5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【賞関連】創元SF短編賞【祭は総合スレ】1

1 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 16:38:48.13
創元SF短編賞関連の書き込みはこちら

自作SFを晒して感想を求めたり(賞の落選祭りを含む)
観想を書き込んだりする人は
「創元SF短編賞■SF新人賞総合スレ」へ
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1330955007/l50

その他の、賞の話題から発展した話題もここでOK
(賞の話題を総合スレへ書き込むのは問題ありません・・・・・・ないはずです)

このスレにコテハンの書き込みがあったらスルーしましょう

2 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 17:07:24.04
観想-->感想
ううむ、観想は書かんよな。

とりあえず、2次の話題とか

第1回
 1次発表 4/14  43編   >>   2次発表 4/22  15編

第2回
 1次発表 4/27  56編   >>   2次発表 5/2   18編

第3回
 1次発表 3/5   56編   >>   2次発表 ?   ?編

過去2回より、発表が前倒しになってますが、1次との間隔からすると3/12か3/13が有力か
1次の1/3に絞られるのが目安なら、今年も18編程度?

3 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 19:43:04.43
今年は最終選考会が4月14日と決まっているから二次は3月中に来るでしょう
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1328619790/95

4 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 19:45:17.83
過疎スレ埋め

5 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 19:47:00.13
いやそれ保守だから

6 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 19:48:25.55
埋め

7 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 21:01:01.05
一次通過しただけで満足してしまっている俺がいる

8 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 21:47:41.41
コテハンつけるやつらの気持ち悪さは異常だな

二次は3割だろ?
1割の壁を突破したんだから二次はもっと余裕だろと気楽に考えてる

9 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 22:05:37.10
埋め

10 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 22:24:58.80
>>8
ゴミばっかりの中の一割と厳選された中の三割では後者のほうが狭き門じゃないの?
俺のゴミは広き門をくぐることさえできなかったけど。

11 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 22:34:16.06
わっふー

12 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 22:35:46.64
ぽーにょぽーにょぽにょきおくのこ〜

13 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 23:02:03.15
第一回と第二回の最終に残った作品と賞を受賞した作品を見て素直に思ったのですが、
特定のジャンルに偏らずに幅広いジャンルから選ばれている印象。
優秀な作品でも同一のジャンルの場合は意図的に避けられてるのかな。かぶらないようにさ。



14 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 23:12:11.17
第一回と第二回の最終に残った作品と賞を受賞した作品を見て素直に思ったのですが、
特定のジャンルに偏らずに幅広いジャンルから選ばれている印象。
優秀な作品でも同一のジャンルの場合は意図的に避けられてるのかな。かぶらないようにさ。

15 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 23:37:11.18
>1さんスレ立て乙です。
創元SF短編賞について話したいのに
なかなかそう出来ない異常な状況が続いていました。

16 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/10(土) 23:52:05.29
>1さんスレ立て乙です。
創元SF短編賞について話したいのに
なかなかそう出来ない異常な状況が続いていました。

17 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 00:20:33.57
……話さないのか?

18 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 04:12:52.18
新スレに移ったからって、ペースを急に上げる必要はないとおもいますよ。

>>13
それはあるかもしれないですね。受賞作だけでなく、最終に残ったものの多くは、
原色でまとめて出版されることを想定しているかもしれませんから、
そのとき、へんにかぶらないようにっていうことはあり得ますね。

そうすると、ジャンル内でトップじゃないと、ってことになるんでしょうかね。

19 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 06:43:36.74
>ジャンル内でトップじゃないと
なるほど、その考えはなかったな
そうなると被った中での一番狙うより、元々かぶらない方向で出した方が良かったかもしれない

20 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 07:49:35.05
かぶりそうにないジャンルってなんだろう?
時代小説っぽいやつとか?

21 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 08:32:29.62
とりあえず、原色の想像力2が出ないことには賞としての傾向が掴めないので、
第一回の受賞作を含む最終選考作品のジャンルわけでもしませんか?
そこから見えてくることもあると思うんです。

ジャンルとテーマと学問領域と、他になにか分析する項目ありますか?

22 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 08:46:52.96
歴史改変もの、見たことないなあ
狙い目かもね

23 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 08:47:42.62
>>21
文体とか?

24 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 08:55:42.38
被ってる部分をチェックしたほうが分析しやすいかもしれませんね。
その逆がつまり、被っていない要素なわけで、被っている部分が少ないことで把握できる。

数編の作品で全ジャンルを網羅しているわけでもありませんし。

もうひとつの可能性として、
この賞が「広義」のSFを募集しているので、募集作品全体が特定のジャンルに
偏っていないとして、選者の嗜好が偏っていなければ、自然と、最終選考作品は
偏らないことにはなりますよね。
 そうだとすると、ジャンル傾向の研究は空振りになるかもしれません。

 それはそれとして、おもしろそうだからやってみますか。

25 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 08:58:08.15
それで原色の想像力2が発売されたらそれも分析して、
第一回と比較検討すれば、ないかわかるかもです。

それと前々から思ってたのですが、最終選考に残ったら原色に載せてもらえる時点で、
この賞が応募者に求めてるレベルは最低でも商業レベルってことですよね?
新人賞だから当然なんですが、最悪の場合、一次の時点からこのレベルで審査されている可能性がありますね。
どこかでゴミや規約違反をふるい分けてるだけとかいう書き込みをみましたが、そんな次元の話ではないような気がしてきました。
それなりの完成度でも商業レベルじゃないと一次落ちみたいな。


26 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 10:07:36.02
271 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 09:56:35.06
落ち込ませるかもしれんのでスマンが、今年のバーはえらく高い。
プロダムから何人も応募している。
2人以上が入選という事態さえ考えられる。

判明しているだけで、日本SF新人賞、日本SF評論賞優秀賞、
コバルト短編小説新人賞(2人)、ばらのまち福山ミステリー文学新人賞。


272 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 09:58:51.82
最終候補作では文學界新人賞、小松左京賞、創元SF短編賞、
ダ・ヴィンチ文学賞、ホワイトハート新人賞など。
というか、1人でそれを受賞して、かつミステリ出版数冊という猛者も。

「世にも奇妙な物語」原作という人もいるな。
アニメ会社取締役、翻訳家、作曲家、公立大学准教授など多士済々。
名前を伏せた応募者もまだまだいるのか?

27 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 11:16:17.90
>>26総合スレの書き込みだね
ひとりひとりググったのかな。

272の猛者というのは、一田 和樹さんのことだろうけど、
第一回で最終候補まで残って受賞には至らなかった人だ、って言い方をすれば、
別の評価になる。今回いっしょにがんばりましょうね、ってことだ。

アニメ会社取締役、翻訳家、作曲家、公立大学准教授などっていうのは、
単なる同姓同名じゃね?
石田純一っていうのも居るわけだし、菅原文太が演じた警部も居るみたいだぞ

28 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 15:07:15.91
その後の総合スレの書き込みからすると、やはり名前だけで調べたものらしい。
そりゃあ、ヒットすることもあるかもしれないが
珍名でなければ別人の可能性もある。

わたしのペンネームをググっても、わたしの情報は何も出ないな。
他では使ってないからあたりまえだが。

29 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 17:41:51.03
一次通過した名無しさんって何人くらいいるの?

30 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 18:22:26.15
わからないですが、二人前後じゃないですか?
たしか通過したとか言ってた人がそれぐらいいたような気がする。


31 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 19:14:25.89
総合スレでは自己申告を3人まで数えてた人がいて、
そのあと「自分は4人目」と言った人がいた。
3人目と言われた人の発言とも取れたけどね。

実際、3人まで数えた時点で、そのうちひとりはわたしで、
それ以外に通過したって言ってた人はいたので、あの数え方が行き違いでも
3人になるんじゃないかな。

32 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 19:58:43.66
とりあえず

『あがり』
テーマ:生命の進化もの
ジャンル:ハードSF
舞台:大学の研究室
学問領域:生命科学(遺伝子工学)、生化学も少々。あとはわからん
文体:他人の文体に興味はない。あえて言うなら文章は上手いが文体にはそれほど個性はなく、あまり印象に残らない。
備考:神様のパズなんとかの人から萌えもどきを取り除いてさらに難しい事をかりやすく解説
してくれるあの親切さをなくして、さらにその上地味にすればたぶんこうなる。
それと、理系SFとしては非常に良く出来た秀作。ただ、専門用語が出てくるので知らない人にはきついかも。

適当に書いただけなので、苦情の類いは一切受け付けません。
それと、間違っている場合と足りない場合は修正と追記をお願いします。

33 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 20:54:04.56
「あがり」は学園ものというか青春ものとしての側面もあるような気がする

34 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 22:26:13.40
なんか早くもジャンル分けするのに飽きてきた。

>>22
歴史改変モノを短編で書くには枚数的にきついような気がする。
基本的に歴史ものは地雷のような気が。
たしか選考員が過去にタイムスリップするような作品は全部落とすみたいな事言っていたから、
それと同じような扱いを受けてもおかしくないと思う。
とりあえず歴史モノは危ないからさわらない方がいい。

35 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 22:44:14.24
狙い目となると医学SFとかサイバネティックフィクションとかが狙い目かも。

人と機械の境界を描いたような作品を読んでみたいと素直に思う。
ただの本のタイトルだけど「柔らかい機械」という言葉に創作意欲を刺激されるのは僕だけ?

36 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/11(日) 23:29:41.53
>>34
第二回佳作の「繭の見る夢」は平安朝物と思わせておいて本格SF、と大森が序文で言ってた記憶が。
これって歴史改変物じゃ、ととても期待しているのです。


37 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/12(月) 21:39:29.74
>>36
なんか平安伝奇という噂はどこかで聞いたことがありましたが、本格SFなのですか。
タイトルだけなら大賞よりもこっちの方が面白そうですよね。


38 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/12(月) 23:32:46.80
これが序文です。
http://www.webmysteries.jp/sf/genshoku1203.html
一見なんじゃそりゃ、な「皆勤の徒」も好きですが、「繭の見る夢」は確かに読みたくなるタイトルです。
なんじゃそりゃ、と言えば「うどん」「かな式」「ママは」もなんじゃそりゃ、でした。
「かな式」は中身もなんじゃそりゃだった……

39 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/13(火) 09:16:44.26
序文によるとバラエティにとんだラインナップになっているようですね。
問題はそれが、偶然なのか、選者の意図したものなのかってことか。

まずは、原色を全部読んで見ないといけないのですね、立ち読みじゃなくて。

40 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/13(火) 20:04:34.75
今日も発表は無しか。

41 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/13(火) 20:43:06.51
>>39
偶然なのか意図なのか、そこが問題ですね。

ただ、同じネタやジャンルの作品があった場合必然的に完成度の高い方が選ばれることを考えると、
余程じゃない限りかぶらないのかも知れません。

それと今ジャンルわけの最中なのですが、ジャンル不明やシュールすぎる作品はどうすべき?

>>40
発表ないですね。
意外と来週だったいして。

42 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/13(火) 20:43:27.36
佳作のやつは選評の段階だと言語SFと書かれてたから、
歴史改変モノではないんじゃない?

43 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/13(火) 20:58:34.48
第一回の原色も割とそういう傾向にあったけど、
第二回の選評や序文からすると、ハードSFや本格SFと呼ばれるものは少ないと思う。
今のところ出てる情報だけで大雑把にまとめると、

皆勤の徒=グロテスクな生態系を描いた生物SF
繭の見る夢=平安朝怪異譚風言語SF
ものみな憩える=改変歴史宇宙開発ストーリー
Kudanの瞳=くだんを人工的に造り出す話
花と少年=ジュブナイル? 山野浩一的不条理SF
プラナリアン=伝奇ネタとセックスを絡めたバイオSF
What We Want=大阪弁のおばちゃんが活躍するスペースオペラ
ニートな彼とキュートな彼女=星新一風の近未来ロマンス

って感じかな。
たまたまかもしれないけど、もしかして伝奇モノ強い?

44 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/13(火) 21:08:45.12
というより、真面目に考えるとジャンルをミックスしたものが評価高いのかも。
ガチガチのハードSFよりも、SFに主軸を置きつつ、他ジャンルの要素を含んでいたり、
特異な人物や舞台を持ってきているもの。
言語SF+平安伝奇とか、バイオSF+伝奇ネタ、みたいな感じで、
+αの部分に何を持ってくるか、それが上手く結び付いているか、
ってなあたりを見られてそう。

45 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/13(火) 21:17:20.87
ジャンルなんざ評価ポイントに入ってないのかもよ。

46 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/13(火) 21:20:32.20
>>42
なん……だと……
でも楽しみ。


47 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/13(火) 22:54:56.09
わかった。こうしよう。
みんな書きたいモノを自由に書いて良し!

ようするにSFのガジェットのばかりに終始した作品より、
そこから物語性をどう付加するかということ?
言ってしまえば未だにニューウェーブを引きずってるみたいな?


48 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/14(水) 04:40:33.13
引きずっているわけじゃない。
ニューウェーブがスタンダードになったのだ。

49 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/14(水) 07:59:42.42
>>44
そういえば、第2回で一次落ちしたのは「○○もの」ってはっきりしてる話で、
今回通ったのはジャンルごった煮だ。
そう・・・・・・なのか?

50 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/14(水) 08:08:44.13
>>47
>わかった。こうしよう。
>みんな書きたいモノを自由に書いて良し!

そのわかりきった結論をわざと避けて、、
実際にはありそうもない受賞テクニックをマジメに論じてるんだと思うんです、ここで

51 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/14(水) 22:20:59.50
>>48
そうなんだ。ありがとう。

どうでもいいけど、ここのスレタイに創元の文字いらなかったような気が。
まあ、ここのスレが出来たきっかけがあれだから仕方がないけどさ、
どうせだったらSF総合とかで良かった気がする。
創元以外にもSF送ってる人もいるだろうし、その方が便利だったような気が。
今更な話だけど。

52 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/15(木) 10:25:34.62
次スレからは、「創元SF短編賞他」ってことにしましょうかね。

たしかに、ジャンル問わずとうたっている賞の応募要項にはよく「SF」って
見かけますね。そういう話題も【賞関連】ってことでオッケーなんじゃないでしょうか
あそこはハードSFも一次通過したぞ、とかとか。

わたしもラノベにも送ってるけど、自分ではSFとは思ってない。
でも、読んだ人はSFって思って読むかもってくらいにはSFっぽい

53 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/15(木) 13:24:12.35
最終候補が発表されたよん
俺は落ちた
くそー

54 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/15(木) 14:10:44.56
わたしも2次落ち
次回がんばる

55 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/15(木) 15:06:33.82
otita fuck

56 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/15(木) 20:05:37.14
>>52
スレタイはまた終わり頃に考えるとして、そんな感じで良いと思います。

なにわともあれ、落ちた人お疲れ様。
僕は一次落ちだったのでさっさと別の賞に向けて書いています。
SFじゃないのでこの辺にしますが。

最終選考作品ですが、タイトルだけなら銀杏並木が面白そうですね。

57 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/16(金) 18:08:45.47
一応貼っておく

第3回創元SF短編賞 最終候補作発表

今村 反岳(いまむら・はんがく) 「テレビのリモコンを見失う理由」
オキシ タケヒコ(おきし・たけひこ) 「プロメテウスの晩餐」
左畑 志門(さはた・しもん) 「ノット・ア・ラヴソング」
島崎 一裕(しまさき・かずひろ)
「早の別れ」 永生 未来(ながお・みらい) 「深圳奇想」
永山 驢馬(ながやま・ろば) 「銀杏並木のむこう側」
端江田 仗(はしえだ・じょう) 「鯨音」
舟里 映(ふなざと・えい) 「頭山」
水なづき 蕎麦(みなづき・そば) 「テラの水槽」
無縁坂 禅二(むえんざか・ぜんじ) 「エンツ・オル・パプル」
迷路 平蔵(めいろ・へいぞう) 「鉄腕」
守山 斉一(もりやま・せいいち) 「セックス・マシーン」
理山 貞二(りやま・ていじ) 「〈すべての夢|果てる地で〉」
渡邊 利道(わたなべ・としみち) 「エヌ氏」
亘星 恵風(わたぼし・えふ) 「ブタの生、ヒトの性」

58 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/16(金) 23:35:32.87
今回の最終審査は公開型(はるコン)だから審査の様子などが
知りたい人は参加してみるといいと思われ。
ただ参加費が高いんだよな・・・orz

59 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 05:39:51.49
一万だっけ。せめて半額だったらなって思うよな。

60 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 12:27:14.20
確かに一万はないよな

61 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 13:13:31.50
おまえら、もうちょっと建設的な話をしろや

62 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 14:00:50.07
公開される最終審査の話題は、とっても建設的じゃないかな?
ここは賞関連スレですよ

63 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 14:05:28.40
総合スレの話題のほうが建設的だとおもったら、あちらへどうぞ
誰もあなたを止めはしない

64 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 14:18:47.77
偏差値でいうと、1次通過でだいたい65、2次通過で70、受賞は75ぐらいか
今回やっとこさ1次通過したけど最終選考作品とはかなり差があるな

65 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 14:22:56.84
建設的なことってなに?
タイトルから内容を想像するとか?

じゃあ俺から一番上のやつ
「テレビのリモコンを見失う理由」
新人の妖怪リモコン隠しが現れた! 不器用で失敗ばかりで、逆に主人公が教えてやる話
あれ? SFじゃなくなった

66 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 14:42:34.07
今回初参加だったんですが、一次落ち。手あかのついたネタ的だったのがNGだったのかなぁと。
もちろん、文章力もダメだったのでしょうが。
そのあたりの改善点を選考者の方から教えてくれるとありがたいのですけれどね。
・・・伝奇系無茶苦茶SFも、創元SF短編賞的にアリなのかな?そのあたりの傾向というか、求めているものがいまいち具体的に見えないんですよねー(´・ω・`)

67 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 14:51:03.38
それこそ原色の想像力1と2を読めばいいんじゃね?

68 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 14:51:31.03
>>67
買って読むか(´・ω・`)

69 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 15:09:03.67
>>66
> そのあたりの改善点を選考者の方から教えてくれるとありがたいのですけれどね。

1次、2次突破レベルでの改善点ぐらいは自分で気付いて修正する能力が必要
そこがプロになっていく人とそうでない人との差

えらそうなことを書いたけど、プロの選考者がそういうことを言っていたよ

70 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 15:51:31.83
>>69
そなのかー(´・ω・`)

71 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 15:51:43.57
>>68
待て待て、原色の想像力を読まずに参加したの?


72 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 15:56:08.79
>>68
うん(´・ω・`)ダメだった?

73 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 16:05:59.42
原色の想像力には選考座談会も載ってた

74 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 16:22:09.80
>>66
NOVAや年刊日本SF傑作選やゼロ年代SFベスト集成のラインナップを見る限りでは
大森望氏の許容範囲というかSF観はとても広い気がする。
ミステリーだろうが時代小説だろうが純文学だろうがラノベだろうがポルノだろうが
SFの匂いやSFへの愛が感じられればそれでOKみたいな。
ちなみに俺が送った奴はSFというよりも幻想文学寄りだったけど一次を通過した。

75 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 16:25:45.67
大森のおっさんは節操がなさ過ぎな気もするけどな

76 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 16:31:04.49
そうか? このミスで太朗想史郎を絶賛して大賞にしたのは首をかしげたが、SF関連はわりと納得できる

77 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 16:41:38.21
>>69
身も蓋もない話だな。
落選作晒して、素人同士批評し合うのは無意味になってしまうわ。

78 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 16:48:00.28
>>74
ふむふむ(´・ω・`)参考になる。

79 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 16:49:10.05
>>77
実際無意味というか、あまり意味がないようには思う(´・ω・`)落選作を見合わせて相互評価している連中から一次突破って出たっけか?

80 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 17:20:39.20
>>79
向こうのスレのコテハンのこと?
一次突破したコテハンは何人かいるようだけど
それが相互評価の結果かどうかはわらかん

81 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 17:35:10.12
相互評価も一次突破には少しは役立つとみてもいいんじゃないか。
でもそれ以上はまだなんともいえないわけだな。
まあ、作品晒して感想をもらうのは、お遊びと考えている人も多いと思うよ。

82 :sage:2012/03/17(土) 18:55:15.84
相互評価するのも悪くないだろうけど
原色の想像力を読む方が遙かに勉強になるし面白いよ


83 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 19:56:12.17
>>82
mail欄に半角でsageと入れるのだ
「盤上の夜」が出るぞ、楽しみだ

84 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 19:56:20.77
ぶっちゃけ原色の想像力の1は買ったけど、
うわあなんだこれすげえw とか、
わー、これ続きが気になる、もっと読みたい!とか、
とにかく好きだ!って思える作品が無かったな
ついでに言えば、自分が思うSF観とも
ちょっと違う感じがした
原色の想像力2はどうかわかんないけど、
あんまり好みのものはなさそうという先入観があるよ

85 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 20:01:29.30
>『原色の想像力2』、とがった作品からちょっと懐かしい(しかし鮮やかな)作品まで
いろいろあるけど、どれもとっつきがいいのが素敵(もちろんとっつきのよさ=底の浅さ
ではない)。最近のSFってこういうのやってるんだ面白いじゃん、と思ってくれたら
嬉しいですよ。

と東京創元社の中の人が粒ってます。

86 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 20:09:43.35
ここでバカは「そうかとっつきがいいわかりやすい作品を応募すればいいんだ!」と勘違いする

87 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 20:31:30.78
>82
相互評価が役に立つかどうかはそれこそ参加者のレベル次第だな。
かつてのSF同人誌全盛期からそれは変わらない。

だから最終まで残ってほかの最終候補や受賞者や選考委員と交流することで
飛躍的に伸びる人というのもいるんだけど、そこにたどりつくにはまず
1次2次くらいは突破できるくらいのセンスがないといけないという。
才能のない人間にとっては残酷ともいえる仕組み。

88 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 20:35:57.84
2次くらいは突破できるくらいのセンスがないといけない

89 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 20:49:32.44
>>87
Twitterなんか見てると、本当にそんな感じがする。
最終選考組とかアンソロジー収録組はいろいろ交流してるみたいだし。
何よりアンソロジー収録組はプロの編集に見てもらえるってのが大きいよね。
手探り状態でやってるよりも遙かに多い経験値が入ってくることは間違いない。

90 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 21:08:04.21
>89
逆にいうともともと能力の高い連中同士で自然と交流が深まるというのもあるんだけどね。いずれにせよ残酷だ。

とはいえセンスといっても沢山読むとか沢山書くことで充分カバーできるレベルでもあるんだけれど。

91 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/17(土) 22:43:04.20
>>86
そうか!(`・ω・´)

92 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/18(日) 01:55:29.57
>>90
「もともと能力の高い連中」とか、決めつけてひとくくりにするのはどうか
逃げの理由作るのはいいことないぞたぶん

93 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/18(日) 10:31:58.04
ラノベなんかだと、評価シートもらえる賞も多いんだがな。
ここは少人数でやってるから、それは望めまい。
このスレの話題に沿って、原色を読み返すと、
自分の送ったのは狙いがずれてたかな、と思うようになった。
次回はすこし、賞に合わせるつもりのものを書いてみよう
自分の「SF」を送りつけるんじゃなくて

94 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/18(日) 12:27:25.73
>92
まあポイントは駄目サイクルに陥るな、ってことですよ。

95 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/19(月) 12:06:44.11
一次で落ちた人間はみんな「狙いが外れていた」「賞の色に合わなかった」っていうんだなあ
単純に「下手だったから」という事実からは目を背けるんだなあ
みつを

96 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/19(月) 12:22:08.26
1次落ちレベルの人は、どんどん他人に見てもらった方がいいよ。
他人の意見は柔軟に取り入れよう。例えそれが我慢ならないものであっても。

97 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/19(月) 13:42:18.53
>>95
五十歩百歩とは思うが、二次落ちの感想だ。

自分の力不足はもちろん認めた上で、原色にどんなのが選ばれてるか
よく読みもせずに送ったのは、失礼でもあったかなという意味。
よそに出すときは傾向を調べずに送ったりしないのに、
SFって実質ここしかないからと、尺だけの合うものを書いて送ったことへの後悔。

98 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/19(月) 16:55:25.24
このスレはぼっち感に耐えられない名無しが集う隔離スレです。

コテハンと馴れ合いたい方は、元祖スレの↓へどうぞ。
創元SF短編賞■SF新人賞総合スレ Part19
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1330955007/

99 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/19(月) 17:53:45.10
> ぼっち感に耐えられない
記憶さん自己紹介乙

100 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/19(月) 18:07:12.78
こちらにあちらへのイヤミを書いてもしょうがないと思うのだが。

まさか、こっち向けのイヤミ? にはなってないと思うんだけど・・・・・・ネタか?

まあ、お互い平和にやっていきましょうや。そのために立てたんだし。

101 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/19(月) 19:33:10.61
一次落ちや二次落ちの理由は各自が勝手に反省会したら良いだけの話だから、
とりあえずここに本当に傾向だとかカラーみたいなのがあるのかどうかについてはさ
原色2が発売されないことには話にならないから、今はゆっくりしようよ。

102 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/19(月) 21:34:19.22
誰が急いでるんだ?

103 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/19(月) 21:54:43.35
まぁ、2次落ちまでの人はさ(自分は1次落ち)、今は観客になって楽しんだ方がいいよね。
すぐに来年に向けて何か書くより、少し頭をリセットした方がいいとは思うねー。

104 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/20(火) 20:33:50.82
最終に、ジャンプの編集の友人がふたり残ったらしいから、
コネとかそういうことじゃなく、同種の人間は集まる傾向があるってのは、
あるかもね

105 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/21(水) 03:37:57.90
その情報が真実だとしても、交友関係とSFの趣向は関係ないように思う

106 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/21(水) 03:39:14.60
てか大学SF研出身なんでしょう。

107 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/21(水) 03:54:51.55
さぞ優秀な大学なんでしょうね

108 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/21(水) 08:03:39.34
うむ?
>104の文を読んで「ジャンプの編集者」と「残ったふたり」が友人関係にあって、
104氏は「残ったふたり」とは無関係なんだと読んだのだが。

読み方によっては、104氏の友人である「残ったふたり」がどちらも
「ジャンプの編集」だと読めるのか?

109 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/21(水) 09:03:19.67
関係ないけど、ジャンプの編集部ってあまりSFに理解がないような気がする

110 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/21(水) 10:32:34.16
もうスターズのことは忘れてやれよ
はやぶさブームで宇宙漫画を投入してみたけど訓練が不人気で
擬人化ベテルギウスちゃんをたすけてあげる漫画に方向性変えるしかなかったんや

111 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/21(水) 12:35:34.92
編集になったり作家になったりという優秀な人が同じ場所に集まるのはありそう
ワナビもすごく集まるもんね

112 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/21(水) 12:59:26.73
>107
京大や名大や早稲田や東北大あたりが有名かな。

113 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 00:05:06.99
いろいろとアイデアは浮かぶが、どうにも既に手垢がついたネタな気がするのがなぁ(´・ω・`)
まぁ、自分が書く限り、同じネタであっても、違う文章にはなる(下手糞という意味で)のは理解しているんだけれども。
だからといって、「斬新なアイデアだけ」ってのもねぇ。「斬新なアイデア」も浮かばないけどね。
・・・SFを書く前に、「文章を上手く書かない」とダメなんだろうなぁ。

114 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 00:23:25.04
原色の想像力2買ってきた

115 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 01:09:33.14
>>114おもしろかった?

