5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

我が子の臓器提供できますか?Part.3

1 :名無しの心子知らず:2009/07/07(火) 23:31:58 ID:bEJqU8X5
前スレ
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/baby/1245906220/

スレが512k容量を超過して書き込み出来なくなったため新規に立てました。



2 :名無しの心子知らず:2009/07/07(火) 23:33:29 ID:bEJqU8X5
既婚女性板関連スレ
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1245628881/

3 :名無しの心子知らず:2009/07/08(水) 08:26:42 ID:CMOwTvCW

我が子が脳死状態になったとします。
あなたはまだ温かい子供から臓器をほかの子供に提供できますか?
今度の法改正で15歳以下の子供の臓器提供が可能になるかもしれません。
この問題は子供をもつ親すべてに関係あります。
あなたのご意見聞かせてください。

我が子の臓器提供できますか?(初代スレ)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/baby/1244219552/


>>1乙です。
上記した、テンプレ本文を抜いたのは、敢えて何かの意図があったのかな?
A案賛成派vsA案反対派の対立などとレスして、趣旨から逸れてゆくような問題が
あった気もするので、載せておきますね。


4 :名無しの心子知らず:2009/07/08(水) 09:17:33 ID:CMOwTvCW
臓器の移植に関する法律 - Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%93%E5%99%A8%E7%A7%BB%E6%A4%8D%E6%B3%95

■A案(2006年3月31日第164国会衆法第14号)
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/youkou/g16401014.htm
提案者は、衆議院議員計6名
>改正内容は、年齢を問わず、脳死を一律に人の死とし、
>本人の書面による意思表示の義務づけをやめて家族の同意で提供できるようにする。

■B案(2006年3月31日第164国会衆法第15号)
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/youkou/g16401015.htm
提案者は、衆議院議員計2名

■C案(2007年12月11日第168国会衆法第18号)
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/youkou/g16801018.htm
提案者は、衆議院議員3名

■D案(2009年5月15日第171国会衆法第30号)
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/youkou/g17101030.htm
提案者は、衆議院議員計7名

5 :名無しの心子知らず:2009/07/08(水) 09:18:13 ID:CMOwTvCW
>ここでは、提出されている4案を紹介したい。2009/05/22
【風・「脳死」を再び考える】(7)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/256997/
より以下抜粋
【A案】
現行法と大きく変わる。A案の根幹は、脳死を一律に「人の死」とする点だ。
4案中A案だけが、本人の生前の拒否がない限り家族の同意で臓器提供が可能になる。小児も例外ではないため、
臓器提供が大幅に増えるとして日本移植学会や移植患者団体などが支持している。
脳死を一律に人の死とすることに反発が多いが、A案は臓器提供や脳死判定への拒否権を認めている。

【B案】
臓器提供に限り脳死を「人の死」とし、提供には本人の意思表示と、家族の同意が必要という点は現行法と同じだ。
唯一の変更点は、意思表示できる年齢を15歳から12歳に下げることだ。今よりも子供の臓器移植に道を広げようとしているが、
乳幼児への提供には対応できない。

【C案】
法的脳死判定をより厳格化する案だ。
脳死の判定基準に、今はない脳血流や脳代謝の有無を加えるほか、
生体移植も2親等に限るなど制限を設ける。脳死下も含め臓器提供は現在より確実に減るとされるが、
現在の脳死判定に抵抗を示す人からは根強い支持がある。

【D案】
B案と同じく、臓器提供を希望するときに限り、脳死を「人の死」と認めるという現行法の考え方を踏襲しているが、
焦点の子供の臓器提供に関しては年齢制限を撤廃する。この一方で、15歳以下の子供の場合、
家族の同意と病院の倫理委員会など第三者の判断を取り入れるという内容だ。
ただ、患者団体などは「親が子供の死を決めることになる」と批判している。

6 :名無しの心子知らず:2009/07/08(水) 09:19:08 ID:CMOwTvCW
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1245903127/186
臓器の移植に関する法律の運用に関する指針(ガイドライン)の制定について
第2 遺族及び家族の範囲に関する事項
1  臓器の摘出の承諾に関して法に規定する「遺族」の範囲については、一般的、類型的に
決まるものではなく、死亡した者の近親者の中から、個々の事案に即し、慣習や家族構成等に
応じて判断すべきものであるが、原則として、配偶者、子、父母、孫、祖父母及び同居の親族の
承諾を得るものとし、喪主又は祭祀主宰者となるべき者において、前記の「遺族」の総意を
取りまとめるものとすることが適当であること。ただし、前記の範囲以外の親族から臓器提供に
対する異論が出された場合には、その状況等を把握し、慎重に判断すること。

2  脳死の判定を行うことの承諾に関して法に規定する「家族」の範囲についても、
上記「遺族」についての考え方に準じた取扱いを行うこと。

http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1245903127/779
第四条
少し調べてみた。家族を定義する法令はある

昭和二十一年大蔵、厚生省令第一号(会社経理応急措置法施行令第八条第三項、第十二条第二項及び第十三条第二号の規定による命令)
第三条第一項第一号の扶養◆家族とは◆、左に掲げる者であつて主として退職する者の収入により生計を維持するものをいふ。
一 配偶者(届出がなくても事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む)
二 満六十歳以上の直系尊属であつて本人と同一戸籍内にある者
三 満十八歳未満の直系尊属及び弟妹であつて本人と同一戸籍内にある者
四 不具廃疾者であつて本人と同一戸籍内にある者

7 :名無しの心子知らず:2009/07/08(水) 09:21:26 ID:CMOwTvCW
「臓器移植法改正案を検証する A〜D案提案者による説明と討論」
http://www.tkfd.or.jp/topics/detail.php?id=142
A案 冨岡勉・衆議院議員
案では、脳死を一律に人の死と認めようということを提案している。
[現行法では、生前に臓器提供の意思表示がある場合のみ、脳死=死と定義している]。
臓器提供年齢については0歳以上とし、年齢による制限をなくそうというのがA案の趣旨である。

B案 石井啓一・衆議院議員
B案では、脳死を人の死と位置づけるA案とは異なり、それを法律上位置付けることは、まだ社会的に合意が得られてないと考えている。
そこで現行法の「自己決定」を最大限に生かし、中学生に達すれば自己決定が十分に可能であるという考えから、
臓器提供可能年齢を12歳に引き下げた。

C案 阿部知子・衆議院議員
C案については、報道で「脳死の定義の厳格化」というところばかりを取り上げられるが、実はそうではない。
死に行く人かもしれなくても、治療を十全に受けることができるというような生存権を最大限保障するためには、
何が必要かというところから立脚している。そこで今回の法改正の主眼目として、C案では目的を改正した

D案 岡本充功・衆議院議員
脳死を人の死と一律にする点についても、D案は提案者の中でいろいろと議論が交わされた。脳死後の医療の問題として、場合によっては
「もう脳死状態だから医療しても仕方がないですよ」というような言い含めが起こり、本人の意思もしくは家族の意思とは異なった
死の定義がなされる可能性もある。このため、脳死の定義は引き続き、「脳死が即、人の死ではない」という立場に立った。
15歳未満の意思確認については、D案ではさまざまな懸念があることから、病院内の医師による判断とした。

8 :名無しの心子知らず:2009/07/08(水) 09:23:25 ID:CMOwTvCW
臓器移植法改正案を検証する A〜D案提案者による説明と討論」(質疑応答)
http://www.tkfd.or.jp/research/sub1.php?id=236
・日本小児科学会のアンケート調査によれば「新生児を含む小児の脳死判断が医学的に可能かどうか」という問いに対して、
 「可能」と答えた小児科医は3割であった。(B案 石井啓一・衆議院議員)
・121例脳死と判定した例を調べた結果、脳死判定後の脳機能回復例として、2症例で脳波の反応再開あり、
 2症例で脳血流の再開あり、2症例で自発呼吸の再開あり(B案 石井啓一・衆議院議員)
・虐待はこの10年急増しており、救急外来で5人の子どもが脳死状態になった場合、そのうちの20%は少なくとも虐待で
 あろうと言われている。頭部外傷を主として、潜在下ではもっとあるのではないか。(C案 阿部知子・衆議院議員)

9 :名無しの心子知らず:2009/07/08(水) 09:25:08 ID:CMOwTvCW
「脳死」小児からの臓器摘出例
http://www6.plala.or.jp/brainx/pediatric_harvest.htm

>脳死宣告後の心臓死の瞬間を待って臓器を摘出しようとしても、人工呼吸器を止めてから心臓停止までに、
>8分間〜50分間かかる。この間の低血圧、低血流状態により移植予定の腎臓が障害される。

>死体内灌流を用いた献腎手術と腎保存、泌尿器外科、7(2))、111−115、1994は、
>「腎提供者において、腎が血流を絶たれた後、摘出されるまでの時間を温虚血時間という」
>腎臓が冷却されるまでの時間よりも摘出所要時間の分だけ長くなる「温虚血時間」で説明。
>「脳死提供者の温虚血時間は5分以内と短いが、
>心臓死提供者の温虚血時間は、遺体の手術室への搬入、消毒、腎臓の摘出手術などに必要な時間が加わり、
>これらの操作には最低でも60分は掛かることから、60分以上と長くなることが多い。
>この長い温虚血時間が心臓死提供者が脳死提供者と異なる点である」としている。

10 :名無しの心子知らず:2009/07/09(木) 01:07:22 ID:2k5j3jqG
552 :名無しの心子知らず:2009/06/29(月) 23:40:53 ID:MEZ7dgiH
他板覗いて見つけたんだけど、今回のA案を提示・支持している政治家が信じられなくなった。
阿部知子さん自身はC案の提案者ですが、そんなのを抜きにして最後まで見てください。
党議拘束かけてないって言ってこんなことしてるんじゃ…。

衆議院議員 阿部知子氏「議会工作をしてまで人の死を望んだ下劣な国会議員達」
/阿部知子の「ニッポン再生」
http://www.choujintairiku.com/abe/abe090626.html




11 :名無しの心子知らず:2009/07/09(木) 23:05:51 ID:yN2Ptx6M
age

12 :名無しの心子知らず:2009/07/10(金) 11:40:55 ID:lUQDfLHj
いよいよ13日に結論か

13 :■■■■【全日本人DNA登録】■■■■世論操作の脅威■■■■:2009/07/10(金) 19:35:25 ID:ts3/ZZqF
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news2/1246611551/l50
■臓器移植の議論は、国籍法の議論と同じく、
■【全日本人DNAデータベース登録】に持ち込むための世論操作と思われる?

●ドナー・カードを持たないのが我侭かのような世論操作は容易。
 http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news2/1161020004/822
 >奈良臓器バンクのHP
 >http://www1.odn.ne.jp/~adt58810/Aa2.html
 >臓器移植○の人は天使、×の人は悪魔の画像見ました
 >小さな画像ですけど、臓器移植推進派の本音が透けて見えるようですね

●子供の臓器移植をどうするかの議論は、つまり、
 騙されやすい子供のうちに、ドナー登録させてしまおうと言う事?
  http://www.23ch.info/test/read.cgi/newsplus/1246372077/l50
 【調査】臓器移植「15歳未満認めるべき」74%…読売新聞

●ドナーは移植適合性が問題なので、簡易的なDNA登録がもう始まっている。
  http://www.marrow.or.jp/apps/tokyo_news/2007/01/_18.html
  九州骨髄バンク...ドナー登録時のHLA検査がすべてDNA化

  ↓
 世論操作うまくいかなければ、なかば脅しのように、
 ドナー・カードを持たない人は高度医療が受けられない方向へ制度改悪という手も?
  ↓
 ドナー・カードを使った、国民DNAデータベース登録が進められる?
  ↓
 いずれ、ドナー・カードと、住基カードの、一体化へ?!

http://tag.rakuten.co.jp/redirect.phtml?cid=8735961&ch=1258804354
英国 犯罪者のDNAデータベース作業。日本でも軽犯罪で●DNA採取される日が来る。
http://beatniks.cocolog-nifty.com/cruising/2005/06/post_33db.html
■警察庁によるDNAデータベース構築に問題はないか?

14 :■■■■【全日本人DNA登録】■■■■世論操作の脅威■■■■:2009/07/10(金) 19:47:54 ID:ts3/ZZqF
▲<時効>や●DNA鑑定の問題も、この世論操作のためワザと今のタイミングで騒ぎに?▲

http://d.hatena.ne.jp/bo2neta/20090312
●DNAに目をつけたある起訴が、時効の壁と戦う有力な手段として注目されています。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・ドウ起訴
>2000年代に入ると、犯罪捜査における●DNA型鑑定の精度が著しく向上し、他人を犯人と
>誤る確率は天文学的な確率となった。こうした状況を踏まえアメリカ合衆国では、
>性犯罪の犯行現場などで採取された体液から採取した【DNAに人格】があると見立てて、
>被疑者不詳のまま起訴する手法が取り入れられるようになった(●DNA起訴とも呼ばれる)。
>これは起訴をすることにより【公訴時効が停止】するため、将来、偶発的に犯人が
>判明した場合、すぐさま逮捕できるメリットがある...
>★ジョン・ドウとは、日本でいうところの名無しの権兵衛という意味

 ↓    ↑    ↓

http://www.jp.finansenaauto.info/link-DNA%E5%9E%8B%E9%91%91%E5%AE%9A
■DNA型鑑定
> 現在の技術ではヒトゲノムの全ての塩基配列を調べるわけではなく、「一卵性
> 双生児以外は全て結果が異なる」という認識は誤りである。
>■赤の他人であってもDNA型は一致する。
>■「天文学的に極めて低い確率(数十兆分の一)ではあるため指紋認識の
>■ような識別手段としての信頼性が置かれている。」というのも誤りで、
>■どの程度の確率で同じDNA型の人が出現するかは良く知られていない。
>■「全ての人間のDNAのパターン・データが登録されれば偶然の一致による
>■誤診は防げる。」というのも誤り。
> DNA型鑑定による個人識別の歴史・現状・課題を短くしたいという目的からか、
> 鑑定の結果「DNAが一致」したといった表現がしばしばみられる。しかし、
> それらはいずれも、DNAのごく一部を分析しパターンの一致・不一致を判定し、
> 確率論的に推定するものである。どういう分析が行われ、何がどう一致したのかを
> 確認しないと評価を誤りかねない。この点、指紋と異なり判断者に高度な専門的
> 知識が必要とされ、その裁判において判断は専門家の解釈に依拠することになる。

15 :■■■■【全日本人DNA登録】■■■■世論操作の脅威■■■■:2009/07/10(金) 19:56:50 ID:ts3/ZZqF
「国籍法」改悪の問題でも便乗して、チーム・セコウが世論操作を狙った?


http://www.m-kiuchi.com/2008/11/16/nipponkaitaihouan/
>45.■■■[DNA鑑定]請願はワナ?!■■■
>2009/05/10 18:45:48
>かなり 新風/原理研/セコウ らによる芝居の模様、狙いがだいたい判明しました。
>
>●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
>1.偽装認知による問題は誇張で叫ばれてる、他の重大問題からのメクラマシ?!
>
>1). 現状でも日本国籍の不正取得は偽装結婚ブローカーなど横行しており、
>  偽装認知でケタ違いに増えるわけではない(どちらにせよ増える一方)。
>  http://www7.atwiki.jp/epolitics/pages/12.html
>
>2). 在日など『簡易帰化』で楽々と日本国籍を取得でき、それこそ「甘過ぎ
>  厳しく」と言われるべきでは。(違憲判決はこれを無視して出された?)
>  http://www7.atwiki.jp/epolitics/pages/188.html
>
>  それを太郎が更に甘く在日向け【取得特例】で犯罪歴等無審査を狙う、
>  ttp://bl og.goo.ne.jp/think_pod/e/213ebae7b1ba943cb597cd012eb4cfd9
>
>  【取得特例】や重国籍の問題から気を逸らそうと「認知」「認知」騒いでる?
>
>●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
>2.【全日本人のDNA情報をデータベース化し、外患売国側が管理悪用への準備】
>
>1). [DNA鑑定の導入]を一般国民から[請願]の形で言わせるまで、シナリオ?
>  http://legal.rightclicksright.org/data/frame_226980.aspx
>
>2). 外国人母の子の認知に【DNA鑑定の義務付け】が盛り込まれれば、
>  外国人母の子だけDNA鑑定させられるのは差別、と騒ぎ出す手はず?

16 :名無しの心子知らず:2009/07/11(土) 13:07:14 ID:uJA03Lhk
提供したくない人は提供を拒否すればよいだけなのにね。
ドナーカードの裏に×がついていたって、それはその人の意思だから、何とも思わない。
逆に、全てに○がついていたって、その人が偉い訳じゃない。
そういう考え方ができない人が、個人の意思を尊重うんぬん言ってるんだとしたら、呆れてしまうが…。
反対派の言ってる拒否したら高度な医療が受けられないのでは?って事と、
医療者は患者個人の意思を尊重すべきって事、矛盾してるのわからないのかな。
提供しないならしないという個人の意見は尊重されるんだからいいじゃないかと思うのだけど。
子が提供したくないと言っているなら親は提供を拒否すれば良い。
親が嫌ならそれも拒否すれば良い。
必ずしも子の意思が明確な訳ではないから、親の同意のみでも可となるだけ。

私の弟は、臓器提供を受けられずに中学生で亡くなった。
10年間も放置された法律…まだ議論議論って言ってる人達は今まで何をしてきたの?と本当に腹が立つ。
今回の改案で、誰かに助けてもらえる命がある事を切に願っています。


17 :名無しの心子知らず:2009/07/11(土) 14:57:17 ID:uVkdwQtQ
 どっちにしろ、
臓器マンセーの時代がやってきたら少子化は進むでしょうね。
そういうつもりで育てているんじゃないもの。

18 :名無しの心子知らず:2009/07/11(土) 20:54:39 ID:DeQGeayq
>>17
脳死を一律に死
と定義してしまうことの
弊害は
はかり知れないよ

19 :名無しの心子知らず:2009/07/11(土) 21:15:56 ID:r7/HOVkN
>>16
あなたの境遇からそういう言葉が出るのは解る気もするが
言い放つ言い方が必ずしも臓器移植の道が開けるわけないと思うよ。
法が整ったとしても一番大事なのは意識の問題だよね。

多くの人がとりあえず進んでみないとわからない、って事で
絶対反対の人は少ないとは思う。
ただ子供の死というデリケートなものなので、移植に対するイメージを
マイナスにしていてはいくら法律が出来てもドナー待ちしてる人の
本意でないのではないのだろうか?

脳死の子も臓器移植が出来れば助かった子も同じ重みの命なだけ難しいよ。
法律改正を望むなら不用意な発言は反感買うだけなのでは?

でないと脳死で死ぬのも運命、移植出来ずに死ぬのも運命、それだけになってしまう。


20 :名無しの心子知らず:2009/07/11(土) 21:18:58 ID:DeQGeayq
肝臓をもらえなかったから肝硬変や肝癌で死んだ
肺をもらえなかったから肺炎や肺ガンで死んだ
破裂臓器を取り替えられなかったから死んだ
心臓をもらえなかったから死んだ
腎臓をもらえなかったから死んだ
なんて
人間の意識が変わってしまって
移植できなかったから

いつの日か思ってしまう時代が
到来してしまうのだろうか

21 :名無しの心子知らず:2009/07/11(土) 21:54:47 ID:EayphI36
>>20
>>16みたいなのを読んでると、「脳死のくせに臓器提供しない…」みたいな
勘違い野郎が出てこない保証は無いと思った。

拒否すれば良いじゃん、ではなく、拒否出来ない環境づくりがせつせつと
作り上げられていくのが「一律脳死」なのにね。

22 :名無しの心子知らず:2009/07/11(土) 23:27:08 ID:Y+fEXkMY
「心臓クレ」→「いやだ。拒否する権利がある(キリッ)」→「(世間の目)人でなしーっ!!人間のクズ。死ね」
                                   ↓
                           「…だってお…(涙目)」

23 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 01:09:03 ID:q5WvkeLp
>>16の「臓器提供を受けられずに中学生で亡くなった」の一文にゾッとした。
受けられなくて当たり前。人様のものですから。
お気の毒ですが、弟さんの寿命だったんでしょう。

「だれかに助けてもらえる命」って、誰かの死を前提としてるって理解してるんですか?
あー怖っ!

人の物は人の物。自分の物は自分の物。
人の物を欲しがったり、無い物ねだりはしないという育ち方をしてきたもので、
臓器クレクレの感覚に根本的に共感できないわ。

24 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 01:45:58 ID:/ok6YNF8
臓器さえあれば助かったのに!って考え方自体が怖いよね
臓器って物じゃなくて人の体の一部なんだよ…
早く誰かが死ねばよかったのに!と言ってるのと一緒

25 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 01:47:53 ID:5k50ivhv

小児脳死判定後の脳死否定例(概要および自然治癒例)
http://www6.plala.or.jp/brainx/recovery3_15.htm
脳死から復活した子ども達=“ラザロ患者” 
http://www6.plala.or.jp/brainx/recovery3_15.htm#脳死から復活した子ども達=“ラザロ患者”
“ラザロ患者”についての考察
http://www6.plala.or.jp/brainx/recovery3_15.htm#“ラザロ患者”についての考察

>しかし、上記の脳死からの復活例にみられるように「脳血流再開を確認したのが脳死判定後数日〜数週間後」
>「痛み刺激への反応が2週間後」「聴性脳幹反応の出現が1週間〜数ヵ月後」「脳波出現が2週間〜数ヵ月後」
>「自発呼吸が約1ヵ月後」そして「数ヶ月間の経過で身体の成長が確認される」という、
>極めて長い観察期間を要することは、脳死判定医の想定外の事態だろう
>(想定もされていないため、脳死ではなく回復しうる患者も、数日程度の観察で脳死判定、
>臓器摘出まで終えてしまう危険性がある)。


>なお人工呼吸器を取り外した時の脳死患者の体動が、
>キリストが死から復活させたというラザロにちなんで、
>“ラザロ徴候”と命名されている。
>しかし、これは自発呼吸をしようとする苦悶の体動とも考えられる


26 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 02:00:11 ID:5k50ivhv
脳死判定された人の意識回復例
ttp://namidame.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1224597455/

27 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 06:25:00 ID:920TKSlu
私自身が脳死状態になった場合は、臓器提供を希望する。ドナーカードも持っていて、全ての臓器に○してある。事故にあった時にすぐわかるよう、運転免許証と一緒に携帯している。
でも、子どもの臓器を提供できるか?と聞かれたら、それは無理。
我が子が脳死状態になった事実さえ受け入れられないだろう。たぶん半狂乱で、まともな社会生活すら送れないと思う。
機械や薬のおかげで、呼吸をし心臓が動いているんだとしても、温もりがある以上、一秒でも長く生きて欲しい。それがどんなに不毛な考えだとしても。

28 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 06:25:56 ID:1ev2vD/h
子供は意志を持って、臓器提供への同意、拒否を前もって出来る訳ではないから、
脳死状態とはいえ、心臓が動き、新陳代謝もしている我が子の命の終わりを決めるのは辛くて当たり前。
かなり叩かれてるけど、例えば>>16の弟さんが亡くなった直後、
「この臓器なら使えるから、臓器提供して下さい!」
て言われたらしたのかな?
自分の身内が提供される側だけの見方は危険だよ。

ちょっと違う話だけど、献体というものがあります。
「私が死んだら学生の役に立ててください」と、解剖実習などに使われる事を申し出て下さる方。
脳も心臓も全ての臓器も停止した完全なる「死」を迎えた方。
生前はご家族も同意して下さってても、亡くなったらやはり断りたいという方も少なくない。
一刻も早く、自宅へ連れて帰りたいと思うのも当然な心理。
病巣の一部を標本にしたいから切り取らせてくれというのも拒否するご遺族も多数。
(これ以上メスを入れられたくないから)

亡くなっていても、体の一部でも愛おしい家族なのだから、臓器提供を拒否するのも仕方ない。
私は家族の臓器提供は申し訳ないが賛成出来ない。
自分の臓器はいいが、家族のは無理だ。
人の命のスイッチを切る勇気はない。

長くなってすみません。

29 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 07:14:06 ID:iYscTVBy
>>27
>>28
私も…自分のはいいけど子供…ていうか家族のってなったら…


臓器再生治療?心臓が蘇った(マウスかカエルだと思う
って番組をみたような。切断した指が元に戻る魔法の粉ってのみた。再生医療がもっと進歩すればいいなって思う

30 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 07:32:29 ID:1ev2vD/h
>>29
再生治療の研究は、人間に適用されるのは難しいかも。
魔法の粉は知らないけど、再生治療の元になるのはクローン技術だった筈だから、
人間の一部すらクローンの研究は世界的に禁止になってるから出来ないんだよ。
人工臓器の研究が進むのが先かも。

ただ、それはそれで問題ありなんだよね。
人工臓器だと機械みたいな物だから、その素材の劣化はどんなものか。
はたまた、劣化が抑えられたら、寿命が延びまくる可能性も出て来る訳で(臓器入れ替えまくれば)。
「人間て何だろう?」の世界になる……攻殻機動隊(SFアニメ)みたいな話だけど。

臓器提供の話から逸れてごめんなさい。
ただ、純粋に命を救う目的より、研究成果第一みたいになってきてて、嫌なんですよ。
子供の臓器移植も、結局はアメリカに負けない!てのが見え見え。
猿真似大国ニッポンですなorz

31 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 08:43:43 ID:bZxRkMjU
>子供の臓器移植も、結局はアメリカに負けない!てのが見え見え。

日本の人口100%中、その考え主が1%位いるとして、その1%が
『脳死は一律に日本人の死』と決めるのだろうか?

赤ちゃん時代から、命を「いただきます」と手を合わせて飲食する事を教えられて、
子孫にも伝える心を持つのが日本人だと思うのに…

草花に水をあげて「お花さんがおいしいってよろこんでる」
と命を考える子供たちが、
まだ心臓が動いて酸素や栄養素を全身に送っている状態が
一律に人間の死で、すでに遺体・死体だと伝える今後は、
日本の子供の、命の大切さに対する観念に
悪影響を及ぼしはしないだろうか。
ドナーの意志ある者のみが脳死で死と決める、なら、
思春期くらいには、命についての多角的視点での勉強になるかもしれないけれど。

32 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 08:54:08 ID:G69zvqGG
まだやってたの?


33 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 08:55:16 ID:iYscTVBy
魔法の粉は世界仰天ニュースでやってました。指を誤って切断してしまい、治癒する前に粉をかけていくと元通りになったと。臓器にも使えるようにと研究中だとか。
クローンとなるとまたいろんな問題がでちゃいますね…

34 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 09:02:26 ID:iYscTVBy
考えれば考えるほど私には答えにたどり着けないテーマだなって。
臓器移植を必要とする家族、脳死状態の身内を持つ家族、運良くどちらにも属さない第三者。もしどちらかの立場になったら。やっぱりどちらの意見も間違いだなんていえない。

35 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 11:22:04 ID:1ev2vD/h
>>31
何故私の発言が引用されてるのか判らないんですが。
内容と関係ないですよね。

36 :16:2009/07/12(日) 12:11:47 ID:vLfaoH0/
>>23
そうじゃないよ。そんな事思ってないよ。
弟は、肉親の生体からではサイズが合わなくて移植断念。
小さいサイズ=子どもからの移植じゃないと無理。でも法の壁で断念
ということでした。

けして、誰かの死を願っていたわけではない。
肉親を亡くした事のある人なら、それが家族にとってどんなに辛いことかが私は分かるから、
けしてそうじゃないです。
でも、一方で「提供者を待つ」という事は、
「誰かの死を待つ」と言うことでもある事は紛れもない事実。
どちらも尊い命で、亡くなれば深い悲しみを含むもの。その重みはけして軽んじてはいないつもりです。
臓器ありきみたいな書き方をしてしまった事、言葉が足りず申し訳ありませんでした。

でも、「それがその人の寿命」
…それは、遺族の気持ちが癒えた、やっとそう思える様になった時、
または自分の中であきらめまたは納得できた時、自ら出す言葉だと。
他人から言われたり、あきらめきれない思いを抱えている人にとっては、とても辛い言葉ですね。



37 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 13:05:54 ID:vLfaoH0/
私は医療者かつ2児の母ですが、苦しんで生きた弟の姿を見ているので、自分の場合でも提供を望んでいます。
あまり考えたくはないですが、自分の子がもし脳死になったら…
子が拒否しないかぎりは臓器はきっと提供するだろうと思います。
私の母が私のドナーカードにサインしてくれたように、私も、同じ思いで同意書にサインするだろうと思います。
一秒でも長く生きていてほしいという思いは私にもあります。親ですから。
そういう思いがあって拒否するのも当然尊重されるべき事だと思います。
その決定に、第3者がとやかく言う事ではないですよね。
死の定義も臨床的・法的なものはありますが、感情的なものも無視してはいけないと思うのです。
だから、提供への拒否権はとても人間的な部分で大事な事だとも思います。
でも、最善を尽くしてもダメなら…
まだ救える命があるなら…自分の子が生きられなかった分、どこかで誰かが生きられるなら…
自分への慰めの感情を挟む事は間違っているのかも知れませんが、
自分だったらそう思い行動することで、自分の無力さからも少しは救われるのかなとも思います。


38 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 13:10:00 ID:vLfaoH0/
あと、医療者側でも移植への意識はかなり低いのも問題だと思っています。
マスコミはあまり報じませんが、みんなが意思表示してたって
数少ない専門機関に運ばなきゃ移植や提供する事が出来ないので、我関せずな医療者はたくさんいます。
患者さんに臓器提供の意思を確認したり説明したりできる医療スタッフは、限られた病院にしかいないのが現状。
いくら個人的な意思決定だって、専門の人に説明してもらわなければ、
一般の方が臓器提供について理解を深めたり簡単に同意したりする事なんてできませんよね。
こういうところの議論なら、もっともっとすすめていって欲しいと願わずにはいられません。


39 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 13:11:58 ID:bZxRkMjU
>>35
レスの引用部分から31の
>その考え主が1%位いるとして、その1%が
『脳死は一律に日本人の死』と決めるのだろうか?
と考えてみただけです。35さんのことを言ってるわけではないです。
不快にさせてしまい、申し訳ありませんでした。

40 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 13:52:04 ID:1ev2vD/h
>>39
いえ、不快感とかではなく、疑問だっただけです。
自分で読み返したらキツい物言いで、こちらこそ申し訳ありませんでした。

国会で通ってしまえば、国民の意見は関係ないですからね。
医師会の圧力かかりまくり。
技術者少ないクセに。

41 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 19:36:38 ID:q5WvkeLp
寿命は寿命。
誰が言うとかではなくて。

誰かの臓器をもらえなければ死んでしまうということは、
自分の臓器の限界が来たわけだから。

それを理解していないから、堂々巡りの変な理屈ばかりになるんじゃないの?

医療関係者にだって、一般の人にだって、どんな人にも必ず訪れるのが寿命。

心臓移植は人の寿命を奪ってまで、自分が生きようとする最悪の行為だと思う。

提供するつもり・・・だなんて、いくらでも言えますよね。
まずは生体間移植も可能な腎臓などを実際に提供してから、
持論を展開するなら少しはリアル感があると思うけど。

クレクレの人たちって、なんかもともとの感覚が変な気がする。

42 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 19:54:19 ID:nBzwImpW
今日の読売新聞に両者間のコメントが載ってたが
移植待ちしてる保護者のコメントを読んでると
やはりどうしてもエゴが目立ってしまう。(自分で言っておられるが)
私は敢えてエゴを押さえて、もう少し広い視野のコメントを望みたい。
切羽詰まってるので仕方ないかもしれないが、
今一番現場に近いところにいるならなお更そう思う。
確かに今まで法律に阻止されてきたかもしれないが、
法律が何十年も改正されなかったのもある意味国民の意識だったのではないか。
法律がもっと早くに改正されていたら、そんなコメントをみるたび
貰えるためなら周囲の感情を無視してるような気がしてならない。
臓器を渡すほうが究極のボランティアに値するのだから
貰うほうもそれ相応の崇高な気持ちでいて欲しい。
それが全然見えてこないうちは移植における懸念は消えないのではと思う。

43 :名無しの心子知らず:2009/07/12(日) 20:25:34 ID:1ev2vD/h
まあ、最悪までは言い過ぎかもだけど……

移植コーディネーターが知り合いにいて、最近日本で移植出来るようになったからか、
感謝の気持ちの持って行き方が変な感じだって言ってた。
「神様ありがとう」「コーディネーターさんありがとう」「先生ありがとう」
以上!わー良かったねー♪免疫抑制剤頑張って飲もうね〜♪
て感じらしい。
提供して下さった方への感謝が薄れてる、と嘆いてた。
一通、遺族にお礼の手紙を書けるが、遺族の気持ちには全然配慮がないと。

人の命の一部を戴いて、あなたの命が繋がったのですよ?
治る、嬉しい!前だったら死んでたのに、すごいラッキー!じゃねぇんだ、て泣いてました。

勿論、恩着せる為に提供の遺志を貫いた訳じゃないけど、タダの無機物じゃないんだよ?
まだ温かくて、心臓も動いてる、その命のスイッチ切った遺族の気持ちはどうなるのかと。
私が移植を受けなければ助からない病気になったら、もう諦めていいな。
子供は……んー悩むね。
自分の腎臓ならあげたいけどな。
人のは……判らない。

44 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 01:00:58 ID:1TvfsdEi
  臓器移植は人類の最大な犯罪である。
  http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1226741307/
   ↑
賛否も正誤も置いといて、
そのスレの>>1はホントに真剣に生命について
考え続けてるな〜・・・と、目を通してみた感想。

45 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 02:21:47 ID:7TpulzQZ
うちはうち。よそはよそ。

46 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 10:37:43 ID:nCxuq+PY
いよいよ今日だね。
A案が通りませんように。

47 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 11:54:12 ID://P1/4Lj
379 :考える名無しさん:2009/06/18(木) 17:04:09 0
そんなことを言っているうちに、臓器移植法の改正案は、「A案」が可決されたようだけど、
「A案」って、家族が同意すれば年齢制限なしに臓器移植を前提に「脳死=人の死」とする、ものですよね?
でも、繰り返しますが、現在の技術では、6歳未満の脳死判定は正確にはできないと言われているはずなのに、
「6歳未満は除く」っていう項目がないのは、影には重症先天性心疾患に対する移植医療がみえているような
気がして、また、脳死判定に関する医学水準が無視されているような気がして、気になるんですが。

48 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 13:05:52 ID:BcRkFJyl
A案可決おめ!
よかった、麻生さん解散なんて言い出したから
時間切れウヤムヤになるかとヒヤヒヤしてた
議論の場があるうちに結論出てよかったわ

49 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 13:24:09 ID:cD+A8BM9
iPS細胞の研究を早く進めて臓器が作れるようになれば
臓器移植なんて必要なくなるのにな

50 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 13:31:02 ID:BcRkFJyl
それは、肝心の脳も作れるようになるから
もういっこハードル高い希ガス
でも「臓器移植なんて野蛮な時代があったんだな」って言われるような未来が
来ればいいと思うわ

51 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 15:52:09 ID:hDpdOr55
>臓器移植A案可決に「やったー」 

はないだろうと思う。人間じゃない。

52 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 18:50:37 ID:SVMIk1NW
 
世も末だなとつくづく思った>A案可決。

でもはっきりしたことがある。

今回のA案に賛成した議員には、この先絶対に票を入れない!

人間性を疑うから。

53 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 19:57:53 ID:aqXI/GP0
どちらが間違いと言えない私ですが一つ不安な事が。悪徳医師が移植患者側からワイロ貰って脳死ではない患者を脳死に陥れてなんてドラマのような出来事おきない?大丈夫?

54 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 20:06:41 ID:SVHCvSqr
河野太郎が優等生ぶって
「一人でも多くの命を救うことが先決・・・うんたらかんたら・・・」と言っていたね。

すんげー矛盾してること言ってるって気づいてないのかな?

55 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 20:12:35 ID:GBP2wetn
もっと書き込み多いかと思ったけど、意外と少ないんだね。

56 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 20:21:28 ID:vJdpg4js
>>53
んと、移植先は専門機関が審査して色々な型(血液型とか年齢とか)から決めて、
移植コーディネーターの仕事になるから、医者が自分の担当患者を殺しても、
賄賂贈った患者に臓器移植されるか判らないから、無駄な殺人にしかならない。
移植コーディネーターの一存でもないし、専門機関の誰か1人の一存でもないし、
お金払えばなんとかなるって話にはならない。

移植された患者には臓器提供して下さった方のデータは一切知らされない。
唯一、一通だけ遺族にお礼のお手紙を移植コーディネーターに託せるのみ。
両者が一切繋がらないように配慮される(臓器提供者側にもね。金よこせ!とかならないように)。

あと、脳死になる方って事故で頭部強打とか、事故で心肺停止とかになって酸欠で脳死とか、
アクシデント系が多いから、担当医になるかも医者は自分で判らない場合が多い。
病気持ちで薬を常用してた場合、献血同様に臓器提供出来ないから。
(移植先にその薬の成分が回ると問題あったりするから)

なので、例えば血液型一緒だし、DNAも似てるから、と子供の為に親が首吊り試みて、
うまく臓器提供出来ることになって遺書書いてあっても子供に移植されない確率高い。
だから、腎臓以外は親族間での移植はされず、子供の為に自殺とかも殆どいない。
(治療費に、と自分の保険金の為に自殺する人はたまにいるらしい)

57 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 20:59:20 ID:jtE68sQY
>>44
そのスレの>>1

思い込みだけで語ってる馬鹿としか思えませんが・・・・・

58 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 21:25:42 ID:nCxuq+PY
これから脳死と判定されると死体扱いになる訳ね。
人の死生観を法律で押し付けるって宗教弾圧に近いね。
思想の自由はない、みたいな。
さてと、ドナーカードに「提供しません」と明記しないと。
もちろん、我が子の分もね。

59 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 22:18:24 ID:BcRkFJyl
なんか、
A案可決とともに、急に世の中に脳死患者があふれるような錯覚に陥るなw

そうゆうことじゃないのよ
今まで提供出来なかった人も提供しやすくなっただけの話
普通の人を脳死にされるかも!?なんて、普通に考えてあり得ないのに

60 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 22:46:42 ID:vJdpg4js
そして何より「拒否権」があるのにね。
本人にもご家族にも。

天涯孤独で移植OKでも、ドナーカード不携帯だったら移植されないし。
治療費の問題で生命維持装置とかどーなるかは判らないけど、天涯孤独だと。

61 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 23:01:54 ID:aqXI/GP0
>>56
詳しくありがとです。


現段階では意思表示がないとかドナーカード不携帯ならダメとかあっても将来的にどう変わるかわからないですよね?拒否してる家族を何としてでも説得にかかるとか…

62 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 23:05:06 ID:GVPBjghC
A案に投票した議員は、もちろんドナーカードに
提供の意思表示はしてるんだろうね? 全員公表してほしいわ。

63 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 23:14:09 ID:R+3IoFFm
ポーズとしてカードには提供に○しても、
そうなった時に家族に止めてもらうようにするだけじゃない。
自分の身内がそうなっても、絶対脳死判定自体反対するだけだろうし。

64 :名無しの心子知らず:2009/07/13(月) 23:44:29 ID:SVHCvSqr
>>59-60
そうだね。
このスレタイに沿って話をするならば私はキッパリ「できません」なので
そういう人は拒否すればいいだけのことだもんね。



65 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 00:07:05 ID:c5cRAh/A
>>61
当分はそうはならないと思う。
移植手術の技術を持った医者が少ないから。
臓器移植は全部切り取って、別の物を繋ぐ訳で、血管一本一本、神経も一本一本繋がなきゃならない。
それが出来る医者が少ない。
だから、「当分」はならない。

ただ、もっと先になってアメリカで先端技術を学んでキャリア積んだ医者が増えたら判らない。
「うちでは移植手術出来ます、高度医療受けられます」て宣伝になってしまう。
で、移植手術の実例件数が上がれば上がるほど宣伝になるし儲かる。
(移植は高いんだよ、アメリカでも。保険利かないのかも?)
そしたら病院的には臓器提供が増えた方がいい。
今回はウチに回って来なかったが、次回は来るかも、と経営者は考えるかもしれない。
そしたら、脳死状態の人いたら「尊い犠牲」「他の方の体の一部として生き続けます」とか説得しかねない。
説得ならまだしも「これ以上の治療はお金かかるだけですよ」とか軽い脅しをかけるかもしれない。
だから、その辺りまで「本人、家族の意志」をしっかり守ってくれる法律整備して欲しい。

実際、軽い脅しをかける病院ってあるからね。
もう亡くなった方の病状が珍しいものだと細胞とか臓器を標本にしたい研究者な医者もいて、
ご遺族がこれ以上体に傷を付けたくないと拒否したら、
「それを摘出させてくれなきゃ死亡診断書を書きませんし、ご遺体も渡しませんが」
的なことをご遺族に言う。
落ち込んでる上に脅されたご遺族は警察やら弁護士とかとっさに浮かばないからね。
(私なら24したる!)

善意で「命を救う!」と骨身を削って、過労死するくらい熱血なお医者さんもいるから、
医療不信にはならないで欲しいけど、実際にあったことですorz

66 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 00:30:55 ID:qojGfdqe
私と家族は大丈夫だから問題ない
私と家族以外も大いに心配
等の視点の違いは上々にも下々にもあるのだろうな。
脳死判定の医療水準にたいする不安
誤診に対する不安とくに乳幼児
>>9に似てるけど脳死から心臓摘出まで数分勝負のレスコピペを前スレで見た。
レシピエント側、ドナー側、それぞれの手術室も器具もスタッフも準備万全状態で環境を整えたあとに
脳死判定を待つんだよね?新鮮さが必要な臓器は。
本来は多分喜ぶべき脳死ではない判定で、溜息ついたり焦ったりいらついたり、そのまま再判定を心待ちにしたり
そんな状況を考えるだけで辛くなる
実は違うのに無理やり脳死判定をして取り出したという
実話がいくつもあるよね
表に出ないだけで泣き寝入りしている人も過去にいるのではないか。
そんな過去の出来事の書き込み例も読んだ。

67 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 08:02:39 ID:uWzYEqsU
>表にでないだけで泣き寝入り

脳死に限らずそれは沢山あるんだろうね。医療ミス医療事故、そうかもって思っても追求するとなれば弁護士やとって時間もお金もかかる。精神的にも体力的にも更なる苦痛。基本的な医療問題が解決されないままこの法案が先に突き進むのはいかがなもんか

68 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 09:11:27 ID:JfWqUp+V
>>61
そんなことしたら、訴えられるんじゃない
民意がそんな方向に行くとは思えないよ


69 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 12:51:11 ID:dDLqbKhS
A案がすんなり可決するとは正直意外だった。
私は自分が脳死になったら臓器提供をしても良いと思っているけど、家族は反対している。
私も自分の家族が脳死状態になったら、例え本人が同意していても、
提供に同意出来ないような気がする。
A案になっても「家族の同意」ってかなりハードルが高いから、
思ったほどドナーは増えないんじゃないかと思う。

70 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 13:27:45 ID:cnlYaYuO
家族の反対は、根強いだろうね。
自分も12年前にママ(笑)とケンカしたもの。
臓器提供カードに家族の署名欄(今でもあるの?)があって、
そこにサインしてくれと実母に頼んだら、思いっきり怒り狂われた。

結局、
「万一自分が脳死になったときにあなたがまだ生きてたら、
その時勝手に移植を拒絶でもなんでもしてくれ。
でも、生きてる私の意志が『提供』なんだから、
その私の意志を確認したという意味でサイン書いてくれ」
って所に落とした。

もっとも、今は自分の家族はちゃんとあるから
結婚したとき夫とサイン交わしあったけど、
実の親にサイン拒まれたって話はよく聞く。
ましてや、15歳未満じゃねえ。提供しない親がほとんどだろうね。
それでも、一部の提供の意志のある親の意向を尊重する法案が通って、
本当によかったと思うわ。

71 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 16:56:20 ID:WaWzrnOR
「脳死は人の死なんだよ!アンタの子供はもう死んでいるんだよ!
さっさと臓器提供しろや、ゴラァ!それで、一人の子供が助かるってのに
見殺しにするのか?この人でなしーーーー!」


という、モンペがでるなww


72 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 17:00:28 ID:cnlYaYuO
>>71
親か子か、配偶者にそうせまるって意味か?
んなバカいるかいな

73 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 17:10:20 ID:9+tWSm8X
>>72
いや、出てくるでしょ、そういうのも。
ゴルァ!!まではしなくても、いろいろ言ってくる人は増えると思うよ。
当事者じゃなくても世の中には偽善者も多いしね。

そういう人間達から脳死の家族を持った人達を守る制度も必要になってくるかも。

74 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 20:56:49 ID:bRGq+IgU
>>73
「断る」と言う権利があって、それを行使するには意思の力が必要。

断るのも「自己責任」だっつーことに対する逃げだね。
いつまでも「守ってもらえる」は甘いんじゃねーの?
保険適用も見直されるだろうし。
重症患者抱える家族の立場としては、脳死患者家族だけ守る意味がわからない。

75 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 21:10:26 ID:bRGq+IgU
子供脳死患者が「日本特有の生死観」だけで守られてきたわけではない。
単に法整備が遅れていて放置されていただけ。

これからは「脳死判定拒否して生きてる事にする」ことにも「責任」がある、
ということなんじゃないのかと思う。

拒否する姿勢と費用の自己負担と。

76 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 21:22:14 ID:S23S0Sk/
私は…自分の子の臓器はあげられない。
自分のはいいけど。

だから娘が臓器を必要になっても、臓器くださいなんて言えない。

ただ、これから脳死と判定される方達の家族が苦しむような事が、
今回の法案可決によって起こらないように祈るしか出来ないけど。



77 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 21:26:05 ID:bRGq+IgU
>>76
>だから娘が臓器を必要になっても、臓器くださいなんて言えない。

あえて言うけど「うそ臭いです」

78 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 21:28:47 ID:/3Ti0BG8
mi糞の移植コミュでA案賛成派が反対派の意見を負け犬の遠吠えwって言ってるのがムカつく
結局貰う側は代理母と一緒で自分だけ可哀想なんだよ

79 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 21:34:34 ID:bRGq+IgU
>>78
>反対派の意見を負け犬の遠吠えw

しょうがないと思うよ。
議決前に反対意見を世論に問うことをしなかったんだし。
国会で決まってから「反対」と騒いでるだけ。

本当に危惧していたんなら、法案として提出される前に世の中に問うて
反対意見が多いと世論作るべきだった。

12年間放置することで済ませてきたツケが回ってきただけ。
あまり同情できない。

80 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 21:38:41 ID:bRGq+IgU
議決前に世論を喚起しようとしても

「移植が必要な子供」と
「脳死延命している子供」

では、将来的にどちらを生かすべきか?という残酷な議論が起きていただろう。
「日本人の生死観」とは関係ないレベルで。

そこへ踏み込まない限り、負け犬の遠吠えと言う指摘は避けられないかもな。

81 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 21:42:52 ID:bRGq+IgU
今日のTVでも

「心臓疾患で1歳で死んでしまった子の生きている時の映像」と
「子供の長期脳死患者の延命状態の映像」が流された。

親が苦しんでいる度合いは同じだと思う。優劣は無い。

しかし、「提供の意思あり」の親がいたとしたら救われる命もあるかもしれない。
今回のA案は、その可能性を作っただけだ。

政治的に反対意見しか言わない連中には理解できないだろうが。

82 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 21:43:32 ID:zhRhzDtF
移植が必要な子供がほんのわずかで、
2歳の子供の腎臓が60代に提供されてる事実を知っても意見は変わらないのかな?>ミクシ

83 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 21:47:22 ID:bRGq+IgU
>>82
腎臓なら心停止後の移植だろうから関係ないな。

84 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 21:54:39 ID:zhRhzDtF
表向きはね>心停止後
実際には脳死っぽい子供の家族に提供の同意が得られたら家族に副作用を説明しないで
心臓が動いているうちに腹部にカテーテルを突き刺し全身ヘパリン化して
とどめを刺して摘出してる。

臓器移植は、脳死でも心停止後でも情報隠ぺいしまくりの黒い医療だよ。
テレビに出てくる子供は広告塔。

85 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 21:58:40 ID:bRGq+IgU
>>84
>実際には脳死っぽい子供の家族に提供の同意が得られたら家族に副作用を説明しないで
>心臓が動いているうちに腹部にカテーテルを突き刺し全身ヘパリン化して
>とどめを刺して摘出してる

ソースは?
漏れなくそうやってるんだな?殺人で起訴できるレベルの行為なんだが。

嘘付くのもいい加減にしないとな。

86 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 22:00:00 ID:c5cRAh/A
反対反対騒いでても、自分の子が移植必要になったら提供するように勧めるんだろうなぁ。
絶対反対と言うのなら、自分の子の臓器提供をしっかり断り続け、且つ、臓器移植は一切受けない姿勢を貫け、と。

可決前にも書いたが、私は自分の家族の命のスイッチは切れない。
心臓が動いてて、温かかったら、絶対に無理。
医療技術が進歩して、脳死状態を目覚めさせる技術が出来るかも!とか考えてしまうと思う。
医療かじったから無理なのは「医学的」には理解出来るが、心情はついていけない。
でも、家族が移植が必要になったら全財産はたいてでも受けさせようとするだろう。
(高額な治療費の意味ね)
私はエゴの塊だから、賛成!とも、反対!とも言える立場ではない。

私自身の臓器提供はOKだが、私の家族も私同様「拒否権」を公使するだろうな(苦笑)。
献血はしてるし、怖かったが骨髄バンクの登録もしたし(骨髄抜く器具が怖い)、準備万端なんだけど。

87 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 22:05:01 ID:bRGq+IgU
輸血拒否の「エホバの証人」みたいなレベルの「宗教的非同意」なら
社会的に放置していい話だと思う。

親の勝手な思い込みで「移植も拒否、ドナーも拒否」ならそれでいい。

お前らには声かけないから安心しな、で終了。

88 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 22:10:19 ID:c5cRAh/A
>>85
ソースはないけど、移植の現状を知ると「あり得る」と思うよ。
脳死状態の延命処置を停止して、そのあと「自然」に死ぬと即死じゃないから、
臓器が使えない状態になってしまう。
体(臓器)が生きてる状態のを使いたいのだから、それじゃ意味がなくなってしまう。
だから、そういう事が行われていても不思議ではない。

死亡診断書書くのはその医師だからなんとでもなる。
生命維持装置を停止しました、心停止○時○分、ご愁傷様でした、で終わる。
ご遺族も疑わないだろう。

89 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 22:10:39 ID:zhRhzDtF
>>85
嘘と決めつける前にぐぐってみなよ。
心停止直後にヘパリン化して心臓マッサージするより
心停止前にヘパリン化したほうがずっと効率がいいんだよ。
そしてヘパリン化は脳損傷の子供には致命的な処置。

90 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 22:28:46 ID:g7z6abbG
>>74
そうじゃない。私が言いたいのは、臓器提供を拒否した人達が
非人道的だと、いわれのない誹謗中傷に晒されはしないか?、ということ。
誰かも言ってるように、現在闘病中の人の方に世間は同情しがちだからね。

今はネットでの嫌がらせも横行するような時代だから
脳死の家族の回復を信じて治療を続ける人達にとって
無慈悲な世の中にならない事を祈るよ・・・

91 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 22:32:11 ID:lZkm3mdF
なんでもいいけど
臓器提供してもらわないと生きられない子は、それまでの運命なんだからさ。
悪足掻きしないで、運命を受け入れようよ。

脳死の子どもも同様。

自然な生死の法のなかで、人は生きるべきじゃないかな?

92 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 22:32:45 ID:bRGq+IgU
>>90
>臓器提供を拒否した人達が
>非人道的だと、いわれのない誹謗中傷に晒されはしないか?、

正直、世の中的にはレアケースな話で注目されないと思うから心配ない。

>>88
>>89
嘘だよ、と何故認めない。

93 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 22:41:09 ID:/3Ti0BG8
世の中的にレアケースじゃなかったらどうするんだろう
脳死じゃなく植物状態の子を持つ人が現時点で、もう楽にさせてあげればいいのにと
周囲から言われることが珍しくないのだもの
物欲センサー前回状態の集団に洗脳された人が脳死状態の人の家族に向けて
死んでるんだからあげなさいよとオブラートに包んだつもりでガッツリダメージ与えない
訳が無いよ

94 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 22:49:57 ID:c5cRAh/A
>>92
あり得ると思う、と言っただけで「嘘」はないだろ?w

95 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 22:59:45 ID:c5cRAh/A
>>93
長期間植物状態になった人見たことある?
顔色が悪いを通り越して赤紫な肌、浮腫んでパンパンな体、どんなに気を付けても出来てしまう床擦れ。
そして多額の医療費。
親族間でもそろそろ、て言い出すよ、実際。

まあ、他人に言われたら苦い思いをするだろうけど。
脳死状態だという事が周囲にバレないように自衛も必要かもしれないね。
医師が脳死判定や臓器提供勧めてきたら戦うしかないな。
守秘義務があるから、病院の職員から漏れたら、それはそれで訴えよう。

96 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 23:00:11 ID:cqsUq51v
>私が言いたいのは、臓器提供を拒否した人達が
>非人道的だと、いわれのない誹謗中傷に晒されはしないか?、ということ。

A案になったところで臓器提供を拒否する人の方が大半だろうし、
「拒否する心情は分かるよ」って人が殆どだと思う。
私は逆に、これまで臓器提供に同意した家族が「非人道的」「人殺し」「金のため?」などと
いわれのない誹謗中傷に晒されているんじゃないか?と心配している。

97 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 23:01:10 ID:g7z6abbG
>>93
今現在の日本は、移植が必要な子供がいた場合、マスコミなどが大々的に取り上げて
支援なんかを呼び掛けたりしてるからね。
先ずは、そういうのは完全に無くさないといけない。
偏見が生まれる元だからね。
飽くまでも、水面下での当事者同士の話し合いの元に行われないとね。

98 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 23:06:31 ID:zhRhzDtF
>>92
・小児ドナーからの死体腎移植統計
ttp://www6.plala.or.jp/brainx/pediatric_harvest.htm
・名古屋第二赤十字病院ほか(名古屋市立大、名古屋大)は2歳10ヵ月児より #1998
http://www6.plala.or.jp/brainx/pediatric_harvest.htm
>移植33巻3号p249−p250には「ドナーは2歳10ヶ月の女児、
>交通外傷による脳挫傷で脳死状態となり、右大腿動脈よりフィーディングチューブを挿入留置し、
>全身のヘパリン化を行なった」とある。
・出血性疾患にヘパリン投与、コーディネートが不完全、リスク大
 群馬大病院の脳外科医9名 「移植には関わりたくない」と本音
ttp://www6.plala.or.jp/brainx/2006-10.htm
>死体腎移植では法律の規定がなく主治医の判断が非難にさらされる可能性がある、
>その判断の中で特に腎臓保護の目的で出血性疾患にヘパリンを使用する事、
>・・・脳外科医としてはリスクばかりが増えてしまうので出来れば関わりたくない」など本音を述べた。


第1回鳥取県臓器移植実務者会議
『心停止後の腎臓提供について』2003/6/27
 ^^^^^^^^^
ttp://www.h4.dion.ne.jp/~t-zouki/takahashi.html
>そのためには早く摘出する、というよりもむしろ、出来るだけ早く灌流して冷却することが大事です。
>それと先程のお話にも出ていますが、全身のヘパリン化をすることが大事です。
>全身のヘパリン化に関しましては、心停止前あるいは心停止直後に行います。
                      ^^^^^^^^
治療薬剤@:NP 抗凝固剤:ヘパリン
ttp://www.umin.ac.jp/fukuyaku/datafile/dic/8dic.txt
>【禁忌】
>IR @出血している患者→出血の助長
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
>  C中枢神経系の手術または外傷後の日の浅い患者
                    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^

99 :名無しの心子知らず:2009/07/14(火) 23:57:09 ID:bRGq+IgU
>>98
だからな、そういう事例を何で今更提示するのよ。

議論段階で無視された事例は「意味が無い」

100 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 00:00:55 ID:zhRhzDtF
>>99
嘘じゃなかったでしょw

無視されたわけじゃなくて、心停止後の移植の形をとっているから議題にあがらなかっただけ。
でも実質脳死移植。医療従事者も不安を感じている。
移植医療の汚い面・利己的な面がはっきり提示できる例だからあげたんだよ。

>殺人で起訴できるレベルの行為なんだが。
同意だよ。殺人で裁かれないのが不思議だ。
移植のためならどこまで汚いことをやっても許されるんだろう?

