5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

創元SF短編賞■ハヤカワSFコンテスト SF系総合26

1 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/21(日) 12:17:18.15
日本SF新人賞:第11回を最後に休止
小松左京賞:第10回を最後に休止

関連リンク
 東京創元社(創元SF短編賞)
 http://www.tsogen.co.jp/sftanpensho/
 早川書房(ハヤカワSFコンテスト)
 http://www.hayakawa-online.co.jp/news/detail_news.php?news_id=00000566

前スレ
 創元SF短編賞■ハヤカワSFコンテスト SF総合25
 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1362196760/

まとめWiki(過去ログ・各賞データベースetc)
 SF系新人賞まとめWiki
 http://wikiwiki.jp/sfrookie/

2 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/21(日) 12:17:58.20
創元最終発表まであと6日。SF作品について語りあいましょう。
以前に誰かが言ってたけど、スルーは大事なスキルです。
コテさん歓迎。祭りネタもOKです。SFネタは歓迎だけど、
粘着さんたちはバイバイですぅ。

3 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/21(日) 12:30:49.99
ごめん。ナンバーリングを間違えました。
SF系総合26→ SF系総合27です。次スレで補正してくださいね。

4 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/21(日) 15:04:51.91
エンタメ系だけど、ゴールデン・エレファント賞って、
SFがらみの審査員の人がいるね。

他のエンタメ系の公募と比べてSFが有利と言えるんだろうか?

5 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/21(日) 22:26:26.72
>>4
創元やハヤカワ的なSFというよりも、
エンタメの素材としてのSF、って程度が良さそうな感じがする。
俺もこの賞、ちょっと気になってる。
外国映画、ドラマとかの雰囲気がある作品がよいのかも……

エイ出版社ってバイク雑誌とかの出版社だから、
それにバイクを絡めると通りやすいかも……ってことはないか。

6 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/21(日) 23:02:03.83
>>4
HPを見せてもらったけど、
全一次通過作に選考のコメントがついてるね。

7 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/04/22(月) 15:41:26.13 ?2BP(333)
       士
     ∋≧≦∈  >>1
    ∠(・ω・ )ゝ こ、これは乙じゃなくて切腹なんだから
     / y/ ヽ  変な勘違いしないでよね!
    ━(m)⊂[_ノニニニニニニ ̄ ̄ >
     (ノノノ l l l )        >/
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  / /
               /  <___/|
               |______/

8 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/22(月) 20:36:15.27
で、みんなハヤカワには何枚くらいのを出した?
俺は300枚くらい。
中途半端な長さになってしまった。

9 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/22(月) 21:39:09.27
450
急いでいたから終盤が駆け足で、それはそれで面白い演出になったと自負してるが
終盤をもうちょっと分割して書き込んだら500くらいかな
他には使い回せない内容だし落ちたらそれまで

10 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/22(月) 21:58:31.83
ハヤカワスレで、800枚の上限に近い原稿を送ったって人がいたね。
私はそれほどじゃないけど、740枚ほど・・・・・・

下読みさんの苦労も考えないで悪いことしてしまった。w

11 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/23(火) 01:24:14.91
やっぱ、ハヤカワは長編の応募者が多いのかな。
SF小説応募者おおむね550名が短編は創元、長編はハヤカワと分けて
応募しているのかな?

12 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/23(火) 07:29:54.20
自分も700枚だよ
でも大丈夫、友人によんでもらったらダレてるところなくて
あっというまに読んだって感想もらえたから

13 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/23(火) 08:34:36.18
でも、創元とハヤカワの募集の間隔を、4、5ヶ月空けて欲しいよね。
両方の応募はスケジュールがキツいわ

14 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/23(火) 08:40:20.13
片方短編だからカブりって意味ではどうとでもなるだろ
まあ、秋にもあると嬉しいなーとは思うけど

15 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/23(火) 13:15:23.56
実力のある人は、ハヤカワ、創元両方で最終とか受賞とかありえるかもね。
そういう場合、次の作品の出版権はどっちになるんだろう?
取り合いになったりするのかなあ。

俺は今回ハヤカワ一本だけど。

16 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/23(火) 14:44:12.79
ハヤカワだろ
ハヤカワは受賞の規定に三作までの出版権を定めてる囲い込み商法
一方、創元は出版界の暗黙の了解である新人三年ご奉公縛りも適用しない放牧商法

17 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/23(火) 16:47:01.31
話題作りに同時受賞とか、よさそうだね

18 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/23(火) 17:23:01.64
ハヤカワはまだ一回目なので何とも言えないが、

ハヤカワ:メディアミックスして大々的に売ります!!
創元:じみーにマイペースで出版させて頂きますw

という感じが……

19 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/23(火) 18:32:07.90
新人賞はとっかかりに過ぎず結局は自分で書くしか無いんだぞ

20 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/24(水) 06:19:47.05
最終選考まであと3日ですね。
このスレでも、最終選考に残ってらっしゃる方がいましたけど
今、どきどきわくわく?

うらやましいな

21 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/04/27(土) 16:12:51.88 ?2BP(333)
781 名前:記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:3) :2013/04/27(土) 16:11:57.07 ID:J9hipcC/0 2BP(333)
映画「スーパーマン」1978年のを見たが、面白かった。

スパイダーマンは、スーパーマンと同じ新聞記者だが、なぜなんだろう?

日本沈没は、スーパーマンのパクリだったとは!

22 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/04/27(土) 18:05:23.86 ?2BP(333)
映画「三十四丁目の奇跡」を見た。涙が出てきた。

選考会は誰も見ていないのかい?

ああいう映画みたいな話を作りたいね。

23 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/04/27(土) 21:59:54.88 ?2BP(333)
【受賞作】
宮西 建礼(みやにし けんれい)「銀河風帆走」

大森、日下両選考委員に加え、ゲスト選考委員として円城塔氏を迎えて4月27日に行ないました公開最終選考会の結果、受賞作を上記のとおり決定しました。
受賞作は2013年6月刊行予定の《年刊日本SF傑作選》に収録いたします。

■プロフィール
 宮西 建礼(みやにし けんれい)
  1989年大阪府豊中市生まれ。23歳。東大寺学園高等学校卒。京都大学農学部資源生物科学科に在籍中。

また、最終候補作のうち下記の作品に、選考委員より個別に特別賞が贈られました。

大森望賞:鹿島 建曜(かしま たてあき)「The Unknown Hero: Secret Origin」
日下三蔵賞:高槻 真樹(たかつき まき)「狂恋の女師匠」
円城塔賞:与田 Kee(よだ きー)「不眠症奇譚」

なお、本年は優秀賞の該当作はありませんでした。
選評は、2013年6月中旬発売の『ミステリーズ!』vol.59に掲載いたします。

24 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/27(土) 23:19:00.43
受賞者は、また大阪人?

大阪人の気質が、創元社とよくマッチしてるってわけかな?

25 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/28(日) 01:01:21.22
これまでの受賞作や現職の想像力で「大阪人の想像力」なんて感じたのは
せいぜいWhat We Want くらいしかなかったけどな
それにしたって大阪弁が出てきてるからって程度

26 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/28(日) 02:04:08.95
厳密にいえばWhat〜は大阪人の想像力ではなく四国人の想像力だけどな。
因みに大阪弁については創元の小浜ははっきりと嫌だと言っていて
彼だけこの作品に評価Cクラスを付けた主な理由にも挙げていたほどw

思うに大阪人というか一部を除く関西の方が関東に比べて良くも悪くも
自由奔放というか想像力豊かというか本気でバカやるというかなんというか。

27 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/28(日) 02:16:22.24
自己主張の強さは武器だな
逆に東の人間は宮沢賢治みたいな幻想的な作風で迫った方がいいかも
押せ押せが出来ないからな

28 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/28(日) 13:14:47.62
吉本でっせぇーおもしろいまっせおま!もうかりまっか!
やっぱ関西人のおもろさが採用でんがなおま!

みたいなイメージばっかりで嫌になるな
小松左京とか持ち出せよ
関西はハイソで文化的素養のある人間がいるんだよ

29 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/28(日) 13:21:49.53
小松御大なんか人間性はブルドーザーだろ

30 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/28(日) 14:32:09.95
なんか連絡キタ

31 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/28(日) 21:48:12.40
おめでとう。おめでとう。おめでとう。

32 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/04/30(火) 12:07:54.17 ?2BP(333)
日本沈没は、スーパーマンのパクりではないようだ。
1938年のコミックに、アメリカ西海岸を沈没させるネタはないらしい。

33 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/30(火) 15:14:32.60
それを言い出したら、陸地が沈没するのは
みんな創世記のパクリになっちゃうぞ

34 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/30(火) 16:05:24.03
創世記は著作権切れですから

35 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/04/30(火) 16:07:56.06 ?2BP(333)
創世記は、陸地は沈没しない。
雨が降りすぎて、水没するのだ。

36 :名無し物書き@推敲中?:2013/04/30(火) 19:32:44.99
洪水神話なんて昔から全世界にある話だろうに。
「陸地が沈んだ」ということにこだわりたいなら、アトランティス神話を忘れるなよな。小松御大が知らなかったわけなかろうに。

37 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/02(木) 21:26:35.92
うなぎドーナツが食べたい……

38 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/05/05(日) 16:37:03.65 ?2BP(333)
危なかったあ。
「NOVEL COLLECTIONS」という古い小説投稿サイトに投稿していた
「この神は脆弱だ」が管理IDもパスワードも忘れて、削除できずに、
悩んでいたのだが、無事、管理人と連絡がとれ、削除できた。

受賞したら、編集者さんに報告して対応してもらおうと思ってたけど、
なんとか自分の力で削除できた。
安心、安心。

39 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/05/05(日) 17:57:31.22 ?2BP(333)
コンピュータ将棋選手権が終わった。

一位は元祖ボナンザ。
二位、ポナンザ。ほまる。
三位、GPS将棋。
四位、激指。
五位、NDF
六位、ツツカナ。

自動作曲ソフトとか、自動小説生成ソフトの話は出るが、まだ、一般披露する域には達していないもよう。

40 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/06(月) 17:59:32.94
記憶さんにしろ自分自身にしろ、小説で一体何を
したいのか、という問題があると思う。
下手だ、というのは置いておこう。
なぜ下手なままなのか?
関心がそこにないからだ。
小説を書くことの目的が、
賞に入選するより優先する何かに
支配されているのだ。

それに気がつけば、楽になるはずだ。

喰うに困るわけじゃなし。

41 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/06(月) 22:43:50.06
入賞が最優先ってのもどうかと思うけど

42 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/06(月) 23:25:39.36
https://twitter.com/sfwj/status/331411003885621250
第4回創元SF短編賞最終選考結果[速報版]|お知らせ|
東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/news/2013/04/13042718.html
… @tokyosogenshaさんから

https://twitter.com/sfwj/status/331411372246188032
第4回創元SF短編賞 宮西 建礼「銀河風帆走」
大森望賞:鹿島 建曜「The Unknown Hero: Secret Origin」
日下三蔵賞:高槻 真樹「狂恋の女師匠」
円城塔賞:与田 Kee「不眠症奇譚」

43 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/07(火) 20:26:17.52
早く銀河風帆走がどんなんか読んでみたいな

44 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/07(火) 20:43:18.88
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /           \
         /              ヽ 
   / ̄\ l      \,, ,,/      | 
  ,┤    ト |    (●)     (●)   | 「俺は妹とコスプレセクースしかできない!」
 |  \_/  ヽ     \___/     |  
 |   __( ̄ |    \/     ノ 
 ヽ___) ノ

45 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/05/08(水) 17:41:38.20 ?2BP(333)
>>44
マシュマロ。
忙しいのに、書く気になったのか?

46 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/08(水) 23:03:05.31
ずいぶん静かだけどもしかしていつもうるさい奴が入賞したのか

47 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/09(木) 12:59:30.54
入賞したら、書き込むんじゃないの?

48 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/09(木) 14:36:18.42
確かにそんなにうるさい奴なら喚き散らして書き込むだろう

49 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/09(木) 15:15:50.19
今は時期的に、ハヤカワよりも草原の方の話題だよね。

50 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/11(土) 12:00:53.49
お前らって次はどこに応募したりするの?

51 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/05/11(土) 13:06:56.50 ?2BP(333)
ほらよ。読み終わったぞ、同時代ゲーム。

863 名前:記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:30) :2013/05/11(土) 13:04:55.01 発信元:115.39.247.177 2BP(333)
「同時代ゲーム」 大江健三郎
278位/391作品。日本語小説。
メキシコで共同生活する人類学者の主人公が、
父=神主のつくりあげた村=国家=小宇宙の巫女である壊す人である妹に語りかける物語。
以上で、内容はほぼ全部である。村=国家=小宇宙という呼び名は、ハイデガーの世界=内=存在を真似たものであろうが、
その神話が具体的に語られることはない。背景にぼんやりと語られるのは、
四国の小村の父=神主の作り出した神話が大日本帝国の神話と相いれないため、
国家へ反抗的な存在と見なされるということである。つまり、大日本帝国に神話と異なる神話を
信じる村=国家=小宇宙は、大日本帝国に対して一揆を起こしていることになり、
その神話を信じる人たちは、物語の最後には皆殺しにされてしまう。
天皇を太陽神の子孫と明確に書いており、天津神に対して、
出雲系の国津神を研究することはとんでもない悪人だという言及もあるが、
そんなのは常識である。この小説の内容は、平凡で冗長で退屈のひとことにすぎるであろう。

52 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2013/05/11(土) 13:12:44.20 ?2BP(333)
一年前におれをあおってたやつらが勧めてたのは、「大いなる助走」と「同時代ゲーム」と「吉理吉理人」だが、
どれもSFじゃないじゃないか。
おれをあおってたやつらは、やっぱり、SF読者なんかじゃなくて、
その周辺のただの一般文芸読者だろう。

53 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/11(土) 15:09:51.16
よしじゃあ記憶が好きそうなSFをひとつ
クリストファー・プリーストの「逆転世界」
俺が記憶ならおそらくオールタイムベストに入れるであろう傑作

54 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2013/05/11(土) 21:40:34.52 ?2BP(333)
>>53
しばらく、積読を崩すよ。
紹介ありがと。

55 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 05:43:33.08
吉里吉里人がSFじゃないって?
記憶はSFを理解していないな

それは記憶固有の問題ではなく、SF系の板やスレにいる大半も、いや、
2chやネットという縛りなく大多数のSF読者がサイエンスフィクションに囚われて
スペキュレイションを認めない

まあ好き嫌いで言えば俺も科学小説大好きっ子だがな
SFの枠がそこにとどまらないことを、理解だけはしておこうや

56 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 09:11:23.12
日本人のしょぼい世界観でスペキュレイティブされてもどうでもいいんだけどな
なぜ村上春樹「しか」世界に通用しないのか、現役作家と作家志望は胸に手を当てて考えるべきだな

以下春樹の発言から

・太宰は意味がわからない
・三島は意味がわからない
・私小説全般も意味がわからない

57 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 09:31:33.85
奇書なんて言われてる夢久も世界観がしょぼい
日本人で外に出して恥ずかしくない世界観持ってるのなんて、
個人的には宮沢賢治と山田風太郎と筒井康隆くらいだな
筒井御大は反骨心が強すぎてカス文壇のせいでスポイルされちゃった感じがするけど

58 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2013/05/12(日) 09:32:29.13 ?2BP(333)
>>55
「吉里吉里人」は読んでないんだ。長いからね。
誤解を呼ぶ偏見を書いてしまってすまなかったね。

59 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/05/12(日) 17:23:08.95 ?2BP(333)
ここでは紹介されてなかったかな?

「日本のアニメがアメリカのSFに影響を与えた10の視覚表現」海外の反応
http://asnyaro.blog129.fc2.com/blog-entry-629.html

60 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 17:51:47.55
創作における影響なんか受けてる方が大多数なのに、
少しくらいフィードバックを見つけたからってそこだけ強調してすぐホルホルし始める、
そんなジャップの世界観の狭量さってどうにかならないのかな
ならないよね

61 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 17:52:56.45
あと同じ敗戦国なのに連合国側に擦り寄ってドイツを仮想敵に仕立てて苛めるバカ共とか
(ガミラス・ジオン)

62 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 17:57:13.34
●グレッグノーボディ
アニメが視覚方法を侵略していく、か。まあいい。
自分としてはフリッツ・ラングの『ゴースト』がネオノワール都市の中に入っていないのは問題があるように思うね。
『メトロポリス』(1927)の事を度忘れしちゃったとか?
日本のアニメが多くの、多くの事をアメリカのコミックブックからコンセプトや”革新的さ”をアメリカのコミックブックから得てきていることも考慮して欲しい。
(君があえて無視したか一笑に付してきた80年にわたるマテリアルがあるんだ)

ディズニーの『白雪姫と7人の小人』(1937)は多くの日本人アニメーター達のインスピレーションに直接的にリンクし、彼らは最終的に日本初の長編アニメでプロパガンダ映画となる『桃太郎 海の神兵』(1945)を作ることになるんだ。
メカは漫画がブームとなる1960年代後半から1970年代前半まで存在しなかった。
メカ自体はジュール・ヴェルヌの『The Steam House』やH・G・ウェルズの『宇宙戦争』からインスパイアされている。
アメリカのSF映画に出てきたロボットや地球を侵略しに来たエイリアンがメカを作る上で影響を与えた事は言うまでも無いだろうね。
(クラートゥ・バラダ・ニクト?)
(訳注:クラトゥ・バラダ・ニクトは1951年の映画『地球が静止する日』に出てくる暴走したロボットを止めるための言葉)
ここ15年間で出来た日本のアニメを挙げて、日本のアニメが視覚表現を産みだして来たと主張するのは合点がいかないね。
いわゆる本当のアニメスタイルというのは1960年まで存在せず、世界がアニメを知るようになったのは1980年代からで、日本のスタジオは他の人達よりも早くに映画やテレビ番組に触れてきていた。
この時点で数十年にわたる海外の映画や漫画、小説からの影響があったんだ。
アニメが多くの視覚表現を開発し、それを人気にしてきた事は認めるよ。
でも、このリストの何もかもが正しいとは認められないな。
何せ『MATRIX』(この映画は聖書やグラント・モリソンの『ジ・インビジブルズ』等あらゆるものからネタを拝借している)は13年前の映画なんだから。

63 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 18:00:23.24
特に起源の主張なんか始めたり、その説を見て誇らしい気持ちになってるような奴って、
どこかの国の人達とメンタリティが全く同じだよね
だいちテメーが作ったわけでもないだろっつのに、

底辺ほど国や業界と自分を同一視したがるからな
一流は全員、業界なんか爆発して無くなっちまえばいいくらいに思ってるってのに

64 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 18:05:13.57
だからね、パシフィックリム見てエヴァエヴァ騒いだりするのは、
進歩的文明人のする事じゃないの
特にさんざ意匠を借りてきた側の国からすればね

グラスを揺らして、「ふむ、この味はL.C.Lですな」なんて、
気取ってスルーできるくらいじゃなきゃ次のステージは無い

65 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/14(火) 07:56:54.95
>>63
お前なんかに同意したくはないが、それは常に思うな

66 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/05/21(火) 13:07:54.23 ?2BP(333)
読んだ小説が1000冊いったよ。
1000冊を面白かった順にランキングしてあるよ。

シベリアにラノベ含む読書の話その4
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1369044766/

67 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/22(水) 18:08:29.91
>>66
ランキングにエロ本が入ってないのは、
記憶さんのプライド? それとも、性に興味がない二次元の趣味のヒト?

68 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/05/22(水) 19:01:59.25 ?2BP(333)
>>67
小説のランキングですねえ。
官能小説を一冊、ちゃんと読んだことはないけど、そのうちランキングしたいと思ってます。
おすすめがあったら、教えてください。

69 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/22(水) 21:22:01.67
おすすめ、
SFファンとして、まず「家畜人ヤプー」でしょう、
次に、その対極の思想の「花と蛇」
SとMの両方の世界を知った後、
トーマス・マンの「ベニスに死す」で美少年趣味の世界を知り、
最後は無難、かつ、一般的純文エロのローレンスの「チャタレイ夫人の恋人」でシメというのはいかがでしょうか

70 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/23(木) 11:39:15.56
>>69
あのなぁ、
今までエロに興味がなかった奴が、記憶の年齢でエロに目覚めたら、
どっぷりとハマリ込んで悲惨なことになるぜ。
お前は、責任取れるんか?

71 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/23(木) 11:41:43.95
映像メディアがあるのにエロ小説なんかwwwってことだろ
性に興味のなかった純潔な記憶がドハマリしてアヘ顔ピースすることはないから安心しろよ

72 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:5) :2013/05/27(月) 14:52:06.41 ?2BP(333)
「ヨハネスブルクの天使たち」がわりと評判いいね。
気になる。

ハヤカワの発表は六月上旬にあるのだろうか?

73 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/27(月) 16:17:31.55
藤井太洋『Gene Mapper -full build-』ハヤカワからでたんですね。
新人賞に応募せずに自ら電子出版かあ。結果、加筆改稿してハヤカワから書籍化。
今回のハヤカワの新人賞は、この作品を越えてないと受賞者なし。
……なんて事になりそうだなあ

74 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=5,xxxP】(1+0:5) :2013/05/27(月) 20:44:57.42 ?2BP(333)
たいへん困った。

どうしよう? 今初めて、
宇宙工学という単語を正式に日本語で使ってるのを知った。
おいらが考えた造語、
宇宙を作ったり壊したりする単語のつもりだったのに、
ただの宇宙開発に関わる工学になってる。
たいへん困った。

75 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/27(月) 21:28:19.52
「独特の卓越した言語センスですねー」と誉めてほしいようなのでだれか誉めてやってください

76 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/27(月) 23:04:59.89
「航空宇宙工学」なんて普通にある大学の学科だろうに。
そう考えれば「宇宙工学」なんてもの、なのだが・・・この人の基礎知識ってどんだけ浅いんだ?

77 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/28(火) 17:04:57.70
>76
ばっかオメー記憶さんは知らないフリしてるだけだよ
俺が自分で創った意味のほうが世間一般の意味よりオモシロいべ? な? な?
っつーネタふりなんだよ

78 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/28(火) 17:19:05.43
ああ俺のほうが無知だったわけだ・・・
すいませんでした記憶さんでした、そこまでの配慮がなくて申し訳ない

79 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:5) :2013/05/28(火) 19:02:14.55 ?2BP(333)
>>76
航空宇宙工学ならいいんだよ。
宇宙工学だけで使われてるみたいだから、問題なんだよ。

まあ、詩的表現ってことで片づけるけどさ。

80 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=6,xxxP】(2+0:5) :2013/05/28(火) 19:05:25.90 ?2BP(333)
もうやだ。
ほんと、やってられない。
おれの読書ランキング、1000冊いったのに、全然、悪口いわれる。
シベリアの本スレは粘着が来てるだけだろと思ったけど、
別のところでも大不評だった。

やっていけない。この世界が嫌になる。
遺伝子の研究とコンピュータ科学の発展への期待がなければ、おれは絶望していた。

81 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/28(火) 19:46:28.69
そらなぁw>別のところでも大不評だった。
記憶さん、1000冊読んでる割には読みにくい文章書くよね

82 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/28(火) 19:54:25.08
記憶って小説かいとるん?
どこかで読めたりできる?

83 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:5) :2013/05/28(火) 20:03:55.36 ?2BP(333)
>>82
小説家になろうの「へげぞぞ」がおれだよ。51作もあるから、迷うだろうけど。

84 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/28(火) 21:07:57.85
宇宙優生学

85 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:5) :2013/05/28(火) 21:10:31.78 ?2BP(333)
>>84
それ、面白い。

86 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/28(火) 21:15:21.09
>>81
SFは悪文しかないようなジャンルなんだから
SF中心に1000冊読んだって読みやすい文章は書けんよ

評判高いようなエンタメ読んだ方がいいわ

87 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:5) :2013/05/28(火) 21:37:57.36 ?2BP(333)
>>86
いちばん文章が美しいのは日本SFだと思いますよ。
荒巻義雄「神聖代」 神林長平「プリズム」 小松左京「ゴルディアスの結び目」
筒井康隆「脱走と追跡のサンバ」あたりが最強ですね。

88 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/28(火) 21:39:31.66
つ記憶さん
84ですが、よかったらお使いください

89 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=6,xxxP】(2+0:5) :2013/05/28(火) 21:58:39.19 ?2BP(333)
>>88
うん。気が向いたら使わしてもらうよ。

90 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=8,xxxP】(1+0:5) :2013/05/30(木) 17:51:42.47 ?2BP(333)
にんじゃ

91 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=9,xxxP】(1+0:5) :2013/05/31(金) 17:46:48.82 ?2BP(333)
にんじゃ

92 :広治:2013/05/31(金) 21:28:15.91
わぉっ、久々にアク禁解けたよ。
皆さん、
ハヤカワ発表前に、久々の祭りはいかがですか?

93 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/31(金) 22:36:04.92
一次終わってからなら分かるけど、始まる前じゃ祭るものがありゃしませんでしょう

94 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=2,xxxP】(2+0:5) :2013/05/31(金) 22:40:47.71 ?2BP(333)
祭りには、これ出すよ。

死を覚悟したら買うロボット
レベル低くて、リンク貼れない。

95 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/01(土) 01:07:52.93
コンテストに落選した作品ってすきに公開とかしていいんだろうか?
改変して別の賞に応募してもおkなやつに送りたいわ

96 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/01(土) 01:27:36.05
落選した理由がよくわかる

97 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/01(土) 01:50:09.48
ハヤカワの一次の発表っていつ頃なんだろうね。
6月に一次選考という事は、発表は7月かな?
7月末のSFマガジン発売日ごろかなあ。うーん……

98 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/01(土) 11:50:40.30
>>95
いいよ
出版社系は受賞作の出版権と映像化権等の隣接権を、
新聞社系と他業種イベント系は受賞作の著作権を取るだけ
落選作に権利は主張しないもの
落選作含めた応募作全部に優先権主張するのなんかジャンプの小説賞以外にないだろ

99 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/01(土) 14:11:34.25
返信トン
なるほど、ジャンプの小説系はすんのかw
勉強になったわ

100 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 20:00:03.73
>>98
今ちょっと調べたけど、ジャンプの小説賞にそんな優先権どうたら乗ってなかったぜ

常識で考えてもありえなくない?
今は個人情報保護法という法律が制定されている
それって半年経過しても落選作品全部の個人情報を集英社が
かかえこんで法律違反行為を行っているていう事と
お前は言っているんだよね?

101 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 20:37:47.75
>>100
規定で「応募作の著作権は集英社に帰属」なんだから
企業に対する誹謗行為を行なっているかのように難癖付けるな
気違いが

102 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 20:40:25.70
ああ、著作権じゃなくて出版権だ
新聞社系や企業・地方イベント系(後で自由に掲載などするために著作権を取る物が多い)と違って、
出版社は著作権は取らない

とにかくジャンプは「応募作」の権利取られて他社に出せなくなるから絶対やめろ、
他社で出版に至った時権利トラブルになる恐れは大きい、ってのがラノベワナビの常識

103 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:5) :2013/06/02(日) 20:43:06.80 ?2BP(333)
常識だね。

104 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 20:47:17.17
>>101
それでも個人情報を延々保有し続けるってことだよね?

105 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 20:51:43.09
著作権契約等も結ばずに半年経過して個人情報を企業が
保有し続けるということになる。そういうことだ

106 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 21:30:21.93
自分で一枚紙に氏名、住所、電話番号を書いて送りつけて、それを相手が保管しているだけなら、
個人情報保護法とは無関係。保護法が対象としているのはリスト化したものだけ。

107 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 21:32:41.32
ついでに言うなら、個人情報保護法は個人情報の保持を禁止している訳ではない。
取得や取り扱いのルールを決めているだけ。

108 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 21:38:55.31
ジャンプの大量落選作品の個人情報をリスト化でないというの?
それを永年保持して何の問題もないと言いたい訳?

109 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 21:41:06.24
大手の投稿は数百に上る個人情報が集まる
これは十二分にリスト化ではないの?
如何様にも各機関に流せる個人情報だ

110 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 21:45:29.20
ごめんなさい、実は深く知りません
ここまでにします

言い過ぎました、法律論には詳しくありません

111 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 22:26:00.50
某出版社から届いた『個人情報の取り扱いに関するご案内』
1.弊社がお預かりしているお客様の個人情報消去を希望する場合、
なんちゃらかんちゃら・・・
電話・ファックス・メールでお知らせください。
2.現時点で消去する希望がない場合
これまで通り法に則り厳重に管理いたします。

112 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 22:46:08.97
規定で応募作の権利取るよってなってるんであって
別に俺がその規定を決めたわけでも肯定してるわけでもないんだが

そんなの個人情報の保持だ!お前はそれが何の問題もないというのか!って
なんで俺が食って掛かられて叩かれにゃならんのだ

113 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 10:22:40.51
>112
 >100が優先権についての記述がないとか、個人情報うんぬんの的外れなこと言い出しただけだから気にすんな。

一応、調べてみたら、ちゃんと書いてあった。

ジャンプ小説新人賞 '13 Spring募集要項 より  ttp://j-books.shueisha.co.jp/prize/guideline/
>受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化等諸権利は、集英社に帰属します。

出版権は著作権法七十九条で規定されている出版する権利のこと。
これがあると通常は二十一条の複製する権利も占有していることになる。
つまり、作者でも複製しちゃいかんことになる。
これから出版するのに作者がトチ狂ってネットで流したら困るだろ。

出版権の出版社への帰属は受賞作品に限るとあるから、>95の質問は>98の通り好きに使って
よいことになる。

そうそうないだろうが、応募した時点で受賞しようがしまいが出版権も著作隣接権も出版社のものだと
明示されたコンテストとかに応募する場合は、注意したほうが良い。
なんにも書いてない賞なら、そもそも著作権の移動はない。


個人情報保護法うんぬんについては、そもそも法律の趣旨が違う。あれは作品を取り扱うものではない。

114 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 12:23:35.28
まともな規定になってるな
昔の応募作の著作権は集英社に帰属ってトンデモ規定は不評でやめたか
それとも何も考えてなくて真意と文面がかけ離れていたのか

作文送ってもらって冊子や広告に使いますよって感覚の賞だと主催者に著作権帰属は割とある
小説自体が商売になるとは捉えておらず、いちいち許可を求めずに主催者が使えるという意味で
権利を奪って使わせない・儲けはもらうという趣旨ではないのが普通だが
短篇集への収録をめぐってトラブルが発生した前例はある

115 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:5) :2013/06/03(月) 13:03:21.17 ?2BP(333)
何か、詩を書くのにいいお題ないかな?
お題ください。

116 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 13:20:09.09
>何か、詩を書くのにいいお題ないかな?
んじゃ、リクエスト
↓ この可愛いクアッカラ・ワラビーに、SFを織り込んで詩にしてください。
http://labaq.com/archives/51775783.html

是非とも読みたいです

117 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=4,xxxP】(2+0:5) :2013/06/03(月) 13:34:05.37 ?2BP(333)
  眉毛

 クアッカラ・ワラビーは床屋で眉毛を剃る。
 髪の毛はいっさい切らない。
 眉毛だけを丁寧に剃り落していく。
 これは嫌がらせである。
 すでに被害者は三十名を超えた。
 眉毛を剃られたものは「うむ」とひとことうなずいて、理髪代を払っていく。
 クアッカラ・ワラビーは眉毛を剃る。
 髪の毛は切らない。
 もちろん、嫌がらせである。
 ああ、眉毛、眉毛。

118 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 16:20:57.50
記憶さん、口語体の詩とか書かないんですか?