116 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 09:04:08.54
面白いかつまらんかより
何が審査員の目に引っ掛かったっぽいかを聞いた方が良い気がした。
単なる評判なら読書レビューで目にするだろうし

117 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 11:03:06.73
たいていのワナビが「斬新な発想」「独創性」に拘るのは要するに
それらは努力しなくても思いつきだけでなんとかなる(ように見える)からである

努力したら必ず面白い小説が書けるわけでもないが

118 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 13:35:24.91
>>117
努力もなしにアイデアだけで面白い小説を書けるなんて、奇跡に近いよね。
「独創的なアイデア」なんて、とうの昔に誰かが思いついているのがほとんどで、本人が気づいていないだけなんだよな。

119 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 18:18:19.72
まあ実際SFに求められているのはまさに「斬新な発想」「独創性」だけだからな

素人が勉強もなしでふいに思いつけるようなもんは誰でも思いつくから
独創的なもんなんか思いつこうと思ったら知識の涵養にまず大変な労力がかかるわけだが

120 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 19:45:20.55
>SFに求められているのはまさに「斬新な発想」「独創性」だけ

随分と狭量なSF観ですな

121 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 19:50:13.14
文章力やドラマ性、キャラクター性など他のジャンルで求められる要素が一切求められないのは事実
じゃあアイデアだけでいいのか?って言うと、ガジェットがめちゃくちゃ大事だけどね

122 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 20:01:43.52
「一切求められない」とか言い切っちゃうところが凄い。
でも、それは君の頭の中だけの「事実」だと思うよ。


123 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 20:09:00.98
ミステリーでも昼ドラサスペンスを求める読者もいるもんな

124 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 20:15:16.28
古来、SFは一般市民に科学技術の素晴らしさと問題点を噛み砕いて見せるエンターテイメントだったけど、
もうそういう役割を終えてマニア同士でコダワリをコリコリすんのしか求められてないと思う
非実在青少年ネタの出来の悪い風刺群見てるとねえ
社会問題にコミット試みて滑るより、社会から乖離してマニアだけでも喜べる方がましじゃないの

125 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 20:20:46.72
ジャンルの細分化が起きているって話だよね。
万人に受ける話よりもマニアが歓喜する話の方が高評価、みたいな。
そこで、「自分はどの方向の話を書くか」って話になるのかと。
まぁ、マニア向けに先鋭化しすぎると「作者にしか理解出来ない」独りよがりな(「難解」ではない)作品になって、
ボロカスにけなされるという諸刃の剣。

126 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 20:25:09.52
>>124
自分だけの脳内設定をさも実在のものであるかのように語るのはやめたほうがいい
痛い人だと思われちゃうよ



127 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 20:27:30.36
>古来、SFは一般市民に科学技術の素晴らしさと問題点を噛み砕いて見せるエンターテイメントだったけど

SFというジャンルの限られた一面でしかないわな。考え方が古い。

128 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 20:30:08.01
まあ「実は放射性物質を食べると危険です」「マジで!?」なんてSFが啓発する必要ない時代だし
ふつーにサイエンス趣味に淫しておけばよいかと

129 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 20:34:06.75
Science fictionがサイエンスフィクションだと勘違いされたのが不幸の始まりだよな

130 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 20:42:06.17
SF定義論は止めようぜ。不毛だから。

131 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 22:54:40.43
SF要素がエンタメ全般に拡散と浸透して残った不毛の大地が現在のSFだもんね

132 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 23:30:23.69
その不毛の大地に伊藤と円城が生えてきて

133 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 23:35:24.44
逆にどんな話であっても「SFだ」と作者が言えば、それはSFである。とも言える環境になってはいるよね。

134 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 23:39:11.01
物理学が神学の領域と隣接したように
SFも哲学小説になってきてる、ような
俺は科学おもちゃ小説でいいんだけど

135 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 23:52:06.26
哲学的形而上学的テーマの小説でも、科学おもちゃ小説でも、それは「SF小説」であるということ。
その意味において、「斬新なアイデア」「奇想天外な発想」というのは一つの武器に過ぎず、必須なものでもない。
それよりも重要なのは「どれだけ読者を引き込めるか」という「SF小説に限らない」著作物全てに求められる資質であると思う。

136 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/22(木) 23:54:26.45
>>134
残念ながら物理学者は神学には接していないよ。
物理学者が近いと感じるのは仏教等の「東洋精神」であって、一神教的解釈の「神学」とは違うって認識だから。
だから、先進的な物理学者は無神論者になったり、仏教を学んだりしている。

137 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/23(金) 00:23:47.02
と物理学も哲学もきちんと勉強したことのない輩が
脳内イメージだけで語っております

138 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/23(金) 01:05:41.46
>>137
記憶さん、チィーッスwww

139 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/23(金) 09:48:53.41
記憶氏は行末に句読点をつける。
さもなきゃ感嘆符や”」”で改行する。
例外は、次行が”「”ではじまるケースや、書き込み環境に起因すると
思われる36文字から40字程度での自動折り返しっぽい改行のときだ。
そのようなクセをわざわざ隠して書き込んだのだと考えるのは勝手だが、
特定しそこねたうえに”www”なんて付けてたら、137本人と、
ここを見てるらしい記憶氏から笑いかえされてると思ったほうがいい。

記憶氏がこのスレをバカにするネタは投下しないでもらうとありがたいなあ。


140 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/23(金) 20:10:21.65
原色2は読んだ?

141 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/23(金) 21:23:39.39
>>139
つまりお前が記憶氏とやらなの?
そんなに俺が俺がって言いたければ匿名掲示板には来ない方がいいよ

142 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/23(金) 21:52:29.56
コテと絡みたいなら向こう行け

143 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/23(金) 21:55:11.84
原色2の感想待ち。

144 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/24(土) 02:28:07.25
>>141もしもここにコテっぽい人の名無し書き込みを見つけても、
コテ特定なんてせずに、名無し扱いしてくれよ。
そして、コテで書き込みがあったら、みんなで華麗にスルーだ。

でないと、ここでもコテに絡んでくれるということになってしまい、
あっと言う間にコテの馴れ合い板になっちまうってこと。

原色2はまだ見ていない。近所の本屋は、入荷しないようだ(TT)

145 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/24(土) 09:07:55.37
amazonとかあるじゃん

146 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/24(土) 10:11:29.34
まあ本屋に入るなら直接買う方が手っ取り早いし後々便利だからな

147 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/24(土) 14:02:43.53
買うのが決まっている本なら、Amazonとかで買った方が安いし送ってくれるから楽。
でも、店頭で、
「あれ?これどんな本なんだろう?」
という、意図しない出会いが出来るのは書店だから、紙の本は無くなってほしくないなぁ。電子書籍で同じ「偶然の出会い」が出来るとは思えないから。

148 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/24(土) 20:28:28.71
こっちでやれよ

539 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 :sage :2012/03/22(木) 15:42:37.35 (p)?2BP(3)
創元SFに期待されてるのは、当然、独創的なアイデア!!!!!!!
それがラノベとのちがい!!!!!!!!!!!!!
独創的なアイデアが嫌ならラノベに行けよ!!!!!!!!!!
独創性を信じないやつはSF編集者になるな!!!!!!!!


149 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/24(土) 20:28:55.71
674 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=25,xxxPT】 :sage :2012/03/23(金) 22:19:00.15 (p)?2BP(3)
とにかくですね、SFを書くということは、
SF黄金時代にまだ書かれなかったアイデアを発見することと同意義なんですよ。
黄金時代以後のSFは、つねに。黄金時代に書かれなかったSFアイデアを求めてきたのであって、
SF黄金時代以後に評価されたSF作家は、バラードはディレイニイなど、
みんな、黄金時代にないSFのアイデアを発見したSF作家なのです。
そして、なぜかアメリカでは、九十年代以後、つまり、ギブスン以後、
独創性を求めることをあきらめてしまい、文学的なSFを書こうとします。
それは完全な失敗で、新しいSFは90年代にはむしろ日本の漫画によく描かれました。
2000年以後、00年代の独創性がどこにあったのかはまだおれにはわからないのです。
独創的なSFを探していますが、日本の漫画にも、ゼロ年代は独創性が下がり、
日本にも、アメリカにも、あまり盛況な独創的発表場所というのは、SF的には存在
しないのではないかと思います。
で、今なわけです。2011年というのは日本アニメの当たり年で、非常に豊作です。

が、期待としては、創元SF短編が最も世界一独創的であればいいなあと思ってますがね。
ラノベと勝負なわけですよ。もちろん、漫画、ゲームとも。

150 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/24(土) 20:39:09.33
こっちでやれよ

752 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:36:31.38
>>743
>>538-543
ご自身の発言を「きちんと」読みなおされるとよろしいかと。
頭悪いというか、羞恥心のかけらも無いというか。
まぁ、「核心を突かれると回避する」のはストレスを溜め込まないためにはいいのかもしれませんね。そのかわり、進歩も無いけど。

151 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/24(土) 20:50:36.23
753 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:38:35.25
記憶様は常に正しい!
754 名前: 記憶喪失した男 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:40:18.59 ?2BP(3)
>>752
独創性のない上手な作品も評価しているよ。
755 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:40:22.23
まどマギなんて、いつもの虚淵テイストなのに、独創性とかマジで感じているんですかね?( ゚д゚)ポカーン
756 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:41:33.40
>>754
おまえ、自分の書き込み、ちゃんと読みなおせよ。
「独創性の無いSF」を全否定しているんだが。
757 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:41:35.52
>>733
君の主治医はヤブだな
758 名前: 記憶喪失した男 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:41:47.92 ?2BP(3)
いつもの虚淵テイスト
を知ってるって、どんなマニアだよwwwww
知るかよ、そんなもんwwwwww
759 名前: 記憶喪失した男 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:43:36.26 ?2BP(3)
>>756
全否定してませんよ。
誰かが考えたアイデアを別の人が上手に料理するのはとてもよいことだと思ってますけど。

760 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:44:16.23
>>758
君の海外SF厨っぷりを棚に上げて、「マニア」批判とはwww壮大なブーメランだなぁwww
君の知っている絶版SF作家?知るかよ、そんなもんwww
762 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:47:20.78
記憶さん最高
763 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:48:45.74
自分のマニアっぷりを自らのブーメランでたたき壊す。そんな記憶さんにしびれるあこがれるぅ

152 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/24(土) 21:14:28.05
765 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:51:20.69
自分の発言から言い訳がましく逃げようとして逃げ切れてない記憶さんカコイイ!(・∀・)
766 名前: 記憶喪失した男 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:52:03.36 ?2BP(3)
>>765
ぼくは逃げきる必要すら感じてないよ。
767 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:54:13.18
自分の発言のおかしさを指摘されて居直る記憶さん最高!!!(≧∀≦)bヤッタネ!
768 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:55:06.05
>一人で傑作を完成させるなんて、無理かもしれないね。
記憶さんの敗北宣言ステキ!!!(*´д`*)
769 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:55:18.71
記憶うざい。低脳なだけじゃなくてスレも荒らすんだな。
770 名前: 記憶喪失した男 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 20:57:27.31 ?2BP(3)
>>769
原色2の感想を世界一速く書いてあげたのに、ずいぶんだね。
771 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 21:07:55.63
誰からも期待されてないのに世界一速く感想を書く記憶さん流石!!!(・∀・)b GJ!
772 名前: 記憶喪失した男 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 [sage] 投稿日: 2012/03/24(土) 21:13:35.03 ?2BP(3)
当然、期待通りだぜよ。
「原色」1、2、連続でアマゾンレビュー一位だぜ。

153 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/24(土) 21:34:35.37
>>148-152
隔離スレから出てこないでください

154 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/24(土) 22:07:38.45
誰だよ。ゴミコピペなんかするのは。向こうでやってろよ。

155 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/25(日) 21:12:57.03
このスレ立てたのもコテに絡んでた荒らしだと思うよ。
とにかく荒れさえすれば嬉しい人みたいだから
どっちのスレにしても機能している限り続くんじゃないかな。

156 :144=1:2012/03/25(日) 22:40:27.05
>>155その思い違いはかんべんしてくれ
賞の話が、祭りや某氏の日記で埋まらない場所にしたくて立てたんだ。


コピペの荒らしはスルーしようぜ。


157 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/25(日) 22:46:18.58
原色2読んだ
1よりレベルやたら高くなってねぇかこれ
どれも面白くて鬱
俺のじゃ当然落ちるわ

158 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/25(日) 22:58:03.49
第二回で自信作が一次落ちだった俺としては、
原色2が秀作ばかりなら敗北感がつのるし、
駄作ばかりなら、何で俺のが駄目なんだと挫折感がつのるし……
原色2を買うのはちょっと臆してしまう……

様子を見ていましたが、本家スレから非難することにしました。

159 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/25(日) 23:09:18.75
スタンダードな書き方の小説が多くてわかりやすくなったと思う>2
とくにわかつきひかる。

160 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/25(日) 23:10:36.06
>>158
本家スレから非難?
本家スレからこっちに向かって「おまえらのせいで一次落ちしたんだ! このやろー!」とか叫んじゃったりするの?

161 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/25(日) 23:20:56.33
そっかー、原色2買おう。面白いのか。

162 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/26(月) 00:15:24.77
わかつきはどこにでも出てくるなー…
星海社では豚切られてたが、SFでは通用したのか
ちょっと意外

163 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/26(月) 00:54:12.74
まだ短編一本出しただけだし賞とってもないし通用するかどうかは今後次第

70年代国内SFみたいなアイデアストーリーを
軽妙なちょっといい話に仕立てたって感じなので、
器用だなーとは思うけど今後はどうなのかなあ。

164 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/26(月) 19:46:55.27
>>158
その「自信作」のどこが「自信のあるところ」なのか「ダメなところなのか」がわからないので、ここでは何とも言えないですなぁ(´・ω・`)
まぁ、深呼吸して、気持ちいい温泉に入って、美味い飯食って、頭を一旦リセットしましょう。

165 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/26(月) 23:23:54.35
>> 924 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/26(月) 23:04:12.69
>> amazonの原色2のレビュー、参考になった人がいまだにゼロだね
>> 記憶氏が大好きなコテハンの皆さん、はやく「はい」を押してあげなよ

166 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/26(月) 23:26:45.55
>> 915 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/26(月) 18:28:09.98
>> コテハンの馴れ合いが本当にうざい

167 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/26(月) 23:28:48.60
>>165-166
ゴミを撒き散らすんじゃねえよ

168 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/26(月) 23:28:59.13
>> 926 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/26(月) 23:22:25.01
>> 記憶以外のコテハンは堂責任取るつもりだ
>> 927 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/26(月) 23:25:59.23
>> 165 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 23:23:54.35
>> >> 924 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/26(月) 23:04:12.69
>> >> amazonの原色2のレビュー、参考になった人がいまだにゼロだね
>> >> 記憶氏が大好きなコテハンの皆さん、はやく「はい」を押してあげなよ
>> 928 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/26(月) 23:27:03.10
>> 166 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2012/03/26(月) 23:26:45.55
>> >> 915 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2012/03/26(月) 18:28:09.98
>> >> コテハンの馴れ合いが本当にうざい

169 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/26(月) 23:51:54.59
こっちにもゴミが(´・ω・`)ゴミは本スレいけよ。何のために隔離したと思ってるんだよ。

170 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/28(水) 19:39:49.18
そろそろ締め切りになりそうなSF関連の公募ってなにかあったっけ?(´・ω・`)ごめん。アンテナ低くて把握してない。

171 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/28(水) 20:04:12.76
「SFじゃないとダメ!」みたいなのは知らないけど、
「べつにSFでもいいよ」ってな感じの公募(ラノベ系のやつとか)ならいくらでもあると思う。
そういうのはダメですか?

172 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/28(水) 20:25:53.15
>>171
そういうのでも全然okかと。ちょっと自分自身、公募情報を追いきれていないので。

173 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/28(水) 20:34:49.65
本スレ1か2あたりに載ってるまとめwikiに一覧がありますよ

174 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/28(水) 20:43:35.62
>>170
講談社BOX新人賞やメフィスト賞はどうか?
結果がすぐにわかるし、講評(といっても短いコメントだけど)ももらえる。
ただしSFが歓迎されるかどうかは不明。

175 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/28(水) 20:51:19.28
4月10日締め切りの電撃。
短編部門もあるし、SFもあり。
しかしラノベじゃないとだめ

176 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/28(水) 21:00:02.13
>>175
さすがにそれには間に合わない(´・ω・`)でもちょっと調べてみる。

177 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/28(水) 21:58:31.57
ラノベの定義ってなんなんだろ?
ラノベ的な破天荒で無茶苦茶な話を書いているんだけど、主人公と準主人公が、二人とも30過ぎのオッサンで、色恋沙汰も何も無いんだ・・・(´・ω・`)チャンバラしてるだけ。

178 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/28(水) 23:17:47.59
ファンタジー述べる大将が4/30締め切り

179 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 05:44:16.17
>>177
イラストが付く事を意識した、キャラクターに魅力あふれる
10代から20代前半の(男性)読者向け小説

180 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 09:31:09.14
>>177
それ時代小説じゃね?

181 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 09:40:00.42
>>179
でも実際は三十代の読者が一番多かったりして

182 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 10:08:56.14
まあ金持ってるからな、買い支えてるのはアラサー読者だろ
10代じゃ人気作品を買うか借りる程度の金と時間しか使えないよ

183 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 10:52:49.63
>>180
でも、その舞台は未来なんだよ。チャンバラしているのは歴史上の人物なんだけど。

184 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 11:00:29.83
>>180
しかも、歴史考証を無視しているので、ちょと「時代小説」というには難しくて・・・SF要素はあるつもりなんだが。静止衛星から荷電粒子砲ぶっ放したり、市民の行動をエネルギーにしてビッグ・ブルー的な階級社会作ってたりして。
でも、主人公は、30過ぎのおっさん侍。昔の時代から強制的に運ばれてきました。

185 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 11:19:46.17
銀魂思い出した

186 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 11:26:59.60
>>185
宇宙人は出てこないっす。どっちかってゆーとヒラコーせんせーの「ドリフターズ」に近いかも。書きながら自分でも「あれ?似てね?ってかパクッてね?自分?」って思った。

187 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 11:51:42.37
>>186
偉人バトルもの(なんじゃそりゃ?)は一つのジャンルとして確立してると思うから
パクリってことはないと思うけど、偉人のチョイスで作者のセンスが問われるような気がする


188 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 12:24:06.78
>>187
確かにそこだとは思うね。「誰を登場させるか」というのは結構悩んだ。

189 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 13:31:10.22
パクリって言われるかも、と危惧するのならまあ分かるけど
パクってね?と自分で思ったらその時点でやめたら?

190 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 13:56:05.27
>>189
うーん。人物的に重なりはないし、ストーリーも全然違うんだけどもねぇ。ただ、「歴史上の人物同士が戦う、という構造は同じ」だな、と。
まぁ、「あれー、これって、元ネタ、ドリフターズじゃねぇの?」って書きながら思ってしまったのも事実。
書き上がってからどうするか考えます。

191 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 19:54:58.09
歴史上の人物を未来に連れてきてどうこうというのは
掃いて捨てるほどあるので(特に架空戦記)、ごく最近のヒラコーの名前しか
でてこない時点でもうダメっぽい。


192 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 19:57:26.87
ついでにいうと歴史上の人物を出す必然性は何なのだ。
キャラ性を史実に寄っかかるだけだっらますますダメ確定だぞ。
破天荒だと思ってるのは本人だけパターンだな。

193 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 19:58:54.86
とりあえずつい最近でたばっかの『罪火大戦ジャンゴーレ』よりつまんなかったら即落選。

194 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 20:06:39.23
>>192
未来人の都合。でも主人公はその理由を知らないまんまだったりする。

195 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 20:08:58.08
>>193
ストーリーの路線が全然違うので、比較のしようがないです。

196 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 20:10:27.00
>>191
「架空戦記」とは系統が違うんだがなぁ。

197 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 20:34:23.24
君の作品の概要を批評するスレじゃないからなここ
「それありがちじゃん」「残念!俺の作品はちょっと違って素晴らしいです!」の応酬を何往復も繰り返しても
スレが埋まっていく以外に得るものがないんだが…

つか、ネタ自体がありきたりだからこの応酬そろそろ面倒くせぇなで済んでるが
本当に斬新だった日にゃパクられる恐れまであるからあんまり具体的な内容の話はしない方が

198 :名無し物書き@推敲中?:2012/03/29(木) 20:52:50.88
>>197
了解です。ダラダラ話しても概要じゃわかんないよね。自重します。

199 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/04(水) 09:00:27.84
停滞している。
最終選考の模様が伝われば進むのかな?


200 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/05(木) 18:37:26.98
はるこんまでは話題もないし、こんなもんじゃないのかなぁ?

201 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/06(金) 01:07:30.19
今回のはるこん、原色の想像力ルーム企画もあるんだよね。
選考会以外にも科学者と作家の狭間みたいな企画とかおもしろそうなのが
けっこうあったから参加したかったけどいかんせん参加費が(ry

202 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/07(土) 13:04:32.62
はるこん、ustかニコ生でネット配信してくれないのかねぇ?

203 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/07(土) 18:24:36.18
>>163
大手メーカーの研究職に執着していたら100社お祈り食らってニートだけど
中小企業の営業に応募したら一発で就職できて彼女もできますた☆
政府が貧困層向け住宅に監視システム仕込んで個人情報ぶっこぬいてマッチングしてくれたおかげです♥

本当頭悪いストーリーだよな
小泉政権下で金もらって書いたプロパガンダですか?ってレベルの、俗流若者批判まんまの認識に
かつてのSFを180度転換したような、監視社会への無条件の信頼
もはやSFは社会の木鐸であろうとすることをやめたのだと思い知らされる

204 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/07(土) 18:39:57.62
>>203
まぁ、面白ければいいんじゃない?(当該作品を読んでいないので判断保留。)
錆び付いたアイデア、陳腐なアイデアでも、文章で魅せてくれればいいと、個人的には思っている。
まぁ、その肝心の「文章」が「ヘタクソ」な人ほど、
「SFは誰も思いつかないようなアイデアで勝負するもんだろ!」
って思っているみたいだけどね。
アイデアが良くても、文章がダメで、その「アイデアそのものが読者に理解されない」のであれば、宝の持ち腐れなのにね。
だからこそ、SFに限らず、文章で自己を表現したい人は、沢山読んで、沢山書いて、「文章の表現力」を磨く事を忘れてはいけないと思うんだ。

205 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/07(土) 19:22:18.74
一次落ちの人って、アイデアの問題じゃなくて、おそらくは文章力の問題なんだよな。
つまり、読んでも内容が理解されない、というレベル。
(もちろん、「奇怪な文章」を「意図的に」書いて、不可思議な感覚を表現するというのもあるけれども、それはまぁ割愛。)
SFとしてのアイデアの面白さ云々は、その前に文章力がなければ理解されない。読者にわかってもらえない。
その文章力をおろそかにしている人が多い印象なんだよなぁ。アイデアばかり考えて。

206 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/07(土) 19:46:04.76
>>204-205
わかつき乙

207 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/07(土) 20:03:40.79
どれだけ疑心暗鬼なんだよ

208 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/07(土) 21:15:27.34
>>202
前例あるんでしょうか?>パネルのust配信
高い参加費を払った人からブーイング起きる気がするんだ

209 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/07(土) 21:35:36.06
>>208
ないでしょーね。もちろん参加者が文句を言う可能性も大いにある。
そのあたりは主催者の裁量に任せるしかないんだけど、物理的に行く事が難しい人にも考慮してほしいな、という願望だよ、願望。

210 :207:2012/04/07(土) 22:01:21.84
>>209
わかります>願望
選考会の発言がぜんぶ紙に起こされるとはいえ、一年くらいかかるんですよね。
でも、twitterで中継をしてくれる方がいらっしゃるかもしれません。つぶやきで。

211 :208:2012/04/07(土) 22:02:16.37
207じゃなくて208でした。すいません。

212 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/07(土) 22:15:52.35
素直に「金出すの馬鹿馬鹿しいからどっかの馬鹿が自腹で中継しろよ、
腹の中で馬鹿にしながら上っ面だけ感謝して持ち上げてやるからよ、
馬鹿にはそれで上等だろ馬鹿」って書けよ馬鹿wwww

213 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/07(土) 22:20:34.96
>>208-210
というかまさに、自宅でリアルタイムに無料で見られたら高い金払ってる参加者に言い訳が立たないからって理由で
配信しない結論が出てたことなかった?

214 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/07(土) 22:22:09.46
>>212
いや、中継は有料ニコ生でもいいと思っているんだけれどなぁ。
誰が「只で垂れ流せ」と言っているのだろう。ああ、君自身の願望かw

215 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/07(土) 22:28:37.00
>>214
そりゃ後出しだろう
書いてないことを理解してもらえると思ってるなら頭がおかしいよ君は

216 :208:2012/04/07(土) 22:55:12.53
>>212
感謝もしないよ。検索で中継している人を見つけてフォローするか、あとでtwilog読むだけ。それも、もしいたら、という話。インタビューの中継ツイートする人なんてそんないないと思う。
公開する以上、後日ブログやtwitterにレポートをまとめる人が必ずいるだろ。私はそれで充分。最終に残ってるわけじゃないんで。

>>213
ふむ、そうだったんですか。




217 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/07(土) 23:09:29.69
>>215
「頭おかしい」認定ありがとうw君の程度が知れたのでもう十分だよ。巣にお帰りw

218 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/09(月) 21:04:54.41
>>215
頭がおかしいんじゃなくて日常的に詭弁を使わずには語れない体質なんだよ
あ、やっぱりおかしいのか

219 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/09(月) 22:39:40.25
>>217
流れからすると「書いてないことを理解してもらえると思ってる」って認めた
ことになってるぞ、いいのか?
 後出しだっていうことは別に認めちゃっていいんじゃないかと思う。
 先々議論がどうなるか予測して常に先出ししとくなんてできるわけないんだし、
後出しは「ああ、そうだよ」って認めたって恥じゃないと思うぞ。

 で、結局だれもはるこんには行かないわけか・・・・・・

220 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/10(火) 01:14:14.52
>>219
全てを事前に予測して語ることなどできないのだから
全てを事前に予測して語らなかったことを理由に
悪意に基づく予断によって非難されるいわれはない

無料配信しろなどと誰も言っていないにも関わらず
その曲解を前提に他人を非難するのは許されない

221 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/10(火) 05:54:40.44
>>220
まあな、すべては212が「馬鹿」使ってるのが問題なんで、仲裁に入るのもバカバカしい話なんだが。

212は「どっかの馬鹿が自腹で中継」って言葉からすると210の「twitterで中継をしてくれる方」に
対して言ってる。でも214は209あたりの流れだよな。
209は主催者側の正式中継のことを言っていて、経済的にじゃなく「物理的に」って言ってることからして、
有料も想定してることは後から見りゃあもっともで、214が209なら整合性がある。
たしかに「有料」って言っちゃあいなかったから「後出し」かもしれないが、
まさか金の話でバカバカ言い出すのが居ると想定はできないものな。
で、214がもしも210なら、これはあんまり整合性はない。チョキをパーに変えたような「後出し」になる。
「無料」っちゃ言ってないが「twitterで中継をしてくれる方」願望と「有料」だからな。

215は210=214を想定してるんじゃないかな。210向けと思われる212に食いついたことを理由にだ。
215は209への攻撃としてはまったく的外れなわけで、なにもわざわざ外れてる攻撃を
受け止めてやる必要はないんじゃないかな。
 う〜む。流れを読み違えたか?

