5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

映画のタイトルで掌編を書け……だと?

1 :かんとく ◆TGmakFa0Cg :2012/08/12(日) 09:15:15.64
劇場映画のタイトルを題名にした1レス以内(30行、900文字くらい?)の掌編を書くスレです。
内容は、元の映画とは全く関係ない話を推奨しますが、元映画の人物、設定が出てくるものでもよい。ただし元の映画を見ていなくてもわかる内容にすること。

名前欄、もしくは本文1行目に『七人の侍』などの題名をつけて作品を上げて下さい。
最後の行に、次のお題の映画を指定して下さい。書き切れない場合は、10分以内なら次レスに出してもよい。
同じタイトルのお題を連続して指定(パート2ものを含む)するのはご遠慮ください。
指定しない場合は、自由制に移行します。自由制で同じタイトルが何作も上げられるのは構いません。
お題を指定してから翌日曜日午前0時をすぎても該当作品が上げられない場合でも、自由制に切り替わります。
まあ、誰も食いつかなかったとして忘れましょう。
(ちなみに土曜日にお題を指定すると即、翌日の日曜日0時に流れます)

Q 『怪物くん』『エースをねらえ!』は映画のタイトルになるのか
A 劇場映画として存在します。自由制で自分が書くのは構わない。お題で指定されて書きたくなければ見送って下さい。
Q 自由制で書きたい。流れるのを待っていられない。
A 一言そえて発表してOK。ただしルールに基づいた他の作者のお題指定は、日曜0時の締め切りまで生き続けます。

最初のお題は『トータル・リコール』でお願いします。

2 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/12(日) 17:48:28.08
このスレ、リコールで。


























3 :トータル・リコール:2012/08/15(水) 21:10:41.03
ドーン、と凄い音がした。
「またやったな」と僕は思い、頭の中で、クラッシュした車の残骸を想起した。何度も見ている光景だ。
音がした近くの国道は、緩やかなカーブになっており、事故が絶えない。
僕は近くに住む者として一応様子を見に行った。
トレーラーが横倒しになっていた。他に車はいない。元々さびれた場所だ。民家もない。
「大丈夫ですか?」と僕は運転席のほうに声をかけてみた。
「ああ、俺はいい」エアバッグをかき分けて、スキンヘッドで目つきの鋭い男が顔を見せた。無事らしい。
「悪いが積み荷を見てきてくれ。逃げられたら困る」
家畜でも運搬していたのか、と思って、僕はトレーラーの後ろに回ってみた。
横倒しになった荷台の扉が壊れて半開きになっている。
そこからごそごそと音がして、何本かの白い手が、にゅっと出てきた。
それは、全裸の少女だった。一人、二人……いやたくさんだ。何人もの金髪の少女が、ゾンビ映画のような緩慢な動きで中から出てきた。
「皆、同じ顔をしている!」
少女達は、状況に慣れてきたのか、だんだん動きが速くなり、四方八方に歩き出していった。
「捕まえろ、一人残らずだ!」運転手も車から出てきて僕に命令した。彼はスタンガンのような物を彼女たちに打ち込んで、動きを封じ、手際よく荷台に放り込んでいく。
僕も手伝わざるをえなくなり、素手で裸の美少女を捕まえた。
白い肌に触れる罪悪感みたいなものはすぐに消えた。彼女たちは人間ではない。
騒動が終わってから男から聞いた話だが、彼女たちは新型のアイガンドロイドで、初期不良のために回収されたのだという。
「全部リコールだよ。全てプログラムを入れ直しせにゃならん。個々に微妙な個性があるから一度にできない。やっかいな商品なんだ」
男はどこかに連絡を取った。暫くして小型のワゴンが数台到着し、彼女たちは全員無事に?回収された。
僕は男から僅かばかりのチップ(ピンク色の外国の紙幣のようだった)をもらって、何か損をしたような気分になって、誰もいない自宅に帰った。
どうやら鍵をかけ忘れたらしい。僕は開いたままのドアから家に入って行った。
「お、おじゃましてます」
「君は!」
あの何十体もの裸の少女たち、その一人が、僕の部屋の炬燵に入ってテレビを見ていたのだ。(完)

4 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/16(木) 22:45:19.10
『スパイダーマン』
 
