5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

北方水滸伝・楊令伝・岳飛伝を語ろう第四十九章

1 :無名草子さん:2012/05/07(月) 21:25:08.00
剣折れるとも、魂屈せず。英雄、この地にいまだ凛然たり。
操刀鬼涕もて語る遠き幻王の言葉。
北方水滸後伝絶好調ならんや。
いざ、はじまるは第四十九章なり。

2 :無名草子さん:2012/05/07(月) 21:28:31.28
周杳という単語が何気にでてきてびっくり。

3 :無名草子さん:2012/05/07(月) 21:35:28.42
我らの旗を立てよ。>>1乙。光。風。海。遠くならなかった。それはいつまでもそこにあった。


4 :無名草子さん:2012/05/07(月) 23:10:54.96
新塞の建設乙

岳飛伝の単行本はいつ出るんだろう

5 :無名草子さん:2012/05/08(火) 00:37:58.98
スレの中を、熱い>>1乙が駆け巡った

6 :無名草子さん:2012/05/08(火) 05:25:23.32
>>1乙すれば、またもとのように、ひとつにまとまれるのかな?

7 :無名草子さん:2012/05/08(火) 07:53:27.25
一乙

文庫版読んだけど解珍の孫二娘レイプはなんだったんだ

8 :無名草子さん:2012/05/08(火) 09:42:54.45
あれはすばる当時も今回あらためて読み直しても、よくわからんかったな
死を前にして男の本能が燃えた、ということなのか
それにしては孫二娘が全然気にしてないのも哀れ

9 :無名草子さん:2012/05/08(火) 22:32:31.03
公式サイトが、更新されているではないか。

10 :無名草子さん:2012/05/08(火) 23:37:37.52
公式サイトの「やつら」

水滸伝文庫本の挿絵の順番と違うなと思ったが、楊令伝では武松は生きているんだったな。

11 :無名草子さん:2012/05/08(火) 23:44:54.43
その解珍もそのうち出てくるだろ多分

個人的には、解珍は梁山泊入って人生適当に流すのやめたようだったので
その活動の一環として死ぬ前にやりたいことやったと思ってた

12 :無名草子さん:2012/05/09(水) 22:45:54.75
メコン川の登場は意外に早かったな。
しかし、李俊は到達できないような気がする・・・

13 :無名草子さん:2012/05/11(金) 04:57:01.74
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1335868789/l50
「【北方】替天行道の書が天下を動かすようです【水滸伝】」がいよいよあの場面にさしかかろうとしてるけど
やっぱりこの辺はすごかったよなあ
初読の時の衝撃は忘れられない

14 :無名草子さん:2012/05/11(金) 13:48:07.49
>>13
こんなのあるのかwww
なかなか面白いな

15 :無名草子さん:2012/05/11(金) 23:28:37.48
全員集合の会議に顧大嫂は来ていなかったんだな。
もはや大石の愛人となりはてたようだな。

16 :無名草子さん:2012/05/13(日) 17:14:22.46
ぉう、、、
いま李俊とだい石がどうのってのをちらっと見ちまった。
すばるを読まずに第一巻を待ってる身としてはここは覗くのも危ういな(笑


17 :無名草子さん:2012/05/16(水) 19:25:52.51
グエン・レが出たとき、銀英伝を思い出した。

18 :無名草子さん:2012/05/16(水) 19:48:45.47
たしかに銀英伝に出てきそうな名前だ

今月のネタバレ
まーたど真ん中と騎馬隊か

19 :無名草子さん:2012/05/17(木) 18:30:42.36
まあ、どっちかが全滅するまでやるというのだけは卒業できたようだから良しとしよう。
あと、ウジュ=楊令の仇なんていう、誤解どころか曲解のような考え方からも
卒業できたようだ(それでも、死んだウキマイの命令だった=ウキマイが仇だ
と曲解は続くが。なぜか、暗殺者とその背後がだれか調べができないw)

・死ねない史進の苦悩
・秦容が将軍を辞職し、軍からもいったん離れてみようとする動き
・話のメインにかかわれない、そのころ岳飛は…
・秦檜の現状分析
・宣凱の外交官

今月はこんな感じ。

20 :無名草子さん:2012/05/17(木) 22:10:39.95
今の梁山泊はほんと無責任に個人が好き勝手やってるよな
頭領の呉用がちゃんとまとめようとせんのも理由の一つだろうが

21 :無名草子さん:2012/05/18(金) 07:58:44.04
公孫勝ってさ何故か呉用の死にたがり三回にすべて携わっているな

というか呉用は死ぬ気で働きすぎ

22 :無名草子さん:2012/05/19(土) 20:05:32.37
>>19
>なぜか、暗殺者とその背後がだれか調べができない

ヒントはこのスレの中に・・・
?圭材軍副官麻哩に合掌・・・

23 :無名草子さん:2012/05/19(土) 22:47:04.77
やつら、「酷使というんだあれを」に吹いた

24 :無名草子さん:2012/05/20(日) 00:07:22.09
第12巻は、「走る合戦屋」王定六か。
史進を彷彿させる鉄棒と、背中に刺さった矢がなんともいえん雰囲気をかもしだすな。

25 :無名草子さん:2012/05/20(日) 23:24:07.64
岳飛伝単行本出るんだな
すばる読んでないからとりあえず買う

やつら の次の話はまだかね?
待っているのだ、私は


26 :無名草子さん:2012/05/21(月) 00:24:31.89
楊令伝 文庫版組

浪子、意外だった

27 :無名草子さん:2012/05/23(水) 16:59:12.93
いまさら水滸伝読み出したんだが
小五を軍師にしておきながら献策としては初陣で殺したのはなんなんだw

28 :無名草子さん:2012/05/23(水) 21:27:16.20
初見は、その脱落の速さに、唖然としたものだが
ああいう無念の好漢がいてもいい、と今は思う


29 :無名草子さん:2012/05/23(水) 22:26:51.15
文庫で読んだけど
4巻のクソあとがきだけは許せんかったなw
序盤の最大?の盛り上がりでネタバレしやがったクズ

30 :無名草子さん:2012/05/24(木) 08:12:44.89
4巻てどのへんだっけ?

31 :無名草子さん:2012/05/24(木) 08:38:52.93
>>30
馬桂が楊志の密会場所をさぐるほうほうを見つけたかも…
というところで続く、みたいな感じ

まあ5巻の帯みたらどっちにしろわかっちゃうんですけどね

32 :無名草子さん:2012/05/24(木) 17:44:33.52
文庫版の12巻読み終えたんですが
蔡福の扱いひどすぎて泣ける
唐昇、許貫忠と違って蔡福はガチガチの同士だったのにどうしてこうなった

33 :無名草子さん:2012/05/24(木) 19:31:49.31
楊令殿の政治スタイルは経済重視の癖に、楊令殿が誉めたり出世させるのは
騎馬隊小隊長だけってのは語りつくされたことですし。
そのせいで、楊令一人が死んだだけで、各地の自由市場が闇市として点在するだけになってる。

34 :無名草子さん:2012/05/26(土) 22:19:09.15
とりあえず祝、・岳飛伝第一巻発売!

35 :無名草子さん:2012/05/27(日) 00:48:09.03
ホームページも変わったね

36 :無名草子さん:2012/05/27(日) 22:04:22.73
一巻の岳飛の絵ダサすぎだろ・・・w

37 :無名草子さん:2012/05/28(月) 00:29:31.29
岳飛のあのポーズがねww
なんとも言えず、だっさいwww

38 :無名草子さん:2012/05/28(月) 07:39:14.44
お馬さんに乗った楊令殿がやって来たら何でもすぐ解決しすぎ
もちっと苦戦してみせろよと

39 :無名草子さん:2012/05/28(月) 13:36:57.84
尽忠報国のフォントももうちょっとなんとかしてくれよw

40 :無名草子さん:2012/05/28(月) 14:53:16.97
つかまず
北方岳飛は史実や説岳と違って尽忠報国のキャッチコピーが似合わんw

41 :無名草子さん:2012/05/28(月) 16:28:48.21
盡忠報國

42 :無名草子さん:2012/05/28(月) 19:00:58.18
うざいと思われるかもしれませんがどうしても気になってレスさせて頂きます。
当方女で、まだ読み始めたばかりなんですが、宋江が大嫌いになってしまいました。
男性読者は結構支持するものでしょうか?

志とは別に、閻婆借にちゃんと説明してたら
ケ礼華と宋静はゴールインできたのに。

女のヒスがうざいというのはわかるんですが、
説明もせずに強姦まがいに犯しておいてオボコを相手にしているようで燃えるとか何様のつもりだと。

原典で晁蓋が死ぬのでどちらかが死ぬとしたらやっぱり晁蓋だと思うんですが、
個人としては宋江に退場してほしいくらい嫌いなキャラです。

43 :無名草子さん:2012/05/28(月) 21:14:50.04
読者投票の嫌いな人物部門で
宋江さんは八位入りしました
好きなキャラランキングでは圏外です

44 :無名草子さん:2012/05/28(月) 23:04:35.65
宋江が言えないことを他のキャラに言わせていたはずなのに
どうしてこうなった

45 :無名草子さん:2012/05/28(月) 23:07:40.56
そこで、3代目の頭領は拷問とか他国の国王を脅迫するとか王子を暗殺するって言う、
人の嫌がることを率先してやったいい男だよ。好きな人ランクで1位になるぐらいに。

46 :無名草子さん:2012/05/28(月) 23:41:53.89
そういや吉川晃司の「宋江にロックわかると思うかい?」には笑ったなあ
解説(?)の中で吉川のが一番おもしろかった

47 :無名草子さん:2012/05/29(火) 08:09:57.78
>42
だいぶ初期の話・・だったかな。
北方三国志に始まり、土曜日に岳飛伝を購入したワタシ個人は、そのあたりの事はすでにあまり覚えていませんが。。
宋江がレスにあるように振る舞ったかどうかも定かでないですが、、、

48 :無名草子さん:2012/05/29(火) 08:12:03.36
そのあたりは後の頭領宋江もただの小さい人間。。女好きのおっさんであるってところを表した箇所かと思われます。
女のヒスかおっさんのヒスかは判りませんが、そんな感想をガンガンぶつけるのも良いかと思います。
この場は、楊令=強すぎるからキライ、秦容=すかしてるからキライ、とかそんなのを延々と繰り返し書く人もいる、自由なレベルですからw


49 :無名草子さん:2012/05/29(火) 12:37:44.74
しかし水滸伝から岳飛伝まで呉用殿の魅力に打ちのめされてるわ

50 :無名草子さん:2012/05/29(火) 14:17:59.94
同意

好漢らにしてみれば希望の星は宋江だけど(呉用にとってもだが)

自分が小説として全体を見られる立場なせいなのか
それとも社会での立場のせいかw

51 :無名草子さん:2012/05/29(火) 17:19:10.68
読者から見てなんでこいつが人望あるのかさっぱりわからんというのは
原典の宋江の通りだw

52 :無名草子さん:2012/05/29(火) 19:17:58.03
替天行道を書いた人だからどんなに凄い人かとおもって入山したら、ただのスケベ親父だったでござる


53 :無名草子さん:2012/05/29(火) 19:42:09.04
呉用は読者の宋江好感度まではカバーできません…


54 :無名草子さん:2012/05/29(火) 21:50:32.80
呉用については、嫌われ役に設定したのはいいが、一時期の史進や双鞭なんかが無駄に呉用を嫌いすぎて、逆に史進達がショボい馬鹿に感じてしまった。
黒旋風が呉用に斧を向け、宋江がたしなめもしないシーンなんかも「そりゃひどいだろ!」と本に向かってつっこんでしまった。
このあたりは、もしや北方のテクニックというよりも、下手な部分かも・・と多少思うw

55 :無名草子さん:2012/05/29(火) 22:23:25.10
無理やり呉用の好感度下げようとしてる書き方だよな
そして楊令殿は無理やり好感度上げようとしてる書き方
このスレ見てる分だと読者の評価は逆になってるが

56 :無名草子さん:2012/05/29(火) 23:01:52.98
俺くらいになると無茶言ってキレられる呉用を見てさえ
好きレベルが上がるので無駄無駄ァ!!

57 :無名草子さん:2012/05/29(火) 23:31:52.54
楊令は特に高感度を上げる描き方はされてないだろう(w<55
それはかなり曲った読み方だ。そこがレベルがどうのと言われて
しまうのだろう。

呉用ネタが続くところ、話がやや飛んで恐縮だが、
呉用については、ある不安がある。
北方水滸伝の通例として、特に大物においては死に際が
あっさりし過ぎている。最近(つっても数年さかのぼるけど)
林沖、童貫、李富、公孫勝、楊令。。
このままだと確実に呉用も大した余韻も残さずさっくりと死ぬだろう。
それだけはやめてほしい。二言三言でいいから。くさくても、くどくても
いいからなにか言い残して死んでほしい。

58 :無名草子さん:2012/05/29(火) 23:32:58.14
保守する気もないのにsageを忘れた。

59 :無名草子さん:2012/05/29(火) 23:35:32.94
あっさりしてるというか、死の直前までクローズアップされて、ここで死んだという
一瞬だけ別の人間の視点になるから、どこで死んだかわからなくなるよね。
もう呉用が戦の最前線に出ることもないと思うが、気がついたら天変地異に巻き込まれて
死んでたとか、気がついたら暗殺されてたとかもなしにしてほしいものだ。


60 :無名草子さん:2012/05/29(火) 23:48:30.56
洪水で死んでいたは流石にもうないだろうがww
台風とかも無しで。そう考えたら雷はアリかも。いや無いな。

61 :無名草子さん:2012/05/30(水) 00:09:47.98
>>42
宋江殿は歌手や女騎士が出てくるあたりで
「大義のためなら兵などいくらでも使い捨てて構わん」と調子に乗り出してから嫌いになりましたが
閻婆借が犯された話は別にどうでもいいです。あとケ礼華は存在自体知らん。
というか閻婆借は結局何で死んだんだっけ? 唐牛児の記憶操作のせいで俺まで混乱してきた。

62 :無名草子さん:2012/05/30(水) 01:04:34.62
ケ礼華に嫉妬した閻婆借がケ礼華を殺して、それを発見した宋清に閻婆借は殺された

63 :無名草子さん:2012/05/30(水) 01:31:31.01
話が変わってすまないのだが、
AKBは魚鱗の陣形が様になっているな

64 :無名草子さん:2012/05/30(水) 06:25:24.69
なんかわからんがワロタ

65 :無名草子さん:2012/05/30(水) 08:23:59.66
じわじわと鶴翼に変わるのな

66 :無名草子さん:2012/05/30(水) 17:14:31.14
前田「貴方はどうも、皆から嫌われているようだ」
秋元「嫌われるのが私の役目、という気がしてきている。私が何の苦労をした。頭を使うことはしたがな」

67 :無名草子さん:2012/05/31(木) 05:27:20.12
AKBと学ぶ基本陣形
今日は魚鱗です

68 :無名草子さん:2012/05/31(木) 08:53:03.60
信者が、良くない。
どこにでも現れて、どうでもいい書き込みを続ける。
信者がいる限り英系日が本当に評価される日は来ないだろう、という気がする。

69 :無名草子さん:2012/05/31(木) 12:30:32.65
兵士A『前田隊長。あなたの顔の部品はどうも中央に寄りすぎているようだ』
郭盛『真ん中ー!!真ん中ー!!』

70 :無名草子さん:2012/05/31(木) 12:32:46.47
エヶビさんに乗ってあげてしまった。すまん。

71 :無名草子さん:2012/05/31(木) 13:12:26.06
SKD108

72 :無名草子さん:2012/05/31(木) 14:55:18.55
楊令さんの握手会ならいってもよい
立ってられない気もするが


73 :無名草子さん:2012/05/31(木) 15:35:04.72
汗だく粟立ち握手会

74 :無名草子さん:2012/05/31(木) 17:51:40.76
じゃあ俺は武松殿の握手会で

75 :無名草子さん:2012/05/31(木) 21:14:48.16
史記は語っちゃダメですか?
終盤に向かうにつれ、武帝がどんどん老害になっていく上、
他のキャラはどんどんやつれていくので、あまり人気ないのかね

76 :無名草子さん:2012/05/31(木) 21:28:26.81
史記面白かったけどスレはないみたいだね

77 :無名草子さん:2012/05/31(木) 21:31:37.19
蘇武のワクワクサバイバル講座とかかなり裾野が広いよなw

78 :無名草子さん:2012/05/31(木) 21:38:44.41
蘇武の漠北サバイバルはかなり楽しかったわ
あのひねくれっぷりもよい

79 :無名草子さん:2012/05/31(木) 21:44:59.75
この流れ、洪水か!?w

80 :無名草子さん:2012/05/31(木) 21:50:55.09
そういや李広ってキングダム主人公の子孫なんだよな
いろいろつながってて面白い

81 :無名草子さん:2012/06/01(金) 01:19:01.45
  .iヘ        _,,、_ ヮ .ー,      /`っ  ,っ
__」.└―┐    「ヮ /ゝ '=ノ      .っ イ,,、_ | |
ヽ-‐, ヽ ̄`'    | ヮ.|c' =、ヾ,,._   ,-''''', 「 | 'i | |
  ノ入ヽ      |.「| |ノi' ,,''',,,、_ヽ  `''/ ,i i` `'' | |
,,-''ノ ヽ、`ー; ,,,  ノ/ ] | ノノ| /     イノ'i' |   ,| |
      ```''' '  `'' ' ヽ/ ヾ 、     ト'    `-'
            / / _  ', \
          く _,.f‐'´  ``‐ i..,_ >
       r‐ 、_  厶vV、V vイハゝ ..xく^)
       ゞこ.\!:|:l '⌒  ⌒Yl:}/ヽノ
         \  从" 「  フ゛ノ::! /
         /:\j:::}>rz< }::l/ヽ


82 :無名草子さん:2012/06/02(土) 14:38:50.60
妓楼へ行きます

花飛麟の修正能力は異常

83 :無名草子さん:2012/06/03(日) 01:20:46.53
スレ違いのAAを貼った>>81を見せしめにさらしておけ

84 :無名草子さん:2012/06/03(日) 13:54:46.47
宋は無くなり、南宋というあらたな国となり、金に戦をしかける大義名分は無い。
頭領となった呉用自らの言葉ではないが、李俊達のいうとおり、自分達で為すべき事を見つけ、生きよ・・ってのがいまの梁山泊なのか。

しかし歳のとり方にやはり不自然を感じる。秦容、もう三十路!?w

85 :無名草子さん:2012/06/03(日) 22:03:05.03
韓成が五十路だぜw

86 :無名草子さん:2012/06/03(日) 22:05:39.77
晁蓋が訓練してた村の若者たちは、もう誰も生きていないんだろうなあ……

87 :無名草子さん:2012/06/03(日) 22:08:17.47
史家村のあたりも新生梁山泊の国境内に入れてもらってないらしい。

88 :無名草子さん:2012/06/03(日) 22:17:38.70
作中ではいつのまにかすごい時間経ってて恐ろしいね
確か呉用殿が76歳だったか

89 :無名草子さん:2012/06/04(月) 10:23:17.56
多分作者も今が何年で誰が何歳なのかわからんと思うよ。
まあ連載ということだから仕方がないんだろうけど。
王母なんていったい何歳で王進生んだんだか。

今ふと思ったが王母の本名ってなんだっけか?

90 :無名草子さん:2012/06/04(月) 13:47:23.02
最初の頃は王進の母と書かれていたのが
いつのまにか王母になったんで本名不明

91 :無名草子さん:2012/06/04(月) 20:12:03.61
でも、この時代見てるだけでも、三国志の英雄たちと今の中国人が似ても似つかない理由わかるな
わずか50年の間だけでも、国が変わり江南は皆殺しにされ北の人間が移住し
史家村、柴進の屋敷、李家荘……誰も「生まれ育ったところで生を終えた」人間がいないという

こりゃ、「生まれた国」を愛する気持ちなんか持たず、「自分と自分に連なる血縁者の利益」ばかりを考える人間ばかりになったのわかるわ

92 :無名草子さん:2012/06/04(月) 20:15:42.06
三国志でも、劉備って幽州出身で、それが蜀まで流れて建国だろ、日本でいえば九州に流れてきた津軽藩の人間が薩摩に勢力築くようなもの
その後の五胡十六国、隋末の乱世、唐末から五代十国と乱れまくって、水滸伝の時代に至るわけで
ほんと、修羅の国だよなああそこは

93 :無名草子さん:2012/06/04(月) 20:32:09.26
呉用らの年齢は、以前レスがあったが作者も明確には限定してないと思われ。
李俊は63歳と自己申告があったが、呉用は70前後ってとこじゃないか。

94 :無名草子さん:2012/06/04(月) 20:34:13.16
>>93
北方水滸伝で、わざわざ西暦で生年を設定したのに
なかったことにするの?

95 :無名草子さん:2012/06/04(月) 20:40:44.27
王母の名前なんかはハイジのオンジと同じで、無くても通じてしまうもんな。

96 :無名草子さん:2012/06/04(月) 21:23:41.51
すばるだから若干ネタバレになるが呉用76歳は確定してるよ

97 :無名草子さん:2012/06/05(火) 05:43:24.66
王母の変わりになるように公淑と結婚したと思ったのに
王母なかなかしぶといよな

98 :無名草子さん:2012/06/05(火) 10:38:20.13
王進が岳飛伝でようやく死んでスッキリした

99 :無名草子さん:2012/06/05(火) 22:48:01.46
王進先生死ぬのか…
次元上昇してサイキックウォーズに突入するんだとばかり

100 :無名草子さん:2012/06/05(火) 23:03:28.94
そういや王母の年齢は水滸伝の子午山到着時(1102年)に66歳だな
林冲が1101年で29歳だから、それよりは上であろう王進は40歳くらいだろうか?

101 :無名草子さん:2012/06/07(木) 17:09:48.15
>>97
公さんも家族失って狂ったり、新しい「子」と性別、新しい夫と死別
と波乱万丈の人生過ごして人としては強いんだろうけど
他人に影響与えるタイプじゃないんだよな

102 :無名草子さん:2012/06/07(木) 17:11:42.85
生別なw

103 :無名草子さん:2012/06/07(木) 20:23:17.47
まあ公母も死んだけどね
呉用も今年中に死にそうだし岳飛伝は何を楽しみにして読む作品なんだろう

104 :無名草子さん:2012/06/07(木) 21:47:57.43
「楊家将」や「血涙」も時間の流れがわかりにくいよね。
石幻果の子供なんかいつの間にか戦場に出られる年になってたし。
フィクションだから気にしない方がいいんだろうけど。

105 :無名草子さん:2012/06/08(金) 00:42:48.23
すばる読んでないから想像だが
呉用は二世とかも全員死んじゃって梁山泊完全に終わるとこまでみてそうに思うが…
いや見ていてほしいというほうが正しいのか…

あんたに先に死なれたらたまらんとはまさに至言

106 :無名草子さん:2012/06/08(金) 00:49:59.36
本来ならというか、後水滸伝的な意味で真っ先に離脱・独立するはずの
李俊がだらだらと梁山泊にくっついてるうちに、離脱するきっかけを失うわ、
リーダー的行動をしなくなってるしなあ。

107 :無名草子さん:2012/06/08(金) 08:00:27.68
>>105
燕青に「呉用殿はもうすぐ死ぬ」と作者が喋らせてるからなあ
じゃあ公孫章にあんたはもっと生きろと言われたのは何だったということになるけど

108 :無名草子さん:2012/06/09(土) 09:33:14.89
毛定がいつの間にか……

109 :無名草子さん:2012/06/09(土) 10:02:58.43
燕青の死亡フラグという線も…ないか
なんで死ぬんだろうな


110 :無名草子さん:2012/06/12(火) 18:44:13.18
えんせいで思い出したが、さおだけ切られるって実際射精するのか?
メカニズムてきに打ち出すのはさおだよな
宦官の小便みたいに垂れ流しになるのではないの?

111 :無名草子さん:2012/06/12(火) 21:36:30.42
秦容すごいな。ポルナレフ状態だわ

112 :無名草子さん:2012/06/12(火) 23:32:38.17
>>110
尿とちがって出そうとしているときしか待機室に来ないから
刺激しないとでないという解釈かな

113 :無名草子さん:2012/06/13(水) 20:35:07.69
耶律大石がファンキー爺になっててワロタw

114 :無名草子さん:2012/06/14(木) 20:59:40.74
12巻出てたのか、俺は王定六だ
王定六とホウキョク退場か悲しいな

115 :無名草子さん:2012/06/14(木) 23:05:53.52
おっさん、

116 :無名草子さん:2012/06/14(木) 23:17:17.93
雇大嫂って何歳だっけ?ジジイハッスルしすぎだろ

117 :無名草子さん:2012/06/15(金) 02:35:58.73
前知り合った50代の人が言っていた
「君から見ると、40代の女性っておばさんにしか見えないだろ?
 昔は僕もそうだった
 でもな、50代になってみると、40代ってのがすごく魅力的に見えるんだよ
 20代なんて小娘すぎてどうにも」



118 :無名草子さん:2012/06/15(金) 02:37:37.37
うちのばあさんが80歳になった時、「あんたはまだ若いから」と60台の人に言っていた

自分もついに40を越えたが、確かに街中で高校生を見てもガキにしか見えないし、就職活動中の女子学生を見ても、頭なでなでしてやりたい気分になる
そういうもんさ

119 :無名草子さん:2012/06/16(土) 14:24:50.92
かくて秦容はアトランティス探しの旅へ出た・・・

120 :無名草子さん:2012/06/17(日) 19:15:31.74
張俊がいよいよ史実どおりの泥棒野郎になってきたな

121 :無名草子さん:2012/06/20(水) 00:47:31.87
したたかに精を放った

122 :無名草子さん:2012/06/20(水) 17:48:07.02
王貴はやっぱり、岳飛伝と同じく、岳飛の幕僚になるのかねえ?

それにしても、108星どころか、二世キャラ、楊令伝登場キャラ連中まで老いて退場してゆくのは寂しいねえ。
それもまた人間の営みといえばいえるし、北方先生の現在の心境でもあるんだろうけど……。



123 :無名草子さん:2012/06/20(水) 17:57:38.42
三世キャラも登場しているし、人生そんなもんじゃねーの?

124 :無名草子さん:2012/06/20(水) 18:03:11.13
1101年から1041年までの40年間のお話だからね
当初20歳にも満たなかった史進だってそりゃあ老いるというものだけど、寂しくもある

125 :無名草子さん:2012/06/20(水) 19:41:19.36
水滸伝が60年代学生紛争なら、岳飛伝は70年代のノンポリって感じなのかな?
とくに梁山泊メンバーが、旗も志も関係なくやりたいことを勝手にやってるだけで
まとまりが感じられない。
国に逆らうことや新しい国を作ることよりも金儲けか戦争のどっちかしか考えてないみたい。

126 :無名草子さん:2012/06/20(水) 19:51:54.53
逆らう国もないし新しい国はできてしまったからね
もちろん理想を追い続ければ金とも南宋とも戦争し続けることになるけど間違いなく泥沼になる
だから理想と現実に折り合いをつけて狭いけど良い国を作るという現実的妥協は割と好き
しかしその立案は呉用や宣賛にやらせてほしかった

127 :無名草子さん:2012/06/22(金) 05:47:42.04
>>126
俺は逆にあれで幻滅した
二、三州程度の狭い領地だけ囲って民の国を作ったと
胸張ってるのがなんかしらけて

他の民は新しく入れないようにするというのも
理屈の上では分かるんだけどなんか違う気がする

128 :無名草子さん:2012/06/22(金) 10:25:40.37
そういう狭くて小さなユートピアを本気でやる気が楊令にあったら、それはそれでよかったんだけどな。
李媛をリンチしておいたくせに、その後は各地に自由市場を置いて、各国の経済を
圧迫し続け、最強の軍隊を保持して、隣国に余計な緊張感を与え続けるとか。
さっさと軍隊を解散させて、隣国と平和条約でも結べば望みどおりの小さくて平和な国に
なったんじゃないかな?