 ついでに言うと、もちろん210だって馬鹿馬鹿言われる筋合いじゃない発言だと思うし、
もしも210=214だとしても頭悪い言われることではないと思うがな。

222 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/10(火) 11:08:14.54
参加者も物理的に行くのが簡単だから参加してるわけじゃないからな

223 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/10(火) 18:49:01.60
あー。なんか前のカキコの話ですなぁ。
それレス書いた本人は、202=209=214=217なんですけれどね。
別に後出しのつもりもなく「公式に動画配信してくれりゃあなぁ」と思っただけなんで。>>219
無料なら嬉しいけど、有料なのもわかるから、そこは主催者判断だろうと。
んで、そういう主催者や参加者の都合も想像出来ないであろう>>212=214に、「アホ」と言われてもこっちの感情としては屁でもないので、
「どうぞご自由に」という感じですかねぇ。アホに絡まれるのは本スレだけで十分じゃん?このスレではちゃんとした流れでいいじゃん?
そんな感じ。

224 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/10(火) 19:45:57.68
>>223
ごもっとも。

それにしても、このスレあたりの人間が行かないとなると、
はるこんの最終審査の会場に客が入るのか心配になってくるな。


225 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/10(火) 23:21:11.35
>>224
はるこんは別に物語制作者だけが集うわけじゃないから大丈夫じゃね?

226 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 12:32:24.46
>>225
はるこんはそうなんだけど、だから心配というのかな。
最終選考の会場は、一番大きな部屋(6号室)になってるようなんだが、同時進行
で他の部屋の企画がある。しかも、選考会が3時間企画なのに対して、ほかは1時間
刻みの企画のようだ。
 審査に興味がない、あるいは他の企画に興味がある人はよその企画へ行って
選考会だけガラガラなんていう心配をしてしまう。
 選考にからまない審査陣の話は面白いかもしれないが、選考に関する言葉は、
審査対象作を読んでない状態で聞くんだろうからなあ。

227 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:30:41.11
なんか選評出るのが1年後とか言ってるやついるけど
去年も「ミステリーズ!」に載ってるぞ。今年も予告してるし。

228 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 22:53:58.04
選評とアンソロ巻末の座談会(?)とごっちゃにしてた。
座談会も選評と同じくらいに載るのか?

229 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 20:52:53.34
>228
ああ座談会のほうは原色まで待ちだったね。

230 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 11:14:18.77
はるこん日なのに、残念ながら雨ですなぁ(´・ω・`)さて、あと3時間ですか。

231 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 14:56:08.55
大森から選考会の実況禁止令がツイートにて発令されとるw
結果は公式を見ろとのお達し。
なので選考会実況はアキラメレ。

232 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 15:06:00.34
なら、公式待ちか(´・ω・`)ま、それも主催者の意向ならいたしかたなし。

233 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 15:36:38.47
当然と言えば当然かな

234 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 16:36:43.53
金払う側が金を払ってもらう側の言いなりとか
普通逆じゃね?
お客様は神様じゃないのかよ

235 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 16:41:00.74
>>234
お客様は神様ってそもそも意味が違うし。
神様に見せるつもりで芸をやるよという心構えの話であって
お客様が神様のごとく尊大にふるまってよいというものではない。


236 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 16:42:06.08
というか金払おうと金払った分以上のサービス受けられないのが当然だろ。
何言ってんだコイツは。

237 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 17:54:47.58
短編とは直接関係ない話ですまんけど、選考会やゲストが絡む企画は
ともかくもゾンビカフェや原色部屋は配信があってもいいんじゃ
なかろうかと思う部分もあり。
もしくは実行委員会が紹介かねた実況番組をニコで作るとか。

そうでもしないといつまでたってもSF者イベント=近寄りがたいで
SFファン増えないぞ。

238 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 18:19:43.68
言いたいことはわかるし賛同する部分もあるけど
そういう話ははるこんサイトへ言ってくれw

239 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 18:51:44.78
またしても乞食の自己正当化か
嗤えるわ
正直に金がないから恵んでくださいと言え

240 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 19:51:38.27
公式、まだ来ないのか。

241 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 19:55:03.04
あ、創元の人がツイートしてるね。
ツイートが終わったら公式HP更新なのかな。

242 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 21:35:02.22
無料でなどと書いてないのにうんたらってまた荒れるぞw

まあコミケみたいに全員同格ってスタンスこそ取ってないが、SFファン同士の交流目的でやってるイベントなんだから
公式更新まで内容を発信しないでくれというお願い程度なら聞き入れるもんなんじゃない?
>>234みたく、完全に主催が商売で観客がお客様と分けられるようなイベントと同様の物言いするのはちょっとな
>>237ぐらいなら一意見だけど

ちなみにこの「みたく」を使うとそれを理由に落とされるんでしたねw

243 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 21:40:25.08
地の文に口語を使う神経がわからんわ

244 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 21:52:23.83
公式更新は明日なのかな。

245 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 22:43:43.88
幻想的な小説なのにそこだけ口語で現実に引き戻されるから駄目って選評じゃなかったか
若者の一人称なら、ら抜きだろうと微妙みたくなくなくない?だろうと演出になるし、
一概に地の文で使う神経が分からんとは言えない

246 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 23:12:28.94
一人称でケータイ小説みたいなのを書きたいならそれでもいいだろうな

247 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 23:25:28.35
表現したい事が一番伝わると自分で思っている表現手法なら、別に地の文が口語でもいいんじゃね?それが評価されるかどうかは別だけど。

248 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 02:22:59.32
一番大事なのは表現したい事が一番伝わる事だろ
だから伝わってるか伝わってないかだよな大事なのは

249 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 03:21:58.62
一般的には、>>243みたいな下読みが一撃で叩き落とす恐れもあって
演出だろうと表現手法だろうと応募作ではやらない方がいいけどな

ここの場合は、下読みから担当する2人がそもそも最終まで上げてきて、
合ってりゃありだが合ってないからなしと行ってるわけだし
ありだ

250 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 05:55:18.25
で、「しまった、創元と間違えて使ってしまったぁ!」となるわけだな

251 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 12:34:24.56
創元の更新こないねー。

252 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 16:20:16.10
創元公式更新されたね。

253 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 18:40:08.75
しかし、
石田純一の正体が知りたかったんだが

254 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 18:41:20.82
はるコンに来てたらしいから、本人かもね

255 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 19:04:39.71
ソックスはいてないやつは見かけなかったが

256 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 02:02:46.81
「エヌ氏は星新一系」なんてことをほざいているバカがいるが、そんな陳腐なありきたりな設定なんて、1次で落ちるだろ。
星新一と見せかけて、(最低でも)それを裏切るエンタテイメント系だろ。いい意味で読者を裏切る作品だろうね。
・・・「エヌ氏」=「星新一系」なんて、あまりにも頭が固く、SFを書くための想像力が欠如しているとしかいえない。

257 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 06:38:07.28
そんなムキになるようなことでもないでしょーにw

258 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 09:27:57.92
あっちのスレの話題でしょ。誤爆・・・・・・じゃないのか?
あっちに書き込めばだれか遊んでくれるかもヨ

そこまで言い切って星新一のパロだったとき、きみがフェイドアウトするのか
逆ギレするのかには興味がほんの少しあるが。

259 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 11:09:11.50
口拭って黙っとけばいいものをわざわざ逆ギレして恥かきたがる奴なんかいないだろw
出てくるとすれば「おいこら>>256出てこい!ドッカンバッキン(AA」とか煽りまくった場合ぐらいだ

260 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 13:02:32.32
いや、わからんぞ。先手を打って、審査員側を罵倒するかもしれん。
この>>256を正当化するため『だけ』に書き込むかもしれん。

意外性としては、実は本人で、「読者をいい意味で裏切る」線を狙った作
なのを言いたくて言えずゆえの>>256だとか

261 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 14:18:06.79
>260みたいな小物思考しかできないからいつまでも以下略

262 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 20:55:45.00
スレチならすまん。
ちょっと気分転換に、こんなネタはどうよ
http://labaq.com/archives/51416246.html

263 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 01:31:55.65
>>261
そもそも、別スレの発言に対する上から目線でのコメントをここにコソコソ書きこんでいる>>256が小者なだけ。
「エヌ氏は星新一系」言ったやつらになにか言いたければ、あっちに書きゃよかった話。
ここに書き込めば「そうだそうだ」言ってもらえるとでも思ったのだろうが、
あっちに書けば反論される文だから逃げたように見えるよな。

264 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 09:40:43.75
>263
そういう他人も卑屈に違いないという視点からにじみ出る小物臭

265 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 19:51:16.68
で、はるこんの原色関連に参加した人はいないの?

266 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 22:44:20.93
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

267 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 02:45:35.20
そのネタはGAスレへ

268 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 09:24:53.74
>>267
はぁ?
お前のちんぽしごき倒すぞこら

269 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 11:01:00.04
意味がわかってないなら、黙ってROMってるか、調べてから書き込めや

270 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 12:34:07.72
わかってる奴しかいないように見えるが

271 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 10:22:58.27
>>270
つまらんこと書き込むから過疎っちまったじゃないか

まあ266と同一人物じゃないと想定して流れを言っとこう

まず前提は、GA文庫からアニメ化されたニャル子の主題歌の「うーにゃー」の
書き込みがステマ論争の渦中にあるってことだ。

そんな中で書き込まれた266は、ステマ騒ぎを知ってるなら、おもしろがって
あちこち書き込んでいる野郎で、知らないならほんとに毒されちまったファンってことだ。

 前者は荒らしだが、後者の可能性もあるから267はGAスレで見て来いと誘導した。

 268は266と同一で愉快犯なら荒らしの逆ギレで、そんなのはほうっておけばいい。
 同一でかつファンなら、ステマ騒ぎを知らない情弱だから、調べろっていうのが269
 別人の場合、ステマ騒ぎを知ってるなら、266が愉快犯にしろファンにしろ
268はステマ騒ぎに乗っかってる荒らしってことになる。しかし、別人で単なるファン
がキレたのなら、ステマ騒ぎでニャル子のアンチが増える手助けを知らないうちに
やってることになるので「意味がわかってないなら」となる。

で、おまえは誰がどうわかってるって見えたのかな?

「見えた」っていうからには266=268=270ではないのだと思うから
こうしてレスしたが、もし、同一人物でステマ騒ぎなんて知ってるぜと
言うのなら、このスレを荒らしたことを告白するようなものだから、
もう掛ける言葉はないがな。

272 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 10:45:39.45
長い

273 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 11:11:14.64
>>271
楽しそうだな。
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

274 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 11:16:59.01
まぁ、「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」したのは、
「クトゥルフ神話体系のようなモノはSFか否か?」
という問いでもある。ああいった「世界観全ての再構築」はSFなのかホラーなのか。
選者が言うところの「SFの必然性」とはなんぞや?という話である。SF的ガジェットが出ればSFとしての必然性を満たすのか?
それとも、「疑似科学」の論理的整合性に則っている事が、ストーリーよりも求められるのか。
現在の科学知識を前提にディテールをつぶさに描く事がSFなのか。
「SFの必然性」の意味が分からなくて混乱をしている。誰がその作品を「SFである」と定めるのだろう。

275 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 11:49:25.56
誰が、なら大森望がと答えれば十分だなw

>「疑似科学」の論理的整合性
まず前提としてこれだろう
で、独自の論理を一貫させるという意味でSFとファンタジーは根が同じものだが、
そこで魔法じゃなく科学である必然性があるかだと思う

地球外生命体や未知のウィルスではなくドラゴンや呪いに描き変えても行けるなら
それはSFである必然性があるまい

276 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 12:09:28.48
>>274
おいおい、無茶を言うな。
「SFの必然性」が話題に上ったのは総合スレの方で、しかも4/21の書き込み
からじゃないのか?

……まあいいか。過疎も抜けたようだし、賞やSFの話に戻ってるし。荒らしたつもりでもないようだし。

で、「SFの必然性」っていうのは「どうあればSFか?」という意味ではなくて
創元SF短編賞の応募作の内容が「SFでなければならないストーリーかどうか」って
意味だろう?
「この話、わざわざSF設定にしなくても、普通の現代劇でよくね?」ってこと

277 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 12:27:44.53
たとえば「いま、会いにゆきます」がタイムマシンかなんか出してSFだあ、と主張する
場合は「SFである必然性はないだろう」ということになるよな。
あの話は(たぶん)運命を知っていても「いま、会いにゆく」と言うヒロインの
気持ちが主題なんだろうから。
 「夏への扉」ならどうかというと、(たぶん)時間旅行によって起こる不思議な
状況が主題だろうから「SFの必然性」があるわけだ。

 悩むのは、映画やアニメの「時をかける少女」あたりなんだろうな

278 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 13:13:14.96
個人的にはSFの必然性は先端科学技術の紹介または技術によって引き起こされる社会問題への警鐘なんだが
それはこの賞は気にしてすらいないなあ

279 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 13:25:29.18
>278
単にその手の作品でいいのがないだけじゃないの?
社会への警鐘なんて、70年代みたいな古くさいSFか
年寄の説教になりがちで作品としてつまらん→落選。

280 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 13:31:47.97
>>279
それこそ非実在青少年祭りや、今年なら原発祭りになってもおかしくないと思うんだが
ネットでガス抜きして済んでしまうからわざわざ作品で社会とコミットしない真空状態が生まれているのかも

という内容で書き上げよう、と思わずにネットに放り出して気が済んでしまうわけよね俺も

281 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 19:38:58.24
>>276
>「この話、わざわざSF設定にしなくても、普通の現代劇でよくね?」ってこと
そこだよね。だからそのSF世界の文化を感覚として持っている人物が普通に生活しているストーリーなわけで、
「SFガジェットが出て来るだけで、人間は今の人と同じ感覚で語る」のでは、「SFである必然性」に乏しいよね。

282 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 20:33:33.25
どこでもドアやタケコプターがあるのに特段の事情なくエア・チューブ・カーで出勤するなってことですね

283 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 15:54:12.86
就活ブラックジョーク用の肉入りBOTだと思って見てたTwitter垢が
SF短編賞で賞もらいました!就活やめるところだったわ!とかいつものジョークっぽく言い出して
このネタ紛らわしいだろwと思ってたら確かに受賞してた

本当SFの世界やなこれ

284 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/30(月) 06:36:01.58
さむいジョークにスレが固まってる状態

285 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 09:20:31.62
SFで「新しさ」や「必然性」がどうこうみたいなことを言うとき、
実際に問題となっているのはいわゆるアイデアやガジェットではなくて
大部分が「語り」だと思うけど、これ人によってはまったく理解の埒外なのかな。

286 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 09:57:33.29
「語り」って地の文がSFの必然性があるかどうかっていう主張?
SFである必然性について問題になる作品は小説だけじゃない。マンガにアニメに映画、
さまざまな創作物がSFかどうか、SF作品である必然性があるかどうか、ってことが
言われる。
「語り」が問題にならないとは言わないが、「語り」がない多数についても言われるのだから
「語り」が大部分ていうのはどうだろうか。

創作物なら「テーマ」があるわけで、受け手(読み手や観客)にそれを訴える手段として、
その作品がSF作品である必要があるかどうか、ということを指して、
「SFである必然性」の有無が語られるのではないのかな?

 別に高尚なことを言ってるわけじゃない。ナンセンスギャグにもSFならではのものはあるし、
幼児向けアニメだってそう。
 その作品のテーマを語るには、おとぎばなしや怪奇ものでいいんじゃないか、
っていう作品に対して「SFである必然性が無い」とか「薄い」とか言うわけだ。

287 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 10:59:22.31
テーマなんかなくたって小説にはなるよ。とりあえず理解の埒外にあることは分かった。

288 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 11:09:18.10
小説(まあ漫画もそうだけど)で語りといえば当然、地の文だけじゃなくて
文章表現を構成するあらゆる要素が入ってくる。
視点、構成、その他もろもろ。
アイデアをどう見せるか、設定をどう見せるかってこと。
たとえば「さえずりの宇宙」が評価されたのはまさにこの語りの点でしょう。

で、テーマ=訴えたいこと、って理解はまあ、アホとは言わないけど
せいぜい19世紀くらいの考え方だよね。
たとえば「皆勤の徒」の「テーマ」は「不正規労働者の不安を幻想的に描くことだ」みたいなことを
言ったら何いってんだこいつ脳みそあんのか、って話になる。

289 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 15:58:49.58
訴えたくなければSFじゃない

290 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 19:01:04.59
おおっと、チラ裏の殴り書きや人に見せない日記の話だったのか。そりゃあすまん。

とか言うと、話がかみ合わないので譲歩しとくと、「このアイデアを見せたい」「この設定を見せたい」も
それがその作品の主目的なら、主題でありテーマってことになる。それを「こう受け取れ」みたいな
ことまで書かなきゃテーマじゃないと思ってるのかもしれないが、単に笑わせたい、泣かせたいも作品のテーマだよ。

291 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 20:49:50.75
>>290
まあここはお前の日記帳だから好きなようにオナニーすればいいが
自信満々の露出狂に粗チン見せられた気分だよ

292 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/02(水) 20:55:10.75
みんなもう第4回目指して書きはじめてたりする?


293 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 22:22:58.37
コテハン使いたければ「創元SF短編賞■SF新人賞総合スレ」へ
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1330955007/

294 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 23:02:54.71
糞コテは消えろよバーカ

295 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 12:50:32.56
ここは糞コテが嫌いな人たちの隔離スレなのに、糞コテで書き込むとか。
頭おかしいんですなぁ。まぁそのおかしい頭で普通の人には考えつかないような創造的な作品を書けばいいのではないでしょうかね?

・・・まぁ、たいてい「頭のおかしい人」ってのは、「一般の人よりも想像力が低く」て、「ステレオタイプなことしかできない」らしいですがwww

296 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 16:51:22.03
単に知らんのだろ
テンプレ読んでない点は責めてもいいが、そこまで言うことでもない

297 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 18:49:36.45
スレのルールは、「コテハン禁止」ではなく「コテハンはスルー」だ。

298 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 19:45:07.40
荒らし目的でわざわざコテハン付けて粘着する奴は構うよりほっとく方が被害がない、ということで
悪意が見られない場合は、さくっと誘導するのがベスト
アスペじゃねえんだからさあ、少しは考えろよ

299 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 22:29:08.41
ほんとにコテって馬鹿かクズのどっちかだよな
あんなのはほっておいて俺たちは楽しくやろうぜw

300 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 00:00:48.08
お前と楽しくやれる気はしないな

301 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 00:07:28.09
世間一般からしたら「相手が名乗ることが我慢できない」ってほうが異常だけどな
まあ基地外は隔離されとけ

302 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 00:09:44.68
前に基地外が言ったのが「別にコテに恨みは無い。叩いて嫌な思いさせるのが楽しいだけ」
コテ叩きの理由ってこんなもんだろ

303 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 05:22:26.13
いやいや、総合スレに「オレとやりあうならコテをつけろ」とうるさいコテがいてだな

304 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 12:36:09.98
やだねぇ、
コテに劣等感の裏返しの反感をむき出しにしちゃってさww
口先だけで威張るだけなら誰でも出来るって

コテをぎゃふんと言わせる実力を少しは見せて欲しいもんだわwww

305 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 13:47:03.95
>>304
コテであることでしたプライドを保てない荒らしがウザい人がここに逃げてきているんだから、
ここでコテを使うなよ、というごく普通のTPOの話なのに、なんで「コテへの劣等感」の話になるのか。
いやだねぇ。隔離スレに来てまでコテを使わないと満たされない貧相な欲望って。

306 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 14:02:30.22
普通の掲示板ならともかく名無しがデフォの匿名掲示板でコテつけるのは
それだけ自己顕示欲が強いわけだから、困った人が多いのも仕方がない

中にはまともな人もいるけど、ごくわずか

307 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 14:10:03.74
>>305
謙虚になれば、同じ土俵で、コテの有無を気にせず議論すれば良いだけなんだわ。
コテに対して惨めな劣等感があるから、コテを叩いて優越感に浸るという歪んだ心理なんだなww
まぁ、
負け犬はこっちの犬小屋に籠もってキャンキャンと勇ましく吠えてればいいよ。

308 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 14:41:20.20
まとめwikiに投稿されてる作品を読んだことがある人なら判るはずだ
あんな連中に対して劣等感など抱きようがないということを

309 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 14:54:14.69
>>308
それ、
負け犬の遠吠えww
それを言いたけりゃ
今までのまとめwikiの投稿作を上回るレベルの作品を投稿した時に言えよwww

さて、次はどんな惨めな言い訳をするのかな?
ネットで公開したら誰かにアイデアを盗まれるとか?


310 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 15:58:06.77
これはって思うのも二割くらいあったけど

311 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 16:08:41.51
>>303
いや、正直な話
記憶 VS 名無し大勢(4〜5人?)のバトルは
誰が誰だか全然わからんかった
議論したいならレス番号でもいいからコテつけろよw って俺も思ってた

312 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 16:21:07.63
コテであることでした

まあ真っ赤になると誤字を気にかける余裕もなく
送信ボタンを叩きつけてる奴は見当がつくな

313 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 16:51:03.91
>>311
記憶を叩いていたのは一人で
その一人がこのスレでも荒れそうな話題を投入してるんだと思うよ

正直、このスレ立てた人はその荒らしにのせられただけではないかと

314 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 17:10:47.96
>>312
日本語でおk

315 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 18:14:36.84
なぜ「コテに劣等感を持つ」理由があるんだろうか?
常に最終審査まで残るコテがしたり顔で説教してたら、多少ひがみもするかもしれんけれども、
「ほとんどのコテが一次震災で落ちるレベル」なのに、そいつら相手に劣等感なんて持ちようもなく。
むしろ、連中の「厚顔無恥さ加減」に呆れるばかりでございます。
ので、「コテハンマンセー」の人は、本スレに戻っていただきたく。ここは「コテハンがウザい」という人の隔離スレなので。

316 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 19:27:26.43
>>313
いや、最低でも二人はいるはずだ。
そのうちの一人である俺が言うのだから間違いない。

317 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 19:56:28.55
こういうくだらねー「議論(笑)」でワキワキするのがウザいから分けてんじゃねえの?
コテハン叩きしたい奴もコテハンスレ行けよ

318 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 20:10:55.34
>>315
そこでまた言い訳をして逃げてるなw
コテ叩きがあったのは事実。
そして、人をコテ叩きに走らせる動機が必要で、
動機もなくコテを十把一絡げに「厚顔無恥さ加減」なんて批判はしないよな。

意味もない批判に走らせる背後にあるのは、劣等感???
それとも、俺様は偉いという実力を伴わない空威張り???

どっちにしろ、惨めな醜態だな。www

319 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 20:16:15.88
>>318
単純に才能無い奴がコテやってるから叩かれてんだろ。特に記憶

科学的知識皆無で素人同然の間違いドヤ顔で披露するとかアホかい。

320 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 20:27:40.51
>>319
つうか記憶しか知らないんだろお前w

321 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 22:25:50.34
「コテに劣等感」って言ってる人は、つまり、「コテで優越感」を持ってるんでしょうなあ(^^;
理解できん価値観だなあ。

さて、わたしが1なんだが、わたしはコテ憎くてここを立てたんじゃなくて、
当時2次発表待ちでその話題で話せるかと総合スレにくるたびに、賞とは無関係の
レスに埋もれて賞関連の発言が拾いにくい状況だったのを憂いたわけです。
 で、賞とは関係ない書き込みの主たるものは、某コテさんの日記もどき
(と、それへの攻撃とおかしな反撃(^^;)と、総合スレの伝統であるところの
晒しの感想書き込み。つまり、コテさんたちがやってることなわけです。

 総合スレではそれが伝統なのだから、あっちに「出て行け」というのはへんなので
こっちが出たというわけですね。

 コテを「禁止」とせずに「スルー」ってしたのは、別にコテが憎くて立てたスレでは
ないからです。でも、こっちにも平気で書き込まれると、台無しになってしまうから、
叩くんじゃなくてスルーして、ここの独立性を保っていきましょうよ。
 あっちでコテ使ってる人が、こっちで名無し書き込みするのはいいんじゃないですかね。
でも、こっちで晒しや晒し感想はやらないでいただく、ということで。

322 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 00:21:36.86
>>314
>>305

323 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 14:27:32.62
むう(´・ω・`)次の創元SF短編賞向けの話のアイデアが思いつかない。
ちょっと環境変えて自分に刺激を与えてみるか・・・そうだ、京都に行こう。京都に。

324 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 22:12:27.91
>>323です。
京都近辺でお勧めのスポットってある?(´・ω・`)一般的な観光地でも、SF的にお勧めでも。
来月頭あたりに調整してちょっくら行ってこようかな、と。
「SF的には京都じゃなくてここだろ!」という土地でもいい。お勧め教えてくんろ(´・ω・`)

325 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 22:31:21.40

定番かもしれんけど、とりあえず駅ビルを満喫してみては?
怪獣映画初の屋内対決が行われた場所だし、
沙村広明が漫画で紹介してた意味不明のでっぱりや謎のステージなどもSF的かも。
それと神泉苑なんかも美しくて良いんでないの。
SFというよりファンタジーな美しさだけど。

326 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 22:55:07.54
>>325
情報ありがとう!ヽ(・∀・)ノ

327 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/23(水) 23:29:12.46
明るく前向きに切磋琢磨してるスレ住人諸君に聞けばいいじゃん

328 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/24(木) 12:08:00.02
おすすめは京都の古本屋めぐりだな
SFとは真逆のような気もするけど温故知新ってことで
京大工学部の生徒さんのおかげか内外のSFの本の掘り出し物も多いし
ブックオフとかとは品揃えが違う(ブックオフにとってはゴミ扱いのようなものかもしれんけどw)
どっか一つ見つけて入って古書組合が出してる古本屋マップみたいなの買うといいと思う

329 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/24(木) 16:14:20.34
京都の夜のお勧めは先斗町かな
渋めのバーを数軒はしごして、しば漬けチャーハンで〆て
最後に軽く酔いざましにイノダの濃いコーヒーってコースをお勧めしたい
先斗町って細かい路地があって暗がりからみる街がブレードランナーっぽいってSF気分も味わえると思う
でも、そんな暗がりには、たまーに、うんこ座りで煙草をふかしてる舞妓さんとかいるから気をつけてな

330 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/24(木) 21:55:44.11
みんなで京都に行こうず。

331 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/25(金) 09:04:18.25
俺は京都の人間も建物も食い物も、京都好きも大嫌い

332 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/25(金) 19:32:07.89
今、京都に行くんだったら(俺は東京からだけど)やっぱ、恐怖溢れる高速バス
行きだと思うんだよね。生きて帰ってくればネタに使えそうだし
逝ったら、往ったで全国紙の三面記事に写真が載るなんで芥川賞並みの扱いだぞ

現地集合ならJR嵯峨野線 円町駅から徒歩五分で花園大学の無聖館あたりかね?

