5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

群像新人文学賞56

1 :スピカ ◆9FtOhHhBPAtQ :2013/11/03(日) 12:01:54.24
ここは
「群像新人文学賞」
公式サイト http://gunzo.kodansha.co.jp/award
の受賞を目指すひとたちのスレッドです。
次スレ立ては>>980が。無理なら指名してください。

前スレ
群像新人文学賞55
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1381925077/l50

2 :スピカ ◆9FtOhHhBPAtQ :2013/11/03(日) 12:02:43.03
ああ、なんとか立てられたみたいだ。有意義に使えるといいね。

3 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/03(日) 12:10:09.62
‖‖_△_‖/_/_/_/_/_/_
‖(Y)^o^)(Y)/∩∩∩∩_
‖(_`‥´ノ_((^o`^o^))
/_/_υυ/_/_っцっц_)
/_/_/_/_/| ̄ ̄UUυυΤ
/_/_/_/_/|\/||\/|/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ここ僕の棲みか。たまに鶏が出るけど気にしないで。

4 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 12:18:54.89
イナさんの棲家はイナスレでしょ。

5 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 12:20:04.31
選考委員が変わるとガラリと入選作が変わるものなのだろうか?
だとしてら群像の伝統、特色は選考委員次第ということになる。

6 :スピカ ◆9FtOhHhBPAtQ :2013/11/03(日) 12:58:53.87
>>5
選考委員は最終候補作だけを読んで判断するわけですから、
最終候補作を絞り込むまでの編集部の意向が第一ではないかと。
編集部としても選んでほしくない作品であれば外せば済むことですし。
むしろ編集の顔ぶれの変化の方が大きいのでは。
まあ、それは我々には分からないことですけれども。

7 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 13:02:34.75
文學界って全然読んでないんだけど萬月加入前と後とで何か変化あった?

8 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 14:11:59.05
ASUS TBが古事記価格

http://rlu.ru/01azw

クアドコア

9 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 16:44:42.09
源さんって生活に困ってるわけじゃないんでしょう
上から目線で素人の作品読むのが好きなの?

10 :スピカ ◆9FtOhHhBPAtQ :2013/11/03(日) 17:17:26.56
>>9
正直、小説はまったく売れていないでしょう。競馬評論家として食べて行けるのかどうかも不明です。
主な収入は明治学院大学教授としての給与ですが、研究論文を書けるだけの学者としての実績はありません。
芥川賞は取れず、三島賞を取ったものの賞としてのネームバリューは明らかに落ちます。
伯楽としての実績もなく、ひところ書いていた文学論も今ではすっかり飽きられてしまいました。
そうなると文芸誌新人賞の選考委員を務めていることがほぼ唯一の実績になるのかもしれません。
教授の地位を手放さないためには辞めるわけにはいかないのでしょう。

11 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 17:34:39.96
>>10
三島賞って芥川賞よりも落ちるの?

12 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 17:35:32.41
落ちるかどうかと訊かれれば落ちるだろう

13 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 17:45:30.65
第一回の時は12作の大激戦になり、
むしろ、芥川賞よりも注目されてしまい、
話題性があったんだけどね。

源一郎が賞金を全て博打につぎ込んだから、
三島賞が話題になってしまったのもある。

だけど注目されたのは、この第一回だけだったね。

14 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 17:58:32.53
最終審査のギャラは賞金と同額と聞いたことがある

15 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 18:03:18.96
講談社の野間文芸新人賞なんて三島賞よりも話題性がないよ

16 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 18:11:50.53
今回、結果が出なかったら筆を折ることを心に決めていた。
火事場の馬鹿力というか自分が書いたとも思えないような
物語を紡げたと自己評価している。
神が降りてくる日を迎えられたらと願っている。

17 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 18:18:43.75
文学賞の落ちる落ちないってのも何を持って決まるかが問題じゃないか?
芥川賞なんて、中身的には大したことない。
価値が高いのはネームバリューだけ。
つまらん小説がたくさん受賞してる。

所詮菊池寛が、小説を売らんかなで創った賞だからな。
マスコミが大きく取り上げるから、如何にも価値のある賞に祭り上げられてしまった。

18 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 18:22:01.46
よくまあ、大声で俺は小説が読めないバカです自慢が出来るもんだ

19 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 18:36:25.50
>>17
村上春樹や太宰治他、累々たる作家が受賞せず、高橋×××とか××真理子etcが受賞してるんだものな。

20 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 18:41:53.95
世の中金なんだよ
宣伝に金かけた方が権威が出てしまう
三島賞よりも芥川賞の方が選考にも宣伝にも金かけてるでしょう

高校野球もPLや天理や智弁など宗教系は金で実績のある中学生を集めて、
甲子園に出る事によって権威を持つに至る。
甲子園なんて半分は宗教宗派の宣伝の為にあるようなものだ

高校生の俺から言わせれば、芥川賞も甲子園も名誉でもなんでもない
えげつない大人の恥の上塗りだ

21 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 18:53:23.00
かっけーな、さすが高校生
言ってること本気なんだろうな

22 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 21:32:50.84
連休明けの5日から本格的な一次選考に入るのかな
期待と恐れが半々

23 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 22:42:50.19
まだ疲労が抜けきらない。歳だな

24 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 23:00:56.88
私ももう三日たつのに投稿のショックが抜けてない。

25 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 23:55:04.10
わがる。
いくら書いてもこれで完全!
とならぬまま出した後悔が大きい。
どれだけ書いても直しても完全にならぬ…これは大作!と思って出せたらなと思う。
でもラストは本当にこのスレに助けられた。ありがとうよお主ら。
念のため小説学校とやらには行かない。
なぜなら小説学校とやらに行って書いた作家の作品は読みたくないからだ。

26 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/03(日) 23:57:52.56
あとキングの「書くことについて」もためになった。
これ読みつつ書いてた。そして昨日読了した。
なんのために書くか。
幸せになるためだ、と書いてあった。
そして水はたくさんある。
この水は無料で、飲み放題だと。
書き続けるしかない。

27 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 00:31:06.22
出した後、無意識に手直ししている俺がいる
この空しさといったらもう…

28 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 02:04:38.90
あと残されたのは猛烈な肩こり……

29 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 03:23:26.68
なんか辛いな。とても辛い。泣きながら寝る。

30 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 06:44:24.37
小説学校(教室)を否定するのは食べず嫌い(想像だけで批判しているだけ)
一度食べてから(教室に通ってから)文句を言うように!
しかも卑怯なことに卑劣なことに書込み禁止を仕組んだりされた!
そんな下劣で根性が狭い団塊の世代のそのオヤジよ聞け!
言論の自由
「そんなことを言うお前を俺は殺したいほどだ。
 だが、そんなお前の口を塞ぐものがいたら俺は
 命を賭けてそいつからお前を守ってやる」
年齢を重ね頭が固くなった人間だから仕方ないが、
偏見、想像だけでものを決めつけるのはやめよ!
まずは真実に目を向けよ!

31 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 07:17:45.53
60代のストーカーが増えているそうだ。
2ちゃんにも暇を持て余したオジイチャン、オバアチャンが
頻繁に登場しそうな気がする。
新人賞もそんな高齢者が青春の蹉跌とか若い頃
モテたとかクサイ恋愛小説なんかを応募するんじゃ
ないかな。
もっとも暇つぶしではなく真剣に書くなら否定はしないけどね。

32 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 07:58:26.02
>>10
へぇ、文芸誌新人賞の選考委員をすることが
教授の地位に関係してくるんだ。
詳しくない世界だから、そうなんだーって思った。

33 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 07:59:02.53
>>30
誰かも書いてたけど、授業料が高いよー

34 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 08:00:30.92
団塊の世代は金も時間もある。出版社も読者獲得のために年配者の応募作を優遇すんじゃねえ。
名前、年齢伏せても文体とか内容で下読みさん応募者年齢わかるしな。

35 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 08:27:02.57
小説道場のことをネット検索した。2〜3万円(10回前後)だった。
これからおれらのライバルとなる(?)団塊の世代にはちっぽけ
な金なんだろうな。
ただ本当にそれで弱点、短所が指摘・改善され受賞に一歩でも
近づければ安いかもしれない・・・

36 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 08:50:06.39
添削・小説教室はスレチだろう
それが分からないのは小説以前の問題だと思う

37 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 09:07:39.13
>>35とか明らかなな自演のステマなんだけどさ
三点リーダを中黒つかってるんだよね
それは良いんだけどさ
弱点、短所がなおってねえじゃんwって思う

38 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 09:37:02.09
…… 

39 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 09:41:52.24
>>37
文章作法どこで勉強したの? やっぱ小説教室?

40 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 10:30:49.48
>>35
わしは団塊の世代じゃが、年金生活で2〜3万円は辛いぞ。
消費税も上がるし、生活するだけでカツカツじゃよ。
金があるのは、東京電力みたいな大企業にいたひとや
渡りで退職金稼いだ官僚だけじゃよ。

41 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 11:31:13.64
小説教室の関係者が必死すぎて、スレ内外から沈黙の失笑を買っているわけだが、
本当に客を集めたいならラノベ・エンタメ系のスレで頑張るべきだと思う。
純文学は哲学のようなものだしコツなんてない。
それに群像の投稿者はプライドが高いから、煽れば煽るほど教室の評判が悪くなるよ。

42 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 11:47:36.91
誤字脱字まみれの捻れた文章で小説教室の宣伝するっていったい……
ラノベやエンタメのスレなら見逃してくれるんじゃないの
もしかして群像が純文学誌だと知らずにやっているのか?
ひどいな

43 :スピカ ◆9FtOhHhBPAtQ :2013/11/04(月) 12:43:53.10
いろいろと誤解が錯綜しているみたいですね。
もしかして>>1に「純文学誌『群像』の主催する」の一行を入れるべきだったのでしょうか?
ともあれスレタイ通り群像新人文学賞についてのお話ができるのがいちばんだと思います。

44 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 12:53:54.36
>>40
年金生活者が急に小説書きたくなって小説教室で文章修業?
純文学は10代からせいぜい30代までが旬。
それにあなたは本当に年金生活者? 俺の親父は正に年金生活者
なんだけどあなたの文章見せたら、「わし、じゃよ、なんて団塊の
世代は使わない。江戸時代のお殿様みたい」だって言ってるよ。
何歳から満額年金もらえるか知ってる? 俺が思うにあなたは20歳
から35歳(つまり俺と同世代)だよね!
それと俺も純文学は感性で書くものだから小学校で教えてもらう
程度の文章作法でOKだと思う。
ただ、俺が冷静に見て小説講座のいいところはあると思う。それを
必死にダメだダメだって全否定するのもかえって変だと感じる。

45 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 13:21:58.48
自分は小説教室に通ったことないけど教室で勉強して
小説現代とオールで2次まで行ったっていう知り合いる。
ふたつともエンタメだけど効果があることは確かだと
思うよ。
ただここはスレチだから他に書くか自分でスレ立ててよ。

46 :40:2013/11/04(月) 13:24:06.07
>>44
はあ?ワシはほんとに年金生活者だよ。
まあ俺でも僕でもいいんだけど、高齢者らしく表現しただけ。
ワシは、明治大正期の親父なら使っていたと思うぞ。

しかし、年金生活で2〜3万円は辛いぞといってるのに。
だから小説教室に通う余裕なんかないというのが読めないんじゃ
小説書いてもいいものは書けないぞ。

47 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 13:39:39.85
>>35
交通費とか入れるとな…

48 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 13:44:31.78
小説教室を盛んにプッシュしている人、
どこの教室の関係者かはっきり名乗ってくれよ。
で、そこの宣伝を気が済むまでしたら(3レス以内)
ここから出て行ってほしい。

49 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 13:46:36.08
純文は真剣に人生を真摯に善悪を文字に刻むものだとしたら
青臭い若者の感受性だけで文章を紡ぐものに高評価を与えて
いいのだろうかと疑問を抱く中年オヤジのわたしなのである。

50 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 13:53:11.84
>>46
だから、「はあ、ワシ、思うぞ」とか年寄り言葉とか
若者言葉を混在させるから年齢性別不詳と勘ぐられるわけ。
だったら、あなたは勤続何年で国民年金か厚生年金のどちらか
教えて。同じ部屋でテレビ観てる親父に真偽を確かめてもらうからさ。

51 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 14:05:20.97
ひとりを除き全員が必死さこいて小説学校を否定するのは摩訶不思議
だったら高名な先生が講師を務める教室になかなか入れない事実を
どう説明できる? カービーダンス教室に入るより大変なのよ。
効果があるからじゃない?

52 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 14:10:53.46
ここは年金生活者が愚痴を語るスレですか?それとも俺、違う場所に迷い込んだのかな?

53 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 14:21:19.57
>>50
確かめてどうするんだ?

54 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 14:37:44.25
>>51
高名な先生って誰?
さくらんぼテレビが主催している『小説家(ライター)になろう講座』
のゲストは毎回豪華だと思うけど、当然そのレベルなんだろうな?

55 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 14:40:37.81
>>53
理由
1)このスレは群像文学賞に関して意見、情報を語る場所
2)年金生活者の愚痴をこぼすには不適当なスレ
3)嘘、偽りを書き込むのは俺らにもあなたにも無益

56 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 14:45:35.75
>>54
喉まで出かかっているけど固有名詞を出すことは控える。(釣りにはひっかからないわ)
ご自分で検索エンジンかけていな。

57 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 14:58:10.87
>>55
で、ワシの言ってるのが、嘘だったらどうする?

58 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 15:10:44.27
>>57
見破られない嘘がつけるようになるまで小説教室に通って修行してもらいたい。

59 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 15:14:46.67
>>58
では嘘ではないし、金ももったいないから小説教室には通わない。
ボクちゃんも、こんな話にかかずらわっていないで、
頑張って良い小説書けるようになるために頑張りなさい。

60 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 15:23:21.54
>>59
はい、わかりました。ただボクは本当にお金がないのでお金を貯めたら
安い高いではなく実績のある教室(新人賞受賞者多数輩出)に通います。
あなたも本当に高齢者なら、すばる、文藝、群像、太宰などの純文学
よりお金を節約して小説教室に通ってオール、小すば、現代なんかの
エンタメを狙った方がいいと思いますよ。ご健筆を祈ります。

61 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 15:26:47.77
添削ステマ厨は専用スレへ逝け

小説学校に行く価値はあるのか?!2
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1314679880/

【長所】プロに添削してもらう【短所】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1348149704/l50

62 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 15:28:01.98
純文学の中に文學界が入らず、なぜか真っ先にすばるが挙がる
しかも微妙な太宰賞を並べるとは…
さらに高齢者に小すばを勧めるあたり、相当に無知なんだな
あんまり人様に偉そうに言わない方がいいよ
ボロが出過ぎ

63 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 15:33:27.11
すばると文藝は純文の看板を捨てた劣化ラノベ誌じゃねーかw

64 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 15:38:31.46
>>62
文學界は石原慎太郎の時代にまで遡ってほとんど読んでいて純文学でNo.1(文春=日本文学振興会)
の地位にあるということは言うに及ばず知っている。また、さかんに小説教室バッシングする御仁
(年齢性別不詳)なので幅を広げて書いただけさ。
いずれにせよ君が何らかしらで文学に携わっていることには疑う余地はない。ガンバレよ!

65 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 15:42:27.86
新潮が完全にスルーされてるw

66 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 15:43:50.84
文壇の知識の自慢ごっこよりおれは応募作が群像にどれだけ評価されることだけが気になる。

67 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 15:46:12.88
もう妙な流れをきっていいとちゃうか?

68 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 15:57:37.60
まずはsageないか?
荒らしはageたがるし、上がっているスレに寄ってくるものだ
前スレでも荒らしめいた書き込みほどageだったし

69 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 15:57:49.88
投稿後、ぐっちゃり疲れていて3連休ずっと寝てた。で、鏡に顔映したら
オーラを放っていた。上手く言えないが受賞した人間が浮かべる余裕の
表情っていうか、とにかく面相が変わっている。イケるかも!

70 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 16:08:09.75
群像新人文学賞でぐぐってたら、二三年前の群像スレがまとめサイトにあってわらえないけどわらえた。
最終の電話が来るか来ないかの頃で、悲痛すぎるみたいなタイトルつけられてたぞ。

71 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 16:09:33.70
ちょっとその顔の画像をうpしてみてくれ。

72 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 16:18:28.07
>>71
田中某が記者会見のときに見せた不敵な顔を彷彿ということであとは想像してくんなまし。
注)ちなみに野球のことではないからね。

73 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 16:32:32.48
それはいい面構えだ。
自分もあんな表情をモノにしたい。

74 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 17:24:01.63
自分も寝たらよかったかなー。疲れが抜けてない

75 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 00:20:17.40
さて次は……なにに向けて書こうかの。
投稿作読み返したけどだめだわ。
もっというと最近の受賞作とかまったく読んでなかったんだが、ざざっとあらすじを追ってみた感じ、
俺、古すぎてだめだわ。
なんか気づいたら純文学、新しい感じになってた。
人魚になってたり目覚まし時計売ってたりしてた。
今後の方針をよくよく考えるわ。

76 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 01:53:41.62
とりあえず新作には教授と錬金術師は登場させないほうがいいぞ。

77 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 02:44:05.07
そんなんもあったねw
出さない方向でいくわ。
学生運動もないし、政治にも興味ないし、自分について以外、何を書いたらいいのだろうかね。
最近、ノンフィクション以外、なにも面白く感じられない。
俺を支えている俺ってなんなんだろう。

納期迫らなきゃろくに仕事もしないし、当日消印有効日迫らなきゃろくに推敲もしないで、
ふと余命宣告受けなきゃ最大の力で書けない気もしてきて本気で怖くなった。

78 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 06:45:22.02
人魚の錬金術師で

79 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 08:19:33.43
だめだ。まるで書く気が起らない。こんなことは初めてだ。
そうだな、こんなときこそ……。もう、言わんばい!

80 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 09:12:39.36
書く気が起らない時こそ、……。もう小説教室なんて言わない。
そう、この群像スレでモチベーションを高めもらえばいいのよ。
どなたか執筆意欲を高める方法、秘策あったら教えてちょんまげ!

81 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 09:31:53.78
小説教室は上手い奴がごろごろいて欝る。ヘタな奴がいても安心して努力しなくなる

82 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 09:36:20.28
執筆モチベーションを上げる効果になるかわかないけど
頭に浮かんだことを書いてみる。
受験じゃないので傾向と対策を気にしても仕方ないと思う。
ただ、礼儀もあるので最低群像新人賞作を過去5年くらいは
遡って熟読しておくのは何らかしらプラスになると思う。
大きな図書館に行けば過去2作くらいは読めるだろうが、
それ以前の受賞作はアマゾンとかネットオークションで探す、
それでもだめなら講談社群像編集部にぬけぬけと直接聞くと
良いと思う。ただし、それによって選考が有利に働くことは
ないけどね。
書く気が起らない時はかつて自分が夢中になった小説を再読
してその時の情熱を思い出すっていうのもひとつかも。
文学で身を立てようとするみんなの健筆を祈願いたします。

83 :スピカ ◆9FtOhHhBPAtQ :2013/11/05(火) 10:26:35.27
私の場合ですが、書く気が起きなくなったときには「読み」の力が衰えていますね。
新人賞受賞作を読んでも悪文が気になったり観念的な文章の羅列に嫌気がさしたりします。
でも大事なのは、それらの欠点があるにもかかわらず捨てられなかった何か、なんですね。
その「何か」を読み取るべく作品に向かっているうちに、しだいに見え方が変わってくる。
なるほど、ここか、と思えるようになったときには、執筆のモチベーションも回復しています。
今まで見えなかったものが見えるようになったわけですから、小説へのスタンスも変わっています。
それまで行き詰まっていた空間から一歩、踏み出せたことになるのでしょうか。
そんなやり方を繰り返しつつ、書き続けています。

84 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 10:55:05.59
ここだけじゃなくてどの新人賞受賞作を読んでも「俺のより下手なのに……」と
いつも思う。正直どうして当落が決められているのかわからない。その理由が
わかるとき受賞に近づき、つながるのかもしてない。
そのためにはどうしたらいいんだろう? ひとり袋小路に入っていては絶対に
落選が続くだろう。だったら小説学校と思っていたら、みんながそれもダメと
の連呼。最終的には生まれ持っての才能、そして運ということなのだろうか……

85 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 11:02:26.81
下手ってなんだよ
作文大会じゃないんだ
群像に出してるんだろ? じゃなんか文学的しかけとか
既存のものと同じテーマで書くんでも切り口や味付けを新規なものにしないと
文章がへただけど、そういうことやってるやつに負けるだろ
ある程度は上手下手で足きりあるだろうけど、その上は
そういうことできてるかどうかの勝負だろ
美文コンテストじゃないんだからさ

86 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 11:47:00.79
そうだね
文章力の問題じゃないんだよね
不味い文章は、編集にて校正してくれるわけだから

87 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 11:58:22.07
選考委員のコメントを読んでもひとそれぞれ。受賞作を強く推す人間がいたり、
頭ごなしに批判する人間がいたりして。
芸術至上主義、つまり文学は人間の尺度では推し量れない呪いなのだろうか???

88 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 12:12:21.56
天に選ばれた人のみがこの世界の表舞台に出られるのさ
宿命なのさ

89 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 12:20:05.35
芥川賞を獲った田中は社会に溶け込まないで
自分の文学世界を確立出来た。
これは彼の宿命だったんだろう
芥川賞を獲った藤野は、級友から疎外されて
ホラーにのめり込んでしまい、自分の文学世界を確立出来た。
これは彼女の宿命だったのだろう

いじめや社会からの疎外は天が仕組んだ事なのだ
彼ら、彼女らの文学を育て上げる為の

むしろ、友達に事欠かなく、自殺等に追いつめられる事もなく、
平々凡々な人生を歩んできた者には厳しい試練なのだ

90 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 12:59:25.63
奇人、変人が(純文学の)新人賞に近いというなら極めて常識人のおれは後天的に変わらなければいけない。
では、どうすれば……そんな時こそ……小説教室が役に立つわけがないか……。
一人前の芸人になるために飲む打つ買うをやってエンタメ転向しかないのかなあ……

91 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 13:23:09.03
もう小説教室はいいですYO

92 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 14:33:35.39
ある程度人生って決められてるのかもな・・・

って、ちょw
宿命とか誰か言い出すから洗脳されてしまう
疲れてナーバスになってるから余計に

93 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 14:40:37.16
宿命と運命の違い……

94 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 14:50:38.49
社会に身の置き所がなく、頼れる人間もなく、貧困に喘ぎ、病床に伏したところで
小説家になれるのはそのうちの1%未満。
そんな境涯で死に物狂いで書くくらいなら、家族や友に囲まれ、
毎日美味しいものを食べ、元気に生活しながら
趣味でちょこっと書くくらいのほうがずっと幸せだべ。

95 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 16:06:41.55
まさに文学の呪縛といった確信に迫ってきた。
誰にも認められずともとにかく書かずにはいられない。
とはいえ、収入がなければ生活が成り立たない。
それでいいという人間は日記を書いて自我自賛していればいい。
きれいごとを言っても所詮、金、名誉、女(男)にモテたいと
願うのは当然至極。
ならばどうするか……。小説教室ではない。否、断固否。
は;半分でいい。ひ;人並みでいい。ふ;普通でいい。
へ;平凡でいい。ほ;ほどほどでいい。
という悟りに幸せを求めることしかないのだろうか……。

96 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 16:13:53.70
そろそろ嫌になってきた。
君は悩んでいるというより、個人的な不安を撒き散らしているだけだ。
泣き言に付き合わせるのは、ネットだろうが小説だろうが禁物。
黙って、解決するまでは一人で苦しむしかないよ。
そんな人間だからこそ、文学なんてものがあるんだ。
泣き言は、文学から一番遠い営為だと思うよ。
甘えを正当化するためのものじゃないからね。

97 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 16:50:10.47
愚痴や自己弁護で紙幅を稼ぐタイプか

98 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 16:56:12.15
はっきり言うが文學界も群像も、さらに言うならば最近の芥川賞も
そろそろどころかとっくに嫌になってきている人間が多いのでは
ないだろうか。
芥川や太宰が生きていて今の純文学の実情を見たらなんと言うだろうか?
ではなぜ2000人もの人間が応募するのだろう? 宝くじよりも確率がよく
ロト6以上に意思の力が結果に結びつくからと考えているからではなかろうか?
だとしても人生を、いや、だからこそ人生を賭けるに値するという観念から
逃れられないからではないだろうか?

99 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 17:39:51.26
ん?なんだここ
哲学のスレか?

100 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 17:58:08.58
あれだよ 自分が食えないんで「すっぱいにちがいない」って言う狐現象
XXXXがいたなら、どう思うだろうって、自分でもわかるわかって無いのに
勝手に自説に賛成してくれるって思ってる
死人にくちなしだし、トラの威をかる狐

101 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 18:05:19.38
日展

102 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 18:10:29.12
嫌になっているのは文学じゃなくて
このスレに粘着して泣き言を並べる甘ったれだよ
いい加減にしろや

103 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 18:53:24.56
少女教授錬金術超越文章軽便
嫌文学粘着並泣言甘言良加減
自食酸言狐現象死人狐借虎威
奇人変人極常識人後天的可変

104 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 18:56:54.11
>>103
突っ込むのは本意じゃないけれど「軽便」ってのはここでの意味合いとは違うんじゃない?