119 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 16:23:27.96
アク禁解禁!
まあまた一瞬だろうけど

アク禁決める人、読んでるんなら、
大人しくするから書き込めるように
してくれ〜

120 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 21:00:38.99
落選作品の優先権なんていうからいけないんだろ

でも俺もすいませんでした。昨日はいいすぎました
記憶さん、詩もかかれるんですか
SFの基礎知識を欠く俺は心より敬意と尊敬を捧げさせていただきます

121 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 21:22:31.48
規約如きに外部の人間を拘束する力なんか無いし、
契約は法律に反してれば無効だし、
法律は憲法に反してれば無効だし、
憲法は国家が守るものであって国民に課された義務ではない

交番の前で立ちションしても「すいません」と言えば許されるし、
中指立てて挑発すれば現行犯逮捕

裁判まで起こしてダダ捏ねてあげく負けたくせに、
三十年も怨恨引きずって追悼しないハヤカワみたいな所もある

ルールは破るためにあるんだよ

122 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 22:27:39.44
「うちから出しませんか」とか具体的な話が進んでいるような状況で他所の出版社から出したんなら揉めるだろうが
落とした上で特にフォローしなかった作品だったらわざわざ権利なんて主張しないよ
落とす側からすればある程度自信持って落としているわけだし
たとえ他社で賞とって考え直したとしても
そこで訴えたら自分たちに見る目がありませんでしたと告白するようなものだからな

123 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 22:51:12.36
訴えるって何の権利で訴えるんだよw

124 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 23:17:25.49
>123
「規約上は権利取られてよそでは出せない」って書いてた人がいたからさ

125 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 23:56:37.59
規約上は間違ってないじゃん
訳知り顔で恥だから実際にはやんないよドヤッって言ってる奴は何がしたいの
実際にやるかどうか判断するのはお前じゃないし、商売なんだから恥より金かもよ?

実際にやらなかったよ、と実例を元に言うならそうかもしれないがね

126 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 00:08:00.47
だから規約ごときがどういう根拠で外部の人間を拘束するんだよ

こういう奴をアスペって言うんだろうな
「コレヨリ先、日本国ノ法律ハ通ジズ」って立て看板に書いてたら実際そうなるのか?
ならんだろ

127 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 00:16:32.81
応募者が応募することで権利譲渡を認めたことになるなら
それは契約の当事者であって外部の人間じゃないんじゃないの

128 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 00:34:04.52
PDFで同意の書類作らせないと応募を認めないとするくらい具体的な要項だとしたら成立するかもな
だけど実際にそんな公募はないし、ジャンプも考え無しに作ったアホな規約だという事に気付いて改訂したわけ

現実には書面>覚え書き>口頭と拘束力は弱くなっていって、
要項に騙し書きみたいに書いてるようなのじゃ当然何の拘束力も無いので、
訴えたとしても「バカじゃねーの」と言われて終了
法律や裁判所はそういうアスペみたいな事はしません
検察はたまにアスペみたいな言いがかりで別件逮捕したりはするけどな

129 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 00:59:00.79
なお「でも規約に書いてるんだけど」で思考停止してそれ以上考えられない事はわかっていますので、
反論は必要ありませんので悪しからず

130 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 02:46:49.15
原色3なかなか出ないと思ったらw
改稿作業が難航してるみたいだなぁ。

131 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 11:05:58.10
規約に書いてるかどうかが論点なのに
規約に書いてるかよりボクの考えるリアルが現実だ!って
ちょっと頭おかしいんじゃないっすかね、この人

132 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 14:02:14.91
見事に「でも規約に書いてるんだけど」で思考停止してますね
拘束力のない規約なんか有名無実で、

「落選作でも著作権は頂きます」なんて規約が、
具体的にどうやって外部の人間を拘束するんですか
と聞いてるんですが

物事を構成する要素が複数あると思考停止してしまって、
包括的な意味を考えられなくなるシングルタスク人間って居るよな、お前みたいな

「コレヨリ先、日本国ノ法律ハ通ジズ」って立て看板に書いている空き地では、
日本国の法律は通用しないんですか?
書いてあるかどうかは大して重要ではなくて、それが現実にどういう効果や拘束力があるかが重要なの

シングルタスク頭だから何言われても理解できないのはわかってるので、
無理に反論しようとしなくてもいいんですが

133 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 14:07:58.31
こうやって包括的な理解を促しても、
要素の一つだけ抜き取って全く意味を成さない反論をするのはわかってるんですよ

専門家ではないけど、この症状は学習障害か何かの一種だと思うんですよね
自分が健常人ではない事をいい加減気付くべきだと思います
何十年も生きてればそれくらいわかっててもいい頃合いだと思うんですが、
理解出来ない事すら理解できてないようで、
自分はバカにしてるんじゃなくて、本当に自覚して欲しくてこんな事を言ってるわけですが
3割くらいはバカにしてるけど

134 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 14:51:45.78
お前の作品の出版権はうちの社のものじゃー、とか出版社に言われるくらいの作品書きたいよ

135 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 14:53:59.60
規定の話してる時に規定の話は思考停止って言う人って

え、飲酒は二十歳を過ぎてから?大学入ったら酒飲むだろ常識的に考えてwww

って言ってるようなもんだよね
理解できてるのかな?

136 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 14:57:17.92
「落選作でも著作権は頂きます」なんて規約が、
具体的にどうやって外部の人間を拘束するんですか?

はいこれに答えてみて

137 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 14:59:05.65
>え、飲酒は二十歳を過ぎてから?大学入ったら酒飲むだろ常識的に考えてwww

あと君高卒なんだから背伸びしないのね

138 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 15:30:21.21
法律が法律がってのも思考停止
実際十八歳で飲酒したぐらいで逮捕されることは絶対にありえない

139 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 15:33:55.48
>>138
誰に向かって言ってんの?

140 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 15:44:18.05
逮捕されなきゃ(実質的な拘束力がなきゃ)何をやってもいい
と考えるような人間ばかりではないということ

141 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 15:46:16.16
>>121のレスを読んでそんな意見が出てくるのは、
つまり読まずに脊髄反射で横槍入れただけにしか見えないんだが

142 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 15:49:26.67
そもそも集英社が荒唐無稽な規約を提示したのが発端であって、
それをアスペが「書いてるんだから権利取られる」と実態に即してない解釈をして、
そこへ「バレなきゃ何をしてもいいなんてのは倫理的問題」と全く筋違いの横槍を入れるバカが出現したという構図なので、
そのバカは黙ってて貰えると助かりますね

バカにされると反射でまた筋違いの反論されるのもわかってるんですが

143 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 15:52:19.05
自分のプロファイリングによると、
>>131,135こいつは真面目だけど成績が悪いタイプのノロマのドクズ

144 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 16:29:37.34
俺のプロファイリングによると、「思考停止」と主張してる馬鹿が一人で顔真っ赤にしてる

145 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 16:33:38.46
それはプロファイリングと言わないから
「バカにされたから反論したい」という動機があるにせよ、
反論するならちゃんと昇華させてからやりなさい

146 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 16:40:24.41
例え話の解釈に議論の主旨が移り変わったり、
その解釈の摺り合わせに時間を浪費してしまうのは、
言葉を印象だけで扱ってるせい

「プロファイリング」という言葉は割と具体的な意味を持った動詞なのに、
漠然とイメージだけで「推測」みたいな意味で扱うから、
お互いの意思の疎通に齟齬が発生し、
「俺はこういう意味で言ったんだ」「そういう意味には見えない、お前の日本語は日本語じゃない」
「日本語じゃないとはなんだ」「プロファイリングってなんだ」
「規約の話をしてたんじゃなかったのか」と、
こんなくだらない解釈を摺り合わせる事に無駄な時間を取られる欠陥言語、それが日本語

147 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 16:43:18.40
応募の権利を何気なく聞いただけなのにどうしてこうなった・・・

148 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 16:43:48.05
「落選作でも著作権は頂きます」なんて規約が、
具体的にどうやって外部の人間を拘束するんですか?

そしてこういうクリティカルな質問には一向に答えようとしない、
イメージだけで物事を判断して、
真面目なくせにグズでノロマで、なのに欺瞞で己に嘘を吐く
それがお前

149 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 16:54:07.64
日本語は口語に適した言語なんだよね
名詞と動詞を羅列するだけで順番滅茶苦茶でも意思の疎通が出来る
有名なのは、「どさ」「ゆさ」の四文字で意思の疎通が完了する津軽弁の一節

文章になるとそんな事はまず不可能で、
文語体になると益々そこから逸脱していく
それを理解してないから、解釈の摺り合わせだけに無駄な時間を浪費する

さあ質問に答えろ
「落選作でも著作権は頂きます」なんて規約が、
具体的にどうやって外部の人間を拘束するんですか?

この一点について考えるだけで全て決着するだろ

150 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 17:20:33.52
ハヤカワSF賞の今日現在の最新情報を探してここに行きついたんだが
でもなんかここってジャンプ小説賞の話する場所?

151 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:5) :2013/06/04(火) 22:35:10.32 ?2BP(333)
一次発表はいつあるんだろうね。
待ち遠しいよ。

152 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 22:50:11.76
>>150
みりゃわかるだろ

153 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 23:28:52.70
「受賞作には賞金を授与します」なんて規約が、
具体的にどうやって外部の人間を拘束するんですか?

と書き換えればどれだけバカなことを喚いているのかわかる

154 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 23:42:30.37
答えは「拘束できない」

実際は払われてない可能性もあるし、
水嶋ヒロのポプラ社1000万賞金返上なんてついこの間の話だしね
印税が賞金に含まれるなんてよくある話だし、
外部からはどうなってるかはわからない
「賞金やっぱ無しね」なんて言われても、おそらく受賞者は泣き寝入りするしかないのではなかろうか

155 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 23:44:17.27
明後日の方向に飛躍して解決を図ったのに、それすら普通に論破されるとかやっぱり、
真面目なくせ成績が悪いにノロマなグズというプロファイリングは当たってるんだろうな

156 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 23:50:19.61
違法な規約は無効なんてのは当たり前
はいはいこの話終了。

157 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 23:54:37.11
まさか受賞したら本気で賞金貰えると思ってる純情君なのか?
縁日の射的で高額商品を当てたのに、どう見てもカタギじゃないオヤジに難癖付けられた事はないのか?
それを「無駄遣い」だと諫めてくれる大人は居なかったのか?
「社会人」という肩書きは嘘吐きの裏返しでもあるという事に、十何年何十年生きてきてまだ気付いていないのか?
信頼は裏切るためにある言葉だと、友達から学ばなかったのか?
「一万円貸して」と言ってそのままバックレる友人は居ないのか?

158 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 03:18:06.46
記憶の発言がまともって、恐ろしいスレだなここ

159 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 09:22:38.79
こうやって記憶を引き合いに出すくせにいざ記憶がなんか言うとそれもくそみそに言うダブスタのカス

160 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 12:09:48.62
既出だったらゴメンよ。
http://labaq.com/archives/51416246.html
こんな風になれるように頑張ろうぜ。
って、、、
現在の日本のSF状況じゃ無理かい?

161 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 13:46:56.84
俺がいるだろ俺がよ

162 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 14:17:35.02
くそみそに言われる対象でしかない記憶の発言がまだましに見えるほど
今の流れが糞すぎるって言ってんじゃん?
どこがダブスタなのか>>159の頭が心配

163 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 15:15:39.74
恣意的と言った方が正しかったかな

164 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 15:58:09.68
口先だけなら何でも言える。
記憶を批判してるやつが記憶以下の作品しか書けんかったら笑いモンだが、
その可能性大とみたwww

165 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 17:10:14.62
実力のある奴って、そのぶん余裕を感じさせてるもんだけど、
SF系のスレで誰かを叩いてる奴に、その余裕は全く感じられない
己の存在感を誇示しようとして必死で誰かを叩いて目立とうとするんだな。
そんな姿は哀れという一言に尽きる。

166 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 17:45:27.96
口先もクソも、>>151が今の流れよりマシな発言なのは誰が見ても事実じゃん

167 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 18:30:45.40
>166
全く無意味な発言よりもマシな発言がないというこのスレはたいへん有意義ですね

168 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:5) :2013/06/05(水) 18:46:55.63 ?2BP(333)
おれはアイデア全部公開しているけどさあ。
なんか、いけそうなアイデアないの?

おれは今回のハヤカワSFに落ちたら、もう廃人のように生きるからさあ。

なんか、これだけワナビがいて、いけるアイデアがろくに出てこないってのが不思議なんだよねえ。
みんな、手を抜いているのか、独創性に興味がないのか?

169 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=6,xxxP】(2+0:5) :2013/06/05(水) 18:55:14.21 ?2BP(333)
おまえらのせいで落選祭りもなくなっちゃったし、
おれは他のワナビが何を考えているのか知りたいよ。

ある程度は、傾向のある発想しているんだろうからさあ。

おれは、三十五年の人生、全部、SF作家になることにかけてきたけど、
第二回落選祭りの時は、なんだかんだと、ああ、こういう発想で勝負したんだなってのが見えて面白かったものだ。
それをおまえら、つぶしたんだからね。

それに匹敵するアイデア、もってきてよ。

170 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 18:58:09.77
みんな分からないんだと思うわ
あれこれやりたいけど、年に1,2回の賞で、逃すとまた来年〜
奇抜なものを送ろうなら編集らが何これ?SF?みたいな感じで評価しそう

171 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=7,xxxP】(3+0:5) :2013/06/05(水) 19:07:29.01 ?2BP(333)
編集への信頼度は低いよなあ。
わかりやすいSF、教科書的SFじゃないと評価されない印象があるわあ。
つまり、レトロフューチャーみたいなSFじゃないといけない印象があるわ。

塩澤さんの動画見ても、冒険的な作品がほしいって野望はないみたいな印象があるしなあ。

もう、絶望しかないよ。

172 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 19:09:20.33
いやー編集がバカだから俺の大傑作理解されないわ〜

173 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 19:11:18.51
>170
皆勤の徒が通るんならなんだって通るだろ

174 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=7,xxxP】(4+0:5) :2013/06/05(水) 19:12:04.28 ?2BP(333)
おれはSFファンにも、なろう読者にも、絶望しているわあ。
なんか、工作でもされないかぎり、あんな評価になるもんかなあ。

おれが評価している<すべての夢│果てる地で>を評価するSFファン、いねえもんなあ。
なんで、あの傑作の良さがわからないかなあ。

175 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 19:12:40.18
>174
> <すべての夢│果てる地で>を評価するSFファン、いねえもんなあ
今年の星雲賞参考候補作ですが何か

176 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=7,xxxP】(5+0:5) :2013/06/05(水) 19:16:18.42 ?2BP(333)
受賞してないじゃん。
あの、猫がいるだけでSFになる傑作が。

177 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 01:17:08.81
創元は言語SFが好きだが、SFワナビで好きな奴は絶無に近いから
言語SF書くだけで楽勝よ

178 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 01:36:53.33
なんかまた変なのが居ついちゃったのね

179 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 15:12:22.15
ていうか変なのしか居つかないよね

180 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 15:15:22.29
類は友を呼ぶっつってな

181 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=7,xxxP】(1+0:5) :2013/06/06(木) 15:19:02.17 ?2BP(333)
自覚がないのが怖いよね。

182 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=7,xxxP】(1+0:5) :2013/06/06(木) 17:23:09.03 ?2BP(333)
一次発表が待ち遠しい。
次の月曜あたりにあるかな?

183 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 17:32:26.97
まともな奴はさっさと見切りをつけるから
きちがいと愚か者と愉快犯しか残らない

184 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 17:35:57.22
>>183
日本社会の事か

185 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=7,xxxP】(1+0:5) :2013/06/06(木) 17:47:39.68 ?2BP(333)
>>184
この世界そのものだろ。

186 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 17:57:46.79
SFって「自分がまともでスタンダード」という感覚に一石を投じるものだと思うんだが、
日本社会は基本的に親方日の丸で、メインカルチャー以外は弾圧されて、される側すらそれに荷担し始める始末だからな
SF畑から原発反対の声が全く聞こえてこない辺りとかマジやばい

SFマガジンなんて原発押ししてたくらいだし
そのくせバチガルピ載せてドヤ顔してたりすんのな

社会への警鐘とか未来予測とか言うけど、
日本SFがその役割を果たせた事は一度もない
その文脈で引き合いに出されるSFって常に海外SFだもの

187 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 18:04:27.88
おーーーい。
どこのどなたかは存じませんが、
誰かがだいぶ前から、
まとめWikiにSS祭り会場を設営してくださってるからさ、
おまいらも協力してお題ぐらいは考えとくんだぜ

188 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 18:08:24.72
何故か日本のSFファン・ファンダム・業界人ってほぼ全員コンサバなんだよなー
タカ派と言われるハインラインですら右左バランス良く出してるのに

189 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=8,xxxP】(1+0:5) :2013/06/06(木) 19:08:56.41 ?2BP(333)
こういうのがあるんだね。
名無しが使ってて、あまりにもうまいんでビビった。

http://racing-lagoon.info/fuku/translate.php

190 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=8,xxxP】(2+0:5) :2013/06/06(木) 19:11:47.77 ?2BP(333)
レベル2で、おれの掌編「紫陽花」

 六月だというのに...!雨も降らずっ・・・!各地は圧倒的・・・!圧倒的渇水が問題化していたっ・・・・!
 このまま、雨が降らなければ...!無味無臭の睡眠薬。水に入れても気づかれない代物だ。の使用は止まり、断水お前は今その状態にある…その流れがなぜ見えない…?に...陥ってしまうっ・・・・!
 人々は...困って...!一人の雨乞い師に雨乞いをお願いした。
「ふうむ...!このままっ・・・!雨が降らなければ...!さぞやお困り…基本も基本…大原則だっ…!うっ・・・・!わかりました...!雨乞いを引き受けましょう」
 雨乞い師はありがとう・・・・・・・・ ありがとうみんな・・・・!のお願いを聞いて...!雨乞いを引き受けたっ・・・・!
 そうして...!祈祷を始めてっ・・・!六日後のことだったっ・・・・!
 雨は一向に降る気配はなかった...!
 その定石という地点が最も浅はかなのだ…ギャンブルではっ…代わり...!どかん...!どかん、ともの凄い音が...したのだった...!
 雨の変わりに隕石雨が降ってきたのだ...!
「むむっ・・・・!少し...!圧倒的・・・!圧倒的気合を入れすぎたか」
 雨乞い師は唸る...!
 気合を入れすぎたかじゃありませーん・・・っ!!よ...!
 その定石という地点が最も浅はかなのだ…ギャンブルではっ…年の夏はっ・・・!隕石に降られて...!街は壊滅して、どのみち断水になったのだった...!

191 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=8,xxxP】(2+0:5) :2013/06/06(木) 19:36:14.04 ?2BP(333)
元ネタ

14、紫陽花
http://ncode.syosetu.com/n9299w/14/

別ネタ

  戦場で弾切れのマシンガンを撃ちつづける弱小兵のような

うおおおおおおおおおおーーーーーーーーーー!

福本訳レベル4

  戦場では だまし打ち 不意打ちが 日常・・・・・・で弾切れのマシンガンを撃ちつづける弱小兵のようっ...な
うおおおおおおおおおおーーーーーーーーーーロンッ‥‥!ロンッ‥‥! ロォー―ンッ‥‥‥‥‥!

192 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 21:22:41.90
第12回SS祭担当の時坂と申します。
上手く仕切る自信はまったくございませんが皆様ご助力の程をお願い致します。 

という事で早速お題の募集をさせていただきます。何かアイデアがございましたらお一人様何個でもよろしいので気軽に提案してください。
尚、お題募集期間は本日より6日後の[6月12日まで]とさせていただきます。誰からも提案がない場合は時坂の趣味全開のお題になるのであしからず(笑)。
開催期間はお題が決定次第告知致します。それでは皆様、宜しくお願いします。

193 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=8,xxxP】(1+0:5) :2013/06/06(木) 21:34:02.10 ?2BP(333)
>>192
おれはもう無理には作らないよ。
SFになる保障もない。

194 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 22:06:38.30
>>193
記憶さんへ
毎回SFじゃないものばかり書いている僕がこんな事言うのもなんですか、気にする事ないと思いますよ。
祭の規定はあくまでもSF「風味」ですし、書きたい物を書けば良いと思います。

記憶さんは児童文学向きですから児童文学でせめてみては?

195 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 11:57:18.71
>186
小説書きは政治にコミットすべき、とかいまだにマジで考えてるっぽい
お前のそのセンスがすごい

196 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 12:07:35.17
褒められちった><

197 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 12:38:40.20
>>186
日本のSFがこういった方向に想像力を働かせる人材がいないなら、そこを狙えば受けるんじゃね?
と思ったがそれが難しいんだよなw発想力以上に様々な知識が必要だし

198 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 14:49:53.20
むかし小松左京という人がいましてね

199 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 15:23:14.16
>>186
伊藤計画っていうプロジェクトがあって
日本人作家の手で社会への警鐘を鳴らしたので
結構評価された

もう最近のニュービーは知らんかねえ、伊藤計画
企画終了して久しいからな

200 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 15:54:15.04
>>199
作風の話じゃなくてそれが全く社会に影響与えてないっつー事なんだけどな
日本のSFは浸透も拡散も全くしていない(厳密には漫画でアトムがロボット工学に絶大な影響与えてるけど)

かつてSFマガジンが撥ね付けたガンダムの方がよっぽど浸透と拡散してるような気すらするね
「黒歴史」とか、「ファンネル」とかね

201 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:05:30.00
「ナウシカを作った日本人が何故原発を爆発させたんだ」
ってどこかで見たような気がするけど、
「創作だから」で本気に受け止めてないのが日本人なんだよな

ただ将来を悲観するだけのSFなんか、腐るほどあるんだよ
よく見ればハリウッドの典型的80年代筋肉アクションのターミネーターですら、
シンギュラリティものだからな
だけど日本人は「スカイネットなんかあり得るわけないから」と甘えてる気がするね

「原発は絶対安全、爆発するわけがない」って誰もが洗脳されてたからな
反対してたのは「なんでも反対」がイデオロギーの人達だけだったし

202 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:10:44.31
しかし日本で危機感なんて言い出すのは反権力ブサヨか児童ポルノオタと言う現実
君はどっち?

203 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:13:08.94
・日本社会は基本的に親方日の丸で、メインカルチャー以外は弾圧されて、される側すらそれに荷担し始める始末
・原発に反対してたのは「なんでも反対」がイデオロギーの人達だけ

>>202
その発言の根底にあるその意識そのものが、
まさに「親方日の丸、ブサヨはカス」という事なかれ主義だと思うんだが
その指摘をしていたんだけど、やっぱり数十行程度じゃ自覚できるわけないよな

204 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:16:01.99
伊藤計画は売れたから評価されてるだけだよ
そういう意味ではもしドラの方がよっぽど社会に影響を与えてるわけで

205 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:20:04.66
日本の警察は真犯人取り逃がして機械シェパードで無実のおっさん射殺して終わらせたりしないからな

欧米人はビックブラザーに監視されていると思うと個人が侵害されてると感じ、ぞっとして戦いを始める
アジア人は偉大な師父に目配りされていると思うと個人が守られていると感じ、安心して安楽に暮らす
結局そこの差
日本が特殊で日本人が愚かだと言いたいようだが、西洋と東洋の意識の差にすぎない
東洋ではブサヨみたいに世を呪って猜疑心に漬からなくても生きていけるのよ

206 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:20:47.13
西洋社会はシステムへの懐疑で成り立ってる
東洋社会はシステムへの信頼で成り立ってる
それだけの話

207 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:21:23.53
村上春樹が妙に叩かれ始めたのも、
イスラエルに行って壁卵発言してからのような気がするんだよね
日本人にとっては「反体制=悪」だからね
お上に逆らってはいけないと、何十年もかけて入念に刷り込まれてる
まず部活動で年功序列が叩き込まれたりね

208 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:22:57.97
うすっぺらい議論だなー

209 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:25:55.90
>>205
日本人は真犯人が居なければ無実の人を自白させるからな

というのはただの皮肉で、司法のシステムに歪みがあるのは洋の東西を問わない
今してるのはそういう話ではないからね

アメリカだって時代によっては同調圧力が凄い時があったしね
例えば、映画「イージーライダー」のラストなんて、典型的だわな

210 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:27:05.12
農耕民だからな

ソロや身内でたくましく生きていける狩猟民や遊牧民が反権力標榜すればサマになるが
お前大きな集団に帰属してメリット享受してるだろうがと

アメリカなんか人口数人でやっていってる自治体結構あるぜ?
日本はどう?
限界集落に補助金下さい、都会から若い奴隷を用意して送り込んで下さい、だろ?

211 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:28:44.03
>>209
アメリカは同調圧力がめちゃくちゃ強い国だからこそ
そこに異議を唱えることも認めるというルールが共有されてるんだろ

日本で日の丸DISってもはいはい韓国に帰れブサヨで済むが
アメリカで星条旗をDISったらそれどころじゃない

212 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:28:56.57
>>210
ヨーロッパだって農耕民なんだけど
かつてヨーロッパは森に覆われた暗黒の土地だったのに、
開拓によって今のような姿になったんだよ

213 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:31:12.93
>>211
アメリカの自由は王政からの自由で、
だからこそ反連邦が憲法で認められてるんだけど
そういう歴史的経緯によるものであって、

同調圧力云々は全く見当違いの文脈

214 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:37:58.08
ヨーロッパの奴らの意識は農耕民じゃなくて征服者なんじゃねえかな
農耕民気質保ってる奴らもいるかもしれんが、そいつらはおそらく、
反権力標榜して戦いだしたりしねえ風土に生きてる


簡単に言えば、近代人のものに脱皮した社会と、近世以前のままの社会がある
西洋人の社会は脱皮してる方がメインカルチャー
東洋人の社会はしてない方が明らかにメイン
島国根性ってわけでもない、のは中国だってそうだからな

んで文句言ってる奴は個人として近代人に開眼しちまってるから
古い社会では生きづらくて不満あるわけだろ?
アメリカ行け、アメリカ

215 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:42:47.63
>>214
食糧自給率40%の日本が自分らを農耕民と言って、
食糧自給率あらかた100%越えのヨーロッパを遊牧民とか狩猟民扱いするなんて、
ちゃんちゃらおかしいんだけど

ちなみに米は麦より遙かに生産力が高く、
より狭い土地でより高いカロリーを生み出して、
おまけに保存も効く
だからこそアジアは人口多いわけでね

216 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 16:50:57.82
狩猟民族と言って差し支えないのはアフリカ
ポリネシアンなんかも文化的には狩猟採集かな
事実ポリネシアンは、モンゴロイドなのに白人や黒人を凌ぐ世界最強の肉体を持つわけだし

放牧民と言って差し支えないのはモンゴルから東欧にかけてだろう
ヨーロッパも、アメリカも、日本人も、間違いなく農耕民族の文化

217 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 17:05:42.11
>>202
自身の危機感のなさを棚に上げて、この手のレッテル貼りするのが結構な数いるのが日本の現状だからなぁ

218 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 17:05:50.14
征服者というのも全然違うね
ヨーロッパは歴史的にフン族やモンゴル帝国などの遊牧民に侵略され続けてきた歴史があるし
地中海周辺なんてしばらくイスラムに征服されっぱなしだったんだからな

十字軍の悪辣なイメージに、中世暗黒時代の滅茶苦茶な司法制度や伝染病のイメージで、
「ヨーロッパ・侵略者」みたいなイメージを形成してる人が大半だけどね

219 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 17:07:36.67
>>217
レッテル貼りが高じて原発爆発させた奴らにそんな事は言われたくないよなあ
「原発は絶対安全」「反原発はブサヨ、話を聞く価値なし」
これがレッテルじゃなくてなんなんだよ

220 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 17:11:13.01
このスレの反応見てもわかるけど、
「不満・反論・批判」に対するアレルギー反応がもの凄いでしょ
どれだけ根拠を示しても、

「左翼=間違い」「あいつは左翼」「左翼=間違い」
この無限ループコンボが始まるからな

221 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 17:52:33.72
>>220
右も左も、根拠や知識を相手を侮辱し言い負かすための道具として扱う連中が多いのが問題なんだと思う
そういう連中が頑張ったおかげで、国民が政治全般に対してアレルギー持つようになったんじゃないかな?

それにしてもレッテル貼ってきたり条件反射で頭ごなしに否定してくる奴は、なんであんなにも攻撃的なんだろうか?

222 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 17:57:14.26
欧米にレッテル貼りや攻撃的な議論やネガキャンが無いとでも?

単純に「議論の場がない」事が問題でしょ
上に対してどころか、横に対してすらまともな意見交換がままならないからな
議論が白熱しても、内容に関わらず鶴の一言で収まってしまうし
(というより、鶴の一言を誘発するようなディベートを行う性質がある)

223 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 17:59:04.18
鶴の一声でしたすいません

224 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 18:09:49.49
>>222
>>221だが俺は欧米がどうとか言ってる人とは別人だぞw
議論の場もそうだけど、正しい議論のやり方について学ぶ機会と
実際に議論の経験積む機会を義務教育でもうけてないのが痛いんだろうな
社会に出てからこの手の能力不足を感じる人が多いから、論理やディべードに関するビジネス書がちょいちょい売れてるんだろうw

225 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 18:12:11.87
議論に正しいも糞もあるの?
やり方に拘わらず議論は議論だと思うけど

226 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 18:19:39.33
とは言うが、
意見を出すと案外あっさり通る事も、皆さん案外経験おありなのではないかと思う
目に見えない空気でなかなか発言できないだけなんだよね
現実でも出世するのってそういう自信持って発言する人だしね

227 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 18:22:40.08
>>225
人格攻撃をしない、とかそういったレベルの話>正しい議論

今更だがこの話はスレチ過ぎた、すまん

228 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 18:26:27.20
人格攻撃なんて民主主義国家ならどこでもあると思うけど
クリントンは不倫でやめさせれたり、
ベルルスコーニは愛人作りまくっても平然としてたり、
文化によってだいぶ違いはあると思うけど

229 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 19:19:48.66
ほらっほらっ、
>192の時坂氏に協力!!!
スレチやってる暇があったら、何かネタを出して欲しいもんだわ。
私?
私ゃ、枚数制限の縛りのみでお題は自由でも良いかなぁと、

230 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 19:25:40.65
好きにやればいいのに、流れを誘導したがったり仕切りたがったりするのは全体主義から転じてるものだね

やりたきゃ勝手にやれよ

231 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 19:28:45.22
こういう感覚がするするっと滲み出してくるのはかなりの高齢だな

232 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 19:39:05.38
自分が「普通」「正統」「スタンダード」である事を主張し、
相手を「スレチ」、つまり「異端」「異常」「左翼」「鼻つまみ者」
だというレッテル貼りでやり込めようとする

これが病巣の根源だな
歴史を見れば、滅びなかった「正統」など存在しない事がすぐわかるだろうに
そういうものが末代まで続くと思っていやがる

233 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 19:48:15.70
薄汚い荒らし同士でモメテてるようだけどw
ここはSF系のスレだからね

234 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 19:52:03.86
>>233
都合良すぎるんだよ
ある時は「創作カテゴリ」だから創作ワナビ以外は出て行け
ある時は「SF系」のスレなんだからSFの話以外はするな

大体これがSFの話だという事がまだわかってないのか
SF評論の文脈で語られる社会への警鐘や浸透と拡散とかが、
全く有名無実だという話をしてるんだが

235 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 19:59:15.98
>>234
都合良すぎるんだよ w
大体それがSF読者の話だという事がまだわかってないのか

>SF評論の文脈で語られる社会への警鐘や浸透と拡散とかが、
>全く有名無実だという話をしてるんだが
それは、読書スレで熱く語り合うべきネタでしかないww

236 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:01:24.91
>>235
ほら、今「SF系」だと言ったばかりなのに、
「創作カテゴリ」だから創作ワナビ以外は出て行けという文脈を持ち出し始めた

ていうかお前>>229だろ?
「荒らし『同士』」とか言って誤魔化してるけど

237 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:07:26.09
>>236
話をそらして逃げるなよw
お前のネタがスレチだろって、言ってるのに、
必死で「創作ワナビ以外は出て行けという文脈を持ち出し始めた」って趣旨をそらすのかい

238 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:08:45.27
そしてまたすぐ話を逸らし始めるぞ
とにかく話逸らして自分が正統、相手が異端、
現実を直視しないで遠回しに派閥抗争してるだけだからな
第五回の審査員は瀬名さんだけど、
瀬名さんが出版社批判なんぞしようものならSFクラブよろしく即キックだろうな
パターンだからな
相手の立場見てるだけだから

239 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:11:21.36
>>237
>それは、読書スレで熱く語り合うべきネタでしかないww

これが「創作ワナビ以外は出て行け」じゃなくてなんなんだよ?

