5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【久積篤史】ソーシャルブランド株式会社 Ver2.0

1 :久積篤史精鋭チーム:2013/01/17(木) 03:42:24.30 ID:5CgjGXSP0
久積篤史、宮本某、川田某などによって構成される精鋭チーム。

初期投資として315,000円を支払わされ、あとはネズミ講。

Facebookを中心に勧誘活動。ただいま勢力拡大中!
ちなみに六本木ヒルズの会社事務所は、誰でも使える単なるレンタルオフィス。

参加者も、元参加者も、参加を持ちかけられた者もみんなどうぞ!

本当にこれが、いいの?

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/affiliate/1353027459/

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/affiliate/1353050135/
http://taimei.a.lisonal.com/socialbrand/index.htm
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/affiliate/1351098969/
http://gonta-kun.com/2012/09/post-406.html
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/1776/1352504990/
http://jbbs.livedoor.jp/internet/1776/

2 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/01/24(木) 13:02:35.64 ID:IyTuxm6MO
上げ

3 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/01/24(木) 22:20:55.75 ID:IU7rb17k0
そもそもソーシャルランドの顧問の橋本が土屋の子分というwww
小物ぞろいだな

4 :匿名:2013/01/25(金) 04:31:05.57 ID:HBO6tqPA0
とりあえず、やってる事はたいしたことないけど、目のつけどころは良かったんじゃない?
これからどんな事業をやっていくのかきになるが

5 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/02/07(木) 05:38:07.40 ID:6K/Db28g0
被害者ってどれくらいいるの?

6 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/02/09(土) 23:10:22.71 ID:dsJjPHXD0
タワーマンション最上階

7 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/02/17(日) 10:46:55.61 ID:v9ErlkB70
ヒルズのレンタルオフィス揚げ

8 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/02/19(火) 13:30:22.00 ID:HXPGYuUM0
盛り上がってるねww

『ねずみ講』ソーシャルブランド(株)・久積篤史
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/1776/1352504990/

9 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/02/19(火) 21:48:54.72 ID:aJY2R+SK0
詐欺師をつぶそう。
シンガポールで上場とか言っちゃってる。
FACEBOOKではキレイ事ばかり言ってる。

10 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/02/19(火) 23:22:36.06 ID:jpD14qha0
イマドキのJKの稼ぎ方
http://www.eienseal.com/hpgen/HPB/categories/10957.html

11 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/02/26(火) 16:01:10.79 ID:/l+ME/lZ0
あげ

12 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/02/27(水) 19:42:20.58 ID:qMuLz9jU0
潰れろ詐欺企業

13 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/03/07(木) 21:16:58.70 ID:BeTk8QV70
熱いこと言ってるなと思ったら広告枠かよ
こんなのに騙されるな(>_<)/

http://www.facebook.com/#!/atsushi.hisatsumi/posts/429199070498571

14 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/03/07(木) 23:19:59.81 ID:XR97icq90
私も気になって、直接ソーシャルブランドに押し掛けました!
http://m-kai.biz/fr/xqz4/xrCLXQ

15 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/03/08(金) 00:41:25.85 ID:BesSGzP8I
http://s.ameblo.jp/yasu-mmer/
この吉野泰憲って人もソーシャルメディアエージェントって名乗って誘導してるよ。嫁の吉野ひかるとの写真をフェイスブックに乗せてる。
パーティーの宣伝もしてるね。

16 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/03/12(火) 19:35:30.08 ID:ZzLWuIOM0
カラオケマクドナルド川田もアメブロ消されたみたいね
ざまぁみやがれ

17 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/03/15(金) 04:40:55.07 ID:TMQworD90
この会社のやってること・仕組み教えてください。

18 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/03/15(金) 21:07:22.02 ID:15e0DPZQ0
久積篤史はネズミ講?
http://net-de-seikou.com/test/read.php/board/1362315904/

19 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/03/17(日) 01:39:13.64 ID:TlbGaG1V0
フェイスブック【FB】で詐欺にあいました
私以外にも被害にあった方いらっしゃると思います
【河野一成】本社に問い合わせてから連絡とれず【FB】から脱退してました
気を付けてくださいね!ソーシャルブランドがけして悪いとは言えませんが
【河野一成】は詐欺師です
本社がきちんと処理【クーリングオフ】してくれなかったら
消費者センターと警察に被害届を出す予定です 

20 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/03/18(月) 21:55:16.22 ID:mUaj0cX+0
久積篤志の子ねずみが絶賛増殖中www
http://fukugyomaster.blog.fc2.com/blog-entry-226.html

21 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/03/27(水) 14:22:36.21 ID:aqJa0fAP0
一掃してください、堀江さん!
fbcdn-photos-a.akamaihd.net/hphotos-ak-ash4/480119_10151410570667737_663116959_n.jpg

22 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/04/20(土) 19:20:12.07 ID:+VxKBSLx0
私が住んでいる
地方の富山県内でも、
フリーエージェントなる、
ねずみ講が蔓延ってきた・・・

勘弁してほしい。
既にFacebookには通報したが、
これ以上、被害者を増やしたくない・・・

ページをつぶすために、
通報してくれる勇士たち
頼む、力を貸してくれ!

以下、フリーエージェントの
ねずみたち。

佐々木翔吾
https://www.facebook.com/syogo.sasaki.52
北村勇二
https://www.facebook.com/yuji.kitamura.te
市山鎌山
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004168561714
伊藤史哉
https://www.facebook.com/itoudesukedo

マジで、こんな田舎でも、
勘弁してほしい・・・

23 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/04/25(木) 14:01:42.31 ID:CJ2m7SF8O
闇掲示板とか裏掲示板みたいの使っても募集してるぞ。桑原佑宣ってやつがやってた。
桑原佑宣も人使って一人紹介したら5万お礼払うとかやってたね。

24 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/05/03(金) 04:28:36.94 ID:wSFP6hZw0
イケイケヒロシって戦力なのかい?

25 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/05/06(月) 01:21:09.22 ID:Q/39gfpRO
金速から来ましたwww

26 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/05/10(金) 07:53:32.37 ID:Xq5Qk8gY0
またまた怪しげなLPが・・・。

27 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/05/13(月) 16:29:59.52 ID:zy4XfbwmP
ここ読んだけど久積さん捕まってしまうん?
http://htn.to/Y8sHeuE

28 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/05/25(土) 23:37:10.47 ID:nggspfyD0
詳しくはこちら
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/lite/read.cgi/internet/1776/1352504990/l30

29 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/05/31(金) 09:30:49.13 ID:xIjpFvPu0
http://ss.bokete.jp/7552987.jpg

30 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/06/21(金) 16:35:36.93 ID:hBUBA85uO
>>8
消したか

31 :動画:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:MJm0p9Dh0
http://blog.livedoor.jp/netsouken/archives/29777377.html

32 :全てはお金:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:lpx2iyjQ0
久積篤史 CDデビューの件、
音楽業界にいる知人から、以下のようなやりとりが。

「ヒルズの何とかっていうやつが、CDデビューしたいので何とか
 ならないかって話が来てるんだよね。
 お金はたくさん出すから、お願いしたいと」


与沢、久積たちの言葉

>CDが売れない時代に、「業界を変えてくれ」と期待の声
>無名の子たちでもアーティストになりたいとか、
 お金がないけどビジネスがやりたいとかいう若い人たちに
 夢を持ってほしいんですよね。

ふーん。。。
裏と表の使い分けが上手いね。

33 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:C3ZuwEpPP
歌下手だよな

34 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:iWcu6nZU0
久積篤史さん、尊敬してたけど
こいつと親友らしいね。。。

739 :名無しチェケラッチョ♪:2011/09/11(日) NY:AN:NY.AN ID:wmaG4rof
ャPRODUCED BY MAHM机ャ
芸能モデルキャスティングスカウティング・制作
エンターテイメント 事業部
名古屋市東区
砂田橋5-2-7 5-B

代表取締役 水野英久
取締役 水野愛子

名古屋のインチキ芸能プロダクション会社

こんな事件やらかしてます。
中署が男2人逮捕=愛知   2011.02.08 読売新聞 
 中署は7日、名古屋市東区砂田橋、無職水野英久容疑者(30)を職業安定法違反の疑いで、また、福井市田原、風俗店経営中川徳幸容疑者(44)を風営法違反の疑いで逮捕した。
 発表によると、水野容疑者は昨年11月、中川容疑者の店の女性従業員が、客に対してみだらな行為をすると知りながら、名古屋市の無職女性(16)を中川容疑者に紹介した疑い。
 中川容疑者は、同11月、女性の年齢を確認せずに雇って、客の相手をさせていた疑い。水野容疑者は容疑を認め、中川容疑者は「女性が16歳とは知らなかった」と容疑を一部否認しているという。

更に昔にこんな事件やらかしてやがる。
愛知県警捜査1課と
東海署は18日までに、女子中学生2人から携帯電話などを奪い
乱暴したとして、逮捕、監禁と強盗強姦(ごうかん)の疑いで、名古屋市東区の私立大学4年水野英久容疑者は2日午前2時ごろ、顔見知りの女子中学生と同級生(いずれも14)を
同市熱田区のファミリーレストランに誘い出し、その後、水野英久容疑者ら3人が合流。
愛知県東海市や知多市を乗用車で移動しながら、少女2人を粘着テープで目隠しした上、
携帯電話や現金600円を強奪し乱暴した疑い。

35 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:jTm91rVlO
名古屋の中学生レイパーの元モデルか?

36 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:+SZq4MAO0
あれだな。

金に困っている業者はたくさんいるということか。

そこに大金ぶら下げられて、
ネオヒルズ族のグレーな噂を周りからききつつも、承諾してしまう。

音楽業界でも、かなーり警戒されているらしい。
お金使ってでも売ってくれるだけ良いのかもしれんが。

セールスレターとかで、「音楽業界を変えてくれ」と期待の声とか
適当に書くの、ホンマ辞めて欲しいわ。

業界の人もいい迷惑

37 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:cXBcyLsOP
統一や朝鮮の手先のようにしか見えない

38 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:i9owmbM60
【話題】ネオヒルズ族28歳会長、久積篤史氏「パーティを一発打つだけで1000万円の収益がある」とほくそ笑む
http://matomeron.com/archives/27138040.html
http://livedoor.blogimg.jp/harablack-matomeron/imgs/0/a/0a39d631.jpg

39 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:a7hlutyGO
>>38
叩かれてるね(笑)

40 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:Lsp7Jo940
セミナー一回行ってみようかと思ったけど、彼のブレーンの告知して嫌になったわ

・・・する事 とかなんで命令口調な訳? そういう所まで考えられないんだろうな

41 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:56xyHusF0
曲聴いたけどハラショーより酷いな

42 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/09/01(日) 05:04:17.56 ID:XEx7gVOd0
久積篤史って今はソーシャルブランドでの肩書は何なの?

43 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/09/05(木) 07:00:00.07 ID:nl8ZuSGB0
http://gyazo.com/7749c94251bc1a00523cfa6f8e480c2d
恋愛対象 女性と男性

↑バイだったの?

44 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/09/08(日) 06:40:13.00 ID:jUVNtnpU0
与沢がなんで、この人を持ち上げるのかがわからん
もっと、メリットある人たくさんいるだろ!
土屋は何となくわかる

45 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/09/09(月) 21:53:27.92 ID:32JgCn+u0
>>38
ここまで彼を成り上がらせたのは、ネット関連のコンサルタント育成の有料セミナー経営とパーティ事業だ。特に前者は大胆にも「誰でも月収100万円を目指すことは可能!」などと謳っている。
パーティ事業もSNSを使った抜群の集客力で1000人程度ならばすぐに集める


そりゃ目指すのは可能だろwwwwwネオヒルズ芸人はおもろいなぁww

46 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/09/20(金) 08:32:14.87 ID:LcHV3Bcu0
デビュー曲オリコンは何位だったの?

47 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/09/20(金) 08:44:11.03 ID:TJHJR3440
いつも思うけど、熱きメンバー募集しかしてなくないか?
肝心の活動が全然見えてこない

48 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/09/20(金) 20:21:26.68 ID:EsKfr94J0
なんか六本木からも西麻布からも事務所撤退してるらしいけど
今どこにおるん

49 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/09/21(土) 14:53:38.44 ID:lmLOQFzF0
関コレ

50 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/09/25(水) 11:52:34.66 ID:vW40CNxui
Facebookの宣伝見たけど、信者たちがカオスすぎるw
わらってコメントしてやったw

51 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/05(土) 16:20:15.99 ID:RVKbS5H80
http://www.youtube.com/watch?v=FSdgl345c7s
篤史かっけー

52 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/08(火) 00:35:14.25 ID:Q/yWGNoP0
>>48
北千住

53 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/16(水) 02:48:07.46 ID:5wG0zhFS0
こいつらっていつもFacebookに群がってMacBookAir見てる画像上げてるけど何も見えてこないんだよねw
まあネズミだから当然かw
Appleもいい迷惑だわ

54 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/16(水) 18:57:53.96 ID:b/qSeZxL0
おれもMac買って秘密のノウハウ使って新会社設立して創業メンバー募集してみようかな
事業内容はメンバー募集と弟子募集だけだけど

55 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/17(木) 14:49:06.25 ID:o9pbfnvo0
Facebookでカバーを久積篤史の弟子とか書いてる恥ずかしくねえの?
つか俺のFacebookの友達に一人その界隈の奴がいて同志()とか言っててわろた

56 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/17(木) 19:25:21.16 ID:DC/b8Xd60
https://www.facebook.com/norihiro.takayama.1
https://www.facebook.com/tomofumi.okada.71
https://www.facebook.com/mamoru.kishimoto.10

岸本ってやつもネオヒルズ()なの?
つか何者?

57 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/18(金) 14:11:59.36 ID:yyaMQNLk0
こいつら実は儲かってないのに大変だよな

58 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/18(金) 15:49:12.57 ID:ckkN9dpq0
儲かる儲からないとかじゃなくて、
新会社設立or新事業やりますor弟子募集
→メンバー募集(参加料一人あたり30万)
→さらに新会社設立or新事業やりますor弟子募集
→メンバー募集…
の繰り返しで信者から金集めてるだけだと思うが

59 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/18(金) 16:29:38.37 ID:yyaMQNLk0
久積のFacebookクソワロタw

60 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/19(土) 13:07:50.48 ID:KemeDTvU0
久積篤史でぐぐると三木本さんのページがトップでワロタ
http://www.no1-reviewer.com/review/2013/06/post-745.php

61 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/19(土) 15:09:27.25 ID:VzPCvUSz0
久積篤史ってぱっと見でできない奴だと分かるのに崇拝する奴って頭悪過ぎ
Facebookの友達でいいね!してるやついるけど友達切ろうかな

62 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/19(土) 21:27:47.38 ID:8N3Z4qEUO
甲田英司が久積をねらってるみたい

63 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/20(日) 17:34:05.92 ID:GOVNqD+80
新会社設立、創業メンバー募集、事業拡大に伴い云々、弟子募集、ビジネスパートナー募集

こればっか

64 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/20(日) 19:38:17.56 ID:qh3ti55/0
「豪遊し過ぎて金少なくなってきたから誰か小遣いくれ」と言っても誰も金くれないのに
「弟子になりませんか?(30万)」と言えばカモが寄ってくる不思議

65 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/21(月) 01:01:45.36 ID:BOPh1Hdo0
しっかし弟子()熱き仲間()のFacebook面白えなーw

66 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/21(月) 17:48:45.30 ID:l035FzDm0
BY 与沢 翼 / 土曜日, 19 10月 2013 / PUBLISHED IN お知らせ
私、与沢翼と久積篤史は共同で新会社を立ち上げます。
この会社は、ソーシャルメディアの持つ可能性を最大限に発揮することで、芸能活動を志す個人がフリーエージェントとして輝き続けることが出来る社会を作る目的で誕生させます。

一発屋芸人という人たちから象徴されるように、現れては消える芸能人が世の中には五万といます。
活躍し、稼ぎ続ける事が出来る人はほんの一握りでした。

しかし、私達は誰もが知名度を上げ、輝き続ける事が出来る手段を知っています。
ソーシャルメディア時代と呼ばれる現代に完璧に適合したやり方があるのです。

今回やる事を一言で言うと、【私達が持つノウハウをあなたに授けることで、あなたの夢を応援する】ためのプロジェクトです。

それに伴い、共に業界に一石を投じられるような志を持った創業メンバー、ビジネスパートナー、稼ぎながら輝き続けたいモデル、歌手、役者、DJなど知名度を上げたい素人からプロまで幅広く募集いたします。
詳しくは面談で。

与沢 LINE ID faslinegp
久積 LINE ID hisatsumi


http://yozawa-tsubasa.info/2013/10/19/%e6%b0%b8%e9%81%a0%e3%81%ae%e8%bc%9d%e3%81%8d%e3%82%92%e6%89%8b%e3%81%ab%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%82%8b/
http://yozawa-tsubasa.info/wp-content/uploads/1375182_603291669734572_1375310014_n.jpg

67 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/21(月) 20:05:21.09 ID:s2LRyryui
ヒロトさんは与沢や久積にそそのかされただけ
許してあげましょう

68 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/21(月) 21:16:28.51 ID:GXhIz/S80
仕事辞めて無職で田舎から上京してたやつFacebookで発見してワロタ
Facebookには今日は六本木ヒルズ行きましたとか飾ってるけど住むマンションすら決めておらず
住所不定無職で高収入バイト探してますとか書いてて最高にワロタ

69 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/21(月) 21:25:54.38 ID:3DrxVcX7i
300億を動かす孤高の天才経営者
秋田新太郎社長よりCDデビューの応援コメントを頂戴しました。

翼会長がよく口にします。

「秋田社長は本物だ」

「果たして彼に勝てる20代の経営者は存在するのだろうか」

太陽光発電システム小売No.1、エステート24ホールディングス代表取締役CEO
今期売上250億、グローバルエナジーHD代表取締役CEO今期売上55億、ACホールディングス(上場企業)取締役。

住居は六本木ヒルズにミッドタウンに北浜タワーで、所有車はマイバッハ62S、
アストンマーチンDBS、ベントレーフライングスパー、ベンツS65AMG、レクサスLS 6台!!

マジでガチで本気で尋常じゃないスーパー経営者です。
それでいてイケメンで27歳って…

秋田社長
ありがとうございます。マジでやったります!!
本当にありがとうございました!

翼会長
ありがとうございました!

てか、ふと考えてみた。

自身の色が理解できてきた今、歌手デビューは序章に過ぎないのだな
…と。

年内には「ソーシャル時代の新しきプロダクション」として新会社を起ち上げ、
プラットとして構築したタレント特化型クラウドファンディングのサービスを提供する。

9月からは新メンバーや当ダクションに加入したいタレントやメンバーを公募する。
後に面接とオーディションを繰り返してはジャンル別にタレントを育成。
同時に「モデルは稼げない」と言われているロールモデルさえもASPを活用して
多種多様なコンテンツを提供し払拭させてみせる。
知名度=富 なのだから狂いはない。
起業当初からの理念は何一つとして変わらない。
ジャンル別で情報発信力を兼ね備えたタレント軍団を育成し形成させてみせる。

広告代理店としても、ガルウィング型アドトラック10tが手に入る予定で、
SMSサービスも権利を獲得できる様、K氏が合弁会社を起ち上げたりと
広告代理事業もイニシャル掛けずスタートすることができる。

ネオヒルズでは雑誌の創刊までもが決まっている。

スタートに過ぎないが、篤史自らデビューすることによって、意義や意味も伝わるんじゃないかな。

[ 東日本大震災復興支援 篤史プロジェクト ]

CD発売キャンペーン終了まで残り37時間

70 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/22(火) 09:01:36.83 ID:zCuB42dc0
森タワー11階って怪しい企業しかないけど、私書箱があんのか

71 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/23(水) 05:55:30.26 ID:bSivM9Nz0
久積信じて田舎から上京してテンション上がってるカモ沢山見かけるが心配になるわ…

72 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/23(水) 17:57:57.54 ID:G6zLKQSY0
いざとなったら、徳島の実家は金持ちだそうじゃん

73 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/23(水) 18:34:36.40 ID:BI/8H3VZ0
久積じゃなくて久積信者のこと言ってんだけど

74 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/24(木) 15:33:58.96 ID:y34rby060
ワロタw
文章理解力がこれぐらいのレベルのやつがカモられてるんだろうなw

75 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/25(金) 01:30:19.97 ID:gpbHUrhV0
久積篤史 公式
?@atsushi530
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月新会社設立に伴い与沢翼、久積篤史の直弟子を
再び募集することに決めました!
FASさん、久積事務所、そして我が家も解放することを決めました。... http://fb.me/2uv4GgdZR
Reply Retweet Favorite More
2:42 AM - 20 Oct 13
https://twitter.com/atsushi530/status/391861903758467072

http://free-agent-style.com/yosawa-hisatsumi/
http://socialbrand.co.jp/hisatsumi/wp-content/uploads/2013/03/1383972_524662454285565_352471235_n.jpg

与沢x久積と共にビジネスを本気でやって行きたい方(志望動機を見た後電話します)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=190382

【与沢翼×久積篤史 直弟子100名募集】
https://fbcdn-sphotos-h-a.akamaihd.net/hphotos-ak-ash4/q71/s720x720/1382977_531388173612993_93855901_n.jpg
http://www.eaglemail.jp/REG-008932c696e7b8895668b9ff5ae8fc6e

76 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/25(金) 19:10:34.46 ID:ixQj4kHt0
>>70
森タワー11階はレンタルオフィス、バーチャルオフィスがある。
他のビルより相場は高いけど、しょせんは私書箱と同じさ

77 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/30(水) 06:37:55.04 ID:OWkwYRTzO
金速が久積ゲイ疑惑について記事にしてたな
FACEBOOKで恋愛対象が男女どちらでもOKになってたとか

78 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/30(水) 10:47:50.14 ID:lCR8w3da0
>>75
こんな露骨なアレに騙されるやつっているのな
それとも分かってて与沢久積だから安心と思ってるのかな

79 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/10/30(水) 17:05:03.51 ID:IsODZ4Ra0
刑務所で掘られたか

80 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/11(月) 15:45:35.01 ID:kqVyfEAri
引退するって書いてあるけど。

81 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/13(水) 17:14:18.44 ID:O8r0asyo0
秋田逮捕の余波か?

82 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/14(木) 00:47:10.46 ID:gkA9f9Rl0
それしか、考えられないわな。
実績の無さなら久積が、キングオブ詐欺だけどな。

83 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/14(木) 02:35:58.34 ID:PUCUUbqa0
これから前からやってたくせに
いかにも新規参入のように見せてたネットワークビジネスをしこしこやっていくの?
結局与沢の駒に過ぎなかったなあw

84 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/14(木) 03:38:50.93 ID:gkA9f9Rl0
久積って終始なんの結果も出さなかったな。

アフィリエイトの売上も一回もインフォトップにランキングに入らなかったし、年収2億って嘘ついて、ヒルズのレンタルオフィスw借りて成功してる風で騙して、弟子から入会金集めて、金でCDデビューの権利買っただけじゃん。

そんで引退&#8264;

なんなん、こいつw

85 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/14(木) 04:21:23.67 ID:fhRe1UlQ0
お金を稼ぎたい、現状を変えたい・・・
そんな人はここをチェックしてみてください。。
https://www.facebook.com/saitoukei



ネットビジネスをやっているあなた。

この男は知っていますか?


ノウハウコレクターを極めて
借金にまみれた男が
ネットビジネスの無駄を完全に公開しています。

もし、あなたがネットビジネスで
稼げていない。

もっと稼ぎたいのなら
20歳ながら1億円をたった1年で
売り上げた男の、最短最速の手法を盗んでください。

86 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/14(木) 05:05:16.26 ID:Ve0Gh9670
誰が月収650万稼げるの?www
って言ってた篤史さんはどこへ…

87 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/14(木) 06:11:34.72 ID:I9m89Hx30
父親に尻を拭いてもらうっぽいね。
父親は新聞ゴロだから警察や自民党にコネがあるようだし。

88 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/14(木) 06:57:19.71 ID:BCkx/wEC0
稼いで無いのに稼いでるふりしてるチャンピオンはこいつだ!

89 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/14(木) 14:07:22.27 ID:DIBhtRA70
【世界初!最新LINEノウハウ】に重大疑惑発生

【LINEビジネスの真相】
今回のLINEビジネスの動画出演に関しては僕の不覚でした。
あれはやらせです。
LINEビジネスを考えたとされる高野氏は僕が教えてる生徒の生徒にあたります。
僕が彼に教わった事実は一切ありません。

本当は僕が教えていた側です。

問題の高校生
ttps://www.facebook.com/profile.php?id=100005413356579

文中の高野氏
ttps://www.facebook.com/takano.yuki.50

90 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/22(金) 18:16:46.38 ID:aEBfKyoq0
秋田、与沢の次は誰になるのかなっと

91 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/22(金) 18:22:59.99 ID:o1yGlGTJI
ハッタリのキング久積篤史

92 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/23(土) 04:03:03.13 ID:EvefjRPM0
ハッタリのキングって久積にピッタリだなw

てか久積って何の実績も無いのに年収2億稼いでます(嘘)。
ヒルズに住んでます(レンタルオフィス)。

の人でしょ? 笑

93 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/23(土) 15:23:07.37 ID:8LIWJ4lF0
久積にしろ澤田にしろ自宅がオフィス化してるしなー
住めるようになったとか笑わせんなって

94 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/23(土) 15:27:10.09 ID:6/A0nybZI
与沢と久積は二年後には消えてる
バイバイキーン

95 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/23(土) 15:30:34.34 ID:8LIWJ4lF0
ヨザワは実力があるし後継に会社任せて搾取していく形で退くでしょ
そして情報業界で稼いだ数十億円の資産でまた何か事業始めると思う
久積は何も出来ない無能だしネットワークビジネスやるしか無いねー
あいつの話し方とか見ても馬鹿っぷりがよく分かる

96 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/24(日) 02:47:10.31 ID:D/xLYRWK0
そうそう。
与沢は稼いだ事もあるし、才能もある。
久積は稼いだ事も無いし、才能もない。
詐欺する事も出来てないので、詐欺師ですらない。
ただの嘘つき。

97 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/24(日) 11:10:24.22 ID:3YzQdmZg0
でも、そんな能無しを「あっくん 」と親しげに呼ぶって
なんだろうね。
見た目も悪いし、何かしら長けてるとも表面上見えない。
話巧みなわけでもないしで。
組む、でっち上げを担ぐ意味がわからん。
与沢のなかでビビっときたものがあったのか

98 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/26(火) 16:41:36.38 ID:fdlN+m6B0
Facebookでまたまたウシジマくんについて触れてるけど
批判されてること分かってんの?wなんで嬉しそうなのか分からないw

99 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/26(火) 18:39:27.66 ID:Q+l2Xq/X0
マゾ的体質か

100 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/11/30(土) 21:06:05.92 ID:Eoutgg/T0
全く話題になってないw
まじで終了してるな

101 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/02(月) 13:24:24.02 ID:RzFd8Ebp0
ホントこいつなんだったんだろうな

102 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/02(月) 13:41:37.09 ID:d3YFIU2P0
徳島に帰った?

103 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/02(月) 13:56:14.73 ID:e0pn1r8L0
http://www.youtube.com/watch?v=ntWq-GQI01I
全部暴露というからメルマガ登録したら、全然暴露してないし
結局雑誌の宣伝と、いい人キャラでフェードアウトするために
ベトナムの貧しい子供と文通
アフリカとかの飢餓で苦しむ子供たちを救いたいとか

まぁ、でも、東京で今までやってきたことが立件されないなら久積の勝ちだなw

104 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/02(月) 15:41:53.22 ID:mv2KnxMA0
久積がセミナーで聴衆にドヤ顔で「皆さんマーケティング知らないんですよw」
って言ってたのは今でも衝撃的w

105 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/02(月) 16:28:19.34 ID:kJtMiRvNi
行ったの?お笑い劇場に?

106 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/02(月) 16:31:49.02 ID:lqjJqHlg0
俺も一回、久積の無料セミナー出た事あるよ。

それで大嫌いになった。
今まで出たセミナーでダントツ中身無かった。

最初からターゲットを情弱に絞ってると思う。中級以上は大嫌いになってリピートは100%しない。

107 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/02(月) 16:52:24.21 ID:rJ1vMbw40
>>105
ID変わってるだろうけど

5月のネオヒルズイベントね
1000円で安かったしな
糞すぎて笑ったわw

108 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/02(月) 17:02:36.85 ID:rJ1vMbw40
だってネットワークビジネスやってて
それ隠すし事業の話しないし抽象的で意味不明なことばっか言うしな
堂々と小ネズミの勧誘したらどうよ?
って思った

109 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/03(火) 02:31:13.12 ID:nkAQ6tFK0
ちなみにベトナムのチャイルドスポンサーってこれね
ttp://www.worldvision.jp/child/index.php?link_id=snav01
月4500円で子供から感謝状が送られてきます

110 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/03(火) 02:51:14.12 ID:IF86mtyT0
>>109
こういう調べたらわかるような中級以上はターゲットにしてないんだろうな。

騙せる情弱だけをターゲットにしてる。
最も実力の無い詐欺師が久積。

与沢の久積も組んだ事で見限った人多いと思う。

ちなみに小玉歩は久積に写真一緒に撮ろうと頼まれて断わってる。

小玉歩を褒めるつもりは無いが久積なんて、それくらい嘘の常習犯。

だれか、久積の嘘一覧まとめてよ。
ネバーか何かに。笑

111 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/03(火) 02:53:00.93 ID:IF86mtyT0
とりあえず

&bull;マークパンサープロデュース(嘘)
&bull;六本木ヒルズ(レンタルオフィス)

112 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/03(火) 03:05:02.30 ID:nkAQ6tFK0
数年以内にシンガポールで必ず上場宣言するも、なぜか会社創設半年で社長を退き、熱き部下に会社を託す…

113 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/03(火) 15:59:44.93 ID:4m/9gmg00
ブログ見れない
http://hisatsumi.socialbrand.co.jp/

hisatsumi.socialbrand.co.jp が見つかりませんでした

114 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/03(火) 16:02:19.40 ID:R97jKU0Gi
飛んだね笑

115 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/03(火) 17:42:22.40 ID:NR4O406k0
>>103
年商3億で年収2億って言ってたのか
オリラジの番組でも年商?って聞かれて年収って言ってたし面白いなあw

116 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/03(火) 23:45:03.97 ID:QdgZXQz90
年収は先月ベースでいくと〜って言い方はどうにかならんのか
先月2000万、今月500万、来月100万って感じになると毎月年収が変わるのかな

117 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/03(火) 23:55:15.43 ID:g9ELfAil0
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 
生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ 生サナーギ

118 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/07(土) 23:59:06.07 ID:Q2gRtTzn0
http://k-sekinet.xsrv.jp/neohills/hisatsumi/?page_id=45

クソワロタwwwwwwwwwwwwww

119 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/08(日) 01:20:10.10 ID:xlJ6gdr80
テクニカルタームかっこ良く使ってるだけで言葉が宙に浮いてるなー
同じネオヒルズでもよざーさんの動画は導入部分だけみれば意外と結構ためになるけど(もちろん商材は買わない)

120 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/09(月) 16:43:08.30 ID:Dr9KESt50
>>118
導入部分だけで見るのやめたわ
なんだよ全資産を提供ってwwwwwwwww意味不明過ぎるわ

121 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/09(月) 17:03:32.31 ID:iIphpf7D0
ゴミになったからあげるって感じでしょ
要は完全になめられておまえらはゴミ箱扱いされてるんだよw

122 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/09(月) 17:12:48.96 ID:Dr9KESt50
全資産がゴミなんですか
またネットカフェっすか?

123 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/09(月) 18:57:28.33 ID:zE/8jjm30
ネットアフェって嘘に決まってるじゃん
上京する前、徳島の親の会社でチヤホヤされ
高級ブランド品買いまくってるぞ

124 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/09(月) 18:58:44.16 ID:zE/8jjm30
http://ameblo.jp/extravaganza530/
には徳島時代の投稿が残されております。(更新停止中)

125 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/09(月) 19:06:46.32 ID:Nc3oqi7s0
嘘のストーリー、嘘の年収ですかー

126 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/10(火) 01:19:45.03 ID:ZJBg1viX0
いい人キャラで逃げたいんだろうねw
あの殺人犯の関東連合の石元も、犯罪被害者とかの支援団体とかに在籍してたらしいよw

127 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/10(火) 01:26:50.59 ID:GzO3A1Tl0
つーか嘘のストーリーで嘘の年収で釣って金出させるのってありなの?
情報業界ではザラだけど

128 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/14(土) 14:40:01.24 ID:qt0LfkC80
金速から来ましたwwwww(・Д・)ノ

129 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/16(月) 13:46:31.30 ID:d9CR/C2x0
全然引退する気がなくてワロタwプロレスラーかよw

130 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/17(火) 02:17:47.37 ID:cthXRYJN0
服のセンスをどうにかしてください

131 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/17(火) 10:34:14.77 ID:FQNiMogM0
netgeekから来ました(・Д・)ノ

132 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/17(火) 21:03:48.74 ID:owAhF1oA0
半年以内にまた言い方変えてメンバーor弟子募集するんでしょ

133 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/18(水) 11:40:59.76 ID:MkBdYzvl0
パチンコ屋の新装開店みたいなもんか

134 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/18(水) 16:49:18.94 ID:sWyvroLt0
ちまちま広告収入とかパーティー参加費で稼ぐより弟子から30万もらったほうが単価が高くておいしい

135 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/25(水) 23:04:48.34 ID:depmnn340
結婚ワロタ

136 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/26(木) 15:48:21.14 ID:DdwCPl+90
キャバ嬢

137 :クリックで救われる名無しさんがいる:2013/12/29(日) 20:30:01.36 ID:Ks9gXb6mI
これからは、ひでぽんずの時代でしょ。
与沢や久積を利用してTOP狙ってるらしい。

138 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/01/05(日) 21:36:06.32 ID:ASOkMic60
テレビでてるくらいだからな
あの感じだとあいつはトップじゃない、あいつも単なるコマ

139 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/01/08(水) 00:30:58.75 ID:ZzoeL2Yx0
宿無し

140 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/01/08(水) 12:56:40.74 ID:ADtrkISe0
ジャポニズム…
どこに需要あるんだよこれ

141 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/05(水) 20:19:21.16 ID:RlwGGJ3e0
ネオヒルズって金輪際使わないって言ってなかったか
やっぱ茶番かよ

142 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/06(木) 15:12:22.28 ID:OA5BjpvG0
>>141
プロの詐欺まがい

この手の奴を信じるのはプロレスがガチと信じ込むような馬鹿

143 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/06(木) 22:18:17.21 ID:jHeRTbSz0
よざわと喧嘩したらしいね

144 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/06(木) 23:15:15.59 ID:vVlKTlCB0
ジャポニズムとかインフルエンサーと
言葉でっち上げなきゃ行き詰まるのはわかるけど、
これを主宰する久積が貧乏くさい容姿だから勿体無い
端麗じゃなくてもいいから、相応の奴らがやらないと

145 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/07(金) 01:04:56.23 ID:NaCn+JdH0
よざわと喧嘩してからFacebookのコメントも激減、ジャポニズムもわけわかんないし、
勢いなくなったよねwww
もう終わりかなあの人

146 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/07(金) 01:36:53.90 ID:ukb8ze2+0
>>143
話題作りの出来レースじゃねーの
また裏で誰かがシナリオ書いてるんだろ

147 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/07(金) 01:56:10.56 ID:FJRp8OvM0
ビンス・ルッソー

148 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/08(土) 16:59:47.66 ID:Ci+XPO+Q0
こいつ見るかに頭悪いと分かるよな

149 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/09(日) 10:49:30.27 ID:dm1gsDOr0
まだいたのか。
以前、ヒロシや澤田らとクソみたいなビジネスやってた時に
ひとしきり2ちゃんで論破しておいたのに、懲りずに同じようなクソビジネスを。。。

こいつのビジネスは社会的に無価値。
インフルエンサー?
お前のことなんて誰も知らん。
よザワならまだしも。
たくさんのイイねが貰えて影響力があるって・・・
そりゃお前の信者や金をかすめとろうとしておべっかつかってる連中だけだろw
そんなネットワーク資産譲り受けても、何の広告発信効果に寄与しねぇw

ビジネスをもうちょっと勉強しような
ひさじゅみくん

150 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/09(日) 16:02:19.47 ID:c0WYMI530
つか澤田優也って今なにしてんの

151 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/09(日) 22:38:00.78 ID:dm1gsDOr0
澤田か。

寝てねぇ自慢繰り返した挙句、自分探しの旅にでて消息不明。
自分の無能さと、それをもって人から搾取する生活に良心の呵責があったと思いたい。

ヒロシは久積を早々に裏切って
最強起業家チームだとかほざいてんな。
早く年収一億稼いでくれよw
何年底辺でくすぶってんだよw

152 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/10(月) 08:59:32.38 ID:4HtBvD010
澤田優也の所有アイテム
http://i.imgur.com/H0d5mN6.jpg
ルイヴィトンダミエで揃えるとか趣味悪すぎwwww
頭の悪いクソガキみたいだわ
あ、頭の悪いクソガキか

153 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/15(土) 18:20:41.44 ID:GTsNSlET0
こいつの、あの座敷わらしみたいな女の名前と松戸東署で検索してみ オワコン

154 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/16(日) 17:12:12.22 ID:CwZtrcB50
お似合いじゃん
女のほうが黒そうだけど

155 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/17(月) 12:34:30.32 ID:oFcEWg5n0
http://higaisha110.web.fc2.com/hisatsumi.html

156 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/18(火) 17:59:02.78 ID:oTMTgTD10
過去に「必ず成し遂げる」と宣言したことが何も実現できてない件。

シンガポール上場は?

ソーシャルタントは?

年商最低10億は?

新しい目標立てるのはよいが最早、虚言癖だろ。

だから高卒しか騙せない。

157 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/02/18(火) 22:30:06.23 ID:zrFcxvJi0
虚業の詐欺師と騙される馬鹿の関係は
見ててオモロい

158 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/07(金) 12:53:14.78 ID:cpAh9sF10
堀江貴文氏がネオヒルズ族、久積篤史とのセミナー開催を否定!「出ないよ。騙された」
http://netgeek.biz/archives/5912
http://netgeek.biz/wordpress/wp-content/uploads/2014/03/%E7%84%A1%E9%A1%8C23.png
↑久積篤史がヤクザまがいって言われてるぞwwwwwww

159 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/07(金) 15:23:01.55 ID:vXqTXO580
なんでこんな分かりやすい詐欺をするんだろう
罰ゲームでもやらされてるのかな?

次はホモビデオデビュー?

160 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/07(金) 18:23:52.86 ID:iaLoZ/V20
寸借詐欺と同じだな

161 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/07(金) 18:40:32.44 ID:RF24gH3p0
堀江のフンドシで相撲を取ろうとして失敗w

一年前も同じことやってた
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=6796

162 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/07(金) 18:46:11.75 ID:RF24gH3p0
SOCIAL MEDIA EXPO 2014
http://kir019484.kir.jp/social_media_expo2014/02/

forbidden
サイトを閲覧中のお客様
もう一度、アドレスをお確かめください。
または、サイト管理者にお問い合わせください。

2014/03/06に保存された Web ページのキャッシュ情報
view-source:http://cc.bingj.com/cache.aspx?q=http%3a%2f%2fkir019484.kir.jp%2fsocial_media_expo2014%2f02%2f&d=27025449229625037&mkt=ja-JP&setlang=ja-JP&w=WgNg6q4w4vbgPKPmb1Ypq_z3u1HVdIwC

163 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/07(金) 18:54:51.32 ID:RF24gH3p0
泉ガーデンギャラリー
イベントカレンダー
http://www.bellesalle.co.jp/visitor/event/index.php

3月21日は何も予定は入ってませんね

164 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/07(金) 19:20:33.10 ID:ZPJ/COWc0
パーク・マンサーなら久積主催のセミナーでもイベントでも来てくれると思うw

165 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/08(土) 01:32:56.64 ID:LgSUvdIp0
中卒で高卒、大卒だましてんのか? 痛快やね

166 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/08(土) 16:23:51.53 ID:RRX4XuP60
俺はにわかに信じられなくて申し込まなかったけど申し込んだ奴はどうなるの?

167 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/10(月) 16:06:54.10 ID:k+O7+aLl0
澤田君、いつの間にか失踪してない?
富山に帰った?

168 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/10(月) 16:23:09.12 ID:kZj3FYFz0
このページおもしろいw
http://www.no1-reviewer.com/review/2014/03/post-929.php

169 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/11(火) 13:33:04.01 ID:jwuE/wbM0
>168
久罪とバカ梨、いつ逮捕されるの?

170 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/11(火) 15:01:00.23 ID:63wTET2I0
父親が徳島の新聞ゴロで、自民党とコネがあるからな

171 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/13(木) 03:16:02.34 ID:wMUUIf9b0
結局情報業界に戻ってきた件w
ttp://raven0615.xsrv.jp/tokyo0314/

172 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/13(木) 05:39:31.93 ID:cXpKKEf10
アドビュービジネスって何なん?

173 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/13(木) 18:37:23.27 ID:Eb3d+v6+0
一日15分25クリックするだけで稼ぎ続けられる夢のビジネスらしい

今時こんなのにひっかかるバカっているの?
しかも組んでいる相方がヤンキー丸出しとか
もうちょっと真面目そうな奴探せばよかったのに

174 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/15(土) 03:48:06.37 ID:ON6hXU+50
この石川とか言うアホのブログはさらに笑えるぞw

175 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/15(土) 04:47:39.32 ID:xHp8O7gj0
あっくん「僕は悪くない!堀江が勝手に断ったんだ!場所は抑えてないけど堀江が勝手に!」

176 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/16(日) 03:29:27.09 ID:zrsm7Gjw0
「パソコン一台あればウン千万ウン億は余裕やから」って言ってた橋本くんと
「今ウハウハでヤバイっすね」って言ってた澤田くんは
昨年秋ぐらいからfacebookいっさい音沙汰無しだけど何かあったんですか?

177 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/17(月) 00:00:53.93 ID:SJmQnaxU0
熱き創業メンバー募集!

178 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/17(月) 10:17:01.29 ID:Cgwri8/T0
熱き31万5000円募集!