129 :無名草子さん:2012/06/22(金) 10:29:43.91
軍がなかったら宋金が放っておくわけないよぉ!

130 :無名草子さん:2012/06/22(金) 18:06:30.30
人権も平等もそんな言葉がない時代に軍隊なくすとか……
史実のスイスとか見てみろよ

131 :無名草子さん:2012/06/22(金) 18:15:16.31
そもそも、天然の防衛ラインや国境線のない中原のど真ん中で
侵略することもされることもない中立国をやることが無理があったかもしれん。
地政学的な意味で言うなら、洪水で一発ゲームオーバーなところに本拠を置いたのも
無知では済まないことだけど。

132 :無名草子さん:2012/06/23(土) 12:08:58.64
あの洪水はさすがに予測不可能だろ、何百年に一度ってレベルのものなんだから


133 :無名草子さん:2012/06/23(土) 21:24:50.28
洪水は究極の不条理だった
先生の性質がよくでてるとおもう

134 :無名草子さん:2012/06/24(日) 09:23:19.77
スレ荒らして御免。
まだ、終わってなかったんだ・・・
書店で岳飛伝をみて、驚いてしまった。

水滸伝まで読んだが、楊令伝とか読み続ける価値ありますか?


135 :無名草子さん:2012/06/24(日) 16:44:00.12
楊令伝は、1巻の最後が一番おもしろかった、という気がします。

136 :無名草子さん:2012/06/24(日) 17:52:13.15
文庫の楊令伝、今月は発売が遅れてますか?

137 :無名草子さん:2012/06/24(日) 23:38:40.39
明後日の火曜日に発売だよ

138 :無名草子さん:2012/06/25(月) 01:22:15.63
久しぶりに北方水滸伝(ハードカバー)読んでるんだが
水滸伝1〜10巻ぐらいまでの熱さがやばいな
武松と潘金蓮のエピソードとか
好きなシーンが山ほどある
北方三国志も読もうと思ってるんだがそっちも面白いかな?

139 :無名草子さん:2012/06/25(月) 17:25:01.08
北方三国志における張飛は今までの粗野な張飛とは一味違うよ
ついでに呂布は誰だよお前って具合で面白いよ
司馬懿については強烈すぎて笑えるレベル

140 :無名草子さん:2012/06/25(月) 17:54:16.41
張飛は3兄弟で一番かっこよく思慮深いな
代わりに関羽の影が薄いがw
司馬懿とセットで曹ヒも面白い

141 :無名草子さん:2012/06/25(月) 19:00:15.20
北方三国志の兵卒は厳しい調練についていけなきゃ即刻打ち殺されるんだよなあ。
「もし俺がこの世界の住人だったら、調練脱落か職務怠慢で打ち首にされてるわ」と何度思ったことかw

142 :無名草子さん:2012/06/25(月) 19:13:51.64
死の調練は北方作品名物
林冲騎馬隊の調練がかなり死人を出したとあるが
実は楊志時代の二竜山でも十数人死んでるから恐ろしい

143 :無名草子さん:2012/06/25(月) 20:07:28.89
劉備が兵卒殺しそうだと思うと張飛がわざと数人打ち殺すような調練してたからなw

144 :無名草子さん:2012/06/25(月) 20:29:34.32
>>137
ありがとう
今日、手に入れたよw
今から読むんだ

145 :無名草子さん:2012/06/26(火) 23:53:27.22
きっと楊令が可愛くないから好きになれないんだな
冷静にやることやるし弱みが見えないしな

…と書くとそれなんて呉用って感じだな

146 :無名草子さん:2012/06/27(水) 10:11:19.20
付け加えて、一騎打ち最強なのと、軍勢を率いた戦争でも
どっちかが全滅するまで平野で騎馬隊突撃を繰り返して
最後は一騎打ちにもちこむワンパターンな最強さがな…

呉用先生は戦場に出ることがあまりないし、出たら出たで
それなりに工夫した戦術・戦略をやってくれるのだが。

147 :無名草子さん:2012/06/27(水) 14:05:03.44
弱み出すの禁止という掟を
心理面だけじゃなく戦でもまもりきったのが楊令ということだな

表向き馴れ合い禁止ポジションという点はやはり呉用だ

148 :無名草子さん:2012/06/27(水) 18:33:50.33
楊令伝終盤、呉用の梁山泊防衛指揮は非常に面白かった
岳飛伝は今のところ崔蘭ちゃんかわいいよお!

149 :無名草子さん:2012/06/27(水) 19:14:42.16
一方順調に扈三娘や李媛と同じ道を歩んでいる梁紅玉であった

150 :無名草子さん:2012/06/27(水) 21:01:16.25
郤灼ちゃん!

151 :無名草子さん:2012/06/28(木) 07:30:57.72
じゃあ梁紅玉は王貴とセクロスするのか

152 :無名草子さん:2012/06/29(金) 18:52:57.75
今のところ楊令梁山泊が負けるってのが信じられない

153 :無名草子さん:2012/07/02(月) 23:16:22.46
長い長い間、アク禁にもなった。


「旦那、もう充分でっしゃろ」
楊令の亡霊もどきが囁きかける。
「・・・だな・・・vs金だけ・・・」
「旦那も女々しゅうおまんな」
力なく俺は呟き、虚ろな目で梁山泊の遺書を手に取り、ソファーに沈み込んだ。

地獣の光、読んだ。唸った。
束の間俺は呼延稜になった。兀朮になった。史進にもなった。
闇の中で抑圧され、縛られていた何かが壊れ、弾け、魂の叫びと共に全身を熱く駆け巡る。
「もう少し追いかけてみるわ。」
振り返りながら呟くと、亡霊共は跡形もなく消えていた。

皆の者、すばる6月号地獣の光、今すぐ読め!


●秦容はマラッカ海峡を越えて
●王貴は崔蘭と、王清は梁紅玉と・・・
●金との講和をまとめるも、呉用の死におびえる宣凱
●史進は鉄棒を手放す・・・




154 :無名草子さん:2012/07/02(月) 23:19:00.31
お、アク禁が解除された。
ちなみに後者は、すばる7月号ね。

155 :無名草子さん:2012/07/04(水) 02:31:44.09
楊令は万能すぎるのがなあ
もっとでかい弱みがあったら読者にも愛されたんだろうが

馬から降りたら死ぬとか

156 :無名草子さん:2012/07/04(水) 06:04:35.45
スペランカーかよ

157 :無名草子さん:2012/07/04(水) 14:49:05.47
後半はコンナハズジャナカッタな古参ともっと戦をさせろな新参連中のほうが非常に鬱陶しかった俺
呼延凌じゃないが、楊令を担ぎあげておいて何を今更っていうのはずっと感じてたわ

158 :無名草子さん:2012/07/04(水) 15:04:27.75
岳飛伝でもその辺が鬱陶しいな
そして梁山泊の頭になれと言われると誰も彼もが嫌だとダダこねる

159 :無名草子さん:2012/07/04(水) 18:32:37.10
間抜けにも暗殺されたはずなのに死してなおヨイショされる楊令殿がウザい

160 :無名草子さん:2012/07/04(水) 19:17:48.31
余りの楊令の人気無さ過ぎを気にしてか、謙ちゃんメールで一生懸命擁護しちゃってたぞw


161 :無名草子さん:2012/07/04(水) 20:22:17.89
13巻は?圭材か
ついに吹毛剣と護国之剣が相まみえることはなかったな

162 :無名草子さん:2012/07/04(水) 23:01:58.06
俺は楊令好きだけどな。水滸伝ラストシーンが特に

163 :無名草子さん:2012/07/04(水) 23:04:47.44
>>162
みんな水滸伝までの楊令は好きだったと思うよ

164 :無名草子さん:2012/07/04(水) 23:06:44.92
でもでも楊令伝1巻のラストも好きだよ

165 :無名草子さん:2012/07/04(水) 23:07:47.07
水滸伝までの楊令は次代を担う漢を期待した人も多いだろう
楊令伝での初登場時もキターと思った人は多いはずだ
けどその後のなんちゃって林冲化してるパートが長すぎた

166 :無名草子さん:2012/07/05(木) 15:41:35.32
>>160
謙三センセーもなんで楊令殿の人気が無いのか分かっていたと思うんだ
センセーが楊令殿に入れ込んでいたのは分かるのだが・・・やりすぎたw

167 :無名草子さん:2012/07/05(木) 16:43:54.37
童貫を討ち取った後は楊令に人間臭さを持たそうとする描写が多くて北方先生の努力が伝わってきた
だが楊令に親しみを感じることは無かったよ

168 :無名草子さん:2012/07/05(木) 18:51:30.98
水滸伝の頃から楊令殿は好きじゃなかったな
若くして欠点なしの完璧超人で梁山泊の切り札で登場人物全員がVIP扱いってのが気に入らなかった


169 :無名草子さん:2012/07/05(木) 22:36:57.24
嫌われすぎててじわじわ好きになってきたぞ…


170 :無名草子さん:2012/07/06(金) 01:46:41.76
楊令嫌いな人は秦容嫌いだろ?

171 :無名草子さん:2012/07/06(金) 09:22:50.43
秦容は嫌いでもないけど、楊令殿好感度アップ計画の一環として
取り敢えず武力で楊令より強いキャラを出してみたって感じはする

172 :無名草子さん:2012/07/06(金) 09:42:30.33
>>167
漢≠中華人民共和国
そこまで中国が好きなら支那大陸の歴史を少し勉強してみるといいぞ

173 :無名草子さん:2012/07/06(金) 09:46:32.65
秦容は馬に千里風と名付けるセンスをもっと押し出してくれれば悪くなかったw

呉用が死ぬと原作キャラの見所ほとんど無くなるな
爺婆になった燕青と李師師の再開なんて誰も読みたくないだろうw
そして梁山泊は韓世忠と張俊に滅ぼされるんだろうなあ

174 :無名草子さん:2012/07/06(金) 14:54:11.34
ヨウレイ殿は水滸伝後半でも、誰も彼もが「すごい」「器が大きい」「計り知れない」とか言うのがムカついた
それに巻き込まれなかったのって呉用くらいじゃなかったか

175 :無名草子さん:2012/07/06(金) 21:34:44.38
楊令伝の呉用さんはかっこいいな

176 :無名草子さん:2012/07/06(金) 22:08:46.86
やっぱ楊令を描ききれなかったのが問題だった気がするなあ
岳飛が、張浚が、劉光成が、それぞれ死ぬ思いで道を模索したようなパートが楊令にもあればよかったんだが
楊令は「過去は俺も悩んでたよ」で済まされちゃうのはキャラクター的にパンチが弱くなっちゃった気がする

177 :無名草子さん:2012/07/06(金) 23:06:09.88
文庫版が出版スタートした頃、楊令伝は方朧の乱がピークだと言っていた方々
あの時はあなたたちを疑ってしまいすいませんでした
梁山泊軍と童貫軍の決着が方朧より盛り上がらないわけないだろ・・・とか思っててゴメンなさい

178 :無名草子さん:2012/07/07(土) 00:57:24.85
呉用の弱みって存在するの?
意外に人に弱音吐かないし三回も死ぬ気で突撃してるし

同じ超人である柳令と評価に差がありすぎるな
何だろう

179 :無名草子さん:2012/07/07(土) 01:00:24.25
>>178
前作からの下積みがデカイ
裏方でみんなに嫌われながら頑張ってた呉用先生がこんなになって…って視点で見ると色々と感慨深いんだもの

180 :無名草子さん:2012/07/07(土) 14:59:20.34
呉用が超人になってもみんな納得するし
原作超人の公孫勝でも納得する
燕青もまあいいや

だが楊令テメーはだめだ

181 :無名草子さん:2012/07/07(土) 18:45:32.28
最終決戦なのに童貫軍にまともな将軍が少なすぎるのが悲しい
狙ってやったとはいえ、国のためにあっちこっちで戦う禁軍と、
それを見てほくそ笑む梁山泊ってのは心証悪かった

182 :無名草子さん:2012/07/07(土) 18:48:18.01
手は散々けがしてるからOK

183 :無名草子さん:2012/07/07(土) 21:59:35.14
弱体化していたとはいえ童貫軍に楊令率いる新生梁山泊軍が勝ったのには説得力が足りなかったよな
秦明や花栄を討ち取った趙安が呼延凌に首を取られた時はポカーンだったよ

184 :無名草子さん:2012/07/07(土) 23:44:58.77
呼延妁の穆稜救助は楊令伝での名場面の1つだけどな

185 :無名草子さん:2012/07/07(土) 23:51:42.62
呼延灼もドキュン化とか言われてるが
現場から見たらいい奴なんだろうな

わかっちゃいるが辛いぜ!とか思ってると代わりにブチギレてくれる呼延灼
よくできた仕組みだ

186 :無名草子さん:2012/07/08(日) 00:39:08.40
現場から見ても項充あたりは若干不信を抱いてはいたけどな
臨時とはいえ、頭領の真似事はそれだけ重いことだったってことだろうけど

187 :無名草子さん:2012/07/08(日) 15:01:09.70
よーれーは歴史漫画でぽっと出したオリキャラに原作者が愛を注いで最強キャラにしてしまった
みたいな雰囲気があるからな
まあこれは名前だけ水滸伝で喜多方オリジナルだから別に文句はいえんのだけどさw

188 :無名草子さん:2012/07/08(日) 15:50:38.48
楊令伝っていつ頃から書くこと決まったのかな?
楊志殺したから初めから意識してるのかと思ってたけど
馬超の逆だと考えると殺したこと自体はそこまで重い出来事でもないのかなと思ったり

189 :無名草子さん:2012/07/08(日) 16:15:46.39
>>184
自分は趙安と雲の兵士のエピソードのが印象に残ったなあ

190 :無名草子さん:2012/07/08(日) 20:12:45.94
コエンシャクの名言、てか地の文だけど
「呉用を処断するしかない」

191 :無名草子さん:2012/07/08(日) 22:14:23.20
迷言の間違いじゃないのかw

192 :無名草子さん:2012/07/08(日) 22:32:12.97
胡刺緒って完顔成の弟だったんだな。
胡土児3号位いれば勢力図もまた変わってきただろうに。

193 :無名草子さん:2012/07/08(日) 22:52:40.75
>>192
そもそも楊令はもともと普通の村の少年がいろいろな経験を積んであんな偉人になったはず
その息子がなんで天才キャラなの?

194 :無名草子さん:2012/07/09(月) 10:31:22.91
>>193
もともと才のある血筋じゃなければいくら経歴がすごくても最強にはならないだろ
その論だと逆に世の中の英傑の2代は英傑じゃないとならなくなる

195 :無名草子さん:2012/07/09(月) 11:19:51.07
>>190
黒歴史

196 :無名草子さん:2012/07/09(月) 15:03:25.31
>>190
呼延灼はなぜあんなに呉用が嫌いだったのか

197 :無名草子さん:2012/07/09(月) 15:47:45.86
李俊と呉用は感動的な和解をしたのに呼延灼は・・・
呼延灼の劣化が目立つのはこの辺りも原因に思う

198 :無名草子さん:2012/07/09(月) 20:39:16.05
呉用が命がけで戦い抜いて、ホウロウ戦から復帰したときもボロカスに言ってたよな
正直言って嫌いだ 南で死んで欲しかった みたいな

199 :無名草子さん:2012/07/09(月) 22:06:28.60
生理的な嫌悪感というものもあるという気がします

200 :無名草子さん:2012/07/09(月) 22:58:48.15
>>188
楊令伝13巻巻末の解説によると、楊家將が水滸伝の間奏曲で、血涙が楊令伝
の予告編にあたるらしい。

201 :無名草子さん:2012/07/09(月) 23:10:46.27
確か吹毛剣は水滸伝がすばる連載時には無かった設定で血涙で突然出てきたんだっけ?

202 :無名草子さん:2012/07/10(火) 00:29:46.88
血涙かー、楊家軍が負け続ける話だったな
ってスレ違いなのか

203 :無名草子さん:2012/07/10(火) 00:37:38.22
ここが北方謙三総合スレだ!
しかし何回読んでも水滸伝全巻と方臘の乱が楽しいよぉ!

204 :無名草子さん:2012/07/10(火) 00:58:28.58
>>201
楊家将の時点では全く出て来なかったのに血涙で突然出てきてはいるな

205 :無名草子さん:2012/07/10(火) 07:31:07.18
上でも出てたけど楊令殿の苦悩って「苦悩したんだよ!」くらいにしか伝わらなかったんだよなあ
現在呉用の後継者を求められてる宣凱が苦悩してるんだがそれは素直に伝わってくるのに
楊令殿が弱音を全く吐かない完璧超人なのが良くないのと読者が宋江の後継者とは微塵も思って無かったのが大きいと思う
林冲が生きてれば間違いなく楊令殿をぶん殴ってはくれただろうが楊令殿age要員にもされただろうし・・・

206 :無名草子さん:2012/07/10(火) 08:12:19.79
そもそも作品的には林仲の退場は楊令ageのための手段だったもんねえ

207 :無名草子さん:2012/07/10(火) 11:56:55.18
読者にも弱味をさらさないのが弱味だったな
でも甘えをみせたら存在として終わりな感じがするから
あれがベストな形なのか

208 :無名草子さん:2012/07/10(火) 15:49:03.22
楊令いいけどなぁ。
宋江にとんでもないものを背負わされたわ…
あるものを壊すのは分かりやすいからなぁ

209 :無名草子さん:2012/07/10(火) 16:03:23.36
楊令殿が人気が無い最大の要因は「何をやらせても楊令殿が一番、他は雑魚。林冲?プw」
ってくらい持ち上げられたのだと思うわ
ラノベの主人公に影響されるようなセンセーじゃないと思うんだが・・・

210 :無名草子さん:2012/07/10(火) 19:41:15.66
正直水滸伝時代から、楊令はあまり好きじゃないんだが
楊令と絡むと林冲が魅力的(心の弱さを垣間見せたり)に見えるから困る
史進も林冲の立ち位置を受け継いだんだろうけど、いまひとつな感じではあった

211 :無名草子さん:2012/07/10(火) 20:23:19.51
林仲が死んだ時の楊令の無反応さがまたなんとも・・・

212 :無名草子さん:2012/07/11(水) 07:34:21.77
ようれいで一番好きなシーンは
名前わすれたけど「どうだ。兄ちゃん、やるだろう?」
の人が積んでいた熱さましの薬草を渡されて声をださずに泣き崩れるところかな

まあ「どうだ兄ty(ry」の人が死んだことをようれいに告げるときのしんようの台詞が好きなだけかもしれないけど

213 :無名草子さん:2012/07/11(水) 07:48:21.74
>>212
節子!それ秦容とちゃう!秦明や!

214 :無名草子さん:2012/07/11(水) 17:05:30.10
なんかもったいなくて楊令伝の図書カードを未だに使ってない
もう一年近く経つのに

215 :無名草子さん:2012/07/11(水) 17:11:32.39
楊令伝は公孫勝と林冲の会話がなくなったのもいかにも痛い
お前が前を歩くのか林冲。俺に背中を向ける度胸もないくせに。とか時には八つ裂きにしてやりたくなる友ですが。とか

216 :無名草子さん:2012/07/11(水) 17:25:43.30
まあ、1歩譲って、楊令伝はタイトルどおりにオリキャラ楊令主役の
痛い2次創作小説だったでもいいや。
だが、岳飛伝と言うタイトルなのに、梁山泊メインでしかも
死んだ楊令のすごさを懐かしがるのはやりすぎだろう。
(すばる連載の登場人物紹介でいまだに梁山泊が登場人物のトップ集団であり、
さらにその中でも楊令がトップに並べられてる)

しかし、文庫版北方水滸伝の15巻のあとがき書いている人が
「志もまた、血縁のように語り継げるのだ。それが水滸伝の、北方小説の
テーマなのだ」と解説してくれてるのに、この現状は笑うしかないな。

217 :無名草子さん:2012/07/11(水) 20:44:10.33
武松が豪放な感じになっちゃったのも俺が楊令伝を好きじゃないところの一つだ

218 :無名草子さん:2012/07/11(水) 21:45:02.76
あれって予定してたのかどうか知らんけど、マジにわけがわからんかった
覚醒したとか、キャラ換えしたとかじゃなく、完璧に別人じゃんよ

219 :無名草子さん:2012/07/11(水) 21:53:16.70
北方センセの中では、

魯達の人間力(性格改変)+黒旋風の攻撃力(鉄球ハンド)=ニュー武松

のつもりだったんだろ。

童貫戦以後は、昔からの諜報や人材スカウトの特殊任務もサボって、
楊令殿マンセーで若手に無駄にえらそうな口を利く老害メンバーになったが。

220 :無名草子さん:2012/07/11(水) 21:57:41.88
軽薄な男のふりをしているのだって言ってたね

221 :無名草子さん:2012/07/11(水) 21:58:56.99
>>217
行者武松を追い続けるからだろう。
行者武松の死は楊令伝の名場面の1つだと思うがな。

ところで「やつら」の3人目は鉄叫子なんだな。
李逵あたりと思ったが、少しマイナーなところだな。

222 :無名草子さん:2012/07/11(水) 22:13:28.94
>>214
そういやあれで万年筆を当てたやつはこのスレにはいるんだろうか

223 :無名草子さん:2012/07/11(水) 22:19:05.18
そういえば作中では暗愚の象徴、腐敗の権化である帝(徽宗)って文化面での能力がすごかったんだな
芸術に傾倒しすぎて恐ろしいほどに浪費を続けたけど

224 :無名草子さん:2012/07/11(水) 22:44:18.19
そりゃ税金を湯水のごとく使って焼き物とか作らせてたら
嫌でも文化度は上がるし

225 :無名草子さん:2012/07/13(金) 00:47:44.67
>>223
本来なら国を動かすための金まで文化振興に突っ込んだからねえ
芸術家としては一流だったが、帝、政治家としては作中というか史実でもやっちまった人ではある

226 :無名草子さん:2012/07/14(土) 15:20:09.35
そりゃあんだけボコボコにされればな
楊令が人気がない大人に育ってしまったのはもう林中のせいにしとこう

227 :無名草子さん:2012/07/14(土) 16:06:52.90
作者がえこひいきしまくったからじゃないか?>楊令不人気
織田信長を主題にした歴史小説でオリジナル武将が天下取っちゃうようなもんでしょ

228 :無名草子さん:2012/07/14(土) 21:17:48.18
ようやく楊令伝文庫版13巻読了
梁山泊軍二万ちょっとで張俊軍十二万に呆気なく勝ってて笑った
楊令伝になってから梁山泊軍の勝利に説得力が無くなったよなあ
なんというか楊令殿すごいじゃ読者は納得できないんだよねえ

229 :無名草子さん:2012/07/14(土) 21:19:23.77
なんで楊令伝はあんなに史実の武将を小物にしたがるんだろうね
宗沢とかただ怒鳴ってるだけの爺さんになってる

230 :無名草子さん:2012/07/14(土) 21:21:24.77
北方センセが騎馬マンセーにとりつかれちゃって
主要キャラが死域パワーアップ!と叫んで敵陣につっこめば
敵がどれだけの陣形を組んで数の多さで取り囲んでも
ボスの首をとられてしまうからなあ。

231 :無名草子さん:2012/07/14(土) 21:23:41.78
水滸伝だといくら腐敗しようと官はやはり強大で、しかも梁山泊が勝つたびに官軍は無駄を切り捨てて強くなっていったしね
優秀な男たちが準備に準備を重ねた結果がだいたい辛勝だったから説得力も出るってもんだよね

232 :無名草子さん:2012/07/14(土) 22:06:51.01
子午山がもはや精神と時の部屋のような修行の場になっていったのは笑った
みんながみんな強くなりすぎなんだよな

233 :無名草子さん:2012/07/14(土) 22:15:41.61
水滸伝時代は、強いことは強いが精神がゆがんでる奴の矯正の場として
子牛山があったのに、楊令以後は張平以外はゆがんだ奴がゆがんだまま
基地外に刃物状態になっていくのがなあ。

234 :無名草子さん:2012/07/15(日) 06:02:35.98
水滸伝を梁山泊敗北で終わらせるためには
童貫軍がめちゃくちゃ強くなきゃならなかった

そして楊令伝ではその童貫軍を倒さにゃならんから
楊令がスーパー楊家将になったんだろ

235 :無名草子さん:2012/07/15(日) 09:48:34.32
六郎「どうやら我々楊家と孤児が親子の契りを結ぶと強力なパワーを持つ雑種ができるようだな…」

七郎「スーパー楊家将…ってとこか…。
   なるほど…。俺たちでそんな奴をどんどん増やせば…ふたたび楊家の天下も夢ではないぜ!」

236 :無名草子さん:2012/07/16(月) 11:44:29.88
安売りのスーパーマーケットみたい

237 :無名草子さん:2012/07/16(月) 19:02:50.38
水滸伝13巻で呉用が軍師から降ろされるあたりのやりとりが非常によろしい
誰もが能力を認めつつ、しかし反発してしまう
楊令ちゃんもこういうふうにしてもよかったのよ

238 :無名草子さん:2012/07/16(月) 19:43:00.59
岳飛伝では、鐘相・楊太の乱がどう書かれるのか?

あと、三国志の張魯の末裔の人たちは出てこないんだね。
自称とはいえ、五代に謎の出現をして、宋の朝廷に庇護されてたし
龍虎山にいたんだから、言及しても良かったのではと思う

239 :無名草子さん:2012/07/17(火) 19:47:08.37
すばるの最新号読んできたが今月も岳飛伝なのに岳飛がほとんど主人公してなかった

240 :無名草子さん:2012/07/17(火) 22:23:34.56
>>19 の謎とき
●宋vs金前夜
●頑張る秦容

北方御大は岳飛伝は女性の物語と言ってたが、徐々に物語に関係してきているな。

241 :無名草子さん:2012/07/18(水) 01:07:41.11
よくわからんが、頑張れ秦容

242 :無名草子さん:2012/07/18(水) 06:00:28.50
どうして最近の北方御大は女将軍をむかつく性格にしか書けないのか
三国志の董香とかはまともだったのに

243 :無名草子さん:2012/07/18(水) 18:10:27.45
男勝りかつたおやか、みたいな女性が書けなくなってるんだろうか
多分センセーの女の好みが変わったんだよw
女はバカで小生意気な方が可愛いという風に・・・

244 :無名草子さん:2012/07/18(水) 18:19:08.82
陳麗華と崔蘭ちゃんまじかわいい
北方先生を20年追ってきたけどこんな可愛い女キャラ出てるの初めてだよぉ!

245 :無名草子さん:2012/07/18(水) 21:48:04.44
立ち会っただけで気絶するってあれどうなのよ。。

246 :無名草子さん:2012/07/18(水) 22:22:23.81
>>245
まあねぇ素手で人を殴って即死させれる世界ですから

247 :無名草子さん:2012/07/18(水) 22:24:48.08
極度に緊張すると気絶するのはありえない話ではないらしいが

248 :無名草子さん:2012/07/18(水) 22:39:35.27
いまのところ、いい思いをしているのは、
 
  王貴>?律>王清  だな。

249 :無名草子さん:2012/07/18(水) 22:55:57.02
戦の描写がいまいち頭に入ってこないんだけど。。

250 :無名草子さん:2012/07/19(木) 01:45:23.70
>>249
まるで一頭の巨大な獣のような騎馬隊が二つ、四つに分かれながら敵部隊を断ち割っているだろ!
いい加減にしろ!

251 :無名草子さん:2012/07/19(木) 01:47:22.12
楊令伝後半なんかは「別の場所で勝った」「別の場所で追い散らした」で済まされることもあったけどな!