240 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:21:10.04
「社会におけるSFの役割」
ちょっと小綺麗な舞台でSF評論が行われると必ず挙がるからなこの文脈は
だけど考える限りSFが社会の役に立った事なんか一度もない気がするんだがな
少なくとも日本においてはノンフィクション本でも読んでた方が遙かに教養になるね

241 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:22:15.83
>>239
お前、バカか?
スレチの話は控えてくれよって言ってるだけ
読者として議論したいなら、
必死でこのスレに粘着しないでも、読書カテで思う存分議論すりゃいいだけ

必死で粘着するのは何か、人に言えない暗い理由でもあるのか?ww

242 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:24:15.06
>>241
文句付け始めたのはお前だろ
俺はSFの話もしてるし、SFの賞の話もしてるし、SFの業界の話をしてる
結果的にSFの創作の話でもある

それが理解できずに、「作品としての文章を書く」事だけが創作だと思ってるお前が近視眼的なだけ

243 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:28:08.34
>>242
>結果的にSFの創作の話でもある
結果論で無理なこじつけをすんなよw
余計にミジメに見えるぞ。

244 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:29:58.66
>>243
最初は広義の「SF系」のスレだと吹聴してたのに、
それでは相手を排除できないと思ったら「創作カテゴリ」に切り替える

ていうかやっぱり>>234で指摘した通りだったな

245 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:31:46.61
>>229が「僕の気に入る流れじゃなきゃヤダヤダ〜!」ってダダコネ始めたのが諸悪の根源だなあ〜

246 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:33:42.43
>>244
まだ、逃げ回って騒いでんのか
自分がスレチだったって認めりゃいいだけなんだけどな
人間、素直になれない奴はダメだねwww

247 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:33:49.28
ランボルギーニ!!

248 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:35:55.52
>>246
いや、お前が「創作SS馴れ合い以外は許さない」っていつも排斥活動してる奴だとカマかけたら、
事実その通りだったというだけなんだけど

なんでカオスを受容できないのかね?
SS祭りでもなんでも自由にやったらいいじゃん

249 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:42:01.51
お前、やっぱりバカの極値だねww
お前が「創作SS馴れ合い」と称して妨害してる奴だと自爆したわけ?
普通の人間はそんな表現つかわねぇよ

250 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:44:19.62
>お前が「創作SS馴れ合い」と称して妨害してる奴だと自爆したわけ?

そんな奴居たの?

ていうか、悪ふざけで茶々入れるような奴は居ても、
割と落選作晒しやSSには受容的だと思うんだが
一体何をそんなにビクビクしてるんだろう
周りに受け入れてもらえる空気じゃないと怖くて晒しも出来ないのか?

251 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:45:32.00
つかぬことを伺いますが、
結局、立場の違いこそあれ、
>>248>>249の二人は荒らしということでよろしいんでしょうか

252 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:47:38.03
素人の落選小説なんて、結果論で言えば読むだけ時間の無駄なシロモノのに、
しっかり読んでレビューしてくれる人がほとんどじゃん
むしろ多少殺伐とした中でちゃんとそういうレビューくれる人こそを大事にするべきであって、
空気の醸成で予防線張る事には大した意味はないと思うぞ

253 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 20:47:53.72
>>250
負け犬がまた吠えていますw
スレチの話題はどうした

254 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 21:03:19.01
>>251
その通り、
本人に自覚があるかどうかは分からんが

255 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 21:47:26.50
>>229
初めまして、時坂です。
お題自由という発想無かったです。ご提案ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

それとなにやら荒れているので担当の僕から個人的な考えを述べさせてもらいます。
今回誰からもお題に提案がなかった場合、従来型のSFのジャンルやテーマ上のお題を設定するのではなく、
文章技巧上のお題か課題を設定し参加者様のスキルアップをしていただこうと考えていたりしてました。。
小説の神髄は文体と文彩であるというのが信条なので、今回は文彩に的を絞って開催しようかと考えていました。

即ち、新人賞じゃないんだから普段やらないことにチャレンジしましょう、みたいな。

256 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 22:27:38.43
せっかくの創作文芸なんだから小説の上手さで競い合えよ

257 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 22:37:09.52
文体と文彩・・・
記憶さん、あなたの出番ですよ。

258 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 22:42:07.54
???
SFで、文彩っていうと、
ブラッドベリみたいな情緒的雰囲気?

259 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 22:47:10.05
>>232
「ネトウヨ」って言葉もあるから左右問わない
筆禍・舌禍事件見てても、左が主張としてガンガンやるのが分かるだろ

>>240
いわゆる「ノンフィクション」って書き手の思想を事実にことよせて押し付けてくるから
今日語られてたような意識せずに読むと結構悪質だと思うけどねぇ

いや、ブルーバックスみたいなのって意味ならすまんが

260 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 23:21:33.83
>>258
時坂です。
説明不足でした。すいません。
ここでは表現技法、即ちレトリックという意味で使用しております。
ブラッドベリみたいな情緒的雰囲気と解釈しても構いませんし、その辺は自由です。

それと僕の考えはあくまでも提案がなにも無かった場合こうなるというだけで、
お題自由という提案が或る今、第12回SS祭に於いてはこれが採用されることはないので忘れてください。
だったら余計なこと言うなよとかいうツッコミは無しの方向でお願いします。

261 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 23:55:15.31
>>259
すいませんノンフィクションってまさにブルーバックスみたいな教養本を指して言った言葉です
教養本と言っても社会科学系は全く読む価値無いと思ってますが

262 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 04:46:44.32
しかし、
社会科学抜きで、リアルな社会は描けんでしょ。
宇宙船だのブラックホールだの理工系の知識に偏重してると、
どんなに科学技術を描かれていてもヲタっぼく見えると思う。
SFとかファンタジーって、いろいろな科学の集大成なんじゃないかな。

263 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 10:05:46.78
社会科学は科学じゃねェよ

264 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 10:18:37.44
小説がまともでリアルな社会を書いてるところなんて見た事ねえぞ
SFに限らず

265 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 10:29:30.84
なお、社会科学系のノンフィクションを「読む価値ない」というのは、

>書き手の思想を事実にことよせて押し付けてくるから

こういう傾向がまま見られるため
普通にテキスト取り寄せて参考にする文には全く問題ないと思うが

266 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 11:10:02.14
社会科学が不要だって言ってるのは、社会科学を知らないだけだろ、
クグッて、Wikiでも読んでみw
スレのどこかに「言語学」とSFについて語ってる人がいなかったっけ、
そのレスがそのまま、社会科学がSFに取り込まれてるってことだよね。

>書き手の思想を事実にことよせて押し付けてくるから
というなら、純然たる科学系ノンフィクションも、我が民族は偉大だぁとか、信仰や哲学とか著者の思想が、
科学の中に織り込まれてるものも多いよ。

だから、SFってめちゃくちゃ広いから、
何かを否定したり排除したりしちゃ成り立たないと思うよ。

267 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 11:30:38.86
>>266
物理学ではニュートン力学は間違いで、間違いだけど無視出来る範囲なので、
誤差としてそのまま受容してる
天文学になるとそれは無視できなくなって、水星の近日点が百年に43秒ずれてしまうので、相対性理論でちゃんと補正される
つまり自然科学では正は正、負は負として扱われてる
将来的に否定される可能性はあるが、自然科学は間違いをちゃんと間違いとして扱う

法学では、殺人を正と扱ったり、負と扱ったりする
戦争で人を殺すと正義だが、
街中で人を殺すと悪になる
こんな恣意的な判断は科学じゃないよね

大体社会科学が不要だなんて言ってないぞ
「社会科学系のノンフィクション」が不要だと言ってるんだ
社会科学自体がそもそも虚構だからな
歴史も、法学も、経済学も、体系や理論が恣意的すぎる
統計学はまだましだと思うけど

268 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 11:43:13.00
>純然たる科学系ノンフィクションも、我が民族は偉大だぁとか、

あと、これはないと思うなあ
ナチの優生学が良い教訓になってるからね
少なくとも翻訳本で「我が民族は偉大なり」なんて科学系ノンフィクションは無いと思う
著者の思想が混じる事はあるけどね

269 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 12:03:35.05
>恣意的な判断は科学じゃないよね
視野が狭いだけじゃない?
社会科学を物理学と次元が違うものを比較して恣意的と表現すること自体、
社会科学が分かってないと思うけど。

270 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 12:05:44.49
>>269
そんな印象論で語られても困るんですが

271 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 12:08:57.29
>>268
そんな事じゃないよ。
宇宙開発とか、極地探検とか、
我が民族は他国に先駆けて偉大な功績を果たしたって
感動のラストとして盛り上げてるノンフィクションはいっぱいあるぞ。

272 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 12:09:36.34
>>271
それは科学系ノンフィクションじゃなくてルポとかドキュメンタリーだろ

273 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 12:10:49.69
>>270
印象論じゃなくて、バカなお前が別のものを一緒くたに並べて批判して得意がってるってコト

274 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 12:11:22.37
http://www.amazon.co.jp/lm/R18POZMND9S4T

科学系ノンフィクションというのはこういうのだろ……

275 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 12:12:15.62
>>273
ある時は「違う」
ある時は「みんな同じ科学」

それを恣意的って言うんだが

276 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 12:13:09.17
横レス、ごめん。
社会科学を無視したら、アルジャーノンはSFじゃなくなってしまうと思います。

277 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 12:14:26.09
>>276
本当にレス読まないんだな
「社会科学を無視」してるんじゃなくて、
「社会科学系ノンフィクションなんか読む価値なし」って言ってるだけに過ぎないんだが

278 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 12:19:52.08
>>273
お前、言葉尻を捕らえて揚げ足取りをするのは空しくないか?w
「みんな同じ科学」とは言ってない、どんな学問も必要だといってるだけ。
「違う」と言ってるのは、学問が違えば研究する対象もアプローチの方法も違うのが当然なのに、
「社会科学」を「物理学」の立場で捕らえて批判するのはただの愚か者だっていってんのww

279 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 12:22:45.95
>>277
>「社会科学系ノンフィクションなんか読む価値なし」って言ってるだけに過ぎないんだが
バカがどんな判断をしようと自由だけどね、
俺はそれは愚か者が言ってるだけで事実じゃないなって言ってるわけ

280 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 12:24:41.68
バトルだ、バトル。うらやましぃ。
お前ら、【賞関連】創元SFスレにスカウトするからこっちへ来いやぁ。

281 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 13:06:56.79
「社会科学」と「社会科学ノンフィクション本」を混同しないでほしいよね
普通にテキスト取り寄せて参考にする文には全く問題ないって言ってんのに
なんか昨日の奴が俺を特定して、別人のふりして俺を攻撃したかっただけみたいだけど

第一、
「社会科学が必要」と言ってる側ですら、
「要らねえだろそんなの」と言ってる側より社会科学に興味持ってないというね
一応ある程度読んだ上で俺は「糞だな」と言ってるわけで

大体なんだ、
>純然たる科学系ノンフィクション
が「宇宙開発」「極地探検」って
人が何の話してたのかすらまず理解できてなかったんだな

宇宙開発が科学技術の最先端だったのは50年前の事で、
極地探検に至っては100年前の事だろ
なんつーか、感覚がいまだ原発を最先端科学だと思ってるレベルっつーか
「科学」でそのワードを連想する感覚が、

ふるくせええええええええええええええええええええええ

282 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 13:15:06.69
ずばり科学というのは、数学なんだよ
科学に法学が含まれないことはあり得るが、
科学に数学が含まれない事はありえないからな
ハインラインも、「数学が出来ない奴は馬鹿」と言ってる
そして、そこから導き出されるのは、SFは科学ではないという事
さらに、ハインラインの言葉から考えると、「俺は馬鹿」だという事
本当に科学を理解出来る人間は人口の1%も居らず、
そしてそういう人はSFなんか書かないという事
そういう人とは具体的に、科学的思考が出来る上で、それを組み立てられる人々の事

アインシュタインは、
「落下するエレベーターの中で、重力と慣性力の区別ができるだろうか?」
という科学的思考を、E = mc2という数式に出力できた事が凄いんだよ
これが科学であり、科学者なの

俺も、お前も、科学者でないどころかまともに科学も扱えなくて、
SFという疑似科学の砂場でままごとしてる似非野郎でしかないからな
小説に科学や学問が必要だなんて、ちゃんちゃらおかしいぜ
Science Fictionだから「科学」が必要だとでも思ってんのか?
SFがScience Fictionというのはただの言葉で、科学でも、学問でもないんだよ
小説がまともな科学や社会を扱う事なんか無いからな
学問なら科学的寄与があるはずだけど、そんな事は全くないもんね

ともあれ、「宇宙開発」「極地探検」が純然たる科学系ノンフィクションってのは、ないわ

「白瀬矗中尉、恥ずかしながら、帰って参りました(キリッ」
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/22/Yamato_Snowfield.JPG

トドを殺すな! トドを殺すな! 俺たちみんなトドだぜ!
おい撃つなよ おい撃つなよ おいおい俺を撃つなよ

283 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 14:00:40.96
科学の意味を狭く取りすぎてるバカが大暴れしてるな
それが日本のSF読者の標準でもあるんだが

そりゃ社会科学SFは出ねーよな

284 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 14:03:00.62
「宇宙開発」「極地探検」を思い浮かべる方がよっぽど狭義の科学脳だろ

285 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 14:05:36.33
ていうか社会科学系のSFなんて井上ひさしとか小松左京とかいくらでも挙げられるし、
海外のSFはファンタジーも包括してるから
読者のせいにするのも典型的

286 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 14:13:49.94
SF読むと自分の視野が広がったような気がして、
他人の視野が狭くてしょうがないように感じられてくるよな

それは、ただの錯覚だ
「自然科学」は「自然」+「科学」じゃないし、
「社会科学」は「社会」+「科学」じゃない
「科学技術」は「科学」+「技術」じゃない
「サイエンスフィクション」は「サイエンス」+「フィクション」じゃない

つまりSFは科学じゃないんだよ
>SFとかファンタジーって、いろいろな科学の集大成なんじゃないかな。
小説ごときが科学の集大成とか、ねえから
おごりだし、うぬぼれだな
小説なんかただの娯楽にしか過ぎない
人類の様式を劇変させた科学と同列に比べていいものじゃないし、ましてや派生物であるわけがない

287 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 14:59:23.39
>>286
バカがまた言い訳してるのか?
SFは科学そのものではないが、
科学の裏付けのないSF小説なんてSFじゃなくておとぎ話にすぎんだろw
そんなことも分からないのか、必死で自己を正当化するために理屈をひねり回してるのか
どっちにしろ救いようのないチンカス野郎だなwwww

288 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 15:11:07.92
「自分のSF観こそがSF」

という感覚ってどこから来るんだろうなー

289 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 15:38:39.07
お前、いつまでも言い訳ばかりで逃げ回ってて恥ずかしくねい?www

290 :バトルメンバー募集中:2013/06/08(土) 15:54:15.54
>>287
上手いな、おいっ
「煽りの言葉」+「相手のプライドを傷つける文章」+「罵倒で相手を興奮させて次につなげる」ってか、
バトルの典型じゃん。
「恣意的」って言葉が何度か出てるけど、兄さん、恣意的に煽りの文句を挿入していると見た。どうだ?
兄さん才能あるよ。
煽られてる人と一緒に【賞関連】創元SFスレに来い、いや、来てください。
向こうは過疎ってて寂しいんです

291 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 16:00:57.25
恣意的の意味くらい調べろよ……

292 :バトルメンバー募集中:2013/06/08(土) 16:02:58.37
あっ、指摘ありがとうございます。
てか、、違う!!
てめぇ、揚げ足取るんじゃねぇ、あっちのスレでバトルだ、逃げるなよぉ

293 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 16:07:45.73
ごめんくさい

294 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 18:34:11.45
記憶さんって妙に和むけど、
バトルメンバー募集中さんも何か妙に和むね
なんとなく、このスレから激しいバトルの気配が消えちゃってるよ

295 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=9,xxxP】(1+0:5) :2013/06/08(土) 21:18:47.03 ?2BP(333)
バトルメンバー募集中はなごまねえよ。
バトルしてどうするんだっての。
スレが分かれてる理由が無意味だよ。

296 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 21:31:37.79
>>294
確かに毒気抜かれるな

でも創元単独スレはガチで荒らしてるから好意的にはなれないけど

297 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 21:48:20.73
次のSFメインの募集してるやつって児童のやつだけかあ

298 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 22:03:46.67
>>295
>バトルしてどうするんだっての。
>スレが分かれてる理由が無意味だよ。

>>296
>でも創元単独スレはガチで荒らしてるから好意的にはなれないけど

お前ら、分かってないなぁ
こっちでも、ハヤカワスレでも、知識振りかざして威張るやつと、それを煽ってバトルしてる奴が居るじゃん。
そういうのに、ウチの【賞関連】創元SFバトルスレに来てもらえば、
ウチは盛り上がるし、こっちは静かに語り合えるし、双方にとってメリットあるじゃん。

それにあっちはバトル千四薄れだから、バトルが普通。俺が荒らしてるわけじゃなくて
バトルスレでフのネタで話そうなんてスレチの奴が荒らしてるんだよ
わかった?

とりあえず>>287さんと、彼が煽ってる相手の人、バトルの素質がありそうだから大歓迎。
いつでもおいで、歓迎するぜ。
もちろん、罵詈雑言でな。
へっ、互いに頑張ろうぜ

299 :バトルメンバー募集中:2013/06/08(土) 22:12:17.95
おっと誤字脱字だぜ。
>それにあっちはバトル千四薄れだから、

>それにあっちはバトル専用スレれだから、

>>297
まとめWikiのSF系新人賞リストってトコ見てみな。
親切な方がわかりやすくまとめてくださってるぜ。
掲示板は書き込み方がわかんなくて書き込んだことはねぇけどよ。
情報提供はいつも感謝してんだ、ホントだぜ

300 :バトルメンバー募集中:2013/06/09(日) 15:16:19.57
おぉーーい。
誰か居ませんかぁ?
ひょっとして、バトル疲れですか

ふと思ったんですが、
このスレやハヤカワスレで野の知り合いのバトルが始まったのと、
ウチの【賞関連】創元SFスレが過疎った時期が一致するんですが、
ウチの住人があちこちに出向いて粘着して暴言を吐きまくって荒らしてるんでしょうか?

荒らしども、
こちらさんに迷惑だから、いつまでも居着いてないで、元のスレに戻っておいでよぉ

301 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/10(月) 08:13:34.68
公式見たらもう5回目の募集はじめてるのな

302 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/10(月) 11:11:06.13 ?2BP(333)
ほこたてで、最強ハッカーと最強セキュリティソフトが対決して、
ハッカーが圧勝したそうだね。30分でセキュリティを突破したそうだ。

303 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/10(月) 11:29:46.93
ネットのハッキングはしたことはないけど、
ゲームソフトのプロテクト外しはよく楽しみましたよ。
基本的に、
プロテクトやセキュリティをセットして、受け身になる側より
既にある、プロテクトやセキュリティを解明して解いてゆく攻撃的立場の方が有利だと思います。

304 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/10(月) 11:36:23.37 ?2BP(333)
ゲームソフトのプロテクト外しってどうやるの?
今日日、小学生でもゲームを改造するのにやってるらしいけど。
おれはまったく知らないんだ。

305 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/10(月) 11:54:23.99 ?2BP(333)
やはり、受け身の防壁ではなく、功性防壁が現実化するのか?

306 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/10(月) 12:36:48.74
どうせダエモンさんで仮想ドライブにisoマウントとかそんなレベルだろ

307 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/10(月) 12:45:57.98
もしくはバイナリエディタでNoDVD化だろうな

308 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/10(月) 12:55:20.95
>>306>>307
ちゃうちゃう、そんな新しい話じゃなくて、
昔はプログラマーと、ゲーマーのいろいろな駆け引きがあって、
互いに楽しんでたんだよ。
http://software.aufheben.info/ooholdpc/protect.html
もちろん、解析にバイナリエディタも使いましたよ

309 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/10(月) 13:03:34.92 ?2BP(333)
寡聞にして詳しくは知らないが、
中学生レベルで、ゲーム機本体の解体改造を行うようだ。

310 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/10(月) 13:05:48.11 ?2BP(333)
小学生レベルで、ポケモンの能力数値は全部変更するらしい。

311 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/10(月) 13:07:45.97
>>307
お前の方が近かったな、今回は勝ちを譲ってやるわ

312 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/10(月) 13:10:52.36 ?2BP(333)
ううむ。サイバーSFをおれが書いてもバカにされる絵しか浮かばない。

313 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/10(月) 13:12:34.04
サイバーパンクはかっこいい造語とかっこいいルビをどれだけ散りばめられるかだな

314 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/10(月) 13:16:25.87
>>308
懐かしいな
オレ、その中の「説教プロテクト」に出会ったことがある
プロテクトをかけてるファイルの中に、プログラマーから嫌みなメッセージが入ってたね

315 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/10(月) 15:33:53.35 ?2BP(333)
これがほこたての番組動画。
http://www.youtube.com/watch?v=Irf6mwaCuqc
ハッカーが三問のうち一問を解いて、二問目で負けている。
どうやら、このロシア人ハッカーの一人は楽天勤務らしい。

ほこたてハッカー対決はやらせだったという情報が入ってきた。
真相はよくわからないが、セキュリティ側が番組的には勝っていたようだ。
なんでも、ファイルの名前を変えて、五万ファイル用意したことにしたらしい。

316 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/10(月) 15:49:57.23 ?2BP(333)
「ほこ×たて」セキュリティ対決の結果に視聴者困惑 編集で誤解?
ねとらぼ 6月9日(日)23時7分配信

番組放送後、Twitterの「トレンド」にはセキュリティ対決関連のキーワードが並んだ
 6月9日に放送されたフジテレビの「ほこ×たて」2時間スペシャルで、「どんなプログラムにも侵入できるハッカー VS 絶対に侵入させないセキュリティプログラム」対決に注目が集まった。
結果はセキュリティソフト側の勝利となったが、視聴者からは困惑の声も上がっている。

 対決はハッカーとネットエージェントのセキュリティソフトにより行われ、ハッカー側が制限時間内にPCに侵入して指定の画像を発見すれば勝ちというルールだった。
ハッカーはPCへの侵入には成功したものの、目当てのファイルの名前が変わっていて発見できず、ギブアップした。

 セキュリティソフト側の勝利となったものの、対してネットでは「侵入された時点でセキュリティソフトの負けでは?」
「ファイル名のリネームは反則ではないか」といった声が上がった。

 しかしネットエージェントの杉浦隆幸社長のTwitter投稿によると、セキュリティの部分は90%以上編集でカットされた。
またドライブ暗号化を使っていたが、番組ではファイル名を変えるという言い方になっていたという。
編集により分かりづらくなった部分や誤解を招く部分があったようだ。同氏のつぶやきはTogetterにもまとめられている。

 ネットエージェントは公式Facebookページで、
「弊社側も視聴者の皆さまと同様に、本日の放送で初めて編集後の内容を観る事が出来たのですが、実際の対決状況がわかりにくかったですね。。。
近日中に、実際どのような対決が行われていたのか、もう少し詳しくご案内したいと存じます」とコメントしている。

であるという。

317 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/10(月) 16:00:01.25 ?2BP(333)
ほこたての勝負は、いろいろ適当なうわさが流れてて、真相はよくわからない。
セキュリティソフトの会社の株は一度下がったあと、今は上がってるらしい。

318 :のばな:2013/06/10(月) 16:01:19.53
説明が必要な時点で番組として滑ってる感じですね。

319 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/10(月) 16:10:57.25 ?2BP(333)
よくわからないけど
「TrueCrypt」というセキュリティソフトは、最強で、
ハッカーは情報科学的には攻略できないらしい。
これがいちおう、わかりやすい答えだそうな。

320 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(4+0:5) :2013/06/10(月) 16:25:51.71 ?2BP(333)
2ちゃんのPCプログラム板の意見はこうなってる。
「このルールじゃ、どう考えたって、ハッカーが不利だろ。
高レベルの暗号化だけで、終わってる。
ハッカーが侵入するのは、不注意で脆弱になってる所だよ。
守る側は、ある程度の規模のシステムで、どこかに侵入されたら負けってルールじゃないと」

321 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(4+0:5) :2013/06/10(月) 16:47:46.39 ?2BP(333)
出遅れて騒いでるのは、本当に恥ずかしいけど、結論として、
あの番組に使われていた「TrueCrypt」というセキュリティソフトは、
最強で、
日本の官公庁が使ってる激強いソフトで、
番組はやらせっぽく演出したっぽい。

322 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/10(月) 18:29:17.09
TrueCryptって仮想ドライブとかパーティション切りして暗号化するソフトでしょ。
あのソフトが強いというより、堅牢な暗号アルゴリズムを色々選んで使えるのがソフトの良さだったような。
フリーだし、重要なファイル隠すときは使えるんじゃね。

323 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/10(月) 18:32:33.51 ?2BP(333)
ハッキングの現実。

685 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/10(月) 18:20:59.34 ID:6GIMe0ZY0
ハッキングってどういうことを指すのか分からないが遠隔操作のゆうちゃんがやったことはハッキングなんだよな?
ハッキングしたPCがwindows2000やxp以上のOSだったと考えると、遠隔操作出来たこと、凄くないか?

689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/10(月) 18:27:16.43 ID:j5a9EBs5P
>>685
受信メールからウイルス実行させてバックドア作成したんじゃないっけ?
普通はそれもOSアップデートしてりゃふせげることが大半
こういうのは100万通送っていくつかバックドアできたらそれでおkって世界だからなー

324 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/10(月) 19:42:49.41 ?2BP(333)
ソーシャルエンジニアリングって何だ?

860 :名無しさん@13周年:2013/06/10(月) 19:34:15.69 ID:PK3q6fjh0
一流のハッカーってYahoo IDやMicrosoft アカウントの、
ID(=アカウント)やパスワードをハッキングすることはできないんでしょ?
この辺のガチガチセキュリティーを突破したら素直に凄いと思う

869 :名無しさん@13周年:2013/06/10(月) 19:35:37.00 ID:0VSBvr/v0
>>860
一流のハッカーにとってはそれは簡単
ソーシャルエンジニアリングを使えるからな一流は

325 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/10(月) 21:26:47.89 ?2BP(333)
状況がやっとわかった。
「TrueCrypt」で暗号化されたファイルを、ソーシャルエンジニアリング、
つまりは対人戦術によって、ディレクターから相性番号を聞き出して、
第一問を解いたようだ。

あとは、普通に侵入しているらしい。

326 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/10(月) 22:46:25.03 ?2BP(333)
今は、ウィルスで感染させると有罪らしい。で、このセキュリティ会社は、
誰が侵入したかを調べるのが得意な会社。

289 :名無しさん@13周年:2013/06/10(月) 22:24:54.73 ID:+sbx9SP50
>>283
ウィルスは使えないでしょう


不正指令電磁的記録作成罪(ウィル ス作成罪)の新設による取締りの強化

サイバー犯罪その他の情報処理の高度 化に伴う犯罪等の実情に鑑み、
人が電子 計算機を使用するに際してその意図に沿 うべき動作をさせず、
又はその意図に反 する動作をさせるべき不正な指令を与え る電磁的記録(不正指令電磁的記録)の 作成を
処罰する不正指令電磁的記録作成 罪(ウィルス作成罪)が新設され、
平成 23年7月に施行されています。

327 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 06:11:19.76
一番確実で確実な情報の盗み方って、システムの利用者に銃を突きつけて、
「命が惜しかったら、オレがいう情報をこのメモリーチップにコピーしろ」って脅すことだと思います。
この場合、外部からの不正アクセスの証拠は残らないね。

しかし、情報にアクセスさせたシステムの利用者という証人が残ってしまうけど、
この邪魔者をどうやって処分したらいいでつか?

328 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 09:24:35.20
まずソーシャルハッキングという言葉を知っておこうね

329 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 09:39:48.62
ソーシャルハッキングみたいに、直接的手段でパスワードやIDを得て、自分でネットに侵入するんじゃなくて、
必要な情報そのものを、システム利用者に引き出させたら、システムへの侵入の必要が無くなるなと思ったんだけど
関係者からシステム内部にある必要な情報そのものを得るのもソーシャルハッキングになるの?

330 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 09:45:12.45
なるから、知らなかっただけなのにまるで知ってたみたいに誤魔化すのやめようね

331 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 10:52:12.63
本の一冊でも読めばいいのに手間を惜しむから

332 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 12:11:54.13
>>329が勘違いだというなら、
巷ではやってるオレオレ詐欺もソーシャルハッキングになるということだけど、
ww

333 :バトルメンバー募集中:2013/06/11(火) 12:43:07.43
はっはっはぁーーーwww
>>328
ちょっとソーシャルハッキングって言葉を知ってるから
それを振りかざして威張ろうとして自爆しやがったなww
>>327のいう犯罪は、ハッキングじゃなくて、強要とか脅迫って犯罪だろうがよ

って、、、
オレはこっちのスレには無関係だったんだ、
誰か、賞関連スレに来てバトルしてくれよぉ

334 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 13:25:32.82
ソーシャルハックっていうと、盗み取る印象が強いな
オレオレ詐欺でクレカの番号全部言わせてそれを使うなら当てはまるだろうけど、
目の前で銃突きつけて、ってのはちょっと違う気がする

335 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 14:14:29.53
大体、>>327も全然確実じゃないしな
相手がケイシー・ライバックだったら次の瞬間首にナイフが突き刺さってるわ

336 :バトルメンバー募集中:2013/06/11(火) 17:23:24.62
>>335
(セガール調大阪弁)
お兄ちゃん。その名前出したらアカンな
一般論やったらエエけど、特殊な事例を出して、
何とか自分を正当化しようとする負け犬の雰囲気やでぇ

337 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 19:07:40.41
じゃあどうレスするのが正解なのさー

338 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 23:32:28.79
リバースエンジニアリングも知らない人間が電脳世界を描くのは愚の骨頂。

339 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 23:34:11.47
>>335
大方のインターネットセキュリティ会社は、「物理的」なクラッキングには非常に脆弱。
警備会社が守っている金庫を狙う方が大変だったりする。IT系の人間は「物理的クラッキング」に対して知識がない人が多い。

340 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 23:34:25.18
>>334
侵入してパソコンのディスプレイに貼ってあるID・パスでログインしてメモリーカードにコピーするのも
娘さんピアノの発表会だって?可愛い盛りですねえと声をかけて仲良くなってID・パス教えてもらうのも
どっちもソーシャルハック

341 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 10:02:29.02
先日、小松左京御大の作品を何冊か読み直していて、専門用語の使い方が上手いなって思った。
つまり、「モホロビチッチの不連続面」とか言う専門用語が、適度にさりげなく台詞に織り込まれていて、
科学っぽい雰囲気が醸し出されてるんだけど、
大事な点は、別にその言葉の意味を知らなくても話の流れは十分に理解できるんだよね。
専門用語を物語の中でSFや科学の雰囲気を生み出すアクセサリーみたいに使ってるよね。

このスレで、リバースエンジニアリングとか、ソーシャルハッキングとか、
ちょっと知ってる言葉を振りかざして威張ってみせる奴が居るけど、
おまえらはこんな難しいことは分からんだろうって空威張りしてるのがミエミエでみっともないじゃん。
小松御大みたいに粋な専門用語の使い方をすりゃいいのにね

342 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 10:35:45.76
>言葉を振りかざして威張ってみせる奴
ダウト
職業柄、もしくはそれ関連に携わることで自然と相手が理解できていると錯覚しているんだと思う
仮に威張るとしたらもっと好戦的な煽りになるはず
それこそ馬鹿や阿呆と単純な言葉で罵倒するだろう。

343 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 10:53:19.73
おいおい
リバースエンジニアリングやソーシャルハックは今の世の中じゃ常識だろう、おじいちゃん…
それを「振りかざして威張って」と感じるなんてどうかしてるぞ…
いやこれは煽り抜きで本当にね

よく「ちょっと知ってるからって自慢しやがって!」って沸騰する子いるけどさ
知ってて当然の言葉として使ってる方は、そのあっけらかんとした浅学さと、
自分が知らない言葉をひけらかす衒学野郎は糾弾されねばならないって反知性主義に、
ゾッとするわ
VIPやニュース速報+ならまだしも、創作文芸板でだぜ?