179 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/17(月) 13:44:40.65 ID:rFUpMGW/0
「仕事はネットビジネス関連です」
「先月けっこういったんで、年収は一億くらい」
「ホールディングスカンパニーの会長をしております」

w

180 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/17(月) 15:33:22.54 ID:UxJy/IoF0
こいつは小物臭がはんぱないな

181 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/20(木) 22:25:59.90 ID:W1hDU16O0
あっくん最強

182 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/21(金) 06:09:19.42 ID:PFHZwtdu0
インフルエンサー(笑)

183 :やか:2014/03/21(金) 10:41:47.48 ID:wSgm6fsI0
新会社に入るには、約40満園、そして次に待ってるのは「3名限定にてビジネスパートナー権利」を120満園を教養されました・・・

184 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/21(金) 10:54:17.81 ID:wSgm6fsI0
>183同様、私も・・・。
なぜ入社するのに投資なの?

185 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/21(金) 13:05:33.77 ID:PFHZwtdu0
久積あつしのすべてを教えてもらうための塾料金です
きっちり払ってください
よろちくベイベー

186 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/21(金) 15:09:23.44 ID:4z+HtKgP0
どんな人達が金払っちゃうのか
実際に見てみたいw

187 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/21(金) 16:51:15.12 ID:PFHZwtdu0
蝶野舞のIBS、やしろひろたみのゲームせどりなど
全く稼げない商材を連発した与沢大先生とはもう連絡とってないのかな?

188 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/21(金) 19:13:30.64 ID:RONAEoDQ0
それよりやしろさん息してんのか?
全然聞かないけど。あと鉄工所の人とか。

189 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/21(金) 20:08:22.59 ID:v4hy6FH20
やしろさんならソチ五輪見て散々はしゃいでたよ(笑)
やしろさんのゲームせどりは本当に悪質なんだよ
なんせ塾料25万だけじゃなく売れないゲームの在庫代も損失だからね
普通の詐欺商材なら商材の金だけだからね

190 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/22(土) 03:49:15.42 ID:Rxk1P2zl0
ウシジマくんコミックス読んでみたけど、ウシジマとイヌイの会話の中ではっきりマルチと断言されてるな・・

マルチには三世代くらいあって
天生(与沢)と清栄(久積)の今世代は自分をアイコンがするのが特徴だと

それをfacebook上で信者が「読みました!」とか言ってるのがなんかカオス

191 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/22(土) 15:59:20.90 ID:XmmQ/DRK0
山上紗和はソーシャル婚とか言ってすっかりあっくんに利用されちゃってるな
ageha読モだからブログも何万とかアクセスあるし一部の世界では久積より全然知られてるんだよな
中村久世、山田るり子同様永久にネット上に黒歴史として残り後で後悔するんだろうな・・

192 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/22(土) 18:46:55.91 ID:5QIZ3vL30
実際の年収はどのくらいなんだろ

193 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/23(日) 02:09:49.59 ID:iSfyjNMV0
また上場とか言い出してるね

194 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/23(日) 16:54:04.11 ID:ZycSdPHC0
今回は弟子と新入社員からいくら没収したんですか

195 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/24(月) 13:40:48.66 ID:K94Qb+zc0
ブログによると山上紗和と別れたらしいな

196 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/24(月) 14:37:15.05 ID:mXI7X0De0
不思議なのはこいつを支持する人(お金払う人)がいるってこと

197 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/24(月) 16:54:52.01 ID:qggEj+cN0
↓山上紗和facebookより フラれてますやん、あっくん
嫌なことって何やったんだよ・・


彼のblog等をご覧になって、既にご存知の方もおられるかとは思いますが

昨日、彼にお別れを告げさせていただきました。

今までいただいた物も全てお返ししました。

原因は些細な事なのかもしれませんが女の子なら誰だって嫌な事だと思います。

198 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/24(月) 18:20:27.77 ID:/gGua8Z+0
関ヶ原の戦いは?www

199 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/24(月) 19:06:54.63 ID:b2gQVd7R0
>>197
え、結婚の話はなし?

200 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/24(月) 19:14:02.18 ID:qggEj+cN0
あっさり婚約破棄です(笑)

201 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/24(月) 19:36:49.58 ID:lyH4pb8r0
中村ひさよとの別れも、今回の山上さわとの交際そして別れも最初から、ビジネスだったんじゃないの?

騒がれて注目浴びないとお金儲けできないし。

ブランド物も高級車も一通りやったし、次の手でやったんじゃない?

次は、中村ひさよとの復活とかあったりして。

ネオヒルズ族の恋愛ビジネスの噂のURL張っておく。


http://internetbusiness01.seesaa.net/article/390433928.html

202 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/24(月) 20:00:26.71 ID:qggEj+cN0
まぁ山上に関しては本気で結婚しようとしてたかな
俺もアメジストよく行ってて久積もよく来ててどんなこと話してたか知ってるからねぇ
中村に関しては知らんな

203 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/24(月) 20:06:35.28 ID:vmpTsBNT0
久積「人って最後に「本性」が現れるもんだな。」←けっこう辛辣w
http://netgeek.biz/archives/7660

204 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/24(月) 20:28:10.55 ID:j2be9VQm0
ソーシャル婚ェ・・・

205 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/26(水) 09:54:13.66 ID:3Tku3evBI
私も面接で40万とられました。。
しかも書き込みみたらさらに120万請求されるんですか?!
泣き寝入りするしかないのかな。。

206 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/26(水) 11:34:59.44 ID:eLytIXtO0
>>205
kwsk

207 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/26(水) 14:34:33.59 ID:wL6uC0C40
>>205
40万w

208 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/26(水) 18:48:58.09 ID:5GvwAtvN0
あっくんかっこいい

209 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/27(木) 02:21:21.98 ID:36LaDI4U0
>>205
FBに書いちゃえよー

210 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/27(木) 06:56:56.90 ID:S68cLBX80
与沢や土屋ひろし、田村翔なんかは久罪をfacebook友達から外してんのな
詐欺師達のイジメみたいな醜態みてるみたいで面白いな

211 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/27(木) 08:35:32.98 ID:36LaDI4U0
>>210
久積がブロックしたんやで

212 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/27(木) 10:20:31.85 ID:S68cLBX80
ああそうなんだ

213 :クリックで救われる名無しさんがいる::2014/03/27(木) 15:27:59.91 ID:Q9447kNf0
>>205

めいん担当は、タカナッ詩かな?綿祖も(tt)。ジョイント権利つき??

214 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/27(木) 17:43:43.32 ID:KlTcdfJJ0
そういえば高梨も弟子(ねずみ)募集してるな

215 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/27(木) 20:58:05.56 ID:qSY/13Gd0
タカナッシーってタカナシスタイルとか動画作ったり
車ん中では毎回BIGBANG流したりゴキブリチョンなのかね?

216 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/28(金) 21:45:40.80 ID:E6njCz4d0
あっくんも在日です

217 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/30(日) 22:11:00.04 ID:fGBicZfu0
姉アゲハモデルとか一般的な知名度ゼロ。
なのに、yahooの離婚ニュースで、そのモデルの方が先に名前が挙がるとは。
どんだけ知名度ないんだ、あっくん。

あっくんのビズモデルの成功是非は、あっくんそのものの知名度が如何にあるか。

だめだよー、こんなんじゃー

218 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/03/30(日) 22:15:37.45 ID:z4sgd6HE0
ソーシャルハウスとかまた意味不明なビジネス始めたな

219 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/01(火) 09:45:20.77 ID:zV5kaBr10
社員募集はいいけど入社にあたって金を支払うクソシステムですか?w

220 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/01(火) 14:32:13.08 ID:OvcpmNEb0
とにかく久罪と澤田、梨は今年間違いなく捕まるでしょ!
順番:梨→澤田→罪

221 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/01(火) 22:24:08.49 ID:ieKfNWiO0
>>219
はい、勉強のために、払わせていただきます!!勉強代訳40満園なり^^

222 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/02(水) 00:50:53.59 ID:jQiRxaNE0
そして入社時に金を払わせて
入社したら鬼のようなノルマを課して
手足として労働力としてこき使い
何も学べず、疲れきるまで使役し、
どんどん自分から辞めていくように仕向ける、みたいな?

まさかですよね?

223 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/02(水) 13:48:09.22 ID:Pb7dQhiN0
そのまさかですw
世の中「金」にしか興味がないB企業です。

224 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/02(水) 16:15:55.29 ID:EEntAZFR0
http://blog.livedoor.jp/chihhylove/archives/8313066.html

225 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/02(水) 18:39:42.03 ID:IKQz7VgG0
>>205 道用、わたしの痴人もきっかり120満園を要久されている容子で・・・。ただいま、追い込み激しいとのこと。
よってみんなの貴重な異見を取り入れ、決定!!。業性のとあるところにカケコみ!!。小区祖の世亭!!摩地外なく語句中に入れてあげます!!ただいま名窯、募集ちゅう!!あんど、田か無しくんもね(^_-)

226 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/02(水) 20:17:11.02 ID:oy+L+SKu0
http://www.pasokon-room.net/index.html

227 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/02(水) 22:03:25.36 ID:IKQz7VgG0
>>205 さん、わたくしも童謡に・・・。「お申込書」にはキャンセルは受け付けておりません、と描かれてありました・・・。>>225さん道用に、わたくしも国民〇〇せんたーに行き、べんごしさんと装弾ちゅうです!!

228 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/03(木) 10:19:19.16 ID:PuA3I1Z70
ただの詐欺師か つまらん

229 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/04(金) 00:20:59.97 ID:awxxHUwc0
facebookでまたボイトレ始めたとか言ってんな
まだ歌手()やるのかよ・・

230 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/04(金) 15:07:08.21 ID:YvCa1HPJ0
https://www.facebook.com/profile.php?id=100002950419699
久罪君、処理されるようです。

231 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/04(金) 15:56:48.70 ID:0ovWTogP0
>>230
このYoshitakaてヤツ。ちっとはマトモなのかと思ったらただの同類でワロス

232 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/04(金) 16:14:18.41 ID:awxxHUwc0
久罪熱死!

233 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/04(金) 21:32:41.20 ID:qBTnELh7I
申立書送ったよ久積見てるー?(^ω^)
お金返してもらうからね(^ω^)
逮捕されるのと自殺するのとどっちが先かな(^ω^)

234 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/05(土) 00:32:40.51 ID:UkYFgKe20
久罪くんちの新会社さんのお方、見てる??もうアウトだよ!!40満で終わってる方も、プラス120満出してるかたも・・・。被害者の会、立ち上がる気配だしね!!

235 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/05(土) 07:28:56.94 ID:XJ64BGOO0
と〜わにはマイトゥ〜フレン、マイトゥフレン♪

236 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/05(土) 08:03:09.84 ID:bf2LJrqP0
あっくんかわいい!あっくん最高!あっくんイケメン!

237 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/05(土) 11:47:39.28 ID:BbVuW6+H0
昨日は丸1日facebookの更新がなかったのが気になるな
何かあったのかな?

238 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/05(土) 14:10:41.19 ID:mqQ3THt/0
騙された人達が金払っちゃう現場を見てみたいんだが
セミナー行っても金払うとこは見れないよね?

239 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/05(土) 17:11:37.02 ID:UkYFgKe20
>>238
 支払いは、港区阿多古タワー30怪で麺説字にお支払いし、東京りっつかー〇とんの45回にて小ベツこんさるたんとで一気に一気に加速するよ!!

240 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/05(土) 17:49:37.48 ID:YjOKt1bq0
なんなんだこのメンヘル?w

241 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/06(日) 00:00:50.47 ID:mqQ3THt/0
>>239
個別だと現場目撃はできそうにないね
教えてくれてありがとう

242 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/06(日) 03:00:55.18 ID:bzqClvjl0
丸2日FB更新ないね

243 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/06(日) 10:40:34.71 ID:bgL71nq00
あれ?今日のセミナー、「久罪Xよしたか ドビュービジネス 事業説明会」って、ドタキャン??
ホリエモンのセミナーがバツになったときは、新会社第一回東京研修会だったけど・・・。
ホリエモンセミナーの際は、「新会社の方は一番前の席をご用意しています。訳20満園ですよ!!」
とバカ梨しの電話口から新会社創立メンバーに恋楽あり・・・。てか、自由席じゃなかったっけ?てか、一般人には返金したの?&今回分も・・・。久罪死にたいする不満ボッ発だね!!

244 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/06(日) 10:43:10.92 ID:bgL71nq00
とFBの下記こみも・・・

245 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/06(日) 10:44:11.96 ID:bgL71nq00
なかなか返金とか不払いには応じてくれませんね。
メッセージ送っても常に無視をされます^^;

246 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/06(日) 19:34:12.84 ID:sNWav0XI0
 
 
関 ヶ 原 の 戦 い で す
 
 

247 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/06(日) 21:56:17.58 ID:bzqClvjl0
あっくんは巨根

248 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/07(月) 06:41:56.67 ID:dm8tPpJr0
久積塾運営に塾生が爆発→
http://crosscompus.com/?p=363

249 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/07(月) 08:01:40.19 ID:fh7clOfr0
久積篤史 10時間前

AKBの番組から出演オファーが... しかし、 大島優子はいない。
出演メンバー探します。

↑出演するにはいくら払うんですかw?

250 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/07(月) 13:35:21.76 ID:4aTE+EEk0
あいつはFB上では綺麗ごとを抜かす卑怯者だわ。
どれだけの人がお前に金を盗み取られたか。。。

最後には大きなブーメランが帰ってくるよ。

251 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/07(月) 13:38:21.22 ID:4aTE+EEk0
インフルエンサーって何?

252 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/07(月) 16:54:10.45 ID:HHXPW5ho0
インフルエンサー=ネット上で影響を与える人

253 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/07(月) 21:32:26.36 ID:jCaqPCTb0
騙されるアホな人達よりもインフルエンサー(笑)のほうが色々勉強してたり努力してるよな

254 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/08(火) 01:02:01.49 ID:/+fPuArV0
↑あっくん登場

255 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/08(火) 01:43:27.55 ID:tODoGaRr0
あれ?よしたか氏、態度が急変??もう久罪を許してる・・・
あれだけFBで叩いていたのに・・・
だめだな!!こいつも・・・

256 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/08(火) 05:02:14.62 ID:/+fPuArV0
まぁしょせん同類だからね

257 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/08(火) 10:53:45.94 ID:xQ8y8pPo0
上場企業の執行役員とか嘘くせぇw

258 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/08(火) 15:56:02.03 ID:b880NBDT0
その上場企業、頭悪いんじゃないのw

259 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/08(火) 17:16:04.61 ID:NLTDKzxW0
AKBの番組から出演オファーが... しかし、 大島優子はいない。
出演メンバー探します。

↑絶対嘘だろ!笑

過去に「必ず成し遂げる」と宣言したことが何も実現できてない件。

シンガポール上場は?

マークパンサーの件や堀江さんの件といいヤバイよな!

他人のふんどしで相撲をとるやり方を間違えてるよひさせきくんWW




こいつ本当に虚言癖ヤバいよな!

260 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/09(水) 01:01:02.68 ID:rO7nYGd00
今週のウシジマくん見たら久積(清栄)の被害者の会サイトが出てきてワロタ

真鍋先生が本領発揮中ww

261 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/09(水) 12:21:33.91 ID:cG3zTfp/I
巧妙な宣伝乙久積親派

262 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/09(水) 18:55:19.58 ID:PfE6C4qr0
>>260
しんこchてバカ梨がモデルらしいな(笑)

263 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/09(水) 20:20:56.66 ID:+c91KQMQ0
>>260
二巻では清栄ハイパーメソッドのために金がなくて母親に暴力ふるってるのが描かれるからねぇ
あれを読んでもまだ信者は「最高っす!」とか言ってんのかねぇ

264 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/10(木) 09:24:54.22 ID:LtNIIXeE0
香港で何をするつもりなんでしょうか?
外国でまで詐欺をするつもりかな

265 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/11(金) 01:40:36.46 ID:epV+NYvz0
また上場らしい

266 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/11(金) 11:32:23.42 ID:q5fZeNs20
今まで一度でも会社を上場させた事あったっけ

267 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/11(金) 11:40:38.63 ID:S2k+Yi0e0
「上場」は「スゲー!カッケー!」と思っちゃうアホを釣るためのキーワードなだけで、最初から達成しようなんて考えてないし

268 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/11(金) 13:28:55.45 ID:80j8hEiK0
バカ梨粋っとるな

269 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/13(日) 20:44:00.92 ID:c09qVqzx0
今度は触発されてクラブイベントか。

落ち着いて一つのことを完遂しろよ。

何かあった場合に備えて事業のポートフォリオを広く持つのはいいが、
それはあっくんの会社みたいな零細企業のすることではない。

特異なる点、一点で突き抜けなきゃ、上場なんて夢のまた夢。

あれもこれも目指してもいい。
二兎追うぐらいの気概がないと成功しないのも事実。
しかしあっくんよ、君はそんなに器用ではない。

270 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/14(月) 06:31:08.35 ID:oOZhG4I10
インターネットを駆使してビジネス展開してるのに会社のHPすらないのはなんでなの

271 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/15(火) 00:06:58.03 ID:BcrXcADk0
あっくんは、自分を経営者ではなくフィールドプレイヤーと評していた。
その自己認識は恐らくあたっている。
俺個人として、あっくんのビジネスは生理的に受け付けないが、
あっくんに(与沢まではいかずとも)何らかカリスマ性があるのは認める。
がむしゃらにリスクテイクする姿勢も、若気の至りとは思うが悪くはない。

ならば経営ができる人間を雇えばいい。
経営とまではいかないにしても、物事を計画的かつ堅実にこなすオペレーター人材を雇えばいい。
頭の切れる頭脳派秀才を雇えばいい。

もしかすると、そういう人材はいたかもそれないが、
あっくんの適当さに呆れて袂を分かつたのかな。

272 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/15(火) 19:17:45.00 ID:UwcO5/Ua0
>>269とか>>271が最高にバカなのはわかる
そもそも久積は起業家ではないし、経営を必要とする事業なんて無い
そんなヤツに何のアドバイスだよw

273 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/15(火) 22:35:58.54 ID:RcCYdbgBI
大橋M人って奴も認定コンサルタントだぞ。
あと今は ゆうゆ○キャリ○サポートって詐欺集団で活躍中らしい

274 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/16(水) 00:52:43.55 ID:DgMJMn2t0
今週のウシジマくん久罪がマザコンになってた

275 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/16(水) 18:27:05.80 ID:7EBoerxm0
でかい花火を打ち上げては寄ってくる情弱から金を奪うシステムか?

276 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/16(水) 20:36:05.88 ID:VS4VE+TX0
そんな感じ

277 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/16(水) 21:15:46.91 ID:VbsEeFx80
あいつが出したCDくそだったなw歌下手過ぎ

278 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/17(木) 12:17:19.49 ID:CuuycMO60
うーむ

279 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/17(木) 20:28:33.36 ID:RCORYn3u0
まだ歌手やるみたいですよ・・

280 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/19(土) 20:17:43.47 ID:ASDIL7FW0
いつも思うけどあの応募フォームは怪しすぎる
レイアウトそろそろ変えた方がいいわ

281 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/22(火) 23:27:02.59 ID:GWUcHxv7I
ソーシャルハウスって何ですか?
女の子集めてお金騙し取る気?

282 :金たく:2014/04/23(水) 13:38:36.00 ID:17aurkKM0
某組織が圧死に追い込みかけるってよwww

283 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/23(水) 13:47:20.08 ID:uAxFe6NY0
アドビュービジネスはどうなったの?

284 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/23(水) 19:18:44.78 ID:u/spRKkS0
ヒルズからシェアハウスへ
転落人生や

285 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 18:47:47.73 ID:lFZjJUX10
元々ヒルズもレンタルオフィスだっただけだし

286 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:05:02.98 ID:aRHn1fsh0
オークション詐欺とはオークションの形態をとった詐欺行為である。金銭を受け取りながら物品を渡さなかったり、オークションに出品した物とは別の物を渡す、
あるいは金銭を払うつもりも無いのに落札して物品を騙し取るなどの行為が挙げられる。また関係者(あるいは自作自演)内で
不当に値段を吊り上げるサクラ行為も問題視されるが、これは詐欺行為の証明が難しくもあり、オークション詐欺として取り沙汰される
ケースは稀である。日本においては、1990年代末から普及してきたインターネットオークションに関しての詐欺行為を指して使われる事が
多い。なお、ネットオークションでは取引実績の履歴も公開されるため、自作自演で自己評価を吊り上げた事例は少なくない。この辺りは
ネットオークションシステム自体の、避け得ない問題点とみなされている。最近ではネットオークション詐欺被害者の補償制度を導入する
オークションサイトがほとんどであるが、被害特定から補償までの手続きが煩雑であったり、あるいは被害認定が受けられない場合もあり
、依然として自己防衛が必須である。被害にあった場合には、いち早い警察への通報や消費者センターへの相談が勧められる。
インターネットのオークションサイトでブランド品などを格安(最低価格1円〜)で掲載し、落札者に偽名の口座に料金を振り込ませて
お金を騙し取る等がある。また、逆に商品を送ったのに代金が指定口座に振り込まれない場合も含まれる。さらに、落札した商品を
送料着払いで送りつけて来て、箱を開けてみたらとは全く別の物だった場合もあり、相手に連絡しようとした時には代金が口座から
引き落とされて既に逃走している。訴えられた場合「うっかり間違えた」と説明すれば責任が問われない法律の盲点を突いている。
偽ブランド物を送ってくる場合も後を絶たず、これらでは出品者側は偽物とは知らなかったと言い張り、返却してくれと言われたので
送り返すが、振り込んだ代金がいつまでも返金されず、そのうちに連絡が付かなくなり送付先の住所も移転してしまった後となり、
追跡が不可能となるケースも報じられている。同様のケースとして、スペックの低いパソコンや品質に問題のあるジャンク品を送ってくる
ケースもあり、この場合オークション補償の対象外となり、同時に詐欺罪で警察署や交番などに被害届や告訴状を提出しても民事不介入を
理由に受理されないケースがある。「人を欺いて財物を交付させた」(刑法246条1項)・「人を欺いて」「財産上不法の利益を得」た
(刑法246条2項)といえれば、一度の行為でも詐欺罪が成立するのは当然だが、立証の困難等を理由として訴追に至らないケースもあり
得る。しかし同じ手口を何度も行った者が、逮捕された後に別件の詐欺で追起訴されたケースも少なからず存在する。
ID乗っ取り詐欺とはパスワードを推測または違法な方法で入手し、IDそのものを乗っ取り出品するもの。過去にフィッシング詐欺やスパイウェアなどで
盗まれたIDを使って出品しているため、急激に取引が増加したり、扱う内容が変化したりといった傾向が顕著である。見分ける方法は過去の出品の文章や
過去の履歴からIDの持ち主の嗜好を掴むことが有効で、またちょっとした評価の文章であるとかそういうところでも、自ずと人格はにじみ出るものであるため、
過去の履歴を参照して、突然に出品傾向が変化していないか、あるいは別のIDでほとんど同じもの(紹介文が似通っているなど)が出品されていないかも
注意すべき点に挙げられる。成りすまし詐欺(次点詐欺)とはIDを乗っ取ることなく、相手のメールアドレスあてに出品者を装ってメールし、
自分の持つ口座に振り込ませて逃げる手口で、同様のケースで次点落札者を狙ったものもあり、「落札者辞退のため、あなたの落札に変更されました」と
称したメールは警戒すべきである。このような事態をうけ、yahooオークションはメールアドレス表示を廃止し、非公開の掲示板形式「取引ナビ」に切り替えた。
委託詐欺とは上記の次点詐欺の変形版。商品は自身の所持しているものではなく知人が持っており代理出品であると説明し本来の出品者と落札者の間のやりとりが
される前に代金を振り込ませてしまおうとする手口。返品詐欺とは完全匿名・返品自由の楽天オークションで確認された新種の詐欺。落札し、送られてきた商品に
クレームを付け、まったく別の品物を送り返す、電子記録媒体をコピーした後に傷を付けて返品する、状態の悪い同じ商品と取り替えて返品するなど、
楽天オークションの匿名性を悪用している。

287 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:05:04.63 ID:sA//LGIM0
インターネット(英: Internet)とは、インターネット・プロトコル技術を利用して相互接続によるコンピュータネットワークを指す語である。
「インターネット」の語の起源は一般名詞の「インターネットワーク」(internetwork)で、本来の意味は「ネットワーク間のネットワーク」や
「複数のネットワークを相互接続したネットワーク」であるが、通常は固有名詞として、ARPANETを前身とする特定の世界的規模のネットワークを指す。
特に日本語で「インターネット」と呼ぶ場合は、固有名詞の意味である場合が大半である。また、インターネット技術を使用した社内など組織内の
ネットワークはイントラネット、複数のイントラネット間あるいはインターネットとイントラネット間を接続したネットワークをエクストラネットとも呼ぶ。
「インターネット」はネットワークまたはネットワークシステムを表す用語である。電子メールやウェブなどはインターネットのネットワークを
利用したサービスの一つである。インターネットにおいて一般的に利用される各種の技術や管理制度は、歴史的経緯から一般に公開されているものが多い。
インターネット上においては特定の集中した責任主体は存在しない。全体を1つの組織・ネットワークとして管理するのではなく、
接続している組織が各ネットワークを管理する建前となっている。事実上の管理主体(ICANN、IETFなど)はあるにしても、
それは接続している組織・ネットワークの総意として委任されていると言う建前になっている(国際的に中立的とされ、また一部は国際機関による管理もある)。
それはインターネット・プロトコルの開発においても同様であり、RFC(Request for Comments)に具体化される。ただし、ICANNは非営利団体ながらも
米商務省の傘下にあり、国際問題となっている。インターネット接続が難しかった時代には、UUCPによる研究機関・大学や一部の企業などの間での
メール・ネットニュースの交換が多く見られた。専用線が高価だったための苦肉の策であった。その後、接続コストの低下に加え、World Wide Web(WWW)の流行、
さらにパソコン向けOSのインターネット接続対応により、一般的ユーザへも爆発的な普及を見るに至った。 情報の伝達速度が飛躍的に向上したため、
物理的な距離と関係なく様々なコミュニティが形成され活動を行うようになった(IT革命,掲示板,SNS参照)。商用のインターネット利用についてはまだ歴史が浅く、
20世紀末期の概ね1980年代後半に入ってからである。1990年代末期までは、個人向け接続サービスの大半は低速なダイヤルアップ接続で、
従量制の課金が多くみられた。定額のブロードバンド接続サービスが低価格で提供され、爆発的に普及しはじめたのは2000年になってからであった。
同時期に携帯電話でもインターネットへの接続サービスが提供されるようになり、携帯電話でのインターネット接続も一般化する。しかし、セキュリティに
関する仕組みが現行のインターネットのプロトコルに組み込まれていないために、コンピュータウイルスの感染や不正アクセスなどの問題が後を絶たず、
アプリケーションレベルで様々な対策が行われている。最近ではセキュアなネットワークを目指した新しい仕組みを作る動きも見られる。
インターネット・プロトコル (IP) とは、インターネット上の通信に用いられる基本プロトコル(ネットワーク層(レイヤー))であり、
その上にトランスポート(転送)層、さらにその上にアプリケーション層のプロトコルを組み合わせて用いる。転送プロトコルにはTCPやUDPなどがあり、
アプリケーション・プロトコルにはWWWで用いられる HTTP、ネットニュースに用いられる NNTP、チャット(IRC)、ファイル転送(FTP)、ストリーミングなど
さまざまな利用方法に伴うプロトコルが存在する。これらのプロトコルの定義の多くは RFC として公開されている。インターネット・プロトコルは
狭義のインターネット (The Internet) だけに使われるプロトコルではない。例えばインターネット・プロトコルや周辺技術を、企業内等のローカル・エリア・
ネットワーク (LAN) 環境で応用したものはイントラネットと呼ばれる。また、イントラネットを相互接続したものはエクストラネットと呼ばれる。
IPにおいては、基本的に通信するコンピュータごとに(厳密には機器のインターフェイスごとに)唯一無二の「IPアドレス」と呼ばれる固有番号を
割り当てられることが通信時の前提となっており、IPを採用するインターネットにおいても、接続する各組織に対して固有のIPアドレスの領域(範囲)が
それぞれ割り当てられる。各組織はそれぞれに割り当てられたIPアドレス領域の中の固有の番号を、所有する各コンピュータに割り当てる。

288 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:06:06.81 ID:b8vsK/sF0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

289 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:07:02.60 ID:U7dhvycw0
またこれとは別に基本的に無料で提供しているサービスに一部サービスに付加機能を加えた
有料サービスを提供して課金をするモデルもある。(例:mixiプレミアム)
ソーシャル・ネットワーキング・サービス内での広告収入や課金収入に頼るのではなく、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスをユーザーの集客や定着のツールとして捉え、
自社・他社問わず他のサイトに誘導、あるいは連動させることにより得られるシナジー効果
(相乗効果)を期待するモデル。ヤフー株式会社の井上雅博CEOが語るようにYahoo! Days
(ヤフー・デイズ)などの大手ポータルサイトが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービスは
このモデルを取り入れようとしている。また携帯端末向けソーシャル・ネットワーキング・サービスの
モバゲータウンはモバオク、ミュウモなどの外部の課金サービスに誘導することで収益をあげている。
なお、これら三つのモデルは、そのいずれかはそれぞれのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
中心となっているものの、例えば広告収入モデルはほぼすべてのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
取り入れられているように、ビジネスモデルを組み合わせていくのが一般的である。アメリカ、韓国では
広告収入以外にもEC事業(アバター、ホムピー)といった色々なビジネスモデルが構築されつつある。
例えばサイワールドなどは月10億円以上の利益を広告(20%)とEC(80%)により生み出している。
その一方で、限られた会員内とはいえ、個人情報の流出の懸念も一部であり、未成年者の利用を制限する動きもある。
(アメリカでは12歳以上なら利用が可能の為)
コンピュータ登場以前のソーシャルネットワーキング理論の起源としては、六次の隔たり理論などがある。
コンピュータネットワークによる新しい社会交流の形態は、コンピュータが開発された初期の頃から
その可能性が示唆されていた。コンピュータ通信によるソーシャルネットワーキングの試みは、
Usenet、ARPANET、LISTSERVやBBSなどを含む初期の多くのオンラインサービス上で行われた。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの前段階としての特徴は、AOL、ProdigyそしてCompuServeなどの
オンラインサービス上にも多く現れていた。ワールドワイドウェブ上の初期の
ソーシャル・ネットワーキング・サービスは、Theglobe.com (1994)、Geocities (1994) そしてTripod.com
(1995)のようなオンラインコミュニケーションの形態で始まった。これら初期のコミュニティの多くは、
チャットルームの他、使いやすいサイト開設ツールと自由で安価な場を提供することによって、
個人のウェブページを通して個人的な情報やアイデアを共有することに注力していた。Classmates.com
(クラスメーツ・ドット・コム)のようないくつかのコミュニティはEメールアドレスを公開して人々が
お互い結びつくような方法を取っていた。1990年代後半、ユーザーが友人のリストを管理し、
似たような関心を持つ他のユーザーを探せるようにするなど、ユーザープロフィールの編集が
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの中心的な特徴となっていった。

290 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:07:02.66 ID:i3TD/hWv0
アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とはアプリケーションソフト等のサービス(機能)を
ネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みの
ソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。ASPはアプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客にサービスとして
提供することであり、それを行っている事業者である。通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを
経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。
この「ASP」という用語自体は1998年ころから用いられるようになった比較的新しい用語ではあるが、こうしたサービス形態はそれ以前から
存在していた。コンピュータ(およびコンピュータ上で走るソフトウェア)を遠隔利用するというサービス形態自体は1960年代より
存在していたのである。もともと、業務上使用するコンピュータは、ほぼメインフレーム(大型計算機)しか存在しなかったと言えるような時代、
メインフレームではTSSをベースにしたユーティリティ・コンピュータ、VANなどの利用法があった。日本でも1970年代には、
企業・会計事務所・税務事務所など向けに科学技術計算・販売在庫管理処理・税務・会計計算処理などを提供する「(計算機)レンタルサービス」
「計算センター事業者」などと呼ばれるものが数多く存在した。高い時間単価を支払ってそうしたサービスを遠隔利用することが
一般的であった時代があったのである。しかしその後、外部業者の大型コンピュータのサービスをレンタルすることは避け、
自社に小さめコンピュータを導入するようになり、1990年代に入ると、メインフレームと比べてかなり小さくてかなり安価な
「ワークステーション」や「PC」などと呼ばれるコンピュータが登場し、企業ではそれらを導入してクライアント/サーバ方式で
社内で完結したシステムを(安価に)構築する方法が一般的となった。それが普通だと見なされる状況になったのである。その後、
1990年代半ばになると、米国で、業務の標準化やインターネット環境が整備(ADSLやFTTHなどの回線の高速化、および低価格化)
されるようになった状況を利用し、再びかつてのように、ネットワーク経由でサービスを提供する事業者が現れ、特定の企業のアプリケーションを
預かるようなホスティング事業者なども現れた。日本でも一歩遅れて2000年代より、同様のことが普及しはじめた。米国で1998年ごろからこうした事業者を
「ASP」と呼ぶことが行われるようになり、1999年5月には米国でASP Industry Consortiumという業界団体が設立されたのである。
類似用語には以下があるが、ASPを別の観点から呼んだものとも言える。ユーティリティコンピューティング - サービスを使用した量(従量制)で支払う。
SaaS - ソフトウェアをサービスの形で提供する。クラウドコンピューティング - 主にインターネットを経由してサービスを提供する。マルチテナント -
システム環境を複数で利用する。オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet財務会計給与計算
グループウェア営業管理、顧客管理、ICT資産管理 販売管理、在庫管理 コンピュータウイルスのチェック・除去ソフトネット風評監視サービス
(例・電通バズリサーチなど)上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
サービス利用者は、自社でシステム(ハードウェア)やソフトウェアを保有・管理することなく、利用することができる為、
管理コストの削減に繋がる。(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの
保守作業は事業者側が行う)。小規模な場合、サービス利用者はソフトウェアを購入するのに比べて費用が安いことがある。
サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。ソフトウェアのバージョンアップサービス利用者の認証
(利用権限の確認)利用状況の確認や分析不具合発生時の状況確認

291 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:07:04.93 ID:qZJs8BL/0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

292 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:08:02.34 ID:UaVIxZs60
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

293 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:08:02.51 ID:lFB4Q2l40
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

294 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:08:07.04 ID:HJttOMYr0
アフィリエイト稼業の実態
「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人に
アンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たない
ケースが多数で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎない実態が浮き彫りになった。なお、
2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中〜上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、
月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%となっており、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が
二極化しているともいえる状況である。アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬とアクション報酬の2つがあり、
クリック報酬は、バナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、
アクション報酬では、広告出稿者が任意に成果地点を設定できる。アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方で
いくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう
恐れが大きい。販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促す
インセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体が
ブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などがあった場合にもその取締りは困難である。
このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドラインを出し、適切なアフィリエイトプログラムの
運用を呼びかけている。検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を
表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く
仕組みを構築している。プログラムにより作られた内容に意味のない文章だけのブログもあり、それらは「スパムブログ」、または
「スプログ」などと呼ばれている。このスプログは、制作を簡易にするツールが販売されており、1ユーザで幾重ものスプログが
作られるようになり、物量で収入を稼ぐ悪質なケースに陥っている。検索エンジンサイト・グーグルでは、アフィリエイトを行っている
からといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のないスパムブログ等は検索エンジンに
インデックスしないと公式に表明している。情報商材を中心に広告主と呼ばれる広告出稿側の不正が存在し、具体的な広告掲載側の
不正行為として、以下のようなケースが挙げられる。商品、サービスが成約したにもかかわらず、基準が満たされないなどの理由で
報酬としてカウントされない、報酬として認められる基準が高すぎる、あるいは明記されていないケースもある。報酬として
カウントされたあと、その報酬が支払われない。また、アフィリエイトバナーの中にはコンピュータが危険な状態であるとの虚偽の
メッセージを表示して詐欺的ソフトウェアを押し売るといった問題も発生しており、高額な報酬や豪華な景品を出して広告掲載者を
募っていたケースもあるという。また、いわゆる情報商材の中には現実的ではない方法論や、支払った金額に見合わない幼稚な内容、
他者の著作物の丸写し、あからさまに内容に難があるような方法論すらやり取りされているが、こういった詐欺的な内容では、
「引っかかった側」が損失分を取り戻そうと更にその情報商材の拡散に加担する場合もあり、アフィリエイトを通じて被害の拡大も
懸念されている。

295 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:09:03.06 ID:6L59rJPw0
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

296 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:09:03.59 ID:bP7f2riA0
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

297 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:09:04.97 ID:W6X2LEsf0
サーバあるいはサーバー(英: server)は、コンピュータの分野では、本来はソフトウェアの用語であり、
クライアントサーバモデルにおいてクライアントからの要求に対して何らかのサービスを提供する役割を果たす側の
プログラムを指す言葉である。HTTP サーバ、IMAP サーバ、X-Window サーバなど規模や形態などは様々あり。
また、サーバーソフトウェアを稼動させているコンピュータ機器そのもののことも、サーバーと呼ぶ場合もある。
サーバとは、本来はコンピュータネットワークで使用される分散コンピューティング技術の1つである
クライアントサーバモデルでの用語である。サーバーはクライアントからの要求(リクエスト)に応じて、
何らかのサービス(処理)を提供する側のソフトウェアである。提供するサービスはサーバの種類によって異なり、
例えばファイルサーバであれば保管しているファイル(データ)の提供、プリントサーバであればプリンターへの印刷処理の提供、
ウェブサーバであればウェブページを構成するHTMLファイルや画像ファイルなどのデータの提供をするなど、さまざまである。
物理的にひとつのホスト・コンピュータの中には、例えばFTPサーバとウェブサーバなど、複数のサーバーが並存することもあるし、
サーバとクライアントとが並存することもありえる。しかし、業務用の比較的大型で信頼性を重視したシステムの場合、
ひとつサーバを稼動させるのに、物理的にひとつのホスト・コンピューターを専用に割り当てる場合が多いため、
ホスト・コンピュータそのものも「サーバ」と呼ぶこともある。当初は分散システム(日本ではオープンシステムとも呼ばれる)
のUNIX搭載サーバーやPCサーバーが主に「サーバコンピュータ」(サーバマシン、サーバ機)と呼ばれたが、1990年代には
メインフレームなどもサーバ用のオープン標準対応が進み、大型のコンピュータ全般を「サーバ」と呼ぶ場合もある。
サーバソフトウェアを稼働させることに特化したホストマシンとして販売されているハードウェアは、機種やモデルにもよるが、
個人向けコンピュータと比較して以下の特徴がある。ハイエンドのCPUを多数(1〜256コアなど)搭載できる他、高速なバス、周辺機器などを備える。
後述の可用性にも関連するが、業務により求められる24時間365日に近い連続稼働を実現するため、
計画停止および計画外停止の時間を最小化するための各種設計が行われている。
個々の部品の信頼性(設計・製造・検査、誤り検出訂正機能付のメインメモリなど)に加え、特定の部品で故障が発生した場合の可用性
(重要部品の冗長化、RAIDなど)や、部品の診断や交換が短時間または無停止で行える保守性(各種のログ機能、診断プログラム、ホットスワップなど)
を備える。内部のハードウェアを完全に二重化した専用サーバ(フォールトトレラントコンピュータ、一部のハイエンドサーバ)の他、
通常のサーバを複数使用してコンピュータ・クラスターを構成する場合も多い。またメーカー側は保守部品の長期保管や、
保守契約に応じて24時間365日の緊急出荷体制などを行っている。多数のサーバの稼働状況を遠隔地からも集中管理できる機能が、
ハードウェアおよびソフトウェアにて提供されている。管理はGUIツールの他、遠隔地でも軽くて履歴が残り手順書などに
再利用が容易なキャラクタユーザインタフェースが組み合わされる場合も多い。またネットワークや電話回線経由でメーカーへ
障害情報を自動通知できるものもある。特にデータセンタ用のモデルは、専用のラック、電源(200V、無停電電源装置など)、
空調などを必要とするものが多い。集積度が高いものは、発熱やファンの騒音が大きいものも多く、空冷の他に水冷を採用したサーバやラックもある。

298 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:10:02.51 ID:uQwML7Ql0
アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とはアプリケーションソフト等のサービス(機能)を
ネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みの
ソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。ASPはアプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客にサービスとして
提供することであり、それを行っている事業者である。通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを
経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。
この「ASP」という用語自体は1998年ころから用いられるようになった比較的新しい用語ではあるが、こうしたサービス形態はそれ以前から
存在していた。コンピュータ(およびコンピュータ上で走るソフトウェア)を遠隔利用するというサービス形態自体は1960年代より
存在していたのである。もともと、業務上使用するコンピュータは、ほぼメインフレーム(大型計算機)しか存在しなかったと言えるような時代、
メインフレームではTSSをベースにしたユーティリティ・コンピュータ、VANなどの利用法があった。日本でも1970年代には、
企業・会計事務所・税務事務所など向けに科学技術計算・販売在庫管理処理・税務・会計計算処理などを提供する「(計算機)レンタルサービス」
「計算センター事業者」などと呼ばれるものが数多く存在した。高い時間単価を支払ってそうしたサービスを遠隔利用することが
一般的であった時代があったのである。しかしその後、外部業者の大型コンピュータのサービスをレンタルすることは避け、
自社に小さめコンピュータを導入するようになり、1990年代に入ると、メインフレームと比べてかなり小さくてかなり安価な
「ワークステーション」や「PC」などと呼ばれるコンピュータが登場し、企業ではそれらを導入してクライアント/サーバ方式で
社内で完結したシステムを(安価に)構築する方法が一般的となった。それが普通だと見なされる状況になったのである。その後、
1990年代半ばになると、米国で、業務の標準化やインターネット環境が整備(ADSLやFTTHなどの回線の高速化、および低価格化)
されるようになった状況を利用し、再びかつてのように、ネットワーク経由でサービスを提供する事業者が現れ、特定の企業のアプリケーションを
預かるようなホスティング事業者なども現れた。日本でも一歩遅れて2000年代より、同様のことが普及しはじめた。米国で1998年ごろからこうした事業者を
「ASP」と呼ぶことが行われるようになり、1999年5月には米国でASP Industry Consortiumという業界団体が設立されたのである。
類似用語には以下があるが、ASPを別の観点から呼んだものとも言える。ユーティリティコンピューティング - サービスを使用した量(従量制)で支払う。
SaaS - ソフトウェアをサービスの形で提供する。クラウドコンピューティング - 主にインターネットを経由してサービスを提供する。マルチテナント -
システム環境を複数で利用する。オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet財務会計給与計算
グループウェア営業管理、顧客管理、ICT資産管理 販売管理、在庫管理 コンピュータウイルスのチェック・除去ソフトネット風評監視サービス
(例・電通バズリサーチなど)上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
サービス利用者は、自社でシステム(ハードウェア)やソフトウェアを保有・管理することなく、利用することができる為、
管理コストの削減に繋がる。(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの
保守作業は事業者側が行う)。小規模な場合、サービス利用者はソフトウェアを購入するのに比べて費用が安いことがある。
サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。ソフトウェアのバージョンアップサービス利用者の認証
(利用権限の確認)利用状況の確認や分析不具合発生時の状況確認

