5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀魂’〜ぎんたま〜第二百九十二訓

381 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2012/11/30(金) 00:36:33.64 ID:9tEMFgmp0
「銀時の名前まで語って。いつまでそうやってこそこそしているつもりだい。一生名乗らないつもりなのかい」

「あんたには、関係ないだろ」剣呑な空気を醸し出す。

「月子のことで、ちょっと話したいんだけどねえ。時間をくれないかい」

「はあ?」

「いいだろ、たまにはババアの話も聞いておくのも。あんたにとっても悪くはないと思うがねえ」

そうしたら、フン、と軽く笑った。だが、以外にも、

「少しだけならつき合ってやらあ・・・世話になっているようだしな」

と、病室の子供をちらりと見た。あら分かってんじゃないの。

きっとこれから言われることもこの男は分かってる。



二人は、病院の喫茶室に入った。



「あんた、仕事は何をしてんだい。どうも堅気じゃないようだねえ。・・・あんたのことを月子がよく高杉と呼んでいたが、確か、有名な攘夷志士にもそんな名前の奴が居たっけね」

「バアさんよ、もうちっと長生きしたいなら、余計なこと言わねえほうがいいぜ」

瞬間、察知した。この男、間違いなく、高杉晋助。本人だ。で、あれば、やはり危険だ。そして、この話は、これ以上はしない方が良いだろう。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)