252 :無名草子さん:2012/07/19(木) 23:15:12.58
崔蘭に、どんなふうに、元に戻るのか、見てもらいたい。

253 :無名草子さん:2012/07/20(金) 00:37:51.28
げきしゃく

254 :無名草子さん:2012/07/20(金) 04:28:56.08
楊令伝以降、北方の年齢もあるのかもしれないけど、こっちが見たい肝心の場面を、想像だけですませるようになってきたってのはあるよな

開封府が落ちるところなんか、梁山泊の面々がそのために命を懸けてきたことだってのに、開門させる謀略を語っておしまい。
張俊の虎の子精鋭が史進にやられたところも、終わった後の伝聞だけという……読者はそこが見たいのに

255 :無名草子さん:2012/07/20(金) 14:29:39.37
想像する自由というものがある
我々はそれを与えられたのだ


256 :無名草子さん:2012/07/20(金) 17:11:43.63
「自分の意見」と「多くの人の意見」とを混同している時点で痛すぎる
きっと「・・・なのは私だけでしょうか?」みたいな語尾の文を書いても恥ずかしくないんだろうな

257 :無名草子さん:2012/07/20(金) 17:42:38.70
俺いま 「たいてん!」っていう
水滸伝の替天行道に因んだ戦国学園ラノベ書いてるんだけど
すごく面白いよ! 読みたいでしょ?



258 :無名草子さん:2012/07/20(金) 22:19:31.98
私立北宋女子高等学校に入学した晁蓋は幼なじみの宋江と共に梁山泊部の見学に行こうとするが、
部員が前年度末に全員処断されてしまったため、4月中に新入部員が4人集まらなければ廃部になる
と聞かされ(以下略

259 :無名草子さん:2012/07/20(金) 22:37:00.39
処断でワロタ

260 :無名草子さん:2012/07/20(金) 23:02:26.66
見た目がちょっと怖いけどほんとはみんなと仲良くしたい魯智深
何でも知ってるメガネっ娘の呉用
スポーツ万能な元気っ娘林沖
お金持ちで世間知らずなお嬢様の盧俊義
こいつらが部員か

261 :無名草子さん:2012/07/21(土) 00:59:51.62
顧問は誰だ、王進先生か

262 :無名草子さん:2012/07/21(土) 01:29:50.81
お飾りの生徒会長が高キュウ、実権を持つ副会長が蔡京、風紀委員が童貫ですね

263 :無名草子さん:2012/07/21(土) 06:11:06.45
サバゲー部で日夜熾烈にバトルする公孫勝と高廉

264 :無名草子さん:2012/07/21(土) 08:05:36.14
多分けいおん!ネタなんだろうが処断で爆笑したw

265 :無名草子さん:2012/07/21(土) 09:17:00.55
ネタ切り失礼、楊令伝文庫14巻108Pで、辛晃が登場してたことに気がついた

266 :無名草子さん:2012/07/21(土) 12:09:21.60
果たして彼はエアーマンにならずに済むのだろうか

>>261
王進先生は高キュウの讒言を受けた徽宗校長により解雇されました

267 :無名草子さん:2012/07/21(土) 20:28:37.17
辛晃出てたのか、加筆かな?
許礼と組んで何かしてくれるだろうか

268 :無名草子さん:2012/07/21(土) 21:41:48.04
周杳や胡羅緒も文庫本で既出だよ

269 :無名草子さん:2012/07/21(土) 21:51:33.12
李媛、荀響、羌肆の扱いひどいよな14巻

270 :無名草子さん:2012/07/21(土) 22:49:53.98
李英はいい死に方したからまだしも李媛は哀れすぎる
重装備部隊とかあってないようなものだったし

271 :無名草子さん:2012/07/21(土) 23:21:08.69
李英は14巻の表紙絵も飾ったし、本望でしょう

272 :無名草子さん:2012/07/21(土) 23:25:33.25
梁山泊を離れて、楊令や自分を追い越した仲間達の敵になってから
のびのびと動けるようになって、才能を開花させたと思ったら死を選んでしまったのは
切ないな。
我慢して居続けても、秦容の当て馬や姉のイビリを喰らうだけかもしれなかったが。

273 :無名草子さん:2012/07/22(日) 11:34:42.35
文庫14巻感想思いつくままに

羌肆、表に出たがって童貫に近づいていたあたりで、王和、高廉とは違う人物像を見せてくれそうだったのに、結局何もないままあれとは哀れ

赫元、キャラが全然立ってないのにああいうのを描かれても、凄惨な感じがあんまりしない
呂牛なんかまさに悪役の末路という感じだったけど、あれと比べると全然物足りない

扈成、まだ何かもうひとつ裏があると思っていたぜ

楊令が37……楊志のあれから30年過ぎてると思うと感慨深い。

公孫勝のところはよかった「泣いたのは、林冲が死んだ夜だけだ。」

274 :神行太保 謙三:2012/07/22(日) 11:37:40.57
「だって、オリキャラのオリジナル展開の謀略戦なんて考えるだけ面倒だし」

275 :無名草子さん:2012/07/22(日) 13:09:17.67
さらに感想

水滸伝の江州戦の時、宋江たちを包囲する2万を、穆弘李俊らが突破しようとする所、
「倒しても倒しても兵が現れる」って感じだったのに

今じゃ「12万」「1万数千騎と乱戦」「2万は蹴散らした」「5千ほど数を減らしている」なんてのがどんどん出てきて、インフレ状態

楊家将の時は、大軍すぎて動きが鈍くなる感じがよく出てたんだけどなあ

宋江と晁蓋の3万5万論争は本当に遠いぜ……



276 :無名草子さん:2012/07/22(日) 13:18:15.07
李英も、漢としてああいう行動を取ったのはわかるけど、梁山泊から解き放たれてようやく才能が開花したんだから、
屈折した思いを抱きつつ梁山泊や岳飛の前に強敵となって立ち塞がる展開も見てみたかった
vs李媛&荀響の血涙対決とか
vs花飛麟、呼延凌で燃え上がるとか
そうなってたら、もっとワクワクできたのになあ


277 :無名草子さん:2012/07/22(日) 16:55:09.39
14巻読了した
李英さんにごめんなさいしなきゃならないな

裏切者だと思っててすみませんでした

278 :無名草子さん:2012/07/22(日) 17:06:06.35
李英の鮮烈ではあるけど、唐突な死に様は
楊令>(越えてはいけない壁)>岳飛>花飛麟・呼延凌・秦容>(主要キャラの壁)>李英の
序列を筆の勢いで崩したことに、作者自身が慌てたか激怒したかのように思えるw

279 :無名草子さん:2012/07/22(日) 17:41:54.00
結局「李英とは何だったのか」って域を出なかったからなあ
軍指揮では上をいくけど軍人としては大きく劣る劣化黄信くらいの印象しかない

280 :無名草子さん:2012/07/22(日) 17:59:05.26
李英の死に方の無情さは好き
兄ちゃんやるだろうと同じくらい好き

281 :無名草子さん:2012/07/22(日) 18:51:58.06
楊令殿に逆らう奴は、こうだ!みたいな気がして・・・
李英が梁山泊離脱した時「よくやった!」的な意見が多かった気がするし

282 :無名草子さん:2012/07/23(月) 08:22:56.72
馬麟が公孫勝の過去を楊令に話していて吹いた
馬麟はそういうの言いそうにないと思ったが、楊令は全てを知っている必要があるってところか?

283 :無名草子さん:2012/07/23(月) 18:56:14.94
ワロタ
そんなとこあったっけ



284 :無名草子さん:2012/07/23(月) 19:25:20.96
俺も記憶に無い
文庫版の加筆か?

285 :無名草子さん:2012/07/23(月) 20:32:53.59
いやあったぞ
口軽いよなwww

286 :無名草子さん:2012/07/23(月) 21:03:08.09
馬鱗もすっかりおしゃべりな子になっちゃって…

287 :無名草子さん:2012/07/23(月) 21:06:48.54
これ秦容ってちょっと楊令のこと小馬鹿にしてるよな

288 :無名草子さん:2012/07/24(火) 08:35:31.56
死ぬ間際のウキマイがすごいかっこ良かったじゃねえか・・・

289 :無名草子さん:2012/07/24(火) 08:48:04.21
14巻はここんところでは結構濃かったな
史進と乱雲、郭盛よかった

290 :無名草子さん:2012/07/24(火) 12:51:24.33
戴宗も、劣化とか老害化とか言われていたけど、あれはあれで切なかったよ
昔からみんなと別に独りで動いていて
最も古い同志でありながら、梁山泊に入ることもなく
梁山泊の壊滅も宋江の死も見ることはできず
逃げ隠れする日々の中、ようやく再起した梁山泊、童貫も倒してついに夢が!と思ったら
肝心の頭領があさっての方針打ち出して
昔のことを知らない若造どもが中心になっていって
それでも頑張って老骨に鞭打っていたけど、ついに最後には、この頭領はだめだと悟って
いわば人生のすべてが台無しだったと気がついて、あれをやるわけだ

「楊令に、天下を取る気など、ねえな。無意味に生きるより、敵のひとりでも斃して死ぬのが、昔の梁山泊の男ってもんさ」

「楊令」と呼び捨てしたこと、「無意味に生きる」「昔の」という言葉の重み。
彼の60年の人生を思うと、たまらなく切なくなる。


291 :無名草子さん:2012/07/24(火) 21:29:50.67
楊令伝を熱く語れるお前等が羨ましい。連載中、北方謙三作品で一番の駄作だと白けて読んでたから。また北方謙三で熱くなりたい

292 :無名草子さん:2012/07/24(火) 22:02:14.61
一番の駄作は陽炎の旗だろ(時代もののみ)



293 :無名草子さん:2012/07/25(水) 05:58:50.74
あれも前作主人公の息子がやたらと無双する話だったな

294 :無名草子さん:2012/07/25(水) 07:02:59.70
>>254
張俊は楊令伝での長い乱世で燃え尽きたキャラ。もう十分に仕事をしたからあんなもんで
いいでしょう。
>>290
理想と現実の違いに苦しんだということでしょう。実際途中で戦いを止めて正解だと思う。

295 :無名草子さん:2012/07/25(水) 09:36:23.22
やっぱり楊令が出てこないほうがおもしろいと感じた14巻だった

296 :無名草子さん:2012/07/25(水) 09:45:44.37
来海頼冬ちゃんは悪くないだろ!いいかげんにしろ!

297 :無名草子さん:2012/07/25(水) 14:05:24.64
今川了俊が敗北する武王の門。
北畠顕家が尊氏を討ち取ってしまう破軍の星。

ううむ、想像できない。想像してもろくなことにならない。

そう考えると、楊令伝はほんとよくやったとは思う。
60代でなおこれだけ挑戦した作品を書けるとはすごい、北方先生すごい。

298 :無名草子さん:2012/07/25(水) 14:47:37.50
水滸伝から手塩にかけて育ててきた楊令が可愛くて仕方なかったんだな

299 :無名草子さん:2012/07/26(木) 10:44:05.55
ヨウレイ伝は、どれだけ実力がある人が書いてもメアリースーはメアリースーだということを教えてくれた作品だ

300 :無名草子さん:2012/07/26(木) 12:33:53.61
梁山泊軍強すぎる だがこれも全て楊令殿のおかげなのだ

301 :無名草子さん:2012/07/26(木) 18:03:33.85
史実の人物や著名な講談の人物に独特のキャラ付けをして活躍させるのは歴史小説としてはごく一般的だけど
元ネタさえ無い架空の人物を史実で偉人と言われるレベルの人間相手に優位に立たせてしまうというのは結構なタブーだと思ってました

302 :無名草子さん:2012/07/26(木) 20:26:46.08
先生は水滸伝で好漢をぶっ殺していったことからわかるようにタブー破りなのです

303 :無名草子さん:2012/07/26(木) 22:35:46.08
楊令伝読み終わってから10分ぐらい( ゚д゚)ポカーンとしてた
なんだろうこの不完全燃焼感

304 :無名草子さん:2012/07/26(木) 22:49:02.82
結局、楊令は光を放つことなく終わったな
死んで光を放つことすらなかったかも
なんとなく、皆の書評かららそう思った

305 :無名草子さん:2012/07/27(金) 16:30:35.39
水滸伝ラストの俺は光を見つけてみせるという言葉が
楊令伝後に読み返すとなんとも空虚
楊令が光を見つけられたとは思えんし梁山泊も民の光になってないよ

306 :無名草子さん:2012/07/27(金) 17:32:04.95
この人の時代小説(歴史小説とは思ってない)では
くすのきまさしげのやつが一番おもんなかった

307 :無名草子さん:2012/07/27(金) 22:04:25.48
みんな自由市場が光だったと認めたくないんだね。

308 :無名草子さん:2012/07/27(金) 22:12:25.91
自由市場自体はいいけど楊令殿にやらせちゃだめだ
呉用か宣賛にやらせてもなんの問題もなかったはずなんだ
宋江と呉用が水滸伝の梁山泊陥落間際に思いついていたって良かったんだよ!

309 :無名草子さん:2012/07/27(金) 22:35:51.58
自由市場に限らず、結局のところ、楊令はカネのためにカネを集めていただけで、
儲けた金で新しい国を作ろうとしていたわけじゃないしなあ。
帝のいない国を作るといえば聞こえはよいが、岳飛伝の今になっても
「誰も責任をとろうとしない国」になっちゃったし。まあ、呉用はがんばってるけど、
それもできるだけきれいに終わらせようということにしか見えない。

310 :無名草子さん:2012/07/27(金) 23:45:23.66
梁山泊の民になりたい、という願望を庶民が持つようになった、というところでもう、光にはなってると思うんだけど……いかんせん、その辺の描写がなさすぎる
崔如が、登場の時にちらっと言ってるだけだもんな



311 :無名草子さん:2012/07/27(金) 23:57:38.76
>>310
そうといえば、そうなんだが。宋江からの民を救ってこその梁山泊という考えからすれば、
楊令は自国民を食いつめ者と言ったり、他国の人間がやってきたら追い返すとかがなあ。
その癖、末期には自分たちからも自由市場を守ると言う名目で外への出兵もやらかしてるし。
楊令がいるから乱世が続いてるようにも見えるんだよね。

312 :無名草子さん:2012/07/28(土) 02:12:44.65
ここはウキマイ賞賛スレですか?

313 :無名草子さん:2012/07/28(土) 03:46:22.73
水滸伝の方じゃ、魯智深だったか「我々が新しく作る権力は、前のものよりはまし」と言ってたわけで
その意味じゃ、新梁山泊は、北宋や遼よりはずっとましなのは本当だろう
梁山泊には花石綱もないし重税にあえぐこともないし不正を働く役人はほとんどいないし

ただ、どうしても、「中華全土をこのようにする!」という壮大な夢を見せてくれず、現実的に維持が可能な範囲で拡大を止めてしまったから……正しいんだけど、ロマンがない、ワクワクしない
梁山泊が、三国志の呉みたいにしか見えないってのが、なんとも惜しい

314 :無名草子さん:2012/07/28(土) 04:58:06.03
三国志の呉、ってすごくいい喩えだと思うw

315 :無名草子さん:2012/07/28(土) 18:51:58.40
14巻読んだが、これから何かをなし得る人間は光のようなものを放つっていうのは史記で出てきた台詞だったか

梁山泊内で浮き彫りになりつつある不一致に打つ手を持たない楊令
中原に食い込むことよりも政争に明け暮れてるようにしか見えない粘罕と撻懶
結局策に溺れた残念な扈成

こんな中で明確に光を放ってるのが李富っていうのはもはや皮肉にもなりゃしねえ
旧梁山泊勢もどんどん減って行くしなあ…

316 :無名草子さん:2012/07/29(日) 02:56:34.35
滅びのお話しだし、梁山泊が徐々に衰退していくのは仕方ないかなとも

童間撃破の後に抗州付近の勢力を拡げて
後に水軍戦を派手にやって欲しかったぜ
真中以外の戦が読みてえ

317 :無名草子さん:2012/07/30(月) 21:17:17.55
水滸伝で数で勝る史進が偶然遭遇した童貫にあしらわれた時はついに現れた強敵に興奮したなあ・・・
楊令伝での童貫軍の弱体化は一応説明されてるけどご都合主義にも感じられて梁山泊軍の勝利に説得力が弱いのよね

318 :無名草子さん:2012/07/31(火) 01:52:28.96
童貫をぶち殺さないと楊令さんは最強になれないからな
ご都合主義で間違いないと思うよ

319 :無名草子さん:2012/07/31(火) 06:26:36.79
童貫に勝つこと自体は文句はないんだけど……。
その後――童貫軍という最強の敵がいなくなったのに、梁山泊軍がそれまで通りの精強さを保てている、というのが違和感あるんだよね。

水滸伝の時期だと、「宋を倒さないと俺たちは生きていけない」という切迫感があったし、民衆もひどく苦しめられていたから、梁山泊に希望を見た人が集まり、みな必死で兵になろうとした、というのはわかる。

でも童貫倒して宋も倒れた後だと、これという敵もいないのにどうやって兵のモチベーション保ってるのか。

敵はいない、梁山泊は豊か、それを守るために調練し続ける……というのは、どうにも宋を倒すために!というのとは全然違うと思う。
少なくとも死の調練に耐えるだけの精神力が、豊かな国の民から生まれてくるのかどうか。
童貫みたいな戦だけしか考えていない戦鬼ならともかく、すごい楊令殿も呼延稜も花飛麟もそういう風には描かれていないし。

320 :無名草子さん:2012/07/31(火) 08:12:08.01
そもそも大前提の「宋を倒すための志を持った志願兵」っていう
108星時代の訓令をすごい楊令殿はあっさりと税金代わりの徴兵に
置き換えてしまったからな。嫌がるやつは黒・青の騎兵でこらしめてやろうw

321 :無名草子さん:2012/07/31(火) 08:23:17.18
なんか北方先生のインタビューを読む限り全共闘世代の俺達はすごいことをやってた!・・・と勘違いをしてる気がする
アレは戦後10年ちょっとで大学までいかしてもらえてた都会っ子&金持ち坊っちゃんの流行でしょ
団塊と一緒くたにされる中卒で一生懸命働いていた金の卵と言われてた人たちが可哀想だ

322 :無名草子さん:2012/07/31(火) 11:22:37.43
同時に学生運動参加者の大半をマルクス主義なんてものが何かも知らない連中がやっていた馬鹿騒ぎのようなものだと氏は言ってるから、
必ずしも自分たちは凄いことをやっていたという勘違いはないのではないかな

323 :無名草子さん:2012/07/31(火) 18:51:39.64
火曜日の朝8:12にわざわざスレをガン見するのは
まあいいとして、そこで数年に渡る日課である稚拙な楊令嫌い作文をタレるw
わざわざ本も買い、PC開いてキーボードを叩き、同じフンをタレる。
ヒマはヒマなんだろうが、その曲がった執着心を違う方向に向けてみないか?WW


324 :無名草子さん:2012/07/31(火) 19:43:07.92
>>325>>323の首を跳ねよ

325 :無名草子さん:2012/07/31(火) 19:50:54.50
>>324の首を刎ねちゃった、テヘ

326 :無名草子さん:2012/07/31(火) 20:28:59.91
そういえば水滸伝の周信とはなんだったのか

327 :無名草子さん:2012/07/31(火) 20:32:20.97
解珍のタレ吹いたじゃねえかw

328 :無名草子さん:2012/07/31(火) 20:37:03.28
楊令嫌いの彼にはたぶんここは人生のすべてに近い・・

のだろうから許容せよ。
それにつけても西夏の帝のデブ専よ。

329 :無名草子さん:2012/07/31(火) 21:35:54.72
西遼の帝もデブ専か

330 :無名草子さん:2012/07/31(火) 21:40:38.80
デブのBBA専だからな
北方水滸伝世界にデッドボールがあれば常連だろうな

331 :無名草子さん:2012/07/31(火) 22:02:22.76
耶律大石の突然のキャラ付けはひどいよ先生
あれだけ優秀だった人物が一転ギャグキャラになったよ先生

332 :無名草子さん:2012/08/01(水) 08:02:34.30
水滸伝からの魅力的なキャラが退場して追加されるのが安易な二世キャラばかりだったのには萎えた
呉用なんかこのまま死んじゃいそうだし・・・ならなんで公孫勝にまだ生きろとか言われたのよ

333 :無名草子さん:2012/08/01(水) 17:43:51.82
それは若い世代への偏見ですね。1世キャラだって全員が活躍できたわけじゃなくて
安直な死に方もあったから2世と大差ない。(ただし、原典なんて知らんっていう
読者の視点である。)

334 :無名草子さん:2012/08/01(水) 19:31:43.21
>>333
俺も原典知らんが二世キャラはバックボーンの描写が圧倒的に足りないと思う
特に呼延陵は花飛燐と比べるとより一層そう感じる

335 :無名草子さん:2012/08/01(水) 19:47:47.80
二世キャラで思い出したけど、北方先生はおそらく、
朱杏のことを忘れているとおもうw

336 :無名草子さん:2012/08/01(水) 19:50:01.29
というか、後半になればなるほど輸送以外の後方支援、職人連中が空気に…

337 :無名草子さん:2012/08/01(水) 20:02:40.84
>>335
誰だっけ?

338 :無名草子さん:2012/08/01(水) 20:07:41.90
朱貴・朱富の異母妹の朱樺の娘が朱杏。

つまり、食堂担当。

楊令伝にも、食堂で食事をするシーンがあるんだが、後半になっての食堂シーンでは
朱樺、朱杏の母子は本当に忘れ去られたように出てこない。

339 :無名草子さん:2012/08/01(水) 20:15:19.69
楊令伝は大工と鍛冶屋がいまいち空気だったね
水滸伝は職人連中で会話があったり、いろんな面で大活躍だっただけに
白勝と湯隆の組み合わせが印象的だった

340 :無名草子さん:2012/08/01(水) 20:36:37.53
薛永の最期は北方先生のサービス精神を感じたね

341 :無名草子さん:2012/08/01(水) 20:51:43.21
岳飛伝でいつ岳飛は主役らしい活躍をしてくれますか?

342 :無名草子さん:2012/08/01(水) 23:17:45.15
岳飛がやはり主役になるのかな?
御大は、本の題名は何でもいいといっているし、また女姓の物語ともいって
いるので岳飛と愉快な仲間たち的なものになりはしないか一抹の危惧がある
のも事実だな。

343 :無名草子さん:2012/08/01(水) 23:27:28.53
女性の物語といえば崔蘭が身悶えするほどかわいい
黒ずんだ指先ぺろぺろ

344 :無名草子さん:2012/08/02(木) 01:51:44.84
>>334
呼延陵はまだ親父の死に立ち会った場面あったからまだいいと思うが
秦容とか気づいたら子午山にいて気づいたら梁山泊にいて気づいたら最強将軍格だからな
マジでこいつ何者だよ

345 :無名草子さん:2012/08/02(木) 02:38:51.82
>>344
これまでは周囲の状況に流されて動いていただけだったのが、初めて自分の意志で何かを成し遂げようとしての、メコン川入植と開拓なんだろ

346 :無名草子さん:2012/08/02(木) 07:56:00.40
秦容が武術面最強なのは楊令殿好感度アップキャンペーンの一環じゃね
楊令より優れた人間はいるよー楊令は完璧超人じゃないよーっていう

347 :無名草子さん:2012/08/02(木) 08:13:24.56
そういえば、二世キャラってたいていは父母の縮小コピーみたいなものなのに、
秦容の場合は個人の圧倒的な武力だけでどうにかするキャラで、親父のような
良い意味での頑固親父として組織をきっちり纏め上げるのとはぜんぜん違うな。

348 :無名草子さん:2012/08/02(木) 08:15:21.41
秦容は水滸伝でも登場している古参キャラだからな

349 :無名草子さん:2012/08/02(木) 08:26:17.89
秦容が楊令より強いって明確な描写あったっけ?

350 :無名草子さん:2012/08/02(木) 08:55:10.42
無いんじゃないかな?一騎打ちなら楊令も簡単に勝てないみたいなことを言っていたが。
少なくとも部下を率いた戦争においては、楊令>岳飛>秦容だった。


351 :無名草子さん:2012/08/02(木) 19:08:42.49
秦容と童貫の仕合はよかった。あれで童貫の死亡フラグが出来た。(誰にも負けない
日が一日だけあって、それを使ってしまった。)後、秦容の覚醒フラグも。

352 :無名草子さん:2012/08/02(木) 19:25:25.86
丁得孫もあの日が誰にも負けない日だったら敵前逃亡した上で蛇に噛まれて死ぬなんてことにならなかったかもしれないのに

353 :無名草子さん:2012/08/02(木) 19:49:07.19
どちらにしろ、死ぬのが1日遅れるだけです。共王もだけど、賊徒討伐してるだけの
傭兵じゃあ、童貫軍には勝てんよ。

354 :無名草子さん:2012/08/02(木) 20:12:52.05
あんどうぜんの死に方はマジで惚れた
ようれい伝以降は前線担当以外をないがしろにしすぎな気がする

355 :無名草子さん:2012/08/02(木) 20:31:05.97
楊令殿自身は、軍隊よりも交易に力を入れているつもり…というか、
小説内の登場人物の評価としては、軍隊よりも交易って言われていたな。
…その割りに、商隊・外交・通信の三部門にそろいもそろって
楊令に批判的な人間が追いやられていて、とくに通信部門に関しては
世代交代すらさせずに立ち枯れに任せていたようだけど。

356 :無名草子さん:2012/08/02(木) 22:11:22.34
通信部門については・・・
楊令伝後半には様々なところに岳飛伝へのヒントが隠れているんだが・・・

357 :無名草子さん:2012/08/02(木) 22:18:59.94
交易に力を入れて梁山泊をでかくするって感じで政治面ですごい力を持ってて
でも武力はしょぼいみたいなキャラだったら人気でたかもしれないな楊令

童貫は秦容にもう少しはやく産まれてもらって倒してもらおう

358 :無名草子さん:2012/08/02(木) 22:23:08.97
>>355 で、キミ?
どの部分を指して、<楊令に批判的な人間が追いやられていて>とか言ってるのかな?
あと、その割に・・の後の作文もしっかり構成してくれ。意味が判らんw

359 :無名草子さん:2012/08/02(木) 22:37:36.39
岳飛伝なのに、岳飛のことが話題に上らないな。

360 :無名草子さん:2012/08/02(木) 23:32:15.23
文庫本派が多いんじゃないか
こんなペースで出てたら単行本買う気なくすよな

361 :無名草子さん:2012/08/02(木) 23:34:00.08
だって岳飛殿って今のところ父親してることと、死んだ楊令殿すごいしかしてないんだもの

362 :聞煥章:2012/08/02(木) 23:55:39.39
361よ、朝から晩までここに居座りご苦労な事だ。
そこで、だ。梁山泊で楊令に批判的な人間というのは誰なのだ?
こちらの情報にもないことだ。お前が知っているなら是非教えてほしい。
素直に答えれば、働き口を世話してやってもよい。どうだ?
お前は、>>323のような発言を流したいのだろう?それとも>>328かな?
それで一人で延々と立て続けに糞を垂れている。
ひとつ知っていることをしゃべって、一人前に働いてみてはどうだ?
楊令を見習ってな。

363 :無名草子さん:2012/08/02(木) 23:57:46.08
このひとこわい

364 :無名草子さん:2012/08/03(金) 00:00:37.63
水滸伝の林冲が死んで公孫勝が涙する場面は何回読んでも泣ける
この頃の童貫軍は指揮をしてる武将が討ち取られても全く乱れてないのにどうしてああなった・・・

365 :無名草子さん:2012/08/03(金) 02:07:01.86
童貫はどうかんがえても強すぎ!
なーんつってな!