105 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 19:25:41.07
軟便って見えた…疲れてるな、俺…

106 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 19:30:31.73
漢文として見ればデタラメだがまあ気持ちは分かる
ただ後半二行はいくらなんでもひどくないか?

107 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 21:09:24.86
>>98
正論である。
各誌新人賞が大手メディアで取り上げられることは皆無といっていい。
芥川賞(直木賞)でさえ選考結果が出たときだけが、メディアは報道
するのみ。
文學界、群像など2000ほど応募作があるのも事実。
どれも事実。
また、私見を唱えておらず問いかけの文章が書かれているだけ。

108 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 21:10:43.06
またageかよ

109 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 21:37:04.82
なんかうるせェ奴が増えてるな

110 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/05(火) 22:30:41.38
>>103久々にこのスレ来て言うんもなんなんやけど、漢文は韻踏むんやったが。一、二、四行目の文末だけでいいんやったっけ?
/_/_/_/∩∩_/_/_/_
/_/_/((`。`)/_/_/_
/_/_/(っц)/_/_/_
/_/| ̄ ̄υυ ̄Τ/_/_/_
/_/|\/||\/|/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_前>>3

111 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 22:34:34.90
音数も押韻も知らなくても東大理系には入れるんだな
つまり文学的には完璧に白痴

112 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/05(火) 22:37:15.32
待てよ? 前>>110
/_/_/_/∩∩_/_/_/_
/_/_/_( (`)/_/_/_
/_/_/_(っц)/_/_/_
/_/| ̄ ̄υυ ̄Τ/_/_/_
/_/|\/||\/|/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_五言絶句が二、四。七言絶句が一、二、四や。十三言絶句は七言絶句といっしょなん? 初めて見た。

113 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 22:37:53.71
七言と五言、絶句と律詩の組み合わせで微妙に韻の踏み方違ったよね。
そんな中学生のころの記憶である。

114 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/05(火) 23:50:54.26
ファオンファオン♪
彡∩∩~♪〜┏━┓
(`o'))彡┏┛□┗┓
υ┳υヾ、┗●━●┛≡3
彡┣━υ◎゙ 来るな!
彡◎゙ チキショー! 覚えてねえ! 思いだせるのはそこまでだよ! 前>>112

115 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 00:09:22.66
桜井晴也氏の『世界泥棒』て面白そうなんだが、誰か読んだ人はおりますか。
先月の文藝に載ってるんだろうか。

116 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 00:23:52.75
「柊くんが夕暮れを食べて嘔吐していた」という文に惹かれる感性の持ち主なら
読んでみるがいいさ。

117 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/06(水) 00:32:43.07
□ ‖◇/n_n__n n___
。 ‖>// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//
__‖//______//|
/// /(-^-)( -゚-)ご..
 ̄_/__U_Uzz.````_/|ご
_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ごご..ごごめ..ごめんよ。ごめめんよ。前>>114イナスレかと思ったんだ。マジで。

118 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 00:37:31.90
まったく気にならないよイナさん。むしろいつもとなんら変わらない。

119 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 00:38:34.47
>>116
もうちっと読んでみないとわからないな。

120 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/06(水) 01:24:29.16
□ ‖◇/n_n__n n___
。 ‖>// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//
__‖//______//|
/// /(-^-)( -゚-)なん
 ̄_/__U_Uzz.````_/|て
_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|読むんだ? 前>>117このしろ君か? 鮗。

121 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 01:54:03.66
いややっぱり書くことにした。
桜井さんのブログ読んでたらさ、すごい既視感覚えちゃったのあたし。
だからこの想いをこめて書くわ。
そして僕は文藝スレへ旅立つ。旅立ちながら名残惜しいのでこのスレも追う。
あばよ……
と気取ってみせた。泣かないで泣かないであたしの恋心。

122 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 02:59:54.05
わたしは今回初めて群像新人賞に応募した人間です。2チャンネルというものに群像について
語り合うスレッドがあるというので覗きに来ました。
しかし、ためになることがあまり書いていない印象を受けます。特に誹謗中傷が多く残念です。
文学に真剣に思いを寄せる方のご意見を書いて頂きたいと願っています。
よろしくお願い致します。

123 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 03:29:28.82
釣りだよな。
釣りだよね。
釣りさ。
釣りの時。
釣りならば。
僕はそっと煙草を吸った。

124 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 03:33:40.02
>>122
そして真剣に答えるならば、最近のこのスレは、近来まれにみる真面目さだったと思います。

125 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 04:30:53.06
このスレに限って言えば真面目さに欠けるかもしれんが、前スレなんて真面目の固まりだぞ

126 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 05:17:57.63
入選者、受賞者が2ちゃんに来ると思う?
落選者、ヤジ馬の話に期待する方がおかしくない?
それこそ小説教室にでも行った方がいいと思いませんこと?

127 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 07:53:05.27
会心の作と自己評価する原稿を投函して1週間が過ぎた。
この間、いろんなことを考えた。
会心の作だから受賞する! これでダメなら潮時、筆を折る……
結果(電話連絡)がもたらされるまで夢を見続けることにする。

128 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 08:18:57.67
ageは釣りか荒らし、更には愚痴厨
実に解りやすいな

129 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 08:35:28.33
>>128
寂しんだね・・・

130 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 19:00:46.64
>>128
気持ちは判るよ
ageで垂れ流しは見ててキツいもの

131 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 19:34:59.34
>>121
寂しい事いわないで
あたしは残るわ
かまってちょうだい
何かしてなきゃやってられないの
不安で不安でしかたないの
あたしと遊んでちょうだい
ね、ね

132 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 19:56:26.22
山崎ナオコーラ ‏@naocolayamazaki 21時間
純文学やりたい。しかし、もう諦めろっていうことなんだろうな……。だったら、作家の仕事全部降ろした方がいいんだろうな。

山崎ナオコーラ ‏@naocolayamazaki 21時間
ああ、ここ何週間か、死にたいというフレーズしか頭に浮かんでこないなあ。

いいか、あのナオコーラさんでさえ、こんなに苦悩されてるんだw作家なんかなるもんじゃないぞw

133 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 20:04:57.76
コカコーラなんて名前つけたら俺も悩むわw

134 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 20:23:25.99
>>132
それはどこで読めるんで?

135 :134:2013/11/06(水) 20:26:45.37
>>132
すみませんツイッターですね。

136 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 20:40:47.09
ナオコーラの小説はそこまで悪くないが、あれを純文学とか言われるとさすがに…デビューから一貫してエンタメだと思うんだが…

137 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 20:50:05.20
>>132
そこまで純文学に覚悟を決めて、そのペンネームなのか!?

138 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 22:04:31.17
ナオコーラの苦悩ですか……
芥川賞獲るって大変なんだね
死なないでナオコーラ

139 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 22:12:23.94
純文学の新人賞獲っても、その後にまともに生き残れるのは30%程度でしょう
結局、書くことなくなって追いつめられるって。さまざまに話を作れるエンタメとは違うからね
まともに純文学やってたってつぶされますよ
食ってもいけない

ナオコーラには、エンタメとの両輪をお勧めする。

140 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 22:14:24.91
自分を書き尽くしてしまえば、後は苦悩が残る

141 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 22:15:19.75
山崎ナオコーラの憂鬱

142 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 22:22:29.92
中山智幸も前は随分見かけたけど、
だんだん見なくなったなー
10年くらい経つと純文学作家のネタ切れは申告だね

143 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 22:30:55.73
マジで申告

144 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 22:47:30.81
書くことをきちんと書ききったのならもう書かなくていいんじゃないかね

145 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 22:54:21.37
俺、筆名、川崎チンコーラで送った。

146 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 23:02:44.99
え、新人賞とっただけで30%生き残るとかないだろ
芥川賞とった人の5年生存率が30%くらいじゃなかろうか

147 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 23:09:28.90
ごめん、ウソだった
驚異の生存率だったわ
さすが芥川賞だ、おれも芥川賞とることにするわ
ttp://blog.livedoor.jp/gurgur717/archives/51322849.html

148 :134:2013/11/06(水) 23:31:47.40
若者向けのラジオに朝井リョウがでておる!

149 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 23:32:32.43
名前欄消し忘れてた///
なんかメッセージ送ろうかな。

150 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/07(木) 01:42:07.93
最終に残ったときとか受賞して雑誌に載ったりする前とかに一行ぐらい直してもいいんでしょ?




少しぐらい直せるんでしょ? 前>>120

151 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 02:30:55.99
あたまかきむしるほどらすとなおしたひ。

152 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 04:23:58.45
朝吹真理子はどこいった
美人だからという理由で読む気にはなるのに

153 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/07(木) 06:48:35.72
芥川龍之介だって『蜘蛛の糸』のラスト直したらしいじゃん。
―∩∩―-/彡\―/
((^o^)(∇` )|
(っц)(っц_)|
 ̄`υυ ̄`υυΤ
||\/||\/|||/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/下人の行方は誰も知らない。前>>150応募作の行方は誰も知らない。だよね?

154 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/07(木) 07:15:37.10
‖∩∩]‖>◇|∩∩ |
((-。-) ‖◇/((`o`)|
(っ[ ̄]‖>,〜U⌒U、|
「 ̄ ̄ ̄]/ヽ___)
□/_UU_□/////UU////////////////////////////////////////////////////////ラストを書き足したい。
>>153そこにかかる伏線も書き足したい。そうですね?

155 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 07:41:45.83
どう見ても群像とは無関係な書き込みが多過ぎ
知らないなら無理して書き込まなくてもいいのに
見苦しいだけ

156 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 08:52:57.61
>>155
基本的に同感です。
わたしも真剣に新人賞を狙っている人間なので文学(群像)と関係ない書き込みは
慎んでもらいたいと願っています。
ただ、はっきりしていることは2チャンネルに来る人間の多くが孤独で世に不満を
持ち天に唾吐く性格の持ち主ということです。
そんな可哀そうなひとたちの慰め、ガス抜きの場として寛容に受け止めてあげる
度量を培えばいいのではないかとわたしは考えています。
また、群像の応募者と関係ないと明らかに推察され誹謗中傷を語る文章の中には
わたしの発想では思いつかないこともあり、「こんな人間、こんな考え方もあるんだ」
と感心させられ、創作上わたしには役立っています。感謝したいくらいに思っています。

157 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 09:08:30.05
子供の頃、家で犬を飼っていた。頭を撫でてやろうと手を差し伸べると
尻尾を振りペロペロとおれの手を舐めた。
それで知り合いの家に行ったときもその家の飼い犬に手を差し出したところ
ウーと唸られ噛みつかれそうになった。怖かったし腹が立ったが、いろんな
犬がいることを知った。おそらくその経験がなかったら犬に対する考え、認識
は狭く誤ったものになっていただろう。
2ちゃんで悪態をつき、批判だけの批判をする人間は、自分の至らぬ見識を
豊かにし、ひいては作品の幅を広げてくれるものとおれは歓迎している。
ただし、そうはいってもムカつく輩はいるけどね。

158 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 10:19:09.94
鶏が鳴く

メディアでさっぱり話題にならないな

159 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 10:37:09.77
>>158
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130526/bks13052609270002-n2.htm
文学界新人賞は「該当作品なし」だった。
新人賞は、すぐれた新人を世に送り出したいという気持ちと、賞のレベルは落としたくないという気持ちとの葛藤の中で選ばれることが多いだろう。
選評の中にこれらの小説で受賞させてしまっては本人に気の毒だという趣旨の言葉があったが、本人が活字にしたいと思って応募するのだから、その配慮は不要だ。
選評を読めば、結局は後者の理由が勝ったのだとわかる。そして「該当作品なし」もやむを得なかったと理解できるが、これまでの選考基準に問題はなかっただろうか。
自分は才能があるという根拠のない自信だけを持つ「新人」や、小説ならこの程度でいいのだろうという傲慢な「新人」に賞を出してきた結果ではないだろうか。
勉強し取材すれば必ずすばらしい小説が書けるわけではないが、「才能」だけで書こうとする「新人」が多すぎる。それとも、勉強し取材して書くと、
直木賞系になってしまうとでも思い込んでいるのだろうか。少なくとも、波多野陸はよく勉強していることがわかる。

>波多野陸はよく勉強している

160 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 12:56:29.77
即レスw

161 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 13:00:56.62
>>159
石原千秋は元・第一学習社社員で教科書とか問題集とかを作っていた
いわば受験屋さんだからな
何だか勘違いして最近じゃ文芸評論家を気取っているけれど
所詮は現代文問題解説レベルの読みしかできないから、鵜呑みにしない方がいいぞ

162 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 13:03:30.74
最近の新人賞は「落としてやろう」ではなく、「受賞させてやろう」と
非積極的ながら仕方なく受賞作を決める選考ばかりのような気がする。
もうからない文学よりIT関連に優秀なクリエーターが流れていることで
新人賞のレベルが下がっていることは否めないだろう。

163 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 13:19:52.89
>非積極的
…初めて聞いた。「消極的」じゃマズい理由でもあったのか

164 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 13:33:57.67
そう?
たまに聞くぞ
違和感あるけど、なんとなくニュアンスはわかる

165 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 14:34:18.04
今日は群像の発売日だな。
公式で内容をチェックしてみたんだけど、
13人の作家が名探偵へ捧ぐオマージュ 特集「名探偵登場」
というのはちょっと意外。
松浦寿輝のだけ読んでみたい。
でもそれだけのために買うかどうかは微妙……。

166 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 14:51:40.03
ミステリ×純文学を送った

167 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 15:02:26.44
某大手金融機関は、「貸すも親切。貸さぬも親切」というのが創始者モットーとして
今日まで伝承されている。
文学新人賞も「受賞させるも親切。落とすも親切」
ということが言えるのかも知れない。

168 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 15:11:32.67
モブノリオは今何やってるんだニガー

169 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 15:15:24.78
「非消極的」の方が耳にする機会は多いかもね

170 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 15:44:27.15
波多野の本の装丁酷すぎわろた
編集何考えてんだ

171 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 16:23:57.45
自分もあれ見たとき笑った。
あれなら無地真っ黒とかのほうがいいよね。
売れないイラストレーターに仕事をやったってところなのかね。

172 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 16:30:09.85
ちょうど今日、私もモブノリオのこととを思い出していたんだ。
奇遇。

173 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 16:57:28.02
非積極的だろうと非消極的であろうと落選させた方が本人のために
なると見なされる最終候補者が今はほとんどじゃないかな。
なまじっか受賞させるとその後の人生を台無しにする人間多いんで
選考委員も慎重になっているんだろうよ。

174 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 17:34:58.43
でも今回の文學界は奨励賞合わせると受賞者3人だよ。

175 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 17:41:21.33
某新人賞の選考後記を読んだら団塊の世代のオジイちゃんが
10代、20代の女の子との情事にふける話が実に多いんだとさ。
おれは40歳を越えているけど類似の内容なのでダメな気がしてきた。

176 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 17:58:35.17
>>175
乱歩賞だけど、テロリストのパラソルがまさにそんな感じだ
いま検索したら、「団塊世代のオナニーがマッハで炸裂する」と書いてる人がいた

177 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 17:58:35.63
>>170
同意。
醜いラノベ

178 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 18:04:01.81
団塊の世代の爺ちゃんと婆ちゃんが激しくセックスする小説にすりゃいいのに。
醜悪だけれど少なくとも10代20代の人間には描けない世界だ。
逆に爺ちゃんと女の子じゃ、ビジュアル的に爺ちゃんが不要。
小説の基本中の基本だけれど、自分を美化しちゃいけないな。
そこに甘さがある。文学は甘ったれた妄想の発露の場じゃない。
醜悪な糞ジジイである自分を認め、相応の相手であるババアとくんずほぐれつなら
これはこれで「文学」だと思う。
それが書けたら、そいつは糞ジジイから本物の作家になれると思うぜ。

179 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 18:16:53.98
でもそれを読みたがる読者がどれだけいることか……。

180 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 18:23:11.57
>>179
言いたいことは判る。
だがエセ哲学小説だの中二ラノベもどきの作品よりはまだしも話が通じる気がする。
醜悪なのはヲタもジジイも同じ。
ならぐいぐい行く姿を応援する読者はガイキチ小説読者よりは多いと思うぞ。

181 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 18:29:09.89
団塊妄想も気持ち悪いが文学気取りワナビもキモイ
じゃ自分で書いて応募しろよ 読み専スレじゃないんだからさ

182 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 18:32:18.75
団塊の世代と言えば、今までは学生運動とかイケイケとか、とかく過剰さばかりが目立っていた。
しかし人間である以上は彼らも当然、衰える。死を意識する。かつての大言壮語がすべて我が身に返ってくる。
そんな中で、同じ世代を駆け抜けて年老いた男女が、それぞれの人生に対峙し、どう決着をつけるか。
これが文学でなくして何だ、と俺は思うね。
黒髪ロングの白ワンピ娘との甘っちょろいファンタジーに逃げていないで、醜悪な己と真摯に向き合え、と言いたい。

183 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 18:32:52.12
でもさ、審査員のおじさんとかは団塊と若い子の恋すきだよね
審査員のおばさんは熟女の恋すきだよね

184 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 18:36:45.54
性欲はありあまっているけどババアじゃ勃起しないという我儘ジジイは
実際結構多いんじゃないかって気がする。
相手をババアにすれば文学になるというものではない。

185 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 20:04:00.46
60代70代の肉体年齢は若いとの統計が最近発表になったじゃん。
問題はそんな元気なジーさんバーさん、しかも時間も金も
あって小説教室にでも通われ若者の聖域、純文学の新人賞に
応募されたらどうしようってあたしは恐れているのよ。
高齢者の読者は増えるだろうから出版社も団塊世代の応募者を
尊重せざる得なくなる……。
「65歳以上の応募を禁じます」という年齢制限を応募規則に
してもらいたいと思いませんこと?

186 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 20:08:37.93
>>177
表紙買いを誘うほど「売れない」んだよ……

187 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 20:21:43.14
応募作を投稿後初めて読んでみた。そしたらにわかに新作を書きたくなった。
つまりさー、群像に応募した拙作まるで駄作ってわかったの!
12月末までに100枚もの書かんとあかんぞなもし。

188 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 21:14:33.61
>>185
で、あんた何歳?

189 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 21:27:11.88
>>188
19歳<あたし<64歳

190 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 21:31:44.87
>>185
安定した購買層による収入源になるから、それは出来ない
売上が減ってこれ以上執筆料を下げたら、純文学作家は本当に食えなくなりますよ

191 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 21:36:09.30
食えなくてもいいんじゃね

192 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 22:14:48.64
亀レスだけど、最終候補に残ったあとに推敲するチャンスはあるよ
っていうか、最終候補に残った段階でデータ送ってって言われるから
それまでに推敲しておけばいいわけだが。
完成直後に送って、最終選考にむけて推敲するのが玄人

その昔、一文どころか一章つけ足したけどOKだった。
規定の枚数を越えた分は却下されたけどね(´・ω・`)

193 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 22:17:33.24
>>189
ほう、49歳か。もう歳だな。

194 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 22:48:29.53
>>187
同じく
俺は来年三月末締め切りのをと思ってるがね
万が一にも今回は受賞できまい
最低でもあと一年はくすぶったままの生活だぜ…

195 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 23:09:29.35
35歳過ぎて純文学で身を立てることなぞ出来んバイ!

196 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 23:16:53.57
下読み年齢25歳から35歳、編集者25歳から45歳、選考委員40〜60代
この各3世代にウケる話をかくことは至難の業ですな。

197 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/08(金) 00:53:24.52
>>192詳細なレス、ありがとうございます。さっきつけ足したいと思った台詞をなぜつけ足さなかったのかを考えてました。
>>154やっぱりつけ足さなくてよかったのかもしれないと。

つまり僕の主観からすると具体性をもたせるために必要な台詞が、読者の一般性からすると想像に任せるべきではないか、ぼやかしたほうがいいんではないかといった考えです。

データを送るのはきついなぁ――と思いました。たぶんそれは逆に新しいフロッピーをもらわないと無理ですよ。

198 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 02:06:42.32
勇気をもって、別人の視点(友人を仮想の視点として、実際には読ませていないわけだけれど)であると暗示させて応募作を読んでみた。
二三箇所誤字、統一のない箇所を発見してしまったが、悪くない。
悪くないと思えた。

これをもって、群像スレの書き込みを最後にする。

みんなありがとう。

199 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 02:44:34.94
最後なんて言うなよ…(´・ω・`)

200 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 08:26:23.70
おれも我慢して付き合っていたけど自演、誹謗中傷が目に余るようになってきた(このスレだけじゃなけどね)ので
書き込み最後にする(覗くには来る。で、まともになっていたら再度、書き込むよ)。じゃあ、See you again !

201 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 08:58:29.87
確かに群像とは無関係な話多過ぎだな
群像出身でもない作家を突然挙げたり
にわかの知ったかが目に余る
そういう奴に限ってageるしな

202 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 09:32:17.01
ヒスは消えていいぞ。

203 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 09:46:50.90
去る者は追わず、来る者は拒まず

204 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 09:56:14.07
誰が誹謗中傷されてるのかわからぬ
源一郎だけだよな

205 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 09:59:55.04
作家になりたいのに今日も仕事。食べていくためには仕方ないけど、苦痛・・・

206 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 10:16:04.18
>>205
友達に推理小説書いてなんかの賞とって本3冊出した奴いるけど
いま事務機器を売る会社の社長やってる。
そいつがいうには芥川賞獲った人間でも執筆だけで食って
いかれるのは20人いるかいないかと言っていた。直木賞獲っても
似たり寄ったりでないかと言っている。
だけどおいらはその20人に入るつもりで書き続けますよ!

207 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 10:39:12.52
去る者は去るに当たっていちいち挨拶はいらん。
黙って消えろ。

208 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 11:54:26.38
20人って言われても母体がよーわからんよ

209 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 12:02:14.99
>>208
業界のひと、作家、小説に興味ある人間はもとより
普通のひとでも図書館とか本屋に行けば芥川賞受賞で
生活出来てそうなひと何人くらいいるかわかるじゃん。

210 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 12:45:02.80
208は要するに純文学作家の「分母」が分からないから
20人と言われてもぴんとこないと言っているんだろ

211 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 12:58:52.67
>>210
雇用統計じゃあるまいし正確な数字なんか出るわけないじゃん。
要するに書店、図書館、テレビ、ラジオなんかから感覚的に
言ってるだけだろ。
新人賞はもとより芥川賞作家でも受賞後5年以上執筆業だけで
食っている人間なんか数えるほどしかおらんばい。

212 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 13:03:15.91
…本当に分かっていないな
日本語が通じないタイプか

213 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 13:29:47.70
>>212
おれはわかるけど?
あんたみたいに自分がおかしのに気づかず決めつける奴がいるんで誰も書き込みたくなくなるんじゃね?
もうおれもバイバイするわ

214 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 13:37:50.52
ageが寄って来なくなるのは大歓迎なんだが

215 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 13:41:26.11
なんか不確かな聞きかじりを書き込みするageが多いな

216 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 13:56:48.43
芥川賞獲った人間でも食っていけるのは20人くらいしかいないっていってる人。
10年で約20人の芥川賞受賞者しか輩出されないんだぞ。
どのくらいの範囲で20人しかって言ってんのか、ちょっとよくわかんないけど、現役作家で20人も残ってたらすごいんじゃねーの?

217 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 14:03:55.01
そのあたりがどうもageには分からないようなんだな

218 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 14:07:40.67
http://blog.livedoor.jp/gurgur717/archives/51322849.html

12年のデータらしいが、90年から08年(受賞後22年〜4年)までの芥川賞受賞作家たち

1年以内に作品を発表しているのは43人中34人
3年以内に作品を発表しているのは43人中41人
(発表していない2人のうち1人は評論で活動中)

こうしてみるとほとんどが作家活動しているのだが?

219 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 14:41:44.70
このへん見てきたんじゃないの

早稲田大学教授・石原千秋
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131027/bks13102710220000-n3.htm
 林真理子によると、現在日本で小説家としての収入だけで食べていける
人は50人程度だとか。緩やかに「定員」があるわけだ。逆立ちをしても
その50人に入れそうもない人たちに賞を出す新人賞も罪深いものだと、
改めて思った。

220 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 14:52:15.52
前にも言ったけれど石原は所詮は受験屋上がり。
新人賞にしても選評の文章をネチネチ読み込んで揚げ足を取っているだけ。
しかも単なるエンタメ作家・林真理子の言葉を無批判に引用して断定するとは。
信用するのが馬鹿だ。

221 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 14:57:56.31
なんかこんまい数字を持ち出して鬼の首とったようなこと吹聴してるやつ多いけど
芥川賞作家歴代50人で受賞第2作以降に1万部以上売れている作家20人以上いるか?
単価が2,000円X10,000部x印税(新人は10%程度)=2,000,000円
これで分かったかいな?まあ独身ニートなら年収200万以下でも食える
だろうけどさ。

222 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 15:01:43.14
馬鹿野郎!
金が欲しいわけじゃない
名誉が欲しいんだよ

223 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 15:03:27.60
エンタメスレに行けよ。
場違いだ。

224 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 15:05:12.61
芥川賞とったらコラムや講演でそれなりに食ってける

225 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 15:06:15.33
>>222
偉い、最高に気に入った!
清貧の魂を持っていれば必ず天も味方すると思う。
きみに幸いあれ!

