5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もし日本が本土決戦をしていたらを語るスレ8!

1 :名無し三等兵:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:???
太平洋戦争末期の日本本土の地下食糧貯蔵庫には中国や東南アジアの占領地から集めてきた
コメや大豆などが大量に備蓄されていた。
当時の日本は地域によっては今より食糧が豊富であり、北海道では貧しい部類の人でも毎日サケや数の子や鹿肉などをたらふく食べていた。
左翼は「貧しい日本には塩すら無かった」と宣伝してきたが、塩すら無かったら縄文時代に日本人は絶滅してるだろよ。
日本は周囲の海の海水で古代から製塩をしてきたし、本土決戦に備えて塩も備蓄していた。

それから竹やり部隊に関する資料を調査すると、竹やり部隊の武器は竹やりだけではない。
最低でも竹やりの他に手榴弾を1人1個は渡されていた。
そこから推測される戦法は味方の砲撃や機銃掃射で混乱した米兵部隊に接近して集団で一斉に手榴弾を投げるという戦法だ。
一度に3千発の手榴弾を投げ、そのうえで竹やりによる白兵戦に持ち込むなら勝てたかも。

2 :名無し三等兵:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:???
自虐史観と戦うスレの継続には日本民族の運命がかかっている

3 :名無し三等兵:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:???
自虐史観を叫ぶのは左翼だけではない。
新自由主義者も自虐史観の塊である。
なにしろ日本の新自由主義の中心にいたのは統一教会の朝鮮人教祖文鮮明だったのだから。

左翼のお粗末さは北朝鮮を見れば一目瞭然だが、新自由主義者のお粗末ぶりに関しては
1970年代から1990年代にかけて南米のチリで独裁政権を築いていたピノチェト大統領について
ウィキペディアで調べたら一目瞭然だ。

チリのピノチェト大統領はゴリゴリの新自由主義政策を独裁政権のもとで推し進めて
チリの失業率を22%にした。
ピノチェト大統領の新自由主義政策はチリに恐慌を起こしただけだったと言われる。

4 :名無し三等兵:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:???
ウィキペディアでバブル世代について検索してみて頂きたい。
新自由主義にどっぷり漬かってきたバブル世代は精神病で精神病院に通院している者が
なんと49%であるという驚きの統計が書いてある。
新自由主義は格差やブラック企業だけではなく、精神病も撒き散らすペストだったのだ。

5 :名無し三等兵:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:???
やれ自由や平等だと妄想を撒き散らしてきたヨーロッパの近代文明。
その象徴であったイギリス戦艦プリンスオブウェールズを雷撃で撃沈した歴史に
わたしたちは誇りを持ってもいいのではないか?

徳川家康は当時の日本に来ていたイギリス人やオランダ人などの話をよく聞いたうえで
「こやつら南蛮人はやれキリスト教だ自由だと口では言っても内心では金のみの畜生だな」と冷静に見抜いたそうだが、
こうした家康さんの発想も再評価されてもいいのでは?

それとも安土桃山時代の日本がスペインやオランダの植民地になっていれば良かったとでも言うのだろうか?

6 :名無し三等兵:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:???
「それで68年も前の話である本土決戦がなにか今の日本や僕たちの生活と関係あるわけですか?」
と三流大学の学生などは言いそうである。

あるのだ。

尖閣問題や韓国が狙う対馬も一種の本土決戦にかかわる問題だろう。
また自民党が締結を進めるTPPも経済における本土決戦と言ってもいい。

先月の参議院選挙で東京都から立候補して当選した山本太郎議員も
「TPPを結べば東京の貧困層はすべて餓死し、日本の農林水産業も製造業もすべて壊滅する」と述べている。
それはまさに本土決戦は今ここにある問題だということだろう。

7 :名無し三等兵:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:???
悪い事は言わんから、>>1は一度精神科に行って診察してもらえ

8 :名無し三等兵:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:???
陶器の手榴弾を投擲!!

9 :名無し三等兵:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:???
昭和20年7月21日時点の国民一人あたり配給量を見ると
一日二合一勺(雑穀込みで)しかなく、これを一合九勺にするかどうかと
いう段階で終戦を迎えた。この時の米の残存備蓄量は四日分であった。
まさにキチガイが妄想たれてる

10 :名無し三等兵:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:J1IQL3Gh
>>8
陶器製、牛乳瓶、缶詰の空き缶、茶缶、竹筒など様々なもので当時の日本の民衆は自家製手榴弾を製造していたと言われる。
竹筒の手製手榴弾とは戦国時代の忍者に近いが、国民義勇軍は人数が多いだけに一斉に大量の手製手榴弾を投擲したら、
手榴弾の落下地点はクラスター爆弾を投下されたようになるぞ

11 :名無し三等兵:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>9
国民は配給のみで生活していたのではなく、自家農園を行ったり、
お店や闇ルートで食料を買ったり、農村まで買出しなどに出かけていた。
あとは狩猟採集というか、食べれる野草を採取したり、当時は非常に多かった
野鳥を網や鳥餅で採取したり、川で網を使って魚やエビも採取した。

東京都内のお宅でもニワトリを残飯、野草、ミミズなどで飼育していました

12 :名無し三等兵:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:???
ベトナム戦争の米軍は北ベトナム軍兵士の接近を阻止するため電動バルカン砲で
すさまじい弾幕を張ったのだが、北ベトナム軍の兵士が大量に押し寄せて来るので阻止しきれなかった。

本土決戦で塹壕や林から出て突撃する日本人や朝鮮人の数は100万人単位だから、当時の米軍の火力では阻止できないと思うぞ。

実際、1950年の朝鮮戦争では中国人民義勇軍の100万人による突撃を米軍は阻止できずに韓国のソウルまで後退している。

13 :名無し三等兵:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:J1IQL3Gh
シリア内戦の動画を見て頂きたい。
現代戦であるシリア内戦ではシリア政府軍の戦車と反政府軍の兵士が5メートルぐらいの距離で交戦している動画もある。

ナチスが滅亡したベルリン攻防戦でもこうした5メートルの距離で戦車と歩兵が交戦する事態は頻繁に起きていたようだ。
1973年のヨムキプール戦争でもイスラエルの戦車部隊とエジプトの歩兵部隊が5メートルの距離で激しい交戦を行っている。

本土決戦でもそうした距離で交戦が起きるなら、物凄い数の日本人や朝鮮人がシャーマン戦車の背後から火炎瓶をぶつけまくり、
爆薬を戦車上部のエンジン部分やキャタピラ部分に投げ込んだだろう。

さらに本土決戦の第二章である東京での戦闘では関東一帯の地下工場で製造されていた国産バズーカも登場する。
終戦時に3千門製造していたのだから、東京に米軍が上陸してくるまでには徹夜による人海作業で2万門以上が製造できたはずだ。

14 :名無し三等兵:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:???
日本がアメリカになって終わり

15 :名無し三等兵:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>12
本気で言ってんの?
当時日本の人口は7000万
十代前半までと五十代以降と大半の女性は戦力外と考えると
百万単位の攻勢なんてまず不可能
やったらそれこそ日本が消滅する

16 :名無し三等兵:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:ju2F/sHu
外国からの支援を受け、国共内戦から戦い抜いた歴戦の中国軍と、
世界中を敵に回し一切外国からの援助を受けられず、食料すらなく訓練すらままならない終戦時の日本軍と
何をどう比較出来るのかな
ネット右翼は不思議だ

17 :名無し三等兵:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>15
百万人一斉に平地で突撃するとでもおもってんのか

18 :名無し三等兵:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>外国からの支援を受け、国共内戦から戦い抜いた歴戦の中国軍と、

どこの中国かな?

19 :名無し三等兵:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:ju2F/sHu
↑ネット右翼は何も知らないのだろうが
朝鮮戦争に参戦した中国義勇軍は、ソ連製装備(一部日本製)で身を固め
日本軍との戦争以後も内戦で戦い抜いた歴戦の勇なのだよ
食料の確保すらままならない終戦時の日本軍とは全然違うのだよ
分かったかなネット右翼

20 :名無し三等兵:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>19
確かに敗走する能力だけはありそうだ

日本軍との戦いで敗走しまくったもんな

21 :名無し三等兵:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:???
おまいら前スレ使いきってからやれよ
つうか次スレ立てるの早すぎなんだよ

22 :名無し三等兵:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:FBFPTSWd
中国の八路軍と呼ばれた共産ゲリラは日中戦争の間は蒋介石の国民党軍に負け、
日本軍にも負け、敗走するだけのゲリラだった。
日中戦争が終わるまでの中国の共産ゲリラは屁である。

そもそもゲリラ戦理論を唱えたと言われる毛沢東からしてゲリラ戦ができる男では無かった。
というのも毛沢東はグルメであり、粗食に耐えれる人物では無く、常にコックを連れて中華料理を堪能していたという。
泥水を飲んで耐え忍ぶなんてことはできないタイプで苦しくなったら逃げて中華料理を食べているだけだった。

23 :名無し三等兵:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:???
>>19
ソ連製装備で身を固めていたのは北朝鮮軍だ。
しかし北朝鮮軍はソ連戦車T-34で韓国に攻め込んだものの補給ができず敗退している。
戦車や航空部隊は補給をするためのインフラ網が無いと戦闘を継続できないのだ。
インフラ頼みの兵器と言ってもいい。

空母だって補給ができないと、ただ海に浮いている浮島になってしまうだろ。

朝鮮戦争の中国人民義勇軍には諸説があることも忘れないで頂きたい。
ソ連式の軍隊だったという説もあるが、米軍の証言では武器の大半が槍と弓矢の中世のような部隊
だったので驚愕したという話になっている。

ただ主な武器が槍でも、当時の中国の少林寺などから集めた武道の達人集団だったので
突撃力が凄く、米軍の機関銃の弾が切れて白兵戦になると映画のブルースリーのように強いので
米兵では太刀打ちができなかったという証言がある。
100万人のブルースリーだった可能性はあるのだ。

24 :名無し三等兵:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:8kNrer2/
↑こういった書き込みを見ると、ネット右翼はスレのタイトルが読めないんだなぁとつくつく分かる
ネット右翼は文字が読めないことの証拠だらう

25 :名無し三等兵:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:???
>>22>>23から中国へのコンプレックスをひしひしと感じる
しかし何でわざわざ本土決戦スレでやるのか理解できん

26 :名無し三等兵:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:???
本土決戦時主要装備
155ミリ砲300門以上
105ミリ砲1500門
90式野砲相当2000門以上

自走砲200門
75ミリ戦車200前後以上
1式戦車200以上(残りは400)

ロ弾1000門以上
タ弾55000発
これら確定枠で
月産ペースで
75ミリ戦車20自走砲10以上程度おおくて2倍ベースで増強可能

27 :名無し三等兵:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:???
トラック
47ミリ砲
無反動砲
に関しては思いのほか供給率及び生産ベースがいい。


ある程度憶測と考察に頼る、
沿岸戦隊、沿岸突撃艇その他に関しては実態わからず戦力の確実性が期待できない。

せいぜい噛む龍部隊くらいが役に立つだろうか。
総じて
75ミリ戦車及び自走砲部隊で2師団ギリギリ
全般支援というより実直接支援砲連隊40
ロダンその他装備の正規歩兵師団15前後

合算で戦車1連隊大砲1連隊歩兵1旅団増強できるが補填が限界

およそ25万までが装備供給でき戦力期待できて、その他は後方
重砲その他は稼働と能力が不透明

対空砲に関しては25ミリ及び88ミリ砲はある程度増強できるが、105ミリ以上の対空システムを回さないとダメ


微妙まず有効に戦えば着陸阻止はできたけど、都市部に関しては当時都市人口1000万だったけど損壊じゃすまなくて全失レベルで損失する。

生産設備、製造能力で移転して50%存続程度か。GDPで1945の60%で存続くらいか。

28 :名無し三等兵:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:dXB/kaL1
本土決戦では持久作戦を捨てて、水際陣地に戻ってしまった
継戦能力がなくなった日本軍では持久戦は不可能だったのだ
一撃講和というのは建前で、実際は一撃しか戦えない状態だったのだ

29 :名無し三等兵:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:???
>>19
朝鮮戦争時の中国軍は元国民党兵の人海戦術だろ
>>26
本土決戦の日本軍戦力は航空機1万機、戦車4千両、火砲20万門(主力は迫撃砲?)だと聞いた

30 :名無し三等兵:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:???
>>29
作戦に使える一線級の機体は三千機ぐらい
あとは複葉機や練習機、急造の特攻機など

しかし機体はあっても油がもはや一会戦分しかなく、パイロットも教官や初級者をありったけ総動員しても10月には0になる消耗率
今まで特攻をしない部隊でさえ、もはやこれまでと特攻を次々決めてた
かき集めた一式や銀河で原爆基地を叩く剣作戦が実質的に海軍最後の作戦と聞いたね

31 :名無し三等兵:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:???
>戦車4千両
その内、三式中戦車は166両、四式中戦車2両
全く話しにならんよ

32 :名無し三等兵:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:???
>>29
せめて
大砲2000門/歩兵砲4000門/75戦車砲戦車400/豆戦車駆逐戦車3000

ロダン重迫撃2000から4000

といおうよ。

多くても1万人師団30
後方支援10万
工兵15万
正規50万
イミフ沿岸部隊10万←期待できない。
沿岸防空砲←10万
イミフ要塞砲10万←期待できない
機雷兵←10万最強

正規50万/イミフ部隊20万/沿岸防備20万/予備100万

正規比率で損失5から10師団の85から70%
フル残存
合わせて戦闘機出撃回数10万そ〜ティ以上

33 :名無し三等兵:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:???

戦闘機
改造戦車
ロダンは機密工場で制作できるが

高射防空砲は制作できない。
そのため120ミリ、105ミリ防空砲
そのた大型防空砲は500あるが500じゃ足らず
3000は必要で、増強も難しい

34 :名無し三等兵:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:???
>>1
核爆弾を10発以上落とされて、
経空阻止もできず、
遣られまくりなんですが。

35 :名無し三等兵:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:IUpQ0RrD
>>31
当時の日本の戦車部隊にはティガー戦車のような高い対戦車戦闘能力は無い。

しかしバンザイ人海突撃のサポートは可能だ。
第一次大戦の塹壕戦でイギリスが投入したマーク1戦車のようなものだ。

また豆戦車が多いので瓦礫や草むらなどに隠しやすい

36 :名無し三等兵:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:???
>>34
まさか広島長崎に核兵器を落とされるとは日本側も予想してなかった。
しかし広島長崎の悲劇によって当時の原爆の爆発半径はわかったし、
厚いコンクリートや深い地下壕などで熱線を防げることもわかった。

広島に投下されたリトルボーイの被害半径は約4キロだ。
すると10発落とされるとして計算すると半径40キロ、もしくは幅40キロが焼き尽くされる。

つまりはその爆発半径にいない部隊は助かる。
爆発半径にいた場合も深い地下壕にいれば即死は免れる。

37 :名無し三等兵:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:???
本土決戦では逃げ場は無い。
いわば沖縄戦の洞窟に天皇も財界人も官僚も全て閉じ込められるようなものだ。
仮に天皇陛下や官僚などが「私だけは助かりたい」と泣きながら言っても物理的に不可能である。
鳩山由紀夫のような男が「友愛、友愛」と叫んでも米軍に蜂の巣にされ、脳みそや臓物を噴出して死ぬだけだ。

日本の上流階級も一切の甘えは許されず、米軍の放つ鉄の暴風の中で
生きて虜囚の辱めを受けずを強制される。
また国民も史実の戦後のように「ほんとうに悲惨な戦争が終わって良かった」と言うことはできない。
御霊が靖国に行くしか無いからである。
東条英機も東京裁判で絞首刑になるよりバンザイ突撃で死ぬほうが武人らしい最後だろう。

この地獄の人海作戦では日本側の被害も凄まじいだろうが、米軍側の被害も凄まじいことになるので
朝鮮戦争やベトナム戦争のように休戦が成立したはずだ。

38 :名無し三等兵:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:???
食料は群馬県や長野県に行けばあった。

「東京から群馬まで歩けと言うのか?全員に自転車や馬があるわけではないぞ」という問いもあるだろう。

だが東京にいたら猛空襲や艦砲射撃を受け、米軍も上陸してくるのだから
いわゆる戦後的な「僕は戦争になったら逃げますよ人間」は必死の形相で走って群馬県まで逃げるだろう。

39 :名無し三等兵:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:???
東京都心は仮に食料があっても東京湾に侵入してくる米艦隊の艦砲射撃を浴びる。

食料、食料と言う人間は艦砲射撃のことは眼中にないのか?

40 :名無し三等兵:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:???
戦争責任とかで日本はよくドイツを比較され、侵略戦争の反省が足りないと言われる。
だがおれさまに言わせると、ドイツは反省しているのではなくて、戦争で負けて粉砕されただけ。
ドイツは自分で仕掛けた「バルバロッサ作戦」が破綻して、赤軍の反撃にあい返り討ちにされた。
返り討ちにされてフルボッコにされて、もうしませんと震え上がって平身低頭している。
市民無差別殺戮とのことならアメリカも同罪(東京大空襲や広島長崎の原爆投下など)だが、
アメリカは勝ったのに対してドイツは敗れた。日本と比較すれば、日本は米軍には負けたが
中国軍には連戦連勝、これに対しドイツは米軍にも赤軍にも敗北している。反省するも何も、
日本軍は中国軍に対しては連戦連勝で、日本人は中国人よりは優れていたという優越感はそのまま。
スラブの「劣等人間」にコテンパンにされて平身低頭しているドイツとは、歴史がまったく違うということ。

             チ  ン  ピ  ラ  ゴ  ロ  ツ  キ

ナチスドイツを撃破してベルリン入りを果たしたソヴィエト赤軍>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>( 越 え ら れ な い 壁 )>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>大陸打通作戦でドツキ回された中国チンピラゴロツキ

             チ  ン  ピ  ラ  ゴ  ロ  ツ  キ

ソ連邦大祖国戦争と比べれば、中国抗日戦争なんてゴミみないなものだと、中国人は歴史を正しく学べ!

41 :名無し三等兵:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:???
だから、前スレ使いきってからやれと言ってるだろうに
あと本土決戦では20〜40歳までの正規兵はもちろん、15歳以上60歳以下の男子と17歳以上45歳以下の未婚女性まで、義勇兵として根こそぎ動員されてる
兵士なんだから、命令があるまではその場に踏みとどまって戦わないといけないんだが
勝手に群馬に逃げるとかできないし、本土決戦になったら農作業なんてできないから
食糧弾薬尽きたら、例によって玉砕するだけだ

42 :名無し三等兵:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:???
沖縄は別に見捨ててないのにあっさり陥落したからな
制空権も制海権もない状況で局地レベルでは対抗しようがないわけで、
予備戦力をたくわえる後方拠点がなければけっきょく同じことになる

そして忘れちゃいけないのは本土防衛の前にソ連が参戦するのは大前提だってこと
まずそこに戦力をまわさなきゃいけないし、大陸からの大量の難民対策も片づけなきゃいかん

43 :名無し三等兵:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:???
>>42は日号作戦でググッてみな
既に北海道や瀬戸内海でさえ、船が航行できる状態じゃないんだが
日本海航路が使用可能なうちに、大陸から米や塩を緊急輸送したが、もはや陸上輸送力が貧弱で
せっかく陸揚げしたモロコシが、港で雨晒しのまま輸送のアテもなく発芽する始末

44 :名無し三等兵:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:My0fpITF
>>41
日本側の兵力は7千万人で、独ソ戦でソ連が投入した兵員よりはるかに多い。
7千万人だから、食糧生産部隊や人力輸送部隊にもたっぷり人数を割ける。
人数が多いから火縄銃で山で鹿やイノシシを狩り、捌いて焼肉にするのもあっという間だ。

問題は7千万人の兵力を効率よく動かせない硬直化した日本の官僚制度だが、
米軍が日本の官僚に機銃掃射やリトルボーイをお見舞いするので米軍の攻撃によって
日本のガンである官僚は死滅する。
日本の官僚を生んだ東大もリトルボーイで消えるだけだ。

45 :名無し三等兵:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:???
>>43
米軍が機雷を撒いても当時最高レベルの掃海技術を持つ日本は機雷をすぐ排除して
航行可能にしてるよ。
いいかね!
当時の日本は地雷や機雷を速やかに無力化する工兵技術や掃海技術があったから
南方作戦ができたのだ。

46 :名無し三等兵:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:???
当時の日本の道は狭く、舗装もされてない。
雨が降れば泥濘で戦車が苦手とする地形である。
米軍のシャーマン戦車は土のうえだとキャタピラに土を巻き込むので
人間が走るより速度が遅くなり、ギアなどの故障が続出する。

そしてなにより装備は西南戦争でも100万人単位で夜襲をかけてくる日本人や朝鮮人を
撃退できる量の弾薬を米軍の各部隊は持ってない。
いくら米軍でもそれだけの敵に対応する弾薬を補給するのは無理だ。

47 :名無し三等兵:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:???
1、日本のガンである官僚やマスコミなどはリトルボーイで消える
2、米航空隊は大量のゼロ戦との航空戦や日本側の対空砲火で消耗
3、シャーマン戦車は日本の狭くて舗装されてない悪路で大渋滞
4、100万人単位で夜襲をかける日本側
5、米軍がトラック輸送していた物資を頂き

48 :名無し三等兵:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:???
戦後復興も問題になる。
なにしろ本土決戦の被害は甚大だからだ。

とりあえず松下幸之助、ダイエー創業者、ホンダ創業者などが生きていれば
戦後復興はできたはずだ。
当時は1ドル=360円だしね。
そうした復興に必要な人材は日本アルプス北部の地下壕に避難しておくとかさ

49 :名無し:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:URb+MIKG
当時のアメリカには原爆は広島と長崎に落とした二発しかなかった
これ以上の原爆攻撃は2.3年待たなくてはならない
日本では陸軍が1000万人特別攻撃隊を本気で考えていた
本土決戦をしたら、後2.3年は戦争継続していただろう
結局敗戦には違いないが、結果の日本はソビエトも本土上陸参戦して、
ドイツのように分断していたと思う

50 :名無し三等兵:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:???
ニューギニアやビルマや沖縄のが不整地だらけのはずなんだがな
7000万国民が全滅覚悟で戦争継続して、得られるものって何なんだろ
何を目的として本土決戦するのやら

51 :名無し三等兵:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:tzG64pOE
>>49九州上陸に先立って原爆を大量投入する気だったみたいだけど?

52 :名無し三等兵:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:???
1945年4月から濃縮ウランの量産工場のK25とS20が稼働開始
高濃縮化プラントのY12が6月から稼働して量産体制が整って
7月にはロスアラモス、8月には日本。
量産計画は予定だけなら9月に3発、12月に12発。

53 :米軍最高司令官:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:R1HMm+3s
ワハハハハ!!
ジャップどもが本土決戦の妄想にひたっているとあれば、世界最強アメリカ軍を
率いるミーの出番だ。

それにしても、日本はもう事実上負けているのに、手製手りゅう弾なんかで
戦って何が得られるのか?
イエローモンキーの頭の中は、我々アメリカ人には理解しがたい。

54 :米軍最高司令官:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:R1HMm+3s
日本本土上陸作戦・ダウンフォール作戦が実施されるとすれば、終戦の翌年
1946年になる。史実ではもうジャップは降参すると見込んで、兵器の生産を
止めたりペースを緩めたりしているのだが、ダウンフォール作戦を実施するのなら
アメリカの兵器生産はフル生産となる。

戦後になって登場した、わがアメリカが誇るスーパーウェポンが日本本土作戦に
登場してくる。
これからその兵器を少しばかり紹介しよう。
ビビれよ、ジャップども。ワハハハハ!!

55 :米軍最高司令官:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:R1HMm+3s
P80(F80)シューティングスター
量産されたジェット戦闘機としては世界初のもの。史実では数百機で止めたが
実際には五千機発注されていた。その大部分はダウンフォール作戦に間に合う。
最高速度900キロ以上の性能で、時代遅れのプロペラ戦闘機・ゼロ戦とは
わけが違う。
ゼロ戦で立ち向かわざるを得ないジャップの戦闘機乗りが気の毒だw

ミッドウェイ級空母
エセックス級空母に次ぐ空母として建造された超空母。
艦載機は135機(最大145機搭載可能)の超弩級空母だ。特筆すべきは
カミカゼ対策として施された重装甲。弾幕をかいくぐって運よく体当たり
出来たジャップ特攻機は、それでもテニスボールのように弾き返されるだろう。

56 :米軍最高司令官:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:R1HMm+3s
M26パーシング戦車
M4の後継として開発された米軍主力戦車。ドイツのティーガーに対抗する戦車
として開発されたので相当な重戦車だ。ジャップが本土決戦用として開発して
いた五式中戦車と比べてみよう。
M26      主砲 90o、 装甲 正面115o 側面・後面75o
五式中戦車   主砲 75o、 装甲 正面75o  側面・後面35o
M26は五式中戦車の正面装甲を障子紙のようにブチ抜けるが、ジャップの
いかなる対戦車砲もM26の装甲を打ち抜けない。

B-36ピースメーカー爆撃機
B-29に次ぐ戦略爆撃機として開発された六発重爆。
ジャップの局地戦闘機が酸素不足でエンストする高度一万三千メートルを巡航し、
爆弾搭載量はB-29の四倍の40トン近くになる。
この40トンという爆弾搭載量は、B-36たった一機で中規模の航空基地を
壊滅出来ると言われるほどの破壊力を持っていた。

57 :米軍最高司令官:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:R1HMm+3s
どうだジャップ。

ビビってやっぱり本土決戦は止めようという気になったか。
ワハハハハ!!

58 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:???
(^。^)ソレデモ北朝鮮、ベトナムには勝てなかったアメリカ

59 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:???
朝鮮戦争をアメリカと北朝鮮の戦争だと思ってるのだろうか?
朝鮮戦争は北朝鮮と韓国の戦争、ベトナム戦争は北ベトナムと南ベトナムの戦争なのに
ああ、日本は北朝鮮やベトナムより弱いって言いたいんだな

60 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:lZei0+gk
米軍側に原爆のストックが無くとも、米軍には毒ガスがあり、米軍は毒ガスの使用を考えていた。

しかし日本側も報復用に大量の毒ガスや細菌兵器を地下壕にストックしており、
上陸してきた米軍は毒ガスを搭載した桜花などの特攻や毒ガス砲弾で全滅しただろう。

61 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>55
P-80シューティングスターはスピードを出すと羽根がもげる欠陥機ですぐ生産中止された機体だ。
つまり米航空隊のシューティングスター部隊は交戦ゼロでも羽根がもげて墜落しまくって全滅する

また空母を量産した米国は財政が逼迫し、ギリシャになる一歩手前だった。

62 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>56
パーシング戦車の最高速度40キロというのは積荷ゼロで舗装された平坦な道路を走った場合だ。
土の上や斜面では大幅に速度が落ちし、当時の戦車だけに故障も多い。

日本のゼロ戦は20ミリ機関砲でパーシング戦車の上部装甲を狙うし、
対戦車地雷が埋められ、戦車が通れる橋は少なく、巧妙に隠蔽された対戦車砲からタ弾を日本兵は撃つし、
2千万人以上の日本人や朝鮮人が自爆兵器や国産バズーカで襲いかかる。

殺した米兵から奪ったバズーカも捕獲兵器として鉄血勤皇隊は使用したはずだ

63 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:???
本土決戦でアメリカが財政破綻したら、その後の世界の覇権を握るのは英国やソ連か?

64 :米軍最高司令官:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:86BsBY1d
毒ガスの話が出たので・・

ダウンフォール作戦の中には毒ガスの使用も選択肢にあった。原爆は確かに
すごい威力だが、威力がありすぎて使いにくい。それで毒ガスを使おうという
ことになっていた。
毒ガスはジャップが先に中国で使っていたので、国際法上も道義上も
問題なしとされた。

毒ガスとは別に、ダウンフォール作戦には日本の田んぼに農薬をまいて
米を枯らせてしまう作戦も含まれていた。いわば兵糧攻めだ。即効性は無いが
実施されていれば1946年の冬には米が不足し、輸入路の遮断も手伝って
大飢饉になっていただろう。

武器もないし食糧も無いし、ジャップも災難だなww

65 :米軍最高司令官:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:86BsBY1d
さらにアメリカの財政状態について。

アメリカは終戦時には債務はGDPの4倍に達していた。今の日本の
債務がGDPの2倍ちょっとだから、確かに危機的な感じはある。
だが、アメリカは戦後たちまちにしてその債務を返済した。

どうしてそう出来たのかと言うと、それはアメリカが戦勝国であり
戦後世界経済でドルが基軸通貨になったからだ。
つまり、ドルを自分でどんどん印刷してそれで債務を返済したのだ。
これこそ基軸通貨国の特権なのだ。
アメリカが戦時債権を見境なく発行したのも、必ず勝てるという
見通しがあったからだ。世界大戦に勝って基軸通貨国になってしまえば、
いくら借金しても自分でお札をどんどん刷ればいいだけなのだ。

・・まあ、困ったことにアメリカは今でもその感覚でいて、債務を
増やしているのは問題なのだが。

66 :米軍最高司令官:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:86BsBY1d
こうしてみると日本から見たのでは解らない、アメリカの戦争目的が
見えてくる。

つまり、第二次世界大戦はアメリカが世界の覇権を握るための戦いだった
という事が出来る。
ジャップとの戦争ごときは、そのための見せしめ程度の話だw

まるで騎兵隊に狩られるインデアン。ジャップが戦い続けるというのなら
それでもいい。アメリカにとってはプラスですらある。
「アメリカに逆らうとこうなるのだっ!」という見せしめにちょうどいいからな。
ワハハハハ!

67 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>37

> この地獄の人海作戦では日本側の被害も凄まじいだろうが、米軍側の被害も凄まじいことになるので
> 朝鮮戦争やベトナム戦争のように休戦が成立したはずだ。


そううまくいくだろうか?

68 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:cAKef1Gz
>>49

> 本土決戦をしたら、後2.3年は戦争継続していただろう
> 結局敗戦には違いないが、結果の日本はソビエトも本土上陸参戦して、
> ドイツのように分断していたと思う


史実よりもっと悪くなったじゃねーか

69 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:???
本土決戦は決戦であって、持久戦ではないけど
2〜3年も持久できるほど、食糧弾薬の備蓄はないし
原料の輸入なしに弾薬も燃料も生産はできないし、本土が戦場なのに農作業やる余裕もない
軍だって一撃講和論のように、せめてあと一撃としか考えていない
それで何か得られるとも思えんし、得られるものより明らかに失うものの方が大きいけど

70 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:cAKef1Gz
>>69

寝返って投降する民間人がどの程度出るかだな。

日本語のビラをガンガン空から投下されれば、寝返る人も出てくる。

71 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:???
まあ万が一に長引いたら独立政府が二つできて三つどもえの内戦になってる可能性もあるな
その場合、元からあった皇軍がまっさきに自滅する可能性が高いw

72 :米軍最高司令官:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:cn+fU5/8
日本本土決戦となれば、米軍のほかにソ連軍も上陸してくるはず。北海道にな。

今までソ連の話題がほとんど出ていないのが不思議だが、日本本土作戦は
アメリカとソ連の合同作戦になる。南九州・首都圏に米軍が上陸すると同時に
北海道に上陸してきたソ連軍は、その一隊が網走に向かうはずだ。

網走刑務所には、日本共産党のドン・宮本顕治議長が収監されている。
宮本議長を解放し、ソ連の傀儡政権「日本人民共和国」の樹立を宣言させる筈。
人民共和国政府は、今まで軍に抑え込まれてきた全国の左翼勢力に
決起を呼びかけることは間違いない。

これは、わがアメリカにとっても悪い話ではない。ジャップ同士で殺し合って
くれるのなら、アメリカ兵の人的損害を低減できる。独ソ戦ではソ連を援助
した実績もある。
日本各地に出現した人民共和国軍ゲリラ部隊に、銃と手りゅう弾程度なら
援助するだろう。

73 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>72
> 網走刑務所には、日本共産党のドン・宮本顕治議長が収監されている。
> 宮本議長を解放し、ソ連の傀儡政権「日本人民共和国」の樹立を宣言させる筈。

ソ連軍が来る前に、刑務所内の左翼は全員処刑されます。

74 :米軍最高司令官:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:cn+fU5/8
>>73
さあ、どうかな。

史実でも宮本議長はピンピンして解放された。大事にされていたんだ。
理由は2つ。
日本政府が、ソ連との交渉の材料に使えるかもしれないと考えていたのと、
刑務所の刑務官たちが、もし戦後左翼勢力が強くなったなら、宮本議長を
処刑した自分たちのクビが危ないと考えたせいだ。

網走刑務所では、宮本議長に媚びを売ってた刑務官もいたらしいからなw

75 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:???
史実では、終戦と同時に刑務所は政治犯をどうしていいかわからないまま急に待遇を良くして、
いつの間にか法的根拠もあいまいなまま釈放しちゃってる
なのでハマコーが「宮澤賢治は人殺しだー!」と叫んだのは人違いはともかく法的には間違ってない

どうせソ連侵攻の混乱でまともな命令出せるわけもなく、似たような状況になるに決まってる
処刑に関与したら間違いなく戦犯になるのがわかってて、日本の官僚組織がそれをやれるわけがない

76 :名無し三等兵:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:???
宮本はリンチ殺人でブチ込まれてたんで政治犯じゃない
だから政治犯の恩赦でも本来宮本は対象外

77 :米軍最高司令官:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:cn+fU5/8
まあ、なんであれ刑務官が手を出せる相手じゃない。左翼のドンはな。
世が世ならば、全ての日本人が「将軍様」と呼んでいたはずの男だぞww

戦前・戦中の共産党の存在感は、現在の中核派やら赤軍派の比では無い。
ソ連とのパイプも太く、スターリンとは「同志」と呼び合う仲だ。
戦時中、日本は講和の仲介役としてスターリンに期待していたから、宮本議長は
そんざいに扱ってよい囚人では無かった。VIP待遇の囚人だった。

刑務官にしても、「将軍様」になるような人物を処刑してしまったら
人民共和国政府によって、家族親戚一同w強制収容所に送られてしまうw
宮本議長に手なんか出せないww

78 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 00:17:26.05 ID:???
>>75

宮澤賢治ってお前…

79 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 01:01:09.89 ID:???
>>77
上からの命令がくれば、別だ。
北朝鮮軍は、仁川上陸作戦後の敗走中、韓国軍が迫ってくると、
収監していた捕虜や政治犯を処刑したりした。
敵手に渡るよりは、まし、と。

日本軍だってやりかねない。

80 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 03:28:28.73 ID:???
>>78
言ったのはハマコーだぞw
しかもテレビの生中継中に・・・

81 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 03:33:31.10 ID:???
>>79
日本にそんな度胸のある官僚がいるわけないだろ
もしいても関与すれば間違いなく戦犯だから途中で握りつぶされるのがオチ

82 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 03:57:17.10 ID:???
>>81
当時は、司法には憲兵や特高の息がかかっているので、
ソ連の上陸可能性、ともなれば、その筋からすぐに処刑命令が出ちゃうだろう。

83 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 04:09:29.27 ID:???
徳田、宮本は網走ではなく、府中刑務所に収監されていた。
よって、ソ連軍による解放はあり得ない。

84 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 04:38:56.37 ID:???
徳田は府中だが宮本は網走だ
厳密に言うと治安維持法違反のみの徳田とは罪状が違うので当然収監されてた刑務所も違う

85 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 05:49:02.90 ID:nGQzU4nb
「もう一生懸命働いてもつまらぬ。
どうせ今度の戦争は負けだ。其の様な事になれば今の内に無条件降伏をした方がよい。
無条件降伏をしても百姓をどうして殺すか。
兵隊とか手向ひする者は殺されるかも知れんが、
俺達は手向ひせず食糧を作って向ふに売込めば良いのだ」

https://twitter.com/hukei_bot/status/373841418168451072

               ↑

こういう寝返りも続出したかもしれない

86 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 06:16:17.01 ID:???
アメリカが黒人やインディアンにどんな仕打ちをしたか知ってたら
そんなこと言えないけどなw

87 :米軍最高司令官:2013/09/01(日) 07:02:12.73 ID:8LA52Fl5
まあ、宮本の解放に失敗しても、その代わりになる共産党幹部は何人もいる。
ナンバー2の野坂参三はモスクワに亡命していたし、その他袴田ら幹部たちの
半分はソ連に亡命していたんだ。
彼らを帰国させて人民共和国の核にすればいいだけのこと。

繰り返すが、戦前・戦中の共産主義の勢力はバカにならなかった。
これからの時代はやはり共産主義だと考える人たちが、国民の中に多かったのだ。
軍の内部にもいた。当時のソ連の急成長ぶりに度胆を抜かれ、さらに国富を
独占して金儲けに走る財閥を、いまいましく思う軍人は少なくなかった。
それで共産党員ではないものの、共産主義シンパになっていた軍人は多かった。

88 :米軍最高司令官:2013/09/01(日) 07:29:08.85 ID:8LA52Fl5
人民共和国政府は、本土戦さ中の日本全土に対して声明を発表するだろう。
「日本国民を地獄に突き落としているのは誰か? 軍部と天皇だ!
打倒軍部! 人民の敵ヒロヒトを処刑せよ!!」
これに呼応して、どれくらいの日本人が人民共和国軍に集まるかな。

この事態は、アメリカにとっても基本的に賛成できることだ。
確かに戦後のソ連の動きは気にならないわけでもないが、まずは眼前の敵
ジャップを倒すのが先決だというのは、アメリカの共通の世論だ。
なにより日本の内戦化は、アメリカ兵の犠牲を大幅に減少させるはずだ。
さらにルーズベルト閣下は、隠れ共産主義者と言われるほどの左翼傾向の
強い大統領だったからなw

人民共和国軍にはアメリカ製の武器が供給されることになるだろう。

89 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 09:25:14.83 ID:???
>>87
袴田は宮本との共犯でやや遅れて逮捕されてるから終戦時はたしか網走
他は野坂をのぞいて活動実績が低すぎてちょっと話にならない

90 :米軍最高司令官:2013/09/01(日) 09:53:58.15 ID:8LA52Fl5
>>89
あれ、そうだったかな。
ロシアの政治家、イリーナ・袴田はいつ出来た子供なんだろうか。

人民共和国軍とは別に、軍人の共産主義者グループが決起する可能性もある。
軍人共産主義者が共産党とは距離を置いたのは、天皇に忠誠を誓っていたからだ。
こういう軍人は関東軍経験者に多かったとされ、ある研究者はあの石原完爾も
実は内心、天皇制共産主義の思想を持っていたと主張している。

そこで軍人共産主義者グループが決起し、共産党とは別の軍事組織を作る。
共産党が天皇制維持をのめば、共同戦線を張れる。
戦争のプロ、軍人が共産党・人民共和国と共同戦線となれば強力な力を持つ。
ただの基地外と化した軍部中枢を見限って、軍人共産主義者グループに加わる
軍人も多かろう。

91 :米軍最高司令官:2013/09/01(日) 10:16:13.11 ID:8LA52Fl5
こうなればもう戦争は終わりだ。

軍人共産主義者グループの「陛下のお命だけは我らがお守りします。」
の言葉に、天皇もこの期に及んで皇道派の軍人たちに未練はあるまい。
天皇の軍人共産主義者グループ支持の詔勅が下され、人民共和国連合政府は
ただちに全国に停戦の命令を下す。

とりあえずこれで戦争終結だ。
今後、人民共和国と天皇・軍人共産主義者がうまくやっていけるのかは
疑問だが、それは先の話になる。

92 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 14:46:37.87 ID:3UKSHDxt
>>61
ありえない話し。
現代のギリシャと大戦の債務を見る間に返したアメリカとでは違いすぎる。
金がなくなりゃ、国債刷ればいい。
たかだか、国債程度、現代の日本や欧米で戦争でもないのに普通に刷ってる
国債程度でいくらでも経済危機なんて回避できる。
しかも勝ち戦であり、アメリカ政府が金払うのは所詮は国内企業にすぎない。
当時のアメリカが経済破綻することなど何をしようとありえなかった。

アメリカがもし戦争で経済破綻するなら遥かに苦しかった他の連合国やドイツ、日本はどうなったんだか・・・
「紙幣や軍票の発行」でなんとかしてたような状況なのに
それに比べればアメリカの国債発行するか程度の話しは今の日本や欧米諸国より遥かにマシな状況。

あと原爆はすでに一年で二発生産できる状態だった。

93 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 16:10:38.31 ID:???
ダウンフォール作戦決行されて日本終わるだろ・・・

94 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 16:18:40.19 ID:???
原爆は、核物質の精製量でいうなら、リトル・ボーイ型が年間一発分、
ファットマン型が月間3発分です。

ただし、ウラン235やプルトニウムができたからといって、
それがそのまま原爆に化けるわけではないので
多少割り引くにせよ、当時の米国は頑張れば月間1発は原爆を製造可能と推測されています。

95 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 17:09:28.25 ID:ULe9bmAs
>>94

> 多少割り引くにせよ、当時の米国は頑張れば月間1発は原爆を製造可能と推測されています。


2か月に1発ずつ原発を落とされたら、
軍人はともかく一般民間人は戦意を喪失してしまって
投降しちゃうでしょ。

96 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 17:35:00.97 ID:???
寝返った民間人が、ジャップ機甲師団と
戦うのもおもしろそうだよな

97 :名無し三等兵:2013/09/02(月) 02:15:01.94 ID:???
352 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 16:11:26.22 ID:???
共和党上院議員のジョン・マケイン氏(アリゾナ州)とリンゼイ・グラハム氏(サウスカロライナ州)は
軍事行動を行っても政権側と反政府側がにらみ合う戦場の機運は大きくは変わらないため、
軍事攻撃を支持できないと述べた。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323779204579047831722754974.html

マケインとか決議に反対するみたいだけどどうなるんだ?
民主党からも反対者は出るだろ


353 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 16:16:24.29 ID:???
マケインとかアサド政権への軍事攻撃を煽りまくっていた癖に
今になって反対に回るってどういうとだよ
とんでもない梯子外しだな


355 :名無し三等兵:2013/09/01(日) 16:42:47.54 ID:???
アサド政権よりオバマキャメロン政権崩壊の方が
早そうだな

98 :名無し三等兵:2013/09/02(月) 14:00:30.82 ID:???
対空火力で換算すれば、第二次世界大戦の旧日本軍は朝鮮戦争の中朝軍の十倍くらい。

COMBINED SUMMARY OF 20TH AIR FORCE & 9TH GROUP OPERATIONS
     20TH AIR FORCE                 9TH BOMB GROUPC
     From June 5, 1944 on             From February 9, 1945 on
Missions          380                        75
Sorties        
Combat          31,387                       1843
Other           1,617                        169
Total           33,004                       2012
Bomb and
mine tonnage      171,060                      11,376
B-29 losses
Combat losses      494                   14 + 5 non-combat
Training losses in U.S.  260                          1
Air crew losses
Killed             576                26 + 1 ground crewman
Missing           2,406                  96 (12 repatriated)
Wounded or injured    433                         30
http://www.9thbombgrouphistory.org/Chapters/Chapter_07.pdf


『世界的に有名なB-29は、第二次世界大戦と韓国戦争の3年間を通して
任務を果たした。韓国戦争でのB-29は、延べ22,983機出撃し、197,000
tonの爆弾を投下した。しかし、34機のB-29を失った。
この超空の要塞は、18個に分解され、1972年3月にカリフォルニアの
チャイナレイクからソウルへ輸送した。そのB-29は韓国空軍によって
再組み立てされ、そして、1972年8月以来Yoid Museumに展示された。』
http://www.sun-inet.or.jp/~ja2tko/jap/jap.trip/trip.korea.html

99 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 02:41:36.53 ID:9xhWWGcr
>>65
君の論法でもアメリカは勝ったから債務を返せたという話になっている。
それはつまり米国が勝てないか、勝利がまだまだ先という話になれば米国は財政破綻した
ということになろうかと思う。

本土決戦で日本が粘れば、ヨーロッパのソ連軍が西ドイツに侵攻した可能性も高い。
まだベルリンの壁もできてない時期だから。
すると日本との戦いと欧州でのソ連軍との戦いという二正面作戦を抱えることになるで
あろう米国は財政破綻するか、急激な財政悪化から休戦を求めてきたのではないか?

それとも米国は財政破綻して19世紀の生活になってもゲリラ戦で戦い続けると主張するか?

100 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 02:44:31.06 ID:9xhWWGcr
米国の財政問題は現在のシリア情勢でも同様の問題を抱えていると思う。
シリアのアサドは逃げても降伏してもサダムフセインと同じ命運を辿りそうだから、
ここでアサドが「どうせ殺されるなら覚悟を決めて死ぬまで粘ったるわい」とロシアや中国の支援を受けながら
粘りまくったら、米国は財政破綻してギリシャになりかねないのではないか?