344 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 11:21:19.90
そもそも>>327が「最強確実のハッキング方法思い付いた! どや僕ちん賢いでしょ!」
って始めたけど、既にたった十文字で説明できる概念として存在してた事を教えてあげただけだからね

例えば、「カーボンナノチューブという世界一頑丈な繊維を開発した科学者を巡る話」があったとして、
カーボンナノチューブをそもそも知らない人がそれを見た場合、
それが現実の延長線上にあるスペキュレイティブなのか、
それともただのSFっぽさを出すためのただのガジェットなのか、
区別はできないからね

345 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 11:27:23.92
ていうか、クソガキと大きなお友達が対象のライトノベルですら、
辞書引かなきゃ意味がわからない難解な単語、その物語内でしか通用しない造語のオンパレードだからな
むしろSFは専門用語を使わなければならない必要性がままある事から、
ジャンル平均を見れば文章表現はかなり平易な方だと思うぞ
説明的すぎて生硬なのはちょくちょくあるが、
ポストモダンみたいな迂遠な文章表現なんてまず見ないし

346 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 11:42:18.16
あーなるほど、文壇がやたらとSFを蔑視するのって、
「ぼくの知らない言葉使うな! ぷんすか!」って理由だったんだね
日本語の先導者みたいな気構えで居るから、知らない言葉を見るとイラッと来るんだろうな
一般読者からするとどちらも同じただの小説でしかないと思うんだけどね
業界内では明らかに隔絶があるよね

347 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 11:45:45.28
まーなんだかんだ言ってみんな勤勉だよね
一年くらい前は「伊藤計画とか知らねーよ誰だよ」みたいな感じの人が散見されてたに、
スレを居ってる人じゃもうそういう人って居ないもんね

>>341も、ちょっと前に話に挙がった日本沈没取り寄せて読んだんだろうな
十数年、数十年前に既読済みだったら「モホロビチッチの不連続面」みたいな子細は確実に忘れてるからな

348 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 11:49:08.97
モホロビチッチ、すごいよマサルさんか何かでネタになってたな…
ヴァン・アレン帯が究極超人あ〜るなのは覚えてる

349 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 11:50:47.98
ここニートばっかりか?
「俺の知らない言葉を使いやがった、バカにしてる!」って怒り出すオヤジはむちゃくちゃ多い
うっかりグローバリゼーションなんて言ったら袋叩き

ところが逆にプレゼン資料には使いまくるよう要求されるから板挟みなんだ

350 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 11:51:22.93
俺もマサルさんのせいでモンテスキューが何をした人なのか一向に覚えられないからな

351 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 11:54:38.92
>>349
なるほど、知らない言葉見ると怒り始めるのはおっさんというわけか

352 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 11:54:46.17
ああ
「難しい言葉使えば偉いと思ってるのか!自慢乙!」はまだましか
所詮匿名掲示板での対等な関係だしな
上司の「俺を馬鹿にしているのか!」はパワハラ含んでるからな

353 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 11:57:46.68
オッサンとも限らないんじゃない?
現実だとオッサンが時代について行けてない事例が多く見られるだけで

中高でも難しい言葉使って意気ってるからハブろうみたいのあったじゃん
これを「疎外しよう」と言うと、空気読めない偉そぶったガリ勉と認定されるやつ

354 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 12:00:49.44
>>353
ないけど? お前がハブられてたのは単にコミュ障だからだ
お前が考えるより人間はもっと気さくな生き物だ
陰湿面が出てくるのは、お互いもっと踏み込んでから
お前はその表面にすら触れてないようだけど

355 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 12:30:43.21
こういう時にふと生徒時代の貧弱なプライベートが表に出てくると切ないよな
特に、昼休み誰とも話さずずっと寝てたような奴が、
内心>>353みたいな理由を捻出して、心を合理化してたんだなあと思うとやるせなくなるな

大体中高生は語彙が少ないから、
つるんでれば言葉遣いは自然と収斂していくものだ

356 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 12:54:16.71
>>354>>355
必死すぎて痛々しいぞww

357 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 21:47:14.01
>>343は難しい話を難しく書くのが得意そう。

358 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 22:08:24.60
皆様。
本日零時でお題の方を締め切らせてもらいます。
提案してくださった方ありがとうございます。

祭開催告知までしばしお待ちください。
それでは時坂でした。

359 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 22:13:58.18
早く参加したいにょ

360 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/12(水) 23:28:52.04
相変わらず、荒れてるねーw

361 :バトルメンバー募集中:2013/06/13(木) 12:00:09.70
>>360
すみませんねぇ、躾がいきとどかなくて。
流れを見れば分かるけど、未熟な知識を振りかざすのと、
そこに突っ込んで盛り上げるのと、
ちゃちなプライドをつつかれて過剰反応する奴と、、
たぶん、【賞関連】創元SFスレからこちらを荒らしに来てる連中です。

お前ら、迷惑だから【賞関連】創元SFスレに戻って来いやぁ

362 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 16:48:14.85
もう何が気に入らないから荒らすとかじゃなしに
完全に荒らすためだけに荒らしてるからな…

分割した創元単体スレが自作晒しに否定的で気に入らないって荒らしてた奴が
そのまま本スレであるこちらも荒らして自作晒しイベントを流してる状態
意味が分からん

363 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 17:05:44.65
あ、また排斥が始まったな
誰も>>358を叩いたりなんかしてないのに、
「反応が無いのは荒らしが流したせいだ!」だもんな

最近は言わなくなったけどちょっと前までは「スレ主の意向」とかわけのわからん事も言ってたし

364 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 17:08:45.73
>98 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2013/03/07(木) 18:05:07.00
>記憶さんはスレ主ですよ。6年前に立った初代スレからずっと。

>498 名前:広治[sage] 投稿日:2013/03/12(火) 07:07:08.81
>ということで、長々と書いてスマン。
>スレが無駄に消費されるだけだと、せっかくスレを立ててもらったのに、スレ主に申し訳ないんでね。



スレ主とか、yahoo知恵遅れかよって……

365 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 17:11:03.69
しかもこういう事言ってるのが一次落ちパワーズというのがなお哀愁を誘う

366 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 17:28:28.97
つか、荒らしてるのは有益な情報や不都合な情報がスレ見てる奴にも届かないようにするためでしょ?
いまさらスッとぼけてもなあw

367 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 17:32:34.23
>>366
具体性が無いなあ

・荒らし
・有益な情報
・不都合な情報

をそれぞれレスアンカーで示してみて欲しいんだけど

何故か何の根拠もなく「晒し主催とその一派がスレのあるべき姿」って前提で話進めてるけど
それについても全く何の根拠もないわけだし

368 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 17:38:50.25
というか30年前に「あれはSFでない、これはSFではない」とか言ってた層っぽいな
「自分達以外はSFではない、排斥排斥」
行動様式が昔のまんま

369 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 20:18:44.71
モホロビッチ不連続面もバンアレン帯も高校までで習うレベルだろうに「専門知識」と言われましても困りますな。

370 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=14,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/13(木) 21:31:53.93 ?2BP(333)
883 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=14,xxxPT】(1+0:3) :2013/06/13(木) 21:18:50.90 ID:r6xs78WC ?2BP(333)
>>880
100年後というのは適当で、

具体的には、
星新一に匹敵する文章自動生成ソフトの完成予定が四年後だか、三年後。
東大に入学できる人工知能が九年後、
十年後くらいに完成するアメリカのF−35戦闘機が、360度自動攻撃システムを搭載。
F−35の次世代(さらに20年後くらい?)の最先端戦闘機は、おそらく無人戦闘機になると思う。

つまり、30年後くらいから、戦争はロボットが戦うようになり、
人は戦争から解き放たれる。
この頃、世界政府が樹立するのではないだろうか?

371 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 23:43:35.58
ロボットによる代理戦争が始まるのか
第三次世界大戦は人口過多によって食糧不足で起こるだろうなあ

372 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 23:55:40.92
第12回SS祭開催告知! 
今年度の祭を以下の内容で開催する事が決定致しましたのでこの場を借りてご報告させていただきます。

お題 「エログロ」「海洋」「ゴースト」「自由(お題無し等の意味ではありませんので注意)」の中から一つ又は複数をお好みで 。
枚数は4〜20枚推奨。
アップ期間は7/1〜7/9となっております。
小説から詩から漫画から音楽までなんでもござれでとなっております。
例年より少ない参加人数になるかもですが皆様、はりきって頑張りましょう!尚、フライングや遅刻も投稿も大歓迎ですので気にせず投稿してください。
それでは短い期間ですが、執筆頑張ってください!

最後になりましたが、当スレにてお題自由を提案してくれた方へ。
検討の結果、こちらの方でお題案の内容変更をさせていただきました。
もうしわけございません。

それでは時坂でした。

373 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 23:58:52.93
ないね
情報化が進むに従って戦争は起こらなくなってきてるし、
先進国の人口は減り続けている
今のペースで世界人口が増え続けても2100年で精々150億くらいだろうし、
発展に伴って後進国もそのうち人口減少に転じるだろう
第一現代戦争はただ制圧するだけじゃ意味ないから、
相手がゲリラ戦始めたら結局勝てない

374 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/14(金) 12:28:06.81
ホモロビッチ超連続面、ヴァン・ヘイレン帯… 筒井康隆さんが若い頃に使ってても不思議ではない言葉。
マグロマルヤモケケバラリバラとかってSFなんですかね?
遊び心失うとなんだか殺伐としてしまうんですよね…

375 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/14(金) 15:34:19.22
ヘイレンではなくアレンだろと突っ込んでおけばよろしいでしょうか

376 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=15,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/14(金) 15:59:42.47 ?2BP(333)
ヴァン・ヘイレンを知らないの?
ヴァン・アレンは知らないなあ。

377 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/14(金) 16:24:54.05
ヴァン・モリソンで

378 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/14(金) 21:03:57.65
>>369
高校で習ったことは、高卒就職ならテストが終わった時点で、大学に行くなら受験が終わった時点で、忘れるものだ
いつまでも学校の勉強にしがみついているようでは社会では通用しない

大学で専攻に、仕事で専門にするならその分野だけは覚えとかなきゃいけないが
別の分野に関しては同じ

379 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/14(金) 21:18:12.11
高校生以下の理系知識しかないSFすばらしいですぅw

380 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/14(金) 21:54:55.18
モホロビチッチ不連続面は確かに習って、マンコ・カパックと並んで一世を風靡したが
ヴァン・アレン帯習ったっけ?

まあ、物理化学選択で生物地学は必修分しかやってないから
選択したら習ったのかもしれないが

381 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/14(金) 22:22:08.42
>>378
いや、忘れないから
p-studyという英語学習ソフトで高校英語の英単語テストしてみ
高校以下で習った英単語は全部覚えてる事に気付くはず
一方大学では真面目にやらなかったから覚えてない

382 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/14(金) 22:36:23.88
SFには二種類の書き方があると思うな
どんなジャンルでも書いてしまう根っからの作家タイプが資料集めて書いたもの
専門家が経験や専門知識活かして書いたもの
なお内容に有為差はほとんど無い

383 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/14(金) 23:30:32.70
382 のオチの付け方がおもしろい

384 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/15(土) 07:12:58.47
知識の部分は文献調べればどうとでもなるが
口調とか慣習みたいな部分のリアリティが歴然

385 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/15(土) 09:13:38.28
リアリティって、「人間描けてない」に定評のあるSFで何言っちゃってんだか
小説は面白ければリアリティなんか要らないんだよ

386 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/15(土) 09:42:32.48
創玄SFって誤字、脱字があっても1次選考までは通るっぽいな

387 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/15(土) 09:48:39.95
いつまで学生気分なんだ
誤字脱字程度じゃ落ちないから
推敲してなきゃ落ちるけどな

388 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/15(土) 10:02:00.98
ひえーごめん><

389 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=16,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/16(日) 13:36:21.37 ?2BP(333)
明日あたりに一次発表あると見てるぜよ。
月曜日だからね。

390 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 19:16:26.41
6月頃、ってのがもう発表遅らせる伏線にしか思えない
せめて下旬とか中旬とか書けばいいのに

391 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 19:24:43.87
つぶやきも特にないし、
500作も来れば遅れるなら遅れるって告知するだろうし、
普通にSFマガジン発売日の25日だと思うけどな
25日の昼休み明けに一票

392 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 21:36:35.69
それなら最初から、6月発行予定のSFマガジンに記載、とでも書かないかな
まぁ、確かに一番可能性高いのは25日だという点に異論はない

393 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 21:46:03.27
>結果はそれぞれ、小社ホームページ、早川書房「SFマガジン」「ミステリマガジン」で発表。

書いてるやん
第一回からこう書いてたから

394 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 21:50:35.16
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A2ELZK42R6D5TW/

ミステリマガジンなんか全く興味なかったんだけど、
レビュー見てたら「買うな、買う価値無い」とか言ってる人が毎号買ってる勢いでワロタ

395 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 22:07:41.48
来週の火曜日に発表か
ハヤカワって一次で結構絞るから、一気に過疎るだろうな

396 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 22:23:50.76
>>394
シャーロック特集だけじゃん

そしてシャーロキアンは病膏肓に入ってるからまあ大抵のものには不満だろうな、とも思う
あいつらの前には、なんでも叩くねらーも裸足で逃げ出すぜ

397 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 22:25:42.49
SFもそうなのかもしれないけど、世の中には見てはいけない世界ってのがあるよな

398 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=17,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/17(月) 13:16:17.52 ?2BP(333)
今日中に一次発表ないかなあ。
気になって、そわそわしてきた。
気になる。
気になる。
早くしてくれ。早くしてくれ。

399 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 14:41:11.52
一次落ちはもう二度と送ってくるな!ぐらいの気持ちで落としてほしい

400 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 15:08:38.45
ハヤカワ<自主的に送ってこないでほしい

401 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 15:45:46.83
送ってこないで欲しいというなら公募なんかするなよ
事実SFコンテストは送ってくるなって事で休止した過去があるんだし、
選考者側の立場に立って他を見下したり、「つまらない作品ばっかりなんだろう」とか言って予防線張ってる奴こそ、
「二度と送るな!」

402 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 16:01:15.89
以外とスレ伸びてるね

403 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 16:09:17.66
久しぶりにSF読み始めてる。面白いのを頼むぜー

404 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 17:25:23.67
>401
だってつまんないじゃん、落選祭りとか

405 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 17:29:30.57
「だって」って何に掛かってるの?

406 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 18:34:00.29
つまんない応募作は送るだけ無駄
努力は評価されない

407 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 20:42:47.88
>>406
母数に拘わらず九割以上がつまんない認定されるんだけど

ミクロとかマクロとか視点とかがごちゃごちゃになって何を言いたいのかよくわからん奴が、
悪いが理路整然とした話を書けるとは思えないな

408 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/17(月) 20:45:17.61 ?2BP(333)
>>404
受賞作が面白ければ、文句はない。
第三回はよかったが、二回まではひどい。

409 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 20:48:06.48
第三回はむしろ何言ってるかわからなくてつまらない方が感覚としてはまとも
あれを面白いと思えるのはSFの符丁に染まりすぎ

410 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/17(月) 21:01:57.86 ?2BP(333)
おれを含めて、そんなにみんなつまらない発想しているのかなあ?
落選祭りには少なくとも、何か考えた痕跡はあったよ。
それをだんだん消していけば、そのうちこのスレで独創的なものを考えだすんじゃないのか?

411 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/17(月) 21:04:27.03 ?2BP(333)
全宇宙を征服した宇宙人が未来からシュレディンガー方程式で現在を観測するSFが面白くないっていうの?
まったく理解できない。

412 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 21:05:38.54
面白くはないが発想が1980,90年っぽくて目新しさがないんだよ
新ジャンルを確立できるほどの物じゃないと

413 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/17(月) 21:07:54.50 ?2BP(333)
何いってんの?
大丈夫ですか?

414 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 21:16:00.08
>>411
面白さを解説するとSFの符丁になる点がよくない
例えば自分が最後まで読めたのは「主人公の記憶喪失の理由」という、ありきたりな謎のおかげ
量子コンピュータもシュレディンガーもはっきり言って何もかもどうでもよい

SFは開けてびっくり玉手箱、その仕掛けだけでも読めるジャンルだが、
びっくり箱だと思って開けたら中身は計算機でした、そんな印象

なお>>412こいつの意見はどうでもいいので無視してもいいと思う

415 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(4+0:5) :2013/06/17(月) 21:20:43.80 ?2BP(333)
納得できない。
量子力学を使って幻想性を出し、現在を否定することをシュレディンガー方程式を利用して表現し、
現実と物語の矛盾のなさを、未来において全宇宙を征服した世界の中心があるという発想と結びつけた
その演出力と構想力は極めて高いものではないのか?

あれをつまらないとかいって、何を褒めるつもりですか?
あれくらいの大賞が毎年受賞すれば、おれは文句はないし、
毎月出てくれば、SF黄金時代といえるでしょうよ。

416 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 21:25:59.77
入賞するとええな、記憶
ちなみにどれくらい送り続けてんの?

417 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(5+0:5) :2013/06/17(月) 21:27:50.54 ?2BP(333)
創元、ハヤカワは全部送ってるよ。

ここのやつら大丈夫かよ。センスなさすぎだろ。

418 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 21:29:16.09
どちらも1回ずつってことか?

419 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 21:33:25.70
>>415
量子力学は幻想性を出すための玩具じゃないし、
現実を否定するものもまた現実だ

天動説は積み重ねられた観測結果により否定され、
ニュートン力学はマクスウェルとアインシュタインにより否定され、
そしてマクスウェルの方程式は量子力学によって否定される

つづく

420 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(4+0:5) :2013/06/17(月) 21:34:03.37 ?2BP(333)
新参か? いつからこのスレへ?

421 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 21:38:31.04
5月の中頃に来たわ
新しい事に挑戦したくてスレタイの賞に応募して、それで適当にggってたらここみつけた感じ

422 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(4+0:5) :2013/06/17(月) 21:39:54.93 ?2BP(333)
>>421
そうか。おれは創元は四回応募して全滅。
ハヤカワSFの一回目で落ちたら、もうワナビ自体を引退するかもしれない。

423 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 21:45:36.40
>>421
ガチの新参じゃねえか、ちなみに結果は?
>>422
4年間応募し続けたんだから一次くらいは通ってるだろ?

424 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 21:48:20.06
まず、人間の視点を基準としたスケールで物理法則を記述したのがニュートン力学(古典力学)
そして、電磁気の力学を記述するのがマクスウェルの方程式(光が持つ性質からニュートン力学との矛盾が発生してしまった)
そこへ相対論が、天文学的なスケール(光の速度)の物理法則を説明し、それが結果的にマクスウェルの方程式を補間するに至る
しかし、量子力学の微少なスケールで見ると物質はそのどれにも当てはまらないふるまいをする

小 量子力学
中 ニュートン力学(マクスウェルの方程式)
大 相対論

こんなイメージをまず持ってほしい(大中小は単に縮尺として)

そして、量子力学というのは小の世界の法則なのに、
なぜ中の世界をめちゃくちゃにするのかが、自分にはよくわからないんだが

相対論が木から落ちるリンゴの質量を増加させるか? させないでしょ

425 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/17(月) 21:48:20.36 ?2BP(333)
>>423
一回も通らない全滅だ。

426 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(4+0:5) :2013/06/17(月) 21:50:33.61 ?2BP(333)
>>424
量子力学で、地球一個丸ごとゆらいでるのが第三回受賞作だけど。

427 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 21:51:32.35
なんていうか別のジャンルに挑戦してみたらいいんじゃね?
SFばっか書かなくても他の分野で書いててひらめくことってあるだろう

428 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(5+0:5) :2013/06/17(月) 21:52:14.80 ?2BP(333)
>>424
ブラッドベリの「ロボットの夏」とか嫌い?
おれはあれでSFの使命は十分だと思うけど。

429 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 21:52:45.01
>>426
木から落ちるリンゴの質量が相対論で増加して、
その衝撃でジャイアントインパクトが発生して、月(衛星)が生まれた

って言われたらお前はどう思う?

430 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 21:55:51.01
量子コンピュータが完成して円周率の計算が終わったとしても、
人間はセックスをして子を産みそして生活していくわけです
それを変化させるとしたら生物学や遺伝子工学であって、量子力学ではない

431 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 21:58:01.08
うん

432 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 22:02:56.82
更に、人間は他人に共感する機能を持つ動物なので、
恋愛をしたりとか、組織で出世したりとか、
一対一で殴り合いをして勝つだとか、

そういうよく考えたらどうでもいい事を面白いと思うように出来てるんですよ

科学者が人生を賭けて証明した法則を玩具にする事には共感できないし、
それを「幻想」だの言って持て囃すのは、
正直、「病気が治る命の水」と思考のレベルは大差がないと思っています

433 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/17(月) 22:11:31.22 ?2BP(333)
>>429
SFとしてはありだろ。

>>430
円周率の計算が終わると思ってる人が量子力学の幻想性を否定ですか?

>>432
科学の法則を玩具にしたくないとは、遺伝子学なんかも利用しないということですか?
病気が治る命の水は、五十年前ならSFで通りますね。
今でも通ると思いますけど。ありでしょ。

434 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 22:14:07.69
>>433
円周率の計算が何故終わらないか証明できますか?

435 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/17(月) 22:17:29.17 ?2BP(333)
>>434
おれはできないよ。きみはできるの?

436 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 22:18:44.18
>>435
例えば1+1=2である事を証明するのにも原稿用紙何百枚文もの文量が必要になるのに、
それを「誰かが証明したからそうなんでしょ」と思考放棄してる人が、
「幻想ガー」とか言いながら社会を否定する道具にしてる姿に違和感を覚えますねって話で

437 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/17(月) 22:21:50.75 ?2BP(333)
>>436
1+1=2は証明されてないと思うけど。
証明されてるんですか?

で、あなたの思う面白いSFって何ですか?

438 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 22:23:26.83
>>437
バートランド・ラッセルが証明したはずですが

439 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(4+0:5) :2013/06/17(月) 22:32:03.42 ?2BP(333)
>>438
興味深いですねえ。
簡単に説明してもらえますか。無理ならいいですけど。
その内容が本当なら、もっとネットで普及していくべき思想ですね。

440 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 22:36:00.63
>>439
「円周率の計算が終わらない」事は証明されていて<
「1+1=2の証明」については懐疑的?

単に相手の言った事にその場その場で反対の事を言ってるだけですね
素直に「不勉強ですいません」と言えばいいだけなのに

441 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 22:38:04.71
多分来年の創元で「病気が治る命の水」をテーマにしたSFが受賞すると、
自分の言った事を忘れてそれを否定する光景がありありと浮かびますね
単にあまのじゃくなだけですね

442 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 22:40:10.70
例えば、
創元第三回の受賞作が絶賛されてバカ売れしてたら、
途端に批判しだすんでしょうね
社会に受け入れられたらそれはもはや幻想でなくなってしまうから

443 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/17(月) 22:42:20.09 ?2BP(333)
>>440
別に反対のことをいってるわけではないので。
円周率の計算が終わることが証明されたんですか?
確か、否定されてませんでしたか?

いい加減に、あなたの好きなSFを教えてくださいよ。
で、どうして、量子力学を使ったSFがいけないんですか?
シュレディンガーの猫ってめっちゃ大きいと思うんですけど。量子より。
あなたは、シュレディンガーの猫の例え話を否定しているわけですし。
不自然でしょ。

444 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 22:45:48.28
>>443
「円周率の計算が終わる」事も、
「病気が治る命の水」も、

ただの比喩表現です

さて、円周率が無理数である証明も、
「1+1=2である」という証明も、
等しく「自分では証明できない」という扱いなはずですが、
なぜ都合良く真になったり偽になったりするんでしょう?

ラッセル・ホワイトヘッド証明は割と有名な話だと思うんですが

445 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/17(月) 22:47:28.15 ?2BP(333)
>>444
わたしの数学力とSF力は必ずしも同じではない。

で、あなたが好きなSFはいつになったら教えてくれるんですか?

446 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 22:49:31.16
ちなみにラッセルが哲学家だからアテにならないという逃げは無しですよ

ニュートンだって哲学家だし、
著名なプリンキピアも原題は
Philosophia(哲学) Naturalis Principia Mathematicaです

447 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 22:52:47.77
>>422
一次選考は通った
でもこれってビギナーズラックってやつだよね・・・

448 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(4+0:5) :2013/06/17(月) 22:53:04.11 ?2BP(333)
あなたが、1+1=2の証明から面白いSFを作ったら褒めますがね、
別にあなたが数学に詳しくたって、それがどうしたっていうんですか?

ちなみに、わたしはカント主義者で、1+1=2は普遍的前提ではないと主張している者です。

で、あなたの好きなSFはいつになったら教えてくれるんですか。
いつまで逃げつづけるつもりですか?

449 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(5+0:5) :2013/06/17(月) 22:59:32.50 ?2BP(333)
ああ、思い出しましたよ、
バートランド・ラッセルの1+1=2の証明は、
哲学板で、フルボッコになってた証明ですね。
わたしは理解していませんが、バートランド・ラッセルの証明が真だという
ことにわたしは納得していませんね。

まあ、そんなことと、面白いSFが作れるかは別です。

あなたの好きなSFはいつになったら教えてくれるんですか?
SFに空想がいらないなんて、お話にならない主張をあなたはしているんだし。

450 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 23:01:42.61
哲学板・・・

451 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 23:11:26.85
公理系の成立証明を、納得していないとは恐れ入った
こいつは何を言っても無駄だわ

452 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/17(月) 23:13:54.30 ?2BP(333)
バートランド・ラッセルの1+1=2の証明について、YAHOO知恵袋での解答。

プリンキピアマテマティカで論理主義の立場で証明しているという話だったと思います。
論理主義自体が数学では今は辺境の話題ですから(哲学ではかなり復権していますけど)、
支持されるどころか無視に近い扱いだと思います

453 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 23:15:12.26
>>448
>病気が治る命の水は、五十年前ならSFで通りますね。
>今でも通ると思いますけど。ありでしょ。

>量子力学で、地球一個丸ごとゆらいでるのが第三回受賞作だけど。
>量子力学を使ったSFがいけないんですか?

「病気が治る命の水」もSFとして真
「量子力学」はSFとして真

要するに、
SFの符丁としての量子力学は、
世間に蔓延する詐欺やオカルトと同程度の価値しかないという事です
「病気が治る命の水」は偽として否定しなきゃならなかったんですよあなたは
やってしまいましたね

そして相手がどんなSFが好きかはこの論理には何の関係もありません
それは人身攻撃と言う論理性と真っ向から対立する論法です

454 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/17(月) 23:18:54.23 ?2BP(333)
>>453
SFは詐欺ではないが、オカルトとたいして変わらないぞ。
タイムマシーンなんて作れるわけないからな。

それがどうした。

なんで、「病気が治る命の水」は偽として否定しなければならないのかね?
それはただのあなたの願望でしょ。

どうでもいいけど、本当にセンスのねえやつしかいねえなあ。

455 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 23:21:53.33
>>454
それはあなたが「自分を特別の存在たらしめる要素」としてSFを扱ってるからです
それをユリゲラーだの霊視だのの、大衆の存在と同等でいいと言ってる
相手に反論するのがまず第一義で、自分すらも否定してしまってるわけですね

456 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 23:24:35.66
SFなんてただの趣味ですよ娯楽です、なんて言うなら量子力学もオカルトでいいんでしょうけど
「センスねえなあ? おめえっちのSF観をみしてみろや」なんて言ってる所から、
「自分は特別だ」という意識が滲み出してきてますよね

457 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/17(月) 23:26:00.54 ?2BP(333)
>>455
いや、それはまちがっているが、きみはそうおれのことを思っているんだね。
ずいぶんと人を軽んじた見方をするんだね。

で、あなたの納得いくSFって何なの?

遺伝子がどうとかほざいたと思うけど。量子力学がダメで、遺伝子ならいいの?
あなた、バカなんじゃないかな?

458 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 23:31:23.16
>>457
「量子力学がダメ」なのではなくて、
「SFの符丁としての量子力学がダメ」なんですけどね

SFの符丁としての遺伝子なんかあったっけ?
作家によって十人十色の解釈で扱われていて、符丁性は少ないと思うけど

459 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(4+0:5) :2013/06/17(月) 23:33:34.90 ?2BP(333)
>>458
あなたが一人でSFの符丁としての量子力学といって批判しているだけで、
誰も他に賛同者はいないんだけど。

おれにはSFの符丁としての量子力学がなぜいけないのかもわからないけどね。

まあ、ひとことで要約すれば、あなたはセンスが悪い。

460 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(4+0:5) :2013/06/17(月) 23:40:01.75 ?2BP(333)
>>458
SFの符丁としての量子力学というなら、
具体的に、第三回の大賞作と同じように量子力学を使ったSFを書き連ねてみてよ。
すぐにあなたの思い込みだったとわかると思うよ。

461 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 23:46:12.07
>>459
賛同者が多い事が真となるなら、
過半数が霊を信じる事によって霊の存在は真となりますね

ちなみにかつて(五百年ほど前は)、圧倒的多数の人間が、
太陽が地球の周りを回っていると信じていたわけですが

「センスがない」と見下してる大多数(大衆)と全く同じロジックで思考をしてしまってるわけです

>>460
「紫色のクオリア」「ホミニッド」「シュタインズゲート」とかかな?
とくに「シュレディンガーの猫」が本文に登場すると間違いなくこの扱いになりますね

462 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 00:22:33.74
例えば、
木から落ちるリンゴの質量が相対論で増加して、
その衝撃でジャイアントインパクトが発生して、月(衛星)が生まれた

というSFを書いても、相対論を現実のスケールに落とし込む「SFとしての符丁」が存在しないから、
一般人どころかSF者に理解してもらえるかどうかも怪しい
「バーカ」「ショートショートでやれ」
こんな反応が返ってくるか、
一部の気取った評論家に評価されるだけなのがオチ

463 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 00:42:53.91
例えとしてでも、「木から落ちるリンゴの質量が増加」なんて書く時点でものすごい相対論音痴臭が漂ってる。
木から落ちるということは、位置エネルギーが運動エネルギーに変換されるから、これ自体では質量は変わらない。
しかし、空気抵抗があって位置エネルギーのすべては運動エネルギーにならず、熱などになって失われる。
よって、落下する途中のリンゴは失われたエネルギーの分だけ軽くなっていく。
最後、地面に追突した時点で運動エネルギーが失われるから、無くした位置エネルギーの分だけ確実に軽くなる。
相対論を少しでも齧っていれば、落下するリンゴが軽くなると言いこそすれ、重くなるなんて考えは出てこない。
よっぽど科学に縁も興味もない人なんだなーって印象。

464 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 01:22:06.43
>>463
ここで言う質量とは相対論的質量の事であって質量そのものの事ではありません
これらが別物なのは聡い方なら当然知ってますね

そして、これは「量子力学がマクロな平行宇宙を生み出すのはトンデモ」という事を別のモデルで示した、
まさに誤謬の典型として挙げたものなので、
そもそも「間違い」なんですけど

間違いの例として挙げたものに真面目な顔して「間違いです」なんて突っ込まないでください

465 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 01:26:58.60
ちなみに「ハードSFの金字塔」とか言われてるタウゼロでも、
この「相対論的質量」と「質量」を混同して、
「加速を続けると質量が増加して宇宙が崩壊するかも」みたいなトンデモが出てきます
2000年以降のSFでもちょくちょくこの間違いは出てくる

466 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 01:43:15.49
あと、空気抵抗による熱は大半が断熱圧縮によるもので、
等価原理によるものではないと思いますが
勿論極ミクロの世界では等価原理による熱も発生してるかとは思いますが

467 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 01:50:14.89
等価原理じゃなくて質量とエネルギーの等価性か

468 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 02:05:42.93
エネルギー保存則という言葉がなぜ出てこないw

重力で相対論効果(光速に近づくと見かけの質量が増大する)が生じるのは
ブラックホール並の重力井戸がないと無理ぽ。
太陽からの脱出速度だって600km/sでしかなくて
光速には2桁足りない。

ツッコミ入れてる人も数字が出ないあたり同じ穴の狢では。

469 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 02:08:19.35
>>468
そう、そういう超マクロな天文学スケールの話を、
ミクロな量子力学の話に置き換えたかったわけです

あと、断熱圧縮でも結局リンゴのエネルギーが失われる事は変わりないかもしれません
ただそれは位置エネルギーが変換されただけな気もするんですが、よくわかりませんので勉強しておきます
その辺は適当でしたすいませんでした

470 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 02:28:24.96
重力井戸なんて難しい言葉使うなよ
宇宙マニアしかわかんねーよ
だからSFは廃れるんだ

471 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 02:38:26.80
宇宙なんて半世紀も前にブームが終わってて、
客を減らしたのはニューウェーブやサイバーパンクの連中だ
宇宙は悪くない

472 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 05:34:26.56
重力井戸というのは、むしろ感覚的に分かりやすくした表現なのだが・・・
深い井戸に落ちたら登るのにエネルギーが要るな、と分かりやすいだろう?

