5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【〆切と】太宰治賞3【結果発表】

1 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/29(木) 21:37:10.53
募集要項
http://www.chikumashobo.co.jp/blog/dazai/

締切
2012年(平成24年)12月10日*消印有効

一次選考の連絡がHPで公開され、一次通過者も割合多いなど、
文学賞の中では応募者に優しい賞という評判の太宰治賞。
その半面、話題性には欠けるという点もあります。
そんな太宰治賞受賞を目指す方々の集うスレ。

前スレ
【水木しげる系】太宰治賞2【美人】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1336708126/

2 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/29(木) 21:46:10.59
前スレ967さんが作成してくださったスレタイと>>1を使わせていただきました。
うまくできたかどうか自信がありませんが、不備がありましたらご指摘ください。
締め切りまであと11日です。追い込み中の方々は悔いの残らないように!
既に応募完了の方々は、気になる通過発表の情報交換や応募後に気づいた反省点、
疑問、その他について話し合いましょう!

3 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/29(木) 21:48:52.11
スレ立て乙

4 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 15:43:13.31
【一次発表日,曜日,時間,応募総数(過去スレと筑摩HP参照)】

2003年 −   −   −    (863編)
2004年 −   −   −    (962編)
2005年1月2日 日  −     (927編)
2006年2月21日 火 10:50 (1030編)
2007年3月13日 火 14:   ( 774編)
2008年2月28日 木 15:   (1090編)
2009年2月13日 金 20:   (1249編)
2010年3月02日 火 11:   (1412編)
2011年2月18日 金 22:   (1323編)
2012年2月13日 水       (1212編)

5 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 11:29:18.74
もはや中央並みだよな

6 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 14:00:53.67
書き上げましたが、原稿で出すべきか否か迷っています。
自分は字が汚く、迷ってます。あと少ししかない。

7 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 14:20:43.07
>>6
田中慎弥も手書きだし、OKではないっすか

8 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 14:39:55.66
前スレもつつがなく終了しました
締切前の疲れた身体にはやはりお粥ですか
炭水化物の補給と低脂肪、さらに水分と塩分も

9 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 16:17:14.53
太宰治賞2012によると、
前回予選通過者94人中で40代以上が57人を占めている。
60、80代もちらほら。
手書き原稿の応募者が多いと推測している。

一次通過  二次通過  最終候補  
10代  1人   1人     ―
20代 18人   6人     2人   
30代 18人   5人     1人
40代 22人   3人     ―
50代 25人   1人     1人
60代  9人   1人     ―
70代  0人   0人     ―
80代  1人   0人     ―

計  94人   17人     4人

10 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 16:55:58.48
>>4>>9
乙です!通過発表までいろいろと分析して楽しめそうですね。たとえば
来年のバレンタインは気が気じゃないだろうな、とか。
一次選考はたぶんきちんとした文章や構成を見ているんだろうな、とか。
続く二次選考ではがらっと基準を変えているんだろうな、とか。
ここまで発表するからには丁寧に選考してくれるんだろうな、とか。

11 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 18:19:49.12
>>9
中年以上の世代の人たちって社交重視だから、年賀状や暑中見舞いの作成ツールとして
パソコンの扱いに習熟してるケースが結構、多いよ
手書きに対するワープロの優位性は、何と言っても推敲が容易な点だし、家族に隠れて
執筆するにもパソコンなら持ち帰った仕事をこなしてるふうに見えて便利だろうし
一概には言えないかもね

12 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/01(土) 20:02:50.04
彡彡彡彡∩∩彡彡
彡彡彡((^o^)彡
彡┗◎゙υ┳υ◎゙┛
~┗┻υυ┻┛
一次通過は五十代がいちばん多いが、二次通過は二十代が比較的多い。

13 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 21:46:12.81
>>10
過去スレを読むと、予選通過のことで頭がいっぱいで
バレンタインどころではない模様。

14 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 21:58:51.16
>>13
逆パターンを期待したいな
通過リストに自分の作品名を見つけて天に昇るようなバレンタイン…♪

15 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 22:17:47.74
〆切が過ぎて、二月に入るまでは過疎るかも

16 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 22:23:15.78
>>15
発送後、気がついたことや反省点なんかを話すのも勉強になりそう
それに、応募がすんでも書くのをやめるわけじゃないんだし
来年の12月10日に向けてのカウントダウンが始まる

17 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 23:11:42.10
>>16
二次通過の結果がわかってから過疎ってくんだよね。
受賞者が決まると、多少話題にのぼって撃沈。一気に過疎化。
たまに受賞作の感想が書き込まれても反応少。
その間、皆は他賞の応募作を書くので他スレに引越し。
太宰賞応募を意識した書き込みが現れるのは、群像の〆切が終わった11月頃かな。

自分は本を読んだり他の作品を書きながら、一人静かに結果を見ようかと計画(゜゜;)
ちなみに原稿は一週間以内に出せそうだ。

18 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 23:21:26.33
辻内智貴
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E5%86%85%E6%99%BA%E8%B2%B4

辻内氏は、「セイジ」で最終選考に残ったものの受賞ならず。
しかし翌年、「多輝子ちゃん」で受賞。
二作を収録した単行本(表題「セイジ」)を出して、
なんと最終に残った方が映像化している。
どう転ぶか分からないから、今回の応募者は結果を問わず来年に向けて応募作を
も一度書き始めておくと良いかもしれない。
受賞していたら、来年に送る予定のを編集者に見せて単行本に収録するか、
受賞第一作としてどこかに発表できないか相談してみれるし。

19 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 23:41:11.82
>>18
遅咲きの雄だな

20 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 23:58:15.92
辻内も売り込みがうまいタイプだよね
押しが強いっつーか、ミュージシャンだし

21 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 00:20:01.65
いや、間違えた。

辻内氏は、「多輝子ちゃん」で受賞後、
「青空ルーレット」を執筆。二作収録作品集を筑摩書房が出版している。
(後に、光文社で文庫化)

翌年の2002年に、最終に残った「セイジ」と書き下ろしの「龍二」二作を収録した
単行本を筑摩書房で出版。「セイジ」映画化。

最終に残った作品と、書き下ろしを収録して上梓するのは異例だな。

分かりにくい説明でスマソ。
頭が働かなくなってきたので寝るわ。

22 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 06:46:56.72
>>17
太宰賞の優しいところは要するに締切から2ヶ月後に一次通過したかどうかが「分かる」点だと思う
年一回の他賞なら締切から4ヶ月ほど経つと最終候補への連絡に関する憶測が飛び交う
やがて最終の可能性がなくなったことを徐々に認めざるを得なくなり、失望が形を変えてスレは荒れる
読むに堪えないレスでスレが埋め尽くされた頃にやっと予選通過発表号が発売になる
雑誌がなく発行ペースの制約がないおかげで遅滞なく情報提供がなされる
−煎じ詰めればこの点こそが好印象をもたらしているんだと思う

23 :小山内劇場 ◆N3s1i5.BCEOr :2012/12/02(日) 11:44:01.99
『会えなかった人』読みました。期待したとおりなかなかよかった。
選者の指摘する「ナラティブについての繊細な意識」を感じた。
いろいろと冒険していながら、空気を破綻させていない。
それがおもしろさに必ずしも繋がっていないし、冗長、全体として意味不明
(または意味を放棄している、伝えることには失敗している)だけど、
技術的に巧みである。

24 :小山内劇場 ◆N3s1i5.BCEOr :2012/12/02(日) 12:04:34.20
おおすじは、真崎が引き受けることになった罪と罰だと読めた。
旗と付き合いがありながら、気持ちのうえで園井に惹かれる。
その園井から預かり売却した電気製品が、
鏑木という罰を与えるための存在にわたり、不穏な空気を運んでくる。
でもこの文脈にそれ以上の意味は無い。

25 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 12:16:28.04
>>22
まったくもってその通りですな。
早く楽になれるのが……

>>23
応募が済んだら読もうと思ってたんだ。
ありがとう。
他に、辻内氏の初期単行本二冊も、だな。

26 :小山内劇場 ◆N3s1i5.BCEOr :2012/12/02(日) 12:23:43.22
文脈をいかに個性を持たせ表現するかということにひたすら注力されている。
読者を楽しませるというよりも、文芸のための文芸になっている。
そこがおもしろくないのだけど、徹底ぶりがほかの作品と比べたときに
より強い印象をうける。

27 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/02(日) 12:29:45.77
彡彡彡∩∩彡彡前>>12
彡彡(^o^))彡彡彡
┗◎゙υ┳υ◎゙┛彡彡
彡彡~┗┻υυ┻┛彡彡彡冒険て、空気を突き抜けることで味わうもんだよね。ナレーションか――繊細なんかな?

28 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 12:43:39.61
今年の応募を終えたら、次は大正時代を舞台にして現代とリンクさせた話を書きたいけど、
太宰賞ではカテエラだよね。時代ものジャンルだし。

29 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 13:15:53.01
>>25
「青空のルーレット」(「多輝子ちゃん」収録)は光文社文庫版がオススメ
図書館にもあるし古本屋ならワンコインだし
>>28
過去に時代物の受賞はないけれど、逆に言えばチャンスかも
純文学の新人賞で時代物がハネられるのは、設定がご都合主義で、それが
現代を舞台にしていたら平凡な話にすぎないものを、時代設定の珍奇さで
ごまかしたとみられるから
もし本当に純文学の域にまで高めることができればイケるかもしれないよ
がんばって!

30 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 13:44:05.31
>>29
時代ものを書いたら太宰でチャレンジするよ。ありがとう。
半年は現地への取材と、関連図書を読むのに費やすことに。

辻内氏の受賞作と最終に残ったのは、選評も読んでみたいから
ムックで買うかも。「信さん」は小学館文庫で読んで、好きな作風だった。
色んな人に読めって回し読みさせたけど好評だった。

31 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 13:49:27.15
>>27
イナは11月末のシナリオ応募できたの?

32 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/02(日) 15:51:02.14
//‖ ̄ ̄‖ ̄ ̄前>>27
/‖∩∩ ‖ □ ‖うん
‖(-。-)) ‖。 ‖
‖っロ~υι‖__‖__
「 ̄ ̄ ̄レ//////// ̄ ̄
□/UU □/ ̄ ̄ ̄でも、ないしょだよ。賞金は大事な資金源だから。それに今は太宰賞だし。こんにちは、ボラギノールA太宰です。

33 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 19:59:34.19
>>30
辻内智貴は年齢の割に文章の語りが若い。ナイーブな文章も頻出するから、
純文学としての評価はされないけれど、ハマる人にとっては好ましい作品。
少なくとも、評論家が褒めるだけで誰も読まない純文学よりははるかに
知られている。

34 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 23:20:43.40
>>33
その若さというか青さがヤダって人もいる
オレがオレが臭が強すぎる

どっちにしても他の小説おとしながら褒めるのやめてもらえますかね

35 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/03(月) 01:08:21.78
オレがオレが臭、ボクはボクは臭いいね〜

36 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/03(月) 08:41:22.29
さて、いよいよ締切1週間前になりました。
冷え込む日が続きますが太宰賞応募作の推敲には熱が入っているでしょうか?
宛名を書き終えたレターパックライトが原稿を待ち構えています。
がんばりましょう!

37 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/03(月) 10:33:49.30
>>32みんな書いてんの?
‖、、、、 ‖ □ ‖>◇/
( -。-) ‖。 ‖◇//
(っ[ ̄]‖  ‖>///
「 ̄ ̄ ̄]  ‖////
□/_UU_□ ̄ ̄ ̄ ̄///////////////////////////二百枚でレターパックライトになるぐらい?

38 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/03(月) 11:44:38.17
>>36
前スレにあった、レターパックに予め宛先を書いてしまうやり方
効果あるわ〜!
絶対出さなきゃってむちゃくちゃ気合い入る

39 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/03(月) 12:03:28.47
締め切り一週間前ですね。

応募にレターパック使われる方は、表のバーコード剥がすの忘れないで下さいね。
追跡に必要ですよ。
私、忘れてしまいましてね……ああ。
情報メールが送られてくれば届いたということで(葉書入れなかったのよ

どうぞ、お気をつけくださいませ(私だけかもしれませんが)。

40 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/03(月) 12:55:35.46
>>39
それです!
あれは普通、忘れます。
世の中で自分自身が一番信頼できない私は郵便局の窓口に持参し、局員さんのご指摘でことなきを得ました。
教訓・原稿完成直後で意識が朦朧としていたり、私のように自らを信用できない場合には、直接窓口へ!安全です。

41 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/03(月) 19:59:58.29
彡彡彡彡∩∩彡彡
彡彡彡((^o^)彡
彡┗◎゙υ┳υ◎゙┛
~┗┻υυ┻┛
>>37僕は先月レターパックプラスを買ったとき「ポストに出していただいてもけっこうですよ」と言われた。が、ポストには幅がつかえて入らないんだよう!

42 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/04(火) 00:00:47.12
‖、、、、 ‖ □ ‖>◇/
( ^。^) ‖。 ‖◇/
(っロ[ ̄]今184‖>/どや
「 ̄ ̄ ̄]枚。‖/ろ?
□/_UU_□/////////////
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//V////////
_____//\/   /|
「 ̄ ̄ ̄レ/\/   / |
____/\/   / |
 ̄ ̄ ̄ ̄\/   /  /
[] / ̄ ̄「 ̄ ̄レ/  /
__┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃ /|
__┠―□―□―┨ / |
__┃_____┃/ //
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Τ //
―□―□―□―┤ //
_______|//
_______⊥/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄前>>41

43 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 07:49:27.12
禅林寺へ受賞報告に行けるといいなぁ
いや、最終候補でも行くけど

44 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 08:26:20.23
マニアだなw

45 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/04(火) 09:00:39.23
彡∩∩ 〜彡前>>42
(^o^ ⌒ヾっ゙彡大変だ
彡υ∩υっυ〜彡  ね
彡(^o^υ 〜彡雨降り
彡っ∩ξヾ〜彡  は。
彡(^.^υここに来れる
彡υ┳υヾ、 といいね
彡彡┣━υ◎〃 受賞
__◎〃   報告で。

46 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 09:17:33.94
>>44
マニアというか、受賞してやっと、お参りする資格ができる気がするんだ
「俺の作品を読んでたくせにこの程度かよ」って笑われそうな気がするけど
でも、笑われるためでもいいから行きたい

47 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/04(火) 10:09:50.52
‖、、、、 ‖ □ ‖>◇/
( -。-) ‖。 ‖◇/
(っロ[ ̄]   ‖>/
「 ̄ ̄ ̄]  ‖/
□/_UU_□///////////// 禅林寺は三鷹なのかな? 前>>45近いな。三鷹通り沿いじゃないの?

48 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 11:25:15.54
>>46
綺麗なモチベーションだと思います。ご武運を。

49 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 11:28:34.96
俺も中央の他でなくてこの賞を獲ってから芥川賞獲りたいという
こだわりはあったな

50 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 11:52:17.87
昨日レターパックを買ってきた。
原稿を中にいれて糊付けまでしたけど、
直したい点に気づいて思い切って原稿を出してしまった。

51 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 12:14:47.91
>>50
>出してしまった
post or open?

52 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 12:26:00.72
He once closed that envelope,
but opened it again,
so to rewrite his masterpiece.

53 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 12:37:13.89
>>50
いったん封緘したあと開封した場合、強度とか大丈夫なの?
貼り直したけど開いて…みたいなのは勘弁だし

54 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 12:46:03.98
もう大丈夫と思いつつ
直前に念のため読み返してミスに気づくことあるよな

55 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 13:09:40.58
あるある

56 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 14:02:15.69
もしも締め切り間際にプリンターが故障したら
このソフトをダウンロード。
wordをPDFに変換するソフト。
使い方は超簡単。

コンビニで印刷可能。

57 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 14:02:46.55
http://gigazine.net/news/20090710_pdf_redirect/

ごめん、リンク忘れた。

58 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 14:12:28.87
>>56-57
サンクス
もしかするとこれで救われる人もいるかもしれない

59 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 15:16:26.01
>>53
強度の強い糊で貼ることにした。封入部分だけよろっとしているから、
編集部に届いた時の印象が心配であるし、買いなおした方が良いかか迷ったけど。

60 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 16:05:23.01
>>59
でもレターパックライトはそれ自体が\350の切手みたいなものだから捨てるのはちょっと…

61 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 17:02:02.17
そうだよ
1200も応募あるんだから、そんなのいちいち見てないって

62 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 17:18:24.05
>>60-61
心配してくれてどうもです。
封入口だけ、やや折り目がついた程度だから、
買い直しはしないよ。

63 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 18:26:36.28
40円くらいで新品に換えてもらえるじょ
切手にも変えてもらえる、かえてくれないやつもある
理由は教えない

www.post.japanpost.jp/question/324-1.html
www.post.japanpost.jp/service/standard/kaki_sonji/index.html

64 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 18:35:12.43
>>62
無事に応募できたなら何よりです。
おつかれさま!

65 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 20:28:56.89
>>63
情報サンクス!

>>64
すれの皆さんのおかげてあとはつつがなく投函するだけです

66 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 20:38:15.51
>>65
投函前に>>39の内容をチェ〜ック!

67 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 20:43:18.47
>>66
見ました〜。
バーコードをはがし忘れる人が多いのか、
窓口で買った時にも言われました。

68 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 21:00:48.00
All right. Let's go!!

69 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 05:12:23.10
二週間ほど前に出したのだが
同封したハガキが未だに返ってこない……
レターパックの追跡は届け済みとなっているけど
なんだか心配

70 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 08:06:13.26
>>69
これは貴重なデータ
つまり筑摩書房は送付された応募原稿を締切まで開封しないということ
さらに言えば、締切後に一斉開封されるなら、よく言われるような発送時期による有利不利はないかもしれない
山のように積まれたレターパックを片っ端から開封して積み上げる時点でシャッフルされるのかも
もっとも、締切前にハガキが返ってきたらその予想の限りではなくなるけれど
69さんのハガキがいつ返送されるかに注目!!

71 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/05(水) 09:03:40.17
>>47
ありがとう。あと五日、心ゆくまで推敲するよ。

先に届けて待ってる人たちにはわるいが、追いつき追い越させてもらう。

72 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 09:34:02.59
>>70
鋭い
レターパックの追跡サービスは到着確認になるけれど、葉書はいわば開封確認になるのか…
これは入れておくべきだったかな

73 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 10:12:08.25
筑摩A「えーと封筒の中にはがき入ってんすけど、どうします?」
筑摩B「捨てろ捨てろ! 写真とかイラストとか、自分で考えたキャスティングとか、作曲した主題化歌とか、とおなじだ」
筑摩A「了解(ポイ)」

74 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/05(水) 11:42:58.53
彡彡∩~っ゙
~⊂(-。-))`⌒H〜っ゙
 ̄ ̄ ̄`υ ̄ ̄ ̄ ̄
____゛前>>71筑摩C「こんなAAが入ってました」
筑摩D「ガーターパンストだな」
筑摩C「残しときますか?」
筑摩D「うん。(筑摩Cに目配せして)鑑識にまわせ」

75 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 12:08:23.28
>>69
ハガキは受領確認だよね?
締切とはその日までに応募すれば受領するってこと。つまり締切より前に受領する必要はない。
到着分から早めに選考作業を進めた方がいいとかは応募者側が勝手に言っているだけ。
焦るのはやめようよ。

76 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 14:05:19.67
ちなみに去年はこんな書き込みがあった

590 :名無し物書き@推敲中? : 2011/12/07(水) 16:26:57.77
もう葉書は11月上旬頃には届きました。

77 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/05(水) 15:07:16.28
彡ξ`⌒ 、~○゙漱
(_彡^o^ミ( )漱
~○`・^・´ノAll I can
(_`⌒γ⌒ノdo today is
⊂´ノ、_`〜づto read my manuscript again that I have written.前>>74

78 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 15:10:05.13
>>76
もしそれが事実なら、その書き込みをした人はいったいいつごろ投函したのだろう、と思う。

79 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 15:38:52.15
同じ人かは分からないが
前後にこんな書き込みもあった

589 :名無し物書き@推敲中? : 2011/12/06(火) 20:55:29.31
ところで、早く出して、確認ハガキが届いた人はいるのかな?
早く出しても、開封は締め切り後?

591 :名無し物書き@推敲中? :2011/12/07(水) 18:04:57.82
>589
出した二日後くらいに届いたよ!

80 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 16:00:25.00
>>79
出した二日後にハガキが来たってことは、少なくとも東京住みってことかな
ハガキそのものに不備があったとかは考えられない?
たとえば、つい筑摩書房の住所を宛名として書いてしまったとか

81 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 17:57:09.92
>>80
自分の性格からすると99%それはないと思うけど
逆にそういう性格だから、なんか心配になっちゃうんだよねえ
75さんの言うように仕様のないことをぐだぐだ考えるのは馬鹿らしい
でも半年以上かけて300枚書いたものが
どっかで紛失してるかもしれないと思うとねえ

まあ、この事についてはもう思い悩まないことにします
どうもありがとう

82 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 00:11:35.31
56枚で出した

83 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 00:52:15.97
応募が済んで小説の書き方を忘れた

84 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 06:18:18.46
上に同じ

85 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 07:50:17.96
>>81
精魂込めた作品についてデリケートになるのは当たり前だよ。
ハガキも入れず、追跡すらできない定形外で応募した俺だって、不安はある。
こんな時にはいっそ受賞したつもりで、受賞第一作の執筆に取り掛かるのがいいかも。

86 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 09:38:38.29
締切前で、マジネタの中に虚言や釣りも入り込む時期だ
思いやりのある住民率が高い太宰スレでは少ないかもしれないが、
見抜いて反応してね…

87 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/06(木) 09:42:00.82
>>77
なにもかも違うんだ。
((-。-)空気が違う。
(っロ[ ̄] 違いすぎる。
「 ̄ ̄ ̄]
□/_UU_□ 太宰終わってすぐ文學界書かなまにあわんぞ、という切迫感がみじんもない――ここの住人は。

88 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 10:04:48.17
皆は太宰の応募が終わったら次はどこに出す?

89 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 10:20:46.53
文学界

90 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 10:40:17.45
3月末までに読書しながら中短編1〜2本書いて、書きためてある15〜50枚短編のうち5本を研ぎ澄ませておく。
その後、250枚前後予定のを一本。
どこに応募するかを決めて書いてたけれど、今後は第一稿が仕上がってきてから判断する。

91 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 11:34:42.53
じっくり書くのはいいね
大切なのは受賞に足る作品をいかにして書き上げるか
そのためには充電も大切だし
実はアマチュアには締切はないんだよね
実力を認められてプロになって仕事の依頼が来て、初めて締切ができる
錯覚しないでじっくりやればいいと思うよ

92 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 12:38:46.90
文學界かなあ
まだ全然書けてないけど、もうレターパックの封筒買っちゃった

93 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/06(木) 12:41:16.37
 ̄__∩∩___前>>87
/~⊂(-_- ⌒ヾ,/|
 ̄ ̄ ̄ ̄`υ ̄‖/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´箱の中から古い大福が出てきて食べた。僕はお茶がほしくなり、沸かすことにした。

94 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 14:22:39.52
>>91
確かに。焦って応募して結局ダメならじっくりやるべきだった時間の無駄だもんね。

95 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 15:35:20.75
100枚前後仕上がっても、枚数が合うってだけで文學界には送らない。
そこは作風が合わないから読書専。半年は充電期間におく。
長編有利な太宰賞で、前回の受賞作が109枚だったし要は内容なんだよ。
(ただし、中長編でもっと完成度の高い作品が最終に残っていたら、そっちが選ばれた)
新潮受賞者の一人は、100枚書くのに一年かけているし、
山田詠美は、処女作の「最初の一行目を書くのに何年も考えた」と文藝で語っていた。

96 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 15:44:19.89
>>91
純文学界は死屍累々。
アマニュアのまま掲載させて軒並み潰れているのを見ていると勘弁。

97 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 15:56:40.57
>>96
ああ、福田和也ね

98 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 16:13:10.29
純文学の読み手は結構うるさい。
受賞作一本や単行本を一冊出しているからといってプロだと思わない。
「○○さんは、○○という作品でプロになった」と囁かれている。
例えば、田中慎弥は新潮の受賞作「冷たい水の羊」でなく、受賞第一作「図書準備室」。
審査員の小川洋子からしても、芥川賞受賞作の「妊娠カレンダー」で
プロになった、つまり作家になったと一般では認識されている。

99 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 19:03:25.25
>>70
69の書き込みをした者だけど
本日、受け取り確認のハガキが届きました
浅草12月4日付けの消印がついていました
ちなみに原稿を出したのは11月21日です
ご参考まで

いやあ……よかった

>>85
どうもありがとう
これで安心して次の作品に取りかかれそうです

100 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 19:05:01.00
レターパック到着確認
ホッとした

101 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 19:07:12.52
処女作完成記念でつい応募してしまった。冷静になると何か下らないものを送りつけたんじゃないかと今家で一人赤面してる。

102 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 19:15:37.38
>>101
処女おめ!
最初の作品の輝きを信じて待ちましょうぜ!

103 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 19:26:48.36
>>102
ありがとうございます 気楽に待ちます

104 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/06(木) 19:45:45.16
 ̄__∩∩____
/~⊂(-_- ⌒ヾ,/|
 ̄ ̄ ̄ ̄`υ ̄‖/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´前>>93
葉書、要らねえよな? べつに入れなくても届けばいいんだろ? あと一行空けって十五枚から二十枚に一回ぐらいのペースってふつう?

105 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 19:54:40.15
>>99
よかったね!これで一安心
発表を楽しみに待とうぜ!

106 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 20:06:08.26
>>103
おつかれさま♪
せっかく気になったところや反省点が明らかになってるんだから
それを活かして次のを書いてみない?
チャンスじゃん

107 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 22:06:13.33
>>106
ありがとうございます
反省と言うか、テーマ的にいい大人が何子供みたいな事言ってんの?と言う感じで、思い返して急に恥ずかしくなった次第です。まあ、まず技術面に目を向けろと言う話ですが
一つ二つネタがあるので、それで何か書く気ではいます

108 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 23:05:06.81
レターパックで送ってから直したい箇所が出てきたから、
迷った挙句に、郵便局に差し出しを止めてもらった。
今までこんなことはなかったんだが。
こうなったら〆切ぎりぎりまで粘るわ。
終わった人からスレを去って、過疎るんだろうな。

109 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 05:43:13.39
>>108
どの段階までなら発送ストップしてもらえるの?
まだポストから回収した郵便局にある段階とか、本局にまで着いた段階とか
もしかすると「できるもんなら自分も」という人もいるかも

110 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 05:59:43.80
……話は聞かせてもらったが、なるほど確かにな。みんな聞いてくれ、>>109が言うのも一理あるぞ。
「できるもんなら自分も」という>>109がいても何ら不思議ではない。
そんなことに気が付くとは鋭いな。流石は>>109といったところか。

111 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 06:57:42.05
>>108
さらなる推敲の機会が得られたんだ、おめでとう
この週末で完成かな?
頑張って!

112 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/07(金) 07:29:39.30
//‖ ̄ ̄‖ ̄ ̄‖ ̄
/‖∩∩ ‖ □ ‖ 
‖(-。-)) ‖。 ‖ 
‖っφυι‖__‖ 
「 ̄ ̄ ̄レ//////// ̄
□/UU □/ ̄ ̄ ̄前>>104今に見てろよ

113 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 08:06:15.09
>>106
言われてみると書き終えた後って一時的かもしれないけれどスキルアップしてる気がする。
これを活かさない手はないな。
焦って投稿して悔しい結果を招くより、来年の12月10日に向けて一年計画で仕上げようかな。

114 :108:2012/12/07(金) 13:33:25.35
このサイトの「あて名ちがい」を参照にした。
http://transport.auction-style.com/matigae_hassou/index.html

どこまで届いているかで料金が違う。
自分の場合は、水曜の十六時半頃に郵便局の窓口でレターパック350を出して、
その夜にたった二行だけどうしても直したくなった。どうせ二行だけだしやめるか、
送った原稿の内容全部が自分の今の実力なんだ、と迷いに迷っていた。
しかし、たった二行で結果を分けるとしたら……と思うと、面倒ではあるがストップできないかを
考えて調べてみて、「中に間違えたものを入れてしまった」ということで
送り戻しは可であると知った。
それで、翌朝の九時に郵便局に電話して止めてもらった。
その時、追跡番号を求められた。「浅草郵便局から集配人がその郵便物を昼までには筑摩書房さんに届けることになるが、
もしかすると一番最初にそこに行ってるかもしれない」とのことで焦った。
折り返し電話があった。「まだ筑摩には届く前で集配人に連絡して止めさせた」
確認を受けて、二行を直した。
ついでにもっと表現が良くなるように何箇所か言葉を変えた。

本日の九時頃に、浅草郵便局から電話があったのを昼に知ったので
「何でしょう?」とかけてみると、取り戻し請求書を近くの郵便局で書くよう言われた。
550円かかるらしい。レタパは進行が早い…。
送ってからも頭の中では推敲が続いているんだよ。

115 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 15:29:41.12
さて大体完成したと思って印刷しようとしたらプリンターやインクはともかく紙がないという事態にw
今年はかなり消費したからなあ。40×30とかしててももたなかったようだ
それはそれで頑張った印だけどぎりぎりでしくじらないように印刷の紙もチェックしておきましょうぎりぎりの仲間たちよ!

