5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀魂’〜ぎんたま〜第二百九十二訓

387 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2012/11/30(金) 00:53:09.81 ID:1eZAESIg0
「ずいぶんと、物騒なこと言うじゃないか」お登勢は、落ち着くために、煙管に口を付けた。ふうーーーと、煙を吐くと、幾分かすっきりする。

「月子のことを振り回すのも、あんたのその狂気が関係しているようだね」

「さあ・・・狂っているのは、俺か世界か。正義ってのは、何処にあるんだろうな」

「あんたの頭の中じゃないことだけは、たしかだろう」

キリッと、相手を見据えて言う。

「度胸ある女だな」

「だてに長生きしてないからね」

「はは、だったら、この世界には、知らないほうがいい世界もあるって、長生きしてたら知っているはずじゃねえか?綾乃サン」

!!本名で呼ばれたお登勢はさすがに目をまるくする。



「へえ。よく調べてるじゃないかい。確かに、そう言うのは得意そうだね」

と、男の隻眼がすっと細まり、低く響く声を出した。

「さあ、・・あんたに興味があったのかもしれねぇよ」

「なんて声出すんだい。相手が違うんじゃないか」

「違わねえ。綾乃サンよぉ・・・旦那を早くに亡くしてさびしいってんなら、俺が相手してやってもかまわねえぜ・・あんたのことは、・・・気に入った」

冗談とも、本気とも取れるささやきだ。・・・何とも魅惑的な響きがある。自分の心を垣間見せて、人の心を全て握ってしまう、そんな男じゃ無かろうか。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)