101 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 00:11:31 ID:WeFEWHBT
>>100
>移植医療の汚い面・利己的な面がはっきり提示できる例だからあげたんだよ。

でも、本会議でスルーされたんだから「例外的事例」なんだろうな。

例外を基準に法律は作れないから諦めろ。

102 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 01:17:40 ID:bw6oKLOV
http://www1.odn.ne.jp/~adt58810/Aa2.html

ここにはまだ貼られてなかったのね。
臓器提供に○の意思表示をした人は天使
拒否の意思表示をした人は悪魔だそうですよ。
やっぱりこういうところに本音が出ますね。

103 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 01:19:02 ID:WyaE+Mlc
昨日、近所のスーパーに行ったら放置子がまとわりついてきた。
心の中で「おばちゃんの子供が健康でよかったね」とつぶやいた。
こういう子を手なづけてある時事故に遭わせる人が出てくるかもしれない。

104 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 05:08:04 ID:WSffEye2
>>103
そのおばちゃんと放置子は一親等つまり実の親子であって、
しかも脳死になるような殺し方を心得てるって設定か
無理あり過ぎw

105 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 08:00:14 ID:gB+TkEnf
>>103
子をもつ親が、例え想像でもこんな事考えつく事が、法案より何より問題。

106 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 08:19:44 ID:WyaE+Mlc
中学生が子供を連れ出してビルから投げ落とした事件が
あった県に住んでいるからかな。
いろいろ考えちゃうよ。
いわゆる「神隠し」に遭った子供も今はどうしているかな、と思うよ。

107 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 08:57:43 ID:lY72Yce5
>>101
例外的な事例じゃんないみたいだよ。
98のリンク先と合わせて読むと。

第1回鳥取県臓器移植実務者会議
『心停止後の腎臓提供について』2003/6/27
 ^^^^^^^^^
ttp://www.h4.dion.ne.jp/~t-zouki/takahashi.html
>そのためには早く摘出する、というよりもむしろ、出来るだけ早く灌流して冷却することが大事です。
>それと先程のお話にも出ていますが、全身のヘパリン化をすることが大事です。
>全身のヘパリン化に関しましては、心停止前あるいは心停止直後に行います。
                      ^^^^^^^^
ttp://www.h4.dion.ne.jp/~t-zouki/nw.html
>ヘパリン化ですが、脳死にならない場合には心停止後に心マッサージをしながら、
>と先程説明がありましたが、可能な範囲内で最期は御家族に静かな環境で看取っていただきたいと思います。

つまり、「最期は御家族に静かな環境で看取っていただきたい」と
人道的配慮みたいな理由をつけて、通常、心停止前に
致命的な処置をしてるってことだと思うんだけど。

108 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 09:54:18 ID:2siTK337
「子供にメス入れたくない、心臓が止まるまでは延命する」
が最初にあって、そこから一歩も譲らないから、議論にならない。
気持ちはとてもよく分かるが、海外移植で日本人が非難されてるとこはスルー。
育児板で議論しようというのが無理なんだな。

109 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 10:07:03 ID:vQ6tAuHN
なんか子供だけで遊びに行かせられないね…


110 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 10:25:28 ID:zihqn6Vu
>>98 >>100>>107
その情報は、一般人なら2chで臓器移植関連スレを読んだことがないと分からないんだろうか。
過去に子供の通う園から、臓器移植募金の呼びかけのチラシがきて、園に各家庭から募金を持たせたことがあったんだけど、
脳死について、移植の表側や裏側について、
心臓、腎臓の提供は、ドナーの心臓が動いているうちに即効で取り出さないと使えないなんて知識はなくて
後に無事渡航チラシがきて子供と「良かったね。いいことしたね。」と親子で笑いあった。
その時に、話し合わなければならない大切なことを知らなかった。
今回の法案後、命の定義ですら何でも決められる議員さんたちや、一般人が背景を知っているか、情報の有無で
今度も変化することがある気がする。
テレビや新聞や雑誌が伝えて考える機会をくれればいいのに。
育児板で親が知る機会を持つのは本当に価値があると自分は思うし、機会に本当に感謝してる。

CTの脳死写真を見た経験がある医療関係者に、脳死でも髪爪身長が伸びることは知っているか、
ラザロ兆候で臓器摘出時に血圧が上がり、脈が速くなり、体が動くのを知っているか尋ねてみたら、知らなかったと言われた。
>>9では、小児科医で生命倫理の問題にいたるまで生命の現場を理解していると思われる、
C案提唱者の阿部衆議院議員が、日本で行われた81例の移植検証会議の中身を、
『国民』と『議員』に伝えることの重要性を話していました。
採決権のある衆議院議員さんですら、ラザロ兆候を知らない、脊髄(せきずい)を読めない人がいるそうです。

81例の移植検証会議について検索してみたら、
> 報告では、これまでに検証が行われてきた51例の一部に、医学的、法的な面で「手違い」があったと説明。
法的脳死判定マニュアルに沿ったCTなどの画像診断が行われていなかった事例や、
保管義務のある脳波記録を紛失した事例があったとした。
> 1997年の臓器移植法施行後、臓器移植は81例行われているが、脳死判定要件をきちんと満たしていたのかなどの検証は
55例にとどまっており、公開されているのは34例だけ
などの情報ありでした。


111 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 10:33:11 ID:1V3qax8E
>>36
> そうじゃないよ。そんな事思ってないよ。
> けして、誰かの死を願っていたわけではない。
> でも、一方で「提供者を待つ」という事は、
> 「誰かの死を待つ」と言うことでもある事は紛れもない事実。

これに尽きると思う。
直接的に誰かの死を願うわけじゃなくても
結果的に誰かの死を切望することになるのが脳死移植。

自分のものだけじゃ飽き足らず
本来他人のものにまで手を出そうっていうのはそういうこと。

112 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 11:00:39 ID:2siTK337
病院は誰かの病気を望んでるのか?
葬儀屋は誰かの死を望んでるのか?

113 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 11:11:30 ID:atJwexPG
>>108
日本と欧米諸国では思想や宗教的な教えなんかが随分と違うからね。
人の死や社会に対する在り方なんかが根本的に違ってる。
私個人も無宗教で一般生活においても宗教を必要と感じたことはないけど(それでも神や霊は信じてるw)
いざ自分自身が間近で死に直面した場合、平常心でいられるかは自信ない。

114 :113:2009/07/15(水) 11:21:45 ID:atJwexPG
すみません、途中で送信してしまった・・・orz

そう考えると、カウンセリングという点から宗教的な教えも多少は必要なのかな、とも思う。
依存しろということでは決してないけれど。

非常に悲惨な例えで申し訳ないけど、例えば自分の子供の一人が脳死になり一人が移植の必要な
難病を抱えてしまったとしたらどうするだろう?
「世界は一家、人類は皆兄弟」とは、結局そういうことなんだろうと思う。
その境地に辿り着くには大変な心の葛藤があるだろうけど・・・


115 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 11:34:22 ID:lY72Yce5
>「子供にメス入れたくない、心臓が止まるまでは延命する」
でも心臓が止まってからなら提供しましょう
という親を騙して心臓止めちゃうようなことしてる移植医療は信用できないよ。

116 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 12:11:23 ID:WeFEWHBT
>>113
>日本と欧米諸国では思想や宗教的な教えなんかが随分と違うからね。

本当にそうだったら、あんなに差が付いて議決されない。
一部のカルト宗教関係者の感覚を一般化して語らないでほしい。

117 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 12:14:12 ID:WeFEWHBT
>>110
12年間の時間があったのに、反対してる人たちは何をやってたの?
知らない人がいるなら周知する時間はタップリあったんじゃないの?

正直、時間切れなんだと思う。
今更2chに貼り付けても何も変わらない。

118 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 12:40:24 ID:lUSKjmOp
反対している人たちは何をやってたって、世論は反対が潜在的に多く
賛成派は他人を殺してでも臓器欲しいから騒いで居る人が多かっただけじゃない?

119 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 12:42:30 ID:atJwexPG
>>116
一般化して語るつもりはないけどね。私自身、宗教嫌いだから。
A案が可決したのは、それ以外の案だと先へ進まないからでしょ?
政治的な思惑も色々絡んでの事だと思うし、取り敢えず成立させてみました、みたいな。
実際に機能するかどうかは、結局、臓器を提供する側の気持ちの問題でしょ?
「脳死=人の死と決まりました」「はい、わかりました」とはいかないということ。
その辺りの意識改革も併せて行っていかないと結局堂々巡りで臓器提供を拒否した人達が悪者扱いされかねない。
環境が整ってないのに理想ばかり先走って行くのは危険だよ。

120 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 12:48:30 ID:/ppYmtcG
いくら騒いでも、幼児のドナーなんて出ないよ。

「日本では移植できない」から「日本でも移植できるが提供者がいない」に変わるだけ

121 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 13:17:49 ID:zihqn6Vu
>>117
> 12年間の時間があったのに、反対してる人たちは何をやってたの?
> 知らない人がいるなら周知する時間はタップリあったんじゃないの?
うーん、ごめんね、それは分からない。ネットを見るようになったのはここ数年だし、ママ友とも
そんな話題になったことは無いなぁ。きっと117さんは12年前から意識の高い人、またはそういう環境に居る人だったんだね。
一部のカルト宗教関係者の感覚を一般化して語らないでほしい。という台詞は引かれると思うけど。 もひとつ、
正直、時間切れなんだと思う。 今更何も変わらない。と言う117さんの台詞は、
子供に対して、日常のあらゆる場面では使いたくない。
知らなかったけど、知ることは大切だと自分だったら伝えるな。


脳死判定をやってる 現場の医師が脳死について
脳死が人の死と定義するのはいかがなものかと訴えられているサイトなどは、探せば結構あるようだ。

・ 脳死患者から臓器を取り出す際に、筋弛緩剤や笑気ガス麻酔をするケースがある
・ ラザロ徴候という現象が現場でたびたび起きているにもかかわらず、その情報がいままで専門家集団の外部に
公開されてこなかったことがよく分かる。
・ 専門家は一般人に情報を公開していないのではないかと思います。
ラザロ徴候はまるで脳が生きているのではないかという反応であるため、脳死・臓器移植推進論者は、
一般市民にこのような情報を与えることは不適切だと考えたのかもしれません。
・ 専門家は一般市民に情報公開するべきである。これだけデータが集まっているのに、それを一般に公開しないのは、おかしいと思う。
正確な事実を広く共有したうえで、脳死を人の死とするのかしないのかを、われわれひとりひとりが考え、今後の議論に結びつけて
いくべきである
と言っているのを読んだけど、タブーにされていた情報もあるのかもしれないね。

122 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 13:31:14 ID:WeFEWHBT
>>121
だから、移植反対集団や脳死患者グループとか特定宗教団体とか、
そういうところのサイトにしかそんな情報は無いのよ。

普通の医学関係者はその手の情報をマトモに扱ってない。
過去にあったたった数例だけをしつこく引き合いに出して反対しても
議論に値しなかった、ってことじゃないの?

123 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 13:35:08 ID:WeFEWHBT
>>119
>実際に機能するかどうかは、結局、臓器を提供する側の気持ちの問題でしょ?

もちろんそうだ。
仮に提供を申し出る人がいて、現行法では不可能だが、それを可能にするだけの
改正だと理解してます。

嫌な人に無理強いするような内容ではないし、運用もそうなると思う。

>臓器提供を拒否した人達が悪者扱いされかねない。

拒否して悪者扱い、なんて妄想のほうが非現実的だと思うが。
どういう場面でそうなるのか、見当も付かないわ。

124 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 13:48:12 ID:WSffEye2
>臓器提供を拒否した人達が悪者扱いされかねない。

「私が悪者にならないために一律禁止にしてよ(携帯電話もキャラ弁も)」
的理論が育児板だと結構な部分を占めてるのが、
残念というべきか、それが現場の声というべきか。

そういうのは、成立した後の運用レベルの話なんだって気づかないかなあ。

125 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 13:48:36 ID:lUSKjmOp
賛成派はなんでA案ばかりをおすの?
年齢制限廃止で現行のままじゃ何でダメなの?
臓器を持ってる人が死体扱いにしやすいA案がいいだけなの?

126 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 13:50:46 ID:P3bphGtq
>>122
移植反対している団体だからこそ、
こういう情報を世間一般に広め考えてもらう為に載せてるんだよ。

臓器移植ネットワークなんかが自分たちの不利になるようなこと
記載すると思う?
HP見たらわかると思うけど、きれいごとしか書いてないから。
提供する人は天使、拒否する人は悪魔みたいに(奈良県臓器バンク)
ドナーの立場なんか何にも考えてない。

過去にあった数例であっても、人の命がかかわってる問題だから、
ちゃんと検証する必要はある。
こういう情報は臓器移植ネットワーク関係が握ってて、
個人情報の保護とか言ってなかなか表にでなかっただけ。


127 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 13:57:27 ID:v1Q+kWaF
>>122
それは122さんの主観ってこと?
たまたま122さんが見たサイトがそういうのがあっただけじゃないかな〜?
> 普通の医学関係者はその手の情報をマトモに扱ってない。
122さんの拾った情報が、或いは現実に関わる周囲がそういう考えの人ってことですよね?
再度私にアンカーをくれるのなら、その時に122の主観を持つWeFEWHBTさんの
>>9のサイトの感想を是非ききたいので、よろしくお願いします。wktk

128 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 14:00:23 ID:gB+TkEnf
>>119
脳死イコール人の死 はいわかりましたとはいかない事の背景には、各個人の死に対する思想があるからなんでしょ。
あなたが無宗教なら、そういう自分の思想を尊重してもらいたいよね?
でも「死に対する思想」って、「宗教」もとい信仰心とつながっていると思うんだよね。
(無宗教の人にとっては直接イコールではないと思うが)
そういう思想だって、尊重されるべき事なのでは。
移植医療の事についての理解を深めたりするのは必要と思うけど、
個人的な死に対する思想まで意識改革する必要性なんてないと思う。
移植医療の事を勉強して、死生観が変わった!というなら別だけど。
個人の思想に基づいて、その個人の提供の是非を決定するんでしょ。
提供の意思がある場合のガイドラインを決めたんであって、
脳死の人を増やしたい訳でも法的に個人的思想を覆したい訳でもないんだよ。
拒否したければすればいいだけ。それが悪だなんて誰も思わないし、
提供しないのは悪という風潮にも絶対ならないと思う。
提供したくないって気持ちは、皆痛いほど理解できるでしょ?
でも助けたいって気持ちもあって、その間で揺れて悩む事だってとても人間的な事だと思う。
例えはものすごく悪くて申し訳ないけど、
お墓に入るか、納骨堂に入るか、散骨するか、決めるのは個人または遺族の思想でしょ。
それに対してこうしなきゃいけないとか、成仏できないとか、ダメな供養だとかそんな事第3者は言わないでしょ。
それが尊重されるべき事だって共通の見解があるから。
それと同じような事だと思うよ。
提供するもしないも個人的思想と共に尊重されるべき事だよ。


129 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 14:03:31 ID:v1Q+kWaF
>>122
>>127
>>10 :名無しの心子知らず:2009/07/09(木) 01:07:22 ID:2k5j3jqG
552 :名無しの心子知らず:2009/06/29(月) 23:40:53 ID:MEZ7dgiH
他板覗いて見つけたんだけど、今回のA案を提示・支持している政治家が信じられなくなった。
阿部知子さん自身はC案の提案者ですが、そんなのを抜きにして最後まで見てください。
党議拘束かけてないって言ってこんなことしてるんじゃ…。

衆議院議員 阿部知子氏「議会工作をしてまで人の死を望んだ下劣な国会議員達」
/阿部知子の「ニッポン再生」
http://www.choujintairiku.com/abe/abe090626.html

のサイトの感想を教えてほしいの間違いでした。訂正レスです。

130 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 14:07:47 ID:lY72Yce5
>>122
>>107は県の移植実務者会議だよ。推進派のサイト。
心停止後の腎臓提供で、家族が看取る環境を整えるために
心停止前にヘパリン化すると遠回しに書いてある。
頭蓋内に出血のある人には致死的な副作用があることは触れてないが。
ぐぐれば、心臓病の子供が脳出血を起こした時には安易にヘパリンを使わず
心停止後の提供を承諾した子供&大人には、ヘパリンが原因で
大出血して死んでもおかしくないのに簡単に使用していることがわかるよ。

脳出血を起こしたレシピエント(移植推進派)の記録
ttp://sou-chan.net/files/from_Dr_081208.pdf
>しかし、この機械を装着している間は、お薬で血液が固まらないようにしなければ、
>機械の中に血栓ができ詰まってしまうために、血液を循環させることができなくなってしまいます。
>一方で、頭の中に出血がある状態で人工心肺装置を使うと、
>血液が固まらなくなる影響で大出血に進展する可能性があります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

131 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 14:22:23 ID:WSffEye2
>>125
「派」がどのへんをさすのかわからないけど、
自分がA案に賛成の立場なのは、まさに
> 臓器を持ってる人が死体扱いにしやすいA案がいいだけなの?
だよ、言葉はもすこし選べよとおもうけどね(笑

死の宣告は、本来医者が下すもの。
身内が、死の宣告を請うものではないし、そういうものであってはならない。
脳死になった時点で、ごく当たり前に「お亡くなりになりました」と言われる。

本人の意志が臓器提供ならば、それを叶えるための作業に移せる。
本人の意志が臓器提供ならば、それを叶えるための第一歩が「身内が死の宣告を請う」、
そんなことは不自然だし、そんな死生観は自分は受け入れがたい。

近しい身内に、生命維持装置をつけるかつけないか、の選択を
3年前にしたことがあるから、特にそう感じるのかも知れない。

132 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 14:26:42 ID:WeFEWHBT
>>129
ずっと本質的な議論の足を引っ張り続けてきた「移植医療反対」な
だけな人じゃないのか?

http://obiekt.seesaa.net/article/31798228.html

133 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 14:33:07 ID:WeFEWHBT
「深く考えもせず投票する」ことに文句言ってるが、自分が各議員を自説に
共感させられなかっただけじゃん。
(自分でも認めてるし)

多数派工作と屁理屈言ってるが、「議会制民主主義」を知らないんじゃね?
さすが使えない「社民」の典型だろ。

134 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 14:40:10 ID:lUSKjmOp
>>131
つまり移植どうこうじゃなく一律脳死は死にして
混乱している家族にコーディ差し向けて臓器を
掻っ攫いやすくしたいわけだ

135 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 14:58:38 ID:U9Kz3mCm
>>134
どうしてそういうひねくれた思考になるのか不思議だ。
>>131の言っていることはそんな事じゃないし。
そもそも臓器提供に同意しないと法定脳死にはならないよ。

136 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 15:00:50 ID:lUSKjmOp
臓器提供に同意させる為の説明には間違いなくもって行きやすいでしょ
で、混乱状態に乗じて掻っ攫うんでしょ?

137 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 15:11:12 ID:WeFEWHBT
>>136
そうならないように、これから「反対」してきた人たちが
運用に対して目を光らせたり、周知すればいい話なのに、
何でそういうネガティブな発想にしかならないのか?

だから誰も賛成しないんだよ。BとかCとかには。

138 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 15:11:36 ID:DHPRXYPV
>>135
なんていうか、それなら法律も意味なしだね。
脳死と判断されたからって「脳死ですか?じゃあもういいんで臓器あげます」なんて親いないだろうし。

もちろん道理は理解してるつもりなんだけどさ..親って子どもの死を簡単には受け入れられないと思うから、ましてやまだ生きていてくれるなら、親が死の判決を下すなんて無理でしょ

139 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 15:11:45 ID:0ru8l0S2
これからコーディネーターと交渉するはめになった人は、
事前に断って、全交渉過程を録音したらいいよ。
それと可能なら弁護士か交渉代理人を同席させる。
(臓器提供のドナー側交渉代理人業、これ需要あるかも。
半プロ的なもの、NGOボランティアでも)
それから脳死患者家族、ドナー候補家族のネットワークを立ち上げて、
FAQや相談窓口をつくる。

140 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 16:08:00 ID:9q/7jELs
移植妨害組織か。
グリーンピース並みの発想だな、こうなると。
流石、左巻き。

141 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 16:12:52 ID:lY72Yce5
政治家、医師、弁護士、芸能人とその家族は狙われないだろうね。
医師ならどんな処置してるかわかっちゃうし、
有名人に不満をしゃべられたり訴訟になると困るから。

>臓器提供のドナー側交渉代理人業
いいね。
嫌な人は丸めこまれずに断れるし、
きちんと見張ってもらえる保証があるなら提供したい人はすこし安心できる。

142 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 16:36:11 ID:lUSKjmOp
妨害じゃなくハイエナに臓器もって行かれないための自衛だよ

143 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 16:52:42 ID:oC42CFR/
 昨日深夜NHKで『移植問題』について、
これからも国会でさまざまな問題を国会で話し会う必要が
あるって ときには修正もしなきゃと

こんなことを書くと、id替えかえやってくるID:WeFEWHBTID:9q/7jELs
見たいな奴が、NHKにテレするだろう『せっかく取りやすくした法なのにー!移植妨害だ!人殺しー!』
って真っ赤な顔をして
思うんだが、くれくれの人たちはネラーなんだわ
この板もきっと見ているよ、国民が気がつく前にあわててとうしたかったんだわ


144 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 19:15:43 ID:ypRG3XRR
この問題は道徳の授業でもしっかりやって欲しい
でも教師の考え方によっては危険があるか…
難しいね

145 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 19:39:37 ID:RkNj6tMp
死ぬ死ぬ詐欺やって外国の子供たちの臓器を買いあさってくるよりは
国内で調達できるようにした方がいいんじゃないのかな?

146 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 20:07:29 ID:WSffEye2
>>145
まさに、「いいんじゃない?」じゃなくて「そうしろ」って言われたのが
今回成立が急がれた背景なんだが。
ちなみに、「そうしろ」ってせっついたのはWHOね。

反対派は、だから
「海外臓器ショッピング」を規制する方向から考えるべきだったのかな。
とも思う。
臓器ショッピングを、抜け道含めて実質的に全面禁止出来れば、
WHOに申し開きも立つし、何も国内の臓器提供整備を急ぐ必要もない。
でも、2ちゃんで反対してる人も含めて、
そういう臓器ショッピングを具体的にどうツブしていくか
反対派から、そっちベクトルの策は出なかったんだよね。
病気の子供の命がかかってるから、規制も強硬に出来ないのはわかるけど。

147 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 21:11:08 ID:do6WYHO6
初歩的な質問で申し訳ないけど、そもそも日本はなぜ脳死=人の死とせず臓器移植を禁じたの?

148 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 22:18:26 ID:/51FKIwY
>>133
127&129ですが、わざわざレスをありがとう。最後まで観て自分なりにいろんな視点を持ってみたり
考えさせられたことが、人として、親として、社会人としていくつもあったんだけど、
昨日のID:bRGq+IgU=今日のID:WeFEWHBTさんの人間像を133で考えさせられた。


>>144
前スレで、学校の授業で臓器移植改正法案のグループワークみたいな事をした結果、どこのクラスも
A案賛成派多数で、それをきっかけに臓器移植カードに○をつけて親に見せて・・・
という話をしていた高校生が居たね。色々あって 「理屈じゃないんだよ」
で母親の話が終了してしまったから、スレで真剣にレスをもらって嬉しかったと言っていた記憶。
その子は親にドナーカードを見せるきっかけでその学校の話や自分の受止め方を伝えたけど、
そんな授業があったことすら知らない親も多いのだろうなー。
親も交えて、ネットに触れない人は日常入手生活では入手し難い情報も含めながら話し合いの場があればいいのにね。

149 :名無しの心子知らず:2009/07/15(水) 22:28:10 ID:/51FKIwY
148で、「日常生活」と言うところを「日常入手生活」って、意味不明でごめんなさい。


150 :名無しの心子知らず:2009/07/16(木) 10:57:54 ID:/B/dKsOi
「実際、私自身も、死後腎移植とはいえ、心停止が来る10分前から冷却剤の注入が始まりました。
まだ心臓の鼓動は弱いながらありました。しかし、冷却剤を注入すると10分で心臓はとまりました。
そのときの本当に胸が締め付けられるような思い、殺したのじゃないかという思い、これはいまだに消えません。
それを乗り越えて移植というのは成立するのです・・・」

1997年4月8日 衆議院厚生委員会に参考人 柳田 邦男

151 :名無しの心子知らず:2009/07/16(木) 13:21:39 ID:kMhTeOmC
963 :名無しさん@十周年:2009/07/15(水) 21:42:49 ID:/zekXIrRP
308 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2009/07/15(水) 15:14:08 ID:xB6b+LIri
臓器バンクの連中の考え方が、端的に理解できるサイト。

  「奈良県臓器バンク」
  http://www1.odn.ne.jp/~adt58810/Aa2.html (魚拓有り)

臓器提供カードを用いた、臓器提供の意思表示の書き方を示している。
注目すべきは、このページの最下部のイラスト。

臓器提供に「○」を付けた人は天使だけど、
臓器提供を拒否する意志を示す「×」を付けた人は

   【 悪 魔 】

の扱い。
ドナーになるのも悪くないなとは思ってはいたけど、
臓器バンクとかコーディネーターの連中は、
こういう考え方なんだなと判ったんで、
俺は脳死になったとしても絶対にドナーなんかにならないと決めた。
臓器提供カードは用意するけど、胸を張って「×」を記入するぜ。

こんな、
「脳死患者からの臓器は提供されて当然。
 提供しないヤツは人でなしの悪魔」
なんて、感謝すらしないような連中に、自分の臓器が奪われてたまるかっての。

769 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2009/07/15(水) 21:29:44 ID:/zekXIrRP
>>308
問題の画像を削除しやがった。
おまけに魚拓のほうの画像も全滅!
どこか残ってない?

152 :名無しの心子知らず:2009/07/16(木) 13:22:30 ID:kMhTeOmC
964 :名無しさん@十周年:2009/07/15(水) 21:52:28 ID:/zekXIrRP
>>963
HTMLから削除されただけだった。
問題のファイル自体は存在したぜ。
http://www1.odn.ne.jp/~adt58810/My%20Pictures/u19968142.jpg

魚拓
http://s01.megalodon.jp/2009-0715-2144-44/www1.odn.ne.jp/~adt58810/My%20Pictures/u19968142.jpg

魚拓上でも、HTML表記が
<IMG src="My Pictures/u19968142.jpg" width="170" height="144" border="0">
となってて、ファイルをうまく拾えないだけみたい。

動かぬ証拠だ。

965 :名無しさん@十周年:2009/07/15(水) 22:12:39 ID:/zekXIrRP
キャッシュが残ってた!
http://74.125.153.132/search?q=cache:qtTwosbNSt0J:http://www1.odn.ne.jp/~adt58810/Aa2.html+%93%DE%97%C7%8C%A7%91%9F%8A%ED%83o%83%93%83N%88%D3%8Ev%95%5C%8E%A6%83J%81%5B%83h&hl=ja&ct=clnk

153 :名無しの心子知らず:2009/07/16(木) 13:40:48 ID:KZnLy29v
すみません、どうもよくわからないんだけど
A案施行後は、

15歳以上の脳死者が生前に書面で臓器提供の意思を示していても
家族が反対していれば提供はできない

15歳未満の人間の提供拒否の意思は認められない

この二つは合ってますか?まだ未定なのかも含めて教えて下さると嬉しいです
どーもよくわからん…
私は今までドナーカード持ってたけどもう必要ないって事なのかな

154 :名無しの心子知らず:2009/07/16(木) 15:35:40 ID:WeZGQxpA
>>153
家族が反対していれば提供はできない 」
改正あんの条文上はその理解で正しいです。
ただA案提出者は、本人の意思を最大限尊重すると言うことなので、
本人が提供の意思なのに、家族が反対することはその点で非難されます。
また、家族の同意制度の説明に関しても、本人の意思を推量して、という説明からしても、
同意制度に、家族の考えは考慮されません。
しかし、これは解釈上のことなので、家族の考えで本人の意思を無視して拒否しても、法律的には可能です。

15歳未満でも、提供の意思表示は出来ませんが拒否の意思表示はできます。
しかし、意思表示しなければ、親が、本人の意思表示の代わりと、家族の同意を同時にすることになります。

155 :名無しの心子知らず:2009/07/16(木) 16:39:31 ID:U/9nNTHZ
臓器提供はしたくない。

もし自分の子が臓器移植が必要な難病になったとしても
移植を希望しない。

156 :153:2009/07/16(木) 18:15:16 ID:KZnLy29v
>>154
よくわかりました。ありがとう。
自分自身は脳死寸前くらいまで行くならもう死んだことにしていいよと思うんだけど
政治的で恣意的な部分がいやですよね。

157 :名無しの心子知らず:2009/07/16(木) 19:06:10 ID:h5hk1Arm
そもそも臓器提供に同意しないと法定脳死にはならないよ。
>>135

ちゃんと、報道見てるのかな。それは、A案決まる前の話。
A案決まったから、脳死らしい状態になったら脳死の判定し、
その患者は死とみなされる。その後に臓器提供に対する生前の本人や家族の意志を確認するんだよ。
まず死とみなした後に、そのまま臓器提供するか、拒否するか聞かれる。
今までの臓器提供希望する人だけ脳死状態になったら判定するのとは違うんだよ。

可哀相な赤ちゃんが助かるとかいう報道ばっかりで、そういうのを細かく言わないから
わかってない人多いよね。


158 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 00:42:07 ID:ho9K1TYL
>157
臓器提供を拒否れば脳死判定に進まないんじゃないの?

159 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 00:45:17 ID:ho9K1TYL


19 :名無しさん@HOME:2009/07/13(月) 21:15:07 0
脳挫傷の2歳の娘の死後の腎臓提供を承諾したら
出血が止まらなくなる薬を入れられて早めに死亡させられて後悔し
レシピエントの40代親父から「2歳の娘が甘えてくると幸せ」と
手紙が来てさらにショックを受けた遺族もいた

相手は選べないし、遺族を守ってくれる制度もない
善意を悪意で返されても、いったん提供してしまえば
臓器を取りかえすわけにもいかない

事実だそうで、家庭版から


160 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 00:58:52 ID:ho9K1TYL
>157 
 改正臓器移植法は中山太郎衆院議員らが18年に提出。
「脳死は人の死」を前提に、15歳以上となっていた脳死後の臓器提供の年齢制限を撤廃する。
臓器移植する場合に限り脳死を「人の死」と認める現行法の該当条文を削除した。
本人が生前に拒否していなければ、家族の同意で臓器提供が可能になるが、本人や家族が脳死判定を断ることもできるとしており、提出者は
「法的には脳死が人の死となるのは臓器提供の場合だけ」と説明している。親族への優先提供も認めた。


 どうぞ


161 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 01:19:05 ID:nIdy51Rp
>>159
その手の話の信憑性には疑問符が付く。
本当なら新聞沙汰だろが。

162 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 01:51:56 ID:S4LBGqLO
>>161

多分ヘパリンのことじゃないか?
【 臓器移植 管理された心臓死 ヘパリン 】
でググッてみるといいよ

>>150
>>107(130)

163 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 01:57:46 ID:nIdy51Rp
>>162
「早めに死なせる薬」という見方がよくわからん。
手術のための前処置なんじゃないのか?

164 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 02:10:45 ID:S4LBGqLO
>>163
とりあえずは、
http://www.google.co.jp/
↑ここにアクセスして
臓器移植 管理された心臓死 ヘパリン
と入力して検索をクリックしてみるとか

165 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 02:57:51 ID:nIdy51Rp
>>164
その「特定団体のリンクへの誘導」がウザイわ。

通常行われいる「医療行為の延長」が嫌なら、全ての処置を拒否すればいい。
拒否できる権利は今回の法改正でも明言されてる。
変なネガティブイメージキャンペーンを今更やっても遅いんだよ。


166 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 03:18:13 ID:S4LBGqLO
>>163
ドナー側が
「早めに死なせる薬」という見方  をする背景
手術のための前処置なんじゃないのか?  と思わない背景
について。
>>150>>159の一文にも
殺したのじゃないかという思い、後悔、と出ているが
提供後に苦しみ続ける(我が子なら一生だと思う)家族側の背景は

【 「心停止後の臓器・組織提供は、脳死体からの臓器提供とはまったく異なり、
自然に死亡した人から臓器や組織が提供されている」と思い込んでいる人も多い。 】

という>>164検索結果の中の一部もキーワードのひとつかと

この手のスレ参加者は意識が高いだろうから
中には知識を持っていた人もいるのだろうが
脳死と心臓死の違い、摘出時期や処置の事前知識や説明不足は無いか?
一般の人は知らないのではないだろうか
せめてドナー側には事前に情報公開されないものなんだろうか
生前のドナー本人や家族に
(レシピエントと家族にも?)
冒頭情報の説明と心の準備が無い可能性が考えられる。
ドナーカードにサインするまでにその情報が与えられることが
臓器移植のためのドナー側、遺族となる側の
終末期医療ケアの根幹になる
重要な要素ではないかと個人的に思ったよ。

167 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 03:35:39 ID:S4LBGqLO
>>163>>165をリロッてなかった
なんだか既視感と思ったら
>>122でも似た主張があったね。
>>130で推進派のサイトも紹介されているから
情報の取捨選択に努める意識を
持つよう心掛けるのがネラーや2ちゃん参加者の
真骨頂かと。

生命について真摯に考えてゆきたいよね

168 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 03:56:53 ID:EP9+jn3Z
>>157
いや、ちゃんと報道は見ているし、A案可決後の新聞記事で確認したんだけど。
ちなみに7月14日付中日新聞。
あなたの見た新聞では必ず脳死判定を行うと書かれていたの?

169 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 05:58:55 ID:8ugxydeW
まあ、これから臓器売買に関わる犯罪が多々起こるだろう
シナで手を叩いて喜んでるヤツもいるだろう
妊婦の腹から子供を取り出す事件なんかもどっかであったし
しかし、可決された時のやったーはないわ

170 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 06:44:37 ID:MI7atDj8
14日付の読売の図説だと、脳死は2段階。


  @臨床的脳死(医師が診断)
  ↓              ↓
家族の承諾        臓器提供を希望しない
  ↓              ↓
A脳死判定        治療続行
法的脳死
臓器移植

>>161
自分もそう感じた>本当なら新聞沙汰
でもぐぐってみると、本当だけど新聞沙汰にならないことらしい。
ドナーカードの普及を目指すなら、
心臓死後の移植は、単に心臓が止まってから臓器を摘出することで
自然に死ねるわけではないこともきちんと発表すべきだと思う。
柳田邦男さんと一人の小児科医は理解していて提供に同意されたそうだけど、
説明も受けずに提供してしまって、提供後に
「承諾したから殺してしまった」と感じて後悔する家族の手記が何個もある。

171 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 08:36:08 ID:ho9K1TYL
>161
家族の臓器を提供できますか? (158) - 家庭板@2ch
に見に行ってくれない?
日本じゃなくアメリカかどこかであった話だと思う
法改正して15歳以下の年齢撤廃したから日本でも起こりえる話
かならずしも幼児の臓器が幼児に行かない



172 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 09:01:21 ID:ho9K1TYL
>ネガティブイメージキャンペーンを今更やっても遅いんだよ

どっちがネガティブなんだよ
これから総選挙がはじまる


173 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 09:16:53 ID:ho9K1TYL
1000 :名無しさん@十周年:2009/07/16(木) 11:04:27 ID:5kh8fnDC0
> 「実際、私自身も、死後腎移植とはいえ、心停止が来る10分前から冷却剤の注入が始まりました。
> まだ心臓の鼓動は弱いながらありました。しかし、冷却剤を注入すると10分で心臓はとまりました。
> そのときの本当に胸が締め付けられるような思い、殺したのじゃないかという思い、これはいまだに消えません。
> それを乗り越えて移植というのは成立するのです・・・」
>
> 1997年4月8日 衆議院厚生委員会に参考人 柳田 邦男

どう考えても脳死移植です。
昔から嘘ばっかりだったんだな>移植医療


174 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 10:20:14 ID:Y5BZXspS
心臓を止められることが「殺される」って印象与えるから
そうなるんだろうな。
もしかしたら、「脳は死んでてもまだ生き返るかも知れない」って誤解も
含まれるのかも知れない。
今後、
脳機能が全停止した時点で死んだ、という意識が根付いたら、
既に死んだ者のまだ動いてる臓器が止められることを
「殺される」とは表現しなくなるだろう。

175 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 11:51:12 ID:VEd9DuEU
>>159
「出血がとまらなくなる薬で死亡」は認識の間違いでは。

脳の組織自体が挫滅してるのが脳挫傷。
脳出血とは違うよ。しかも、摘出の同意していながら死を早められたとの認識も、ものすごい勘違い。
ちゃんと説明受けたのかな(聞いていなかったのかな)?

脳挫傷で死→家族が腎臓摘出の承諾→摘出の前処置として、腎臓の血液凝固を防ぐ目的でヘパリン注入
が正しいのでは。
それ書いた人、ちゃんと処置の目的を理解してなかったからそういう変な認識になってしまうんだろうな。


176 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 12:04:19 ID:VEd9DuEU
>>159
連投スマン
それにどこの誰に提供するか、誰から提供してもらったのかは、詳細は明らかにされないよ。
コーディネーターを介しての手紙のやり取りならあり得るかもしれないけど。
それに、提供を受けた子が元気でいてくれてる事を書いた手紙の何が悪意なのか理解できない。
自分の子は亡くなってしまったのだから、素直に喜べない気持ちは分かるんだけど、
その手紙はどう考えても「悪意」で書かれたものじゃない事くらいわかるよね。
そんな偏った書き込みを「事実だそうで」だなんて、よく言えるわ。
こんなところに貼らないで欲しい。

177 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 12:08:19 ID:MI7atDj8
>>175
なんで知ったかぶりして嘘つくの?
脳挫傷は普通出血するよ。
しかもA案が施行される1年後まで2歳に脳死判定→脳死摘出は不可能なのに。

http://100.yahoo.co.jp/detail/%E8%84%B3%E6%8C%AB%E5%82%B7/
脳挫傷(のうざしょう)
脳の表面か深部かを問わず、脳組織の挫滅により出血と壊死(えし)がみられる
構造破壊の形態を示すことば。

178 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 12:37:45 ID:RsEhnnH9
A案反対じゃなくて移植医療反対な粘着がいるな。
しかも意図的に事実を曲解させてるし。

薬で死期を早めたなんて言い張るなら、殺人行為なんだから刑事告発すりゃいいのに。


179 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 13:01:12 ID:MI7atDj8
家庭板で全部読んできたけど、>>98の2番目のリンクの人。
レシピエントは40代男性で、ドナーだ誰か全く知らされないので
素直な感謝の気持ちを書いたように読めた。
その後、スレではコーディネーターが手紙に介入するか否かで議論になってた。

98に2番目は、
看病してる家族を退室させて臓器洗浄
  ↓
 急変
  ↓
コーディネーターは臓器洗浄と急変を無関係と主張

おかしいと思うよ。
ID:VEd9DuEUも誰かを罵る前にひと手間かけて読んでみればいいのに。

180 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 13:40:17 ID:34h9OuNk
>>178
脳死は一律に死って法律で決まったから、
脳死の後に来る、法律で決まってるすでに死体の心臓停止処置が早まっても、
あなたの煽る「殺人行為なんだから刑事告発すりゃいいのに。」
は現実的にもう無理じゃないのかなあ?素人だからわからない><

法改正前でも、脳死と診断されたら、もう最期までの時間は残り少ないと考える例の方が、
割合では多いだろうから、まわりに同じ体験者や何かの専門家の
知り合いなどのいない普通の人なら、法に訴える気力も余力もない人が多いと想像する。
戦う気力がもう残っていなかった。と、ドナー側のレスを読んだこともあるしね。

家族がドナーとなった、レシピエントの命は大切だろうし、命のリレーの邪魔になるし、
中のお世話になった関係者やスタッフや病院にも親族にも迷惑がかかるかもしれないし、
他の、闘病をしている通院・入院患者にも間接的に迷惑がかかるだろうし
そのどうしようもないなかで痛みと向き合って、後悔や苦痛を抱えて生きていくんだとイメージするよ。
移植問題に直面したことはないけど、身内の体験もいれて、
死というものに何度も何度も関わったからイメージできる。

現実の例を国民が知っていくことは、知らないよりも、細かい法整備の為に役立つことはないかな。
たとえば、身内や知り合いに法整備の関係者がいて、はなしあってみた人が出現とかw無いかw
>>179の、ひと手間かけて読んでみる精神は大切だよね!

181 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 13:41:12 ID:34h9OuNk
こんな一例もあるようだよ。
955 :朝まで名無しさん:2009/07/16(木) 18:36:03 ID:Q+Elck4N
>>954
ttp://www6.plala.or.jp/brainx/2007-5.htm#20070524
> 法的脳死判定手続きをせず10代男性に生前からカテーテル挿入

誰か詳しい人教えてくれ
このサイトに書いてる流れは間違ってるのか?

散々急かされて、念書書いた翌日には
「死んでからやったんじゃ遅いから人工呼吸器切る前にカテ入れるからね」って
移植コーディネーターに問答無用でやられたけど。

182 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 16:09:23 ID:KqvvAwcq
臓器が欲しい側は死んでいない臓器が欲しいから
生きている人から抜き取るんでしょ
それをそのまま言ったら人殺しって言われるから
脳死は死としてしまいたいだけなんでしょ結局


183 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 16:47:23 ID:ho9K1TYL
議員たちも都議選負けた翌日、衆議院解散だったから
ショックで思考回路停止してたんじゃないの?


今後とも国会で修正したり話合う義務があると思う。
総選挙でそうしてくれそうな人を選らばきゃね。

184 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 16:48:07 ID:u7eUQL+r
臨床的脳死後、死体の治療の保険は法的に出ますが、
そもそも死体の治療を可能にする法的根拠はありません。
治療を医師が拒めます。

よって臨床的脳死後、法的判定前に、勝手に人工呼吸器を外しても
同義的に非難されようが、刑法的には殺人にはならない。

現行法では、移植のため臓器提供がされる場合死とされ、また本人の意思があったので問題にはならなかった。

A案は、全く問題だ。

185 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 17:28:03 ID:SXu+Jxug
>>168
複数のローカルのニュース解説やら、全国ネットのワイドショーでも言ってた。

>>160でも
「"臓器移植する場合に限り脳死を「人の死」と認める現行法の該当条文"を削除した。」
となってる。文を読んでも理解できないなら知らん。臓器移植を希望しない限り脳死判定されないと安心してればいいよ。

新聞でもわざわざ寝た子を起こすような書き方して問題点をわかってない人にも理解させてくれるような親切な書き方はしてなかったかもね。

186 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 18:35:25 ID:bLsX00rM
>>185
あのさ、新聞ちゃんと読んだ?>>170の図解わかる?
現行法自体もよく分かっていないんじゃないの?

現行法は、臓器提供に同意して脳死判定で脳死と判定されても、その時点では「人の死」ではない。
その後の臓器提供の時点で「人の死」となる。
それが「臓器移植する場合に限り脳死を「人の死」と認める」ということ。
A案では、臓器提供に同意して脳死判定で脳死と判断された時点で一律に「人の死」となる。

A案提案者が「法的には脳死が人の死となるのは臓器提供の場合だけ」と言っているのに、
「脳死らしい状態になったら必ず脳死の判定する」ってどこで報道していたの?

187 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 18:59:58 ID:u7eUQL+r
>>186
>A案提案者が「法的には脳死が人の死となるのは臓器提供の場合だけ」
削除したんだから答弁が、条文に勝ることはない。

188 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 19:01:23 ID:OHp+6+X9
>>184
A案は「臨床的脳死=人の死」じゃない。
脳死判定して脳死と判定されたら「人の死」となる。
脳死じゃないと判定されれば「生きている」ということ。
だから、法的判定前に勝手に人工呼吸器を外すことは、殺人になる可能性がある。

189 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 19:36:13 ID:u7eUQL+r
>>188
A案は、臨床的死を脳死としているんですが・・・
法的脳死判定は、移植手続きをはじめる意味しかなく、死の概念に関係ない。
家族が、法的脳死判定で、本人を死なすことがないように、臨床的死をもって死としています。

だからA´案が出たんでしょ。

190 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 20:12:47 ID:u3cyibnY
A案を正確に理解せずに反対している人がまだいるんだね。

191 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 20:23:07 ID:ho9K1TYL

>190
こんなことを言いたくはないけど
A案は全く欠陥法案、賛同している人の方が
おかしいよ


192 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 20:29:21 ID:S4LBGqLO
>>188
日本全国に、今現在、老若男女合わせて、どれくらいの人数の
脳死判定後に、現行法のもとまだ生きている患者たちが
いるのでしょう。
その方々は、臓器提供の意思があったから脳死判定を受けたわけではないのでは?
知らないんだけど、知ってます?

改正法が施行されたら、
>脳死判定して脳死と判定されたら「人の死」となる。
ということで、臓器提供を希望していなくても死体になるんでしょ?

>>185
>臓器移植を希望しない限り脳死判定されないと安心してればいいよ。
A案制定後はそうなると何故思うの?
あなたが関係者なら、「臓器提供者以外は脳死判定してはならぬ。」
という一文を、法律に加える力があるの?
各科臨床現場なら無理な注文では?
混乱しないのかなあ?

理解してる>>190なら答えてくれるかな?

193 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 20:51:05 ID:SXu+Jxug
192が何を言いたいのか、よく考えてもさっぱり解らないんだが。

194 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 21:05:12 ID:u7eUQL+r
A案じゃ生きてても殺されるし。
脳死して生き返ったザック・ダンラップをググレばわかる。

195 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 21:19:59 ID:S4LBGqLO
>>193
ひとつのレス枠に3人への質問を
詰め込んでしまった
欲張りすぎだった
失礼致しました。

>>193には
>>185
>臓器移植を希望しない限り脳死判定されないと安心してればいいよ。

A案制定後はそうなると何故思えるのか?

「臓器提供者以外は脳死判定してはならぬ。」
という一文を法律に加えない限り
それは各科臨床現場では無理難題ではないか?
そして混乱すると思わないか?

と尋ねたかった。

他に質問した二人にも
詰め込みレスを向けてしまい
失礼致しました
よければ理解できる範囲で
答えてくれたら嬉しい。

196 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 21:22:44 ID:SXu+Jxug
185の”>臓器移植を希望しない限り脳死判定されないと安心してればいいよ。”は、
脳死=人の死と決定したのに、168があまりにかたくなに新聞で見たから
"臓器移植に同意しない限り死にはならない。"と言いはるからサジを投げただけですよ。



197 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 21:39:07 ID:34h9OuNk
>>196
そうだったんですか。

以下独り言ですが
誰かが答えてくれたら嬉しい。

臨床各科の、臓器提供希望者以外の脳死診断例の検証は
いらないのだろうか?

交通事故や不慮の事故関連などで、脳血管障害などで、頭部の癌などで、
心臓が止まる前に脳CTを撮り、
脳死所見になってしまったケースなどなど。

198 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 22:03:52 ID:S4LBGqLO
国民全てを対象に、A案勉強会、質疑応答会
というものは予定されないのかなあ

病院、医療機関では
国が主催して行うのだろうか?

ネットで公開・一般国民対象の
やさしい質疑応答会とか・・・

199 :名無しの心子知らず:2009/07/17(金) 22:38:40 ID:hVB+HxP6
>197
>交通事故や不慮の事故関連などで、・・・・脳死所見になってしまったケースなど。

まさに改正法の狙っているところです。
患者が移植拒否を表示してないか確認して
(拒否するという証拠が無ければよい)
家族を口説き承諾をとり法的脳死判定になります。

臓器提供希望者という分類は不正確です。
臓器提供拒否表示者以外は臓器提供可能者ということです。


200 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 04:31:55 ID:QTcEu30T
>>195
168だけど、
>臓器移植を希望しない限り脳死判定されない
>A案制定後はそうなると何故思えるのか?
A案提案者がそう説明しているからですよ。
自分が目にしたTVや新聞の報道はこの説明を伝えていて、
新聞は分かりやすいフローチャートで「臓器提供同意→脳死判定」の流れを説明している。
その説明がなければA案が可決されるとは思えない。
仮にも国会審議で説明したことが、法の施行とともに無かったことになるとも思わない。

A案での「人の死」がどの時点からに当たるのか、ここにいる人の認識はバラバラのようですね。
 >>189のように臨床脳死の段階と捉える人
 臨床脳死からまず脳死判定をして脳死と判断された段階と捉える人
 臨床脳死から臓器提供同意の後、脳死判定して脳死と判断された段階と捉える人
医療現場も混乱しているだろうから、色々な質問が厚労省に寄せられるだろうし、
当局からの通達やらガイドラインやらで細かく決められるじゃないかな。

201 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 07:34:21 ID:VCdubz71
>A案提案者が「法的には脳死が人の死となるのは臓器提供の場合だけ」
削除したんだから答弁が、条文に勝ることはない

たしかにね、A案推進者たちの意図が怖い


202 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 08:17:30 ID:JQridRo/
関心を持ってる人でも理解できない法案っていったい…
かわいそうな子供をだしにして、本当は
「脳死は人の死」を決めたかっただけなんじゃないかと。
人の死って臓器提供の時にだけ重要になるわけじゃないのに
移植で利益を得る人のためだけに変更していいことだとは思えない。
もしかしたら移植待ちの人も広告塔で、何か裏があるんじゃないかと思う。

203 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 08:27:10 ID:ukh2CRIS
脳死移植を可能にした法律の臓器移植法が、12年前に制定された。
      ↓
そのときも衆院通過時点では、脳死を一律に人間の死とした。
      ↓
参院の審議で、【臓器移植する場合に限り、脳死を「人の死」と認める、という条文を入れて制定。】
      ↓
12年後の今回は、ドナーの年齢制限撤廃のほかに、
再度、脳死は一律に人間の死としたA案が衆院通過
     ↓
参院審議で、
【E案】現行法を維持する対案
【A′案】A案とほぼ同じ内容だけど臓器提供の場合だけ脳死を人の死とする修正案
が提出されたけど、その2案を退けA案通過、
現行の【臓器移植する場合に限り、脳死を「人の死」と認める現行法の該当条文を削除した。】

という認識で合っているだろうか。

「法的には脳死が人の死となるのは臓器提供の場合だけ」
というのは【A′案】だったわけで、
【臓器移植希望の場合だけ脳死判定する】、
と、このスレで言ってる人がいるけど>>197のケースなどはどうすると捉えてるんだろう???
臓器移植希望してなくても脳死判定されてしまうわけで、
>>199の通りになるケースも出てくると。
子供の脳死心臓死原因って、交通事故や不慮の事故が多いとオモ。

204 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 08:53:28 ID:1g5Y1J8g
A案の条文の6条3に、「脳死判定は以下の場合に限り行うことができる」とある。
1.本人が書面で臓器提供に同意の意思表示していて、
  その者の家族が当該判定を拒まないとき又は家族がないとき
2.本人が書面で臓器提供に同意・拒否の意思表示をしている、
  又は判定に従う意志がないことを表示している場合以外の場合で、
  その者の家族が当該判定を行うことを書面により承諾しているとき。
http://www.asas.or.jp/jst/pdf/20080212/ishoku_kaiseian.pdf

本人又は家族の承諾がない限り脳死判定はできないと明示されているから、
臨床脳死段階の患者全てに脳死判定が行われるということではないよ。

205 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 09:17:23 ID:JQridRo/
そもそも臨床脳死って何?どうやって診断するの?
家族の承諾前に、ぎりぎりの状態の人にとどめを刺す恐れのある無呼吸テストをして診断を下すのか。
それとも明確な基準なしで医師が「脳死っぽいな」と思えば臨床脳死なのか。
移植前提の脳死判定でも、手順が守られていないことが多いのに(50例の検討結果)
複数の「脳死」を作って対応できるのか疑問。

今までは、「脳死っぽい」→脳死判定しないで心停止後の移植の承諾を取る
→臓器鮮度維持のためにヘパリン投与や脱血→急激な悪化→心停止→摘出 してた。
「脳死っぽい」を合法化したら、脳死でない人が摘出されてしまう可能性を高め
知識のない遺族を地獄に突き落とす例が増えると思う。

206 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 10:01:18 ID:0vizMGgv
>>200

http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009071402000167.html?ref=related
中日新聞のフローチャートだと確かに臓器提供同意して初めて脳死判定で法的脳死となってるけど、
こんなの初めて見たんですが。ほんとに、こうなるの?新聞に載ってるのにって言われるかもしれないけど信じ難い。
良く見るのは、読売新聞のサイトに載ってるような表。
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090619-321924/news/20090714-OYT1T00066.htm

207 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 11:55:24 ID:WfTQlMfZ
生まれたときから、本人は臓器提供を望んでいる存在。赤ん坊は、臓器提供したがっている。

およそ人間は連帯的存在であることを前提に たとえ死後に臓器を提供する意思を現
実に表示していなくとも、我々はそのように行動する本性を有している存在である。

これがA案。

ガチガチの宗教論を前提にしている。

A案は、臨床的脳死が死で、法的脳死判定で死となりません。
法的脳死判定は、移植手続きを意味するに過ぎません。死の概念ではないのです。

それは、A´案が提出された経緯からも明らかです。

208 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 11:56:43 ID:hWdJK1i2
遺されて生きてゆかねばならない者にとって、
死の受容過程は、死ぬまでの人生を決めてしまうんだろう。
自分の子供なら、子供が何歳の時点の出来事でも同様に苦しい。
現時点ではこういうスレを読んでいない人はみんな揃って知識のない遺族になる恐れ。
事故、自殺、突然の脳血管出血、家族の脳死の間際で、
心臓死との違いを知っており、
法的脳死・臨床的脳死・
そんなこと分かって身を守れるのは医療や法律関係者の中でも、A案制定に奔走した人くらいじゃないか。

873 :朝まで名無しさん:2009/07/10(金) 05:34:11 ID:PmRo3CxR
ドナー家族についての調査を国会がやっていたんだけど
厚生労働省や移植学会や移植者ネットワークの妨害でなかなか調査が進まなかったんだってさ。
で結果は半分以上の家族が後悔PTSDやら鬱になる家族も珍しくないとさ。

875 :朝まで名無しさん:2009/07/10(金) 07:43:19 ID:DUhqO0wl
>>873
その情報広めたいので、ソースをお願いします

ドナー家族ってほとんど出てこないから
後悔しているんだろうと思ってた

880 :朝まで名無しさん:2009/07/10(金) 20:22:33 ID:PmRo3CxR
>>875

今週の週刊文春。国会の議事録などをあされば第一次ソースもあると思う。


209 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 12:46:19 ID:iUvjC5Bn
「脳死を人の死」とするのは脳死移植を推進するための定義。
 (脳死です、お亡くなりになりました。ご遺体の一部を他の患者に移し
  生き続けられるように  臓器をご提供してくださいね) とか口説きやすい。
その時 死んでいるのは脳だけで体はぴちぴち元気に生きてます、だから欲しいのですが。

従来の「臓器提供時に限り脳死を人の死」だと はじめに臓器提供ありきで
 (臓器ほしいから死んだとしよう)的で抵抗あるからね。

臨床脳死は担当医が判断するものでそれなりに基準は決まってます。
幸い?にも家族の同意を得ると臓器提供するために念のため(脳死じゃないと無駄骨!)
更に厳しいとどめを刺すかのような脳死判定して法的脳死を決定します。

医療現場では迷惑でしょうね、ただでさえ体制不十分なのに法律は出来たのに
臓器提供が増えなければ怠慢とされかねないし。

210 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 13:46:02 ID:1SIvzfWK
そういう葛藤を今までは外国人に丸投げしてきておいて、いざ自国でとなるとヒステリックに騒ぐって、
無責任極まりないと思うんだが?