101 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 02:51:40.64 ID:???
>>72
冷戦時代にも「ソ連が北海道に来るぞ」と叫ぶ御仁はいたが、1991年にソ連崩壊してみると
ソ連にはまったく北海道に上陸する能力が無かったと判明している。
仮に小規模な兵力で来ても北海道の日本軍で阻止できる。

ではここで仮に当時のソ連に米国並みの揚陸能力があったとしてみよう。
その場合はスターリンと交渉の余地が出てくる。
仮にソ連に米国並みの揚陸能力があればソ連は米国のアラスカや西海岸も攻めれるのだから、
交渉次第ではスターリンは「敵である米国への上陸作戦を容易にするために日本さんに兵器弾薬を援助しましょう」
と言ってくるだろう。
冷戦時代にソ連が北ベトナムを支援して米国に出血を強いたようにだ。

102 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 02:56:34.31 ID:???
日本が宮本顕治を独裁者とする共産主義国家になったとしてもソ連のスターリンは
宮本に米国と本土決戦をやれと命令し、日本は本土決戦を強いられただろう。
スターリンは米国が憎たらしくてしょうがないから朝鮮戦争を起こして米国に出血を強いたのだから。

103 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 03:05:19.69 ID:???
本土決戦にもしメリットがあるとしたら、それは戦後史が史実とは違うものになるという
歴史変革ができる点である。
本土決戦でありえた史実とは違う戦後史とは以下のようなものだろう。

1、本土決戦で日本人が全滅し、日本列島は中国人が住む中国の領土になる
2、日本が粘りまくって休戦にこぎつけたが、国力の衰退が凄まじく、近代社会を維持できなくなって平安時代に戻る
3、日本がボロ負けして日本列島はハワイのような米国領にされる
4、国民が戦死や病死をしまくり、日本の総人口は200万人足らずとなるが手先の器用さと人権費の安さを活かして小さくても豊かな国になる
5、米国が財政破綻し、大日本帝国が勝利して今日まで大日本帝国が存続する
6、旧共産圏のような貧しい共産主義国家になる

104 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 03:07:38.52 ID:???
ナチスはバズーカの設計図を日本を渡していたのだし、せめてバズーカを量産していたら上陸してきた
米軍戦車を狩りまくれた

105 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 03:13:01.19 ID:???
パンツァーシュレック?それあったとてねぇ
ドイツといえば吸着爆雷って日本兵に向いてる武器だとは思うけど

106 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 03:15:08.49 ID:???
もう戦後という歴史区分は行き詰まっている。
戦後が素晴らしかったのは過去の話だ。
江戸時代だって中期には栄えたが、戦後日本の繁栄もそれと同じで一過性の宴だった。
それは福島原発事故や少子高齢化、不正まみれの官僚制度などを見れば明らかだろう。
日本の中年はうつ病も凄まじく多く、精神的にも行き詰まっている。
若者も不正規雇用が多く、将来性はほとんど無く、このまま行けばケニアあたりの生活水準になるだろう。
極論を言えば戦後とは放射能汚染水を垂れ流すだけの末期文明に成り果てた。
そして、こうした戦後社会を形成したのは先達たちなのだ。
ではこうした戦後を史実と違うものにする可能性があったのは何かと過去の現代史を紐解けば
明治維新や太平洋戦争末期の本土決戦などということになろう。
それは関ヶ原の合戦やナポレオンの戦いがそうであったように、その後の歴史を大きく変える戦いだ。

107 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 03:20:19.29 ID:???
ナチスのベルリン攻防戦だって、もしヒトラーが史実とは違う命令を出していたら
戦後もナチスが西ドイツで存続できたり、ソ連軍を撃退して米英と講和を結び再びバルバロッサ作戦を仕掛けたりと
様々な史実とは違う戦後がありえた。

108 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 03:48:48.13 ID:???
>>107
ベルリン攻防戦では無理。
もう手遅れ。

109 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 04:29:14.17 ID:???
>>108
第二次大戦を起こす前からヒトラーがベルリン攻防戦を想定して準備していたら
歴史はまた違った。
「いくらなんでも戦争をやる前からそこまで考えないだろよ」という意見もあるだろうが、
バルバロッサ作戦が初戦で失敗したら、いきなりベルリン攻防戦になっていたのだから想定してないほうがおかしい

110 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 04:50:22.40 ID:???
ソ連のほうがドイツより兵力が多いのに防御にまわったらおしまい
実際の戦史もそう

111 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 04:56:17.68 ID:???
>>109
> >>108
> 第二次大戦を起こす前からヒトラーがベルリン攻防戦を想定して準備していたら
> 歴史はまた違った。

違わないw
どんなに準備をしようと、ベルリンに攻め込まれた時点で、もう全面敗北しか
選択肢は残っていないよ。だからこそ史実でも、準備などはされなかった。
あまりに明白だったから。結果が。

112 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 04:57:14.72 ID:???
日本が東京攻防戦の準備を開戦前からやっていたら、太平洋戦争の行方は
違ったろうか?
少なくとも、好転はするはずないよねw

それと同じです。

113 :米軍最高司令官:2013/09/03(火) 06:58:31.44 ID:xVkzG9e6
>>101
ワハハハハ!

歴史を知らんジャップ軍オタには参るなw
ダウンフォール作戦では、ソ連軍の上陸はアメリカの支援のもとに行われる
ことになっていた。ソ連には揚陸能力は無いのでアメリカが上陸用舟艇を提供する。
エアカバーもアメリカの空母艦載機がやることになっていた。

冷戦が始まるのは戦争が終わってからで、とりあえずまだ同盟国だ。

114 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 07:02:49.24 ID:???
>>106
極論、極論・・・・・

現代の人間は文明の利器に囲まれて幸せかつ安楽に生きてるって。
江戸時代にはエアコンもなく、県単位の距離を歩かなくてはならない。
虫歯も水虫も盲腸も治らない。食事も肉があまり食えずにまずい。
少なくとも虫歯の治療法が確立されてからです。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n34083

平均寿命は三十代。よくその反論に「それは乳幼児の死が多いからで成人まで生きれば60くらいまで生きられる」とか
言うのがあるけど、逆に言えば数人に一人が短命ってのを理解してない。
確か、ある徳川将軍の子供は数十人いたけど、成人したのが一人だけって話もある。

放射能汚染? 被爆者たちと同じで彼らはなんたかんだと長寿に生きていくよ。

115 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 07:06:24.72 ID:???
>ではこうした戦後を史実と違うものにする可能性があったのは何かと過去の現代史を紐解けば
>明治維新や太平洋戦争末期の本土決戦などということになろう。

わけわからんが・・・
ましてや本土決戦しても日本の領土がさらに縮小されるだけで良い事は一つもない。
日本の領土が本州だけにされるか、それとも南北に分割されるか知らんが、
「太平洋戦争で勝ってたら」ならともかく「本土決戦がどうたら」で
歴史が変わるとは全く思えん。
仮に本土決戦がうまくいって米ソ軍を撃退したとしても
今より状況が良くなるようには全く思えない。

116 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 07:11:29.15 ID:???
>>103
少なくとも「5」は絶対ない。
アメリカ戦争末期に苦しくなった。

というのを例えて言えば
アメリカは「株も土地も資産もたくさん持っている金持ちが多少、借金しなくてはいけなくなった状況」
日本やドイツは「極貧状態で食う物にすらこと欠く状況」
という感じで本土決戦したからといって、アメリカが破綻して日本が勝利なんてありえんのだが。

117 :米軍最高司令官:2013/09/03(火) 07:13:05.15 ID:xVkzG9e6
ま、サイパン島が陥落してわがアメリカが本土空爆をはじめた時点で、
頭のおかしい軍人は別として、もう勝ち目はないことは解っていてたはずだ。

この時点で降伏していれば、おそらく南樺太と千島は日本領のままだった筈だし、
南洋諸島のいくつかの島、たとえばパラオくらいなら日本に残っていたかも
しれない。台湾は無理かな。中国が返還を求めるだろう。
南樺太はいいぞ。天然ガス資源が大量にある。今のように原発代替エネルギー
問題で、頭を悩ませる必要はなかったかもしれない。

とにかく、降伏が遅くなればなるほど、日本にとって被害が大きくなり
戦後もいいことは何もなかった。

118 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 07:23:58.09 ID:???
ソ連とかアメリカなんてあんなに領土が広大で資源にも恵まれてるのに
日本同様に放射能事故を起こしてるんだし。
原発と本土決戦は関係ないと思うぞ・

むしろ日本が核保有国になってた場合のほうがやばいんじゃないか?
核ミサイルが自身でどうにかなる可能性もあるし。

119 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 13:46:20.66 ID:???
>>117
カイロ宣言に反するんだから、それはあり得ない。

120 :名無し三等兵:2013/09/03(火) 22:13:19.40 ID:???
>>117
石油とガスが出るのは北サハリンだよ。

121 :名無し三等兵:2013/09/04(水) 07:44:22.52 ID:jOmWrL2y
>>119
そうなると日本はボコボコにされるまで降伏すらさせてもらえないわけか。

>>120
埋蔵量は南にもあるでよ

122 :名無し三等兵:2013/09/04(水) 09:37:31.04 ID:3/YE8NxT
こいつはアメリカの回し者か? ↓

そのシリアのアサド政権が、自国民の反政府運動に化学兵器を使用して鎮圧しようとしている。
秘密警察国家ゆえに、自国民への化学兵器使用の罪悪感は薄く、
国際的には化学兵器使用の敷居を低くすることに結び付くことになる。
これが今回のシリア危機の基本的な構図である。
http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_2191.html

現在、シリア政府軍が優勢になっている戦況で、
わざわざ国際的な非難を浴びる化学兵器など使って、米国の参戦を招く筈がない。(プーチン)
https://twitter.com/tsghoh/status/374306434055286784

●シリア反政府勢力:化学兵器攻撃は自分たちが行ったと認める 
http://www.infowars.com/rebels-admit-responsibility-for-chemical-weapons-attack/

悪魔のイスラエルは、イランに向けて数百発の核ミサイルを発射するんじゃないぞ。
イランの総人口7500万人もの人を殺したいのか。そんなことするなら、
おまえら、ナチスドイツに全滅させられた方がよかったんじゃないか。
中東にいられないなら、アメリカ内部にユダヤ人国家でも作ってもらえよ。
https://twitter.com/Fibrodysplasia/status/374175621925990400
シリアを空爆すれば、劣化ウラン弾が使われる。ボスニアやイラク同様、また、
白血病と癌と奇形児の嵐だ。風向きによっては、レバノンもアウト。
劣化ウランの非常に細かい粉塵がカナンの地を襲う。アメリカという悪魔が、
石油欲しさに、中東を放射能で汚染する。ホロコーストのための兵器を使うなよ。
https://twitter.com/Fibrodysplasia/status/374178495405907968
戦争で劣化ウラン弾を使うのは、民族皆殺しの無差別テロとどこが違うのか。
敵も味方も、劣化ウランで被曝して、死んでしまう。
こんな最終破壊兵器を平気で常時使うのだから、悪魔は実在する。
アメリカという悪魔を地球から消さないと人類が危ない。
アメリカ市民は、銃をもって米国連邦政府を倒せ。
https://twitter.com/Fibrodysplasia/status/374179614525894658

123 :名無し三等兵:2013/09/04(水) 20:08:25.93 ID:tq5zyDH5
>>119
甘い甘い、少なくともソ連がカイロ宣言を守るなんてありえない。
北海道の全部か北東半分を取るなんて事はいくらでもありえる。

あと、カイロ宣言からすると
南西諸島、小笠原、南鳥島、硫黄諸島などを取るのは簡単だ。
これらの領土が帰ってきたのは皮肉にも日本がアメリカの属国にも近い
存在になったからで、日本が半端に威厳を保てば返ってはこない。

124 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 00:36:28.81 ID:???
>>117
> この時点で降伏していれば、おそらく南樺太と千島は日本領のままだった筈だし、
> 南洋諸島のいくつかの島、たとえばパラオくらいなら日本に残っていたかも
> しれない。

カイロ宣言に反するんだから、それはあり得ない。

125 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 11:33:12.03 ID:W50E/vjT
>>111
そりゃおかしいだろよ。
仮に独ソ戦での消耗が一切無い状態でナチスがベルリン攻防戦をやったらナチスに勝ち目はあるぞ。
消耗さえ無ければナチスの装備なら1万台のソ連戦車が来ても撃退できた。
1千万人のドイツ兵が飲料水と食料をたっぷり与えられ吸着地雷とパンツアーファーストを持って地下壕に
潜っていたらソ連戦車部隊の進撃は阻止される。

126 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 11:44:29.92 ID:???
>>112
開戦前から東京攻防戦を想定していたら南方作戦を中止し、中国の日本兵も引き上げて兵力温存をはかったはずだ。
天皇も開戦前から長野県に引越ししていただろう。
また開戦前からジェット迎撃機、レーダー、原爆の開発も促進され、重戦車も量産されただろう。

127 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 11:49:59.51 ID:???
>>113
君の意見どおりに米国の支援でソ連の大軍が北海道や新潟に上陸したとしよう。
その場合は日本人は山奥や地下壕に隠れていたら、勝手に上陸してきたソ連軍とアメリカ軍が
鉢合わせして朝鮮戦争のように米ソ戦争を開始して第三次世界大戦になる。

ナチスが降伏した時点で冷戦が開始されているからね

128 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 11:58:24.73 ID:???
>>114
その江戸時代よりマシだというお説教は現代の欧米、中国、日本、ブラジルの若者には通じないだろう。
あくまで年寄りのお説教に過ぎない。
またユニクロの柳井会長も著書で「失われた20年のあいだ経済成長が起きず、借金だけが増えた日本は
惨めな三等国家だ」と述べており、もはや日本の財界人の間でも日本は素晴らしい国だという認識は無い。
中国も日本は過去の遺物ぐらいにしか思ってないだろ。

129 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 12:02:26.45 ID:???
>>115
仮に本土決戦で日本がボロ負けしてアメリカの領土にされたとしよう。
ハワイのようにだ。
その場合はみんなの党あたりが主張するアメリカ的な規制緩和はすべて実現する。
なにしろ日本は米国領なんだから。
また日本人が米国民になるわけだから日本人の米国大統領も実現するかもよ。

130 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 12:05:56.49 ID:???
>>116
そりゃ違うな。
米国は世界恐慌が長引いて貧しくなっていたのだし、そのうえ国債大量発行だから
財政破綻してギリシャになるところだった。

131 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 12:15:37.49 ID:???
>>118
史実とは違い、仮に日本が戦後の早い時期に核ミサイルを持ったと仮定してみよう。
石原慎太郎が若い時期にクーデターで日本の終身独裁者になって核開発を行ったと仮定してもいい。
その場合は中国と核戦争になり、東京は核ミサイルで廃墟となって映画マッドマックスのようになったと思うぞ。

132 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 12:34:04.42 ID:???
本土決戦で米軍が勝って日本を占領するも米国の財政悪化で占領を放棄して撤退し、財政難と日本人への憎しみから
日本への援助もしなかったので本土決戦で上流階級やインテリが死滅した廃墟の日本は復興ができず、ヤクザや朝鮮人が支配する
和製マッドマックスになるというシナリオもありうる。
安土桃山時代に逆戻りするパターンだ。

133 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 12:38:04.43 ID:???
吸着地雷は信管のタイマーが30秒あれば付けた後に逃げる時間はあったものと思われる

134 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 12:46:32.47 ID:???
戦後というものはアジアで工業国が日本だけという状況で形成された。
そうした状況が無ければソニーやホンダも成功してないだろう。
しかし今や中国もスマートフォンや冷蔵庫を量産し、戦後を形成した経済状況は激変している。
秋葉原のオタクみたいなのも中国にはいくらでもいる。

もはや戦後は死んだ。

135 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 13:29:01.48 ID:???
江戸時代の歯科医は催眠術と鍼で痛みを止めて歯をペンチで抜いたんだろ。
江戸時代の入れ歯は象牙と木製で消毒は焼酎だろ

136 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 13:40:32.40 ID:???
江戸時代が現代より優れていた点は寿命が短命ゆえに世代交代が早い点だ。
短命で老人どころか中年も少ないゆえに若者が活躍しやすく、それが元禄文化や明治維新を生んだ

137 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 16:13:42.60 ID:???
本土決戦となると米国はさらなる国債大量発行とドル紙幣の増刷を進め、米国が財政破綻するだけではなく
ドル紙幣も紙くずとなったのでは?

138 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 16:16:04.30 ID:???
米国が財政破綻した場合は日本が漁船で攻めて行ってもアメリカ西海岸を制圧できたかも

139 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 16:21:39.72 ID:???
本土決戦で国力が削ぎ落とされた日本は戦後の高度成長ができず、貧しいまま戦後の学生運動の時期を迎えて
連合赤軍が選挙で選ばれて最大与党になり、連合赤軍内閣によるリンチ殺人が合法化されるという凄まじい戦後になったかも

140 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 16:39:51.05 ID:???
江戸時代の歯科医や外科は麻酔にアヘンを用いたのでは?
江戸時代の寿命が短い原因は医療の遅れ、飢餓、伝染病だけではなく、自然災害や乱交による性病の蔓延、
極端な偏食など様々な要因がある。
江戸時代は富裕層でも寿命が短いのだが、近代栄養学など無く、どうせ長生きできないなら好物だけ食べたいという
刹那的な発想から好物の酒とツマミだけを食べ続けて早死した例も多い。
博打や売春で散財して一文無しになって野たれ死んだ者も多く、今日のパチンコ中毒のような者が多かったのだ。

141 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 16:46:04.63 ID:???
江戸時代の農村の祭りには半年以上も続くものもあった。
抑圧されて生きていた時代だけにストレスが爆発して祭りをすることだけが捌け口だったからだ。
ここには当時を生きた人の悲しさがある。
半年以上も祭りを行い、村人達が酒を飲んでひたすら踊って乱交し、そして冬が来ると蓄えが無いから集団餓死したのだ。

142 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 16:52:30.27 ID:???
江戸の町は自殺も多かった。
ガンになっても治療方法など無いなら自殺もやむを得ないだろう。
江戸の町人は抑圧された怒りが爆発して打ち壊しも盛んに行ったが、大砲が無いため堀と城壁で囲まれた江戸城は落とせず、
政治的絶望感も自殺を助長したと思われる

143 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 16:58:13.49 ID:???
江戸時代の庶民の悲しさと現代の自殺したネットカフェ難民の悲しさは共通だろ。
どちらも癌や脳梗塞になっても治療が無く、もがき苦しんで路上やネットカフェで死ぬんだから地獄だよ。

144 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 17:03:16.78 ID:???
太平洋戦争末期の日本人が万歳突撃をしたのは、戦争が無くても生活レベルが江戸時代で生き地獄なので
万歳突撃で撃たれて即死したほうが楽だという諦観もあったはずだ

145 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 17:12:57.37 ID:???
江戸の町人が歌舞伎や宗教や喧嘩にも熱狂したのは住まいが臭い長屋でガンになったら地獄の苦しみの果てに死ぬ
地獄人生であったから、一瞬でもいいから何かに熱狂して現実の辛さを忘れたいと思ったからだろう。
暴走族が暴走で現実の落ちこぼれである自分から逃げようとしたのと同じ逃避心理だ。

146 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 17:16:44.08 ID:???
コミケに集まる50万人の若者も現実には落ちこぼれや派遣社員であり、現実の悲惨を忘れる道具がアニメだからね

147 :名無し三等兵:2013/09/05(木) 17:50:04.18 ID:???
コミケ参加者は60万人に届いたが、彼らはよっぽど生きるのが辛いんだろう。
アニメは彼らにとっては地蔵なんだよ
江戸時代の水のみ百姓が拝んだ地蔵

148 :名無し三等兵:2013/09/06(金) 20:20:11.36 ID:nI+LcoXJ
>>140
アヘンは医学的な意味での鎮痛麻酔ではない。
ただ気持ちよさで紛らわしているだけで、
医学的な意味の麻酔は華岡青洲が1804年に初めて行ったが、
一般人が麻酔の恩恵を預かれるようになったのは明治中期くらいの話しだ。

149 :名無し三等兵:2013/09/06(金) 20:29:10.12 ID:???
>>135
鍼や催眠術ねえ・・・大して効くとは思えないが。
なんと言っても歯が簡単に抜けたらいいが、
抜けない奇形だと大変だぞ。現代の技術でも長時間かかるんだから。

>>99
アメリカから大量の物資を貰ってやっと戦争してたソ連には
西独に攻め込むなんて無理。
ソ連を過剰評価しすぎ。

150 :名無し三等兵:2013/09/06(金) 21:21:13.31 ID:???
>>147

地蔵というか、お蔭参りみたいなものかもな。

151 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 03:16:41.63 ID:mD2X2USk
>>148
アメリカの初代大統領のワシントン大統領は若いうちから歯が悪く痛いので当時痛み止めとして市販されていた
アヘンの液体を飲みまくりながらアメリカ独立戦争で戦ったという。
医学のレベルが低くて治療ができない時代には痛み止めがあるか無いかで天国と地獄だと思うぞ。
アヘンの歴史は古く、古代メソポタミア文明の遺跡からも発見されているというが、
病気怪我を治せない時代にはせめて痛みを和らげることが患者の切なる願いだったはずだ。
現代でも癌の痛みなどにはモルヒネが使われるしね。

152 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 03:28:51.67 ID:???
>>149
中国の鍼麻酔はすべての病気怪我の痛みを止めれるわけではないが、歯科治療の痛みは
止められるとウィキペディアにも書いてある。
あと中国の路上では露天商のような路上歯医者があり、北斗の拳のように患者のツボを押して
痛みを和らげて歯科治療をしている。

江戸時代の人は現代人よりはるかに信仰心が厚かったのだから、神社で買った痛み止めの御札を
痛い箇所に張ると催眠効果で痛みが止まるようなことはあったと思われる。
催眠術、宗教、プラシーボ効果、麻薬などを利用した呪術的な伝統治療は世界各地に昔からあり、
アフリカの奥地にもあるからね。
インドのお祭りなどでは宗教で興奮状態になった信者が体に太い針を刺しまくっても痛みを感じず、
踊り狂うような儀式があるが、ああいうものだ。

153 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 03:36:07.92 ID:???
>>150
コミケの参加人数が60万人という驚異的な人数に達したのは、ただ漫画やアニメが好きという
趣味だけの問題ではなく、正月の初詣のような一種の宗教性を帯びたイベントになっているからではないか?
アイドルのAKB48が好きなオタクもAKB48のコンサートに行くと生き仏に会ったような気持ちになって涙が溢れ出ると
語っているし、宗教の代用品というか新興宗教と呼んでもいいものなのでは

154 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 03:40:36.29 ID:???
太平洋戦争が無謀だったと言うことは簡単である。
ではどうすれば太平洋戦争は止めれたのか?
江戸時代の日本は貧困で平均寿命は短くても帝国主義国家では無かった。
もし明治維新が起きず、日本が1940年代までずっと江戸時代のままなら太平洋戦争は起きなかった。
明治維新は欧米の帝国主義を模倣したのだから、帝国主義の必然として無謀な戦争でも邁進することになるし、
どうしても太平洋戦争を止めたいなら明治維新をやらず、江戸時代のままでいる勇気が求められたのではないだろうか?

155 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 03:52:58.13 ID:???
江戸時代のままで明治維新は起きないが、徳川将軍の取り計らいで医学のみは西洋医学も取り入れた
というのはどうだろか?
もうひとつ欲を言えば江戸時代は移動が徒歩で辛すぎるので、せめて西洋から自転車の製造技術は取り入れるとかね。
自転車を作るには西洋式の製鉄所が必要だという声もあろうが、伝統的な日本刀の製法などで自転車を作るんだよ。
安土桃山時代の日本は伝統的な鍛冶製鉄で火縄銃を量産していたのだし。
ゴムチューブは自給できないのでゴム無しでバネとサドルの部分の座布団を工夫して振動を和らげる。

156 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 04:06:47.89 ID:???
ナチスが成立した前夜のドイツでも貧困層の生活はかなり惨めだったはずだ。
ドイツは北国だが冬になって雪が降っても暖房も無く、仕事も無く、シラミまみれで寒さに凍えるようなマッチ売りの少女的生活
であったとしたら、ヒトラーの演説を聞いてマインドコントロールされてもしょうがないと思うのだ。
藁にもすがりたい気持ちですがり付いてしまうはずだ。

もし今の日本だって財界人などが主張するように解雇を自由化し、最低賃金を撤廃して日本の労働者の平均賃金がバングラディッシュと同等
になったとしたら、東京の街にも埋め尽くすぐらいの乞食が生まれ、そうした貧困層の怒りや渇望からソ連、ナチス、毛沢東、大日本帝国などの悲劇は繰り返されるはずだ。

だから戦争反対を叫ぶ輩は東京のネットカフェ難民問題についても真剣に考えなければおかしいのだ。
ネットカフェ難民になって食事が食パンだけで財布の中身が千円だけで、それが全財産だとしたら頭がおかしくなって
ヒトラーのような存在が救世主に見えてしまうはずだ。
惨めな境遇ではヒトラーだろうが、スターリンだろうがパンさえくれれば付いていってしまう。
犬のような精神状態になってしまうはずだ。

157 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 04:22:54.00 ID:???
日本の格差なんてアフリカと比較したらマシだという意見もあるが、それは現時点においてはの話だろう。

20代の若者たちの多くが大卒でも非正規雇用というのは紛れもない事実である。
そして居酒屋バイトであった場合はいくら頑張っても正社員になれないのも事実である。

こうした滑り台式に貧困に転落して行く構造がある限りは、現在20代の若者が40代になる頃には出生率もさらに下がり、
個人消費や生活レベルもさらに下がり、貧困で医者に行けない人が増えて平均寿命が下がることも十分に予測可能なはずである。
そしてそうなったらヒトラーが出てきても少しも不思議では無い。
戦前の人は愚かであったなどとは言えず、戦前の民衆と同じになり、また現在の中国や南米やアフリカの民衆と同じになるだろう。
そうした社会では六本木ヒルズも乞食が住むだけの廃墟ビルになっているはずだ。

あるいは最近は高度経済成長をし、マサイ族もスマートフォンを持っているアフリカにGDPで抜かれ、
将来の日本は最貧国で国民はソマリアの海賊のようになっていることも予測可能なはずだ。

158 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 04:27:22.78 ID:???
最近になるまで江戸時代に近い社会だったのはブータンだな
今は民主化してネットもあるみたいだけど

159 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 04:34:12.11 ID:???
本土決戦で日本が特攻に使えた航空機は1万機で飛ぶ燃料もパイロットもあった。
また陸戦においても硫黄島のように空爆や艦砲射撃を防ぐ地下壕は人海作業で完備しており、ヒロポンを飲んだ国民が100万人単位で
爆薬、火縄銃、槍を持って突撃する。
本土決戦は九州の段階で日米双方の犠牲が大きすぎて休戦が成立した可能性も高い。
アメリカ側にとってもメリットより、デメリットのほうが大きい。

160 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 04:42:14.56 ID:???
>>152
あーそれね
実は中国の針麻酔の大部分は針通電が開発されて以降の技術なんだわ
神経そのものを狙って麻痺させられるのでやっと手術にも使えるようになったわけ
ツボ刺激のみだと歯の痛みはけっこう和らげることはできるけど、歯を抜く痛みまではちょっと厳しい
あれは場合によっては外科手術に近いし痛みで死ぬこともあり得るレベルだし

けっきょくのところ、薬等を併用してかなり無理やり抜いてたというのが実情だと思うよ
華陀という神話的伝説を除いては中枢系の全身麻酔こそなかったけれど、消炎鎮痛効果のある薬は
昔から何種類も知られていたから
東洋の外科手術の技術自体は古代からかなり高かったと言われてる

161 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 04:42:19.55 ID:???
失業者が2億人もいるという中国は今すぐ中国共産党が大暴動で倒れてマッドマックスやナチスの社会になっても不思議じゃないな。
マッドマックスのように廃車同然のポンコツ車を改造して乗り、ボウガンで戦うというのは中国人ならやりそうだ。
中国人の場合はモヒカン刈りではなく、辮髪なんだろうけど。
心配なのは中国が中華マッドマックスになった場合は昔ながらのジャンク船で大量に日本に不法入国してきそうな点だ。

162 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 04:54:44.97 ID:???
>>160
石器時代の人々は狩ったマンモスを打製石器のメスで切っていたのだから肉を切るのは得意だったでしょう。
石器人は地域によっては人肉も食べていたようで人間の死体も石ナイフで切っていたはずだし。
石器人は肉を保存するために様々な方法を試み、その過程で消毒薬や抗生物質もある程度は発見していたかも知れない。
また古代メソポタミア文明の時代にはすでにアヘンや催眠術で痛みを和らげる技術があったということは、
石器人は痛み止めの研究を必死でしたことになろうかと思う。
石器人は痛みに苦しみながら何万年も試行錯誤をしてアヘンの抽出に成功し、催眠術も編み出していき、
それが古代文明に継承されたのでは?

163 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 09:46:00.17 ID:???
アヘンなんてケシの実傷つけて滴る汁。
それなめれば気持ちよくはなる。

164 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 10:33:49.37 ID:???
虫歯も問題だが、抗生物質や手術でないと治せない病も問題だぞ。
水虫とか盲腸とか白内症とか・・・・
水虫とかインキンは昔は一生、付き合っていかなくてはならない病気だし、
盲腸を放っておくと腹の中で大爆発して七転八倒の苦しみを味わって死ぬと言うし。
白内症は昔の失明率トップだっただろうな。今は簡単な人工水晶体交換手術で
治るが昔ではどうにもならない。

あと、知恵袋にこのスレの住民らしき人が着たので張っておく
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12113059882

165 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 12:30:21.93 ID:???
もし本土決戦をしていたら、北海道の産炭地帯をソ連に握られることになる。
結果として、石炭市場におけるその他の国内産炭地帯の売り手優位が確立され、
高コスト化を嫌う国内の製造、運輸、電力業による石油利用は史実よりも早く
進むことになる、かもしれない。

166 :名無し三等兵:2013/09/07(土) 22:37:05.04 ID:???
核兵器と化学兵器を打ち込まれまくり,
石器時代に戻されていただろう.

167 :名無し三等兵:2013/09/08(日) 00:01:09.28 ID:???
>>49
マンハッタン計画責任者グローヴス准将は、マーシャル元帥宛てに
「3発目は8月17〜18日の後、天候が良くなれば輸送準備が整う予定。
9月にはそれに加えてもう3発が用意できる」と報告している。

168 :名無し三等兵:2013/09/08(日) 01:05:45.69 ID:???
本土決戦なんてやらかしたら天皇の権威は地に落ちる
昭和天皇は戦死スル最初の天皇になるだろう

169 :名無し三等兵:2013/09/10(火) 15:41:55.45 ID:httOwFQ9
>>164
悲惨なのは江戸時代だけではなく、中世から近世にかけてのヨーロッパもペストが野放し。
そうした時代には麻薬や宗教が救いだろう。

170 :名無し三等兵:2013/09/10(火) 15:47:25.17 ID:???
>>165
史実のソ連には海を渡る力は無いが、仮にソ連が北海道や東北を制圧したら
日本は南北に分断され朝鮮戦争やベトナム戦争のような戦争が起きただろう。

そして日本でベトナム戦争が発生したら米ソから莫大な武器弾薬の援助が来るのだから、
その武器弾薬で決起して米ソを追い出すことも可能だ。

171 :名無し三等兵:2013/09/11(水) 09:19:08.48 ID:???
>>170
ベトナム戦争でベトナムが勝てたのは中ソがベトナムの後ろ盾として
補給しまくったからで、
アメリカも中ソもどちらも追い出すのは無理。
どちらかを味方にしてどちらかを追い出すのなら可能かもしれんが・・・

そもそも、もしもその状況なら、日本は
アメリカを味方として中ソを追い出すために戦うと思うんだが・・・

172 :名無し三等兵:2013/09/11(水) 09:32:47.76 ID:???
やはり、日本の戦後のアメリカべったりを考えるとありえんな。
鬼畜米英とか日本が好戦的だったのはあくまで戦前の話で
戦後の日本は牙を抜かれたうえ、徹底的な親米国家になってしまってる。
太平洋戦争で戦争にうみ飽きたってのも大きいだろうけど・・・

GHQのマッカーサーに何万通もの女性のファンレターが届いたり、
少年誌に「強くて優しいマッカーサー」とかいう言葉が踊ったりが現状。

戦後以降の日本がベトコンみたいに独立や反米のために
命を賭して戦うなど考えにくい。
たぶん、中ソ支配地域でも氾濫は起きないのではないだろうか?

日本が「本土決戦」なんて事をやる根性があったのはあくまで戦時中までの話しで
降伏後にベトコンみたいにならないのは歴史が証明してる。
それどころか戦前、戦時中とは真逆の徹底的な平和国家、「アメリカの属国」と言われるくらいの新米国家になってしまった。
>>170みたいな展開は絶対にない。

173 :名無し三等兵:2013/09/11(水) 15:00:47.95 ID:RtxrXlmy
マッカーサーは無能で朝鮮戦争でも内陸部で補給が破綻して撤退し、トルーマン大統領から
クビにされている。
朝鮮戦争における米軍の補給破綻問題を考えれば本土決戦で勝ち目はある。

174 :名無し三等兵:2013/09/11(水) 15:19:35.75 ID:???
はぁ

ではその半島で起きた事の再現に必要な
中華義勇軍に相当する戦力とその提供国家は
日本列島を舞台とする場合どこになるのでしょうか?

wwww

加えてマッカーサーの解任は
原子爆弾の使用をめぐってであり、
無能とかそういうんじゃないからw

175 :名無し三等兵:2013/09/11(水) 15:49:46.39 ID:RtxrXlmy
>>174
朝鮮戦争のマッカーサーは朝鮮半島の内陸部で補給が破綻して撤退し、(北朝鮮の雪の中で食料も燃料も枯渇した状態に米軍は追い込まれた)撤退の言い訳で
「原爆さえあれば勝てた」と言い出したので無能とされて解任された。
当時の朝鮮半島の道路は舗装されておらず、橋も爆破され、地雷も埋められていたので米軍のトラック輸送が停滞したのだ。
また中国義勇軍に相当する戦力は日本の正規軍および国民義勇軍だ。(総兵力7千万人)

176 :名無し三等兵:2013/09/11(水) 16:26:58.30 ID:???
>また中国義勇軍に相当する戦力は日本の正規軍および国民義勇軍だ。(総兵力7千万人)


wwwwww

177 :名無し三等兵:2013/09/11(水) 16:39:22.13 ID:???
>>172
本土決戦による荒廃で戦後の高度成長が起きず、生活レベルがベトナムならべトコンになるのでは

178 :名無し三等兵:2013/09/11(水) 16:47:24.39 ID:???
ゲリラが勝利したキューバでもCIAの潜入工作員が住民に何日も出会わず
潜行できるようなジャングルがある人口密度の地勢なんだよ。
この日本で人に出くわさない場所がどこかにあるか。日本アルプスにでも登るか

179 :名無し三等兵:2013/09/11(水) 16:50:47.91 ID:???
>また中国義勇軍に相当する戦力は
>日本の正規軍および国民義勇軍だ。
>(総兵力7千万人)

なもんがアテになるんだったら
沖縄が落ちるような事はねぇよバーカ

180 :名無し三等兵:2013/09/11(水) 17:16:25.45 ID:???
なんか、やり方さえ良ければ日本がアメリカに勝てた
って本気で思ってるキチガイが居るなw


勝てねぇってw

181 :名無し三等兵:2013/09/13(金) 09:41:22.83 ID:nrpYzJmg
>>178
ベトナム戦争の米軍はジャングルに枯葉剤やナパームを撒いたので密林も安全ではない。
しかし高価な弾薬の浪費がすさまじい米軍は財政難になってベトナムから撤退した

182 :名無し三等兵:2013/09/13(金) 11:50:23.61 ID:???
当時の日本には、裏ルートで物資を提供してくれるような
影の協力者などおらず、四面楚歌だったから

アメリカはジワジワ兵站ルートや生産設備などを空爆して行って
皆が飢えて降参するのを待てば良かったから
ベトナムと同じようにはならないよw

183 :名無し三等兵:2013/09/13(金) 21:36:44.63 ID:???
ベトナムでどんどん北爆続けたらどうなってたやろ.
ソ連や中国が参戦したかな.

184 :名無し三等兵:2013/09/13(金) 23:33:04.24 ID:???
続行だけじゃさして効果はない
さりとて無制限に北爆を拡大してたら宣戦布告と同じになる
そもそも北ベトナムとアメリカは戦争してない
大義名分上はあくまでも内戦状態の南ベトナムへの軍事介入

185 :名無し三等兵:2013/09/13(金) 23:43:54.57 ID:???
>>181
最大の浪費は南ベトナムへの援助だよ
南ベトナムには碌な産業がなくて基幹産業が米軍へのサービスとアメリカからの援助って有り様だった

186 :名無し三等兵:2013/09/13(金) 23:54:22.57 ID:???
そもそもが南と北の内戦なんだよな
双方ともに軍事援助与えてくれる国があったけど、南が北に完全敗北したことで
戦略的に勝利する見込みがなくなったアメリカは撤退せざるを得なくなった構図

だからベトナムと比較してぼっちで戦ったことを威張られても困る話なのだ
実際のところ日本は蒋介石を懐柔、もしくは抹殺して後継を擁立できなかった時点で
戦略的に勝つ見込みがゼロになってたわけで

187 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 00:09:47.35 ID:???
>>186
> そもそもが南と北の内戦なんだよな
> 双方ともに軍事援助与えてくれる国があったけど、南が北に完全敗北したことで
> 戦略的に勝利する見込みがなくなったアメリカは撤退せざるを得なくなった構図

いや、完全敗北は撤退後。
負ける前に、米軍はもううんざりして撤退してる。
それまでは戦線をなんとか維持。

188 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 00:12:42.90 ID:???
ベトナムはあれを攻撃してはだめ、あれはやってはだめと制限だらけだった
一番はベトナムの補給源の中国とソ連を直接たたけない
だが日本本土決戦なら原爆も使いたい放題で誰も援助してくれない
ベトナムをもちだすあほはいいかげん違うと理解しろ

189 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 00:53:50.78 ID:???
>>188
> ベトナムはあれを攻撃してはだめ、あれはやってはだめと制限だらけだった
> 一番はベトナムの補給源の中国とソ連を直接たたけない

それ以前に、北ベトナムに侵攻禁止。
空爆以外は。これに尽きる。
敵の策源地を直接攻略できないんだから、もうどうにもならない。
やってもやってもモグラたたき。

190 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 10:46:40.77 ID:JQF+uB5A
>>182
米軍は九州や東京に上陸するのだから6千万人でテト攻勢を日本側は仕掛けれた。

191 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 10:49:40.94 ID:???
米兵は弾を撃ちまくるためベトナム戦争では弾薬浪費に補給が
間に合わず、米軍は撤退した

192 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 11:03:54.36 ID:???
また適当な事を言ってる
上陸時に北海道や東北の人まで、九州に集結するのか?
赤ん坊やヨボヨボの老人や子供まで?
あとベトナム戦争で米軍が撤退したのは、戦争が始まってから何年後だ?

193 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 11:40:52.16 ID:???
一か所に6千万人が集まったら
便所とか、食糧とか考えるとアメリカは何もせずに待ってりゃ勝てるわw

疫病と飢餓で自滅するだけだからw


ホント、本土決戦厨って頭悪い奴ばかりで萎える。

194 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 12:06:43.03 ID:JQF+uB5A
>>192
米軍の上陸は1945年11月だから、ゆっくり歩いても移動する時間的余裕がある

195 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 13:06:02.90 ID:???
>>194
食糧は?

196 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 21:24:37.92 ID:???
しらねえよそんなの
葉っぱとかそのへん無数にあるだろ

197 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 21:29:24.29 ID:???
幼稚園児は寝る時間だよ〜

198 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 21:43:10.93 ID:???
>>194
その6000万余の移動を、連合軍は指くわえて眺めてるんだ?

マジ、ご都合主義だなw

徒歩←機銃掃射
鉄道←主要拠点(駅、車庫、操車場)を軒並み空爆で破壊
道路←主要幹線道路を空爆、艦砲射撃で破壊

何ぼでも即時対応可能じゃん。
特に日本の鉄道、幹線道路は海岸線に近く監視が容易。
山間部這いずってても、結局は終結しなければならない都市部で待ってりゃ良い話。

北から南への大規模な異動はできないと思うよ。

それに11月の上陸ったって、その気になれば東北からだって行える。選択の自由度は連合軍の方が上だって忘れてるね。

199 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 21:47:11.66 ID:???
>>197
おやしゅみ

200 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 22:16:13.54 ID:ocNptrPq
なんなら、本土決戦と同時に
原爆をもう50発ほど
くらえばいいんじゃないか?(失笑

201 :名無し三等兵:2013/09/14(土) 23:37:48.98 ID:???
いいね、それで本州を削って二分させてやればよかったんだよ

202 :名無し三等兵:2013/09/15(日) 05:35:17.50 ID:???
>>196
その辺葉っぱ食ってりゃいいのなら
インパールもニューギニアもあんな事になってないし
地球上に飢饉なんて起きないって

203 :名無し三等兵:2013/09/15(日) 08:01:32.20 ID:???
相手するなよw

204 :名無し三等兵:2013/09/15(日) 12:21:04.86 ID:???
一応、これ張っとく
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n16101

205 :名無し三等兵:2013/09/15(日) 16:44:23.69 ID:Gc8Q+ea/
マジレスすると、三国同盟戦争のパラグアイのようになったろう。
国民の3分の2が死滅し、残った兵は少年兵ばかり、それも飢餓でやせ細って
幽鬼のように大統領を守りながら、国内を這いまわる。
それも最後には捕捉され、殲滅される。

そして最後の一兵とは、大統領本人。
南米随一の文明国だったパラグアイは、南米の最貧国に転落した。

心ある人は、以下のパラグアイの歴史の記事を(最下部のNExt押しながら)最後まで読んでほしい。
日本も本土決戦を強行すれば、同様の結末を辿ったろう。

http://saketobara.blog50.fc2.com/category12-1.html

206 :名無し三等兵:2013/09/15(日) 18:16:26.54 ID:???
>飢餓でやせ細って
幽鬼のように大統領を守りながら、国内を這いまわる。

たまんねえじゃん、ワクワクしてくるぜっ

207 :名無し三等兵:2013/09/15(日) 18:26:19.56 ID:???
ドイツでさえ、本土決戦は短期間で決着ついてるけどな
まあフィリピン戦とか見ると、日本の本土決戦がどんな感じになるか想像つく

208 :米軍最高司令官:2013/09/15(日) 19:08:36.06 ID:83pw8JVN
ワハハハハ!

いくら低能のジャップでも、上陸前に毎日絶えることなく上空からの攻撃を
受け続ければ、まともな人間なら戦意を喪失する。それでなけりゃPTSDの
症状が出てしまう。

史実では、終戦直前の6.7月頃になると、もう反撃を受けることもなくなった
アメリカ空母が、沿岸まで近づいて戦闘機を発進させ、鉄道、小船舶から
小学校で遊んでるガキまで、超低空で機銃掃射を浴びせていた。
もちろんジャップからの反撃は、ほとんど無かった。

209 :名無し三等兵:2013/09/15(日) 22:05:33.77 ID:???
それは単に、本土決戦に備えて戦力を温存しようとしたからなんだが

210 :名無し三等兵:2013/09/15(日) 22:15:47.88 ID:???
温存したからなんだ?勝てる可能性があるとでもいうのか
訓練すらできなきゃ錬度の維持もできんぞ

211 :名無し三等兵:2013/09/15(日) 22:30:28.93 ID:???
温存っても

『これで後10年は戦える…』

ってレベルでもなかったわけで、何を夢見てんだかね…

明日をも知れぬ金欠状態で、10円玉握りしめて温存ったって
糞の足しにもならないよなw

212 :名無し三等兵:2013/09/15(日) 22:52:33.66 ID:???
なんで「反撃がなくなった」から、「訓練もできない」に飛躍したり
あと10年云々とかなってんだ?
本土決戦はあと一撃を加えて講和を有利にしようと、一撃狙いであって10年も頑張る必要ないんだけど

213 :名無し三等兵:2013/09/15(日) 23:20:18.69 ID:???
反撃が無くて日本上空でさえアメリカの艦載機が跳梁してる状態でどうやって訓練するんだ?w
温存してる戦力だって赤トンボに爆弾積んだ特攻機まで数に入れてるのに
何が一撃だw

214 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 01:29:51.25 ID:???
無条件降伏以外認めないと声明でてるのになにが一撃だ

215 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 01:52:43.58 ID:???
まさかと思うが、>>213は米空母が本土近海に常駐していて、どこで訓練しても、瞬時に艦載機が駆けつける、なんて思ってるんだろうか
空襲ってほとんどB29だし、艦載機は確か7/19の呉空襲含めて、3回程度でしょ
しかも空襲されたとこ以外は安全だし
それとも日本本土がハワイくらいの大きさだと思ってるんかいな?

216 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 02:03:15.81 ID:ytYV/akv
>>195
当時の日本人は今とは違い、戦後も東南アジアのジャングルに潜んでいた横井さんや小野田さんのような人間が普通である。
縄文人に近かった。

また本土決戦に備えて日本は数年分の保存食や塩などを地下壕に備蓄していた。
当時の日本は食料自給率が高く、東京も畑が多かったし、埼玉県もほぼ全面積が畑だったという
歴史的事実も無視しないでくれ。

217 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 02:12:44.60 ID:???
>>198
朝鮮戦争の中国人民義勇軍のように昼間は森林や地下壕に隠れ、夜間に移動して敵航空機による被害を減らす。
日本の航空部隊が生きてる間はゼロ戦などで地上部隊の支援もできる。

米戦闘機は人間を発見すると狂ったように機銃掃射をしてくるのだから、地上にマネキン人形を置いて囮にする
作戦なども有効だろう。(撃ちまくれば戦闘機の弾は尽きる)
リヤカーに東芝製レーダーや23ミリ対空機関砲を積んで人力ゲパルト戦車にするのもいいだろう。

218 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 02:16:59.13 ID:???
当時の米軍に戦後喧伝されたような凄まじい補給力などあったのか?
1950年の朝鮮戦争では米軍は補給が停滞して北朝鮮からの撤退に追い込まれたのだし、
第二次大戦の欧州戦線でも道路が舗装されているイタリアやフランスでも米軍の補給は停滞して
思うように進撃できずに終わっている。

やはり当時の補給の本命は鉄道であり、鉄道が使えなければ当時の米軍でも補給に苦労したのではないか?
コンピューターも無い時代だし、今日のクロネコヤマトの宅急便みたいな輸送システムは無いからね。

219 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 02:19:28.12 ID:???
チンピラゴロツキの3500万では、まだ殺し足りなかった?