366 :無名草子さん:2012/08/03(金) 02:54:25.56
>>365を車裂にかけよ

367 :無名草子さん:2012/08/03(金) 13:07:37.16
>>365

いやいや、全くを持ってどうかんだわわ

368 :無名草子さん:2012/08/03(金) 13:34:18.90
次の瞬間、>>367の首が飛んでいた その死に顔は笑っているようにも見えた

369 :無名草子さん:2012/08/03(金) 22:28:19.79
岳飛伝に関しては、第3巻地獣の光まで我慢に我慢をかさねよ。

370 :無名草子さん:2012/08/03(金) 22:30:55.00
「楊令殿はすごい」から「楊令殿はすごかった」に変わっただけの展開はもう懲り懲りじゃよー

371 :無名草子さん:2012/08/03(金) 22:54:21.32
まあ、死んだ楊令ではなく、生きて主役の岳飛が登場人物紹介のトップに来ると良いなあ。

372 :無名草子さん:2012/08/03(金) 23:59:31.06
作者のオリキャラ押しってうざいだけだよな

373 :無名草子さん:2012/08/04(土) 00:26:19.62
無職とさらすのはちと可哀想ではないか、ブンカンショウ。
ここは彼の生き甲斐なのだ。世の中に居場所がなく、ただ作中の人物を呪って生きる。


374 :無名草子さん:2012/08/04(土) 09:36:12.88
実際に存在しそうなキャラクターの人格描写をしているから、作者や他の多くの人の人生
を追経験ている感じでよい。時代設定も安保闘争から現代へと変化し、それを1世キャラと
2世キャラの考え方の違いにも反映させている。よく出来ている。

375 :無名草子さん:2012/08/04(土) 10:09:15.20
秦容は結構しんようされてるよな。
呉用さん何かごようですか?
宋江が旅に出た。そうこうしているうちに山で囲まれて大変なことに。
晁蓋はちょうがい独身を貫き通した。
柴進は塩の道にさいしんの注意を払った。

なーんつってな!

376 :無名草子さん:2012/08/04(土) 10:30:39.73
>>375
過ぎたるは及ばざるが如し

377 :無名草子さん:2012/08/04(土) 10:51:48.69
過ぎたるは尚及ばざるが如し
じゃないっけ?

378 :無名草子さん:2012/08/04(土) 12:57:35.96
李逵はりきみすぎ
なーんつってな!

379 :無名草子さん:2012/08/04(土) 13:13:17.84
李逵はりたつって読むんですよお馬鹿さん
ひとつ勉強になりましたねwww

380 :無名草子さん:2012/08/04(土) 16:43:59.14
どうかんじるかは人それぞれだろ

381 :無名草子さん:2012/08/04(土) 18:48:10.34
無名草子達は処断された

382 :無名草子さん:2012/08/05(日) 00:26:50.92
>>379
俺はダジャレの人じゃないし
もし突っ込み待ちだったマジレス申し訳ないんだが
李逵って読み方「りき」であってると思うんだが

383 :無名草子さん:2012/08/05(日) 01:39:21.39
李逵は北方先生お気に入りなのはわかるがまんまコピーキャラを楊令伝に登場させるのはいかんだろう

384 :無名草子さん:2012/08/05(日) 02:57:23.17
李達(りたつ)は原作では李逵の兄貴で 偽者が李鬼だったよな
楊令伝での李逵っぽい役を受け継いでるのは水軍の赤手隊のてき成だったか

385 :無名草子さん:2012/08/05(日) 09:06:25.32
うろ覚えだけど陶宗旺が、板斧をもち奇声をあげて跳ねまわるテキ成を見て李逵みたいだと言う場面でなんか泣きそうになった

386 :無名草子さん:2012/08/05(日) 10:31:49.64
狄成はもうちょっと李俊や他の楡柳荘の3人との絡みが欲しかったな
李逵があれだけ魅力的になったのは宋江や武松への思慕といろんな人物との真剣かつ愉快な交流が大きかったと思うし

387 :無名草子さん:2012/08/05(日) 10:36:21.29
水滸伝を受け入れてた層が楊令伝になじめないってのは
大幅な改編をしたとはいえやっぱり元ネタは偉大ってことなんだろうか

楊令伝で人気あるキャラって主に2世キャラだし

388 :無名草子さん:2012/08/05(日) 10:49:56.68
内容そのまんまだったとしても
水滸伝
っていう名前じゃなくてオリジナルの話として出版されてたら少なくとも俺は読まなかったよ

389 :無名草子さん:2012/08/05(日) 12:43:08.32
話そのものが大違いなのが一番の原因では

水滸伝は国を倒すという夢を求めて戦う話
楊令伝は国を作って夢を現実におとしこんでいく話
どうしても前者の方が壮大で後者はこぢんまりする

390 :無名草子さん:2012/08/05(日) 21:33:26.40
楊令が文官みたいな奴だったらそれもいいけど
作者オリジナルを最強にまで持ち上げたのに他国攻めないってロマン無い
しかもあんな死に方したらそりゃ戴宗もブチ切れるわ

391 :無名草子さん:2012/08/05(日) 21:38:53.92
すべては楊令殿とぽっと出諸君に魅力が乏しかったのが問題なのです
穆春レベルにも魅力が出せてなくて、続投メンバーだけが希望だった
なお呉用は処断するしかない呼延灼は除く

392 :無名草子さん:2012/08/05(日) 22:20:57.33
楊令に領土の野心は無いけど、平和主義者ってわけでもないわな。

393 :無名草子さん:2012/08/05(日) 23:44:03.54
童貫倒した後に楊令殿を人間臭くしようとしていたのがかえって鼻についた
岳飛伝で呉用たちに楊令に頼りすぎていたと再三言わせてるのはまんま北方先生の心の声かもしれん
確かにいろいろと万能キャラにしすぎたし戦やらせたら常勝なだけじゃなくて商売も上手いとかはやりすぎだったよね

394 :無名草子さん:2012/08/06(月) 00:42:03.17
独立して帝となり「後隋」を建てた楊業、なんて話が、「楊家将」ほど面白くなるかというと……ってことだよな。

正直――文庫のみの読者にはネタバレになるけど、洪水と金のアレで滅んでしまう方が、悲愴ではあるけど、話としてはよかったのではないだろうかと、連載当時から思ってた。


395 :無名草子さん:2012/08/06(月) 00:58:57.61
武力で攻めなかったらロマン無いとまで言ったけど
攻めたら攻めたで勝って南宋倒すわけにもいかないし
シルクロードに目をつけてそっから話を広げていったのはさすがだとは思ってる

散々言われてることだがやっぱ楊令に魅力無いせいかな
まあぶつぶつ文句言うのは好きだからなんだよ
岳飛伝楽しみだわ

396 :無名草子さん:2012/08/06(月) 06:43:55.53
俺は開封府攻めで禁軍相討ちして金に使い捨てられ滅ぶ梁山泊でよかったな
血涙と全く同じ結末になってしまうけど

397 :無名草子さん:2012/08/06(月) 14:21:06.83
いまさら文庫で水虎伝読んでるんだけど
10巻あたりからいきなりあだ名が使われるようになって変な感じがする
最初は水塞ないからなくても当たり前だけど
ずっとあだ名なしで来たんだから別に最後までなくてもいいのに


398 :無名草子さん:2012/08/06(月) 15:11:44.49
北方サン自身は、日本人にとって意味不明なのが多いから使いたくないとか言ってた気がする>あだ名
でもやっぱり原作水滸伝の大きな特徴のひとつでもあるんだしさ

399 :無名草子さん:2012/08/06(月) 16:18:24.29
豹子頭とか笑面虎とか一歩間違えりゃ悪口だしね
額の狭い男林冲、見参ではしまらん

400 :無名草子さん:2012/08/06(月) 16:34:15.33
>>397
 泥縄を、ひとつやった。渾名である。
 登場人物には渾名がついていうることが多く、百八人には当然全部ついている。
しかし、わかりにくい渾名も多い。
イメージが湧く渾名だけ使おう、と私は思った。
これも、自分の好きなあの漢に、渾名をいつつけてくれるのか、という質問をしばしば頂戴するようになった。
意味がしっかりわかろうとわかるまいと、渾名で愛されていることも少なくない、ということもわかってきた。
 やはり全員にあった方がいいと思い、宋江などを名づけ親にして、渾名を次々に与えていったのは、後半に入ってからである。

北方水滸伝読本「替天行道」集英社文庫、「本懐の日」より。(259頁)

401 :無名草子さん:2012/08/06(月) 16:35:28.23
矮脚虎とか一歩間違えなくても悪口だよなw

402 :無名草子さん:2012/08/06(月) 18:48:03.87
ほうきょくなんてキャラ変わりすぎて
梁山泊のメンツになってからは全然そうもんしんじゃないしな

403 :無名草子さん:2012/08/06(月) 19:14:42.53
俺なんか北方版から入ったから原典キャラの理不尽さにビビりまくりですわ

404 :無名草子さん:2012/08/06(月) 21:45:39.23
原典は理不尽すぎて楊令の魅力の無さとかどうでもよくなってくるレベル

405 :無名草子さん:2012/08/06(月) 21:48:09.87
原典は良くも悪くも破天荒でそこが魅力でもあるけど、李逵とか完全に基地外ですわ
呉用先生は無用だし

406 :無名草子さん:2012/08/06(月) 21:51:59.72
呉用先生は頑張るときは頑張るけど失敗するときは派手だし超うっかりだしで総合的にダメな人にしか見えない
ただし原典だと知能派でまともなのは呉用先生だけで他はほとんど脳筋という悲しい現実が

407 :無名草子さん:2012/08/06(月) 22:35:54.07
原典の孫勝が参加したら、たった一人でも
致死軍と飛竜軍あわせても足りないくらいの活躍できるだろうなw
ふらふらと歩いていって転変地異で殺して終わりだ

408 :無名草子さん:2012/08/06(月) 22:58:11.69
妖術組以外いらないからね

409 :無名草子さん:2012/08/06(月) 23:01:34.70
林冲と公孫勝の友情とは違うけどちょっといびつな李富と聞煥章の友情も好きだった

410 :無名草子さん:2012/08/06(月) 23:05:35.62
李富が青蓮寺のトップになってから聞煥章は部下になるしその内馬桂殺害の疑惑が出てくるし
それまでの彼ら曰く「友情のようなもの」を見ているだけに、あのあたりは切ないものがあった
聞煥章ちゃんときたら燕国までは凄かったのに、念願の扈三娘陵辱にかまけてあの死に方で

411 :無名草子さん:2012/08/06(月) 23:18:18.34
聞ちゃんの死を知った李富が自覚していなかった友情に気付くシーンは切ないものがあった

412 :無名草子さん:2012/08/06(月) 23:21:43.58
聞ちゃんが死んだ後の楊令伝はなあ・・・

413 :無名草子さん:2012/08/06(月) 23:39:27.15
聞ちゃんは扈三娘とせっくるできて満足だったでしょうさぞかし ぐぐぐ

414 :無名草子さん:2012/08/07(火) 00:04:45.75
李富こそ、自分の息子を皇帝にして完璧な勝ち逃げを決めたけれど、
あまり他者からほめられてないな。というか妙に無かったことにしているかのように
作中で語られてない。

415 :無名草子さん:2012/08/07(火) 03:09:48.61
おれは馬鹿正直なころの李富のほうが好きだったよ
普通の悪党(?)になったら急にどうでもよくなった

416 :無名草子さん:2012/08/07(火) 05:35:13.04
>>415
馬桂にこだわってた頃のほうが人間臭くて魅力的なキャラだったよね

417 :無名草子さん:2012/08/07(火) 05:50:38.32
水滸伝の最後でいきなり権力に目覚め出すのも唐突だしな

418 :無名草子さん:2012/08/07(火) 07:23:17.38
童「金が足りないならかき集めてね」
李「聞がやります」
聞「えっ」

このやりとり好き

419 :無名草子さん:2012/08/07(火) 18:48:56.09
フリーゲームの北方版水滸伝が結構面白いw

420 :無名草子さん:2012/08/07(火) 19:17:44.04
kwsk

421 :無名草子さん:2012/08/07(火) 20:42:43.90
なんかわからんので フリゲ 北方水滸伝 で調べてたら、我らが好漢が腐女子の餌食になっとる

422 :無名草子さん:2012/08/07(火) 20:47:33.73
歴史ジャンルの衆道とか女体化とかロボ化とかは今に始まったことではない

423 :無名草子さん:2012/08/07(火) 23:29:52.52
だな
公孫勝と林中とか腐女子が臭くなるなあとか思いながら読んでた

424 :無名草子さん:2012/08/07(火) 23:35:15.40
別に水滸伝は男だけのものってわけでもないしどうでもいい

425 :無名草子さん:2012/08/07(火) 23:43:52.96
pixivで北方水滸伝で検索してみろよ
ボロボロ腐女子絵出てくるぜ
けっこう面白いのとかあるけど
絶対に笑ってはいけない梁山泊とか

426 :無名草子さん:2012/08/07(火) 23:56:56.05
ここの人はあんまり知らないと思うけど
普通の女ならいいけど腐のほうは設定とかキャラ付けとか無視して
ただ好きなキャラを性的にからませるだけだから原作への冒涜なんだよ

427 :無名草子さん:2012/08/08(水) 00:37:19.37
それが二次創作ってモンじゃないのか

428 :無名草子さん:2012/08/08(水) 11:47:24.13
別に腐に限らず、エロ方面で二次創作やってる人はだいたいそんなもんだと思うが

429 :無名草子さん:2012/08/08(水) 13:22:24.40
それが二次創作の形の一つではあるけど
腐はそれだけで創作するから質が悪い

エロの方はキャラに合わない言葉使いとかはさせない奴が結構いる

430 :無名草子さん:2012/08/08(水) 13:43:51.56
北方と関係ないお前らの同人感なんて
心の底からどうでもいい
同人の話してるやつは一人残らず消えろ

431 :無名草子さん:2012/08/08(水) 14:03:55.18
消えろ

432 :無名草子さん:2012/08/08(水) 16:07:31.29
>>430-431
まさにそのとおり
同人は巣にこもれ
消えろ

433 :無名草子さん:2012/08/08(水) 16:20:06.46
このスレ的には首を刎ねろのほうがいつもの流れだな

434 :無名草子さん:2012/08/08(水) 16:29:57.36
スレ違いをだらだら続けてる馬鹿には
そういうジョークが通じないと思う

435 :無名草子さん:2012/08/08(水) 16:33:42.21
如何な理由があろうと、それに対する方策として馬鹿黙れ消えろと口汚く罵るのも見苦しさは似たようなもんだ

436 :無名草子さん:2012/08/08(水) 16:41:59.24
同人豚どもの首を刎ねよ

437 :無名草子さん:2012/08/08(水) 16:50:16.09
こんな過疎スレでスレ違いがどうのこうのとほざくやつのほうがどっかずれてると思うがね
ちょっとしたことでキレる馬鹿にはこういう話が通じないだろうが

438 :無名草子さん:2012/08/08(水) 16:57:38.04
>>430から>>432までは多分同じやつだろ
よくいるタイプだよ

439 :無名草子さん:2012/08/08(水) 17:15:49.36
そんなことより戴宗がなぜ侯真にあんな態度をとったのか考えよう
それが嫌ならぼくといっしょに崔蘭ちゃんのかわいさについて考えよう

440 :431:2012/08/08(水) 18:38:37.98
>>438
他はどうかしらんが私は別ですが
というか>>430に消えろって言ったんですが
一緒にしないでくれますか?

441 :無名草子さん:2012/08/08(水) 18:42:19.99
*今 は 夏 休 み で す

442 :無名草子さん:2012/08/08(水) 19:24:10.63
吉川晃司ってロックンローラーだったのか?w
歌聴いてるけどそうとは思えなかったんだがw

443 :無名草子さん:2012/08/08(水) 23:51:37.80
「宋江にロックわかると思うかい?」は名言
異論は認める

444 :無名草子さん:2012/08/09(木) 00:28:02.69
げきしゃく

445 :無名草子さん:2012/08/09(木) 16:48:27.04
吉川は内容はともかく文章が読みにくくて仕方なかった
解説も文業の人間が書くと違うんだなと凄く実感できた

446 :無名草子さん:2012/08/09(木) 16:52:45.28
吉川って聞くとどうしても吉川英治先生のほうが浮かんできてしまう

447 :無名草子さん:2012/08/09(木) 17:04:01.04
吉川で懐かしくなって解説だけ読み返してみたが4巻の池上がひどいなw
17巻のネタバレしてやがるw
なにもかも自分でやろうとはしない、根底にやさしさがない呉用みたいなもんだな

448 :無名草子さん:2012/08/09(木) 23:42:41.15
15巻の挿絵は当然楊令だろうが、これだとラスボスもどきの李富の出番がない
わけだな。
それとも15巻を李富にして、楊令伝外伝的なもので楊令ってのもありかもな。

449 :無名草子さん:2012/08/10(金) 12:35:06.50
>>448
楊令殿の挿絵は1巻でやったからもういいよ

450 :無名草子さん:2012/08/10(金) 22:08:14.70
2巻じゃなかったかな?
まぁ、更に親父になった楊令殿が再度挿絵ということも十二分にありえる
流石、すごい楊令殿すごい

451 :無名草子さん:2012/08/10(金) 23:59:42.42
挿絵の岳飛もっとなんとかならんかったのか

452 :無名草子さん:2012/08/11(土) 15:30:04.52
水滸伝読み終わったんだけど
ようれい伝っていつからはじまったん?
終わった気がしない終わり方だったんだがw

453 :無名草子さん:2012/08/11(土) 16:07:35.57
>>452
確か次の月からすぐ楊令伝が始まったはず

楊令殿は更正せずに幻王様として君臨したほうが面白かったかもしれない

454 :無名草子さん:2012/08/11(土) 16:12:05.38
>>453
今水滸伝読み終えたと言ってるやつにそのレスはクソ外道だなw
ネタ晴らしにもほどがあるだろ

455 :無名草子さん:2012/08/11(土) 16:43:39.19
楊令伝は序盤の方朧の乱あたりはやっぱり面白いよ
中盤以降は水滸伝からの108人の生き残りの死に様くらいしか見所ないけど

456 :無名草子さん:2012/08/11(土) 16:59:24.95
呉用は処断するしかない

457 :無名草子さん:2012/08/11(土) 17:21:46.46
水滸伝では死域に入れる人間は限られていて極限状態のハードルも高いような描写だったけど
楊令伝以降では一般兵でも調練だけで死域に入れるような死域の安売りが始まって萎えた

458 :無名草子さん:2012/08/11(土) 17:22:54.30
朱仝と一緒に死んだ2人とか演出も相まってよかったね

459 :無名草子さん:2012/08/11(土) 17:45:41.39
人気投票で楊令伝のキャラが2人くらいしかいなかったときはワロタ
後は全部続投キャラとか

460 :無名草子さん:2012/08/11(土) 17:48:47.31
岳飛って中国最強将軍みたいな扱いなのに楊令のかませなまま終わったし
楊令を超えるどころか父親(?)の童貫にすら追いつけてないよな
用兵が童貫と同じレベルだったら15巻であんなボロ負けしてないだろうし

461 :無名草子さん:2012/08/11(土) 19:50:08.55
wiki見てたら
蕭譲(聖手書生)
死因の多くが戦死・暗殺である梁山泊の百八星メンバーにおいて、初の天寿を全うした人物だった。

っていう説明あったけど、魯達は?

462 :無名草子さん:2012/08/11(土) 19:58:30.39
魯達は寿命は確かに近かったが死因は割腹じゃないか

463 :無名草子さん:2012/08/11(土) 19:59:13.06
>>461
腹断ち割って自栽したじゃん

464 :無名草子さん:2012/08/11(土) 20:04:34.50
魯達は病で死にたくないって言ってたからあれが一番いい死に方に見えてしまうだけで天寿ではない
天寿で死んだというのなら病気で死ぬべき

465 :無名草子さん:2012/08/11(土) 20:34:59.90
樊瑞的に語るなら全員天寿だけどなw

466 :無名草子さん:2012/08/11(土) 23:47:10.12
楊令伝の帯の谷原章介の推薦文がなんか妙に北方テイストでワロタ

467 :無名草子さん:2012/08/12(日) 01:00:45.36
>>459
水滸伝にまったく出ておらず、楊令伝からの登場
っていうキャラに限るなら0人だよ
楊令伝で本格的に活躍したキャラなら3人くらいカウントできるけど

468 :無名草子さん:2012/08/12(日) 07:39:35.79
>>467
それWikipediaにもちょっと前まで書いてあったよね
しかし岳飛伝はタイトルどうりなら南宋と金の争いが主軸になりそうだけど全く岳飛が主役でも話の中心でもないからわからんなあ

469 :無名草子さん:2012/08/12(日) 09:39:32.91
岳飛と胡土児がどのようにからむかでしょ

470 :無名草子さん:2012/08/12(日) 10:09:51.29
楊令伝の新梁山泊はワンマン企業なせいで
分業体制だった初代梁山泊よりはるかに規模がでかいはずなのに
読んでても規模が小さい印象がぬぐえないのがな…

棟梁でも全部を把握していないってのが良かったんだが
天才過ぎて他人を使い切ることができないタイプというか

471 :無名草子さん:2012/08/12(日) 10:23:41.08
部下本人にも見えない粗を見つけてしまえるから
自分の枠の中にいてくれないとどこか不安になってしまう
みたいなもんか>よーれー

472 :無名草子さん:2012/08/12(日) 10:33:39.87
「水滸伝」
だから梁山泊があれば物語を作れる
そういう意味では宋江すら死ぬ可能性はあった
本人にも「自分が死んでも誰かが継いでくれる」みたいなことを言わせてたし

「楊令伝」
だとタイトル的に楊令は最後まで死なない(でも史実としては死なないとならない)
という考えが先に来てしまって
「楊令は最後まで死なない」という前提で読み始めてしまうので
楊令が来たら勝ち、になってしまって面白みがない
本人も直轄の部隊も強すぎるし

その辺もいまいち盛り上がらないと感じた要因かもしれない
じゃあもっといいタイトルあったのかといわれたら俺には思いつかんけど

473 :ケソサソ ◆IGEMrmvKLI :2012/08/12(日) 11:04:37.22
>>472
「幻王の国」

474 :無名草子さん:2012/08/12(日) 11:32:13.06
ずばり「水滸後伝」とか?

>>466
「共に喰らい、笑い、闘いたい」とひとつひとつに読点入ってりゃなおそれっぽかったかな

475 :無名草子さん:2012/08/13(月) 12:11:12.01
>>460
岳飛は「中国最高人気将軍」ではあるけど、史実的にも決して「最強将軍」ではないよ

もちろん、戦には相手もあるし状況もあるから単純には比較できないけど、
戦果で見るならもっとすごいのは中国史には何人もいる

北方水滸伝内で見ても、童貫、楊令には劣る
楊志、秦明、呼延灼、あるいは?美、畢勝ぐらいじゃないかと

476 :無名草子さん:2012/08/13(月) 15:51:47.34
軍事には韓信とか項羽がいるから仕方ねえ
岳飛はその悲劇性と忠義の心が民衆に受けたんだろうな

477 :無名草子さん:2012/08/13(月) 23:28:49.49
荒れるもとになるのは承知で将軍ランキング作ってみた

SS(神) 童貫 (楊業)
S(無敵) 楊令
A(名将) 楊志 秦明 呼延灼 李俊(水軍限定) ホウ美 畢勝 呼延稜(終盤)花飛麟(終盤)岳飛 趙安 晁蓋もここか?
B(良将) 林冲 史進 索超 穆弘 朱仝 花栄 童貫軍幹部のほとんど 宿元景
C(凡将) 多すぎるので略
D(愚将) 同じく略

楊令が童貫と同格でないのは、童貫は軍全体を指揮しての強さだけど楊令は黒騎兵頼りのところがあるから
林冲は一部隊を率いて無敵でも全軍指揮はできないから、史進も同じ理由
秦容は、BではあるだろうけどAかどうか微妙、将軍としては実はCかもしれないなーとも

478 :無名草子さん:2012/08/13(月) 23:41:45.23
蕭珪材忘れてた(^_^; 本人のやる気の問題はともかく、能力としてはSだよなやっぱり

479 :無名草子さん:2012/08/13(月) 23:47:30.05
さらに追加

SS(神) 童貫 (楊業)
S(無敵) 楊令 蕭珪材
A(名将) 楊志 秦明 呼延灼 張清 李俊(水軍限定) ホウ美 畢勝 呼延稜(終盤)花飛麟(終盤)李英(離脱後、離脱前はC) 岳飛 趙安 晁蓋 
B(良将) 林冲 史進 穆弘 索超 朱仝 花栄 童貫軍幹部のほとんど 宿元景もここではなかろうか
C(凡将) 多すぎるので略
D(愚将) 宋江 高キュウ 以下略

480 :無名草子さん:2012/08/14(火) 00:02:26.14
将軍ランキングというか指揮ランキングだな
宋江なんかは戦はサッパリでもいるだけで士気高揚する上に優秀な部下に戦を丸投げしてくれる高性能旗印だし

481 :無名草子さん:2012/08/14(火) 02:12:05.10
コーエーSLGでいうところの統率力みたいなもんか
武力だとまた違うんだろうな

482 :無名草子さん:2012/08/14(火) 02:20:04.15
個人の戦闘力と、一部隊の統率力と、万を超える軍勢の指揮能力はそれぞれ違うものだからねえ
王進だと多分、個人SS、部隊AかB、軍勢Cぐらいの指揮能力じゃないかな
部隊率いても、徐寧といい勝負かそれ以下じゃないかと思う
王進個人の武で突破口を切り開くのでそれなりの戦果は上げるけど、部隊としてはかなり犠牲を出しそう、特に背後を取られた時なんかに

483 :無名草子さん:2012/08/14(火) 02:34:04.77
たまには個人武力はからきしだけど指揮が抜群にうまいってのを出して欲しい
と思ったらそういやなんかいたな、確か活躍する前にいつのまにか兄貴に殺された人…

484 :無名草子さん:2012/08/14(火) 02:36:53.85
原典が脳筋の集まりだった水滸伝本家の面子はとにかく、2世はそんなのがいても良かったな
成長した北方馬謖みたいなキャラを見てみたい

485 :無名草子さん:2012/08/14(火) 04:41:57.50
太閤立志伝5のシステムで水滸伝でないかねぇ 面白いと思うんだが〜

486 :無名草子さん:2012/08/14(火) 05:44:05.11
チーム解体されてるから光栄からは無理だな
後なまじ歴史ゲームのノウハウがあるために
会社として「水滸伝のゲームは売れない」(実際に他の題材と比べて売れてない)
という認識があるのでやっぱり難しいと思う

487 :無名草子さん:2012/08/14(火) 05:53:30.98
>>483
楊春がそれに近いと思う
こいつ突然変な死に方したがあれはやはり楊令伝へ向けての人員整理…

488 :無名草子さん:2012/08/14(火) 06:28:30.86
つーか
ゲーム絵で「これが北方キャラです」とか言ったら荒れる元になるだけだろ
漫画ですらあれだったんだから

489 :無名草子さん:2012/08/14(火) 08:21:32.15
確かに、文庫本の絵が気になってちょっと画像検索したら、
気持ち悪い絵がたくさん引っかかって閉口した覚えがあるなw

490 :無名草子さん:2012/08/14(火) 19:45:56.45
一般小説の二次創作は
エロもホモも通常検索避けを徹底してほしいわ
不快でしかない

491 :無名草子さん:2012/08/14(火) 22:04:16.40
光栄といえばFCの水滸伝は古株光栄ファンの間で今なお傑作とされてるが続編にはあまり恵まれてないな

北方水滸の登場人物に光栄ゲー風に能力値を設定するという遊びをたまにやるんだが、いっつも20人くらい考えたあたりでめんどくさくなってやめてしまう

492 :無名草子さん:2012/08/14(火) 22:11:46.87
北方は絶対的な戦力差とか実力差を死域とか志で跳ね返すのが醍醐味だから
能力値絶対主義の光栄とは水と油

493 :無名草子さん:2012/08/14(火) 22:12:00.51
>>491
FC水滸伝と言えば確か最強キャラは花栄だったような・・・育てるの前提だが、妖術師はチートだからw
楊令殿を設定すると多分全部95以上の数値になる、そりゃ面白くないわ

494 :無名草子さん:2012/08/14(火) 22:16:51.91
>>492
でも最強キャラの楊令殿を登場させてしまったじゃないですかー!