211 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 15:12:16 ID:hWdJK1i2
>>210
自分も知らなくて、募金報道も美談だと思ってた。反省。自分の周囲も今でもほぼ100%が知らないと予想してる。
他にもラザロ徴候、ザック・ダンラップ、和田心臓移植事件、自分の周囲はほぼ100%が知らないと予想してる。

ドナー・レシピエント・議員・医療関係者・全ての立場で詳しく知らない人が多かっただろうに
医師会がコメントしていた「拙速に」制定されてしまった感。でも一年間の猶予があるようだから
知る人が増えるほど自分やみんなが自衛のための知識を持てるだろうし、
国で決める細かい内容が安全に近づいてゆくのではないだろうか。

以下そういう葛藤を知り得ているかの各立場参考レス。
>>38
> あと、医療者側でも移植への意識はかなり低いのも問題だと思っています。
> マスコミはあまり報じませんが、みんなが意思表示してたって
> 数少ない専門機関に運ばなきゃ移植や提供する事が出来ないので、我関せずな医療者はたくさんいます。
>>48
>移植コーディネーターが知り合いにいて、最近日本で移植出来るようになったからか、
>感謝の気持ちの持って行き方が変な感じだって言ってた。
>「神様ありがとう」「コーディネーターさんありがとう」「先生ありがとう」
>以上!わー良かったねー♪免疫抑制剤頑張って飲もうね〜♪
>て感じらしい。
>提供して下さった方への感謝が薄れてる、と嘆いてた。
>一通、遺族にお礼の手紙を書けるが、遺族の気持ちには全然配慮がないと。

212 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 15:13:24 ID:hWdJK1i2
>★臓器移植A案可決に「やったー」 泣き崩れる遺族も
> 「脳死は人の死か」「臓器移植に本人の意思表示は必要ないのか」−。
> 国会での審議が拙速との批判を受けながらも、衆院解散の流れにのるように臓器移植法の
> 改正案が13日、参院で採決され、「A案」が可決、成立した。
> 脳死は一般に人の死と位置付けるA案を支持するNPO法人「日本移植者協議会」の大久保通方
> (みちかた)理事長は、「感触は分からないが、議員の先生方を信じている」と厳しい口調で話し、
> 議場へと足早に向かった。
> 本会議でA案が可決されると、大久保理事長らは「やったー」と声を上げ、支援者らと固く握手。
> 昨年12月、心臓移植の直前に1歳で亡くなった中沢聡太郎ちゃんの母、奈美枝さん(34)は
> その場で泣き崩れ、父の啓一郎さん(37)がそっと肩を叩いた。裁決が終了すると、啓一郎さんは
> その場で一礼し、議場を後にした。
> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090713-00000563-san-soci
>※元ニューススレ
>・【社会】改正臓器移植法A案、参院本会議で可決成立…「脳死は人の死」が成立
> http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1247459510/
>・【社会】 脳死のまま8年「生き続け」、身長も伸びたみづほ君…母、臓器移植法案A案可決に落胆★3
> http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1245416109/

213 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 16:51:15 ID:hYilwhz7
生まれたときから、本人は臓器提供を望んでいる存在。赤ん坊は、臓器提供したがっている。

およそ人間は連帯的存在であることを前提に たとえ死後に臓器を提供する意思を現
実に表示していなくとも、我々はそのように行動する本性を有している存在である。

これがA案。

ガチガチの宗教観を前提にしている。

214 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 17:39:24 ID:MK7AZDkc
だから、子供が生まれたらすぐに、移植反対カードを作って持たせるべし。
これ、母親の常識な


215 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 22:08:03 ID:Bytwad7L
>>211
>葛藤を今までは外国人に丸投げしてきておいて

知ったから「移植」そのものに反対なんだろ?(ってキャラを作りたいんだろうが)
A案反対じゃねーだろ。


「移植医療」反対で運動しな、素直に。
共産党も社会党も、今度の選挙のマニフェストに加えるべきだ⇒移植医療反対

216 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 23:09:44 ID:hWdJK1i2
>>215
211だけど脳死を一律に人の死とするに反対・臓器提供の場合だけ脳死を人の死とするに賛成・
キャラだよ。過去にターミナルケアに関わった経験も含めて、
遺されて生きてゆかねばならない者にとって、
死の受容過程は、死ぬまでの人生を決めてしまうんだろう。
と心の底から思っている。215の5行の中からは理解し難いけど、葛藤や丸投げ問題も当然含めて、
知識の無かった人が不足していた情報を得て個人の死生観を確立していくことが嫌で、そんなに突っかかるの?
215のようなスタンスキャラが、全てを理解して考え納得して移植意思のドナーカードを持つだろうに。

217 :名無しの心子知らず:2009/07/18(土) 23:37:59 ID:JQridRo/

   ★脳死でドナーになることを決意した人へ★

レシピエントのことだけでなく、自分の家族のことも考えましょう。
残された家族が残りの一生を後悔しながら過ごすことがないように、
ドナーカードを持つと同時に家族を説得しましょう。
呼びかけに手を握ったり、名前を呼ばれると涙を流したりしても、
脳死と判定されれば脳死です。
どこかの誰かを助けたい気持ち、脳死判定を信じていることを強調して下さい。


   ★心停止後にドナーになることを決意した人へ★

臓器摘出は心停止後ですが、ほぼ脳死提供と考えて差し支えありません。
脳死判定はありませんが、摘出を承諾するとすぐに、ヘパリン投与・臓器の
脱血・冷却等の治療が始まり、早期に心停止することになります。
これは、質の良い臓器を摘出するために必要不可欠な治療です。
自然死を迎えられると勘違いし、大きなショックを受ける家族が多いので、
死期が早まっても後悔しないと、家族にハッキリと伝えて下さい。

218 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 00:00:32 ID:VCdubz71
>214
この板に不安になって、粘着していたけど
年齢撤廃したとてなにもかわらない。日本はもともと仏教の国だし増えない。
今後も議論はされないだろうし、(票にならないから)なにも進まない
何も変わらない。今までどうり
だから、今の段階でドナーカードを持っていると意志があるとみなされるのでは?
それよりも、子供がドナーカードに提供に○をつけていないか確認したほうがいいよ。
提供に丸をつけていたら、脳死だから即抜かれる危険がある。

219 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 00:11:16 ID:vNB7ooYC
だから「移植医療」に反対なだけならスレ違いなんじゃね?

220 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 00:22:43 ID:+39p8teh
なんと言われようと無理です
もう少し日本でも脳死→臓器提供の歴史が出来なければ無理

臓器あげても助からなければ意味かないからね
時間がかかりますよ


221 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 00:31:24 ID:ZKEhHa9y
>>219
>>3

222 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 00:31:58 ID:HRo99jZO
>>218
>日本はもともと仏教の国だし増えない。

んなこたーない。
仏教の「層化」は移植賛成だ。

223 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 00:34:19 ID:HRo99jZO
「仏教だから移植反対」の根拠が全く不明。


何処の宗派が反対表明したのか?
オレの親は西本願寺派だが、「移植反対」とは全く言ってないが。

224 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 00:36:50 ID:wFfayNcu
>219
は?
やりたければやればいいじゃん
ここは、わが子の臓器提供できますかのスレだし
99・99%の日本人は拒否るよ
ただその残りの枠はあけたっただけじゃん

225 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 00:38:42 ID:HRo99jZO
「移植医療反対」なのは、一部の宗教団体、社民党、共産党、
民主党の一部、なわけよ。

宗教とか全然関係ない。
事実を正しく伝えろな。

226 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 00:52:00 ID:wFfayNcu
わが子の臓器提供できますかのスレで

99・9・%の日本人は提供できない。

そのほかの枠を広げてあげたんだからなんか文句ある?

ーよってこのスレは終了ー


227 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 00:52:30 ID:hzTm2Wsp
嘘吐くのが好きだね。
自民と民主の総裁や元首相のアベさんも反対票いれてる。
5月の日本医学会の期間が短い無茶なアンケートでは、
賛成は107学会中46学会(半分以下)だった。
焦点?の小児科系では、
日本小児科学会「微妙な立場にあると認識している」「脳死予防の必要性」
日本小児外科学会「賛成」
日本小児神経学会 「回答せず」

228 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 00:53:15 ID:wFfayNcu

 わが子の臓器提供できますかのスレで

 99・9・%の日本人は提供できない。

 そのほかの枠を広げてあげたんだからなんか文句ある?

 ーよってこのスレは終了ー




229 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 00:53:55 ID:HRo99jZO
>>226
>99・9・%の日本人は提供できない。

オマエ、書き込むからには根拠出せよな。
いい加減なことを言い張ると、本当に問題提起してる人に迷惑かかるぞ。

230 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 00:57:52 ID:HRo99jZO
>>227
何処の宗派が反対表明したのか?


これについて知らんのか?

>日本小児科学会「微妙な立場にあると認識している」「脳死予防の必要性」
>日本小児外科学会「賛成」
>日本小児神経学会 「回答せず」

子供扱う医者は「反対」とは明言して無いじゃん

231 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 01:03:38 ID:ZKEhHa9y
ID:VCdubz71 [age]=ID:wFfayNcu [age]
はログを流そうとしてない?もしかして。やだなー。

232 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 01:18:07 ID:ZKEhHa9y
>>230
つバリバリ縦社会!!
なのかな?病院や医師のblogとか本音を読めるかもよ。

233 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 01:37:58 ID:wFfayNcu
>230

10宗教団体、臓器移植法改正でA案に反対 [07/08] (84) - ニュース実況+板@2ch

パソコンの不具合とはいえ連投してすみませんでした。
こここまでスレつくとはw

234 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 02:10:34 ID:wFfayNcu
>仏教の「層化」は移植賛成だ。

 あれは仏教とはいわないんじゃない?仏教というより池田大作。
 仏教から破門されたんじゃ?




235 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 05:04:53 ID:Uk/0prfL
>>227
麻生さんや鳩山さんはD案に賛成だったので、「移植医療反対」ではないでしょう。

自分はA案賛成派だけど、「移植医療禁止・渡航移植禁止」になっても良いと思っている。
だけど、そうなったところで移植希望者が闇にまぎれて移植して、
更に可哀想な外国人を増やすだろうし、それを確実に取り締まるのは難しい思う。
国内での移植の枠を広げる方に向かうしかないんじゃないかと。
それと同時に、「渡航移植はしない・させない」という意識を浸透させるようにしてほしい。

236 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 08:56:09 ID:hzTm2Wsp
>>227はA案のこと。
移植医療を中止すべきとの法案は提出されなかったんだから、
党にかかわらず「移植医療」に反対してる国会議員はいないのでは?

アンケは回答期間が5日間で、学会員全員の総意とはとても思えないが
日本小児外科学会 小児の移植手術の中心になると思われる学会は「賛成」
日本小児神経学会 小児の脳死判定の中心になると思われる学会は「回答せず」
なのが興味深い。

237 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 11:49:53 ID:nSWB5EW5
移植医療反対に論点をすりかえようとしてる。
よっぽどA案が理解されて反対者が出るのが都合が悪いんだな。

238 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 13:13:29 ID:ZKEhHa9y
あえてヲチしてみると
レッテル貼りのワンセンテンスレスが定期的に出現。

グリーンピース並みの発想の移植妨害組織
左巻き
特定団体のリンクへの誘導がウザイ
変なネガティブイメージキャンペーン移植医療反対な粘着がいる
A案を理解せずに反対している
移植医療に反対はスレ違い
ヒステリックに騒ぐ

次は何だろ。

239 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 16:20:28 ID:blZOJ7I7
自分のこどもが難病にかかって
我が子への臓器提供、求めますか?となったら

迷わず 「もちろんです」

迷っても 「お願いしたい」

迷ったが 「いえ結構です」

迷わず 「求めません」

多くの人は やっぱり臓器提供して貰いたいだろうな。
ヤダヤダ=クレクレ?

240 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 17:08:53 ID:blZOJ7I7
あ、もちろん
クレクレ=ヤダヤダ もね。
提供して貰っても提供するのはゴメンネっ なんちゃって。

結局エゴのぶつかりあいが大多数。
善意の贈与と感謝の命のリレーなんてキレイごとじゃ進まないじゃないか。


241 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 18:14:46 ID:j7B31jZK
わが子が脳死と判定された場合、赤の他人に臓器提供はできません。

また、自分が臓器移植の必要な身体になってしまった場合、他人の臓器まで頂いて生きながらえようとは思いません。
それが運命と思います。

しかし、わが子が臓器移植が必要となると難しいですね。
全財産をはたいてでも、なにがなんでも生きさせようと(臓器移植をさせようと)するのでしょう。

子供に対する親の愛情なんでしょうか。
そうなると地獄ですね。




242 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 20:18:51 ID:HRo99jZO
>>238
それ、殆どオレ(w

>>241
このスレ的にはそういう心情が語られるべきなんだと思う。

しかし、「移植自体に反対」に誘導しようとする粘着な御仁のおかげで
変に盛り上がってしまってるようで。
現実に「移植を求める患者」がいる以上、何処かで折り合いを付けなければ
ならないのに、移植に関わるグロテスクな印象ばかりを持ち出して
「移植そのもの」を否定しようとしている、現実が見えない不自由な
人たちの姿が良くわかった。

代表格は動画に出ていた社会党議員。


243 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 20:40:11 ID:hzTm2Wsp
現実にどんな移植医療が行われてるかには目をつぶって、
「移植を求める患者」のことしか考えられない方が、頭が不自由だよ。

移植医療の普及を願うなら、汚いやり方で騙し取ろうとしないで正々堂々と情報公開すべき。
ドナー遺族の声を無視してレシピエントの都合ばかり言いたてるのではなく
遺族の声も聞いて公開し、問題があれば改善し、脳死診断の確実性をより高め
不正が入る余地を極力なくし、違反者は罰し、善意から提供を希望する人が
安心して提供できる環境を作っていくべき。

244 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 20:43:11 ID:HRo99jZO
>>243
>汚いやり方で騙し取ろうとしないで正々堂々と情報公開すべき。

毎度のことだが、どこがどう「汚いやり方」なのかソースヨロシク。

12年間思考停止させてきた反省は無いのかね?

245 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 21:00:24 ID:0ujYgNDg
心臓移植ってほんとに助かるん?

246 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 21:31:31 ID:ZKEhHa9y
>>242
うん、同一人物ピックアップのつもりだったよん。
まさか本人が教えてくれるとはww
7/14 ID:bRGq+IgU 11レス
7/15 ID:WeFEWHBT 8レス
7/17 ID:nIdy51Rp 3レス
7/18 ID:Bytwad7L 1レス
7/19 ID:HRo99jZO 7レス現時点
これでしょ?>238の中味
君こそ粘着さんじゃ・・・・・・・・・
他の板だと人生の諸先輩達に論破されるから
此処に居座ってるのかぁ。

247 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 22:35:11 ID:hzTm2Wsp
汚いやり方

・「移植以外治療法がない」→移植しても助かるとは限らない、
 移植以外の治療法を選択してる病院・親がいることは報道しない
 治療の結果や予後も公表しない
>今、渡航移植をしている子どもの原因疾患の多くは、拡張性心筋症と言われている。
>私自身小児科医であるが、この病気は本当はもっと早く介入すれば移植という治療法以外の
>道があると思うし、現実に、県立長野こども病院等々ではそういうこともやっている。
>移植が必要となると言われている子どもたちの病態に対して、そうさせないための治療が重要だと思う。
>このことは脳死の問題と根本のところで同じなのだと思っている。
ttp://www.tkfd.or.jp/research/sub1.php?id=236

・子供だけを前面に押し出して同情をひき、移植を必要としてる患者の大半は
 中高年である事実を隠している。2歳の子供の臓器を65歳に提供してる現実
 は報道しない。有病率が非常に高い老人全てに行きわたる臓器提供が出来る
 可能性はもちろん検討しない。

・A案提出者・冨岡氏とA案推進派の事実と矛盾した発言
 「脳死は人の死であり科学的な事実」
      人間が決めたことで、科学的な事実ではない
 「小児の脳死判定は難しくない」
      日本には小児の脳死判定に携わった経験のある小児科医がほとんどいない
      「小児の判定は医師も不安だ。小児の脳死判定には限界がある」大阪医大小児科教授
      「子供の脳には未解明な部分が多い。デリケートな問題」香川大救命センター河北賢哉助教
 「臓器の提供を待っている多くの患者が、(現行法の)臓器移植に係る要件によって、
  諸外国のような臓器の提供を受ける権利が奪われている」
      臓器の提供を受ける権利はいつ制定されたのか?
      権利を保障されている諸外国wがいくつあるのか?
      例えば米国では、金持ちと一部の州の極貧者以外は移植待ちさえ出来ない事実は隠す
      金持ちでさえ臓器が足りずに移植を待ちながら亡くなる人のほうが多い事実は隠す

248 :名無しの心子知らず:2009/07/19(日) 22:36:33 ID:hzTm2Wsp
・81例しかない脳死下の臓器摘出は、12年の間専門チームによって検証さえされていなかった
 心的外傷後ストレス障害(PTSD)やうつ病になったドナー家族の例は報道されていない
 レシピエント側は症例報告の場がいくつもあり検証されていた
 12年間置き去りにされていたのは、ドナー遺族

・心停止後の臓器摘出が、実質、厳密な脳死判定をしない脳死移植であることを隠蔽している

他にも書ききれないほどあるのが関連スレッドを読めば出てくると思う。
自分は移植医療の概念には反対しないが、A案には反対。柳田邦男氏に同意。
ttp://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kaigirok/daily/select0107/171/17107020062021c.html
ttp://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009071402000078.html

249 :名無しの心子知らず:2009/07/20(月) 00:40:32 ID:TuNy7MW+
4月21日の衆議院小委員会で説明されたという、
日本小児科学会(有効回答数4,187人)のアンケート調査で
新生児を含む小児の脳死判断が
医学的に可能だと答えた小児科医は3割だった
という現状では問題点がありそう。
脳死判定の精度を上げてほしいもんだ。
平坦な脳波記録、まっくろな脳CT写真等を見せてもらって家族自身が
脳死証拠の確認をするのを義務付ける、
又は家族自身が知識を必ず持ちそれを求めて
必ず証拠を確認して自分を納得させる。


他板のこの意見に共感した。
944 :朝まで名無しさん:2009/07/16(木) 07:55:33 ID:Xpv2MmRS
脳死判定がいつも完璧に行われると思えない以上は、脳死時における臓器提供はできないな。
脳死判定が覆った例がはっきりいって多すぎるわ。
脳死は人の死と決めるのは結構だが、いざ脳死判定に持ち込まれた後、
世界中でどれだけの「生きてるやつ」が生きたまま切り刻まれた地獄を
味わいながら死んでいったかと思うと、冤罪死刑なみにたちが悪い。

250 :名無しの心子知らず:2009/07/20(月) 00:57:27 ID:Y/CvRxu1
>>246
30/246が「粘着」か?

251 :名無しの心子知らず:2009/07/20(月) 00:58:39 ID:Y/CvRxu1
>>247
>>248
>>249
しかし、「移植自体に反対」に誘導しようとする粘着な御仁のおかげで
変に盛り上がってしまってるようで。


252 :名無しの心子知らず:2009/07/20(月) 02:28:15 ID:CKCF81w7
生体間移植ならまだしも、人の死を願い早期に死に追いやるハイエナ移植は微妙なことは確かだ
死ぬ死ぬ詐欺もそうだが、脳死者だって移植希望者だって何もしないと死を待つのは同じなら
それは寿命なんだからアキラメロン


253 :名無しの心子知らず:2009/07/20(月) 03:31:16 ID:yiVW08YL
>>243
>移植医療の普及を願うなら、汚いやり方で騙し取ろうとしないで正々堂々と情報公開すべき。
全く同意です。
情報提供も議論も不十分な現状では、他者の安易な善意につけ込んでるとしか思えません。

>善意から提供を希望する人が 安 心 して提供できる環境を作っていくべき。
善意からの犠牲を受け取る側の最低限の義務だと思います。

254 :名無しの心子知らず:2009/07/20(月) 05:08:42 ID:/ZnPFTzX
17日付で改正法が公布されているね。官報をネットで読める。

現行法とそのガイドラインをちゃんと読んだら、
脳死者を死亡とする時点は、脳死判定で脳死と判定された時点だった。
自分はその後の実際に臓器提供される時だと考えていたよ。

「臓器の移植に関する法律」に明示されている「脳死した者」とは
 現行法において、臓器提供する人で脳死判定で脳死と判定されたもの
 A案では、脳死判定で脳死と判定されたもの
だから、>>207が考えているように、A案が臨床脳死段階で死としているわけではない。
現行法と同じく、脳死判定で脳死と判定された時点で死となる。
A案では「臓器提供する人」が抜けるけど、脳死判定は本人又は家族の承諾が必要と明示されている。
本人が臓器提供拒否だと脳死判定出来ない。
脳死判定をするか伺う時点で、本人が臓器提供に同意・拒否の確認は必要になる。
ただ、本人が拒否してない場合、家族が脳死判定にまず同意して、
脳死判定後に臓器提供の判断をするという流れも可能ということか。


255 :名無しの心子知らず:2009/07/20(月) 17:59:43 ID:7zcUP8qw
[脳死を人の死とする]は臓器移植時に限るというが
遺産相続権としてはどうなのかね。
場合によってはかなり微妙な問題だろう。




256 :名無しの心子知らず:2009/07/21(火) 08:46:40 ID:OmShUTuJ
>>250
計算まちがってるよー
7/14>>74起点、7/15>>251着点。
それ、殆どオレ(w 的>>219>>210>>190等IDはカウントしてない。
最低見積もり 6日で32/178
んで、少なくても5〜6レスに1レス割合で連日出現
大したもんだ。

257 :名無しの心子知らず:2009/07/21(火) 08:49:56 ID:OmShUTuJ
お返事に窮するもの
お気に召さないレスには
移植医療反対なだけだろフンガー!
としょっちゅうレッテル貼りで流しにかかったり
安価付質問へのレスくれた人に
>>252でハイ終了!
とか相手方に失礼極まりないわw
連日繰り返してると立派な荒らしじゃんか
(無自覚みたいだけど)
過疎らせて次のシマか。
チャットしてた>>218=>>233の謙虚さ(粘着?と告白)
誠実さ(不具合にて連投謝罪)を見習うべき。

258 :名無しの心子知らず:2009/07/21(火) 08:52:43 ID:OmShUTuJ
>>252× >>251○ 安価間違いスマソ

259 :名無しの心子知らず:2009/07/21(火) 22:52:06 ID:ZC0YWO3j
出版社を集団で襲ったのは罪にならなかったんだっけかお?

260 :名無しの心子知らず:2009/07/22(水) 08:50:56 ID:FMh8D1MY
生まれた時から心臓が動いていても脳死で死人なんだよ。
が刷り込まれて当たり前のことになったら、その概念が定着してしまった数十年後には
今以上に命を大切に出来ない人間が増加していかないだろうか。日本の治安は守れるか。
何よりも死の概念が脳死と心臓死では、子供たちの人格形成上に悪影響が出る可能性はないだろうか。
親が子へ、命について教育するネックとはならないだろうか。
幼児期には、親の色んなねがいを込めて、咲いてる花や草にも命があると教えてきたんだけど。
子供が死について意識しはじめて悩む時期は学童期〜思春期あたり?


261 :名無しの心子知らず:2009/07/22(水) 18:55:34 ID:9P3PxRye
生まれた瞬間から臓器提供の意思を持つ。
臓器推進派が中絶に反対しないのは、
生命の価値というカトリックの都合のいいとこ取りで、
臓器を欲しいというから中絶はスルーなんだよな。
本来なら中絶反対も主張すべきなのに、臓器だけ目的の利己的が本性だから主張しない。

262 :名無しの心子知らず:2009/07/22(水) 20:10:00 ID:aGhNUKOe
>>261
日本語で

263 :名無しの心子知らず:2009/07/22(水) 21:07:24 ID:9ycDQWPn
将来、見た目で分かる障害持ちとか産まれたら混乱している内に臓器提供させられてそう…

264 :名無しの心子知らず:2009/07/22(水) 23:53:08 ID:45ogEeyk
>>263
あなたの思考過程からなぜ
「提供を拒否する」って選択肢が排除されてるのか、全く理解できないのですが。「同意させられる」って発想も理解不能。
提供したくないって意思表示もできない程、自己表現できない方なんですか?
ageてまで書き込みしてるんだもの、それくらいできますよね。
それに、自分や大切な家族の臨終の事まで、誰かの意見に流されてしまう?だなんて、
そっちの方がどんだけ情がない人なの?と思いますよ?
それくらい、というかそういう時こそ自己主張しましょうよ。
こんな所で馬鹿いってないで


265 :名無しの心子知らず:2009/07/23(木) 00:05:30 ID:OWthOYR+
生まれる前に臓器提供を拒否できないからじゃないかなw

あの強引な採決とやったーを見たら、不安になる人は多いと思うよ。

266 :名無しの心子知らず:2009/07/23(木) 08:32:02 ID:hCaC8/jq
>>264
体験してないから考え込んでしまう問題かも。>263
お二人のレスを見ても、イメージトレーニングは大切だと思った・・・。
自分だけでなく他者の母子の心配。
臓器移植法についての議論を目にしていない人の心配。
出産前診断でわかってはいてもイザとなったら後悔したり動揺するかもしれない。
胎児時代の前診断が無く出産して混乱、動揺した場合。
冷静で正常な判断能力が一時的に不足していた場合。
出産前後の急激なホルモン減少の関係で精神不安定になりやすいだろうし。>10人に1人は産後うつ
合法的な後押しや逃げ道があるなんてね。

健康児だろうに家族にも気付かれずに子供を自室やトイレや押し入れに産み落として
そういう意識ママの子供の命がなくなったニュースがあったような。
そんなケースで瀕死の新生児が病院に運ばれていた場合。
・・・微妙にスレ違ってるかな?

267 :名無しの心子知らず:2009/07/23(木) 08:53:33 ID:hCaC8/jq
>>263-264の問題提起を読んで思った。
年齢制限を全部撤廃したうえに、脳死は人間の死ときめたA案なら、
A案実行時には責任を持って、母子手帳にも新生児の臓器提供についての情報記載や
家族の意思表示欄が必要ではないだろうか。
0歳から対象だと制定されてしまったのだから・・・
「拒否していない人間」は全対象だし、
決して医療者や病院やコーディネーター側から尋ねてはいけない、なんて法律はないから、
人知れず、それを口に出されてしまうケースが無いとも限らない。

268 :名無しの心子知らず:2009/07/23(木) 10:53:35 ID:rnP/LgY4
臓器コーディネーターって最初臓器コーディネーターってこと隠して近づいてきて
しかも「終末医療の支援者」とかいう
さもあなたの味方ですよみたいな肩書きでくるって本当なんかね

269 :名無しの心子知らず:2009/07/23(木) 12:22:49 ID:FLy5Z4Po
>263は脳死と全く関係ない話だし
ただの見た目ではわからない何かが足りない人なんじゃないのかなw

270 :名無しの心子知らず:2009/07/23(木) 13:03:42 ID:X8HAxveV
>決して医療者や病院やコーディネーター側から尋ねてはいけない、なんて法律はないから、
>人知れず、それを口に出されてしまうケースが無いとも限らない。

現行法のガイドラインに以下の文があるから、
現状でも臨床脳死になった段階で、患者側に臓器提供の意志について聞かれる。
それは改正法になっても変わらないはず。
「臨床脳死と言われて混乱のうちに提供に同意させられるかも」ではなく、
臓器提供する意志があるのかないのか、今のうちに家族で話し合った上、
その意志を明確に書面に記しておくことが必要だと思う。

ガイドライン 第4の1
「主治医等が、臨床的に脳死と判断した場合以後において、家族等の脳死についての
理解の状況等を踏まえ、臓器提供に関して意思表示カードの所持等、
本人が何らかの意思表示を行っていたかについて把握するよう努めること。
その結果、家族等から、その意思表示の存在が告げられた場合、
又はその意思表示の存在の可能性が考えられる場合には、主治医等は、
臓器提供の機会があること、及び承諾に係る手続に際しては主治医以外の者
(「コーディネーター」)による説明があることを、口頭又は書面により告げること。
その際、説明を聴くことを強制してはならないこと。
なお、法に基づき脳死と判定される以前においては、患者の医療に最善の努力を尽くすこと。」

271 :名無しの心子知らず:2009/07/23(木) 13:33:16 ID:CZM9SzvU
お金が絡むいのちの問題は
どうしても恐怖感を拭えません

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 22:44:12
移植推進団体は、人工臓器を作って治療するよりも、臓器移植しての治療の
方がかなり安くなります、と言っていた。
当たり前だよね、人工臓器は利益を見込んで作って、高額で売るんだから。
一方、移植される「臓器」は無料なんだから、資本主義社会って価格は需要
と供給のバランスで決まるって言うよね、そうしたら臓器の需要は膨大な量
で供給は極端に少ないから、本当は臓器って何十億円もの価値がある、いや
天井知らずか、何しろ「命」を移植するのだからね。
命を貰う人は「無料」だと思っているところが恐ろしい。
しかし、臓器提供は無料でも摘出したり移植する医者達は無料ではしてくれ
ないんだ、心臓移植の初期費用は900万〜1200万円と言っていた。
ところで臨床脳死診断や臓器摘出まで臓器を新鮮に保つ薬剤とか、摘出時の
麻酔薬、筋弛緩剤とかの医療費はどっちが負担するのだろう。
もっとも臓器を有料にしたら臓器売買という犯罪の温床になるから出来ない


272 :名無しの心子知らず:2009/07/23(木) 18:26:36 ID:R64AYA2B
拒否の意思は法的に保護しない改正案。

拒否してたの?臓器とったからもう遅いよ。責任?何の?

拒否をしても無意味です。

生まれながら臓器提供の意思を持っているのに、拒否が正当化されるわけがない。
拒否は悪と言うのが徹底されている。
だから拒否は保護しない。

273 :名無しの心子知らず:2009/07/23(木) 19:35:02 ID:9GD8mZ8S
感情的に非難する人にはきっと
神様から学びの日が与えられてしまうと思うんだ
糖尿とか、スキー事故とか

274 :名無しの心子知らず:2009/07/23(木) 20:54:37 ID:DfkAfmz2
神様?
笑わさないでよ!

275 :名無しの心子知らず:2009/07/23(木) 21:01:11 ID:C1A42ABt

神様から学びの機会を与えられたにもかかわらず学習しなかった人の心の叫び

 脳死って生きる屍じゃないの、要するに物なんでしょ
 なんで○○ちゃんのために臓器くれないのっ
 さっさと死ねよ、この死に損ない


276 :名無しの心子知らず:2009/07/23(木) 21:35:25 ID:OWthOYR+
移植を待つ子供を持つ親の「一部」の言動は見るに堪えないけど、
脳死かもしれない子供を大切に看病してる親と、根っこの部分は同じ。
本当に問題なのは、子供を盾に強引な移植法案を通した国会議員・
移植を受ける権利とかいいだした移植ネットワーク・卑怯で卑劣なやり方の
医療従事者と、それを美談として煽るマスコミだと思う。

277 :名無しの心子知らず:2009/07/24(金) 00:00:19 ID:N8MyRZyg
>>275
>>276
何でそんなに悪意のあるコメントができるのか、不思議だ。

そういうスタンスだから「A案反対」意見に同意する人が少なかったんだと思う。

身から出た錆び、とはまさにこのことだね。

278 :名無しの心子知らず:2009/07/24(金) 00:21:53 ID:ObugSGEd
>>272さんが言ってるのはこういう事かな………。

23::2009/07/15(水) 19:08:20 ID:VVmrGnED0
河野太郎は
「移植後に、脳死者は拒否してた事が判明した場合も、誰も責任は問われない」
って言ってたそうだけどこれが本当なら怖ろしい。

彼は自分の父親に生体肝移植したんだよね?
遺伝で太郎も後年肝臓が必要になる可能性って充分考えられる。
それが目当てで法案プッシュした面はあるだろうなあ。

25::2009/07/15(水) 19:36:02 ID:3UZ+44bT0
>>23
河野議員が、父親のために肝臓を提供してそんなに時間が経ってない頃、
テレビに出て、臓器提供について話をしていたんだけど、その内容が、

・父親は偉大な業績があり、移植してでも、生きるべき人
・肝臓は生体間しか移植方法がなく(死後の摘出不可)、家族からの提供しか方法がなかった
 →「しかたなく」臓器提供をしたらしい。
・自分の仕事は変わりの人には勤まらない仕事だから、早くに事後と復帰したが、体調がよくなく
 このようなリスクのあることを自分がしなければならない社会がおかしい。
・父親が再度移植が必要になった時、リスクが高く、他の家族に提供をお願いできないので
 悩んでいる
・脳死からの移植をライフワークとして取り組みたいとまとめてた

ほとんどが、自分へのリスクが気にいらなくて、愚痴ばかり言ってた。父親が偉大だという
のも繰り返しいってた。選民意識があるのではないかぁ。

279 :名無しの心子知らず:2009/07/24(金) 02:20:27 ID:Hx4yaDxm
>>277
>>273が人の不幸を願うようなカキコだからじゃね。
きっと神様があの人たちに不幸(糖尿病・スキー事故)をお与えくださるみたいな。
>>273自体が感情的なカキコだからこそ>>275のようなレスを呼ぶんだと思う。
>>275はひどい揶揄だと思うけど>>276はちゃんとした批判に値するレスだよ。
自分の意に沿わないコメントはなんでも悪意に満ちてるとあなたは感じる人なんだろうけど。

280 :名無しの心子知らず:2009/07/24(金) 08:27:31 ID:TyraosE1
>>278
>「移植後に、脳死者は拒否してた事が判明した場合も、誰も責任は問われない」

から、なぜ>>272さんが言っている

>拒否をしても無意味です。
>生まれながら臓器提供の意思を持っているのに、拒否が正当化されるわけがない。
>拒否は悪と言うのが徹底されている。
>だから拒否は保護しない。

という思考に至るのか、理解できません。

281 :名無しの心子知らず:2009/07/24(金) 10:40:41 ID:51qKCWs0
正直に糖尿病になれスキーで事故れって言えばいいのに。
自分が直接言ったことにはしたくないんだね。
勝手に名前使われた神様からの学びの日、早く>>273に与えられるといいね。
糖尿病もスキー事故もどっちも。楽しみだね。

282 :278:2009/07/24(金) 10:52:22 ID:fC89RWwN
それは>>280さんがなぜか無視して抜いている
>拒否の意思は法的に保護しない改正案。

>拒否してたの?臓器とったからもう遅いよ。責任?何の?

から、
>>278
>>「移植後に、脳死者は拒否してた事が判明した場合も、誰も責任は問われない」
>って言ってたそうだけどこれが本当なら怖ろしい。
の引用部分に同意という思考に至ったからでした。

これから一年後の実施にむけて細かい法整備にとりかかるんですよね?
>・脳死からの移植をライフワークとして取り組みたいとまとめてた


臓器移植法の生命倫理とは?

ドナー側の人権とは??

283 :名無しの心子知らず:2009/07/24(金) 11:06:24 ID:fC89RWwN
第一臓器の摘出要件等の改正
 一 2
当該者の遺族が当該臓器の摘出について書面により承諾し、かつ、当該臓器の摘出が行われる病院又は診療所において、
当該者の遺族に対する当該臓器の摘出に関し必要な事項についての説明が不適切であったこと、
当該者に対するその遺族による虐待が行われた疑いがあることその他の移植医療の適正を害するおそれのある事実がない旨の
確認がされているときは、移植術に使用されるための臓器を、死体から摘出することができるものとすること。(第六条第二項関係)

という>>4D案の部分が条文化されていたら、例えば>>159>>179>>181>>247-248
みたいな、ドナー側が知っていたら断れた、説明不足、知識不足ゆえの取り返しのつかない不幸が

>当該者の遺族に対する当該臓器の摘出に関し必要な事項についての説明が不適切であったこと、

に合致するので情報公開につながってゆく大切なものだったのではないかと思いました。

284 :280:2009/07/24(金) 12:54:16 ID:KUIUqNPd
>>282
あぁ、ゴメン。書き方が悪かった。
>>272さんは>>278の引用部分のことを言っていると思うけど、
書き込み内容は理解できないと言いたかった。

「本人が臓器提供に同意をしても無意味です。家族が拒否するから。」
逆にこっちの方が分かる。

285 :名無しの心子知らず:2009/07/24(金) 13:56:05 ID:fC89RWwN
>>284
あ、>>272さんへのレスだったのですね〜。
勘違いついでに、私は272さんレスの後半は、前半のA案背景の問題点について、
強烈な皮肉を言っているのかな〜と勝手に受けとめていました。
>>207に似ているな…なんて。

286 :名無しの心子知らず:2009/07/24(金) 16:44:57 ID:2GeMp+5z
>>207>>272は同一人物の書き込みだと思いますよ。

現行法のガイドラインを読むと、最終的に臓器が提供されるされないに関わらず、
脳死判定で脳死と判定された時点で「死亡」となっているから、
現時点で「脳死は人の死」とも言えるんじゃないかという気がした。
A案は「一律に脳死は人の死」と言われるけど、
臨床脳死患者全てが脳死判定を受ける訳ではなくて、本人又は家族の承諾が要る、
臨床脳死を脳死と位置づける訳ではなく、脳死判定で脳死と判定されなければ「法的脳死」ではない。
結局、現行法より脳死判定や臓器提供出来る範囲が広がっただけに思える。

287 :名無しの心子知らず:2009/07/24(金) 18:40:20 ID:A+9SwOcH
>>286
>臨床脳死を脳死と位置づける訳ではなく

それは違う。
A案は、法的脳死判定前に臨床的脳死を死としている。
A案は、死んでるんだから法的脳死判定で家族が本人の死亡を決めなくてすむといっている。
河野も、臨床的脳死が死だといってたし。

またA´案があったことからもわかる。

288 :名無しの心子知らず:2009/07/24(金) 22:06:23 ID:gFmlZWuw
そうだよね。
それが 「脳死は一律に人の死」の位置づけだね。
死んでいるんだから生前に拒否してない以上、遺族の同意で臓器が取れる。

従来の「臓器提供時に限り脳死は人の死」だと
事前に臓器提供同意がないとだめだった。

289 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 03:11:12 ID:GYw/4iYv
>>288
>死んでいるんだから生前に拒否してない以上、遺族の同意で臓器が取れる。

それの何処が問題なのかがわからん。
残された遺族が「同意」してるのに、何で他人が文句言うの?

同意してないのに強奪、なら道義的に問題ありだが、そうはならない法律なんじゃね?

まあ、何がなんでも「強奪」にしておきたい人も多いんだろうとは思うが。

290 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 03:26:25 ID:GYw/4iYv
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%93%E5%99%A8%E3%81%AE%E7%A7%BB%E6%A4%8D%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B

Wikiより引用

大きな問題点の一つは「15歳未満の移植を可能にする」ことなのよ。
それが反対派にかかると「脳死が死」は受け入れられないに論点が変わる。

国際的な圧力から考えても日本だけ「15歳以下は移植できない」法体系は
あってはならないと思う。
議論すべきはその部分で、「脳死が死」かどうかは二の次なんじゃないのかと
思うわ。
反論も根拠不明な感情論ばっかりだし。

291 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 03:49:43 ID:thHZ0G7g
自分は、今、誰より愛してる息子が脳死しても、
心臓が動いている限り、看病を続けてしまうと思う。
息子が二度と目を覚まさないとしても、寝顔を見ているだけでも。


そんな親は多いはず。

292 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 03:55:37 ID:GYw/4iYv
>>291
その気持ちは痛いほどわかるし、自分もそう考えると思う。

だけど、そこを達観して移植に同意する親もいるかもしれない。
現行法ではそれが不可能、殺人行為になるから。
提供の意思のある人の「提供する権利」だってあるはずだ。

そこを緩和する、可能にする法改正に反対する理由って何?

293 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 04:38:25 ID:Og+Ytnr3
知り合いのお子さんが、海外で脳死患者さんから臓器移植していたことがわかった。
手術自体はもう何年も前の話で、新参者の私はそのことはつい先日知ったばかり。
すごく真面目で勤勉でよいご両親。そんな過酷な体験されてるお子さんも手術成功して成長されているよう。(お子さんは直接知らない)

今までは、子どもの脳死を人の死判定は反対派でしたが…信念が揺らぐというか、なんだかすごくすごく考えさせられました。

考えれば考えるほどムズカシイ問題だなぁ…

294 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 04:51:26 ID:lONVAoYL
>>287
>>286だけど、A案は臨床脳死段階を「一律に死亡」としているわけではないということです。
条文にも「脳死とは脳死判定で脳死と判定されたもの」とある。
臨床脳死段階では、脳死患者(死亡)と脳死でない患者がいる。
臨床脳死段階で「死亡しているかも」とは言えるけど、脳死判定しないと分からない。
脳死でないと判定されたら、死ではないし。

現行法は、臨床脳死段階では仮に脳死であったとしても死ではない。
臓器提供に本人及び家族が同意した場合のみ脳死判定に進み、
脳死判定で脳死と判定された時に「死亡」とする。

双方とも、法的脳死と判定された時点で「死亡」とされる(確定する)ことは同じだなと。

295 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 07:27:04 ID:tKVuXjgf
>>292
反対派でも臓器移植自体に反対する人と、A案がダメっていう人もいる。
年齢制限を撤廃するだけならD案でも良いじゃないかとなる。

脳死状態になった我が子を懸命に介護する親の気持ちが分かるけど、
臓器移植してでも生きながらえて欲しいと願う親の気持ちも分かるから、
「クレクレ」などと非難する気はない。
自分の臓器が子供に移植できるのであれば良いけど、そうはいかないのが歯がゆい。

296 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 09:30:23 ID:nv/GEX2y
>>289-290>>291
>国際的な圧力から考えても日本だけ「15歳以下は移植できない」法体系は
あってはならないと思う。
>議論すべきはその部分で、「脳死が死」かどうかは二の次なんじゃないのかと
思うわ。

>そこを緩和する、可能にする法改正
は D案 でも E案 でも A´案 でも可能ですよね?

「脳死が死」かどうかは二の次と考えられるGYw/4iYvさんが、それらを退けて

 A案 と思う理由を教えてください。
(12年間放置決まったものはもう遅いと移植自体に反対に誘導しようとする粘着な御仁、などと言うのはなしで)

移植医療反対ではなく、A案反対なので、知りたい。回答に興味があります。
すごく勉強になる予感がします。

297 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 10:35:56 ID:Givodc3j
>>296
じゃあ貴方はどの案賛成なのさ?

GYw/4iYvさんはA案がベストだとか言ってない。
今回の法改正はそういう事だと言ってるだけだよね。

298 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 10:38:56 ID:nv/GEX2y
>>289
>残された遺族が「同意」してるのに、何で他人が文句言うの?
後悔しているドナー遺族が多いからだと個人的に思います。情報不足だったのではないでしょうか。
>>292で言ってるそこを達観して移植に同意する親を増やし、となるためには
根拠不明な感情論,と切り捨てないことが大切かと思います。
>そこを緩和する、可能にする法改正に反対する理由って何?
代わりに300弱レス読み返したので、私主観で落としてるもの多しでスミマセンなのですが、こんな意見がありますね。

・ ラザロ徴候>>25

・ 現在の技術では、6歳未満の脳死判定は正確にはできないと言われているはずなのに「6歳未満は除く」っていう項目がない>>45

・ 軽い脅しをかける病院
「それを摘出させてくれなきゃ死亡診断書を書きませんし、ご遺体も渡しませんが」的なことをご遺族に言う>>65

・(第1回鳥取県臓器移植実務者会議)
全身のヘパリン化に関しましては、心停止前あるいは心停止直後に行います。
  抗凝固剤:ヘパリン 【禁忌】 @出血している患者→出血の助長 C中枢神経系の手術または外傷後の日の浅い患者>>98
・ ヘパリン化ですが、脳死にならない場合には心停止後に心マッサージをしながら>>107
・ (脳出血を起こしたレシピエント(移植推進派)の記録)
一方で、頭の中に出血がある状態で人工心肺装置を使うと、血液が固まらなくなる影響で大出血に進展する可能性があります>>130

・ 法的脳死判定手続きをせず10代男性に生前からカテーテル挿入>>181

299 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 10:40:34 ID:nv/GEX2y
・ 新生児を含む小児の脳死判断が医学的に可能だと答えた小児科医は3割だった>>249
・ 河野太郎は「移植後に、脳死者は拒否してた事が判明した場合も、誰も責任は問われない」って言ってた >>278
・ 移植医療の普及を願うなら、汚いやり方で騙し取ろうとしないで正々堂々と情報公開すべき。
と考える人の検証考察の一部>>247-248
・ [脳死を人の死とする]は臓器移植時に限るというが遺産相続権としてはどうなのかね。>>255

300 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 10:41:40 ID:nv/GEX2y
・ 報告では、これまでに検証が行われてきた51例の一部に、医学的、法的な面で「手違い」があったと説明。
法的脳死判定マニュアルに沿ったCTなどの画像診断が行われていなかった事例や、保管義務のある脳波記録を
紛失した事例があったとした。
1997年の臓器移植法施行後、臓器移植は81例行われているが、脳死判定要件をきちんと満たしていたのか
などの検証は 55例にとどまっており、公開されているのは34例だけ >>110

301 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 10:55:50 ID:E8T/15cz
>>297
横入り失礼
GYw/4iYvさんはA案がベストだとは思わないんですか?
だとしたら、GYw/4iYvさんが考えるA案の問題点を教えてください。
また、GYw/4iYvさんにとってのベストの案とはどのようなものでしょうか?

302 :297:2009/07/25(土) 11:09:26 ID:V7od+kxi
>>301
あの中では一番よかったんじゃないかと思うけど
予め提供するかしないか、全員が登録しておけて
意志があったかどうかの確認を曖昧な判断ではなく、きっちりして欲しい。
その辺がちゃんと盛り込まれていればよかったな。

以上です


303 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 11:13:39 ID:nv/GEX2y
>>290さんは以下の中身(連投を大変失礼します)反論もばっかりだし。と思いましたか?

・ 現在の技術では、6歳未満の脳死判定は正確にはできないと言われているはずなのに「6歳未満は除く」っていう項目がないのは
  脳死判定に関する医学水準が無視されているような気がして、気になるんですが。>>47

・ その辺りまで「本人、家族の意志」をしっかり守ってくれる法律整備して欲しい。
  実際、軽い脅しをかける病院「それを摘出させてくれなきゃ死亡診断書を書きませんし、ご遺体も渡しませんが」>>65

・ まだ心臓の鼓動は弱いながらありました。しかし、冷却剤を注入すると10分で心臓はとまりました。
そのときの本当に胸が締め付けられるような思い、殺したのじゃないかという思い、これはいまだに消えません。
それを乗り越えて移植というのは成立するのです>>150

・ 脳挫傷の2歳の娘の死後の腎臓提供を承諾したら出血が止まらなくなる薬を入れられて早めに死亡させられて後悔>>150

・ 脳死は一律に死って法律で決まったから、脳死の後に来る、法律で決まってるすでに死体の心臓停止処置が早まっても、
  「殺人行為なんだから刑事告発すりゃいいのに。」は現実的にもう無理じゃないのか>>180

・ A案提案者が「法的には脳死が人の死となるのは臓器提供の場合だけ」削除したんだから答弁が、条文に勝ることはない>>187

304 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 11:19:07 ID:nv/GEX2y
>>303つづき)

・ 臓器提供希望者という分類は不正確です。臓器提供拒否表示者以外は臓器提供可能者ということです>>199

・ 家族の承諾前に、ぎりぎりの状態の人にとどめを刺す恐れのある無呼吸テストをして診断を下すのか。
移植前提の脳死判定でも、手順が守られていないことが多いのに(50例の検討結果) 複数の「脳死」を作って対応できるのか疑問
今までは、「脳死っぽい」→脳死判定しないで心停止後の移植の承諾を取る →臓器鮮度維持のためにヘパリン投与や脱血
→急激な悪化→心停止→摘出してた>>205

・ ドナー家族についての調査を国会がやっていたんだけど
厚生労働省や移植学会や移植者ネットワークの妨害でなかなか調査が進まなかったんだってさ。
で結果は半分以上の家族が後悔PTSDやら鬱になる家族も珍しくないとさ。
今週の週刊文春。国会の議事録などをあされば第一次ソースもあると思う。>>208

・ 汚いやり方で騙し取ろうとしないで正々堂々と情報公開すべきと思う人の検証、考察の中身>>247-248


>>303の1行目に不自由な日本語があって失礼しました。情けない。
>>290さんはこれらも、反論も根拠不明な感情論ばっかりだし。と思いましたか? と尋ねようとしました。

305 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 13:14:41 ID:6x5QmxkC
移植の実態がもっとオープンになったうえで
善意と感謝がつながらないとドナーは増えないんじゃない?

実態がオープンになるとまずいのか?

306 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 13:20:12 ID:snz9RYRA
やっぱり「脳死判定問題」に摺りかわってるじゃん。
論点違わない?

307 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 14:24:26 ID:E8T/15cz
>>302
やっぱり297(ID:Givodc3j)=GYw/4iYvさんなんですねw
お答えいただきありがとうございます。
さて、ID:nv/GEX2yさんが>>296で質問されてますが私も同様に関心をもっております。
はぐらかすことなくお答えいただければ幸いです。


296 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 09:30:23 ID:nv/GEX2y
>>289-290>>291
>国際的な圧力から考えても日本だけ「15歳以下は移植できない」法体系は
あってはならないと思う。
>議論すべきはその部分で、「脳死が死」かどうかは二の次なんじゃないのかと
思うわ。

>そこを緩和する、可能にする法改正
は D案 でも E案 でも A´案 でも可能ですよね?