226 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 15:09:13.17
昔、そんなフレーズあったなあ…
「金をくれるよりも、同情しろ」

227 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 15:34:03.50
それを言うなら「同情してほしければ金寄こせ」だろ。

228 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 15:38:11.17
>>227
その言葉
決まってる!

229 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 15:47:18.98
金がほしいんじゃない
米がほしいんだ!

230 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 15:48:54.89
足立裕美が「同情するより金をくれ」って言うのじゃなかったかい?
だけんど物欲(金)、名誉欲はなくてもぶっちゃけ色欲はあるんだべ?

231 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 15:51:14.74
>>230
安達祐実だった。俺の子供の頃だったんでスマン!

232 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 16:37:35.74
富という見返りを求めない努力、そして、その人生……
それをどう評価、表現していいか言葉が見つからない。

233 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 16:45:51.25
馬鹿野郎!
名誉が欲しいわけじゃない
日本文学の発展の為に芥川賞を獲るんだ

234 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 16:50:01.31
結局、村上春樹じゃノーベル賞は獲れない
ここに出入りしている貴方じゃなければ駄目なんですよ
そう、今ここに来ている貴方
貴方ですよ

235 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 16:51:24.42
マジに応募した諸君はようやく疲労が抜けて筆が軽くなってきた。
おいらもそのひとりで今日からは所在地を文學界に移してみんべ。
来年2月頃までこことはおさらばじゃ! では、御免!

236 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 16:54:43.71
>>235
あそこは荒らしが横行するからな

237 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/08(金) 19:58:47.30
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
/_/_/_/∩∩_/_/_/_/_
/_/_/((^。^)/_/_/_/_
/_/_/(っц)/_/_/_/_
/_/| ̄ ̄υυ ̄Τ/_/_
/_/|\/||\/|/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_>>236そんなでもないよ。前>>197

238 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 20:03:27.22
応募を済ませた後、寂寥感、というより耐えがたい孤独に苛まれている。
2ちゃんのこのスレがなかったら行く場所のない俺は生きていられない。
批判的なことをおれも書いたが実はみんなへは感謝の気持ちでいっぱいだ。
多々非礼を言ったが許してくれ。くっくっくっ……うォーーーっ。

239 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 20:09:24.29
寂寥感ってすごくわかる
それまで何ヶ月も一緒にいて、手塩にかけた作品だもんね
娘を嫁に出す時って、こういう気分なのかしら

240 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 22:06:29.63
俺も文学界スレに移る
楽しかったぜ
忘れないぜ
同志よ

241 :裁判負一声会さくら接骨院親分歌代英二:2013/11/08(金) 22:13:40.42
vxd

242 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 22:55:49.36
日曜日にある作家のサイン会へ行く。
もし拙作が受賞したら文学史における事件となるだろう。
その作家は安心して筆を置くことができるであろう。

243 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 01:25:06.67
大江健三郎だよね?
彼のサイン会には自分も行ったことあるけど、真ん前に立っている客を
完全スルーしていたのには笑った。
一瞥もくれない感じで。
顔見知りらしき人とは少し話してたけど。

244 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 01:45:59.20
ちょっとビッグマウスすぎんよ〜

245 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 03:00:22.99
242は群像新人文学賞と大江健三郎賞をW受賞できるといいね。自分は群像・野間新・絲山のトリプル受賞を夢見てる。

246 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 03:02:27.90
筆を折るのではなく置くだけだから、また、執筆出来る。
ビッグマウスではないのでは?

247 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 03:03:45.17
筆を折るのではなく置くだけだから、また、執筆出来る。
ビッグマウスではないのでは?

248 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 03:25:18.99
>>246 >>247
操作ミス? で重複しました。失礼しました。

249 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 12:37:59.54
こんなスレで一晩中暴れているようでは
将来はないわw

250 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 13:02:06.07
いや、マジで純文知らずのにわかageがウザいな
作家も賞のランクも分からないままアホ丸出しの書き込みを重ねる
そんなだから相手にされないんだよ、と言われると脊髄反射でまた暴れる
保健所は放置していいのか、こういう手合いを

251 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 13:13:45.61
>>250
前々からしつこいんだけど、ホント、神経質な人だなー
友達いるのかよ?
そんなに気になるんであれば
下げ方教えてあげれば
でも、どうでも良いことなんだよね
上げようが、下げようが

252 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 13:17:22.55
ageると変なのが来て荒れる原因になるから
sageましょうと言ってるんでしょ

上げようと下げようと勝手といえば確かにそうだ

253 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 13:45:15.71
>>251
池沼は檻に入ってろや、カス

254 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 15:08:56.65
グッバイ、こおろぎ君の装丁は悪くない。
チヲルのほうも作品の世界観には合っている。
ただどっちもそれを見て手に取りたくなるかというと
自分としてはノーなんだけど。

255 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 17:12:55.05
>>254
グッバイ、こおろぎ君の装丁を見て読みたくなる奴はあまりいないと思う。
しかし、内容からしてああいう装丁しかないかな。

256 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 17:13:58.58
藤崎和夫さんは、グッバイ、こおろぎ君だけで終わりそうだな。
チヲルもそうだが。

257 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 17:30:07.97
自作の小説に相応しい装丁ってイメージできる?
自分は……無理w

258 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 18:06:27.69
原稿の隙間に小説の世界観を自分で描いている人もいるのかね?

259 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 18:13:13.13
>>251
同感。よく言った! 250はさびしくて構ってもらいたいんだろ。スルーしましょうよ。
>>250
きみが文学とか文壇に詳しいのを吹聴してもウザいと思われるだけ。
君こそ場違いのアラシに他ならない。他のスレに行くか文芸評論のスレ自分で立てたらいいよ。

260 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 18:19:41.48
>>259
いいからsageろハゲ

261 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 18:25:05.86
ageは何言っても所詮はかまってちゃんのアラシだからな

262 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 18:27:21.31
>>260
その反骨精神が文学に活かされんことを祈念す!

263 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 18:48:20.06
てか、sage方がわからないんだってば

264 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 18:58:14.51
なんで調べないのかね
わかんないなら調べようよ。
一応sageはスレのマナーみたいなもんだから

265 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 19:07:26.24
こういうコミュニティ的なスレッドでサゲない人って少ないから、特定されがちだしサゲ同士の会話文は自演に見えちゃうからお勧めできないよ

266 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 19:22:15.68
E-mail欄に英文小文字でsageって打てばすむことじゃねーかよ
名前欄に打つなよ
それから英文大文字で打つなよ、意味ねーから

267 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 19:23:02.84
あ、半角な
全角で打ってどーするよって感じ

268 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 19:23:24.04
2ちゃんブラウザ入れればいいやん
そこまで熱心に書き込む人なら

269 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 19:24:23.35
気に食わない書き込みだからといって干渉するのはよくないよ。
ヒステリックな誹謗中傷、批判は反発を招くだけ。
社会人経験が浅いひとは唯我独尊、言論弾圧しがちだけど
そもそも文学は自由闊達が基本ということを理解してね。

270 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 19:27:08.13
はあ、また行き場を失った荒らしかよ

271 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 19:30:14.26
>>269
正論
>>270
君こそ典型的なアラシくんだよ(自覚していないだけ)

272 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 20:26:09.53
上げたって下げたって
荒らしは来るだろう

273 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 20:31:19.28
てかさ、どうしてsageると荒らしが来ないって思うわけよ?

274 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 20:39:14.41
俺も上げ下げどっちでもいい派なんだが。
下げないとイライラする人がいるなら、下げたほうがいいと思うわけです。
考えてみてください。
自分が下げないことで、イライラした人が家庭内暴力に走るとか。
会社で部下にやつあたりするとか。もしかすると、とんでもない犯罪を起こすかもと。
そんな不幸がおこるなら、下げるくらいなんてことないのです。

275 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 20:47:58.92
まぁどっちでもいいけどsageてない人は、文の意味を読み取れてない人や変なレスする人が多いから目につくんじゃないかなぁとは思う。
sageてない人がまともなレスしてるとsage忘れたのかなーと思うくらいだけど

276 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 21:04:53.99
>>272
自分が来ているからって、ねぇ?

>>275
>sageてない人は、文の意味を読み取れてない人や変なレスする人が多い

その通りなんですよ

277 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 21:19:30.03
見え透いた自演とか内輪の話みっともないから
群像新人賞について語り合いませんこと?

278 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 21:23:26.14
>>277
だから、何で下げないんだよ
これはルールだ。いいかげんにしろ。下げろ。分からず屋!

279 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 21:28:04.70
応募作読み返せば読み返すほど会心の作と感じられる。執筆以上に推敲に時間をかけたからと自己分析している。

280 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 21:56:36.27
>>279
何度言っても無視し続ける糞ワナビ
挑発は止めなさい

281 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 21:57:46.46
俺は完成が締め切り間近でほとんど推敲できなかったから羨ましいわ
いま読み返すとこうしとくべきだった〜ってなるもん…

282 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 21:58:45.08
>>281
しつこいよ

283 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 21:59:11.90
あげあげ一人ダイアローグ☆

284 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 22:01:55.31
上げるとか下げるとか、そんなことどっちでもいいだろ。
もっと有益ななことを書きこんでくれ。

285 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 22:27:05.24
短期は損気

286 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 22:33:12.31
プリンに醤油をかけると、
醤油プリンが楽しめる

287 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 22:41:22.59
>>279
真面目な書き込み
>>280
アラシ、クズ

288 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 22:49:52.10
>>281
確かに執筆後、推敲ための時間は厳しくなること多い。
執筆時間≦推敲時間 くらいのペース配分が良いような気がする。

289 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 23:00:25.48
>>245
群像は憧れの本。
お互いがんばりましょう。ノシ

290 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 23:10:37.61
群像からはこの数年芥川賞候補が出ていない。
たまたま? 文學界=日本文学振興会だから?

291 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 01:13:18.93
スレチ承知でモヤモヤ吐き出す。
ウィキの高橋由伸の項。
「巨人側も湾曲的に認めた」

292 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 01:58:26.26
こんだけスマホ普及で専用アプリある時代にアゲもサゲも関係ないだろうに。そもそも創作文芸板をわざわざ見ようなんて酔狂なやつがたまたま上がってるから書き込むかねえ

293 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 08:19:34.99
いろんな書き込み、人間がいるので人物づくりの参考になる。
特に同じことを繰り返し書く中高年者の意見、発想はためになる。
これから団塊の世代は読者のみならずクリエーターとしても世の中
の中心人物、メジャーに必ずなる。それを出版社が重視するからだ。

294 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 11:15:22.35
純文学にプロットが必ずしも必要ないことは理解した。
しかし、登場人物表は不可欠だろう。
純文学がなんでもありだとしても登場人物の性格、癖、
体型、学歴・職歴、家族構成、友人関係、時代背景、
世の出来事などにこじつけ、矛盾を生じさせないためだ。

295 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 12:00:20.62
>>292
むしろsageに拘ってる方の方が荒らしに見えてしまった

296 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 12:02:35.36
最近の新人賞受賞者はお笑い芸人よりも寿命が短い。おれはスター街道を何年も突っ走る自信がある

297 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 12:03:42.94
>>295
病院に行った方がいいな

298 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 12:15:01.28
一緒に行けばいい

299 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 12:16:11.10
>>297
何科でっしゃろ?

300 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 12:17:33.07
>>297
流れを読み返してみたら良い
どっちが荒らしに見えるか

301 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 12:17:44.38
>>299
小児科だろ。だいぶこじらせてるようだから、中二病。

302 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 12:22:29.58
なんやら伏魔殿の様相やな。これでいいんかいな? わしゃなにも言わんけどな

303 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 12:26:37.94
どっちでもいいだろうが
いつまでもsageに拘るのもいい加減にせい!
特殊な偏執狂はどこのどいつだよ

304 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 12:36:43.20
上げた方が見つけやすいだろ?
下げろとか言う奴は、頭がおかしい。

305 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 12:54:00.24
そう、上げた方がスレは使いやすいよ、俺も上げて欲しい
下の方でスレを探すのも目が疲れる、良くないよ

306 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 13:17:33.53
ねんちゃくりょく

307 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 17:46:07.97
サイン会に行ってきた。
緊張して余計なことを言ってしまった。
お恥ずかしい。
大江先生、長生きしてください。

308 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 17:46:47.50
あ、それと、先生の左側にいた女性の方が優しかったw
ありがとうございました!

309 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 18:21:24.70
何年か前にサイン会に行ったとき、健三郎さんは
頬が桃色に染まってて湯上りみたいな顔してた。
で、それを見た自分は真っ白なブリーフを想像した。

310 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 18:31:20.46
ここは交換日記のスレですか?
群像新人賞に命を賭ける者には無関係な書き込みは遠慮して頂きたい。

311 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 18:39:29.70
ageには発言権はない

312 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 18:51:28.69
>>307-309
この辺は久々に価値あるレスだな。てか普通の。

>>310
こいつは荒しだな。



アゲもサゲも関係ない。
粘着荒しが一人居る。

313 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 19:09:25.33
>>312
310です。正真正銘、群像新人賞の応募者です。文學界、新潮、すばる、太宰などにも
応募を重ねている者です。
決して荒しとやらでもアゲ、サゲと騒ぎ立ててもいないし、中傷されるような書き込み
もしていません。
逆に312さんに聞きたいのですが、あなたは何が目的で群像スレにチャチャを入れて
いるのですか? 群像の応募者ですか? 寂しいから構ってもらいたいのですか? 
世の中への不満がありガス抜きのために書き込んでいるのですか? いずれにせよ
そのエネルギーを群像もしくは純文学に生かしたらいかがでしょう?

314 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 19:13:27.46
上げ下げ関係ないとほざいてる奴は、
受賞したときに分かるよ(w)

むやみに上げられると、どういう目に遭うか
生き地獄を味わないと理解できないんだろうな
精子、小祝、うつぶし……気の毒なくらい叩かれた

315 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 19:24:15.00
>>314
上げたから叩かれたわけではないと思うよ
貴方おかしいよ
感覚が狂ってるよ

316 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 19:24:53.71
>>314
??
何が言いたいのか不満なのか理解不能?
群像に関係ない書込みはやめようや。

317 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 19:30:49.56
>>314は受賞者なのですか?
上げられてそんなに叩かれたんですか?
あ、匿名のままで良いです

318 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 19:30:59.76
人目に晒されると賞に無関係の人まで書き込んでおちょくるからなw

319 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 19:59:26.41
>>314
受賞者だとしてもあんたの書き込み読む限り読者にはなりたくない。
破壊的なのはいいんだけど、どこにも前向きなものを感じないからさ。

320 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 20:03:26.54
つまりageてる奴は荒らしってことだな

321 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 20:08:23.19
寄ってたかった312=314を非難するのやめない?
そんじゃなくたって孤独に苛まれているんだからさ。
本来の新人賞に関する情報・意見交換の場所に戻ろうよ。

322 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 20:19:04.22
意見交換したければSAGE進行が基本

323 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 20:37:41.72
>>322
そんなのどうだっていいだろう
拘りすぎだよ、あんた

324 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 20:43:30.06
ここにも◆MrgMF.ghXiR2 みたいなやつがいるんだな
ageが好きなとこも似ている

325 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 20:57:52.67
2月までさよなら

326 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 21:12:41.01
アゲ&サゲおにいちゃんを置いてきぼりにするのは気が引けるが、
あちきも2月まで文芸スレをさすらってまいります。再見!

327 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 21:32:30.66
おまえら…
あげさげ野郎ばかりをここに置いていく気かよ…
行くな…行くなよっっっ!

ばいちゃー

大江先生てサイン会やってるのだね。知りませんでした。

328 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 21:51:38.00
完全に上げ下げ野郎にスレ・ジャックされた。
そして……誰も来なくなった

329 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 21:53:48.50
上げ下げ野郎を
どうにかしてくれよ
普通のスレに戻そうよ

330 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 21:55:32.08
>>328-329
実は誰も迷惑してない。時期が着たらそれなりの話題で盛り上がる。
好きにやってくれ。さるさん

331 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 21:59:23.18
上げ下げ野郎は最強だ。ウルトラマンだってかなわない。
ピポピポ警報音がなっている・・・。さらば群像スレ!

332 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 22:14:13.45
小説学校がどうこう騒いでいたころはまだ救いの手があった……。
上げ下げ野郎! あんたは2チャンネルの福島第一原発だ。完敗だよ・・・。
プルトニウムよりも強い害毒を放出する。もはや避難するしかない・・・。

333 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 22:40:41.46
ここの上げ下げ論争は文藝スレのお前呼ばわり論争を超えたな。

334 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 22:53:14.29
“あげさげマン”にあっては大竜巻の襲撃にあったも同じ。
スレの善良な住民は何の抵抗も出来ず被害に遭う前に
他のスレに避難するしかできないのだ……

335 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 23:03:27.57
「被害に遭う前に」ってもうすでに少なからず被害者出てるよ。

336 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 23:18:20.10
“上げ下げマン”に打ちのめされた被災者を救うのは
楽天のマックくんような救世主が現れること……
悔しいけどそんなことくらいしか頭に浮かばない

337 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 23:38:28.01
こうなったらイナさんにとっておきのAAを連続投稿してもらうしかない。
イナさんカモーン、

338 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 00:00:42.23
いや、ここは忍法“アゲスレ返し”か“左右マン”に頼って
断固、アゲ、サゲに対抗、駆逐すべきだろう。

339 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 00:43:16.09
                    じゃあ俺右派。

340 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 00:46:12.76
          ┌─┐
          |. ● l
          ├─┘
        _\レ'_
.      / 愛●国\ 
     /        \
.   /      (゚) (゚)  \
   |        )●(    |
.   \       廿   /
.   ノ            \ 
 
 ―ネトウヨは考えるのをやめた。

341 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 08:49:01.61
一体何が? さっぱりわからない・・・

342 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 09:50:19.36
ageが御法度ならともかくも、
どうでもいい自然現象にいちゃもんつけて
頭おかしいんじゃないの
ageると荒らしが来る? 知れねーよ、そんな事
個人的な思いを第三者に強要するなよ

343 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 09:55:59.63
>>333

344 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 09:57:05.73
>>333
最近、どうでもいい事で切れる奴、目立たね?

345 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 10:05:12.61
sageれば済む話なのに意地でもsageないというのはやっぱり荒らしなんでしょうね

346 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 10:14:13.41
>>345
あんたが騒がなければ良い話だろう
なかには初心者もいるわけだし、あんたの要請は無理な話だから

347 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 10:43:22.98
>>346
正論
>>342 >>344=345
アゲマン、サゲマンのスレを自分で作ってそこでわめいてなよ。

348 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 10:46:09.99
論争はあんたの勝ちでいいから、次からはsageて欲しい

349 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 10:47:09.28
>>345
つか、他スレも見て来いよ
ageてる奴、多いよ
常にsageなければならないなんて無理な話だろ
現実的じゃないよ

350 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 11:24:56.13
上げ下げ論争
まだやってたの
楽しいか?

351 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 11:56:31.40
もう、群像の話をしてくださいまし。

352 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 12:18:13.56
イッツニートターイム!

353 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 12:39:48.49
ねーっ、アゲ、サゲにこだわっているひと
そんなにさみしくて構ってもらいたいなら
大島とか東北被災地に行ってボランティア
活動するといいよ。
そのエネルギーをガレキをアゲたりサゲたり
して役立たせればいいじゃん。
きっと友達出来るよ。

354 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 12:43:07.61
      三l    __  -┼  ┼
    l |┌‐┐ ー、  /  -┼ / ―,
    リ .巾  ‐'  \ (_  / 、_
          __ __
 ______`l_〔`l_〔     ,、___
 | ___  /´       _  |__l´  ,、
 '´    / / ____ /ヽ/ ゝ| ̄ ̄~l´< ヽ |ヽ
     / / |,――´ ´> <´ ' ̄フ |  ヽ'`.l |
   /  /      ='-'ヽ/   ノ ノ ___ノ /
__/  /               ̄  ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄                   V´
             r"`ヽ、
              \::: \
               \::: \
             ノ´⌒`):  )
         γ⌒´   /::: /
        // ""⌒〈:: / )
         i /   ⌒ 〈/ ヽ )
         !゙   (・ )`┃( ・)i/
         |     (__人_)  |
             >>353

355 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 14:07:09.65
一次とか二次とか通ったやつを
その度にネットにでもあげてくれればいいのにね
来年の5月を待ってたら、胃にあいた穴がつま先まで貫通しちゃいそう

356 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 14:12:48.03
遅くとも3月中旬までに連絡来なければもうダメでしょ。

357 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 15:21:03.95
一次予選通過だけでもいいから自分の名前が載っているのを見たい

358 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 16:18:03.95
落ちてると思って次書いた方がいいだろう
もし受賞してたら、それが第一作になるだけだよ

359 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 16:23:24.24
1Q84読み始めたんだが、まさに文学新人賞の話がはじまったぞ。

360 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 16:31:41.52
書き込むことが頭に浮かんでこない

361 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 16:41:06.66
>>358
受賞後の第一作として掲載してもらえる保証はどこにもない。
むしろボツにされる可能性のほうが高い。
だけど書くしかない。

362 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 17:05:44.01
今月号の特集は「大江健三郎『晩年様式集』だなし。
群像、買ってくなんしょ。

363 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 17:08:11.67
新人賞受賞後のことを夢想した。
その1)編集者に励まされ勢いに乗りスラスラと物語を紡ぐ自分の姿……
その2)受賞作よりワンランク上の創作を求められ苦悶する自身の姿……
その3)そして、受賞が夢だったことに気づき再び書き始めた己の姿……
その4)落選の夢から覚め、それではと小説教室で懸命に学ぶ我が姿……
さあ、半年後、自分はどんな環境に身を置いているのだろうか?

364 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 17:15:12.08
受賞者無しでほっとしている姿

365 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 17:42:06.98
連戦連敗の俺だが2次通過3作、最終選考1作ストックがある。
受賞後はそのストックを担当の編集者と相談して書き直しして
受賞後第一作の準備に取り掛かっている。さらにテレビ局から
お声がかかり……
投稿歴恥ずかしながら10余年、こんな夢をいつまでも見続ける
幸せな俺なのであります……

366 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 17:54:34.60
>>365
すげえ
俺一次落ちばっかしだ
書き始めてどれくらいで予選通過できるようになりました?

367 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 18:05:39.19
>>366
お前、読み違えてるw
>>365の前半四行は「夢」の部分だぞ。

368 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 18:07:57.94
>>366
某推理小説の新人賞(純文学ではないのですが)に処女作を出したところ
意外?にも1次通過。その後は3割くらいの確率で1、2次通過。1作某新人賞に
最終選考に残る(純文学では文學界で2次に残ったのが最高)。
エンタメの方が結果出せているが自分は純文学をやりたい。ただ40歳を過ぎて
いるのでエンタメに転向した方がいいか悩んでいる。
自慢話にとられたくないので最小限のことだけ書きました。

369 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 18:12:25.98
>>367
365ですが、366さんの解釈はあっています。
俺の筆力のなさで367さんには誤解を与え申し訳なく思っています。

370 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 18:39:19.60
>>368
366です
そこまでいったなら是非受賞して下さい!

371 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/11(月) 18:41:11.27
‖∩∩]‖◇|∩∩ ||
((^o^) ‖>/( (`。)/|
(っ[ ̄]‖/(υυ∩∩
「 ̄ ̄ ̄]_υυ_(`) 
□/_UU_□///////( ̄ ̄
>>365/////////[ ̄ ̄ ̄]なになに? 小説大会が始まったの?/////数字は漢字で書いてほしいな//////////////////////夢はじまりもいいとは思うけども。前>>237てか受賞しなきゃ全員平民じゃあ! はは

372 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 18:48:54.97
長いのう、2月まで…
肺の調子が悪いので明日病院に行ってくる。げほげほ。

373 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 18:55:14.18
>>370
ありがとうございます。妻も子供いるので結構必死です。
370(366)さんも諦めずに頑張っていれば「天は自らを助くる者を助く」
になると思います。
書かずにはいられないとモチベーションが高いとき大概2次くらい行きます。
それからレスを繰り返すとまた誰かに何か批判されそうなのでこれで失礼しますが、
370さんのご健筆をお祈りします。

374 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 18:55:14.64
>>369
すげー
才能を感じる

375 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/11(月) 19:00:06.54
‖∩∩]‖◇|∩∩ ||
( (^o) ‖>/( (`。)/|
(っ[ ̄]‖/(υυ∩∩
「 ̄ ̄ ̄]_υυ_(`) 
□/_UU_□///////( ̄ ̄
そう///////////[ ̄ ̄]////お大事に。樋口一葉も石川啄木もみんな最後は結核だったんでしょ?/////////////////////////////前>>371ちょっと調べたんだけど二人とも東海とか関西とか行ったことないの?

376 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 19:05:03.01
>>373
こういう人はどんどんレスして来て欲しい
約1名の偏執狂の批判は気になさるな

377 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 21:42:50.96
>>219
この石原て奴わ小説作品を書いた事あんの?ないのに偉そうな事云ってんの?テメエが文芸誌新人賞獲ってから云えクソボケが

378 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 22:31:20.33
11月 下読みさんの選考
12月〜1月 編集部内の選考
1月〜2月 作家さんによる最終選考

って感じかな?