495 :無名草子さん:2012/08/15(水) 00:03:00.68
水滸伝楊令 統率95 武力97 知力83 政治75 魅力92
幻王楊令殿 統率99 武力98 知力93 政治94 魅力96

496 :無名草子さん:2012/08/15(水) 02:37:08.89
轟天雷凌振の大砲でふっとばすんだ

497 :無名草子さん:2012/08/15(水) 06:42:47.67
>>495
林冲 統率85 武力98 知力68 政治43 魅力79
楊志 統率92 武力93 知力73 政治61 魅力85
秦明 統率93 武力87 知力77 政治70 魅力84
呉用(水滸伝) 統率38 武力15 知力86 政治91 魅力18
呉用(楊令伝) 統率64 武力25 知力92 政治93 魅力81
やっぱりやってると飽きるなw

498 :無名草子さん:2012/08/15(水) 11:09:16.92
小生意気な少年と超人
焼き物
料理
格闘

舞台が現代・日本・中国と変わっても内容はまったく同じなんだが・・・
変わった事と言えばは、若い頃には無かった、ジジイ特有の屈折したエロ描写だけ

499 :無名草子さん:2012/08/15(水) 11:13:16.85
>>497
言いたいことはわかるが呉用の魅力極端すぎだろwww

500 :無名草子さん:2012/08/15(水) 18:08:34.89
いつまで引っ張るんだよその話題

501 :無名草子さん:2012/08/15(水) 18:37:28.19
蕭珪材は梁山泊に合流するかと思ったんだけど……吸毛剣と護国の剣が並び立つ時が来るかと思っていたんだけど、果たされなかったなあ……

502 :無名草子さん:2012/08/15(水) 20:42:50.47
楊令殿はオール100に決まってるだろ・・・・
あの楊令殿だぞ

503 :無名草子さん:2012/08/15(水) 22:03:24.03
>>501
吹毛剣の事?

504 :無名草子さん:2012/08/15(水) 22:20:39.56
>>502
統率だけ童貫が100で楊令殿が99かもしれない

505 :無名草子さん:2012/08/15(水) 22:31:33.98
歴史ゲー板に北方水滸伝ゲーム化スレでも立てたら?

506 :無名草子さん:2012/08/15(水) 22:37:03.19
すごい楊令殿はオール100以上いってるに決まってるだろ!いい加減にしろ!

507 :無名草子さん:2012/08/15(水) 23:54:33.69
ステ限界突破とはさすが楊令殿


このスレ見てるとだんだん楊令が愛すべきネタキャラに見えてくるから困る

508 :無名草子さん:2012/08/16(木) 00:55:05.92
楊令殿は世界の中心だからな・・・

509 :無名草子さん:2012/08/16(木) 08:20:31.90
実は死んだ楊令殿は影
本物はまだ生きている

510 :無名草子さん:2012/08/16(木) 11:31:20.99
もともと死に際の高キュウの如し世間のさらしモノ なのに

一人の楊令に憧れる不細工ニヲタのお陰でさらに笑われクソスレになったな。
これが完全体か?WWW

511 :無名草子さん:2012/08/16(木) 13:22:41.19
だいたい架空の人物に異様な嫉妬してスレ立てて一人で上げての毎日。
たぶんぶさいくでオタクでしかも年を取っていて無職。

北方先生。あなたの本は、そんなクズなブおやじにも生きる力を与えてやってますよ。
世の多数の読者に愛されるばかりでなく、クソみたいな敗残者まで救済しています。

512 :無名草子さん:2012/08/16(木) 15:07:43.78
またテンプレめいたのが

513 :無名草子さん:2012/08/16(木) 17:55:23.20
>>511
それがわかってるからこそソープにいけっていう言葉なんだろう
せめて金出したら抱ける女くらい経験しとけっていうありがたいメッセージ

514 :無名草子さん:2012/08/16(木) 19:19:24.19
そういや楊令殿も花飛麟も
女抱いてこいよwwwって言われてたな
北方的には最低が素人童貞
完全童貞は男じゃないんだろうな

515 :無名草子さん:2012/08/16(木) 22:17:41.68
>>514
で、お前がその完全キモおどうてい様なw

516 :無名草子さん:2012/08/16(木) 22:21:51.52
>>515
なんでわかったんだ!?

517 :無名草子さん:2012/08/16(木) 22:58:33.89
陳麗華、崔蘭、梁紅玉のうち、一番最初にやられるのは誰だ。

518 :無名草子さん:2012/08/17(金) 03:23:04.62
>>510

「子供か」

519 :無名草子さん:2012/08/17(金) 03:42:29.51
水滸伝での魚達「ソープへ行け」楊令「ハア?」のやり取りは笑った
いまだに意味がわからないエピソードではある

520 :無名草子さん:2012/08/17(金) 07:12:37.35
ガチなまじめ君かと思ったら女の話にも対応できるやつだった
みたいな感じでコミュの役に立ってたじゃないか

521 :無名草子さん:2012/08/17(金) 08:12:43.50
あとずっと疑問なのは旧梁山泊の絶妙な人事は呉用が担当していたこと
本人いわく鈍いはずなのに適正適所な完璧な人事がどうして彼にできたんだろうか?

522 :無名草子さん:2012/08/17(金) 08:38:25.18
鈍いのは人の気持ちの機微に関してじゃない
あとしゃべり方と詳細まで把握したがる癖
そのおかげで補給も人事も行き届いてたけど
現場からは「俺らを信頼していない」と思われた

523 :無名草子さん:2012/08/17(金) 08:39:13.92
世の中には俺の意見に従う奴と従わない奴しかいない。
そのペアを作って俺の言うことをなんとか通す。
人事?俺の知ったことではない。
「呉用言行録」より抜粋

524 :無名草子さん:2012/08/17(金) 11:13:37.70
ま、楊令殿と書くくらい敬意を表してる《彼》のことは生暖かい目で見てやれば。
また指摘レスを流すために惨めな一人行進続けるだろうしw

他の人はsageも忘れずにな。《彼》が一人であげるからww

あとな!岳飛伝の次が水滸伝完結編になるかもよ。

525 :無名草子さん:2012/08/17(金) 13:53:12.39
とうとう呉用も退場か・・・
楊令伝以降では一番好きなキャラだっただけにテンションが下がってしまうな
そして簫圭材の息子の本格的な登場は何を意味するんだろう?

526 :無名草子さん:2012/08/17(金) 14:11:10.49
彼は何故楊令にジェラシーなの?

527 :無名草子さん:2012/08/17(金) 14:44:34.77
>>524
三部作で完結じゃないの?

528 :無名草子さん:2012/08/17(金) 21:34:44.64
候真がもう40歳とか作中の時間経ちすぎだろ・・・
しかし呉用の出番があれでおしまいだとしたらちょっとさびしいなあ

529 :聞煥章:2012/08/17(金) 22:48:45.56
>>514よ、お前は相変わらずだな。しかもを知らぬのか。惨めな。。

>>323>>328も必死で、無職を良いことに流したつもりだったものを、な。
今度は>>511もかな?
そしてまた一人で延々と立て続けに糞を垂れる。
ひとつ知っていることをしゃべって、一人前に働いてみてはどうだ?
お前が憧れてやまない楊令を見習ってな。

>>524 それはあの北方とかいう物語屋が以前、申しておったな。

530 :無名草子さん:2012/08/18(土) 00:33:19.70
●?圭材の息子は有能な商人
●岳飛伝は女性の物語。散る恋もあれば、第4の参入者は意外なあの人。
●岳飛と兀朮は、ついに剣を相まみえる。

こんなとこか。

531 :無名草子さん:2012/08/18(土) 03:15:48.52
方臘以降の呉用ってそんなに目立っていいかねぇ?
まぁそれまでと変わったところはあるけど。
それとも方臘の時の呉用が皆好きなの?

532 :無名草子さん:2012/08/18(土) 09:03:07.91
>>531
そりゃあの時の呉用は最高だろ

ちなみに死亡描写がないから死んだと認めてないよw

533 :無名草子さん:2012/08/18(土) 09:25:44.76
ようれいでん今更読み始めたんだが
2巻まで見た限りではごようよりかひりんのほうが遥かにいやなキャラなんだがw

534 :無名草子さん:2012/08/18(土) 10:07:48.81
呉用先生はこれまでの積み重ねがあるからなあ
前線の元指揮官連中からの好感度はどん底にある

535 :無名草子さん:2012/08/18(土) 11:18:47.23
水滸伝当時の呉先生だってとてもいいキャラしてたじゃないか
現場との軋轢とか流花寨の是非とかも含めて、基本脳筋の梁山泊の実務において呉用ほど重要な人間がいたであろうか
未だに史文恭と呉用が並んで一番と言っていいほど気に入ってる

536 :無名草子さん:2012/08/18(土) 11:42:04.08
「智多星 黒舌もて遺言すること長蛇の如く」
まだまだ細く長く健在だよ〜ん。

岳飛伝は女性の恋の物語。
忘れていた。
このスレの人気者である一国の王を腹の上で、ゆっさゆっさ、と揺さぶる女と、
花田紀子とピース綾部如く、若い燕を従える女を。
このあたりにも御大の気の配り用がうかがえる。


537 :無名草子さん:2012/08/18(土) 13:30:49.27
もし岳飛伝が最終章でないとしたら

秦容伝または楊令の息子が主役の物語だろうな。
そして皆、それぞれの志を胸に。あるいは志をどこかに仕舞って生きてゆく。。

538 :無名草子さん:2012/08/18(土) 16:03:36.01
そのうち外伝とかで水滸伝よりも前の話とか見られたらいいなぁ
初対面でひたすら志について話す宋江と晁蓋とか塾の先生な呉用とか河水の賊徒な公孫勝とか



539 :無名草子さん:2012/08/18(土) 21:25:12.62
外伝みたいのはもしや、やったことは無いのでは。
やったなら北方さんは初の試みかも。
まあ決め手は体力次第だろうな。

540 :無名草子さん:2012/08/18(土) 22:34:47.75
もう来月号ではすでに呉用が死んだことになってそう
史進と最期の別れをしてほしいが難しいかなあ

541 :無名草子さん:2012/08/18(土) 23:31:10.85
>>538
塾講師時代の呉用先生は俺も気になるわwww
その頃も生徒に陰口叩かれてたりしたんだろうか

542 :無名草子さん:2012/08/18(土) 23:44:43.03
呉用の最後で公孫勝を回想して欲しい
呉用のたった一人の友人だぞw

543 :無名草子さん:2012/08/18(土) 23:45:15.81
公孫勝の死に際に自分も友人だといえなかった呉先生

544 :無名草子さん:2012/08/19(日) 12:20:54.22
>>539
探偵野崎シリーズ「不良の木」「明日の静かなる時」は外伝な気がする。

545 :無名草子さん:2012/08/19(日) 12:40:46.18
この人の作品で唯一誉められるのは、「棒の悲しみ」くらいだよな
後は、焼き直しの繰り返しでどれも皆同じ

546 :無名草子さん:2012/08/19(日) 16:53:10.10
>>545

いいねぇ、田中。
「魂の岸辺」もいいんじゃないですか?

547 :無名草子さん:2012/08/19(日) 18:15:35.81
ええい聞けい皆の者、いきなり文庫化の楊令伝読本、
その名も「吹毛剣」
情報満載じゃあ!



548 :無名草子さん:2012/08/19(日) 18:19:49.45
まだ発売しておらん

549 :無名草子さん:2012/08/20(月) 19:41:09.41
(*゚д゚) 、ペッ

550 :無名草子さん:2012/08/20(月) 20:50:34.95
水滸伝読本は「替天行道」
楊令伝読本は「吹毛剣」
岳飛伝読本は「?」

ま、総括して「大水滸伝」かな

張朔の執拗な視線は何を思ってのことだろうか・・・

551 :無名草子さん:2012/08/20(月) 20:54:10.20
>>549
ゆだんするなよ
      _, ,_
    ( ゚д゚)
      ⊂彡☆))゚д゚)
        パーン


552 :無名草子さん:2012/08/20(月) 22:21:36.57
>>550
母ちゃんも50過ぎで李俊も60台半ばだろうに

553 :無名草子さん:2012/08/20(月) 23:33:45.64
李俊は派手に散りそうだ

554 :無名草子さん:2012/08/21(火) 08:03:26.78
おカンは俺とおトンのものだ、と言いたいが、大幹部に対しては口が裂けても
そんなことは言えないがための抗議なのか、おカンの気持ちを受け取って、た
とえば梁山泊を捨てて十三湊まで来てくれ、なんていう嘆願なのか・・・



555 :無名草子さん:2012/08/21(火) 13:38:59.88
>>550
岳飛伝は背中の「盡忠報国」じゃない?

556 :無名草子さん:2012/08/21(火) 17:29:51.82
がっぴって実際も片腕だったの?

557 :無名草子さん:2012/08/21(火) 19:42:01.97
>>556
んなこたあない

558 :無名草子さん:2012/08/21(火) 22:25:18.38
ここ見てるって書いてあったね

お疲れ様でした。

559 :無名草子さん:2012/08/21(火) 23:55:15.55
「吹毛剣」によると担当さんここを見てるみたいだな

560 :無名草子さん:2012/08/22(水) 00:05:34.40
第15巻は秦容か。
ここは楊令だと誰しもが思っていただけに意外だったな。
ただ、楊令伝なだけに、やはりそれはないやろう、って感じだな。

しかし呼延凌の名前が初めは穆盛(呼延盛)だったとは・・・
なにか間抜けそうな名前だな。




561 :無名草子さん:2012/08/22(水) 01:36:39.07
見てても見てるって公言するようなもんじゃないだろ頭おかしいのか?

562 :無名草子さん:2012/08/22(水) 01:57:30.49
いや、よくある話だろ

563 :無名草子さん:2012/08/22(水) 08:12:13.28
>>561
担当が北方に出した手紙を公開しててその中でスレを見たら意外に真面目に考察してると書いてあるんだよ
しかし最終巻を読み終わったが確かに消化不良感が半端ないな

564 :無名草子さん:2012/08/22(水) 12:03:32.22
いずれにしろこの程度のことで「頭おかしい」とか言っちゃうのはねえよなあ

565 :無名草子さん:2012/08/22(水) 12:36:19.66
この人担当じゃね?

566 :無名草子さん:2012/08/22(水) 14:34:16.00
山田くんかね

567 :無名草子さん:2012/08/22(水) 15:48:23.93
「吸毛剣」でも北方氏は気にしておられたが洪水の場面は震災を思い出してしまった

568 :無名草子さん:2012/08/22(水) 19:33:22.56
吸毛剣ではなく吹毛剣だった

569 :無名草子さん:2012/08/22(水) 21:01:17.04
そしてひっそり発売された岳飛伝2巻と発表された全17巻構想
文庫化まで6〜7年はかかりそうだなあ

570 :無名草子さん:2012/08/22(水) 21:09:11.74
ほんとだ。もう2巻でるのか

571 :無名草子さん:2012/08/22(水) 21:54:30.61
岳飛伝17巻構想ってどこにあるかわかるかい
もし良ければ教えて欲しい

572 :無名草子さん:2012/08/22(水) 22:39:41.66
水滸伝から岳飛伝まで大水滸伝約50巻の構想なのだ。

侯真や張敬、張平、韓成らの綽名も初めは違っていたみたいだな。
同じなのは神箭と七星鞭くらいだったんだな。

573 :無名草子さん:2012/08/22(水) 22:41:20.29
50巻構想から逆算かthx
何か発表があったのかと思った

574 :無名草子さん:2012/08/22(水) 22:41:40.28
>>571
文庫本に挟んであった一枚ペラのほうのチラシ
あと二巻はまだ発売日じゃないのか 今日店頭に並んでたぞ(場所は秘す)

575 :無名草子さん:2012/08/22(水) 22:55:29.99
集英社のチラシじゃなくて岳飛伝のチラシね
北方氏いわく「水滸伝が十九巻、楊令伝が十五巻、岳飛伝は十七巻の予定で、性格には五十一巻に達することになる」とのこと

576 :無名草子さん:2012/08/23(木) 00:01:09.24
なるほど、ありがとう
最大でも残り15巻分くらいだけど、どうやるつもりなんだ…

577 :無名草子さん:2012/08/23(木) 00:25:40.49
岳飛が非業の死を遂げるのが1141年 楊令伝の最終回が1136年なので史実通りならあと五年しかない
だが第2世代の死まで描くなら時間が足りないので岳飛の生存、もしくは死後も続くんだろうか

578 :無名草子さん:2012/08/23(木) 07:09:39.00
侯真の年齢から計算するとすでにすばる連載分は1140年
岳飛の部下になってる呉カイは史実だと1139年に死んでるから
死亡年をいじるんじゃないの

579 :無名草子さん:2012/08/23(木) 11:42:33.41
楊令伝とかさっさと終わらせてればよかったのに

580 :無名草子さん:2012/08/23(木) 18:56:06.87
>>579を処断するしかない

581 :無名草子さん:2012/08/23(木) 20:49:16.87
楊令伝の最終巻を読み終わり続きが気になったのですが古本屋に立ち寄ると岳飛伝の文庫本がもう売っているではないですか!
この田中芳樹というのは北方先生の別のペンネームでしょうか?挿絵も少女漫画チックですが早速読んでみようと思います

582 :無名草子さん:2012/08/23(木) 20:50:52.80
やめろー!そいつに手を出すなー!

583 :無名草子さん:2012/08/23(木) 20:57:36.76
呼延灼も確か登場してきているんだな

584 :無名草子さん:2012/08/23(木) 21:23:08.56
キャバ嬢が北方水滸伝を読んだら小冊子ってどこに向けての販促なんだ

585 :無名草子さん:2012/08/24(金) 01:23:33.77
もう先が短いんだから岳飛なんて書いて与太ってる場合じゃないだろ

586 :無名草子さん:2012/08/24(金) 11:59:47.69
ぼくのかんがえたさいきょうのキャラクター
である楊令殿を書ききったから満足なんじゃないか本人は

587 :無名草子さん:2012/08/24(金) 14:06:41.41
>>585
無いのはオマエだw

588 :無名草子さん:2012/08/24(金) 14:30:25.71
15巻読み終えたが花飛麟もっと死に方考えて書いてやれよって思ってしまった
楊令死ぬからはやく殺さないとって感じがすごい伝わってくる

589 :無名草子さん:2012/08/24(金) 14:34:43.92
楊令伝読本で花飛麟は残念な死なせ方をさせてしまったとは書いてるな

590 :無名草子さん:2012/08/24(金) 17:39:21.69
花飛麟はわりとキャラ立ってた方だったのにあっさり退場だったな
張平なんかに比べればマシだが

つーか楊令伝から本格的に出てきたキャラで死ぬときに一人称視点だった奴が、最終巻の韓伯竜ぐらい思い出せん
他に誰かいたかな

591 :無名草子さん:2012/08/24(金) 21:42:12.95
死ぬ描写ではないが宣賛とか?

592 :無名草子さん:2012/08/25(土) 00:03:19.33
第15巻を読む限りでは、楊令に宛てた書見で、王清は子午山で武術など
は全く行わず笛作りに専念しているように報告されているんだな。
?嬌もとんだ古狸である。

593 :無名草子さん:2012/08/25(土) 00:14:06.68
読者に言われて病死から戦死に変えたのって鮑旭?

594 :無名草子さん:2012/08/25(土) 02:31:19.08
文庫15読了

花飛麟、張平、班光は残念な散り方だったなぁと
子午山組が殆どいなくなったじゃねえか

史進はもうやめたれ…

595 :無名草子さん:2012/08/25(土) 08:52:37.43
史進と呉用は悲しみを背負いすぎてもう派手に死ねるキャラじゃなくなったな
史進は馬超みたいに岳飛伝の最後を締めくくるポジションになりそう


596 :無名草子さん:2012/08/25(土) 13:52:05.91
文庫化待てないから岳飛伝読み始めたが
楊令はいなかったとか言われてて笑った
お前らが楊令殿バカにするから北方拗ねてるじゃねーか

597 :無名草子さん:2012/08/25(土) 14:55:59.19
その程度の作家か

598 :無名草子さん:2012/08/25(土) 20:29:17.58
騎兵大好きな北方先生はもうモンゴル軍が騎馬戦で無双する話でも書けばいいんじゃないですかねぇ
それならどんだけ無双させても史実とズレんだろうし
でも北方先生は弓騎兵の運用かけそうにないなあ

599 :無名草子さん:2012/08/25(土) 20:37:39.17
次は項羽騎馬隊なのだよ

600 :無名草子さん:2012/08/25(土) 21:10:21.31
>>598
きっと弓騎兵の常識を変えるためにどっかの将軍が一匹の大きな獣のような騎馬隊を育てるよ

601 :無名草子さん:2012/08/25(土) 21:26:32.44
>>600
もう弓騎兵が抜刀して突撃する絵しかうかばない
もし北方元朝秘史をやるなら主役は阿骨打の国をを滅ぼすムカリあたりかな

602 :無名草子さん:2012/08/26(日) 18:23:00.54
張朔や宣凱の若さが眩しいなw

603 :無名草子さん:2012/08/27(月) 08:18:23.22
ハードカバーは高すぎる 最初から文庫本で発行せよ

604 :無名草子さん:2012/08/27(月) 09:26:02.95
花飛麟もそうだけど、岳飛軍の面々も、あっさり討たれてゆくのがなんとも寂しかった。
牛坤と姚平なんて、流れ者から歩兵、隊長と成り上がってゆくのが久しぶりにいい感じのキャラだったのに。
カホだって、遼の軍人が流れ流れて江南で戦ってるのに。


605 :無名草子さん:2012/08/27(月) 10:47:04.41
15巻は岳飛伝に移るために、不良債権を急いで始末したって感じだからなぁ
李富は次代に向けてやることやって、後は消えるだけだったが
あれだけ暴れたキャラにしては、ラストが余りにも華がなさすぎたり
宣讃、武松も、もうちょい感慨的な表現で占めるかなと思ってたのが、あっさり感が凄い
武将関連は間を読み飛ばしたかと焦った程だったわ

まぁ、お前が書けって言われても書けないですけどね

606 :無名草子さん:2012/08/27(月) 14:16:43.82
>>603
高すぎるってw
ここで怠けていないでしっかり働け!

607 :無名草子さん:2012/08/27(月) 14:54:57.94
文庫と比べると読みにくい高いでかい
時代遅れの遺物ですわ

608 :無名草子さん:2012/08/27(月) 23:14:01.67
先生は余計なキャラ残して面白くなってきたキャラ殺すよな。

理英、利府、文干渉、個性、完白竜とか今思い出すだけでこんなもんだが他にもいる気がする。

特に文干渉なんか水滸伝から活躍してて色んな意味で盛り上がってきてたのにあっさり退場とか。

609 :無名草子さん:2012/08/27(月) 23:19:16.24
言いたいことはわかるし同意するけど、なんて適当な変換なんだ
しかし聞煥章は扈三娘陵辱の念願を果たして冷徹さを取り戻せたかもしれんのに勿体ないな

610 :無名草子さん:2012/08/27(月) 23:43:20.34
すまん変換適当過ぎて悩んだが面倒だからそのままやってしまった

分かって頂けて嬉しい

611 :無名草子さん:2012/08/28(火) 00:04:02.53
聞煥章は扈三娘を陵辱した時点で殺されないといけなくなったから
しょうがないっちゃしょうがないだろ

612 :無名草子さん:2012/08/28(火) 02:31:47.84
扈成とかね、もう少し見せ場あってもよかったかなあ

613 :無名草子さん:2012/08/28(火) 13:08:27.65
呂英って候真に脾臓打たれて死んだかもで終わりだっけ?

614 :無名草子さん:2012/08/28(火) 20:58:20.41
新キャラを強くするためのかませでした

615 :無名草子さん:2012/08/28(火) 21:09:27.19
>>338
「吹毛剣」で判明したが津波で行方不明のようだね

616 :無名草子さん:2012/08/30(木) 01:47:35.23
王母時代の子午山組で生きてるのは史進だけか
とことん生きて苦しむ役割なんだな

617 :無名草子さん:2012/08/30(木) 04:24:49.68
楊令伝読み終わった
岳飛伝は呉用だけが楽しみになってしまった・・死んだらどうしよう

戦や洪水で人が多く死ぬのは納得できるけど
戴宗・張横や公孫勝・武松が全然関係ないとこで同時期にばたばた死ぬのはちょっとひどい
こういう人たちが味だったと思ってたんだけど、岳飛伝、どうなるんだろ

618 :無名草子さん:2012/08/30(木) 05:05:33.54
秦容が「おばあちゃん」と呼んで甘えていたと思う

619 :無名草子さん:2012/08/30(木) 08:04:04.78
>>617
呉用はすばるの連載ではもうすぐ・・・

620 :無名草子さん:2012/08/30(木) 08:15:43.50
>>617
俺のオリキャラよりくだらん原典キャラに反応し続ける原作厨どもに鉄槌を与えてやる!
的な

621 :無名草子さん:2012/08/30(木) 15:15:14.07
俺も楊令伝読み終わった。
岳飛伝文庫化まで何年待てばいいんだろう

622 :無名草子さん:2012/08/30(木) 17:31:34.47
見事に失恋しちゃったねぇ。

呉用もこのままフェードアウトっぽい。

しかし、梁山泊が戦わないとつまらん

623 :無名草子さん:2012/08/30(木) 17:41:08.45
梁山泊のメンツがひとつに固まって戦うことってもうないだろ?


624 :無名草子さん:2012/08/30(木) 17:44:15.19
花飛麟が金軍なんかに討たれたのだけが納得いかない
あとそれぞれウジュと何回もぶつかってるのに討てないのもどうなのか
林仲だったら槍で突き上げてそうだけどな

625 :無名草子さん:2012/08/30(木) 18:16:29.41
楊令の仇を討ちにいかないのも納得いかない
攻められたら徹底的に潰すとかやってたのに
誰か暴走して仇を撃ちに行くぐらいやって欲しかった

626 :無名草子さん:2012/08/30(木) 18:19:33.36
花飛麟でも死ぬ位、相手が強かったってことでしょ。楊令伝の最後の戦だからむしろ
よかった。少し動きが鈍くなると囲まれてタコなぐりってことでしょう。

627 :無名草子さん:2012/08/30(木) 21:15:30.94
>>619
まだまだ生き延びると思うぞ



628 :無名草子さん:2012/08/30(木) 22:16:16.43
やつらの更新はまだか
まさか楽和が出てくると思わなかったが次は誰だろうか

629 :無名草子さん:2012/08/30(木) 22:33:39.53
軍師として活躍するはずだったのに手が滑って殺されちゃった小伍さんとかどうでしょう

630 :無名草子さん:2012/08/30(木) 22:44:23.54
>>629
今まで泣きそうになったのはそこだけだ

631 :無名草子さん:2012/08/30(木) 23:55:35.39
戴宗は色々言いたい事がありそうだな
絡み酒で

632 :無名草子さん:2012/08/31(金) 00:08:25.65
批判とかじゃないんだけど、岳飛伝ってほんとに話がちゃんと回るのかな・・・

水滸伝→楊令伝って
梁山泊に楊令、参謀に呉用宣贊杜興、指揮官に呼延灼史進張清李俊、工作に公孫勝武松戴宗燕青など大勢
金に阿骨打
宋に童貫趙安李富聞煥章など
が引き継がれてて、まだすごいワクワクしてた

でも楊令伝→岳飛伝は
梁山泊が参謀呉用だけ、指揮官に史進李俊呼延凌秦容、工作に侯真
金にウジュ
宋に岳飛韓世忠秦檜
と、正直スカスカになったうえほとんどの個々がスケールダウンしたような感しかしない・・・
絶対読むけど、なにか面白いことが起きてほしいって祈ってる
・・・呉用死にそうってマジかよorz

633 :無名草子さん:2012/08/31(金) 00:29:54.96
>>627
あれでまだ生きるのか・・・

634 :無名草子さん:2012/08/31(金) 00:40:20.27
>>632
新しい人ほとんど育ってないしな…
王貴、王清、張朔はいるけど

635 :無名草子さん:2012/08/31(金) 02:49:57.08
新キャラなんて後からポンポンでてくるでしょ
さっそく楊令の子どもでてきて参謀は宣賛の子どもで相変わらず二世ばっかだけど
そのうち蕭珪材の子どもとか出てきそうだな
楊一族の子孫あいつだけだろ確か

636 :無名草子さん:2012/08/31(金) 08:16:41.23
>>635
もうすばるでは出てきたぞ

637 :無名草子さん:2012/08/31(金) 10:14:12.76
「吸毛剣」人物辞典から「軍・本隊」のリストだ
さあ、それぞれの名前がどういうやつか、みんなどれだけわかるかな?