「脳死が死」かどうかは二の次と考えられるGYw/4iYvさんが、それらを退けて

 A案 と思う理由を教えてください。

308 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 14:29:50 ID:snz9RYRA
選択肢は幅広く、運用は厳しく。
法律そのものが身動き取りずらかったら意味が無い。

309 :297:2009/07/25(土) 14:37:24 ID:qIlmIQcs
>>307
違う違う
自分にレス番ついてたから、なんで質問された?と思いつつ返信しちゃっただけ
勘違いさせてごめんね
GYw/4iYvさんにもごめんね

でもさ「やっぱりw」とか恥ずかしいですよw

310 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 14:47:21 ID:3XnSfDJa
ID:GYw/4iYvさんではないけど、
ID:nv/GEX2yさんとID:nv/GEX2yさんは、どの案支持でA案のどこが問題だと考えているのでしょうか?
良ければ教えて下さい。
私はA案がベターかなと思っています。

311 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 15:33:22 ID:E8T/15cz
>>310
>ID:nv/GEX2yさんとID:nv/GEX2yさん
コピペミス?
ID:nv/GEX2yさんとID:E8T/15czさん、だよねきっと。
私に関してでしたら、
脳死を一律に人の死とするA案には疑問です。
臓器提供する場合に限って例外として脳死を人の死にすればよいのではと思います。
D案がベターだと思います。D案は15歳未満にも対応していますし。

312 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 16:32:58 ID:yiPWXNBL
>>311
>>310です。「ID:nv/GEX2yさんとID:E8T/15czさん」の間違いでした。すみません。
お答えどうもありがとう。

313 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 18:31:48 ID:G6LG/A/K
>>297>>302>>309>>310さんと>>310>>312さんの御2人は、接続毎にIDが変化してるんですね。
その理由で私も>>307さんと同じく,GYw/4iYvさんと同一人物と疑(ry


>>297>>312
D案(衆)A´案(参)の、脳死が人の死となるのは臓器提供の場合だけ、に賛成です。
脳死を一律に人の死、に反対です。

>>310
>>298-300>>303-304の問題があると思います。(特に299-300と幼児脳死判定の問題)
脳死が人の死となるのは臓器提供の場合だけ、から、上記情報が行き渡った時点で次の段階に進むべきだと思いました。
>>310さんはそれらの問題点は気になりませんか?
良ければお時間のある時にでも、A案がベターかなと思う理由をきかせてくださいね。


GYw/4iYvさんの>>296の返レスを、ずっと待っています。

314 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 18:35:10 ID:G6LG/A/K
>>313も外出後IDが変わっていました。>>313は午前中のID:nv/GEX2yです。

315 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 18:46:35 ID:s0uKuOPM
新聞アンケートで提供してもいいという人が多いらしいから
政府が国勢調査時にでも調査すれば本人の意思を十二分に尊重できるのに、それすらしないんだよな。

子供の臓器を増やしたいから、成人の意思が要らないとか、面倒な問題にもならないのに。

太陽パネル負担を他人にさせようとか、アイディアも出さないで、外国の政策のパクリばかりで主体性がないよな。

316 :297:2009/07/25(土) 19:03:47 ID:NCX/VHoS
>>313
片手間に携帯から覗いてるからID変わるよ。
だから名前欄にちゃんと入れてる。
GYw/4iYvが出てくればはっきりするでしょ。
そしたら携帯からID変えて乙とかいうのかな…w

私は
A案においても脳死が”法的”に死となるのは、臓器提供の場合のみ
だと読み取っているので、A案で問題ないと思っている。
A´案の方がいいと思うけど(存在をすっかり忘れてた)
D案では、15歳以上についての扱いが現状どおりというのが
ひっかかるところでした。

317 :GYw/4iYv:2009/07/25(土) 19:06:27 ID:snz9RYRA
携帯から乙w

318 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 19:27:41 ID:G6LG/A/K
313です。GYw/4iYvさんと、310さんに尋ねたのですが、
>>316さんまで主婦のお忙しい時間帯にレスをありがとうございました。嬉しいです。
すいません、仕組みが理解できていないのですが、携帯は下のようにIDが変化するのですか?
(ちなみに私はPCを7時間後に使用したらIDが変化していました)
297 :10:35:56 :ID:Givodc3j
302 :11:09:26 :ID:V7od+kxi
309 :14:37:24 :ID:qIlmIQcs
316 :19:03:47 :ID:NCX/VHoS

319 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 19:41:29 ID:snz9RYRA
それはおかしいね。
日付またがないと変わらないはずだから。
複数回線使い分けする成り済まし防止の機能だからね、IDは。

320 :297:2009/07/25(土) 20:21:51 ID:NCX/VHoS
>>318
>>319
IDは回線切るたびに変わるので
携帯の場合はブラウザ閉じるか回線切ったとき。

家での場合は、ダイヤルアップの場合は毎回だったり
プロバイダによっては数時間で変わったりということもある。
常時接続の場合は日付が変わると変わる。

別に成りすまし防止の機能ではない。

321 :297:2009/07/25(土) 20:29:03 ID:NCX/VHoS
訂正。

>>319
回線使い分けするなり済まし防止の機能ではなくて
他人の成りすまし防止の機能。

固定回線の場合はモデムを切るとID変わるとかだったかな?

322 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 21:33:48 ID:9QHg3z9n
この板も携帯判別はつかなかった?
IDの最後が小文字は携帯とか板によってあるやつ

ちなみにこの書きこみはウィルコム。

323 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 21:37:29 ID:E8T/15cz
携帯は固体識別番号取られるから一日中同じIDじゃないんですか?

ttp://matchpump.s164.xrea.com/archives/2005/06/post_57.html
毎回変化するIPアドレスに業を煮やし、
現在2chにおいての携帯電話からの投稿は
機種固有情報である端末シリアル番号を投稿の際に送信しないと投稿ができなくなっている。
以前は毎回変化する投稿IDにより携帯端末ユーザーは直ぐにわかったものだが、
現在はIDをこのシリアル番号から生成するために、
機種がかわらなければパソコンのブロードバンド接続のように毎回同じIDが表示される

324 :297:2009/07/25(土) 22:06:47 ID:l6BYMfFa
>>323
そうなんだ?昔はそうじゃなかったから気づかなかったよ。
自分も322と同様にwillcomの簡易携帯電話だからな…w
面倒臭いから携帯って書いたけどね。

さっきのNCX/VHoSは家回線。
まあID変わるのはあんまり気にしないで。

325 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 22:38:10 ID:snz9RYRA
今どき常時接続じゃないって珍しくないか?
同じ携帯端末なら1日同じはずだし。

326 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 22:51:46 ID:okIusgq4
>>322
PCで育児板、ID末尾は大文字小文字どちらにもなりました。

>324
>238>>246>>256-258に関連情報の、
それ、殆どオレ(w  さんが棲んでいらっしゃるから大いに気になりますね。

327 :297:2009/07/25(土) 23:06:47 ID:gi/j3sHb
えー
そっちまで一緒にすんの?w

味噌っかすキャリアだから携帯の固定番号なんかないんだよ。
だから毎回IP変わるの。

携帯PHS板にでも行って聞いてみて。


反対してない人間は、なんでもかんでも一緒にしたいの?
A案でもいいのでは?という意見だって複数あることを認めようよ。

328 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 23:27:41 ID:okIusgq4
反対してない人間は、なんでもかんでも一緒にしたいの?
A案でもいいのでは?という意見だって複数あることを認めようよ。
とは、どうか >>326だけ に向ける言葉にしてくださいね。
フェアネスに情報を知ることに価値があると思うので、その考えを実践している方なら、
十把一絡げにネガティブイメージキャンペーン!移植医療反対なだけだろ!で終わらせようとはしないでしょうし。

329 :297:2009/07/25(土) 23:40:03 ID:uXPQRplO
>>328
レス番入れなくて申し訳ない。
それは>>307>>313>>326へ向けて、としておいて下さい。

勝手に同一認定するのって
その意見が複数あるのを認めないという事なんじゃないの?

しかし、別人だよーって認識してもらうのも、なかなか難しいねw

330 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 23:59:12 ID:E8T/15cz
>>329
297さん誤解してしまい大変失礼しました。
>>297>>302でID:GYw/4iYvさんに成り代わって297さんがレスしてるのに
ID:GYw/4iYvさん遅いですね。
気長に待ちましょうか。

331 :名無しの心子知らず:2009/07/26(日) 02:16:44 ID:ZtzonP2L
もし自分の子供が脳死になって回復の見込みがなかったら
時間をかければ提供そのものには同意できる・・・かもしれない

でも提供のためには、まだ脈があり心臓が動いている状態でお別れしなくてはならないのは絶対にいや
心臓が止まる瞬間まで、最後の呼吸が止まるまで子供の側にいたい。
でもそれができないなら、臓器提供はできない。絶対に。

332 :ID:GYw/4iYv:2009/07/26(日) 03:01:49 ID:vNWuyQN+
ID:snz9RYRA も私。

「脳死判定するから死」=移植前提でという解釈が前後してるだけだと理解している。
だからA案でも問題は無いと思う。
15歳以下にフリーハンドなのもA案

ベストではないがベターだと思う。


333 :名無しの心子知らず:2009/07/26(日) 04:28:28 ID:uTIeK8Vn
>>332
フザケすぎ、オモロくない
>>317でも草生やして成りすましてオチョクってるし
ネタの使いまわしイクナイ

334 :310:2009/07/26(日) 06:13:30 ID:ff0kTcl3
昨日の310です。遅くなってすみません。恥ずかしながら常時接続じゃないので、IDはコロコロ変わります。

私は現行法やD案等の「脳死は死じゃないけど、臓器提供するなら死としてあげますよ」だと、
「患者を殺すことになる?」と臓器提供に躊躇う人が多いんじゃないか、
ドナー家族が「臓器提供のために患者を見捨てた」と罪の意識に苛まれることがあるんじゃないか、
A案のように「脳死は人の死」と明確に位置づけることで、それが少なくなるのではと思いました。
条文にあるように脳死判定で脳死と判定された場合に「脳死」が確定する、
「脳死が人の死」と受け入れられない人や臓器提供を拒否する人は判定を拒否する権利がある、
脳死判定に進まない患者にはこれまで通り延命治療が施される、と認識しています。

335 :名無しの心子知らず:2009/07/26(日) 07:34:09 ID:g/9/Qu8x
>>334

"「脳死が人の死」と受け入れられない人や臓器提供を拒否する人は判定を拒否する権利がある、
脳死判定に進まない患者にはこれまで通り延命治療が施される、と認識しています。 "

受け入れるか否かにかかわらず全ての脳死者=死と判定することが、A案で決まったから大騒ぎしてるんだが・・・


"ドナー家族が「臓器提供のために患者を見捨てた」と罪の意識に苛まれることがあるんじゃないか、
A案のように「脳死は人の死」と明確に位置づけることで、それが少なくなるのではと思いました。"

要はいろいろ問題が起きるけどドナー候補の背中を押しやすくするためだけには良かったってことですよね。



336 :297:2009/07/26(日) 08:47:16 ID:ISr2eaJZ
>>335
「脳死は一律に人の死」を、どの様に捉えるかで
A案を容認できるかどうかが変わってくるんだろうね
私も「臓器提供の意志が無ければ法的な脳死判定を行わない=死ではない」と感じるから
その部分は問題だと思ってないな


337 :310:2009/07/26(日) 09:22:43 ID:WLfgdclv
>受け入れるか否かにかかわらず全ての脳死者=死と判定することが、A案で決まったから大騒ぎしてるんだが・・・
脳死判定で脳死と判定された患者は全て「死亡」ですが、
臨床脳死段階の患者全員が脳死判定を受けるわけではありません。
「本人又は家族の承諾が得られた場合に限る」と条文にあります。

D案だと結局ドナーは増えず、渡航移植は減らないと思います。
外国にしてみたら、「臓器提供の規定が厳しいからドナーが増えないのは当然、
それで「ドナーがないから提供して」と来るなんて都合が良すぎる」となり、
やはり非難されると考えます。
書き忘れましたが、私は渡航移植をなくすことが今一番必要だと考えます。
渡航移植を完全に取り締まることが出来るなら、D案でも、
6歳未満の脳死判定が出来ないとして禁止しても、
臓器移植自体に問題が多すぎるなら全面禁止にしても良いと思っています。

338 :名無しの心子知らず:2009/07/26(日) 09:55:05 ID:BezL8nM7
>>335
法律で脳死は人の死と決まったから、安心して提供する家族なんていないと思うよ。
説得・強要するのは楽になっただろうけど。

>>337
もうどこから突っ込んでいいのか…
A案で移植希望者すべてに行きわたる臓器が確保出来るソースは?

ほとんどの国で、医療をうけるには金がかかり、高度医療は大金持ち限定。
それでも臓器は足りていない。日本は保険完備で、貧乏でも全員が
医療の恩恵を受けるのは当然と思っている。
国内で移植手術を安く(低額所得者はほぼただ)で気軽に受けられるようになったら
移提供希望者の割合は諸外国よりも多いだろう。
まして、ご長寿の国で80代も移植対象になるのだから
事故で一時的に意識不明になった人全員を強制的にドナーにしても足りないはず。

受け入れる国がある限り、渡航移植はなくならないよ。
小さな子供は同情を買って、大人は子供がいれば子供のためと主張して
未成年の子供がいない人は自費で。これからも続々と買いに行くと思う。

339 :310:2009/07/26(日) 11:20:03 ID:s/YCAdXa
>>338
>A案で移植希望者すべてに行きわたる臓器が確保出来るソースは?
別にA案でドナーが完全に確保できるとは言っていませんし、そう思ってはいません。
でも現行法やD案よりはドナーが増え、その分渡航移植する人が減ると考えます。
臓器提供の基準を国際基準にしたことで、外国にも国内ドナー確保の努力は認めてもらえると思います。

>受け入れる国がある限り、渡航移植はなくならないよ。
そうだと思いますし、禁止したところで取り締まるのは難しいと思います。
だからといって「受け入れる国の問題、日本は関係ない」で済ます問題ではないと思います。
実際海外から批判されているわけですし。
日本として出来る努力が、ドナーを若干でも増やすA案なのかなと思いました。
>>338さんは渡航移植問題は受け入れる国の問題と考えているのでしょうか?

340 :名無しの心子知らず:2009/07/26(日) 11:56:19 ID:Pc0v2TOk
>>329さん、別人と認識しますね。誤魔化す、上手な煽りですり替えをする、姿を一日消す、なんてせずに、
きちんと変レスをされる面のある方ですね。
わざと疑ってしまった、疑っている、どちらともとれる書き方(同一人物と疑(ry )をして、
傷つけてしまってごめんなさいね。

お詫びと、以下にとても野暮な言い訳を載せます。

勝手に同一認定するのって
その意見が複数あるのを認めないという事なんじゃないの?

その意見の人が暴れてるので、変動IDに信頼性を持てませんでした。
>>246情報の固定ID(>>250)と並行して同じ日に、下記変動ID(>>242)を駆使して参加されていたみたいなので。
>>238グリーンピース並みの発想の移植妨害組織 左巻き>>140 9q/7jELs
特定団体のリンクへの誘導がウザイ 変なネガティブイメージキャンペーン>>165 nIdy51Rp
移植医療反対な粘着がいる>>178 RsEhnnH9
A案を理解せずに反対している>>190 u3cyibnY
移植医療に反対はスレ違い>>219 vNB7ooYC
ヒステリックに騒ぐ>>210 1SIvzfWK

341 :名無しの心子知らず:2009/07/26(日) 11:58:06 ID:Pc0v2TOk
>>310さん、>>313の返レスをありがとうございます。
>>334>>337の内容は、このスレ内でもA案肯定の方が同じ事を書いているのを読んでいました。
それに対してGYw/4iYvさんに向けた>>298-300>>303-304レスですが、その中にある問題点や
危険や、遺族の殆どが後悔という事実があっても、情報の浸透を待たず
段階を追わずに、いきなり一律人間の死は脳死決定に疑問を抱いています。
命、生命の問題は、何かとくらべて語れないと思っていますし、並行してでも常に考える必要があり
人間として生まれて一生のテーマだと思っています。大切な人たちの死を振り返り、より一層そう思います。

それで、
反対派にかかると「脳死が死」は受け入れられないに論点が変わる。
議論すべきはその部分で、「脳死が死」かどうかは二の次なんじゃないのかと
思うわ。反論も根拠不明な感情論ばっかりだし。>>290
提供の意思のある人の「提供する権利」だってあるはずだ。
そこを緩和する、可能にする法改正に反対する理由って何? >>292
と言いきるGYw/4iYvさんに
移植医療反対ではなく、A案反対なので、知りたい。回答に興味があります。
すごく勉強になる予感がします。>>296
尋ねてていたのですが、残念ですがなかなか知る機会は訪れないものですね。

>>298-300>>303-304は育児に追われて時間の無い方、携帯で全レスを読むのが困難な方は
レスに飛べるようにアンカーリンクを入れているのですが、>>310さんはその情報を読んだ
うえでA案がベターと思っているのでしょうか?




A案に賛成投票した議員の方々も全て知った上で賛成されたのでしょうか。それがとても不安です。

342 :名無しの心子知らず:2009/07/26(日) 12:01:35 ID:Pc0v2TOk
>>340にて、
変レスとは返レスですね。謝罪レスでシャレにもならない。297さん重ね重ねごめんなさいね。

343 :名無しの心子知らず:2009/07/26(日) 20:51:18 ID:eN6C045l
>>334
>「患者を殺すことになる?」と臓器提供に躊躇う人が多いんじゃないか、
>ドナー家族が「臓器提供のために患者を見捨てた」と罪の意識に苛まれることがあるんじゃないか

ドナー家族云々ではなく臓器提供増やしたいが為の「脳死は一律に人の死」ではないですか。
本当にドナー家族の心情を配慮するならば、「脳死は一律に人の死」とする前にやるべきことがあるでしょう。

>>298-300>>303-304のような問題を知っている人は現在どれくらいいるでしょうか?
臓器提供に関するマイナス面を知らないまま、
ドナーカードに○をつける人や提供に同意する家族がいることが問題だと思います。
ドナーやドナー家族への十分な情報提供や話し合いが疎かになってはいませんか。
すべてを承知した上で納得ずくで臓器提供をすることが後悔をなくす最善の方法だと思います。

お国から脳死はすべからく人の死とすべしと
自身の死生観に御墨付きもらわないと臓器提供できない(同意できない)ような人は、
そもそも臓器提供に向いていないのではと私には思えます。
推進派は提供する権利を謳っています。その権利は結局は罪の意識を伴うようなものなのですか?
脳死は人の死であるという揺るぎない信念の下に提供する権利はあるはずです。
殺しただの見捨てただのという罪悪感が生まれるわけはないはずですよ。
既に死んでるんですから。
理屈でなく、そう感じられる人のみが行使すべき権利でしょう。
罪悪感を消す為に個人の死生観にまで踏み込むようなA案には私は納得できません。
罪悪感に苛まれるのならば提供は控えるべきだと考えます。

344 :名無しの心子知らず:2009/07/26(日) 22:55:27 ID:Z7VAbwdH
臓器移植は悪魔の所業
ひとはモノではない、パーツではない
身体心、長所短所、未来への希望過去の思い出全体がそのひとです
命のリレーなどという悪魔のささやきに乗せられて
最期のときを静かに穏やかに看取る間もなく
薬品を注入され体を切り刻まれ
どこの誰だか知り得ない体に移されても
よいのですか悔いはないですか

いいんです
臓器移植は人体資源の有効活用です
エコです
お互い様です
心の問題は文化をチェンジすれば良いのです

345 :名無しの心子知らず:2009/07/26(日) 23:14:19 ID:BezL8nM7
>>339
外国に努力を認めてもらうためなら、いい加減な法律で日本人を騙した方がいい
っていう考え方には同意できない。
339は何もしないで誰か鴨になって下さいっていうのが、
339の努力とも日本の努力とも思わない。

渡航移植についても、正しい情報を開示して民意を問うべき問題だと思う。
×海外で移植すれば助かる 
○助かった例のない病気でも渡航移植している
×日本以外なら臓器移植可能 
○海外の金持ちなら可能かもしれない
×渡航移植は無条件で善 
○ドナーと移植待ちの患者、計2人の命を代償に助かったor助からなかった厳しい現実
etc

346 :名無しの心子知らず:2009/07/26(日) 23:24:32 ID:qNFoHATn
海外移植しか可能性無い患者は死ねですね。
同じ口で脳死患者の権利語られても、共感できません。


そういう論調多いですよね。

347 :名無しの心子知らず:2009/07/26(日) 23:46:56 ID:1jn1PHDL
ネット議論読める環境で良かった。
残業続きボロボロ時代にこの出来事だったら無知なままだったなぁ。

脳死は人の死に疑問を呈しながら法律や勤務病院で遭遇して関わる医療関係者は地獄だろうに。

自分のこれまでの人生体験によって感じ方
感化されたり反感持つレスは異なるよ
仕方ないよひとそれぞれお互いに足りない考えを知り考えるのでは?>346ただできうる限り隠蔽しようとするのは赦しがたいよねー!!!!

348 :名無しの心子知らず:2009/07/26(日) 23:48:03 ID:fTTSoET6
>>346
移植は他人の命を奪い取るからダメ
脳死患者はそんなことしないからOK

そういうことらしいよ。
そんな事言っちゃうと、またループするよw

ところで>>345にあるように
>ドナーと移植待ちの患者、計2人の命を代償に助かったor助からなかった厳しい現実
の様な話が出るたびに、外国人どうしが臓器移植しあうのは問題ない
"外国の子が一人助かったのはずなのに、日本人が割り込んで悪い"みたいな話になるのに
日本人どうしてやれば、ってなると同じように考えられないのはなんでだろう。
どうして、外国の"臓器クレクレの子供"は可哀想って思えるのに
日本の子供は可哀想とはならないんだろう、っていつも不思議。

349 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 00:00:18 ID:1jn1PHDL
>348
レシピエント側もこのスレ全般の知識があれば
いろいろな鬼や天使や中立の覚悟ができると思う
臓器移植ネットワーク関係さんやコーディネーターさん関係も
このスレ全般情報を知っていろいろな鬼や天使や中立の覚悟
のもとで行動してるのかなぁ?
真面目で正直で真摯な人から潰れていくのは
どんな職種でも共通に確率が高いのかなぁ

350 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 00:02:18 ID:OYIvwsdi
>海外移植しか可能性無い患者は死ねですね。
そうなるかな。

現行法は、提供したい人だけが提供できる法律。
渡航移植とA案は、移植待ちの人がかわいそうだから、自分と家族は提供しないけど
誰か提供してあげなよっていう他人に責任を押し付ける法案。
自分と家族はあげられないし、意思もわからない脳死者にあげろとも言えない自分は、
移植待ちの人に「氏ね」と発言するのと同義の決意をしてることを肝に銘じて生きていきたいと思う。

351 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 00:07:54 ID:dF7TWha0
むずかしい問題だ

352 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 00:13:29 ID:o0ggiRB5
>>346
脳死患者は臓器提供して死ねですね。
同じ口で海外移植しか可能性無い患者の権利語られても、共感できません。

臓器提供は善意の贈り物です。
敬意を払うべき尊い貴重なものです。
自分には臓器をもらう権利がある、だから臓器提供を増やすべきだ。
こんな論調で果たしてドナーは増えるでしょうか?

353 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 00:20:58 ID:m2J00M+4
☆自分と家族は提供しないけど☆
ドナーはこの12年間で起こった歓迎点と問題点を平等に、同じ比重で知った上で
提供するべきで、知ったうえで提供して欲しいよね。
A案支持は、知った上で年齢制限無しで法的脳死診断の我が子供を提供できるし
善意の誰か家族も、【全てを知った上で】提供すべきと
考えているよね勿論。
希少な他人例でも、当事者にとっては世界でただひとりの私の愛する子供、
私の家族。

354 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 00:31:21 ID:m2J00M+4
977 :朝まで名無しさん:2009/07/17(金) 21:34:58 ID:XnykygLW
コーディネーターはドナー候補に対して絶対してはいけないとまず説得すべき。
ドナー家族の9割が後悔3割がPTSDや鬱など精神疾患1割が自殺という現状を
考えればな。それをちゃんと伝えてはいないだろうしな。伝えてりゃ
ドナー家族の9割が後悔3割がPTSDや鬱など精神疾患1割が自殺なんてありえねー。

このレスはガセ?上で見た週間文春情報?
ぐぐっても下手で発見できん。
私は産んだ責任で生きていくだろうけど
子が一人っ子だったとしたら
後から真実を知った反動で後追いするかもしれないかな
そしてその後になぜかドナーの立場になってたりして

355 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 00:57:45 ID:Ocxy6ruw
移植を受けたけど助からなかった、とか移植が間に合わなくて亡くなった人たちは、
ちゃんと他の移植待ちの誰かのために自分の臓器を提供したのかな。

356 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 01:15:30 ID:Gd3nuwb1
普通に考えれば2ちゃんに貼ってある名無し提供のソースを丸呑みにする訳が無い。
で、リンク辿っても公に語られていない、真贋不明の情報ばかり。
数値の根拠も不明。


移植に反対な人の目的がさっぱり解らんのだけれど。

357 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 01:28:05 ID:xu13skPw
>>356
解らんのではなく
解りたくないの間違いですよねw

358 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 01:29:22 ID:4bfFIgs9
真正バカか ヘタレ釣りね

359 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 01:48:03 ID:m2J00M+4
え〜っ★
新聞、Tv、ネット、自分自身の体験、から精査出来るのが全て。
人間に生まれた幸せなのか。
多分想像では、植物や虫に生まれて、人間程には考えなくて良い幸せなのが。

360 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 01:55:13 ID:m2J00M+4
ね☆
変動するIDさんは本日もお元気ですか !!

361 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 02:05:55 ID:Gd3nuwb1
いや、本当にわからん。
貼ってあった社会党議員の動画なんて全く理解不能だったし。

362 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 02:15:19 ID:m2J00M+4
医者経験を積んで命の現場と実情を体験してみると
ほんの少し位は糸口を掴める可能性も無きにしもあらず
そんな医師に関わってもらえたなら。

363 :ID:GYw/4iYv:2009/07/27(月) 03:16:45 ID:i4NK+lHc
>>352
オウム返しレス、センスねーな。

>臓器提供は善意の贈り物です。
>敬意を払うべき尊い貴重なものです。

その通りなんだから、そういう意思を持つ人の足を引っ張るような
了見の狭い「反対のための反対」論に、全く同意できない。

>>353
>☆自分と家族は提供しないけど☆

それでいいんじゃね?
嫌な人から強奪する法改正じゃないし。

あたかも「臓器ほしがるのは悪魔の所業、A案は強奪案」みたいな
意見が跋扈してることに辟易するわ。

364 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 03:19:50 ID:yLG8WT6S
法的脳死が死と書けば良いだけ
誤解も生まれない

365 :ID:GYw/4iYv:2009/07/27(月) 03:48:13 ID:i4NK+lHc
>>350
間違ってるよ。
改正の根本の問題点は「15歳以下は国内での移植が不可能」という点だ。

>現行法は、提供したい人だけが提供できる法律。

提供の意思があっても「15歳以下」だと殺人行為となることが現行法の問題点。

>移植待ちの人に「氏ね」と発言するのと同義の決意をしてることを肝に銘じて生きていきたいと思う。

あんたは「市ね」と決意して生きていけば良いんじゃね?
場合によっては提供しても良い、という人の足を引っ張るんじゃねーよ、っつー話。




366 :ID:GYw/4iYv:2009/07/27(月) 04:20:41 ID:i4NK+lHc
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%AD%E5%BE%B4%E5%80%99

「ラザロ徴候」
wikiでもこの程度の記載しかない。
オカルト説と言ってしまえばそれまでの説なのかも。

http://fps01.plala.or.jp/~brainx/asahi1.htm

これは考えさせられる。
はっきりと「宗教的な価値観」「経済的な事情」で脳死移植を否定する意見が欲しい。

自分は「○○派信者だから、○○の信条があるから反対」と明記した上で。
でないと、アバウトに「日本人は〜〜だからなじまない」とかのなんとなく反対論に
なっっちゃうだろ?

367 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 07:36:39 ID:7soVVr9B
「A案が個人の死生感に踏み込む」ととらえるなら、他の案だって同じじゃないですか?
臓器提供しない場合は「脳死=生きている」と押しつけているのですから。

368 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 08:22:03 ID:OYIvwsdi
>>365
誰かに提供しろとは言えない≠提供してもいい人の足を引っ張る。
A´案もD案も年齢制限はなかった。
意思を尊重するなら、ある小児神経科医が提唱した「子供でも意思表示できる」
を採用しても良かったはず。

A案は、唯一、臓器を摘出したい&提供して欲しい側が
「死ねと言ってるわけじゃありません。もう死んでるんですよ。法律で決まってますから」
と主張できる法案。貰う側の罪の意識だけを軽くして、他方、
今後数十年生きるであろうドナー遺族の保護を考えない
人でなし法案だよ。

369 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 09:26:31 ID:m2J00M+4
>>363

>>☆自分と家族は提供しないけど☆

>それでいいんじゃね?
って、それ
>>363:ID:GYw/4iYvコテみたいな推進派の気持ちを代弁してみたんだけど
当たり?

370 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 09:39:59 ID:m2J00M+4
全国民一律脳死は死体賛成
でも真実がぼちぼち書き込まれると
ワンセンテンス罵倒レスの気持ちになる奴の気持ち
ドナーは真実を知らずに提供する意思を持ってもらいたいんだろ
ドナーの後悔類のレス総スルーだもんな
受けた質問スルー中
あるいは都合悪い情報は稀な例でなんちゃらかんちゃら12年間

371 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 09:48:37 ID:m2J00M+4
半角と全角混合レスのひとの真似してしまいました。
前スレ読むと多数に見抜かれてたよね。

372 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 10:01:24 ID:m2J00M+4
>>356

>>208
>週刊文春。国会の議事録などをあされば第一次ソースもあると思う
誰かそれ読めたひと居ないかなー。

373 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 10:33:16 ID:hfElGmlm
李承晩ライン(李ライン)
  1952年、韓国の李承晩大統領が行なった、一方的宣言によって規定された領海水域。
  同宣言により朝鮮半島周辺(最大二百マイル)の水域内に存在する、すべての天然資源、水産物を利用する権利を主張した。日本側はこのラインを認めず、結局65年の日韓漁業協定で李承晩ラインが廃止されるまで、韓国軍による日本漁船の拿捕が続いた。

李承晩ライン廃止までの抑留者数・拿捕された船の数および死傷者数
抑留者数:3929人
拿捕された船の数:328隻
死傷者数:44人

死者の中には、娘が生まれたばかりの若い漁師も居た。
赤ん坊は、生後数ヶ月で父を殺された。

抑留された被害者は、日韓漁業協定が成立する1965年まで抑留され、韓国に人質として利用された。
その年月、最大13年。

日本政府は、彼らを帰してもらうために、在日朝鮮人の犯罪者を
仮釈放して、在留特別許可を与えた。その犯罪在日朝鮮人の数、472人。

374 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 16:37:28 ID:Zb5lgo4l
>>367
本人の意思で決めてたから、死の概念をわざわざうるさく議論しなくても済んだ。


375 :ID:GYw/4iYv:2009/07/27(月) 18:56:59 ID:i4NK+lHc
>>372
国会の議事録にしたって恣意的なソースが持ち込まれることだってある。

例えば
>ドナー家族の9割が後悔3割がPTSDや鬱など精神疾患1割が自殺なんてありえねー。

誰が調べた結果なのか、三文週刊誌がソースなら信憑性に疑問符が付くわな。

>>369
>>363:ID:GYw/4iYvコテみたいな推進派の気持ちを代弁してみたんだけど

是々非々で対応だね。
少なくとも自分は提供する意思はある。アルコール付けの肝臓でよかったら。
家族の場合はその場に直面してみないと何とも言えんね。

376 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 20:05:17 ID:m2J00M+4
>>375
うーむ、心臓なら大丈夫じゃないかな
肝臓も再生能力高いらしい。
DとA′案でもID:GYw/4iYvの気持ちは叶えられたね。
スレ読んでるから、国会で調べたドナー家族の半数以上が後悔しPTSDや鬱も居る情報
わかってよかったよね
だから家族にはきちんと話してドナー死後の家族ケアに臨む?

377 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 20:12:16 ID:m2J00M+4
>>375
>家族の場合はその場に直面してみないと何とも言えんね。
なるほど。

>>365
>場合によっては提供しても良い、という人の足を引っ張るんじゃねーよ、っつー話。
それDとA′案でもできるんだけど
な ぜ 急 い で A 案?
なんでもわかって覚悟はまだ困難な実態じゃ?
現状じゃ自分の家族以外は情報無くて
他のどこかの家族は
とんでもないことにならないか?
>>289>>290>>292 の疑問は沢山の返答で解決した?


378 :ID:GYw/4iYv:2009/07/27(月) 20:54:17 ID:i4NK+lHc
>>377
> >>289>>290>>292 の疑問は沢山の返答で解決した?

未解決ですね。

1年間の猶予の中でどれだけの「運用に対しての整備」に踏み込めるのか、
がA案反対の人の仕事だと思いますよ。

法ができてその後の運用体制整備に失敗した他業界の事例を知ってますから。
彼等も立法されたのに、過去と同様の反論ばっかりを続けて実際に何も動かなかった。

馬鹿丸出しの醜態を晒してましたよ。



379 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 21:33:54 ID:m2J00M+4
>>378
『反論も根拠不明な感情論ばっかりだし。』
『そこを緩和する、可能にする法改正に反対する理由って何?』
『それの何処が問題なのかがわからん。
残された遺族が「同意」してるのに、何で他人が文句言うの?』
って質問だったでそ?
こんなに書き込む時間あんだから
育児板住人のその答えを、
本気で知りたいなら、
>>1-378何回も読みかえせばいいんじゃね?
一冊読書より時間かからんし
理解力も良い頭もある癖に。
人の痛みを知る心と経験を積んで
ドナーも救える壮年になったら素敵だね


380 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 21:36:11 ID:m2J00M+4
せめて脳死診断力がついてからA案じゃないと
恐怖があるのは私だけじゃないと
思うのだけど。

脳死はインプットは可能だがアウトプットが不可なだけの
ケースもあるとオモ。
脳死の状態も一律ではないとオモ。
自分は子供に介護させるくらいなら息の根とめてもらいたいが
そのせいで子供が(ほかの家族も)発狂するほど苦しむ可能性を知った。
気付いただけなんだけどさ。

381 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 21:39:44 ID:o0ggiRB5
>>363
「了見の狭い『反対のための反対』論」とは具体的にどんなものでしょうか、教えてください。
また、ID:nv/GEX2yさんが>>296で質問されてますが私も同様に関心をもっております。
はぐらかすことなくお答えいただければ幸いです。

296 :名無しの心子知らず:2009/07/25(土) 09:30:23 ID:nv/GEX2y
>>289-290>>291
>国際的な圧力から考えても日本だけ「15歳以下は移植できない」法体系は
あってはならないと思う。
>議論すべきはその部分で、「脳死が死」かどうかは二の次なんじゃないのかと
思うわ。

>そこを緩和する、可能にする法改正
は D案 でも E案 でも A´案 でも可能ですよね?

「脳死が死」かどうかは二の次と考えられるGYw/4iYvさんが、それらを退けて

 A案 と思う理由を教えてください。


ID:GYw/4iYvさんが性質の悪い釣り師でなければ回答お願いいたします。
誠実な対応を期待しております。

382 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 21:43:16 ID:o0ggiRB5
>>366
私はA案反対、D案支持です。
うちは曹洞宗で宗教的活動といえば盆に墓参り、正月に初詣くらいですね。
あとクリスマスもry
信仰心があるわけではなくて実家が檀家で氏子だからかな。

>はっきりと「宗教的な価値観」「経済的な事情」で脳死移植を否定する意見が欲しい。
そういえば他スレで「海外移植の募金問題に憤ってるだけだろ」と絡む人いたなぁ。
絡まれてる人は募金問題に関して一切言及してないのに、
なぜか募金問題に憤っていることにされてしまうんだよ。
その人は脳死判定の確実性やドナー軽視の現状について語ってたんだけどね。
ID:GYw/4iYvさんは興味がおありだろうから、
是非こっちのスレもじっくり読んで内容を理解してくださいね。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news2/1247931684/68

それにしても、脳死移植批判の動機が
「宗教的な価値観」「経済的な事情」じゃないと困る人がいるらしいね。

383 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 22:48:04 ID:oChugyKF
これが>>352の「自分には臓器をもらう権利がある、だから臓器提供を増やすべきだ。」ってやつですか

中2男子に心臓移植を 千葉の両親が募金訴え
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news2/1221136071/l50

「特別の願いではない。みなさんの力を貸していただきたい」と話
した。

同じ話題のはずなのに、身内に降りかかるとこの違い・・・・
この子には募金して元気になってって祈るんだよね、反吐が出る

384 :名無しの心子知らず:2009/07/27(月) 23:55:43 ID:nPthOsy8
>>355  
>移植を受けたけど助からなかった、とか移植が間に合わなくて亡くなった人たちは、
ちゃんと他の移植待ちの誰かのために自分の臓器を提供したのかな。

基本的にダメだと思う。
移植が必要な人なんて薬漬けだからいい臓器はとれない。
移植に必要なのは脳だけダメになった先ほどまで元気だった人。

子供が自転車に乗るときはヘルメットをかぶらせるようにしましょう。

385 :ID:GYw/4iYv:2009/07/28(火) 00:08:41 ID:IIOTHJWf
>>379
>立法されたのに、過去と同様の反論ばっかりを続けて実際に何も動かなかった。

もう一度事実を確認してくださいね。

386 :名無しの心子知らず:2009/07/28(火) 00:13:41 ID:iJbnphbr
☆Podcast
 大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹メインデッシュ」
 【7月27日ゲスト:福岡伸一さん】

生物学的な意見も議論に加えて欲しい。


387 :名無しの心子知らず:2009/07/28(火) 06:03:37 ID:H29/fjU9
>>383の中の>>8が興味深いです

8 :みすたぁすねーく:2008/09/11(木) 22:08:00 ID:7soaXW2D
彼は常にネット巡回を怠らず、
募金に関する反論が一般人の第3者から発信されたのを見つけると、得意の罵倒書き込みで攻撃を仕掛ける
それがかえって反論を呼び、すでに一般人から書き込みを消されているのもまた事実。

もちろんこの2ちゃんねるにも頻繁に出入りし、身分を隠して攻撃してくるが
パターンがバレバレなので結局見破られるという醜態を現在もさらしている。

388 :名無しの心子知らず:2009/07/28(火) 06:11:41 ID:H29/fjU9
>>366
家庭板から拾った。
世の中にはこんなラザロ徴候もあったようです。
http://www6.plala.or.jp/brainx/wrong.htm
要旨:30歳の重傷頭部外傷患者は脳死が宣告され、19歳の肝不全患者への
肝臓移植が計画された。麻酔医は、そのドナーが自発呼吸をしていることに気づいた。
麻酔医が脳死判定に疑問を呈したところ、脳死判定した医師は患者は回復しないから脳死である、
そして肝臓のレシピエントは移植なしには死が差し迫っているからと述べた。
麻酔医の抗議に関わらず、臓器摘出は行われた。
ドナーは、皮膚切開時に体が動き高血圧になったため、
チオペンタールと筋弛緩剤の投与が必要になった。
肝臓のレシピエントは急性内出血のために、肝臓の採取が完了する前に別の手術室で亡くなった。
肝臓は移植されなかった。

要旨:頭蓋内出血後に脳死が宣告された多臓器ドナー=頻脈があったため
ネオスチグミン(抗コリンエステラーゼ)が投与されていたドナーは、「大静脈が結紮され、
肝臓が取り出された」と外科医が知らせた瞬間に自発呼吸を始めた。
そのドナーは無呼吸テストの終わりに(gasped)あえいでいたのだけれども、
脳外科医は脳死判定基準を満たしていると判定していた。

389 :名無しの心子知らず:2009/07/28(火) 13:16:47 ID:iJ1UgVtC
>>364
亀だけど、A案が言っていることはまさにそのことでしょう。
条文に書かれているのは、
 1.本人又は家族の同意があった場合のみ、脳死した身体から臓器提供できる
 2.脳死とは脳死判定で脳死と判定されたもの
 3.脳死判定は本人又は家族の同意があった場合のみ行われる。
だけど、個々の捉え方が異なっている。

390 :名無しの心子知らず:2009/07/28(火) 15:28:19 ID:RUmCYFeC
>>389
> A案が言っていることはまさにそのことでしょう。
と、一般市民の一個人が捉えても、
>>187
> A案提案者が「法的には脳死が人の死となるのは臓器提供の場合だけ」削除したんだから答弁が、条文に勝ることはない
という現実的な問題が。
だから推進した人たちはA´・D・E案では駄目だったんではないかなぁ。
仮に>>364
> 法的脳死が死と書けば良いだけ
が死の概念ですと条文内に明記されたF案が提出されていたとしても、
反対に遭って駄目だったんじゃないかなぁ。
命を決めるのに個々の捉え方が異なっている現実はかなり危険だと思いますが…。

391 :名無しの心子知らず:2009/07/28(火) 16:18:25 ID:UQxQQPth
所詮、募金も臓器提供も本人の意思に帰するのだから大して問題にはならないけど。
本人が意思を明らかにしなければ、一律に提供にしようというから問題になる。


392 :名無しの心子知らず:2009/07/28(火) 18:32:29 ID:o0ovqKu5
○○さんにだったら提供してもいい、でも他のひとじゃヤダ。
というのは結局移植されないのかな。
まあ裏で大金が動いていると勘ぐられるかもしれないか

393 :名無しの心子知らず:2009/07/28(火) 18:35:39 ID:qnRHjelR
親族優先はその布石かもしれないね。
借金のかたに心臓売るのも可能になりそう。
「親族のように親しくしていたんです!是非○○さんに提供させて下さい」

394 :ID:GYw/4iYv:2009/07/29(水) 00:46:43 ID:KlRtLOX1
>>390
>命を決めるのに個々の捉え方が異なっている現実はかなり危険だと思いますが…。

法的な「死」を個人の価値観で勝手に決めるほうが危険だと思うが。

頭叩いてれば生き返る、とかの馬鹿宗教だって認められることになる。
現状の科学的判断で可能な「一線」は法律で決めるべきだ。

395 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 03:23:24 ID:I64Y1dKD
>>394
動的並行の慣用の生命体を相手に?
他者が生きるためのギャンブルに
我が子の絶対なる死を受け入れるの?

396 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 03:25:21 ID:Di41wL/Q
民意に沿わない強引かつ性急な法改正なんで議論が巻き起こってるんですよ
世論を反映せずに法的な死を決められては堪りませんね

397 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 05:19:59 ID:A867p8OV
>>390
>仮に>>364
>>法的脳死が死と書けば良いだけ
>が死の概念ですと条文内に明記されたF案が提出されていたとしても、
>反対に遭って駄目だったんじゃないかなぁ。
いや、条文に「法的脳死が死」と書いているのも同じだから、別に反対しないと思うよ。
分かりやすく「脳死判定で脳死と判定されたら死亡したことになります」と書かれていれば良いの?
A案に反対の人は「一律に法的脳死が死」ということに反対しているのだと思っていたのだけど。

398 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 07:13:16 ID:+DKGBlFD
>>397
A案では6条2項からこの部分↓をわざわざ削ってますよね。
「その身体から移植術に使用されるための臓器が摘出されることとなる者であって」
また、本人が臓器提供に関して何も意思表示していない場合、
家族の同意によって脳死判定・臓器提供可になりましたよね。
これは脳死判定以前・臨床脳死段階であっても、
死人であるから自己決定権はないということではないですか。
死人であるからこそ家族が決めてるんでしょう。

臨床脳死だろうが法的脳死だろうが脳死は一律に人の死。
ただし、脳死を人の死と認めたくない者は脳死判定を拒否できる。
法的脳死者(死んでいる脳死者)
臨床脳死者(○死んでいるけど死を確定されていない脳死者 ×生きている脳死者)
6条2項の部分削除と3項の改正から自分はそう解釈しました。で、反対な訳です。

法的脳死こそが人の死と考える人にとって、臨床脳死段階の脳死者はもちろん生きてますよね。
意思表示不明の臨床脳死者が家族の同意で脳死判定→死人となった場合、
人道的に問題となりませんか?
まだ生きている人に本人が望んでいるかどうかもわからないのに
脳死判定→法的脳死を決定するということは死刑宣告にも等しいですから。
「脳死判定で脳死と確定しなければ死んだことにはならない、法的脳死が人の死である。」
A案をこう解釈する方のお考えをぜひ拝聴したいです。ご教示よろしくお願い致します。

399 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 08:28:30 ID:vQ3FytYE
>>398
あなたの解釈だと、脳死判定で脳死と判定されなかった人も「死亡」ということですか?

400 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 08:49:10 ID:dNiJOWok
家族が同意したことに口出すほど図々しくない。自分は。

401 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 09:53:21 ID:YT3/S5Sf
>>398
死んでいるから家族が決定できる。
じゃなくて
死んでいるかどうかの判断を臓器提供したい場合のみ家族が決定できる。
だと考えてる。
だから、臨床脳死の段階では死んでない。

脳死の状態で、臓器提供するかしないかの自己決定権なんか意見できないんだから
予め自分の意思を周知しておく必要があるんじゃないの?
嫌だって言ってたのを隠されて家族が提供しますって言われたら
まあ、それまでの行いが悪いってことだよね。

402 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 13:11:47 ID:531ogyjD
>>394
ID:GYw/4iYvは2ちゃんでコテハン付けて存在を自己主張して参加してゆくつもりなら、
まずは自分宛ての質問全部に答えてから質問をしないと、
【誤魔化すのが得意で卑怯で答えられる質問の一部分にちょっぴりだけしか答えないビビリなんだけど、
自分の意に沿わないレスはとことん荒らしたい人に見えるし、続くとウザイと思う。】
↑【】内はいち個人的意見です。念のため。
遡って>>381>>377>>313>>307>>303-304>>296で質問されてますよ。読み捨て?
かわりに答えてた人がいたけどID:GYw/4iYvとは面識もない別人さんの別意見だったよね。

403 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 13:13:21 ID:531ogyjD
>>397
> いや、条文に「法的脳死が死」と書いているのも同じだから、別に反対しないと思うよ。
というのは389さんの捉え方の
> A案が言っていることはまさにそのことでしょう。
と同様に一般市民のいち個人の主観や思い込みの解釈ですよね。
私の>>390解釈も同様に個人の主観の思い込みです。

A案が>>389>>397>>399>>401さんの解釈になるためには、
法的脳死診断を人の死とする。臨床的脳死診断は現行法通りに人の死ではない。と条文化する。
>>389の条文内の「脳死」を「法的脳死」と書く。
とされていないと個々の捉え方が異なってしまって、かなり危険だと思います。

私は
> A案の内容のうち、「現行法から『その身体から移植術に使用されるための臓器が摘出されることとなる者であって』
> という部分を削り」という改正部分を削除して、脳死を一律に人の死とするのではなく、
> 現行法の臓器移植の場合に限って脳死を人の死とする内容のままになるようにする。
> さらに、附則に(提供者の)「家族らの心情を十分配慮する」
というA´案http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/171/meisai/m17105164014.htm
に賛成です。D案に賛成です。

E案(子どもに係る脳死及び臓器の移植に関する検討等その他適正な移植医療の確保のための検討及び検証等に関する法律案)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/171/meisai/m17107171026.htm
も、>>298-304の問題を誠実に考えている印象を受けました。
> 第三 臓器の移植に関する法律の一部改正
>>300問題にも対応できるのでは…と思いました。

404 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 13:35:15 ID:531ogyjD
臨床的脳死診断は現行法通りに人の死ではない。と条文化する。
これは、現在脳死診断をされている本人や、看病している家族を守る側面もあると思います。
健康体で突然の交通事故、自殺、脳血管疾患で脳死所見例が殆どの脳死だと予想しますが
臓器提供の意思は全く無く、本人も家族も気が狂いそうなショックやパニック状態で、
関係者から臓器提供を口にされない効果、そんな事例の人々を守る面もあると思います。
死体、遺体、死亡とはならないと条文化されるから。
臨床的脳死はまだ生存だから、「死と考えられない人は」まだ安心して生存者として看病できる。
医療費の面でもそうかな?と思いました。

405 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 15:31:55 ID:jT1MPhiV
>>404
>臨床的脳死診断は現行法通りに人の死ではない。と条文化する。
これは入れても良いと思うけど、入れられるのはガイドライン位かな。
どの案もそうだけど、法内で脳死の基準を定めているので、臨床脳死の概念を持ち込んでいないし、
明確に「人の死」という表現はしていない。

>臓器提供の意思は全く無く、本人も家族も気が狂いそうなショックやパニック状態で、
>関係者から臓器提供を口にされない効果、そんな事例の人々を守る面もあると思います。
現行法のガイドラインに「臨床脳死段階で本人の提供の意志を確認するよう努めること」とあるので、
一行目を条文に入れるだけじゃダメで、ガイドラインを改訂する必要があります。

406 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 17:05:44 ID:3CYJW5Lh
ガイドラインといっても、法的には意味ないんだよね。

407 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 18:01:01 ID:lh6W65i/
>嫌だって言ってたのを隠されて家族が提供しますって言われたら
>まあ、それまでの行いが悪いってことだよね。



408 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 19:55:38 ID:+DKGBlFD
>>399
>あなたの解釈だと、脳死判定で脳死と判定されなかった人も「死亡」ということですか?
「死んでいるけど死を確定されていない脳死者」に差し戻しかと思います。

409 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 19:59:07 ID:+DKGBlFD
>>401
ご意見ありがとうございます。

現行法は心臓死が人の死であるけど本人が臓器提供を希望する場合に限り、
例外として脳死を人の死としていますよね。
あと、脳死者の意思表示がない場合は家族が希望しても臓器移植はできませんよね。
つまり、本人の提供の意思表示がない場合、脳死者であっても三徴候揃って心臓死しないと
生きているので死人として扱えない、ということですよね。

ところが、改正法では本人の意思表示がなくても家族の希望で脳死判定・臓器提供できます。
これは臨床脳死者を「死んでいるが死を確定されていない脳死者」と捉えているからだと考えます。
本人や家族が拒否する場合は脳死=人の死を保留される。
だが、拒否の意思表示がない場合は、
臨床脳死者≒死んでいるけど死を確定されていない脳死者≒みなし死人という扱いにする。
みなし死人だから自己決定権はなく家族が決めるということでしょう。

臨床脳死者を生きていると捉えると、本人が望む場合を除いて
脳死判定を受けさせること自体が大きな問題ではありませんか?
>臨床脳死の段階では死んでない。
法的脳死のみが人の死であると認識されているならば、この点をどうお考えでしょうか?
更なるご意見をぜひ拝聴したいです。ご教示よろしくお願い致します。

410 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 21:17:39 ID:I64Y1dKD
>>401
行いの正しい社会的に適った子供っているの?

 古今東西、親の望み道理支持道理することは子供は苦手、親の真似をするのは天才的!
たいがい、目に付き腹が立つのは自分の嫌な認めたくない様を自然にやる時!

僕が死んだら臓器を他の子に差し上げてください!と決意する幼児と話してみたい気がする。

411 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 21:22:38 ID:I64Y1dKD
もし、この定義が社会的絶対論になれば当然!
子供が臓器提供をもとめ悔しくも適わず脳死した子供の体は当然
ドミノ式に他者の求める
 ドナ-に提供されるのでしょうか?

求める者は、提供する義務が発生する気がする。

412 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 22:38:23 ID:89AcBWe0
夕方のニュースで、14歳の中学生が同級生の為に、心臓移植の為の募金を集めていた
後天性の心臓病で、去年発病し、みるみる悪化している状態らしい
受け入れ先の病院はカナダに見つかり、ドナーが現れれば移植可能
費用は九千万くらい


子供がそんな状態になったら、形振り構わず生かす道を探すだろうな
たとえ移植は治療ではないって言われても、生かす技術が存在するなら
命を諦めることは出来ないと思った…

子供のために自分の命ならいくらでも差し出せるけど
難しいね


413 :ID:GYw/4iYv:2009/07/29(水) 22:54:02 ID:KlRtLOX1
>>402
私のレスの真意が未だにわからんなら、一生わからんと思うよ。
長々書く必要もないし。

414 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 23:13:28 ID:MFtHIAZj
転職して新しい保険証が届いたけど意思表示の欄ができたんだね
おかげで夫婦でしっかり話し合いができた。

夫も私も自分の体ならって始めは思っていたけど結局残された家族(特に子供)が判断するのは辛いっていうことを見落としていた
このスレ見て気付かなかった事が分かってよかった。



415 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 23:32:45 ID:0pr0WP4r
>>414
さしつかえなければ、どのように意思表示されたか?
お教えいただけますか?
1 わたしは、脳死の判定に従い、脳死後、移植のために○で囲んだ臓器を提供します。
2 わたしが、心臓が停止した死後、移植のために○で囲んだ臓器を提供します。
3 わたしは、臓器を提供しません。



416 :414:2009/07/29(水) 23:35:24 ID:Z+jOTCTv
>>415
家族全員3に○をつけて、息子はまだ小さいので私の名前で署名しました

417 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 23:35:55 ID:0pr0WP4r
415です。
たぶん、2と3の方が多いんじゃないかな、と思います。



418 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 23:37:44 ID:0pr0WP4r
>>416
早々のご返答、ありがとうございました。
我が家も、3に○にしようと思います。



419 :名無しの心子知らず:2009/07/29(水) 23:58:31 ID:rW0PgPLm
14歳なら15歳以上のドナーからの移植も可能だよね
結局年齢制限に引っ掛からなくても、受け入れ先がある限り渡航移植はなくならない。
この14歳の渡航移植の是非を問うつもりではないので、念のため。

420 :ID:GYw/4iYv:2009/07/30(木) 00:01:40 ID:KlRtLOX1
な、やっぱり「臓器移植そのものに反対」に論点が変わるだろ?

何でなのかな・・・・・

421 :ID:GYw/4iYv:2009/07/30(木) 00:28:18 ID:pyhGHpJx
1、何故「移植法案の改正が必要だったのか
2、何処を変える必要があったのか
3、改正後の運用をどうするのか

スレタイは「我が子の〜〜」なんで「嫌です」という答えで終了なんだが、
国民全部が「嫌です」になったら、問題解決にならんよな。

422 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 00:43:22 ID:ZmvNDbZ9
>>415のAが一番怖いと思う。
自然に心停止した後に臓器を摘出すると思ってる人が多いと思うから。
脳死判定不要、家族の承諾が死亡治療への第一歩になり
心停止前から死を早める臓器治療開始、
コーディネーターがいまかいまかと死の床で家族と一緒に死を待ち
死が訪れるのが遅い場合は人為的に死ぬような治療をされるって
予想できる人がどれだけいるんだろう?

423 :ID:GYw/4iYv:2009/07/30(木) 00:51:53 ID:pyhGHpJx
>>422
>心停止前から死を早める臓器治療開始、
>コーディネーターがいまかいまかと死の床で家族と一緒に死を待ち
>死が訪れるのが遅い場合は人為的に死ぬような治療をされるって

だから、それは一般的な事実なのか?
又聞きで膨らんだ妄想なのか?

どっちなの?
一面を切り取ってマイナスイメージばかり妄想で語って、解決しなくちゃいけない
問題を結果的に放置する、って今までどうりの手法じゃね?

法律決まったのにまだやるの?

424 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 01:14:39 ID:IkJGRddX
提供出来ません
欲しがりません
勝つまでは

425 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 01:16:03 ID:ZmvNDbZ9
>>423
「移植」2002 Vol.37 No.1 p1〜p11をどっかで手に入れて自分で確認したら?
もしくはネットで腎臓移植について調べまくると。
柳田邦男氏、小児科医の提供手記にも書いてある。

>人工呼吸器の取り外しやカテーテルを挿入したタイミングに関する記載はありませんが、
>2000年に死体内灌流を行なわなかったのは11例7.5%のみになりました。
>体内灌流を実施した残り約9割、つまり大部分の腎臓摘出手術では、
体内灌流はこのように行なわれると見られます。

>腎臓に血液を供給する動脈に、カテーテルを挿入
>カテーテルに付いたバルーンを膨らませて血流を遮断
>替わりにカテーテルから冷却灌流液を腎臓に送り込む
>静脈にもカテーテル(バルーンなし)を挿入しておき、動脈からの冷却灌流開始とともに、
>静脈からはカテーテルを経由して灌流液の排液も兼ねた脱血を行なう

>脱血するから、腹腔内の手術をしても出血で手術者の視界が妨げられない。しかしドナーは出血多量死します。

臓器提供に適した若い患者の心臓はそう簡単にいきなり止まらない。
徐々に自然に止まるのをまつと、体内の循環が悪くなり腎臓の鮮度が落ち
血栓でもできてしまったらレシピエントの命にかかわる。
だから臓器を新鮮な臓器を摘出するためには必要不可欠な処置。

角膜以外は、すべて脳死移植、ただし心臓が止まる時に家族がそばにいられるお得な提供ですと
はっきり公布すべきだと思う。

426 :ID:GYw/4iYv:2009/07/30(木) 01:28:22 ID:pyhGHpJx
>>425
それが「早く死なせるための処置」だと医者でもない君が何故断言するの?

