5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

何でもいいから怖い話を集めてみない?

1 :本当にあった怖い名無し:2012/02/19(日) 22:44:52.93 ID:TxXUcHPC0
洒落怖レベルじゃないがほんのりじゃ物足りない
そういう話を集めてみるという、洒落怖の姉妹スレです

・ほんのり以上、洒落怖未満(並か以上でもかまいませんが)の怖い話
・ジャンルや、事実の有無は問いません。
・創作も歓迎です(創作と宣言すると興ざめてしまう方もいますのでご注意ください)

【重要ルール】
 ・他の人が書き終えるまで投稿は待ちましょう。
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
 ・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。
 ・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からのサイトからは許可を取ること。
 ・文での感想はOK。点数形式での採点はNG。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。
 ・次スレは950レスを超えてから立ててください。

洒落怖
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1328889995/

ほんのり
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1328175788/



2 :本当にあった怖い名無し:2012/02/19(日) 22:52:36.05 ID:TxXUcHPC0
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part78から

711 本当にあった怖い名無し sage 2012/02/15(水) 12:45:08.87 ID:EEZ2lDiO0
身バレしそうで怖いけど、いまだに不可解な体験をひとつ。
私が中学生の頃、友達と一緒に、近所の稲荷祭りに出かけました。
小さい境内に似合わず、人もたくさんくる賑やかなお祭りで
準備はもちろん、出店もほとんど、近所の人たちでやっているので
少しくらい帰りが遅くなっても大丈夫なので(最後には誰かしら一緒に帰ってくれる人がいる)
私は毎年遅くまで居座っていました。

その年も、夜9時くらいにお祭りが終わり、近所に住む友達と一緒に
後片付けを手伝っていたのですが、最後に、残った生地でお好みを焼いてもらったので
お稲荷様におすそ分けして、友達とお社のまえに設置された椅子に座って、わいわい食べていると
「○○(私)ちゃん○○くん、そろそろ帰るべし、いっしょにあんべ〜」と呼ばれました。

はーいと返事したのですが、呼んでくれた近所のおいちゃんは気付かず
私たちの名前を呼び続けていました。
おかしいなと思って、立ちあがって、大きめの声で返事しながら手を振ったのですが
おいちゃんは気づきません。
それどころか、「○○と○○、どこさいったか知らねぇか?」と、他の大人に
聞いていてまわりはじめていました。
こんなに近くにいるのにと思いながら、急いでゴミを袋に入れて
おいちゃんのところへ行こうとしていたら、おばちゃんが
「あれっ、二人して、そこで食べてたけど」って、私たちのほうを指さして言ってました。

えっと思いながら、おいちゃんとおばさんのところに、ここにいるよーって
大声だしながら走っていたのですが、ぜんぜん気づいてくれません。
肩とか叩いているのに、無視されているというかなんというか……

ちょっと怖くなって、一緒にお好み焼き食べてた友達の手をにぎったら
その子は「なんだろう、どうしたんだろうね」と、首をひねっていましたが
そのうち、私たちを探し始めて大騒動になってきました。

3 :本当にあった怖い名無し:2012/02/19(日) 22:53:14.27 ID:TxXUcHPC0

715 本当にあった怖い名無し sage 2012/02/15(水) 13:33:33.58 ID:EEZ2lDiO0
私は中一で、友達が高一だったので、送って帰っていったんじゃないかと言いはじめ
私も友達も、頭が????のまま。必死になるべきなのか、からかわれているのか
わからないまま、冗談やめてよーみたいな感じで、大人のまわりを
うろちょろしていました。

でも、境内の脇に、私と友達の自転車がみつかって、カゴに荷物も入っていたことから
なんかおかしいということになり、あれよあれよと大騒ぎになってしまいました。
友達もさすがに、なんかおかしいよコレといって、
いっしょに境内を出て、神社隣の酒屋にあった公衆電話から、友達の自宅に電話をかけました。
(当時は携帯電話が普及しはじめたところで、田舎の高校生では
携帯を持っている人は少なかったのです)

あいにく、友達の両親は留守だったので、私の家に電話をかけました。
母親が出たのでたのですが、私が「もしもしお母さん?」といっても、
「もしもし?もしもし?」と返事がかえってきて、こちらの声が聞こえていないようでした。
しまいにはイタズラと思われたのか、切られてしまいました。

なにがなんだかわからないまま、もう一回かけたのですが、
やっぱり声が届いていないようで、イタズラなら切りますと言われてしまいました。
そのことを友達に話していると、お祭りにいた人達が私たちのところへ向かってきたので
ほっと安心したところ、私たちを素通りして、酒屋の裏手に向かい
「○○さん、電話かしてけでー」といって、入っていってしまいました。

誰に声をかけても気付かれないので、自転車にのって帰ることにしました。
左手にずらっと田んぼがあり、右手に畑が連なっている道で
お祭り帰りの高校生もいて、声をかけたのですがやっぱり気付かれず。

なんともいえない気分で、無言のまま、二人で自転車こいでいると
「ちょっとまって」と、友達がいきなり自転車をとめて
「自転車おいて、歩いていこう」というので、その通りにしました。

4 :本当にあった怖い名無し:2012/02/19(日) 22:53:32.94 ID:TxXUcHPC0


716 本当にあった怖い名無し sage 2012/02/15(水) 14:00:44.17 ID:EEZ2lDiO0
自転車のライトが消えて、当然真っ暗になったのですが、友達が
「そのキーホルダー、かごに入れて」というので、私のバックについていた
光蓄するキーホルダーをとって、自転車のかごに入れました。

頭が働かなくて、言われるがまま自転車を乗り捨て、友達に手をひかれて、
右手の畑を通って、トウモロコシ畑に入りました。
「しゃがんで、あれ見て」と友達がいう通り、さきほど通っていた道を見たら
点々とある街灯のあかりの下を、祭り帰りの人も通ってゆくのですが
黒い影とも、白い影とも、透明ともいえない……表現しにくいのですが
なにか人影のようなものも通り過ぎていくのです。

蜃気楼じゃないよねとか言っていたのですが
「あれにライトあたったとき、顔みえた」と友達が言ったのを聞いて
ゾッとしたのを覚えています。そのうえ、私たちの後ろをついてくる同じ影がいて、
わざと普段通らない道を通ったりしてきたそうなのですが、やっぱりついてくるので
試しにライト消して隠れてみた、みたいな説明をしてくれたのですが
これからどうしたらいいのかわからず、しばらく畑で座ってました。

15分くらいすると、警察のパトカーが道を通りすぎ
もしかして私たち通報されたんじゃないみたいな話をしていたときでした
友達が私の手をにぎったので、ただ事じゃないと思って黙ったら
畑の向こうから、影みたいなのが数体、こちらの畑に入ってきたんです。

腰を低くして早足でトウモロコシ畑を抜け、川の土手を這うようにして走りました。
それから、どん詰まりにある自宅には向かわず、明るくて、ここよりは人の多い
24時間やってるスーパーへ行こうということになり、後ろを振り向かないで
ひたすら走りました。


5 :本当にあった怖い名無し:2012/02/19(日) 23:21:45.02 ID:bQI+oXp/0
このスレはアフィサイトへそのまま転載しますので、ルールがどうとか余計な事は書き込まないで下さい


6 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 00:18:23.45 ID:z/gPltCD0
>>5
早速こっちにも荒らしかよ

7 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 01:07:33.07 ID:+XQM14710
ここに書かれた話は最初に書かれたところに、このスレが最初ならば2ちゃんねるに著作権が存在することになります。
アフィリエイトサイトなどに無断で転載すると著作権を侵害する行為となります。

8 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 02:31:47.79 ID:5RJQ/HEw0
とりあえず乙

9 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 06:32:35.57 ID:QDdu+rgB0
>>7
関係ないね
まるごとアフィサイトに転載するから自治厨は来るなよ

10 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 09:08:47.56 ID:z/gPltCD0
>>9

おまえ、その煽り方は嫌儲の荒らしだな。

11 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 10:00:45.76 ID:46ptuo2E0
長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて
「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」
と言い交わしていた。
しばらくして、婆さんが先に死んだ。
爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。
すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする
爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが。
ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。
男が留守番をしていると、壁の中から婆さんの声がする

「じいさん、じいさん…」
男は答えた。
「はいはい、じいさんはここにいるよ」
最初のうちは答えていた。
けれどしかし、婆さんの声はなんどもなんども呼んでくる。
「じいさん、じいさん…」
やがて、男は耐えきれなくなって叫んだ。
「うっせえ! じいさんはいねーよ!」
すると、壁の中から鬼の形相をした老婆が現れ、「じいさんはどこだあ!」と叫んだ


12 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 10:01:11.82 ID:46ptuo2E0
すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが飛び出したばあさんを映し出す
「JI-I-SA-Nは」「どこだ!」ステージにばあさんの声が響く
詰め掛けたオーディエンスはばあさんの久々のステージに期待で爆発しそうだ
今晩も伝説のリリックが聴ける。ストリート生まれヒップホップ育ち。本物のラップが聴けるのだ
キャップを斜めに被りオーバーサイズのTシャツをきたじいさんがターンテーブルをいじりながら目でばあさんに合図する
重たいサウンドがスピーカーから響く。ショウの始まりだ
「 ここでTOUJO! わしがONRYO! 鬼のGYOUSO! ばあさんSANJYO!
 違法なMAISO! じいさんTOUSO! 壁からわしが呼ぶGENCHO!
 (ドゥ〜ン ドゥンドゥンドゥ〜ン キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)
 年金減少! 医療費上昇! ボケてて大変! 食事の時間!
 冷たい世間を生き抜き! パークゴルフで息抜き!
 どこだJI-I-SA-N老人MONDAI! そんな毎日リアルなSONZAI!
 SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」
じいさんのプレイも好調だ。オーディエンスの熱狂はこわいくらいだ。
まだ、俺らの時代は始まったばかりだ、そんなメッセージがばあさんの口から飛び出していく
本物のヒップホップが、ここにあるのだ。


13 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 17:36:57.26 ID:5RJQ/HEw0
↑これあきた

14 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 20:22:57.07 ID:45++N6gt0
このスレは何を貼ってもいいんジャマイカ?

15 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 20:29:59.30 ID:kEqdQTku0
こいやこいや!
なんでもこいや!