花飛麟
呼延凌
李英
秦容
韓伯竜
山士奇
黄鉞
祖永
黄表
ケ広
蒼貴
鐘玄

638 :無名草子さん:2012/08/31(金) 10:14:59.67

曾潤
鳳元
周印
党厳
ショウ丹
岑諒
田忠
孫安
馬霊
カク瑾
張平
耶律越里
蘇端
蘇h
班光
葉敬
鄭応
董進

639 :無名草子さん:2012/08/31(金) 10:21:53.20
蕭珪材は遼のために阿骨打と戦って楊業みたいに戦い玉砕したら良かったんじゃね
そのほうが反乱起こした楊業の系統の楊令との対比ができた

640 :無名草子さん:2012/08/31(金) 11:02:29.34
李英が秦容にむごい訓練させてたけど、あれ結局秦容軍の特訓メニューにされてたのには吹いた。

641 :無名草子さん:2012/08/31(金) 12:05:24.46
>>636
案の定である

642 :無名草子さん:2012/09/01(土) 00:12:29.35
>>637
“吹”毛剣 である。

643 :637:2012/09/01(土) 04:54:17.17
なぜなのだ。>>637は風に問うた。なぜ『すい』ではなく『すう』で変換してしまったのだ。
あと少し時間があれば。書きこむ前に、見直す時さえあれば。
637は呂布の騎兵隊と耶律休カと楊六郎と黒騎兵と青騎兵と遊撃隊と、ついでに陸奥国からの軍勢に揉みに揉まれた。

644 :無名草子さん:2012/09/01(土) 07:44:51.68
>>637は処断するしかない

645 :無名草子さん:2012/09/01(土) 10:12:47.63
王清は梁山泊ではない。良く読め。
いずれ仲間になるかもしれんが。

史実を土台にしているから、実在しない梁山泊が先細るのはやむなし。

しかし、それだけにそれそれの志を鮮やかに現して欲しい(涙

646 :無名草子さん:2012/09/01(土) 12:23:44.48
水滸伝は19巻もあるのに、何周も読んだ。
楊令伝はあんまり読み返す気にならないのはなんでだろ?

647 :無名草子さん:2012/09/01(土) 12:57:01.74
騎馬隊の例えが、いつも一頭の巨大な獣、になるのなんでだろう〜
めんどくさくなると、ただそれだけのことだ、で思考停止するのなんでだろう〜
なんでだろう〜なんでだろう〜
なんでだなんでだろう〜

648 :無名草子さん:2012/09/01(土) 14:07:37.38
>一頭の巨大な獣
よく統率されまとまっていればいるほど、そう見えるからじゃないか?
某北の国のマスゲームとかさ、あれ人間の集合体というよりひとつの画面みたいに見えるだろ、あれと同じで




649 :無名草子さん:2012/09/01(土) 14:34:02.05
文庫読み終わった。
言いたい事全部書いたらありえん長文になるから
すべてを込めて一言、何もかもが水滸伝に数段劣る。人物でも話でも。

そして楊令、鄭天寿の薬草を食べたのはいいよ。
でもさ、袋も食べる必要はないよね。袋ウンコで出てくるよ。一体になってないよ。

650 :無名草子さん:2012/09/01(土) 15:11:08.07
きっと草で編まれた袋なんだよ!
枯れ草状態だからお腹壊すくらいで済むんだよ!

651 :無名草子さん:2012/09/01(土) 15:18:55.06
当時はビニルとかプラスティックとかないからねw

652 :無名草子さん:2012/09/01(土) 15:48:26.06
草の袋ならまあいいけど
普通に布だと思ったけど布なら吸収されんと思うけどな

それと岳飛とショウケイザイの一騎打ちはどうかと思ったよ。
ぶつかった気で頭上を飛ぶ鳥が数羽落ちたみたいなのやったろ。
妖術の類一切消してんのにあんなんできるならその内岳飛とか気で光弾撃ち始めるよ

653 :無名草子さん:2012/09/01(土) 16:06:33.86
布は有機物だから一応消化はされるかと

気で光弾はありそうで怖いww

654 :無名草子さん:2012/09/02(日) 00:07:09.01
いいキャラが本当にポンポン死んで逝くのよね
楊令の死に様はよかったなー、最後まで岳飛に負けることなく最強であり続けた

岳飛と韓世忠があんまり好きになれないから岳飛伝はどうすっかな・・・まあ買うだろうけど

655 :無名草子さん:2012/09/02(日) 00:40:39.70
>>652
岳飛伝では・・・やめておこう


656 :無名草子さん:2012/09/02(日) 03:02:12.72
>>654

ところがギッチョン韓世忠がマシな人間になるんだよなぁ。敗北を噛み締めて生まれ変わった感じかなぁ

個人的には、岳飛と並び梁山泊に欲しいと思わせる人材。

657 :無名草子さん:2012/09/02(日) 05:19:40.39
全巻読み終えると、見たい、と思う部分に限って肩すかしされた気分かなー
蕭珪材はもっと描いてほしかった
あれは梁山泊に合流するか、王進みたいな立ち位置になるんじゃないかなと思ってたのに

開封陥落に際して旧梁山泊メンバーがどういう反応したかも見たかった、李俊だけじゃなくて
戴宗なんか祝杯あげただろ宋江を思いつつ痛飲だそれ見たらこっちも泣いただろう



658 :無名草子さん:2012/09/02(日) 10:10:19.22
>>655
蕭珪材の「男の別れに二度はない。」って言葉を聞けたから、俺は満足。

659 :無名草子さん:2012/09/02(日) 12:22:12.91
韓世忠は例外的に好きだったな。最後のちょっと参戦は良かった。

韓世忠は史実で隠居後に自適な老後送って布団で死んでるから、岳飛伝でも最終生存を果たす気がする。

660 :無名草子さん:2012/09/02(日) 12:38:49.24
韓世忠はちょっと参戦して「お前らの戦おかしいわ」って去ってくのは良かった

661 :無名草子さん:2012/09/02(日) 13:12:24.96
韓世忠

名前が嫌いだわ

662 :無名草子さん:2012/09/02(日) 14:04:42.87
韓は韓非とか戦国七雄でも普通に出てくる姓。
どっかの国が烏滸がましくも名乗っているのはおかしいのだが、アレルギーを起こすのは中国の歴史や文学に関心があるなら損だ。
北方先生、名前には無頓着で弟の方に伯の字を使ったりするがこれは苦情の対象にすべきではない。
忠の字が嫌だという戦中派には言葉も無い。

663 :無名草子さん:2012/09/02(日) 15:04:18.68
韓の字にアレルギー持ってる人は、中国ものに関わるのを止めた方がいいと思う

664 :無名草子さん:2012/09/02(日) 15:06:36.78
わけがわからんかったけど、まさか韓国とかそういうのか
いやさすがにそんなわけないよな

665 :無名草子さん:2012/09/02(日) 15:24:32.01
何一つ韓国と関係すらないのに韓って字だけで嫌いとかネトウヨは頭おかしいな
それなら漢の名将韓信も名前が韓だから駄目、滅んだ韓出身の張良も駄目。
項羽と劉邦読んだら発狂するんじゃねお前

666 :無名草子さん:2012/09/02(日) 16:25:58.60
>>665
頭おかしいのは韓と関係ないのに、大*民国と烏滸がましく名乗っている国だよ
気にしたら損だと言っているだけ

667 :無名草子さん:2012/09/02(日) 16:31:33.42
韓国の国号は古代の三韓に由来するもの
李氏朝鮮時代はそこに倣って大韓帝国を名乗ってたわけだし
だから韓とは別だよ

668 :無名草子さん:2012/09/02(日) 16:35:30.53
高祖の三傑でカンシンいなければよかったのにって言う人リアルで知ってるよ
理由は韓を信じるって書くからだって

669 :無名草子さん:2012/09/02(日) 16:48:05.95
バカン・ベンカン・シンカンだっけ?
「古代の三韓」が中国の戦国時代よりも古い時代みたいなこと言われても困るな
そのての本家はこっちみたいな話は、どこの国でもウヨに固有の主張パターンだ

670 :無名草子さん:2012/09/02(日) 16:51:26.41
いやどっちが古いとか正しいじゃなくて、全くの別物であって中華の韓とは関係ないよって話だろ
そもそも馬鹿みたいなことに反応してんじゃないよ、どういう脳みそしてんだ

671 :無名草子さん:2012/09/02(日) 17:37:39.47
釣れるのは雑魚ばかりか

672 :無名草子さん:2012/09/02(日) 17:46:38.41
一瞬何のスレ間違えたかと思った

673 :無名草子さん:2012/09/02(日) 17:50:44.16
1:名字の韓を持ち出した馬鹿
2:古代三韓を持ち出した馬鹿
どちらもスレチだw

674 :無名草子さん:2012/09/02(日) 17:59:13.75
一人おかしな奴がいるから訳分からんことになってるんだろ。
試しに>>662 >>666 >>669とそれへの応対抜いて読んでみろ

韓世忠の名前嫌い→韓があるだけで嫌いとかないわ→終了
(韓信も嫌いになるのか→リアルでそういう奴いる)

675 :無名草子さん:2012/09/02(日) 19:51:44.36
韓世忠があんまり好きになれんのは凡人の星たる韓伯竜をあっさり殺してまったからやねん
韓伯竜への態度以外は嫌いじゃないんだがな

676 :無名草子さん:2012/09/02(日) 19:54:18.49
もう楊令が悪いってことにしてこの場を収めようぜ
楊令ってほんとダメだな

677 :無名草子さん:2012/09/02(日) 20:21:36.54
楊令「はいはい俺のせい俺のせい」

678 :無名草子さん:2012/09/02(日) 20:41:53.08
やだ楊令殿イケメン///

679 :無名草子さん:2012/09/02(日) 21:08:10.06
さっき楊令伝読み終わったよ
・・・なんだよあの最後・・・
というか14〜15巻の好漢削除祭りにはちょっとついていけなかった・・・

680 :無名草子さん:2012/09/02(日) 21:12:11.13
人員整理なんだろうけど露骨でいかんね
宣賛監禁あたりの急展開は好きだけど

681 :無名草子さん:2012/09/02(日) 21:26:58.92
楊令殿が何の伏線も脈絡もない人物に暗殺される、っていうネタバレを見てたんで
「流石に伏線がないってことはあるまい、見落としたアホに代わって俺様が看破してやろう」
ってな気分で推理小説の如く犯人を当てるつもりで読み始めたわけだが

最終章でメキメキとフラグ立ち始めたのに唖然とした
もちろん予想は外したぜ

682 :無名草子さん:2012/09/02(日) 21:44:21.25
伏線がなかった訳ではないんだけどねえ・・
ただこんなこと覚えていた人は皆無だと思うな。
たぶんその伏線がどこかわかってない人も多いと思うんだが。

683 :無名草子さん:2012/09/02(日) 21:49:03.86
伏線は露骨に二回位あったろw
とうかアイツが暗殺しても違和感ない感じはしたな
いままでの従者となんか描かれ方が違う感じがして感情移入出来なかったし
従来の従者はもっと人懐っこい描かれ方が多かったと思う

684 :無名草子さん:2012/09/02(日) 22:00:03.61
好漢削除祭りについては梁山泊の会で北方が言い訳してたな
梁山泊は架空の国で先細りせねばならないから
どうしても大量に殺さなきゃならなかったって

685 :無名草子さん:2012/09/02(日) 22:22:23.81
楊令伝は全体的に人物の魅力が落ちてるし
それぞれの死に方に印象が薄い。水滸伝時代からの奴らもあっさり死ぬ。
その頂点にいるのが楊令なんだろ。あれだけ大きく描いたんだからもっと劇的な最後を期待するけど
あれだと確かに意表は突いてても「あーなるほど、それは予想してなかった」くらいで終わる。

まあ一騎打ちで誰も勝てないから死に方は限られるけど。

686 :無名草子さん:2012/09/02(日) 22:22:50.21
岳飛伝では岳飛と娘の崔蘭ちゃんとのやりとりが面白いぞ 

687 :無名草子さん:2012/09/02(日) 22:23:55.84
崔蘭ちゃん相手に父親になる岳飛の図はいい
それに崔蘭ちゃんかわいい

688 :無名草子さん:2012/09/02(日) 23:39:03.30
>>683
 んん、、2回か、、
 1回は >>2 だろうが、もう一回はどこだろう??

689 :無名草子さん:2012/09/03(月) 00:41:10.39
>>688
違ったら申し訳ないんだけど、>>2は文庫の加筆じゃないの?
伏線には違いないんだけど

690 :無名草子さん:2012/09/03(月) 01:34:04.10
文庫14の時に挟まってた新刊チラシで
岳飛伝1 楊令が死んだその後云々

みたいなネタバレ喰らって、洪水で楊令が死ぬと推測した俺が恥ずかしい

691 :無名草子さん:2012/09/03(月) 01:35:29.58
楊令殿が洪水でうわーと流されて死ぬのも面白いが

692 :無名草子さん:2012/09/03(月) 03:39:33.50
でも楊令伝て敵キャラはいいよな
特に童貫元帥、李富、方臘の3ボスあたりはいいキャラだったし
童貫VS方臘とかは本筋より面白かった
遼の残党の3将軍VS宋軍とか遼VS金とかうまく書けば面白くなりそうな要素たくさんあったと思うんだ
できれば蕭珪材VS阿骨打のガチの勝負を見たかったが
ぶっちゃけ読んでいて一番つまらんかったのが梁山泊のパートなんだよな
結局楊令伝て水滸伝の要素薄めたほうが面白かったんじゃないか

693 :無名草紙さん:2012/09/03(月) 14:09:27.95
確かに方臘の乱の辺りはおもしろかったなあ

694 :無名草子さん:2012/09/03(月) 16:14:15.29
まぁ梁山泊は良い国だよ。役人とかもおかしなやつはいなかったし。岳飛の領地なんて
馬鹿な役人が岳飛の名を借りてひどいことしてたし、梁山泊までそうなってたら、水滸伝
での世直しが無意味なものになってた。

695 :無名草子さん:2012/09/03(月) 18:37:53.70
花飛麟の最後が楊令視点だったのがなー
楊令伝を代表する二世なのになんで最後他人の視点なんだよと思ったわ
死ぬ間際に扈三娘の事は完全に割り切ってたのかだけは知りたかった

696 :無名草子さん:2012/09/03(月) 19:55:39.05
水滸伝の終盤は梁山泊の要所がどんどん落とされて物語が終わりに近付いていくのがわかったんだよね
楊令伝は南宋との小競り合いを繰り返してるだけで金の裏切りがあってもなんか終盤という気がしなかった
楊令の死についてはウキマイも「戦じゃ殺せない」と言ってたのも作者が出していた伏線かな

697 :無名草子:2012/09/03(月) 20:22:27.98
楊令暗殺の伏線はすぐにわかったけどな。「これ、伏線だろ!」って思ったけど

698 :無名草子さん:2012/09/03(月) 21:18:50.77
楊令ほどの漢が暗殺されるわけねえだろ
あれは自ら命を絶ったんじゃねえか
お前らはいつも読みが浅いんだよ!読みが!アホボケカス

699 :無名草子さん:2012/09/03(月) 21:30:42.54
>ウキマイも「戦じゃ殺せない」と言ってた

これを伏線ととらえるかは意見の分かれるところ、というよりある人物の思い
や推測、願望までいれると途方もなく膨らむと思う。
それより楊令の出生に関しては、永遠に封印されたままになるのだろうか。

700 :無名草子さん:2012/09/03(月) 21:40:23.92
出生もなにも賊徒に襲われて天涯孤独な所を拾われただけだろ
完璧超人なのは天賦だろ、それ以上でも以下でもないと思う

701 :無名草子さん:2012/09/03(月) 22:00:00.69
>>700
拾ってきた村の少年が天才だったってのは編集も違和感があったようで「吹毛剣」でも楊令の出生は突っ込まれてる

702 :無名草子さん:2012/09/03(月) 22:03:13.41
>>699
文庫13張競(だったかな?)による巻末解説で
楊家の末裔かもね的な解釈をやってたかな


703 :無名草子さん:2012/09/03(月) 22:04:46.88
楊志の姿を見て育ち、林冲や秦明に心身を鍛えられ、子午山で少年期を終えた楊令殿だからすごいのはわかる
でもすごいのは武術だけでよかったね

704 :無名草子さん:2012/09/04(火) 01:53:44.84
岳飛も義手になるの?史実では違うんだよね。
魯達とか武松とか、盛栄とか腕や手なくなるやつ多くない?

705 :無名草子さん:2012/09/04(火) 10:28:41.58
楊令が思考停止せずに考え抜いていて周りの人物が思考停止していただけだな。少しずつ
理解していった花飛麟や王貴、反発した戴宗や李援は思考停止してなかった。


706 :無名草子さん:2012/09/04(火) 15:55:01.69
今、楊家将読んでるんだが 王貴ってのが楊業の腹心でいるんだよなぁ 元ネタはここなんだね 千里風 塩の道などなど…

707 :無名草子さん:2012/09/04(火) 15:59:58.39
元ネタもなにも繋がってるからな一応
楊家一族は途絶えたが蕭珪材側で血は繋がってるし

708 :無名草子さん:2012/09/04(火) 16:06:36.23
執筆順としては水滸伝の連載中に楊家将と血涙を書いたんだっけ?

709 :無名草子さん:2012/09/04(火) 16:51:14.08
まあ、あの時代に「帝のいない国」ってのを作ろうとした、という描き方をしたのは大したものだと思う
楊令伝っていう作品の価値も、そこにある

諸子百家の時代に様々な国のパターンが想定されていたのは事実だけど
「楊令を帝とし呉用が宰相となる国」を考えていた戴宗の方があの時代じゃ常識的だろう

710 :無名草子さん:2012/09/04(火) 16:58:40.57
>>704
史実じゃ違うはず。ウジュも片足とか聞いたことない。
宋史金史を直接読んだわけじゃねーけどそんな特徴あればどっかで見るだろうし
説岳とかは知らん。

711 :無名草子さん:2012/09/04(火) 17:54:10.21
>>709
そこは評価すべきだとは思うがそれが作品としてのカタルシスをスポイルすることになった気がする

712 :無名草子さん:2012/09/04(火) 18:23:13.75
>>704
北方先生は義手が大好きだからさ
他の作品でもよく出てくるし

713 :無名草子さん:2012/09/04(火) 18:51:09.09
>>709
純粋に読んでる君にこんなこと言うのもあれだけど
天命思想徳治思想儒教の世界に19世紀から共産主義思想を持った奴がやってきたようなもんなのよな。
宋代に帝のいない国を作るってそれは当時の思想をすべてぶち壊すわけだから。

儒教とか出てこない北方世界だからいまいち凄さが薄いけど
例えれば源頼朝が「平氏を倒したら朝廷も幕府も無くして民選議会を開く!」って言い出したようなもんだからね。

そりゃ楊令殿すごいになる。

714 :無名草子さん:2012/09/04(火) 19:23:50.03
民の無い国は一応出来はしたけど
枠組みだけで中身まではいかなかったな
確固たるシステムが無いから岳飛伝になると空中分解しかけた
やはり時代を先取りしすぎたものか

715 :無名草子さん:2012/09/04(火) 20:05:24.72
そんな中、韓世忠が輝きだした。今では一番好きかも

716 :無名草子さん:2012/09/04(火) 20:29:40.94
>>593 亀レスだが、たぶん鮑旭で間違いない。
>>617 >>632
楊令伝のラストで梁山泊の男達がバタバタ死んでいったのは読者みな不満だろうな。
かくいう私もですが。それについては、作者が『楊令伝読本』他で
「梁山泊は史実になく、やはり衰退はしてゆく。死んでいくのはいたし方なし」という
趣旨のことを言っている。残念だが確かに仕方がないところだ。

担当山田くんは、「岳飛伝は限りなく時代小説へと近づく・・」と言っている
が、岳飛伝も当然史実が土台にある。岳飛が中心で15、6巻も引っ張れるのかは
ほとんどの読者の疑問、というか危惧だろう。
前に言っていたように、岳飛伝の次も書いてもらってもいいかも。
山田さん!北方先生!よろしゅうに!

717 :無名草子さん:2012/09/04(火) 20:31:57.85
ちなみに山田さんのいうところの「時代小説」と「歴史小説」の違いに
ついては・・・長くなり過ぎたので、読本を読んだヒト、説明頼むw

718 :無名草子さん:2012/09/04(火) 20:58:03.80
>>713
それはそれで、見てみたい気もw
>源頼朝が「平氏を倒したら朝廷も幕府も無くして民選議会を開く!」って言い出した

そういえば昔、ロードス島戦記読んだら、最後に悪い国の悪の根源の邪神を倒して終わり
聖なる王国が勝利して悪の島は普通の島になるんだけど
世界史学んだ後だと、ああこのあと聖王国も腐敗やら内紛やらでダメになっていくんだろうなあと思ったもんだった
あの後の時代は、水野良には書けないだろうし、書いても面白くなりそうには思えない

やはりストーリーには、強敵ってのが必要なんだなあとつくづく思うね


719 :無名草子さん:2012/09/04(火) 21:55:38.46
>>717
歴史小説:歴史上実在の人物が主人公
時代小説:架空の人物が主人公

あくまで山田さんの見解ね

720 :無名草子さん:2012/09/04(火) 22:54:18.15
>>719 ありがとう。
そういえば、読本の李俊の項にあった、一人だけ本気で惚れた女てのは
   誰なんでしょうな?心当たりがないのです。

721 :無名草子さん:2012/09/04(火) 22:59:02.84
単行本時点じゃまだわからんかな、すばるだと想い人は判明してるよ
割と唐突だから心当たりないのもやむなし

722 :無名草子さん:2012/09/04(火) 23:11:02.58
重ねてありがとう。すばるは見ないようにしているので、これにてここも
しばらく見ずに楽しみにするといたします。

723 :無名草子さん:2012/09/05(水) 01:23:45.74
巻頭の登場人物のところは、郤妁って載ってないんだね。14,15とか。

724 :無名草子さん:2012/09/05(水) 01:28:36.22
>>723
他にも、その巻に出てない人物は基本的に端折られてるはず
それがまた更に影の薄さを際立t

725 :無名草子さん:2012/09/05(水) 17:41:23.31
文庫の帯についてる内容紹介は誰が考えてんのか知らないがやめて欲しい。
水滸伝みたいにセリフの抜粋と小さく内容紹介の方がずっとよかった。
格好良さが壊滅的。

726 :無名草子さん:2012/09/05(水) 19:56:58.64
それは最近の重版なのかな?
文庫版の水滸伝を一気買いした時に、一巻だけホークス小久保のお勧め帯になってて萎えたの思い出したw

727 :無名草子さん:2012/09/05(水) 20:52:34.47
NHKの特集かなんかで小久保は読書は好きですねかなんか言って水滸伝の話してたな
愛読書らしい

728 :無名草子さん:2012/09/05(水) 21:52:26.12
>>726
どっちのこと言ってんのか分からんけど
水滸伝は3〜4年前に買った。楊令伝は出るたびに買ってったから恐らく同じのと思う。
あの下手な文でキャッチコピー書くより絶対本文中からセリフ抜き出した方がよかったよ。

「父を見ておけ。その眼に、刻みつけておけ」 
―楊志、吹毛剣を構え、ひとり闇の軍に挑む―

水滸伝5巻の帯にはホント燃えた。

729 :無名草子さん:2012/09/05(水) 22:04:34.88
文庫版水滸伝の帯の台詞は全部死亡フラグに見えて毎回うわああぁぁってなってた
死なないことも多かったけどさ

730 :無名草子さん:2012/09/05(水) 23:49:28.86
馬上でじっとたたずんだまま死んでいった男を俺は知っている。
その男は全身白毛、眉毛まで白い・・・
胡土児の体毛が白くなることを望む

731 :無名草子さん:2012/09/06(木) 00:30:07.20
>>728
かっこよかったよなあの帯
あと李応の帯も俺的に好きだったな
まさかあんな空気な存在とは思わなかったが

732 :無名草子さん:2012/09/06(木) 18:26:53.82
全身白髪。ヤリツキュウカだな。
格好良かったな。

ちょっと残念なのが、確かに実在した人物なのだがどんな人物かは判らない、性格などは自分がつくったもの、
と作者が明言したのを読んだこと。

資料も少ないだろうし、判らないのは当然だが、判らないから造ったとはっきり聞くと、少し萎えた(笑)

733 :無名草子さん:2012/09/07(金) 12:44:44.83
例の販促本どこにも置いてない・・・orz

734 :無名草子さん:2012/09/07(金) 13:35:10.84
まあまあ。
カルタゴのハンニバルなんかも、人となりについては何も資料残ってないから、後世の創作者はみんな性格つくってるんだし
歴史上の人物なんか、むしろそういう方が多いもんさ
坂本龍馬にしたって、龍馬がゆく的好青年だったとは限らない
態度の悪いアスペ気味のやつだった、という話もあるわけで
そこは楽しんだもん勝ちでいいだろ
耶律休カは格好よかった、ゆえにあれでいい

735 :無名草子さん:2012/09/07(金) 14:45:39.88
北方版では戦争バカなヤリツキュウカだが実際は穏健派だったらしいと聞いた

736 :無名草子さん:2012/09/07(金) 20:57:18.00
言いたい事は分からんでも無いけど
オリジナル要素で萎えるって言われるとこの作者の場合大半がそうだからな。

737 :無名草子さん:2012/09/07(金) 21:01:33.34
水滸伝の時点で原典の皮かぶったオリジナルだしなw
水滸伝というタイトルじゃなかったら多分俺は読んでない

738 :無名草子さん:2012/09/07(金) 21:16:36.03
水谷豊主演の逃れの街から北方ファンやってるけど未だ意欲衰えぬ先生
俺のほうが先に死にかねん

739 :無名草子さん:2012/09/07(金) 22:15:59.13
北方先生はもうモンゴル帝国でも書いて騎兵に対するあふれる愛を出し切って欲しい
そうでもしないとこのあとも一生騎兵戦書き続けるぞ

740 :無名草子さん:2012/09/07(金) 23:02:35.78
「おまえは、俺の、息子だ」
言えた。やっと、言えた。一度口に出してしまえば、たやすいことだった。
「謙三の、便を」
おまえにやる。それは、もう言えなかった。

741 :無名草子さん:2012/09/08(土) 00:09:19.84
あのスタミナは凄いわな、北方さん。
いまだにクルーザーだかヨットだかで海で遊ぶらしいしw


742 :無名草子さん:2012/09/08(土) 01:01:48.53
740は正直いまひとつだが、それじゃ名前は呼延便・・とか考えたら笑えた

743 :無名草子さん:2012/09/08(土) 05:20:41.43
楊令伝200枚書いた後に書き下ろし500枚……しかも手書きだろ
構想練るのもこみでこの枚数
60越えてそれって人間じゃねえ
やってみればわかるが、1日10枚すら普通の人間にはつらいぞ

744 :無名草子さん:2012/09/08(土) 07:07:13.65
今も居合と示現流の稽古やってるんだってね。

745 :無名草子さん:2012/09/08(土) 18:45:39.66
普通の人間の感覚でうれっこ文筆業の仕事量を語るなよw

746 :無名草子さん:2012/09/08(土) 19:14:48.10
しかし全て原稿手書きというのはものすごい
キーボード叩いてる北方というのも想像できんがw

747 :無名草子さん:2012/09/08(土) 19:38:24.97
腱鞘炎にならないのかね
手の筋肉が書くときの形に特化してたりするんだろうな

748 :無名草子さん:2012/09/08(土) 20:33:38.68
水滸伝は途中まではすごく面白かった。宋江が全国で仲間をスカウトする旅の話が好き。
特に穆弘や李俊を仲間にする話が楽しかった。

楊令伝は図書館で流し読みした。戦いが多かった印象しかない。

749 :無名草子さん:2012/09/08(土) 20:39:31.38
ここはお前のブログじゃねーんだよ

750 :無名草子さん:2012/09/08(土) 20:40:40.02
楊令伝って基本的にお馬さんに乗った楊令殿が突っ込んで終了!だからね

751 :無名草子さん:2012/09/08(土) 20:47:31.24
>>749
感想書くとこじゃないの?失礼しました。

752 :無名草子さん:2012/09/08(土) 20:53:10.70
あのすごい楊令殿が主役の作品を侮辱することなど許されぬ
>>751の首を跳ねよ

753 :無名草子さん:2012/09/08(土) 20:58:26.96
楊令つまらん=北方を否定だからな
どんどん感想書いていいぞ

754 :無名草子さん:2012/09/08(土) 21:19:40.22
宋江の全国行脚は実際面白かったな
細やかな人間描写がされてて楊令伝にはなくなってしまった部分だと思う
まあ宋江殿は張青との一件で評価が芳しくないけど

755 :無名草子さん:2012/09/08(土) 21:33:18.78
水滸伝での仲間どんどん集まってくる高揚感は楊令伝では無かったからなあ
岳飛とその部下で同じようなことをしようとしてたけど失敗していたように思う

756 :無名草子さん:2012/09/08(土) 22:10:44.91
失敗した訳ではなく、水の滸(ほとり)の物語としては
まさに終焉に向かっているので男たちが集う高揚感は無くなってしまうんだよ。
牛コン達なんかは、いい味出してたから、惜しかったけどね。

757 :無名草子さん:2012/09/08(土) 22:55:13.48
王進が宋江より年下ってなんかショックだ

758 :無名草子さん:2012/09/08(土) 23:20:56.85
王進て林冲と歳大して変わらんだろ
そうでもないと王母の謎の生命力の説明がつかん

759 :無名草子さん:2012/09/08(土) 23:26:34.61
>>742
呼延凌は穆盛(呼延盛)の予定だったらしいぞ


760 :無名草子さん:2012/09/08(土) 23:59:17.95
>>758
林冲より6つ年上

水滸1巻の時点で、林冲が若手社員だとしたら課長部長クラスの貫録じゃん
最低ひとまわりくらいは違うと思って読んでた
水滸には歳書いてないんだよね、たしか
吹毛剣で初めて知ったわ

761 :無名草子さん:2012/09/09(日) 00:12:02.67
あまり精を放つやつがいなくなったな、終盤

762 :無名草子さん:2012/09/09(日) 00:21:27.99
まあみんな年取ってくからな
ジジイじゃ出るもんもも出んだろ

763 :無名草子さん:2012/09/09(日) 01:27:41.97
北方出て来いこいやあああああああああ

764 :無名草子さん:2012/09/09(日) 02:11:37.45
そしてへたくそ無理にageるやつ登場かw

>>761 花飛燐がヌカ六もヌカ七も放ってただろう。方蝋もしてたしなw
   もともと下半身が暴れるのは史進くらいしかいないが。
   宋江は暴れる程ではなかったしな。

765 :無名草子さん:2012/09/09(日) 03:37:54.10
おら謙三股開けや
下らねえもん書き散らしとる落とし前はつけてもらうからな

燃ゆ〜る血潮は軍国の〜

766 :無名草子さん:2012/09/09(日) 09:38:31.42
765、ソープへ行け


767 :無名草子さん:2012/09/09(日) 10:31:57.60
したたかに、税を放つ

768 :無名草子さん:2012/09/09(日) 10:34:15.59
>>758
一番最初の逃げるたびで内臓の病で臥せってただろ

史進の家で寝てたときにくちから黒い塊を吐き出して復活したんだよ多分

769 :無名草子さん:2012/09/09(日) 11:33:54.28
成程、流行りのデトックスだな。

770 :無名草子さん:2012/09/09(日) 11:45:44.48
だって脅かしに来るんだもん

ああゆう人達はほんとに来るらしいから怖いよな。
来た人はスーツを着たちゃんとした人だったらしいが、それにしても作家が書いた戦国の世の歴史小説に対してまでもな〜。。

771 :無名草子さん:2012/09/09(日) 14:05:15.74
姚平いつの間にか殺されてるのなんなの?

