あんまり会っていなかったから、義兄は少し変わっていたのだと思う。
彼女さんもすごく綺麗で、思わず「私もウェディングドレス着たい」と呟いたら、「ドレス買ってあげようか?」ってAにからかわれた。氏ね。
その後も滞りなく式は終わって、めでたく2人は結ばれた。


111 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:13:32.21 ID:Huh8TYtg0
式が終わったあと、知り合いとかに囲まれている義兄を見て、
初めて義兄に向かって言えた。

「お兄ちゃん、結婚おめでとう。」

と。


112 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:14:04.73 ID:Huh8TYtg0
今までは結婚できる、「義兄」として思っていたけれど、
もうそんな邪というか、恋慕の思いはなくて、
本当の「兄」として、やっと認めることが出来た気がした。



113 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:14:40.22 ID:Huh8TYtg0

で、それが先日の話で、今も2人は同居していた時と変わらず過ごしています。

結婚式のあと、Aに、プロポーズらしきものをされましたが、またちゃんと言ってもらってからお受けすることにしました。
事実、就活でいう内定をいただきましたww

114 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:14:55.28 ID:Huh8TYtg0
と言う事でお話は終わりなんですけど、これまでこんなつまらない自分語りを聞いてくださってありがとうございました。
何か質問があったら、答えられる範囲で、答えたいと思います。


115 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:17:56.88 ID:Huh8TYtg0
なんだか最後はさらっと終わらせてしまいましたね。

116 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:20:11.70 ID:wAYXVX900
黒歴史時代のセフレとかはまた引きずり戻そうとしたはず
強引な手も使われた事もあるはず
そう簡単に抜けれない
Aが身体をはって守ってくれたのか?

117 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:22:47.93 ID:Huh8TYtg0
>>116
そうですね。
抜けたばかりの頃は頻繁に電話とかもあったのですが、代わりが見つかったのか、しばらくしたら電話はなくなりましたけどね。
でも今でもたまに電話が来るのでその時は着拒しちゃいますね。

良い事なのか幸福な手は使われたことはないです。
ただ実家の辺りを歩くときはAが必ずついてきますね。Aも一応黒歴史時代に出会った人なので、そこのとこをわかってくれてるのでしょうか。


118 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:23:18.83 ID:qwssItPa0
Aは今社会人?

119 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:25:00.20 ID:Huh8TYtg0
>>118
Aは今社会人です。
営業系をやっているそうです。一日中走り回ってる、と聞きました。

120 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:25:26.64 ID:Huh8TYtg0
誰も聞いてませんが、以前Aが勤めていた廃れてたゲーセンはすぐに潰れました

121 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:27:59.61 ID:9nhO7POd0
乙。1も幸せになれよー。おやすみ〜

122 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:29:59.73 ID:Huh8TYtg0
とりあえずもうそろそろ質問もなさそうですし、お開きにしたいと思います。
正直、黒歴史と言っても自分の過去は過去ですし、ビッチだったことも否定しません。
そんな私でも受け入れてくれたAは本当に大事な人ですし、一生離れるつもりもありません。

今回、区切りのつもりで自分語りをさせていただきましたが、聞いてくださった方、本当にありがとうございました。

Aと無事、籍を入れることができたら、またご報告できたら良いな、と思います。いらないかなww
あっちなみに今Aの家で、Aは寝室で爆睡していますwwwww

私もそろそろ寝たいと思います…。
皆様も健康に気をつけてくださいね。
おやすみなさい

123 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:30:33.79 ID:Huh8TYtg0
>>121
最後まで聞いてくださって、ありがとうございました。
おやすみなさい^^

124 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:32:52.47 ID:amh6PPKI0
人生は長い
まだまだ試練はあるが
きっと大丈夫さ

125 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:34:47.96 ID:wAYXVX900
まあ色々と幸福な事が続いているな
おめでとう

ただこれから、なにがあっても
さびしかったからと言い訳を口にしたら氏ね

このままいい方向に続いて今度は1がみんあに祝福される事を事を祈るよ

126 :名も無き被検体774号+:2012/02/04(土) 02:47:35.45 ID:mwVDMbF/0
>>125
同意。
あと若いから経済的に凄く苦労すると思うけど、
二人で頑張れば何とかなる。
幸せにな!

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)