379 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/11(月) 22:55:49.36
 ̄∩∩ ̄∩∩| □ |
( (`)(^o^))─━-┘
υυ、`)(っ゙υ/∩∩\
◎゙υυ_υ`υ( (`。)_
 ̄ ̄ ̄今ごろ(υυ僕の
/////////////υυ読まれてんのかな///////////////////////////////////////////////////////前>>375

380 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 22:56:01.17
名無し物書き@推敲中? [sage] 2012/02/09(木) 19:26:59.22 最終候補決定→候補者に連絡→必要なら手直し
→(簡易)製本→選考委員に送付

で、今月中旬から下旬に候補者に連絡という手筈。
だから、今どんな段階かは自ずとわかる。
選考委員に渡っているはずがない。読み始めるのは
選考会の約一ヶ月前と考えてよかろう。
選考会は例年四月の初め。

381 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 23:26:20.31
そうなんだ。
じゃあ

11〜12月 下読み
1〜2月 編集
3月 作家さん
こんな感じか。

382 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 23:42:19.26
いままさに誰か(下読みさん)に読まれてるのかよー!!
頼む飛ばし読みしないでくれ。

昔の村上春樹しか読んだことがなかったのですが、
1Q84読みはじめました。
微妙に言葉の遣い方が変わってきていて、村上さんも昨今の日本の作品をチェックしているのだなと思いました。
もしかするとエンタメラノベも目を通してるかもしれん、とすら思った。
やれやれ、なんてフレーズが、自虐的な感じで使われているし。

383 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 23:44:13.86
下読みさん、早く読んで編集部に回しておくれ。気が気でないよ。

384 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 00:01:15.15
この情報はマジネタなのだろうか。
↓↓↓
群像の下読みやってる人知ってるけど、
10人下読みがいて、1500編の応募があったら
150編読むって言ってたよ。
その中で本当に面白いと思うのは1編くらいしかないって。
でも10編通すと言ってました〜。

385 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 00:50:11.31
10人しかいないのか〜。じゃあ1か月はかかるな。

386 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 08:11:44.66
純文150編を一か月ってきついわ
よく似たものも多いだろうし、基本暗いし
駄目なものはとっととごみ箱行きなんだろうね

387 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 08:26:44.42
他の新人賞だけれど、下読みさんに原稿が渡る前に
編集さんによる選考があると聞いたことがあるけれど
ここはないのかな?

388 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 08:27:48.61
かなり読み落としも多いだろうね。
可笑しな作品が選ばれるのも、
やはり選考の粗さが原因だろう。
短編でも可のせいで、なおさら応募数が多くなってしまう。
もっと枚数引き上げた方がよくねえか?

389 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 08:42:49.65
ちょっとイラっとくる描写や比喩を見ただけで捨てられてそうな気が

390 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 08:49:49.62
下読みの人は150渡されて140読んだ時点で推したい作品がひとつもなかったらちょっと焦るものなのだろうか。

391 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 08:50:28.33
そりゃ過去の通過歴だの本人のキャラだので選びたくもなるわ
俺なら素人の原稿を150も読みたくない
ただ、こういうのって分担すればするほど基準が割れるんだよな
理想は一人が同一基準で選考することだけど、毎年一人ずつ廃人を出すのもなあ……

392 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 08:51:34.36
2月下旬に最終連絡?

393 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 09:04:08.85
30日で150本の作品を読むということは1日あたり5本
1本あたり100枚だとしても500枚
これが200枚なら1000枚……
こんなもん、まともに読めるかよ!?
お前らは読む自信があるか!?俺はない!どんなブラック会社だよ?

394 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 09:15:02.73
おそらくは十ページくらい読んで。
捨ててる作品が多数だろうな。
もちろん全部読んだとは言ってるだろうが、
そんなの誰もわからん。

それで応募者の経歴をちらり見して、
若い順に優遇、ジジイババアはとまめてポイ。
コネありには印がつけてあって、読まずにあげてしまう。

間違いなくこうだろう。でないと絶対やっていけない。
あのクール宅急便みたいなもんさ。偽装やりまくり。
じゃないと現場がもたないってやつ。

395 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 09:18:29.97
落とすにしても短評書かないといけないんでしょ?

10枚読めば作品の評価が下させるとたまに聞くけど、
中盤以降に盛り上がる人もいるでしょ

396 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 09:24:23.68
40×40でプリントアウトすれば10ページだと40枚分は読んでもらえるわけか
確かに40枚読んでつまらなきゃ、見込みないよな
島田雅彦が1ページめはとにかく全力で書け、と言ってたのもこのことか

397 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 10:34:08.78
ツイッターで「下読み」で検索する。
某新人賞の下読みの人は、終わると部屋がちょっと広くなるらしい。
つまり部屋がちょっと狭くなるほどの応募原稿を担う。

あと、車輪の下読み終わった、ていう人いた。

398 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 10:37:01.62
応募者の立場からしたら、ちゃんと読んでもらいたい。
でも下読みさんの立場からしたら勘弁してくれっって話だろうな。
クール便も現場の人間には過大な負担を強いている。
出版社もこれ以上の経費は増やせないし。
かなりの才能を逃して、逆に何の才能もないのを
引き上げている可能性が高いが、ある程度の目の粗さは
仕方がないと。

399 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 10:46:02.02
>>398
大丈夫、ちゃんと読んでる。
みんな好きでやってる。
好きじゃなきゃやってられない。
こっちが出した全力が、下読み連中の全力を引き出す。つき動かす。

400 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 10:47:52.83
死ぬほどベタ褒めされて受賞する夢を見た。こりゃダメだわ…。

401 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 11:12:00.95
選考委員の一人だけが絶賛して、受賞は逃す、という夢なら見たことあるw
受賞式会場みたいな所でその作家から謝罪される。他の委員を説得できなかった、と。

なんか受賞より嬉しかったな。夢だけど。

402 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 11:28:26.13
>>401
ひとつだけ訊きたい。
受賞しなかった君がなぜ授賞式会場にいるの?

403 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 11:37:35.44
夢にそんな文句つけてもw

404 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 11:41:13.89
その夢ではw、優秀作みたいなやつで呼ばれたw

でも、万人受けのミリオンとかイラネ、誰か一人に伝わればそれでいいや、みたいな感覚てあるよな?おれだけじゃないよね。
うまい作家って読者に「この小説もしかして自分だけのために書かれた?」て思わせる技術あるでしょ?

405 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 11:59:28.17
しかも404踏んだw
こりゃ見つけてもらえないなw

406 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 12:56:03.04
>>405
誰がうまいことを言えと

407 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 13:33:45.22
>>401
鯨統一郎は最終選考で落ちたのに宮部が猛プッシュしたからデビューできたんだよな。

408 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) NY:AN:NY.AN
582 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/06(土) NY:AN:NY.AN
ネットのコピペが選ばれちゃう審査基準って・・・

583 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/17(水) NY:AN:NY.AN
888 :阿部敦良 :2013/02/25(月)NY:AN:NY.AN
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞
          2ちゃんねる創作文芸板出身文学賞受賞作家 阿部敦良

584 :v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo :2013/05/08(水) NY:AN:NY.AN
そのコピペなついなあ

585 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
半分懸賞みたいなこの賞で、新人賞とったかのように威張ってる人がいたから、
おもしろがって揶揄して最後の行つけたしてワナビ煽りコピペにした ってかんじでそ

409 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 13:47:16.83
これいったい何が言いたいの?

410 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 14:15:03.39
この空振り感・・・
いいとこ、編集部選考落ちかな。はぁ・・・

411 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 17:04:57.54
下読みが俺の応募作を見て「とんでもない傑作」と驚嘆。編集者に早速連絡。
送られた原稿を読んだ編集者も感激。目を通した編集長はさらに大興奮。
かくして俺様の作品が受賞となり、芥川賞も満場一致で決定……。
こんな幸せな夢に浸った人間はこれまで何人いたことだろうか……。
うっ……、ぐっぐっぐっ、ひくひくっ……。しくしく、わーーーん……。

412 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 18:01:26.62
涙拭けよ…
そんなんじゃ2月までもたないぞ…

413 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 18:34:25.07
>>411
そのくらいならまだ軽症じゃない?
受賞を想定して、2014年6月号に載る「受賞の言葉」を下書きし、
書籍化してもらえた際の装丁のデザインをイメージし、
贈呈式でのスピーチを準備し、芥川賞受賞会見で披露するパフォーマンスを
考え、映画化・ドラマ化されたときの理想のキャスティングを
妄想している応募者もいると思うよ。6人くらい。

414 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/12(火) 19:37:13.54
/‖ □ ‖◇◇/役は
‖‖∩∩‖>◇/なん
‖( (`)|◇/だって
‖Π⌒ιっц~ いいんだ
‖「 ̄ ̄ ̄]_____
‖□/_UU_□/台本読んで役作りの時間。これがいちばん大事なんだ。前>>379小説書くんだってそうだろ。書きだすのはだれにだってできる。けど書きあげるのはそう簡単じゃない。考えて考えて練りあげるしかないだろ。

415 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/12(火) 20:46:38.85
群像の選考委員が

青山七恵
高橋源一郎
多和田葉子
辻原登
野崎歓

416 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 00:36:20.82
>>413
ノーベル文学賞を素直にもらうかお断りするかは
けっこう悩みどころ

417 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 02:24:52.38
>>415
アベカズは?

418 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 07:31:17.85
おれの心に思い描いている夢
新人賞を獲って芥川賞をとって園遊会で天皇陛下に拙著を直接手渡すこと

419 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 08:43:38.74
たとえネタであっても、天皇陛下を
うっかり持ち出さないほうがいいぞ。
山本太郎みたいに殺すと脅されるぞ。
この国では天皇陛下は聖域。うっかりしたこと言うと、
国家権力より怖い闇の力につぶされる。

420 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 09:31:13.25
文芸図書出版部内において会議がひらかれたが、なにぶんにも販売部数が見込めないため単行本化は見送られることになり、当面は『群像』掲載のみでよしとしなければならなくなった

421 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 10:03:22.34
>>420
それでもいいよ。
受賞作が載った群像と新作を持って各出版社に営業かけて回るわ。
持ち込みの際の名刺代わりには最高だと思う。

422 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 10:21:48.50
鶏が鳴く
さっぱり売れてないな

423 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 10:32:18.75
そりゃあの石原ごときにしか褒められない駄作だから

424 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 10:35:35.75
>>419
由紀さおりは園遊会で自分の歌を天皇陛下皇后様に宣伝していた。彼女も殺すと脅かされたのかな?

425 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 10:38:03.00
どこで売れてるとか売れてないとかわかるの?
オリコンみたいなランキング?

426 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 10:38:26.30
>>422
新人賞受賞作の内容の良し悪しとは別にマーケティングの問題で
新人賞受賞作を読みたい人は既に雑誌で読んでるだろうし、テレビで紹介されるとか映画化されるとかじゃないと単行本は売れないんじゃないの

427 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 10:43:34.52
>>419
天皇皇后陛下が東北被災地を訪れたとき子供とか農家のオバちゃんだかが
何か手渡してた。右翼だかそんなおんな子供も狙うのかな?

428 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 10:49:50.26
>>424
>>427
全部事前に宮内庁の許可とってやってること。

429 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 11:44:38.62
天皇「おう、今のちゃんと撮れたか? ようやった。俺のイメージアップに効果的やからな!」

430 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 11:54:51.79
>>426
確かに
メディアが面白がって話題にするような内容じゃないし

431 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 12:58:07.27
今回文藝賞を受賞した桜井さんはこの間書店で源一郎と対談&サイン会をしたみたいだけど
デビューしたばかりの新人に対してこういうイベントが企画されることって
ふうつある?文藝賞ではよくあること?
群像でも過去にこういうことはあったのだろうか。

432 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 21:28:57.69
チヲルもやってるね
やっぱ注目されるか否かは学歴+顔も関係するのかね?
波多野さんはイケメンとは言い難いし
http://s.ameblo.jp/kenshoai/entry-11326986686.html

433 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 21:49:59.36
>>432
何、この胃の悪そうなガキ?
そばに寄ると口臭がキツそうだ

434 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 22:01:38.65
人魚なんて誰が読むんだよw
売れるわけない

435 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 22:03:01.91
あと
「高校生くらいからずっと小説を書きたくて」
「30年後も 貧乏かお金持ちかわからないけど、書き続けているのは確か」
「芥川賞とりますから!といって 大学入ったんで・・・^^」
かっけー、チヲル
チヲル! チヲル! チヲル! チヲル! チヲル!
芥川賞! 芥川賞! 芥川賞! 芥川賞! 芥川賞!

436 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 22:06:41.54
ふん、小娘が
口惜しいーよー

437 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 22:20:25.51
>>432
良い。ブログヌシ良い!
道民より

438 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 23:07:46.98
チヲルさん、好きな作家に金原ひとみを挙げているのが意外。

439 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/13(水) 23:38:21.02
自分の作品を読み返してみたら全然ダメだった。物語としてぐちゃぐちゃだ。
こんなので選考に残ったら奇跡だ。こういうのを落とすために下読みさんがいるんだな。

440 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/14(木) 02:23:02.39
  @@@@@@@@
      @@@@@@@@@@
     @@@@、,,__  _,,,  j ←>>533    
    @@@@,、 _, ' '、_ }    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    @@@ `´        `i < 何、この胃の悪そうなガキ?そばに寄ると口臭がキツそうだ
    @@(6    ,(oo)、  }   \_________
     /    /-===-、 i 
   / \ 、ヽ  ヽ こ ノノ  
  /      ` ー-- '  \

441 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/14(木) 02:24:04.24
くそ……もうなにがなんだかわからないけどもう一回読み返してみるか……

442 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/14(木) 02:44:56.77
>>437
同郷の志よ。

443 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/14(木) 03:55:37.27
あかんわあかん……

でもきとあれだ。あかんものを誰かあかんくないと、言ってくれるのを待っているんだな。

な。

444 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/14(木) 05:57:51.52
>>440
未来にこういうのが降臨するわけか

445 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/14(木) 09:17:31.74
落ちたら筆を折るし、筆を下ろす。

446 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/14(木) 11:30:11.55
でもなんか…
こういう瞬間が一番楽しいような気もするけどな
ノーベル賞を辞退するかどうか、悩んだりとかw

447 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/14(木) 12:52:23.00
「美しい私の顔」

わざわざバックナンバー取り寄せて読むほどの作品ですか?
参考までに短評をうかがいたいです

448 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/14(木) 17:08:55.54
>>447
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110529/bks11052907240006-n1.htm

449 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/14(木) 17:42:54.56
>>446
女性は贈呈式に着ていく洋服も考えたりしているのかな。
著者サインを今から練習している人もいるかもしれない。

450 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 05:31:50.44
文藝を立ち読みしてたら掲載してた青山七恵、柴崎友香、綿矢りさの対談で
下読みも編集者も一生懸命読んでると青山が言ってたぞ
http://www.kawade.co.jp/np/bungei.html

451 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 09:12:04.50
>>449
絶対考えてると思うよw
髪型も思い切ってイメチェンするか、とか
カット以外にメイクもやってもらおうかなとかw
ワクワクドキドキ夢いっぱいでしょw

452 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 10:26:26.99
一生懸命読んでる
努力だけではだめ

453 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 10:34:58.58
>>450
作品が面白ければ「一生懸命」読まなくても
自然にグイグイ引き込まれて夢中で読むでしょ
そういう作品が通過するんだと思われ

454 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 11:03:33.81
>>450
青山など当選者が出版社に都合の悪い話を
するわけないだろ。

455 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 11:28:19.33
わたやんが言うなら信じる

456 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 11:33:07.30
だれ

457 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 11:40:59.24
わたやんは嘘を言わない

458 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 12:09:52.38
わたやん「わいがわたやんや!」

459 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 12:26:17.71
文壇で「○○やん」っていったらイトヤンだろ。
綿矢につけてるの初めて見たわ。

460 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 13:55:18.07
どうでもええやん

461 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 17:44:57.32
>>438
おとなしい眼鏡っ子が不良にハマって髪を染めちゃう80's感覚だろ

462 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 17:48:20.34
20代30代の女性作家はみんなで合作すればいい。
CL○MPみたいになればいい。それで充分

463 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 21:10:02.83
>>459
一生懸命読んでんのに何で俺のが一次落ちなんだ?

464 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/16(土) 00:25:53.65
これ、本当に奥泉が書いたのだろうか。
↓↓↓

奥泉光 ‏@okuizm 11月14日
堀北マキがパイロットになるドラマを録画で見つつ、
パイロット目指せぱよかったと思う自分は、訳がわからない。
しかし、相武サキはいいやつだ。

465 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/16(土) 01:45:38.47
たしかに。
堀北真希ちゃんの真希だけカタカナで書くとかどういう神経してるんだろうな
本人なら絶対許せん
相武紗季にいたっては半角・・・

466 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/16(土) 02:08:45.86
パイロット目指せぱ

467 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/16(土) 20:51:42.22
久々に開いた群像すれが堀北真希と相武紗季!!
ぐわしっ

468 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/16(土) 21:16:36.62
応募作に(了)と書くのを忘れたことに今日気づいた。

469 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/16(土) 21:59:40.65
え、いらんだろ。了

堀北真希と相武紗季の群像か…(´∀`)

470 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/17(日) 17:33:06.63
(了)はいるよ、いるいる
まあ、真剣に読まれるのはP10までだから、そこまでちゃんと読んでもらえたら了もクソもないけどな(*´∀`*)

471 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/18(月) 09:47:45.32
群像の結果をうらなうつもりで、ある新聞の俳句コーナーに投稿してみた。
もう三週間たつのに一向に載らない……。
やっぱり自分がいいと思ったものでも、独りよがりなのかなあ。

472 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/18(月) 09:57:42.97
そういえば(終わり)って書いちゃったな。。

473 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/18(月) 14:42:03.20
みんな何かしら書いてるの?

474 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/18(月) 18:28:13.19
次のん書いてるよ。

475 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/19(火) 14:42:34.10
今頃下読みさんが俺の原稿を読み出した、
と妄想したながら毎日過ごしてる。
大賞とは言わぬ。せめて最終まで残りたいのう…。

476 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/19(火) 14:43:58.88
そして下読みさんの気持ちになって自分の応募作を読み始め…

うわぁぁぁぁぁぁぁ

となってお腹が痛くなる。

477 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/19(火) 16:46:39.34
0次審査はないの?
応募作はみんな下読みさんにいくのかな?

478 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/19(火) 17:03:09.15
へこむ・・・・・

479 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/19(火) 20:03:58.81
綿矢さん(芥川)のころは若さ重視
「30、40代の新人など不要」と言い切る編集者がいた
その後、若いのは実力不足ですぐに消えるので、年齢高めの新人で実力のありそうな人材を
演劇界からセレクト、松尾スズキ、戌井など

新人賞で若い連中ばかり選んで失敗した各出版社は
作品本位に移行するも、現在趣向新たな作品を推す声に惑わされ
またも各社失敗

いい加減にバイアスかけないで平等に審査したらどうよ
群像さんは大丈夫?

480 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/20(水) 08:51:30.22
自分で自分の首を絞めてるだけなんだから、それはそれでいいんじゃない

481 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/20(水) 11:03:49.47
文学版で、応募作の多さについて触れられていたけれど
本当に大仕事だよね。

482 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/20(水) 12:08:26.13
もう日展システムにしてしまえ

483 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/21(木) 07:42:55.81
バイアスかけているのは本当みたいね。
そうでもしないと選びきれないんだろうな。
もっと制限枚数を長くして、エンタの賞みたいに
何枚以上とか下限を設けるべき。
短くてもいいから、いくらでも投稿してしまう。

484 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/21(木) 16:07:03.62
文學界みたいに短編が殺到すると選考が粗くなる
やっぱりある程度の枚数を書けないと単行本が出せなくて生活できないし、筆を折ることになる
コンスタントに200枚以上を書き続ける力は必須だと思う
200枚以上の制限をかければ、筆力のないヤツはガタガタになるから選考も楽だと思う
軌道に乗ってから改めて短編を書かせて芥川賞を狙わせる、でいいと思う

485 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/21(木) 17:08:21.55
応募者から選考料5千円を徴収して、一つの作品につき2人の下読みが目を通すようにすれば、
良作の取りこぼしは格段に減るような気がする。
自分としては1万円出してもいいから評価シートを送付してほしい。

486 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/21(木) 17:31:45.25
事前指導とか

487 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/21(木) 18:37:10.33
200枚程度の中篇なら芥川の候補になりうる
そういえば群像からは候補少ないよな

488 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/22(金) 23:08:39.01
緊張状態で起こったひらめきは、正しいのか、間違っているのか。。

送る寸前に手直しした所があって、それが気になってる。

489 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/23(土) 10:38:21.02
俺も毎回そう。
なぜか直前にならないと
思いつかない。

490 :スピカ ◆9FtOhHhBPAtQ :2013/11/23(土) 18:24:28.65
いっそ八月くらいに講談社主催で「群像新人文学賞対策講座」を開いたらどうでしょうか。
どこかの大学の大講義室を借りて一週間で受講料10万円
選考委員や下読みの講義、さらには応募予定作の添削・合評会つき
需要は確実にあると思いますよ。

491 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/23(土) 19:57:12.45
3万くらいならな…

492 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/23(土) 20:52:27.76
どこかの大学の大講義室を借りるほど人が集まるわけない。

493 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/23(土) 21:00:44.85
エンタメならまだしも純文学は対策云々で書くもんじゃないだろ

494 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/23(土) 21:39:02.34
「いつも二次通るようになる」講座は開くことができるけど、受賞は別の話だな

495 :スピカ ◆9FtOhHhBPAtQ :2013/11/23(土) 23:08:12.95
>>491-494
そこは「東大文系2次対策講座」を受講しても合格できるとは限らない、みたいなことで(笑
「添削・合評」は面白そうじゃないですか。

496 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/24(日) 09:06:10.56
そんなの当たり前じゃん。
東大から作家なんてもうほとんど出ていない。
日大以下じゃないの。

497 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/24(日) 10:03:24.96
早稲田優先業界なので

498 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/24(日) 11:12:16.55
早く2月ぎでぐれよ!

受賞して、あ、応募してたことすっかり忘れてました、とか言いたい。

499 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/24(日) 11:38:22.11
藤原竜也で再生されたw

村上春樹も忘れてたって言ってたけど、意外と気にしてそうな気がする。
年末くらいまでソワソワして気にしまくって、一周まわってどうでもよくなって、
ちょうど電話がある頃には本当に忘れてたんじゃないかなー

500 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/24(日) 11:41:46.25
自分の作品が下読み通過してるかどうか確かめるいい方法を思いついたぞ。
編集部に電話して、「応募した〇〇ですけど、住所に変更がありまして…」などと言う。
下読みを通過して編集部に作品があれば真剣に聞いてくれるはず、なければ「ハイわかりましたー」と適当にあしらわれるはず!

501 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/24(日) 11:48:56.06
電話してみてくれっ!

502 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/24(日) 12:36:41.38
>>498 
2月にわかるのは最終に残ったかどうかで受賞が決まるのは4月でしょ。

>>500
下読みから上がってきた作品、その作者を全部記憶しているわけない。
通過していようが落ちていようがその場ではメモとって終わりだよ。

503 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/24(日) 15:55:47.01
応募者データベースとかあるのかな?
原稿は廃棄するとしても、名前・住所・電話番号ぐらいはデータ化して持ってそう
結構な数の個人情報だもの

受賞者が過去に何回応募したかどうか調べられるし
住所氏名が変わってる場合はマッチさせるのが大変かもしれんけど

504 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/24(日) 16:28:22.73
>>503
出版社が関心持つのは
受賞者だけだw

最終選考まで残っても、
受賞しなければ、それで終わりだよ。

505 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/24(日) 17:14:29.02
まだ生きてることを願う。僕は僕が書いた作品。


((^o^)っц☆ц⊂(^o^))

そして最終まで残って受賞するんだ。前>>414雑誌に載ってみんなの目に触れてつぶさに読まれるんだ。

506 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/24(日) 17:19:10.78
データベースにしてあるでしょ
万一原稿紛失したら(運搬の事故など)、えらいこと
応募者に報告しなければならないし

507 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 01:25:38.08
>>504 は出版社の人?

508 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 07:34:30.98
紛失してもかまわんだろ
最終以外は

509 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 07:40:03.90
>>506
そんな暇ねえよw

510 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 08:39:00.46
何も知らないんだね
アルバイトに入力やらせてる

511 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 08:40:23.65
>>506
>>509
講談社に勤めていた知人がいる(児童図書、百科事典の編集をしていた)。
以前、その方にデータベースがあるか聞いたところ「ある」と言っていた。
ただ、一部(最終選考者のみ?)だけか、応募者全員かは知らないと答えた。

512 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 08:52:46.40
データベースがあるのは当然だろう。
もっとも1次落ちと最終選考通過者の
データ内容・レベルに差はあるだろうが。

513 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 08:57:42.30
下読みが原稿紛失したらどうするのよ
たとえば火事になったとか

応募者に連絡しないの?
出版社はそんな無責任じゃないよ
応募者のデータを保存してるに決まってる

514 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 09:07:13.82
っていうか、下読みに生原稿そのまま渡してるわけねーじゃんw

515 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 09:15:36.68
え?
1600もの膨大な応募原稿をいちいちコピーするかデータ化して
改めて下読みに送ってるとでも思ってんの?