とにかく日本軍が虐殺した中国人はおびただしい数に上る。しかも支那派遣軍百万の精鋭は健在。

これだけ徹底的かつワンサイドゲームで中国人を殺戮してしまうと、戦争の勝敗などどうでもよくなってくる。
戦争で重要なのはいかに大勢の敵を斃したかであって、戦勝国になれたか否かではない。
そもそも戦勝国であれば第一次世界大戦の日本は、対独戦勝国で常任理事国だったはずだ。
だがそんなチンケな戦勝国であればこっちから願い下げ、それよりも中国人を
3500万人虐殺して、「世界一強い敗戦国」にしたほうが国家の体面が保てる。

220 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 02:24:19.23 ID:???
当時の日本の高齢者はほぼ全員が熱狂的に戦争を支持したのだし、
当時の高齢者は若者に「立派に死んでこい」と言って戦地に送り出した。

そのような当時の老人が「わしは本土決戦で死にたくない!」と言ったらおかしいだろう。
その場合は日本刀を老人の首に突きつけ「貴様は若者には死ねと言っておいて、自分だけは助かりたいのか?」と脅し、
ビンタすればいいだろう。
当時の法律では敵前逃亡は死刑なのだから。
言っておく、そうした非人間的ファシズムに全面賛同したのは当時の国民自身なのだ

221 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 03:51:18.13 ID:???
>>217
マネキンって高いんだよ・・・・
当時なら生きた忍下゜ンの方が安くつくんじゃないの?

222 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 03:52:30.13 ID:???
>>217
マネキンって高いんだよ・・・・
当時なら生きた人間の方が安くつくんじゃないの?

昔なら人間より兵器や道具のほうが大事にされだろうな。

223 :米軍最高司令官:2013/09/16(月) 09:35:06.27 ID:p/yhNwG1
ワハハハハ!!

>>215
ダウンフォール作戦では、エセックス級、ミッドウェー級と英軍の応援も
含めると、正規空母は約40隻動員可能となっていた。
これは九州から北海道まで、戦闘機の行動半径にすき間を作らず、壁のように
並べて戦列を引いて、そのバックアップにもうひとつ戦列を敷けるほどの数だった。

これがダウンフォール作戦の間、ずっとジャップに空から銃撃をあびせかけるのだ!

224 :米軍最高司令官:2013/09/16(月) 09:38:18.16 ID:p/yhNwG1
>>218
補給についても完璧だ。

史実では、沖縄戦で戦死した米兵の荷物の中に、実家のママから送って
きたクッキーが入ってるのを見て、日本兵が驚いたという証言もある。
つまり、これほど輸送力に余裕があったのだ。

米軍が生産したDC-3輸送機の数は一万数千機。これは数の単純比較で
アメリカ以外のすべての国が生産した輸送機生産数を上回っていた。

225 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 10:10:03.88 ID:???
自国兵士の被害低減の為に更に原爆を落とすアメリカ
秋を迎える前に北から雪崩れ込んでくるソ連軍

日本全土が地獄の坩堝と化して国の歴史の幕が閉じます

226 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 11:06:14.55 ID:???
上陸されちゃって
日本自体なくなっちゃえばよかったのに
日本語も無し、全て英語になれば世界中ほとんどで
会話もできるし

227 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 11:48:41.69 ID:???
>>215
空襲された所以外安全てw
アメリカの空母を撃退できずに
攻撃されるがままで何が安全だよWW

228 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 13:28:00.20 ID:???
この本土決戦厨は、わざと穴だらけの自説を繰り返しています。

1を聞いて10を知るとよく言いますが、こいつは
1を聞いて0.3を適当に認識し、その0.3にだけ屁理屈の解釈で反駁にならない反駁を書き込むのです。

知的に遅れてるのではなく、精神が病んでるだけです。
放置しましょう。疲れるだけですから。

229 :米軍最高司令官:2013/09/16(月) 14:23:46.36 ID:p/yhNwG1
>>216
ワハハハハ! ジャップの脳内作戦にはほとほと感心するなw
>また本土決戦に備えて日本は数年分の保存食や塩などを地下壕に備蓄していた。
当時の日本は食料自給率が高く、

無い無い。当時の食料自給率は今と変わらない。つまり非常に低かった。
現在の食料自給率が低いのは、日本人が米を食べないという理由もあるので、
コメだけなら100%自給できる。
しかし、戦前戦中は米をよく食べていたせいか、食料自給率は非常に低かった。

理由は農業技術のレベルの低さや、よく言われることが、農村が小作制だったので、
農民の労働意欲が低かったことなどが挙げられる。
なので戦前は足りない米を朝鮮半島から輸入していたが、それでも足らず
タイやベトナムあたりからも輸入していたんだ。

230 :米軍最高司令官:2013/09/16(月) 14:35:03.90 ID:p/yhNwG1
食料自給について余談をすると・・・。

終戦直後、植民地は独立し引揚者が続々と戻ってくるという状況に、
当時の農林省の役人たちは、食料をどうするかで頭を抱えたらしい。
ところが、わがGHQが農地改革を実行し、田んぼを農民に配ると
コメの生産は「何倍も」というペースで、みるみる急上昇していった。
そして今のように取れすぎて減反までしなければならなくなったわけだ。

農業生産性と制度の関係についてはよく言われることで、地主に年貢を
払うために一生懸命働く百姓はいないんだ。
さらに、こんなアナクロな制度を維持したまま、わがアメリカと
戦おうとしたジャップは、間抜けとしか言いようがないな。
ワハハハハ!

231 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 15:00:36.27 ID:???
米の生産が伸びたのはおもに戦時中施行の食管法により買い入れ価格が安定したおかげでGHQはさして関係ない
むろん農業機械や化学肥料の輸入は関係してるけど、国内政策で増産を図った効果が次第に現れたってことになる
つまり作りすぎても価格が下がらないってことが生産意欲に繋がった効果がいちばん高い

逆に減反政策は戦後アメリカからの小麦の輸入により米の消費量が落ち込んだために始まったものだ

232 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 16:17:20.22 ID:???
何が、掲示板でワハハハハ!
とか言っちゃって
惨めになってこないんですか?

233 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 16:41:54.84 ID:???
そもそも日本軍は米英独ソなどの列強工業国とはり合う軍隊ではなくて、
中国へ行って中国人を殺戮するチンピラゴロツキ対策部隊だった。
だから中国とだけ戦争して、ひたすらひたすら中国人虐殺に明け暮れておれば良かった。

234 :米軍最高司令官:2013/09/16(月) 17:11:12.49 ID:o5/B4w8t
>>232
惨めなのは、手製手榴弾作って徒歩で進軍するとか言ってるジャップのほうだろう。
最新兵器で勝利は確実なわが米軍が、どうして惨めになるんだ。
ワハハハハ!!

>>233
まったくだ。
調子こいて、世界最強アメリカ相手にパールハーバーやっちまったジャップは
バカとしか言いようがない。

235 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 19:18:58.94 ID:???
日本人なのにアメリカ人になりきって優越感に浸る姿は、確かに惨めだな

236 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 19:51:46.61 ID:???
日本の場合は、何でもっと日中戦争に力こぶを入れて、もっと大勢のチンピラゴロツキ
を虐殺しなかったのかと、それだけが悔いに残る。3500万では少なすぎ。

237 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 20:01:07.35 ID:???
>>234
とりあえず、ワハハ中将とか名前変えろよ

238 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 20:50:27.66 ID:???
>>235
いやそれは別におかしくない。俺も最初は日本軍で軍事趣味に入ってきたが
ここのところのバカウヨの蔓延ですっかり嫌になって連合国側を応援したい
気持ちでいっぱになった。

239 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 21:04:14.95 ID:???
ってか、中国人なんてゴミみたいなものだろw

240 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 21:21:14.01 ID:???
中国軍オタって選択肢を選ぼうとしても肝心の蒋介石が輪をかけた屑だからな
同じ穴のムジナと言ってもいいが

241 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 21:41:08.86 ID:???
>>239
А был ли Тигр "королевским"?

242 :名無し三等兵:2013/09/16(月) 22:21:12.32 ID:???
中共(大陸)と中華(台湾)がごっちゃなバカも後を絶たないしな…

243 :名無し三等兵:2013/09/17(火) 06:22:55.52 ID:???
>>205
勝敗の趨勢決定後も、国を挙げての無謀な本土決戦を続けた
パラグアイでは、文字通り民族滅亡的な結果になった。
140万くらいいた人口が、一説によると20万人になってしまったから。

(一説によると)世界最初の新聞を発行し、識字率は非常に高かったが、
新聞は発行されなくなり、識字率も一機に下降、文明のぶの字もなくなった。
文明国は、極貧国へと変わった。

日本でも、「一億玉砕」を目指して本土決戦を試みたら、
パラグアイと同様のことは、起きる可能性があった。

244 :名無し三等兵:2013/09/17(火) 10:58:47.87 ID:???
まあ日本は中国チンピラゴロツキ殺戮にのみ特化したチンピラゴロツキ殺戮国家で、
それ以外はからっきしだめな国だった。一芸に秀でた馬鹿だった。

245 :名無し三等兵:2013/09/17(火) 12:17:44.05 ID:4i7BGtFR
>>223
君の言う作戦を米軍がやったら、米国の財政負担は凄まじい金額になり、
米国は100%国家破産する。

パラグアイになるのは米国のほうだろう。

246 :名無し三等兵:2013/09/17(火) 12:21:57.68 ID:???
>>229
戦前の日本の食料自給率が低いとか嘘を書くなよ。
日本の川や近海の魚貝だって戦後の乱獲や公害汚染がされる以前なら、
魚が多いよ。

247 :名無し三等兵:2013/09/17(火) 12:26:29.78 ID:???
連合軍の二大勢力は米ソである。
しかしナチスが降伏が近づくと米ソは覇権を巡って冷戦を開始し、
1991年にソ連は崩壊した。
ソ連が崩壊したのはパンも食えない餓死国家だったからだ。
そして新自由主義を叫びまくった米国も2008年のリーマンショックで
事実上の破綻をし、米国では5人に1人が乞食に転落した。
米国の資本主義は振り込め詐欺と同様だった。

これでも諸君は連合軍が正しいと言うのか?

248 :名無し三等兵:2013/09/17(火) 12:30:38.34 ID:???
とりあえずこれだけは言える

どこかの半島のように日本がならずにすんでよかった
ほんとうによかったとしみじみ思う

249 :名無し三等兵:2013/09/17(火) 13:14:39.89 ID:???
そもそも日本軍は米英独ソなどの列強工業国とはり合う軍隊ではなくて、
中国へ行って中国人を殺戮するチンピラゴロツキ対策部隊だった。
だから中国とだけ戦争して、ひたすらひたすら中国人虐殺に明け暮れておれば良かった。
あれだけ膨大な欧米ソから技術支援・兵器支援・航空支援・軍事支援を受けながら、
何ひとつとしてモノにできなかった中国とか中国人とかは、脳みそが腐っているとしか思えない。
ライセンスや工作機械はおろか、指導員を派遣して懇切丁寧に教えてやったところで、
馬の耳に念仏といったところだった。

チンパンジーにいくら言語教育を施しても、チンパンジーには学習能力が無いのだからどうにもならない。

250 :名無し三等兵:2013/09/17(火) 20:13:09.09 ID:???
とりあえず謝れ!ジャップ!!

251 :名無し三等兵:2013/09/17(火) 21:26:08.21 ID:???
ワハハ野郎出てこいコラ

252 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 09:26:48.10 ID:cPblZzjC
まあ、このスレは現代の奴らが無責任にどうこう言って楽しむだけのスレなので
こんな事、言っても意味ないと思うけど、

強く感じられるのは「人命軽視」ってことだなあ。
法律の世界では「人の命は地球より重い」っていう。

あの時点で戦争が終わって
「父ちゃんか夫が兄ちゃんが愛する人が息子が無事に戻ってくる」という喜び、
もう空襲に死の恐怖を味わうこともないという安堵感。

そういう要素がこのスレからはからは全く感じられない・・・
それどころかもっともっと戦って死ねというばかり・・・

ポツダム宣言をさっさと了承しただけで二発の原爆とソ連侵攻は阻止できたのにな・・・

253 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 10:33:11.74 ID:???
阿南(ポツダム受諾固辞の陸軍大臣)が悪い。
あいつが靖国にのうのうと眠ってるのは
許せんワ

254 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 10:40:51.19 ID:???
>>252
> 法律の世界では「人の命は地球より重い」っていう。

法の世界だけでの話ではなく、真実だよ。
少なくとも、自分の命は地球より重いと思うけど。

自分が失われれば、地球が残っても、自分から見れば地球が滅びたのと
大差ない。カトリックにも、世界を得ても霊魂を失えば何の意味があろうか、という
言葉がありますが、そんなところはあります。

255 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 10:53:00.01 ID:???
そりゃ相対的に自己中な考え方だ

残った人の生命を軽んじて居ろうがよ

256 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 10:58:56.59 ID:???
>>255
自己中かどうかに関係なく、
自分の命は、地球より重い。
これは真理だよ。

>残った人の生命を軽んじて居ろうがよ

残った人がどうだろうが、自分が滅びてしまえば、無意味だと思うが。
自分が滅びた場合において、残った人がいようが、いまいが、それは等価である。

257 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 11:04:46.21 ID:???
だからそれが自己中だっての

お前の考え方は「自分が死ぬなら地球も滅んだって構わない」
という、地球との無理心中を正当化するロジックに発展する。

そんなのは、お前以外の者は
断固ご免こうむるだろうがよ!

258 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 11:13:03.43 ID:???
>>257
何に発展しようが、どうしようが、に関係なく、真理は真理。
それが何に発展するかは、物事の本質とは無関係。

例えば、TNTが合成できたとする。
それによって、ダイナマイトができようが、殺人兵器ができようが
TNTの性質やその生成法とは無関係だ。

このように、物事の本質とは、それが何に発展しようがに関係なく、存在する。
自分の命が地球より重い、のは、全ての個人において、当然の本質であり真理である。

259 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 11:44:42.76 ID:MI0/Rgkd
>>252
自己の生命が絶対だと言い張るお前は自己の生存や幸福のためなら
他者を殺すことを肯定する殺人鬼となる。
貴様のように自己の生命やエゴしか眼中にないやつが戦争を起こすのだよ。

260 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 11:50:08.39 ID:???
戦後思想なんてものは所詮は醜いエゴの肯定であり、それが団塊世代やホリエモンを生んだ。
そんな糞みたいな社会を生まないためには本土決戦をしたら戦後は生まれない。

261 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 11:52:26.25 ID:???
本土決戦で60年代の高度成長が消えても90年代になれば
中国みたいに新興国になれるんじゃね?

262 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 12:00:56.50 ID:???
>>259
> >>252
> 自己の生命が絶対だと言い張るお前は自己の生存や幸福のためなら
> 他者を殺すことを肯定する殺人鬼となる。

殺人鬼になれば、自分の身も収監されて、今の風潮だと早々に処刑されるので
第一に自分の利益になりません。自分の生命の為にもなりません。

だから、殺人鬼になるなど、あり得ません。

263 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 12:05:29.04 ID:???
>>260
どの道、敗戦は必至なので、戦後は生まれた。
本土決戦をしていたら、その分、その後の国民の経済水準は下がるので、
より醜く、エゴ的な、国民が生まれたろう。

どの道、米国に骨抜き教育を押しつけられたろうし。

264 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 13:24:43.38 ID:???
>>262
いやいや、その自己の利益だの生命だのを絶対視する戦後的風潮から天下り役人や六本木ヒルズ族の
ようなエゴイスト達が生まれ、その結果として年間自殺3万人となった。
そして自己のエゴイズムを絶対化した果てに新自由主義イデオロギーも生まれ、
新自由主義がイラク戦争などの大量殺人を起こした。

265 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 13:28:00.74 ID:???
>>263
本土決戦で米国の赤字財政がかさみ、米国が破産するかギリシャのように破産寸前になったら
米国による戦後秩序など生まれない。
米国がギリシャになっていたらヨーロッパはソ連が制するか、ナチスが復活する。
アジアは清国や江戸時代に逆戻りしたのでは?

266 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 13:33:27.30 ID:???
命や幸福や利益といった戦後的価値を絶対化したことで新自由主義が生まれ、
新自由主義が超格差を生み出し、奴隷的ワーキングプアーを生んだ。
自由を尊重する社会が自由を抑圧する構造になってしまったのだ。
この逆説のパラドックスを考えるならば命や幸福や利益の価値などゼロだと言うことも必要だろう。

267 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 13:35:27.97 ID:MI0/Rgkd
10センチの国産バズーカを量産していたら日本は本土決戦で米軍戦車をすべて残骸にできた。

268 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 13:39:15.47 ID:???
>>264
新自由主義が聞いてあきれるよw

勉強しないでゲームやネットや携帯弄りばっかしてたら
そりゃいい学校へは進学できないし、良い職にもありつけんだろ?

そんなサボリ癖ついてるヤツ等が、搾取搾取云ったってな
臍が茶を沸かすよw

そんな奴らこそエゴイストのなれの果てじゃんw

269 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 13:50:15.63 ID:???
>>268
このように戦後の命や利益を尊重する風潮から新自由主義者が生まれ、
新自由主義者は格差、搾取、不正、腐敗を無制限に肯定していく。
それは一言で言うなら腐敗堕落の社会だ。

270 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 13:53:15.99 ID:???
勉強しない奴が
ペイの良い職業に就きたいとか言う方が
不平等、不公平じゃんw

ふざけんなよ、そっちの方が腐敗堕落だろ?

271 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 13:54:42.47 ID:???
戦前には搾取や格差や不正や腐敗がないと思ってるんだろうか
むしろ戦前のが格差や搾取は多いんだけど

272 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 14:00:53.67 ID:???
>>271
戦前と今ではテクノロジーが違うから、一概に社会制度のみでは論じられない。
今の社会でもテクノロジーが戦前なら生活も戦前レベルだろ。
もし大日本帝国がスマートフォンなどの現代テクノロジーを持っていたとして、その場合に
今より酷いのかどうかを考察するべきだ

273 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 14:10:00.08 ID:???
>>272
回答になってないワ

テクノロジーが発達してたら格差社会が激しい?
そう云いたいのか?

何が不公平なのか、誰が誰から搾取してるのか
もっと具体的に書けよ。

274 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 21:26:12.07 ID:???
まあ、ジャップごときがいきがってんじゃねえぜっ
って感じだよな

275 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 21:33:49.74 ID:???
『世界的に有名なB-29は、第二次世界大戦と韓国戦争の3年間を通して
任務を果たした。韓国戦争でのB-29は、延べ22,983機出撃し、197,000
tonの爆弾を投下した。しかし、34機のB-29を失った。
この超空の要塞は、18個に分解され、1972年3月にカリフォルニアの
チャイナレイクからソウルへ輸送した。そのB-29は韓国空軍によって
再組み立てされ、そして、1972年8月以来Yoid Museumに展示された。』
http://www.sun-inet.or.jp/~ja2tko/jap/jap.trip/trip.korea.html

>韓国戦争でのB-29は、延べ22,983機出撃し、197,000
>tonの爆弾を投下した。しかし、34機のB-29を失った。

COMBINED SUMMARY OF 20TH AIR FORCE & 9TH GROUP OPERATIONS
     20TH AIR FORCE                 9TH BOMB GROUPC
     From June 5, 1944 on             From February 9, 1945 on
Missions          380                        75
Sorties        
Combat          31,387                       1843
Other           1,617                        169
Total           33,004                       2012
Bomb and
mine tonnage      171,060                      11,376
B-29 losses
Combat losses      494                   14 + 5 non-combat
Training losses in U.S.  260                          1
Air crew losses
Killed             576                26 + 1 ground crewman
Missing           2,406                  96 (12 repatriated)
Wounded or injured    433                         30
http://www.9thbombgrouphistory.org/Chapters/Chapter_07.pdf

朝鮮戦争の中朝軍と比べたら、旧軍の対空火力は10倍以上。

276 :名無し三等兵:2013/09/18(水) 23:35:43.39 ID:???
もう本土決戦と関係ないわこれ

277 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 12:07:53.34 ID:Ph6o/uly
>>273
例えば江戸時代は裕福な人間は物凄く少ない。
江戸時代の大名なんてのは超少数派だからね。
すると江戸時代は搾取する側が極端に少なかったことになる。

では反対に今日の社会はどうだろうか?
まず国民を搾取する公務員は400万人もいる。
会社法人の社長も約300万人ぐらい存在する。(零細商店も含めるとさらに経営者の数は増える)
すなわち今日の社会は搾取する側の階級が多い。

278 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 12:15:12.56 ID:???
>>276
いや本土決戦の話をすると必ず出てくる「憲法9条守れ論者」の背後にある
エゴイズムを暴き、その戦後的エゴイズムから新自由主義が生まれたことを暴露した
貴重なスレになってるよ。

279 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 12:29:55.79 ID:???
本土決戦をしていたら多くの幼児が犠牲になるという声もあろう。
当時の幼児は今現在小泉純一郎の年齢である。
そして小泉純一郎の座右の銘は「痛みに耐えろ」であり、新自由主義の権化のような
人物だったと批評されることが多い。

つまり1945年の幼児は生きていても守銭奴や鬼畜人間になるわけだから、
本土決戦で死んでくれたほうがいいという大局的判断も可能なのでは?

280 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 12:36:52.30 ID:uUZ/cY1k
>>273
君は日本史に詳しくないね。
逆だよ。逆。
搾取する人間が少ないんじゃなくて、
あまりにも多かったから、搾取する筈の階級が困窮したの。

まあ、贅沢に生活できるのはごく一部の藩主とか家老クラスだけで、
ほとんどの武士階級が困窮してた。
下級武士、中級武士は貧しい暮らしをしていた。
しかも、武士は家人とか馬丁とか女中と何人も抱えてたので彼らに給与を与えなくてはいけなかった。
なので数十石〜数百石程度の給与を得てても武士は困窮していた。

この原因は戦国時代の武士は「半士半農」といってよほどの上級武士以外は
普段は農村に居て農業をしていたのに
兵農分離や刀狩でそういう階級が無くなり、
武士と農民がはっきり分離して幕府や藩の元で
公務員のような非生産的な仕事をするようになってしまったこと。
あと、長い江戸時代の元に米の価値が下落したことね。

281 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 12:39:59.07 ID:???
>>280
江戸時代の武士は今日の公務員より数が少ない。
また江戸時代の武士は失敗したら切腹や島流しだ。

反対に今日の公務員は何の責任も取らない

282 :279:2013/09/19(木) 12:40:04.87 ID:uUZ/cY1k
>>273ではなく>>277のアンカーミス

要するに搾取する人間は江戸時代は多かったけど、
大半を占める下級の武士は「非常に薄給だった」という事。
さらにその薄給から多くの人間を雇わなくてはいけなかったこと。

それに対して、現代の公務員は全員にいっぱしの収入を与えられてるのが問題。

283 :279:2013/09/19(木) 12:40:55.98 ID:uUZ/cY1k
>>281
いや人口的割合で言えば多いって。

284 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 12:42:43.93 ID:???
>>280
> 搾取する人間が少ないんじゃなくて、
> あまりにも多かったから、搾取する筈の階級が困窮したの。

そういうのをマルクス史観というの。
何が何でも強引に、搾取する階層と、される階層にわけだがる。

社会なんて均一じゃない。富む者もいれば、そうでない者も当然出てくる。
いつの時代にも、どこの地域にも。
「搾取する階層」なんて相対的なものだから、その気になれば、時代場所問わず、常に設定可能だよ。
でもそんなことをすることに、何に意味もない。

285 :279:2013/09/19(木) 12:43:59.32 ID:uUZ/cY1k
例えば中級武士の収入は今で言えば五百万円くらいあった。
しかし、現代人は家族だけ養えばいいのだが、
江戸時代の武士は10人程度の郎党や馬丁、女中と最低でも二等の馬を養わなくてはいけなかった。

286 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 12:45:26.68 ID:???
現代の天下り官僚は江戸時代なら全員切腹だろ。
天下り官僚が泣き叫んでも無理やり刀で首を切り落とすだろ。
そして天下り官僚は罪人としてさらし首だ。
すると江戸時代のほうが役人を甘やかして無いし、国民にやさしいとも言えるはずだ。

287 :279:2013/09/19(木) 12:49:04.03 ID:???
http://www.d4.dion.ne.jp/~ponskp/bakuhan/bakuhan.htm

このサイトに人口の7%に過ぎぬ武士が84%の農民を収奪しながらその地位を保っていた。
とある。
ただしね7ぇってのは武士の妻子などの家族も含めての話しだが。

288 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 13:13:07.10 ID:???
東京裁判史観は戦後60年たっても日本と日本人に侵略戦争と戦争犯罪
の謝罪と反省を強いているのであるが、ここまで徹底的に拒否されるよう
ではもはや取り付く島もないであろう。

       だ つ お は キ チ ガ イ だ

ということでもうこいつには何を反論しても無駄だとみんながサジを投げる。
そこでだ。日本と日本人はこれまで東京裁判史観に基づく対米従属主義を脱し、
アメリカの外圧に頼らない経済構造改革を進めることができるようになる。

289 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 13:14:36.11 ID:???
>>287
サイトなんて、素人でも、主婦でも、子供でも、立ちあげられますが・・・?
あなたが書いた可能性だってあるでしょ。

サイトにあるから、なんだというの?
そんなの資料価値も何にもないよ。

290 :279:2013/09/19(木) 15:36:48.31 ID:???
>>289
そんな事言ったら、このスレというか2ch、ひいてはネット上の
あらゆる書き込みが信用できないということになるぞ。

あと、挙げたサイトは
(磯田道史著 近世大名家臣団の社会構造 2003/09/19 東京大学出版会)
という本をソースにして書かれてるから信憑性は高い。

291 :279:2013/09/19(木) 15:40:37.16 ID:???
少なくともソースも何も挙げてない>>277 >>288よりは
ソース挙げて主張している方が信憑性ははるかに高い。

現代より江戸時代の方が「搾取している人間が少ない」
というサイトがあったらリンクして欲しいもんだ。

292 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 15:50:09.00 ID:???
新自由主義が聞いてあきれるよw

勉強しないでゲームやネットや携帯弄りばっかしてたら
そりゃいい学校へは進学できないし、良い職にもありつけんだろ?

そんなサボリ癖ついてるヤツ等が、搾取搾取云ったってな
臍が茶を沸かすよw

そんな奴らこそエゴイストのなれの果てじゃんw

293 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 17:27:21.91 ID:???
結局、このスレッドで「本土決戦すればよかった!」と叫んでいる奴は
現状不満なルサンチマンなわけね。

294 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 17:27:38.10 ID:+t7tSh1Y
ああいうのは主義者が都合良いように改編して書いとるからな真に受けないほうが良い。

295 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 17:28:21.84 ID:???
なんで公務員が国民を搾取してる事になってるんだ
公務員も会社の社長も、ちゃんと税金払ってるんだぞ

296 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 17:44:46.67 ID:???
公務員ってそりゃある程度の給与は保障されるけど、
民間の納税者のような高級は望めないんだが。

民間の金持ちや高学所得者なんて桁が違う。
スポーツ選手なんて年に何億円も貰って。
欧米じゃ何十億円なんて例もある。

公務員=搾取者
民間企業=搾取される者
なんておかしい。
江戸時代にも大商人とか本間家みたいな大庄屋の例は
ゴロゴロあるんだが。

297 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 17:46:53.44 ID:???
武士には武士の仕事があるのに搾取するとか馬鹿じゃね
それなら現代の3次産業の労働者は全員搾取する側だわ

298 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 18:06:47.62 ID:???
日本には西洋の貴族みたいに「税金だけで何もせずに食っている貴族」なんて文化は存在しないって。
武士は武士の仕事、公家は公家の仕事がある。
優秀とされる東大卒の中央官僚なんて毎日、日付更新するまで仕事させられているし、
日本でむしろ何もせずに税金で食っているのは
日々、何の努力しなければ優秀でも何でもない生活保護者の連中だよ。

299 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 18:12:56.17 ID:???
現代、生活保護者は216万1053人で過去最多。
世帯数でも158万世帯におよぶ。
公務員より、こういう連中をどうにかするほうが先だろうが。

300 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 18:17:44.21 ID:???
頑張って必死になって勉強して官僚や医者になった連中は馬車馬のように働かせられ。
何の努力もしてこなかった連中が生活保護を受けて朝からパチンコ屋に行くような生活して、
しかも社会に感謝するどころか世の中不公平だとグチグチ不満を言って生きている。
こんなバカな社会があるんだろうか?

301 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 18:20:37.83 ID:???
深刻な社会不安を引き起こさないための生活保護制度という側面もある
ブラジルとかのようなガチ貧民窟が望みか
西成ていど(失礼だが)のカオス拡大も現代日本人には耐えられないだろう

302 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 18:54:02.30 ID:???
生活保護費を削減したかったらスラム作るのがいちばん手っ取り早いからな
低所得者専門住宅を建てるか、古くなった公団住宅を利用して受給者を一箇所に集め、
学校や病院もそこに専用のものを作れば、給付に関するほとんどの問題が解決する

貧乏人や被差別階級にとってはスラムで固まって住む方がもっとも住みやすいから集まるんだ
アメリカでも差別のきつい南部にいまだ黒人人口の多くが居住してるのはそのせい

303 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 19:14:09.06 ID:???
現代日本のカユい所に手が届くサービス、清潔で秩序正しい社会というのは
生活保護拡大とコインの裏表でどちらか一方だけ享受するのは無理なのだ

304 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 23:18:38.61 ID:???
>>302
デモや暴動の温床となるが、それはどうする?
ジャスミン革命やリビアの反乱のようなことが頻発しては、たまらないが。

305 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 23:31:08.29 ID:???
反体制派をきびしく取り締まる警察国家になるだけの話だな
金がなければそれ以外に治安維持の方法はない

別に独裁国家は好きで弾圧してるわけじゃない
単に金がないからどうしてもそうなってしまうだけ
アラブの一部国家みたいに湯水のごとく金ばらまけば独裁でも反乱なんて起きないんだ

306 :名無し三等兵:2013/09/19(木) 23:51:20.74 ID:???
>>305
> 反体制派をきびしく取り締まる警察国家になるだけの話だな
> 金がなければそれ以外に治安維持の方法はない

金がないなら、昭和30年代位のあり方を採った方がいいよ。
そんなひどい、希望を与えないやり方をするより。

307 :名無し三等兵:2013/09/20(金) 00:04:17.38 ID:???
昭和30年代って史上空前の反政府デモが起きてた時期だけどな

308 :名無し三等兵:2013/09/20(金) 00:14:07.19 ID:???
シリアの今の大統領も兄が後継者になる予定だったんで
学生の頃は全く政治と無縁で性格も温厚だったそうだな
でも兄が急死して自分が権力者にならざるを得なかった
で今の有り様

309 :名無し三等兵:2013/09/20(金) 00:22:35.38 ID:???
>>305
リビアは、全国民が石油の上がりからの手厚い生活保護を受けていたぞ。
調べてみればわかる。

職にもつかなかった暇すぎた若者たちが、政府を潰せとデモを起こしだした。

310 :名無し三等兵:2013/09/20(金) 02:35:45.29 ID:???
本土決戦してたらアメリカにとっては今の敵はソ連なのに関係ないゲリラに消耗させられる土地なんているかということで
早々に撤収して名目上だけは戦勝してたかもな

311 :名無し三等兵:2013/09/20(金) 12:21:54.05 ID:???
竹槍の訓練で、
チュンっ!て銃弾程度はよけれる技量はもってたしな

312 :名無し三等兵:2013/09/20(金) 13:06:54.93 ID:???
>>309
リビアやシリア程度じゃ人口に対する金が足りないんだよ
そもそも中東で潰れたり潰れかかったりしてる国は、なんだかんだで選挙やクーデターで誕生した国民国家だぞ
真の独裁は絶対王制の国なんだけど、そのへんは金があるからずっと同じ体制で続いてる

313 :名無し三等兵:2013/09/20(金) 14:34:31.82 ID:???
いまだに前スレを使い切ってなくて、放置されてる件

314 :名無し三等兵:2013/09/20(金) 19:52:38.28 ID:???
新自由主義が聞いてあきれるよw

勉強しないでゲームやネットや携帯弄りばっかしてたら
そりゃいい学校へは進学できないし、良い職にもありつけんだろ?

そんなサボリ癖ついてるヤツ等が、搾取搾取云ったってな
臍が茶を沸かすよw

そんな奴らこそエゴイストのなれの果てじゃんw

315 :名無し三等兵:2013/09/20(金) 21:20:30.10 ID:???
>>312
リビアは、国民の総人口が少ないので、
莫大な石油利益分配によって、国民の多くが小金持ちだったんだよ。
ただし、生活していくには困らなかったが、いいポストにつけた者とそうでない者(無職)とで
若者の間に格差はあったし、幸不幸はあった。

あの反乱は、そうした不遇をかこった(と感じた)有閑階級の起こした暴動。

316 :名無し三等兵:2013/09/20(金) 21:22:43.39 ID:???
リビアの失業率は3割以上。
ただし、その背景には、仕事をしなくても、国からの石油利得の分配によって
暮らしていける、という潤沢な社会制度があり、生活していくには困らなかった。

が、暇でかつ自分たちは社会の下にいる、と感じた若者たちが、暴動を起こした。
それがあの反乱。

317 :名無し三等兵:2013/09/20(金) 22:17:39.39 ID:???
>>229
味方の死骸を食べれば、なんとかならないかな。
どうせたった数ヵ月で、恐ろしい量の死者が出るだろうし。

でも視点を変えれば、それは人の形をした、極上の牛肉・豚肉なのであって。

318 :名無し三等兵:2013/09/20(金) 23:30:33.79 ID:???
死体なんて3日で腐るよ

319 :名無し三等兵:2013/09/21(土) 00:44:17.79 ID:???
>>318
塩辛にすればいい。
古代中国では、よく人を殺して、塩辛にして食べていた。
史書にもよく出てきます。

というか、論語の登場人物の子路でさえ、殺された後、塩辛にされて食べられてしまいましたw
ところで、古代中国よりテクノロジーが発達している戦時中日本なら、もっと大規模に、上手にできたと思うよ。

320 :名無し三等兵:2013/09/21(土) 02:52:31.02 ID:s3gZyw6V
大陸打通作戦 それでも恐れられた帝国陸海軍
http://www.youtube.com/watch?v=JDMgK3FHnbk

「フハハハハ!笑止千万!攻撃力や防御力が何だというのだ?チハのその真の
実力は機動力にあったのだ!九七式中戦車チハは中国のチンピラゴロツキ専門の
殺戮マシーンとして天命を受けた。チハは大陸打通作戦で3000キロを駆け抜け、
チンピラゴロツキ3500万を殺戮したのだ!!」
http://www.luzinde.com/meisaku/tanks/chi-ha.html

昭和20年、日本の降伏受入れ近しとの外電を聞き、支那派遣軍総司令官岡村寧次大将
は8月11日、陸軍中央に電文を送った。
「数百万の陸軍兵力が決戦を交えずして降伏するが如き恥辱は、世界戦史にその類を見ず、
派遣軍は満8年連戦連勝・・・・百万の精鋭健在のまま敗残の重慶軍に無条件降伏するが如きは、
いかなる場合にも絶対に承服し得ざる所なり・・・」
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/heiki0/taipei/taipei.html

大陸打通作戦で3000キロ進撃して、行く先々で中国チンピラゴロツキが次々と虐殺されていった。
これはナチスドイツのバルバロッサ作戦でさえもなし得なかった快進撃ぶりだった。
中国抗日など日本軍の敵ではなく戦線は次々と突破され、中国抗日戦争なる化けの皮は剥がれた。
チンピラゴロツキを虐殺するのは楽しいし、また虐殺したチンピラゴロツキから物資を調達できた。
さらに言えば中国人を虐殺して、虐殺した中国人をすり潰して脂を抽出して、航空燃料にすればよかった。
ドイツは戦争責任を反省しているのではなくて、東と西で徹底的に粉砕されて平身低頭してるだけ。
これに対して日本は太平洋戦争では負けても日中戦争は連戦連勝で、日本人は中国人よりは優れて
いたという優越感はそのままで、チンピラゴロツキと差別することもできる。中国人の先天的かつ絶望的
な知能障害とその腐った脳みそは、米軍がいくら支援をしてみたところでどうにもならなかった。
他の反ファシズム連合国が一斉に勝ち進む中で、ひとり中国だけが連戦連敗を喫した。
チンパンジーにいくら言語教育を施しても、チンパンジーは人間の言語を話すことはできない。

ちなみに米軍は朝鮮戦争でこの「チンピラゴロツキ」さえ撃破できなかった。

321 :名無し三等兵:2013/09/21(土) 09:11:33.93 ID:???
>>319

わかった。じゃあお前の祖父母の死体を塩辛にして俺が食ってやるけど
戦時中なら文句ないな?

322 :名無し三等兵:2013/09/21(土) 13:19:45.15 ID:???
第18軍なんかわざわざ「味方の死体を食べるな」なんて通達を出すほど指揮がガタガタだったのに、
お上が食べて良いよなんてお墨付きを与えたら戦争そっちのけで壮絶な内ゲバと殺しあいが始まるな

323 :名無し三等兵:2013/09/21(土) 22:35:23.21 ID:???
>>321
それでお前が死ななくて済むならどんどん食え

324 :名無し三等兵:2013/09/21(土) 22:45:20.75 ID:???
ジャップはそういう野蛮なことを言い合ってるから
いつまでもダメなんですよ

325 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 09:16:16.93 ID:???
>>319が人肉の塩辛とかアホなことを言い出すからだろ。

本当に人肉食べたい訳じゃない。

326 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 10:23:51.16 ID:???
えェ!?ほんとですか?!
瓶詰めとかやめてくれよな

327 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 13:10:01.50 ID:???
連合軍に制空権も制海権も取られ武器弾薬、食料もろくに無いのに
それでも戦わなければならないというのが惨いな。

328 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 14:57:54.62 ID:???
いいじゃないか。
それで日本が滅んでも。

朝鮮には、活力ある朝鮮人が沢山残っていたので
朝鮮新植民地倭が誕生する。
ちょうど三国同盟戦争で滅んだ後、諸外国から多量に移民が来て
民族構成がまったく変わったパラグアイのようにね。

仮に本土決戦で多量に日本人が死んでしまったら、その後を
朝鮮や中国からの移民たちが大勢渡来してきて、その空白を埋めたろう。

329 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 15:10:26.67 ID:???
活力ある朝鮮人が沢山残っていたので

ねーよw
日本からの援助が無いとやっていけない朝鮮が自力でやっていけるわけねーだろW

>その空白を埋めたろう。
何のための本土決戦だよW
チョンやチュンに日本をくれてやるためか?
アフォらしい

330 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 15:12:08.80 ID:???
>>329
> 何のための本土決戦だよW

勿論、日本が自滅する為だが。
それ以外に、何の目的・効果がある?

331 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 15:15:34.33 ID:???
ソンナ目的誰が賛成するんだよW

332 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 15:50:34.39 ID:???
そうだよ日本無くなっちゃえばよかったのに
アメリカに生まれ変わり、日本語も廃止
英語が日常語となる、そうすりゃ海外も行きやすくなり
そして抵抗する奴はどっかのわけわかんない島に隔離し、
そこで生活してもらう

333 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 16:11:09.17 ID:???
お前の話だと中国や朝鮮人がその空白を埋めるんだろ
その流れで行くと生まれ変わるのはチョンだろw

よかったなお前の望み通り日本に生まれなくてチョンに生まれ変わって朝鮮戦争でまた本土決戦だw

334 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 16:55:23.28 ID:???
生まれ変わるのはいいことだよ

335 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 17:43:30.51 ID:???
生まれ変わるのがそんなに素晴らしいならさっさと首吊れ

336 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 18:16:20.93 ID:???
首吊れ?!
お〜ぉ、怖え怖えジャップ(^-^)

337 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 18:19:20.17 ID:???
ん?生まれ変わるのはいいことなんだろ
もしかして口からでまかせ?W
息をスルように嘘をつく何処かの人?W

338 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 18:26:43.82 ID:???
>>331
当時の日本は、自滅をスローガンにしていたのを知らないの?

一億玉砕!

これは現代語訳すると、一億人が自滅します、という意味だ。
本土決戦の目標は一億玉砕であり、決行すればその通りになっただけだと思うが。

339 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 18:50:50.30 ID:???
>息をスルように嘘をつく何処かの人
どこかにゃ?(^-^)
にゃにゃ

340 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 22:55:01.89 ID:???
>>338
結局やらなかったじゃんW
むしろ本土決戦をやったのは朝鮮戦争の朝鮮半島
国共内戦の中国w

>>339
アンタが思った国だよw

341 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 23:14:01.12 ID:???
>>340
君は何を必死に反撃しているんですか?

342 :名無し三等兵:2013/09/22(日) 23:49:53.61 ID:???
アンタ誰?w
何を必死に横からレスしてるの?W

343 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 01:22:51.34 ID:Ag7ZeD4d
ただ絶海の孤島で、あれだけの兵力差・物量の前でもしぶとく戦った
日本軍が、地の利のある本土で「会戦」を挑んでいたら、どのような
戦いになったのかは正直興味がある。悲惨な戦いになったことは
間違いないだろうが。

344 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 08:49:14.45 ID:???
>>343
食料も弾薬もなければ寒い日本でどうやって戦う?

345 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 09:21:15.71 ID:???
>>342
え、何で人と同じこと言ってるんですか?
語尾にWを連発して、
常に俺様余裕だぜベイベ、
て感じを必死に装う
今後ダブルジャップという名前で書き込んでください

346 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 09:35:23.77 ID:???
ん?ならオメーはなんて名乗るんだ?
生まれ変わりのなりそこないとでも名乗るんだなW

347 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 09:41:06.65 ID:UBrzO8aL
>>343
どおーかなあ。
「決戦兵団」の実態は小銃すらロクにない、実戦経験もない栄養失調のガキやオッサン達だぞ?
ドイツのベルリン防衛軍よりなおひどい。

348 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 09:41:46.62 ID:???
オメーがいくらアメリカ人に生まれターイと思ってもソンナの無理
アメリカ人に生まれなかったんだろって悶々と死ぬまで悩んでればいいと思うよw

現実世界のお前は移民でアメリカ人になる根性も能力も無いんだし
一生ない物ねだりしてるんだな

349 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 10:18:37.62 ID:Ag7ZeD4d
>>347
やっぱり孤島の戦いでも日本軍が強かったのは、関東軍から引き抜いた
精鋭師団だったからですかね・・・。本土は孤島と違って、縦深があるし
ある程度は増援・補給もあるのかなと思いましたが、やはり装備貧弱の
急造師団では無理か。

350 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 10:52:27.93 ID:???
ちょっと前の書き込みくらい読んでくれ。
もう何度も張ってるけど、
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n16101

351 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 11:09:30.97 ID:UBrzO8aL
>>349
あとどうせ逃げ場はない、死ぬしかない、という気持ちからくるヤケクソ力かね?
でも本土だと絶対そうはならないと思うんだよね…。
故郷ていうのは中国兵法でいう「散地」、兵が逃散しやすい土地そのものだし。
独ソ戦初期のソ連軍も、蹴散らされたらそのまま故郷に逃げてしまう兵が続出したという。
実際に本土戦が始まってしまったら、逃げ出した兵を探し出して軍法会議に、なんてヒマもなくなるだろう。

352 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 11:22:34.53 ID:???
そう言えばドイツもそうなんだよね。
陥落寸前のドイツを守ったのはノルウェー部隊とかスラブ人とか外国人部隊だしな。
彼らはほとんど全滅するまで戦った。

ドイツはたとえドイツが負けても戦後、ドイツという国は残るが、
ナチスドイツに属した北欧人とかスラブ人はドイツが崩壊したら
母国によって処刑されるだけ。
だから死ぬまで戦った。

日本も日本という故国の戦いだとアメリカ軍に立ち向かうより
むしろ山奥とかに逃げるんじゃないだろうか?
あるいは天皇とか要人を捕まえて突き出すとかね。

353 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 11:27:17.52 ID:???
沖縄はともかく硫黄島とかベリリュー島の奮戦は
絶海の孤島の奮戦は本当にどうしようもない絶対に逃げられない立場に
追い詰められたからあんなに必死で戦ったんだろうね。
日本本土だといくらでも逃げられるからね。

それと日本本土ならアメリカ軍の「説得」も通用しやすいんじゃないかな?

354 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 11:37:50.12 ID:???
>>346
今度はオメー連発ですかな?
汚名、でも良いよ(^_^)v
貴方もはやく生まれ変わりたいのかな?

355 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 13:00:19.62 ID:???
むしろ孤島で粘れたのって、ペリリューと硫黄島と沖縄くらいでしょ
しかも硫黄島とか日本軍では常識外れの火力だし

356 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 13:22:39.49 ID:???
最初から絶対防衛圏、あるいは対馬海戦のごとく本土沖での戦闘を想定したらどうだったろう。
米豪分断とかってラバウルの方まで言ったほど補給線を伸ばしてまで分断が重要だったのだろうかとか思うし

357 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 13:29:40.65 ID:???
>+>356
それじゃ、向こうが攻めてくる理由がないよ。

358 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 13:48:00.03 ID:???
>>356
石油が枯渇しちゃうね。

359 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 16:11:53.73 ID:UBrzO8aL
>>356
虎の子のトラック基地を守るため、特に海軍が
「防衛線はせり出せばせり出すほどヨシ、米本土に近いほどヨシ!」
論者だったからまずその説得から入らないとならないでしょう。
ミッドウェイもポートモレスビーのどちらかという問題じゃあない、そもそもどちらも無理なんだ、てね。
まあ中国戦線を際限なく拡大させた陸軍も脛にキズなことと、海軍には山本五十六という今東郷か軍神(笑)かという絶大な権威が鎮座ましましていて、説得は難しいだろうけど。

360 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 16:18:19.42 ID:???
南洋に行かずに、内地に逼塞していたら、一年半で石油が枯渇するのですが・・・
太平洋戦争の直接的動機は、禁輸を打破する為の資源の強奪・自給にあるのですが。

最初から内地に逼塞して耐えられるなら、開戦などしない方がまし。
それが無理だから開戦した以上は、南方資源地帯とその周囲は奪わなければいけないだろう。

361 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 16:25:43.98 ID:UBrzO8aL
>>360
あーいや、インドネシアとフィリピンを奪ったあたりで止まってたらどうだったか、ていう。
ニューギニアてなんか有力な資源あったっけ?