299 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:10:04.69 ID:umXGCJwd0
ユーザーが友人を発見し管理できるような新しいソーシャル・ネットワーキング・サービスの
方法が開発されたことを契機に、多くのサイトがさらに進んだ機能の開発を行い始めた。
この新世代のソーシャル・ネットワーキング・サービスは、1997年から2001年まで運営され
ユーザーが100万人にまで達したSixDegrees.comの登場、そして2002年のFriendster(フレンドスター)の
登場により本格的に普及し、すぐにインターネットの主流の一角を占めるようになった。Friendsterに続いて、
2003年にはMySpaceとLinkedInが、そして2005年にはBeboが登場した。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの知名度の急速な高まりは、2005年の時点でMySpaceの
ページビューがGoogleを上回ったという事実が物語っている。2004年に始まったFacebookは
世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービスとなった。2008年には、様々なバラエティの
ソーシャルネットワーキングモデルが登場し、これらのモデルを使った200以上のサイトが
稼働していると報告されている。米最大級のソーシャル・ネットワーキング・サービス、
Myspaceは公式の発表によると米国の会員数だけで6000万人を記録しており、総ユーザー数は
1億2000万人と発表されている(2006年11月)。2006年には月に600万人のペースでユーザーを
増やし続けていた。マドンナ、U2、ビヨンセ、マライア・キャリーなど300万のアーティストが
参加しており、若者に人気が高い。尚、Myspaceは2006年11月に日本語版のベータ版を開設した。
市場調査会社の米Pew Research Centerは米国のインターネット利用者の65%が米Facebookや
米LinkedInのようなソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用しており、3年前
(2008年)の29%から2倍以上に増えたと公表した。(現地時間2011年8月26日公表)
韓国ではサイワールドが圧倒的な人気を誇っており、利用者は1800万人。単純計算ではあるものの
韓国の総人口の約3分の1が参加している事になる。2007年になりアメリカのSecond Lifeなど
仮想世界のソーシャル・ネットワーキング・サービスが急成長を見せている。
又、海外ではFriendsterからMyspaceのように閉鎖型から開放型へと
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの流れが徐々に変化しつつある。
2009年、2010年にはTwitterなどのミニブログサービスも世界的に広がっている。

300 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 19:10:05.25 ID:q7wcepFO0
オークション詐欺とはオークションの形態をとった詐欺行為である。金銭を受け取りながら物品を渡さなかったり、オークションに出品した物とは別の物を渡す、
あるいは金銭を払うつもりも無いのに落札して物品を騙し取るなどの行為が挙げられる。また関係者(あるいは自作自演)内で
不当に値段を吊り上げるサクラ行為も問題視されるが、これは詐欺行為の証明が難しくもあり、オークション詐欺として取り沙汰される
ケースは稀である。日本においては、1990年代末から普及してきたインターネットオークションに関しての詐欺行為を指して使われる事が
多い。なお、ネットオークションでは取引実績の履歴も公開されるため、自作自演で自己評価を吊り上げた事例は少なくない。この辺りは
ネットオークションシステム自体の、避け得ない問題点とみなされている。最近ではネットオークション詐欺被害者の補償制度を導入する
オークションサイトがほとんどであるが、被害特定から補償までの手続きが煩雑であったり、あるいは被害認定が受けられない場合もあり
、依然として自己防衛が必須である。被害にあった場合には、いち早い警察への通報や消費者センターへの相談が勧められる。
インターネットのオークションサイトでブランド品などを格安(最低価格1円〜)で掲載し、落札者に偽名の口座に料金を振り込ませて
お金を騙し取る等がある。また、逆に商品を送ったのに代金が指定口座に振り込まれない場合も含まれる。さらに、落札した商品を
送料着払いで送りつけて来て、箱を開けてみたらとは全く別の物だった場合もあり、相手に連絡しようとした時には代金が口座から
引き落とされて既に逃走している。訴えられた場合「うっかり間違えた」と説明すれば責任が問われない法律の盲点を突いている。
偽ブランド物を送ってくる場合も後を絶たず、これらでは出品者側は偽物とは知らなかったと言い張り、返却してくれと言われたので
送り返すが、振り込んだ代金がいつまでも返金されず、そのうちに連絡が付かなくなり送付先の住所も移転してしまった後となり、
追跡が不可能となるケースも報じられている。同様のケースとして、スペックの低いパソコンや品質に問題のあるジャンク品を送ってくる
ケースもあり、この場合オークション補償の対象外となり、同時に詐欺罪で警察署や交番などに被害届や告訴状を提出しても民事不介入を
理由に受理されないケースがある。「人を欺いて財物を交付させた」(刑法246条1項)・「人を欺いて」「財産上不法の利益を得」た
(刑法246条2項)といえれば、一度の行為でも詐欺罪が成立するのは当然だが、立証の困難等を理由として訴追に至らないケースもあり
得る。しかし同じ手口を何度も行った者が、逮捕された後に別件の詐欺で追起訴されたケースも少なからず存在する。
ID乗っ取り詐欺とはパスワードを推測または違法な方法で入手し、IDそのものを乗っ取り出品するもの。過去にフィッシング詐欺やスパイウェアなどで
盗まれたIDを使って出品しているため、急激に取引が増加したり、扱う内容が変化したりといった傾向が顕著である。見分ける方法は過去の出品の文章や
過去の履歴からIDの持ち主の嗜好を掴むことが有効で、またちょっとした評価の文章であるとかそういうところでも、自ずと人格はにじみ出るものであるため、
過去の履歴を参照して、突然に出品傾向が変化していないか、あるいは別のIDでほとんど同じもの(紹介文が似通っているなど)が出品されていないかも
注意すべき点に挙げられる。成りすまし詐欺(次点詐欺)とはIDを乗っ取ることなく、相手のメールアドレスあてに出品者を装ってメールし、
自分の持つ口座に振り込ませて逃げる手口で、同様のケースで次点落札者を狙ったものもあり、「落札者辞退のため、あなたの落札に変更されました」と
称したメールは警戒すべきである。このような事態をうけ、yahooオークションはメールアドレス表示を廃止し、非公開の掲示板形式「取引ナビ」に切り替えた。
委託詐欺とは上記の次点詐欺の変形版。商品は自身の所持しているものではなく知人が持っており代理出品であると説明し本来の出品者と落札者の間のやりとりが
される前に代金を振り込ませてしまおうとする手口。返品詐欺とは完全匿名・返品自由の楽天オークションで確認された新種の詐欺。落札し、送られてきた商品に
クレームを付け、まったく別の品物を送り返す、電子記録媒体をコピーした後に傷を付けて返品する、状態の悪い同じ商品と取り替えて返品するなど、
楽天オークションの匿名性を悪用している。

301 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 20:05:03.04 ID:S4ymIiDe0
アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とはアプリケーションソフト等のサービス(機能)を
ネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みの
ソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。ASPはアプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客にサービスとして
提供することであり、それを行っている事業者である。通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを
経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。
この「ASP」という用語自体は1998年ころから用いられるようになった比較的新しい用語ではあるが、こうしたサービス形態はそれ以前から
存在していた。コンピュータ(およびコンピュータ上で走るソフトウェア)を遠隔利用するというサービス形態自体は1960年代より
存在していたのである。もともと、業務上使用するコンピュータは、ほぼメインフレーム(大型計算機)しか存在しなかったと言えるような時代、
メインフレームではTSSをベースにしたユーティリティ・コンピュータ、VANなどの利用法があった。日本でも1970年代には、
企業・会計事務所・税務事務所など向けに科学技術計算・販売在庫管理処理・税務・会計計算処理などを提供する「(計算機)レンタルサービス」
「計算センター事業者」などと呼ばれるものが数多く存在した。高い時間単価を支払ってそうしたサービスを遠隔利用することが
一般的であった時代があったのである。しかしその後、外部業者の大型コンピュータのサービスをレンタルすることは避け、
自社に小さめコンピュータを導入するようになり、1990年代に入ると、メインフレームと比べてかなり小さくてかなり安価な
「ワークステーション」や「PC」などと呼ばれるコンピュータが登場し、企業ではそれらを導入してクライアント/サーバ方式で
社内で完結したシステムを(安価に)構築する方法が一般的となった。それが普通だと見なされる状況になったのである。その後、
1990年代半ばになると、米国で、業務の標準化やインターネット環境が整備(ADSLやFTTHなどの回線の高速化、および低価格化)
されるようになった状況を利用し、再びかつてのように、ネットワーク経由でサービスを提供する事業者が現れ、特定の企業のアプリケーションを
預かるようなホスティング事業者なども現れた。日本でも一歩遅れて2000年代より、同様のことが普及しはじめた。米国で1998年ごろからこうした事業者を
「ASP」と呼ぶことが行われるようになり、1999年5月には米国でASP Industry Consortiumという業界団体が設立されたのである。
類似用語には以下があるが、ASPを別の観点から呼んだものとも言える。ユーティリティコンピューティング - サービスを使用した量(従量制)で支払う。
SaaS - ソフトウェアをサービスの形で提供する。クラウドコンピューティング - 主にインターネットを経由してサービスを提供する。マルチテナント -
システム環境を複数で利用する。オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet財務会計給与計算
グループウェア営業管理、顧客管理、ICT資産管理 販売管理、在庫管理 コンピュータウイルスのチェック・除去ソフトネット風評監視サービス
(例・電通バズリサーチなど)上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
サービス利用者は、自社でシステム(ハードウェア)やソフトウェアを保有・管理することなく、利用することができる為、
管理コストの削減に繋がる。(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの
保守作業は事業者側が行う)。小規模な場合、サービス利用者はソフトウェアを購入するのに比べて費用が安いことがある。
サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。ソフトウェアのバージョンアップサービス利用者の認証
(利用権限の確認)利用状況の確認や分析不具合発生時の状況確認

302 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 20:06:02.81 ID:dR0dbFMD0
アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とはアプリケーションソフト等のサービス(機能)を
ネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みの
ソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。ASPはアプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客にサービスとして
提供することであり、それを行っている事業者である。通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを
経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。
この「ASP」という用語自体は1998年ころから用いられるようになった比較的新しい用語ではあるが、こうしたサービス形態はそれ以前から
存在していた。コンピュータ(およびコンピュータ上で走るソフトウェア)を遠隔利用するというサービス形態自体は1960年代より
存在していたのである。もともと、業務上使用するコンピュータは、ほぼメインフレーム(大型計算機)しか存在しなかったと言えるような時代、
メインフレームではTSSをベースにしたユーティリティ・コンピュータ、VANなどの利用法があった。日本でも1970年代には、
企業・会計事務所・税務事務所など向けに科学技術計算・販売在庫管理処理・税務・会計計算処理などを提供する「(計算機)レンタルサービス」
「計算センター事業者」などと呼ばれるものが数多く存在した。高い時間単価を支払ってそうしたサービスを遠隔利用することが
一般的であった時代があったのである。しかしその後、外部業者の大型コンピュータのサービスをレンタルすることは避け、
自社に小さめコンピュータを導入するようになり、1990年代に入ると、メインフレームと比べてかなり小さくてかなり安価な
「ワークステーション」や「PC」などと呼ばれるコンピュータが登場し、企業ではそれらを導入してクライアント/サーバ方式で
社内で完結したシステムを(安価に)構築する方法が一般的となった。それが普通だと見なされる状況になったのである。その後、
1990年代半ばになると、米国で、業務の標準化やインターネット環境が整備(ADSLやFTTHなどの回線の高速化、および低価格化)
されるようになった状況を利用し、再びかつてのように、ネットワーク経由でサービスを提供する事業者が現れ、特定の企業のアプリケーションを
預かるようなホスティング事業者なども現れた。日本でも一歩遅れて2000年代より、同様のことが普及しはじめた。米国で1998年ごろからこうした事業者を
「ASP」と呼ぶことが行われるようになり、1999年5月には米国でASP Industry Consortiumという業界団体が設立されたのである。
類似用語には以下があるが、ASPを別の観点から呼んだものとも言える。ユーティリティコンピューティング - サービスを使用した量(従量制)で支払う。
SaaS - ソフトウェアをサービスの形で提供する。クラウドコンピューティング - 主にインターネットを経由してサービスを提供する。マルチテナント -
システム環境を複数で利用する。オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet財務会計給与計算
グループウェア営業管理、顧客管理、ICT資産管理 販売管理、在庫管理 コンピュータウイルスのチェック・除去ソフトネット風評監視サービス
(例・電通バズリサーチなど)上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
サービス利用者は、自社でシステム(ハードウェア)やソフトウェアを保有・管理することなく、利用することができる為、
管理コストの削減に繋がる。(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの
保守作業は事業者側が行う)。小規模な場合、サービス利用者はソフトウェアを購入するのに比べて費用が安いことがある。
サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。ソフトウェアのバージョンアップサービス利用者の認証
(利用権限の確認)利用状況の確認や分析不具合発生時の状況確認

303 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 20:06:05.22 ID:nY0WXs4j0
アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とはアプリケーションソフト等のサービス(機能)を
ネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みの
ソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。ASPはアプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客にサービスとして
提供することであり、それを行っている事業者である。通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを
経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。
この「ASP」という用語自体は1998年ころから用いられるようになった比較的新しい用語ではあるが、こうしたサービス形態はそれ以前から
存在していた。コンピュータ(およびコンピュータ上で走るソフトウェア)を遠隔利用するというサービス形態自体は1960年代より
存在していたのである。もともと、業務上使用するコンピュータは、ほぼメインフレーム(大型計算機)しか存在しなかったと言えるような時代、
メインフレームではTSSをベースにしたユーティリティ・コンピュータ、VANなどの利用法があった。日本でも1970年代には、
企業・会計事務所・税務事務所など向けに科学技術計算・販売在庫管理処理・税務・会計計算処理などを提供する「(計算機)レンタルサービス」
「計算センター事業者」などと呼ばれるものが数多く存在した。高い時間単価を支払ってそうしたサービスを遠隔利用することが
一般的であった時代があったのである。しかしその後、外部業者の大型コンピュータのサービスをレンタルすることは避け、
自社に小さめコンピュータを導入するようになり、1990年代に入ると、メインフレームと比べてかなり小さくてかなり安価な
「ワークステーション」や「PC」などと呼ばれるコンピュータが登場し、企業ではそれらを導入してクライアント/サーバ方式で
社内で完結したシステムを(安価に)構築する方法が一般的となった。それが普通だと見なされる状況になったのである。その後、
1990年代半ばになると、米国で、業務の標準化やインターネット環境が整備(ADSLやFTTHなどの回線の高速化、および低価格化)
されるようになった状況を利用し、再びかつてのように、ネットワーク経由でサービスを提供する事業者が現れ、特定の企業のアプリケーションを
預かるようなホスティング事業者なども現れた。日本でも一歩遅れて2000年代より、同様のことが普及しはじめた。米国で1998年ごろからこうした事業者を
「ASP」と呼ぶことが行われるようになり、1999年5月には米国でASP Industry Consortiumという業界団体が設立されたのである。
類似用語には以下があるが、ASPを別の観点から呼んだものとも言える。ユーティリティコンピューティング - サービスを使用した量(従量制)で支払う。
SaaS - ソフトウェアをサービスの形で提供する。クラウドコンピューティング - 主にインターネットを経由してサービスを提供する。マルチテナント -
システム環境を複数で利用する。オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet財務会計給与計算
グループウェア営業管理、顧客管理、ICT資産管理 販売管理、在庫管理 コンピュータウイルスのチェック・除去ソフトネット風評監視サービス
(例・電通バズリサーチなど)上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
サービス利用者は、自社でシステム(ハードウェア)やソフトウェアを保有・管理することなく、利用することができる為、
管理コストの削減に繋がる。(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの
保守作業は事業者側が行う)。小規模な場合、サービス利用者はソフトウェアを購入するのに比べて費用が安いことがある。
サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。ソフトウェアのバージョンアップサービス利用者の認証
(利用権限の確認)利用状況の確認や分析不具合発生時の状況確認

304 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 22:05:03.39 ID:aRHn1fsh0
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

305 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 22:05:06.76 ID:sA//LGIM0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

306 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 22:06:09.67 ID:b8vsK/sF0
ユーザーが友人を発見し管理できるような新しいソーシャル・ネットワーキング・サービスの
方法が開発されたことを契機に、多くのサイトがさらに進んだ機能の開発を行い始めた。
この新世代のソーシャル・ネットワーキング・サービスは、1997年から2001年まで運営され
ユーザーが100万人にまで達したSixDegrees.comの登場、そして2002年のFriendster(フレンドスター)の
登場により本格的に普及し、すぐにインターネットの主流の一角を占めるようになった。Friendsterに続いて、
2003年にはMySpaceとLinkedInが、そして2005年にはBeboが登場した。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの知名度の急速な高まりは、2005年の時点でMySpaceの
ページビューがGoogleを上回ったという事実が物語っている。2004年に始まったFacebookは
世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービスとなった。2008年には、様々なバラエティの
ソーシャルネットワーキングモデルが登場し、これらのモデルを使った200以上のサイトが
稼働していると報告されている。米最大級のソーシャル・ネットワーキング・サービス、
Myspaceは公式の発表によると米国の会員数だけで6000万人を記録しており、総ユーザー数は
1億2000万人と発表されている(2006年11月)。2006年には月に600万人のペースでユーザーを
増やし続けていた。マドンナ、U2、ビヨンセ、マライア・キャリーなど300万のアーティストが
参加しており、若者に人気が高い。尚、Myspaceは2006年11月に日本語版のベータ版を開設した。
市場調査会社の米Pew Research Centerは米国のインターネット利用者の65%が米Facebookや
米LinkedInのようなソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用しており、3年前
(2008年)の29%から2倍以上に増えたと公表した。(現地時間2011年8月26日公表)
韓国ではサイワールドが圧倒的な人気を誇っており、利用者は1800万人。単純計算ではあるものの
韓国の総人口の約3分の1が参加している事になる。2007年になりアメリカのSecond Lifeなど
仮想世界のソーシャル・ネットワーキング・サービスが急成長を見せている。
又、海外ではFriendsterからMyspaceのように閉鎖型から開放型へと
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの流れが徐々に変化しつつある。
2009年、2010年にはTwitterなどのミニブログサービスも世界的に広がっている。

307 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 22:07:04.46 ID:i3TD/hWv0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

308 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 22:07:10.84 ID:qZJs8BL/0
IPアドレスは数字の羅列で人間には分かり難いというデメリットがあり、一般には英数字を使用した名前(ドメイン名)をIPアドレスに対応させて用いる。
例えば、「ja.wikipedia.org」というドメイン名は「208.80.152.2」というIPアドレスに対応する。インターネットに参加する各組織
(研究機関、教育機関、企業、プロバイダ (ISP) 、協会・団体、政府機関その他)に対して、識別子として(広義の)ドメイン名が割り当てられており、
各組織は所有する各コンピュータに対してホスト名を割り当てる。ホスト名とドメイン名をドット (.) でつないだものが各コンピュータの固有名 (FQDN) となる。
本来接続先ホストにはIPアドレスを指定する必要があるが、(狭義の)ドメイン名とIPアドレスをDNSによって関連づけることにより、
IPアドレスに代わってドメイン名を指定することが可能となっている。しかし、現在主に使われている規格 (IPv4) のアドレスが枯渇しつつあるため
IPv6が開発されたが、対応にはネットワーク機器の更新が必要である上、IPv4とIPv6の機器間では直接通信ができない
(IPv6の機器はほぼIPv4にも対応しているのであまり問題にはならないが)。2011年2月現在、日本での完全な対応は一部のプロバイダや学術ネットワークに
とどまっているのが現状である。インターネットへのアクセス(接続)は、一般にはインターネット・プロトコル技術を搭載したインターネット端末を使用して、
インターネットサービスプロバイダ経由で接続する。また独自ネットワークやイントラネットから、ゲートウェイ等を経由して接続できる場合もある。
初期のインターネットでは、使用言語は英語、文字コードはASCII、文字はラテン文字で、接続デバイスは各種のコンピュータが大多数であった。
1990年以降のインターネットの世界的な普及により、現在では各種のコンピュータに加えて各種の携帯電話、ゲーム機、家電、産業機器などが
インターネット端末機能を持つようになった。接続形態も従来の有線やダイヤルアップ接続に加えて各種の無線通信が一般化した。インターネット上で
使用可能なサービスも、当初の電子メールやファイル転送などから、World Wide Web、インターネット電話、検索エンジン、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどに広がり、そのユーザインタフェースもグラフィカルユーザインタフェースやマルチメディア対応を含んだものも普及した。
またコンピューティングの利用形態としてSaaSやクラウドコンピューティングなどの表現や概念が普及する基盤ともなった。これらと平行して、
各種の国際化と地域化、多言語化、他のネットワークや技術との相互接続や相互運用性などが進んだ。
1960年、インターネットの前身ARPANETに直接影響を及ぼした概念であるJ・C・R・リックライダーのタイムシェアリングシステムが発表される。
1969年10月29日、UCLAとスタンフォード研究所 (SRI) 間で接続され、同年12月5日までにUCサンタバーバラ、ユタ大学が接続され4つのノードとなった。
1983年、ARPANETがプロトコルをそれまで利用していたNetwork Control ProgramからTCP/IPに切り替える。
1984年9月、村井純が慶應義塾大学と東京工業大学を接続。同年10月に東京大学が接続され、日本におけるインターネットの嚆矢となる。(JUNET)
1985年、アメリカの「全国科学財団」による学術研究用のネットワーク基盤NSFNetが作られ、インターネットのバックボーンの役割がARPANETからNSFNetへ移行する。
1988年、アメリカで商用インターネットが始まる。1989年、商用ネットワークとNSFNetとの接続が開始される。
1990年、スイスの素粒子物理学研究所・CERNの研究員であったティム・バーナーズ=リーは、当時上司だったロバート・カイリューらの協力により
World Wide Webシステムのための最初のサーバとブラウザを完成させる。
1994年7月、アメリカ・タイム誌で、「インターネットは核攻撃下でのコミュニケーションの生き残りを想定して開発された」という記事が掲載される。以降、ARPANETは
核戦争時のための軍事ネットであるという俗説が流布するようになる。一方、ARPANET立ち上げ時のIPTO責任者であったロバート・テイラーは、この記事に対して事実とは異なる旨、
正式な抗議をタイム誌に対して行った。
1995年には、NSFNetは民間へ移管され、Windows95の登場で一般の人にインターネットが急速に広まった。なお、Windows95の初期バージョンではインターネット関連の機能は
「Microsoft Plus!」による拡張機能とされていたが、OSR2以降は標準搭載されている。

309 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 22:08:02.32 ID:UaVIxZs60
日本においては、国内インターネット黎明期の1996年に会員制のみゆきネットが登場したことに
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの端緒を見つけることができる(1999年終了)が、
「ソーシャルネットワーキング」という概念を強く意識し、フレンド相互リンク・私書箱・
プロフィール表示という現在のソーシャル・ネットワーキング・サービスの主要機能を
持つものとしては、2002年9月に登場した内野晴仁の個人運営の
公開型ソーシャル・ネットワーキング・サービス myprofile.jpが嚆矢であり、
これに続いて2003年12月にはSFC Incubation Villageにてビートコミュニケーションによる
期間限定のマッチング実験SIV Connectが、そしてネットエイジ社による有料の
合コンマッチングサービスのGocooなどのサービスが開始された。 翌年2004年、2月21日に
田中良和の個人運営GREEが、2月後半にはイー・マーキュリー (現:ミクシィ)
提供のmixiがプレオープン、3月3日にオフィシャルオープンした。その他数ヶ月遅れで、
Yubitomaのエコー、フレンドマップ、Miniiそしてキヌガサなどがスタートした。
Gocooなど古いにもかかわらず、限られたユーザーで普及した理由としては
最初から課金をしてハードルが高かった事が原因にあげられている(課金モデルは途中から変更)。
2004年の段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せた。
当初はウェブメール機能や日記機能をつけておらず、会員数が10万人あたりで、
最初から日記機能のあったmixiに抜かれた(但しmixiもリリース当初はまだコミュニティ機能などは実装されていなかった)。
2010年4月には、mixiのユーザー数(有効ID数)が2000万人を越えた。日本では、従前から数多く存在していた
「Web日記サイト」「グループウェアサイト」「インターネットコミュニティ」などの機能を上手に取り込みつつ、
さらには各新聞社やマスコミの記事を取り扱うなど、一種のポータルサイトとしての機能も持っているものが見られる。
企業・教育機関でも内部向けコミュニケーションから始まり、内定者や学校の卒業生の囲い込みなど、色々な用途に使われている。
最近ではGREE、imapuなどでも携帯電話にも応用されており、さまざまな形でソーシャル・ネットワーキング・サービスは普及している。
熊本県八代市が運営するごろっとやっちろを皮切りに自治体や非営利団体・企業等が運営する地域型のサービスも各地で立ち上がっている。
YouTubeやFlickrといった画像共有・動画共有サイトが人気になったことにより、日本でもAmebaVision(終了)など類似のものが相次いで開設されている。
総務省の発表によると、2006年3月末現在の日本でのソーシャル・ネットワーキング・サービス利用者数は、716万人に達している。
これは前年度(2005年3月末)の111万人の約6.5倍の数字であり、急速に認知度が高まっていることが伺える。
予想ではソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用者数は2007年3月に1042万人に拡大すると見られている。

310 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 22:08:03.15 ID:lFB4Q2l40
IPアドレスは数字の羅列で人間には分かり難いというデメリットがあり、一般には英数字を使用した名前(ドメイン名)をIPアドレスに対応させて用いる。
例えば、「ja.wikipedia.org」というドメイン名は「208.80.152.2」というIPアドレスに対応する。インターネットに参加する各組織
(研究機関、教育機関、企業、プロバイダ (ISP) 、協会・団体、政府機関その他)に対して、識別子として(広義の)ドメイン名が割り当てられており、
各組織は所有する各コンピュータに対してホスト名を割り当てる。ホスト名とドメイン名をドット (.) でつないだものが各コンピュータの固有名 (FQDN) となる。
本来接続先ホストにはIPアドレスを指定する必要があるが、(狭義の)ドメイン名とIPアドレスをDNSによって関連づけることにより、
IPアドレスに代わってドメイン名を指定することが可能となっている。しかし、現在主に使われている規格 (IPv4) のアドレスが枯渇しつつあるため
IPv6が開発されたが、対応にはネットワーク機器の更新が必要である上、IPv4とIPv6の機器間では直接通信ができない
(IPv6の機器はほぼIPv4にも対応しているのであまり問題にはならないが)。2011年2月現在、日本での完全な対応は一部のプロバイダや学術ネットワークに
とどまっているのが現状である。インターネットへのアクセス(接続)は、一般にはインターネット・プロトコル技術を搭載したインターネット端末を使用して、
インターネットサービスプロバイダ経由で接続する。また独自ネットワークやイントラネットから、ゲートウェイ等を経由して接続できる場合もある。
初期のインターネットでは、使用言語は英語、文字コードはASCII、文字はラテン文字で、接続デバイスは各種のコンピュータが大多数であった。
1990年以降のインターネットの世界的な普及により、現在では各種のコンピュータに加えて各種の携帯電話、ゲーム機、家電、産業機器などが
インターネット端末機能を持つようになった。接続形態も従来の有線やダイヤルアップ接続に加えて各種の無線通信が一般化した。インターネット上で
使用可能なサービスも、当初の電子メールやファイル転送などから、World Wide Web、インターネット電話、検索エンジン、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどに広がり、そのユーザインタフェースもグラフィカルユーザインタフェースやマルチメディア対応を含んだものも普及した。
またコンピューティングの利用形態としてSaaSやクラウドコンピューティングなどの表現や概念が普及する基盤ともなった。これらと平行して、
各種の国際化と地域化、多言語化、他のネットワークや技術との相互接続や相互運用性などが進んだ。
1960年、インターネットの前身ARPANETに直接影響を及ぼした概念であるJ・C・R・リックライダーのタイムシェアリングシステムが発表される。
1969年10月29日、UCLAとスタンフォード研究所 (SRI) 間で接続され、同年12月5日までにUCサンタバーバラ、ユタ大学が接続され4つのノードとなった。
1983年、ARPANETがプロトコルをそれまで利用していたNetwork Control ProgramからTCP/IPに切り替える。
1984年9月、村井純が慶應義塾大学と東京工業大学を接続。同年10月に東京大学が接続され、日本におけるインターネットの嚆矢となる。(JUNET)
1985年、アメリカの「全国科学財団」による学術研究用のネットワーク基盤NSFNetが作られ、インターネットのバックボーンの役割がARPANETからNSFNetへ移行する。
1988年、アメリカで商用インターネットが始まる。1989年、商用ネットワークとNSFNetとの接続が開始される。
1990年、スイスの素粒子物理学研究所・CERNの研究員であったティム・バーナーズ=リーは、当時上司だったロバート・カイリューらの協力により
World Wide Webシステムのための最初のサーバとブラウザを完成させる。
1994年7月、アメリカ・タイム誌で、「インターネットは核攻撃下でのコミュニケーションの生き残りを想定して開発された」という記事が掲載される。以降、ARPANETは
核戦争時のための軍事ネットであるという俗説が流布するようになる。一方、ARPANET立ち上げ時のIPTO責任者であったロバート・テイラーは、この記事に対して事実とは異なる旨、
正式な抗議をタイム誌に対して行った。
1995年には、NSFNetは民間へ移管され、Windows95の登場で一般の人にインターネットが急速に広まった。なお、Windows95の初期バージョンではインターネット関連の機能は
「Microsoft Plus!」による拡張機能とされていたが、OSR2以降は標準搭載されている。

311 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 22:09:02.88 ID:bP7f2riA0
またこれとは別に基本的に無料で提供しているサービスに一部サービスに付加機能を加えた
有料サービスを提供して課金をするモデルもある。(例:mixiプレミアム)
ソーシャル・ネットワーキング・サービス内での広告収入や課金収入に頼るのではなく、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスをユーザーの集客や定着のツールとして捉え、
自社・他社問わず他のサイトに誘導、あるいは連動させることにより得られるシナジー効果
(相乗効果)を期待するモデル。ヤフー株式会社の井上雅博CEOが語るようにYahoo! Days
(ヤフー・デイズ)などの大手ポータルサイトが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービスは
このモデルを取り入れようとしている。また携帯端末向けソーシャル・ネットワーキング・サービスの
モバゲータウンはモバオク、ミュウモなどの外部の課金サービスに誘導することで収益をあげている。
なお、これら三つのモデルは、そのいずれかはそれぞれのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
中心となっているものの、例えば広告収入モデルはほぼすべてのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
取り入れられているように、ビジネスモデルを組み合わせていくのが一般的である。アメリカ、韓国では
広告収入以外にもEC事業(アバター、ホムピー)といった色々なビジネスモデルが構築されつつある。
例えばサイワールドなどは月10億円以上の利益を広告(20%)とEC(80%)により生み出している。
その一方で、限られた会員内とはいえ、個人情報の流出の懸念も一部であり、未成年者の利用を制限する動きもある。
(アメリカでは12歳以上なら利用が可能の為)
コンピュータ登場以前のソーシャルネットワーキング理論の起源としては、六次の隔たり理論などがある。
コンピュータネットワークによる新しい社会交流の形態は、コンピュータが開発された初期の頃から
その可能性が示唆されていた。コンピュータ通信によるソーシャルネットワーキングの試みは、
Usenet、ARPANET、LISTSERVやBBSなどを含む初期の多くのオンラインサービス上で行われた。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの前段階としての特徴は、AOL、ProdigyそしてCompuServeなどの
オンラインサービス上にも多く現れていた。ワールドワイドウェブ上の初期の
ソーシャル・ネットワーキング・サービスは、Theglobe.com (1994)、Geocities (1994) そしてTripod.com
(1995)のようなオンラインコミュニケーションの形態で始まった。これら初期のコミュニティの多くは、
チャットルームの他、使いやすいサイト開設ツールと自由で安価な場を提供することによって、
個人のウェブページを通して個人的な情報やアイデアを共有することに注力していた。Classmates.com
(クラスメーツ・ドット・コム)のようないくつかのコミュニティはEメールアドレスを公開して人々が
お互い結びつくような方法を取っていた。1990年代後半、ユーザーが友人のリストを管理し、
似たような関心を持つ他のユーザーを探せるようにするなど、ユーザープロフィールの編集が
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの中心的な特徴となっていった。

312 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 22:09:04.09 ID:W6X2LEsf0
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

313 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 22:10:02.53 ID:uQwML7Ql0
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

314 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 22:10:03.33 ID:umXGCJwd0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

315 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 22:10:07.46 ID:q7wcepFO0
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

316 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 23:05:08.00 ID:S4ymIiDe0
成功報酬型広告(せいこうほうしゅうがたこうこく)、アフィリエイト・マーケティング、
アフィニティ・プログラム、アソシエイト・プログラム、アフィリエイト・プログラムとは、
特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに
設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、
生じた利益に応じて広告媒体に成功報酬を与える一連の形態をさす用語。単にアフィリエイト
(Affiliate)、縮めた形でアフィリ、アフィと呼ばれることが多い.。これらは、広告提供者が
アフィリエイト・プログラムを提供する広告企業であるアフィリエイト・サービス・プロバイダ
(以下、広告企業)に依頼して広告を出す場合と、eコマースやサイバーモールなどインターネット上で
商品やサービスを提供する企業ないし、それら電子商店のシステムを提供している企業そのものが
設置している広告形態の2種類に大別される。これらでは、広告掲載者を特定する識別子がURL中に
埋め込まれており、リンククリック時に識別子が広告企業に送信され記録される。
そうして実際に売上が出た際には広告掲載者に成功報酬が支払われる。
これら広告企業には大小さまざまな企業が存在するため列挙は割愛するが、
各々の広告リンク設置により成功報酬を望む側は、それら広告企業側と契約する形でバナー広告、
ブログパーツを設置、それぞれのリンクへと誘導する。
1996年7月頃、カクテルパーティーでAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスが、
ある女性に「自分のサイトで離婚に関する本を売りたいんだけど」
と持ちかけられたのをヒントにしたのがはじまりであるとされているが、
Amazon.com以前にCybereroticsというアダルトサイトがクリック報酬型のアフィリエイトを始めた
最初か初期のサイトの1つだというのが、広告関係者やアダルト業界のコンセンサスである。
アダルトサイトを除けば、1994年11月にBuyWebというプログラムを立ち上げたCDNOWが、
最初のクリックスルー方式のアフィリエイトを導入したウェブサイトである。
日本では2000年頃から比較コンテンツを作り情報としてアフィリエイト広告を見せ、
検索エンジンを導線とするといった現在の主流となっているアフィリエイトメディアの掲載手法が確立される。
アフィリエイトの母国である米国にはない手法が日本では広まったおかげで、
2004年以降アフィリエイト配信会社が複数社上場するといった世界では稀なほど
アクション報酬型のアフィリエイト広告が普及している。2004年頃から商品リンクと呼ばれる、
商品が掲載されているページやカテゴリに直接誘導できる広告リンクの登場により、
これまでの申し込み・相談・資料請求など(リード案件)と呼ぶからEC案件にも一気に
アフィリエイト広告が広がっていった。

317 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 23:06:04.87 ID:nY0WXs4j0
成功報酬型広告(せいこうほうしゅうがたこうこく)、アフィリエイト・マーケティング、
アフィニティ・プログラム、アソシエイト・プログラム、アフィリエイト・プログラムとは、
特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに
設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、
生じた利益に応じて広告媒体に成功報酬を与える一連の形態をさす用語。単にアフィリエイト
(Affiliate)、縮めた形でアフィリ、アフィと呼ばれることが多い.。これらは、広告提供者が
アフィリエイト・プログラムを提供する広告企業であるアフィリエイト・サービス・プロバイダ
(以下、広告企業)に依頼して広告を出す場合と、eコマースやサイバーモールなどインターネット上で
商品やサービスを提供する企業ないし、それら電子商店のシステムを提供している企業そのものが
設置している広告形態の2種類に大別される。これらでは、広告掲載者を特定する識別子がURL中に
埋め込まれており、リンククリック時に識別子が広告企業に送信され記録される。
そうして実際に売上が出た際には広告掲載者に成功報酬が支払われる。
これら広告企業には大小さまざまな企業が存在するため列挙は割愛するが、
各々の広告リンク設置により成功報酬を望む側は、それら広告企業側と契約する形でバナー広告、
ブログパーツを設置、それぞれのリンクへと誘導する。
1996年7月頃、カクテルパーティーでAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスが、
ある女性に「自分のサイトで離婚に関する本を売りたいんだけど」
と持ちかけられたのをヒントにしたのがはじまりであるとされているが、
Amazon.com以前にCybereroticsというアダルトサイトがクリック報酬型のアフィリエイトを始めた
最初か初期のサイトの1つだというのが、広告関係者やアダルト業界のコンセンサスである。
アダルトサイトを除けば、1994年11月にBuyWebというプログラムを立ち上げたCDNOWが、
最初のクリックスルー方式のアフィリエイトを導入したウェブサイトである。
日本では2000年頃から比較コンテンツを作り情報としてアフィリエイト広告を見せ、
検索エンジンを導線とするといった現在の主流となっているアフィリエイトメディアの掲載手法が確立される。
アフィリエイトの母国である米国にはない手法が日本では広まったおかげで、
2004年以降アフィリエイト配信会社が複数社上場するといった世界では稀なほど
アクション報酬型のアフィリエイト広告が普及している。2004年頃から商品リンクと呼ばれる、
商品が掲載されているページやカテゴリに直接誘導できる広告リンクの登場により、
これまでの申し込み・相談・資料請求など(リード案件)と呼ぶからEC案件にも一気に
アフィリエイト広告が広がっていった。

318 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 23:06:04.93 ID:dR0dbFMD0
サーバあるいはサーバー(英: server)は、コンピュータの分野では、本来はソフトウェアの用語であり、
クライアントサーバモデルにおいてクライアントからの要求に対して何らかのサービスを提供する役割を果たす側の
プログラムを指す言葉である。HTTP サーバ、IMAP サーバ、X-Window サーバなど規模や形態などは様々あり。
また、サーバーソフトウェアを稼動させているコンピュータ機器そのもののことも、サーバーと呼ぶ場合もある。
サーバとは、本来はコンピュータネットワークで使用される分散コンピューティング技術の1つである
クライアントサーバモデルでの用語である。サーバーはクライアントからの要求(リクエスト)に応じて、
何らかのサービス(処理)を提供する側のソフトウェアである。提供するサービスはサーバの種類によって異なり、
例えばファイルサーバであれば保管しているファイル(データ)の提供、プリントサーバであればプリンターへの印刷処理の提供、
ウェブサーバであればウェブページを構成するHTMLファイルや画像ファイルなどのデータの提供をするなど、さまざまである。
物理的にひとつのホスト・コンピュータの中には、例えばFTPサーバとウェブサーバなど、複数のサーバーが並存することもあるし、
サーバとクライアントとが並存することもありえる。しかし、業務用の比較的大型で信頼性を重視したシステムの場合、
ひとつサーバを稼動させるのに、物理的にひとつのホスト・コンピューターを専用に割り当てる場合が多いため、
ホスト・コンピュータそのものも「サーバ」と呼ぶこともある。当初は分散システム(日本ではオープンシステムとも呼ばれる)
のUNIX搭載サーバーやPCサーバーが主に「サーバコンピュータ」(サーバマシン、サーバ機)と呼ばれたが、1990年代には
メインフレームなどもサーバ用のオープン標準対応が進み、大型のコンピュータ全般を「サーバ」と呼ぶ場合もある。
サーバソフトウェアを稼働させることに特化したホストマシンとして販売されているハードウェアは、機種やモデルにもよるが、
個人向けコンピュータと比較して以下の特徴がある。ハイエンドのCPUを多数(1〜256コアなど)搭載できる他、高速なバス、周辺機器などを備える。
後述の可用性にも関連するが、業務により求められる24時間365日に近い連続稼働を実現するため、
計画停止および計画外停止の時間を最小化するための各種設計が行われている。
個々の部品の信頼性(設計・製造・検査、誤り検出訂正機能付のメインメモリなど)に加え、特定の部品で故障が発生した場合の可用性
(重要部品の冗長化、RAIDなど)や、部品の診断や交換が短時間または無停止で行える保守性(各種のログ機能、診断プログラム、ホットスワップなど)
を備える。内部のハードウェアを完全に二重化した専用サーバ(フォールトトレラントコンピュータ、一部のハイエンドサーバ)の他、
通常のサーバを複数使用してコンピュータ・クラスターを構成する場合も多い。またメーカー側は保守部品の長期保管や、
保守契約に応じて24時間365日の緊急出荷体制などを行っている。多数のサーバの稼働状況を遠隔地からも集中管理できる機能が、
ハードウェアおよびソフトウェアにて提供されている。管理はGUIツールの他、遠隔地でも軽くて履歴が残り手順書などに
再利用が容易なキャラクタユーザインタフェースが組み合わされる場合も多い。またネットワークや電話回線経由でメーカーへ
障害情報を自動通知できるものもある。特にデータセンタ用のモデルは、専用のラック、電源(200V、無停電電源装置など)、
空調などを必要とするものが多い。集積度が高いものは、発熱やファンの騒音が大きいものも多く、空冷の他に水冷を採用したサーバやラックもある。