116 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 19:08:33.55
>>114
詳細サンクス! なるほど、届く前なら何とかなるんだね
108さんは二行の修正だけど、場合によっては綴じたはずの原稿から数枚抜けていた、
みたいなシャレにならない状況だって起きるかもしれないし
そんな場合でも何とかする手段としてぜひ覚えておきたい
取り戻しに\550かかるという血の出るような情報も含めて、乙です!

117 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 19:49:44.32
>>115
言われてみると…あんまり残っていなかった。
あの500枚入りPPC用紙っていつまでもあるような気になってしまう。
いつもはホームセンターの文具コーナーで特売のやつを仕入れるけれども
いざ土壇場で紙切れ起こしたら真夜中ならドンキまで車を飛ばすしかないか。

118 :108:2012/12/07(金) 19:53:58.24
>>116
大事な二行だったから、修正できるのなら550円かかっても痛くないっす。
ははは、心身ともに憔悴……。
他にも消印日まで粘る人がいて良かった。

119 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 20:12:39.00
>>118
これは失礼なことを言ってしまいました…
何はともあれ、窮地脱出お疲れさま
頭の中で続いていた推敲、無駄にならなくてなにより!

120 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 20:18:14.15
過去の作品群を見ていて
多輝子ちゃんだけ 雰囲気違うよなあ〜
ああいうホッとする内容、

現在の審査員に受け入れられるかなと
手元の作品を推敲しています

121 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 20:46:17.15
>>119
いえいえ、サンクス

>>120
「セイジ」を立ち読みしたけど、「小すば」?の受賞作っぽかった

122 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 21:16:40.62
推敲すれば、するほどに良くなくなってしまった。
自分は、この道のりの、険しさと深さが本当に、身に染みました。
書き上げれば、確かに達成感を得ますが、同時に無性に不完全さを
感じます。
苦しいです、苦しいけど、苦しいけど諦められない。

123 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/07(金) 21:28:02.10
 ̄∩∩ ̄ ̄ ̄>>122
((-.-)脱稿前の推敲が
っцyυ きついよね
□υ`υ「 ̄ ̄ ̄前>>112
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄直したいけど下手に直すんは嫌なんで、今日やらずに明日やろうと思う。

124 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 21:33:43.90
あと三日で、一年分の努力が問われる締め切りがくるな。
アクシデントがあっても何とか乗り越えて、ゴールを目指そう。

125 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 21:46:51.16
>>124
大丈夫!
ハガキが届かなかったり、投函した原稿を取り戻したくなったり
それでも何とかして来たじゃないか?

126 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 23:17:23.35
こういう雰囲気が受賞作の発表後も続いたらいいな
小説を書くのって自分との戦いだと思うし
賞を取った人を叩きたくなる気持ちと戦うことも
また自分の小説との戦いにつながっていくんだと思う
様々な葛藤や撞着や自己顕示欲と向き合った分だけ
書く内容にも深みが増すんじゃないのかな
自分が書いたのが私小説系の作品だったせいで
尚更そう感じるのかもしれないけど

臭いことを長々と書いてごめんなさい
僕は普段はROM専なんだが
ハガキのことで書き込みして
それに親切なレスが返ってきて
なんだかとても嬉しかったよ

127 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 23:37:18.20
たきこちゃんか  いいなあ

128 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 08:47:44.91
>>126
元気出たみたいだな
締切まであと2日の人と、あと367日の人がいるだろうけど、どっちも頑張って!

129 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/08(土) 08:50:24.62
‖、、、、 ‖ □ ‖>◇/
( -。-) ‖。 ‖◇/
(っロ[ ̄]   ‖>/
「 ̄ ̄ ̄]  ‖/僕な
□/_UU_□///////////んか毎日炊きこみ御飯を炊きこちゃんだぞ?

130 :39:2012/12/08(土) 09:20:32.69
いよいよラストスパートですね。
みなさんが無事に応募完了できますよう、お祈りしてます。

しつこいようですが、レターパックをお使いになる皆様、
バーコードを剥がすのをゆめゆめお忘れになりませんように。

131 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 09:44:16.98
>>130
心強い応援、ありがとう!
封入前から剥がしておくのも手かも。
ところで今、レターパックライトの裏面を眺めていると「送付はご遠慮ください」
の品目の中に「芸術作品等、代替品の入手が困難なもの」とあった。
ワープロ原稿なら再びプリントアウトすればすむけど、手書き原稿の場合、
もういっぺん書き直すのは地獄だからもしかすると該当するんじゃないか、と思った。
コピーは取っていても、それで応募はできないし。

132 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 11:55:21.46
>>131
分かるよ…手書きで応募していた頃は何を隠そう、清書するのが一番辛かった
400字詰原稿用紙200枚〜300枚ぶんの下書きを睨みつつ万年筆で書いていると
中指のペンダコは序の口で中指からしまいには手の甲が痙攣してくる
誤字のないよう細心の注意を払い、原稿用紙を汚さないよう紙を敷いてひたすら書く
ようやく書き上がると作品完成の達成感とか高揚感じゃなく朦朧とした疲労感が
今から思えばあれは確かに「代替品」なんざ思いもつかなかったなぁ

133 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 11:59:29.33
>>131
ある意味そうだがら、
応募者たちは送るのに神経質にならざるを得ないんだよ

134 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 12:15:06.30
>>126
同意だな。
応募が終わってからも、例えば過去の受賞作の感想を言い合ったり、
書いているとまた何か出てくるだろうから意見交換し合いたいと思っていた。
結果が分かると、過疎ってしまうかなぁ。

135 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 12:18:04.90
>>133
そうだね。たとえワープロ原稿だって、雨が染み込んで印字が滲んでないかとか
パックの中で揺さぶられて角が折れてページがめくりにくくなっていないかとか
到着して担当の係員が取り出す時に引っかかって何枚か破れてしまわないかとか
たぶん第三者が聞けば笑うようなことが気になる。それこそ「道化の華」の一節
「ああ、うまく行けばよい」の心境に。同時に「葉」の末尾の一文に励まされる。
「どうにか、なる」

136 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 12:33:20.75
>>135
その心配があるから、レターパックを市の中央郵便局の窓口で出した。
ポストに投函できるのに意味がないけどね。
原稿を送り戻した顛末から、レタパは進行が早いから(笑)大丈夫だとわかったよ。
夕方に出して、翌日の昼までには着く。住んでる場所や、曜日によるかもしれかいけど。
月曜は、中央郵便局に封便物がたまっているだろうから、
他の曜日より仕分けに時間がかかるだろうし、土日だと局留めになっていてこっちもモヤモヤする。
週の半ば(水〜木)はつつがなく、早く送り届けられる。

137 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 12:44:24.45
>>136
応募完了おめでとう! 108さんかな? すごいドラマだったね。お疲れさま。
今年は締切が月曜日だから、土日の分と月曜の消印を打たれたものとが殺到するんだろうな。
無事届くのを祈ろう。そう言えば最後にダメ押しの意味でガムテープで封をしたんだけど
端っこがちょっと剥がれかかっていたかも。途中で封が開いてしまったら……!?
「どうにか、なる」

138 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 13:12:25.87
>>134
この賞はネットで選評も読めるし
最終選考まで残ったものは本にのるわけだから
そういう話をするには良い環境が整っているもんね
作品の内容についてだったら、例えそれが批判であろうが
作者本人が読んでも、ためになると思う

139 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 13:18:19.62
>>137
108だけど、応募は完了していません。。。
また何かあると心配だから、土日は
自然に書き直したい箇所が浮かびあがってくるのを待機して、
月曜に投函します。

>最後にダメ押しの意味でガムテープで封をした

自分もそうしようと考えたけど、しなかったな。
すみっこまで両面テープが付いていないから心配だけど。

140 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/08(土) 15:34:36.36
>>129前々>>123
レターパックはポストには入らない。これは何度も言っていることだが、注意してほしい。

あとは重さだな。ある枚数までなら二百四十円でいつもどおり届く。が、ある枚数を超えると三百五十円のレターパックライトに切り替えるべきだと考える。

141 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 16:14:04.75
>>139
早とちりだったか。粘り抜くのも正解だね。冷え込む週末、最後のインスピレーション到来に期待しよう。
>すみっこまで両面テープが付いていないから心配
それだよ!端っこのところにアラビックヤマトを塗って万が一に備えたんだけど。ついガムテも貼ってしまった。

142 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 16:26:05.28
初カキコ…ども…
俺みたいな中3で太宰治賞目指してるやつ、他に、いますかっていねーか、はは

この板の会話
あの賞とって作家デビューしたい とか あの女流作家可愛い とか
ま、それが普通ですわな

かたや俺は電子の砂漠で原稿を見て、呟くんすわ
I wanna be a ... 狂ってる?それ、誉め言葉ね。

好きな作品 我が闘争
尊敬する人間 アドルフ・ヒトラー(虐殺行為はNO)

143 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 16:41:06.80
>>138
そうだね
できればそこで俎上に載せられる側にいたいなぁ
そのためにも、今回応募する作品についてあれこれ考えずにはいられないわけで

144 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 17:44:58.34
印刷やっと終わったんだけど後半がなんか青い色になって出力されてきた…
プリンターの誤作動だろうけどこのまま出しても全然読めるんだけどダメだよなあ
青い字で変な効果を狙ったとか誤解されても嫌だし印刷しなおしか
なんだかな〜

145 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 17:51:58.21
>>144
そんなとこまで「誤解されたらイヤだし」とか自分のことしか考えてないのね
「もし自分のとこに届いて読み易いか」「汚れなどなくて気持ち良く読めるか」
そういう視点に立って印刷し直すかどうか決めてね
ひとりよがり、読者おいてけぼりってそういう思考回路のことよ

146 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 17:52:26.04
>>144
もしかして黒インクが切れてない?
プリンターが感知して、他色を混ぜ合わせて黒に近い色を作ったんじゃ?
俺の超安物プリンターにはそういう機能がついているので。

147 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 17:55:23.69
>>144
ノズルが詰まったんでしょうかね。
枚数が多いといろいろトラブルがありますよね…

ぎりぎりまで何があるか分からないですね。
めげずに頑張ってください!

148 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 17:57:36.53
黄色だったら止めとくけど青だったらいいんじゃねw

149 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 18:02:55.67
>>145
いやわりと読みやすいのでついw
こういう効果もありかなと思ったりしてwダメかw

>>146
クリーニングしたら黒は出るけど他が問題あるような感じです
色々設定いじってやってみます

>>147
色の差が場所によってできてるみたいで詰まったり詰まらなかったりしてるんでしょうかね
頑張ります!

150 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 18:06:04.01
>>148
最初は光の具合かと思って気付かなかったくらいなので確かに致命的ではないのですがw
どうしてもできないかどうかプリンターと格闘してみます

151 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/08(土) 18:07:52.04
>>140頭が文學界のほうを考えだしたんで、太宰のほう印字するわ。

152 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 18:13:21.92
>>149
メーカーのサービスセンターは土日は無理かな? この時間なら何とか…。
それにしても
>こういう効果もありかなと思ったりしてwダメかw
こらっ!…結構余裕あるじゃん? まあ、パニクるよりよっぽどマシか。

153 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 22:44:45.05
>>143
この賞はカテゴリーの間口は広い気がするね
選考委員の志向もそれぞれのようだし
最終に上がる作品も例えば前回なら
うつぶし(純文王道系?)
唾棄しめる(私小説系?)
ニカライチの小鳥(実験小説系?)
成長の儀式(エンタメ系?)
みたいな感じでバランスを考えて選ばれている気もする
だから結局は自分が書きたいことを突き詰めるのが一番なんじゃないか
そういう作品こそ読みたいとも思うし。
選考委員に媚びるべきじゃないとは思うけど
じっくり選評を読んだら僕は結構勉強になったな

なんか偉そうな物言いになってしまって申し訳ない

154 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/08(土) 23:41:28.44
>>151割れてたよね。
三浦氏がエンタメ寄りなのかな? 大阪の男性を推してはったよね。
加藤氏と荒川氏が、うつぶしと唾棄しめる、どっちかがどっちか推してはった。
小川氏はだれのも強く推してないような感じがしたな。

155 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 23:43:00.07
私小説も純文学のジャンルに
くくられるんですか

「時雨の記」も芥川賞作品だしね

156 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/09(日) 00:17:42.96
>>155命題『私小説=純文学』を考える
私小説=私+小説
純文学=純+文学
(i)私=純のとき
小説=文学ならば題意は成り立つ(25%の確率)
(ii)私=純かつ、
小説≠文学のとき
小説を書く修練を積んで再挑戦が望ましい
(iii)私=不純のとき
小説=文学なら、あるいはだれかが強く推して残ることもありうる
(iiii)私=不純かつ、
小説≠文学のとき、あるいはだれかが強く推しても残っては恥ずかしい
>>154

157 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 05:37:01.34
>>155
私小説が文学たり得るのは、ひたすら個にこだわり続けることで逆に普遍へと至るマジックが成立しているから。
追究する個に異様な深みがあって初めて成し得るワザで、うっかりすると自意識過剰の独り言で終わってしまう。
現代においてそういう「深み」をいかに見出だすか。何より、そのレベルまで自己を刻み尽くすのに耐えられるのか。
鬼のように難しいジャンルだと思う。

158 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/09(日) 06:00:36.26
>>156
書きだしをどうしたらいいか考えています。
ぜんぜん眠れません。
まったく印字できません。まだ一文字も打ちだせていません。
間にあわないかもしれません

159 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 06:05:54.02
>>153
太宰賞は完成度を問われると言われてるね。面白い表現だと思うけれど。
文芸誌を持つ新人賞なら雑誌のカラーがあるから、受賞作品は良くも悪くも影響を受ける。でも太宰賞はそうじゃない。
あるのは確実に単行本化されるということだけ。それなら本として出版するに足る自立性がまず求められるわけで。
様々な美点を掬い上げるために選考委員の顔触れは多彩。荒川、加藤、小川、三浦の各氏は順に詩人、評論家、純文学、エンタメ。
選考委員の意見が割れるのはむしろ当然。わざと相容れない面子を集めたのかってくらいだ。
そんな中で受賞作が決まる。最終的にどんな作品が選ばれるのか、毎年わくわくする。だからこの賞に応募しようと決めたんだ。
連投&長文失礼。

160 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/09(日) 06:38:56.39
>>159ありがとう。気持ちは決まった。あとは読みかえして印字する。前>>158

161 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 07:19:33.91
>>150
プリンターは復活した? 無理そうならドンキとかで安いの買った方がいいかも
今後も必要なんだし

162 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 07:35:29.81
印刷しても、ずれて出てくる。一度、パソコンを初期化してからそうなったんだが。
設定では、40×30の文字が中央にくるようにしているのに、右側の空白が多目になる。
ためしにUSBに保存して友達の家のプリンターで印刷すると中央にくるのにな。
右肩を閉じるとめくった時に中央に見えるからいいか!と思ってそのまま他の賞にも送ってるけど。

163 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 07:45:12.59
>>162
ページ設定でとじしろが指定されているとか?
確かに右肩を綴じた場合、枚数が百枚を超えるとわりと見にくくなる
だからわざわざ右の余白を多くしてるくらいだけどね
印刷色の件は解決したの?

164 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 08:18:32.11
>>161
色々試してますが微妙な感じです
インクも怪しいのでインクを買おうかと思ったり
ドンキがない田舎なのでw

165 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 08:27:19.10
>>164
取扱説明書はチェック済みだろうし、カスタマーセンターに相談できるくらいならとっくに解決してるか
純正以外のインクカートリッジ使ってないよね?
ディスカウントショップならエプソンのベーシックモデルが四千円くらいで入手できるけど…
青になるならいっそ青インクの供給を止めてみるとか?青カートリッジ外して、そこに空になった黒カートリッジ差し込んで印刷してみるとか
機種によっては不可能かもだけど

166 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 08:40:08.14
>>165
クリーニングとか色々してたら黒インクもなくなったみたいなのでそっちが元々少なかったのかもしれません
代えの黒インクを買ってそちらのカートリッジだけ使えばどうにかなるかと推測してるんですが
ただチェックパターンを印刷すると黒は綺麗に発色するんでどうなってるのやらw所詮安物かとw
まあ気長にやりますw

167 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 08:50:37.88
>>166
万が一に備えて黒インクはしっかり購入して、黒単独も含めてレッツトライだね
成功を!!

168 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 08:59:37.17
>>167
ありがとう
やれることはすべてやってみます!

169 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 17:50:22.05
あ〜なんとひ弱な文学少年たちよ。
内容について語らないか?

170 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 19:12:56.83
語っている暇が無いw

171 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 20:29:54.41
ないようってなんのないよう?

インクが切れて外に印刷しにいったらUSBを忘れて取りに帰ってきた。
疲れ果てた。
確実に人としては駄目になてきてる希ガス。

172 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 21:54:59.29
>>171
まだ締め切り前の苦闘中の人も大勢いるから、作品内容についてはもう少し先で、ね
突然のアクシデントで訳が分からなくなっていたら、書き込んでみて
もしかすると力になれることがあるかもしれない 寝てさえいなければ…

173 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 22:19:12.24
>>171
大丈夫、締め切り前なんてみんな廃人に近い(はず)。
印刷まで来ればもう少しですよ!落ち着いて〜

174 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 00:24:59.49
>>173
終わった〜。葉書も入れたし。もはや廃人ですよ。
あとは郵便局の窓口にレタパを出しにいくだけになった。
シールは剥がした(笑)
他の賞に230枚位のを書いて送ったあとで、太宰に200枚位書いたから憔悴しきった。
第一稿は両方ともほとんど夏には終えてたから楽勝だと思ったけど、仕上げるのに時間がかかった。
一年はぷらぷらしていたいけど、プロだと間髪入れずにすぐに次のに取り掛かるんだろうな。
そう考えたら、一ヶ月だけにするわ。
とりあえず寝る。

175 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 02:32:40.57
廃人にならないためにも寝るわ。
頭が疲れ切っていると、ミスも多くなるから気をつけねばならないね。

176 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 08:10:58.92
>>175
完成おめでとう!あとは郵便局窓口が開いている時間内に起床できるか、かな(笑)
めちゃめちゃ寒いけれど私の住んでいるあたりは冬晴れの月曜日
風邪引いている人も、原稿発送まではキンカン嗅いででも頑張って!(とりあえず意識は戻ります…)

177 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 08:12:09.57
〆切日ですよ
消印ぎりぎりまで粘る人がいたら頑張って

178 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 08:16:17.83
>>176
起床しています(笑)
寒さで気が遠くなってるけど
九時に郵便局窓口で出して次のにかかります

179 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 08:24:11.30
>>178
おつかれさまです。無事に印刷できてよかったですね。


さて、締切日ですね。
私の住んでいる辺りでは今年初の大雪でございます…
豪雪地方の皆様、郵便局までがんばって辿り着いてくださいませ。

みなさんが無事に発送できますように。

180 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 08:59:41.35
>>178
さすが、書いたものを発送するまで倒れないのは物書きの性、それは志望者においてもまた然り、ですね
そろそろ郵便局かな?ご無事で

>>179
雪ですか!?こちらは温暖に加えて降水量が少なく、滅多に積もることもありません
大学一年の冬、慣れない積雪で人前で思い切り転倒しました
渋谷の舗道は痛かったです(笑)
風邪や転倒(笑)にご注意のほどを…

181 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 09:17:58.30
気が緩むととたんい風邪を引くからな。
要注意

182 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 09:18:30.53
↑ごめん。誤字。

183 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 11:25:24.96
プリンターが壊れてた者ですが無事出せましたー
昨日はとりあえず黒インクを買いに行く→字が少し濃くなっただけ→カラーも買いに行く
→変化なし→設定をいろいろ試す→変化なし→ドライバを最新にする→まともになった
ってな感じで歩き回ってましたw
ドライバって同じ動作繰り返してるのにいきなり駄目になって不思議ですね
インクが少ないのと相まって駄目になったのやらなんなのやら今となっては謎です

色々レスくれた人たちありがとうございました!良い結果が得られますように!

184 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 11:31:42.95
>>183
おお、無事解決して応募できた? おめでとう!
締切直前に作品作りそのものとはとは微妙に違うトラブル、さぞやプレッシャーもキツかったことだろう
おつかれさま

185 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 11:55:51.61
>>174
おつかれトン。
自分も夏頃には仕上がってたが、
11月から書き直し始めたら納得いかなくなって
太宰は見送ることにしました(笑)

186 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/10(月) 13:24:13.59
出した( -。-)終わった。

やりきった。

文學界に向かう!

187 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 14:44:32.52
雪なのにスカートはいていったらこけちゃった。
スカートよりも原稿が大事だから、ぶざまな姿をさらしたかもしれん。
恥などといっておれんわ。
この次の作品のネタに使うことで恨みをはらしちゃる。

188 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 15:06:12.92
おわんね。おわんね。おわんねえ。
どうすべか。

189 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 15:37:18.81
>>185
太宰用に書いて来たんだよね?
ならもう一年じっくり推敲して来年の太宰に出せば?一年かけて推敲すればきっと凄い作品になるよ
もちろん、平行して新作も書きながらね

190 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 15:51:24.59
>>189
いや、特にどこ用とかはないが
出来上がったものを読んでみたら
作風的に太宰がよいかな、と
来年のどこかの賞も考えてみるが、
納得いかないでボツにするかもしれん(笑)

191 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 16:03:53.42
>>190
そうなんだ?いや別の新人賞の選評である選考委員が、
「ほとんどの応募作は推敲不足。もっとじっくり改稿すればずっと良い作品になるのに。
年に何本も応募しようと焦るあまりこうなっているのか」
と歎いてたもんで。いいチャンスかなと。
余計なこと言ってゴメンね。

192 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 16:05:13.11
推敲不足とはまさに俺のことさ!

193 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 16:18:03.35
>>187
パンツを見られるのは一瞬の恥。
作品を大事にしたキミはエライ。幸運が訪れることを祈るよ。
ぜひとも見せてもらいたいものだ。
いや、キミのパンツ(もだけれど)じゃなく、キミの作品を、だよ。

194 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 16:25:07.23
まあ雪の日にスカートなら当然、スパッツかレギンスは基本でしょ
あと花森安治先生の昔から、スカートを穿くのは女とは限らないから
もし本当に女性なら、このタイトルを贈りましょう
「我が心のレギンス(Leggings on my mind)」

195 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 16:44:06.05
どうすべか、と思っていたけれど推敲不足だからやめておくか・・・
うまくいくといいですね。頑張ってください。

196 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 17:26:21.92
今から出すんだけど、題名はどこに書けばいいの?

197 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 17:30:02.99
>>194
あったりまえでしょ!

198 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 18:37:00.49
何で職歴と学歴書くのここ?
書きたくないんだけど

199 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 18:48:32.50
むしろ略歴書かないでいい賞なんてないぞw

200 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 18:55:36.63
>>198
作品評価に必要なことがあるから。例えば読んでみておかしいなと思った点があるとする。
もし作者がその分野の専門家なら一般人の知らないことを知っていてもおかしくないけれど
そうでないなら取材不足でいい加減に書いたのかもしれないと疑われる。
同じく、仮に山口県出身で山口大学卒業、山口の会社に勤務している人間が東京を舞台にして
書いた小説でどうもありえない描写が出てきたりする場合も同じ。
職業差別や学歴差別じゃないから安心して。もしそうならこの世は東大卒の作家だらけだ。

201 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 19:04:28.83
あと、応募に関する疑問についてはラノベ系のページだけどここを参考にするといいよ。
レターパックの書き方とかも。土壇場で悩んでいる人がいればどうぞ。
       ↓
http://hitoaji.info/category/basis/basic-entry/

202 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 20:26:14.06
>>200
作品内容のみで判断しないん?邪道じゃね?
学歴職歴両方しょぼいんで出せずにいる…

203 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 20:27:04.56
>>201
ありがと
みてくる

204 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 20:38:12.35
202だが応募やめた
俺は俺の屑な人生を呪う

205 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 20:56:57.22
>>202
信憑性とか説得力とかを補完してくれる材料って考えればいいんだよ。
たとえば勤務先がブラックとか派遣で、そういう世界を書いたら超リアルだろ?
学歴がEランク大やイマイチの高校なら、そういう学校を舞台に書けばいい。
授業中の光景とか誰にも負けないぞ。東大OBだって知らない世界だから。
胸張って学歴・職歴書きなよ。自分の人生を自分が貶めてどうするんだ?

206 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 21:08:18.26
下読みの鉄人〜プロフィールの書き方〜
http://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/m03-01.htm

207 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 21:32:45.67
頑張れよ。気が強くないとやってけないぞ。
他人を蹴落としてでも露出したいぐらいでないと。
誰にも頼らないで一人で書いて応募して、
現在進行形でいろいろあって悲しい思いをしながらやってんだからさ。

208 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 21:33:59.44
>>205
嫌だよ
他者に貶められるのは
受賞後ならともかく
でもサンクス
他の方が受賞されて下さい

209 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 21:37:53.57
俺には立派な経歴はない
同レベルの作品なら
立派な人をとるはず
優しいスレ住人に感謝
枚数的に文學界は無理なんで三月のどこかにします
ありがとう

210 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 21:38:39.30
>>208
そう? じゃあ応募しなければ貶められずにすむの? 違うでしょ
もっと貶められるだけじゃない そんなのは嫌だから小説を書いたんだと思うけど
貶められないために一歩踏み出すのにビビってんじゃないの 男の子でしょ?
しっかりしなさい!

211 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 21:44:25.08
女の子です

212 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 21:44:25.63
受賞者の学歴を貶めないよ
西村憲太は中卒だぞ
花村萬月も中卒でほとんど学校に行ってないっていうじゃないか
田中慎弥は高卒だぞ

作家は馬鹿になれる奴で、サドでないとやっていけないぞ

213 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 21:56:14.96
>>211
うじうじっぷりが男の子にしか見えなかったわ 一人称も「俺」だったし
女の子で学歴を気にするのって珍しいわね 津島佑子、鹿島田真希、江國香織に謝ったら?
職歴がどうしたのよ 専業主婦で職歴ゼロでデビューしたひとだっているでしょ
あとね、そんな根性で三月末に出すなんて、相手に失礼よ?
太宰に出すつもりだったんでしょ? ならここで勝負しないでどうするの?
うじうじしてても許されるのは飛びっきりの美人だけ 腹をくくりなさい!

214 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 22:12:20.26
本当は男だろう
女だったら女王様になれ!

215 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 22:15:26.75
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1335954040/702

216 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 22:26:33.42
>>213
オカマ言葉やめいw

217 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 22:27:32.57
〆切まであと一時間半だな。時間外窓口ならまだ今日付けの消印を押して貰える。
大雪で大変な地方もあるみたいだけれども、つつがなく応募できますように。

218 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 22:32:37.07
俺だって立派な経歴はないけどな

219 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 22:34:35.48
迷惑をかけられない家族一人すらいない

220 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 22:35:21.71
そいつをこれから作るわけさ
ワクワクするぜ

221 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 22:45:17.40
ひとそれぞれってことで

222 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 23:04:39.59
あと一時間を切った。

223 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 23:19:37.01
リミットになって見届けてから寝る

224 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 23:31:01.04
あと三十分を切った。
応募作品を書きはじめた頃はまだ春だったな。

225 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 23:46:34.70
0時になったらスレから消えるぜ

226 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 00:02:14.48
みんな乙

227 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 00:04:10.99
誰かが書いていたよ
「作家になるのに学歴は関係ない
作家になってから低学歴だと恥ずかしい思いをする」

そんなもんじゃないのかな 小説家の世界って。
その世界に入ったものしか分からないだろうが・・

228 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 00:05:15.74
みんな どんな作風にしたん?