516 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 09:15:49.74
そんなことでデータベースありに間違いないことで落着。
ところでみんなは新作書いてるのかい?

517 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 09:17:27.08
コピーして渡してるの?
大変な作業だね。

518 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 09:18:44.23
>>515
だから出版社(編集部)から下読みに行くときは通し番号と作者・作品名
その後は選考が進に従いデータ量が増えるということでしょ!

519 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 09:22:55.27
別に講談社に入社希望なわけじゃないから、通りさえすれば文句はない
データでも何でも好きにしてくれ

520 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 09:23:43.57
>>514
正気かw

521 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 09:27:23.41
ラノベでコピーしてるところあるらしい。どこか忘れたけど
ここは知らないけど

下読みの本に、陰毛が入ってたり
コーヒーの染み、食べかすが……と
あったから、通常は生原稿だろうね

522 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 09:31:21.57
ならブラックリストはあるのかな?

523 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 09:32:38.40
通常はコピーだよ
コーヒーのしみが、とか
過去の逸話

って言うか生原稿って言うなよ
なんかワナビの癖にって気がする

524 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 09:37:52.90
ダブルクリップのほうが作業しやすいな

525 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 09:42:04.67
誰か、新聞の俳壇・歌壇って投稿からどれくらいで発表されるか知ってる?
これが載ったら群像の選考通過!というつもりで出してみたんだけど、一向に載らず1か月経過(´・ω・`)

526 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 16:02:48.33
投書欄は翌々日くらいに連絡きた。

527 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 16:36:24.08
まじか(´・ω・`) ありがと。

528 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 16:56:04.64
募集要項にある「原稿は必ずしっかりと綴じ」の「しっかり」が意味深だな。
ダブルクリップじゃ「しっかり」じゃない気がする。
やはりパンチ穴をあけて綴じ紐で縛ってこその「しっかり」じゃないか。

529 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 23:36:41.28
>>528
俺はダブルクリップしか使った事ないけど送った原稿は必ず一次以上通過してるぜ信じないなもしれないけどな

530 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 05:43:22.60
ダブルクリップはしっかりに入れていいだろ
ゼムクリップとかガチャダマとか使ってくる馬鹿がいるんだろ

531 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 07:52:47.56
ダブルクリップを「鰐口クリップ」っていうやついるんだけど、
どこかの地方ではそういうの?

532 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 08:40:55.81
>>530
むしろゼムクリップでどうやって留めるのか知りたいわ
30枚以上あったら留めようがないだろうに
もしかして、ぐっと伸ばして針金的な使い方をするのか?

533 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 10:31:40.22
今回の応募作が会心の作で文學界にも太宰にも応募する気が起らない。
久しぶりに年末をゆったり過ごしてみるか……。

534 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 11:18:09.19
>>533
吉報を楽しみにしてる
受賞したなら知らせてくれ

535 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 12:11:32.85
>>533
そういう人間は一次も通過していない。
当選するやつって、ばんばんかけるもんだぞ。

536 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 12:45:28.75
果報は寝て待てという諺あるよね
吉報を祈る人間にも果報がもたらせられるように!

537 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 13:13:17.40
たくさん書いて、たくさん読んで、
二月までに少しでも力をアップさせたい。

538 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/26(火) 13:17:49.18

     
 ̄ ̄~∩∩  ッカァカァ
 ̄⊂(_ _ )`⌒ つ 
 ̄ ̄ ̄ ̄`υ ̄ ̄ ̄ ̄
~ ~ ~ ~ ц    前>>505今回は会心の作だ。太宰はなんとか出した。學界はなんとか四十四枚。もうじき十二月になっちまう。書けるかな。

539 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 13:30:30.88
だから學界って書くんじゃねえよ禿げ

540 :匿名ちゃん:2013/11/26(火) 13:32:26.33
>>539
禿げはてめえだろゴミ

541 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 13:51:04.63
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1384219727/
お暇でしたら
>>540

542 :匿名ちゃん:2013/11/26(火) 15:12:24.37
>>541
うっせえハゲ、氏ね

543 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 16:11:13.80
スレチがほとんどだな

544 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 22:35:04.61
>>542
46歳糞ババアうぜえ

545 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/27(水) 05:39:13.49
丸山健二賞には応募しないの?

546 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/28(木) 08:38:31.19
一次通過は、70作くらい?

547 :スピカ ◆9FtOhHhBPAtQ :2013/11/28(木) 10:03:55.85
10月末に応募してから次の作品をひとつ完成させると、応募作の印象が薄くなりました。
発表があるまで次が書けずにドキドキしながら過ごして、落選判明とともに落ち込み、
数か月かけて立ち直っていた頃よりもずいぶん楽になった気がします。
年末に向けてもうひとつ書き終えれば、498さんの「応募したことを忘れる」境地が近いかも。

548 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/28(木) 18:29:21.99
執筆ペース早いねー!
自分は短くても一作に3〜4ヶ月はかかるから羨ましい

549 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/28(木) 23:37:30.92
自分も1年に2,3本が精一杯だよ…
はーあ…

550 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/29(金) 07:47:47.36
早く書ければいいというもんじゃないだろ。
量産してるやつで当選したやつっていないぞ。
むしろ一年一作くらいに集中して、この一作に
かけてるやつの方が当選率は高い。

551 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/29(金) 08:34:28.92
>>550
どこで統計を取ったの?
それとも個人的な願望?

552 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/29(金) 09:06:42.49
どっちもどっち

553 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/29(金) 09:34:42.53
>>550
ありがとう
なんか優しい気持ちは伝わってきた
執筆ペース遅いけどがんばるよ…

554 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/29(金) 19:11:52.51
選考委員の作家評論家って候補作を何度も読み返すものなの?
前回青山が選評の中で最終候補の某作を5回読んだと発言してて
びっくりしたんだけど。
ちなみに源ちゃんは全作ななめ読みしてるイメージなんだけど。

555 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/29(金) 20:32:02.83
>>554
1本に決めなきゃいけないんだから
何回も読むんじゃないの?
どれも面白かったら1本に絞れないし
何度も読み直して吟味するんじゃ?

556 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/29(金) 21:17:04.36
「よくわからんけど才能を感じる」ということもあるらしいし、
何か引っかかるものがあれば読み返すと思う。

557 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/29(金) 22:43:58.34
みんなは、落選するくらいなら送らなければ良かったって思う?

558 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/29(金) 22:48:05.94
みんなはどんな衝動に動かされて書いてるの?
怒り、喜び、悲しみ、寂しさ、楽しさ、焦り、苛立ち…等々
いろんな感情があるけどさ

>>557
送ってよかったと思うよ
ここでダメなら、他でもどうせダメだろうし

559 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/29(金) 23:06:51.83
自分の大切なことを、物語にして整理したいと思った。
自分にとっては価値あるものになったから、これを続けていこうと思った。
そのきっかけとして新人賞に出してみた。
だから自信はないけど早々に落ちたらヘコむと思う。
衝動と言うなら、もっと安定したいという気持ちかなあ。

560 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/30(土) 08:14:28.22
>>559
小説は他人(読者)の顔を思い浮かべて書かなければいけない
自分の大切なことを書き綴るなら日記でよい
そこらへんを考え読者の共感・賛同を得られるよう創作に努められたし

561 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/30(土) 11:33:15.07
そうなんだよね。まさにそこが欠けていたから、今回送ってから読み直して、こりゃダメだと思った。
でも人に言われるとやっぱあらためて大事だなって思う。ありがとう。

562 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/11/30(土) 13:54:14.48
/_/_∩∩/_/_/_∩∩/_/_
/_( (`)_/_(^o^))_/_
/_(っц)_/_/(っц)_/_
/‖ ̄υυ_/‖ ̄υυ_/_
/∩∩/‖_/‖\∩∩_/_
(^o^))/_/_/_/(^o^))⌒γ/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_みんながんばってる? 僕は応募しおわってドキドキしてるよ。意外と次のもすごいんだけどね。/_/_/_/_/_/_/_前>>538

563 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/30(土) 15:21:20.97
俺は部屋があまりにもひどいので掃除はじめたわ。。。
おしゃれな部屋にしようと思う。。。
あと図書館行ったら文芸誌置いてなかった。。。

564 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/30(土) 15:22:07.55
仕方ないので田中慎弥借りてきてみた。
部屋がきれいになったら読んでみようと思う。

565 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/30(土) 16:11:19.70
田中慎弥の小説は内容こそ、それぞれ感じ方の違いがあれど
文章力があるのは確か

566 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/30(土) 16:39:20.64
大島優子とのツーショット写真の表情が柔和でさわやかすぎる。
あんなのたなしんじゃない。

567 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/30(土) 17:32:30.96
>>566
たなしん、心の底から嬉しかったんじゃないかw

書いてると、自分が常識や偏見にガッチガチに縛られてることを実感する
親・学校の教育、マスコミ・ネットの影響、長年のサラリーマン生活で
もう取り返しがつかないぐらい独創性は消失して、つまらん教訓で頭がイッパイだ!
もっと自由に壮大にファンタジーしたいのに…くそー

568 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/30(土) 21:31:16.15
検索してしまったやないか。大島優子。
柔和だわ…。
ふたり結婚すればいいのに。

569 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/30(土) 21:41:05.69
たなしんwwwwwwww
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130924-00000025-playboyz-soci

570 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/30(土) 22:50:14.95
そのまま向き合ってキスしてもおかしくない雰囲気なんだよなぁ。

571 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/30(土) 22:55:43.25
そして父になる
とかの映画のスチールみたいだ。夫婦役な。
田中慎弥てきっと中身が一般的だったらイケメンだよな。
そして大島優子は好きでも嫌いでもなんの関心もないけど、
インタビュー読む限り性格がよさそう。

572 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/01(日) 07:59:46.17
大島優子って万事にそつないけど、
でも何か突出した魅力ないから、
ミス・ナンバー2ってのにふさわしいよな。

573 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/01(日) 11:45:38.73
見終わってから気づいたけどspecの映画に出ておった。
かわいかったで大島優子。
てかこんな読書感想文とか好感度あがるだろ。
どこでその感想文は読めるんだ??

574 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/03(火) 04:14:18.11
田中、偏屈な引きこもり
バイトもしたことないゴキブリの作品なんか読みたくない

575 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/03(火) 04:39:03.47
>>574
作者の生活ではなく
作者の作品で語れ

576 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/03(火) 09:10:28.19
とニートが言う

577 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/03(火) 13:25:46.65
親に甘えて働いた経験、苦労もしてない人が、
人間を書けるわけない

578 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/03(火) 13:29:25.34
人間を書くのはもう純文学の主な仕事じゃない

579 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/03(火) 16:12:02.96
人間を描く描かないの視点は、ノンフィクション
の仕事になってきてるよな

580 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/03(火) 18:09:51.03
「人間が書けてない」っていまさら言うやつ、
もしかして人間を超えた高次の存在なんじゃないか

581 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/03(火) 19:49:32.42
浅い人間しか書けない言い訳じゃなければいいんだが

煽るつもりはまったくない

582 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/03(火) 22:16:24.95
ジェーンオースティンは恋愛経験がなかったそうだし、ヘンリージェームズは童貞だったそうだ
だから、実体験の有無は関係ないよ

583 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/04(水) 01:37:55.92
ジェームズはゲイじゃないんだっけ?

584 :575:2013/12/04(水) 03:08:25.12
>>576-577
じゃあ何で早朝から糞バイトしている俺が受賞しねんだ?
生活を受賞できない言い訳にすんな!
頑張れよおまえも

585 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/04(水) 03:10:10.16
受賞して作品出した者が勝ち
人生比べしたいなら他に行け

586 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/04(水) 04:13:53.91
>>584
だから、その苦労を原稿にぶつけて書けばいいんだよ
そしたら次回の受賞はお前だ
おめでとう

587 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/04(水) 04:55:07.07
バイトの苦労話を金出して買うかって言ったら買わないけどな
得に珍しくもないバイトだろうし
結局は想像力って言うか才能だろ
実体験があれば真実味が増すってだけでさ
普通じゃない珍しい体験ならともかく、ごく普通の労働なら
それがきつかったとしても、ごく普通の人間しか観察できないし
リアルに人間が書けてもちいとも。魅力的じゃない

588 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/04(水) 14:25:25.27
だいぶむかしのもののようだが、出版社占い。

http://maromaro.com/press/









ぽぷらしゃだった。

589 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/04(水) 17:24:06.57
受賞は不可能でないような気がする。
だが、その後、一生執筆だけで生活してゆくのは不可能のような気がする。
事実、記念受賞(出版)一発で終わる者がほとんど。受賞後にこそ修羅場が
待っているんだろうな。

590 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/04(水) 20:22:01.59
[帰化、在日]戦後文壇は朝鮮系[乗っ取り]
名前: 名無しのオプ
E-mail:
内容:
出版社は編集者レベルで朝鮮系 だから日本人は作家にすらなれない

反論、異論は認めない、というのも現在の文壇のほとんどが 
         朝鮮左翼系だから 
      自虐史観を新聞、テレビと共に
      誰が植えつけてきたか考えよう

気づけよ 日本人!!

591 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/04(水) 22:47:10.16
>>589
実際新人作家なんて毎年何十人と出るのに10年経っても作家として生き残るのは一握りだもんな

592 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/04(水) 23:29:31.44
まあそういうことは、とりあえず受賞してから考えればいいんじゃね

593 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/05(木) 01:11:17.71
/_/_/_/_/_/_/_/_/_
/_/∩∩_/_∩∩/_/_
/_((-。-)/(^o^))_/_
/_(っц)〜U⌒U、_/_
‖ ̄υυ‖~UU~‖/_
‖\/‖‖\/‖/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/>>588やめてよ。群像スレに来てんのに占いで「あなたは講談社向きです」だって。前>>562ナーヴァスになっちゃうだろ。

594 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/05(木) 01:17:21.09
/_/_/_/_/_/_/_/_/_
/_/∩∩_/_∩∩/_/_
/_( (`)/(^-^))_/_
/_(っц)〜U⌒U、_/_
‖ ̄υυ‖~UU~‖/_
‖\/‖‖\/‖/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_あれ? 前>>598群像どこだっけ? おい、どういうことだ、これ!?

595 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/05(木) 01:25:46.18
/_/_/_/_/_/_/_/_/_
/_/∩∩_/_∩∩/_/_
/_((^o^)/(^o^))_/_
/_(っц)〜U⌒U、_/_
‖ ̄υυ‖~UU~‖/_
‖\/‖‖\/‖/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_やったよ。ついにやった。前>>594前々>>593うすうすは僕かもしれないと思ってたんだ。うれしいよ。ありがとう。

596 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/05(木) 02:37:53.61
>>595
ちっくしょーーー(^^)

597 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/05(木) 15:27:05.19
アマゾンの『鶏が鳴く』の商品ページ、前に見たとき「8点在庫あり」だったのが
「7点在庫あり」になってる。1冊売れたんだね。
(^○^)お!(^□^)め!(^◇^)で!(^▽^)と!(^・^)う!

598 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/05(木) 18:26:29.38
売れねえな

599 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/05(木) 22:14:45.20
売る気ねーだろ、あのタイトル
斜に構えて滑った感じ

600 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 02:02:41.09
前も言ったがそれに加えてあの装丁だからな

601 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 04:46:43.91
鶏は鳴くもんだしなw
鳴かない鶏だったら?!て思ったかもしらんが

602 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 06:18:06.72
タイトルって大事だな

目を引くものをつけないと

603 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 06:35:33.42
ぐだぐだ会話するだけの小説じゃ、どんなタイトルだろうが売れないだろうよ

604 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 07:41:59.63
百田がテレビでいってたね
いまどきは平積みしてなきゃ本は売れないって、それも店頭に置いてあるやつ
でも、それを決めるのは最初に段ボールを開けた店員さんなんだって
最初のインパクトは大事だよ

605 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 07:44:12.30
俺らが書店員だとして「鶏は鳴く」でどんなPOP書く?
「全俺も泣いた」とか

606 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 07:54:06.52
「鳴きながら一気に読みました。私もこれからこんな鶏になってみたいなって思いました」

607 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 08:04:15.08
日本の文壇が韓国人に牛耳られているとの書き込みをよく目にする。
日本なのにアウェイ状態だとしても、その逆境に打ち勝ってこそ
本当の実力作家になれると励みにするプラス思考にすればいいのでは。

608 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 10:04:41.52
「鶏が鳴く」なんてタイトルの小説
店頭で見かけても、絶対手に取らない

609 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 10:41:33.85
>>605
「あの村上春樹・村上龍も受賞した群像新人文学賞・本年度受賞作!」
「作者・波多野陸はあの『黒子のバスケ』藤巻忠俊と同じ上智大学出身!」
「朝になったら鶏が鳴く!誰も知らなかった真実を衝く衝撃の問題作!」

610 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 10:43:48.28
>>604
よく書き込んでるけど
シナリオライター崩れの勘違いジジイを持ち出してエラソーに純文学を語るなよ
お前がテレビ好きなのはよーくわかったからさ

611 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 14:18:23.77
俺の応募作、超平凡なタイトルw
もっと工夫すりゃよかったと激しく後悔
「世界の中心で…」なんかタイトルで売れたようなもん

612 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 16:14:06.42
最初、「恋するソクラテス」とかだったよな。
「世界の中心〜」のタイトル。

613 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 17:08:59.96
そうそう。編集者が考えたらしい。

614 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/06(金) 19:53:38.90
もしかして世界の前方で
彡∩∩ とか
((^o^) 世界の正面で
(っц)とかのほうが
「 ̄ ̄ ̄]よかったん
□/_UU_□じゃないですか? 僕が編集者だったらですか? 前>>595そうですね、考えときます。

615 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 00:58:20.80
田中慎弥の切れた鎖読んでみたが…
途中途中飛ばし読みしてもうた。俺は根気がないのか。
確かに文体は素晴らしかった。

616 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 05:37:18.50
もう「ぶんがく」なんぞ存在しないし、いらないんだよね。シャブや変態セックス
の宣伝とか、「りありずむ」という名の「我がままのすすめ」、そうでなければ噴飯
ものの空想平和主義。そんものしかない。

617 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 05:38:26.43
「進撃の巨人」でも見てた方がよっぽど感情をうごかされるし、「ために」すらなる。

618 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 06:23:10.17
>>616-617
ハイハイ、君が漫画・アニメしか理解できないのは分かったから
見栄張ってこんなスレに来ないで漫画・アニメ板へどうぞ

619 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 08:38:33.59
>>616
確かにその区分け以外のものは無いねw シャブ〜 は村上龍のことだろ?
「りありずむ」は塩野か? そんで空想平和主義は春樹のことww バナナとかはどの区分けだ?
ま、あれならマンガより何かが上だとは言えないな。マンガは子供向けから哲学的なものまでなんでも可能だ。
 

620 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 08:53:46.73
>>619
これじゃsageたとしてもバレバレだな、漫画君

621 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 09:08:21.51
哲学的な漫画なんかないよ
人生哲学とか会社の哲学とかの意味の哲学や、
哲学者の偉人伝とか哲学のさわりの紹介はあるけど
実際に学問としての「哲学」を扱ったものは無い、ゼロ
「宗教」もそうだな、キリスト伝みたいなのや聖書のお話はあっても
概念論はない

考えてみれば当たり前で、絵にできないで文字ばっかが続くものは
だれも漫画にしようとしない
抽象概念のせつめいだから絵にもできない
同じような理由で事細かに心理の断片を綴ったものとかも無い
部屋のなかであれこれ考えてるだけ、みたいな小説は存在しうるけど
漫画だと同じ絵が続いてふきだしとナレーションばかりになるから
だれもやらない

だからハウトゥー本の漫画はあっても複雑な解説書が漫画でできてる事は無い
逆に言えば、見た目こそが重要な進撃の巨人とかは
(印刷された媒体の中では)漫画のもっとも得意とするところでもある

個人的には絵があるもので心を動かされるのもいいけど
字で書かれたものでも心を動かされる人で居たいと思う
「シャブや変態セックス」 「りありずむ」でしかないってのは
なんていうか人間がうすっぺらすぎる

622 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 09:31:31.07
>複雑な解説書が漫画でできてる事は無い

文学ってのはこんなお説教するためのものなのかwww

>「シャブや変態セックス」 「りありずむ」でしかないってのは
>なんていうか人間がうすっぺらすぎる

シャブや変態セックス愛好者はそうでない人間よりどのように高尚なんだ?
教えてくれ。俺の考えも変わるかもしれん。

>文字ばっかが続くものは だれも漫画にしようとしない

これすら可能

>「宗教」もそうだな、キリスト伝みたいなのや聖書のお話はあっても概念論はない

宗教は「体験」概念論はおまけにすぎない

623 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 09:33:17.10
視覚メディアの勝ちぃ〜 これは動きようが無い。何言ったって無駄。

624 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 09:37:27.95
小林よしのりの「戦争論」その他みたいのも出てきて、世の中ひっくり返しちゃったしな。
あれが「哲学思想と呼ぶに足らず」なんて言っても負け犬、ダダっ子にすぎない。

625 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 09:39:51.36
俺だって心を震わされるような小説読んでみたいと思うよ。でも、ねぇんだからどうしようもない。
村上春樹の小説が少女マンガと本質的に何が違うんだ?

626 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 09:50:57.01
住人がおかしなキャラを演じてるのか??

こんなスレ、よその人間がつくとも思えんのだけど。

627 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 09:54:02.59
天下泰平だしな。圧倒的な権力とか圧倒的な悪も存在しない。

秘密保護法に対する団塊左翼の狂態は興味深いが、線香花火の最後のきらめきみたいなもんで、
あとは落ちるだけなので、ネタにもならない

ということで、卑小な個人の話か、ラノベみたいなファンタジーに行くしかないわな

628 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 09:56:18.79
いやだから、戦争論は彼の戦争哲学かも知れんけど
学問としての「哲学」じゃないのよ
哲学に2通りの意味があるの分かってる?
哲学とよぶには、まったく足りてないよ

わかってる? 概念論がおまけっていう君の意見はどうでもいいんだよ
おまけかどうかではなく、そういうことを漫画化できないよって話だもの
わかって欲しいんだけど、べつに漫画貶してるわけじゃないぜ
それにコマ割して、アリンコみたいな細かい字でナレーションが続く
漫画も、不可能ではないだろうさ
でもさ、わかって欲しいんだけど、小説と漫画とどっちが上かで
きみと揉めるつもりは無いのね

「媒体にはそれぞれ得意不得意があるでしょ」ってことだけ
わかって欲しいんだけど

629 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 10:02:14.37
>村上春樹の小説が少女マンガと本質的に何が違うんだ?

さらに言うとね、少女漫画と春樹が本質的に違わないとしても
世の中には字で読みたい人もいれば、絵で見たい人もいるのよ
あんたが魚を買うじゃん、いつも焼き魚よりは刺身や煮魚、フライでも
食べたいじゃん
本質的に同じものでも趣味趣向で魅せ方を変えるもんなの

でね、ここが大事なんだけど、刺身好きとフライ好きには
明確なこだわりの違いがあったりして
より、うまいソースとかにこだわったりするわけ
そういうのが文学性だと思うんだけど
タルタルで刺身食ってもしょうがないじゃん(いけるかも知れんけど)
文学性って言葉にえらそうなものを感じるけど
結局は、小説に向いた趣向での熟練の技の部分だと思うよ

630 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 10:03:07.92
哲学と哲学「的」って言葉の違いは分かるよな。そんでここは「小説」に関する
話題を論ずる所だって分かるよな。

631 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 10:04:54.78
>世の中には字で読みたい人もいれば、絵で見たい人もいるのよ

これは認めるよ。あんたが好きなんだったらそれは別にいい。しかし、「ぶんがく」の擁護
にはならない。全く。

632 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 10:09:08.06
文字メディアで自分が面白いと思った最後のものは、三島の右翼系の論文だったな。
評論家は「文体の崩壊」なんて言ってたけど、命かけてる感がひしひしと伝わってきた。

あと、ビートたけしのいっときのエッセイもおもろかった。同時代の村上龍なんか
よりはるかに鋭かったね。(これはあくまでも俺の好み)

633 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 10:12:14.04
少女マンガ「ナナ」のぐだぐだ感なんかは文学っぽいなww

634 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 10:17:34.96
哲学「的」な漫画もなくはないだろ
小林よしのり程度だと浅いけど、深く書かないと哲学「的」になれないわけじゃない
小説の方がページあたりの文字数が多いから概念の説明は大量にできるだろうけど
浅いことを絵でわかりやすくってのも大事だろ
あと「学問としての哲学」な漫画は無いけど、それなら「学問としての哲学」な小説も無い

小説好きには漫画はレベルの低いうすぺらいものに見えるけど
(そして小説を読みもしない人にはわかりにくくつまらなく見えるけど)
勝負を需要で決めるならあきらかに漫画のほうが売れる(売れる事がいいわけじゃないけど)
そもそも創作文芸板だろ、まんがばかり褒めてどうする? 逆に漫画読みを馬鹿にしてどうする
両者がどっちがどっちに負けてるとかではなく、ケースバイケースで使い分ければいいんじゃね?