319 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 23:07:04.62 ID:U7dhvycw0
アフィリエイト稼業の実態
「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人に
アンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たない
ケースが多数で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎない実態が浮き彫りになった。なお、
2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中〜上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、
月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%となっており、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が
二極化しているともいえる状況である。アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬とアクション報酬の2つがあり、
クリック報酬は、バナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、
アクション報酬では、広告出稿者が任意に成果地点を設定できる。アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方で
いくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう
恐れが大きい。販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促す
インセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体が
ブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などがあった場合にもその取締りは困難である。
このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドラインを出し、適切なアフィリエイトプログラムの
運用を呼びかけている。検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を
表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く
仕組みを構築している。プログラムにより作られた内容に意味のない文章だけのブログもあり、それらは「スパムブログ」、または
「スプログ」などと呼ばれている。このスプログは、制作を簡易にするツールが販売されており、1ユーザで幾重ものスプログが
作られるようになり、物量で収入を稼ぐ悪質なケースに陥っている。検索エンジンサイト・グーグルでは、アフィリエイトを行っている
からといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のないスパムブログ等は検索エンジンに
インデックスしないと公式に表明している。情報商材を中心に広告主と呼ばれる広告出稿側の不正が存在し、具体的な広告掲載側の
不正行為として、以下のようなケースが挙げられる。商品、サービスが成約したにもかかわらず、基準が満たされないなどの理由で
報酬としてカウントされない、報酬として認められる基準が高すぎる、あるいは明記されていないケースもある。報酬として
カウントされたあと、その報酬が支払われない。また、アフィリエイトバナーの中にはコンピュータが危険な状態であるとの虚偽の
メッセージを表示して詐欺的ソフトウェアを押し売るといった問題も発生しており、高額な報酬や豪華な景品を出して広告掲載者を
募っていたケースもあるという。また、いわゆる情報商材の中には現実的ではない方法論や、支払った金額に見合わない幼稚な内容、
他者の著作物の丸写し、あからさまに内容に難があるような方法論すらやり取りされているが、こういった詐欺的な内容では、
「引っかかった側」が損失分を取り戻そうと更にその情報商材の拡散に加担する場合もあり、アフィリエイトを通じて被害の拡大も
懸念されている。

320 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 23:08:06.51 ID:HJttOMYr0
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

321 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/24(木) 23:09:02.50 ID:6L59rJPw0
クリック報酬型広告(クリックほうしゅうがたこうこく、英語: pay per click, PPC)とは、特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、
ある広告媒体のウェブサイトに設置された広告をウェブサイトの閲覧者がクリックすることによって広告主が報酬を与えたり、広告掲載側が報酬を
得たりする一連の形態をさす用語。クリック報酬型広告はクリックした時点で報酬が発生する。広告の内容に興味を持った人を誘導できるという
利点があり、検索連動型広告とコンテンツ連動型広告のほとんどがクリック報酬型広告である。現在のクリック報酬型広告は、多様である。
検索連動型広告(けんさくれんどうがたこうこく)とは、インターネット広告の一種で、検索エンジンで一般ユーザーが検索したキーワードに
関連した広告を検索結果画面に表示する広告(テキスト形式)である(サーチエンジンマーケティング)。「検索キーワード連動型広告」、
「検索広告」、「リスティング広告」、またはクリック毎に広告主(クライアント)の費用が課金されること(クリック課金(PPC:Pay Per Click))
から「P4P(Pay for Performance)」などとも呼ばれる。Yahoo!に買収された有料リスティングサービス専業企業・米国Overtureの「スポンサードサーチ」
やGoogleの「AdWords(アドワーズ)」が有名である。コンテンツ連動型広告(コンテンツれんどうがたこうこく)とはインターネット広告の広告掲載手法。
サービス運営会社が発行する広告タグを掲載することでそのウェブサイト内にどんなキーワードがあるのか、またどんなキーワードが好ましいのかを自動抽出する。
そのサイトにあった広告を掲出する事でユーザーの嗜好とメディアの指向とがマッチングした広告となる。行動ターゲティング広告を併用している場合もある。
インターネット広告を牽引する検索連動型広告と同様に顕著に成長している広告手法である。行動ターゲティング広告(こうどうターゲティングこうこく)とは、
広告の対象となる顧客の行動履歴を元に、顧客の興味関心を推測し、ターゲットを絞ってインターネット広告配信を行う手法。例えば、旅行関連のページを
最近訪れたことがあったり、航空会社の広告をクリックしたことがあるユーザーは、「旅行」というジャンルに興味関心があると判定し、
「旅行」関連の広告を配信するといったもの。ここでいう「行動」は、ページの閲覧、広告のクリック、検索のキーワードなどを指し、
広告の配信を行う媒体・事業者によって定義は異なる。コンテンツ連動型広告を併用している場合が多い。行動ターゲッティング広告は、
追跡型広告(ついせきがたこうこく)やリターゲティング広告とも呼ばれる。クリック詐欺 (Click fraud) とは、クリック報酬型広告を
不正にクリックすることで広告料を騙し取る、あるいは他者に広告費支出を強いる行為を指す。実際に広告効果がないにもかかわらず
広告費だけが増大するため、インターネットマーケティングに対する脅威となっている。クリック報酬型広告は、広告がクリックされることで
広告料が発生する。そのため、広告を設置した者が自ら広告をクリックし、報酬を騙し取ろうとすることが行われる。また、競合企業の広告を
大量にクリックすることで、その企業の広告費を増加させ、間接的に損害を与えるといった事も行われている。これらの行為に対し、
広告サービスを提供する側は不正なクリックをフィルタリングで除外している。一方で詐欺を行う者は、安い労働力を使った人海戦術を用いたり、
ボットネットを利用したりして正当なクリックに見せようとする。インターネット犯罪対策企業の Click Forensics によれば、
クリック報酬型広告を出稿している企業の広告費のうち、約30%がボットネットの不正クリックによるものだとしている。また、広告サービス提供者が、
不当に広告費を払わされたとして広告主から提訴される事態も発生している。

322 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 01:05:03.22 ID:/5Ts9p2M0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

323 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 01:05:04.47 ID:+ve7zn+a0
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

324 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 01:06:04.58 ID:j9/PsUAs0
またこれとは別に基本的に無料で提供しているサービスに一部サービスに付加機能を加えた
有料サービスを提供して課金をするモデルもある。(例:mixiプレミアム)
ソーシャル・ネットワーキング・サービス内での広告収入や課金収入に頼るのではなく、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスをユーザーの集客や定着のツールとして捉え、
自社・他社問わず他のサイトに誘導、あるいは連動させることにより得られるシナジー効果
(相乗効果)を期待するモデル。ヤフー株式会社の井上雅博CEOが語るようにYahoo! Days
(ヤフー・デイズ)などの大手ポータルサイトが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービスは
このモデルを取り入れようとしている。また携帯端末向けソーシャル・ネットワーキング・サービスの
モバゲータウンはモバオク、ミュウモなどの外部の課金サービスに誘導することで収益をあげている。
なお、これら三つのモデルは、そのいずれかはそれぞれのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
中心となっているものの、例えば広告収入モデルはほぼすべてのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
取り入れられているように、ビジネスモデルを組み合わせていくのが一般的である。アメリカ、韓国では
広告収入以外にもEC事業(アバター、ホムピー)といった色々なビジネスモデルが構築されつつある。
例えばサイワールドなどは月10億円以上の利益を広告(20%)とEC(80%)により生み出している。
その一方で、限られた会員内とはいえ、個人情報の流出の懸念も一部であり、未成年者の利用を制限する動きもある。
(アメリカでは12歳以上なら利用が可能の為)
コンピュータ登場以前のソーシャルネットワーキング理論の起源としては、六次の隔たり理論などがある。
コンピュータネットワークによる新しい社会交流の形態は、コンピュータが開発された初期の頃から
その可能性が示唆されていた。コンピュータ通信によるソーシャルネットワーキングの試みは、
Usenet、ARPANET、LISTSERVやBBSなどを含む初期の多くのオンラインサービス上で行われた。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの前段階としての特徴は、AOL、ProdigyそしてCompuServeなどの
オンラインサービス上にも多く現れていた。ワールドワイドウェブ上の初期の
ソーシャル・ネットワーキング・サービスは、Theglobe.com (1994)、Geocities (1994) そしてTripod.com
(1995)のようなオンラインコミュニケーションの形態で始まった。これら初期のコミュニティの多くは、
チャットルームの他、使いやすいサイト開設ツールと自由で安価な場を提供することによって、
個人のウェブページを通して個人的な情報やアイデアを共有することに注力していた。Classmates.com
(クラスメーツ・ドット・コム)のようないくつかのコミュニティはEメールアドレスを公開して人々が
お互い結びつくような方法を取っていた。1990年代後半、ユーザーが友人のリストを管理し、
似たような関心を持つ他のユーザーを探せるようにするなど、ユーザープロフィールの編集が
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの中心的な特徴となっていった。

325 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 01:07:04.74 ID:odQVsy6z0
アフィリエイト稼業の実態
「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人に
アンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たない
ケースが多数で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎない実態が浮き彫りになった。なお、
2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中〜上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、
月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%となっており、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が
二極化しているともいえる状況である。アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬とアクション報酬の2つがあり、
クリック報酬は、バナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、
アクション報酬では、広告出稿者が任意に成果地点を設定できる。アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方で
いくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう
恐れが大きい。販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促す
インセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体が
ブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などがあった場合にもその取締りは困難である。
このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドラインを出し、適切なアフィリエイトプログラムの
運用を呼びかけている。検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を
表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く
仕組みを構築している。プログラムにより作られた内容に意味のない文章だけのブログもあり、それらは「スパムブログ」、または
「スプログ」などと呼ばれている。このスプログは、制作を簡易にするツールが販売されており、1ユーザで幾重ものスプログが
作られるようになり、物量で収入を稼ぐ悪質なケースに陥っている。検索エンジンサイト・グーグルでは、アフィリエイトを行っている
からといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のないスパムブログ等は検索エンジンに
インデックスしないと公式に表明している。情報商材を中心に広告主と呼ばれる広告出稿側の不正が存在し、具体的な広告掲載側の
不正行為として、以下のようなケースが挙げられる。商品、サービスが成約したにもかかわらず、基準が満たされないなどの理由で
報酬としてカウントされない、報酬として認められる基準が高すぎる、あるいは明記されていないケースもある。報酬として
カウントされたあと、その報酬が支払われない。また、アフィリエイトバナーの中にはコンピュータが危険な状態であるとの虚偽の
メッセージを表示して詐欺的ソフトウェアを押し売るといった問題も発生しており、高額な報酬や豪華な景品を出して広告掲載者を
募っていたケースもあるという。また、いわゆる情報商材の中には現実的ではない方法論や、支払った金額に見合わない幼稚な内容、
他者の著作物の丸写し、あからさまに内容に難があるような方法論すらやり取りされているが、こういった詐欺的な内容では、
「引っかかった側」が損失分を取り戻そうと更にその情報商材の拡散に加担する場合もあり、アフィリエイトを通じて被害の拡大も
懸念されている。

326 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 01:07:05.15 ID:WqWHFNus0
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

327 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 01:08:04.93 ID:0cgYP0ul0
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

328 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 01:09:02.61 ID:aQIG1Srf0
オークション詐欺とはオークションの形態をとった詐欺行為である。金銭を受け取りながら物品を渡さなかったり、オークションに出品した物とは別の物を渡す、
あるいは金銭を払うつもりも無いのに落札して物品を騙し取るなどの行為が挙げられる。また関係者(あるいは自作自演)内で
不当に値段を吊り上げるサクラ行為も問題視されるが、これは詐欺行為の証明が難しくもあり、オークション詐欺として取り沙汰される
ケースは稀である。日本においては、1990年代末から普及してきたインターネットオークションに関しての詐欺行為を指して使われる事が
多い。なお、ネットオークションでは取引実績の履歴も公開されるため、自作自演で自己評価を吊り上げた事例は少なくない。この辺りは
ネットオークションシステム自体の、避け得ない問題点とみなされている。最近ではネットオークション詐欺被害者の補償制度を導入する
オークションサイトがほとんどであるが、被害特定から補償までの手続きが煩雑であったり、あるいは被害認定が受けられない場合もあり
、依然として自己防衛が必須である。被害にあった場合には、いち早い警察への通報や消費者センターへの相談が勧められる。
インターネットのオークションサイトでブランド品などを格安(最低価格1円〜)で掲載し、落札者に偽名の口座に料金を振り込ませて
お金を騙し取る等がある。また、逆に商品を送ったのに代金が指定口座に振り込まれない場合も含まれる。さらに、落札した商品を
送料着払いで送りつけて来て、箱を開けてみたらとは全く別の物だった場合もあり、相手に連絡しようとした時には代金が口座から
引き落とされて既に逃走している。訴えられた場合「うっかり間違えた」と説明すれば責任が問われない法律の盲点を突いている。
偽ブランド物を送ってくる場合も後を絶たず、これらでは出品者側は偽物とは知らなかったと言い張り、返却してくれと言われたので
送り返すが、振り込んだ代金がいつまでも返金されず、そのうちに連絡が付かなくなり送付先の住所も移転してしまった後となり、
追跡が不可能となるケースも報じられている。同様のケースとして、スペックの低いパソコンや品質に問題のあるジャンク品を送ってくる
ケースもあり、この場合オークション補償の対象外となり、同時に詐欺罪で警察署や交番などに被害届や告訴状を提出しても民事不介入を
理由に受理されないケースがある。「人を欺いて財物を交付させた」(刑法246条1項)・「人を欺いて」「財産上不法の利益を得」た
(刑法246条2項)といえれば、一度の行為でも詐欺罪が成立するのは当然だが、立証の困難等を理由として訴追に至らないケースもあり
得る。しかし同じ手口を何度も行った者が、逮捕された後に別件の詐欺で追起訴されたケースも少なからず存在する。
ID乗っ取り詐欺とはパスワードを推測または違法な方法で入手し、IDそのものを乗っ取り出品するもの。過去にフィッシング詐欺やスパイウェアなどで
盗まれたIDを使って出品しているため、急激に取引が増加したり、扱う内容が変化したりといった傾向が顕著である。見分ける方法は過去の出品の文章や
過去の履歴からIDの持ち主の嗜好を掴むことが有効で、またちょっとした評価の文章であるとかそういうところでも、自ずと人格はにじみ出るものであるため、
過去の履歴を参照して、突然に出品傾向が変化していないか、あるいは別のIDでほとんど同じもの(紹介文が似通っているなど)が出品されていないかも
注意すべき点に挙げられる。成りすまし詐欺(次点詐欺)とはIDを乗っ取ることなく、相手のメールアドレスあてに出品者を装ってメールし、
自分の持つ口座に振り込ませて逃げる手口で、同様のケースで次点落札者を狙ったものもあり、「落札者辞退のため、あなたの落札に変更されました」と
称したメールは警戒すべきである。このような事態をうけ、yahooオークションはメールアドレス表示を廃止し、非公開の掲示板形式「取引ナビ」に切り替えた。
委託詐欺とは上記の次点詐欺の変形版。商品は自身の所持しているものではなく知人が持っており代理出品であると説明し本来の出品者と落札者の間のやりとりが
される前に代金を振り込ませてしまおうとする手口。返品詐欺とは完全匿名・返品自由の楽天オークションで確認された新種の詐欺。落札し、送られてきた商品に
クレームを付け、まったく別の品物を送り返す、電子記録媒体をコピーした後に傷を付けて返品する、状態の悪い同じ商品と取り替えて返品するなど、
楽天オークションの匿名性を悪用している。

329 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 01:10:02.38 ID:9fh3AiD80
サーバあるいはサーバー(英: server)は、コンピュータの分野では、本来はソフトウェアの用語であり、
クライアントサーバモデルにおいてクライアントからの要求に対して何らかのサービスを提供する役割を果たす側の
プログラムを指す言葉である。HTTP サーバ、IMAP サーバ、X-Window サーバなど規模や形態などは様々あり。
また、サーバーソフトウェアを稼動させているコンピュータ機器そのもののことも、サーバーと呼ぶ場合もある。
サーバとは、本来はコンピュータネットワークで使用される分散コンピューティング技術の1つである
クライアントサーバモデルでの用語である。サーバーはクライアントからの要求(リクエスト)に応じて、
何らかのサービス(処理)を提供する側のソフトウェアである。提供するサービスはサーバの種類によって異なり、
例えばファイルサーバであれば保管しているファイル(データ)の提供、プリントサーバであればプリンターへの印刷処理の提供、
ウェブサーバであればウェブページを構成するHTMLファイルや画像ファイルなどのデータの提供をするなど、さまざまである。
物理的にひとつのホスト・コンピュータの中には、例えばFTPサーバとウェブサーバなど、複数のサーバーが並存することもあるし、
サーバとクライアントとが並存することもありえる。しかし、業務用の比較的大型で信頼性を重視したシステムの場合、
ひとつサーバを稼動させるのに、物理的にひとつのホスト・コンピューターを専用に割り当てる場合が多いため、
ホスト・コンピュータそのものも「サーバ」と呼ぶこともある。当初は分散システム(日本ではオープンシステムとも呼ばれる)
のUNIX搭載サーバーやPCサーバーが主に「サーバコンピュータ」(サーバマシン、サーバ機)と呼ばれたが、1990年代には
メインフレームなどもサーバ用のオープン標準対応が進み、大型のコンピュータ全般を「サーバ」と呼ぶ場合もある。
サーバソフトウェアを稼働させることに特化したホストマシンとして販売されているハードウェアは、機種やモデルにもよるが、
個人向けコンピュータと比較して以下の特徴がある。ハイエンドのCPUを多数(1〜256コアなど)搭載できる他、高速なバス、周辺機器などを備える。
後述の可用性にも関連するが、業務により求められる24時間365日に近い連続稼働を実現するため、
計画停止および計画外停止の時間を最小化するための各種設計が行われている。
個々の部品の信頼性(設計・製造・検査、誤り検出訂正機能付のメインメモリなど)に加え、特定の部品で故障が発生した場合の可用性
(重要部品の冗長化、RAIDなど)や、部品の診断や交換が短時間または無停止で行える保守性(各種のログ機能、診断プログラム、ホットスワップなど)
を備える。内部のハードウェアを完全に二重化した専用サーバ(フォールトトレラントコンピュータ、一部のハイエンドサーバ)の他、
通常のサーバを複数使用してコンピュータ・クラスターを構成する場合も多い。またメーカー側は保守部品の長期保管や、
保守契約に応じて24時間365日の緊急出荷体制などを行っている。多数のサーバの稼働状況を遠隔地からも集中管理できる機能が、
ハードウェアおよびソフトウェアにて提供されている。管理はGUIツールの他、遠隔地でも軽くて履歴が残り手順書などに
再利用が容易なキャラクタユーザインタフェースが組み合わされる場合も多い。またネットワークや電話回線経由でメーカーへ
障害情報を自動通知できるものもある。特にデータセンタ用のモデルは、専用のラック、電源(200V、無停電電源装置など)、
空調などを必要とするものが多い。集積度が高いものは、発熱やファンの騒音が大きいものも多く、空冷の他に水冷を採用したサーバやラックもある。

330 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 01:10:06.96 ID:IwYF/ZrF0
またこれとは別に基本的に無料で提供しているサービスに一部サービスに付加機能を加えた
有料サービスを提供して課金をするモデルもある。(例:mixiプレミアム)
ソーシャル・ネットワーキング・サービス内での広告収入や課金収入に頼るのではなく、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスをユーザーの集客や定着のツールとして捉え、
自社・他社問わず他のサイトに誘導、あるいは連動させることにより得られるシナジー効果
(相乗効果)を期待するモデル。ヤフー株式会社の井上雅博CEOが語るようにYahoo! Days
(ヤフー・デイズ)などの大手ポータルサイトが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービスは
このモデルを取り入れようとしている。また携帯端末向けソーシャル・ネットワーキング・サービスの
モバゲータウンはモバオク、ミュウモなどの外部の課金サービスに誘導することで収益をあげている。
なお、これら三つのモデルは、そのいずれかはそれぞれのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
中心となっているものの、例えば広告収入モデルはほぼすべてのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
取り入れられているように、ビジネスモデルを組み合わせていくのが一般的である。アメリカ、韓国では
広告収入以外にもEC事業(アバター、ホムピー)といった色々なビジネスモデルが構築されつつある。
例えばサイワールドなどは月10億円以上の利益を広告(20%)とEC(80%)により生み出している。
その一方で、限られた会員内とはいえ、個人情報の流出の懸念も一部であり、未成年者の利用を制限する動きもある。
(アメリカでは12歳以上なら利用が可能の為)
コンピュータ登場以前のソーシャルネットワーキング理論の起源としては、六次の隔たり理論などがある。
コンピュータネットワークによる新しい社会交流の形態は、コンピュータが開発された初期の頃から
その可能性が示唆されていた。コンピュータ通信によるソーシャルネットワーキングの試みは、
Usenet、ARPANET、LISTSERVやBBSなどを含む初期の多くのオンラインサービス上で行われた。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの前段階としての特徴は、AOL、ProdigyそしてCompuServeなどの
オンラインサービス上にも多く現れていた。ワールドワイドウェブ上の初期の
ソーシャル・ネットワーキング・サービスは、Theglobe.com (1994)、Geocities (1994) そしてTripod.com
(1995)のようなオンラインコミュニケーションの形態で始まった。これら初期のコミュニティの多くは、
チャットルームの他、使いやすいサイト開設ツールと自由で安価な場を提供することによって、
個人のウェブページを通して個人的な情報やアイデアを共有することに注力していた。Classmates.com
(クラスメーツ・ドット・コム)のようないくつかのコミュニティはEメールアドレスを公開して人々が
お互い結びつくような方法を取っていた。1990年代後半、ユーザーが友人のリストを管理し、
似たような関心を持つ他のユーザーを探せるようにするなど、ユーザープロフィールの編集が
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの中心的な特徴となっていった。

331 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 02:05:03.07 ID:RP+TdZ0a0
クリック報酬型広告(クリックほうしゅうがたこうこく、英語: pay per click, PPC)とは、特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、
ある広告媒体のウェブサイトに設置された広告をウェブサイトの閲覧者がクリックすることによって広告主が報酬を与えたり、広告掲載側が報酬を
得たりする一連の形態をさす用語。クリック報酬型広告はクリックした時点で報酬が発生する。広告の内容に興味を持った人を誘導できるという
利点があり、検索連動型広告とコンテンツ連動型広告のほとんどがクリック報酬型広告である。現在のクリック報酬型広告は、多様である。
検索連動型広告(けんさくれんどうがたこうこく)とは、インターネット広告の一種で、検索エンジンで一般ユーザーが検索したキーワードに
関連した広告を検索結果画面に表示する広告(テキスト形式)である(サーチエンジンマーケティング)。「検索キーワード連動型広告」、
「検索広告」、「リスティング広告」、またはクリック毎に広告主(クライアント)の費用が課金されること(クリック課金(PPC:Pay Per Click))
から「P4P(Pay for Performance)」などとも呼ばれる。Yahoo!に買収された有料リスティングサービス専業企業・米国Overtureの「スポンサードサーチ」
やGoogleの「AdWords(アドワーズ)」が有名である。コンテンツ連動型広告(コンテンツれんどうがたこうこく)とはインターネット広告の広告掲載手法。
サービス運営会社が発行する広告タグを掲載することでそのウェブサイト内にどんなキーワードがあるのか、またどんなキーワードが好ましいのかを自動抽出する。
そのサイトにあった広告を掲出する事でユーザーの嗜好とメディアの指向とがマッチングした広告となる。行動ターゲティング広告を併用している場合もある。
インターネット広告を牽引する検索連動型広告と同様に顕著に成長している広告手法である。行動ターゲティング広告(こうどうターゲティングこうこく)とは、
広告の対象となる顧客の行動履歴を元に、顧客の興味関心を推測し、ターゲットを絞ってインターネット広告配信を行う手法。例えば、旅行関連のページを
最近訪れたことがあったり、航空会社の広告をクリックしたことがあるユーザーは、「旅行」というジャンルに興味関心があると判定し、
「旅行」関連の広告を配信するといったもの。ここでいう「行動」は、ページの閲覧、広告のクリック、検索のキーワードなどを指し、
広告の配信を行う媒体・事業者によって定義は異なる。コンテンツ連動型広告を併用している場合が多い。行動ターゲッティング広告は、
追跡型広告(ついせきがたこうこく)やリターゲティング広告とも呼ばれる。クリック詐欺 (Click fraud) とは、クリック報酬型広告を
不正にクリックすることで広告料を騙し取る、あるいは他者に広告費支出を強いる行為を指す。実際に広告効果がないにもかかわらず
広告費だけが増大するため、インターネットマーケティングに対する脅威となっている。クリック報酬型広告は、広告がクリックされることで
広告料が発生する。そのため、広告を設置した者が自ら広告をクリックし、報酬を騙し取ろうとすることが行われる。また、競合企業の広告を
大量にクリックすることで、その企業の広告費を増加させ、間接的に損害を与えるといった事も行われている。これらの行為に対し、
広告サービスを提供する側は不正なクリックをフィルタリングで除外している。一方で詐欺を行う者は、安い労働力を使った人海戦術を用いたり、
ボットネットを利用したりして正当なクリックに見せようとする。インターネット犯罪対策企業の Click Forensics によれば、
クリック報酬型広告を出稿している企業の広告費のうち、約30%がボットネットの不正クリックによるものだとしている。また、広告サービス提供者が、
不当に広告費を払わされたとして広告主から提訴される事態も発生している。

332 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 02:06:02.86 ID:ZXo6RxE90
オークション詐欺とはオークションの形態をとった詐欺行為である。金銭を受け取りながら物品を渡さなかったり、オークションに出品した物とは別の物を渡す、
あるいは金銭を払うつもりも無いのに落札して物品を騙し取るなどの行為が挙げられる。また関係者(あるいは自作自演)内で
不当に値段を吊り上げるサクラ行為も問題視されるが、これは詐欺行為の証明が難しくもあり、オークション詐欺として取り沙汰される
ケースは稀である。日本においては、1990年代末から普及してきたインターネットオークションに関しての詐欺行為を指して使われる事が
多い。なお、ネットオークションでは取引実績の履歴も公開されるため、自作自演で自己評価を吊り上げた事例は少なくない。この辺りは
ネットオークションシステム自体の、避け得ない問題点とみなされている。最近ではネットオークション詐欺被害者の補償制度を導入する
オークションサイトがほとんどであるが、被害特定から補償までの手続きが煩雑であったり、あるいは被害認定が受けられない場合もあり
、依然として自己防衛が必須である。被害にあった場合には、いち早い警察への通報や消費者センターへの相談が勧められる。
インターネットのオークションサイトでブランド品などを格安(最低価格1円〜)で掲載し、落札者に偽名の口座に料金を振り込ませて
お金を騙し取る等がある。また、逆に商品を送ったのに代金が指定口座に振り込まれない場合も含まれる。さらに、落札した商品を
送料着払いで送りつけて来て、箱を開けてみたらとは全く別の物だった場合もあり、相手に連絡しようとした時には代金が口座から
引き落とされて既に逃走している。訴えられた場合「うっかり間違えた」と説明すれば責任が問われない法律の盲点を突いている。
偽ブランド物を送ってくる場合も後を絶たず、これらでは出品者側は偽物とは知らなかったと言い張り、返却してくれと言われたので
送り返すが、振り込んだ代金がいつまでも返金されず、そのうちに連絡が付かなくなり送付先の住所も移転してしまった後となり、
追跡が不可能となるケースも報じられている。同様のケースとして、スペックの低いパソコンや品質に問題のあるジャンク品を送ってくる
ケースもあり、この場合オークション補償の対象外となり、同時に詐欺罪で警察署や交番などに被害届や告訴状を提出しても民事不介入を
理由に受理されないケースがある。「人を欺いて財物を交付させた」(刑法246条1項)・「人を欺いて」「財産上不法の利益を得」た
(刑法246条2項)といえれば、一度の行為でも詐欺罪が成立するのは当然だが、立証の困難等を理由として訴追に至らないケースもあり
得る。しかし同じ手口を何度も行った者が、逮捕された後に別件の詐欺で追起訴されたケースも少なからず存在する。
ID乗っ取り詐欺とはパスワードを推測または違法な方法で入手し、IDそのものを乗っ取り出品するもの。過去にフィッシング詐欺やスパイウェアなどで
盗まれたIDを使って出品しているため、急激に取引が増加したり、扱う内容が変化したりといった傾向が顕著である。見分ける方法は過去の出品の文章や
過去の履歴からIDの持ち主の嗜好を掴むことが有効で、またちょっとした評価の文章であるとかそういうところでも、自ずと人格はにじみ出るものであるため、
過去の履歴を参照して、突然に出品傾向が変化していないか、あるいは別のIDでほとんど同じもの(紹介文が似通っているなど)が出品されていないかも
注意すべき点に挙げられる。成りすまし詐欺(次点詐欺)とはIDを乗っ取ることなく、相手のメールアドレスあてに出品者を装ってメールし、
自分の持つ口座に振り込ませて逃げる手口で、同様のケースで次点落札者を狙ったものもあり、「落札者辞退のため、あなたの落札に変更されました」と
称したメールは警戒すべきである。このような事態をうけ、yahooオークションはメールアドレス表示を廃止し、非公開の掲示板形式「取引ナビ」に切り替えた。
委託詐欺とは上記の次点詐欺の変形版。商品は自身の所持しているものではなく知人が持っており代理出品であると説明し本来の出品者と落札者の間のやりとりが
される前に代金を振り込ませてしまおうとする手口。返品詐欺とは完全匿名・返品自由の楽天オークションで確認された新種の詐欺。落札し、送られてきた商品に
クレームを付け、まったく別の品物を送り返す、電子記録媒体をコピーした後に傷を付けて返品する、状態の悪い同じ商品と取り替えて返品するなど、
楽天オークションの匿名性を悪用している。

333 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 02:06:03.07 ID:7vV4kUuE0
IPアドレスは数字の羅列で人間には分かり難いというデメリットがあり、一般には英数字を使用した名前(ドメイン名)をIPアドレスに対応させて用いる。
例えば、「ja.wikipedia.org」というドメイン名は「208.80.152.2」というIPアドレスに対応する。インターネットに参加する各組織
(研究機関、教育機関、企業、プロバイダ (ISP) 、協会・団体、政府機関その他)に対して、識別子として(広義の)ドメイン名が割り当てられており、
各組織は所有する各コンピュータに対してホスト名を割り当てる。ホスト名とドメイン名をドット (.) でつないだものが各コンピュータの固有名 (FQDN) となる。
本来接続先ホストにはIPアドレスを指定する必要があるが、(狭義の)ドメイン名とIPアドレスをDNSによって関連づけることにより、
IPアドレスに代わってドメイン名を指定することが可能となっている。しかし、現在主に使われている規格 (IPv4) のアドレスが枯渇しつつあるため
IPv6が開発されたが、対応にはネットワーク機器の更新が必要である上、IPv4とIPv6の機器間では直接通信ができない
(IPv6の機器はほぼIPv4にも対応しているのであまり問題にはならないが)。2011年2月現在、日本での完全な対応は一部のプロバイダや学術ネットワークに
とどまっているのが現状である。インターネットへのアクセス(接続)は、一般にはインターネット・プロトコル技術を搭載したインターネット端末を使用して、
インターネットサービスプロバイダ経由で接続する。また独自ネットワークやイントラネットから、ゲートウェイ等を経由して接続できる場合もある。
初期のインターネットでは、使用言語は英語、文字コードはASCII、文字はラテン文字で、接続デバイスは各種のコンピュータが大多数であった。
1990年以降のインターネットの世界的な普及により、現在では各種のコンピュータに加えて各種の携帯電話、ゲーム機、家電、産業機器などが
インターネット端末機能を持つようになった。接続形態も従来の有線やダイヤルアップ接続に加えて各種の無線通信が一般化した。インターネット上で
使用可能なサービスも、当初の電子メールやファイル転送などから、World Wide Web、インターネット電話、検索エンジン、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどに広がり、そのユーザインタフェースもグラフィカルユーザインタフェースやマルチメディア対応を含んだものも普及した。
またコンピューティングの利用形態としてSaaSやクラウドコンピューティングなどの表現や概念が普及する基盤ともなった。これらと平行して、
各種の国際化と地域化、多言語化、他のネットワークや技術との相互接続や相互運用性などが進んだ。
1960年、インターネットの前身ARPANETに直接影響を及ぼした概念であるJ・C・R・リックライダーのタイムシェアリングシステムが発表される。
1969年10月29日、UCLAとスタンフォード研究所 (SRI) 間で接続され、同年12月5日までにUCサンタバーバラ、ユタ大学が接続され4つのノードとなった。
1983年、ARPANETがプロトコルをそれまで利用していたNetwork Control ProgramからTCP/IPに切り替える。
1984年9月、村井純が慶應義塾大学と東京工業大学を接続。同年10月に東京大学が接続され、日本におけるインターネットの嚆矢となる。(JUNET)
1985年、アメリカの「全国科学財団」による学術研究用のネットワーク基盤NSFNetが作られ、インターネットのバックボーンの役割がARPANETからNSFNetへ移行する。
1988年、アメリカで商用インターネットが始まる。1989年、商用ネットワークとNSFNetとの接続が開始される。
1990年、スイスの素粒子物理学研究所・CERNの研究員であったティム・バーナーズ=リーは、当時上司だったロバート・カイリューらの協力により
World Wide Webシステムのための最初のサーバとブラウザを完成させる。
1994年7月、アメリカ・タイム誌で、「インターネットは核攻撃下でのコミュニケーションの生き残りを想定して開発された」という記事が掲載される。以降、ARPANETは
核戦争時のための軍事ネットであるという俗説が流布するようになる。一方、ARPANET立ち上げ時のIPTO責任者であったロバート・テイラーは、この記事に対して事実とは異なる旨、
正式な抗議をタイム誌に対して行った。
1995年には、NSFNetは民間へ移管され、Windows95の登場で一般の人にインターネットが急速に広まった。なお、Windows95の初期バージョンではインターネット関連の機能は
「Microsoft Plus!」による拡張機能とされていたが、OSR2以降は標準搭載されている。

334 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 02:07:04.73 ID:S+QggWzN0
ユーザーが友人を発見し管理できるような新しいソーシャル・ネットワーキング・サービスの
方法が開発されたことを契機に、多くのサイトがさらに進んだ機能の開発を行い始めた。
この新世代のソーシャル・ネットワーキング・サービスは、1997年から2001年まで運営され
ユーザーが100万人にまで達したSixDegrees.comの登場、そして2002年のFriendster(フレンドスター)の
登場により本格的に普及し、すぐにインターネットの主流の一角を占めるようになった。Friendsterに続いて、
2003年にはMySpaceとLinkedInが、そして2005年にはBeboが登場した。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの知名度の急速な高まりは、2005年の時点でMySpaceの
ページビューがGoogleを上回ったという事実が物語っている。2004年に始まったFacebookは
世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービスとなった。2008年には、様々なバラエティの
ソーシャルネットワーキングモデルが登場し、これらのモデルを使った200以上のサイトが
稼働していると報告されている。米最大級のソーシャル・ネットワーキング・サービス、
Myspaceは公式の発表によると米国の会員数だけで6000万人を記録しており、総ユーザー数は
1億2000万人と発表されている(2006年11月)。2006年には月に600万人のペースでユーザーを
増やし続けていた。マドンナ、U2、ビヨンセ、マライア・キャリーなど300万のアーティストが
参加しており、若者に人気が高い。尚、Myspaceは2006年11月に日本語版のベータ版を開設した。
市場調査会社の米Pew Research Centerは米国のインターネット利用者の65%が米Facebookや
米LinkedInのようなソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用しており、3年前
(2008年)の29%から2倍以上に増えたと公表した。(現地時間2011年8月26日公表)
韓国ではサイワールドが圧倒的な人気を誇っており、利用者は1800万人。単純計算ではあるものの
韓国の総人口の約3分の1が参加している事になる。2007年になりアメリカのSecond Lifeなど
仮想世界のソーシャル・ネットワーキング・サービスが急成長を見せている。
又、海外ではFriendsterからMyspaceのように閉鎖型から開放型へと
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの流れが徐々に変化しつつある。
2009年、2010年にはTwitterなどのミニブログサービスも世界的に広がっている。

335 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 02:08:02.39 ID:x7ok2NFH0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

336 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 02:08:04.75 ID:978Fms+v0
アフィリエイト稼業の実態
「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人に
アンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たない
ケースが多数で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎない実態が浮き彫りになった。なお、
2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中〜上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、
月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%となっており、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が
二極化しているともいえる状況である。アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬とアクション報酬の2つがあり、
クリック報酬は、バナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、
アクション報酬では、広告出稿者が任意に成果地点を設定できる。アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方で
いくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう
恐れが大きい。販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促す
インセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体が
ブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などがあった場合にもその取締りは困難である。
このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドラインを出し、適切なアフィリエイトプログラムの
運用を呼びかけている。検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を
表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く
仕組みを構築している。プログラムにより作られた内容に意味のない文章だけのブログもあり、それらは「スパムブログ」、または
「スプログ」などと呼ばれている。このスプログは、制作を簡易にするツールが販売されており、1ユーザで幾重ものスプログが
作られるようになり、物量で収入を稼ぐ悪質なケースに陥っている。検索エンジンサイト・グーグルでは、アフィリエイトを行っている
からといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のないスパムブログ等は検索エンジンに
インデックスしないと公式に表明している。情報商材を中心に広告主と呼ばれる広告出稿側の不正が存在し、具体的な広告掲載側の
不正行為として、以下のようなケースが挙げられる。商品、サービスが成約したにもかかわらず、基準が満たされないなどの理由で
報酬としてカウントされない、報酬として認められる基準が高すぎる、あるいは明記されていないケースもある。報酬として
カウントされたあと、その報酬が支払われない。また、アフィリエイトバナーの中にはコンピュータが危険な状態であるとの虚偽の
メッセージを表示して詐欺的ソフトウェアを押し売るといった問題も発生しており、高額な報酬や豪華な景品を出して広告掲載者を
募っていたケースもあるという。また、いわゆる情報商材の中には現実的ではない方法論や、支払った金額に見合わない幼稚な内容、
他者の著作物の丸写し、あからさまに内容に難があるような方法論すらやり取りされているが、こういった詐欺的な内容では、
「引っかかった側」が損失分を取り戻そうと更にその情報商材の拡散に加担する場合もあり、アフィリエイトを通じて被害の拡大も
懸念されている。

337 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 02:09:03.19 ID:XbNPDlbJ0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

338 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 02:09:05.00 ID:elTkLRPg0
アフィリエイト稼業の実態
「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人に
アンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たない
ケースが多数で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎない実態が浮き彫りになった。なお、
2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中〜上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、
月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%となっており、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が
二極化しているともいえる状況である。アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬とアクション報酬の2つがあり、
クリック報酬は、バナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、
アクション報酬では、広告出稿者が任意に成果地点を設定できる。アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方で
いくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう
恐れが大きい。販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促す
インセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体が
ブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などがあった場合にもその取締りは困難である。
このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドラインを出し、適切なアフィリエイトプログラムの
運用を呼びかけている。検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を
表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く
仕組みを構築している。プログラムにより作られた内容に意味のない文章だけのブログもあり、それらは「スパムブログ」、または
「スプログ」などと呼ばれている。このスプログは、制作を簡易にするツールが販売されており、1ユーザで幾重ものスプログが
作られるようになり、物量で収入を稼ぐ悪質なケースに陥っている。検索エンジンサイト・グーグルでは、アフィリエイトを行っている
からといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のないスパムブログ等は検索エンジンに
インデックスしないと公式に表明している。情報商材を中心に広告主と呼ばれる広告出稿側の不正が存在し、具体的な広告掲載側の
不正行為として、以下のようなケースが挙げられる。商品、サービスが成約したにもかかわらず、基準が満たされないなどの理由で
報酬としてカウントされない、報酬として認められる基準が高すぎる、あるいは明記されていないケースもある。報酬として
カウントされたあと、その報酬が支払われない。また、アフィリエイトバナーの中にはコンピュータが危険な状態であるとの虚偽の
メッセージを表示して詐欺的ソフトウェアを押し売るといった問題も発生しており、高額な報酬や豪華な景品を出して広告掲載者を
募っていたケースもあるという。また、いわゆる情報商材の中には現実的ではない方法論や、支払った金額に見合わない幼稚な内容、
他者の著作物の丸写し、あからさまに内容に難があるような方法論すらやり取りされているが、こういった詐欺的な内容では、
「引っかかった側」が損失分を取り戻そうと更にその情報商材の拡散に加担する場合もあり、アフィリエイトを通じて被害の拡大も
懸念されている。

339 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 02:10:02.91 ID:2spe7WKJ0
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

340 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 03:52:53.29 ID:PgUWMt6W0
おっスレ埋めにかかってきたぞ〜
やましいことしてへんのやったら姑息なことせんと
堂々としとりゃええがな圧死w

341 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 04:05:02.76 ID:/5Ts9p2M0
日本においては、国内インターネット黎明期の1996年に会員制のみゆきネットが登場したことに
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの端緒を見つけることができる(1999年終了)が、
「ソーシャルネットワーキング」という概念を強く意識し、フレンド相互リンク・私書箱・
プロフィール表示という現在のソーシャル・ネットワーキング・サービスの主要機能を
持つものとしては、2002年9月に登場した内野晴仁の個人運営の
公開型ソーシャル・ネットワーキング・サービス myprofile.jpが嚆矢であり、
これに続いて2003年12月にはSFC Incubation Villageにてビートコミュニケーションによる
期間限定のマッチング実験SIV Connectが、そしてネットエイジ社による有料の
合コンマッチングサービスのGocooなどのサービスが開始された。 翌年2004年、2月21日に
田中良和の個人運営GREEが、2月後半にはイー・マーキュリー (現:ミクシィ)
提供のmixiがプレオープン、3月3日にオフィシャルオープンした。その他数ヶ月遅れで、
Yubitomaのエコー、フレンドマップ、Miniiそしてキヌガサなどがスタートした。
Gocooなど古いにもかかわらず、限られたユーザーで普及した理由としては
最初から課金をしてハードルが高かった事が原因にあげられている(課金モデルは途中から変更)。
2004年の段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せた。
当初はウェブメール機能や日記機能をつけておらず、会員数が10万人あたりで、
最初から日記機能のあったmixiに抜かれた(但しmixiもリリース当初はまだコミュニティ機能などは実装されていなかった)。
2010年4月には、mixiのユーザー数(有効ID数)が2000万人を越えた。日本では、従前から数多く存在していた
「Web日記サイト」「グループウェアサイト」「インターネットコミュニティ」などの機能を上手に取り込みつつ、
さらには各新聞社やマスコミの記事を取り扱うなど、一種のポータルサイトとしての機能も持っているものが見られる。
企業・教育機関でも内部向けコミュニケーションから始まり、内定者や学校の卒業生の囲い込みなど、色々な用途に使われている。
最近ではGREE、imapuなどでも携帯電話にも応用されており、さまざまな形でソーシャル・ネットワーキング・サービスは普及している。
熊本県八代市が運営するごろっとやっちろを皮切りに自治体や非営利団体・企業等が運営する地域型のサービスも各地で立ち上がっている。
YouTubeやFlickrといった画像共有・動画共有サイトが人気になったことにより、日本でもAmebaVision(終了)など類似のものが相次いで開設されている。
総務省の発表によると、2006年3月末現在の日本でのソーシャル・ネットワーキング・サービス利用者数は、716万人に達している。
これは前年度(2005年3月末)の111万人の約6.5倍の数字であり、急速に認知度が高まっていることが伺える。
予想ではソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用者数は2007年3月に1042万人に拡大すると見られている。