362 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 16:33:26.39 ID:???
>>361
ニューギニアを放置するとB17の爆撃圏に資源地帯が入り、製油所も何も
ぼこぼこになる。
そういう懸念から、ニューギニアに進出した。

363 :米軍最高司令官:2013/09/23(月) 21:04:39.70 ID:MVT9+I1B
ワハハハハ!!
何だそりゃ。終戦直前には日本の近海まで米軍は近づいたが、絶対国防圏どころか
ロクな反撃も受けなかったぞ。

絶対国防圏と言われるのは、B-29の攻撃力から逆算されという一面がある。
アメリカがB-29という超重爆を開発していることは公表されていた。
もちろん軍事機密みたいなものはオープンにされなかったが、ルーズベルト閣下の
炉辺談話でも、B-29は今までとは次元の違う超重爆で、対日戦の切り札になる。
1944年には実戦投入されることは、国民に話をしていた。

日本は情報収集の結果、比較的正確にB-29の性能を把握していた。
戦闘行動半径三千キロというもので、これが絶対国防圏の外周となった。
ここから内側に米軍入られれば、本土が直接米軍爆撃機の攻撃を受ける。

だからこそマリアナ諸島であり、サイパン島が重要だったのだ。

364 :米軍最高司令官:2013/09/23(月) 21:13:50.81 ID:MVT9+I1B
ジャップが「しぶとく戦った」?

ジャップがしぶとかったのは、オキナワとイオージマしか知らん。
あとは、わが精鋭海兵隊に一撃で叩き潰されている。

絶対国防圏の要。サイパン島なんか実質3日でケリをつけた。

365 :米軍最高司令官:2013/09/23(月) 21:19:29.16 ID:MVT9+I1B
サイパン島の戦いを見てみよう。絶対国防権の最重要ポイントだ。

まず米軍は手の込んだ陽動作戦を仕掛け、それにまんまとひっかかった
大本営は、米軍の目標はパラオだと思い込んでしまった。
それでサイパン方面は比較的手薄になったしまった。

米軍がサイパンに来襲したので大本営は仰天した。
気のゆるんでいたサイパン守備隊では、守備隊司令官が出張で不在
という状況の中で、戦闘がはじまった。

366 :米軍最高司令官:2013/09/23(月) 21:32:26.01 ID:MVT9+I1B
第1日目
あっさり制空権、制海権を奪取した米軍は、猛烈な艦砲射撃でジャップの
海岸陣地を血祭りに上げ、あっさり上陸。その日のうちに縦深1キロにも
およぶ橋頭堡を確保。
第2日目
後続部隊とともに飛行場奪取作戦。サトウキビ畑にひそむジャップ兵を
火炎放射器で焼き殺しながら進撃。あっさり飛行場を奪取。
第2日目夜
守備隊司令官代行斉藤中将は、日本軍得意の夜襲による総攻撃を敢行。
それに対する米軍は、照明弾を打ち上げ、真昼のような明るさの中
「夜襲」ジャップ兵に、火砲800門。機銃1万丁が火を噴いた。
日本攻撃部隊は全滅。
第3日目
斉藤中将は残存兵力を集めて島中央部に後退。持久戦にはいる。
この時、日本軍には戦車・火砲などはほぼゼロ。弾薬も尽きかけていて
攻勢はもう不可能な状態だった。
米軍は、もうこの日から重機を搬入して基地造成を開始している。

勝負はついた。たった3日だ。
ジャップ軍は「しぶとく戦って」はいたが、軍事的には何の意味もない。
降伏していないというだけのこと。自分たちの祖国を空襲するための
基地建設を、指をくわえて見ているだけだった。

367 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 21:36:52.72 ID:???
でたワハハ男
溜まってたのか連続書き込みかよ
数日間何やってたんだよ

368 :米軍最高司令官:2013/09/23(月) 21:43:05.72 ID:MVT9+I1B
ワハハハハ!!

わが米軍は戦争中でもバカンスを楽しむのを忘れないのだ。
ミーもバカンスに行っていたのだよ。ワハハハハ!

369 :名無し三等兵:2013/09/23(月) 23:27:25.17 ID:???
>>363
> 日本は情報収集の結果

情報収集ったって新聞か雑誌だろどうせ
アメリカが世論が重要な民主国家でよかったな!というところだ

370 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 00:13:14.32 ID:O8gLUUv3
>>367
まー、連休だし、家族持ちも多いからね。この手のスレは結構平均年齢
高いでしょうし。

371 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 15:33:31.03 ID:???
議事録には次のようなイーカーの言葉が引用されている。
「日本にたいし航空兵力のみの使用を主張する者はきわめて重大な事実を見過ごして
います。それはつまり、航空機のみが敵と対決するときは、航空兵の死傷者数は決して
低下しないという事実です。現在の航空兵の死傷者数は一度の任務につきおよそ二パー
セントであり、一月当たりでは約三〇パーセントです」イーカーは続けた。
「時期を逸すれば、敵が有利になるだけです」
「日本殲滅 日本本土侵攻作戦の全貌」(T・アレン&N・ボーマー著)

"GENERAL EAKER said that he agreed completely with the statements
made by General Marshall in his digest of the memorandum prepared
for the President. He had just received a cable in which General
Arnold also <page 559> expressed complete agreement. He stated
that any blockade of Honshu was completely dependent upon airdromes
on Kyushu; that the air plan contemplated employment of 40 groups
of heavy bombers against Japan and that these could not be deployed
without the use of airfields on Kyushu. He said that those who
advocated the use against Japan of air power alone overlooked the
very impressive fact that air casualties are always much heavier
when the air faces the enemy alone and that these casualties never
fail to drop as soon as the ground forces come in. Present air
casualties are averaging 2 percent per mission, about 30 percent
per month. He wished to point out and to emphasize that delay
favored only the enemy and he urged that there be no delay.
http://www.endusmilitarism.org/casualty_projections_Giangreco.html

372 :同じもん貼っとくわw:2013/09/24(火) 15:37:11.37 ID:???
周りを海で囲まれている日本。徒歩で脱出は不可能。

空襲で田畑は焼かれる、
漁船は出たら沈められ漁も糞もない
第一水揚げする場所も空襲でなくなるわ
輸送路も鉄道さえも破壊されている。
もちろん物資を空中散布してくれるような
御友達国家なんか皆無。

そんな状況なら、干上がって餓死するのを待てばいいから
定期的に空襲する戦術は充分に有効です。

アホですか?

373 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 15:40:42.31 ID:WeMyeNQk
>>328
本土決戦をしている間にソ連や中国が陸続きの朝鮮半島を制圧する。
おそらく朝鮮半島は釜山までソ連領になっただろう。

そこで難民の朝鮮人が帆船で避難してきたら火縄銃や竹槍の日本義勇軍でも
撃退はできるだろよ。
元寇を打ち破った鎌倉時代の武士みたいなもんだ。

374 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 15:47:44.55 ID:???
「食料も弾薬もない」と書いてる人間がいるが、それは戦後GHQや左翼が撒き散らしたデマだ。
もし食料が無いならば1945年の時点で日本人全員が餓死しているはずだ。

日本は生産ゼロでも数年は戦えるだけの弾薬や保存食を備蓄していた。

人肉の塩辛という話が出ているが、真偽のほどはともかく日本軍が中国戦線や南方戦線で
人肉の焼肉パーティをして喜んで食っていたいたという話はある。
仮にこれが事実で人肉を喜んで食うならば、1945年の日本には大量の肉がある。
また人肉を食うならネズミ、昆虫、野鳥も食えるはずで、ネズミや昆虫は本土にたくさんいた。

375 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 15:52:56.21 ID:???
実は大日本帝国の科学力は当時のアジアでは凄い。

ペスト菌や血清治療を発見した北里柴三郎博士を生んでいるんだし、
当時の遅れたアジアでゼロ戦を量産できたのは日本だけである。
ソニーやホンダの創業者も戦前すでに社会人だしね。

これを活かせれば大日本帝国は勝っていたはずだ。

376 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 16:06:10.95 ID:???
九州の面積から言って、九州全域を米軍が制圧するのは無理だ。
つまり九州は前線陣地が落ちても後退してゲリラで粘れる。
地の利があり、気候も日本人に合ってる本土でのゲリラだ。

関東も面積から言って米軍が制圧するのは困難で埼玉も栃木も群馬も
畑が多く、川魚や野鳥も採れる。
長野の日本アルプスには空爆に耐える日本アルプス基地もあり、歩けば新潟や京都にも行ける。

南方戦線と違い本土なので熱帯性のマラリアやアメーバ赤痢の発生は少ないはずだ。
ただコレラや赤痢は発生しただろう。

377 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 16:16:52.19 ID:???
ソ連が韓国の釜山を制圧したら、ソ連は釜山港から北九州や山口県に武器弾薬を海上輸送できる。(対馬海峡の距離だから空輸も可能)

敵の敵は友で日米を戦わせて米軍に出血を強いるためにソ連のスターリンは
「ナチスから押収した武器弾薬を日本軍に渡せ」と部下に命令するだろう。
ベトナム戦争で北ベトナムをソ連が支援したようにだ。

378 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 16:22:28.57 ID:???
北海道のサケは日本海ルートで海上輸送できる。
塩じゃけにして新潟で荷揚げした後は馬で運ぶ

379 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 16:27:23.91 ID:???
当時の日本はドングリも準主食だが、ドングリを食うなら東京の多摩地区の山も
ドングリが多い

380 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 18:15:42.76 ID:???
>>374
昭和20年は8月の段階で。未曽有の大凶作だというのが判っていましたが?

>>376
バカの一つ覚えのようにすぐ上陸上陸言ってるけど
上陸せずに空爆で兵糧攻めにしてからという戦術をとられたら
おしまいです。

点在する主要都市を孤立させて、一つ一つつぶせばいいだけの事
原子爆弾もあるしね。

>>377
笑止w
冷戦構造も始まっていないのにか?
小学生かよお前はw

>>378
日本海には既にアメリカ海軍の潜水艦がおるわ。
それに秋には機動部隊の展開だって時間の問題だw
四方の制海権失って何が漁業だ笑わせるな

>>379
ドングリの収穫なんか組織だってやってるとこなんか無いわ
江戸時代かよ?

8千万の人間に行き渡るドングリの総トン数が一体幾らあると思ってるんだ?
遠足のドングリ拾いじゃあるまいしw

381 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 18:24:46.73 ID:???
海上輸送って主要港湾部が機雷封鎖されてるのに松前船でも使うのか?

382 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 19:53:06.52 ID:???
>>380
>上陸せずに空爆で兵糧攻めにしてからという戦術をとられたら

議事録には次のようなイーカーの言葉が引用されている。
「日本にたいし航空兵力のみの使用を主張する者はきわめて重大な事実を見過ごして
います。それはつまり、航空機のみが敵と対決するときは、航空兵の死傷者数は決して
低下しないという事実です。現在の航空兵の死傷者数は一度の任務につきおよそ二パー
セントであり、一月当たりでは約三〇パーセントです」イーカーは続けた。
「時期を逸すれば、敵が有利になるだけです」
「日本殲滅 日本本土侵攻作戦の全貌」(T・アレン&N・ボーマー著)

"GENERAL EAKER said that he agreed completely with the statements
made by General Marshall in his digest of the memorandum prepared
for the President. He had just received a cable in which General
Arnold also <page 559> expressed complete agreement. He stated
that any blockade of Honshu was completely dependent upon airdromes
on Kyushu; that the air plan contemplated employment of 40 groups
of heavy bombers against Japan and that these could not be deployed
without the use of airfields on Kyushu. He said that those who
advocated the use against Japan of air power alone overlooked the
very impressive fact that air casualties are always much heavier
when the air faces the enemy alone and that these casualties never
fail to drop as soon as the ground forces come in. Present air
casualties are averaging 2 percent per mission, about 30 percent
per month. He wished to point out and to emphasize that delay
favored only the enemy and he urged that there be no delay.
http://www.endusmilitarism.org/casualty_projections_Giangreco.html

383 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 19:55:03.53 ID:???
<原文>
During World War II, nearly 500,000 Purple Heart medals were manufactured in anticipation of the estimated casualties
resulting from the planned Allied invasion of Japan. To the present date, total combined American military casualties
of the sixty-five years following the end of World War II?including the Korean and Vietnam Wars?have not exceeded
that number. In 2003, there were still 120,000 of these Purple Heart medals in stock.
(第二次世界大戦中、アメリカ軍は日本侵略をした場合に生じるであろう死傷者数を推定して約50万ものパープルハート章を製造した。
このパープルハート章は戦後65年たっても尽きることなく2003年当時で残っているパープルハート章の総数は12万ほどだった)
Purple Heart
http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/6347441.html

384 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 20:17:51.77 ID:???
まあ、首都を攻略されたら終わりだよね。
遷都しても同じこと。

だいたい貴様ら陛下の身を危険にさらすつもりか。
この非国民どもが。

385 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 20:19:22.46 ID:???
最終的には
陛下や皇族も食べるつもりだったんだよw

386 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 21:10:48.37 ID:???
日本が中国で日本本土より広い面積に侵攻したとか
ドイツがソ連のどれくらいの面積を占領したとか
ドイツで既に本土決戦が行われてどうなったか
などを知った上で、米軍が九州全土さえ占領できないとか言ってるのか?

387 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 21:31:59.30 ID:???
チンピラゴロツキの3500万では、まだ殺し足りなかった?

とにかく日本軍が虐殺した中国人はおびただしい数に上る。しかも支那派遣軍百万の精鋭は健在。

これだけ徹底的かつワンサイドゲームで中国人を殺戮してしまうと、戦争の勝敗などどうでもよくなってくる。
戦争で重要なのはいかに大勢の敵を斃したかであって、戦勝国になれたか否かではない。
そもそも戦勝国であれば第一次世界大戦の日本は、対独戦勝国で常任理事国だったはずだ。
だがそんなチンケな戦勝国であればこっちから願い下げ、それよりも中国人を
3500万人虐殺して、「世界一強い敗戦国」にしたほうが国家の体面が保てる。

388 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 21:33:01.09 ID:???
『世界的に有名なB-29は、第二次世界大戦と韓国戦争の3年間を通して
任務を果たした。韓国戦争でのB-29は、延べ22,983機出撃し、197,000
tonの爆弾を投下した。しかし、34機のB-29を失った。
この超空の要塞は、18個に分解され、1972年3月にカリフォルニアの
チャイナレイクからソウルへ輸送した。そのB-29は韓国空軍によって
再組み立てされ、そして、1972年8月以来Yoid Museumに展示された。』
http://www.sun-inet.or.jp/~ja2tko/jap/jap.trip/trip.korea.html

>韓国戦争でのB-29は、延べ22,983機出撃し、197,000
>tonの爆弾を投下した。しかし、34機のB-29を失った。

COMBINED SUMMARY OF 20TH AIR FORCE & 9TH GROUP OPERATIONS
     20TH AIR FORCE                 9TH BOMB GROUPC
     From June 5, 1944 on             From February 9, 1945 on
Missions          380                        75
Sorties        
Combat          31,387                       1843
Other           1,617                        169
Total           33,004                       2012
Bomb and
mine tonnage      171,060                      11,376
B-29 losses
Combat losses      494                   14 + 5 non-combat
Training losses in U.S.  260                          1
Air crew losses
Killed             576                26 + 1 ground crewman
Missing           2,406                  96 (12 repatriated)
Wounded or injured    433                         30
http://www.9thbombgrouphistory.org/Chapters/Chapter_07.pdf

朝鮮戦争の中朝軍と比べたら、旧軍の対空火力は10倍以上。

389 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 22:04:21.54 ID:???
>朝鮮戦争の中朝軍と比べたら、旧軍の対空火力は10倍以上。

でも、全然機能していなくて
東京空襲とか結局米軍のやりたい放題だったですねwwww

390 :米軍最高司令官:2013/09/24(火) 22:42:02.01 ID:A4fjNeCX
本土決戦スレのはずが、人食だの、ネズミ・昆虫喰うだの、なんかグロテスクな
方向に話が向かってて、さすがのミーも笑い声が出なくなった。

人食はじめたら、もうジャップは人間として認められない、と国連決議で
規定して、原爆の絨毯爆撃でこの世から抹殺することになるんでは。

391 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 23:08:29.19 ID:???
>朝鮮戦争の中朝軍と比べたら、旧軍の対空火力は10倍以上。
10倍以上あっても米軍を撃退するには全く足りないw

392 :米軍最高司令官:2013/09/24(火) 23:12:22.05 ID:A4fjNeCX
ワハハハハ!!
ようやく笑える話になってきたぞ。

10倍も対空火力があっても、わがB-29にはほとんど当たらなかったぞい。
超低空で侵入して焼夷弾落としてるのに、ジャップは目が悪いのかw

393 :名無し三等兵:2013/09/24(火) 23:47:03.81 ID:???
>>392
おいおまえ
>>390でワハハハを入れ忘れてるぞ

394 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 00:04:27.18 ID:???
当時の日本人の半数が、短期間に死んでしまうとしよう。
ところで、当時の国内人口は8千万なので、うちの4千万人は予想死者である。

そういう視点で見れば、当時の日本には4千万体の高級豚がいたことになる。
調理すれば、一体、どの程度のポークソテーになったろうか。
豚肉の缶詰になったろうか。

まだ日本には、人が、少なくとも最初の数ヶ月間で死んでしまうであろう人が、
4千万人はいたので、それは膨大なカロリーになるし、塩の供給源にもなるので、
少なくとも46年末までは、日本は食糧問題には困らないことになる。
物事は、新しい発想で、新しい視点で、考えなくてはいけない。

395 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 00:21:08.75 ID:???
新しいじゃなくてキチガイの視点だろW

396 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 02:10:58.27 ID:???
「しかしながら本質的に疑問が残る。いったいこれらあれら650,000 tons
の中国への緊急援助は、いかなる成果を残したのかと?」
>But a fundamental question remains: What good end was served by the
>emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?

チンピラゴロツキには何を援助しても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
チンピラゴロツキに追い風吹かしても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
中国人という中国人は、みんなみんなチンピラゴロツキ。

But a fundamental question remains: What good end was served by the
emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?
Certainly little went directly to the aid of the Chinese people and
relatively little to the Chinese armies, though it can be urged that
the regime of Chiang Kai-shek would have collapsed without the
support of General Chennault's command and that Chennault's
men were wholly dependent upon the Hump lift.
http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/VII/AAF-VII-5.html

中国人がチンピラゴロツキでないというなら、中国人がチンピラゴロツキでないという史料を示せ!
そして中国人がチンピラゴロツキだという史料一つ一つに反論しろ!

397 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 02:12:48.88 ID:???
大陸打通作戦 それでも恐れられた帝国陸海軍
http://www.youtube.com/watch?v=JDMgK3FHnbk

「フハハハハ!笑止千万!攻撃力や防御力が何だというのだ?チハのその真の
実力は機動力にあったのだ!九七式中戦車チハは中国のチンピラゴロツキ専門の
殺戮マシーンとして天命を受けた。チハは大陸打通作戦で3000キロを駆け抜け、
チンピラゴロツキ3500万を殺戮したのだ!!」
http://www.luzinde.com/meisaku/tanks/chi-ha.html

昭和20年、日本の降伏受入れ近しとの外電を聞き、支那派遣軍総司令官岡村寧次大将
は8月11日、陸軍中央に電文を送った。
「数百万の陸軍兵力が決戦を交えずして降伏するが如き恥辱は、世界戦史にその類を見ず、
派遣軍は満8年連戦連勝・・・・百万の精鋭健在のまま敗残の重慶軍に無条件降伏するが如きは、
いかなる場合にも絶対に承服し得ざる所なり・・・」
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/heiki0/taipei/taipei.html

大陸打通作戦で3000キロ進撃して、行く先々で中国チンピラゴロツキが次々と虐殺されていった。
これはナチスドイツのバルバロッサ作戦でさえもなし得なかった快進撃ぶりだった。
中国抗日など日本軍の敵ではなく戦線は次々と突破され、中国抗日戦争なる化けの皮は剥がれた。
チンピラゴロツキを虐殺するのは楽しいし、また虐殺したチンピラゴロツキから物資を調達できた。
さらに言えば中国人を虐殺して、虐殺した中国人をすり潰して脂を抽出して、航空燃料にすればよかった。
ドイツは戦争責任を反省しているのではなくて、東と西で徹底的に粉砕されて平身低頭してるだけ。
これに対して日本は太平洋戦争では負けても日中戦争は連戦連勝で、日本人は中国人よりは優れて
いたという優越感はそのままで、チンピラゴロツキと差別することもできる。中国人の先天的かつ絶望的
な知能障害とその腐った脳みそは、米軍がいくら支援をしてみたところでどうにもならなかった。
他の反ファシズム連合国が一斉に勝ち進む中で、ひとり中国だけが連戦連敗を喫した。
チンパンジーにいくら言語教育を施しても、チンパンジーは人間の言語を話すことはできない。

ちなみに米軍は朝鮮戦争でこの「チンピラゴロツキ」さえ撃破できなかった。

398 :米軍最高司令官:2013/09/25(水) 07:00:33.63 ID:YQjbxyMq
ううむ。

人食スレと化したな。ミーも笑声が出ない・・・

399 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 11:29:44.08 ID:w628IojV
>>380
凶作とはコメが不作だったという意味だろ。
当時の日本は麦や大豆も作ってるし、田舎ではトウモロコシ、芋、稗粟が
主食という地域も多かった。
地域によっては灰汁抜きしたドングリを主食にしていた山村もあった。

当時の日本人の多くは江戸時代の農村と変わらない生活をしており、
それ以上に生活レベルが下がりようが無いから本土決戦が叫ばれていたという事情もある。

400 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 11:36:35.72 ID:???
>>381
掃海艇があれば機雷は撤去できる。
飛行機からも見える浮遊式の機雷ならゼロ戦で機銃掃射して爆破するのもいい。

401 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 11:41:00.27 ID:???
>>386
米軍は硫黄島を攻略するのに1カ月かかり、沖縄には3ヶ月を費やした。
このペースだと米軍が九州全域を攻略するには3年かかる。

402 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 11:48:05.36 ID:???
ベトナム戦争で北ベトナムが勝った理由にはソ連からの援助がある。

しかしそれだけではない。
やはり「ホームグラウンドの有利性」というのが北ベトナム側に働いたのだ。
サッカーでもホームグラウンドが有利と言われる。

次にベトナム戦争当時のベトナムの民衆は中世のような生活をしており、
生活レベルが近代以前なので米軍が絨毯爆撃をしてもそれ以上に生活レベルが
下がりようが無く、ストレスをあまり感じなかったというのもあるだろう。

403 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 11:53:33.33 ID:???
ベトナム戦争で北ベトナムが勝った理由にはいわゆるメコンデルタの恵みに
よってベトナムやラオスは前近代的農法でも食料が豊富だったというのがある。

ベトナムはコメが1年に3回収穫できるからね。

いかにも貧しい藁葺き屋根に住むベトナム農民もコメが余るほど収穫でき、
メコン川には魚やエビも豊富に存在し、絨毯爆撃を受けている最中でも市場には食料が溢れていた。

それぐらい自然の恵みがあったからフランスや米国はベトナムを植民地にしようとした。

404 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 11:59:24.66 ID:???
>>400
水圧感応式機雷の掃海法はその当時どこの国にもない
そもそも掃海艇が動いてれば攻撃されるわ

405 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 12:00:22.52 ID:???
日中戦争は徒歩で長距離行軍をしており現代から見れば正気の沙汰ではない。
インパール作戦も正気の沙汰ではないだろう。
中世の戦法としか思えないはずだ。

しかしそれでも日本軍では大規模な兵士の反乱は起きてない。

当時の日本兵の多くは小作人の出身であり、江戸時代と変わらない生い立ちがあり、
その生活感覚が戦国時代の足軽やジンギスカンのモンゴル軍団と変わりが無いから
中世のような環境でも耐えれたのだろう。
粘りが凄いのだ。

406 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 12:15:05.80 ID:???
横井庄一は戦争に行く前は洋服の仕立て屋をしていた庶民だったという。

しかし横井庄一は戦後もサイパン島でホームレス生活を送り、川で竹製の罠でウナギを捕らえ、
ネズミも捕らえて食い、ヒキガエルの毒腺を切り取って食っている。
この歴史的事実から言えば当時は洋服の仕立て屋さんも縄文人に近いということになるはずだ。

407 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 12:22:13.26 ID:???
あとね、東南アジア、アラブ、アフリカなどでも反植民地闘争が起きてるんだし、
米国も日本だけにはかまっておれないだろ。

408 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 12:29:19.72 ID:???
>>406
それはあくまで一人もしくは数人だからこそ出来た行為で
何百万、何千万という人々がそれで生きていけるわけないのです。

野生採集生活でやっていけたら、
インパールやガダルカナルやニューギニアで餓死者はでません。

409 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 13:53:31.35 ID:???
こいつらの言ってる事って
もはや、どうやって食料を得て生き延びるか?

が重要課題になっていて、アメリカと戦争してるという事を忘れてるよなw
結局そんな状況でまともな戦闘なんか出来ないだろ?
1日24時間あるうちの殆どを食う事に費やすなんてw

アホかっちゅーの

410 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 20:21:14.94 ID:0xdZbnsF
>>388
P-51が護衛につくようになったの⇒硫黄島陥落後
それまでは丸裸で爆撃
忘れてるのか、知らないのか、故意に無視してるのか

朝鮮戦争では韓国国内の飛行場や、
九州・中国地方のより韓国に近い日本の飛行場も利用可能だったことも忘れてるのか、
故意に無視してるのか。

結局朝鮮戦争では、さっさと昼間爆撃任務から外されたという事実は動かないし。

411 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 21:48:46.63 ID:???
>>410
ああ、それ「中共はチンピラゴロツキ」って言わないと死ぬ病気らしいから放置で

412 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 22:06:16.75 ID:6k+CVUPF
結局、南九州と九十九里浜の一戦ずつで終局だったろうな。
両地点での戦闘で武器弾薬も本当に空っぽになるだろうし。
松代大本営?あんなところに篭もって、どんな展望を抱けるというのか。
日本人民衆が竹槍でもふるってゲリラやって…なんて展開はありえない。
それは現実の戦後の行動に証明されている。
でも一度本土決戦を選んで連合軍に手間かけさせた以上、戦後の展開は現実よりきっついものになっていたことは確実だ。

413 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 22:32:52.07 ID:???
>>412
銃砲にこだわらず、たけし城みたいに
山から岩をゴロンゴロン叩き落とすとかできるだろ
当たったら死ぬよ

414 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 22:35:48.13 ID:???
たけし城攻略戦ではさぞかし大量の犠牲者が出たんだろうなW

415 :名無し三等兵:2013/09/25(水) 23:25:40.21 ID:???
ディズニーファンティリュージョン!リニューアル案

Mickey's Magical Garden
1、ティンカーベル&「Disney's Fantillusion!」ロゴ
2、ミッキーマウス(ミッキーマウス)&日本ユニシスロゴ
3、フロートA(停止時登場:ヒューイ、デューイ、ルーイ、スクルージ、ホセキャリオカ、パンチート)
4、フロートB(前部にドナルド&デイジー、後部にフローラ)(停止時登場キャラクターはなし、フロート中央が『エンチャンテッド・フラワー・スウィング』フロート仕様)
5、フロートC(停止時登場:スティッチ、リロ、エンジェル、ファイファー、フィドラー、プラクティカル)
6、フロートD(停止時登場:ピーターパン、ウェンディ、マックス、ウッディ、バズ、ジェシー)
7、フロートE(前部にグーフィー&プルート、後部にフォーナ)(停止時登場キャラクターはなし、フロート中央は従来のカルーセルのまま)
8、フロートF(停止時登場:ピノキオ、ジミニー、ゼペット、アリス、マッドハッター、ホワイトラビット)
9、フロートG(停止時登場:サンバー、ミスバニー、クラリス、プーさん、ティガー、イーヨー)
10、フロートH(前部にチップ&デール、後部にメリーウェザー)(停止時登場キャラクターはなし、フロート中央が『エンチャンテッド・バタフライ・ガーデン』フロート仕様))
11、フロートI(停止時登場:七人のこびと)

416 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 00:34:57.70 ID:???
たけし城ってお前ウケるwwwwww

417 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 00:37:38.46 ID:???
日本「間違えて本土決戦やっちゃった。ごめんねアメリカさん。でも
   天皇の命だけは助けてね。出来れば陸海軍の地位も保障してね」
アメ「駄目だ」

418 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 02:28:41.48 ID:???
>>411
朝鮮戦争の中共軍の多くは、元国民党軍だが?

419 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 02:28:56.96 ID:+P42VyrA
戦前の日本では、性病が今より比べものにならないくらい多かったでつ。

梅毒や淋病のバイキンだらけの死体を食べるなんて、イヤなんですけど・・・

420 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 06:50:25.68 ID:???
>>405
馬とか自転車使ってなかった?

421 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 12:21:52.53 ID:V2fhGSLT
>>408
江戸時代は鎖国した自給自足で3千万人が生きていたぞ(ただし平均寿命は短い)

422 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 12:28:25.68 ID:???
>>412
当時は日露戦争に行ってる爺さんが60代だから老人も万歳突撃や自爆テロをやるよ。

また本土決戦をやれば荒廃は凄まじく、米国も日本人を憎んでナチス並みの酷い植民地支配をやるだろう。
すると戦後の豊かさも平和ボケも生まれず、反植民地闘争が燃え上がったのでは?
キューバやベトナムみたいなもんだよ。

423 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 12:31:17.03 ID:???
本土決戦が長期化、泥沼化したら北ベトナムのようにソ連から
援助してもらえばいいだろ。
ミグ戦闘機も援助してもらえるよ

424 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 12:33:02.26 ID:???
ソ連に「北海道をあげるから援助してくれ」と交渉するのはどうか?

425 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 12:47:39.03 ID:???
>>423
北ベトナムではなく、北朝鮮のようになったら、どうする?
国民(というか、人民と呼ばれるだろうがw)はみな悲惨、この世の地獄だぞ。

北朝鮮もミグくらいは貰っているわけだが。

426 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 12:51:26.92 ID:???
北ベトナムのことも別にうらやましくはなかった

427 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 13:08:17.84 ID:???
>>425
北朝鮮の悲惨な社会は社会主義だけの問題ではなく、李氏朝鮮のような朝鮮人の歪な性格的問題もあるぞ。
ソ連から援助を貰っても極端な社会主義はやらず、零細商人、農家、漁師には自由販売を認めたらどうか?
ベトナムのドイモイ政策みたいなやつだよ。

428 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 13:49:22.39 ID:???
>>427
修正主義者として粛清される。

ハンガリー動乱、プラハの春の如くソ連の戦車に蹂躙されて糸冬了。

429 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 14:31:24.32 ID:???
北ベトナムが成立したのは、フルシチョフの頃だからねー
スターリン時代には、地方を這っているゲリラに過ぎなかった。
それもあって、スターリン時代に国の基礎ができた北朝鮮よりやや穏健な国づくりができたのかもね。
北ベトナムは。

430 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 15:29:52.86 ID:???
自爆テロやる気も起きないくらい
干上がるまで待ってりゃいいのさ。

爺さん婆さんなんかが相手なら尚の事

人間、飢えて衰弱して死ぬほどみじめなもんは無いから
それが上層部に及べば、集団自決か、根性無しが降伏してくるさ

本土決戦なんて、日本人がピンピンしてるうちに
わざわざ上陸なんかしないよw

ひたすら補給路、農地、漁港を空爆すれば良い

431 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 17:42:43.44 ID:???
田んぼにナパーム弾攻撃

432 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 20:01:38.97 ID:???
>>430
まあ米軍も早く終わらせて、勝利宣言を出したいし、動員も戦時体制も解きたいからな。
実際、オリンピックやコロネット作戦が企画されていたし。

損害が限定できるなら、やったろう。
ぐずぐずしていてソ連に余計な取り分、与えるのも癪だしね。

433 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 20:18:57.70 ID:???
>>416
好きなくせに、毎週見てたんだろ?
照れてんじゃねえぞコノヤロ

434 :名無し三等兵:2013/09/26(木) 22:36:56.34 ID:???
>>432
そんなにかかると思う?

長くて半年くらいだと思うよ?

435 :名無し三等兵:2013/09/27(金) 01:23:15.95 ID:???
ソ連が援助してくれるってwwwww
史実見てから言えよwww

436 :名無し三等兵:2013/09/27(金) 11:39:06.28 ID:???
おいおいボクちゃん
どこにそんな事が書いてあるんだい?

437 :名無し三等兵:2013/09/27(金) 20:22:55.25 ID:???
>>423に書いてある

438 :名無し三等兵:2013/09/28(土) 10:49:59.74 ID:???
遠いなw
>>3レス以上前の場合はちゃんとアンカー入れろやw

439 :名無し三等兵:2013/09/29(日) 01:03:35.98 ID:???
せんせー、北の露助はどうすればいいの?
北海道や東北の一部を捨てるか?

440 :名無し三等兵:2013/09/29(日) 07:35:36.87 ID:???
東西に分割されて今の朝鮮半島みたいになってるだろうなw

441 :名無し三等兵:2013/09/29(日) 07:53:05.13 ID:???
アメリカと戦うことが自己目的化してなんのために戦うかなんてどうでも良くなってるなW

442 :名無し三等兵:2013/09/29(日) 09:49:34.00 ID:eIokZKdb
>>441
実際の高級軍人や政治家もそんな感じだったからしょうがない。
しかし、実際にやってみたらどうだったんだろうなー。
檜山良昭「日本本土決戦」では南九州は激闘の末日本軍完全潰滅、東京は天才戦術家(笑)石原莞爾が山の手線の内側は保持したものの最終的に投降、天皇は狂信軍人に迫られて松代大本営とともに爆死(妻子は脱出したようだが)、その後は呉が大本営になる。
全国では民衆の無謀な抵抗が続いて死傷者膨大、東北ではソ連軍が進撃中という…。
最後は米大統領が「天皇も死んで命令権者がいない、まだまだ収拾がつかなくて困るな」「東北の日本軍に援助して、ソ連と戦わせよう」と、まだまだ日本は戦場のままという未来をにおわせて終わり。
石原莞爾は余計だったが、本土決戦について突き詰めて経過を追った作品てこれくらいだし。

443 :名無し三等兵:2013/09/29(日) 14:21:18.35 ID:???
2度の欧州大戦に引き比べて日本の戦争はぬるすぎ。あんなので大戦争を
戦った気にならないでほしいもんだ

444 :名無し三等兵:2013/09/29(日) 15:43:38.40 ID:???
南ジャップと北ジャップ、だなんて二種類になってたらおもしれえジャンよ
後々はジャップ同士で戦いだろ
たまんねえ

445 :名無し三等兵:2013/09/29(日) 18:27:48.94 ID:???
>>443
しょうがないよ旧日本軍はワンサイドゲームで中国人を3500万人虐殺したんだからさw

446 :名無し三等兵:2013/09/30(月) 17:27:29.49 ID:???
実際
・試験飛行クリア
・航続距離
・量産見通し
という点で橘花のほうが通用性あった。制作期間も短かったし
年産100から200の少数だけど、工場が攻撃を受けても生産の目処はあった

日本の通用的で量産目処もあった兵器は
・5式戦闘機
・橘花
・88式防空砲2個目
・105ミリ連想砲
・チハ改造自走砲
だがこれらが共同調達主力調達できてればもっとうまくいけた
「技術不足でも量産都合でもなく利権性と戦力の調達問題」であった。

チハにしても早い段階で自走砲にして、れば

技術と量産問題はクリアしてたのがミソ
チハなんかは本土外で少数しか実戦で使わなかったんだから2式、3式と、混ぜて1式使えばよかったよな。

447 :名無し三等兵:2013/09/30(月) 17:31:18.28 ID:???
>工場が攻撃を受けても生産の目処はあった
>技術と量産問題はクリアしてた

云うだけだったら馬鹿でもできるよw
証明不可能なのに何をか況やですなw
まさにファンタジー

448 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 11:30:01.75 ID:fNI8BWoH
スターリンは極東アジアが米国の手に落ちることを望まない。
だから朝鮮戦争も起こした。(朝鮮戦争の準備はすでに1945年の時点で開始されている)
ベトナムのホーチーミン首席に対しても1945年の時点でソ連は援助をしている。

つまり交渉しだいではソ連から石油や武器弾薬の援助を日本はもらえたはずだ。
ソ連は蒋介石も援助していた時期があるんだから。

ヒロヒト天皇がモスクワでスターリンに土下座して援助してもらうとかさ

449 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 12:09:59.87 ID:???
小文字とかどこにでも湧くな

450 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 12:38:17.93 ID:???
ソ連から援助をもらえたら、B−29など屁に過ぎないし、すぐにジェット機が発艦可能な空母を中心とした連合艦隊を再建し、米国が核ミサイルを開発する前に
ニューヨークまで制圧したらいい。
当時の日本は平均年齢が若く、子供も大量に生まれるから若さは溢れていた。
これで戦後史は変わる

451 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 13:32:13.17 ID:???
本土決戦で日本の官僚や年寄りが死んだら、今日の社会問題のほとんどが解決するのでは?
そうした害虫が生き延びて戦後史を作ってもろくなことにならない

452 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 14:42:58.88 ID:???
>>450
支配者がアメリカから
ソ連に替わるだけだ

目的が「アメリカにだけは負けたくない」に替わってるぜオッサンw

意味不明w

453 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 14:53:56.88 ID:???
当のソ連にアメリカまで侵攻する意図など皆無だったから、そうなったらそうなったらで
けっきょく米ソをもう一度敵に回すことになる

454 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 15:02:10.09 ID:???
>>448

う〜〜〜〜〜〜〜ん
君はなんか近代史の「キ」の字も知らん
付け焼刃の半跏知識だけで書きこんでるな…

終戦直前の世界動向とか、もう少し考慮した書き込みをしてくれたまえよ。
歴史とは、ゲームみたいに気に入らない状況になったら
セーブポイントまで遡り、なおかつパラメータの改竄を行って
そこから再スタートとはいかんのだよ?

455 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 15:18:17.18 ID:???
>>454
スターリンはナチスが負ける以前から米国との核戦争を想定してソ連の核開発を急いだ。
スターリンの最大の敵は米国だろ

456 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 15:37:36.34 ID:???
はぁ?

そりゃ、日本が降伏する前の時点では
想定に過ぎない。

想定を現実に優先するという、根拠を示せと言ってるんだよ?
現に史実は、
・ソ連大使を通じて条件降伏の交渉をしてきた日本を撥ねつけ
・「日ソ不可侵」を破棄した。

これをどう説明する?

457 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 16:14:35.49 ID:???
>>456
ソ連を通じて降伏したいと交渉したらスターリンは「もう日本も終わりだから
どさくさ紛れに領土を頂こう」と思うのは当然だろう。
反対に「日本はまだ7千万人国民がいますし、日本の本土は山岳地帯が多いので米軍戦車の進撃は困難であり、全員が本土決戦では自爆テロも辞さない」と言えば
スターリンは「日本人が米国との戦いを続ければ米軍の出血が増えてソ連は漁夫の利を得られるぞ!」と考えて
ナチスから押収した武器弾薬や石油を日本に援助したのでは?

458 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 16:19:36.06 ID:???
アホかコイツw

459 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 16:21:46.86 ID:???
スターリンとの交渉を有利にするために裕仁天皇が皇居から出て群馬県で農夫になり、
「裕仁天皇もスターリン閣下の偉大なる思想に共感しています」とか言うのはどうだ?

460 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 16:21:47.16 ID:???
スターリンの反応が如何にも厨房らしい
希望的観測に満ち溢れてていいなw

「ああそう、じゃぁ自爆テロでも何でもやれば?
こっちはそれに乗じて好きなだけ領土を頂くよ」

とはならないんだからなw

461 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 16:23:27.45 ID:???
>>460
スターリンは米軍に出血を強いるために毛沢東や金日成も援助してるよ

462 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 16:23:33.45 ID:???
未だ自国で原子爆弾も開発して無いソ連が
武器弾薬や石油を日本に提供なんか出来る訳ないだろうに
何を考えてるんだろうこの馬鹿野郎は?

463 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 16:24:42.85 ID:???
>>462
ソ連はすくなくとも1947年には原爆製造しているし、実際はそれ以前に製造
していた可能性も高いよ

464 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 16:25:50.26 ID:???
まとまりがつかなくなってきたら
朝鮮戦争の話まで持ち出してきたなこのキチガイ

まともな議論をするつもりはないようだw
所詮はこういう人間として最悪なカスだったってことだ
本土決戦厨ってやつは…

465 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 16:27:03.49 ID:???
>>467
日本が本土決戦を決意し
100万歩譲ってソ連の協力が必要な時は
1945年夏だアホンダラ!

466 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 16:27:35.60 ID:???
>実際はそれ以前に製造していた可能性も高いよ

ソースは?

467 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 16:28:47.82 ID:???
もう滅茶苦茶だな

嫌がらせしてるんだろ?この本土決戦厨は
ルールも何もあったもんじゃない

468 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 16:35:45.77 ID:???
コイツ小学生だろ?
なんか反論の仕方が論理を無視してる
何でソ連が急に日本に寝返るんだよ?

頭おかしいとしか思えない。

ただアメリカに降伏しないって話じゃないんだぜ?
米英ソと戦争してたんだぞ?

ソ連が突然日本の都合の良いように動く訳ないだろ?
そんな事が出来るなら最初から枢軸に加わってるワ

469 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 16:39:12.46 ID:???
良いんじゃね?
最初は独力で本土決戦戦えば勝てる
って論調から
100%無理でもソ連の力を借りてでも
じゃなきゃ無理って 変わってきてる。

少し、ほんの僅かだが現実を見るようになったじゃないかw

爆笑モノだけど

470 :名無し三等兵:2013/10/01(火) 20:28:01.71 ID:???
海軍の山本五十六がこそがA級戦犯

@日中戦争を勃発させ、泥沼化させた張本人。
南京無差別爆撃の主犯

■海軍・米内、山本五十六体制が無差別爆撃を強行し、戦争を煽り、
陸軍参謀本部が進めた日中停戦をぶち壊した。
山本五十六の目論みは海軍の利権拡大、予算の獲得が目的で、
大量の航空兵力配備。その宣伝のため南京無差別爆撃は強行されたと考えられる。
第二次上海事変を口実に(船津和平工作などから見て停戦は十分可能だった)
南京無差別爆撃を強行し、反日勢力を刺激し無理やり日中間を泥沼戦争状態にした。

海軍次官・山本五十六が主導したと考えられる南京無差別爆撃の結果

・米国大統領が歴史上初めて日本を批判(隔離演説)
・国際連盟は海軍による南京無差別爆撃に対し非難決議を採択。
・国共合作が実現。バラバラだった全中国人が抗日で一致団結してしまった。
・蒋介石夫人がアメリカ議会で日本の無差別爆撃を非難。アメリカ議会の賛同を得る。

以後、山本五十六海軍次官は米内海相とともに
黒潮会(山本五十六が育てた戦争宣伝組織)を利用して徹底して新聞で中国討伐を煽りまくり
陸軍参謀本部の日中停戦工作(船津和平工作、トラウトマン工作)をことごとく妨害し潰した。
何もかも、海軍の利権拡大が目的だと考えられる。
山本五十六は記者クラブ(黒潮会)を利用し、
新聞社を戦争扇動機関に育てた日本の先駆者である。

471 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 13:07:54.11 ID:+wFN7T7P
>>468
史実をもとに、ありえた架空戦記を組み立てている。
太平洋戦争末期の混乱のなかでソ連から援助をもらうための起死回生策として日本共産党の
徳田球一政権が日本に擁立される。

これならソ連から援助が送られ、徳田球一は米国との戦争を継続する。

472 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 13:11:02.19 ID:???
ソ連から援助があれば竹槍爺さんの武器はAK−47とRPG2になる

473 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 13:11:50.17 ID:???
バカバカしくて涙が出るね

そんなの外から見たら意図見え見え
わざわざ乗っかって、アメリカと一騎撃ちするような展開に
ソヴィエトが向う訳がないわw

アホ丸出しの仮想戦記w

474 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 14:39:58.13 ID:+wFN7T7P
>>473
史実においてソ連はそうした意図で朝鮮戦争などを起こした。
中東戦争やアフリカの独立闘争もソ連は援助している。

475 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 14:49:57.47 ID:???
朝鮮戦争はまず前提として
第二次世界大戦を終わらせて…からの話だよ
アホか?
継続して起こってる訳じゃねぇ
また、ベルリンの分割統治や所謂「壁の確立」、
東ヨーロッパの小国の共産化等との因果関係
それらを無視して、いきなり日本を共産化の対象にするために
動くって、ご都合主義も甚だしいんだワ
マジでゲーム脳の馬鹿の発想だろうが?

その辺仮想戦記ならそれらしく辻褄を示せよ厨房!

476 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 15:03:58.33 ID:???
もう本土決戦をどう戦うか?

を忘れて、戦うための支援をソ連から受けるために
その口実をどのようにでっち上げるか?
にテーマが変わってきてるねw

最初に切ってた啖呵は忘れたのか?本土決戦厨さんw

共産主義打倒のために毛沢東の軍と戦い、
国内では反共の旗頭に立っていた軍を
一体誰が説得するの?

もう、局面を想像するだけで笑いがこみあげてくるんですがw

ゲーム脳って良いよね、本気で実際の人間まで
ゲームのキャラクターのように中身書き換えられるとでも思ってるんだね?