229 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 00:06:55.53
>>227
同意。高卒は応募すんなってこった。

230 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 00:08:15.58
おつかれさまー
どんな話か、あらすじとまでは行かなくても教えてー
わたしは高校の屋上の話

231 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 00:24:31.77
>>227
完全に不同意。

232 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 00:29:54.70
>>231
同意
このスレを見損なった

あばよ

233 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 00:54:23.09
スレの総意とかやめてよw

234 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 00:57:25.65
>>230
アンタリアJKかw

235 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 01:11:29.02
勝てば官軍 猫も虎

受賞したら
こじつけはどうでもなるんだ
「中卒でも才能があると受賞できるんですね」
「さすが、東大卒 やはり名門大学卒ですね」と

236 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/11(火) 01:19:43.40
。。 ゜。゜ ゜。゜。
。∩_∩。゜\ゎわん/゜
(´ー`) 。∩∩゜。。
γ´ ̄`ヽ/~(`o´)⌒ヾ,
(    )゚υ`υυυ
。。 ゜。゜。。 ゜。
゜ ゜。゜。 ゜。゜。
賞金使って買い占めたらいいんだよ、恥ずかしいんなら。

237 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 01:32:07.11
東映だったと思うけど脚本家養成しようと思って
バンバン東大出の仏文科とか雇ったけどぜんぜん駄目だった
みたいな事があったよ
もちろん脚本と小説は違うかも知れんけどさ

東大出の作家が多いということは東大出を集めればいい、
という事とはまったく違うというお話でした。

238 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 03:07:34.05
イナうぜえ隔離スレから出てくんなよ

239 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 08:03:34.96
学歴うんぬんで急に仲の良かった住人があれたのは、
>>209のヘタレっぷりと他スレで負け犬の遠吠えをしているからその反発だろうな
家族やまわりから大人になっても甘やかされて育って、
何やるんでも助けてもらって自分の力では何も一つしてこなかった自意識過剰臭がはんぱない。
原稿も家族に手伝ってもらってるんだろう。

702 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 21:45:27.21
クドクなるからこっちに書くが
貶められるのが作品ならいいんだ
俺個人から俺の家族がディスられたら申し訳ないんだ
つかなんでミライさんがいるんだw
文芸誌で予選は通るんで
受賞はするさ
だが太宰賞ではない
気は強いさ
俺が出したら受賞しちまうぜ?
だが個人情報は出せない
残念だが

240 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 08:10:46.77
>>230
その設定だと枚数は100枚弱くらいかな?作品世界が閉じないようにするのが腕の見せ所だね
私のは宅配便がモチーフで、ひたすら町を走り回る
複数のイベントが宅配便で繋がり合い、次第に別の様相を帯びてきて最後には…という話
文章は徹底的にリアリズムで押した

241 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 08:23:12.50
どんな学歴の奴でも応募したっていいんだよ
209は応募すんなってこった(了)

242 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 08:36:10.71
>>240
それ絶対にSFでもイケそう!宅配便に見えて、実はまるっきり別のものだったり?受け取った人は「やっと来た〜!」と言いつつ妙に浮かない顔してたり、「おじいちゃんからよ」と言いながら凄い形相だったり?
こっちは駅前の路上ライブの話。バンドじゃなくてお笑いの。酔っ払いに絡まれたりヤンキーにぼこられたり。超情けなくて超笑えて、ちょっとだけ泣ける話さ。

243 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 08:51:38.22
みなさん面白そうなのを書いていますね。
こっちはありふれたモチーフです。
次は珍しいモチーフで書いてみます。
とにかくおつかれさまでした。

244 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 09:11:29.72
>>242
お笑いかぁ・・・タカトシのトシばりの激しいツッコミする奴が、普段は物も言えない虐められっこだったりしたらスゴイなあ・・・
虐められて骨折してる腕で容赦なくツッコミ入れてきたりして・・・泣くよそりゃ。
俺のは開成高校野球部のアレと被っちまって焦ったけど、エラーしまくるのに何故か勝ち進む進学校野球部の話。
主人公は監督で、勝ち進めば進むほど周りからバッシングされる。素人でむりやり引き受けさせられたのに、叩かれて嫌になって、それなのにだんだん・・・という。
「スローカーブをもう一球」とは重ならないようにしたんだけどなー。事前にアレ読んで、せめて参考文献にでも入れときゃよかった・・・別物なんだけどね。盗作扱いされたら凹むわ。うう・・・

245 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 09:24:09.57
>>243
おつかれさまです
そう言われると逆に気になりますね
私のも山間の田舎が舞台ですから、派手な要素は皆無で…

246 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 11:01:19.63
50枚ほどで
太宰賞をとれた人 過去にいらっしゃった?

247 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 11:26:27.42
地味というかありがちなのはやはり「いじめ・引きこもり」「リストラ」「おじさんが若い娘にモテまくる」こんなところ?
前者2つは自分で解決できていなくて社会への恨み節になりがち、そして最後のは「何でこんな魅力のない説教爺がモテるの?」に。
残酷だけど、モテたことのない人間が描いたモテ人間は概して不自然だし、惚れて来る異性も現実離れしてる。
この三つを避ければとりあえずありがちじゃなくなるかも。

248 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 11:49:33.46
>>247
この三つではないよ
よかった

249 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 11:52:46.16
>>247
俺はとりあえず独り言を極力カットした
ぐだぐだした但し書きみたいな心理説明も省いた
そうすると描写で表現するしかなくなる
苦しかったけど、表現の幅、深度は確実に進歩した気がする

250 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 12:10:06.35
自分も地方都市を舞台にした。
そこで繰り広げられる複数名の人間関係の話。

>>246
60枚ほどで最終に残った人ならいたけど受賞者はまだいないよ。

>>247
>「いじめ・引きこもり」「リストラ」
>前者2つは自分で解決できていなくて社会への恨み節になりがち

どんなモチーフでも
「自分で解決できていなくて社会への恨み節」になってしまうのは避けないとなあ…
学生や社会人の挫折を書いてみたい。地味だよね。
久米正雄の「学生時代」のような作品が好きなんだけど、
いま書いてもウケないよな〜。
震災があってから、明るくて軽いのを読みたいって人が多いみたいで、
まあ自分もある程度そうなんだけど。

251 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 12:31:17.84
「被害者意識は作品を腐らせる」ことを肝に銘じておかないと
被害者意識を抱く人間は自己を客観視できていないからね
甘ったれてたり幼稚だったり
周囲に責任転嫁するのは実はとても簡単なことなんだよな
客観視には何よりも「勁さ」が必要だとつくづく思う

252 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 12:36:32.31
>>250
さりげない設定だけにかなり自信アリと見た
こういうのが曲者なんだよなあ
もちろん良い意味だよ?

253 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 12:41:07.50
>>252
自信は50%(笑)

254 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 13:14:47.52
>>253
なるほど(笑)手強そうだ
バドミントンのシングルスでも、本当に強い奴の動きは一見すると地味なんだよな
派手にジャンピングスマッシュ連発するような奴は案外、脆かったりして
俺?もちろん後者だったよ(泣)

255 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/11(火) 14:51:39.59
>>236
東京近郊と田舎と地方都市の三ヶ所を均等に割りつけると最低九章は必要で多いと十一章。
一章当たり十五枚として百六十五枚。
十二章なら百八十枚、十八枚なら百九十八枚だ。
太宰に出すしかないら?

256 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 15:06:45.27
>>240
宅配便の設定が気になる…
最初は運転手目線かなと思ってたけど、もしかして高林杳子「無人車」的な?
だとするとこれは…

257 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 21:18:11.73
>>256
確かに配達員の視点じゃ伊藤たかみ「八月の路上に捨てる」に雰囲気が似てくるもんね
配達物をアレゴリーとするなら、別視点の方が効果的だな
なるほど!

258 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 07:59:15.46
僕のは田舎の廃業寸前のしょぼい遊園地が舞台。

ひと夏バイトしたおかげできっちり取材できた。

何でもないアトラクションが意外にも重要な意味を持ってたりして、主人公の成長に繋がる話。

受賞には届かないだろうけど、一回くらい名前が載るといいな。

259 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 08:57:54.80
北日本、二次通過ならず、でした。少し凹んだ

260 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 09:11:16.68
ドンマイ
太宰にも応募したんだよね
自作に取り掛かりつつ結果を待とうよ

261 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/12(水) 12:48:52.90
‖、、、、 ‖ □ ‖>◇/
( -。-) ‖。 ‖◇/
(っロ[ ̄]   ‖>/
「 ̄ ̄ ̄]  ‖/
□/_UU_□/////////////
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//V////////
_____/∩∩愛は
「 ̄ ̄]((^o^)ときめ
____(っц) きだよ
 ̄ ̄ ̄ ̄\/υυって渡
[] / ̄ ̄「 ̄ ̄] 淳が
__┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃ /|
__┠―□―□―┨ / |
__┃_____┃/ //
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Τ //
―□―□―□―┤ //
_______|//
_______⊥/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄前>>255

262 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 14:24:19.24
営業途中の車内。晴れているせいか外は寒いのに中は暑いくらい。
届いたかな?がんばれ俺の原稿!ナメられんじゃないぞ

263 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 17:24:18.53
十日消印なら今日の人もいたわけで
まだ応募者の数字は出ないね

264 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 17:25:36.07
今後の流れは?

265 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 19:07:07.73
太宰治賞3より転載

2006年 応募数 1030篇 受賞作164枚 最終候補作107枚 300枚
2005年 応募数  927篇 受賞作324枚 231枚 最終候補作、315枚、256枚
2004年 応募数  962篇 受賞作267枚 最終候補作229枚、197枚
2003年 応募数  863篇 受賞作261枚 最終候補作96枚、247枚
以上、『太宰治賞、2006、2005、2004、2003』より。

266 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 19:11:44.64
>>264
締切消印日頃に出した人は返信用ハガキとメール待ち
その後、2月中旬〜3月中旬までに一次発表

267 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/12(水) 19:47:05.12
‖、、、、 ‖ □ ‖>◇/
( -。-) ‖。 ‖◇/
(っロ[ ̄]   ‖>/
「 ̄ ̄ ̄]  ‖/
□/_UU_□/////////////////////////////////////////////>>265上限枚数が今のやつ超えとるやないか。

268 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 20:26:31.09
早めに出した人でメール来た人いる?

269 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 20:32:54.09
>>258
ひと夏も取材して頑張ったね
読んでみたい

270 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 20:54:28.56
>>267
AAやめろよ気持ち悪い

271 :258:2012/12/12(水) 21:04:23.39
>>269
ありがとう。

そんなことを言って貰えたのは生まれて初めてだ。

ぜひ読んで欲しいけれど、最終に残らなきゃ。

272 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 21:22:11.88
この世に失望してビルの屋上に上る
何者かに救われる。
臓器売買の契約を結ぶ。
あとはダラダラって感じのストーリーです。
最終的に小説とは、新人賞とは、出版社とは、と考えさせられる作品です。

273 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 21:27:19.92
>>271
自分も取材とかよくするからw
遊園地を見てインスピレーションが湧いて書いたんじゃないかと思ってさ。
自分の体験をもとに書くタイプと、他からネタが浮かんで書くタイプがいて、
書き続けるには後者でないと厳しいと思ってたところなんだ。

274 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 21:43:45.86
そろそろどんな話なのか大雑把であっても話すのはやめておこうよ
最終に残る作品で特定されたら取り消しになる(汗)

275 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/12(水) 21:47:06.36
>>267
>>269同感だ。
>>273が、僕は残念ながら前者で、賞もらっても何年も書きつづけられるとは思っていないし、一発か二発か三四発クリーンヒットすればそれでいいと思っている。
今回、賞金百万だと思って考えて、じゃあ二百枚ぐらいがいいかもしれないな、と思った。

276 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 22:00:22.52
>>274
作品そのものをアップしてなくてもまずいかな?

でも、ここに書き込まれた内容を読むと凄く刺激を受けた。

皆、面白いアイデアばっかりで、自分ももっともっと頑張らなきゃって。

277 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 22:08:33.23
もし受賞作の内容がこのスレで見かけたものだったら何か嬉しいなぁ
同じ住人が頑張って書いたものなら拍手したい
皆の切磋琢磨のためにあえて曝してくれた勇気にも頭が下がるし
よし後に続くぞって気になる

278 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 22:09:27.35
>>276
まずくないと祈ろう!

279 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/12(水) 22:14:02.19
。。 ゜。゜ ゜。゜。
。∩_∩。゜\ゎわん/゜
(´ー`) 。∩∩゜。。
γ´ ̄`ヽ/~(`o´)⌒ヾ,
(    )゚υ`υυυ
。。 ゜。゜。。 ゜。
゜ ゜。゜。゚ 前>>275
。。 ゜。゜ ゜。゜。
゜。゜。゜宦ソ 。゜。
。。゜~⊂(-.-))⌒ つ゜
。゜。~~゜~`υ~~~~゜゚
。゜。゜。゜。。゜。。。遊園地のAAか――むつかしい要求だな

280 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 00:56:09.23
ちなみに
多輝子ちゃん は何枚だったの

281 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 01:09:58.72
早くも誤字を二箇所見つけた。推敲して別の賞にだそう。3月以降に

282 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 02:09:35.88
>>279
AAやめろって言われたろ

283 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 07:18:06.48
履歴の話題だけど、簡単でいいという見解が多い。やはり、作品、だ。
きらめく作品!これにつきるよ。

284 :k:2012/12/13(木) 07:43:52.21
見落としがちなのが、括弧やカギ括弧が全部全角になってるかどうか。
出す直前、半角と全角入り混じってることに気付いて、全部直すのに二時間
かかりました。

285 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 07:56:29.55
>>278
そうだね。受賞を争う人にとってはナーバスな問題だ。

僕はまだ未熟だから少しでも進歩したいと思う。

そのためのヒントになればと思って書き込んだんだ。

今のレベルで受賞うんぬんを言うのはおこがましいので。

286 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 08:48:51.01
発表時に加筆修正するよね

287 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 09:36:59.41
一箇所言葉の間違いに気づいたw

もしも最終に残ったら、審査会の前に修正したい。

288 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 10:07:08.53
>>270
>>282
構うと図に乗るので完全無視で

289 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 10:30:29.33
言葉の間違いより、根本的な部分の可否が気になって仕方がない
どんなにそつなくデートができても最後に振られちゃ何にもならない
やらかしまくってても最後に「YES」と言って貰えたら…
そういうのってデート前に既に答えが出てるんだよね
魂(ソウル)の部分というか…俺の魂は届くだろうか

290 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 10:37:46.29
小説とは魂の主張だと丸山才一が「樹影譚」で書いてるけど、
一つの小説に一つの主張をするとなると、底がつきてしまう。
主張を創造するんか?

291 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 10:51:53.83
主張=魂ならね
でも、実際にはそうじゃない
いくら叫び続けても伝わり切らないものを抱えてしまい、それでも叫び続けずにはいられないからこそ、小説を書くんだと思ってるよ

292 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 11:00:44.58
@何かを伝えようとしているのだけは分かるケースと、
A伝わっているケースがある。

Aでないとはじかれる。

293 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 11:26:21.23
毎回暗いのが好まれるようだけど 
ほんわか系が選ばれたらいいのにと いつも思います
私は書かないで、病床で読む側の人間ですが。。。

294 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 11:34:54.85
「伝えたい」「解らせたい」「感じてほしい」いろいろあると思う
あとに行くほど曖昧で、そのぶん広くなりそうだけど

295 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 11:58:42.74
>>276
>ただし、2012年中に、同人雑誌など、商業出版ではない形で発表された活字原稿は、選考の対象とします。

だから、まずくないだろ。

296 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/13(木) 12:15:50.06
‖、、、、 ‖ □ ‖>◇/
( -。-) ‖。 ‖◇/
(っロ[ ̄]AAやめろって
「 ̄ ̄ ̄]さ_‖/
□/_UU_□/////////////
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//V////////
_____/∩∩ははは/|
「 ̄ ̄]((^o^)気に/ |
____(っц) すんな
 ̄ ̄ ̄ ̄\/υυ / よ/
[] / ̄ ̄「 ̄ ̄レ/  /
__┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃ /|
__┠―□―□―┨ / |
__┃_____┃/ //
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Τ //
―□―□―□―┤ //
_______|//
_______⊥/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄前>>279

297 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 12:44:01.79
>>293
それは大変ですね ご自愛ください ほんわかした作品、確かにありませんね 
もしよろしければあなたご自身が書かれてみてはいかがでしょうか
読書が可能ならキーボードも打てるかもしれませんし、体力的に難しければ
音声入力、録音して口述筆記という方法もあります
「こういう作品が読みたいのに書かれない」こそが創作の根本動機だと思いますので
勝手なことを申し上げて失礼致しました お体の恢復をお祈りしております

298 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/13(木) 12:53:49.11
‖、、、、 ‖ □ ‖>◇/
( -。-) ‖。 ‖∩∩
(っロ[ ̄]   ((^o^)
「 ̄ ̄ ̄]__(っц)
□/_UU_□//////□υυ////////////////////////////////////前>>296百枚では伝えきれないことが、二百枚だと伝わるんかもわからんね。

299 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 15:05:41.89
>>295
そうか大丈夫なんだ。ありがとう。あとは気持ちの問題かな。

>>293
>ほんわか系
どんな感じ? 例えば…小説になりそうでファンタジーっぽいといえば
昔の漫画で言うなら大島弓子とか陸奥A子、めるへんめーかーみたいな??

300 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 19:41:40.23
太宰治賞でほんわかといえば辻内しか思い当たらないが
他にもあったかな

301 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 19:43:16.56
「神様のカルテ」みたいなものがほんわかだろうけど
作者が太宰に出していたら これって入賞したかな

302 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 21:57:47.81
>>293
病床にある人が2chに来てはいけない。。。
と病床にある自分が言う。

303 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 22:16:18.18
ほんわかしたのを読みたい時はエンタメ小説を読むよ

304 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 23:13:56.00
太宰治賞は
重いし暗いし
病人には勧めないよ  

305 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 01:57:46.44
自分の駄作を読んだ後に三島由紀夫を読むとレベルの差に愕然
三島を読んだ後に普通の芥川賞作家を読むとしょぼく見える。

306 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 03:36:31.30
>>299
心温まるラストというなら受賞作じゃないけど辻内智貴「青空のルーレット」かな
エンタメ系なら有川浩とか

307 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 03:58:08.01
太宰賞って純文の賞だから
心温まるとなると、オール読物とかになるんでは?
>>305
三島って昭和文学史の中でも三本の指に入る気がする
三島、川端、あと一人誰だろ?
そんな神と比べてはならんw

308 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 08:04:29.69
>>307
私は谷崎だと思います。
と、病床から書き上げて送った私が言ってみます。

送ったら安堵したのか、ぶり返してベッドから下りられなくなった。
でもこのスレだけは見てます。
創作板でも他のスレはしんどくなりますが、
このスレは読んでいると元気になりますよ。

309 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/14(金) 08:16:02.50
三島
川端
彡、、、、ミ
( ^o^)サカヤキ?
(っ[ ̄]    前>>298  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

310 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 08:20:25.08
>>307
三島は好みの問題 絢爛としてはいるが、天才的な鋭さはあまりない気がする 秀才の限界みたいな
川端はまあアリ あとは谷崎と…やっぱり太宰かな
>>308
うわっ!シャレになんないじゃないですか!?
太宰の「お伽草紙」とかいかがです?太宰嫌いで「斜陽」や「人間失格」を全否定した三島も、これだけは否定できなかったという傑作ですし

311 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 08:49:54.62
石原慎太郎は本音として三島をどう見ていたか

312 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 08:58:59.41
>>310
ありがとうございます。
胸が弱いので、どのみち冬場はきついのです。

三島に全否定された作品があったとは、知りませんでした。
ダメ男っぷりを余すところなく晒す太宰の文章は、
虚栄心の強い三島のコンプレックスをいじくったのかもしれないですね。
お伽草子、読んでみます。
ありがとうございます。

313 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 08:59:06.19
稲垣足穂の三島評には笑った
「三島?やり手だな。暴れるところはなかなかいいよ。絢爛たる作品が多いけどドキッとするものがないや」

314 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 09:06:43.25
確かに三島は人の領域ながら筆力の鬼って感じだね
俺的には昭和時代は川端・谷崎・太宰を挙げるな

315 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 09:11:48.35
>>312
どうぞ、楽になさってください
三島はかつて太宰の酒席に呼び出されて、面と向かって「私は太宰さんの小説は嫌いです」と言った男ですから
太宰は困惑顔で「なら来なきゃいいじゃねぇか」と(そりゃそうだ)。
三島が辞去したあと「来たってことは、やっぱり好きなんだな」と笑ったそうです
その後、三島はことあるごとに太宰批判を書き残しています 田舎者呼ばわりしたり顔が嫌いだと言ってみたり(お前の顔だって…いやいや)
太宰の方はまったく相手にしませんでしたが
それにしても
>虚栄心の強い三島のコンプレックスをいじくったのかもしれない
炯眼ですね(笑)恐れ入りました
身長170pを超える太宰の前で150pそこそこの三島はさぞ屈辱感に苛まれたことでしょう
長文失礼しました

316 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 09:58:53.73
基本的に太宰は読めない(あのかまってちゃんぶりが不愉快で途中でぶん投げる)自分は、
太宰賞に出さなくて正解だったかもなぁ。

太宰は、典型的な境界例だからなぁ。
しかも、男の境界例はたち悪い。

三島も、あの自己愛が気持ち悪くて、読むのに苦労する。
というか、やっぱり途中でぶん投げる。

明治大正の小説は読めるんだが、
どうも昭和の作家って合わんのだよな、基本的に。
谷崎や川端も苦手だ。

そのせいなのか、よく「文章が古い」って言われるorz

317 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 10:41:42.82
>>316
あなたは作品ではなく作家を語っているのですか。それに文芸版で精神医学用語の境界例みたいな言葉を出すのは少し違う気がしました。

318 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 10:42:43.22
太宰は意外に柔軟でテクニカルな作家だよ
自己憐憫や甘えを指弾されるけれど案外計算ずくでやってたんじゃないか 何しろ日本人はそういうのが好きだからね
「斜陽」「人間失格」はいわば狙って書いたベストセラー だからこそ疲れ切って自殺に追い込まれた
本来はしたたかなユーモアを武器にした作品こそが本領 「お伽草紙」や「新釈諸国噺」は本当に凄い
仮に同じ題材で芥川が書いたとしたら読むに堪えないつまらない代物になったはず
間違いなく太宰の「才能」が煌めいている 太宰といえばセンチメンタルだという先入観のある人はぜひ一読を

319 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 10:45:51.60
中後期の短編なんて素晴らしいよな

320 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 10:52:09.09
特に男性は、センチメンタリズムに共感して凭れ掛かるのではなく、しなやかで「勁い」ユーモアを見極めて学ぶ、という読みが必要だと思う
女性は最初から距離を置けるからわりに客観的に読める
先入観で遠ざけてしまうにはあまりにも惜しい作家だよ
要は読み方の問題だと思う
ゴメン、つい長くなってしまった

321 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 11:52:09.03
若い頃に読んで嫌気がさしてそのままだったが、
そういう視点で読み返すと新しい発見があるかも知れないね。

今度読んでみるよ。
どうもありがとう。

322 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 12:55:02.74
>>321
ぜひ読んでみて 読者としての「読み」は感動や共感に身を任せていればいいけれど、
書き手としての「読み」は読者をいかに感動させ、共感に導いているのかを見極めるためのものだと思う
ましてや太宰は日本文学史上屈指のテクニシャンにして日本文学には稀なユーモアまで備えた作家だ
同じく古典を題材にしてもユーモアの欠片もない芥川とはまるっきり違う人間味のある作品を作り上げた
これを学ばない手はないと思う といっても別に美化したり崇拝したりする必要はない
学び、見極めて自分なりの技法へと昇華させれば強力な武器になる
何か偉そうに言ってゴメン じゃ、このスレの決まり文句で締める
「がんばろう!」
 

323 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 13:13:06.04
三島の身長は160以上あるだろ
それでも太宰の170のほうがでかいけどw

おそらくだけどさチビとの喧嘩とその数字から想像するに三島じゃなくて中原中也のほうじゃないかな
中原なら150程度だし、勘違いっていうかごっちゃになってね?
三島場合は論争だけど、中原とは三島と違って本当に喧嘩になりかけてる
ま、太宰が逃げたんだけどさ

>太宰の方はまったく相手にしません

これも三島から逃げてた、が正解だろうな

324 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 13:18:13.83
>>323
三島は身長155pだよ
嘘だと思うなら調べてごらん
壮絶なコンプレックスの果てにボディビルだの剣道だのに走る
三島崇拝者は認めたがらないけれど、事実だ

325 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 13:24:51.38
なにそれ。じゃあ「150pそこそこの」っていわんだろw
ネットでぐぐったら164とか167とかいろいろ出てくるし

326 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 13:27:59.87
Wikipediaは三島崇拝者の改竄が激しいから、念のため。
あと太宰が逃げたというのも対面時に太宰は既に人気作家、三島はデビュー間もない学生ということを考えればありえない。
同性愛の件といい三島信者は事実を隠蔽して持ち上げるから困るんだよなぁ。

327 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 13:30:00.14
っていうか三島崇拝者じゃないよ
中原中也 太宰 喧嘩 でぐぐって見てよ
これと勘違いだと思うぜ

三島の身長だけどもっと調べてみた
遺体解剖所見では163センチってのが正解じゃね

328 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 13:33:55.64
ばかだなw お前本当に太宰の読者か?

仮に勝てるとしても逃げるのが太宰治だろ
喧嘩に勝って得意気でガッツポーズとか、俺たちの太宰じゃないだろ
それこそ三島の仕事だろ

太宰なら「ひざがワクワクした、逃げた」って書く
太宰好きはそれ読んで自分に照らし合わせて共感する

329 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 13:37:59.84
「書き手としての太宰の読み方」がテーマなんじゃね?
創作文芸板なんだからさ
「読者としての〜」なら文学板に行けばいいと思うよ
ファンも多いだろうし

330 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 14:18:28.54
書き手側からの意見だけど、小説を書いてると
結局、三島が太宰を嫌ったのって、同じ種類の人間が同じ土台の小説を
違う形で書いてたからってのがわかってくる

三島と太宰の類似性なんていろんな人が書いてて珍しくも無いけどさ
片方は露悪的で片方は飾り立てる、飾ってる方は汚らしさむき出しなほうを我慢できない
三島も太宰の富士山のやつとかは、ほめて無かったかな
あれはこっちの見方だからだろうけど

でさ、こういうのはワナビにもあって
アリにあるニートが自殺願望書いたような小説でも
変に美化して社会の蛆虫たちと俺は違う系もあれば、
俺はクソだって自己卑下もあっておもしろい

331 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 14:26:11.40
太宰文学の半分は読んでいて、これからは年に一冊ペースで全部読む計画だけど、
「太宰崇拝者は作家になれない」って逸話があるから距離を置いて読んでるな。
「吉本ばななはそれで成功したけどたまたまであって、
学ぼうとしても失敗する。そういう作家志望者を五万と見てきた。
特に、本棚に太宰全集を置いて何回も読み返すほどの人は諦めなさい、やめなさい云々。
ので太宰だけはやめた方がいい、他の作家にしなさい」だそうです。
大学講師の話で。

332 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 14:31:28.60
一度でも応募すると、書き手の視点で読むようになるもんじゃないの?
編集者は編集者の視点で。

333 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 14:41:39.23
読者に共感させるのは主にエンタメの仕事だと思うけど。
その役割のある純文もありだと思うけど、感動のさせどころが違うのでは?
例えば「苦役列車」。さいきん読んだがさっぱり共感できない。
なのに己の恥を徹底して曝け出しているから、
信望者になる境界手前…程度に面白かった。

334 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 14:48:22.29
それさ 共感の定義の話でさ
まるでわが事の様はらはらドキドキしたわけではなけど
あんたの心の深いところに石投げ込んで波紋を作ることに成功したなら
十分共感って言っていいんじゃね、だめか?

たとえば安部公房とか後期の筒井康孝とかべつに共感はないし感動したわけでもないけど
「なんだこれ?!」って感じではまってよく読んだ
ああいうのなんて呼べばいいのかな? 感動?

335 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 14:53:52.67
>>331
それって某W大じゃない?
俺も聞いたけれど、但し書きがあって「太宰が好きだという男は皆駄目になった。
ところが女は別に関係ない。性差があって客観視できるから」だそうだ。
その上で318・320・322で言っているような心がけを説いてくれた。
別に好きになれなんて言ってない。見極めて活用しろと言っているんだから良いんじゃない?