342 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 04:05:05.18 ID:+ve7zn+a0
日本においては、国内インターネット黎明期の1996年に会員制のみゆきネットが登場したことに
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの端緒を見つけることができる(1999年終了)が、
「ソーシャルネットワーキング」という概念を強く意識し、フレンド相互リンク・私書箱・
プロフィール表示という現在のソーシャル・ネットワーキング・サービスの主要機能を
持つものとしては、2002年9月に登場した内野晴仁の個人運営の
公開型ソーシャル・ネットワーキング・サービス myprofile.jpが嚆矢であり、
これに続いて2003年12月にはSFC Incubation Villageにてビートコミュニケーションによる
期間限定のマッチング実験SIV Connectが、そしてネットエイジ社による有料の
合コンマッチングサービスのGocooなどのサービスが開始された。 翌年2004年、2月21日に
田中良和の個人運営GREEが、2月後半にはイー・マーキュリー (現:ミクシィ)
提供のmixiがプレオープン、3月3日にオフィシャルオープンした。その他数ヶ月遅れで、
Yubitomaのエコー、フレンドマップ、Miniiそしてキヌガサなどがスタートした。
Gocooなど古いにもかかわらず、限られたユーザーで普及した理由としては
最初から課金をしてハードルが高かった事が原因にあげられている(課金モデルは途中から変更)。
2004年の段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せた。
当初はウェブメール機能や日記機能をつけておらず、会員数が10万人あたりで、
最初から日記機能のあったmixiに抜かれた(但しmixiもリリース当初はまだコミュニティ機能などは実装されていなかった)。
2010年4月には、mixiのユーザー数(有効ID数)が2000万人を越えた。日本では、従前から数多く存在していた
「Web日記サイト」「グループウェアサイト」「インターネットコミュニティ」などの機能を上手に取り込みつつ、
さらには各新聞社やマスコミの記事を取り扱うなど、一種のポータルサイトとしての機能も持っているものが見られる。
企業・教育機関でも内部向けコミュニケーションから始まり、内定者や学校の卒業生の囲い込みなど、色々な用途に使われている。
最近ではGREE、imapuなどでも携帯電話にも応用されており、さまざまな形でソーシャル・ネットワーキング・サービスは普及している。
熊本県八代市が運営するごろっとやっちろを皮切りに自治体や非営利団体・企業等が運営する地域型のサービスも各地で立ち上がっている。
YouTubeやFlickrといった画像共有・動画共有サイトが人気になったことにより、日本でもAmebaVision(終了)など類似のものが相次いで開設されている。
総務省の発表によると、2006年3月末現在の日本でのソーシャル・ネットワーキング・サービス利用者数は、716万人に達している。
これは前年度(2005年3月末)の111万人の約6.5倍の数字であり、急速に認知度が高まっていることが伺える。
予想ではソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用者数は2007年3月に1042万人に拡大すると見られている。

343 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 04:06:04.33 ID:j9/PsUAs0
成功報酬型広告(せいこうほうしゅうがたこうこく)、アフィリエイト・マーケティング、
アフィニティ・プログラム、アソシエイト・プログラム、アフィリエイト・プログラムとは、
特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに
設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、
生じた利益に応じて広告媒体に成功報酬を与える一連の形態をさす用語。単にアフィリエイト
(Affiliate)、縮めた形でアフィリ、アフィと呼ばれることが多い.。これらは、広告提供者が
アフィリエイト・プログラムを提供する広告企業であるアフィリエイト・サービス・プロバイダ
(以下、広告企業)に依頼して広告を出す場合と、eコマースやサイバーモールなどインターネット上で
商品やサービスを提供する企業ないし、それら電子商店のシステムを提供している企業そのものが
設置している広告形態の2種類に大別される。これらでは、広告掲載者を特定する識別子がURL中に
埋め込まれており、リンククリック時に識別子が広告企業に送信され記録される。
そうして実際に売上が出た際には広告掲載者に成功報酬が支払われる。
これら広告企業には大小さまざまな企業が存在するため列挙は割愛するが、
各々の広告リンク設置により成功報酬を望む側は、それら広告企業側と契約する形でバナー広告、
ブログパーツを設置、それぞれのリンクへと誘導する。
1996年7月頃、カクテルパーティーでAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスが、
ある女性に「自分のサイトで離婚に関する本を売りたいんだけど」
と持ちかけられたのをヒントにしたのがはじまりであるとされているが、
Amazon.com以前にCybereroticsというアダルトサイトがクリック報酬型のアフィリエイトを始めた
最初か初期のサイトの1つだというのが、広告関係者やアダルト業界のコンセンサスである。
アダルトサイトを除けば、1994年11月にBuyWebというプログラムを立ち上げたCDNOWが、
最初のクリックスルー方式のアフィリエイトを導入したウェブサイトである。
日本では2000年頃から比較コンテンツを作り情報としてアフィリエイト広告を見せ、
検索エンジンを導線とするといった現在の主流となっているアフィリエイトメディアの掲載手法が確立される。
アフィリエイトの母国である米国にはない手法が日本では広まったおかげで、
2004年以降アフィリエイト配信会社が複数社上場するといった世界では稀なほど
アクション報酬型のアフィリエイト広告が普及している。2004年頃から商品リンクと呼ばれる、
商品が掲載されているページやカテゴリに直接誘導できる広告リンクの登場により、
これまでの申し込み・相談・資料請求など(リード案件)と呼ぶからEC案件にも一気に
アフィリエイト広告が広がっていった。

344 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 04:07:02.72 ID:WqWHFNus0
アフィリエイト稼業の実態
「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人に
アンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たない
ケースが多数で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎない実態が浮き彫りになった。なお、
2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中〜上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、
月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%となっており、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が
二極化しているともいえる状況である。アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬とアクション報酬の2つがあり、
クリック報酬は、バナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、
アクション報酬では、広告出稿者が任意に成果地点を設定できる。アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方で
いくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう
恐れが大きい。販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促す
インセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体が
ブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などがあった場合にもその取締りは困難である。
このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドラインを出し、適切なアフィリエイトプログラムの
運用を呼びかけている。検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を
表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く
仕組みを構築している。プログラムにより作られた内容に意味のない文章だけのブログもあり、それらは「スパムブログ」、または
「スプログ」などと呼ばれている。このスプログは、制作を簡易にするツールが販売されており、1ユーザで幾重ものスプログが
作られるようになり、物量で収入を稼ぐ悪質なケースに陥っている。検索エンジンサイト・グーグルでは、アフィリエイトを行っている
からといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のないスパムブログ等は検索エンジンに
インデックスしないと公式に表明している。情報商材を中心に広告主と呼ばれる広告出稿側の不正が存在し、具体的な広告掲載側の
不正行為として、以下のようなケースが挙げられる。商品、サービスが成約したにもかかわらず、基準が満たされないなどの理由で
報酬としてカウントされない、報酬として認められる基準が高すぎる、あるいは明記されていないケースもある。報酬として
カウントされたあと、その報酬が支払われない。また、アフィリエイトバナーの中にはコンピュータが危険な状態であるとの虚偽の
メッセージを表示して詐欺的ソフトウェアを押し売るといった問題も発生しており、高額な報酬や豪華な景品を出して広告掲載者を
募っていたケースもあるという。また、いわゆる情報商材の中には現実的ではない方法論や、支払った金額に見合わない幼稚な内容、
他者の著作物の丸写し、あからさまに内容に難があるような方法論すらやり取りされているが、こういった詐欺的な内容では、
「引っかかった側」が損失分を取り戻そうと更にその情報商材の拡散に加担する場合もあり、アフィリエイトを通じて被害の拡大も
懸念されている。

345 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 04:07:04.28 ID:odQVsy6z0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

346 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 04:08:02.33 ID:0cgYP0ul0
IPアドレスは数字の羅列で人間には分かり難いというデメリットがあり、一般には英数字を使用した名前(ドメイン名)をIPアドレスに対応させて用いる。
例えば、「ja.wikipedia.org」というドメイン名は「208.80.152.2」というIPアドレスに対応する。インターネットに参加する各組織
(研究機関、教育機関、企業、プロバイダ (ISP) 、協会・団体、政府機関その他)に対して、識別子として(広義の)ドメイン名が割り当てられており、
各組織は所有する各コンピュータに対してホスト名を割り当てる。ホスト名とドメイン名をドット (.) でつないだものが各コンピュータの固有名 (FQDN) となる。
本来接続先ホストにはIPアドレスを指定する必要があるが、(狭義の)ドメイン名とIPアドレスをDNSによって関連づけることにより、
IPアドレスに代わってドメイン名を指定することが可能となっている。しかし、現在主に使われている規格 (IPv4) のアドレスが枯渇しつつあるため
IPv6が開発されたが、対応にはネットワーク機器の更新が必要である上、IPv4とIPv6の機器間では直接通信ができない
(IPv6の機器はほぼIPv4にも対応しているのであまり問題にはならないが)。2011年2月現在、日本での完全な対応は一部のプロバイダや学術ネットワークに
とどまっているのが現状である。インターネットへのアクセス(接続)は、一般にはインターネット・プロトコル技術を搭載したインターネット端末を使用して、
インターネットサービスプロバイダ経由で接続する。また独自ネットワークやイントラネットから、ゲートウェイ等を経由して接続できる場合もある。
初期のインターネットでは、使用言語は英語、文字コードはASCII、文字はラテン文字で、接続デバイスは各種のコンピュータが大多数であった。
1990年以降のインターネットの世界的な普及により、現在では各種のコンピュータに加えて各種の携帯電話、ゲーム機、家電、産業機器などが
インターネット端末機能を持つようになった。接続形態も従来の有線やダイヤルアップ接続に加えて各種の無線通信が一般化した。インターネット上で
使用可能なサービスも、当初の電子メールやファイル転送などから、World Wide Web、インターネット電話、検索エンジン、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどに広がり、そのユーザインタフェースもグラフィカルユーザインタフェースやマルチメディア対応を含んだものも普及した。
またコンピューティングの利用形態としてSaaSやクラウドコンピューティングなどの表現や概念が普及する基盤ともなった。これらと平行して、
各種の国際化と地域化、多言語化、他のネットワークや技術との相互接続や相互運用性などが進んだ。
1960年、インターネットの前身ARPANETに直接影響を及ぼした概念であるJ・C・R・リックライダーのタイムシェアリングシステムが発表される。
1969年10月29日、UCLAとスタンフォード研究所 (SRI) 間で接続され、同年12月5日までにUCサンタバーバラ、ユタ大学が接続され4つのノードとなった。
1983年、ARPANETがプロトコルをそれまで利用していたNetwork Control ProgramからTCP/IPに切り替える。
1984年9月、村井純が慶應義塾大学と東京工業大学を接続。同年10月に東京大学が接続され、日本におけるインターネットの嚆矢となる。(JUNET)
1985年、アメリカの「全国科学財団」による学術研究用のネットワーク基盤NSFNetが作られ、インターネットのバックボーンの役割がARPANETからNSFNetへ移行する。
1988年、アメリカで商用インターネットが始まる。1989年、商用ネットワークとNSFNetとの接続が開始される。
1990年、スイスの素粒子物理学研究所・CERNの研究員であったティム・バーナーズ=リーは、当時上司だったロバート・カイリューらの協力により
World Wide Webシステムのための最初のサーバとブラウザを完成させる。
1994年7月、アメリカ・タイム誌で、「インターネットは核攻撃下でのコミュニケーションの生き残りを想定して開発された」という記事が掲載される。以降、ARPANETは
核戦争時のための軍事ネットであるという俗説が流布するようになる。一方、ARPANET立ち上げ時のIPTO責任者であったロバート・テイラーは、この記事に対して事実とは異なる旨、
正式な抗議をタイム誌に対して行った。
1995年には、NSFNetは民間へ移管され、Windows95の登場で一般の人にインターネットが急速に広まった。なお、Windows95の初期バージョンではインターネット関連の機能は
「Microsoft Plus!」による拡張機能とされていたが、OSR2以降は標準搭載されている。

347 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 04:09:05.08 ID:aQIG1Srf0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

348 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 04:10:02.80 ID:9fh3AiD80
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

349 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 05:05:03.02 ID:RP+TdZ0a0
ユーザーが友人を発見し管理できるような新しいソーシャル・ネットワーキング・サービスの
方法が開発されたことを契機に、多くのサイトがさらに進んだ機能の開発を行い始めた。
この新世代のソーシャル・ネットワーキング・サービスは、1997年から2001年まで運営され
ユーザーが100万人にまで達したSixDegrees.comの登場、そして2002年のFriendster(フレンドスター)の
登場により本格的に普及し、すぐにインターネットの主流の一角を占めるようになった。Friendsterに続いて、
2003年にはMySpaceとLinkedInが、そして2005年にはBeboが登場した。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの知名度の急速な高まりは、2005年の時点でMySpaceの
ページビューがGoogleを上回ったという事実が物語っている。2004年に始まったFacebookは
世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービスとなった。2008年には、様々なバラエティの
ソーシャルネットワーキングモデルが登場し、これらのモデルを使った200以上のサイトが
稼働していると報告されている。米最大級のソーシャル・ネットワーキング・サービス、
Myspaceは公式の発表によると米国の会員数だけで6000万人を記録しており、総ユーザー数は
1億2000万人と発表されている(2006年11月)。2006年には月に600万人のペースでユーザーを
増やし続けていた。マドンナ、U2、ビヨンセ、マライア・キャリーなど300万のアーティストが
参加しており、若者に人気が高い。尚、Myspaceは2006年11月に日本語版のベータ版を開設した。
市場調査会社の米Pew Research Centerは米国のインターネット利用者の65%が米Facebookや
米LinkedInのようなソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用しており、3年前
(2008年)の29%から2倍以上に増えたと公表した。(現地時間2011年8月26日公表)
韓国ではサイワールドが圧倒的な人気を誇っており、利用者は1800万人。単純計算ではあるものの
韓国の総人口の約3分の1が参加している事になる。2007年になりアメリカのSecond Lifeなど
仮想世界のソーシャル・ネットワーキング・サービスが急成長を見せている。
又、海外ではFriendsterからMyspaceのように閉鎖型から開放型へと
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの流れが徐々に変化しつつある。
2009年、2010年にはTwitterなどのミニブログサービスも世界的に広がっている。

350 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 05:06:03.19 ID:7vV4kUuE0
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

351 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 05:06:04.63 ID:ZXo6RxE90
アフィリエイト稼業の実態
「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人に
アンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たない
ケースが多数で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎない実態が浮き彫りになった。なお、
2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中〜上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、
月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%となっており、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が
二極化しているともいえる状況である。アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬とアクション報酬の2つがあり、
クリック報酬は、バナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、
アクション報酬では、広告出稿者が任意に成果地点を設定できる。アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方で
いくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう
恐れが大きい。販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促す
インセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体が
ブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などがあった場合にもその取締りは困難である。
このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドラインを出し、適切なアフィリエイトプログラムの
運用を呼びかけている。検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を
表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く
仕組みを構築している。プログラムにより作られた内容に意味のない文章だけのブログもあり、それらは「スパムブログ」、または
「スプログ」などと呼ばれている。このスプログは、制作を簡易にするツールが販売されており、1ユーザで幾重ものスプログが
作られるようになり、物量で収入を稼ぐ悪質なケースに陥っている。検索エンジンサイト・グーグルでは、アフィリエイトを行っている
からといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のないスパムブログ等は検索エンジンに
インデックスしないと公式に表明している。情報商材を中心に広告主と呼ばれる広告出稿側の不正が存在し、具体的な広告掲載側の
不正行為として、以下のようなケースが挙げられる。商品、サービスが成約したにもかかわらず、基準が満たされないなどの理由で
報酬としてカウントされない、報酬として認められる基準が高すぎる、あるいは明記されていないケースもある。報酬として
カウントされたあと、その報酬が支払われない。また、アフィリエイトバナーの中にはコンピュータが危険な状態であるとの虚偽の
メッセージを表示して詐欺的ソフトウェアを押し売るといった問題も発生しており、高額な報酬や豪華な景品を出して広告掲載者を
募っていたケースもあるという。また、いわゆる情報商材の中には現実的ではない方法論や、支払った金額に見合わない幼稚な内容、
他者の著作物の丸写し、あからさまに内容に難があるような方法論すらやり取りされているが、こういった詐欺的な内容では、
「引っかかった側」が損失分を取り戻そうと更にその情報商材の拡散に加担する場合もあり、アフィリエイトを通じて被害の拡大も
懸念されている。

352 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 05:07:02.90 ID:S+QggWzN0
日本においては、国内インターネット黎明期の1996年に会員制のみゆきネットが登場したことに
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの端緒を見つけることができる(1999年終了)が、
「ソーシャルネットワーキング」という概念を強く意識し、フレンド相互リンク・私書箱・
プロフィール表示という現在のソーシャル・ネットワーキング・サービスの主要機能を
持つものとしては、2002年9月に登場した内野晴仁の個人運営の
公開型ソーシャル・ネットワーキング・サービス myprofile.jpが嚆矢であり、
これに続いて2003年12月にはSFC Incubation Villageにてビートコミュニケーションによる
期間限定のマッチング実験SIV Connectが、そしてネットエイジ社による有料の
合コンマッチングサービスのGocooなどのサービスが開始された。 翌年2004年、2月21日に
田中良和の個人運営GREEが、2月後半にはイー・マーキュリー (現:ミクシィ)
提供のmixiがプレオープン、3月3日にオフィシャルオープンした。その他数ヶ月遅れで、
Yubitomaのエコー、フレンドマップ、Miniiそしてキヌガサなどがスタートした。
Gocooなど古いにもかかわらず、限られたユーザーで普及した理由としては
最初から課金をしてハードルが高かった事が原因にあげられている(課金モデルは途中から変更)。
2004年の段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せた。
当初はウェブメール機能や日記機能をつけておらず、会員数が10万人あたりで、
最初から日記機能のあったmixiに抜かれた(但しmixiもリリース当初はまだコミュニティ機能などは実装されていなかった)。
2010年4月には、mixiのユーザー数(有効ID数)が2000万人を越えた。日本では、従前から数多く存在していた
「Web日記サイト」「グループウェアサイト」「インターネットコミュニティ」などの機能を上手に取り込みつつ、
さらには各新聞社やマスコミの記事を取り扱うなど、一種のポータルサイトとしての機能も持っているものが見られる。
企業・教育機関でも内部向けコミュニケーションから始まり、内定者や学校の卒業生の囲い込みなど、色々な用途に使われている。
最近ではGREE、imapuなどでも携帯電話にも応用されており、さまざまな形でソーシャル・ネットワーキング・サービスは普及している。
熊本県八代市が運営するごろっとやっちろを皮切りに自治体や非営利団体・企業等が運営する地域型のサービスも各地で立ち上がっている。
YouTubeやFlickrといった画像共有・動画共有サイトが人気になったことにより、日本でもAmebaVision(終了)など類似のものが相次いで開設されている。
総務省の発表によると、2006年3月末現在の日本でのソーシャル・ネットワーキング・サービス利用者数は、716万人に達している。
これは前年度(2005年3月末)の111万人の約6.5倍の数字であり、急速に認知度が高まっていることが伺える。
予想ではソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用者数は2007年3月に1042万人に拡大すると見られている。

353 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 05:08:02.49 ID:x7ok2NFH0
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

354 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 05:08:06.38 ID:978Fms+v0
インターネット(英: Internet)とは、インターネット・プロトコル技術を利用して相互接続によるコンピュータネットワークを指す語である。
「インターネット」の語の起源は一般名詞の「インターネットワーク」(internetwork)で、本来の意味は「ネットワーク間のネットワーク」や
「複数のネットワークを相互接続したネットワーク」であるが、通常は固有名詞として、ARPANETを前身とする特定の世界的規模のネットワークを指す。
特に日本語で「インターネット」と呼ぶ場合は、固有名詞の意味である場合が大半である。また、インターネット技術を使用した社内など組織内の
ネットワークはイントラネット、複数のイントラネット間あるいはインターネットとイントラネット間を接続したネットワークをエクストラネットとも呼ぶ。
「インターネット」はネットワークまたはネットワークシステムを表す用語である。電子メールやウェブなどはインターネットのネットワークを
利用したサービスの一つである。インターネットにおいて一般的に利用される各種の技術や管理制度は、歴史的経緯から一般に公開されているものが多い。
インターネット上においては特定の集中した責任主体は存在しない。全体を1つの組織・ネットワークとして管理するのではなく、
接続している組織が各ネットワークを管理する建前となっている。事実上の管理主体(ICANN、IETFなど)はあるにしても、
それは接続している組織・ネットワークの総意として委任されていると言う建前になっている(国際的に中立的とされ、また一部は国際機関による管理もある)。
それはインターネット・プロトコルの開発においても同様であり、RFC(Request for Comments)に具体化される。ただし、ICANNは非営利団体ながらも
米商務省の傘下にあり、国際問題となっている。インターネット接続が難しかった時代には、UUCPによる研究機関・大学や一部の企業などの間での
メール・ネットニュースの交換が多く見られた。専用線が高価だったための苦肉の策であった。その後、接続コストの低下に加え、World Wide Web(WWW)の流行、
さらにパソコン向けOSのインターネット接続対応により、一般的ユーザへも爆発的な普及を見るに至った。 情報の伝達速度が飛躍的に向上したため、
物理的な距離と関係なく様々なコミュニティが形成され活動を行うようになった(IT革命,掲示板,SNS参照)。商用のインターネット利用についてはまだ歴史が浅く、
20世紀末期の概ね1980年代後半に入ってからである。1990年代末期までは、個人向け接続サービスの大半は低速なダイヤルアップ接続で、
従量制の課金が多くみられた。定額のブロードバンド接続サービスが低価格で提供され、爆発的に普及しはじめたのは2000年になってからであった。
同時期に携帯電話でもインターネットへの接続サービスが提供されるようになり、携帯電話でのインターネット接続も一般化する。しかし、セキュリティに
関する仕組みが現行のインターネットのプロトコルに組み込まれていないために、コンピュータウイルスの感染や不正アクセスなどの問題が後を絶たず、
アプリケーションレベルで様々な対策が行われている。最近ではセキュアなネットワークを目指した新しい仕組みを作る動きも見られる。
インターネット・プロトコル (IP) とは、インターネット上の通信に用いられる基本プロトコル(ネットワーク層(レイヤー))であり、
その上にトランスポート(転送)層、さらにその上にアプリケーション層のプロトコルを組み合わせて用いる。転送プロトコルにはTCPやUDPなどがあり、
アプリケーション・プロトコルにはWWWで用いられる HTTP、ネットニュースに用いられる NNTP、チャット(IRC)、ファイル転送(FTP)、ストリーミングなど
さまざまな利用方法に伴うプロトコルが存在する。これらのプロトコルの定義の多くは RFC として公開されている。インターネット・プロトコルは
狭義のインターネット (The Internet) だけに使われるプロトコルではない。例えばインターネット・プロトコルや周辺技術を、企業内等のローカル・エリア・
ネットワーク (LAN) 環境で応用したものはイントラネットと呼ばれる。また、イントラネットを相互接続したものはエクストラネットと呼ばれる。
IPにおいては、基本的に通信するコンピュータごとに(厳密には機器のインターフェイスごとに)唯一無二の「IPアドレス」と呼ばれる固有番号を
割り当てられることが通信時の前提となっており、IPを採用するインターネットにおいても、接続する各組織に対して固有のIPアドレスの領域(範囲)が
それぞれ割り当てられる。各組織はそれぞれに割り当てられたIPアドレス領域の中の固有の番号を、所有する各コンピュータに割り当てる。

355 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 05:09:04.44 ID:elTkLRPg0
成功報酬型広告(せいこうほうしゅうがたこうこく)、アフィリエイト・マーケティング、
アフィニティ・プログラム、アソシエイト・プログラム、アフィリエイト・プログラムとは、
特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに
設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、
生じた利益に応じて広告媒体に成功報酬を与える一連の形態をさす用語。単にアフィリエイト
(Affiliate)、縮めた形でアフィリ、アフィと呼ばれることが多い.。これらは、広告提供者が
アフィリエイト・プログラムを提供する広告企業であるアフィリエイト・サービス・プロバイダ
(以下、広告企業)に依頼して広告を出す場合と、eコマースやサイバーモールなどインターネット上で
商品やサービスを提供する企業ないし、それら電子商店のシステムを提供している企業そのものが
設置している広告形態の2種類に大別される。これらでは、広告掲載者を特定する識別子がURL中に
埋め込まれており、リンククリック時に識別子が広告企業に送信され記録される。
そうして実際に売上が出た際には広告掲載者に成功報酬が支払われる。
これら広告企業には大小さまざまな企業が存在するため列挙は割愛するが、
各々の広告リンク設置により成功報酬を望む側は、それら広告企業側と契約する形でバナー広告、
ブログパーツを設置、それぞれのリンクへと誘導する。
1996年7月頃、カクテルパーティーでAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスが、
ある女性に「自分のサイトで離婚に関する本を売りたいんだけど」
と持ちかけられたのをヒントにしたのがはじまりであるとされているが、
Amazon.com以前にCybereroticsというアダルトサイトがクリック報酬型のアフィリエイトを始めた
最初か初期のサイトの1つだというのが、広告関係者やアダルト業界のコンセンサスである。
アダルトサイトを除けば、1994年11月にBuyWebというプログラムを立ち上げたCDNOWが、
最初のクリックスルー方式のアフィリエイトを導入したウェブサイトである。
日本では2000年頃から比較コンテンツを作り情報としてアフィリエイト広告を見せ、
検索エンジンを導線とするといった現在の主流となっているアフィリエイトメディアの掲載手法が確立される。
アフィリエイトの母国である米国にはない手法が日本では広まったおかげで、
2004年以降アフィリエイト配信会社が複数社上場するといった世界では稀なほど
アクション報酬型のアフィリエイト広告が普及している。2004年頃から商品リンクと呼ばれる、
商品が掲載されているページやカテゴリに直接誘導できる広告リンクの登場により、
これまでの申し込み・相談・資料請求など(リード案件)と呼ぶからEC案件にも一気に
アフィリエイト広告が広がっていった。

356 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 05:10:03.20 ID:2spe7WKJ0
IPアドレスは数字の羅列で人間には分かり難いというデメリットがあり、一般には英数字を使用した名前(ドメイン名)をIPアドレスに対応させて用いる。
例えば、「ja.wikipedia.org」というドメイン名は「208.80.152.2」というIPアドレスに対応する。インターネットに参加する各組織
(研究機関、教育機関、企業、プロバイダ (ISP) 、協会・団体、政府機関その他)に対して、識別子として(広義の)ドメイン名が割り当てられており、
各組織は所有する各コンピュータに対してホスト名を割り当てる。ホスト名とドメイン名をドット (.) でつないだものが各コンピュータの固有名 (FQDN) となる。
本来接続先ホストにはIPアドレスを指定する必要があるが、(狭義の)ドメイン名とIPアドレスをDNSによって関連づけることにより、
IPアドレスに代わってドメイン名を指定することが可能となっている。しかし、現在主に使われている規格 (IPv4) のアドレスが枯渇しつつあるため
IPv6が開発されたが、対応にはネットワーク機器の更新が必要である上、IPv4とIPv6の機器間では直接通信ができない
(IPv6の機器はほぼIPv4にも対応しているのであまり問題にはならないが)。2011年2月現在、日本での完全な対応は一部のプロバイダや学術ネットワークに
とどまっているのが現状である。インターネットへのアクセス(接続)は、一般にはインターネット・プロトコル技術を搭載したインターネット端末を使用して、
インターネットサービスプロバイダ経由で接続する。また独自ネットワークやイントラネットから、ゲートウェイ等を経由して接続できる場合もある。
初期のインターネットでは、使用言語は英語、文字コードはASCII、文字はラテン文字で、接続デバイスは各種のコンピュータが大多数であった。
1990年以降のインターネットの世界的な普及により、現在では各種のコンピュータに加えて各種の携帯電話、ゲーム機、家電、産業機器などが
インターネット端末機能を持つようになった。接続形態も従来の有線やダイヤルアップ接続に加えて各種の無線通信が一般化した。インターネット上で
使用可能なサービスも、当初の電子メールやファイル転送などから、World Wide Web、インターネット電話、検索エンジン、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどに広がり、そのユーザインタフェースもグラフィカルユーザインタフェースやマルチメディア対応を含んだものも普及した。
またコンピューティングの利用形態としてSaaSやクラウドコンピューティングなどの表現や概念が普及する基盤ともなった。これらと平行して、
各種の国際化と地域化、多言語化、他のネットワークや技術との相互接続や相互運用性などが進んだ。
1960年、インターネットの前身ARPANETに直接影響を及ぼした概念であるJ・C・R・リックライダーのタイムシェアリングシステムが発表される。
1969年10月29日、UCLAとスタンフォード研究所 (SRI) 間で接続され、同年12月5日までにUCサンタバーバラ、ユタ大学が接続され4つのノードとなった。
1983年、ARPANETがプロトコルをそれまで利用していたNetwork Control ProgramからTCP/IPに切り替える。
1984年9月、村井純が慶應義塾大学と東京工業大学を接続。同年10月に東京大学が接続され、日本におけるインターネットの嚆矢となる。(JUNET)
1985年、アメリカの「全国科学財団」による学術研究用のネットワーク基盤NSFNetが作られ、インターネットのバックボーンの役割がARPANETからNSFNetへ移行する。
1988年、アメリカで商用インターネットが始まる。1989年、商用ネットワークとNSFNetとの接続が開始される。
1990年、スイスの素粒子物理学研究所・CERNの研究員であったティム・バーナーズ=リーは、当時上司だったロバート・カイリューらの協力により
World Wide Webシステムのための最初のサーバとブラウザを完成させる。
1994年7月、アメリカ・タイム誌で、「インターネットは核攻撃下でのコミュニケーションの生き残りを想定して開発された」という記事が掲載される。以降、ARPANETは
核戦争時のための軍事ネットであるという俗説が流布するようになる。一方、ARPANET立ち上げ時のIPTO責任者であったロバート・テイラーは、この記事に対して事実とは異なる旨、
正式な抗議をタイム誌に対して行った。
1995年には、NSFNetは民間へ移管され、Windows95の登場で一般の人にインターネットが急速に広まった。なお、Windows95の初期バージョンではインターネット関連の機能は
「Microsoft Plus!」による拡張機能とされていたが、OSR2以降は標準搭載されている。

357 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 05:10:04.91 ID:IwYF/ZrF0
アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とはアプリケーションソフト等のサービス(機能)を
ネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みの
ソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。ASPはアプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客にサービスとして
提供することであり、それを行っている事業者である。通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを
経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。
この「ASP」という用語自体は1998年ころから用いられるようになった比較的新しい用語ではあるが、こうしたサービス形態はそれ以前から
存在していた。コンピュータ(およびコンピュータ上で走るソフトウェア)を遠隔利用するというサービス形態自体は1960年代より
存在していたのである。もともと、業務上使用するコンピュータは、ほぼメインフレーム(大型計算機)しか存在しなかったと言えるような時代、
メインフレームではTSSをベースにしたユーティリティ・コンピュータ、VANなどの利用法があった。日本でも1970年代には、
企業・会計事務所・税務事務所など向けに科学技術計算・販売在庫管理処理・税務・会計計算処理などを提供する「(計算機)レンタルサービス」
「計算センター事業者」などと呼ばれるものが数多く存在した。高い時間単価を支払ってそうしたサービスを遠隔利用することが
一般的であった時代があったのである。しかしその後、外部業者の大型コンピュータのサービスをレンタルすることは避け、
自社に小さめコンピュータを導入するようになり、1990年代に入ると、メインフレームと比べてかなり小さくてかなり安価な
「ワークステーション」や「PC」などと呼ばれるコンピュータが登場し、企業ではそれらを導入してクライアント/サーバ方式で
社内で完結したシステムを(安価に)構築する方法が一般的となった。それが普通だと見なされる状況になったのである。その後、
1990年代半ばになると、米国で、業務の標準化やインターネット環境が整備(ADSLやFTTHなどの回線の高速化、および低価格化)
されるようになった状況を利用し、再びかつてのように、ネットワーク経由でサービスを提供する事業者が現れ、特定の企業のアプリケーションを
預かるようなホスティング事業者なども現れた。日本でも一歩遅れて2000年代より、同様のことが普及しはじめた。米国で1998年ごろからこうした事業者を
「ASP」と呼ぶことが行われるようになり、1999年5月には米国でASP Industry Consortiumという業界団体が設立されたのである。
類似用語には以下があるが、ASPを別の観点から呼んだものとも言える。ユーティリティコンピューティング - サービスを使用した量(従量制)で支払う。
SaaS - ソフトウェアをサービスの形で提供する。クラウドコンピューティング - 主にインターネットを経由してサービスを提供する。マルチテナント -
システム環境を複数で利用する。オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet財務会計給与計算
グループウェア営業管理、顧客管理、ICT資産管理 販売管理、在庫管理 コンピュータウイルスのチェック・除去ソフトネット風評監視サービス
(例・電通バズリサーチなど)上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
サービス利用者は、自社でシステム(ハードウェア)やソフトウェアを保有・管理することなく、利用することができる為、
管理コストの削減に繋がる。(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの
保守作業は事業者側が行う)。小規模な場合、サービス利用者はソフトウェアを購入するのに比べて費用が安いことがある。
サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。ソフトウェアのバージョンアップサービス利用者の認証
(利用権限の確認)利用状況の確認や分析不具合発生時の状況確認

358 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 06:09:03.00 ID:XbNPDlbJ0
サーバあるいはサーバー(英: server)は、コンピュータの分野では、本来はソフトウェアの用語であり、
クライアントサーバモデルにおいてクライアントからの要求に対して何らかのサービスを提供する役割を果たす側の
プログラムを指す言葉である。HTTP サーバ、IMAP サーバ、X-Window サーバなど規模や形態などは様々あり。
また、サーバーソフトウェアを稼動させているコンピュータ機器そのもののことも、サーバーと呼ぶ場合もある。
サーバとは、本来はコンピュータネットワークで使用される分散コンピューティング技術の1つである
クライアントサーバモデルでの用語である。サーバーはクライアントからの要求(リクエスト)に応じて、
何らかのサービス(処理)を提供する側のソフトウェアである。提供するサービスはサーバの種類によって異なり、
例えばファイルサーバであれば保管しているファイル(データ)の提供、プリントサーバであればプリンターへの印刷処理の提供、
ウェブサーバであればウェブページを構成するHTMLファイルや画像ファイルなどのデータの提供をするなど、さまざまである。
物理的にひとつのホスト・コンピュータの中には、例えばFTPサーバとウェブサーバなど、複数のサーバーが並存することもあるし、
サーバとクライアントとが並存することもありえる。しかし、業務用の比較的大型で信頼性を重視したシステムの場合、
ひとつサーバを稼動させるのに、物理的にひとつのホスト・コンピューターを専用に割り当てる場合が多いため、
ホスト・コンピュータそのものも「サーバ」と呼ぶこともある。当初は分散システム(日本ではオープンシステムとも呼ばれる)
のUNIX搭載サーバーやPCサーバーが主に「サーバコンピュータ」(サーバマシン、サーバ機)と呼ばれたが、1990年代には
メインフレームなどもサーバ用のオープン標準対応が進み、大型のコンピュータ全般を「サーバ」と呼ぶ場合もある。
サーバソフトウェアを稼働させることに特化したホストマシンとして販売されているハードウェアは、機種やモデルにもよるが、
個人向けコンピュータと比較して以下の特徴がある。ハイエンドのCPUを多数(1〜256コアなど)搭載できる他、高速なバス、周辺機器などを備える。
後述の可用性にも関連するが、業務により求められる24時間365日に近い連続稼働を実現するため、
計画停止および計画外停止の時間を最小化するための各種設計が行われている。
個々の部品の信頼性(設計・製造・検査、誤り検出訂正機能付のメインメモリなど)に加え、特定の部品で故障が発生した場合の可用性
(重要部品の冗長化、RAIDなど)や、部品の診断や交換が短時間または無停止で行える保守性(各種のログ機能、診断プログラム、ホットスワップなど)
を備える。内部のハードウェアを完全に二重化した専用サーバ(フォールトトレラントコンピュータ、一部のハイエンドサーバ)の他、
通常のサーバを複数使用してコンピュータ・クラスターを構成する場合も多い。またメーカー側は保守部品の長期保管や、
保守契約に応じて24時間365日の緊急出荷体制などを行っている。多数のサーバの稼働状況を遠隔地からも集中管理できる機能が、
ハードウェアおよびソフトウェアにて提供されている。管理はGUIツールの他、遠隔地でも軽くて履歴が残り手順書などに
再利用が容易なキャラクタユーザインタフェースが組み合わされる場合も多い。またネットワークや電話回線経由でメーカーへ
障害情報を自動通知できるものもある。特にデータセンタ用のモデルは、専用のラック、電源(200V、無停電電源装置など)、
空調などを必要とするものが多い。集積度が高いものは、発熱やファンの騒音が大きいものも多く、空冷の他に水冷を採用したサーバやラックもある。

359 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 07:05:02.57 ID:/5Ts9p2M0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

360 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 07:05:04.49 ID:+ve7zn+a0
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

361 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 07:06:04.80 ID:j9/PsUAs0
アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とはアプリケーションソフト等のサービス(機能)を
ネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みの
ソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。ASPはアプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客にサービスとして
提供することであり、それを行っている事業者である。通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを
経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。
この「ASP」という用語自体は1998年ころから用いられるようになった比較的新しい用語ではあるが、こうしたサービス形態はそれ以前から
存在していた。コンピュータ(およびコンピュータ上で走るソフトウェア)を遠隔利用するというサービス形態自体は1960年代より
存在していたのである。もともと、業務上使用するコンピュータは、ほぼメインフレーム(大型計算機)しか存在しなかったと言えるような時代、
メインフレームではTSSをベースにしたユーティリティ・コンピュータ、VANなどの利用法があった。日本でも1970年代には、
企業・会計事務所・税務事務所など向けに科学技術計算・販売在庫管理処理・税務・会計計算処理などを提供する「(計算機)レンタルサービス」
「計算センター事業者」などと呼ばれるものが数多く存在した。高い時間単価を支払ってそうしたサービスを遠隔利用することが
一般的であった時代があったのである。しかしその後、外部業者の大型コンピュータのサービスをレンタルすることは避け、
自社に小さめコンピュータを導入するようになり、1990年代に入ると、メインフレームと比べてかなり小さくてかなり安価な
「ワークステーション」や「PC」などと呼ばれるコンピュータが登場し、企業ではそれらを導入してクライアント/サーバ方式で
社内で完結したシステムを(安価に)構築する方法が一般的となった。それが普通だと見なされる状況になったのである。その後、
1990年代半ばになると、米国で、業務の標準化やインターネット環境が整備(ADSLやFTTHなどの回線の高速化、および低価格化)
されるようになった状況を利用し、再びかつてのように、ネットワーク経由でサービスを提供する事業者が現れ、特定の企業のアプリケーションを
預かるようなホスティング事業者なども現れた。日本でも一歩遅れて2000年代より、同様のことが普及しはじめた。米国で1998年ごろからこうした事業者を
「ASP」と呼ぶことが行われるようになり、1999年5月には米国でASP Industry Consortiumという業界団体が設立されたのである。
類似用語には以下があるが、ASPを別の観点から呼んだものとも言える。ユーティリティコンピューティング - サービスを使用した量(従量制)で支払う。
SaaS - ソフトウェアをサービスの形で提供する。クラウドコンピューティング - 主にインターネットを経由してサービスを提供する。マルチテナント -
システム環境を複数で利用する。オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet財務会計給与計算
グループウェア営業管理、顧客管理、ICT資産管理 販売管理、在庫管理 コンピュータウイルスのチェック・除去ソフトネット風評監視サービス
(例・電通バズリサーチなど)上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
サービス利用者は、自社でシステム(ハードウェア)やソフトウェアを保有・管理することなく、利用することができる為、
管理コストの削減に繋がる。(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの
保守作業は事業者側が行う)。小規模な場合、サービス利用者はソフトウェアを購入するのに比べて費用が安いことがある。
サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。ソフトウェアのバージョンアップサービス利用者の認証
(利用権限の確認)利用状況の確認や分析不具合発生時の状況確認

362 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 07:07:04.73 ID:odQVsy6z0
またこれとは別に基本的に無料で提供しているサービスに一部サービスに付加機能を加えた
有料サービスを提供して課金をするモデルもある。(例:mixiプレミアム)
ソーシャル・ネットワーキング・サービス内での広告収入や課金収入に頼るのではなく、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスをユーザーの集客や定着のツールとして捉え、
自社・他社問わず他のサイトに誘導、あるいは連動させることにより得られるシナジー効果
(相乗効果)を期待するモデル。ヤフー株式会社の井上雅博CEOが語るようにYahoo! Days
(ヤフー・デイズ)などの大手ポータルサイトが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービスは
このモデルを取り入れようとしている。また携帯端末向けソーシャル・ネットワーキング・サービスの
モバゲータウンはモバオク、ミュウモなどの外部の課金サービスに誘導することで収益をあげている。
なお、これら三つのモデルは、そのいずれかはそれぞれのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
中心となっているものの、例えば広告収入モデルはほぼすべてのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
取り入れられているように、ビジネスモデルを組み合わせていくのが一般的である。アメリカ、韓国では
広告収入以外にもEC事業(アバター、ホムピー)といった色々なビジネスモデルが構築されつつある。
例えばサイワールドなどは月10億円以上の利益を広告(20%)とEC(80%)により生み出している。
その一方で、限られた会員内とはいえ、個人情報の流出の懸念も一部であり、未成年者の利用を制限する動きもある。
(アメリカでは12歳以上なら利用が可能の為)
コンピュータ登場以前のソーシャルネットワーキング理論の起源としては、六次の隔たり理論などがある。
コンピュータネットワークによる新しい社会交流の形態は、コンピュータが開発された初期の頃から
その可能性が示唆されていた。コンピュータ通信によるソーシャルネットワーキングの試みは、
Usenet、ARPANET、LISTSERVやBBSなどを含む初期の多くのオンラインサービス上で行われた。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの前段階としての特徴は、AOL、ProdigyそしてCompuServeなどの
オンラインサービス上にも多く現れていた。ワールドワイドウェブ上の初期の
ソーシャル・ネットワーキング・サービスは、Theglobe.com (1994)、Geocities (1994) そしてTripod.com
(1995)のようなオンラインコミュニケーションの形態で始まった。これら初期のコミュニティの多くは、
チャットルームの他、使いやすいサイト開設ツールと自由で安価な場を提供することによって、
個人のウェブページを通して個人的な情報やアイデアを共有することに注力していた。Classmates.com
(クラスメーツ・ドット・コム)のようないくつかのコミュニティはEメールアドレスを公開して人々が
お互い結びつくような方法を取っていた。1990年代後半、ユーザーが友人のリストを管理し、
似たような関心を持つ他のユーザーを探せるようにするなど、ユーザープロフィールの編集が
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの中心的な特徴となっていった。