473 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/18(火) 07:30:33.27 ?2BP(333)
>>461
悪い悪い。眠ってしまった。
「紫色のクオリア」「ホミニッド」「シュタゲ」くらいなら、
全然、内容は似てないから、SFの符丁としての量子力学になってるって批判は適切でないね。

474 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 09:19:57.38
答えたい所だけ答えて逃げんなよ雑魚

475 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 12:04:56.52
「シュレディンガーの猫耳娘」HJ文庫

476 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 12:20:05.37
検索したら本当にあって頭痛くなった
青酸飲ますんか

477 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 12:28:49.58
>>474
そいつにかまうな
専ブラならNG入れてスルーしとけ

478 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/18(火) 13:08:18.92 ?2BP(333)
>>477 粘着が来た。

479 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/18(火) 13:54:04.84 ?2BP(333)
>「病気が治る命の水」は偽として否定しなきゃならなかったんですよ

ドラクエの「世界中のしずく」って社会的に危険な思想なんか?
何いってんだか、って感じだよなあ。

難癖つけてるだけでしかない。

480 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 14:50:15.62
「SFに科学的厳密性は必要か否か」って
半世紀前にもどってやってろよお前ら全員

481 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/18(火) 14:52:11.38 ?2BP(333)
>>480
あなたの意見はどっちなんだよ?

482 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 17:55:53.53
どっちとかねーんだよ穴居人どもが

483 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 17:57:08.83
記憶はともかく、
いまだにこのレベルの議論にまともに付き合ってるヤツも見込みないやな。

484 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 18:04:46.20
>>483
本当はお前も参加したいけどちょっと危うい感じがして参加しないだけなんだろ?

485 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/18(火) 18:07:37.58 ?2BP(333)
これは
「SFに科学的厳密性は必要か否か」って議論じゃなくて、
第三回創元SF大賞は、傑作か否か、って議論だからな。

486 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 18:11:06.10
>484
必要だと思ってるやつはそういうの書けばいいしそうじゃないと思うなら書かなくてもいいんだよ。

そういうところでごちゃごちゃこだわっているうちにどんどん世の中に追い越されていって
既存SFじゃないところから出てきた作品のほうがよっぽどSFっぽい、
普通に世間を書けばじゅうぶんSFになる、って時代になったからな。

487 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 18:11:53.62
駄作だろ

>エリックの筆名は、オーウェルと言った(ドヤアッッッ!

みたいな所で爆笑したわ
本人はオーウェルなんかどうでもよくて、
SF史上で価値があるから要点でその名前使ったあざとさというか計算が滲み出してきていて、
サブイボが走ったわ

488 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 18:12:52.58
さようなら いままで魚をありがとう

489 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 18:13:44.04
>>486
誰もそんな話してないから流れ読まないで脊髄反射しないようにね

490 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 18:17:04.74
第一、
少しでもSF読んでる、読んできたなら知ってるはずなんだけどな
「SFが科学的厳密性を保持した事などかつて一度もない」
という事に

指摘がそもそも見当外れな上に、
偏見でSFそのものの認識すらどこかずれてるという

491 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 18:22:05.34
SFって何故か詳しくない人ほど「ガンダムってSFじゃないんでしょ?」みたいに、
「SFは排他的で科学的な制約に拘束される窮屈なジャンル」って思い込んでるんだよね

それこそ半世紀前からやってきたのかよって感じで

492 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 18:28:36.79
ハックハック!ドラッケン!

493 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/18(火) 19:15:27.43 ?2BP(333)
もう嫌だ。本当に嫌だ。
SFスレなら、わかりあえると思って、わずかばかりの期待をして、
リアルタイムで出現した傑作を話し合おうというのに、
まったく趣味が合わない。
嫌だ。嫌だ。

おれは本当に、ハヤカワSFに落ちたら、おれが負けだったと認める。
おれのただの勘ちがいだったと認める。
おれは、SFファンとも心を通わせることのできない変人奇人なのだと認める。

とにかく、ハヤカワSFの一次発表早く来てくれ。
寂しい。寂しい。SFファンともわかりあえず、せっかく傑作が読めたのに、
喜びを分かち合えないこの寂しさよ。
むなしい。本当に、すまなかった。おれは、精神的な奇形だったのだろう。
謝る。おれは現役世界最高峰のSF作家なんかじゃなかった。ただの誇大妄想だ。
おれは、SFファンとすら意見の合わない奇形。認める。おれがわるかった。

494 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/18(火) 19:45:14.93 ?2BP(333)
>>487
許してやれよ。
絶版が多くて、名作が読めないと嘆いている作品に対して、その言い方はないだろ。

495 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/18(火) 19:47:18.14 ?2BP(333)
1984年ですら、村上春樹が1Q84を書いてヒットしてなければ、
絶版だったんだからさ。

496 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 20:00:53.17
ネットのおかげでもはや手に入らない本など無いくらいだろ

497 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/18(火) 20:03:03.56 ?2BP(333)
おれは読みたい本をいくつか買えずにいるけど、
それは、ネット古書店の検索が下手なだけかね?

まあ、まだ買いづらい状態はあるね。

498 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 20:10:48.66
タイトル教えてちょ

499 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 20:31:57.26
SFは若いジャンルだから、
少なくとも原書なら大半の作品が電子データで半永久的に保存される事になるだろうね
むしろSF作品が読めなくなるより、日本語が消滅する未来の方が早いかも

500 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/18(火) 20:58:17.82 ?2BP(333)
おれは日本語を守るためにいろいろ手を打っている。
翻訳ソフト、文書自動生成ソフト、電子書籍によって、守られるはず。
とりあえず、翻訳ソフトは世界標準が日本語に対応している。

>>498
悪夢機械
時は準宝石の螺旋のように
シティ5からの脱出

501 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 21:00:18.66
>>500
今調べたらどれもマケプレで買えるけど
生活保護でもスルガVISAデビくらい作れるから作っとけ

502 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/18(火) 21:00:24.78 ?2BP(333)
聖書が古代ギリシャ語で書いてあり、
クルアーンがアラブ語で書いてあることから、

おそらく、言語が英語に統一されることはない。
とわたしは予測している。

503 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/18(火) 21:02:50.26 ?2BP(333)
>>501
アマゾンの古本は、注文を受けてから入荷する転売屋だから、
何の参考にもならない。

アマゾンの古本でポチっても買ったことにはならない。
注文が入ったことになるだけである。

504 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 21:12:15.71
>>503
そんなもんは業者による
注文を受けてから入荷なんかしてたら当日発送なんか出来るわけないし、
評価が一万件以上あるなら大抵在庫あるから

古本が嫌だって言うなら古書全てがダメで、本文化の否定にすらなりかねないんだが

505 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/18(火) 21:26:31.41 ?2BP(333)
>>504
そうか。ありがと。
ネット古書店の利用にはまだ不慣れでね。
一度、注文してから、まだ入荷してない古本屋に引っかかったので、
アマゾンの古本屋は信用しなくなってしまったんだ。

もう少し、冷静に調べてみるよ。

まあ、でも、たちの悪い転売屋はたくさんいるよね。

506 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 21:33:06.42
というか場合によってはAmazon在庫よりもマケプレの商店の方が、
競争原理働いてサービス良かったりする
とにかく評価欲しがるし、そのためにはやっぱり円滑な発送が一番だから

いつだったか、表紙に痛みがあるからって注文成立後に値引きして、
1円で発送してわざわざクレカに返金してくれた商店まであったな

507 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/18(火) 21:49:29.66 ?2BP(333)
いいきっかけだと思って、ちょっと調べてみたが、
アシモフ・夜来る(短編集):4000円を超える超高額商品になってるな。
スターリング・蝉の女王:1800円とこれも高い。
ヴァーリイ・バービーはなぜ殺される:1200円くらいで原価より高いな。

おれが読書ランキングで高評価している短編集は、主だったところでは、
この辺りが供給不足みたいだな。

調べれば、まだ高額な古本はあるだろうが、アシモフの短編集・夜来るは、
ぜひ、復刊してほしいな。
というか、この三冊は、復刊が必要だろ。早急に。

508 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/18(火) 22:10:08.93 ?2BP(333)
「夜来る」と「バービー」は持ってるけどさあ。

あと、スチールビーチ(上下)買いたかったんだよね。
また、気が向いたら、買おう。

アマゾンの古書店が信用できることを教えてくれてありがと。
一回の失敗で完全に見放してたわ。

509 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/18(火) 22:22:34.12 ?2BP(333)
「超生命ヴァイトン」も高いなあ。
まあ、読む本は積読が150冊あるので、そっちを片付けないといけないんだけどさ。
SFを読むことをそのうちまた始めたいね。

510 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 23:26:43.62
というか、創元ってSF史・科学史ネタ好きだよね
あと言語ネタと

この2つは科学小説大好きさんしかいない今のSFジャンルではほとんど誰も書かないから
書く作家やワナビが無双状態

511 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 00:59:04.21
科学小説っても一般向けの科学解説入門本とか
Wikipediaで拾える程度の知識は盛り込まれてても
理学・工学のセンス持った書き手なんてほとんどいない。
高校一年で習う運動方程式さえままならないような
ガジェットSFの人ばっかりじゃん。

512 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/19(水) 01:34:19.10 ?2BP(333)
読書メーターでお気に入りしている科学系の人は、
文春文庫の科学エッセイを読んでるみたいだなあ。

513 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 02:40:23.06
「ボクの考えたいわゆる質量と別に存在する相対論的質量」まで読んだ

514 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 03:02:32.03
>>ここで言う質量とは相対論的質量の事であって質量そのものの事ではありません
>>これらが別物なのは聡い方なら当然知ってますね
これ読んで連想したのが
>>無重量状態には2種類ある。地球の近くでは自由落下によって無重量になるが、
>>地球から遠く離れた場合には引力が小さくなるから無重量になる。
( http://homepage3.nifty.com/hirorin/agla03.htm から)
こいつAGLAじゃねえの?
つか誰も突っ込まないってみんな「相対論的質量」に納得してんのかよ。
スレの過半数が自演ってところか。
完全に糞スレ化したな。

515 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 03:43:24.01
相対論的質量とか見かけの質量はSFどころか物質が光速を越えられない説明でよく引き合いに出されるものだと思うけど

それどころかSFだと「見かけの質量増加」=「本当の質量増加」みたいに明らかに間違えてる例もある
俺の知ってるのだと「タウ・ゼロ」と「異星人の郷」かな
「SFが読みたい」の海外編一位にも輝いた作品ですらこうだからな

というか反論が思い付かなくて人身攻撃とか、周りにシカト要請呼びかけたりとか、
ダッセエなお前

516 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 03:44:24.37
ちなみに僕はAGLAとかいうのじゃないし、
山本弘の著作は一冊も読んだ事はありましぇ〜ん

517 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 03:58:23.72
ていうか10年も前にパンピーに絡まれた事をいまだに根に持ってるの? SF者って
すごいな、流石三十年越しの確執で死者に鞭打つような業界だけあるわ

一つ学習した、SFレーベルからデビューしても決して業界人からの恨みは買ってはいけないという事だな

518 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 06:52:02.24
顔真っ赤にした奴ら同士の喧嘩をスルーしてたら「同意してやがんのか!」とかぬかされたでござる
やべえなこいつの頭

519 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 07:08:14.20
過疎スレを極一部の奴が荒らしてるだけなのに

520 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 17:05:29.29
http://togetter.com/li/520404

だってお

521 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 17:21:33.55
はじめてのイーガンはどれがおすすめですか

522 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 17:46:53.19
じゅんばんにぜんぶ

523 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 18:25:49.20
>>512
最初の一本で順列都市とディアスポラに手を出すのだけはおすすめしない
あとはどれからでも問題なし

524 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 18:26:31.32
↑まちがえた。 >>521 ね

525 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 18:38:31.66
ディアスポラって難しいよな
辞書とかネットでggりながら読んだわ

526 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 20:43:34.37
>>520
別にこのスレじゃ他みたいに「下読みが悪い」「編集者が悪い」の大合唱してないから、
余所の空気持ち込まないでね

527 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 22:10:19.09
その代わり、審査員より下読みの方がまとも みたいな流れなかったっけ?

528 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 22:14:14.73
東が嫌われてるだけだろ
それより、一次はまだか一次は

529 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 22:23:41.68
あ。そうそう東だ。嫌われてるらしい人。

発表は次のSFマガジンじゃないの? 毎月発売って月末頃だっけ?うろおぼえ。

530 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 22:45:38.97
東ってだれだ

531 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/19(水) 22:59:48.44
西浩紀さんの愛称

532 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 09:26:46.82
「小説のコア」とか「スレの伝統」とかいう愉快な発言が最近すくなくて寂しいな

533 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 09:37:24.03
量子力学を「幻想性を出すため」のガジェットとしてしか認識していない時点でなぁ。まぁ、記憶さんはいつもの通りのバカだから仕方ないか。

534 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 09:38:03.78
>>440
記憶さんは「リアルマジバカ」なので、証明を説明しても理解できないだろうから徒労だよ?

535 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 09:38:50.37
>>443
「無理数」の定義がわかってない人に理解が出来るとはとても思えないわけで。

536 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 09:42:44.12
>>493
マジでSFだけじゃなく創作関連の板から消えてくれませんかね。「アイデアがでないーもう引退するー」って何年言ってるんですか。

537 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 09:44:22.56
>>499
記憶さんは英語も読めない、翻訳された作品を読んで「最高傑作!」とかのたまっている「文学性も理解していない」おこちゃまなので。原著を提示しても読めないよ。

538 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 11:17:41.51
>>500
そういや、Kindleで自費出版するって話はもう忘れたのかい?日本語版Kindle、絶賛提供中ですが。

539 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 11:21:33.87
おまえら精神病患者にもうすこし優しくしてやれよ

540 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 11:54:07.24
れんとう

541 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/20(木) 15:49:59.09 ?2BP(333)
公募に5万円も払うなら、電子出版して自分で売るよなあ。
まあ、おれは無料で公開するけどさあ。
講評はほしいけど、講評に対して文句いってる二次通過者とか三次通過者とか
いっぱいいるぜよ。
なんか、ワナビなんかもともと貧乏なんだから、貧困ビジネスが始まるだけな気がする。

542 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 16:42:35.39
いいカモ

543 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/20(木) 17:27:12.12 ?2BP(333)
公募に金払うようになったら、ワナビってバカだと世間では思われるだろうね。

544 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/20(木) 17:42:52.29 ?2BP(333)
まあ、真相は、推測するに、
むかしは適当にやっていた下読みが、最近はネットで批判にさらされるから、
真面目にやらなければならないことになって、
真面目にやってみたら、割に合わないってことだろうねえ。

545 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 18:19:05.98
おまえらそんなにガジェットに詳しいなら、傑作のひとつやふたつ簡単に書けるだろうに。
あとは物語をくっつけるだけで本格SFのできあがりだろ。
どうしてやらないの?

546 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/20(木) 18:23:25.97 ?2BP(333)
ここの名無しから独創的なSFガジェットの話が出たことはないです。
まあ、独創的なSFガジェットを考えたと思ってるおれの作品もぜんぶ一次落ちですけど。

547 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/20(木) 18:29:18.17 ?2BP(333)
だいたい、既存のガジェットをくっつけただけで傑作な本格SFができると
思ってる人には理解できないでしょうけど、

そういうのを目指しているんじゃないんです。

548 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 18:39:00.48
熱意と好奇心ある誰かが調べてくれた自然法則を、
勝手に自分で解釈しなおしたり組み合わせる事を独創的とは言いません

宇宙の姿がよくわかるまでは、神様や悪魔、天使や鬼などが宇宙人の役割を果たしていただけ

549 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 18:41:43.54
ガジェットを適当にストーリーに載せたらSF、って70年代で死に絶えたよ

550 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 18:43:19.09
>>549
ニューウェーブがそれを殺して、
サイバーパンクが復活させたと思ったら難解すぎて客が激減したでござるの巻

別にサイバーパンクって難解なわけではないんだけど、一部の人以外は受け付けないんだよね

551 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 18:52:19.91
ところで「無線通信」「電話」なんてどっちも100年以上も前からあったのに、
なぜSFはこの二つを合体させる事ができなかったんだろう
ハインラインや筒井御大の作品にはそれらしきものがちらほらあるらしいが

常識的に考えたら持ち運び可能な無線電話なんて便利すぎるんだから、
人類が開発しないわけがないよなって

552 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/20(木) 19:47:15.83 ?2BP(333)
携帯電話が普及し始めた2000年前後は、
大学の経済学部の教授が「最近はテレビや掃除機のような画期的な発明がないので、
若者は文明に対して驚きと好奇心をもたない」とかいってたからな。
そのくせ、携帯電話を若者の乱れとして否定していた。

おれがレポート提出で、
現代の生活様式を一変させる発明に、携帯電話があると書いて、大学教授に忠告したけど。

2000年でも、年寄たちの認識にまかり通ってた意識は、最近は画期的な発明がない
だったんだから、お笑いだ。

まあ、たぶん、このSFスレでも、多くのものが、最近は画期的な発明がない、
画期的なSFがない、などと思っているのだろうと思うと、嘆かわしいね。

どう考えても、我々、SFワナビの努力不足であるなあ。

553 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:04:18.37
>>545
独創的なガジェットだけで面白いSFになると思う方が間違い。
しかも、独創的でもないガジェットで手垢のついたストーリーをヘタクソな日本語で書いたものを「傑作」と自画自賛しているバカのいるこのスレでwww

554 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:05:27.76
>>551
ウルトラ警備隊の腕時計型TV通信機をdisってますか?

555 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:09:28.61
>>552
いや、お前みたいに独創的でもないガジェットを、
「独創的だろ!」
とドヤ顔しているから、みんな相手にしなくなっているだけじゃねぇの?SFワナビがバカだから相手にされてないだけだろ。

556 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:19:08.62
>>554
なるほど思い付かなかったのは「通信機」じゃなくて「通信網」だな

ハインラインも、携帯電話のアイデアは持っていたのに、
通信網の役割は「エスパー」にさせてたからな
今のSFでエスパーとかまず出てこないじゃん

ガジェットではなくてインフラ、つまり社会を予測できなかったというわけだな

557 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:31:09.28
え?

558 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:34:01.02
負けたくなーい負けたくなーい 負けたく無いやつばっかww 酷すぎ

「どうしてXがよそうできなかったのだろう?」
Aがありまんがな、Bがあるじゃないか、Cがあるでしょ

「なるほどXは予想できたけどX’は無理だったのだな」

なんだそれ、なんで素直に自分の無知を認めないかな

559 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:34:28.83
>>557
こういう具体的な対案が思い付かないのに反発感だけレスする奴は死ねばいいのに

560 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:38:45.79
>>558
>ハインラインや筒井御大の作品にはそれらしきものがちらほらあるらしいが」
ここで既にAとBを提示してるんだから、
それと同レベルのCを提示されても何の反論にもならないんだが

負けたくないのはお前だろ?

561 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:40:47.81
いやいや、おまえ何言ってんの? 俺の主張誤読してね?

たとえばSFに限らず小説に車を書くときに
本田の工場でどういう風に作られるとかどうな風に買ったかとか書かないわけじゃん
工場の話とかディーラーが出てくる小説じゃない場合さ

それを
「なるほどな、ガジェットは思いついてもメーカーや販売方法は思いつかないのだな」
とは並んでしょ
書いてないだけで、無線電話も電話会社が存在するでしょ
電話会社を思いつかなかったわけじゃないでしょ

っていうかそうじゃないならそれは無線による電話機ではなく、
たんなるトランシーバーの出てくる話じゃん
ってことだよ

562 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:40:53.72
サイバーパンク

563 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:41:02.20
>ハインラインや筒井御大の作品にはそれらしきものがちらほらあるらしいが」
>ウルトラ警備隊の腕時計型TV通信機

これらは同軸のものだろ?
喧嘩腰のバカが多いから、やんわりとそれを否定しない言い回しをしたのに、
そんなに喧嘩したいのかよ

564 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:41:52.59
どっちもダメ野郎なんだろうから仲良くしろや^_^;

565 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:42:57.43
ちらほらあるなら、有るんじゃんw
なんだよ、思いつかなかたのはなぜだろうって

机の上にりんごとバナナがある、机の上に何も無いのはなぜだろう

知らんがな、寺でも行ってこいよ

566 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:45:49.17
>>561
基本的に無線って単一方向通信を切り替えて行っていて、
電話は同時方向通信だろ
それがどっちも百年前からあったという話で

567 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/20(木) 20:48:51.15 ?2BP(333)
>>553 >>555
本当にすまなかった。
おれが独創的だといっていたものは、まったく読者の需要に合わず、
ただの勘ちがいした駄作だった。

おれは無能な変人だった。ただの無能な変人だ。
おれの負けだ。おれの負け。
ここで、おれの作品を読みたくもない人たちにさらして、宣伝したことは
本当にすまなかった。
おれには、需要を見抜く目がなかったのだ。

568 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:49:13.23
今でも警察車両に搭載されてる無線とかでも、
双方向通信じゃなくて「切り替えます、どうぞ」みたいに切り替えてるはずだと思ったが

569 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:49:45.48
全2重通信なんか昔からあるだろ
SFに書かれていて、インフラを思いつかなかったのではなく
浸透していてあえて書く必要も無かったってことだろ

570 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:52:22.52
>>569
サイバーパンクはIT通信網成立前から書いてそれが評価されてるけど
専用線なんかそれこそ何年前からあったという話だが

571 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/20(木) 20:54:45.49 ?2BP(333)
いや、ぶっちゃけ、SFの負けなんじゃねえの?
SFが予測していたのはテレビ電話であって、その需要はまったくない。

携帯電話がテレビ電話に先立って普及するというのは、SF作家は予測できていないよ。

572 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:55:19.29
ちなみにハインラインのは読んでないけど、
馬上から電話交換手に繋ぐ場面があるらしい

573 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/20(木) 20:58:08.80 ?2BP(333)
2001年の攻殻機動隊2でも、テレビ電話を予測しているからね。
誰か、テレビ電話が普及すると思ってる人が今でもいるの?

574 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:58:38.92
そもそも初期のころから電話で有線なんか眼中に無いよな
宇宙物とか地球まで線のばしてるわけないし

575 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 20:59:49.09
ハインラインは「栄光の星のもとに(1951)」で携帯電話のアイデアを使っていたのに、
「メトセラの子ら(1958)」では、ハワード一族に危機を知らせるために、携帯電話じゃなくて、
同族交配を重ねた結果突然変異で生まれたエスパー使ってるんだよ

576 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:02:22.60
>>573
「あ、俺、今駅にいるよ」って感じのレベルはともかく、テレビ会議とか
チャットとかはわりと一般化したって言っていいと思うけど

577 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:03:46.92
ハインラインだっていろんな話書きたいだろ
エスパー物も、科学技術物もさ

578 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:04:54.65
始めてWWWのウェブページが開設されたのが1990年
ニューロマンサーが出版されたのが1984年

そんな感じで、携帯電話通信網を予測したSF小説があったら教えて欲しいんだけど

579 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:07:38.83
>>577
続編の「愛に時間を」ではエスパーの存在はなかった事にされてるんだが

580 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:11:50.71
たとえば基地と話すウルトラ警備隊は配布されたトランシーバーかもしれない
警察無線のように
しかしセワシ君と話すドラえもんは未来では一般人なのだから電話網だと思うけど
書いてないだけでさ

581 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:12:21.02
>>573
テレビ電話という枠に入れて良いのかはわからんが音声だけでなく映像も使った通信は色々な所で普及してると思うんだが。
スカイプもそうだし遠隔医療もそうだし、上にあるようにチャットやテレビ会議もそうだし。
これからもっと普及していくと思うけど。特に専門領域ではさ。

582 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:14:47.04
彼は、スカイプでチャットする友達いないんだろ、
テレビ会議する会社員でもない
察してやれよ

583 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:17:11.59
>>580
一対の通信機かもしれないじゃん

584 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:25:15.90
かもしれない、だろ
だってさ100年も前ですら電話会社はある、社会の中で当たり前の存在としてある
で、一般人が無線で電話するシーンを書くときに
あえて一対一無線通信って想像のほうがおかしいと思うんだけどってことだよ

585 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:26:30.94
なにSFって予言の書みたいなもんなの?
それじゃあおしまいだー

586 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:32:12.37
>>584
そもそもドラえもんの頃には携帯電話というのは既にあったのでは?

587 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:32:26.27
予言の書系はイチジャンルだよ
ありえないことをもっともらしくとかもあるよ
架空の世界を過剰に作りこんでみたりとかね
単にSF的な物出して、あとは物語の面白さで読ませるとかでもいい

588 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:35:17.42
>>586

ドラえもんって俺が生まれる前からあるはずだぞ
小学校くらいから自動車に搭載の自動車電話が出て
それいぜんはトランシーバーしかないだろ

589 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:37:09.58
>>588
ウルトラ警備隊とドラえもんの有為差がよくわからないんだけど
せわしが一般人である事は何の関係もないと思う

590 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:39:52.79
最初のころのドラえもんはなんかずんぐりしてて
2112年9月3日生まれって設定
のび太の父親は戦中生まれで学童疎開する

591 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:41:37.21
SFとは未来予測小説だと思ってる
半世紀前の化石しかこのスレにはいないからな

592 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:42:14.52
>>589

書いたろ、ウルトラ警備隊なら、支給された無線機かも知れんが
セワシが使っているのはドラえもんだけでなく
(書いてないが)ほかの家にも電話できるやつだろうから
電話網前提のものではないか? ってことね
だから政府機関のウルトラ警備隊ではなく一般人って言ったわけ

593 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:43:24.25
>>591
パイプを走るエアカーとTV電話がどこにもないからみんな恥ずかしくなっちゃったんじゃないの

594 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:44:11.00
>>592
書いてないならダメでしょ

595 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:44:41.15
セワシがさ、くっそたまにしか用事が無いドラえもんとしか話せない
トランシーバー買わんだろ 未来人社会で普通に使う電話だろ

596 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:44:53.32
あ、ごめん、TV電話は無いわけじゃなくて電話と置換されてないという事ね

597 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:45:32.86
>>595
ドラえもんってくっそたまにしか用事のない道具しこたま抱え込んでるが?

598 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:47:35.18
>書いてないならダメでしょ

トランシーバーだとも書いてないの
だから普通に考えて電話網だろうと
トランシーバーだ。って書いてないのだから「電話網を思いつけない」
って考えるほうがダメでしょ、

599 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:49:31.18
>>598
そもそもせわしは携帯してるのか?

600 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:51:51.15
そこかよww
まあたしかに、読んだ記憶はあるけど
今この瞬間にその画像探し出してきて貼るとかできないものなw
じゃいいよ、この議論お前の勝ち
セワシの携帯のソースは有りません 私の負けです
ごめんなさい

601 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:52:10.78
>>591
本当ここの化石人類ども勘弁して欲しいよな。
挙句の果てにはドラえもんだのウルトラ警備隊だの、どうでもいいわ

602 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:52:30.66
すごーい
さっすがハイレベルな作家志望者同士の議論だな〜

603 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:53:09.36
いや実は俺ドラえもん詳しくなくてあるなら知りたいんだけど

604 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:55:17.99
今の時期、適当な応募先が無いのがいけないんだろうな
相変わらず暇人がくっだらねえ言葉の定義でモメてる

応募で盛り上がる→つまんないことで揉める→盛り上がる→揉める〜
のループだもんな

ところで聞きたいんだけど
これからの締め切りで100〜150枚くらいでSFっぽいのが通用しそうな賞はどこよ?
オール、坊ちゃんあたりはだめかね? ラノベ系探すしかないのかな?
みんなで書いてどっか応募しようぜ

605 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:55:27.11
>>601
いや月世界旅行なんて150年も読み継がれてるじゃん
正直虐殺器官ですら十年後には誰も読んでないでしょ

606 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 21:56:57.85
俺は50年後に跡形も無く消える流行よりなら、
100年後も残ってる古典の方がよほど参考になると思ってるけどな

607 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:01:38.15
人生ではな、残念だが作家目指すなら10年後でも消えてしまう作品に注視すべきだわ
100年後残る作品書くようなやつはこんなところにはいない、すでに作家になってる

608 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/20(木) 22:03:36.94 ?2BP(333)
>>607
そんなのわかんないじゃん。

609 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/20(木) 22:05:55.85 ?2BP(333)
まあ、我々SF作家は、厳密な未来予測より、
お笑いや幻想に走るべきだとは思うけどね。

610 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/20(木) 22:06:47.33 ?2BP(333)
ハインラインの当てた未来予測見ても、別にそうたいしたことだと思わないしね。

611 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:07:03.86
>まあ、我々SF作家は

はぁ 大丈夫かお前

612 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:07:13.58
>>607
メルヴィルは一生兼業で生前はロクな評価もされなかったけど、
白鯨は恐らく人類が滅ぶまで読み継がれるだろう名著になってしまったけど?

613 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(4+0:5) :2013/06/20(木) 22:08:44.83 ?2BP(333)
>>612
白鯨読んだかぎりでは、残すべき名作とはいえないなあ。

614 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:15:07.18
>>612

あ、それあれだ、エジソンが小学校出てないからって
小学校出てないやつがみなエジソンになれるわけも無いのに
「エジソンだって小学校を出てないんですよ」とか詭弁に使うやつ

白鯨はおもしろいだろ、老人と海より好きだな俺は
人類が滅ぶまで残る…かなあ、タイトルや作家の名は知ってるけど
読まれない本になるんじゃないかな

615 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:18:37.42
>>614
現代科学を扱うには巨人の肩に乗らなければいけない、つまりアカデミックな教育を受けなければならないわけだけど、
アカデミックな教育を受けたからって科学を扱えるわけではない

つまり逆もまた然り、>>607は間違いだと思うんだが

616 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:23:08.61
ローマンコンクリートは現代のコンクリートの数倍の強度と、数十倍の耐久力を持つ

勿論ただ偶然混ぜ混ぜして出来たのが淘汰されて生き残っただけだとは思うが、
100年保たないとわかってる現代のコンクリートの製法を一生懸命学ぶのは、
単に生活のためであって、つまり畑耕して作物収穫するのと何ら変わらないと思うんだが
生活を否定するわけじゃなくて

617 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:24:21.60
>>615>>607どちらの考えが正しいかはしらんけどさ、
どこをどうしたらドラえもんとウルトラ警備隊の議論なるんだ?