16 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 21:43:24.29 ID:InIcb8fB0
俺、四国に凄い田舎に住んでて、子供の頃から知り合いの漁師さんから聞いた話。

たまにその漁師さんと沖に伝馬船だして貰って釣りに行く。
いつものように竿だしてると、その人が「お前足どしたん?」と。
みてみると丸く赤く腫れてる、何処で出来た傷なのかまるで検討も付かない。
漁師さんの顔が急に真剣になり「お前だれぞに恨まれるような事してないか?」と。
全く身に覚えがない事を伝えると「それ犬神かもしれんけん、とりあえず原因解るまで船にはのせれん」と。
釣りは中止、急いで病院に行くことになった。んで見て貰った結果、桜の花粉かなんかに負けてるって言われた。

17 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 21:44:00.48 ID:InIcb8fB0
それから犬神発言が気になってしょうがなくて、その漁師さんの家で聞いた話
仮にその漁師さんをAさんとします、ちなみに年齢は70代後半かな。

Aさんがまだ若い時、その漁師町には犬神憑きと呼ばれる家族がすくなくとも4つ以上あったらしい。
その犬神憑きの人達は見た目から違ってて、一目見るだけで解る風貌をしてたそうです。
なにか困ることがあると、と言うより嫉妬、恨みの願い事があればその家に行き
作物、魚等を持って行き対象の人物の名前を言うだけで良かったそうです。
その後その対象の人物の体の一部に犬に噛みつかれたような痣が付き不幸が訪れる、と。

18 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 21:44:47.03 ID:InIcb8fB0
お払いを受けた後、傷は消えて漁も普通に出来るようになったそうです。
暫くたったある日、犬神憑きの家の人が尋ねてきて、お前の肩に犬神を付けたのは○○だ、と言いに来たそうです。
その時その相手に犬神を憑けてやろうか、と持ちかけられたそうです。
Aさんは気持ち悪いのと、早く帰って欲しい、犬神憑きの人間と付き合いがあると隣人に知られるのが嫌で
丁重にお断りして帰って貰ったそうです。

一応、俺が聞いた話は以上です。


19 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 22:20:46.63 ID:j7iAg8x60
知り合い(A)が高校生の時の話
仲の良い友達(B)が新築 の家に引越した。
その話しを聞いたAは、友達Cと一緒にBに「おー今度お前んち遊びに行くぜ!」なんて感じで言ったら、何時もは気の良いBは何故か元気無く(暗い)「…良いよ」の返事
Aは(何か変だなぁ)と思った
で、約束の日、友達Cと一緒にBの新築の家に行った。
Aは(やっぱり新築だから綺麗だし、立派なつくりだなぁ)と思った。
Aは玄関のインターホンを鳴らした
玄関が開きBが出て来た。
「おお来たで!」とかなんとか挨拶を交わし家に入った。
A(新築で綺麗なのになんでこんなにドンヨリしてんだろう?)でBの部屋に通され、最初は家の話から学校の話と色々雑談しとったんですわ
一応泊まりで遊びに行くということだったので、夕飯をご馳走になることに
しかし夕飯どきだというのに家族が誰もいなかった
で、Bは「こんなのしか出せなくて悪いけど」と言ってカップラーメンを一緒に食べた。
A(家族はどうしたんだろう?Bはずっと暗いままだし)
Bのことが心配になっていった

20 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 22:21:54.01 ID:j7iAg8x60
Bの様子の変わり様に心配になったAはぶっちゃけて聞いた
(どうしたの?お前すごい暗いけどなんかあったの?悩みでもあるの?)
最初は黙っていたB
沈黙のあと重い口を開いた

B「実は、この家に引越してきてから、雨の日になると母親が変な事を言うようになった」と言うBは信じられないかもしれないけど、と前置きした
B「(母親が)雨が降ると武者の霊が出る。武者の霊が出て背中を斬られる。と言い出したんだ」
最初はBとBの父親は信じなかった
でも雨が降るたびに、母親は「武者の霊が出る。背中を斬られる」と必死に訴えてきた。
そして、母親に背中を見せられると、たしかに何かに斬られた跡というか、みみず腫みたいなあとがいっぱいあった
BとBの父親は、(こりゃただ事じゃない)と思い次の日に病院に連れて行っただ。
医者に事情を説明して診てもらった。
医者が言うには精神的なストレスからくる自傷行為だと言うことだった。
しかし、Bも父親も納得いかんかったんや
それは母親の手の届かないところにも傷があったから
 
その後も雨が降るとBの母親は武者が出る、斬られると言う。
しかし、それだけでは済まんかったんや
今度はBの父親の前にも姿を現すようになった
そしてついにはBの前にも‥

21 :本当にあった怖い名無し:2012/02/20(月) 22:22:35.54 ID:j7iAg8x60
Bの父親は親戚に相談したところ、ある霊能者を紹介された
紹介された霊能者に起こった事を相談したら直接家に来てくれる事になった。
家に霊能者が来て家の中を見て回った。
そして紙を取り出し絵を書き出した
霊能者「雨の日に出る武者の霊とはこんな感じですね?」
と紙に書いた絵を見せられた
その絵をみたB一家は絶句した
B達がみた武者の霊と特徴から何からピッタリだったからだ
(BにA達はその絵を見せてもらったらしい。Aはその絵を見た時が一番恐かったらしい)
霊能者は、「この家にいる霊はあまりにも強力過ぎて一人ではとても対処しきれまない。後日助っ人を連れてくるので、今日は出来るだけのことをして帰ります。」と言ってお札を貼ったりしてその日は帰った。
Aはその霊能者が貼ったお札も見せてもらった。
で、結局その日はAとCは帰ったそうな。
Aはその後Bにどうなったのか聞いた。

B後日談
霊能者は助っ人を二人連れて家に来てくれた
しかし、あまりにも強力で3人でも抑えられなかった
このまま家に住み続けると家族全員死んでまう、ということで結局家には住めないということななってしまった
でBの家族は離れたところに引っ越す事になった。
引越しの日に霊能者3が来てくれた
霊能者は、家から出る時について来ないようにするだけで精一杯だと言う。
そのままBの父親と母親は引越し先に行き、Bは学校があるので親戚の家に居候する事になった
霊能者が、その武者の霊の正体を教えてくれた。
昔、3人の武者がいた
その内の一人が上司で二人が部下
なにかしら下手を打ってしまい、その責任をとるために林のなかで3人は切腹し自害した
上司の命令で仕方なく切腹した部下2人
納得がいかないまま自害したため、その無念の思いが強すぎてその地に自縛霊となり上司も取り込まれてしまった
その地に留まった怨念が他の悪い者を呼び寄せてどんどん大きくなってしまったらしい。
その林を開拓して建てたのが、Bの家だった

22 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 08:27:24.73 ID:wjod+sk+0
>>18
なかなかおもしろい。家系スレのほうがよかったかもしれないけど。

23 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 09:20:26.51 ID:5f6WkfuQ0
頑張ってるねえ腐れ作者()君
それともアフィ乙?

24 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 10:57:34.63 ID:0bN9L5Qi0
>>23
荒らしとDQNの巣窟の嫌儲板にかえれ。

25 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 12:32:44.34 ID:ZmctabwH0
                rへ __  __
くヽ  l^ i         /: : : : : : : : Y: :ヽ
. \\l  l.       /: :./ l: :.lヽ: : :ヽ: : :ヽ
   \\l       //: :/ノ  l: :ト、ヽ: : :',: : :. ',
    \\     / l: :/ ○ 丶l ○ l: : :ハ: : : :',   
       \\ _/: :l: :l@┌‐┐ @ l: :/: :l: : : :.',   おことわりだぁ
        \/:::::::\ヽl.\ |   !   /:// l: : : :..i
         {::::::::::::::::: `T7└‐┴‐<    l: : : :. l
           `r──‐┼-/l/l// _ヽ  l: : : : : l
         /: : : : : : | /:/: l: : : :Y:::::::l  l: : : : : :.l
        ,': : : : : :./ /: /: : : : l:::::::::l.  l: : : : : : l
          i: : : : : く/レへ: : : : l::::::::::',. !: : : : : : l
.         l: : : : : : :\:::::::::::ヽ イ:::::::::::::〉 l: : : : : : : l
        l: : : : : : : : :ト、:::::::::::::::>tjtjtjノ l: : : : : : : :l
        ',: : : : : : : :/├‐┤|─ '"|   l: : : : : : : :l
        ヽ: : : : / .l:::::::| l:::::::::::l   ',: : : : : : :,'
          \:/    l:::::::l |::::::::::l   ヽ:: : : : /

26 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 17:35:40.11 ID:MGHmy6bd0
>>24
アフィカス乙

27 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 19:55:32.34 ID:DDEKS8K90
>>24

                      クルッ
.                     ハ,,ハ    ミ  _ ドスッ
.                    ( ゚ω゚ )彡―─┴┴─―
    *  *  *  \       /   つ  お断りし /      ハ,,ハ
  *          *   \   〜′ /´ └―─┬/       ( ゚ω゚ ) お断りします       
 *    ハ,,ハ     *   \   ∪ ∪      /        /    \         
 *   ( ゚ω゚ )    *     .\         /       ((⊂  )   ノ\つ))         
 * お断りします  *.     . \∧∧∧∧/             (_⌒ヽ         
  *           *       <         >            ヽ ヘ }         
    *  *  *        < の し お >       ε≡Ξ ノノ `J               
────────────< 予 ま 断 >────────────
.        オコトワリ      < 感 す り >
  ハ,,ハ    ハ,,ハ     .ハ,,ハ  <. !!      >     ハ,,ハ
. .( ゚ω゚ ) . ( ゚ω゚ )  ( ゚ω゚ )  /∨∨∨∨\   ( ゚ω゚ )<お断り    .ハ,,ハ
   │      │      │   /          .\         します>( ゚ω゚ )
,(\│/)(\│/)(\│ /.              \
               /   ♪お断りします♪  \
              / ハ,,ハ   ハ,,ハ   .ハ,,ハ   ハ,,ハ\
.              ( ゚ω゚ ) ( ゚ω゚ ) ( ゚ω゚ ) ( ゚ω゚ )

28 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 20:41:18.66 ID:0bN9L5Qi0
けん☆もー

29 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 22:53:21.40 ID:IK6ie+2J0
去年の事ですが、眠れなくて深夜に見るともなくTVをつけていました。
その時も2chをしていたと思います。
ただ音が無いとさびしいから、という理由でTVをつけていたのですが、ふと話しているのが
耳に入り、そちらに興味が出て見てみました。
その番組は、若い人達が車座になって座って若手お笑い芸人らしき二人が司会のように話を振っていました。
薬物中毒の恐ろしさ、というテーマでした。
特別薬物に興味があったわけでなく、その頃夜回り先生の本を見たから、というので興味が出たんだと思います。
そして、ある男の人が出てきて、その人は元覚醒剤中毒者で、今現在薬物依存症から離れる事が出来て、
その恐ろしさを発言する事で、警告する活動をしていると言っていました。
その人が話し出してから、何か鼻の奥に嫌な違和感が出てきました。
臭いような痛いまで行かないけれど、じんわりと何かいやな感覚がします。

その人が、自分が覚醒剤を使っていた時に体験した話をしています。
若い女の子達の声で「あはは。死んじゃえよ」「怖いから死ね無いんだろ」と嘲り笑うそうです。
その人はその声に対抗して「死んでやるよ!うるさい!」とか言い返して、包丁を振り回したりしていたそうです。
その話を聞いているとき、とにかく鼻が気持ち悪くてティッシュを取って頭を上げると、画面に写っている
その男の人とまったく同じ顔が画面の手前に立体的に浮き上がっています。
その人越しにTV画面も見えているのですが、透けているわけでもなくその顔があります。
画面では、話を聞いている他の人達に移り変わったりもするのですが、TVの前にあるその顔はそのままずっと
まっすぐ見つめて、画面から聞こえてくる言葉と同調して口も動かしています。