363 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 07:08:02.22 ID:0cgYP0ul0
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

364 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 07:09:02.97 ID:aQIG1Srf0
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

365 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 07:10:02.86 ID:9fh3AiD80
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

366 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 07:14:04.44 ID:YXPtNt1Y0
与沢と同じ業者の仕業かな
今更埋め立てても時既に遅し

367 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 07:46:01.37 ID:YXPtNt1Y0
FB上で与沢と打ち合わせて茶番を演じて炎上商法を展開するも
見事にダダ滑りw

既にオワコンだという自覚もない痛い奴だな

368 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 08:07:03.11 ID:S+QggWzN0
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

369 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 08:07:03.27 ID:WqWHFNus0
アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とはアプリケーションソフト等のサービス(機能)を
ネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みの
ソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。ASPはアプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客にサービスとして
提供することであり、それを行っている事業者である。通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを
経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。
この「ASP」という用語自体は1998年ころから用いられるようになった比較的新しい用語ではあるが、こうしたサービス形態はそれ以前から
存在していた。コンピュータ(およびコンピュータ上で走るソフトウェア)を遠隔利用するというサービス形態自体は1960年代より
存在していたのである。もともと、業務上使用するコンピュータは、ほぼメインフレーム(大型計算機)しか存在しなかったと言えるような時代、
メインフレームではTSSをベースにしたユーティリティ・コンピュータ、VANなどの利用法があった。日本でも1970年代には、
企業・会計事務所・税務事務所など向けに科学技術計算・販売在庫管理処理・税務・会計計算処理などを提供する「(計算機)レンタルサービス」
「計算センター事業者」などと呼ばれるものが数多く存在した。高い時間単価を支払ってそうしたサービスを遠隔利用することが
一般的であった時代があったのである。しかしその後、外部業者の大型コンピュータのサービスをレンタルすることは避け、
自社に小さめコンピュータを導入するようになり、1990年代に入ると、メインフレームと比べてかなり小さくてかなり安価な
「ワークステーション」や「PC」などと呼ばれるコンピュータが登場し、企業ではそれらを導入してクライアント/サーバ方式で
社内で完結したシステムを(安価に)構築する方法が一般的となった。それが普通だと見なされる状況になったのである。その後、
1990年代半ばになると、米国で、業務の標準化やインターネット環境が整備(ADSLやFTTHなどの回線の高速化、および低価格化)
されるようになった状況を利用し、再びかつてのように、ネットワーク経由でサービスを提供する事業者が現れ、特定の企業のアプリケーションを
預かるようなホスティング事業者なども現れた。日本でも一歩遅れて2000年代より、同様のことが普及しはじめた。米国で1998年ごろからこうした事業者を
「ASP」と呼ぶことが行われるようになり、1999年5月には米国でASP Industry Consortiumという業界団体が設立されたのである。
類似用語には以下があるが、ASPを別の観点から呼んだものとも言える。ユーティリティコンピューティング - サービスを使用した量(従量制)で支払う。
SaaS - ソフトウェアをサービスの形で提供する。クラウドコンピューティング - 主にインターネットを経由してサービスを提供する。マルチテナント -
システム環境を複数で利用する。オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet財務会計給与計算
グループウェア営業管理、顧客管理、ICT資産管理 販売管理、在庫管理 コンピュータウイルスのチェック・除去ソフトネット風評監視サービス
(例・電通バズリサーチなど)上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
サービス利用者は、自社でシステム(ハードウェア)やソフトウェアを保有・管理することなく、利用することができる為、
管理コストの削減に繋がる。(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの
保守作業は事業者側が行う)。小規模な場合、サービス利用者はソフトウェアを購入するのに比べて費用が安いことがある。
サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。ソフトウェアのバージョンアップサービス利用者の認証
(利用権限の確認)利用状況の確認や分析不具合発生時の状況確認

370 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 08:08:02.97 ID:x7ok2NFH0
ユーザーが友人を発見し管理できるような新しいソーシャル・ネットワーキング・サービスの
方法が開発されたことを契機に、多くのサイトがさらに進んだ機能の開発を行い始めた。
この新世代のソーシャル・ネットワーキング・サービスは、1997年から2001年まで運営され
ユーザーが100万人にまで達したSixDegrees.comの登場、そして2002年のFriendster(フレンドスター)の
登場により本格的に普及し、すぐにインターネットの主流の一角を占めるようになった。Friendsterに続いて、
2003年にはMySpaceとLinkedInが、そして2005年にはBeboが登場した。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの知名度の急速な高まりは、2005年の時点でMySpaceの
ページビューがGoogleを上回ったという事実が物語っている。2004年に始まったFacebookは
世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービスとなった。2008年には、様々なバラエティの
ソーシャルネットワーキングモデルが登場し、これらのモデルを使った200以上のサイトが
稼働していると報告されている。米最大級のソーシャル・ネットワーキング・サービス、
Myspaceは公式の発表によると米国の会員数だけで6000万人を記録しており、総ユーザー数は
1億2000万人と発表されている(2006年11月)。2006年には月に600万人のペースでユーザーを
増やし続けていた。マドンナ、U2、ビヨンセ、マライア・キャリーなど300万のアーティストが
参加しており、若者に人気が高い。尚、Myspaceは2006年11月に日本語版のベータ版を開設した。
市場調査会社の米Pew Research Centerは米国のインターネット利用者の65%が米Facebookや
米LinkedInのようなソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用しており、3年前
(2008年)の29%から2倍以上に増えたと公表した。(現地時間2011年8月26日公表)
韓国ではサイワールドが圧倒的な人気を誇っており、利用者は1800万人。単純計算ではあるものの
韓国の総人口の約3分の1が参加している事になる。2007年になりアメリカのSecond Lifeなど
仮想世界のソーシャル・ネットワーキング・サービスが急成長を見せている。
又、海外ではFriendsterからMyspaceのように閉鎖型から開放型へと
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの流れが徐々に変化しつつある。
2009年、2010年にはTwitterなどのミニブログサービスも世界的に広がっている。

371 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 08:09:04.63 ID:elTkLRPg0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

372 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 08:10:02.62 ID:2spe7WKJ0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

373 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 08:10:06.75 ID:IwYF/ZrF0
ユーザーが友人を発見し管理できるような新しいソーシャル・ネットワーキング・サービスの
方法が開発されたことを契機に、多くのサイトがさらに進んだ機能の開発を行い始めた。
この新世代のソーシャル・ネットワーキング・サービスは、1997年から2001年まで運営され
ユーザーが100万人にまで達したSixDegrees.comの登場、そして2002年のFriendster(フレンドスター)の
登場により本格的に普及し、すぐにインターネットの主流の一角を占めるようになった。Friendsterに続いて、
2003年にはMySpaceとLinkedInが、そして2005年にはBeboが登場した。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの知名度の急速な高まりは、2005年の時点でMySpaceの
ページビューがGoogleを上回ったという事実が物語っている。2004年に始まったFacebookは
世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービスとなった。2008年には、様々なバラエティの
ソーシャルネットワーキングモデルが登場し、これらのモデルを使った200以上のサイトが
稼働していると報告されている。米最大級のソーシャル・ネットワーキング・サービス、
Myspaceは公式の発表によると米国の会員数だけで6000万人を記録しており、総ユーザー数は
1億2000万人と発表されている(2006年11月)。2006年には月に600万人のペースでユーザーを
増やし続けていた。マドンナ、U2、ビヨンセ、マライア・キャリーなど300万のアーティストが
参加しており、若者に人気が高い。尚、Myspaceは2006年11月に日本語版のベータ版を開設した。
市場調査会社の米Pew Research Centerは米国のインターネット利用者の65%が米Facebookや
米LinkedInのようなソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用しており、3年前
(2008年)の29%から2倍以上に増えたと公表した。(現地時間2011年8月26日公表)
韓国ではサイワールドが圧倒的な人気を誇っており、利用者は1800万人。単純計算ではあるものの
韓国の総人口の約3分の1が参加している事になる。2007年になりアメリカのSecond Lifeなど
仮想世界のソーシャル・ネットワーキング・サービスが急成長を見せている。
又、海外ではFriendsterからMyspaceのように閉鎖型から開放型へと
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの流れが徐々に変化しつつある。
2009年、2010年にはTwitterなどのミニブログサービスも世界的に広がっている。

374 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 09:05:05.34 ID:RP+TdZ0a0
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

375 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 09:06:02.91 ID:7vV4kUuE0
インターネット(英: Internet)とは、インターネット・プロトコル技術を利用して相互接続によるコンピュータネットワークを指す語である。
「インターネット」の語の起源は一般名詞の「インターネットワーク」(internetwork)で、本来の意味は「ネットワーク間のネットワーク」や
「複数のネットワークを相互接続したネットワーク」であるが、通常は固有名詞として、ARPANETを前身とする特定の世界的規模のネットワークを指す。
特に日本語で「インターネット」と呼ぶ場合は、固有名詞の意味である場合が大半である。また、インターネット技術を使用した社内など組織内の
ネットワークはイントラネット、複数のイントラネット間あるいはインターネットとイントラネット間を接続したネットワークをエクストラネットとも呼ぶ。
「インターネット」はネットワークまたはネットワークシステムを表す用語である。電子メールやウェブなどはインターネットのネットワークを
利用したサービスの一つである。インターネットにおいて一般的に利用される各種の技術や管理制度は、歴史的経緯から一般に公開されているものが多い。
インターネット上においては特定の集中した責任主体は存在しない。全体を1つの組織・ネットワークとして管理するのではなく、
接続している組織が各ネットワークを管理する建前となっている。事実上の管理主体(ICANN、IETFなど)はあるにしても、
それは接続している組織・ネットワークの総意として委任されていると言う建前になっている(国際的に中立的とされ、また一部は国際機関による管理もある)。
それはインターネット・プロトコルの開発においても同様であり、RFC(Request for Comments)に具体化される。ただし、ICANNは非営利団体ながらも
米商務省の傘下にあり、国際問題となっている。インターネット接続が難しかった時代には、UUCPによる研究機関・大学や一部の企業などの間での
メール・ネットニュースの交換が多く見られた。専用線が高価だったための苦肉の策であった。その後、接続コストの低下に加え、World Wide Web(WWW)の流行、
さらにパソコン向けOSのインターネット接続対応により、一般的ユーザへも爆発的な普及を見るに至った。 情報の伝達速度が飛躍的に向上したため、
物理的な距離と関係なく様々なコミュニティが形成され活動を行うようになった(IT革命,掲示板,SNS参照)。商用のインターネット利用についてはまだ歴史が浅く、
20世紀末期の概ね1980年代後半に入ってからである。1990年代末期までは、個人向け接続サービスの大半は低速なダイヤルアップ接続で、
従量制の課金が多くみられた。定額のブロードバンド接続サービスが低価格で提供され、爆発的に普及しはじめたのは2000年になってからであった。
同時期に携帯電話でもインターネットへの接続サービスが提供されるようになり、携帯電話でのインターネット接続も一般化する。しかし、セキュリティに
関する仕組みが現行のインターネットのプロトコルに組み込まれていないために、コンピュータウイルスの感染や不正アクセスなどの問題が後を絶たず、
アプリケーションレベルで様々な対策が行われている。最近ではセキュアなネットワークを目指した新しい仕組みを作る動きも見られる。
インターネット・プロトコル (IP) とは、インターネット上の通信に用いられる基本プロトコル(ネットワーク層(レイヤー))であり、
その上にトランスポート(転送)層、さらにその上にアプリケーション層のプロトコルを組み合わせて用いる。転送プロトコルにはTCPやUDPなどがあり、
アプリケーション・プロトコルにはWWWで用いられる HTTP、ネットニュースに用いられる NNTP、チャット(IRC)、ファイル転送(FTP)、ストリーミングなど
さまざまな利用方法に伴うプロトコルが存在する。これらのプロトコルの定義の多くは RFC として公開されている。インターネット・プロトコルは
狭義のインターネット (The Internet) だけに使われるプロトコルではない。例えばインターネット・プロトコルや周辺技術を、企業内等のローカル・エリア・
ネットワーク (LAN) 環境で応用したものはイントラネットと呼ばれる。また、イントラネットを相互接続したものはエクストラネットと呼ばれる。
IPにおいては、基本的に通信するコンピュータごとに(厳密には機器のインターフェイスごとに)唯一無二の「IPアドレス」と呼ばれる固有番号を
割り当てられることが通信時の前提となっており、IPを採用するインターネットにおいても、接続する各組織に対して固有のIPアドレスの領域(範囲)が
それぞれ割り当てられる。各組織はそれぞれに割り当てられたIPアドレス領域の中の固有の番号を、所有する各コンピュータに割り当てる。

376 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 09:06:03.04 ID:ZXo6RxE90
クリック報酬型広告(クリックほうしゅうがたこうこく、英語: pay per click, PPC)とは、特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、
ある広告媒体のウェブサイトに設置された広告をウェブサイトの閲覧者がクリックすることによって広告主が報酬を与えたり、広告掲載側が報酬を
得たりする一連の形態をさす用語。クリック報酬型広告はクリックした時点で報酬が発生する。広告の内容に興味を持った人を誘導できるという
利点があり、検索連動型広告とコンテンツ連動型広告のほとんどがクリック報酬型広告である。現在のクリック報酬型広告は、多様である。
検索連動型広告(けんさくれんどうがたこうこく)とは、インターネット広告の一種で、検索エンジンで一般ユーザーが検索したキーワードに
関連した広告を検索結果画面に表示する広告(テキスト形式)である(サーチエンジンマーケティング)。「検索キーワード連動型広告」、
「検索広告」、「リスティング広告」、またはクリック毎に広告主(クライアント)の費用が課金されること(クリック課金(PPC:Pay Per Click))
から「P4P(Pay for Performance)」などとも呼ばれる。Yahoo!に買収された有料リスティングサービス専業企業・米国Overtureの「スポンサードサーチ」
やGoogleの「AdWords(アドワーズ)」が有名である。コンテンツ連動型広告(コンテンツれんどうがたこうこく)とはインターネット広告の広告掲載手法。
サービス運営会社が発行する広告タグを掲載することでそのウェブサイト内にどんなキーワードがあるのか、またどんなキーワードが好ましいのかを自動抽出する。
そのサイトにあった広告を掲出する事でユーザーの嗜好とメディアの指向とがマッチングした広告となる。行動ターゲティング広告を併用している場合もある。
インターネット広告を牽引する検索連動型広告と同様に顕著に成長している広告手法である。行動ターゲティング広告(こうどうターゲティングこうこく)とは、
広告の対象となる顧客の行動履歴を元に、顧客の興味関心を推測し、ターゲットを絞ってインターネット広告配信を行う手法。例えば、旅行関連のページを
最近訪れたことがあったり、航空会社の広告をクリックしたことがあるユーザーは、「旅行」というジャンルに興味関心があると判定し、
「旅行」関連の広告を配信するといったもの。ここでいう「行動」は、ページの閲覧、広告のクリック、検索のキーワードなどを指し、
広告の配信を行う媒体・事業者によって定義は異なる。コンテンツ連動型広告を併用している場合が多い。行動ターゲッティング広告は、
追跡型広告(ついせきがたこうこく)やリターゲティング広告とも呼ばれる。クリック詐欺 (Click fraud) とは、クリック報酬型広告を
不正にクリックすることで広告料を騙し取る、あるいは他者に広告費支出を強いる行為を指す。実際に広告効果がないにもかかわらず
広告費だけが増大するため、インターネットマーケティングに対する脅威となっている。クリック報酬型広告は、広告がクリックされることで
広告料が発生する。そのため、広告を設置した者が自ら広告をクリックし、報酬を騙し取ろうとすることが行われる。また、競合企業の広告を
大量にクリックすることで、その企業の広告費を増加させ、間接的に損害を与えるといった事も行われている。これらの行為に対し、
広告サービスを提供する側は不正なクリックをフィルタリングで除外している。一方で詐欺を行う者は、安い労働力を使った人海戦術を用いたり、
ボットネットを利用したりして正当なクリックに見せようとする。インターネット犯罪対策企業の Click Forensics によれば、
クリック報酬型広告を出稿している企業の広告費のうち、約30%がボットネットの不正クリックによるものだとしている。また、広告サービス提供者が、
不当に広告費を払わされたとして広告主から提訴される事態も発生している。

377 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 09:08:04.30 ID:978Fms+v0
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

378 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 09:09:03.11 ID:XbNPDlbJ0
アフィリエイト稼業の実態
「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人に
アンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たない
ケースが多数で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎない実態が浮き彫りになった。なお、
2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中〜上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、
月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%となっており、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が
二極化しているともいえる状況である。アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬とアクション報酬の2つがあり、
クリック報酬は、バナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、
アクション報酬では、広告出稿者が任意に成果地点を設定できる。アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方で
いくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう
恐れが大きい。販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促す
インセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体が
ブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などがあった場合にもその取締りは困難である。
このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドラインを出し、適切なアフィリエイトプログラムの
運用を呼びかけている。検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を
表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く
仕組みを構築している。プログラムにより作られた内容に意味のない文章だけのブログもあり、それらは「スパムブログ」、または
「スプログ」などと呼ばれている。このスプログは、制作を簡易にするツールが販売されており、1ユーザで幾重ものスプログが
作られるようになり、物量で収入を稼ぐ悪質なケースに陥っている。検索エンジンサイト・グーグルでは、アフィリエイトを行っている
からといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のないスパムブログ等は検索エンジンに
インデックスしないと公式に表明している。情報商材を中心に広告主と呼ばれる広告出稿側の不正が存在し、具体的な広告掲載側の
不正行為として、以下のようなケースが挙げられる。商品、サービスが成約したにもかかわらず、基準が満たされないなどの理由で
報酬としてカウントされない、報酬として認められる基準が高すぎる、あるいは明記されていないケースもある。報酬として
カウントされたあと、その報酬が支払われない。また、アフィリエイトバナーの中にはコンピュータが危険な状態であるとの虚偽の
メッセージを表示して詐欺的ソフトウェアを押し売るといった問題も発生しており、高額な報酬や豪華な景品を出して広告掲載者を
募っていたケースもあるという。また、いわゆる情報商材の中には現実的ではない方法論や、支払った金額に見合わない幼稚な内容、
他者の著作物の丸写し、あからさまに内容に難があるような方法論すらやり取りされているが、こういった詐欺的な内容では、
「引っかかった側」が損失分を取り戻そうと更にその情報商材の拡散に加担する場合もあり、アフィリエイトを通じて被害の拡大も
懸念されている。

379 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 10:05:05.12 ID:+ve7zn+a0
IPアドレスは数字の羅列で人間には分かり難いというデメリットがあり、一般には英数字を使用した名前(ドメイン名)をIPアドレスに対応させて用いる。
例えば、「ja.wikipedia.org」というドメイン名は「208.80.152.2」というIPアドレスに対応する。インターネットに参加する各組織
(研究機関、教育機関、企業、プロバイダ (ISP) 、協会・団体、政府機関その他)に対して、識別子として(広義の)ドメイン名が割り当てられており、
各組織は所有する各コンピュータに対してホスト名を割り当てる。ホスト名とドメイン名をドット (.) でつないだものが各コンピュータの固有名 (FQDN) となる。
本来接続先ホストにはIPアドレスを指定する必要があるが、(狭義の)ドメイン名とIPアドレスをDNSによって関連づけることにより、
IPアドレスに代わってドメイン名を指定することが可能となっている。しかし、現在主に使われている規格 (IPv4) のアドレスが枯渇しつつあるため
IPv6が開発されたが、対応にはネットワーク機器の更新が必要である上、IPv4とIPv6の機器間では直接通信ができない
(IPv6の機器はほぼIPv4にも対応しているのであまり問題にはならないが)。2011年2月現在、日本での完全な対応は一部のプロバイダや学術ネットワークに
とどまっているのが現状である。インターネットへのアクセス(接続)は、一般にはインターネット・プロトコル技術を搭載したインターネット端末を使用して、
インターネットサービスプロバイダ経由で接続する。また独自ネットワークやイントラネットから、ゲートウェイ等を経由して接続できる場合もある。
初期のインターネットでは、使用言語は英語、文字コードはASCII、文字はラテン文字で、接続デバイスは各種のコンピュータが大多数であった。
1990年以降のインターネットの世界的な普及により、現在では各種のコンピュータに加えて各種の携帯電話、ゲーム機、家電、産業機器などが
インターネット端末機能を持つようになった。接続形態も従来の有線やダイヤルアップ接続に加えて各種の無線通信が一般化した。インターネット上で
使用可能なサービスも、当初の電子メールやファイル転送などから、World Wide Web、インターネット電話、検索エンジン、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどに広がり、そのユーザインタフェースもグラフィカルユーザインタフェースやマルチメディア対応を含んだものも普及した。
またコンピューティングの利用形態としてSaaSやクラウドコンピューティングなどの表現や概念が普及する基盤ともなった。これらと平行して、
各種の国際化と地域化、多言語化、他のネットワークや技術との相互接続や相互運用性などが進んだ。
1960年、インターネットの前身ARPANETに直接影響を及ぼした概念であるJ・C・R・リックライダーのタイムシェアリングシステムが発表される。
1969年10月29日、UCLAとスタンフォード研究所 (SRI) 間で接続され、同年12月5日までにUCサンタバーバラ、ユタ大学が接続され4つのノードとなった。
1983年、ARPANETがプロトコルをそれまで利用していたNetwork Control ProgramからTCP/IPに切り替える。
1984年9月、村井純が慶應義塾大学と東京工業大学を接続。同年10月に東京大学が接続され、日本におけるインターネットの嚆矢となる。(JUNET)
1985年、アメリカの「全国科学財団」による学術研究用のネットワーク基盤NSFNetが作られ、インターネットのバックボーンの役割がARPANETからNSFNetへ移行する。
1988年、アメリカで商用インターネットが始まる。1989年、商用ネットワークとNSFNetとの接続が開始される。
1990年、スイスの素粒子物理学研究所・CERNの研究員であったティム・バーナーズ=リーは、当時上司だったロバート・カイリューらの協力により
World Wide Webシステムのための最初のサーバとブラウザを完成させる。
1994年7月、アメリカ・タイム誌で、「インターネットは核攻撃下でのコミュニケーションの生き残りを想定して開発された」という記事が掲載される。以降、ARPANETは
核戦争時のための軍事ネットであるという俗説が流布するようになる。一方、ARPANET立ち上げ時のIPTO責任者であったロバート・テイラーは、この記事に対して事実とは異なる旨、
正式な抗議をタイム誌に対して行った。
1995年には、NSFNetは民間へ移管され、Windows95の登場で一般の人にインターネットが急速に広まった。なお、Windows95の初期バージョンではインターネット関連の機能は
「Microsoft Plus!」による拡張機能とされていたが、OSR2以降は標準搭載されている。

380 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 10:06:04.38 ID:j9/PsUAs0
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

381 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 10:07:04.46 ID:odQVsy6z0
成功報酬型広告(せいこうほうしゅうがたこうこく)、アフィリエイト・マーケティング、
アフィニティ・プログラム、アソシエイト・プログラム、アフィリエイト・プログラムとは、
特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに
設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、
生じた利益に応じて広告媒体に成功報酬を与える一連の形態をさす用語。単にアフィリエイト
(Affiliate)、縮めた形でアフィリ、アフィと呼ばれることが多い.。これらは、広告提供者が
アフィリエイト・プログラムを提供する広告企業であるアフィリエイト・サービス・プロバイダ
(以下、広告企業)に依頼して広告を出す場合と、eコマースやサイバーモールなどインターネット上で
商品やサービスを提供する企業ないし、それら電子商店のシステムを提供している企業そのものが
設置している広告形態の2種類に大別される。これらでは、広告掲載者を特定する識別子がURL中に
埋め込まれており、リンククリック時に識別子が広告企業に送信され記録される。
そうして実際に売上が出た際には広告掲載者に成功報酬が支払われる。
これら広告企業には大小さまざまな企業が存在するため列挙は割愛するが、
各々の広告リンク設置により成功報酬を望む側は、それら広告企業側と契約する形でバナー広告、
ブログパーツを設置、それぞれのリンクへと誘導する。
1996年7月頃、カクテルパーティーでAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスが、
ある女性に「自分のサイトで離婚に関する本を売りたいんだけど」
と持ちかけられたのをヒントにしたのがはじまりであるとされているが、
Amazon.com以前にCybereroticsというアダルトサイトがクリック報酬型のアフィリエイトを始めた
最初か初期のサイトの1つだというのが、広告関係者やアダルト業界のコンセンサスである。
アダルトサイトを除けば、1994年11月にBuyWebというプログラムを立ち上げたCDNOWが、
最初のクリックスルー方式のアフィリエイトを導入したウェブサイトである。
日本では2000年頃から比較コンテンツを作り情報としてアフィリエイト広告を見せ、
検索エンジンを導線とするといった現在の主流となっているアフィリエイトメディアの掲載手法が確立される。
アフィリエイトの母国である米国にはない手法が日本では広まったおかげで、
2004年以降アフィリエイト配信会社が複数社上場するといった世界では稀なほど
アクション報酬型のアフィリエイト広告が普及している。2004年頃から商品リンクと呼ばれる、
商品が掲載されているページやカテゴリに直接誘導できる広告リンクの登場により、
これまでの申し込み・相談・資料請求など(リード案件)と呼ぶからEC案件にも一気に
アフィリエイト広告が広がっていった。

382 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 10:09:02.92 ID:aQIG1Srf0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

383 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 10:10:02.86 ID:9fh3AiD80
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

384 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 11:05:02.46 ID:/5Ts9p2M0
アフィリエイト稼業の実態
「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人に
アンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たない
ケースが多数で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎない実態が浮き彫りになった。なお、
2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中〜上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、
月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%となっており、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が
二極化しているともいえる状況である。アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬とアクション報酬の2つがあり、
クリック報酬は、バナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、
アクション報酬では、広告出稿者が任意に成果地点を設定できる。アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方で
いくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう
恐れが大きい。販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促す
インセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体が
ブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などがあった場合にもその取締りは困難である。
このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドラインを出し、適切なアフィリエイトプログラムの
運用を呼びかけている。検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を
表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く
仕組みを構築している。プログラムにより作られた内容に意味のない文章だけのブログもあり、それらは「スパムブログ」、または
「スプログ」などと呼ばれている。このスプログは、制作を簡易にするツールが販売されており、1ユーザで幾重ものスプログが
作られるようになり、物量で収入を稼ぐ悪質なケースに陥っている。検索エンジンサイト・グーグルでは、アフィリエイトを行っている
からといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のないスパムブログ等は検索エンジンに
インデックスしないと公式に表明している。情報商材を中心に広告主と呼ばれる広告出稿側の不正が存在し、具体的な広告掲載側の
不正行為として、以下のようなケースが挙げられる。商品、サービスが成約したにもかかわらず、基準が満たされないなどの理由で
報酬としてカウントされない、報酬として認められる基準が高すぎる、あるいは明記されていないケースもある。報酬として
カウントされたあと、その報酬が支払われない。また、アフィリエイトバナーの中にはコンピュータが危険な状態であるとの虚偽の
メッセージを表示して詐欺的ソフトウェアを押し売るといった問題も発生しており、高額な報酬や豪華な景品を出して広告掲載者を
募っていたケースもあるという。また、いわゆる情報商材の中には現実的ではない方法論や、支払った金額に見合わない幼稚な内容、
他者の著作物の丸写し、あからさまに内容に難があるような方法論すらやり取りされているが、こういった詐欺的な内容では、
「引っかかった側」が損失分を取り戻そうと更にその情報商材の拡散に加担する場合もあり、アフィリエイトを通じて被害の拡大も
懸念されている。

385 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 11:07:03.05 ID:WqWHFNus0
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

386 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 11:07:03.24 ID:S+QggWzN0
インターネット(英: Internet)とは、インターネット・プロトコル技術を利用して相互接続によるコンピュータネットワークを指す語である。
「インターネット」の語の起源は一般名詞の「インターネットワーク」(internetwork)で、本来の意味は「ネットワーク間のネットワーク」や
「複数のネットワークを相互接続したネットワーク」であるが、通常は固有名詞として、ARPANETを前身とする特定の世界的規模のネットワークを指す。
特に日本語で「インターネット」と呼ぶ場合は、固有名詞の意味である場合が大半である。また、インターネット技術を使用した社内など組織内の
ネットワークはイントラネット、複数のイントラネット間あるいはインターネットとイントラネット間を接続したネットワークをエクストラネットとも呼ぶ。
「インターネット」はネットワークまたはネットワークシステムを表す用語である。電子メールやウェブなどはインターネットのネットワークを
利用したサービスの一つである。インターネットにおいて一般的に利用される各種の技術や管理制度は、歴史的経緯から一般に公開されているものが多い。
インターネット上においては特定の集中した責任主体は存在しない。全体を1つの組織・ネットワークとして管理するのではなく、
接続している組織が各ネットワークを管理する建前となっている。事実上の管理主体(ICANN、IETFなど)はあるにしても、
それは接続している組織・ネットワークの総意として委任されていると言う建前になっている(国際的に中立的とされ、また一部は国際機関による管理もある)。
それはインターネット・プロトコルの開発においても同様であり、RFC(Request for Comments)に具体化される。ただし、ICANNは非営利団体ながらも
米商務省の傘下にあり、国際問題となっている。インターネット接続が難しかった時代には、UUCPによる研究機関・大学や一部の企業などの間での
メール・ネットニュースの交換が多く見られた。専用線が高価だったための苦肉の策であった。その後、接続コストの低下に加え、World Wide Web(WWW)の流行、
さらにパソコン向けOSのインターネット接続対応により、一般的ユーザへも爆発的な普及を見るに至った。 情報の伝達速度が飛躍的に向上したため、
物理的な距離と関係なく様々なコミュニティが形成され活動を行うようになった(IT革命,掲示板,SNS参照)。商用のインターネット利用についてはまだ歴史が浅く、
20世紀末期の概ね1980年代後半に入ってからである。1990年代末期までは、個人向け接続サービスの大半は低速なダイヤルアップ接続で、
従量制の課金が多くみられた。定額のブロードバンド接続サービスが低価格で提供され、爆発的に普及しはじめたのは2000年になってからであった。
同時期に携帯電話でもインターネットへの接続サービスが提供されるようになり、携帯電話でのインターネット接続も一般化する。しかし、セキュリティに
関する仕組みが現行のインターネットのプロトコルに組み込まれていないために、コンピュータウイルスの感染や不正アクセスなどの問題が後を絶たず、
アプリケーションレベルで様々な対策が行われている。最近ではセキュアなネットワークを目指した新しい仕組みを作る動きも見られる。
インターネット・プロトコル (IP) とは、インターネット上の通信に用いられる基本プロトコル(ネットワーク層(レイヤー))であり、
その上にトランスポート(転送)層、さらにその上にアプリケーション層のプロトコルを組み合わせて用いる。転送プロトコルにはTCPやUDPなどがあり、
アプリケーション・プロトコルにはWWWで用いられる HTTP、ネットニュースに用いられる NNTP、チャット(IRC)、ファイル転送(FTP)、ストリーミングなど
さまざまな利用方法に伴うプロトコルが存在する。これらのプロトコルの定義の多くは RFC として公開されている。インターネット・プロトコルは
狭義のインターネット (The Internet) だけに使われるプロトコルではない。例えばインターネット・プロトコルや周辺技術を、企業内等のローカル・エリア・
ネットワーク (LAN) 環境で応用したものはイントラネットと呼ばれる。また、イントラネットを相互接続したものはエクストラネットと呼ばれる。
IPにおいては、基本的に通信するコンピュータごとに(厳密には機器のインターフェイスごとに)唯一無二の「IPアドレス」と呼ばれる固有番号を
割り当てられることが通信時の前提となっており、IPを採用するインターネットにおいても、接続する各組織に対して固有のIPアドレスの領域(範囲)が
それぞれ割り当てられる。各組織はそれぞれに割り当てられたIPアドレス領域の中の固有の番号を、所有する各コンピュータに割り当てる。

387 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 11:08:03.01 ID:0cgYP0ul0
サーバあるいはサーバー(英: server)は、コンピュータの分野では、本来はソフトウェアの用語であり、
クライアントサーバモデルにおいてクライアントからの要求に対して何らかのサービスを提供する役割を果たす側の
プログラムを指す言葉である。HTTP サーバ、IMAP サーバ、X-Window サーバなど規模や形態などは様々あり。
また、サーバーソフトウェアを稼動させているコンピュータ機器そのもののことも、サーバーと呼ぶ場合もある。
サーバとは、本来はコンピュータネットワークで使用される分散コンピューティング技術の1つである
クライアントサーバモデルでの用語である。サーバーはクライアントからの要求(リクエスト)に応じて、
何らかのサービス(処理)を提供する側のソフトウェアである。提供するサービスはサーバの種類によって異なり、
例えばファイルサーバであれば保管しているファイル(データ)の提供、プリントサーバであればプリンターへの印刷処理の提供、
ウェブサーバであればウェブページを構成するHTMLファイルや画像ファイルなどのデータの提供をするなど、さまざまである。
物理的にひとつのホスト・コンピュータの中には、例えばFTPサーバとウェブサーバなど、複数のサーバーが並存することもあるし、
サーバとクライアントとが並存することもありえる。しかし、業務用の比較的大型で信頼性を重視したシステムの場合、
ひとつサーバを稼動させるのに、物理的にひとつのホスト・コンピューターを専用に割り当てる場合が多いため、
ホスト・コンピュータそのものも「サーバ」と呼ぶこともある。当初は分散システム(日本ではオープンシステムとも呼ばれる)
のUNIX搭載サーバーやPCサーバーが主に「サーバコンピュータ」(サーバマシン、サーバ機)と呼ばれたが、1990年代には
メインフレームなどもサーバ用のオープン標準対応が進み、大型のコンピュータ全般を「サーバ」と呼ぶ場合もある。
サーバソフトウェアを稼働させることに特化したホストマシンとして販売されているハードウェアは、機種やモデルにもよるが、
個人向けコンピュータと比較して以下の特徴がある。ハイエンドのCPUを多数(1〜256コアなど)搭載できる他、高速なバス、周辺機器などを備える。
後述の可用性にも関連するが、業務により求められる24時間365日に近い連続稼働を実現するため、
計画停止および計画外停止の時間を最小化するための各種設計が行われている。
個々の部品の信頼性(設計・製造・検査、誤り検出訂正機能付のメインメモリなど)に加え、特定の部品で故障が発生した場合の可用性
(重要部品の冗長化、RAIDなど)や、部品の診断や交換が短時間または無停止で行える保守性(各種のログ機能、診断プログラム、ホットスワップなど)
を備える。内部のハードウェアを完全に二重化した専用サーバ(フォールトトレラントコンピュータ、一部のハイエンドサーバ)の他、
通常のサーバを複数使用してコンピュータ・クラスターを構成する場合も多い。またメーカー側は保守部品の長期保管や、
保守契約に応じて24時間365日の緊急出荷体制などを行っている。多数のサーバの稼働状況を遠隔地からも集中管理できる機能が、
ハードウェアおよびソフトウェアにて提供されている。管理はGUIツールの他、遠隔地でも軽くて履歴が残り手順書などに
再利用が容易なキャラクタユーザインタフェースが組み合わされる場合も多い。またネットワークや電話回線経由でメーカーへ
障害情報を自動通知できるものもある。特にデータセンタ用のモデルは、専用のラック、電源(200V、無停電電源装置など)、
空調などを必要とするものが多い。集積度が高いものは、発熱やファンの騒音が大きいものも多く、空冷の他に水冷を採用したサーバやラックもある。

388 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 11:08:03.08 ID:x7ok2NFH0
インターネット(英: Internet)とは、インターネット・プロトコル技術を利用して相互接続によるコンピュータネットワークを指す語である。
「インターネット」の語の起源は一般名詞の「インターネットワーク」(internetwork)で、本来の意味は「ネットワーク間のネットワーク」や
「複数のネットワークを相互接続したネットワーク」であるが、通常は固有名詞として、ARPANETを前身とする特定の世界的規模のネットワークを指す。
特に日本語で「インターネット」と呼ぶ場合は、固有名詞の意味である場合が大半である。また、インターネット技術を使用した社内など組織内の
ネットワークはイントラネット、複数のイントラネット間あるいはインターネットとイントラネット間を接続したネットワークをエクストラネットとも呼ぶ。
「インターネット」はネットワークまたはネットワークシステムを表す用語である。電子メールやウェブなどはインターネットのネットワークを
利用したサービスの一つである。インターネットにおいて一般的に利用される各種の技術や管理制度は、歴史的経緯から一般に公開されているものが多い。
インターネット上においては特定の集中した責任主体は存在しない。全体を1つの組織・ネットワークとして管理するのではなく、
接続している組織が各ネットワークを管理する建前となっている。事実上の管理主体(ICANN、IETFなど)はあるにしても、
それは接続している組織・ネットワークの総意として委任されていると言う建前になっている(国際的に中立的とされ、また一部は国際機関による管理もある)。
それはインターネット・プロトコルの開発においても同様であり、RFC(Request for Comments)に具体化される。ただし、ICANNは非営利団体ながらも
米商務省の傘下にあり、国際問題となっている。インターネット接続が難しかった時代には、UUCPによる研究機関・大学や一部の企業などの間での
メール・ネットニュースの交換が多く見られた。専用線が高価だったための苦肉の策であった。その後、接続コストの低下に加え、World Wide Web(WWW)の流行、
さらにパソコン向けOSのインターネット接続対応により、一般的ユーザへも爆発的な普及を見るに至った。 情報の伝達速度が飛躍的に向上したため、
物理的な距離と関係なく様々なコミュニティが形成され活動を行うようになった(IT革命,掲示板,SNS参照)。商用のインターネット利用についてはまだ歴史が浅く、
20世紀末期の概ね1980年代後半に入ってからである。1990年代末期までは、個人向け接続サービスの大半は低速なダイヤルアップ接続で、
従量制の課金が多くみられた。定額のブロードバンド接続サービスが低価格で提供され、爆発的に普及しはじめたのは2000年になってからであった。
同時期に携帯電話でもインターネットへの接続サービスが提供されるようになり、携帯電話でのインターネット接続も一般化する。しかし、セキュリティに
関する仕組みが現行のインターネットのプロトコルに組み込まれていないために、コンピュータウイルスの感染や不正アクセスなどの問題が後を絶たず、
アプリケーションレベルで様々な対策が行われている。最近ではセキュアなネットワークを目指した新しい仕組みを作る動きも見られる。
インターネット・プロトコル (IP) とは、インターネット上の通信に用いられる基本プロトコル(ネットワーク層(レイヤー))であり、
その上にトランスポート(転送)層、さらにその上にアプリケーション層のプロトコルを組み合わせて用いる。転送プロトコルにはTCPやUDPなどがあり、
アプリケーション・プロトコルにはWWWで用いられる HTTP、ネットニュースに用いられる NNTP、チャット(IRC)、ファイル転送(FTP)、ストリーミングなど
さまざまな利用方法に伴うプロトコルが存在する。これらのプロトコルの定義の多くは RFC として公開されている。インターネット・プロトコルは
狭義のインターネット (The Internet) だけに使われるプロトコルではない。例えばインターネット・プロトコルや周辺技術を、企業内等のローカル・エリア・
ネットワーク (LAN) 環境で応用したものはイントラネットと呼ばれる。また、イントラネットを相互接続したものはエクストラネットと呼ばれる。
IPにおいては、基本的に通信するコンピュータごとに(厳密には機器のインターフェイスごとに)唯一無二の「IPアドレス」と呼ばれる固有番号を
割り当てられることが通信時の前提となっており、IPを採用するインターネットにおいても、接続する各組織に対して固有のIPアドレスの領域(範囲)が
それぞれ割り当てられる。各組織はそれぞれに割り当てられたIPアドレス領域の中の固有の番号を、所有する各コンピュータに割り当てる。

389 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 11:09:05.50 ID:elTkLRPg0
インターネット広告(インターネットこうこく、英語: Online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)
やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。
「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。広義では、企業の自社ウェブサイトも広告活動として利用するため、
自社ウェブサイトも含め「インターネット広告」とする考え方もあるが、インターネットを使った広告ビジネスが確立した現在では、
広義の意味で使用されることは少ない。インターネット広告の特徴は、ターゲティング性とインタラクティブ性の2点である。ターゲティング性とは、
ユーザーの年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることができる点を指す。
インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーが能動的にアクションすることによって従来のマスメディアではできなかった
深いコミュニケーションが取れる点を指す。インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができる。形状による分類では、
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告などに分かれる。リッチメディア広告は、フローティング広告、
エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告などを含む。配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限する
デモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、
検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに
分けることができる。課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数による
インプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができる。
2008年のインターネット広告費(媒体費 制作費)は、6,983億円(媒体費:5,373億円、制作費:1,610億円)である。4大マスメディアの市場成長率は、
マイナス(テレビは4%減、新聞は13%減、雑誌は11%減、ラジオは7%減)だったが、インターネット広告は、前年比16%増の成長をしている。これは、
2006年頃からテレビCMや新聞・雑誌広告などに「続きはウェブで」「○○を検索」などと付け加えることでインターネットの利用を促すものが
増えたことが理由として挙げられる。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はGoogleの提供している検索連動型およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称である。
AdSenseは、Googleが広告ネットワークに対して提供する配信サービスの総称であり、その形態は多岐にわたる。コンテンツ向けAdSenseは
所有するWebサイト(ブログでも可)にGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が
得られる仕組みである。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである。
例えば、ゴルフ関連のサイトなら、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、
まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある。 日本では2003年12月一般向けに募集を開始したことで
ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、
RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSenseなどがある。初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば
誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。
アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。一時期は、小切手のみであったが、
その後、銀行振り込みによる受領が可能となった。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。
2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている。