336 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 15:01:01.98
>>334
呼び方はさまざまでも、なにかが心に届いたならそれは表現として成功しているよね
説明できなくて当然だと思うよ? 説明できちゃうレベルだとむしろつまんない
「人類愛」「家族の絆」「世界の中心で(以下略)」…げんなりする
ひとことでは言えない何かが突き刺さって来るのが文学表現なんじゃないかな

337 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 15:03:38.36
>>335
但し書きは知らなかった。

>見極めて活用しろと言っている

そんなところだろうとは思った。

「女学生」みたいなのをかければいいけど、書けるものでもないんだよな。

338 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 15:07:34.99
では例えば読後感を「共感」「孤独」と一括りにキーワードで縛ってしまう読みは駄目だね

339 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 15:10:28.58
>>334
いや、だめじゃない(笑)

340 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 15:14:14.23
>「なんだこれ?!」って感じではまってよく読んだ
ああいうのなんて呼べばいいのかな? 感動?

「女学生」を読んでそうだった

文学の確信に迫ってくる流れでいい感じ

341 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 15:16:24.20
へたくそがやると

意味わからん、面白くない、キチガイ文学、適当に書いてるだろ
とか言われて終わりだよ

342 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 15:18:56.76
>>337
ま、その「見極める」部分が作家としての資質に関わって来るんだろうな

>>338
鋭いね 苦役列車の主人公に共感できる? ナボコフの「ロリータ」のハンバートに共感しちゃ
あらゆる意味で駄目だろうし 嫌な奴でもムカつく奴でも切り捨てられない何かがあったりする
それがひと言じゃ言えないからこそ300枚も書こうかって気になるわけだよ

343 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 15:23:38.67
勘違いしたままだと、昔のポッポのように
奥泉と俺は同じ、バロウズと同じ
みたいなこと言い出すんだよな

344 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 15:25:52.86
ポッポとはなんだったのか

345 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 15:31:50.95
>>308
病床から書いて応募していたのか!
良かった。結果を楽しみにしよう。
俺もあちこち悪くて病床から4、5時間しか起きれないが、
何とか書いて出した。

346 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 15:35:05.91
中学の時に谷崎の「痴人の愛」を読んだ 何でこんなクソ女に好き放題やられて
しかも最後は幸せそうにしてやがるんだ、とムカついて仕方がなかった
その後、これは凄いという小説には数えきれないほど出会った 数えきれなかったせいか
ほとんど皆忘れてしまった そして未だに、あのムカつく「痴人の愛」だけはしっかりと
憶えていて忘れられない ムカつくことなら忘れてしまえばいいし、無視すれば済む話だ
だけどできない どこがいいかと訊かれてもひと言で答えられるわけもない
俺にとっては、本当に恐ろしい作品だ 

347 :308:2012/12/14(金) 16:17:14.83
>>345
ああ、病床仲間ですね!
応募おつかれさまでした。
1日に4、5時間は辛いですね。
無事に出せて良かった。

私は持病ではないのですが、冬から春にかけて呼吸器がやられます。
秋のうちに早め早めに書いておいたので、
どうにか間に合いました。
今はベッドで携帯ぷちぷちして、次の作品に取りかかってます。

お互い、めげずに書いていきましょうね。

348 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 16:22:22.22
前回受賞作の「うつぶし」が嫌いなんだか、あの気持ち悪さが忘れられない。
オグシチャボを共食いさせてどうたらってくだりを読み終えて数ヶ月たっても、
何度も思い出して吐き気がする。
それも忘れられない作品ということになるから良作なんだな。
「私は生きている限り、私自身が災厄なのだ」の一行も忘れられない。
太宰の忘れがたい「生きていてすみません」の言葉と俺にとっては同価になってしまった。
「うつぶし」は太宰賞らしい受賞作なのかも。

349 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 16:30:41.98
辻内は異色だよね 
しかし、多輝子ちゃんの前作段階から編集者に目をつけられていたというし。
正直、僕には多輝子ちゃんが太宰賞にそぐうとも思えないんだが〜

350 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 16:33:57.30
>>348
生理的な気持ち悪さなら人間は本能的に忘れようとするから記憶には残りにくいよ
それなのに忘れられないのはやっぱり何かがあるんだろうな
1989年文藝賞の比留間久夫「yes.yes.yes」は男色を扱った作品で俺的には気持ち悪い
しかし20年以上経ってみると一種の物悲しさに包まれた作品像へと変容してきた気がする
男色シーンは相変わらずキモいとしか思わないけれども

351 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 16:55:53.72
>>349
スレで話題になってるから、文庫を買ってきて読み始めたばかりだよ
多輝子ちゃんと同時併録の「青空のルーレット(表題)」 は、
古風な文体混じりだった「多輝子ちゃん」と比べて普通の言い回しになっていた。
昨今のラノベより改行が多くて、純文でなくエンタメでやっていく覚悟をした人なんだな。

>>350
綿矢りさの「夢を与える」が文庫になってたから読んだけど、これもムカツク話だった。
周りの期待と夢をしょっているのに裏切ってしまって、
最後にはショッキングな映像を流されて芸能界に居られなくなる。
ムカムカして忘れられない。作家はいい話ばかり書いてはいられないんだな。

352 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 16:56:28.02
昭和文学といえば、完全に個人的な好みだけど芥川かなぁ…
晩年の、あの世に片足突っ込んでるような鬼気迫る文体は
日本文学史上、類を見ない気がする
でも蜃気楼とかで嫁の文ちゃんを萌キャラに描いてるのも好き(笑)
「」

353 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/14(金) 17:04:12.57
‖、、、、 ‖ □ ‖>◇/
( -。-) ‖。 ‖◇/
(っロ[ ̄]   ‖>/
「 ̄ ̄ ̄]前>>309
□/_UU_□/////////////////////嫁さんの実家、うちの近所らしいんだよ――なんの話だよ。

354 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 17:10:39.45
>>347
>ベッドで携帯ぷちぷち

それ俺も病床でやったけど、肩が凝ってまいった。
肩こりに気をつけて下され。
携帯のデータをパソコンに入れると、
HDDerrorが起きて何度か初期化するはめに…。
面倒だから、調子の良い時間に短期集中でパソコンで書くようになった。
その合間に太宰スレに来て充電。

355 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 17:12:03.07
太宰は好きじゃないけど谷崎は好きだ
俺もドMなのに関係があるのだろうか
でもSっ気もあるんだ

356 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 17:38:24.04
>>351
それ一時期の綿矢そのものじゃないか、みたいな
もてはやされて大学へ行って、私生活をマスコミに晒され…
さぞや気合が入っただろうな

357 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 17:40:30.74
>>355
真のS者はMも兼ねている。
逆もしかりとだいぶ昔に聞いたことがある。

358 :347:2012/12/14(金) 17:42:35.25
>>354
確かに肩は凝りますね。
元気な時にパソコン打つのが一番なんでしょうが、
家族に寝てないのが見つかると叱られるのです。
携帯は布団の中に隠せばばれませんからw

疎まれる身なので、できるだけ大人しくしています。
賞が取れたら、詫びがわりに賞金を差し出したい。

359 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 18:04:55.68
もはやそのシチュエーション自体が文学なのでは?

360 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 18:14:17.15
文学そのもののような人だよ

361 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 18:19:49.81
でも、そういうのが文学だって言う時代は終わったし
それを文学だと思って突っ走ると人生を棒に振るんでしょ

362 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 18:23:54.50
>>357
よく世間ではSかMとにわけたがるが、
俺はどれでもないわー

363 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 18:26:47.50
芸能界を舞台にした話を書く場合、
取材が欠かせないよね
体験したことがないと難しいかな

364 :347:2012/12/14(金) 18:33:54.82
>>359
もっと文学らしいことを書けば、
今年は結核検査も受けました。
結果は大丈夫でしたが、結核だったらどれだけ迷惑だったか。
考えると本当に恐ろしいです。

気が弱いので、突っ走れませんw
先日とりあえず遺言書を書いたんですが、
「申し訳ありませんでした」とか「お手数をお掛けしました」しか
出てきませんでした。
「ありがとう」じゃないんですよね。
ただひたすら申し訳ないのです。

365 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 18:40:00.87
正岡子規の病床六尺を思いだすな…

366 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 18:45:18.82
>>365
子規はゴーマンかましまくってたから347さんと一緒にしちゃ悪いでしょ
妹と母親を使用人並みにこき使い、高価な食べ物を要求し続け、しかも不満たらたら
小説も書いているがまったく評価されなかった そりゃ自己を客観視できない人だから…

367 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 18:56:23.41
ソースはドナルド・キーン「正岡子規」新潮社
「新潮」連載中から読んでいたけれど、才能とか限界とかについて多くの示唆を得たよ
年末年始の読書にオススメ

368 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 19:27:37.63
>>367
読んでみる

369 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 22:24:41.37
今年の応募は例年より多くて下読みも始まっているそうです

http://www.chikumashobo.co.jp/new_chikuma/

370 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 22:31:19.34
「うつぶし」発売だそうです

http://www.chikumashobo.co.jp/special/dazai/

371 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 22:33:17.56
>>36
乙です。
例年より多いということはやはり注目度が上がっているのでしょうか。
挑み甲斐がありますね!

372 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 22:35:27.94
>>371
[訂正]
×36→○369
失礼いたしました

373 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 22:42:52.50
>社内を大量の原稿が行き交っていて

ってことは、編集者が下読みされるのかな?
どきどきしてきた
ここで書き込んだ「うつぶし」の感想を送ってみようかな
でも、思いっきり気持ち悪いと書いてるからなぁ

374 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 22:46:58.54
応募が多いのなら、
「受賞作二本」や、
「受賞作1本と優秀賞1本」、
あるいは、「受賞作二本と優秀賞1本」もありうるかな〜

375 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 22:58:09.75
>>373
気持ちは分かるけど意味のない行為だから
とりあえず落ち着こうか?

>>374
いろいろ期待しちゃうけど、倍増でない限り2本はちょっとキツいかも
一次通過どうなるだろうね?

376 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 23:00:52.85
どこに応募が多いと書いてるの

377 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 23:13:08.89
>>371-372
武者震いのあまりミスタッチしちゃった?
人気のない賞でデビューしたってつまらないからね
どうせなら強力なライバルと戦って受賞したいね

378 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 23:32:57.21
>>376

>>369のリンク先だよー

379 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 23:34:18.09
優秀賞でもいいから欲しい

380 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 23:40:00.37
>>4
>2010年3月02日 火 11:   (1412編)

今までで一番多い時で1412篇。例年より多いって、1500篇いってたりして。
2011年に夏子さんが三島賞を受賞して、
今年は隼見さんの受賞作が文学界で評価されてたから応募が増えたのかな。

381 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 00:48:59.85
一次はいつ分かるんだっけ

382 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 01:10:06.85
応募数が多いと聞いただけでもう駄目なような気がしてきた。とりあえず、読んではもらえるわけか・・・。

383 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 04:52:11.45
>>380
じたばたしても状況は変わらないんだから、焦らず次の作品に集中しよう
応募済みの作品についてはもう何もできないんだからさ
もし今、何らかの後悔があるなら忘れないよう書き留めておいて次に活かそう

384 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 10:08:53.63
>>383
じたばたしてないってw
純粋に応募が増えた理由に興味があるだけさ

385 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 10:31:27.07
増えたのは高齢者の応募が多いから

386 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 10:35:31.58
高齢者に人気??なぜ??
何か根拠になる情報とか出てるの?
高齢者人気ならなら前回七十代が入選していた群像や早稲田文学の方がありそうだけれど

387 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 10:46:05.94
>>9のデータを読んで、他スレのRON専が
4、50代で予選通過できるのならやったるかって思う人が増えた?

群像で高齢者が受賞したんだよね。
それで応募を諦めていた高齢者層がやる気を出したのかも。

388 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 10:47:04.09
高齢者2ちゃんねらーが増えてるんだよ

389 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/15(土) 10:49:26.76
。。 ゜。゜ ゜。゜。
゜。゜。゜宦ソ 。゜。
。。゜~⊂(_ _))⌒ つ゜
。゜。~~゜~`υ~~~~゜゚
。゜。゜。゜。 。゜。 。この前、最終に残った四人のうち三人は若いだろ。前>>353

390 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 11:17:17.89
>>387
四十代〜五十代は多忙で書く時間が取りにくいんじゃないかな?
高齢者とは定年退職後の六十代後半だと思っていたんだけれど
いずれにせよ文学の裾野が広がること自体は歓迎すべきことだね

391 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 11:37:02.51
地方文学賞は高齢者が多いよ 太宰治賞も地方文学賞の一つだ

392 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 12:07:31.07
>>390
>文学の裾野が広がること自体は歓迎すべきこと

同意です。

393 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 14:43:49.88
前スレの議論で、太宰治賞は中央文学賞という結論になった
俺的には地方と中央の間だけど

394 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 15:43:30.49
主催が地方新聞社とかじゃなくて筑摩書房だからね。
三鷹市との共催ってところがすっきりと中央と言い切れないところだけれど
東京都内であることと賞に冠した太宰治の終焉の地だと考えれば納得もできる。
財政難の出版社が新人発掘のために自治体と手を組んだ稀有のケースということで。

395 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 15:58:25.07
今回は応募できなかったが、
タブーに切り込んでもらいたい。

396 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 16:04:10.63
>太宰治賞は中央文学賞という結論になった

なってねえよwww
せいぜいが君の言うとおり地方と中央の中間だろ

397 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 17:37:29.94
まあどっちでもいいじゃん 
自分が応募しようと決めて作品を仕上げて、祈るような思いで送ったんだからさ
結果がどうなるか、一次だけでも通過できるのか、不安で楽しみでワクワクしてるよ

398 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 21:22:25.71
三鷹市と共催で開催されるようになって、続いているのは二人だからなぁ
あと一人か二人増えれば中央
まあ397さんの言うとおりどっちでもいいね

399 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 23:47:06.46
受賞すればいいのであって ちほぶんかどうか 議論するこたぁなかろう
それにしても倍率が凄いんだよね 

400 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/16(日) 01:25:24.02
。。ベスト4で充分だよね゜。゜゜。゜。゜゜。
゜゚ ∩∩゜。 
。((^o^)っ゚∩∩゜。。
。,〜U⌒ヾ゜(^。^))⌒ヾ,
⌒ヾ___)゚υ`υυυ
。゚。UU。。 ゜。゜。。 ゜。゜ ゜。゜。 ゜。゜。前>>389

401 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/16(日) 07:40:56.04
>>397
>不安で楽しみでワクワクしてる

なんか本当にそんな感じ!

402 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/16(日) 14:16:54.37
宮本輝もここの出身だったよね ネくらの人
ここから出た明るい小説家は居ないのか

403 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/16(日) 15:22:52.09
>>369さんの続報に超期待♪
>>4さんのデータからすると一次発表まで概ねあと二ヶ月
その間を埋める情報をお願いします、筑摩さん!

404 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/16(日) 20:25:31.52
>>402
辻内智貴と津村記久子は明るい
「チューバは歌う」もそこそこ明るい
九州芸術祭受賞作や同人誌優秀賞あたりは明るい話が多い

>>403
もし筑摩の編集者さんがロムっていたら自由に書けなくなるのではと、
実は反省半分なんだよ
気になる人は、>>1の募集要項リンクから入ってPRちくまをクリックすると見れるよ

405 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 08:10:03.37
>>404
大手出版社とは違って2chを見る余裕はないんじゃないかな?人件費は切り詰めているだろうし
受賞作が売れて少し余裕ができればいいのに
それに値する作品を応募できただろうかと自問する師走の月曜日…

406 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 13:42:55.27
おまえらの会社も人件費切り詰めてるけど2ちゃんしとるだろうがw

407 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 14:40:11.95
>>405
筑摩書房の従業員数は90人。高校の2クラス分。文藝春秋の365人の1/4。
河出書房新社の61人には負けるけれど。

408 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 20:28:03.91
>>407
ついでながら「すばる」の集英社は795人。「群像」の講談社に至っては939人。
がんばれがんばれ筑摩書房!ついててもしょうがないけど俺がついている!

409 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 21:59:34.49
河出の文藝は季刊だから大丈夫?なのか
筑摩の太宰賞ムックは年一だから余裕じゃん

410 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 22:22:24.32
最近文藝賞がガッタガタなのも分かるような気がする…
やっぱり61人で季刊はキツいんだよ
筑摩書房だってラクじゃないだろうけど予選通過をネット発表してくれたり
頑張ってくれているなぁ、と
もし受賞したら少しでも利益に貢献できる作家になりたい

411 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 23:06:34.47
>>410
人数少ないから女子中学生や、合作や、パクリや
高橋源一郎の妻に授賞してるってこと?w

412 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 23:12:33.96
綿矢りさの「夢を与える」は、文庫になるのが遅かった。
後発で文春が出した「勝手にふるえてろ」の方が早かった。
河出は経営がやばくなってガタガタになってきたら奥の手で、
「夢を与える」を文庫にすると思っていたけど、やはり…
それは置いといて、そろそろ五大文芸誌で通用する作家が出てほしい
エンタメで活躍するのでもよい

413 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 23:35:51.82
パクリってなに

414 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 23:48:47.27
>>413

文藝賞でネット(2ちゃんねる?)からのパクリ発覚
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1286471382/

415 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 07:59:23.56
筑摩書房にはかつて「ちくま文学の森」という良質のヒットがあった
ちくま新書だって独自の着眼点を真面目に追究したラインナップが素晴らしい
良心的な出版社だから素直に貢献したいんだ
それも自分が書き手としてヒット作を出すという形で!

416 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 08:21:27.77
ほんわかしかのを読みたいと言う人がいるから、
そのようなのを書き始めたけど、難しくて投げ出したくなった。
無理だと諦めて一日ぶらぶらしていたら、いきなり土曜の夜から明け方まで
自分なりの「ほんわか」な話が20枚進んだ。
世に出るかは保証できん。

417 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 09:37:29.90
「ほんわか」した作品って読み手に真摯に向き合う作品のことかも。
晦渋さや前衛的手法って書き手の自信のなさを感じるんだよなぁ。
「俺はこんなに新しいんだぞ!賢いんだぞ!どうだ凄いだろう!」みたいな。
衒いなく自然体で語りかけた方がむしろ自信に満ちていて好ましい気がする。

418 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 09:48:55.16
「ほんわか」だ「前衛」だと意識すること自体が不思議だ
その前に書きたいものとテーマがあって
その結果が「ほんわか」であり「前衛」であるような気がする
手段を目的化しているというか、だから没個性的になるんじゃないのか
俺にしか書けないもの、俺にしか書けないテーマ、そうした熱が感じられない
「ほんわか」とか「前衛」とかは単なる入れ物にすぎない
要は入れ物よりもその中味でしょ、似たような入れ物は腐るほどある

419 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 09:55:59.10
書きたいものとかテーマとか無い者は
無理して作家にならない方がいいと思う
作家になる必然性がない
作家になることが目的化していては直ぐに書けなくなる
作家の肩書きがほしい、儲けたいとかだったら
別な方面を探した方が得策だと思うよ、どの道いつか行き止まりになる

420 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 10:15:35.06
書けないとスランプとは違う
スランプは作家を次なる高みへと押し上げる陣痛だが
書けないは、そもそも作家になるべきではにことの証し
認める勇気がなく自分を欺いているだけ
才能も重要だが、それよりも作家に必要なのは熱い心と志しだと思う

421 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 10:30:26.73
決め付けるんじゃないの
朝から何ピリピリしてるの…

>手段を目的化している

>書きたいものとかテーマとか無い者

>作家になることが目的化していては

422 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 10:33:32.26
>才能も重要だが、それよりも作家に必要なのは熱い心と志しだと思う

同意できるが、「と思う」と自信なさそうに書いている君は気持ちが負けている

423 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 10:50:23.70
>>418-420
なるほどね。
まあ、落ち着いてがんばろうよ。自信がないときに叱咤すべきなのは自分自身だからさ。
評論家と違って小説書きは、千万の理屈より一編の作品に命をかける存在だから。
さて、続きを書こうか。

424 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 11:02:48.53
立派なごたくを並べて他の人を攻撃しているワナビは、
受賞者が決まると卑劣なスレタイをつけて暴れるんだろうな。
ここに来ないで書いてる方がいいね。ばいばーい

425 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 14:02:24.41
話はほんわかしてても文体は硬いのがあるといいな
文体までほっこり森ガールだったりするとつらい

426 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 14:03:22.34
あ、>>416さんがそうだと言うんじゃなく、
読みたいなーって話

427 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 21:59:21.85
ほんわか好きなら昭和初期のモダニズム文学とか波長が合うかも?
竜胆寺雄はいかが?「アパアトの女たちと僕と」
時代を先取りした軽快できりっとした文章はハマれば凄い

428 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 00:30:33.49
ほんわか系をこの賞が認めると思うかい

429 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 00:49:53.01
>>427
ありがとう、全然知らなかったけど好きかも
内容は軽いのが好きだけど
文章は中井英夫とか好きなんだ、どうもね!

430 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 05:48:47.49
竜胆寺の「新興芸術派」には太宰の師・井伏鱒二も含まれるから縁があるか
実力はあったのに文壇を批判して潰された悲劇の作家
その後はサボテンの研究の傍ら書き続けた

431 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 08:14:57.70
半世紀以上昔の作品だけど安岡章太郎「ガラスの靴」は凄い。彼のデビュー作で芥川賞候補にもなった。村上春樹を何十年も先取りしている上にレベルも高い。
村上が芥川賞取れなかったのは選考委員の頭が固かったからみたいに言われるけど、委員達は当然、安岡の初期作品を読んでいたから見劣りがしたんだろうな、と思う。
古い作家もきちんと読まなきゃ。自分の思い込みの方が古かったりする。

432 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 09:06:29.23
>>431
確かに「第三の新人」は暗い戦後派とは一線を画してるね
とはいえ皆苦労はしていて、吉行淳之介も結核で死にかけてる
安岡は小学校でイジメ、中学で不良化、さらに浪人、肺結核と迫力満点
なのにあれだけ軽く透明な文章が書けるのは凄い

433 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 11:15:59.06
小説を書いていると作家の長所に目が向くようになってきた。
自分の執筆に活かせることを無意識のうちに探しているんだろうね。
逆に書く前は欠点ばかりをあげつらっていた気がする。そんなことをしても何にもならないのにね。
欠点探しは誰にでもできるけれど、長所を見つけるのはかなり困難で創造的な作業。
書き手としての向上を目指すなら長所にこだわらなきゃ、と思う。

434 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 11:44:22.20
たしか春樹がアメリカで教えてる日本文学の講座はテキストが第三の新人
今は違うかもしれないけど

435 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 12:06:59.72
色んな作家の長所を見つけ出すことと
色んな作家の欠点を見つけ出すことはコインの裏表の関係ではないのか?
要は自分がこれだを思った作家の世界を如何に深く彷徨ったかだと思う
彷徨い歩く過程とは、作家の世界を生きる過程でもあり
その中から自分の作風が出来上がっていくのだと思っている
彷徨い歩く過程はまた、その作家とは違う独自性を生み出す過程でもある
どちらにせよ、これだと思う作家を見つけ出すことは
自分が書きたいもの、書きたいテーマと密接に関連しているはずだ
色んな作家の長所を寄せ集めて書いた小説もまた味気ないし、第一成り立たない
作家の個性とは長所であり、また欠点でもある
その紙一重をどう超えていくかだと信じている

436 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 12:08:28.25
age

437 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 12:14:28.58
ageてくれるのは嬉しいけど、
活発な議論でスレが平穏無事に伸びていくのを願うなら、
目立たないように基本はsageにしようよ

438 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 13:31:52.73
>>434
そう言えば、村上春樹が若手時代に先輩から竜胆寺雄を勧められて読んだ、とエッセイにあった。
吉行淳之介は村上が群像新人賞でデビューしたときの選考委員で、褒めてくれた上、一度酒席に招かれたそうだ。
洗練された物腰と悠然たる態度に恐縮したそうだが。
第三の新人も、登場した頃は戦後派の重厚さと比較されて邪道扱いだったらしい。
それを実力で撥ね返してきた分、同じく邪道扱いの村上春樹も応援したかったのかも。

439 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 13:43:32.15
春樹がアメリカで教えたテキストで、長谷川四郎の短編集だけ入手困難だ

440 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 13:43:51.93
へー、村上春樹って自分が影響を受けた作家を隠し続けてるって
イメージあったわー
エッセイとかで語ってるの?

441 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 13:47:59.53
影響を受けているんじゃなくて、趣味で読んでる感じだけど

442 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 13:49:34.19
あまり広めるともっと入手困難になるお

443 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 13:52:12.32
>>441
影響をうけずに書く事は出来ないよ

444 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 13:53:44.26
>>440-443
ハルキ信者がハルキを唯一神と信じている意味がわかった

445 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 13:54:54.11
>>440
昔懐かし「村上朝日堂」だよ。感想は控えているけど。
吉行については話をしながら、隣についた女の子のお尻をさりげなく撫でる
手つきがあまりにも堂々としていて、逆に好ましかったと書いてある。
村上春樹自身が酒場を経営していたから、酒席の人間観察には長けていたはずだ。
その村上をして圧倒されたと言わしめる吉行の迫力、以て敬すべし。

446 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 13:59:43.02
>>445
ありがとう、読んでみる

447 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 14:15:27.41
なんだっけ短編で日付で始まるやつとかあるじゃん
あれって三島の自決した日だったりとかするし
三島のなんかを設定裏返して、返答みたいにかいてるのもあったはず
どっか海外でテレビ見てたら三島のニュースやってってとかも書いてたよね

カートボネガットとかレイモンドカバァーなんかへの気持ちはストレートに語るのにね
春樹の三島への愛は歪んでる
春樹研究本とか読むとそういうのほじくり出して列挙して、得意げだから読んでみれば

448 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 14:40:28.14
村上春樹は全共闘世代だから三島事件とちょうど世代的には重なるんだよね。
早大在学中の22歳の時に三島事件が起きてるし、なんらかの括りで春樹を語りたい奴が
むりやり結び付けようとしてるんじゃないかなぁ。
肉体性を誇示する三島と自己を消去しようとする春樹じゃ相容れないし。
何が嬉しくて書いているのか分からないのに妙に多作という点はよく似ているけど。

449 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 18:36:22.03
石原慎太郎と三島の関係は

450 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 19:08:41.44
月とスッポン

451 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 19:54:36.05
>>447
レイモンド・カーヴァーは村上春樹が翻訳までやってるから愛着が違うんじゃないかな。
カート・ヴォネガット・ジュニアに関しては初期の作品においてスタイルの影響がある。
村上春樹自身、自己の血肉となったのはアメリカ文学だと認識しているだろうし。
三島に関しては作品というよりも同時代に起きた「事件」として記憶しているんだと思うよ。

452 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 19:54:50.46
三島は慎太郎を気にいってたみたいだよ
(もしかしたら裕次郎を気に入ってたのかもしれんけど)
三島にボクシングジムを紹介したり、裕次郎の映画館系のやくざの親分を紹介してる
三島は自分がボクシングやるところをフィルムにとって上映会とかやってる
やくざを紹介したとき三島はいきなり仁義を切ったって本に書いてる

453 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 20:02:36.55
エッセイとか読むと
いまはえらそうにしてるけど、まだ若手の頃の石原がヒットメーカーで
マスコミ向けには調子こいてるくせに
三島とかの前でへいこらしてるのがおかしい

石原は少なくとも自分が時代性で売れてる作家で三島のように時を経ても読まれる
作家ではないと言うことには早いうちから気がついてる

454 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 20:03:49.05
でもその当時を知る人が死に絶えたからエバってるの?

455 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 20:10:45.83
テレビの映像とか見てると、石原って若い時からあんなんじゃね?