そういや、知り合いにAB型の女は有りえないって奴がいてさ、そいつの二次元嫁が
後にプロフィールで血液型が発表されて。それが原因で離婚したらしい…ww
つい、訳も明かさずに京都嫌いを見てなんかあったのかと思った。余計なお世話か

333 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 03:13:58.70
>>332
>今、京都に行くんだったら(俺は東京からだけど)やっぱ、恐怖溢れる高速バス
>行きだと思うんだよね。生きて帰ってくればネタに使えそうだし
>逝ったら、往ったで全国紙の三面記事に写真が載るなんで芥川賞並みの扱いだ

それSFじゃなくて、ホラーってジャンルにならないか?(´・ω・`)

334 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 16:29:47.96
定員40人の夜行バス、出発の段になって点呼すると39、40、41...
41人いる! なんてことありゃSFじゃない?

335 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 18:33:27.89
よく見るとバスの前から見て行き先が書いてある所が
「恐都」とか「凶都」になってるのな
運転手がタモリで

336 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 00:11:16.67
運転手が返事してましたーって笑いでおとす

337 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 12:37:43.29
落語か!

落語送ってきてもいいと言ったら落語が送られてきて困ったと言ってたなw

338 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 11:54:47.63
>337
困ったとは書いてなかったよ。

339 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 04:28:10.24
大森以外の二人はてめーのせいだぞと当てつけてて
大森は面白ければという話であってと弁明してるんだから
おおまかに言えば、困ったと言ってるだろう

340 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 11:56:28.26
はいはいすばらしい読解力ですね

341 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 13:52:55.24
あれは明らかに困惑してたろww
「マジで送ってこられても困る」をぼかしてたけども

342 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 14:11:01.86
「落語でも何でも面白ければ最終、ひょっとしたら受賞も考えるが、
その人はその後ずっと落語を書くていくのか、
その次普通に小説を書いた時に面白い小説になる保証はないだろう」
ということだと思います。

343 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 14:29:49.23
つまり落語で落後というオチですね

344 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/05(火) 20:04:05.24
【審議中】
    ,、_,、  ,、_,、
  ,、_('・ω)(ω・`)、_,、
 ('・ω)u゚  ゚uu(ω・`)
  ゙uu゚( '・) (・` )uu'
    ゚uu゚  ゚uJ゚

345 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 15:45:59.78
第4回は円城塔だな
応募者さらに増えたりして

346 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 17:06:19.68
>>345
応募系のものは、開催のたびに増えてくれないと困るだろ(´・ω・`)増えていいんだよ。
・・・しかし、まだネタが浮かばんよ。さて、どうするかなぁ。

347 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 18:56:02.75
円城塔か。伊藤計劃もイタコに口寄せしてもらえばww
まあ、次回は相当に変わり種を送ってもいいのかもな

348 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 21:32:36.73
>>347
円城先生ご本人が「EnJoe140で短編中 ‏@EnJoeToh」で

「呼ばれました。特化はしない方が吉だと思います。
http://www.tsogen.co.jp/sftanpensho/

と。

349 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 22:58:47.09
円城先生自体そこまでガチSFじゃないのも書いてるし
割とライトなのでも許されるかな。今回は言語系はパスだ



350 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 01:46:39.14
円城塔と同ジャンルで勝負かける奴はいないだろ


351 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 03:29:51.05
朝刊に円城塔氏の芥川賞受賞エッセイが掲載されていた。
知性の感じられる文章で、田中氏のエッセイと比べると全然違う。
私は知性も感性も中途半端なので、知性あふれる人を崇敬する。

円城氏はこう書いている。

わたし自身はあまり一貫性のある書き手ではないからである。ジャンルもまたぐし、テーマの振れ幅もとても大きい。

まだ2作しか読んでないが、確かにそんな印象。
でも、「言葉」というテーマがどちらにもあったと思う。

きっと、裏切ってしまうと思う。わたしにとって作家とは、突拍子もない方角へと移動を続ける生き物だからだ。

読者としては、自分に合うものを読めばいいだけなので、べつだん不満はない。
作風に一貫性のない作家というイメージを持っていればいいだろうと思う。
筒井康隆だって、一貫性がないといえばないけど、でも読んだ後にはやはり筒井康隆だと思う。
円城氏もそういう風になっていくのではないか。

352 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 09:22:54.56
>レイ・ブラッドベリさん死去

合掌。

353 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/16(土) 02:43:35.49
さぁ、第四回の構想を練るぞー!(`・ω・´)
その前に京都に行こう。梅雨に入ってしまって、スケジュールを変更。
梅雨明けの「蒸し暑い京都」に言ってきますよ!(`・ω・´)

354 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/16(土) 13:40:10.44
お前の(`・ω・´)ってそれコテつけてんのと同じじゃね

355 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/16(土) 17:00:58.26
>>354
かね?(´・ω・`)まぁ、それならそれで!(`・ω・´)

356 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/16(土) 18:37:45.51
>>355
それで!じゃねえよ
コテ付けたきゃ他でやれよ
自意識過剰なんだよ
この糞コテが

357 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/21(木) 15:27:32.80
べつにコテでもいいと思うけど
(`・ω・´) みたいな顔文字使う人がもし30超えてたら
ひたすらキモいなとは思う

358 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/21(木) 19:26:49.02
60近くのババアだったらどうすんよ!(`・ω・´)

359 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/22(金) 09:25:38.38
>358
そういうところは年齢にかかわらずキモい

360 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/23(土) 00:48:56.13
なら、「顔文字キモイ」でいいんじゃね?(´・ω・`)

361 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/23(土) 16:59:14.57
>360
じゃあ「顔文字キモイ」から死ね

18歳までなら許せる


362 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/23(土) 18:38:52.01
18歳以下でもキモイわ

363 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/23(土) 20:22:14.27
だな。

364 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/24(日) 00:30:12.02
創元SF短編賞のネタ、みんな思いついた?とりえあずストーリーが見えた話があるんだが、「登場人物の思考が、作者が読んでも気持ち悪い」という狂った人間しか出てこない話になりそう。

365 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/24(日) 19:25:23.39
皆勤の徒ぐらい気持ち悪ければいいんじゃない

366 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/24(日) 20:05:43.72
たいがいは「狂ってる」って思ってるの書いてる本人だけなんだよな
読んでもあっそで終わり

367 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/25(月) 01:14:27.14
>>366
ね。


368 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/25(月) 03:32:42.64
みんなで「狂った話」を書こうぜ!(`・ω・´)

369 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/25(月) 09:20:48.63
ひとりで書けよ小説家目指すなら

370 :名無し物書き@推敲中?:2012/07/05(木) 07:44:21.45
宮内悠介「盤上の夜」、直木賞候補じゃん。
すげー

371 :名無し物書き@推敲中?:2012/07/07(土) 08:30:27.36
すげーな。まさか創元SFから候補が出るとは

372 :名無し物書き@推敲中?:2012/07/09(月) 00:23:36.30
ひょっとして、創元SF短編賞ってすごいんじゃね?
星雲賞候補作も出てるし。

373 :名無し物書き@推敲中?:2012/07/09(月) 14:48:45.92
創元SF短編賞はすごいかもしれないが、応募者が特にすごいというわけではない

374 :名無し物書き@推敲中?:2012/07/09(月) 21:21:19.09
つまらん作品だけ集まる賞がどうすごくなるんだよ
バカか

375 :名無し物書き@推敲中?:2012/07/10(火) 08:03:12.16
>372
SF板の円城塔スレにもおんなじ書き込みをしててウゼエ

376 :名無し物書き@推敲中?:2012/07/11(水) 20:15:31.30
あぁ(´・ω・`)書いていくうちに、「みんな狂っている」はずなのに、主人公の思考がマトモになってきた。
なんということだ・・・がんばって「みんなキチガイ」にしないとなぁ。むう。

377 :名無し物書き@推敲中?:2012/07/12(木) 08:49:36.29
じぶんのにっきとかにかくといいとおもいます

378 :名無し物書き@推敲中?:2012/07/12(木) 13:23:32.51
>>376
狂っているというのは思考が破綻してめちゃくちゃになっているのではなく
常識外れの一貫した論理に従っているのだ

ということを念頭に置いてキャラ造形すれば
その論理から離れることはないと思うのだが

379 :名無し物書き@推敲中?:2012/07/14(土) 23:46:05.41
>>375
372 書いたの俺だけど、円城スレには書き込んでない。

380 :名無し物書き@推敲中?:2012/07/17(火) 20:54:07.87
宮内悠介「盤上の夜」、直木賞逃す(´・ω・`)

381 :名無し物書き@推敲中?:2012/07/30(月) 02:02:01.02
悩んでいる(´・ω・`)ちょっと一旦冷やして、出来るだけ客観的に見れるようになるまで、一旦筆を置く。
見直したら、問題点、文のつながりとしておかしな文章、基本となる科学知識に関する勘違い。そういったものが見つかるかな。
しばら寝かせてみる。うん。ちょっと主人公が「正義感」に目覚めてしまうことに、違和感があるんだよね。
みんな、「俺の考えが正しい」という行動原理で、読み手からすると、「おまえら全員基地外」って話にしたいんだけれども。

382 :名無し物書き@推敲中?:2012/07/30(月) 11:24:47.68
そうですか、よかったですね

383 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/14(火) 08:11:11.71
いつのまにか「第3回創元SF短編賞・贈呈式+トークイベント(7月14日)レポート」
なるものが出てますね。
と、ねたを振ってみる。

384 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/14(火) 10:40:44.59
理山さんは本業の都合で顔出しNGです→受賞者の写真掲載、という
流れるような展開に噴いた

385 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/14(火) 22:31:24.63
>384
本人に許可取ってるだろさすがに

386 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/20(月) 04:04:52.74
イベントでは
「顔がわからないくらいの大きさまででよろしく」
と司会側から注意があって
ちっさい写真が載ることになったようだ。

387 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/25(土) 00:18:48.18
再開されるハヤカワのSFコンテストは100〜800枚か。中篇でも長篇でもいいんだね。

100枚以下の短篇は創元へ、それ以上の枚数は早川へってことか。

388 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/26(日) 00:54:54.89
選考委員のあずまんはどうなのか。

389 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/26(日) 18:11:52.68
それより、受賞後第2作までの出版権はハヤカワに属します、という3冊縛りを明文化してるのが凄いな
慣行として後で押し付けて来るよりよっぽど公正な態度とも言えるが、飼い殺しも自由自在ってことだ
ラノベで受賞したら3冊書いてねってのはだいぶ話が違うだろう
ヘタしたら2桁年かかるぞw

390 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/27(月) 02:40:01.92
>>389
それは、
「このコンテスト受賞だけで俺の文筆活動はOK、なんてゆー甘ちゃんはお呼びでないんだよ。本気で職業作家で命を終えたい人がガチでかかってこい」
という応募者への挑戦な気もする。
あと、100枚〜からだから、文庫化において枚数が足りないから、「あと2本書いて文庫一冊の分量にしてね」という意味にも読める。
作者に印税を上げたいからこその、「それなりの作品で挑戦してね」っていう事ではないのだろうか。
まぁ、それなりの気概がないと応募できない、「ガチのSFコンテスト」なので、良い事なのではないでしょうか。

391 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/27(月) 16:05:28.61
真剣に書く限り3冊分まではサクサク出せるよう面倒見てやるつもりだ、と取るか
仕事はやらないけど囲い込んでよそでは仕事させません、と取るか
それによって180度評価の反転する条件だな

392 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/27(月) 20:01:22.25
>>389
ええ、そんなのあんの。俺、他がメインだからなあ
あんまり脅されるとさあ、出す気がなくなるじゃんか

393 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/27(月) 20:09:10.83
もう一回要綱をみなおした。どこにも書いてないじゃん
複数応募をしている俺はそんなこといわれるとビビるしさ
結構一作だって書くのはマジで大変なんだ

394 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/27(月) 20:20:11.98
>>393
ちゃんと読め。
ttp://www.hayakawa-online.co.jp/news/detail_news.php?news_id=00000566
--
●諸権利 受賞作および次々作までの出版権、ならびに雑誌掲載権は早川書房に帰属し、出版に際しては規定の使用料が支払われる。
文庫化および電子書籍の優先権は主催者が有する。
テレビドラマ化、映画・ビデオ化等の映像化権、その他二次的利用に関する権利は早川書房に帰属し、本賞の協力企業に1年間の優先権が与えられる。
--
「受賞作および次々作までの出版権、ならびに雑誌掲載権は早川書房に帰属」って書いてあるやん(´・ω・`)

395 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/27(月) 20:23:29.14
>受賞作および次々作までの出版権、ならびに雑誌掲載権は早川書房に帰属
三冊とは書いてないが、次作・次々作はハヤカワが出版権獲得って書いてるじゃん
>>390の言う通り、一作じゃ本にできないから一冊分書いてね、という意味ではあるかもしれない

他が本命ならまずいが、複数応募してるならむしろいいんじゃないの?
受賞しなかった方の作品を編集者指導のもと改稿して受賞第一作にすることすら可能

396 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/27(月) 20:26:12.26
だがちょっと待って欲しい
「次々作まで」に次回作が含まれるとは限らないのではないか
絶筆から次々作まで時間を遡る形で規定していて、次回作だけ含まれない可能性がある


397 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/27(月) 20:36:28.39
そうか、昨日今日入った話だもんな、ほんとのこと言うと
俺はどこでもよかったりさ。今からっていわれっかしらねえけれど、
書く気力っているんだよ

398 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/27(月) 20:38:27.39
>>397
ここでは日本語で書き込んでいただいて構いませんよ

399 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/27(月) 21:15:48.90
本スレが閑古鳥だな。誘導しておくか。
【復活】ハヤカワSFコンテスト Part1
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1346022812/

400 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/27(月) 23:24:59.18
お前が乱立厨か

401 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/28(火) 11:28:53.52
やばい屍者の帝国が面白すぎる


402 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 16:22:19.11
ハヤカワのスレは軌道に乗って伸びてるみたいだな。総合スレじゃ、認めないって
動きもあったようだが。
で、ここは停滞だけど、停滞時を埋めるための「祭り」とかをやらないようにしよう
って場所なんだから、この時期はこれで正解なのかな。

創元締め切ってからハヤカワ向けに書くって芸当はむずかしいから、ハヤカワに
流れて創元の応募が減るってことはあるんだろうか。
といいつつ、流れそうな自分が居る。

403 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 18:40:05.51
>>402
創元SFの応募者はプロット書き上がって、実際に書いている時期じゃね?
あと三ヶ月ちょっとだもんな。締め切りまで。自分もがんばらないと。

404 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/05(金) 00:10:32.85
出す
よろしく

405 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 00:47:40.42
保守。おいらもがんばって書いてるぜ。

406 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 01:01:13.13
むう(´・ω・`)創元の枚数を超えそうなのだが、ハヤカワが求めているようなハードではない。どうしたらいいのか(´・ω・`)

407 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 01:25:24.36
ノスタルジーSF以外なら、人間を書かずに骨組みにすればよろし
そうすりゃワンアイデアで越えることはない

408 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 01:43:39.38
ハヤカワってハードか? 創元の方がハードっぽい気がするんだが
ハヤカワはFTも受け付けてる気がするぞ

409 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 04:10:39.99
そりゃ軽いSFも売ってるさ
でもハヤカワの名前付けたSFの賞の大1回目だし
FTよりはSF、しかもラノベや漫画風でないハードなものほしがってるだろうな
第2の伊藤とかも言ってたし

ってのが向こうのスレ住人の読みなだけだよ
なんか確定って空気になってるのはあれだけど
当たるんじゃないかなって俺も思うよ

で、うまく行けばハヤカワファンタジー新人賞も始めるだろ?
(これもきっとRPG乗りの剣と魔法とドラゴンでは不利でさ)
だとすると今回ファンタジー寄りは避けられるだろうなと
スレ住人の読み

だから、そんなことハヤカワが言ってるわけではないんで
どっかのラノベにあってもおかしくないよな
って感じの科学的考察無視の学園SF出してみても良いかもね

410 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 06:34:05.88
伊藤ってどちらかと言うとファンタジー寄りの軽いSFだろ
あれで重いってラノベの読み過ぎだろ

411 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 13:12:56.47
ラノベでいいじゃん
量子探偵ラノベ過ぎて吹いたわ、訳でセリフをそれっぽくしすぎだろw
バチカルピの新作もラノベだったし
最近話題に上るSFってラノベばっかじゃね

考証無視のスペオペって意味のラノベが通用するかは何とも言えんが
というかそんな髄までラノベのなら電撃に送った方がいいんじゃね?と思うが、
ハードな内容をキャラクター性に包む意味のラノベは求められてるんじゃないの

412 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 18:25:52.54
ライトにするのはありだけど、ラノベにするのはNGだと思う
たとえば名作SFだってキャラの魅力が立ってるものも多い
ただ、ラノベキャラ的魅力じゃなく、人間的魅力だけど

413 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 18:39:44.71
キャラ立ちは昔と違って重要だと思う
でもSFなんで、ラノベのトンデモ力学みたいなのは違うと思う
知識があっても楽しめるトンデモならOKだけど、ただのでたらめは駄目

414 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 18:52:11.98
どっちも読むけど、正直、SFの方が無茶苦茶やってる

415 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/09(金) 02:04:28.43
いまだに光速近くなると質量が増えるとか言ってるハードSFも多いしな

416 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/09(金) 02:06:53.36
昔の読んでるんではw

417 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/09(金) 02:13:57.03
ラノベだと異能(超能力)でそういうもんで済ませてしまっていいところを
SFだと理屈付けなきゃいけないから、トンデモが入ってこざるを得ない
それをもっともらしく見せる力量がない、なら問題だけどね

だいたい物理学の先端研究なんかもはや哲学なわけでね
地球が丸くて動いているなんてトンデモ説を言い出すしね

418 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/10(土) 11:22:11.77
そんなやつは宗教裁判で死刑だな

419 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/10(土) 22:04:58.90
地球が丸いのはエラトステネスが測定して調べたからだぞ

420 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/10(土) 22:44:30.13
地球が丸いのはキリスト教成立以前から知られてたよな(´・ω・`)ただ、無知蒙昧なキリスト教信者が否定しただけで。

421 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/10(土) 22:48:28.25
ちなみに、日本でも、伊能忠敬先生が、実測で地球の円周を測定している。それはあの当時の計算からすると非常に誤差が少なかった。
・・・本当に、キリスト教はロクなことをしてないんだよ(イエス先生の教えを否定するものではありません)。
キリスト教史観でSFを書くのなら、現代の度量衡を否定するくらいチャレンジングでないと、ダメだと思うね。

422 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/10(土) 23:02:02.79
キリスト教は迫害されているから多少過激な行動に出ても仕方ない
虐げられたものの悲哀として理解してあげるべきかと?
今も中国では布教に赴いた牧師や神父が迫害されている事実がTwitterで報告された
われわれはこの人類の罪から目を背けず、受け止めなければならないよ

423 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/10(土) 23:15:09.34
>>422
うわぁ((;゚Д゚)モノホンのキチさんですか。

424 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 00:54:49.13
右の民を迫害されたら、左の民を差し出せじゃねえんかい

425 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 01:32:58.14
キリスト教の言う「隣人」は同じキリスト教徒って意味だから
異教徒に対しては右の民を迫害されたら報復で皆殺し
目には目を歯に歯をの等価報復を定めたイスラムよりよっぽどイカれた宗教だよ

あまりにイカれているから宗教改革が出てきて比較的理性的に運用されるようになってしまったという

426 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 09:43:42.01
キリスト教徒が新大陸で行った
悪逆非道の鬼畜悪魔の所行を見たら
キリスト教徒は廃絶させた方が人類の為だと思える
イエスを語る者に善人無し
悪行を正当化する為に使われたのがイエスの名前
そして善行は自分の名前を使うw

427 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 16:40:52.26
その頃日本も大概だけどな
内戦で相手の首を刈り取ったり
火薬欲しさに海外と奴隷売買(女)したり

428 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 17:01:10.37
>>427
ポトシ鉱山だけでも奴隷労働で800万人の先住民が死んだと言われる
総数はもはや不明だが数千万人以上だろう
先住民を殺しつくし奴隷が足りなくなり、アフリカから黒人を奴隷としてきた
その数2000万人以上

どうみても雲泥の差だよね
それが同じに見えるなんて目が腐ってるよ
キリスト教徒は永遠に後悔し贖罪する必要が有る

429 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 17:54:32.20
数字盛りすぎだろ

430 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:00:54.29
それ、今の感覚で思うから残酷に思えるだけで
当時は土人は人間じゃなかったから別に問題ないよ

431 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:02:06.75
その先住民もつれてこられた黒人も子孫はキリスト教になってたりして
「どうやって後悔して、誰に謝罪すればええねん?」って感じになってるけどな
かといってムスリムになって苗字をXに変えてみても、そう状況がかわらんしな

432 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:05:47.17
文明に触れ、神の教えにも出会えられたわけで
結果的には良かったのではないかと

433 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:08:34.51
キリスト教徒っていうつながりがあるわけでもない団体に罪ってのがおかしいんだよ
やめちゃえば、責任なくなるのか?
当時の乱暴者の神を信じても居なかった開拓者はなぜか罪がないんだけどいいんか?
おれも今からキリスト教徒になれば、なぜか謝って、永遠に贖罪なのか?
やだろそんなの
そもそもキリスト教の定義ってなんだ?
神父が428を捕まえて洗礼受けさパンとぶどう酒くわせ信者名簿にのせれば428にも贖罪発生?
それは心からじゃないから、キリスト教徒でもお咎め無し?

434 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:11:39.80
仮定の話ですが(と断らないと逮捕される時代だから断っておく)

キリスト教徒を野放しにするのと、キリスト教徒を皆殺しにするのとでは
キリスト教徒を皆殺しにする方が人類の損害ははるかに少なかったんですよ

435 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:17:37.37
キリスト教徒でなくてもアメリカに出かけていってインディアンは殺したと思う
かれらがキリスト教徒であったのはたまたま
十字軍も、キリストうんぬんは言い訳でしかないし

だから皆殺しにしたとしても、皆殺しの人数分、人類の被害が増えるだけ

436 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:21:51.67
人類の損害ってなんだ? 意味がわからん

437 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:26:00.15
>キリスト教徒を野放しにするのと、キリスト教徒を皆殺しにするのとでは
>キリスト教徒を皆殺しにする方が人類の損害ははるかに少なかったんですよ

これに対して

仮にキリスト教徒を全滅させて、アメリカへ行った開拓者がみんな違う宗教だったとしても
同じ事やっただろうから、死んだ人間の量や破壊された物=人類の損害 は
かわらんだろう
というより、その最初の全滅させられたキリスト教徒の人数分増えるんじゃね
って話

キリスト教徒でなかったらアメリカへ渡った人々がインディアンを殺さないという理由が思いつかない
たまたま彼らがキリスト教徒だっただけでしょう

438 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:26:26.32
>>435
十字軍を皆殺しにすれば十字軍に殺されるイスラム教徒はいない
だからその理屈は間違っている
これは単純で厳然たる理屈の問題として、個人の思想や見解に関わらず、正しい

439 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:26:59.30
キリスト教は異民族の抹殺と文明の抹殺を教義に掲げた極めて暴力性の高い宗教
抹殺という手段のためには目的を選ばない宗教なのさ
だからこそここまで卓越できた

キリスト教があろうがかなろうが、やはり侵略と征服は行われただろうが
目的のために目的を行う止まりだ

440 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:34:40.16
クリスチャンに言わせればキリスト教は今も迫害を受けてるんだけどな
神が生物の姿をデザインしたという聖書に明記されている事実を語ると白眼視され、
進化論などという愚にもつかないオカルトが常識とされている
せめて両論併記すべきだという訴えすら、米国の一部の州で認められたに過ぎない
これが迫害でなくて何なのか?

阿呆らしいと思うかもしれないが
本気でそう思ってるんだよ、クリスチャンは

441 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:46:32.52
いやいや、十字軍は名前こそ十字軍だけど基本は侵略軍であって
キリスト教は大儀だもの、勉強しろよそのくらい
で、おそらくだけど十字軍を殺してたら
トルコ軍あたりがヨーロッパに来てるだけだな
実際ギリシャやイタリアの下辺りまで何度もきてるもの

442 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:51:21.17
ムスリムだって異教徒は殺せ、だぜw
キリスト教が特殊であんなことが出来たわけでも卓越できたわけでもないよ

キリスト教が流行った地域に産業革命が起こっただけ
もしかしたら中国人や隣の日本で産業革命やってたら
(いくつかの歴史を作るような発明はしてるし)
仏教が殺戮の宗教になっただけ
(仏教は教義的に殺戮しないはずって言うのは歴史知らず)

443 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 18:59:28.02
ユダヤもキリストもムスリムも、
「同じ神」を信仰している事を忘れてはいけない。
ただ、その神に対する信仰の教義が違うだけ。
広い目で見れば、同じ宗教の宗派間対立なんだよ。ユダヤとキリストとムスリムってのは。

444 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 19:07:34.62
ちげえよ
神が居て、そのごキリストとかムハンマドとかが
「俺様が神の代理人っていうか神な」、とかいいだしてるだけ
宗派って言葉とちょっと違う、その上の段階での属性が違う
それを言うなら浅原だって幸福だってキリストの生まれ変わりとか言って宝
宗派の違いになっちゃう

会社で言うと支店レベルの違いではなく、三井物産と三井生命くらいちがう
むかしはいっしょだったんですよねえ、みたいな感じ

445 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:01:51.69
「キリスト教は悪い」っつってんのに
「イスラムだって悪い!」と言い出すアカウントがこちらになります

何、アフリカやアメリカの先住民はイスラム教徒だったの?
初めて知ったな、歴史が塗り変わるんじゃねえか

446 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:07:55.68
てか、クリスチャンが批判を全部ムスリムからのテロ工作だと思ってるのが明らかになったなw
おおこわいこわい、これだから絶対正義野郎どもってのは

447 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:12:41.82
ちがう、すり替えてる

キリスト教は悪いに対して
キリスト教であることが原因ではない、仮にムスリムだって同じ事したはず
って意見

アフリカとアメリカの先住民がイスラムだと主張したものは居ない
十字軍の話では? わざと読み間違ったふりしてるんだろうけど
(もっとも北アフリカの黒人にムスリムは居るけどね、歴史は塗り変わらない)

448 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:20:34.69
たとえばさ、アメリカで残虐な事したのもアフリカから黒人連れてきたのも
みんな靴を履いていた、靴が悪いとかいうと馬鹿見たいじゃん
キリスト教を靴だと思えばいいよ、たまたまキリスト教なんだよ

いいやキリスト教は特別で、教義が〜
っていうが教義自体はイスラムでもかわらんし仏教徒に残虐性がないわけでもない
やっぱりキリスト教だからじゃないんじゃねって話

イスラムも悪いなんて話は誰もしてない

普通はこういうとき、白人は、とか言うんじゃね?