あくまでも「臓器を守る」処置としか読めないが?

本当に「死期を早める処置」なら医者は殺人罪に問われてもおかしくない。

427 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 01:39:18 ID:ZmvNDbZ9
>>426
医者ではないけれど断言できる。ほんのちょっとかじっただけの人でもわかるくらい明白。
素人だって正確な情報(処置やくすリの作用副作用)をもらえれば判断できる。
わからなかったら自分で調べろよ。柳田氏の著書を図書館で借りるか
小児科医スギケン氏の手記はネットで読める。
各地区の腎臓移植の説明にかいてあったところもあった。

私も殺人だと思う。しかも被害者はたぶん脳死くらいで脳死確定していない人。
移植医療従事者は全く信用できない。

428 :ID:GYw/4iYv:2009/07/30(木) 01:43:24 ID:pyhGHpJx
なんとなくわかったわ。

「移植反対」論者は、今回の改正が必要だった理由を全く理解していない。

間接的に「臓器買いあさりツアー」を容認する勢力だな。

429 :ID:GYw/4iYv:2009/07/30(木) 01:44:37 ID:pyhGHpJx
>>427
>しかも被害者はたぶん脳死くらいで脳死確定していない人。

はいそうですか。
殺人罪で告訴してください。

頑張ってな。

430 :ID:GYw/4iYv:2009/07/30(木) 01:49:47 ID:pyhGHpJx
腎臓なんて死を待たずとも「生体移植」が可能だろうに。
肝臓もそう。

処置が必要なのだったら何らかの理由があるはず。
(遠距離を輸送するとか)

たまたま見つけた事例だけで「殺さないと移植できませんよ」とは
何たるミスリードなのか。

431 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 04:01:00 ID:D0YtlPrQ
既出だったら失礼。
「脳死・臓器移植の本当の話」(PHP新書)という本に色々すごいことが書いてあるよ。
自分は図書館で偶然手に取ってちょっと立ち読みしたくらいなんだけど、
興味ある人は大きめの本屋には置いてあると思うから立ち読みしてみて。

もしこの本持ってる人がいたら要点をこのスレに載せてほしいな。
アメリカの移植の実態とか。ほんとすごいよ…

432 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 06:50:06 ID:YVlODeMA
>>420
このスレにいる人間すべてが
「臓器移植そのものに反対」しているわけではありませんので、
誤解なきようお願い致します。


>>421
1、何故「移植法案の改正が必要だったのか
2、何処を変える必要があったのか
3、改正後の運用をどうするのか

まずID:GYw/4iYvさんがご自身の考えを説明しないと。
楽しみに待ってます。

433 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 06:53:16 ID:YVlODeMA
>>426
全身ヘパリン化・体内灌流は
「移植用臓器を守る処置」で「ドナーの死期を早める処置」です。
だからこそ、法的脳死が決定しないとできない処置だと思いますよ。

>>428
>間接的に「臓器買いあさりツアー」を容認する勢力だな。
「臓器買いあさりツアー」参加者の倫理観を非難したらどうですか。
怒りの矛先違いませんか?

>>430
>腎臓なんて死を待たずとも「生体移植」が可能だろうに。
>肝臓もそう。
ドナー側が脳死後や心停止後の移植を希望しているのに、
勝手に「生体移植」にしてしまうのは許されないことですよ。
さっさと死んでクレるものクレよですか…
善意の行為が殺人で報われるのならば、善意を持つ人はいなくなってしまうでしょうね。

434 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 06:56:29 ID:YVlODeMA
>>423>>430
>たまたま見つけた事例だけで「殺さないと移植できませんよ」とは何たるミスリードなのか。
「たまたま見つけた事例」で切り捨てちゃっていいのかなぁ。
そんなんじゃ、いつまで経っても「マイナスイメージばかりの妄想」なくならないんじゃね。
ドナーも増えないだろうし。
移植医療への不信感をなくしたいなら、
問題のあるケースをきちんと告発・検証するのが筋だと思いますよ。

もらう側には誠意を尽くし信頼される必要があるんですよ。
そうしないと結局、自らの首を絞めることになるんだよ。
真意を理解されなかったようなので再度載せときます。

臓器提供は善意の贈り物です。
敬意を払うべき尊い貴重なものです。
自分には臓器をもらう権利がある、だから臓器提供を増やすべきだ。
こんな論調で果たしてドナーは増えるでしょうか?

435 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 08:32:06 ID:tHO+H38W
>>409
>ところが、改正法では本人の意思表示がなくても家族の希望で脳死判定・臓器提供できます。
>これは臨床脳死者を「死んでいるが死を確定されていない脳死者」と捉えているからだと考えます。
私はここの捉え方が違います。「死んでいるが死を確定されていない脳死者」というのがよく分かりません。
臨床脳死段階を「死んでいる」とするのではなくて、
法定脳死か否か(死んでいるか生きているか)分からない混沌とした状態と捉えています。
だから臨床脳死段階では死人として扱えない。(生きている場合があるので)
家族が希望すれば、法定脳死判定で脳死か否か判明する。
(生きている人を死んだことにしてもらうのではないので、家族が承諾するのは問題ないと考えます。)
法定脳死と判定されたなら「死亡」ということだから、家族が希望する場合に臓器提供が出来る。

>臨床脳死者を生きていると捉えると、本人が望む場合を除いて
>脳死判定を受けさせること自体が大きな問題ではありませんか?
A´案だと臨床脳死者は完全に「生きている」となるので、
そこが問題とされたのではないかと思っています。

436 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 09:49:07 ID:wLUqg7Mm
http://fps01.plala.or.jp/~brainx/index.html

>>428
嘘並べ立てることで逆にA案の矛盾を煽っていらっしゃるのね
反対派がんがん増やし作業お疲れ様です^^

437 :435:2009/07/30(木) 10:29:26 ID:/Y576Wq5
435ですが、>>401さんではありません。横入りすみません。

438 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 16:08:39 ID:jX/aMPTE
【中国】妻が夫の局部切断、愛人との「3人同床」耐えられず 37歳の女性に懲役10年の有罪判決[07/28]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1248861048/

439 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 17:39:31 ID:eoOlKVj7
>>435
A案提出者は、法的脳死判定で家族が本人の死亡を決定する心理的負担をなくすため、
臨床的脳死をもって死とするといっていたような。

440 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 20:33:40 ID:EpQOiKbD
あのヤッターの大久保通方氏ね。
そりゃ方便というもんです、ご家族の方のためなんですよってね。
そういう面もあるが本音はあくまで【脳死は人の死】とすれば
臓器が得やすいことにある。
 まことに残念ですがお亡くなりです、でも移植すれば臓器は生き続け命は繋がるのです。


441 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 21:28:16 ID:YVlODeMA
>>435
返レスありがとうございます。

>「死んでいるが死を確定されていない脳死者」というのがよく分かりません。
脳死状態にあるが脳死判定で法的脳死とされない人を
「死んでいるが死を確定されていない脳死者」と表現しました。
雑な表現でわかりづらいですね、以下に訂正致します。
「死んでいるが法定脳死が確定していない脳死者」
改正法は脳死は人の死であるという理念を基に成り立っています。
脳死が人の死であるのは当然だという前提に立っているということです。
しかし、現実には脳死を人の死としない人が大勢います。
脳死を人の死としない人でも脳死状態であれば当然死んでいるが、
脳死判定を拒むことによって法的な死は猶予しようということです。

改正法では、脳死を人の死としない人(臓器提供を拒否する人)や意思表示不明な人を、
臨床脳死段階に留めて置かないと当人の選択・自己決定権を守れない仕組みになっていると思います。
脳死は人の死であるが臨床脳死段階に留まるならば法的には死としないということによって、
両者の選択・自己決定権を担保するということですから。

>だから臨床脳死段階では死人として扱えない。(生きている場合があるので)
生きている場合があるので死人として扱えない、
つまり、本人の自己決定権を尊重するということですか。
それならば、本人の意思表示がない場合、
家族が希望しても脳死判定を受けさせることは問題だと私は思うのですが。

442 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 21:51:57 ID:cKRSGd9b
>>441
金が口を開けば真実は口を瞑る(ロシア諺)
家族が否定しない限り子供は国家国民の為
その臓器を提供知る強固なる在るのです。
第三者機関がその判定をしない限り金の力は絶大ですから
だれも、時系列で子供の人生の終焉を検証することは出来ない。

売り手:買い手:仲介役が口裏合わせれば証拠はこの世から消える。

443 :名無しの心子知らず:2009/07/30(木) 23:51:55 ID:tNJ109v+
>>132
そうか。その方々が12年目まで踏ん張って今年の出来事A案成立を
何とか引き伸ばし続けてくれてたんだ。ネットという手段が発達して
情報をくれる今日まで。

今日だからこそひとりでも多く沢山の情報を取り入れて、
身を切られる後悔のない、納得できる人生と生死の選択ができますように。


>>10の動画の真ん中あたり、議員さん作成チラシ前文じっくり読めるんだね。
臓器提供が増えないので患者団体は強くD案に反対しています、
実際に臓器提供希望の9割以上が15才以上です、
など情報があったね。

444 :401:2009/07/31(金) 00:11:50 ID:Iwr/vRKh
>>409>>441
435さんは後述されてますけど別の人です。

で、ご意見とか言われているっぽいので考えを書いてみます。
纏まってなかったらごめん。

今回の改正では”家族の同意”且つ「本人が望んでいた場合」に行っていた判定が
「本人が拒否している場合以外」に変わるんですよね。
なので、今までは脳死判定を行っていなかった「本人の意思が不明だった場合」のパターンで
”家族の同意のみ”で脳死判定&移植可能という部分が主な変更点だと思います。

> みなし死人だから自己決定権はなく家族が決めるということでしょう。
「死んでいるから家族が判断してOK」ではなく
「本人の意思が不明なので、その判断は家族に託す」という風には考えられませんか?
どう頑張っても脳死状態の人がその場で意見を言うことはできません。
心停止を待つか、臓器を取り出すか、結局決断を下すのは家族という事です。

法律は臨床脳死の時点で死体だとは言っていませんよね。
臓器の摘出に係わる脳死判定は、本人が拒否しておらず家族が承諾している場合です。
臓器摘出ありきでの法的な脳死判定→法的な死です。

そんな風に捉えているので
> 臨床脳死者を生きていると捉えると、本人が望む場合を除いて
> 脳死判定を受けさせること自体が大きな問題ではありませんか?
> >臨床脳死の段階では死んでない。
> 法的脳死のみが人の死であると認識されているならば、この点をどうお考えでしょうか?
生きているけど本人が意思確認ができない。
なので、家族が判断する。私は問題だと思っていません。
本人以外の意思で判断が下されるという所が問題と考えるかそうでないか
その辺の考え方の違いなんでしょうね。

445 :401:2009/07/31(金) 00:14:19 ID:Iwr/vRKh
初めて改行大杉言われたw

そういえば、臓器提供していいよ→法的な脳死判定→死体だよ→やっぱり提供やめるわ
となった時って、その人は死んでるのかな?
法的な脳死判定やってるうちに死ぬのかな…

446 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 00:44:36 ID:zHV4ia78
>法律は臨床脳死の時点で死体だとは言っていませんよね。
>そんな風に捉えている
>なので、家族が判断する。私は問題だと思っていません
という意見に同意の方々は、A案提唱者を心から信頼してるんだね。

この契約書、●●●とは言ってないし、
契約書作成者は○○のつもりだと言ってるから
○○ナンデスヨ。さあ、契約書にサインを、印鑑を。

それで樹海逝きの人間だって実際にいる。
契約書をすすめた側が本気でも、当初の予定が狂ったから
方針変更、信頼してくれた人ごめんね〜。しょうがない。
となる場合もあるかもしれない。

命あっての人間。
命の契約書だからこそ、はっきりと
法的脳死判定のみ人間の死、と条文に入れて欲しいよ。

447 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 00:48:32 ID:zHV4ia78
一律にするなら、人間は機械じゃないか。

脳死から心停止、この間に人生の総決算が走馬灯のように当事者の頭に浮かぶとして。
人生の学びを知る大切な時間と考えると。
外からは反応がわからないし、どうせ時間の問題だから臓器をもらうよ。
残り時間カウントの当人が割り切れるならいいさ。
大人なら、いいよ、だいじょうぶだよ。納得済みだよ。皆悲しまないで。で済むさ。

でもね、家族が提供をきめちゃった死にゆく子供の場合。
叫ぶよ。声にならないけど、絶叫すると思うよ。
暗闇やお化け屋敷でさえ恐いのに。一人で眠るのも恐くて、
一緒じゃないと寝れないのに。
ママの子供に生まれて幸せだったよ。また逢いたいね。
じゃなくて、
やめて、助けて、ママ、の絶叫と恐怖で人生終了だったら、
自分の子供じゃなくても考えるだけで苦しいよ。
他人の子の虐待死ニュースが苦しいのと同じ思いだ。

臓器提供の現実問題はしらないけれど、脳死を死と割り切れない大人は一杯いる現状だと思うから、
A案はまだ待って欲しいよ。

レシピエントの家族が苦しいように、
ドナーの家族も苦しいし子供の命を諦めきれない気持ちは全く同じ。
それをわかってくれていたら、トップのお偉いさんがヤッター!!!なんて本音は言えないと思う。

これを感情論と切り捨てる現実は困ってしまう。だからどうした。うーむ。

448 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 04:38:14 ID:Wqh6Z7Q6
>>445
>そういえば、臓器提供していいよ→法的な脳死判定→死体だよ→やっぱり提供やめるわ
>となった時って、その人は死んでるのかな?
死んだことになると思います。
現行法だと生きていることになると思っていたのですが、現行法のガイドラインによると、
最終的に臓器提供しなくても法定脳死判定時点で「死亡」となっていました。
だから、一律に「法定脳死が死」としているA案でも「死亡」になると思います。

>法的な脳死判定やってるうちに死ぬのかな…
脳死判定中に心臓停止することもあるけど、全てそうなら脳死移植は出来ないと思います。

449 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 06:34:34 ID:FqP5QG4G
>>446
そんな風に思ってるなら提供しなきゃいいだけじゃん…
自分がされたくなきゃ、口を酸っぱくして回りに言っておきなよ
提供できる人はそんな風に考えないから提供できるんだよ

他人にまで妄想押し付けるの気持ち悪いよ

450 :444:2009/07/31(金) 06:59:28 ID:Iwr/vRKh
>>446
> A案提唱者を心から信頼してるんだね。
ちょw
なんでそうなるの?

> 法的脳死判定のみ人間の死
そう思えない理由は何なのかな…
「一律に人の死」というのは、ニュースや何やでしか見たこと無いので
法案のどこを取るとそうなるのかがいまいち分からない。

451 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 07:23:15 ID:pIq4RasP
>>449は自分と自分の半径数メートルしか頭にない人w
【 提供できる人はそんな風に考えないから提供できる 】
というのが無知や情報不足の人の場合、遺族が後悔したり
鬱になったりPTSDになる確率が上がる
知っていて提供しても痛みを抱える
作家や小児科医の話題が出てたから、最初からROMってみたら?

452 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 09:38:37 ID:tZqiAgDI
私が説明なしに横レスしたために、>>441さんと>>401さんに迷惑をかけてすみません。

>>441
よく言われている「脳死は人の死」とは「法的脳死は人の死」と捉えています。
臨床脳死段階で人の死か否か(法的な生死)が判明するのは脳死判定した場合のみ。
臨床脳死段階は生死不明の状態。
本人が拒否していた場合を除き、家族が生死の確認をすることが問題だとは思いません。
その上で、法的脳死(人の死、法的な死)と判定された場合に、
家族が臓器提供の選択をするのも問題だとは思いません。

453 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 11:22:26 ID:OZfMnBYP
>>450
>> 法的脳死判定のみ人間の死
>そう思えない理由は何なのかな…
A案提案者が「臨床脳死段階から死の概念を取り入れる」と言っていたことと、
マスコミが伝えている「脳死は人の死」を「(臨床)脳死は人の死」と捉えているからかと。

A案提案者を信頼しているとかじゃなく、
私も法律を読む限り「法的脳死判定のみ人間の死」としか読みとれない。
逆に、条文に「臨床脳死が人の死」と明確に書かれているわけではなく、
臨床脳死のことなんて全く触れられていないのに、
どうしたら「臨床脳死が人の死」とすることが出来るんだろうと思う。

454 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 12:24:44 ID:LnPWy4xi
>>453
「脳死は一律に人の死」という言葉がインパクトあるからね…
誰がいつ頃言い出したんだろう?

455 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 13:56:22 ID:pIq4RasP
>>453
>>439

A案提唱者からもバラバラな見解を語っているみたい。

456 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 14:00:17 ID:pIq4RasP
>>453
>どうしたら「臨床脳死が人の死」とすることが出来るんだろうと思う。
について、貴女の直前のレスのやり取りの、
せめて、>>398>>401>>409>>441をROMすると
貴女は、どういう感想や見解を持つだろう??


>>435
>A´案だと臨床脳死者は完全に「生きている」となるので、
そこが問題とされたのではないかと思っています。
これも解くヒントかねえ

457 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 14:59:54 ID:OURCOXJj
うちの長男、自分の意思で提供するにマルをつけた。
ドナーカードはランドセルの中に入っている。
ちなみに医者志望の小学校2年生。

そんな私はドナーカードにマルを付けかねている。
バセドゥ餅が提供して平気なのか分からないから。
ドナーさんがバセドゥになったら申し訳ないからね。

458 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 16:30:23 ID:hWuY3mI2
判定する前に「死」とするわけも無いと思うけど。
一律っていう言葉だけ独り歩きしてないか?

459 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 17:38:25 ID:gx2Vh4Rj
A案提出者は、アンケートでおおむねの国民が、脳死が死と答えているから、
臨床的脳死が死だと説明していると思ったけど。
時折、A案は臨床的脳死が前提というAの人と、そうじゃないというAの人もいるけどね。

そのアンケートで、脳死の定義を正確に理解してなされているか疑問はあるけど。




460 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 21:11:36 ID:QY8IXt3A
>>401さん>>435さん
丁寧なレスありがとうございす。
お二人とも結論は一緒ですがそこに至るまでの筋道が違うのが興味深かったです。
個々人によって捉え方は違うものですね。

461 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 21:45:43 ID:QY8IXt3A
>>450>>453
6−2項だけしか見ないと「法的脳死=人の死」ですが、
6−2項と6−3項を合わせて考えると「脳死は一律に人の死」だと思います。
6−3項では、本人の意思表示が不明でも家族の承諾で脳死判定を行える、としていますよね。
脳死判定を受ける前の時点、
臨床脳死段階で生きている(生きている場合がある)とすると、本人の自己決定権の問題が生じます。
生きているならば本人の自己決定権を否定できないので、脳死判定はできないと思います。
脳死判定以前の臨床脳死段階で既に死んでいるという前提にしないと、6−3項は成り立たないと思います。
臨床脳死段階での医学的な脳死も脳死判定による法的な脳死も両方が人の死だと思います。

462 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 21:59:21 ID:QY8IXt3A
>>450>>453
461です、横レスしてしまい失礼しました

463 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 00:01:30 ID:iq31wmQ1
>>461
屁理屈

464 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 00:06:29 ID:BZgEC1qg
>>463
道理が通じなくて残念です

465 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 00:20:23 ID:iq31wmQ1
人に通じない自分解釈を「屁理屈」と言う。
道理とは違う。

466 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 00:23:19 ID:BZgEC1qg

どうり だう― 3 【道理】

(1)物事がそうあるべきすじみち。ことわり。わけ

467 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 00:38:03 ID:KFMyug5E
>>463 >>465 
横だけど
子供みたいなお返事w

468 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 01:04:45 ID:BZgEC1qg
2ちゃんお約束の煽り・ファビョり一切なしでガチンコで説明してみました。
自分だけが正しいと思うのでは不十分で、読んでもらった人に理解してもらってこその議論と思ったので。
>>463さんに屁理屈と言われてしまうのは私の説明が拙いからだと思います。
思想・信条に係わるデリケートな問題ですから、各々が自分の考えにこだわるのは当たり前です。
私自身非常にこだわりがありますし、それはやっぱり皆さん同じだと思うんですね。
議論に付き合って頂いた>>401さん>>435さん 、ありがとうございました。
大変勉強になりました。

469 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 05:17:38 ID:y5NKSEaw
>>461
>臨床脳死段階で生きている(生きている場合がある)とすると、本人の自己決定権の問題が生じます。
>生きているならば本人の自己決定権を否定できないので、脳死判定はできないと思います。
>脳死判定以前の臨床脳死段階で既に死んでいるという前提にしないと、6−3項は成り立たないと思います。
生きているならば脳死判定をできないじゃなくて、
そもそも生きているか死んでいるかの判定が脳死判定でしょう。
脳死判定以前に死んでいるとしないといけないなら、脳死判定なんて無意味だと思うけど。
そういう理屈なら、ちゃんと条文に入れないといけないよ。
臨床脳死なんて条文に出てこないから、どういう判定を行ったものを臨床脳死とするのか、
どの時点を死んだことにするのか曖昧すぎるし。

470 :469:2009/08/01(土) 07:15:40 ID:3Huebv3S
469だけど、
>そもそも生きているか死んでいるかの判定が脳死判定でしょう。
こんなことを書いたら、そんなこと条文に書かれていないってレスがつくね。
すみません。469は無かったことにして。

471 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 11:43:50 ID:KFMyug5E
>>7
 A案 冨岡勉・衆議院議員
 A案は、脳死を一律に人の死と認めようということを提案している。
 [現行法では、生前に臓器提供の意思表示がある場合のみ、脳死=死と定義している]。

生前に臓器提供の意思表示がある場合のみ、脳死=死と定義している
を条文から削除したという事実。
それを条文に戻す案は全て退けられた事実。

臨床的脳死、法的脳死、どちらが今回の死の定義なのか条文には載っていないという事実。

472 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 12:03:30 ID:KFMyug5E
肝心要のA提唱者も人によって改正法の脳死の定義の認識に食い違い

当然国民も、関心を持って育児板スレに参加層も食い違う。
敢えてどう受け止めても誤りとは言えない曖昧さで
敢えて死の定義を決めたのだったら
>>300検証も今後の新事例検証も曖昧になってしまう危険性。
各病院やトップやコーディネーターの認識の仕方や方針により変化しそうだ。

>>425
>人工呼吸器の取り外しやカテーテルを挿入したタイミングに関する記載はありません
>腎臓に血液を供給する動脈に、カテーテルを挿入
>カテーテルに付いたバルーンを膨らませて血流を遮断
>替わりにカテーテルから冷却灌流液を腎臓に送り込む
>静脈からはカテーテルを経由して灌流液の排液も兼ねた脱血を行なう
の時期も曖昧なままで。

きっと何でも知ることが必要なんだね。

473 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 12:32:01 ID:fcbKWmtX
>>472
時期は曖昧じゃない。
推進派の総本山のサイトにハッキリと『心停止する前』と書かれている。

361 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2009/07/31(金) 09:43:18 0
(社)日本臓器移植ネットワーク
ttp://www.jotnw.or.jp/qa/index.html#about_offer
>しかし、腎臓・膵臓の移植の場合、心臓が止まって時間が経過すると各臓器への血流が途絶え、
>急速に機能が衰えて、移植しても臓器が機能しない場合があります。
>せっかくご提供いただく腎臓等の機能を確保するため、心停止する前から準備をする必要があります。

474 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 14:58:12 ID:BZgEC1qg
>>470
おk、了解しました。

475 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 15:01:25 ID:BZgEC1qg
法的脳死判定は臨床的脳死診断より厳密で、法的脳死判定じゃないと本当に脳死かどうかわからない。
これだと本当に脳死かどうか(生きているか死んでいるか)知るために、危険な無呼吸テストをすることになりますよね。
生きているか死んでいるか知るためには、死ぬリスクを引き受ける必要があるわけですよね。
私には何だか本末転倒に感じられるのですが。
まさか無呼吸テストで殺して、死んでるとわかりましたじゃないだろうなとか考えてしまいます。
臨床脳死で死んでいると思うから臓器提供に家族は承諾するし、リスクのある法的脳死判定もできる。
私はこう考えるのが自然なのではと思います。

臨床的脳死診断や法的脳死判定をどう捉えるか、参考になるかと思いますので下に貼っときます。

476 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 15:04:23 ID:BZgEC1qg

日本麻酔学会第53回学術会議
http://kansai.anesth.or.jp/kako/masui53/docs/session/D07.html
>法的脳死判定とは極端に言えば患者様が脳死かどうかを聞いているのではなく、
>法的脳死判定に沿って正しく行われたかどうかを問うていると捕らえた方がよい。
>法的脳死判定が正しく行われ判定基準を満たせばその患者様の「死亡」を意味する。

50回脳死臓器移植問題(薬害・医療被害をなくすための厚生省交渉団)
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Brown/4651/50/noushi_050.htm
>臨床的脳死診断はドナーカード所持を把握するためのタイミングとして設定されており、
>高度な救命治療を担保するためのものではない。あらかじめ、ドナーカードの所持が確認されていれば、
>臨床的脳死診断は省いて法的脳死判定に入ってよい

臨床的脳死診断、撤廃を/臓器提供病院の半数以上
http://www.shikoku-np.co.jp/national/science_environmental/article.aspx?id=20040531000315
>臓器移植法施行から昨年末までに、脳死になった患者の臓器提供を経験した25病院のうち半数以上の14病院が、
>2度の法的脳死判定の前に行う臨床的脳死診断を撤廃した方がいいと考えていることが31日までに、
>厚生労働省研究班の調査で分かった。

脳死判定における神経生理検査の活用法 日本医科大学附属多摩永山病院 久保田稔
http://www2.oninet.ne.jp/ts0905/onepoint/bradeath.htm
>脳死判定時の検査というと何か特別な検査の様に感じてしまいがちですが、
>臨床的脳死判定と法的脳死判定の方法には大きな違いはなく、
>さらに患者の状態を検査するという観点からみれば普段行っているルーチン検査と何ら変わりはありません。

477 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 15:07:22 ID:BZgEC1qg

49回脳死臓器移植問題(薬害・医療被害をなくすための厚生省交渉団)
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Brown/4651/49/noushi_049.htm

【厚】ガイドラインはドナーカードの所持を把握する一つのタイミングとして臨床的な脳死を診断して、
   それで臨床的脳死が確認されたときにドナーカード持っているか聞いてみて下さいと、
   そういう所に力点があるわけで
【交】臨床的脳死診断をやらずに法的脳死判定はできないんですよね。
【厚】いやできます。
【交】できますか?
【厚】つまりドナーカードが自然に出てきた場合、
   タイミングとしてドナーカードが出てこないことを前提に聞きにくいだろうということも当時あって、
   臨床的脳死診断をしてみて、臨床的に脳死が確認された場合は、是非ドナーカードを持っているかどうかを聞いて、
   その人の意思を生かすようにして下さいと。
【交】あってもなくても一緒?
【厚】一緒というかあれはあくまでもガイドラインですから。
【交】救命を尽くし、頑張ったけど脳死状態になってしまった、
   移植に持っていこうが持っていくまいがこれ以上は手を打てませんというのが臨床的脳死診断ではないのですか。
【厚】臨床的脳死診断はカードの所持を把握をするためのタイミングとして設定しているわけで、
   高度な医療を担保しようというものではない。

478 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 15:10:14 ID:BZgEC1qg
厚労省の見解は、
「臨床的脳死診断はカードの所持を把握をするためのタイミングとして設定しているわけで、
 高度な医療を担保しようというものではない。」だそうです。

479 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 17:55:24 ID:WXcG3Qpc
>臨床脳死で死んでいると思うから臓器提供に家族は承諾するし、リスクのある法的脳死判定もできる。
>私はこう考えるのが自然なのではと思います。

それであってると思うけど
死んでいる、なので臓器を提供できると考えられる家族が法的な脳死判定を承諾するんですよね。
受け入れたけれど死んでいないかも知れないから、再度の判定が行われる訳です。
その判定で脳死ではなさそうとなったら、移植もされず該当者も生きていると見なされますよね。

なので、臨床脳死段階が死である訳がないですよね。


480 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 18:06:11 ID:1AzouuOV
>>479
死んでないかも知れないかもって、それは確認であって、死の時期じゃないような気がする。


481 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 18:21:59 ID:KFMyug5E
>>473
>臨床的脳死判定時点で
(社)日本臓器移植ネットワーク
>ttp://www.jotnw.or.jp/qa/index.html#about_offer
>>しかし、腎臓・膵臓の移植の場合、心臓が止まって時間が経過すると各臓器への血流が途絶え、
>>急速に機能が衰えて、移植しても臓器が機能しない場合があります。
>>せっかくご提供いただく腎臓等の機能を確保するため、心停止する前から準備をする必要があります。
の処置をやってしまうと
100パーセントが死んで法的脳死判定で法的脳死診断で死だ。

本末転倒だ。

しかし死の定義が法的脳死時点という定義ならば、
引用処置は、臨床的脳死時点で絶対に試行してはいけないよね。

移植臓器保護処置は法的脳死診断以後だよね。

しかし現行法のもとでさえ、臨床的脳死じゃね?という以前に試行されてしまった例があり。
確かにスレ内のどこかに関連リンクあり。
>>300検証すらしなくてもいいらしい?
うやむや曖昧な今後は、もっと問題が増加しないだろうか
少なくても殆どの、それをよく知らない人間の間で。

482 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 18:32:28 ID:BZgEC1qg
>>479
厚労省の見解は、
「臨床的脳死診断はカードの所持を把握をするためのタイミングとして設定しているわけで、
 高度な医療を担保しようというものではない。」です。
これは、
「臨床的脳死診断はドナーカード所持を把握するためのタイミングとして設定されており、
高度な救命治療を担保するためのものではない」ということですよね。

ガイドラインにある移植医療関係者に対する説明と、一般世間に対する説明が食い違っていますよ。
本音と建前を巧みに使い分けているようにしか私には見えません。
現行法をダブルスタンダードと否定した結果がこれなのかと思うと皮肉を感じますね。

483 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 18:35:18 ID:BZgEC1qg

臓器移植法改正に伴う、脳死判定の条件について。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1427577724

A案は明らかに「脳死を一律に人の死とする」」という考えに基づています。
厚生労働委員会の質疑でも、A案提案者は何度もそのように答えています。
「脳死は一律に人の死である。でも今のところは制限を付けておこう」というのがA案提案者の意図です。

@ 「まずは脳死は一律に人の死とする」を潜り込ませておこう。
  本当はこの点は社会的合意がなされていないんだけど、無視して、この勢いで通しちゃえ。

A でも、いきなり脳死時臓器提供の範囲を広げると、反発が激しいので、
  とりあえずは今だけは面倒くさいけれど、受け入れたくない場合は脳死判定を受けなくていいという
  特別な制限を入れるようにしよう。

B これで何年か様子見て、ほとぼりが醒めたときに取り出す臓器が少ないようであれば、
  その時は「だって、一度、脳死は一律に人の死だって決めたよね。
  受け入れたくなければ受け入れなくていいというのはあの時点での特別な制限だったけれど、
  もうそれも外すよ。それで、今度は全員脳死判定を受けなければいけないようにしよう。」

C それでもまだ臓器が足りないと、「以前から、脳死は一律に人の死だって決まったよね。
  なら、そろそろ脳死患者の医療費は削減したら、あるいは診療中止というのもあるな。
  だって死んでいるんだから。あっ。医療費出ないと、生かし続けられない?本当に死にそう?
  それなら、臓器提供をどうぞ。」

484 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 19:23:56 ID:BZgEC1qg
>>479
>その判定で脳死ではなさそうとなったら、移植もされず該当者も生きていると見なされますよね。


448 :名無しの心子知らず:2009/07/31(金) 04:38:14 ID:Wqh6Z7Q6
>>445
>そういえば、臓器提供していいよ→法的な脳死判定→死体だよ→やっぱり提供やめるわ
>となった時って、その人は死んでるのかな?

        死 ん だ こ と に な る と思います。

現行法だと生きていることになると思っていたのですが、現行法のガイドラインによると、
最終的に臓器提供しなくても法定脳死判定時点で「死亡」となっていました。
だから、一律に「法定脳死が死」としている

         A 案 で も「死亡」になると思います。

485 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 20:18:20 ID:tH9asgx7
>>484
読み間違えているよ。
>>448は私の書き込みだけど、それは「法的脳死と判定された後に臓器提供を拒否した場合」について。
>>479は「法定脳死ではないと判定された場合」について。
脳死と判定されなかったら生きていると見なされると思いますよ。

486 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 20:43:30 ID:KFMyug5E
法定脳死ではないと判定されなかったら生きていると見なされる
という認識でしっかりと日本の81例の臓器摘出処置が出来ていたのだろうか。
臨床的脳死は死ではない
とハッキリスッキリ宣言してくれる法律文が欲しいよね。
脳死判定がホントに確実だったのかもまた違う問題点だ。
摘出後だったら、それで人生終了。

487 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 21:10:38 ID:BZgEC1qg
>>485
>>448は「法的脳死と判定された後に臓器提供を拒否した場合」について、ですね。
すいません。誤読してしまいました。

>>477
【交】救命を尽くし、頑張ったけど脳死状態になってしまった、
   移植に持っていこうが持っていくまいがこれ以上は手を打てませんというのが臨床的脳死診断ではないのですか。
【厚】臨床的脳死診断はカードの所持を把握をするためのタイミングとして設定しているわけで、
   高度な医療を担保しようというものではない。

>>485さんは上の遣り取りをどう受け取られていますか?
よろしければ教えてください。

488 :名無しの心子知らず:2009/08/01(土) 22:16:39 ID:871kzjih
法医学だろうが医学だろうが
親として共に生きた時間を
臓器提供したいために
反応を見たくないために全身麻酔を掛けて
切り裂く....恐ろしい

 麻酔を受けていながら覚醒して体を切り裂かれる経験をトラウマにもって
人間がこの世にいる事をなぜマスコミは語らないのかな〜

489 :名無しの心子知らず:2009/08/02(日) 07:26:21 ID:WH7oTTJN

★子供を脳死にさせない為に ☆絶対に買わない☆絶対に乗らない 

★「高価すぎて買えない」 - 解禁の「3人乗り自転車」

・今月1日の道路交通法改正で、一定の基準を満たした「3人(幼児2人)乗り自転車」が解禁された。
 小さな子どもを持つ母親からの要望に応えた形だが、7万円前後の高価格に戸惑いの声も
 聞こえてくる。

 県警交通企画課によると、新しい3人乗り自転車は、幼児2人を乗せても十分な強度▽高い制動力
 ▽停車時に転倒しにくい▽走行中の安定性▽停車時にハンドルを固定できる▽走行中の振動を
 伝わりにくい―が必要基準とされた。

 フレームのパイプを太くしたり、重心を低くして倒れにくくなるよう工夫されている。
 解禁後、県警全署では十数回、幼稚園などに出向き、3人乗り自転車の試乗会や安全運転教室を実施。
 「重心が低くて乗りやすい」「3人乗せても危険を感じない」などと好評で、ほとんどの母親が3人乗り
 自転車に興味を示しているという。

 ただ、価格は7万円前後と高く、「高価すぎて手が出ない」「子どもが大きくなったら2、3年で使わなく
 なるので、買っても仕方がない」といった不満の声も。(抜粋)
 http://www.nara-np.co.jp/20090730101050.html


490 :名無しの心子知らず:2009/08/02(日) 11:52:39 ID:E/cW8BZP
移植反対論者と死刑反対論者ってもしかして被ってる?

491 :名無しの心子知らず:2009/08/02(日) 12:04:38 ID:seb+3CnH
>>490
そんなことはないと思います。


492 :名無しの心子知らず:2009/08/02(日) 12:54:22 ID:yupb9bMF
>>490
凶悪極悪非道の鬼畜人間の
臓器提供死刑
→死刑執行後に法的脳死診断を行いドナーになって償う
というのが法的に可能になったら、救われる人がいるかも。
極悪非道の鬼畜人間の臓器は拒否、心身共に健康健全人間の臓器がいい。
という人の所に行かないように配慮のため、
それを希望するレシピエントを登録制にして登録順番に。
お金とコネで順番を早める不正は無し規則厳守。
そんなのは需要はあるかな、どうかな。

493 :名無しの心子知らず:2009/08/02(日) 13:47:22 ID:xUOmHVWU
もっと良い親族優先規定のA案があります。

494 :名無しの心子知らず:2009/08/02(日) 16:13:49 ID:BW25BiJk
中国はgkbrだよ
博物館行く感覚で人体の不思議展を見に行ってしまった
今年の夏休みも親子連れが見学に行ってるんだろうか
裏を知って慄然としたわ

495 :名無しの心子知らず:2009/08/02(日) 17:30:10 ID:OPFyvQFA
>>493
親族優先規定だけとって、別の案につけても大丈夫だろ。
わざわざそれだけでA案は支持できないよな。

A案は本人の意思を尊重しないのに、親族提供だけ尊重も筋通らないし。
いつか自分に臓器が必要になるかもって、
明日の他人より将来の自分のために、生死を決められてもな。

496 :名無しの心子知らず:2009/08/02(日) 21:57:16 ID:kDwUXqd9
陣痛でもやめられない パチンコ依存症 はなぜ起きる
http://jp.youtube.com/watch?v=sCV3y7YmiLA

497 :名無しの心子知らず:2009/08/03(月) 11:27:03 ID:+xyHSnMl


心臓移殖募金問題・死ぬ死ぬ詐欺
http://www.youtube.com/watch?v=mX8fNBPVsiw


498 :名無しの心子知らず:2009/08/06(木) 08:20:57 ID:rML/9zgH
臓器提供の意思について
【現行法】拒否が前提
 →臓器提供意思表示者のみ脳死は人間の死

【A案】肯定が前提(本人が生前に拒否表明していなければ家族の同意で提供できるから)
 →(臓器提供意思表示者のみ脳死は人間の死
  を法律文から削除して)脳死は人間の死
という認識をしている。危険だと個人的に感じる。

12年前に現行法が制定前後には
>本人の提供意思表示という要件によって、家族に臓器提供を求める執拗(しつよう)な「口説き」がなくなりました。
>法制定前には、死んでいく我が子との生涯の別れの貴重な時間を口説かれ続けて提供し、
>悔いの残った人もいたのです。
という経過もあったとか。この点が過去に逆行してしまう例が出るかもね。

まるで臓器移植を増やすために人の死の概念を変更するのがA案の目的みたいに映る。
人間の死を決めるのに臓器移植とは切り離して考える事ができず、まず増加移植ありき、
臓器移植の為に死の概念を無理矢理決定してしまった印象を受ける。

499 :名無しの心子知らず:2009/08/07(金) 18:42:15 ID:m5+qWl6C
A案、先進国だから増えて当然。

先進国だとなぜ臓器が増えるのか全く説明がない。

要するに殺して増やす以外ないわけだ。他に増える理由は見当たらない。

500 :名無しの心子知らず:2009/08/08(土) 16:40:14 ID:lmN19K6c
ドナーと遺族のその後ってどうなの?
少なくても半分以上は
  提供して良かった
  提供を断らないで良かった
と感じているのかデータってある?

501 :名無しの心子知らず:2009/08/11(火) 15:48:11 ID:oIyjs30u
どーせ24時間テレビなんかで、なんとかちゃんの命のリレーを
つなごう。感動ウルウルなんてやるんだろうな。

502 :名無しの心子知らず:2009/08/11(火) 17:03:34 ID:LAyGw2Nz
今日新しい保険証が届いた。移植法改正で二歳の息子のにも裏側に臓器を提供するか丸する様になってる。どうしよ

503 :名無しの心子知らず:2009/08/11(火) 17:06:05 ID:gshDH7kf
>>500
もしそれでネガティブな結果が出てしまったら
提供者が少なくなるから、あったとしても公表しないのでは?

504 :名無しの心子知らず:2009/08/11(火) 18:02:29 ID:w+eJ5YIT
>>304
>・ ドナー家族についての調査を国会がやっていたんだけど
>厚生労働省や移植学会や移植者ネットワークの妨害でなかなか調査が進まなかったんだってさ。
>で結果は半分以上の家族が後悔PTSDやら鬱になる家族も珍しくないとさ。
>今週の週刊文春。国会の議事録などをあされば第一次ソースもあると思う。>>208

505 :名無しの心子知らず:2009/08/12(水) 20:28:14 ID:4ZzrkZDf
臓器提供って大義名分は良いけど
実際はつらいもんなのね

506 :名無しの心子知らず:2009/08/13(木) 20:33:48 ID:Y1GEFeuw
臓器取り出しの実態は公開したくないんだろう。
素朴な善意の奉仕者にひるまれちゃ困るからね。

507 :名無しの心子知らず:2009/08/14(金) 17:01:29 ID:K1JPF5OM
サラ金とパチンコは犯罪の2大動機になってるのに、なんで規制しないんだよ

508 :名無しの心子知らず:2009/08/14(金) 23:26:31 ID:4jfJo6j9
胎盤だぁ!

509 :名無しの心子知らず:2009/08/15(土) 12:12:01 ID:dHvtlj0n
胎盤とりだしちゃうぞぉ

510 :名無しの心子知らず:2009/08/17(月) 23:17:44 ID:B/K1JEw+
推進派はクレクレって餓鬼だよ


511 :名無しの心子知らず:2009/08/29(土) 15:16:04 ID:dSOkh/B4
煽ってるのは誰?
患者はやむ得ないけど
移植医?
薬メーカー?


512 :名無しの心子知らず:2009/09/08(火) 20:59:50 ID:z7YohWoo
臓器移植は今や権利だからな

513 :名無しの心子知らず:2009/09/23(水) 08:47:30 ID:rB9QiqII
保守

514 :名無しの心子知らず:2009/09/23(水) 09:47:57 ID:VEwledie
うちの子が臓器移植が必要な身体になって、生前に移植受けているのなら移植する(角膜とか)

今のまま健康ならやらない。

脳死=遺体
遺体=モノ
と理解はできるけど、
脳死=モノとは思えないから無理だ…

515 :名無しの心子知らず:2009/09/23(水) 23:43:01 ID:TPvah70V
非臓器移植三原則

臓器を貰わず、臓器を与えず、募金せず

516 :名無しの心子知らず:2009/09/23(水) 23:45:02 ID:TPvah70V

僕の臓器を知りませんか?

僕の臓器を知りませんか?
行方不明になりました
切り刻まれたorgan 街中に配るよ
今すぐ捜しに行かないと
さあ早く見つけないと
臓器に飢えた野良犬 今夜吠えている

見た事もないような donorの恩恵で
recipientになるような 権利を主張する だから
僕の臓器を知りませんか?

人間はみんな弱いけど
移植は必ずかなうんだ
寝ている僕に語りかけない 問われない心
いまにも目からこぼれそうな
涙の理由が言えません
今日も 明日も あさっても 臓器を捜すでしょう

見た事もないような 僕が生きたはずの未来で
僕のかわりに生きてると あの人はいうよ だから

僕の臓器を知りませんか?


517 :名無しの心子知らず:2009/09/24(木) 05:23:18 ID:Qd5g561Y
今日ズームインで7時40分から去年アメリカで、臓器移植受けるも、
失敗したDQN親子やるお

518 :名無しの心子知らず:2009/09/24(木) 08:06:54 ID:AzgF6J7Y
>>517
情報ありがとう。
見たけど…脳死児診たことある立場からすると、親が臓器を『あげる・もらう』と
簡単に口にしてることにとても腹が立つ。
子供はもっとドナーの命についても考えてたみたいだけど、それを移植するように諭してる
場面にはちょっと…引きました。
親はやっぱり自分の子供の命のことしか考えてないんだなーって。

脳死になった子にもドラマがあるんだよ。
移植が必要な子だけががんばっているんじゃないのに。
なんでこんな偏った報道しかされないんだろうか。

519 :名無しの心子知らず:2009/09/24(木) 08:58:19 ID:VzXAb3de
>>518同意。
臓器提供推進派は、自分の子供が植物状態になった時に、諦められるのか?
本人の気持ち解らないのに勝手に決めていいのか?
酷かもしれないが、他人の臓器を移植しないと生きられない身体で生まれた事は
その子の持って生まれた運命と思う。
臓器は命の源です。他人から貰っていいものではないと思う。必要ならば許されるのは家族内だけだと思う。

520 :名無しの心子知らず:2009/09/24(木) 09:25:09 ID:s568gnMk
テレ東だけれど、
脳死状態の子をもつ家族のドキュメンタリーを以前土曜の昼間に放映していたよ。
キー局で、いい時間帯でもっと取り上げてほしい。

脳死状態の子にも家族にも、その子なりの時間が流れているんだよ。

521 :名無しの心子知らず:2009/09/24(木) 09:26:18 ID:9LIE7Zo+
理屈ではいくらでも考えられるけど、感情がどうしてもついていかない。
私自身のなら提供してかまわないけど、子供のは無理。
…と実母に話したら、実母も「私のはいいけどあんたのは…」と言い出した。
そういや私が高校の時にドナーカード持つって言ったらすごく複雑な顔をされたっけな。
母としての思いは、子供がいくつになっても何を考えても、そうそう変われないんだなとオモタよ。

522 :名無しの心子知らず:2009/09/24(木) 12:45:49 ID:AzgF6J7Y
>>521
そう、親にとっては子供はいくつになっても子供なんだよね。
だから臓器提供するなら旦那だけじゃなくて、親にも話をして家族みんなが納得の
上で提供意思を示さないと、後悔の念を抱く家族も出てくるんだろうなって思った。

あと移植推進派の『誰かの体の中で生きられる』って決まり文句あるけど、
結局…生きれてないよね。
提供してる立場だったら、なんか我が子の命が無駄にされたみたいで心が痛いよ。

ようは移植医療は完治する為の医療じゃないってこと。
あくまで移植も延命治療にしか過ぎないのよ。
拒絶反応と戦ってる姿を見たら、本当に移植医療は必要なのか?って疑問に
思った。
脳の機能が停止している人の命を人為的に止めてまで行わないといけない移植医療が
本当に『医療』と言えるのか?って思ったね。

523 :名無しの心子知らず:2009/09/27(日) 14:00:29 ID:L4mfgGUq
昨日、NHKの青春なんたらで臓器提供についてがテーマだったけど
我が子や自分の臓器はあげられないって人ばかりだった。
20代の看護師の方は「もし臓器移植を受けないと死ぬ場面になっても受けません
それは私の寿命だから。
だから、私が脳死になったら私の体にお疲れさまと言って
一緒に息を引き取りたいです」
みたいな事を言ってて、すごく共感した。
あと、医療がどんどん発達して、ついに人の臓器まで欲しがるなんて
人間はどこまでわがままになるんでしょうか
と言っている方もいて、全体的に共感出来る意見が多かった。


524 :名無しの心子知らず:2009/09/30(水) 09:05:58 ID:3hN0xE7c
小栗旬がイケメン扱いされてる時点で世の中との壁を感じる

525 :名無しの心子知らず:2009/10/02(金) 20:41:16 ID:GbFeip2L
>>523
nkhってそういうスタンスの意見も放送するんだ。
ちょっとぴっくり。言論統制みたいなのがあるのかと思ってた。
大抵の臓器移植の番組って、移植は当然、みたいな感じだったりするから。

人の臓器って、欲しがるべきもんじゃないよね。
与えられた寿命を納得できないのって、やっぱり問題あると思う。


526 :名無しの心子知らず:2009/10/06(火) 14:49:37 ID:bvmaVdR/
10/8のNHKの「おはよう日本」の中で、在宅脳死状態の子の事をやるよ。

527 :名無しの心子知らず:2009/10/12(月) 15:31:10 ID:7kzKF77/
スレ書き込めるかな

528 :名無しの心子知らず:2009/10/13(火) 00:02:23 ID:spj169Cq
私も>>523の看護師さんの意見にまるっと賛成だな。
臓器移植をしてまで生きたいと思うのは、いくら医学が進歩しても、人が踏み込んでいい領域なのかと疑問に思う。
だから、自分の子の臓器を人にあげようなどとは間違っても思わない。

529 :名無しの心子知らず:2009/10/13(火) 20:11:04 ID:4M7iPZiG
何か動機付けがなければ提供しようという気にはならんだろうね

530 :名無しの心子知らず:2009/10/14(水) 23:22:36 ID:RKdtpNQ+
ここでもスレ3代にわたって、真剣に議論されてきたよね。
以下の二ユース記事が挙がっていました。

【医療】臓器移植8カ月ゼロ更新中 7月の臓器移植法改正をめぐる議論の影響?
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1255527420/
臓器移植8カ月ゼロ更新中 法改正で議論高まる影響?

脳死臓器移植の実施が2月を最後にパッタリと途絶えている。ゼロの更新はすでに8カ月を超えた。7月に
国会で臓器移植法が改正されるにあたり、脳死に関する議論が高まりを見せたことが、かえって移植実施を
慎重にさせているとみられている。おりしも10月は臓器移植普及推進月間。移植への理解を求める
関係者らの努力が続く。

最後となる脳死移植が行われたのは、2月8日に名古屋市の病院で行われた事例。空白期間は8カ月を超えた。

国内で初の脳死臓器移植が行われたのは平成11年。以後11年間で81例の移植が行われてきた。脳死移植が
1例も行われなかった最長の空白期間は、14年12月30日から15年9月12日までの9カ月2週間。今回は
それに迫る勢いで空白期間が続いている。

脳死移植のペースにはもともと緩急が繰り返されてきた経緯がある。空白期間が始まる前の、昨年から
今年2月までは、ほぼ月に1件以上のペースで実施されており、関係者らの間からは脳死移植の定着を
指摘する声も出ていた。今年1月には4件もの脳死移植が行われている。

それが一転しての長期空白。関係者の間で指摘されているのが、7月の臓器移植法改正をめぐる議論の影響だ。
脳死を人の死とする法案から、それに慎重な法案までが出され、意見が割れた。

移植のコーディネートを担う日本臓器移植ネットワークでは「脳死に対する誤解も含めてさまざまな議論があることが
明らかになったことで、家族や病院などに、移植に対して慎重な雰囲気を作り出しているのかもしれない」とみる。

531 :名無しの心子知らず:2009/10/14(水) 23:24:16 ID:RKdtpNQ+
(530のつづき)


移植の意思を示す移植カードは累計で1億2400万枚が配られており、実際に日常的にカードを所持するなど意思表示を
している人は1千万人程度に達しているとみられている。

臓器移植者やその家族らで作る特定非営利活動法人(NPO法人)「日本移植者協議会」の大久保通方理事長は、
「普通では考えられない事態」と空白の長期化に危機感を募らせる。大久保理事長は「臓器提供の意思を示したカードを
持っていた脳死者もいたはず。法改正にあたり『いまは積極的にかかわるべきではない』という考えが広がったのでは
ないか」と懸念する。

一方、脳死移植に慎重な立場をとる「『脳死』・臓器移植を許さない市民の会」の清水昭美代表は「審議不十分のまま
採決された改正法への不信感が国民の間に広がり、人々が慎重になっているのではないか。もう一度議論をする
機会だと思う」と話している。

空白期間の裏で、国内では多くの人が貴重な善意にもとづく臓器提供を待っている事実がある。10月は移植医療に対する
理解を呼びかける「移植推進月間」。移植ネットワークでは「移植について関心を持ってもらうとともに、家族などと移植について
語り合ってほしい」と、ミニコンサートなど各地で啓発活動を行うことにしている。
    

■改正臓器移植法 今年7月に可決、成立した。施行は来年7月。成立した法律(いわゆる「A案」)は、脳死=人の死と
位置付ける▽本人が拒否していない場合は家族の同意で提供できる▽提供は15歳以上との年齢制限を撤廃−など、
現行法に比べ臓器提供をしやすい内容になっている。国会審議には、子供の脳死判定が難しいことなどを理由に、
移植に慎重な立場を取る法案などが出された。日本移植学会では改正法の施行で、年10件程度の脳死移植が、
年70件程度までに増加すると見込んでいる。

http://sankei.jp.msn.com/life/body/091014/bdy0910142156004-n1.htm


532 :名無しの心子知らず:2009/10/14(水) 23:33:53 ID:KtPTtsK2
昨年、兄が事故死したけど、親父もお袋も気が
動転してドナーになってもらえないか
と急に言われても返事できない、
と言ってたよ。

533 :名無しの心子知らず:2009/10/15(木) 19:36:09 ID:CcmDq4vs
提供可のドナーカードを持ってなくても
ドナーになってもらえないかなんて迫られるのか?

534 :名無しの心子知らず:2009/10/16(金) 07:54:34 ID:UVYzBbDY
脳内で迫られたって変換されてるようだけど
実際はお願いされたって話だと思うよ。

どんだけ敵意持ってんのw

535 :名無しの心子知らず:2009/10/16(金) 08:49:48 ID:LlVt/MoG
絶賛発売中です
http://www.kadokawa.co.jp/sp/200909-01/
当然ですが売上金のすべては
http://mikako-bokin.com/
に寄付することでしょう
当然ですよね?