456 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 20:36:04.20
そう、マスコミ向けはあんななのに
三島の前とか、政治家だと田中角栄の前とかで全然違っておかしい

田中角栄と論争してる時に、店で出会った若き日の慎太郎

石原(あっ、やっべー角さんがいる、隠れろ)
気づく角栄「おう、石原君、こっちきて君も飲め」
立ちあがって挨拶する石原
「あ、いや僕はちょっと忙しいので―」
ところが、かってに自分の近くにイスを持っていく角栄、
「(おいおい、俺のイス…)」
おまけにビールも勝手に注ぎ、にこにこまってる角栄
一緒に飲まざるを得なくなった石原、
こいつは、こうやって人を食っていくんだな……とぼんやり思う

457 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 20:48:31.37
今年は多そうだね。
9日に出したけど確認ハガキがまだ来ていない。

458 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 23:12:30.57
プロの文章って読むと引き込まれて頭がトランスするね。プロットがどうとか文体がどうという以前に。
そこらへんが才能ってやつだろな。
残酷だな。職人技は身につけられるけど、それにかんしては方法論がない。

459 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 00:15:53.74
りさたむとかは小説書き始めて四ヶ月で受賞してるしな

460 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 08:01:11.01
>>451
村上春樹のやったカーヴァーの翻訳は素晴らしかった
描写のバランス感が絶妙で会話と地の文の相乗効果が抜きん出ている
アーヴィングの翻訳も見事だった
彼の訳したフィッツジェラルド「グレート・ギャツビー」も読んでみたい

461 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 08:56:00.37
>>460
いいね。翻訳は原文の縛りがあるおかげで情緒的になりすぎないから、村上春樹本来のクリアな面がきちんと出るんだよね。
太宰もそうだけど強味の部分はきちんと評価すべきだよ。弱点をあげつらって否定してもあんまり意味はないし。
そのためには読まないとね。読めばいろんなことが見つかる。さて、今日もがんばろう!

462 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 10:21:37.23
>>461
創作文芸板はあくまでも「書くため」にあるからね
作家論がやりたいのなら文学板へ行くべき

463 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 10:36:29.95
よく太宰治に傾倒しすぎると小説家として大成できないって言われるけど、
今では春樹なんだろうね、あまりハマりすぎちゃ良くないのは。
この賞に限らず、春樹もどきの小説を投稿する人は多いだろうし。
雨後の竹の子というよりは海岸に打ち上げられた無数の魚たち。

464 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 10:45:18.52
自分も春樹っぽく書いてた頃あったなあ
あの気持ちよさはなんなんだろうな

465 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:08:54.12
村上春樹の主人公は「自分は人と違うと思っている」「昔辛いことがあって心の傷をかかえている」「なぜか女にモテる」
これを独自の哲学的センチメンタリズム溢れるストーリーに載せて行くと独特の深みが出る
ところが「哲学」の部分が半端なまま形だけ真似すると、引きこもりの心性みたいになっちゃうんだよね(「女にモテる」部分はエロゲで補完だけど)
人と関わらずに自分語りをダラダラ続けるのは楽だし、エロゲ仕込みの恋愛を入れるのは楽しいんだろう
傷つかないし願望充足できるし、不如意な現実は合理化できるし良いことずくめ
唯一の欠点は、小説としてはどうしようもない代物だってこと、かな

466 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:09:59.72
太宰の良さなら分かるけど、春樹の良さは分からないな。
キザったらしくて、「僕は〜」づくしが鼻について。
文体が好みではないわ。
1Q84で日本が酔いしれている頃、龍を読み始めたよ。

467 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:23:13.74
龍は物語作家だけど春樹は細かい細工するだろ

比喩でもさ龍は絵が浮かぶ比喩ばかりだけど
春樹は
「バスはいつまでも森の中を走っていて、まるで世界が森で埋まったんじゃ中と思う頃〜」
みたいな絵を浮かばせない比喩とか、章を細かくちぎってカットバック的に書くとか
物語をパラレルに語って、片方を心象風景的な寓話にしてみるとか
ああいう文学的仕掛けをやる人も必要だろ
世界的には仕掛け作家のほうが高評価だったりするからさ

468 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:31:36.68
例えば、春樹はフォークナーの「納屋は燃える」を下に引いて「納屋を燃やす」を書いている。
創作の仕方全般が誰かのパロディなのは味気ないよ。
最初のうちは、模写やオマージュで慣らすのは成長するには有効だけどさ。

469 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:32:44.27
好みの問題になってくるか

470 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:33:22.56
息抜きに覗くと、純文学のスレではここだけがまともだから
ついつい書いてしまうが、何度も同じことを書いて恐縮してはいる(笑)
太宰にしろ春樹にしろ、あの作風と文体と世界観に至るまでには
いろいろな紆余曲折というか葛藤があったはずで
自分が信じる文学というものと真摯に向き合っていたのだろうね
作家における作風と文体と世界観とは、作家の心が投影させたもので
作風と文体と世界観だけ真似ても単なる入れ物を借りただけに過ぎない
上辺だけは真似できても、心がないんだから、中味は空っぽに等しい
入れ物を真似るのは簡単だ、だがそれだけでしかない、意味はない
が、作家が作家として産声を上げるまでの葛藤を
追体験するのは難しいし、追体験するには先ずは自分の文学観がないと
軸になるものがないのだから、作家の葛藤を生きられはしない
自分の軸になるものを通して眺めていくはずだからだ
そうなると、やはり自分は何が書きたいのかに行き着く
入れ物はその手段でしかないはずだ
入れ物を先に決めてしまうと、没個性的になり、入れ物に復讐される(笑)
何が書きたいのか、俺にしか書けないものとは何か
それに拘り、その上で特定の作家に惹き付けられるとしたら
通じ合えるものはあるはずだからトコトンのめり込むべきだとは思う
しかし、何かにこだわり、葛藤し続けるなかで
自然と自分に合った入れ物はできてくるはず
真の作家になるためには何度か芋虫のように脱皮が必要なんだろうけども

471 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/20(木) 11:41:30.01
‖、、、、 ‖ □ ‖>◇/
( -。-) ‖。 ‖◇/
(っ[ ̄]‖  ‖>/
「 ̄ ̄ ̄]__‖/
□/_UU_□////////////// 「蛇のように脱皮するか」と僕はつぶやいた。「来年は」前>>400

472 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:42:52.08
前田司郎も文体が春樹。群像の受賞作もそうだった。
ハルキストは群像には有効らしい。

473 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:46:28.60
>>470

>>ついつい
まで読んだ

474 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:53:29.24
470だが
早くデビューするか、苦労してデビューするかに関わらず
自分の作風と文体と世界観という中身を確立するまでには
葛藤の過程があるはずで、それなくして真の作家にはなれないと思う
早くデビューしたひとは、デビュー後にその試練が待っているのだろうね
試練を乗り越えてからが、本当の作家としてのスタートなのだろう
真摯に文学に向き合い葛藤している期間が長いことを恥じる必要はないと思う
ただ先が見えないし、辛いのだが、肥やしになっていることは確かだと、慰めている

475 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 12:04:26.64
>>474
自分と真摯に向き合ってるんだね
474さんは私小説に向いていそう

476 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 12:09:06.85
新人賞は振るい落とさなくてはならないし
振るい落とす基準がある程度ならないだろうし
減点方式の多数決だから、中身よりも
入れ物を見る傾向が高くなっているのではないだろうか
中身は判断し難いし、いわゆる眼力がいる
入れ物を見ているから、同じような小説が受賞しているのでは
などと思っているが、こんなこというと負け惜しみと言われるのが落ちだが(笑)
中身がスケールがでかいと、入れ物は完成されていなければどう化けるか未知数だが
こ綺麗に小ぢんまりとした入れ物の納まって、もう固まってしまっているものは
入れ物を突き抜けることはまずないだろうね(笑)

477 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 12:11:29.49
とりあえず脱皮と蛹化、羽化は分ける方向で

478 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 12:14:30.23
蛇は「蛹化、羽化」しない。

蛇、虫、鳥。
タイプは様々だろう。

479 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 12:24:43.65
 
【マスコミ】週刊朝日が詐欺行為か!? 「100万円以上の広告料要求」 無断で名を使われた社団法人が抗議★7
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1355964575/

480 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 12:26:58.94
476だが
解っていると思うが訂正
振るい落とす→篩い落とす

こうしたことで直ぐに落とされるので、良い子の皆さんは真似しないように(笑)

481 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 13:16:24.06
>>465
いい分析だと思う。
春樹自身はこれ以上ないくらいのバランスの上に作品を成立させているけれど、春樹亜流はなぜ失敗するのか。
読み手には心地良さと映る部分に実は厳しい工夫が凝らされているんだよな。
真似の出来ない、むしろ真似をすべきでないポイントがそこにあるんだろう。

482 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 14:12:16.56
>>481
ハルキ好きはハルキフォロワーが嫌い
ハルキ嫌いはハルキフォロワーが嫌い
という単純な図式と思うけどね

483 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 14:39:41.61
嫌いな作家でもたまに話題にするならスルーするけど、
毎日ラブコールを長々と書かれると押し付けられてるような圧迫感がある。
「おれはこんなにも春樹を理解しているのに、それが分からないようでは」って。
疲れるんだわ。ごめん。さりげなく「弱点をあげつらって否定してもあんまり意味はないし」
と書いて、好きな作家の批判(あるいは自分の書いたものを批判されるのが怖くて不愉快で?)
は断固許さねえぞーと含みを持たせているあたりも。

484 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 14:46:49.59
>>481
書く上で役立つことをきちんと考えることが一番だね
スレタイを読めば判ることだし
今後ともよろしく

485 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 14:51:13.67
>>484
年末だからいろいろあるさ。気にしないで。

486 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 14:54:26.39
気にしてほしい

487 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 14:56:29.29
前田司郎は春樹亜流文体でもうまくいってるが

488 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 15:10:15.58
春樹の話をやりすぎ
専用スレへ
文学板にいくらでもあるからそっちで頼む

村上春樹
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1340096332/

文学板
http://toro.2ch.net/book/

489 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 15:11:30.57
>>485
年末の問題ではない

490 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 15:16:43.94
絡み癖のある奴は他所へ行け
似たような繰り言をグダグダ書くなら他に相応しい場所がある

491 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 15:33:40.14
相応しい他所

村上春樹
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1340096332/

文学板
http://toro.2ch.net/book/

492 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 21:22:01.70
素人の文章を芥川賞作家がパクったと告発しているのだが、芥川賞作家の文章は生命力に溢れている。
が、素人の文は同じようなことを書いてもなんかひなびている。
素人とプロの差はエゲツないものがある。

http://okuizumipoppo.blog98.fc2.com/blog-entry-1.html

493 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 21:44:42.13
>>470
批評家の方が向いてそうですね。分析しすぎる人は小説は書けないと思います。

494 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 21:52:09.56
奥泉は信用できんな
読むことはないだろう

495 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 21:52:44.48
全然似てないんだが。言いがかりも甚だしい

496 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 21:57:12.87
>>493
自己を深く冷静に分析するのは書くのに必要だよ
取材対象にもね

497 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 22:01:48.41
何でここにそのネタを落とすのか?

真実を知るには、検証されたブログの前に、
「シューマンの指」とポッポ作のを読んでからでないと判断しない。

498 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 22:02:36.60
>>493
勘違いしているようだね
分析力と感性と鋭い感覚がないと深い小説は書けない
分析力とは構成力にかかせない要素だ
純文学だからというのは、私小説的伝統に踊らされているからだと思うよ
感性ほど当てにならないものはない
本物の感性と偽者の感性との見極めは難しいよ
だから分析力のない作家は感性を言い出して、それを拠り所にする
私小説も日本的な自然主義の産物なんだが
本家本元のフランスの自然主義は解剖学的に人間を分析するんだよ(笑)

499 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 22:16:22.50
>>498
同意できる

500 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 22:23:12.74
故○が来ているな
あなたには宿敵がいるようだが、誰彼かまわずに噛み付かないでくれよ
冷静な議論をするのが目的なら、居ていいけど

501 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 22:44:56.83
>>500
わたしほど冷静に論理的に議論している者は
あまり創作文芸版にいないように思っているんだけどもね(笑)
いたってわたしは冷静

502 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 22:58:18.35
>>501
他スレで、宿敵を狙って無差別的に噛み付いてたでしょ
それさえなければ冷静なのは認める
次の太宰に応募してみなよ

503 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 22:59:46.38
宿敵って誰なの

504 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 23:08:50.50
>>502
宿敵ではなく、悪質な嫌がらせと妨害と成りすまし
相手はどう思っているか知らないが
ライバルにはなりえないんだけどもね、ストーカーみたいなもの(笑)
一時期は、仰るとおりナーバスになってそんなこともありました
申し訳ありません。でも、最近はもう諦めの境地です
太宰賞か、そういえば我が師である橋川文三は
東大の文芸部(?)だった頃、三鷹の太宰の家にいったようだ
ゼミ合宿のときに酔っ払ながら聞いていたから内容を忘れてしまった(笑)
次の太宰か、先生の供養の意味で考えておきます
でもどうせ一次落ちでしょう(笑)

505 :k:2012/12/20(木) 23:34:53.46
芥川の『羅生門』のように、ラストで奈落に落とされる小説はもう読みたく
ないな。15才で読んでから10年間、この作品のテーマはいつも私の心の隅から
離れませんでした。原稿用紙15枚でこんなにも影響を与える彼は確かに凄いで
すが、でも、辛かった。自分で小説を書くようになってから、ラストは多少な
りとも希望を持たせるよう努めています。

506 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 01:46:50.48
デッサンだけ上手でつまんない画家。
発声法は完璧だが華のない歌手。
分析とか論理、技術は職人技であるし受験勉強みたいなもんでアホでも努力さえすればあがっていくが、情感をいれるとかいうのに才能が現れると思いますが。

507 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 04:58:35.71
書けない人間が自己正当化に走るといかに醜悪かがよく判る
批判で憂さを晴らそうとすればするほど苛立ち、余計に粘着してしまうのだろう
中身のなさをごまかすために文学論に走ったところで、書かない人間の文学論は単なる言い訳だ
書かない人間にとっての場所じゃないんだよ、ここは

508 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 05:10:01.81
>>493
正しい。
評論家は自分を棚に上げて喋るのが仕事だけれど、実作者がそれをやりだしたらおしまい。
自分を棚に上げれば批判はされにくくなるが、そうなると書けなくなる。
お互い、気をつけよう。

509 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 06:06:24.13
>>508
これ一見すると正論で論理的な反駁のようで
実は単なる感情論であり自己欺瞞なんだな(笑)
熱い文学論を持たない作家なんて考えられない
作家たるもの己の熱い文学論があるはずだからだ
昔の作家は熱い文学論(文学観)があった
小説を書かないとそもそも小説家ではない
ただ書くだけでは駄目、書くことと文学論は車の両輪
深い文学論を持たなくなったころから、作家が薄っぺらになった
比例するように小説も薄っぺらい
文学論とはこと小説だけではなく、社会とも関係するからね
そして、小説世界は社会と密接に関わっているはずだ
半径10メートルの自分の世界を描くんだったら文学論はいらないがね(笑)

510 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 07:00:58.59
応募数が2000作にもなるのは
小説家はただ書けばいいという風潮の現われなんだろうね
作家の眼というのがあるんだが、一般人と変らなくなった
文学論とは作家の作風と文体と世界観と通じ合っている
小説以外の広い書物の世界を徘徊したこともない人たちが
作家を目指すという風潮は、わたしの学生の頃では考えられなかった
作家を目指すにはそれ相応の覚悟と
教養とか人生経験とかの己の下地を考えざるを得なかったから

511 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 08:09:27.97
故郷は巣から出てくるなよ
どうせ太宰にも送ってないんだろうし
誰にも見られないオナニー小説書いてれば?

512 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 09:16:07.17
作家でも他の作家を影では批判しているがな
表立ってすると面倒になるから大人しくしているのを見たことがある
やつは専業作家や綿矢りさへの批判をよくしていたが、
仕事が増えたらしなくなった
自分のことを僕は〜と言ってたのに、急に「私は〜」になったのには笑えた

513 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 09:23:06.21
>>504
>一時期は、仰るとおりナーバスになってそんなこともありました
申し訳ありません。でも、最近はもう諦めの境地です

わかった。太宰賞に出すのを意識するならいてもかまわない。
出そうとして出せなかった人もいるのだから。
正体がばれないように文体変えて来ると良い。

514 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 09:43:37.70
>>513
ありがとう。
ときどき書き込ましていただきます。
筑摩書房は橋川文三著作集とか刊行していただいたり
わたしの好きな長野とも関係していますよね、確か
印象はすこぶるいいのですよ
文体を変えても、ストーカーはわたしの書き込み以外でも○○乙とか
やりますからねえ(笑)。文体は変えます、太宰風にすっかな
高校の頃には、書くもの書くもの太宰風になったのには困りました

515 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 10:15:22.06
文芸誌の「書評」を読むと、読みたくなる本が出てくる。
その書評がなければありえなかった収穫もある一方で、褒められているほど面白い場合もある。
既読の本だと、成程と考えさせられたり。

516 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 10:16:01.10
515の続き

ベタ褒めばかりでゲンナリすることもある。作家論系の「評論」も同じく。
アンチの多い作家(現代作家から過去の流行作家や文豪まで)や新人が対象だと、
勇んで批判して点数稼ごうとしていたりするんだな。それでも正当なことが書いてあれば納得できるけど。
今時の評論は、読者のためでなく作家応援スタイルなんだよ。

517 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 11:27:55.90
心を込めて書くというが、心がこもった作品が出来るのと、書いてる本人がただハイテンションになっているのは全く別で。
この辺がプロと我々素人の差なんだろう。
文学って図書館でもブックオフでも過去の大天才の作品が消費者からすると簡単に安価もしくはただで見れる状況なんで、消費者の目は厳しいと思います。

518 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 11:58:21.63
歴史の振るいに耐えた作品基準になるからね

519 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 13:00:17.67
ここを見ていると文学賞は応募者数は多いが大半は雑魚だということが分かった。
書き込みの文章をみてもみんな自己の言い訳と他人の評論に終始している。煽りの文章も稚拙で心に響くものはまったくない。
文学賞って雑魚をのけた実質の競争率は実はかなり低いと思う。
ありがとう。みなさん。
私にやる気を出さしてくれて。

520 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 13:10:33.15
まともな人は書き込みとかしないだけだよ
もちろんまともな人は
「大半は雑魚〜」なーんて言葉も書き込んだりしない

言ってる意味がわかるかね? 生意気な坊や 

521 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 13:14:02.56
それだけ反応するのは心に響くものがあったんだね

522 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 14:16:30.35
昔の自分を見ているようでな

523 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 15:41:12.06
短気な正義漢に2chは向かない

524 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 16:10:33.78
みんな何枚くらいで着地した?
俺116枚
ちょっと短かったかな……

525 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 16:32:29.21
太宰賞スレが荒れに荒れてると聞いてすっ飛んできました

526 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 16:39:48.91
>>524
150〜160枚くらい

527 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 21:58:00.78
おーい。
いちばん最初に出てくるのは応募総数だよな。

数のあてっこ、しましょうや。
おれは、
1521。
これ一点買い・

528 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 22:46:18.21
誤字、脱字、慣用句の使い間違いなんかは
多少あっても最終候補に残ることあるよ。
もちろん、人に読ませるものだから出来るだけ減らす努力は必要だけど
送ったあとで誤字脱字見つけてもへこむ必要はないよって話ね。
落ちたときも誤字脱字のせいにせず、もっと根本的なとこを省みるべき。

529 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 23:59:33.87
別に荒れてないんじゃないかな。

530 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 11:45:54.60
そうさ
内容が優れていたら編集者が掬いあげる

531 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 12:09:13.12
ここの賞じゃないけど
多くの場合、才能あるやつは誤字脱字も少ないって
(誤字脱字がなくてもつまんないのもあるけど)
すげえおもしろい、でも誤字脱字ってのは本当に少なくて
十年に一人とかだそうだよ

532 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 13:16:22.56
そりゃ 限度ってものがあるわな
受賞後は公開までに編集者が付くから

533 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 13:55:10.77
公開が終わったら編集者は付くのをやめるの?

534 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 14:13:59.63
いや、別の本を書くときにまたつくだろ
ただまあ、編集者は馬鹿な作家の日本語の赤ペン先生じゃないから
校正や校閲の係りの人も居るわけだし
お前らが思ってる「多少の間違い」とか「限度がある」と編集者が考えるそれ
には隔たりがあるように思える

535 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 14:30:49.07
『角』読んでみなよ
校正者と作家の関係が面白く書かれている

536 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 14:47:48.95
>馬鹿な作家の日本語の赤ペン先生じゃないから

そんなこと言うのやめなよ。。

537 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 14:50:02.14
森が小説のなかで「リュート」って書いたら編集者がかってに
「フリュート」に直して「俺が間違ってる馬鹿だと思われるだろ!」
てぶちきれてたな
あと、霞ヶ関を霞が関って書いたら全部直されて、文句言ったら
「わが社の規定ではこうなってます」って言われて
「しらねーよ、江戸時代の話なんだから彼らが使ってるように書けよ」
って言って喧嘩になったとか
しまいには校閲後の原版を印刷前にチェックするようにして
つまりそれは「校閲は信じない」っていう表明だからかなり嫌われたって

538 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 15:26:48.71
>「わが社の規定ではこうなってます」って言われて

お役所じゃないんだし、無茶苦茶な話だな
そりゃ校閲に文句つけたくもなるわ

539 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 15:28:17.38
>>538
「なんでこんなふうにしたんだ」って聞いたらそう答えるだろうね
江戸時代だからこれでって言えばいいんだよ最初っから
他人を試して怒鳴ってご満悦なんだろうね

540 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 15:37:50.32
あ、ごめん、怒鳴った様に読めたのは俺が面白く書こうとしたせいかも

541 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 15:41:56.89
実際、大手の編集作業ってどういうことなのか、
よくわからない部分はあるんだけど
>>537とかは、
江戸ものを書いてる作家がいて、規定通り仕事してる校閲がいて
いったりきたりの子供の使いの編集者がいるってことなの?

542 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 16:52:34.52
小説って新聞記事とは違うから、そもそも校閲の規定がある事自体おかしい気もするなあ……

明らかな誤字ならともかく、歴史に掛かる単語(大阪と大坂みたいな)とかは、杓子定規で校閲するんじゃなくて、
前後の文脈や物語の背景から意味を考えてから直さないといけない気がする

まあそこまで期待しちゃあかんか

543 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 17:25:29.35
歴史物はレーベルあるところは専門の校閲がいて
「この日は雪はふっていない」「この道具は江戸時代後期にならないと出ない」

うるさいらしいよ 歴史時代スレとかアホみたいに厳しいやつがいる

物語なんだから、まちがってようが何書いてもOKってのも考え方だけどね
おはぐろとかはやってたはずなのにあまり触れないわけだし
そういうところ厳しくしましょうってのも、考え方ではある
いわゆる歴史マニアの爺さん(田舎の元教師とか、地方の古文書収集家とか)
とかが文句付けてくるらしいし

544 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 17:33:09.35
ていうか正直な話、校閲係と丁々発止の遣り取りをできる身分になりたいわ
それに見方を変えれば、そこまで細かく直してでも出版したい作品だってことだし
応募作品だって同じでしょ? 
誤字脱字をすべて直してでも受賞させたいか、直すまでもなくボツだと判断されるか

545 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 01:25:29.88
自分で書き出すと綿矢とか川上未映子の凄さを実感する。
馬鹿にしててごめんなさい。
でも、頑張ろう。

546 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 09:46:24.57
>>418-420

太宰スレの空気に合わないけど、○郷さんの書き込みだったの?

547 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 10:00:43.19
>>544
そうだよ。受賞すれば自分の作品に本気で向き合ってくれる編集者に出会える。
こっちは作品としての向上を目指すけれど、出版物=商品として成立させる側面は編集者でないとわからない。
どういう指摘があるのか、どんな思いで作品に関わってくるのか、凄く興味がある。
ぜひ受賞したいなぁ。

548 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 10:01:45.56
Who?

549 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 10:03:08.48
編集者から作家になった人ってけっこういるよね

550 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 10:13:04.98
応募数は?

551 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 10:13:31.74
>>549
それについて「編集者時代に作家や新人からネタをパクって自作に使用したからだ」と言う人もいたけれど…
単に、編集者出身だけに編集者とのコミュニケーションがスムーズに取れるのがプラスに働くんじゃないかな?
編集者を、自作にケチをつける敵と見做すか、共に仕事する仲間と見做すかで、仕事の成果も変わってくると思うよ。

552 ::名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 11:25:04.89
話変わるけど、いいかな?
今回の太宰、時代物の怪談でだしたけど、カテ違い?

553 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 14:27:44.77
太宰治賞はカテゴリー広いから、作品として優れていればむしろ目立っていいと思うよ?
第20回文藝賞で山本昌代が「応為坦坦録」でデビューしたときには衝撃的だったからなあ。
まさか文藝賞で歴史小説が来るとは思わなかったけれど作品は抜群に面白かったしね。
中身がちゃんとしてさえいればカテエラではねられることはないと思うよ。

554 ::名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 14:43:20.16
そうか、良かった!ありがとう!

555 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 19:34:10.10
>>545
分かるw
りさたむの文とか一見すると
こんなん誰でも書けるだろ、と思うけど
あの空間を雰囲気ごと引きずりだす描写力はすごいw

556 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 22:19:16.12
りさたんはやっぱり筆力ある
でも恐がりだよね

557 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 22:44:05.73
まさか2000超えることはないよな。

558 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 01:11:31.78
なぜ
今年の応募者が増えたの

559 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 01:17:31.98
こちらあみ子とかで知ったとか

560 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 06:56:36.95
>>555
綿矢りさは極端に少ない引き出しで物を書ける点が凄い
人生経験も社会経験も殆どないのにきちんと人間観察ができている
多彩な題材に頼らずとも文学はやれることを証明している点で
作家志望者にとっては学ぶところ大だと思う

561 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 08:43:31.27
ということは、文學界の応募者、
例年より少なめかもな。
1100ぐらいだったりしてな。

562 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 12:43:27.24
インストール書いたときって、ガチで処女だよね、たぶん

563 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 13:17:35.44
webちくまの今年最後の更新が12/28(金)
ここで何か新情報が得られることを切に期待している

http://www.chikumashobo.co.jp/new_chikuma/

564 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 01:18:17.78
綿矢は京都の大徳寺近くの高校に通っていただろ。大徳寺は一休和尚が一時いたとこでまあ日本の伝統芸能の精神的部分の総本山だ。
で、京都には昔の王朝文化からの流れで日常的なものを美に変えるという文化が日本で最も残っているところだ。
だから、綿矢はそのなかで日常の中から美を見つけるということを自然に学んでいる。綿矢の文章は幼稚に見えて絶対的に美しいものとは何かということを知っている人間の書く文章だ。
だから、その辺の雑魚とは全く違う。
小さい時から自然に身につけたセンスというは強い武器だ。
東京の審美眼のある編集者は綿矢の文章みて「なんじゃこりゃ!凄い。」となるのは自然だ。
結論。雑魚は綿矢から学べない。

565 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 02:33:25.97
綿矢の作品よりは、綿矢の乳が何カップなのかが最も重要!

566 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 06:17:04.52
>>563
確かに

567 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 08:49:36.02
>>565
Eカプ

568 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 09:16:46.46
Webちくまはもともと太宰賞の選考経過発表の場として作られたんだよな

569 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 10:48:29.12
>>565
ムチムチ

570 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 12:53:06.63
そういえば原稿受領の証とも言える筑摩書房からのPRメール、誰か届いたの?

571 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 14:41:34.29
去年からきているのでわからない

572 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 17:16:56.54
まだ来てないな

573 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 17:32:02.49
そういえば
一次 二次   つどつど メールで知らせてきたっけ
数年ぶりにチャレンジしたわけだけど
今回もメルアド書いて出したっけ?僕、メルアド書かなかった気がするよ

574 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 19:00:39.79
うむ
メルアド書きなさいという指示はありませんでした

575 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 19:37:58.08
仕事納めまでのあと3日でどこまで進むかな
下読みの各氏も大変だろうが頑張って欲しい
俺たちだって必死で書いて応募したんだ!!

576 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 20:32:14.14
「例年になく」という表現は、
「「例年にない」(たとえば大雪)」という意味。
応募の多さに驚いているな。
こりゃ1500は確実にオーバーだ。
がんばっていただきたい。

577 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 20:40:39.76
>>575
あんまり急かす気は起きないのが不思議だ。
一次通過作品の発表が遅れたとしても焦らずにじっくりやって欲しいと思う。
ネットで発表してくれるだけでもありがたいよ。
次の作品をひたすら書き続けていたある日、思い出して開いてみると通過していたというのが理想。

578 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 10:16:31.52
>>577
気になるけど発表を気にしているうちはまだまだってことかも
一つ応募するたびに立ち止まってちゃ将来プロになった時どうするのって感じ
走り続けなきゃね

579 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 13:38:56.21
「応募総数1378通でした。」メールで通知ありました。

580 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 13:49:57.17
>>579
さっそく情報ありがとう!
まだの人は>>1の太宰賞募集要項のページでも発表されているよ〜

581 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 13:59:21.26
史上最多ってわけでもなかったね(>>4参照)
3年前の1,412編が最多で、今回が二番目に多かったのか
一次発表は2月末から3月初めあたりかな

582 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 14:20:46.72
>>581
過去最多は、第一回太宰治賞の時で、1623篇です。
うちにもメール通信ありました。
送信者と宛先の両方とも太宰治賞でした。

583 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 14:35:33.87
>>582
第1回というのは1965年の受賞作なしだった時のこと?
それとも1999年の共催第1回(通算では第15回)のこと?