449 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:24:22.58
左巻きなやつはみんなこんなだよな
日の丸が悪いとかさ、旗は関係なくね? 
かりにうんこのマークでも歴史はなにもかわらん

450 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:26:21.22
>>447
>ちがう、すり替えてる
お前がな

>キリスト教であることが原因ではない、仮にムスリムだって同じ事したはず
キリスト教が悪いだろ
みんなだっておなじことをしたはずだからぼくちんわるくないお!ってかw

論破してやろうか?
キリスト教は科学を魔女狩りしたのでヨーロッパでは全く科学文明が発達せず、紀元前よりも衰退し、
対して、イスラム教世界では錬金術が発達した
それを奪うか潰すかしようとして派遣されたのが十字軍である
「他の宗教だって絶対同じ残虐行為に及ぶからキリスト教は悪くない!」なんてのはなあ、
頭の髄までイカれたキリシタンのタワゴトなんだよ

放っておいても誰かが悪いことをする、だから俺が先にやってやるし、俺は悪くない
これがキリスト教の行動原理か

451 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:30:49.17
キリスト教は人殺し・文明潰しのカルト宗教だろ
人間のタガを外す邪教
文明の否定を教義に定めた宗教なんか他にねーじゃんw
だからまあ、一時期流行ったヒッピーSFとは異様に親和性が高いんだけどな

洗脳(洗礼っていうんだっけ?)を受けた信者がうちは悪くないと言って必死になることまでは信教の自由だが
そのために他の宗教でも同じ残虐行為を働いたはずだから、とまで言い出すのは看過できない

452 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:38:30.35
あーわかった
ムスリムを今の地域の人って思ってるの

仮にヨーロッパにイスラム教が広まってたとしても
彼らは同じことしたはずだって話

人間のタガとかさばかじゃね
人間はそもそも、誕生の最初から他の民族と殺し合いしてるじゃん

文明の否定をする宗教がほかに無いとか物しらなすぎ
いくつだよお前、キリスト教って汚いとか、Wikiに出てくる中2病の症例のまんまじゃん

453 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:45:12.25
キリスト教の正当化のためならどんな詭弁も弄する
そしてその詭弁は「キリスト教以外の宗教だって同じ事をしたはずだからキリスト教は悪くない!」
それ十分にキリスト教悪いんですけど

仮にイスラム教やライオン神教が席巻したら同じような科学の弾圧と虐殺を行っていたとしよう
キリスト教みたいなキチガイ宗教じゃねえからしねえけどな?
したとしても、確定した現実の歴史ではキリスト教が悪いんだよそれぐらい分かれよ
これだからカルト宗教キチガイは困るんだ

悔しかったら世界を席巻したイスラム教が科学者を処刑して暗黒時代を作り、
正義のマイナー宗教・キリスト教が立ち向かうSFでも書けばあ?

454 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:46:43.80
当時のスペイン人やイギリスならキリスト教徒だろうが仏教徒だろうがイスラム教徒だろうが
アメリカに行ったはず
目的は宗教じゃねえもの、香辛料であり黄金であり、肥沃な大地だもの
そしてほかの宗教なら原住民と軋轢が生まれない、ってのも楽観過ぎる
かれらは征服者だし侵略者だもの
で、綿花なりとうもろこしを作るわな、そして大量の労働力が不足するのも必須
ここで、仏教徒ならアフリカから奴隷を連れてこないか?
そんなわけなよな
仏教や神道を信じてた国民もアメリカに貿易を遮断されてアジアに進出したし
さて日本人がみなクリスチャンだったらもっとひどい事したか?
かわらんと思うぞ

455 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:50:10.27
つうかキリスト教が科学を弾圧してイスラム教が育てたのは事実じゃん
それを無視して、イスラム教だって科学を弾圧してたはずだって?
厳然たる歴史的事実を無視して、仮定の話でイスラム叩き?

天使墜落とか聞いたこともないんだろうなこいつ

456 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:50:46.11
もしかして俺をキリスト教擁護と思ってるのか?
ちがうよw 宗教なんかどれも糞だよ
信じてる奴は馬鹿だと思ってるぜ 神様なんかいねえもの
人類の行為に永久及ぼすほどたいしたもんじゃねえんじゃねって話だよ
もし信じるとするならSF書きらしく

神様が創ったとかなからw、神様居なくても世界はちゃんと出来上がるよ
             by ホーキング博士

だな

457 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:55:11.76
イスラム叩いていないしw 
今のイスラム教原理主義者が学校で科学を否定するのはキリスト教原理主義者みたいだなとは思うけど
でもまあ、仏教だって仏教大学で魂とか地獄とか教えるんだろ?
キリスト教だけピックアップすんなよ、宗教はどれも科学の否定

458 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:57:27.56
でも、キリスト教は悪くないんですね
人類がそういう救いようのない存在なだけ!なんですね
他の宗教でも同じ事をした!なんですね

他の宗教が同じ事をしなかった歴史的事実があるのにね?

459 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:58:58.30
キリスト教は2000年生き残ってるだろ
それ自体、2000年もの間他の信仰を食い殺して制圧してきたってことじゃん
よくいけしゃあしゃあと擁護できるねえ

460 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 21:03:57.69
だから、じゃ、靴が悪いのかよみんな洋服着てたけど洋服がわるいのかよって話だよ
虐殺しやすいように動きが楽になってるw

あるいは鉄砲が悪いのかよ? 鉄砲が無かったらどうだ?死んだ人は減ったっていうだろ
しかし本当はなかったとしても別な武器がきっとあったろ

「別な武器は人を殺してない、鉄砲は殺した歴史的事実があるのにね」
っていうの?

つーか良い悪いで言ったら、宗教はすべて悪い、だとおもうよ
しかし虐殺の責任の所在を宗教ってのは違くねえか
ゆずって宗教に求めたとしてもだ
現在の信者とか今からキリスト教徒になる奴にも謝罪と贖罪が発生
ってのもなんかちがくね?

461 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 21:27:13.89
キリスト者って本当気持ち悪いっすね
「手頃な女がいたからレイプしたが、男なら誰だってレイプするはずだから俺が悪いわけじゃない」
ってね

まあ、それが正論だと思えるほどの洗脳を施したからここまではびこれたんだろうね
殺るか握手するかの選択の場面でも、言うまでもなく殺るか殺られるかの場面でも、
常に「殺らなきゃ殺られる、誰だって殺る!」と叫んで殺ってきた
それがキリスト教の成長の原動力だ

そうしなきゃ歴史上のどこかの時点で滅んでいたかもしれない
その時かわりに台頭していたのは、やはり同様の暴虐極まる邪教の可能性が高いね
とにかく殺して潰して制圧する事を考えた方が生き延びるんだからな
だがせめて、確定した我々の歴史の上ではキリスト教が最大の悪である事実を認め、
頭の悪い言い訳はよせ
「人類史上もっとも人を殺した本は何か?」「我が闘争」「いいや、聖書だ」という箴言もあるだろ

462 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 21:32:28.11
キリスト教は本当に人間を信じていないんだな
イスラム教でもユダヤ教でも、他の宗教でも無宗教でも同じ悪逆非道の限りを尽くしたはずだ、
だから悪いのはキリスト教ではなく人間そのものである、ってか?

ここまで人間の本性は悪であると断定できる宗教の価値観で育てられた人間は、
その価値観に基づいて行動するわな
というわけでやっぱキリスト教自体が悪いわけだ

463 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 21:34:01.72
箴言でなくジョークだな
歴史的にそんなことが確定した話は聞いたことが無い

つまりさ
「手頃な女がいたからレイプしたやつがいたが、レイプしたやつと同じ教会に行ったら罰だってよ」
ってことだろ? 君が言いたいのは
それこそまるで19世紀のキリスト教徒じゃんw

464 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 21:35:37.76
ほほう
あくまでただのジョークで、キリスト教よりナチスの方が人を殺したと?(笑)

キリシタン禁止令を出すべきだなこりゃ
カルトってレベルじゃねえわ

465 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 21:36:51.74
人間は悪にもなれるし善にもなれるそれが本質、
悪だけが本質とか誰も言っていない
じつは宗教はあまり関係ない、
宗教的束縛が薄い僕ら日本人だってかなり善人が多い
犯罪率はキリスト教圏のどこより少ない

466 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 21:40:08.18
>キリスト教よりナチスの方が人を殺したと?

言ってないってw キリスト教徒のほうが殺した人数は多いだろ
さらに言うなら毎日晩飯を食ってる人が殺した人数はもっと多い
しかし晩飯レシピ集が焚書になたりはしないだろ?

467 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 21:42:46.68
>>463
あー、ようやく理解したよ

「キリスト教の名のもとに2000年間続いてきた、人類への暴虐」
への批判を
「クリスチャンであるお前個人に対する、罪を背負って謝罪と賠償を行えという要求」
と誤解してぐちぐち抵抗してるわけね?
自分が可愛いだけかあ(苦笑)

「キリスト教は魔女狩りやったよね」
という批判に対して
「いや、俺はクリスチャンだが魔女狩りしてないので、謝罪を要求されるいわれはない」
と反論してるわけだ
馬鹿なの神のみもとに召されるの?

信者一人分の加担以上には何もしてないお前個人を責める気なんざねえよ
放免してやってもいいよ
歴史上の、キリスト教の罪を認めなさいな

468 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 21:46:37.60
何度も言うが俺クリスチャンじゃねえしw
クリスチャンってことにしたいのだろうけど

ファックイエス とか書けば信じるか?
キリストって民衆だましたほら吹きだよね、まだ復活できてねえし
とか書けば信じるか?
おまえがイスラム悪いって意見なら、同じようにお前の意見を否定したぜ

469 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 21:49:36.86
わかったわかった
お前が言うならそうなんだろうお前の中ではな
人は誰でも数学者の生意気な女を見れば生きたまま肉をそぎとって殺したくなるし
薬草学を学んだ女を見れば水車にくくりつけて回したり錘つけて川に投げ込む生き物だよな
キリスト教は悪くない何も悪くない

470 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 21:54:14.87
というテーマで物語を書いてみたら、と思うのだがいかがか?立派にSFだよね。

471 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 22:02:22.89
日本人が書くとあまり切実でないし誤解もありそうだな
翻訳して海外展開するとはいえ、選考するのはやはり日本人だぜ

472 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 22:10:23.06
>>470

おれも当事者だが同じこと考えてた
とりあえずこいつ>>469がヒロイン
歴史的に邪教が大量の人を殺したから、信者はみんな殺すべき
っていう悪の女科学者、兄を邪教の信者に殺されてる
宗教には子供もいるし、昨日入った人もいる
特に今は昔ほど虐殺とかしていない世代ばかりになっている
で、俺は別にその宗教に入ってなけど
政府から依頼され調査する役に、そして議論して俺は捕まる
しかしこの女は俺にほれているので、邪教抹殺計画に従うかどうか心が揺れる

悪の行為は思考のせいのだろうか、そうだとしたら、
その思考を持った善人も罰するべきなのだろうかってテーマ
どうだろう?

473 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 22:13:29.16
そういえば宗教をテーマにしてるSF小説ってあるの?
モチーフとして聖書っていうやつではなくて

474 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 22:21:02.99
新興宗教やカルトならいくつもあるんじゃね
ロボットと人間とかに変えると鉄腕アトムっぽいかな
人間だったらみんな悪なのか? ロボットを虐待してきたけどっていう

475 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 22:27:41.37
聖戦とか数多いが
モチーフじゃないとすると困るな
アバターも宗教戦争がテーマだよな
幼年期の終わりとかかな

476 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 22:34:26.95
>>472
か、かってにヒロインにしないでよね

つか、キリスト教徒は殺すべきなんて主張をしているわけではないぞ?
キリスト教は過去2000年にわたって人類と科学に対してひどいことしてきたよね?って言ってる
それを「キリスト教徒を皆殺しにしようとするテロリスト」と勝手にすり替えてしまうんだから、
キリスト教のやり口は本当汚いよなあ

つまり、2000年もの間、常にそうやって「テロリストとの戦い」をやってきたのがキリスト教の手口なんだよ

477 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 22:35:33.66
>>473
例えば生命倫理テーマのSFなんかは
国産SFだと科学と倫理の問題となるが
海外SFでは科学と宗教の問題だよ
神が科学を許すか、という視点が常に入る

478 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 22:42:04.86
>>473
「ゼノサイド」(エンダーの続編)、「この人を見よ」とか当たりかなぁ。

479 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 22:43:38.29
>>476

だってお話にするんだもの、言ったことやったこと
激しく強調すべきだろ、掲示板で議論しましたとか書いてもつまんねーじゃん
ここは悪の科学者(セクシー)でミサイルとか毒とか作ってないと

480 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 22:57:15.58
>>475 >>478 ひとまずチェックしてみる
SF初心者なもんで読んだことないやつばかりだから有難い

481 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 22:59:26.09
しかし、こういう話って無いよなって思っても
だいたいにた物、もしくはそのものずばりがあるもんだよな
深夜なのにさささっと出てくる
ちょっとした絶望感がある

482 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/17(土) 13:29:55.14
>>481
別にモチーフとかテーマが似ていても絶望しなくていいと思うよ。
現代音楽の基本はバッハまでに完成されてた。と言われているけど、だからといって作曲者が絶望して曲を作らなくなっているわけじゃないし。
結果的に「過去の何か」に似ていても、かならずそこには「あなた自身のオリジナル要素」があるんだから、心が折れる必要はないと思うよ。
むしろ、開き直って、「先人と同じテーマだけど、俺のオリジナル要素があるだろ!」って意気込みで書けないとダメな気もする。

483 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/17(土) 13:34:37.13
つーか、むしろ、過去の先達達が既に同じモチーフのものをネタにしているのに、
「これは俺の完全オリジナルアイデア!」
って主張する方が滑稽。SFに限らずいろんな本を読んでたら、「類似アイデア」はあって当たり前で、
それでも、「このモチーフで自分も物語を書きたい!」という意志の方が大事なのではないのかと。
その意味で「同じモチーフ」の作品でも別にいいんじゃないかなぁ。同じモチーフなのに細部の違いを声高に「俺のオリジナル」って叫ぶ方がアレだと思うよ。

484 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 15:38:49.34
細かいことかくのめんどくなってきた
すげー設定したのに…
おれSFむいてないのかな

485 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 15:49:46.80
すげー設定しておいてそれを書くのが面倒くさいなら、そりゃ小説に向いてないんだよ
SFには比較的向いてるんじゃないの

486 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 15:58:23.92
これこれがこーなってとか背景を説明するのがめんどい感じよ…
でもそういう衒学っぽいとこないとSFとは言えない気がしてさ

487 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 16:00:14.39
設定作りこむの自体は面倒くさくないなら、小説と思わずに設定説明と思って書いてしまって
あとで文体だけちょこっと説明調に整えればいい

他の小説と違って会話や描写の中で自然に出していくようになんてことは言われない
読者だってその設定を読みたくて読んでるんだから

488 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 16:05:17.82
>>487
おーさんきゅー
そっか、そうだね俺も設定読むの好きだ
でも書くとなると不自然かな??みたいになってめんどくなってたんだ
ナレーションみたいな感じで気にせず入れてみるぜ!

489 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 16:51:48.97
衒学的に知識をひけらかすのが必ずしもSFではないと思うんだが。
その設定の中で生きている生命体や文化を描写するのがSFでないの?
むしろ、無理に設定説明の文章が突如現れる方が萎えるんだが。

490 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 16:58:53.19
>>489
「一般小説に比べて」ではないか
例えばミステリーでは説明が必要な時があるし、SFもそうだと思う

491 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 17:01:29.96
>>490
だから「無理に」って書いてるじゃん。
物語の流れで出てくるのはわかるけど、ストーリーと逸脱して世界の設定「だけ」語る部分が出てきても萎えるよ。
例えば、今の状況を説明するための「歴史」を語ると同時に設定を語るとかならいいけれど、
設定だけ出されてもつまらないと思うがね。

492 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 17:30:44.10
好みと理解能力の問題じゃね?
俺は設定をぶつ切りにしてその世界で生きてる生命体の描写をされる方が萎える
萎えるというか、理解能力低めなんでついていけない

そらまあ、近未来の人間ぐらいならついていけるが

493 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 19:31:18.35
説明ないとファンタジーになっちゃうしね

494 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 19:43:00.22
本来のファンタジーは説明がふんだんにあるものだと思うんだが…
古い文化で説明するとファンタジー、新しい科学技術で説明するとSF

495 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 20:35:32.61
>>494
そうだね、訂正、
説明ないとマジックになっちゃうからね

496 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 21:25:37.94
定義論しても無意味だと思う(´・ω・`)自分が「これはSFだ!」と思う話を書けばいいんじゃねーの?
要は、「話が面白いかどうか」だと思うんだ。

497 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 21:27:37.18
>>491
「無理に」なんてお前の感情だけじゃん、しらねーよw
せめて無理だった作品名あげて

498 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 22:12:22.23
>>497
話をブッタ切って世界観の説明をする話かな。一時期流行った「世界系」に良くある手法だった。
その「世界観」をキャラクターの言動で印象づけるのか小説であって、「何の予備知識も提示せずに設定をひけらかす」のは、単なる設定集だろ。
それが例え読者に受け入れられたとしても、そんなのは「設定話」「ラノベ」であって、「SF」という文学スタイルではないよ。

499 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 22:25:00.80
>>498
それ無理
その世界の歴史、技術、生活などを会話で書こうとしたら
1000ページ越える

そう言う発想が表現できる世界を小さくしてるんだと思う
短編で異世界SFかけるか?
無理だろ

500 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 22:26:29.28
>>498
お前アホだな

501 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 22:32:37.26
>>499
>>500
そういう物語の最近の代表例が「エヴァンゲリオン」だろ。(ファーストな)

502 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 22:54:04.71
エヴァはむしろ語ってないだろ?
お前の大好きな「キャラクターの言動で印象付ける」側の作り方じゃん

503 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 23:06:24.62
エヴァはなあ
設定が2015年の日本なんだが

あれだけ設定が少ないとキャラが語れる

504 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 19:33:26.85
公募自体初めてのものですが……
広義のSFってつまりどういうことですか?…

けっこうこてこてのアニメ色も漫画色もなく、
陳腐な恋愛ものでもないジャンルだと思って挑戦しているんですが……

遥か未来で主人公が世界観を語るお話ではダメですか?

505 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 19:41:44.44
まず原色の想像力や拡張幻想を読んだ方が早いかと
SFは基本的に「僕が考えた○○」ではいけません

506 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 19:44:42.33
未来がかなり特有で、かつ何かが起こらないと駄目だと思うよ
もちろん、そういう未来らしい事件や現象ね

僕が考えた珍しい未来、ってだけで本に載る時代はとっくの昔に終わったと思う
数百枚をオリジナリティある世界構築と細かい描写に使ったらわからんけど
短編では無理だと思う

507 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 19:50:18.25
>「僕が考えた○○」ではいけません

間違えました
正しくは、

>「僕が考えた○○」だけではいけません

こうですね

508 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 20:56:14.69
ぼくが書く今の日本、だけで掲載された人もいたから
まあアイデア次第

509 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 21:28:55.07
ねえよ
そういう時は、自分の読書力の無さを疑おうぜ

510 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 21:45:34.48
エバンゲリオンってテーマもモチーフも無いんだけど
あるように演出で見せかけてオタクだまして売ってるよね
抽象度高くても絵と声優とかのせいで思い入れつよい馬鹿は勝手に補うしね
だまされたがってるオタクも共犯だけどさw

             by押井守(映画監督)

511 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 23:27:13.39
創元ってなんか内輪でぐるぐる回してるだけの、出版不況の根源たる雰囲気的何かを全身に纏ってるよね

512 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 23:50:49.97
>>510
それは文学全体を指してるな
しかも表現じゃなくて宣伝で文学オタクだまして売ってるし
中身の無さでは文学はアニメに負けてる

513 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 01:23:04.00
>>509
あったじゃん
舐めるように現在の東京下町の情景を描写し続けて
最後の数行で宇宙に移民する移住者の体験に落とすやつ

514 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 04:28:46.85
504です。
いろいろ教えていただいて助かります。

お話を聞く限りでは、
・僕が考えた○○(私の場合はとある未来の世界観)だけでは勝負にならない

・そこで展開する物語に魅力があれば勝負はできる

・世界観の詳細、人物、会話をしっかり書き込むには字数が厳しい
ということみたいですね……

では世界観をあえて書きすぎず、かつ必要な部分だけを盛り込み、少ない登場人物で話を運ぶ…というタイプならどうでしょう?
内容はともかく、この賞への対策としてそういう形式にすれば未来もので勝負できそうではないでしょうか?

それとも賞への向き不向き以前にギリギリSFとも呼べればいいっていうスタンスで好きに書いたらいいんでしょうか?

原色の想像力はポチりました! 明日届くので読んでみます!

515 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 05:35:57.39
文学の奇想系とか新規な文学的仕掛け系はさ、中身が無くとも
一応、今回はこういうのやりたくて、相手の心にこういう気持ち起こさせたい
とかあるもんだよ
読みなれてないと、ちんぷんかんぷんだろうけど
文学オタクはそれが上手く行ってるとか、下手だなとかみてるんであって
わからなけど、すごい、深い、みたいな喜び方しない

仮に、分からなさが売りでも、よくある、わからなさだなとか、これは発想が面白いわからなさだな、
みたいなナナメな見かたする。 キャラに惚れたりしないしね

宣伝なんかで動かないよ、むしろ過剰な商業主義は嫌うだろ

516 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 06:26:34.47
キャラ小説は駄目だろうね
面白くとも審査員が頭堅いから撥ね付ける

517 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 06:30:23.19
想像力に載ってた件や見た目15歳大学教授はキャラ立ってただろ?

518 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 12:12:27.08
>>517
キャラ小説っていわゆるラノベ、アニメみたいに
無作為に現実離れしたキャラクター数人並べて展開する話のことでは?

特徴的な一人の人物を中心に物語を進める手法なら、そういったものとは区別されるかと

519 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 12:54:23.85
普通のキャラが活躍するのがSF
超人的なキャラが活躍するのがファンタジー
でダメ?

>>515
無名で宣伝もしない作品なんて
書店に並びもしないだろ
新人賞や文学賞が多いのは話題作り

520 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 14:34:36.08
>無名で宣伝もしない作品なんて 書店に並びもしないだろ

売られる本の9割が東京だってよ(ヒットすれば地方にも回すらしいけど)
話題づくりなしでも現代の中堅以下の文学作品を買うもの好きは、
田舎では住みにくいよ

図書館しか買ってくれないものもあるらしいし
東野圭吾とかは、図書館が新刊を何冊も買って貸し出しとかすんなよって怒ってるけど
図書館購入がなくなったら、現代の純文学の端っこの人は死ぬよね
そもそも本屋にないから、書評も広告もあまりないし、図書館でぺらぺらめくっていいもの探すしかないのに

521 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 15:17:35.07
そんな奴らは死なせとけ
専門書がと言うならまだしも、図書館での新刊貸し出しの正当化に使われる純文学なんか害悪でしかない

522 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 20:28:47.66
民間でできることは民間に!

523 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 23:27:07.92
本を借りたらTポイントもらえるから毎日入り浸って百冊単位で借り返し繰り返すわw
おやつ代ぐらい出るよね

524 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 21:44:53.93
メールアドレスってPCだけ?

525 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 22:03:00.25
22文字しか受け取れないような機種じゃなければ構わんだろ

526 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 22:49:43.34
ということはそういう機種じゃなければ携帯アドレスもOKなの?

527 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 00:03:00.57
持ってなきゃしゃーないでしょw
取れるならメアドとっといで

528 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 17:43:44.41
原色の想像力2買って読んだけどこれwwwwwwwww
どこがSFなんだよww

まぁ経験が浅いので
俺がSFってジャンルの幅を知らないと謙虚に受け止めよう

だとしても、これはもうなんでもありに近いのでは……?
サスペンスでもホラーでもミステリーでもないことは明白だけど、
わざわざSFと銘打つ理由がわからない

『広義のSF』とは、フィクション全般という理解でいいのか?

529 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 18:07:47.65
理解するにはまだ早い

530 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 18:51:52.31
だから日本人にはSFは書けないんだって
実際書いてみれば分かる、閉鎖した狭い世界・社会しか書けてないという事に

531 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 19:12:00.42
お前ら理論とかって書いてるか?
例えば超能力物なら超能力が発現した理由みたいなの

532 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 19:22:46.59
超能力が発現した理由なんかいくら書いてもその理由すら超能力なんだから書く意味はないよ

533 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 20:52:45.18
>>530

では日本人意外が書いたきちんとしたSFって何ですか?

534 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 21:44:57.59
文系がSF書いちゃ駄目だと思う

535 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 22:09:38.72
>>531

ご先祖に未来人が約一名とかはある。

536 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 23:08:45.35
>>533
とりあえず三大SF作家のメジャーどころをつまみ食いしてみればいいと思うけど
ハインラインは後回しにした方がいいと思うなー普通SF入門にはハインラインを勧めるんだけど

537 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 01:37:19.82
>>527
ありがとう
どっかでメアド登録してくるわ
フリーでも大丈夫だよな

538 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 04:40:33.61
応募のために取ったフリメより携帯メールの方が絶対いいだろ
チェックする気もないフリメに連絡受けた時に気付くのか?

539 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 14:48:10.73
見るだろ、メールくらいw

540 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 14:51:19.43
携帯メールでもいいけど、
メアド変更って結構あるからフリメひとつとっとけ
連絡先住所がアパートとかで引っ越しするなら余計

541 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 15:46:06.72
番号こそ携帯の方がいいよね?

家電ない家庭も多いご時世だし

542 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 16:22:32.45
>>539
メール確認してなくて電話ってパターン結構あるんじゃねw
俺も電話あってからメール確認してみたら、なんかそれっぽいのきてたわ
みたいなことあったけど
他の賞の話だが

543 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 17:57:15.09
スマフォで遅れそうだね。

544 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 11:52:30.22
締め切りまでもうすぐだけど、皆どのくらいまで書けた?
自分は予定枚数の半分くらいまで着たのに、まだ話の半分まで進んでないorz
できれば13日くらいには仕上げて、ギリギリまで直し入れたいものだ。

545 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 15:26:10.84
原稿用紙換算100枚まであったのを大幅にカットして55枚にした。
まあ、15日の最後まで喘ぐかな。

546 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 15:59:18.28
火曜日の11時59分までだよな?

547 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 17:01:21.48
火曜日の23時59分までだろうけど、22時頃までに送信したほうが良いと思う。

548 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 02:50:38.17
第1稿出来た!半日寝かせて、明日の午後から直しやるぞー!
web応募は初めてだからちょっと心配。

549 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 22:32:06.13
明日締め切りだけど、郵送組は雪で配達遅延したりしないだろうか。
そういう場合って、webで出し直しとかアリなの?

550 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 23:12:16.14
個人的に必着の公募はダメな賞が多い感がある

551 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 23:40:54.18
ふおおおおおおおおおおおおおお

フォルダ整理しとったらテキスト消しちまったああああああああああああああ

552 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 00:08:41.63
テキストファイルは消してもパソコン使わずにすぐサルベージかければサルベージできるんだが
サルベージソフト入れてないとサルベージソフト入れる時に上書きされてしまうな
ドライブが分かれてるなら取り出せるから頑張れ

553 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 01:52:33.52
明日パソコンが壊れたり事故にあったりしたときのことを考え、さっき送信した。
まだ200番代だった。早すぎたか。

554 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 01:53:34.74
まちがえた
代→台か

555 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 02:44:50.23
20xなのか2xxなのかw
2xxならそんなもんだろうな

556 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 07:40:13.05
ああああもう無理だー
ぜったい間にあわねー
また来年がんばろ

557 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 10:42:31.18
だいたい16000文字以上って短編なのか?
俺にとっては少なくとも中編くらいには思える

558 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 10:50:09.02
16000文字なら短編だろ
200Pの文庫だったら五編入るんだぞ

559 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 12:11:24.37
やっぱりWeb応募は良いな。
〆切当日なのに、このクソ寒い中郵便局まで出掛けなくて済むってのは画期的なことだぞ。
プリンタの調子が悪くて、とか気にする必要も無いし。

560 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 14:01:10.29
なによりも「ちゃんと届きましたよ」っていう確認メールが来るのがいい
なんか安心できる

561 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 17:18:48.25
昼過ぎにwebから出した(・∀・)200番台半ばだった。
速攻で確認メールくるの、良いね。Web応募って便利だ。

次はハヤカワとファンノベに向かって、書くぜ〜!