30 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 22:54:10.54 ID:IK6ie+2J0
すると、その女の子の声がする、という話にまた戻って、他の人の場合はお婆さんのこえだったりする、とか
言う話になって、その人が自分の声はとにかく女の子で、ずっと聞こえる、と耳に手を当てて話してました。
すると画面前に浮かんだ顔、その顔に小さなニキビのようなぷつぷつが頬にあるのが判り、そんな細かくまで
見えるんだ、と、思わずよく見てしまい、それを後悔しました。
するとそのニキビの先が黒くて、黒ニキビ?と思ったら、黒いのは黒ふちがついた穴でその穴が良く見ると動いています。
あ!と思ったらそれは無数の吹き出物の先についている口で、その小さな口が口々に「死んじゃえよ」「あひゃひゃ」「うざいんだよ」と
喋っているのです。
口が小さいから、女の子のような声に聞こえるようでした。
それが一瞬にして判った瞬間、怖くなりチャンネルを変えました。
気付いたのが判って、その首と目が合ってしまったら・・・という恐怖を感じたからです。
チャンネルを変えたらその首は無くなりましたが、とにかく怖くなってイヤホンをつけて
布団にもぐりこんで寝てしまいました。

死んだ人ではないのに、なぜかこんな風に見えたのは初めてでした。
話が判りにくかったらごめんなさい。

31 :本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 23:32:50.66 ID:fLjV3X7c0
>>30
                rへ __  __
くヽ  l^ i         /: : : : : : : : Y: :ヽ
. \\l  l.       /: :./ l: :.lヽ: : :ヽ: : :ヽ
   \\l       //: :/ノ  l: :ト、ヽ: : :',: : :. ',
    \\     / l: :/ ○ 丶l ○ l: : :ハ: : : :',   
       \\ _/: :l: :l@┌‐┐ @ l: :/: :l: : : :.',   病院に行けぇ
        \/:::::::\ヽl.\ |   !   /:// l: : : :..i
         {::::::::::::::::: `T7└‐┴‐<    l: : : :. l
           `r──‐┼-/l/l// _ヽ  l: : : : : l
         /: : : : : : | /:/: l: : : :Y:::::::l  l: : : : : :.l
        ,': : : : : :./ /: /: : : : l:::::::::l.  l: : : : : : l
          i: : : : : く/レへ: : : : l::::::::::',. !: : : : : : l
.         l: : : : : : :\:::::::::::ヽ イ:::::::::::::〉 l: : : : : : : l
        l: : : : : : : : :ト、:::::::::::::::>tjtjtjノ l: : : : : : : :l
        ',: : : : : : : :/├‐┤|─ '"|   l: : : : : : : :l
        ヽ: : : : / .l:::::::| l:::::::::::l   ',: : : : : : :,'
          \:/    l:::::::l |::::::::::l   ヽ:: : : : /

32 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 00:15:00.68 ID:HNcZRYze0
最近デジャブ?(以前に見たことある光景)ってのがすごい多いんだが
何かあるんけ?

33 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 03:43:21.80 ID:r2xxH9400
誰に聞いてんだ?キミの脳内のことなぞ他人は知らんと思うぞ

34 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 07:02:14.69 ID:7XAR6DlcP
>>32
初めて見たものが瞬時に過去の記憶として脳に記憶されてしまう現象ね。
で、「あっこれ見たこと、体験したことある!」てなるわけ。
起床就寝時間や食事する時間がまちまちじゃない?
規則正しい生活してると治るかもよ。

35 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 07:45:45.42 ID:1ay8BAws0
今年3月31日に、ハッカー集団Anonymousが
世界中のインターネットをダウンさせるってホントかな。怖いよ。


36 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 09:18:35.43 ID:TH4tJmsLO
狐の毛皮をぞんざいに扱ってたら狐につままれたことあるよ

足先からゾワッと寒気がしたのは生まれてはじめてだった

37 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 19:10:58.63 ID:4v7tXfgA0
ちょっと違った角度の怖い話をしてみたい。

今から11年くらい前だろうか?神戸須磨区の出来事。あらかじめ言っておくが、
これは霊やら、化け物の類の話では無い。人間の怖い話。そして、自分が知っている
限りの実話である。おそらくこの話を知っている人も多いと思うが、その真相を知っている
人はいないだろう。そして、この話を最後まで見て嘘だと思うのなら、自分なりに調べて
貰えば、その不思議さに気づくはずだ。本もたくさん出ているし。ネットでそれなりの情報
を得る事もできる。

本題に入ろう。小学生のJ君がある日突然行方不明になった。両親は心配し、警察に捜索願い
を出した。この頃神戸では小学生が襲われる事件が多発していたので、翌日から公開捜査と
なった。地元の人間も公開捜査に協力し、警察も含め計400人大勢での捜査が行われた。

警察は警察犬を連れ、2日間公開捜査をしたにも関わらずJ君を発見する事はできなかった。
そう。これは過去に起きた大事件神戸連続幼児殺傷事件である。
みなも知っている通り当時14歳の少年が犯人となり、この事件は幕を閉じた形になる。

通常犯人逮捕で事件の幕は閉じるが、この事件は犯人逮捕によって幕が開いた。

ここで重要なのは2日間400名以上の人間で行った公開捜査でも遺体を見つけられなかった事だろう。
ちなみにこの2日間と言うのは5月25日、翌日26日である。この日付が重要なので頭にいれておいて
貰いたい。



38 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 19:11:44.05 ID:4v7tXfgA0
結論から言うと、遺体の同体部分は通称「タンク山アンテナ基地内」で発見される。
そして頭部は中学校正門前に置かれていた。両方とも5月27日である。

当初警察は「J君はタンク山以外の場所で殺害され、公開捜査を打ち切った27日にタ
ンク山に運ばれた。」という見方だった。この根拠は2つ。

1・J君の遺体(同体部分)にタンク山の土が付着していなかった事。

2・何より2日間の公開捜査でもタンク山アンテナ基地内で遺体が発見できなかった事。

タンク山というのは地元の人なら分かると思うが、人が行方不明になったとしたら真っ先
に疑う場所である。事実公開捜査の2日間でも警察、地元住人はタンク山を疑い、捜索していた。
それでも同体部分は見つからなかった。

いざ犯人が捕まり、蓋を開けてみれば(調書を見てみれば)驚くべき内容が載っていた。
なんと犯人はその場所(つまりタンク山アンテナ基地内)から遺体は移動していないという。

ちなみに27日に同体部分が見つかった時はいとも簡単に胴体部分が発見されている。
公開捜査を打ち切った日にも関わらずにだ。

新聞記事(犯人逮捕前)にもこう書かれていた。
「用意周到な犯人が珍しく慌てぶりを思わせる状態でJ君の胴体部分が発見された。
アンテナ基地内から足がはみ出し、犯人の慌てぶりを思わせる状態で発見された。」

この状態でなんで公開捜査で発見できなかったのか?警察犬もいて死臭にすらも気
づかなかったとでもいうのだろうか?死後2日たっているのにか?


39 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 19:12:35.84 ID:4v7tXfgA0
否。常識的に考えてもタンク山で殺害された事事態が嘘だろう。仮に犯人の供述
どおりだったとするなら、2日間の公開捜査で見つけられなかった事はどう説明するのか?
犯人の供述に嘘があったとするなら話は更におかしな方向へと進んでいく。

犯人は14歳の少年である。自分の場所も、車すらも持っていない人間が、「人間の同体
部分」をどう誰にも見つからずに移動するのだろうか?仮に見つからずに移動できたとして
どこに隠すのだろうか?

不思議なのはこれだけではない。同様に頭部に関しても不思議すぎる事がある。
頭部は午前6時40分に学校の正門を開ける用務員の通報によって発見された。

そして当初の警察の見方は「犯人は午前5時30〜午前6時40分の間に頭部を正門に
置いた。」としていた。

この根拠は以下の2つ。

1・午前5時〜5時15分の間に頭部は無かったという多数の目撃証言がある事。

2・午前5時30〜6時40分の間に頭部の位置が何度も変わっていたという多数の
  目撃証言がある事。

しかし犯人の調書を見てみれば驚くべき事が明らかになる。
「僕は午前1時〜午前3時の間に頭部を正門に置きに行きました。」

だとすると、多数の目撃証言はなんだったのだろうか。ちなみに犯人は
この日(すなわち27日)に午前5時以降完璧なアリバイがある。


40 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 19:13:12.30 ID:4v7tXfgA0
自分の分を読み返して見ると説明が不十分な所があるので付け加えておく。
調書によればJ君殺害は24日である。そして、タンク山アンテナ基地付近から
タンク山アンテナ基地内に遺体を移すものの、その後大きな移動はしていない。

大きな移動をしていないというのは、24日に殺害するがこの日に頭部を切断した
わけではない。頭部を切断したのは翌日の25日である。
25日に頭部を切断する際、一旦遺体を取り出すために少しだけ移動するものの、
大きくは移動していないという事だ。

つまり25日、26日の2日間の公開捜査で胴体部分が発見できなかったのはおかしい
のである。

おかしいと言えば切断した25日だろう。犯人は調書でこう語っている。
「フッと(24日の)夜中に頭部を切断したくなって翌日頭部を切断する事を思いつく。」

そしてその思いを実行に移すのだが、ここが最も不思議な所だろう。
「25日の午後1時〜3時の間に首を切りに行きました。」

先も触れている通り25日というのは公開捜査の真っただ中である。調べてみれば
分かると思うが、5月25日は日曜である。つまり犯人は公開捜査の中の真昼間しかも
日曜日に地元住人なら誰もが疑うタンク山アンテナ基地内で誰にも見つかる事なく
頭部の切断に成功しているのである。

最も、偶然に偶然が重なって奇跡的に見つからなかった可能性は否定できない。ただし、
それは結果論であって、実際の本人の心境は「いつ人が訪れるかも分らない中ドキドキしな
がら、頭部を切断した」はずだ。

しかしその臨場感に関しては調書には一切触れていない。


41 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 19:14:00.02 ID:4v7tXfgA0
なぜここまで私がこの事件に詳しいのかというと、犯人の同級生だからである。
同じクラスメイトだったというだけで、友人としての交流は一切無かった。当時
犯人逮捕された時、自分は「そんな訳ないだろ?」と思ったのが率直な意見だった。

もちろん根拠に基づいた意見ではない。自分の知っている限りの彼の性格を考えた
だけの意見である。時間がたつにつれ、「確かにやったと思えばそうなのかもしれないな。」
という意見に変わってきた。

もちろん自分自身も公開捜査にも協力した。これは自主的な物ではなく当時学校のPTAからそういう
支持があったからだ。タンク山もそれなりに捜索してみたが、特に変わった様子もなかったのは記憶
している。地元の事件だからこそおそらく他の地域の人よりもニュースやテレビにも釘付けになった。