618 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:25:18.34
>>617
ウルトラ警備隊もドラえもんもガンダムも全部SFだろ

619 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:27:33.83
>>607だけど、そんなこと言ってるのではねえだよ

100年後残る作家目指すより、そろそろ10年読まれればぜんぜんOKな作家目指すべきじゃないかね
ワナビ君たち(俺も含む)ってことだよ
だから、とりあえず100年作家さんは置いておいても、10年残ってる作家が何やってるか見ようぜ

だいたい100年残る作品書くやつなんかきっとこんなところに
長々と出入りしてないで、つまりはまだ書いてないか、
すでにスポットライト浴びてると思うぜ
ってことだよ

620 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:29:24.09
>>617

上のほうから順番に読めばどうしてドラえもんとウルトラになったかわかるよ
人に聞く前にその位しようぜ

621 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:31:54.84
>>619
十年残ってる作家とは、
例えば、>>514みたいにパンピーを晒し挙げて惨めな虚栄心を満たして喜んでるような、
しょうもない作家の事でしょうか

>僕のような有名人が告訴なんぞしたら、
>「やったー、山本弘が俺をかまってくれた!」と大喜びするのは目に見えている。
>貴重な金と時間を浪費して、彼を喜ばせてやることなんかない。無視するのが一番である。

なんつーか、2chで気炎吐いてるよりしょうもないメンタリティしてるんですがこの人

622 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:39:02.95
>〜惨めな虚栄心を満たして喜んでるようなしょうもない作家の事でしょうか

そうです、一般人より我の強い虚栄心は大事だと思います
(作家すべてが必要ではなく、やっていくための行動のひとつのパターンとしてですが)
林真理子氏など、それだけで持ってるような気がします

あなたもこういうことやれとか、私もこんなことするつもりだ、といってるわけではないですよ
念のため

623 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/20(木) 22:39:32.09 ?2BP(333)
>>616
老朽化した時、壊せないコンクリート使うのも考えもんだけどな。

624 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:43:43.10
相変わらす、思いついた馬鹿を書いちょるなw
壊せないわけではないって、人力つるはしレベルで壊せるがな
雨風にすげえ耐えるよいわば老朽化するのに時間がかかるよって話しだろ

今のコンクリもろすぎだけどね
戦前からもってるコンクリすらあるのに

625 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:43:53.85
「2chは俗の権化」みたいな感覚ってあるでしょ
さらに、
「古典になるような作家はハイソであるべし、教養を身に付けるべし」みたいな感覚もわかるでしょ

それらの漠然とした感覚が合わさって、
「百年残るような作家は2chなんかで時間を潰してるはずがない」
って感じてしまう感覚は、わからないでもないけど

日本で言うと太宰とか超クズじゃん
森鴎外なんか留学先の現地嫁をヤリ捨てた上に、脚気の処置を見誤って帝国軍人を何万人も殺す実害出してるし

勿論、品行方正な大作家も大勢居るとは思うけど

626 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:47:54.24
そう言えばスプリガン(漫画)で絶対壊せない物質ってあったなあ
かなりムー成分入ってたけどビジュアルがかっこよくてSFとしても面白かったな

627 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:50:02.67
ハイソでもクズでも良いんですよ
っていうかクズは大いに結構

半端なクズで(当時2chはないですが)たとえば日がな一日くだらないこと
くっちゃべってすごして人生終わった人いっぱいいるでしょうけど
大作家にはいねえよなってことです

628 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:50:56.76
>>627
太宰なんてくっちゃべって愛人や嫁に原稿書かせて最後川に飛び込んだだけじゃん

629 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:54:59.82
あ、嫁や愛人相手にくっちゃべってろって事ね
でもね、これがなかなかディスプレイから出て来てくれないんですよ将軍様

630 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 22:58:04.74
メジャーどころの作品は愛人や嫁(つまり複数の人)よるものとは思えないですね
津軽弁の修正くらいはお願いしたかもですが
もっとせっぱつまっていない食っちゃべりですよ、飛び込まないような

誤解して欲しくないのは人生経験が大事とかいうんじゃないですよ
姿勢の話です

631 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:08:08.75
>>630
100年後残る作家目指す
10年読まれればぜんぜんOKな作家目指す

さて、どっちの姿勢の方が、こう、なんていうか、「グレイト」ですかね?

632 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:09:45.00
そもそも100年のこる作家が2chにこねーよって言うのはメインの主張じゃないっすよ

これは、そりゃまあ「絶対ねえのか」って言われりゃ
「絶対だ0%だ」とは思わないです。
言いたいのは、2chに大作家が来る来ないではなく、10年作家をめざすべきじゃね?って方です

>俺は50年後に跡形も無く消える流行よりなら、
>100年後も残ってる古典の方がよほど参考になると思ってるけどな

↑にたいして、50年どころか10年のこった作家でも良いから参考にして
彼がどうやったのか考えるべきじゃね?ってことです

10年作家だって、(僕も含む)みなさんには十分大きすぎる夢だと思いますけど

まちがってますかね? 

633 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:13:31.07
100メートルを走るのに100メートルのゴール見ていてはだめ
もっと遠くを見てなくちゃいけない、そうだろうけど
でも43.195Km見てたら100メートル全力で走れないでしょ

634 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/20(木) 23:13:44.48 ?2BP(333)
そんなもん、長ければ長いほどいいだろ。
終わり。

有望な新人は2ちゃんに来ないというのは、寂しい説ですね。

635 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:13:51.12
>>632
>100年後残る作品書くようなやつはこんなところにはいない、すでに作家になってる

最初の主張はこうでしたよね?
それを否定してるんですが
論点はぐらかさないでくださいよ

636 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:14:10.48
42.195ですw

637 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:17:06.22
さらに言うと、
「十年生き残れればいい」というノギスを使って、
「百年先に生き残る方法」を計ってるのが良くないですね

10cmのものさしで1メートルが計測できるでしょうか?
できませんね
個人の目標にどうこう言うつもりはないし、
>>606は単に個人的信条の吐露に過ぎないので

638 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:18:18.39
>>635

はぐらかさないですよ、今でも、いないと思ってますよ
絶対に、何がなんでも、まったく2万%いないとは主張しないだけです
「今、俺の部屋に黒人なんかいねーよ」くらいの話です

そこは論点ではないです。あなたが論点にしたがっても
そんな論争しないですよ いない証明なんかできませんし

639 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:20:43.55
>>638
ちなみにモーツァルトは手紙によく「ウンコ」の事を書いていたそうです

「(訳)1778年2月28日 わが愛しの従姉妹様へ 2週間後にはパリへ発つけど、
 今日もうんこをしておきます。もしそちらのアウクスブルクの町から返事をくれるつもりなら。
 私が受け取れるように早く書いてください。でないと、もしかして私が発った後だと、
 受け取るのは手紙の替わりにうんこになります うんこだ! うんこだ! おおうんこ!
 ああ、なんて甘い言葉だ。うんこ」

おそらく君が当時に居たなら「うんこの手紙なんか書いてないで作曲しろ!」とモーツァルトに説教していたでしょう

640 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/20(木) 23:21:55.22 ?2BP(333)
ぼくは、文章自動生成ソフトのデータベースに自分の小説が入れば満足です。

641 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:30:33.87
(まあ、あとからならなんで、なんとでもいえますけど)
でも、それは評価するでしょ、うんこですよw 従姉妹への手紙で、ですよ
それに当時のフランス社会でそれほどぶっ飛んだ行為では無かったって言うのを
聞いたことがありますよ
(他の貴族なんかの手紙や行動も似たような感じが結構あって)

音痴なんでモーツアルトの曲を良いと思ったことは無いですけど

>モーツァルトに説教していたでしょう

そうかもしれませんね、で10年のこる作曲家を目指し10年だけ活躍し音楽史には残らない
それで良いんじゃないですかねって思いません? それだってたいしたもんでしょ
モーツアルトなら俺の説教なんかきかないでしょうし、

642 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:31:07.66
>>641
俺だってお前の説教なんか聞いちゃいないが

643 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:35:07.91
つまり、まとめると俺が言いたいのは(説教ではなく意見ですが)

おまえらどうせ、なっても10年作家かそれ以下だ
(というより殆どは作家になれないだろ)
100年作家の勉強より10年作家の勉強のほうが大事じゃないかね?
もちろん君らの中にモーツアルトがいる可能性はゼロではない
でもモーツアルトなら俺の言うことなんか聞くわけないよな

こんな感じかな
言いたいことの意味は理解してもらっても同意はしてもらえないだろうけど

644 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:39:30.83
歴史にも何にも残らずただ生活のためだけに作業してたんじゃ、
日雇い人夫と同じでしょって

別に人夫を差別するわけじゃないけど、
ただ消費されて消えていくだけなら別に作家じゃなくてもいいやん?
生活のために作家を選ぶ事を否定するわけじゃないし、
そういう風にして生活してる人も大勢居るだろうけど

「現実を見据えて黙々と作業する俺エライ!」
みたいな旧態依然の価値観はどうでもいいんですよ

日本がかつて繁栄を極めたのは、そういう価値観のおかげじゃなくて、
赤化防壁のためにアメリカからの惜しみない支援があったからですよ
日本人の労働観が優秀だったからではありません
ここ勘違いしないように

645 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:47:01.44
偉大な事業を成すためには膨大な作業量が必要になりますが、
ただ膨大な作業をしていれば偉大な作業になるわけではないのです

世界を変えるイノベーションを起こすような大発明家より、
そこらの中小企業で一日十何時間も拘束されてるような労働者の方がよっぽど苦労してますよ

その違いは「考えて作業してるか、考えずに作業しているか」

646 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:49:02.55
一冊の単行本を作るためには大体十万文字は書かなければなりませんが、
考え無しに書いていたのでは百万文字書いた所で単行本にはならないのです

十万文字タイピングするのはそれなりの労力になりますが、
あくまでもそれなりであって、慣れれば三日もあれば出来る作業量です

647 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:50:33.14
お前らの自己顕示欲はよくわかった。
そろそろ口論ではなく己の作品で殴り合えばいいのではないだろうか

648 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:52:27.80
他の地域と江戸文化なんか比べると多少は日本人に近代工業における優秀性があると
思いますけどね。
優秀性ってとあれかな、工業生産に向いてる国民性みたいなことですが
たとえば第三世界の雑貨で手作りのカゴとかありますけど、当時の日本のそれとかはトゲの飛び出しがまったくない
とか染める色むらも無くつくりますよ。ぼくは日本人にこういった分野で才能があると思います
どっかの国民は足が速いやつが多いみたいにね

名も無い、職人なわけですよね、10年で消える作家だって激しい競争もあるし、
必死でやらないといけないし、芸術品じゃなく消費されていく日々の娯楽や道具のカゴだって本気でつくるんですよ
目標にすることは恥ではないと思いますけど

649 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:55:20.63
>>645さんみたいな、
イノベーションを起こす人より
日々の労働者のほうが苦労をしてるってまで言い切ったりはしないですけど

650 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 23:59:03.58
>>648
僕が今使ってるパソコンにしたって、
もはや中国・韓国・台湾で生産された製品ばっかりだし、
理学やイノベーションは常に欧米からやってきます

日本が20年くらい前に調子が良かったのは単にアメリカからの支援があったからだし、
冷戦が終わると日本は「戦前並の中興国」に収斂していきます
単に今先進国なのはその時の貯金があるからです

日本が生み出したものでまともなのって、刃物くらいなんですよ
他は全部舶来品、輸入品
日本刀にしても、ダマスクス鋼にしても、結局製法は失われてしまったし

651 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 00:04:11.18
日本人や、日本人の価値観や、日本語が優れたものだなんて考えは今すぐ捨てるべきなのです
周りを見てごらんなさい
すぐ周りに流される人ばっかりでしょう
もしくは、輸入したものをコピーしてくらいで何か発明した気になってる経営者・発明家
僕らは真似してるだけなのです
帰納してコピーするだけしか能の無い猿なのです
周りと一緒じゃないとオシッコすら出来ないチンパン猿なのです

まずそれを認識してからじゃないと、始まらない

652 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 00:18:03.15
だから、工業生産に向いてる国民性といってるわけでしょ
イノベーションに向いていて画期的な世界を変える人材が多いとは言ってないですよ

それにその優秀性も中台韓よりも優れてるとは思ってないです
東アジアの人間は似たり寄ったりだと思いますよ
あくまで世界的に見れば日本人は優秀性があると思うって話しです
世界一ィィィとも思っていません
(最近の中韓は職人が尊敬されない時代になってるんで多少違うかもsれませんが)
イノベーションはともか工業製品化は日本人に優秀性があると思いますよ
アメリカから同じように支援があってもアフリカに日本と同じ事ができたとは思えません
アメリカ自身に日本製品クオリティは作れなかったわけだし

653 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 00:18:35.71
三千万部売れたグインサーガでも多分十年後には誰も読んでないんじゃないかな
完結してねえし

654 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 00:23:36.55
>>652
>最近の中韓は職人が尊敬されない時代に

あれ? リストラされた技術者を好待遇で受け入れてるのはどこの会社?

655 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 00:24:42.32
誰も言ってないことを「XXXはおかしい」って言うのはなんなの?
いつ日本語が優秀だとか言いました?

でもまあ日本語は優秀だと思いますよ
英語フランス語ドイツ語中国語ロシア語…並みでしょうけど
どこかの部族が使ってるような3日ですべての単語を覚えられるようなところよりは上ですね
少なくとも大学教育を自国語でまかなえるだけの優秀性はもっています

656 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 00:26:08.70
>>655
量産型のチンパンジーだからお前の考えてる事なんかわかるって

657 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 00:32:32.01
>>654

韓国の企業の事を言ってるんでしょ、高待遇で受け入れて
そして知識を全部聞き出したら首になってますよ
そういうことではなく
たとえば日本だと電車の整備士なんかは誇りを持ってやってるし
駅員もぞんざいに扱ったりしません
でもかの国では下級労働鞘扱いだし整備士自身もそう考えてるということです。

日本みたいにこどもが整備士の仕事を見学して作文書いたりとかの土壌もないわけです
そのことが基礎の軽視につながってる

658 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 00:34:02.54
>>656
その読みは間違いばかりでしたけどね

そんなこと思ってない
それはこういう意味だ
ってばかり書いてるじゃ内ですかおれ

659 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 00:34:32.49
量産型日本人に共通する特徴

・言う事にとにかく根拠が伴わない

>100年後残る作品書くようなやつはこんなところにはいない、すでに作家になってる
>だいたい100年残る作品書くやつなんかすでにスポットライト浴びてる

メルヴィルを例に挙げて否定したのに一向に認めようとしない、できない

・態度や姿勢をやたらと気にする、
>姿勢の話です
>考えるべきじゃね?
>2chなんかに書き込んでいては作家になれるわけがない

もちろんそれらには何の根拠も実例も無い
単に「成功者/志望者」の割合でおおざっぱに帰納してるだけ

660 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 00:36:04.89
たぶん、その人、日本人じゃないんじゃない
日本の悪口言いたいだけの国の人、
日本より遅れてるのになぜか日本をサル呼ばわりして鬱憤を晴らす
かわいそうな国の人

661 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 00:39:55.38
>>660
ああ、なるほどね

>>659
自分の意見であって、賛同者をつのっているのであって
AよりBが正しいのです、と主張してるわけではありません
ぼくは今日はラーメンよりカレーを食いたいですってのに根拠なんかありませんよ

662 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 00:40:37.34
>>661
>>607と言ってる事変わってるんだが

663 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 01:00:57.41
いえいっしょでしょ
こうだ、なぜならこう思うからって話しです
こうだ、その証明はこうだ
っていうような物理現象のはなしじゃないです
つーか連投で書き込み禁止になりました
携帯で書くのやので寝ます
僕のくにではもう一時深夜す

664 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 01:04:09.92
>>660

狭量な国粋主義者は20世紀に帰れ

何がSFだ

665 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 01:07:27.08
>>663
最初は言い切ってたのに、反例挙げられて自説が危うくなったからそうやって逃げるわけですね
メルヴィルに限りませんよ、カフカもですよ

逃げるくらいなら最初から「自分は」という主語を明確にして「〜思う」と付けなければならないんですよ
>>606を見てくださいよそうしてるでしょ


一つ教えておいてやるが、
成功したクリエイターほど「べき論」は使わないぞ
発言をよく注視してればわかる

そして、よく訓練された読者や、編集者達は、やたらと「べき論」を使いたがる

666 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 01:16:38.70
何故作家がべき論を嫌がって、
読者や編集者がべき論を使いたがるかと言うと、

おそらくは、
作家は自分の可能性を高めるために、自己と作品を同一視して欲しくないという願望があって、
そして読者と編集者は判断基準を単純化するために、作家と作品を同一視したがるから

さてここで我々が一体何を志望しているかという話になるわけだが

667 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/21(金) 07:01:37.50 ?2BP(333)
>>651
近代日本が、欧米よりも高い識字率を誇ったのはまぎれもない事実で、
江戸時代、明治時代の識字率の高さは、世界一です。
それが日本の発展を支えたのはまぎれもない事実でしょう。

世界は、日本を真似、低所得階層への教育を行いますが、
欧米ですら、識字率が日本に匹敵する90%を超えたのは最近のことです。

欧米は、召使いに読み書き算数なんて必要ないと思っていたわけでして、
国民全員が読み書き算数のできる日本が成長したのは当然です。

日本でなされた新特許は、アメリカに次ぐ二位であり、日本が新しいものを作り出せないなど、
もう何十年も前の先入観です。

これからの日本が立ち行くには、さらなる創意工夫が必要でしょうが、
あなたのような自虐史観は、まったく現在の日本には必要ありません。

668 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/21(金) 07:31:18.57 ?2BP(333)
>>651
現在の日本が伸び悩んでいるのは、他国のコピーをしているからではなく、
新開発に明確な戦略とヴィジョンがないことです。

電荷製品のメーカーは、本当に必要なのかもわからない奇奇怪怪な新機能を
作って、それを売ろうとしています。

日本メーカーは、新しく開発する新製品の企画をもっと顧客の需要に
合わせなければ、また低迷することでしょう。

ですが、決して、日本が他国の猿真似をしているわけでは断じてありません。
日本人の発明は充分、画期的なものです。

それは日頃、科学ニュース+板などを見ていればわかることです。
別にアメリカの支援があったから発展したというわけでもありません。
まあ、冷戦下において、アメリカの友好関係にあったことが発展につながったのは
事実ですけど。

669 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(3+0:5) :2013/06/21(金) 07:49:15.42 ?2BP(333)
そもそも、大きくて丈夫な製品を作ろうとしていたアメリカに対して、
軽薄短小を目指した製品づくりをしたのは日本ですし、

それはまぎれもなく、日本が物まねではなく、自分たちで考え研究したからです。

日本が世界に先駆けて作り出した概念なんて、たくさんありますよ。

日本が猿真似国家だと思ってるなんて、まったく歴史を知らなすぎる。
お話になりません。

670 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(4+0:5) :2013/06/21(金) 08:02:10.04 ?2BP(333)
>>651
もし、あなたが朝鮮人、中国人だというのなら、
アメリカには勝てないと始めから決め付けているその弱腰の姿勢は、
まったく情けないものです。

ゲルマン民族に対して、モンゴロイドが発展するのは望むところですし、
その仲間である中国、韓国、台湾が、反日思想にかぶれ、
いまだ第二次大戦の呪縛から解き放たれないのは、まことに嘆かわしいことです。

アメリカは日本の二倍くらいお金をもってますが、ユーロは、日本の五倍くらいお金をもってます。

中国、韓国、台湾の生活水準が上がり、東アジアの発展が行われることは望ましいことです。
それに対して、反日思想で国民をかりたてるなどは、あまり賢明な方針だとは思えません。

東アジアが平和に発展することを望みます。

というか、戦争しなければ、五十年後の世界がアジアを中心にまわるのは、
明白じゃないですか。
なぜ、日本を恨み、アジアの協調発展を阻害するのですか。

671 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 09:24:10.93
まずお前が国のために働けよ

672 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 10:07:06.98
能弁垂れるのは評論家だけで十分すよ
そして、能があるやつは口を出すより先に行動している

673 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 10:11:46.55
>>672
そんな事全くないと思うけどな
どうも日本人はジョブズとかニュートンみたいな、
偏執的性質がある天才を認めない傾向があるよね

674 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 10:21:12.75
ちなみに特攻を拒否した人には高学歴が圧倒的に多く、
周りに流されて能弁垂れるより行動するのがかっこいいと思ってる低学歴はみんな志願して特攻して死んでいったそうです

675 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 10:26:27.13
確かこれだったかな
http://www.nhk.or.jp/special/onair/071021.html

違うかもしれないけど

676 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 12:03:26.27
もう次回からは
【俺の方が】 SFの知識をひけらかすスレ 【SFを知っている】
にしたほうがいいんじゃね?
創作してるようには見えないし。

677 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 12:19:02.46
えらく伸びてるから発表でもあったのかと思ったが
もうだめネコのスレ

678 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 12:25:17.20
この先生きのこるには

679 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 12:37:26.12
SF知ってる事が良いとは言わないが、
SF知らないのにここらに送る意味もよくわからんな

680 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 12:45:11.72
床屋政談スレ

681 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 12:48:38.96
政治は民衆の娯楽だからね

682 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 12:59:51.92
何故か日本人って「創作は天性によってのみ為し得るもの」って漠然と思い込んでるよね
ハリウッドじゃ俳優ですらまずシェイクスピアのシナリオ分類を学ばされるのに
だからいつまでも体系的な創作技法が育たない
シナリオライター養成校とか小説教室とか凄いバカにされるしな
ラノベ専門学校はバカだと思うけど

683 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 13:35:04.33
と語る偉大な知性

684 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 13:36:04.37
一説ぶちたい人はこんな場末じゃなくて自分のブログでやったほうが読まれるんじゃないかな

685 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 13:40:52.79
ちなみに、ハリウッドじゃ俳優ですらまずシェイクスピアのシナリオ分類を学ばされるってのは嘘なんだけどね

686 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 13:46:01.73
本当に正確な知識を元に完全な根拠と確証ある文を書こうとしたら、
十行書くのに丸一日かかるって、
長編書いて応募したならわかるはずなんだけどなあ

687 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 13:53:37.95
>>552

俺には人間の頭がおかしくなりそうなくらい
世の中が進歩しているように思えるが

俺らみたいな実例もいるわけだし

688 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 14:05:03.10
進歩と、世の中を一変させるような何か、の差じゃね?
テレビが細かくなろうが衛星になろうが3Dになろうが進歩であって
テレビが家に来ました!!!っていう画期的なことじゃない

インターネットは社会を変えたと思うけど
あとは昔からある技術のカイゼン

689 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 14:24:11.22
いま火星にいます

690 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 14:30:33.88
ふわふわしてんなあ

691 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 15:46:09.28
知り合いに、純文志向の作家志望の人いるんだけど、
ほんと、そんなのどっちでもいいでしょ。
みたいな細かな表現にこだわるんだよね。それ普通なのかなあ。

692 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 16:03:50.68
古い日産車=日本伝統の職人的美的表現
ゴーン以後=国際基準

と考えている

SFはもともとガイシャなので…

693 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 16:07:13.47
明治以降の文学も

694 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 16:46:07.47
>>691

そういう純文学もあるよ
今では文学のメインストリームではないけど

695 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 17:00:01.99
純文は表現に拘らないと意味ない

696 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 17:14:43.60
>>679 
なにも論文かくわけじゃない

既出のアイデアを、そうと知らずに自分流で新たに書くヤツがいても良いと思う
正確な知識がないと書けないみたいな話ばっか強調するSFマニアは物理学者にでもなればよい
むしろ「俺、SF読みつくしてますから」的な自負のないやつのが、のびのびと今までの枠にしばられない新鮮な作品書くかもしれない

しょせん「科学的っぽい」フィクション作品を書いてるわけだ。だったらもっと気楽に適当に遊べよ、と俺は思うな

697 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 17:31:18.91
まあ、そう言って読書しない自分を正当化する奴が書くのはだいたい
「のびのびと」「新鮮に」じゃなくて
「独りよがりで」「新しいと思ってるのは本人だけ」な作品だけどな

698 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 17:32:10.31
読書しない奴ほど、自分の乏しい読書経験から「小説とはこういうものだ」って決めつけて
自分から型にはまった窮屈でつまらない作品を書くものだ

699 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 17:35:29.88
気楽に遊ぶのはいいが応募するんなら読者のことも考えろよ

700 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 17:42:19.73
>>595
タイムテレビでセワシやドラミちゃんとしょっちゅう会話してんだろ(´・ω・`)おまえ、ドラえもん読んでないな?

701 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 17:43:43.95
>>599
四次元ポケットがあれば「携帯化」という小型化の必要性/社会的要請自体が小さくなるだろうに(´・ω・`)セワシのいる世界はそういう未来世界だよ。

702 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 17:47:57.07
モーツアルトに限らず、オペラの歌詞ですら酷い内容が多いのが当時の音楽界だったわけだが。
モーツアルトが偉大なのはわかるが、モーツアルトだけで全てを語るのは愚の骨頂。

703 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 17:51:25.00
まぁ、このスレを見れば、
「SFを書くのにSFの基本知識は必要」かもしれんが、
「SFを多数読んだと自慢したところで、面白いSFが書けることとの因果関係はあまりない」
という現実が見えるよな。こんなところでgdってる暇があったら書いて書いて書きまくって毎月メフィストに応募するくらいになれってな。

704 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 18:07:44.03
なぜメフィスト?

705 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 19:09:18.41
まずメフィストが何か教えてくれ

706 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 19:13:11.50
>>698
単なる妄想だろw なに言ってんだひとりで
「書くものだ」? まさに決めつけてるだろ、それはww

707 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 19:46:43.96
SF1000冊みたいにジャンル読書してる奴は蛸壺入っちゃうと思うよ
たまにはラノベ読んで破り捨てたり一般のエンタメ読んで叩き付けたりした方がいい

708 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 20:35:57.82
SFが悪文だっていうけど決してそんな事ないよな?
特に福島正美訳と朝倉久志訳辺りは
むしろそこらの一般小説の方が読みにくいんだが

規則性の無い改行、文章の意図は妙に短くてぶつ切りになるし、
比喩は妙に鼻に付くし、特に作者の人生観の薄っぺらさを見てるとイライラしてくんだが

709 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 20:38:53.58
日本の小説見てると、
日本語って纏まった長さの思考ができない欠陥言語なんじゃないかと疑いたくなるんだが

710 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 20:40:35.54
>709
×日本語
○お前

711 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 20:41:11.87
>707
「たまには」www 常にやれよwww

712 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 20:44:01.52
>>710
掲示板でもそうじゃん
相手の意図を読み取れず、三行以上の文章になるとぶつ切りにしないと理解が困難で、
「お前こう言ったじゃん! お前こう言ったじゃん!」みたいなくだらない揚げ足取りが始まる

713 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 20:44:07.64
>706
妄想じゃねえよw このスレでも「SFに文章なんて重要じゃない」とか
「これからのエンタメはライトノベルのようにキャラクターに魅力が必要だ」とか
内容の如何を問わず妙な視野の狭さを見せてる奴らばっかりじゃねえかw

714 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 20:44:50.64
>712
そりゃお前が読んでる小説とお前が出入りしてる掲示板だけだよw
世界が狭くて可哀想にw

715 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 20:46:49.56
相変わらずすごいハイレベルな議論だなー
この中から将来の大作家が何人も生まれるんだろうなー

716 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 20:47:18.32
>>714
現実に日本の小説って世界で全く相手にされてないじゃん
アメリカ文学に傾倒して英語で思考してる春樹だけが受け入れられてる

717 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 22:43:44.46
まーた、むりやり日本の悪口にもって行く、悪口言いたいだけの人が来てるのか?
出入りしてる掲示板のレベルとアメリカの日本人作家の売れ行きと関係ないがな
だいたいアメリカで売ってる日本人作家の作品はほとんどが翻訳されてるだろうしさ

718 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 22:51:07.04
春樹もそうだけど、ヘミングウェイ大先生以降
むしろ雨の作家のほうが短文好きだよな

719 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 22:52:29.75
自分は最初から、色んな状況から鑑みるに「日本語って実は思考や議論に向いてないんじゃないか?」という、
大きい主語の話をしてたのに、

それを「お前だけの問題」とミクロにすり替えたのが>>710だと思うんだが


就職問題とかでもよくあるよな
「どんなに氷河期でも出来る奴は職が見つかってた、お前の努力が足りないだけ」
みたいに、マクロの問題をミクロの問題にすり替えるやり口が

720 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 22:55:49.24
>>718
そういう事じゃなくて、
ピリオドや句点を打っても、その後に文章が続いていくんだよ
翻訳もののSFって
春樹もどちらかと言うと、短い文を積み重ねて一つの大きな情景が浮かび上がるような気がするんだが

日本の小説は句点ごとにぶつっと場面が切れるような感覚がある

721 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 22:57:23.27
>>704
西尾維新の逸話だろ。毎月送ってきて、デビュー前から編集部に名前が知られてたってゆー。

722 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 22:58:07.31
アメリカ文学の比喩はラーメン次郎みたいだなぁ、と思いましたまる

723 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 22:59:16.65
>>708
翻訳家の努力もあるのに、翻訳家を無視して、「この作品は素晴らしい」と作者しか褒めないバカもいるのでな。
なぜかその「翻訳文体」を作者の文体と勘違いして「あの文章表現力がすばらしい」とかね。とりあえず原書で読んでみろよ、と思うわ。

724 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:09:02.27
SFを書く前に、普通に人が読んでも苦痛にならない文章を書くことから始めればいいのに、いきなりSFなんて書くからなぁ。
絵を描く訓練をしてない人が、いきなりキュビズムやフォービズム風の絵を描いても理解されるわけないのに。
多分、このスレのコテハンみたいな人間は知らんことなんだろうが、パブロ・ピカソのデッサン力は並の画家以上で、その基礎があるから、
「自分の思った通りの線」が描けて、人に伝えることも出来たんだからねぇ。
落選祭りとかSS祭りの作品もどきは、そもそも「他人が読むに耐えられん」悪文だろ。その悪文をSFの味と勘違いしているアホのなんと多いことか。

725 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:13:12.10
>719
少なくとも、ここまで一切論拠も出さずに断言してるお前自身が
論理的でないことは確実だなwww

726 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:15:10.44
美術史は「説明出来る」事が重要なのであって、
意図通りの表現を他人に伝える事じゃないぞ
ピカソの絵なんて色々な人が色んな事言いまくってるが、
本人は「子供みたいな絵が描けた」としか言ってないわけだし

727 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:16:24.68
>>725
断言?
>>708>>709も主観による考察に過ぎないだろ

728 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:22:57.73
さぁいよいよ来週火曜には一次発表だぜ

729 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:26:59.09
まあ、絵も音楽もプログラミングも勉強もスポーツも、
結局はノウハウを積み重ねて成長させる技術でしかないのに、
何故か文章に限っては「日本語なんだから書けるでしょ」と思っている人が多い事は確かだな
センス云々はそこから先の話っていう

ただそれはSFに限った話じゃなくて作家志望者全員に共通する事だけどね

また天才が居るように、極一部、どれだけ努力しても初心者の域を抜け出せない人が居る事も事実

730 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:39:52.01
>>726
読解力がないとしか。誰も美術史の話なんかしてない。あと、ピカソ自身が「私はデッサンだけなら誰にも負けない」と言っている。
>>729のようにちゃんと意図が読み取れる人もいれば、お前のような奴もいる。その「文章力」について、きちんと訓練してないのに、何で、
「俺はSF作家になれるんだ!」
って壮絶に勘違いできるのかが理解できないって話だね。文章作成力も読解力も足りないんだから、普通に訓練から始めろよ、というごく普通のアドバイス。

731 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:41:33.28
ここのスレを見てていつも思う。
万年一次落ちがどれだけ偉そうに言った所でさ、お前が頑張れよとしか言いようがないよね。
万年一次落ちの議論もSF論も聞いたところで無駄だしな。

732 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:44:39.08
>>731
まぁ「人の話を聞かない」「人の話が理解できない」「きちんと反論できずに逃げる」程度なら、万年一次落ちもしょうがないよね。
人を説得させるだけの文章が書けないって事なんだから。
多分、そのことに無意識的に気づいているから、「新しいアイデア」とか「新しいガジェット」とかに逃げているんじゃないかと思うよ。

733 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:53:41.26
メフィの400枚って言うのは毎月送るのはきついな
100枚くらいでいい毎月出せるようなところはないじゃらほい?