390 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 11:10:03.83 ID:2spe7WKJ0
サーバあるいはサーバー(英: server)は、コンピュータの分野では、本来はソフトウェアの用語であり、
クライアントサーバモデルにおいてクライアントからの要求に対して何らかのサービスを提供する役割を果たす側の
プログラムを指す言葉である。HTTP サーバ、IMAP サーバ、X-Window サーバなど規模や形態などは様々あり。
また、サーバーソフトウェアを稼動させているコンピュータ機器そのもののことも、サーバーと呼ぶ場合もある。
サーバとは、本来はコンピュータネットワークで使用される分散コンピューティング技術の1つである
クライアントサーバモデルでの用語である。サーバーはクライアントからの要求(リクエスト)に応じて、
何らかのサービス(処理)を提供する側のソフトウェアである。提供するサービスはサーバの種類によって異なり、
例えばファイルサーバであれば保管しているファイル(データ)の提供、プリントサーバであればプリンターへの印刷処理の提供、
ウェブサーバであればウェブページを構成するHTMLファイルや画像ファイルなどのデータの提供をするなど、さまざまである。
物理的にひとつのホスト・コンピュータの中には、例えばFTPサーバとウェブサーバなど、複数のサーバーが並存することもあるし、
サーバとクライアントとが並存することもありえる。しかし、業務用の比較的大型で信頼性を重視したシステムの場合、
ひとつサーバを稼動させるのに、物理的にひとつのホスト・コンピューターを専用に割り当てる場合が多いため、
ホスト・コンピュータそのものも「サーバ」と呼ぶこともある。当初は分散システム(日本ではオープンシステムとも呼ばれる)
のUNIX搭載サーバーやPCサーバーが主に「サーバコンピュータ」(サーバマシン、サーバ機)と呼ばれたが、1990年代には
メインフレームなどもサーバ用のオープン標準対応が進み、大型のコンピュータ全般を「サーバ」と呼ぶ場合もある。
サーバソフトウェアを稼働させることに特化したホストマシンとして販売されているハードウェアは、機種やモデルにもよるが、
個人向けコンピュータと比較して以下の特徴がある。ハイエンドのCPUを多数(1〜256コアなど)搭載できる他、高速なバス、周辺機器などを備える。
後述の可用性にも関連するが、業務により求められる24時間365日に近い連続稼働を実現するため、
計画停止および計画外停止の時間を最小化するための各種設計が行われている。
個々の部品の信頼性(設計・製造・検査、誤り検出訂正機能付のメインメモリなど)に加え、特定の部品で故障が発生した場合の可用性
(重要部品の冗長化、RAIDなど)や、部品の診断や交換が短時間または無停止で行える保守性(各種のログ機能、診断プログラム、ホットスワップなど)
を備える。内部のハードウェアを完全に二重化した専用サーバ(フォールトトレラントコンピュータ、一部のハイエンドサーバ)の他、
通常のサーバを複数使用してコンピュータ・クラスターを構成する場合も多い。またメーカー側は保守部品の長期保管や、
保守契約に応じて24時間365日の緊急出荷体制などを行っている。多数のサーバの稼働状況を遠隔地からも集中管理できる機能が、
ハードウェアおよびソフトウェアにて提供されている。管理はGUIツールの他、遠隔地でも軽くて履歴が残り手順書などに
再利用が容易なキャラクタユーザインタフェースが組み合わされる場合も多い。またネットワークや電話回線経由でメーカーへ
障害情報を自動通知できるものもある。特にデータセンタ用のモデルは、専用のラック、電源(200V、無停電電源装置など)、
空調などを必要とするものが多い。集積度が高いものは、発熱やファンの騒音が大きいものも多く、空冷の他に水冷を採用したサーバやラックもある。

391 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 11:10:05.15 ID:IwYF/ZrF0
またこれとは別に基本的に無料で提供しているサービスに一部サービスに付加機能を加えた
有料サービスを提供して課金をするモデルもある。(例:mixiプレミアム)
ソーシャル・ネットワーキング・サービス内での広告収入や課金収入に頼るのではなく、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスをユーザーの集客や定着のツールとして捉え、
自社・他社問わず他のサイトに誘導、あるいは連動させることにより得られるシナジー効果
(相乗効果)を期待するモデル。ヤフー株式会社の井上雅博CEOが語るようにYahoo! Days
(ヤフー・デイズ)などの大手ポータルサイトが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービスは
このモデルを取り入れようとしている。また携帯端末向けソーシャル・ネットワーキング・サービスの
モバゲータウンはモバオク、ミュウモなどの外部の課金サービスに誘導することで収益をあげている。
なお、これら三つのモデルは、そのいずれかはそれぞれのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
中心となっているものの、例えば広告収入モデルはほぼすべてのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
取り入れられているように、ビジネスモデルを組み合わせていくのが一般的である。アメリカ、韓国では
広告収入以外にもEC事業(アバター、ホムピー)といった色々なビジネスモデルが構築されつつある。
例えばサイワールドなどは月10億円以上の利益を広告(20%)とEC(80%)により生み出している。
その一方で、限られた会員内とはいえ、個人情報の流出の懸念も一部であり、未成年者の利用を制限する動きもある。
(アメリカでは12歳以上なら利用が可能の為)
コンピュータ登場以前のソーシャルネットワーキング理論の起源としては、六次の隔たり理論などがある。
コンピュータネットワークによる新しい社会交流の形態は、コンピュータが開発された初期の頃から
その可能性が示唆されていた。コンピュータ通信によるソーシャルネットワーキングの試みは、
Usenet、ARPANET、LISTSERVやBBSなどを含む初期の多くのオンラインサービス上で行われた。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの前段階としての特徴は、AOL、ProdigyそしてCompuServeなどの
オンラインサービス上にも多く現れていた。ワールドワイドウェブ上の初期の
ソーシャル・ネットワーキング・サービスは、Theglobe.com (1994)、Geocities (1994) そしてTripod.com
(1995)のようなオンラインコミュニケーションの形態で始まった。これら初期のコミュニティの多くは、
チャットルームの他、使いやすいサイト開設ツールと自由で安価な場を提供することによって、
個人のウェブページを通して個人的な情報やアイデアを共有することに注力していた。Classmates.com
(クラスメーツ・ドット・コム)のようないくつかのコミュニティはEメールアドレスを公開して人々が
お互い結びつくような方法を取っていた。1990年代後半、ユーザーが友人のリストを管理し、
似たような関心を持つ他のユーザーを探せるようにするなど、ユーザープロフィールの編集が
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの中心的な特徴となっていった。

392 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 12:05:04.85 ID:RP+TdZ0a0
日本においては、国内インターネット黎明期の1996年に会員制のみゆきネットが登場したことに
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの端緒を見つけることができる(1999年終了)が、
「ソーシャルネットワーキング」という概念を強く意識し、フレンド相互リンク・私書箱・
プロフィール表示という現在のソーシャル・ネットワーキング・サービスの主要機能を
持つものとしては、2002年9月に登場した内野晴仁の個人運営の
公開型ソーシャル・ネットワーキング・サービス myprofile.jpが嚆矢であり、
これに続いて2003年12月にはSFC Incubation Villageにてビートコミュニケーションによる
期間限定のマッチング実験SIV Connectが、そしてネットエイジ社による有料の
合コンマッチングサービスのGocooなどのサービスが開始された。 翌年2004年、2月21日に
田中良和の個人運営GREEが、2月後半にはイー・マーキュリー (現:ミクシィ)
提供のmixiがプレオープン、3月3日にオフィシャルオープンした。その他数ヶ月遅れで、
Yubitomaのエコー、フレンドマップ、Miniiそしてキヌガサなどがスタートした。
Gocooなど古いにもかかわらず、限られたユーザーで普及した理由としては
最初から課金をしてハードルが高かった事が原因にあげられている(課金モデルは途中から変更)。
2004年の段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せた。
当初はウェブメール機能や日記機能をつけておらず、会員数が10万人あたりで、
最初から日記機能のあったmixiに抜かれた(但しmixiもリリース当初はまだコミュニティ機能などは実装されていなかった)。
2010年4月には、mixiのユーザー数(有効ID数)が2000万人を越えた。日本では、従前から数多く存在していた
「Web日記サイト」「グループウェアサイト」「インターネットコミュニティ」などの機能を上手に取り込みつつ、
さらには各新聞社やマスコミの記事を取り扱うなど、一種のポータルサイトとしての機能も持っているものが見られる。
企業・教育機関でも内部向けコミュニケーションから始まり、内定者や学校の卒業生の囲い込みなど、色々な用途に使われている。
最近ではGREE、imapuなどでも携帯電話にも応用されており、さまざまな形でソーシャル・ネットワーキング・サービスは普及している。
熊本県八代市が運営するごろっとやっちろを皮切りに自治体や非営利団体・企業等が運営する地域型のサービスも各地で立ち上がっている。
YouTubeやFlickrといった画像共有・動画共有サイトが人気になったことにより、日本でもAmebaVision(終了)など類似のものが相次いで開設されている。
総務省の発表によると、2006年3月末現在の日本でのソーシャル・ネットワーキング・サービス利用者数は、716万人に達している。
これは前年度(2005年3月末)の111万人の約6.5倍の数字であり、急速に認知度が高まっていることが伺える。
予想ではソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用者数は2007年3月に1042万人に拡大すると見られている。

393 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 12:06:02.51 ID:7vV4kUuE0
またこれとは別に基本的に無料で提供しているサービスに一部サービスに付加機能を加えた
有料サービスを提供して課金をするモデルもある。(例:mixiプレミアム)
ソーシャル・ネットワーキング・サービス内での広告収入や課金収入に頼るのではなく、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスをユーザーの集客や定着のツールとして捉え、
自社・他社問わず他のサイトに誘導、あるいは連動させることにより得られるシナジー効果
(相乗効果)を期待するモデル。ヤフー株式会社の井上雅博CEOが語るようにYahoo! Days
(ヤフー・デイズ)などの大手ポータルサイトが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービスは
このモデルを取り入れようとしている。また携帯端末向けソーシャル・ネットワーキング・サービスの
モバゲータウンはモバオク、ミュウモなどの外部の課金サービスに誘導することで収益をあげている。
なお、これら三つのモデルは、そのいずれかはそれぞれのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
中心となっているものの、例えば広告収入モデルはほぼすべてのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
取り入れられているように、ビジネスモデルを組み合わせていくのが一般的である。アメリカ、韓国では
広告収入以外にもEC事業(アバター、ホムピー)といった色々なビジネスモデルが構築されつつある。
例えばサイワールドなどは月10億円以上の利益を広告(20%)とEC(80%)により生み出している。
その一方で、限られた会員内とはいえ、個人情報の流出の懸念も一部であり、未成年者の利用を制限する動きもある。
(アメリカでは12歳以上なら利用が可能の為)
コンピュータ登場以前のソーシャルネットワーキング理論の起源としては、六次の隔たり理論などがある。
コンピュータネットワークによる新しい社会交流の形態は、コンピュータが開発された初期の頃から
その可能性が示唆されていた。コンピュータ通信によるソーシャルネットワーキングの試みは、
Usenet、ARPANET、LISTSERVやBBSなどを含む初期の多くのオンラインサービス上で行われた。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの前段階としての特徴は、AOL、ProdigyそしてCompuServeなどの
オンラインサービス上にも多く現れていた。ワールドワイドウェブ上の初期の
ソーシャル・ネットワーキング・サービスは、Theglobe.com (1994)、Geocities (1994) そしてTripod.com
(1995)のようなオンラインコミュニケーションの形態で始まった。これら初期のコミュニティの多くは、
チャットルームの他、使いやすいサイト開設ツールと自由で安価な場を提供することによって、
個人のウェブページを通して個人的な情報やアイデアを共有することに注力していた。Classmates.com
(クラスメーツ・ドット・コム)のようないくつかのコミュニティはEメールアドレスを公開して人々が
お互い結びつくような方法を取っていた。1990年代後半、ユーザーが友人のリストを管理し、
似たような関心を持つ他のユーザーを探せるようにするなど、ユーザープロフィールの編集が
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの中心的な特徴となっていった。

394 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 12:06:02.75 ID:ZXo6RxE90
アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とはアプリケーションソフト等のサービス(機能)を
ネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みの
ソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。ASPはアプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客にサービスとして
提供することであり、それを行っている事業者である。通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを
経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。
この「ASP」という用語自体は1998年ころから用いられるようになった比較的新しい用語ではあるが、こうしたサービス形態はそれ以前から
存在していた。コンピュータ(およびコンピュータ上で走るソフトウェア)を遠隔利用するというサービス形態自体は1960年代より
存在していたのである。もともと、業務上使用するコンピュータは、ほぼメインフレーム(大型計算機)しか存在しなかったと言えるような時代、
メインフレームではTSSをベースにしたユーティリティ・コンピュータ、VANなどの利用法があった。日本でも1970年代には、
企業・会計事務所・税務事務所など向けに科学技術計算・販売在庫管理処理・税務・会計計算処理などを提供する「(計算機)レンタルサービス」
「計算センター事業者」などと呼ばれるものが数多く存在した。高い時間単価を支払ってそうしたサービスを遠隔利用することが
一般的であった時代があったのである。しかしその後、外部業者の大型コンピュータのサービスをレンタルすることは避け、
自社に小さめコンピュータを導入するようになり、1990年代に入ると、メインフレームと比べてかなり小さくてかなり安価な
「ワークステーション」や「PC」などと呼ばれるコンピュータが登場し、企業ではそれらを導入してクライアント/サーバ方式で
社内で完結したシステムを(安価に)構築する方法が一般的となった。それが普通だと見なされる状況になったのである。その後、
1990年代半ばになると、米国で、業務の標準化やインターネット環境が整備(ADSLやFTTHなどの回線の高速化、および低価格化)
されるようになった状況を利用し、再びかつてのように、ネットワーク経由でサービスを提供する事業者が現れ、特定の企業のアプリケーションを
預かるようなホスティング事業者なども現れた。日本でも一歩遅れて2000年代より、同様のことが普及しはじめた。米国で1998年ごろからこうした事業者を
「ASP」と呼ぶことが行われるようになり、1999年5月には米国でASP Industry Consortiumという業界団体が設立されたのである。
類似用語には以下があるが、ASPを別の観点から呼んだものとも言える。ユーティリティコンピューティング - サービスを使用した量(従量制)で支払う。
SaaS - ソフトウェアをサービスの形で提供する。クラウドコンピューティング - 主にインターネットを経由してサービスを提供する。マルチテナント -
システム環境を複数で利用する。オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet財務会計給与計算
グループウェア営業管理、顧客管理、ICT資産管理 販売管理、在庫管理 コンピュータウイルスのチェック・除去ソフトネット風評監視サービス
(例・電通バズリサーチなど)上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
サービス利用者は、自社でシステム(ハードウェア)やソフトウェアを保有・管理することなく、利用することができる為、
管理コストの削減に繋がる。(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの
保守作業は事業者側が行う)。小規模な場合、サービス利用者はソフトウェアを購入するのに比べて費用が安いことがある。
サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。ソフトウェアのバージョンアップサービス利用者の認証
(利用権限の確認)利用状況の確認や分析不具合発生時の状況確認

395 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 12:08:04.73 ID:978Fms+v0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

396 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 12:09:04.33 ID:XbNPDlbJ0
またこれとは別に基本的に無料で提供しているサービスに一部サービスに付加機能を加えた
有料サービスを提供して課金をするモデルもある。(例:mixiプレミアム)
ソーシャル・ネットワーキング・サービス内での広告収入や課金収入に頼るのではなく、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスをユーザーの集客や定着のツールとして捉え、
自社・他社問わず他のサイトに誘導、あるいは連動させることにより得られるシナジー効果
(相乗効果)を期待するモデル。ヤフー株式会社の井上雅博CEOが語るようにYahoo! Days
(ヤフー・デイズ)などの大手ポータルサイトが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービスは
このモデルを取り入れようとしている。また携帯端末向けソーシャル・ネットワーキング・サービスの
モバゲータウンはモバオク、ミュウモなどの外部の課金サービスに誘導することで収益をあげている。
なお、これら三つのモデルは、そのいずれかはそれぞれのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
中心となっているものの、例えば広告収入モデルはほぼすべてのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
取り入れられているように、ビジネスモデルを組み合わせていくのが一般的である。アメリカ、韓国では
広告収入以外にもEC事業(アバター、ホムピー)といった色々なビジネスモデルが構築されつつある。
例えばサイワールドなどは月10億円以上の利益を広告(20%)とEC(80%)により生み出している。
その一方で、限られた会員内とはいえ、個人情報の流出の懸念も一部であり、未成年者の利用を制限する動きもある。
(アメリカでは12歳以上なら利用が可能の為)
コンピュータ登場以前のソーシャルネットワーキング理論の起源としては、六次の隔たり理論などがある。
コンピュータネットワークによる新しい社会交流の形態は、コンピュータが開発された初期の頃から
その可能性が示唆されていた。コンピュータ通信によるソーシャルネットワーキングの試みは、
Usenet、ARPANET、LISTSERVやBBSなどを含む初期の多くのオンラインサービス上で行われた。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの前段階としての特徴は、AOL、ProdigyそしてCompuServeなどの
オンラインサービス上にも多く現れていた。ワールドワイドウェブ上の初期の
ソーシャル・ネットワーキング・サービスは、Theglobe.com (1994)、Geocities (1994) そしてTripod.com
(1995)のようなオンラインコミュニケーションの形態で始まった。これら初期のコミュニティの多くは、
チャットルームの他、使いやすいサイト開設ツールと自由で安価な場を提供することによって、
個人のウェブページを通して個人的な情報やアイデアを共有することに注力していた。Classmates.com
(クラスメーツ・ドット・コム)のようないくつかのコミュニティはEメールアドレスを公開して人々が
お互い結びつくような方法を取っていた。1990年代後半、ユーザーが友人のリストを管理し、
似たような関心を持つ他のユーザーを探せるようにするなど、ユーザープロフィールの編集が
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの中心的な特徴となっていった。

397 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 12:38:32.54 ID:POEi8iEU0
もっと一気に埋めれないの?
休憩挟みながらやってない?w

398 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 13:05:04.42 ID:+ve7zn+a0
オークション詐欺とはオークションの形態をとった詐欺行為である。金銭を受け取りながら物品を渡さなかったり、オークションに出品した物とは別の物を渡す、
あるいは金銭を払うつもりも無いのに落札して物品を騙し取るなどの行為が挙げられる。また関係者(あるいは自作自演)内で
不当に値段を吊り上げるサクラ行為も問題視されるが、これは詐欺行為の証明が難しくもあり、オークション詐欺として取り沙汰される
ケースは稀である。日本においては、1990年代末から普及してきたインターネットオークションに関しての詐欺行為を指して使われる事が
多い。なお、ネットオークションでは取引実績の履歴も公開されるため、自作自演で自己評価を吊り上げた事例は少なくない。この辺りは
ネットオークションシステム自体の、避け得ない問題点とみなされている。最近ではネットオークション詐欺被害者の補償制度を導入する
オークションサイトがほとんどであるが、被害特定から補償までの手続きが煩雑であったり、あるいは被害認定が受けられない場合もあり
、依然として自己防衛が必須である。被害にあった場合には、いち早い警察への通報や消費者センターへの相談が勧められる。
インターネットのオークションサイトでブランド品などを格安(最低価格1円〜)で掲載し、落札者に偽名の口座に料金を振り込ませて
お金を騙し取る等がある。また、逆に商品を送ったのに代金が指定口座に振り込まれない場合も含まれる。さらに、落札した商品を
送料着払いで送りつけて来て、箱を開けてみたらとは全く別の物だった場合もあり、相手に連絡しようとした時には代金が口座から
引き落とされて既に逃走している。訴えられた場合「うっかり間違えた」と説明すれば責任が問われない法律の盲点を突いている。
偽ブランド物を送ってくる場合も後を絶たず、これらでは出品者側は偽物とは知らなかったと言い張り、返却してくれと言われたので
送り返すが、振り込んだ代金がいつまでも返金されず、そのうちに連絡が付かなくなり送付先の住所も移転してしまった後となり、
追跡が不可能となるケースも報じられている。同様のケースとして、スペックの低いパソコンや品質に問題のあるジャンク品を送ってくる
ケースもあり、この場合オークション補償の対象外となり、同時に詐欺罪で警察署や交番などに被害届や告訴状を提出しても民事不介入を
理由に受理されないケースがある。「人を欺いて財物を交付させた」(刑法246条1項)・「人を欺いて」「財産上不法の利益を得」た
(刑法246条2項)といえれば、一度の行為でも詐欺罪が成立するのは当然だが、立証の困難等を理由として訴追に至らないケースもあり
得る。しかし同じ手口を何度も行った者が、逮捕された後に別件の詐欺で追起訴されたケースも少なからず存在する。
ID乗っ取り詐欺とはパスワードを推測または違法な方法で入手し、IDそのものを乗っ取り出品するもの。過去にフィッシング詐欺やスパイウェアなどで
盗まれたIDを使って出品しているため、急激に取引が増加したり、扱う内容が変化したりといった傾向が顕著である。見分ける方法は過去の出品の文章や
過去の履歴からIDの持ち主の嗜好を掴むことが有効で、またちょっとした評価の文章であるとかそういうところでも、自ずと人格はにじみ出るものであるため、
過去の履歴を参照して、突然に出品傾向が変化していないか、あるいは別のIDでほとんど同じもの(紹介文が似通っているなど)が出品されていないかも
注意すべき点に挙げられる。成りすまし詐欺(次点詐欺)とはIDを乗っ取ることなく、相手のメールアドレスあてに出品者を装ってメールし、
自分の持つ口座に振り込ませて逃げる手口で、同様のケースで次点落札者を狙ったものもあり、「落札者辞退のため、あなたの落札に変更されました」と
称したメールは警戒すべきである。このような事態をうけ、yahooオークションはメールアドレス表示を廃止し、非公開の掲示板形式「取引ナビ」に切り替えた。
委託詐欺とは上記の次点詐欺の変形版。商品は自身の所持しているものではなく知人が持っており代理出品であると説明し本来の出品者と落札者の間のやりとりが
される前に代金を振り込ませてしまおうとする手口。返品詐欺とは完全匿名・返品自由の楽天オークションで確認された新種の詐欺。落札し、送られてきた商品に
クレームを付け、まったく別の品物を送り返す、電子記録媒体をコピーした後に傷を付けて返品する、状態の悪い同じ商品と取り替えて返品するなど、
楽天オークションの匿名性を悪用している。

399 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 13:06:04.58 ID:j9/PsUAs0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

400 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 13:07:04.62 ID:odQVsy6z0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

401 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 13:09:02.61 ID:aQIG1Srf0
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

402 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 13:10:02.50 ID:9fh3AiD80
またこれとは別に基本的に無料で提供しているサービスに一部サービスに付加機能を加えた
有料サービスを提供して課金をするモデルもある。(例:mixiプレミアム)
ソーシャル・ネットワーキング・サービス内での広告収入や課金収入に頼るのではなく、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスをユーザーの集客や定着のツールとして捉え、
自社・他社問わず他のサイトに誘導、あるいは連動させることにより得られるシナジー効果
(相乗効果)を期待するモデル。ヤフー株式会社の井上雅博CEOが語るようにYahoo! Days
(ヤフー・デイズ)などの大手ポータルサイトが運営するソーシャル・ネットワーキング・サービスは
このモデルを取り入れようとしている。また携帯端末向けソーシャル・ネットワーキング・サービスの
モバゲータウンはモバオク、ミュウモなどの外部の課金サービスに誘導することで収益をあげている。
なお、これら三つのモデルは、そのいずれかはそれぞれのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
中心となっているものの、例えば広告収入モデルはほぼすべてのソーシャル・ネットワーキング・サービスで
取り入れられているように、ビジネスモデルを組み合わせていくのが一般的である。アメリカ、韓国では
広告収入以外にもEC事業(アバター、ホムピー)といった色々なビジネスモデルが構築されつつある。
例えばサイワールドなどは月10億円以上の利益を広告(20%)とEC(80%)により生み出している。
その一方で、限られた会員内とはいえ、個人情報の流出の懸念も一部であり、未成年者の利用を制限する動きもある。
(アメリカでは12歳以上なら利用が可能の為)
コンピュータ登場以前のソーシャルネットワーキング理論の起源としては、六次の隔たり理論などがある。
コンピュータネットワークによる新しい社会交流の形態は、コンピュータが開発された初期の頃から
その可能性が示唆されていた。コンピュータ通信によるソーシャルネットワーキングの試みは、
Usenet、ARPANET、LISTSERVやBBSなどを含む初期の多くのオンラインサービス上で行われた。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの前段階としての特徴は、AOL、ProdigyそしてCompuServeなどの
オンラインサービス上にも多く現れていた。ワールドワイドウェブ上の初期の
ソーシャル・ネットワーキング・サービスは、Theglobe.com (1994)、Geocities (1994) そしてTripod.com
(1995)のようなオンラインコミュニケーションの形態で始まった。これら初期のコミュニティの多くは、
チャットルームの他、使いやすいサイト開設ツールと自由で安価な場を提供することによって、
個人のウェブページを通して個人的な情報やアイデアを共有することに注力していた。Classmates.com
(クラスメーツ・ドット・コム)のようないくつかのコミュニティはEメールアドレスを公開して人々が
お互い結びつくような方法を取っていた。1990年代後半、ユーザーが友人のリストを管理し、
似たような関心を持つ他のユーザーを探せるようにするなど、ユーザープロフィールの編集が
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの中心的な特徴となっていった。

403 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 14:05:02.73 ID:/5Ts9p2M0
日本においては、国内インターネット黎明期の1996年に会員制のみゆきネットが登場したことに
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの端緒を見つけることができる(1999年終了)が、
「ソーシャルネットワーキング」という概念を強く意識し、フレンド相互リンク・私書箱・
プロフィール表示という現在のソーシャル・ネットワーキング・サービスの主要機能を
持つものとしては、2002年9月に登場した内野晴仁の個人運営の
公開型ソーシャル・ネットワーキング・サービス myprofile.jpが嚆矢であり、
これに続いて2003年12月にはSFC Incubation Villageにてビートコミュニケーションによる
期間限定のマッチング実験SIV Connectが、そしてネットエイジ社による有料の
合コンマッチングサービスのGocooなどのサービスが開始された。 翌年2004年、2月21日に
田中良和の個人運営GREEが、2月後半にはイー・マーキュリー (現:ミクシィ)
提供のmixiがプレオープン、3月3日にオフィシャルオープンした。その他数ヶ月遅れで、
Yubitomaのエコー、フレンドマップ、Miniiそしてキヌガサなどがスタートした。
Gocooなど古いにもかかわらず、限られたユーザーで普及した理由としては
最初から課金をしてハードルが高かった事が原因にあげられている(課金モデルは途中から変更)。
2004年の段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せた。
当初はウェブメール機能や日記機能をつけておらず、会員数が10万人あたりで、
最初から日記機能のあったmixiに抜かれた(但しmixiもリリース当初はまだコミュニティ機能などは実装されていなかった)。
2010年4月には、mixiのユーザー数(有効ID数)が2000万人を越えた。日本では、従前から数多く存在していた
「Web日記サイト」「グループウェアサイト」「インターネットコミュニティ」などの機能を上手に取り込みつつ、
さらには各新聞社やマスコミの記事を取り扱うなど、一種のポータルサイトとしての機能も持っているものが見られる。
企業・教育機関でも内部向けコミュニケーションから始まり、内定者や学校の卒業生の囲い込みなど、色々な用途に使われている。
最近ではGREE、imapuなどでも携帯電話にも応用されており、さまざまな形でソーシャル・ネットワーキング・サービスは普及している。
熊本県八代市が運営するごろっとやっちろを皮切りに自治体や非営利団体・企業等が運営する地域型のサービスも各地で立ち上がっている。
YouTubeやFlickrといった画像共有・動画共有サイトが人気になったことにより、日本でもAmebaVision(終了)など類似のものが相次いで開設されている。
総務省の発表によると、2006年3月末現在の日本でのソーシャル・ネットワーキング・サービス利用者数は、716万人に達している。
これは前年度(2005年3月末)の111万人の約6.5倍の数字であり、急速に認知度が高まっていることが伺える。
予想ではソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用者数は2007年3月に1042万人に拡大すると見られている。

404 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 14:07:02.71 ID:WqWHFNus0
成功報酬型広告(せいこうほうしゅうがたこうこく)、アフィリエイト・マーケティング、
アフィニティ・プログラム、アソシエイト・プログラム、アフィリエイト・プログラムとは、
特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに
設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、
生じた利益に応じて広告媒体に成功報酬を与える一連の形態をさす用語。単にアフィリエイト
(Affiliate)、縮めた形でアフィリ、アフィと呼ばれることが多い.。これらは、広告提供者が
アフィリエイト・プログラムを提供する広告企業であるアフィリエイト・サービス・プロバイダ
(以下、広告企業)に依頼して広告を出す場合と、eコマースやサイバーモールなどインターネット上で
商品やサービスを提供する企業ないし、それら電子商店のシステムを提供している企業そのものが
設置している広告形態の2種類に大別される。これらでは、広告掲載者を特定する識別子がURL中に
埋め込まれており、リンククリック時に識別子が広告企業に送信され記録される。
そうして実際に売上が出た際には広告掲載者に成功報酬が支払われる。
これら広告企業には大小さまざまな企業が存在するため列挙は割愛するが、
各々の広告リンク設置により成功報酬を望む側は、それら広告企業側と契約する形でバナー広告、
ブログパーツを設置、それぞれのリンクへと誘導する。
1996年7月頃、カクテルパーティーでAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスが、
ある女性に「自分のサイトで離婚に関する本を売りたいんだけど」
と持ちかけられたのをヒントにしたのがはじまりであるとされているが、
Amazon.com以前にCybereroticsというアダルトサイトがクリック報酬型のアフィリエイトを始めた
最初か初期のサイトの1つだというのが、広告関係者やアダルト業界のコンセンサスである。
アダルトサイトを除けば、1994年11月にBuyWebというプログラムを立ち上げたCDNOWが、
最初のクリックスルー方式のアフィリエイトを導入したウェブサイトである。
日本では2000年頃から比較コンテンツを作り情報としてアフィリエイト広告を見せ、
検索エンジンを導線とするといった現在の主流となっているアフィリエイトメディアの掲載手法が確立される。
アフィリエイトの母国である米国にはない手法が日本では広まったおかげで、
2004年以降アフィリエイト配信会社が複数社上場するといった世界では稀なほど
アクション報酬型のアフィリエイト広告が普及している。2004年頃から商品リンクと呼ばれる、
商品が掲載されているページやカテゴリに直接誘導できる広告リンクの登場により、
これまでの申し込み・相談・資料請求など(リード案件)と呼ぶからEC案件にも一気に
アフィリエイト広告が広がっていった。

405 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 14:08:02.59 ID:0cgYP0ul0
アフィリエイト稼業の実態
「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人に
アンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たない
ケースが多数で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎない実態が浮き彫りになった。なお、
2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中〜上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、
月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%となっており、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が
二極化しているともいえる状況である。アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬とアクション報酬の2つがあり、
クリック報酬は、バナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、
アクション報酬では、広告出稿者が任意に成果地点を設定できる。アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方で
いくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう
恐れが大きい。販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促す
インセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体が
ブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などがあった場合にもその取締りは困難である。
このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドラインを出し、適切なアフィリエイトプログラムの
運用を呼びかけている。検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を
表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く
仕組みを構築している。プログラムにより作られた内容に意味のない文章だけのブログもあり、それらは「スパムブログ」、または
「スプログ」などと呼ばれている。このスプログは、制作を簡易にするツールが販売されており、1ユーザで幾重ものスプログが
作られるようになり、物量で収入を稼ぐ悪質なケースに陥っている。検索エンジンサイト・グーグルでは、アフィリエイトを行っている
からといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のないスパムブログ等は検索エンジンに
インデックスしないと公式に表明している。情報商材を中心に広告主と呼ばれる広告出稿側の不正が存在し、具体的な広告掲載側の
不正行為として、以下のようなケースが挙げられる。商品、サービスが成約したにもかかわらず、基準が満たされないなどの理由で
報酬としてカウントされない、報酬として認められる基準が高すぎる、あるいは明記されていないケースもある。報酬として
カウントされたあと、その報酬が支払われない。また、アフィリエイトバナーの中にはコンピュータが危険な状態であるとの虚偽の
メッセージを表示して詐欺的ソフトウェアを押し売るといった問題も発生しており、高額な報酬や豪華な景品を出して広告掲載者を
募っていたケースもあるという。また、いわゆる情報商材の中には現実的ではない方法論や、支払った金額に見合わない幼稚な内容、
他者の著作物の丸写し、あからさまに内容に難があるような方法論すらやり取りされているが、こういった詐欺的な内容では、
「引っかかった側」が損失分を取り戻そうと更にその情報商材の拡散に加担する場合もあり、アフィリエイトを通じて被害の拡大も
懸念されている。

406 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 14:09:06.69 ID:elTkLRPg0
IPアドレスは数字の羅列で人間には分かり難いというデメリットがあり、一般には英数字を使用した名前(ドメイン名)をIPアドレスに対応させて用いる。
例えば、「ja.wikipedia.org」というドメイン名は「208.80.152.2」というIPアドレスに対応する。インターネットに参加する各組織
(研究機関、教育機関、企業、プロバイダ (ISP) 、協会・団体、政府機関その他)に対して、識別子として(広義の)ドメイン名が割り当てられており、
各組織は所有する各コンピュータに対してホスト名を割り当てる。ホスト名とドメイン名をドット (.) でつないだものが各コンピュータの固有名 (FQDN) となる。
本来接続先ホストにはIPアドレスを指定する必要があるが、(狭義の)ドメイン名とIPアドレスをDNSによって関連づけることにより、
IPアドレスに代わってドメイン名を指定することが可能となっている。しかし、現在主に使われている規格 (IPv4) のアドレスが枯渇しつつあるため
IPv6が開発されたが、対応にはネットワーク機器の更新が必要である上、IPv4とIPv6の機器間では直接通信ができない
(IPv6の機器はほぼIPv4にも対応しているのであまり問題にはならないが)。2011年2月現在、日本での完全な対応は一部のプロバイダや学術ネットワークに
とどまっているのが現状である。インターネットへのアクセス(接続)は、一般にはインターネット・プロトコル技術を搭載したインターネット端末を使用して、
インターネットサービスプロバイダ経由で接続する。また独自ネットワークやイントラネットから、ゲートウェイ等を経由して接続できる場合もある。
初期のインターネットでは、使用言語は英語、文字コードはASCII、文字はラテン文字で、接続デバイスは各種のコンピュータが大多数であった。
1990年以降のインターネットの世界的な普及により、現在では各種のコンピュータに加えて各種の携帯電話、ゲーム機、家電、産業機器などが
インターネット端末機能を持つようになった。接続形態も従来の有線やダイヤルアップ接続に加えて各種の無線通信が一般化した。インターネット上で
使用可能なサービスも、当初の電子メールやファイル転送などから、World Wide Web、インターネット電話、検索エンジン、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどに広がり、そのユーザインタフェースもグラフィカルユーザインタフェースやマルチメディア対応を含んだものも普及した。
またコンピューティングの利用形態としてSaaSやクラウドコンピューティングなどの表現や概念が普及する基盤ともなった。これらと平行して、
各種の国際化と地域化、多言語化、他のネットワークや技術との相互接続や相互運用性などが進んだ。
1960年、インターネットの前身ARPANETに直接影響を及ぼした概念であるJ・C・R・リックライダーのタイムシェアリングシステムが発表される。
1969年10月29日、UCLAとスタンフォード研究所 (SRI) 間で接続され、同年12月5日までにUCサンタバーバラ、ユタ大学が接続され4つのノードとなった。
1983年、ARPANETがプロトコルをそれまで利用していたNetwork Control ProgramからTCP/IPに切り替える。
1984年9月、村井純が慶應義塾大学と東京工業大学を接続。同年10月に東京大学が接続され、日本におけるインターネットの嚆矢となる。(JUNET)
1985年、アメリカの「全国科学財団」による学術研究用のネットワーク基盤NSFNetが作られ、インターネットのバックボーンの役割がARPANETからNSFNetへ移行する。
1988年、アメリカで商用インターネットが始まる。1989年、商用ネットワークとNSFNetとの接続が開始される。
1990年、スイスの素粒子物理学研究所・CERNの研究員であったティム・バーナーズ=リーは、当時上司だったロバート・カイリューらの協力により
World Wide Webシステムのための最初のサーバとブラウザを完成させる。
1994年7月、アメリカ・タイム誌で、「インターネットは核攻撃下でのコミュニケーションの生き残りを想定して開発された」という記事が掲載される。以降、ARPANETは
核戦争時のための軍事ネットであるという俗説が流布するようになる。一方、ARPANET立ち上げ時のIPTO責任者であったロバート・テイラーは、この記事に対して事実とは異なる旨、
正式な抗議をタイム誌に対して行った。
1995年には、NSFNetは民間へ移管され、Windows95の登場で一般の人にインターネットが急速に広まった。なお、Windows95の初期バージョンではインターネット関連の機能は
「Microsoft Plus!」による拡張機能とされていたが、OSR2以降は標準搭載されている。

407 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 14:10:02.72 ID:2spe7WKJ0
日本においては、国内インターネット黎明期の1996年に会員制のみゆきネットが登場したことに
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの端緒を見つけることができる(1999年終了)が、
「ソーシャルネットワーキング」という概念を強く意識し、フレンド相互リンク・私書箱・
プロフィール表示という現在のソーシャル・ネットワーキング・サービスの主要機能を
持つものとしては、2002年9月に登場した内野晴仁の個人運営の
公開型ソーシャル・ネットワーキング・サービス myprofile.jpが嚆矢であり、
これに続いて2003年12月にはSFC Incubation Villageにてビートコミュニケーションによる
期間限定のマッチング実験SIV Connectが、そしてネットエイジ社による有料の
合コンマッチングサービスのGocooなどのサービスが開始された。 翌年2004年、2月21日に
田中良和の個人運営GREEが、2月後半にはイー・マーキュリー (現:ミクシィ)
提供のmixiがプレオープン、3月3日にオフィシャルオープンした。その他数ヶ月遅れで、
Yubitomaのエコー、フレンドマップ、Miniiそしてキヌガサなどがスタートした。
Gocooなど古いにもかかわらず、限られたユーザーで普及した理由としては
最初から課金をしてハードルが高かった事が原因にあげられている(課金モデルは途中から変更)。
2004年の段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せた。
当初はウェブメール機能や日記機能をつけておらず、会員数が10万人あたりで、
最初から日記機能のあったmixiに抜かれた(但しmixiもリリース当初はまだコミュニティ機能などは実装されていなかった)。
2010年4月には、mixiのユーザー数(有効ID数)が2000万人を越えた。日本では、従前から数多く存在していた
「Web日記サイト」「グループウェアサイト」「インターネットコミュニティ」などの機能を上手に取り込みつつ、
さらには各新聞社やマスコミの記事を取り扱うなど、一種のポータルサイトとしての機能も持っているものが見られる。
企業・教育機関でも内部向けコミュニケーションから始まり、内定者や学校の卒業生の囲い込みなど、色々な用途に使われている。
最近ではGREE、imapuなどでも携帯電話にも応用されており、さまざまな形でソーシャル・ネットワーキング・サービスは普及している。
熊本県八代市が運営するごろっとやっちろを皮切りに自治体や非営利団体・企業等が運営する地域型のサービスも各地で立ち上がっている。
YouTubeやFlickrといった画像共有・動画共有サイトが人気になったことにより、日本でもAmebaVision(終了)など類似のものが相次いで開設されている。
総務省の発表によると、2006年3月末現在の日本でのソーシャル・ネットワーキング・サービス利用者数は、716万人に達している。
これは前年度(2005年3月末)の111万人の約6.5倍の数字であり、急速に認知度が高まっていることが伺える。
予想ではソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用者数は2007年3月に1042万人に拡大すると見られている。

408 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 14:22:18.63 ID:WawXz9jT0
           _,,..r'''""~~`''ー-.、
            ,,.r,:-‐'''"""~~`ヽ、:;:;:\
           r"r          ゝ、:;:ヽ
   r‐-、   ,...,, |;;;;|       ,,.-‐-:、 ヾ;:;ゝ
   :i!  i!  |: : i! ヾ| r'"~~` :;: ::;",,-‐‐-  `r'^!    いえーい
    !  i!.  |  ;| l|  ''"~~   、      i' |      久積見てるー?
     i! ヽ |  | |    ,.:'"   、ヽ、   !,ノ
    ゝ  `-!  :| i!  .:;: '~~ー~~'" ゙ヾ : : ::|
   r'"~`ヾ、   i! i!   ,,-ェェI二エフフ : : :::ノ~|`T
  ,.ゝ、  r'""`ヽ、i! `:、   ー - '" :: : :/ ,/
  !、  `ヽ、ー、   ヽ‐''"`ヾ、.....,,,,_,,,,.-‐'",..-'"
   | \ i:" )     |   ~`'''ー---―''"~
   ヽ `'"     ノ

409 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 15:05:02.52 ID:RP+TdZ0a0
アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とはアプリケーションソフト等のサービス(機能)を
ネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みの
ソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。ASPはアプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客にサービスとして
提供することであり、それを行っている事業者である。通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを
経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。
この「ASP」という用語自体は1998年ころから用いられるようになった比較的新しい用語ではあるが、こうしたサービス形態はそれ以前から
存在していた。コンピュータ(およびコンピュータ上で走るソフトウェア)を遠隔利用するというサービス形態自体は1960年代より
存在していたのである。もともと、業務上使用するコンピュータは、ほぼメインフレーム(大型計算機)しか存在しなかったと言えるような時代、
メインフレームではTSSをベースにしたユーティリティ・コンピュータ、VANなどの利用法があった。日本でも1970年代には、
企業・会計事務所・税務事務所など向けに科学技術計算・販売在庫管理処理・税務・会計計算処理などを提供する「(計算機)レンタルサービス」
「計算センター事業者」などと呼ばれるものが数多く存在した。高い時間単価を支払ってそうしたサービスを遠隔利用することが
一般的であった時代があったのである。しかしその後、外部業者の大型コンピュータのサービスをレンタルすることは避け、
自社に小さめコンピュータを導入するようになり、1990年代に入ると、メインフレームと比べてかなり小さくてかなり安価な
「ワークステーション」や「PC」などと呼ばれるコンピュータが登場し、企業ではそれらを導入してクライアント/サーバ方式で
社内で完結したシステムを(安価に)構築する方法が一般的となった。それが普通だと見なされる状況になったのである。その後、
1990年代半ばになると、米国で、業務の標準化やインターネット環境が整備(ADSLやFTTHなどの回線の高速化、および低価格化)
されるようになった状況を利用し、再びかつてのように、ネットワーク経由でサービスを提供する事業者が現れ、特定の企業のアプリケーションを
預かるようなホスティング事業者なども現れた。日本でも一歩遅れて2000年代より、同様のことが普及しはじめた。米国で1998年ごろからこうした事業者を
「ASP」と呼ぶことが行われるようになり、1999年5月には米国でASP Industry Consortiumという業界団体が設立されたのである。
類似用語には以下があるが、ASPを別の観点から呼んだものとも言える。ユーティリティコンピューティング - サービスを使用した量(従量制)で支払う。
SaaS - ソフトウェアをサービスの形で提供する。クラウドコンピューティング - 主にインターネットを経由してサービスを提供する。マルチテナント -
システム環境を複数で利用する。オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet財務会計給与計算
グループウェア営業管理、顧客管理、ICT資産管理 販売管理、在庫管理 コンピュータウイルスのチェック・除去ソフトネット風評監視サービス
(例・電通バズリサーチなど)上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
サービス利用者は、自社でシステム(ハードウェア)やソフトウェアを保有・管理することなく、利用することができる為、
管理コストの削減に繋がる。(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの
保守作業は事業者側が行う)。小規模な場合、サービス利用者はソフトウェアを購入するのに比べて費用が安いことがある。
サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。ソフトウェアのバージョンアップサービス利用者の認証
(利用権限の確認)利用状況の確認や分析不具合発生時の状況確認