そして文春がこの事件の調書を公に公開したのを機に、これはおかしいぞ。と疑い始めたからだ。
現時点で何がオカルトなのか読んでいる人はまだ分からないかもしれない。
しかし最後まで読んでもらえれば、この事件のオカルトに気付いてもらえると思う。

42 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 19:14:50.47 ID:4v7tXfgA0
話を神戸連続幼児殺傷事件に戻すが、当時の新聞記事で最も自分が恐ろしいと思った記事を
記憶しているから載せておく。もちろん文体は少しかわっていると思うが、この内容はほとんど
同じと思う。

「捜査本部は当初27日午前5時30分〜午前6時40分の間、犯人が頭部を置いた正門前付近に約
1時間にわったて潜んでいたと見ていたが、この時間帯は既に人の通りも多く、見つかるリスク
を背負ってまで現場付近に潜み、何度か頭部を移動したのは考えにくいという。」

この文章のどこが恐ろしいのか、初めて読んだ人は理解ができないだろう。ただし事件の内容
を理解してからこの記事を読めば、いかに恐ろしい内容か理解できるようになると思う。

とりあえず上の新聞記事をもう一度読んでもらいたい。よく見れば分かると思うが、これはあく
までも警察の「考え」でしかない。
警察は「見つかるリスクを背負ってまで現場に潜んで犯人が頭部を移動するわけがない」と
「考えた」わけだ。

ただし、5時30分〜6時40分の間に頭部が何度も移動していたというのは多数の地元住人の目撃
証言であって、「考え」よりも信頼度が高いものなわけだ。
皮肉をこめて言えば警察は「地元住人の目撃証言はあてにならない」と「考えた」わけだ。

もちろん警察にもそれなりの根拠に基づく考えはあったと思われる。この考えについては後で
説明する。



43 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 19:15:41.01 ID:4v7tXfgA0
一応勘違い無いように説明しておきますが、「冤罪」の可能性について話そうとしてるわけではありません。
誤解しないで下さい。

「地元住人の目撃証言はあてにならない」と警察が「考えた」のは頭部の位置や向きが変わっていた
という目撃証言だけではない。後にガセネタと言われ、すべてあてにならない。と警察が「考えた」
目撃証言は誰が見ても理想的な犯人象だったと思える。

まずJ君がほとんど目撃される事なく連れ去られている事から車を使った犯行だと考えるのは自然で、
当初目撃証言の多かった「黒い不審なブルーバードに乗った男」は重要な目撃証言だっただように思う。
この「黒いブルーバード」は事件の起こる1か月前からJ君宅付近で何度も目撃されている。

J君宅付近でしか目撃されていないのなら、犯人が捕まった時点で「無関係だった」ですまされる
だろうが、もはやこの「黒いブルーバード」無関係ではすまされない目撃証言まである。

その「無関係ではすまされない目撃証言」の中でも最も重要だと思う記事だけ載せておく。
「第一発見者が通報したのが6時40分。6時30〜35分の間に不審な黒いブルーバードが正門に運転席を
前にする形で占領するように停車していた事が分かった。発見したのは地元のトラック運転手で、正門
を開けるわけでもなく、何をするわけでもないので不審に思い約1分間にわたって不審な車を見ていた
と言う。」

これは言うまでもないが「頭部が正門におかれた27日」の事である。この時間帯に頭部がおかれている
事はほぼ確実で、この不審なブルーバードは同様の形で正門前に停車している所を5時30分に散歩中の
主婦に目撃されている。

この時間帯にそんな形で2回も停車していてさすがに無関係はないだろう。またJ君の頭部の位置やむき
が5時30分〜6時40分の間に少なくとも3回は変わっている事からも、この車の男が位置を変えたと考えれ
ば説明がついてしまう。


44 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 19:16:18.65 ID:4v7tXfgA0
これらの目撃証言も全てひっくるめて警察は「あてにならない」と「考えた」わけだ。
説明してしまうと長くなりすぎてしまうので詳しくは説明はしないが、犯人は「物的証拠」
は何一つないまま裁判で有罪となっている。それどころか少年Aの目撃証言すら1件しかない。
その1件というのもすれ違った程度で目撃したのは警官である。(詳しくは少年A 冤罪で検索
すればかなり出てくるのでそちらを参考にしていただきたい。)

こうなるとなぜ当時14歳の少年が逮捕されたのかという事が謎になる。文春に載せられた7通の調書
からも、「暗い森」に載せられた90通の調書の中からも、少年Aが犯人だと思うと警察に告げている員面
調書は1通しかない。

その人物は少年Aのクラスメイトで元同級生だ。しかしこの元同級生、神戸事件では欠かす事のできない
重要な役割を担っている。元同級生と犯人の関係は学校の行き帰りを共にするくらい仲が良く、互いの
家に遊びに行くような仲だった。自分自身もしっかりと記憶に残っている。

ただし酒鬼薔薇事件が起こる少し前に犯人は元同級生に暴行を加えてしまっている。理由は「元同級生が
犯人(少年A)が障害者をいじめている、猫を殺して舌を集めているなど、根も葉も無い事を塾や、学校
で言いふらされていた。」かららしい。

この時少年Aは元同級生に「殴る、蹴る」の暴行を加えた後いつも持っている「ナイフ」をちらつかせ、
脅したらしい。
確かに当時14歳の少年Aは出会うと必ずと言っていいほどナイフをポケットから出したり引っ込めたり
していた。学校自体にはほとんど出席してはいなかったものの、コンビニや、ビブロスで会ってしまう
事は多かった。

45 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 19:17:02.42 ID:4v7tXfgA0
ただし元同級生は少年の悪口をいいふらしていた事に関しては員面調書内では否定している。
否定はしているものの、あたかも少年Aが犯人であるかのように供述している。

「女の人を見ると顔より先に首に目が行ってしまう。」
「他人の事が野菜に見える。野菜は傷つけても罪にならない。」←これは第二挑戦状を連想させる発言である。
3月事件に関してはズバリ「80%俺がやった。酔っていたから確かな事は言えないが。」
J君頭部切断を思わせる発言もしている。「A君の家のドラゴンボールの人形の首から上が無くなっていた。」
「猫の舌の塩漬けのビン詰めを見せびらかされた、13日の金曜日などのホラー映画を毎日鑑賞していた。」

これらの発言全てを少年A本人から聞いたものとし、「今までの彼との交際を考えると、彼ならやりかねないと思います。」
と警察に供述している。

一方私自身に元同級生が、「警察にちくってやる、あいつこの前の犯人なだぜ。」とも言ってきた。
当然私は相手にしなかった。なにせ、喧嘩の後一ヶ月もたっていない人間の言う言葉である。
警察もまともに相手にするとも思えない。元同級生は集団の中に必ず一人や、二人いる「物事を大
袈裟に言うタイプ」で昔から嘘っぽい話も多かったからだ。

46 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 19:17:51.73 ID:4v7tXfgA0
しかし警察がこの証言に飛びついてしまったと考えると、不審な警察の記者会見が説明できてしまう。
おそらく2回目の記者会見で警察はこのような事を発表している。
「容疑者宅から、13日の金曜日をはじめとする多数のホラー映画を押収した。」

おそらく今だに記憶に残っている人もいると思うが、3回目?の記者会見では次のようになっている。
記者が警察に押収したホラー映画の事を尋ねると、「ホラー映画なるものは実は無かった。」事に
なってしまう。

一体これはなんだったのだろうか?ちなみに1回目の記者会見は5分で終わってしまうが、この記者会見の
今考えればおかしな物だ。
記者「凶器はなんですか?」
警察「凶器はナイフなど・・・・・。」
記者「刃渡りは?」
警察「分らない。」この後記者達の間に「プッ」という笑い声がなり響く。

実際に調書内で少年AはJ君殺害、遺体切断、共にナイフは使っていない。「使おうと思ったが、
ナイフを持ち忘れていた事に気づいた。」という表現はあるものの、最後までナイフは使っていない。

まだ家宅捜索で押収したものを調べていないにも関わらず、元同級生の証言を頼りに「ナイフ、ホラー映画」
の事を記者会見で発表するものの、いざ蓋を開けてみれば「そんな物は無かった。」と考えればこの不審な
発表全てが一本の線で繋がってしまう。

実際に家宅捜索で無かった物をなぜ「押収した」と発表できるんだろうか?
理由は「元同級生の証言に食いついた」以外ないだろう。




47 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 19:19:22.41 ID:4v7tXfgA0
ちなみに元同級生が警察に「少年Aがあやしい」と言ったのは6月9日。警察が「多数の地元住民の目撃証言は
あてにならない」という「考え」が記事に載ったのは6月19日。

正確な日付までは分らないが、ある日突然警察は「J君殺害はタンク山、その後胴体部分はタンク山アンテナ
基地内から動かされていない」という見方を強める。根拠は主に以下の2つ。

1・実はJ君の膝と靴にタンク山の土が付着していた。

2・死斑が一か所しかない。これはこの場所で殺害された後移動していない事を意味する。

これもおかしな話だろう。先も書いたように当初警察は「タンク山以外の場所で殺害された」
という見方をしていたはずだ。移動していないのならばやはり「公開捜査」で見つけられなかった
事はどう説明するのだろうか?死後2日経っているのに死臭すらも誰も気づかなかったんだろうか?
5月のジメジメした気温の中でもか?

おそらくある日を境に「元同級生の証言」のみを頼りに「少年Aが犯人」になるように捜査の
方針を変えていったに違いない。つまり警察は「地元の多数の目撃証言よりも、元同級生の証言の
方が信頼できる。」と「考えていた」わけだ。

ググッてもらえれば分かると思うが、少年AはJ君殺害時悪戦苦闘している。「なかなか死なないJ君」
に馬乗りになったり、えびぞりにしたりしている。これでは「靴と膝」にタンク山の土が付着していた
どころか、「全身泥まみれ」になっていないとおかしいのである。

死斑に関しては説明が長くなってしまうので載せないが、やはり「死斑が一か所」しかないからと
言って、「その場所から移動していない」とは一概には言えないのが普通だ。

ただし「公開捜査」で胴体部分が見つけられなかった事は中々覆す事は難しい。



48 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 19:20:07.63 ID:4v7tXfgA0
それだけじゃない。そもそも「死斑」に関しては胴体部分が発見されてから既に調べているはずだ。
調べた上で、「第3の現場で殺害され、公開捜査を打ち切った翌日にタンク山に移された。」と考えて
いたはずだ。それをなぜ、遺体発見から2週間もたってからそんな考えになるんだろうか?

やはりここでも「元同級生の証言」に食いついたからと考えざるをえない。14歳の少年では「公開捜査」
の2日間、遺体を隠す事は困難だ。と考えた警察が捜査の方針を変えた。となればそれなりに説明がつい
てしまうではないか。

ここまで話してようやく「怖い話」に移動できるが、この事件が冤罪か、そうでないかは「怖い話」には
あまり関係は無い。いかにこの事件がうさんくさい物であるか分って貰えただろうか?