536 :名無しの心子知らず:2009/10/16(金) 09:14:39 ID:PQn1hC7G
私は絶対提供しないけど我が子に移植が必要になったら必死でお願いする
2chでしか言えないけどw

537 :名無しの心子知らず:2009/10/16(金) 15:35:32 ID:227QO6bB
この問題は本当に難しいよね。
自分の子の臓器はあげられないっていうのは親の心情。
人の臓器もらってまでも我が子を生きさせたいっていうのも親の心情。

自分は人様の臓器もらってまでも生きたくないって思えても、
自分の子になると、たとえ人でなしと罵られようとも臓器ほしいと思うのが
親の本音だと思う。


・・・とはいうものの、私はやっぱり自分の子供の臓器はあげられない。
心臓死してからでも、どこの臓器もあげたくない。
みんなそろったままであの世へ逝かせてあげたい。

臓器提供に対する価値観は、いろんな国の宗教によっても違うと思う。
肉体の死がすべてではないと説かれる仏教国の日本で、臓器移植という考えは
心情的に受け入れがたいと思う。


538 :名無しの心子知らず:2009/10/19(月) 12:08:47 ID:G54WDJtw
都合によって、日本人を名乗ったり、朝鮮人を名乗るような生き方は、
「民族の誇り」とは言えないと思うし、俺はそんな生き方を軽蔑する。

539 :名無しの心子知らず:2009/10/19(月) 12:42:40 ID:qY6v/8yq
>>536
仲間w
もし子供に他人の臓器が必要になった時、そこに生きるための望みがあるなら
運命だの自然だの綺麗事なんて言ってられないよ

…2ちゃんじゃなくても言えるけどねw


540 :名無しの心子知らず:2009/10/19(月) 20:42:07 ID:RciMbSjX
>536 >539
ここは提供できますかスレぞ、くれくれスレじゃない

あたしも仲間w

541 :名無しの心子知らず:2009/11/05(木) 11:59:42 ID:NX6oxYU9
毎日テレビニュースで扱われていて法改正されたのに
話題になった頃から数が減っている、全くなくなった理由で考えられるのは
あれほど臓器移植賛成といっていた連中の多くは
結局他人事で本人は臓器移植なんてする気は全くなかったという現れだと思う。
そして議論になり、国民の意識の中に無理やり押しつけられる事に対しての
問題意識や反発心が強くなったというのが考えられる。
バクバクの会が証明してくれている。

根本的に、医療従事者と患者意識の違いが大きく
患者は自分が助かることは考えるが、医療従事者のように患者を助けることは考えない
自分が医療を受ける必要がありそこで医療に頼っても
人を助けるための医療に自分を使うことは考えない
その証拠に、この8ヶ月間臓器移植なしというのが
医療従事者も自分が提供患者になったとき、臓器移植をしていない証拠である

542 :名無しの心子知らず:2009/11/05(木) 12:43:30 ID:xyQ4QoMC
提供出来ない。
だから、貰うこともできない。

どっかのバカ親が、自分の子が移植手術したけど亡くなったとき、
「五体揃って天国行かせてやりたいから」提供しないつったけど、
ホントに卑しいと思った。

543 :名無しの心子知らず:2009/11/05(木) 14:58:04 ID:7sOtiQY2
うちの親戚といっても親しくないんだが、
娘さんが転落事故で亡くなって、提供を名乗り出たのに
イギリスに留学してたことがあり、狂牛病だかの関係で
とおらなかったトカナントカ

544 :名無しの心子知らず:2009/11/05(木) 17:50:52 ID:NX6oxYU9
臓器移植法改正施行後、日本で子供の臓器移植が出てくるかといえば必ず出てくる
これはどうしてかというと、現存するネット社会をみても分かるとおり
親は自分の子供どころか、子供の友達の実名や写真をなんのためらいもなく公開している。
親は子を守る義務があり、子供であっても個人が尊重されるべき存在であるはずなのに
一方的な親の感情を優先し、あるはずのない権利を自己権利として扱うこのような現実がある。
このような頭の中がお花畑といえる連中に、選択の権利を与えてしまったらどうなるか
知識のない、学習意欲のない、自己都合を優先する連中に権利を与えてしまったらどうなるか
答えは分かりきっている。

545 :名無しの心子知らず:2009/11/17(火) 18:01:22 ID:3Ch9aOWh
【医学】脳死臓器移植、空白期間が過去最長に…279日間 [09/11/15]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1258438949/

□脳死臓器移植、空白期間が過去最長に…279日間 [09/11/15]

 国内の脳死臓器移植が今年2月8日を最後に途絶え、空白期間がきょう15日で
過去最長の279日間になった。

 これまでは4例目(1999年6月24日)と5例目(2000年3月29日)の間の278日間が
最も長い空白だった。

 今年は1月に月別としては過去最多の4例が行われたが、2月8日の通算81例目の後は
提供ゼロが続いている。臓器移植法は97年に施行され、脳死臓器移植は99年の1例目以降、
年間10例前後のペースで実施されている。

 空白が続く原因については、提供条件を緩和した改正臓器移植法の施行が来年に迫り、
注目が集まる中、脳死患者の家族や医療機関が提供に慎重になっているという見方がある。
日本移植者協議会の大久保通方理事長は、「『今は様子を見よう』というムードが広まっている
のではないか。改正法施行後には雰囲気も変わり、臓器提供が増えると期待したい」と話している。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091115-OYT1T00676.htm (引用元配信記事)
http://www.yomiuri.co.jp/ YOMIURI ONLINE(読売新聞) [09/11/15] 配信


546 :名無しの心子知らず:2009/11/23(月) 04:00:48 ID:uopKEU4K
命のリレー。。。したくない。。。1パーセントの馬鹿がだまされて
金持ちに内臓を生きたまま抜き取られる。金持ちは長生きして幸せに暮らしましたとさ。人体実験の生け贄。


547 :名無しの心子知らず:2009/11/23(月) 04:09:25 ID:uopKEU4K
人を殺してまで他人の内臓が欲しいなら、マーケットで適正な価格をつけるべき。
心臓で500万円位か。ぐちゃぐちゃな死体を見る家族のケアーのお金としては
妥当か?それが無理なら寿命と考えて。

548 :名無しの心子知らず:2009/11/23(月) 04:16:20 ID:uopKEU4K
命のリレーではなく、お金のリレーならマーケットが出来る。募金は禁止。
借金してでも調達させる。うちの子は死んだけど、臓器を売ったお金でしたの子を
立派に育てられる。もう一人産めばいい。まさにお金を介した命のリレー。
献血だって初めは売血から始まったんだよ日本では。。。

549 :名無しの心子知らず:2009/11/23(月) 10:58:56 ID:4MezQgLD
【社会】82例目の脳死移植へ…9カ月ぶり、20代女性が提供した臓器が全国へ
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1258902379/

北海道の医療機関で22日、20代の女性が臓器移植法に基づく脳死と判定され、
日本臓器移植ネットワークは移植に向けた準備に入った。脳死移植は82例目で、
23日午後に摘出手術が行われる予定。
脳死移植は今年2月以降、途絶えており、「空白」期間は過去最長となっていた。
 
心臓は大阪大学医学部付属病院、肺は東北大学病院、肝臓は名古屋大学医学部付属病院、
腎臓は市立札幌病院、小腸は京都大学医学部付属病院、膵(すい)腎同時移植は
神戸大学医学部付属病院の患者に行う方向で調整している。

*+*+ jiji.com 2009/11/23[00:06:19] +*+*
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009112200215

550 :名無しの心子知らず:2009/11/24(火) 19:33:50 ID:mrkJ2UiN

◇脳死の女性が5年ぶりに覚醒、犯人像を供述

韓国で、何者かに首を絞められて脳死と診断された女性(34)が
5年ぶりに覚醒(かくせい)して犯人について証言し、容疑者が起訴された。

この事件は04年7月、韓国南部・光陽で、女性が自宅アパートで何者かに
首を絞められて脳死と診断されたもの。韓国の検察当局によると、
女性は最近、覚醒し、催眠療法による事情聴取に対して、犯人像を供述した。

検察は供述に基づいて女性の夫と交際していた43歳の女を取り調べ、
殺人未遂の罪で起訴した。検察は女性に不倫の事実を知られて、
殺害しようとしたとみているが、女はこれを否認している。

ソース(NNN24)http://www.news24.jp/articles/2009/11/24/10148443.html
(動画はソースから)


551 :名無しの心子知らず:2009/11/24(火) 21:24:56 ID:r4eFeGf+



523 :名無しの心子知らず:2009/09/27(日) 14:00:29 ID:L4mfgGUq
昨日、NHKの青春なんたらで臓器提供についてがテーマだったけど
我が子や自分の臓器はあげられないって人ばかりだった。
20代の看護師の方は「もし臓器移植を受けないと死ぬ場面になっても受けません
それは私の寿命だから。
だから、私が脳死になったら私の体にお疲れさまと言って
一緒に息を引き取りたいです」
みたいな事を言ってて、すごく共感した。
あと、医療がどんどん発達して、ついに人の臓器まで欲しがるなんて
人間はどこまでわがままになるんでしょうか
と言っている方もいて、全体的に共感出来る意見が多かった。


ハゲド

552 :名無しの心子知らず:2009/11/24(火) 23:57:04 ID:xS5nbXb8
◆23年間意識があるのに誰も気づいてもらえず、昏睡状態だと思われていた男性
ttp://10e.org/mt2/archives/200911/240209.php

現在脳死判定された人が技術が進歩した将来の基準では脳死ではないかもしれないわけで

553 :名無しの心子知らず:2009/11/24(火) 23:58:20 ID:xS5nbXb8
途中で送信しちゃったよ。
絶対脳死での臓器提供はしないわ。

554 :名無しの心子知らず:2009/11/25(水) 10:43:31 ID:SkkYMfLt
米出産件数、4割近くは母親が未婚 黒人では7割超える

米国で07年に生まれた赤ちゃんのうち、4割近くは母親が未婚女性だったことが、米国立健康統計センター(NCHS)の報告で明らかになった。
人種別にみると、黒人では同年に出産した女性の7割以上が未婚だったことが分かった。
NCHSが先月末発表したデータによると、07年の出産件数430万件のうち、未婚の女性による出産は170万件。02年に比べて25%以上も増加した。
また、同時期に発表された統計によれば、未婚の母の割合は人種間の開きが大きく、白人では28%にとどまったのに対し、中南米系は51%、黒人は72%に上っている。

ソースCNN

555 :名無しの心子知らず:2009/11/25(水) 15:24:15 ID:HzcgkK8H
>>549
20代の若者の臓器で助かるのが、ほとんど年配の人間かー。



556 :名無しの心子知らず:2009/11/30(月) 19:38:52 ID:itwCky5C

親族への臓器優先提供、自殺の場合は禁止

 親族への優先的な臓器提供を盛り込んだ改正臓器移植法が来年1月に施行されるの前に
厚生労働省の臓器移植委員会は30日、親族が自殺した場合は、優先提供を禁じる方針を
決めた。

 今後、臓器移植の運用指針に、除外規定を設けるかを含め検討する。

 この日の委員会では、「(自殺の場合を認めると)臓器提供目的の自殺を助長しかねない。
すべての臓器で優先提供できないような仕組みにすべきだ」との意見が相次いだ。

(2009年11月30日19時10分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091130-OYT1T00982.htm


557 :名無しの心子知らず:2009/12/15(火) 23:45:10 ID:tVNz0J6R
この子、やばくね?
http://www.youtube.com/watch?v=HtSVdcJKVDI&feature=related



558 :名無しの心子知らず:2010/01/16(土) 13:28:39 ID:10qeiKCh
>>555
もったいないよね。まだ働けて子供も作れる若者にあげれば…
とはいえ、若者だと親が生きてるから、臓器移植が失敗した時に
「失敗して死ぬとは思っていなかった説明不足だ慰謝料よこせ生きてれば4億稼げた」
とか言うから、出来ないんだろうね。

559 :名無しの心子知らず:2010/01/26(火) 09:29:13 ID:8xeXk8tx
383 :名無しさん@十周年 :2009/06/20(土) 11:14:53 ID:ZtCRjp8FO
臓器提供ってそんなにいいことなの?
いいことなんだろうけどなんか…

394 :名無しさん@十周年 :2009/06/20(土) 11:17:21 ID:IswQvzy10
>>383
いいことだと思わない人が賛同する必要はない。
ただ、いいことだと思う人の邪魔はしないでほしい。

560 :名無しの心子知らず:2010/01/26(火) 09:30:36 ID:8xeXk8tx
461 :名無しさん@十周年 :2009/06/20(土) 11:27:47 ID:OCWpSJxwO
>>394
いいことだと思ってる人がものすごい言い方をしてくる
ソースは俺の祖父
まさに>>1の子と同じく、呼吸はしてるけどこりゃあ脳死かもな……って段階
そこで既にコーディネイターの説得の嵐
うちの親(と俺ら兄弟夫婦)、介護と対応でヘロヘロ
更にその話を聞いた親族一同大モメ
結局心臓停止後に角膜と腎臓持ってかれた

かみさんと俺はこれを見て以来移植も提供も大反対になった
ああ言う団体の人ってどこから嗅ぎ付けて来るんかね

561 :名無しの心子知らず:2010/01/26(火) 09:33:03 ID:8xeXk8tx
485 :名無しさん@十周年 :2009/06/20(土) 11:31:37 ID:IswQvzy10
>>461
>結局心臓停止後に角膜と腎臓持ってかれた
これは、あんたとかみさんの感情だろ。

皆が反対なのに「結局心臓停止後に角膜と腎臓持ってかれた」ってどういうことだ?
縛られたり脅されたりしたのか?

491 :名無しさん@十周年 :2009/06/20(土) 11:33:03 ID:shmbSiZt0
>>485
強制的に納得させられた・・・とか言うんだよこういう人は。
人のせいにしたがる。


562 :名無しの心子知らず:2010/01/26(火) 09:37:51 ID:8xeXk8tx
501 :名無しさん@十周年 :2009/06/20(土) 11:34:51 ID:eGOJLS/h0
>>485
判断が弱ってるときに交渉するなんて、この手の商売じゃ当たり前のことなのにねぇ



A案が通った頃のニュー速は最初賛成派のが勢いが強かった
気が大きくなっているのか本性がでているな

563 :名無しの心子知らず:2010/01/26(火) 10:27:49 ID:9EBBWjT5
>>151>>152で、奈良県の臓器バンクの画像見た。
これがほんとに臓器バンクの考えてることなら、絶対嫌だ。
それこそ、死んでも臓器提供したくないと思った。
「子供からは嫌だけど私の体なら提供してもいい」となんとなく思っていたが
この「提供する人が天使、カードにバツをつける人は悪魔」の絵は許せない。

564 :名無しの心子知らず:2010/01/26(火) 21:39:36 ID:2DcV9qzX
私も無理だー
助かる可能性があるのに、提供者だったばっかりに
臓器欲しさで見殺しにされることもあるらしいね

565 :名無しの心子知らず:2010/01/27(水) 19:08:06 ID:CAl/+qAw
>>559-562
だまし討ちみたいな方法で臓器とろうとしてるくせに
被害者面なんだよなー
しかもドナー家族が精神的ダメージ強い、弱ってる時を狙えるって
しっかりわかってんだよな…糞だわ

566 :名無しの心子知らず:2010/01/28(木) 11:37:26 ID:C1xKuFPS
>>559-562
懐かしいな。当時スレ見てたよ
ID:IswQvzy10はその後もその461に対して
「お前がどう賛成でも反対でもどう思ってようが構わないが
納得ずみ同士の邪魔はするな」とわめいてた
A案は臓器狩りみたいな手段なのに納得ずみってなんなんだろうな
コイツの暴走のおかげで実は賛成派だった自分目がさめた

567 :名無しの心子知らず:2010/02/08(月) 08:59:34 ID:7A+2WRS+
移植法改正から8ヶ月くらい移植ないみたいだね
そりゃそうだろな
改正後初移植になるから成功しようがしまいが注目されるの必死だし
動揺してるドナー遺族に小汚い手口で近づいてくる臓器狩りどもの実態も明らかになるかも
安易に踏み込めないよねえ

本当にいいことだと思ってるなら改正すぐにガンガンできるはずだけどね

568 :名無しの心子知らず:2010/02/08(月) 12:38:35 ID:VN7TUsl1
>565
でも、臓器提供の話が出るくらいの状態なら、生きても植物状態とか重い障害が残るとかでしょ。
親が元気で小さい子供のうちならいいけど、親はいずれ年をとるし、
子供もすぐに大人になるし。

569 :名無しの心子知らず:2010/02/14(日) 12:01:44 ID:TGgBmK0h
それと汚い手段を用いて臓器とろうとする臓器狩りの連中の話は別でしょ
ついでに重い障害が出ると確定したわけでもない
親が年をとるとか子供が大人になるとか何の関係もない
なんでそうムリに話すり変えようとするかなあ

570 :名無しの心子知らず:2010/03/08(月) 14:33:47 ID:OkFvi/cX
保守

571 :名無しの心子知らず:2010/03/10(水) 20:45:02 ID:7IZ0VI5z
7月に本格施行される改正臓器移植法の運用を検討する厚生労働省の臓器移植委員会(委員長・永井良三東京大
教授)は8日、臓器提供についての意思表示カードを持つ人が、提供を希望する臓器ごとに「○」をつける現在の
記載方法を変更し、「×」をつけられた臓器以外は提供に同意したと判断することにした。

 改正法では、本人の意思が不明な場合、家族の同意だけで臓器を提供できるようになる。現在は、本人が提供の
意思を意思表示カードなどの書面に残していることが必要だが、書面は必ずしも必要でなくなる。記載方法を改める
背景には、法改正の趣旨を踏まえ、提供を拒む意思を明らかにした人以外は、すべての臓器の提供に同意していると
見なす考えがある。

 提供を拒否したい人は従来と同様、拒む意思をカードで表明できる。約1億2千万枚配布された現行カードは改正法
施行後も原則的に有効になる見通し。ただ、心臓が止まった後の臓器提供だけ同意している人が脳死になった場合
などの扱いを今後検討する。

 厚労省は新しいカードの記載について3月中旬からホームページ上で意見を募る。

 一方、改正法施行で可能になる15歳未満からの臓器提供について検討している厚労省研究班長の貫井英明・山梨大
名誉教授は、子どもが虐待を受けていたかどうか確認するため、脳死判定や臓器の摘出をする病院に虐待防止委員会を
設置することが必要だと述べた。研究班は虐待を受けた子からの提供を防ぐマニュアルを作成中で、4月の委員会に
提出する予定。


572 :名無しの心子知らず:2010/03/12(金) 05:52:58 ID:+97MBzhy
【社会】提供したい臓器に「○」から、提供したくない臓器に「×」に 意思表示カード変更へ★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1268127660/

573 :名無しの心子知らず:2010/03/12(金) 13:39:01 ID:+97MBzhy
親は、大切な我が子とよーく話し合いをしとかないと大変だ。
てか、出産前から考えておかないといけないね…
ネットで情報収拾する機会のない親の家庭は、
このスレ内のような予備知識は無いだろうから気の毒だ。
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1268127660/712
>当然ながら他の臓器もまったく集まらずついに15歳以下からも取れるようにしてしまった
>中学三年生の時点でドナーになるよう促した洗脳教育が行われている学校が多い
>ドナーの危険性などまったく書かれていないきれいごとばかりを並べた冊子が配られ
>大嘘の移植実態が教えられ最後にドナーカードを配布される



574 :名無しの心子知らず:2010/04/01(木) 23:46:18 ID:XsqEaBbN
免許証で意思表示=裏面に臓器提供の欄−警察庁

警察庁は1日、道交法施行規則を改正し、運転免許証の裏面に臓器提供の意思を記載
できる欄を設ける方針を固めた。同時に、ICチップ入りの免許証を発行する環境が整った
ため、本籍欄は削除する。
 
7月17日施行予定で、今月2日から1カ月間、電子メールや郵便で国民から意見を募る。
 
臓器提供の意思表示欄は、免許証裏面の下側半分ほどのスペースに印字。項目や記載
方法は意思表示カードと同じにする。昨年7月に成立した改正臓器移植法で求められたこと
から、同庁が方法を検討していた。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000044-jij-soci


私事で恐縮ですが、奇遇にも今日「提供しない」に丸を付けたシールを免許証に貼り付けたところだった・・・。

575 :名無しの心子知らず:2010/05/02(日) 20:42:42 ID:1RyaLF4s
臓器移植に批判的なサイトの掲示板に、訳のわからない書き込みがあり、最後の
ところに「難病患者を支援する会」のサイトアドレスが書いてあった。
訪れてみたら、「難病患者」は「臓器不全患者」だけであって、その人たちの海
外移植を斡旋する機関だった、頭に「内閣府認定NPO」と付いていた。
難病って臓器不全だけ?

576 :名無しの心子知らず:2010/05/05(水) 19:08:09 ID:gV7h9+Dx
一年くらい前に公民館でドナーカードもらってきたのですが…疑問が一つ。
もし私が不慮の事故で死んだとして、臓器を提供することになったとします。
臓器が体から取り出される経緯はわかりませんが、臓器を提供した後の私の体はどうなるのですか?
傷口は元通り、つまり生きている人間と同じように手当てしてもらえるのですか?
死体だからって適当に手当てされたりすることって有り得るでしょうか?

577 :名無しの心子知らず:2010/05/06(木) 21:36:28 ID:9FAbx4k2
>>576 不慮の事故で死んだとして、臓器を提供することになったとします。
不慮の事故で死んだら、臓器提供は出来ません。
特に首から下は「生き生きして」いなければなりません、例え人工呼吸器を使って
でも、酸素を体内に取り込み、心臓が活動し血液が体内を循環して、臓器にエネル
ギーを補給していれば、臓器移植は出来ます。
後は、私も経験がありませんのでわかりませんが、手当って治療ですか?死んだ人
は治療しないでしょう。

578 :名無しの心子知らず:2010/05/06(木) 22:00:16 ID:Xix9IGPP
意思表示カード「△」「家族以外への臓器提供は拒否」ってかいたけどダメかな

579 :名無しの心子知らず:2010/05/07(金) 15:05:11 ID:Xl7xAkNk
>>578
最近までの厚労省の法律家による審議会では、法律の大前提は「脳死・臓器提供」を
認めた上で、親族に優先して移植するとなるので、「家族以外は拒否」という場合は
臓器移植そのものを認めるべきでない、と言う意見と、大前提の「臓器提供」は認め
ているのだから、「家族限定」を認めずに、第三者への移植は可能とする、と言う意
見が出ているようだが、臓器不足は深刻だから、移植医療は公平性が重要という理由
付けをして、第三者への移植、となるかもね。

580 :名無しの心子知らず:2010/05/07(金) 23:32:25 ID:9CTI/Yfm
自分は提供なんか考えたくも無いし、そんなカードなんか持ちたく無いのに。

某作家の子は自殺未遂→脳死→提供だったそうね。
それについての本読んだけど、なんか嘆きみたいなものが
殆ど感じられなかったよ。

581 :名無しの心子知らず:2010/05/21(金) 20:42:38 ID:QtCdRSbi
提供を受けた側だけじゃなくて提供した側の遺族のサポートがあればもっと違った形になると思うよ
提供して終わりじゃ遺族が罪の念に苛まれて苦しむだけ

582 :名無しの心子知らず:2010/05/22(土) 12:31:50 ID:HSAY8vmW
毎日新聞で4月7日から毎週水曜日、移植コーディネーターの人が「命に寄り添って」
と言うコラムを書いている。
コーディネーターには二種類あって、ドナー側に付く人とレシピエント側に付く人だ
そうだ、自分はドナー側に付いていると言っている。
しかし、毎週読んでいると「ドナー側に付く」と言っても、ドナーになりそうな人が
現れると、その人の家族に対して、ドナーになるように説得するのが任務らしい。
その人は、なかなか優秀な人らしくて、ドナーカードを持っていなかった、20歳代の
就職したばかりの人が職場で倒れて(過労死か?)脳死状態だと医師に言われた人の家
族を説得して、心臓死移植を成功させた、とか看護学生を(これもドナーカード不所持)
家族を説得して、心臓死移植にさせた、等々「自慢話」満載だ。
おまけに、心臓停止後に臓器提供を承諾されたけれど、そういう場合は「臓器提供」は
出来ないんです、と正直に書いていた。
こんな事は普通「移植推進」の人は、口が裂けたら言えるけれども、その立場にある人
たちは、ほとんど、口が裂けませんから、言わないですね。
だから、カードを勧めるときには、「あなたが死んだときに、あなたの臓器で助かる人
がいますので、臓器提供しませんか」と言う。




583 :名無しの心子知らず:2010/05/22(土) 12:43:25 ID:U1H9Pf9I
>命のリレー

なんか胡散臭い言葉だと思う、
温かい我が子の体から臓器を取り出すなんて無理・・・


584 :名無しの心子知らず:2010/05/22(土) 13:04:28 ID:lJ3bhYba
私も無理。
前に死んだ子の世話する猿のニュース見たけど
基本的にじぶんも同じことしたがると思うわ

585 :名無しの心子知らず:2010/05/22(土) 13:37:17 ID:+WqB5Y6v
辛格浩ロッテ会長、文学徒から半世紀で40兆ウォンのグループに育成(2)
ttp://japanese.joins.com/article/article.php?aid=115109&servcode=300§code=320

>67年に辛会長は韓国にロッテ製菓を設立し、母国への投資を始めた。
>ロッテグループの関係者は「この時から日本で稼いだ金を韓国に投資し始めたが、
>韓国で稼いだ金を日本に持って行くことは一度もなかった」と述べた。
>辛会長は韓国に進出する際、食品会社ではなく重化学会社の設立を希望していたという。

586 :名無しの心子知らず:2010/05/22(土) 17:14:35 ID:YVE9tmZW
>>583
命のリレーなんて綺麗ごと
現実は金もってる外国人が優先的に臓器もらってる
これが日本で起こったらみんなぶち切れるでしょ
結局命は金次第

587 :名無しの心子知らず:2010/05/23(日) 16:34:34 ID:NDVBrfK2
我が子の臓器売れますか?
っていうスレタイにしなきゃ

588 :名無しの心子知らず:2010/06/06(日) 14:44:39 ID:4iIr2kGU
「命のリレー」って、臓器移植では本当のこと。
ただ、推進する人達は国民に勧めるときには、「あなたが死んだとき」と言う
が、何故か「美しい言葉」と勘違いして、「命のリレー」と言う。
だって、命を相手にリレーするときには、両方とも生きていなければ駄目。
渡す方が死んでいれば、手渡す命は無いわけだし、受ける方も当然生きている
必要がある。
使っている人達は、「なんと美しいフレーズだろう」と、酔っているだけ。
我々の命だって、先祖代々リレーしてきたんだろう、つなぐ親も生きている、
受け取る子どもも生きている。
ところが、臓器移植ではドナーは、命を手渡すことで死んでしまう、受ける
側は、その人の状態にもよるけれども、一定の期間は生き続ける。
だから臓器移植ネットワークでも、臓器移植には「健康な臓器」が必要です、
と言う、死んでから、臓器提供する、と言われても、その臓器は使えないん
です、と言っている。

589 :名無しの心子知らず:2010/06/09(水) 11:57:05 ID:6hn42ToB
美香子ちゃんに「追加募金を」…父ら訴え
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=26276
http://yaplog.jp/sf97/

募金についてどう思うかは個人の判断で構わないと思うんだけど、ちょっとお母さんのブログが気になる
確かにメディアを通じた事による募金への影響というのは大きいと思うし、その事への感謝というのは当然だと思う
ただ、集まった募金のほとんどは、これは一般の国民から自分のお金から出してもらってるわけで
メディアの方はどうかというと、記事にしてそれを仕事にして逆にお金をもらってるわけです
属するメディアからの募金もあったことでしょうが、企業や団体は組織からお金を出せるでしょうし
企業や団体は個人から集めたとしても個人単価では少額で仕方なしにという人も多い
お金がどうこういう問題じゃないけれど、仕事でやって金もらってる、テレビなんかも放送して
視聴率のかわりにスポンサーから金もらってるところを、こういった募金が絡んでる中で
過剰に評価するのはいささかどうかと思う。そんなところへの感謝なんて、見えないところで勝手にやってくれたら
いいわけで、わざわざ一般の自分のお金から自らの意志で募金してくれた人が見えるようなところで
書くべき事じゃないと思う。書くならとにかく国民への感謝、国民への敬意
メディアなんてものは使ってなんぼ、ブログでやるなら報告だけで十分
ブログをやるのはいいが、やり方次第では次がないことを考えるべき
個人で何万も募金する人だっているんだから、その人達よりメディアを評価するなら
もう募金しないと思われても仕方がない

590 :名無しの心子知らず:2010/06/09(水) 20:20:44 ID:Etlk3Mvk
子供の臓器移植が出来る海外でやる→金で順番抜かしてる、不純だ
日本でも出来るようにする→死んでから体を切り刻むなんてガクブル
どっちか一方なら「そうだよなー」と思えるけど、ダブスタの人って何考えてんだろ。
死ねってことなのかな。

591 :名無しの心子知らず:2010/06/16(水) 17:40:54 ID:vnKUW3SY
この前NHK教育で脳死になった女の子と家族のドキュメントやってた
実際脳死になった子供見たら絶対に提供するなんて言えない
女の子の家族が「まだ体があるのに脳死=人の死なんてありえない」って言ってたけど
本当にそうだと思ったよ。
A案が採用されて喜んでる人たちがいたけどあれは無神経すぎた




592 :名無しの心子知らず:2010/07/02(金) 20:34:55 ID:2mlkisU8
提供しなくてもかまわんが
おまえのガキが患者になったときには
順番待ちせずにすみやかに死んでくれよな

593 :名無しの心子知らず:2010/07/10(土) 00:23:44 ID:Pcw4GOGq
保守

594 :名無しの心子知らず:2010/07/13(火) 17:46:04 ID:8RB0sQD4
寄付金集めて
臓器移植した者は自分の死後
遺体を日本病理学会に寄付しなきゃね

595 :名無しの心子知らず:2010/07/16(金) 18:24:06 ID:7bdBj6JN
一昨日の関連ニュースのインタビューで「自分の子どもの命は助けたいけど、自分の子が
脳死になって提供者になると思うと複雑」とかって答えてた。これもダブスタだよね。

596 :名無しの心子知らず:2010/07/18(日) 18:01:13 ID:eMM9aR6z
うちのおかんが言った台詞
「たとえ体の一部でも、どこかで生きてるほうがいい。」
賛成です。

597 :名無しの心子知らず:2010/07/19(月) 09:01:59 ID:Z1iyRk3h
闇金から借りた金は利息はおろか元金すら返す義務はありません

598 :名無しの心子知らず:2010/07/19(月) 12:22:27 ID:eps7QEiz
どこかで本当に生きていればいいけどな。
生ゴミになってたら嫌だな

599 :名無しの心子知らず:2010/07/19(月) 23:09:19 ID:yvij8Pf4
臓器だけで「生きる」とか、メディアや臓器移植派の都合の良い概念をすり込まれてるからこそ言える言葉。
本当に何もないところから自分の意思で考えたとき、臓器だけで「生きる」とか思いつくか?

そのおかんとやらは15歳未満の子供、1歳にも満たない子供が親の一方的な意志により
脳死臓器移植提供をする場合、都合よく人工呼吸器で「生かされて」、提供する側は麻酔もかけられず
寸前まで心臓が動いてる「生かされた」状態でその心臓を摘出されることを知ってるのか?

何も知らない、馬鹿は何も知らないで簡単にものを言う。

600 :名無しの心子知らず:2010/07/20(火) 18:19:25 ID:X0aIn908
我が子の臓器提供できますか

生まれて直ぐに植物人間にして三年育てれば
いい値で売れるんだね
貧乏人にとって救いの法律に賛成

601 :名無しの心子知らず:2010/07/20(火) 19:31:33 ID:gXifOpLy
海外から日本に移植に来る子も増えるだろうね
その時の日本の対応が楽しみだ

602 :名無しの心子知らず:2010/07/20(火) 23:35:33 ID:IeE0icOa
友人が日本臓器移植ネットワークにメル凸したらしいんだけど、
臓器移植って日本臓器移植ネットワークに登録しないとダメらしいよ。
だから、臓器移植が必要な状態でも登録してなかったらダメらしい。

なんか、わかりにくい回答が返ってきたとか言ってた。

603 :名無しの心子知らず:2010/07/21(水) 00:02:49 ID:EA3g3505
>>601
来そうだよね。
いままでさんざん海外で移植手術受けておいて
自分の国でやるとなると「他国からの患者は拒否」なんてこと言えないしね

604 :名無しの心子知らず:2010/07/21(水) 03:00:33 ID:pBgS5V2u
>>602
すぐ登録したらいいんでないの?
>>599
子供のころブラックジャックでそういう話読んだよ〜>臓器だけ生きてる
そんなオリジナリティのある話じゃないと思うけど

まあ私は提供するのは無理、もらえるならもらいます。
自分の子供の心臓が動いているのに死んでると言われても受け入れられない。
でもそれを受け入れられるという親がいて、提供したいと思うなら
ダブスタとは思いません。
独身の頃は臓器提供カードを持ち歩いていたけど、
「自分の死んだ後の体を切り刻まれたくない、でも移植は受けたい」という人がいたとしても気にならなかったよ

605 :名無しの心子知らず:2010/07/21(水) 15:10:21 ID:YT+rkw3o
臓器移植法の補正案として

貧乏人も金持ちも公平に抽選で移植受けられて

かつ、所得に応じて費用が決定するんだって

民主党は立派だわ

606 :名無しの心子知らず:2010/07/21(水) 15:11:49 ID:YT+rkw3o
中国人が臓器買いあさりにバスで押し寄せるんでないか

607 :名無しの心子知らず:2010/07/22(木) 09:21:20 ID:JoBjfIpX
焼肉屋・パチンコ屋で働く奴は朝鮮人の奴隷

608 :名無しの心子知らず:2010/07/22(木) 11:00:36 ID:BCXavErs
海外から日本に臓器移植に来る人は
日本で寄付金を集めるだろうね

609 :名無しの心子知らず:2010/07/22(木) 11:10:22 ID:2ih452m4
連投です。
国境を越えた救出劇
http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Ningen/yokedo/sub_yakedo.html

コンスタンチン君の為に日本から一億円の寄付金が集まったんだね

610 :名無しの心子知らず:2010/07/22(木) 11:17:31 ID:2ih452m4
やり直しです
国境を越えた救出劇
http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Ningen/yakedo/sub_yakedo.html

611 :名無しの心子知らず:2010/07/22(木) 12:22:49 ID:jR/T6s9S
中国人が臓器買いあさりにバスで押し寄せてくるんですか

612 :名無しの心子知らず:2010/07/22(木) 15:31:20 ID:HTteYFzt
死んだ後の体なんかどうでもいいや
ただの抜け殻だし

613 :名無しの心子知らず:2010/07/22(木) 20:51:26 ID:hucAe9mz
お前の死ってやつは、お前だけの問題じゃないんだぜ。
お前が残した家族、友人、恋人、その他気にかけてくれた人々の問題でもあるんだ。

614 :名無しの心子知らず:2010/07/25(日) 10:14:34 ID:VKLMnEZL
具体的にコーディネーターや医者がどんな汚い手口で
脅しにくるのか例をおしえていただけると助かるんですが?

やっぱり医療費を倍増して請求してくる、とかでしょうか?

615 :名無しの心子知らず:2010/07/29(木) 11:20:01 ID:64LKH1p0
日本には高額療養費制度というものがあるので、世帯における月単位合計額が自己負担限度額を超える場合
規定されてる限度額以上の支払ったものについては返金されます。
また、現実には支払う前に手続きをして結果的に限度額までを支払うようになります。
このことから医療機関にとっての高額医療費の敵は行政ということになり
どんなに個人負担をかけたところで、その分厳しいチェックが入ってしまう事になります。
それと現在では請求書において、原則明確に表示することが義務づけられており
患者側が必要ないといわないかぎり、それを提示する拒否権を医療機関はもっていません。
患者がおかしいと思ったら、行政がおかしいと思ったら、自分たちで取ってきた記録と請求書
双方の内容を見合わせれば一発でばれます。今どきの患者側は朝から晩まで何の薬を使った
どんな医療行為をしたか、医療ミス対策のため動画にもメモにとるのも当たり前です。

616 :名無しの心子知らず:2010/07/29(木) 11:32:37 ID:64LKH1p0
ちなみに、今どきは家を建てるとき施主側は当たり前に写真を撮りに来ます。
なぜ写真を取りに来るかというと欠陥住宅かどうか、悪質な行為はないかチェックするためです。
大工・業者を信頼していても、その信頼と記録は別物と考えているから写真を撮るのです。
何かが起こったときのための保証として、自己責任でやっている行為です。
これと同じことです、医療・医者も同じことなんです。
何かが起こったときのための保証として記録を取ってるんです。
それをなぜか医者は嫌がる人達ばかりです、命が関わることなのに何故か嫌がります。

617 :名無しの心子知らず:2010/07/31(土) 12:07:55 ID:XohQ0RwP
劇場版 銀河鉄道999
Galaxy Express 999 Part 12
http://www.youtube.com/watch?v=vqzazGE9sC8&feature=related

これって一種の臓器移植じゃね?

618 :名無しの心子知らず:2010/08/15(日) 23:01:26 ID:vjL/vh2D
>小児脳死判定「可能」施設16%…脳神経外科学会調べ


> 改正臓器移植法施行に伴い、15歳未満の小児からの臓器提供も可能になったが、
>実際に脳死判定や臓器提供までの身体管理などができるとした施設は16%に過ぎないことが
>11日、日本脳神経外科学会の緊急アンケート調査でわかった。

> 調査は先月、同学会の訓練施設を対象に実施。
>臓器提供が認められている287施設から回答があった。

> 提供者が成人の場合、脳死判定など臓器提供を行う体制が整備されている
>と答えた施設は86%に上ったが、小児では16%だった。
>理由として「経験不足」のほか、「虐待に対応不可能」
>「小児の脳死判定不可能」「医師不足」が多かった。
>調査で脳死判定などで支援を求める声も多かったため、同学会は今年中に、
>臓器提供施設を支援する組織を七つある支部に作ることを決めた。

(2010年8月12日 読売新聞)

619 :名無しの心子知らず:2010/08/16(月) 01:09:56 ID:9Y18Tcgn
自分の臓器はいいと思えるけど…子供の臓器は本当に無理。
何があっても提供しない…できない。

620 :名無しの心子知らず:2010/08/16(月) 12:53:22 ID:7KLpUyxI
死んだ体なんか自分の子であろうとどうでもいい
どうせ灰になるんだし
それはただの抜け殻 そこに魂はない

621 :名無しの心子知らず:2010/08/16(月) 13:00:44 ID:0fhrdJQ/
魂は永遠に生き続けるんだから臓器移植までして頑張って生きる必要なし

肉体は魂の乗り物
乗り換えればよい



622 :名無しの心子知らず:2010/08/16(月) 13:00:51 ID:3fMGzspv
もし我が子が移植以外助からない病気になって、
目の前に脳死の他人のガキがいたら、
今すぐその体をかっさばいて内臓を奪い去ってやりたい。
でも、自分の子が脳死になったら、
絶対に他人になんかくれてやるもんか。

自分の子供は大事だけど、
他人のガキが死ぬことなんてどうでもいい。

623 :名無しの心子知らず:2010/08/16(月) 13:02:41 ID:krS+nY5T
子供の脳死判定が無理。
百億万分の一でも奇跡を願ってしまう。

624 :名無しの心子知らず:2010/08/16(月) 16:25:00 ID:pWyIvOTa
脳死してても呼吸器あれば体温かいし心臓取るときは麻酔するし
臓器取るとき痛くないにしてもわずかに神経反応するし
我が子の臓器提供なんて絶対に無理

成人してから自分で考えさす

625 :名無しの心子知らず:2010/08/17(火) 19:46:40 ID:tIRjhDsf
http://www6.plala.or.jp/brainx/anesthesia.htm
ドナーに対して臓器摘出時に麻酔が使われるのは当たり前と思うのは間違い。
そもそも今回の法改正により、強い意味で脳死=人の死としてあるわけだから
死体に麻酔をする必要はないと考えている専門医も実行する専門医もいる
居たというのが上記アドレスの文中に記載されている。
痛い痛くないではなく、死体だからそんなの関係ない
麻酔しないでやったら血圧上昇とか予想外の展開になったから麻酔をうつことにした
臓器提供するドナーに対して、医療の現場はこの程度の扱いをしているということ、これが事実。
そんなの誰が提供するか、一番に思うのは医師や看護師だろう。
だからこそ臓器移植を推奨する、学会や医師会、医師団から
私たちは全員臓器提供します宣言がない事に、誰もが理解するのは難しくないだろう。

626 :名無しの心子知らず:2010/08/17(火) 20:39:29 ID:uIHhyY5d
森岡正博さんの本読んで泣いたよ。

627 :名無しの心子知らず:2010/08/17(火) 21:27:27 ID:V8nwB+mP
いつかの移植学会理事長に「あなたは承諾のカードを持っているか。」と聞い
たら、「提供できる臓器を持ってないから、カードもない。」と言ったので、
「では、お子さんやお孫さん(勿論15歳以上の場合)は。」と言ったら、
「それは、それぞれ個人の意思次第だから、私は分からない。」と言ったそう
だ、推進する人たちは持っている人が少ないと聞く。
「心臓が悪い子供のために海外移植カンパを。」と活動している人達も、募金
をした人達も、カードを持っていないどころか、「臓器移植」と言う言葉を、
初めて知ったという人も多いと聞いている。



628 :名無しの心子知らず:2010/08/17(火) 22:27:54 ID:D+VxqVQT
誰かの臓器をもらってしか生きられないとしたらそれが寿命なんだよ
誰かの臓器をもらう=誰かの死なんだからそこまでしてしがみつくのは
浅ましいし見苦しいと思う


629 :名無しの心子知らず:2010/08/17(火) 23:10:02 ID:uIHhyY5d
今日の天性人語が臓器移植絡みでした

630 :名無しの心子知らず:2010/08/18(水) 21:56:31 ID:wdInY0iK
自分は人に迷惑かけっぱなしの人生だから
せめて死んだ後は誰かの役に立ちたい
臓器は使えるもんならすべて使ってほしい
でも皮膚と目はイヤ

631 :名無しの心子知らず:2010/08/18(水) 21:59:12 ID:wdInY0iK

もし事故とかで死んだらの話
子供は大きくなったら自分で決めてほしい

632 :名無しの心子知らず:2010/08/19(木) 15:41:05 ID:VoM7F23l
自分の子供の臓器をあげるなんてできない。

仮にあげたと仮定して、その子が立派な人に育たなかったら許せない。
犯罪者になったら、私の子供の臓器も犯罪に荷担してると考えてしまう。
あげるとしても品行方正に生きると誓ってくれないとあげたくない。
そんな保証はないから絶対かわいい我が子の臓器はあげない。


我が子が移植しなければならないのなら旦那や私や兄弟のをあげる。


633 :名無しの心子知らず:2010/08/19(木) 19:44:39 ID:dqnEf07Z
今日8月19日、関西地区で家族のみの承諾による(脳死)・臓器移植があった。
報道によると、年齢は18歳以上の男性、承諾したのが「家族」だから、5〜60
歳も有り得る、「入院中の」とあったが、家族の話に「健康な人なので。」とあ
るので、(脳死)になった原因は全く分からず。
ネットワークでは、家族の希望でこれ以上は明らかに出来ない、と言っているが、
一方家族の発言として、「助からないのであれば、どこか体の一部が生きていれば
うれしい、元気な体なので、たくさんの人の役に立ってほしい。」とのこと。
これだけの気持ちを持っている家族ならば、全てを極秘にする事があろうか。
一切情報開示不要で良いのであれば、今後の全ての臓器移植が、「家族の要望で」と
言う理由の基に、全く秘密裏に行われ、「和田心臓移植」と同様の方式が基準となり
そうな気がしてならない。

634 :名無しの心子知らず:2010/08/19(木) 19:53:26 ID:zuv3ALu2
>>633
天声人語かなんか?
物凄く不快だな。

635 :名無しの心子知らず:2010/08/20(金) 08:08:31 ID:CVbTssli
>>630
子供の角膜はプラチナ角膜だからものすごい勢いで提供するよう説得してくると思われ
70台とかに平気で移植されるけどね。何年かで使い捨てだけどね。

636 :名無しの心子知らず:2010/08/22(日) 09:21:18 ID:/+mEJG5Y
どこかで生きているはず
ってのがダメ
どこかで じゃなくて 誰々(個人名)の目となって ってやってくれないと
そのまま生ゴミにされてるかもしれなくし絶対にダメ

637 :名無しの心子知らず:2010/08/22(日) 14:02:43 ID:6P+ijusq
子供はまだいないけど嫌だな
自分自身は提供可

638 :p6164-ipbfp1201sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp:2010/08/22(日) 14:11:22 ID:6P+ijusq
十分生きたので安楽死させて下さい
臓器は使える物は全部売ります、お金は家族へ
30歳 男

639 :名無しの心子知らず:2010/08/22(日) 14:26:27 ID:1GuKKKJA
残念
お金はもらえないよwww
手術した病院はお金貰って、移植受ける側も多大なメリットを受けるけど
ドナーは善意だからお金なし
遺族が精神を病んでも、自殺しても自己責任

640 :名無しの心子知らず:2010/08/23(月) 08:27:42 ID:Z5CJx5zb
>個人的には人工臓器が一番だと思う。死にそうな奴は待っていられないんだろうけどね。
>今までの医療だって犠牲のもとに進歩してきたんだし、臓器提供者を犠牲にするんなら移植希望者も死後は臓器を提供しろよ。
>それか死後は人工臓器開発の為の実験体になるぐらいしてもいいんじゃね?

これに賛成
移植を受けた奴は臓器提供は無理にせよ、検体でもなんでもしろよ。
「あなたの善意が将来の誰かの命を救う」んだから当然だろ

641 :名無しの心子知らず:2010/08/24(火) 00:16:51 ID:oBktfyUw
>>640
賛成、レシピエントには検体の義務必須にしないと道理が通らない。
定着した臓器は当然標本必須。

642 :名無しの心子知らず:2010/08/24(火) 08:04:27 ID:gu5Wiw5W
最終的には人工臓器(再生医療含む)がベストなんだよね
免疫の問題もクリアできるし
臓器移植は過渡的な手段。
研究を進めるために必要なら献体はしてほしいよね。

643 :名無しの心子知らず:2010/08/24(火) 11:18:51 ID:DgWphpUU
何の罪も無い子供の命が脳死だからと人工的に絶たれる
まだ生きているにもかかわらず死んだことにされる

こんな不自然なことがまかり通る世の中になってしまったのかよ

644 :名無しの心子知らず:2010/08/31(火) 09:31:17 ID:TLZmxfH3
臓器をあげた人が立派に生きてくれないと嫌、という意見があるけど、
私は、自分だって、もらう人が納得するほど立派に生きたとは思えないから
お互い様だと思う。

この間、6歳の娘にこの話を聞いたら(ニュースを見て説明しろとせがまれた)
「死ぬのはイヤ〜!!」と泣きながら、臓器をあげてもいいと言っていた。
10歳の息子は「死んでもおれのモンは俺のモン」だって。

話が出来たからには、本人たちの意思を尊重したいと思う。

645 :名無しの心子知らず:2010/09/04(土) 12:11:56 ID:mfsxBXvX
いや驚きましたぁ、6歳の人間が臓器移植関連のニュースを見て関心を抱き
その内容について説明しろと言われたということなので、本当に驚きましたぁ。
間違いなく日本に一人いるかいないかの聡明なお子さんですねぇ、素晴らしいです^^

646 :名無しの心子知らず:2010/09/04(土) 16:46:13 ID:u+ZscSlI
うちの四歳児も興味持ってたなぁ…

647 :名無しの心子知らず:2010/09/08(水) 21:29:29 ID:FRUYlXj0
死の定義が政治で動かされたのに何の疑問も抱かず受け入れてめでたいよな
死んだら臓器提供をして人様のお役に立ちたい…と浅はかな善人に言わせて

そのじつ、絶命の瞬間はその動いてる心臓が切り取られて
パッケージされるときだと認識している医者だらけだろ

648 :名無しの心子知らず:2010/09/09(木) 11:43:47 ID:KH7YMXzq
6歳児が臓器をあげてもいいと言っていたので 本人の意思を尊重して
提供しましたってニュースが流れたときの 国民の反応が知りたい


649 :名無しの心子知らず:2010/09/11(土) 16:04:04 ID:fq+Zy58c
>>648
たぶん、なんと素晴らしい「ご両親」と、親は絶賛される。
しかし、提供して死んだ子供には、何の賛辞もないだろう。

650 :名無しの心子知らず:2010/09/12(日) 23:38:10 ID:kSdIK4cc
私は提供出来ません。以上

651 :名無しの心子知らず:2010/09/13(月) 06:15:26 ID:5XPlfJZM
私も提供できないなぁ。

652 :名無しの心子知らず:2010/09/13(月) 17:11:46 ID:CHXxp/8S
私も提供出来ない。
子供本人がいいといってもイヤだ。
でも子供が臓器移植以外助からないと言われたら提供して欲しいか?
国内で提供されるならと思っていたりしてる。

今、知り合いの子が海外移植の為に募金活動している。
いろいろ考え過ぎちゃって体調不良。
なーんも考えないで知り合い子を助ける為に
募金活動ボランティアしたり募金出来ない自分の今が凄くモヤモヤしてる。


653 :名無しの心子知らず:2010/09/13(月) 18:18:00 ID:7gj2r080
大体の人は実際にその場になったら提供してもらう事を選択する人は多いだろうと思う。
臓器移植という言葉にだけ目がいってしまいがちだが、自分の子供が助かるならと考え
それが臓器移植だったとしても、子の命を救えるならと親としては選択する可能性は高いだろう。
同様に提供する側として考えれば、子を親の意志でむやみに冒涜したくないと考えるのも自然だろう。
問題なのは、日本の場合募金で海外移植してるものばかりだから
人様の金と思いで臓器移植を受けたので、親や関係者は臓器移植の問題や批判そのものが出来なくなっていることだ。
みてみなさい、子供が臓器移植を受けたことにより本来臓器移植を受けなかったら
もう少し生きれた子がいたのは確実なのに、なぜかその子の親達は声を合わせて臓器移植を推奨する。
本当は心の中で思っている、単に臓器移植は自分の子供を苦しませただけじゃないのか
難しいことがわかってる臓器移植なら無理に選択せず、少しでも一緒に過ごせる時間を作った方が良かったのじゃないか。
本当は後悔しているはずなのに、世間から支援を受けた以上後ろ指さされたくないのでその気持ちは表に出せない。
そして自分の気持ちの中では、疑心や困惑があるのに臓器移植を推奨する言動しか表に出せなくなる。
子が臓器移植後に死んだ母親達のブログをみるといい、まさにその状態だ。

654 :名無しの心子知らず:2010/09/14(火) 00:35:18 ID:Vsa2jtY8
早く自分の細胞で臓器が再生する技術が実現すればいいのに。
幹細胞とかなんとか聞くけど、そうしたら臓器提供とか悩まなくていいのにね。

655 :名無しの心子知らず:2010/09/14(火) 08:07:58 ID:mdl+UjJL
研究が進んだとはいえ、脳の機能についてはまだ解明されていないことが多い。
小児の再生能力は驚異的で、右脳(もしくは左脳)が事故・病気などで切除されていても、残ったもう片方の脳が失われた機能をカバーした例がある。
脳死はより壊滅的ダメージを受けている訳だが、成人では考えられない小児の再生能力を思うと、早急な脳死判定は疑問。
脳死から復活したとしても、寝たきりで意志疎通も出来ないだろう。それでも我が子には生きていて欲しいと思う。
我が子が脳死判定されても、ドナーにはさせない。

656 :名無しの心子知らず:2010/09/14(火) 08:19:52 ID:/i7TQcWQ
実際子供は謎の超回復をするから子供の脳死判定は難しいっていう小児科医もいるね

657 :名無しの心子知らず:2010/09/14(火) 09:17:45 ID:ig+Lib08
うん、超回復した子を実際に見たことある。
親戚の子、脳出血して、もう脳がダメだから近いうちに…って聞いていたのに
障害は残ったけど、かなりまで回復して、急性期の主治医が後日会ってびっくりしてたとか。


658 :名無しの心子知らず:2010/09/17(金) 03:24:10 ID:bU/cBoM8
15歳未満の子供の臓器移植推進派の連中が一番に重要視して考えていることは
子供が助かる可能性があるという、子供の命を救うという事を考えている。
でも本当に重要な事は一番先に考えるべき事はそうじゃなくて、子供の命を救う事の前に
勝手に親の意向だけで、子供の臓器を摘出する判断をしていいのかということだ。
子供の命を救うという事を外してみたらよくわかる。
勝手に親の意向だけで、子供の臓器を摘出する。
ここだけを考えてみるとなんとも奇妙な感じに思えてくるだろう。
他人の子供の命を救うのは後のこと、先にあるものは自分の子供をどう扱うか
それを重要視して考えられないものは、親である資格はない。

659 :名無しの心子知らず:2010/09/19(日) 00:24:15 ID:4x2VO4fi
子供を愛してたら、そこ考えて提供なんて出来ない考えられないってなるよね。

660 :名無しの心子知らず:2010/09/20(月) 13:54:58 ID:R52IoIX1
提供して、拒絶反応とかで移植を受けた子が死んだら子供の臓器がその子を殺したのかと思ってしまう
だから嫌

661 :名無しの心子知らず:2010/09/20(月) 14:45:16 ID:ccuPW3l2
>>660
提供しておいて、手術後の経過が不良で移植を受けた子の家族が
「こんなのなら移植を受けさせなければ良かった」とか嘆いたら悲劇だな。
なんのために子供の延命を諦めて提供したのか。

662 :名無しの心子知らず:2010/09/21(火) 07:05:13 ID:U5viEmbW
妊婦が亡くなった場合の家族が医師を訴えるのと同じですべては結果論
臓器移植提供を受けてその結果がどうだったのか、それが答えへと繋がる。
結果論として『臓器移植を受けさせなければよかった』と感じてる親はいる
いるというか、間違いなく考えることだろう。 臓器移植を受けさせなければもう少し生きられたのではないかと。
しかし人の温情である臓器移植提供を受けたことと世間の皆様からの支援を受けた以上は
家族や親達は臓器移植に対して問題提起することが出来なくなっている。
まして、うちの子は『臓器移植を受けさせなければもう少し生きられたのではないか』なんて
心から思っていてもそれは口が裂けても言えないこと。
つまりそれは医師を批判することでも、ドナーを批判することでも
支援してくれたすべての人を敵にまわす事になる可能性があるからだ。
心から思ってる経験すらも言葉に出して言うことが出来ない、それが臓器移植。
一度でも自分や子供や家族が臓器移植提供を受けると、結果がどんなに酷いことであろうとも
世間に向けて公表するものは感謝の表現しか許されなくなる、それが臓器移植。

663 :名無しの心子知らず:2010/09/21(火) 09:01:13 ID:AF6IDUIK
>>662
それは提供者側も同じだね
提供しなければ良かったと公言することは極めて難しい。
そして、推進団体の「提供してよかった」「移植を受けてよかった」のみが広く喧伝される。

664 :名無しの心子知らず:2010/12/04(土) 15:23:16 ID:TZac7Zgf
臓器移植しなくてもいい時代が近づいてきた?
研究者の方々、みんな頑張ってください!

ttp://www.kaigyoui.jp/news/2009/07/001756.html
これまで心臓移植までの「ブリッジ」と考えられてきた補助人工心臓は、
将来的には心臓移植の代替治療になると説いた。

ttp://medical-today.seesaa.net/article/20469691.html
国産初の補助人工心臓「エバハート」実用化へ東京女子医大(東京都新宿区)の山崎健二教授は7日、
早大などと共同開発した国産初の体内埋め込み型補助人工心臓「エバハート」について、
「実用化を目指し、2、3年以内に(医薬品医療機器総合機構に)製造承認を申請したい」との見通しを示した。
重症の心不全患者を対象にした臨床試験が順調なためという。

665 :名無しの心子知らず:2011/01/20(木) 21:41:12 ID:HtDQpjQh
sage

666 :名無しの心子知らず:2011/03/06(日) 18:55:12.81 ID:9z7UhR0P
保守


667 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 01:11:20.30 ID:YZ9oKlUL
10台の子供が家族承諾で臓器提供か…
それで子供と同年代の子が助かるならと思ったのかもしれないけど
結局心臓以外は大人に行くんだね。しかも50台・・・

668 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 10:09:33.96 ID:hNTjjuVm
しかも、腎臓は60代も・・・・。60代で10代の腎臓をもらおうとする
なんて、人格疑うよ。

669 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 10:16:41.25 ID:czE5hMi4
そうかな?

