5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀魂’〜ぎんたま〜第二百九十二訓

347 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2012/11/29(木) 20:32:48.36 ID:UrFl2h+Z0
あ、そういや商人だったもんな。お得意先か。

「それ、職権乱用じゃねえの・・・」

「別に、元々友達なんだから、電話くらいよかろ!おんしを鬼兵隊に届けたときの方がギリギリじゃ。」

そりゃそうか。確かに、会ったらぶった切ると言ったけど、話すくらいなら。



TULLLLL・・・・マジか!うわなんでか、緊張する。

しばしの沈黙。どうやら、他の部下が出たらしい。総督お願いしますって。快援隊・坂本・・・って名乗ると、あっさり承諾したようだ。こいつの人脈、すげえな、おい。頭空だけど。

「あ!高杉か!元気にしとるかの!毎度おおきに。あ、いま、金時と飲んでるんじゃけど・・・」アハハハといつもの調子だ。

つーか、俺は銀時だ、銀時!まあいいや。耳を近づけて、話を聞いてやれ。

ああ、『は?銀時?』むかつく例の低い声が聞こえる。

「あ用事?ああ、何か金時が聞きたいことがあるって・・・ちょっと待って、替わるきに」えっっ???!!

そう言って、受話器を俺に差し出す。

ちょっと、なんて言えばいいの!!心の準備できてないんだけど!!!

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)