584 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 14:48:13.65
メール来ないな
まあ今回初めてだから当たり前か
数字見てなにやら自信なくなってきたから本でも読むかな

585 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 14:52:49.71
>>583
1999年共催第一回のこと
あとで>>4のデータをもっと詳しくまとめて書き込んでおく

>>584
おれも今回初めてだけどメール来てたよ

586 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 15:19:45.26
メール来ない
ちゃんと届いたかどうか不安になってくるな……
まあ今更どうしようもないしのんびり待つか

587 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 16:01:49.61
人気あるね

588 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 16:02:40.05
>>585
サンクス! さすがに昭和40年の文學熱はそこまでいかないよなぁ
その第15回の受賞者は北海道大学の院生だったらしい 
さすがに読んだことがないけれども

589 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 16:15:45.59
>>586
いつ頃応募しました?

590 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 16:20:44.29
>>589
12月の頭くらいですかね
メールパック500使って、一応到着確認はしたんですが……
アドレス間違えてたかな

591 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 16:28:29.03
一斉送信してるはず

ま、審査には影響ないでしょ

592 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 16:31:41.72
11月下旬に定形外(ハガキ入れず)で応募してまだメールの来ない俺が通りますよっと
アドレスはPC・ケータイ両方書いたのになぁ
PCアドレス途中に11(数字のeleven)が入るんだけれどll(LLの小文字表記)に見えたかも
ケータイの方に送信してください、いやもうマジでお願いしますよ

593 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 16:34:48.50
まあ待って下さいよ
一次までには送りますから、受領メールじゃないんですから

594 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 16:43:24.46
ハガキ返ってきた奴いる?

595 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 16:51:33.74
馬鹿な話だと思われるだろうし俺自身そういう自覚は確かにあるけれども
今、この瞬間に筑摩書房からPRメールが届いたなら…それは
間違いなく人生でいちばん嬉しいPRメールってことになるだろうな

596 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 17:10:00.36
ハガキ返ってきたよ

597 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/26(水) 17:53:10.14
。∩_∩。゜゜ 。゜゜。
(´ー`) 。゜。。
γ´ ̄`ヽ/~ 。゜゚。
(。宦ソ゜)゚。。 ゜
⊂(-.-))⌒ つ゜~~゜~
~。~`υ~~~~今日メール来たよ。港区を走行中に受信した。

598 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 18:11:57.63
ハガキは入れるべきだったんだな… よーく分かった

599 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 18:13:26.07
僕も今日、メール確認した。ハガキはわりと早く帰ってきたかな。
って、今は年末締切の文学界の方に全力集中だけどね。

600 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 18:35:05.39
イナはくんな

601 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 19:24:25.36
メルアド書かなかった
電話番号書いた

602 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 19:37:25.89
前スレでレターパックのバーコード貼り忘れたと書いた者です。
メール来てません(ちなみにハガキは入れず)。

あああ私のばかー

603 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 19:37:32.24
>>592
アドレスを記入したからといって必ずメールが来るとは限らない。
受領メールというシステムはないし、PRは任意だ。
つまり来なかったからといって何の問題も発生してはいない。
まずは落ち着け。そして、信じるんだ。

604 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 19:44:30.25
>>602
君も同じだ! ノープロブレム!
普通郵便よりもレターパックの方が確実に届くはず。
気にすべきことはたった一つ、「次作をいかに書くか」それだけだ!

605 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 19:45:46.15
フリーメールのアドレスが原因?
なんてことはないか。

606 :602:2012/12/26(水) 19:54:19.00
>>604
ありがとうございます。
今回初めて出したので、わたわたしてしまいました。

信じつつ、祈りつつ待ちます。
そして忘れるほどに書くことに没頭してきます。

607 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 20:36:31.64
>>606
Take it easy! 1378通の中にきっと入っているから。

>>605
もしかして作家活動用に新アドレスを作ったあの人? 

608 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 21:06:38.89
>>607
違うよ。それは僕のことだけど、
新アドレスにメールが無事に届いてた。

609 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 21:16:53.72
>>608
そうか、おめでとう。
605氏にも幸いのあらんことを。

610 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/26(水) 21:47:09.94
>>602レターパックのバーコードは貼るもんじゃないからね((^o^)

剥がしてあとでチェックするんだよ
o(^.^)o゙

611 :602:2012/12/26(水) 22:46:35.68
>>イナさん

あ、そうでしたね。 ×貼る ○剥がす
間違えました。
してなかったからですね……

612 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 23:21:53.71
俺もきてないな

613 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 23:37:57.91
群像、太宰、文學界、年内ちゃんと3つ出せた
次は3月のすばると文藝か
がんばろう

614 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 10:06:25.11
戦略としては
3月末の文藝、新潮を目指して作品を書く
3月末の時点で太宰賞の2次通過以上なら応募は止めて徹底した推敲を加える
運よく受賞になれば受賞第1作として使えるし、惜しくも3次、最終止まりならその作品をさらに磨いて12月に応募し、今度こそ受賞を…
予選通過ということは相性が良いわけだから大切にしたい

615 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 10:10:48.61
太宰、文学界続けて書いた後(推敲もしんどかった)
まったく書く気が起きない

616 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 10:24:18.66
殻を破るのは今だよ
連作してリズムが掴め推敲で文章スキルも向上しているはず
今まで書かなかった、書けなかった題材に挑戦してみたら?

617 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 11:17:01.81
私も615と同じ
ただひたすら いろいろ読書して頭を休めています

みんな書き終わってしばらくはどうしているの

618 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 11:26:31.62
>>616
ほんとうに
ちょっと違う味の作品に取り組むと疲れが取れる
わくわく感が新鮮

619 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 13:30:36.92
>>617
読書をしながら準備体操兼しゅみで
30〜60枚の短編(第一稿)を二本書いた
中長篇作の取材もボチボチ

620 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 14:09:36.59
休むことなく書き続けてはや五年
書きたい題材がありすぎて、休むという発想がなかった
俺も少し休んでみようかな
受賞の兆しがまったく見えなくて疲れてきた

621 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 15:38:37.50
>>620
休むというより、休みながらいままでよりペースを落として書きてみては?
それか、一、二ヶ月くらい書くのを忘れて遊ぶとか
中には、年単位で休んでから受賞する人もいるのだし
充電期間中に飛躍敵なひらめきが起こるかもしれないよー

622 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 15:50:27.76
入力と出力のバランスが崩れたのかもしれないね
「書きたいこと」は絶対的なものじゃなくて様々な情報に接するうちに進化するもの
常に入力することでブラッシュアップしないと「書きたいこと」が色褪せて見えてくるよ
評論をまとめ読みして自分の書きたいことを見つめ直す一方で新たな 書き方にも挑戦してみたらどうかな

623 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 23:34:25.55
プロになれるか不確定な状態で気力を維持するのは精神力がいる。
趣味でも書きたいという人は別にして。

624 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/27(木) 23:50:30.70
恋の記憶を思い起こせば書けるし、書き尽くしてしまったら終わり。そんなけ。恋をすることだけが必要で十分なんではないか。そう思った。おやすみ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//\____
_____//\/   /|
( -^-)zz/\/   / |
]```` /\/   / |
 ̄ ̄ ̄ ̄\/   /  /
[] / ̄ ̄「 ̄ ̄レ/  /
__┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃ /|
__┠―□―□―┨ / |
__┃_____┃/ //
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Τ //
―□―□―□―┤ //
_______|//
_______⊥/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄前>>610

625 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 11:52:11.35
Webちくま更新
太宰賞関連の情報はナシ
下読み鋭意進行中というイメージ

626 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 12:07:56.65
「休むことなく書き続けてはや五年」ってまじか。スゲエな
おれも書き始めたのはちょうど五年前で、一年で五、六十枚の短編を一本のペースだった
病床にあって、休みながらやってるからね
続けて書ける状態になったのは今年に入ってからだけど、すこし疲れた笑

627 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 12:20:26.68
太宰賞復活後の受賞者生存を調査したら、継続して書いてるのは四人もいた
十四年で四人、三、四年で一人の割合。生存率の高い賞で驚いた

辻内智貴
津村記久子
川本昌子(津村さんと同時受賞した人で影に隠れている感じだけど)
瀬川深http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%80%AC%E5%B7%9D%E6%B7%B1

628 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 12:48:31.78
僕は太宰を締切日に完成。投稿。それから文学界の方に着手して、今日中か明日には仕上がる。
年明けで、江戸川乱歩に着手しようかと思ってる。
やれるとこまで、一気にやってみるさ。

629 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 12:51:06.54
>>627
乙です
なんだか身が引き締まる思いがする
生半可な気持ちじゃいけないな

630 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 12:54:23.14
続こうぜ

631 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 15:14:21.19
続くために書き溜めしなきゃな

632 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 02:20:04.20
【一次発表日,曜日,時間,応募総数】
       (過去スレ・筑摩HP・太宰治賞1999〜2002参照)

第15回 1999年 ―   ―        (1623篇)
第16回 2000年 ―   ―       (545篇)
第17回 2001年 ―   ―       (934篇)
第18回 2002年 ―   ―       (809篇)
第19回 2003年 −   −   −   (863篇)
第20回 2004年 −   −   −   (962篇)
第21回 2005年1月2日 日  −      (927篇)
第22回 2006年2月21日 火 10:50      (1030篇)
第23回 2007年3月13日 火 14:       (774篇)
第24回 2008年2月28日 木 15:      (1090篇)
第25回 2009年2月13日 金 20:      (1249篇)
第26回 2010年3月02日 火 11:     (1412篇)
第27回 2011年2月18日 金 22:     (1323篇)
第28回 2012年2月13日 水        (1212篇)
第29回 2013年 ―   ―       (1378篇)

633 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 02:22:23.26
変なマークがでている
スマソ

634 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 02:38:48.31
訂正
【一次発表日,曜日,時間,応募総数】
(過去スレ・筑摩HP・太宰治賞1999〜2002参照)

第15回 1999年 ―   ―       (1623篇)
第16回 2000年 ―   ―        (545篇)
第17回 2001年 ―   ―        (934篇)
第18回 2002年 ―   ―        (809篇)
第19回 2003年 −   −   −    (863篇)
第20回 2004年 −   −   −    (962篇)
第21回 2005年1月2日 日  −     (927篇)
第22回 2006年2月21日 火 10:50 (1030篇)
第23回 2007年3月13日 火 14:   ( 774篇)
第24回 2008年2月28日 木 15:   (1090篇)
第25回 2009年2月13日 金 20:   (1249篇)
第26回 2010年3月02日 火 11:   (1412篇)
第27回 2011年2月18日 金 22:   (1323篇)
第28回 2012年2月13日 水       (1212篇)

635 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 08:14:26.68
>>634
乙です!
第15回→第16回のほぼ1/3の激減ぶりは凄すぎますね
隔年現象とも違う全体的に不思議な増減が興味深いです
隔年現象は前年度の様子を見ながら応募すると起きやすいですから
太宰賞は作品を第一に考える方が多いのかもしれませんね

636 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/12/30(日) 08:42:26.45
1999年が異様に多かったんなんでなん?

637 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 09:09:44.40
>>634
第21回の1次通過発表は正月二日のしかも日曜日…
もしかするとネット発表初回だったのでしょうか?
無人の編集部で黙々とパソコンに向かう編集部員の背中に漢の哀愁が

638 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 10:51:37.18
二月に一次として 三月が二次?

639 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 11:03:11.45
隔年現象を繰り返しながら応募総数が増加傾向か
にしても、21回だけ早すぎるな
発表は2月10日〜3月10日頃だね

640 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 11:03:33.89
二月の第三週か四週
月曜日の発表はない感じ
火曜日中心に週の前半にありそう

641 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 11:12:56.92
>>638
29回だけ例に取ると、
1次発表2月13日、2次発表3月12日、最終候補発表4月2日
受賞作発表5月8日。ネット発表は一ヶ月間隔だ

642 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 11:21:48.51
何月まで希望が続いているかなぁ
花粉症の辛さも名前を見つけた瞬間に吹き飛んでしまいそう
五月まで希望が続いたらもう治っているかも

643 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 11:22:37.04
2月になったらまた来るよ

644 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 11:46:22.40
またね
良い知らせがあるといいな

645 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 17:53:28.03
まだメール来てないんだけど、これ終わったか

646 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 18:11:08.98
>>645
>>593を見ると何となく落ち着くよ
もちろん俺も来ていないし

647 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 11:10:16.29
しゃらくさいからメルアド書かなかった
発表はサイトで確かめる

648 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 11:13:15.23
太宰賞をまとめた単行本は毎年いつ頃発売なんですか?

649 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 11:21:20.39
PRめーるだもんね
年明け以降に手が空いたら入力して新規リスト作成するのかな
下読みさんもおつかれさま
ゆっくり休んでリフレッシュしてから再開してくださいね

650 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 14:05:00.22
>>648
11月〜翌2月頃だったかな
中篇の受賞者の場合、書き下ろしを準備ができしだいなのか、
毎年発売日の月は違う

651 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 14:28:24.30
>>648
ここを開いてみるとたいていのことはわかるよ

http://www.chikumashobo.co.jp/special/dazai/prize/

652 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 14:47:12.22
第18回受賞者の小川内初枝も、受賞後に書いてるな
生存率がほんとに高い賞だ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E5%86%85%E5%88%9D%E6%9E%9D

653 :無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 16:08:03.76
さあ、そろそろ書き終いかな。みなさん、良いお年を。
来年もさ幸多からんことをお祈りいたします。
被災復興中の皆様、くれぐれもお風など召しませんように。
では、また、来年お会いいたしましょう。

654 :k:2012/12/31(月) 16:22:36.82
皆さんがお正月に何を読まれたのか、後日お聞きしたいです。私は石田衣良
さんの『眠れぬ真珠』を読み終えたいと思っております。

655 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 16:43:53.48
>>654
僕はひたすら執筆と考えてます。
江戸川乱歩賞の方もエントリーしようと思ってるので。
でも、切り替えは確かに重要ですね。

656 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 16:50:49.89
当方読むのが遅いので何か短編をチョイスしておりまする
とりあえず芥川賞受賞作は読み終わったから何か海外作家読もうかな
執筆するときは国内の作家の方がしっくりくるけどお休みだから

657 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 16:54:34.65
2006年 応募数 1030篇 受賞作164枚 最終候補作107枚、300枚
2005年 応募数  927篇 受賞作324枚、231枚 最終候補作315枚、256枚
2004年 応募数  962篇 受賞作267枚 最終候補作229枚、197枚
2003年 応募数  863篇 受賞作261枚 最終候補作96枚、247枚
2002年 応募数  809篇 受賞作220枚 最終候補作84枚、261枚
2001年 応募数  934篇 受賞作340枚 最終候補作170枚、190枚
2000年 応募数  545篇 受賞作147枚 最終候補作140枚、176枚、108枚、316枚
1999年 応募数 1623篇 受賞作342枚 最終候補作168枚、180枚、184枚、117枚
以上、『太宰治賞1999〜2006』より。

過去スレのデータに1999〜2000年分のを付け加えました。年末最後の仕事です。
2007年からの分は自由に加えてって下さい。

658 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 17:05:16.11
あちゃあ、流れを切ったらごめん。
当方は、何らかの新人賞受賞作をいくつか読んでから、
古今東西を問わない名作を読むでござる。

659 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 17:07:00.65
>>657
大感謝です!
>>656
「新潮」1月号掲載、太宰賞大先輩・津村記久子の
「アイトール・ベラスコの新しい妻」オススメ
書きあぐねているときのヒントになるかも

みなさん、よいお年を!

660 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 17:10:15.12
>>659
さんくす
「アイトール・ベラスコの新しい妻」読んでみます
シユアゲイン!

661 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 17:51:24.55
>>651
どうも。
6月ってことは、芥川の上半期(?)に間に合いますなw

662 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 18:11:39.40
大掃除終わり
来年もよろしく

663 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 11:09:24.38
26日にメール来たんだけど「締切りました」っていうメールだった。
気になって調べたら、窓口に出すときは
「今日の消印押して」って言わないと次の日になったりするらしい。
10日に郵便窓口に出したんだけど、言わなかったんだよね。
ゆうゆうの方で出せばよかったのかな?
心配で胃が痛いんだが。

664 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 11:53:29.78
>>663
10日の朝9時に、郵便局の窓口でレタパを出して、
663さんと同じで26日にメールが届いた。
返信ハガキも入れておいたが、一週間以内に届いたな。
「第二九回太宰賞にご応募くださいましてありがとうございました。
ご応募の作品はたしかに受け取りました。」と印刷されてあった。
一緒にまとめて送信しているはずだから、きっと10日の消印で受領されている。

665 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 12:02:37.28
役所への届、学校への願書とは性格が異なると思います。
基本、拾う、ということになりましょう。
あまり深刻にお考えにならない方がいいと思います。

666 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 12:04:51.29
>>664
メールの内容は「締め切りました」でしたか?

667 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 12:08:00.64
>>666
題、本文ともに「締め切りました」だった

668 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 12:09:13.46
>>667
あざーっす!
これで安心して正月の酒が飲めますわー

669 :k:2013/01/01(火) 12:14:53.81
私は12/10に郵便局で出しました。「今日の消印になりますか?」と聞くと
「今日の消印になりますよ」と笑顔で言われました。
12/26 13:35にメールが届きました。
「第29回太宰治賞は作品の募集を締め切りました。応募総数1378通でした。
多数のご応募、ありがとうございました。」とのこと。大丈夫でしょ☆

670 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 16:01:03.44
敢えて12月末回避して12月10日〆切に設定しているんだから郵便事故はまずありえないよ

671 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 20:21:09.00
目の前で消印を押してもらって、それをデジカメとかで撮影させてもらっておけば安心じゃね。

672 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 23:24:46.69
きもいよー

673 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 09:14:56.52
11日消印なら来年まわし?ポイされる?

674 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 14:57:52.67
ポイのがお互い幸せそう

675 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 15:50:24.10
来年回しにされて、忘れた頃に受賞のお知らせが……っていうのも中々ドラマチック

676 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 16:09:16.09
落ちたと思ってどっかに投稿するいじきたない奴ばっかりだよ

677 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 18:17:45.44
関東文芸同人誌掲示板。正月早々、内輪モメ。
文芸同人誌、情けない。
善意が悪意にとられる。

678 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 23:48:18.77
今夜から再始動します
やはり新年最初に書くのは緊張しますね
年末年始に「新潮」を読了して自分も書きたくてうずうずしていました
今年も頑張りましょう!

679 :k:2013/01/04(金) 08:31:35.94
私もがんばらねば! ここに来ると刺激になっていいですね。
ちょっと遅いですが、皆さん今年もよろしくお願い致します。

680 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 08:49:34.12
>>678
いいなあ
やっぱ書いてないとしっくりこないよねー

681 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 09:20:36.88
新潮を買うか図書館で借りるか逡巡している間に……

682 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/04(金) 12:18:53.46
このスレのkさんて加藤典洋氏じゃないよね?

選考委員の早稲田率が高いのはなんなんだろう?

選考の傾向に出てる? そんなでもない((-。-)? 前>>636

683 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 12:28:36.92
三月の純文に間に合うかな
仕事は7日からでまだ正月気分だが、そろそろ取り掛からねば