635 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 10:20:28.92
アア。完璧な正論だね。しかし、視覚メディアに対抗できるか? 存在意義は?
っていうのは小説にとって本質的な論点でないか?

636 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 10:28:09.30
>>631

>これは認めるよ
>「ぶんがく」の擁護 にはならない。全く。

そこまでみとめるなら一緒だよ
趣味趣向のちがいなんだから、つまんねえとかは
フライ食って脂っこいなっていう刺身好きのたわごとなんだよ
つまり存在意義は「字の本で欲しい人がいるから」だよ
漫画だと、ビジュアルが作家の書いたものに固定されるだろ
あんただって漫画のキャラが実写化したときに不満を覚えることあるだろ?

シャブや変態セックスや宣伝りありずむ」という名の
「我がままのすすめ」じゃないのね
シャブや変態セックス書いてもそこには上手い下手や天才があるのね

>噴飯ものの空想平和主義

つまりあんたはトンカツソースを刺身につけて食って噴飯してるだけなの

637 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 10:46:21.11
登場人物が俺の思ってるのと違うって即物的なこともあるけど

たとえばさ、小説の面白さの一つに
比喩を用いた描写の鑑賞みたいなことがあるとする

>国境の長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった
>夜の底が白くなった

これで読者は電車が長いトンネルを走っていて、抜けると外は真っ暗で
でも下が雪で輝いていて
みたいな絵を頭に浮かべるわけだ
しかも、みんなちがう絵を
へたくそが小説書くと、たんなる状況の描写でしかない
でも「夜の底」って3文字の言葉で自分が電車とともに壺みたいなでかい
パノラマの暗闇の中に止まっていて
その底が輝きだしたみたいな不思議な効果が得られる
もちろん得られないやつも居る(そういうやつが小説に文句をつける)

漫画だと電車がトンネル走って下だけ白い絵を描くしかない
そりゃ漫画家によってはすげえ上手い絵を描けるけど、でもビジュアルは固定される

こういう一人一人が美しい絵を頭に描ける芸術みたいなものは残すべきだし
作家(特に純文学)めざすなら
そういうものにチャレンジしてみるべきじゃね
それは漫画でできないからさ

638 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 11:13:08.60
>>634 さんは鋭いが、>>637 論理が破錠してるな。手法的な特徴を並べ立てて
も無意味なんだっちゅうねん。極端な話、小説にただ絵をつけることだってマンガには
可能なんだよ。そして、結果マンガの方があきらかに訴求力が高いから現在の結果
になっている。

自分は活字の存在意義はまず「低コスト」だと思うね。これはひじょ〜に重要。
人間一人、ペン一本あれば、マスメディアが取り上げないテーマを、少数の人間
の心に、キリでもみこむ様に届ける事ができる(はず)

639 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 11:36:28.95
そういう意味では存在意義を果たしているとも言えるな。消え行く左巻きなんか
にも「慰め」を提供している。しかしそれだけじゃぁなぁ… 三島なんかも
当時笑いものだった少数の「右」に作品を提供したわけだ。

640 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 12:01:09.49
暇なヤツ

641 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 12:07:24.17
>小説にただ絵をつけることだってマンガには可能なんだよ

ゾロリ先生だw

642 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 12:11:40.72
どんな高尚な小難しい小説でも、絵さえつければ漫画になるから
すべての小説を漫画は超越する!!!

ってこと? 
そりゃすげえなww もう絶対漫画の勝ちだわなw

643 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 12:15:26.85
そのとおりだ。

644 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 12:16:36.83
「極端な話」っていうフレーズの意味を解さないぶんがくファンwww

645 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 12:25:35.03
一般論で話してるのに
極端な話をしだしたのを馬鹿にされてんだよ、それ
漫画しか読んで無くてもそのくらい読み取れ

646 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 12:27:49.52
>作家(特に純文学)めざすなら
>そういうものにチャレンジしてみるべきじゃね
>それは漫画でできないからさ

どんな理屈でこうなるんだろうねwww おもしれ〜

647 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 12:29:06.90
俺達は特別な存在と思いたい。要するに「中二病」ってやつだ。

648 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 12:31:55.79
>どんな理屈でこうなるんだろうね

おまえさ、娯楽ではなく人生の向上のために
漫画ばかりでなくもっと字の本読んだ方がいいぞ
(これ悪口に見えるだろうけど、悪口じゃなくてさ)

649 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 12:51:33.05
>>628
>哲学に2通りの意味があるの分かってる?

御教授下さい

650 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 12:53:51.64
小説も漫画もどっちも好きだ

651 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 12:54:43.99
>>637
2chで何いっても無駄ですよん

652 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 13:29:27.76
>人生の向上のために〜

こんな事を臆面もなく言えるのは、文学から何も汲み取ってない人の感性。

653 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 13:30:25.42
ちゅっ… 中二病だぁ〜っ!!

654 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 13:40:56.07
小説は「想像力を養うもの」という定義で充分じゃね

655 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 13:53:01.27
孤独な慰安に過ぎない…

くらい言えんのかね… ぶんがくファンさんよ〜

656 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 14:58:22.53
アンチ文学レスの方が哲学的、文学的とはこれいかに… 文学が振るわなくなった何かが垣間見えるねw

657 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 15:02:15.41
どうでもいい

658 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 16:03:36.02
絵とか映像の言語に対する機能は補完的な面だけなの?
言語だけで構築されたものに制限をかける場合もあるし、言語に対して否定的に働くケースもあるのでは?
どちらが人にとって優先的で、どちらが万人受けするかってのはあるだろうけど、言語だけで構築された世界はそれ以上でもそれ以下でもないでしょ。

659 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 16:12:19.24
どうも単語は難しいんだが論理は無茶苦茶なんだよね〜 「いろんなケースがある」
なんて当たり前だろ。「補完的」なんてのは誰が決めた? 言語の方が補完的かもしれん。


>どちらが人にとって優先的で、どちらが万人受けするかってのはあるだろうけど、言語だけで構築された世界はそれ以上でもそれ以下でもないでしょ。

これが結論だろうが国語としていみふ。最近の「ぶんがく」にもこれを感じること
が多い。全くリアリティーを感じられなかったり… (但し、自分は三島の
「金閣寺」なんかでも全くリアリティーを感じられないから、俺だけの特徴かも)

660 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 16:42:17.70
>言語の方が補完的かもしれん。
確かに、そこは相互関係で捕らえないといけなかったね。

それと、あなたの意見を読んでいて自分が文学好きな理由が分かった。
頭固いのに賢ぶりたくて、言い回しに酔ってるんだよな。
そして、そういうのを読むのも好きっていう。
だから、言葉の使い方が印象的な文章がいい。
それがストーリーと噛み合ってるとなおいい。
印象的な言葉にたどり着くまでの言葉の流れっていうか、そういうのがいい。
言葉だけっていう危うさというのか。

でもこういう感じ方はあなたが思う通り、確かにトロいのかもしれんね。

661 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 16:57:49.80
頭でっかちな長文うっざ!
何処からだよ、こんな荒れだしたのは。

しかし、今はどこまで審査が進んでるんだろうなあ…。

662 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 17:08:06.82
>>661
知るか。気になるなら自分で聞いてみろやゴミクズ

663 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 17:53:37.17
>>662
ん?
急にどうしたんだ?
一生懸命考えた長文が、うざいと言われて顔真っ赤になってるのか?
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

664 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 18:39:37.54
小説にリアリティーを感じないっていうのは本質的なことなんじゃないかな。
マーケティング志向のも多いしね。「村上」が話題に出てるけどあれは感じなくても
おかしかない。ある意味ファンタジーでしょ。金閣寺はあんただけじゃないよ。よく
「あんな人間いない」っていう人は多い。それ、結構定説。

665 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 19:12:21.83
>>663

大体そんな感じ

666 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 19:27:44.43
なぜ漫画ヲタクがここにいるのだ?
そんなに漫画が優れているなら漫画スレで踏ん反り返っていればいいのに
わざわざここに来るあたり、わびしいな?

667 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 19:29:44.77
漫画スレじゃ相手にされない半端なやつだろ
虚しいねぇ

668 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 19:47:10.80
対談で、小林秀雄が金閣寺は詩みたいなものだって言ってたな
そうやって読むとすごく魅力的なんだけど、小説としては人間を駒にしか使ってないと
そして三島由紀夫に「君は自分の才能に滅ぼされるよ」って言ったのをよく覚えてる

669 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 20:20:19.16
「人間を駒にしか使ってない」ってのは要するに、「美に嫉妬する人間」って
お話を作るために無理やりこしらえたキャラってことか? それならよく分かるな。
俺もそんな風に感じた。

670 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 20:51:58.24
きっぱりとエンタメ作ろうと思ってる作品の方が文学的で、文学やって賞もらおうと思ってる連中の作品がいやらしい。

671 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 20:55:49.11
己の文学観しか認めない人が普遍論争やってるだけなのに
それが議論になると思っている感じ、タチ悪いなあ

672 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 21:14:52.78
 ↑ ちゅっ… 中二病だぁ〜っ!!

673 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 21:27:27.57
「ちゅっ… 中二病だぁ〜っ!!」と2ちゃんねるに書き込む人

674 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 21:29:07.09
盛り上がってて面白いやんけ

675 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 22:36:27.53
>>673

なに〜っ!  檄オコ(○`ε´○)プンプン丸!! 

『「ちゅっ… 中二病だぁ〜っ!!」と2ちゃんねるに書き込む人』と重ねて書き込む中二病。

676 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 22:42:32.09
あほくさ

677 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 22:52:30.85
二人でコテハンつけて、よそでやってくれ

678 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 23:45:19.43
わりい 悪乗りしちまったぜぃっ!

679 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 00:05:53.85
いいよ。謝ったから許してあげる。

680 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 10:57:44.67
悪口の程度が低い人の議論は見てて痛々しいけれども
群像スレなんて選考近づくまで大した話題もないしなあ

681 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 12:35:56.41
あらーーっ

682 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 13:09:16.77
じゃぁお題を〜 今の出版界で、他のエンタメと区別して「ぶんがく」と称するに
足る一段(もっと?)レヴェルの高い作品・作家を教えちくり〜っ! 知らなかったら
買って読んでみっからさ〜♪

683 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 13:13:14.47
寿輝たん♪

684 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 13:26:39.86
ああ、君勘違いしてるわ
文学とエンタメってレベルの高低じゃないから
優れたエンターテイメントに勝ってる面白い文学とか感動作とかないから
もちろん文学的物差しでみればエンタメ作品は文学性を目指してないわけだから
どれにも勝ってるわけだけどね

で、その文学性だけど、かつてのような人間を描くとか
心の暗い部分を見つめるようなものはもう古くて
エンタメの仕事になってる
(もちろんそこにはエンタメなりの読みやすさや味付けがしてあってね)
さらに言うならプロレタリアやフェミニズム宗教文学は死に絶えたと思っていい

いまは一例を挙げると
時間の流れゆがみを文章で表現しようとか
心理でも、言葉にできていない微妙な感情(でもみんな持ってたりする)を探してみるとか
一切の比喩表現を廃止してそれで非人間性を出してみるとかになってる
わかる? ぶんがく作品単体で上手くできた上手くできない
はあっても、みな違う勝負をしてるからAよりBが上とかないし
エンタメよりレヴェルが上とかもないのね
だって時には幼児の戯れ語みたいなのもあるもの
そんなの見たら確実にあんたはエンタメの勝ちって思うでしょ

エンタメに勝ってるとかエンタメ並みに面白いもの読みたかったら
古典でも読むといいよ

685 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 13:27:17.57
中村真一郎だの誰某だののように、作品と具体的に出会うすべも心得ている
わけでもないくせに、ただ「文学」とか「おパリ」とかから立ちのぼる甘った
るい情緒に観念的に陶酔することが好きというだけの無教養な「文人」たちを
輩出させてきた日本の仏文業界から、堀江敏幸のような真の文学的教養の持ち
主が不意に出現したことに、わたしは或る感動を覚えずにはいられない。

早速検索したww 毒舌系らしいね。読んでみるよww ありがとう。お勧め本はあるかい?

686 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 13:32:02.31
>>684
ふ〜ん… な〜る… 半分は自分の考えと一致するなぁ… 自分の人生に大きな
影響を与える。とか心振るわせる、とかはエンタメでも同じ。むしろ強いかもしれない
ってことだろ? そんで実験的な、前衛的? な表現を開拓するのが文学だってことか?

687 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/08(日) 13:47:19.78
/_/_/_/_/∩∩_/_/_/_/_
/_/∩∩_((^。^)/_∩∩/_
/_( (^o)(っ彡)/(^。^))_
/_(っц) ̄υυ〜U⌒U、_
‖ ̄υυ\/‖‖~UU~‖
‖\/‖_/_/_/‖\/‖/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/蹂_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/>>637そういうの書きたいよね。そういう絵がうかぶやつ。前>>614芸術ですよね。

688 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:00:26.01
>文学とエンタメってレベルの高低じゃないから

というのは納得するが、しかし、社会的な事実ではないんでないの? どこでも
文学だっ! いや低俗だっ! と高低、権威主義でこの言葉を使っているのが
厳然たる事実。

689 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:01:21.27
>>684
ちと難しい…
具体的に既刊のタイトルを挙げてくれると有難いっす

690 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:06:57.58
>>686
そうだよ、ピカソの絵見て
「何この絵ぜんぜん人間に見えねーww 俺のデジカメの方が勝ってるw」
って言うのはおかしいだろ

今、文学に金出してるごくごく少数の人間は、そういうものを「良いな」と思って
買ってるわけだし
今更、人間心理のどろどろしたものを書こうとか面白いものを書こうとか
エンタメでもないのにエンタメのまねしても今いる客が逃げるだけ

ただその客や書き手から見れば娯楽よりも高尚でレベルが高いことやってる気になったり
一般人から見て、なんか偉いことやってるんだろうなと思い込むのは
よくある事だよ
音楽とか絵画とか演劇でもある。それを「社会的な事実」って呼びたければ呼べばいいと思う

691 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:10:09.17
>>690
それて投稿サイトの出来損ない作品と変わらんでしょや…

692 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:10:18.07
なるほどね。あとは議論になるような問題ではないね。しかし、時間の歪みを
文章ってどんなんだ?

693 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:10:47.31
>>692
かいじの「ぐにゃ〜〜」とか

694 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:11:22.57
おっ 結構「お題」が発展したなぁww

695 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:14:08.93
>>693
ひでぶっ とか ぱ〜ぴ〜ぷ〜ぷ〜ぺ〜ぺ〜っ!! も入るんだろうか?

696 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:16:09.24
は、ははは入るるるるるべべべえべびゃびゃぶぴぴっぴっ

697 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:16:42.15
>>686

さっき挙げた例はこの本とこの本とこの本ですって言うのは簡単だけど
おそらく、数冊だけ読んでも面白くないよ
芥川賞候補の作品なんかを書評や作家のインタビューなんかと合わせて読むと
「ああ、こういうことやりたかったんだ」「上手くできてるじゃん、失敗じゃん」
みたいなのがわかって(もしかしたら)面白いと感じれるかも
総括的に何冊か読めば面白くなってくる人もいるだろうけど
あるいは一人の作家を年代順に読むとか

はたしてあなたは、現在ほぼ死に絶えてる文学ファンになって
人生を棒に振りたいのかね? 娯楽作品を読むほうが楽しいし
もっともっと健康的な趣味はいくらでもあるのに

698 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:19:32.64
>時間の歪みを文章

きことわ、のことじゃね?

699 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:23:51.79
>>697
すると、現代において「文学」とは「詩」だ。という結論になるのか?
ストーリーや思想はおまけ。

700 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:24:37.21
>>684
アナタそんなに文学分かっていて、何故プロになれないの?

701 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:32:17.64
>>699
そうではない、思想がメインでストーリーや詩的表現がおまけ
って言うのもありなわけだし
たとえば10年ごとに一人くらいでる、
「現代の若者のこころを斬新に切り取ったような、みずみずしい小説」
は若者の、その都度都度の「今」の思想を色濃く反映してるけど、ストーリーは平凡だし
美しい表現があるわけでもない
一部の大人からは酷評される
(そして、その作家は大人になり若者でなくなって書けなくなることが多い)


>>700
譜面は読めてもピアノ弾けないってことはあるだろ
ましてや作曲はもっと大変だ

702 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:48:10.28
なるほどね〜 それは上で例示したものとはまた別種だな。たまたまふらっと
立ち寄ったスレで勉強になるな〜ww

自分は正直言うと若いころ「文学」に耐えられなかった。一度ドストエフスキー
かなんか読んだ事あるが、(確か未成年)内容もよく把握できなかったのに
気がずど〜んと落ち込んで、一週間くらい鬱みたいになっちゃったww そんで
「こんなもの読んでたら俺は死んでしまう」 って「分かっちゃった」んだよね。
それ以外近づかなくなっちゃった。あれはそんなに深刻な作品でもなかったような気
がするが…

703 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 14:52:46.92
それはつまり
あなたはかなりのドストの良い読者ですごく楽しめた、とも言える

お化け屋敷に同じ金払うなら怖がりの方がお得、みたいな見方すればね

704 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 15:10:24.24
wwww な〜るw 生き残ってるしねw その後は村上龍なんか少し読んだ
なぁ〜 あれはだいっ嫌いで無性に腹が立つ。これも「お化け屋敷理論」から
すると「楽しんだ」ということか? 

705 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/08(日) 15:45:42.01
/_/_∩∩/_/_/_∩∩/_
/_( (`)_/_(^o^))_
/_(っц)_/_/(っц)_
/‖ ̄υυ_/‖ ̄υυ_
/‖\/‖_/‖\/‖_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_////∩∩///∩∩/////
//((^o^)(^o^))⌒γ///////////////////////////////////ジャングルの虎がみんなホットケーキになるぐらい好きだよ。前>>687純文学が。な。

706 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 15:54:15.07
ドストエフスキーって当時のロシアの文壇での評判は
庶民向けの感情を煽るだけのメロドラマを新聞に書く
安っぽい作家って扱いだったんだよな
物語の枠組は壊れてても、ただただ金のために面白おかしく興味だけで
ひっぱって、だらだら引き伸ばししてるみたいな事言われてさ
(まるでジャンプの長期連載漫画のようにw)

でも、そういう文句を言ってたロシアのお偉い作家たちは名も知れず
消えて行ったわけだけど

ただ庶民には愛されていて
ドストエフスキーのお葬式では花を供える庶民の列がながながと続いたらしい
だからさ、本当は日本語訳はもっと易しい文章で書くべきだったと思う

707 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 15:59:46.99
元の文章が有名な悪文だって五木弘之が言ってたっけな。塩野との対談だった
と思うが… 

708 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 16:30:12.87
実際、みんな大したのだ。まいったな

709 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 16:33:36.04
ドストエフスキーは初対面の人間がいきなり数ページまたがって喋り出したり
小説の文章規範としてはかなり逸脱した表現をしてるけど
あれを無くしたらドストエフスキーじゃないんだよなあ

710 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 17:00:27.13
確かにドストの文学が当時から見ても、
かなりエンタ的だったというのは本当だね。
しかし今のドストは「文学」の代名詞と化している。
そんなドストに真正面から対決するようなすごい作品が
出てくるといいね。もちろんドストみたいなエンタ性を
兼ね備えたうえで。

711 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 17:05:48.69
しかし、「神無き時代を生きる人間」だろ? 現代人、特に神なき時代
だかなんだかよく分からない融通無碍な日本人にとっても新鮮なの?

712 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 17:19:38.28
 ↑ 創価学会の人間から聞いた話なww

713 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 17:33:18.39
>>709
あれ要は天下一武道会が突然始まったみたいなことで
「え? どういうこと?」って感じに次の日も新聞買っちゃうように出来てるんだぜ
書き下ろしとか、短編ではそういうことしないもの

714 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 17:35:37.80
ああ、未成年でもそういうのあったな。なんか友人連中と話して〜みたいな。確かに何も不自然な記憶が無い。

715 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 18:01:36.79
今、たまたま「人間の証明」見てたんだが、これはエモーション動かされるねぇ…

「母さん 僕のあの帽子 どうしたでしょね ええ 夏臼井からきりずみへ行く道で 

 谷底に落とした あの麦わら帽子ですよ 母さん あれは好きな帽子でしたよ…」


しかし、これは「ぶんがく」ではないんだろな…

716 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 21:07:44.83
近未来を舞台にした新連載

奥泉 光「ビビビ・ビ・バップ」

時は近未来。ジャズピアニスト兼音響設計士のフォギーは、
超巨大企業(スーパーメガファーム)の重役である山萩氏に依頼され、
彼の架空墓(ヴァーチャルトゥーム)の音響をデザインしている。
あるとき山萩氏に求められ、ケープタウンの研究所に向かったフォギーは……。
彼女が巻き込まれる「地球規模」の事件とはなんなのか。
奥泉光「ビビビ・ビ・バップ」、スタートです!

これ、鳥類学者のファンタジアと新地底旅行をミックスさせたようなテイストなの?
群像よりすばる向けって感じがしなくもないけど。

717 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 21:14:54.44
こんなに盛り上がってるのを見るとやる気が出るぜ。
一人で応募作を書いていると寂しくてかなわん。
ぶんがく好きの知り合いって中々いなくてね。

718 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/08(日) 22:14:21.97
□∩∩◇|、、、、 ‖
(^.^))/( -。-)/|
[ ̄]υ)(υυ/|_
 ̄ ̄]_υυ_/|_
__□/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/もうね。前>>705/_/_/_/_/_ドキドキですよ。/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
僕のんかもしれん、て思うんですよ。

719 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 07:29:27.49
>>716
ラノベじゃねえかよ。
今年の文芸の「世界泥棒」とかすばるの錬金術師と同じノリ。
影響されてるな。

720 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 09:01:09.88
確かに影響されてるな
ブームになりえない駄小説をまねしてる場合かよ
いい年したおっさんが
群像編集部はナニ考えてるの?w

721 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 11:32:36.28
ドラマ化された奥泉の『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』は文章は軽妙で悪くないけど内容はまさにラノベ。准教授だのホームレス女子大生だのコスプレだの。

722 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 12:54:32.78
読み応えがあるな

723 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 12:59:45.28
作家も特に書きたいことがないし、編集部も特にやりたいこともない
そして、純文学はとにかく売れないので困っている。

そこで、「ラノベを純文学風に書いてみたらどうだろう!」という話が
出てきたんじゃないかな

724 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 13:05:47.47
奥泉のラノベ路線は商業的には成功しているっぽいね。
クワコ―のアマゾンのレビューは絶賛の嵐。

725 :スピカ ◆9FtOhHhBPAtQ :2013/12/09(月) 14:57:12.61
>>723
>作家も特に書きたいことがないし、編集部も特にやりたいこともない
そして、純文学はとにかく売れないので困っている。

その閉塞状況を打破する新たな作品を求めているんでしょうね。
期待に応えられるようなものを書かなければ。

726 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 15:11:10.09
書き手には純文学とラノベってヒエラルキーがあるんだか知らんが、読み手の
心にはそんなものない。これが厳然たる事実。

727 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 15:17:50.56
厳然たる事実

728 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 15:54:56.52
しかも書き手の心にある「純文学」だって幻想でしかない。そうでないなら
純文学とは何か定義してみればいい。いい定義が出てきたら俺も考えを変えるぞ。
だが、やってみればおかしなことにしかならんからww

729 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 16:13:06.38
純文学とラノベなんて区分けじゃなくって、一級品とその他、でいいじゃん。
芸術家が「俺の作品は一流だ」と信念を持つのは見苦しくない。しかし、
「俺のは芸術、他のは通俗」みたいなスタンスは見苦しい。

730 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 16:19:44.06
>>726
読み手のレベルによる
低レベルな読み手ほど「純文学なんてねーよ」と言いたがる
「売れてなきゃ意味ねーだろ」とか「百田ガー」とか
いいからよそで吼えてろ

731 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 16:38:05.95
>>730

要するに、「 >一級品とその他、でいいじゃん」 て意見に同意したんだな。


それでいいんだよw  (∪^◇^)≪ワオ〜ン

732 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 16:47:13.51
「矜持」と「権威主義的自己防衛」の違いだなぁwww

733 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 16:49:05.79
吼えるな〜www

734 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 17:38:40.54
商業主義

735 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 17:48:44.76
頓珍漢

736 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 17:55:20.92
ゲゲゲ・ゲ・ゲップ
ベベベ・ベ・ヒップ

737 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 19:08:56.52
このスレにさっきから湧いてる
エンタメと文学のありもしない対立を煽り立てるガキが
小説家志望になって人生棒に振ったら非常におもしろいな

738 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 19:16:31.16
どうでもいい

739 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 20:12:33.66
>>737
その文は「ガキ」っていう単語で反論にしてるのか? 「ありもしない対立」
ってのはあんたが書き込んでる時点で… や〜めたw かわいそうだしぃ〜♪

740 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 20:15:18.03
まさかとは思いますが、この「ガキ」とは、
あなたの想像上の存在に過ぎないのではないでしょうか。

741 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 20:34:59.98
う〜ん… 文章がいみふだよ〜 ぶんがくファンさ〜んwww

742 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 20:48:22.80
バクマンおじさん?