477 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 15:07:25.00 ID:???
辻〜んやむっちー、源田実ならば先頭に立ってくれそうな期待は持てるw

478 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 15:10:08.25 ID:???
昭和三年に治安維持法で逮捕された徳田球一が
内閣総理大臣になれるわけねぇじゃん…
ムショに入ってたんだぞ?
馬鹿じゃなかろうか?

479 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 15:13:28.74 ID:???
スターリンがなんで世界中を裏切る道義的責任を負ってまで
死に体の日本に義理立てせねばならんの?

まずそこから始めようやw

480 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 15:15:11.24 ID:???
要はこの馬鹿は
日本を共産化したいサヨだったってことか…

なるほどね〜
ブサヨだったんだ、どうりで馬鹿だと思った

481 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 15:48:04.64 ID:???
>共産主義打倒のために毛沢東の軍と戦い
実際は、国民党をぶっ叩いて毛沢東を支援した格好になったどうしようもないうんこちゃん

482 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 16:26:13.20 ID:???
>>471
>徳田球一政権が日本に擁立される。
>これならソ連から援助が送られ、徳田球一は米国との戦争を継続する。


いやその状態なら講和できるだろう。
ファシスト政権が倒れたイタリアと同じ。
無理に戦争する必要はない。

483 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 16:32:05.32 ID:???
国民と陸軍をどう説得すりゃ
刑務所から徳田を出して総理に指名できんだよ?

まず最初に総選挙やって、
徳田を国会議員にしなきゃならんだろうが
そこから始めなきゃ出来んのだぞ?

484 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 16:33:32.84 ID:???
決戦厨はモノを知らなさ過ぎで
1から説明しないとならんから疲れるね

485 :名無し三等兵:2013/10/02(水) 16:56:04.64 ID:???
日本を破滅させて共産革命でも起こしたいのかね

486 :米軍最高司令官:2013/10/02(水) 21:59:29.80 ID:LPMJRwXu
ワハハハハ!

ミーが宮本議長を解放して日本共産化の可能性とか言ったから、それに乗っかった
わけだろう。

ただし、残念ながら日本の共産化は本土決戦にはならない。共産主義日本は
ただちに停戦し降伏するだろう。
共産党は大戦を帝国主義日本による侵略戦争と位置付けている。現在の日本共産党
でもその見解は変わっていない。
共産主義日本が侵略戦争を続けるわけはない。

わがアメリカにとっても、ある意味歓迎できることだ。
これ以上の米兵の犠牲者を出さずに済む。北海道をソ連にくれてやっても
十分メリットはあるのだ。

487 :米軍最高司令官:2013/10/02(水) 22:14:17.19 ID:LPMJRwXu
それから史実として、ソ連を通じての終戦工作というのはあった。
もちろん史実では全くの不首尾に終わっている。

終戦当時、日本とアメリカの仲立ちをしてくれそうなのはソ連しか無かった。
なので高官レベルでの接触はしていたのだ。

しかし絶望的な情報がもたらされる。中国からだ。
その当時、日本は中国蒋介石政権とも停戦の話し合いをしていたのだが、
そこからの非公式情報として、ヤルタからポツダムに至るまでの会談の結果、
ジャップを叩き潰すまでの同盟関係の確認。さらに抜け駆けの講和をしない
との申し合わせ。そして対独戦終了後のソ連対日参戦の約束が出来ている。
などの、ジャップにとっては絶望的と言える情報を得る。

もはや個別講和は不可能であり、無条件降伏以外になかったのだ。

488 :名無し三等兵:2013/10/03(木) 02:16:37.51 ID:???
「ソビエト政府赤軍司令官布告(昭和20年9月15日付)   今度、日本政府がソビエトに
無条件降伏した為、全千島、即ちこの国後もソビエトの領土と成ったから、ご承知して戴きたい。
http://4islands.jp/problem/post-4.php

フルシチョフ書簡 池田首相あて(抜粋)  1961年12月8日
 あなたのお手紙に、あたかも領土問題が周知の国際諸協定にかかわらず、今なお、未解決のままであり、
この問題についてソ連からの態度変更、一定領土に対するその正当な権利の放棄を取り付けるなんらか
の根拠があるかのように見せかける試みが新たに行なわれています。
 池田総理、このような意図は、日本政府が無条件降伏の結果として周知の国際諸協定によって自己の
負った義務の履行を回避しようとする意図を立証するに過ぎないものであることを述べなければなりません。
http://www.k3.dion.ne.jp/~karafuto/s-120.html

  また、現在の日本は、第二次世界大戦を戦ったあの大日本帝国を継承する国とは見られていない。
なぜなら、国際法は、完全な無条件降伏によって、国家の存在とその主権が停止する、と謳っているからだ。
また、サンフランシスコ平和条約第2章には、『日本は、クリル諸島における全ての権利、権限、並びに
請求権を放棄する』と、明記されている。これに従えば、日本は、第二次世界大戦の結果を認めておらず、
無条件降伏の結果、日本の地位を確定した、あらゆる最重要法的文書を拒否していることになる。と言うのも、
日本がクリル諸島を放棄したことを明記しているのが、サンフランシスコ平和条約だからだ」
http://japanese.ruvr.ru/2009/08/14/422415.html

489 :名無し三等兵:2013/10/03(木) 11:13:05.49 ID:iPTXYfZT
>>475
1945年8月の時点でソ連軍は北朝鮮を制圧しており、朝鮮戦争を計画して
武器を送り込み、訓練をしているよ。
米ソの対立は第二次大戦が終わる前から激しさを増していた

490 :名無し三等兵:2013/10/03(木) 11:20:30.08 ID:iPTXYfZT
>>476
5,15事件や2,26事件を起こした日本兵は財界を憎んでおり、
日本兵は貧農出身が多いから思想的にはスターリンに近い。

491 :名無し三等兵:2013/10/03(木) 13:51:15.29 ID:???
ちっとも近くね〜
アイツラが天皇制打倒を叫んでたらそう言えるかもなw

492 :名無し三等兵:2013/10/04(金) 00:34:35.05 ID:???
取り締まるべき特高ですら共産主義がなんなのかよく知らなかったのにか

493 :名無し三等兵:2013/10/04(金) 10:39:57.28 ID:WeqS132n
共産政権を樹立し、天皇を島流しにすればソ連から大量の武器と石油が手に入る。

つまり日本が戦争に勝てるシナリオは1945年の時点でもあったのだ

494 :名無し三等兵:2013/10/04(金) 10:43:40.47 ID:???
ありません。

史実でもこうやって本土決戦を煽る奴がいるからみんな困ったんだろうな。

495 :名無し三等兵:2013/10/04(金) 10:43:46.40 ID:WeqS132n
共産政権では既存の官僚は粛清されるので特高の刑事はシベリア送りだ

496 :名無し三等兵:2013/10/04(金) 10:45:49.99 ID:WeqS132n
>>494
無茶でもとりあえず石油と武器はソ連から援助されるぞ。
北朝鮮のように

497 :名無し三等兵:2013/10/04(金) 20:11:51.45 ID:???
そのソ連は米英からレンドリースされてたんだけどな
だいたい日本を援助するくらいなら、米英に便乗して日本を征服した方が得

498 :名無し三等兵:2013/10/05(土) 09:19:39.41 ID:???
共産化、即ち敗北とは考えんのかこの馬鹿は

499 :名無し三等兵:2013/10/05(土) 10:59:27.88 ID:???
つーか共産化したら天皇ほ初め重臣政財官の主だった人物は吊るされて
援助の代償を求められるんだろ
アメリカに無条件降伏した方がよっぽどマシじゃんw

500 :名無し三等兵:2013/10/05(土) 12:56:24.23 ID:Zb5esCuV
>>497
ソ連が米英のレンドリースを必要としたのは独ソ戦で苦戦していた時期だ。
1945年8月のソ連は東欧や東ドイツを占領しており、米英のレンドリースを
必要とした時期は終わっていた。

史実においてソ連は米英のポチではないし、これは朝鮮戦争で証明されていることだ。

501 :名無し三等兵:2013/10/05(土) 13:01:20.97 ID:Zb5esCuV
>>498
「共産化して北朝鮮のようになったらどうするんだ」という意見もある。
しかし1945年の日本の民衆の生活は今日の北朝鮮と同等か、それよりも酷く、
「共産化しても、もともと生活レベルが低いので、それ以上に下がりようが無い」というのが
当時の状況だろう。

502 :名無し三等兵:2013/10/05(土) 13:07:36.74 ID:Zb5esCuV
>>499
「アメリカと戦う弾も無い、石油も無い」と言うから、ソ連から援助してもらう
というキューバや北朝鮮のような選択肢もあったと書いたのだ。

「天皇陛下のお命はどうなるのだ?」という問いもあるが、日本が共産化される前に
天皇は飛行機で海外に亡命したらどうだ。

503 :名無し三等兵:2013/10/05(土) 13:12:04.27 ID:Zb5esCuV
「共産化で日本の美しい伝統が破壊されたらどうなるのか?」という問いもあるだろう。

京都の金閣寺は残せばいいだろ。
ソ連や中国だって中世の美しい城が今でも残ってるぞ。

504 :名無し三等兵:2013/10/05(土) 13:15:37.98 ID:Zb5esCuV
当時の日本で共産化を恐れたのは官僚や財界人だろ。

しかし当時の日本の官僚や財界人は無能なカスしかいないんだし、
官僚がシベリア送りになっても困らないだろよ。
ただの税金泥棒なんだから。

505 :名無し三等兵:2013/10/05(土) 13:23:35.21 ID:???
ID:Zb5esCuV は今どき敗戦祖国革命論を盲信する化石サヨと判明しましたw

506 :訂正ね:2013/10/05(土) 13:25:02.42 ID:???
ID:Zb5esCuV は今どき革命的祖国敗北主義を盲信する化石サヨと判明しましたw

507 :名無し三等兵:2013/10/05(土) 13:32:17.20 ID:???
>朝鮮戦争で証明されていることだ。
朝鮮戦争を言うのならスターリンはアメリカとの対立を極度に恐れてたって結論にしかならないがw
ベルリン封鎖もそう

アメリカが空輸て実力行使したら尻尾を巻いてベルリンの封鎖を解いた

508 :名無し三等兵:2013/10/05(土) 13:35:15.42 ID:???
露探はプーチンのケツの穴でも舐めながら悶死しろバーカ

509 :米軍:2013/10/05(土) 16:51:37.80 ID:6kBqisNV
そこまでして本土決戦して、どういう状態になったら「勝利」したことになるんだ。

天皇は国外亡命。共産化でソ連の属国扱い。この状態はどうみてもただの
敗北だろう。この状態で戦って「勝利」とはどういう形になる?

何も考えてないジャップじゃ答えられないか。ワハハハハ!

510 :名無し三等兵:2013/10/06(日) 19:58:11.50 ID:???
なんだおまえ、司令官から降ろされたのか
このワハハオヤジがよ

511 :米大統領候補:2013/10/06(日) 21:11:29.43 ID:10Ii9ZRZ
いや、大統領選に立候補するつもりで軍を退役したのだ。
アイゼンハワーも立候補したからな。

ワハハハハ!!

512 :米大統領候補:2013/10/06(日) 21:14:26.19 ID:10Ii9ZRZ
圧倒的軍事力で極悪発狂ジャップを叩きのめしたミーならば、大統領の
資格十分と、アイゼンハワーの対抗馬に担ぎ出されたのだ。

いまや、極悪ジャップを叩きのめしたミーの軍略は、アメリカ市民に
知れ渡り大人気なのだ。
ワハハハハ!

513 :名無し三等兵:2013/10/06(日) 21:46:47.41 ID:???
お〜そうかそうか、がんばれワハハ!

514 :名無し三等兵:2013/10/07(月) 12:35:57.15 ID:???
候補にもなってないオッサンは引っ込め
話がややこしくなるわ

正式に候補を名乗れるのは
大統領予備選に勝って、
民主あるいは共和の党候補として確定してからだ

515 :名無し三等兵:2013/10/07(月) 19:40:46.15 ID:???
>>514
そんなことは誰も質問してませんよ(*^m^*)

516 :米大統領候補:2013/10/07(月) 19:57:30.71 ID:qcjgYSqV
>>514
ユーはジャップのくせに、アメリカ大統領選挙について知ったかぶりしてはいけないw

立候補すれば誰でも「候補」。ユーが言ってるのは共和党と民主党の候補のこと。
ユーは知らないだろうが、アメリカ大統領選挙にはこの両党候補者以外にも
大勢立候補しているのだ。ただ、当選の可能性はほぼ0なので、マスコミが
取り上げないだけの事なのだ。

アメリカ人はヒーローが大好きだ。発狂した極悪ジャップを叩きのめした
太平洋方面中央軍司令官のミーは当選確実。
共和党からも民主党からもひっぱりカイトだろうw ワハハハハ!

517 :名無し三等兵:2013/10/07(月) 22:05:03.42 ID:???
ワハハ男がんばれ!!

518 :名無し三等兵:2013/10/08(火) 10:37:52.27 ID:???
はぁ
共和党は最初からアイクのほうにしか興味は無かった訳ですが?

アイクの相手はメジャーリーグ(ドイツ)
コーンパイプの相手はリトルリーグ(日本)

当然ですよね?

519 :名無し三等兵:2013/10/08(火) 14:32:25.52 ID:???
>>518
>アイクの相手はメジャーリーグ(ドイツ)
>コーンパイプの相手はリトルリーグ(日本)

それいうなら日本だって、メジャーリーグは日中戦争だが?

 この図録では、アジア各地における日本軍の終戦時の兵数をグラフにした。
 現地の占領当局となった陸軍の兵数で見ると、中国本土が105万人と最も多く、満州の66万人と合わせる
と各地域合計296万人の58%と約6割を占めている。
 次ぎに多いのは蘭領インドシナ(おおむね現在のインドネシア)が23万人である。朝鮮半島も北部の9万人、
南部20万人を合計すると29万人とこれを上回る。
 この他、多くの地域で、10万人内外の日本軍が進駐していたことが分かる。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8050.html

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口
は16万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

520 :名無し三等兵:2013/10/08(火) 14:33:45.53 ID:???
>>518
>アイクの相手はメジャーリーグ(ドイツ)
>コーンパイプの相手はリトルリーグ(日本)

それいうならロンメルの相手は、超マイナーリーグだった。

戦線別ドイツ軍戦死者統計
Losses per theater
Theater      Dead      %
Africa       16.066     0,3   ←アフリカ戦線ww
Balkans      103.693    1,9
 North      30.165     0,6
 West       339.957    6,4
 Italy       150.660    2,8
Eastern Front
(- Dec 1944)  2.742.909    51,6   ←ソヴィエト赤軍は
Germany (1945) 1.230.045   23,1   ←頼もしいよなぁ♪
Various       245.561   4,6
 Total       4.859.056
http://www.axishistory.com/axis-nations/germany-a-austria/144-germany-unsorted/statistics/2461-german-losses-per-theater

521 :名無し三等兵:2013/10/08(火) 14:42:50.11 ID:???
>>519
弱すぎる中国軍に勝ってもねぇ・・・

522 :名無し三等兵:2013/10/08(火) 14:50:36.00 ID:???
それを言うなら ってw


全然成立してねぇ〜〜〜〜

523 :名無し三等兵:2013/10/08(火) 15:15:30.47 ID:???
ってか、中国人なんてゴミみたいなものだろw

524 :名無し三等兵:2013/10/08(火) 15:22:27.29 ID:JLo7+g9U
>>509
では君は米国に降伏すれば勝利だと言うのか?

それでは今の日本のようにTPPと消費税で米国の植民地にされ、19世紀のインドのようになるぞ。

また共産圏には中国のようにケ小平路線で経済的成功を収めた国もある(格差と公害は酷いが)

525 :名無し三等兵:2013/10/08(火) 16:00:07.38 ID:???
日本の目算は
アメリカは敗戦したナチスに成り代わる
ソビエトのヨーロッパへの進軍に対して
注意が逸れる事を期待したのだろうか

526 :名無し三等兵:2013/10/08(火) 16:13:40.66 ID:???
本土決戦で
アメリカが国力を弱めるようなことがあれば

ソビエトが朝鮮半島全土の占領のみならず
敗戦下のドイツ西部
或いは一部欧州西側まで進軍する可能性がある

という日本の目算があったのだろうか?ということで

527 :米大統領候補:2013/10/08(火) 20:28:36.53 ID:MaaOqd7+
>>524
ジャップの知性はミーには理解しかねる。ミーはどういう状態になれば、
「勝利した」と言える状態になるのか、とユーに聞いたのだ。

そもそも、どういう状態になってもジャップに勝利などありえない。
どうせ負けて植民地になるなら、ソ連よりはわがアメリカのほうがマシだろう。
早くギブアップしたほうが、犠牲が少なくて済む。
そう言ってるのだ。ワハハハハ!!

528 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 13:22:39.00 ID:luhjDsdE
>>526
「1945年のソ連にフランスやスペインまで赤化する能力があったか?」だが、
あったと思う。

東欧を占領したソ連は東欧の穀倉地帯から大量の小麦などを徴収して食料があったのだし、
ソ連は石油を100%自給できる。
陸続きのフランスやスペインならソ連の戦車部隊が楽勝で制圧できただろう。
ソ連はナチスのパンター戦車なども捕獲して使用していたのだしね。(1945年のパンター戦車には当時のハイテクである夜間暗視装置が付いてる)

日本が本土決戦をしていたら、ソ連は喜んでフランスに攻め込んだはずだ。

529 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 13:27:28.17 ID:luhjDsdE
>>527
君は戦後の高度経済成長という一過性の成功だけで物事を考えている。

いや80年代のバブル経済すら過去の話なのだし、そろそろ「アメリカに占領されたら裕福になれる」
という幼稚園的発想から抜け出してくれ。

事実や現実を見てくれ。
「アメリカは最初のうちは甘い汁を吸わせてくれたが、今では日本を19世紀のインドにしようとしている」
が歴然たる事実だ。

530 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 13:31:46.06 ID:???
「むだに長引くほどソ連が利益を得た」とはチャーチル、リデルハートの戦史観ですね。

531 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 13:34:20.71 ID:luhjDsdE
あと「ソ連領になったら貧しくなっていたはずだ」という考察も検証が必要だ。

まず大日本帝国の民衆は貧しく、中世と同じなのだからまだソ連のほうが生活レベルは高い。

それからソ連から格安で石油が提供されるというメリットもあった。(石油は産業のコメである)

532 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 13:48:11.76 ID:luhjDsdE
米国はやさしい仏様ではない。

最初のうちは日本などの腐敗階級に甘い汁を吸わせてポチとして手なづけ、
最後には19世紀のインドにする。
それは「エビで鯛を釣る」ような植民地化工作に過ぎない。

幼稚園的楽観論だけで「アメリカに従えば幸福になれる」と虚構を言わないでくれ。

533 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 13:53:01.42 ID:luhjDsdE
「しかし竹槍で戦うのはナンセンスだろよ」という意見もある。

本当にそうか?
では弱い民族は土下座して降伏し、奴隷になればいいのか?

抵抗の意思ゼロでは奴隷にされるのが国際社会だぞ。

抵抗の意思ゼロではブラック企業で働く奴隷的派遣スタッフと同じだ。

534 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 13:55:41.43 ID:???
だから親露野郎は問答無用で死ねって

535 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 14:00:46.42 ID:luhjDsdE
インドシナ戦争の初期の段階のホーチーミンは竹槍や弓矢で戦っていた。
フランス軍はべトミンが弓矢を持っているのを見て、ゲリラではなく現地の狩猟民かと思ったそうだ。

無論それではフランス軍に勝てないが、そうした抵抗の姿勢がなければ
ベトナムは植民地のままだったのも事実だ。

ベトナム戦争を戦った北ベトナムの将軍は「ソ連からの援助があったにせよ、
ベトナム人民に鉄の抵抗意識が無ければ苦しい戦いに勝てなかった」と述べている。

536 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 14:03:50.28 ID:???
姿勢がなければ

姿勢さえあれば(武器とかなくても)
じゃ、えらい違いだ

537 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 15:08:23.62 ID:luhjDsdE
竹槍爺さんは米国を倒せた。

1945年の米国は財政破綻寸前だから竹槍爺さんの一突きで
米国は破産に追い込まれた。

538 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 18:07:23.50 ID:???
当時の人間なら、竹槍でB-29を撃墜する事も不可能では無かったのではないだろうか
そういう、今で考えると荒唐無稽非常識と言えるような要素でも無ければ、対米開戦などという狂気に満ちた行為は行えなかったはずだ

539 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 18:46:34.91 ID:???
しょうがないよ旧日本軍は中国人を3500万人虐殺したんだからさw

540 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 19:35:22.78 ID:???
>>528
回答ありがとう

なるほど、アメリカが日本の為に時間を使いすぎれば
ソビエトはイベリア半島までをも侵攻する手立てを得たのですかぁ

そうなれば、フランスやスペインなどの植民地にも
革命運動はストレートに波及、
キューバ革命どころではなかったのですねぇ

メキシコ社会主義連邦共和国など誕生すれば
アメリカはダウンフォール作戦どころではなくなるのかあ

541 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 19:39:02.43 ID:???
>>532
まったくだ
アメリカの植民地になったフィリピンの現状がそれを現す

対して、ベトナムは戦争終結後
アメリカの経済支援なしに着実に経済発展しつつある
やがてベトナムもタイやインドネシア並みの経済水準になるだろう

542 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 20:12:26.67 ID:???
>>531
恐らく、日本がまるごとソビエトに占領されれば
敗戦下のドイツ東部(旧東ドイツ)と同じように「懲罰」的制裁を受ける

加えて、明治維新以降日本の経済発展を担った
財閥や日本の資本主義一切が否定
天皇陛下や皇族の方々、翼賛系の政治家や
日本の復興を果たすであろう当時の優れた官僚らを
ことごとく処刑したと思われる

また、漢字なども廃止
漢字の読める世代・読めない世代の「断層」が発生し
国家から家族関係に至るまで意思疎通の不便を強いる事となる

政治経済のみならず文化面にまで
「革命」の嵐が押し寄せ日本は大混乱に陥り
経済発展は見込めなかったと思われる

かといって、アメリカのお陰で日本が経済発展したとも思わない
当時の日本の天才的な政治家・官僚らが
終戦の機微を察したのだ

543 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 21:28:32.32 ID:???
>>542
アメリカのおかげで戦後の日本が発展した部分はあると思うよ
ただし第一の目的はあくまでアメリカの国益だけどね

544 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 21:35:11.23 ID:???
>>543
終戦前後の日本の天才達にとって組しやすいのは米英と、判断はしただろう

しかし、アメリカの統治時代が長かった沖縄県と
早い段階でアメリカ占領下から脱した本土とでは
経済格差があったのも事実

今でも沖縄は失業率が高い・・・アメリカ万歳などと言えない一端である

と、同時にソビエトに占領された日本など想像もしたくない
全ての神社仏閣が焼かれ
お地蔵さんがハンマーで叩き割られる光景など見たくもない

545 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 21:39:29.83 ID:???
アメ公が沖縄なんていう外国のど田舎に投資する理由が無いからな
現地人の生活なんか知った事ではなかろう

546 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 21:59:16.36 ID:???
じゃあもっと早い段階で沖縄が日本に返還されてたら今より良くなってたか?
戦前の沖縄県が本土並だったのか?
沖縄に関しては日本が統治してもアメリカが統治してもたいして経済的には変わりない気がする

547 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 22:44:25.59 ID:???
>>546
沖縄県民はアメリカより「本土」を選んだ  これが決定的な答えだな
沖縄県民にとってアメリカは見本にすらならなかった

また、沖縄県民にとってはアメリカによる
差別社会から脱したい気持ちあったからな

日本にとっても地理的要衝でもあり
早期返還によって沖縄に対する
日本政府のインフラの整備は本土より重視されていただろう

548 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 22:57:07.52 ID:???
日本選んで日本国民になれたが
アメリカ選んでもアメリカの州にはなれなかっただろう

そりゃ日本を選ぶよな

549 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 23:02:30.71 ID:???
沖縄が本土と同じくして「日本復活」となれば
一例として、沖縄にある鉄道の復旧・整備が行われていただろう

沖縄県民が早い段階で大量輸送手段を利用出来た

550 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 23:14:40.72 ID:???
大量輸送手段て
何を運ぶ気だよw

551 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 23:15:39.33 ID:???
沖縄がアメリカに占領されて・・・
では?当時の沖縄はアメリカ並みになっただろうか?

50〜60年代にテレビやマイカーを持つ
沖縄県民がどれほどいただろうか?

人種差別を続けていたアメリカ占領下の沖縄県民は
安い労働力としてこき使われてたのが現状だ

552 :名無し三等兵:2013/10/09(水) 23:19:51.33 ID:???
>>550
重たい荷物を自分の力で運んだことの無いモヤシかい?
10キロ以上離れたところまで歩いて通勤通学するタイプかな?

鉄道インフラは日本経済の復旧に大いに役立ちましたが

553 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 00:19:58.59 ID:???
>>552
自分の力で運ぶなら大量輸送手段なんていらねーだろw

554 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 00:22:11.33 ID:???
>鉄道インフラは日本経済の復旧に大いに役立ちましたが
運ぶものがイッパイ有ったからだろ
新幹線だって東海道線の輸送力不足解消が本の狙い
沖縄で何を大量に運ぶんだよw

555 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 00:37:13.21 ID:???
>>553
いかにも重たい物を運ぶ苦労を知らないお坊ちゃまな言葉ですね

>>554
サトウキビが主・あとは現地人の通勤通学手段
しかしアメリカは沖縄占領直後
沖縄県民の大半を1年間強制収用所に入れ
その間に米軍基地建設のため田畑を奪い取った

当然、収容所から出た沖縄県民には田畑はなく失業する事となる
後は、米軍基地の安い労働力として働くしか道がない
本土への移住も「外国」のため制限される
選択の余地がないのだ

また、鉄道という交通手段を失って
農産品輸送は滞り、鉄道で通勤・通学するものの足を奪う
仕事の効率は悪化する 高等教育を受ける者を減らす

556 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 00:43:35.84 ID:???
>>551
沖縄返還で消費者物価がアホみたいに上がったのは事実らしい
それ以前の中学生は1ドルで映画見てハンバーガー食って帰って来れたそうな
豊かな時代のアメリカの占領地への金のぶち込み方は貧乏国日本の想像の遙か上を行くんだよ

557 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 00:44:48.30 ID:???
大日本帝国は明治維新以降
事細かなインフラ整備を行い
経済発展の基礎を築いていた

また、終戦直後
帝国時代の官僚らがGHQ相手に上手く立ち回った功績は大きい

言うまでも無くアメリカのお陰ではない
当時の日本の天才的政治家・官僚のお陰である

558 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 00:56:48.63 ID:???
>>556
そして広大な米軍住宅地を横目に見ながら
沖縄県民は狭い住宅に住む羽目になる

アメリカが沖縄に設置したキリスト教布教用のラジオ局放送も結局失敗
沖縄県民のほとんどがキリスト教徒になる事はなかった

アメリカは沖縄県民の人心獲得に失敗したのだ

559 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 01:11:13.84 ID:???
>>555
重たいものを運ぶのと大量輸送では別のものだが
わざとごっちゃにしてごまかそうとしてるねW


>サトウキビが
ソンナのトラックでええやんw

>ため田畑を奪い取った
嘘八百もいい加減にしたら?W
南部にさとうきび畑あるやんW

>鉄道という交通手段を失って
沖縄には元々軽便鉄道しか無かったけどw
元々無かったものが失われて困ったてw
アンタの妄想沖縄世界じゃさぞかし立派な鉄道が走ってたんだろうなw

560 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 01:41:11.21 ID:???
>>559
沖縄の鉄道がそのまま残されていれば
莫大な予算を投じて
モノレールを新規建設する必要はなかっただろうな

トラック?
アメリカ占領下でトラック輸送できるような
沖縄農民などいただろうか?

南部w
どれだけ日本政府が努力して
米軍から沖縄県に土地を返還させてると思ってる?
占領直後の沖縄に占める米軍基地の規模は今以上に広大だったんだが

561 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 01:56:55.33 ID:???
重ねて言う
アメリカのお陰で日本は発展した訳ではない
明治維新以降の優れた人材が
国の存亡の危機を切り抜けたのだ

韓国はアメリカに占領され経済発展しただろうか?
大量虐殺の連続であり、北朝鮮以下の経済であった
日本との国交回復が韓国の経済発展のキッカケである

しかしアメリカが植えつけた反日主義は韓国の精神文明を退化させた
人糞で抗議など、未開の蛮人でもなかなかしない

統一ベトナムはどうか?
アメリカとの国交のない時代に
ドイモイ(刷新)政策を掲げ、経済発展を始めた

台湾はどうか?
ソ連に人質に取られつつもソ連の影響を受けた
蒋介石の息子、蒋経国が
親米派の宋美齢などを抑えつつ経済発展をとげた

562 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 02:22:29.27 ID:???
頭は悪くないけど何の努力もしてこなかったガキが、ネットだけで浅い知識仕入れたら
こんな発想になるって典型例だな

563 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 09:57:23.55 ID:???
反米って
リア充とアメリカが被る、根暗で持てない奴が罹る
麻疹みたいなもんだw

生温かく見守ろうw

564 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 11:02:28.40 ID:YPLttQYi
>>542
1945年の日本の官僚は不正まみれの無能者であり、それが太平洋戦争のボロ負けを招いた事実がある。
官僚がシベリア送りにされても損失ではない。

また明治以降の経済成長を担った財界人とは三菱財閥の岩崎弥太郎のような
「江戸時代生まれ」の世代であり、すでに1945年には財界人も世代交代して既得権のみの無能者が多かった。
こうした無能集団が大日本帝国を滅ぼしたのだ。

漢字に関しては毛沢東時代の中国も漢字を使用している

565 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 11:16:07.95 ID:???
完全な同化を被支配民族に求めたがるのは自称単一民族国家の日本の悪い癖で、
昔からずっと多民族でやってる大国はそんな無駄なことに労力を費やしたりはしないよw
せいぜい公用語を二つにするくらいのもんだ

566 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 11:25:30.81 ID:YPLttQYi
戦後日本の経済成長はやらせに近い。

米国から援助をたっぷりもらい、他の新興国も無いからソニーのような無能企業も
儲かっただけだろう。

その証拠に中国などの新興国が台頭した90年代以降の日本は経済成長ゼロだし、
ソニーも潰れそうだろよ。
日本のニートも親がいなかったら北朝鮮の貧民と同じだよ。
もう日本の繁栄は過去の栄光だ。

567 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 12:48:42.74 ID:YPLttQYi
消費税が8%になれば、10年でGDPの80%を消費税で没収する(その後の日本はフィリピンだ)

ニートやアルバイトも10年後には乞食になってる者が多いだろう。

もう過去のように「日本は経済大国だから軍事なんかどうでもいい」というバブル的甘えは許されない。
TPPで九州や北海道は草むらの廃墟になることが予想されているぞ。

568 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 13:09:28.53 ID:YPLttQYi
アフリカだって今では経済成長でビルが建って、車が走ってるからね。

こうした国際的標準化で今では日本の下層サラリーマンや派遣ニートなどは
アフリカの下層民に生活レベルが近づいている。(生活苦でやつれて外見もアフリカのスラム民のようだからね)

東京のネットカフェ難民も栄養失調や病気でバタバタ死んでおり、少なくともこうした
日本の下層階級はアメリカ帝国主義とその傀儡による搾取の犠牲者だろ。
奴隷と同じ扱いなんだ。

これがアメリカに無条件降伏した結末だよ。

569 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 19:53:41.59 ID:???
大事な時期に勉強しないで
ゲームや深夜アニメに夢中になって
偏差値悪くて、付加価値も身につけずに来て
良い職にありつけない人たちなんて
国も政府も社会も面倒みません。
当たり前です。

それを搾取と言うなら、自分で自分を搾取してきたということです。
後悔しながらこの後の人生を貧しい経済奴隷として生きていってください。

570 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 21:55:32.94 ID:???
>>569
うわー、腹立つわ―w

だが、正しい(キリッ
まさにその通りなんだよな。結局搾取の犠牲者とやらのほとんどってのは、
将来のために行動を起こさなかった連中なんだよなあ。
自分のケツは自分で拭けって奴だな。

わ た し で す 。

571 :名無し三等兵:2013/10/10(木) 23:38:08.83 ID:???
>>560
鉄道引けばもっとカネがかかるしかもどう見ても赤字路線w

アメリカの占領下だったからじゃなくて運ぶものがないだろw

広大だろうがなんだろうが南部のさとうきび畑はそのまま
土地が少ないという割には
アメリカも沖縄県民も手を付けずに放置状態w

572 :名無し三等兵:2013/10/11(金) 10:11:16.70 ID:???
>>570
君みたいな人がもっと増えると
日本人の徳ももっともっと高くなるんだと思います
色々大変でしょうが、諦めず頑張ってください。

573 :名無し三等兵:2013/10/11(金) 23:48:03.94 ID:???
まぁねえ……
「たかだか20年ちょい程度の勉強の結果で、
 その後の陣背い全部決まるとかおかしい」

それを承知で遊んでたんじゃねーの?

だからねぇ……

574 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 11:06:25.24 ID:CA4cLdbX
>>589
そうした予備校的価値観が通用するのは経済が右肩上がりの新興国の段階だろ。

しかし失われた20年の日本はバブルを経て長い低迷期なので、東大卒の新卒でも
タクシー運転手やコンビニバイトにしかなれなかった者が多い。

今の日本では予備校や居酒屋ワタミやマルチ商法に洗脳されていたら
乞食に直行するぞ。

575 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 11:12:24.03 ID:CA4cLdbX
「ソ連に占領されてベトナムになるなんて真っ平ごめんだ!」という意見もある。

しかし、自民党や財界といった腐敗階級の無能と搾取によって
今の日本も「そのうち生活レベルがベトナムと同じになりそう」なんだよ。

デフレ不況の中で消費税8%にするんだから。

つまり「資本主義でもベトナムになる」が現実だ。

576 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 11:16:29.59 ID:CA4cLdbX
「ソ連は伝統や宗教を破壊する」という意見もある。

しかし自民党の世襲議員やホリエモンは宗教心も伝統も欠落したペテン師だ。
ホリエモンは「俺の神は金だ」と述べていた。

腐敗のみの資本主義でも宗教は廃れ、地獄になる。

577 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 12:01:46.50 ID:???
伝統って何処から何処までさすんだろうね?

578 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 12:14:14.20 ID:CA4cLdbX
>>577
近代以前の文化ではないか?

石器時代から江戸時代までの生活様式。

ヨーロッパだと石器時代からフランス革命以前の啓蒙専制君主の時代あたりだ。

579 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 12:47:11.21 ID:CA4cLdbX
韓国では労働者の55%が日雇い労働だ。
韓国の大学進学率は90%だが、韓国の大卒の多くがビルの清掃員か乞食にしかなれない。
サムソン電子に入社しても役員になれない社員は45歳でクビにされて乞食になるそうだ。

韓国は新自由主義によって北朝鮮と同じ生活水準になろうとしているのだ。

ホリエモンらの新自由主義者はどうしてこの現実を見ないのか?
答えは明白で、認めたら新自由主義がソ連と同じだとバレるからだ。

580 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 13:05:21.56 ID:CA4cLdbX
太平洋戦争を回避するには満州を返還するしか無いが、それもありだと考えている。

満州を返して時間を稼ぎ、その間にソ連から石油やミグ15戦闘機の援助を受けるとかさ。

この場合は太平洋戦争が開始されるのは1950年だ。

581 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 13:33:09.16 ID:???
最近の考証だと満州までがギリギリセーフで日中戦争からがアウトじゃね

582 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 13:46:28.38 ID:CA4cLdbX
「ソ連のようになったら悲惨だ」というのは戦後の視点であって1945年の日本の民衆の視点ではあるまい。

戦前の日本の大卒サラリーマンの月収はサービス残業込みで月収20円だよ。(小作人や日雇い労働者はそれ以下)

月収20円でソ連より悲惨な生活をしていたのだよ。
ソ連より悲惨だから、大正時代に日本共産党が結成されると当時のインテリが入党したんだろ。

583 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 13:52:09.72 ID:???
アメリカの属国になっても「アメリカのように」なれるわけじゃないのに
ソ連の属国になったからソ連のようになれるってのは意味不明だなw

まあどっちにせよ大日本帝国よりマシなのはたしかだけどさー

584 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 13:52:45.87 ID:CA4cLdbX
松下幸之助の松下電器でも戦前は社員に月収10円しか払ってない。
搾取というより、従業員を餓死に追いやることが趣味の冷酷な君主のようにしか思えない。

松下幸之助の口癖は「労働者に人権は無い」であり、棒で殴って1日18時間働かせたそうだよ。

大航海時代のスペイン人が南米に作った奴隷鉱山やスターリン収容所と変わらない会社だったのだよ。

585 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 13:53:21.56 ID:???
>>581
満州事変はぎりぎりセーフでもその後の処理でアウト
もう大量の血を見ないと手を引けないところまで首を突っ込んじゃってる

586 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 13:56:57.80 ID:CA4cLdbX
「まあ戦前の小作人ならともかく、消費文化やネットに親しんだ現代の日本の若者は
ソ連式社会なんて真っ平ごめんでしょうな」という意見もあるだろう。

しかし先の参議院選挙で「山本太郎と共産党候補者」が東京の選挙区でダブル当選しているのだ。

さらに最近の若者には「プア充」なるライフスタイルが流行している。

587 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 14:01:23.65 ID:CA4cLdbX
「プア充は一種のキューバなのではないか?」
そう私は問題提起してみたい。

ユニクロの安い服やスマートフォンがあるから貧困でもそれなりに満足している若者が
「プア充」と呼ばれるが、その先にあるのは「キューバのような社会」だろうし、
90年代生まれの日本の若者は「キューバもしくはブータン」みたいな社会を志向しているのではないか?

588 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 14:18:36.72 ID:CA4cLdbX
今は日本の三流大学の学生は「卒業後の進路が短期アルバイトだけ」というのが現実である。

東大を出ても4人に1人は短期アルバイトという悲しい現実がある。

こうした社会では例えば日本大学の生徒などは「卒業後に乞食になるのは俺だけじゃねえ!
日大生はみんな乞食になるんだから、乞食もみんなでなれば怖くない」という気持ちになるのではないか?
「貧乏な仲間」がたくさんいて励まされるというかね。

自分だけ乞食になるのでは惨めだが、みんなで乞食になるから「毛沢東時代の中国人」みたいに
「俺たち無産階級が明日を作るぞ!」という希望に燃えているのかも?

589 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 14:33:14.97 ID:CA4cLdbX
日大生が乞食になってビルの谷間で冬の寒さに震えていたら、物陰から別の乞食が出てきて
「そこにいるのは日大でよく麻雀をしていた山田じゃないか?俺だよ田中だよ」と呼びかけてくる。

「ややっ!お前は日大で麻雀仲間だった田中ではないか!」と話が弾み、
川原で夕日を見ながら「やっぱ俺たち日大はどうあがいても乞食にしかなれないよな」と結論に行き着く。
しんみりと「まだ俺たち生きてるだけマシでさ、日大で仲良かった川口は借金苦で自殺したらしいぜ」なんて噂も出る。

こんなストーリーも今の日本ではありえるぞ。

590 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 14:49:07.20 ID:CA4cLdbX
乞食になった日大生たちの最大の困難は虫歯だろう。
保険書も無いし、貧乏で歯医者に行けないからだ。

しかし必要は成功の母で乞食日大生たちは図書館に行って独学で歯科治療を学び、
インドや中国の路上歯医者のようなことをするのだと思う。
歯科治療の道具や入れ歯も自分たちで加工するんだろう。

591 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 14:56:13.42 ID:???
過疎スレだから何を書いてもいいってもんじゃないと思うけどなあ

592 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 19:16:11.89 ID:rzg56OWL
ワシントン体制←シベリア出兵など←ポーツマス条約←?
原因はいくらでも遡れる
要するに日本人の国民性

593 :名無し三等兵:2013/10/13(日) 19:30:05.48 ID:rzg56OWL
   VwwwV
  ″'V'ヾ
  〃W゙ ゙ ゙ヾ
  WW  ゙ ヾ
  W 人 ノ
   从从从

594 :名無し三等兵:2013/10/14(月) 13:54:05.40 ID:If4TgF6y
ソ連側に付いていたら次のメリットがある。

1、安く石油が手に入る
2、核ミサイルの技術も手に入る
3、ソ連の戦闘機や戦車をもらえる
4、憲法9条が作られない

595 :名無し三等兵:2013/10/14(月) 14:00:00.93 ID:???
マッカーサーも財閥解体や農地改革やってんだからソ連とかわらない。
マッカーサーの初期プランでは日本をフィリピンと同じ国にする予定だった

596 :名無し三等兵:2013/10/14(月) 14:03:26.67 ID:???
戦前の大日本帝国は日本の伝統を重んじていた国かと言えば、そうでは無い。
明治政府は江戸時代の伝統であるちょん髷や武士の帯刀を禁止したのだし、
明治政府は日本語を禁止して、英語やフランス語を公用語にすることも真剣に検討していた。

597 :名無し三等兵:2013/10/14(月) 14:12:51.93 ID:???
明治政府は日本中の仏像を破壊し、寺を焼けという命令も出している。
廃仏棄釈の命令だ。
明治政府にとって仏像は遅れた東洋の貧しい文化であり、それを破壊することで
近代化できると考えたのだ。
今ある仏像はレプリカや破壊されずに隠されていたものだ。

こうした大日本帝国の歴史を考えると大日本帝国が太平洋戦争でボロ負けして
アメリカに占領されたのは仏様の天罰だという見方もできる。

598 :名無し三等兵:2013/10/14(月) 14:34:33.10 ID:???
本土決戦をしたら東京が壊滅するという意見もあるが、本土決戦をする前から東京は
東京大空襲で壊滅していた。
それ以前に太平洋戦争が始まる前の1923年の関東大震災の被害で東京都民の多くは困窮し、
政府がろくな救済策も施さなかったので東京は一大スラム地帯となっていた。

599 :名無し三等兵:2013/10/14(月) 14:37:05.69 ID:???
戦後においても60年代までの東京はゴミとスモッグの街と形容されるほど公害と不潔が蔓延する街だった。
東京の町並みが改善されたのは高度経済成長後の1970年代からだ。

600 :名無し三等兵:2013/10/14(月) 14:41:43.74 ID:???
朝鮮戦争で100万人の中国人民義勇軍に苦戦して後退したアメリカ軍が本土決戦で
100万人単位で襲撃してくる日本軍に楽勝で勝てるとは思えない。
日本人が本土に無数に建設しているトーチカや地下壕を一個一個潰すだけでも大変な作業だよ。

601 :名無し三等兵:2013/10/14(月) 14:47:08.79 ID:???
米兵の持つM1ガーランド小銃の有効射程はせいぜい300メートルだろう。
射撃の腕が低い米兵なら有効射程は100メートル以下に下がる。
それで100万人単位で小銃や竹やりを持って夜襲してくる日本人を撃退できるか?

602 :名無し三等兵:2013/10/14(月) 19:09:05.25 ID:???
「東京が壊滅する」って言ってる人は誰だ?
レス番号示せ。

M1ガーランドでも500〜600m先はざらにあててくる。
それ以前に火力が違いすぎ。
はっきりいって、本土決戦直前の日本本土部隊は、
朝鮮戦争時の人民解放軍より、遥かに劣弱な存在。

603 :名無し三等兵:2013/10/14(月) 19:31:47.93 ID:???
中国義勇軍には中国本土、更にその後ろにはソ連がいて、武器・弾薬・食糧の補給がある。

対して日本の本土決戦では日本軍への補給は絶望的。米軍はトーチカや地下壕に
立てこもってる日本軍包囲して兵糧攻め。耐え切れずバンザイ突撃かけてきたら
火力の違い大虐殺がオチ。

100万人で一斉突撃してきても、先陣、2陣の死体が邪魔で進撃速度落ちるので
更に損害が増え、最後は文字どおり全滅。

604 :名無し三等兵:2013/10/14(月) 20:34:37.79 ID:???
それ以前に、100万人集中する時点で敵偵察機に発見され
猛烈な空爆にさらされるんじゃねーのと?