少年Aが真犯人である事に越したことは無いが、他に犯人がいる可能性も捨てきれない。ところで少年Aは既に
社会に復帰しているが、最も怖いのは「目撃情報」だろう。犯人逮捕時「フォーカス」で素顔は掲載されているが、
当時14歳の少年も成長して顔も少しばかり変わっているに違いない。
にもかかわらず、目撃情報は後を絶たない。自分自身は今埼玉県にいるが、埼玉の上司は埼玉県にいる
と言う。ところが、横浜にいる友人は「神奈川にいる」という。
2Chのスレには〜〜県にいると数えきれないくらいの目撃情報がある。

以前どこかの週刊誌に〜県にいるという情報が流れたが、今もそこに住んでるとは言い切れないだろう。
何人の酒鬼薔薇がいるんだろうか?正確にいえば「酒鬼薔薇と思われている人物」は何人いるんだろう?
それぞれの県に一人づついてもおかしくないだろう。一体何を根拠にその人間を酒鬼薔薇と決めつけて
いるのだろうか?なぜ酒鬼薔薇だと断定できるのか?

そしてもし酒鬼薔薇じゃないのに顔が少し似てるくらいで勘違いされいじめのような物を受けている人間
もいるだろう。それが原因で会社を辞めさせられた人間もいるかもしれない。

このような「勝手な思い込み」で何人の人間が不幸な目に逢うんだろうか?これでは「元同級生の証言」に
食らいついただけの兵庫県警と何も変わらないではないか。

怖いと言えばこれほど怖い事は無い。


49 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 19:54:56.58 ID:UI1ylehn0
まあ、細かいところに間違いがあっても冤罪ということはないと思うな。そんなもん否定すればいいだけだから。

50 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 22:40:26.15 ID:90zAObQf0
どこのコピペだ?誤変換が酷すぎるし、文法もおかしい
ラノベ新人賞の選考してんじゃねえんだぞ
しかし、陰謀論者ってのはみんなこうなのか?


51 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 22:46:47.21 ID:YCOeQnrnO
さかきばらせいとって十何年前の校門に生首おかれてた事件だろ、そいつのクラスメートって本当かよ、どんな人間だったさかきばらって?

52 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 22:55:23.61 ID:ImZju7v9O
酒鬼薔薇の事件なら、まだ犯人未明でワイドショーが騒いでる時に、アナウンサーが速報で
「容疑者の少年を…」って言ったのが衝撃だったなぁ。
すぐに「容疑者」って続いて「少年」はもう言わなかったけど、もう分かってるんだって思った。
しかも「少年」と称される年代って衝撃的だった。

53 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 22:57:48.78 ID:4iXV/RFt0
今日の通り魔は婆さんだった、これも衝撃だったな
この手のことやらかすのは大体若い男(稀に女)だったのに
老若男女関係なくなってきた
闇が拡大してるからな

54 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 23:01:13.52 ID:vPP+vUwP0
>>4
続きは?

55 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 23:24:33.79 ID:hKjC+FhA0
家の近くにあるトンネルの上に山道があって、友達と正月に肝試しに出かけたんだがw
ずっと歩いていると、目的の旧トンネルがあって、そこかしこを探険してた。
でまぁ、写真を撮ったらなんか映るかもって淡い期待を抱いて
友達の写真を写したわけだがw、映ってた写真の水たまりに人の形した白い靄みたいなのが映って、
ちょっと怖かったけど、偶然だろうって済ました。
でも、なんか耳障りな音が聞こえるって友達が言うもんで、漏れも耳をすましたらさ・・
聞こえたんだよ。人がたくさん話しているような声がさぁ。皆聞こえてたみたいで
怖かったけど、昼だったし、皆でそれを楽しんでたんだけど、
一人が泣きながら出口にダッシュしたもんで、おれたちも帰った。
いやー楽しかったお(^ω^)

56 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 23:41:49.37 ID:90zAObQf0
皆さん元気ですかぁーーーっ!!!
今日は男機関車の話ですよーーーーっ!!
知念さんと一緒に入ったサウナがガチムチ系兄貴達の発展場だったんです。
みんな座り位置が近いし、立ち上がってやらしい動きで腰を振ってる人もいました。
俺びっくりしちゃって知念さんの顔を見たら、知念さん、ニヤニヤしてました。
何か偶然じゃなくて知ってたっぽい。
見たら、知念さんの腰のタオルがもっこり盛り上がっていてまた驚きました。
「和丸くんも脱ごうよ」って言われて、嫌がってるのに無理矢理腰のタオルをひん剥かれたら
他の兄貴達に拍手されました。恥ずかしかったです。
緊張気味に端っこの席で座っていたら、どうも兄貴達の様子がおかしい。みんな次々と立ち上がって
一列に並んでる。しかもマラはビンビン。何するのかなって思ったら、先頭の兄貴の「オッス!」の掛け声で
一斉に連結してました。よく見たらいつの間に立ち上がったのか知念さんも繋がってました。
「オッス!オッス!オッス!オッス!」暴走機関車のような兄貴達の咆哮。
「和丸くん!君も!」知念さんの声と同時に隣にいた兄貴に腕を掴まれて、最後尾に連れて行かれて
俺も連結しました。最後尾の兄貴のケツの締まりが固くて固くてマラが折れるんじゃないかと思いました。
束の間、俺も後ろから超太いのぶち込まれて思わず声をあげてしまいました。
「阿!阿!」激しい腰の振りで大盛り上がりの男機関車。楽しかったです。
また知念さんと一緒に行こうと思います。

57 :本当にあった怖い名無し:2012/02/23(木) 00:18:11.75 ID:euaw7Ih40
>>34
なるほど。ITドカタだから規則正しいのとか無理だね。ここ1年隔週で夜勤と徹夜しまくりだから。
土日はゆっくり過ごします。

そういえば、怖い話だけど。

昔プールバーで働いてたんだけど、ある時オジサンが来て「ここに○○こなかったか」とか
聞いて回っててアブねー奴だから追い返そうと思ったら一人の常連が外に連れ出してたんだよ。
その常連はちょっとツッパってるオジサンだったんで、ケンカになったらまずいなぁと思って
ゴミ出す振りして追いかけたんだよ。

58 :本当にあった怖い名無し:2012/02/23(木) 00:24:37.69 ID:euaw7Ih40
んで外でたら常連のほうが「すんません」って連呼してるの。
おいおいマジかよ、もうケンカが終わったのかと思ったらキチガイジジィのほうが
包丁かナイフ?持ち出してるわけ。
二人の距離は3〜5メートルくらいだったかな。これ以上キチガイが近づいてきたら
持ってるゴミを投げつける準備をしてたんだけど、キチガイは「おちょくるんじゃね〜XXXXX」とか
奇声を発してそのまま車に乗り込んでたけど、中に女児2名いたのが見えて
「親がキチガイとか大変だな・・・」って安易に考えてた。

59 :本当にあった怖い名無し:2012/02/23(木) 00:47:52.86 ID:euaw7Ih40
キチガイはどっかいったし、まぁいっかと思って、俺は警察に連絡しなかった。
常連もみんな「関わらなくていいんじゃね?警察来て店閉まるのは困るわ」って言われたから。
そんで俺も安易に「まっいっか〜」と思ってた。

そしたら翌日、新聞に「長女(次女だったかも)刺されて死亡。潮崎町。」
みたいな見出しで新聞が出てた。んで読むと、妻が夜逃げして旦那が探している途中
子供1人を刺し殺し、自首ってあった。

違う事件かも知れないけど、自分が通報してたら起きなかった事件かもと思うと
かなりショックを受けたね。

書いてて思ったけど怖くないな。すまん。単に罪の重さを感じて私がビビってるだけだな。
怖い話といえば・・・ジミー裏のユタの修行場とかか。

60 :本当にあった怖い名無し:2012/02/23(木) 01:27:00.52 ID:5+Le4u6z0
>>59
まあ、社会の怖さという感じかね怖い話と言うより後味の悪い話かな。

61 :本当にあった怖い名無し:2012/02/23(木) 11:54:25.29 ID:j2zrGp+B0
読みにくいよ
書いた後、よみかえしてみたか?


62 :本当にあった怖い名無し:2012/02/23(木) 21:42:35.70 ID:XmMjbSNw0
小学校に入ったばかりの頃、同じクラスにいじめられっ子がいた。
貧しい家の子で、いつも悪臭を漂わせ、性格も暗くおよそ子供らしくない男の子だった。
ある日、公民館の庭で藁の束で遊んでいたときにふと思い立ち、藁人形を作ってみた。
オカルト好きな少年だった僕は、予想外の出来映えに作るだけでは満足できなくなり、翌日件のいじめられっ子の髪の毛を手に入れ、人形に埋め込んだ。
さてあとはどこかに打ち付けるばかり。
思い巡らすと少し遠出することになるがぴったりの場所がある。
地元に言い伝えられる犬鳴き岩の周りは暗い林になっていて、牛の刻参りには打ってつけだ。
もっとも夜中に行くわけにはいかないので土曜日の半ドンのあと、半日かけて行くことにした。

小学校に入ったばかりの頃、同じクラスにいじめられっ子がいた。
貧しい家の子で、いつも悪臭を漂わせ、性格も暗くおよそ子供らしくない男の子だった。

ある日、公民館の庭で藁の束で遊んでいたときにふと思い立ち、藁人形を作ってみた。
オカルト好きな少年だった僕は、予想外の出来映えに作るだけでは満足できなくなり、翌日件のいじめられっ子の髪の毛を手に入れ、人形に埋め込んだ。
さてあとはどこかに打ち付けるばかり。
思い巡らすと少し遠出することになるがぴったりの場所がある。
地元に言い伝えられる犬鳴き岩の周りは暗い林になっていて、牛の刻参りには打ってつけだ。
もっとも夜中に行くわけにはいかないので土曜日の半ドンのあと、半日かけて行くことにした。

次に犬鳴き岩を訪れたのは数年後の小学校中学年になり、親友と大喧嘩した週末だった。
いじめられっ子も健在だったし、すっかり忘れていた僕がなぜまたそこへ行く気になったのかは分からない。
とにかく前回のようにまた犬鳴き岩にやってくると、以前と何も変わらず暗い林の中に岩はうずくまっていて、僕が以前人形を打ち付けた名残は全くなかった。
前回と同じように、髪の毛は親友のものを使い、首の付け根めがけひとしきりハンマーを振るうと家に帰った。
親友とは翌週には仲直りし、犬鳴き岩の儀式は記憶の隅に押しやられた。

その後覚えている限りでは、小学校高学年の頃に父の、中学生になって兄の髪を持って犬鳴き岩へ通った。
それらも何事もなく過ぎ去り、もう思い出すことなどないはずだった。