743 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 20:57:50.77
全然おもしろくないスレチしかいねえな
時期が時期だししょうがないか

744 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/09(月) 21:46:46.00
/‖ ̄ ̄‖>◇/___‖
∩∩ □ ‖◇/ ̄ ̄ ̄/|
^。^))⌒γ|>/ ∩∩ /|_
υυ[ ̄]‖/ ((-。-)|_
「 ̄ ̄ ̄]_(っц~__
□/__□////`υυ//ふふふ。きっと今回は。////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////前>>718

745 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 22:39:55.99
自己採点85点くらいの原稿を送ったんだけど
その後推敲して95点くらいになった。
99点にまで高めることができたら第58回群像新人賞に応募しようかなw

746 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 01:07:45.54
自分がもし業界の中の人だったら、こういうスレって覗く気がするけどな。
だって考えてみると、自分も働いてる会社や関連会社のスレ見てたりするよな?
まあ出版社なんてどこも激務だろうし、あまり頻繁に見ることもないだろうがw

747 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 01:26:13.09
下読みの人たちも覗いてるのかね。
イナの作品を担当した人が718や744を読んだらどう思うんだろう。

748 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 01:52:30.01
確かに仕事関連の検索してスレッドがヒットして読むことはあるけど、
よく見たら3年前くらいのスレッドだったりなど、リアルタイムで追うことはないですな。

749 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 01:54:14.02
ともあれあと2ヶ月か…
よいように解釈して読んでくれたらなぁ……と思ふ。

750 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 02:54:13.77
俺が業界の中の人だったら、こういうのは送ってきても無駄だぞ、ていう作風をここで貶すかもしれんw
無駄な仕事は減らしたいからなw

751 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 06:32:52.87
花村が裂で散々書いてるよ

752 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 06:57:45.48
今でも賞なんかいるの? 必須なの? まぁもらえばかなり生きやすいんだろうが、
ほかの道でもずいぶんいける時代になっているんじゃないのか?

753 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 07:22:31.69
帰化朝鮮人が選んだ 

帰化朝鮮人 ってことだ
見てみい 分断が左翼だらけなことを
[帰化、在日]戦後文壇は朝鮮系[乗っ取り]
名前: 名無しのオプ
E-mail:
内容:
出版社は編集者レベルで朝鮮系 だから日本人は作家にすらなれない

反論、異論は認めない、というのも現在の文壇のほとんどが 
         朝鮮左翼系だから 
      自虐史観を新聞、テレビと共に
      誰が植えつけてきたか考えよう

気づけよ 日本人!!




もはやすべての文学賞受賞者は 朝鮮人認定式 と成り果てましたな

戦後、出版社が朝鮮人にのっとられてどこの賞も日本人が受賞できなくなった
だから文壇は左翼と反日の巣窟
おまいら、本なんて絶対買うなよ、朝鮮人に貢ぐだけだ

おまいら黙過の代償以下 自虐史観にのっとられた受賞作みてもなにも思わないか?
朝鮮人は一度利権を確保するとレイシストだから日本人には絶対手渡さないぜ

754 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 07:56:14.75
以前に見たのは

退職老人の若者よ俺の話をきけ系とか
スイーツの恋に仕事にがんばってるけど本当は傷つきやすい私みたいなやつとか
引きこもりニートの世の中全部クソ、でも突然美少女が現れて自分を理解してくれる話とか
若い頃から売春もドラックもやってきたっていう風俗系のやつとか
ネットができて10年以上経つのに電脳空間でのなんちゃらとか書けば新しいと思ってるとか

そういうのはうんざりするくらい来るから
モチーフの選び方にセンスないって思われるってよ

755 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/10(火) 10:13:11.16
/‖ ̄ ̄‖>◇/__‖
∩∩ □ ‖◇/ ̄ ̄/|
^。^))⌒γ|>/∩∩/|_
υυ[ ̄]‖/((-。-)_
「 ̄ ̄ ̄](っц~_
□/__□///`υυ//うれしい。たしかにここに存在してる。前>>744とおった僕もとおした人も心からこれはよかった思える思う。

756 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 12:03:49.81
文學界2010年11月号の「新人選考の現場」という特集でも
下読みに落とされやすいものがいろいろと列挙されていたようだね。
検索すると出てくるよ。

757 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 13:15:37.20
サザエさんに出てくるノリスケなら伊佐坂先生の原稿待ってる間に2ちゃんやってそうだな

758 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 13:54:24.24
>>756
二次選考を通過するかどうかは、「小説になっているかなっていないかの差」
あるいは「独りよがりではなく読者が想定できているかの差」とあるんだが
小説とは何かについては、作家によっても考えが違う。

下読程度がそんな基準を勝手に決めて選考するから
今の本が売れない状況が生まれてるんだろう。

759 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 14:05:47.48
選ぶってのはそういうことだろ
ムラのない人間はいないんだから

760 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 14:41:02.31
いや違うだろ。それなら小説になってるかいないかなんて下読によって決まるのか?
それだから、一次で落ちた小説が、他に出し直して芥川賞獲ったりするんだよ。
小説になってるかどうかなんか選考基準に入れるべきじゃない。

761 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 14:52:56.90
小説とは何か、はそりゃ作家によって違うさ
でも「小説になっていない」は明確だろ
もちろんギリってのはあるけど
誰が見ても「小説になっていない」は存在する
おれが下読みをやっても結果は同じ、みたいなやつ

選考基準ですらない、料理コンテストに生ごみ出すようなもの
食い物でないものはじくのは当然

762 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 15:00:06.26
逆におもしろそう

763 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 15:10:59.40
群像スレに相応しいものを貼ってみる。既出かな。

http://www.sakuranbo.co.jp/livres/sugao/2012/02/post-15.html

764 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 15:20:02.35
>>761
料理と生ごみは明確に違う。
料理はひとの食事に供するため調理したもの。
生ごみは、食うものとして供されずまたは供されたあと
その使命を終えて廃棄されたものだ。

小説になっていないというのは、テニオハが間違っているとか
文法が間違っているとかの明確な基準がない。
明確な基準を示すべきだ。

765 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 15:25:17.17
>>745
同一作品の書き直しを同じ応募先に出しても勝算低くね?

766 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 16:25:04.42
明確な基準がなくてさ、あれこれはどっちだろう?
ってのはそりゃあるさ
あえて脱小説フレームな作品ももちろんある

だからと言ってだぜ
でも「うわ、これは小説じゃないわ」ってのがあるだろ
テニヲハも文法もあっていたとしてもね

人の食べ残しでも調理に使わないものでもないのに
見た感じ生ゴミ以外の何物でもないわってやつね

767 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 16:30:49.97
へたくそな小説や、実験的な脱小説があふれている
読者の好みも細分化している

だからといって小説になっていないものが受賞とかするわけないんだから
賞は結局好みだから「こういうのを好きな人もいるかも」みたいな
事に賭けるのは宝くじ買うより分が悪いよ
宝くじは当たることもあるからね

あと多少文章がまずくても光る物があれば受賞する、
文章は編集が直してくれるwとかね
そりゃ誤字の指摘くらいプロの作品に対してもやったりするだろうけど
あんたの文章添削してまで出版してくれるとかないからw
編集者は赤ペン先生じゃないし

768 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 16:31:55.27
何でこんなベタな話が受賞?とかあるけど解釈の違いなのかね

769 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 16:37:02.14
青山七恵の『ひとり日和』とか、なんでこれが芥川なんだとか思うけど
たしかに減点法で考えたら難癖をつけるとこも無いんだよな

770 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 16:38:04.68
解釈はあってるんじゃね?
あらすじだけ聞くと破綻してたりベタだったりするの確かにあるよね
それはうつわであって
エンタメじゃないんだからそこに何を乗せてるかじゃないの?

771 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 16:42:02.37
何を乗せてるか俺が読めてないて事か…

772 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 16:48:47.59
おれジャズとかわからないからさ出鱈目に弾いてるように聴こえるんだけど
かといって俺が出鱈目に弾いても誰も褒めてくれないわけじゃん
で、ジャズ好きな人にどこがどう違うのか説明してよ
って言っても多分無理だと思うんだ
でも多くのジャズファンはあれがいいコレがいい、あいつは天才とかやってる

あと新人賞の作品はさやっぱプロに比べて未熟だし
より出鱈目ジャズに聴こえちゃうと思うんだよね

っていうかなんでみんな純文学志望なん?
書いてみて盛り上がりも無いし、面白くも感動もないから
(でも小難しい漢字とか使いたがーるだし)
だったらエンタメじゃなく純文学だな、みたいに決めてない?

773 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 16:53:50.46
フリージャズと只の下手糞、どう見分けるのか

774 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 17:07:51.14
ジャズや小説はともかく
絵画やノイズミュージックの中には
「実は本当に出鱈目なんじゃね」ってのがある気がする

775 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 17:09:33.18
>>752
小説を書いて飯を食ってく上での話?
他って例えばどんな?
ブログに書いてたものが出版社の社員に見初められてデビューwとか?
持ち込みなんて相手にされないだろうし・・
情弱過ぎて全然思い浮かばんわw

776 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 17:14:36.54
>>767
大事なことだから忘れないようによく覚えとくね。
あなたのことも

777 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 17:50:06.54
>>772
推理小説もSFも好きなんだが、自分の書いてるものの内容と賞の傾向とを合わせると純文になってしまうんだな。
純文が一番自由度が高い気がするんだが。
トリックが暴かれなかろうが伏線が回収されまいが科学的におかしかろうが、
雰囲気と文章で乗り切れる、そんな思い込みで書いてます。

778 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 19:32:33.07
純文の新人賞はできそこないのミステリやSFの受け皿じゃないんだが。
「雰囲気と文章で乗り切れる」という程度の認識で書かれた小説なんて
一次も通過できないと思う。

779 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 19:35:30.17
初応募したんだが群像は難関なの?

780 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 20:58:32.21
俺が一次を通過できるかできないかは君にはわからない。
俺もわからないけど。
今回の目標は最終に残ることだ。

781 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 21:10:29.95
ハッキングでもされたかな。

782 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 21:12:12.10
>>780
俺は受賞しか考えてないよ。
そして、俺が受賞できるかできないか、
それは君にはわからない。

783 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 21:59:12.27
いつもなら群像応募後、文學界に向け執筆するのだけど
今回は群像新人賞獲れる様な気がしてまるで書く気になれない。

784 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 22:09:11.16
自分は獲れると信じて続編を書いてる。
これでもし獲れなかったら今書いているものは無駄になるけどw

785 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 22:58:50.01
>>781

786 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 01:25:05.61
お前は人の嫌味もいい加減にしておかないと後々まで恨まれるぞ

と自分自身に言い聞かせるw
どうも主人公が嫌味たらしい作品ばかり書いてて性格がひねくれてきたw

787 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 02:29:04.75
いろいろ考えている。
下の文は、少し頭の変な人の文に見えるだろうか。
それとも一種の創作の一環に見えるだろうか。
ご教授願いたい。

さまようさまよう肩こりがひどい。

11月後半はおおいに仕事休む。

パソコンから離れられる。

でも問題がある。

スマフォさ。

ネットから離れたい。

ゲームなんてもうしたくない。

進展のない板の不毛なスレッドは負担になるだけ。

堂々巡り堂々巡り。

与えられたら頑張ります。

向上心の衰えたわたくし以上に向上心の萎えた愚民どもよ。

鉄槌をば。

顔が見えたぞ。顔が見えた。本当に。といればかりに。

788 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 02:49:14.68
他に言いたいことは?

789 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 04:30:59.14
じゃあ俺も便乗してご教授願おうかなw

出てきた出てきた、真夜中に。
あんたもなかなか物好きだ。
真夏の汗は苛立つものな。
誰だって人のせいにしたいときって、あるじゃん
暗い部屋の中、何が悪い
あんたもなかなか物好きだ。
不毛の大地に立って、ずっと何を見ていた。
気ままな風が吹いているだけだろ。
分かっただろう、あんたにも。
それでも見ていたいのなら、好きにするといいよ。
俺はあんたを嫌いじゃないからな。
気の済むまで見ていればいい。
それで案外、分かり会えるかもしれない。


我ながらイタいけど2ちゃんなんてこんなもんだろwww

790 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 05:30:05.31
>>787
んじゃ、俺の感想で良ければ・・・
この詩はイマドキの若者のことだね

>顔が見えたぞ。顔が見えた。本当に。

この部分はなかなか面白い
いや、全体的にはクソみたいな駄作だけど、この部分だ
けには背後にもっと大きな顔がありそうな雰囲気が出て

正直、これを読んでから震えが止まらない

>>789
これはひどい

791 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 05:41:38.79
そして文秀はハゲた


いずれ死ぬだろうな

792 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 05:55:50.33
>>787
個人情報の問題について言ってるのかな?

793 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 09:23:54.38
>>787
これはすごい!
これが世に知れたら大変な事だ!

794 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 12:56:32.38
昼寝から目覚める。
下読みに提出した小説がボロクソ評論される夢を見る。
なんとも現実的な夢。

飯食って気分変えよう…

795 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 13:18:26.77
>>785
冗談だよw
けど、まぁ、「今」それを出す書き手が出てきたか、っていう作品を
読みたいね。
たとえ俺が受賞しなくても。

796 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 14:01:04.78
くっせえ自演ばっかだな

797 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 15:00:22.82
きっちり読んでくれて、それで落とされたならそれでいい
俺は命懸けで書いたし、下読みも本気で読んでいる
その琴線に触れなかったとしたら俺の力不足だったってこと
今書いているものか、それとも来年10月末までに書き上がる作品の中から選りすぐって
また挑戦するさ
覚悟してろよ

798 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 15:16:42.77
ホント、今時珍しいくらい分かり易い自演だな

こんなことする目的は一体何なんだよ

799 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 17:15:11.07
>>795ん?安価ミスか?
イミフなんだが

最後の一行が

800 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 17:28:57.73
俺にはどれか自演か分からん…
他板やYahoo!!!!!みたいにIDがないのに
どうして識別出来るんだ?

801 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 17:35:33.60
790 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2013/12/11(水) 05:30:05.31
>>787
んじゃ、俺の感想で良ければ・・・
この詩はイマドキの若者のことだね

>顔が見えたぞ。顔が見えた。本当に。

この部分はなかなか面白い
いや、全体的にはクソみたいな駄作だけど、この部分だ
けには背後にもっと大きな顔がありそうな雰囲気が出て

正直、これを読んでから震えが止まらない

>>789
これはひどい

792 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2013/12/11(水) 05:55:50.33
>>787
個人情報の問題について言ってるのかな?

793 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2013/12/11(水) 09:23:54.38
>>787
これはすごい!
これが世に知れたら大変な事だ!

802 :787:2013/12/11(水) 18:15:17.93
いや自演じゃないけど。
ある種の病気の方たちの書く文は個性的だと感じた。
詐病と思わしき人の書いた文とくらべるとなおさら。
ただネット上で閲覧しているから、
俺が病気の人が書いた文だと思っているものが実は健常者の創作の可能性もある。
逆もしかり。
それで病的な文を自分で書いてみて、病的に見えるか、或いはただの健常者の創作に見えるか聞いてみたかった。

しかし一晩経って読み返すと特に病的でもないただのポエムでした。
思いつきにありがとうございます。精進します。

803 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 18:46:52.42
ちょwww俺の>>790も自演にされてるwww
まぁ別にいいんだけどwww

ところで>>787さんは俺の「ご教授」はスルーなの
?www
俺なりに一生懸命考えたんだけどなぁ・・・
仕事が忙しいのかな?

一般論だけど、自分から言い出した事なのに途中
で投げ出す人と仕事するとロクなことないよねw
WwWw
まぁ仕事と2ちゃんねるは違うのかwwwwwwww
WwWw

804 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 19:02:57.19
>>803
けっしてスルーしたわけではないです!
レスポンス有り難かったです。しかし自演云々あったので直接レスしていいものかと思い投げ出しました。

一回だけスマフォの画面に黄色い顔が映ったことがあって、
瞬間的に、自分の顔が反射した、と思ったんですが、大きさが合わないんですよね。
あれなんだったんだろうなぁという気持ちと、トイレに行きたいが面倒だなぁという気持ちを書いてみました。
けっこう不気味な出来事だったので、不気味だと感じてもらえてうれしいっす。これ本当です。

805 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 19:14:22.51
そっか。
いや、俺も決してそんなつもりはなかったが、読み返す
と煽ってるようだったわw
色々と悪かったな。
でも、どうも俺には>>787さんの詩は>>804の解説とは
思えないんだよなー。
なんていうのか、もっと深いものを感じるんだ。
中々皆が見てる場所では言いにくい気持ちなのかな、と
予想してみる。
ここで言えなければツイッターにでも書いてみればええ
んでない?
もしかしたら、偶然どこかで遭遇するかもなw
俺が>>787さんの連絡先を知っていれば直接話を伺いた
いくらい心に引っ掛かる詩なんだよな。

あ、案外>>787さんて、この板では有名人とか?

806 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 19:27:49.69
連投すまんが、
>>787さんはネット上で見た文章が病的なのか詐称
なのか知りたくて詩を投稿したんだよな。
よければ俺にもその文章を紹介してくれないか?
それと、自分でそれを模倣してみたら病的ではなか
ったんだよな。
ということは>>787さんの結論としては元の文章自
体も病的ではなかったっていうことになってる?
病的じゃなく、ただの健常者、ていう結論?
それとも他の何か別の存在だったりする?

807 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 19:32:13.41
すまん、ageまくってたwww

808 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 20:29:23.31
さて、そろそろ「スレチ」という言葉について思い当たることはないか?

809 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 21:03:18.72
俺はまったくのななしですよ。
健常者でも不安定な文を書けるものかな、と思って書いてみました。
ここまで反応してくれて嬉しいっす。
林公一さんの心の相談室Q&Aに飛ぶと不安定な文はいろいろ読めますよ。

スレチというタオルが投げ込まれましたのでそろそろ戻ります。
またどこかで。

810 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 21:31:02.68
>>808
すまんw
>>787さんもすまんかったねw
なんかどうしてもあの詩が印象的だったんだよw
俺も引き下がるわw

でも俺には最後まで>>787さんの本音を聞けなかった
気がするよ・・・
もしかしてくどくなり過ぎて嫌われちゃったかな?
それが心残り。
もしもまたどこかで会っても無視されちゃうかも・・・
なんてww

ほんと、スレチすまんかったwww

811 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 22:55:35.02
自演かと思ったら同レベルの二人だったでござる

812 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 23:04:58.63
>>811
自演やめろ
うぜえ

813 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 23:26:05.09
>>812
わざとなのか?

814 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 23:57:16.84
ワイ将、ここでの調査はもう打ち切りなんやで。

815 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 23:59:14.47
すいません誤爆しました。
もう二度とここで書き込みはしません。

816 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/12(木) 09:27:52.08
群像新人文学賞応募者リストを1月号か2月号に掲載して欲しい
それなら確認の意味で購入するし
5月号の予選通過発表までの精神的なつなぎになる

817 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/12(木) 09:43:02.35
売り上げは伸びそうだが……
1500人(?)の羅列の中に自分の名前があっても、自分は買うかどうかあやしい。

818 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/12(木) 09:52:07.60
受験生が推薦入試や面接付き二次試験で応募実績として使うようになると思う
予選通過発表は4月ってのがミソで、入試の時点では可能性は未知数
「もしかしたら」とプラスに採点してもらえるかもしれないし
もちろん、イタいPNじゃなくて本名で出さなきゃならないけど

819 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/12(木) 13:27:43.92
ペンネームって確定申告するときに屋号欄に記入させられるものなんだな。
ナオコーラは毎年それに耐えているんだな。

820 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/12(木) 16:45:15.50
しょうもない鶏はとっくにゴミに出したよ

821 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/12(木) 17:57:21.06
ナオコーラとかあんなつまらんしくだらんし力量ない一発屋なのにまだ生き残ってるのがすげえわ

822 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/12(木) 19:12:58.17
一発屋なのにまだ生き残ってるのがすげえわってなんだよ。
生き残ってるなら一発屋じゃなかったってことじゃん。
芥川賞に何度もノミネートされてもいるし。

823 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/13(金) 01:53:54.56
>>821
お前が嫉妬心丸出しで何て言おうが、賞とって売れたもん勝ちなんだよタコ

824 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/13(金) 11:20:35.94
何で群像スレで文藝出身作家の話をせにゃならんのだ?
唯一、知っているのがナオコーラだったのか?
情けないから黙っていた方がいいよ。

825 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/13(金) 11:34:08.50
作品がすべて。

826 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/13(金) 17:31:13.22
みんな意外とナオコーラに優しくてわろたw

827 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/13(金) 17:59:22.22
無知なやつが嫌われているだけ

828 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/13(金) 18:05:25.98
作風その他でムカつく純文作家なんざごまんといる
なのに名前について嬉しそうに揶揄するとはな
どんだけバカなんだよ

829 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/13(金) 19:02:57.50
分かった 作風その他をボロクソに叩こう

830 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/13(金) 21:57:21.90
前回最終に残った山本さん(21歳)はそのうちどこかの賞を獲るだろうな。
「高校生のための近畿大学文芸大賞」の大賞受賞、
群像新人文学賞小説部門最終候補、
文學界新人賞三次選考通過2回。
早稲田文学に寄稿したこともあるようで、すでにセミプロみたいなもんなのかな。

831 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 05:32:34.99
ナオコーラの自演擁護か

832 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 08:51:37.47
若くして出てくる人って大半は潰れるけどね。

833 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 09:05:25.60
ずっと試合に出続けられる一軍選手なのは、凄い。

自分の目標は、まずは新人賞。
いい結果が出るといいなあ…。

834 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 09:25:13.58
実は読んでいないんだから作風や作品を叩けるわけがない
名前だの一発屋だの、サルみたいな叩きをやるだけの惨めなバカ

835 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 09:55:54.88
自分は一発ホームラン狙い
現状三振ばかりだがw

836 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 10:20:44.98
二月の中旬〜下旬が八回裏くらいかな?
経過が掴めないまま、ドキドキワクワクするあの時期。

自分もホームラン打ちたい。

837 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 11:41:19.43
オナコーラの自演

838 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 11:57:24.98
一発ホームラン狙いというのは群像&芥川のW受賞狙い?
自分は枚数が250枚近くあるから芥川は最初から無理だ。

839 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 13:06:27.48
違いますよ
三次に残るヒットとか、最終落選エンタイトルツーベースは不要
受賞か一次落ちで意味すよ

840 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 17:36:15.60
アマゾンの鶏の商品ページ、『5点在庫あり』になってるぞ。
短期間でこれだけ売れるなんて事件じゃねーか。

841 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 17:42:11.24
鶏作者乙っていわれるぞ

842 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 18:24:17.50
返品

843 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 18:50:20.56
クリスマスが近いだけに食材と勘違いして注文→返品

844 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 19:28:33.10

おもろい。

845 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 19:30:56.26
出版社は編集者レベルで朝鮮系 だから日本人は作家にすらなれない

反論、異論は認めない、というのも現在の文壇のほとんどが 
         朝鮮左翼系だから 
      自虐史観を新聞、テレビと共に
      誰が植えつけてきたか考えよう

気づけよ 日本人!!




もはやすべての文学賞受賞者は 朝鮮人認定式 と成り果てましたな

戦後、出版社が朝鮮人にのっとられてどこの賞も日本人が受賞できなくなった
だから文壇は左翼と反日の巣窟
おまいら、本なんて絶対買うなよ、朝鮮人に貢ぐだけだ

おまいら黙過の代償以下 自虐史観にのっとられた受賞作みてもなにも思わないか?
朝鮮人は一度利権を確保するとレイシストだから日本人には絶対手渡さないぜ

846 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 19:54:10.80
ヘイトスピーチ流行語大賞を逃す

847 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/14(土) 22:24:00.89
浅川さん来年ようやく講談社から単行本出してもらえるみたい。
結構長い道のりだったね。

848 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 10:22:06.21
純文は売れないいっても初版4000さばけないようじゃ情けない
鶏はやはり選考ミスだな
だらだら続く会話文は読者にとっては苦痛

849 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 10:59:56.73
群像は特にそうだが、純文学全体が
完全に迷走してる。指針を失ってる。
何がいいのか判断できない。だからコネや
見当はずれのラノベがもてはやされる。

850 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 13:30:10.60
舞城が純文学の賞レースに出てくるようになったころからじわじわとラノベに侵食されていった気がする
舞城や本谷は群像が目をつけて純文学に引っ張ってきたけど、ミステリとか演劇とか純文学のバックグラウンドがない人たちに何をさせたいのかというと
保守派に非難されるような純文学らしくない小説を推してW村上みたいなブームつくって大もうけしたいんじゃないかなと思う
そういう点では迷走してないのかもしれない

851 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 13:50:44.10
ラノベ風でも売れてればいいんだけどそういうわけでもないんでしょ奥さん

852 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 14:15:38.33
すばる文学賞の『完全な銀』から『教授と少女と錬金術師』への改題は
ラノベ読者層を取り込むためとしか思えない。

853 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 15:25:59.75
そもそもラノベを読まないのでラノベっぽいてのがわからない。
また純文学なんて定義も日本特有のものでしょう?