地下陣地からの五月雨突撃じゃあ、一度に100万人も動かせないしな。

605 :名無し三等兵:2013/10/14(月) 21:21:55.85 ID:???
>>602
>本土決戦直前の日本本土部隊は、朝鮮戦争時の人民解放軍より、遥かに劣弱な存在。

『世界的に有名なB-29は、第二次世界大戦と韓国戦争の3年間を通して任務を果たした。韓国戦争でのB-29は、
延べ22,983機出撃し、197,000tonの爆弾を投下した。しかし、34機のB-29を失った。この超空の要塞は、18個に分解され、
1972年3月にカリフォルニアのチャイナレイクからソウルへ輸送した。そのB-29は韓国空軍によって
再組み立てされ、そして、1972年8月以来Yoid Museumに展示された。』
http://www.sun-inet.or.jp/~ja2tko/jap/jap.trip/trip.korea.html

>韓国戦争でのB-29は、延べ22,983機出撃し、197,000
>tonの爆弾を投下した。しかし、34機のB-29を失った。

COMBINED SUMMARY OF 20TH AIR FORCE & 9TH GROUP OPERATIONS
     20TH AIR FORCE                 9TH BOMB GROUPC
     From June 5, 1944 on             From February 9, 1945 on
Missions          380                        75
Sorties        
Combat          31,387                       1843
Other           1,617                        169
Total           33,004                       2012
Bomb and
mine tonnage      171,060                      11,376
B-29 losses
Combat losses      494                   14 + 5 non-combat
Training losses in U.S.  260                          1
Air crew losses
Killed             576                26 + 1 ground crewman
Missing           2,406                  96 (12 repatriated)
Wounded or injured    433                         30
http://www.9thbombgrouphistory.org/Chapters/Chapter_07.pdf

朝鮮戦争の中朝軍と比べたら、旧軍の対空火力は10倍以上。

606 :名無し三等兵:2013/10/14(月) 22:28:47.14 ID:???
10倍あるから何?
それで敵を撃退できたって言うならともかく
結局こてんぱんにやられたんでしょ?w

607 :名無し三等兵:2013/10/15(火) 00:35:29.38 ID:???
単に602が無知だった話だよ

608 :名無し三等兵:2013/10/15(火) 10:55:16.56 ID:???
>>595
財閥解体や農地改革は日本の革新官僚と軍部が戦時中に計画しながら
さすがに実行できなかったプランの実現という説もある

609 :名無し三等兵:2013/10/15(火) 11:39:55.22 ID:e712fAZQ
竹槍は、ない。

610 :名無し三等兵:2013/10/15(火) 11:43:32.14 ID:2aU8P0sF
>>602
米軍のブローニング重機関銃の有効射程は2キロだ。
つまり米軍がブローニング重機関銃をずらっと並べていても2キロ以上離れて匍匐前進や塹壕で接近すれば
日本側は少ない損害で米軍から2キロ付近まで近づける。

そしてそこまで近づいたら日本側は夜間に簡易ロケットや擲弾筒などで煙幕を張って人海突撃を敢行したらいいのではないか?
100万人単位という日本側の人海攻撃なら白兵戦に持ち込めるだろう。

611 :名無し三等兵:2013/10/15(火) 11:49:21.35 ID:???
>>602
日本側が人海突撃をする際は戦力にならない老人を最前列で人間の盾として使うことで、
対人地雷を老人に踏ませて撤去し、米兵の弾薬を浪費させることができた。
これは同時に老人の数を減らすことで食料の節約にもなっただろう。

612 :名無し三等兵:2013/10/15(火) 11:56:41.53 ID:???
>>604
当時の米軍の航空機の性能なら夜間に地上部隊を発見するのは困難だ。
また100万人は兵士であると同時に労働力である。(最低でも尋常小学校は卒業している労働力だ)
100万人で塹壕、地下トンネル、塹壕を掘るなら、かなりの空爆に耐える陣地を建設できる。
ベトナム戦争の北ベトナムはそうした人海工事で空爆の被害を減らした。

613 :名無し三等兵:2013/10/15(火) 12:06:20.43 ID:???
>>608
マッカーサーが財閥解体や農地改革をやったのは社会主義に基づく理想があったからではなく、日本をフィリピン程度の最貧国にするためだよ。
後には対日占領政策は変更されるが、当初は日本をフィリピンにする予定だった。
米軍の当初の予定が日本のフィリピン化だった史実を考えれば、東条英機が「たとえ竹槍でも最後の一人まで戦え」と命令したのは
あながち間違いではない。

614 :名無し三等兵:2013/10/15(火) 12:13:43.04 ID:???
米軍は100万人の米兵を上陸させる計画だったのだから、米軍が上陸用に用意した食料や医薬品も膨大であった。
パンもハムも山ができるほどだった。
その食料をトラックで運ぶ米兵を奇襲してトラックごと食料を奪う方法もある。
また大雑把な性格の米兵のことだから、食料の入ったドラム缶や木箱をトラックから落として、撒き散らしながら運ぶだろう。

615 :名無し三等兵:2013/10/15(火) 12:17:24.52 ID:???
当時の日本の官僚や財界人は口では鬼畜米英を叫んでいたが、戦後はすぐ米軍側に寝返った史実がある。
この史実を踏まえるならば本土決戦前に当時の官僚や財界人は粛清しておくことだ。(役に立たないうえに寝返るしか能が無い)
ヒトラー、スターリン、毛沢東ならそうするだろうし、それが戦争だろう。

616 :名無し三等兵:2013/10/15(火) 12:24:58.60 ID:???
「官僚や財界人を粛清するなんてとんでもない!」という意見もあるだろう。
しかし当時の官僚や財界人は私利私欲、無能、傲慢などから太平洋戦争を起こして多くの自国民や他国民を粛清した殺人鬼である。
当時の官僚は口を開けば「人間の命なんて虫けらと同じや」と言っていたそうだ。
ならば官僚の生命も虫けらである。

617 :名無し三等兵:2013/10/15(火) 20:14:00.30 ID:???
>>605
はぁ。
護衛戦闘機が終始てんこ盛り。
近場の基地も使いたい放題。
その状態で34機も(わずか半年の間に)失ったんですが。


期間と状況を考えろと何度(

>>611
1945年だぞ?今のような少子高齢化社会でもないんだぞ?

>>614
機関銃で返り討ち終了

618 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 09:55:52.66 ID:prTyVUVR
>>617
機関銃神話が一人歩きしていると思う。
第一次大戦で使用されたマキシム機関銃は液冷式だから冷却水があれば長時間撃てる。

しかし太平洋戦争で米軍が使用したのは空冷式だから、過熱した銃身ごと交換しないと長時間撃てない。
また輸送ヘリも無い時代に今日のような補給を行うことは当時の米軍では無理である。
さらに米軍は攻勢限界点を超えている。

この問題に米軍は朝鮮戦争で直面している。

619 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 10:10:42.83 ID:prTyVUVR
>>617
朝鮮戦争の中国人民義勇軍は夜襲で米部隊を襲った。
ただ襲うのではなく、チャルメラや銅鑼の音などを使って米兵をかく乱して米兵に無駄弾を撃たせた。
米兵は興奮して叫びながら闇雲に弾を撃つ癖を持っており、銅鑼を鳴らせば、その方向に撃ちまくったのだ。

これであっという間に米部隊は弾切れになり、そこを狙って中国軍は人海突撃を仕掛けた。
激しい戦闘中に大量の補給をするのは時間的、物理的に無理に近いから、米兵は弾切れ状態のまま銃剣や手榴弾で応戦するが、
中国兵の手榴弾一斉投擲や槍ぶすまで被害が続出して命からがら後退した。

620 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 10:15:36.52 ID:prTyVUVR
>>617
朝鮮戦争の米軍の最前線部隊の後ろには米軍の砲兵部隊がいて火力支援をしていた。

しかし重たい榴弾砲を設置している米軍砲兵部隊は素早い移動などできないし、
対歩兵の応戦能力も低いので最前線を突破してきた中国軍に襲われるとひとたまりも無かった。

621 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 10:27:22.47 ID:???
「本土決戦になったら朕は米兵に捕まってリンチされる!嫌じゃー無条件降伏じゃー」
と叫ぶ皇居にお住まいのあの人をどうするかという問題もある。
長野県の地下壕に監禁するしかないだろう。
ただ贅沢な暮らしをしないと死ぬような、もやし体質の方なのでお風呂や冷暖房を完備した地下壕で
京都の懐石料理やフランス料理を出さないといかんと思う。

622 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 10:28:25.98 ID:???
浜名湖のほとりで4式中戦車が戦う
現地は山と湖に挟まれた細い道しかないから、奇妙な戦いになるだろう

623 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 10:36:54.36 ID:???
南方作戦が失敗した最大の原因はアメーバ赤痢だと言われる。

当時の日本人は不潔で地面にしゃがんで泥水を犬のように飲む癖があった。
なにしろ70年前の日本人だから今とは生活習慣が違い、日本兵の多くは貧農や被差別部落の出身者で
あったから犬並だったのもしょうがない。

これで南方の菌に免疫が無い日本兵はアメーバ赤痢で死にまくった。
しかし本土決戦では日本人が免疫を持つ本土での戦いなので疫病は南方作戦よりは
低下したと予想される。

624 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 10:44:59.13 ID:???
本土決戦をしたら戦後の経済発展はなかっただろうが、戦後の経済発展が必要か?
史実どおりに高度経済成長してもバブル崩壊して零落するだけなのが戦後だ。
バブルで終わり程度のインスタント成長を生み出すことが、はたして文明的偉業か?

625 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 10:50:18.67 ID:???
戦後が生んだのは大量のゴミと馬鹿と福島原発の汚染水だけとも言えるからね

626 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 11:05:22.27 ID:???
戦後の繁栄は60年代から80年代までの20年足らずだったしな

627 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 12:54:36.99 ID:???
>>613
GHQは内部で2つの派閥に分かれていたというのは結構有名な話だと思ってたが

財閥解体・農地改革を主導したのは
庶民層の個人所得を増やして消費を増大させることで財政再建を果たすことを考えていた
ニューディーラーだぞ

あと、東京裁判などでも軍だけでなく私利私欲で戦争を煽った財閥やマスコミの当時の首脳の責任が
厳しく問われたわけだが

628 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 14:52:34.72 ID:???
零落して尚第三の経済大国なわけだが、よもや高度経済成長期のような二桁成長が永遠に続くとでも思ってんのか?その時だけが繁栄なのか?

629 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 18:52:44.65 ID:???
きちんとした訓練を受け、豊富な火力と弾薬・しっかりとした補給が存在し(少なくとも38度線までは)
国連軍の間隙を上手くすり抜けた人民解放軍

弾薬はもちろん、武器さえ無い状態で、飢えに苦しみ、さらにまともな訓練も受けていない
日本民兵


比較するほうがどうかしている。

630 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 19:53:32.47 ID:???
 白 中国軍はもともと蒋介石の軍隊なんですよ。シナ事変から終戦まで蒋介石軍と日本のシナ派遣軍が戦ったわけですが、
雑軍も含めて最小限度三百万の蒋介石軍があった。毛沢東の八路軍は小さいんですよ。砲兵もなくてね。
 それが国共内戦で蒋介石が敗れて毛沢東の軍隊になった。彼らは最小限度十年のプロなんだ。しかも三十個師団ぐらいは
米軍の装備をもっていた。もちろん日本軍のろ獲品もあるし、蒋介石がつくった兵器もある。蒋介石が台湾に逃げて、これが中国軍になった。
 ━ 虎の子の人民解放軍は本国で温存、というわけですね。
 白 こういうアジア情勢をあまり日本人は知らないね。
http://www.sankei.co.jp/seiron/koukoku/2000/ronbun/09-r5.html

631 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 19:56:48.05 ID:???
≪児島襄「参謀(下)」のジョゼフ・スチルウェル編より引用≫
「“ピーナッツ”は偏屈で恩知らずの小さなガラガラヘビだ・・・・ (中国政府は)
自分たちだけのことしか考えないならず者の集団だ。指導者たちの興味は、
ただ金、権力、そして地位だけだ・・・・。手に入るものには何でも頭を下げ、
自分は戦わないように心がける・・・・。“インテリ”と金持ちは子どもを米国に送り、
農民の子どもが戦争に かりだされる。しかも注意も訓練も指示も与えられずに死んでいる。
 われわれは、この腐敗した政府を支持し、その偉大なる愛国者兼戦士
“ピーナッツ”に栄光を与えるために、戦おうとしているのだ―おお神よ!! 」
≪中略≫
当時の米軍は、日本軍と同じく、行軍距離単位は四キロであったが、
その米式訓練をうけたはずの、いやボートナー准将自身がその訓練をした孫部隊は、
一キロ歩いては休み、次に一キロ進んではごろりと道端に寝転がる。
 しかも、頭上に英軍機が飛来して補給物資を投下すると、隊列を
乱してむらがり、悲鳴をあげつつ、下着に利用するパラシュートを奪い合う。
≪中略≫
孫部隊は狂喜した。中国大陸で負けつづけ、日本軍といえばかなわないものと信じていたのに、
その日本軍がひきあげたのである。勝った、勝ったと小銃を空に乱射しておどりあがった。
 ところが、勝ちに乗じた勢いで快進撃するものと期待していた孫部隊は、
たしかに前進は開始したものの、そのスピードは以前にもおとる低速であった。
そして、昭和十九年一月二十九日、孫部隊はついに完全停止した。
 ボートナー准将の急報によってかけつけたスチルウェル参謀長は、にこやかに迎える
孫少将の顔をぼう然と眺めながら、考えこんだ・・・・なぜ、前進しないのか?
≪中略≫
スチルウェル参謀長は、孫少将にかみついた。
「明らかに命令違反である。よろしいか。貴下の第三十八師団は、 全中国軍のなかで
とびぬけて優良な兵器、弾薬、糧食の補給を受けている。 足りないというのなら、
迎撃砲も、火炎放射器も、米兵だってさしあげる。 だが、命令に従うのが条件だ・・・・
もし自分の使命が達せられないようなら、辞職してワシントンに報告せざるをえない」

632 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 19:57:40.51 ID:???
『世界的に有名なB-29は、第二次世界大戦と韓国戦争の3年間を通して任務を果たした。韓国戦争でのB-29は、
延べ22,983機出撃し、197,000tonの爆弾を投下した。しかし、34機のB-29を失った。この超空の要塞は、18個に分解され、
1972年3月にカリフォルニアのチャイナレイクからソウルへ輸送した。そのB-29は韓国空軍によって
再組み立てされ、そして、1972年8月以来Yoid Museumに展示された。』
http://www.sun-inet.or.jp/~ja2tko/jap/jap.trip/trip.korea.html

>韓国戦争でのB-29は、延べ22,983機出撃し、197,000
>tonの爆弾を投下した。しかし、34機のB-29を失った。

COMBINED SUMMARY OF 20TH AIR FORCE & 9TH GROUP OPERATIONS
     20TH AIR FORCE                 9TH BOMB GROUPC
     From June 5, 1944 on             From February 9, 1945 on
Missions          380                        75
Sorties        
Combat          31,387                       1843
Other           1,617                        169
Total           33,004                       2012
Bomb and
mine tonnage      171,060                      11,376
B-29 losses
Combat losses      494                   14 + 5 non-combat
Training losses in U.S.  260                          1
Air crew losses
Killed             576                26 + 1 ground crewman
Missing           2,406                  96 (12 repatriated)
Wounded or injured    433                         30
http://www.9thbombgrouphistory.org/Chapters/Chapter_07.pdf

朝鮮戦争の中朝軍と比べたら、旧軍の対空火力は10倍以上。

633 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 20:02:59.24 ID:???
朝鮮戦争時の中共軍と、蒋介石の談話に何か関係性が?
期間と状況が違うのに、被撃墜数だけ比べて何の意味が?

634 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 20:47:24.71 ID:???
もしや本土決戦太郎氏の正体はかつて独ソ戦スレでドイツ軍の勝利を強弁して譲らなかった仁ではござらぬか

635 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 20:51:10.54 ID:???
ある程度までの損害は許容の上で強行したWW2の戦略爆撃とは事情が違う。
朝鮮のB-29は被撃墜が出るたびに作戦領域を狭めて慎重な戦いをしている。
http://en.wikipedia.org/wiki/United_States_Air_Force_In_South_Korea#MiG-15s_versus_B-29s

636 :名無し三等兵:2013/10/16(水) 20:51:13.49 ID:???
ただの(劣化)だつおでしょう。
本当のだつおなら、中国を見下したりはしないのだから。

まぁ、わかってて暇つぶしにいじってる俺も俺だが

637 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 03:41:34.05 ID:???
>>633
そうしてあなたが疑問をもって考えることに意義がある。>>622は考える材料になる。

638 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 03:55:00.92 ID:+Uv1BN2/
マリアナ・レイテ決戦を放棄して、大陸打通作戦だけに専念する。

中国へ行って中国人を徹底的に虐殺して、米軍と赤軍が本土に迫って来たら無条件降伏。

639 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 09:52:36.98 ID:NlF9smqI
>>629
日本は本土決戦に備えて2年は戦える食糧や武器弾薬を備蓄しており、弾も無かったというのは嘘だ。
補給ができなかった南方戦線のジャングルと日本国内の埼玉県を一緒にするのか?

それから徴兵制があった当時の日本でまともな訓練を受けている国民がいないとする君の意見も間違いだ。
当時の日本は豊富な実戦経験がある国だよ。

640 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 10:12:43.38 ID:NlF9smqI
>>629
当時の小学生だって70年前の小学生だから、たくましいのだよ。
野山を駆け回り、海に素潜りしてウニやアワビを取って食い、野鳥を捕獲して焚き火で焼き鳥にして食うなどが
当時の子供の遊びだよ。
自衛隊のレンジャー訓練や忍者みたいなことを日常的にやっていた。

また当時の11歳と今の11歳は違うからな。
当時の尋常小学校は小学4年生までだから、当時の11歳はすでに尋常小学校を卒業し、
商店や工場などで働いて社会人生活をしている11歳もいたのだよ。

641 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 10:22:04.61 ID:NlF9smqI
>>629
おそらく君は「当時の子供がたくましいとしても女性や老人はどうなのか?」と聞いてくるだろう。

沖縄戦のひめゆり部隊は10代の女子高生の部隊だが、米軍の包囲網のなかで激しい空襲や砲撃を受けながら、
なんと3カ月も粘って戦っている。
「キャー助けてー!」と叫ぶだけの、か弱い女なら米軍の猛攻撃の中で3カ月も粘れないぞ。
自衛隊の空挺団でも初日で全滅してもおかしくない激戦だからな。
鉄十字勲章並みの勇戦をしたということだよ。

642 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 10:39:33.84 ID:NlF9smqI
いいかね!
日中戦争や南方作戦で日本兵が荷物を担いでライフル下げて歩いた距離は日本で言えば
青森県から山口県まで荷物を担いで歩くような距離がザラなのだ。

「そんなアホな!古代と勘違いしてないか?」ということをやっていたのが当時の日本だ。
つまり「当時の日本人はロバやラクダの一種だった」と考えてもいいぐらいの
スタミナがあったのであり、この「家畜のロバのような能力」があることを踏まえて本土決戦を考えて欲しい。

当時の日本人なら東京から富山まで歩ける。

643 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 10:54:30.63 ID:???
団塊の世代は今日では粗大ゴミと呼ばれているから、本土決戦の荒廃で団塊の世代の多くが幼児期に餓死してもいいんじゃない

644 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 11:14:29.93 ID:???
団塊は戦後のベビーラッシュで生まれた。

645 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 18:03:19.80 ID:???
東京にきたアメリカ兵は全員自殺するから無問題

646 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 18:14:19.12 ID:???
>日本は本土決戦に備えて2年は戦える食糧や武器弾薬を備蓄しており、弾も無かったというのは嘘だ。

これが真実なら、何故占領軍は押収出来なかったのか?

www

答は簡単、無いものは押収などできんw

647 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 18:19:49.15 ID:???
しょうがないよ旧日本軍は中国人を3500万人虐殺したんだからさw

648 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 18:51:39.21 ID:???
>>641
"3カ月しか"だよ
その程度しか粘れない。

その程度の粘りじゃ、アメリカが音をあげることはない。

649 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 19:08:07.16 ID:???
>>647
虫けらの3500万がどうかしたか?

650 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 19:13:03.65 ID:???
この手の劣化だつおに影響されてんのか、必要以上に中国を下に見る酷使が増えてのぅ

651 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 19:16:30.94 ID:???
>>642
お前、独ソ戦でも最後の最後までドイツは十分な武器と弾薬を備蓄してたから勝てたとか、アルプス要塞に総統が立て篭れば勝てていたとかいってただろ。
ソースも無しに「いいかね!」と強弁して、連投する芸風も一緒だな。

652 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 19:19:31.33 ID:???
どれだけ武物資や食料を備蓄していようともそれを前線に運ぶインフラが麻痺してたら無いのと一緒なんだよ。
田舎に行けば食物はあったというが、農村から都会に運ぶインフラが麻痺してるから食糧難なんだよ。
飢饉なんてのは食料の不足じゃなく、供給する物流が麻痺して起こるってこともおおいんだぜ

653 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 20:18:17.43 ID:???
>>650
ってか、中国人なんてゴミみたいなものだろww

654 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 20:33:30.68 ID:???
GHQが日比谷に来た時
マジで食いモンがなかったんだよなw
国内で調達できないからって、米軍は
「しょうがねぇ貧乏国だなぁ〜」って呆れながら
横浜からトラック何往復もさせて食料持ち込んだ。

45年9月の話だからw

備蓄して隠してたっつーならさ、その食膳配給シーンを
遠目で涎たらして眺めてた旧日本兵の姿は何だったのかとw

(その記録フィルムはフランスのドキュメンタリーTOKYO:The War the endedとかに在る)

655 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 21:42:13.19 ID:???
>>653
酷使様、お帰り下さい

656 :米軍最高司令官:2013/10/17(木) 22:11:28.95 ID:MxTTd+5v
ワハハハハ!
ミーはもう大統領になりたいのに、ジャップが往生際が悪いので仕方なしに
まだ司令官を続けなければならない。

そうか、仕方がない。もはや切り札を切るしかないようだな・・・

そう、毒ガス攻撃だ。
終戦直前、わがアメリカは7千トンのサリンを保有していた。
あのオウム事件で巷に名前が知られるようになったこの猛毒ガスは、ナチスが
製造して貯蔵していたもの。
どういうわけかヒトラーが使わなかったので、ドイツ敗戦と同時にわが
アメリカが接収して、いつでも使える状態だったのだ。

657 :米軍最高司令官:2013/10/17(木) 22:18:19.12 ID:MxTTd+5v
ナチスの科学者たちも、軍事裁判にかけられるよりはと、かつて日本と
同盟していたことなどキレイサッパリ忘れて、アメリカへの全面協力を
申し出ていた。ナチスのサリンの対日戦への転用は、全く問題なく行えた。

史実でもダウンフォール作戦には、ナチスのサリンを日本に使うという
選択肢があったのだ。

ヒトラーが使わなかった理由の一つに、ドイツにはサリンを投下できる
爆撃機がもはや存在していなかった、というお寒い事情もあった。
砲弾による近距離の攻撃では、風向き次第で自分のほうに毒ガスが来る
危険性があるのだ。
その点、わがアメリカはB-29に積んで投下すれば、こちらは全く被害を
受けずに、一方的にジャップを皆殺しにできた。

658 :名無し三等兵:2013/10/17(木) 23:26:40.56 ID:???
それ以前に、オリンピック作戦の時点で九州に原爆が8発落ちる。
水田に細菌兵器ばらまかれて、ただでさえ困窮していた食糧事象にとどめ刺される。

659 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 04:27:54.30 ID:???
ガスマスク1つで対策されるのと防空壕へ逃げなくちゃいけないのだったらどっちが厄介だと思う?
化学兵器は戦略爆撃に使えんよアメリカが爆弾も満足に作れないほど困窮してたなら知らんけど

660 :米軍最高司令官:2013/10/18(金) 07:14:29.59 ID:FYbn8/7a
>>659
をいをい。おめーもこの板によくいる軍事知識ゼロの軍ヲタか。

ガスマスクの装着にはそれなりの訓練が必要なことは知ってるか?
素人に配ったらすぐに装着できるものではない。

そもそもそのガスマスクはどこから持ってくる。工場が全滅している
ジャップにガスマスクが作れるのか。
ワハハハハ!

661 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 07:45:18.49 ID:???
湾岸戦争でイラクがイスラエルにスカッド撃ち込んだ時は、
泡食ってガスマスクした市民のうちの何人かが、
「ガスマスクのせいで呼吸できなくなって窒息死」
してたな。

つか、サリンは皮膚からも吸収される。
だから、ガスマスクだけしても意味が無い。皮膚に触れたら死ぬ。

662 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 08:09:59.71 ID:???
当時の日本知らんの?
全国民に訓練することくらい簡単だよ

663 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 08:13:40.56 ID:???
戦闘国家イスラエルでさえ無理だったものをどーやって

そもそもガスマスクだけしても無意味。NBC防護服きこまなきゃサリンは防げん。
(しかも時間たつと分解してフッ化水素発生でさらにヤバイことに)

664 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 08:22:10.27 ID:???
イスラエル知ってるならサリンが開けたとこで対して広がらないこともそこまで殺傷率がないこともしてるでしょ
というかアメリカがドイツの協力なしじゃサリン作れないと思ってた?

665 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 08:52:34.18 ID:???
なぜ使わなかった理由を考えないのか

666 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 10:48:47.72 ID:???
>>646
占領軍が日本軍の武器弾薬を押収して焼いたり、海中投機している写真は米軍が撮影して残ってるよ。
君はその事実が都合が悪いから「日本軍には弾の一発も残ってなかった」とプロパガンダを言うんだろうがね。

667 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 10:53:02.13 ID:???
>>648
沖縄でも3カ月粘れたのだから本土なら数年は粘れる計算になる。
「米軍の空襲で畑が焼き払われる」という意見もあるが、やれるもんならやってみろという話だ。
当時の日本の畑の面積を全て空襲しようとしたら、米国は財政破綻する。

668 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 10:58:56.94 ID:???
>>651
ナチスはヨーロッパ全土に渡る占領地から莫大な物資を徴収して資源や食料はあったのだから、
ヒトラーの采配ミスがなければ講和に持ち込めているだろ。
優勢だったツィタデレ作戦を中止せず、ノルマンジー上陸作戦を阻止したら連合軍の侵攻は大幅に遅れ、
チャーチルやトルーマンもヒトラーに譲歩せざるを得なかったはず。

669 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 11:06:09.10 ID:???
>>652
ド田舎の農村である山梨県から東京まで約120キロだ。
この距離は当時の日本人なら大八車、自転車、馬などで人海輸送できる。
川を使って筏で運ぶ水運もあるし、東京人が歩いて山梨県に移動してもいい。

670 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 11:15:04.25 ID:vD6mGVup
>>656
やれるもんなら、やってみな。
サリンガスをB-29で撒いたら、まずB-29の搭乗員がサリンで即死する。
さらにB-29の機体もサリンで汚染されるので、汚染された機体が米軍の空港に着陸したら
空港にいる米軍の整備兵が意識不明になるよ。
サリンは味方まで殺すぐらいの毒性だから、扱いが難しいんだよ。

また日本側も報復用に毒ガスや細菌兵器を持ってるし、伊号潜水艦でハワイやロサンゼルスに
毒ガス弾を撃ち込むことはできた。

671 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 11:17:13.31 ID:???
東京の多摩地区も当時はド田舎で畑しかなかった

672 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 11:29:38.99 ID:???
無条件降伏しろと叫ぶ人間たちは「降伏したら史実どおり高度経済成長してウハウハだ」と考えているんだろう。
しかしその経済的繁栄は1960年代から1980年代までの一過性のものであり、1990年代以降は失われた20年になる。
「わずか20年の繁栄のために全てを売り渡すのか?」と問いたい。

ここで思い出して欲しいのは徳川家康の歴史的英断である。
徳川家康は南蛮貿易で多額の利益を得ることも可能だった。
しかし欧米の侵略計画を見抜いた徳川家康は鎖国をして日本を防衛した。

673 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 11:39:23.49 ID:???
消費税を8%にしたら、10年でGDPの80%が消費税で徴収される。
後世の歴史書には「戦後ニッポンはアメリカのポチになって最後にはフィリピンにされ、
今では日本人はインドで掃除夫をしている」と書かれるだろう

674 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 11:44:35.83 ID:???
米軍が上陸してくる九州は全域が農村だろよ(笑)

675 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 11:47:43.15 ID:???
アメリカ軍は九州と関東に上陸しても関西に上陸する予定はなかったから、東京が落ちてもまだ関西があるし、北陸や東北も健在だ。

676 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 14:03:39.33 ID:???
>>667
局地レベルでは似たようなことになるので、よほど小規模の上陸作戦で後方拠点が残るような
日本にだけ都合の良い状況でなければ、どこに上陸されても3ヶ月しか持たんよ
組織的な抵抗が不可能な掃討戦レベルならそれより少しは長持ちするだろうけどさw

>>669
まあそのわずか120キロが主要補給線なら敵はそこを攻め上ってくるわけなんだな
沖縄だって島の長さは135キロもあるんだぜ

677 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 14:27:13.63 ID:???
>>672
徹底抗戦してたとするなら、日本の全産業設備はアメリカに破壊されつくした後
今のイラクみたいに無政府状態〜名ばかりの傀儡政権のまま宙ぶらりんにされ
最悪ベトナム戦争が日本で起きてただろうな

678 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 15:04:11.10 ID:???
旧政権側を支援する勢力が皆無だから国内が宙ぶらりんにはならんだろ

679 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 15:06:50.36 ID:???
>>666
「押収された兵器が一つもなかった」
というのと
「日本は本土決戦に備えて2年は戦える食糧や武器弾薬を備蓄しておったというホラ話
を証明するほどの押収規模ではなかった」
というのが区別できない知的障害者は
書き込みを控えてくれたまえ。

スレが混乱するだけだから。

680 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 17:45:35.93 ID:???
原爆どんどん落とされたら、実際の効果はさておき、その恐怖で戦争継続が難しくなるだろな

681 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 18:36:43.46 ID:???
>>666
一発も残っていなかったわけではないが、
年単位どころか、月単位の継戦すらぁゃιぃレベルだったわけで。

>>667
無理。
敵の戦力が違いすぎる上に、精鋭部隊は払底している。
しかも、本州には冬がある。どうやって越冬するんだい?

>>669
120キロを人力輸送する間、敵航空機に見つからないといいね(はぁと)
人力輸送できていたのは、本土上空に現れる米軍機が重爆だけだったから。
艦載機やマスタングが跋扈するようになってからは、危なくてとてもじゃないができない。
という状況になっている。
本土決戦になったら、B-25系の中型爆撃機が大量投入され、交通網が完全寸断すること請け合い。

>>670
あのー。。。普通毒ガスにせよ細菌にせよ、砲爆弾に詰めて撃ち込むものなんですが。
それに、数隻の潜水艦で投射できるBC兵器なんてたかが知れてるじゃないですか。
あっちはB-29でBC兵器封入爆弾をバラまけるんですよ?
おまけに核までふらせてきますよ?
それ以前に、伊号潜がハワイやロスまでたどり着ける可能性が極めて低いでしょう。
よしんばたどり着いたとしても、浮上砲撃なんてできるわけもない。
結局攻撃手段は艦載水上機以外ないわけだが、はたして目標投下まで飛んでいられるのか?

682 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 18:38:34.69 ID:???
>>672
本土決戦していたら、高度経済成長もなく、永久に最貧国だっただろうよ。
なにより、永久に続く繁栄など存在しない。
てゆーか、失われた20年なんて、殆ど日本人自身の自爆だ。
(もっとも、対して失われてはいないんだが)

683 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 18:45:29.04 ID:???
非効率な人力輸送で何十万何百万の需要をみたせるものか。当時のせまい道路に人がごったがえせばたちまちナケナシの兵站網もパンクする

684 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 18:46:30.53 ID:???
戦後の買い出しも、基本家族4〜5人が食える分を個人的に運んでただけだからな。

685 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 19:03:10.69 ID:???
化学兵器に何の夢みてるんだろ
オウムがサリン撒いて東京が壊滅しただろうか

686 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 19:09:59.96 ID:???
ゲーム脳の馬鹿に何を言っても無駄w

687 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 19:10:13.59 ID:???
>>685
カルト教団がまいた、せいぜい数十gのサリン(しかも不純物てんこ盛り)と、
B-29から投下される数トンのサリン(超高純度)

そうだね。全社で大丈夫だったんだから、後者でもきっと大丈夫だよね ( ・´ー・`)

688 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 19:11:03.10 ID:???
>>686
人力輸送で食糧賄える(しかも空襲頻発状態で)
とか言ってる人に対してですね?わかります。

689 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 19:12:20.30 ID:???
>>681
B-25また空母から飛ばすんかいっておもったが沖縄使えるんか

690 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 19:13:07.27 ID:???
>>689
オリンピック作戦終わったら、九州からも飛ばせる。

691 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 19:57:34.67 ID:???
それなりの化学戦装備を備えた正規軍には効果は薄いが、それをもたない民間人への被害は大きい。
野戦における化学兵器は汚染地帯を作り出して、部隊の通過を阻止したり、除染するなりして遅滞させる効果が見込まれるってくらいだな

692 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 20:01:19.24 ID:???
アホか

後々の占領政策考えたら、そんなリスキーな兵器使うかよバーカ

693 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 20:13:30.63 ID:???
>>692
これだけやった後の占領政策が、史実のような手とり足とりやってくれる占領政策になると思うの?馬鹿なの?

694 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 20:50:53.45 ID:???
>>679
>スレが混乱するだけだから。

ようするにあんたの脳内が混乱してるつーわけだなw

695 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 20:53:36.19 ID:???
『世界的に有名なB-29は、第二次世界大戦と韓国戦争の3年間を通して任務を果たした。韓国戦争でのB-29は、
延べ22,983機出撃し、197,000tonの爆弾を投下した。しかし、34機のB-29を失った。この超空の要塞は、18個に分解され、
1972年3月にカリフォルニアのチャイナレイクからソウルへ輸送した。そのB-29は韓国空軍によって
再組み立てされ、そして、1972年8月以来Yoid Museumに展示された。』
http://www.sun-inet.or.jp/~ja2tko/jap/jap.trip/trip.korea.html

>韓国戦争でのB-29は、延べ22,983機出撃し、197,000
>tonの爆弾を投下した。しかし、34機のB-29を失った。

COMBINED SUMMARY OF 20TH AIR FORCE & 9TH GROUP OPERATIONS
     20TH AIR FORCE                 9TH BOMB GROUPC
     From June 5, 1944 on             From February 9, 1945 on
Missions          380                        75
Sorties        
Combat          31,387                       1843
Other           1,617                        169
Total           33,004                       2012
Bomb and
mine tonnage      171,060                      11,376
B-29 losses
Combat losses      494                   14 + 5 non-combat
Training losses in U.S.  260                          1
Air crew losses
Killed             576                26 + 1 ground crewman
Missing           2,406                  96 (12 repatriated)
Wounded or injured    433                         30
http://www.9thbombgrouphistory.org/Chapters/Chapter_07.pdf

朝鮮戦争の中朝軍と比べたら、旧軍の対空火力は10倍以上。

696 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 20:55:57.30 ID:???
>>694
君が馬鹿なだけじゃないのか?
0か1かでしか物考えられないデジタル脳

697 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 21:05:05.35 ID:???
>>694
だからさ
日本語読めないなら無理しなくていいからw

698 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 21:19:28.76 ID:???
>>691
風が吹きゃ終わりっすよ

699 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 21:20:57.48 ID:???
>>687
不純物とか言ってる時点でアホ丸出しだな
空気に混ぜて使うのを知らないようだ

700 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 21:22:43.68 ID:???
>>698
風が吹いて拡散するまで待たせるのも遅滞の内なんだな

701 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 21:26:49.24 ID:???
>>695
コピペ乙

702 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 21:30:43.91 ID:???
>>700
それは何十分効果あるんです?
焼夷弾並べて炎の壁作った方がマシだな

703 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 21:47:30.31 ID:???
>>699
いや、知識ゼロなのはあなたですよ。
サリンは純度が低いと毒性も低くなるんです。

きっちり精製した高純度のサリンは、オウムが使ったなんちゃってサリンなんかよりはるかに強力。
んで、オウムの数百倍〜数千倍の量をばらまくわけでしてね。

>>702
なんで、「どっちか片方」なの?

704 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 21:48:12.89 ID:???
なーんか、「化学兵器否定派」の方々は、あらゆる事象を【その場の点】でしかとらえられないようで……
全部全部連動するにきまってるでしょうに。。。。

705 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 21:52:35.95 ID:???
>>703
なら空気中にばらまいて濃度下げるなんてもってのほかですねw

化学兵器は狭いくて横に閉じた塹壕とかに使うのが効果的なのであって
工業地帯の上からバラ撒いたって仕方ないよ
オウムだってビルの上から投げたりしないで地下鉄に撒いてたでしょ

706 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 21:57:53.24 ID:???
>>704
ごめん何言ってるかわからない

リスクの高い兵器を間違った効果の低い使い方をするなと言うだけの話なんだが

707 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 23:07:05.14 ID:???
>>705
いやだから……

はぁ、もぅ……理解力ない人だなあ……

708 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 23:12:52.25 ID:???
>>707
どうせ化学兵器を触れれば人が死ぬ便利兵器とでも思ってるんでしょ

709 :名無し三等兵:2013/10/18(金) 23:15:14.31 ID:???
都市一個が地下鉄駅構内の何倍の体積があるか考えてみたらいいんじゃないかな

710 :米軍最高司令官:2013/10/19(土) 09:07:27.68 ID:iqFAfHmN
ミーとナチスの科学者との会話

「ううむ・・。サリン7千トンとは、お前ら軍事裁判にかけて、人道に対する
罪で全員死刑だ!」
「そ、そんな。私どもはヒトラーの口車に乗せられてやっただけで・・。」
「これからアメリカ軍に協力するのなら、情状酌量の余地ありだが。」
「も、もちろんですとも。これからは自由と民主主義の戦士、アメリカ軍のために
戦う所存です。」
「よし、ならぱジャップの奴らが往生際が悪く戦っている。これをサリンで
なんとかしろ。」
「おまかせください。フッフッフッ」

711 :米軍最高司令官:2013/10/19(土) 09:16:02.11 ID:iqFAfHmN
「まず、ジャップの奴らはガスマスクでサリンを防げると思っていますが
バカな奴らです。
サリンは1945年時点で人類が見出した最凶の毒ガス。1滴皮膚についた
だけで5分以内に即死。服に飛び散ったサリンの臭いを嗅いだだけで、
失明、筋力低下で動けなくしてしまいます。
防ぐには全身防護の防護服が必要なのです。
ナチスの秘密工場では、その防護服のすき間から入り込んだサリンで
何人もの死亡事故を出しているほどです。
ガスマスクをつけているのにバタバタ人が死んでいくのをみて、ジャップは
慌てることでしょう。」
「ううむ。」
「さらにサリンの兵器としての有効性は、その被害の大きさです。
サリンで死ななくても、視力低下・失明、筋力低下で全身麻痺などの症状が
出ます。あのオウム事件でも、いまだに後遺症が治らず苦しんでいる人が
大勢いるのです。
失明や筋力低下した人は、後方に搬送する必要があります。さらにその後の
治療や食料の手当も必要です。つまり戦死するより兵站に負担を
かけるのです。
これでますますジャップは困窮するでしょう。」

712 :米軍最高司令官:2013/10/19(土) 09:23:26.41 ID:iqFAfHmN
「サリンの使い方は、焼夷弾に爆薬の代わりに詰めて投下するのがいいでしょう。
毒ガス兵器のいいところは、爆弾の爆薬の代わりに使えることで、
焼夷弾に詰めて投下すれば、B-29搭乗員の安全は確保できます。逆に
効率よくジャップにはサリンをばら撒くことができます。」
「ううむ、なかなかのグッドアイデアだな。」
「おそれいります。
さらにサリンには水に弱いという特性があります。これは長所にも欠点にも
なるものです。
欠点は、製造・貯蔵の段階で水分が混入してしまうと、分解されてサリンが
パーになってしまうことです。
しかしひとたび散布されると、ひと雨降ればほぼ無毒化されます。つまり
ジャップをサリンで皆殺しにした後、アメリカ兵は安全に占領できるのです。」
「ううむ、さすがは鬼畜外道のナチスが作った毒ガスだな。」
「今のお言葉は聞かなかったことにします・・」

713 :米軍最高司令官:2013/10/19(土) 09:30:13.95 ID:iqFAfHmN
「よし。ダウンフォール作戦の試算では、サリンの散布により日本の人口は
7千万から最大で2千万まで減少する。残っているのは田舎のジイさん
バアさんばかりだ。
これでジャップはこの世から絶滅だな。」
「ヒトラー総統は、劣等人種を絶滅させるためにサリンを作ったのです。
毒ガスではない殺虫剤のチクロンBですら、私たちは6百万人殺しました。
それよりはるかに威力の大きいサリンならば、5千万人など朝飯前です。
天国の総統閣下も、さぞかしお喜びでしょう。」
「おい、それは問題発言だぞ。」
「すみません。忘れてください。フッフッフッ」
「ワハハハハ!」
「フッフッフッ」
「ワハハハハ!」

714 :名無し三等兵:2013/10/19(土) 11:27:25.58 ID:sUGf8KhA
>>679
証拠を出そう。
日本は南方戦線の兵士が餓死するほど補給ができなかった。

つまり海外の戦地に送ってないから日本国内の倉庫に食料や弾薬が山積みだった。
節約して貯めこんでいたんだ。

715 :名無し三等兵:2013/10/19(土) 12:18:20.76 ID:???
>>681
当時の航空機は肉眼で地上の敵を探す。
時速400キロ以上で飛びながら肉眼で戦車を探すのも大変であり、
地上の人間を探すにはさらに困難だ。
なぜなら飛んでいる飛行機から肉眼で地上の人間を見たら、シラミにしか見えないからだ。
東京ドームでシラミ一匹を探すようなものだぞ。

これが朝鮮戦争で中国人民義勇軍が敵制空権下で移動できた理由だ。

716 :名無し三等兵:2013/10/19(土) 12:29:36.87 ID:???
>>682
ベトナム程度の経済成長はできたのでは?

717 :名無し三等兵:2013/10/19(土) 14:23:08.27 ID:???
>>715
えっ
中国人民義勇軍が次第にジリ貧になっていったのは米軍の爆撃機が輸送ルートを空襲したからなんだけど・・・

718 :名無し三等兵:2013/10/19(土) 16:46:17.57 ID:???
>>714
確かにソロモン海や南シナ海の底に溜め込んでるな

719 :名無し三等兵:2013/10/19(土) 17:11:10.29 ID:???
1日二合1杓の配給を一合9杓にすることを検討してた時に終戦になったのに
どこにくいもんを貯めこんでるんだw

720 :米軍最高司令官:2013/10/19(土) 18:59:53.90 ID:H8CCvUkz
>>714
ワハハハハ!
ジャップの思考回路は独特だな。

>日本は南方戦線の兵士が餓死するほど補給ができなかった。
つまり海外の戦地に送ってないから日本国内の倉庫に食料や弾薬が山積みだった。

アメリカ人なら、補給できないのは国内の倉庫に何にも無かったからだと考える。

721 :名無し三等兵:2013/10/19(土) 19:04:19.96 ID:???
国民の大量徴兵で弾薬どころか火器そのものが充足してなかったんだけどな

722 :名無し三等兵:2013/10/19(土) 19:31:28.81 ID:???
竹槍や弓を持ち出すくらいだもんな

723 :名無し三等兵:2013/10/19(土) 19:41:47.96 ID:???
先込め式銃やさす又なんかも・・・

724 :名無し三等兵:2013/10/19(土) 21:50:29.44 ID:???
三角形の銃口より使える

725 :名無し三等兵:2013/10/19(土) 23:10:14.96 ID:???
白紙動員なんて何でもいいから武器っぽいもの持って現地集合だぜ

726 :名無し三等兵:2013/10/20(日) 10:59:25.36 ID:???
>>715
ドイツ機甲部隊がボッコボコにのされる程度には有効で、
人民解放軍の補給線を断ち切ってしまう程度の威力はあったわけだが?>航空攻撃

727 :名無し三等兵:2013/10/20(日) 21:48:45.04 ID:???
人力の交通網遮断とかどうやるんだよ

728 :名無し三等兵:2013/10/21(月) 00:14:11.52 ID:???
朝鮮戦争の場合は道路という道路はB-29にやられた上
夜間はB-29が照明弾を投下してB-26が低空から侵入するという作戦
後者の場合、あまりに高度が低いので朝鮮兵は谷間にワイヤーを張って対抗するほどだったらしい
しかもそれで何機か墜落したとか

729 :名無し三等兵:2013/10/22(火) 03:34:22.65 ID:???
>>727
ふつーに航空攻撃、機銃掃射喰らいますがな。
道路を歩いていたら。

まぁ、道の通ってない山岳当たり迂回します?
一回に運べる量が少なくなるし、途中遭難する可能性もあるけど。

もっとも、何回もそのルート通れば、自然に道が形成されて
攻撃目標と化してしまうけどね。

730 :名無し三等兵:2013/10/22(火) 08:39:03.21 ID:???
歩兵を航空攻撃で排除なんて無理
できるならイラク戦争は陸軍も海兵隊も死者0人だった

731 :名無し三等兵:2013/10/22(火) 10:08:32.03 ID:???
>>730
書いてあることに
矛盾があるように読めるのだが?

732 :名無し三等兵:2013/10/22(火) 10:57:03.22 ID:???
今の論点は歩兵を排除する・・・って話じゃなくて
人力輸送を遮断できるかどうかってことだよな?

733 :名無し三等兵:2013/10/22(火) 10:57:33.32 ID:???
米軍が本土上陸するって前提のスレだからな
味方の犠牲者を減らすために徹底的に空爆するに決まってる

主要交通路だけでも遮断されたらジンギスカン作戦みたいになりますがな

734 :名無し三等兵:2013/10/22(火) 11:55:03.83 ID:???
もはや袋小路の本土決戦だもんな
追い詰めりゃいいだけで無理に上陸しなくたっていいw

嫌なら降伏しなよwって
いやがらせのように空爆してれば
8000万総餓死でそのうち沈黙する

735 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 10:02:11.92 ID:dfnNeEfY
>>732
ベトナム戦争で米軍はホーチーミンルートを空爆したが遮断は無理だった。
理由はルートが長いので空爆だけで潰すのは物理的、予算的に不可能であり、地上部隊で制圧しなければ
遮断はできなかった

736 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 10:14:25.09 ID:???
そもそもホーチミンルートを通る物資は安全な後方地帯を通してほぼ無尽蔵の供給元から送られてた
だから輸送されたのも必要最小限の量ではなく、そのうちの何割かが届けばいいという性質のもの
日本が本土決戦した場合は、どこかに隠匿した物資を小出しでぎりぎりの量だけ送るしかないだろう
完全な遮断でなくても、輸送が100%実行されないだけで、前線はあっというまに補給不足になる

737 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 10:20:55.83 ID:???
>>723
当時の日本はアジアではもっとも進んだ工業国であり、日本中の鍛冶屋や町工場で
リサイクル資源や砂鉄からドライゼ銃程度は量産できた。(戦国時代の日本の鍛冶屋でも火縄銃を量産している)
それぐらいの平均的工業力が無ければ戦艦大和もゼロ戦も作れない

東芝やホンダを生んだ日本の工業力を舐めるな

738 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 10:25:05.28 ID:???
>>736
戦時でも生産がストップしたわけではない。
畑がある限り農作物は生産できるし、川や海で魚も採り、製塩もしていた

739 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 10:29:11.90 ID:???
長野県は精密部品の製造で有名だし、舐めたらいかん

740 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 10:37:41.09 ID:???
東京人は群馬県の農村まで歩いていけよ

741 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 10:38:59.29 ID:???
頻繁にグラマンが飛んできて機銃掃射しにくるような状態で
自分たちの生活に必要な分以上の余剰な農産物を生産しようって程のキチガイはそういないだろ

742 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 11:02:39.48 ID:???
まあ作れるのは作れるが、そもそも日本の国土面積で適正な人口は3000万程度と言われてる
つまりは問題ないと主張してる人は5000万程度が餓死するのは前提なんだろうな

743 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 11:20:54.80 ID:???
まぁどの道戦国時代に毛が生えた程度の装備で
なおかつ餓死寸前の5000万とか…

脅威でも何でもないワナw
そいつらに裏から兵器や物資の補給する国もない
って〜状況じゃー

都市部から一掃できた時点で連合軍は安全に上陸
あとは機甲部隊で周辺警戒、出てきたら撃ち殺す
で、粛々と占領政策進めればOKだなw

生産可能とか言ってるゲーム厨いるけどさ
「原材料」どうすんの?
畑から鉄鉱石が生えてくるの?
井戸掘れば石油が湧くの?