63 :本当にあった怖い名無し:2012/02/23(木) 21:44:52.76 ID:XmMjbSNw0
すっかり忘れ去った記憶が蘇ったのはそれから十年近く経ち、久しぶりに郷里に帰ったときのことだった。
親友とは未だに付き合いが続いていた。
成人して酒を飲めるようになり、旧友たちとの再会に話も弾んでいたある夜。
小学生時代のいじめられっ子が、若くして命を絶っていたのを知った。
親しくしていた者もいないので原因は推測するしかなかったが、自宅で首を吊ったらしい。
話を聞いた瞬間ちらと犬鳴き岩での記憶が脳裏をよぎった。
しかしあれは子供の頃、虫を無意味に殺したのと同じただの遊びのはず。
そう片付け、僕はかつての級友の冥福を祈った。

時が経ち三年後、就職し郷里からはさらに足が遠のいたが親友たちとの付き合いは続いていた。
ある日衝撃的な報せが飛び込む。
当の親友が、事故で亡くなったのだ。
仕事で高所作業中の落下事故で、首の骨を折り即死だった。

茫然としながら、やはり記憶の縁をかすめるものがあった。
犬鳴き岩の思い出。
僕は、いじめられっ子のときと同じく、親友の髪を埋め込んだ藁人形にも首に釘を打ち込んだ。
それも二三年後に。
こじつけかもしれないが関係があるのではないか。

その直感が間違いないと確信したのはさらに二年後、父が突然の心臓発作で亡くなったときだ。
父の人形は、胸に釘を打ち込んだ。
偶然かもしれない。
偶然かもしれないが出来すぎではないか。

その一年後兄が亡くなった。

64 :本当にあった怖い名無し:2012/02/23(木) 21:46:39.91 ID:XmMjbSNw0
交通事故で頭部がめちゃくちゃになり、葬儀屋は酷く苦労したらしい。
兄の人形には、顔面にあたる場所に釘を打ち込んでいた。

僕は、オカルト好きだが幽霊の存在なんて信じていない。
超常的な現象も不可思議な力もだ。
犬鳴き岩に打ち付けた藁人形と続いた一連の死については、関係あるだろうと確信しつつ心の底ではそんな馬鹿な、と思っている。
いや、そう願いたい。
なぜなら犬鳴き岩にはもう一度だけ通ったからだ。
兄の藁人形を使ってから二年後、中学三年生のとき。
人間関係に悩んでいた僕はやや自暴自棄になっており、自分の髪の毛を藁人形に埋め込んで犬鳴き岩へ打ち付けた。
五寸釘で、全身何ヶ所も。

今、兄の死から一年と少したった。
S県某市のなかほどに、犬鳴き岩は今でもあるのだろうか。


65 :本当にあった怖い名無し:2012/02/23(木) 21:48:35.61 ID:XmMjbSNw0
>>59
>怖い話といえば・・・ジミー裏のユタの修行場とかか。

お、沖縄県民だね。ぜひその話聞きたい
確か「この先命の保証はしません」って看板があったところだよね

66 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 00:08:22.51 ID:SmwhZ3WQ0
実体験で怖いかわからんが実家の俺の部屋はそう言う場所なのかよく心霊現象がおきやすい
小学3年の夏の終わり位に夜寝てたら突然の金縛り。金縛りなんて日常茶飯事だからいつもの事だと気にせず寝ようとした。
まぁ、金縛りなんて週2日ペースであえば怖くなくなるもんだがその日はなんか様子が違った。いつもは怪奇音だけなんだが人の気配。



67 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 00:10:32.84 ID:SmwhZ3WQ0
普段の金縛りも目を開ける事は無かったんだがマジで様子がおかしい。普段は簡単に金縛りが解けるか寝オチしてるかのどっちかだったけど息苦しい。
目を閉じてる筈なの視界が緑色に染まり 暫くすると真っ赤になっていく。これはやばいぞっと思って手を動かしてみるがお約束で動かない。
次第に人の気配が濃くなるのと荒い呼吸が聞こえる。顔に吐息が当たってるような気がすらした。

68 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 00:14:47.59 ID:SmwhZ3WQ0
これは本当にやばいと思って目を開けた。そこには俺の上に馬乗りになっている20代後半位の少しぽっちゃり目な女
バブル当時みたいな前髪パーマとショートヘアー 肩パットの入った薄いピンクのスーツ、真っ暗な部屋の筈なのにぼんやりと緑色に光っていて、何故だか顔は口元より上は見えない
だけど瞳孔だが赤く光って俺を見てた

69 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 00:15:44.74 ID:L4siaEOu0
はい金縛り金縛り

医学的には睡眠麻痺と呼ばれる。睡眠時の全身の脱力と意識の覚醒が同時に起こった状態。
不規則な生活、寝不足、過労、時差ぼけやストレスなどから起こるとされる。
脳がしっかり覚醒していないため、人が上に乗っているように感じる、自分の部屋に人が入っているのを見た、耳元で囁かれた、体を触られているといったような幻覚を伴う場合がある。
これは夢の一種であると考えられ幽霊や心霊現象と関連づけられる原因になっている。
ただし金縛りの起きる状態がほとんど就寝中であることから学者の説明は睡眠との関係についてである。

70 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 00:17:40.95 ID:SmwhZ3WQ0
ヒステリーでも起こしたみたいに泣き喚き散らしながら俺の首を絞めてきた。
マジで苦しくて一発殴ってやろうかと思ったが体は動かない上にソレが気に食わなかったのか俺の顔を覗き込むのようにして更に首を絞めてきた。
正直 殺されるんだと思った

71 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 00:19:34.45 ID:+nXkcbnU0
>>69
野暮な人はオカ版に居ない方が良いよ。

72 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 00:27:21.04 ID:L4siaEOu0
>>71
当たり前の生理現象とオカルトの区別がつかない人もいないほうがいいよ
いないほうがいいというかその前にちゃんとした義務教育を受けたほうがいいよ

73 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 00:29:27.37 ID:+nXkcbnU0
>>72
なんだいつもの批判荒らし君か、以後無視

74 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 01:05:44.25 ID:oG1HRmB4O
アフィ経由とかドン引きされ覚悟でここに行き着いたんだけど短いの書いていい?
あんまり怖くないしドラマ性はないけどガチ経験したやつ。

自分消防の頃、両親はメリケンばりのアウトドア派でよく山だの海だの連れ出されてた。
その日は日高地方へニジマス釣りに行くとかで住んでた札幌近郊から200キロ近く遠出@北海道。
途中峠?越えるしクネクネ坂道で悪路。


75 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 01:06:41.97 ID:+nXkcbnU0
>>74
あんまり怖くないし、とか書くと荒らしがわくので気にせずどうぞ。

76 :74:2012/02/24(金) 01:10:48.17 ID:oG1HRmB4O
で、まぁ日中さんざん釣って遊んで帰りは真夜中になった。
疲れきった自分は後部座席でグッスリ寝てた。

んだけど、急に女性のひゃーというかきゃーみたいな悲鳴で目が覚めた。

77 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 01:18:55.72 ID:oG1HRmB4O
寝ぼけつつ様子をうかがうと両親が小声でボソボソ会話している。
母「見た?」
父「見たよ。ついて来たね。」
母「やっぱ道おかしい。なんで?」
父「2人とも気付かなかったな。戻ろう」
みたいな。
その時は不思議と怖くなかった。

78 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 01:27:34.04 ID:MomlHs6F0
皆さん元気ですかぁーーーっ!!!
今日は男機関車の話ですよーーーーっ!!
知念さんと一緒に入ったサウナがガチムチ系兄貴達の発展場だったんです。
みんな座り位置が近いし、立ち上がってやらしい動きで腰を振ってる人もいました。
俺びっくりしちゃって知念さんの顔を見たら、知念さん、ニヤニヤしてました。
何か偶然じゃなくて知ってたっぽい。
見たら、知念さんの腰のタオルがもっこり盛り上がっていてまた驚きました。
「和丸くんも脱ごうよ」って言われて、嫌がってるのに無理矢理腰のタオルをひん剥かれたら
他の兄貴達に拍手されました。恥ずかしかったです。
緊張気味に端っこの席で座っていたら、どうも兄貴達の様子がおかしい。みんな次々と立ち上がって
一列に並んでる。しかもマラはビンビン。何するのかなって思ったら、先頭の兄貴の「オッス!」の掛け声で
一斉に連結してました。よく見たらいつの間に立ち上がったのか知念さんも繋がってました。
「オッス!オッス!オッス!オッス!」暴走機関車のような兄貴達の咆哮。
「和丸くん!君も!」知念さんの声と同時に隣にいた兄貴に腕を掴まれて、最後尾に連れて行かれて
俺も連結しました。最後尾の兄貴のケツの締まりが固くて固くてマラが折れるんじゃないかと思いました。
束の間、俺も後ろから超太いのぶち込まれて思わず声をあげてしまいました。
「阿!阿!」激しい腰の振りで大盛り上がりの男機関車。楽しかったです。
また知念さんと一緒に行こうと思います。

79 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 01:28:41.89 ID:oG1HRmB4O
自分が起きたことに気づいた母は
母「オシッコ?」
74「ううん。」
母「パパ道間違えちゃったみたいw」
父「心配すんなw」
みたいな。
道は明らかに砂利道で轍にも雑草ボーボーで両脇から熊笹がせり出してて公道違うw
そのあと長い距離バックしてアスファルトの道に出た。

80 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 01:35:20.48 ID:MomlHs6F0
ID:SmwhZ3WQ0

こいつあほや!!
ばんばんしつこいしつこい!!
発作か〜!!
剃れと>>66-70でま〜た連投しとる!!
何がやりたいんじゃこいつはー!!
一つにまとめろちゅーんや!!
ぶっ殺すぞボケー!!

