5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀魂’〜ぎんたま〜第二百六十七訓

691 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2012/02/02(木) 22:47:20.63 ID:u00Yq81Z0
「ヅラァ…」

銀時はそっと桂の腰に手を回した

「やめろ!銀時」

「俺はお前が好きだ」

思いがけない告白に桂は目を見開く

「俺は国に命を捧げている…お前と契りを交わす資格はない」

「だから何なんだよ。お前はお前だろ」

涙が出るほど嬉しかった
国のために戦い続ける日々
それでも銀時はそれを受け入れると言ってくれている
今すぐ銀時の胸に飛び込みたい衝動を抑えつつ桂はこう言った

「しかし…攘夷をやめることはできん…」

「今すぐとは言わねぇ。攘夷からも、お前を縛るしがらみからもいつか解放してやるよ」

銀時は自身の唇を桂の唇に重ねた

214 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)