670 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 10:18:35.49 ID:YZ9oKlUL
コーディネータがドナーの年齢なんかは伝えないんじゃないかな?
レシピエント個人を責める気はないが、制度としておかしいよね。

671 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 11:45:18.33 ID:RFN//Qrd
祖父母の年齢だよ、60代。孫の臓器貰ってまで生き続けたいか?
といいたいわ。大体移植して通常の社会生活をおくれるの?
申し訳ないけど我が子の提供は出来ないな。

672 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 11:55:49.36 ID:EEJ/AmY4
やっぱり思う事は皆同じだね。非情かとも思ったけど、
せっかく提供して、移植成功しても60代とか50代とかなんか寿命すぐな感じがして嫌だ。
心臓だけは10代で良かったと思うが、他は無駄と思ってしまう。

673 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 12:00:18.32 ID:DzIqRBmB
せめて移植相手の年齢とかを選ばせてほしい…


674 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 12:08:57.32 ID:5bwjpQvn
できない

675 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 12:10:15.21 ID:U4+bXnJx
脳死判定出たってことは「15分自発呼吸なし」の検査を我が子にした親が居たんだな人工呼吸器を止めて。

介護むなしくなったんかな…心臓きるとき血圧上がったり筋肉動いたりするし
そこが本当の死だと思うんだがな

676 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 13:39:53.36 ID:YZ9oKlUL
>>672
どこかで臓器が生きていますって言っても
60代に移植だったらもう一回子供が親より先に死んじゃうじゃんね・・・

677 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 14:18:37.78 ID:h5rrl7X+
親の判断には同意できないが、亡くなった子のことを考えるとせめて同年代の相手に移植してあげたかったと思う
選べないのはわかってるがやりきれない


678 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 14:52:06.70 ID:35UbxqF2
自分の臓器は自分が死んだら全て提供する。
目でも皮膚でもなんでもかまわん。
葬式の時だけ、義眼やら詰め物やらで取り繕ってくれるなら
使えるものはみんな使ってもらって構わない。
でも子供のはだめだ。
理由は分からないけど本人の希望が無い限り提供できない。

679 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 16:29:31.57 ID:oYw7MR12
20歳以下限定、とか希望を聞いてくれれば…

680 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 17:29:44.45 ID:ItIxsmpE
>>678私も。自分のは好きにしてもらってかまわんが、子供のは嫌だわ。
いくら移植した相手の中で生き続けるとしても無理。

681 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 18:11:20.62 ID:6GTGofPk
脳死臓器移植は自分の意思で決めるべし。意思決定力が未熟と思われる年齢の子は
一律 親が保護下の子どもの体を守るべし。 なんでそれじゃいかんの?
子どもが18歳以下だったら提供はしない。
自分の意思を子どもに無理強いしているようにしか思えない。


682 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 18:22:42.84 ID:OMKOpemE
これ見てますます子供の臓器提供はあり得ないと思った人は多いはず。
やる相手が誰でもいいなんてありえないわ。
そもそも子供サイズの臓器が日本で調達できないからとか言ってなかった?

683 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 18:30:59.66 ID:mPRcodBE
病気の子供のための法律改正だと思ってたんだけどねぇ…

684 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 18:36:44.19 ID:5ra51ze1
あんな年寄りに移植されるなんてひどいよ。

私は移植自体、嫌だけど、ますます嫌だという気持ちになった。

親は、同じくらいの子供の体の中で、息子が生き続けてくれる…そんなイメージで移植に同意したんだと思う。

法改正だってそういうアピールだったじゃん。


うそつき!

685 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 19:53:36.21 ID:EEJ/AmY4
あの法律改正は心臓のみなんだね。
登録した時点で18歳以下優先の改正法律で初めてやりました(キリッ とか言われてもねー。
全て子供優先にしろとは言わないが、モヤモヤしまくるな。

686 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 23:10:51.95 ID:WLwl+zEU
相手の歳はどうでもいい。役立つならやる。
若者に受け取ってもらえても、つまらない事故で亡くなることもあろう。
中高齢者でも、さらに数十年生きられることもあり得る。
そもそも、受け手がその後、遊興三昧で過ごすか、社会貢献に熱心かは選べないし、
提供者が選ぶべきものでもない。
ヤクザものが突然改心して人類史上に残る偉業を達成することだってある。

受け手を選びたい気分があるのなら、やめておけばよい。
やったひとをくさす必要はない。


687 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 23:14:15.82 ID:nFP+LPw0
>>686
やった人をくさしていないと思う。
法律作ったやつや、成立を促進していた輩に憤ってるのではないか。


688 :名無しの心子知らず:2011/04/13(水) 23:22:19.24 ID:OMKOpemE
いや、すべて子供優先にしろって言いたい。
沢山の子供が待ってるって言ってるそばからこれだ。
色々なものが一致するとか言う問題はあるかも知れないけど、このことに
関しては 子 供 に の み 移 植 ってことにして欲しいよ。
該当する子がいなかったらする必要はない!
100歩譲って20代までだな。

このニュース見て吐き気がしたわ。
臓器入れたクーラーボックス見たら泣きそうになった。

689 :名無しの心子知らず:2011/04/14(木) 07:06:20.01 ID:9JmCsjbk
死刑囚とかの臓器を提供出来るようにしろよ。

690 :名無しの心子知らず:2011/04/14(木) 07:37:36.47 ID:GEl4qGFF
脳死なんて移植外科医のための制度だからね
移植手術と関係ない脳外科医や救急なんて
はっきり言って大迷惑

手術したい連中が率先して、自分のガキの臓器を提供すればいい

脳死は人の死ではない
脳死は移植外科医が切るために作り出したファンタジー

691 :名無しの心子知らず:2011/04/14(木) 08:15:35.51 ID:YiMY8E5o
子どもの臓器が60代の人に移植されたって本当!?
心臓以外が大人に譲られたってだけでも腹立たしかったのに・・・

たとえ他の子どもと相性が悪かったのだとしても
ドナーを待っている海外の子に譲ったりできなかったのかな。

692 :名無しの心子知らず:2011/04/14(木) 08:16:07.94 ID:tyI4dKkX
子供の場合は希望を聞いてくれるなら考える。
同年代もしくはそれ以下の子が助かるのであれば提供してもいいと思う。
が、60代とか祖父母のような年齢の大人には絶対嫌。


693 :名無しの心子知らず:2011/04/14(木) 08:20:45.74 ID:YiMY8E5o
>>690
今回は交通事故で頭部損傷って言ってたよ。
頭や顔がゴッソリ無くなってしまったら、さすがに親も諦めるんじゃないかな。
もちろん回復することだってあるのかもしれないけど、元のようには戻れないだろうし


694 :名無しの心子知らず:2011/04/14(木) 08:24:22.93 ID:Yx6uidQe
真偽はわからないけど今回の子の親は生命系の研究者という書き込みを見たな。
だからその辺のもう助からないという理解とか、移植の知識とかあるのかもしれないね。

695 :名無しの心子知らず:2011/04/14(木) 09:18:41.70 ID:SdGX+Jz4
移植は花形だよ。
特に心外の華やかさは異常w
普通の勤務医ソルジャーがADだとすると
心臓移植をしたお医者様は、紳助・タモリ・所ジョージって感じ。
みんなやりたくってたまらない。
それに、教授に貢物として進呈するのにも最適。
でも、なかなか弾が入ってこない。
救急車の音聞いたら「交通外傷でレベル300?十代?やったー!」
なんて医者同士がはしゃいでるよ。

696 :名無しの心子知らず:2011/04/14(木) 09:27:50.73 ID:cUiuFRS3
脳死判定されるような状態だったらどんなに回復しても重症心身障害だよ。
だけどそういう人の生を否定したら生命倫理ってなんだって話しだ。
健康を回復しないのなら他人の臓器になって生きろって親に言われる子どもって
可哀想だと思う。 自分で決めるならいいけど。 


697 :名無しの心子知らず:2011/04/14(木) 09:42:48.19 ID:SdGX+Jz4
意識がなくなった状態=外傷であれ疾患であれ、脳や脳血管にダメージが発生してる
この場合の治療は
・脳圧を下げる
・体全体の水分循環量を下げる
・血圧をさげる

ちなみに、臓器提供のために臓器を新鮮に保つ必要がある場合は
全て上記の逆の処置をする。
回復のための措置と真逆のことをして
さらに、筋弛緩剤を使ってるのに
無呼吸審査と称して人工呼吸器を数分間外すので
どんなに本人が最後の力を振り絞っても・・・ね。

医者はやりたい。
コーディネーターは成功報酬が欲しい。
患者はイヤだと言う手段が残されてない。
後は患者家族だけなんですよ、丸め込む相手。

698 :名無しの心子知らず:2011/04/14(木) 09:47:11.67 ID:tQVyQleo
自分は臓器提供に抵抗あるタイプなんだけど、
もし自分の子供が移植しないと死ぬような病気になった場合は、臓器提供を心待にするんだろうな。
なんていうか、自分は勝手なんだろう。それを思えば、ギブアンドテイク?
脳死と言われたら提供した方がいいのか、わからなくなってきた。
でも、悩んで悩んで移植先が60代とか知ったらなげやりになりそう。

699 :名無しの心子知らず:2011/04/14(木) 16:54:46.08 ID:+vKdJrXW
>>691
415 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/04/13(水) 17:33:52.77 ID:uaNjoAYb0 [7/7]
脳死移植:15歳未満初提供 心移植「子ども優先」を適用 課題残る情報公開 - 毎日jp(毎日新聞)
ttp://mainichi.jp/select/science/news/20110413ddm041040076000c.html

10代前半の脳死臓器提供者の場合、18歳未満の患者へ優先されるのは心臓のみなのか?
そのほかの臓器は移植待機リストの上位者から適合する人を選んだ結果だろうか?
あるいは、18歳未満に優先するも適合する患者がおらず、20〜50代患者に割り振られた?
よくわからん。

> 心臓は大阪大病院で10代男性
> ▽肺は東北大病院で50代女性
> ▽肝臓は北海道大病院で20代男性
> ▽膵臓(すいぞう)と腎臓の一つは藤田保健衛生大病院(愛知県)で30代女性に移植される予定。
> もう一つの腎臓の移植を受ける患者は選定中。
> 小腸は医学的理由で断念された。

700 :名無しの心子知らず:2011/04/14(木) 16:59:08.48 ID:+vKdJrXW
>>699
続報で、選定中の腎臓は60代へ移植決定


701 :名無しの心子知らず:2011/04/14(木) 21:45:45.10 ID:RvCKKejp
心臓以外の臓器は18歳未満優先ではない。

702 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 04:35:25.60 ID:GqRnFsyj
「5人の大人の病人が『一時的に』助かるためなら瀕死の1人の子供の死期を早めて喰ってもいい」
こういう思想で法律を改悪し子供からの移植を可能にしたのが移植推進派。

あるいは瀕死の子でなく死んだばかりの子だとしても、よその親に対して
「飢え死にしそうな俺達のためにお前の子を喰わせろ!」
そんな説得をする行為自体が不道徳とは思わないのですか?

人肉喰って生き延びたいなら身内の肉だけにしとけと言いたい。

703 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 07:17:25.06 ID:HDCsAi/q
我が子の脳死状態を、短期間に受け入れられる親がどれだけいるだろう。

残される家族には、看取る(看病)期間、見送る期間が、出来る限りの長さで必要なはず。

そのことを、医療側は本当に理解しているのだろうか?

医療技術を試す滅多にないチャンスとばかりに、ハイエナのように飛びついていないか?

鮮度ばかり気にしているのではないか?

健康な臓器があれば助かる命の為、という大義名分を振りかざしていないか?

温もりのあった我が子が、承諾書にサインをした途端連れ去られ、大きく切り裂かれ、縫合され、スカスカの冷たい身体で戻ってくるのが現実なのではないのか?

704 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 07:26:35.13 ID:GkFrPm2D
臓器移植も移植できるのは1パーセントにも満たないそうな。

交通事故でもタッチのかッちゃんのような、きれいな遺体は早々ないし、
頭をやられたなら大抵は即死だから。

705 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 08:31:17.72 ID:M+dai5kn
今回のニュースを観て、7歳息子が「ボクがもし死んだら使える臓器を全部誰かに移植してください」なんて遺書を書いてた。
まさか息子から遺書を託されることになるとは思いもしなかったから固まってしまった。

706 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 10:36:13.02 ID:ReHLXDyW
臓器移植の推進期待 コーディネーター 看護師に委嘱状

  臓器の提供と移植を円滑に進めるための連絡調整などに当たる本年度の
  「県臓器移植院内コーディネーター」委嘱式が十四日、県庁であり、
  県内二十二病院の看護師が小林秀幸厚生部次長から委嘱状を受け取った。

  医務課によると、コーディネーター制度は二〇〇六年度に始まり、
  臓器提供者(ドナー)の状況の把握や意思表示の確認、院内での普及啓発などに当たる。
  臓器移植法の改正で条件が緩和され、全国的に移植が増えるとされる中で、役割への期待が高まっている。

  五十二人に委嘱し、うち三十一人が式に出席。
  小林次長は県内では一〇年までの五年間に腎臓の提供が六件、移植が十三件あったことを紹介し
  「関係団体や病院と連携しながら、臓器移植の推進や環境づくりに取り組みたい」と述べた。 (相馬敬)

中日新聞 2011年4月15日
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20110415/CK2011041502000157.html

病院が臓器とる気満々とかおかしいよね
提供したくないって人の意志はどこまで尊重されるんだろうか

707 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 11:39:48.02 ID:aF1Nq1ux
子供の臓器で子供が助かると思って、なんて献身的な…と思ったけど、60代に移植されると知ったときは
ショックだったな。
自分の子の臓器は無理です。助からないのなら、そのままの姿で休ませてあげたい。

708 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 13:45:02.82 ID:GqRnFsyj
他人の身体の中というのは臓器にとって過酷な環境。

わが子の一部が何年間か他人の中で生き続けるということは
わが子の一部が何年間か牢獄に入れられ
拷問を受け続けながら強制労働させられるのと似ている。
死なないためには看守に渡す賄賂のような免疫抑制剤が欠かせない。
だがむしろ早く獄死して次の囚人に交代させられる方が救いかもしれない。

ちゃんと想像力を働かせよう!
自分の身体から摘出され他人の身体に埋め込まれた臓器を想像すれば
悲鳴をあげてるのがわかるはず。
わが子の臓器提供に応じてはダメ!

709 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 14:37:31.02 ID:4mYSykou
皆思うことは一緒なんだね
ニュース見てすごく違和感あった
私も無理だ
自分のも提供しない

710 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 16:46:13.69 ID:grPkncsJ
私は無理…。脳死です、臓器提供をっていきなり言われても受け入れられないと思う…でも逆の立場、子供が移植すれば助かるってなったら臓器を欲してしまうと思う…自分勝手…ただ708のようにダメだよ!って他人に呼び掛けるのはどうかと思う。

711 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 17:24:31.70 ID:GqRnFsyj
>>710
わが子を虐待してはダメだよ!って他人に呼びかけるのはマズイわけ?

わが子の内臓をバラバラにして他人の身体の中で免疫の攻撃に晒しながら働かせる。
臓器提供って究極の虐待だと思うんだけど。

親が自分の子を虐待するのは各家庭の勝手だという考えはおかしいよ。
ダメだよ!ってどんどん呼びかける必要があると思います。

712 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 18:16:05.16 ID:yGtRerS7








713 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 18:55:09.17 ID:grPkncsJ
臓器提供=虐待って考え方が理解できない。宗教じみてて怖いな。臓器売買じゃないんだから。素人が提供するように!って言うのもおかしいしダメだよ!って言うのもどちらもおかしいよ?私は我が子のを提供できないけどね。



714 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 18:56:31.18 ID:grPkncsJ
虐待して脳死にさせた、その子から臓器提供ってわけじゃないんだから。

715 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 19:08:40.67 ID:VwFa7+bg
>>713 >>714
自分が素人なのを言い訳にして思考停止しちゃダメ!
勉強しなさい!
そして想像力をちゃんと働かせなさい!
虐待される子供を救う責任を専門家に押し付けて逃げてはダメ!

子供の身体から臓器だけを取り出して赤の他人のために強制労働させるんだよ?
これが虐待だと理解できない人はおかしい。

716 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 19:10:22.29 ID:DUInSmzN
私は子供の頃(確か10歳くらいの時)、死んだら角膜を提供してくれと親に言ってた。
親は嫌がってたなぁ。

大人になった今でも臓器提供するという話をすると嫌がる。
親って何歳になってもそんなもんだよね。

717 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 19:27:23.97 ID:1CGP1K3t
臓器移植反対派が多いね。
私は自分の体は全部持ってってくれてかまわない。
持っててもどうせ死んだら燃やされるだけだし、葬式の時は綿で
つめといてくれ。

子供の体は子供の判断に任せてる。
脳死していつ起きるかわかんなかったり、
後遺症が残るようなら全部あげてくれって言われたわ。
でも嫌だといわれたら何があってもその体は守り抜く。

確かに、移植された人の年齢が高かったらあまり良い気はしないけど
最近の平均寿命が高いからあと20年生きてくれると思ったら十分かな

718 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 19:43:04.19 ID:/t/20j+I
いろんな立場があるだろうけど、NOと言えなくてYesと言ってしまう
遺族がいたとしたら やはりそれは問題にすべきと思う。
たとえば判断を迫られるのが医師だったりすれば、医師のくせに断るのか、
というバイアスがかかる。 日本人は無言の圧力に弱い。

ドナー遺族のケアをつけるとかいうけれど、結局それだって
遺族の口を塞ぐことにもなりかねない。 本当は嫌だったって吐き出すことすら
できない遺族がいたとして、世間にその実態が出ないとすれば、この法律の罪深さは計り知れない。


719 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 19:45:25.01 ID:VwFa7+bg
>>717
他人の身体の中というのは臓器にとって過酷な環境だから
移植先が若かろうが年寄りだろうが20年も持つことは稀なんだよ。
数ヶ月もたたずにボロボロになって摘出され捨てられることも多い。

子供の判断に任せるというけど
小さな子供の場合そういう事実を理解したうえで判断することは難しい。

子供の体の一部分でも生きていて欲しいという考えなら
ガラス容器の中など安全快適な状態での細胞培養はありかもしれないが
周り中から24時間いじめられる他人の体内で生き続けることが幸せかよく考えて欲しい。

720 :名無しの心子知らず:2011/04/15(金) 21:28:30.00 ID:15/jIdUL
>>718
>たとえば判断を迫られるのが医師だったりすれば、医師のくせに断るのか、
>というバイアスがかかる。 日本人は無言の圧力に弱い。
うちは親兄弟親戚みんな医者だから分かるけど
医師にとって臓器提供の話なんて、全くの他人事です。

医師にとって、臓器提供とは「単なる実験材料」であり
自分はもちろんの事、自分の身内にも、決して勧める事はありません。



721 :名無しの心子知らず:2011/04/16(土) 11:16:39.17 ID:AX9mDp8x
我が子の提供は絶対にしない
我が子が死んで他人が生きて幸せになるなんて
考えられないムリ

でも我が子に臓器移植が必要になったら
必死に死ぬ死ぬ詐欺業者にすがるorz

722 :名無しの心子知らず:2011/04/16(土) 12:54:08.09 ID:DWL2ygfo
>>720
嫌なものは嫌だと言える人は問題ないよ。でも実際は医者にも色々いる。

情報弱者やどさくさで間違った判断する人、プレッシャーに負ける人に
とっては辛い制度ということになってしまうだろうということ。

自分の臓器を他人に勝手にされる子どもというのも哀れ。

723 :名無しの心子知らず:2011/04/16(土) 23:04:18.73 ID:YVL+amgd
自分の子供の倍以上も生きてる人が
子供の臓器で更に長生きしたいってのには違和感と言うか
嫌悪を感じる。

724 :名無しの心子知らず:2011/04/17(日) 15:59:42.60 ID:H5w6h8e1
絶対しない

いじくり回されて体つぎはぎにされるなんて許せない

移植先の方のプロフィールかつ必死なお願いがあって初めて考えるくらいのレベル

例えば、イジメやってたような人、高利貸し、などに移植なんてしたくない

なので現段階ではNG

725 :名無しの心子知らず:2011/04/17(日) 22:14:00.69 ID:QifVhr7S
移植を受ける側の老人や中年が1人平均3回子ともや若者の臓器を手に入れるとして
5人のレシピエントが居れば15回の移植手術+各人一生涯の免疫抑制剤。

それだけの大金があれば堕胎されてる幼い命が100人くらい救えるんじゃない?

726 :名無しの心子知らず:2011/04/17(日) 22:18:55.46 ID:auNL86Su
そんだけあれば小児救急に金を回してやれよと思うよね

727 :名無しの心子知らず:2011/04/17(日) 22:24:49.94 ID:jjcrySn0
私、出来るかもしれない。
その時になってみないと分からないけど
我が子が灰になったあとも子供の臓器であっても
この世に有り続けていると思う事で救われるかも。
何も残らないより何か1つでも残ってくれればって思う。

728 :名無しの心子知らず:2011/04/18(月) 11:25:34.70 ID:8XZz3jYQ
自分はどうせもう40年生きたし、死んだ後に臓器がどうなろうと
もうどうでも良い。移植して誰か助かるなら別に構わないや。

でも子供は絶対無理。相手が子供でも絶対嫌。
自分の子供は死んでしまうというのにどっかの子は助かるとか…
鬼と言われてもいいけど嫌。実際こんなもんだと思う。

逆にもし、自分の子供が移植しないと死んでしまう病気だったら?
よそのお子さんの臓器貰ってまで生きたいか?
そりゃ子には生きてて欲しいけど、なるようにしかならないと思ってる。

ついでに、人様から何億も募金募って海外行く連中は大嫌い。
勿論子じゃなく、親の方ね。

729 :名無しの心子知らず:2011/04/18(月) 13:19:44.10 ID:ISttlUAp
そういえばさ、臓器提供を増やしたい人が
「自分の子どもが移植しないと死んでしまう病気だったら?」という論法をよく使うけど、
移植コーディネーターも同じような啓蒙活動や説得活動してるのかな。
そんな論法で臓器提供を求めること自体が、私には臓器提供したくなくなる理由なんだけど。

730 :名無しの心子知らず:2011/04/18(月) 15:04:37.87 ID:1yK9GrnD
>>727
>>719

残ってて欲しいなら
どこの誰かも教えてもらえない他人に移植していつの間にか使い捨てにされるより
冷凍保存とかの方がいいんじゃない?
保存費用は生きた細胞つきの歯で10万円くらい、血液で30万円くらいだよね。
(抜いた親知らずとか臍帯血で前からそういうサービスがある。)

他人への移殖と違って冷凍保存なら
将来のクローン技術で我が子を赤ちゃんとして再生できる可能性もあるよ。
(そのことの善悪とか費用は別として。)

731 :名無しの心子知らず:2011/04/18(月) 15:09:05.04 ID:1yK9GrnD
>>729

そういう論法使う人って、他人の臓器をもらわないとダメならあきらめるって答えても
「いや、いざとなったら絶対に考えが変わる!」とか勝手に決め付けてくるよね。
ああいう連中って私も大嫌い。

732 :名無しの心子知らず:2011/04/18(月) 18:56:23.57 ID:kN0UKgwE
親がいくら自分の子どもだからといって、自分以外の臓器を他人にあげるとかあげないとか、
勝手にしていいのかっていうのがそもそも疑問なんだよね。
救われたいからといって、子どもの体を勝手にしていいの?

我が子の臓器で他人を助けることって、そんなに素晴らしいこと?
子どもの臓器は、子どものものなんじゃないの?


733 :名無しの心子知らず:2011/04/18(月) 20:03:45.16 ID:ISttlUAp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110418-00000083-san-soci
子供の臓器移植 提供しなかった親の胸中は…

2歳半の子どもが脳死になっても臓器提供しなかった親の記事。
みとりの時間だって大切だよね。

臓器提供を待つ子の親は救急車のサイレンを聞くと、こどもが死んで臓器提供してくれないかと思うこともあるという。
それもまた親心なんだろうけど、臓器が欲しい側だってエゴ丸出しなんだから、
臓器提供しないことがエゴだとか責められることはあってはならないと思う。

734 :名無しの心子知らず:2011/04/18(月) 21:48:00.86 ID:Fx9uVQvH
ついに、臓器移植法が改正されてからはじめての、
もちろん国内初の子供の脳死ドナーが出た。

その10代前半の男の子は、
交通事故で頭部を怪我して脳死状態と説明され、
家族の承諾をえて、4月12日に脳死と判定されたそうだ。

このニュースを待っていた
待機患者のご家族は多かったろうな。

また少し、移植医療の間口が広がった。



子供の脳死ドナーが出ると言うことは、
子供の脳死判定を承諾したご家族がいるということ。

そのご家族の決意や想いにこそ、僕は感謝したい。


子供の脳死が疑われる場面に局面したとき
全ての親が脳死判定の承諾をするべきだとは、
僕はこれっぽっちも思っていない。

子供の脳死判定なんてしない、
そういうご家族の気持ちの方が、
子供を持つ僕には共感出来るほどだ。

でも、今回のような決断をされるご家族の想いが
レシピエントに届く機会が出来たというコトは
やっぱり素直に嬉しいし喜びたい。

735 :名無しの心子知らず:2011/04/18(月) 21:49:31.40 ID:Fx9uVQvH
もちろん、脳死移植を反対する人は、
その確固たる意見をもって反対した方がいい。

脳死移植に反対する人は、自分でドナーカードを持って、
「私は、臓器を提供しません。」に○をつければいいし、
自分が移植でしか助からない病気になっても、
いさぎよく限りある命を全うしたらいい。

でも、今現在移植を待つ人々や、
臓器を提供しようと決意する人々を、
誹謗中傷するような反対の仕方だけは
どうかやめて欲しい。

今回の子供の脳死ドナーの件で、
またいろいろな議論がなされるだろう。

でも一番ツラいのは、やっぱり病気を抱えて闘っている患者本人だし、
子供を亡くして悲しんでいるご家族なワケで、
その二者の間で「どうぞ」と「ありがとう」が成立しているならば、
他の人はそれを温かく見守ってあげるべきではないだろうか。

736 :名無しの心子知らず:2011/04/18(月) 22:25:46.57 ID:Cu+KJi+w
ID:Fx9uVQvH

言わんとするところはわからないでもないが、
本来この法改正は今まで日本で移植を受けられなかった子供たちが
国内で移植治療が可能となるようにと考案された懸案ではなかったのか。
それが、蓋を開けてみれば移植待ちの子供にではなく
(酷い言い方だが)老人に移植された事実が問題視されているのではないのか。

この改正法を施行するのなら移植待ちの子供に最優先で適応されることこそが
正しい施行例だったのではないのか。

今回の実施例はその点で疑問感・不信感を抱かせる元となり、
今後移植医療を大きく後退させる結果となるのではないかと愚考する。

737 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 00:12:03.72 ID:msQ/1ZlP
>>736
>>734-735はブログからの引用
臓器待ちしてたけど間に合わなくて
健康な還暦の親と弟から臓器もらった人みたい
移植したばっかで社会復帰もできず障害者年金もらっている身で
二人目の子供がもうすぐ生まれるらしい
家族に社会に支えてもらってるのに偉そうだよね
その人は自分の健康な家族の体を傷つけても気にしない人だから
そういう意見になるんだろうけど、私には無理だわ

738 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 00:16:49.96 ID:msQ/1ZlP
ちなみにその日記には続きがあったみたい
子供に優先されないのかどうかと疑問に思い
自分のコーディネーターに問い合わせたみたいだけど
最終的にはなるほどねって納得してたw
その程度の人の意見だから

きっと自分の子供の臓器も快く提供できるんだろうな〜

739 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 00:33:00.84 ID:+sAG+L/p
日本という国家が脳死状態であることは間違いない。

そこで保護者であるアメリカ政府の判断で日本国民の処置を決めることにします。

若い女性と子供は少子高齢化に悩む韓国へ移殖します。

若い男性はテロとの戦いに兵士が必要なアフガニスタンへ移植します。

歌舞伎役者やマンガ家、寿司職人などは日本文化なしでは生きられないフランスへ移植します。

残りの中高年の一般人はまとめて火葬にします。国家が脳死状態なんだからしかたない。

国民の一部だけでも他の国へ移植され生き続けることができて良かったね。

子供の臓器を他人へ提供する親の考えはこんなようなものです。ご理解ください。

740 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 00:34:23.83 ID:8bZJGV39
あまり深く考えてない人にしたら、海外に行くしかない子供達が助かるなら、法改正もいいんじゃない?くらいだったのでは
そういう人達には、今回ほとんどの臓器は年齢の高い患者に移植された事実が与える影響は大きい
50代60代で子供の臓器もらってまで生きたいのか?ってのが、身もふたもないけど一番素直な感想だよ
移植推進派にはマイナスだったと思う


741 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 00:54:19.01 ID:o0a1K/Zf
>>737
なるほど。
ID:Fx9uVQvHの個人意見ではなく単なるブログのコピーでしたか。

私自身の意見を述べさせてもらうと、私の家族をドナーとすることは承諾しかねる。
私自身はドナーとされてもいいけれど。
しかし、その際は前提条件をつけさせてもらいたい。
その条件が受け入れられない場合、提供は断る。

条件として、レシピエントは第一に子供を最優先とする。
大きさ等で子供に提供できない臓器は未成年等の若い人優先。
次に小さい子供を持つ親に提供したい。

次代を継ぐ人、それを守り育てなければいけない親に提供して先へ進んでもらいたいと思うから。

まあ、実際はそれで何年延命できるかはわからないけれど
少なくとも明日をも知れぬ子供たちに少しでも生きる喜びを享受してもらいたい。
以上が私の移植医療に関する考え方だ。

742 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 00:58:51.95 ID:o0a1K/Zf
>>740
貴方もやはり今回のケースは推進派にとってマイナスになるとお思いですか。
>>736を書いた者ですが私も同意見です。
法改正の前提を覆す事例になりましたからね。
方改正のための前提は736に書いたとおり子供を救うが第一義だったはずです。
それを無視した法施行は疑義とされてしかるべきだと思います。

743 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 01:04:46.06 ID:+sAG+L/p
>>741
子供のレシピエントには臓器移植を受けるより良い治療法が必ずあります。

臓器移植はあくまでも医者と余命の短い老人患者のためのもの。

子供の患者は自分の臓器を他人の臓器と交換したら回復の道を絶たれます。

免疫で移植臓器を殺して破滅するか、

免疫抑制剤のせいで常に病原菌に脅かされる生活を送るか二つにひとつ。

生きる喜びなどとは全く無縁になってしまうことをご理解ください。



744 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 01:12:15.73 ID:o0a1K/Zf
>>743
そうなんですか。
あまり詳しくないもので。
でも、それならなおさらこの法改正には疑義があるということになりますね。
ただ私自身の考えは移植医療とはあくまで
”未来を紡ぐ人に生の喜びを与えるための医療”であれかしと思っています。

745 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 01:29:09.16 ID:+sAG+L/p
>>744
”あれかし”というのは願望ですよね。願望と現実にはギャップがあります。

先端技術はその技術に関わる”専門家”によってバラ色の夢のように語られますが

現実にはそんな都合の良い技術などありはしないのです。

”原発は安全でクリーンで低コストなエネルギーであれかし”と

どんなに願っても、現実には巨大リスクと処理できない廃棄物とそれらのコストが存在する。

臓器移植もそれと同じです。もともと物凄く不自然なことをやってるのですから。





746 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 01:53:00.43 ID:M/a2w3e+
>>744
あんまり真に受けない方がいいかもよ
子供の場合、自己臓器も残した移植をしたりしてるケースもあるし
免疫抑制剤の研究も進んでいて、将来的に今のようなリスクある生活とは限らない
何年延命できるかわからないけど、その何年かで医療が進化して
更によりよい治療が受けられ、未来が描ける可能性も出て来るかもしれない
まぁ子供の場合、心臓以外は親からの生体間移植が可能な臓器も多いが

747 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 01:54:35.99 ID:oAF/2dCd
つまり子どもをだしにして、中高年が若い臓器を手に入れるための法改正だったと

748 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 02:06:51.89 ID:o0a1K/Zf
そう、あれかし。
望み願うのです。

私自身が小学生から中学生の数年間腎炎患者であった時期がありまして、
その時担当医に「将来透析もしくは移植の必要性が発生する恐れがある」と
言われておりました。

多感な時期でしたから色々と悩みました。
その時至った結論は「私は移植を望まない」ということでした。
他者に痛みを与えてまで己の苦痛・苦悩から逃れようとはしまい、
私は私に与えられた生を生きよう。
そう結論付けたことを今でも覚えています。
まあ今ではこうして透析のお世話にもならず自堕落に2chしてますけどねw

その私の結論を他者に押し付けようとは思いません。
ただ、あの時懊悩した記憶があるからこそ>>736以降のような意見を持つに至りました。

本当にクローン技術が進むといいですね。
患者本人からのクローン移植なら免疫に苦しむことなく生を繋げることが出来るのでしょうから。

749 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 03:23:15.28 ID:+sAG+L/p
>>746 >>748
他人の臓器を移植すれば元気になれるかも、などというのは偽りの希望です。

狭くて危険な間違った逃げ道です。

法律で子供からの臓器取り出しを許したところで、子供の脳死者なんて少ししか出ません。

偽りの希望にすがれば絵に描いた餅を前に他所の子の死を待ち望むようになりますが

どんなに待ち望んでも子供の脳死者がそんなに増えるわけないのです。

より多くの子供を救いたいなら、移植のようにハイリスクで運任せの方法に人や金を割くのではなく

人工臓器の開発に全力を注ぐべきなのは明らかなのに、移植のせいで阻害されている。

それでも>>664のように実用化目前のものもあります。



750 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 09:47:11.66 ID:bIYGlSBr

調べてみたら>>664の人工心臓は既に実用化され、保険適用になっていました。

患者負担は最大で15万円程度とのこと。

http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011021601000708.html

子供の臓器のうち子供への移植が優先されるのは心臓のみなのに

その心臓については他人の臓器より安全な人工臓器が既に利用できるわけで

新たに解禁された子供からの臓器移植は

もっぱら新鮮な子供の臓器を待機の長い老人が優先して手に入れるための制度

になってしまっています。


751 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 14:27:45.50 ID:V0N528Aq
知人の娘さんは生まれつき腎臓が悪く、1歳になる前から毎晩人工透析をしています
8歳ぐらいになったら臓器移植手術をするそうです
娘さんの祖母が「私の腎臓を両方あげたい」とよく泣いています(年齢的に難しいそうですが)

私は知人家族をみていると、未成年の臓器提供反対なんてとてもできません
人工透析も未成年からの臓器提供もせずに治療出来るのならば、それに越したことはないですが・・・
そういった治療法が早く確立されますように

752 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 14:49:52.21 ID:bIYGlSBr
>>751
別に未成年からの提供でなくても腎臓移植はできますよ。

成人の善意による生体腎臓移植ができるのに

判断力の未熟な未成年が、ましてや15歳未満が腎臓を提供することを

あるいは提供者本人でなく保護者の意思だけによって

腎臓を提供することを、認めなくてならない理由はありません。

単なる性行為ですら18歳未満が相手だと同意があっても逮捕されるのです。

15歳未満からの臓器提供を認めるのはまったく筋が通りません。

753 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 20:42:24.08 ID:a8vqHQi0
推進派か反対派かではないと思う。
選択肢のひとつとして認める派か、その選択肢を許さない派かだ。
強制されることはない。

754 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 21:50:35.14 ID:lgrhTq3+
>>753

755 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 21:55:41.06 ID:lgrhTq3+
>>753

強制されることはない、と言いながら、
臓器提供する人は天使、しない人は悪魔などというイラストで洗脳して
なにがなんでも臓器提供を強制しようとする奴らが居るじゃんかよ?

【提供拒否のカードが見つからなければ提供の意思ありと見なす】
【臓器摘出後に提供拒否のカードが発見されても誰も責任を問われない】
こんな無茶苦茶な制度を作ったんだから
提供したくない人の意思を踏みにじる意図は見え見え。

756 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 22:07:28.74 ID:lgrhTq3+
>>751

あんたは知人が貧乏で悲惨な生活してたら
泥棒や強盗の合法化反対なんてとてもできません
とか言い出しそうだな。やれやれ…。

757 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 22:19:03.27 ID:QxQE3cFq
第一は子供自身の意志だけど、親としては提供する患者が
未成年であれば提供したいと思う。でも提供する患者が
老人とかなら嫌だな。正直な考えとしては。

758 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 22:26:29.65 ID:lgrhTq3+
他スレから拾ってきた。
--------------------------
法改正前に交通事故にあった2歳の子供が脳挫傷になり、脳死の検査を受けずに
「たぶん脳死」と宣告された例のカルテの検証と親の手記をネットで読んだことがある。

親御さんは、死を覚悟し、心停止後の腎臓提供を承諾した。
承諾したとたんに、腎臓を瑞々しく保つために脳挫傷には禁忌の薬を投与され、
投与直後は悪化するが持ち直す→また投与の繰り返しで子供は亡くなり
無事腎臓は40代に移植されたw
親にヘパリン投与のリスクはなにも説明されていなかった。
親御さんは今でも提供の決断が正しかったのか苦しんでいる。

759 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 22:28:17.15 ID:lgrhTq3+
他スレから拾ってきた。
--------------------------
意識がなくなった状態=外傷であれ疾患であれ、脳や脳血管にダメージが発生してる
この場合の治療は
・脳圧を下げる
・体全体の水分循環量を下げる
・血圧をさげる

ちなみに、臓器提供のために臓器を新鮮に保つ必要がある場合は
全て上記の逆の処置をする。
回復のための措置と真逆のことをして
さらに、筋弛緩剤を使ってるのに
無呼吸審査と称して人工呼吸器を数分間外すので
どんなに本人が最後の力を振り絞っても・・・ね。

医者はやりたい。
コーディネーターは成功報酬が欲しい。
患者はイヤだと言う手段が残されてない。
後は患者家族だけなんですよ、丸め込む相手。

760 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 22:29:40.63 ID:lgrhTq3+
他スレから拾ってきた。
--------------------------
交通事故にあってしまった子供なら、
程よく脳がダメージを受けるまでヘパリンを投与し続ければ完璧だよwww
http://di.mt-pharma.co.jp/file/dc/hep.htm
>ヘパリン 
>原則禁忌
>5. 中枢神経系の手術又は外傷後日の浅い患者
>〔出血を助長することがあり,ときには致命的になることもある.〕

761 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 22:30:50.65 ID:lgrhTq3+
他スレから拾ってきた。
--------------------------
小児が脳死になるのを防ぐPICUも全然足りてないのに
子供から臓器を取り上げることばかり優先するなよって思うけどね。

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=28134
> 移植医療が成立するには、重症患者が脳死にならないよう、最善の救命治療が
>施されたかどうかが問われる。しかし、小児の臓器提供施設に認定された小児専
>門病院29施設を対象にした読売新聞社のアンケート調査では、重症の小児患者
>に対し、高度な救命治療ができる「小児集中治療室(PICU)」があると答えたのは、
>3分の1以下の9施設(85床)しかなかった。

762 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 22:38:29.98 ID:lgrhTq3+
まとめると、
子供からの臓器移植が解禁されたせいで
事故に遭った子供の最善の救命治療がスポイルされ
脳死にさせられる子供が増加する恐れがある。

そして子供からの臓器移植解禁のメリットを受けるのは
子供の患者ではなく
待機期間が長いからという理由で優先して移植してもらえる老人患者。

763 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 23:37:14.78 ID:a8vqHQi0
lgrhTq3+  が反対派なのは理解した。それはそれでよかろう。だが、あなたのまとめは恣意的と
思えるし、あなたの意見には同意しがたい。他スレは論拠にならぬ。拒否する権利は制限されているか?
変なまとめには反対したい。一次資料をくださいね。

764 :名無しの心子知らず:2011/04/19(火) 23:52:37.53 ID:lgrhTq3+
>>763

俺は別に怠け者のあんたのために資料集めてるわけではないよw
他スレが論拠とかじゃなく自分の頭で論理的に考えたら?

とりあえずソースつきの記事も拾ってきてんだからソースの方をしっかり読みなよ。
http://di.mt-pharma.co.jp/file/dc/hep.htm
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=28134

【提供拒否のカードが見つからなければ提供の意思ありと見なす】
【臓器摘出後に提供拒否のカードが発見されても誰も責任を問われない】
これらについては国会答弁で明らかだから確認したけりゃ議事録読めば?
youtubeの国会審議の動画見ても確認できる。

765 :名無しの心子知らず:2011/04/21(木) 16:51:07.01 ID:wL2R54mZ
本人の意識がないからって勝手に子供の臓器を提供する親は鬼畜だと思うわ

766 :名無しの心子知らず:2011/04/22(金) 00:51:10.50 ID:pFuv0DfO
初のドナー、自殺みたいね。


767 :名無しの心子知らず:2011/04/22(金) 08:39:52.55 ID:qqQ7jtUT
自殺だと提供の条件から外れないのかな?
本人意思でも自殺者から臓器提供させるのは問題があると思う。
それやっちゃうと、親族に臓器を渡すために自殺(の強要)とかでちゃわない?

>>755
それがあるんだよね。
自由な意思で提供します。強制はありませんっていったって、
説明に来る人が完全に臓器提供推進派で臓器提供しない人は悪魔ってスタンスなんだから、
脳死者、遺族の利益をどこまで尊重しているのか、説明が公正なものかが信用できない。
移植ネットはプライバシーを盾に隠しまくるし。
推進派と反対派セットで説明させたり、前に書いていた人がいるように説明のビデオ撮影とか、
遺族のフォロー専門のカウンセラーをつけたり、ドナーとその家族の利益を守るために手続き的な担保をしてくれないと。

768 :名無しの心子知らず:2011/04/22(金) 09:48:23.12 ID:rw8oJAC3
>>767
そうだよね。
最低限、移植推進派と移植反対派の意見を両方聞いてから判断しないと。

でも現状では移植反対派の人件費が出る仕組みもないので
移植推進派による一方的な洗脳がまかり通ってしまっている。
そして洗脳が解けた後でどんなに遺族が苦悩してももう取り返しがつかないんだよね。

しかも子供の学校でも臓器提供しない人は悪魔って思わせる教育をしてるようだし
移植推進派はあまりにもやりたい放題しすぎだよ。

769 :名無しの心子知らず:2011/04/22(金) 09:54:58.68 ID:qqQ7jtUT
>>768
学校は臓器移植法成立のときから推進派の教師が好き放題してるよ。
高校のときに教師がいかに臓器提供がすばらしいか語った後に、「参考に」と臓器移植カードを配った。
雰囲気に流されて提供するに印をつけた同級生いっぱいいたよ。
あれが18歳以上になって交通事故したときに見つかったら、どうなるんだろうね・・・。

770 :名無しの心子知らず:2011/04/22(金) 13:05:06.92 ID:rw8oJAC3
>>769
そうそう。
でも今の法律ではカードがなければ臓器提供意思ありと見なされるから
提供するに丸つけた子もつけなかった子も実質同じ扱いになっちゃう。

家族の同意だけが提供するしないを左右するわけだけど
自殺するようなケースでは本人と家族の心が通じ合ってるとも思えないし
やっぱり自殺者の臓器は利用不可を厳格に徹底するべきだよね。
とりあえずドナーについてもレシピエントについても臓器移殖は情報公開がなさすぎ。
そこにメスを入れる方法はないもんだろうか。

771 :名無しの心子知らず:2011/04/22(金) 13:17:08.89 ID:hxdkxtVV
柳田邦男さんの息子も自殺じゃないか

つまりはそういう事。
アメリカみたいに殺人未遂は除外されてるだけマシとすべきか…

772 :名無しの心子知らず:2011/04/22(金) 13:24:59.23 ID:axK6C9vX
ゼッッッッッッたい嫌。
提供なんかしないし。

でも我が子が提供を受けたい側になったら
土下座でもなんでもしてお願いする。

世の中そんなもんじゃー

773 :名無しの心子知らず:2011/04/22(金) 13:37:53.66 ID:mMxrFrcb
自殺の原因が家庭にもある可能性は否定できないよね
遺言で移植の意思表示があったのかな
脳死判定って事は、心臓動いてるの心停止液入れて止めて取り出すのか
自分は移植してもいいけど子供は無理だ

774 :名無しの心子知らず :2011/04/22(金) 13:52:15.09 ID:AAlhUzc9
臓器を取り出してる最中に意識戻ったらと考えたらできない

775 :名無しの心子知らず:2011/04/22(金) 13:57:02.71 ID:qqQ7jtUT
大丈夫、死んでるはずなのになぜか麻酔かけて臓器摘出するから

776 :名無しの心子知らず:2011/04/23(土) 01:51:49.20 ID:TKCfSAiP
藤田保健衛生大病院(愛知県)で一方の腎臓と膵臓の同時移植を受ける
糖尿病性腎症の30代女性は、2007年に脳死者から提供された膵臓の移植を受けたが、
拒絶反応で機能しなくなったため、再度の移植。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/04/13/kiji/K20110413000620990.html

↓2007年に移植した膵臓は使い捨てで美談しか流さない大本営発表

この命、末永く守りたい…移植受けた女性、少年に感謝
http://www.asahi.com/national/update/0419/NGY201104190019.html
「一緒に生きていく」と女性 少年から臓器提供受け
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011042001000904.html


777 :名無しの心子知らず:2011/04/23(土) 07:37:29.98 ID:fkTrK/xu
>>772みたいなのがいるから子持ちはクズだって言われるんだろうなぁ
優しいママのアテクシ★ってオナニーじゃん

778 :名無しの心子知らず:2011/04/23(土) 16:18:00.42 ID:DRV3jPhD
自分の子供を守りたいだけだよ。私も772に同じ。

779 :名無しの心子知らず:2011/04/23(土) 16:32:59.38 ID:UGY5JdBo
>>777
他人の為に子育てしてるわけじゃなし。
そんなもんでしょ。

貴方は余所様に臓器をあげる為に子育てしてんの?

780 :名無しの心子知らず:2011/04/23(土) 19:09:29.39 ID:HsPHHf8V
>>772の感情は普通だけど
「でも我が子が提供を受けたい側になったら」っていう前提自体が
移殖してみたい医者のでっちあげでマヤカシなんだよね。

親族からの生体移殖ならともかく
赤の他人の臓器の移殖なんかより普通の治療を続けた方がいいんだよ。
心臓は移殖の宣伝でよく使われるけど
移殖より人工心臓の方がずっと確実だし。

781 :名無しの心子知らず:2011/04/23(土) 19:23:18.74 ID:8MNAW9L2
>>780
そうなんだよね。
そんな仮定の質問には答えられない。
もし本当に臓器提供ができそうな状況で、そんな前提で説得されたら断ることだけは確かだけどw

782 :名無しの心子知らず:2011/04/24(日) 22:40:50.32 ID:DECMcZd4
>>780
そうなの?

人工心臓の方がずっと確実、なんてことは一般人は知らないと思う。
もし我が子が心臓の病気になったら勉強するだろうけども
移植の方が確実です!!て医者にいわれたら、そうなのか、としか言えないような気もする。

783 :名無しの心子知らず:2011/04/25(月) 06:58:10.74 ID:6P+SdK0o
もし自分の子供が脳死の場合提供するか決断できるかわからない。
でも提供してもらわなければ死ぬしかない時は一瞬でも誰かに願うと思う。
自分の体なら焼いて灰にしてしまうくらいなら誰かの役にたって欲しいと思っている。

784 :名無しの心子知らず:2011/04/25(月) 09:06:40.70 ID:kCJZ/zGO
我が子に対する母性愛なら提供したくないって思うのが普通だと思う。
自分から提供します!って鼻息荒い人がいたとしたら日頃から幼児虐待死させかねない愛情のない人としか思えないわ。
自分は提供できてもねぇ子供のは‥。

785 :名無しの心子知らず:2011/04/25(月) 13:40:56.07 ID:8FuYWxdw
>>782
移殖したい側の人間は一般人にほかの治療法の有効性を知らせないようにしてるからね。
「原発はクリーンで一番安上がりです!」みたいなもんだよ。
安直に専門家を信じてると歪んだ社会が出来上がる。

>>78.3
「でも提供してもらわなければ死ぬしかない時は」
   ↑
だからこういう前提がナンセンスなの。
臓器移植はレシピエントにとって最善の医療ではないし
いつ提供があるかわからない他人の臓器なんてどっちみち急場には間に合わない。
どうしても移殖が必要なら親から移殖してやればいいんだよ。

786 :名無しの心子知らず:2011/04/25(月) 16:35:51.25 ID:8FuYWxdw
107 名無しさん@十一周年 2011/04/24(日) 22:57:22.09 ID:fk0OX4TL0
3年前に我が子を見送ったとき、本人の希望もあり
利用できる臓器はすべて提供したよ。
火葬してしまえば骨しか残らんからね。。。
でも、だからといって我が子の一部との再開も叶わない現状を省みると
本当にこれでよかったのかって今でも苦しい。
子供なんて作らなきゃ良かったんじゃないかって思う。
この世の苦しみを一心に背負わせて逝かせてしまい、親の自分はのうのうと生きてる。
たまには酒を飲んだりとかの、それなりに楽しい時間を過ごした後の罪悪感がたまらん。

787 :名無しの心子知らず:2011/04/25(月) 16:43:56.55 ID:8FuYWxdw
164 名無しさん@十一周年 2011/04/24(日) 23:57:23.07 ID:fk0OX4TL0
>>116>>117>>125
レスありがとう。
もうね、ちょっと考え始めると気が狂いそうにいなるなんで、
あんまり考えないようにしてる。

ドナー側のその後の苦しみがこんなんだとは思ってもいなかった。
「世のため人のため」なんてきれいごとかもって思った。
最後の最後で、間違った判断をして我が子を守れなかったんじゃないかとか、
脳死判定をしたあの機械は実は誤動作してたんじゃないかとか、
看取った瞬間に我が子が流した涙が、たとえ人体が最期を迎える際の筋弛緩による
生理現象?だったとしても何らかの意思表示をしてたんじゃないかとか、
もう考え始めると死にたくなるから。。。



165 名無しさん@十一周年 2011/04/25(月) 00:02:54.98 ID:CvNUSY9l0
>>164
そりゃ、お前の子供の臓器は他人の体に入ってるんだから、再会できる訳ないじゃん。
どうせ死ぬんだから、どんどん切り取って使ってもらえや。人間なんざ、死ねばパーツの
塊なんだからな。

788 :名無しの心子知らず:2011/04/25(月) 16:52:37.78 ID:8FuYWxdw
「人間なんて死ねばパーツの塊」 ←これは悪質な話のすり替え。

「お子さんはおそらく脳死です。ところで臓器提供という命のリレーが、」
医師やらコーディネーターからそうささやかれる時点では
実態としても法律上の扱いとしても子供は完全に生きている。

法律上限定でも死亡扱いになるのは
親が脳死判定を承諾して呼吸器はずされたりなんやかやした後のこと。
昔からの常識で判断すれば
体を切り裂かれ臓器を摘出される時点でも心臓が動いているならまだ生きている。

789 :名無しの心子知らず:2011/04/25(月) 17:00:57.70 ID:8FuYWxdw
心臓死後の臓器提供であれ
それを承諾してしまえば本人の救命はないがしろにされ
臓器の鮮度を保ったまま心臓が止まることを優先した措置をされる。

さらに臓器移植前提の脳死判定とは
まだ生きている子供を親の合意のもとに法律上の死人扱いに追いやること。
それどころか現に生きている子供の脳を脳死判定の負荷で殺す場合もある。
本来、子供の回復力は大人とは桁違いだというのに。

790 :名無しの心子知らず:2011/04/25(月) 20:20:07.84 ID:XRf6zg/g
うちは絶対無理
逆の立場ならそういう身体の運命だと受け入れる
人様の臓器をもらってもまで生かすことと、
そこに脳死判定され臓器を取り出された命を思うと受け取れないや・・・

791 :名無しの心子知らず:2011/04/25(月) 21:59:21.99 ID:95clZkOD
なんかよくわかんない。
交通事故なら加害者がいるし、被害にあってなおかつ誰かに臓器提供しようと思うかな?
自殺だったとしたら精神的に苦しんでいたことになるし、そこに家族の問題がなかったとは言い切れない。
そんな場合家族が移植に同意して 人の役に立ったというわずかな満足を得てしまうと、
この子は奪われるだけ奪われた人生ってことにならないかな。

真相はわからないけどさ。

http://www.asahi.com/national/update/0423/TKY201104230412.html

792 :名無しの心子知らず:2011/04/25(月) 22:21:31.64 ID:KUHOe+Bq
>>791
結局祖父の価値観が強く反映されているみたいね
他人の価値観で生命身体を処分するのはだめだろう

793 :名無しの心子知らず:2011/04/26(火) 20:16:53.22 ID:LP7qF8t7
脳波は皮膚に近い脳の活動しか反映しない。
脳深部が活動しているかどうかは脳波では分からない。
fMRIや光トポロジなど脳の活動を三次元で見る技術は既に確立しているが
脳死判定には使わない。なぜなら脳死は増やすべきというのが移植側の思いだから。
脳死に陥らない救急医療と脳死判定はセットで導入されたはずなのに
脳死判定と移植にだけどんどんお金が回っていびつに肥大化してしまった。
脳死に陥らない救急医療はおいてけぼり。なぜなら脳死が増えて欲しいのが
移植側の思いだから。

794 :名無しの心子知らず:2011/04/27(水) 13:46:04.50 ID:Y5mL3eqV
世界初の心臓移植のドナーは黒人だったんだけど
施術した医者曰く、「人間に一番近い動物を使った」だからなあ
時代的な物もあるとはいえ、いろいろ透けて見えるよ

795 :名無しの心子知らず:2011/04/27(水) 14:01:38.60 ID:IIj5DDlw
>>794
あれ読んだときに、移植医にとって基本的にドナーはパーツ取り用のガラクタなんだなと思った。

796 :名無しの心子知らず:2011/04/27(水) 17:37:38.45 ID:Y5mL3eqV
>>795
それだけでなくレシピエントも移殖医にとっては実験動物なんだと思う
移殖したって長持ちしないのがほとんどなのを知ってるのにあえてやりたがるんだから
患者を助けたいとい名目で実際は自分の探究心とか名誉欲のダシにしてる
SFホラーのフランケンシュタイン博士の同類なんじゃないか

797 :名無しの心子知らず:2011/04/27(水) 17:53:50.18 ID:IIj5DDlw
和田移植なんてまさに2人の青年を実験動物にしたんだよね…。
死んでもいない助かりそうなドナーと、移植の必要性のないレシピエントを殺した。
あれがあるから臓器移植には賛成できないでいる。

798 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 01:08:07.29 ID:IYytmO9+
私も「自分はしんじゃうならいいけど、子供たちは絶対無理!」って言ったら母親に「あんたも私の子だからだめだよ」だって

そうだよね。つい自分と子供のこと考えるけど、そんな私たちも誰かの娘さんなわけだし

799 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 21:42:51.44 ID:cxOF4RP1
自分の親がもう死んでた場合に
内臓や目や皮膚がない状態であの世へ行ったら無茶苦茶叱られると思う。

臓器もらった側は数ヶ月〜数年でダメにしたらまた次のもらいものの臓器に取り替えるわけで
自分があげた臓器を一生使ってくれるわけではないし。

800 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 21:46:33.24 ID:8b/duSML
できますし、しましたがなにか?
わが子の臓器提供


801 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 21:57:37.46 ID:cxOF4RP1
>>800
「なにか?」ってのは質問受け付けますって意味ですかね。

お子さんはどういう原因で何歳で亡くなられたのですか?
精一杯の救命措置を尽くしたうえで心臓停止後に臓器を取り出しましたか?
それとも脳死判定を受けさせて早めに臓器を取り出しましたか?