772 :無名草子さん:2012/09/09(日) 16:22:04.28
>>770

何の話?

773 :無名草子さん:2012/09/09(日) 19:04:52.13
770ではないけど
たぶんだが、以前に北方さんが南北朝の時代を話を描いていた時
らいとうぃんぐの人が(一応スーツを着ていたそうだが)クレームを
言いに来たらしい。
そこで、(お互いに)天皇については解釈の違いですね、というような
話をしたらしい。
「だって脅かしにくるんだもん」は、そのエピソードを話した時の北方
さんのセリフ。
我ながら完璧にフォローしたっぽいw

774 :無名草子さん:2012/09/09(日) 19:33:17.23
酷い自演だ

775 :無名草子さん:2012/09/09(日) 20:07:35.44
宋江の魅力って文章じゃ伝わりにくい類のモンだよな
実際に接してる作中の人物からはマンセーされまくりだったがあんま好きになれんかったわ

特に張青への仕打ちの場面は、張青、孫新とか凡人好きの俺にはなかなかに許し難かった

776 :無名草子さん:2012/09/09(日) 22:45:25.51
楊令伝で一番の盛り上がりは梁山湖から銀を引き揚げたところだよな

777 :無名草子さん:2012/09/09(日) 23:01:37.52
宋江がアレな分晁蓋はテンプレな北方的ヒーローだったから水滸伝の初期は爽快感あったんだが
晁蓋死んでから陰気さが増したよな

778 :無名草子さん:2012/09/10(月) 08:09:04.18
元々宋江は中国の理想的君主だかんね。
中国での理想的皇帝って政治能力とか軍事能力がある奴じゃなく
徳がある奴がなるべきで、その徳を示すのが劉邦の例なのよな。
つまり本人無能だけど何故か人に好かれ人が集まりそいつらを生かす。

それが投影されて宋江があんなんになった。
北方ですら定型パターンの武人ではなく凡庸なままだったことを考えれば
キャラ付けとしては強いもんがある。ていうかああいうのがいたから面白かった。
オリジナルになった途端、軍人しかいなくなった。

779 :無名草子さん:2012/09/10(月) 12:08:12.47
ぶっちゃけ宋江って空気だったじゃん

780 :無名草子さん:2012/09/10(月) 13:35:07.34
さすがに宋江と呉用のない水滸伝は魅力半減どころの話じゃなかったとおもうな

781 :無名草子さん:2012/09/10(月) 13:50:53.27
宋江、盧俊義、呉用の非軍人達が重きを成していたのが水滸伝のいいところだったな
軍人達には黙っていても見せ場があるのだから

782 :無名草子さん:2012/09/10(月) 14:13:42.19
昔から北方小説は「武勇も指揮も知能もそこそこ比例するし、能力高いほど正義」みたいなノリがあって(もちろん例外は多い)
それは読者がたぶん多少なり違和感おぼえながら黙認してた部分だとおもう
楊令がちょっと極端な例だな
劉備や宋江は、そこから免れてたからこそ映える人間だったよ

783 :無名草子さん:2012/09/10(月) 14:41:37.41
楊令伝では馬麟の鉄笛の修繕を
村の鍜治屋に頼んだのが宋江になってる
王進先生なんとか言って下さい!
今頃になって気づいたオレもひどいがな

784 :無名草子さん:2012/09/10(月) 15:27:23.74
主人公じゃないが尊氏もいいな
あと方臘
ああいうのがいてこそって感じがする

785 :無名草子さん:2012/09/10(月) 17:32:42.95
ああ、尊氏も確かに、北方南北朝もので好きになった人物だ
武勇にも知謀にも特に優れているわけではないけど、大きさ、底知れなさがあり、いるだけで軍勢の力が何倍にもなる

786 :無名草子さん:2012/09/10(月) 20:40:05.22
>>774
773を書いたものだけど、自演ではないよw だいたい自演する流れでも内容でもないと思うが。


787 :無名草子さん:2012/09/10(月) 22:38:52.87
すごくどうでもいい

重要な存在だったけど呉用タンの嫌われっぷりは心が痛かった
楊令伝では報われた感があってよかった、相変わらず死なせてもらえない定めのようだけど

788 :無名草子さん:2012/09/10(月) 22:52:47.70
能吏ゆえに嫌われる呉用はあれはあれでよかった
処断するしかないとのたまう呼延灼殿は、まあ、逃亡生活で荒んでたのだと好意的解釈

789 :無名草子さん:2012/09/11(火) 06:36:20.57
>>787
そ〜いわれてもなw そちらのレスの流れのほうはかなり恥ずかしいが黙っていてあげようw
あと、調子にのってすばるの内容書いてはダメだよ。

790 :無名草子さん:2012/09/11(火) 08:38:27.34
すばるは今週の土曜日発売か
初めのページですでに呉用が死んだ後だったら泣く

791 :無名草子さん:2012/09/11(火) 11:32:56.20
今号で呉用が死ななかったら、あのまま完走しそう
遺言が専用の倉庫に山盛り…

792 :無名草子さん:2012/09/11(火) 15:30:01.81
無駄あげを指摘されて、挙げ句にスベッた癖アリ君が傷ついちゃったよ。

立ち読みすばるの内容ひけらかしたいらしい(w

こんな奴には宋江ならばどう接するのか。。

793 :無名草子さん:2012/09/11(火) 17:56:51.16
>>792を処断せよ

794 :無名草子さん:2012/09/11(火) 18:07:42.19
>>792を晒せ

795 :無名草子さん:2012/09/11(火) 18:44:49.84
変な見栄で6時付近にイタレスするのも何とも無様。。

796 :無名草子さん:2012/09/11(火) 18:53:50.65
まあ落ち着こうぜ
なんかよくわかんないけど楊令が悪いよ

797 :無名草子さん:2012/09/11(火) 19:54:22.07
北方的に考えれば武勇なきもの英雄にあらずなんだろうが
北方作品に武力の低い戦上手って誰かいたっけ

798 :蒋敬:2012/09/11(火) 20:12:25.35
>>774 で知ったかぶって自演とか言ってみたが違っていて何十度目かの恥をかいた。
>>787 そして787で自ら名乗りを上げた。これは恥の上塗り。書いている事もいつも通り、幼稚。
   こうなると可哀そうだ。

そして傷ついて歪んだ心で「すばる」の内容を書こうとする。
知りたくない者は多いのに。
それに誰も望んでいないのにageるものこいつだという指摘もあります。

これが概要ですが、宋江殿。俺はとてもこんな奴を救う気は起きません。

799 :無名草子さん:2012/09/11(火) 20:13:47.09
見た者全員伯竜と思ってるからもっと勉強しろ。

800 :無名草子さん:2012/09/11(火) 20:50:32.32
半年糞尿かたづけてろ

801 :無名草子さん:2012/09/11(火) 20:56:35.56
宋江の前に神算子が出てきちゃったよ(wちょいと痛い奴をつっつき過ぎたかな。
呂英


802 :無名草子さん:2012/09/11(火) 21:06:47.63
痛い虚栄心ですばるの内容を書くのは止めてほしい。

803 :無名草子さん:2012/09/11(火) 21:13:46.75
すばるのネタバレは楊令伝連載時から
発売日にはこのスレで話していいことになってたぞ
今更なに言ってんだ

804 :無名草子さん:2012/09/11(火) 21:31:32.65
ネタバレ嫌なら見るな。以上。

805 :無名草子さん:2012/09/11(火) 21:33:56.84
おお!元気になったw

806 :無名草子さん:2012/09/11(火) 23:32:12.80
すばるネタバレ常習者だが・・・

ネタバレとわかるように記号、番号をつけているので見たくない人はとばしてね。
ソファ−に寝転びながら、武田双雲の題字を開き、初めの四行の詩を読んで展開を
予測しながら、読み始める。
目が疲れれば、西のぼるの挿絵に清涼感を求め、一気に読み終えてしまう。
なんともいえぬ至福の瞬間である。


807 :無名草子さん:2012/09/12(水) 10:07:01.97
名前にネタバレって入れれば解決じゃね?

発売されてるすばるの話題しててフラゲしてるわけでもないし
ネタバレ知りたい人もいるかもしれないし

808 :無名草子さん:2012/09/12(水) 15:44:01.66
2ちゃんねるにそこまで求められてもねぇ。これからも、すばるの話をさせてもらうよ。

809 :無名草子さん:2012/09/12(水) 17:16:51.90
喫煙席で「なるべくタバコすわないでください」って言ってるようなもんだよな

810 :無名草子さん:2012/09/12(水) 18:09:29.71
>>806 >>807
この両氏を支持する。

811 :無名草子さん:2012/09/12(水) 18:13:28.78
言ってるの、「すばるの内容」って表現してる痛いやつ一人だろうから
放っといていいよ
構えば構うほど居着きそうだし

812 :無名草子さん:2012/09/12(水) 18:21:02.00
痛いのってなお前の事だよw 次は何が出るのかわからねぇが 呂英

813 :無名草子さん:2012/09/12(水) 20:25:49.57
そういや、王清が紅玉ちゃんにフラれた理由って韓世忠が好きだから?

814 :無名草子さん:2012/09/12(水) 20:26:42.09
そういや、王清が紅玉ちゃんにフラれた理由って韓世忠が好きだから?

815 :無名草子さん:2012/09/12(水) 20:32:18.70
>>806 そうしていただけると助かります。

816 :無名草子さん:2012/09/12(水) 22:28:23.43
記憶だけだとアレなので前のスレを見てみた訳だが。
すばるネタをちょこっと書く人がいて、しかし読んでいる人は少ないため
話をするなんて状態にはなってないな。
そんな中で、ネタを先行してここに書く意味はあるのかな?

817 :無名草子さん:2012/09/12(水) 22:32:09.70
語りたい人はいるんだしいいんじゃね
というか現状、岳飛伝の新刊が出ても
書籍版派が一気に語り出してスレ活性化ということも無いし

818 :無名草子さん:2012/09/12(水) 23:01:54.87
スレが活性化するわけでもないのにネタばらしをしたいと?
それに何か意味があるのかな?

つか>>806氏は妥当な事を言っている。が、それでもネタをばらす理由は不明だが。
目印あっても文字は目に飛び込んできちゃうしな〜。まあでもそこが落とし所かとも思える。


819 :無名草子さん:2012/09/12(水) 23:04:03.81
リロードして驚いたが疑問形が816氏とかぶってるw こりゃ第二の自演疑惑出るかなww

820 :無名草子さん:2012/09/12(水) 23:05:41.20
北方読者なら、殴り合いでケリをつけろ
此処は、幼稚園児の溜まり場じゃねんだよ

821 :806だが:2012/09/12(水) 23:44:40.69
こちらは呼延凌で相手いたそう

822 :無名草子さん:2012/09/13(木) 00:31:30.50
ここ文庫専用スレがあっただろ?
誰が立てたのか知らんが>>1のテンプレもあったろ
それとも今はないのか?
あるんならリンク貼ってそこをネタバレ一切無しの楊令伝水滸伝スレにすればいいだろ。
どうせ岳飛の文庫出るのはずっと先だろうし

823 :無名草子さん:2012/09/13(木) 00:41:15.76
ネタバレするなとか、ギャーギャー女々しい。
ここはmixiやアメーバとは違う2ちゃんねる。誰が何を書こうと自由。一々誰かさんの為に、ルールを設けてそれに従う義理はない。
ネタバレが嫌なら、文庫専用なり立てればいいだろう?何故、もう発売されている内容を書き込んではいけないか理解に苦しむ。
嫌なら見るな。俺は水滸伝連載当初から、自分がすばるを読むまでスレは見てない。そうやって都合をつけている。
これからも、ネタバレが嫌な人の気持ちを斟酌するつもりは毛頭無い。

824 :無名草子さん:2012/09/13(木) 01:10:44.67
北方作品てネタバレされて困るようなものか?
ぶっちゃけ北方作品は最初から結果なんて決まってるようなものなんだから過程を楽しめばいいよ

825 :無名草子さん:2012/09/13(木) 01:35:03.01
とりあえず楊令が悪い

826 :楊令:2012/09/13(木) 02:33:29.98
文庫専用スレ立ててやったぞ。
岳飛伝のネタバレを見たくない文庫読者はここに移れ。

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/books/1347470936/

827 :無名草子さん:2012/09/13(木) 06:26:14.07
>>826
挨拶してきてやったぞw

828 :無名草子さん:2012/09/13(木) 06:52:31.21
夜中にたったひとりで皆の意見気どりかw
ひろゆきが10年以上前に書いた注意書きを思い出す。

キミは一人で文庫の話になっちゃってるから。
現在文庫読んでる人もここを見てるのだから、
それもせっかくだけど自分で処理してね。一人で。


829 :無名草子さん:2012/09/13(木) 07:57:43.85
勝手に文庫の話にされて、スレ立ててやったとか書かれてもな。。
自分で立てたスレは責任もってね。
そこで楊令は楊令殿と必ず書くとかルール決めれば良いかと(w

830 :無名草子さん:2012/09/13(木) 10:34:54.10
もともとすばる連載の話もしてたスレなのにそれに文句付ける方がおかしい
発売日後の連載の話はネタバレでもなんでもない、見たくなければ来なけりゃいい
ここは俺の場所だ、俺はここからは絶対動かんぞ

831 :無名草子さん:2012/09/13(木) 11:18:27.61
あらゆる慣例でも、通常、作品が公式に出た時点が話題の解禁日
岳飛伝においてはすばる発売日

馬鹿でもわかるが、「おれが読むタイミングまでネタバレ嫌」みたいなこといちいち聞いてたら収集つくはずがない
勝手に居心地いい場所を2chじゃないどこかに自分で求めてこい

832 :無名草子さん:2012/09/13(木) 11:49:06.81
>>830
オマエは郭盛かw

833 :呼延凌:2012/09/13(木) 12:25:03.20
肉を切り分けていて遅くなった。
お呼びにて馳せ参じたが、相手は?自ら名乗っている830と戦えと?w

慣例?慣例では時が経つごとに法が考えられ、整理されてゆく。
自ら整理対象と名乗り、墓をつくった気の早いのもいるようだがw

834 :無名草子さん:2012/09/13(木) 12:44:28.57
>>832
うまい、これは

835 :無名草子さん:2012/09/13(木) 13:22:44.23
なんかわからんが基本的にネタバレはあるものと考えて2chは見るべき
そうじゃないと映画とか小説とかで不意に核心を知るハメになるぞ

836 :無名草子さん:2012/09/13(木) 15:25:08.14
武松
「腹が立ってる奴は、いいから黙って俺が作ったメシを食え」

837 :無名草子さん:2012/09/13(木) 16:17:39.83
なにと戦ってんのお前ら

838 :無名草子さん:2012/09/13(木) 18:07:30.40
2ちゃんはどうだって?
なかなかどうして、笑えるんだか間抜けなんだかw

839 :無名草子さん:2012/09/13(木) 19:07:50.65
マンネリ北方に、ネタバレは必要なし
ただ、それだけのことだ

840 :無名草子さん:2012/09/13(木) 19:24:40.70
りししが水滸伝ラストのほうで楊令が抱いた娼婦で
死域に入ったことで口から黒い塊を吐き出して若返って姿
ってのはマジネタ?
やつらでそういう話があったと聞いたんだが

841 :無名草子さん:2012/09/13(木) 20:04:03.65
どこのデマだw
「やつら」のどこにもそんな話は無いぞ
林冲が魯達の腕食って腹壊したぐらいだ

842 :無名草子さん:2012/09/13(木) 20:11:03.08
>>839 ではあなたもネタバレはしないと。それはイイネ!

843 :無名草子さん:2012/09/13(木) 20:42:13.65
ネタバレにいちゃもんつけてるやつ、わかりやすいな
日本語が不自由で、論理も繋がってなくて、具体的な解決をどうしたらいいかまるで考えてない
そして他人にすぐつっかかる
よく丁寧に相手してやってるもんだわお前ら

844 :無名草子さん:2012/09/13(木) 21:06:00.71
ってわけでまた名乗り出てくれちゃってますがw

なんか可哀そうになってきたところで
具体策出てるけど、>>806が概ね妥当と思います。
私個人は、話の盛り上がらない先行ネタばらしはしませんし
ここに書きたい訳もわかりませんが、書きたい人もいるようなので。

845 :無名草子さん:2012/09/13(木) 21:23:35.11
今日だけ許すぞ
今月号のネタバレまだ?

846 :無名草子さん:2012/09/13(木) 21:33:50.25
たぶん
>>770>>773>>786>>789>>792>>795>>798>>801>>802
>>812>>816>>818>>819>>827>>828>>829>>833>>844
これが全部同一人物だろうね…
病気なのかな?

847 :無名草子さん:2012/09/13(木) 21:48:47.49
ああ
ちょっと前から明らかに浮いてるのがいるなとは思ってた

848 :無名草子さん:2012/09/13(木) 22:31:26.11
>>845

9月号のネタバレか?
白勝は認知症になり、時々安道全や林冲を呼んでいる、ってことでOK?

849 :無名草子さん:2012/09/13(木) 23:01:06.67
発売前の早売りネタバレならとにかく、公式発売日後のネタバレがどうのと言われてもな。
本屋行って880円払えばそれで済む話だろう。


850 :無名草子さん:2012/09/13(木) 23:14:21.93
なんだか終わってる奴がいるな。
>>826 惨めすぎるが自分の入る穴があるんだから用意のいいこったw
呂英

851 :無名草子さん:2012/09/13(木) 23:49:28.51
>>846
なんかわたしがまじっている様だがw
要はその指摘してる以外のがボクですってことでいいのかな?

852 :無名草子さん:2012/09/14(金) 00:06:07.80
恥を上塗り過ぎておかしくなっちまったってことだ。
こりゃ夜中に何を謳うのか楽しみだな。墓が盛り上がってたりしてなw 呂英

853 :無名草子さん:2012/09/14(金) 06:47:05.80
846が何故770から指さしはじめたのか?と思ったら・・

自演だと言ってみたものの、違うと言われてしまった。
あまりに恥ずかしくて、どうでもいいと自己顕示してしまった。
↑ここから始まりってわけねw

こうして846が自縄自縛していっても現代に梁山泊も宋江も無し。ああ無情?w

854 :無名草子さん:2012/09/14(金) 06:58:44.76
平日のうちに病院行って来い

855 :無名草子さん:2012/09/14(金) 07:44:31.62
恥の坂道転がるキッカケは、自分の下手な自作自演を他人もやっていると思い込んでしまったことか。

つか、恥い自爆クンは働けよう。前に聞の字に怒られてただろ?

856 :無名草子さん:2012/09/14(金) 08:38:12.49
>>854
ガキなのか認知症が進行してるのかはわからんが、実生活でもひどいんだろうなコイツ

857 :無名草子さん:2012/09/14(金) 09:46:53.44
とりあえずネタバレはどうでもいいらしいな、もうw
いつもの人今回もよろしく

858 :無名草子さん:2012/09/14(金) 10:31:39.61
857よ、お前がガキのニートで認知症なのはわかったから、働け。
北方水滸伝には、生きろ=働け!というメッセージもあると思う。

859 :無名草子さん:2012/09/14(金) 13:44:40.41
で、韓世忠は今後、名将の階段を登るわけ?

860 :無名草子さん:2012/09/14(金) 14:06:11.84
登るだろ、いくらなんでも
この展開だと李俊殺しそうだ

861 :無名草子さん:2012/09/14(金) 14:41:00.10
>>>860
史実の韓世忠を鑑みると、好漢キラー或いは主役級になりそうだと睨んでいるんですよね。
個人的には梁山泊に合流してほしいんですが(笑)

兎も角、可愛い娘に惚れられた韓世忠から目が離せません。

862 :無名草子さん:2012/09/14(金) 16:57:43.48
韓世忠のひねくれ者、拗ね者っぷりはよい
弟を殺したことがこれからどう響くのか楽しみ

863 :無名草子さん:2012/09/14(金) 17:57:55.98
お〜笑えるほど予想通りだにw

864 :無名草子さん:2012/09/14(金) 20:41:48.01
先行して話ばらしてもこんなもんだぞ。
しかもまさしく自演自縛だし。


865 :無名草子さん:2012/09/14(金) 21:04:55.18
>>862

拗ね者なんですが、ちゃんと敗北と向き合い、身を改めた所に好感を抱きました。
ただ、弟も好きなので弔いの一言ぐらい欲しい。

無理かな(笑)

866 :無名草子さん:2012/09/14(金) 22:03:55.71
ちゃんと恥と恥ともひとつ恥と、そして敗北を認められたらニートでも成長できるだろう。

ですよね、山田さん。

867 :無名草子さん:2012/09/14(金) 22:48:04.77
楊令伝終盤の「あれが、韓世忠という男だ」には笑わせてもらったが
なんとなく嫌いにはなれんのよな

868 :無名草子さん:2012/09/14(金) 23:29:41.98
半壊して「お前らの戦おかしいわ」と逃走する韓世忠は愉快な奴

869 :無名草子さん:2012/09/14(金) 23:45:01.51
>>866

山田さんはいいねえ。
とても一口じゃかたれないが、北方ファンなら「吹毛剣」は一読の価値あり



870 :無名草子さん:2012/09/14(金) 23:47:35.03
山田くんはすごい糞をしたようだが、どれほどまでにすごかったのかぼくはとても気になる

871 :無名草子さん:2012/09/14(金) 23:55:48.04
ぴーひょろ〜 ひょろ〜 ぴーぴ〜 ぴ〜〜♪ (張平)

872 :無名草子さん:2012/09/15(土) 00:36:47.80
もう終わりか?意外に仕舞が早いな。
>>846は闇雲に弓をひいたら全部、て前ぇに返ってきちまってさ。
後ろの壁が人の形にに倒れちまって、自分が浮き彫りになったww
そんな馬鹿な奴が踊れば闇の稼業が活きるんだがな。
つまらねぇwあばよ。
呂英




873 :無名草子さん:2012/09/15(土) 01:15:17.74
自分の記憶を消して
花栄の剛弓のシーンを読み返したいわ
最初に貫かれたヤツには悪いが

874 :無名草子さん:2012/09/15(土) 09:28:09.14
花栄の矢、神の速さとなりて敵陣を翔る
15巻の帯は台詞もあおりも最高だったわ

875 :無名草子さん:2012/09/15(土) 10:38:45.97
花飛麟にももっと強弓使った見せ場が欲しかったな
原野戦が主で使う機会がなかったんだろうけど

騎射では蘇h、強弓では岳飛が同レベルってのがなぁ、弓では抜きんでていて欲しかった

876 :無名草子さん:2012/09/15(土) 11:34:06.87
>>872
型抜きみたいになったと。ギャグ漫画みたいにw
見えない銃を撃ちまくる〜? ブルーハーツ風でもあるか。


877 :無名草子さん:2012/09/15(土) 12:11:40.06
いまでもバレバレだからな、お前

878 :無名草子さん:2012/09/15(土) 12:47:17.57
ここまですばるのネタバレほとんどなしなんだけど

879 :無名草子さん:2012/09/15(土) 13:17:03.19
狄成は可愛いな(*´ω`*)
李逵とイメージがかぶるけど、李俊を慕ってるところがいいなー

880 :無名草子さん:2012/09/15(土) 13:26:25.56
>>878
韓世忠の下りはすばるの話だよ

若い娘のハートをキャッチしたりね

881 :無名草子さん:2012/09/15(土) 13:38:31.18
たしか今日が今月号の発売日なんだよ
なにはともあれ呉用だな

882 :無名草子さん:2012/09/15(土) 13:46:01.91
ネタバレkwskたのむ

883 :無名草子さん:2012/09/15(土) 13:59:37.55
恥と恥と恥とそのまた上に恥を重ねるのかw


884 :速報:2012/09/15(土) 14:15:23.76
白勝病死。
鳥里吾戦死。
孟康フラグ。
呉用寝たきり。
韓世忠出番なし。

なんつうか、某番組の無人島生活みたいだった

885 :無名草子さん:2012/09/15(土) 14:17:20.20
メコン川DASH村になりつつあるよなw
あと李俊にもほのかにフラグの気配が

886 :無名草子さん:2012/09/15(土) 14:33:35.85
>>885
言い得てますね(笑)
まさにDASH村。
このDASH村、山田長政みたいに政争に巻き込まれて滅びるか、土着するかどっちだろうか。
まさか、このまま延々とDASH村の四季を描くわけがないだろうし……

887 :無名草子さん:2012/09/15(土) 14:40:03.03
北方史記の蘇武の雪原サバイバルみたいに、開拓サバイバルを開始してた

888 :無名草子さん:2012/09/15(土) 15:02:00.07
オレもネタバレしてみる♪(^ε^)♪


滅亡に向かって走る〜 この列車にはボク一人〜♪

見えない相手に顔真っ赤〜♪(>>877
見えない弓を撃ちまくる〜♪ (>>846
土曜日の昼でも行く場所など無い〜♪

恥ー! はじー! 積もってゆ・く!
恥ー! はじー! どこまーでも〜!