馬鹿も休み休みになw

744 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 11:48:46.00 ID:???
>>741
グラマンは機銃掃射したら弾切れになり、そのときゼロ戦に襲われたらアウトだ。
1人の百姓爺さんを撃ち殺すためにグラマンが飛んだら費用対効果が悪すぎる

745 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 11:52:24.70 ID:???
>>743
鉄鉱石やゴムなどの資源は満州や東南アジアから徴収して日本国内に備蓄していた。
南方作戦は資源や食料を徴収するためだからね。
また日本国内で石炭や木炭は生産できた

746 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 11:57:35.22 ID:???
24時間テレビ愛は地球を救うのマラソンでも徳光さんが24時間歩いて63キロを移動していた。
中年の女性タレントでも歩いて100キロを移動していたぞ。
それなら歩いて東京から京都まで行ける

747 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:00:11.00 ID:???
>>745
で?
どこに備蓄してた?

上では臨機応変に地下地上問わず生産拠点を移動するような事書いといて
原材料は備蓄がありますって、じゃ〜どうやって運搬すんのって聞いたら
臨機応変にって…

議論がいたちごっこになってますが?

>>744
迎撃するゼロなんかいないだろうよw
いたらその基地叩くのが優先任務だわアホか?

そこがクリアされたからだよ、点在する地上徒歩運搬勢力を
掃射するって戦術を云々してるのはよ!

馬鹿が相手だとマジで疲れるよなw

748 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:00:58.43 ID:???
>>741
ところがどっこい
グラマンやP-51は市民や家屋を銃撃している上
本土決戦における海軍航空戦力の大部分は出撃1.5回分以下の燃料しか備蓄していないという

749 :748:2013/10/23(水) 12:01:35.89 ID:Omd7+Qxu
失礼
>>744


750 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:02:04.81 ID:???
>>746
それじゃ物資なんて持ち歩いてないって事になり
運搬能力の実証になんかならんワ アホなのか?

例えば一人30kgくらいの荷物を背負って
フルマラソン出来んのかってのが問題点だろうが?

ゲーム脳ってマジ馬鹿が多いな

751 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:04:17.49 ID:???
江戸時代の人口が3000万人だったのは劣悪な医療の問題もある。
江戸時代の人はコレラの知識すら無く、妖怪がコレラを起こすと考えていたんだから。
江戸時代の日本は脚気の知識も皆無だしな。
1945年の日本はいくら戦時とは言え、江戸時代では無いし、トヨタやパナソニックもあったのだよ

752 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:05:48.35 ID:???
舗装されたアスファルトの道を手ぶらで歩くなら可能だな。俺は歩いて四国を一周したが、20kgの荷物を背負って毎日あるくなら、平地でせいぜい一日40km調子のいい時で50kmだったな。
無理をすればもっといけるだろうが体力がもたない。そして勾配のある山道とかだと、平地の3、4倍疲れる。当時23歳だった。これは俺の実体験な。
道すがら兵役行く前に俺もやったぞという爺さんにあったが、彼の話では、昔はもっとかかったという。
能書きたれてないで自分も体うごかしてみればどうよ?

753 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:09:35.97 ID:???
だからさ、(爆笑)

それを終始銃口に晒され死に怯えながら
毎日毎日アホみたいに繰り返し出来んのかよ?

リアルに考えて答えろよボンクラ

自分の喰い物だけ運ぶんじゃねぇぞ
燃料や武器弾薬、それらの原材料を運ぶって
お前は云ってるんだからよw

一回だけでいいって話かよアホ

754 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:12:10.95 ID:???
>1945年の日本はいくら戦時とは言え、江戸時代では無いし、トヨタやパナソニックもあったのだよ

また現れたか
確かに松下も豊田織機も会社はあったが
ディーガやレクサスを生産してたわけじゃねぇ

劣悪な白熱電球とフォードやCMCのコピーのトラックを細々と作ってただけだ
直ぐエンストする…。

嘘つき野郎がw

755 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:12:21.74 ID:???
>>747
中国や東南アジアから徴収した莫大な物資は隠匿されて日本中にあった。
史実において、その物資で戦後復興や高度成長の基礎が築かれた。
またグラマンが機銃掃射で低空飛行をしてきたら、日本兵の九九式ライフルで狙える(一斉に100発撃てばいい)。
気球ワイヤーも有効だろう。

756 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:12:32.79 ID:???
彼の語る神国日本のあまりのたくましさを見てると、
いったいなんで戦争しなきゃいけなくなったかの謎が生まれる

757 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:25:13.43 ID:???
>>752
実体験を絶対視するのはいかがなものか?
自衛隊のレンジャーは訓練結果を分析すると戦前の日本兵より体力や根性が劣る。
すぐに泣いてへばり、脱走する。
それはコンビニや携帯電話がある生活に馴れ、「どうせ憲法9条があるから戦争なんて起きない」という舐めた精神構造だからだ。
ようするに、それは平時の経験に過ぎない。

しかし戦時で命令に従わなければリンチ死刑という極限状況に置かれ、さらにヒロポンなども服用すれば、また話は違うはずだ。
少なくともベトナム戦争のべトコンはナパーム弾を浴びながら突撃や補給をするという人間の限界を超え、人権を無視した狂気の作戦を敢行して勝った。

758 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:31:29.24 ID:???
>>756
いや、どこの国も中世や近世の歴史を紐解けば、たくましい。
北欧の人なんて、よくあんな北極圏に古代から住んでるもんだと感心する。
精神がホッキョクグマ並みなんだろう。

759 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:35:25.20 ID:???
中世のモンゴル軍は風呂に入らず、ユーラシア大陸を制覇した。
全身が垢やウンチまみれで、悪臭が凄まじく、シラミやノミも凄かっただろうが、
それでも数々の偉業を残し、幾多の文明を形成したところに人類の偉大さがある。

760 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:38:18.52 ID:???
>中国や東南アジアから徴収した莫大な物資は隠匿されて日本中にあった。

だから3年前くらいからソース出せって言ってんだろ
クソが!

連合軍の押収物件リストにもねぇ
その莫大な物資はどこに隠して
誰の管理で、どういう手順で戦後の分配を行った?
その記録は?

ニートのお前には解らんのだろうが物流の出入りは
例えヤクザだろうと入出庫管理しないとグデグデになるんだぞ?
運用管理もリストも無かったなんて言わせんからな

761 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:41:38.08 ID:???
>>757
そのベトコンも死傷者6万名、車両大破1万5千台を数えているが
それも対日作戦に投じられる米軍機よりはるかに少ない機数でだ

762 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 12:52:44.67 ID:???
実際ベトコンはホーチミンルートを
徒歩で物資輸送に使ってたわけじゃないし…

さらにダウングレード(ってかそもそもソ連に相当する後ろ盾もない)
の状況に在って、どんだけ抵抗できるのか
誠に持って現実的ではないなw

763 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 13:00:44.91 ID:???
>>757
実体験があてにならんというなら当時の教範から引用してやろう。
当時の日本陸軍が想定していた一日の行軍距離は30キロの荷物を背負った場合でせいぜい30km程度。
ちなみに戦国時代の頃の行軍速度は日に15km程度な。
美濃大返しは五時間で52kmを走った記録が残ってるがこれは先方の騎馬武者たちの話で、歩兵たちはそのずっと後ろを歩いてる。
道の悪い当時ならそんなもんだ。

764 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 13:13:00.23 ID:???
軍事行動が取れる最低限の体力を身につけさせるための一般歩兵の訓練と、その中からふるいにかけて気力体力ともに精強な人間を選抜する特殊部隊の訓練を一緒にしして語ってる時点でナンセンス。
ガリア戦記なりの当時の人間か書き残した書籍を読めば、当時の軍隊の機動力だってだいたい見当はつくだろう。
一体歴史の何をひもといたんだ?

765 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 13:48:35.66 ID:???
どうでもいいけど
大戦末期しかも米軍が雨あられと爆弾降り注いで
食料も行き渡らず、文化的な生活から隔絶されてもなお
ガチムチで精力満タン…って前提で、大荷物抱えて
何十キロも闊歩できるとか…

ファンタジー語ってんじゃねぇよ!

766 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 14:12:02.51 ID:???
ここで「隠匿物資があってー」とか電波飛ばしてる香具師は、M資金とか山下財宝
或いは「マル福金貨」等をネタにした詐欺に簡単に引っかかるんだろうな。

それとも逆にこれらをネタにした詐欺を企んでいるのか?

767 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 14:46:39.54 ID:???
そんなに賢くないよw

768 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 16:48:07.56 ID:???
こういうアホがムッチーみたいな作戦考えたんだろうなw
日本人は強い!食料もなくても補給なくても何十キロも行軍できます!みたいな
日本人はサイヤ人かよw

769 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 16:51:42.76 ID:???
しかも最終的には専門訓練してない民間人に戦わせるって
腹なんだぜw
で、そいつらがシュワちゃん並みにガチムチで無双するとかw

ご都合主義も極まれりって感じだろ?

770 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 17:06:57.10 ID:???
まあ、笑えないのが当時の軍人もおんなじこと考えてたってところだな
日本人はいざとなったら、上陸してきた敵兵相手に全土においてゲリラ作戦を展開
日本人ならできる!っていうw
食うもん食ってない人間がそんなことできませんわ

771 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 22:54:39.05 ID:???
ホーチンミンルートって、その大部分は中立国ラオスの国内通ってて、
米軍もそった大々的な攻撃できなかった。

ゆーだけなんだがな。

そういう地域が本土決戦時の日本にあるわけもなく。

772 :名無し三等兵:2013/10/23(水) 23:59:15.96 ID:???
>>770
結局むりぽって諦めたけどなw

773 :名無し三等兵:2013/10/24(木) 13:46:20.11 ID:???
>>763
日中戦争で日本兵が重たい荷物を背負って歩いた距離は優に1万キロを超える。
しかも飲料水の補給すら無い。

インパール作戦も撤退が開始された時にはすでに食料は無かったが、日本兵は食料ゼロでも
雨季のアラカン山脈を走って越え、チンドウィン川を泳いで渡ってミャンマーに帰還した。

そんな能力があるなら本土決戦で勝てただろう

774 :名無し三等兵:2013/10/24(木) 13:49:52.68 ID:???
>>771
ラオスやカンボジアのホーチーミンルートにも米軍は爆弾の雨を降らせている。
しかし空爆では瞬間的な遮断はできても、占領しているわけではないから継続的な遮断ができず
べトコンは人員や物資の輸送を継続した。

775 :名無し三等兵:2013/10/24(木) 13:55:55.60 ID:???
「東京には食料がない」と書いている御仁がいるが、だったら東京人は歩いて埼玉や山梨に行けばいい。
終戦直後の東京人には歩いて埼玉まで芋の買出しに行った人もいる。
自転車は普及していたのだから、自転車で移動すればさらに楽だろう。
また東京が食糧難になったのは敗戦後であって、敗戦までは東京の店でトンカツが食えたという証言もある。

776 :名無し三等兵:2013/10/24(木) 14:00:27.34 ID:???
「ガチムチで無双する」と考えていたのは、当時の日本の民衆だ。
当時の日本の民衆は反戦平和など唱えてないからね。

当時の日本の民衆はチャンバラ映画が大好きで、宮本武蔵は国民的ヒーローだった。
そこから中国人民義勇軍のように人海作戦で竹やり特攻をするという作戦を民衆が考えていた。

777 :名無し三等兵:2013/10/24(木) 14:40:32.18 ID:???
>>774
ホーチミンルートの定期爆撃を行った第609特殊戦航空団の主力は、たった18機のB-26(A-26)なんだよねえ
しかもベトコンはソ連製の37mmや57mm対空砲を各所に配備してたんだよ

それに対して日本は高射砲なんて地方にはろくに配備していない上
連合軍の戦力は
B-29が2000機とヨーロッパから重爆が9000機
更に艦載機が5000機だ
九州に上陸したら、そこには3000機の中爆も展開する予定で
そのうちどれだけが補給路遮断に使われたかは判らないが
それでもベトナムの10倍、100倍の機数が使われるわけであって

778 :名無し三等兵:2013/10/24(木) 15:24:59.00 ID:???
>>775-776
やればできるって勝手な思い込みで実現するなら
それこそ、アメリカ軍だって100倍の物資、兵装があったんだから
やればできるというアンタと同じ理屈で勝利に持ち込めるんじゃないの?

論理的な裏付けもなく、ただやればできるって言ったって
アンタの云う「出来た時」と「1945年の状況・環境」
が同等ではないことなどの考慮が全く無くて、
お経のようにただ勝てる勝てると唱えたって
誰も賛同なんかしないと思うんだが?

>竹やり特攻をするという作戦を民衆が考えていた。

これだってあんたが「思っていた」って解釈してるだけで
当時の国民全員にアンケート取った訳でもないでしょ?
そんなんじゃダメだよw

現実に敗戦して、玉音放送したら安堵の思いで
マッカーサー迎えた国民が大半だったんだからさw

そんな覚悟あったら、ギブミーチョコレートなんて言って
ジープ追いかけまわすようなガキどもは皆
張り倒されてるよw

779 :名無し三等兵:2013/10/24(木) 15:40:40.30 ID:???
>>777
それが事実であったとしよう。
ならば英国や米国の戦費は膨らみあがり、米英は財政破綻する。

780 :名無し三等兵:2013/10/24(木) 16:02:32.70 ID:???
しねぇよ
8000万が餓死する方が早いw

ドカ貧の日本は長持ちして
米英だけが財政破綻するってご都合理論の真相が知りたいねw

781 :名無し三等兵:2013/10/24(木) 17:21:19.33 ID:???
>>779
ところで日本の財政状況は?

782 :名無し三等兵:2013/10/24(木) 18:42:04.00 ID:???
>>773
補給態勢さえ整ってりゃ、1万キロだろうが10万キロだろうがそりゃあるけるさ。

しかし、インパールから撤退してきた部隊は完全に戦闘能力喪失していたわけだが。
やせ衰えて。

結果、英軍の反攻が開始されるとあっという間に壊乱状態になり、あっさりビルマを明け渡す羽目になったんだが。

783 :名無し三等兵:2013/10/24(木) 18:44:25.60 ID:???
>>779
事実も何も
重爆9000機は実際に欧州で対独戦を終え太平洋に展開予定の米英空軍の実数
B-29、2000機は対日戦用に米軍に引き渡された実数(他に引渡し前1000機、発注中5000機)
艦載機5000機も米英軍が空母123隻を展開しているのは事実であって
実際に行動していた機数なのだが?
しかも、この中にソ連軍は含まれていない

784 :名無し三等兵:2013/10/25(金) 15:30:55.47 ID:jW1PQEIR
>>780
食糧事情がもっとも深刻で危機的だった終戦直後でも餓死者は君が言うより少ない。
当時は庭のある家庭は家庭菜園をやっていたし、東京でも空き地はすべて畑にされ、
埼玉県などはほぼ全域が畑だったからだ。
また戦後の乱獲が無いので川や海の沿岸はすぐ魚が釣れたというのもある。

785 :名無し三等兵:2013/10/25(金) 15:35:16.92 ID:???
>>781
日本は江戸時代のようなケチケチ倹約財政のうえ、占領地から奪った金塊などが
あったので比較的財政は良かったのではないか?

786 :名無し三等兵:2013/10/25(金) 15:40:27.49 ID:???
>>782
戦後はGHQや左翼によって戦前の軍神神話の虚構を暴くという企画が盛んに行われた。
いわく「日本兵はただの弱い人間に過ぎなかった」という宣伝だ。

しかしインパールから撤退して生還した日本兵は超人的と言っていい。
食料ゼロで英軍に追撃され、激しい豪雨のなかで走って山脈を越え、川を泳いで帰還できたら、
それは映画ランボーの世界である。
不死身ではないが、超人的と言っていいはずだ。

787 :名無し三等兵:2013/10/25(金) 15:43:38.29 ID:???
>>783
それだけの機体数を攻勢限界点を超えた日本で運用したら、米英の補給は破綻するし、
同時に米英は財政破綻する。
君は米国が攻勢限界点や財政を無視できると言うのかね?

788 :名無し三等兵:2013/10/25(金) 15:46:14.79 ID:???
日本住んでない奴多すぎ
農村は全国にあってその間に狭部もない日本でどうやって補給路遮断するんだ
県境全部絨毯爆撃でもするかw

789 :名無し三等兵:2013/10/25(金) 15:47:30.14 ID:???
>>785
大陸での戦費がかさんでて、対米開戦しなくても破綻寸前でしたよ?
まあぎりぎりながらアメリカとの貿易でなんとかやりくりして対中戦争続けてたのに、
その頼みの綱から貿易停止を宣言されたので、ヤケになって対米開戦したわけだけど

790 :名無し三等兵:2013/10/25(金) 17:23:34.13 ID:???
あの時代まともに納税出来る人間どれ位日本にいたんだろう

791 :名無し三等兵:2013/10/25(金) 17:26:44.74 ID:???
富裕層の力が強すぎて、貧乏人から搾り取るしかないというのがね

我々は経済力と資金を持って国家に貢献しているというのは便利な言い草ですよね

792 :名無し三等兵:2013/10/25(金) 17:27:53.42 ID:???
しかも満州からの一連の戦争事態が、財閥の意向と働きかけが強く影響してるというのもあるしな
226事件とか仔細にみてると軍部・高級将校と財閥との深い関係というのもねっこにあったりするわけで

793 :名無し三等兵:2013/10/25(金) 18:49:47.66 ID:???
>>788
関係ないね
組織的に米軍に対抗しようとするなら
点在する人員が小規模に各個自給自足なんてしてたって意味は無いワな?
そんな小規模な活動など取るに足らない
何の脅威にもならん。

都市部、重要拠点を押さえたらそこから
点在する抵抗勢力を各個殲滅する作戦で良い

たとえばA、B,Cの独立する農村があったとして
Aへの攻撃時、畑なり菜園なりを叩けばそれだけで
Aの自給環境は成立しなくなる。
Aの生き残りがBやCに逃げ込んだだけで、
そこの自給自足バランスは破綻する。
で次にBを叩く…

こうやって虱潰しにやってればゲリラ作戦なんて
組織的に行えなくなる。

ベトコンがやれたのはソ連の援助があったからで
バランスを維持できたに過ぎん。

1945年夏以降の日本ではそれは不可能。

上記は食いモンだけの例だが、武器弾薬や医療の話が追加されたら
もっと事態は深刻になる。

794 :名無し三等兵:2013/10/25(金) 18:58:10.81 ID:???
>>787
財政破綻も何も
実際に連合軍が運用し、対日戦に振り向ける予定の機数なのだが?
オリンピック、コロネット両作戦は実行したら米英自らが財政破綻する作戦とでも言い出すのかい?

795 :名無し三等兵:2013/10/25(金) 19:03:57.02 ID:???
馬鹿には「見積り」とか概念がないんだろうな
だからハワイ叩いたら講和してくれるかも?
なんて希望的観測で戦争おっぱじめてタコ殴りにあうw

しかも1945年のドカ貧状態で日本が本土決戦するのは成功して
攻めるアメリカは財政破綻するとか言っちゃうんだもの

反省もしなければ
過去の失敗を悔い改める知性すらない

796 :名無し三等兵:2013/10/25(金) 22:12:08.31 ID:???
米軍は財政破綻どころか、日独が積み上げた負債をチャラにして、さらにマーシャルプランで同盟国も敗戦国も隔てなく復興資金まで捻出してるわけだが

797 :名無し三等兵:2013/10/26(土) 12:14:00.12 ID:???
>>788
お前日本に住んでないだろw
その日本の農業は今や肥料は輸入
田植えでさえ機械でやってる
お前庭の草刈りを人力でやってみろ
数十分で音を上げるだろw

798 :名無し三等兵:2013/10/27(日) 13:24:49.78 ID:???
>>784
>食糧事情がもっとも深刻で危機的だった終戦直後でも餓死者は君が言うより少ない。

何よりも「米騒動」は起こってない。ちなみに朝鮮人の「三・一独立闘争」は、日本軍の官憲によって鎮圧されてる。
従って官憲の弾圧が云々は理由にならない。また格差がどうこう言うのなら、小泉竹中の市場原理主義で格差
がひどくなったと言われるが、それでも米騒動のような暴動は起こってない。

なお「朕はたらふく食っている、汝臣民植えて死ね」は、戦後の日本共産党が発したスローガン。

799 :名無し三等兵:2013/10/27(日) 15:58:53.98 ID:???
>終戦直後でも餓死者は君が言うより少ない。
アメリカ様の食糧援助のおかげでなw

800 :名無し三等兵:2013/10/27(日) 16:27:56.58 ID:???
戦争後の給食の話になると大抵出てくるのが脱脂粉乳がまずかったて話
市販されてる脱脂粉乳がまずくないのになんであんなにマズイマズイって話になるのか?
理由は簡単給食で出されたのはアメリカで余ってた家畜の餌用のだから
それでさえも児童の栄養状態向上のためにアメリカに援助してもらったもの

当時の日本に家畜の餌なんていりませんなんて選択は無かった

801 :名無し三等兵:2013/10/27(日) 22:20:11.78 ID:???
>>780
真相と言うかカラクリ

日本
何千万餓死しようが文句言わずに戦う

英米
なぜか突然国民がへそまげて国債買わなくなる

日本国民は国家や国民の存続が困難になるほどの負担に耐え
米英の国民は利子が付くのに小遣い我慢して国債を買うって負担に耐えられない
て超理論w

802 :名無し三等兵:2013/10/27(日) 22:24:58.57 ID:???
戦後の手のひらの返しっぷりを見るとそうは思えんがな。捕虜になれば兵隊も民間人も途端に従順になったといういし、日本人同士の視線を気にしてうかつなことを言わないようにしてるだけだったんじゃね

803 :名無し三等兵:2013/10/27(日) 22:53:18.97 ID:???
現実の日本もそんなこと無理って本土決戦前に降伏しちゃったわけだが

804 :名無し三等兵:2013/10/28(月) 01:02:24.73 ID:???
当時の日本人一部のネトウヨが思ってるほどに、政府に盲従してるわけではないがな。
いけすかない上官を戦闘中のどさくさにまぎれて殺したり、軍の物資を横流ししたり、銃後は銃後で熟練工は仕事サボったり、複数の工場を掛け持ちして賃金を吊り上げたりする程度に利己的に振舞ってるよ。
表立ってお上を批判しないだけで

805 :名無し三等兵:2013/10/28(月) 07:04:41.99 ID:???
必ずしも政府に盲従しなくとも相互監視同調圧力で突き進むのが日本人

806 :名無し三等兵:2013/10/28(月) 11:56:19.77 ID:???
戦後に戦中にしごかれた上官のところにお礼参りしたとかそういう話もあるしな
みんながみんな黙って耐えていたわけではない

807 :名無し三等兵:2013/10/28(月) 12:43:49.20 ID:???
よくいうWGIPだのGHQの洗脳政策だのは、占領地で敵愾心を解くためにどこの国でもやってることだ。今のイラクやアフガニスタンでも行われてるがテロは絶えない。
日本だって皇民化政策を占領地で実施しているが、それにもかかわらず反日抵抗運動があった。どんな統治政策だろうが、陰謀をめぐらそうが、それを受け入れる下地がなければ一億の人心をつかむことなんてできるもんじゃない。
日本国民があっさりGHQの統治を受け入れたのは、つまり本心では戦争にうんざりしてたということだろう。

808 :名無し三等兵:2013/10/28(月) 13:44:19.50 ID:???
>>798
あのさ、
ここはね『8/15の玉音放送が無かった場合』
の戦争継続能力を問うてるのねw

終戦直後のデータなんてドヤ顔で出さないでくれませんか?
終戦して、横浜から荷揚げした米軍調達の食料で
なんとか食いつないだ状況でそれですよw

アホですか?

809 :名無し三等兵:2013/10/28(月) 23:00:10.90 ID:???
>>800
まあ、今の日本がTPPを拒否できないのと同じだな。

810 :名無し三等兵:2013/10/28(月) 23:03:59.73 ID:???
 今日申し上げた目標は、すべて重要です。しかしアメリカが、まるで帝国主義的
なくにであるかのような尊大な目標ではありません。アメリカは今まで一度も、
帝国主義的国家であったことはありません。我が国は人類史上唯一の、全くユニーク
な超大国かもしれません。なぜなら、我が国は帝国主義国家になれるチャンスがあった
にもかかわらず、より高尚な精神を持つ国家であることを選び、覇権主義国家という
栄光より、正義を選択したのですから。
 我が国は、一九四五年にドイツを倒すために尽力した国です。ドイツは戦争を勃発させ、
五千五百万人もの尊い命を犠牲にしました。しかし我々は戦争が終結して五年もたたない
うちに、ベルリンに住む人々を飢餓と独裁から救うため、空輸作戦を行いました。ドイツ人
の古い世代は今でも、子供たちにキャンデーや干しぶどう爆撃機を覚えているでしょう。
 我が国は日本に勝利した国です。しかし戦後は、食料を与え、憲法を作り、労働組合を
結成させ、女性に参政権を与えました。日本人はアメリカ人に報復されるのではと恐れて
いましたが、彼らは慈悲を与えられてました。あるアメリカ軍基地の入り口には次のような
言葉を書いた旗が飾ってありました。「身なりを正せ、軍人らしくあれ、誇りを持て、
責任ある行動を取れ、アメリカ人たれ」
 誰もがこれらの言葉の意味を理解していました。「アメリカ人たれ」とは、我々は勝者であっても
驕り高ぶらずに、謙虚であることを意味していました。我々は解放者であり、征服者ではなかったのです。
アメリカの兵士が、残酷な捕虜収容所の生存者たちと抱き合い、ともに涙を流し、悪魔のような世界
からの生還を喜んだその時に、我が国の崇高な使命は一層強固にされたのでした。

『ジョージ・ブッシュ 私はアメリカを変える』
扶桑社
255ページ
出版社: 扶桑社(2000/10)
ISBN-10: 4594029876
ISBN-13: 978-4594029876
発売日: 2000/10
http://www.gemki-fujii.com/book_list/character/000095.html

811 :名無し三等兵:2013/10/28(月) 23:11:09.18 ID:???
>>798
>小泉竹中の市場原理主義で格差がひどくなったと言われるが、

戦前とは比較にならないし、戦前のものすごい格差社会と比べれば、終戦間際でもしっかり配給してくれる
社会主義国家のほうがマシ(それでも足りずに闇市が流行ったが)。なお戦時中の餓死は、ソ連では当たり前。
ソ連は戦勝国でも百万単位の餓死者を出している。

ちなみに本土決戦は、勝利ゼロと思う。アメリカとソ連の二大国を相手にしたら分断国家にされてもしょうがない。

812 :名無し三等兵:2013/10/29(火) 09:47:01.48 ID:VfK9eb9X
>>811
親米ポチの小泉竹中時代に栄養失調が原因の孤独死をした国民は100万人を超える。
それでも国民が暴動を起こさないのは洗脳されているからだ

813 :名無し三等兵:2013/10/29(火) 10:11:08.49 ID:???
無条件降伏したら史実どおり在日に日本を乗っ取られる。

814 :名無し三等兵:2013/10/29(火) 10:14:35.52 ID:???
松ヤニ、人造石油、菜種油で飛ぶ国産ジェット機がもっと早く量産されていたら

815 :名無し三等兵:2013/10/29(火) 10:29:21.37 ID:???
関東平野の闘いには国産バズーカを大量投入できます
VT信管も東芝がコピー試作品を作っていました

816 :名無し三等兵:2013/10/29(火) 10:59:51.63 ID:???
B−29は日本側のレーダーで発見できたでしょ。
日本側に怠慢がなければB−29は空飛ぶ棺おけ

817 :名無し三等兵:2013/10/29(火) 11:01:56.17 ID:???
みずほ銀行の役員54人が処分されても、戦後日本の虚構を信じるか?

818 :名無し三等兵:2013/10/29(火) 13:16:19.36 ID:???
戦前の日本なら朝鮮人も日本国民で兵役の義務もあれば参政権もあるんだから、今よりよっぽど権利を持ってるな。
日本が勝ってれば今頃は本土の一億二千万に加えて半島の七千万、台湾の二千万に加えて、さらにフィリピンやらインドネシアやらアジアの臣民が加わる素晴らしい大日本帝国が出来上がってるな。

819 :名無し三等兵:2013/10/29(火) 14:43:30.36 ID:???
>>818
今でも半島人が日本人とかいう状況
罰ゲームにしか思えん

820 :名無し三等兵:2013/10/29(火) 14:55:10.76 ID:???
愛国者なら八紘一宇、五族協和だろ?

821 :名無し三等兵:2013/10/30(水) 10:08:29.31 ID:???
真の愛国者には自らのあやまちを反省する素直な心が必要
半島人を奴隷として扱った支那と甘やかして付け上がらせた日本

822 :名無し三等兵:2013/10/30(水) 11:11:39.61 ID:???
>>820
戦前の日本は生活レベルが低いと言われるが、それはコンビニやスマートフォンがある現代と比較したらの話であって、
当時のアジアの中ではもっとも近代的な生活を送り、教育水準も高かった。

反対に当時のアジア人の多くは植民地奴隷か中世の生活だから、仮に八紘一宇が実現して当時のアジア人が日本国民と同じ権利を有して
いたならば、アジア人の生活レベルや教育水準は大幅に上がり、アジア全体で高度経済成長が起きていたかもしれない。

それに全てを賭けた牟田口を間違っていたと言えるだろうか?

823 :名無し三等兵:2013/10/30(水) 11:17:24.80 ID:tSK6q6ZC
戦後の親米ポチ、親中の日教組、アニメオタクなどの立場で「戦前は許されない」と言張るやつが多いが、
そうした戦後的人間たちもやがては倍返しされるだろうよ。
そいつらの根底にあるのは、ただのエゴイズムだ

824 :名無し三等兵:2013/10/30(水) 11:22:19.14 ID:???
関東平野はもともとは湿地帯である。
米軍の大戦車軍団が関東平野に上陸してきたら、関東上流のダムを爆破し、
関東を湿原に変えて米軍戦車の進撃を阻止することもできた。

825 :名無し三等兵:2013/10/30(水) 11:26:33.28 ID:???
隠匿物資について説明しよう。
資源というのは、ただ倉庫で眠っているだけでは意味がない。
ネジなどに加工され、流通して使用されてはじめて意味がある。
つまり占領地から日本に運び込まれた莫大な資源は加工され、日本各地の村や町で使用されていた。
もちろん、加工できず地下倉庫に眠っている資源も多かったが。

826 :名無し三等兵:2013/10/30(水) 11:30:41.25 ID:???
日本はティガー戦車を量産はできなかった。
しかしティガー戦車の砲塔を地面に埋めたようなトーチカは日本各地の要所にあり、
草などで隠蔽して発見も困難だったのだから、この「土に埋まったティガー戦車」とでも呼ぶべき
トーチカは米軍を苦しめただろう

827 :名無し三等兵:2013/10/30(水) 11:33:18.87 ID:???
ホリエモンやひろゆきのような親米ポチにして新自由主義万歳論者の言い分が正しいとでも言うのかね?
あいつら半沢直樹の大和田常務と同じだろよ

828 :名無し三等兵:2013/10/30(水) 11:56:33.36 ID:tSK6q6ZC
牟田口がシンガポールを攻略した際、イギリス軍のパーシバル中将は大和田常務のように土下座した。
バターン死の行進において歩くだけで死んだ米兵が日本列島を地上戦で制圧できるとは思いがたい

829 :名無し三等兵:2013/10/30(水) 13:56:56.27 ID:???
喧嘩で土下座して謝ったやつが、かなりたってから
「あのとき喧嘩を続けてたら、俺が勝った」
って言うのと同じ。
情けないから、もうやめてくれ。

830 :名無し三等兵:2013/10/30(水) 14:43:41.59 ID:???
日本を分断国家にしたかった奴が常駐してんのか?
北海道をソ連領にそんなにしたいのかよw

831 :名無し三等兵:2013/10/30(水) 15:15:59.89 ID:???
>ティガー戦車の砲塔を地面に埋めたような
>トーチカは日本各地の要所にあり

へぇ〜
どこにも資料は見当たらないし
沢山残ってたなら写真だって1枚や2枚じゃ済まないよね?
探しても見つからないんだが?

どこの仮想世界の話でしょう?

832 :名無し三等兵:2013/10/30(水) 22:15:43.91 ID:???
ティガーって、くまのプーさんかよ

833 :名無し三等兵:2013/10/31(木) 01:23:36.20 ID:???
>>793
農村虱潰しわろたw

834 :名無し三等兵:2013/10/31(木) 11:06:27.71 ID:???
田んぼに爆弾落とすってまだ言ってるのか

835 :名無し三等兵:2013/10/31(木) 11:09:46.40 ID:+zl7pc3n
>>831
跡地は各地に残っていてマニアが参拝している。
ただ戦後68年だけに、その多くが住宅地や森になって記憶すら残されていない。

836 :名無し三等兵:2013/10/31(木) 11:21:18.27 ID:???
>>833
朝鮮戦争やベトナム戦争でも米軍は農村を虱潰しにしようとしたが、
あまりに時間と労力を喰うので無理だった

837 :名無し三等兵:2013/10/31(木) 11:29:26.46 ID:???
60年代までの東京は美濃部都政が誕生するほど反米感情が強く、ここから言えば60年代までは
各地で牟田口らがインパール作戦方式で反米闘争ができただろう。
武器や燃料はソ連が援助する

838 :名無し三等兵:2013/10/31(木) 11:46:40.47 ID:???
本土決戦は過去の話ではない。
安倍総理が中国と開戦し、そこでアメリカが日本を見捨てたら本土決戦は起こりうる

839 :名無し三等兵:2013/10/31(木) 12:14:31.36 ID:???
戦前の日本は天皇中心なので、天皇がマッカーサーに寝返ると総崩れになった

840 :名無し三等兵:2013/10/31(木) 14:28:40.35 ID:???
>>838
安全保障条約結んでも
直ぐ裏切るなら意味無いな、
他の同盟国への信頼なくすわw

そういう事考えてレスしようねw

841 :名無し三等兵:2013/10/31(木) 17:07:24.85 ID:???
田んぼに爆弾までは行かなくても焼夷弾と枯葉剤は割りと本気で計画されていた

842 :名無し三等兵:2013/10/31(木) 20:58:45.74 ID:???
>>837
アメリカに勝つために日本をソ連に売り渡すんですね。わかります同志

843 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 06:37:34.04 ID:oWjoSs3f
ちーばくん

ヘ__/ ̄ ̄ ̄\
\ノ  (・)   ヽ__)
 \_ノ    丿
  (ノー、  |
    ノ  ヽ
   /  | |
   |  (_ノ
   \  /
    ) /
    (_ノ

844 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 07:23:33.02 ID:???
地上部隊による占領なしで民間人含めた住民を壊滅させたことなんて
人類の有史以来ないんじゃない?

845 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 10:12:48.28 ID:Lu+Wq0sB
>>844
補給ゼロだった南方戦線の日本軍も空爆だけでは壊滅してない。
米軍が空爆しかしてこないなら、日本は地下工場でジェット機や赤外線誘導ミサイルを量産して
B−29を叩き落せた。

米軍が地上侵攻してこないなら、日本は勝つ

846 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 10:36:41.78 ID:???
日本側が7千万人を動員して掘ってる塹壕や地下壕を落とせるのかよ。

847 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 10:51:07.95 ID:???
ソ連の本質はプーチンやロシアの土着信仰のようなものであり、共産主義とは違うのでは?

共産主義はユダヤ人マルクスの思想であり、ロシアの土着的なものではない。

848 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 10:53:41.44 ID:???
中国共産党も看板である共産主義とは思えない中華的土着性を持つからね

849 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 11:16:43.60 ID:???
おおむね正しいけど共産主義はユダヤ人の思想と言っちゃうあたりが安っぽい
そこはコスモポリタン的要素の一つでとどめておかないとすぐ陰謀論に走っちゃうぞ
スターリン主義もナチズムも反ユダヤ主義から生まれた双子みたいなものなんだから

850 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 11:42:28.22 ID:???
>>849
ユダヤ人マルクスの叫んだ革命とは、ユダヤ人がイスラエルを復興することであり、
実のところコスモポリタニズムとは無縁で、ユダヤ人がユダヤ人の立場で叫んだナショナリズム運動である。
それが幻想によって人類普遍の平等運動のように誤解されてきた。
マルクス自身はユダヤ人以外を憎んでいたんだから。

851 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 11:49:05.88 ID:???
ほら言わんこっちゃない

852 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 11:53:41.26 ID:???
民主主義が国によって異なるように、共産主義や新自由主義も国ごとに違う。
料理が国によって違うようにだ。

853 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 11:58:06.44 ID:???
米国の新自由主義とはビルゲイツがネットで成功したら、誰でもネットで成功できるかのように宣伝する猿真似成功論だ。
「このマニュアルで絶対成功できます」が常套句。

854 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 12:01:31.80 ID:???
日本の新自由主義とはブラック企業で死ぬまで働き、税金も死ぬまで払い、パチンコで憂さを晴らすだけの社畜人生のすすめだ

855 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 12:02:03.88 ID:???
マルクスなんて読んだこともないくせに

856 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 12:23:15.32 ID:???
7千万人が穴を掘ったら、シャーマン戦車が穴に埋まって進めない(笑)

857 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 12:28:23.07 ID:???
100万の精鋭が待ち構えてたんだし
ベトナムみたいにアメ撤退になってたんじゃないの

858 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 12:29:11.55 ID:???
>>855
いくらでも嘘を書ける著書だけではなく、実際の運動内容が肝心だ。
日本の共産主義は連合赤軍のようなリンチ至上主義であり、権力を取る前にリンチで自滅する。
そのルーツは江戸時代の拷問。

859 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 12:36:50.98 ID:???
1972年の連合赤軍事件は当時の日本において特異な事件ではない。
なぜなら当時の日本のあらゆる場ではリンチが肯定され、企業でも精神注入としてリンチが日常化していたからだ。
すなわちそれは日本の風土や生活から生まれた陰惨な暴力である。

860 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 12:44:03.84 ID:???
ユニクロの経営者も従業員がしごきに耐え切れず自殺するのは歴史の必然であり、革命だと連合赤軍みたいな経営論を叫んできた。
ユニクロも連合赤軍も極東アジア的殺人文化の産物。

861 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 12:51:20.48 ID:???
牟田口は俺たちの心のなかにいる。
ユニクロ経営者の心の中にも、山本太郎議員の心にも、そしてあなたの心にも

862 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 13:01:39.22 ID:???
>>857
その100万の精鋭を食わせることができればな

863 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 13:25:23.81 ID:???
>>862
支那派遣軍が中国人を徹底的に虐殺すればOK.

本土が壊滅しても、支那派遣軍は絶対に負けない。

864 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 13:31:56.04 ID:???
>>862
米軍がいる沖縄も台風で大被害を受けるから、米兵も物資が洪水で流されて飢餓状態になるのでは?

865 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 13:40:04.84 ID:???
当時の銃は銃口に雨水が入ると暴発するぞ

866 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 14:17:22.60 ID:???
>>864
おまえの脳内歴史では沖縄の在日米軍基地は何度も飢餓状態になってるわけだな

867 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 14:19:26.87 ID:???
つか、米ソ京劇で本土が壊滅しようが、支那派遣軍百万の精鋭は健在のまま。

あのまま戦争が続行されれば、中国人は3500万ではなくて一億人以上は虐殺されていたはずだ!

868 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 14:28:29.79 ID:???
ソ連が参戦しないという設定はどこから?
どのみち日本海からの補給を絶たれたら大陸派遣軍も終わりなんですけどね

869 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 14:40:42.91 ID:???
>>868
>日本海からの補給を絶たれたら大陸派遣軍も終わり

中国人を虐殺して、虐殺した中国人を潰して中国人油を生成し、それを補給源にすればOK.

870 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 14:47:38.48 ID:???
地下工場とかw

地上に工場建てるのですら困難なのに
脳内は本当お花畑満開だなw

871 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 15:34:43.86 ID:???
>>870
中国人を大量動員して、死ぬまで強制労働させれば、地下防空壕なんていくらでも作れるよw

872 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 17:00:57.46 ID:???
防空壕と工場ってのは
お前のお花畑では同義語なんだなw

話が通じないのは仕方が無いなw

873 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 17:59:07.52 ID:???
>>872
でも皇軍が虐殺した中国人は多ければ多いほどお国自慢になるし、進歩的でリベラルだと思うぞ。

874 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 19:01:02.63 ID:???
本土にいて、周りは連合軍に囲まれてて
どうやって中国人を虐殺しに行くんだ?
この馬鹿は何が云いたいんだ?

875 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 19:10:57.51 ID:???
大陸で自給自足しながら打通作戦を続行するんだろ言わせるなってば

876 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 19:49:01.51 ID:???
忘れ去られてた戦線を、忘れたころに打通しただけ
なんだよなあ。。。そう考えると激しくしょぼい。>大陸打通作戦

877 :名無し三等兵:2013/11/01(金) 20:11:14.79 ID:???
>>876
どうせなら一億人虐殺すればよかった。

878 :名無し三等兵:2013/11/02(土) 10:05:08.63 ID:quJ0Rhkg
>>868
1946年にはソ連が支援するホーチーミンがインドシナ戦争を起こす。
その状況でソ連が「米英さんの言うことは何でも聞きます」と言うわけないだろ。

879 :名無し三等兵:2013/11/02(土) 10:10:39.70 ID:???
中国の日本軍はそのまま戦闘を継続していたら蒋介石には勝てたんじゃないの?
蒋介石は米英からジェット機やシャーマン戦車を援助されても、それでも弱く、
自軍の兵士や民衆からも見放されていた愚将だから

880 :名無し三等兵:2013/11/02(土) 10:13:21.08 ID:???
>>870
鎖国をしていた江戸時代でも佐渡金山などに坑道を掘ってるぞ。
それより前の戦国時代でも金山や銅山の坑道開発は行われている

881 :名無し三等兵:2013/11/02(土) 10:16:29.77 ID:???
団塊世代の新左翼はリンチで自滅という惨め過ぎる敗北があった。

すくなくとも日本軍はこの団塊世代よりはマシだろ。
初期のマレー作戦とかは成功させているんだから。

反対に団塊世代の連合赤軍は戦う前からリンチで壊滅という古墳時代の戦よりも
低次元な闘争しかできなかった

882 :名無し三等兵:2013/11/02(土) 10:19:35.75 ID:???
マレーの英軍には準備も戦意すら何もなかった
あれに勝っても自慢にもならない

883 :名無し三等兵:2013/11/02(土) 10:27:29.41 ID:???
団塊新左翼崩れが作ったコミケはさすがにリンチで自滅ということはなく、
イベントに55万人のオタクが詰めかけるほどの盛況なのだが、所詮は80年代サブカルチャーの延長だから
タモリの笑っていいとも的なシュールさは否めない。
それが世界史を変えたなんてこともないしね。

反対に日本軍はベトナム、ミャンマー、インドネシア、インドの独立を促進した。

884 :名無し三等兵:2013/11/02(土) 10:29:40.24 ID:???
>>882
そんなこと言ったらナポレオンがマレンゴ会戦で勝ったのも自慢にならんとか、
愚論にしかならない。

885 :名無し三等兵:2013/11/02(土) 10:32:06.78 ID:???
もう団塊世代も新人類世代も新しくも何ともないんだし、
日本軍の批判をすれば、それで自分が偉くなったかのような錯覚をする
「戦後的幼稚性」を自己批判しろ

886 :名無し三等兵:2013/11/02(土) 10:44:58.55 ID:???
あのな、俺は後だしジャンケンだから負けようが無いんだよ。

違うとでも言うのかね?
もう貴様等みたいに「ネットやってる素晴らしい俺」というスタンスも通用しないんだよ。
そういうのはホリエモンまでだ!