684 :k:2013/01/04(金) 20:32:41.49
>>682さん
私は加藤典洋氏ではありませんよ。無名の道産子です。

685 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/04(金) 20:52:33.28
。∩_∩。 ゜ ゜  。゚
(´ー`) 。゜。。 ゚
γ´ ̄`ヽ/~。∩∩ ̄/|
( 。゜。)((^o^)/ |
~~ ~ ~~~~゜(っц)。|
~~~~ ̄ ̄ ̄\_/υυ。|
。゜。。/_/_/_/_/ ゜|゜。゜。 ゜。゜。。。 ゜゜゜。゜なんだ、道産子か。前>>682

686 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 21:21:58.71
加藤典洋氏がここに書き込むとしてもマナーを守ってsageるだろう

687 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 21:33:15.43
ageるんじゃね?触発されていい気分にさせてくれるとageる。
sage気味の時は空気を守ってsageてるけど。

688 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 03:58:07.07
他の地方文学賞で原稿が郵送されて返却されてきた。
ああ、残念。

689 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 08:55:24.58
太宰スレもそのうち荒れるだろう、そろそろおいとまする
群像スレを見てると、誰かがageるようになってから荒れている
祭りや締切前後でもない限り過疎ってるぐらいがちょうどよい

690 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 09:39:35.35
sage進行がマナーです

691 :k:2013/01/05(土) 10:49:02.11
メールアドレスにsageと入れるものなのですね。
知らないでご迷惑をおかけしていました。申し訳ないです。

692 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 16:07:50.44
今週末と来週末は筆が進みそうです
積み重ねが結実した時のあの気持ちを忘れず書き進めましょう

693 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 19:30:15.41
致命的なミスしちゃった。
(字下げとかそういうレベルの・・・ルールを勘違いしてた)
一次落ちだよね?

694 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 19:40:31.93
文法上のミスがあったから落ちた、才能を否定されたわけではない
そう思ったほうが楽になるだろうけど
字下げとか三点リーダを中黒を3個並べてるとかで落ちたりしないよ
つめたい言い方だけど落ちた場合は純粋に中身の出来が悪いからだよ

695 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 19:57:42.94
>>694
内容を見てくれるなら、その方がいいんだ(不安

696 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/06(日) 00:14:21.94
。 ゜ ゜  。゚ 。゜。
 ̄∩∩ ̄`∩∩ ̄/|゜。゚
((^o^)(^o^))/ |。゚゜
(っц)(っц) | ゜。
~~`υυ ̄`υυ゚ | ゜。
゜。。 ゜。゜ |゜。゜ごめん、寒いのに長話しさせて。もう帰って寝るし。ほなな。前>>685 。 。 ゜。゜。 。 。 ゜。゜

697 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/06(日) 00:23:34.73
。 ゜ ゜  。゚ 。゜。
 ̄∩∩ ゚̄ ̄ ̄ ̄/|゜。゚
((-。-) 。 ゚/ |。゚゜
(っц)゜ 。/。| ゜。
~~`υυ ̄ ̄ ゜。| ゜。
゜。。 ゜。。゜゜。゜。おやすみ。 前>>696 。 ゜。゜ 。。 。 ゜。゜

698 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 04:36:16.06
メール来てた。
迷惑メールボックスに入ってた。

699 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 07:39:00.61
>>692
確かに14日までにペースを掴めるかどうかにかかっている気がします
今書いているのが受賞第一作になれれば最高ですが
予選通過を踏まえて満を持しての次回応募作になれますように

700 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 08:02:42.50
634によると一次発表は最速でも2月13日なんだな(第21回は例外として)
建国記念日を含む連休で最終の話し合いをして12日に決定→UP
焦らなくてもいいからとにかくじっくりと読んで選んで欲しいなあ

701 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 09:57:17.34
辻内氏が小学館から出されている文庫「野の花」の解説を、
太宰賞の担当編集者が書いてて選考の裏側が垣間見えます
「セイジ」は締切から何週間も遅れて着いたのに、もしもと思って
編集者が読んで惚れ込み、編集部の内部選考でも好評で最終に残したそうです

702 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 10:06:24.62
「セイジ」はあの第15回(1,623編)応募作だな
やはり再開第一回だけあって丁寧に読んでくれたんだね
「多輝子ちゃん」で受賞した翌・第16回は史上最少の545編だったっけ

703 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 10:16:24.97
>>702
>「多輝子ちゃん」で受賞した翌・第16回は史上最少の545編だったっけ

そのとおりです。「セイジ」は内容で最終に残ったのだと思いました

704 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 10:23:54.82
筑摩書房の内容第一のスタンスが垣間見られる良いエピソードだね
ただ〆切に遅れたけれど編集者が読んで、のくだりはどうなんだろ?
〆切に間に合わせようと必死になって書き上げた身からすれば…ね
結果的に受賞はしなかったんだしとやかく言うことじゃないんだろうけど
あんまり知りたくなかった、かな? 人間が小さくてゴメン

705 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 10:35:34.90
知りたくない情報UPごめん。遅れた結果、下読みパスしてるけれど
もし下読みさんが読んだら上げていただろうかと気になったり
編集部を惚れ込ませた辻内氏にちょっと嫉妬しちゃたんだ

706 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 10:45:45.91
「カカカとギアを入れると物凄い勢いで車をバックさせ、させながら向きを変えたかと思うと
今度は唸る様に店めがけて車を突進させ、そうして僕のすぐそばまで車体を寄せたかろ思うと今度は唸るように
店めがけて車を突進させ、そうして僕のすぐそばまで車体を寄せると、(続く」

「セイジ」のこの文章を読んで、内容勝負だったんだなと…。連投スマソ。このへんにしとく

707 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 10:48:16.53
いや705氏を責めているわけじゃないから
珍しい情報をありがとう
引っかかったのは元担当編集者に対してだよ
そんなことを文庫のあとがきに書いてしまうなんて
応募者の心情からすればいかがなものかと

708 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 10:57:36.57
その担当編集者はたぶんナイーブな人なんだろうなぁ
黙っていればいいのについつい書いてしまったんだろう
読む側も純粋に読者としてなら素直に感動できるはず
こっちが書いている人間だからこそ引っかかるんだね
結局…こっちが悪いのか!? うう、すみません

709 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 11:36:41.21
応募者が「野の花」のあとがきを読むなんて想像が及ばなかったんだよ
でも、内容がおもしろければ、文章にへんな箇所があっても大丈夫だとわかって勇気がでた

710 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 11:54:14.68
一次選考は編集部?

外部の下読みさんには依頼してないの?

711 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 12:12:52.57
判らない。文學界の下読みとかぶってるっていう書き込みが
去年の文學界スレにあったけど。Web筑摩で豊崎由美氏が連載しているから、
断ってなければ彼女も参戦してるかな、とは思ったな。

712 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 12:21:08.01
下読みさん、編集部、選考委員の三者。
それぞれが押す応募作は違うのではと辻内氏の例から…。
あぅー。太宰治賞1999、2000の選評読むと、
編集部が受賞させたいムードの辻内氏の作品がめっさ酷評されてる。
悶々とするけど、次のに取り掛かって第一稿が出来上がりそう。

713 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 12:34:40.32
辻内氏の件は14年前のことだから今とはずいぶん違っていたんだろうね
当時のスタッフも今では大部分が入れ替わっているだろうし
あくまでも新人賞のなりたちの一例として見るべきなのかな
あと豊崎氏は男性ですよ

714 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 12:45:44.94
だよなー
気にしないで書き続けましょう

715 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 13:07:41.82
あ、間違えた! 豊崎氏は女性なのか
「文学賞メッタ斬り!」(PARCO出版)P.146 L.16〜18の豊崎氏の言葉って
「女に間違えられた」じゃなくて「女らしくない」ってことなのか
711さん、すみませんでした

716 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 13:49:44.06
715さん、いえいえ気にせずに
「文学賞メッタ斬り!」で、
豊崎氏は色んな文学賞の下読みをかけもっているとかで、
下読み感想を書いているので、太宰賞の下読みもしてるんではないかと

717 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 14:08:30.61
「文学賞メッタ斬り!」P.322〜323の太宰賞に関する豊崎氏の発言
「地味」「受賞作家で芽が出てる人っていましたっけ?」「しょぼくなった」
からみるととても当事者とは思えませんけれど…
この本自体が初版2004年ですからその後、下読み入りした可能性はありますかね?

718 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 14:29:46.26
わからんなー。もし当たったら、ふつつか者ですがよろしく〜
優しく読んでくだしゃいぃ〜っ(実際はバッサリ)てところだな
綿矢りさの芥川賞受賞を当てたから、辛口でも信じるぜ

719 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 10:05:08.05
筑摩書房も今日から本格始動かな
下読みさんの〆切は今週末くらい?
あの原稿がどうなっているのか気になる
もし一次通過してたら「ありがとう!」を連呼しそう

720 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 12:04:27.00
私は「やったー!」かな?
「えーっ!?嘘マジ超ありえないー!やっばー!!」
もし人前で携帯見ながら跳びはねてるのがいたら、たぶん私

721 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 13:25:16.39
雪道に転んでパンツ見えちゃった子かな?

722 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 14:24:30.96
おお、>>187の子か。今度もスカートで跳びはねてね。

723 :720:2013/01/07(月) 14:56:55.80
いえ完全に人違いですよ〜

724 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 21:47:28.02
でも、女のひとでしょ? 転んで見られたことはあるんじゃないの?

725 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 00:11:37.77
>>724
なんか気持ち悪いです……

726 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 00:26:13.32
>>725
スマソ
オヤジ率が高いから

727 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 03:53:46.83
トヨザキはゴウリキアヤメとか推すタイプでしょ
そういうのを「売れる人をあてた」と言うなら、
そういう人、自分の好きな分野にはゼッタイいらない
ゴウリキアヤメ被害で分野自体が死ぬことはなんとも思わないわけでしょ

728 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 08:05:04.83
>>719-720
一次通過していたらめちゃくちゃ嬉しいですよね
私はさすがに声は出さないと思いますけれど
このスレには書き込みますよ、通過しましたって
発表まであと40日ほどですね

729 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 10:20:31.41
Webちくまの新年第一回更新は1月11日(金)

太宰賞関連の新情報を期待!

730 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/09(水) 08:51:21.12
応募した後は受賞間違いなしという気分になって予選通過発表で打ちのめされる
いままで他の新人賞で予選通過した時には発表自体を忘れていた
今は何だか暗い気分だ
箸にも棒にもかからない代物を応募したんじゃないかと

731 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/09(水) 14:56:52.84
次の作品に集中しよう!
もし応募作が不十分でも次作に活かせれば無駄じゃなかったと言える

732 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/09(水) 14:59:39.81
まあまあそう慌てずに
ゆっくり経過を見守ろうじゃありませんか
案外いいとこまで行ってるかもしれませんよ

733 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/09(水) 15:04:57.51
ありがとう
何かネガティブになっててゴメン
正月からいろいろ考えているうちに絶望的になってた

734 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/09(水) 16:58:59.10
。 ゜よし、今年もがんばるか  。゚ 。゜。
 ̄∩∩ ̄`∩∩ ̄/|゜。゚
((^o^)(^o^))/ |。゚゜
(っц)(っц) | ゜。
~~`υυ ̄`υυ゚ | ゜。
゜。。 ゜。゜ |゜。゜。 ゜。゜。。。 ゜。゜ ゜。゜ 。太宰が二月、文學界が三月、群像が四月と考えて間違いないよね。前>>697

735 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/09(水) 17:35:58.28
>>733
元気出そう!
俺たちは書くしかないんだから

736 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/09(水) 20:15:06.32
書くことを選んだ以上はそれしかないよねー

737 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 08:13:28.38
調べてみると筑摩書房って一度倒産してからかなり苦労したみたいだね
本社も蔵前に移転して合理化を推し進めたらしい
文芸誌「展望」も廃刊して太宰賞も一旦消滅
そこから這い上がって現在では太宰賞も復活させたんだから凄いわ

738 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 08:36:23.29
優しい作品は選ばれないものかなあ

739 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/10(木) 08:57:08.75
‖∩∩‖∩∩ 追い風よ>
((-。-)(-。-))‖ね?‖<
(っ[ ̄]っц)‖゜ ‖>
「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]___‖/
□/_UU__UU□///////////うん、僕の作品が選ばれたんかもよ。前>>734

740 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 09:46:57.26
>>737
共催の三鷹市からきちんと金を引っ張ってるだろう。
良いと思うよ。文学性と商売を無理に両立させようとして失敗するより。
自治体の文化部門は概して金の使い方を知らない。
変なイベントに浪費するより太宰賞に投資すればどれだけイメージアップになるか。

741 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 09:42:21.26
でも太宰賞の場合は地方文学賞とは違って三鷹市を舞台にしろとか健全な内容にしろとかの制約がないよな

742 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 10:12:25.92
凄いのは太宰生誕の地とかじゃなく入水自殺した地というところ
しばらく住んでいたとはいえ良い度胸だ三鷹市
市ヶ谷が三島賞を制定するようなものだから

743 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 10:25:36.47
玉川上水の水位ってどのくらいなんですか?
死ねるような深さじゃないような

744 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 10:41:26.83
>>743
その当時はすごい量だった
あの深さ見ればわかるだろ

745 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 13:31:19.93
webちくま更新
脱力した…

746 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 18:27:27.24
太宰の出身地で太宰賞を始めたらものすごく地味になりそう

747 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 18:34:14.76
五所川原市か
それこそ地方文学賞の一つに埋没しそうだな

748 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 18:44:31.04
だからある意味「太宰治賞」は奇蹟の賞なんだよ
普通にやったら絶対に失敗するのに見事定着してるんだから
あやかりたい!凄く!

749 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/12(土) 00:32:54.87
。 ゜ ゜  。゚ 。゜。
 ̄∩∩ ̄`∩∩ ̄/|゜。゚
((^o^)(^o^))/ |。゚゜
(っц)(っц) | ゜。
~~`υυ ̄`υυ゚ | ゜。
゜。。 ゜。゜ |゜。゜前>>739まほろ駅前番外地って三浦しをんさん原作なんだよね? このドラマ、コメディーだよね? プロレスだよねぇ? まぁでも家族と人間のドラマかぁ

750 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 09:47:36.24
津村さんと同時受賞の川本昌子(最近、某アンソロジーの文庫に書いていた)や、
瀬川深(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%80%AC%E5%B7%9D%E6%B7%B1
はコツコツ次作を発表しているけど気づかれない
太宰賞は、注目される文学賞イベントの端で地道に書きたいひと向けの賞

751 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 10:03:32.52
いい話だな〜
俺は貧乏でも小説を書いて食って行きたいから

752 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/12(土) 13:57:02.52
‖、、、、 ‖ □ ‖>◇/
( -。-) ‖。 ‖◇/
(っロ[ ̄]百万もらえな
「 ̄ ̄ ̄]__‖くても
□/_UU_□/////////////
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//V////////
_____//\/ベスト4
「 ̄ ̄ ̄]/\/入れば/ |
____/\/   / |
 ̄ ̄ ̄ ̄\/   /  /
ロ―/ ̄ ̄「 ̄ ̄]/  /
__┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃ /|
__┠―□―□―┨ / |
__┃_____┃/ //
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Τ //
―□―□―□―┤ //
_______|//
_______⊥/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄いいよ、それで。前>>749図書館で熱心な人に読んでもらえると思うし。

753 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 15:02:17.06
>>742
人妻と心中した軽井沢で…有島武郎賞
ガス自殺した逗子市で……川端康成賞
投身自殺した港区南青山で田宮虎彦賞
不吉過ぎて応募者ゼロだろうな

754 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 17:57:16.94
ああ、うまくいけばいい

755 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 22:33:47.86
応募時期も受賞後も応援はない
孤独な執筆

756 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/13(日) 02:42:54.63
。∩_∩ ゜゜ 。゜゜。
(´ー`) 。゜。僕は
γ´ ̄`ヽ/~ 。゜゚書い
(。宦ソ゜)゚。たんだよ
⊂(-.-))⌒ つ゜~~゜~ ~。~~ ~。~~~~ ~~~いちばん書きたかった小説を。だから、だから僕は今すごーく幸せなんだよ。雪達主、疲れたろ?――僕も疲れたんだ。なんだかとても眠いんだ、雪達主。前>>752

757 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 08:21:04.02
受賞という最大のチャンスを貰ったらあとは自分でなんとかするさ
ガンガン書きまくって編集者を唸らせてやる
書いた作品を見てもらえることが最大の「応援」だよ
一次通過発表まであと一ヶ月くらいかな

758 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 12:14:48.81
>書いた作品を見てもらえることが最大の「応援」

いいこと言うな
何の手助けもなしに這い上がれるやつが本物だからな

759 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/13(日) 14:06:15.00
。。 ゜。゜ ゜。゜゚
。∩_∩ 。 ゜。゜゜
(´ー`) 。 ゜。。。
γ´ ̄`ヽ/~ 。 ゜。
(。∩r~゜~~゜~~。~゚。
~ ~~~ ~~~ ~ ~。。きっとそうだ。そうなんだ。僕は僕が書いた頼しんでいます(嘘題)が審査委員に読まれるんだ。゜゚。。前>>756読んでもらえること。それが僕の希望。。。。 ゜。゜ ゜。゜゚。。 ゜。
゜゜ 。これが僕の作品に寄せるささやかな応援。 ゜。。。。 ゜。~゜~~゜~~。~゚。~ ~~~ ~~~ ~ ~。。。゜゚。。。

760 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 16:41:08.91
ここは、タイミング的に
1次通過でも多幸感が得られる。

761 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 19:39:03.85
デビューもしていないのに立ち止まっているヒマはない
デビューしたらひたすら書き続けるわけだから

762 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 11:27:56.12
文章はオーソドックスに
構成はアバンギャルドに
魂はアグレッシブに

763 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 21:07:18.71
wordで容量が150キロバイトを超えた
このあたりからギアが切り替わるね
一次発表までに完成させる予定

764 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 08:07:56.28
首都圏では雪だとか
私の住む地方では週末は雨でした
パソコンに向かって小説を打って過ごしました
一次通過作品の発表まであと一ヶ月ですね

765 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/15(火) 11:28:35.28
。。 ゜。゜ ゜。゜゚
。∩_∩ 。 ゜。゜゜
(´ー`) 。 ゜。。。
γ´ ̄`ヽ/~ 。 ゜。
(。∩∩゜)。゜  。゚
。(-_-))⌒ づ  。 ゜。。~ ~~ ~~~ ~ ~。 。。。~~ ~~~ ~ ~。 。 。゜。゜゚。。さっきJ-WAVEでまほろ駅前番外地のエンディング曲が流れた。探偵物語のエンディング曲と似てる気がした。前>>759

766 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 13:46:46.92
もしかしたらこっちに情報が出るかなあと思っているけれども
今のところ動きナシ
筑摩書房のツイッター
     ↓
https://twitter.com/chikumashobo/

767 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 10:05:33.21
伝えたい言葉があるなら書き続けるしかないよね
黙り込んでしまえばそれで終わり

768 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 11:22:24.66
小説以外に夢とか目標を見つけられないんだよなあ。
そういうの大勢いると思うけど。

今年も書いていくか。
がんばろうぜ。

769 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 18:15:02.26
第一稿90枚でフィニッシュ

770 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 20:36:53.64
おめでとう

こっちはまだまだ終わらない
先は長いな…

771 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 21:18:28.04
中長編なんでしょ
去年それくらいの長さで二篇書いたからその反動なんだけど

772 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 06:39:57.78
90枚くらいの作品はいいなぁ
ほとんどの新人賞の応募規定に合う
着回しの便利なトップスみたい

773 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 07:58:06.67
私的には短篇って後に続かない気がする
書き捨てるばっかで消耗する感じ
二百枚を超えると書きながらチャージされてる実感があるんだ
だから短篇を書ける人って凄いと思う

774 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 08:51:51.73
90〜120くらいのをもう二本いけそうだ
でも、短編で応募できる章でも中長篇が有利なんだよね
若さで伸びしろがあるとみなしてくれるか、減点方式で残る場合でもない限り
今年は取材をしながら短篇を書き溜めておいて、
出来の良い作品があったらどこかに応募する

775 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 09:03:48.44
ふぁいとぉ!
仕事でも家事でも育児でも小説書きにとってはぜんぶ取材ですもんね!

776 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 09:10:34.53
芥川賞、直木賞受賞、おめでとうございます。
勇気をもらいました。が、評価は読ませていただいてから。
話題作り、文壇政治学の気配があればアウトですが。

777 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 09:53:00.87
「自分が受賞したことで、他にうもれている人を見つけてください」
とインタビューで話してて身にしみた。
うもれている人が沢山いるのに見つけられないでいるみたいな言い方だけど。

778 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 10:00:29.67
半世紀以上も日の当たらない状況で書き続けていればいろいろ見えてくるんでしょう
才能のある仲間が生活に追われて書けなくなったり不遇が続いて筆を折ったり
それらを見続けてきた思いがその言葉に結実しているんだと思います

779 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 08:47:29.44
結論はいつも同じ

−書くしかない

780 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 11:32:23.27
一次発表まだかな
どきどきする

781 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 14:12:46.00
Webちくまは本日更新されていた。
内容は見事なまでのヒマネタ。
つまりまだ下読みさんから結果が返って来ていないのかもしれない。

782 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 21:56:09.74
ここは文芸誌に入るの?

783 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 08:07:00.60
下読みの〆切は一月いっぱいと見た

784 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 09:13:53.20
それは文学界の社内一次審査の日程

785 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 10:10:42.51
12月10日には下読みは始まっているとwebちくまに書いてあった。
下読み期間は一ヶ月くらいだよな。
もう二次審査に入っているけど公表はまだしていないだけだと見ている。

786 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 10:46:28.99
揉めているんだろうか
揉めた結果、通過できるのならいいけれど
揉めた末に落とされたら蔵前で絶叫するしかない
…だから詳細を発表しないんだろうか

787 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 11:34:52.59
経営再建もできたんだからそろそろ雑誌「展望」を復刊してくれないかな
実績で言えばものすごい雑誌で幾多の名作を世に送り出している
「人間失格」も「展望」に発表されたしね

788 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 15:42:28.15
太宰治賞は応募作品の枚数幅が大きいよね。
50枚の短篇から300枚の中篇まであるから一律の基準が立て難く、当然、選考も難しい。
時間がかかるのは仕方がない。と言うよりもむしろ時間をかけてじっくりやって欲しいよ。

789 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 23:17:53.70
だいたい九割は五行くらい読んだらアチャー痛いって作品みたいだな。
一次選考はかなり簡単だろ。

790 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 23:36:05.98
>>788
確かに短編と中編を同じ俎上に載せるのは難しそうですね
その結果どんな作品が選ばれるのか
楽しみです

791 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/19(土) 23:59:02.12
‖∩∩‖∩∩どう  ̄‖>
((-。-)(^o^))調子は‖<
(っ[ ̄]っц)‖゚順調?
「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]___‖/
□/_UU__UU□///////////まぁね。前>>765一月に一作目、二月に二作目、三月に三作目、六月に四作目。これでいいだろ。太宰賞は二百枚弱ぐらいのやつを選んでほしいな。

792 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 08:46:31.94
>>790
但し「太宰治賞2013」掲載後、単行本化するにあたって短篇じゃ難しい。
百枚そこそこなら下手するとあと2篇が書き上がるのを待って、になる。
やっぱり受賞作単独、もしくは百枚程度の短篇を一本追加で一冊になる
分量が妥当なんだろうな。具体的には二百枚以上。

793 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 09:26:28.87
下読み様、下読み様・おいでになったらお答えください・あなた様の
御心の琴線に触れる作品はあったでしょうか・よろしかったら題名中
の一文字をお知らせください・よろしくお願いしますよろしくお願い
します。

794 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 09:37:12.23
>>792
今のうちから12月10日の〆切に向けて11ヶ月計画で力作を仕上げるのが正解かな
300枚の作品なら推敲にかなり時間がかかるし
前スレで誰かが言ってたように数ケ月で書き上げて半年以上かけて推敲
そういうのが必要なのかもしれない

795 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 10:26:30.21
よぉ〜し、机の中のレターパックライト、無駄にしないぞぉっ!
待ってて、すぐに原稿でいっぱいにしてあげるからねっ
約束するよ

796 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 11:41:24.86
>>794
頭を冷やして推敲しているうちに書いている時には気づかなかったいろんなことが見えてくる
書き過ぎて逆に停滞させていたこととか描写が変質して説明になっていたこととか
だから〆切前に慌てて短時間で推敲するのはもったいないと思う
時間をかけて心ゆくまで推敲することは物凄く勉強になる

797 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 13:16:32.73
恐れ入ります。
350円のレターパックには、何枚程度入りますか。

798 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 13:26:04.31
A4のPPC用紙で300枚までなら入る
つまり400字詰原稿用紙換算で900枚くらいまで大丈夫だから何の心配もない
手書きでも原稿用紙300枚、つまり応募規定ぎりぎりまで書いても入る

799 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 16:18:10.42
厚さ三センチまで

800 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 16:19:21.24
手渡しじゃないから
郵便口に入る厚みということでしょ

801 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/20(日) 16:30:23.18
‖∩∩Л‖ □ ‖ □ ‖
((-。-)」‖  ‖  ‖
(っロ_)‖  ‖  ‖
‖≡UU≡‖__‖__‖
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄究極を考えると遺書を投函するしかなくなるね。前>>791

802 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 16:35:18.95
>>797
レターパックライトに厚さ・重量の規定は書いてある。
枚数については>>798にある通り。

803 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 17:59:47.77
みなさんどうも
797です

これからレターパックにします。

804 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 21:01:01.72
300枚書くのに1年半〜2年かかりまつ

805 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/21(月) 08:00:15.02
それをさらに2年かけて推敲したもので受賞できれば無問題でしょ?
何作も書いて全部予選落ちするよりよっぽど近道だと思うんだけど
周りを気にして疑心暗鬼になるなんてもったいない

806 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/21(月) 09:03:48.10
さいきん書いたものを無駄死にさせたくなくなった。
受賞後はまだどの雑誌にも応募したことのない最新作を
編集者に見せなければならないという制約がありそうだ。
どうしても世にだしたかったにも拘わらず、
実力不足で受賞に至らなかった応募作があったとして、
瑕をなくしたものでも復活は不可なのか?と。

807 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/21(月) 09:36:46.98
そういう作品をいっぱい推敲して良いものにすればいいでしょー?
どうしても世に出したいならなおさら
ただ「どうしても世に出したい!!」って力入ってるときって視野が狭くなってたりするよー
世には勝手に出て行くくらいに思って、思い入れとは別のところで読み直してみれば?
私達には作品を良くすることしかできないんだしー
生意気言いましたー

808 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/21(月) 12:13:19.74
わかったー

809 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/21(月) 18:46:27.28
いつ通知

810 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 10:03:16.24
説明って本当にダサくなる
他人の作品なら「分かってるよそんなことは」と思うのに自作ではついつい…
気持ちの揺らぎだけをさらっと描写して何があったか分かるようにしたい

811 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 11:49:17.19
この間の情熱大陸の田中を見た
精悍な顔になっていた 芥川賞作家の顔

812 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 12:14:22.51
>>810
そこだよー
無理矢理書くと説明的になるって言われたー
無意識のうちに自分を納得させようとするからだってー
でも読者は小説は読んでも書き手の御託に付き合うつもりはないから駄目だってー

813 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 12:34:49.10
「小説になっていない」という選評に対して「小説じゃないなら何なんだ」と思ってたけど
そうか、「書き手の御託」だったんだな。
小説を書かなければ。ありがとう。

814 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 12:54:47.14
で、何がいいたいの?
と、けなされるよ説明不足だと

815 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 12:58:52.10
>気持ちの揺らぎだけをさらっと描写して何があったか分かるようにしたい

古井さんの作品読むと、その正反対
おいおいそこまで行くか。回りくどく、奥深くまで入っていく凄み
誰も真似はできない

816 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 13:01:48.60
>>812
書き手の御託…至言だ

817 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 13:05:11.61
たぶん説明不足とかのレベルの話をしているんじゃないと思う

818 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 13:13:09.57
>>814
どういうジャンルの小説を前提にしているのか分からないけれど
もしラノベとかじゃないのなら、それって「説明」が不足しているんじゃないよ
表現として失敗しているだけだと思う

819 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 13:24:26.42
自由高さHなんか取扱説明書だぞ。
くだくだ延々説明。それでも評価される。

820 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 14:26:23.07
例外的な作法は一度しか通じない
そしてその一度は使われてしまった
それだけだよ
でも君が説明文形式の小説を書くのはとめない
がんばってくれ

821 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 18:01:49.40
才能さえあればなんとかなる
才能がないなら>>820のように諦めるしかない

822 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 18:17:38.69
>>812
肝に銘じます

823 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 18:26:50.62
と、才能があるつもりの821がおっしゃってます。
んま〜。幸せだこと。俺なんか、たった今過去の自作読んで凹みまくってんのにさ。
怖いもの知らずだったあの頃はお気楽だったなぁ。

824 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 18:31:51.04
>820
性格悪ぅwww

825 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 18:36:18.18
>>823
ある程度の矜持は笑って見守らなきゃ
sageるくらいのマナーは守ってしかるべきだと思うけれど

826 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 18:39:08.00
>>823
ほーん
もう諦めたら?

827 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 18:45:24.79
820=823なの?

この人の皮肉は感じの悪いイヤミだな
引きこもってないで外で発散したほうがええよ

828 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 18:50:44.37
820は僕だよ
823は誰か知らない

829 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 18:53:26.83
>>827
外で発散できないからここで発散よ

830 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 18:56:42.26
いや。俺は823だが820じゃない。
当然、イヤミのつもりで言ったんだよ。しかし事実でもある。
大抵の奴は才能なんてこれっぽっちもない。
ただし、努力で技術の底上げは出来る。まずは自覚が大事だと思うけどね。

831 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 19:02:56.36
創文板で「才能」という言葉は使わない方がいいと思う
定義が曖昧だから恣意的に用いられて論点がどんどんずれてゆく
最後は感情的になって終わり
つまんないでしょ?そういうの

832 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 19:07:11.87
才能って言葉で820けなした最初の奴が悪いんじゃ?
嫌み言われて当然に見えたけど

833 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 19:08:59.90
もうどうでもいいだろ
くだらない

834 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 19:11:53.89
そうだね
いつの間にか1月も下旬で、発表まで一ヶ月を切った感じかな
いい知らせがあるといいなぁ

835 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 19:12:08.27
才能ある方がくだらないとおっしゃってますが、なにか?

836 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 19:13:06.83
もうやめれw

837 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 19:15:44.23
来月の今頃は発表か……楽しみだな
太宰の発表が気になって、すばる文藝新潮が手につかん

838 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 19:19:18.03
応募者みんながそうだと思う
太宰賞応募作以上のものを書いていさえすれば何も怖くない…はずなんだけれど
なかなかね(苦笑)

839 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 21:09:31.13
文学界にも応募してる人結構いるでしょ?

840 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 22:25:03.20
文學界応募してる
ついでに群像も応募してる

841 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/22(火) 23:14:14.34
~~~∩∩すぃ漱漱
~(^o^*)すぃ〜漱
⊂~○゛`〜っ〃漱
漱漱歔υ~漱漱漱漱漱漱漱漱漱漱漱漱漱汢タちゃん、僕は2ちゃんの海をうまく泳げているかい?
いいよ、答えなんていらない。前>>801しばらくシナリオなどを書きながらどうするか考えていた。
九月になってシナリオを送るやいなや群像に書いて送った。かなりぎりぎりだったと思う。つづいてテレ朝にシナリオを書いて送ってすぐ太宰。
十二月上旬、あとは文學界にリベンジすれば終わりだ。そして僕はすべて終わらしたんだ。
太宰発表まで一ヶ月切ったらしい。どきどきしている。

842 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 08:05:17.46
>>838
ベストは尽くしたけれどあの応募作品が一番だと困るな
次の作品、さらに次の作品とレベルアップしてないと悲しすぎる
通過していなくても「あのレベルじゃまだまだ」と胸を張れる自分でいたい
結果を受け入れられず責任転嫁の末に新人賞自体を否定したりしないように

843 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 08:21:51.89
地方文学賞に目もくれてはいけません
と、ワカサギさんが言ってるよ

844 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 08:30:59.39
>>842
それでいいと思うよー
あと書き切らないと伸びないって言われたー
ネタを残すって発想がいちばんダメだってー
未熟な段階で良いネタに見えたものは次の段階では使えなくなるよー
上に進めば別のネタが見えてくるってー
ネタ切れっていうのは進歩が止まった状態だって言われたー
なるほどって思ったー

845 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 08:38:58.34
>>844
>書き切らないと伸びない

分かる気がする。

846 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 09:26:15.31
ワカサギさんとは?

847 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 09:35:54.79
書き切ればいやでも限界に直面するから
そこから出発できる
限界の手前でもがいていたら同じことの繰り返しになってしまう

848 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 09:50:24.43
新人賞に応募することは限界に直面できるいい機会なんだ。
言い訳やコネ疑惑やらで自分をごまかしちゃ駄目だな。

849 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 12:05:15.13
どうであれ受賞作にはそれなりの光るものがあるんだよ
それを認めない限りは負け犬になるよ

850 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 12:15:11.60
>>847-848
限界まで書いてみるよ
言い訳はしたくないから

851 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 12:18:52.76
書いている人間の言葉はやっぱり違うな。
そうでない人間は一般論しか言えないから心に響かない。
たぶん本人は気づいてないんだろう。

852 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/23(水) 12:22:01.99
。∩_∩。 ゜ ゜  。゚
(´ー`) 。ワタシワココニイルヨ
γ´ ̄`ヽ/~。∩∩ ̄/|
( 。゜。)((-。-)/ |
~~ ~ ~~~~゜(っロ ) |
~~~~ ̄ ̄ ̄ ̄\υυ゚ |ドコモ イカズニマツテルヨ?゜。゜ ゚ 。どういうことだ?。。 ゜。゜ ゜。゜。 ゜。゜。。。 ゜。゜゜。゜。゜。。 ゜。゜ ゜。゜゚。 。 ゜。゜゜ 。 ゜
。゜゚。∩∩゜。゜。゚
。゜。(_-) )⌒ つ  。
゜。。~ ~~ ~~~ ~ ~。 。。。~ ~。 。 。゜ 。゜゚。。前>>841

853 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/23(水) 13:29:13.22
>>852
太宰賞の最終に残るのが四人だとしてもすごい倍率だよね。
1378÷4=344.5

四作ぜんぶ読むだけでも大変だと思うけど、ずいぶん違う四作が選ばれるんだなぁって思って。

854 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 13:57:13.45
一次に残るのは5%くらいか。

855 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/23(水) 14:34:30.60
去年は1212編で一次通過は115編だったんだ。1378編なら130編は行くだろ。
‖∩∩‖∩∩計算して >
((-。-)(-。-))‖みて‖<
(っロ_)(っц)‖゜ ‖>
「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]___‖/
□/_UU__UU□///////////うん。前>>853やっぱ130編だ。

856 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 14:43:27.75
外部に委託する一次の下読みなら臨機応変に増減できるだろうけど
二次以降は社内選考だとすれば割ける人員(=社員)は限られている
なら二次に回す本数を増やしても社内負担が徒に増すだけ
厳しいかもしれないが一次通過の本数は変わらないと見た

857 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 15:43:13.42
どう見ようと構わないが
次作品にかかるほうがよい

858 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 15:58:27.62
最低限のマナーは守るべきだと思うんだ

859 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 16:18:32.14
昨日から急にスレが伸びてるな
書くのに忙しいとだんだん書き込む頻度と文字数が減って
ロムるだけになってくるけど。そのうちロムらなくなるかも

860 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 00:54:33.70
プロでやるんなら新人賞レベルではブッチギリじゃないと駄目なんだよな。本当は。

861 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/24(木) 01:17:36.93
。。 ゜。゜ ゜。゜゚
。∩_∩ 。 ゜。゜゜
(´ー`) 。 ゜。。。
γ´ ̄`ヽ/~ 。 ゜。
(。∩∩゜)。゜  。゚
。(-_-))⌒ づ  。 ゜。。~ ~~ ~~~ ~ ~。 。。。~~ ~~~ ~ ~。 。 。゜ 。゜゚。。次はない。作家にはならない。ただぶっちぎりの作品を公開してデビューして公募は卒業。前>>855そのあと何編か発表してセンセーショナルを起こしたい。

862 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 08:23:27.04
演歌『女のみち』といっしょ、一発あたることを祈っているよ

863 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 08:25:07.45
sageで書き込むくらいのマナーは守ろうな?

864 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 08:31:32.64
ageるやつはニワカでなければ単なる嫌われ者
書き込む内容もつまんないから迷惑
相手にするとつけあがるからスルーでいいよ

865 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 09:52:49.58
>>863-864
言いにくいことをどうもありがとうございました
それにしても今の時期って書き溜めるにはいいですよね
ノーパソから吐き出される温風がエアコンみたいで癒されます(笑)

866 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/24(木) 10:34:09.06
。∩_∩。 ゜ ゜  。゚
(´ー`) 。゜。。 ゚
γ´ ̄`ヽ/~。∩∩ ̄/|
( 。゜。)((-。-)/ |
~~ ~ ~~~~゜(っロ ) |
~~~~ ̄ ̄ ̄ ̄\υυ゚ |゜ノーパンから履きだされる。温風に癒されます゜。。 ゜。゜ ゜。゜。 ゜。゜゜。゜。゜ヒーターな
。∩_∩。 ゜ ゜  。゚
(´ー`) 。゜。。 ゚
γ´ ̄`ヽ/~。 ̄ ̄ ̄/|
( 。゜。)。゚∩∩/ |
~~ ~ ~~~~゜゚((^o^) |
~~ ̄ ̄ ̄ ̄\(っロ ) |
゜。゜。。 ゜。υυ゚|
。゜。 ゜。゜。~~。|。゜前>>861

867 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 11:02:39.47
>>865
ノートPCを持ち歩いて書いているけど夏場には苛々するよね、アレ
デスクトップの人はあんまり気にならないのかな?