562 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 21:58:21.78
ハヤカワの方は紙じゃないと駄目なんだな。
すっごい面倒。
今の文学賞は全てWeb応募が出来るようにすべき。

563 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 01:23:42.03
ネットでお手軽応募にすると駄作がいっぱいやってくるだろ
じゃまだろ

564 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 01:28:52.84
ハヤカワの編集じゃないの、酔って「電子書籍なんかあほらしい、
うちのはプレミアつけて高くしてやる」とか言った編集者w

565 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 23:11:20.52
ちょっと事故に遭って、創元の〆切に間に合わなかった(´・ω・`)来年がんばる。

566 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 13:37:18.78
>>534
なんかこれ気になって来たんだけどさ
文系出身でSFデビューしたやついないんじゃないの?
(他ジャンルから来てSF書いてる人は別)

567 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 17:05:14.28
>566
つ新井素子

568 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 17:25:50.69
文系と理系との境界線つうのがよくわかんないけども、けっこう沢山いるんでないの
小松左京とか伊藤計劃とか大原まり子とか山田正紀とか火浦功とか冲方丁とか中井紀夫とか……

569 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 17:36:36.39
冲方丁ってめちゃくちゃカンフー上手そうだよね

570 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 19:31:32.78
>>566
昔はいたけど、今はデビューできなさそう

571 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 21:46:50.00
理系は人に伝えられる文章が苦手だし、
文系は科学考証なんかゼロのファンタジーだし。
そういう区分でわけるの止めようぜ。要は「おもしろいSFを書くかどうか」だけだろ。

572 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 00:09:14.75
日本SFはバトルアクションと専門用語解説しか出す気ない

573 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 00:59:56.47
書くとわかるけどちょっと込み入った解説しようとすると日本語って指数関数的に難しくなっていくよね
箇条書きにさせてくれっていつも思うし

574 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 02:13:08.18
だよね
風景はともかく建物や道具の説明をしようとすると泣きたくなる
こんなの普通の小説には不要だからね
で一生懸命するとつまらないと言われるw
もちろんつまらないのは確かだが

SF書いてると舞台の説明がやたら大変
それが面倒なんで現代社会+異能でごまかすのだろうな

575 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 06:47:26.66
べつに説明なんかいらんでしょ
読んでいくうちになんとなく判るようにするのが基本なのでは?

576 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 07:01:36.94
設定の説明を頑張る応募作は全部ゴミだって言われてたな
小説である以上、説明をしないか簡単に見せるかどっちかだって

裏設定資料集を作り込むのはいいが、表でだらだら書いちゃったらだめってことね

577 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 07:29:24.05
手元にある創元推理文庫の造物主の掟開いてみたら、
冒頭20pが丸々設定の解説だったんだけど
これは小説じゃないらしいな

578 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 07:30:34.65
>>576
ところでそれ誰が言ってたの?

579 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 07:37:08.20
SFと他での一般論ごちゃ混ぜにしたらあかんわな

580 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 08:28:00.23
>>578-579
創元SFの座談会で、>>579みたいな説明羅列がSFだと思ってる投稿者が多いと批判してただろ

581 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 08:34:31.80
まじか
創元は来年から回避するわ
言ってる事とやってる事違う奴は信用ならん

582 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 15:12:22.68
問題は、情報をいかにストーリーに紛れ込ませてうまく語るか
だと思うんだがなぁ

583 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 16:22:54.41
>>582
それが大変だから嘆いているw
特に異世界だとつらい
説明を簡単にしてストーリーを書こうとしても出来ない
古代ギリシア風とかバロック調とか日本刀とか使えないから更に泣く
リアル舞台なら使える言葉が使えなくなる

学校で同級生と会話した。とか一言で住む説明が
建物・年齢・服装・髪型・カリキュラムまで説明しないと正確に伝わらない
兵器も簡単も説明できない。素材で性能が変わるからな
そして大砲の飛距離によって城の構造も変わって来る!

読者に取っては白紙の世界をどうやって説明できるのか? それがとにかく難しい
地球を全く知らない宇宙人に学園ものを書いてみろよw
そんな感じ

584 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 17:02:07.52
>>583
言っちゃあナンだけど、それはおまえさんが無駄なところにこだわってるというか、たんにズレてるだけだと思う。
「古代ギリシア風」だの「バロック調」だの「日本刀」だのを使えば説明しやすいというのであれば
それは「読者にとって白紙な世界」じゃないでしょ。
もし本当に事細かに説明しないと理解できないほど異質な世界だとしたら
説明するだけで結構おもしろいSFになるはず。

585 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 17:19:43.92
全部説明でも面白ければいいんだよ
面白ければ
面白ければ……

586 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 19:56:29.80
>>583
私は文化携帯機と呼ばれるアルファケンタウリ産プティモノリスほどの大きさのコム・ギアを取り出し、
人類の目には見えない赤外線を使用して彼女の持つ文化携帯機へ私の登録番号を送付した。
なぜかって? 可視光線で通信していては眩しくて仕方ないからに決まっている。
彼女が文化携帯機を操作すると、私の文化携帯機がピルリと音を立て――これは可聴音だ――しかるのち沈黙した。
これまた我々の耳には聞こえない電波で彼女が通信を試行し、そのことを報せるアラートが鳴ったのだ。
文化携帯機の中のパンチカードに彼女の登録番号が無事記録されたのを確認し、私は思わず前脚を体に引き寄せた。
この私の振る舞いについては少しく説明を要するかもしれない。
前脚を引き寄せる行動はガッツポーズと呼ばれ、何かを成し遂げたという喜びの表現にあたる。
何を成し遂げたかだが、登録番号を教える行為は親しい仲と認めるに等しいのだ、という説明でご容赦頂きたい。
「これでいつでも電波手紙通信できるね。しないけど」
「しないのかよ!」
内心の落胆を冗談に変え、私は笑顔を作ってみせる。

こんな感じでいくらでも書けばいいじゃん
ただの説明、とは思われないんじゃない?

587 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 20:06:23.20
それは説明そのものをネタにしてるから出来る書き方だな
全文その勢いでギャグにしてもそれはそれで胸焼けすると思うし

588 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 01:12:35.88
剣と魔法のファンタジーとか山ほどあるんだから参考にすればいいのに。
読んで実際面白くないクソだったから参考にもしたくないとか?
勉強なんだから楽しくなくても読めよ。

ちなみに売れっ子作家やベテラン作家は参考にするなよ?
奴らは実績とネームバリューがあるからな。
たとえ冒頭20ページが丸々解説だったとしても
この作家の書く物語は期待できる、この先面白い展開になるに違いない、
そういう期待がページをめくらせる。
その点おまえらはただのワナビだ。
最初の1ページから楽しませなければ即ゴミ箱だ。
300枚、120000文字、三ヶ月の創作時間が一瞬でゴミ。次の日には焼却処分だ。
だから1行目から死体を転がせ。
1行目は無理ww って思うなら2行目に転がせ。

さじ加減が解らないヤツは、新人賞とった作品を参考にしろ。
ネームバリューのない、どこの馬の骨ともわからないただのワナビ野郎が、どうやって
下読みや編集者や選評委員どもにページをめくらせたのか。
その秘密が書かれているかもしれん。
いや、たぶん書かれている。
読み取れるかどうかはその人次第だが。
まあ一番言いたいことは何かというと、
なんかイライラしていたので嫌がらせに説教臭い訓示を長文で書いてやったぜざまーみろってことだ。
悪いことをしたとは思うが反省はしていない。
そんな感じで長文書いてスッキリしたから創作に戻るぜ。
どうでもいいけどラブコメって面白いよね。となりの怪物くんマジおすすめ。

589 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 02:36:09.72
まるで実社会で役に立たないのがわかっていながら評価のためにするお受験の勉強だな

590 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 02:41:10.26
つうかむしろ逆じゃね?
新人賞は一次さえ通ればまず最後まで読んで貰えるという事だろ
プロになったら逆に冒頭のインパクト強くしないと最後まで読んでもらえないだろ
プロほど最初に死体転がさないといけないと思うんだが
完結させたいのに商業的理由で続けさせられたりするのに、
公募は口を酸っぱくして一巻完結を叫ぶし

そこらへんミスマッチが生まれてると思うんだが

あと、創元の場合はSF好きが無理して読んでる場合があるから、
むしろそれが客の大半だったりでしょ

591 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 08:23:19.76
「女体化したので親友に調べてもらうと・・・」
「女の体って、スゴイ」

説明不要で、読んだ人の妄想を刺激するよな?www

592 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 08:47:20.40
このスレの奴らに顔射っ
あへっ、とぴゅっ

593 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 10:23:42.56
説明は梗概だけに書いとけばいいじゃん
下読みは本編より先に梗概に目を通すだろうから

594 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 10:35:46.96
>>593
どうしようもない馬鹿だな。
そんなことしたって、本編で評価されるんだから落選間違いねぇじゃん
そんなことも分からないチンカスはうせろwww

595 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 10:48:30.09
え! 説明のない作品って落選間違いないの?
なんでもいちいち説明しなきゃいけないほど選考者ってバカ揃いなの?

596 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 11:08:20.52
いや
なんでもいちいち説明する投稿作はSFを勘違いしてるから落とすと言ってたよ
いいSFは説明しないか短く説明してしまうかどっちかだって

597 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 11:24:40.03
短編じゃ説明する尺がないだろ

598 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 11:33:48.32
>短編じゃ説明する尺がないだろ
どうしようもない馬鹿揃いだねwwwwwwwwwwwwwww
説明する尺が無いっていうのは、ホントは短編に収まらない中編だって事だろ
中編で書くか、短編向きのネタを探せよ、馬鹿
仲間同士でシコってんじゃねぇよwww

599 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 11:43:09.28
説明する尺が無いから短編なんだろ

600 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 11:47:34.97
ワナビにもなりきれない厨房よ、教えてやろう。
審査員に理解できずに落選したけりゃ、そうすりゃいいさww

601 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 11:49:17.32
やだねぇ、
ち○ぽの舐めあいしかしないやつはw

602 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 11:57:35.75
別にいいけど完璧に対策した上で落ちるやつってセンスねえよな

603 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 12:01:39.49
戯言は、お前のケツの穴のヴァイブ抜いてから言えw

604 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 12:09:00.22
完璧に対策して落ちるんだw

605 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 17:22:45.36
しかし、今年の3月にはこのスレで何人が一次通過で笑ってるんだろうね

606 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:33:12.50
舞台設定の都合上、不可欠な説明は許してくれますか(小声)

607 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 22:14:33.42
だから、舞台設定上必要な説明であっても、
「>606のチンポは小指ほどの太さの長さだった」という説明じゃなく、
ベッドシーンで、必死で腰を振ってる>606に対して、
彼の下になってる女は冷たい視線で冷静に>606を観察している描写をしておけばOK

608 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 22:48:47.54
やっぱりありがちなVRMMORPGで送ったのはマズかったかなと不安になってきている

609 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 00:48:42.65
いや、VRMMORPG「で」送ったというのは凄いと思うよ
web応募できるのは知ってたが、MMORPGからも応募できるとは知らなかった
で、それなんてゲーム?

610 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 01:22:57.47
こんな寒い揚げ足取り(にすらなっていない何か)はじめてみた
これからも頑張ってください

611 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 01:39:38.67
>>609は修辞技法とか全く使わないんだろうな
>>608は換喩だろ

612 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 05:22:25.47
換喩がどうこうということではなく接続詞の問題なのでは?

613 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 05:32:06.64
助詞「で」
>団体も含めた複数時の動作の主体や、動作の起こる場所、動作や作用の行われる時や場所、
>動作の手段や仲介物、由来、更には材料から完成品への変化の少ない時の材料・原料、
>動作や状態の継続する期間、継続していた動作の終わるとき、基準や境界と用法の広い助詞。

この場合、「動作の手段や仲介物」に当たり、
「投稿」という動作の仲介物を「VRMMORPG」という換喩で表現してるんだろ


何もおかしくないし、接続詞の問題ではなく助詞の問題であって、しかも日本語として破綻してるわけでもない

614 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 07:58:42.85
えー、なんか違和感あるけどな。たとえば「朝、パンで食べた」とか「バレンタインにチョコで贈った」みたいなのってちょっとおかしくない?

615 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 08:07:17.42
「朝、イチゴジャムで食べた」
イチゴジャムをパンの換喩にすると違和感は無い

「バレンタインは義理で贈った」
「バレンタインは手作りで贈った」
チョコの換喩に「義理」や「手作り」を当てはめると違和感はない

思うに、具体性を高めつつ描写を圧縮する時に用いると効果的なのではないかなと思う

616 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 08:16:58.32
正当化に必死なのが笑えるww

617 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 08:21:27.59
創作文芸版らしくていいね
SFスレらしいかどうかはさておき

618 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 08:23:08.09
荒らしは総合スレで

MMORPGなんて一瞬で捨てられるだけだから何もマズくない
印刷して電撃大賞へどうぞ

619 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 08:36:15.70
換喩の解説してるのがVRMMORPG送った奴と同一人物だと思ってる人は、
普段から自分の正当化しかしてないんだろうな
おかしい事におかしいと言ったりおかしくないものにおかしくないという事の何がいけないのか

620 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 08:49:06.42
どういう内容で投稿するかという話をしているときだから、
「俺は原稿を」MMORPGで送ったと書いたんだろう。

621 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 08:50:53.64
主語を省いた上で原稿の換喩に「VRMMORPG」を用いたわけだな

日本語ってめんどくっさ

622 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 08:51:36.53
>>615
「創元SF短編賞はありがちなVRMMORPGで送った」
やっぱおかしくね?

623 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 08:52:29.98
>>622
なんでわざわざ違和感を感じるように言い換えるの?

624 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 09:18:06.48
>>622
なんでもなにも>>615に倣って言葉をあてはめただけじゃん

625 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 09:22:02.72
>>624
俺は換喩を例示しただけで不自然に副詞を省いて主語を接続したりしてないんだが

626 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 09:31:33.86
省かれた副詞ってどれのこと?

627 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 09:34:54.34
「やっぱり」

628 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 10:04:52.43
>>622
おかしく無いと思うよ
守護や導師がぶっとぶのは日本語じゃ良く有る

629 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 10:51:21.77
あっちのスレでも悶えてた人がいたが、(了)のつけ忘れって、よくあるミスなんかな。徹夜で脳が朦朧としていてやっちまった……
後でミスが発覚すると、辛いねえ。なまじ完成度が高かったばかりに

630 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 10:58:52.11
そんな事じゃ落ちないから安心しろ
落ちるのは実力だ

631 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 11:03:22.11
だよなぁ……。
どのみち反省会は催すことになりそうですね

632 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 11:20:29.67
うpって反省会するならあっちでな

633 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 12:03:53.14
>>629
うそぉぉぉぉぉ〜〜〜ん!
言われるまで気づかなかったよん
去年まではそんなのなかったのにぃぃぃぃ

634 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 13:22:43.00
ふっ、このスレを例えるなら、
下半身すっぽんぽんの変態どもが、チンポブラブラさせながら
真面目に人生について語り合ってるようなもんだな。

どぉだ、
オレの比喩は?

635 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 13:24:52.54
男のチンポをしゃぶった事も無い奴が人生の何を語るっての?

636 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 13:42:58.40
>>633
はっはっはっ
俺もだorz
「終」の字は入れたんだけどなあ

637 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 13:54:49.31
まぁ、そのVRMMORPGの作品が入賞してから考えりゃいいんじゃね?
一次落ちなら読む価値もないんだよ。いくらテーマが面白くてもね。

638 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 14:01:31.82
>>637
お前の姿を例えて言えば、
一人シコって気持ちよくなっている奴が射精する寸前に、
お前の汚いチンポを見せて萎えさせてるようなもんだ。

つまり余計なお世話だよ。

639 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 14:06:48.08
え? AV見る時って汚いチンポに感情移入して抜かない? まさか女か?

640 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 14:07:13.95
ありがちなVRMMORPGってSAOだろ?
中身が特異なVRMMORPGなら通るかも知れないが
ありがちな、じゃ通るわけねえ
事実上のカテゴリエラーで落ちるからそのまま電撃に回せよ

641 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 14:41:12.29
>>639
え? 俺はきたねぇチンポなんざ早送りで飛ばすよ。
やってるとき自分のチンポなんか見ねぇじゃん。よがってる女に興奮する。
ぱいぱいやおまんちょイジリ倒すのが楽しいんだしさ。

642 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 15:11:39.12
チンポに感情移入できる感性にフイタw

もっとしごいて〜〜

643 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 15:57:02.13
VRMMORPGを舞台(テーマ)にした作品を送ったけど、やっぱりありがちなんでマズかったかなと不安になってきている

補筆再構成すると、こんな感じか

644 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 16:00:49.64
>>643
長いしリズムや臨場感も損なわれている

645 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 16:01:31.38
ありがちの掛かる部分が違うと思う
ありがちなMMORPG、でネットやラノベで人気のタイプを意味してるんじゃないの

646 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 16:20:23.66
一点の曇りもない文章を書こうとすると冗長になって読みにくいとか言われちゃうんだよね

647 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 19:18:24.33
文才のなさを言い訳してやがらww

648 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 20:05:16.63
>>644
失われるほどのリズムや臨場感とやらが元の文章にあったか?

649 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 21:32:50.75
文才がない物同士の低俗なバトルの予感。
わくわくw

650 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 05:33:29.94
リズム感や臨場感を学びたければ、官能小説を読みたまえ。
チンコがおっ立つ上質な官能小説のH描写はリズム感も臨場感も満点。
お前等にお似合いだ。

651 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 12:33:36.16
>>650
川上宗薫や宇能鴻一郎は面白いよ。実際興奮もするし。
渡辺淳一はただのスケベジジイ。

652 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 13:40:01.67
SFヲタに近いのは、普通の官能小説じゃなくて、
BL、百合、SMというアブノーマルの感じじゃないんだろうか、
マジでこのスレにはマゾじゃね?って思う叩かれ好きな奴が居るじゃんw

653 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 13:52:20.36
SFっつったらやっぱラブドールっしょ

654 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 13:58:19.52
アブノーマルといえば、どこぞのモルモン狂徒が書いたSF小説がエロくてよかったね
美少女暗殺者が万年発情状態になってスカトロだのセルフ首絞めだの剃毛だの異種姦だのといった
変態プレイの餌食になった挙句に化け物の子供を産んじゃうやつ

655 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 14:04:24.86
SFエロの王道は異種交配と異種恋愛だな
機械生命も有り
同種交配だとSFイラネと感じる
微妙なのが異能レイプ

656 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 19:27:23.84
最もらしいことを言ってるのがせいぜいだろ?
書き進めないと意味がないんだが、
お前等はその文才がないって自覚はないのか?

657 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 19:32:51.98
小説に必要なのは文才よりも人生経験や世界観だと思う

658 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 19:50:57.76
「尤もらしい」ならわかるけど、「最もらしい」ってなんだろ?
そんな面白い言葉を発明しちゃう人の文才がどの程度のものなのか知りたいなぁ

659 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 19:52:51.72
バカは放っておけ

660 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 20:22:31.04
バカ同士で低俗な争いをするのが性税(せいぜい)って事だなw

661 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 20:26:56.04
世界観って、
お前等の世界って、チンコしこって、どぴゅっ。
精液が飛ぶ狭い範囲みたいなもんだろ

662 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 20:29:10.60
>>661
すると、
人生経験の長さは、
早漏のお前が一回しこる程度の短さに例えて良いんだなww

663 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 21:01:37.81
もう少しSFっぽく、
早漏で短時間しか快感が得られない>>661のために、
時の流れを操作して、チンポコだけ時の流れを遅くして、
チンポコ以外の体は快感を長時間感じ続けるというのはどうだろう。

664 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 21:11:39.36
チンコをシコシコやってる>>661の脳に接続した電極から、
美女のイメージ画像を送り込んでおいて、
射精の寸前に、その画像を、韓国の次期大統領とか、辻元清美とかに切り替えるってどうよ。
繰り返すと結構長時間保つと思うんだが

665 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 21:12:39.70
ふにゃチン、ふにゃチン

666 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 21:22:20.94
包茎、包茎www

667 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 21:23:53.33
短小、

668 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 21:25:09.13
フェラ

669 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 02:17:31.69
ちんこもみ

670 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 02:20:09.46
恥垢

671 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 02:27:00.52
皮かむり

672 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 02:28:14.66
尺八

673 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 08:08:23.76
もう終わりかい
ぷっwwww
ボキャブラリー貧困なヤツ

674 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 11:23:39.44
男根

675 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 11:26:37.79
ペニス

676 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 11:29:09.78
Dick

677 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 11:53:51.97
peanut

678 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 12:10:19.85
>>664
シコっててイクッ!ってときに何故か映像が王貞治に変わってしまい、
それ以来、イキそうになると王貞治が頭に浮かんで萎える。という悩みを大昔に読んで爆笑した記憶がある。本人にとっては笑い事ではないんだろうけど。

679 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 12:29:57.47
それ自体がそういうネタだと気付け

680 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 12:32:02.38
>>678
実はそいつはゲイで、好みの男を思い浮かべていたのに直前で王貞治に、だったらさらに笑える
「もうっ、王なんて全然タイプじゃないのに〜」なんて

681 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 12:35:09.15
阴茎(中国)
음경(韓国)
Pénis(フランス)
Penis(ドイツ)
Pene(スペイン)
Pênis(ポルトガル)
Pene(イタリア)

682 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 14:51:59.20
>>680
そこから始まる恋があってもいいじゃない。

683 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 19:21:53.25
好みの男を巡ってゲイの男が女の子と三角関係
「女なんて鳥肌が立つわ!けがらわしい」と思っていたのに、同じ男に惚れたことで
いつしか親しくなり、やがて「彼」にとっては禁断の一線を超えてしまう…!
「禁断の男女関係」(フツーなんだけど彼がもともとゲイなので)を描いた
まさにSF(ストレンジ&ファッキン)な問題作!

684 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 19:22:44.70
どぴゅーーーん。
チンコミサイル発射!!

685 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 19:42:34.16
敵と相対してチンコしこって、
敵を溶かす強酸の白い液を吹き付けるという武器はどうだろう。

686 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 21:27:14.10
>>685
ストライクゾーンが広いつうか何を見てもヌケるような奴でないと使いこなせないんじゃね?

687 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 21:29:41.20
>>685
先行者というものがだな

688 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 15:55:42.75
日本全国のヲタクの二次元美少女にかける精神的・肉体的エネルギーを集めたら、
原発一基ぶんぐらいになるかな

689 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 16:00:11.52
危険性のほうが高い

690 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 15:05:16.19
「他人に恋愛感情を持ったら坊主にならなければいけない」
という奴隷制の世界の話・・・むう(´・ω・`)すでに「グリーンブラッド」あたりで書かれているテーマか。

691 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 15:53:03.20
坊主にした当人じゃなくて、それに貢いでいるオタどものほうが奴隷のような気がする

692 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 18:22:01.84
>>691
そのことに気がついていない「幸せな奴隷」の物語、か。

693 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 21:26:54.84
お前ら、
チンコ立てて言う事じゃねぇなww

694 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 05:53:59.58
ここの住人は、家畜人ヤプーの世界がお似合いだww

695 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 18:40:10.84
>>684のチンコミサイルじゃないけどw
マジンガーZに出てくる、アフロダイAがおっぱいミサイルって装備してるよな。
イマイチ色気に欠けるんだが、

SFで色気のある武器って何かある?

696 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 08:38:28.39
パラサイト・イブとか、バイオハザードをSFと観るなら、
研究室で細胞分裂して生まれた妖怪人間だってSFだよな。
ということで、
>>695
「妖怪人間ベム」のベラが持ってる鞭なんか、
このスレのM男どもに女王様の色気を感じさせる武器じゃないだろうかw

697 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 09:39:06.89
>>696
それ全部紛う事なきSFだよ

698 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 13:15:23.15
もっとも威力が有る武器は
美女の肉体だろうな
SF関係ないけどw

擬体だとSFでエロで最強武器にもなるかな
つーわけで草薙素子で

699 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 16:35:42.92
>>698
つ【スペースバンパイアのおっぱい】

700 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 19:56:17.02
情けない奴らだな
エロ以外の議論のネタは無いのか?
wwwwwwww

701 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 20:10:48.27
世界に広げよう♪ HENTAIの輪

702 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 20:33:16.14
秋田名物
金まんこ

703 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 20:59:00.13
中国料理
チンげんさい

704 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 21:05:20.16
基本的に、まんこは手で洗う。
まんこは複雑な構造をしているため、タオルなどではうまく洗いきれないというのが私の意見だ。
また、明日セックスしそうな予感がある場合は鏡を用いてM字開脚で丁寧に洗うが、日常的には鏡なしで手の感覚で洗う。
洗う体制は、立ったままで、少々膝を曲げると多少まんこが広がるので洗いやすい。
まず、石鹸やボディーソープを泡立てる。パイパンではない人は、手で泡立ててからまず陰毛を洗うと、泡立てやすくて便利。ここでできた泡で、まんこ部分を洗う。最初にまんこから肛門まで軽く手のひらで洗って、泡を全体に伸ばす。

705 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 21:07:50.81
泡を伸ばしたら、まずは陰核周辺を洗う。
まんこの構造は人によって違うので多少異なるかもしれないが、私の場合は陰核の横から溝が始まって、小陰唇の横の溝につながっている。
まんこを適当に洗っていると、知らないうちにここに垢が溜まる。
この溝は、丁寧に指で前後に往復して洗う。私はグロマンで、この溝が深いため何回も往復させて丁寧に洗っている。
スジマン系の人の場合はあまり溝が深くないかもしれない。
通常は、小陰唇より内側は表面を指で洗うだけにして、膣内は指を入れて洗っていない。
膣内には膣を清潔に保つための常在菌がおり、石鹸で洗うことによりその菌の働きが弱まる…という説を目にしたためである。
しかし、これが正しいかどうかはわからない。
石鹸云々はさておき、膣内も洗ったほうが確実に無臭になるからである。セックスしそうな日の前日は、薬局の使いきりビデで膣内を洗う。
膣は自然にしておくのが一番という天然志向派がインターネット上に多数見受けられるが、膣内も洗ったほうが確実に臭いはなくなる。

706 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 21:08:52.42
しかし、これは私が単にクサマンだから臭いを気にしているのであって、臭くないマンのみなさんに関しては問題ないのかもしれない。
しかし、マン臭が気になる人は、外陰部だけでなく膣内も洗った方が臭いはなくなると思う。
ちなみに、この使いきりビデというのは薬局・ドラッグストアの生理用品コーナーに置いてある。
インターネット上にはシャワーや風呂の水を膣の筋肉を用いて膣内に取り込み、洗浄するという強者もいた。
しかし私にはそのような高度な技術はなかったため、普通にビデを使用している。
小陰唇部分を洗ったら、最後に女性器から肛門の間を通って肛門を指で洗う。この時点でケツ毛が気になった際には、洗うついでに剃ったり抜いたりする。
繰り返すがセックスしそうな日の前日は化粧鏡などを風呂場に持ち込んで、丁寧に処理する。それ以外のときには、足を開いて限界まで屈み、見える範囲だけがんばって処理する。

707 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 21:10:06.54
まんこの洗い方からは離れるが、多毛の人は、面倒ではあるが適度に剃毛か脱毛するのがよいと思う。
なぜなら、排泄の際に陰毛に排泄物がつき、それが拭ききれないのは不衛生だからだ。
毛が少ないほうが、排泄物を拭き取りやすい。
また、陰部を洗う際にも洗いやすい。特に鏡を見て洗う際には、陰毛がないほうが洗いやすいし、汚れが残っていないか確認しやすい。
パイパンが理想だが、交際相手のタイプや公衆浴場に行く勇気があるかでここは臨機応変にやっていくしかない。
小陰唇が大きい人はパイパンにすると小陰唇が目立つため、危険な出で立ちになる。
しかし、公衆浴場に行かない・セックスする機会がしばらくない、という場合は快適だろう。
肛門まで洗ったら、あとはシャワーで泡を洗い流す。陰毛にリンスをつけるとサラサラになるという説があるが、私の場合サラサラにならなかった。
洗い流したあとは特になにもつけていない。

708 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 22:21:56.38
マン臭事変!