410 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 15:06:02.42 ID:ZXo6RxE90
インターネット(英: Internet)とは、インターネット・プロトコル技術を利用して相互接続によるコンピュータネットワークを指す語である。
「インターネット」の語の起源は一般名詞の「インターネットワーク」(internetwork)で、本来の意味は「ネットワーク間のネットワーク」や
「複数のネットワークを相互接続したネットワーク」であるが、通常は固有名詞として、ARPANETを前身とする特定の世界的規模のネットワークを指す。
特に日本語で「インターネット」と呼ぶ場合は、固有名詞の意味である場合が大半である。また、インターネット技術を使用した社内など組織内の
ネットワークはイントラネット、複数のイントラネット間あるいはインターネットとイントラネット間を接続したネットワークをエクストラネットとも呼ぶ。
「インターネット」はネットワークまたはネットワークシステムを表す用語である。電子メールやウェブなどはインターネットのネットワークを
利用したサービスの一つである。インターネットにおいて一般的に利用される各種の技術や管理制度は、歴史的経緯から一般に公開されているものが多い。
インターネット上においては特定の集中した責任主体は存在しない。全体を1つの組織・ネットワークとして管理するのではなく、
接続している組織が各ネットワークを管理する建前となっている。事実上の管理主体(ICANN、IETFなど)はあるにしても、
それは接続している組織・ネットワークの総意として委任されていると言う建前になっている(国際的に中立的とされ、また一部は国際機関による管理もある)。
それはインターネット・プロトコルの開発においても同様であり、RFC(Request for Comments)に具体化される。ただし、ICANNは非営利団体ながらも
米商務省の傘下にあり、国際問題となっている。インターネット接続が難しかった時代には、UUCPによる研究機関・大学や一部の企業などの間での
メール・ネットニュースの交換が多く見られた。専用線が高価だったための苦肉の策であった。その後、接続コストの低下に加え、World Wide Web(WWW)の流行、
さらにパソコン向けOSのインターネット接続対応により、一般的ユーザへも爆発的な普及を見るに至った。 情報の伝達速度が飛躍的に向上したため、
物理的な距離と関係なく様々なコミュニティが形成され活動を行うようになった(IT革命,掲示板,SNS参照)。商用のインターネット利用についてはまだ歴史が浅く、
20世紀末期の概ね1980年代後半に入ってからである。1990年代末期までは、個人向け接続サービスの大半は低速なダイヤルアップ接続で、
従量制の課金が多くみられた。定額のブロードバンド接続サービスが低価格で提供され、爆発的に普及しはじめたのは2000年になってからであった。
同時期に携帯電話でもインターネットへの接続サービスが提供されるようになり、携帯電話でのインターネット接続も一般化する。しかし、セキュリティに
関する仕組みが現行のインターネットのプロトコルに組み込まれていないために、コンピュータウイルスの感染や不正アクセスなどの問題が後を絶たず、
アプリケーションレベルで様々な対策が行われている。最近ではセキュアなネットワークを目指した新しい仕組みを作る動きも見られる。
インターネット・プロトコル (IP) とは、インターネット上の通信に用いられる基本プロトコル(ネットワーク層(レイヤー))であり、
その上にトランスポート(転送)層、さらにその上にアプリケーション層のプロトコルを組み合わせて用いる。転送プロトコルにはTCPやUDPなどがあり、
アプリケーション・プロトコルにはWWWで用いられる HTTP、ネットニュースに用いられる NNTP、チャット(IRC)、ファイル転送(FTP)、ストリーミングなど
さまざまな利用方法に伴うプロトコルが存在する。これらのプロトコルの定義の多くは RFC として公開されている。インターネット・プロトコルは
狭義のインターネット (The Internet) だけに使われるプロトコルではない。例えばインターネット・プロトコルや周辺技術を、企業内等のローカル・エリア・
ネットワーク (LAN) 環境で応用したものはイントラネットと呼ばれる。また、イントラネットを相互接続したものはエクストラネットと呼ばれる。
IPにおいては、基本的に通信するコンピュータごとに(厳密には機器のインターフェイスごとに)唯一無二の「IPアドレス」と呼ばれる固有番号を
割り当てられることが通信時の前提となっており、IPを採用するインターネットにおいても、接続する各組織に対して固有のIPアドレスの領域(範囲)が
それぞれ割り当てられる。各組織はそれぞれに割り当てられたIPアドレス領域の中の固有の番号を、所有する各コンピュータに割り当てる。

411 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 15:06:03.43 ID:7vV4kUuE0
ユーザーが友人を発見し管理できるような新しいソーシャル・ネットワーキング・サービスの
方法が開発されたことを契機に、多くのサイトがさらに進んだ機能の開発を行い始めた。
この新世代のソーシャル・ネットワーキング・サービスは、1997年から2001年まで運営され
ユーザーが100万人にまで達したSixDegrees.comの登場、そして2002年のFriendster(フレンドスター)の
登場により本格的に普及し、すぐにインターネットの主流の一角を占めるようになった。Friendsterに続いて、
2003年にはMySpaceとLinkedInが、そして2005年にはBeboが登場した。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの知名度の急速な高まりは、2005年の時点でMySpaceの
ページビューがGoogleを上回ったという事実が物語っている。2004年に始まったFacebookは
世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービスとなった。2008年には、様々なバラエティの
ソーシャルネットワーキングモデルが登場し、これらのモデルを使った200以上のサイトが
稼働していると報告されている。米最大級のソーシャル・ネットワーキング・サービス、
Myspaceは公式の発表によると米国の会員数だけで6000万人を記録しており、総ユーザー数は
1億2000万人と発表されている(2006年11月)。2006年には月に600万人のペースでユーザーを
増やし続けていた。マドンナ、U2、ビヨンセ、マライア・キャリーなど300万のアーティストが
参加しており、若者に人気が高い。尚、Myspaceは2006年11月に日本語版のベータ版を開設した。
市場調査会社の米Pew Research Centerは米国のインターネット利用者の65%が米Facebookや
米LinkedInのようなソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用しており、3年前
(2008年)の29%から2倍以上に増えたと公表した。(現地時間2011年8月26日公表)
韓国ではサイワールドが圧倒的な人気を誇っており、利用者は1800万人。単純計算ではあるものの
韓国の総人口の約3分の1が参加している事になる。2007年になりアメリカのSecond Lifeなど
仮想世界のソーシャル・ネットワーキング・サービスが急成長を見せている。
又、海外ではFriendsterからMyspaceのように閉鎖型から開放型へと
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの流れが徐々に変化しつつある。
2009年、2010年にはTwitterなどのミニブログサービスも世界的に広がっている。

412 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 15:07:03.33 ID:S+QggWzN0
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。代表的なSNSとして、日本ではmixi、GREE、Mobage、Ameba、世界では
Facebook、Twitter、Google 、Myspace、LinkedIn、LINEなどがある。
広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスまたはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。
この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、
2ちゃんねるのような電子掲示板も広義的にはソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。
狭義には、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートする、
「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供する
ウェブサイトも含まれる。ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、
個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが、
密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムに
なっているものも存在する。近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野において
SNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもLINE、Facebook、TwitterなどのSNSを利用した
情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、
SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスのビジネスモデルは大きく分けて「広告収入モデル」
「ユーザー課金モデル」「他サイト誘導・連動モデル」が成立している。広告収入モデルは
インターネット広告により収益を得るモデル。広告収入を収益の柱としている
ソーシャル・ネットワーキング・サービスはmixiやMySpaceなどが挙げられる。いかに多数のユーザーを
サイト上に滞在させ、ページの閲覧数(ページビュー)をどれだけ多く獲得できるかがこのモデルの鍵となる。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスで広告収入をあげるにはそれなりのユーザー数が必要とされるため、そこまでコミュニティを育てていくにはサーバーなどを運営していく計画的な資本戦略が必要とされる。
ユーザー課金モデルは提供しているサービスに対し、サービス利用料という形でユーザーに対して直接課金し、
収入源とするモデル。閲覧数の多さに依存せず、人的ネットワークなど
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの特徴を積極的に活用したサービスの提供に重点を
置いている点に特徴がある。現在ではビジネスネットワークの構築や職探しに利用される
米国LinkedIn(リンクトイン)などが挙げられる。

413 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 15:08:03.11 ID:x7ok2NFH0
クリック報酬型広告(クリックほうしゅうがたこうこく、英語: pay per click, PPC)とは、特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、
ある広告媒体のウェブサイトに設置された広告をウェブサイトの閲覧者がクリックすることによって広告主が報酬を与えたり、広告掲載側が報酬を
得たりする一連の形態をさす用語。クリック報酬型広告はクリックした時点で報酬が発生する。広告の内容に興味を持った人を誘導できるという
利点があり、検索連動型広告とコンテンツ連動型広告のほとんどがクリック報酬型広告である。現在のクリック報酬型広告は、多様である。
検索連動型広告(けんさくれんどうがたこうこく)とは、インターネット広告の一種で、検索エンジンで一般ユーザーが検索したキーワードに
関連した広告を検索結果画面に表示する広告(テキスト形式)である(サーチエンジンマーケティング)。「検索キーワード連動型広告」、
「検索広告」、「リスティング広告」、またはクリック毎に広告主(クライアント)の費用が課金されること(クリック課金(PPC:Pay Per Click))
から「P4P(Pay for Performance)」などとも呼ばれる。Yahoo!に買収された有料リスティングサービス専業企業・米国Overtureの「スポンサードサーチ」
やGoogleの「AdWords(アドワーズ)」が有名である。コンテンツ連動型広告(コンテンツれんどうがたこうこく)とはインターネット広告の広告掲載手法。
サービス運営会社が発行する広告タグを掲載することでそのウェブサイト内にどんなキーワードがあるのか、またどんなキーワードが好ましいのかを自動抽出する。
そのサイトにあった広告を掲出する事でユーザーの嗜好とメディアの指向とがマッチングした広告となる。行動ターゲティング広告を併用している場合もある。
インターネット広告を牽引する検索連動型広告と同様に顕著に成長している広告手法である。行動ターゲティング広告(こうどうターゲティングこうこく)とは、
広告の対象となる顧客の行動履歴を元に、顧客の興味関心を推測し、ターゲットを絞ってインターネット広告配信を行う手法。例えば、旅行関連のページを
最近訪れたことがあったり、航空会社の広告をクリックしたことがあるユーザーは、「旅行」というジャンルに興味関心があると判定し、
「旅行」関連の広告を配信するといったもの。ここでいう「行動」は、ページの閲覧、広告のクリック、検索のキーワードなどを指し、
広告の配信を行う媒体・事業者によって定義は異なる。コンテンツ連動型広告を併用している場合が多い。行動ターゲッティング広告は、
追跡型広告(ついせきがたこうこく)やリターゲティング広告とも呼ばれる。クリック詐欺 (Click fraud) とは、クリック報酬型広告を
不正にクリックすることで広告料を騙し取る、あるいは他者に広告費支出を強いる行為を指す。実際に広告効果がないにもかかわらず
広告費だけが増大するため、インターネットマーケティングに対する脅威となっている。クリック報酬型広告は、広告がクリックされることで
広告料が発生する。そのため、広告を設置した者が自ら広告をクリックし、報酬を騙し取ろうとすることが行われる。また、競合企業の広告を
大量にクリックすることで、その企業の広告費を増加させ、間接的に損害を与えるといった事も行われている。これらの行為に対し、
広告サービスを提供する側は不正なクリックをフィルタリングで除外している。一方で詐欺を行う者は、安い労働力を使った人海戦術を用いたり、
ボットネットを利用したりして正当なクリックに見せようとする。インターネット犯罪対策企業の Click Forensics によれば、
クリック報酬型広告を出稿している企業の広告費のうち、約30%がボットネットの不正クリックによるものだとしている。また、広告サービス提供者が、
不当に広告費を払わされたとして広告主から提訴される事態も発生している。

414 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 15:08:04.56 ID:978Fms+v0
アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とはアプリケーションソフト等のサービス(機能)を
ネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みの
ソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。ASPはアプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客にサービスとして
提供することであり、それを行っている事業者である。通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを
経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。
この「ASP」という用語自体は1998年ころから用いられるようになった比較的新しい用語ではあるが、こうしたサービス形態はそれ以前から
存在していた。コンピュータ(およびコンピュータ上で走るソフトウェア)を遠隔利用するというサービス形態自体は1960年代より
存在していたのである。もともと、業務上使用するコンピュータは、ほぼメインフレーム(大型計算機)しか存在しなかったと言えるような時代、
メインフレームではTSSをベースにしたユーティリティ・コンピュータ、VANなどの利用法があった。日本でも1970年代には、
企業・会計事務所・税務事務所など向けに科学技術計算・販売在庫管理処理・税務・会計計算処理などを提供する「(計算機)レンタルサービス」
「計算センター事業者」などと呼ばれるものが数多く存在した。高い時間単価を支払ってそうしたサービスを遠隔利用することが
一般的であった時代があったのである。しかしその後、外部業者の大型コンピュータのサービスをレンタルすることは避け、
自社に小さめコンピュータを導入するようになり、1990年代に入ると、メインフレームと比べてかなり小さくてかなり安価な
「ワークステーション」や「PC」などと呼ばれるコンピュータが登場し、企業ではそれらを導入してクライアント/サーバ方式で
社内で完結したシステムを(安価に)構築する方法が一般的となった。それが普通だと見なされる状況になったのである。その後、
1990年代半ばになると、米国で、業務の標準化やインターネット環境が整備(ADSLやFTTHなどの回線の高速化、および低価格化)
されるようになった状況を利用し、再びかつてのように、ネットワーク経由でサービスを提供する事業者が現れ、特定の企業のアプリケーションを
預かるようなホスティング事業者なども現れた。日本でも一歩遅れて2000年代より、同様のことが普及しはじめた。米国で1998年ごろからこうした事業者を
「ASP」と呼ぶことが行われるようになり、1999年5月には米国でASP Industry Consortiumという業界団体が設立されたのである。
類似用語には以下があるが、ASPを別の観点から呼んだものとも言える。ユーティリティコンピューティング - サービスを使用した量(従量制)で支払う。
SaaS - ソフトウェアをサービスの形で提供する。クラウドコンピューティング - 主にインターネットを経由してサービスを提供する。マルチテナント -
システム環境を複数で利用する。オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet財務会計給与計算
グループウェア営業管理、顧客管理、ICT資産管理 販売管理、在庫管理 コンピュータウイルスのチェック・除去ソフトネット風評監視サービス
(例・電通バズリサーチなど)上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
サービス利用者は、自社でシステム(ハードウェア)やソフトウェアを保有・管理することなく、利用することができる為、
管理コストの削減に繋がる。(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの
保守作業は事業者側が行う)。小規模な場合、サービス利用者はソフトウェアを購入するのに比べて費用が安いことがある。
サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。ソフトウェアのバージョンアップサービス利用者の認証
(利用権限の確認)利用状況の確認や分析不具合発生時の状況確認

415 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 15:10:06.74 ID:IwYF/ZrF0
日本においては、国内インターネット黎明期の1996年に会員制のみゆきネットが登場したことに
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの端緒を見つけることができる(1999年終了)が、
「ソーシャルネットワーキング」という概念を強く意識し、フレンド相互リンク・私書箱・
プロフィール表示という現在のソーシャル・ネットワーキング・サービスの主要機能を
持つものとしては、2002年9月に登場した内野晴仁の個人運営の
公開型ソーシャル・ネットワーキング・サービス myprofile.jpが嚆矢であり、
これに続いて2003年12月にはSFC Incubation Villageにてビートコミュニケーションによる
期間限定のマッチング実験SIV Connectが、そしてネットエイジ社による有料の
合コンマッチングサービスのGocooなどのサービスが開始された。 翌年2004年、2月21日に
田中良和の個人運営GREEが、2月後半にはイー・マーキュリー (現:ミクシィ)
提供のmixiがプレオープン、3月3日にオフィシャルオープンした。その他数ヶ月遅れで、
Yubitomaのエコー、フレンドマップ、Miniiそしてキヌガサなどがスタートした。
Gocooなど古いにもかかわらず、限られたユーザーで普及した理由としては
最初から課金をしてハードルが高かった事が原因にあげられている(課金モデルは途中から変更)。
2004年の段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せた。
当初はウェブメール機能や日記機能をつけておらず、会員数が10万人あたりで、
最初から日記機能のあったmixiに抜かれた(但しmixiもリリース当初はまだコミュニティ機能などは実装されていなかった)。
2010年4月には、mixiのユーザー数(有効ID数)が2000万人を越えた。日本では、従前から数多く存在していた
「Web日記サイト」「グループウェアサイト」「インターネットコミュニティ」などの機能を上手に取り込みつつ、
さらには各新聞社やマスコミの記事を取り扱うなど、一種のポータルサイトとしての機能も持っているものが見られる。
企業・教育機関でも内部向けコミュニケーションから始まり、内定者や学校の卒業生の囲い込みなど、色々な用途に使われている。
最近ではGREE、imapuなどでも携帯電話にも応用されており、さまざまな形でソーシャル・ネットワーキング・サービスは普及している。
熊本県八代市が運営するごろっとやっちろを皮切りに自治体や非営利団体・企業等が運営する地域型のサービスも各地で立ち上がっている。
YouTubeやFlickrといった画像共有・動画共有サイトが人気になったことにより、日本でもAmebaVision(終了)など類似のものが相次いで開設されている。
総務省の発表によると、2006年3月末現在の日本でのソーシャル・ネットワーキング・サービス利用者数は、716万人に達している。
これは前年度(2005年3月末)の111万人の約6.5倍の数字であり、急速に認知度が高まっていることが伺える。
予想ではソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用者数は2007年3月に1042万人に拡大すると見られている。

416 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 16:05:05.13 ID:+ve7zn+a0
サーバあるいはサーバー(英: server)は、コンピュータの分野では、本来はソフトウェアの用語であり、
クライアントサーバモデルにおいてクライアントからの要求に対して何らかのサービスを提供する役割を果たす側の
プログラムを指す言葉である。HTTP サーバ、IMAP サーバ、X-Window サーバなど規模や形態などは様々あり。
また、サーバーソフトウェアを稼動させているコンピュータ機器そのもののことも、サーバーと呼ぶ場合もある。
サーバとは、本来はコンピュータネットワークで使用される分散コンピューティング技術の1つである
クライアントサーバモデルでの用語である。サーバーはクライアントからの要求(リクエスト)に応じて、
何らかのサービス(処理)を提供する側のソフトウェアである。提供するサービスはサーバの種類によって異なり、
例えばファイルサーバであれば保管しているファイル(データ)の提供、プリントサーバであればプリンターへの印刷処理の提供、
ウェブサーバであればウェブページを構成するHTMLファイルや画像ファイルなどのデータの提供をするなど、さまざまである。
物理的にひとつのホスト・コンピュータの中には、例えばFTPサーバとウェブサーバなど、複数のサーバーが並存することもあるし、
サーバとクライアントとが並存することもありえる。しかし、業務用の比較的大型で信頼性を重視したシステムの場合、
ひとつサーバを稼動させるのに、物理的にひとつのホスト・コンピューターを専用に割り当てる場合が多いため、
ホスト・コンピュータそのものも「サーバ」と呼ぶこともある。当初は分散システム(日本ではオープンシステムとも呼ばれる)
のUNIX搭載サーバーやPCサーバーが主に「サーバコンピュータ」(サーバマシン、サーバ機)と呼ばれたが、1990年代には
メインフレームなどもサーバ用のオープン標準対応が進み、大型のコンピュータ全般を「サーバ」と呼ぶ場合もある。
サーバソフトウェアを稼働させることに特化したホストマシンとして販売されているハードウェアは、機種やモデルにもよるが、
個人向けコンピュータと比較して以下の特徴がある。ハイエンドのCPUを多数(1〜256コアなど)搭載できる他、高速なバス、周辺機器などを備える。
後述の可用性にも関連するが、業務により求められる24時間365日に近い連続稼働を実現するため、
計画停止および計画外停止の時間を最小化するための各種設計が行われている。
個々の部品の信頼性(設計・製造・検査、誤り検出訂正機能付のメインメモリなど)に加え、特定の部品で故障が発生した場合の可用性
(重要部品の冗長化、RAIDなど)や、部品の診断や交換が短時間または無停止で行える保守性(各種のログ機能、診断プログラム、ホットスワップなど)
を備える。内部のハードウェアを完全に二重化した専用サーバ(フォールトトレラントコンピュータ、一部のハイエンドサーバ)の他、
通常のサーバを複数使用してコンピュータ・クラスターを構成する場合も多い。またメーカー側は保守部品の長期保管や、
保守契約に応じて24時間365日の緊急出荷体制などを行っている。多数のサーバの稼働状況を遠隔地からも集中管理できる機能が、
ハードウェアおよびソフトウェアにて提供されている。管理はGUIツールの他、遠隔地でも軽くて履歴が残り手順書などに
再利用が容易なキャラクタユーザインタフェースが組み合わされる場合も多い。またネットワークや電話回線経由でメーカーへ
障害情報を自動通知できるものもある。特にデータセンタ用のモデルは、専用のラック、電源(200V、無停電電源装置など)、
空調などを必要とするものが多い。集積度が高いものは、発熱やファンの騒音が大きいものも多く、空冷の他に水冷を採用したサーバやラックもある。

417 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 16:06:05.23 ID:j9/PsUAs0
日本においては、国内インターネット黎明期の1996年に会員制のみゆきネットが登場したことに
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの端緒を見つけることができる(1999年終了)が、
「ソーシャルネットワーキング」という概念を強く意識し、フレンド相互リンク・私書箱・
プロフィール表示という現在のソーシャル・ネットワーキング・サービスの主要機能を
持つものとしては、2002年9月に登場した内野晴仁の個人運営の
公開型ソーシャル・ネットワーキング・サービス myprofile.jpが嚆矢であり、
これに続いて2003年12月にはSFC Incubation Villageにてビートコミュニケーションによる
期間限定のマッチング実験SIV Connectが、そしてネットエイジ社による有料の
合コンマッチングサービスのGocooなどのサービスが開始された。 翌年2004年、2月21日に
田中良和の個人運営GREEが、2月後半にはイー・マーキュリー (現:ミクシィ)
提供のmixiがプレオープン、3月3日にオフィシャルオープンした。その他数ヶ月遅れで、
Yubitomaのエコー、フレンドマップ、Miniiそしてキヌガサなどがスタートした。
Gocooなど古いにもかかわらず、限られたユーザーで普及した理由としては
最初から課金をしてハードルが高かった事が原因にあげられている(課金モデルは途中から変更)。
2004年の段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せた。
当初はウェブメール機能や日記機能をつけておらず、会員数が10万人あたりで、
最初から日記機能のあったmixiに抜かれた(但しmixiもリリース当初はまだコミュニティ機能などは実装されていなかった)。
2010年4月には、mixiのユーザー数(有効ID数)が2000万人を越えた。日本では、従前から数多く存在していた
「Web日記サイト」「グループウェアサイト」「インターネットコミュニティ」などの機能を上手に取り込みつつ、
さらには各新聞社やマスコミの記事を取り扱うなど、一種のポータルサイトとしての機能も持っているものが見られる。
企業・教育機関でも内部向けコミュニケーションから始まり、内定者や学校の卒業生の囲い込みなど、色々な用途に使われている。
最近ではGREE、imapuなどでも携帯電話にも応用されており、さまざまな形でソーシャル・ネットワーキング・サービスは普及している。
熊本県八代市が運営するごろっとやっちろを皮切りに自治体や非営利団体・企業等が運営する地域型のサービスも各地で立ち上がっている。
YouTubeやFlickrといった画像共有・動画共有サイトが人気になったことにより、日本でもAmebaVision(終了)など類似のものが相次いで開設されている。
総務省の発表によると、2006年3月末現在の日本でのソーシャル・ネットワーキング・サービス利用者数は、716万人に達している。
これは前年度(2005年3月末)の111万人の約6.5倍の数字であり、急速に認知度が高まっていることが伺える。
予想ではソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用者数は2007年3月に1042万人に拡大すると見られている。

418 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 16:07:06.42 ID:odQVsy6z0
アフィリエイト稼業の実態
「簡単にお小遣いが稼げる」という謳い文句で会員を集める広告企業は多いものの、2005年に一般のネットユーザー1万825人に
アンケートを取った結果、アフィリエイト利用者の7割の月収は1000円以下、9割の月収は5000円以下と、子供のお小遣いにも満たない
ケースが多数で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイト利用者は全体の2%以下に過ぎない実態が浮き彫りになった。なお、
2008年にアフィリエイトマーケティング協会の会員を中心にした中〜上級のアフィリエイト利用者126人にアンケートを取った結果、
月に5万円以上の収入を得ていると回答したのは36%となっており、稼げるアフィリエイト利用者と稼げないアフィリエイト利用者が
二極化しているともいえる状況である。アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬とアクション報酬の2つがあり、
クリック報酬は、バナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、
アクション報酬では、広告出稿者が任意に成果地点を設定できる。アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方で
いくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう
恐れが大きい。販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促す
インセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体が
ブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などがあった場合にもその取締りは困難である。
このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドラインを出し、適切なアフィリエイトプログラムの
運用を呼びかけている。検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を
表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く
仕組みを構築している。プログラムにより作られた内容に意味のない文章だけのブログもあり、それらは「スパムブログ」、または
「スプログ」などと呼ばれている。このスプログは、制作を簡易にするツールが販売されており、1ユーザで幾重ものスプログが
作られるようになり、物量で収入を稼ぐ悪質なケースに陥っている。検索エンジンサイト・グーグルでは、アフィリエイトを行っている
からといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のないスパムブログ等は検索エンジンに
インデックスしないと公式に表明している。情報商材を中心に広告主と呼ばれる広告出稿側の不正が存在し、具体的な広告掲載側の
不正行為として、以下のようなケースが挙げられる。商品、サービスが成約したにもかかわらず、基準が満たされないなどの理由で
報酬としてカウントされない、報酬として認められる基準が高すぎる、あるいは明記されていないケースもある。報酬として
カウントされたあと、その報酬が支払われない。また、アフィリエイトバナーの中にはコンピュータが危険な状態であるとの虚偽の
メッセージを表示して詐欺的ソフトウェアを押し売るといった問題も発生しており、高額な報酬や豪華な景品を出して広告掲載者を
募っていたケースもあるという。また、いわゆる情報商材の中には現実的ではない方法論や、支払った金額に見合わない幼稚な内容、
他者の著作物の丸写し、あからさまに内容に難があるような方法論すらやり取りされているが、こういった詐欺的な内容では、
「引っかかった側」が損失分を取り戻そうと更にその情報商材の拡散に加担する場合もあり、アフィリエイトを通じて被害の拡大も
懸念されている。

419 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 16:09:03.64 ID:XbNPDlbJ0
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

420 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 16:09:05.22 ID:aQIG1Srf0
アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とはアプリケーションソフト等のサービス(機能)を
ネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みの
ソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。ASPはアプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客にサービスとして
提供することであり、それを行っている事業者である。通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを
経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。
この「ASP」という用語自体は1998年ころから用いられるようになった比較的新しい用語ではあるが、こうしたサービス形態はそれ以前から
存在していた。コンピュータ(およびコンピュータ上で走るソフトウェア)を遠隔利用するというサービス形態自体は1960年代より
存在していたのである。もともと、業務上使用するコンピュータは、ほぼメインフレーム(大型計算機)しか存在しなかったと言えるような時代、
メインフレームではTSSをベースにしたユーティリティ・コンピュータ、VANなどの利用法があった。日本でも1970年代には、
企業・会計事務所・税務事務所など向けに科学技術計算・販売在庫管理処理・税務・会計計算処理などを提供する「(計算機)レンタルサービス」
「計算センター事業者」などと呼ばれるものが数多く存在した。高い時間単価を支払ってそうしたサービスを遠隔利用することが
一般的であった時代があったのである。しかしその後、外部業者の大型コンピュータのサービスをレンタルすることは避け、
自社に小さめコンピュータを導入するようになり、1990年代に入ると、メインフレームと比べてかなり小さくてかなり安価な
「ワークステーション」や「PC」などと呼ばれるコンピュータが登場し、企業ではそれらを導入してクライアント/サーバ方式で
社内で完結したシステムを(安価に)構築する方法が一般的となった。それが普通だと見なされる状況になったのである。その後、
1990年代半ばになると、米国で、業務の標準化やインターネット環境が整備(ADSLやFTTHなどの回線の高速化、および低価格化)
されるようになった状況を利用し、再びかつてのように、ネットワーク経由でサービスを提供する事業者が現れ、特定の企業のアプリケーションを
預かるようなホスティング事業者なども現れた。日本でも一歩遅れて2000年代より、同様のことが普及しはじめた。米国で1998年ごろからこうした事業者を
「ASP」と呼ぶことが行われるようになり、1999年5月には米国でASP Industry Consortiumという業界団体が設立されたのである。
類似用語には以下があるが、ASPを別の観点から呼んだものとも言える。ユーティリティコンピューティング - サービスを使用した量(従量制)で支払う。
SaaS - ソフトウェアをサービスの形で提供する。クラウドコンピューティング - 主にインターネットを経由してサービスを提供する。マルチテナント -
システム環境を複数で利用する。オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet財務会計給与計算
グループウェア営業管理、顧客管理、ICT資産管理 販売管理、在庫管理 コンピュータウイルスのチェック・除去ソフトネット風評監視サービス
(例・電通バズリサーチなど)上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
サービス利用者は、自社でシステム(ハードウェア)やソフトウェアを保有・管理することなく、利用することができる為、
管理コストの削減に繋がる。(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの
保守作業は事業者側が行う)。小規模な場合、サービス利用者はソフトウェアを購入するのに比べて費用が安いことがある。
サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。ソフトウェアのバージョンアップサービス利用者の認証
(利用権限の確認)利用状況の確認や分析不具合発生時の状況確認

421 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 17:05:02.86 ID:/5Ts9p2M0
アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とはアプリケーションソフト等のサービス(機能)を
ネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みの
ソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。ASPはアプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客にサービスとして
提供することであり、それを行っている事業者である。通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを
経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。
この「ASP」という用語自体は1998年ころから用いられるようになった比較的新しい用語ではあるが、こうしたサービス形態はそれ以前から
存在していた。コンピュータ(およびコンピュータ上で走るソフトウェア)を遠隔利用するというサービス形態自体は1960年代より
存在していたのである。もともと、業務上使用するコンピュータは、ほぼメインフレーム(大型計算機)しか存在しなかったと言えるような時代、
メインフレームではTSSをベースにしたユーティリティ・コンピュータ、VANなどの利用法があった。日本でも1970年代には、
企業・会計事務所・税務事務所など向けに科学技術計算・販売在庫管理処理・税務・会計計算処理などを提供する「(計算機)レンタルサービス」
「計算センター事業者」などと呼ばれるものが数多く存在した。高い時間単価を支払ってそうしたサービスを遠隔利用することが
一般的であった時代があったのである。しかしその後、外部業者の大型コンピュータのサービスをレンタルすることは避け、
自社に小さめコンピュータを導入するようになり、1990年代に入ると、メインフレームと比べてかなり小さくてかなり安価な
「ワークステーション」や「PC」などと呼ばれるコンピュータが登場し、企業ではそれらを導入してクライアント/サーバ方式で
社内で完結したシステムを(安価に)構築する方法が一般的となった。それが普通だと見なされる状況になったのである。その後、
1990年代半ばになると、米国で、業務の標準化やインターネット環境が整備(ADSLやFTTHなどの回線の高速化、および低価格化)
されるようになった状況を利用し、再びかつてのように、ネットワーク経由でサービスを提供する事業者が現れ、特定の企業のアプリケーションを
預かるようなホスティング事業者なども現れた。日本でも一歩遅れて2000年代より、同様のことが普及しはじめた。米国で1998年ごろからこうした事業者を
「ASP」と呼ぶことが行われるようになり、1999年5月には米国でASP Industry Consortiumという業界団体が設立されたのである。
類似用語には以下があるが、ASPを別の観点から呼んだものとも言える。ユーティリティコンピューティング - サービスを使用した量(従量制)で支払う。
SaaS - ソフトウェアをサービスの形で提供する。クラウドコンピューティング - 主にインターネットを経由してサービスを提供する。マルチテナント -
システム環境を複数で利用する。オープンソース開発のコミュニティ基盤→CollabNet分散SW開発のエンジニアリング環境→CollabNet財務会計給与計算
グループウェア営業管理、顧客管理、ICT資産管理 販売管理、在庫管理 コンピュータウイルスのチェック・除去ソフトネット風評監視サービス
(例・電通バズリサーチなど)上記にかかわらず、メリットやデメリットを考慮するならば、すべての分野のアプリケーションで利用可能である。
サービス利用者は、自社でシステム(ハードウェア)やソフトウェアを保有・管理することなく、利用することができる為、
管理コストの削減に繋がる。(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの
保守作業は事業者側が行う)。小規模な場合、サービス利用者はソフトウェアを購入するのに比べて費用が安いことがある。
サービス提供者は以下のような事がクライアント側に構築されたシステムよりも容易に可能となる。ソフトウェアのバージョンアップサービス利用者の認証
(利用権限の確認)利用状況の確認や分析不具合発生時の状況確認

422 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 17:07:02.58 ID:WqWHFNus0
日本においては、国内インターネット黎明期の1996年に会員制のみゆきネットが登場したことに
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの端緒を見つけることができる(1999年終了)が、
「ソーシャルネットワーキング」という概念を強く意識し、フレンド相互リンク・私書箱・
プロフィール表示という現在のソーシャル・ネットワーキング・サービスの主要機能を
持つものとしては、2002年9月に登場した内野晴仁の個人運営の
公開型ソーシャル・ネットワーキング・サービス myprofile.jpが嚆矢であり、
これに続いて2003年12月にはSFC Incubation Villageにてビートコミュニケーションによる
期間限定のマッチング実験SIV Connectが、そしてネットエイジ社による有料の
合コンマッチングサービスのGocooなどのサービスが開始された。 翌年2004年、2月21日に
田中良和の個人運営GREEが、2月後半にはイー・マーキュリー (現:ミクシィ)
提供のmixiがプレオープン、3月3日にオフィシャルオープンした。その他数ヶ月遅れで、
Yubitomaのエコー、フレンドマップ、Miniiそしてキヌガサなどがスタートした。
Gocooなど古いにもかかわらず、限られたユーザーで普及した理由としては
最初から課金をしてハードルが高かった事が原因にあげられている(課金モデルは途中から変更)。
2004年の段階では、GREEが最も会員数が多く、イベント中心に盛り上がりを見せた。
当初はウェブメール機能や日記機能をつけておらず、会員数が10万人あたりで、
最初から日記機能のあったmixiに抜かれた(但しmixiもリリース当初はまだコミュニティ機能などは実装されていなかった)。
2010年4月には、mixiのユーザー数(有効ID数)が2000万人を越えた。日本では、従前から数多く存在していた
「Web日記サイト」「グループウェアサイト」「インターネットコミュニティ」などの機能を上手に取り込みつつ、
さらには各新聞社やマスコミの記事を取り扱うなど、一種のポータルサイトとしての機能も持っているものが見られる。
企業・教育機関でも内部向けコミュニケーションから始まり、内定者や学校の卒業生の囲い込みなど、色々な用途に使われている。
最近ではGREE、imapuなどでも携帯電話にも応用されており、さまざまな形でソーシャル・ネットワーキング・サービスは普及している。
熊本県八代市が運営するごろっとやっちろを皮切りに自治体や非営利団体・企業等が運営する地域型のサービスも各地で立ち上がっている。
YouTubeやFlickrといった画像共有・動画共有サイトが人気になったことにより、日本でもAmebaVision(終了)など類似のものが相次いで開設されている。
総務省の発表によると、2006年3月末現在の日本でのソーシャル・ネットワーキング・サービス利用者数は、716万人に達している。
これは前年度(2005年3月末)の111万人の約6.5倍の数字であり、急速に認知度が高まっていることが伺える。
予想ではソーシャル・ネットワーキング・サービスの利用者数は2007年3月に1042万人に拡大すると見られている。

423 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 17:08:02.26 ID:0cgYP0ul0
IPアドレスは数字の羅列で人間には分かり難いというデメリットがあり、一般には英数字を使用した名前(ドメイン名)をIPアドレスに対応させて用いる。
例えば、「ja.wikipedia.org」というドメイン名は「208.80.152.2」というIPアドレスに対応する。インターネットに参加する各組織
(研究機関、教育機関、企業、プロバイダ (ISP) 、協会・団体、政府機関その他)に対して、識別子として(広義の)ドメイン名が割り当てられており、
各組織は所有する各コンピュータに対してホスト名を割り当てる。ホスト名とドメイン名をドット (.) でつないだものが各コンピュータの固有名 (FQDN) となる。
本来接続先ホストにはIPアドレスを指定する必要があるが、(狭義の)ドメイン名とIPアドレスをDNSによって関連づけることにより、
IPアドレスに代わってドメイン名を指定することが可能となっている。しかし、現在主に使われている規格 (IPv4) のアドレスが枯渇しつつあるため
IPv6が開発されたが、対応にはネットワーク機器の更新が必要である上、IPv4とIPv6の機器間では直接通信ができない
(IPv6の機器はほぼIPv4にも対応しているのであまり問題にはならないが)。2011年2月現在、日本での完全な対応は一部のプロバイダや学術ネットワークに
とどまっているのが現状である。インターネットへのアクセス(接続)は、一般にはインターネット・プロトコル技術を搭載したインターネット端末を使用して、
インターネットサービスプロバイダ経由で接続する。また独自ネットワークやイントラネットから、ゲートウェイ等を経由して接続できる場合もある。
初期のインターネットでは、使用言語は英語、文字コードはASCII、文字はラテン文字で、接続デバイスは各種のコンピュータが大多数であった。
1990年以降のインターネットの世界的な普及により、現在では各種のコンピュータに加えて各種の携帯電話、ゲーム機、家電、産業機器などが
インターネット端末機能を持つようになった。接続形態も従来の有線やダイヤルアップ接続に加えて各種の無線通信が一般化した。インターネット上で
使用可能なサービスも、当初の電子メールやファイル転送などから、World Wide Web、インターネット電話、検索エンジン、
ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどに広がり、そのユーザインタフェースもグラフィカルユーザインタフェースやマルチメディア対応を含んだものも普及した。
またコンピューティングの利用形態としてSaaSやクラウドコンピューティングなどの表現や概念が普及する基盤ともなった。これらと平行して、
各種の国際化と地域化、多言語化、他のネットワークや技術との相互接続や相互運用性などが進んだ。
1960年、インターネットの前身ARPANETに直接影響を及ぼした概念であるJ・C・R・リックライダーのタイムシェアリングシステムが発表される。
1969年10月29日、UCLAとスタンフォード研究所 (SRI) 間で接続され、同年12月5日までにUCサンタバーバラ、ユタ大学が接続され4つのノードとなった。
1983年、ARPANETがプロトコルをそれまで利用していたNetwork Control ProgramからTCP/IPに切り替える。
1984年9月、村井純が慶應義塾大学と東京工業大学を接続。同年10月に東京大学が接続され、日本におけるインターネットの嚆矢となる。(JUNET)
1985年、アメリカの「全国科学財団」による学術研究用のネットワーク基盤NSFNetが作られ、インターネットのバックボーンの役割がARPANETからNSFNetへ移行する。
1988年、アメリカで商用インターネットが始まる。1989年、商用ネットワークとNSFNetとの接続が開始される。
1990年、スイスの素粒子物理学研究所・CERNの研究員であったティム・バーナーズ=リーは、当時上司だったロバート・カイリューらの協力により
World Wide Webシステムのための最初のサーバとブラウザを完成させる。
1994年7月、アメリカ・タイム誌で、「インターネットは核攻撃下でのコミュニケーションの生き残りを想定して開発された」という記事が掲載される。以降、ARPANETは
核戦争時のための軍事ネットであるという俗説が流布するようになる。一方、ARPANET立ち上げ時のIPTO責任者であったロバート・テイラーは、この記事に対して事実とは異なる旨、
正式な抗議をタイム誌に対して行った。
1995年には、NSFNetは民間へ移管され、Windows95の登場で一般の人にインターネットが急速に広まった。なお、Windows95の初期バージョンではインターネット関連の機能は
「Microsoft Plus!」による拡張機能とされていたが、OSR2以降は標準搭載されている。

424 :クリックで救われる名無しさんがいる:2014/04/25(金) 17:10:02.82 ID:2spe7WKJ0
検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization、SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)は
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。
これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング
(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。検索エンジンサイトでのキーワード検索結果として、
上位ページと下位ページでは、クリック率・誘導率にきわめて大きなかい離がある。また、検索エンジンサイトの検索結果からの誘導そのものは、
他の広告媒体などとことなりコストがかからないため、企業サイトにとって、極めて効果が高く重要なポジショニングとなっている。 このため、
検索エンジンが検索キーワードによる検索結果として表示する順位の決定アルゴリズムを分析し、自社サイトの上位表示を目指すための修正・
最適化を実施することで、これらを実現する風潮があらわれた。これが検索エンジン最適化である。最適化の対象になる検索エンジンは、
(特にアメリカで)シェアが高いことからGoogle検索であることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!検索対策も重視されている。
SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって
自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の
方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の
動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの
結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、
SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探究の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、
「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」
とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を
目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。
日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは
検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。
歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、
評判のわるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障を
きたすようになった。そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、
余分な提出に対するフィルタリング作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを
提供しているが、この経路での分類登録までの期間は保証していない。Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は
支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を
知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示されることを防ぐ種々の手段を用いている。

504 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)