81 :74:2012/02/24(金) 01:49:30.17 ID:oG1HRmB4O
話はそれるが父はパトカーとチェイスして札幌から旭川まで逃走して逃げ切った武勇伝の持ち主。
そんな父が?と子供心にもさすがに心配で林道を抜けてふもとに民家の灯りが見えるまでは起きてた。
その間、両親はしきりに昼間の楽しいニジマス釣りの話ばかりしていた。
その後は眠ってしまって記憶は無い。
こっからことの真相、後日談。

82 :74:2012/02/24(金) 02:02:43.56 ID:oG1HRmB4O
これはだいぶあとになって母から聞いた話。
実はあの夜、人の首ほどもある大きな赤い人魂が車と併走するように、
林道脇の木々をくぐり抜けて追いかけてきたらしい。
母は人魂を見るのは二回目で父が見えているかどうかわからなかったそうだが、父もはっきり見ていた。
人魂があらわれるまで不気味な脇道に迷い込んでいることに2人とも気づかなかったこと。

83 :74:2012/02/24(金) 02:16:57.74 ID:oG1HRmB4O
両親は自分74が怖がらないように騒がず冷静に状況を判断し公道に戻る決断をした、と。
で、昼間の楽しい話をし続けたんだと。

のちのち分かることなんだけどあの辺って廃炭鉱とかたくさんあってゴーストタウンもうじゃうじゃだとか。
で、何が怖いかって言うと

84 :74:2012/02/24(金) 02:23:10.53 ID:oG1HRmB4O
自分は悲鳴で目が覚めたんだけど、
誰も悲鳴なんてあげてなかったんだよね。



不気味な林道突入事件は人魂にいざなわれたのか、
もしくはむしろ人魂に救ってもらったのかわからない話です。


85 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 02:54:15.09 ID:fn6Z7Gxni
二時間もかけてこれですか

86 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 03:49:50.24 ID:ucSZNorq0
>父はパトカーとチェイスして札幌から旭川まで逃走して逃げ切った武勇伝の持ち主。
DQNの子供はDQN

>>84
>自分は悲鳴で目が覚めたんだけど、誰も悲鳴なんてあげてなかったんだよね。
それはただの夢だったということ

87 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 10:56:02.19 ID:6hhAfr4Z0
札幌から旭川まで
・・・どんだけだよ、もう少し設定を練ってから貼れよ
お前、札幌から旭川まで走ったことないだろ
一車線区間で挟まれて逃げようがない


88 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 13:07:41.46 ID:wtOL5C060
まあふつうは赤いのは悪い霊っていうよな

89 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 22:45:35.96 ID:AVSsPknX0
ホラーテラーから
http://horror-terror.com/c-real/entry_5839.html

今から語る話は、僕の母がまだ若かった頃体験した実話だ。いや、実話らしいとでも言っておこうか。あまりにも現実離れしているから、僕も今まで、誰にも話していないくらいだからね。だって話したところで、たぶん誰も信じてくれないだろうから。
僕の母は若い頃、開業医の兄のもとで看護婦をしていた。
なので、話の中で看護婦と言えば僕の母、先生と言えば母の実兄の事だと思って下さい。

当時の医者は、現在のように役割分担がはっきりしていなくて、来る者は拒まず、皮膚病患者から妊産婦まで何でも診ていたらしい。
ある日の夕方、頭に大怪我を負った女の子が医院に運ばれて来た。
運んで来たのはその娘の父親で、まさに半狂乱の状態だったという。
先生は一目で(これは到底助からない)と思ったが、出来る限りの手は尽くした。が、その子はやはり助からなかった。
娘の亡骸にしがみつき号泣する父親。看護婦はただオロオロするばかりだ。あまりにも哀れで、怪我の理由を聞く事も出来ない。
先生も看護婦も、その親子とは顔見知りだった。いや、顔見知りも何も、その娘を母親の胎内から取り出したのは他ならぬ先生だったのだ。
看護婦は、泣き喚く父親を呆然と眺めながら、いつも手をつないでいた親子の姿を思い浮かべていた。


その親子は、犬神すじとして、町の者から嫌われていた部落の人間だった。
今では考えられない事だが、差別の対象となっていたその村の出身者は皆、犬神憑きだとされ、町の者から忌避されていたのだ。

先生は元来物欲のない人で、貧しい者からは一切金を受け取らなかった。ただし無償で診察していたわけではなく、「秋には少し米を分けてくれや」とか「美味い肉楽しみにしてるで」とかで済ましていた。
そんな人だから部落の者からの信望は厚く、一度医院が火事になりかけた時も、消防団よりも早く彼らが駆けつけ、ボヤで済んだ事もあったらしい。

突然、号泣していた父親が立ち上がる。
「先生、俺、絶対許さねえ!みなごろしにしてやる!!」
そう叫ぶと、娘の亡骸を残したまま医院を飛び出した。
単純に不慮の事故だと考えていた先生は(まずい!)と思ってすぐに後を追った。


90 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 22:47:53.86 ID:AVSsPknX0
看護婦も外に出て、何としてでも父親を止めたかったが、さすがに遺体を置きっぱなしには出来ず、先生を待つ事にした。
先生は1人で戻って来た。必死で探し回ったが結局見つからず、家まで行ったがもぬけの殻だったらしい。
先生は仕方なく警察に連絡した。が、警察にしてみれば、殺しに行った事が例え事実でも、誰を殺しに行ったのかが分からなければ防ぎようがない。
医院に運ばれて来た時、娘にはまだ脈があった。
僅かでも意識があって、思いを伝えられる瞬間があったとすれば、知っているのは父親だけだ。
警察、先生、看護婦、学校の教師らが手分けして、一軒一軒尋ねて回った。
「家族の中でMちゃん(娘の名)の死に心当たりがある者はいないか?」と。答えはどこの家も、NOだった。

その娘の葬儀は先生が費用を賄って行われ、母親が眠る墓に埋葬された。
葬儀の最中、あるいは父親が姿を見せるのでは、といういちるの望みも叶わなかった。
母親は娘を産んで1年位後に、風邪をこじらせて亡くなっていた。
先生は一度父親を殴った事がある。妻が病に臥せている事を先生に黙っていたからだ。

「出産の時も、娘が熱出した時も金払わんかったから、言えんかった。」
涙を流しながら話す父親を、先生は思いきりぶん殴った。
「金なんか要らん言うたやろうが!」
先生も看護婦も涙が涸れるまで父親と抱き合って泣いた。「ふんぎゃー」傍らでスヤスヤ眠っていた筈のM子までが3人に加わった。
看護婦はその時、心から思ったという。
(犬神憑きなんて嘘っぱち!みんな良い人ばかりじゃないか!)

何事も起こらずひと月が過ぎた。失踪した父親の事もあまり話題にならなくなる。そんなある日、ある家から医院に電話が掛かってきた。5歳になる長男が泡を吹いて倒れたという。
先生が看護婦と駆けつけた時には、既に男の子は呼吸をしていなかった。心臓マッサージを試みようとした2人は、白目を剥いて倒れている子供の身体に触れ、異変に気づいた。
既に死後硬直が始まっていたのだ。
!!!
先生と看護婦は声を失った。

顔がみるみる土色に変わっていく!

(あり得ない!)
先生は子供の服を脱がせてさらに驚いた。痩せ細ってあばら骨が浮いた身体は干からびたように水気がなく、とても死んだばかりのものとは思えなかった。



91 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 22:49:58.13 ID:AVSsPknX0
先生は子供の身体を裏返してみる。
(・・・)そこにいる全員が凍りついた。
背中に紫色の痣があった。皆、口には出さなかったが文字に見えた。
僕の母は言う。
「あれはどう見ても、美、だった。死んだ娘、名前が美○子だったから、さすがにぞっとしてね」
時折、奥の間から咆哮としか言いようのない声が響いてくる。亡くなった長男にとっては祖母にあたる、Iさんが号泣しているのだ。
看護婦は子供の父親を見た。先程から何やら、ぶつぶつぶつぶつ呟いている。何を言っているのか全く聞き取れない。

側に座る母親はもはや放心状態だ。目の焦点が合っていない。
突然父親が、家が揺れるかという程の大声で叫んだ。「○○○○○!!」(聞き取れなかったらしい)
そして座った格好のまま横に倒れ込んだ。

先生が父親に駆け寄り何か叫んでいる。看護婦はその時、先生が自分を呼んでいるのが分かってはいたが、パクパクさせている先生の口をただ見ているだけで、何を言っているのか全く聞こえず、身体も動かなかったという。
ふと、傍らに横たわる死体を何気なく見た。
背中から何かが出ている。黒い煙のようなもの、いや煙というよりはもっと質感を伴った、黒い綿菓子といった感じのものが出ていた。

それは背中から抜け出すとゆっくりと浮き上がり看護婦の目の前で止まった。
彼女はそれから目が話せない。鼓膜が破れてしまったかのような静寂が彼女を包んでいた。視界に入る周囲の狼狽ぶりが何か他人事のように思える。
黒い綿菓子のように見えたそれはいつの間にか、そこだけが深い闇といった感じのものに変わっていた。
その中にふと視線を感じ目を凝らす。
2つの目が彼女を見つめていた。漆黒の闇に浮かぶただただ黒い2つの目。不思議と怖くはなかったという。
突如、彼女は、自分の中から言い様のない哀しみが込み上げてくるのを感じた。その感情は急激に激しさを増し、抑える事が出来ない。

彼女の中で何かが弾けた。
母は言った。
「気づくと隣の部屋に寝かされていたのね。兄が心配そうに私の顔を覗き込んでて・・・後で兄から聞いたんだけど、突然気が触れたように泣き出したんだって、散々泣き喚いた後気絶したって言ってた」
亡くなった子供の父親は、その後意識は回復したが精神に異常をきたしており、その日の内に精神病院に送られた。


92 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 22:52:26.69 ID:AVSsPknX0
長男には3歳になる弟がいたが、1週間後に原因不明の心臓麻痺で急死。
その翌日には母親が首を吊って自殺した。
長男が亡くなって10日も経たぬ間に、その家には祖母であるIしか居なくなってしまった。
先生と看護婦は、その家族とMちゃんとの関わりの有無が、気になって仕方なかったが、聞ける筈もなかった。
家に1人残されたIさんの事が気掛かりで、先生はちょくちょく様子を見に行っていたという。
Iさんは気丈にも、
「私が死んだら誰が墓参りをする」
と話していたらしいが、長男の死から約3ヶ月後、町の中央を流れる○○川に自ら身を沈めて亡くなった。

Iさんは先生宛てに遺書を残していた。
その内容に先生と看護婦は言葉を失ったという。

以下遺書の内容であるが、母の記憶も曖昧な為、大体こういう事が書かれていた、ということで許して下さい。

先生、この度は多大なる御迷惑をお掛け致しまして、大変申し訳なく思っております。先生の数々の励ましの御言葉、決して忘れません。
私は一刻でも早くあの世へ行って、あの家族に何としてでも会って、土下座して謝りたいのです。
Mちゃんを殺したのは私であり、全ての責任は私にあります。
先生は多分ご存知ないでしょうが、Mちゃんとうちの孫は、とても仲が良かったのです。山に行く時も川で遊ぶ時もいつも2人は一緒でした。
その様子を私の息子はいつも忌々しく見ていました。「よりによってあんなのと遊びおって!」
息子は常々口にしておりました。

私に息子を責める事は出来ません。息子にあの村の事を話したのは誰あろうこの私なのです。
「あの村の子供と遊ぶな」今となっては悔やんでも悔やみきれませんが、息子にそう言い続けたのは他ならぬこの私なのです。
実はMちゃんが亡くなった日、あの娘の父親が一度うちに来ているのです。
「M子見ませんでしたか?まだ帰って来ないんだが」
私はT(長男の名)を呼び、尋ねました。
「Mちゃん知らない?」
その直後に私が受けた衝撃は、言葉ではとても言い表せません。
Tは無表情でこう言ったのです。


93 :本当にあった怖い名無し:2012/02/24(金) 22:53:50.70 ID:AVSsPknX0
「Mちゃんなら橋から落としたよ」
「あんた、何言ってるの?寝ぼけてるの?」
すがるような思いで尋ねた私に、Tは平然と答えたのです。
「だってMちゃん、化け物だって、人間じゃないって、お父さんが言ったよ」
目眩がしました。
(夢であってくれ!)
心底そう思いました。
父親はいつの間にかいなくなっていました。
Tは優しい子の筈でした。私が鬼の子にしたのです。
すぐに出頭すべきだったかもしれません。しかし、可愛い孫を殺人犯にするのは、やはり忍びなかった。