お子さんは、自分の臓器が中高年に移殖されることや
移殖を受けたからといってレシピエントが健康体になるわけではないことを
きちんと理解したうえで、明確な形で臓器提供を希望されていたのですか?
それとも家族の方の意向で臓器を取り出しましたか?

802 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 22:08:42.12 ID:8b/duSML
>>801
3才の時交通事故、即死でした


803 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 22:20:50.94 ID:cxOF4RP1
>>802
それはそれは可愛い盛りにお子さんを亡くされてつらかったことでしょうね。

では、臓器はお子さん本人の考えと関係なく家族の方の一存で提供したのですね。
交通事故でお子さんが亡くなることは事前には想定していなかったと思いますが
どういう経緯で臓器を提供することにしたのですか?

804 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 22:29:42.19 ID:8b/duSML
>>803
> 本人の考え
が、あったんでしょうか?
私自身、3才の頃の記憶なんてほとんどありませんでしたから、

ただ、同じ事故で危篤の方のお子さんは、まだ、かろううじて御存命でしたので
そのお子さんの中で生き続けてくれるのかなと、思っての提供でした


805 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 22:41:30.92 ID:cxOF4RP1
>>804
本人の考えはもちろんないでしょうね。3才であれば。

なるほど、同じ事故に逢った危篤のお子さんがいたのですか。
レシピエントが誰かわかっているというのは非常に例外的な状況ですね。
しかも即死した自分の子と同じ事故で危篤という強い縁のある状況、
レシピエントが誰か全くわからない一般の臓器移植とは全然事情が違いますね。
同じ事故にあった2人のお子さん同士に臓器の適合性があるというのも
非常に確率の低いめったに期待しづらい状況です。
質問してみてよかったです。

さらにお聞きしますが、仮にお子さんが即死ではなく、心臓が動き続けていたとして
「大人と同じ基準・同じ方法で判定すればおそらく脳死という分類になるはずです。
 判定を受けて法律的に死亡と確定させ、新鮮な臓器を提供していただけませんか?」
という申し出があったとしたら
脳死判定を受けさせて法律的死亡状態にさせ、臓器を取り出しましたか?
取り出すとしたら、どうい理由ですか?

806 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 22:51:11.19 ID:8b/duSML
>>805
現在子供がいないので、積極的に、脳死判定を受けるかどうかは微妙なところですね
ただ、脳波が動かなくなったら、判定結果はおそらく受け入れると思います。

けど、あの事故がなかったら、こんなふうに思ってないかも知れません


807 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 23:05:49.03 ID:cxOF4RP1
>>806
脳波について>>793に書かれていることをどう思いますか?

子供の脳の回復力は大人とは異質で学問的によくわかっていません。
それもあって禁止されていた15歳未満からの脳死臓器移植が昨年から解禁になったのですが、
このことについてどう思いますか?

808 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 23:14:12.31 ID:cxOF4RP1
>>806
もうひとつお尋ねします。

>>791のケースでは自殺をはかった10代前半の少年について
臓器提供についての本人の考えが全く不明な中で
家族の考えだけで脳死判定と臓器の取り出しが行われたのですが、
これについてどう思いますか?

809 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 23:31:56.65 ID:EcMP0eGq
できる人はやればいいと思う…
私は嫌だし、嫌な人が嫌だと拒否できる権利と自由さえ確保できればいいよ。

810 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 23:33:11.19 ID:8b/duSML
>>807
そうゆう意味だと脳波だけみたいな言い方をしたのは軽率でした
ですけど、小脳あるいは脊髄反射だけの場合はおそらく受け入れると思います

>>808
卑怯かも知れませんが、次に子供を授かったときにゆっくり考えたいですね


811 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 23:52:19.00 ID:cxOF4RP1
>>810
いろいろ回答ありがとうございました。

こう言ってはなんだけど、あなたの経験は小説が映画にでもなりそうな
極めて稀有な出来事であって、
レシピエントについて情報開示されない一般の臓器移植や
これから増えそうな子供の脳死判定による臓器移植とは同列に語れませんね。

「できますし、しましたがなにか?」だけでは完全に誤解するところでした。

812 :名無しの心子知らず:2011/04/28(木) 23:55:57.68 ID:cxOF4RP1
>>810
ちなみに小脳や脊髄反射だけとかいうことではなく、
大脳深部の活動についても現在の脳死判定では無視されている
というのが>>793に書かれていることだと思います。

大脳深部の活動を確認する技術は既にあるのに
あえて確認せずに「脳死」と断定されているのは重大問題だと思います。

813 :名無しの心子知らず:2011/04/29(金) 08:04:06.09 ID:8J5FD11V
まあ、実際に子どもができて、その子がドナーになりうる状況にならないと最終的な結論は出せないよね


814 :名無しの心子知らず:2011/04/29(金) 10:08:21.94 ID:r+XzCL1F
皆さん誤解している所があると思うのですが
「脳死」はあくまでも「社会的な死」であって
「肉体の死」ではありません。
脳死と判定する事により、生きている人の肉体を死体とみなし
損壊して良い、という大義名分が成立するのです。
生きている人を殺したら、医師であっても犯罪になりますから。

一方で、死体からは心臓移植はできません。
心臓移植する上で絶対に欠かせないのは「生きている人の心臓」です。
もうすでに死んでしまった人の心臓に用はありません。
あくまでも「生きている人」の心臓を「便宜上死んだ人とみなす」という事にしなければ
心臓移植は絶対に成立し得ないのですよ。

子どもの生命力・回復力は驚異的です。
手術で右脳全摘出を受けたお子さんが、左脳しかないのに左脳が右脳の役割もするようになり
障害を克服できた例もあります。
信じられない、有り得ない、という奇跡が小児科領域ではたびたび起きるのです。


815 :名無しの心子知らず:2011/04/29(金) 11:40:28.56 ID:BowlkSVS
臓器移植なんて何の絆も無い者同士でしちゃいけないよ
親子だとか夫婦とかなら十分理解できる。
支え合いだよ。幼い臓器が老人を支えるなんて論外の極み!

816 :名無しの心子知らず:2011/04/29(金) 15:34:38.38 ID:hlXU0fQr

他人の身体の中というのは臓器にとって過酷な環境。

わが子の一部が何年間か他人の中で生き続けるということは
わが子の一部が何年間か牢獄に入れられ
拷問を受けながら強制労働させられるのと似ている。
獄死しないためには看守に渡す賄賂のような免疫抑制剤が欠かせない。
だがむしろ早く獄死して次の囚人に交代させられる方が救いかもしれない。

ちゃんと想像力を働かせよう!
生きたまま自分の身体から摘出され
赤の他人の身体に埋め込まれた臓器を想像すれば
悲鳴をあげてるのがわかるはず。
わが子がかわいかったら臓器提供に応じてはダメ!


817 :名無しの心子知らず:2011/04/30(土) 12:48:22.53 ID:l5yx9jnT
>>802 交通事故で「即死」の場合は「脳死」になりません、さらに「即死」の
場合は「心臓死移植の腎移植」も出来ません。

818 :名無しの心子知らず:2011/04/30(土) 12:49:12.67 ID:kEh4dLZW
できないな
してやりたいけど、我が子のはできない

819 :名無しの心子知らず:2011/04/30(土) 13:22:17.97 ID:/1CqNNMH
>>817
事故で即死の子から同じ事故で『危篤状態』の子に移殖して役に立つ臓器ってなんだろうね??
ID:8b/duSMLの子供の話は全部作り話で
つまり>>800の我が子の臓器提供しましたってのはウソなんじゃないのかな。

820 :名無しの心子知らず:2011/04/30(土) 13:40:09.16 ID:hv8CUxyS
>>819
正解w
無理な作り話にもほどがあるwwwwww

821 :名無しの心子知らず:2011/04/30(土) 14:58:19.33 ID:/1CqNNMH
やっぱり作り話だよね。子供を育てた経験があるのかどうかも疑わしい。
こんなウソを書き込んだID:8b/duSMLの動機はなんだったんだろうね?
 ↓
>できますし、しましたがなにか?
>わが子の臓器提供


きっと移殖推進したい人なんだろうけど
ウソの提供体験談を作って書き込んでる姿を想像するとすごく気持ち悪いわ…

822 :名無しの心子知らず:2011/05/04(水) 21:49:51.69 ID:55SHWGAW
子どもの心臓死から提供に踏み切って、それが結果的に成人や老人に渡ったという
例は過去いくつもあるだろうから、ここの論調はそういう人をかすかに傷つけていることも
あるかもしれないね。 脳死だから悪いっていうより、子どもの体に傷をつけて
老人の役に立てるなんて言語道断、と言ってるように聞こえなくもない弁もあったし。


823 :名無しの心子知らず:2011/05/04(水) 23:28:58.57 ID:CBlcPP57
>>822
で?傷付いてたとして何?言語道断って言ってたとして何?

子供を助けるために、子供からの臓器移植を許可したはずなのに
それは心臓だけって、はぁ?何それ?ってことじゃないの?

子供や若者に移植したって長生きできるまでに快復できる訳じゃないのに
ただでさえ老い先短いであろう年寄りに移植ってどうよ?って普通の意見。
その本人や家族にとっては少しでも生きたい、生きて欲しいなんだろうけど
提供する、するかもしれないと考えると、他人の中でも少しでも長く生きて
いて欲しいって思うわけで。自分の大切な子供の臓器を提供するのなら
同じ子供に助かってもらって、大きく成長して欲しいって思うでしょう。

だから老人に移植するなんて言語道断。

824 :名無しの心子知らず:2011/05/05(木) 00:43:53.65 ID:hMCc7ws8
子供の臓器を老人に移植するなんて鬼畜行為だ!
年齢差3歳以内とか制限を厳しくした方が良いのではないかな?
まあ、アレコレ考えると提供しないのが一番かな

825 :名無しの心子知らず:2011/05/05(木) 00:47:56.56 ID:KZarMkYj
成人の移植だと80代の方に・・とか平気であるじゃない?
もう80まで待ったなら諦めろと。
待ち時間が長いってんで高齢者に有利なのはなんとかして欲しい。
どうせなら、先の長い人、せめて50代までにして。

826 :名無しの心子知らず:2011/05/05(木) 01:01:59.21 ID:4dycpIBl
>>822
それで、子供と同世代にいくならって提供した親が
ドナーの御礼状で、移植先が40代の、亡くなった子と同世代の子供がいる人と知り
複雑な気持ちになっている例は紹介されてるね。

827 :名無しの心子知らず:2011/05/05(木) 01:28:23.26 ID:0l0BIRYN
>>826
おかげさまで○歳(亡くなった子どもと同じ歳)の子どもと遊んでやることが
できるようになりました!って手紙がきたってやつか。あまりの内容に覚えてる。
提供者の年齢を知って書いたのか、知らされずに書いたのか…

828 :名無しの心子知らず:2011/05/05(木) 01:35:09.93 ID:xCqYNtEP
学生ですが、スレみさしてもらっていろいろ勉強になりました。
臓器移植はいいことだと思いますが、提供するのは結構抵抗ありますよね。

ちと臓器移植とは関係ありませんが、大学で遺体の解剖をさせていただいた経験があるのですが、2年のときにやったせいでろくな知識もなく、ただ単に遺体をメスで切り刻んだ感じしかしませんでした。
脂肪が多かったりして、遺体によって難易度に差がありますが、ほんと神経とか探すの苦労しましたし、神経の名称もさっぱりな状況でした。
さらに、班によっては、防腐剤、おそらくホルマリンをあまりかけなかったせいで大量のカビが遺体に繁殖すりありさまだったりします。
このように、学生の解剖の勉強のために遺体提供していただいても、あつかいが悪いので、大学に遺体提供はしないほうがいいです。
あまり関係ないはなしですが、参考までに。

829 :名無しの心子知らず:2011/05/05(木) 02:02:47.44 ID:FmIxQvB8
勉強のためなんだから、丁寧に扱ってほしいと思わないな、そこは。

830 :名無しの心子知らず:2011/05/05(木) 08:22:35.65 ID:HpJ0G9f7
>>823
医学の理念からいえば人命に貴賎なし。
移植先は医学的に適応か不適応かであって、相手が誰かという社会的な判断は入れないという現実がまずあったわけでしょう。
その現実の中で 心臓死に至って、角膜なり移植できる臓器なりを提供したという親御さんは存在する。 
自分は子どもからの臓器移植には反対だけれども、過去に行った人の中にも色んな気持ちの人が
いるだろうという想像力は持っていたい。 

だから何?って 他人の気持ちを傷つけている可能性があるかもしれないね、
ということしか言っていないよ。 だから何?って思うなら思うのは自由だけれど。


831 :名無しの心子知らず:2011/05/05(木) 08:27:32.66 ID:0l0BIRYN
>>830
じゃあそういって臓器移植法案を改正すればよかったんだよ>相手が誰かという社会的な判断は入れないという現実
子どもがかわいそう子どもがかわいそうって相手が誰かに重点を置いてキャンペーンを張っておきながら
改正されたら、相手に貴賎なしとか騙されたと思う人がいてもおかしくない

832 :名無しの心子知らず:2011/05/05(木) 11:08:38.50 ID:HpJ0G9f7
>>831
自分はそういうキャンペーンだったとは理解していないけど、そういう思い込みをしていた人はいるかもしれないね。
法改正以前も、救急のどさくさのときに正しい判断ができない家族はいただろうし、医療者の説明不足があったとしたらものすごく罪深い。

でも法改正議論のときに 家族を優先にするという事項で、移植の理念=博愛=相手を選ばない に反するからそれはどうか、ということは語られていたよ。
結局通ったから、一部博愛の理念は薄れたけど。

自分は子どもからの移植は相手が誰であろうとドナーとなる子どもの主体性が守られないという点で反対。
相手を明かすのもドナー遺族の執着が発露されるかもしれないので反対。
移植は成人が自分の意思で希望したことが証明できて、家族がその意思を尊重できる場合にのみでいいと思っている。


833 :名無しの心子知らず:2011/05/05(木) 12:53:50.73 ID:7WpTpKeP
>>830
人は感情の生き物だってことを知ったほうがいいね
過去に行った人はもう出来ないだろ?
満足したか後悔したかは知らん。
これからの人を納得させなければ次は無いよ

834 :名無しの心子知らず:2011/05/05(木) 20:49:52.08 ID:0l0BIRYN
>>832
結論は私といっしょだw

完全な判断能力のある成人が、自由な意思表示として生前に臓器提供の意思を明確に表示した場合で、
家族の同意が得られる場合には臓器提供を認めてもいいけど、
子どもの臓器提供や家族同意での臓器提供は提供者の利益が守られない可能性があるから反対。

835 :名無しの心子知らず:2011/05/05(木) 21:06:31.00 ID:HpJ0G9f7
>>833
人は感情の生き物だからこそ、傷ついた人がいたかもしれない、と言っているだけで、
あとは法改正前の現実の話をしているだけ。 
レシピエントが子どもなら我が子をドナーにするという人は 相手が成人だ
と言われる場合より多少は増えるだろうとは想像がつくよ。
自分は承諾しないし、脳死の子どもをドナーにすることに反対なので、次はないよ、と言われても・・・。


836 :名無しの心子知らず:2011/05/05(木) 23:00:57.74 ID:GLW4zWyQ
だったら、同じように、家族や子供の臓器が、子供に移植されると思って承諾したのに、
中年、老人に移植されてしまって傷付いている家族だっているかもしれない。
そんな、「傷付いたかもしれない」なんて、勝手な想像をめぐらして
感傷にひたる意味が分からない。誰も共感はしないでしょう。
あなた自身も承諾しない反対派のなら尚更。だから何?なの。目的不明。

837 :名無しの心子知らず:2011/05/06(金) 08:32:00.64 ID:HAcunp6X
>>836
「我が子の臓器提供できますか」というスレで
目的なんて持って書き込みはしていない。

>>821のキモチワルイという発言を受けてのこと。

あなたは推進する目的で書き込んでいるみたいだね。
子どもからは子どもに限定しておけば増えるのに! という。


838 :名無しの心子知らず:2011/05/06(金) 16:45:00.05 ID:XKLrYnbn
私が最初に見た報道では「交通事故」でした、朝日新聞の報道では「事故」でした。
週刊文春では「自死する為に電車に飛び込んだ」となっています。
何が真実なんでしょうか、家族は知っていたのでしょうか、どの場合でも警察、消防
は必ず関わっている訳ですから、四者会談でも開いたのしょうか。
この様な場合は、法律では警察の検視が終了してから、手続きを行うと為っています
が、検視が短時間で済む事故ではないようですが。
交通事故にしても、これは「交通事故死」ではないですね、事故発生後24時間経過
後の死亡でなければ駄目だし、「死因」は「心臓等臓器摘出」による死亡ですから。
もし、加害者がいたとしたら、罪名は「業務上過失致死」ではなく「致傷」ですね。


839 :名無しの心子知らず:2011/05/06(金) 23:01:04.77 ID:gpBD5md3
>>837
「我が子の臓器提供できますか」というこのスレの書き込みが
今まで提供受けた人を「傷つけているかもしれない」なんて書く
835の発言の方が余程、気持ち悪い。
反対派を装った推進派にしか見えないから反発受けてるんだよ。

840 :名無しの心子知らず:2011/05/08(日) 12:38:22.42 ID:7U2wxmnq
>>839
提供を受けた人を傷つけているかもしれないなってどこにも書いてない。
提供した人を傷つけていたかもしれない、と書いているんだよ。
傷つけると何?って言うのは自由だよ。それは前も書いた。
推進だろうと反対だろうと、極論というのが一番反発を生むんだよ。


>反対派を装った推進派にしか見えないから反発受けてるんだよ

主語を途中で変えないほうがいい。 見えないのは「あなた」で反発しているのも「あなた」だ。
だとしたら、それは「あなたの」誤解だということ。


841 :名無しの心子知らず:2011/05/08(日) 13:50:08.67 ID:bUQN4gVn
>>840
あんたが極論で妄想甚だしいんだし
主語がないから誤解を生むんじゃない?

842 :名無しの心子知らず:2011/05/09(月) 00:08:42.31 ID:x5TT1yPS
もう回復の見込みもなく確実に脳死しているなら、我が子の臓器でも提供を希望する思う。
提供される人間を限定する必要も感じない。
死んだら燃やして灰にするだけなんだし、せめて困っている誰かの助けになれば良いかと。
ちなみに、私は乳幼児持ちで臓器提供推進派ではない。
でも、一番はなのは臓器提供なんて考える必要なく、我が子が親より幸せに生きて天寿を全うする事だけどね。

843 :名無しの心子知らず:2011/05/09(月) 10:49:12.04 ID:5anNqjVb
>>842 確実に脳死しているなら
脳死と判断されて、臓器を摘出されたら確実に死ぬ。
しかし、その「脳死」という「言葉」自体が「虚構」なのです、移植が盛んになる
前は「脳不全」とか「不可逆深昏睡」と呼ばれていました、そう、深い眠りに落ち
いっている状態なのです。
検査と言っても、ピンをほっぺたにちょこちょこと刺したり、脳波を調べると言っ
ても、厚い頭骸骨と頭皮、髪の毛を通して測るから、元々微弱な脳波は測れません。
最後に呼吸器を10分間止めて、自発呼吸が出ないか調べます、健康な時でも10
分間も呼吸を止められますか、自分で止めるのだったら、苦しくなったらやめる事
が出来ますが、脳死判定では動けませんから中止できません。
それでも良かったら、どうぞ、ただし麻酔と筋弛緩剤を充分打って貰ってね。


844 :名無しの心子知らず:2011/05/09(月) 11:31:42.09 ID:nRTCZjxA
臓器移植法ができてすぐにドナーカードを持ち歩き始めたけど、
子供は別。
843の言うとおり確実な脳死なんてないし、
そもそも完璧な脳死があったとしても、温かく呼吸もするわが子を
死んでるとは思えないだろう

845 :名無しの心子知らず:2011/05/10(火) 18:22:57.70 ID:9jAk6Kvq
>>837
ウソの臓器提供体験談を書くなんて誰が見てもキモチワイし
そうういうことする人が傷ついても自業自得だと思う

>>842
子供の回復力は大人とは桁違いなのに
今の日本では大人とおなじ基準で「脳死」と決め付けて臓器を摘出している
そこが問題点だと気づいて欲しいな

846 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2011/05/12(木) 00:47:04.88 ID:OlyZNiZW
子供は無理

847 :名無しの心子知らず:2011/06/23(木) 20:20:01.64 ID:dYVmL+Z/
腎臓売買仲介事件、組員や医師ら5人を逮捕  

 生体腎移植手術を巡り、患者側が腎臓提供の仲介を受けた見返りに現金1000万円を暴力団組員らに渡したとして、
警視庁は23日、腎不全を患っていた医師の堀内利信(55)(東京都江戸川区南小岩)と妻の則子(48)(中野区大和町)、
住吉会系暴力団組員・滝野和久(50)(葛飾区高砂)の各容疑者ら5人を臓器移植法違反(売買の禁止)と
電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕した。  

発表によると、堀内容疑者は2009年10月〜10年4月、則子容疑者とともに生体腎移植のため腎臓の提供を受ける見返りとして、
滝野容疑者ら3人に現金1000万円を渡すなどした疑い。 (2011年6月23日19時49分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110623-OYT1T00915.htm

848 :名無しの心子知らず:2011/06/24(金) 14:35:34.04 ID:qlkELUjP
臓器提供の21歳男性が所在不明
TBS系(JNN) 6月24日(金)12時20分配信

 所在不明になっているのは医師に腎臓を提供した21歳の男性で、警視庁に今年2月、捜索願が出されていることがわかりました。
 この事件は、腎不全を患っていた東京の医師・堀内利信容疑者が、暴力団組員の滝野和久容疑者に1000万円で臓器移植の仲介を依頼し、元暴力団組員・坂上文彦容疑者と養子縁組を結ぶなどして親族間の生体腎移植手術をしようとした疑いなどで5人が逮捕されたものです。
 堀内容疑者は手術直前にさらなる報酬を要求され、手術を断念しましたが、その後、埼玉県内の21歳の男性と養子縁組を結んだ上で、愛媛県内の病院で男性から生体間腎移植を受けていました。
 捜査関係者などへのその後の取材で、腎臓を提供したこの男性が去年から所在不明になり、今年2月に警視庁に捜索願が出されていることが新たにわかりました。
 逮捕前、坂上容疑者はJNNの取材に対し、こう話していました。
 「もう1年くらいになります。(男性は)失踪しているんですよ。親の所にも連絡してきていない。友達の所にも連絡はない」(坂上文彦 容疑者)
 警視庁は、この移植にも滝野容疑者らとは別の暴力団グループが関与している疑いがあるとみていて、男性が事件に巻き込まれた可能性もあるとみて調べを進めています。(24日10:59)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4759097.html

849 :名無しの心子知らず:2011/07/01(金) 19:53:06.34 ID:5LBw/6Aw
ν即より
日本人クズ杉ワラタw 子どもの臓器提供 脳死15例中14家族が拒否
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1309459742/l50

1 名前:名無しさん@涙目です。(福島県) 本日のレス 投稿日:2011/07/01(金) 03:49:02.52 jhLtazJI0 ?
http://img.2ch.net/ico/nacchi.gif
子どもの臓器提供 大半は家族望まず

改正臓器移植法が本格施行された昨年7月17日以降、子どもの臓器提供は1件だったが、医
療現場では少なくとも12施設で15人の15歳未満の子どもが脳死とみられる状態になり、
病院が親と臓器提供についてやりとりしていたことが、朝日新聞の調べで分かった。

 大半のケースで家族が提供を望まず、提供は見送られていた。家族が申し出ても、
病院の準備不足で対応できない例もあった。脳死の子どもからの臓器提供が法的には可能になっても、
親が子の死を受け入れて、提供に同意する例は少ない実態が浮かんだ。

 朝日新聞は6月上旬〜下旬、厚生労働省の指針で、脳死での臓器提供施設としての条件を満たした
全国372施設を対象にアンケートを実施した。全体の83%にあたる310施設から回答を得たほか、
病院や救急医らにも取材をして、改正法施行後の臓器提供の現状を探った。
http://www.asahi.com/national/update/0630/TKY201106300635.html
子どもからの臓器提供が見送られたのは
http://www.asahi.com/national/update/0701/images/TKY201106300836.jpg



850 :名無しの心子知らず:2011/07/02(土) 04:04:55.75 ID:RCw7aF44
我が子が脳死判定されて命が消える事になっても身内以外には絶対に臓器提供したくないな。
どこの馬の骨かわからない人に移植とか絶対に無理。そいつが将来犯罪を犯すかもしれないし
過去に悪い事をしてきた人かもしれないし気持ち悪い。誰かに移植する位なら臓器は捨てた方がマシ。
TVとかで臓器提供を待ってる人とか見ても他人の臓器を当てにして気持ち悪いと思ってしまう。
提供する事で誰がか助かり幸せになる事があったとしても自分の子が死んだお蔭とか思ってしまい
気が狂うと思う。未成年の臓器提供とか危ない気がする、大人になり自分の意志でならご勝手にだけどなw
子供の臓器を喉から手が出る程まちのぞんでいる家族って嫌だな。貰う側が必死なのは引く



851 :名無しの心子知らず:2011/07/02(土) 23:55:35.23 ID:aCxWpWEQ
移植カード登録内容ってネットで変更できるんですよね?
パスワードやIDが情報漏えいしてしまったら、
恐ろしいよね。
でも拒否しますという意思表示のカードも持ちたいし・・・。
なんだかやっかいな制度になっちゃった。

852 :名無しの心子知らず:2011/07/05(火) 23:12:51.73 ID:1cwFeie8
>>850
いやいやさすが2ちゃんだw
あんた男?
陰湿不快な文章ですね
性格が顔にどっぷり出てそうw
 
たしかに我が子の提供は絶対無理だけど、そこまで悪意ある考えはないな

853 :名無しの心子知らず:2011/07/18(月) 22:31:30.27 ID:5Wmw7QT+

【医学】脳死:「人の死」根付かぬ日本…小児臓器提供進まず
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1310993723/



854 :名無しの心子知らず:2011/07/19(火) 17:06:02.13 ID:UQALYGED
今日の読売で脳死判定された二歳の子が載っていたけど、普通に寝てるみたいなんだよね。
これは提供できないわ、と泣けてしまった。


855 :名無しの心子知らず:2011/07/20(水) 08:30:28.15 ID:vozFPAv9
読売は、前にも長期脳死の特集していたね。
確か、記者の家族も紹介してた記憶。
身内にいるから、熱心なのかな。

856 :名無しの心子知らず:2011/08/01(月) 14:45:48.56 ID:B+tx7HYA


【医学】脳死:「人の死」根付かぬ日本…小児臓器提供進まず
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1310993723/





857 :名無しの心子知らず:2011/08/07(日) 15:23:08.87 ID:y1u/ZTKo
【社会】死んだ幼児で作った中国産『人肉カプセル』、「最高の滋養強壮剤」として本当に韓国で流通!★4
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1312652128/

臓器移植なんてこれと同じだよ
遺体は単なるモノだから有効利用すべきとか言ってるけど
死んだ幼児と言いつつ実際は殺して利用してるんじゃないか

858 :名無しの心子知らず:2011/08/08(月) 04:48:37.18 ID:9bcZExhp
うちも、臓器提供はさすがに怯むけど、
他の子の中で、我が子が生きててくれたら、、、。というのは考えたことあるわ。
実際、脳死の程度、事故の程度でも変わるかも。


859 :名無しの心子知らず:2011/08/08(月) 08:29:56.91 ID:TdowiUTH
>>859
そういう考えに陥るようにキャンペーンをやって
他の子供に移植するためであるかのように装って
自分でちゃんと判断できない子供からも
あわよくば臓器が取れるような法律に変えてしまったんだよね。

実際には臓器取られるのが子供でも
もらう側のほとんどは老人なのに。

860 :名無しの心子知らず:2011/08/08(月) 08:36:34.98 ID:TdowiUTH
>>859>>858の間違い。

【社会】 「生後5か月までに5回の手術…生きる力は強い」「生まれたなりを自分自身と思って生きてもらうしかない」…野田聖子さん★6
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1312758723/
 ↑
この子はこんな大変な状態でも臓器移植を受けるという話には(まだ)ならない。
臓器移植を受けなきゃ助からない子ってのは本当にレアケースなんだろう。
ドナーは子供でもレシピエントの圧倒的多数は腎臓悪くした老人だよね。

861 :名無しの心子知らず:2011/08/08(月) 09:42:44.45 ID:NM/UuVOl
する。

脳死は人の死。
機械で動かされているだけで、外せば心臓はとまる。

死んでも戻ってこないものを、墓場に埋めるよりも
誰かの体の中で生き続けてくれるほうが嬉しい。

誰かの体の中で生き続けるならば、わが子の体の一部も
生き続けている=自分のDNAも生き続けてることになるのだから。



862 :名無しの心子知らず:2011/08/08(月) 10:02:05.23 ID:TdowiUTH
>>861
なんかDNA教の信者に見えるんだけど、大丈夫?

卵巣・精巣などの生殖細胞の移植は行わないので
いくらわが子の臓器を他人の体の中に入れても
移植先の老人が死ぬか拒絶反応で臓器が腐ればあなたのDNAもそこで終わりだよ。
子の血をひく孫ができる可能性はゼロだよ。

もし子供が死んでも自分のDNA残したいなんて考えがあるのなら
赤の他人への臓器移植のような嘘とまやかしの希望を信仰するのではなく
あなた自身の生殖細胞を冷凍保存しておくべきだ。
(DNAにそこまで価値があると信じるならば。)

863 :名無しの心子知らず:2011/08/08(月) 10:18:46.66 ID:NM/UuVOl
DNA教というべきかどうかよくわかりませんが、
究極的には、子供を産みたいと思う動機は、自分のDNAが
そうさせているんだと、私は思っています。

「自分と主人の可愛い赤ちゃんが欲しい!」という気持ちを
なぜ人間は持つのかな?というのを掘り下げたならば、そこに到達
するのではないかと。

一生子供ができていなければ、手軽にできるものなら生殖細胞を
冷凍保存しておきたいなと思っていました。

あとは比較の問題でしょうか。
「わが子がかわいそう・・」といってもはや生きていない臓器を
そのまま無にするよりも、少しでも生かせられるほうが価値がある
と思います。

臓器移植がウソとまやかしの希望とは私は思いません。
移植を受けた患者が、ドナーの臓器で生きられるならば
ドナーの臓器にはそれだけの変化をもたらす価値が
あるのだと私は思います。

864 :名無しの心子知らず:2011/08/08(月) 10:23:18.32 ID:TdowiUTH
子供自身のDNAやら細胞が行き続けることを願うにしろ
臓器移植よりは細胞の冷凍保存の方がずっといい。
冷凍保存しておけば近い将来の技術革新により子供を再生できるかもしれない。

他人に提供してしまったら行き先すら教えてもらえないのだから
やがて腐ってバーになるだけ。
相手は機械を利用するように他人の臓器を利用しているだけで
ドナーのDNAの保存にはなんの関心も思い入れもないのだから。

865 :名無しの心子知らず:2011/08/08(月) 10:54:17.49 ID:TdowiUTH
学問的には子供と大人は同じに扱えないとわかってるのに
大人と同じ基準の判定で「脳死」のレッテルを貼られたら
それだけでもうわが子は生きていない、死んでいると考えること。

臓器にまでバラバラにされて他人の体内へ埋め込まれた状態について
わが子が生き続けていると考えること。

この二つは明らかに矛盾しているんだけど
わが子の臓器を提供するという人は両方を信じてるみたいなんだよね。
うまいこと心理トリックにはまってるのだね。
臓器をもらう側に都合のいい論理を巧妙に刷り込まれている。

866 :名無しの心子知らず:2011/08/08(月) 13:12:20.35 ID:NM/UuVOl
「脳死」判定の基準は難しいでしょうね。
臓器移植に賛成する大前提は、まず「脳死判定」が正確に行われている
ことが必須だと思いますから、この正確性の担保がなされていることは
非常に重要だと思います。

臓器がバラバラにされても、「わが子そのもの」が生きていると
考えるのではなく、自分の子供の内臓の一部が人の体の中で再利用されて
いると捉えるのが厳密でしょうね。

その「再利用」を「嫌だ」と思うのか、「良し」とするのかという
個人の価値観でしょうね。

臓器移植の是非の根本は、「魂というものが存在して肉体に宿る」という
個人の宗教的な生命倫理観の問題とも密接に関係しているように思います。
ですから多様な意見があって然るべきでしょうね。


867 :名無しの心子知らず:2011/08/08(月) 14:55:11.65 ID:TdowiUTH
魂とか宗教とか関係なく科学の問題として
子供の脳についてはまだよくわかっていないのだから
現在の日本の「脳死判定」に正確性が担保されていないことは明白ですよ。

でも「脳死判定」では負荷の高い無呼吸テストを2回も行うのだから
本来は回復可能性のある脳だって
「脳死判定」によってダメージを受けて回復不能に追いやられることも考えられるね。

結局、現在の臓器移植システムではこういう順序で物事は進む。

 ●本当に脳死しているかは不明でも親が臓器移植を決意する。
 ↓
 ●「脳死判定」処理を通じて多くの子供の脳が回復不能に追いやられる
 ↓
 ●「脳死判定」を受けた子供は腹を裂かれ臓器を取り出されて完全に絶命する


868 :名無しの心子知らず:2011/08/08(月) 19:39:48.26 ID:u5LMLg6e
>>866
貴女にはお子様がいらっしゃいますか?
私には絶対に出来ないのですごいなぁと思いながら読んでましたが・・・。

私は解剖の現場に居ます。死体を扱う仕事なのでね。
若い子の死体もありますよ。
でもね、自分の子供と同じくらいのは見たくないね。あまりにつらい。

みんな一般人が想像する解剖ってきっとまぶしいライトの下で空調がきいてる綺麗なオペ室
なんだろうけど
実際は違う。口が裂けても、子供が解剖台に上がったママには言えない。
ママさんが自殺しかねない。いや私なら自殺してしまう。

事実を見てるから言う。
「私なら絶対にしない!!できない!!なぜなら我が子を愛してるから」

869 :名無しの心子知らず:2011/08/08(月) 22:27:51.24 ID:NM/UuVOl
866です。

今現在第一子を妊娠中なのです。
産まれたら、子供の顔を見たら自分の考えが根本的に変わるかもしれない
ですね。自分の臓器、子供の臓器、両親の臓器、配偶者の臓器、それぞれで
自分の価値観はゆらぐでしょうね・・・

脳死状態(この判定の正確性には、本当に慎重であるべきだと思います。)
であれば、それは人の死なのだとは思うのです。
そして、死んでしまったら、もう何も残らないと思うんです。
最後の最後は死んでしまうと、同じように焼かれてしまうでしょう?
その過程で、臓器を取り出されてしまう・・わが子にメスを入れられて
しまう・・・確かに、絶対に絶対に見たくないですが、 最後の結果は
変わらないな、と思うのです。
じゃあ、焼かれる前に生かせる臓器があったら、焼かずに使ってもらった
ほうが、この世で使われている方が、まだ救われるような気がするんです。

あと、わが子が「移植を受ければ生きられるが、受けられなければ
死んでしまう」という事態に直面した時には、「提供を受けたい」と
絶対に言うと確信しています。何が何でも。
なのに自分の子が脳死状態にあったら、それを提供しない・・・
というのは、人としてどうなのだろうか・・と思うのです。

私は今の日本の移植制度が良いとは思っていなくて、 提供するなら、
提供者は絶対に選びたい。
自分は提供したくないが、欲しいという人には提供したくない。
寿命が残りわずかであることが明らかな人にも提供したくない。

ということは、現状の日本の移植制度のもとでは提供できないか・・・。
うーん、沢山考える良いきっかけになりました。

870 :名無しの心子知らず:2011/08/09(火) 00:08:06.83 ID:lgJejmBE
>>869
あなたは臓器移植について抽象的な理念だけで判断していたのだと思う。
せっかく情報豊かなこのスレに来たのだから具体的知識を仕入れてゆくといいよ。
特に、【死亡の事実】→【死亡の判定】→【臓器移植処理】
という順序で物事が進むと思っていると事実と大きく違うので以下のレスを読んでみて。
>>84
>>98
>>107
>>130
>>150
>>159
>>181
>>433
>>758
>>759
>>760

871 :名無しの心子知らず:2011/08/09(火) 07:22:03.70 ID:XbUj7DOy
>>869
なるほどね。生まれたらきっと考え変わると思うよ。
自分の手で我が子を殺せるのか?ということですわ。
それは脳死云々以前の話。

大事にされるのは生きて臓器を提供される側であり、提供する側ではない。
それを忘れてはいけないよ。現実はそうなのだから。

言っていいかね
医師らはご遺体より生身が大事なの。
現場じゃ死体に尊厳など無い。
中身さえ取っちゃえばあとは用なし、荒い縫い方でブチブチと針をさして
昼飯なんにするー?昨日のキャバクラの女がよ〜と笑いながら話してるさ
縫い終わればホースで水をぶっかけて血を落とす。顔だろうが関係ない。死体は文句言わないんだから

親の臓器や自分の臓器は渡せても、子供のはできない。
なぜなら自分の意思がないから。
子供のもの(臓器)であって、自分のものではないから。
そしてそういう死の現場をみてしまっているから。

その気持ちが分かるからこそ、臓器を提供してもらいたいとは中々思えない。
我が子が生まれつきの臓器が原因で死ぬならそれは運命
他のお母さんを悲しませるなんて出来ない

872 :名無しの心子知らず:2011/08/09(火) 07:27:20.11 ID:XbUj7DOy
私の知ってるのは変死体の場合
だけど、死体になってしまえばみんな同じ扱いになると思う。

死体の中はいわゆるコットンが乱雑に入れられる
でないとすべって縫えないからね。
変死体があがって、頭を割って解剖するとき
脳はとりはずされて胴体に投げ込まれる ベチャー!ってね
それといったら生ゴミを扱うようなあの動き

頭にもコットンが詰まってる。
でないと火葬のとき脳みそ飛び出て下に落ちちゃうから迷惑なんだとさ。

理念だけじゃ行動してはいけないよ。
ただ綺麗に、体の真ん中に縫い跡がある状態で帰って来るんだろうけど
通常それも隠されてしまう
子供の魂が現場を見ていたらどんな気持ちになるだろう・・と思うと泣けてしまう。

子供のものは、その子供のもの。
焼いて無くなるけれど、子供のもの。
勝手に親の判断で人にあげていいもんじゃない。

私ならばすべて満足な状態で空にかえしてやりたい。

873 :名無しの心子知らず:2011/08/12(金) 02:39:13.71 ID:znEBgjWI
未成年が臓器提供して高齢者に移植された例が少し前にあったと思いますが、
それをくわしく教えて下さい。

874 :名無しの心子知らず:2011/08/12(金) 10:30:30.61 ID:xoNsGsIn
>>873
このスレを>>667から読み返せばいろいろわかるよ。
自殺未遂だったのを家族が脳死判定受けさせたみたいね。
本人の意志を汲んで殺してあげたと見るべきか
本人の意志に反して他人の体内で生かすことにしたと見るべきかよくわからないけど。

875 :名無しの心子知らず:2011/08/12(金) 12:35:49.71 ID:4hFBGRLu
タダならやらんが、一億もらえるなら提供する親はいるだろうね(笑)

876 :名無しの心子知らず:2011/08/12(金) 12:40:34.92 ID:jUJFygOL
出来ないしやらない。

一億でも十億でもやらない。
嫌なものは嫌。

877 :名無しの心子知らず:2011/08/14(日) 02:59:57.81 ID:vPHKtZog
ところで提供を待ち望んでいる人達やその家族は
万が一の際には、見ず知らずの誰かに臓器提供する意思はあるんだよね?

何が何でも臓器が欲しいけど、自分のはやらないぞ!という人はいるのかな?
もうすでに提供を待っている患者さんの中で亡くなられた方もおられるだろうし、
提供うけてもその後に亡くなる場合もあるだろうし・・・
その方々はちゃんと提供したのだろうか?

正直者がバカを見るみたいにならなきゃいいなあと感じてしまう。

878 :名無しの心子知らず:2011/08/14(日) 03:19:08.60 ID:wDVQVLVe
>>877
生体移植できる臓器も沢山あるのだから
子供のために臓器が欲しい親は先に赤の他人に臓器提供してみせろや!
と思うが誰も提供しない

よその子の臓器もらった子が結局死んだが
体の一部が欠けると天国に行けないからそのまま火葬にしたって親がいて
かなり叩かれてね

海外移植のためと言って寄付を募って必要以上の高額が集まっても
精算することがないのを見てわかるとおり
他人からもらいたがる人間は他人に与えることはないのが実態

879 :名無しの心子知らず:2011/08/14(日) 04:32:39.23 ID:FUFCeG5K
「臓器提供します」のカード持ってたばっかりに
搬送先の病院で、マトモな治療されずに臓器抜かれた人
いるからなあ
手を尽くしたあとに亡くなったのなら、臓器だけでも
他人の体の一部として生きてほしいと思うかもしれないけど

あの「提供します」カードだけは絶対に持たせる気はない
助かるシチュでも殺されそうだ

880 :名無しの心子知らず:2011/08/14(日) 04:46:19.57 ID:wDVQVLVe
>>879
あれれ、今は法律変わって
見てわかるように「提供しませんカード」を所持してないと
臓器提供希望していると看做されることを知っていますか?(汗)

「提供しませんカード」持ってても発見されなければ提供意思ありになる
もちろん親が同意しなければ最終的に臓器は取られないけど
デフォが臓器提供になったことで
子供の救命医療も手抜きされそうでイヤなんだよね

881 :名無しの心子知らず:2011/08/14(日) 13:59:31.06 ID:bhM2TEVB
長期脳死を知ってから臓器移植ネットワーク?が信じられなくなった
脳死=死じゃないじゃないか
ドナー側は大切な人の臓器をあげてるんだぞ。だったらもらう側も誠意を見せるべき
自分達に不利になる事でもちゃんと伝えるべき
信用できないから絶対に提供しない
我が子だけじゃなくて自分のも夫のも


882 :名無しの心子知らず:2011/08/14(日) 23:53:58.09 ID:0iOf9OXQ
>>880
最後の一行は、現場で頑張る救命スタッフに失礼だよ。
小児の臓器提供可能で一番戸惑っているのは彼ら。
今まで通り最善を尽くすしかないのに、提供目的で手抜きしたんじゃって邪推される。

とはいえ、うちは家族全員提供しませんカード持ってる。
長期脳死の子もだし、臓器ネットワークに不信感を持ってるから。
特に国会で可決された時に拍手してた人に嫌悪感。


883 :名無しの心子知らず:2011/08/25(木) 19:57:46.13 ID:YjU6od/+
>>880
>最後の一行は、現場で頑張る救命スタッフに失礼だよ。
他人の子供の例ならそんなセリフを吐けるけど、
きっと自分の子供をイメージした具体的な想いじゃないかな。
医療スタッフも以下情報をきいたことがあれば、自分の家族や子供をシュミレーションして納得するとおもう

>>9
>脳死宣告後の心臓死の瞬間を待って臓器を摘出しようとしても、人工呼吸器を止めてから心臓停止までに、
>8分間〜50分間かかる。
>>25
>しかし、上記の脳死からの復活例にみられるように「脳血流再開を確認したのが脳死判定後数日〜数週間後」
>「痛み刺激への反応が2週間後」「聴性脳幹反応の出現が1週間〜数ヵ月後」「脳波出現が2週間〜数ヵ月後」
>「自発呼吸が約1ヵ月後」そして「数ヶ月間の経過で身体の成長が確認される」という、
>極めて長い観察期間を要することは、脳死判定医の想定外の事態だろう

>>98>>107
>『心停止後の腎臓提供について』2003/6/27
 ^^^^^^^^^
>全身のヘパリン化に関しましては、心停止前あるいは心停止直後に行います。
>>110
> 報告では、これまでに検証が行われてきた51例の一部に、医学的、法的な面で「手違い」があったと説明。
法的脳死判定マニュアルに沿ったCTなどの画像診断が行われていなかった事例や、
保管義務のある脳波記録を紛失した事例があったとした。
> 1997年の臓器移植法施行後、臓器移植は81例行われているが、脳死判定要件をきちんと満たしていたのかなどの検証は
55例にとどまっており、公開されているのは34例だけ
>>173
> 「実際、私自身も、死後腎移植とはいえ、心停止が来る10分前から冷却剤の注入が始まりました。
> まだ心臓の鼓動は弱いながらありました。しかし、冷却剤を注入すると10分で心臓はとまりました。
> 1997年4月8日 衆議院厚生委員会に参考人 柳田 邦男

884 :名無しの心子知らず:2011/08/25(木) 22:42:38.45 ID:g/yoYeXk
>>883
我が子が小児の臓器移植対象施設でお世話になりました。
最善を尽くして、それでも無理な時、家族の選択にゆだねるのは、手抜きじゃないと思う。

脳死判定や、臓器提供にあたっての処置だけを抜き書きしたら
知らない人は、手抜きをされそうだと思うのは仕方がないのかもしれない。
だけど、実際に毎日消えそうな命に囲まれた中で、救命にあたる先生方を見ていたら
その時に手抜きをするような医師は、務まらないと思いました。

日本の臓器提供については、レシピエントの立場が強く
ドナー側に、体の一部でも生きていてほしいという気持ちすら忘れられているようで
厳格な脳死判定、家族が納得できるような、心に寄り添った説明などが欠けていますよね。



885 :名無しの心子知らず:2011/09/04(日) 11:55:13.49 ID:3M/xLZaP
>>884
>知らない人は、手抜きをされそうだと思うのは仕方がないのかもしれない。
>だけど、実際に毎日消えそうな命に囲まれた中で、救命にあたる先生方を見ていたら
>その時に手抜きをするような医師は、務まらないと思いました。

知らないヒ人 は、こんな思い違いをしているのも仕方がないのかもしれない。
臓器移植、特に心移植は、生きている体から心臓を取り出さなきゃできない。
それも、脳死で何日も経てばそれだけ臓器も弱ってくるので一分でも早く
臓器を取り出して早く移植したい。
脳死になり次第、大至急臓器を取り出したいのが移植医の本音だし、実際そうする事が
移植成功にとって何より大事なのは周知の事実。
患者の治療と臓器移植は全く逆の事をしなければならないなんだから
そもそも治療と臓器移植が両立なんてするわけがない。

886 :名無しの心子知らず:2011/09/04(日) 22:22:24.71 ID:yp/5O5+Y
救命医と移植医は別でしょ

887 :名無しの心子知らず:2011/09/05(月) 10:06:46.90 ID:6atI0QDZ
1 名前:鉄火巻φ ★ 2011/09/05(月) 00:22:23.64 ID:???0
脳死の18歳未満の男性から 心臓など7人に移植へ

 日本臓器移植ネットワークは4日、関東甲信越地方の病院で3日夜に臓器移植法に基づき脳死と判定された
15歳以上18歳未満の男性から、心臓などの臓器が7人に移植されると発表した。

 心臓は、提供者が18歳未満の場合に18歳未満の患者を優先する選択基準が適用され、
国立循環器病研究センター(大阪府)の18歳未満の10代男性に移植する。

 肺の片方は大阪大病院で40代女性に移植、もう片方は医学的理由のため移植を断念した。
肝臓は分割して国立成育医療研究センター(東京都)の10代女性と京都大病院の10歳未満の女児に、
膵臓と片方の腎臓は新潟大病院で30代女性、もう片方の腎臓は千葉東病院で60代女性、
小腸は東北大病院で30代女性にそれぞれ移植。

 4日午後、提供者の男性から臓器が摘出され、その後、各地で移植手術が実施される。

 男性の原疾患は頭部外傷だった。本人が臓器提供する意思を記した書面はなかったが、
家族が脳死判定と臓器提供を承諾した。

スポニチ[ 2011年9月4日 19:42 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/09/04/kiji/K20110904001556240.html

888 :名無しの心子知らず:2011/09/05(月) 10:50:14.30 ID:6atI0QDZ
治療と臓器移植は、真逆の医療行為。
治療とは、回復を目指して最善を尽くすものだけど
臓器移植では、生きている体から新鮮な臓器を取り出さないと意味ないから
治療はせず、できる限り早く臓器を取り出すことが優先される。
だから臓移植を選んだ場合は当然、回復する望みを捨てさせられる。
最善を尽くした後では、臓器が役に立たないからね。

889 :名無しの心子知らず:2011/09/05(月) 11:23:41.04 ID:KA5Q0/xz
自分はきっとできないな。
理論的に説明はできないけれど、感情的に。
でもできるという人もいると思うし、それはそれで否定しない。
むしろその利他的精神は尊敬に値すると思う。
でも自分はできそうもない。

890 :名無しの心子知らず:2011/09/05(月) 15:48:40.46 ID:PNBFTzY8
自分のはできても子どものはできないね。
子どもが二十歳すぎて自分の意志で提供するというのなら止めない。

もっと小さい問題でも同じ
自分で献血に行くことはできるが、自分の子どもの血を勝手に抜いて赤十字に提供しようとは思わない

891 :名無しの心子知らず:2011/09/05(月) 18:20:54.40 ID:dwapXdx6
>>889
我が子の臓器を提供して利他的精神は素晴らしいと言われてそれで
自尊心が満たされる親は毒だと思う。


892 :名無しの心子知らず:2011/09/06(火) 00:52:12.79 ID:HQPGygNV
私は自分のも旦那のも子供のも絶対に提供出来ないししたくない。

「提供することで誰かの中で我が子が生きてるんだ」って言う人もいるけど、それはもうその子じゃない。別物(って言い方もアレだけど)だよ。第一手術中万が一意識でもあったりしたら...と考えると恐ろしすぎるし

893 :名無しの心子知らず:2011/09/06(火) 09:06:46.95 ID:IS7/ssvf
子供のも旦那のも自分のも、臓器提供したくない。提供相手を指定出来るなら、してもいいかなと思うけど。そんなこと出来ないし。
生活習慣病で何の反省もしてないような人にもし大切な人の臓器が渡ったら、本当許せないと思うもの。だから嫌だ。私は。
子供の臓器だって、子供にだけ移植されるわけじゃないし。
臓器移植の話を聞くたびに、移植された人がいい人でありますようにと願ってしまう。金で臓器買おうとするような人間には渡ってほしくない。

894 :名無しの心子知らず:2011/09/06(火) 09:13:47.80 ID:C35cmZOU
>>893
そこに尽きるよね
長い時間待ってる人優先だと、年齢が高い人が有利なのは仕方ないけど
不摂生で移植希望の還暦以降とか、遠慮しろよって思う


895 :名無しの心子知らず:2011/09/06(火) 09:55:31.21 ID:59JPs/rt
ぶっちゃけいうと

待っていた期間ではなく、年齢順にして欲しい
年が若ければ若いほど移植を受けられるようにしてほしい

老人が牛耳っているこの国では無理な話なんだろうけどねぇ

896 :名無しの心子知らず:2011/09/07(水) 19:30:43.91 ID:b/EzFmjR
>>895
ハゲド。7年しか生きてない子と70年生きてる人なら7年しか生きてない子を救って欲しいわ

897 :名無しの心子知らず:2011/09/08(木) 01:18:18.68 ID:FeAwZGzh
>>895
禿同。

同じ年頃の子供に移植されるならまだしも、じーさんに移植されるなら提供したいと思えない。

898 :名無しの心子知らず:2011/10/28(金) 10:20:18.70 ID:vkWL641d
これ読んで考えが変わった。特に下のは数年前の事件だし怖すぎる
http://www.nazoo.org/misteries/wada.htm
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20090203

899 :名無しの心子知らず:2011/12/24(土) 17:37:28.64 ID:Qf7139CH
hosyu

900 :名無しの心子知らず:2012/01/25(水) 14:58:51.04 ID:ZMaPzujt
> 脳死と臓器移植
tp://www.ceres.dti.ne.jp/~gengen/masui/nousi.html
> 脳死と臓器移植は別々に論議するべきだ、という意見があります。
> 正論ではありますが、現実に脳死臓器移植を待ち望んでいる人々もおります。
> 脳死と臓器移植について少し考えて見ませんか?


435 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)