854 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 15:40:56.45
今年は小説売れました 実力派ブレークも人気「二極化」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131215-00000501-san-ent

というわけで我々は売れない側に完全に入っているわけで

855 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 15:56:04.31
ラノベのレーベルで出ていた小説が
一般向けのレーベルで再販されたりするケースも
時々あるし。

856 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 19:47:48.33
>>852
気持ちは分かるけどさすがに強引だよ、それは
「完全な銀」はそもそもタイトルとしてひどすぎる
冶金学の話なのか将棋の話なのか、内容がさっぱり分からない
散漫な話だからキーワード三つを並べるしかなかったんだろう

857 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 19:53:36.65
朝まで延々と会話する話だから「鶏が鳴く」
しょーもないけどぎりぎりセーフ、くらいだ
群像編集部としてはタイトルを変えたかったけれど
肝腎の作者が何を思ったかPNの変更に夢中で
タイトルまで手が回らなかったんじゃね?

858 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 21:09:43.11
完全な銀はパーフェクト・シルバーにすればパーフェクト・ブルーの読者層を
取り込むことができたかもしれないのにもったいないな。

859 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 21:19:15.75
「人のセックスを笑うな」

これなんか
タイトルで受賞したようなもん

860 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 21:21:04.18
「鶏が鳴く」
こんな題名の小説を誰が買うんだよ

861 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 21:34:54.70
鶏鳴教会の存在を知っているような知識階級(?)に
手に取ってもらいたかったんじゃないの?
ちなみに自分は知らなかったw

862 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 21:57:19.00
とりあえず、知らなくても何ら問題はないと思うよ

863 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 21:58:52.32
「セックス依存症中2女子」といタイトルで応募したんでけど
タイトルだけで受賞できるかな?

864 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 22:00:55.45
>>861
ペテロに由来する言葉なのね。知らんかった。
これをくんでの「鶏が鳴く」だったら、ものすごく重厚だな。

865 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 22:02:29.08
だけどさ、「鶏が鳴く」のタイトルで応募した度胸は認めようよ
これだけ地味なタイトルでも拾い上げた編集部の英断も、さ
やっぱり群像は、アグレッシブだと思うな

866 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 22:09:13.00
群像がクリスチャン向け雑誌だったらいいかもしれんが…

867 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 22:16:29.93
みなさんの深読みには感服しますが、

単に朝を迎えてニワトリが、って意味じゃないの?

868 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 22:17:53.04
>>861
表紙がひど過ぎてw

869 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 22:27:41.51
>>865
群像は昔「鳩を食う」というタイトルの小説に優秀賞を与えてるよ。

870 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 22:30:27.35
本文に聖書の引用って書いてなかったっけ
書評しか読んでないから自信ないんだが

871 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/15(日) 23:06:47.96
>>863
ラノベなら特別賞受賞

872 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 00:20:55.30
>>863
本当だな?絶対に本当にそのタイトルで応募したんだな?!

873 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 00:21:49.78
そろそろ耐え切れなくなって応募作のタイトルをさらす人をぢっと待つ。

874 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 00:28:40.21
大江健三郎が好きだから、群像に出そうかな
あのひとは新人賞出身ではないけど、講談社と仲良しだし

875 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 01:18:20.57
>>863
店頭にあったら思わず手にとるわ

876 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 10:47:56.46
本当にタイトル晒すのはバカかマジに自信ある奴。あとは釣りか嘘つき!

877 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 10:52:06.50
>>863
馬鹿だなお前
すばるに送ればよかったのに

878 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 11:58:09.56
「セックス依存症中2女子」
想像が膨らむ。
タイトルとしてはインパクトあるけど
やはり内容が良くなければなあ……
パクって「すばる」に出すのも確かにいいかも

879 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 12:03:05.36
中間発表でタイトルが印象的な応募作は
確かに受賞率が高いような気がする。

880 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 12:16:10.11
「セックス」と書く時点で芸のなさを感じる
某文藝賞受賞作の場合はひとひねりあったが
これじゃ単なるスポーツ新聞のエロ小説だ

881 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 12:45:53.25
『セックス依存症中2女子』を中学2年時の綿矢りさが書いてたら……

882 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 12:49:25.51
スポーツ紙であろうと連載され多くの人の目に触れ
金が稼げればおいらは満足

883 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 13:05:12.32
以前知り合りの編集者から「直接的タイトルのネーミングはダメ」
といわれたことがある。

884 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 13:13:53.23
自身、中2のとき一時期オナニー依存症だった。
セックスよりオナニー依存症の方がリアルな感じがする。
もっともおれは男だけど・・・

885 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 13:14:18.63
タイトルより経歴かもな
いい歳こいたおっさんの平凡なエロ作品でも
履歴に中2女子と書いとけば通らない作品でも通るかも

886 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 13:21:15.45
「セックス」って言葉をタイトルに入れるのは芸がない
それを感じさせるエロいものにしないと
とかいいながら、オレは性描写苦手だからエッチな内容は避ける

887 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 13:37:47.58
性描写は自分で書くのは楽しいけど他人が書いたのを読むのは嫌い。
でも一番嫌いなのは実際に自分がセックスをすること。

888 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 14:10:29.75
863は「だから?」としか思えない。
何の発展性も感じられず、ただそういう女の子なんだな、というだけ。
その子がセックスする話にしかならない。
このつまらなさがわからず、衝撃的だと思うなら、
それこそ欲求不満の中二男子レベルだな。

889 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/16(月) 14:23:29.17
‖‖ □ ‖◇|∩∩_‖
‖‖。 ‖>/((-。-)/|
‖‖[ ̄]‖/(っц~|_
「 ̄ ̄ ̄]__`υυ_
□/__□///////////////////////////中二ってまだ子供ですから。前>>755そんな欲求ないですから。
うそ書いて大勢の民衆に読まれる雑誌に載るわけないじゃないですか。

890 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 14:25:47.68
エロブタ全員集合

891 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 16:32:10.07
編集長が女性の雑誌なんだからセックスを迂闊に出さない方がいい
ジェンダーだのフェミニズムだのうるさく突っ込まれるおそれがある
現在、男性編集長の純文学誌は新潮のみだけれど

892 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 16:32:12.13
エロスこそ純文学の神髄とおれは思うけどな。

893 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 16:34:20.61
木下古栗って女?男?
画像が全然出てこないんだけど群像受賞したとき
著者近影は載らなかったのだろうか。

894 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 16:34:46.56
作品に必要かどうかでしょ?
セックスだろうと何だろうと

895 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 16:53:26.23
誰でもやっていることを嬉しげに書くってのがどうも凡庸だな

896 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 17:38:35.15
『セックス依存症中2女子』、時代に取り残されてきた頃の村上龍的な絶妙なダサさがある
まじめに新しいと思って書いたんなら困りものだけども

897 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 17:55:03.78
セックスは生物が誕生して以来の超原始、普遍的な本能行為。
古いと言えば古いが永遠不滅のテーマであることに間違いない。

898 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 17:59:28.73
口先だけだな
そんなものが本当に永遠不滅のテーマだと思うのか?
永遠不滅ということは、極め付けに平凡だということなんだが

899 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 18:05:09.46
まあ、サカッてるガキには立派なテーマに見えるんだろう
童貞捨てたのが嬉しくてたまらない、みたいな
何年かすれば氏にたくなるくらい恥ずかしくなるのは確実だが

900 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 18:21:54.46
>>891
それは関係ないと思うよ。よほど女性差別するならダメだし食らうだろうけど
集英社でたなしんの「共喰い」担当は女性だし、編集長も女性
巧みなセックス描写ははむしろ歓迎じゃない?

セックスは読者の食いつきがいいからね
新潮の「ふがいなくぼくは……」とかさ

自分は未熟だから性関連は書けない

901 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 19:00:59.11
文章作品として成立してなきゃ何書いても駄目だよ

902 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 19:25:34.31
百戦錬磨の女性編集者を唸らせるセックスを描くにはまだまだ修業不足だ
てなわけでちょっと修業してくるわ

903 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 20:20:06.52
セックス依存症で実際に苦しんでいる人たちがたくさんいるんだから、
単に新奇なものを取り上げるためだけにそれをテーマに挙げるんだったら
書いてる本人は意識していなくてもすごく差別的な内容になるだろうな
これは性体験が未熟かどうかなんてレベルの話じゃなくて、倫理的な問題になる

904 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 22:58:21.36
タブー、常識を打ち破るのが純文学の本髄だが、
弱者、ハンディのある人間に対する配慮が必用でもある。
そこらへんの線引き、バランス感覚……。難しいな

905 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 23:18:15.79
思い切りが大事なんじゃないか。
はんぱなく突き抜けてたらよい気がする。

906 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/17(火) 04:28:17.22
‖∩∩□ ‖◇|∩∩ ||
( (`) ‖>/( (`。)/|
(っ[ ̄] ‖/(υυ∩∩
「 ̄ ̄ ̄]|_υυ_() 
□/_UU_□////////( ̄ ̄
非の////////////[ ̄ ̄]///打ちどころがないようにしますんで――。////////////////////////////////////前>>889なんだ、寝てんのかよ?

907 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 08:12:15.73
<う ん こ 本>

「糞尿譚」火野葦平

すると、花火があがって、何かふつふつとたぎるような音がしはじめ、
眼下に見下ろされる町の中から叫喚の声がとどろきはじめると見る間に、
町は沸きたち、あふれ上ってきた黄金の糞尿の流水の中に沈みはじめた。
溺れ、救いを求める人々の中に、彦太郎は、汲取り方が悪いから金を
払わんと云った会社員の顔や、家族が減ったから十銭引きなさい、
でなかったら他の者に頼むから、と云った果物屋の主婦さんの顔や、
を見た。ごうごうと音立てて溢れたつ糞尿の中に、またたくうちに町は
沈没してしまい、折から上ってきた太陽が黄金の上に反射して美しくかがやいた。

908 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 09:58:13.58
>>903
そういうことに気づかない狭隘な視野しかないやつは
受賞者を羨むだけで終わるだろうよ
ガキの非常識が持て囃されるわけじゃない
独創と非常識の区別もつかないようじゃ論外だ

909 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 11:06:34.34
たしかにそうなんだろう
お前の脳内でなw

910 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 12:10:35.85
>>893
@subaru_hentaibu
「ザ☆すばる望遠鏡」今回は作家の木下古栗さんと神保町古本屋巡り。普段あまり古書店を訪れないという木下さんと珍本奇本を探します。新たなアイディアを求め、セックス関連の古い文献を舐めるように検分していたところ…… すばる6月号。

こんな企画、女性作家が「舐めるように検分」するかボケw岩井志麻子ぢゃあるまいしw

911 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 14:56:25.96
聞きかじりや引用でドヤ顔したがる単なる荒らしが湧いてるな

912 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 18:22:56.80
アマゾンの鶏の在庫、今見たら3点になってるぞ。
このスレで度々話題になっているのがいい宣伝になっているのかもな。

913 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 19:15:19.51
在庫調整で、売れない本は徐々に返品するんですよ

914 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 19:33:38.62
返品?「入荷予定あり」というのは嘘ってこと?

915 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 20:18:16.18
>>912
アマゾンが食材の取り扱いを始めたのかと思った

916 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 21:02:54.56
ホントに売れてるみたいね
っていっても増刷されるほどじゃないから作者には金は入ってこない

917 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 21:05:21.40
受賞後第一作は載ったのかねえ

918 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 21:15:07.71
>>917
アフター・ジャスティフィケイション・オブ・ライフ

919 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 21:44:53.92
虚仮脅し感ハンパねーな

920 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 09:21:51.04
ホントそうな
読む気しない

921 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 10:26:16.16
http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B00GTHA094/ref=dp_image_text_0?ie=UTF8&n=3828871&s=kitchen

922 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 10:54:15.82
「ジャスティフィケイション」とカタカナ表記するセンスに眩暈がする
波多野本人は「どうよ俺のセンス!?スゴくね?」とか思ってそう
和訳すりゃ馬鹿みたいなタイトルなんだが

923 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 11:20:59.81
AJOL

924 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 11:40:12.49
全日本OL?
何か読んでみたい気がする
女子会とか超エグいトークが炸裂してそうだし
下心満載のげんなりするエロシーンも期待できる

925 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 11:41:46.97
>>922
同意

926 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 13:02:53.99
http://www.koubo.co.jp/award1308.html

「ここまで頑張って一次選考も通らないんだったら、世の中はクソだ」
という部分が中二病的ではあるけど、そういう胸のうちを
さらっと告白するあたり、じつは素直な人なのかもね。

927 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 13:34:29.80
顔がごついな

928 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 14:07:46.73
で、受賞第一作はどのくらい努力したんだろう?
「これで芥川賞が取れないなら世の中はクソだ」くらい?
そして今はどのくらい「努力」してるんだろう?
そう考えると、単なるウザいやつに思えてくる

929 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 17:29:31.40
チヲルっていつの間にかこんなことになってたんだな。

http://dot.asahi.com/photos/photogallery/archives/2660/0701_092-093_u25/

930 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 17:45:42.31
ん?
全く、現在状況がわからないのだが??

931 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 18:56:25.77
鶏の第一作。ありゃ町田康の劣化版だな

932 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 20:08:37.01
>>931
読売の文芸月評によると「ドストエフスキー風」らしいじゃん。

933 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 22:01:10.54
ドストエフスキーも安くなったな

934 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/19(木) 00:08:52.02
読んでねえだろ

935 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/19(木) 12:56:52.17
石原慎太郎元東京都知事が群像の編集長に「三国人」という差別用語
を平気で使うので掲載を断られたとのこと。
おれも人種差別にとられかねない応募作なので心配……

936 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/19(木) 13:00:27.82
>>935
悪い間違えた集英社「すばる」の女編集長から掲載拒否されたとのこと。
でも、群像も同様な考えを持っていることも事実とか。

937 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/19(木) 13:15:35.87
老人力でフルボッキ

938 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/19(木) 13:20:35.42
「三国人」は国会でも問題なしってことになったのにな

939 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/19(木) 13:22:10.58
〆切りから一月半経った
選考作業は今どのくらい進んでいるんだろう

940 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/19(木) 15:04:00.42
本数からしたら、一次終了くらいじゃない?

941 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/19(木) 16:42:09.74
辛くなったらいつでも帰っておいで

942 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/19(木) 18:06:20.39
群像で一次を通過したことがないんだよな
ムカついて他で落選したやつを回していたけど
今年は久々に群像用に書いたやつを応募した
ていうか書いているうちにこれは群像かなと思ったわけだが
結果が気になるわ

943 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/19(木) 22:34:37.81
少しSF的な内容になったけど、ここなら大丈夫ですか?

944 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/20(金) 04:25:20.49
‖‖ □ ‖◇|∩∩_‖
‖‖  ‖>/((-。-)/|
‖‖[ ̄]‖/(っц~|_
「 ̄ ̄ ̄]__`υυ_
□/__□///////////////////////////////////////////雨だ。印字した。カッティングしてからナンバリングだ。
スペースオペラもスタージンガーもオッケーなんでしょ? 前>>906せつないですね。原稿はできあがると即ち別れねばならぬ代物、ですからね。

945 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/20(金) 07:14:56.14
>>940
もう一次選考終了なんだ?
年内一杯はかかるかと思っていたけれど
>>942
同じだー

946 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/20(金) 08:44:26.71
毎回、投函後、応募した原稿を読むと自信をなくし、
文學界応募作を書かなければとのモチベーションに
していた。それが今回は自信満々でまるで執筆意欲
が湧かない。それほどまでの会心の作なのだが……

947 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/20(金) 15:14:30.91
□ ‖◇|、、、、‖∩∩ ‖
  ‖>/(^。^ )((^。^)/|
 ̄]‖/ υ yυ(∩∩/|
 ̄ ̄]_υυ_(^o^))
__□///////υyυ)
/////////////υυ□//////////はっきり言って僕は僕の最高傑作を群像に出した。前>>944が、先月また書けたんで太宰に出した。今月もまた書けて學界に出す。

948 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/20(金) 15:26:53.60
伊井直行「草のかんむり」だって受賞しているしな

949 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/21(土) 19:20:27.64
袋を被った男の話でデビューした奴もいるしな

950 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/21(土) 19:31:24.06
>>942
文章が無機質で官能も情感も霊性もないから、落ちているのでしょう。
書き込みを見て、感じたことです。

951 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/21(土) 20:30:05.87
>文章が無機質で官能も情感も霊性もないから、落ちているのでしょう

意味不明

952 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/21(土) 20:34:49.99
>>951
知りもしないくせに偉そうに言いたがる奴しかいないから気にするなよ。

953 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/21(土) 21:38:53.04
人の心を動かす文章というのは
非常に難しい…

954 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/22(日) 11:52:24.56
次スレ立てるのも難しい…
誰か頼もう。

955 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/22(日) 17:03:11.48
>>1によると980を踏んだやつが次スレを立てるらしい。
まだ先の話だな。

956 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/23(月) 01:21:55.10
>>953
でも3000ピースのジグソーパズルとか量子力学の論文とかの難しさとは違う。
そういう文章は突然現れる。穏やかな下流の川底で転がってきた岩石みたいに。
条件は二つ。
ベストのセンテンスだけを続けることと、最初の読者である自分を信じること。

などと酔った勢いで。

957 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/23(月) 01:35:30.58
【慰安婦問題】片山さつき氏、米・慰安婦像撤去の署名を呼びかける…一方、テキサス親父には殺害予告が★3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1387702317/

958 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/23(月) 02:20:19.94
読む側の心境もある。すっごく心にしみるときもあれば、字を追うのすら辛いときもある。
書き手と読み手がうまく掛け合わさると幸せだね。

959 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/23(月) 07:12:01.62
心を動かす作品と、心に染み入る作品とでは、微妙に違う気がする。
どっちがいいというんじゃなくて。
だから文学は良い。

960 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/23(月) 07:33:30.05
‖∩∩]‖◇|∩∩ ||
((-。-) ‖>/( (`。)/|
(っ[ ̄]‖/(っυ/|_
「 ̄ ̄ ̄]|_υυ_|_
□/_UU_□///////////
ニャー(^o^))⌒γ'///////////////////////////前>>947読んで疲れるようなもん、見せられへんやないか。

961 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/23(月) 08:42:26.48
本当に新しいものに出会うと、人は感動するより先にまずは立ち止まり、唖然とするだろう
新たな感動のレセプターが形成されて、初めて感動できるようになる
で、ここからが問題なんだが……
それを上っ面だけ理解して「唖然とする」部分だけを追求する馬鹿が後を絶たない
単に支離滅裂だったり、論理学や心理学の術語や引用で破綻しただけのものをドヤ顔で出してくる
田舎のビジュアルバンドみたいな感じで
特に群像に多そうなパターン

962 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/23(月) 10:22:50.77
「新しい才能を求む」を前面に押し出せば、それらしさを前面に押し出したような応募作が増えるのは自然じゃない?
「新しくても、重厚でも、とにかくいい作品を求む」となれば、また違った傾向になるような気がする。

新しいものしか書けない人は、新しいものを送ってくるはずだし、その時に見出だせばいい。


でも、主催者側の「才能」に対する夢というか、熱意というものは凄いね。
応募する側も益々やる気が出てくる。

才能のある人、頑張って作品を送ってよ。

と、一次すら通らない自分が偉そうに書いてみました。

963 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/23(月) 11:33:35.81
>>956
春樹っぽいw

964 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/23(月) 12:15:37.62
>>963
皮肉だとしても嬉しいね。でもおれは龍が好きで群像に来てる。

夜の都市上空に停滞する騒音を「通奏低音」と比喩った春樹には、さすがだなーって思ったわ。

あと春樹は、トヨタクラウンとかレタスとか、書かない。
トヨタ・クラウン・ロイヤルサルーン、ロメインレタスと書く。

新人賞を目指すおまいら正確に行こう正確に、て言われてるようだ。

965 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/23(月) 12:45:31.99
あのさぁ・・・

966 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/23(月) 12:52:49.28
二ヶ月一行も書いてないとこうなる・・・

967 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/23(月) 16:26:24.29
明日から二次審査




968 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/23(月) 19:33:35.09
>>964
あーあ、すぐ調子にのっちゃって

969 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/24(火) 08:12:16.21
‖∩∩□ ‖◇|∩∩ ||
( (`) ‖>/( (`。)/|
(っ[ ̄] ‖/(υυ∩∩
「 ̄ ̄ ̄]|_υυ_() 
□/_UU_□/群像///( ̄ ̄
かな。////////[ ̄ ̄ ̄]////////////////////////////十一月も十二月もフロッピーが破損した。つまり十月のが先に受賞すんじゃねえかな? 前>>960前触れなんじゃねえかな?

970 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 09:22:04.05
ノンフィクションと違って純文学は何かを伝えようとする必要はないんじゃね?

971 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/24(火) 09:32:27.80
‖∩∩□ ‖◇|∩∩ ||
((`。') ‖>/( (`。)/|
(っ[ ̄] ,,,(υυ/|_
「 ̄ ̄ ̄]-。-)υ_/|_
□/_UU_□/`⌒γ//////
 ̄ ̄ ̄ ̄~ιγ)//////////////絶対残してくれよ! 前>>969残してくれ!

972 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/24(火) 09:46:20.24
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
/_/∩∩_/_∩∩/_/_/_
/_( (`。)/(^o^))_/_/_
/_(っц)〜U⌒U、_/_/_
‖ ̄υυ‖~UU~‖/_/_
‖\/‖‖\/‖/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/わかった。前>>971じゃあ、受賞しなくていいや。そのかわり雑誌に載せておくれよ。

973 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 10:24:14.44
イナジさん、雲子よ
群像に出したうんこで受賞するわ
文學界に出すうんこはまだ送ってないの
次は新潮と文藝にも出したいわ
イナジさんの出すところに雲子はうんこを出すわ

974 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 12:10:53.61
群像新人賞受賞作を単行本化するにあたって初版を4000部にするか4500部にするかで
2時間くらい延々と会議というのはすごい。
「とりあえず4000部でいいだろ」で済むような話じゃないんだな。

975 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 12:15:02.27
>>974
ソースは?

976 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 12:39:32.25
>>975
https://cakes.mu/posts/751

977 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 13:37:43.33
>>973
うんこでアイディア浮かんだ。
3月の募集でうんこ勝負だ!

978 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 13:57:01.42
うんこ話に花を咲かせるのは文學界スレでどうぞ。

979 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 14:18:22.37
グッバイこうろぎ
なんて超退屈な本を買った人は後悔してるだろうな

980 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 14:29:46.55
こおろぎの人、受賞後第一作は出せたのかい?

981 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 14:57:38.32
スレに出てたから古栗さんの本を買ってみて、
とりあえず本屋大将というのを読んでみたが…

さ、さっぱりわからねぇ…
ざわざわ…

982 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 15:14:08.90
>>977
よし
うんこで勝負だ!

983 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/24(火) 16:13:12.54
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
/_/∩∩_/_∩∩/_/_/_
/_( (^。)/(^o^))_/_/_
/_(っц)〜U⌒U、_/_/_
‖ ̄υυ‖~UU~‖/_/_
‖\/‖‖\/‖/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_>>973五本目のうんこを雲子ちゃんにも見せたいよ。前>>972三本目と四本目はとてもきれいだよ。一本目と二本目は三五本目書いたことでもっと進化すると思う。

984 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 18:52:38.86
「美しい私の顔」もぜんぜん面白くなかった、ちっとも共感できないし
シードで最終に残って受賞したんだっけ?
数社重なる3月の賞より優秀なものが集まりそうだけど
そうでもないみたいね。ワタシは応募してないからどうでもいいんですけど

985 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 19:51:55.75
>>984
雲子こと百々子乙

986 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 20:53:19.27
>>984
創作文芸のスレで堂々と「共感」とか書くな
頭悪そうだから

987 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 20:55:08.56
このドジでのろまなカメが!

988 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 21:01:53.34
漫画とかぶったネタで受賞した奴が
類似を指摘されない群像の受賞者をおとすんじゃねえよ!

989 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 21:09:04.73
何の漫画?

990 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 21:24:36.81
>>985
妄想クレイジーwww

991 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/12/24(火) 21:37:23.00
‖∩∩□ ‖◇|∩∩ ||
( (`) ‖>/( (`。)/|
(っ[ ̄] ‖/(υυ∩∩
「 ̄ ̄ ̄]|_υυ_() 
□/_UU_□/もしや/( ̄ ̄
それ////////////[ ̄ ̄]//////////キカイダーじゃねえか!? 前>>983腕がとれたとこ観た気がする!

992 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 21:56:02.74
>>980
次スレよろ
ソースは>>1

993 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 22:15:33.43
>>992
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1387890826/

994 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 22:47:32.91
乙!

995 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/25(水) 01:05:49.85
メリークリスマ略!

996 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/25(水) 08:47:55.32
>>990
雲子こと百々子乙

997 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/25(水) 13:08:29.31
↑マジキチ

998 :スピカ ◆9FtOhHhBPAtQ :2013/12/25(水) 21:10:22.21
年内に埋まりそうですね。
今回の選考結果はどうなるでしょう。
気になります。

999 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/25(水) 21:46:19.92
>>993


1000 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/25(水) 21:46:50.81
>>1000なら受賞

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

226 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)