恥ー! はじー! 積もってゆ・く!
恥ー!!はじー!!
ど・こ・ま・で・も〜〜!!・・・♪



889 :無名草子さん:2012/09/15(土) 15:10:12.90
こんなキチガイがなぜ北方スレにいるんだ・・・

890 :無名草子さん:2012/09/15(土) 15:12:03.85
発狂しとる

891 :無名草子さん:2012/09/15(土) 15:20:15.08
呉用生き延びたのか、なんか珍しい処置だな

892 :ネタバレ!:2012/09/15(土) 15:37:36.18
恥が重なるとさらにレスが連打されるのなW

893 :無名草子さん:2012/09/15(土) 15:40:17.62
ここまで全部ぼくの自演

894 :無名草子さん:2012/09/15(土) 15:51:38.01
キチガイが邪魔だ
もう少しネタバレたのむ

895 :無名草子さん:2012/09/15(土) 16:03:40.10
>>894
>>884が全てだけど、呉用は死なずに寝たきり要介護状態。
史進は何気に師匠に似てきた。
そして、孟康は将軍格だったらしい(笑)白勝の死がセリフだけやDASH村メインなのは眉を潜めたが、トウ飛や穆弘も出たので個人的には満足。

896 :無名草子さん:2012/09/15(土) 17:36:29.07
ハシム&バナナ&ヤクザかよ!

北方水滸でもトリオ編成はなかったな(w


自己レス連発で読み飛ばし易いから助かるわ〜!




897 :無名草子さん:2012/09/15(土) 18:54:03.55
つか846どころか、自爆の始まりは
774で『酷い自演だ』とかしたり顔で恥をかいた事なんだな。
そこから恥の雪だるま・・・

この時間は寝てるようだな。

898 :無名草子さん:2012/09/15(土) 20:22:38.73
そもそもネタバレ見たくないならどっか行ったら?
邪魔すぎ

899 :無名草子さん:2012/09/15(土) 20:30:59.12
反応してもらえるのが嬉しくて居ついてるだけだって何で気づかないの?
このレスもそうなんだが

900 :無名草子さん:2012/09/15(土) 20:59:15.71
改めて読んだけど、今回死んだ鳥里吾ってどんな奴でしたっけ

901 :無名草子さん:2012/09/15(土) 21:02:03.64
キナくさい事には首を突っ込まねえことだ
男の誇りってやつを見失うんじゃねえぞ

902 :無名草子さん:2012/09/15(土) 21:19:32.15
>>881
んん・・今日が発売日なのか?
17日だとばかり思っていたが。
もうきょうは楊出ていけないわ


903 :無名草子さん:2012/09/15(土) 21:39:02.00
さて、また雪崩のような事故レスで>>846 クンは一時満足しましたw

ところで、ハシムって846だからハシムなのかと聞いてみたいw

岳飛伝だと無理な当て字が付きそうだが。

904 :無名草子さん:2012/09/15(土) 22:15:49.94
羽死夢

905 :無名草子さん:2012/09/15(土) 23:01:47.41
>>900
俺もまったく思い出せなくて困った
岳飛とウジュが戦争してる合間にDASH村の近況報告されると
お前ら気楽でいいなとつっこみたくてしかたない

906 :無名草子さん:2012/09/15(土) 23:28:03.04
しかし珍しいくらいの真性だよなぁこれ

907 :無名草子さん:2012/09/16(日) 00:17:01.39
>>900
金の副官ってことくらいだな
さしずめ金軍の?瑾ってとこか

908 :無名草子さん:2012/09/16(日) 00:19:44.20
>>905
鳥里吾に限らず、胡土児やらウジュやら、金側は名前を覚えにくいと思うのは僕だけかな。

DASH村に関しては、今後今回みたいになるんだと何となく思いました。
中華パートとDASH村パートが半々みたいな。



で、鳥里吾ってどんなキャラクターだったか知ってる方教えて下さい(笑)

909 :無名草子さん:2012/09/16(日) 00:20:59.91
>>907
ありがとうございました。

全く記憶になかった(-_-;)

910 :無名草子さん:2012/09/16(日) 00:41:15.78
>>846
この流れの中なんだけど、770って俺なんだが。
770以来さっきはじめてここ見たんだけど。

つかこの寝たばらし連発はなんなんだ??

911 :無名草子さん:2012/09/16(日) 01:02:40.90
>>910
すばるの最新号が発売されたからね。
今回は死人も出だし、すばるを読んでる人が集まって話しに花を咲かせてるのさ。

912 :無名草子さん:2012/09/16(日) 01:12:31.99
いや、まったくもってそうは見えないが。。
もともと俺も寝たばらしなんざ、見たくはないので。
しかし「三国志」が売れて「水滸伝」も売れた頃からなんつーかあれになった感ありだ。
とりあえず説明不足のカキコを補完してくれた人には感謝します。


913 :無名草子さん:2012/09/16(日) 01:24:15.50
>>912
ネタバレ見たくなきゃ、スレに来なきゃいいだけじゃーん

914 :無名草子さん:2012/09/16(日) 01:39:15.15
ああこうやってこの展開になったわけか。
で、あんたは846なの?なんで一日中寝たばらしを書くのかな?

915 :無名草子さん:2012/09/16(日) 02:22:48.65
寝てはないだろうからケータイからの自己弁護でも考えてるのか?
なんだかどっちもどっちだけど、一部まともな意見交換があったようで、速報てのが
寝たばらしの印らしいな。でもそれしてるのは一個だけか。

916 :無名草子さん:2012/09/16(日) 07:31:49.26
あ〜あ、真性の>>846がまたやっちゃってるし。

そいつは846で間違いないよ。通称、見えない銃を撃ちまくるハシムw

水滸伝で言えば、地位も金も無い高球みたいな者だね。

蹴鞠でなく、一人会話が趣味。

917 :無名草子さん:2012/09/16(日) 08:04:32.07
彼=ハシムの朝は遅い。夜中に起きてるからw
彼の登場はせいぜい楊令伝の途中くらいじゃね?そして北方大水滸伝には該当はいない。原典にはいそうだけどなww

918 :無名草子さん:2012/09/16(日) 08:31:39.82
>>846のせいできみの羞恥心と屈辱感がひどいのはもうわかったよ
みんなわかったから、もう帰りな

919 :無名草子さん:2012/09/16(日) 08:36:26.14
ハシムは起きたw
そして今日も低スペックのPCに向かう。


920 :無名草子さん:2012/09/16(日) 09:38:47.57
梁山泊に派閥は無いが、入山した経緯から人脈ので分けてみた。

宋江人脈:淋沖、魯知深、花栄、雷横、朱同、泰宋、武松、李キ、公孫勝

魯俊義人脈:呉用、柴進、ゲン三兄弟、燕青、サイ兄弟

魯俊義の側が、やや学も品もある感じ。
宋江側は、野から山からって感じ。

だから?と言われればそれまでだが。

921 :無名草子さん:2012/09/16(日) 09:50:54.89
あおり漢詩にあれだけ書かれてるのに、白日鼠パートがあれだけで終わったのが残念
あの脱獄からここまでを思って感無量になったけど、林冲や安道全とばかりしゃべってる、ってところはもう一度ぐらい具体的にほしかったな



922 :無名草子さん:2012/09/16(日) 09:58:22.56
>>921
それ、ギリだがネタバレだろ。

タイトルにネタバレとか入れて欲しいな。




923 :無名草子さん:2012/09/16(日) 10:20:29.15
またネタバレするなとか、ガキみたいな事は言ってる奴いるのか。

何ですばる派は語っちゃいけんの?

何で?2ちゃんねるだろ?

嫌なら見るなよ

924 :無名草子さん:2012/09/16(日) 10:24:03.78
>>921

ですね。
あれだけ物語を彩ったのに、死が孟康の言葉だけじゃ報われないですよね。
DASH村を書いてる暇があるなら、ちゃんと死に様を書いて欲しかった。

呉用は死なないし

925 :無名草子さん:2012/09/16(日) 10:30:12.70
>>923
それ基地外一人が言ってるだけだから気にするな
ちょっと読み返せばわかる

926 :無名草子さん:2012/09/16(日) 11:06:38.00
昨夜は、ネタバレのことを「寝たばらし(?)」って書けば自演がごまかせると思ってたみたいだなぁ…

927 :無名草子さん:2012/09/16(日) 11:39:42.90
>>926
あ〜あ
お前な、ハシム。
お前いろんな人に迷惑かけて注意されてるんだよ?
皆がお前みたいに一人会話してる訳じゃないんだよ。


928 :無名草子さん:2012/09/16(日) 12:27:47.68
>>923 せっかく韓詩が・・とかそれっぽく書いてたのにな。
どっちかガキだか。話し合いで出たルールくらい守れよ。


929 :無名草子さん:2012/09/16(日) 12:38:00.00
>>928
何がネタバレなのか、発売日後にその号の話題をすることの何か問題なのか言ってみろ

930 :無名草子さん:2012/09/16(日) 13:09:02.45
言ってみろときたか。。
そちらのネタバレ感覚は聞いてない。

ルールを守れと言っているだがね。
話し合いで出たルールを守る気がないなら、出ていくのはそちらだよ。

931 :無名草子さん:2012/09/16(日) 13:18:56.08
ルールを守れと言われてもあくまで提案されただけで
このスレの絶対のルールとして決定したわけじゃないだろ
そもそも自演だなんだと騒いでるのがいるせいで
まともな話し合いになってないし

932 :無名草子さん:2012/09/16(日) 13:21:14.77
いつ話し合いしたの?
同意したつもりはないし、それに従う義理もない。

というか、あなた何様?管理人?代表?

すばる派が文庫派に従わなきゃいけない理由は何?

933 :無名草子さん:2012/09/16(日) 13:24:09.89
というか、ネタバレが嫌という奴なんか無視しようぜ。
ここは2ちゃんねる。すばるは既に発売してるのだから、一々気にする必要はない。

今後も、すばるの話をしていくよ。
文庫派がギャーギャー言っても構わずね

934 :無名草子さん:2012/09/16(日) 13:24:13.98
テンプレにもないものをルールとか言われてもな
そもそもアレ書いた人は発売日前のバレとして書いてたんじゃ…
基地外と文庫本派は専用スレに行けよ

935 :無名草子さん:2012/09/16(日) 13:28:13.06
こいつの頭のなかで自分Aと自分Bと自分Cが話し合って結論したんだろ、たぶん
そもそもなんでこのスレに来てるのかもわからん

936 :無名草子さん:2012/09/16(日) 13:32:00.98
もうこれ以上、キチガイは相手にしないで作品の話をしようぜ。

白勝と鳥里吾の命日なんだし、可哀想じゃないか……

937 :無名草子さん:2012/09/16(日) 13:53:48.85
九尾亀も、死して語られるその偉業……元は山中の百姓だったのを思うと感無量。

938 :無名草子さん:2012/09/16(日) 14:33:09.56
日曜の昼間に連打。呆れるほど予想通りだw

で、他人が出した提案は守りません、か。
数人が意見出してた時、846ことキミもいつも通り常駐だよな。
キミはスルーされてるようだけど、自分に原因があると思わないかな?

ここは一応、公共の場で、ねたばれとやらをしたいのは、目印を付けると明言した806以外、
キミ一人なのよ。
806は目印を付けてくれた。

わたしもねたばれは見たくないし、他の人も明言してるよね?

それでもシラン言うなら、やっぱり出て行って独りで語れば?
もともとそうなんだろ。

939 :無名草子さん:2012/09/16(日) 14:47:11.78
自分の自演が見破られて驚いたのか悔しかったのかは知らないけどさ
現実逃避しないでとりあえず一つ一つに答えたら?
それが話し合いだよ?

940 :無名草子さん:2012/09/16(日) 14:49:35.88
この板もID出るようにしてくれんかなぁ。

941 :無名草子さん:2012/09/16(日) 14:56:09.04
あとな、いつからいるとか誰に言ってるのかわからないが、わたしはキミよりは確実に前から見てるしレスもしてる。


942 :無名草子さん:2012/09/16(日) 14:56:13.77
レス浮き過ぎなんだよね
無駄改行に句点を連続してつけたり、草生やしたりクエスチョンマークつけまくったり

943 :無名草子さん:2012/09/16(日) 15:02:40.21
そもそも本当にネタバレがイヤな人間ならここには来ないか、自身も書店へ行ってすばるの最新号を買って読んでる。
居座り続けて自分ルールを他人に押し付け喚く姿はまるでどこぞの国の人間のようだ

944 :無名草子さん:2012/09/16(日) 15:13:11.30
これは次スレでエセテンプレにネタバレ禁止が入ってるパターンw
絶対そうなるwww

945 :無名草子さん:2012/09/16(日) 15:14:08.97
>>938
すまん。
「速報」って入れたのは俺だ。
あれは文庫派への配慮ではなく、まだ未読のすばる派への配慮だよ。すばる発売直後だったからね

それ以降は印をつけていない

946 :無名草子さん:2012/09/16(日) 15:16:20.24
これで、残ってる108星は、史進、李俊、孟康、曹正、李立、項充そして呉用の7人か……あれ項充ってまだ生きてたっけ

947 :無名草子さん:2012/09/16(日) 15:17:52.64
>>942
ぜんぜん自覚なかったんだろうなあ
仮に俺がこいつのレス抽出してもだいたい合ってると思うわ

948 :無名草子さん:2012/09/16(日) 15:22:15.03
項充というか水軍全体がそうだけど、あまり活躍できなかったね
実際のところ海鰍船が強すぎたわ

949 :無名草子さん:2012/09/16(日) 15:23:00.37
どう考えても生き残りに兵站担当いすぎなんだけど
御大はそれに触れたことある?

950 :無名草子さん:2012/09/16(日) 15:38:58.68
羽死夢って寝ないの?

サンデー毎日ってイイネ!w



951 :無名草子さん:2012/09/16(日) 15:59:33.67
とりあえず>>946は女二人と酒に付き合わされる刑な。

952 :無名草子さん:2012/09/16(日) 16:50:53.21
>>926
つか846はあんたか。ホントに頭が悪いんだな。つか真昼間に
これほとんどあんただろうな。で、俺が誰だって?
しかもこの短時間に。。笑い通り越す。

はっきり言っとくが。俺は915以来はじめてみたよ。
あんたは他人を誰彼指差して自作自演して一体何がしたいんだ?
こっちはあんたのおかげで不快だ。


953 :無名草子さん:2012/09/16(日) 17:05:20.26
ほんとにID出たら面白いだろうな。
ケータイとPCで>>846は二人てか。


954 :無名草子さん:2012/09/16(日) 17:06:14.43
もうスレを汚すな
醜すぎる
岳飛伝の話を発売日に見たくないならさっさと出てけ

955 :無名草子さん:2012/09/16(日) 17:15:40.40
>>846
954、あんたは他の人間も全員自演に見えるわけだ。
それで無関係の俺にも出てけとか言ってるの?

956 :無名草子さん:2012/09/16(日) 17:16:31.74
>>952
「つか」や「。。」でスレ内抽出してみな
後半、演じ分けてたつもりの自分しかいなくて常人なら顔真っ赤になるから

957 :無名草子さん:2012/09/16(日) 17:27:09.86
どうしようもないな。。
>>846
956、あんた云われてるように無職でニートなんだろう。
もう一回聞くが、ずっと自作自演してると他人も同じに見えるんだろ?
846以外でも顔真っ赤とか本当らしい。ならあの墓穴廃棄スレで一人よがれよ。


958 :無名草子さん:2012/09/16(日) 17:29:05.54
これが多重人格ってやつか。

959 :無名草子さん:2012/09/16(日) 17:30:28.29
>>846
ほんとにIDでないかなw



960 :無名草子さん:2012/09/16(日) 17:34:09.63
>>846
956、それ自分に言ってるの?あんた大丈夫か?つか気色悪くなってきた。

961 :無名草子さん:2012/09/16(日) 17:39:42.77
>>956
あーあ発狂させちゃった・・

962 :無名草子さん:2012/09/16(日) 17:41:40.88
そろそろ脳内ハシムが沢山登場するぞ!演じ分けで!!w

さて!次スレはハシムが立ててくれま〜すw

そしてネタバレあり!とか書くに・・


梁山銭1000万!!


963 :無名草子さん:2012/09/16(日) 17:44:56.07
>>846
961、あんたがか?。。なんか惨めだねあんたは。

964 :無名草子さん:2012/09/16(日) 17:57:05.53
ハシムの分裂が進んでスレ終了。
ハシムハウスルールスレ誕生!

乙!乙!がハシムの分裂だけ続くに、

梁山銭50000!w



965 :無名草子さん:2012/09/16(日) 18:14:03.70
>>846 ハシムは反省しろよ。
恥と恥と恥とそのまた恥を乗り越えろ!自爆カタヌキがなんだ!w
原典にもおらんわw
>>846

勝手にルール書いても勝手だけど、お前同様、ルールはスルーすっからw
スレ立ててくれるしあ〜楽チン



966 :無名草子さん:2012/09/16(日) 18:17:09.25
ただの荒らしになったか……

このスレの自身が恥ずかしくてはやく埋めちゃいたいんだろうけど
迷惑すぎ

967 :無名草子さん:2012/09/16(日) 18:22:30.57
>>846
それは、いやそれも自分な。>>966 型抜きハシムクンW あのお墓も始末しろよ、一人でW


968 :無名草子さん:2012/09/16(日) 18:30:32.93
>>846ハシム
『ただの荒らしになったか・・・』

またでちゃったなハシム語録w

魯立でもいればお前を救ってくれるかもね。

969 :無名草子さん:2012/09/16(日) 18:56:33.70
あかん、これが北方先生の読者だと思われてまうで!

970 :無名草子さん:2012/09/16(日) 19:00:03.43
>>969 ハシムちゃん、またまた一人で何言ってるの? でもそれはちょっと問題だ。

971 :無名草子さん:2012/09/16(日) 19:14:31.94
せめて今月号の内容が面白ければキチガイ無視してそっちの話題で盛り上がれたのになぁ。
相変わらず開拓とキャラ薄い奴らがいつもの戦争だしなぁ。

972 :無名草子さん:2012/09/16(日) 19:54:14.52
羽死夢の分際でそれ言われてモナーw


分裂して流せ。始末つけれよ

973 :無名草子さん:2012/09/16(日) 20:09:37.27
羽死夢のその粘っこさはいまは治らない。
他の者は落ち着け。

974 :946:2012/09/16(日) 20:18:01.61
>>951
おお、すまん、大事な用を思い出した軍務に関わるきわめて重要な用事だ

975 :無名草子さん:2012/09/16(日) 20:19:57.61
ああ、他人にキチガイ呼ばわりされてきっちり反応するあたり、自分がキチガイだっていう認識はあるんだなw

976 :無名草子さん:2012/09/16(日) 20:32:02.86
流れがよく解らんがハシムハジナガス か? ならば流せハシム ハシレハシム

977 :無名草子さん:2012/09/16(日) 20:48:41.23
ハシム乙! まだかよ、おせーじゃんw

978 :無名草子さん:2012/09/16(日) 21:19:41.48
つかな(と書くと恥夢が劇反応w)、恥夢は>>674でも
アンカー乱打して他人の意見に頭おかしいとかゆうてる。

これでおいらも恥夢の的?ww
渦中にいなかったのに、何故恥夢をクサしたかって?
恥夢のねちっこい自作自演ネタバレ糞レス何個もみちまったんだよ、恥夢!

つか一番笑ったのは、ハシムの唄と「ハシム乙!」!腹抱えてワロタ!!

979 :無名草子さん:2012/09/16(日) 22:18:44.01
ちょっと何言ってるかわかんないです

980 :無名草子さん:2012/09/16(日) 23:03:28.57
ぴーひょろ〜 ぴーぴーひょろろ〜 ぴ〜ぴ〜ひゃら〜♪
 ぴ〜ぴぴー ぴーひょろろ〜・・・♪
(皆、静まってくれ。俺の笛は一度は皆に届きかけたではないか・・・張平) 

981 :無名草子さん:2012/09/16(日) 23:31:56.41
>>554の解答は後者のようだな。

一日こなければ酷いことになってるな


982 :無名草子さん:2012/09/16(日) 23:44:19.43
金曜から現在までで130余りも書き込みアリ!?
山田ンとかが死んじゃったのかと思った(w
そのハジユメ君(>>846)は、最近の人じゃないの?
なんかハジユメ君って去年くらいに、
「こんな恐ろしいところに来ちまった」とか言いながら、混じってきたんじゃないの?

ま、でもこのペースだと夜中にスレたてしてくれる流れみたいだし、頑張ってね。

983 :無名草子さん:2012/09/16(日) 23:48:01.72
>>981 おおお!!ハジユメ君の>>846!!!流石常駐だな!!スレたて宜しくね!

984 :無名草子さん:2012/09/16(日) 23:57:02.68
>981>>846 ハシム乙!! まだかよ。おせーよお前。

985 :無名草子さん:2012/09/17(月) 00:15:09.59
846 ハシム 恥夢
でいいのかな?
ぱっと見、チムと見えたw

つかつかつかさ、スレ立てよろしくな、恥夢!

986 :無名草子さん:2012/09/17(月) 09:48:43.33
ハシム>>848 恥夢君、遅いね〜。まあ元々スレ立てする事とかできなさそうだけどさw

987 :無名草子さん:2012/09/17(月) 10:44:01.67
笛に導かれてふらふらと。

北方三国志から始まり、水滸伝〜岳飛伝シリーズは、小説雑誌に連載されていて
四か月に一冊、ハードカバーの本が出る。いま楊令伝まで文庫版が出ている。
古い話だが、ここの始祖である三国志スレや水滸伝スレの際から、小説雑誌の
内容を書いてしまうことの是非については、時々だが議論はありました。


何故そんな議論が出たかというと、元々のこのスレの内容は、四か月に一度発売の
ハードカバー本の内容についてであるからです。
連載されている小説雑誌、現在ならすばるの内容は別の適した場所で語られていました。

それはおかしい、少年ジャンプは毎週出ててその漫画の話はいつもしてるだろ!
誰も毎週間隔で書け、ネタバレ禁止とかいわねーだろ!とか意見をお持ちの人も
いるでしょうが、その点は掲載誌とその発売の間隔により性質が異なります。
週刊の少年漫画と比較すると、小説すばるは月刊であります。
そこでここがポイントとなるのですが、週刊ジャンプは毎週発売の雑誌そのものを
何百万の人が読んでいるのですが、残念なことに小説すばるはその10分の一程度か
それ以下であります。では北方水滸伝シリーズの読者は実は少ないのか?といえば
そんな事はなく、周知の通り掲載誌の何倍も売れています。
では果たして皆、何を買って読んでいるのか?
当然ながら、四か月に一度のハードカバー本。それが北方三国志・水滸伝シリーズを
読む人が最も多く買っている商品であり、読者が最も多いのです。
そして、その何十万部の読者の中から、時々集まり感想・意見・批判などを書いている
のが、この場な訳ですね。

それなので、掲載誌である小説すばるの内容でまだ本(ハードカバー)になっていない
部分を書くと、ほとんどの人にはネタバレになってしまう訳です。
実際の話、物語の進行速度と世間の認識速度は、ハードカバー本が基本なのです。

988 :無名草子さん:2012/09/17(月) 10:44:48.42
このスレッドの806氏の様な人は勿論いますし、なかなかの北方本愛好家であると推察
いたします。しかし、元からのスレッド利用者や、検索してあらたにやってくる人々
からすると、なんだこの知ったかぶったネタばらしの板は、となってしまいます。
(決して小説すばる及び806氏の事を非難している訳ではありませんが。小生も実は
購読しております)

同じく初見の人々にとっては、このスレ禁止事項や注意書きがない!となると思います。
これはこのスレッドの問題点であり、失敗です。
次版には簡単な注意書きは必要でしょう。


そこで提案ですが、この際、このハードカバー用と小説すばると、必要ならば文庫版の
スレッドにはっきりと分けてはどうでしょうか?(ただ文庫版を作るとした場合は
>>826を削除した後、新設すべきです)

小説すばるの読者もこの場では一定数はいるようであり、独自のスレッドを建てたい
意向があるようです。格好の好機と思えます。
文庫版の読者については、長い間共存の歴史があり、必要に応じてでよいと思います。


989 :無名草子さん:2012/09/17(月) 10:47:24.02
待ちに待った四月に一度の北方ワールド発売時は、人が集まり盛り上がり、そしてまた
発売の秋(とき)を待つ。その間は、一週間に書き込みがポツポツ・・・などとゆう
事もごく普通の状態。特に不自然もない。これが10年余になろうかという簡単な歴史です。
というかこの板そのものの動きの速度がそうであります。


当時を知るメンバーさんは、修正、そこ違うだろ等あれば言ってください。
常駐でここを見られる人は極々々々一部であり、それぞれ仕事して家庭の面倒を
見ているわけで、数週間とかのうちに話は集まるれば僥倖、でしょうか(笑)

新スレ、ご意見などは明日の夜あたりの楽しみと致します。
これだけ書くのに10分程もかかった。
北方先生はやはり凄いですわ!

990 :無名草子さん:2012/09/17(月) 10:49:52.03
> 小説すばるの読者もこの場では一定数はいるようであり、独自のスレッドを建てたい
> 意向があるようです。格好の好機と思えます。

すばる読者が別スレ建てたいなんて知らんかったわ

991 :無名草子さん:2012/09/17(月) 11:18:41.92
なんで>>826じゃダメなのか説明してみろ

992 :無名草子さん:2012/09/17(月) 11:23:38.47
ハシム乙!! マジ遅いよお前 はやく注意き書いてスレ立てろ

993 :無名草子さん:2012/09/17(月) 11:28:03.99
>>987-989
苦労して長文を投下した方に反論するのは心苦しいですが、少しだけ
スレが荒れだした経緯は確認してしただけましたか?

ズバリ>>773-774のやり取りがすべての発端であり、そこには所謂「ネタバレ」も何も関係ないわけです
別件で発狂された方がより粘着するための武器を探したところ、手ごろに落ちていたのが「ネタバレ」だったワケで
「ネタバレ」でなくとも他の武器を拾っていたであろうことは、2chの歴史を鑑みれば想像に難くないと思います

よって、本件を解決するための手段としては、棲み分けというのは適当でないと思います
より遡ればともかく、ここ最近では長いこと「ネタバレ」はそれとして平和に流れてきたわけですし

994 :無名草子さん:2012/09/17(月) 11:35:27.66
wwWww平和な共存?どこがだ?だからネタバレしたければ別スレ立てろって。
発端云々はどうでもいいの。


995 :無名草子さん:2012/09/17(月) 11:53:41.62
会議のかすめ取りみたいで、大変恐縮ながら・・・立てたよ。


http://toro.2ch.net/test/read.cgi/books/1347850146/

996 :無名草子さん:2012/09/17(月) 11:55:20.23
早く、しろ!

997 :無名草子さん:2012/09/17(月) 12:00:05.86
あんなの建てられたら今までのようにシリーズ全てを総括したスレ建てるしかないわな

あのスレに需要なんてないだろw

998 :無名草子さん:2012/09/17(月) 12:07:21.26
>>846>>997 ハシム乙! 永久にw

999 :無名草子さん:2012/09/17(月) 12:14:49.22
3・2・1・・・

1000 :無名草子さん:2012/09/17(月) 12:15:40.94
ネタバレばいば〜い

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

197 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)