今ではマサイ族もネットやってるんだから。

887 :名無し三等兵:2013/11/02(土) 10:51:26.57 ID:???
それから沖縄戦はやり方如何では、さらに粘れたのも事実だ。
沖縄戦は会戦間際に突如作戦が変更され、それに伴う移動や陣地構築の時間が少なすぎた。

しかしそうしたミスが無ければ、史実よりもさらに粘り、沖縄空手が米兵に炸裂した。

888 :名無し三等兵:2013/11/02(土) 17:19:16.93 ID:???
粘って日本人の犠牲者をもっと増やせましたってかW

889 :名無し三等兵:2013/11/03(日) 06:40:12.34 ID:???
>>878
インドシナ戦争の大前提は、WWIIが終わってること
なんですがそれは。

そもそも1945年8月に参戦してきてるんですがソ連は。
その時点でわざわざ連合国内の足並み乱すかと。

終わるまで放棄棚上げ命令出すにきまってるだろと。

890 :名無し三等兵:2013/11/03(日) 06:42:22.83 ID:???
>>884
本気の英軍相手には、全く勝てて無いんだから、事実対して自慢にならんだろ。

>>885
日本軍スゲーってオナニーも大概にしろ
はっきり言って別に大したことないんだから。

891 :名無し三等兵:2013/11/03(日) 13:39:55.74 ID:wYCl+DBE
>>890
いや日本軍は史実においてすごい。
粗末な装備と補給ゼロにもかかわらず、なんであれ世界史やアジア史を変えたんだから。
かのシーザーも装備は槍だったが、地中海の歴史を変えた。

892 :名無し三等兵:2013/11/03(日) 21:52:24.88 ID:???
>>891
日本の意図したように変わったわけじゃないけどな
あの時代のローマは日本よりアメリカの立場

893 :名無し三等兵:2013/11/04(月) 02:06:56.59 ID:???
アジア開放も後付だからな
負けそうになってこのまま負けたら漏れたちただの悪役じゃんて
慌てて大東亜会議開いた
二回目のころにはもう完全に詰んでて
駐日大使の会議ってえらくショボイものに

894 :名無し三等兵:2013/11/04(月) 12:39:42.38 ID:???
日本の戦争を優位にできなかった遠因て
@元から水上艦戦力は、巡洋艦以上が異様に少なくて戦艦除きの20+前後、戦艦は低可動で交戦可能艦が少ないのに、やくにたたない駆逐艦や海防艦ばっか

A地雷や機雷の積極投入で固守ラインを確定できなかった。

B防空配備地の不備とシステム構成の失敗、明らかに、財務は陸海の防空システムを、ケチった(もっとも製造力都合もあるのだが)

C地上における装甲迫撃や榴弾などの火力編成の失敗
せめて105+97式改装した92式装甲迫撃システムは作るべきだった。


あきらかに技術格差でわなく、リソースとリソースの分配と戦力の編成の問題、さらに財務関係もすこぶるいい加減。

決定的に編問題。

895 :名無し三等兵:2013/11/04(月) 12:45:46.88 ID:???
例えば陸は105りゅうの量産
海は積極潜水艦戦術には一定の定評はあったが

機雷と地雷に頼らなすぎたこと。
防空司令部、火力司令部および補給関係の失敗【火力防空システム】
陸の装甲迫撃
海の巡洋艦体の編成

は失敗で、あれこそ基礎領域で
あれがないと話にならない。
いわゆる機甲部隊論、空母論は基礎すらクリアせず、基礎すらわからないものの意見で、基礎できてないんだから、上位機能として作用しないわな。

統合司令部以前に
予算分配の意思決定、防空、火力ドクトリンの不成立と、機雷、地雷の依存の低さ
が決定的な要因

896 :名無し三等兵:2013/11/04(月) 16:18:07.74 ID:???
>>890
>日本軍スゲーってオナニーも大概にしろ
>はっきり言って別に大したことないんだから。

26.国民党の河南・湖南・広西での大敗
 1943年から1944年春にかけて、日本は太平洋戦争において敗退を繰り返していた。海路の交通はすでに
米軍によって遮断されていた。東南アジアに侵入して孤立した軍を支援するために日本は1944年、
中国東北から広州・南寧に至る”大陸交通線”の戦闘を起こし、中国では”豫湘桂戦役”と名付けられた。
これによって、国民党軍は粉砕され、河南・湖南・広西と
 日本軍が14余万人を河南に投入すると、国民党は戦わず、河南駐屯40万人の大軍はすべて逃げてしまった。
僅か1ヶ月で河南の全てが陥落し、人民の国民党軍の腐敗に対する怒りは頂点に達した。河南省のある一人
の議員が重慶へ願いを請いに行き、国民党軍が作戦において武官が軍よりも早く逃げ、軍が日本人の進攻
よりも早く逃げたことを訴えた。”武官は兵を、兵は武官を見つけることすら出来ない状況で、
副司令官も自分の将軍さえも見つけられなかった”と。多くの有識者が敗戦の原因を”武官が兵士の心を忘れ、
兵士が民の心を忘れたからである”としている。河南陥落後、日本軍は長沙・衡陽・桂林などの軍事基地を
次々に占領した。また、同年、日本軍は費用も弾丸も使用せずに、南寧を占領した。戦果を広げるために、
日本軍が国民党を追撃させた軍はたったの3,000人ちょっとであった。数十万人もいた国民党は相手の勢い
に脅えて逃げ出し、貴州省の独山鎮まで追い詰められた。そして、そこから後方に連なるよ
うにしてあった貴陽や重慶にも不安が襲うようになった。
http://www.chinabusiness-headline.com/2011/08/15357/

897 :名無し三等兵:2013/11/04(月) 21:37:01.50 ID:???
>>879
ってかもっともっと大勢の中国人を虐殺してから、「無条件降伏」すべきだった。

898 :名無し三等兵:2013/11/05(火) 10:05:34.06 ID:???
      | ̄ ̄ |
      |  ___|
    _|___|_  ほほう 本土決戦ですか
     ( ・∀・)               
    /⌒<ヽ∞/>ヽ         ∧∧   ∧∧
   / / <ヽ /> ノ \__┏┓  ( 。_。)  ( 。_。)
   ( /ヽ o  o |\__E)   /<▽>  /<▽>
   \ /) o   o |    ┃  |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
      |_     .|     ┃  |:と),__」   |:と),__」
      |   |  /     ┃  |::::::::|    |::::::::|
      |   | /      ┃  |:::::::|     |:::::::|
      |  / /     ┃  |:::::::|     |:::::::|
      | / /      ┃  |::::::|     |::::::|
      | | |.       ┃   し'_つ    し'_つ
     / |\ \.    ┃
     ∠/   ̄

899 :名無し三等兵:2013/11/05(火) 10:09:01.54 ID:???
                       | ̄ ̄ |
                       |___  |
                     _|___|_
                      (・∀・ )
                    と━=tュニ{|  ((iニニ,====・
                    ,_,l二二二l,____ll_      ← M26 Pershing
    __           ,r´ ̄ ̄ /フイ 、 i三i三i ̄i 
   (O )_)))二二二二二二二二)__)・( (_/  ! i三i三i ノ
     ̄ ̄           .ゝ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ/___,ノ,,,;;;;;;;;;;;;-r´  lニlニニl
             ____0)―/☆_/ ̄ ̄0) ̄/ ̄/ ̄1 ̄lコニlニlニl=―i
          / ̄ ̄/ ・=)_)    / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          (ニニヽ\/_____(ニニニヽ ,,イ ̄0 ̄0 ̄0 ̄0 ̄0 ̄\_〕
          ヽ三三 \__\_\_ヽ三三V)ノ{ 0}{ 0}{ 0}{ 0}{ 0}{ 0}ノ}
           ヽ三三ヽ' ̄ ̄ ̄ ̄'ヽ三三ヽ;;;;ソ;;;;ソ;;;;ソ;;;;ソ;;;;ソ;;;;ソ/
            ` ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´

900 :名無し三等兵:2013/11/05(火) 17:59:02.47 ID:???
>>891
そういうことだなw
まさにそれなんだw

901 :名無し三等兵:2013/11/06(水) 10:03:20.32 ID:???
>>893
後付でも歴史は結果のほうが大切

>>894
財務省の無能は自己批判させ、懲罰を与えるべきだった

902 :名無し三等兵:2013/11/06(水) 10:06:08.68 ID:???
日本は無能官僚を処分できない甘さも問題だった。
山本五十六はミッドウェー敗戦の時点でクビにすべきだろう

903 :名無し三等兵:2013/11/06(水) 16:18:37.42 ID:???
そもそもそんなことできたら、戦争になってねえよ

904 :名無し三等兵:2013/11/07(木) 00:18:55.96 ID:???
>>901
結果を言うのなら日本の敗北でアジア開放の夢は水泡に帰した
インド、タイ、中国、フィリピン、ベトナム
むしろ連合国に与して日本軍とたたかった皆様がアジアを解放したWww

905 :名無し三等兵:2013/11/07(木) 10:32:02.25 ID:???
>>904
>むしろ連合国に与して日本軍とたたかった皆様がアジアを解放したWww

■日本は共産軍を助けたことになっている
 人民大会堂で行われた会談の重要メモを入手したので萬晩報で公開する。中国側の出席者はケ小平、
廖承志、王暁雲、孫平化、金黎、単達析であった。
 両国は100年間は喧嘩したが、いまは共通の問題がある。過去、中国人民は日本の軍国主義に対抗してきたが、
毛主席は常にこう言われた「過去のことは水に流そう」と。
 しかし、実際は、日本は中国(共産軍)を助けたことになっている。
 日本が攻め込んできたので、われわれを包囲していた蒋介石軍が後退した。当時のわれわれ八路軍の兵力は
3個師団3万人のみだった。日本が蒋介石を重慶まで押し退けてくれたので、われわれは日本軍の後方で勢力を拡大した。
8年後に3万人の兵力は120万人にまで増えたし、さらに数百万人の民兵組織までつくった。
 第二次大戦の後、米国は蒋介石軍400万を整備し、蒋介石はこれでわれわれを攻撃したが、われわれは120万の
兵力をもって3年間で蒋介石軍を打ち破った。それゆえ、みなさんだけを責めるのは不公平と思う。
http://www.yorozubp.com/0412/041210.htm

906 :名無し三等兵:2013/11/07(木) 12:07:54.59 ID:???
シンガポールかどこかで
イギリス軍インド兵と散々撃ち合いしといて
何がアジア解放だよ、笑わせんなw

907 :名無し三等兵:2013/11/07(木) 12:12:21.94 ID:???
>>904
日本が勝ってたらアジア解放なんか永遠にないよ

908 :名無し三等兵:2013/11/07(木) 12:17:21.38 ID:???
>>907
>日本が勝ってたらアジア解放なんか永遠にないよ


―――日本の皇軍が過去において中国の中国の大半を占領したため、中国人民は教育を受けることができた。
もし日本の侵略がなければ、我々は今でも山の中にいて、北京で京劇を観ることもできなかっただろう。
日本の皇軍が中国の大半を占領したからこそ、我々はたくさんの抗日根拠地を作り、その後の解放戦争に
おける勝利の条件を作り出すことができたのだ。日本による資本の壟断と軍閥は我々に対して「好いこと」をしたのだ。
もし感謝が必要なら、むしろ我々が日本皇軍の侵略に感謝したいと思う。(一九六一年一月二十四日、
日本社会党議員黒田寿男らに会見した際の談話)
―――あなたたちは我々の先生だ。我々はあなたたちに感謝しなければならない。あなたたちがあの戦争をし、
中国人民を教育してくれたため、撒かれた砂のような中国人民は団結をすることができたのだ。だから我々は
あなたたちに感謝しなければならない。(訪中した日本の元陸軍中将、遠藤三郎との談話。同年、接見した
日中輸出入組合理事長、南郷三郎にも同じような話をしている)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-624.html

909 :名無し三等兵:2013/11/07(木) 12:31:41.13 ID:???
思うのは勝手だが
当時の中国はどこの植民地でもなかったんだが?

910 :名無し三等兵:2013/11/07(木) 14:30:21.33 ID:???
しょうがないよ旧日本軍は中国人を3500万人虐殺したんだからさww

911 :名無し三等兵:2013/11/07(木) 22:50:12.32 ID:???
日本軍強すぎィ!!

912 :名無し三等兵:2013/11/07(木) 23:14:01.32 ID:???
軍事的責任によらず


政治のセクター(無論海省、陸省以外の)責任も非常に大きいんだよ。
その責任は6割型だと思う。
陸戦でわ補給線もあるが、リソースないのに
遅延、阻止、機雷地雷戦
に移行しなかったのが問題。
トータルの官公のトータルのリアリズムがかけてる。

ある意味軍組織は被害的で、少ないリソースで失態作戦をやらされて
それ以前に、陸、海の準備された正規の計画に、それ以上の政治の段階ではんこおりなかったことが問題なんだ。

913 :名無し三等兵:2013/11/07(木) 23:18:42.45 ID:???
例えば
陸の105ミリと、中迫やロダンの混成の中口径機動砲による火力少範囲密集ドクトリン
海の潜水艦ドクトリン

それだけでいえば実に少ないリソースでうまくやったと、それ単体のドクトリンでいえばいいんだけど
無論それ以外の基礎ドクトリンはリソース以前に理解してないで出来ないところはあったが

上位の政治セクターでむしろ財務のブリキで大丈夫戦略で失敗したようなもんなんだよ。

914 :名無し三等兵:2013/11/07(木) 23:19:52.56 ID:???
選択肢として失敗じゃなく
リソース的にできるのにやらせてもらえなかった

っていう要素が大きくてそれが失敗。
その政治のリアリズムに政治が全く追いつかないの。

915 :名無し三等兵:2013/11/08(金) 02:35:37.30 ID:???
軍事計画に限定すれば
@しせい57ミリ砲の量産、57ミリの戦車採用、希少な99山砲を利用した装甲迫撃、量産段階で、すでに性能の劣化がわかりきってた97TKの改修
などの中間戦略と、二級兵器の戦力建てをして、保守的汎用兵器の戦力維持に努めなかったこと。

A完全に無意味だった海防艦を切り捨てて巡洋艦の質か戦力化に務める最小戦力化の構成に努めなかったこと。

これが大きな失敗
情報統制と、海戦失敗の隠蔽などによる戦時状況の不認識が最低戦略を取れなかったことの要因であると思う。

「完全に一級兵器を作り量産しなかったことでわなく」
「二級兵器の量産と保守化戦略に努めなかったこと」
が最大的な軍事失敗。
ノモンハン以外30年以上他国の大国と本格交戦しなかったことによる、世代遅れでわなく軍事感覚遅れで
非実用兵器の大量生産と採用と
実戦的な効果のなさ過ぎて、形式と絵図だけになってる92歩兵砲や無意味形式海防艦の整備など
が軍事の失態

補給線や軍事責任などにすげ替えれる矮小化されるような問題でもない。
当然技術さの話しでわなく、二級選択すらしなかった
思考と手段の問題。


それこそチハなんかみんな見限ってるんだから、とっとと中迫撃や99砲を乗っけた装甲迫撃
2式砲戦車や、57ミリ(49口径)TKにとっとと改装すべきだったよ。

無駄な三級装備で無意味リソースをくってるのが最大の失敗だ。

916 :名無し三等兵:2013/11/08(金) 11:02:59.98 ID:1nFiox6K
>>915
できることもしなかった無能官僚は粛清ものですな

917 :名無し三等兵:2013/11/08(金) 11:05:58.88 ID:???
無能官僚の粛清ができなかったのが日本の敗因

918 :名無し三等兵:2013/11/08(金) 19:45:32.50 ID:???
>>916
最大的にTENNOO首長及びそれらの元老機構責任は大きいよ。
いわば明治以降の帝国ってTENOO元老クーデター欠落首脳体制に最大責任が問われるんだよ。

実はTENOOは事実上の国家がんしゅ、主権者身分になったことがなくて、
アテルイや熊襲タケルのような大和地方首長という分権的地方首長にしかなったことがなく、
武士団における国家形成期に
「TENNNOOて自称国家がんしゅみたいなこといってるけどただの地方首長なのに国家がんしゅと錯覚して、実験持ってない錯乱首長だよな」
「TENOOは日本のために死んでもらおうぜ。日本においてあってわいけない存在」
「氏ね魔王TENNOO」
と封印身分、封印公的身分として社会封鎖及び牽制がきいてて、その慣習は640年維持されるんだけど
それでどさくさ紛れに反米ブロパガンダで、結果元老クーデターとも呼ぶべき転覆運動が起きて(無論反米ブロパガンダは無視されて転向と列強特権をむしろ積極的に確約してかえって国家地位をふりにしました)

しかもTENNOO主権弁舌ってのが
「国家統一、建国期にいわば癲癇者で口で行ってれば覇権的地位を確定できるとか未開な主張的思考からぬけれなかった
錯乱者TENNOOOが国敵として社会牽制封鎖されてきた」
を→
「儒教的矛盾(阿求)ご都合主義弁舌、改ざん説でTENNOO起源地位捏造起源説」
でもって国家たいぶんと主権をごねて、最大的に大能無しの元老とTENNOOOのごまかしでもって国家うんえいしようとすれば
そりゃ首脳が脳死してるようなもんにもなって、
国家運営はままならないわ。

919 :名無し三等兵:2013/11/08(金) 20:22:02.25 ID:???
軍事戦術においてわ、小リソースの二級戦力型編成にしないで
ハイ・ローミックス(一級と三級)にした結果、ハイは震災と空爆で生産停止状態になって、
ローは完全に戦力無理指定くらったっていう状態だった。



すでに76ミリ砲で葬ったチハの2倍は47ミリ砲で大壊滅したM4が
試作57ミリで対戦車戦やったらとか考えると胸熱。
57ミリならでてる数値は少ないんだけど、通常弾で450メートル、クロム弾で650メートルでM4を撃破できた可能性があって、
47ミリの1.5倍、76ミリの2割落ちレンジでシャーマンを葬れた。

あの手頃兵器を量産しなかったのは対戦車戦を1年遅らした。
TK計画は
38年:38TKが決定される。
41年:までうろ覚えだが製造800以上発注1300以上のチハが決定される。
42年:失敗の47ミリ戦車と57ミリ戦車のコンベンションにおいて何故か47ミリ1式が決定される←痛恨のミス

【43年頃:すでに42年段階で、76ミリTKの量産が必須とわかったので42年くらいで開発が決まるも、要研究となる。
尚この間、失敗の38TK及び1式TKが戦力的にM3にすら遅れをとる駄作だとはっきりしてしまい、戦力として3000両のお蔵入りTKが出来てしまい。更新すら不可能になり
尚76TKは規格上38TKの改造でわ不可能であるため、新規製造となり、貴重な期間戦車製造が止まる】
この43年頃の空白の一年は致命的なミスで戦力を編成する貴重な期間を損失した。
M3なら圧勝M4で苦戦で済ませられる。57ミリ戦車の未採用は
・3000両のTKの戦力お蔵入り
・現段階で軽戦車にすら応対できないほどの機甲力の不備
・この戦力不備にもかかわらず4式TKまで第一級機甲戦力は事実上なしで、さらに1年間も製造空白が生まれるという致命的なあってはいけない自殺判断も同然のミス遅延が発生

44年:すでに50両は年度中に納入できるはずが空爆と震災で計画が遅れる。
45年:オリンピック作戦などまでに200両前後納入予定。

完全に57ミリ採用しなくて中間戦力や対汎用装甲戦力が形成されなかったのが問題

920 :名無し三等兵:2013/11/08(金) 20:51:21.51 ID:???
日本語でオケ

921 :名無し三等兵:2013/11/09(土) 06:31:24.45 ID:???
池沼のガイドラインかここは?ww

922 :名無し三等兵:2013/11/09(土) 09:34:13.34 ID:???
池沼というか,ネイティブ日本人ではないのでは?

923 :名無し三等兵:2013/11/09(土) 10:36:46.96 ID:ypQra8c+
>>919
火力で言うと決して日本軍の総合火力は低かったわけではない。
戦艦大和の主砲や雷撃隊の積んでる魚雷まで含めて総合火力を考えれば、米軍を撃滅しうるだけの総合火力はあった。

しかしそれを活かせなかった

924 :名無し三等兵:2013/11/09(土) 10:50:27.88 ID:???
毛沢東のゲリラ戦に関してはソ連の援助で勝ったと安易に考える人が多い。
しかしソ連も独ソ戦の最中は他国を援助する余裕はなかったし、ソ連からの援助ルートを切断されていた時期もあった。
また当時のオンボロトラックや馬車を使った悪路での補給はいつ物資が到着するかの目処は立たない。
つまりソ連の援助は決定的要因ではない。
ではなぜ毛沢東は最終的に勝てたのか?

それは毛沢東は実はグルメであり、現地でグルメ食材が入手できない場所には決して展開しなかったからだ。

925 :名無し三等兵:2013/11/09(土) 10:59:15.36 ID:???
毛沢東自身の食い意地から現地でグルメ食材を入手できる場所にしか展開しなかった
毛沢東のゲリラ軍は結果として食料に困らなかった。

これが毛沢東が長期の持久戦を行えた秘訣である。

926 :名無し三等兵:2013/11/09(土) 11:02:21.17 ID:???
本土決戦では食料問題から、毛沢東のゲリラ戦のように食料がある地域を転戦して
行かざるを得ない。
ちょうどトナカイの群れが食料の草を求めて大移動するようなものだ。

927 :名無し三等兵:2013/11/09(土) 20:01:08.93 ID:???
遊撃戦論よめや

928 :名無し三等兵:2013/11/10(日) 03:43:54.27 ID:???
しょうがないよ旧日本軍は中国人を3500万人虐殺したんだからさww

929 :名無し三等兵:2013/11/10(日) 10:10:55.22 ID:???
>>923
んー、しかし、弾薬生産量が恐ろしく少ないからなあ

930 :名無し三等兵:2013/11/10(日) 15:29:39.61 ID:???
大和の主砲なんて撃っちゃったら
あっという間に弾薬も砲身もすり減らして
空母みたいに船はあるけど載せるものが無いって事になっちゃうよ

931 :名無し三等兵:2013/11/11(月) 02:59:12.09 ID:???
しょうがないよ旧日本軍は中国人を3500万人虐殺したんだからさww

932 :名無し三等兵:2013/11/11(月) 23:30:47.86 ID:???
その米軍は世界中の敵を撃滅しうるだけの総合火力だし

933 :名無し三等兵:2013/11/12(火) 03:21:03.66 ID:???
でも旧日本軍は中国人を3500万人虐殺するくらい凄かったんだよww

934 :名無し三等兵:2013/11/12(火) 07:18:38.21 ID:???
上見て暮らすな下見て暮らせ、
しょっぱい日本の伝統ですな

935 :名無し三等兵:2013/11/12(火) 09:27:39.31 ID:???
チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ
チンピラゴロツキの3500万がどうなろうが、そんなのは数のうちに入らないんだよ

936 :名無し三等兵:2013/11/12(火) 10:56:57.75 ID:???
>>935
旧日本軍は中国のチンピラゴロツキ専門の殺戮集団だったと割り切っていこうぜ!

937 :名無し三等兵:2013/11/12(火) 11:47:47.71 ID:???
というか、こんな惨めな敗戦になることわかってたら、もっともっと大勢の中国人を殺戮しておくべきだった。
これなら日本がどんなに惨めに敗戦して無条件降伏しても、中国人よりは優れていたのだと胸を張れる。

938 :名無し三等兵:2013/11/12(火) 13:27:39.64 ID:???
極めてわかりやすく言うと

1930前半
76ミリ野砲、37ミリ対戦車砲
1930後半
105ミリ砲、45ミリから50ミリ戦車砲
1943
120から155榴弾、57ミリ戦車砲
1944
155榴弾、76ミリ砲
1950
155榴弾、90ミリ砲

と戦時中に一気に37→45→57→76
と10年で3世代も武器が進化したのに応対できなかったんだよね。致命的なのが

・76ミリ野砲などの憲兵コマンド砲を正規で使用した。
・事実上チハ砲台は亜製劣化57ミリで、47ミリ=45ミリを作ったが量産中段階でハッキリと57ミリに移行してた時代で57ミリ量産すべきだったのにしなかった。
・47ミリのみが半数に普及した段階で、57ミリを無視し失敗の76ミリに写ったこれで軍事計画が数年空白し遅れ、
明らかに3年間の戦車製造空白と、フィリピン敗北を招いた。

でこれかなり露骨で、政治や製造側の都合で57ミリなどの量産ができなかったが、これ政治が57ミリの価値を見出してなかったことの失敗なんだよね。

実際3式戦車→4式76ミリ
4式→5式76ミリ
だったんだけど、その前に3式ないし2式として57ミリを量産しとけば状況が全く違った。
そもそも1式すら製造しないんじゃそりゃ終わる。

939 :名無し三等兵:2013/11/12(火) 13:44:47.16 ID:???
更には陸は実際

一時大戦憲兵師団   50師団規模
大戦初期47ミリー105ミリ師団  推定で15個程度
しか戦力持ってなかった。明らかに大戦初期のままが上限でそれが15が限界。

なんで真っ先に1式や57ミリに移行すべきだった。もっとも陸シフトでも
最終的にうまく行っても
4式戦車155ミリ師団×1←大戦式正規師団
3式76ミリ師団155ミリ×2←事実上57ミリ師団級
57ミリ戦車師団155ミリ×2

普及世帯の57ミリ+50から70ミリ装甲師団でせいぜい5個も編成できなかった。
これに47ミリ師団で10から15が限界。

つまり正規機甲1軍団、二級歩兵1集団軍
を限度とした戦力しか保有できず
総生産ベースでのドイツの15%、ロシアの5%、アメリカの10%
程度の陸戦力で頑張って限界で、補給上アメリカの20%もいらないが

最大的に47ミリと、57ミリの違いをわかってなかった政治の失敗。

おそらく大戦してもしなくても
陸1個大戦機甲軍団
二級歩兵集団軍
三級憲兵集団軍3個
空母1個機動挺団
潜水艦数個挺団
数個駆逐艦挺団

という明らかに満州防衛がギリギリの軍隊までだった。

940 :名無し三等兵:2013/11/13(水) 07:33:08.42 ID:???
初期チハの57mmって短砲身で、貫徹力はドイツの20mm機関砲にも劣ったんだが。。。
榴弾で歩兵支援スンのが役目よ?

941 :名無し三等兵:2013/11/13(水) 17:19:23.24 ID:???
試製五十七粍戦車砲のこと言ってるんじゃないの。48口径のやつ

942 :名無し三等兵:2013/11/13(水) 19:29:24.43 ID:???
>>940

>>941のほうの試作57ミリのことね。

37ミリ砲は旧式の試作、駄作のようなもので対物対装甲銃として機能しない欠陥品だった。
47ミリ砲でほとんど45ミリ砲と同じくらいの威力があって事実上日本の最低限で数少ない対物対装甲用中戦車砲となったが
リソースがあったのにけちってその武器を普及させなかった。


ってのが根幹的な部分での巨大な基礎的な失敗。そして
@47=45ミリ砲を普及させない
Aほとんど42ないし43年に配備できた57ミリ砲を普及、量産させない
ってのは
@105ミリは、無理なのわわかるが、99式山砲すら量産しない
っていうミスと同じくらいのミス。

これって今で言えば対戦車ミサイル、重迫撃を装備しない歩兵じゃどうしても大損害がでるってのと同じ。基礎的な領域で常識。

そのものズバリで序盤から軽歩兵なんかを無意味に送るから勝てないんだよ。バカかつ能無しの思考

単純に155榴1発で壊せる要塞を、無意味1000発の76ミリ砲を売って勝てないってのと同じ。

943 :名無し三等兵:2013/11/13(水) 19:50:28.41 ID:???
日 九四式三十七粍速射砲(1936年採用)
独 3.7 cm PaK 36      (1936)
米 M3 37mm         (1938)
英 QF 2ポンド砲       (1936)
ソ 19-K 45mm         (1932)

砲自体は同時代のものと比べて遜色はないよ。その後の開発ペースについて行けなかっただけだろ
あと知恵ならなんとでも言える

944 :名無し三等兵:2013/11/14(木) 15:25:08.93 ID:???
兵隊は食いモンがなきゃ動けないって知ってるよね?

945 :名無し三等兵:2013/11/14(木) 15:37:11.80 ID:???
>>944
中国人を虐殺して、虐殺した中国人から中国人脂を抽出すればOK.

946 :名無し三等兵:2013/11/14(木) 16:29:45.54 ID:???
そんなもん
吐き気がするよ

947 :名無し三等兵:2013/11/14(木) 17:26:43.92 ID:???
死んだ味方は日本人じゃなかったことにするわけですね

948 :名無し三等兵:2013/11/14(木) 22:14:29.62 ID:???
>>943
後知恵問題でも製造競争でもない。
明らかに最低47ミリのM3クラスの最低限中戦車は必要で、砲も装甲も不足してたのわ知覚していて、
これに対して決定的に製造力は足りていた。
(ついでにいえば短期に製造できた3式含めチハを亜製1式、3式に改造するのは早く短期にできて負担もなかった。)

完全に37ミリー57短口径戦車は一次対戦から対戦前型の完全な旧世代戦力
対して弱いとわいえ47ミリは完全な初期WW2世代の対装甲用駆逐戦車型最低武装
57ミリは、中期型一般武装


すでに戦う前から対戦初期武装に基礎段階から勝てない37ー57ミリ短口径は完全な旧式の今日で言えば90/100ミリ砲レベルで、使用以前に、いかなる中戦車も撃破できず基礎武器のていもなかった
これは92式などの歩兵砲も似た欠点を指摘できる。

かつこれが極端に明白で短期低コストで迫撃や47ー57長戦車に移行できたのだが、
お役所的数だけ換算、役人の数換算が旧式57や37が、威力ベースで2.5倍も新57ー47ミリが違うと知覚できなくて
ないといけない基礎装備、WW2最低装備(買える安価な)すら整備できなくて、最低限基板装備を買えなかったから交戦すらならず
最低限WW2級一般部隊すら(歩兵科ってことね)整備できなかった。

ってことでそれが欠点

949 :名無し三等兵:2013/11/14(木) 22:23:36.60 ID:???
日本は大戦の最新級部隊も正規機甲部隊も編成する能力はなかった。
しかし最低限歩兵部隊は整備する能力はあったし、十分補給、製造負担から製造可能で

しかもむしろ総負担を下げれる可能性あったので、整備に関してわほぼ問題なかった。
しかしお役所的感覚で、むしろ政治段階で(完全に、軍部外)で、
37ー57短砲と47ー57長口径砲が2.5倍くらい威力が違う別途砲であって、WW1装備と、WW2装備くらいの違いがあったのだが、それが全く理解できないため

最低限大戦方基本歩兵すら整備できない政治の横槍でもっ て明白に相手を圧倒しない37ー57短砲で突撃されて、交戦前の換算で勝てない交戦を相当政治的な圧力で強要されたため勝てない交戦させられた。

むしろ将校は状況と不利を知覚させられたのに、政治的に不可能作戦を強要させられた。

950 :名無し三等兵:2013/11/15(金) 09:50:18.18 ID:???
弱いとわいえ

とかテニヲハが怪しい長文は読まない主義なんで…

951 :名無し三等兵:2013/11/15(金) 12:23:26.58 ID:???
しょうがないよ旧日本軍は中国人を3500万人虐殺したんだからさww

952 :名無し三等兵:2013/11/17(日) 18:32:40.39 ID:???
所詮
正規輸送団と輸送艦護衛隊と
ドイツほどとわいわないが大戦初期のドイツ正規軍程度(ピークの3割もない)程度の戦力さえ編成できれば防衛できて
その程度は、編纂可能だった。

1式以上の中戦車1000
5式軽戦車2000
2式砲戦車500から800
105ミリ機動榴弾1000弱

満州放棄は対戦前から対戦をしなくても10年も持たず、予定調和であったが、フィリピン中部、北部、台湾、程度は、損失せずにすみ
やろうと思えば北方諸島全域は制圧可能であり、そのエリアのみの固守ラインはけいせいでき、そのエリアの資源力で最低限の補給線維持と防衛はできた。

この補給ー養生防衛ー陸戦の最低限の統括戦略すらたてれないほどの政治無能が戦う前からリング前敗北を作った。

日本は完全に、リング前敗北し、それほど政治無能だったが、うまくやれば最低限の固守と防衛は可能だった。

技術ー戦力規模すらいらないのにそれすらやらなかった。

953 :名無し三等兵:2013/11/17(日) 18:40:17.73 ID:???
ついでにいえば当時必要な戦力は
1式1000
5式軽2000
105機動榴弾1000
2式500から700
3式など数百
重迫撃数千門
ジープトラック1万(実5000しかなかった)
陸正規20万のみ

長距離準用型駆逐艦30
巡洋艦50
正規輸送艦30から50
巡洋潜水艦50以上
近海防衛用商戦空母兼近隣輸送艦20

高度戦闘機2000以上
100ミリ以上の某空砲1000以上
88ミリ1000門
25から40ミリ(なければ88ミリ)3000門
程度である。

ある意味しーべーしんぐと少数の大戦型正規部隊さえ編成できてれば。

954 :名無し三等兵:2013/11/18(月) 15:53:26.51 ID:???
いつも同じレスしてるのはネタのつもりなん?

955 :名無し三等兵:2013/11/19(火) 01:24:40.71 ID:PnaGjhZa
ところでもし本土決戦を決行しても日本を占領するのに確か2〜3年はかかる
って言われたけどその間に他のアジアやアフリカとかが独立して日本に援軍
を送ったらどうなったのかな?特に南アジアやインドは日本の援軍が来なかったら
今も植民地になってたって言ってるし。

956 :名無し三等兵:2013/11/19(火) 03:32:59.91 ID:???
来るわけが無い

957 :名無し三等兵:2013/11/19(火) 11:00:42.33 ID:???
負け側に付く意味がない
むしろおこぼれに離島でも占領するかもな

958 :名無し三等兵:2013/11/19(火) 11:50:32.92 ID:???
>>955
おめでたい脳味噌だねw
援軍どころか、嵩にかかって連合軍側に協力し
独立後のアレやこれやで点数稼ぎ目論むに決まってるだろ?

社会を氏らなすぎw中学生?

959 :名無し三等兵:2013/11/19(火) 18:59:43.10 ID:???
本土決戦から終結まで一年持つかさえ怪しい希ガス。
北からはソ連軍が来るし

960 :名無し三等兵:2013/11/20(水) 03:52:43.57 ID:???
アジア諸国にしたって独立に日本を利用しただけにすぎん。日本と心中してまで助ける義理はない

961 :米軍最高司令官:2013/11/20(水) 08:07:18.23 ID:Dvo8/n+Z
>>955
>他のアジアやアフリカとかが独立して日本に援軍 を送ったらどうなったのかな?

タイは終戦直前に日本に宣戦布告して連合国になった。
スウェーデンは中立を守っていたが、ノルマンディとパルジ作戦の間くらいで
ドイツに宣戦布告して、これまた連合国だ。
かのエビータことエヴァ・ペロン、アルゼンチン大統領夫人は親日家で
日本に援助物資を送ってくれたが、それも日本が敗北するのを待ってからだ。

皆、勝ち馬に乗るのだ。ワハハハハ!

962 :名無し三等兵:2013/11/20(水) 13:36:39.57 ID:???
>>955
植民地の独立なんて終戦して、米ソの対立が始まったからこそ進んだんだろw

963 :名無し三等兵:2013/11/20(水) 16:51:39.31 ID:???
植民地独立運動に油を注いでるのは米ソだもんな

964 :名無し三等兵:2013/11/21(木) 08:42:08.63 ID:???
>>959
南下してくるソ連と沖縄を足がかりに北上してくる米軍
制空権もないしどうやって抵抗する気なんでしょうかね
空海は既に連合国に抑えられている状況だと
半年あれば東京は陥落してるっしょ

そうやって無駄な抵抗をしたせいで
東西日本に分割されて冷戦突入とか胸アツだなw
境界はどこになるかー?

965 :名無し三等兵:2013/11/21(木) 10:19:19.79 ID:???
>境界はどこになるかー?

そりゃ富士川(静岡県)と糸魚川(新潟県)を境に決まってる
東京神奈川はロシアの領土だな

966 :名無し三等兵:2013/11/21(木) 10:26:08.14 ID:???
米軍が絶対に納得せんだろ。


ロスケは北海道で我慢しろというのがオチになりそうだ。

967 :名無し三等兵:2013/11/21(木) 12:48:08.08 ID:???
日本が九州方面で無駄に抵抗してるうちにどこまでソ連が南下できるかって話だから
もともと北方の兵力配置は薄いし、北海道は沖縄と同じようにすぐ放棄するだろうからこっちのほうが早いよ
スターリンは慎重派だけど、楽に勝てると思ったらとことんまで行くのがロシア的発想

つまり結局のところ降伏するつもりがない自滅戦の場合、どこで首脳部が自決するかで
境界線が決まるようなもんだと考えた方がいい

968 :名無し三等兵:2013/11/21(木) 13:43:01.73 ID:???
>>967
中国人を虐殺して、虐殺した中国人から中国人脂を抽出すればOK.

969 :名無し三等兵:2013/11/21(木) 13:45:26.24 ID:???
大陸に亡命政府を作ってそこだけで戦い続けるのか
まあ小野田さんにやれたんだからやれないことはないだろうが

970 :名無し三等兵:2013/11/22(金) 03:12:53.97 ID:???
本土決戦するのは前提なんでそれ否定されたらこのスレ意味ない

971 :名無し三等兵:2013/11/22(金) 11:09:18.74 ID:???
本土決戦なんて意味ないからな

972 :名無し三等兵:2013/11/22(金) 13:10:07.13 ID:???
意味ないけど当時の軍部はやるきだったからな

973 :名無し三等兵:2013/11/22(金) 15:30:08.28 ID:???
本当にそうかと言えば
近衛師団の連中は
俺達と陛下が安泰なら別に良いや と思ってた

974 :名無し三等兵:2013/11/22(金) 16:09:19.03 ID:fMOd27es
江戸時代に3千万人が暮らしていたのだから、仮に100万人の日本側の正規軍がいるとして、
鎖国状態でも10年でも20年でも江戸時代程度の食事にはありつける計算になる。

975 :名無し三等兵:2013/11/22(金) 17:10:33.39 ID:???
江戸時代はB-29の空襲に毎日のように晒されていたんですねw

素晴らしい新説ですね
ぜひ歴史学会に論文を発表してください。

976 :名無し三等兵:2013/11/22(金) 17:29:19.02 ID:???
>>974
江戸時代は4000万人だが昭和は1億だ。
6000万人餓死者が出るんだがそれはどうする?

977 :名無し三等兵:2013/11/22(金) 18:38:15.32 ID:???
一億国民性って植民地も含めての人口でしょ。本土は8千万位?

978 :名無し三等兵:2013/11/23(土) 09:13:30.46 ID:???
ヒトラーはワシの期待に添えなかったドイツ国民は
みんな逝ってよしだから ベルリン陥落までやってしまった

979 :名無し三等兵:2013/11/23(土) 11:44:25.74 ID:???
実際本土決戦やってたら余力も全くなくなって
日本はまだやれた、すごかったんだ!とかいう奴が出てくる事も無かったろう

980 :名無し三等兵:2013/11/23(土) 12:16:14.09 ID:???
まあ、日本の首都が松代にならなかった事は残念ではある

981 :名無し三等兵:2013/11/23(土) 14:05:57.69 ID:???
陛下は松代には行かないと断言してたから首都にはならない

982 :名無し三等兵:2013/11/23(土) 18:56:16.23 ID:???
>>974
農業事情からいけば
近世水準の農業でも北海道などの拡張開拓で人口4500から6000万までのアップは可能だった。

近代で農業インフラの改善で1.5倍以上に生産性は向上したから、8000万から1億は維持できた。
農業事情から言えばフィリピンよりも条件はいいから今なお1億前後まで普通に維持できる。

ただし、というか現状として動物と大豆の摂取は期待できないため
穀物生産野菜で軽く100(無理すれば120から160)%
大豆や魚蛋白類で30%(極限努力で45%)

なんでにほんはどうしても最大自給率は65%前後が限界で、それ以上はコメ及び穀物プロテインを1日50ぐらむは摂取しないと足りない。

足りるけど足りない状況。
野菜、コメ>>軽く100%以上
調味料砂糖含む>>50%(効率化で80%)
蛋白>>35

そこからいけば完全時給で4000万、そこそこ時給で6000から7000万
歩いていどと見て9000万から1億

くらいが限度もっとも戦前は米が以上に超過生産であって、米を一人一生摂取して成人のタンパク質の60%を供給してる状況で
その過剰生産で日本は農業余ってたんで、食糧問題はなかった。

983 :名無し三等兵:2013/11/23(土) 19:53:31.78 ID:???
またあほなこといってやがる
戦前の食料自給率は80%だ
しかもリンとカリは自給できないから大部分が輸入
しかも作ればおしまいじゃなくそこから消費地へ運ばなきゃいけない
運ぶための船には石油が必要だ
食料自給率なんて戦前の時点でまやかしだ

984 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 01:04:43.58 ID:???
でその農業インフラをアメリカ様はなぜか攻撃しないってことが前提なんですねw

985 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 01:32:27.35 ID:???
塩ですら朝鮮や満州からもってこなきゃ足りない状況で、船が足りず港に積まれたま腐っていって、なんとか本土まで持ち帰れても、主要港湾は既に機雷で封鎖されてるから漁港みたいなところで下ろすしかない。
しかしそこですら港湾設備や鉄道インフラが整備されておらず、腐らせれてるというどうしようもない現実。
津軽海峡や関門海峡ですら機雷封鎖されて動けない。

986 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 01:39:08.77 ID:???
この手の食料自給の話になると庭の草刈りもしたことのない連中の空論が笑えるw
庭が無いのなら鎌と軍手で堤防の草刈りでもやってみな
一時間も持たないからw

987 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 10:50:45.28 ID:???
草刈りとかしなくても、アメリカ様が戦略爆撃で
日本中焼畑してくれたじゃないか、そこを農地にすればイイ(キリッ

988 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 13:27:59.63 ID:???
アメリカに河川を爆撃させてバクダン漁をすればいい(ドヤァ

989 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 13:54:31.64 ID:e1Dyo9jC
>>982
戦前は自然の魚や野鳥が豊富だし、昆虫も食えばたんぱく質摂取は増える。

塩は敵機が来ない夜間に海水を舐めればいい。
山奥に塩分を補給するには、乾燥させた海草やスルメなどで送る

990 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 14:15:57.77 ID:???
このスレもそろそろ終わりだが、日本の無条件降伏はちょっと早すぎた。

降伏した時にまだ中国や東南アジアで日本軍が戦っていたんだから。
また降伏時点で日本国内には1万機の航空機とそれを飛ばす燃料と搭乗員があった。
空爆に耐える地下壕も日本国内にほぼ整備されていた。

ナチスに例えればクルスク戦車戦の時点でナチスが無条件降伏したようなものと言えなくもない。

991 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 14:19:44.06 ID:???
>>984
田んぼの1/10でも破壊するのに何億トンの爆弾必要なんすか
富士山赤く染めたほうがまだまし

992 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 14:19:56.17 ID:???
火薬と化学肥料は原料が同じだから、米軍の空襲は焼畑をつくりだしたうえで、
肥料を撒いたような効果もあった

993 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 14:29:14.95 ID:???
>>991
あんたの言うインフラって田んぼの事だったの?WWW
水源や灌漑S設備農機具屋収穫物の倉庫
流通の破壊やることはいくらでもあるだろ

>>992
日本人の肉片もばら撒かれて施肥効果は抜群ですってかw

994 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 14:38:39.54 ID:???
>>993
それも無理だよ数が多すぎるし何より目標の見分けがつかない
というかそんなことするなら皆殺しの方が早いよね

995 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 14:46:11.76 ID:???
空爆で支流を作って川を干上がらせて人も通れない溝を掘るのね
すごい

996 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 16:00:56.79 ID:???
日本がポツダム宣言受諾した一番の理由はソ連の参戦。
直前まで、ソ連に講和の仲立ちを依頼していたくらい、ソ連参戦は予期していなかった。
満州がわけもなく蹂躙されたのを見ても、中国大陸も時間の問題。

まぁ、あの時点で降伏していたから、分断国家にならなかったし、俺たちも
生まれることができたんだと思う。地上戦が行われた沖縄では住民の1/4が死んでるからね。

ただ、もっと言えば、そもそもリットンの勧告を受け入れていれば、少なくとも朝鮮半島と
台湾、北方領土はもとより南樺太、太平洋南洋諸島も日本語圏だったはず。
運が良ければ満州国も存続していたかもしれない。

997 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 16:25:51.48 ID:???
いずれにせよ軍部の発言力の低下を招くのは確実だったのでその時系列なら確実にクーデターが起こる
実際もう打つ手がなくてポツダム宣言受諾しようとしてたあの段階ですら起こったくらいだ
リットン勧告のときなら統制派も関与してくるから成功の可能性はかなり高いだろうな

もうね、満州事変を事後承諾したあたりでもうどうしようもなく国として詰んでるんだよ

998 :名無し三等兵:2013/11/24(日) 19:25:43.92 ID:DQla7m2R
>>990
ワハハハハ!
>また降伏時点で日本国内には1万機の航空機とそれを飛ばす燃料と搭乗員があった。
空爆に耐える地下壕も日本国内にほぼ整備されていた。

ユーの脳内ではそうなのかもしれんが、史実では上空をわがB-29と艦載機が
ぶんぶん飛び回って、ジャップは手も足も出せなかった。

まあ、合理的な思考の出来る政治家が当時の日本にいたならば、
サイパン島が陥落した時点で敗北は確定的だった。そこで降伏しておけば
ここまでの被害はなかっただろう。

・・・いささか突っ込んだ言い方をすれば、昭和天皇が「あと一勝」に
こだわり続けたから、降伏のタイミングを逸したとも言えるのだが。

999 :名無し三等兵:2013/11/25(月) 01:45:18.00 ID:???
出演者 (ボイスオーバー)
タイトル 世界の衝撃ストーリー
放送媒体 テレビ東京
放送日程 11月29日(金) 20:54〜

1000 :名無し三等兵:2013/11/25(月) 03:21:13.66 ID:???
>>994
数が多すぎる?w
心配無用だ24時刊年中無休で使えなくする必要なんて無い
要するに収穫ができなければいいんだから
それこそ田植えの時期に地上掃射をする対人地雷を巻く
水にが必要なときに水源に枯葉剤を巻く
いくらでも手はある

日本側こそ実った稲や小麦を収穫前に空から防衛することなど不可能

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

352 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)