734 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:57:36.16
本当に毎月100枚新作ちゃんと書けるなら
半年後には毎月400枚の新作も書けるようになるよ

と、何の根拠も無く言ってみる

735 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:57:46.70
>>730
>>726>>729も俺なんだけど

736 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:58:58.37
>>733
まぁ別に毎月メフィストに送らなくても。別に西尾維新の真似をすればいいもんでもないだろうし。
ただ、もう少し応募できるところが多いといいよね。
まぁ、書く側もSFにこだわる必要もあまりないのかも知れないけどね。職業作家になってから好きなものを書き始めたコナン・ドイル的パターンでもいいだろうし。
・・・シャーロック殺しても「ホームズの新作書け」ってのは苦痛だったと思うが。

737 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:00:10.57
>>735
あらら(´・ω・`)

738 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:00:57.63
俺も>>729読んだけど
最後の行だけ納得できねえな
ごく一部を除く殆どすべてが初心者の域を出れない

これが正解だと思うよ、応募総数と作家の数から言ってさ

739 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:02:31.61
メフィに昔の輝きはねえしな

740 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:04:00.99
>>733
僕の知っている範囲ではありません。ていうか知りません。
編集に連絡取って持ち込み原稿をしてみては?
連絡するのが嫌だったら編集部に自分の小説に対する情熱か考え方を手紙に書いて送ってから原稿を郵送してみるとか。

741 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:06:22.70
>>738
それは「初心者」の範囲を拡大させすぎ
ギターで言えばFコードが押さえられないのが初心者だろ
本当に極一部、どんなに頑張ってもFコードすら押さえられないような池沼が居るんだよ

742 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:28:33.45
>>736
http://ww5.et.tiki.ne.jp/~aozora/calendar.html

むしろありすぎじゃね?
ちょっと古いから今もっと増えてるだろ

743 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:29:16.71
>>741
Fが押さえられないならまだマシじゃねぇの?だって、それ以外のコードは押さえられるんだろ?バレーコードが苦手なだけだ。それを練習すればいい。
ここのワナビは例えて言うなら、
「ギターを持っただけで、コードの押さえ方も練習してないのに、自分は音楽で食っていけると勘違いしている連中」
だろ。「新しいコード」って言ってBmを見せてくるような連中じゃないか。

744 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:31:29.83
>>742
いくつか(というかかなりの数)が、募集停止してないか?その公募一覧。

745 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:34:43.41
>>743
で、そんな下ばっかり見てどうするの?

あと確か黒夢の清春がそんな感じだったはず
>ギターを持っただけで、コードの押さえ方も練習してないのに、自分は音楽で食っていけると勘違いしている連中が本当に食っていけてる

746 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:36:26.14
ギターを手にしてギターで食っていけるという夢を見なかった少年は居ないよ
たぶん

747 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:39:20.96
文章力を訓練しろと言ってる人は普段どういう訓練してるの?
大学行って日本語でも専攻してるの?
小説教室に通って先生から指導受けてるの?
一日三時間、一つお題を見つけて掌編書いたりしてるの?
せめてwikipediaでもいいから日本語の構造くらいは学んだりしてるの?

結局我流で書き殴ってるだけなんでしょ?

748 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:46:26.69
>>744
募集側も、「嫌ならやめればいい」だけの話なんだよなあ

749 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:55:14.11
>>747

我流で書き殴るが一番いいと思う
書きなぐる→寝かす→醒めた自分で読み返す、みたいなこと
すると、どこを変な風に書くことが多いのかわかる、直せる

あとさ、書きなぐるって言っても
「あれ?ここどう書きなぐればいいんだろう」って殴り方がうまくいかないときがある
そういう経験をしてから、プロのを読書をすると
「あ、こいつこんな風にやってた、なるほどなるほど」ってのがわかる
普通に読書してても話しに気をとられて気がつかないんだけどね
書きなぐってからだと、プロの妙技が見える

プロのを書き写す、は、そいつっぽくなるから矯正に良いと思うんだけど
くせのある作家や文豪を選ぶと、まるでだれかの劣化コピーや下手なくせに古臭い文章の人になる

750 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:57:14.61
>>749
記憶とやってる事一緒じゃん

751 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:00:31.49
>>750
記憶は「誰からも学べてない」電波文章だろ。

752 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:01:04.95
口ばっかでやってねえんじゃね

本当にやってるなら無駄弾撃ってるわな
記憶は頑なに自分を変えないのがいけないと思うよ
本当にやってるならそれは自分を上へ上へと変化させるためでしょ
あいつ人のいうこと聞かないで、これが俺流って思ってるじゃん

753 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:01:19.41
>>749もそうでしょ

754 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:04:58.12
うーん
書きなぐるはやってないかも
書き突付く、くらいはやってるぜ
今月は1日から20日までで50枚くらい書いてるよ

755 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:06:17.41
>>752
最初は我流で自分の思う通りにやる
だけどそれじゃ上手く行かないから他人のやり方を学ぶ
それでも良くならないなら他人に頭を下げて教えてもらう
それでもダメなら最後にはお金払ってでも他人に読んでもらう

という風に、人間は妥協してレベルを下げていくんだよな
記憶はそれをやらないから成長しないって話なんだろうが、
正直人生の使い方なんて人それぞれだから妥協しないのも勝手だと思うけど

756 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:07:44.36
>>747
ネット上にソースが見当たらないんだが、昔、ミステリの女王、アガサ・クリスティはこんなことを言いました。
「はじめは誰かの模倣、真似をしていいのです。書いているうちに自分が出てきます」
ってね。「新しいアイデア」とかにこだわらず、同じテーマで真似して書いたり、ある人の作品を読んで、
「自分ならこうするな」と改変して二次創作をしてもいいのです。
肝心なのは、「どんなに貶されても、その批評をきちんと受け止める」こと。
そして、それを次の作品にフィードバックして、少なくとも「前の作品よりは出来がいい」と自分で思える内容にすること。
その意味で、馴れ合いではない、厳しい批評をしてくれる人は、自分を育ててくれる重要な人。
「お前の文章は日本語として苦痛で読むに耐えないんだよ!」と長年評価されているのに、「これが俺のスタイル」という人が成功するのは、
日本全体で一桁もいないだろ。
そんなことすら理解してない馴れ合いの場が、落選祭り会場であり、SS祭り会場だと認識しています。どうしようもない。

757 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:09:34.05
記憶は書きなぐってるけど、反省タイムが無いよな、きっと
うまく行っていないとも思っていないんじゃないかな
創元への応募作も2日で出来たぜ、とかスピードを誇るような事言ってたし
本人は前へ前へ進んでるつもりで居ると思う

758 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:12:19.13
記憶が正しいのか、お前たちが正しいのか、火曜には分かる。
きっと、どちらも正しくないのだ。皆落ちているから。

759 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:12:43.86
>>755
>正直人生の使い方なんて人それぞれだから妥協しないのも勝手だと思うけど
そりゃそうなんだが、
「俺の話の面白さが理解されないなんてSFも地に落ちたのか!」
とかほざくからウザいだけ。しかもそれを擁護しているアホコテハン。そういう連中が「このスレの伝統ですから落選祭りとSS祭りをします」とか抜かす。
そういうのって世間では「老害」って言われてバカにされているのにな。
・・・と言ったところで連中には届かないのだろう。徒労だな。まぁクソコレはこのスレにこもってろってこった。
他のスレで情報交換すればいい・・・のだけど、記憶のバカは他のスレにも来るから厄介なんだよ。あの基地外。

760 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:12:54.23
>>756
日本人は対人恐怖症という民族的失陥を抱えているくらい他人の悪意に敏感だから、
むしろまともに批評を受け止めてたら病んでしまって筆が止まるタイプが多いと思う
成功してる作家にも「批判や悪意は華麗にスルー、アーアー聞こえない、実は見てるけど」ってタイプが多いと思う

761 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:14:09.36
アガサにだってさ「プ、何言ってんだろこの人は」みたいな見当はずれの批判する人居ただろうけど
記憶はなぁ、みーんな同じこと直せて言うのに頑なだよな

もしかしたらそれが記憶にとってのコードFで、がんばっても抑えられないだけで
これが俺流は、それをごまかしてるのかもしれないけど

762 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:16:59.65
対人恐怖症が日本人にしか存在しない文化依存症候群だと知った時は
おれ、衝撃で腰を抜かしたね

763 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:18:23.43
>>760
頓珍漢な罵倒はスルーすればいい。
だが、「お前の日本語を読むのは苦痛。何が書かれているのか理解できない。あらすじは小説じゃない。単なるオナニー文だ」
と言われても、「これが俺の文章スタイル。文句言うな」と返答するのは、「文章力向上意欲」の欠片もない態度だろ。
「辛辣な批評」=「悪意ある言葉」じゃないよ。その区別が出来ない人間に向上力があるとも思えない。
その区別が出来ないのは、自分の作品を客観的に見れてない傍証でもある。故に技術も表現力も向上しない。向上したくないのならいいんだけどね。

764 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:22:10.55
>>762
韓国人の「火病」はきちんと認められた「民族的先天的精神疾患」なんだけどなwwwアメリカ精神医学の本にも明記されてる。
でも、日本人の「対人恐怖症」がそうだとは寡聞にして知らんな。まぁ、その人はそういう事にして自分が攻撃されることから逃げたいんだろ。
悪い批評が怖くて人前に文章晒せるのかっての。辛辣な批評大歓迎だぜ、俺は。もちろん「見当違いな人格否定」は無視するけど。

765 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:23:06.13
>>763
俺はお前が一次落ちして記憶が一次通過する可能性もなくはないと思うけどなあ

仮に、中央値より高い「通過率2割」の実力があったとして、
それでも15回連続で一次落ちする可能性は3.5%もあるからね
ボーダー以上の実力があっても、30人に一人はそういう状況に陥る人が居るという事だよ

766 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:24:16.66
>>762

へえーーー
韓国人が火病とかについて調べたら同じ事思うんだろうね
「おれらだけなのかよ!」って

767 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:25:29.53
>>764
ま、一番冷や汗が出るのは「感想0」なんですがね

768 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:25:38.33
>>765
なんで審査通過に確率論が通用するんだよ。審査員の恣意的な目で判断されるんだから、確率論で語れる話じゃない・・・ということも理解できないのかよ(´・ω・`)アホらし。

769 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:26:16.65
>>767
それはマジでヘコむ(´・ω・`)マジで・・・

770 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:33:09.82
>>765
それさ、統計を見誤ってるよ
通貨率2割は2割通過して通過しないのが8割で
そのうち下位数パーセントになる確率がx%で
つぎのランクに入る確立がX%で〜ってことでしょ

小説の賞はそんな目の偏ったサイコロやダーツ投げた時の偏りのようなものではなく
通貨率2割ならいつも大体ボーダーのちょっと下に居るだけだよ
応募作なんだから、あんまり不出来ならださない選択があるところが、ダーツと違う
あと世の中のトレンドや、他の応募者の能力で通過だったり落選だったりする

771 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:35:17.92
>>770
ダーツも上手く投げられる時と上手く投げられない時があるんだけど

772 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:37:29.34
単純系なら10回連続で失敗しても確率的にまだ見込みはあるけど、
複雑系なら10回連続で失敗したらもう見込みはないってのは、

どういう根拠によるもの?

773 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:38:22.75
>上手く投げられる時と上手く投げられない時

↑これでサンプルとるんだけど

うまく投げられなくても飛んで行って標本のひとつになるでしょ
小説はうまく行かなきゃ没に出来る
ダーツで統計取ってるときに「うわ今の失敗、なしにして」とか無いじゃん

774 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:41:02.73
>>773
応募総数を母数にサンプル抽出してるんだから、
そもそも応募してないのは何の関係もない事象なんだけど?

775 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:41:29.66
あと、ダーツで的は固定だが
小説のの場合「あ、これ良くできてるけど、たまたまだろうけどXXXに似てるわ」みたいな
マトが動くとかがある
無いと信じてるけど恣意的な編集者の「あたしこういうの苦手なのよね」とかね

776 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:42:14.90
>>775
つまり複雑系だって事でしょ?
>>772に答えてよ

777 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:44:01.18
単純系(コインの表裏)であろうと、
複雑系(例えば天気、降水確率)であろうと、

1/2は1/2だと思うんだけど?

778 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:45:55.66
>>770
通貨率とか確立とかは気にしようよ、と突っ込んでみる。

SF系新人賞には出してなくて、気にしてるだけの人だけど、確率で考えちゃうのもわかると言えばわかる。
先日の宝くじの当選発表の日、当たらないだろうと思いつつももしかしたら、と考えてる感覚は、もうちょい
したら発表になる選考結果を待つ心境と似てる感じがした。

下読みレベルでは運も絡む可能性があるにせよ、基本は実力の問題。
それがわかってても、それなりに自信があったりなかったりの作品は「もしかしたら」くらいのことは
考えなくはないしね。
通過割合がある程度一定だと、考えたくはなっちゃうね。

779 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:46:35.96
>>774
そういうことではなく

こちら側で母集団をいじれるのではダーツや目の偏ったサイコロのような
統計データとは、ばらつき方が違うのではないか?
不出来や出来のいいものが万遍なく出てこないだろうってことだよ

780 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:49:59.94
たとえば中央地の能力の人がいて
ダーツなら出した順位を並べれば真ん中を中心の放物線を書くだろうけど

小説は応募しないもあるだろうから右側に放物線が移動し
かつすぱっと左の低いところが崖になるんじゃね、ってこと

781 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:51:34.67
いやまて、みながみな駄作は応募を控えるだろうから
それはそれで放物線になるんじゃね

782 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:52:12.78
複雑系だろうと単純系だろうと同じ事だと思うんだけどなあ

ここで言う実力とは、わかりやすく実数を使えば、
10000回やったら2000回通過するだろうって指数だよ
当然試行回数が増えるほど精度は高くなる

10回や20回なんて、統計で言ったら全く当てにならない試行回数なんだが?

783 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:56:52.65
だから統計意味ねーべ
って思う人が居るわけでしょ

10作も読めば、「ああこいつこのレベルのままなら絶対ダメそう」くらい、
あなたにもわかるでしょ

784 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 02:00:11.33
>>783
全くわからんな
少なくとも市場に出てる小説の9割以上が俺にとっては1ページも読み進められない苦痛に満ちた作品ばかりだから、
掌編や短編の十作程度では全くわからない

785 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 02:03:28.53
それはここではなくお医者様にそうだんして

786 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 02:04:40.92
>>785
はあ、結局「感覚でなんとなくわかるだろ、わかれよ」程度の思考しかしてなかったわけね

787 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 02:09:02.34
俺、星新一って割と好きな方の作家なんだけど、
ショートショート1001(全集全三巻)の一巻で力尽きたんだけど
既読もあって「もういいや」ってなったのはあるが
好きな方の作家でもそんなもんだぞ

788 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 02:09:22.58
そりゃそうだ、小説だもの
音楽も絵画もそうじゃね?
タイムがでたり、数値で優越がわかるゲームではない

多少細かいところで理解できないこととか、流行り廃りあるにせよ
感覚なんて身につくよ、俺でも身についてるんだから

789 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 02:10:59.63
>>788
読者のプロたる評論家や編集者がちょくちょく誤謬かましてるを見て何も感じないの?
それこそ感覚を疑うけど

790 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 02:11:09.02
あ、もちろん感覚が身についても
それを自分がやれるかっていうのは別ね

791 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 02:27:35.27
感覚だからさ個人や年代、時代で違いがあるのはしょうがないとおもうよ
変わらないのもあるわけだし
あちこち応募するしかないね
でもそれはやり方の良し悪しであって
やれてないものは勝負にすらならんでしょ

絵画だと抽象画みたいなへたのかわざとかわからんのがあるけど
小説ではすたれたし、

792 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 02:32:14.71
とりあえず応募以前の駄作は母数に数えられないし、
単純系と複雑系の違いについても説明できないという事でいいんだね?

793 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 02:39:48.32
そだね、それできみがだまるなら、それが一番良いよ

794 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 02:55:22.28
金融危機とか津波とかダーツとかほとんど確率ゼロのことが起こったりするけど
賞ではないきがする
いつも優秀なやつが最低評価はあるだろうけど
いつも最低評価が優勝はありえない
だから統計は意味ないんじゃないかな
複雑系とかなんの関係もない

795 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 03:37:06.66
>>777
君は確率論がわかっていないようなので、それをアイデアの下敷きにして物語を書かない方がいい、とだけ。

796 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 03:41:09.70
>>786
そこまで「絶望的なまで」に確率論がわかってない人間に、このスレで確率論の説明を細かくしても無駄だし、
説明しても、「だけど〜」と自分の勘違いを認識しないだろうから(>>777の発言)、君はそのままでいい。
だが、その間違った確率論の理解で物語を書いても(SFに限らず)、つまらないご都合主義の話になることは頭の片隅にでも置いておいてくれると嬉しい。

797 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 03:45:41.40
単純に一次通過二次通過は、「審査員」という目を通して選ばれる「恣意的な環境」なので、
「何%の作品は(内容のレベルに関係なく)通過する」というような無作為な確率論とは異なる抽出方法だから、
「何%の確率で通る」という確率論めいたオカルトな希望にすがっても意味はない。
「内容がいいもの」が残るのだし、「駄作」が残る可能性は限りなくゼロに近い。
「通過作は審査員の恣意的な選択によって選ばれる」ということは、そういうことだ。確率論なんて微塵も通用しない。
・・・という程度のことは、高校の「確率・統計」で学ぶレベルなのだが、SFワナビは高校数学も理解してないバカなのか。まぁ記憶氏の頭のレベルを考えれば納得することではある。

798 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 06:51:29.88
>>797
だからそれを複雑系っていうんだろ?
確率論を学んでるくせに「恣意的な環境」みたいな変な日本語も使ってるし、
お前の方がわかってないから

799 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 07:06:27.37
天気予報の確率っていうのは、
気圧配置や、風向き、風速、時期、地形、雲の量、海抜など複数の要素から判断する複雑系で、
厳密には確率というより統計だろ?

んで、
小説の公募というのは、審査員の主観、レーベルカラー、カテゴリーエラー、応募作の質、郵便事故、などからなる複雑系だろ?
つまり、厳密に確率を弾き出す事はできないので統計で言うしかない

が、記憶の一次落ち回数(確か十回くらいだっけ)程度ではとても信頼できる統計にはならないので、
通過率aに20を代入した時の仮の話をしたんだけど

800 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 07:11:48.21
そして、複雑系の確率を求める場合、
各種の要素は全て乗算されるわけだから、
例えば「作品の質」という変数が0である場合(要するに誰が見てもアウトの駄作の場合)、

複雑系であっても確率は0になるわけ
0には何を掛けても0ですから

ok?

801 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 07:21:56.30
だーかーらー、小説公募は色んな要素があってそんな単純じゃねえんだって、な?

って言いたい気持ちはわかるんだけど、
それを言うなら天気予報だってそうだし、
それを複雑系と言うんだけど、

802 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 07:52:50.13
>>797
確率統計における「複雑系」の意味もわかってないのか。意思あるものが意図的に介入して、それが結果に及ぼされる事象は「確率論」とは言わんのですがねぇ。
あと、「恣意的な環境」のどこが変な日本語なのか。まぁ「恣意的」の意味がわからないと、確かに理解できない言葉かね。komattamonnda .

803 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 07:56:52.53
>>799
「審査員の主観」が入っている時点で、確率でも統計でも処理できない系になることもわからんのか。
そこに「任意に選択する存在」がある時点で、確率でも統計でも一般処理できない事象に早変わり。
「介入した人間の有意性」が認められる環境に、確率論も統計論も通用しません。通常起こりえない事象を「任意に選択できる」んだから。(「KAGEROU」が文学賞受賞のような)
だから、文学賞とかの選考がある事象について、確率・統計論で語るのはアホな考えなんだよ。本気でバカか。

804 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 07:58:50.33
>>801
「複雑系」の意味もわかってないのだな。あぁ、そりゃ確率を主体にしたSFも書けなくなるよね。「意思の介在」が確率も統計も吹き飛ばすくらい強力なパワーってことを理解してなさすぎ。

805 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 08:01:20.12
>>802-804
そうすると決定理論を完全否定する事になるんだけどいいの?

806 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 08:02:07.65
>「意思の介在」が確率も統計も吹き飛ばすくらい強力なパワーってことを理解してなさすぎ。

なにこれ?
どっかの宗教?
幸福の科学とか?

807 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 08:02:13.22
単純なサイコロの目ですら、「イカサマ」という意思の介在で、1/6の確率なんか吹き飛んでしまう「胴元に都合のいい結果しかださない事象」に変わるのに。
複雑系でもなんでもないよ。確率統計で処理する分野ではない世界の話になるだけ。
んで、「選考者が面白いと思うもの」を恣意的に選択するんだから、一次通過も二次通過にも確率論は関係ないの。選考者のさじ加減一つ。
そんなものは確率・統計で扱える問題じゃないんだよ。「任意に選択をする」ことが、確率論に与えるダメージもわかってないのか。

808 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 08:04:49.07
>>805
バカですか?本気で「バカ」って周囲から言われているだろ?「公募の賞を決める」任意的な行為と、自然事象での確率論の違いをまるで理解してないバカだろ。
>>806
選考者の嗜好で当落が決まる。という当たり前のことが宗教ですか。本気で何にもわかってないのか。頭痛いなぁ。

809 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 08:05:18.84
>>807
胴元が結果を参照して確率操作を行ったりするならそうだろうけど、
小説公募はそうじゃないし「結果」だけの統計なら取れるでしょ

810 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 08:07:04.10
>>808
一次審査を9割落とす(1割を通過させる)ものと仮定すると、
その審査員という判断基準の内部でまた複雑系が発生してるだけでしょ

811 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 08:11:49.33
>>809
「結果だけの統計」wwwバカですかwww統計は「結果から類推する」んだから当たり前。
そして、その前提に「第三者の任意的な意思が介在しない」ことが前提。公募の選考に確率統計論が使えるってバカの発想だろ。
「使える」と主張するなら、過去の創元SF短編受賞作が、「統計的に選択された」理由を数式で表現してみろっての。
こっちは「そんなものは存在しない」という立場だから、数式で証明する必要はない。「統計で処理できる」と主張している側が証明して見なさいなwww
あーあー、アホクサ。

812 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 08:13:35.90
>>810
>一次審査を9割落とす(1割を通過させる)ものと仮定すると、
その程度のスクリーニングは複雑系でもなんでもねぇよ。逃げんな。ちゃんと式で過去の受賞作が「確率統計的に受賞作に選ばれる可能性が高かった」ことを数式を用いて証明せよ。
それが出来ないのなら、「確率・統計」という言葉で遊んでいるだけのバカ確定だ。

813 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 08:20:20.89
意思が介在したら確率が無意味になるとか宗教じみた事が真だとすれば、
株式市場では統計も確率も何もかも無意味だね

小説公募は「胴元の確率操作」じゃなくて、
むしろ「美人投票」や「ゲーム理論」の方に近いだろ
思いっきり統計が幅を効かせる分野じゃん


>ちゃんと式で過去の受賞作が「確率統計的に受賞作に選ばれる可能性が高かった」

いや、複雑系は統計だから、たった「数回」の試行では信頼出来る数字にならないという事を何回も説明してるよね
過去三日以内のデータ以外をマスクして、10年間の天気予報をしなさいと言ってるくらい無茶ぶりだから

814 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 08:27:41.57
例えば、「出来レースX」という、「胴元の確率操作」にかなり近似の要素を入れたとしても、
「作品の質Y」がとても高かった場合、「出来レースを取りやめてそっちを受賞させる」
という事もありえるよね
つまり、(お前の謎理論上では)確率を無効化するXすらも、Yに影響されて変数になる

つまり、「出来レース」という「意思の介入」すらも、複雑系の一要素に内包できると思うんだが

815 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 08:36:51.59
>>814
マジでアホなんだなぁwww
過去何回か行われた公募の背後にある系が同じであるという確信は何を元にしているんだい?
各回における「公募作品の評価軸」そのものが恣意的にブレる状況なのだから、株式やゲーム理論以上に「地盤ゆるゆるで評価軸が決められない」要素なんだが。
あと、数回の試行で信頼できないのなら、いま信頼できない状況なのに「確率統計論」で受賞作の傾向を探ろうとする行為そのものが徒労。
・・・なんか、君は自分で自分が最初に主張した「確率統計を駆使すれば」という手法そのものを否定しているだけだね。
まぁ、それでも「確率統計から受賞作の傾向は掴める」とおもうのは自由だけどなwww業界のはやり廃りの時間的変遷の方が速くて、そんな統計論導き出せるわけがないがな。
それでも自分が正しいと思うのなら、がんばって、証明式を導いてくれwww現実味のない脳内妄想に付き合うのも、結構疲れるんだよwww

816 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 10:27:49.20
ああーっ! すげえ事に気付いてしまったーっ!
物理学を専攻しておくべきだったぁーっ!
そうすりゃ俺は歴史に名を刻んでいたのにぃっぃいぃぃいぁdfj

817 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 11:19:30.98
原発爆発前はネット上にこんなにサヨクが蔓延すると誰も予想してなかったよな
居ても集中砲火ですぐ沈められてたし

818 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 12:20:02.21
韓国嫌いがみな天皇を崇拝するウヨクだとか
原発ビビリがみな中韓、日教組好きのサヨクだって考えがおかしいんだと思うぜ

俺が気がついたすげえ事は

複雑系と決定しようが、複雑系と関係なかろうが
答えを知ったところで、入賞に近づいたりしないって事だな
パチンコみたいに「確立がXで100発あたりの回転数がYだから
長い目で見れば勝てる・負ける」みたいなことがない
レベルが向上しない限り
1000000作だせば1作は入賞のはずだ、とかがない

あれ? やっぱり複雑系とか確立とか関係なくね?

819 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 12:43:39.37
だからその「レベル」も変数として複雑系に組み込めますよねって話なんですがね
パチンコで言うと釘とか目押しの精度に当たる部分ですよ
物理的に釘が閉じてたらそもそも回らないし、目押しできないと確率激減でしょ
別にそれらが完全に等価で置き換えられる完璧な例え話だと言ってるわけじゃないんですけどね

それでも
比率から何まで一緒じゃないと例え話は許さないとかそういう方向に行くのもわかってるんですがね
わざと理解を拒むとでも言いましょうか

例え話で概念を掴むのがほんと苦手な人って居ますよね

大体ね、十年必死こいて小説書いても精々50作作るのが限界でしょ
それでも「長い目」には足りないんですよ
いや、言っても理解してもらえないのはわかってるんですけどね

820 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 12:44:44.65
書きこんでいる俺が言うのも何だが、
そろそろ、何か、本よんだり文章書いたりする時間じゃないだろうか
確率とか、もうそろそろ、このへんで良いだろう?

>>817
小林よしのりを見ればわかるように、「愛国」のスタンスで原発反対を言っている人もいる。
サヨク、ウヨク、などという分類そのものが今の時代には無効だと思う。
もうそろそろいい加減、それに気づいても良い時期では?

821 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 12:52:33.97
>>820
2chの書き込みは他人から観測できるからそうやって無駄だのやめろだのもっと他にやる事あるだろだの、
お前みたいな説教する奴が出てくるんですがね

他人から観測されようがされまいが、無駄な時間は無駄な時間だろ
2chに書き込んでる時間は確かに無駄な時間だが、
書き込んでなくても無駄な時間は無駄になってるんだよ
オナニーなんて十分でさっさと済ませられるのに、三時間じっくりオナニーしたら2時間50分が無駄になるの

だけど他人の目ばっかり気にしてるしょうもない奴らは、
オナニーで無駄にした2時間50分は無かった事にするけど、
2chで無駄にした2時間50分は無駄だと認識するわけ

いいよもう、そういう「他人からどう見られるか」ばっかり気にしてる生き方は

822 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:00:19.02
>サヨク、ウヨク、などという分類そのものが今の時代には無効だと思う。

あとこれもないな
人間は三十くらいを過ぎると政治脳になってしまって、
イデオロギーでしかものを考えられない豚になるから
具体的に言うと相手が何言ってるかなんてどうでもよくなって、
「で、おめえさんはどっちの立場なんだよ?」しか見なくなる

823 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:03:38.27
>>821
おい、なんか知らないが、疲れているんじゃないのか
淹れたてのコーヒーでも飲んで、ハインラインの古い作品でも読めばよい

ところで俺、おととい、はじめてロバート・A・ハインライン読んだんだよ
ここでしきりに名前でてくるけど、そういうのすべて無視してまったく気にもしていなかったんだが
図書館のティーンズコーナーで、すごく適当に8冊ほど借りた中にそれがたまたま入っていた

「夏への扉」
1957年の作品らしいね。俺は読後にそれを知ってちょっと驚いたよ
それなりに面白いし、不思議と、今読んでも古さを感じないね
俺が書いてる小説が、今から60年後とかに、「古さを感じさせない」とか、誰かに言ってもらえるかなぁ
いや、じわっと、そんな感慨にふけってしまった

ちなみに俺は「オナニー」より「マスターベーション」の方が好みです
なんか「オナニー」っていうと、いささか野卑な感じがしないか?

824 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:05:24.47
>>823
こんなバカを自分と同等の存在と思って真面目にレスしてた自分がアホらしくなるレスですね

825 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:08:39.93
>>824
さびしいことを言うなよ。どれだけ自分が賢いと思っていたんだ、貴方は

826 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:17:17.71
おれは夏への扉よんだとき
古臭さ全開に笑ったな、子供のころ好きだったSF物によくある未来ってかんじ
嫌いじゃないけど、こんな未来が出てくる話ばっか読んでたよな、って思った

長い目はべつに縦にだけではなく横にも出来るでしょ
たとえば同じレベルのやつ10万人100万人あつめて同じ名前で応募してみる
それでも優勝は無い、大数の法則は効かない、つまり理想的なコインではないのだから
複雑系だという根拠が見つかっても意味無いよ

827 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:20:32.23
>>826
あるから
何故ないなんて思うんだ
応募数が多すぎて賞自体が消滅するという意味か?

828 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:20:47.74
>>822
まったくわからないな
自分は30を過ぎているが、政治脳になっていないし(そもそも政治脳って何だ??)、「世の中、学生の頃に考えてたより、はるかに複雑だなあ」と。ますます思うようになった。
822が17才の僕なのか25歳のワタシなのか知らないが、あなたの意見はちょっと、あまりにも極端にすぎると思うね

829 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:23:26.71
>>828
社会に出て集団内での力学に接するうちに、
自然と脳味噌が政治力学に染まっていった状態を政治脳と呼称しております

830 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:28:09.04
繰り返すけど、
確率言い出すと、万が一優勝の可能性があるはずだってなるけど、ないから、

すなおにレベルの向上を目指したほうが正しい、訓練しろよ努力しろよ
もしレベルの向上が天井にぶち当たったらどうするか? そりゃ諦めるしかない

「確立で言えばゼロじゃない、ブラックスワンは居るはずだ」
 ↑これは僥倖にすがる怠け者のたわごと、天気や津波、原発事故、金融危機とは違う

831 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:29:20.38
・駄作はほぼ落ちる
・何故これが一次落ち? というボーダー作品もある(大森談)
・良作だから必ず通過する訳ではない

つまり、「レベル」という変数が、
指数関数的な曲線を描きつつある辺りで高止まりする特殊な変数だという事だろ、
ちゃんと有効数字になってるなら100万応募したらどれか当たるわっての

832 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:32:00.38
>>830
あるから
何故無いなんて言い切れるんだ?

マクロのスケールで見た統計的な話をしてるのに、
>すなおにレベルの向上を目指したほうが正しい
とやっぱりミクロの問題にすり替えが始まったし

誰もそんな話はしてねーんだっつの

833 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:34:47.34
「傷があるけど才能を感じる」←受かるかも
「傷が大きすぎて小説として成立していない」←落ちる

100万作あったとしてもすべて落ちる

前衛的な壊れて見える小説が評価される時代が来たとしても
壊れて見えるのが上手い人が受賞するだけ、壊れているやつは落ちる

834 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:35:11.46
>>830
自分も、この人と同意見だ
陸上競技にたとえれば、標準記録を突破した選手たちの大会であり、優勝争いなわけで

今の時点で標準記録に達する物語作成能力のない人は、100万作品応募しても勝てないと思いますね
だから、少なくとも「そこそこの文章」が書けるようになるまでは、努力あるのみではないだろうか
あ、私自身が今その標準記録をクリアできてるかどうかは、また別の話ってわけですが

835 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:37:20.75
ひとつ聞いていいか?