おっす、おら蜘蛛男。
指からピューッと蜘蛛の糸を発射することが出来るんだ。
ほら、ピューッ、ピューッ。
ほらほら、ピュッピュッピューッ、ってな具合さ。
え? どうして君は蜘蛛男なんかになってしまったのか、だって?
いやぁ、そりゃ生まれた時からこうだったからね、親も蜘蛛男と女郎蜘蛛でさ、蜘蛛の両親よ。
授業参観の日は恥ずかしかったね、そりゃあもう『希望』だとか『晴天』だとか書かれた習字紙の前で糸をはりだしちゃってさ、巣をね、作ってんのよ、巣。
もう先生もビックリしちゃってさ、「すいませんが巣は困りますよ、巣は、すいませんけど」なんてさ。
両親も慣れない学校に緊張しちゃったんだろうね。
父さんたちの時代は、蜘蛛人間が普通の人間の学校には通わなかったらしいしさ。
で、えー……、あ、もう毒がまわってきた? クラクラするの? ふぅん。
じゃあ、そろそろこの糸でクルクル巻きにしちゃうからさ、ごめんね。


5 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/16(木) 23:05:28.04
『気狂いピエロ』
 
「おっす、おら気狂いピエロ」
ピエロの格好をした四十代半ば程のよく肥えた男は、そう言うとナイフを突き出し、それは私の左胸にスルリと入ってきた。


6 :ターミネーター:2012/08/19(日) 12:18:01.13
 2012年。時空を跳躍して目的の年代に到着した。
 私を運んだトリップ球体は役目を終えて消滅し、後には、何も身につけていない全裸の私が残された。
 着地スタイルの私が立ち上がると、誰かと目が合った
 と思ったらショーウィンドウに映った自分であった。
 どこから見ても、美少女だ、全裸の。だが私には何の感動も自己愛も湧かない。
 私は未来から来た殺人者だ。これから、未来に重大な影響を及ぼす某人物の生命、遺伝子の類いをなきものにするためにやってきた。
 だがその前にまずすべきは、身なりを整えることだった。理由は不明だが、人類は全裸で外を歩き回ることはしないらしい。
 周囲はまだ未明だった。時折、何かを配達する二輪機が通過したが、仕事に忙しいのかこちらを注視することもない。
 私はきれいそうな公衆トイレの一室に姿をひそめて、そして待った。
 何人かの使用者が入ってくる。私はそれを技術透視して、その人間がこっちのサイズに合うかどうかをチェックする。
 そして三人目の使用者が私のスリーサイズにビンゴした。
 私は、相手が隣の小部屋に入って鍵をかけるのを確認するなり、敷居をよじ登って、相手のスペースに侵入した。
「おはよう。あなたの服を私にくれないかしら」
「あなたは? 変態さん?」
 その子は女子高生の制服を着ていて私より若い。いや訂正だ、若くない。だって私は製造されてから一年しかたっていないアンドロイドなのだから。
「未来から来た。といっても信じないでしょうね。あまり暴力は振るいたくないの。その制服を渡して」
「この制服はダメです。特に上着は一着しかないから譲れません」
「なん、だと?」私の顔は多分凍り付いていたんじゃないかな。
「待って下さい。その代わりこの衣装をあげます。本当は今日、コミケで私が着るはずだったのだけど、あなたも全裸では身動きがとれないでしょう。それに私よりきれいだし、似合いそうだわ」
 交渉は成立した。交渉などしてないが、私は彼女の持っている紙袋から、きらびやかな衣装を譲り受けた。
 彼女は進んで、私がそれを着るのを手伝ってくれた。
「すごい! きれいだわ。写真を撮らせて。あなたに会えて良かった」
 こうして私は、魔法少女まどか☆マギカとやらの衣装を着て、暗殺の任務にとりかかるのだった。

7 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/19(日) 12:19:26.88
次は「ジョーズ」でお願いします

8 :ジョーズ:2012/08/30(木) 04:28:06.61
肉食系美少女アイドルグループが誕生した。名前は「嬢s」。
生贄のファンが彼女たちの中に放り込まれると、それがイケメンだろうがキモオタだろうが関係なく、色仕掛けで関連グッズを強引に買わされ、身ぐるみをはがされるとか。
だから、彼女たちの拠点の小劇場から出てくる男性ファンは皆全裸なのだそうだ。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)