先生がMちゃんの死を知らせに来て下さいましたね。その時の父親の様子も。
私は覚悟を決めました。
息子と嫁、それに孫2人を天井裏に隠し、私は父親を待つ事にしたのです。
息子にそれを指示した時、何と息子はこう言ったのです。
「隠れる必要などない!逆に俺がぶっ殺してやる!」
私は情けなかった。Mちゃんの父親と私の息子、どっちが犬畜生ですか。私は息子の顔を初めてひっぱたきました。
 前にも申しましたが、私には息子を責める資格などありません。情けないのは私も同じです。
私は居間に座って、父親をひたすら待ちました。何よりもまず彼と会って非を詫びなければ、頭の中はそれしかありませんでした。
真夜中、果たして彼はやって来ました。手に凶器らしき物は何も持っていません。

「全ての責任は私にあります!許して下さい!」
私は手にしていた包丁を自分の首にあてがいました。
しかし彼には、そんな私の姿など、まるで関心がないようでした。部屋をうろうろしただけで、そのまま家を出て行ってしまったのです。

考えてみれば、私が死んだところであの人が許してくれるわけがありません。
私はあの人を全く恨んでおりません。もしも立場が逆だったら私も、鬼にでも化け物にでもなったに違いないのですから。

今は孫の事よりもMちゃんを抱き締めたい。涙はもう涸れ果てました。
Iさんが亡くなるのを待っていたかのように、M子の父親の死体が山中で発見された。
彼は大木の下で腐っていた。胃や腸を調べた結果、死因はたぶん餓死だろうと診断された。
その大木には何本もの釘が打ち込んであったという。あの家族の写真だと分からなくなるくらいまで。

94 :本当にあった怖い名無し:2012/02/25(土) 23:43:57.41 ID:7Swan+/70
小学校の頃の体験。
私が生まれ育った地域は田舎の山奥で、小学校も全員で30人くらいの小さな
小学校だった。1年生から6年生までみんな顔見知りだったし仲が良かった。
私が4年生になった春に新しい先生が引っ越してきた。先生は若くてみんなの人気者だった。
先生は学校の近くのアパートに住んでいたため日曜日は友達4人くらいで先生の家に遊びに行っていた。
田舎かつ山奥の地域なので本当に古いアパートだった。
先生の家に行くと大きな6段のタンスがあった。それは元から家に付いていたものらしい。
そしてソファもあった。私はソファの端っこを特等席としていた。座る場所はいつも決まっていた。
みんなでワイワイ話したりゲームしたりして夕方はテレビを見ていた。

その時だけ、一瞬だけスーっとテレビの画面が切れる現象が起こる。私にだけだ。
みんなは何ともない。いつも時間は決まっていないが必ず一瞬テレビ画面が途切れる。
気のせいだと思っていたが何回もあると不思議に思い、それを先生に言ってみた。
先生は『おかしいねぇ・・・どこの位置?』など冗談で済ましたりせず考えてくれた。
ソファに座ってテレビを見ていると見えなくなるということを説明した。
すると先生が『え・・・。私も時々それあるの・・・』と言ってきた。物凄く怖くなった。
先生も怖がっており、日曜日みんなが来たとき大家さんに聞きに行こうとのこと。
そして日曜日。先生と4人が大家さんを尋ねた。大家さんは『あぁ・・・』と言い
何か心当たりがある様子だった。すると何年か前にそこに住んでた人が近くの山で自殺をした
と言う。みんな震え上がった。それとテレビとの関係はあるのだろうか・・・。
でも先生は怖くなり、お祓いを頼んだ。その時、家を隅から隅まで掃除しなさいと言われた。




95 :本当にあった怖い名無し:2012/02/25(土) 23:44:58.99 ID:7Swan+/70
そしてみんなでその家の大掃除をする事になった。全ての引き出しも棚もキレイに掃除した。
そして最後に・・・タンスを掃除する事になった。先生は背が低かったため
タンスの1段〜4段しか使っていなかった。5段と6段はあけたことも無かった。
1段から4段までは掃除した。そして椅子を使い5段と6段の掃除に取り掛かった・・・
5段目を終え、6段目を開けた。すると・・・

大量の手紙が出てきた。埃だらけになったもの凄い数の手紙がそのタンスには詰まっていた。
先生は不思議に思い恐る恐る全て取り出した。すると前に住んでた(自殺した)人へ宛てた手紙だった。
差出人は男の人だった。全部一人の男の人からの手紙だった。彼氏だったのだろうか。
先生と私たちはその手紙を持ってまたお祓いしてもらいに行った。
それからと言うもの、テレビの画面が一瞬見えなくなる不思議な出来事はなくなった。
しかし、そのタンスはテレビとソファのちょうど真ん中の位置に置いてあった・・・。
タンスに手紙を取りにきたその女の人の霊が立つと丁度テレビとソファの真ん中にあたる。
だから一瞬テレビが見えなくなる現象が起きたということだった。
それまで幽霊は信じなかったが、本当にいるのだと小さいながらに恐怖に感じた。

96 :本当にあった怖い名無し:2012/02/26(日) 00:27:27.02 ID:6Ez2vMqM0
ところで、話は変わるが全く最近の書き込み見てると情けなくって涙が出てくる。

ガチガチのガタイしたいいオスが「トロマン」とか言って軟弱な菊門を誉めそやしてやがる。
アホかおめえら!
そんなユルユルの死体みてぇな穴にチンポ入れて何が気持ち良いんだ?
男ならもっとビシッ!と括約を引き締めやがれってんだ!
俺はその為に毎日1000回の竹刀の素振りを欠かさない。
「オスッ!オスッ!」と気合を入れながら振り下ろす度に菊門にギュッ、と力を込める。 
こうして鍛え抜かれた俺の肛門は「トロマン」なんて軟弱なシロモンとは対極を成す、まさに「ガチマン」だ。
そのあまりの締まりにハッテン場じゃあ“万力のイチ”って呼ばれてる。

そんな俺だが、俺でさえホリ抜ける程の逞しいチンポの持ち主を心待ちにしている。
勿論、最高のシマリを味わいたい命知らずの挑戦も受付中だ!
毎週金曜21時頃はだいたい******の大部屋にいる。178*74*30角刈りにねじり鉢巻がユニフォームだ。


俺の鍛え抜かれた金鉱脈!掘れるもんならホッてみやがれ!!

97 :本当にあった怖い名無し:2012/02/26(日) 00:39:08.48 ID:slpvdMU70
先週の話
電車に乗って帰ってる時に外見てたら急に空中を何かが横切ったのね。
何だ、と不思議に思い目だけをそっちに向けた瞬間に前の座席の
一番端に座ってた女と目があったんだよ。
で、何故か知らないけど、心臓が止まるぐらいにびっくりして
直ぐに前を向きなおしたんだ。
別に顔も普通で服装も普通の女の人なんだけど、心臓がドキドキしてきて
妙に気になり始めた。
勿論恋のドキドキとかでは無くて、何か得体のしれない感じだったのね。

それからとりあえず20分ぐらい端の女を気にしつつも見ないようにして
外を見てたんだよね。
そしたら再度何かが空中をスーって横切ったのよ。だから目がスーって自然に
追いかけていった瞬間、さっきの女が斜め前に立ってて目が合ったのよ。


98 :本当にあった怖い名無し:2012/02/26(日) 00:39:36.05 ID:slpvdMU70
その顔が無表情で目が真っ黒でじーっとこっちを見てるもんだから怖くなって
俯いたのね。
その瞬間にその女が走ってこっちにきてさ、目の前に立ったの。
動揺しまくった俺はどうすればいいのかわからず、聞いてた音楽を止めて
その女を見上げたんだよね。
そしたらその女が顔近づけてきて
「連れて行こうか?」って聞かれたのよ。
あまりの怖さに直ぐに席立って横の車両まで逃げて
次の駅で降りたんだけど、怖くて怖くて。
数分後落ち着いてきてあたりを見渡したらその女が居なかったから
次に来た電車に乗ったんだ。

そしたらその電車で人身事故が発生。
誰か飛び込んだらしいんだ。
その瞬間に窓の外にさっきの女と似た服着た体が転がってるのを発見。
中はパニックでおばさんとか女子高生とか叫んでたけど
俺も叫びたくて叫びたくてどうしようも無いぐらいに怖かったわ・・・。

99 :本当にあった怖い名無し:2012/02/26(日) 17:48:18.70 ID:H7Gs8mUq0
大学1年(20年ぐらい前)、同じサークルにいた(それまであまり親交もない)同級生
(I君)から、
「今日、うち(彼のアパート)に来ない?相談したいことがある」
と真剣な顔で言われ、彼についてそのアパートへ行った。
築20年は経ってるかな…6畳一間、風呂なし、共同便所。しかし家賃は2万円。
(今では文化財級かもw、でも20年前は大学1年なんて半分はそんな感じだった。

I君の部屋は意外とこざっぱりした感じ。
俺「で、相談て何なの?」
I君は言いよどんでいたが、押し入れを指さして、
「何かおる。見て!」
正直、I君の必死な顔に笑い出しそうになったけどこらえた。
俺「何がおるんや?」
I「毎晩あっちから何かが出てくるんや」
意味分からんw とりあえず0感な俺は押し入れのふすまを開ける。中身は空。
(たぶんIは片づけておいたんでしょう
I君は「そ、そこに何か貼ってるでしょう?見て!見て!」
言うやいなや彼は部屋を飛び出した。



100 :本当にあった怖い名無し:2012/02/26(日) 17:49:22.58 ID:H7Gs8mUq0
残された俺はかなり不愉快だったけど、押し入れの中を調べた。
いや、調べる以前に彼が言った「貼ってある」存在が目の前にあった。
壁紙用(60センチ四方)のクロスだ。
「なんでこんなもんが怖いのか」
半分腹を立てながら調べる。
普通クロスは住宅用のノリで全面キッチリ貼ってある。しかし18歳にそんな知識は
ない。それは真ん中あたりが浮いていた。これは…と周辺に爪を立てると、クロスの
四辺を両面テープでくっつけているだけ。クロスはすぐに落ちた。
壁を見て全身の鳥肌が立った。
一回押し入れ&部屋から出て、隣室の同級生の家に避難してたI君に声を掛けた。
「あれ、はがしちゃったから文房具屋さんで両面テープ買ってきて〜(引きつり笑)」

俺が見た物。
左下(床下から2〜10センチあたり)に、推定5〜6歳の子供が赤いクレヨンで描いた
顔の絵。
顔の上には「おかあちゃん」と書いてあった。
まずこれが異常だ。いくら寝ぞべって絵を描いても、子供とはいってももっと視線は
高いはず。
普通脛(すね)〜膝より高い位置しか子供は落書きしないし。
俺が鳥肌したのは、クロスの右下の赤クレヨン。
「おかあちゃん」とたぶん同じ筆跡で、


 なか村まさ子 六十二さい



494 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)