709 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/10(日) 20:10:29.66
周囲でも「臭い」と言われてた男が結婚した時、「嫁さんはあの臭いに耐えられるのか?」とうわさ話になったんだが、
嫁さん披露のときに聞いた勇者がいたらしく、「彼のどこが臭いんですか!」とキレられたそうな。
「あばたもえくぼ」だけではなく、「異臭もフローラル」な人もいるらしい。

710 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/10(日) 23:06:29.15
臭いは慣れるからな 

711 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/11(月) 02:44:18.06
gdgdアニメの批評をドヤ顔でするくらいの余力があるなら、創元でもハヤカワでも受賞する作品書けっての。
書けないのに批評だけは大言壮語。あずまんじゃねえんだから。勘弁sてくれ。

712 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/11(月) 02:46:13.55
>>711
まさにあずまんwwwあれ、手に取る気すら起きないのはなぜなんだろう。筒井御大の解説だけしか価値ないんじゃない?

713 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/11(月) 13:59:22.65
さーて、狐さんたちのぶどうへの悪口が始まりました

714 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/11(月) 16:47:31.35
ほれっ
荒みきったおまいらの心を癒す音楽だ。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Hg57X3lFFyQ

715 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/12(火) 18:31:17.87
チンポの平均値(日本人成人男性)

■チンポの長さ平均値“14センチ”
■チンポのサオ幅平均値“4センチ”
■亀頭幅の平均値“4センチ”

さまざまな結果を集計するとチンポの平均値は上記の平均値が、
一般的に発表されている日本人のチンポの平均となるようです。 

どうでしょうか?
あなたのチンポは平均と比べて如何ですか?
また平均値では、チンポの長さを測る際には基準を設けています。
本来のチンポのサイズは見た目なので、サオの付け根部分から測定する方法が理想的な測定方法なのです。
しかし測定値を均一化する場合の測定基準は、チンポの付け根部分ではなく、
さらに腹部を押し込んだ場所にある「恥骨」(ちこつ)まで定規を押し付けて測定する方法が、最も多く使われる測定方法です。
 この測定方法では、脂肪の厚みの有無に関係なくチンポの長さを測定できるので、
チンポのサイズを正確に測る場合には一番適した方法です。

716 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/12(火) 19:46:28.76
チンポの太さ長さ固さは話題になるが、膣の深さ暖かさ締め付け圧力ってあんまり話題にならんな。
あんまり数値化されてないのかね。

717 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 07:32:11.68
なんなの、この流れ?
話題がないのはわかるけどスレ違いにもほどがある

718 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 08:11:16.82
>>717
地球人よ、
このスレは、我々チンポ星人が乗っ取った。

と言えばスレチじゃないなww

719 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 09:03:14.01
>>717
総合スレが荒らされたから対立スレであるここに報復に来てるのが1月下旬からの下ネタ埋めだが
それに加えて連休中に総合スレが落ちたから暇つぶしの奴も来てる

720 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 09:15:15.60
>総合スレが荒らされたから対立スレであるここに報復に来てる
勝手な対立を作って煽るなよ。
お前も一連の荒らし?

721 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 09:47:05.19
自分が荒らしをするもんだから、
他の人間が荒らし返したって発想をするわけだよ。

722 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 09:48:16.28
自分が荒らしをしてる当人だから、責められたような気になって反発しちゃうんですねわかりますよ

723 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 09:50:28.40
つうのはともかくとして、なんかキチガイとかキャラクターとか演じて、人の話に全く耳を傾けない、
そういう気持ち悪い人居るよね
もしくは単純に本当に知能レベルが低いのかもしれないけど

724 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:16:19.07
こっちのスレが分離した歴史を知らない人居るのか?
スレタイに書いてあるんだが

総合スレで作品晒し祭りをやったことがあって
その時コテハンうぜえと感じた否定派が作ったのがここ

後から来た人が知らなくても敵視される理由はあんのよ
戦後生まれの日本人と韓国人だって戦争を巡っていがみ合うだろ?

725 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:22:58.28
>>719
下ネタ埋め荒らしからーの、それをネタにしたお遊び。かと思ってた。

726 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:23:56.92
それでこのスレの人は、元のスレを憎んでるわけだね。
>>719
>総合スレが荒らされたからって言うように、総合スレを荒らす人がいるわけだね。

727 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:26:38.02
>>724
対立煽りが勝手に立てたんだろ
歴史も何もまだ1スレめだからな
こんな過疎板なんか、総合1つか、創元とハヤカワで一本ずつあれば充分
無能は駄サイクルしないと落ち着かないらしいからな

728 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:29:31.19
>>727
そういう意図があって、このスレを下ネタで埋めてたわけかい?

729 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:31:41.11
>>728
このスレを下ネタで埋めてたのは多分お前側の人間だよ

なるほど、道理で歴史や既成事実振りかざすわけだな
スレが分離したんだからもう駄サイクルの邪魔するなと
まるで駅前を不法占拠した朝鮮人みたいなやり方だな

730 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:32:05.29
>>726
総合スレは最近ずっと勝手に大荒れしていたので
このスレの刺客が荒らしたと言う主張には無理があるんじゃないかと

731 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:34:16.38
総合スレをわざわざ「荒れてた」なんて言うくらいだからバレバレだよな

732 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:35:31.45
>>729
>朝鮮人みたいなやり方だな

その差別的な発想が、荒らしをやってた人物とそっくりだけどw

733 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:36:04.97
>>732
荒らしって具体的にどんな行為?

734 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:39:35.89
ベストSF2012(SFが読みたい!2013年版より)

01 伊藤計劃/円城塔 「屍者の帝国」
02 宮内悠介 「盤上の夜」
03 長谷敏司 「BEATLESS」
04 野尻抱介 「南極点のピアピア動画」
05 月村了衛 「機龍警察 暗黒市場」
06 八杉将司 「Delivery」
07 小田雅久仁 「本にだって雄と雌があります」
08 上田早夕里 「リリエンタールの末裔 」
09 神林長平 「ぼくらは都市を愛していた」
10 樺山三英 「ゴースト・オブ・ユートピア」
10 高野史緒 「カラマーゾフの妹」

12 神林長平 「いま集合的無意識を、」
13 山田宗樹 「百年法」
14 ブラッドレー・ボンド&フィリップ・モーガン 「ニンジャスレイヤー」
15 小川一水 「天冥の標 6」
16 円城塔 「道化師の蝶」
17 水見稜 「マインド・イーター完全版」
18 大橋博之 「SF挿絵画家の時代」
18 藤元登四郎 「シュルレアリスト精神分析―ボッシュ+ダリ+マグリット+エッシャー+初期荒巻義雄/論」
20 法条遥 「リライト」

735 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:40:40.15
チンポの平均値(日本人成人男性)

■チンポの長さ平均値“14センチ”
■チンポのサオ幅平均値“4センチ”
■亀頭幅の平均値“4センチ”

さまざまな結果を集計するとチンポの平均値は上記の平均値が、
一般的に発表されている日本人のチンポの平均となるようです。 

736 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:41:22.62
>>735
ほら、また始まった

737 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:44:43.19
女性に喜ばれるチンポのランキングです。

@麩(ふ)麩まらと言う。
日頃はこぶりでもセックス時には膨らんで大きくなるペニスでおまんこの中で大きく固くなるのが最高
特に処女とのセックスでは貫通の痛みが少なく跡で大きな快楽がある

A雁(かり)チンポの先端 亀頭が大きく張り出したチンポ
 抜き差し時のこすれ具合がたまらない。

B反り(そり) 天狗の鼻のように反り返ったチンポ。
 抜き差しの際、先端がおまんこの天井わこするのがいい。

C傘(かさ) チンポの頭が大きくマツタケのように開いたもの。
 やはり抜き差しで快感が得られる。

D赤銅(しゃくどう)赤黒くたくましいペニス。

ふにゃまらや太い、長いはランクが下で好まれていなかったみたい。
初めから固くて大きいのより抜き差しするうちに固く大きくなっていくのが好まれたんですねぇ。

738 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:46:35.50
>>737
こうやって自分で下ネタ書き込んでおいて、相手のせいにするんだろ
やり口全く一緒じゃん

739 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 10:48:18.40
>>738
自演乙w

740 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 11:33:14.94
ベストSF201?(SFが読みたい!201?年版より)

01 伊藤計劃/円城塔 「屍者のチンコ」
02 宮内悠介 「盤上のチンコ」
03 長谷敏司 「BEATLESS of CHINNKO」
04 野尻抱介 「南極点のピアピアチンコ」
05 月村了衛 「機龍警察 暗黒チンコ」
06 八杉将司 「Delivery CHINNKO」
07 小田雅久仁 「本にだってチンコとマンコがあります」
08 上田早夕里 「リリエンタールのチンコ 」
09 神林長平 「ぼくらはチンコを愛していた」
10 樺山三英 「ゴースト・オブ・チンコ」
10 高野史緒 「カラマーゾフの妹のチンコ」

741 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 11:54:03.74
>>734
なんで日本のばかりなの

742 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 12:08:14.22
チンコに日本も世界もないからです。

743 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 12:33:48.54
ここは創作スレ
SF板でやれ

744 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 12:48:02.20
>創作スレ
勝手なこと言うな、
お前も荒らしの一人か?

745 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 13:12:56.29
え? 何言ってるのこいつ

746 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 20:12:03.52
>>742
他の星の生物にチンコはあるんだろうか?

747 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 20:47:36.19
バルカン星人にはあるとされています。
スポック副長が論理的に腰を前後に振ってました。

748 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 20:58:31.04
>>747
カーク船長「アッー!」

749 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 07:58:37.51
>>748
スポック 「船長。歓喜の声など挙げて、こちらの方は初めてだったんですか。
ケツの穴の力を抜いてください。もっと気持ちよくして差し上げましょう」

750 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 13:45:11.26
>>749
カーク 「おっおっおっ、、、スポック。キミのチンコは光子魚雷なみだな」

751 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 16:20:06.90
スポック「光子魚雷発射準備」
カーク「スポーック!スポーック!まだ早い!まだぁ・・・まだぁ・・・」

752 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 01:51:24.93
おもしろくもなんともない
でも一連のやりとりが自演だったら笑えるかも

753 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 14:13:46.01
>>742
お前、世界のチンコを見てこい!もはや別の生物だぞ
ヘソに届くなんて自慢してたらえらい目こかされんぞ

754 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 18:40:32.19
ニンゲンってすごいよね。

755 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 18:59:29.37
へそに届くのすごいな
おれは2つに折らないとへそにとどかないや

756 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 19:37:50.03
>>755
背中から廻せよ(´・ω・`)

757 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 13:38:54.77
↑このやり取りは少し面白いw 評価する

758 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 23:36:43.01
川越なんとかさんがツイッターで
創元SF短編賞は今年から一次審査員が4人に増えたとか騒いでるけど、
第三回も一次は4人で選考したって年刊傑作選に書いてあるの
理解できてないのかな。

759 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 10:04:53.90
理解云々じゃなくて、たんに読んでないだけでしょ

760 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 14:39:29.57
公式ページにも「昨年と同様」って書いてあるからどっちにしても理解してない

761 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 01:30:40.83
大森・日下だけじゃなくて編集部員も一次を読むという話でしょ?

何を今さら

762 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 02:49:27.89
いや、編集者が読むことは知ってただろ
ただ編集者の数が二人でなくて一人だけだと思ってという話でないの

763 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 08:08:55.40
第二回までは編集部では小浜氏だけで
第三回も選考が始まるまではもう一人追加になるかどうかは
わかってなかったよ。

どうでもいい揚げ足取りだな。

764 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 15:04:07.79
当の>>758がなにも理解できてなかったというオチか

765 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 15:08:03.79
川なんとかさんが顔真っ赤にしてるようにしか見えないな
ここに書き込んでる奴が理解してようとしてなかろうと
川なんとかさんが愚かなのは間違いないわけで

766 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 15:28:14.06
そうだね
件の人物が愚かであろうとなかろうと
それにズレたツッコミ入れてる奴が愚かなのも間違いないわけだ

767 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 15:29:35.95
と必死な川なんとかさんなのでした

768 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 15:43:32.79
総合スレもハヤカワスレも荒らしに潰されてもうここしか残ってない

769 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 15:45:41.93
【SF】SS祭り【短編】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1331337778/

770 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 17:57:10.78
大森氏Twitterからの燃料投下、今年はないのか?

771 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 21:11:54.94
今回で最後かね
宮内悠介一人を輩出して終了
しかもその彼を受賞させられなかった選考力

772 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 21:17:09.54
本を読まないから他の活躍を知らないだけでしょw

773 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 22:53:51.50
総合とハヤカワスレが無くなったらこっちとか(´・ω・`)いい加減誰か総合スレ立てろよ。そこの住人。

774 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 23:00:19.54
宮内悠介と、あとはせいぜい松崎有理しか活躍してないよ
皆さん小説書くより月例オフ会で馴れ合うのに忙しい

775 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 23:43:09.67
ここでデビューしてもシコシコ書きためて他に持っていった方がいいっつー事かな

776 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 00:01:49.00
シコシコ書き溜めた宮内さんは華々しく活躍してるんだから違うでしょ
他の人がシコシコ書き溜めないってことでしょ

777 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 00:10:07.58
年鑑に載る本賞だけがプロデビュー扱い、後はアマチュア作品の収録扱いだから
オフ会で紹介されて大きな顔する権と捉えてる皆さんの方が常識的

宮内悠介がチャンスを手放すまいと創元に必死に原稿持ち込んでるって逸話は
当初は、若干冷笑的に語られてたニュアンスがあったしね
当たったら、いっぱい書いて偉いと言う賞賛の言葉になったわけですが・・・

778 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 01:57:36.53
人間は馴れ合ってると安心してしまって手を動かさなくなるからな
作家は自殺しないギリギリまで殺伐として追い詰められてるくらいがいい

779 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 12:15:29.27
そもそも馴れ合ってるとかってのはソース確かなの?

780 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 12:20:06.35
月例オフとかあるのかめんどくせえ
アホども相手になに話せばいいんだ

応募作,クソ森とかに当たったら最悪だな
読む目ないぞやつは

781 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 23:04:03.68
キチガイのせいで2スレが壊されたのか・・・(´・ω・`)どうしたらいいのか。

782 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 00:09:58.38
コテハン禁止で分離したこのスレには来ないから大丈夫だよ
嵐ではなく基地外なのでルールは守るっぽい

783 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 00:20:37.98
いや、向こうもコテハン禁止だったんだが

784 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 03:10:07.81
>基地外なのでルールは守るっぽい

すごい理屈だな、おい

785 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 03:30:23.80
一般人なら感情的に融通利かせて襲ってくるところで
基地外が厳格にマイルール守ってぴたっと止まるのは
ホラーで異常性の演出に時々出て来る話だろ
屍鬼の最初のシーンなんかそうじゃん

786 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 03:40:26.08
だから向こうもコテハン禁止だったんだが

787 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 04:18:19.14
記憶いじってスレ消費してるのは
もう一年以上記憶に粘着してる荒らしだろう
外部の嫌儲掲示板に荒らし依頼とかもしてたようだ

一日中記憶が出てくるたびに張り付きっぱなしみたいで
キチガイっぷりが統失患者より上という

屍鬼にキチガイが厳格にマイルール守るシーンなんてないw
少なくとも原作小説には

788 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 12:00:13.41
しかし、まぁ、必ずしも「読んだ冊数量」=「文章の巧拙」とはならないのは不思議だよな。読んでも何も自分の血に出来てないという「吸収能力のなさ」というのはあるんだな。

789 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 12:01:58.19
ググってもでてこないので、本当かどうかわからんのだが、かのアガサ・クリスティが、
「最初は模倣でいいのです。書いていくうちに自分が出てきます」
と言ったらしいのだが、いくら書いても「自分」どころか「まともな文章」も出てこない書き手という存在がいるとはなぁ。

790 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 12:34:29.01
まあこういう事言ってる奴も大概なんだけどな

791 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 14:19:55.39
>>788
SF読んで文章うまくなるわけないだろ

文学なら名作はうまい文章を伴うが、
SFの場合、アイデアがまず重要で、文章のうまさの価値は極めて低い
下手な文章の名作、というものがしょっちゅう存在する
また、海外産の比率が高いため、下手な翻訳の名作、というものも多い

792 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 15:40:39.03
アガサは別な本で
向上しようとしないとアイディアだけ交換した自己模倣になって
尻尾のみこんだへびみたいにぐるぐる同じところ回るだけ
ってのも言ってる

そもそも記憶は誰の模倣もできて無いじゃん

793 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 02:55:58.52
コテ禁止のスレでコテの話をするのはいかがなものかと。
放っておこうよ。

794 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 04:02:15.65
SF系のスレなんだし文章読本なら
クーンツとか栗本薫とか引けばいいのにw

795 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 09:30:41.87
ああ、ハヤカワにしては最近フットワーク軽いなと思ったら、
栗本薫死んで稼ぎ頭がどかっとなくなっちゃったわけか

796 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 15:33:06.95
>>787
招待されないと***

797 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 19:21:07.81
去年は1月には出てたのに、想像力3の噂すら聞かないあたり、経営でも厳しいのか
賞の存続が危ういかもしれんね

798 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 19:55:34.59
冬発売って話だったが、3月はもう春だろ
まぁ小浜と創元社なんか信用する方が悪い

799 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 20:09:55.62
ていうか創元はヴァルデマールなんかのラッキーと、マイルズ君と
五神教のビジョルドはちゃんと全部出してくれ。

800 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 20:11:48.77
ああ、あとミステリーの「リディア・チン&ビル・スミス」シリーズも。

801 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 00:01:10.50
>>797
経営が厳しいんじゃなくて売れないものは出さない、当然しょ

802 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 00:38:48.08
単体で採算に乗らないようなことは言っていたが
山田賞から宮内排出したのに出さないって判断は経営判断としてもないんじゃないか

803 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 01:23:56.16
第四回は想像力なしだけど、第三回までは出すって話だったはずだが……
まぁ、今回しか応募してないから別にいいんだけど、どっちなのか公式発表ぐらいは欲しいね

804 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 01:29:55.53
文庫本という形態では原色3で終了、という言い回しだったから
単行本か、それとも電子書籍か、では4も考えてるんじゃないの

805 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 01:38:03.42
原色3は出す出す詐欺で終わりそうな予感しかしない。去年って一月発売じゃなかった?
原色4は電子書籍だろうね。安いし。アンソロでまとめ売りになるのでは

806 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 03:33:00.01
1の奥付は12月、2は3月だった
出れば買うよ

807 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 10:11:55.16
やっぱり、原色は何か薄味なんだよ。買っても一回読んでお終い。
濃い、あるいはトンデモ馬鹿SFみたいなのがあって、アマゾンにも罵詈雑言のレビューが
載るような、良作より問題作をそろそろ出して欲しい。短編じゃ無理かな。

808 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 19:17:31.91
それはカジシンや大原まり子に頼めばいいんじゃないですかね

809 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 21:07:10.43
つか創作文芸板のスレなんだから、そういうセンをねらって書いてやるぜオレは、っていうんじゃないのかよ

810 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 21:33:14.68
宮内悠介がNOVAにトンデモ馬鹿SF書いてたけど

811 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 22:09:36.48
バカSFなんて要らないわ
SFは普通に良作不足っしょ
身の回りの人間しかAIの働いていない狭い世界観
外人描いてもメンタリティは日本人
こんなのばっか

812 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 22:30:40.51
そんなにガイコクジンが好きなら翻訳SF読めよw

813 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 22:48:51.08
言葉の裏を読ませてもらうと翻訳SF読んでなさそうに見えるんだけど何読んでんの?
原色どころか年鑑すら、作者の隣の家一軒分までしかない世界観ばっかりなんだけど

814 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 22:58:03.21
米SFでも、未来の話なのにメンタリティが20世紀のアメリカ人のそれ、といって揶揄されてたな
どの作品がそうだ、とかいうことではなく、そういうのが多いということなんだろうけど

815 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 23:05:16.11
まあアメリカ人は死ぬまで自分の街から出ない人がほとんどらしいから
ラブクラフトみたいに古い家に引き籠もって宇宙の深淵書く奇妙な人も居るけど

816 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 23:09:38.24
>>814
なんかそれ、批判のためにする批判だなあ

携帯持ってるのに「君の名は」やってたらおかしいだろ、とか
冷凍睡眠でアルファ・ケンタウリに移民するのに電子手紙書くねって届かねえだろ、とか
具体性を持ったツッコミならいいけどな

817 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 23:12:29.83
アルファ・ケンタウリはそこまで遠くないから普通に届くだろ

818 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 23:34:46.09
冷凍睡眠して行く速度の移民船が着く前に届くだろJK

819 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 06:28:46.81
>今回の放送では、阿部寛、上戸彩の出演で大ヒットした映画「テルマエ・ロマエ」の原作者・ヤマザキマリさんが登場。
>ヤマザキさんは「映画の興行収入は58億円だったが、原作使用料は約100万円だった」「映画がいくらヒットしても
>私自身は全然儲からなかった」と衝撃の告白をしスタジオが騒然となった。
>映画化の経緯としては、ある日突然「原作使用料として100万円ぐらい入金されるからよろしくね」と出版社に言われ、

>ある日突然「原作使用料として100万円ぐらい入金されるからよろしくね」と出版社に言われ、
>ある日突然「原作使用料として100万円ぐらい入金されるからよろしくね」と出版社に言われ、

なんかちょっと前に総合スレで「今は出版社も全部ちゃんと書面で契約するから無知乙」みたいに説教された記憶があるんだけど、
普通はこうだよな

820 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 07:28:08.58
第4回創元SF短編賞は、水嶋ヒ○さん!になったら、アマゾンのレビューが楽しみ

821 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 08:11:25.61
斎藤なんちゃらさんじゃなかったけ?

822 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 10:14:47.96
>777
> 当初は、若干冷笑的に語られてたニュアンスがあったしね
どこで?

823 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 12:08:36.74
>780
大丈夫おまえには一生縁がないから

824 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 14:57:32.05
>>819
それは出版社も価値を見誤ったという話で
なんか作家と出版社の駆け引きとは別の次元の話だな

825 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 15:11:38.49
てか、そのロマエの映画って製作委員会方式で作ってるから(調べた)、
出版社も当然一枚噛んでるわけで、よって歩合で利益を得てるはず
そこから原作者分の分け前が出てるとしても百万円ってどうなんだろうか?
全体の0.2%に満たないというのは、さすがに少なすぎなんじゃないかなぁ

826 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 15:31:36.66
角川製作だったり、原作を売るための出版社手動ならともかく、
こういう広告屋・映画屋製作の大作じゃ出版社の出資はお付き合い程度
出版社も大したバック得られてないだろう

それよりそろそろ一次発表だが総合スレ立て直しとく?
まだ今立てても月内に使い切られるか?

827 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 15:46:53.43
>>819
これ、作者の真意はさ、もっと金くれっていうんじゃなくて
「もうかってるんでしょー?」ってたかってくるひとやめて!って事でしょ

828 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 17:20:09.00
100万円しかもらってないという事実を明かしたんだから
それに対するどんな反応をしても勝手だろ
なんで作者の狙い通りの反応以外は許さないって言い出すわけ

829 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 19:17:40.76
出版社の内情や作者の意図を推測してるだけで、狙い通りの反応以外は
許さないなんて誰も言ってない件。

830 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 19:19:34.67
なら>>827みたいな文句言う意味ないだろが

831 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 20:36:52.87
これから著書原作はGPLで商業利用は応相談とか出てくるんじゃないか

832 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 21:07:20.82
間に人いれるようになってくるよ
今までだってしちゃいけない訳じゃなかったけど、
人を雇った方が儲かるほど搾取されてるなんて、
作家は気づいてなかったんだよ

833 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 21:10:14.57
新スレ

【復活】ハヤカワSFコンテスト Part5
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1361877346/

834 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 21:12:10.33
>>826
ロマエは角川傘下のエンターブレインから出てる
喜んでメディア展開してるはず

あとスレの件だが、放置すべき
この板にSFスレなんて一つでいいと思ってるのもあるが
わざわざスレ立てて阿呆に暴れる場所を提供してやる必要はない
どういうわけかここは荒らされないが、それは僥倖だな
いちおう意見は述べたが、まあ、どうぞご随意に

835 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 21:27:56.94
>>834
映画作ってるのは東宝だべ
つまり、興行成績が良くても角川の儲けにならない

836 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 21:35:50.41
映画テルマエ・ロマエを製作したのは、「テルマエ・ロマエ」製作委員会
東宝がやってるのは配給

837 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 21:37:45.28
つまらなかった

838 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 21:39:46.65
百姓と作家は生かさず殺さずって言うだろ
あまり儲かると書かなくなる

839 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/27(水) 09:16:25.48
うっわ〜このスレのひとって出版業界にとってもくわしいんですねぇ〜〜

840 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/01(金) 22:20:30.57
一次発表きたな

841 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 07:34:47.13
どこで発表してるの?

842 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 10:14:06.16
おそらく>>840の脳内で発表されているのではないかと

843 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 10:20:12.63
まだじゃね?
昨年と同じスケジュールなら、来週火曜日発表。

844 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 10:25:50.22
ただの釣りに反応した挙句、842みたいにドヤ顔で揶揄した気になってる方が恥ずかしい

あとスケジュールと言う表現もかなり的外れだな

845 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 11:03:54.72
しかし、、、
>>840からの流れで、
>>844が一番ドヤ顔で威張ってるって自覚はないんだろうなww

846 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 15:11:56.37
火曜かよ

火曜…

悲鳴がこのスレを覆うんだな…

847 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 16:45:06.34
>悲鳴がこのスレを覆うんだな
そんなことはあり得ない。
このスレは自分以外の全てを見下してる偉い人ばかりなんだから。
一次ぐらい突破続出じゃなきゃ、お笑いだぜww

848 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 22:28:03.83
一次落ちだったらショックだなぁ

849 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 22:35:01.61
いくら匿名でも、落ちた落ちたうへへへwwwと書き込むのはプライドが邪魔をする亜k羅
やっぱ通過者の喜びの声が多くなるんじゃないかな

850 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 23:01:51.72
一次落ちてもふんぞり返ってる人もいるでしょうけど、
普通はそうなると思いますよね

でも違うんです。一次通った人が少なすぎて、
例年落選作祭りになったり愚痴のこぼしあいになるんです

851 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 23:27:23.33
まだ先だと思ってたのに、もうすぐ1次発表なのか。2月は短いもんね。
ただ、〆切りも選考会も去年より遅いから1次発表も来週末か再来週
明けじゃないかと予測してみる。

852 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 23:47:55.23
去年は何人くらいのスレ住人が一次突破したの?

