5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【LoV】 LORD of VERMILION V 145

746 :ゲームセンター名無し:2014/04/21(月) 14:46:44.97 ID:PKQYgnmiO
>>740

「更なるマナを我に捧げよ!」
サルーインソードを手にした破壊神の目には狂気のようなものが宿っている。
マナは麻薬のように作用しているのか、それとも戦いに明け暮れる毎日に蝕まれつつあるのか。
「全力をもって破壊し尽くす充実感。“神”の位置に留まっていては得られぬものだ。」
破壊神は笑っているように見えた。
「そういう意味では、お前に使役されるのも悪くはない。」
「最後の戦いに勝利したならば、お前を完璧に破壊し尽くし、苦しみだけを残してやろう。」
破壊神の残酷な喜びの声が、心臓を鷲掴みにする。

デス
「お前が日々捧げている命、お前はどう思っている?」
死の神は命を軽く扱うことを憎む。
コモンの使い魔など餌でしかないとは口が裂けても言えない。
「最上の敬意を持って死の神へ捧げております。」
「白々しいとは、このような時に使う言葉であろうな。」
死の神の指先が伸びてくる。それだけで、心臓が凍りつき鼓動が止まる。
「違うな。お前の定めは、今ではないようだ。」
鼓動が戻り、血流が全身を巡る。
「最後にはお前自身を捧げよ。さすれば、お前の魂は永遠に煉獄に囚われ、二度と再び世界を乱すこともあるまい。」

シェラハおばさん
「何ゆえ我から光を奪う?」
この問いには怒りが湧いた。封印解放を行うためにどれだけマナを注ぎ込んでいると思っているのだ!
「光は御身の力を奪います。女神には真の闇が必要です。」
「エロールの光の封印。これは罰だと思っておった。永遠の別れを無限に繰り返す、永劫の罰。」
そうだ。だから封印は破らねばならぬのだ。
「だが、我は人に愛が存在することを知った。光の封印、これはエロールが我に与えた愛なのだ。」
紅蓮の王に愛など不要。女神から光を奪い使役するのみ。
「我が闇はお前に愛を与えうるのか。」

207 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)