868 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 12:53:33.67
よく新人賞の募集要項に

「個人情報は受賞作の発表・応募者への連絡以外には使用いたしません」
とありますが、

過去の応募暦は各社データで管理されてるの?

869 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 13:13:31.77
いろいろと憶測はできるけれど実際のところは、ね
どうしても気になるのなら思い切って出版社に訊いてみたら?
本当のところを答えてくれるかどうかは分からないけれど
少なくとも少しは安心できるでしょ?
出版社によって対応が違ったりして、面白いよ♪

因みに私の憶測:用途のない、何千にものぼる応募者のデータを
個人情報保護法に則して適正に管理・保存するメリットは
出版社にはないかな、と
応募者とはいっても出版社からすれば受賞者以外は落選者なわけで
こちらが思うほど関心は持たないんじゃないかな〜?

870 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 14:04:46.09
A long long time ago G新人文学賞に応募すると必ず封書が届いた。
内容は文芸雑誌Gの年間購読予約をしろって(むろん新人賞は落選)。
個人情報保護法の成立するはるか前の話だからアリだったんだろう。
さて今回の太宰賞に俺は応募した。メールアドレスも記入したさ。
そして今、筑摩書房からは何のメールもないんだ。なんにも。
J&Mの往年の名曲「どうしよう」のイントロがぐるぐる回っている。

871 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 14:07:29.13
ちくままだ今年メールないからw

872 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 14:14:12.29
>>870
>>871
昨年12月26日に募集締め切りを知らせるメールがきた。
Gmailを使ってるんだが、何故か迷惑メールに振り分けられてて、気づくのにだいぶん時間が掛かった。
一度確認してみては?

873 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 14:19:38.09
>>869
たしかにメリットはないね
作品はシュレッダーで破棄だもんね

874 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 14:35:11.08
>>871
ありがとう。少し気が楽になったよ。
>>872
それが来ていないんだ…。
迷惑メールフォルダーも確認しているけれど。
>>873
そうか読む前にシュレッダーで刻んだらメールも送れないよね(壊れつつある)。
I've got nothing to lose!! ch ch ch ch ch cherry bomb!!

875 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 14:42:48.35
去年応募したひとに締め切りメール送る訳ないのでは?
おととし応募した人にはそのまま行ったろうけど???

876 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 14:48:05.73
>>875
…………ごめん、よく分からない
一昨年の応募者に今回の〆切メールをなぜ送るの?
今回が初・太宰だったんだ

877 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 14:51:23.07
>>876
>>872がもらったメールは、2011太宰に応募したからじゃないの?っていってる
2012太宰にはじめて応募したひとを(締め切り前に)急いで登録して
「2012太宰締め切りですよ」ってメールを送る意味ないのでは?という意味

878 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 14:55:43.26
>>877
あ、なるほど。
確かに締め切り直後にそんな暇はないよね。
1月になって「締め切りました」じゃ間抜けすぎる。
ごめん、ありがとう。ちょっと安心した。

879 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 15:22:59.74
水をさすようで悪いけど、2012年に始めて太宰に出した俺にはメール来てたよ
アドレス間違ってたんじゃない?

880 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 15:23:53.16
訂正:初めて

出したのは締め切り直前じゃなくて、二週間家そこら前だけどね

881 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 15:27:56.29
>>878
>>872だけど、俺も2012が初応募だよ。
「募集を締めきりました。応募総数1378通でした」ってメールが年末に来てた。

882 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 15:40:21.67
やっぱりメールアドレスの英文小文字の中にある1(いち)が小文字のl(える)に見えたんだろうか。
応募した表紙の原稿と突き比べてみてもミスはないし、あるとしたらそこくらい。
うううう。

883 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 15:49:42.93
到着確認のメールじゃないし、来ないからってそんなに心配することないよ

884 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 15:57:34.76
俺も今回初めて出したけどうんともすんとも来ませんよ
メールで決まるわけじゃないし気にしないほうがいいんじゃないすかね

885 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 16:00:18.20
>>883
そうなんだよねっ! 心配しなくてもいいんだよねっ!!
お弁当の箸袋に俺だけ爪楊枝が入っていなかったとか
クラスの女子が皆に配った義理チョコが俺にだけなかったとか
コンビニで500円ごとに引ける籤を俺だけ引かせて貰えなかったとか
そんなもんだよねっ!(何か書きながらどんどん情けなくなってきた…)

886 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 16:03:12.00
>>884
ありがとう…

887 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 18:48:06.41
そもそもメルアド書かなかった
サイトで確認したらいいわけだもんね
メルアド書かなかったからって原点にならないっしょ 

888 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 19:03:10.23
>>884-886
ドンマイ!
メールが来たけれど通過しなかった、よりも
メールは来なかったけど通過した、のほうがいいじゃん?
前向きにね

889 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 19:29:09.24
アルバイトの入力ミスか迷惑フォルダだと思うけどね

890 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 19:41:13.09
厄の前払いだと思いましょー
きっといい知らせが来るよー
前向きになるのも後ろ向きになるのも、どっちも根拠はない
それなら前向きになってたほうがいいよねー
Don't mind ♪

891 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 20:23:05.09
何かもうみんな、ありがとう。
小さいことでめそめそ言ってた自分が情けない。
勇気を貰った気がする。
親切なコメ、ありがとう。嬉しかったよ。
スレ汚しごめん!

892 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 20:51:45.65
・メール来た、来ない、は選考とまったく関係ないです。
それは以下の論により明らかです。
・応募者の集合は、@メールアドレス書いた人、A〃書か
なかった人、に分けられます。「来た・来ない(で選考
等に影響がある)=これを命題Aとします」は、集合@の
場合における話です。なぜならメールアドレスを書かなけ
れば、そもそも来ることがないからです。ところで、選考
は、当然、@とAの全集合に対して行われるものです。命
題AはAの集合を含んでいませんから、成立しません。ゆえ
に、冒頭の結論に至ります。

893 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 20:58:31.75
>>891
元気出たならよかったさ
さて通常進行に戻るかな
sageでね

894 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/24(木) 21:21:27.51
>>866今こんなメール来たよ? 関係ないね。
____ノ从从ヽ
___彡彡ツミミ_
__(ヽ/゙゙゙゙\ノ⌒)
__ミ /_  _ |ミヾ
__ミY(d /oノ |ミミ
__ミ| ▼  |ミミ
_(((\_人_ノ /ミミ
__\ )⌒′/ミツ\
__/ |゙゙゙゙ミヅ |
__/  |从从ヅ| |
_|  |    | |
 ̄~\_ノ ̄ ̄ ̄~/  / ̄
_______/ /
______((((_ノ

895 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 21:27:06.14
もしかしたら名作かもしれなんだよ
太宰の再来かもしれなんだよ

読まずに捨てるはずないじゃん
可能性は限りなく小さくても、もしかしたらの期待を持っているのが編集者

896 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 21:30:40.58
ごめんキーボードの「I」が調子悪く「い」が抜けた

897 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/24(木) 22:02:57.46
>>895わぁ! 名作かもしれなんだってやぁ。
‖∩∩‖∩∩イナのん >
((-。-)(-。-))‖違う‖<
(っロ_)(っц)‖゚ん? >
「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]___‖/
□/_UU__UU□///////////そうかもやわ。前>>894太宰の再来かもしれなんだってやぁ。読まれとんやって。せやてこれ最高の誉め言葉やないか! >>896それは関西のある地域の方言で、キーボードのせいやない思いますよ。

898 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 22:21:09.60
895は874の三つめのコメントに対してのものじゃないか?

899 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/24(木) 22:35:56.77
名作かもしれなんだって書いてもろてるやん。てことはやぁ、やっぱ読まれてっで。
‖∩∩‖∩∩通しまし >
((-。-)(-。-))‖たっ‖<
(っロ_)(っц)‖゚て意味
「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]_やん‖/
□/_UU__UU□///////////せや。前>>897もう上の審査にまわしたで過去形んなっとんやわ。

900 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 23:03:39.44
>>4からするに、2月13日〜3月13日だな

901 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 03:32:29.88
おれは分泌で実を立てているけど、
所詮千分の一の世界なんだからあきらめるなということだ。
出版社や編集者の好みによって、ある賞で1次で落ちても他では最終まで残ることは大いにありえる。
かずうちゃ当たるというのはある意味本当だが、
当たるまでの時間をどう過ごすかが分かれ目となる。

ただ、出版社や編集者に精神的金銭的時間的な余裕がないことは意識しなければならない。
ここは詳しく言わなくてもわかるだろうが、きほん、一本釣りだから。
うぞーむぞーを網に蓄えてる余力はないから、斜陽産業の連中にはねw
つうか、おまえらが奴らを儲けさせてやるという危害が必要となる。

まさか「認められたい」という気持ち一心じゃねえだろうな、おまえら?





まあ、当たってからどう過ごすかが問題だし、にれんちゃんとかしてからがもっと問題となる。
罠ビーでいられることはある意味幸せだぜw
ふくらんだ可能性をいつまでも温めていられるから。
ナマポ? よりはいい感じ?



あらすいません、一行目はウソ。
ただの酔ったたわむれwwww

せいぜいがんがれよ!

902 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/25(金) 04:45:26.32
‖∩∩‖∩∩なに  ̄‖>
((-_-)(^o^))書いて‖<
(っ、_)(っц)‖゚んの?
「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]___‖/
□/_UU__UU□///////////
ただの出世作。前>>899

903 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 10:00:17.72
>>898
普通に読めばそうだな
「太宰治賞2013」に載れば知り合いにも少しは胸張って読んでもらえる
プリントアウト原稿を読んでくれと頼むのは独特の後ろめたさがある
しょーもないクズを読ませやがって、と思われてそうで
最終候補作になれば少しは「クズじゃないよ」的な気分になれるかと

904 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 10:24:34.65
私は運命論者ですので
世に出ると言う霊視占いの言葉を信じています
それで心がほっこりするなら悪くないでしょ。。。

905 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 10:56:49.27
>>903
その気持ち、解ります
欲しいものは何かと訊かれたらたぶんそういうものを答えると思います

906 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 11:07:13.49
プリンターの使用は年に数回の応募原稿と年賀状作成
これじゃインクが詰まるわけだ

907 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 11:10:17.81
インクは詰まらないんだけど機種が安いせいなのかすぐ切れる
しかも純正がバカ高い
おまけにこの間はインクがなくなったと思って交換したら機種のせいだったという始末

908 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 11:23:37.57
ここのインクは結構評判いい
自己責任だけどね
http://ink-revolution.com/

909 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 11:40:39.62
俺のエプソンの安物プリンター
この間、A4を200枚印刷するのに2時間かかりやがった…
しかも途中で変な掠れが出やがるし
俺の人生最長の長編(400字詰め換算で750枚)になんてことしやがる
ひゅんひゅんプリントできる機種が心底羨ましい
でも高価なんだろうなあ

910 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 12:03:54.40
うちのはキャノンの安物だが速度は設定で結構違う
ただし印刷速度あげるとインク切れが異常に早くなるらしい
遅くしてインクを長持ちさせる裏技を聞いて実行したがびっくりするほど遅くてイラつく

911 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 12:23:33.61
ツレの愛機がやっぱりキャノンでひょいひょいイケるらしい
つまりは…次期購入機種はキャノンにすべしってことかな

912 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/25(金) 13:27:32.98
キャノンは休みが多いらしいって聞いたよ
‖∩∩‖∩∩見てきたの
( (-。)(^o^))?  ‖<
(っロ_)(っц) ゚  ‖>
「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]___‖/
□/_UU__UU□/////////
//たまたま川原の橋のたもとで野球してたら、いやCMの撮影だったんだけどね、橋の上に人の流れができて。あれはキャノンだ、あそこはいいよなぁって。゜。゜ ゜。゜゚。。 ゜。゜゜ 。
。。∩∩゜。゜  。゚。
。゚(-。-))⌒ づ...。。
゜。~ ~~ ~~~ ~ ~。 ~~ ~~~ ~゜。。。。゜。。。。。。゜。 ゜。。。 。 。僕は印刷は印刷屋に任せる。前>>523ふふふ

913 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 13:38:16.22
ドンキで安売りしてるインクカートリッジもたいていエプソンかキャノンだよな
エプソンは本体が\4,000以下で買えた点だけは嬉しかったけど

914 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 14:29:33.47
私はブラザーの複合機を使ってます。
勝手に起動して自動メンテナンスしてくれるので
インク詰まりもしたことありません。

写真印刷に高画質を求めるのであればキャノンやエプソンがいいかもしれませんが、
そこまで求めていなければ快適に使えるのではないかと。
インクも、以前使ってたキャノンやエプソンに比べて
かなり持ちが良いように思えます。

915 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 14:35:24.28
レーザープリンター快適だぜぇ

916 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 14:46:32.62
コストを考えるとレーザーは確かにいい
電気食うけど

917 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/25(金) 15:50:33.88
>>9-10
小説になっているからか文章がしっかりしているからか、一次は比較的、年輩でも多く通っている。
が二次、最終となってくると俄然、二十代が最強。
>>912若いほうが尖ったものがあるってことか?

918 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 16:02:31.99
今年の芥川賞作家から
高齢者も優遇されるはずさ

919 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 19:49:58.51
もし通過したらぼろエプソンをもう少し使い続けようと思う

920 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 08:34:22.78
昨日更新のwebちくま、何か和んだ

ま、そんなものかもね
    ↓
http://www.chikumashobo.co.jp/new_chikuma/

921 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 15:16:14.83
プリンタより、パソコンそろそろ買い換えようかな
万一に備えて二台ないと困るし

922 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 19:41:21.03
1次、2次、最終、の発表間隔が、去年は、約1ヶ月だった。
この間隔が標準になるのかな。

923 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 20:08:57.88
今パソコンを買うとやっぱりwindows8になるんだろうか
せっかく7に慣れたってのに
しかも保有する2台でそれぞれOSが違うって…

924 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 20:18:31.81
8は店頭で確認したほうがいいよ
今日操作したんだけど、さっぱりわからん。自分には無理、使いこなせない
7がまだ売ってるようだから安いの探す

925 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 20:18:56.60
万一って

926 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 20:24:12.35
>>924
そういう話をあっちこっちで聞くんだ
怪しげなタッチパネルもどきの操作が必要だとかなんだとか
画面が汚れるのが嫌でスマホにも乗り換えていないのに
ディスカウントとかで破格値がついていないかなあ、7…

927 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 20:37:46.71
自分の触ったのはタッチパネルのタイプじゃないんだけど
左下に「スタ−ト」がないのが偉く不便
どうやってシャットダウンするの? いきなり躓く不評OS

928 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 20:45:25.13
>>927
初めてのパソコンが8ならたぶん何の問題もないかも
XPから一つずつ、よたよたしつつ使ってきた身には辛い
消費税上がるまでには買うべきかな
それまでにプロデビューしてれば必要経費で落ちないかな、なんて

929 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 20:59:14.52
俺も新しいパソコンが欲しいんだけど、8の操作感は慣れそうにもないんだよなぁ
新しい操作方法覚える時間で小説が書けそうだし、操作方法を覚えたところで
小説を書くのに役に立つとは思えない

8にするメリットといえばパソコンの処理が早くなることだけか……

930 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 21:03:40.70
小説書きに必要なのはワープロソフトと、インターネット機能くらいだもんな
画像や動画の加工に興味はないし、文章の編集なんてワープロ機能で十分だし

931 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/26(土) 21:38:23.35
。。。 ゜。∩∩。 ゜
゜  。゚。((^o^) 。
゜。 。~~ ~ ~~~~゜~~
作家に必要なものBEST5。 ゚。。ワープロ、携帯、頭、辞書、自転車(遠くの図書館に行くために)。 。゜。゜゚゚。 。。 。゜゚゜゚
俳優に必要なものBEST5。 。゚。。テレビ、携帯、体、台本、自転車(テレビ局やスタジオに行くために)。。 。

932 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 21:42:24.18
エディタで作成なら、
メモリーも食わないし、高性能のCPUは不要

933 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 21:48:04.58
これは7の限界なのかハードの限界なのか分からないけど
Wordで文字ばっかり500kbまで書いたとき、400字詰枚数確認のため
枠付き原稿用紙設定に切り替えると、結構時間がかかったんだよな
そういうのって8になると一瞬でできたりするんだろうか?
もしそうならちょっと苦労してみようかな、とも思う
あとバッテリーの動作時間が8時間くらいいってくれたらなあ、と
今のがエコモードで4時間ちょいしかもたないんで

934 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 01:51:33.03
>>933
単純に字数を20×20に設定すればいいだけじゃね?
十年前のパソコンだって一瞬だぞ

935 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 02:44:05.75
>>933
それはお前の限界だ…
どんな設定にしてるんだよ
パソコン詳しい友達にでも1回ごはんおごって話きいてもらえ

936 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 09:03:59.85
ソフトの限界じゃなく、ハードの限界じゃん
7のいろんな機能をちゃんと使えてるマシン→8にすると軽い
7をやっと動かすマシン→8動かない、もしくはなにかしら悲しいことがおきる
だから

むしろWin98(なり軽いLinux)にして古いワードにすればさくっと計算されるだろ
ポメラにすれば電池なんか1週間以上持つし20x20の計算もすぐだ

937 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 09:56:14.67
>>934-936
ありがとう
Word2010はオーバースペックなのか(さまざまな意味で)
いろいろ試してみるよ
コメに感謝!

938 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/27(日) 10:30:08.30
‖∩∩‖∩∩たしかに
( (`)(-。-))そうだ。
(っロ_)(っц)
「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]いくら文
□/_UU__UU□章が書けても米がなきゃ生けていけない。前>>931時間と金は相反するジレンマを抱えているら?

939 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 10:32:40.31
ワードでよく原稿書けるね
フリーエディタのほうがはるかに快適ですぞ
ワードは印刷時に使用

940 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 10:52:14.28
イナさんが1次通過になれば、
即イナ祭ですね。
太宰の1次は、おおいに通過可能性ありますね。
彼、すごいのかも、という評価になります。
たのしみです

941 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 10:56:29.27
ワードは無駄に重いもんなw

942 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 11:01:49.09
・イナさんのブログ拝見しました。
・生活の実感とポリシー、若々しい清貧の態度が感じられま
す。
・信じてもいい語り手ではないでしょうか。
・応募された物語内容がどんなものかわかりませんが、イナ
さんの「語り手」ならば、1次通過は可能性大と思われま
す。

943 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 11:17:12.41
>>939
他には一太郎しか使ったことがないので…
一太郎もほぼ変わらない感じ
どっちみち横書き入力で、書いているときには行・頁の字数は気にせず
総字数でその日のペースを決めて、最後に原稿用紙設定にして400字詰枚数確定
だからもうちょいサクサク動いてくれさえすれば…という

944 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 11:21:01.97
>>940-942
とりあえずsageようか。
あと942は専用スレに書き込むべき。

945 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 11:26:41.06
>>943
さくさく動くソフトがよければ、
VerticalEditor(フリーソフト)はいかがですか?
http://verticaleditor.softonic.jp/
原稿用紙フォーマットはありますし、
40×30フォーマットも設定で作れるので印刷も楽です。
あと、ルビ打ちしても行間サイズが変わらないとこも便利ですよ。

946 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 11:28:52.20
ぶっちゃけ、書くだけならメモ帳でも、WORDパッドでもいいんだけどね

947 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 11:30:23.75
・連投すいません。
・イナさんの各方面での「露出」ですが、これがあんがい
「嘘」や「虚栄」がないものです。あっけらかんとさらけ
だしている風にさえ見えます。非難中傷にも動じません。
この点、イナさん自身、希有なキャラであるのかもしれま
せん。
・彼がどんな小説を書いているか知りたい。素朴に思って
しまうのは、有利でありましょう。(これを戦略としてい
るのならたいした知能(犯=失礼!)だと思いますが)

948 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 11:33:23.71
つまり947は確信犯でageている「荒らし」ってことだな

949 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 11:35:22.94
>>948
ageは放置するのが基本。
構うなよ。

950 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 11:35:30.61
放置

951 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 11:37:04.99
>>946
そんなにいいの?フリーソフトって

952 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 11:40:13.66
テキストエディタで検索してみて

お好きなのをどうぞ

953 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 11:47:02.06
>>952
多謝!!(日本人ですが)

954 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 11:56:47.82
とゆうかwordや一太郎が
サクサク動かないって
どうゆうCPU積んでるんだ…
動画編集のソフト立ち上げたら
一発でフリーズしそう…

955 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 12:11:13.99
一太郎はともかくワードはサクサウ動かなくなるだろ
そんなの誰でも経験してると思うけどな
いつも新しいPC買うたびに「すげえワードがキビキビ動く!」って思うが
そのうち裏切られる

メモ帳でもいけど、エディタ的な機能、タグジャンプとか文字数計算とか
だいぶ前まで戻れるundoとかナントカ表現使った文字列検索置や換とかは
やっぱり便利

956 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 12:19:55.61
ワードはおせっかい機能が腹立つ
しかし縦書きエディタはできるとはいえ、まだまだ縦書き印刷に難がある
おすすめは(っていうかみんなやってることだが)
そのソフトの名前のとおりのことをする

(PCや携帯やスマフォの)メモ帳でどこでもメモし
エディタで文章をエディトして完成したら
ワードプロセッサで印刷、つまり文書を作成する

957 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 12:31:27.96
うちの場合ワードの怖いとこはずっと起動しっぱなしだと上書き保存が機能しなくなることがあること
パソコン起動しっぱなしがわるいんだろうが上書き保存して安心して次開いたらテキストがありませんってことがある
今のところ原稿では被害ないし挙動がおかしいとおもったらメモ帳にコピペしてるから大丈夫だが
たまに消えたらどうしようって不安になる

958 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 14:03:24.30
でたね。

959 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 17:35:34.33
うつぶし、隼見里奈、筑摩書房、読了、2h。太宰治賞受賞の「うつぶし」と書き下ろし作品「海とも夜とも違う青」を収録。養鶏場の一人娘が主人公という新鮮な視点が印象に残る作品。動物的に描かれる人間の描写力に圧倒される。今まで味わったことのない読後

960 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 17:38:37.53
しかし、なんだか気分が下降線。
通過してないような気がしてきた。

誰か、新ネタを。

961 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 17:41:41.15
イナのこと書いて荒らし扱いになってたのがあるけど、
言われてみると。なんかブキミなんだ。やつは通って
るんじゃねえか。たぶん。

962 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 17:48:25.60
ここに来ているやつら、みーんな
イナ未満
だったらという恐怖。

963 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 19:16:31.99
お見込みのとおりです。

964 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 19:19:35.08
>>957
とりあえずUSB2個にバックアップを取っているけれど、その恐怖は常にあるな

965 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 19:36:53.75
イナは群像取ったみたいだな

966 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 20:32:44.35
>>964
だからこそ予備のPCだよ
いきなり読み取らなくなるとか保存できなくなるとかの非常事態は常に起こりうる
常在戦場ってことだ

967 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 21:04:38.87
何か変にPCの話に粘着してるのがいるな。

968 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 23:10:56.15
イナ氏は一定レベルはあると思うよ。コテハンでこんだけできるのも天然の芸術家。
時代に乗れてない、田中慎弥かもしれない。
高学歴のやつって一定の論理的な文章を書く能力はある。これに関しては受験勝利組はやはり品質は高い。
芸術性、情感、マーケティングとかは別として。

969 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 23:24:37.59
>>960
太宰の一次通過作品が載ってるらしい
http://blog.livedoor.jp/bunken_u_tokyo/archives/1595391.html

970 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/28(月) 00:14:02.49
二月に一次通過がわかり、三月に二次通過がわかり、四月に最終通過がわかり、五月に大賞決定という流れですか? 前>>938

971 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 01:45:15.06
>>968

http://story.awalker.jp/inajiman61kg/

お前これ読んでも同じ事言えんの?

972 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2013/01/28(月) 03:26:23.90
。∩_∩゜。゚。。
(´ー`) 。。゜。
γ´ ̄`ヽ/~。 。。
(゚ 。゜゚)゜ ゚。。
~~~。~~ ~゜~。゜ ゚~~。゚ ゜~゜゚ ゚。゜゚゚ 。。゜゜゜ ゜。゜。 ゚ ゜。。゜。 ゚ 。 ゜ 。。
゜。。゚∩∩。。゜  。
゚ 。゚(-。-))⌒ づ。。
゜~ ~~ ~~~ ~ ~。~~ ~~~ ~ ~。。蝉の馬は七年もの歳月を地中で過ごす。殻を破り羽を広げ飛びたつときが来るまでに、雪の降り積もる冬を何度数えたんだろう。前>>970 。。。

973 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 08:56:05.67
この時期にきちんと書き続けることが後に繋がると思います
期待をしつつペースを守って進めなければ

974 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 09:31:16.77
この時期、一審査は終わってるだろうな。

975 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 10:44:45.39
私の作品も読まれたなんて(´∀`*)ポッ

976 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 10:59:37.82
そう言われると変な気分だな

977 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 18:44:47.06
>>969
はたして、イナが通過しているかどうかが気になる

978 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 19:02:46.17
121編

979 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 19:32:02.92
俎板の上の鯉だよ
じたばたしないでupを待とう♪

980 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:03:41.57
>>973
それが中々難しい

981 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:05:52.73
予選通過したらここに書き込む
名前や作品名はアレだけど、せめて
1次通過キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
くらいはいきたいな

982 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:39:58.42
辺境主頑張って書き込んだな
あんなに流れの遅かったスレがもう終わる

983 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:58:05.46
そろそろかなーと思い、次スレ立ててみました

太宰治賞4
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1359374042/

基本、今まで通りの>>1ですが、予選通過発表の役に立つかもと
webちくまと筑摩書房twitterのアドレスを追加しておきました

984 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:07:50.39
イナ氏の文章だけど意外に綺麗に書けている。
2ちゃんで実名もブログもさらしてという面白い人物がどうしてこんなにも平凡で綺麗でつまらない文章を書くのだろうか?
構成もされてるから、国語の先生あがりで文芸オタの審査員とかには気に入られることもあると思う。商品として価値を持つ魅力のある文章ではないが。
しかし、ここを見ている人でイナ氏のことを笑い飛ばせるレベルの人は二割もいないだろう。
文学賞に送られる作品の九割は見た瞬間「痛い、、、やめてくれ。」というレベルなのだから。

985 :983:2013/01/28(月) 21:12:36.92
あと、このスレで示された貴重なデータは極力拾って貼りつけました
遺漏のある場合にはぜひ宜しくお願い致します

986 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:31:05.64
>>981
そうだな
もし名前があったら俺も叫ぶよ

>>985
乙です

987 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 22:10:03.05
まあまあ良スレだったじゃないの。

988 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 22:25:48.05
「うつぶし」の作者さん、下読みやってるよ。
こりゃおどろいた。

989 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 22:47:19.11
辺境主の雑記帳
次スレいらなかったんじゃないの?

990 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 22:51:49.14
>>988
どこの情報?

991 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 22:54:29.73
>>988
ソースは?

992 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 03:47:49.01
埋め

993 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 03:51:59.09


994 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 03:53:14.44


995 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 03:55:09.71


996 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 03:58:19.27


997 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 04:23:29.82
次スレ

太宰治賞4
2chスレ

998 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 04:50:21.25
次スレ

太宰治賞4
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1359374042/

999 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 05:03:50.47
何で次スレ立てたんだよ
辺境主の隔離スレなんかこんなに何個もいらんだろ

1000 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 05:05:38.31
辺境主はよほど純文学に恨みがあるんだろうな

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

258 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)