853 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 00:34:29.46
応募者が情報を集めようとすると、公式かtwitterか創作文芸板ぐらいだから、
ROM専まで含めていいなら10人以上じゃないかな。通過したと明かして書き込むのは数人
なにしろ編集長や選考委員までこのすれ見てるぐらいだもんよ

854 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 05:46:58.86
>ROM専まで含めていいなら10人以上じゃないかな。
希望的すぎる数字だと思うよ。せいぜい4〜5人じゃないの。

オレも含めてだけど、
このスレの書き込みで、コイツは実力あるんだなって感じるヤツは皆無じゃん。
実力のなさを虚栄心で誤魔化してるような書き込みばかりだぜ

855 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 06:46:16.43
ROM専は書き込んでないからな

856 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 07:10:20.13
よく考えたら、
ROM専って編集長や選考委員も入ってるんだよね。
彼らも2ちゃんねるの住人と言っていいのかな。

おいっ、
古浜、塩澤っ、歓迎してやるぜw

857 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 10:38:10.59
古浜? 小浜さんな
見てるって言ってたよ

858 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 10:43:03.43
つまらないゴミ作品大量に読まされるストレス解消に
ここでアラシと化してたりして

859 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 10:53:44.82
荒れてる時の2chの流速に付き合えるほど暇とはちょっと思い難い
だいたい下読みの合間に荒らしなんかやってたらSAN値削れ過ぎて正気に戻れねえだろ

860 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 11:13:19.01
住人なんて言っても、一日中張り付いてるわけでもないし、
ざっと流し読みするぐらい誰にでもできるからな。通過者の半分以上は存在を知っていると思うぞ
住んでいるレベルになると、もうほんと一握りだと思うが

861 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 11:26:38.87
ちょっと気になることを思い出した。
昨年、Webで応募した直後にここで報告して、
受付番号○○番だったよって書き込んだ直後、

「特定しました」って、短いレスがあったんだけど
原稿を受け取った関係者が、
この原稿の作者は2ちゃんの住人だと特定したって意味でレスしたのかな?

862 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 11:33:55.21
2ch書き込みのIPを特定する公安と創元社が
つながっていて、俺たちの活動を監視してんの
かもな
俺たちのネットの書き込みがすべて公安にある
データベースに記録され、監視されている
国家に害を及ぼさない作品を書く作家だけが
一次を通過する…

863 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 11:38:21.02
なんか記憶二世みたいのが出てきたぞオイ

864 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 11:39:56.42
SFで重要なのはアイデアじゃなくて考証や考察だな
>>862みたいな思い付きをだらだら外に垂れ流すだけの奴を見てるとひしひしと思う

865 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 11:43:46.98
例えば公安と創元社が仮にIPを監視して、応募者と紐付けまでしたとする
じゃあ彼らは何のためにそんな事をしてるの?
という視点がすっぽり抜けてるようなのはSFではないと思う
人間よりも遙かに上位の存在のする事だから理解するのは不可能、とかならわかるが

866 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 11:49:11.80
ジャップソックのためです

867 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 11:53:32.10
>>865
読むと麻薬のようにその思想に犯されてしまう不可思議な文体の持ち主。
廃人となった人が多数、発生したために公安が捜査、容疑者として密かに
マークしている。当然、下読みがそれを目を通すとやはり精神を犯されて
しまう可能性があるため、創元社にも連絡が入っている。だが容疑者として
マークされ、応募作が証拠として公安の手に渡り、陽の目を見なくなって
いるのはそんな文体を持ち得ない単なるワナビだったのである。

というのは川又千秋のアレのパクリ。

868 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 11:58:24.82
それをどうやって罪に問うために公安がマークしてんの?
ほんとつまらん
SFじゃなくて文芸でやれよ

869 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 11:59:34.47
>>867
資料として共産主義の本読んでた特高が赤化した逸話から
そういう話を練りあげてしまうのがSFだよな
そして虐殺文法まで繋がる

素人のSFはぐだぐだ宇宙や量子の話してればいいと思ってるから良くない

870 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 12:00:46.81
日本SF大賞が否定されちゃったぜ

871 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 12:05:28.25
虐殺文法自体はSFじゃねーだろ
メタルギアの部分がSFなだけで

872 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 12:15:32.87
最近、『戦争における「人殺し」の心理学』っての読んだんだけど、
虐殺器官と全く逆の現実が示されてたな
人間は人殺しに甚だしい抵抗感を持っていて、特殊な訓練を積まない限り簡単に他人を殺す事は出来ないし、
人を殺せるのは指揮官への信頼と、一緒に居る仲間を守るためだから出来る事で、
自分が殺されそうになっても人間は他人を殺す事を拒み、
殺した後もPTSDで苦しむって感じ内容を、現場の人間がデータと摺り合わせて語ってる

んでそれ読みながら「老人と宇宙」という作品の事を思い出して、
主人公が戦う理由が、「そこに居る仲間を守るため」だったんだけど、
「老人と宇宙」なんてかなりライトなスペオペなのに、ちゃんと「人間が敵と戦う方法」が、
ちゃんと現実に即したリアルな考察と観察の下で書かれたものだって気付いて、
国内SFって、何の考証もない思い付きを、ただ書き殴ってるだけなんだなあ、と思い知らされたね

873 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 12:50:20.43
…しかし、国家による創造力への介入は国力の
低下をまねき、一方、創造力豊かな若者をニートに
導いてしまう
…ここまで書いてたら用事が入った

874 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 12:52:48.92
>何の考証もない思い付きを

そこまで言うと身も蓋もないけどw
現在の社会と切り離された空間で、斬新なガジェットや設定を考えて、
その後で、人間をガジェツトに合うように動かしていくっていう感じはしますね。

875 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 12:52:59.44
そこUndifferenceで拾ってなかったかなぁ

876 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 12:58:27.63
>>874
斬新なのってなんかあったっけ?

877 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 13:01:04.26
日本沈没とか

878 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 13:04:52.20
紙テープで駆動する宇宙船ってのがあった
ちょっと普通思いつかない

879 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 13:09:32.30
バカSFはいいから

880 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 13:17:55.57
パンチカードがバカSF呼ばわりされる時代かよ・・・

881 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 14:01:40.71
紙テープも実際に有ったよ
ひゅんひゅんテープが舞うからかっこいい

882 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 14:36:41.05
最新型の反物質エンジンはもっとも効率良く対消滅を発生させる方法として、
反物質をいわば隙間のある紙テープのロール状に形成しているのであった。

883 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 15:24:17.55
それは危険だな

884 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 18:48:08.86
火曜日の一次発表に自分の名前がないという悲しみをエネルギーにタイムマシンを開発した。
選考開始まで戻って発表を繰り返して、これが六回目のループだ。今回は載っているといいのだが……

885 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 19:59:24.72
未来から送りこまれた殺人ロボットが、
創元賞一次選考通過者を次々と殺害する事件が発生

886 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:01:29.29
>>880 パンチカード???
>>881 紙テープ???
ふっふっふっ、、、
私はカセットテープを使ってましたが、、、
私の方が若いと言うことだね???

887 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:03:02.20
>>886
パンチカードや紙テープは汎用機で、カセットのPCとほぼ同時期まで
生き残ってた気がする。

888 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:12:18.98
ちなみに大学に汎用機の計算機室があって、ダム端でTSSやらの実習が残ってた
時代。統計処理もPCじゃ追いつかなくて計算機室のSASとか使ってた。実験用の
PCに8801Mk2があって、それがテープ読み込みだった。それ以外は80286やVM30
のPC(9801)がメインで、実験・データ処理用にTurbo Pascal使ってたなあwww

889 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:14:07.61
知ってる事をただ羅列するだけの飲み屋で管巻いてるオッサンみたいなトークってほんと面白くないよね
本人は何か意味があると思ってるんだろうけど、せめて考察か何か加えてほしいんだけど

890 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:15:59.83
そういう時代もあって、その時代をノスタルジーとして面白がる世代も
いるっつーことよ。

891 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:20:47.70
フロッピーを懐かしむ話から5インチ8インチカセットテープと重ねていく会話は鉄板だったよな
俺は5インチ派だった

今はフロッピーの話が出ること自体滅多になくなったけど

892 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:24:21.64
>>890
それが飲み屋トークで面白くないっつってんだけど

893 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:28:19.35
職場に酔うと毎回同じ話をするオッサンが居て、
ほんとに酒がスイッチのカセットテープかよお前はって感じで、
顔に水ぶっかけて酔いを覚まさせたい衝動に駆られるんだけど、
本人は至って楽しそうという鈍感力

894 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:30:54.50
そう言いながら
昔見たアニメの話しとかしてない?
>>893

895 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:31:19.82
>>893
文句いうだけじゃなくて面白い考察の一つでもしてみろよ
そしたら勝手に始まるだろうが。面白くないのはお前だろ。

896 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:33:05.81
>>872で考察したろ?

897 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:37:41.55
アメリカはベトナムで社会問題になったから、
そこら辺の考察は当然の教養として身についていて、
観察眼とかそういう話じゃないのかもしれないけど

898 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:41:22.15
>素人のSFはぐだぐだ宇宙や量子の話してればいいと思ってるから良くない

こんな事言っておいて、
ちょっと類推や敷衍や思考実験したら付いて来れないというオチ

899 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:50:37.57
要するに、自分が知ってることは得意げに威張るけど、
自分が知らないことに、ネタが及んで盛り上がりかけると、
仲間はずれにされるような被害妄想を膨らます、迷惑な厨坊が居ると言うことだね。

900 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:53:07.01
>>862>>888には裏付けや考察が全く無くてつまらないって話なんだけど
知ってる知ってないの話じゃないよ
虐殺うんたらも俺が始めた話じゃないし、切り替えされたら結局誰も付いてこれないかった
付いて来れなかったんじゃなくて、考察や考証が出来ないんだよな

901 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 20:55:49.16
例えば俺はアクアリウムについての知識は全くないけど、
エミネムさんのアクアリウムの解説は面白いと思う
考証と裏付けがあるからだな

例えば俺はCIVについての知識はあるけど、
エミネムさんのCIVの解説は全く面白くない
二番煎じと、ただ知ってる事羅列してるだけだからだな

知ってれば面白いというわけじゃないし、
知らなければつまらないというわけじゃない

902 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:03:23.49
だからさ、解説すんなって言ってんだよ
(第一回の座談会で選考にあたった全員が)

考証と知識の裏付けを持った上でさらっと書いて済ませる
それがいいSF小説
少なくとも、短編ではね

903 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:05:06.24
>>902
急に全く関係ない別の話してどうしたんだ?
作中で設定の説明をどうするかの話なんかしてねえんだけど

904 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:07:11.53
ジュールヴェルヌもオーウェルも、今となってはズレた未来予測になっちゃったかもしれないけど、
それでもかなりディープな所まで考証してたでしょ
>>862なんて本当、ただの思い付きじゃない

905 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:14:01.85
862はよくある統合失調症患者さんの妄想だから
それを「お前らのアイデアなんて!」と叩くのは
少々勘弁していただきたいんですがねぇ

面白いアイデアあればここには書かないって

906 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:15:45.33
記憶二世って>>861に向けられたレスだろ

907 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:16:28.57
短編で延々と設定語るのは、ダメな例の最たるものだよなぁ

908 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:19:33.33
ダメな奴叩きで良くなると思ってるのもビョーキだろ
ニートと朝鮮人が居なくなれば日本は浮揚すると思ってる奴の多い事多い事

909 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:29:49.82
>>908
叩いても居なくならない、と反論するならわかるが
居なくなれば浮揚するのは事実だろ

910 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:32:17.54
そういう認識の人が99%だからこの20年まあこんな感じなんだろうなあと俺は考察してるけどね

911 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:36:58.26
遺伝子と社会で類推して、全員同じパターンになったと仮定すると、その場合、生物的に弱くなる事は言うまでもないよね
それが正しいかはともかくとして

912 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:41:02.52
歴史的に見てもそうで、
人種が交雑した文明は強く大きくなるけど、
鎖国したりパージを繰り返してる文明は、大体弱くなっていくという

913 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:41:08.37
労組がワイワイやってたころにこの国が高度成長してたのを
忘れてる奴

914 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:42:06.12
>>913
どんな関連性があって労組の話になるの? 解説してもらえる?

915 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:43:25.75
それがわかれば二十年も失われねーよ

916 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 21:44:28.57
>>915
単純に、生物としての社会が弱ってるんでしょ
この意見に自信は無いけど

917 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 22:06:37.92
>>912
朝鮮人に食い荒らされた挙句中国に併合されたら強くなるの?
とっとと半島に帰れ

918 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 22:38:06.74
古代ギリシア人の栄光は混血で消え失せたのは常識だろ。
ローマ帝国は外国人傭兵によって滅んだ。

919 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 22:46:23.37
歴史は階級闘争である
中国で低賃金労働者のアメリカ搾取企業への
暴動が頻発してんのに、
どうしてお前らはそう、頭が宇宙なんだ?

920 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 22:48:37.02
なに寝ぼけたこと回転だか

921 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 13:06:00.76
>872
読んだ上で書いたにきまってんだろアホか

922 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 13:09:34.52
小説がある種のたとえ話としても書かれている側面があるという点をまったく無視して
リアルだとかリアルじゃないとか言うのはまったくのナンセンス。

923 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 13:19:27.56
>>921
何が?
虐殺器官は現実と全く逆だよ
作中で部隊が半壊するんだけど、
部隊に被害者が出るとむしろ部隊の士気は上がるんだよ
それなのに、味方がやられている所を目撃してた主人公の士気は完全に消失して、
後ろで気絶してたウィリアムズの方が怒りに燃えていたという、人間心理と逆の行動を描いてしまってる

924 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 13:23:22.62
大森がこれを
>徹底した理詰めによるキャラクター設定
とか解説してるのがなお笑えるな

925 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 13:27:03.51
虐殺器官って要するに、
メタルギアソリッドとダーウィンの悪夢を混ぜたビジュアル小説だと思うんだけど、
解説する方がありもしない空論で飾り立てなきゃいけないんだから、
まあ大変だよな
二万冊も読んでれば当然『知の欺瞞』くらい読んでるだろうにな

926 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 13:30:55.66
明日?

927 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 13:39:37.08
まあ伊藤計画は死んじゃったから名前出して批判できなくなっちゃたからしょうがないよね

928 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 14:20:22.23
記憶さんによれば今日の七時だそうです

929 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 15:02:56.85
しかし、フィクションなのに、感情の動き方が
「リアル」である必要があるのか?
そもそも科学が確率論的にはともかく、
感情の動きを正確になぞれるものなのかどうかは
ともかく

930 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 15:10:10.70
小説、特にSFを書く時って、周辺知識の収集が必要だよな。
>部隊に被害者が出るとむしろ部隊の士気は上がるんだよ
などと信じてるんなら、戦術や戦略の入門書を読むことを勧める。w
ベトナム戦争以降、様々な戦訓から得られた知識として、
戦闘ユニットは、約10%の死傷者を出した辺りから、ユニットを構成する兵士の士気にダメージを被り始めて、
30%の損失を出せば、統一された指揮能力も喪失して、いわゆる全滅と呼んで良い状態になる。

虐殺器官の戦闘描写はあながち誤りだとは言えない、
したり顔で叩いてる人間が軽薄さを暴露しているだけw

931 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 15:34:10.43
確かに、このスレで理屈をこねる人ほど、
自ら知識のなさを暴露してしまってるね

932 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 15:49:16.60
>>930
軍事行動力としての全滅と、士気の話を混同させてるな

933 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 15:54:54.04
それよりあと三時間なんだぞ
頭皮行動か?

934 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 16:01:25.54
あと士気の話は俺の間違いだったな
前線では戦友に被害が出ると士気が低下するが、
前線から離れると殉教者の存在によって士気は上昇する
だから>>923は間違いで、虐殺器官の方が正しいのかもしれない

相手の理屈に綻びがあった場合は、
>周辺知識の収集が必要だよな
等としたり顔で説教しつつ、

理屈で言い返せない時は、
>「リアル」である必要があるのか?
などとちゃぶ台をひっくり返して問題解決を図ろうとする
そういう恣意的な行動が目に付くね

935 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 16:04:09.36
で、肝心の、
>読んだ上で書いたにきまってんだろアホか

何を読んだ上で書いたのか、それには返答はないんだよね
こういう場合って

936 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 16:25:23.10
うー心が落ち着かねえ

937 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 16:26:52.13
リアル云々は俺だが、周辺知識は俺じゃない
一対一で話してるんじゃないんだから

938 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 16:38:14.21
>>937
そんな事もわからないほど相手がバカだと想定するから恣意的なレスが続くんだろうな

939 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 16:41:50.23
>>938
結局、馬鹿に釣られるお前が一番馬鹿ww

940 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 16:44:01.92
俺は相手が賢くてSFも読み込んでるという想定でレスしてるから真面目に反論するし、
間違ってたら間違ってると認めるし、怒りも湧くんだけど

941 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 17:02:18.84
キター!!

942 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 17:20:17.34
>>940
自己弁護がしつこいヤツだなwwwww

943 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 19:03:17.24
コネー

944 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 19:15:07.30
一次発表は第1回と2回は4月で第3回が3月だったんだよな
読めねえな

945 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 19:29:48.81
創元社は九時五時です

946 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 19:32:44.11
そういえば記憶も虐殺器官を必死に叩いていたな

947 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 19:40:26.18
発表は昨年と同じ、3月5日です。

948 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 19:44:04.16
じゃあ明日か
明日の七時ってこと?

949 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 20:32:01.94
例年のスケジュールなら明日確定って言ってた奴がいたな
普通に考えれば、はっきり日付決まってない可能性、曜日に左右される可能性もあって
明日発表と言い切れる根拠が全然ないんだが
妙な自信持って言い切ってる奴いるから明日なんじゃね?

950 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 20:35:02.66
このスレを見て哀れに思った関係者が、ちょっと呟いてみてくれたのかも

951 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 20:41:23.11
おそらく関係者は一次発表なんかにそれほど気を回さない

952 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 21:12:19.68
大森望が帝国ホテルで吉川英治賞リアルタイムでつぶやいてるあたりで、
今日1次発表ってのはデマだと気づくべきだったorz

953 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 21:57:24.94
記憶さんによるとって書いてあるのに信じたのかよ…

954 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 22:56:21.75
記憶氏は去年はそうだったって言ってるだけだから、
それを責めるのは流石にどうかと思うが……一次前だからってイライラすんなよ
このスレの住民は全員受かってるに決まってるだろ、気を大きくもて

955 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 08:53:16.52
大森ぃ、
創元について、ちょっとぐらい呟けやぁ

956 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 09:06:36.10
小浜ぁー
お前は、部下にサービス残業させまくりの顔じゃぁ
どんどん部下をこき使って、さっさと一次発表せいやぁ!

957 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 09:11:54.20
塩澤ぁーー
お前は暗い顔で口ごもってばかりいねぃで、
創元の一次発表が遅れたら、
一次落ちが改稿してハヤカワに応募できなくなるヤツが出てくるだろって
のろまな創元をプッシュしてやれよぉ!

958 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 09:14:17.72
日下ぁ、
お前、存在感薄いぞ、
一次発表のカケラの情報でも漏らしてみろやぁー

959 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 09:16:05.76
>>955>>956>>957
IP特定しました。
一次通過リストから、抹消いたしました。

960 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 09:55:57.14
IPなんだと思ってるんだこの馬鹿は

961 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 10:46:29.64
http://himasoku.com/archives/51768967.html

962 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 10:58:23.24
まあ創元は電子で送ってるんだから
mokusei.ne.jpが一致したら木星在住者に要注意タグ付けるような雑なやり方で良ければ
不可能ではない

963 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 12:27:51.14
他のmokusei.ne.jpの応募者が巻き添えを喰らうのであった。
てか木星在住者ならpeople.ne.mokuseiとか何かではあるまいか。

964 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 17:18:22.72
キター
一次通過した人、おめでとー

965 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 18:22:27.10
大森氏のつぶやき止まってんな
何かあるのか?

966 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 19:24:06.19
これもうわかんねえな。3/5も発表がないとなると。
冷静に考えたら大森さんが担当ぶんを終えたのが二月中なので、
他の人はもっと遅いに決まっているのよね。
それに一人が一作品に一回だけ目を通すってのもありえなげだし。
四月上旬に一次発表を見てるよ。

967 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 19:29:23.60
>>861
ごめん、それ俺だわ

968 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 19:31:08.45
踏んでないけど>>961がおまんちん臭い

969 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 19:36:47.70
>957
他の賞で1次落ちするような作品を
数日でちょろっと直した程度で送ってこられても迷惑だろ

970 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 19:37:56.71
一次は運
これはプロ作家も下読みも認める所
認めないのは編集者だけ

971 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 19:49:03.00
>>968
気に入っていただけると思います
一次発表を待つ長い夜のお供に

972 :964:2013/03/05(火) 20:02:09.11
おまえら無視すんじゃねえよ
相手してくれよ
淋しいんだよぉー

973 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 20:16:20.28
淋しい、というか、キツイっす
この一次までの待ち時間

ところで、恋愛小説を書こうと思って、
カビの生えたSFアイデアにドロドロ人間劇で
行こうと思って書いていたら結構楽しい

小説書くのがいいかも

974 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 20:53:58.70
ところで皆は創元のSFピンバッジやブックカバーのプレゼントに応募すんの?

975 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 21:14:09.94
東京創元社
https://twitter.com/tokyosogensha
[Web Mysteries!] 2013年3月号 CONTENTS:
【Science Fiction】第33回日本SF大賞受賞記念インタビュー――
宮内悠介『盤上の夜』を語り尽くす!

そんなのどうでも良いから一次発表がいつになるかぐらい呟けよぉ

976 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 21:27:57.68
>>975
これ、確信犯だろw
つまらん一次落選作を大量に読まされた腹いせか

977 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 21:46:30.32
もう宮内押しが過ぎて剛力みたいに思えてきた
いいから早く一次を発表しろよアホ浜が

978 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 22:44:19.45
他社からもお誘いが殺到しているから
自分ところでも押さえておかないといけないんだよ。

979 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 00:37:30.46
SF大賞が今年で終了か!?


 昨日の記事に書いたように、日本SF大賞は今回限りで徳間書店からの後援を受けられないことになりました。
 徳間書店の岩淵徹社長はその理由を述べられませんでしたが、いわゆる「経営上の判断」ということでしょう。せっかくのSF大賞と、2009年まで11回、
徳間書店の後援で続いた「日本SF新人賞」が、同書店のビジネス戦略に寄与しないと判断されたかと思うと残念でなりません。

 作品の選定作業自体はずっとSF作家クラブがやってきたので、引きつづきSF大賞を決めることはできます。
とはいえ大きな節目であることに変わりはなく、賞の存続を含め、根本的な見直しを早急に検討することとなりました。

http://nukunuku.blogzine.jp/nukunuku/2013/03/post_e02c.html

980 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 06:25:11.81
>>979
ハヤカワか創元に協賛話を持ちかけるんだろうけど、
「○○年度日本SF新人賞受賞」というキャッチコピーを帯につけて
どの程度売り上げが伸びるかって問題だよね。

発想を変えて、受賞者に対して、
名誉な賞を与えてやったんだから、授賞式の開催費用はお前もちだっていうのはどうかな

981 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 07:09:14.50
>>980
せっかくですが授賞式なんていりません。賞金だけください。

982 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 08:35:11.13
いっそのこと出版費用も受賞者持ちにすればいいんじゃね
それから応募する際にも料金が必要ってことにすればいい
今は亡き新風舎もビックリの新商法だ

983 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 08:45:15.07
新たに賞を作ってくれるなら、審査手数料としてワンコイン¥500位なら払っても
いいぞ。創元で600近い応募だからせいぜい三十万くらいにしかならんけど。

984 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 08:51:33.30
>>982
応募する際に選考料必要な賞は少なくないけど
主催は全て出版社ではない(本出して回収できない)所で
出版社がやり出したら終わってんぞそれ・・・
出版社が出版して儲けにならない前提なら本出さなきゃいいんだよ

985 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 09:24:58.62
ワールドコンはボランティアで、有志がドサ周りして運営してるってのに、
ジャップは出版社やスポンサーにおんぶにだっこしないと何も出来ないんだな
流石コミュ障民族なだけあるわ

986 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 09:51:42.40
ワールドコンで新人発掘のための賞を公募してるんだ?
知らんかったわ。

987 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 10:00:58.33
>>986
SF大賞の話だろ? ヒューゴー賞の猿まね劣化版だっつってんだけど

988 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 10:06:35.77
いや徳間が降りるだけで授賞自体は続けるけど
出版社がパーティはもうやってくれないってことね

公募新人賞ならスポンサーである出版社の撤退は激震だけど
刊行された中から選ぶものなんだから
お披露目パーティがなくなるだけでしょ

989 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 10:10:00.10
>>988
お客様体質の作家クラブが、企業におんぶにだっこせずに二本の足で歩いていけるか、
そういう事だよ
パーティとか「ヒョーショージョー」とかやめろよ
あれすごいみっともない

990 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 10:16:38.66
大体公募新人賞なら無くなったら別の所送るだけだし

991 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 10:19:26.43
>>987
>>980からの流れだと日本SF新人賞の話じゃないの?

992 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 10:21:53.13
>>989
パーティやると新聞が取り上げてくれて良い宣伝になるんだよw
広告出すより宣伝費として効率いいってことだ
作家にとっては営業の場でもある

993 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 10:22:22.18
>>991
流れも糞もてめーが読み違えただけだろ言い訳すんなカス

994 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 10:22:40.66
日本SF新人賞は終わったじゃん
徳間が撤退するのもSFJ廃刊したからだろ

995 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 10:27:09.80
大体なんで既存の刊行物によく出来たで賞を与えるためだけにスポンサーなんか必要になるのか理解に苦しむね

996 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 10:33:11.35
宣伝でしょ。書店は本屋大賞で、そこそこ売れる本を押してるし
SFだけの賞とか意味ないとスポンサーが判断しただけのような気がする

997 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 10:35:16.49
ボランティアのワールドコンの猿まねで始まったんだから宣伝関係ないでしょ

企業にリスクヘッジしてもらわなければ何も出来ないってこれもう遺伝子レベルの疾患だよね
対人恐怖症って日本人しか発症しない精神疾患らしいし
企業に寄りかからなくても何か出来る人って、一部の経営者気質の人だけだという
小松御大とかああいう希有な人ね

998 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 10:49:41.22
代われるなら、お前が頑張れ!

999 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 11:07:52.63
つか、別にあれリスクはないだろ?
宣伝費かけてパーティやる動機を持つのが出版社だったってこと
SFの賞も雑誌もやめた出版社が宣伝費もう出せないっていうのも特に不思議はない

なんかハヤカワスレも見てて思うんだが
SFワナビって事情何も知らずに語ってる奴多すぎねえ?
業界裏話なんかじゃない、賞や雑誌の改廃すら知らないのに知ったかで語りすぎ
(知らないから語らないとか訊くとかはいいけどさ)
萌えニュース速報の奴らの方がまだ良く知ってるみたいだぞ

1000 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 13:21:45.60


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

242 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)