1/2で表、1/2で裏が出るコインがあって、
コイントスをしたら18回連続で裏が出た
さて、次のコイントスでまた裏が出る確率は何%?

836 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:38:26.25
・駄作はほぼ落ちる

そうかもしれない、でも

作品になっていないモノはすべて落ちる
って言うそれだけ 

100万あれば、どれかあたるとか夢見すぎ

837 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:39:46.25
>>836
駄作じゃないものを100万回応募したらどうなりますか?

そして、駄作家であるかどうかを判断するのに十数回では試行回数が足りないと言ってるの
精神論はやめてくれませんか?

838 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:40:16.75
>>835

50%だろ
ゆがみの無いコインで100万回裏でも次の確立は5割

コイントスと賞はちがーのに、って言われてるのわからないの?

839 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:44:55.48
コイントスでも、
天気予報でも、
小説応募でも、

1/2は1/2だと思うんですが

何故小説応募に限っては、0に近い値を代入したがるんですかね?

840 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:46:51.74
>>837
18回連続で落選した場合、
「僕は駄作しか書けない」と、落胆して筆を折る必要はまったくないが、

「この賞では、僕の作風はあまり好まれないのではないだろうか」
「もっと別に、どこか、僕が小説家として世にでるための足掛かりはないだろうか?」

と、別のトライアルに切りかえる。こっちのが、僕は理性的だと思うけどね

841 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 13:52:56.14
18回連続で落選した場合

へたくそなのか、合ってないのか判断する必要があると思いますよ
そもそも「合っていないところに出すなよw、それも判断できないのかよ」っては思いますが

ちなみに自分は18回以上落ちていますが、
劣っている(つまり練習が必要な)部分にある程度でしょうけど気がついていますよ
向上も感じていますし、結果も思っているとおりになっています

合っていないのだ、とか 編集者が馬鹿なのだ、世の中の傾向が悪い
ばかり言ってるのは、後ろ向きですね

842 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 14:01:12.39
根底に「人間の意思は確率では決まらない! 人間は特別で機械であるはずがないんだ!」
みたいなものが透けてみえますね

人間も自然現象であって物質に過ぎないと思うんですが
何故それを変数として扱っちゃいけないんですかね?

843 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 14:05:49.60
>>841
18回以上も応募ですか。うーん、大先輩だ

いや、あなたの作品を読んでいないから本当に良い悪いはわからないのですが、
今後も同パターンの投稿行動を続けることで確実に突破できる、「いや、するのだ」というモチベーションがしっかりあるならそれで良いと思います

しかし、たとえば同人誌に発表するとか、ウェブで公開するとか、
ちょっと小金ためて自費で本にしてしまうとか、いろんな手段はあると思うんだよね
誰だったか忘れたけど、自分の本を出版するために、何年もかけて自分が社長の出版社を先につくっちゃった作家もいたと聞くし

僕は本心から言うと、あなたのその、継続してとりくむスタンスにかなり感銘をうけました。
でもほんとにそこしかないのかな? けっこう良い作品書いてるのに、ただ単に今まで応募してた場所と相性が悪いとか、そういう可能性もありますよ

844 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 14:13:54.49
>>842
純粋に、現実問題としてできるかできないかの問題だと思います

理論上、いま現在あなたが書くレベルの作品1800万作を応募すれば1つは入賞する可能性があるとする
なるほど。
でも、できるの? ならば、やればよい。むしろやってみてほしい。やれ。

でもできないじゃん。
1回にひとりで100作品を応募すら、現実的ではないし、
ぶっちゃけ、1回のコンペに5作品、自作を応募できたら良い方じゃないですか。

1000万作品とか1億とか、夢の話はもういいよって。思っちゃうのが普通じゃないかな

845 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 14:21:31.56
不遜なバカに聞こえるでしょうけど

将来作家になってリライトして出版するつもりがあるので
劣っている作品を公開したり、自費出版で出すのは控えてます

>何故それを変数として扱っちゃいけないんですかね?

もしかしたら変数としてあつかって良くて
駄作も、壊れ作も低い可能性だけど受かることがあるのかもしれませんね
人間が審査する料理コンテストにママごとの泥団子を出して優勝する日もくるかもしれません
(僕自身は、仮に審査委員に異食症患者がいても無理だろうと根拠無く思いこんでますが)
サルがキーボードを目茶目茶たたいたら、シェイクスピアの作品と一字一句同じだった
みたいな事ですよね

846 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 14:31:19.78
>>845
うわぁ、僕と同じ考えじゃないですか、それ。同族発見。
僕の場合はたぶんあなたより試行回数と経験値がまだ少ないと思うけど。

>何故それを変数として扱っちゃいけないんですかね?
僕も、変数として扱って良いと思いますよ。扱っていけない理由は僕にはわからない。

ただ僕は、
「そういう、確率にたよって今のレベルのを多数投げまくる」よりは、
「じわっとレベルアップしつつ、自分の精度を上げて少数投げる」方が、なんとなくだけど、ブレークスルーまでの道のりは短い気がする。
だからそっちの判断でやってます。すごいアバウトな話だけどね。
一番良いのは、「レベルアップしながら多数投げ続ける」だと思う。

847 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 15:02:25.70
白熱

848 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 15:32:00.17
「100万回空に石を投げ続ければ、いつか、そのうちの石の一つが宇宙に到達する」<<バカの世迷い言。
人類が宇宙に飛び出るための努力や経験、研究をすっ飛ばして、
「回数増やせば一次通過の確率上がるじゃん」だけで、努力もしない人。そんな人間が確率論にだけ頼ってるんでないの?
まったく、どうしようもないくらい向上心を持ってないカスだよなぁ。まぁこのスレはそういう人間が集まって、
「なんで俺の作品が落ちたんだ!」
と愚痴る場所か。追いつめてもしょうがないんだろうな。

849 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 15:33:07.09
>>839
確率ってなにかそのものを理解してない奴が、確率を語るな。アホか。

850 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 15:34:52.30
あぁ、その昔、
「可能性はゼロじゃない」
という言葉で全ての議論・追求から逃げていたバカを思い出した。そいつは結局自縄自縛になってネットから消えたけど。
「可能性をあげる努力をしなきゃ、限りなくゼロに近いんだよ」という事が、感覚的にわからんのだろうな。そういう人間は。

851 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 18:03:59.64
一次発表。かなり絞ってきたな。

852 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 18:08:41.95
落ちたあああああああああああああああああああああ
MMORPGものは嫌いなのかハヤカワよぉ……

853 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 18:59:08.64
MMORPGものっていったらスラムオンラインか

854 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 19:19:10.96
どこどこ

855 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 19:58:52.49
>>848
確率わかってなさすぎてワロタ

856 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 20:19:49.56
でも確率わかっても利用できないんだろ?
ひとりさびしく笑ってりゃいいさ

857 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 20:30:16.81
コイントスで6回連続で裏が出る確率は1.5%
仮に、全体の一次通過率(10%)をそのまま単体に代入してみると、40回連続で落ちる確率も1.5%

コイントスでは、裏が五回出た次に、また裏が出てくる確率がちゃんとわかるのに、(おそらく単純系で理解しやすいから)
公募では「お前じゃもう無理」「他の賞に送ったら?」などと、コインの傾向で結果を判断してしまう

それどころか、相手の態度によって大きくバイアスがかかる
(記憶と>>841の扱いの差を参照)
複雑系に態度で係数をかけられて、その係数がやたらと大きく見なされてるという事だな

日本人の、態度が結果に及ぼす影響を誇大視する傾向はやはりすごいものがあるな

858 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 20:36:59.27
記憶が一次通過する確率が、「石を投げてそれが宇宙に到達する確率」と同程度だと言うのは、
はっきり言って盛りすぎ

人間は序列を作って集団を営む生物だから、
ほんのわずかな差ですらまるで絶対に超えられない壁のように吹聴する事がままある
特に日本人は民族的に他人との差異が少なく、ちょっとの事でも誇大に言い立てる傾向がある
0.1の差を2とか3だとか盛るのは差別ですよと、先人達が差別解消に取り組んできた歴史と逆行するような「態度」だな

859 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 20:39:30.23
俺だって記憶が一次通過するとは考えちゃいないが、
それは何の根拠もなく精査もしていない感覚的なものだから、
全くアテにならないでしょ

自分の感覚は疑った方がいいと思うけどな

860 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 20:50:41.71
>理論上、いま現在あなたが書くレベルの作品1800万作を応募すれば1つは入賞する可能性があるとする
>でも、できるの? できないじゃん。

はぐれメタルを256匹倒したら一匹仲間になるんですか?
ちがうでしょ
最初の一匹でも1/256の確率で仲間になるんですよ

861 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 20:54:23.35
お前らの中では、記憶の実力はよほど下の位置にいるんだなw

862 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 20:54:56.65
神様「何でも願いをかなえてやろう」
記憶「石を投げて宇宙まで届かせたい」
神様「馬鹿かおまえw いくら神でも無理無理、他のにしろ」
記憶「なら小説の新人賞受賞したい」
神様「…………、えーと、よしわかった、ほら早く石選べ」

863 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 20:58:22.95
まあ、どんな小説書いてるか大体わかりますよ

「嫌な予感」が当たったり、
「態度の悪い登場人物に妙に必罰的」だったり、
日本人にしか発症しない「対人恐怖症」をファンタジー世界で発症してたり、
こういう儒教的な感覚が人類スタンダードだと思って、作中に盛り込んでしまう小説を

何の根拠もないパラノイアですがね

864 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 20:58:27.22
この作品が受賞の可能性は100%とか90%とか50%とか
作品ごとにあるわけだ
そしてある程度以下は、確立が少なくなるのではなく
すべてゼロってだけ
両面裏のコインをせっせと投げるようなもの

865 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:02:11.76
>>864
中にはそういう人、そういう作品もあるでしょう

866 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:05:30.68
でも確立さんたちはそれがわからない
いいやめっちゃめっちゃ小さくともあるはずだ
天気や津波のように、新人賞だけ無いわけが無い
と主張する

ないからw 宇宙に石投げるのと等価
つまりゼロ

867 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:08:04.93
>>866
他人にもわからないと思うけど

868 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:12:51.21
他人にもわからないよね?
答えて

869 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:16:34.27
結局、
根拠は「見たらわかるだろ、感覚でさ、ほら、わかれよ!」
という体感なんですよね

人類の歴史や科学史は、その体感の否定の歴史だと思うんですが

870 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:22:07.00
芸術はその感覚を磨くことだったりしますよ
ぼくはモーツアルトの良さも、ピカソのすごさもジャズの良さも
わからないけどね

あそこに上手い下手とかあって、彼らの中では価値観が共有できている
(絶対ではなく差異はあるでしょうけど)という事実を
否定したりしないですよ

ぼくには、自分の子供の適当な演奏とジャズに差を感じないですが
まさか子供がジャズの大会で優勝とか思わないですよ

871 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:24:13.02
>>870
芸術はノウハウと技術です

原始時代の壁画に超写実画がありますか?
民族音楽に複雑な和声が盛り込まれてますか?

872 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:25:32.45
盛り込まれてるよ

873 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:26:07.96
>>872
具体例をよろしくね

874 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:28:15.43
ググってますねググってますね

875 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:29:32.61
あおらないーあおらないー

876 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:30:29.15
ほとぼりが冷めた頃に別の場所で>>871の理屈を使う奴が出てくるんだと思うとまあ反吐が出そうになりますが別にそれはいいです

877 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:31:20.36
芸術はノウハウと技能のみではないです
間違えないでテクさえすごければ良いなら
コンピュータにやらせればいい

技術があるとしてもその物差しは同じものではないです
壁の壁画でも、竹と木や石ででできた粗末な楽器でも
そこには彼らなりの上手い下手だ、論外だ、があり
それは、絶対間違えないで早引きが出来るコンピューターに
劣っているわけではありません

878 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:35:15.86
http://www.youtube.com/watch?v=XWEpnHZ9XFE

879 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 22:02:59.60
>>878
それもノウハウの継承だと思うんですが、

>民族音楽に複雑な和声が盛り込まれてますか?

これは明確な間違いだったようなので撤回しておきます
不勉強でどうもすいませんでした


>>877
なーんか数年前まで「コンピュータごときが将棋で人間に勝てるわけがないんだ」
とか言ってる人が大勢居たんですが、
帰納するだけでそこから敷衍させたり演繹できない人にそれを解説するのは非常に困難なので諦めます
どうもすいませんでした

個人的には、人間は千年後や二千年後には、
コンピュータの自動生成芸術を楽しむようになってると思いますがね
むしろ、余計なバイアスがかからない分、
前衛芸術や新技法の開拓すらもコンピュータの方が得意になってるとすら思います
まあ、僕や君は人類に何の貢献もせず、
ただ消費と快楽をむさぼりくだらない小説を書いて人生を終えるだけなので、
そんな事を気にする必要はないんですがね

880 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 22:12:14.04
いや実際には帰納だけでいいんですけどね
ハインラインも「演繹はちょくちょく誤謬を含むから帰納にしとけ」と言ってるわけだしね

何故か人間は無作為な抽出をしてもそこにバイアスをかけてしまうってだけで、
帰納は悪くないんですよ
人間の脳が悪いんだ

881 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 23:11:45.73
今更だけど、このスレは記憶以外にハヤカワSF応募したやつ何人ぐらいいるの?
ちなみに俺は応募したよ。

882 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 00:05:04.35
ここは新人賞スレではなく、最後にレスした方が勝ちの口論をする場所ですから

883 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 00:28:19.39
応募したお

884 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 00:32:56.83
多分25日のSFマガジンでも一次発表は無い気がするね
大森が「応募数が多くなるとコストが跳ね上がって大変」みたいなツイートしてたけど、
そのフラグだと思う

885 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 00:56:06.53
応募したよ、みんなはどんなの書いたの? 俺は
一人の天才科学者が平和な世の中にしようと
他人を殺そうと考えると死んでしまうウィルスを世界中にまいて
世界から戦争がなくなるんだけど
なぜかウィルスが効かないものたちがいて反乱を起こす。
ちゃくちゃくと世界が彼らの手に落ちていく中
その団体のリーダーの娘と脳記憶メモリーを取り違えた少女が
まちがって脳リカバリーしてしまう
それとは別に主人公が、世界放浪の旅行から帰ってきて、アルバムみたいに
脳記憶メモリーの動画を友人に再生してみせていたら、
どうやら記憶に削除されている部分があることに気がつく
しかも脳記憶投稿サイトには、自分が投稿して無い記憶がアップされていて
それは、最初どうみても普通の観光地案内なんだけど〜

みたいな話、

886 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 01:00:08.93
創元ならまず通らないだろうけどハヤカワならありかもな

887 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 01:06:46.17
というか日本SF新人賞っぽい

888 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 01:28:08.52
うんそれある意味正解w、そのへんに媚てみた。メロディは郷愁を誘うなつかしのメロディくさいけど
楽器やアレンジは最新のものを使ってます、みたいなのが狙い。今の流行ベースの近未来

889 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 12:30:18.43
25日仕事でSFマガジン買いに行けないから、せめて一次が載っているかどうかだけでも
頼むぜお前ら

890 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 12:33:54.46
正直遅れても別に構わないけどな
他の賞が延期でもしようものなら、企業としてなってないとか怠慢クズ編集とかボロカスに叩くが、

SFは新人賞があるだけでも御の字だから
他とは違うよ
ゆっくりでもいいからしっかり選考してください

891 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 13:23:02.14
許してくれるのはSFの事情や出版社に気のある人だけで、
一般読者やSF業界にそんな詳しくない応募者からの信頼は失うだろうし、
その繰り返しがますますSFの蛸壺化に拍車をかけるだろうけど、
遅れても構わないです。

892 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 13:46:47.36
1次選考の結果が掲載されるのはおそらく来月か再来月。
最終選考に残った人には7月中に連絡あると思われ。

893 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 14:21:44.07
第1回「ハヤカワSFコンテスト」一次選考結果は、
今月のSFマガジン(8月号)に発表されています。
みなさん買って確認されますように。

894 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 14:23:28.55
はーい

895 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 14:29:25.00
記念だし三年ぶりくらいに買うかな

896 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 14:36:38.45
やっぱり火曜かぁ
通ってたら記念に買うわ

897 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 14:41:28.46
勿論別に釣りレスでも全然一向に構わないけどな

898 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 14:47:32.80
>>897
北原尚彦@naohikoKITAHARAのツイートからだよ
今や最新情報はツイッターでやりとりされる時代なわけですよ

899 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 14:52:39.73
へえー
こういう人に下読みを依頼するのかな

900 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 16:58:33.02
>>862
それ、優秀なショートショートじゃないかwww

901 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 21:35:27.43
twitterじゃもう早売りゲットしたやつもいるみたいだな
なんかドキドキしてきた

902 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 23:14:41.53
一次くらいなら絶対通過するって自信満々だったけど急に自信なくなってきた

903 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/24(月) 00:23:29.44 ?2BP(333)
ちなみに、

次スレは、Part28
ですからね。26が二個重複してますから、気を付けてください。

904 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 00:54:40.16
>>903
そう思うんならお前がさっさと立てろよwww他の板にスレ立て過ぎでこのスレが立てられないアホがwww

905 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 01:39:29.79
迷路平蔵さんが一次通ってたな >ハヤカワ

906 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 02:14:26.96
>>905
フラゲうらやましす。

907 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 12:06:12.10
まだ一次とはいえ、ここのコテの人通過してるじゃん

908 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/24(月) 13:26:38.37 ?2BP(333)
第1回ハヤカワSFコンテスト 一次選考結果発表
http://www.hayakawa-online.co.jp/news/detail_news.php?news_id=00000660

 第1回ハヤカワSFコンテストの一次選考が終了しました。
識者による厳正な審査の結果、下記41作品が通過いたしました
(到着順、名前はペンネーム、敬称略)。

 この後、編集部による二次選考、選考委員4名による最終選考会を開催し、
受賞作を決定いたします。
それぞれの結果は、当ホームページおよび、
《SFマガジン》《ミステリマガジン》の9月号(7月25日発売)、11月号(9月25日発売)
にて発表いたします。

909 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/24(月) 13:29:47.88 ?2BP(333)
落ちました。また一次落ちです。
もう、創元にもハヤカワにも応募しないと思います。
もちろん、気が変わるかもしれませんが、
わたしは、SF出版社に嫌われているのだと思います。
たぶん、何度送っても受からないでしょう。

今後も、小説は書きますが、応募するかはわかりません。
もう、わたしはネット作家で充分です。
プロになるのはあきらめます。

今まで、大言壮語をして申し訳ありませんでした。
わたしはただの身の程知らずでした。

910 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 13:37:46.45
九割以上落ちてるんだからなにも…

911 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 13:42:59.93
さ、次いこ次

912 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 13:55:09.00
>>909
マジで落ちたの?
作品うp

913 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/24(月) 14:03:49.75 ?2BP(333)
一次落選作
「この神は脆弱だ」
http://ncode.syosetu.com/n5738br/

914 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 14:37:00.44
もうココには居ないとは思いますが、一応言っときますね。

編隊氏キターーーーーーーーーーーーー!! ヽ(・∀・)メ(・∀・)メ(・∀・`)/ 

今度こそプロデビュー期待してます。

915 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 14:50:16.00
うん?
D坂ノボルって名前も見たことあるぞ。
「ホームレス」の人だっけ。
見てるかどうかわからないけど、おめでとうございます。

916 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 15:12:36.32
>>909
なろうやpixivでユーザーの人気勝ち取ってその後出版に至ったり
Kindleで出版して売り上げランキングの上位に食い込んだり
そういう人もいるみたいなので、ネット作家として続けていくのもアリだと思う。
外野の意見とか応募規定とか気にせず、もっと自分の世界に集中したほうがいいよ記憶氏は。

917 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/24(月) 15:21:03.90 ?2BP(333)
>>916 ありがとね。
まずまちがいなく、「この神は脆弱だ」がおれの十七年間の創作でいちばんできがいいんだね。
多くの読んでくれた人がそういってるし、おれもそう思う。

だから、十七年前に戻る気持ちで、もう一度、一からやりなおすよ。

918 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/24(月) 16:18:24.95 ?2BP(333)
ああ、そうだ。
なかなか使う機会のないAAを使っておこう。
おれの素直な気持ちだ。

919 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/24(月) 16:19:31.07 ?2BP(333)
__ノL_/L__    /     ___  _
           (__/ /     >  `'′  ̄\
 ・    |_ヽヽ    /    ノ  ,ィ,ルl      ヽ
 ・   二|-‐     /    < /l/  u |ハ、       ヽ
 ・     |     〈      レ =、\  _メヽ!ヽ!、   |
 ・   ー―┐ヽヽ  \   |ヽ 。>_  /。 ノ | ,へ |
 ・       /      /     | u/   ~U~ ┌ ||ビ|| |
 ・      /      /       |/__,ヽ__u |!_ン |\
 ・   ー―┐  〈       |『┴┴┴┴')) |\ |  ト、
 ・     ├'′   \.      ヾ========'/   V  | ,> 、
 ・    ノ      /         ,>--― "u    |   |//′ `ヽ、
 ・     │     \.     /‐/ |\_____/|_  |′
 ・     │      >    〈  / /|        |   \|   /
 ・     │     /      |  l|  |       |   | |   /
 ・     ヽヽ l  〈       ト、 ||__|____|__| |
 ・      /   \     ヒヘ |  ┌──‐┐   |
 ┃  ー―┐〇     >  |__ヽ    | l二二二.    |
 ┃      /    /         ヽ  └――┐|     |
  ・    /     /          /ヽ ┌─―┘|    |

920 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 16:22:52.81
だめだ何もする気力が湧かない寝よ

921 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 18:12:41.73
>>913
面白かったー
優しい気持ちになれるエエ話だな

922 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/24(月) 18:16:55.58 ?2BP(333)
>>921
おお! 感想ありがと。
誰がいちばん好き?

923 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/24(月) 18:26:08.14 ?2BP(333)
ちょっと早いけど次スレ。

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1372065927/

924 :921:2013/06/24(月) 18:26:55.53
リザだな朴訥な感じでいい子だわ

925 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2013/06/24(月) 18:27:44.13 ?2BP(333)
>>924
そうかあ。
作者はミタノア推しなんだよなあ。

ありがと。参考になるよ。

926 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 19:43:04.37
D坂ノボルさんおめでとう
やるやんけ

927 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 19:47:51.38
第1回ハヤカワSFコンテスト 一次選考結果発表

http://www.hayakawa-online.co.jp/news/detail_news.php?news_id=00000660

928 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 03:55:37.22
落ちると身の振り方とかこれからやるべき事とか見えてくるな
今までどれだけ怠慢だったかも

929 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/25(火) 15:27:11.81 ?2BP(333)
しかし、発表あったのに人少ないね。
落ちると黙る人が多いみたいだね。

930 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 15:29:12.56
記憶兄貴オッスオッス

931 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 19:08:55.61
残念だった人も、また、がんばろう。この賞じゃなくてもさ。
一人もくもくと書いていたせいか、審査や下読みのためだとはいえ、少なくとも誰かは読んでくれたんだなあと思うと、なんだかプチ感無量

932 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 19:13:01.08
そんな程度に感無量なんて大げさな言葉あててると作家になれないよ

933 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 19:44:30.56
いや案外それくらいじゃないと続けるのは難しいかもよ
いろんな要素があるんだろうなと思う

934 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 23:50:48.11
数千人数万人の人に自作を見て貰った事がない人なんだなーと

935 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 23:51:58.52
感無量ならいいけど、プチ感無量とか作家志望の言葉とは思えんw

936 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 00:09:52.20
お前らそういうどうでもいいとこにこだわるから落ちるんだよ

937 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 00:18:48.56
小説というのは散文であって要するに自由に自然に書いた方がいいんだけど
だから小説は三人称小説が圧倒的に多いわけで
体裁整えるためにどんどん制約増やす人多いよね

一人称を否定するわけじゃないし、一字一句辞書を引きながら何度も推敲を重ねる事も大事だけどさ

938 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 18:27:31.36
一人称大好きな私はどうすれば

939 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 18:36:55.58
それはそれで自由でしょう
下手の横好きでなければ好きこそものの上手なれですよ

940 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=25,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/26(水) 18:55:39.16 ?2BP(333)
尾田栄一郎の年収は、31億だそうだけど、
(むかしは60億だと聞いた。たぶん、節税してこれ)
尾田のチーフアシの年収も一億あるそうだね。

941 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/27(木) 02:20:22.72
読者がいるということはそういうことです

942 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=27,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/28(金) 19:27:31.85 ?2BP(333)
京開発主任の井上氏。
井上氏は、将棋ソフト開発より、弁護士ソフト、医者ソフト開発のが簡単だという。
また、井上氏は、コンピュータ開発が軍事に使われることに警告している平和主義者のようだ。

ブログ:コンピューターは人類を超えるか
http://jp.reuters.com/article/jp_blog/idJPTYE95O05220130625

エアホッケー陥落
http://www.youtube.com/watch?v=83HJZoeNjyc
人工脳SOINN
http://www.youtube.com/watch?v=qsTFlmdO05M

943 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 21:10:31.87
ニコニコ動画で見たんだけどさ
研究者の予言によると西暦4000ねんごろにコンピューターは究極の答えに到達するらしい

944 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 21:21:19.91
どの動画?

945 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 21:30:31.94
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm18173142
これの3:55あたり
コンピューター科学がその究極の可能性に達する

946 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 21:34:50.84
ありがとう
ひまだから見てみる

947 :321編隊 ◆k/fFCPdV8. :2013/06/29(土) 04:29:48.84
>>914
ありがとうございます!
実際スレは見ていなかったのですが、
今しがた色々検索していて、ふっとお言葉を見つけました。
間が空いてしまいすみません。

948 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=28,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/29(土) 18:15:22.30 ?2BP(333)
>>942の一番下は、チューリングテストに合格したと判断されてるようだ。

なんで、もっとニュースにならないんだろうね?

949 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=28,xxxPT】(1+0:5) :2013/06/29(土) 19:59:56.59 ?2BP(333)
よくわからなかった。

グーグルが猫を識別する人工知能を開発したのと、
日本の東京工業大学の長谷川修教授の開発した人工脳SOINNが、
どちらが早いのかよくわからない。

長谷川教授のが早いっぽい。

950 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
年刊傑作選の創元SF短編賞受賞作読んだらガチの宇宙ハードSFだった
傾向が現代地球劇とか宣ってた天才や
それを真に受けてたコテはどうしてるのかなと
考える今日この頃

951 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
それが何故農学部なんだわけわからんな

952 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
まあハードSFが受賞したなら文句ないわ

953 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
次はどこに出そう

954 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
映画オブリビオン見に行った
面白かったわ
ただ、アフター・アースのほうはつまらんかった

955 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>950
1本だけの受賞作に何が選ばれるかは単に運の領域だと思うぞ
傾向もクソもない

原色が出ないとなるともはや傾向は語れないのでは

956 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
母数もわからんのに最終候補だけ見ても何もわからねえし

そもそも傾向と対策なんて受験でやっとけって話だな

957 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
原色の想像力見れば何が受け入れられるかを広範に測ることはできる
「俺の作品は新しすぎたから理解されなかったんだぁ!」を封じる意味では、参考にできるだろ
封じたくねえ奴は知らんw

958 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
新しいとか面白いとかは自分で判断できない奴に限って使う論法だから
どうやっても封じられそうにはないなw

959 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
原色に現代地球を舞台にした話が多かった(ような気がした)
→「現代地球劇」を書けば通りやすい、ってアホな理屈だよなあ
単にそういうのを書いた奴が多かっただけじゃねえの

仮に最終候補に「現代地球劇」が10本、「遠未来深宇宙ハードSF」が1本残っていたとして、
(たとえば)前者の応募数が400本で後者の応募数が30本だったとしたら
数字の上では後者のほうがむしろ通りやすいことになるんだけどな

960 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>959
頭悪いなお前

「現代地球劇」が200本、「遠未来深宇宙ハードSF」が200本、他「空想科学小説」が200本送られてくる
そこで「幻想企業小説」が突如受賞するわけだ
ほとんどの応募者がそんなもんSFじゃないと思っている幻想小説も創元はSFで扱うんだな、と分かる

OK?

961 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
俺も宇宙もの送ったんだが宇宙ハードSFが受賞と聞いて「もういいよ……」と思ってしまった
なんなんだろうこの書く方と読む方の意識差は

962 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
意気込みに溢れた
新時代の
“広義”のSF

っていうからてっきり・・・

963 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
そこから「ジャンルSFは古いので切り捨てます」と読み取るのは日本語読解能力に問題がある
というか選考なんて何来るかわかんねえんだから広義に設定しとくんだよ

何故かワナビには、「求めるビジョンが明確にあってそれを選ぶだけ」みたいに思ってる人が散見されるが

964 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>963
やたらマーケティングマーケティング言いたがる奴が
ライトノベルとかの一部で幅をきかせてるからな

965 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>960
だからどんな作品が何本送られてきてるのか外部には分からないのに
最終候補に並んだ作品の表面的題材とかだけ見て
○○が受ける受けないってやること自体が無意味だっつってんの

966 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
んー京大農学部かー
スレで「SF1000冊なんてSF研に居れば学生時代に読んでしまう」
とか言ってた人かな

なら納得の受賞だけど

967 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
わざわざ「""」つけて強調してたのにおもしろい結果だねw

968 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>966
でもSF研じゃないんだぜ

>967
これまでの4回を見たらそうでもないだろ

969 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>963
> 「求めるビジョンが明確にあってそれを選ぶだけ」みたいに思ってる人が散見されるが
ガッコのテストか作文コンテストの延長みたいな感覚だな

970 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
募集要項を真に受けてしまったー

971 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>969
まあ大人も最終学歴で精神年齢の成長がストップするから大概だけどな

972 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
「募集要項を真に受けてしまった」ってすげえ言い訳だなw

973 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
まあハードSFが受賞したなら文句ないわ

974 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>970
バカだな
あれは応募総数を増やして権威づけるための罠だ

975 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
ライトノベルの賞で「おもしろければなんでもOK!」というのといっしょだからなw
頭悪すぎるにしてもほどがあるだろwww

976 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
まあ受賞作がどうこう言うより自分の作品をどうにかしろよ
仮にジャンルの周辺だとしても質がよけりゃ少なくとも最終には残るし
それで編集者から声がかかるよ

977 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
反論のための反論だから「傾向と対策するなああ!」とか顔真っ赤にして叫ぶしかできないんだな
原色見れば、そこに入ってるものは創元がSFの範疇で扱ってくれると判断できる、って話なのに
「どんなものが何作送られて来ているかも分からないのにたった一作の受賞作から何が言えるのか」とか言ってる奴は何?

ハーレクインロマンスが何本送られてきたって通らないだろ

978 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>977
いや、SFガジェットが使われてて面白いならハーレクインでも通ると思うよ
SFマガジンの池澤春菜コラムでも延々ハーレクインの話してたしな

979 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
あ、「お前の中じゃ池沢春菜がSFの基準なのかよ!」とかそういう発狂のしかたはしないでね

980 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
それはハーレクインでもありSFでもあるものがSFとして評価を受けたのであって
ハーレクインが、という発言の趣旨を汲まない揚げ足取りだろう

981 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
いや俺は、ハーレクインとして面白いものにSF要素があれば普通に通るんじゃね? と言ってるんだが
大体発言の主旨を汲まずハーレクインどうこう言い出したのはどっちなんだか

アホは2chに書き込むなよ

982 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
あ、ワナビのクズから反省の弁が聞けるとは思えないので反論は捻り出さずとも結構です

983 :記憶喪失し231た男 忍法帖【Lv=31,xxxPT】(1+0:5) :2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ?2BP(333)
>>966
読むわけねえだろ。
常識で考えろ。

984 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
狭義のSF応募しろ

985 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
募集要項を信用できないなら応募しないのが最適解

986 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
このスレを見てる人でハヤカワの一次を通過したのは、
とりあえずのところ、某コテの人と前スレかで自作を晒してた人だけなのかな
名無しの人で通過の自己申告とかは無いの?
もしいたら、もっと上はまだあるけど、ひとまずおめでとさん

287 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)